Microsoft Word - 辻190号.docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 辻190号.docx"

Transcription

1 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 辻 美枝 ( 関西大学商学部准教授 ) はじめに金融商品に対する国民の選好の多様化は新たな保険商品の開発を促し それにより 金融商品間の線引きは曖昧となり それらの経済的実質は相互に類似するようになってきている 例えば 保険商品に分類される変額保険は 保険本来の保障機能と貯蓄機能を有しつつ その仕組みは投資信託に近い経済的実質を有している 一方個人年金は 自助努力による老後保障の確保とともに公的保障の補完という性格を有する 金融商品をめぐる税制は そのような経済的実質の類似性に関係なく 法規制ごとの縦割りによって決せられ 課税上の取扱いが区々となっている 生命保険については 所得課税上 優遇措置が設けられているが それが故に他の類似する金融商品との課税の公平性 中立性の問題を惹起している わが国の現下の税制改革は 金融所得課税の一体化 1) ( 金融所得 1) 金融所得課税の一体化 に関しては 村井正 金融所得一体課税に向けた改正動向と残された課題 税理 56 巻 14 号 (2013)8 頁以下 渡辺裕泰 金融所得課税のあり方と一体化課税の経緯と現状 税研 152 号 (2010)14 頁以下他 33

2 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 の間での課税方式の均衡化と損益通算の範囲拡大 ) と 社会保障と税の一体改革 ( 社会保障の充実 安定化ための安定財源確保と財政健全化の同時達成 ) という二つの大きな政策軸を有している 金融所得課税の一体化 の観点からは 生命保険は他の貯蓄商品や投資商品にはない課税上の優遇措置の適用があるため 商品選択に際しての中立性が問題となる 一方で 社会保障と税の一体改革 の観点からは 公的年金の財源の問題および将来の受取年金額の削減に備えるため 私的年金を公的年金の補完として位置づけ 加入を促進するためには 課税上の優遇措置の存在はある程度まで積極的に認められるべきなのかもしれない 生命保険税制は この税制改革の二つの柱のはざまで 他の貯蓄商品や投資商品との経済的同質性から 金融所得課税の一体化 により税制の見直しに向かうべきか 公的保障の補完として 社会保障と税の一体改革 から加入促進のため優遇措置を存置または拡大するべきかという 相反する方向に牽引されているともいえよう ドイツでは わが国と同様に少子高齢化が進み 公的年金保険だけでは十分な老齢期の生活水準の維持が厳しい状況にあった そのため 今後の老齢保障として 公的年金 企業年金および個人年金を三本柱とし 個人年金の普及促進のため 2001 年のリースター年金制度 2004 年のリュールップ年金制度の導入に合わせてそれらに対する課税上の手当てが検討された 2) 2003 年のリュールップ委員会報告 3) により 資産形成型の生命保険については他の投資商品と課税上同様に扱うとの方針が示され その方針を反映した形で2004 年老齢所得法 (Alterseinkünftegesetz) が成立し 2005 年以降に生命保険に関する 2) 田中謙一 ドイツの企業年金および個人年金の現状と課題 (1)~(2) 企業年金 25 巻 7 号 (2006)36~39 頁 25 巻 12 号 (2006)32~35 頁 3)Bericht der Kommission, Nachhaltigkeit in der Finanzierung der Sozialen Sicherungssysteme,

3 大幅な所得税制改正が行われた 4) そこで 本稿では わが国の上述の税制政策に鑑みて 生命保険のあるべき所得課税上の取扱いを ドイツを中心とする比較法分析に基づき検討を行う 本稿の対象は 生 5) 命保険 ( 企業年金を除く ) の個人所得課税であり 筆者の過去の研究をドイツの税制改正に沿って再検討を行うものである 米国は精緻な生命保険税制を有するため 補足的にその課税関係の概略についても触れる Ⅰ わが国の課税上の取扱い 1 生命保険契約所得税法上 生命保険 の定義規定は置かれていない そのため 例えば 生命保険料控除の規定においては その適用対象となるものを保険業法 2 条 3 項に規定する生命保険会社の締結した保険契約 ( 所得税法 76 条 5 項 6 項 ) 6) として 保険業法の規定および 保険契約 に関する保険法の規定に依拠して その外延を画すことになる 7) し 4) リースター年金およびリュールップ年金の課税に関しては 宮本十至子 少子高齢化社会における年金と課税 - ドイツの経験を中心に 日本年金学会誌 31 号 (2012)22 頁以下 同 年金と課税方式について - 公的年金等の課税を中心に - 税大ジャーナル 15 号 (2010)17 頁以下 同 グローバル化と私的年金課税 - ドイツの議論を参考に - 税法学 562 号 (2009)149 頁以下 5) 拙稿 変額保険をめぐる所得税法上の問題点米 英 独の比較法分析を中心として 関西大学大学院 法学ジャーナル 74 号 (2003)337 頁 ~402 頁 リスク社会における保険の機能と税制 租税法研究 41 号 (2013)69~94 頁 本稿の目的は これらの研究を発展させるものであるため 内容に多少重複するところがある 6) その他に 金融類似商品の一律源泉分離課税の対象となる保険 ( 所得税法 174 条 8 号 ) 生命保険契約等に基づく年金に係る雑所得の金額の計算上控除する保険料等 ( 所得税法施行令 183 条 3 項 1 号 ) などにも同様の規定がある 7) 保険業法 2 条 3 項は この法律において 生命保険会社 とは 保険会社のうち第 3 条第 4 項の生命保険業免許を受けた者をいう と規定する また 35

4 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 かし 保険法上も 保険 自体の定義はしていないため 8) 課税上 保険業法にいう生命保険会社と契約したものを一般に 生命保険契約 として扱っている 9) 生命保険料控除の対象とされる生命保険契約について昭和 38 年答申では 人の生死を保険事故とするため 保険業法及び簡易生命保険法に規定する生命保険契約に限る特段の理由もないが 生命保険料控除制度の趣旨からみて その範囲は保険数理に基づいて計算される保険契約に限ることとしている現行の取扱いは 適当な措置 であるとしている 10) しかし 現行の保険法上の保険契約該当性は 契約の名称を問わないため 形式的に保険契約の定義 ( 保険法 2 条 1 号 ) を充足するだけなく 解釈論により確定される実質的な保険としての定義の充足を要するとされる 11) そのため 最終的には 保険法は 2 条 1 号において 保険契約 について 保険契約 共済契約その他いかなる名称であるかを問わず 当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付 ( 生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては 金銭の支払に限る 以下 保険給付 という ) を行うことを約し 相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料 ( 共済掛金を含む 以下同じ ) を支払うことを約する契約をいう と規定する さらに 2 条 8 号において 生命保険契約 を 保険契約のうち 保険者が人の生存又は死亡に関し一定の保険給付を行うことを約するもの ( 傷害疾病定額保険契約に該当するものを除く ) をいう と規定する 8) 法文上に過不足なく 保険 を定義することが困難であることから 保険法上定義を設けなかったとされる ( 萩本修編 一問一答保険法 ( 商事法務 2009 年 )36 頁 ) 9) 保険法における 生命保険契約 概念の厳密化を求めるものとして 渕圭吾 租税法における生命保険契約の意義 金子宏他編 租税法と市場 ( 有斐閣 2014 年 )252~255 頁 消費課税上の保険取引の射程については 拙稿 保険取引の消費課税上の問題 -ECJ 判決の分析から - 租税の複合法的構成 ( 清文社 2012 年 )483 頁以下 10) 昭和 38 年 12 月 所得税法及び法人税法の整備に関する答申 47 頁 11) 山下友信 保険の意義と保険契約の類型 定額現物給付概念について ( 竹濵修 木下孝治 新井修司編 保険法改正の論点 (2009) 法律文化社 )3 頁 保険法では 契約の名称は問わないこととしているが これは 保険法上の保険契約該当性は その実質的な内容のみを問題とすることの明示であると 36

5 保険業法に規定する生命保険会社の締結した保険契約という法規制に基づく分類ではなく 税法独自に 実質的な生命保険契約 を課税上切り分けて 課税関係を構築する必要があろう 2 概略ここでは わが国の生命保険に関する所得税法上の取扱いについて 簡単に整理しておく 生命保険に関する所得税の課税時期としては 1 保険料の拠出時 2 保険料の運用時 3 保険金等の給付時の三段階に大きく分けることができる なお 本稿は 所得税の課税関係を対象とするため 保険契約者 保険料支払者 保険金等受取人が同一人であることを前提とする 1 保険料の拠出時保険料の拠出に関しては 支払金額に応じて所得控除である生命保険料控除 ( 所得税法 76 条 ) の適用がある 現在 一般生命保険料控除 個人年金保険料控除および介護保険料控除の3 種類である ただし 保険期間 5 年未満の保険契約で被保険者が保険期間の満了の日に生存している場合に限り保険金等を支払う定めのある いわゆる貯蓄保険の保険料は この対象から除かれる ( 所得税法 76 条 5 項 1 号 所得税法施行令 209 条 ) この5 年未満の短期貯蓄保険の適用除外は 昭和 30 年代初頭にはすでに見られたものである 12) 2 保険料の運用時生命保険契約は 通常保険期間が長期にわたり その間の支払保険料のうち貯蓄保険料部分が将来の保険給付に備えて運用に回されている する ( 萩本修編 一問一答保険法 ( 商事法務 2009 年 )28 頁 ) 12) 昭和 35 年 12 月臨時税制調査会 臨時税制調査会答申 87 頁 37

6 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 保険料の運用から生じる運用益については 保険金等の給付時まで課税されない 変額保険の場合 運用段階で保険契約者毎に区分管理されている積立金の特別勘定間での移転が可能であるが 投資信託と異なり その移転時にも課税は行われていない 企業年金および確定拠出年金については 運用時に特別法人税が課される ( 法人税法 8 条 ) が 個人保険には特別法人税は適用されていない 13) 3 保険金等の給付時保険契約の終了は 死亡や満期などの保険事故の発生または解約を原因とし 保険金受取人または保険契約者はそれぞれ保険金または解約返戻金を保険会社から受け取る この保険金等の給付時に 保険金等を一時金で受け取れば一時所得 ( 所得税法 34 条 所得税基本通達 34-1) 年金で受け取れば雑所得 ( 所得税法 35 条 所得税法施行令 183 条 ) として課税される いわゆる金融類似商品 ( 保険料が一時払の一定の保険契約のうち 保険期間が5 年以下または保険期間が5 年超で5 年以内に解約されたもの ) の差益部分は 源泉分離課税 ( 租税特別措置法 41 条の10 所得税法 174 条 8 号 ) となる いずれの場合でも 受け取った保険金等の額よりも支払保険料総額が多く 数額上損失が発生したとしても 損益通算はできない 所得税法上 個人保険であれば 例えば定額保険また変額保険に関係なく 上記のような取扱いとなるが 公的年金 企業年金 保険以外の貯蓄 投資商品とは異なる取扱いになっている それは 法規制 13) 特別法人税は 拠出 運用段階における課税繰延に対して 公平の観点から設けられているもの である ( 平成 12 年 7 月 わが国税制の現状と課題 ( 抄 ) 税制調査会 ) ただし 現在の金利の状況 企業年金の財政状況などを踏まえ 平成 11 年 4 月 1 日からその課税が停止されている ( 租税特別措置法 68 条の 4) 平成 26 年度税制改正により 平成 29 年 3 月 31 日まで課税停止が延長された 38

7 に基づく縦割りの取扱いであり ( 図 1 参照) 全体としてみれば必ずしもそれぞれの経済的同質性を加味した統一的な制度設計になっていないといえよう 次に見る税制調査会のこれまでの生命保険の所得課税に関する答申等でも随所に生命保険と他の貯蓄 投資商品との同質性に鑑みた制度設計の必要性については触れられている 図 1 拠出時 運用時 給付時の課税関係概略表 区分個人保険公的年金 拠出時 生命保険料控除 社会保険料控除 厚生年金基金 社会保険料控除 企業年金 確定拠出年金 預貯金 公社債 確定給付企業年金 生命保険料控除 企業型 個人型 小規模企業共済等掛金控除 運用時 ( 特別法人税 ( 停止中 )) ( 特別法人税 ( 停止中 )) 年金給付時一時金雑所得 ( 給付額 本人負担掛金総額 ) 一時所得 {( 給付額 本人負担掛金総額 ) 50 万円 } 1/2 雑所得 ( 給付額 公的年金等控除額 ) 雑所得 ( 給付額 公的年金等控除額 ) 退職所得 ( 給付額 退職所得控除額 ) 雑所得 ( 給付額 本人負担掛金総額 公的年金等控除額 ) 退職所得 ( 給付額 本人負担掛金総額 退職所得控除額 ) 雑所得 ( 給付額 公的年金等控除額 ) 退職所得 ( 給付額 退職所得控除額 ) 株式 投資信託 利子 配当 譲渡所得 ( 出典 : 政府税制調査会第 27 回基礎問題小委員会 ( 平成 15 年 4 月 18 日 ) 資料 ( 個人所得課税関係 ) から引用 筆者加工 ) 3 沿革 税制調査会等の議論ここでは わが国の生命保険税制の沿革とその基本となる考え方を税制調査会等の議論をもとに整理する (1) 保険料拠出時 39

8 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 生命保険料控除制度は 大正 12 年に創設され 昭和 22 年の税制改正で廃止された後 昭和 26 年に資本蓄積の一環として復活したものが 現在まで続いている 14) 昭和 59 年に個人年金保険料控除 平成 22 年に介護医療保険料控除が創設された 生命保険料控除制度は長い歴史を有するが その間に制度の整理 見直しが俎上に載りながらも その対象範囲が時代とともに拡大してきている 大正 12 年の生命保険料控除制度創設は議員立法による ( 金光庸夫他 2 名 ) その提案理由として 欧米諸国での実施状況 特に英国制度に言及したうえで 保険加入者の負担軽減 個人生活の安定および資金の蓄積 所得申告への誘因などを挙げている 15) 政府側からは 生命保険と貯蓄預金の同質性からの考慮を要することなどから導入への反対意見が出ていた ( 第 46 回帝国議会衆議院委員会 ( 大正 12 年 3 月 3 日 ) 松本重威大蔵省主税局長発言 ) が 最終的には導入に至った 英国では 老後の備えや扶養のための貯蓄促進といった当初の制度目的から離れ 租税回避に制度が利用されるようになったため 昭和 59 年 (1984 年 ) に廃止されている 昭和 31 年 12 月 臨時税制調査会答申 では 生命保険料控除の趣旨として 1 長期貯蓄の奨励 2 半強制的に貯蓄させられることによる担税力の減退 3 相互扶助による生活安定の効果が示された このうち 3が掛捨保険にも適用しうる理由付けであり 社会保険料控除の思想とも共通するため 生命保険料控除制度の理論的支柱とされている 16) 昭和 35 年 12 月 当面実施すべき税制改正に関する答申 ( 税制調査会第一次答申 ) 及びその審議の内容と経過の説明 ( 以下 昭和 35 年答申 14) 大蔵財務協会編 改正国税詳解 (1951)142 頁 注解所得税法研究会 5 訂版注解所得税法 ( 大蔵財務協会 2011))1069 頁 15) 大正 12 年 2 月 23 日付官報号外 13 頁 16) 昭和 31 年 12 月 臨時税制調査会答申 88 頁 40

9 とする ) によれば 上記 1の長期貯蓄の奨励の観点からすると 公社債 貸付信託 証券投資信託などの長期貯蓄形態の普及状況等から 生命保険のみに所得控除を認める根拠は十分ではなく 生命保険料控除は 他の貯蓄には見られない特別な奨励措置とされている 17) 個人年金保険料控除は 昭和 59 年度の税制改正でこれまでの生命保険料控除の別枠として創設されたものである 昭和 58 年 11 月の 今後の税制のあり方についての答申 では 負担の公平 他の貯蓄とのバランスから 当面 このような優遇措置を設けることは適当ではな く 今後の公的老齢年金の給付水準の変化によっては 利子課税との関連や老後生活のための他の貯蓄手段とのバランスにも配慮しつつ 改めて検討することが適当 であるとして 早期の導入には消極的であった 18) また 昭和 59 年 1 月 昭和 59 年度の税制改正に関する答申 においても 実施には慎重な立場を示していた 19) しかし 昭和 59 年度の税制改正で 老齢化社会における自助努力の奨励 老後生活に対する相互扶助の推進および社会的連帯の意識の助長を理由に導入された 20) 昭和 61 年 10 月 税制の抜本的見直しについての答申 ( 以下 昭和 61 年答申 という ) では 生命保険加入率も相当の水準に達して変化もみられないこと 控除による減収規模も相当の額に達していること 利子 配当課税の見直しが進められていること等を理由に生命保険料控除の見直しが検討された 21) しかし 生命保険料控除は納税者の7 割程度が利用しているという定着した制度となっていることを理由に 17) 昭和 35 年 12 月税制調査会 当面実施すべき税制改正に関する答申 ( 税制調査会第一次答申 ) 及びその審議の内容と経過の説明 276 頁 18) 昭和 58 年 11 月 今後の税制のあり方についての答申 22 頁 19) 昭和 59 年 1 月 昭和 59 年度の税制改正に関する答申 10 頁 20) 改正税法のすべて ( 昭和 59 年版 ) 35 頁 21) 昭和 61 年 10 月 税制の抜本的見直しについての答申 41 頁 41

10 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 現状維持となった 22) さらに 昭和 61 年答申では 高齢化社会の進展に伴い 拠出段階から給付段階までを通じて各種年金の国民経済に占める比重が今後一層増大していくと見込まれることを理由に 公的年金 企業年金および個人年金といった年金課税の見直しが検討された 個人年金生命保険料控除については 自助努力の一層の奨励の見地から拡大すべしとの意見もあったが 個人年金は 家計上の余裕のある者ほど多額に行うことができ 公的年金の任意の上積みとなる性格のものであり また 中途解約により元利金を受け取る場合には一般的な貯蓄と同様であるとして 負担の公平 課税の中立性の観点等から慎重であるべき 23) との考えから改正には至らなかった 平成 22 年税制改正で 社会保障制度を補完する商品開発の進展等を踏まえ 保険契約者の自助努力を支援する観点から 新たに介護医療保険料控除が創設された 24) これらの生命保険料控除は いずれも相互扶助による生活安定 自助努力の促進がその制度の理由に挙げられているが 他の経済的実質が類似する商品とのバランスも常に意識されていた 例えば 昭和 35 年答申では 生命保険の場合には 満期保険金を受領したときには 再び払込保険料が控除される という いわゆる二重控除の問題が指摘されている 一方で 同答申は 国民年金制度の発足その他の公的な社会保険の普及に伴い 生命保険料控除の制度についても 新たな角度からの検討が要請されるであろう としている 25) わが国の公的社会保険制度が成熟していく一方で 少子高齢化に伴うその財源不足 22) 第 109 回国会衆議院大蔵委員会 第 8 号 ( 昭和 62 年 8 月 28 日 ) 水野勝大蔵省主税局長発言 23) 昭和 61 年 10 月 税制の抜本的見直しについての答申 45 頁 24) 改正税法のすべて ( 平成 22 年版 ) 76 頁 25) 昭和 35 年 12 月税制調査会 当面実施すべき税制改正に関する答申 ( 税制調査会第一次答申 ) 及びその審議の内容と経過の説明 278 頁 42

11 が問題となってきており 公的な老後の安定保障を補完するものとしての個人保険の位置づけを最重視した場合には 現行の生命保険料控除制度はその適用範囲を含めて見直しが必要であろう この点について ドイツはわが国と同様の社会保障問題を抱えており その問題解決のために個人年金を老齢保障の柱の一つに据えるとともに 生命保険税制を大幅に改正した このドイツの動向については次章で触れる (2) 保険料運用時 保険金等の給付時次に 保険料運用時 保険金等の給付時の課税についてみていこう 昭和 62 年度税制改正に関する答申 では 利子所得とされていない金融類似商品等に対する課税については 金融資産に係る選択を攪乱しないようにする見地から利子所得への課税と権衡のとれた課税方式を採ることが必要 26) であるとし 昭和 62 年度税制改正で 金融類似商品について利子所得と同様の源泉分離課税方式が採用された ( 所得税法 174 条 209の2 条 209の3 条 租税特別措置法 41の10 条 ) 生命保険契約でこの課税の対象となるものは 保険料を一時に支払うこと ( これに準ずる支払方法を含む ) その他一定の事項を内容とするもののうち 保険期間が5 年以下のもの及び保険期間が5 年を超えるものでその保険期間の初日から5 年以内に解約されたものに基づく差益である ( 所得税法 174 条 1 項 8 号 ) 27) これらは 保険期間が短く 死亡発生率も低いと見込まれることから 高利回りの商品となり貯蓄商品的な性格が強いと認められ 利子所得と同様の課税を行うこととされた 28) ただし この取扱いはあくまで給付時段階のものであり 厳密には運用益の即時課税となっていない 26) 昭和 61 年 12 月 昭和 62 年度税制改正に関する答申 6 頁 27) 一時払い養老等のものにつきまして 今回の利子課税に即した横並びの見直しはさしていただいている との水野勝大蔵省主税局長発言 ( 第 109 回国会参議院大蔵委員会 第 7 号 ( 昭和 62 年 9 月 17 日 )) 28) 改正税法のすべて ( 昭和 62 年版 ) 大蔵財務協会 77 頁 43

12 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 平成 15 年 6 月 少子 高齢社会における税制のあり方 においては 少子高齢化の進展 年金課税の整合性 高齢者間 世代間の不公平の観点から年金課税の見直しを行う 29) とともに 金融 証券税制に関しては 生命保険料控除 損害保険料控除や財形貯蓄といった貯蓄優遇税制について 他の様々な貯蓄手段との税負担の公平性確保の要請等を踏まえ 見直しを行うべきであり 今後の課税のあり方については 簡素かつ公平で安定的な制度の構築を念頭に 金融商品間の中立性を確保し 金融資産性所得をできる限り一体化する方向を目指すべきという方向性が示された 30) これに続く平成 16 年 6 月 金融所得課税の一体化についての基本的考え方 では さらに具体的に 保険も個人の金融資産の中では重要な位置付けを占めていることから 金融類似商品として利子並み課税とされている一時払養老保険以外の生命保険についても 死亡保険金には保険の持つ死亡や病気などへの備えという機能に鑑み他の金融資産との中立性を強く求める必要はないが 満期保険金や解約返戻金の収益が満期時又は解約時までの保険料の運用成果と見うる場合には 他の金融所得との中立性を確保する観点から 金融所得として20% 分離課税の対象とすることを検討すべきであるとされた 31) 平成 24 年 2 月 社会保障 税一体改革大綱 では 金融所得課税の一体化へ向けた取り組みを進めるとともに 高齢者および年金に関する税制においては 世代内の公平性と世代間の公平性の確保の観点から 公的年金等控除の仕組みの見直しなど種々の方策を検討する必要があり 年金課税のあり方については 今後の年金制度改革の方向性も踏まえた上で見直すとした 32) 平成 25 年度税制改正で金融所得課税 29) 平成 15 年 6 月 少子 高齢社会における税制のあり方 4 頁 30) 平成 15 年 6 月 少子 高齢社会における税制のあり方 12~13 頁 31) 平成 16 年 6 月 金融所得課税の一体化についての基本的考え方 4 頁 32) 平成 24 年 2 月 社会保障 税一体改革大綱 35~36 頁 44

13 一体化の範囲が拡大され 公社債等に対する課税方式を上場株式等と同様にすることとして申告分離課税に変更され 公社債等の課税方式を株式等の課税方式と同一化するとともに 損益通算できる範囲を公社債等にまで拡大している これまでみてきたように 生命保険税制については 他の金融商品との類似性を踏まえ 税負担の公平性 中立性の観点からの提言がなされてきたが 現時点までに金融所得課税一体化に向けた課税の見直しは上述の一時払養老保険以外には行われていない 平成 15 年 6 月 13 日税制調査会第 43 回総会議事録によると 他の貯蓄手段との税負担の公平性確保については 新しい金融商品が開発され様々な貯蓄手段も出てきた中で 保険だけを特に優遇するのではなく 保険の自助努力の側面も考慮した上で トータルで見直すべきであり 昔の議論とは大分変わってきた とする ドイツでは 正に生命保険と他の金融商品との平等な取り扱いが問題となり 2004 年税制改正においてその問題を克服するべく大改正が行われており その経緯はわが国においても参考になると考える (3) 貯蓄控除制度 ( 参照 ) 貯蓄控除制度は昭和 33 年および34 年限りの臨時措置として創設 実施されたものである 当面の経済上の要請にてらし 国民貯蓄増強のための運動を組織的に推進していく一環 として行われたが この制度自体は税制としてきわめて異例の措置であり 現在の特殊な経済情勢のもとにおいてのみ許されるべきものであって 長期にわたつて存続させるべきものではない 33) と説明されている この制度は 1 預貯金 ( 預金 郵便貯金 定期積金 相互掛金若しくは合同運用信託 ( 貸付信託を除く )) に関する一定の金融機関との契約 2 証券 ( 公債 社債 貸付信託若しくは証券投資信託の受益証券若しくは株式 ) の購 33) 昭和 32 年 12 月税制特別調査会 税制特別調査会答申 6 頁 45

14 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 入に関する一定の証券業者との契約 3 生命保険 ( 郵便年金を含む ) に関する契約で一定のものを締結し 当該契約に基づく貯蓄を行った場合 所得税額控除 ( 貯蓄金額の3%) の対象となるものであった ( 昭和 33 年法律第 38 号租税特別措置法の一部を改正する法律 41 条の2から 41 条の6) 臨時措置とはいえ この貯蓄控除制度においては 貯蓄増強の名のもと 生命保険も預貯金や証券と同等に課税上扱われていた点は興味深い ただし この当時と現在を比べて 生命保険は飛躍的に発展し種類が豊富となっており 本稿では 貯蓄控除制度のように生命保険を一括りとして他の金融商品と課税上の均衡をはかることをよしとは考えていない Ⅱ ドイツ 米国における課税上の取扱い 1 ドイツドイツでは 2001 年にリースター年金を公的年金の補完として導入したが 公的年金の加入義務のない自営業者はその対象とされていなかったため 2004 年にすべての者を対象とするリュールップ年金が導入された リースター年金およびリュールップ年金は個人年金に属する 34) 生命保険の課税関係は リュールップ年金導入に伴う2004 年老齢所得法によって 2005 年 1 月 1 日を境に大きく変更された ここでは まず リュールップ委員会報告までの経緯について若干触れ その後 生命保険に関する課税関係を12005 年 1 月 1 日前と2それ以降に分けて整理する (1)2004 年老齢所得法による改正までの経緯とリュールップ委員会報告 34) 田中 前掲注 2)38~39 頁 46

15 連邦大蔵省は 貯蓄形態の生命保険を課税上過度に優遇しているという認識を従前から有しており 1986 年に 連邦大蔵省諮問委員会は 優遇税制による税を通じた補助金 (Steuersubvention) の撤廃を強く勧告した 35) 1999 年に 両院協議会において 生命保険に関する課税の優遇措置を縮減する提言が出されたが その後取り下げられた 36) 両院協議会の説明によると 取り下げの理由は以下の通りである 37) 保険金一時払生命保険 (Kapitallebensversicherung) からの収益に対する課税は 法的根拠に反して 私的な老齢保障に対する基本的な課税要件を統一するものではなく 新しい規定が課税の簡素化のために貢献するものでもない 私的な老齢保障 ( 例えば 保険金一時払生命保険 私的年金 老齢保障ファンド (AS-Fonds) 貯蓄) に対する現在の課税上の取扱いは 様々な特徴と部分的な優遇措置によって画されている そのため 個々の修正はおそらく課税上保障形式をより高く評価することになり 優遇はそのまま残るため適当ではなく 課税上平等な取扱いが確立されなければならない より一層の課税の公平性と透明性を有するような基本的な課税要件の統一は 老齢保障すべてを範囲に含めることにより 老齢者課税の基本的かつ体系的な再編成の枠内でのみ現実のものとなる 根本的な改正には 年金課税に対する連邦憲法裁判所判決まで待たなければならない この連邦憲法裁判所判決は 2002 年の連邦憲法裁判所判決 (BVerfG, 2 BvL17/99 vom ) と推察される 当該判決では 官吏恩給へ 35)Fischer, Mehr Schatten als Licht im Steuerrecht der Altersvorsorgeaufwendungen und Altersbezüge, Erste Gedanken zum Abschlussbericht der Sachverständigenkommision( Rürup-Kommission), BB 2003, S )Fischer, a.a.o., S )BR-Drucks.636/99. 47

16 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 の課税と法定年金への課税の違いは 基本法 (Grundgesetz)3 条 1 項の平等原則に違反するとして 立法者に2005 年 1 月 1 日に有効な新規定を制定する義務を負わせた 38) この判決の後 2003 年に 資産形成型の生命保険と他の投資商品の課税を同様にすべきとするリュールップ委員会の方針が示された 即ち 1 資産形成型の生命保険と他の投資商品とを課税上同様に扱うため 貯蓄持分付保険金一時払生命保険は投資商品とみなすとともに 保険料に特別支出控除を認めず その収益は課税に服させる 2 万一の備えの商品と投資商品を区別するため 万一の備えに対する保険料には徐々に特別支出控除を増やし 受取年金は徐々に課税していく というものであった 39) ドイツ保険協会は このリュールップ委員会の方針に抗議し 保険業界は 生命保険からの一時金支払いは老齢者の万が一の備えであり 課税すべきではないと主張した 40) が その後 2004 年の老齢所得法によって 2005 年 1 月 1 日以降の生命保険税制は所得税法 (Einkommensteuergesetz) 上 大幅に改正されることとなった (2) 保険料拠出時 年 1 月 1 日前次の (a) から (d) に掲げる死亡保険または生存保険の保険料は 総所得からの控除項目として特別支出控除の対象とされていた ( 旧所得税法 10 条 1 項 2 号 b) 38) 本判決およびそれに伴う年金税制改正については 宮本十至子 年金と課税方式について - 公的年金等の課税を中心に 税大ジャーナル 15 号 (2010) 24 頁以下参照 39)Handelsblatt, , Risthaus, Nueregelung der Besteuerung von Kapitallebensversicherungen nach 20 Abs. 1 Nr. 6 EStG-Klarstellungen der Finanzverwaltung durch das BMF-Schreiben vom , DB 2006, S )Handelsblatt,

17 (a) 専ら死亡事故に対して給付を行う死亡保険 (b) 保険金一時払選択権のない年金保険 (c) 契約締結後 12 年未満は保険金一時払選択権を行使することができない場合の経常的な保険料支払方法による保険金一時払選択権付年金保険 (d) 契約が最低 12 年間締結されている場合の経常的な保険料支払方法による貯蓄持分付保険金一時払保険特別支出控除の対象をこれら一定のものに限ったのは 純粋な老齢保障に対する支出にのみ控除を認め 一般的な資本蓄積に対するものには認めないためであるが 両者の区分の困難性は指摘されていた 41) 連邦大蔵省の書簡において 上記 (c) と (d) に関しては 貯蓄持分を有する経常的な保険料支払による一時金選択権を有する年金保険と保険金一時払生命保険であり 税制優遇と位置付けている 42) わが国の変額保険に類するファンド リンク保険 (fondsgebundene Lebensversicherung) については 当該保険料は 1974 年 8 月 5 日付改正所得税法によって 1975 年の課税期間から特別支出控除の適用除外とされた ( 旧所得税法 10 条 1 項 2 号 b 第 4 文 ) この適用除外は ファンド リンク保険がある種の資本蓄積契約に近いものであり 所得税に関する優遇は考慮に値しないため 課税上優遇される生命保険の範囲から除外されるべきである という財政委員会の見解に基づくものであった 43) 年 1 月 1 日以降 2005 年 1 月 1 日以降に契約を締結した生存保険および死亡保険に 41)K ティプケ著 / 木村弘之亮 吉村典久 西山由美訳 所得税 法人税 消費税 西ドイツ租税法 ( 木鐸社 1988)220 頁 (BT-Drucks. 7/1480 S.287) 42)BMF-Schreiben vom 22.Aug 2002, BStBl.Ⅰ2002,S )Deutscher Bundestag 7.Wahlperiode, Erster Bericht des Finanzausschusses (7.Ausschuß),

18 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 ついては原則として特別支出控除の適用はなくなった ( 所得税法 10 条 1 項 3 号 a) これまでの生命保険への特別支出控除規定に代わって リュールップ年金への特別支出控除規定が挿入されたとされる 44) ただし 2005 年 1 月 1 日前に保険期間が開始する生命保険で 2004 年 12 月 31 日までに保険料の払込みがある場合には 特別支出控除は引き続き適用できる ( 所得税法 10 条 1 項 3 号 bおよび3a) また 医療保険および介護保険 死亡事故の場合にのみ給付を予定している傷害保険および賠償責任保険並びに定期保険については 特別支出控除は引き続き認められている ( 所得税法 10 条 1 項 3a 号 ) 結果として 生命保険のうち保障機能の強い定期保険などを除いて 一般の生命保険への特別支出控除の適用は廃止された (3) 保険料運用時 保険金等給付時 年 1 月 1 日前 1974 年 12 月 31 日まで 生命保険に対する追加的な配当は 配当 剰余金の分配または利子のいずれに該当するかを問わず 当時の所得税法 20 条にいう資本収益にはあたらないという理由から 課税されていなかった 45) 1975 年 1 月 1 日以降 生存保険または死亡保険の保険料の中に含まれる貯蓄持分から生じる予定利率超過利息と予定利息については 資本財産から生じる所得として課税されるようになった ( 旧所得税法 20 条 1 項 6 号 ) ただし 保険料と相殺する場合 または保険事故が発生した場合もしくは契約締結から12 年経過後の契約の解約の場合に支払われる利子で旧所得税法 10 条 1 項 2 号 bに規定する保険から生じる利子については適用しない 資産形成型の生命保険の場合 死亡保険金 保険料払込期間が5 年以上かつ保険期間が12 年以上の満期保険金 解 44)Tipke/Lang, Steuerrecht 21.Auflage, Rz )Jürgen Marchand, Fondsgebundene Lebensversicherungen im Einkommensteuerreformgesetz, Der Betrieb, 1974, S.2430ff. 50

19 約返戻金 年金の受取は 非課税となっていた ( 旧所得税法 20 条 1 項 2b 号 ) ここでの資産形成型の生命保険とは 死亡保障が全保険契約期間中に払い込まれる保険料総額の最低 60% に達する保険をいい 死亡保障以外のリスクについても共に保険の対象になる場合には 就業不能及び介護のための保険料部分は考慮の対象から除かれる ( 旧所得税規則 (Einkommensteuer-Richtlinien)88) この運用益の課税上の取扱いは ファンド リンク保険にも適用されていた ( 旧所得税法 20 条 1 項 6 号第 5 文 ) 年 1 月 1 日以降 2004 年老齢所得法によって 2005 年 1 月 1 日以降 予定利率超過利息と予定利息の非課税規定は廃止され 46) 保険料運用時 保険金等給付時の課税は次の通りに改正された ( 所得税法 20 条 1 項 6 号 ) この改正において 保険の性質は死亡 生存 長寿リスクを取り除くことにあるとして この性質を欠く契約は課税上財産投資として扱われることになった 47) 貯蓄持分付保険金一時払保険契約が2004 年 12 月 31 日後に締結された場合には 終身年金支払を選択しない限り 生存保険金あるいは一時金選択権付年金契約の解約による給付金から支払保険料総額を引いた差額の収益部分が資本財産から生じる所得として課税されることになった ただし 納税義務者の60 歳満了後 かつ契約締結から12 年経過後に保険金が支払われる場合には その差額の半分を課税する ( 半額課税 ) これらの規定は ファンド リンク保険からの収益 終身年金支払ではない一時金選択権のない年金保険の生存時の収益 および一時金選択権のない年金保険契約の解約による収益について 適用するものとする ( 所得税法 20 条 1 項 6 号第 1,2,4 文 ) 46)Tipke/Lang,a.a.O., Rz )BMF-Schreiben vom 1.Okt.2009,BStBl.I 2009, S.1172,Rz.2. 51

20 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 さらに Jahressteuergesetz 2009による改正では 上記規定に源泉税 (Abgeltungsteuer) 回避に対する濫用条項 (Missbrauchsklauseln) が挿入された ( 所得税法 20 条 1 項 6 号第 5,6 文 ) すなわち 1 資産形成型の保険契約を生命保険の優遇課税 ( 運用時非課税 給付時課税 ) から除外し 保険会社に流入する利子 配当 譲渡収益などの資本収益を保険契約の経済上の権利者に直接加算して 源泉税を負担させる ( 第 5 文 ) 48) 2 保険金一時払生命保険が最低死亡保障基準を満たさない限り 資本財産所得の半額課税を認めない ( 第 6 文 ) 49) こととした 50) (4) 小括ドイツは 他の投資商品との課税のバランスを考慮しつつ 長い年月をかけて徐々に生命保険税制の改正を行ってきたが 連邦憲法裁判所判決およびリュールップ委員会の方針決定により大幅に改正されることとなった 社会保障制度改革の一貫として公的年金を補完するた 48)BMF vom 1.Okt. 2009, a.a.o., Rz. 34a. 第 5 文の規定は 次の通り ある保険契約で この契約のために特別に編成された投資について個々の管理が取り決められ 公開指数を反映するが未公開の投資ファンド持分または投資が制限されており 経済上の権利者は投資対象物の譲渡および収益の再投資について直接または間接的に定めることができる場合には ( 資産形成型の保険契約 ) 保険会社に流入した収益は 保険契約の経済上の権利者に加算する この場合 第 1 文から 4 文までは適用しない 49) 第 6 文の規定は 次の通り 半額課税 ( 第 2 文 ) は 次の場合には適用しない a) 一定額で満期時まで決められた継続的な保険料払込をする保険金一時払生命保険契約の場合に 保険事故発生時の契約上の給付が 全保険期間に支払われる支払保険料総額の 50% 未満である b) 保険金一時払生命保険契約の場合に 保険事故発生時の契約上の給付が 契約締結後遅くとも 5 年間 責任準備金または保険の時価に 責任準備金 時価若しくは支払保険料総額の 10% を加算した金額未満である この割合は 契約期間の終わりまでに 毎年均等に ゼロまで下がる 50)Tipke/Lang,a.a.O., Rz

21 めにリースター年金やリュールップ年金といった個人年金を導入し それらの加入を促進する優遇税制を実施すると同時に 従来からの懸案事項であった他の金融商品との課税の公平性の問題を一掃するべく生命保険への課税強化となる抜本的改革を行った この課税強化の分水嶺は死亡保障の有無にある このような取扱いは 米国でも行われている 次にその概要を見てみよう 2 米国ここでは 米国の生命保険の課税上の取扱いについて概略を示しておく 米国には そもそもわが国の生命保険料控除に類する制度はないが 課税上の優遇を受ける生命保険契約を税法上で規定している (1) 適格要件米国では 私法上の保険該当性に関係なく 内国歳入法典上で 生命保険契約 を定義し (I.R.C. 7702) この要件該当により生命保険としての課税上の便益を享受できることになっている 年金に関する一般課税規定 (annuity under I.R.C. 72) は別に置いている この生命保険契約に関する規定は 1984 年改正法 (Deficit Reduction Act of 1984) により導入されたものであり この改正法以前には 内国歳入法典上 生命保険契約の定義規定はなく わが国と同様 生命保険会社と締結した契約を生命保険契約として扱っていた 51) 生命保険契約の定義規定を導入した理由は 投資重視の生命保険商品の急激な増加に対処するためであった 52) その結果 州法または外国法上生命保険契約に該当しても 次に掲げるI.R.C. 7702(a) に規定する適格要件に該当しない限り 課税上は生命保険契約として扱わないこととし 伝統的な保険の特徴である死亡リスクの保障要素よりも投資要素 51)General Explanation of the Revenue Provisions of the Deficit Reduction Act of 1984(H.R. 4170, 98 th Congress; Public law ), at )Id, at

22 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 が強い契約は除外されることとなった すなわち I.R.C. 7702(a) では 合理的な利率で積立てられる解約返戻金を有する伝統的な終身保険を適格とし養老保険のような投資重視の契約を除外するため 53) 1Cash value accumulation testを充足する契約 (I.R.C. 7702(b)) または 生命保険の定義は 相対的に適度な投資のみを要求し かつ相対的に適度な投資利益を認める契約に制限するため 54 ) 2 ( イ )Guideline premium requirementsを充足し (I.R.C. 7702(c)) かつ ( ロ ) Cash value corridorの範囲内にある契約 (I.R.C. 7702(d)) を適格生命保険契約として規定する 55) (2) 適格の場合米国では 拠出時にわが国の生命保険料控除のような優遇措置はない 運用時に 利殖部分 (inside build up) の課税が繰延べられる (I.R.C 451(a)) 利殖部分とは 課税年度中の正味解約返戻金の増加額と生命保険保障費用の額の合計額からその課税年度中の支払保険料を控除して計算される (I.R.C. 7702(g)(1)(B)) 生命保険保障費用は 5 歳ごとの均一保険料 (uniform premium) に基づく個々の被保険者の保険費用または契約に定められている危険保険料のいずれか少ない金額である (I.R.C. 7702(g)(1)(D)) 保険期間の途中で非適格になった場合は 課税が繰延べられていた部分は 非適格になった年に課税される 給付時には 死亡保険金は原則として非課税であり (I.R.C. 101(a)(1)) 満期保険金 解約返戻金については受取総額が払込保険料を超える部分に対して所得税が課税される (3) 非適格の場合 53)Id, at )Id, at ) 各要件の内容については 渋谷雅弘 生命保険に関する税制 日税研論集 41 巻 114 から 115 頁 54

23 運用時に 保険所有者は解約返戻金の増加を表す利殖部分が毎年通常所得として課税される (I.R.C. 7702(g)(1)(A)) 利殖部分は保険が実際に解約されるまで実現しないが その未実現収益にあえて課税することによって適格要件に該当しない保険の発行を妨げる目的を持つ 56) 死亡保険金給付時には 死亡保険金が正味解約返戻金を超える部分の金額が非課税とされる (I.R.C. 7702(g)(2)) 解約返戻金は 支払保険料と課税済収益から構成されるため 資本の返還として総所得から除外される 57) 適格要件に該当しないものは定期保険と年金 (annuity under I.R.C. 72) の組合せとして捉え 58) 保険保障要素と投資要素とを課税上区分している Ⅲ 若干の検討ドイツおよび米国では 課税上優遇措置の適用のある生命保険を判断する基準を私法による分類に委ねるのではなく 税法独自に規定している その基準は 生命保険の持つ保障機能と投資機能を切り分けようとするものであり 保障機能のみを有する生命保険には課税上の優遇措置の適用を認め 投資機能を合わせて有する生命保険は他の投資商品と能う限り同様の課税に服するようにしている Ⅰ 章で概観したように わが国でも税制調査会等の生命保険税制の検討に際しては 保険の保障機能を重視する一方で他の金融商品との課税の均衡が常に考慮されていた 現行税制においてもその考慮はい 56)Boris I. Bittker, Mertin J. McMahon, Lawrence A. Zelenak, Federal Income Taxation of Individuals Third Edition, at )Id, at 6-3, )Supra note 51, at

24 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 くつか具現している 例えば 先述の一時払い養老保険に対する源泉分離課税は 生命保険を実質的に判断した取扱いといえる 昭和 35 年答申では 定期積金の給付補てん金等が利子所得に分類されていないこと 59) について 法律的な性格に着目したためであろうか 経済的に利子であることは明らかであり 実質を重視する税法のたてまえとして従来の考え方には疑問がある として 法規制による分類ではなく 経済的実質に着目し 税法上利子所得に分類するのが適当であるとしていた 当該答申において 定期積金の給付補てん金等 に一定の生命保険を含んでいたのかは明らかではないが その後昭和 62 年度税制改正で 5 年以内の一時払い養老保険が金融類似商品に含められることとなり ようやく昭和 35 年答申の内容が生命保険についても反映されたといえよう ただし 当該答申が示した利子所得への所得分類の変更ではなく 雑所得に分類したまま源泉分離課税という課税方法の統一をはかっている 一方 所得税法上 生命保険を 利子等とみなして 利子所得課税をする場合がある 所得税法上の預貯金には 銀行その他の金融機関に対する預金及び貯金のほか 金融商品取引法に規定する一定の金融商品取引業者に対する預託金で 勤労者財産形成貯蓄契約等に基づく有価証券の購入のためのものを含み ( 所得税法 2 条 1 項 10 号 所得税法施行令 2 条 ) これらの利子は利子所得に分類される( 所得税法 23 条 ) 勤労者財産形成貯蓄契約等に係る生命保険等について その保険に基づき支払われる一時金のうち一定の満期返戻金等の額から当該生命保険等に係る保険料の金額の合計額を控除した差益は利子等とみなして利子所得の規定が適用され 当該保険料には生命保険料控除の適用はない ( 租税特別措置法 4の4 第 1 項 2 項 ) これについて こ 59) その実質が利子所得と同様な性質を有するが 基本となる契約関係が異なることから所得分類が異な るとの指摘がある ( 注解所得税法研究会編 五訂版注解所得税法 ( 大蔵財務協会 2011 年 )264 頁 ) 56

25 の保険商品が財形貯蓄の一部に生命保険を加えるために特に設計されたもので 一般の死亡危険を保険せず 配当も利差益に係る部分についてしか行われないなどの点において一般の保険商品と異なっており いわば 利子しかない 貯蓄商品という性格 を有しており 預貯金等の他の財形貯蓄に対する課税上の取扱いとの均衡上 利子等とみなして課税上取り扱われている 60) 金融類似商品があくまでも所得分類上雑所得とされ 課税方法で源泉分離課税に服するのに対し この場合の生命保険からの収益は実質を重視し あえて 利子等とみなして 課税関係を構築している点は わが国でも死亡保障の存在が課税上保険に区分される指標であることを示しているといえよう 故に 変額保険は投資的要素を多分に含みながらも死亡保険金に最低保証を付し死亡保障を確実に行っていることから保険としての課税上の取扱いに服するとも考えられる また 個人年金保険料控除の対象となる生命保険契約は 年金の給付を目的とするもの ( 退職年金の給付を目的とするものを除く ) で当該契約の内容が一定の要件 61) を満たすものに限っている この要件は 60) 注解所得税法研究会編 五訂版注解所得税法 ( 大蔵財務協会 2011 年 ) 293 から 294 頁 61) 個人年金保険契約に該当する要件は 以下の四つである ( 所得税法施行令 211 条 1 号 ) 1 契約に基づく年金以外の金銭の支払は剰余金の分配及び解約返戻金の支払を除き 当該契約で定める被保険者が死亡し 又は重度の障害に該当することなった場合に限り行うものであること 2 当該契約で定める被保険者が死亡し 又は重度の障害に該当することとなった場合に支払う金銭の額は 当該契約の締結の日以後の期間又は支払保険料の総額に応じて逓増的に定められていること 3 当該契約に基づく年金の支払は 当該年金の支払期間を通じて年一回以上定期に行うものであり かつ 当該契約に基づき支払うべき年金 ( 年金の支払開始日から一定の期間内に年金受取人が死亡してもなお年金を支払う旨の定めのある契約にあっては 当該一定の期間内に支払うべき年金とする ) の一部を一括して支払う旨の定めがないこと 4 当該契約に基づく剰余金の金銭による分配は 当該分配を受ける剰余金をもって当該契約に係る保険料の払込みに充てられる部分を除き 年金の支払開 57

26 生命保険に係る個人所得課税上の諸問題 一般の養老保険や定期保険と区分し 年金目的の保険の性格を特徴づけるものであり 公的年金と合わせて老後にわたる年々の経常的な生活資金を確保することにより生活の安定を図ることに狙い があるとされる 62) Ⅰ 章で 生命保険契約 に触れたように わが国では 保険法上保険を定義しておらず 保険契約該当性は実質で判断されることになるが 所得税法上は あくまでも保険会社と契約した生命保険契約を前提としている その点で 現行所得税法上 金融商品との区分に際しての実質判断は制約されるが その制約の中にあって これらの規定は 保険を切り分けるため課税上性質分類を積極的に行っていると評価できる 運用益部分への課税については 現行税制上即時課税となっていない この点に関して 長期的視点からは即時課税 ( 源泉徴収 ) 導入の可能性はあるものの 短期的には各国とも運用益の即時課税は行っていないことを理由の一つとする指摘がある 63) しかしながら ドイツおよび米国では他の金融商品との均衡を重要視し一部即時課税を行ってきている 保険商品が多様化する中で わが国においても 金融所得課税の一体化の観点 からは 運用益の即時課税は検討項目に入りうる 運用益に対する即時課税を行うには 保険料拠出時 運用時 保険金等給付時の課税関係を総合的 一体的に再構築する必要があろう 始日前において行わないもの又は当該剰余金の分配をする日の属する年において払い込むべき当該保険料の金額の範囲内の額とするものであること 62) 改正税法のすべて ( 昭和 59 年版 ) 36 頁 63) 吉牟田勲 年金税制改革の観点 税経通信 50 巻 4 号 (1995)19 頁 58

27 おわりにわが国の生命保険をめぐる所得課税は 金融所得一体課税の枠組みでの課税の中立性と社会保障と税の一体改革の枠組みでの税制優遇措置の必要性のはざまで相反する方向に牽引されている その牽引状況の中で いかにバランスをとるかによって 生命保険に対する所得課税の在り方は異なってくる 生命保険のうち 金融所得課税の一体化 のもとで他の貯蓄商品や投資商品と同様に扱うべきもの 社会保障と税の一体改革 のもとで加入促進を促すため課税上優遇すべきもの 64) をそれぞれ税法独自に切り分ける必要がある それらの鍵となるものが 死亡保障 であり 公的年金の補完 であるといえ その峻別基準の明確化が求められる その際には 本稿で概観したドイツや米国の考え方および基準は一定程度わが国への示唆を有するといえよう 英国の制度は わが国で生命保険料控除を導入する際に参照としていたが 本稿では英国制度の変遷に触れることができなかった 今後取り組んでいきたい * 本稿は 生命保険文化センターの平成 25 年度研究助成の成果の一部であり 平成 26 年 4 月 12 日 ( 土 ) 開催の保険学セミナーでの報告を基礎にしている 64) 生命保険協会の 平成 27 年度税制改正に関する要望 では 社会保障制度改革を考える上では 少子高齢化の急速な進展や国 地方財政等の状況を踏まえると 公私二本柱の生活保障 という理念のもと 公的保障 私的保障のそれぞれが 各役割を果たし 互いが補完し合って 国民の生活保障を支えていく体制 を構築することが重要 であり 国民一人ひとりが必要な私的保障の準備を自ら行うことを促すための環境整備等の観点から 社会保障制度の見直しに応じて 自助努力を支援する生命保険料控除制度を拡充していくことが必要 とされる 59

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382C98AD682B782E D5F E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382C98AD682B782E D5F E646F63> 平成 28 年度税制改正に関する要望 平成 27 年 7 月 - 所得税法上および地方税法上の生命 介護医療 個人年金の各保険料控除の最高限度額を少なくとも 5 万円および 3.5 万円とすること また 所得税法上の保険料控除の合計適用限度額を少なくとも 15 万円とすること ( 所得税法第 76 条 地方税法第 34 条 同法第 314 条の 2) 平成 23 年 12 月までの契約 平成 24

More information

[2] 株式の場合 (1) 発行会社以外に譲渡した場合株式の譲渡による譲渡所得は 上記の 不動産の場合 と同様に 譲渡収入から取得費および譲渡費用を控除した金額とされます (2) 発行会社に譲渡した場合株式を発行会社に譲渡した場合は 一定の場合を除いて 売却価格を 資本金等の払戻し と 留保利益の分

[2] 株式の場合 (1) 発行会社以外に譲渡した場合株式の譲渡による譲渡所得は 上記の 不動産の場合 と同様に 譲渡収入から取得費および譲渡費用を控除した金額とされます (2) 発行会社に譲渡した場合株式を発行会社に譲渡した場合は 一定の場合を除いて 売却価格を 資本金等の払戻し と 留保利益の分 相続した財産を譲渡した場合の税務 坂本和則相談部東京相談室花野稔相談部大阪相談室 相続した財産 ( 不動産や株式など ) を譲渡し 相続税の納税資金を捻出する場合があります 特に譲渡する株式が非上場株式である場合は 譲渡しようとしても流通性が乏しく また買取資金を用意する関係などからも その株式を発行会社に買取ってもらうケースが多いと思われます そうしたケースをはじめ 財産の譲渡による所得には 原則として所得税と住民税が課税されますが

More information

経 [2] 証券投資信託の償還 解約等の取扱い 平成 20 年度税制改正によって 株式投資信託等の終了 一部の解約等により交付を受ける金銭の額 ( 公募株式投資信託等は全額 公募株式投資信託等以外は一定の金額 ) は 譲渡所得等に係る収入金額とみなすこととされてきました これが平成 25 年度税制改

経 [2] 証券投資信託の償還 解約等の取扱い 平成 20 年度税制改正によって 株式投資信託等の終了 一部の解約等により交付を受ける金銭の額 ( 公募株式投資信託等は全額 公募株式投資信託等以外は一定の金額 ) は 譲渡所得等に係る収入金額とみなすこととされてきました これが平成 25 年度税制改 経 ViewPoint 営相 ~ 金融所得課税の新ルールを解説 ~ 談金融 証券税制の改正 福田和仁部東京室 平成 25 年度税制改正では 平成 28 年 1 月 1 日以後の金融所得課税の一体化を進める観点から 公社債等および株式等に係る所得に対する課税が大きく変更されました 今回は 平成 28 年 1 月 1 日以後の金融 証券税制のポイントを解説します 1. はじめに 平成 28 年 1 月

More information

スライド 1

スライド 1 FX 取引に係る確定申告について 税理士法人髙野総合会計事務所税理士伊藤博昭 1. 確定申告とは 確定申告の概要 確定申告とは 個人の 1 年間 (1 月 1 日から 12 月 31 日まで ) の所得 ( 利益 ) に係る所得税額を申告する手続きをいいます 申告期限は 3 月 15 日までです 所得税額は以下のように計算されます < 所得税額の算出イメージ > A 所得 ( 利益 ) (10 種類

More information

「公的年金からの特別徴収《Q&A

「公的年金からの特別徴収《Q&A 市民税 県民税の公的年金からの特別徴収 Q&A Q1 どうして公的年金から市 県民税の特別徴収を行うのですか A1 納税の利便性向上に地方税法が改正されました 納税者の方は 市役所の窓口や金融機関に出向く必要がなくなり 納め忘れがなくなります また 納期が年 4 回から 6 回になり 1 回あたりの負担額が軽減されます Q2 公的年金からの特別徴収は 本人の希望に基づく選択肢はありますか A2 本人の希望で納める方法を選択することは出来ません

More information

( )

( ) ( ) わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 ( 配当込み 以下同じ ) に連動する投資成果をめざします わが国のリート ( 不動産投資信託 ) に投資し 東京証券取引所が算出 公表する 東証 REIT 指数 に連動する投資成果をめざして運用を行ないます 組入銘柄はベンチマークである 東証 REIT 指数 の構成銘柄 ( 採用予定を含みます

More information

1 仮想通貨の売却問保有する仮想通貨を売却 ( 日本円に換金 ) した際の所得の計算方法を教えてください ( 例 )3 月 9 日 2,000,000 円 ( 支払手数料を含む ) で4ビットコインを購入した 5 月 20 日 0.2 ビットコイン ( 支払手数料を含む ) を 110,000 円で

1 仮想通貨の売却問保有する仮想通貨を売却 ( 日本円に換金 ) した際の所得の計算方法を教えてください ( 例 )3 月 9 日 2,000,000 円 ( 支払手数料を含む ) で4ビットコインを購入した 5 月 20 日 0.2 ビットコイン ( 支払手数料を含む ) を 110,000 円で 個人課税課情報第 4 号平成 29 年 12 月 1 日 国税庁個人課税課 仮想通貨に関する所得の計算方法等について ( 情報 ) ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益については 事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き 原則として 雑所得に区分され 所得税の確定申告が必要となります この情報 (FAQ) は 確定申告の対象となる仮想通貨の損益やその具体的な計算方法等について

More information

Microsoft Word - 個人住民税について

Microsoft Word - 個人住民税について 住民税の税額の計算方法 住民税とは 住民税とは 市区町村民税と都道府県民税の2つからなる税金のことです 住民税は 税金を負担する能力のある人が均等の額によって負担する均等割と その人の所得金額に応じて負担する所得割の2つから構成され その年の1 月 1 日現在において住所を有する市区町村で前年の所得に基づいて課税されることになっています また 納税者の便宜を図るため都道府県民税と併せて申告と納税をしていただくことになっています

More information

公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金

公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金 公共債の税金について Q 公共債の利子に対する税金はどのようになっていますか? 平成 28 年 1 月 1 日以後に個人のお客様が支払いを受ける国債や地方債などの特定公社債 ( 注 1) の利子については 申告分離課税の対象となります なお 利子の支払いを受ける際に源泉徴収 ( 注 2) された税金だけで課税関係を終了することもできます ( 確定申告不要制度の対象 ) 公共債の利子 平成 27 年

More information

検査の背景 (1) 事業者免税点制度消費一般に幅広く負担を求めるという消費税の課税の趣旨等の観点からは 消費税の納税義務を免除される事業者 ( 以下 免税事業者 という ) は極力設けないことが望ましいとされている 一方 小規模事業者の事務処理能力等を勘案し 課税期間に係る基準期間 ( 個人事業者で

検査の背景 (1) 事業者免税点制度消費一般に幅広く負担を求めるという消費税の課税の趣旨等の観点からは 消費税の納税義務を免除される事業者 ( 以下 免税事業者 という ) は極力設けないことが望ましいとされている 一方 小規模事業者の事務処理能力等を勘案し 課税期間に係る基準期間 ( 個人事業者で 会計検査院法第 30 条の 2 の規定に基づく報告書 ( 要旨 ) 消費税の課税期間に係る基準期間がない法人の納税義務の 免除について 平成 23 年 10 月 会計検査院 検査の背景 (1) 事業者免税点制度消費一般に幅広く負担を求めるという消費税の課税の趣旨等の観点からは 消費税の納税義務を免除される事業者 ( 以下 免税事業者 という ) は極力設けないことが望ましいとされている 一方 小規模事業者の事務処理能力等を勘案し

More information

平成19年度分から

平成19年度分から 平成 1 9 年度分から 個人がかわります 個人道民税と個人市町村民税をあわせて 一般に個人と呼ばれています 以下 と表記します 税源移譲により税率が変わります どのように変わるの? の所得割の税率が に統一されます の所得割の税率は 課税所得の金額に応じて 3 段階 ( 超過累進構造 ) に分けられていましたが 課税所得の多少に関わらず一律 ( 比例税率構造 ) に統一されます 税源移譲前税源移譲後平成

More information

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63>

<4D F736F F D20944E8BE093C192A5837A815B B83572E646F63> 公的年金を受給されているみなさまへ 住民税の年金からの引き落としが始まります 平成 20 年 4 月の地方税法改正により これまで納付書や口座振替で納付していただいていた公的年金にかかる住民税を平成 21 年 10 月支給分の年金から直接引かせていただく制度 ( 特別徴収制度 ) が開始されます これにより この特別徴収制度対象の方は 年 4 回の納期が年 6 回になり 1 回あたりの負担額が軽減されるほか

More information

上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年 1 月 1 日 ~ 平成 25 年 12 月 31 日 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 49 年 12 月 31 日 平成 50 年 1 月 1 日 ~ % (

上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年 1 月 1 日 ~ 平成 25 年 12 月 31 日 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 49 年 12 月 31 日 平成 50 年 1 月 1 日 ~ % ( 証券税制について 丸三証券株式会社 当資料は 個人のお客様の税制を解説しています 法人のお客様については 税制が異なる点がありますので 詳しくは担当者等にお電話でお問い合わせ下さい 課税は納税者の状況等によって異なりますので 具体的な税務上の質問等は 税理士等の専門家にご相談下さい 上場株式等の譲渡益に係る課税 上場株式等の税金について 上場株式等の譲渡益に係る税率は以下の通りです 平成 25 年

More information

Ⅰ 年の中途で行う年末調整の対象となる人 年末調整は 原則として給与の支払者に 給与所得者の扶養控除等 ( 異動 ) 申告書 ( 以下 扶養控除等申告書 といいます ) を提出している人について その年最後に給与の支払をする時に行うことになっていますので 通常は12 月に行うこととなりますが 次に掲

Ⅰ 年の中途で行う年末調整の対象となる人 年末調整は 原則として給与の支払者に 給与所得者の扶養控除等 ( 異動 ) 申告書 ( 以下 扶養控除等申告書 といいます ) を提出している人について その年最後に給与の支払をする時に行うことになっていますので 通常は12 月に行うこととなりますが 次に掲 平成 22 年分年末調整の手順と税額の速算表等 この冊子は 年の途中で平成 22 年分の給与について年末調整を行う場合に使用します 平成 22 年分の年末調整のための所得税額の速算表 平成 22 年分の配偶者特別控除額の早見表 平成 22 年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表 ( 所得税法別表第五 ) 平成 22 年分の配偶者控除額 扶養控除額 基礎控除額及び障害者等の控除額の合計額の早見表

More information

注4.公 的年金等に係る雑所得の計算 受給 者 の年 齢 年金収入金額 年金所得金額 0円 1,200,000円 65歳 以上 (昭 和 25年 1月 1日 1,200,001円 3,299,999円 3,300,000円 4,099,999円 以前に生まれた人 4,100,000円 7,699,999円 - 1,200,000円 75% - 375,000円 年金収入 年金収入 85% - 785,000円

More information

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計

適用時期 5. 本実務対応報告は 公表日以後最初に終了する事業年度のみに適用する ただし 平成 28 年 4 月 1 日以後最初に終了する事業年度が本実務対応報告の公表日前に終了している場合には 当該事業年度に本実務対応報告を適用することができる 議決 6. 本実務対応報告は 第 338 回企業会計 実務対応報告第 32 号平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い 平成 28 年 6 月 17 日企業会計基準委員会 目的 1. 本実務対応報告は 平成 28 年度税制改正に係る減価償却方法の改正 ( 平成 28 年 4 月 1 日以後に取得する建物附属設備及び構築物の法人税法上の減価償却方法について 定率法が廃止されて定額法のみとなる見直し ) に対応して 必要と考えられる取扱いを示すことを目的とする

More information

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC 東近江市補助金制度に関する改革指針 の答申 1 1. 法令または契約等によって地方公共団体が負担することとなるもの (1) 特定の事業について 地方公共団体が当該事業から特別の利益を受けることに対して その事業に要する経費の全部または一部の金額を負担する場合 (2) 一定の事業等について 財政政策上またはその他の見地からその事業等に要する経費の負担割合が定められているときに その負担区分により負担する場合

More information

強制加入被保険者(法7) ケース1

強制加入被保険者(法7) ケース1 INDEX 目次 生計維持 :13 分 1. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 1 2. 生計維持 生計同一関係 3. 生計維持関係の認定日 4. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 2 5. 生計同一に関する認定要件 6. 収入に関する認定要件 7. 生計維持関係の認定基準及び認定の取扱い 3 8. 生計同一関係の認定基準及び認定の取扱い 9. 生計維持関係 生計同一関係の認定要件の相違点

More information

虢 虢 虢 136 桃山学院大学経済経営論集 第57巻第4号 図表5 1 個別所得計算における連結所得調整 クロス集計 図表5 2 個別所得計算における連結所得調整 基本統計量

More information

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い

この特例は居住期間が短期間でも その家屋がその人の日常の生活状況などから 生活の本拠として居住しているものであれば適用が受けられます ただし 次のような場合には 適用はありません 1 居住用財産の特例の適用を受けるためのみの目的で入居した場合 2 自己の居住用家屋の新築期間中や改築期間中だけの仮住い 居住用財産を譲渡した場合の課税の特例 3 000 N 個人が自分の住んでいる家屋や敷地を譲渡した場合には その譲渡による所得税 住民税を軽減する特例がいろいろと設けられています これらの特例は 売却した住宅の譲渡益に税金を課税することにより新しい住宅の購入資金から その税金分が目減りすることを防止するために設けられました 特例の適用が受けられる居住用財産の譲渡とは 次の譲渡をさします 1 個人が 現にその居住の用に供している家屋を譲渡した場合

More information

untitled

untitled http://www.am.mufg.jp/ 0120-151034 手続 手数料等 お申込みメモ 購入単位購入価額購入代金当初元本換金単位換金価額換金代金 10 万口の整数倍で販売会社が定める単位販売会社にご確認ください 購入申込受付日の翌営業日の基準価額 基準価額は 100 口当たりで表示されます 基準価額は委託会社の照会先でご確認ください 販売会社が指定する期日までにお支払いください

More information

高年齢者等の雇用の安定等に関する 法律の一部を改正する法律 の概要 平成24年8月29日成立 少子高齢化が急速に進展し 若者 女性 高齢者 障害者など働くことが できる人全ての就労促進を図り 社会を支える全員参加型社会の実現が求め られている中 高齢者の就労促進の一環として 継続雇用制度の対象となる 高年齢者につき事業主が定める基準に関する規定を削除し 高年齢者の雇用 確保措置を充実させる等の所要の改正を行う

More information

公募株式投資信託の解約請求および償還時

公募株式投資信託の解約請求および償還時 平成 20 年 12 月 1 日 お客さま各位 大同生命保険株式会社 運用企画部投信販売担当 平素は格別のお引き立てをいただき 厚く御礼申しあげます 平成 20 年度税制改正により 平成 21 年 1 月 1 日より証券税制が変更となります つきましては 当社でお取扱いしております公募株式投資信託 ( 以下 投資信託 ) に関わる税制改正の概要をお知らせいたしますので ご確認ください なお 今回お知らせする内容は平成

More information

生命保険は資産運用・資産形成にも使える~拠出時の生命保険料控除と、資産形成の動機づけに着目する

生命保険は資産運用・資産形成にも使える~拠出時の生命保険料控除と、資産形成の動機づけに着目する なるほど金融 徹底活用! 投資優遇税制第 6 回第 1 部 5 生命保険 2015 年 10 月 15 日 全 7 頁 生命保険は資産運用 資産形成にも使える 拠出時の生命保険料控除と 資産形成の動機づけに着目する 金融調査部研究員是枝俊悟このシリーズでは 個人投資家の視点に立って 複数の制度を横断的に比較分析し 各制度の活用法を徹底研究します 第 1 部でこの制度はどのような場合に利用するべきか

More information

2 2 上場株式等 の範囲の拡大 上場株式等には 上場株式 上場投資信託の受益権 (ETF) 上場不動産投資法人の投資口 (REIT) 公募株式等証券投資信託の受益権が含まれていた 今回の租税特別措置法の改正により 発行者の情報が一般に公開され その商品内容を入手することが容易に可能な公社債を 上場

2 2 上場株式等 の範囲の拡大 上場株式等には 上場株式 上場投資信託の受益権 (ETF) 上場不動産投資法人の投資口 (REIT) 公募株式等証券投資信託の受益権が含まれていた 今回の租税特別措置法の改正により 発行者の情報が一般に公開され その商品内容を入手することが容易に可能な公社債を 上場 CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2015 年 12 月 C ONTENTS 1 上場株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の創設 2 上場株式等 の範囲の拡大 3 申告分離課税制度 4 施行時期に関連する留意点 2016 年 1 月 1 日施行の証券税制改正弁護士福田直邦 弁護士先山雅規 2013 年 3 月 30 日に公布された所得税法等の一部を改正する法律 ( 平成 25

More information

< F2D BB82CC A90568B8C91CE8FC6>

< F2D BB82CC A90568B8C91CE8FC6> 地方税法施行規則等の一部を改正する省令 ( 記載要領 ) 新旧対照条文 ( 傍線の部分は改正部分 ) 改正後改正前 第 5 号の 14 様式備考 第 5 号の 14 様式備考 1 この特別徴収票は 地方税法 ( 以下 法 という ) 第 50 条の2 及び第 328 1 同左 条に規定する退職手当等について使用すること 2 この特別徴収票の記載の要領は 次によること 2 同左 (1) 住所又は居所

More information

所得税算出の流れ Q&A 通信の所得税の流れを詳しく教えてください 改めて以下の図版を見てください は収入から引かれる金額です 引かれる金 額の算出の計算方法をこれから解説します 1 支払金額 ( 給料 賞与 ) 2 給与所得控除後の金額 A 給与所得 所得税算出の流れ B 課税所得 D 所得税 E

所得税算出の流れ Q&A 通信の所得税の流れを詳しく教えてください 改めて以下の図版を見てください は収入から引かれる金額です 引かれる金 額の算出の計算方法をこれから解説します 1 支払金額 ( 給料 賞与 ) 2 給与所得控除後の金額 A 給与所得 所得税算出の流れ B 課税所得 D 所得税 E 給与所得の源泉徴収票 Q&A Q&A 通信 で給与所得の源泉徴収票の見方を解説しました その中で 改めて 給与所得控除 保険料控除について詳しく説明するのがこの冊子の内容です 普通のサラリーマンの場合は 以上の控除以外に所得税の税率 住宅借入金等特別控除を知っていれば十分に自分の給与所得の源泉徴収票を理解できるでしょう 平成 26 年 12 月 所得税算出の流れ Q&A 通信の所得税の流れを詳しく教えてください

More information

特 徴としくみ &LIFE 積立利率変動型終身保険 低解約返戻金型 なら 安心が一生涯続きます &LIFE 積立利率変動型終身保険 低解約返戻金型 は 積立利率変動型終身保険 低解約返戻金型 無配当 の販売名称です 1 2 死亡 高度障害の保障が一生涯続きます リビング ニーズ特約 も付加できます 詳しくは12ページを参照ください 金利変動に対応し 保険金額 解約返戻金が 増加するしくみがあります

More information

注4.公 的年金等 に係 る雑所得の計算 受給者 の年 齢 年金 所 得金額 年金 収入金額 0円 1,200,000円 65歳 以上 (昭 和 26年 1月 1日 以前に生まれた人) 3,299,999円 年金収入 3,300,000円 4,099,999円 年金収 入 75% 4,100,000円 7,699,999円 - 1,200,000円 - 375,000円 年金収入 85% - 785,000円

More information

改正された事項 ( 平成 23 年 12 月 2 日公布 施行 ) 増税 減税 1. 復興増税 企業関係 法人税額の 10% を 3 年間上乗せ 法人税の臨時増税 復興特別法人税の創設 1 復興特別法人税の内容 a. 納税義務者は? 法人 ( 収益事業を行うなどの人格のない社団等及び法人課税信託の引

改正された事項 ( 平成 23 年 12 月 2 日公布 施行 ) 増税 減税 1. 復興増税 企業関係 法人税額の 10% を 3 年間上乗せ 法人税の臨時増税 復興特別法人税の創設 1 復興特別法人税の内容 a. 納税義務者は? 法人 ( 収益事業を行うなどの人格のない社団等及び法人課税信託の引 復興増税と平成 23 年度税制改正案の一部が成立しました!! 平成 23 年 11 月 30 日に 東日本大震災からの復興施策としての復興増税 ( 法人税及び所得税などの 臨時増税 ) と 平成 23 年度税制改正案のうち一部 ( 法人税率の引き下げや中小法人の軽減税率の引 き下げなど ) が国会で成立し 平成 23 年 12 月 2 日に公布 施行されました 成立している主な改正事項 企業関係個人

More information

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取

b c.( 略 ) 2 不動産取得税の軽減に係るの発行信託会社等の地方税法附則第 11 条第 12 項に基づく不動産取得税の軽減のための同法施行令附則第 7 条第 12 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする イ ロ.( 略 ) 載があること c d.( 略 ) 2 不動産取 Ⅵ. 監督上の評価項目と諸手続 ( 投資運用業 ) 旧 Ⅵ-3-3-5 の発行 (1) 信託会社等に対するの発行 1 所有権の移転の登録免許税の軽減に係るの発行信託会社等の租税特別措置法第 83 条の 3 第 2 項の規定に基づく登録免許税軽減のための同法施行規則第 31 条の 6 第 2 項に規定するの発行等については 以下のとおり取り扱うものとする なお 当該信託会社等が租税特別措置法第 83

More information

特別障害者控除同居特別障害者寡婦控除特別寡婦控除寡夫控除 障害者控除に該当する場合のうち 障害の程度が身体障害者手帳 1 級または2 級の方や療育手帳 AまたはAの場合 また精神障害者手帳 1 級の場合等 納税者の配偶者その他の親族 ( 扶養親族や配偶者控除を受ける配偶者に限る ) が特別障害者でか

特別障害者控除同居特別障害者寡婦控除特別寡婦控除寡夫控除 障害者控除に該当する場合のうち 障害の程度が身体障害者手帳 1 級または2 級の方や療育手帳 AまたはAの場合 また精神障害者手帳 1 級の場合等 納税者の配偶者その他の親族 ( 扶養親族や配偶者控除を受ける配偶者に限る ) が特別障害者でか 所得控除 所得控除とは個人の実情にあった税金を負担していただくために 所得金額から差し引くものです (1) 人的控除人的控除に該当するかどうかは 前年 12 月 31 日の現状によって判定されます ただし その判定の対象となる人が前年中にすでに死亡している場合には その死亡時の現状によって判定されます * 生年月日は平成 28 年度住民税の場合 控除基礎控除配偶者控除老人配偶者控除配偶者特別控除一般の扶養控除特定扶養控除

More information

2013(平成25年度) 確定拠出年金実態調査 調査結果について.PDF

2013(平成25年度) 確定拠出年金実態調査 調査結果について.PDF ( 本件に関する問合せ先 ) 企業年金連合会会員センター運用 運営調査室板屋 工藤 TEL 03-5401-8712 FAX 03-5401-8727 2013( 平成 25 年度 ) 確定拠出年金実態調査調査結果について 平成 26 年 12 月 16 日 企業年金連合会 企業年金連合会では 確定拠出年金の運営状況について統計的に把握し 実施事業主の制度運営上の参考に供するとともに 制度の普及および発展に資することを目的に

More information

<88F38DFC E8F8A93BE92BC914F979D985F837D E815B816A>

<88F38DFC E8F8A93BE92BC914F979D985F837D E815B816A> 復興特別所得税に伴う理論マスタ - の追加 税 13 1 ー 1 納税義務者 Ⅳ その他 ( 復興特別所得税 )( 復興財確法 8 10 12 13) 1 納税義務者上記 Ⅰに掲げる所得税の納税義務者は 復興特別所得税の納税義務がある 2 課税標準復興特別所得税の課税標準は その年分の基準所得税額とする 3 基準所得税額基準所得税額とは 上記 Ⅱに掲げる所得につき計算した所得税の額 (

More information

第 4 章中第 34 条の次に次の 1 条を加える ( 行政指導の中止等の求め ) 第 34 条の 2 法令又は条例等に違反する行為の是正を求める行政指導 ( その根拠 となる規定が法律又は条例 ( 地方自治法第 252 条の17の2 第 1 項又は地方教育行政の組織及び運営に関する法律第 55 条

第 4 章中第 34 条の次に次の 1 条を加える ( 行政指導の中止等の求め ) 第 34 条の 2 法令又は条例等に違反する行為の是正を求める行政指導 ( その根拠 となる規定が法律又は条例 ( 地方自治法第 252 条の17の2 第 1 項又は地方教育行政の組織及び運営に関する法律第 55 条 議案第 2 号杉並区行政手続条例の一部を改正する条例上記の議案を提出する 平成 27 年 2 月 10 日提出者杉並区長田中良 杉並区行政手続条例の一部を改正する条例杉並区行政手続条例 ( 平成 7 年杉並区条例第 28 号 ) の一部を次のように改正する 第 4 章行政指導 ( 第目次中 第 4 章行政指導 ( 第 30 条 第 34 条 ) を第 4 章の2 処分等の 30 条 第 34 条の

More information

CONTENTS Nomura Fund August / September vol

CONTENTS Nomura Fund August / September vol CONTENTS Nomura Fund 21 2016.8-9 August / September vol.116 30 12 2 32 26 16 4 4 2 30 12 16 Thailand Khomloi festival 2 Nomura Fund 21 AUG / SEP.2016 Nomura Fund 21 AUG / SEP.2016 3 The C entral Bank

More information

05JPOWER_p1-40PDF.p....

05JPOWER_p1-40PDF.p.... 2005 目次 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 財務状況 1 日本の電気事業概要 1 1 連結財務ハイライト 15 2 当社の発電事業データ 3 2 連結財務諸表 17 3 当社と国内 海外電力会社との比較 5 3 連結収益 費用構成 21 4 単体財務ハイライト 22 7 5 単体財務諸表 23 卸電気事業 7 6 単体電気事業営業収益 費用の分析 29 (1)火力発電 8

More information

140214ゆうせん君3(追)_百五銀行02

140214ゆうせん君3(追)_百五銀行02 投資信託説明書 ( 交付目論見書 ) のご請求 お申込み 設定 運用 10 353 追加型投信 / 内外 / その他資産 ( 優先証券 ) 課税上は株式投資信託として取扱われます 購入時手数料 購入金額に応じて 右記の手数料率を乗じて得た額とします 消費税率が 8% となる平成 26 年 4 月 1 日以降は 右記のとおりとなります 購入金額 1,000 万円未満 1,000 万円以上

More information

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会

第 4 条 ( 取得に関する規律 ) 本会が個人情報を取得するときには その利用目的を具体的に特定して明示し 適法かつ適正な方法で行うものとする ただし 人の生命 身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合には 利用目的を具体的に特定して明示することなく 個人情報を取得できるものとする 2 本会 社会福祉法人江東園個人情報保護規定 第 1 条 ( 目的 ) 社会福祉法人江東園 ( 以下 本会 という ) は 個人の尊厳を最大限に尊重するという基本理念のもと 個人情報の適正な取り扱いに関して 個人情報の保護に関する法律 及びその他の関連法令等を遵守する 第 2 条 ( 利用目的の特定 ) 本会が個人情報を取り扱うに当たっては その利用目的をできる限り特定する 2 本会が取得した個人情報の利用目的を変更する場合には

More information

注4.公 的年金等に係る雑所得の計算 年金所得金額 年金収入金額 受給 者 の年 齢 0円 1,200,000円 65歳 以上 (昭 和 22年 1月 1日 1,200,001円 3,299,999円 3,300,000円 4,099,999円 以前に生まれた人 4,100,000円 7,699,999円 7,700,000 FEl ) - 1,200,000円 年金収入 75% - 375,000円

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

JIPs_019_nyuko_3

JIPs_019_nyuko_3 CONTENTS 2014. Oct. 24 No.019 証券会社関連の動向 01 証券関連業務に関する行政の動き 01 金融所得課税の一体化について 02 証券トレンド 個人の社債投資 制度変更と課題 04 日本市場の成長戦略を見直す アベノミクスの第三の矢 日本再興戦略 の進捗状況 05 ビジネスニュース 証券会社関連の動向 ラップ口座 9月末運用資産残高が 大手証券3社と三 井住友信託で2.1兆円へ

More information

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当

コア資本に係る調整項目 無形固定資産 ( モーゲージ サービシング ライツに係るものを除く ) の額の合計額 うち のれんに係るもの ( のれん相当差額を含む ) の額 うち のれん及びモーゲージ サービシング ライツに係るもの以外の額 繰延税金資産 ( 一時差異に係るものを除く ) の額 適格引当 平成 27 年 2 月 13 日 株式会社北洋銀行 自己資本の構成に関する開示事項 平成 26 年 12 月末 連結 ( 単位 : 百万円 %) 項目 経過措置による不算入額 コア資本に係る基礎項目 普通株式又は強制転換条項付優先株式に係る株主資本の額 うち 資本金及び資本剰余金の額 うち 利益剰余金の額 うち 自己株式の額 ( ) うち 社外流出予定額 ( ) コア資本に算入されるその他の包括利益累計額

More information

JIPs_010_nyuko

JIPs_010_nyuko CONTENTS 2014. Jan. 24 No.010 証券会社関連の動向 01 証券関連業務に関する行政の動き 01 SIGMA21-χ 外国証券/外国債券機能強化概要 02 東証大証デリバティブ市場統合 03 証券トレンド 地域密着型証券ビジネスのすすめ その3 04 リテール証券業 2020年に向けて その進化の可能性 05 ビジネスニュース 証券会社関連の動向 呼値細分化 1月14日より

More information

B6011-3_syunyu_H01-04_0126

B6011-3_syunyu_H01-04_0126 2016.5 お取扱範囲について &LIFE 収入保障保険 契 約 年 齢 18歳 70歳 満年齢 保 険 期 間 15 20 25 30年満了 50歳 80歳満了 保 険 料 払 込 期 間 保険期間と同一 定額型 B型のみ短期払のお取扱いもあります 最 低 基 本 年 金 月 額 5万円 単位 1万円 収入保障保険 払込期間中無解約返戻金型 保険料払込方法 経路 の詳細につきましては ご契約のしおり

More information

下では特別償却と対比するため 特別控除については 特に断らない限り特定の機械や設備等の資産を取得した場合を前提として説明することとします 特別控除 内容 個別の制度例 特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供したときや 特定の費用を支出したときなどに 取得価額や支出した費用の額等 一定割合 の

下では特別償却と対比するため 特別控除については 特に断らない限り特定の機械や設備等の資産を取得した場合を前提として説明することとします 特別控除 内容 個別の制度例 特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供したときや 特定の費用を支出したときなどに 取得価額や支出した費用の額等 一定割合 の 営 ViewPoint 法人税における 特別償却 と 特別控除 久住透部東京室 法人が特定の機械や設備等の資産を取得して事業の用に供した一定の場合 通常の減価償却のほかに認められる 特別償却 の制度や 一定の金額を法人税額から控除する 特別控除 ( 税額控除 ) の制度の適用を受けることができます 今回は 法人税における特別償却および特別控除について それぞれの概要と選択のポイントを解説します 特別償却や特別控除の効果は

More information

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編 特定口座 ( 簡易申告口座 ) の譲渡益と一般口座の譲渡益を申告する場合の確定申告書の作成の操作手順を説明します ( 特定口座 ( 源泉徴収口座 ) の申告の場合の操作手順は 操作の手引き 株式等の譲渡 ( 特定口座の譲渡損失と配当所得の損益通算及び翌年以後への繰越し ) 編 を併せてご覧ください ) なお この操作の手引きは 平成 25 年分株式等の譲渡所得等の申告のしかた ( 記載例 ) ( 国税庁

More information

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月

2. 適用を受けるにあたっての 1 相続発生日を起算点とした適用期間の要件 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日まで かつ 特例の適用期間である平成 28 年 4 月 1 日から平成 31 年 12 月 31 日までに譲渡することが必要 例 平成 25 年 1 月 空き家の発生を抑制するための特例措置 ( 空き家の譲渡所得の 3,000 万円特別控除 ) について 1. 制度の概要 相続日から起算して 3 年を経過する日の属する年の 12 月 31 日までに 被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が 当該家屋 ( 耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り その敷地を含む ) 又は取壊し後の土地を譲渡した場合には 当該家屋又は土地の譲渡所得から

More information

P19 P19 取引報告書 解約報告書 交付運用報告書 決算期の末日ごとに運用会社が作成した 交付運用報告書 をご郵送いたします どのように運用を行い どのような成果が得られたか などがわかります 公募株式投資信託をご換金された後には 取引報告書 を また公社債投資信託等をご換金された後は 解約報告書 を作成し ご換金の数日後にご郵送いたします 確定申告をされる場合には 特定口座年間取引報告書または本書が必要となります

More information

183873224 423644111 423661457 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/ 3 特集 市の財政状況と今後の課題 平成26年 214年 3月11日 健全財政の堅持が難しくなりつつあります 市の財政状況と今後の課題 市では これまで第5次府中市総合計画で定めた各施策の実現に向け 新 たな事業の実施や施設を整備するなど 市民サービスの向上に努めてきまし た

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 全 国 厚 生 労 働 関 係 部 局 長 会 議 年 金 局 説 明 資 料 平 成 28 年 1 月 20 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1 目 次 1. 制 度 部 門 公 的 年 金 制 度 改 革 の 方 向 性 3 企 業 年 金 個 人 年 金 の 普 及 拡 大 11 2. 事 業 部 門 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 等 について 14 国 民 年 金 等

More information

【日証協】マイナンバー利活用推進小委員会提出資料

【日証協】マイナンバー利活用推進小委員会提出資料 IT 戦略特命委員会マイナンバー利活用推進小委員会提出資料 マイナンバー制度及びマイナポータルの 証券業務での利活用について 平成 27 年 5 月 13 日 日本証券業協会 目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. マイナンバーの利活用 Ⅲ. マイナンバーに関する課題 要望 1 Ⅰ. はじめに Ⅱ. マイナンバーの利活用 Ⅲ. マイナンバーに関する課題 要望 2 マイナンバー制度等への期待 証券界では 金融所得課税の一体化など

More information

12 2014 Dec. 12No.598 http://www.saitama-ctv-kyosai.net 12 共済だより 2014.12.December No.598 お問い合わせ先 年金課 048-822-3307 共済だより 13 2014.12.December No.598 55,890 1,096,860 29,300 575,020 1

More information

資料9

資料9 男女共同参画会議第 5 回重点方針専門調査会平成 28 年 9 月 28 日 資料 9 女性活躍加速のための重点方針 2016 Ⅲ 女性活躍のための基盤整備 2. 女性活躍の視点に立った制度等の整備 a) 個人所得課税における諸控除の在り方の 見直し ( 財務省説明資料 ) 女性活躍加速のための重点方針 2016 該当箇所 通し番号 135 大項目 中項目 小項目 Ⅲ 女性活躍のための基盤整備 2.

More information

Taro-議案第13号 行政手続条例の

Taro-議案第13号 行政手続条例の 議案第 1 3 号 向日市行政手続条例の一部改正について 向日市行政手続条例の一部を改正する条例を制定する よって 地方自治法 ( 昭和 2 2 年法律第 6 7 号 ) 第 9 6 条第 1 項 第 1 号の規定により 議会の議決を求める 平成 2 7 年 2 月 2 4 日提出 向日市長久嶋務 - 1 - 条例第 号 向日市行政手続条例の一部を改正する条例 向日市行政手続条例 ( 平成 8 年条例第

More information

妙高市 税に関するWEBページ

妙高市 税に関するWEBページ 2. 税額の計算 算出方法 均等割額 + 所得割額 = 年税額 均等割額 市民税 3,500 円県民税 1,500 円 課税になる方の均等割額は 平成 16 年度より 市町村の人口規模に関係なく一律になりました 妙高市以外の他市町村でも均等割額は県分と併せて合計 5,000 円です 平成 26 年度から平成 35 年度までの間 均等割額は市民税 県民税に それぞれ 500 円が加算されています 所得割額

More information

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに

Ⅰ 改正について 児童扶養手当法の改正 Q&A ( 公的年金等と合わせて受給する場合 ) Q1 今回の改正の内容を教えてください A: 今回の改正により 公的年金等 * を受給していても その額が児童扶養手当の額 より低い場合には 差額分の手当が受給できるようになります 児童扶養手当 は 離婚などに 平成 26 年 12 月 1 日から 児童扶養手当法 の一部が改正されます 大切なお知らせです! これまで 公的年金 を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが 平成 26 年 12 月以降は 年金額が児童扶養手当額より低い方は その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります 児童扶養手当を受給するためには お住まいの市区町村への申請が必要です 遺族年金 障害年金 老齢年金 労災年金 遺族補償など

More information

untitled

untitled 契約者 の特約により 金お支払いの対象となります 第2回目以降の分割料は 毎月カード会社が定めた日にカード決済により払い込みください なお カード会社所定の払込期日までに払い 込みがない場合は 金をお支払いできない場合があります 引受会社が経営破綻した場合等 業務または財産の状況が変化したときには 金 解約返れい金等のお支払いが一定期間凍結されたり 金額が削減されたりする場合があります このは 損害契約者保護機構

More information

労働法令のポイント に賞与が分割して支払われた場合は 分割した分をまとめて 1 回としてカウントし また 臨時的に当該年に限り 4 回以上支払われたことが明らかな賞与については 支払い回数にカウントしない ( 賞与 として取り扱われ に該当しない ) ものとされている 本来 賞与 として取り扱われる

労働法令のポイント に賞与が分割して支払われた場合は 分割した分をまとめて 1 回としてカウントし また 臨時的に当該年に限り 4 回以上支払われたことが明らかな賞与については 支払い回数にカウントしない ( 賞与 として取り扱われ に該当しない ) ものとされている 本来 賞与 として取り扱われる 法律政令省令告示通達 ここに注目! 労働法令のポイント その他の労働関係法令の最新動向は 労働法ナビ の News で随時更新中 https://www.rosei.jp/lawdb/ 社会保険関係 健康保険法及び厚生年金保険法における賞与に係るの取扱いについて 健康保険と厚生年金保険における社会保険料の負担を軽減するため 賞与を分割し 毎月の手当として支給することで社会保険料の負担を軽くする手法を導入している企業について問題視する厚生労働省は

More information

退職金についての市県民税はどうなるの? 私は平成 28 年 4 月に退職しました 勤続 30 年で退職金は 2,100 万円ですがこの退職 金に対する市県民税はいくらですか 通常の市県民税の課税は前年中の所得に対し翌年課税されるしくみになっていますが 退職金に対する課税については 他の所得と分離して

退職金についての市県民税はどうなるの? 私は平成 28 年 4 月に退職しました 勤続 30 年で退職金は 2,100 万円ですがこの退職 金に対する市県民税はいくらですか 通常の市県民税の課税は前年中の所得に対し翌年課税されるしくみになっていますが 退職金に対する課税については 他の所得と分離して 妻のパート アルバイト収入にかかる税金は? パート アルバイト収入にかかる税金について説明します 平成 27 年中のパート収入 市県民税 ( 均等割 ) 93 万円以下かからない 93 万円超 100 万円以下かかる 妻に対して税金が市県民税 ( 所得割 ) かからない 所得税 かからない 夫の所得税 市県民税 夫が配偶者控除を 受けられる 夫が配偶者特別控除を 100 万円超 103 万円以下かかるかかる

More information

Slide 1

Slide 1 厚生年金基金の解散に伴う確定拠出年金への制度移行について SBI ベネフィット システムズ株式会社 ご提案のポイント 平成 26 年 4 月に厚生年金基金の解散及び制度移行を促すため 厚生年金保険法が改正されました 439 の厚生年金基金のうち すでに 384 基金が解散又は代行返上の方針を決めています ( 平成 27 年 4 月末現在 ) 基金が解散すると 厚生年金を上乗せする加算部分が消滅します

More information

Q. 確定申告は必要ですか? A. 今回の配当によるみなし譲渡損益が特定口座の計算対象とならない場合 または源泉徴収の無い特定口座や一般口座でお取引いただいている場合につきましては 原則として確定申告が必要になります 申告不要制度の適用可否を含め 株主の皆様個々のご事情により対応が異なりますので 具

Q. 確定申告は必要ですか? A. 今回の配当によるみなし譲渡損益が特定口座の計算対象とならない場合 または源泉徴収の無い特定口座や一般口座でお取引いただいている場合につきましては 原則として確定申告が必要になります 申告不要制度の適用可否を含め 株主の皆様個々のご事情により対応が異なりますので 具 各 位 平成 23 年 11 月 1 日 会 社 名 1stホールディングス株式会社 代表者名 代表取締役社長 内 野 弘 幸 (JASDAQ コード 3644) 問合せ先役職 氏名 取 締 役 中 嶋 智 電 話 0359627400 中間配当の税務上の取扱いに関するお知らせ 当社は 平成 23 年 10 月 6 日付の当社取締役会決議に基づき 平成 23 年 11 月 7 日より中間配当金のお支払いを開始させていただきますが

More information

平成 28 年度税制改正要望項目 1. 働く者のより豊かな生活の実現に向けて (1) 企業年金等の積立金に対する特別法人税の撤廃 (2) 財形非課税限度額の引き上げ等 (3) 給与所得者に対する選択納税制度の導入 2. 損保グループ産業の健全な発展に向けて (1) 火災保険等に係る異常危険準備金制度

平成 28 年度税制改正要望項目 1. 働く者のより豊かな生活の実現に向けて (1) 企業年金等の積立金に対する特別法人税の撤廃 (2) 財形非課税限度額の引き上げ等 (3) 給与所得者に対する選択納税制度の導入 2. 損保グループ産業の健全な発展に向けて (1) 火災保険等に係る異常危険準備金制度 平成 28 年度税制改正要望書 平成 27 年 7 月 損害保険労働組合連合会 平成 28 年度税制改正要望項目 1. 働く者のより豊かな生活の実現に向けて (1) 企業年金等の積立金に対する特別法人税の撤廃 (2) 財形非課税限度額の引き上げ等 (3) 給与所得者に対する選択納税制度の導入 2. 損保グループ産業の健全な発展に向けて (1) 火災保険等に係る異常危険準備金制度の充実重点要望項目 (2)

More information

1

1 平成26年度更新手続きと新規加入のご案内 共済ファミリー保険 昨年度 法改正 や 社会情勢の変化 等への対応として 制度改定が実施されました いままでの 共済ファミリー保険 60歳 35歳 死亡 高度障害保障保険 H1コース 月額給付 約11.1万円 25年間 年金原資 3,000万円 受取総額 約3,337万円 ボーナス給付 約22.2万円 25年間 年金原資 1,000万円 これからの 共済ファミリー保険

More information

配当所得の入力編

配当所得の入力編 配当所得の入力編 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 配当所得を入力する画面の表示配当所得を入力する画面の表示方法は 入力方法選択 画面において 左記に該当しない方 欄の 申告書作成へ ボタンを選択します ( 申告書の作成をはじめる前に 画面へ遷移します ) 申告書の作成をはじめる前に 画面で提出方法や生年月日などの入力を行った後に 次の 収入金額 所得金額入力 画面に遷移しますので

More information

市報2016年3月号-10

市報2016年3月号-10 0 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 70,000 19 20 21 22 23 24 25 26 高齢者 障害者の雇用障害者の雇用に関するお知らせ!! あなたの会社は希望者全員が 65 歳まで働ける制度になっていますか? 鹿児島労働局 少子高齢化が急速に進行する中 平成 25 年度から老齢厚生年金 ( 報酬比例部分 ) の支給開始年齢が段階的に

More information

1 繰越控除適用事業年度の申告書提出の時点で判定して 連続して 提出していることが要件である その時点で提出されていない事業年度があれば事後的に提出しても要件は満たさない 2 確定申告書を提出 とは白色申告でも可 4. 欠損金の繰越控除期間に誤りはないか青色欠損金の繰越期間は 最近でも図表 1 のよ

1 繰越控除適用事業年度の申告書提出の時点で判定して 連続して 提出していることが要件である その時点で提出されていない事業年度があれば事後的に提出しても要件は満たさない 2 確定申告書を提出 とは白色申告でも可 4. 欠損金の繰越控除期間に誤りはないか青色欠損金の繰越期間は 最近でも図表 1 のよ 欠損金の繰越控除と繰戻還付に係る留意点企業会計上 損失が発生すればそれはその事業年度かぎりのことで その金額が他の年度の損益計算に影響を与えることはありません 税務上の所得計算も 単年度ごとに益金から損金を控除して行いますが ある年度の欠損金を他の年度の所得金額と通算せず所得の発生した年度にだけ課税するのは 企業資本の維持の観点から問題が残ります そこで法人税法では ある事業年度に生じた欠損金について

More information

平成18年度地方税制改正(案)について

平成18年度地方税制改正(案)について 平成平成 20 20 年度地方税制改正 ( 案 ) について 総務省平成 19 年 12 月 一 地域間の財政力格差の縮小地域間の財政力格差の縮小 法人事業税の一部を分離し 地方法人特別税 地方法人特別譲与税 を創設 * 地方税制については 更なる地方分権の推進とその基盤となる地方税財源の充実を図る中で 地方消費税の充実を図るとともに 併せて地方法人課税のあり方を抜本的に見直すなどにより 偏在性が小さく税収が安定的な地方税体系を構築することを基本に改革を進める

More information

第 5 章 N

第 5 章 N 第 5 章 相続税 N 相続税は原則として 相続や遺贈により取得し た次に掲げるような財産のすべてに対して課税されます 500 500 相続財産のなかで その財産の性質や社会政策的な見地などから相続税の課税対象から除かれ 非課税となるものもあります 30 1000 39 第 5 章 N 59 60 3000600 26123150001000 93 40 第 5 章 r t r 20 100 40q

More information

住宅借入金等特別控除の入力編

住宅借入金等特別控除の入力編 住宅借入金等特別控除の入力編 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 住宅借入金等特別控除画面の表示新たに家屋を新築した場合の住宅借入金等特別控除の入力方法を説明します 住宅借入金等特別控除を入力する画面の表示方法は 入力方法選択 画面において 収入が給与 1 か所のみ ( 年末調整済み ) の方 を選択した場合と 左記に該当しない方 を選択した場合で異なります 収入が給与 1 か所のみ

More information

千代田区議会議員の報酬、費用弁償及び

千代田区議会議員の報酬、費用弁償及び 千代田区議会議員の議員報酬 費用弁償及び期末手当に関する条例地方自治法第 203 条に基づき制定昭和 39 年 10 月 8 日条例第 33 号 [ 注 ] 改正経過は平成 9 年から 附則 ( 付則含む ) は制定時及び最新の改正時のものを注記した 改正平成 9 年 10 月 17 日条例第 13 号平成 11 年 12 月 16 日条例第 36 号平成 15 年 7 月 9 日条例第 14 号平成

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

mr0610.indd

mr0610.indd 32 OCTOBER 2006 OCTOBER 2006 33 資料 1. KBS アクセス番組編成基準 1. 目的 この基準は 放送法第 69 条及び同法施行令第 51 条に基づき 視聴者が直接企画 制作したアクセス番組 の編成基準を規定することを目的とする 2. 番組基準 アクセス番組の内容は 放送法第 43 条第 1 項及び第 44 条第 1 項に基づき 次の各号の基準を遵守し なければならない

More information

個人情報の保護に関する規程(案)

個人情報の保護に関する規程(案) 公益財団法人いきいき埼玉個人情報保護規程 ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 埼玉県個人情報保護条例 ( 平成 16 年埼玉県条例第 65 号 ) 第 59 条の規定に基づき 公益財団法人いきいき埼玉 ( 以下 財団 という ) による個人情報の適正な取扱いを確保するために必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規程において 個人情報 個人情報取扱事業者 個人データ 保有個人データ

More information

第二章 各種制度を利用した場合の経理処理 5. 保障追加制度を利用した場合の経理処理 ご参考 保障見直しご精算書 プラン例 表面 契約形態 契約者 法人 被保険者 役員 従業員 保険金 給付金受取人 法人 保障追加前のご契約 保障追加後のご契約 みらいのカタチ みらいのカタチ 終身保険 3 大疾病 3 大疾病 更新 総合医療 更新 保険期間満了の時における被保険者の年齢が 70 歳を超え かつ 当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の

More information

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期

沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間 2に係る標準報酬月額は 事業主が社会保険事務所 ( 当時 ) に届け出た標準報酬月額であったと認められることから 当該期間の標準報酬月額を 28 万円に訂正することが必要である また 申立期間 3について 申立人は当該期 ( 平成 23 年 12 月 7 日報道資料抜粋 ) 年金記録に係る苦情のあっせん等について 年金記録確認沖縄地方第三者委員会分 1. 今回のあっせん等の概要 (1) 年金記録の訂正の必要があるとのあっせんを実施するもの 1 件 厚生年金関係 1 件 (2) 年金記録の訂正を不要と判断したもの 2 件 厚生年金関係 2 件 沖縄厚生年金事案 440 第 1 委員会の結論申立人の申立期間のうち 申立期間

More information

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編

株式等の譲渡(特定口座(簡易申告口座)と一般口座)編 特定口座 ( 簡易申告口座 ) の譲渡益と一般口座の譲渡益を申告する場合の確定申告書の作成の操作手順を説明します ( 特定口座 ( 源泉徴収口座 ) の申告の場合の操作手順は 操作の手引き 株式等の譲渡 ( 特定口座の譲渡損失と配当所得の損益通算及び翌年以後への繰越し ) 編 を併せてご覧ください ) なお この操作の手引きは 平成 27 年分株式等の譲渡所得等の申告のしかた ( 記載例 ) ( 国税庁

More information

所得税関係 ( 住宅ローン控除の特例 ) の改正 ⑵ 震災税特法の制度 ( 適用期間の特例 ) の概要東日本大震災によって被害を受けたことにより 住宅ローン税額控除の適用を受けていた家屋 ( 以下 従前家屋等 といいます ) を居住の用に供することができなくなった居住者については その居住の用に供す

所得税関係 ( 住宅ローン控除の特例 ) の改正 ⑵ 震災税特法の制度 ( 適用期間の特例 ) の概要東日本大震災によって被害を受けたことにより 住宅ローン税額控除の適用を受けていた家屋 ( 以下 従前家屋等 といいます ) を居住の用に供することができなくなった居住者については その居住の用に供す 所得税関係 ( 住宅ローン控除の特例 ) の改正 目一住宅借入金等を有する場合の所得税の特別控除等の適用期間等に係る特例の改正 8₉0 次 二住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除の控除額に係る特例の創設 8₉2 一住宅借入金等を有する場合の所得税の特別控除等の適用期間等に係る特例の改正 1 改正前の制度の概要 ⑴ 租税特別措置法の制度の概要 1 居住者が 一定の要件を満たす居住用家屋の新築

More information

金融商品取引法の改正 ~ インサイダー取引規制に係る見直しについて 1. はじめに 2013 年 4 月 16 日に 金融商品取引法等の一部を改正する法律案 が第 183 回国会に提出され 同年 6 月 12 日に成立 同月 19 日に公布されました ( 平成 25 年法律第 45 号 以下 改正法

金融商品取引法の改正 ~ インサイダー取引規制に係る見直しについて 1. はじめに 2013 年 4 月 16 日に 金融商品取引法等の一部を改正する法律案 が第 183 回国会に提出され 同年 6 月 12 日に成立 同月 19 日に公布されました ( 平成 25 年法律第 45 号 以下 改正法 第 21 号 (2013 年 10 月発行 ) インサイダー取引規制改正 < 目次 > 金融商品取引法の改正 1 ~ インサイダー取引規制に係る見直しについて コラム - ワンポイント会社法実務 ( 第 17 回 ) 8 本ファイルは 内容を抜粋して掲載しております 証券代行コンサルティング部 金融商品取引法の改正 ~ インサイダー取引規制に係る見直しについて 1. はじめに 2013 年 4 月

More information

東村山市談合情報取扱要綱(案)

東村山市談合情報取扱要綱(案) 平成 14 年 1 月 1 日制定改正平成 15 年 4 月 1 日決定改正平成 21 年 6 月 1 日決定改正平成 25 年 4 月 1 日決定改正平成 26 年 3 月 25 日決定 東村山市談合情報取扱要領 第 1 目的この要領は 市発注の契約に係る談合情報に関する取扱いを定め もって市が締結する契約に関し公正な競争を確保することを目的とする 第 2 適用範囲この要領は 市発注に係るすべての契約に適用する

More information

三井住友プライマリー 外貨建定額年金 このような声にお応えします は 選んでふやす しっかりふやす 通貨選択型の定額年金保険です いまの低金利には少し不満だなぁ 日本に比べ高い金利水準の 米ドル 豪ドル ユーロで運用します しっかりふやしたい 固定利率 複利運用でしっかりふやします ふえたら知らせて

三井住友プライマリー 外貨建定額年金 このような声にお応えします は 選んでふやす しっかりふやす 通貨選択型の定額年金保険です いまの低金利には少し不満だなぁ 日本に比べ高い金利水準の 米ドル 豪ドル ユーロで運用します しっかりふやしたい 固定利率 複利運用でしっかりふやします ふえたら知らせて お客さまサポート 2012年4月版 ご契約者の皆さまに ご契約内容 および三井住友海上プライマリー生命の決算内容等について お知らせします 郵送による情報提供 サービス ホームページによる情報提供 サービス インターネットサービス ご契約状況のお知らせ ご契約状況の照会 年一回 ご契約内容や当社の決算状況等についてお知 らせします 住所変更 控除証明書の再発行 最新の会社情報 外貨建定額年金 等 三井住友海上プライマリー生命

More information

G7ハイブリッド販売用PDF.indd

G7ハイブリッド販売用PDF.indd 販売用資 販売用資料 2014年1月 G7ハイブリッド証券ファンド 2014-02 単位型投信 内外 その他資産 ハイブリッド証券 募集期間限定 2014年 1月6日 月 1月31日 金 G7ハイブリッド証券ファンド 2014-02 の基準価額は 同ファンドに組入れられている有価証券の値動き等の影響を受けますが これらの運用に よる損益はすべて投資家の皆様に帰属します したがって 元本が保証されているものではありません

More information

日本基準基礎講座 有形固定資産

日本基準基礎講座 有形固定資産 有形固定資産 のモジュールを始めます Part 1 は有形固定資産の認識及び当初測定を中心に解説します Part 2 は減価償却など 事後測定を中心に解説します 有形固定資産とは 原則として 1 年以上事業のために使用することを目的として所有する資産のうち 物理的な形態があるものをいいます 有形固定資産は その性質上 使用や時の経過により価値が減少する償却資産 使用や時の経過により価値が減少しない非償却資産

More information

Microsoft Word - 6 八十歳までの保証がついた終身年金

Microsoft Word - 6 八十歳までの保証がついた終身年金 (3) 農業者年金支給額の試算 < 保険料月額 2 万円で通常加入 運用利回り 2.07% の場合 > 20 歳 40 年 9,600,000 757,000 16,275,500 647,200 17,474,400 21 歳 39 年 9,360,000 730,900 15,714,400 624,900 16,872,300 22 歳 38 年 9,120,000 705,200 15,161,800

More information

表 2 イ特別支給の老齢厚生年金老齢厚生年金は本来 65 歳から支給されるものです しかし 一定の要件を満たせば 65 歳未満でも 特別支給の老齢厚生年金 を受けることができます 支給要件 a 組合員期間が1 年以上あること b 組合員期間等が25 年以上あること (P.23の表 1 参照 ) c

表 2 イ特別支給の老齢厚生年金老齢厚生年金は本来 65 歳から支給されるものです しかし 一定の要件を満たせば 65 歳未満でも 特別支給の老齢厚生年金 を受けることができます 支給要件 a 組合員期間が1 年以上あること b 組合員期間等が25 年以上あること (P.23の表 1 参照 ) c 3 老齢給付 (1) 老齢厚生 ( 退職共済 ) 年金 ( 以下 老齢厚生年金 ) 老齢厚生年金は 組合員が退職した場合に安定した生活を送るため 支給される給付です ( そのうち一定の要件を満たした方が 6064 歳で受給できるものを特別支給の老齢厚生年金といい 施行日以降も一般厚年被保険者 ( 民間会社等の厚生年金 ) の女性の支給開始年齢とは異なります ) ア本来支給の老齢厚生年金本来 年金は65

More information

聖籠町職員の育児休業等に関する条例及び聖籠町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例をここに公布する

聖籠町職員の育児休業等に関する条例及び聖籠町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例をここに公布する 平成 27 年改正条例附則第 3 項から第 5 項までの規定による給料に関する規則をここに公布する 平成 27 年 4 月 1 日聖籠町長渡邊廣吉聖籠町規則第 12 号平成 27 年改正条例附則第 3 項から第 5 項までの規定による給料に関する規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 聖籠町職員の給与に関する条例及び聖籠町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例 ( 平成 27

More information

訂正_ねんきん定期便パンフ.indd

訂正_ねんきん定期便パンフ.indd ねんきん定期便 の見方① 59歳の方 B-1用 35歳 45歳の方 A-1は 次ページをご覧ください の ねんきん定期便 です 国民年金 第1号被保険者 欄 老齢年金の受け取りには 原則として25年 300以上の受給資格期間が必要です こ の ねんきん定期便 の作成年日時点で25年 300以上の受給資格期間がない場合 は 老齢年金の見込額を表示していません この ねんきん定期便 は 下記の時点で作成しており

More information

10月分_合併記念特別プラン集宅ローンチラシ

10月分_合併記念特別プラン集宅ローンチラシ 住宅ローンに安心を!! 3 大疾病 + 就業不能団信免除キャンペーン キャンペーン実施期間平成 28 年 10 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 3 つのお得!! 13 大疾病保障特約付団体信用生命保険料の免除! 2 就業不能団体信用生命保険料の免除! 3 当金庫事務手数料 32,400 円の免除! 期間限定引下げプラン 選択制全期間一律金利引下げプラン でご利用できるキャンペーンです

More information

平成  年(オ)第  号

平成  年(オ)第  号 平成 25 年 ( 行ヒ ) 第 35 号固定資産税等賦課取消請求事件 平成 26 年 9 月 25 日第一小法廷判決 主 文 原判決を破棄する 被上告人の控訴を棄却する 控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする 理 由 上告代理人岩谷彰, 同水島有美, 同谷川光洋の上告受理申立て理由について 1 本件は, 被上告人が, 坂戸市長から自己の所有する家屋に係る平成 22 年度の固定資産税及び都市計画税

More information

kaikei_2012_中頁.indd

kaikei_2012_中頁.indd 01 1 03 2 04 3 04 4 05 5 06 0 09 1 11 2 12 3 13 4 15 5 17 6 18 7 20 8 21 9 23 10 24 11 25 12 26 13 27 0 32 1 33 2 35 3 37 4 38 5 40 6 41 7 42 43 45 02 031 2 3 04 054 5 06 07 08 09 0 10 11 1 リース取引 要領 13

More information

左記に該当しない方 ボタンを選択した場合 ( 特定増改築等 ) 住宅借入金等特別控除 というリンクになった文字をクリックすると 住宅借入金等特別控除の入力画面が表示されます 所得 所得控除等入力 画面で ( 特定増改築等 ) 住宅借入金等特別控除 というリンクになった文字をクリックすると 3 ページ

左記に該当しない方 ボタンを選択した場合 ( 特定増改築等 ) 住宅借入金等特別控除 というリンクになった文字をクリックすると 住宅借入金等特別控除の入力画面が表示されます 所得 所得控除等入力 画面で ( 特定増改築等 ) 住宅借入金等特別控除 というリンクになった文字をクリックすると 3 ページ 住宅借入金等特別控除の入力編 画面イメージは 実際の画面と異なる場合があります 1 住宅借入金等特別控除画面の表示新たにマイホームを新築した場合の住宅借入金等特別控除の入力方法です 住宅借入金等特別控除を入力する画面の表示方法は 申告書選択 画面において 給与所得が 1 か所の方 ボタンを選択した場合と 左記に該当しない方 ボタンを選択した場合で異なります 給与所得が 1 か所の方 ボタンを選択した場合

More information

日系企業海外債券ファンド 為替ヘッジあり 2015-07 販売用資料 2015.07 単位型投信 海外 債券 愛称 ファンドの投資リスク ファンドは 主に海外の債券を投資対象としています マザーファンドを通じて間接的に投資する場合を含みます ファンドの基準価額は 組み入れた債券の値動き 当該発行者の経営 財務状況の変化 為替相場の変動等の影響によ り上下します 基準価額の下落により損失を被り 投資元本を割り込むことがあります

More information

特定個人情報の取扱いの対応について

特定個人情報の取扱いの対応について 特定個人情報の取扱いの対応について 平成 27 年 5 月 19 日平成 28 年 2 月 12 日一部改正 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) プライバシーマーク推進センター 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 ( 以下 番号法 という ) が成立し ( 平成 25 年 5 月 31 日公布 ) 社会保障 税番号制度が導入され 平成 27 年 10

More information

ii 21 Sustainability

ii 21 Sustainability まえがき 21 10 20 1970 10 1980 1990 10 2011 3 11 1 100 1 ii 21 Sustainability 2014 1 目 次 第 1 章 成熟時代を迎える都市地域 1 1-1 21 1 1-1-1 1 1-1-2 2 1-1-3 3 1-1-4 4 1-1-5 6 1-2 7 1-2-1 7 1-2-2 8 1-2-3 12 1-3 14 1-3-1 21

More information

2. 控除の適用時期 Q. 12 月に取得した自宅の所在地に 年末までに住民票を移しましたが 都合で引っ越しが翌年になってしまった場合 住宅ローン控除はいつから受けることになりますか A. 住宅ローン控除の適用を受けるためには 実際に居住を開始することが必要です したがって 住民票を移した年ではなく

2. 控除の適用時期 Q. 12 月に取得した自宅の所在地に 年末までに住民票を移しましたが 都合で引っ越しが翌年になってしまった場合 住宅ローン控除はいつから受けることになりますか A. 住宅ローン控除の適用を受けるためには 実際に居住を開始することが必要です したがって 住民票を移した年ではなく よくある住宅ローン控除の相談 Q&A 坂本和則相談部東京相談室 住宅ローンを利用してマイホームの取得等をした場合で 一定の要件を満たすときは その取得等に係る住宅ローンの年末残高に一定の割合を乗じて計算した金額を 所得税額から控除することができます この 住宅ローン控除 についての相談が 引き続き数多く寄せられています 今回は 当社に寄せられた相談事例の中から 債務を相続した場合の住宅ローン控除の取り扱いや

More information

平成27年度 いばらき県税ガイドブック

平成27年度 いばらき県税ガイドブック この税金は 県の行政に必要な経費を広く県民の皆さんに負担していただくためのものです と個人市町村民税を合わせて一般に 住民税 とよばれています には均等割と所得割があり 県内に住所のある個人などが納めます 区 分 均等割 所得割 その年の1月1日現在で県内に住所のある個人 その年の1月1日現在で県内に事務所 事業所 家屋敷を持っている個人でその市 町村に住所を有しない方 は納税義務があることを表します

More information

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63>

<4D F736F F D2081A181798E9197BF82572D32817A92B7956C8E738BF389C C98AD682B782E98FF097E18E7B8D738B4B91A C4816A89FC2E646F63> ( 案 ) 長浜市空家等に関する条例施行規則をここに公布する 資料 8-2 平成 28 年 10 月 1 日 藤井勇治 長浜市規則第 号 長浜市空家等に関する条例施行規則 ( 趣旨 ) 第 1 条この規則は 長浜市空家等に関する条例 ( 平成 28 年長浜市条例第 56 号 以下 条例 という ) の施行に関し必要な事項について定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規則において使用する用語は

More information

FSMS ISO FSMS FSMS 18

FSMS ISO FSMS FSMS 18 FSMS FSMS HACCP 7 12 15 7 CCP HACCP 6 ISO/TC34 ISO 22000 7. ISO 22000 HACCP PRP OPRP ISO 22000 HACCP OPRP ISO 22000 FSMS PRP HACCP PRP PRP HACCP OPRP OPRP OPRP OPRP CCP HACCP HACCP HACCP OPRP HACCP OPRP

More information

相続税の節税対策としての生前贈与 相続税 贈与税はともに相手に渡る財産の金額に対して累進的な税率により税金がかかりま す そこで 相続税の税率よりも低い税率で贈与をすれば 相続税の節税になります 下の 図で相続税と贈与税税率を確認して下さい 贈与税は 相続税に比べ 基礎控除額が低く さらに税率が高く

相続税の節税対策としての生前贈与 相続税 贈与税はともに相手に渡る財産の金額に対して累進的な税率により税金がかかりま す そこで 相続税の税率よりも低い税率で贈与をすれば 相続税の節税になります 下の 図で相続税と贈与税税率を確認して下さい 贈与税は 相続税に比べ 基礎控除額が低く さらに税率が高く 上手に財産贈与 ~ 自分の大切な財産を引き継ぐために 贈与を上手に利用されることをおすすめします ~ 生前に財産を贈与する場合は 1 年間に 110 万円までなら贈与税はかかりませんが 110 万円 ( 基礎控除 ) を超えた財産贈与には 累進的な税率により贈与税がかかります 基礎控除後の金額 税率 控除額 200 万円以下 10% - 200 万円超 300 万円以下 15% 10 万円 300

More information

00_2ガイダンス

00_2ガイダンス Info http://ed.shogakukan.co.jp/ Info Yoshinaga.KSU+2009prep@gmail.com 724 122143122209 2011251128 (1) 124214 12 2810 521217 YY XY (2) 2810724 72420 724-1 - 72420 724 724 207243

More information