静岡県建築構造設計指針 同解説で要求される杭の2 次設計 7.3 杭基礎の設計 水平力に対する検討 5 杭の2 次設計 5 高さ 31m を超える建物及び杭の破壊により転倒の危険性がある建物で杭基礎を用いる場合は 杭の二次設計 ( 保有水平耐力の検討 ) を行う 7 (1) 杭の2 次設

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "静岡県建築構造設計指針 同解説で要求される杭の2 次設計 7.3 杭基礎の設計 水平力に対する検討 5 杭の2 次設計 5 高さ 31m を超える建物及び杭の破壊により転倒の危険性がある建物で杭基礎を用いる場合は 杭の二次設計 ( 保有水平耐力の検討 ) を行う 7 (1) 杭の2 次設"

Transcription

1 内容 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 建築基礎の 2 次設計導入に向けて 建築研究所新井洋 基礎( 杭 ) の2 次設計の必要性 静岡県建築構造設計指針 同解説で要求される杭の2 次設計 (1) 杭の2 次設計が必要な建物 (2) 保有水平耐力 (3) 必要保有水平耐力 応答変位法による杭応力の計算例 1 2 杭の 2 次設計の必要性 (1) 杭の 2 次設計の必要性 (2) 8 名が死亡した杭基礎建物 (1985 年メキシコ地震 ) 軟弱粘性土地盤の非線形化 杭の周面摩擦抵抗の低下とP-Δ 効果により転倒田村 (2015), AIJ 大会基礎構造 PD 3 自然地盤と盛土地盤をまたぐ杭基礎建物の被害 (1995 年兵庫県南部地震 ) 田村 (2015), AIJ 大会基礎構造 PD 4 液状化地域の杭基礎建物の被害形態 1995 年兵庫県南部地震 時松 (2015), 地震 津波ハザードの評価, 朝倉書店 5 杭の 2 次設計の必要性 (3) 人命保護の観点においても建物の基礎の2 次設計は不要と本当に言えるか? 大地震後の修復性や継続使用に対する社会的要請 ( 官庁施設, 消防や警察, 病院や学校, 超高層建物など ) レベル2 以上の地震動 : 地盤変位の影響が大 1 次設計で想定していない被害 上部構造に損傷がなくても建物が沈下傾斜して使用不能 解体 ( 資産の喪失に等しい ) 6

2 静岡県建築構造設計指針 同解説で要求される杭の2 次設計 7.3 杭基礎の設計 水平力に対する検討 5 杭の2 次設計 5 高さ 31m を超える建物及び杭の破壊により転倒の危険性がある建物で杭基礎を用いる場合は 杭の二次設計 ( 保有水平耐力の検討 ) を行う 7 (1) 杭の2 次設計が必要な建物 高さ31mを超える建物 杭の破壊が先行するのは危険 杭破壊により転倒の危険性がある建物例えば, 1) 塔状比が4を超える建物 転倒モーメントが大 2) 軟弱な地盤に建設する建物 地盤変位が大 杭の地中破壊 8 なお これらに該当しない建物であっても 杭基礎の被害軽減のため 例えば 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 )( ベターリビング 2013) の 1 次診断および 2 次診断の手法に基づいて 杭の地震時安全性の検討を行うことが望ましい ( 付 5. 3 参照 ) 9 (2) 保有水平耐力 2 次設計のクライテリア必要保有水平耐力 < 保有水平耐力 基礎構造の 保有水平耐力 とは何か? 明確な定義は, まだない. ( 言い換え ) 上部構造の必要保有水平耐力時の杭 地盤の応力 < 杭 地盤の強度 ( 限界値 ) 10 基礎構造の限界状態 基礎構造の使命 : 上部構造の鉛直支持 地震荷重のレベル : 上部構造と同様例えば, 損傷限界状態 / 安全限界状態 1964 年新潟地震の液状化による建物杭被害 ( 河村ら, 1985) 一方で, 基礎構造の耐震性能残存率 1- 損傷度 建物支持の限界状態と杭や地盤の限界値をどう考えるか? 11 基礎構造の限界状態と要求性能の例 性能レベル A 性能レベル B 性能レベル C 小林 (1997), 建築技術 3 月号に加筆 12

3 杭 地盤の限界値の考え方の例 (1) 杭体 基礎ばりパイルキャップ 地盤 性能レベル A 性能レベル B 性能レベル C 半数以上が降伏曲げモーメント M y を超えない, かつ 1 箇所でも許容せん断力 Q s を超えない 押込側 引抜側それぞれ 2 箇所以上で降伏支持力 P y を超えない 全数が M y を超えない, かつ半数以上が終局曲げモーメント M u に達しない, かつ 1 箇所でも終局せん断耐力 Q u に達しない 押込側 引抜側それぞれ半数以上で極限支持力 P u に達しない 半数以上が深度方向 2 箇所で M y を超えない, かつ半数以上で M u および Q u に達しない 押込側 引抜側いずれかの全数が P u に達しない 曲げモーメント 杭 地盤の限界値の考え方の例 (2) ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) M u M y M c O c y 曲率 u 杭の限界値 (M- 関係 ) 沈下量または抜上量 O S y S u 押込力または引抜力 P y P u 地盤の限界値 ( 鉛直荷重 - 変位関係 ) M c - c M y - y M u - u 場所打ちコンクリート杭 最外端鉄筋の降伏 圧縮側コンクリートの限界ひずみ (0.35%) 杭の曲げ耐力の設定例 場所打ち鋼管コン PHC PRC 杭クリート杭 SC 杭コンクリートのひび割れ 最外端鋼管の降伏最外端コンクリート,PC 鋼材またはコンクリーまたは鉄筋の降伏トの降伏 鋼管の塑性局部座屈または圧縮側コンクリートの限界ひずみ (0.5%) 圧縮側コンクリートの限界ひずみ (PHC 杭 ( せん断補強筋 中詰あり ) および PRC 杭 :0.35%, PHC 杭中詰なし : 0.25%) 鋼管杭 ( 中詰めなし ) 鋼管杭 ( 中詰めあり ) M y - y 鋼管最外端の降伏 鋼管最外端の降伏 M u - u 杭のせん断耐力の設定例 1 場所打ちコンクリート杭 : 等価矩形断面に対して修正荒川 min 式 ( 軸力項を累加 ) を準用 2 場所打ち鋼管コンクリート杭, SC 杭 : 鋼管部分のせん断耐力 (4 鋼管杭に同じ ) 3PHC 杭, PRC 杭 :COPITA の式 4 鋼管杭 : 鋼材の短期許容せん断応力度 腐食代を考慮した有効断面積 /2 鋼管の塑性局部座屈 ( 限界ひずみ0.22t/r 10 2 %) cmx 85% 建築学会 (1990), 建築耐震設計における保有耐力と変形性能ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) 杭の曲げ せん断耐力の軸力依存性 地盤の限界値の設定例建築学会基礎指針 : 杭の極限支持力 摩擦力 曲げ耐力 : 断面力解析によるせん断耐力 : 既往の部材評価式を準用 17 18

4 (3) 必要保有水平耐力 原則として応答変位法により算定 解析モデル, 基本式と解法, 境界条件 杭の非線形性, 地盤ばねの非線形性 2 次設計用の地震外力 - 地震荷重の規定位置 - 地盤応答の評価, 液状化の扱い - 建物慣性力の評価, 動的相互作用の扱い, 地下部分の土圧摩擦力の扱い - 建物慣性力と地盤変位の組合せ 市販プログラムの例 19 応答変位法の解析モデル (1) 簡易法 ( 単杭モデル ) 詳細法 ( 基礎ばり - 杭の骨組みモデル ) 20 応答変位法の解析モデル (2) 簡易法を採用できる場合 建物全体で杭の仕様や負担軸力に大きな差がなく, 地震時の挙動が全ての杭で概ね同じと思われる場合 杭の仕様や負担軸力についてグルーピングを行って, 代表となる杭を選定できる場合詳細法を採用すべき場合 アスペクト比が大きい建物の場合 連層耐震壁直下など地震時の変動軸力が大きい杭が多数となる場合 ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) 21 応答変位法の解析モデル (3) グルーピングの方法 1 杭の仕様 : 杭径 杭長 杭種 鋼管厚 2 地震時軸力 ( 常時 ± 変動軸力 ): 載荷方向ごとに大 中 小に分類 ( 軸力を求められない場合は建物形状から推定 ) 3 杭の配置 : 隅角部 外端 内部 4 その他 : 布基礎, べた基礎下に杭が分散して配置 柱の支配範囲ごとに代表杭を選定 1 フーチングに多数の杭 1 本を代表杭 ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) 22 応答変位法の基本式 ( 単杭 ) と解法 参考資料 1 d dz d y dz EI 2 khb y yg 0 EI: 杭の曲げ剛性,y: 杭の変位,B: 杭径,z: 地盤の深度, y G : 地盤変位,k h : 水平地盤反力係数 FEM や FDM による空間離散化 + 杭両端の境界条件 多元連立 1 次方程式 [A]{y}={g} EI と k h の非線形性 ( いわゆる M-, p-y 関係 ) 荷重増分解析 ( [A]{ y} = { g}) または等価線形解析 ( 直接反復法 ) 23 基礎ばり - 杭の骨組みモデルの解法 基本的に単杭の場合と考え方や手順は同じだが, 建物形状を考慮して, 基礎全体または通り全体を2 次元ないし3 次元にモデル化 空間離散化の方法にはFEMを用いる場合が多い ( 地盤ばね : ばね要素, 杭 : 梁要素, 基礎梁 : 剛床仮定とし, 各杭の杭頭を剛梁要素で連結するか, 杭頭の水平変位同一条件を課す 各杭の非線形化に伴う負担水平力の再配分や除荷になる場合の影響を適切に考慮するため, 荷重増分解析が望ましい 24

5 杭頭と杭先端の境界条件 杭頭の回転を許容する場合 杭頭 回転拘束( 固定 ): 撓み角ゼロ, せん断力 Q=Q 0 ( 外力 ) 曲げモーメント拘束( 回転許容 ): 曲げモーメントM=M 0 ( 任意 ), せん断力 Q=Q 0 ( 外力 ) 杭先端 ピン:M=0, 変位ゼロ フリー:M=0, Q=0 25 先ず, 杭頭回転拘束 ( 固定 ) の条件で解き, その杭頭曲げモーメントM 0f を求める. 次に, 実情に基づいて杭頭固定度 を設定し, 杭頭曲げモーメント拘束 (M 0 = M 0f : 回転許容 ) の条件で解き, 杭応力を得る. ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) 26 杭の非線形性 :M- 関係 (1) 曲げ材または曲げせん断材として扱う. 杭材 ( コンクリート, 鋼など ) の応力 - ひずみ 関係を用いて, 平面保持仮定の下, 断面力解析を行って, 曲げモーメント M- 曲率 関係を設定する. 参考資料 2 や COPITA のツールなど 杭の非線形性 :M- 関係 (2) 鉄筋降伏 コンクリート圧壊 c cy Ec p tmx =0.05 p ty2 =0.015 p cmx p cy pes s tmx =0.18 s cy ses コンクリートひび割れ c ty c cmx = p cy2 =0.015 p cmx =0.05 s cmx =0.22t/r p ty コンクリート (PHC 杭 中詰なし ) p tmx PC 鋼材 s ty 鋼管 ( 中詰なし ) 地盤ばねの非線形性 :p-y 関係 水平地盤ばね 建築学会基礎指針 の地盤ばねを推奨液状化地盤に対応可 現在改定中 (2019 年度刊行 ) その他の地盤ばね: 弾性論に基づくもの, 道路橋示方書, 鉄道標準など鉛直地盤ばね : 付けないことを推奨 地震応答に与える影響は大きくない 適切な地盤ばねがない 解析が非常に煩雑になる 29 基礎指針の水平地盤ばね (1) 水平地盤反力係数 k h 10 kh0 ( y 0.1cm) kh kh0 y ( y 0.1cm) y : 杭と地盤の相対変位 k y p : 塑性水平地盤反力 h mx 基準水平地盤反力係数 k h0 E B 実地盤の単杭の杭頭水平載荷試験で相対変位 1cm の状態に基づいて設定 : E 0 の決め方と土質により決まる定数, B: 杭径, E 0 : 変形係数 ( ヤング率 ), : 群杭係数 ( 単杭で 1) E 0 = 700N (N: 標準貫入試験 N 値 ) が多用される 0 杭と地盤の相対変位 (cm)

6 基礎指針の水平地盤ばね (2) k h0 の群杭係数 基礎指針の水平地盤ばね (3) 塑性水平地盤反力 p mx 2 B z cu 実地盤の群杭 (2 本杭, 3 本杭, 2 2 本杭, 3 3 本杭 ) の杭頭水平載荷試験等に基づいて設定 31 K Bz c B P u 砂質土粘性土 K P : 受働土圧係数, : 単位体積重量, c u : 非排水せん断強度 内部摩擦角 N 値 = 一軸圧縮強度 q u / 2 p mx の群杭係数 ( 省略 ) ( 単杭で 3), ( 単杭で 9), ( 単杭で 1.4) 32 基礎指針の水平地盤ばね (4) 液状化による k h と p mx の低減 ( ) 非液状化時 応答変位法の 2 次設計用の地震外力 上部構造の必要保有水平耐力に対応する荷重軸力 水平力 液状化時 建物慣性力 建物の地震荷重 杭の水平地盤反力と変位関係のモデル化 水平地盤反力係数の低減率 地表面における設計用地震動の加速度応答スペクトル 地盤変位 地震荷重 ( 設計用地震動 ) の規定位置 工学的基盤面 ( 限耐法ベース ) 1 地盤応答 ( 地表面の加速度応答スペクトルと地盤変位 ) 2 基礎入力動 工学的基盤 3 建物慣性力 地表面 ( 新耐震ベース ) 2 地表面の加速度応答スペクトル 3 地盤変位 1 建物の地震荷重 35 設計用地震動の加速度応答スペクトル ( 限耐法と新耐震の 2 次設計レベル ) 多質点系で C 0 =1 相当 地表面 ( 新耐震ベース ) 工学的基盤面 ( 限耐法ベース ) 減衰定数 5% C 0 Rt 神戸震災の新耐震建物被害小が根拠 速度応答 1.6m/s 36

7 地盤応答評価に必要な情報 S 波速度構造と動的変形特性は不可欠 弾性波速度検層 (PS 検層 ) 標準貫入試験 N 値から経験的に推定微動 ( 表面波 ) 探査 探査を行う技術者の腕次第で,PS 検層に比べて適切な結果にも不適切な結果にもなる 土試料採取と室内試験 / データの回帰式 (H-DやR-Oモデルなど) 地盤の S 波速度構造の評価法 (1) 弾性波速度検層 (PS 検層 ) S 波の生データ 起振点がボーリング孔口から離れていることに関する走時の補正 走時曲線 地盤の S 波速度構造の評価法 (2) 標準貫入試験 N 値から経験的に推定 経験式 対象地域 データ数 太田 後藤 (1976) 首都圏 289 今井 殿内 (1982) 全国 ( 都市域 ) 1654 多田ほか (1996) 神戸 264 福和ほか (1999) 名古屋 数千程度 田村 山崎 (2002) 全国 K-NET 横浜 永田ほか (2008) 千葉 588 加藤 田守 (2011) 全国 ( 都市域 ) N 値と S 波速度の関係のメカニズム? 地盤工学会 (2005), 地盤調査基本と手引き 例えば, 太田 後藤 (1976) の式 VS 68.79N H 土質係数年代係数 地盤の S 波速度構造の評価法 (3) 微動 ( 表面波 ) 探査 経験式の元データの地域や数量による 推定結果の信頼性や適用範囲の差異探査範囲の地盤は水平成層構造であること 41 42

8 Soil Profile 砂質土 地盤の動的変形特性の評価法 (1) 土試料の室内試験 シルト 粘性土 中空ねじり繰返しせん断試験装置 (PARI web) 地震応答に影響の小さい薄層等は推定困難 43 供試体 44 地盤の動的変形特性の評価法 (2) 数式モデルによる試験データの回帰式 中空ねじり繰返しせん断試験装置 H-Dモデルの例 : 古山田ら (2003), 地盤工学会大会供試体 45 地盤応答の評価法工学的基盤で地震荷重を規定する場合 : 限耐法ベース 時刻歴非線形解析: 高難度 設計で使える? 重複反射理論による等価線形解析 いわゆる SHAKE 限耐法の地盤増幅: 固有値解析は必要 信頼性精度高 低 実用性簡便性低 高 46 重複反射理論による等価線形解析もいろいろ ( 建築基礎設計例集の地盤例 ) 限耐法の地盤増幅は要改良 告示どおりに安全限界の計算をするとー固有周期の精度が悪い場合が多いー変位が2-3 倍異なる場合がある 井上ら (AIJ 技報, 2010) の改良法 S 波速度構造と動的変形特性は同一 ( 古山田 H-D) 47 48

9 地盤変位の評価法 ( 地表面で地震荷重を規定する場合 : 新耐震ベース ) 重複反射理論による等価線形解析: 安全限界で発散の危険性が大きい 応答スペクトルから単純な四則演算により地表変位を概算 +インピーダンス逆数で重み付けしたVs 構造のモード解析 参考資料 3 AIJ 大会発表予定 液状化の扱い 地盤変位: 建築学会基礎指針の液状化判定による動的水平変位 Dcyを加算 地表面の加速度応答スペクトル: ( 工学的基盤で地震荷重を規定する場合 ) 液状化を考慮しない場合の結果 等価線形解析を利用した簡易評価法も提案されているが, 液状化層の等価剛性 等価減衰の適切な設定が難しい. 小林ら (2015), 建築学会技報, No 基礎指針の液状化判定 地盤情報土質, 単位体積重量, 標準貫入試験 N 値, 細粒分含有率, 地下水位地震動情報地表面加速度, マグニチュードM 深さ 液状化安全率 F L 1 液状化層 動的水平変位 Dcy 設計用地震動の規定位置地表面加速度 M 工学的基盤面 ( 限耐法ベース ) 地盤応答解析の結果 加速度応答スペクトルの短周期側の値 7.5 有効応力解析を推奨しない理由 1. 土のせん断応力 -ひずみ関係とダイレイタンシーに伴う過剰間隙水圧およびサイクリックモビリティなどを表現する構成則が複雑かつ多種多様 2. 地盤のモデル化や境界条件, 運動方程式の解法などの理解, 構成則と, そのパラメタ設定に関する適切な知識と経験が必要 ( 再現解析など実問題への適用に関する習熟 ) 3. プログラムで用いる構成則のパラメタ設定に必要な液状化試験データが必要 地表面 ( 新耐震ベース ) 3-4m/s E 建物慣性力の評価法 ( 限耐法ベース ) B: 上部構造の慣性力 B 基礎入力動 ( 地表面地震動 F 相互作用係数 ) の加速度応答スペクトルから P I ( 限耐法や荷重指針など ) I: 建物と地盤の動的相互作用後述 F: 地下部分の慣性力 深さ方向に低減しない基礎入力動の最大加速度 ( 加速度応答スペクトルの短周期側の値 ) から E: 地下部分に作用する土圧力と摩擦力後述 53 動的相互作用の扱い (1) 限耐法の相互作用係数 β( 簡易式 ) K hb 1 D e 1 1 K GS Hi K K hb he he ただし 3 4 K hb : 地下部分の底面の水平地盤ばね定数 K he : 地下部分の側面の水平地盤ばね定数 地盤ばね定数はコーンモデルによる 54

10 動的相互作用の扱い (2) 短周期が落ちる 地震荷重と関係薄 基礎底深さの自由地盤応答 (E+F) を基礎入力動の代用としてもよいか 動的相互作用の扱い (3)S-R モデル 応答変位法の地盤ばねとの整合性? 上部構造の地震荷重で考慮しているか 時刻歴非線形解析をするのか 強震記録に基づく新長田建物の基礎入力動 ( 安井ら, 1998) E 地下部分の土圧摩擦力の扱い (1) P B F I BCJ 指針 : 地下部分側面土の水平力分担率 地上高さ根入れ深さ E = (B+F): 必ず受働抵抗になる P = B+F+E = (1 ) (B+F) 導入当時の仮定 : 設計水平震度 0.2, 地盤変位の影響なし, 静的弾性論の抵抗メカニズム 杉村先生曰く この分担率 が現在の設計でも用いられているのは問題 57 地下部分の土圧摩擦力の扱い (2) 応答変位法の水平地盤ばねとして 土圧摩擦合力ばね を付加 基礎指針改定で検討中 主働から受働まで任意の地震時土圧状態を表現できる 土圧摩擦合力ばね 田村 (2015), AIJ 大会基礎構造 PD 土圧摩擦合力ばね 58 E 建物慣性力の評価法 ( 新耐震ベース ) B: 上部構造の慣性力 B 必要保有水平耐力 F または, 保有水平耐力, C 0 D s F es から, P I ベースシヤ係数から I: 建物と地盤の動的相互作用考慮しない F: 地下部分の慣性力 深さ方向に低減しない C 0 =1 相当の地表面地震動の最大加速度 3-4m/s 2 ( 加速度応答スペクトルの短周期側の値 ) から E: 地下部分に作用する土圧力と摩擦力前述 59 建物慣性力と地盤変位の組合せ 杭と地盤ばねの非線形性を考慮するため, 原則として, 建物慣性力と地盤変位は同時に作用させる 一方, 震動中は, 建物と地盤, 建物 - 地盤連成系の固有周期の大小関係や, 地盤変位と杭変位の大小関係によって, 建物慣性力と地盤変位の向きと大きさが変化する 建物慣性力と地盤変位の作用は,1 同時 同方向,2 同時 逆方向の2ケースを検討し, 安全側の評価となる場合を採用 ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ) 60

11 応答変位法の市販プログラムの例 ( 建物の杭基礎を対象とするもの ) k-pile ( 構造計画研究所 ) PILE-Lite ( ソフトウェアセンター ) SEIN Pile (NTTファシリティース ) PileExplorer ( システムフ ランニンク ) LiQSMART ( 伊藤忠テクノソリューションス ) 基礎ばり- 杭の骨組みモデルの場合, 汎用のFEM ソフトを利用する人も多い 61 応答変位法による杭応力の計算例 神戸市東灘区深江浜に実在した杭基礎建物 (M ビル ) がモデル ベターリビング (2013), 基礎構造の耐震診断指針 ( 案 ), 付録 1, 診断事例 5 を改変して使用 実際は,1995 年兵庫県南部地震で地盤の液状化により杭が損傷し, 上部構造に損傷は見られなかったが大きく傾斜した ( 地震後約 1 年半使用の後に解体された ) ここでは, 地震荷重を上部構造の C 0 =1.0 ( 新耐震ベース : 地表面地震動 ) で規定, 対応する建物慣性力と地盤変位 ( 液状化考慮 ) を設定し, 応答変位法により杭応力を計算 62 建物と基礎杭の概要鉄骨造 3 階建て事務所ビル (S48 竣工 ) 短辺長 B = 9.05m, 長辺長 L = 30.1m 地上高 H = 10.6m 基礎根入れ深さ D f = 0.8m 上部構造重量 W b = 5448kN ( 地震力計算用 :4631kN) 基礎スラブ重量 W f = 2615kN 構造特性係数 D s = 0.4 形状係数 F es = 1.0 杭種:PC 杭 A 種 杭径:350mm( 隅 4 本 ), 450mm(10 本 ) 杭長:28m(2 本継ぎ ) 杭頭部詳細図 基礎伏図 63 地盤の概要 層厚 (m) 土質 単位体積重量 (kn/m 3 ) S 波速度 (m/s) 平均 N 値 ( 地下水位 1.8m) 内部摩擦角 (deg) 一軸圧縮強度 q u (kp) 砂質土 細粒分含有率 ( 細粒分含有率 % %) 液状化 対象層 粘性土 砂質土 粘性土 砂質土 工学的基盤 建物慣性力の算定 : 杭頭水平力 ( 短辺方向 ) 上部構造の必要保有水平耐力 Q un = D s F es C 0 W b ( 地震力計算用 ) = kN = 1852kN C 0 = 1.0 相当の地表面最大加速度 A mx = 3.5m/s 2 基礎スラブ ( 地下部分 ) の水平力 Q f = (A mx / 9.8) W f = (3.5 / 9.8) 2615kN = 934kN 地下部分の側面土の水平力分担率 α = H 1/2 / D 1/4 f = /2 /0.8 1/4 0.3 杭頭水平力の和 Q p = (1 - α)(q un +Q f ) = (1 0.3)( )kN = 1950kN これを杭の本数と剛性により分配 各杭頭の水平力 350mm:65kN/ 本 450mm:169kN/ 本 65 2 建物慣性力の算定 : 杭頭軸力 ( 短辺方向 ) 建物全重量 W b +W f = 8063kN を杭の本数と断面積により分配 各杭頭の常時軸力 350mm:418kN/ 本 450mm:639kN/ 本 H+D f 杭 7 本 B N 7 O Q un +Q f N 7 杭 7 本 建物慣性力による O 点回り転倒モーメント :(Q un +Q f ) (H+D f )/2 杭 7 本の変動軸力の和による O 点回り回転トルク :(N 7 B/2) 2 両者を等置して, N 7 = ( ) 11.4/9.05/2 = 1755kN N 7 を上記と同様に分配 各杭頭の変動軸力 350mm:182kN/ 本 450mm:278kN/ 本 66

12 各杭頭の最大 最小軸力 ( 圧縮側 引張側 ) = 常時軸力 ± 変動軸力 350mm:418±182( 最大 600 最小 236)kN/ 本 450mm:639±278( 最大 917 最小 361)kN/ 本 3 杭の M-φ 関係のモデル化 断面力解析の結果 ( 破線 ) から折れ線モデル ( 実線 ) 4 地盤の液状化判定 基礎指針の方法による 検討対象 : 地下水位以深の砂質土 ( 深さ m) 地表面最大加速度 3.5m/s 2, マグニチュード 地盤変位の算定 参考資料 4 の簡易法 + 基礎指針の D cy C 0 = 1.0 相当の地表面最大速度応答 1m/s 2 6 杭の応力解析条件の整理 -1: 350mm( 隅 4 本 ) = 8 ケース 杭頭 :(2 ケース ) 固定 / ピン 軸力 N:(2ケース ) 引張側 236kN, 圧縮側 600kN 水平力 Q:±65kN(2ケース ) M N = 600kN 杭体 N = 236kN EI (= M/ φ) φ 杭先端 : 水平自由 地盤変位 : 簡易法 +D cy 地盤ばね :k h (= p/ y) N 値 ( 砂質土 ) q u ( 粘性土 ) 基礎指針の方法 p 非液状化 β( 基礎指針 ) 液状化 y 杭の応力解析条件の整理 -2: 450mm(10 本 ) = 8 ケース M 杭頭 :(2 ケース ) 固定 / ピン N = 917kN 杭体 N = 361kN EI (= M/ φ) φ 杭先端 : 水平自由 軸力 N:(2ケース ) 引張側 361kN, 圧縮側 917kN 水平力 Q:±169kN(2ケース ) 地盤変位 : 簡易法 +D cy 地盤ばね :k h (= p/ y) N 値 ( 砂質土 ) q u ( 粘性土 ) 基礎指針の方法 p 非液状化 β( 基礎指針 ) 液状化 y 7 杭の応力解析結果 -1: 350mm( 隅 4 本 ) 逆 ( ) 方向載荷同 ( ) 方向載荷 引張側 圧縮側 M y M y M y M y 71 72

13 7 杭の応力解析結果 -2: 450mm(10 本 ) 逆 ( ) 方向載荷同 ( ) 方向載荷 引張側 圧縮側 M y M y M y M y 8 杭の応力解析結果まとめ 条件逆方向載荷同方向載荷 杭頭固定 杭頭ピン 引張側 圧縮側 引張側 圧縮側 350( 隅 4 本 ): 液状化層上下部, 深さ 20m の 3 箇所で曲げ降伏. 450(10 本 ): 液状化層上下部, 深さ 20m の 3 箇所で曲げ降伏. 杭頭部で短期許容せん断力を超える. 350( 隅 4 本 ): 液状化層下部で曲げ降伏. 450(10 本 ): 曲げ降伏, 短期許容せん断力に達しない. 性能レベル 350( 隅 4 本 ): 杭頭部, 液状化層上 350( 隅 4 本 ): 同左. 下部, 深さ20mの3 箇所で曲げ降伏. 450(10 本 ): 杭頭部で曲げ破壊. 450(10 本 ): 液状化層上下部, 深液状化層上下部, 深さ20mの3 箇所 C 未満さ20mの3 箇所で曲げ降伏. 杭頭部で曲げ降伏. 杭頭部で短期許容せで短期許容せん断力を超える. ん断力を超える. 350( 隅 4 本 ): 杭頭部, 液状化層上下部の 2 箇所で曲げ降伏. 450(10 本 ): 杭頭部, 液状化層上下部の 2 箇所で曲げ降伏. 350( 隅 4 本 ): 杭頭部で曲げ破壊. 液状化層上下部 2 箇所で曲げ降伏. C 未満 450(10 本 ): 杭頭部で曲げ破壊. 液状化層上下部 2 箇所で曲げ降伏. 350( 隅 4 本 ): 液状化層下部, 深さ 20mの2 箇所で曲げ降伏. 450(10 本 ): 液状化層全域と深さ C 未満 20mで曲げ降伏. 杭頭部で短期許容せん断力を超える. 350( 隅 4 本 ): 同左. 450(10 本 ): 液状化層全域で曲げ C 未満降伏 拙講演内容が応答変位法による杭の 2 次設計の理解と習得のお役に立てれば幸いです. 75

14

15 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 1 単杭の応答変位法の基本式 ( 力の釣合式 ) は, 単杭の応答変位法の解法 ( 例 ) dz dz dz dz 2 2 d d y d dy EI + N + k 2 2 hb ( y yg) = 0 (1) ここに,EI は杭の曲げ剛性 ( 以後, 便宜上,e と記す ), N は杭の軸力 ( 圧縮が正 ),y は杭の変位,B は杭径,z は地盤の深度,y G は地盤変位,k h は水平地盤反力係数.(1) 式の左辺第 2 項は, 杭の軸力 N による付加曲げの影響を考慮したもので, 省略される場合が多い. (1) 式を差分法で解ける形に展開すると, d e d y de d y d y dn dy d y e + + N + k hby = khbyg (2) dz dz dz dz dz dz dz dz 杭頭から杭先端までを, n 個の節点 ( 節点番号 i = 0,1,2,..., n 1, 間隔 z ) に離散化する.(2) 式において,1-4 階微分に対して,2 次精度の中心差分 dy dz y y = 2 i+ 1 i 1 y 2y + y 2 d y i+ 1 i i 1 = 2 2 dz y 2y + 2y y 2 3 d y i+ 2 i+ 1 i 1 i 2 = 3 3 dz y 4y + 6y 4y + y 4 d y i+ 2 i+ 1 i i 1 i 2 = 4 4 dz (3-1) (3-2) (3-3) (3-4) を適用し, 整理すると,(4) 式を得る. y + y + y + y + y = γ y (4) 1i i 2 2i i 1 3i i 4i i+ 1 5i i+ 2 i Gi ここに, e e e = + 2 i+ 1 i 1 i 1i 4 4 2e 6e N N N = + 4 i+ 1 i i+ 1 i 1 i 2i e + 10e 2e 2N = + γ i i+ 1 i i 1 i 3i 4 2 6e + 2e N N N = i i 1 i+ 1 i 1 i 4i e e e = + 2 i+ 1 i 1 i 5i 4 4 (5-1) (5-2) (5-3) (5-4) (5-5) γ i = khib (5-6) 参 1-1

16 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 1 ただし, 杭頭 ( i = 0 ) と杭先端 ( i = n 1 ) では,1 階微分の中心差分は, 前進差分あるいは後退差分により置換し,(6), (7) 式とする. 杭頭 ( i = 0 ) e + 2e = e 6e N 3N = = 6e 2N +γ e 2e N + N = e = (6-1) (6-2) (6-3) (6-4) (6-5) γ = k B (6-6) 0 h0 杭先端 ( i = n 1 ) e = z n 2 1( n 1) 4 2e 2e N + N = + 2 n 2 n 1 n 2 n 1 2( n 1) 4 2 6e 2N = + γ n 1 n 1 3( n 1) 4 2 n 1 2e 6e N 3N = 2 n 2 n 1 n 2 n 1 4( n 1) 4 2 e + 2e = n 2 n 1 5( n 1) 4 (7-1) (7-2) (7-3) (7-4) (7-5) γ n 1 khn ( 1) = B (7-6) また, 杭頭と杭先端の近傍では, 境界条件から,(4) 式は,(8)-(11) 式で表される. ) 杭頭回転拘束 ( 固定 ) 杭頭 ( i = 0 ) において, 撓み角 dy dz y y = = y = 1 y1 3 d y y 2y + 2y y y y せん断力 Q0 = EI = e 3 0 = e dz 2 2 より, Q 0 3 y = 2 y + 2 z e 0 参 1-2

17 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 1 1) i = 0 に対して, 2Q y0 + ( ) y1 + ( ) y2 = γ 0 yg0 10 z (8-1) e 2) i = 1に対して, ( ) 21y y1 + 41y2 + 51y3 = γ1y G 1 (8-2) 0 b) 杭頭モーメント拘束 杭頭 ( i = 0 ) において, 2 d y 曲げモーメント M = EI = e dz y 2y + y M 0 2 y = 1 y 0 y 1 z e 0 3 d y y2 2y1+ 2y 1 y 2 せん断力 Q0 = EI = e dz 2 2M0 2Q0 y = 2 y 2 4y + 1 4y 0 z z e + e より, ) i = 0 に対して, ( ) + ( 4 + ) + ( + ) y y y M Q = γ y ( ) G e0 e0 (9-1) 2) i = 1に対して, c) 杭先端フリー M = + (9-2) e 0 2 ( ) y ( ) y y y γ y z G 杭先端 ( i = n 1 ) において, 曲げモーメント M せん断力 Q より, y 2y + y = e = 0 n 2 n 1 n n 1 n 1 2 y 2y + 2y y = e = 0 2 n+ 1 n n 2 n 3 n 1 n 1 3 y = 2y y n n 1 n 2 y = 4y 4y + y n+ 1 n 1 n 2 n 3 1) i = n 2 に対して, ( 2 ) ( ) y + y + y 1( n 2) n 4 2( n 2) n 3 3( n 2) 5( n 2) n y = γ y 4( n 2) 5( n 2) n 1 n 2 G( n 2) (10-1) 参 1-3

18 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 1 2) i = n 1 に対して ( + ) + ( 4 ) + ( 3( n 1) + 24( n 1) + 45( n 1) ) yn 1 = γ n 1 yg( n 1) y y 1( n 1) 5( n 1) n 3 2( n 1) 4( n 1) 5( n 1) n 2 (10-2) d) 杭先端ピン 杭先端 ( i = n 1 ) において, 変位 yn 1 = 0 yn 2 2yn 1+ yn yn 2 + yn 曲げモーメント Mn 1 = en 1 = e 2 n 1 = 0 2 より, yn = yn 2 1) i = n 3 に対して, y + y + y + y = γ y (11-1) 1( n 3) n 5 2( n 3) n 4 3( n 3) n 3 4( n 3) n 2 n 3 G( n 3) 2) i = n 2 に対して ( ) y + y + y = γ y (11-2) 1( n 2) n 4 2( n 2) n 3 3( n 2) 5( n 2) n 2 n 2 G( n 2) 境界条件 ) ないし b) と c) ないし d) の組み合わせに応じて,(4) 式および (8)-(11) 式から必要な式を連立 させると, 解くべき多元連立 1 次方程式は,(12) 式の形に表される. ここに, Ay = g (12) A :(5)-(7) 式の 1 i, 2 i, 3 i, 4 i, 5 iから決まる要素を持つ正方行列 y : 求めるべき杭変位 yi を要素に持つ列ベクトル g : γ i y Gi と (8), (9) 式右辺 ( 10, 20, 11, M 0, Q 0, e 0, z) から決まる要素を持つ列ベクトル 境界条件 c) 杭先端フリーの場合 : i = 0,1,2,..., n 1( 要素数 n ) 境界条件 d) 杭先端ピンの場合 : i = 0,1,2,..., n 2 ( 要素数 n 1) (12) 式を解いて, 杭変位 { y i } を得る. (12) 式は, 対称行列とはならない. ここでは, 特異値分解法により求解する. 得られた杭変位 { y i } から, 撓み角 θ, 曲げモーメント M, せん断力 Q を順次,1 階微分により求める. dy θ =, dz M dθ dm = EI, Q = (13) dz dz 参 1-4

19 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 1 この微分演算も, ここでは, 差分法による. 差分スキームは,(14) 式とする. 節点 i = 0 ( 杭頭 ):1 次精度の前進差分 節点 i = 1:3 次精度の前進差分 節点 i = 2,..., n 3 :4 次精度の中心差分 節点 i = n 2 :3 次精度の後退差分 θ = 節点 i = n 1 ( 杭先端 ):1 次精度の後退差分 0 y y 1 0 y + 6y 3y 2y θ1 = y + 8y 8y + y 12 i+ 2 i+ 1 i 1 i 2 θ i = 2y + 3y 6y + y 6 n 1 n 2 n 3 n 4 θn 2 = y y n 1 n 2 θn 1 = (14-1) (14-2) (14-3) (14-4) (14-5) 以上は, 系 ( 杭体と地盤ばね ) が線形 ( 弾性 ) の場合の解法例である. これが非線形の場合,(12) 式を増分形で表示して ( A y = g), 適切な杭体の曲げモーメント- 曲率 (M-φ ) 関係と地盤ばねの荷重 - 杭地盤間相対変位 (p-y) 関係を設定し, 曲げ剛性 EI と水平地盤反力係数 k h の接線勾配を用いて, 荷重増分解析 ( プッシュオーバー解析 ) を行う. あるいは, 等価線形解析を行う場合は,EI と k h の割線勾配を用いて, 反復収束計算 ( イタレーション ) により解を求める. この際,EI と k h の初期値は, 弾性時の値を用いる. 参 1-5

20

21 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 2 杭の断面力解析の方法 ( 例 ) 1. 扱う杭円筒断面の鋼管杭, コンクリート杭,SC 杭 ( 鋼管巻コンクリート杭 ),RC 杭,PC PHC 杭等 2. 材料の応力 -ひずみ関係コンクリート材については道路橋示方書の式 (e 関数法 ), 鉄鋼材についてはバイリニア型モデルで規定する. いずれも, 圧縮を正, 引張を負とする. ひずみεから応力 σを求める関数をσ = f(ε) と表す. 3. 解析フロー 1 曲率 φを与える. 断面は平面保持仮定とする. 2 中立軸位置 X を仮定して, 断面に生じる総軸力 N, 総曲げモーメント M を計算する. 具体の計算方法は 4. を参照. 3X を断面内外に渡って適当に変動させ,N > 0 となる X = X 1 および N < 0 となる X = X 2 を見つける. X 1 と X 2 の間で, 中点法等により N = 0 となる X = X 0 を探索する ( イタレーション ). 収束クライテリアは十分に小さくとる ( 例えば N < 10-3 N). 解が見つからない場合, 当該 φはスキップする. 4X = X 0 における M = M 0 を求める解とする. 5φを更新して,1に戻る. 4. 断面に生じる総軸力 N, 総曲げモーメント M の計算方法 (1) まず, 杭材について, 図 1 により N, M を計算する. 図 1 参 2-1

22 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 2 断面の要素分割数は, 十分に大きく取る ( ここでは 1024). 微小要素 j( 面積 A j) 内のひずみε j は, 位置 x j における値で代表し,A j 内で一様と仮定する. A j は, 解析解を求め, 正確に計算する. 初期軸力 N 0 は, 内力 ( 復元力 ) として扱うため, 符号を逆転する. SC 杭 ( 鋼管巻コンクリート杭 ) については,N, M とも, 鋼材部とコンクリート部の断面力の単純和とする. 材料間の摩擦や付着等は考慮しない. (2) 次に,RC 杭ないし PC PHC 杭については, 鉄筋ないし PC 鋼棒等による断面力負担の影響を, 図 2 により考慮する. 当該位置のコンクリートを鉄筋ないし鋼棒等に置き換える操作に対応する. 図 2 j 番目の鉄筋ないし鋼棒等の断面 (1 本あたり面積 A Sj) 内のひずみε Sj は, 位置 x Sj における値で代表し,A Sj 内で一様と仮定する. 材料間の摩擦や付着等は考慮しない. せん断補強筋またはフープ鉄筋の影響は, コンクリートの応力 -ひずみ関係( 道示式 :e 関数法 ) において, 横拘束効果による耐力向上や破壊ひずみ伸延などにより評価する. 参 2-2

23 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 2 (3) なお,PC PHC 杭については,(1), (2) いずれにおいても, 有効プレストレスσ e の影響を考慮する. プレストレス導入により生じるコンクリートおよび鋼棒等の初期ひずみε C0, ε S0 は次式により求め, それぞれの応力 -ひずみ関係に反映させる( 原点をシフトする操作に対応する ). e コンクリート : ε 0 = > 0 ( 圧縮 ) E C はコンクリートのヤング率 σ C σ E C e 1 鋼棒等 : ε S 0 = 1 < 0( 引張 ) E S は鋼棒等のヤング率 ES Sr S r は断面の鉄筋比. 5. 計算例建築学会 建築耐震設計における保有耐力と変形性能 (1990)pp の各種杭の M-φ 関係の計算例について, 記載の杭の諸元, 材質, 計算仮定等にしたがって, 追解析を行った. 解析に用いたコンクリートの応力 -ひずみ関係( 道示式 :e 関数法 ) は, 記載の計算例のそれ ( バイリニア型モデル ) と異なるが, 軸力 0tf 時の応力 -ひずみ関係が概ね同等となるよう, フープ筋や鋼管等による横拘束効果の影響を適当に調節した. 解析結果を下図に示す ( 図番号は 保有耐力と変形性能 (1990) に同じ ). いずれの杭種においても, コンクリートの応力 -ひずみ関係が異なるため, 記載の計算例の図と完全には一致しないものの, 概ね同等の M-φ 関係が得られた. 図 3.2 鋼管杭 (p.137) 図 3.5 場所打ちコンクリート杭 (p. 139) 参 2-3

24 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 2 図 3.8 既製コンクリート杭 (p.141) 図 3.10 鋼管巻既製コンクリート杭 (p. 143) 図 3.12 場所打ち鋼管コンクリート杭 (p. 145) 参 2-4

25 林 大西研究室拡大勉強会 ( 第 13 回 ) 新井参考資料 3 建築基礎設計に用いる動的地盤変位の簡易評価法 建築基礎設計動的地盤変位応答スペクトル 地盤の固有周期振動モード安全限界 正会員 新井洋 * 1 1. はじめに基礎の 2 次設計の社会実装に向けて, 建築構造の設計者が安定して解を得られる動的地盤変位の簡易評価法が必須である. 筆者ら 1), 2) は, 工学的基盤または地表で規定される建物の地震荷重に対して, 単純な四則演算から求まる地表水平変位と 1 次元多質点系の振動モードを用いて地盤変位を算定する方法を提案している. 本報では, この方法に, 地震荷重の加速度一定領域における補正係数と限耐法 3) のG S1 に関する安全率を導入する. 1), 2) に加筆修正 2. 地表水平変位の算定法図 1 に示すように, 地盤を水平成層構造とし, 多層地盤を表層と工学的基盤から成る 2 層地盤に置換する. この 2 層地盤において, 初期状態から, 地震応答解析により, 等価線形応答状態が得られたとする. ここに,G: 表層のせん断剛性,h: 表層の減衰定数,T: 地盤の固有周期 ( 単位 s: 添字 0, E は初期状態, 等価線形応答状態を表す ), D mx : 地表変位,H: 表層の厚さ ( ともに単位 m), γ mx : 表層の最大せん断ひずみである. 土の動的変形特性を H-D モデル 4) ( 規準せん断ひずみ γ ref, 最大減衰定数 h ) で模擬し, 表層の有効せん断ひずみ γ = 0.65 γ と mx E mx 置くと, 地盤の固有周期の延びα T T = G G (1 α ) E 0 0 E を用いて, 地表変位 D は (1) 式で表される. mx H ref 2 D H γ = γ = mx x ( α 1 m ) (1) 0.65 即ち, 地盤の固有周期の延びα がわかれば, 表層の厚さ H と規準せん断ひずみ γ ref から, 地表変位 D を算定できる. mx () 地震荷重 ( 設計用地震動 ) を工学的基盤で規定する場合図 1 の多層地盤を基礎固定の多質点系に置換する. 系の 1 次のモード減衰 ξ,1 次の刺激関数ベクトル β 1 1 { ui}, および基盤地震動の加速度応答スペクトル ( 減衰定数 5%) SAB ( T) を用いて, 地表変位 D は近似的に (2) 式で表される 5). mx 2 TE 1.5 ( ) mx β AB E 1 1 2π 1+ 10ξ1 D S T u (2) ここで, 図 2() に示すように, 限耐法 3) で規定される地震動の応答スペクトルの速度一定領域の形状から S ( T) = 5kT( 単 AB 位 m/s 2 : 安全限界で k = 1, 損傷限界で k = 0.2 ) と置き, ξ 1 = h E, β u = 1.2 と仮定すると,(1) 式との対比から (3) 式が得られる k 0.65T0 α h 1 = mx α α 2 (3) 2 4 π γ H ref (3) 式の左辺は,α の 4 次関数であるが,1 α 4の範囲でα の1 次関数 I( α : hmx ) 12( h mx ) ( α 1) により近似できる. この近似を用いると,(3) 式は (4) 式に変形できる. 3k 0.65T0 α = 1+ ただし α 4 (4) 2 16π ( h + 0.1) γ H ref mx A Simplified Method to Evlute Seismic Ground Displcement for Design of Building Foundtions 図 1 多層地盤の 2 層地盤置換と地震時の等価線形応答状態 図 2 工学的基盤および地表で規定される地震荷重 ( 設計用地震動 ) の加速度応答スペクトル ( 減衰定数 5%, 安全限界 ) 以上より,(1) 式と (4) 式から, 地表変位 D を算定できる. こ mx の際, 地盤の初期固有周期 T 0 は, 対応する多質点系の固有値解析から求める 5). また,H-D モデルのパラメタに古山田ら 6) が整理した値を用いると,(5) 式が得られる ( ただし, α 4 ) C 2 25C kt0 D = f H mx ( α 1 A ), α = 1+ (5) S 40S H ここに, 添字 C, S は粘性土および砂質土の地盤を表す. また, f = min ( 1.6 αt, 1 A 0 ) で, 図 2() において限耐法 3) の応答スペクトルの加速度一定領域を無視した影響を補正する係数である. (b) 地震荷重 ( 設計用地震動 ) を地表で規定する場合図 2(b) に示すように, 新耐震設計法の層せん断力係数や対応する換算応答スペクトル 3) の速度一定領域の形状から, 地表地震動の加速度応答スペクトル S ( T) = 7kT( 単位 m/s 2 : 安全 AG 限界の最大速度応答 7 2π 1.1 m/s) と置く.(2) 式において 1 S ( T AB E ) G S S1 AG ( TE ) ( G S1 : 限耐法 3) における地盤の 1 次の増幅率 ) と仮定し, 地震動レベル k が同じならば地盤の固有周期の延びα は地震動を工学的基盤で規定した場合と大差ないと考えると, 地表変位 D は (6) 式で評価できると推察される. mx 7 RZ 0 π 1 D = (5) 式 F h 1 mx S + mx 2 (6) 5 α 2 α ここに, R Z 0 は地盤の初期状態における表層 / 工学的基盤のインピーダンス比である. また, F S は, G S1 の信頼性を考慮して付加した安全率で, 図 2(b) や文献 3, 5 を参考に,1.5 とする. Hiroshi Ari

26 林 大西研究室 拡大勉強会 第 13 回 新井 参考資料 3 図 5 提案法および逐次非線形 解析による安全限界の地 表変位 地震荷重を工学 的基盤で規定 等価線形 解析において地盤の最大 せん断ひずみが 2%を超 えた場合 図 3 国内 114 地盤の表層の厚さ, 平均 S 波速度, 初期固有周期の分布 図 4 提案法および等価線形解析による地盤の地震時固有周期と地表変位 3. 地盤変位の深さ方向分布の算定法 1), 2) 地震動レベルが大きく 安全限界 k = 1 に近い場合 井澤 ら 7)を参考に 地盤各層の初期 S 波速度 VS 0 i を工学的基盤との インピーダンス比で重み付けした量 VSZi を算定する VSZi を各層 の S 波速度と見なした多層地盤を基礎固定の多質点系に置換し て その 1 次の振動モードを地盤変位の深さ方向分布とする 地震動レベルが小さく 損傷限界 k = 0.2 に近い場合 同様にして地盤変位の深さ方向分布を求める VSZi = VS 0 i と置き 4. 等価線形解析および逐次非線形解析との比較 国内 114 地点の工学的基盤以浅の地盤 粘性土 65 地点 砂質 土 49 地点 を検討対象とする 全地点の地盤の表層の厚さ 平 均 S 波速度 初期固有周期の分布を図 3 に示す 各地点の地盤に対して 工学的基盤と地表で図 2 の太実線お よび太点線の地震荷重を規定し 提案法および応答スペクトル とパワスペクトルの相互変換を利用した重複反射理論に基づく 等価線形解析 8), 9)により安全限界と損傷限界の地盤変位を算定し た ただし 等価線形解析において地盤の最大せん断ひずみが 2%を超えた場合は無効とした そこで 工学的基盤で規定した 地震荷重 図 2()の太点線 に適合する模擬地震動 23 波を作成 し 逐次非線形解析により安全限界の地盤変位を算定した 図 4 に 提案法および等価線形解析で得られた地盤の地震時 固有周期と地表変位を示す 図から 地震荷重の規定位置 大 *1 建築研究所 構造研究グループ 主任研究員 博士(工学) 図 6 提案法および等価線形解析または逐次非線形解析による安全限界の地 盤変位の深さ方向分布 代表的な 8 地点 きさや土質 最大せん断ひずみ < 2% によらず 提案法によ る地盤の地震時固有周期は 等価線形解析の結果とよく対応し ている また 提案法による地表変位は 等価線形解析の結果 と同等か若干大きめとなる場合が卓越している 両者の対応は 既報 1), 2)の結果に比べて大きく改善されており 本報で導入した (5)式の補正係数 fa と(6)式の安全率 FS の有効性が確認される 図 5 に 等価線形解析で地盤の最大せん断ひずみが 2%を超 えた場合について 提案法および逐次非線形解析で得られた安 全限界の地表変位を示す 両者の対応は 地盤の最大せん断ひ ずみが 2-5%に達する場合もあるが 図 4(c)と同程度に見える 図 6 に 代表的な 8 地点の解析で得られた安全限界の地盤変 位の深さ方向分布を示す 提案法による地盤変位は いずれも 等価線形解析および逐次非線形解析の振動モードと概ね整合し ている 以上の結果は 提案法の妥当性を示している 5. まとめ 建築基礎設計への利用を前提に 単純な四則演算から求まる 地表水平変位と 1 次の振動モードを用いて地盤変位を算定する 方法を示し その妥当性と有効性を解析的に検証した 参考文献 1) 新井 JAEE 大会, P3-4, ) 新井 JGS 大会, 2016 (投 稿中). 3) 建築研究所 改正建築基準法の構造関係規定の技術的背景, ) Hrdin nd Drnevich: J. Soil Mech. Found. Div., ASCE, 98(7), , ) 井上ほか AIJ技報, 16, , ) 古山田ほか JGS大会, , ) 井澤ほか JGS大会, 77-78, ) 岡野, 酒向 AIJ技報, 19, 47-52, ) 杉戸ほか JSCE 論文集, 493/III-27, 49-58, *1 Senior Reserch Engineer, Building Reserch Institute, Dr. Eng.

道路橋の耐震設計における鉄筋コンクリート橋脚の水平力 - 水平変位関係の計算例 (H24 版対応 ) ( 社 ) 日本道路協会 橋梁委員会 耐震設計小委員会 平成 24 年 5 月

道路橋の耐震設計における鉄筋コンクリート橋脚の水平力 - 水平変位関係の計算例 (H24 版対応 ) ( 社 ) 日本道路協会 橋梁委員会 耐震設計小委員会 平成 24 年 5 月 道路橋の耐震設計における鉄筋コンクリート橋脚の水平力 - 水平変位関係の計算例 (H24 版対応 ) ( 社 ) 日本道路協会 橋梁委員会 耐震設計小委員会 平成 24 年 5 月 目次 本資料の利用にあたって 1 矩形断面の橋軸方向の水平耐力及び水平変位の計算例 2 矩形断面 (D51 SD490 使用 ) 橋軸方向の水平耐力及び水平変位の計算例 8 矩形断面の橋軸直角方向の水平耐力及び水平変位の計算例

More information

杭の事前打ち込み解析

杭の事前打ち込み解析 杭の事前打ち込み解析 株式会社シーズエンジニアリング はじめに杭の事前打込み解析 ( : Pile Driving Prediction) は, ハンマー打撃時の杭の挙動と地盤抵抗をシミュレートする解析方法である 打ち込み工法の妥当性を検討する方法で, 杭施工に最適なハンマー, 杭の肉厚 材質等の仕様等を決めることができる < 特徴 > 杭施工に最適なハンマーを選定することができる 杭の肉厚 材質等の仕様を選定することができる

More information

施設・構造1-5b 京都大学原子炉実験所研究用原子炉(KUR)新耐震指針に照らした耐震安全性評価(中間報告)(原子炉建屋の耐震安全性評価) (その2)

施設・構造1-5b 京都大学原子炉実験所研究用原子炉(KUR)新耐震指針に照らした耐震安全性評価(中間報告)(原子炉建屋の耐震安全性評価) (その2) 原子炉建屋屋根版の水平地震応答解析モデル 境界条件 : 周辺固定 原子炉建屋屋根版の水平方向地震応答解析モデル 屋根版は有限要素 ( 板要素 ) を用い 建屋地震応答解析による最上階の応答波形を屋根版応答解析の入力とする 応答解析は弾性応答解析とする 原子炉建屋屋根版の上下地震応答解析モデル 7.E+7 6.E+7 実部虚部固有振動数 上下地盤ばね [kn/m] 5.E+7 4.E+7 3.E+7

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 材料実験演習 第 6 回 2015.05.17 スケジュール 回 月 / 日 標題 内容 授業種別 時限 講義 演習 6,7 5 月 17 日 8 5 月 24 日 5 月 31 日 9,10 6 月 7 日 11 6 月 14 日 講義 曲げモーメントを受ける鉄筋コンクリート(RC) 梁の挙動その1 構造力学の基本事項その2 RC 梁の特徴演習 曲げを受ける梁の挙動 実験 鉄筋コンクリート梁の載荷実験レポート

More information

<4D F736F F D208D7E959A82A882E682D18F498BC78BC882B B BE98C60816A2E646F63>

<4D F736F F D208D7E959A82A882E682D18F498BC78BC882B B BE98C60816A2E646F63> 降伏時および終局時曲げモーメントの誘導 矩形断面 日中コンサルタント耐震解析部松原勝己. 降伏時の耐力と変形 複鉄筋の矩形断面を仮定する また コンクリートの応力ひずみ関係を非線形 放物線型 とする さらに 引張鉄筋がちょうど降伏ひずみに達しているものとし コンクリート引張応力は無視する ⅰ 圧縮縁のひずみ

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 材料実験演習 第 6 回 2017.05.16 スケジュール 回 月 / 日 標題 内容 授業種別 時限 実験レポート評価 講義 演習 6,7 5 月 16 日 8 5 月 23 日 5 月 30 日 講義 曲げモーメントを受ける鉄筋コンクリート(RC) 梁の挙動その1 構造力学の基本事項その2 RC 梁の特徴演習 曲げを受ける梁の挙動 実験 鉄筋コンクリート梁の載荷実験レポート 鉄筋コンクリート梁実験レポート作成

More information

Microsoft Word - 1B2011.doc

Microsoft Word - 1B2011.doc 第 14 回モールの定理 ( 単純梁の場合 ) ( モールの定理とは何か?p.11) 例題 下記に示す単純梁の C 点のたわみ角 θ C と, たわみ δ C を求めよ ただし, 部材の曲げ 剛性は材軸に沿って一様で とする C D kn B 1.5m 0.5m 1.0m 解答 1 曲げモーメント図を描く,B 点の反力を求める kn kn 4 kn 曲げモーメント図を描く knm 先に得られた曲げモーメントの値を

More information

国土技術政策総合研究所資料

国土技術政策総合研究所資料 5. 鉄筋コンクリート橋脚の耐震補強設計における考え方 5.1 平成 24 年の道路橋示方書における鉄筋コンクリート橋脚に関する規定の改定のねらい H24 道示 Ⅴの改定においては, 橋の耐震性能と部材に求められる限界状態の関係をより明確にすることによる耐震設計の説明性の向上を図るとともに, 次の2 点に対応するために, 耐震性能に応じた限界状態に相当する変位を直接的に算出する方法に見直した 1)

More information

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6

Microsoft PowerPoint - fuseitei_6 不静定力学 Ⅱ 骨組の崩壊荷重の計算 不静定力学 Ⅱ では, 最後の問題となりますが, 骨組の崩壊荷重の計算法について学びます 1 参考書 松本慎也著 よくわかる構造力学の基本, 秀和システム このスライドの説明には, 主にこの参考書の説明を引用しています 2 崩壊荷重 構造物に作用する荷重が徐々に増大すると, 構造物内に発生する応力は増加し, やがて, 構造物は荷重に耐えられなくなる そのときの荷重を崩壊荷重あるいは終局荷重という

More information

スライド 1

スライド 1 第 3 章 鉄筋コンクリート工学の復習 鉄筋によるコンクリートの補強 ( 圧縮 ) 鉄筋で補強したコンクリート柱の圧縮を考えてみよう 鉄筋とコンクリートの付着は十分で, コンクリートと鉄筋は全く同じように動くものとする ( 平面保持の仮定 ) l Δl 長さの柱に荷重を載荷したときの縮み量をとする 鉄筋及びコンクリートの圧縮ひずみは同じ量なのでで表す = Δl l 鉄筋及びコンクリートの応力はそれぞれの弾性定数を用いて次式で与えられる

More information

<8E9197BF2D375F8DC489748FF389BB82CC8C9F93A295FB964081A695CF8D5882C882B52E786477>

<8E9197BF2D375F8DC489748FF389BB82CC8C9F93A295FB964081A695CF8D5882C882B52E786477> 再液状化の検討方法 1. 液状化の判定方法 液状化の判定は 建築基礎構造設計指針 ( 日本建築学会 ) に準拠して実施する (1) 液状化判定フロー 液状化判定フローを図 -7.1 に示す START (2) 判定対象土層 資料 -7 液状化の判定を行う必要がある飽和土層は 一般に地表面から 20m 程度以浅の沖積層で 考慮すべき土の種類は 細粒分含有率が 35% 以下の土とする ただし 埋立地盤など人口造成地盤では

More information

表 -1 地層の層序と物性値 深さ γ Vs 地層名 (m) (t/m 3 N 値 ) (m/s) -2. 埋土 Fc 埋土 Fc 細砂 As 細砂 As 細砂 As1-3

表 -1 地層の層序と物性値 深さ γ Vs 地層名 (m) (t/m 3 N 値 ) (m/s) -2. 埋土 Fc 埋土 Fc 細砂 As 細砂 As 細砂 As1-3 プラント基礎の耐震補強について 木全宏之 1 藤田豊 2 小林望 3 1 フェロー会員工博清水建設株式会社土木技術本部設計第二部 ( 15-87 東京都港区芝浦 1-2-3 シーバンスS 館 ) 2 工博清水建設株式会社原子力 火力本部設計部 ( 15-87 東京都港区芝浦 1-2-3 シーバンスS 館 ) 3 正会員工修清水建設株式会社土木技術本部設計第二部 ( 15-87 東京都港区芝浦 1-2-3

More information

集水桝の構造計算(固定版編)V1-正規版.xls

集水桝の構造計算(固定版編)V1-正規版.xls 集水桝の構造計算 集水桝 3.0.5 3.15 横断方向断面の計算 1. 計算条件 11. 集水桝の寸法 内空幅 B = 3.000 (m) 内空奥行き L =.500 (m) 内空高さ H = 3.150 (m) 側壁厚 T = 0.300 (m) 底版厚 Tb = 0.400 (m) 1. 土質条件 土の単位体積重量 γs = 18.000 (kn/m 3 ) 土の内部摩擦角 φ = 30.000

More information

Microsoft PowerPoint - zairiki_3

Microsoft PowerPoint - zairiki_3 材料力学講義 (3) 応力と変形 Ⅲ ( 曲げモーメント, 垂直応力度, 曲率 ) 今回は, 曲げモーメントに関する, 断面力 - 応力度 - 変形 - 変位の関係について学びます 1 曲げモーメント 曲げモーメント M 静定力学で求めた曲げモーメントも, 仮想的に断面を切ることによって現れる内力です 軸方向力は断面に働く力 曲げモーメント M は断面力 曲げモーメントも, 一つのモーメントとして表しますが,

More information

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E631308FCD2E646F63>

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E631308FCD2E646F63> 第 1 章モールの定理による静定梁のたわみ 1-1 第 1 章モールの定理による静定梁のたわみ ポイント : モールの定理を用いて 静定梁のたわみを求める 断面力の釣合と梁の微分方程式は良く似ている 前章では 梁の微分方程式を直接積分する方法で 静定梁の断面力と変形状態を求めた 本章では 梁の微分方程式と断面力による力の釣合式が類似していることを利用して 微分方程式を直接解析的に解くのではなく 力の釣合より梁のたわみを求める方法を学ぶ

More information

マンホール浮き上がり検討例

マンホール浮き上がり検討例 マンホールの地震時液状化浮き上がり解析 ( 地震時せん断応力は 略算 で算定 ) 目次 (1) 基本方針 1, 本解析の背景 2 2, 構造諸元 2 3, 本解析の内容 2 4, 本解析の目的 2 5, 設計方針及び参考文献 2 6. 使用プログラム 3 7, 変形解析のフロー 3 8, 概要図 3 (2) 地盤概要 1, 地盤の概説 5 ( 一部省略 ) 2, ボーリング調査結果 5 3, 設計外力

More information

<4D F736F F F696E74202D D D4F93AE89F097E D F4390B32E B93C782DD8EE682E

<4D F736F F F696E74202D D D4F93AE89F097E D F4390B32E B93C782DD8EE682E DYMO を用いた動的解析例 単柱式鉄筋コンクリート橋脚の動的耐震設計例 解説のポイント DYMOを使った動的解析による耐震性能照査の流れ 構造のモデル化におけるポイント 固有振動解析 動的解析条件 動的解析結果 ( 各種応答 ) の見方 安全性の照査 形状寸法あるいは支承諸元の変更始め 橋梁構造のモデル作成 固有振動解析による橋梁の固有振動特性の把握 動的解析条件の設定 動的解析の実施及び解析結果の評価

More information

FEM原理講座 (サンプルテキスト)

FEM原理講座 (サンプルテキスト) サンプルテキスト FEM 原理講座 サイバネットシステム株式会社 8 年 月 9 日作成 サンプルテキストについて 各講師が 講義の内容が伝わりやすいページ を選びました テキストのページは必ずしも連続していません 一部を抜粋しています 幾何光学講座については 実物のテキストではなくガイダンスを掲載いたします 対象とする構造系 物理モデル 連続体 固体 弾性体 / 弾塑性体 / 粘弾性体 / 固体

More information

Microsoft PowerPoint - シミュレーション工学-2010-第1回.ppt

Microsoft PowerPoint - シミュレーション工学-2010-第1回.ppt シミュレーション工学 ( 後半 ) 東京大学人工物工学研究センター 鈴木克幸 CA( Compter Aded geerg ) r. Jaso Lemo (SC, 98) 設計者が解析ツールを使いこなすことにより 設計の評価 設計の質の向上を図る geerg の本質の 計算機による支援 (CA CAM などより広い名前 ) 様々な汎用ソフトの登場 工業製品の設計に不可欠のツール 構造解析 流体解析

More information

<897E8C F80837D A815B838B81458FE395948ECE95C7817B8145>

<897E8C F80837D A815B838B81458FE395948ECE95C7817B8145> 円形標準マンホール 上部斜壁 + 床版タイプ 浮上がりの検討. 設計条件 () 設計地震動 地震動レベル () 概要図 呼び方内径 都型 ( 内径 0cm) 00 00 0 600 0 0.00.0 0.0 0.0.0.70 0 60 00 60 60 00.0.0 00 00 00 00 00 P () マンホール条件 ) 寸法諸元 6 7 種類 呼び名 高さ モル 上部 下部 タル 外径 内径

More information

IT1815.xls

IT1815.xls 提出番号 No.IT1815 提出先御中 ハンドホール 1800 1800 1500 - 強度計算書 - 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修平成 5 年度版 電気設備工事監理指針 より 受領印欄 提出平成年月日 株式会社インテック 1 1. 設計条件奥行き ( 短辺方向 ) X 1800 mm 横幅 Y 1800 mm 側壁高 Z 1500 mm 部材厚 床版 t 1 180 mm 底版 t 150

More information

. 軸力作用時における曲げ耐力基本式の算定 ) ここでは破壊包絡線の作成を前提としているので, コンクリートは引張領域を無視した RC 断面時を考える. 圧縮域コンクリートは応力分布は簡易的に, 降伏時は線形分布, 終局時は等価応力ブロック ( 図 -2) を考えることにする. h N ε f e

. 軸力作用時における曲げ耐力基本式の算定 ) ここでは破壊包絡線の作成を前提としているので, コンクリートは引張領域を無視した RC 断面時を考える. 圧縮域コンクリートは応力分布は簡易的に, 降伏時は線形分布, 終局時は等価応力ブロック ( 図 -2) を考えることにする. h N ε f e 課題 軸力と曲げモーメントの相互作用図. はじめに 骨組構造を形成する梁 柱構造部材には, 一般に軸力, 曲げモーメント, せん断力が作用するが, ここでは軸力と曲げモーメントの複合断面力を受ける断面の相互作用図 (interation urve) を考える. とくに, 柱部材では, 偏心軸圧縮力や, 地震 風などの水平力を受け ( 図 -), 軸力 + 曲げ荷重下の検討は, 設計上不可欠となる.

More information

Microsoft PowerPoint - H24 aragane.pptx

Microsoft PowerPoint - H24 aragane.pptx 海上人工島の経年品質変化 研究背景 目的 解析条件 ( 境界条件 構成モデル 施工履歴 材料パラメータ ) 実測値と解析値の比較 ( 沈下量 ) 将来の不等沈下予測 ケーススタディー ( 埋土施工前に地盤改良を行う : 一面に海上 SD を打設 ) 研究背景 目的 解析条件 ( 境界条件 構成モデル 施工履歴 材料パラメータ ) 実測値と解析値の比較 ( 沈下量 ) 将来の不等沈下予測 ケーススタディー

More information

2015/11/ ( 公財 ) 建築技術教育センター平成 27 年度普及事業第 4 回勉強会於 : 大垣ガスほんのりプラザ 近似応答計算の要点 (1 質点系の応答 ) 齋藤建築構造研究室齋藤幸雄 現行の耐震規定 ( 耐震性能評価法 ) 超高層建築物等を除いて 静的計算 (

2015/11/ ( 公財 ) 建築技術教育センター平成 27 年度普及事業第 4 回勉強会於 : 大垣ガスほんのりプラザ 近似応答計算の要点 (1 質点系の応答 ) 齋藤建築構造研究室齋藤幸雄 現行の耐震規定 ( 耐震性能評価法 ) 超高層建築物等を除いて 静的計算 ( 2015.11.29 ( 公財 ) 建築技術教育センター平成 27 年度普及事業第 4 回勉強会於 : 大垣ガスほんのりプラザ 近似応答計算の要点 (1 質点系の応答 ) 齋藤建築構造研究室齋藤幸雄 現行の耐震規定 ( 耐震性能評価法 ) 超高層建築物等を除いて 静的計算 ( 地震時の応力計算や保有水平耐力の算定等 ) によっており 地震時の応答変位等を直接算定 ( 動的応答計算 ) するものではない

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 高じん性モルタルを用いた 実大橋梁耐震実験の破壊解析 ブラインド 株式会社フォーラムエイト 甲斐義隆 1 チーム構成 甲斐義隆 : 株式会社フォーラムエイト 青戸拡起 :A-Works 代表 松山洋人 : 株式会社フォーラムエイト Brent Fleming : 同上 安部慶一郎 : 同上 吉川弘道 : 東京都市大学総合研究所教授 2 解析モデル 3 解析概要 使用プログラム :Engineer s

More information

Microsoft Word - 4_構造特性係数の設定方法に関する検討.doc

Microsoft Word - 4_構造特性係数の設定方法に関する検討.doc 第 4 章 構造特性係数の設定方法に関する検討 4. はじめに 平成 年度 年度の時刻歴応答解析を実施した結果 課題として以下の点が指摘 された * ) 脆性壁の評価法の問題 時刻歴応答解析により 初期剛性が高く脆性的な壁については現在の構造特性係数 Ds 評価が危険であることが判明した 脆性壁では.5 倍程度必要保有耐力が大きくなる * ) 併用構造の Ds の設定の問題 異なる荷重変形関係を持つ壁の

More information

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E631318FCD2E646F63>

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E631318FCD2E646F63> 11-1 第 11 章不静定梁のたわみ ポイント : 基本的な不静定梁のたわみ 梁部材の断面力とたわみ 本章では 不静定構造物として 最も単純でしかも最も大切な両端固定梁の応力解析を行う ここでは 梁の微分方程式を用いて解くわけであるが 前章とは異なり 不静定構造物であるため力の釣合から先に断面力を決定することができない そのため 梁のたわみ曲線と同時に断面力を求めることになる この両端固定梁のたわみ曲線や断面力分布は

More information

<95F18D908F912E4F5554>

<95F18D908F912E4F5554> 1 基礎設計書 山田太郎様邸新築工事 2014 年 7 月 1 日 株式会社設計室ソイル 目次 2 1 建物条件 2 1-1 建物概要 2 1-2 平面図 2 1-2-1 基礎の節点座標 3 1-2-2 基礎外周の節点番号 3 1-2-3 スラブを示す4 点の節点番号 3 1-3 荷重条件 4 1-3-1 基礎寸法 4 1-3-2 荷重条件 4 2 スウェーデン式サウンディング試験 5 2-1 調査点

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 3. 解析モデルの作成汎用ソフトFEMAP(Ver.9.0) を用いて, ダムおよび基礎岩盤の有限要素メッシュを8 節点要素により作成した また, 貯水池の基本寸法および分割数を規定し,UNIVERSE 2) により差分メッシュを作成した 3.1 メッシュサイズと時間刻みの設定基準解析結果の精度を確保するために, 堤体 基礎岩盤 貯水池を有限要素でモデル化する際に, 要素メッシュの最大サイズならびに解析時間刻みは,

More information

05設計編-標準_目次.indd

05設計編-標準_目次.indd 2012 年制定 コンクリート標準示方書 [ 設計編 : 本編 ] 目 次 1 章 総 則 1 1.1 適用の範囲 1 1.2 設計の基本 2 1.3 用語の定義 4 1.4 記 号 7 2 章 要求性能 13 2.1 一 般 13 2.2 耐久性 13 2.3 安全性 14 2.4 使用性 14 2.5 復旧性 14 2.6 環境性 15 3 章 構造計画 16 3.1 一 般 16 3.2 要求性能に関する検討

More information

<4D F736F F F696E74202D20906C8D488AC28BAB90DD8C7689F090CD8D488A D91E F1>

<4D F736F F F696E74202D20906C8D488AC28BAB90DD8C7689F090CD8D488A D91E F1> 人工環境設計解析工学構造力学と有限要素法 ( 第 回 ) 東京大学新領域創成科学研究科 鈴木克幸 固体力学の基礎方程式 変位 - ひずみの関係 適合条件式 ひずみ - 応力の関係 構成方程式 応力 - 外力の関係 平衡方程式 境界条件 変位規定境界 反力規定境界 境界条件 荷重応力ひずみ変形 場の方程式 Γ t Γ t 平衡方程式構成方程式適合条件式 構造力学の基礎式 ひずみ 一軸 荷重応力ひずみ変形

More information

Taro-2012RC課題.jtd

Taro-2012RC課題.jtd 2011 RC 構造学 http://design-s.cc.it-hiroshima.ac.jp/tsato/kougi/top.htm 課題 1 力学と RC 構造 (1) 図のような鉄筋コンクリート構造物に どのように主筋を配筋すればよいか 図中に示し 最初に 生じる曲げひび割れを図示せよ なお 概略の曲げモーメント図も図示せよ w L 3 L L 2-1 - 課題 2. コンクリートの自重

More information

<4D F736F F D2089CD90EC92E F18D F90978C605F2E646F63>

<4D F736F F D2089CD90EC92E F18D F90978C605F2E646F63> 川堤防の計算 ( モデルの詳細 ) 川堤防 耐震性能 2 ( 特殊堤 ) Ⅰ. モデルの詳細 図 -Ⅰ.1 解析断面 堤体盛土 T.P.+0.6m T.P.-3.31m 埋土 (B) As1( 上 ) As1( 下 ) As2 As3( 上 ) As3( 下 ) Ds 捨石マウンド 鋼管矢板 φ1500 T.P.-21.5m 河川水位 地下水位 :T.P.-0.3m T.P.-5.7m T.P.-11.7m

More information

Microsoft PowerPoint - 知財報告会H20kobayakawa.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 知財報告会H20kobayakawa.ppt [互換モード] 亀裂の変形特性を考慮した数値解析による岩盤物性評価法 地球工学研究所地圏科学領域小早川博亮 1 岩盤構造物の安定性評価 ( 斜面の例 ) 代表要素 代表要素の応力ひずみ関係 変形: 弾性体の場合 :E,ν 強度: モールクーロン破壊規準 :c,φ Rock Mech. Rock Engng. (2007) 40 (4), 363 382 原位置試験 せん断試験, 平板載荷試験 原位置三軸試験 室内試験

More information

別添資料 地下階の耐震安全性確保の検討方法 大地震動に対する地下階の耐震安全性の検討手法は 以下のとおりとする BQ U > I BQ UN I : 重要度係数で構造体の耐震安全性の分類 Ⅰ 類の場合は.50 Ⅱ 類の場合は.25 Ⅲ 類の場合は.00 とする BQ U : 地下階の保有

別添資料 地下階の耐震安全性確保の検討方法 大地震動に対する地下階の耐震安全性の検討手法は 以下のとおりとする BQ U > I BQ UN I : 重要度係数で構造体の耐震安全性の分類 Ⅰ 類の場合は.50 Ⅱ 類の場合は.25 Ⅲ 類の場合は.00 とする BQ U : 地下階の保有 別添資料 4-4- 大地震動時の層間変形角の検討方法 大地震動時の層間変形角の算定方法は 次のとおりとする 保有水平耐力計算により構造設計を行う場合には 構造体の変形能力を考慮し 一次設計時の層間変形角より推定する 推定の方法としては 下式に示すエネルギー一定則に基づく方法を原則とする なお 変位一定則に基づく方法による場合は 適用の妥当性を検証すること δ D δ δp: 大地震動時における建築物の最大水平変形

More information

<4D F736F F D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A E6318FCD2E646F63>

<4D F736F F D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A E6318FCD2E646F63> - 第 章たわみ角法の基本式 ポイント : たわみ角法の基本式を理解する たわみ角法の基本式を梁の微分方程式より求める 本章では たわみ角法の基本式を導くことにする 基本式の誘導法は各種あるが ここでは 梁の微分方程式を解いて基本式を求める方法を採用する この本で使用する座標系は 右手 右ネジの法則に従った座標を用いる また ひとつの部材では 図 - に示すように部材の左端の 点を原点とし 軸線を

More information

パソコンシミュレータの現状

パソコンシミュレータの現状 第 2 章微分 偏微分, 写像 豊橋技術科学大学森謙一郎 2. 連続関数と微分 工学において物理現象を支配する方程式は微分方程式で表されていることが多く, 有限要素法も微分方程式を解く数値解析法であり, 定式化においては微分 積分が一般的に用いられており. 数学の基礎知識が必要になる. 図 2. に示すように, 微分は連続な関数 f() の傾きを求めることであり, 微小な に対して傾きを表し, を無限に

More information

目次 章設計条件 適用基準 形式 形状寸法 地盤条件 使用材料 土砂 載荷荷重 その他荷重 浮力 土圧 水圧 基礎の条件..

目次 章設計条件 適用基準 形式 形状寸法 地盤条件 使用材料 土砂 載荷荷重 その他荷重 浮力 土圧 水圧 基礎の条件.. 3 鉄筋コンクリート造擁壁の構造計算例 逆 T 型 ( 粘性土 ):H=5.0m タイプ 56 目次 章設計条件... 59. 適用基準... 59. 形式... 59.3 形状寸法... 59.4 地盤条件... 59.5 使用材料... 60.6 土砂... 60.7 載荷荷重... 6.8 その他荷重... 6.9 浮力... 6.0 土圧... 6. 水圧... 63. 基礎の条件... 63..

More information

静的弾性問題の有限要素法解析アルゴリズム

静的弾性問題の有限要素法解析アルゴリズム 概要 基礎理論. 応力とひずみおよび平衡方程式. 降伏条件式. 構成式 ( 応力 - ひずみ関係式 ) 有限要素法. 有限要素法の概要. 仮想仕事の原理式と変分原理. 平面ひずみ弾性有限要素法定式化 FEM の基礎方程式平衡方程式. G G G ひずみ - 変位関係式 w w w. kl jkl j D 構成式応力 - ひずみ関係式 ) (. 変位の境界条件力の境界条件境界条件式 t S on V

More information

DNK0609.xls

DNK0609.xls 提出番号 No.DNK0609 提出先御中 ハンドホール 600 600 900 - 強度計算書 - 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修平成 5 年度版 電気設備工事監理指針 より 受領印欄 提出平成年月日 カナフレックスコーポレーション株式会社 1 1. 設計条件奥行き ( 短辺方向 ) X 600 mm 横幅 Y 600 mm 側壁高 Z 900 mm 部材厚 床版 t 1 80 mm 底版 t

More information

<926E906B8E9E2D958282AB8FE382AA82E882CC8C9F93A22E626376>

<926E906B8E9E2D958282AB8FE382AA82E882CC8C9F93A22E626376> ボックスカルバートの地震時設計 浮き上がりの検討. 設計条件 () 設計地震動 地震動 レベル () 概要図 400 3900 3000 3000 4000 (3) ボックスカルバート条件 ) 寸法諸元形状 内幅 B(mm) 内高 H(mm) 頂版厚 T(mm) 底版厚 T(mm) 左側壁厚 T3(mm) 右側壁厚 T4(mm) 外幅 B0(mm) 外高 H0(mm) 頂版ハンチ高 C(mm) 底版ハンチ高

More information

Microsoft PowerPoint - suta.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - suta.ppt [互換モード] 弾塑性不飽和土構成モデルの一般化と土 / 水連成解析への適用 研究の背景 不飽和状態にある土構造物の弾塑性挙動 ロックフィルダム 道路盛土 長期的に正確な予測 不飽和土弾塑性構成モデル 水頭変動 雨水の浸潤 乾湿の繰り返し 土構造物の品質変化 不飽和土の特徴的な力学特性 不飽和土の特性 サクション サクション s w C 飽和度が低い状態 飽和度が高い状態 サクションの効果 空気侵入値 B. サクション増加

More information

技術基準改訂による付着検討・付着割裂破壊検討の取り扱いについてわかりやすく解説

技術基準改訂による付着検討・付着割裂破壊検討の取り扱いについてわかりやすく解説 技術基準改訂による付着検討 付着割裂破壊検討の取り扱いについてわかりやすく解説 2016 年 6 月 株式会社構造ソフト はじめに 2015 年に 建築物の構造関係技術基準解説書 ( 以下 技術基準と表記 ) が2007 年版から改訂されて 付着検討および付着割裂破壊検討に関して 2007 年版と2015 年版では記載に差がみられ お客様から様々な質問が寄せられています ここでは 付着検討や付着割裂破壊検討に関して

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation H8 年度有限要素法 1 構造強度設計 1. 塑性崩壊 1.3 疲労設計 ( 一部修正版 ) H8-1/6 早川 (R : 夏学期の復習部分 ) 1. 塑性崩壊とその評価法 ( 極限解析 ) R 塑性崩壊 : 構造物として使用に耐えないほどの過度の塑性変形 全断面降伏 前提 : 弾完全塑性材モデル E ひずみ硬化ありひずみ硬化なし : 降伏強さ E : ヤング率 ε 図 1.3 弾完全塑性材モデルの応力

More information

(Ver.4.-L0 Ver.4.-L0) 08 年 0 月 主な項目 新設内容 複合標準第 Ⅲ 編. に準拠した 矩形断面の鋼管 (CFT 矩形断面 ) に関する断面照査機能を追加しました CFT 部材の照査項目別の適用断面 VePP-HS CFT 部材における復旧性の照査 [ 損傷 ] 変形 項

(Ver.4.-L0 Ver.4.-L0) 08 年 0 月 主な項目 新設内容 複合標準第 Ⅲ 編. に準拠した 矩形断面の鋼管 (CFT 矩形断面 ) に関する断面照査機能を追加しました CFT 部材の照査項目別の適用断面 VePP-HS CFT 部材における復旧性の照査 [ 損傷 ] 変形 項 目 次 バージョンアップ 時期 ページ (Ver.4.0-L0) (Ver.4.-L0) 08 年 0 月 p. (Ver.4.0-L06) (Ver.4.-L0) 07 年 月 p. (Ver.4.0-L05) (Ver.4.0-L06) 07 年 月 p.3 (Ver.4.0-L04) (Ver.4.0-L05) 06 年 5 月 p.3 (Ver.4.0-L03) (Ver.4.0-L04)

More information

第 5 章 構造振動学 棒の振動を縦振動, 捩り振動, 曲げ振動に分けて考える. 5.1 棒の縦振動と捩り振動 まっすぐな棒の縦振動の固有振動数 f[ Hz] f = l 2pL である. ただし, L [ 単位 m] は棒の長さ, [ 2 N / m ] 3 r[ 単位 Kg / m ] E r

第 5 章 構造振動学 棒の振動を縦振動, 捩り振動, 曲げ振動に分けて考える. 5.1 棒の縦振動と捩り振動 まっすぐな棒の縦振動の固有振動数 f[ Hz] f = l 2pL である. ただし, L [ 単位 m] は棒の長さ, [ 2 N / m ] 3 r[ 単位 Kg / m ] E r 第 5 章 構造振動学 棒の振動を縦振動, 捩り振動, 曲げ振動に分けて考える 5 棒の縦振動と捩り振動 まっすぐな棒の縦振動の固有振動数 f[ Hz] f l pl である ただし, L [ 単位 m] は棒の長さ, [ N / m ] [ 単位 Kg / m ] E は (5) E 単位は棒の材料の縦弾性係数 ( ヤング率 ) は棒の材料の単位体積当りの質量である l は境界条件と振動モードによって決まる無

More information

Super Build/宅造擁壁 出力例1

Super Build/宅造擁壁 出力例1 宅造擁壁構造計算書 使用プログラム : uper Build/ 宅造擁壁 Ver.1.60 工事名 : 日付 : 設計者名 : 宅地防災マニュアル事例集 015/01/7 UNION YTEM INC. Ⅶ-1 建設地 : L 型擁壁の設計例 壁体背面を荷重面としてとる場合 *** uper Build/ 宅造擁壁 *** 160-999999 [ 宅地防災マニュアル Ⅶ-1] 015/01/7 00:00

More information

AP 工法 による増設壁補強計算例 (1) 設計フロー RC 耐震改修設計指針に示された 中低層鉄筋コンクリート造建物を対象とした開口付き増設壁に AP 工法 を用いて強度抵抗型補強とする場合の補強壁 ( せん断壁 ) の設計フローを示す 周辺架構から補強壁に期待できる耐力の目安をつけ プロポーショ

AP 工法 による増設壁補強計算例 (1) 設計フロー RC 耐震改修設計指針に示された 中低層鉄筋コンクリート造建物を対象とした開口付き増設壁に AP 工法 を用いて強度抵抗型補強とする場合の補強壁 ( せん断壁 ) の設計フローを示す 周辺架構から補強壁に期待できる耐力の目安をつけ プロポーショ AP 工法 による増設壁補強計算例 (1) 設計フロー RC 耐震改修設計指針に示された 中低層鉄筋コンクリート造建物を対象とした開口付き増設壁に AP 工法 を用いて強度抵抗型補強とする場合の補強壁 ( せん断壁 ) の設計フローを示す 周辺架構から補強壁に期待できる耐力の目安をつけ プロポーション ( 壁厚さ 開口形状 寸法 ) ならびに配筋を仮定する 補強壁架構のせん断耐力を計算する せん断破壊するときのメカニズムは

More information

01宅地液状化沈下(161008)

01宅地液状化沈下(161008) 造成宅地の液状化沈下量の推定 目次 (1) 基本方針 1, 本解析の説明 2 2, 構造諸元 2 3, 本解析の概要 2 4, 本解析の内容 3 5, 本解析の目的 3 6, 設計方針及び参考文献 3 7. 使用プログラム 3 8, 変形解析のフロー 3 9, 概要図 4 (2) 概要 1, 地盤の概説 5 2, 設計外力 5 3, 液状化の判定 5 (3)ALID 解析の概要 1,ALIDによる自重変形解析法の概説

More information

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E6398FCD2E646F63>

<4D F736F F D208D5C91A297CD8A7793FC96E591E6398FCD2E646F63> 9-1 第 9 章静定梁のたわみ ポイント : 梁の微分方程式を用いて梁のたわみを求める 静定梁のたわみを計算 前章では 梁の微分方程式を導き 等分布荷重を受ける単純梁の解析を行った 本節では 導いた梁の微分方程式を利用し さらに多くの静定構造物の解析を行い 梁の最大たわみや変形状態を求めることにする さらに を用いて課題で解析した構造を数値計算し 解析結果を比較 検討しよう 9.1 はじめに キーワード梁の微分方程式単純梁の応力解析片持ち梁の応力解析

More information

Microsoft PowerPoint - 構造力学Ⅰ第03回.pptx

Microsoft PowerPoint - 構造力学Ⅰ第03回.pptx 分布荷重の合力 ( 効果 ) 前回の復習 ( 第 回 ) p. 分布荷重は平行な力が連続して分布していると考えられる 例 : 三角形分布 l dx P=ql/ q l qx q l 大きさ P dx x 位置 Px 0 x x 0 l ql 0 : 面積に等しい 0 l l 重心に等しいモーメントの釣合より ( バリノンの定理 ) l qx l qx ql q 3 l ql l xdx x0 xdx

More information

建築支保工一部1a計算書

建築支保工一部1a計算書 P7118088-(1) 型枠支保工 (1) 計算書 工事名称 (1) B1FL-3570~1FL (W1-W~WE~WF 間 ) 1 / 1 1: 条件 鉄筋コンクリートの単位重量 r 3.50 kn /m 3 (.400 t/m 3 ) 作業荷重 W 1 ( 作業荷重 :1.47kN/m + 衝撃荷重 :1.96kN/m) 3.430 kn /m (0.350 t/m ) 合板 (1mm) の許容曲げ応力度

More information

液状化判定計算(道示編)V20-正規版.xls

液状化判定計算(道示編)V20-正規版.xls 道路橋示方書対応版 液状化の判定計算 (LIQCAL-D) シェアウエア 正規版 液状化判定基準 : 道路橋示方書 同解説 Ⅴ 耐震設計編 ( 平成 14 年 3 月 ) 最初にお読み下さい 計算へ進む > Ver 2.0 (2008.04.07) ( 有 ) シビルテック 本ソフトはシェアウエアソフト ( 有料 ) です 本ソフトは試用版として利用できますが 土の重量 ( 飽和重量と湿潤重量 )

More information

4. 粘土の圧密 4.1 圧密試験 沈下量 問 1 以下の問いに答えよ 1) 図中の括弧内に入る適切な語句を答えよ 2) C v( 圧密係数 ) を 圧密試験の結果から求める方法には 圧密度 U=90% の時間 t 90 から求める ( 5 ) 法と 一次圧密理論曲線を描いて作成される ( 6 )

4. 粘土の圧密 4.1 圧密試験 沈下量 問 1 以下の問いに答えよ 1) 図中の括弧内に入る適切な語句を答えよ 2) C v( 圧密係数 ) を 圧密試験の結果から求める方法には 圧密度 U=90% の時間 t 90 から求める ( 5 ) 法と 一次圧密理論曲線を描いて作成される ( 6 ) 4. 粘土の圧密 4. 圧密試験 沈下量 問 以下の問いに答えよ ) 図中の括弧内に入る適切な語句を答えよ ) ( 圧密係数 ) を 圧密試験の結果から求める方法には 圧密度 U9% の時間 9 から求める ( 5 ) 法と 一次圧密理論曲線を描いて作成される ( 6 ) と実験曲線を重ね合わせて圧密度 5% の 5 を決定する ( 6 ) 法がある ) 層厚 の粘土層がある この粘土層上の載荷重により粘土層の初期間隙比.

More information

Microsoft PowerPoint - 構造設計学_2006

Microsoft PowerPoint - 構造設計学_2006 [8] 耐震設計 皆さんは 構造設計の手法として 許容応力度設計を学んできましたね この許容応力度設計は どこから生まれたのでしょうか また 許容応力度設計はわかりやすく 構造設計者にとっては便利な設計法ですが この設計法には欠点はないのでしょうか 許容応力度設計に欠点があるとすれば 建物の耐震設計は どのように考えるべきなのでしょうか ここでは 耐震設計の考え方と構造計画の重要性についてお話しします

More information

材料の力学解答集

材料の力学解答集 材料の力学 ( 第 章 ) 解答集 ------------------------------------------------------------------------------- 各種応力の計算問題 (No1) 1. 断面積 1mm の材料に 18N の引張荷重が働くとき, 断面に生じる応力はどれほどか ( 18(N/mm ) または 18(MP)) P 18( N) 18 N /

More information

(Microsoft PowerPoint - \221\34613\211\361)

(Microsoft PowerPoint - \221\34613\211\361) 計算力学 ~ 第 回弾性問題の有限要素解析 (Ⅱ)~ 修士 年後期 ( 選択科目 ) 担当 : 岩佐貴史 講義の概要 全 5 講義. 計算力学概論, ガイダンス. 自然現象の数理モデル化. 行列 場とその演算. 数値計算法 (Ⅰ) 5. 数値計算法 (Ⅱ) 6. 初期値 境界値問題 (Ⅰ) 7. 初期値 境界値問題 (Ⅱ) 8. マトリックス変位法による構造解析 9. トラス構造の有限要素解析. 重み付き残差法と古典的近似解法.

More information

第1章 単 位

第1章  単  位 H. Hamano,. 長柱の座屈 - 長柱の座屈 長い柱は圧縮荷重によって折れてしまう場合がある. この現象を座屈といい, 座屈するときの荷重を座屈荷重という.. 換算長 長さ の柱に荷重が作用する場合, その支持方法によって, 柱の理論上の長さ L が異なる. 長柱の計算は, この L を用いて行うと都合がよい. この L を換算長 ( あるいは有効長さという ) という. 座屈荷重は一般に,

More information

Microsoft PowerPoint - elast.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - elast.ppt [互換モード] 弾性力学入門 年夏学期 中島研吾 科学技術計算 Ⅰ(48-7) コンピュータ科学特別講義 Ⅰ(48-4) elast 弾性力学 弾性力学の対象 応力 弾性力学の支配方程式 elast 3 弾性力学 連続体力学 (Continuum Mechanics) 固体力学 (Solid Mechanics) の一部 弾性体 (lastic Material) を対象 弾性論 (Theor of lasticit)

More information

CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ 平成 26 年度建築研究所講演会 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ 構造研究グループ荒木康弘 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~

CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ 平成 26 年度建築研究所講演会 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ 構造研究グループ荒木康弘 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 2)~ 構造設計法の開発 ~ 構造研究グループ荒木康弘 CLT 構造の特徴 構法上の特徴 構造上の特徴 講演内容 構造設計法の策定に向けた取り組み CLT 建物の現状の課題 設計法策定に向けた取り組み ( モデル化の方法 各種実験による検証 ) 今後の展望 2 構造の構法上の特徴軸組構法の建て方 鉛直荷重水平力 ( 自重 雪地震 風 ) 柱や梁で支持壁で抵抗

More information

耐雪型歩道柵 (P 種 )H=1.1m ランク 3 ( 基礎ブロック ) 平成年月日

耐雪型歩道柵 (P 種 )H=1.1m ランク 3 ( 基礎ブロック ) 平成年月日 耐雪型歩道柵 (P 種 )H=1.1m ランク 3 ( 基礎ブロック ) 平成年月日 目 次 1. 目的 1 2. 耐雪型の設置計画 1 3. 構造諸元 1 4. 許容応力度 1 4-1 使用部材の許容応力度 ( SS400,STK410 相当 1 4-2 無筋コンクリートの引張応力度 1 4-3 地盤の耐荷力 1 5. 設計荷重 2 5-1 鉛直力 ( 沈降力 ) 2 5-2) 水平力 ( クリープ力

More information

Microsoft Word - 第5章.doc

Microsoft Word - 第5章.doc 第 5 章表面ひび割れ幅法 5-1 解析対象 ( 表面ひび割れ幅法 ) 表面ひび割れ幅法は 図 5-1 に示すように コンクリート表面より生じるひび割れを対象とした解析方法である. すなわち コンクリートの弾性係数が断面で一様に変化し 特に方向性を持たない表面にひび割れを解析の対象とする. スラブ状構造物の場合には地盤を拘束体とみなし また壁状構造物の場合にはフーチングを拘束体として それぞれ外部拘束係数を定める.

More information

Microsoft Word - CPTカタログ.doc

Microsoft Word - CPTカタログ.doc 新しい地盤調査法のすすめ CPT( 電気式静的コーン貫入試験 ) による地盤調査 2002 年 5 月 ( 初編 ) 2010 年 9 月 ( 改訂 ) 株式会社タカラエンジニアリング 1. CPT(Cone Peneraion Tesing) の概要日本の地盤調査法は 地盤ボーリングと標準貫入試験 ( 写真 -1.1) をもとに土質柱状図と N 値グラフを作成する ボーリング孔内より不攪乱試料を採取して室内土質試験をおこない土の物理

More information

目次 1 章設計条件 形状寸法 上部工反力 設計水平震度 単位重量他 柱 使用材料 鉄筋 柱躯体自重 章柱の設計 ( レベル 1 地震

目次 1 章設計条件 形状寸法 上部工反力 設計水平震度 単位重量他 柱 使用材料 鉄筋 柱躯体自重 章柱の設計 ( レベル 1 地震 2013 年度 都市設計製図 RC 橋脚の耐震設計 課題 3:RC 橋脚の耐震設計 ( その 2) 2013/12/16 学籍番号 氏名 目次 1 章設計条件... 1 1.1 形状寸法... 1 1.2 上部工反力... 1 1.3 設計水平震度... 1 1.4 単位重量他... 1 1.5 柱... 2 1.5.1 使用材料... 2 1.5.2 鉄筋... 2 1.6 柱躯体自重... 3

More information

構造番号質疑回答 3 講習会資料 P5 判定事例の対応集 横補剛材について屋根ブレース等により水平移動が拘束された大梁に対して 例えば図 1 のよう下図 a 又は b 又は a b 材共に ( 梁に ) 対する横補剛材として c の火打ち材をに大梁せいの中心位置に横補剛材を設け 補剛材

構造番号質疑回答 3 講習会資料 P5 判定事例の対応集 横補剛材について屋根ブレース等により水平移動が拘束された大梁に対して 例えば図 1 のよう下図 a 又は b 又は a b 材共に ( 梁に ) 対する横補剛材として c の火打ち材をに大梁せいの中心位置に横補剛材を設け 補剛材 S 造 1 講習会資料 P6 露出柱脚設計フロー 14の基礎コンクリート破壊防止等の検討について (a) 柱脚のアンカーボルトがせん断力を負担しない場合 (a) 柱脚の終局せん断力 (Ds 算定時 ) をベースプレート下面の摩擦で処理できる 柱軸力による B.PL 底面の摩擦力でせん断力を負担できる場合は アンカーボ 場合はアンカーボルトによる基礎立上がり部側面のコーン状破壊の検討を省略 ルトにせん断力が作用しないとして基礎立上がり部のコーン状破壊の検討を省

More information

<4D F736F F F696E74202D BD E838A815B836791A28D9C916782CC94F190FC8C6089F090CD288C9A8CA4292E707074>

<4D F736F F F696E74202D BD E838A815B836791A28D9C916782CC94F190FC8C6089F090CD288C9A8CA4292E707074> 2011 年 6 月 9 日 ( 独 ) 建築研究所中国耐震構造研修 鉄筋コンクリート造骨組の非線形解析 曲げ挙動する RC 骨組の解析 せん断破壊 付着割裂破壊 定着破壊等の脆性破壊は設計段階で除外 東京大学名誉教授小谷俊介 コンクリートの応力度 - 歪度関係 影響因子 (1) コンクリートの調合 (2) 試験時の材令 (3) 供試体の養生方法 (4) 供試体の形状と大きさ (5) 載荷速度 圧縮強度

More information

を 0.1% から 0.5% 1.0% 1.5% 2.0% まで増大する正負交番繰り返し それぞれ 3 回の加力サイクルとした 加力図および加力サイクルは図に示すとおりである その荷重 - 変位曲線結果を図 4a から 4c に示す R6-1,2,3 は歪度が 1.0% までは安定した履歴を示した

を 0.1% から 0.5% 1.0% 1.5% 2.0% まで増大する正負交番繰り返し それぞれ 3 回の加力サイクルとした 加力図および加力サイクルは図に示すとおりである その荷重 - 変位曲線結果を図 4a から 4c に示す R6-1,2,3 は歪度が 1.0% までは安定した履歴を示した エネルギー吸収を向上させた木造用座屈拘束ブレースの開発 Development of Buckling Restrained Braces for Wooden Frames with Large Energy Dissapation 吉田競人栗山好夫 YOSHIDA Keito, KURIYAMA Yoshio 1. 地震などの水平力に抵抗するための方法は 種々提案されているところであるが 大きく分類すると三種類に分類される

More information

<4D F736F F D E93788C9A927A8AEE916290DD8C768E6D88EA8E9F8E8E8CB181468AEE967B96E291E C882B5816A>

<4D F736F F D E93788C9A927A8AEE916290DD8C768E6D88EA8E9F8E8E8CB181468AEE967B96E291E C882B5816A> 受験番号 フリガナ 氏名 0 年度建築基礎設計士一次試験 基本問題 (0 年 月 日実施 ) ( ヘ ーシ 以降には 氏名等を書かないこと ) ( 事務局記入 ) 士採点番号一般社団法人基礎構造研究会建築基礎設計士試験運営委員会 ヘ ーシ A: 問題次の文章が正しければ を 誤っていれば をに記入したうえで 誤っているところに下線を引き に正しい語句等を記入しなさい ( 配点 : 点 各. 点 )

More information

「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴う島根原子力発電所3号機の耐震安全性評価結果中間報告書の提出について

「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」の改訂に伴う島根原子力発電所3号機の耐震安全性評価結果中間報告書の提出について 平成 年 9 月 日中国電力株式会社 発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針 の改訂に伴う島根原子力発電所 号機の耐震安全性評価結果中間報告書の提出について 当社は本日, 発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針 の改訂に伴う島根原子力発電所 号機の耐震安全性評価結果中間報告書を経済産業省原子力安全 保安院に提出しました また, 原子力安全 保安院の指示に基づく島根原子力発電所 号機原子炉建物の弾性設計用地震動

More information

<82658C5E95578EAF928C208BAD93788C768E5A8F >

<82658C5E95578EAF928C208BAD93788C768E5A8F > 001 F 型標識柱強度計算書 ( 柱長 6.75m ) (1400 * 3800) (1400 * 3800) 略図 000 3800 300 300 6750 300 550 900 300 5700 STK-φ76.3x.8 STK-φ165.x4.5 STK-φ67.4x6.6 50 300 5000 1400 3000 100 1400 P. 1 1. 一般事項 1-1 概要 F 型 標識柱

More information

FC 正面 1. 地震入力 1-1. 設計基準 準拠基準は以下による 建築設備耐震設計 施工指針 (2005 年版 ): 日本建築センター FH = KH M G KH: 設計用水平震度 KH = Z KS W : 機械重量 FV = KV M G = 機械質量 (M) 重力加速度 (G) KV =

FC 正面 1. 地震入力 1-1. 設計基準 準拠基準は以下による 建築設備耐震設計 施工指針 (2005 年版 ): 日本建築センター FH = KH M G KH: 設計用水平震度 KH = Z KS W : 機械重量 FV = KV M G = 機械質量 (M) 重力加速度 (G) KV = FC 正面 1. 地震入力 1-1. 設計基準 準拠基準は以下による 建築設備耐震設計 施工指針 (2005 年版 ): 日本建築センター FH = KH M G KH: 設計用水平震度 KH = Z KS W : 機械重量 FV = KV M G = 機械質量 (M) 重力加速度 (G) KV = (1/2) KH Z : 地域係数 KS: 設計用標準震度 KV: 設計用鉛直震度 1-2. 設計条件耐震クラス

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション SALOME-MECA を使用した RC 構造物の弾塑性解析 終局耐力と弾塑性有限要素法解析との比較 森村設計信高未咲 共同研究者岐阜工業高等専門学校柴田良一教授 研究背景 2011 年に起きた東北地方太平洋沖地震により多くの建築物への被害がみられた RC 構造の公共建築物で倒壊まではいかないものの大きな被害を負った報告もあるこれら公共建築物は災害時においても機能することが求められている今後発生が懸念されている大地震を控え

More information

<4D F736F F D E682568FCD CC82B982F192668BAD93785F F2E646F63>

<4D F736F F D E682568FCD CC82B982F192668BAD93785F F2E646F63> 7. 粘土のせん断強度 ( 続き ) 盛土 Y τ X 掘削 飽和粘土地盤 せん断応力 τ( 最大値はせん断強度 τ f ) 直応力 σ(σ) 一面せん断 図 強固な地盤 2 建物の建設 現在の水平な地表面 ( 建物が建設されている過程では 地下水面の位置は常に一定とする ) 堆積 Y 鉛直全応力 σ ( σ ) 水平全応力 σ ( σ ) 間隙水圧 図 2 鉛直全応力 σ ( σ ) 水平全応力

More information

Microsoft PowerPoint - zairiki_11

Microsoft PowerPoint - zairiki_11 許容応力度設計の基礎 圧縮材の設計 ( 座屈現象 ) 構造部材には 圧縮を受ける部材があります 柱はその代表格みたいなものです 柱以外にも トラス材やブレース材 ラチス材といったものがあります ブレースは筋交いともいい はりや柱の構面に斜め材として設けられています この部材は 主に地震などの水平力に抵抗します 一方 ラチス材は 細長い平鋼 ( 鉄の板 ) を組み合わせて はりや柱をつくることがありますが

More information

Microsoft PowerPoint - zairiki_10

Microsoft PowerPoint - zairiki_10 許容応力度設計の基礎 はりの断面設計 前回までは 今から建てようとする建築物の設計において 建物の各部材断面を適当に仮定しておいて 予想される荷重に対してラーメン構造を構造力学の力を借りていったん解き その仮定した断面が適切であるかどうかを 危険断面に生じる最大応力度と材料の許容応力度を比較することによって検討するという設計手法に根拠を置いたものでした 今日は 前回までとは異なり いくつかの制約条件から

More information

<4D F736F F F696E74202D E94D58B9393AE82F AC82B782E982BD82DF82CC8AEE E707074>

<4D F736F F F696E74202D E94D58B9393AE82F AC82B782E982BD82DF82CC8AEE E707074> 地盤数値解析学特論 防災環境地盤工学研究室村上哲 Mrakam, Satoh. 地盤挙動を把握するための基礎. 変位とひずみ. 力と応力. 地盤の変形と応力. 変位とひずみ 変形勾配テンソルひずみテンソル ひずみテンソル : 材料線素の長さの 乗の変化量の尺度 Green-Lagrange のひずみテンソルと Alman のひずみテンソル 微小変形状態でのひずみテンソル ひずみテンソルの物理的な意味

More information

公開小委員会 鉄筋コンクリート構造計算規準の改定案

公開小委員会  鉄筋コンクリート構造計算規準の改定案 2012 年 8 月 24 日高知 耐震壁の設計法の過去, 現在 および将来 ( 現在 AIJ で検討している内容 ) 新潟大学工学部建設学科建築コース 教授 加藤大介 耐震壁の設計法の過去, 現在および将来 ( 現在 AIJ で検討している内容 ) 1. 耐震壁の設計法等の歴史 2.2010 年の RC 規準 11 次改定について 3.2013 年 (?) 発刊予定の保有水平耐力規準の作業について

More information

<5F5F4A AD690BC82A8926D82E782B981698F4390B3816A>

<5F5F4A AD690BC82A8926D82E782B981698F4390B3816A> 木造限界耐力計算における 階建てモデルの変位増分解析と平屋モデルについて - 木造軸組の限界耐力計算による耐震性能評価の適用に関する注意 - 平成 年 5 月 ( 修正 ) JSCA 関西木造住宅レビュー委員会 階も 階も同程度の変形量となって両方の階が大きく塑性域に入る場合 時刻歴応答解析 限界耐力計算 ( 変位増分による ) いずれの方法によってもバラツキが大きく 解が不安定になりやすいことが数値シミュレーションによって確認されています

More information

1.2 耐荷力の算定対象となる柱部材の危険断面における耐荷力を算定する場合, 曲げ耐力 ( 課題 1にて学習した方法 ) およびせん断耐力 ( 課題 2の方法 ) を求め, 両者のうち小なる耐荷力がその部材の終局耐荷力となる. 別途設定された設計外力に対して十分な耐荷力を有することはもちろんのこと,

1.2 耐荷力の算定対象となる柱部材の危険断面における耐荷力を算定する場合, 曲げ耐力 ( 課題 1にて学習した方法 ) およびせん断耐力 ( 課題 2の方法 ) を求め, 両者のうち小なる耐荷力がその部材の終局耐荷力となる. 別途設定された設計外力に対して十分な耐荷力を有することはもちろんのこと, 課題 3 柱部材の破壊モードと耐荷力の算定 ( 耐震設計入門 ). はじめに / 1. 単柱部材の構造特性 1.1 変形モードと断面力分布単柱形式の垂直柱部材には, 基本的に, 上載死荷重 ( 軸力 N として働く ) と地震力による水平荷重 P( 曲げモーメント, せん断力として働く ) が同時に作用し, 図 1のようにまとめることができる. 図 1では,(a) 上端自由片持ち梁形式 ( 土木橋梁構造物

More information

第 14 章柱同寸筋かいの接合方法と壁倍率に関する検討 510

第 14 章柱同寸筋かいの接合方法と壁倍率に関する検討 510 第 14 章柱同寸筋かいの接合方法と壁倍率に関する検討 5 14.1 検討の背景と目的 9 mm角以上の木材のたすき掛け筋かいは 施行令第 46 条第 4 項表 1においてその仕様と耐力が規定されている 既往の研究 1では 9 mm角筋かい耐力壁の壁倍率が 5. を満たさないことが報告されているが 筋かい端部の仕様が告示第 146 号の仕様と異なっている 本報では告示どおりの仕様とし 9 mm角以上の筋かいたすき掛けの基礎的なデータの取得を目的として検討を行った

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 不飽和土の力学を用いた 締固めメカニズムの解明 締固めとは 土に力を加え 間隙中の空気を追い出すことで土の密度を高めること 不飽和土 圧縮性の減少透水性の減少せん断 変形抵抗の増大 などに効果あり 締固め土は土構造物の材料として用いられている 研究背景 現場締固め管理 締固め必須基準 D 値 施工含水比 施工層厚 水平まきだし ( ρdf ) 盛土の乾燥密度 D値 = 室内締固め試験による最大乾燥密度

More information

1258+水路Ver44.xdw

1258+水路Ver44.xdw - はじめに - 平成 22 年 11 月記事更新 ( 株 )SIP システム 本システムは 土地改良基準 水路工 および ため池整備 ( 計算例 ) に準拠した水路工の常時 地震時の安定計算および部材断面の照査を行います 部材断面検討では 鉄筋コンクリート および 無筋コンクリート の断面照査が可能です 検討形状としては 左右側壁の高さが異なる偏土圧の検討も可能です 偏土圧の計算においては 左右側壁の背面上へ上載荷重や土質定数を個別に指定が可能で

More information

基礎の設計サンプルデータ 詳細出力例 Kui_3 鋼管ソイルセメント杭サンプルデータ

基礎の設計サンプルデータ 詳細出力例 Kui_3 鋼管ソイルセメント杭サンプルデータ 基礎の設計サンプルデータ 詳細出力例 Kui_ 鋼管ソイルセメント杭サンプルデータ 目次 章 設計条件. 一般事項. 杭の条件. 使用材料および許容応力度.4 杭配置図 側面図.5 地層データ.6 バネ定数および許容支持力 引抜力.7 作用力 章 安定計算. 杭軸直角方向バネ定数 5 5. 杭基礎の剛性行列. 杭反力及び変位の計算 6 8 章 断面計算. 杭体断面力. 杭体モーメント図. 杭体応力度

More information

新日本技研 ( 株 ) 技術報告 弾性横桁で支持された床版の断面力式 仙台支店 設計部高橋眞太郎 本社 顧問倉方慶夫 元本社 顧問高尾孝二 要旨 橋梁形式は 公共事業費抑制の要求を受けてコスト縮減を図ることができる合理化形式の採用が多くなっている この流れを受けて鈑桁形式では少数鈑桁橋

新日本技研 ( 株 ) 技術報告 弾性横桁で支持された床版の断面力式 仙台支店 設計部高橋眞太郎 本社 顧問倉方慶夫 元本社 顧問高尾孝二 要旨 橋梁形式は 公共事業費抑制の要求を受けてコスト縮減を図ることができる合理化形式の採用が多くなっている この流れを受けて鈑桁形式では少数鈑桁橋 新日本技研 ( 株 技術報告 - 弾性横桁で支持された床版の断面力式 仙台支店 設計部高橋眞太郎 本社 顧問倉方慶夫 元本社 顧問高尾孝二 要旨 橋梁形式は 公共事業費抑制の要求を受けてコスト縮減を図ることができる合理化形式の採用が多くなっている この流れを受けて鈑桁形式では少数鈑桁橋の採用が多くなっている この形式はおよそ 年前に 日本道路公団が欧州の少数鈑桁橋を参考にPC 床版を有する少数鈑桁橋の検討を始め

More information

Microsoft PowerPoint - 2_6_shibata.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 2_6_shibata.ppt [互換モード] 圧密問題への逆問題の適用 一次元圧密と神戸空港の沈下予測 1. 一次元圧密の解析 2. 二次元圧密問題への適用 3. 神戸空港の沈下予測 1. 一次元圧密の解析 一次元圧密の実験 試験システムの概要 分割型圧密試験 逆解析の条件 未知量 ( 同定パラメータ ) 圧縮指数 :, 透水係数 :k 初期体積ひずみ速度 : 二次圧密係数 : 観測量沈下量 ( 計 4 点 ) 逆解析手法 粒子フィルタ (SIS)

More information

1

1 半剛節が部材上の任意点にある部材剛性方程式 米子高専 川端康洋 稲田祐二. ピン半剛節を有する部材の解析の歴史 ()940 二見秀雄材の途中にピン接合点を有するラーメン材の算式とその応用建築学会論文集 つのピン節を含む部材の撓角法基本式と荷重項ピン節を含む部材の撓角法基本式と荷重項が求められている 以降 固定モーメント法や異形ラーメンの解法への応用が研究された 戦後には 関連する論文は見当たらない

More information

(1) 擁壁の設計 東京都 H=2.0m < 常時に関する計算 > 2000 PV w1 w2 w3 PH GL 350 1800 97 4 土の重量 16.0, コンクリートの重量 24.0 摩擦係数 0.30, 表面載荷 9.8 ( 土圧係数は直接入力による ) 安定計算用の土圧係数 0.500 壁体計算用の土圧係数 0.500 W1 = 12.6, W2 = 12.3, W3 = 78.1 PH

More information

数値解析シミュレーション公募要領 別添 1 1. 数値解析シミュレーションの目的平成 25 年度からの調査研究を通じて 高圧ガス設備を設置する各地点において予想される地震動 ( 以下 サイトスペシフィック地震動という ) を用いてサイトスペシフィックに耐震設計することが合理的であることが認識され 現

数値解析シミュレーション公募要領 別添 1 1. 数値解析シミュレーションの目的平成 25 年度からの調査研究を通じて 高圧ガス設備を設置する各地点において予想される地震動 ( 以下 サイトスペシフィック地震動という ) を用いてサイトスペシフィックに耐震設計することが合理的であることが認識され 現 経済産業省委託事業石油 ガス供給等に係る保安対策調査等事業 ( 新たな高圧ガス設備等耐震設計基準 耐震性能評価方法の検討に向けた調査研究 ) に係る 数値解析シミュレーションの発注先の公募について 弊会では 本年度経済産業省から委託された標記事業において 数値解析シミュレーションを 実施いたします このたび 別添 1の 数値解析シミュレーション公募要領 に従い 数値解析シミュレーションを発注する事業者を募集することとなりましたので

More information

Microsoft PowerPoint - 宅地液状化_印刷用

Microsoft PowerPoint - 宅地液状化_印刷用 戸建て住宅地の液状化被害メカニズムの解明と対策工の検討 名古屋大学大学院工学研究科社会基盤工学専攻中井健太郎 名古屋大学連携研究センター野田利弘 平成 27 年 11 月 14 日第 9 回 NIED-NU 研究交流会 1. 背景 目的 2. 建物による被害影響 材料定数, 境界条件 高さ 重量の影響 地盤層序と固有周期の影響 3. 被害に及ぼす隣接建物の影響 2 棟隣接時の隣接距離と傾斜方向の関係

More information

資料 1 南海トラフの巨大地震モデル検討会 第 6 回会合 深部地盤モデルの作成の考え方 平成 23 年 12 月 12 日 1. 震度分布の推計方法 中央防災会議 (2003) 1 は 強震波形計算によって求められた地表の震度と経験的手法によって求められた地表の震度を比較検討し 強震波形計算による結果を主に それにより表現できていないところについては 経験的手法による結果も加えて 最終的な震度分布を求めている

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.29

コンクリート工学年次論文集 Vol.29 論文部分的に主筋の付着を切った RC 梁 RC 有孔梁に関する研究 真田暁子 *1 *2 丸田誠 要旨 : 危険断面からの一定区間の主筋の付着を切った, 部分アンボンド梁 RC 部材, 部分アンボンド RC 有孔梁部材の基本的な構造性能を把握するために, アンボンド区間長, 開孔の有無を因子とした部材実験を実施した 実験結果から, 主筋をアンボンド化することにより, 危険断面に損傷が集中してひびわれ本数が減少し,

More information

SPACEstJ User's Manual

SPACEstJ User's Manual 6-1 第 6 章部材の断面力計算 ポイント : 部材断面力の計算 両端の変位より両端外力を計算する 本章では 両端の変位を用いて部材両端の材端力を求め 断面内の応力との釣合より 断面力を求める方法を学ぶ ここでは 部材荷重は等分布荷重を考慮しているため 基本応力と節点荷重による断面力を重ね合わせて 実際の部材断面力を求める 6.1 はじめに キーワード 部材断面力の計算部材座標系の変位等分布荷重による基本応力

More information

Microsoft PowerPoint - zairiki_7

Microsoft PowerPoint - zairiki_7 許容応力度設計の基礎 曲げに対する設計 材料力学の後半は 許容応力度設計の基礎を学びます 構造設計の手法は 現在も進化を続けています 例えば 最近では限界耐力計算法という耐震設計法が登場しています 限界耐力計算法では 地震による建物の振動現象を耐震設計法の中に取り入れています しかし この設計法も 許容応力度設計法をベースにしながら 新しい概念 ( 限界設計法 ) を取り入れて発展させたものです ですから

More information

<4D F736F F F696E74202D AD482DC82C682DF2E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D AD482DC82C682DF2E B8CDD8AB B83685D> 力のつり合い反力 ( 集中荷重 ) V 8 V 4 X H Y V V V 8 トラス部材に生じる力 トラスの解法 4k Y 4k 4k 4k ' 4k X ' 30 E ' 30 H' 節点を引張る力節点を押す力部材に生じる力を表す矢印の向きに注意 V 0k 反力の算定 V' 0k 力のつり合いによる解法 リッターの切断法 部材 の軸力を求める k k k 引張側に仮定 3 X cos30 Y 04

More information

参考資料 -1 補強リングの強度計算 1) 強度計算式 (2 点支持 ) * 参考文献土木学会昭和 56 年構造力学公式集 (p410) Mo = wr1 2 (1/2+cosψ+ψsinψ-πsinψ+sin 2 ψ) No = wr1 (sin 2 ψ-1/2) Ra = πr1w Rb = π

参考資料 -1 補強リングの強度計算 1) 強度計算式 (2 点支持 ) * 参考文献土木学会昭和 56 年構造力学公式集 (p410) Mo = wr1 2 (1/2+cosψ+ψsinψ-πsinψ+sin 2 ψ) No = wr1 (sin 2 ψ-1/2) Ra = πr1w Rb = π 番号 場所打ちコンクリート杭の鉄筋かご無溶接工法設計 施工に関するガイドライン 正誤表 (2015 年 7 月更新 ) Page 行位置誤正 1 p.3 下から 1 行目 場所打ちコンクリート杭施工指 針 同解説オールケーシング工法 ( 土木 ): 日本基礎建設協会 (2014) 2 p.16 上から 3 行目 1) 補強リングと軸方向主筋を固定する金具の計算 3 p.22 図 4-2-1 右下 200

More information

Microsoft Word - NumericalComputation.docx

Microsoft Word - NumericalComputation.docx 数値計算入門 武尾英哉. 離散数学と数値計算 数学的解法の中には理論計算では求められないものもある. 例えば, 定積分は, まずは積分 ( 被積分関数の原始関数をみつけること できなければ値を得ることはできない. また, ある関数の所定の値における微分値を得るには, まずその関数の微分ができなければならない. さらに代数方程式の解を得るためには, 解析的に代数方程式を解く必要がある. ところが, これらは必ずしも解析的に導けるとは限らない.

More information

平板曲げ理論による部材の等分布荷重または節点の集中荷重を受ける薄板のたわみと断面力の計算ソフト 鉄筋コンクリート床版や鋼板などの平板 ( 薄板 ) の等分布や集中荷重による作用曲げモーメント等の算出方法は 下記の平板の曲げ解析法一覧表より [1 平板曲げ理論による解析 ( 理論解 ) による方法 ]

平板曲げ理論による部材の等分布荷重または節点の集中荷重を受ける薄板のたわみと断面力の計算ソフト 鉄筋コンクリート床版や鋼板などの平板 ( 薄板 ) の等分布や集中荷重による作用曲げモーメント等の算出方法は 下記の平板の曲げ解析法一覧表より [1 平板曲げ理論による解析 ( 理論解 ) による方法 ] 平板曲げ理論による部材の等分布荷重または節点の集中荷重を受ける薄板のたわみと断面力の計算ソフト 鉄筋コンクリート床版や鋼板などの平板 ( 薄板 ) の等分布や集中荷重による作用曲げモーメント等の算出方法は 下記の平板の曲げ解析法一覧表より [1 平板曲げ理論による解析 ( 理論解 ) による方法 ] と [2 格子モデルによる微小変位理論 ( 棒部材の簡易格子モデル )] および [3 簡易算出式による方法

More information

残存耐力有無の閾値となる変形率に対象施設の桟橋高さを乗じることにより, 残留水平 変位に関する残存耐力評価指標を予め算出する. 算出した残存耐力評価指標と被災後の外 観調査で得られる施設天端の残留水平変位と比較することにより, 速やかに鋼部材の応力 状態の概要を把握することができる. dir = 残

残存耐力有無の閾値となる変形率に対象施設の桟橋高さを乗じることにより, 残留水平 変位に関する残存耐力評価指標を予め算出する. 算出した残存耐力評価指標と被災後の外 観調査で得られる施設天端の残留水平変位と比較することにより, 速やかに鋼部材の応力 状態の概要を把握することができる. dir = 残 参考資料 2 係留施設の残存耐力評価指標について 1. 概要港湾施設は大規模地震発生直後の緊急物資輸送や復旧工事の拠点として重要な役割を担っているため, 地震発生後速やかに施設の健全度を判断し暫定供用の可否を判断することが求められている. しかし, 桟橋式岸壁および矢板式岸壁は鋼部材を含む施設であり, 外観調査等から速やかに鋼部材のを把握することは困難である. そこで, 外観調査で得られる施設天端の残留水平変位から速やかに鋼部材のを判断する残存耐力評価指標を作成した.

More information