Microsoft Excel操作

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Excel操作"

Transcription

1 Microsoft Excel 操作 Excel ファイルにアクセス.NET Frameworks には COM 相互運用 と呼ばれる機能が有り COM コンポーネントを手軽に呼び出す事が出来る 一方 Excel を初めとする Office 製品は 其の機能をマクロ (VBA) 等からも活用出来る様に COM コンポーネントと仕て実装されて居る 此の為 COM 相互運用を使えば.NET アプリケーションから容易に Excel や Word のファイルを開き 其れを様々に操作する事が可能だ 本稿では其の基本的な記述方法と仕て Excel ファイルをオープンしてワークシート上のセルの内容を参照する例を紹介する 参照の追加 アプリケーションから Excel にアクセスするには 先ず Excel が公開する COM コンポーネントへの参照をプロジェクトに追加する 此れには [ 参照の追加 ] ウィンドウで [COM] タブを選択し Microsoft Excel 12.0 Object Library ( Excel 2007 の場合 Excel 2003 の場合は Microsoft Excel 11.0 Object Library を選択 ) 此れに依り ソリューションエクスプローラの 参照設定 のツリーには Microsoft.Office.Core と Microsoft.Office.Interop.Excel ( Excel 2003 の場合は Excel ) が追加される 此れで アプリケーションから Excel ファイルにアクセス可能に成る Excel がインストールされて居るにも拘らず [ 参照の追加 ] ウィンドウで Excel のコンポーネントが見付からない場合は Office のセットアップで.NET プログラミングのサポート がチェックされて居るかを確認して観ると良い 若しもチェックされて居ない様ならチェックして置く 猶 以降で示して居るコード例は Excel 2007 の COM コンポーネントを使用した場合の物で有る -1-

2 Excel ファイルのオープン 先ずは Microsoft.Office.Interop.Excel.Application オブジェクトを生成する 此れは Windows のスタートメニューから Excel を起動するのと同じ様な物だ Application オブジェクトを新規作成するには次の様に記述する Dim Ex As Excel.Application ' Excel オブジェクト Ex = New Excel.Application( ) Excel.Application ex; // Excel オブジェクト ex = new Excel.Application( ); 新規作成した変数 oxls を使用して 次は目的のファイルをオープンする Excel でファイルをオープンすると ワークブックを表す Workbook オブジェクトが返され 此れ以降の操作は此のオブジェクトに対して行う 猶 本稿で示して居るコードを使用する場合には ファイルの先頭部分で次の様にして名前空間をインポートして置く必要が有る Imports Microsoft.Office.Interop using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel; Excel ファイルのオープンは Workbooks.Open メソッドを使うのだが 此のメソッドのパラメータが非常に多い 通常の Excel ファイル (.xls) を開く場合は ファイル名丈を指定すれば良いので 省略可能な他のパラメータには Type.Missing を指定して空のパラメータを渡す様にする Workbooks.Open メソッドの詳細に付いては オンラインヘルプ等を参照され度い Dim ExcelName As String = "C: sample.xls" Dim Ex As Excel.Application Dim Wb As Excel.Workbook ' Excel オブジェクト ' Workbook オブジェクト Ex = New Excel.Application( ) Ex.Visible = True ' 確認の為 Excel のウィンドウを表示 ' Excel ファイルのオープン Wb = DirectCast(( Ex.Workbooks.Open( _ ExcelName, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ -2-

3 Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing, _ Type.Missing )), _ Excel.Workbook ) string excelname = "C: sample.xls"; Excel.Application ex; Excel.Workbook wb; // Excel オブジェクト // workbook オブジェクト ex = new Excel.Application( ); ex.visible = true; // 確認の為 Excel のウィンドウを表示する // Excel ファイルのオープン wb = ( Excel.Workbook )( ex.workbooks.open( excelname, // オープンする Excel ファイル名 Type.Missing, // ( 省略可能 )UpdateLinks (0 / 1 / 2 / 3) Type.Missing, // ( 省略可能 )ReadOnly (True / False ) Type.Missing, // ( 省略可能 )Format // 1: タブ / 2: カンマ (,) / 3: スペース / 4: セミコロン (;) // 5: なし / 6: 引数 Delimiter で指定された文字 Type.Missing, // ( 省略可能 )Password Type.Missing, // ( 省略可能 )WriteResPassword Type.Missing, // ( 省略可能 )IgnoreReadOnlyRecommended Type.Missing, // ( 省略可能 )Origin Type.Missing, // ( 省略可能 )Delimiter Type.Missing, // ( 省略可能 )Editable Type.Missing, // ( 省略可能 )Notify Type.Missing, // ( 省略可能 )Converter Type.Missing, // ( 省略可能 )AddToMru Type.Missing, // ( 省略可能 )Local Type.Missing // ( 省略可能 )CorruptLoad )); ワークシートの選択 Workbooks.Open メソッドの実行に依りワークブックで有る Workbook オブジェクトが取得出来たので 続いて 此れに含まれるワークシートを取得する ワークブックには複数のワークシートを格納出来るので 目的のワークシートをワークシート名に依り探し出す必要が有る 本稿の例では 単純にワークブックに含まれるワークシートを順番に観て行き ワークシート名が一致すれば 其れが目的のワークシートで有ると判断して居る 猶 ワークシートのインデックスは 1 から始まって居るので注意が必要で有る -3-

4 ' 指定されたワークシート名のインデックスを返すメソッド Private Function getsheetindex( ByVal SheetName As String, ByVal Wss As Excel.Sheets ) _ As Integer Dim I As Integer = 0 For Each Ws As Microsoft.Office.Interop.Excel.Worksheet In Wss If SheetName = Sh.Name Then Return I + 1 I += 1 Next Return 0 End Function ' 与えられたワークシート名から Worksheet オブジェクトを得る Dim SheetName As String = "Sheet2" Dim Ws As Excel.Worksheet ' Worksheet オブジェクト Ws = DirectCast( Wb.Sheets( _ getsheetindex( SheetName, Wb.Sheets )), Excel.Worksheet ) // 指定されたワークシート名のインデックスを返すメソッド private int getsheetindex( string sheetname, Excel.Sheets wss ) { int i = 0; foreach ( Excel.Worksheet ws in wss ) { if ( sheetname == ws.name ) { return i + 1; } i += 1; } return 0; } // 与えられたワークシート名から Worksheet オブジェクトを得る string sheetname = "Sheet2"; Excel.Worksheet ws; // Worksheet オブジェクト ws = ( Excel.Worksheet ) wb.sheets[ getsheetindex( sheetname, wb.sheets )]; セルの内容を読み込む 此処迄の操作でワークシートを得る事が出来たので 最後に目的のセルの内容を参照する セルの内容は Worksheet オブジェクトの Cells プロパティで取得出来るが Cells プロパティが返す Range オブジェクトから内容を取得する方が解り易い -4-

5 Range オブジェクトはワークシート上の指定された範囲のセルを管理するのだが 1 つのセルを Range オブジェクトに割り当てて 其の Range オブジェクトからセルの中身がアクセス出来る Range オブジェクトには セルの内容を取り出す Text プロパティや計算式を示す Formula プロパティ セルの表示形式を表す NumberFormat プロパティ等が提供されて居る セルの指定は Cells[ row, column ] の様に行うが row column は共に 1 始まりで有る 従って A1 のセルは Cells[ 1, 1 ] と成る Dim CellVal As String Dim Rn As Excel.Range ' Range オブジェクト Rn = DirectCast( Ws.Cells( 1, 1 ), Excel.Range ) CellVal = Rn.Text.ToString( ) ' A1 セルの内容 string cellval; Excel.Range rn; // Range オブジェクト rn = ( Excel.Range ) ws.cells[ 1, 1 ]; cellval = rn.text.tostring( ); // A1 セルの内容 Range オブジェクトに含まれるセルの値を取得するには Value プロパティか Text プロパティを用いる Text プロパティは セルの値が文字列化された物を取得出来るが セルの表示形式で指定されて居る形式に依って得られる内容が異なる 此処ではセルの内容が文字列か数値の判断が付かないと仮定して居るで Text プロパティを使って居るが 状況に依っては Value プロパティの方が妥当な場合も有る セルの内容を参照するのではなく セルに値をセットする場合は Value プロパティを使用する必要が有る 総ての処理が終了すれば Workbook オブジェクトをクローズし Excel を終了して置く Wb.Close( Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing ) Ex.Quit( ) wb.close( Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing ); ex.quit( ); 本稿は Excel ファイルの内容を読み取る方法而巳を紹介したが Application オブジェクトや Workbook オブジェクト等に含まれる他のメソッドを使って 新規にワークシートを作成してファイルに保存したり セルの内容を修正して保存したりする事も出来る ワークシート上のセルにアクセスする処迄を理解すれば Excel ファイルの処理は意外と簡単に行える筈で有る -5-

6 プログラム例 事前に参照を追加して Excel を操作する事前バインディングのプログラム例を 下記に示す 猶 事前バインディングでは コーディングにインテリセンスを利用したり Excel の定数を使用したり出来る等 開発効率が良いが Excel のバージョンが異なれば 動作しない 異なるバージョンの Excel がインストールされて居る複数のコンピュータで動作させるには 遅延バインディングを用いる Public Class ExcelOperation 6.0 Private Sub btnopen_click( ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs ) _ Handles btnopen.click ' Excel ファイルのパス Dim P As String = Application.StartupPath If Not P.EndsWith( " " ) Then P &= " " P &= "data.xls" ' Excel のクラスのタイプとインスタンスを取得 Dim Ex As Excel.Application = CreateObject( "Excel.Application" ) ' ワークブックコレクションオブジェクト Dim Wbs As Excel.Workbooks = Ex.Workbooks ' Excel ファイルのオープン Dim Wb As Excel.Workbook = Wbs.Open( P ) ' Excel ファイルの表示 Ex.Visible = True ' 変更の保存を確認しない様に設定 Ex.DisplayAlerts = False ' ワークシートコレクションオブジェクト ( 例外が発生する ) ' Dim Wss As Excel.Worksheets = Wb.Worksheets ' ワークシートオブジェクト ' Dim Ws As Excel.Worksheet = Wss.Item( 1 ) Dim Ws As Excel.Worksheet = Wb.Worksheets.Item( 1 ) ' レンジオブジェクト Dim Rn As Excel.Range ' セル A1 の値の取得 Rn = Ws.Range("A1") Dim A1 As String = Rn.Value.ToString( ) MessageBox.Show( A1, " セル A1 の値 " ) Call DisposeComObject( Rn ) ' 使用の都度に解放した方が無難 -6-

7 ' セル B1 の値の取得 Rn = Ws.Range( "B1" ) Dim B1 As String = Rn.Value.ToString( ) MessageBox.Show( B1, " セル B1 の値 " ) Call DisposeComObject( Rn ) ' 使用の都度に解放した方が無難 ' セル A2 の振り仮名の取得 Rn = Ws.Range( "A2" ) Dim A2 As String = Rn.Phonetics( 1 ).Text.ToString( ) MessageBox.Show( A2, " セル A2 の振り仮名 " ) Ex.Speech.Speak( A2 ) Call DisposeComObject( Rn ) ' 使用の都度に解放した方が無難 ' ハイパーリンクの設定 Rn = Ws.Range( "B2" ) Dim Lns As Excel.Hyperlinks = Ws.Hyperlinks Dim Ln As Excel.Hyperlink = Lns.Add( Rn, B1 ) Call DisposeComObject( Rn ) ' 使用の都度に解放した方が無難 ' ワークブックの保存 If MessageBox.Show( " 保存しますか?", " 確認 ", _ MessageBoxButtons.YesNo, MessageBoxIcon.Question ) = _ System.Windows.Forms.DialogResult.Yes Then Wb.Save( ) MessageBox.Show( " 保存しました ", " 保存 " ) ' 終了 If MessageBox.Show( " エクセルを終了しますか?", " 確認 ", _ MessageBoxButtons.YesNo, MessageBoxIcon.Question ) = _ System.Windows.Forms.DialogResult.Yes Then ' オブジェクトの開放 If Ln IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Ln ) If Lns IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Lns ) If Rn IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Rn ) If Ws IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Ws ) ' If Wss IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Wss ) If Wb IsNot Nothing Then Wb.Close( ) ' ワークブックのクローズ Call DisposeComObject( Wb ) If Wbs IsNot Nothing Then Call DisposeComObject( Wbs ) If Ex IsNot Nothing Then Ex.Quit( ) ' エクセルの終了 Call DisposeComObject( Ex ) -7-

8 ' COM オブジェクトを解放するジェネラルプロシージャ Private Sub DisposeComObject( Of T As Class )( ByRef Obj As T ) If Obj IsNot Nothing Then Try If System.Runtime.InteropServices.Marshal.IsComObject( Obj ) Then System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject( Obj ) Finally Obj = Nothing End Try End Class using System; using System.Collections.Generic; using System.ComponentModel; using System.Data; using System.Drawing; using System.Text; using System.Windows.Forms; namespace ExcelOperation { public partial class ExcelOperation : Form { public ExcelOperation( ) { InitializeComponent( ); } private void btnopen_click( object sender, EventArgs e ) { // Excel ファイルのパス string p = Application.StartupPath; if " )) p "; p += "data.xls"; // Excel クラスのインスタンス生成 Excel.Application ex = new Excel.Application( ); // ワークブックコレクションオブジェクト Excel.Workbooks wbs = ex.workbooks; // Excel ファイルのオープン Excel.Workbook wb = wbs.open( p, -8-

9 Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing); // Excel ファイルの表示 ex.visible = true; // 変更の保存を確認しない様に設定 ex.displayalerts = false; // ワークシートコレクションオブジェクト ( 例外が発生する ) // Excel.Worksheets wss = ( Excel.Worksheets ) wb.sheets; // ワークシートオブジェクト // Excel.Worksheet ws = ( Excel.Worksheet ) wss.get_item( 1 ); Excel.Worksheet ws = ( Excel.Worksheet ) wb.worksheets[ 1 ]; // レンジオブジェクト Excel.Range rn; // セル A1 の値の取得 rn = ( Excel.Range ) ws.cells[ 1, 1 ]; string a1 = rn.text.tostring( ); MessageBox.Show( a1, " セル A1 の値 " ); DisposeComObject( rn ); // 使用の都度に解放した方が無難 // セル B1 の値の取得 rn = ( Excel.Range ) ws.cells[ 1, 2 ]; string b1 = rn.text.tostring( ); MessageBox.Show( b1, " セル B1 の値 " ); DisposeComObject( rn ); // 使用の都度に解放した方が無難 ' セル A2 の振り仮名の取得 rn = ( Excel.Range ) ws.cells[ 2, 1 ]; string a2 = rn.phonetics( 1 ).Text.ToString( ); MessageBox.Show( a2, " セル A2 の振り仮名 " ); Ex.Speech.Speak( a2 ); DisposeComObject( rn ); // 使用の都度に解放した方が無難 // ハイパーリンクの設定 rn = ( Excel.Range ) ws.cells[ 2, 2 ]; Excel.Hyperlinks lns = ws.hyperlinks; Excel.Hyperlink ln = ( Excel.Hyperlink ) lns.add( rn, b1, "", "", "" ); DisposeComObject( rn ); // 使用の都度に解放した方が無難 -9-

10 // ワークブックの保存 if ( MessageBox.Show( " 保存しますか?", " 確認 ", MessageBoxButtons.YesNo, MessageBoxIcon.Question ) == System.Windows.Forms.DialogResult.Yes ) { wb.save( ); MessageBox.Show( " 保存しました ", " 保存 " ); } } // 終了 if ( MessageBox.Show( " エクセルを終了しますか?", " 確認 ", MessageBoxButtons.YesNo, MessageBoxIcon.Question ) == System.Windows.Forms.DialogResult.Yes ) { // オブジェクトの開放 if ( ln!= null ) ln = null; if ( lns!= null ) lns = null; if ( rn!= null ) rn = null; if ( ws!= null ) ws = null; // if ( wss!= null ) wss = null; if ( wb!= null ) { wb.close( null, null, null ); // ワークブックのクローズ wb = null; } if ( wbs!= null ) wbs = null; if ( ex!= null ) { ex.quit( ); // エクセルの終了 ex = null; } } } } // COM オブジェクトを解放するメソッド private void DisposeComObject( Of T As Class )( ByRef obj As T ) { if ( obj!= null ) { try { if ( System.Runtime.InteropServices.Marshal.IsComObject( Obj )) System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject( Obj ); } Finally { obj = null } } } -10-

11 注意事項 Excel のプロセスが正常に終了しない理由.NET 以降では 6.0 の様に Range オブジェクトを使用すると Excel のプロセスが終了しないと謂う事は認知されて居るが 実際に使用して観るとプロセスが終了しないので 困惑する事も多いと思う 其処で.NET 以降から Excel を操作する上での注意事項を纏めて観た 1. 先ず 起動 終了丈の基本的なプログラムを書いた時点でテストして プロセスが終了しているかを確認する 2. コードは マクロ等を其の儘ペーストせず キーボードから入力する ( 然うする事に依り自動メンバー表示やパラメータヒントが表示される ) 3. 自動メンバー表示等が表示されない場合は コードの使い方が間違って居る場合が有るので ヘルプ等で確認する 4. 今迄と違った使い方や使った事の無いプロパティ等を使用した場合は 其の時点でプロセスが終了するか確認する 5. コードの区切りの時点で 其処迄の動作でプロセスが正常に終了する事を確認し乍ら進める 以上の 5 項目を守れば 少なく共 他人に間違い探しを依頼する事は無い筈で有る 作成してからプロセスが終了して居ない事に気が付いた場合は 確認出来て居る部分を除いてコメント化し 確認し乍ら順次コメントを外して原因箇所を見付ける様にすれば良い Excel のマクロからコードを使用した場合 6.0 と同様に から Excel のプロパティやメソッド オブジェクト等を操作する場合は 必ずオブジェクトを指定する 例 : 誤り ActiveSheet 正解 xlbook.activesheet VBA のヘルプで ActiveSheet プロパティの [ 対象 ] の項を見ると Application オブジェクト Window オブジェクト Workbook オブジェクトの 3 種のオブジェクトで使用可能だが 此の場合は Sheet1 や Sheet2 と謂うワークシートを対象に仕て居るので Workbook オブジェクトを指定する様にする 例えば xlapp xlbook xlsheet が xlapp xlsheet では 何の xlbook の ActiveSheet かが不明で有る 但し 使用するシート名が判って居る場合は xlbook.worksheets("sheet1") や xlsheet の様にシート名を直接指定する様にする 上記の他 VBA のコードではオブジェクト名が省略されて居る場合が多々有るが からは VBA のコードと のコードを区別する上で 省略して書くとエラーが発生したり エラーが発生しなくても Excel 内部で問題に成り プロセスが終了しない原因に成る 従って コードをコピー & ペーストする様な事をせず キーボードから自動メンバ表示等のインテリセンス機能を利用して確認し乍 コードを記入する様にする 猶 VBA のヘルプは Excel 上の Editor からでも観る事が出来る -11-

12 各オブジェクトを変数と仕て宣言する時の 6.0 との違い Dim Ex As Excel.Application Dim Wb As Excel.Workbook Dim Ws As Excel.Worksheet 6.0 Set Ex = CreateObject( "Excel.Application" ) Set Wb = xlapp.workbooks.add Set Ws = xlbook.worksheets( 1 ).NET 以降 Dim Ex As New Excel.Application Dim Wbs As Excel.Workbooks = Ex.Workbooks Dim Wb As Excel.Workbook = Wbs.Add Dim Wss As Excel.Sheets = Wb.Worksheets Dim Ws As Excel.Worksheet = Wss.Item( 1 ) 上記で WorkBook や WorkSheet を使用する場合は 必ず 一旦 Workbooks 等のコレクションから受ける方法を推奨する オートメーションオブジェクトに対して Marshal.ReleaseComObject メソッドを実行し オブジェクトインスタンスの解放を行う必要が有る為 此の様な方法でないと解放出来ない 此の事は 次の Range オブジェクト等でも同じ理由で有る 下記は Microsoft サポート技術情報よりの抜粋で有る Visual Studio.NET でマネージコードから COM オブジェクトを呼び出すと 自動的に RCW( ランタイム呼出可能ラッパー ) が作成される RCW は.NET アプリケーションと COM オブジェクト間の呼出をマーシャリング ( 整列 ) する RCW は COM オブジェクトへの参照カウントを保持する 従って RCW での総ての参照が解放されて居ない場合 COM オブジェクトは終了しない COM オブジェクトの解放忘れ 1. 基本的に 下記の様に ドット (. ) が 2 個連続で使用されゝば解放出来ない 誤 正 xlrange = xlcells( 1,1 ) xlrange.interior.color = RGB( 0, 255, 0 ) ' 使用変数の解放処理 MRComObject( xlcells ) MRComObject( xlrange ) xlrange = xlcells( 1, 1 ) Dim xlinterior As Excel.Interior xlinterior = xlrange.interior xlinterior.color = RGB( 0, 255, 0 ) MRComObject( xlinterior ) MRComObject( xlcells ) MRComObject( xlrange ) 此の使用法が問題と成る! -12-

13 必ず 上記の様に分解して 変数に受けて 解放処理を行う 下記の様な場合も当然解放されない xlrange = xlcells( 1, 1 ) xlrange.font.bold = True 2. 下記の様なオブジェクトを返すプロパティ等は Marshal.ReleaseComObject メソッドを実行し オブジェクトインスタンスの解放を行う必要が有る Range オブジェクト Selection プロパティ Location メソッド等 Cells プロパティ Rows プロパティ Columns プロパティ Borders プロパティ等の様に最後に s が付くプロパティ ( コレクション ) 等 猶 上記に記載した以外にも色々有るので VBA のヘルプで戻り値や対象に付いて調べて プロセスが終了するか何うかテストしてから使用する様にする 3. ループ処理等で複数回使用した場合 下記の様に 其の都度 解放処理をする For I = 1 To 255 xlrange = xlsheet.range( R1ToA1( 1, I, 1, I )) xlrange.value = I MRComObject( xlrange ) Next 4. 遅延バインディングで Object 型の変数を使用した場合 遅延バインディングで 下記の様に Object 型の変数を使用すると 参照カウントが通常より多くカウントされ 通常の解放処理では解放出来ない ( アーリーバインディングでは解放される ) Dim xlrange As Object Dim xlhyperlinks As Object Dim xlhyperlink As Object xlrange = xlsheet.range( "A1" ) xlrange.value = "http://www.squid.ne.jp" xlhyperlinks = xlsheet.hyperlinks xlhyperlink = xlhyperlinks.add( xlrange, xlrange.value ) System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject( xlrange ) System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject( xlhyperlink ) System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject( xlhyperlinks ) 上記の場合 xlrange のカウントが 2 に成る様で有る 解放出来ない場合は 下記の様に仕て調べ 0 以上の数値が返って来れば カウントがアップして居るので 其の分 解放処理が必要で有る Debug.WriteLine(System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlRange)) System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlRange) System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlRange) -13-

14 上記の様に 2 度続けて解放処理をしても 一応解放出来るが 下記の様にする事を推奨する Public Shared Sub MRComObject ( Of T As Class )( ByRef objcom As T, _ Optional ByVal force As Boolean = False ) If objcom Is Nothing Then Return Try If System.Runtime.InteropServices.Marshal.IsComObject( objcom ) Then If force Then Dim count As Integer = _ System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject( objcom ) ' 此の部分は 動作確認用コードで有る ( 実使用では必要無い ) If Not count = 0 Then MessageBox.Show( "COM オブジェクトが解放されて居ません!" ) Else Dim count As Integer = _ System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject( objcom ) ' 此の部分は 動作確認用コードで有る ( 実使用では必要無い ) If Not count = 0 Then MessageBox.Show( "COM オブジェクトが解放されて居ません!" ) Finally objcom = Nothing End Try と.NET 2003 に依る違い 2005/Excel 2002 では 下記でもプロセスは解放されるが.NET 2003/Excel 2002 では 下記ではプロセスが解放されない xlapp.activewindow.displayhorizontalscrollbar = False xlapp.activewindow.displayverticalscrollbar = False 孰れも 下記の様に 変数に受けて解放処理を仕た方が良い Dim xlwindow As Excel.Window xlwindow = xlapp.activewindow xlwindow.displayhorizontalscrollbar = False xlwindow.displayverticalscrollbar = False MRComObject( xlwindow ) 上記の様に バージョンに依る違いも有る 一度目のテストでは 解放されて居ても 処理を繰り返すと解放されない場合も有るので 充分テスト (2 回以上連続使用 ) を行う必要が有る -14-

15 補足.NET 以降から Excel を扱う場合は 6.0 とは異なり 総ての COM オブジェクトを System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject メソッドを使用して解放する必要が有るが 此の事は MS のサンプル等でも明記されて居らず 其処に記述されて居る ガベージコレクションを実行する為 GC.Collect メソッドを使用してガベージコレクタを強制的に実行し RCW が保持して居る参照を解放する と謂う説明に勘違いして GC.Collect メソッドを実行して居るコードを観掛ける事が有る 併し プロセスが残存しない様にするには COM オブジェクトを夫々れ変数に受け 使用後 ReleaseComObject メソッドを実行する必要が有る 猶 6.0 の時の様に ExcelApplication = Nothing は 必ずしも必要が無く 実行しなくてもプロセスが終了しないと謂う事は無い 寧ろ ReleaseComObject の方が重要で 此方は必ず実行しなけば プロセスが正しく終了しない 亦 上記 MS のサンプルでは Private Sub NAR( ByVal o As Object ) の様に値渡しに成って居るが 参照渡しに変更して居る 此れは ExcelApplication = Nothing が特に必要が無い為 孰れの方法でも実用上問題が発生して居ないが 使用目的に鑑み 参照渡しに仕た方が良いと思われる 基本的に Excel の操作方法は.NET 以降も 6.0 も同じで有る 只 指定方法が若干上記の様に異なる事を注意すれば 6.0 から Excel を操作するプログラムを.NET 以降用に一部変更すれば使用可能で有る FinalReleaseComObject は.NET Framework version 2.0 で新しく追加された物で 一度の呼出で 参照カウントを 0 に設定する 下記の様に 0 を返す迄 ループ内で ReleaseComObject を呼び出す事と同じで有る Dim I As Integer Do I = System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject( Obj ) Loop While I > 0-15-

16 各種 Excel 操作 各種 Excel 操作を 下記に示す 此等は 前述のプログラム例 (ExcelOperation) の実際の処理 ( セル A1 の値の取得 ~ ハイパーリンクの設定 ) の部分に記述する セルにデータの設定 ( 一括 ) ' セル A5:A7 へデータの入力 ( 一括 ) Rn = Ws.Range( "A5:A7" ) Dim D( 2, 0 ) As Object D( 0, 0 ) = "10" D( 1, 0 ) = "20" D( 2, 0 ) = "=Sum( A5:A6 )" Rn.Value = D Call DisposeComObject( Rn ) セルにデータの設定 ( 個別 ) ' セル C5:C7 へデータの入力 ( 個別 ) Dim Cl As Excel.Range = Ws.Cells Rn = DirectCast( Cl( 5, 3 ), Excel.Range ) Rn.Value = "12" Call DisposeComObject( Rn ) Rn = DirectCast( Cl( 6, 3 ), Excel.Range ) Rn.Value = "34" Call DisposeComObject( Rn ) Rn = DirectCast( Cl( 7, 3 ), Excel.Range ) Rn.Value = "=C5+C6" Call DisposeComObject( Rn ) Call DisposeComObject( Cl ) Microsoft Excel を起動 ( 既存のファイルを開く ) -16-

17 Excel のデータ入力例色々 1.R1C1 形式で個々のセルへの入力例 Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click 'R1C1 形式で個々のセルへの入力例 xlapp.visible = True Dim i, j As Integer For i = 5 To 12 '5 行目 ~12 行目 For j = 3 To 8 'C 列 ~ H 列 Call SetdataCell(i, j, i + j) Next j Next i 'C13 に合計を表示 Call SetdataCell(13, 3, "=SUM(C5:C12") Private Sub SetdataCell(ByVal r As Integer, ByVal c As Integer, ByVal d As Object) ' 個々のセルへ値を入力するためのプロシージャ Dim xlcells1 As Excel.Range Dim xlrange1 As Excel.Range xlcells1 = xlsheet.cells xlrange1 = xlcells1(r, c) xlrange1.value = d MRComObject(xlCells1) MRComObject(xlRange1) 2.R1C1 形式で範囲を指定してセルへの入力例 Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click -17-

18 'R1C1 形式で範囲を指定してセルへの入力例 xlapp.visible = True Dim xlrange As Excel.Range Dim strdat(2, 0) As Object strdat(0, 0) = "10" ' データの作成 strdat(1, 0) = "20" ' セル (B15,B16) strdat(2, 0) = "=SUM(" & R1ToA1(15, 2, 16, 2) & ")" ' 計算式 ' セル (B15,B17) xlrange = xlsheet.range(r1toa1(15, 2, 17, 2)) ' データの入力セル範囲 xlrange.value = strdat ' セルへデータの入力 MRComObject(xlRange) Private Function R1ToA1(ByVal r1 As Integer, ByVal c1 As Integer, _ ByVal r2 As Integer, ByVal c2 As Integer) As String 'A1 形式のアドレスを R1C1 形式に変換する関数 Dim i1, i2 As Integer Dim d1, d2 As String i1 = Math.Floor((c1-1) 26) d1 = IIf(c1 > 26, Strings.Chr(64 + i1), "") i1 = c1-26 * i1 d1 &= Strings.Chr(64 + i1) & CStr(r1) i2 = Math.Floor((c2-1) 26) d2 = IIf(c2 > 26, Strings.Chr(64 + i2), "") i2 = c2-26 * i2 d2 &= Strings.Chr(64 + i2) & CStr(r2) Return d1 & ":" & d2 End Function 注意上記関数は Excel 2007 で 703 列以上を指定すると正しい値を返さないようです Excel 2007 以前は 列数が 255 列までに制限されているので問題ありません 3.R1ToA1 関数を使って個別のセルに入力する場合 Private Sub Button3_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button3.Click 'R1ToA1 関数を使って個別のセルに入力する場合 Dim i As Integer Dim xlrange As Excel.Range -18-

19 For i = 1 To 255 'A1 ~ IU1 の範囲に連番を入力 xlrange = xlsheet.range(r1toa1(1, i, 1, i)) xlrange.value = i MRComObject(xlRange) Next i xlapp.visible = True Private Function R1ToA1(ByVal r1 As Integer, ByVal c1 As Integer, _ ByVal r2 As Integer, ByVal c2 As Integer) As String 'A1 形式のアドレスを R1C1 形式に変換する関数 Dim i1, i2 As Integer Dim d1, d2 As String i1 = Math.Floor((c1-1) 26) d1 = IIf(c1 > 26, Strings.Chr(64 + i1), "") i1 = c1-26 * i1 d1 &= Strings.Chr(64 + i1) & CStr(r1) i2 = Math.Floor((c2-1) 26) d2 = IIf(c2 > 26, Strings.Chr(64 + i2), "") i2 = c2-26 * i2 d2 &= Strings.Chr(64 + i2) & CStr(r2) Return d1 & ":" & d2 End Function 4.Address プロパティを使っての入力例 Private Sub Button4_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button4.Click 'Address プロパティを使って個別入力 Dim i As Integer Dim xlrange As Excel.Range Dim xlcells As Excel.Range Dim xlrange1 As Excel.Range xlcells = xlsheet.cells Dim Col As String For i = 1 To 255 'A2 ~ IU2 の範囲に連番を入力 xlrange1 = xlcells(2, i) Col = xlrange1.address(false, False) -19-

20 xlrange = xlsheet.range(col) xlrange.value = i MRComObject(xlRange1) MRComObject(xlRange) Next i MRComObject(xlCells) xlapp.visible = True 5.Address プロパティを使って範囲入力 Private Sub Button5_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button5.Click 'Address プロパティを使って範囲入力 xlapp.visible = True Dim xlrange As Excel.Range Dim strdat(2, 0) As Object strdat(0, 0) = "10" strdat(1, 0) = "20" strdat(2, 0) = "=SUM(A4:A5)" Dim Col1, Col2 As String Dim xlcells As Excel.Range Dim xlrange1 As Excel.Range xlcells = xlsheet.cells xlrange1 = xlcells(4, 1) 'A4 Col1 = xlrange1.address(false, False) MRComObject(xlRange1) xlrange1 = xlcells(6, 1) 'A6 Col2 = xlrange1.address(false, False) 'A4 ~ A6 の範囲に入力 xlrange = xlsheet.range(col1 & ":" & Col2) xlrange.value = strdat MRComObject(xlCells) MRComObject(xlRange1) MRComObject(xlRange) 6.Rows / Columns プロパティの使用方法 -20-

21 Private Sub Button6_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button6.Click ' xlsheet.rows(6).select() ' これではプロセスが終了しない ' Dim xlrange As Excel.Range Dim xlrows As Excel.Range xlrows = xlsheet.rows xlrange = xlrows(6) xlrange.select() MRComObject(xlRows) MRComObject(xlRange) ' ' xlsheet.columns(6).select() ' これではプロセスが終了しない ' Dim xlrange1 As Excel.Range Dim xlcolumns As Excel.Range xlcolumns = xlsheet.columns xlrange1 = xlcolumns(6) xlrange1.select() MRComObject(xlColumns) MRComObject(xlRange1) ' 'xlsheet.rows(1). ' この時点で候補がでてこない 'xlsheet.rows.select() ' これなら候補も表示されるがプロセスは終了しない ' Dim xlrows2 As Excel.Range xlrows2 = xlsheet.rows xlrows2.select() MRComObject(xlRows2) 7.Excel を Private な変数で宣言しての起動処理 ' Private な変数の宣言

22 Private xlapp As Excel.Application Private xlbooks As Excel.Workbooks Private xlbook As Excel.Workbook Private xlsheets As Excel.Sheets Private xlsheet As Excel.Worksheet ' Excel ファイルの Open 処理 Private Sub Button7_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button7.Click 'Excel の既存ファイルのオープン Call ExcelOpen(IO.Path.GetFullPath(".... Test.xls"), "Sheet1") Private Sub ExcelOpen(ByVal FilePath As String, ByVal SheetName As String) ' 既存のファイルのオープン処理用プロシージャ xlapp = New Excel.Application xlbooks = xlapp.workbooks xlbook = xlbooks.open(filepath) xlsheets = xlbook.worksheets xlsheet = xlsheets(sheetname) xlapp.visible = True 8.Excel ファイルを上書き保存して終了処理 ' Excel ファイルの終了時の処理 Private Sub Button8_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button8.Click 'Excel ファイルを上書き保存 (True 又省略すれば ) して終了処理を実行 Call ExcelClose(IO.Path.GetFullPath(".... Test.xls"), False) 'False の場合保存しないで終了 Private Sub ExcelClose(ByVal FilePath As String, Optional ByVal CancelSave As Boolean = True) 'Excel ファイルを上書き保存して終了処理用プロシージャ xlapp.displayalerts = False ' 保存時の問合せのダイアログを非表示に設定 If CancelSave Then xlsheet.saveas(filepath) ' ファイルに保存 MRComObject(xlSheet) 'xlsheet の解放 MRComObject(xlSheets) 'xlsheets の解放 xlbook.close() 'xlbook を閉じる -22-

23 MRComObject(xlBook) 'xlbook の解放 MRComObject(xlBooks) 'xlbooks の解放 xlapp.quit() 'Excel を閉じる MRComObject(xlApp) 'xlapp を解放 ' 今まで使っていた方法では Option Strict On の時にエラーとなったので 下記の ' 魔界の仮面弁士さんの投稿を使用させて頂きました 詳しくは 下記リンク参照願います ' デクリメントするだけが目的なら その場で ReleaseComObject だけを実施して下さい 'http://hanatyan.sakura.ne.jp/vbnetbbs/wforum.cgi?mode=allread&no=6370#6374 Public Shared Sub MRComObject(Of T As Class)(ByRef objcom As T, Optional ByVal force As Boolean = False) If objcom Is Nothing Then Return Try If System.Runtime.InteropServices.Marshal.IsComObject(objCom) Then If force Then Dim count As Integer = System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject(objCom) If count <> 0 Then ' この部分は 動作確認用コードです ( 実使用では必要ありません ) MessageBox.Show("COM オブジェクトが解放されていません ") Else Dim count As Integer = System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(objCom) If count <> 0 Then ' この部分は 動作確認用コードです ( 実使用では必要ありません ) MessageBox.Show("COM オブジェクトが解放されていません ") '0 になる事を期待 ( 使い終った ) していたなら force = True で試して見て下さい Finally objcom = Nothing End Try Private Sub Form1_Closed(ByVal sender As Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Closed 'Excel が終了していない場合は Excel を終了 If Not xlapp Is Nothing Then Call ExcelClose(IO.Path.GetFullPath(".... Test.xls"), False) -23-

24 Excel にデータを送りグラフを表示 '======= Excel の起動処理 終了処理の部分を省略します ==================== ' プロジェクト 参照の追加 COM Microsoft Excel *.* ObjectLibrary を参照して下さい ' 基本的な操作部分は [.NET から Excel の基本的な操作方法 ] と同じです '============== グラフデータを作成及びセルに値を代入 =================== 'Excel のセルに値を代入します Dim i, j As Integer Dim kamokurange, simeirange, datarange As Excel.Range Dim datadat(4, 4) As Integer, simeidat(0, 4), kamokudat(4, 0) As String kamokurange = xlsheet.range("a2:a6") simeirange = xlsheet.range("b1:f1") datarange = xlsheet.range("b2:f6") For i = 0 To 4 For j = 0 To 4 '30~100 の範囲のランダムなデータを作成 datadat(j, i) = CInt(70 * Rnd() + 31) Next j Next i ' 系列名の設定 kamokudat(0, 0) = " 国語 " kamokudat(1, 0) = " 数学 " kamokudat(2, 0) = " 英語 " kamokudat(3, 0) = " 社会 " kamokudat(4, 0) = " 体育 " '' 項目名の設定 simeidat(0, 0) = " 石原 " simeidat(0, 1) = " 小泉 " simeidat(0, 2) = " 田中 " simeidat(0, 3) = " 平沼 " simeidat(0, 4) = " 森山 " ' セルに各データを設定 datarange.value = datadat kamokurange.value = kamokudat simeirange.value = simeidat MRComObject(dataRange) 'datarange の解放 MRComObject(kamokuRange) 'kamokurange の解放 MRComObject(simeiRange) 'datarange の解放 -24-

25 '=============== グラフの表示設定 ======================= Dim MyCharts As Excel.ChartObjects Dim MyChart As Excel.ChartObject Dim MyChart1 As Excel.Chart ' 表示位置 グラフの大きさを指定して新しい埋め込みグラフを作成 MyCharts = xlsheet.chartobjects MyChart = MyCharts.Add(10, 90, 550, 300) Dim xlrange As Excel.Range xlrange = xlsheet.range("a1:f6") ' データの入力セル範囲 MyChart1 = MyChart.Chart With MyChart1 ' 系列を列に変更行は xlrows.setsourcedata(xlrange, Excel.XlRowCol.xlColumns) MRComObject(xlRange) 'xlrange の解放 '' 縦棒グラフを指定.ChartType = Excel.XlChartType.xlColumnClustered '' グラフのタイトルを表示.HasTitle = True Dim xlcharttitle As Excel.ChartTitle xlcharttitle =.ChartTitle xlcharttitle.text = " 中間テスト結果 " MRComObject(xlChartTitle) 'xlcharttitle の解放 '' 目盛りの設定 Dim xlaxes As Excel.Axes Dim xlaxis As Excel.Axis xlaxes = MyChart1.Axes xlaxis = xlaxes.item(excel.xlaxistype.xlvalue) ' ' データラベルの表示 ( 全て表示の場合 ).ApplyDataLabels(Excel.XlDataLabelsType.xlDataLabelsShowValue) ' 個別に表示する場合 Dim xlsc As Excel.Series xlsc =.SeriesCollection(1) xlsc.applydatalabels(excel.xldatalabelstype.xldatalabelsshowvalue) MRComObject(xlSC) ' その他詳細設定は Excel 上でマクロを取ってそのマクロを参考に上記のように ' コードを書き直して試して見て下さい '

26 With xlaxis.majorunit = 20.MaximumScale = 120 End With MRComObject(xlAxis) MRComObject(xlAxes) ' 目盛り間隔 ' 目盛りの最大値 'xlaxis の解放 'xlaxes の解放 ' 作業中のシートにグラフを表示する場合 'Dim location1 As Excel.Chart 'location1 =.Location(Excel.XlChartLocation.xlLocationAsObject, xlsheet.name) 'MRComObject(location1) '' グラフを縮小表示 Dim xlshapes As Excel.Shapes Dim xlshape As Excel.Shape xlshapes = xlsheet.shapes xlshape = xlshapes.item(1) ' 縦横を 70% に縮小表示 xlshape.scalewidth(0.7, Office.MsoTriState.msoFalse, _ Office.MsoScaleFrom.msoScaleFromTopLeft) xlshape.scaleheight(0.7, Office.MsoTriState.msoFalse, _ Office.MsoScaleFrom.msoScaleFromTopLeft) MRComObject(xlShape) 'xlshape の解放 MRComObject(xlShapes) 'xlshapes の解放 End With ' おまけ上記がうまく表示されたらコメントを外して試して下さい ' 3D 表示でグラフが回転しなが表示します 'MyChart.Chart.ChartType = Excel.XlChartType.xl3DColumn 'For i = 0 To 360 Step 10 ' MyChart.Chart.Rotation = i ' System.Threading.Thread.Sleep(1000) 'Next i MRComObject(MyChart1) MRComObject(MyChart) MRComObject(MyCharts) 'MyChart1 の解放 'MyChart の解放 'MyCharts の解放 '=========================== ここまで ======================================= '====== 以下は [.NET から既存の Excel ファイルを開く ] と同じです ======== Excel の定数の調べ方 VB6.0 では ( 定数 ).SetSourceData xlsheet.range("a1:f6"), xlcolumns -26-

27 VB.NET では (Excel. クラス名. 定数 ).SetSourceData(xlSheet.Range("A1:F6"), Excel.XlRowCol.xlColumns) 上記定数を調べる場合 VBAXL9.CHM 等のヘルプで [SetSourceData] をキーワードに検索すると SetSourceData メソッドがヒットします その解説文に [ 使用できる定数は XlRowCol クラスの xlcolumns または xlrows です ] と記載されています Excel. と入力するとインテリセンス機能により XlRowCol クラスを選択し 使用する定数を選んで下さい ヘルプファイルは バージョンにより VbaXl8.hlp Vbaxl9.chm Vbaxl10.chm VBAXL10.chm 等があります 標準のインストールでは インストールされませんので 入っていない方は CD より追加でインストールして下さい インストール方法は VBA のヘルプを参照するを見て下さい 又 定数名が判っていれば オブジェクトブラウザから定数名を検索すれば簡単に探せます Vbaxl9.chm でしたら 単独で開いても 検索機能が付いておりますので便利です Vbaxl10.chm は単独で開いた場合 キーワード等の検索はできません 又は Private Const xlcolumns As Short = 2 のように定数を宣言して使用する方法もあります [XL95] 組込み定数一覧 (1/3) [XL95] 組込み定数一覧 (2/3) [XL95] 組込み定数一覧 (3/3) Excel のグラフをクリップボード経由で PictureBox に貼付 Excel にデータを送りグラフを表示するに下記の部分を追加して下さい ' ' このグラフをファイルに保存する場合.Export(FileName:="c: test001.gif", FilterName:="GIF") ' MRComObject(xlShape) MRComObject(xlShapes) 'xlshape の解放 'xlshapes の解放 -27-

28 End With '=========================== ここからが追加分 ============================= ' Excel のグラフをクリップボード経由で PictureBox に貼付 ' クリップボードにコピー 'xlsheet.chartobjects(" グラフ 1").Copy() ' これでは.NET では取得できない MyChart1.CopyPicture(Appearance:=Excel.XlPictureAppearance.xlScreen, _ Size:=Excel.XlPictureAppearance.xlScreen, _ Format:=Excel.XlCopyPictureFormat.xlBitmap) '' 現在システムクリップボードにあるデータを取得します Dim idata As IDataObject = Clipboard.GetDataObject() ' クリップボードに Bitmap ファイルがあれば If idata.getdatapresent(system.windows.forms.dataformats.bitmap) Then 'PictureBox1 にクリップボードの画像を貼り付け PictureBox1.Image = CType(iData.GetData(DataFormats.Bitmap), Image) '=========================== ここまで ======================================= MRComObject(MyChart1) MRComObject(MyChart) MRComObject(MyCharts) 'MyChart1 の解放 'MyChart の解放 'MyChart1s の解放 '====== 以下は [.NET から既存の Excel ファイルを開く ] と同じです ======== 通常 Excel のグラフをコピーすると CF_METAFILEPICT : Windows メタファイル CF_ENHMETAFILE : 拡張メタファイルがクリップボードにコピーされ それらのファイルのフォーマット形式は.NET では取得する事ができず 従ってクリップボード経由で PictureBox に貼付できない為に 掲示板等への書き込みが散見されます そこで 色々調べていて解ったのですが Excel のグラフを BMP 形式でコピーできることを知り その動作をマクロにとって.NET 用のコードにしたものです Excel 上では グラフを選択して [Shift] キーを押しながら メニューバーの [ 編集 ] のメニューの [ 図のコピー ] をクリックすると下記のようなダイアログがでてきます -28-

29 又 Excel 上でグラフをファイルに保存する事も可能です 別途 クリップボード関係の API を使用すればメタファイル形式で取得することもできます ADO を使って Excel のシート名を高速に取得する及び従来の方法 Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click ' プロジェクト 参照の追加 COM Microsoft ActiveX Data Objects *.* Library を参照して下さい ''ADO を使って Excel のシート名を高速に取得 Dim CN As New ADODB.ConnectionClass, RS As New ADODB.RecordsetClass Dim ncount As Long, xlfilename As String, SheetNeme As String ListBox1.Items.Clear() xlfilename = System.IO.Path.GetFullPath(".... Sample.xls") ' 下記の Excel 8.0 は Excel のバージョンによって 特に書換える必要はありません CN.Open("Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;" & _ "Data Source=" & xlfilename & ";Extended Properties=Excel 8.0;") RS = CN.OpenSchema(ADODB.SchemaEnum.adSchemaTables) Do Until RS.EOF SheetNeme = RS.Collect("TABLE_NAME").ToString() ' 名前ボックス等に表示される範囲名等を除く ' ワークシート名には自動的にシート名の後ろに $ が付くので If SheetNeme.EndsWith("$") Or SheetNeme.EndsWith("'") Then ncount = ncount + 1 ListBox1.Items.Add(SheetNeme) RS.MoveNext() Loop RS.Close() System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(RS) RS = Nothing CN.Close() System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(CN) CN = Nothing -29-

30 上記は VB6.0 で使っていたコードを.NET でも使えるのかと試してみたものです 本格的に ADO を使用される場合は ADO.NET の方をお使い下さい 因みに ADO.NET を使ったサンプルを作って比べて見ましたが 使っている分にはどちらで取得しているのか区別がつきません ( 処理速度も 機能等も ) Excel ワンポイントテクニック集 1.Excel のシート名を取得する ''VB6.0 の時は下記でも問題がなかったが 'Dim i As Long 'For i = 1 To xlbook.worksheets.count 'Debug.WriteLine(xlBook.Worksheets(i).Name) 'Next i ''VB6.0 の時も本来は Worksheets はコレクションなので下記のように書くべきだった 'Dim Sheet As Excel.Worksheet 'For Each Sheet In xlbook.worksheets ' Debug.WriteLine(Sheet.Name) 'Next ' そうすれば.NET 用にはどのように書けばよいかが解ったはず Dim sht As Excel.Worksheet For Each sht In xlsheets Debug.WriteLine(sht.Name) ' 当然代入したシート 1 個づつについて ReleaseComObject が必要です MRComObject(sht) Next Sheet1 とかに読み書きするときは ちゃんと変数に受けて 使った変数を ReleaseComObject している人が 上記のようにシート名を取得する時には そのような使い方をせず プロセスが終了しない事に悩んでいるケースがあるようです 他人のコード ( マクロ VB6.0 のコード ) を丸写しするのではなく キーボードから 1 文字づつ入力するようにして少しでも理解を深めて下さい 2. 罫線の描画 -30-

31 Dim xlrange As Excel.Range Dim xlborders As Excel.Borders Dim xlborder As Excel.Border xlrange = xlsheet.range("b2:f6") xlborders = xlrange.borders ' 枠線を実線で表示 xlborders.linestyle = Excel.XlLineStyle.xlContinuous ' 下側の線を指定 xlborder = xlborders(excel.xlbordersindex.xledgebottom) ' 下側の線を 2 重線で表示 xlborder.linestyle = Excel.XlLineStyle.xlDouble ' 一旦 ReleaseComObject MRComObject(xlBorder) ' 右側の線を指定 xlborder = xlborders(excel.xlbordersindex.xledgeright) ' 右側の線を太線で表示 xlborder.weight = Excel.XlBorderWeight.xlThick ' 一旦 ReleaseComObject MRComObject(xlBorder) ' 左側の線を指定 xlborder = xlborders(excel.xlbordersindex.xledgeleft) ' 左側の線を太線で表示 xlborder.linestyle = Excel.Constants.xlGray75 ' 一旦 ReleaseComObject MRComObject(xlBorder) MRComObject(xlBorders) MRComObject(xlRange) 3. 罫線の描画 ( 自作関数を使って ) Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click ' 開始点 終了点 線種 線の太さ 位置 ( 定数値 ) を指定 ' 位置が 0 の場合は格子状に引く ( 省略可 ) Call SetLine(2, 2, 8, 8, _ Excel.XlLineStyle.xlContinuous, _ Excel.XlBorderWeight.xlThin, 0) ' 外枠を太線で描画 Call SetLine(2, 2, 8, 8, _ Excel.XlLineStyle.xlContinuous, _ Excel.XlBorderWeight.xlThick, 34) -31-

32 '2 重線で下の上側に引く Call SetLine(8, 2, 8, 8, _ Excel.XlLineStyle.xlDouble, _ Excel.XlBorderWeight.xlThick, _ Excel.XlBordersIndex.xlEdgeTop) ' 罫線を引く自作関数 ' 開始点 終了点 線種 線の太さ 位置 ( 定数値 ) を指定 'SetLine(2, 2, 8, 8, は (B2:H8) になります ' 位置が 0 の場合は格子状に引く ( 省略可 ) ' 位置が 34 の場合は外枠線を描く ' 5= 左上から右下への罫線 ' 6= 左下から右上への罫線 ' 7= セルの左辺の罫線 ' 8= セルの上辺の罫線 ' 9= セルの下辺の罫線 ' 10= セルの右辺の罫線 ' 11= 内側の垂直線 ' 12= 内側の水平線 Private Sub SetLine(ByVal r1 As Integer, ByVal c1 As Integer, _ ByVal r2 As Integer, ByVal c2 As Integer, _ ByVal ls As Integer, ByVal lw As Integer, _ Optional ByVal lps As Integer = 0) Dim xlrange As Excel.Range Dim xlborders As Excel.Borders Dim xlborder As Excel.Border ' 線を引く範囲を A1 形式で取得 xlrange = xlsheet.range(r1toa1(r1, c1, r2, c2)) xlborders = xlrange.borders If lps = 0 Then ' 格子状に罫線を引く xlborders.linestyle = ls xlborders.weight = lw ElseIf lps = 34 Then ' 外枠線を描く For i As Int32 = 7 To 10 xlborder = xlborders(i) ' 罫線の表示位置を設定 xlborder.linestyle = ls ' 罫線の線種を設定 xlborder.weight = lw ' 罫線の太さを設定 MRComObject(xlBorder) Next i Else ' 個別に罫線を引く xlborder = xlborders(lps) ' 罫線の表示位置を設定 xlborder.linestyle = ls ' 罫線の線種を設定 xlborder.weight = lw ' 罫線の太さを設定 MRComObject(xlBorder) MRComObject(xlBorders) MRComObject(xlRange) -32-

33 Private Function R1ToA1(ByVal r1 As Integer, ByVal c1 As Integer, _ ByVal r2 As Integer, ByVal c2 As Integer) As String 'A1 形式のアドレスを R1C1 形式に変換する関数 Dim i1, i2 As Integer Dim d1, d2 As String i1 = Microsoft.VisualBasic.Int((c1-1) 26) d1 = Microsoft.VisualBasic.IIf(c1 > 26, Microsoft.VisualBasic.Strings.Chr(64 + i1), "") i1 = c1-26 * i1 d1 &= Microsoft.VisualBasic.Strings.Chr(64 + i1) & CStr(r1) i2 = Microsoft.VisualBasic.Int((c2-1) 26) d2 = Microsoft.VisualBasic.IIf(c2 > 26, Microsoft.VisualBasic.Strings.Chr(64 + i2), "") i2 = c2-26 * i2 d2 &= Microsoft.VisualBasic.Strings.Chr(64 + i2) & CStr(r2) Return d1 & ":" & d2 End Function 4.Excel の Speech.Speak メソッドを使っての音声読み上げ Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click 'Excel の Speech.Speak メソッドを使っての音声読み上げ Dim xlapp As Object Dim xlspeech As Object xlapp = CreateObject("Excel.Application") xlspeech = xlapp.speech ''Excel の Speech.Speak で読み上げ ' コントロールパネルの音声認識の音声の選択で LH Kenji か LH Naoko を ' 選んでおいて下さい Excel2002 の CD 内に入っています ' 下記コードを実行して入っていない場合はウィザードが表示されます xlspeech.speak(textbox1.text) 'xlspeech 及び xlapp を解放 System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlSpeech) xlspeech = Nothing System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlApp) xlapp = Nothing 5.Excel の GetPhonetic メソッドを使ってのふりがなを取得 -33-

34 Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click 'Excel の GetPhonetic メソッドを使ってのふりがなを取得 Dim xlapp As Object Dim myname As String Dim furigana As String xlapp = CreateObject("Excel.Application") ' 文字列中の空白を除去 (Microsoft.VisualBasic.Strings. を省略しております ) myname = StrConv(" 山田花子 ", VbStrConv.Wide).Replace(" ", "") 'Excel の GetPhonetic 関数を使ってふりがなを取得 furigana = xlapp.getphonetic(myname) ' 取得したふりがなをひらがなに変換 ( お好みで ) Label2.Text = " 山田花子 :" & StrConv(furigana, VbStrConv.Hiragana) 'xlapp を解放 System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(xlApp) xlapp = Nothing これらのサンプルをご利用になる場合は 必要により Excel の起動 終了処理を追加して下さい (No.4 及び No.5 はそのままで使用頂けます ) 又 コメント等の注意書きは よく読んでから使用願います 自動化した Office アプリケーションの終了 現象 Microsoft.NET または Microsoft Visual.NET で Microsoft Office アプリケーションを自動化した場合に Quit メソッドを呼び出しても Office アプリケーションが終了しません 原因 Visual Studio.NET でマネージコードから COM オブジェクトを呼び出すと 自動的にランタイム呼び出し可能ラッパー (RCW) が作成されます RCW は.NET アプリケーションと COM オブジェクトの間の呼び出しをマーシャリングします RCW は COM オブジェクトへの参照カウントを保持します したがって RCW でのすべての参照が解放されていない場合 COM オブジェクトは終了しません 解決方法 Office アプリケーションを終了するには オートメーションコードが以下の条件を満たしていることを確認してください -34-

35 各オブジェクトを新しい変数として宣言しています たとえば コードに次の行があるとします obook = oexcel.workbooks.add() この行を次のように変更します dim obooks as Excel.Workbooks obooks = oexcel.workbooks obook = obooks.add() オブジェクトの使用が終了したら System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject を使用します このメソッドによって RCW の参照カウントを減らします 変数を Nothing または Null に設定して 変数への参照を解放します Office アプリケーションオブジェクトの Quit メソッドを使用して サーバーにシャットダウンするように指示します 現象の再現手順 1.Visual Studio.NET を起動します 2.[ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし [ プロジェクト ] をクリックします [ プロジェクト ] をクリックし [Windows アプリケーション ] をクリックして [OK] をクリックします Form1 がデフォルトで作成されます 3.Microsoft Excel Object Library への参照を追加します この操作を行うには 以下の手順を実行します a.[ プロジェクト ] メニューの [ 参照の追加 ] をクリックします b.[com] タブで Excel 用のオブジェクトライブラリを探してクリックし [ 選択 ] をクリックします Microsoft Excel 2002 の場合 : Microsoft Excel 10.0 Object Library 注 : Microsoft Office XP プライマリ相互運用機能アセンブリ (PIA) をまだ入手していない場合は ダウンロードしてインストールすることをお勧めします Office XP 用の PIA の関連情報を参照するには 以下の サポート技術情報 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください (http://support.microsoft.com/kb/328912/ ) [INFO] Microsoft Office XP 用の PIA のダウンロード Microsoft Office Excel 2003 の場合 : Microsoft Excel 11.0 Object Library c.[ 参照の追加 ] ダイアログボックスで [OK] をクリックして選択内容を確定します 4.[ 表示 ] メニューの [ ツールボックス ] をクリックし Button コントロールを Form1 にドラッグします -35-

36 5.[Button1] をダブルクリックします フォームのコードウィンドウが表示されます 6.Form1.vb の先頭に次のコードを追加します Imports Microsoft.Office.Interop 7. コードウィンドウには 次のコードが表示されています Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click これを次のコードで置き換えます Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click Dim oapp As New Excel.Application() Dim obook As Excel.Workbook = oapp.workbooks.add Dim osheet As Excel.Worksheet = oapp.activesheet osheet = Nothing obook.close(false) obook = Nothing oapp.quit() oapp = Nothing Debug.WriteLine("Sleeping...") System.Threading.Thread.Sleep(5000) Debug.WriteLine("End Excel") 8.F5 キーを押してアプリケーションを実行します 9.Windows タスクマネージャを起動します Visual Studio で [ 出力 ] ウィンドウを表示して デバッグメッセージを参照します コマンドボタンをクリックすると Excel.exe のインスタンスが [ プロセス ] タブの一覧に表示されることを確認します A. アプリケーションが休止を終了した後も タスクマネージャの一覧で Excel のインスタンスが実行されています ダイアログボックスを閉じると Excel が [ プロセス ] タブの一覧に表示されなくなることを確認します B. 解決方法 に記載した手順を実行すると Office アプリケーションは最後の変数の解放後 終了します 手順 5. の関数を次のコードで置き換えます Private Sub NAR(ByVal o As Object) Try System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(o) Catch Finally -36-

37 o = Nothing End Try Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click Dim oapp As New Excel.Application() Dim obooks As Excel.Workbooks = oapp.workbooks Dim obook As Excel.Workbook = obooks.add Dim osheet As Excel.Worksheet = oapp.activesheet NAR(oSheet) obook.close(false) NAR(oBook) NAR(oBooks) oapp.quit() NAR(oApp) Debug.WriteLine("Sleeping...") System.Threading.Thread.Sleep(5000) Debug.WriteLine("End Excel") Visual.NET を使用している場合は NAR() 関数のコードを参照します private void NAR(object o) { try { System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(o); } catch {} finally { o = null; } } トラブルシューティング 現象の再現手順 で説明した手順を実行してもサーバーがシャットダウンしない場合は 最後のオブジェクトの解放後 GC.Collect() メソッドと GC.WaitForPendingFinalizers() メソッドを使用します ランタイムは RCW でガベージコレクションを実行するため GC.Collect() メソッドはガベージコレクタを強制的に実行し RCW が保持している参照を解放します GC.Collect() メソッドは 使用可能なメモリの最大メモリを要求しますが すべてのメモリが利用可能になるわけではないことに注意してください MS のサポート技術情報等で紹介されている Excel 関係のサンプル一覧 (20 件 ) -37-

38 -38-

C#の基本

C#の基本 C# の基本 ~ 開発環境の使い方 ~ C# とは プログラミング言語のひとつであり C C++ Java 等に並ぶ代表的な言語の一つである 容易に GUI( グラフィックやボタンとの連携ができる ) プログラミングが可能である メモリ管理等の煩雑な操作が必要なく 比較的初心者向きの言語である C# の利点 C C++ に比べて メモリ管理が必要ない GUIが作りやすい Javaに比べて コードの制限が少ない

More information

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ距離計算サーバ/Active-Xコントロール/クライアント 概略   

LogisticaTRUCKServer-Ⅱ距離計算サーバ/Active-Xコントロール/クライアント 概略       - LogisticaTRUCKServer-Ⅱ(SQLServer 版 ) 距離計算サーハ API.NET DLL WebForms ASP.NET サンフ ルフ ロク ラム - 1 - LogisticaTRUCKServer-Ⅱ 距離計算サーハ.NET DLL WebForm ASP.NET VisualBasic での利用方法 LogisticaTRUCKServer-Ⅱ 距離計算.NET

More information

Section1_入力用テンプレートの作成

Section1_入力用テンプレートの作成 入力用テンプレートの作成 1 Excel には 効率よく かつ正確にデータを入力するための機能が用意されています このセクションでは ユーザー設定リストや入力規則 関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します STEP 1 ユーザー設定リスト 支店名や商品名など 頻繁に利用するユーザー独自の連続データがある場合には ユーザー設定リスト に登録しておけば オートフィル機能で入力することができ便利です

More information

エクセルによる数値計算と化学への応用

エクセルによる数値計算と化学への応用 エクセルによる数値計算と化学への応用 群馬大学工学部 応用化学 生物化学科 平成 21 年 4 月 前期に PC を使った文書作成 表計算 プレゼンテーションを習得しました 後期には主に表計算を より高度に利用するための手法を勉強します 第 1 章計算の基礎 1.1 文字の表示 文字 ABC 1.2 四則計算 8 + 2 = 10 8-2 = 6 8 2 = 16 8 2 = 4 1.3 数列の和

More information

Microsoft Word - Word1.doc

Microsoft Word - Word1.doc Word 2007 について ( その 1) 新しくなった Word 2007 の操作法について 従来の Word との相違点を教科書に沿って説明する ただし 私自身 まだ Word 2007 を使い込んではおらず 間違いなどもあるかも知れない そうした点についてはご指摘いただければ幸いである なお 以下において [ ] で囲った部分は教科書のページを意味する Word の起動 [p.47] Word

More information

目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発... 7 手順 1. アプリケーションの作成... 7 手順 2. データソースの作成と代入... 7 手順 3. テンプレートの作成 手順 4. レポートビューアの追加

目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発... 7 手順 1. アプリケーションの作成... 7 手順 2. データソースの作成と代入... 7 手順 3. テンプレートの作成 手順 4. レポートビューアの追加 SharpShooter Reports.Win 基本的な使い方 Last modified on: November 15, 2012 本ドキュメント内のスクリーンショットは英語表記ですが SharpShooter Reports JP( 日本語版 ) では日本語で表示されま す 目次 はじめに... 3 システムの必要条件... 4 ライセンス認証... 4 アクティベーション... 6 開発...

More information

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange NortonAntiVirus for MicrosoftExchange インストール手順書 このドキュメントは NortonAntiVirus 2.5 for MicrosoftExchange のインストール手順を示します 2001 年 7 月 1 1.. Norton AntiVirus for Microsoft Exchange のアンインストール まず 以前のバージョンの NortonAntiVirus

More information

1.Access Access2007 版てくてく 2007 へのバージョンアップバージョンアップ手順手順について 1-1 Access2007 版てくてく2007について 作業手順の概要について 1 2. てくてく 2007 のインストールインストールについて 2-1 インストールの概

1.Access Access2007 版てくてく 2007 へのバージョンアップバージョンアップ手順手順について 1-1 Access2007 版てくてく2007について 作業手順の概要について 1 2. てくてく 2007 のインストールインストールについて 2-1 インストールの概 1.Access Access2007 版てくてく 2007 へのバージョンアップバージョンアップ手順手順について 1-1 Access2007 版てくてく2007について 1 1-2 作業手順の概要について 1 2. てくてく 2007 のインストールインストールについて 2-1 インストールの概要 2 2-2 インストールの開始 2 2-3 Microsoft Office Access Runtime

More information

Java言語 第1回

Java言語 第1回 Java 言語 第 2 回簡単な Java プログラムの作成と実行 知的情報システム工学科 久保川淳司 kubokawa@me.it-hiroshima.ac.jp 簡単な Java プログラム Java プログラムのファイル名 Java プログラムのファイル名命名ルール ファイル名とクラス名は同じでなければならない HelloJava.java public class HelloJava { public

More information

1

1 Office2010 マニュアル (Windows 版 ) 2011/04/01 改訂 ビジネス ブレークスルー大学 目次 1. Office2010 の ISO ファイルのダウンロード... 1 2. ISO 解凍ソフト (virtual clone drive) のインストール... 3 3. Office2010 のインストール... 6 3.1 管理者権限がない PC にインストールを行う場合...

More information

flashplayer確認手順_ xls

flashplayer確認手順_ xls それでもうまくいかない場合 ShockWave Player について ShockWave Player がインストールされていると Flash Player のインストールが正常に行われない場合があります ShockWave Player がインストールされている場合は Flash Player を削除し Flash Player の再インストールする前に 一時的に ShockWave Player

More information

2 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C Express の使用法 ( 東海大学理学部物理学科 ) 無償で利用できる開発環境 (Windows XP 以降 ) Visual Studio 2010 Express

2 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C Express の使用法 ( 東海大学理学部物理学科 ) 無償で利用できる開発環境 (Windows XP 以降 ) Visual Studio 2010 Express 1 / 26 平成 26 年 4 月 11 日 ( 金 ) 午後 1 時 9 分 Visual C++ 2010 Express の使用法 ( 安江正樹 @ 東海大学理学部物理学科 ) Visual C++ 2010 Express の使用法 コンソールプログラムの作成方法と実行 コンピュータ物理学演習 Ⅱ 東海大学理学部物理学科 安江正樹 yasue@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp

More information

目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定

目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定 Windows サーバー 2008 R2 用 目次 レジストリの設定...2 トレーディングソフトの自動起動設定...7 VPS 自動再起動の設定...15 1 以下の作業工程の中に VPS またはトレーディングソフトの停止 再起動を行います お客様のお取引きに影響のない時間に作業を行ってください なお 以下の作業に伴う いかなる損失にも一切の責任を負いません また こちらのマニュアルは外部情報をもとに作成したものです

More information

変更履歴 Version 年月日変更内容備考 年 12 月 20 日初版

変更履歴 Version 年月日変更内容備考 年 12 月 20 日初版 Calc LibreOffce Calc リファレンスマニュアル Ver._1.00. 変更履歴 Version 年月日変更内容備考 1.00 2013 年 12 月 20 日初版 目次 変更履歴... はじめに...1 略記について...2 対象バージョンについて...3 EXCEL との違い...4 全角 / 半角の取り扱い...4 初期フォントを設定する...4 標準フォントを変更する...5

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer の設定マニュアル このマニュアルは 長崎市の入札関連システム ( ) をご利用頂くために必要なInternet Explorerの設定手順を説明します お使いのパソコンの環境 ( ブラウザのバージョンなど ) に応じて必要な設定を行ってください なお お使いのブラウザのバージョンによっては掲載する画面と異なる場合がございます あらかじめご了承ください 入札関連システム

More information

API 連携方式 外部 DLL の呼び出し宣言 外部 DLL の呼び出し宣言のサンプルコード (Microsoft Visual C#.NET の場合 ) プログラムコードの先頭で using System.Runtime.InteropServices; が必要 クラスの内部に以下のような外部 D

API 連携方式 外部 DLL の呼び出し宣言 外部 DLL の呼び出し宣言のサンプルコード (Microsoft Visual C#.NET の場合 ) プログラムコードの先頭で using System.Runtime.InteropServices; が必要 クラスの内部に以下のような外部 D GS1-128 の描画 DLL について (ver. 2.2) 動作環境など動作環境 WindowsXP Windows Vista Windows7 Windows8/8.1 Windows10 上記 OS について すべて日本語版を対象としております 32bit アプリケーションから呼び出される必要があります 使用条件 プリンタの解像度 300dpi 以上 機能 バーコードの基本幅を 1 ドット単位で指定できる

More information

1 準備 1 ダウンロードした受験プログラムをダブルクリックします ファイル名の v の部分は変更される場合があります 2 セキュリティ警告のダイアログボックスが表示される場合は [ 実行 ] をクリックします オープニング画面が表示されます 3 [ 次へ ] をクリックします 試験の

1 準備 1 ダウンロードした受験プログラムをダブルクリックします ファイル名の v の部分は変更される場合があります 2 セキュリティ警告のダイアログボックスが表示される場合は [ 実行 ] をクリックします オープニング画面が表示されます 3 [ 次へ ] をクリックします 試験の サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会 サンプル問題受験プログラムの使い方 (Office2010/2013 共通 ) Version 3.2.0.3 このプログラムは サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催のExcel Word Access PowerPointの各認定試験の受験を体験していただくためのものです プログラムを使用する前に この内容を確認し認定試験の流れを理解した上で

More information

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11

目次 第 1 章はじめに 取扱いについて 記載内容について... 6 第 2 章基本操作 OneNote Online を開く ノートブックを開く ノート ( セクション ) を作成する... 11 Office 365 OneNote Online - 利用マニュアル - 発行日 2015/09/01 1 目次 第 1 章はじめに... 5 1.1. 取扱いについて... 6 1.2. 記載内容について... 6 第 2 章基本操作... 7 2.1. OneNote Online を開く... 8 2.2. ノートブックを開く... 10 2.3. ノート ( セクション ) を作成する...

More information

データの作成方法のイメージ ( キーワードで結合の場合 ) 地図太郎 キーワードの値は文字列です キーワードの値は重複しないようにします 同じ値にする Excel データ (CSV) 注意キーワードの値は文字列です キーワードの値は重複しないようにします 1 ツールバーの 編集レイヤの選択 から 編

データの作成方法のイメージ ( キーワードで結合の場合 ) 地図太郎 キーワードの値は文字列です キーワードの値は重複しないようにします 同じ値にする Excel データ (CSV) 注意キーワードの値は文字列です キーワードの値は重複しないようにします 1 ツールバーの 編集レイヤの選択 から 編 手順 4 Excel データを活用する ( リスト / グラフ 色分け ) 外部の表データ (CSV 形式 ) を読み込み リスト表示やカード表示 その値によって簡単なグラフ ( 円 正方形 棒の 3 種類 ) や色分け表示することができます この機能を使って地図太郎の属性情報に無い項目も Excel で作成し CSV 形式で保存することにより 自由に作成することができます (Excel でデータを保存するとき

More information

Oracle BI Publisherを利用したレポートの作成

Oracle BI Publisherを利用したレポートの作成 第 1 版 作成日 :2007 年 7 月 31 日 更新日 :2007 年 7 月 31 日 目次 Ⅰ.BIPの起動... 3 Ⅱ.Template Builderのセットアップ... 4 Ⅲ. レポートの作成... 7 Ⅲ-1.BIP Desktopへのログイン... 7 Ⅲ-2. レポートの作成... 9 Ⅲ-2-1. チャートの作成... 9 Ⅲ-2-2. 表の作成... 10 Ⅲ-2-3.

More information

やってみようINFINITY-写真管理 編-

やってみようINFINITY-写真管理 編- 目次 やってみよう for Wingneo INFINITY やってみよう for Wingneo INFINITY... 1 目次... 1 システムの起動... 1 写真管理に登録する写真を準備する... 1 写真管理 ( 電子納品 ) の操作方法... 2 写真整理... 2 成果区分の設定... 4 成果管理から電納編集ツールへの操作方法... 5 電納編集ツール ( 写真管理 ) の操作方法

More information

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc \n Title 文 系 学 生 のための VBA プログラミング 教 育 についての 考 察 Author(s) 五 月 女, 仁 子 ; Soutome, Hiroko Citation 商 経 論 叢, 46(1): 45-60 Date 2010-10-31 Type Departmental Bulletin Paper Rights publisher KANAGAWA University

More information

棚POWER操作テキスト 帳票作成編

棚POWER操作テキスト 帳票作成編 Ⅱ. 棚割モデルの陳列内容を出力する 開いている棚割モデルに対して 選択した 1 帳票を出力する 棚割帳票 機能をご説明します 棚割図 1. 棚割モデルを元に 商品画像を使用して実際の棚割を写真で撮影したような画像 ( 図 ) を出力できます 印刷出力の他に Excel,PDF ファイルとして直接出力が可能です 2. [ 棚割帳票 ] から出力します 棚割帳票から出力する場合は 棚割モデルを選択 表示している必要があります

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山元進 クラスとは クラスの宣言 オブジェクトの作成 クラスのメンバー フィールド 変数 配列 メソッド メソッドとは メソッドの引数 戻り値 変数の型を拡張したもの 例えば車のデータベース 車のメーカー 車種 登録番号などのデータ データベースの操作 ( 新規データのボタンなど ) プログラムで使う部品の仕様書 そのクラスのオブジェクトを作ると初めて部品になる 継承 などの仕組みにより カスタマイズが安全

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Synology インストールガイド 株式会社アスク Synology NAS でできること 家庭内に設置することで簡単に写真や動画の共有が行えます ユーザーごとに閲覧可否を制御することが出来ます 専用のアプリを利用することでスマートフォンやタブレットからもアクセスできます 特定のフォルダのみ閲覧可能 外出先など外部のネットワークからアクセス 写真や動画のアップロード Synology NAS アプリを利用して閲覧

More information

<4D F736F F D205F88EA94CA8CFC82AF5F EE888F88F912E646F63>

<4D F736F F D205F88EA94CA8CFC82AF5F EE888F88F912E646F63> CADSUPER FXⅡ 設定情報ユーティリティ 利用手引書 1/24 目次 1. はじめに... 3 1-1. 設定情報ユーティリティの機能... 3 1-2. 動作環境... 3 2. バックアップ... 4 2-1. 処理イメージ... 4 2-2.CADSUPER FXⅡ の設定情報をバックアップする手順について... 5 2-3. 動作条件及び注意事項... 8 3. リストア... 9

More information

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.2 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削 当社ソフトウェアをご利用の皆様へ重要なお知らせ Windows0 へアップグレード する前に 必ず利用中のソフトウェアでライセンスの削除を行ってください 間取りプレミアム ひな形 Bank のライセンス削除を行わずに ご利用中のパソコンを Windows0 へ ( 無償 ) アップグレードを行うと Windows 0 でソフトウェアを再認証する場合 ご利用中のパスワードを再度入力しても認証されません

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp Windows10 動作保障開始のお知らせ 2016 年 7 月より Windows 10 を新たに動作保証対象といたします ご利用にあたって は以下の点にご注意ください 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表 以下枠線部分の OS 及びブラウザが新たに追加される動作保証環境となります OS Windows10 Home/Pro (32bit 版 /64bit 版 )( 2) Windows8.1

More information

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア

編集する ファイルを開く マイクロデータの設定を行うファイルまたはファイルを開きます 開かれたファイルは編集画面に表示されて ブラウザ表示した時のプレビューも同時に表示されます HTML ファイルの選択 編集する ファイルを開くためにメインメニューから ファイル 開く を選びます ファイル選択ダイア 基本操作編 編集するファイルを開く... ファイルの選択... 各パネルの表示非表示... マイクロデータ : の編集... 編集するテキストの選択... 適用するテキストの選択... アイテムタイプの選択... アイテムタイプの検索... よく使うアイテムタイプの登録... よく使うアイテムタイプの削除... 定型セットの登録... 定型セットの削除... 定型セット内のアイテムタイプの削除...

More information

方法 4 の手順 パソコンの条件 を確認するための画面を表示する Windows8より前のパソコンでの確認方法 () スタートボタン をクリックする () ( マイ ) コンピューター と書いてある部分を右クリックする (3) プロパティ をクリックする (4) システムの画面が表示される Wind

方法 4 の手順 パソコンの条件 を確認するための画面を表示する Windows8より前のパソコンでの確認方法 () スタートボタン をクリックする () ( マイ ) コンピューター と書いてある部分を右クリックする (3) プロパティ をクリックする (4) システムの画面が表示される Wind まなびの森作成 04..7 Internet Explorer で画面が正しく表示されない場合 状態 画像が表示される部分に が付いていたり 真っ白だったりする 画像の表示が途中で止まってしまう など 例 本来画像が表示される部分に 画像がない 原因 Internet Explorer ( 以下 IE と表記 ) のバージョンが古い 対処方法 方法 易しいが 一時的 キーボードの F5 キーを 回ポンと押す

More information

ページ MAP 本マニュアルでは 以下の操作手順を説明します スキャンする スキャンする手順を知りたい原稿の一部分をスキャンしたい書籍をきれいにスキャンしたい A4 を超える原稿をスキャンしたい P5 P19 P21 P23 保存する 印刷する 画像または PDF で保存したい P9 Word また

ページ MAP 本マニュアルでは 以下の操作手順を説明します スキャンする スキャンする手順を知りたい原稿の一部分をスキャンしたい書籍をきれいにスキャンしたい A4 を超える原稿をスキャンしたい P5 P19 P21 P23 保存する 印刷する 画像または PDF で保存したい P9 Word また 読ん de!! ココ < スキャナ > 利用手順書 2011( 平成 23) 年 1 月 24 日版 龍谷大学情報メディアセンター ページ MAP 本マニュアルでは 以下の操作手順を説明します スキャンする スキャンする手順を知りたい原稿の一部分をスキャンしたい書籍をきれいにスキャンしたい A4 を超える原稿をスキャンしたい P5 P19 P21 P23 保存する 印刷する 画像または PDF で保存したい

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23 < 本書の目的 > Internet Explorer 10 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE10) に対応しました 本書は Internet Explorer10 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P8 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

Java知識テスト問題

Java知識テスト問題 Java 知識テスト SDAS プログラマ(Java 編 ) 運営事務局 このテストは J2EE プログラマとしての Java の知識を評価するものです 問題は 30 問, テスト時間は J2EE 知識テストとあわせて 90 分です 問題は全て択一式です 選択肢から 1 つだけ選択してください 資料の閲覧は禁止です テストが終わり次第 答案用紙を提出していただいてかまいません テスト終了後, 本テストの内容を他の方に話さないでください

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24 < 本書の目的 > Internet Explorer 11 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE11) に対応しました 本書は Internet Explorer11 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P9 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

1 フリーページを表示する 1-1 フリーページのカテゴリを作成します フリーページのカテゴリの情報を入力します 1 複数のフリーページを記事のジャンルや種類で分け その見出しを入力します お店ページの左サイドバーに表示します 2 消費者が 検索エンジンで検索するであろう 記事の特長や内容をあらわす

1 フリーページを表示する 1-1 フリーページのカテゴリを作成します フリーページのカテゴリの情報を入力します 1 複数のフリーページを記事のジャンルや種類で分け その見出しを入力します お店ページの左サイドバーに表示します 2 消費者が 検索エンジンで検索するであろう 記事の特長や内容をあらわす フリーページを作成 表示する方法 < 目次 > 1 フリーページを表示する 2 1-1 フリーページのカテゴリを作成します 1-2 フリーページの記事を作成します 2 フリーページの記事を編集する 6 3 コメント トラックバックを管理する 7 3-1 コメントの掲載状態を変更します 3-2 トラックバックの掲載状態を変更します 4 フリーページのカテゴリの表示設定とレイアウトを調整する 9 このページは

More information

Microsoft Word - macマニュアル【 】.doc

Microsoft Word - macマニュアル【 】.doc 目次 1. ログイン... 1 2. ログアウト... 3 3. デスクトップ ( 例 :Word Excel 起動中 )... 4 4. Dock( 例 :Word Excel 起動中 )... 5 5. Finder ウィンドウ... 9 6. メニューバー ( 例 :Word 起動中 )... 10 7. 文字の入力 ( 例 :Word で入力 )... 11 8. データの保存 ( 例 :Word

More information

目次 1. デジタル押し花の作り方 3 2. デジタル押し花をきれいに仕上げる方法 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 デジタル押し花 マイクロソフト社のワープロソフト Word 2010( これ以降 Word と記述します ) の図ツールに搭載されている [ 背景

目次 1. デジタル押し花の作り方 3 2. デジタル押し花をきれいに仕上げる方法 まとめ 課題にチャレンジ 19 レッスン内容 デジタル押し花 マイクロソフト社のワープロソフト Word 2010( これ以降 Word と記述します ) の図ツールに搭載されている [ 背景 le Word で楽しむデジタル押し花 Sa mp Word の画像加工 1 本テキストの作成環境は 次のとおりです Windows 7 Home Premium Microsoft Word 2010 画面の設定 解像度 1024 768 ピクセル 本テキストは 次の環境でも利用可能です Windows 7 Home Premium 以外のオペレーティングシステムで Microsoft Word

More information

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ]

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ] SHOFU SureFile インストールマニュアル [Windows] V1.2 本マニュアルでは アイスペシャル C-Ⅱ 専用画像振り分けソフト SHOFU SureFile について 下記に示した項目を説明しています インストール 起動 アップデート アンインストール ( 削除 ) 参考 -Microsoft.NET Framework 3.5 の確認方法 参考 -Microsoft.NET

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X for Windows Windows Server 2008 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2009 年 6 月 23 日 本手順書では CLUSTERPRO X 2.0/2.1 環境における Windows Server 2008 Service Pack 2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

Capture の設定 以下のフォルダを開いてください. C: Program Files OrcadLite Capture 開いたフォルダにある Caputure というファイルをクリックして選択します. Capture を選択した状態で右クリックします.

Capture の設定 以下のフォルダを開いてください. C: Program Files OrcadLite Capture 開いたフォルダにある Caputure というファイルをクリックして選択します. Capture を選択した状態で右クリックします. OrCAD Family Release 9.2 Lite Edition を Windows 7/Vista で使うための設定 2009 年 7 月 27 日作成 2010 年 7 月 5 日修正 PSpice 入門編付録 CD-ROM に収録されている OrCAD Family Release 9.2 Lite Edition( 以下,OrCAD9.2) は,OrCAD9.2 に含まれるいくつかのファイ

More information

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01)

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01) FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバの インストール / アンインストール (Rev.1.10) 年 月 日 合同会社クラッグ電子 (1/19) 目次 1. 初めに... 3 2. デバイスドライバのインストール... 3 2-1. インターネットに接続されている環境... 4 2-2. インターネットに接続されていない環境 ( 自動 )... 6 2-3. インターネットに接続されていない環境

More information

(Microsoft PowerPoint - \226\263\220\374\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213.ppt)

(Microsoft PowerPoint - \226\263\220\374\220\335\222\350\203}\203j\203\205\203A\203\213.ppt) 無線 LN 設定 Windows7 自動認識されたされたネットワークネットワーク名で設定設定するする場合 無線 LN 設定 設定操作を開始する前に無線子機のドライバーインストール等パソコンで認識されている状態で行ってください ワイヤレスネットワークアイコンが表示されていない場合 正常に無線子機ドライバーがインストールされていないか 無線機能が無効 ( ご利用パソコン固有機能 ) となっています 取扱説明書をご確認ください

More information

000

000 インストールする 前 に インストールが 自 動 で 始 まらない 場 合 インストール 中 またはアンインストール 中 に 下 のような 画 面 が 表 示 された 場 合 ソフトウェアのアップデートについて ソフトウェア最新版について 下記 弊社ホームページよりソフトウェアの最新情報をご確認ください ソフトウェア最新版をホームページよりダウンロードを行い お客様がお使いのソフトウェアを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました 以下より 該当する現象を選択してください 2014.4.30 改定 ver. 目次 0. 必ずお読み下さい ユーザサポートツールが新しくなりました 2 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 3 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 7 3. Windows8

More information

問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる < 図 1> { ア. 1 行目のインデントイ.

問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる < 図 1> { ア. 1 行目のインデントイ. Microsoft PowerPoint プレゼンテーション技能認定試験 上級 2007 サンプル問題 知識試験 制限時間 30 分 受験会場 受験番号 氏 名 問題 1 次の文章は 作業環境について述べたものである を解答群 { } より選び その記号で答えよ にあてはまる適切なもの 設問 1. < 図 1>はルーラーの一部である 1に示されるインデントマーカーを移動することにより を設定することができる

More information

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド>

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド> Ver 2.70E9 AutoCAD2000-2009 for. Windows Vista XP AutoCAD LT2000-2009 目次 らくらくメニューをインストールする前に -------------------- 1 AutoCAD LT 版らくらくメニューのインストール ------------ 2 初回起動時の処理 AutoCAD LT 2006~2009の場合 ---------------------

More information

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65 1-1. Mac OS X バージョン 10.8 での PPD 生成 Pagemaster RIP 6500 client のアイコンを ダブルクリックします アイコン * デスクトップ上に Pagemaster RIP 6500 client のアイコンが無い場合は P.3 にて選択したインストール先にある Pagemaster RIP 6500 をダブルクリックします ログイン画面が表示されます

More information

GALAPAGOS Station ご利用の流れ STEP1 GALAPAGOS Station をインストールする GALAPAGOS Station のインストール手順は以下の通りです シャープの WEB サイト

GALAPAGOS Station ご利用の流れ STEP1 GALAPAGOS Station をインストールする GALAPAGOS Station のインストール手順は以下の通りです シャープの WEB サイト ガラパゴスステーション GALAPAGOS Station の使い方 お持ちのパソコンと HappyTablet を連携させるパソコン向けのアプリケーション GALAPAGOS Station を活用すれば サービスの楽しみ方がさらに広がります GALAPAGOS Station とは GALAPAGOS Station とは ハッピータブレットと併用することで サービスをより便利にお使いいただけるようにな

More information

Evernote

Evernote 目次 [ 画像 ] 画像加工ソフト (Jtrim) のインストール手順 [ 画像 ] 拡張子とフ ロク ラムの関連付けを表示させるには [ 画像 ]JtrimをWindowsフォトヒ ュアーから開けるように関連付ける [ 画像 ] 静止画像 ( 写真 ) の編集 加工とサーハ ーへの反映手順 Evernote Evangelist 1 画像編集ソフト (JTrim) Evernoteと連携させ使用するソフト

More information

北海道経済 社会指標データベース操作マニュアル 北海道開発局開発監理部開発計画課 目 次 1 データベースの準備...1 1.1 動作環境... 1 1.2 データベースのインストール... 1 1.3 データベースのアンインストール... 1 1.4 データベースの起動と終了... 2 2 データベースの検索メニュー...3 2.1 画面構成... 3 3 統計データ検索...5 3.1 画面構成...

More information

VP-100C

VP-100C 第 2 章インストール アプリケーションソフトから印刷するには お使いのコンピュータにあらかじめプリンタドライバを組み込んでおく必要があります 以下の手順でインストールを行ってください WindowsNT4.0 Windows2000またはWindowsXPでプリンタドライバの組み込みを行うためには アドミニストレータの権限が必要です 1. プラグアンドプレイによるインストール お使いの環境によっては

More information

<30312E D F898AFA93B193FC8EE88F872E786C73>

<30312E D F898AFA93B193FC8EE88F872E786C73> WEB-EDI システム Ver.20130620 1/14 WEB-EDI システム初期セットアップ手順 > 2008/10/20 初稿 2009/8/28 補足追加 2009/9/15 誤字訂正 文言修正 2010/3/12 IE8 用設定に関する補足を追加 2010/9/15 自動構成スクリプトに関する補足を追加 よくあるお問合せ を追加 2010/4/16 セキュリティレベルの変更に補足追加

More information

Microsoft Word - 操作マニュアル-Excel-2.doc

Microsoft Word - 操作マニュアル-Excel-2.doc Excel プログラム開発の練習マニュアルー 1 ( 関数の学習 ) 作成 2015.01.31 修正 2015.02.04 本マニュアルでは Excel のプログラム開発を行なうに当たって まずは Excel の関数に関する学習 について記述する Ⅰ.Excel の関数に関する学習 1. 初めに Excel は単なる表計算のソフトと思っている方も多いと思います しかし Excel には 一般的に使用する

More information

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ Outlook Express Windows に標準のメールソフト Outlook Express の設定方法を説明します 1Outlook Express を起動します 注. ウイザードが起動した場合は5へ進む 4 メール をクリック 7 受信メール (POP3 IMAP または HTTP) サーバー に pop.kvision.ne.jp を 入力し 送信メール (SMTP) サーバー に mail.kvision.ne.jp

More information

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378>

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378> USB キーでの操作手順書 STR 目次 目次 -------------------------------------------------------------------------------------- 1. パッケージをご利用いただくまでの手順 1 (1) ユーザ専用ページから 該当パッケージをダウンロードする 手順 2 (2) 該当パッケージをインストールする 手順 5 (3)

More information

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する)

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する) 第 3 章 本章では Windows 98/Me 環境で本製品を接続して TCP/IP NetBEUI および NetBIOS over TCP/IP で 印刷を行う方法について説明します Windows 98/Me 環境から TCP/IP で印刷する 本製品を TCP/IP プロトコルを利用して印刷する際の手順は以下の通りです あらかじめパソコンにプリンター ドライバーをインストールする必要があります

More information

分析のステップ Step 1: Y( 目的変数 ) に対する値の順序を確認 Step 2: モデルのあてはめ を実行 適切なモデルの指定 Step 3: オプションを指定し オッズ比とその信頼区間を表示 以下 このステップに沿って JMP の操作をご説明します Step 1: Y( 目的変数 ) の

分析のステップ Step 1: Y( 目的変数 ) に対する値の順序を確認 Step 2: モデルのあてはめ を実行 適切なモデルの指定 Step 3: オプションを指定し オッズ比とその信頼区間を表示 以下 このステップに沿って JMP の操作をご説明します Step 1: Y( 目的変数 ) の JMP によるオッズ比 リスク比 ( ハザード比 ) の算出と注意点 SAS Institute Japan 株式会社 JMP ジャパン事業部 2011 年 10 月改定 1. はじめに 本文書は JMP でロジスティック回帰モデルによるオッズ比 比例ハザードモデルによるリスク比 それぞれに対する信頼区間を求める操作方法と注意点を述べたものです 本文書は JMP 7 以降のバージョンに対応しております

More information

99MAM015B1_J

99MAM015B1_J No.99MAM015B2 SERIES No.264 IT-005D IT-012U インプットツール 表計算用補足資料 ご使用前にこの表計算用補足資料をよくお読みの上 正しくお使いください お読みになった後は いつでも見られる所に必ず保管してください 本資料で使用されている名称について Microsoft Windows Excel は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です

More information

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS Office365 Outlook クライアント 教職員向け操作手順書 1 1 はじめに... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 メールシステムの切り替えについて... 3 1.3 お問い合わせ窓口... 3 2 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007)... 4 2.1 OUTLOOK のバージョン確認... 4 2.2 WINDOWS UPDATE を実施する場合の注意点...

More information

1 グループ管理者とは ページ設定 ( グループページの設定 ) を行うことができるのがグループ管理者です グループ管理者はパーツのレイアウト変更や グループメンバーの権限設定 メンバーの招待などグループページ内の管理について様々に設定することができます 例えば町内会でグループページを作成し運用して

1 グループ管理者とは ページ設定 ( グループページの設定 ) を行うことができるのがグループ管理者です グループ管理者はパーツのレイアウト変更や グループメンバーの権限設定 メンバーの招待などグループページ内の管理について様々に設定することができます 例えば町内会でグループページを作成し運用して ページ設定や参加メンバーの設定 eコミのデザインを決めるスキンの設定など 一般ユーザー にはできず グループ管理者 / 副管理者 のみができる操作について説明していきます 1 グループ管理者とは ページ設定 ( グループページの設定 ) を行うことができるのがグループ管理者です グループ管理者はパーツのレイアウト変更や グループメンバーの権限設定 メンバーの招待などグループページ内の管理について様々に設定することができます

More information

Microsoft Word - 表計算ソフトの練習.doc

Microsoft Word - 表計算ソフトの練習.doc 表計算ソフトの練習マニュアル ( Excel ) 作成 2014.04.30 修正 2015.02.07 当該マニュアルでは Excel について 以下の項目の練習を行なう 表計算機能の練習 グラフ作成機能の練習 図 ( システム図 ) 作成の練習 表計算ソフトの練習マニュアル (1) ( 表計算機能の練習 ) 1. 表計算作成用ソフト (Excel) を起動する 2. 添付の PDF ファイルを参考に減価償却表を作成する

More information

掲示板ガイド1

掲示板ガイド1 画面遷移図 掲示板の画面遷移は次の通りです [ ] は それぞれのページ内のリンクあるいはボタンの名称です [ パスワード入力 ] は 管理パスワード の入力が求められることを示します 設定管理 設定管理画面の例と使用方法を示します (1) アクセス制限 アクセス制限 をクリックすると 掲示板へのアクセス制限機能の設定画面が表示されます (2) 管理パスワード変更 管理パスワード変更 をクリックすると

More information

Microsoft Word - Outlook_manual doc

Microsoft Word - Outlook_manual doc アカウント設定マニュアル Outlook 2010 作成日 :2012 年 7 月 12 日最終更新日 :2012 年 8 月 13 日 Ver.1.0 山九 IT 企画部 1 目次 1. 本書について...3 2. メールアカウント追加...4 3. メールボックスのフォルダー同期...7 4.Outlook 側で操作したメールの S-GIPS への同期...9 5.S-GIPS のアドレス帳のインポート...

More information

Secure iNetSuite for .NET 4.0Jの新仕様について

Secure iNetSuite for .NET 4.0Jの新仕様について Secure inetsuite for.net 4.0J の新仕様について グレープシティ株式会社 2013 年 8 月初版 メール送受信とファイル転送機能を実現する通信コンポーネント Secure inet Suite の通信モードの仕様が新しくなりました 本資料では従来のバージョンとの違いとメリットをコードを使って詳しく解説します はじめに 2013 年 9 月発売の Secure FTP for.net

More information

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 2016.10.14 v1.6 ご利用の前に 目次 - 01. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3 1. 推奨環境について... 3 2. Windows8 Windows8.1 について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 02. SAMWEB の初期設定... 7 1. セキュリティ設定... 7 2.

More information

オートビュー

オートビュー IODEP マニュアル PKB-065 プログラマブルキーボード rev 1.0 2013/04/18 株式会社 Javatel 2013 Javatel 1 目次 IODEP マニュアル MOXA E2000 シリーズ rev 1.0... 1 目次... 2 1 この文書について... 3 2 変更履歴... 4 3 ハードウェアの準備... 5 3.1 MOXA E2000 シリーズの準備...

More information

付録 :Google ツールバーの設定手順 (1) ブラウザバージョンの確認 まず お使いのブラウザ (Internet Explorer) のバージョンを確認します 手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ヘルプ/ バージョン情報 メニューを選択しま

付録 :Google ツールバーの設定手順 (1) ブラウザバージョンの確認 まず お使いのブラウザ (Internet Explorer) のバージョンを確認します 手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ヘルプ/ バージョン情報 メニューを選択しま InternetExplorer の設定手順 2016/03 更新版 概要 最新ブラウザ対応版 (InternetExplore11 対応 2015 年 2 月リリース ) は 互換表示 の設定が不要となりました 設定手順は以下の通りです また Windows10 で使用する場合の注意事項は (6) を参照ください (1) ブラウザのバーションを確認します 既にバージョンが解っている場合は (2)

More information

E01 前年度一括申告情報を取り込むには 前年度一括申告情報 (CSV Excel ファイル ) 取込 ボタンをクリックして前年度一括申告データを読込ます CSV データは 各都道府県医師会に日本医師会より提供されています 項目があっていれば独自に用意したファイルを読み取ることも可能です ( 注 )

E01 前年度一括申告情報を取り込むには 前年度一括申告情報 (CSV Excel ファイル ) 取込 ボタンをクリックして前年度一括申告データを読込ます CSV データは 各都道府県医師会に日本医師会より提供されています 項目があっていれば独自に用意したファイルを読み取ることも可能です ( 注 ) 項目の番号をクリックすると該当のページへ遷移します 3 ソフト 2: 名簿等変換補助ソフト 3.1 前年度一括申告情報の取込 E01 前年度一括申告情報を取り込むには 3.2 氏名又は医籍登録番号の検索と情報の付加 F01 コピー & ペーストにより氏名から医籍登録番号を検索し医籍登録番号を自動付加するには F02 コピー & ペーストにより医籍登録番号から氏名を検索し氏名を自動付加するには F03

More information

内容 専用アプリケーションをインストールする... 3 アカウントを設定する... 5 ファイル フォルダをアップロードする... 8 ファイル フォルダをダウンロードする 専用アプリケーションをアンインストールする 転送状態 ( ファイルアップロード進捗状況 ) を確認する

内容 専用アプリケーションをインストールする... 3 アカウントを設定する... 5 ファイル フォルダをアップロードする... 8 ファイル フォルダをダウンロードする 専用アプリケーションをアンインストールする 転送状態 ( ファイルアップロード進捗状況 ) を確認する ServersMan@Disk Windows 版専用アプリケーション操作マニュアル 1 内容 専用アプリケーションをインストールする... 3 アカウントを設定する... 5 ファイル フォルダをアップロードする... 8 ファイル フォルダをダウンロードする... 11 専用アプリケーションをアンインストールする... 12 転送状態 ( ファイルアップロード進捗状況 ) を確認する... 14

More information

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで

3. ユーザー情報の登録 必要事項をご入力の上 申込み ボタンを押してください ご利用される方のお名前を入力してください 個人名以外の名称は サポートセンターからの ご連絡の際に連絡がうまくとれないなど不都合が 生じる恐れがありますので ご遠慮いただいています 複数のメールアドレスを登録することはで Ashisuto Web Support Center AWSC ユーザーガイド 1.アカウント登録手順... 1 2.ログイン手順... 5 3.アカウント登録内容の変更手順... 6 4.問い合わせ登録手順... 10 5.問い合わせ更新手順... 12 6.ファイルアップロード手順... 16 7.パスワードがご不明の場合... 21 [ 1 ] アカウント登録手順 1. アカウント登録ページへのアクセス

More information

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション (") の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf(" 情報処理基礎 "); printf("c 言語の練習 "); printf

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション () の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf( 情報処理基礎 ); printf(c 言語の練習 ); printf 情報処理基礎 C 言語についてプログラミング言語は 1950 年以前の機械語 アセンブリ言語 ( アセンブラ ) の開発を始めとして 現在までに非常に多くの言語が開発 発表された 情報処理基礎で習う C 言語は 1972 年にアメリカの AT&T ベル研究所でオペレーションシステムである UNIX を作成するために開発された C 言語は現在使われている多数のプログラミング言語に大きな影響を与えている

More information

立ち読みページ

立ち読みページ Chapter 4 4 表やグラフ SmartArt グラフィックなどを使って 訴求力のあるスライ ドを作成する方法を解説します STEP1 作成するプレゼンテーションを確認する 79 STEP2 表を加工する 82 STEP3 グラフを加工する 92 STEP4 SmartArtグラフィックを作成する 101 STEP5 SmartArtグラフィックを加工する 109 STEP6 図形を加工する

More information

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit 2015.10.8 マスプロ電工株式会社 本手順書は デジタルレベルチェッカー LCV3 の Web ブラウザーによるソフトウェア更新の手順を説明した資料です Web ブラウザーより LCV3 をバージョンアップする手順は以下の 4 段階で実施します 1. パソコン上に新しいソフトウェアをコピーします 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続します 3. LCV3 を新しいソフトウェアに更新します

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 検索キーワードの設定方法 1 1. 検索キーワード修正手順 1: セラーセントラルでの 1 商品ごとの修正 (P3~) 2. 検索キーワード修正手順 2: 在庫ファイルを使った一括修正 (P8~) 3. 修正時の修正点 (P26~) 2 1. 検索キーワード修正手順 1: セラーセントラルでの 1 商品ごとの修正 3 11 商品ごとの検索キーワードの修正 1 商品ごとの商品情報修正 :3 ステップ

More information

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順

Maple 18 スタンドアロン版インストール手順 インストール アンインストール手順書 更新日製品バージョン OS 利用形態 2014/04/21 Maple 18 Windows 64-bit スタンドアロン SECTION 1: Maple 18 のインストール Page 1 Page 11 SECTION 2: コンパイラの設定 Page 12 Page 14 SECTION 3: コンパイラの設定の確認 Page 15 SECTION 4:

More information

win版8日目

win版8日目 8 日目 : 項目のチェック (2) 1 日 30 分くらい,30 日で何とか R をそこそこ使えるようになるための練習帳 :Win 版 昨日は, 平均値などの基礎統計量を計算する試行錯誤へご招待しましたが (?), 今日は簡 単にやってみます そのためには,psych というパッケージが必要となりますが, パッケー ジのインストール & 読み込みの詳しい方法は, 後で説明します 以下の説明は,psych

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

2 目次 1. 基本操作 ウィジェットとは何か ウィジェットの目的と構成 ウィジェットの設置 ウィジェットのカスタマイズ ウィジェットコードの構成 ウィジェットの外観を変更する..

2 目次 1. 基本操作 ウィジェットとは何か ウィジェットの目的と構成 ウィジェットの設置 ウィジェットのカスタマイズ ウィジェットコードの構成 ウィジェットの外観を変更する.. Newdea Inc. プロジェクトセンター ユーザーガイド ウィジェット 2 目次 1. 基本操作... 3 1.1. ウィジェットとは何か... 3 1.2. ウィジェットの目的と構成... 3 1.3. ウィジェットの設置... 5 2. ウィジェットのカスタマイズ... 10 2.1. ウィジェットコードの構成... 10 2.2. ウィジェットの外観を変更する... 11 2.2.1. 個別のウィジェットの外観を変更する...

More information

スライド 0

スライド 0 第 2 章情報記入とプラン地図上に情報記入や 行動計画をシミュレーションするプランの説明をします 2-1 カスタム情報の記入カスタム情報とは 地図上に名称 ( タイトル ) としてアイコンと文字 ( または画像 ) を表示し 内部に住所などのコメントや写真 動画 EXCEL ファイル PDF Web リンクを持つことができるものです 初期状態 ( デフォルト ) では テキスト作成時の動作は カスタム情報記入ウィザードを開くように設定されています

More information

astah* think! 2.0 リリースノート

astah* think! 2.0 リリースノート [Windows] [MacOS] astah* think! 2.0 [Windows](2009/10/19) モデルバージョン 31 astah*は 原則として保存形式は上位互換です 新しいモデルバージョンで編集したファイル を以前のモデルバージョンでは編集できません 新規機能 製品名をastah* think!に変更 製品名をJUDE/Think!からastah* think!に変更しました

More information

タイトル位置

タイトル位置 PrimeDrive Release Note 2014 年 9 月 28 日リリース 2014 年 9 月 19 日ソフトバンクテレコム株式会社クラウドサービス本部クラウドサービス企画部 リリース内容 (1/3) 1. コーポレート管理者機能 1.1 ユーザ検索時に英大文字 / 英小文字を区別せずに検索するように変更 1.2 ユーザポリシーの設定項目の追加 1DTA 利用の可否 2 モバイル端末で他のアプリからのファイルアップロード先の指定の可否

More information

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2 作業を始める前に 作業実施の前提条件として お使いのパソコンが以下の環境の場合に作業が必要となります 他の環境の場合は作業を実施する必要はございません 対象の OS( オペレーティングシステム ) Windows7 WindowsXP をおつかいの教室につきましては作業の必要はありません 対象の InternetExplorer バージョン InternetExplorer8 バージョン確認方法につきましては

More information

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1 2016/10/6 第 3.2 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2

More information

Print Server バージョンV2

Print Server バージョンV2 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server Windows Server 2008 Service Pack 2 アップデート手順 2011.8.29 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server は OS として Windows Server 2008 を使用しておりますが Windows

More information

スライド 1

スライド 1 So-net レンタルサーバー Piwik 操作手順について 目次 1.Piwik とは? 2.Piwik のご利用開始方法 2-1. インストール 2-2. ログイン 3. アクセス解析方法 3-1. トラッキングコードの発行と埋め込み 3-2.EasySite をご利用の方 3-3.WordPress の活用 4.Piwik の操作手順 4-1. ダッシュボード 4-2. ビジター 4-3. アクション

More information

目次 1. はじめに ご注意 アイコン表記について NET Framework3.5(3.0/2.0) のインストールについて ネットワークに接続せずにインストールする方法 高速スタートアップの無効化について...

目次 1. はじめに ご注意 アイコン表記について NET Framework3.5(3.0/2.0) のインストールについて ネットワークに接続せずにインストールする方法 高速スタートアップの無効化について... Microsoft Windows10 における弊社製品ご使用上の注意事項 1/22 目次 1. はじめに... 3 1-1 ご注意... 3 1-2 アイコン表記について... 3 2..NET Framework3.5(3.0/2.0) のインストールについて... 4 2-1 ネットワークに接続せずにインストールする方法... 5 3. 高速スタートアップの無効化について... 9 3-1 高速スタートアップの無効化設定手順...

More information

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc CASSIOPEIA DT-5100 シリーズ.NET ライブラリマニュアル 概要編 Ver 3.00 変更履歴 No Revision 更新日項改訂内容 1 1.00 03/1/20 初版初版発行 2 3.00 05/03/15 3 カシオライブラリマニュアル (.NET) 開発マニュアルの 1~4 をひとまとめ にしました 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

More information

タッチディスプレイランチャー

タッチディスプレイランチャー タッチディスプレイランチャー バージョン.0 取扱説明書 もくじ はじめに 3 ランチャーについて 4 ランチャーの操作方法 5 グループを変える 5 設定について 6 アイコンを新規登録する 7 登録したアイコンを編集する 8 グループの編集 0 壁紙を変更する その他の設定について はじめに 本ソフトウェアは ペン操作やタッチ操作で目的のソフトウェアを起動することができるソフトウェアです ソフトウェアは追加

More information

DEP(Data Execution Prevention:データ実行防止)機能に関する制限事項

DEP(Data Execution Prevention:データ実行防止)機能に関する制限事項 三菱シーケンサテクニカルニュース No.FA-D-0051-D 1/21 2008 年 12 月発行 (2013 年 4 月改訂 D 版 ) 表題 DEP(Data Execution Prevention: データ実行防止 ) 機能に関する制限事項 適用機種 通信支援ソフトウェアツール MELSOFT MX シリーズ MX Component 三菱統合 FA ソフトウェア MELSOFT シリーズに格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます

More information

Taro-cshプログラミングの応用.jt

Taro-cshプログラミングの応用.jt c s h プログラミングの応用 0. 目次 1. 課題 課題 1 : 与えられたパス名からディレクトリ名とファイル名を分離し出力せよ 課題 2 : オプション (-in) の後に続く文字列とオプション (-out) の後に続く文字列をそれぞれまとめる オプションの指定がなく文字列から始まるとき -in を仮定する 課題 3 : 複数のファイルから与えられたパターンとマッチする文字列を含む行を取り出せ

More information

目次 3 14P Wordpressテンプレートの設定方法 15P 17P livedoorテンプレートの設定方法 18P 21P FC2テンプレートの設定方法

目次 3 14P Wordpressテンプレートの設定方法 15P 17P livedoorテンプレートの設定方法 18P 21P FC2テンプレートの設定方法 特典テンプレートの設定方法 目次 3 14P Wordpressテンプレートの設定方法 15P 17P livedoorテンプレートの設定方法 18P 21P FC2テンプレートの設定方法 Wordpressテンプレートの設定方法 Wordpressテンプレートの設定方法 この作業を行う前に wordpressのインストールを済ませておいてください 1.テーマのインストール wordpressのインストール後

More information

スライド 1

スライド 1 WINDOWS 編 Ver3.02 (2013/ 6) 目次 A 接続 A-1. 接続 A-2. 電源の投入 B Q Finder B-1. Q Finderのインストール B-2. 名称の変更と固定 IPアドレス設定 B-3. ネットワークドライブの割り当て B-4. フォルダーの開き方と musicフォルダーの作成 C Twonky Mediaの設定 C-1. Twonky Media 設定画面の入り方

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ安心ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡単マニュアル onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) のインストール onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の初期設定 onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の使い方 ( ブラウザ ) onlyタフ レットフィルタリンク

More information

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ ソースネクストいきなり PDF シリーズ セットアップ手順書 本手順書は グループポリシーを使用したソフトウェア配布およびサイレントインストールについて記 述しています 以下の項目をご確認いただき インストールを行なってください 目次 1. 事前準備 1 1-1. ライセンス管理ページの作成 1 1-2. 接続許可 2 1-3. プログラムのダウンロード (CD-ROM のバージョン番号が 1.0.0.0

More information

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の 電子入札サービス IC カードを利用しない事業者向け Java ポリシー設定マニュアル (Windows10 用 ) 平成 28 年 6 月 目次 第 1 章はじめに 1 1.1 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 2 2.1 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン確認方法 4 3.2 Java

More information

Microsoft Word - KML変換操作方法_fujii改.doc

Microsoft Word - KML変換操作方法_fujii改.doc KML 変換操作方法 ご利用前の準備 ご利用前に下記のものをご用意ください ナビ本機対象機種をよくご確認のうえ ご用意ください パソコン Google Earth のインストールが必要ですので Google Earth のホームページをご確認の上 動作要件を満たすものをご使用ください SD カードナビ本機の取扱説明書に推奨品の一覧が記載されていますので そちらをご参照ください Google Earth

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer9 11 の設定 ( 定例見積 ) Internet Explorer9 11 ご利用の際の推奨環境について 福岡市電子入札システムを Internet Explorer 9 11 でご利用頂く際は必ず 下記推奨環境をご確認頂き次ページからの各設定を行ってください 設定を行わない場合 電子入札操作時エラーが発生する可能性があります 電子入札をスムーズに行う為に必ず設定をお願い致します

More information

ファイル管理

ファイル管理 4. ファイルやフォルダーの管理 1 Windows8 でのファイルの管理の基本操作について学習します 4-1 新しいフォルダーの作成 ファイルは関連する内容ごとに フォルダーに分類して管理します 目的のファイルが検索しやすいようにフォルダー名はわかり易い名前にしましょう 操作新しいフォルダーを作成します ドキュメント フォルダー内に新規フォルダーを作成します 1[ クイックアクセスツールバー ]

More information