<4D F736F F D E30342E A C D8D8794C F3193DE97C78CA78FC194EF8ED28BB388E782C98AD682B782E992B28DB895F18D908F B95D F94BC816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D E30342E A C D8D8794C F3193DE97C78CA78FC194EF8ED28BB388E782C98AD682B782E992B28DB895F18D908F B95D F94BC816A2E646F63>"

Transcription

1 Ⅱ-2 小中高用調査調査の結果. 回答校の概要 () 小中高分類 図表 - 小中高分類 高等学校 2.2% 2.% 中学校 29.4% 小学校 56.3% (n=286) 小中高分類では 小学校 が 56.3% で最も多く 次いで 中学校 が 29.4% 高 等学校 は 2.2% となっている ( 図表 -) (2) 区分 図表 -2 区分 公立 ( 県 ) 2.2% 国立.% 私立.%.7% 公立 ( 市町村 ) 87.% (n=286) 区分では 公立 ( 市町村 ) が 87.% 公立 ( 県 ) が 2.2% となっている ( 図表 -2)

2 (3) 共別学 図表 -3 共別学 女子校.% 男子校.%.% 共学 99.% (n=286) 共別学では 共学 が 99.% となっている ( 図表 -3) (4) 学校規模 ( 生徒 児童数 ) 図表 -4 学校規模 ( 生徒 児童数 ).7% 6 人以上 9.6% 2 人以下 3.8% 4~6 人 2.3% (n=286) 2~4 人 27.6% 学校規模では 2 人以下 が 3.8% で最も多く 次いで 2~4 人 が 27.6% 4~6 人 が 2.3% 6 人以上 は 9.6% となっている ( 図表 -4)

3 2. 児童 生徒に対する消費者教育の実施状況等について () 消費者教育に関する指導の実施状況 消費者教育の指導を行っている教科 領域 問 2 消費者教育に関する指導を どのような教科 領域で行っていますか あてはま る教科 領域の番号に をつけ 指導を行っている学年及び 年あたりの時間数 を教えてください 図表 2- 消費者教育の指導を行っている教科 領域 (n=286) 家庭科社会科 ( 公民等も含む ) LHR 及び特別活動総合的な学習の時間道徳課外の活動その他行っていない (MA%) 消費者教育の指導を行っている教科 領域では 家庭科 が 84.3% で最も多く 次 いで 社会科 ( 公民等も含む ) が 59.4% LHR 及び特別活動 が 28.3% 総合的 な学習の時間 が 23.4% となっている ( 図表 2-)

4 2 消費者教育の指導を行っている学年及び 年あたりの時間数 図表 2-2- 消費者教育の指導を行っている学年及び 年あたりの時間数 家庭科 平均時間 ( 2 社会科 ( 公民等も含む ) 3 総合的な学習の時間 4 道徳 5 課外の活動 平均時間 ( 平均時間 ( 平均時間 ( 平均時間 ( 6LHR 及び特別活動 平均時間 ( 7 その他 平均時間 ( n 時間 ) n 時間 ) n 時間 ) n 時間 ) n 時間 ) n 時間 ) n 時間 ) 小学 年生 年生 年生 年生 年生 年生 中学 年生 年生 年生 高校 年生 年生 年生 年生 ( 定時制 ) 消費者教育の指導を行っている学年及び 年あたりの時間数について 家庭科 では 高校 4 年生 ( 定時制 ) が平均 72 時間 ( 校 ) で最も多く 次いで高校 2 年生が平均 6 時間 (5 校 ) 高校 3 年生が平均 5 時間 (6 校 ) となっている 2 社会科 ( 公民等も含む ) では 高校 3 年生が平均 5. 時間 ( 校 ) で最も多く 次いで小学 4 年生が平均.5 時間 (4 校 ) となっている 3 総合的な学習の時間 では 小学 3 年生が平均 9.9 時間 ( 校 ) で最も多く 次いで小学 4 年生が平均 8.9 時間 ( 校 ) となっている 4 道徳 では 小学 3 年生が平均 7.7 時間 (6 校 ) で最も多く 次いで小学 4 年生が平均 4.8 時間 (2 校 ) となっている 5 課外の活動 では 小学 5 6 年生がともに平均 9 時間 ( 各 校 ) で最も多くなっている 6LHR 及び特別活動 では 小学 3 年生が平均 2.84 時間 (22 校 ) で最も多く 次いで小学 4 年生が平均 2.54 時間 (27 校 ) となっている ( 図表 2-2-) また 消費者教育の指導を行っている 年あたりの合計時間数は 小学校が平均 6.65 時間 中学校は平均.3 時間 高等学校では平均 時間となっている ( 図表 2-2-2) 図表 消費者教育の指導を行っている 年あたりの平均時間数 家庭科 社会科 ( 公民等も含む ) L H R 及び特別活動 総合的な学習の時間 道徳 単位 : 上段 ( 件 ) 下段( 時間 ) 課そ外のの他活動 * 消費者教育合計時間数 小学校 中学校 高等学校

5 (2) 消費者教育の授業のテーマ 問 2 で.~7. と回答した方にうかがいます 問 2- 消費者教育の授業は どのようなテーマで行っていますか ( はいくつでも ) 図表 2-2 消費者教育の授業のテーマ (n=255) 食品や製品の安全と表示 お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル クーリング オフ制度等 悪質商法の手口と対処方法 契約とはなにか クレジットカードの仕組み 消費者トラブルへの対処法や相談について 振り込め詐欺や投資詐欺等 多重債務 家計管理 生活設計 グリーンコンシューマー フェアトレード 保険 預金などの金融商品 投資に関するトラブル エシカルコンシューマー その他 (MA%) 消費者教育の授業のテーマでは 食品や製品の安全と表示 が 75.7% で最も多く 次いで お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) が 74.9% 携帯電話 スマートフォ ン インターネットに関するトラブル が 73.3% と続いている ( 図表 2-2)

6 (3) 消費者教育の授業で活用しているもの 問 2-2 消費者教育の授業で活用しているものは何ですか ( はいくつでも ) 図表 2-3 消費者教育の授業で活用しているもの (n=255) 教科書外部講師補助教材その他 (MA%) 消費者教育の授業で活用しているものでは 教科書 が 86.3% で最も多く 次いで 外部講師 が 66.7% 補助教材 は 3.8% となっている ( 図表 2-3) (4) 授業を行った外部講師の所属 問 2-2 で 3. 外部講師 と回答した方にうかがいます 問 2-3 授業を行った外部講師の所属を選んでください ( はいくつでも ) 図表 2-4 授業を行った外部講師の所属 (n=7) 警察 (MA%) 2.8 消費生活センター職員 7.6 教育委員会職員 ( 社会教育主事等 ) 金融広報委員会 その他 外部講師を活用していると回答した学校に その外部講師の所属をたずねると 警察 が2.8% で最も多く 次いで 消費生活センター職員 が7.6% 教育委員会職員 ( 社会教育主事等 ) が 2.9% となっている また その他 で多い項目は 携帯電話会社 が3 校 なら情報セキュリティ総合研究所 ( ナリス ) が 校となっている ( 図表 2-4) - 3 -

7 (5) 利用している消費者教育の講座等 問 2-4 消費者教育を行うにあたって 県 各種団体 企業等で行っている講座等を 利用していますか ( はいくつでも ) 図表 2-5 利用している消費者教育の講座等 (n=7) 民間企業や各種団体が実施している講座を利用したことがある 県消費生活センター以外の部署で実施の講座を利用したことがある (MA%) 県消費生活センターで行っている講座を利用したことがある 利用したことがない 外部講師を活用していると回答した学校に 利用している消費者教育の講座等をたずねると 民間企業や各種団体が実施している講座を利用したことがある が.8% で最も多く 次いで 県消費生活センター以外の部署で実施の講座を利用したことがある が 7.6% 県消費生活センターで行っている講座を利用したことがある は 4.7% となっている 一方 利用したことがない は 74.7% となっている ( 図表 2-5) - 3 -

8 (6) 講座等を利用しなかった理由 問 2-4 で 4. 利用したことがない と回答した方にうかがいます 問 2-5 講座等を利用しなかった理由を選んでください ( は 2 つまで ) 図表 2-6 講座等を利用しなかった理由 (n=27) 講座に関する情報がなく よく知らなかった 授業実施までの期間が短く 外部依頼の手続を行う時間がなかった 実施したい授業と 各主体が実施している講座が合わなかった 講師の日程が合わず 実施できなかった 内容を考えて 各主体で実施する講座の質が十分とは思えなかった 十分な消費者教育が実施できており 必要がなかった その他 (2LA%) 外部講師を利用したことがないと回答した学校に その理由をたずねると 講座に関する情報がなく よく知らなかった が7.% で最も多く 次いで 授業実施までの期間が短く 外部依頼の手続を行う時間がなかった が 24.4% 実施したい授業と 各主体が実施している講座が合わなかった が8.% と続いている ( 図表 2-6)

9 3. 消費者教育の考え等について () 学校において消費者教育を推進するために必要なこと 問 3 学校において消費者教育を推進するために必要だと思うことを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 3- 学校において消費者教育を推進するために必要なこと (n=286) 児童 生徒向け教材の作成 配布 DVD 等映像資料の提供 効果的な実践事例の紹介 教員に対する研修 講師派遣 消費者被害の最新情報の定期的な提供 学校での消費者団体や事業者等と意見交換を行う機会の提供 その他 (3LA%) 学校において消費者教育を推進するために必要なことでは 児童 生徒向け教材の 作成 配布 が 7.3% で最も多く 次いで DVD 等映像資料の提供 が 62.6% 効 果的な実践事例の紹介 が 53.8% と続いている ( 図表 3-)

10 (2) 消費者教育を推進するにあたっての課題 問 4 消費者教育を推進するにあたって 課題となっていることを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 3-2 消費者教育を推進するにあたっての課題 (n=286) 活用できる教材が少ない他に優先課題があり取り組めない教員のスキルアップを図る研修などの機会が少ない指導者や講師となる人材の情報が得られないどのような取り組みをすればよいかわからない予算がない学生 生徒 児童の関心がない管理職を含む校内での理解が得られないその他特にない (3LA%) 消費者教育を推進するにあたっての課題では 活用できる教材が少ない が 5.7% で最も多く 次いで 他に優先課題があり取り組めない が 45.5% 教員のスキルアッ プを図る研修などの機会が少ない が 3.% と続いている ( 図表 3-2)

11 (3) 授業で効果のある方法 手段 問 5 授業等で活用しやすい または効果があると思われる方法 手段を選んでくださ い ( は 3 つまで ) 図表 3-3 授業で効果のある方法 手段 (n=286) DVD 等の映像を使用紙媒体 ( チラシ ワークシート等 ) の使用パソコンの活用ロールプレイングの実践ボードゲーム等グループワークの活用スマートフォンの活用その他 (3LA%) 授業で効果のある方法 手段では DVD 等の映像を使用 が 9.9% で最も多く 次いで 紙媒体 ( チラシ ワークシート等 ) の使用 が 44.8% パソコンの活用 が 4.6% となっている ( 図表 3-3)

12 (4) 消費者問題に関する教材で希望するテーマ 問 6 消費者問題に関する教材で 希望するテーマを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 3-4 消費者問題に関する教材で希望するテーマ (n=286) 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) (3LA%) 食品や製品の安全と表示 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) 契約とはなにか クーリング オフ制度等 2.2 振り込め詐欺や投資詐欺等 9.4 クレジットカードの仕組み 9.4 多重債務 家計管理 生活設計 6.6 金融商品 投資に関するトラブル 5.2 グリーンコンシューマー 4.2 フェアトレード 3.5 エシカルコンシューマー 2.4 その他.7. 消費者問題に関する教材で希望するテーマでは 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル が79.4% で最も多く 次いで お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) が 6.2% 食品や製品の安全と表示 が 4.6% 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) が 34.3% と続いている ( 図表 3-4)

13 (5) 移動講座の利用有無 問 7 県消費生活センターでは 消費生活知識の普及や消費者トラブルの未然防止のため ご要望に応じて地域の団体 学校 一般消費者グループが開催する講座や講演会などに 講師を派遣する移動講座を実施しています 利用したことがありますか ( はつ) 図表 3-5 移動講座の利用有無.7% 利用したことがある 3.8% 利用したことはないが知っている 3.8% (n=286) 知らなかった 63.6% 移動講座の利用有無では 知らなかった が 63.6% で最も多く 次いで 利用した ことはないが知っている が 3.8% 利用したことがある は 3.8% となっている ( 図表 3-5)

14 (6) 移動講座を利用した感想 問 7 で. 利用したことがある と回答した方にうかがいます 問 7- 利用した感想はいかがでしたか ( はいくつでも ) 図表 3-6 移動講座を利用した感想 (n=) 大変よかったよかったあまりよくなかったよくなかった思っていたとおりだった思っていたのと違っていた必要なものだと思った必要ないものだと思ったその他 (MA%) 移動講座を利用したことがあると回答した学校に 利用した感想をたずねると 母数が少ないので一概には言えないが 大変よかった が 45.5%(5 校 ) で最も多く 次いで よかった が36.4%(4 校 ) 必要なものだと思った が 8.2%(2 校 ) となっている ( 図表 3-6)

15 (7) 移動講座を利用したことがない理由 問 7 で 2. 利用したことはないが知っている と回答した方にうかがいます 問 7-2 利用したことがないのはなぜですか ( はいくつでも ) 図表 3-7 移動講座を利用したことがない理由 (n=88) 移動講座の時間をとることができない (MA%) 2 か月前までに予定を立てることができない 3.8 移動講座の内容がよくわからない 26. テーマや希望の講師を決められない 4.8 移動講座を実施する必要性を感じない.4 消費生活センターへの申請手続が面倒である 8. 学校の中での手続が面倒である 3.4 講師との打合せが面倒である 2.3 その他 移動講座を知っていたが利用したことがないと回答した学校に その理由をたずねると 移動講座の時間をとることができない が 55.7% で最も多く 次いで 2か月前までに予定を立てることができない が 3.8% 移動講座の内容がよくわからない が26.% と続いている ( 図表 3-7)

16 4. 教職員に対する消費者教育について () 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマ 問 8 消費者問題に関する教職員向け講座において 希望するテーマを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 4- 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマ (n=286) 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) (3LA%) 食品や製品の安全と表示について 3. 契約とはなにか 9.6 振り込め詐欺や投資詐欺等 7.8 金融商品 投資に関するトラブル 2.9 クーリング オフ制度等.5 多重債務 家計管理 生活設計 8.7 クレジットカードの仕組みについて 8.4 エシカルコンシューマー 7.3 フェアトレード 5.6 グリーンコンシューマー 4.9 その他.7.7 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマでは 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル が76.6% で最も多く 次いで 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) が 36.7% お金の使い方 ( お金の大切さ 役割等 ) が 32.9% 食品や製品の安全と表示について が 3.% と続いている ( 図表 4-) - 4 -

17 (2) 教職員が講座に参加しやすい時期 問 9 教職員が 講座に参加しやすい時期を選んでください ( は 2 つまで ) 図表 4-2 教職員が講座に参加しやすい時期 (n=286) 夏季休業日長期休業日以外の土曜日冬季休業日長期休業日以外の夜間春季休業日その他 (2LA%) 教職員が講座に参加しやすい時期では 夏季休業日 が 96.2% で最も多く 次いで 長期休業日以外の土曜日 が 6.3% 冬季休業日 が 5.9% となっている ( 図表 4-2) - 4 -

18 (3) 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応 問 今後 消費者問題に関する研修 ( 講座 ) 参加を教職員が希望する場合の対応を選 んでください ( はいくつでも ) 図表 4-3 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応 (n=286) (MA%) 所属する組織が主催する研修への参加を認める 88.5 消費生活センター等行政主催講座で教育委員会後援の講座参加を認める 68.9 消費生活センター等の行政主催講座への参加を認める 27.6 民間団体等の主催講座でもテーマにより参加を認める 5.7 勤務時間中の参加は認めない その他 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応では 所属する組織が主催する研修への参加を認める が88.5% で最も多く 次いで 消費生活センター等行政主催講座で教育委員会後援の講座参加を認める が 68.9% 消費生活センター等の行政主催講座への参加を認める が27.6% と続いている ( 図表 4-3)

19 (4) 消費者教育に対する意見や提案について 問 今後 行政 事業者 学校 消費者団体等が連携 協力して消費者教育を実施し ていくにあたり ご意見やご提案がありましたらご記入ください 図表 4-4 消費者教育に対する意見や提案について 消費者教育に対する要望 (n=39) 教職員を対象に 消費者教育の研修や講演を実施してほしい 研修体制の構築をしてほしい 視聴覚的な資材 生徒が興味を持ちそうな資材 インターネットの教材 補助資料等があればありがたい 他校の消費者教育の実践事例があれば望ましい 消費者教育としてどのような内容を教えていくのか カリキュラムのような資料等があれば教えやすい 教職員が消費者教育について理解不足なので 啓発する必要がある外部からの講師等は予算の関係上 無料でお願いしたい その他 8 件 件数 4 件 4 件 3 件 2 件 2 件 2 件 消費者教育についての意見 (n=39) 件数 通常の授業や学校行事 他から要請されている教育等で 消費者教育の時間の確保が難しい 8 件 消費者教育は これからの社会を担う子ども達にとって必要性を感じる 3 件 教職員が消費者教育について理解不足なので必要性も認識できていない 2 外部からの講師等は予算の関係で利用できない 2 件 授業や打ち合わせなどの関係で 外部の講師による講座開催は難しい 2 件 消費者教育を推進するには 学習指導要領に反映し 体系化を図らないと進まない 2 件 その他 3 件

20 Ⅱ-3 大学用調査調査の結果. 回答校の概要 () 区分 図表 - 区分 国立 2 件県立 件 私立 件 (n=3) 区分では 私立 が 校で最も多く 次いで 国立 が 2 校 県立 は 校となっ ている ( 図表 -) (2) 共別学 図表 -2 共別学 男子校 件 女子校 4 件 共学 9 件 (n=3) 共別学では 共学 が 9 校 女子校 は 4 校となっている ( 図表 -2)

21 (3) 学校規模 ( 学生数 ) 図表 -3 学校規模 ( 学生数 ) (n=3) 5 人以下 5~, 人,~,5 人,5~2, 人 2,~3, 人 3,~4, 人 4, 人以上 ( 件 ) 学校規模では 5~, 人 が 4 校で最も多く 次いで 5 人以下 が 3 校 2,~3, 人 と 3,~4, 人 はともに 2 校となっている ( 図表 -3)

22 2. 消費者教育の実施状況等について () 学生に対する消費者問題の啓発 情報提供 問 2 消費者問題について 学生に対してどのような啓発 情報提供等を行っています か ( はいくつでも ) 図表 2- 学生に対する消費者問題の啓発 情報提供 (n=3) ポスター等の掲示学生便覧等への掲載講義の内容として実施刊行物の作成 配布メール配信学生向けWebサイトへの掲載校内放送保護者への情報提供シンポジウム セミナー等の開催その他特になし ( 件 ) 学生に対する消費者問題の啓発 情報提供では ポスター等の掲示 が 校で最も 多く 次いで 学生便覧等への掲載 が 6 校 講座の内容として実施 が 5 校 刊 行物の作成 配布 が 4 校と続いている ( 図表 2-)

23 (2) 学生に対して行っている消費者教育 啓発のテーマ 問 3 学生に対して どのようなテーマで消費者教育 啓発を行っていますか ( はいくつでも ) 図表 2-2 学生に対して行っている消費者教育 啓発のテーマ (n=3) 悪質商法の手口と対処方法 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル クーリング オフ制度等 消費者トラブルへの対処法や相談について 契約とはなにか 振り込め詐欺や投資詐欺等 保険 預金などの金融商品 投資に関するトラブル 多重債務 家計管理 生活設計 クレジットカードの仕組み 食品や製品の安全と表示 グリーンコンシューマー エシカルコンシューマー フェアトレード その他 消費者教育 啓発は行っていない ( 件 ) 学生に対して行っている消費者教育 啓発のテーマでは 悪質商法の手口と対処方法 が 校で最も多く 次いで 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル と クーリング オフ制度等 消費者トラブルへの対処法や相談について がそれぞれ7 校と続いている ( 図表 2-2)

24 (3) 消費者教育 啓発を実施している機会 問 3 で. ~ 4. と回答した方にうかがいます 問 3- 消費者教育 啓発をいつ実施していますか ( はいくつでも ) 図表 2-3 消費者教育 啓発を実施している機会 (n=2) 入学時のガイダンスの際に実施授業の内容として実施就職ガイダンスの際に実施その他 5 5 ( 件 ) 9 6 学生に対して消費者教育 啓発を行っていると回答した学校に 実施している機会 をたずねると 入学時のガイダンスの際に実施 が 9 校で最も多く 次いで 授業の 内容として実施 が 6 校となっている ( 図表 2-3) (4) 利用している消費者教育の講座 問 3-2 消費者教育を行うにあたって 県 各種団体 企業等で行っている講座等を 利用していますか ( はいくつでも ) 図表 2-4 利用している消費者教育の講座 (n=2) 県消費生活センターで行っている講座を利用したことがある 県消費生活センター以外の部署で実施の講座を利用したことがある 民間企業や各種団体が実施している講座を利用したことがある 利用したことがない 5 5 ( 件 ) 学生に対して消費者教育 啓発を行っていると回答した学校に 利用している消費 者教育の講座をたずねると 県消費生活センターで行っている講座を利用したことが ある が 校となっており 利用したことがない が 校となっている ( 図表 2-4)

25 (5) 講座等を利用しなかった理由 問 3-2 で 4. 利用したことがない と回答した方にうかがいます 問 3-3 講座等を利用しなった理由を選んでください ( は 2 つまで ) 図表 2-5 講座等を利用しなかった理由 (n=) 講座に関する情報がなく よく知らなかった ( 件 ) 授業実施までの期間が短く 外部依頼の手続を行う時間がなかった 実施したい授業と 各主体が実施している講座が合わなかった 講師の日程が合わず 実施できなかった 内容を考えて 各主体で実施する講座の質が十分とは思えなかった 十分な消費者教育が実施できており 必要がなかった その他 4 消費者教育の講座を利用したことがないと回答した学校に その理由をたずねると 講座に関する情報がなく よく知らなかった が6 校で最も多く 次いで 授業実施までの期間が短く 外部依頼の手続を行う時間がなかった が 校となっている ( 図表 2-5)

26 (6) 消費者教育を推進するにあたっての課題 問 4 消費者教育を推進するにあたって 課題となっていることを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 2-6 消費者教育を推進するにあたっての課題 (n=3) どのような取り組みをすればよいかわからない他に優先課題があり取り組めない予算がない指導者や講師となる人材の情報が得られない活用できる教材が少ない学生の関心がない職員のスキルアップを図る研修などの機会が少ない上司の理解が得られないその他特にない 5 5 ( 件 ) 消費者教育を推進するにあたっての課題では どのような取り組みをすればよいか わからない と 他に優先課題があり取り組めない がともに 5 校で最も多く 次い で 予算がない が 4 校と続いている ( 図表 2-6) - 5 -

27 (7) 消費生活に関する相談窓口の設置有無 問 5 消費生活に関する相談窓口を設置していますか ( は つ ) 図表 2-7 消費生活に関する相談窓口の設置有無 設置している 4 件 (n=3) 設置していない 9 件 消費生活に関する相談窓口の設置有無では 設置している が 4 校に対し 設置 していない は 9 校で 設置していない ほうが多くなっている ( 図表 2-7) (8) 相談窓口等の職員に対する消費者問題研修の実施有無 問 5 で. 設置している と回答した方にうかがいます 問 5- 相談窓口等において学生への対応を行う職員に対して 消費者問題に関する 研修等を実施してますか ( は つ ) 図表 2-8 相談窓口等の職員に対する消費者問題研修の実施有無 その他 件 定期的な研修等を実施している 件必要に応じて研修等を実施している 件 研修等は実施していない 4 件 (n=4) 相談窓口を設置していると回答した学校に 相談窓口等の職員に対する消費者問題研修の実施有無をたずねると 全校が 研修等は実施していない (4 校 ) となっている ( 図表 2-8) - 5 -

28 (9) 学生の消費者問題に対応するために連携している機関 問 6 学生の消費者問題に関する対応について どのような機関と連携をしていますか ( は つ ) 図表 2-9 学生の消費者問題に対応するために連携している機関 (n=3) 消費生活センター ( 消費者センター ) 警察他大学等地方公共団体弁護士会司法書士会大学生協金融広報委員会消費者団体 NPO 等の民間団体民間企業その他特に連携はしていない 5 5 ( 件 ) 学生の消費者問題に対応するために連携している機関では 消費生活センター ( 消費者センター ) が 5 校で最も多く 次いで 警察 が4 校 地方公共団体 と 大学生協 がともに 校となっている 一方 特に連携はしていない は 2 校となっている ( 図表 2-9)

29 () 移動講座の利用有無 問 7 県消費生活センターでは 消費生活知識の普及や消費者トラブルの未然防止のため ご要望に応じて地域の団体 学校 一般消費者グループが開催する講座や講演会などに 講師を派遣する移動講座を実施しています 利用したことがありますか ( はつ) 図表 2- 移動講座の利用有無 利用したことがある 件 知らなかった 7 件 利用したことはないが知っている 5 件 (n=3) 移動講座の利用有無では 知らなかった が 7 校で最も多く 次いで 利用したこ とはないが知っている が 5 校 利用したことがある は 校となっている ( 図表 2-)

30 () 移動講座を利用した感想 問 7 で. 利用したことがある と回答した方にうかがいます 問 7- 利用した感想はいかがでしたか ( はいくつでも ) 図表 2- 移動講座を利用した感想 (n=) 大変よかったよかったあまりよくなかったよくなかった思っていたとおりだった思っていたのと違っていた必要なものだと思った必要ないものだと思ったその他 5 5 ( 件 ) 移動講座を利用したことがあると回答した学校に 利用した感想をたずねると 必 要なものだと思った ( 校 ) となっている ( 図表 2-)

31 (2) 移動講座を利用したことがない理由 問 7 で 2. 利用したことはないが知っている と回答した方にうかがいます 問 7-2 利用したことがないのはなぜですか ( はいくつでも ) 図表 2-2 移動講座を利用したことがない理由 (n=5) 移動講座の時間をとることができない移動講座の内容がよくわからない消費生活センターへの申請手続が面倒である学校の中での手続が面倒である 2か月前までに予定を立てることができない移動講座を実施する必要性を感じないテーマや希望の講師を決められない講師との打合せが面倒であるその他 5 5 ( 件 ) 3 2 移動講座を知っているが利用したことがないと回答した学校に その理由をたずね ると 移動講座の時間をとることができない が 3 校で最も多くなっている ( 図表 2-2)

32 (3) 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマ 問 8 消費者問題に関する教職員向け講座において 希望するテーマを選んでください ( は 3 つまで ) 図表 2-3 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマ (n=3) 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) 5 5 ( 件 ) 7 金融商品 投資に関するトラブル 4 多重債務 家計管理 生活設計 振り込め詐欺や投資詐欺等 2 2 契約とはなにかクーリング オフ制度等食品や製品の安全と表示フェアトレード クレジットカードの仕組み グリーンコンシューマー エシカルコンシューマー その他 2 教職員向けの消費者問題講座に希望するテーマでは 携帯電話 スマートフォン インターネットに関するトラブル が 校で最も多く 次いで 悪質商法 (SF 商法 キャッチセールス デート商法等 ) が 7 校 金融商品 投資に関するトラブル が 4 校と続いている ( 図表 2-3)

33 (4) 教職員が講座に参加しやすい時期 問 9 教職員が 講座に参加しやすい時期を選んでください ( は 2 つまで ) 図表 2-4 教職員が講座に参加しやすい時期 (n=3) 夏季休業日春季休業日冬季休業日 長期休業日以外の夜間長期休業日以外の土曜日その他 5 5 ( 件 ) 9 3 教職員が講座に参加しやすい時期では 夏季休業日 が 9 校で最も多く 次いで 春季休業日 と 冬季休業日 長期休業以外の夜間 がそれぞれ 校となっている ( 図表 2-4)

34 (5) 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応 問 今後 消費者問題に関する研修 ( 講座 ) 参加を教職員が希望する場合の対応を選 んでください ( はいくつでも ) 図表 2-5 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応 (n=3) 所属する組織が主催する研修への参加を認める 消費生活センター等の行政主催講座への参加を認める 消費生活センター等行政主催講座で行政機関後援の講座参加を認める 民間団体等の主催講座でもテーマにより参加を認める 勤務時間中の参加は認めない その他 5 5 ( 件 ) 教職員が消費者問題の研修参加する場合の今後の対応では 所属する組織が主催す る研修への参加を認める と 消費生活センター等の行政主催講座への参加を認める がともに 6 校で最も多く 次いで 消費生活センター等行政主催講座で行政機関後援 の講座参加を認める が 5 校 民間団体等の主催講座でもテーマにより参加を認める が 3 校となっている ( 図表 2-5)

35 (6) 学生に対する消費者教育の取組みで行政に期待すること 問 学生に対する消費者教育に取り組む際に 行政に期待することを選択してくださ い ( はいくつでも ) 図表 2-6 学生に対する消費者教育の取組みで行政に期待すること (n=3) 効果的な実践事例の紹介学生向けパンフレット等の配布 ( 紙 ) 消費者被害の最新情報等の定期的な提供学生向けパンフレット等の配布 ( データ ) ウェブサイトでの周知 啓発 DVD 等映像資料の提供講師派遣その他特になし 5 5 ( 件 ) 学生に対する消費者教育の取組みで行政に期待することでは 効果的な実践事例の 紹介 と 学生向けパンフレット等の配布 ( 紙 ) がともに 8 校で最も多く 次いで 消 費者被害の最新情報等の定期的な提供 が 6 校 学生向けパンフレット等の配布 ( データ ) が 5 校 ウェブサイトでの周知 啓発 が 4 校となっている ( 図表 2-6)

36 (7) 今後 重点的に行いたい取組み 問 2 今後 特に重点的に行いたいと考えている取り組みについて教えてください ( は 3 つまで ) 図表 2-7 今後 重点的に行いたい取組み (n=3) 啓発 情報提供学生からの相談への対応他機関との連携強化授業 ゼミにおける教育教職員に対する啓発 情報提供その他特になし 5 5 ( 件 ) 今後 重点的に行いたい取組みでは 啓発 情報提供 が 8 校で最も多く 次いで 学生からの相談への対応 と 他機関との連携強化 がともに 3 校となっている ( 図表 2-7) (8) 消費者教育に対する意見や提案について 問 3 今後 行政 事業者 学校 消費者団体等が連携 協力して消費者教育を実施し ていくにあたり ご意見やご提案がありましたらご記入ください 図表 2-8 消費者教育に対する意見や提案について 消費者教育に対する要望 (n=) 今後も消費者教育啓発の効果的な方法等についての情報を提供してほしい 実際に悪徳商法被害に遭われた方の体験談などを参考にしたい 件数 件 件 - 6 -

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全

問 3 全員の方にお伺いします 日頃 サイバー犯罪 ( インターネットを利用した犯罪等 ) の被害に遭いそうで 不安に感じることがありますか この中から1つだけお答えください よくある % たまにある % ほとんどない % 全くない 全 サイバー犯罪に対する意識調査について調査集結果 調査期間 H26.10.17 ~ H26.10.31 回答率 90.9% 回答者数 231 人 問 1 あなたがインターネットを使うとき 利用している機器は何ですか この中からいくつでもあげてください デスクトップ型パソコン 75 32.5% ノート型パソコン 123 53.2% タブレット型パソコン 30 13.0% 携帯電話機 ( スマートフォンは含まない

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

2 平成 消費者教育情報コーナー

2 平成 消費者教育情報コーナー 島根県平成 18 年度 消費者教育情報紙 第 20 号 トピックス (P1) 子どものくらしとお金に関する調査 消費者教育情報コーナー (P2-P3) 子どもの消費者トラブルの現状 研修受講報告 (P4-P5) 教員を対象とした消費者教育講座 実践教育事例 (P6-P7) 生きる力 を育む技術 家庭科教育 ミニ情報 (P8) グリーンコンシューマーになろう 子どものくらしとお金に関する調査 から 2

More information

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して

38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施して 38 災害緊急時における聴覚障害者の情報伝達保障支援の状況分析 表2 生の協力のおかげで遂行することができた 避難訓練の年間実施回数 回 回 2回 3回 4回 5回以上 4 6 35 9 図 避難所担当者との連携 図2 避難訓練の年間実施回数 Ⅳ 調査研究の経過および結果 なかでも年2 3回実施している学校が全体のおよ 本稿では 紙面の都合上 活動3 に光を当てて 本調査研究の経過および結果について以下に述べるこ

More information

支援センターだより とやま被害者支援センターとは ボランティアの支援活動員を中心に 犯罪や事故などの被害にあった方やそのご家族 ご遺族 に必要な支援を行い 精神的な苦痛を和らげ その回復の手助けを行うことを目的とする民間の 被害者援助団体です 主な活動 付添い支援 電話 面接相談 専門的な研修を受けた支援活動員 ボ 相談者の要望に応じて 支援活動員が ランティア による電話や面接による相 警察や裁判所

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

八戸高専だより第148号

八戸高専だより第148号 独立行政法人 第1 4 8号 八戸工業高等専門学校 発行 039 1192 青森県八戸市大字田面木字上野平16番地1 TEL 0178 27 7223 総務課総務係 FAX 0178 27 9379 E-mail somu-o@hachinohe-ct.ac.jp URL http://www.hachinohe-ct.ac.jp/ 平成27年7月 目 校長先生から 八戸高専の4学期制について 創立

More information

<8CA48B86985F8F572E696E6464>

<8CA48B86985F8F572E696E6464> ISSN 2189-0218 創刊にあたって 横浜創英大学学長 小島謙一 平成 24 年 4 月に大学開設以来 大学の研究成果を外部に発信する準備をして参りましたが このたび 横浜創英大学研究論集を創刊するにいたりました 大学は 教育 研究 社会貢献を主たる任務にしております もちろん 大学は最高の教育機関であることは間違いありませんが 同時に研究機関としての役割もはたしていかなければなりません その結果として

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

学力向上のための取り組み

学力向上のための取り組み スクールソーシャルワーカー (SSW) 活用事業 堺市教育委員会事務局生徒指導課 社会の変化と複雑化 多様化する課題 少子化 核家族化 情報化 など社会の変化 家族形態の変容 人間関係の希薄化 情報の氾濫 価値観の多様化など いじめ 不登校 暴力行為 虐待 ひきこもり 家庭内暴力など 学校の抱える課題が 複雑化 多様化している 心理や福祉の専門家と連携した組織的な対応が必要 専門家と連携した対応例

More information

調査結果報告書(2)

調査結果報告書(2) 105 (7) 就職活動等の準備ができたかどうか卒業 修了前年度において 将来の進路 職業選択にあたり就職活動等の準備ができたか伺ったところ 大いにそう思う 大体そう思う と回答した学生が 52.0% 全くそう思わない あまりそう思わない と回答した学生が 34.0% であった 全体大いにそう思う大体そう思うあまりそう思わない全くそう思わないわからない無回答 7,975 833 3,318 1,941

More information

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11

1 9: P.5 P.5,10 P.6 P.7-8 P.10 P.10 P.10 P.3 P.10 P.11 P.11 P.11 オープンキャンパス2015プログラム NANZAN UNIVERSITY OPEN CAMPUS PROGRAM 2015 2 5 2015 7/19 アンケート P14 15 に答えて 南山オリジナルフリクションボールペン 瀬戸キャンパスへの見学ツアーもあります 瀬戸キャンパスでの企画はツアーに合わせて行います 是非見学ツアーにご参加ください 大学スタッフが撮影した写真は 南山大学 Web ページ等で使用します

More information

1 キャリア支援 女性研究者ネットワークの構築 平成23年度前期研究支援員制度 メール配信 ホームページに掲示板設置 交流会開催 ひめルーム相談室開設 利用者は平成23年度前期3人 後期13人 愛 媛 大 学 女 性 研 究 者 育 成 プ ラン 実施体制 3 学長 学内 平成23年6月27日 参加者 18名 連携 学部 大学院 研究センター 事務部門 平成23年1月5日 7日 利用児童 9名 平成23年7月21日

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

地域の皆さまとともに あいおいニッセイ同和損保コミュニケーションレポート

地域の皆さまとともに あいおいニッセイ同和損保コミュニケーションレポート 1 2 3 4 5 6 7 8 8 9 11 13 15 16 17 19 21 23 25 http://www.aioinissaydowa.co.jp/ http://www.ms-ad-hd.com/ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 3 15 16 17 Voice 18 19 20 21 22 23 24 25 26 あいおいニッセイ同和損保コミュニケーションレポート 地域の皆さまとともに

More information

かたがみ79PDF用

かたがみ79PDF用 No.79 2009 11 見ス 守ク らー れル てガ のー 登ド 下の 校み な さ ん に お問い合わせは 潟上市教育委員会総務学事課 877-7803 せは 潟上市教育委員会総務学事課 877 7803 地域とのかかわりが 子どもたちを育てます 子どもたちは 家庭 や 学校 の中だけでは 家族 全国学力 学習状況調査の結果から 家庭 地域 への関心増す

More information

表紙.tp3

表紙.tp3 国立特殊教育総合研究所研究紀要 第30巻 2003 (技術報告) アクセシビリティに配慮したWeb教材コンテンツ開発事例 特殊教育学習ソフトウェアコンクール入選作品のWeb教材化と アクセシビリティ機能の付加について 棟 方 哲 弥 船 城 英 明* 中 村 均 情報教育研究部 学研デジタルコンテンツ事業部* 要旨 平成13年度文部科学省教育用コンテンツ開発事業で公開された 特別支援教育に役立つWeb教材コンテンツ注1

More information

1 2-1 -

1 2-1 - 1 2-1 - 1 2-2 - 3-3 - 4-4 - 1 2-5 - 3 4 5-6 - 6 7-7 - 1 2-8 - 3-9 - 4-10 - Ⅴ ネット上のいじめへの対応 インターネットの特殊性による危険を十分に理解した上で ネット上のトラブルについて最新の動向 を把握し 情報モラルに関する指導力の向上に努める必要があります 未然防止には 子どものパソコンや携帯電話 スマートフォン等を第一義的に管理する保護者と連携

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

indd

indd 警 報 5. 電話勧誘から始まる取引の実態のない 詐欺にもご注意ください さ ぎ もうかるちゃ詐欺 とは 嘘のもうけ話をもちかけたり ギャンブルの必勝 法や宝くじの当選番号などを教えると言って 現金をだまし取る手口 こんなトークには要注意!! 宝くじの当選番号を教える 謝礼を渡すから代わりに購入して レターパックや宅配便で現金を送って 法律などで 禁止されています!! さ ぎ たのんちゃ詐欺 とは

More information

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職 46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職種 歯科医 看護師 言語 性 男性 6(6.5) 女性 86 93.5 幼稚園 2 2.2 きいのは

More information

H26_トピックス.indd

H26_トピックス.indd TOPICS TOPICS TOPICS TOPICS TOPICS TOPICS TOPICS 45 トピックス (1) 警察制度の歩み 1 戦前の警察制度と旧警察法 2 現行警察法の制定と現行警察制度の軌跡 図表 Ⅰ-1 現行警察法による警察制度概要 図表 Ⅰ-2 現行警察制度の主要な変遷 行 37 6 12 16 55 8 16 39 行 8 行 46 (2) 今後の展開ックス トピ警察活動を支える装備の改善及び拡充

More information

スライド 1

スライド 1 介護福祉士養成施設における の追加について ( 概要 ) 介護保険法等一部改正法により 平成 27 年度以降は介護福祉士がその業務として喀痰吸引等を行うことが可能となったため 介護福祉士養成施設の養成課程においても ( 喀痰吸引等 ) に関する教育を行うことが必要となったところ 1. 教育内容 時間数 基本研修 ( 講義形式 実時間で 50 時間以上 ) 演習 基本研修を修了した学生に限る 喀痰吸引

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

00.xdw

00.xdw 地域及び職場における 食生活改善のための取組の推進 スーハ ーマーケット 飲食店における普及啓発活動 1 地域保健福祉センター, 医療福祉施設, スーハ ーマーケット, 飲食店, 職場の食堂等における普及啓発 食育 健康づくり推進課 にいがた子ども食事バランスガイド の普及啓発 2 新潟市版食事バランスガイド の作成, 活用促進 保健所健康衛生課 にいがた地域版食事バランスガイド の 作成 活用の促進

More information

第 4 章大学生活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 本章では 学生の大学生活や経済 生活支援の利用状況をふまえて キャリア行動やキャリア意識に違いが見られるかについて検討する 1 節では 大学生活とキャリア支援の利用との関連を示し どのような大学生活を送る学生がキャリア支援を

第 4 章大学生活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 本章では 学生の大学生活や経済 生活支援の利用状況をふまえて キャリア行動やキャリア意識に違いが見られるかについて検討する 1 節では 大学生活とキャリア支援の利用との関連を示し どのような大学生活を送る学生がキャリア支援を 平成 23 年度キャリア意識調査報告書 ( 第 4 章. 大学生 Title活および経済 生活支援とキャリア行動 キャリア意識との関連 ) Author(s) 耳塚, 寛明 ; 望月, 由起 ; 桂, 瑠以 ; 中越, 綾 Citation Issue Date 2012-03 URL http://hdl.handle.net/10083/51315 Rights Resource Type Research

More information

< D382E982B382C68D8194FC91E D A2E696E6464>

< D382E982B382C68D8194FC91E D A2E696E6464> 主なマークの意味 お知らせ 支援 募集 開催 医療 生活 消費生 防災 健康 福祉 その他 なと こん き どうする 活 相談 賢い消費者になりましょう 送 送り付けを断ったら損害賠償請求 り付けを断ったら損害賠償請 請求 求!!?? 事例 以前申し込みのあった健 ひとことアドバイス 書類に 法的手段を取る といった 康食品を送る と自宅に電話 が 注文していない と断 ると 後日封書が届き 一方

More information

tokusyu.pdf

tokusyu.pdf LD ADHD HFA 1999/7 ADHD ADHD Q 担任の役割は Q 学校全体の役割は 担任が LDやDHD等に対する正し 担任だけの問題とせず 学校全体で支え い理解をすることが大切です る体制づくりが必要です 単なるわがままととらえたり 根性論や 新たに 校内支援委員会 を組織したり 指導力不足で片づけたりしないことが大 就学指導委員会 等を活用して 児童 切です 生徒への具体的な支援について共通理解

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

日 当 たり 一 戸 建! ガレージ?? 日 当 たり 一 戸 建! ガレージ 2 資金計画 1 購 入に必要な資金 購入したい物件の条件がまとまったら 次は資金計画を立てましょう 分からないこと 難しいことはお電話 メールにてお問い合わせ下さい 新しいお住まいのご予算や自己資金 ローンの借入 返済プランなどを 総合的に考慮し お客様のご希望に沿ったご提案をいたします 司法書士費用 登記手続の際の司法書士への報酬

More information

untitled

untitled 1. 52 53 1. 54 55 第2章 政 策目標 ❶支え合いの心でつくる安全 安心のまち 施策目標1. 安全 安心のまちづくり 主要施策 3 交通安全と地域防犯の推進 現状と課題 交通安全対策については 近年 交通事故件数や死者数は減少しているものの 自転車 に起因する事故や高齢者ドライバーの増加などに対応できるよう 安全対策と交通ルール マナー向上への啓発 指導に地域と連携して取り組むことが必要です

More information

子どもが苦手な食材を活用した 魅力ある学校給食の献立 平成 26 年度学校給食献立コンクールから 公益財団法人愛知県学校給食会 平成 26 年度学校給食献立コンクール本選開催要領 1 趣旨栄養教諭 学校栄養職員の学校給食の献立作成力の向上をめざし 学校給食の食事内容の充実を図ることを目的とする 2 主催愛知県教育委員会 公益財団法人愛知県学校給食会 3 テーマ子どもが苦手な食材 ( 豆類 藻類

More information

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9 平成 26 年度 学校関係者評価報告書 西ブロック 幌向小学校 栗沢小学校 豊中学校 栗沢中学校 第二小学校すみれ幼稚園上幌向中学校 保護者代表 有澤 学 栗沢中学校 PTA 地域住民代表吉田幸雄 来夢 21こども館 他校種代表 小山内正美 幌向保育園 推進委員 勝俣美穂子 幌向小学校 推進委員 岡部真吾 栗沢小学校 推進委員 安野信人 第二小学校 推進委員 小田亜由美 すみれ幼稚園 推進委員 山本和男

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 1 県民への耐震知識の普及方策の概要 1 パンフレットの作成 配布 セミナー 講習会等の開催 県では市町村 建築関係団体の協力を得て わが家の 耐震診断ガイドブック 誰でもできる わが家の耐震 診断 あなたの建物は安全ですか 耐震改修工事の すすめ 等の耐震診断 耐震改修に関するパンフレッ

More information

1 0 2 4 6 8 1 2 特色ある取組 ケーススタディ ケースとは実際の会社などで起きた経営活動の出来事を物語的に記述したもので 特定の登場人物の立場 になって様々な判断をするよう記述されています 商業高校では新聞記事や経済雑誌などをケースとして活 用しています ビジネスの現場において どの商品が売れるのか どこで売るのが効果的か などチームで話し合いな がら決断していく場面があります 商業を学ぶ生徒は

More information

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC

Microsoft Word - fcgw03wd.DOC 東近江市補助金制度に関する改革指針 の答申 1 1. 法令または契約等によって地方公共団体が負担することとなるもの (1) 特定の事業について 地方公共団体が当該事業から特別の利益を受けることに対して その事業に要する経費の全部または一部の金額を負担する場合 (2) 一定の事業等について 財政政策上またはその他の見地からその事業等に要する経費の負担割合が定められているときに その負担区分により負担する場合

More information

法科01_28.ai

法科01_28.ai 2 3 45 67 8 9 1013 1415 1617 1819 2023 24 25 26 27 2 3 トピック ス ト ピック ス 人と人をつなぐ教育 TOPICS 関西大学法科大学院は 専門性 人間性 創造性に優れた法曹を育むための環境を整えています 充実した施設 設備 また 少人数制だからこそできる 法科大学院専用の学舎には 自習室 ロー ライブ 一人ひとりに対してのきめ細やかなサポートを行い

More information

ととした 3. 金融に関するアンケート 結果 講義前に学生の金融に関する知識や意識を明らか にするために 金融に関するアンケート を実施した 写真 1 金融について 金融についての理解度は表に示す5項目から 理解しているもの全てを選択してもらった この結果 利 子 デフレ インフレ 預 貯 金 生命

ととした 3. 金融に関するアンケート 結果 講義前に学生の金融に関する知識や意識を明らか にするために 金融に関するアンケート を実施した 写真 1 金融について 金融についての理解度は表に示す5項目から 理解しているもの全てを選択してもらった この結果 利 子 デフレ インフレ 預 貯 金 生命 地域金融機関による 情報活動を基盤とした新しい金融経済教育 の取り組み1 十六総合研究所 主席研究員 岐阜大学 教育学部教授 奥田真之 大藪千穂 Ⅰ はじめに 近年 インターネットやスマートフォンの急速な普及 まず 情報活動に関するアンケート によって 学生 に伴って 現金を決済手段としない契約が身近なも の情 報 活 動を明らかにした 質 問 項目は これまで のとなってきた 一方これらをめぐるトラブルも多く発

More information

2012.3 vol. 主要日誌 平成23年12月 平成24年2月 12月17日 土 AO入学試験Ⅱ期 推薦入学試験Ⅱ期 特別選抜試験 国際学群 12月21日 水 創立記念日 学内合同企業説明会 12月27日 火 冬季休業 1月10日 火 行事予定 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度 卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後学期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科

More information

.T.v...ec6

.T.v...ec6 子育て支援推進都市をめざして 鈴鹿市は 子育て支援の先進都市をめざして取り組んでいます その一環として市は平 成16に 子育て支援総合推進モデル市町村事業 を導入しました これは 次世 代育成支援行動計画において各種の子育て支援事業に積極的に取り組もうとする市町村 を国が指するもので 全国で49市町村が指されたものです このため 鈴鹿市では 通常の市町村がを設するサービスよりも多くのメニューについてを設して

More information

来場誘致活動 招待券 ポスター配布 DMの発送およびメールマガジンの発行 出展企業に対する招待券やポスターなどの各種来場促進ツールの配布と併せて 特別協力の東京都 後援機関 協賛団 体等へも組織的な来場誘致を働きかけたほか プレスの協力を得て専門誌に招待券を同梱発送した また全国の官公庁 自治体枢要幹部や ライフラインをはじめとする基幹産業各社の役職者を中心に招待券のダイレクトメールを送付した さらに全国道府県の危機管理監および警察本部長等の警察幹部

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

①.xlsx

①.xlsx 世田谷ナンバー 世田谷ナンバー の位置付け 地域振興 安全安心まちづくりの推進 第 9 次世田谷区交通安全計画 観光振興 産業活性化 まちなか観光の推進 世田谷区産業ビジョン 世田谷区産業振興計画 ( 調整計画 ) 世田谷区観光アクションプラン 世田谷区産業振興懇話会提言 安全安心まちづくりの推進 事業主体 警察 交通安全協会 世田谷区など地域を大切にするセーフティードライブや急発進や急停止をしないゆとりあるエコな運転など

More information

Ⅰ 国際戦略構想に基づく組織整備 戦略6 受入れ及び派遣重点大学の指定とこれまでに輩出した海外研究者 教育者との連携によ る留学生 研究者の受入れ 帰国後研究者 教育者 企業人等として活躍している優秀な留学生 OB のネットワーク組織を構築し 留学生 のリクルートと就業活動に対する協力支援体制を築くとともに 重点交流大学との間の教育 研究交流を強化し 独自のジョイントプログラムの開発を行なう 戦略7

More information

CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり 周囲への配慮が一層求められる 関西大学は 大学

CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり 周囲への配慮が一層求められる 関西大学は 大学 2011 年 9 月 15 日第 404 号 CAMPUS TOPICS GINGA-NET GINGA-NET 4 42 3 33313 4331 33 CAMPUS TOPICS キャンパス内における完全分煙化の実施について 喫煙は本人の健康を害するだけでなく 周囲の者の迷惑にもなる 大学は未成年の学生を含め 多くの人が集まる公共性の高い場である 本学はキャンパス内に併設幼稚園 小 中 高等学校があり

More information

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子

3 睡眠時間について 平日の就寝時刻は学年が進むほど午後 1 時以降が多くなっていた ( 図 5) 中学生で は寝る時刻が遅くなり 睡眠時間が 7 時間未満の生徒が.7 であった ( 図 7) 図 5 平日の就寝時刻 ( 平成 1 年度 ) 図 中学生の就寝時刻の推移 図 7 1 日の睡眠時間 親子 1) 生活習慣の状況 1 朝食について 朝食を毎日食べる と答えた割合は 小中学生共に平成 15 年と比較すると 平成 年は 以上に増加していた 高校生も朝食を摂る割合がやや増加している 学年が進むにつれ朝食をとる割合の減少傾向がみられる ( 図 1) また 朝の気分が いつもすっきりしている と答えた割合は 平成 15 年と比較すると小中学生では少なくなり ( 図 ) 朝食を家族と食べる割合は小学生では.7

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」

社会的不利・困難を抱える「若者応援プログラム集」 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 COLUMN 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 300 43 44 45 46 113-0022 4-23-19 201 Fax : 03-5834-7433 47 48 49 50 50 51 52 53 54

More information

untitled

untitled いる あるいは作成予定である高等学校を対象に シラバスの作成と活用に関する聴き取り調査を7 月に行いました その結果 既にシラバスを導入している学校では 活用法を開発したり 改善の手立てを講じたりして 効果的な活用をめざした取組を進めており シラバスを学習指導に活用して顕著な成果を上げている学校もあることがわかりました 本資料はそうした先進校の実践例をまとめたものです 聴き取り調査協力校及び本誌掲載資料提供校

More information

H 112

H 112 H 111 H 112 113 H 114 115 H 上段 : 実数 下段 : 行 % 10 歳代 20 歳代 30 歳代 40 歳以上 合 計 中国人 男性 女 性 合 計 日本人 男 性 女 性 合 計 合 計 116 上段 : 実数 下段 : 行 % 男 性 女 性 合 計 中国人 日本人 合 計 上段 : 実数 下段 : 行 % 学 生 主 婦 一般職員 その他 合 計 中国人 日本人 合

More information

h23活動報告書

h23活動報告書 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワー ク学習事業の概要 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワーク学習事業の概要 地域とそこで暮らす市民 学校 区役所や市民館などが連携し 協力して学習活動を発展させている また 広く学習にかかわる情報や人などのネットワークづくりを進め 生涯学習活動やボランティア活動 市民活動を積極 的に支援している 1 行政区地域教育会議 行政区において 学校 家庭 地域の連携により 区内の子育てや生涯学習のネットワークづくりと

More information

土浦社会福祉協議会_01

土浦社会福祉協議会_01 No.136 2012.9.18 2 つちうら社協だより その他 配分の金額は 平成24年度歳末たすけあい募金によって決定します 配分金は 原則として1世帯あたり1件分の配分となります 配分の決定は 決定通知書でお知らせいたします 配分金の受渡しは 指定される口座 金融機関 への振込となります なお 平成24年12月中旬ごろ 振 込を予定しております 不正 虚偽の申請や配分の審査により 配分対象が無効になる場合や

More information

Contents

Contents Contents ソリューション最前線 銀行で 学校で 病院で ショッピングで 暮らしの中のさまざまなシーンを支える 日本ユニシスグループのソリューションの一例をご紹介します 次世代の学校教育を支える学習管理システム RENANDI 統合eラーニングシステム 銀行の新サービス提供を支援する 地方銀行様向け勘定系システム BankVision BankVision は 世界で初めてWindows 技術を全面採用した

More information

しおり改訂版_5.indd

しおり改訂版_5.indd 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 児童生徒の足に関する実態調査 ⒉ 足に関する実態調査報告 ⒈ 調査結果の概要 ⑴ 計測値からみた足の発育 小学校に入学したばかりの子ども達の足は 0cm にも満たないかわいらしい足ですが 既に この調査は 児童生徒 小学校 年生から高等学校 3 年生までを対象として の足の計測及び 発育のピークを迎えていて 男女とも足長は.5cm/ 年 足幅は

More information

生活

生活 生活 - 36 - 生活 - 37 - 生活 - 38 - 生活 - 39 - 生活 - 40 - みんなを守るチョキちゃんの店 高知県の理容組合に加盟されている理容店に貼られています チョキちゃんの店とは? 理容店は 県内各地にお店があり 女性や子供 高齢者など困った時や危ない時に助けてくれます こども110 番のくるまハイヤーや役場 農協 各種ボランティア等の車に貼られています こども 110

More information

<91E58A7792CA4D5E91E >

<91E58A7792CA4D5E91E > History も のつくり大学 01 年の歩み 10 1 ものつくり大学の これまで と これから 学長 神本武征 この 10 年のあゆみに見るように 最初の 5 年間に建 物の整備と同時に事務系の組織が充実し さらに 2005 年度に大学院が設置されて 大学としての基本的な形 が整った 2006 年以降になると諸外国の大学との協定 国内高校との教育連携など外部との連携が積極的に進め られた また建設学科の地域貢献と製造学科の産学協同

More information

消費者教育のヒント集&事例集

消費者教育のヒント集&事例集 どこ いつでもでも だれでも わ たしたちは 生まれたときから 生涯を通じて 消費者 です 社会の在り方をも変える大きな力 持続可能な社会のために 積極的に関与する 消費者 2 3 消 費者教育を通じて育むべき力と指導者の役割 学校 地域 4 5 1 6 7 費者教育のヒントヒントヒント 2 ヒント 3 学校小学校中学校高等学校 地域 消 生 活の管理と契約 http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakugai/

More information

イニシア様事業案内 _ver10.pptx

イニシア様事業案内 _ver10.pptx 101-0044 2-10- 7 2F 1997 4 1 USTREAM.Asia (No.C2263459) (JIIMA) Meiji Seika MSD (50) Webセミナー企画開催提案 日経BP社のリーチが加わり これまで以上に高い効果をご提供できます 視聴ログを取得し 視聴結果資料に基づいた今後の展開をご提案致します 企画 講師選択 交渉 現場ニーズ を反映 医師約11.5万人.薬剤師6.7万人への案内

More information

net.indd

net.indd [ 受講 ] をクリックし 用意されている 教材の中から 学習したいものを選びま す [SPI 講座 ] を例に挙げてみます 学習教材と学内ソフトについて 教材を選んだら をクリックしま す すると学習の項目が表示されます 教材の利用を終了する場合は 必ずメ ニューにある をクリックします web ブ ラ ウ ザ の 終 了 ボ タ ン をク リックしてしまうと次回の利用ができな くなる場合があります

More information

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3.

18 骨折させる打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどすなぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす大声でどなる 役立たず や 能なし などと言う 3. 17 85.4 82.7 11.9 14.8 骨折させる 77.5 81.0 18.9 16.0 打ち身や切り傷などのケガをさせる身体を傷つける可能性のある物でなぐる 突き飛ばしたり壁にたたきつけたりする平手でぶつ 足でける刃物などを突きつけて おどす 75.2 69.6 2 26.2 1.0 なぐるふりをして おどす物を投げつけるドアをけったり 壁に物を投げつけておどす 71.2 67.5 25.5

More information

1) 建築家のイメージは 敷居が高い しかし実際建てた層では 要望を聞いてくれる もトップ建築家の建てる家のイメージは デザイン面 機能面など多方面で配慮がされた家 建築家のイメージでは 2 年以内に注文住宅を建てる検討 層のトップ 3 は 敷居が高い (35%) ユニークさにこだわる (12%)

1) 建築家のイメージは 敷居が高い しかし実際建てた層では 要望を聞いてくれる もトップ建築家の建てる家のイメージは デザイン面 機能面など多方面で配慮がされた家 建築家のイメージでは 2 年以内に注文住宅を建てる検討 層のトップ 3 は 敷居が高い (35%) ユニークさにこだわる (12%) ~ 建築家と建てる家に関する意識調査 2016 ~ ハイアス アンド カンパニー株式会社 2016 年 12 月 8 日 建築家と建てた家に 7 割以上が満足しているも 建築家への依頼検討は半数以下 自宅にこだわりがありそうなタレント 1 位は GACKT 高性能デザイン住宅 R+house を展開するハイアス アンド カンパニー株式会社 ( 本社 : 東京都品川区代表取締役社長 : 濵村聖一以下

More information

Taro12-a表紙.PDF

Taro12-a表紙.PDF はじめに < 目 次 > ヘ ーシ この冊子を活用される方に Ⅰ 特別支援教育とは 1 Ⅱ 学習上 気になる子ども の理解と対応 < 学習中に > 1. 授業中 席に着いていられない 4 2. 授業中 落ち着きがなく 集中して学習に取り組めない 6 3. 全体への指示だけでは分かりにくい 8 4. 算数が苦手 10 5. 授業中 騒いでしまう 12 アセスメントとは 6. その場の状況に合わないことや自分の好きなことばかりを話す

More information

2016 6 月号 中央区社協だより 発 行 社会福祉法人 中央区社会福祉協議会 104-0032 東京都中央区八丁堀4-1-5 第256号 中央区社協キャラクター ニジノコ 夏休み福祉 ボランティア体験 イナっこ教室2016 参加者 大 募集 この夏 福祉 ボランティア体験に参加して あなたも イナ っこから ボラ ンティア に 成長しませんか イナ は出世魚 ボラ の幼名です 今 年 も 区 内

More information

広報誌Meio第32号

広報誌Meio第32号 2012.6 vol. 主要日誌 平成24年3月 平成24年6月 3月11日 日 平成23年度卒業式 修了式 3月13日 火 一般選抜入学試験 後期日程個別学力検査 国際学群 スポーツ健康学科 看護学科 行事予定 平成24年7月 平成24年9月 7月 7日 土 I Tスクール2012 7月14日 土 7月31日 火 学期末試験期間 8月 6日 月 3月31日 土 学年終了および後学期終了 4月 1日

More information

SHIEN 第64号 C O N T E N T S 2P 国際舞台での活躍に備えて 3P あらためて 交通マナーはしっかりと 4P 国際交流と学生寮 雄志台 5P 新任教職員紹介 8P 新入生の声 9P 留学生紹介 編入学生紹介 3年生オリエンテーション 10P 平成2 4年度 高専体育大会等日程 11P 平成2 4年度 課外活動指導教員一覧表 自転車ロードレース大会で優勝 12P 北九州高専のロボットがJAXAから表彰されました

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

28(宣)中社小中パンフ表1-small

28(宣)中社小中パンフ表1-small 小学校社会科と中学校社会科とをつなぐための視点 唐木清志 2 3 小学校での4 年間の社会科学習と 中学校 3 年間の社会科学習とを系統的に接続 新編 新しい社会 では 小学校 3 年生から 6 年生までの 4 年間の学習と 中学校 3 年間の学習とを系統的に接続し 7 年間 の社会科学習 が展開できるように配慮しました 地理 歴史 公民の各分野の教科書では 単元の冒頭に 小学校で学習した用語や資料を使って

More information

平成27年度6月補正予算のポイント 補正 予算額 一般会計 特別会計 合 152,827千円 財源更正 計 152,827千円 補正予算の概要 児童の安全 安心を確保するため耐震基準を満たしていない有岡乳児保育所の耐震補強対策に対して 補助を実施します また 国 県の制度 予算を活用し 市立伊丹高校

平成27年度6月補正予算のポイント 補正 予算額 一般会計 特別会計 合 152,827千円 財源更正 計 152,827千円 補正予算の概要 児童の安全 安心を確保するため耐震基準を満たしていない有岡乳児保育所の耐震補強対策に対して 補助を実施します また 国 県の制度 予算を活用し 市立伊丹高校 伊 丹 市 平 成 27 年 度 6 月 補 正 予 算 ~ みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 ~ < 目 次 > 平 成 27 年 度 6 月 補 正 予 算 補 正 予 算 概 要 1 補 正 予 算 の 内 訳 3 各 会 計 補 正 予 算 総 括 表 5 一 般 会 計 総 括 表 6 補 足 資 料 平 成 27 年 度 6 月 補 正 予 算 主 要 事 業 の 概

More information

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464> 学 校 経 営 基 礎 学 校 経 営 基 礎 Ⅰ 学 校 経 営 と 組 織 マネジメント 学 校 の 経 営 管 理 ( ) 学 校 経 営 経 営 とは 一 般 的 に 目 標 を 達 成 するために 人 材 予 算 設 備 などの 経 営 環 境 を 最 も 有 効 な 手 段 を 活 用 して 組 織 活 動 を 営 む ことを 意 味 することばとして 用 いられる * *2 学 校 経

More information

5904342BLT0706特集1(4c).indd

5904342BLT0706特集1(4c).indd 2 3 特集 正社員登用 転換制度 働 者 の 意 識 に 関 す る 調 査 〇 六 年 によると 現在の就業形態を選んだ理 由として 契約社員の約四割 パート タ イ マ ー の 約 二 割 が 正社員になれ なかったから と回答している こうした事情を踏まえ 改正パート タイム労働法では 正社員になりたい 意欲のある人に対して 通常労働者に 転換できるような機会を作ることが必 要であるとし 例として

More information

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~

~「よい夫婦の日」、夫婦間コミュニケーションとセックスに関する実態・意識調査~ 調査結果詳細 夫婦にとって セックスは理解し合うための 大切なコミュニケーションツール 夫婦がお互いに理解し合うためにセックスは大切なコミュニケーションだと思いますか との質問に対し 思う (37.3%) どちらかといえば思う (49.6%) と回答 86.9% がそう感じていることがわかりました この結果は を持つ妻 全てで高い回答を得られました ほとんどの夫婦が セックスはお互いを理解するために大切なコミュニケーションツールであると考えていることがわかりました

More information

PBL-Summit-2016企画書

PBL-Summit-2016企画書 1 PBL SUMMIT 2016 企画書 PBL Summit 2016 企画書 本書は PBL Summit 2016 の企画書でございます PBL Summit とは PBL (Project Based Learning)を用いて学習をしている全国の学生が一堂に 会する場で グループワーキングや 実施した PBL の発表会などを行います PBL Summit は今 回で第 5 回目の開催でございます

More information

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63>

<4D F736F F D B835C83694E6F2E BE0914B8AB48A6F82C692998BE082CC8EC091D E646F63> 2015 年 7 月 27 日 調査レポート 実践女子大学人間社会学部実践 ペルソナ 研究会 実践 ペルソナ 通信 (No.8) 実践女子大生の金銭感覚と貯金の実態 に関する調査結果 ~ 最もお金がかかっているのは 趣味 ひと月にお金が残る人 8 割 ~ 実践女子大学人間社会学部 ペルソナ 研究会は 実践女子大学生を対象に 金銭感覚と貯金 についてアンケート調査を実施しました 有効回答者数は 63

More information

平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付い

平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付い 平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付いたします 教育 進路懇談会 は 今後の履修についての相談や学生生活を充実 させるための参考としてお役立ていただくために開催いたします

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

Microsoft Word - 20150310北九州市報告書(確定版)

Microsoft Word - 20150310北九州市報告書(確定版) 2)-3 やりたい 仕 事 学 生 がやりたい 仕 事 は Web 系 SI 系 とも 情 報 システム 設 計 開 発 職 が 最 も 多 かった 図 表 4-11 やりたい 仕 事 ( 複 数 回 答 ) 111 2)-4 やりたい職種 2)-4 やりたい職種としては Web 系 SI 系とも システムエンジニア SE とシステム開発技術者が大半 を占めている やりたい職種 やりたい職種としては

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル 6.( 参考 ) 育休取得 職場復帰の状況 育休を取得して働き続ける女性の割合は増えているものの 働いている女性の約 6 割が第 1 子出産前後に離職している状況は この 20 年間あまり変わっていない状況が続いています 第 1 子出生年別にみた 第 1 子出産前後の妻の就業変化 100% 3.1 3.4 3.8 4.1 5.2 80% 35.5 34.6 32.8 28.5 24.1 60% 40%

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

Microsoft Word  資料編.doc

Microsoft Word  資料編.doc 資料編 人名簿 1 愛知県教育委員会 ( 23.4.1 現在 ) - 162 - ( 23.4.1 現在 ) - 163 - 2 愛知県社会教育委員 24.3.31 現在 ) 3 愛知県文化財保護審議会委員 24.3.31 現在 ) - 164 - 4 銃砲刀剣類登録審査委員 24.3.31 現在 ) 5 愛知県産業教育審議会委員 24.3.31 現在 ) - 165 - 6 愛知県スポーツ推進審議会委員

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

2013(平成25年度) 確定拠出年金実態調査 調査結果について.PDF

2013(平成25年度) 確定拠出年金実態調査 調査結果について.PDF ( 本件に関する問合せ先 ) 企業年金連合会会員センター運用 運営調査室板屋 工藤 TEL 03-5401-8712 FAX 03-5401-8727 2013( 平成 25 年度 ) 確定拠出年金実態調査調査結果について 平成 26 年 12 月 16 日 企業年金連合会 企業年金連合会では 確定拠出年金の運営状況について統計的に把握し 実施事業主の制度運営上の参考に供するとともに 制度の普及および発展に資することを目的に

More information

攻めのCSR小冊子_1203_4

攻めのCSR小冊子_1203_4 メディアとつながる CSRの発信拠点の 運営協力 各種プロモーション Webサイト 毎日新聞社と共に運営している は リアルイベント 毎日新聞本紙 Webサイト SNSを組み合わせた強力なクロスメディア 施策により 企業様のCSR活動の 発 信力を飛 躍 的に高める新たな メディア戦略で様々な企業様のCSR 活動の情報を発信しています リアルイベント SNS 企業コラボにつながる CS Rの企業間コラボレーションを

More information

下関市立大学広報第71号

下関市立大学広報第71号 The Shimonoseki City University Public Relations 2013年11月1日 第71号 発行 下関市立大学広報委員会 751-8510 下関市大学町 2-1-1 TEL. 083-252- 0288 FAX. 083-252-8099 http://www.shimonoseki-cu.ac.jp/ オープンキャンパス 学生の顔が見えるオープンキャンパス 教授

More information

.{...i.....j.R.c

.{...i.....j.R.c はじめに 研修生 技能実習生が日本語を学ぶ意義 4 新ガイドライン策定の趣旨 5 派遣前日本語教育の位置づけ 6 派遣前日本語教育の到達目標 6 派遣前日本語教育の学習範囲 7 1 文字と数字 7 2 コミュニケーション力 8 3 健康管理や危険回避の言葉 9 4 日本で生活するために必要なルールやマナーの言葉 9 派遣前日本語教育の期間と時間数 9 派遣前日本語教育のカリキュラム作成 10 派遣前日本語教育の教材

More information

大阪のまちづくり Vol.17

大阪のまちづくり Vol.17 大阪の 快適で安全な街をめざして 大阪府都市整備推進センターの取り組み情報をお届けします 17 Vol. 2 0 1 2 年 6 月 特 集 エリアマネジメント 土地区画整理事業の事例紹介 密集市街地整備の事例紹介 まち育てについて 河川賑わい空間創出事業 ちきりニュース まちづくり活動 まちづくり活動支援 INFORMATION お知らせ 情報BOX まちづくりの輪 環境共生型まちづくり事 業 ちきりアイランドの

More information

下関市立大学広報第72号

下関市立大学広報第72号 The Shimonoseki City University Public Relations The Shimonoseki City University Public Relations No.72 2014.3.1 2 2014.3.1 The Shimonoseki City University Public Relations No.72 平成 25 年度の就職状況について 全国の平成26年3月大学卒業予定者の平成25年12月1日時点での就職内定率は

More information

表紙案8

表紙案8 新しい 働き方 応援フォーラム 報告書 主催広島市男女共同参画推進センター ( ゆいぽーと ) 会社は目標を持って一緒にやっていくもの 女性が働き続けられずに仕事に穴ができると 会社にとってもその人にとっても損失女性の活躍は必要だが 女性を甘やかすことになってはよくない 女性の視点も男性の視点も必要であり 同じ給料をもらっている以上 女性もできることをしないと男性が育児休暇を取得するのは周囲の理解がなければ難しいと思う

More information

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx

Microsoft Word - 単純集計_センター職員.docx 認知症高齢者を支える地域づくり に向けた業務環境改善に関する調査 _ 単純集計結果 ( センター職員用調査 ) 回答者 ( センター職員 ) の属性 問 1 性別 度数 パーセント 男性 277 23.2 女性 917 76.8 1194 100.0 無回答 1 問 2 年齢 度数 パーセント 20 歳代 73 6.1 30 歳代 295 24.7 40 歳代 428 35.8 50 歳代 316

More information

tebiki_2005_4_12_4.indd

tebiki_2005_4_12_4.indd 1 インターネットや携帯電話のトラブルには どんなものがありますか? たとえば こんなトラブルがあります 出会い系サイトに関係した事件の被害者のほとんどは子どもたちです 2,000 18 18 1,500 1,000 500 0 H12 H13 H14 H15 利用することと教育はワンセット! 5% 13% 4% 10% 13% 26% 29% 44% 0% 15% 30% 45% 2 子どもの成長に悪影響はありませんか?

More information

untitled

untitled February (34)9000 (34)9001 住じゅうみんか民課 (32)8012 (32)8048 お知らせは裏表紙からお知らせは裏表紙から おこしもの作り講習会 緑と花のセンター さんさんの郷 (34)6111 (34)6161 みよし悠学カレッジ一般公開講座 生涯学習課学習交流センター内 (33)3441 (34)1315 夜間労働講座 愛知県豊田加茂事務所産業労働課から

More information

Q3. 本人 家族があったことがあるトラブル 件数が記入されていないものはすべて1 件です ( 以降の項目も同じ ) Q3-1 無料だと思って利用していたのに 知らないうちに有料になっていて 高額の請求が来た などの事例について その他の記入 50 歳未満 震災時の災害情報サイトで いつの間にか有料

Q3. 本人 家族があったことがあるトラブル 件数が記入されていないものはすべて1 件です ( 以降の項目も同じ ) Q3-1 無料だと思って利用していたのに 知らないうちに有料になっていて 高額の請求が来た などの事例について その他の記入 50 歳未満 震災時の災害情報サイトで いつの間にか有料 消費者被害アンケート めやすばこ < インターネットトラブル編 > 調査結果 NPO 法人埼玉消費者被害をなくす会 2013 年 2 月 なくす会では 情報収集活動として 消費者被害アンケート めやすばこ の配布回収を毎年行っています 本年度はについて 調査しました 目的 : アンケートを行うことにより消費者への啓発 被害の未然防止につなげる 表面化していない被害や 機器の使用状況などを調査し

More information

後期高齢者医療制度のしおり_2013

後期高齢者医療制度のしおり_2013 平成25年6月作成 お知らせ 振り込め詐欺や個人情報の詐取などに気をつけて 厚生労働省職員などを装った還付金詐欺等の事件が多発し ています 後期高齢者医療制度に関する不審な電話 訪問等 にあった時は すぐに指示に従わず 広域連合やお住まいの 市町村担当窓口に確認の問い合わせをしてください 万一 被害に遭われた場合は すみやかに警察署に届けてください 医療機関の受診や薬局での薬の調剤について 現在 休日や夜間に軽症の患者さんの救急医療への受診が

More information

6 年度春学期授業アンケート結果集計 講義科目 ( 科目別 ) アンケート回答数. 担当教員名 ラサモエラ, ボリアナ 履修者数 6. 授業科目 フランス語 CⅢ 7 3. 教室番号 577 あまりそう思わない 点 そう思わない 点 回答率 43.8% 4. 曜日 / 時限 曜日 / 時限 欠損値

6 年度春学期授業アンケート結果集計 講義科目 ( 科目別 ) アンケート回答数. 担当教員名 ラサモエラ, ボリアナ 履修者数 6. 授業科目 フランス語 CⅢ 7 3. 教室番号 577 あまりそう思わない 点 そう思わない 点 回答率 43.8% 4. 曜日 / 時限 曜日 / 時限 欠損値 6 年度春学期授業アンケート結果集計 講義科目 ( 科目別 ) アンケート回答数. 担当教員名 ラサモエラ, ボリアナ 履修者数. 授業科目 フランス語 CⅢ 9 3. 教室番号 577 あまりそう思わない 点 そう思わない 点 回答率 9.% 4. 曜日 / 時限 曜日 / 時限 欠損値 ( 判読不能等 ) 空欄は 無回答 とし 集計対象外としてあります Ⅰ 4.67 4.67 7 7 Ⅰ # #

More information

目次 1. 製品と機能 2. ネットワーク接続と青少年保護の仕組み 3. オープンネットワークの青少年保護の仕組み / ブラウザー 4. クローズドネットワークの青少年保護の仕組み / PSN SM 5. その他の取り組み 2

目次 1. 製品と機能 2. ネットワーク接続と青少年保護の仕組み 3. オープンネットワークの青少年保護の仕組み / ブラウザー 4. クローズドネットワークの青少年保護の仕組み / PSN SM 5. その他の取り組み 2 PlayStation の青少年保護の仕組み 2013 年 12 月 10 日株式会社ソニー コンピュータエンタテインメント 目次 1. 製品と機能 2. ネットワーク接続と青少年保護の仕組み 3. オープンネットワークの青少年保護の仕組み / ブラウザー 4. クローズドネットワークの青少年保護の仕組み / PSN SM 5. その他の取り組み 2 1. 製品と機能 PlayStation シリーズ

More information

【日証協】マイナンバー利活用推進小委員会提出資料

【日証協】マイナンバー利活用推進小委員会提出資料 IT 戦略特命委員会マイナンバー利活用推進小委員会提出資料 マイナンバー制度及びマイナポータルの 証券業務での利活用について 平成 27 年 5 月 13 日 日本証券業協会 目次 Ⅰ. はじめに Ⅱ. マイナンバーの利活用 Ⅲ. マイナンバーに関する課題 要望 1 Ⅰ. はじめに Ⅱ. マイナンバーの利活用 Ⅲ. マイナンバーに関する課題 要望 2 マイナンバー制度等への期待 証券界では 金融所得課税の一体化など

More information