C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2"

Transcription

1 アセンブラ (Z80) の例 ORG 100H LD B,10 SUB A LOOP: ADD A,B DEC B JR NZ,LOOP LD (SUM),A HALT ORG 200H SUM: DEFS 1 END 1

2 C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

3 ベクトルの C による表現 C 言語でのデータ抽象化への模索 3

4 ベクトル ( 配列を使わない ) #include <stdio.h> main() { int a1=2,a2=4,a3=6; //vector a=( 2, 4, 6); int b1=12,b2=14,b3=16;//vector b=(12,14,16); int c1=0,c2=0,c3=0; //vector c=( 0, 0,0); /* vector c=a+b */ c1=a1+b1; c2=a2+b2; c3=a3+b3; printf("a=>(%d,%d,%d) n + n",a1,a2,a3); printf("b=>(%d,%d,%d) n = n",b1,b2,b3); printf("c=>(%d,%d,%d)",c1,c2,c3); 4

5 #include <stdio.h> main() { // 配列を使う int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); /* vector c=a+b */ c[0]=a[0]+b[0]; c[1]=a[1]+b[1]; c[2]=a[2]+b[2]; printf(" 配列は使うが ループは使わない n"); printf("a=>(%d,%d,%d) n + n",a[0],a[1],a[2]); printf("b=>(%d,%d,%d) n = n",b[0],b[1],b[2]); printf("c=>(%d,%d,%d)",c[0],c[1],c[2]); ベクトル ( 配列を使う ) /* 実行結果配列は使うが ループは使わない a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = 5 c=>(14,18,22) */

6 ベクトル ( 配列 + ループ ) #include <stdio.h> main() { // 配列を使う & ループを使う int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a)/sizeof(a[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vector の a(i) への位置づけ用 for (i=0;i<array_max;i++) c[i]=a[i]+b[i]; printf(" 配列は使う & ループを使う n"); printf("a=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",a[i]); printf("%d",a[array_max-1]); printf(") n + n"); printf("b=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",b[i]); printf("%d",b[array_max-1]); printf(") n + n"); printf("c=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",c[i]); printf("%d) n",c[array_max-1]); /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) + c=>(14,18,22) */ 6

7 #include <stdio.h> void display(char *vecid,int *vector,int a_max) { 結果の表示を関数化 int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vector[i]); printf("%d",vector[a_max-1]); printf(") n"); main() { // 配列を使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a)/sizeof(a[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vectorのa(i) への位置づけ用 for (i=0;i<array_max;i++) c[i]=a[i]+b[i]; printf(" 配列は使う & ループを使う & 結果の表 示を関数化 n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); 7

8 実行結果 /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22)*/ 8

9 ベクトルの加算を関数化 (1) #include <stdio.h> #define MAX 3 typedef struct vec{ int v[max]; vector; void display(char *vecid,vector vec,int a_max) { int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vec.v[i]); printf("%d",vec.v[a_max-1]); printf(") n"); vector *vectoradd(vector aa,vector bb,int a_max) { int i; vector *ans; ans=(vector *)malloc(sizeof(vector)); for (i=0;i<a_max;i++) ans->v[i]=aa.v[i]+bb.v[i]; return ans; 9

10 ベクトルの加算を関数化 (2) main() { // 配列を使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 // &typedef を使い vector 型を定義 vector a={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); vector b={12,14,16;//vector b=(12,14,16); vector c={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a.v)/sizeof(a.v[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vector の a(i) への位置づけ用 c=*vectoradd(a,b,array_max); printf( 配列は使う & ループを使う & 結果の表 示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 &typedef を使い vector 型を定義 n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); 10

11 ベクトルの加算を関数化 (3) /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 & typedef を使い vector 型を定義 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 11

12 #include <stdio.h> #define MAX 3 typedef struct vec{ int v[max]; vector; void display(char *vecid,vector vec,int a_max) { int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vec.v[i]); printf("%d",vec.v[a_max-1]); printf(") n"); vector *vectoradd(vector aa,vector bb,vector ans,int i) { if ( i!= 0 ) { i--; ans.v[i]=aa.v[i]+bb.v[i]; ans=*vectoradd(aa,bb,ans,i); else ; return &ans; 再帰でループを実現 (1) 12

13 main() { // 再帰でループを実現 vector a={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); vector b={12,14,16;//vector b=(12,14,16); vector c={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); 再帰でループを実現 (2) int array_max=sizeof(a.v)/sizeof(a.v[0]); // 配列の繰り返しの大きさ printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ c=*vectoradd(a,b,c,array_max); printf(" 配列は使う & n"); printf(" &<< 再帰でループを実現 >> n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & &<< 再帰でループを実現 >> a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 13

14 #include <stdio.h> // Start of Abstract Data Type typedef struct vec{ int cell; struct vec *next; vector; 抽象データ型的 (1) void err2con(char* msg) { printf("error:%s:",msg); void display(char *vecid,vector **head) { vector *work=*head; int i; printf("%s=>(",vecid); while (work!= NULL){ if (work->next!= NULL) printf("%d,",work->cell); else printf("%d",work->cell); // ベクトルの最後の要素の後ろに, は付けない work=work->next; printf(") n"); 14

15 抽象データ型的 (2) vector *vectorconstructor(vector **head,int max,int value[]) { vector *work; int i; for (i=max-1;i>=0;i--) { if ((work = (vector *)malloc(sizeof(*work))) == NULL) { err2con("memory nothing"); return NULL; work->cell = value[i]; work->next = *head; *head = work; printf("cell=%d ",work->cell); return *head; 15

16 抽象データ型的 (3) void vectoradd(vector **aa,vector **bb,vector **ans) { vector *a=*aa; vector *b=*bb; vector *c=*ans; while (c!= NULL){ c->cell = a->cell + b->cell; a=a->next; b=b->next; c=c->next; vectordestructor(vector **head){ vector *work=*head; while (work!= NULL){ free(work); work=work->next; // End of Abstract Data Type 16

17 main() { // 抽象データ型的抽象データ型的 (4) vector *ahead=null; vector *bhead=null; vector *chead=null; int a[]={2,4,6; int b[]={12,14,16; int c[]={0,0,0; // コンストラクタの呼び出しを擬似る vectorconstructor(&ahead,3,a); //vector a=( 2, 4, 6); vectorconstructor(&bhead,3,b); //vector b=(12,14,16); vectorconstructor(&chead,3,c); //vetcot c=( 0, 0,0); /* メソッド ( ベクトル加算 ) の呼び出しvector c=a+b */ vectoradd(&ahead,&bhead,&chead); printf(" n 抽象データ型的な方式 n"); // メソッド ( ベクトルの表示 ) の呼び出し display("a",&ahead); printf(" + n"); display("b",&bhead); printf(" = n"); display("c",&chead); // デストラクタの呼び出しを擬似る vectordestructor(&ahead); vectordestructor(&bhead); 17 vectordestructor(&chead);

18 抽象データ型的 (5) /* 実行結果 cell=6 cell=4 cell=2 cell=16 cell=14 cell=12 cell=0 cell=0 cell=0 抽象データ型的な方式 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 18

19 C++ による演算子定義 (1) #include <iostream> using namespace std; #define MAX 5 class vec { int cell[max]; public: vec(); vec(int a,int b,int c,int d,int e); void get(int v[max]); vec operator+(vec v); vec operator*(int c); vec operator=(vec v); ; vec::vec() { for(int i=0;i<max;i++) cell[i]=0; vec::vec(int a,int b,int c,int d,int e) { cell[0]=a; cell[1]=b; cell[2]=c; cell[3]=d; cell[4]=e; void vec::get(int v[max]) { for(int i=0;i<max;i++) v[i]=cell[i]; 19

20 vec vec::operator+(vec v) { vec wk; for(int i=0;i<max;i++) wk.cell[i]=cell[i] + v.cell[i]; return wk; C++ による演算子定義 (2) vec vec::operator*(int c) { vec wk; for(int i=0;i<max;i++) wk.cell[i]=cell[i] * c; return wk; vec vec::operator=(vec v) { for(int i=0;i<max;i++) cell[i]=v.cell[i]; return *this; 20

21 int main() { int cell[max]; vec a(10,20,30,40,50),b(1,2,3,4,5),c(0,0,0,0,0); c = a + b; c.get(cell); C++ による演算子定義 (3) cout << "a+b => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = a * 10; c.get(cell); cout << "a*10 => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = a * 10 + b; c.get(cell); cout << "a*10+b => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = (a + b) * 10; c.get(cell); cout << "(a+b)*10 => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; a.get(cell); cout << " 今の a を表 示 "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n a = c; a.get(cell); cout << "c を a に代入したあとの c を表 示 "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; return 0; 21

22 C++ による演算子定義 (4) /* // 実行例 a+b => a*10 => a*10+b => (a+b)*10 => 今の a を表示 c を a に代入したあとの c を表示 */ 22

Microsoft PowerPoint - C言語の復習(配布用).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - C言語の復習(配布用).ppt [互換モード] if 文 (a と b の大きい方を表示 ) C 言語 Ⅰ の復習 条件判定 (if, 条件式 ) ループ (for[ 二重まで ], while, do) 配列 ( 次元 次元 ) トレース int a, b; printf( 整数 a: ); scanf( %d, &a); printf( 整数 b: ); scanf( %d, &b); //つのif 文で表現する場合間違えやすい どっちに =

More information

新・明解C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造

新・明解C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造 第 1 章 基本的 1 n 141 1-1 三値 最大値 algorithm List 1-1 a, b, c max /* */ #include int main(void) { int a, b, c; int max; /* */ List 1-1 printf("\n"); printf("a"); scanf("%d", &a); printf("b"); scanf("%d",

More information

Taro-リストⅠ(公開版).jtd

Taro-リストⅠ(公開版).jtd 0. 目次 1. 再帰的なデータ構造によるリストの表現 1. 1 リストの作成と表示 1. 1. 1 リストの先頭に追加する方法 1. 1. 2 リストの末尾に追加する方法 1. 1. 3 昇順を保存してリストに追加する方法 1. 2 問題 問題 1 問題 2-1 - 1. 再帰的なデータ構造によるリストの表現 リストは データの一部に次のデータの記憶場所を示す情報 ( ポインタという ) を持つ構造をいう

More information

C言語によるアルゴリズムとデータ構造

C言語によるアルゴリズムとデータ構造 Algorithms and Data Structures in C 4 algorithm List - /* */ #include List - int main(void) { int a, b, c; int max; /* */ Ÿ 3Ÿ 2Ÿ 3 printf(""); printf(""); printf(""); scanf("%d", &a); scanf("%d",

More information

Taro-再帰関数Ⅱ(公開版).jtd

Taro-再帰関数Ⅱ(公開版).jtd 0. 目次 6. 2 項係数 7. 二分探索 8. 最大値探索 9. 集合 {1,2,,n} 上の部分集合生成 - 1 - 6. 2 項係数 再帰的定義 2 項係数 c(n,r) は つぎのように 定義される c(n,r) = c(n-1,r) + c(n-1,r-1) (n 2,1 r n-1) = 1 (n 0, r=0 ) = 1 (n 1, r=n ) c(n,r) 0 1 2 3 4 5

More information

3.1 stdio.h iostream List.2 using namespace std C printf ( ) %d %f %s %d C++ cout cout List.2 Hello World! cout << float a = 1.2f; int b = 3; cout <<

3.1 stdio.h iostream List.2 using namespace std C printf ( ) %d %f %s %d C++ cout cout List.2 Hello World! cout << float a = 1.2f; int b = 3; cout << C++ C C++ 1 C++ C++ C C++ C C++? C C++ C *.c *.cpp C cpp VC C++ 2 C++ C++ C++ [1], C++,,1999 [2],,,2001 [3], ( )( ),,2001 [4] B.W. /D.M.,, C,,1989 C Web [5], http://kumei.ne.jp/c_lang/ 3 Hello World Hello

More information

Taro-再帰関数Ⅲ(公開版).jtd

Taro-再帰関数Ⅲ(公開版).jtd 0. 目次 1 1. ソート 1 1. 1 挿入ソート 1 1. 2 クイックソート 1 1. 3 マージソート - 1 - 1 1. ソート 1 1. 1 挿入ソート 挿入ソートを再帰関数 isort を用いて書く 整列しているデータ (a[1] から a[n-1] まで ) に a[n] を挿入する操作を繰り返す 再帰的定義 isort(a[1],,a[n]) = insert(isort(a[1],,a[n-1]),a[n])

More information

Taro-最大値探索法の開発(公開版

Taro-最大値探索法の開発(公開版 最大値探索法の開発 0. 目次 1. 開発過程 1 目標 1 : 4 個のデータの最大値を求める 目標 2 : 4 個のデータの最大値を求める 改良 : 多数のデータに対応するため 配列を使う 目標 3 : n 個のデータの最大値を求める 改良 : コードを簡潔に記述するため for 文を使う 目標 4 : n 個のデータの最大値を求める 改良 : プログラムをわかりやすくするため 関数を使う 目標

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション プログラミング応用演習 第 4 回再帰的構造体 前回の出席確認演習 #include int main() { FILE *fp; int c, linecount, length, maxlength; fp=fopen("/usr/share/dict/words","r"); if (fp == NULL) return 1; linecount=0; length=0;

More information

Taro-リストⅢ(公開版).jtd

Taro-リストⅢ(公開版).jtd リスト Ⅲ 0. 目次 2. 基本的な操作 2. 1 リストから要素の削除 2. 2 リストの複写 2. 3 リストの連結 2. 4 問題 問題 1 問題 2-1 - 2. 基本的な操作 2. 1 リストから要素の削除 まず 一般的な処理を書き つぎに 特別な処理を書く 一般的な処理は 処理 1 : リスト中に 削除するデータを見つけ 削除する場合への対応 特別な処理は 処理 2 : 先頭のデータを削除する場合への対応

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション プログラミング応用演習 第 4 回再帰的構造体 プログラミングを 余談 : 教えることの難しさ 丁寧に説明しないと分かってもらえない 説明すると 小難しくなる学生が目指すべきところプログラム例を説明されて理解できる違うやり方でも良いので自力で解決できる おっけー 動けば良い という意識でプログラミング 正しく動くことのチェックは必要 解答例と自分のやり方との比較が勉強になる 今日のお題 再帰的構造体

More information

Microsoft PowerPoint - 説明3_if文switch文(C_guide3)【2015新教材対応確認済み】.pptx

Microsoft PowerPoint - 説明3_if文switch文(C_guide3)【2015新教材対応確認済み】.pptx 情報ネットワーク導入ユニット Ⅰ C 言語 if 文 switch 文 3 章 : プログラムの流れの分岐 if 文 if( 条件 ) 条件が成立すれば実行 if( 条件 ) ~ else 場合分け ( 成立, 不成立 ) if( 条件 A) ~ else if( 条件 B) ~ else if( 条件 C) ~ else 場合分け ( 複数の条件での場合分け ) 等価演算子 : == ( 等しい

More information

関数 C 言語は関数の言語 関数とは 関数の定義 : f(x) = x * x ; 使うときは : y = f(x) 戻り値 引数

関数 C 言語は関数の言語 関数とは 関数の定義 : f(x) = x * x ; 使うときは : y = f(x) 戻り値 引数 関数 C 言語は関数の言語 関数とは 関数の定義 : f(x) = x * x ; 使うときは : y = f(x) 戻り値 引数 関数の定義 戻り値の型 関数名 引数の型 引数の名前 int funcname ( int a, char b) { int c ; c = a * b ; return c ; 引数の型 引数の名前 戻り値 戻り値の型は int 変数 c の型も int return

More information

memo

memo 数理情報工学演習第一 C プログラミング演習 ( 第 5 回 ) 2015/05/11 DEPARTMENT OF MATHEMATICAL INFORMATICS 1 今日の内容 : プロトタイプ宣言 ヘッダーファイル, プログラムの分割 課題 : 疎行列 2 プロトタイプ宣言 3 C 言語では, 関数や変数は使用する前 ( ソースの上のほう ) に定義されている必要がある. double sub(int

More information

(STL) STL 1 (deta structure) (algorithm) (deta structure) 2 STL STL (Standard Template Library) 2.1 STL STL ( ) vector<int> x; for(int i = 0; i < 10;

(STL) STL 1 (deta structure) (algorithm) (deta structure) 2 STL STL (Standard Template Library) 2.1 STL STL ( ) vector<int> x; for(int i = 0; i < 10; (STL) STL 1 (deta structure) (algorithm) (deta structure) 2 STL STL (Standard Template Library) 2.1 STL STL ( ) vector x; for(int i = 0; i < 10; ++i) x.push_back(i); vector STL x.push_back(i) STL

More information

cpp1.dvi

cpp1.dvi 2017 c 1 C++ (1) C C++, C++, C 11, 12 13 (1) 14 (2) 11 1 n C++ //, [List 11] 1: #include // C 2: 3: int main(void) { 4: std::cout

More information

O(N) ( ) log 2 N

O(N) ( ) log 2 N 2005 11 21 1 1.1 2 O(N) () log 2 N 1.2 2 1 List 3-1 List 3-3 List 3-4? 3 3.1 3.1.1 List 2-1(p.70) 1 1 10 1 3.1.2 List 3-1(p.70-71) 1 1 2 1 2 2 1: 1 3 3.1.3 1 List 3-1(p.70-71) 2 #include stdlib.h

More information

DVIOUT

DVIOUT 2005 年度プログラミング演習 II レポート 7 学生用 学籍番号 : 氏名 : 下記の注意事項を守り 次ページ以降の問いに答え レポートを完成させなさい 提出期限 : 2005 年 12 月 13 日 ( 火 ) 13:15 まで提出場所 : 理学部棟正面玄関内に設置のレポートボックス 注意事項 : (1) このページを印刷し 必要事項を記入の上 ( 学籍番号欄と氏名欄は 2 箇所あるので忘れずに記入すること

More information

8 / 0 1 i++ i 1 i-- i C !!! C 2

8 / 0 1 i++ i 1 i-- i C !!! C 2 C 2006 5 2 printf() 1 [1] 5 8 C 5 ( ) 6 (auto) (static) 7 (=) 1 8 / 0 1 i++ i 1 i-- i 1 2 2.1 C 4 5 3 13!!! C 2 2.2 C ( ) 4 1 HTML はじめ mkdir work 作業用ディレクトリーの作成 emacs hoge.c& エディターによりソースプログラム作成 gcc -o fuga

More information

kiso2-09.key

kiso2-09.key 座席指定はありません 計算機基礎実習II 2018 のウェブページか 第9回 ら 以下の課題に自力で取り組んで下さい 計算機基礎実習II 第7回の復習課題(rev07) 第9回の基本課題(base09) 第8回試験の結果 中間試験に関するコメント コンパイルできない不完全なプログラムなど プログラミングに慣れていない あるいは複雑な問題は 要件 をバラして段階的にプログラムを作成する exam08-2.c

More information

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

Taro-2分探索木Ⅱ(公開版).jtd

Taro-2分探索木Ⅱ(公開版).jtd 2 分探索木 Ⅱ 0. 目次 5. 2 分探索木の操作 5. 1 要素の探索 5. 2 直前の要素の探索 5. 3 直後の要素の探索 5. 4 要素の削除 5. 5 問題 問題 1-1 - 5. 2 分探索木の操作 5. 1 要素の探索 要素 44 の探索 (1) 要素 と 44 を比較して 左部分木をたどる (2) 要素 33 と 44 を比較して 右部分木をたどる (3) 要素 44 を見つけた

More information

C プログラミング演習 1( 再 ) 2 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ

C プログラミング演習 1( 再 ) 2 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ C プログラミング演習 1( 再 ) 2 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ 今回のプログラミングの課題 次のステップによって 徐々に難易度の高いプログラムを作成する ( 参照用の番号は よくわかる C 言語 のページ番号 ) 1. キーボード入力された整数 10 個の中から最大のものを答える 2. 整数を要素とする配列 (p.57-59) に初期値を与えておき

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 工学部 6 7 8 9 10 組 ( 奇数学籍番号 ) 担当 : 長谷川英之 情報処理演習 第 9 回 2010 年 12 月 2 日 1 今回のメインテーマ : 関数呼び出し main 関数以外に所望の処理を行う関数 ( サブルーチン ) を定義して, その関数を main 関数の中で呼び出して仕事をさせること. これも重要な概念です. 頑張って理解して下さい. 2 #include

More information

1 return main() { main main C 1 戻り値の型 関数名 引数 関数ブロックをあらわす中括弧 main() 関数の定義 int main(void){ printf("hello World!!\n"); return 0; 戻り値 1: main() 2.2 C main

1 return main() { main main C 1 戻り値の型 関数名 引数 関数ブロックをあらわす中括弧 main() 関数の定義 int main(void){ printf(hello World!!\n); return 0; 戻り値 1: main() 2.2 C main C 2007 5 29 C 1 11 2 2.1 main() 1 FORTRAN C main() main main() main() 1 return 1 1 return main() { main main C 1 戻り値の型 関数名 引数 関数ブロックをあらわす中括弧 main() 関数の定義 int main(void){ printf("hello World!!\n"); return

More information

Microsoft PowerPoint - 11.pptx

Microsoft PowerPoint - 11.pptx ポインタと配列 ポインタと配列 配列を関数に渡す 法 課題 : 配列によるスタックの実現 ポインタと配列 (1/2) a が配列であるとき, 変数の場合と同様に, &a[0] [] の値は配列要素 a[0] のアドレス. C 言語では, 配列は主記憶上の連続領域に割り当てられるようになっていて, 配列名 a はその配列に割り当てられた領域の先頭番地となる. したがって,&a[0] と a は同じ値.

More information

関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include <stdio.h> #define InFile "data.txt" #define OutFile "sorted.txt" #def

関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include <stdio.h> #define InFile data.txt #define OutFile sorted.txt #def C プログラミング演習 1( 再 ) 6 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ 関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include #define InFile "data.txt" #define OutFile "sorted.txt"

More information

Slide 1

Slide 1 OpenFoam のための C/C++ 第 3 回 OpenFoam で勉強るテンプレート 田中昭雄 1 目的 この勉強会の資料があれば OpenFoam カスタマイズ時に C/C++ で迷わない 2 予定 第 1 回メモリ管理 第 2 回 CFDの例で勉強するクラス 第 3 回 OpenFOAMで勉強するテンプレート 第 4 回 OpenFOAMカスタマイズ 第 5 回未定 第 6 回未定 3 今回のテーマ

More information

Prog1_15th

Prog1_15th 2012 年 7 月 26 日 ( 木 ) 実施構造体と typedef typedef 宣言によって,struct 構造体タグ名という表記を再定義し, データ型名のように扱うことができる 構文は typedef struct 構造体タグ名 再定義名 ; となり, この場合の構造体変数の宣言は, 再定義名を用いて行うことができる なお, ここでは 構造体タグ名は省略可能である 構造体を指すポインタ

More information

Microsoft PowerPoint - ca ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - ca ppt [互換モード] 大阪電気通信大学情報通信工学部光システム工学科 2 年次配当科目 コンピュータアルゴリズム 良いアルゴリズムとは 第 2 講 : 平成 20 年 10 月 10 日 ( 金 ) 4 限 E252 教室 中村嘉隆 ( なかむらよしたか ) 奈良先端科学技術大学院大学助教 y-nakamr@is.naist.jp http://narayama.naist.jp/~y-nakamr/ 第 1 講の復習

More information

関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include <stdiu.h> #define InFile "data.txt" #define OutFile "surted.txt" #def

関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include <stdiu.h> #define InFile data.txt #define OutFile surted.txt #def C プログラミング演習 1( 再 ) 6 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ 関数の呼び出し ( 選択ソート ) 選択ソートのプログラム (findminvalue, findandreplace ができているとする ) #include #define InFile "data.txt" #define OutFile "surted.txt"

More information

kiso2-06.key

kiso2-06.key 座席指定があります Linux を起動して下さい 第6回 計算機基礎実習II 計算機基礎実習II 2018 のウェブページか ら 以下の課題に自力で取り組んで下さい 第5回の復習課題(rev05) 第6回の基本課題(base06) 第5回課題の回答例 ex05-2.c 1. キーボードから整数値 a を入力すると a*a*a の値を出力することを繰り返すプログラムを作成しなさい 2. ただし 入力された

More information

第3回 配列とリスト

第3回 配列とリスト リストと配列 Algorithms and Data Structures on C この回の要点 C 言語における変数 プリミティブ型とポインタの違い 参照型における実体オブジェクトへの参照 リストとは? 配列によるリスト 配列の利点と欠点 C 言語による配列の実現 配列の代入と複製の違い データ構造 アルゴリズム + データ構造 = プログラム アルゴリズム データをどのように加工するか データ構造

More information

untitled

untitled II yacc 005 : 1, 1 1 1 %{ int lineno=0; 3 int wordno=0; 4 int charno=0; 5 6 %} 7 8 %% 9 [ \t]+ { charno+=strlen(yytext); } 10 "\n" { lineno++; charno++; } 11 [^ \t\n]+ { wordno++; charno+=strlen(yytext);}

More information

untitled

untitled C++2 1. publicprivate 2. 3. 4. 5. Intelligent Electronic Systems Group protected Carmainmy_car.car_number ca_number //Car class Car int car_number; // void showgas( ); // double gas; // void shownumber(

More information

Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) 抽出できない依存関係 Understand の C 言語の解析 (Fuzzy/Strict) で 抽出

Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) 抽出できない依存関係 Understand の C 言語の解析 (Fuzzy/Strict) で 抽出 Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) 抽出できない依存関係 Understand の C 言語の解析 (Fuzzy/Strict) で 抽出できない依存関係には 以下があります ポインタ関連 関数ポインタによる関数の呼び出し 関数テーブル (

More information

Microsoft Word - no202.docx

Microsoft Word - no202.docx 6.4 ポインタと配列 ポインタ変数は前回説明したように 値の入っているアドレスを示す変数です では 配列はどの ようにメモリ上に格納されるか調べてみましょう ex67.c /* ポインタと配列の関係 */ int a[3]={1, 2, 3; /* int 型の大きさ 3 の配列として宣言 */ int *i; /* int 型へのポインタとして宣言 */ double x[3] = {1.0,

More information

Taro-2分探索木Ⅰ(公開版).jtd

Taro-2分探索木Ⅰ(公開版).jtd 2 分探索木 Ⅰ 0. 目次 1. 2 分探索木とは 2. 2 分探索木の作成 3. 2 分探索木の走査 3. 1 前走査 3. 2 中走査 3. 3 問題 問題 1 問題 2 後走査 4. 2 分探索木の表示 - 1 - 1. 2 分探索木とは 木はいくつかの節点と節点同士を結ぶ辺から構成される 2 つの節点 u,v が直接辺で結ばれているとき 一方を親節点 他方を子節点という ある節点の親節点は高々

More information

Microsoft Word - no202.docx

Microsoft Word - no202.docx 1.4 ポインタと配列 ポインタ変数は前回説明したように 値の入っているアドレスを示す変数です では 配列はどの ようにメモリ上に格納されるか調べてみましょう ex07.c /* ポインタと配列の関係 */ int a[3]={1, 2, 3; /* int 型の大きさ 3 の配列として宣言 */ int *i; /* int 型へのポインタとして宣言 */ double x[3] = {1.0,

More information

untitled

untitled II 4 Yacc Lex 2005 : 0 1 Yacc 20 Lex 1 20 traverse 1 %% 2 [0-9]+ { yylval.val = atoi((char*)yytext); return NUM; 3 "+" { return + ; 4 "*" { return * ; 5 "-" { return - ; 6 "/" { return / ; 7 [ \t] { /*

More information

Taro-プログラミングの基礎Ⅱ(公

Taro-プログラミングの基礎Ⅱ(公 0. 目次 2. プログラムの作成 2. 1 コラッツ問題 自然数 n から出発して n が偶数ならば 2 で割り n が奇数ならば 3 倍して 1 を足す操作を行う この操作を繰り返すと最後に 1 になると予想されている 問題 1 自然数 aの操作回数を求めよ 問題 2 自然数 aから bまでのなかで 最大操作回数となる自然数を求めよ 2. 2 耐久数 正整数の各桁の数字を掛け 得られた結果についても同様の操作を繰り返す

More information

/* do-while */ #include <stdio.h> #include <math.h> int main(void) double val1, val2, arith_mean, geo_mean; printf( \n ); do printf( ); scanf( %lf, &v

/* do-while */ #include <stdio.h> #include <math.h> int main(void) double val1, val2, arith_mean, geo_mean; printf( \n ); do printf( ); scanf( %lf, &v 1 http://www7.bpe.es.osaka-u.ac.jp/~kota/classes/jse.html kota@fbs.osaka-u.ac.jp /* do-while */ #include #include int main(void) double val1, val2, arith_mean, geo_mean; printf( \n );

More information

Taro-ポインタ変数Ⅰ(公開版).j

Taro-ポインタ変数Ⅰ(公開版).j 0. 目次 1. ポインタ変数と変数 2. ポインタ変数と配列 3. ポインタ変数と構造体 4. ポインタ変数と線形リスト 5. 問題 問題 1 問題 2-1 - 1. ポインタ変数と変数 ポインタ変数には 記憶領域の番地が格納されている 通常の変数にはデータが格納されている 宣言 int *a; float *b; char *c; 意味ポインタ変数 aは 整数型データが保存されている番地を格納している

More information

Taro-スタック(公開版).jtd

Taro-スタック(公開版).jtd 0. 目次 1. 1. 1 配列によるの実現 1. 2 再帰的なデータ構造によるの実現 1. 3 地図情報処理 1. 4 問題 問題 1 グラフ探索問題 - 1 - 1. は データの出し入れが一カ所で行われ 操作は追加と削除ができるデータ構造をいう 出入口 追加 削除 操作 最初 111 追加 111 222 追加 111 222 333 追加 111 222 333 444 追加 111 222

More information

スライド 1

スライド 1 プログラミング 第 3 週 静岡大学工学部機械工学科知能 材料コースロボット 計測情報分野臼杵深光電 精密コース光ナノバイオ分野居波渉 講義の前に 講義資料や演習課題 LiveCampusよりダウンロード可能 成績評価期末試験および課題により行う. 評価の配分は, おおむね試験 90%, 課題 10% である. 再試験期末試験で40 点以上 60 点未満の場合, 再試験となる. 2 月 26 日 (

More information

C 言語第 3 回 2 a と b? 関係演算子 a と b の関係 関係演算子 等しい a==b 等しくない a!=b より大きい a>b 以上 a>=b より小さい a<b 以下 a<=b 状態 真偽 値 条件が満たされた場合 TRUE( 真 ) 1(0 以外 ) 条件が満たされなかった場合 F

C 言語第 3 回 2 a と b? 関係演算子 a と b の関係 関係演算子 等しい a==b 等しくない a!=b より大きい a>b 以上 a>=b より小さい a<b 以下 a<=b 状態 真偽 値 条件が満たされた場合 TRUE( 真 ) 1(0 以外 ) 条件が満たされなかった場合 F C 言語第 3 回 三つの基本構造 ( シラバス 5 6 回目 ) 1 1 順次処理上から順番に実行していく #include int main(void) { long x, y; 最初 長い整数がつかえる 負の数もか だいたい ±21 億まで OK なんだ 掛け算するぞ x = 1000*2000; scanf("%ld", &y); printf("%ld", x*y);

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

I. Backus-Naur BNF : N N 0 N N N N N N 0, 1 BNF N N 0 11 (parse tree) 11 (1) (2) (3) (4) II. 0(0 101)* (

I. Backus-Naur BNF : N N 0 N N N N N N 0, 1 BNF N N 0 11 (parse tree) 11 (1) (2) (3) (4) II. 0(0 101)* ( 2016 2016 07 28 10:30 12:00 I. I VI II. III. IV. a d V. VI. 80 100 60 1 I. Backus-Naur BNF : 11011 N N 0 N N 11 1001 N N N N 0, 1 BNF N N 0 11 (parse tree) 11 (1) 1100100 (2) 1111011 (3) 1110010 (4) 1001011

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation p.130 p.198 p.208 2 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i i < NUM; i++ ) ) if if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight

More information

Microsoft PowerPoint - 12.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 12.ppt [互換モード] 第 12 回構造体 1 今回の目標 構造体を理解する 構造体の定義の仕方を理解する 構造体型を理解する 構造体型の変数 引数 戻り値を理解する 複素数同士を足し算する関数を作成し その関数を利用するプログラムを作成する 2 複素数の足し算 複素数は実部と虚部の2つの実数で 表現される 表現される z = a+ bi 2 つの複素数 z 1 = a 1+ bi 1 と z2 = a2 + b2i の和

More information

RX ファミリ用 C/C++ コンパイラ V.1.00 Release 02 ご使用上のお願い RX ファミリ用 C/C++ コンパイラの使用上の注意事項 4 件を連絡します #pragma option 使用時の 1 または 2 バイトの整数型の関数戻り値に関する注意事項 (RXC#012) 共用

RX ファミリ用 C/C++ コンパイラ V.1.00 Release 02 ご使用上のお願い RX ファミリ用 C/C++ コンパイラの使用上の注意事項 4 件を連絡します #pragma option 使用時の 1 または 2 バイトの整数型の関数戻り値に関する注意事項 (RXC#012) 共用 RX ファミリ用 C/C++ コンパイラ V.1.00 Release 02 ご使用上のお願い RX ファミリ用 C/C++ コンパイラの使用上の注意事項 4 件を連絡します #pragma option 使用時の 1 または 2 バイトの整数型の関数戻り値に関する注意事項 (RXC#012) 共用体型のローカル変数を文字列操作関数で操作する場合の注意事項 (RXC#013) 配列型構造体または共用体の配列型メンバから読み出した値を動的初期化に用いる場合の注意事項

More information

プログラミングI第10回

プログラミングI第10回 プログラミング 1 第 10 回 構造体 (3) 応用 リスト操作 この資料にあるサンプルプログラムは /home/course/prog1/public_html/2007/hw/lec/sources/ 下に置いてありますから 各自自分のディレクトリにコピーして コンパイル 実行してみてください Prog1 2007 Lec 101 Programming1 Group 19992007 データ構造

More information

void hash1_init(int *array) int i; for (i = 0; i < HASHSIZE; i++) array[i] = EMPTY; /* i EMPTY */ void hash1_insert(int *array, int n) if (n < 0 n >=

void hash1_init(int *array) int i; for (i = 0; i < HASHSIZE; i++) array[i] = EMPTY; /* i EMPTY */ void hash1_insert(int *array, int n) if (n < 0 n >= II 14 2018 7 26 : : proen@mm.ics.saitama-u.ac.jp 14,, 8 2 12:00 1 O(1) n O(n) O(log n) O(1) 32 : 1G int 4 250 M 2.5 int 21 2 0 100 0 100 #include #define HASHSIZE 100 /* */ #define NOTFOUND 0

More information

gengo1-11

gengo1-11 関数の再帰定義 自然数 n の階乗 n! を計算する関数を定義してみる 引数は整数 返却値も整数 n! = 1*2*3*... * (n 1)*n である ただし 0! = 1 とする int factorial(int n) int i, tmp=1; if( n>0 ) for(i=1; i

More information

() / (front end) (back end) (phase) (pass) 1 2

() / (front end) (back end) (phase) (pass) 1 2 1 () () lex http://www.cs.info.mie-u.ac.jp/~toshi/lectures/compiler/ 2018 4 1 () / (front end) (back end) (phase) (pass) 1 2 () () var left, right; fun int main() { left = 0; right = 10; return ((left

More information

Microsoft PowerPoint - kougi9.ppt

Microsoft PowerPoint - kougi9.ppt C プログラミング演習 第 9 回ポインタとリンクドリストデータ構造 1 今まで説明してきた変数 #include "stdafx.h" #include int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[]) { double x; double y; char buf[256]; int i; double start_x; double step_x; FILE*

More information

Microsoft Word - Training10_プリプロセッサ.docx

Microsoft Word - Training10_プリプロセッサ.docx Training 10 プリプロセッサ 株式会社イーシーエス出版事業推進委員会 1 Lesson1 マクロ置換 Point マクロ置換を理解しよう!! マクロ置換の機能により 文字列の置き換えをすることが出来ます プログラムの可読性と保守性 ( メンテナンス性 ) を高めることができるため よく用いられます マクロ置換で値を定義しておけば マクロの値を変更するだけで 同じマクロを使用したすべての箇所が変更ができるので便利です

More information

Taro-ファイル処理(公開版).jtd

Taro-ファイル処理(公開版).jtd ファイル処理 0. 目次 1. はじめに 2. ファイル内容の表示 3. ファイル内容の複写 3. 1 文字単位 3. 2 行単位 4. 書式付き入出力 5. 文字配列への入出力 6. 課題 6. 1 課題 1 ( ファイル圧縮 復元 ) - 1 - 1. はじめに ファイル処理プログラムの形は次のようになる #include main() { FILE *fp1,*fp2; ファイルポインタの宣言

More information

Microsoft Word - C言語研修 C++編 3.doc

Microsoft Word - C言語研修 C++編 3.doc 2006/05/10 オブジェクト指向... 3 1 クラスの継承... 3 2 継承の書式... 3 3 protected... 5 4 メンバ関数のオーバーライド... 6 5 クラスの型キャスト... 7 6 仮想関数... 8 2 オブジェクト指向 1 クラスの継承 クラスには 継承 という機能があります 継承とは 既にあるクラスを元に 新しいクラスを作る 機能です 継承元のクラスを 親クラス

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

/*Source.cpp*/ #include<stdio.h> //printf はここでインクルードして初めて使えるようになる // ここで関数 average を定義 3 つの整数の平均値を返す double 型の関数です double average(int a,int b,int c){

/*Source.cpp*/ #include<stdio.h> //printf はここでインクルードして初めて使えるようになる // ここで関数 average を定義 3 つの整数の平均値を返す double 型の関数です double average(int a,int b,int c){ ソフトゼミ A 第 6 回 関数 プログラムは関数の組み合わせでできています 今までのゼミAでも printf や scanf など様々な関数を使ってきましたが なんと関数は自分で作ることもできるのです!! 今日は自作関数を中心に扱っていきます ゲーム制作でも自作関数は避けては通れないので頑張りましょう そもそもまず 関数とは 基本的には 受け取った値に関数によって定められた操作をして その結果の値を返す

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

Microsoft PowerPoint - 6.pptx

Microsoft PowerPoint - 6.pptx 6. データ構造入門 6-1. 連結リスト (Linked List) 6-2. スタック (Stack) 6-. キュー (Queue) 6-4. デク (Double-Ended-Queue) 6-. 抽象データ型 (Abstract Data Type) データ構造とは データの保存を効率的に行うもの 1 ito 2.712.14 suzuki データ構造 1 2 6-1. 連結リスト (Linked

More information

C¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥° ÆþÌç

C¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥° ÆþÌç C (3) if else switch AND && OR (NOT)! 1 BMI BMI BMI = 10 4 [kg]) ( [cm]) 2 bmi1.c Input your height[cm]: 173.2 Enter Input your weight[kg]: 60.3 Enter Your BMI is 20.1. 10 4 = 10000.0 1 BMI BMI BMI = 10

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

Microsoft PowerPoint - 13.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 13.ppt [互換モード] 第 13 回構造体 1 今回の目標 構造体を理解する 構造体の定義の仕方を理解する 構造体型を理解する 構造体型の変数 引数 戻り値を理解する 複素数同士を足し算する関数を作成し その関数を利用するプログラムを作成する 2 複素数の足し算 複素数は実部と虚部の2つの実数で 表現される z = a+ bi z = a + bi z = a + b i 2 つの複素数 1 1 1 と 2 2 2 の和

More information

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( "data.t

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( data.t C++ 1 C C++ C++ C C C++ 1.1 C printf() scanf() C++ C 1-1 #include int a; scanf( "%d", &a ); printf( "a = %d\n", a ); C++ 1-2 int a; std::cin >> a; std::cout

More information

Microsoft PowerPoint - kougi10.ppt

Microsoft PowerPoint - kougi10.ppt C プログラミング演習 第 10 回二分探索木 1 例題 1. リストの併合 2 つのリストを併合するプログラムを動かしてみる head1 tail1 head2 tail2 NULL NULL head1 tail1 tail1 があると, リストの併合に便利 NULL 2 #include "stdafx.h" #include struct data_list { int data;

More information

Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) Understand 3.1 (Build 700) Understand 4.0 (Build 78

Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) Understand 3.1 (Build 700) Understand 4.0 (Build 78 Undestand の解析 Understand の C 言語で抽出できない依存関係について サンプルコードを用いて説明します 確認バージョン Understand 3.0 (Build 640) Understand 3.1 (Build 700) Understand 4.0 (Build 788) 抽出できない依存関係 Understand の C 言語の解析 (Fuzzy/Strict) で

More information

I. Backus-Naur BNF S + S S * S S x S +, *, x BNF S (parse tree) : * x + x x S * S x + S S S x x (1) * x x * x (2) * + x x x (3) + x * x + x x (4) * *

I. Backus-Naur BNF S + S S * S S x S +, *, x BNF S (parse tree) : * x + x x S * S x + S S S x x (1) * x x * x (2) * + x x x (3) + x * x + x x (4) * * 2015 2015 07 30 10:30 12:00 I. I VI II. III. IV. a d V. VI. 80 100 60 1 I. Backus-Naur BNF S + S S * S S x S +, *, x BNF S (parse tree) : * x + x x S * S x + S S S x x (1) * x x * x (2) * + x x x (3) +

More information

program7app.ppt

program7app.ppt プログラム理論と言語第 7 回 ポインタと配列, 高階関数, まとめ 有村博紀 吉岡真治 公開スライド PDF( 情報知識ネットワーク研 HP/ 授業 ) http://www-ikn.ist.hokudai.ac.jp/~arim/pub/proriron/ 本スライドは,2015 北海道大学吉岡真治 プログラム理論と言語, に基づいて, 現著者の承諾のもとに, 改訂者 ( 有村 ) が加筆修正しています.

More information

問 2 ( 型変換 ) 次のプログラムを実行しても正しい結果が得られない 何が間違いかを指摘し 正しく修正せよ ただし int サイズが 2 バイト long サイズが 4 バイトの処理系での演算を仮定する #include <stdio.h> int main( void ) { int a =

問 2 ( 型変換 ) 次のプログラムを実行しても正しい結果が得られない 何が間違いかを指摘し 正しく修正せよ ただし int サイズが 2 バイト long サイズが 4 バイトの処理系での演算を仮定する #include <stdio.h> int main( void ) { int a = 問 1 配列の宣言整数型配列 data1 にデータが初期設定されている この配列 data1 のデータを下図のように 整数型配列 data2 に代入しなさい また data2 の内容を printf( "data2[0] = %d\n", data2[0] ); printf( "data2[5] = %d\n", data2[5] ); を用いて出力しなさい 実行結果 data2[0] = 76

More information

untitled

untitled Q 8 1 8.1 (C++) C++ cin cout 5 C++ 16 6 p.63 8.3 #include 7 showbase noshowbase showpoint noshowpoint 8.3 uppercase 16 nouppercase 16 setfill(int) setprecision(int) setw(int) setbase(int) dec

More information

Microsoft PowerPoint - CproNt02.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - CproNt02.ppt [互換モード] 第 2 章 C プログラムの書き方 CPro:02-01 概要 C プログラムの構成要素は関数 ( プログラム = 関数の集まり ) 関数は, ヘッダと本体からなる 使用する関数は, プログラムの先頭 ( 厳密には, 使用場所より前 ) で型宣言 ( プロトタイプ宣言 ) する 関数は仮引数を用いることができる ( なくてもよい ) 関数には戻り値がある ( なくてもよい void 型 ) コメント

More information

untitled

untitled 2010824 1 2 1031 5251020 101 3 0.04 % 2010.8.18 0.05 % 1 0.06 % 5 0.12 % 3 0.14 % 2010.8.16 5 0.42 % 2010.7.15 25 5 0.42 % 0.426% 2010.6.29 5 0.496 % 2010.8.12 4 0.85 % 2010.8.6 10 0.900 % 2010.8.18 2.340

More information

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx 7. ファイルいままでは プログラムを実行したとき その結果を画面で確認していました 簡単なものならそれでもいいのですか 複雑な結果は画面で見るだけでなく ファイルに保存できればよいでしょう ここでは このファイルについて説明します 使う関数のプロトタイプは次のとおりです FILE *fopen(const char *filename, const char *mode); ファイルを読み書きできるようにする

More information

Microsoft PowerPoint - lec10.ppt

Microsoft PowerPoint - lec10.ppt 今日の内容, とポインタの組み合わせ, 例題 1. 住所録例題 2. と関数とは. を扱う関数. 例題 3. のリスト とポインタの組み合わせ 今日の到達目標 自分で を定義する 自分で定義したについて, 配列やポインタを作成する データ型 基本データ型 char 文字 (1 文字 ) int 整数 double 浮動小数など その他のデータ型配列 データの並び ( 文字列も, 文字の並び ) ポインタ

More information

第3回 配列とリスト

第3回 配列とリスト 連結リスト Algorithms and Data Structures on C この回の要点 連結リストによるリスト 連結リストの構造 連結リストの利点と欠点 C 言語による連結リストの実現 ヘッダファイルによるソースファイルの分割 連結リスト (linked list) リストの実現の一種 リストに含まれる各要素をリンクによって連結した構造 リンクとは 他のデータへの参照のこと 各要素は 自分から次のデータへのリンクを持つ

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information

Microsoft PowerPoint - 12.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 12.ppt [互換モード] 第 12 回新しい型と構造体 1 今回の目標 新しい型の定義法を理解する 構造体を理解する 複素数同士を足し算する関数を作成し その関数を利用するプログラムを作成する 2 複素数の足し算 複素数は実部と虚部の2つの実数で 表現される z = a+ bi z = a + bi z = a + b i 2 つの複素数 1 1 1 と 2 2 2 の和 z = a + bi は 次式で与えられる 3 3

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

Javaによるアルゴリズムとデータ構造

Javaによるアルゴリズムとデータ構造 1 algorithm List 1-1 a, b, c List 1-1 // import java.util.scanner; class Max3 { public static void main(string[] args) { Scanner stdin = new Scanner(System.in); int a, b, c; int max; // Chap01/Max3.java

More information

char int float double の変数型はそれぞれ 文字あるいは小さな整数 整数 実数 より精度の高い ( 数値のより大きい より小さい ) 実数 を扱う時に用いる 備考 : 基本型の説明に示した 浮動小数点 とは数値を指数表現で表す方法である 例えば は指数表現で 3 書く

char int float double の変数型はそれぞれ 文字あるいは小さな整数 整数 実数 より精度の高い ( 数値のより大きい より小さい ) 実数 を扱う時に用いる 備考 : 基本型の説明に示した 浮動小数点 とは数値を指数表現で表す方法である 例えば は指数表現で 3 書く 変数 入出力 演算子ここまでに C 言語プログラミングの様子を知ってもらうため printf 文 変数 scanf 文 if 文を使った簡単なプログラムを紹介した 今回は変数の詳細について習い それに併せて使い方が増える入出力処理の方法を習う また 演算子についての復習と供に新しい演算子を紹介する 変数の宣言プログラムでデータを取り扱う場合には対象となるデータを保存する必要がでてくる このデータを保存する場所のことを

More information

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << a =  << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >> 1 C++ 1.1 C C++ C++ C C C++ 1.1.1 C printf() scanf() C++ C hello world printf() 1-1 #include printf( "hello world\n" ); C++ 1-2 std::cout

More information

.NETプログラマー早期育成ドリル ~VB編 付録 文法早見表~

.NETプログラマー早期育成ドリル ~VB編 付録 文法早見表~ .NET プログラマー早期育成ドリル VB 編 付録文法早見表 本資料は UUM01W:.NET プログラマー早期育成ドリル VB 編コードリーディング もしくは UUM02W:.NET プログラマー早期育成ドリル VB 編コードライティング を ご購入頂いた方にのみ提供される資料です 資料内容の転載はご遠慮下さい VB プログラミング文法早見表 < 基本文法 > 名前空間の定義 Namespace

More information

C C UNIX C ( ) 4 1 HTML 1

C C UNIX C ( ) 4 1 HTML 1 C 2007 4 18 C UNIX 1 2 1 1.1 C ( ) 4 1 HTML 1 はじめ mkdir work 作業用ディレクトリーの作成 emacs hoge.c& エディターによりソースプログラム作成 gcc -o fuga hoge.c コンパイルにより機械語に変換 コンパイルエラー./fuga 実行 実行時エラー 完成 1: work hooge.c fuga 1 4 4 1 1.

More information

橡Pro PDF

橡Pro PDF 1 void main( ) char c; /* int c; */ int sum=0; while ((c = getchar())!= EOF) if(isdigit(c) ) sum += (c-'0'); printf("%d\n", sum); main()int i,sum=0; for(i=0;i

More information

DVIOUT-exer

DVIOUT-exer プログラム理論と言語 : 期末試験用問題集 Part2 (2009) 演習問題 2-0 オブジェクト指向言語, とりわけ Java に関する用語の設問をもうける. 重要な語句については復習をしておくこと. 1 演習問題 2-1( レジメ記載の問題を具体化した問題 ) 下記は, 整数 (int) を要素とする線形リストのプログラムである. class IntCell { private int value

More information

Taro-C言語の基礎Ⅰ(公開版).j

Taro-C言語の基礎Ⅰ(公開版).j C 言語の基礎 Ⅰ 0. 目次 1. はじめに 1. 1 簡単な例 1. 2 C 言語プログラムの翻訳と実行 2. 条件分岐 2. 1 i f 文 2. 2 s w i t c h 文 3. 制御構造 3. 1 w h i l e 文 3. 2 f o r 文 3. 3 d o 文 3. 4 c o n t i n u e 文, b r e a k 文 4. 変数 配列 4. 1 変数 4. 2 1

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

* ライブラリ関数 islower(),toupper() を使ったプログラム 1 /* 2 Program : trupper.c 3 Student-ID : K 4 Author : TOUME, Kouta 5 Comments : Used Library function i

* ライブラリ関数 islower(),toupper() を使ったプログラム 1 /* 2 Program : trupper.c 3 Student-ID : K 4 Author : TOUME, Kouta 5 Comments : Used Library function i 1. ライブラリ関数 islower(), toupper() を使い 下記の trlowup プログラムを書き換えて 新規に trupper プログラムを作成せよ * サンプルプログラム 1 /* 2 Program : trlowup.c 3 Comments : translate lower case characters into upper case ones. 4 */ 5 6 #include

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

memo

memo 計数工学プログラミング演習 ( 第 4 回 ) 2016/05/10 DEPARTMENT OF MATHEMATICA INFORMATICS 1 内容 リスト 疎行列 2 連結リスト (inked ists) オブジェクトをある線形順序に並べて格納するデータ構造 単方向連結リスト (signly linked list) の要素 x キーフィールド key ポインタフィールド next x->next:

More information

Microsoft PowerPoint Java基本技術PrintOut.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint Java基本技術PrintOut.ppt [互換モード] 第 3 回 Java 基本技術講義 クラス構造と生成 33 クラスの概念 前回の基本文法でも少し出てきたが, オブジェクト指向プログラミングは という概念をうまく活用した手法である. C 言語で言う関数に似ている オブジェクト指向プログラミングはこれら状態と振る舞いを持つオブジェクトの概念をソフトウェア開発の中に適用し 様々な機能を実現する クラス= = いろんなプログラムで使いまわせる 34 クラスの概念

More information

Cプログラミング - 第8回 構造体と再帰

Cプログラミング - 第8回 構造体と再帰 C 8 ( ) C 1 / 30 n! a n+2 = a n+1 + a n ( ) C 2 / 30 #include struct student{ char name[20]; int math; int phys; ; int main(void){ struct student a, b; struct student c={"frank", 90; ( ) C 3 /

More information