C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2"

Transcription

1 アセンブラ (Z80) の例 ORG 100H LD B,10 SUB A LOOP: ADD A,B DEC B JR NZ,LOOP LD (SUM),A HALT ORG 200H SUM: DEFS 1 END 1

2 C のコード例 (Z80 と同機能 ) int main(void) { int i,sum=0; for (i=1; i<=10; i++) sum=sum + i; printf ("sum=%d n",sum); 2

3 ベクトルの C による表現 C 言語でのデータ抽象化への模索 3

4 ベクトル ( 配列を使わない ) #include <stdio.h> main() { int a1=2,a2=4,a3=6; //vector a=( 2, 4, 6); int b1=12,b2=14,b3=16;//vector b=(12,14,16); int c1=0,c2=0,c3=0; //vector c=( 0, 0,0); /* vector c=a+b */ c1=a1+b1; c2=a2+b2; c3=a3+b3; printf("a=>(%d,%d,%d) n + n",a1,a2,a3); printf("b=>(%d,%d,%d) n = n",b1,b2,b3); printf("c=>(%d,%d,%d)",c1,c2,c3); 4

5 #include <stdio.h> main() { // 配列を使う int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); /* vector c=a+b */ c[0]=a[0]+b[0]; c[1]=a[1]+b[1]; c[2]=a[2]+b[2]; printf(" 配列は使うが ループは使わない n"); printf("a=>(%d,%d,%d) n + n",a[0],a[1],a[2]); printf("b=>(%d,%d,%d) n = n",b[0],b[1],b[2]); printf("c=>(%d,%d,%d)",c[0],c[1],c[2]); ベクトル ( 配列を使う ) /* 実行結果配列は使うが ループは使わない a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = 5 c=>(14,18,22) */

6 ベクトル ( 配列 + ループ ) #include <stdio.h> main() { // 配列を使う & ループを使う int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a)/sizeof(a[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vector の a(i) への位置づけ用 for (i=0;i<array_max;i++) c[i]=a[i]+b[i]; printf(" 配列は使う & ループを使う n"); printf("a=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",a[i]); printf("%d",a[array_max-1]); printf(") n + n"); printf("b=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",b[i]); printf("%d",b[array_max-1]); printf(") n + n"); printf("c=>("); for (i=0;i<array_max-1;i++) printf("%d,",c[i]); printf("%d) n",c[array_max-1]); /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) + c=>(14,18,22) */ 6

7 #include <stdio.h> void display(char *vecid,int *vector,int a_max) { 結果の表示を関数化 int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vector[i]); printf("%d",vector[a_max-1]); printf(") n"); main() { // 配列を使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 int a[]={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); int b[]={12,14,16;//vector b=(12,14,16); int c[]={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a)/sizeof(a[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vectorのa(i) への位置づけ用 for (i=0;i<array_max;i++) c[i]=a[i]+b[i]; printf(" 配列は使う & ループを使う & 結果の表 示を関数化 n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); 7

8 実行結果 /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22)*/ 8

9 ベクトルの加算を関数化 (1) #include <stdio.h> #define MAX 3 typedef struct vec{ int v[max]; vector; void display(char *vecid,vector vec,int a_max) { int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vec.v[i]); printf("%d",vec.v[a_max-1]); printf(") n"); vector *vectoradd(vector aa,vector bb,int a_max) { int i; vector *ans; ans=(vector *)malloc(sizeof(vector)); for (i=0;i<a_max;i++) ans->v[i]=aa.v[i]+bb.v[i]; return ans; 9

10 ベクトルの加算を関数化 (2) main() { // 配列を使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 // &typedef を使い vector 型を定義 vector a={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); vector b={12,14,16;//vector b=(12,14,16); vector c={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); int array_max=sizeof(a.v)/sizeof(a.v[0]); // 配列の繰り返しの大きさを求める printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ int i; // vector の a(i) への位置づけ用 c=*vectoradd(a,b,array_max); printf( 配列は使う & ループを使う & 結果の表 示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 &typedef を使い vector 型を定義 n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); 10

11 ベクトルの加算を関数化 (3) /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & ループを使う & 結果の表示を関数化 & ベクトルの加算を関数化 & typedef を使い vector 型を定義 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 11

12 #include <stdio.h> #define MAX 3 typedef struct vec{ int v[max]; vector; void display(char *vecid,vector vec,int a_max) { int i; printf("%s=>(",vecid); for (i=0;i<a_max-1;i++) printf("%d,",vec.v[i]); printf("%d",vec.v[a_max-1]); printf(") n"); vector *vectoradd(vector aa,vector bb,vector ans,int i) { if ( i!= 0 ) { i--; ans.v[i]=aa.v[i]+bb.v[i]; ans=*vectoradd(aa,bb,ans,i); else ; return &ans; 再帰でループを実現 (1) 12

13 main() { // 再帰でループを実現 vector a={2,4,6; //vector a=( 2, 4, 6); vector b={12,14,16;//vector b=(12,14,16); vector c={0,0,0; //vetcot c=( 0, 0,0); 再帰でループを実現 (2) int array_max=sizeof(a.v)/sizeof(a.v[0]); // 配列の繰り返しの大きさ printf("array_max=%d n",array_max); /* vector c=a+b */ c=*vectoradd(a,b,c,array_max); printf(" 配列は使う & n"); printf(" &<< 再帰でループを実現 >> n"); display("a",a,array_max); printf(" + n"); display("b",b,array_max); printf(" = n"); display("c",c,array_max); /* 実行結果 array_max=3 配列は使う & &<< 再帰でループを実現 >> a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 13

14 #include <stdio.h> // Start of Abstract Data Type typedef struct vec{ int cell; struct vec *next; vector; 抽象データ型的 (1) void err2con(char* msg) { printf("error:%s:",msg); void display(char *vecid,vector **head) { vector *work=*head; int i; printf("%s=>(",vecid); while (work!= NULL){ if (work->next!= NULL) printf("%d,",work->cell); else printf("%d",work->cell); // ベクトルの最後の要素の後ろに, は付けない work=work->next; printf(") n"); 14

15 抽象データ型的 (2) vector *vectorconstructor(vector **head,int max,int value[]) { vector *work; int i; for (i=max-1;i>=0;i--) { if ((work = (vector *)malloc(sizeof(*work))) == NULL) { err2con("memory nothing"); return NULL; work->cell = value[i]; work->next = *head; *head = work; printf("cell=%d ",work->cell); return *head; 15

16 抽象データ型的 (3) void vectoradd(vector **aa,vector **bb,vector **ans) { vector *a=*aa; vector *b=*bb; vector *c=*ans; while (c!= NULL){ c->cell = a->cell + b->cell; a=a->next; b=b->next; c=c->next; vectordestructor(vector **head){ vector *work=*head; while (work!= NULL){ free(work); work=work->next; // End of Abstract Data Type 16

17 main() { // 抽象データ型的抽象データ型的 (4) vector *ahead=null; vector *bhead=null; vector *chead=null; int a[]={2,4,6; int b[]={12,14,16; int c[]={0,0,0; // コンストラクタの呼び出しを擬似る vectorconstructor(&ahead,3,a); //vector a=( 2, 4, 6); vectorconstructor(&bhead,3,b); //vector b=(12,14,16); vectorconstructor(&chead,3,c); //vetcot c=( 0, 0,0); /* メソッド ( ベクトル加算 ) の呼び出しvector c=a+b */ vectoradd(&ahead,&bhead,&chead); printf(" n 抽象データ型的な方式 n"); // メソッド ( ベクトルの表示 ) の呼び出し display("a",&ahead); printf(" + n"); display("b",&bhead); printf(" = n"); display("c",&chead); // デストラクタの呼び出しを擬似る vectordestructor(&ahead); vectordestructor(&bhead); 17 vectordestructor(&chead);

18 抽象データ型的 (5) /* 実行結果 cell=6 cell=4 cell=2 cell=16 cell=14 cell=12 cell=0 cell=0 cell=0 抽象データ型的な方式 a=>(2,4,6) + b=>(12,14,16) = c=>(14,18,22) */ 18

19 C++ による演算子定義 (1) #include <iostream> using namespace std; #define MAX 5 class vec { int cell[max]; public: vec(); vec(int a,int b,int c,int d,int e); void get(int v[max]); vec operator+(vec v); vec operator*(int c); vec operator=(vec v); ; vec::vec() { for(int i=0;i<max;i++) cell[i]=0; vec::vec(int a,int b,int c,int d,int e) { cell[0]=a; cell[1]=b; cell[2]=c; cell[3]=d; cell[4]=e; void vec::get(int v[max]) { for(int i=0;i<max;i++) v[i]=cell[i]; 19

20 vec vec::operator+(vec v) { vec wk; for(int i=0;i<max;i++) wk.cell[i]=cell[i] + v.cell[i]; return wk; C++ による演算子定義 (2) vec vec::operator*(int c) { vec wk; for(int i=0;i<max;i++) wk.cell[i]=cell[i] * c; return wk; vec vec::operator=(vec v) { for(int i=0;i<max;i++) cell[i]=v.cell[i]; return *this; 20

21 int main() { int cell[max]; vec a(10,20,30,40,50),b(1,2,3,4,5),c(0,0,0,0,0); c = a + b; c.get(cell); C++ による演算子定義 (3) cout << "a+b => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = a * 10; c.get(cell); cout << "a*10 => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = a * 10 + b; c.get(cell); cout << "a*10+b => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; c = (a + b) * 10; c.get(cell); cout << "(a+b)*10 => "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; a.get(cell); cout << " 今の a を表 示 "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n a = c; a.get(cell); cout << "c を a に代入したあとの c を表 示 "; for(int i=0;i<max;i++) cout << cell[i] << " "; cout <<" n"; return 0; 21

22 C++ による演算子定義 (4) /* // 実行例 a+b => a*10 => a*10+b => (a+b)*10 => 今の a を表示 c を a に代入したあとの c を表示 */ 22

1.ppt

1.ppt /* * Program name: hello.c */ #include int main() { printf( hello, world\n ); return 0; /* * Program name: Hello.java */ import java.io.*; class Hello { public static void main(string[] arg)

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(12) 第 12 回 (7/9) 4. いくつかのトピック (5)main 関数の引数を利用したファイル処理 main 関数は, 起動する環境から引数を受け取ることができる 例えば 次に示すように,main 関数に引数を用いたプログラムを作成する 01 /* sample */ 02 /* main 関数の引数 */ 03 #include 04 05 main(int argc, char

More information

Javaによるアルゴリズムとデータ構造

Javaによるアルゴリズムとデータ構造 1 algorithm List 1-1 a, b, c List 1-1 // import java.util.scanner; class Max3 { public static void main(string[] args) { Scanner stdin = new Scanner(System.in); int a, b, c; int max; // Chap01/Max3.java

More information

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU

PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 1. 1.1. 1.2. 1 PC Windows 95, Windows 98, Windows NT, Windows 2000, MS-DOS, UNIX CPU 2. 2.1. 2 1 2 C a b N: PC BC c 3C ac b 3 4 a F7 b Y c 6 5 a ctrl+f5) 4 2.2. main 2.3. main 2.4. 3 4 5 6 7 printf printf

More information

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l

1 C STL(1) C C C libc C C C++ STL(Standard Template Library ) libc libc C++ C STL libc STL iostream Algorithm libc STL string vector l C/C++ 2007 6 18 1 C STL(1) 2 1.1............................................... 2 1.2 stdio................................................ 3 1.3.......................................... 10 2 11 2.1 sizeof......................................

More information

design_pattern.key

design_pattern.key #include void init(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] = i; void mul10(int* ary, int size) for (int i = 0; i < size; ++i) ary[i] *= 10; void dispary(int* ary, int size)

More information

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( "data.t

double 2 std::cin, std::cout 1.2 C fopen() fclose() C++ std::fstream 1-3 #include <fstream> std::fstream fout; int a = 123; fout.open( data.t C++ 1 C C++ C++ C C C++ 1.1 C printf() scanf() C++ C 1-1 #include int a; scanf( "%d", &a ); printf( "a = %d\n", a ); C++ 1-2 int a; std::cin >> a; std::cout

More information

Microsoft Word - no14.docx

Microsoft Word - no14.docx ex26.c #define MAX 20 int max(int n, int x[]); int num[max]; int i, x; printf(" "); scanf("%d", &x); if(x > MAX) printf("%d %d \n", MAX, MAX); x = MAX; for(i = 0; i < x; i++) printf("%3d : ", i + 1); scanf("%d",

More information

untitled

untitled 2010824 1 2 1031 5251020 101 3 0.04 % 2010.8.18 0.05 % 1 0.06 % 5 0.12 % 3 0.14 % 2010.8.16 5 0.42 % 2010.7.15 25 5 0.42 % 0.426% 2010.6.29 5 0.496 % 2010.8.12 4 0.85 % 2010.8.6 10 0.900 % 2010.8.18 2.340

More information

1.3 ( ) ( ) C

1.3 ( ) ( ) C 1 1.1 (Data Base) (Container) C++ Java 1.2 1 1.3 ( ) ( ) 1. 2. 3. C++ 2 2.1 2.2 2.3 2 C Fortran C++ Java 3 3.1 (Vector) 1. 2. ( ) 3.2 3 3.3 C++ C++ STL C++ (Template) vector vector< > ; int arrayint vector

More information

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << "a = " << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >>

1-4 int a; std::cin >> a; std::cout << a =  << a << std::endl; C++( 1-4 ) stdio.h iostream iostream.h C++ include.h 1-4 scanf() std::cin >> 1 C++ 1.1 C C++ C++ C C C++ 1.1.1 C printf() scanf() C++ C hello world printf() 1-1 #include printf( "hello world\n" ); C++ 1-2 std::cout

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(11) 第 11 回 (7/2) 4. いくつかのトピック (1) ビットごとの演算子 C 言語には, 次のようなビット単位で演算を行う特別な演算子が用意されている & ビットごとの AND ビットごとの OR ^ ビットごとの XOR( 排他的論理和 ) ~ 1 の補数これらの演算子は文字型と整数型で機能し, 浮動小数点数型では使用できない AND, OR, XOR は, それぞれのオペランドの対応するビットを比較して結果を返す

More information

1/8 ページ Java 基礎文法最速マスター Java Javaの文法一覧です 他の言語をある程度知っている人はこれを読めばJavaの基礎をマスターしてJavaを書くことができるようになっています 簡易リファレンスとしても利用できると思いますので これは足りないと思うものがあれば教えてください 1. 基礎 class の作成プログラムはclassに記述します たとえばSampleという名前のclassを作る場合

More information

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( )

2) TA Hercules CAA 5 [6], [7] CAA BOSS [8] 2. C II C. ( 1 ) C. ( 2 ). ( 3 ) 100. ( 4 ) () HTML NFS Hercules ( ) 1,a) 2 4 WC C WC C Grading Student programs for visualizing progress in classroom Naito Hiroshi 1,a) Saito Takashi 2 Abstract: To grade student programs in Computer-Aided Assessment system, we propose

More information

Microsoft PowerPoint - 06.pptx

Microsoft PowerPoint - 06.pptx アルゴリズムとデータ構造第 6 回 : 探索問題に対応するデータ構造 (2) 担当 : 上原隆平 (uehara) 2015/04/22 内容 スタック (stack): 最後に追加されたデータが最初に取り出される 待ち行列 / キュー (queue): 最初に追加されたデータが最初に取り出される ヒープ (heap): 蓄えられたデータのうち小さいものから順に取り出される 配列による実装 連結リストによる実装

More information

lexex.dvi

lexex.dvi (2018, c ) http://istksckwanseiacjp/ ishiura/cpl/ 4 41 1 mini-c lexc,, 2 testlexc, lexc mini-c 1 ( ) mini-c ( ) (int, char, if, else, while, return 6 ) ( ) (+, -, *, /, %, &, =, ==,!=, >, >=,

More information

プログラムの基本構成

プログラムの基本構成 Java 入門 この 2 回 ( 今回と次回 ) が勝負だ! プログラムは自転車の練習と同じだ! 今日の予定先ず プログラムの構造を学び (p.2~6) jcpad でプログラム ( 計算機実習室 ) 戻ってきてプログラムの解読手書きプログラムを TA にみてもらい OK の出た人は計算機実習室でプログラム作成し実行実行結果を TA がチェックして帰り プログラムの基本構成 Step1: 入力 Step2:

More information

Microsoft PowerPoint ppt

Microsoft PowerPoint ppt 基礎演習 3 C 言語の基礎 (5) 第 05 回 (20 年 07 月 07 日 ) メモリとポインタの概念 ビットとバイト 計算機内部では データは2 進数で保存している 計算機は メモリにデータを蓄えている bit 1bit 0 もしくは 1 のどちらかを保存 byte 1byte 1bitが8つ集まっている byte が メモリの基本単位として使用される メモリとアドレス メモリは 1byte

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ファイルの入出力 芝浦工業大学情報工学科 青木義満 今回の講義内容 ファイル入出力 ファイルからのデータ読込み ファイルと配列 2 1 ファイルへのデータ書き込み ( 復習 ) ソースファイル名 :fileio1.c データをファイルに書き込み #include int main(void) { ファイルポインタ宣言 int student_id = 100; char name[

More information

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1

次に示す数値の並びを昇順にソートするものとする このソートでは配列の末尾側から操作を行っていく まず 末尾の数値 9 と 8 に着目する 昇順にソートするので この値を交換すると以下の数値の並びになる 次に末尾側から 2 番目と 3 番目の 1 4. ソート ( 教科書 p.205-p.273) 整列すなわちソートは アプリケーションを作成する際には良く使われる基本的な操作であり 今までに数多くのソートのアルゴリズムが考えられてきた 今回はこれらソートのアルゴリズムについて学習していく ソートとはソートとは与えられたデータの集合をキーとなる項目の値の大小関係に基づき 一定の順序で並べ替える操作である ソートには図 1 に示すように キーの値の小さいデータを先頭に並べる

More information

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ

今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に ポインタ データ C プログラミング演習 1( 再 ) 7 講義では C プログラミングの基本を学び演習では 実践的なプログラミングを通して学ぶ 今までの復習 プログラムで最低限必要なもの 入力 ( キーボードから ファイルから ) 出力 ( 画面へ ファイルへ ) 条件分岐 : 条件の成立 不成立により 異なる動作をする 繰り返し : 一定の回数の繰返し 条件成立の間の繰返し 関数の定義 関数の呼び出し C ではそれ以外に

More information

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc

45 VBA Fortran, Pascal, C Windows OS Excel VBA Visual Basic Excel VBA VBA Visual Basic For Application Microsoft Office Office Excel VBA VBA Excel Acc \n Title 文 系 学 生 のための VBA プログラミング 教 育 についての 考 察 Author(s) 五 月 女, 仁 子 ; Soutome, Hiroko Citation 商 経 論 叢, 46(1): 45-60 Date 2010-10-31 Type Departmental Bulletin Paper Rights publisher KANAGAWA University

More information

C 言語の式と文 C 言語の文 ( 関数の呼び出し ) printf("hello, n"); 式 a a+4 a++ a = 7 関数名関数の引数セミコロン 3 < a "hello" printf("hello") 関数の引数は () で囲み, 中に式を書く. 文 ( 式文 ) は

C 言語の式と文 C 言語の文 ( 関数の呼び出し ) printf(hello, n); 式 a a+4 a++ a = 7 関数名関数の引数セミコロン 3 < a hello printf(hello) 関数の引数は () で囲み, 中に式を書く. 文 ( 式文 ) は C 言語復習 C 言語の基礎 来週もこの資料を持参してください C 言語, ソースファイルの作成, コンパイル, 実行 1 C 言語 C 言語プログラミングの手順 とは, 計算機を動かす手順を記述したもの. 計算機に命令を与えて動かすには を作成する ことになる. C 言語はプログラミング言語の 1 個 手続き型言語に分類される. C/C++ は非常に多くの場面で使われる言語 C++ は C 言語をオブジェクト指向に拡張したもの

More information

P06.ppt

P06.ppt p.130 p.198 p.208 2 1 double weight[num]; double min, max; min = max = weight[0]; for( i= 1; i < NUM; i++ ) if ( weight[i] > max ) max = weight[i]: if ( weight[i] < min ) min = weight[i]: weight 3 maxof(a,

More information

イントロ

イントロ 2013 DISCLOSURE CONTENTS A W A B A N K 2 0 1 3 AWA BANK REPORT 2013 AWA BANK REPORT 2013 200 192 195 194 188 150 140 147 100 120 50 80 73 61 89 0 40 0 100 90 80 60 40 47 41 36 20 0 8,000 6,000 4,000

More information

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2,

ープのロープ長以下であれば実現可能である ケース 3: 3 本のロープの杭の位置を点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, y 2, 0), 点 P 3 = (x 3, y 3, 0) とする 点 P 1 = (x 1, y 1, 0), 点 P 2 = (x 2, ACM ICPC2013 国内予選問題 E つながれた風船 風船が最も高くあがるケースとして 1. 一本のロープが垂直に延びて他の2 本は緩んでいる 2. 二本のロープがピンと張っており残りの1 本は緩んでいる 3. 三本のロープともピンとはっているの三つのケースが考えられる ロープの本数は高々 10 本なので ケース1 は高々 10 9C2=360 通り ケース2も高々 10C2 8=360 通り

More information

超初心者用

超初心者用 3 1999 10 13 1. 2. hello.c printf( Hello, world! n ); cc hello.c a.out./a.out Hello, world printf( Hello, world! n ); 2 Hello, world printf n printf 3. ( ) int num; num = 100; num 100 100 num int num num

More information

& & & & 14,018 210 15-1,163 65,496 1.8% 1.1% 3,296 8,954 1,744 12,735 295-42 2,213 64,274 3.4% 2.5% 3,128 8,710 1,579 16,035 180 116-1,778 68,553 2.6% 4.6% 3,122 9,132 1,961 13,984 218 55-3,233 73,760

More information

program.dvi

program.dvi 2001.06.19 1 programming semi ver.1.0 2001.06.19 1 GA SA 2 A 2.1 valuename = value value name = valuename # ; Fig. 1 #-----GA parameter popsize = 200 mutation rate = 0.01 crossover rate = 1.0 generation

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅰ 12 回目クラス 今日の講義で学ぶ内容 クラスとは クラスの宣言と利用 クラスの応用 クラス クラスとは 異なる複数の型の変数を内部にもつ型です 直観的に表現すると int 型や double 型は 1 1 つの値を管理できます int 型の変数 配列型は 2 5 8 6 3 7 同じ型の複数の変数を管理できます 配列型の変数 ( 配列変数 ) クラスは double

More information

tuat2.dvi

tuat2.dvi ( 2 ) http://ist.ksc.kwansei.ac.jp/ tutimura/ 2012 7 7 ( 2 ) 1 / 54 (1) (2) (?) (1) (2) 2 ( 2 ) 2 / 54 1. 30 2. 2012 6 30 25 OS ( 2 ) 3 / 54 10 20 1993 1996 2000 2003 = 30 ( 2 ) 4 / 54 1 2 2 ( 2 ) 5 /

More information

1

1 2 章 1 整数を一つ読み込み, その階乗を計算する RAM プログラムを書け f (n) = n! ( n 0) 何でもよい ( n

More information

第9回 配列(array)型の変数

第9回 配列(array)型の変数 第 12 回 配列型の変数 情報処理演習 ( テキスト : 第 4 章, 第 8 章 ) 今日の内容 1. 配列の必要性 2. 配列の宣言 3. 配列変数のイメージ 4. 配列変数を使用した例 5. 範囲を超えた添字を使うと? 6. 多次元配列変数 7. 多次元配列変数を使用した例 8. データのソーティング 9. 今日の練習問題 多数のデータ処理 1. 配列の必要性 ( テキスト 31 ページ )

More information

Taro-cshプログラミングの応用.jt

Taro-cshプログラミングの応用.jt c s h プログラミングの応用 0. 目次 1. 課題 課題 1 : 与えられたパス名からディレクトリ名とファイル名を分離し出力せよ 課題 2 : オプション (-in) の後に続く文字列とオプション (-out) の後に続く文字列をそれぞれまとめる オプションの指定がなく文字列から始まるとき -in を仮定する 課題 3 : 複数のファイルから与えられたパターンとマッチする文字列を含む行を取り出せ

More information

A ,000 7,539 7,593

A ,000 7,539 7,593 A+ 64 1 300 16 6,000 7,539 7,593 13 3,329 178 1,168 12% 11% 35 3 26 3 761.2 6 8,947 6,044 432 7,774 CONTENTS 01 02 04 07 11 20 38 6,677 6,706 6,044 5,519 5,489 2011 2012 2013 2014 2015 866 796 522

More information

Microsoft Word - 12

Microsoft Word - 12 担当 : 富井尚志 (tommy@ynu.ac.jp) アルゴリズムとデータ構造 講義日程. 基本的データ型. 基本的制御構造. 変数のスコープルール. 関数. 配列を扱うアルゴリズムの基礎 (). 最大値, 最小値. 配列を扱うアルゴリズムの基礎 (). 重複除去, 集合演算, ポインタ. ファイルの扱い 7. 整列 (). 単純挿入整列 単純選択整列 単純交換整列 8. 整列 (). マージ整列

More information

untitled

untitled CDO 1. 100 1 1 1 1 2 11 2111 2005 0.5 2006 1 20.5%0.5 20.75% 1.0% 2007 3 1 11 1 4 1 1 1 1 3 1 4 6 1 8 5 1 1 1 1 1 1 6 3 4.273.800.47%47 5 5.25%4.101.15115 10 5.514.580.9393 7 2. 26510 1.5 100 20141220

More information

() () (parse tree) ( (( ) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM (abstract syntax tree, AST) ( (( ) * 5

() () (parse tree) ( (( ) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM (abstract syntax tree, AST) ( (( ) * 5 3 lex yacc http://www.cs.info.mie-u.ac.jp/~toshi/lectures/compiler/ 2018 6 1 () () (parse tree) ( ((10 + 30) * 50) ) ( ( NUM 10 + NUM 30 ) * NUM 50 ) ( * ) ( + ) NUM 50 NUM NUM 10 30 (abstract syntax tree,

More information

1 ( )

1 ( ) I : :155727B : :2015 7 30 1 ( ) 2 2 18 2.1............................................ 18 2.1.1....................................... 18 2.1.2...................................... 19 2.1.3...................................

More information

Microsoft Word - SU1204教本(Driver)原稿.docx

Microsoft Word - SU1204教本(Driver)原稿.docx void setup(){ pinmode(13, OUTPUT); //13 void loop(){ digitalwrite(13, HIGH); //13 HIGH delay(500); digitalwrite(13, LOW); //13 LOW delay(500); setup pinmode loop delay C M B void setup(){ pinmode(12,output);

More information

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御

プログラミング及び演習 第1回 講義概容・実行制御 プログラミング及び演習 第 12 回大規模プログラミング (2015/07/11) 講義担当情報連携統轄本部情報戦略室大学院情報科学研究科メディア科学専攻教授森健策 本日の講義 演習の内容 大きなプログラムを作る 教科書第 12 章 make の解説 プログラミングプロジェクト どんどんと進めてください 講義 演習ホームページ http://www.newves.org/~mori/15programming

More information

Microsoft PowerPoint - algo ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - algo ppt [互換モード] ( 復習 ) アルゴリズムとは アルゴリズム概論 - 探索 () - アルゴリズム 問題を解くための曖昧さのない手順 与えられた問題を解くための機械的操作からなる有限の手続き 機械的操作 : 単純な演算, 代入, 比較など 安本慶一 yasumoto[at]is.naist.jp プログラムとの違い プログラムはアルゴリズムをプログラミング言語で表現したもの アルゴリズムは自然言語でも, プログラミング言語でも表現できる

More information

Microsoft Word - no15.docx

Microsoft Word - no15.docx ex33.c /* */ #define IDLENGTH 7 /* */ #define MAX 100 /* */ /* */ struct student char idnumber[idlength + 1]; /* */ int math; /* () */ int english; /* () */ int japanese; /* () */ double average; /* */

More information

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63>

<4D F736F F D20438CBE8CEA8D758DC03389F0939A82C282AB2E646F63> C 言語講座第 3 回 キャスト ( 型変換 ) 強制的に式の型を変換する ( 変換したい型名 ) 変換元で記述する int num_a = 10, num_b = 3; float result1, result2; // 結果格納用 // 計算用 result1 = num_a / num_b; // 通常のint/int 割り算 result2 = (float)num_a / num_b;//

More information

Prog1_14th

Prog1_14th 2012 年 7 月 19 日 ( 木 ) 実 施 構 造 体 レコードと 構 造 体 前 々 回 の 教 材 で 触 れたように, 複 数 の 項 目 に 渡 るデータを 一 まとめにしたものをレコードとい う 例 えば, 次 のように 学 籍 番 号, 氏 名, 履 修 科 目 コード, 点 数, 評 価 といった 項 目 による 1 人 分 のデータを 一 まとめにしたものは 1 件 分 のレコードである

More information

e 7 d d - - a 7 a - 6 Inormation b a

e 7 d d - - a 7 a - 6 Inormation b a 9/ 2008. No32 5 E 6 e 7 d d - - a 7 a - 6 Inormation b a e c c c a - dd d e b 6 e 6 6 Inormation e 7 7 a a b A e c c d 6 e a a a a a-aa a- a dddd d e b d d d 7 c c c d a d e e e e b 6 d c c c c c b 6

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ソフトウェア演習 B GUI を持つ Java プログラムの 設計と実装 4.1 例題 :GUI を持った電卓を作ろう プロジェクトCalculator パッケージ名 :example ソースファイル : Calculator.java GUI.java EventProcessor.java 2 4.2 GUI とイベント処理 GUI の構成 :Swing GUI の場合 フレーム JFrame:

More information

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7)

Microsoft Word - Cプログラミング演習(7) 第 7 回 (6/4) 2. 構造体 構造体とは, 同じ型に限定されない複数の関連するデータメンバの集合である 構造体の宣言構造体指定子 struct を用いて struct 構造体タグ名 { メンバ 1 の宣言 ; メンバ 2 の宣言 ; メンバ n の宣言 ; }; 注 ) 構造体タグ名は構造体の型名で, 内容を定義するものでオブジェクトではなく, 論理的なテンプレートである 構造体の変数の宣言実際の記憶領域を占める物理的実体を確保する

More information

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c

1 CUI CUI CUI 1.1 cout cin 1.1.1 redirect.cpp #i n c l u d e <s t r i n g > 3 using namespace std ; 5 6 i n t main ( void ) 7 { 8 s t r i n g s ; 10 c C/C++ 007 6 11 1 CUI 1.1....................................... 1................................ 3 1.3 argc argv................................. 5.1.............................................. 5...............................................

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション プロシージャ プロシージャの種類 Subプロシージャ Functionプロシージャ Propertyプロシージャ Sub プロシージャ Subステートメント~ステートメントで囲まれる 実行はするけど 値は返さない 途中で抜けたいときは Exit Sub を行なう Public Sub はマクロの実行候補に表示される Sub プロシージャの例 Public Sub TestSubProc() Call

More information

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測

目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 泡立ち法とその実装 計算機アルゴリズム特論 :2017 年度只木進一 目的 泡立ち法を例に Comparableインターフェイスの実装 抽象クラスの利用 型パラメタの利用 比較 入替 の回数を計測 Comparable インターフェイ ス クラスインスタンスが比較可能であることを示す Int compareto() メソッドを実装 Integer Double String などには実装済み public

More information

Java知識テスト問題

Java知識テスト問題 Java 知識テスト SDAS プログラマ(Java 編 ) 運営事務局 このテストは J2EE プログラマとしての Java の知識を評価するものです 問題は 30 問, テスト時間は J2EE 知識テストとあわせて 90 分です 問題は全て択一式です 選択肢から 1 つだけ選択してください 資料の閲覧は禁止です テストが終わり次第 答案用紙を提出していただいてかまいません テスト終了後, 本テストの内容を他の方に話さないでください

More information

Microsoft Word - C.....u.K...doc

Microsoft Word - C.....u.K...doc C uwêííôöðöõ Ð C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ C ÔÖÐÖÕÊ C ÔÖÐÖÕÊ Ç Ê Æ ~ if eíè ~ for ÒÑÒ ÌÆÊÉÉÊ ~ switch ÉeÍÈ ~ while ÒÑÒ ÊÍÍÔÖÐÖÕÊ ~ 1 C ÔÖÐÖÕ ÐÊÉÌÊ uê~ ÏÒÏÑ Ð ÓÏÖ CUI Ô ÑÊ ÏÒÏÑ ÔÖÐÖÕÎ d ÈÍÉÇÊ ÆÒ Ö ÒÐÑÒ ÊÔÎÏÖÎ d ÉÇÍÊ

More information

90 16.4 20.2 33.0 33.5 34.1 33.7 34.33 26.0 32.6 20.9 (28) (44) (55) (-39) (34) 847(48.3) 345(19.7) (37) (30) (42) (19) 96(5.5) 5) (25) 330(18.8) 137(7.8) 91 100% 90% 12.8% 12.5% 12% 69% 6.9% 9.1% 12.6%

More information

< F2D82518E9F8AD CC95BD8D7388DA93AE2E6A7464>

< F2D82518E9F8AD CC95BD8D7388DA93AE2E6A7464> 2 次関数のグラフの平行移動 [Java アプレット ] [Java アプリケーション ] 1. はじめに 2 2 y=ax のグラフとy=a(x-b) +c のグラフは 位置は違うけれど 形も広がりも全く同じです 2 2 y=a(x-b) +c のグラフは y=ax のグラフをx 軸方向に ( 右方向に ) +b y 軸方向に ( 上方向に ) +c だけ平行移動したものです 2 シミュレーションソフト

More information

C-programming_kouza4(2007)

C-programming_kouza4(2007) ゲーム制作制作のための C 言語講座 言語講座 ~ 第 4 回 ~ 2007/08/29 29 みなさん お久しぶりです 10 日間以上の休みの間にプログラミングは組みましたか?10 日間の中であまり質問が無かったので 多分みんな大丈夫だと思っていてもいいのでしょうか? 今回のやる部分は初心者が一番挫折するところです ( 正直 この部分を無視しても一応ゲームは作れるため 使わずにプログラムを組む人も結構いたりしますが

More information

スライド 1

スライド 1 目次 2.MPI プログラミング入門 この資料は, スーパーコン 10 で使用したものである. ごく基本的な内容なので, 現在でも十分利用できると思われるものなので, ここに紹介させて頂く. ただし, 古い情報も含まれているので注意が必要である. 今年度版の解説は, 本選の初日に配布する予定である. 1/20 2.MPI プログラミング入門 (1) 基本 説明 MPI (message passing

More information

ARC Automatic Reference Counting clang 新しいコンパイラ LLVMプロジェクト (http://llvm.org/) のコンパイラ C Objective-C C++ の効率的なコードを生成 オプションなどは gcc とほぼ共通 Apple社独自の拡張機能を実現 ARC ブロックオブジェクトなど ARCを利用するには clang が必須 コンパイルオプションに

More information

2 ColorSpace DepthSpace CameraSpace Kinect V2 Kinect V2 BOdyIndex 3. NtKinect Kinect V2 C++ NtKinect [4] NtKinect = Kinect SDK + + STL(C++) + OpenCV +

2 ColorSpace DepthSpace CameraSpace Kinect V2 Kinect V2 BOdyIndex 3. NtKinect Kinect V2 C++ NtKinect [4] NtKinect = Kinect SDK + + STL(C++) + OpenCV + NtKinect: C++ Class Library for Kinect V2 1,a) Kinect for Windows V2 C++ NtKinect NtKinect DLL Kinect V2 Kinect V2, C++, DLL, Unity NtKinect: C++ Class Library for Kinect V2 Nitta Yoshihisa 1,a) Abstract:

More information

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション (") の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf(" 情報処理基礎 "); printf("c 言語の練習 "); printf

書式に示すように表示したい文字列をダブルクォーテーション () の間に書けば良い ダブルクォーテーションで囲まれた文字列は 文字列リテラル と呼ばれる プログラム中では以下のように用いる プログラム例 1 printf( 情報処理基礎 ); printf(c 言語の練習 ); printf 情報処理基礎 C 言語についてプログラミング言語は 1950 年以前の機械語 アセンブリ言語 ( アセンブラ ) の開発を始めとして 現在までに非常に多くの言語が開発 発表された 情報処理基礎で習う C 言語は 1972 年にアメリカの AT&T ベル研究所でオペレーションシステムである UNIX を作成するために開発された C 言語は現在使われている多数のプログラミング言語に大きな影響を与えている

More information

Programming-C-3.key

Programming-C-3.key プログラミングC 第3回 Stringクラス (クラスライブラリの使い方) インスタン スの配列 白石路雄 Player public class Player{ private String name; private int hp; private Sword sword; name hp Player 2 public class Player{...

More information

12„”‡Pfiú“ƒ-PDFŠp

12„”‡Pfiú“ƒ-PDFŠp 5 Q Q Q Q ggg g f bbb -b b g b g g g a b f g r t y - 7 g bb f 6 E D f f f 2 2 2 2 2 f g f 2 f 2 f 2 g a g a b f a f g a a a - a f b a f b b b b bb bb E E E R Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q Q

More information

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt

Microsoft PowerPoint - 12Chap16.ppt 今日のポイント 第 16 章構造体 構造体の定義と宣言のしかた タグとは何か メンバーとは何か 構造体変数の宣言と理解 メンバーの理解と使い方 構造体配列とその使い方 Structures 16.1 構造体の定義 セミコロンを忘れないこと! タグ名 struct point ; メンバーの宣言 x 座標 y 座標 左の表記で構造体の構成を決めている. この例では 2 つの double 型をパックした詰め合わせセットを定義した.

More information

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt

Microsoft PowerPoint - chap10_OOP.ppt プログラミング講義 Chapter 10: オブジェクト指向プログラミング (Object-Oriented Programming=OOP) の入り口の入り口の入り口 秋山英三 F1027 1 例 : 部屋のデータを扱う // Test.java の内容 public class Test { public static void main(string[] args) { double length1,

More information

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt

Microsoft PowerPoint - prog04.ppt プログラミング言語 2 第 04 回 (2007 年 05 月 14 日 ) 今日の配布物 片面の用紙 1 枚 今日の課題が書かれています 本日の出欠を兼ねています 1 今日やること http://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/~s-okubo/class/language/ にアクセスすると 教材があります 2007 年 05 月 14 日分と書いてある部分が 本日の教材です 本日の内容

More information

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki 26

2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki  26 P.S.P.T. C 2011 4 10 2 P.S.P.T. P.S.P.T. wiki p.s.p.t.since1982@gmail.com http://www23.atwiki.jp/pspt 26 3 2 1 C 8 1.1 C................................................ 8 1.1.1...........................................

More information

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control-

1.1 1 C IIA $ cd comp3a %endminipage ~/comp3a mkdir $ mkdir comp3a $ cd comp3a C.c Emacs Cntrol x Control s 2 Emacs Control-x Control-f Control- 1 C IIA 1 C IIA IIA 1.1 Mac OS X 1.1.1 Mac OS X Unicode(UTF-8) UTF-8 Jedit X( ) Emacs( ) Emacs Emacs Emacs [Finder] [] Emacs dock Jedit X C 1. Jedit X Dock drag & drop Jedit X [Finder] [] Jedit X Folder

More information

Microsoft Word - CHAP2.DOC

Microsoft Word - CHAP2.DOC 11 生物生産工学特論 Ⅰ 2. 言語 (2) 関数, 構造体, 配列とポインタ 2.1. 関数 言語のプログラムは関数を基本として構成されています 関数にはユーザが作成する関数とコンパイラがライブラリとして提供する関数とがありますが, 基本的な使い方は同じです 言い換えると, ユーザが作成する関数もライブラリで提供される関数と同様に使えるように設計する必要があります ユーザが関数を定義する場合,

More information

8 if switch for while do while 2

8 if switch for while do while 2 (Basic Theory of Information Processing) ( ) if for while break continue 1 8 if switch for while do while 2 8.1 if (p.52) 8.1.1 if 1 if ( ) 2; 3 1 true 2 3 false 2 3 3 8.1.2 if-else (p.54) if ( ) 1; else

More information

comment.dvi

comment.dvi ( ) (sample1.c) (sample1.c) 2 2 Nearest Neighbor 1 (2D-class1.dat) 2 (2D-class2.dat) (2D-test.dat) 3 Nearest Neighbor Nearest Neighbor ( 1) 2 1: NN 1 (sample1.c) /* -----------------------------------------------------------------

More information

Excel97関数編

Excel97関数編 Excel97 SUM Microsoft Excel 97... 1... 1... 1... 2... 3... 3... 4... 5... 6... 6... 7 SUM... 8... 11 Microsoft Excel 97 AVERAGE MIN MAX SUM IF 2 RANK TODAY ROUND COUNT INT VLOOKUP 1/15 Excel A B C A B

More information

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value =

class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value = Part2-1-3 Java (*) (*).class Java public static final 1 class IntCell { private int value ; int getvalue() {return value; private IntCell next; IntCell next() {return next; IntCell(int value) {this.value

More information

プログラミング基礎I(再)

プログラミング基礎I(再) 山元進 クラスとは クラスの宣言 オブジェクトの作成 クラスのメンバー フィールド 変数 配列 メソッド メソッドとは メソッドの引数 戻り値 変数の型を拡張したもの 例えば車のデータベース 車のメーカー 車種 登録番号などのデータ データベースの操作 ( 新規データのボタンなど ) プログラムで使う部品の仕様書 そのクラスのオブジェクトを作ると初めて部品になる 継承 などの仕組みにより カスタマイズが安全

More information

1.. 1 ll a ii. 1i. i f 1 1 a. a. i. t. 1 fi fi. t i j fj i. j ;i 1. i. aa a

1.. 1 ll a ii. 1i. i f 1 1 a. a. i. t. 1 fi fi. t i j fj i. j ;i 1. i. aa a 1.. 1 ll a ii. 1i. i f 1 1 a. a. i. t. 1 fi fi. t i j fj i. j ;i 1. i. aa 1 111 0 0 0 0 a I E l21 1fi i L < i i;i1=t ii 111 1; ai i ti a t T ;,, l 1i.... E 11fi i 1t l l t2 1i i1 t Ea li )2 0 u 0 1f )2

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 1 第 7 回 メソッド (1) 授業開始前に自己点検 前回までの必須課題はすべてできていますか 前回までの学習項目であいまいな所はありませんか 他人による評価でなく 自身による評価ができるということが自立するということです 自立なしには大学での勉学は成り立ちません Java 1 第 7 回 2 前回のテーマ switch 文 主に break 文とともに 条件分岐のもうひとつのやり方

More information

untitled

untitled H8/300,H8S,H8SX [H8S,H8/300 Tool Chain Ver6.2.0.0] #define Inline static inline //************************************************** Inline char sil_and_mem(char *mem,char and) return (*((volatile

More information

プログラミング演習 土曜日(Q組)

プログラミング演習 土曜日(Q組) プログラミング演習 土曜日 (Q 組 ) 主なテーマ 標準入出力とファイル処理 (8 章 ) 1 ストリームの概念 8.1 標準入出力 (C++) C++ では データの入出力を ストリーム という概念で操作する ストリームはデータを入出力処理し また 入出力に伴う 状態 を設定 / 保持する 例 : 現在 ファイルの何文字目を読み書きしているか などの情報 論理デバイス 物理デバイス 入力ストリーム

More information

JavaプログラミングⅠ

JavaプログラミングⅠ Java プログラミング Ⅱ 3 回目クラスの機能 (1) アクセス制限 オーバーロード課題 確認 問題次の各文は正しいか誤っているか答えなさい (1) クラスの private メンバは そのクラスからのみアクセス可能なメンバである (2) 一般に クラスのフィールドはどこからでもアクセスできるように public メンバで宣言すべきである (3) クラスは private メンバと public

More information

情報科学概論 第1回資料

情報科学概論 第1回資料 1. Excel (C) Hiroshi Pen Fujimori 1 2. (Excel) 2.1 Excel : 2.2Excel Excel (C) Hiroshi Pen Fujimori 2 256 (IV) :C (C 65536 B4 :2 (2 A3 Excel (C) Hiroshi Pen Fujimori 3 Tips: (1) B3 (2) (*1) (3) (4)Word

More information

プログラミング入門1

プログラミング入門1 プログラミング入門 2 第 4 回クラスとインスタンス (2) クラスとインスタンスの詳細 テーマ : クラスとインスタンス (2) インスタンス生成とその利用 ( 詳細 ) インスタンス ( 実体 ) と参照 メソッドの参照呼び インスタンスを生成するメソッド インスタンスを要素に持つ配列 本日の主な題材 2 つの MyCircle 変数にインスタンスを代入して インスタンスフィールドを変更してみよ

More information

EP760取扱説明書

EP760取扱説明書 D D D # % ' ) * +, B - B / 1 Q&A B 2 B 5 B 6 Q & A 7 8 $ % & ' B B B ( B B B B B B B B B B B ) B B B A # $ A B B * 1 2 # $ % # B B % $ # $ % + B B 1 B 2 B B B B B B B B B B , B B B - 1 3 2 2 B B B B B

More information

untitled

untitled 18 12 10 40 H5N1 2005 11 WHO 2005 12 2006 6 (H5N1) 10 25 1,700 ( 1,300 2,500 ) 200 53 64 17 30% 3,785,000 291,200 3 14,100 4 30% 57,600 4,430 3 1,150 320 210 4 2% 0.56% () ) 1 10 2 3A (2B) 3B 4A5A 6A 4B

More information

アルゴリズムとデータ構造1

アルゴリズムとデータ構造1 1 200972 (sakai.keiichi@kochi sakai.keiichi@kochi-tech.ac.jp) http://www.info.kochi ://www.info.kochi-tech.ac.jp/k1sakai/lecture/alg/2009/index.html 29 20 32 14 24 30 48 7 19 21 31 Object public class

More information

ROMの入手1 - インターネットからの入手 違法にアップロードされたROMをダウンロードする方法 当然ながらダウンロードも違法行為(2010年1月1日より施行) ^ÇÇêÉëë=éáå a~í~=éáå 吸い出し機の仕組み - PRG-ROM, CHR-ROM ファミコンのカートリッジにはゲームプログラム本体(PRG-ROM)と グラフィックデータ(CHR-ROM)が存在する ines Header

More information

NEXT 1 2 3 1 2 3 4 5 6 1 2 1 2 1 1 1 1 2 3 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 1 2 3 1 1 2 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 1 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 1 1 2 1 2 1 2 3 4 5 6 1 2

More information

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2

t 2 2 t 2 t F ( ) p- 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 F 2 G F ( ) 2 2 2 1 2 2 0 1 2 2 2 2 2 2 2 2.1 2 2 F={f ij }, G {g ij } t f ij t g ij = 1 f ij < t g ij = 0 t p- p S 0 S p = S 0 /S t p 2 t 1 t 2 2 t 2 t 2 2 3 3 1 2 F ( ) p- 2 2 F 2 G 3 2 2 F ( ) 2 2 F 2 G 3 3 2 F ( ) 2

More information

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc

Microsoft Word - DT-5100Lib_Manual_DotNet.doc CASSIOPEIA DT-5100 シリーズ.NET ライブラリマニュアル 概要編 Ver 3.00 変更履歴 No Revision 更新日項改訂内容 1 1.00 03/1/20 初版初版発行 2 3.00 05/03/15 3 カシオライブラリマニュアル (.NET) 開発マニュアルの 1~4 をひとまとめ にしました 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

More information

VOID SLAB FOR CONSTRUCTION Winding Pipe VOID SLAB FOR CONSTRUCTION Winding Pipe VOID SLAB FOR CONSTRUCTION Winding Pipe VOID SLAB FOR CONSTRUCTION Winding Pipe VOID SLAB FOR CONSTRUCTION Winding Pipe

More information

< F2D82518E9F8AD CC834F CC8CFC82AB82C68D4C>

< F2D82518E9F8AD CC834F CC8CFC82AB82C68D4C> 2 次関数のグラフの向きと広がり [Java アプレット ] [Java アプリケーション ] 1. はじめに 2 2 y=ax のグラフについて x の係数 aが正のときと負のときでは グラフにどのような違いがあるでしょうか 2 2 y=ax のグラフについて x の係数 aが正のとき 係数 aの値が大きくなるにつれて グラフの広がりはどうなるでしょうか 2 2 y=ax のグラフについて x の係数

More information

コーディング基準.PDF

コーディング基準.PDF Java Java Java Java.java.class 1 private public package import / //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// // // // // ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

More information

1,000 700-1 -

1,000 700-1 - 23 9 () - 0 - 1,000 700-1 - 2 3 ( 16:0017:00 ( 8:15 8:30 10:3010:50 8:00 8:10 8:10 9:30 11:0011:20 11:3015:30 16:0016:40 16:0016:10 16:50 21:00 4:00 4:006:00 6:00 6:1511:00 11:3012:00 12:3014:30 (1) ()

More information

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF

やさしいJavaプログラミング -Great Ideas for Java Programming サンプルPDF pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) pref : 2004/6/5 (11:8) 3 5 14 18 21 23 23 24 28 29 29 31 32 34 35 35 36 38 40 44 44 45 46 49 49 50 pref : 2004/6/5 (11:8) 50 51 52 54 55 56 57 58 59 60 61

More information

C V C 6 1 6.1.............................. 1 6.......................... 3 6.3..................... 5 6.4 NULL............................. 8 6.5......................... 9 6.6..............................

More information

ネットショップ・オーナー2 ユーザーマニュアル

ネットショップ・オーナー2  ユーザーマニュアル 1 1-1 1-2 1-3 1-4 1 1-5 2 2-1 A C 2-2 A 2 C D E F G H I 2-3 2-4 2 C D E E A 3 3-1 A 3 A A 3 3 3 3-2 3-3 3-4 3 C 4 4-1 A A 4 B B C D C D E F G 4 H I J K L 4-2 4 C D E B D C A C B D 4 E F B E C 4-3 4

More information

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編 K L N K N N N N N N N N N N N N L A B C N N N A AB B C L D N N N N N L N N N A L B N N A B C N L N N N N L N A B C D N N A L N A L B C D N L N A L N B C N N D E F N K G H N A B C A L N N N N D D

More information