☆ Mensage de Aniveersario al Grupo “Poco” ☆

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "☆ Mensage de Aniveersario al Grupo “Poco” ☆"

Transcription

1 Mensage de Aniveersario al Grupo Poco Club Poco - Yoko Takahashi

2 ー 2010 年目次ー 1 月 : 会の 15 周年に寄せて 月 : 会の 15 周年に寄せて 月 : 会の 15 周年に寄せて 月 : 動詞辞典の作成の思い出 月 : 年末フィエスタ について 月 : 鎌倉案内 月 : 講読会のこと 月 : チャルラ 月 : 会話クラス 月 :GISSELLE 会のこと 月 : 原田泰治スペイン語訳完成 後日談 月 :Excursión 遠足

3 1 月 : 会の 15 周年に寄せて 1 La calidez, la iniciativa y el gran espíritu creativo que emanan de tus integrantes, son los lazos que me atan a tus encantos. Copo de nieve en la copa de un árbol... Club Poco inalcanzable para pocos asequible para muchos N.S., colombiana Mensage de Aniveersario al Grupo Poco Hacen recién dos o tres años que yo conozco a las integrantes del grupo Poco que se reunen constantemente bajo un mismo interés y con mucho esfuerzo y dedicación, hacen que el estudio de una lengua extranjera tan diferente y compleja se convierta en el pasatiempo y la pasión con la que demuestran en sus obras, representaciones y trabajos los cuales tienen una alta calidad profesional y se convierte en un admirable ejemplo a seguir. Para nosotros los extranjeros que vivimos muchos años fuera de nuestros países de origen, muchas veces nos descuidamos del idioma ajeno sin darle la dedicación adecuada confiándonos en que el medio que nos rodea es suficiente para comprender y absorber éste, sin embargo algunas de las veces no son suficientes y nos falta entendimiento. Por lo que viendo la dedicación y el esmero del grupo Poco en el etudio y los trabajos realizados como el aliento necesario para poder seguir en el camino difícil de las lenguas. Finalmente unas palabras de agradecimiento por habernos dado el gusto de participar un poco en las actividades y trabajos realizados por el grupo y en especial a Yoko san por su dedicación, cariño y profesionalidad, cuando se trata de ayudar. Felicitaciones por este XV aniversario y sigan adelante! ---I.L., boliviana 2

4 2 月 : 会の 15 周年に寄せて 2 CLUB POCO 15 AÑOS DE ANIVERSARIO FELICITACIÓNES EN SUS 15 PRIMAVERAS Me permito escribir unas líneas de felicitación para saludar al CLUB POCO, al cual tengo mucho cariño y admiración. El tiempo transcurre tan rápido como un pestañear, pero para el CLUB POCO no sólo transcurre sino también deja huellas indelebles en su quehacer. El tiempo para el CLUB POCO es mágico, no se puede reciclar ; el tiempo es escaso como para discutir, no lo desperdician, pero tampoco van de prisa porque viven con la intensidad que sólo la madurez puede dar. Caminan siempre juntos en asuntos importantes y con personas sinceras, disfrutan de afectos, todo esto nunca será pérdida de tiempo!!!!!! El CLUB POCO, son gente que sabe tocar el corazón de las personas, nos hace pensar, reflexionar, sentir que estamos vivos, amar, dar, que un pequeño grano de alegría nos puede cambiar... nos enseña también a saber que estamos de paso, que no cuesta nada hacer feliz al prójimo y llegar a la meta final con satisfacción. Por qué 15 primaveras? Porque la estación de la primavera es alegre,colorida, dulce ; es el nacimiento de los futuros y nuevos frutos ; las flores que dan creación a la vida. Así fueron estos últimos años para el CLUB POCO. Para muestra, nos brinda la amistad que es intensa y sin fronteras ; también nos proporciona conocimientos culturales que nos mantiene alertas y en constante aprendizaje. Valoro su gran capacidad multicultural sin distinción de nacionalidades. Para terminar, quiero referirme a una impresión que también me proporciona el CLUB POCO, el sentir de la vida, el vivir cada instante, cada momento con mucha intensidad como si fuera el primero y el último de la vida. Por medio de mi insustituible amiga Yoko Takahashi, hago presente mi cordial y fraternal saludo a cada uno de los miembros del CLUB POCO por estos hermosos y fructíferos 15 años. Anhelando que tengan muchas primaveras más. VIVA EL CLUB POCO Sinceramente, ----E.O., peruana 3

5 3 月 : 会の 15 周年に寄せて 3 Muy estimados amigos del Grupo Poco. Mis más cordial saludo de felicitación en vuestro aniversario. Además, aprovecho la oportunidad para expresarles mi más profundo agradecimiento por tantas atenciones a mi persona. No puedo olvidar lo agradable y ameno que han sido nuestros paseos para disfrutar de las maravillas de la naturaleza, visitando diversos parques como Syoubu-en en Zushi y Sumire-so en la montaña más allá de Oume, otro en Yokohama del cual no recuerdo el nombre,... Y ni qué decir de la fiesta navideña, tan acogedora y plena de matiz cultural,deleite para el espíritu. Deseando que vuestro esfuerzo en el aprendizaje del idioma español sea abundante en frutos, me despido con un cariñoso abrazo. Muy sinceramente, ---G.O., costaricence MI ENCUENTRO CON EL CLUB POCO Durante mi vida he tenido un sin fin de encuentros. Hace aproximadamente 8 años tuve uno de los encuentros más significativo en mi vida; el encuentro con el Club Poco. Agradezco infinitamente a Yoko por haber hecho posible este encuentro. El Club Poco ha sido para mi una fuente de cultura, tradiciones, conocimientos, amistad y respeto. Me ha dado la oportunidad de aprender de cada uno de sus miembros infinidad de cosas, al mismo tiempo me ha dado oportunidad de transmitir una pequeña parte de la cultura y tradiciones de mi país, México. En cada una de las actividades del Club Poco en las cuales he tenido la suerte de participar, he gozado, aprendido y compartido con cada uno de los miembros. Siento una gran admiración por el empeño, entusiasmo, cordialidad y solidaridad de cada uno de ellos. Es muy grato para mi el poder felicitar de esta manera al Club con motivo de su Décimo Quinto Aniversario, deseo sinceramente que sigan cultivando el Intercambio Multicultural como lo han hecho hasta ahora. Personalmente ha sido una gran experiencia el haberlos conocido y espero poder seguir participando de este maravilloso grupo. Hay personas que transforman el sol en una simple mancha amarilla, pero hay también quienes hacen de una simple mancha amarilla el propio sol Al leer esta frase de Picasso, me vino a la mente el Club Poco, ustedes son de las personas que hacen de una simple mancha amarilla el propio sol. FELIZ 15º ANIVERSARIO ---R.M., mexicana 4

6 4 月 : 動詞辞典の作成の思い出 Cosas de abril 動詞辞典の作成の思い出 光陰矢のごとしで 10 年号を出してからもう 5 年もたつのかと思う一方 私も皆々様同 様やりたいこと やらねばならないこと様々ありますので まだ5 年かと思うこともございます この5 年間でいちばん大変だったのが西語動詞辞典の作成 いちばん楽しかったのがプラテロ影絵劇の実演でした 動詞辞典はもともとアルゼンチン人西語教師の依頼で一緒に始めた作業でしたが ご家庭のご事情などでアルゼンチン人教師は最初の数十頁で抜けてしまい お戻りの際のためにと私一人で懸命に努力してみましたが力及ばず頓挫しておりましたところ 担当していたクラスの生徒さんから助け舟が現れ 毎週お会いするごとにどっさり私の書いた原稿を持ち帰って下さり 次週には必ず全部きれいに校正して返して下さいました それがどのくらいの期間続いたかよく憶えていませんが とにかく長い間でした その後ポコの他の会員の方々も最終校正を多少手伝って下さいましたが この方のご協力なしにはこの辞典の製作は不可能でした 最終的には CD と印刷物に仕上げ あちこちからご利用下さっているとのご連絡を頂き 努力のかいあったと嬉しく思っています その後 ずい分経ってから 久し振りで知り合いの外国人に出会った際に ポコの会って Yoko さんのやってるの以外にもあるのね そちらは大きいグループらしい だって すごい動詞辞典作ったのよ 見たことある? などと言われ よくきいてみると我々の作った物のことを言っていたのです Qué ridículo! でも これって冥利に尽きると思いませんか? 協力者の皆さまからご投稿をご紹介いたします ポコの会 15 周年まことにおめでとうございます ひと口に 15 周年と云えども とても長い年月です 生まれた子供が中学校を卒業する歳月ですもの 先生の熱心なご指導 綿密なプリント作成 ただただ感謝するばかりでした それにもかかわらず覚えの悪い生徒で申し訳なく情けないことと思います 思い起こせば先生にお目にかかってお仲間に入れていただいてから 6 年以上が過ぎました その間 先生のご努力の賜物であるあの動詞辞典を頂いてからは常に側に置いて役立たせて頂いて居ります 大活躍しています 私にとっては無くてはならぬものとなっております どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます K. S 5

7 次にこの動詞辞典完成祝賀会に届いたお便りをご紹介させていただきます スペイン語研究家高橋陽子殿 スペイン語 動詞の使い方辞典 発刊祝辞 戸塚中高年語学教室同好会 代表阪本博 先ずは 労大作完成をお祝い申し上げます 高橋陽子さんは 大学では数学科を専攻されたと伺っておりました その高橋陽子さんが何故 スペイン語にこうまでのめり込まれたのか 想えば不思議な事もあるものだと思っております 高橋陽子さんとの出会いは 1992 年 もう 14 年になりますが 私が 戸塚スペイン語教室 を開講した際 受講生の一人として入会された時からではないでしょうか 当時は スペイン人講師 中南米出身の講師等 ナティーボの先生方が多かったものですから 大変な盛況でした 教室数もどんどん拡張され 20 数教室までになりましたが 講師の補充に事欠く状況になり 受講生の中から優秀な生徒さんにお願いして何人かの方に講師になって戴いた その時のお一人だったと記憶しております 後で伺った所では 高橋陽子さんは その頃 既に ポコの会 を主催されており 恐らく研修の為に受講されていたのだと思われます 高橋陽子さんは 生徒さんの信望が高く 又 ユニークな授業をされ クラス全体で原書を翻訳され 数冊に及ぶ実績があります 私が新規に 語学同好会 を発足してからも 数年に亘り 講師を担当して戴き 何冊かの翻訳を実現されました 6

8 通常であれば 入門 初級を修了し その先という段階では 生徒さんも少なくなり 使用されるテキストも種々雑多になる所ですが 高橋陽子さんの場合は 原書を翻訳する事に依って生徒さん達に充実感 達成感を伝授され 都度区切りよく終講されて来ました 期する所 高橋陽子さんの授業は 単に学習に留まらず 実践用の学力を涵養される事を信条とされていた様であります そういった スペイン語学習に対する真摯な対応姿勢こそが 今回の 動詞の使い方辞典 作成に発展して行ったものと思われます わが国では スペイン語は正しく外国語であり 何らかの動機で学習を開始しても 兎角 中途半端で 実践に役立たぬ裡 やがて記憶薄れとなり 単に かって学習したという自己満足に終る傾向は, 強ち否めない実態と云えましょう 高橋陽子さんのこの度の 発刊 は そういった学習者の 或いは講師達の弱点 泣き所を解消する手助けとなるのではないでしょうか 作者自身も言及しておられる如く 400 ページに及ぶ この超労大作は 相当な言語を絶する困難を克服されて集大成されたものである事は想像に難くありません それというのも 高橋陽子さんが 大学で数学を専攻されたというユニークなスペイン語研究者であったからに違いないと確信しております 今後とも 生涯現役で スペイン語学習者の為に 貢献し続けて戴きたいと祈願して 祝辞とさせて戴きます 以上 2006 年 12 月 2 日 スペイン語動詞の使い方辞典 発刊に際して 戸塚スペイン語教室渡邉昭夫 この度の スペイン語動詞の使い方辞典 の完成を大いなる驚嘆と敬意をもってお祝い申し上げます このような大きな仕事の動機といい 完成に至るまでの並々ならぬご苦労といい そのスペイン語に対する情熱には改めて大いなる敬意を表する次第です また 完成した辞典の内容や出来栄えもプロレベルのもので 強い意志を感じさせるものであります 戸塚スペイン語教室としては このような方が元在校生であったことを誇りに思いますし これの活用については幅広く展開するべく努力いたします スペイン語圏の人々との交流で世界平和に貢献することを願いつつ この本の完成に見られるような みなさまの力と情熱によるお仕事がますます発展することを心から祈念いたします Quisiera manifestar mi admiración con respeto por la primera publicación de su Diccionario de Verbo Español. 7

9 El motivo y los trabajos llenos de dificultades me han enseñado de nuevo su fervor muy fuerte al español, y el nivel del trabajo también me cuenta su voluntad firme. El Centro Hispánico de Totsuka tiene un gran orgullo por usted, nuestra ex profesora, y hará esfuerzos para utilizarlo ampliamente. Espero de corazón que siga teniendo éxitos en sus trabajos para promocionar el intercambio entre hispanohablantes y japoneses. Nuevamente mis más sinceras felicitaciones. Akio Watanabe 次にこの動詞辞典完成祝賀会にご欠席だった costaricence からのお便りをご紹介いたします Mi muy apreciada Yoko 2006/12/01 He recibido el ejemplar del vuestro trabajo Diccionario del verbo español de lo cual estoy infinitamente agradecida. Lamentando el no poder compartir con vosotros en la Fiesta, me uno a ustedes en sentimiento y brindo por el logro del Diccionario del verbo español para todos los presentes en tan solemne reunión. A tí y al resto del Grupo Poco, mi más sincero sentimientos de admiración por tan esmerado interés en el idioma español. Y hago votos para que vuestro esfuerzo germine frutos de amistad y hermandad entre la sociedad latina y la japonesa. Ciertamente, es un diccionario práctico y fácil de entender gracias a los ejemplares que tan esmeradamente incluyeron para una mayor comprensión de los verbos. Con toda consideración. G. O. 8

10 5 月 : 年末フィエスタ について Cosas de mayo 年末フィエスタについて M.F 12 月に入ると 恒例のクリスマス会が行われます クリスマスのイルミネーションに 迎えられ 玄関のドアを開けると その正面にはキリスト生誕の趣向を凝らした飾りつけがあります それは ご夫妻の手作りで毎年異なっていて 私達にとっては 見る楽しみの一つになっています もう 其処は別世界 たくさんのお客様で一杯です 久しぶりにお会いする Latina の方々と再会のご挨拶が其処此処で交わされています さあ パーティーの始まりです 昨年の催しは特筆すべき物でした 日本古来の琴 三味線 尺八 謡曲の会を高橋先生とお稽古の先生方がご披露して下さいました スペイン語と日本語の解説がつき 日本人である私達にも馴染みのない伝統文化に真近で触れることが出来て その素晴らしさに驚かされましたここ5 年は プラテロとわたし の影絵 ジャズ ライブ ロルカの詩の朗読 笠子地蔵の劇 紙芝居 パソコンとテレビの大画面を利用したスペイン語版 百万回生きた猫 の朗読 ( ちなみにこの本は 昨年 大人に読ませたい本で一位になった本 ) など色々な事に挑戦した poco の会の成果も盛り込まれています テーブルに載りきれない程の大ご馳走と vino 日本語とスペイン語でのお喋りと満腹感 あっと言う間に時間が過ぎ 楽しかった思いを胸に三々五々家路につきます 外は先ほどまでとは対照的な静けさに包まれている鎌倉の夜です そして 年が明けると新年会もあり テーブルを囲みランチを楽しみます 顔を見ながら日本に来られて活躍なさっている Latina の方々と楽しいお喋りが弾みます こうして 一年がすぐに巡って来るようです 最後に いつもご自宅を開放して楽しい一味も二味も違う会を催してくださる高橋ご夫妻にお礼を申しあげます プラテロ影絵劇 Y.T 年末フィエスタはポコの会の総力を結集する一大イベントです 特に 2007 年はプラテロの年と言っても過言ではなく一年中影絵作りに奔走しました もともと私にとってプラテロは長年の課題でした スペインの詩情 プラテーロとわたし と題したギターコンサートで俳優の江守徹の朗読するプラテロの詩に合わせて演奏した若手日本人ギタリストのプラテロの音楽をきいたのはもうずい分昔のことなのです プラテロの音楽はユダヤ系イタリア人マリオ デテスコ ( ) により当時の有名なスペインのギタリスト セゴビアのために 1960 年に作曲されたもので セゴビア ( ) はこの演奏で大成功 レコードになった時にジャケットの絵を描いたのは白系ロシア人ウラジミル ボブリ 美しく親しみのある絵でプラテロが一層身近なものになりました Platero y Yo の抜粋スペイン語版を入手 一読して難解ながらも心惹かれるものを感じ その後全 138 編も入手して作者の Juan Ramón 9

11 Jiménez についても調べてゆきました 長い間心の片隅においていたプラテロへの想いが一挙に表舞台に引き出されたのは ある時 横浜サポートセンターのボランティアスペースでポコの会の友人牧瀬氏が机に向かっているのを見かけ挨拶のために立ち寄ってみた時のことでした なんと私の良く知っている挿絵のついたプラテロのプリントを開いていたのです プラテロやってるの? そ-なんだよ 陽子さんもおいでよ 行く! と即座に入会 クラスに出席してみると スペイン人の先生がいわゆる解説書とは全く違う独特の視点から熱心に解説 参加者の個性的意見も逐一取り入れ 非常に面白い授業で 私としては長年の疑問が氷解しパアーっと開眼された気分でした なんと美しく意味深い詩集でしょうか! 生と死 自然の姿 人間の生き様 スペインでは銀色のロバはみんなプラテロと呼ばれるそうですが プラテロとわたし のプラテロは 一頭のロバのことではなく フアン ラモン ヒメネス自身の分身であり心の友であり詩の語り手でありヒメネス本人でもあるのだと思いました 仏教的な無常感もそこここに感じられ この感動を何かの形で表現したいと思った時 ふと影絵劇というアイディアが浮かび それをずっと温めていました プラテロの講座はスペイン人講師の突然の帰国で中途でとぎれてしまったのですが すでに開眼済みだった私は一人でそれなりに最後までやり通し その他の文献にも当たりました そして 2007 年のポコの会に提案してみましたところ みな笑顔で OK して下さったので いよいよ影絵劇への取り組みが始まりました 最初は木枠を作り色付きパラフィン紙で背景を考えたり試行錯誤の連続 プロジェクターの使用を思いつき でもそれを何にどう投影するのか どう影を映すのか またまた試行錯誤 毎日頭を悩ましました その一方で参加者全員のプラテロの詩篇の真髄理解のためそれなりに読みこなし意味を考え情景を描いてゆきました 悩みに悩んだ末 観客と影絵操作者の間に両面スクリーンを張り 影絵操作の後方からプロジェクターの光を投影する方法で 観客側からは大きなテレビ画面を見るような雰囲気で画面の両脇に詩のナレーターと音楽のギタリストを配置することに決定 こんどは画面作りと影絵の絵作りです これがまた 楽しいのか苦しいのか やっぱり楽しさが勝りました 背景をいろいろ考えて決定しそれをパソコンに取り込みプロジェクターに繋ぎスクリーンに映します ボール紙で切り抜いた影絵には一枚ずつ透明のプラスチック棒をつけてプロジェクターの光を遮って動かします 毎週集まって練習しました 音楽と詩文にあわせて動かすのは至難の業でした ギター演奏はたいへんな難曲だということでしたが 生演奏の威力は効果抜群! すべて私達みんなの夢の実現へ向けての努力の結晶 本当の amor al arte でした このあと 2008 年の初めに調べたこと思ったこと影絵のこと全てまとめて西語と日本語で小論文を書き Platero y Yo をもじって Platero y Yoko と題して一冊にまとめました 私に新しいプラテロ解釈をご指導くださった例のスペイン人講師に送ったところ Mis felicitaciones y mi mejor enhorabuena で始まる長いお手紙を頂き 自分がヨコハマ辺りで西語を教えてウロウロしていた時期の自分の生徒の中からこのようなもの 10

12 を頂くことになるとは思いもよらないことだ ポコの会が実現した Teatro de Siluetas はギターや語り手 影絵操作と何人もの手になる素晴らしい作品で心から驚いている スペインの古典文学にこんなにも情熱と愛着も持ってくれて本当にありがとう あなたのこの本は一生大切にとっておく これを見るたびにポコの影絵のことを想うだろう と結ばれていました プラテロの詩文の解釈も理解も情景把握もすべて三歩あるいて二歩さがるような牛のあゆみよりまだ遅い遅々としたものでしたし 勝手な独断と偏見でしかないのですが それでも一つの夢の実現を終えてみると充実感と達成感 歓喜の想いでいっぱいでした Platero との出会い K.W 散文詩 Platero との出会いは 私にとって衝撃的でした Platero は作者ラモン ヒメネスの幼少期の総合体ということですが Platero の目を通して あるいは Platero に話しかけるように厳しく 優しく 悲しく 生きとし生けるものを見る独特の世界に深く感動しました Fiesta では たくさんある章のうち 6 つの章を影絵劇にすることになりました まずは朗読の練習です 何度も何度も何も見ないでも言える程 繰り返し繰り返し練習しました 次は各自担当する章の影絵の絵の切り抜きです 私はヒメネスの姿 村の子供たち ユリの花 蝶々など 初めに作ったものが小さすぎるようなので 少し大きく作り替えたり 軽やかな動きが目に見えるようにするには どうしたらよいか模索しました Yoko 先生手作りの大きなスクリーンに映し出された影絵劇の背景を見た時 その美しさにスクリーンの前に釘付けになったことが思い出されます 他の章を担当した compañera たちが作った切り絵はどれも傑作揃い 皆さん素晴らしい芸術家です そして私にとって最も難関だったのは ギター演奏と朗読を合わせることでした ギターの音色はあくまでも澄み 聞いていると引き込まれて 朗読することを忘れるほどでした ( 実際 本番では引き込まれてれ朗読が遅れて大慌てでした ) 楽譜を見ながらギターを聞き 合わせていく作業は 楽譜が読めない私には 超 がつくほど不安でした 11

13 そのため演奏を入れていただいたカセット テープを片時も離さず聞きました そのため Fiesta のあと何日も何日も Platero のメロディが頭から離れませんでした 幕が上がれば目まぐるしく動き 終わってみればアッという間だったように思いましたが ずっしりとした達成感をかみしめました Yoko 先生の素敵なアイデアが無限に溢れ出るのには驚かされます 私は一生懸命というか無我夢中でついていくという感じです 毎回すばらしい体験をさせていただき 心から感謝し この体験を私の宝物と致します プラテロによせて E.Y 思いおこせば先生の熱意にひきこまれて みんなの力が結集して ( ご主人のギターライブもあって ) 実力以上の好演になったような気がします と 素直に書き出してみましたが せっかくだからここで切り口をヒメネス風にして ; 何処へ行こうというのだ!? 憂いを含んだヒメネスとプラテロの無垢な瞳がうったえるプラテロは翼をつけて蝶になり吐息は虹を結ぶ冬の花火ひときわ明るく輝いたのち音をたててくずれてゆき光の残骸が心の中につもってゆく プラテロの影絵の感想 N.A 一番最初 プラテロの影絵のお話があった時 あのような最高の出来映えになろうとは 誰が想像できたでしょうか プラテロをやった Fiesta の翌日 あまりのこの完璧に近かった成功が嬉しかったので 早速 陽子さんにメールしました まだ頭の中で音楽が鳴っています 快い疲れと興奮がまだ残っています と 最高の幕切れとなったんですもの 骨折った分だけ感激もひとしおでした 半年前からの準備で みんなと少しずつチエを出し合い 悩み考えたことを今懐かしく回想してます 影絵の RETORNO のシーン Retorno... adonde? de que? para que? の時 本物の私の手を使って演じ 皆様に大いに受けたこと印象に残ってます この 本物の手を使おうとか 手の形はグー パーにしようとかどんな風に手を広げようとか 何度も細部チェックしたことをよく覚えています また 幕の裏側でギターと詩の朗読を聞きながら 用意した沢山の影絵をタイミングよく出していくのに苦労しました 準備した影絵がシーンごとに分かれていて 沢山あり この絵の後はこれで... と 先々に頭を使うのに緊張してや 12

14 ってました 陽子さんという 大 Productora のおかげでこのような大傑作が生まれたこと 本当に感謝しております また su medio naranja の多大なるギターでのご協力 私たちの練習にも貴重なお時間を割いて 快く参加して下さりました 本当に有難うございました いろいろことで苦労した分本当に強く心に焼き付いています 感謝 13

15 6 月 : 鎌倉案内 Cosas de junio 鎌倉案内 Y.T. ポコの会では要請があればいつでもどこでも都合のつく限りボランティアで Guía をやります Camila さんの hermana の Margarita さんはフロリダ在住 日本は初めてとのこと でも Camila さんが忙しいので私と日本在住のメキシコ人 Elena さんと二人で鎌倉案内をすることになりました Maura さんもちょっとだけ参加 Margarita さんは前日に日光へいらしたとのことで 質実剛健な鎌倉文化を日光陽明門と比較して説明したり 銭洗弁天が人気スポットでした Rosa さんの cuñada の Catia さんはメキシコ在住で高校生の息子さんがゴルフの試合 ( トヨタカップ?) で名古屋に来るのに同行して来日 Rosa さんの家に宿泊中に鎌倉が見たいとのこと のりこさんが車で協力してくれて あちこち効率よく見学 ちょうど 6 月の第二週だったので成就院のアジサイがまさに見頃 Catia さんがこんなきれいな花の種はどこで売っているのか 買って帰りたいというので esquejar( 挿し木 ) で簡単にふえるのよ と教えてあげると それでは持って帰れないと言って大きなアジサイの花を抱きしめていました Costa Rica の駐日大使を連れてきたのは我等の Gisselle さん ジセルさんが用事で大使館にいらした時に大使と話がはずんで プライベートで鎌倉見物に行きたいと言われたので それなら YOKO が最高のガイドだからと進言 フットワークの軽いジセルさん さっと私に連絡をくれたかと思うと瞬く間に日を決め ぱっぱと連れてきました Gisselle さんのご子息のケイシ君も一緒 みんな軽装で持参の雨傘を振り回しておしゃべり 私も気軽なノリで 見学の途中で我が家に寄ってもらったり 私のお寺などの説明を聞いていたケイシ君が ああ そういうことなのかあ と 修学旅行で鎌倉に来たときにはわからなかったことがわかったと言ってくれました 大使は以前にも在日した経験があるとのことで なにか説明する度 すぐに納得してくれ鎌倉西語愛好ボランティアサークル ポコの会は創立 15 周年迎え記念誌を発行 そこへ投稿いただいたもので活動を紹介しています 今回の活動報告は 鎌倉案内です ました 雨模様でしたが一日中歩きまわって楽しく過ごし 後日 その日の説明とデジカメ写真をきれいに CD にまとめて大使にお送りしたところ 大使館のマーク入りの便箋と封筒で 永久にあの日の hermoso recuerdo にする と お便りを下さいました 感激!! ポコの会の友人 中田氏が連れて来たのはメキシコ人 Denyss さんご夫妻 Denyss さんはメキシコ在住のスペイン語教師 とっても若くて新婚カップル 赤ちゃんを抱いての訪日でした 中田氏のメキシコ留学中の語学クラスの先生だったそうで その時のクラスメートが現在の Denyss さんのご主人なのだそうです とても暑い日で スペイン語もろくに出てこなかったのですが それでも Denyss 14

16 さんご夫妻はスペイン語でご案内申し上げたことに感激して下さったご様子でした コロンビアの外務大臣をおしつけられた (?) のは Camila さんが コロンビア大使館で鎌倉案内ならポコの会の YOKO が最高とかなんとか宣伝してくれちゃったからなのです 大使館から我が家に電話で要請があり 来日中のコロンビア外務大臣が半日自由時間があり 禅に大変興味があるので 是非とも鎌倉に una visita privada をしたいとのことで つまり個人的 プライベートであって公式ではない だから 私にボランティアで案内してくれないかという話だったのです 私は コスタリカ大使のことを思い出し プライベートならあの時と同じようなものかと 気軽に OK. 打ち合わせに大使館まで来てくれと言われ翌日伺うと 鎌倉にいられる時間は 2 時間半 人数は大使夫人や担当官を含めて多くても3 ~4 人 何回も una visita privada だと繰り返し 夜の公式予定に響かないようにと 綿密に時間や訪問場所を決め 互いの携帯番号を教え合い 当日は大仏前に 2;00 という約束 そして当日 大仏前で 2 時前に私が待っていると やがて ピッカピカの黒塗りの大型車が 3 台も連なって 両脇にコロンビアと日本の旗がパタパタ翻り 一目で外務省関係とわかる 御一行様 のご到着! なにが una visita privada か! と憤懣やるかたない私を尻目に 大臣本人 大使夫人 コロンビアから同行のアジア局長 担当官はいいとして ぞろぞろ降りてくるのは 外務省からのお目付け役 外務省派遣のプロ通訳 車係が当然三人 そしてお寺側からは住職とお寺の英語通訳まで出てきて 3~4 人どころか ごっちゃごちゃ!!! こんなことなら なんで私がここにいなくちゃならんのよ??? と疑問 疑惑が渦巻く状態! 外務省に さる政治家から電話があったとかでボランティアにまかせられなくなった事情があったらしく ものものしい感じ 大仏 ( 高徳院 ) 十一面観音( 長谷寺 ) 円覚寺の三寺の訪問でしたが 政治家の連絡を受けていなかったのは長谷寺だけだったらしく ここだけは私以外に説明する人がなく 長谷寺と十一面観音や七福神の由来 仏法経典の納めてある回転書庫を一回しするとすべての経典を読んだことになるありがたーい輪蔵も見学 説明してちゃんと回させてあげました 大仏と円覚寺は政治家お達しの効果抜群で 住職はじめお坊様方が並んで最敬礼で迎えられ 普通の参拝客は通してくれないどんな木戸も大臣が望めばスイスイ おみやげもたっぷりご用意 特に円覚寺では国宝だからといって普段は一切見せない舎利殿の中までたっぷり拝見してしまい おまけに茶室に通され抹茶と水羊羹までふるまわれて 金魚のフン的存在だった私までぜーんぶ堪能 何たること! 大臣自身は 6 年間もコロンビアのゲリラに誘拐されて幽閉され そこから自力で逃亡を果たした経験があるそうで 本当に禅に興味があるらしく 夕刻の円覚寺の風景には感激していたご様子でした 円覚寺から夜の公式予定のために東京に戻らねばならない大臣は すでにお車にのっていらしたので 私はここから徒歩で帰りますので とご挨拶に行くと Gracias por todo de hoy, ウンヌン と大臣が私に手を差し出しておっしゃるので Al contrario, 15

17 si pude servirle en algo, me dará mucho gusto. Le vaya bien... とかなんとか言って握手してお別れ 走りだした車に手を振ってバーイバーイ 大使館からはコロンビア産のコーヒー : エメラルド マウンテン ( ブルー マウンテンに対してエメラルドなんですね! エメラルドカーボーイの国だし?) をたくさんお礼にいただいたり 翌日には外務省からも大使館からもお礼の電話があったり これはこれで面白い経験ではありました 7 月 : 講読会のこと西語の文章はときにダリ ( 画家 ) のヒゲを思い出させる 気取っていて もったいぶっていて 格調があって 融通がきかない 西語特有のいいまわし 比喩 frase 作家によって文体も違うし burro のような飲み込みの悪い頭で毎回格闘している カクカクした直訳にならないようにと気をきかせても大胆に訳したつもりでいると とんでもない方向へ意味を取り違えている!? burro もおだてりゃ木に登る! そうしてみんなでああでもない こうでもない と云ったり でも たいていは陽子先生のかくもこなれた訳を聞いてすっきりするのである 講読の勉強は 頭の中で登山をしているようなもので ふもとの方から出発して坂がきびしくなって息が切れたり でも 日本語で読んでさほど興味をそそられない文でも 西語でゆっくり読んでいくと 少しずつ明らかにされていく内容にワクワクしたりするのだ 時折 先生がエピソード記憶が大切だからと nativo との会話の話をしてくれたり そんな時は きれいな鳥があらわれて梢から梢へ渡っていくのをながめているようだ そうして一歩一歩踏みしめていくうちに いつのまにか わあ こんな高い所まできたんだ と違った視界がひらけてくる 吹き抜ける風が心地よい そうやって小さい山 小高い山 険しい山 ( 特にロルカとヒメネスの巨匠の作品は ロッククライミングのように目の前に立ちふさがり辞書をもってしてもハンマーでたたいているようだった ) と いろいろ登り続けてきた 実際 ひとりでは登れないけれど 仲間があり ひっぱってもらえたからこそ この景色を堪能できるのだと思う ポコの会 10 周年記念号を出してから 5 年たつわけだが 書き出してみると これが5 年間? と思える程 充実した内容である 最近では立派に装丁された本が次々と現れる ( 先生 阿倍さん 若色さんの御苦労の賜物です!) ふり落とされないようについてゆくのみである 問題集や和文西訳関連 ; Repaso Gramatical 花シリーズ (miembros が調べた花に関する文 ) 絵本 ( 百万回生きた猫 その他 ) 他言語からの西訳文の講読 ; 16

18 El Principito ( 星の王子様 ) El Viejo y el mar ( 老人と海 ) 鎌倉西語愛好ボランティアサークル ポコの会は創立 15 周年迎え記念誌を発行 そこへのご投稿を紹介しつポコの会の歩みを紹介しています 今回は普段の活動から講読会についての参加者からのものです Harry Potter の最初の導入部分 その他 西文学 Federico García Lorca Llanto por Ignacio Sánchez Mejías ロルカ イグナチオ サンチェス メヒーアスを悼む歌 Juan Ramón Jiménez Platero y yo ヒメネス プラテロと私 ( 抜粋 ) 西語読み物 ROBERTO FISHER & BETH KELLY シリーズ El búho que no podía ulular La cuclilla que no quería cantar cucú La más pequeña de las mariposas Colección EL BARCO DE VAPOR シリーズ Cam Jansen y el misterio del OVNI( カム ジャンセンと UFO の謎 ) Maxi y la banda de los Tiburones( マキシイと鮫軍団 ) 現在進行中 :Un solo de clarinete( 現在 ) 17

19 8 月 : チャルラ Cosas de agosto チャルラ N.A ポコの会ではチャルラを不定期に開いてます もともとチャルラというのはお喋りという意味で スペイン語でおしゃべりする場を持つことでナティーボの方々との文化交流を目的としていますが要するにお喋りを楽しむ会です 2006 年の 5 月には鎌倉でバーベキューでランチ そのあと古寺名刹を散策し 2007 年 6 月にはレストランでの会食 またポコの会の友だちがいろいろな国を訪問して 見聞を広めたことを帰国してからみなさんにスペイン語で披露してもらい 親睦を深めることもありました この 5 年間で今までに開催した海外体験発表チャルラは下記のものです コンポステーラ ( 牧瀬 ) 南米大陸 ( 真木 ) メキシコ ( 中田 ) エジプト ( 阿部 ) たとえば 私のエジプトのチャルラでは 旅行中撮影したたくさんの写真を PC に取り込みそれを映像にして ( すべて陽子さんの多大なる協力のもとに ) みなさんに旅行の雰囲気も味わっていただきつつ 現地で知り得た情報をも盛り込んでスペイン語で発表しました こうしたことでこの エジプト旅行 が私の中で強く印象に残りよい思い出となっています おまけに CD も作成していただき感謝 感謝です そして もちろんチャルラの〆 ( 締め ) は ポコの会会員の手作りのランチ La Comida で楽しみます いつも参加してくれるナティーボの皆さんにも感謝しています 私はこの頃忙しくて このチャルラもご無沙汰しておりますが また いろいろ考えて皆で一緒に楽しくやりたいです 18

20 9 月 : 会話クラス Cosas de septiembre 会話クラス K.W. コスタリカ人の先生のご指導のもと3 年前から始まりました ( 月 1 回 11:30~) ラテン音楽を聞かせていただいたり 写真や絵を見ながら身近な日常会話から始まりました 現在は雑誌やチラシの絵の切り抜きを 自由に選び それに自由に文章をつけ 添削していただいたり 絵や色がとてもきれいな単語カードで神経衰弱や早取りゲームをし その時に思わず発する言葉のスペイン語など教えていただいたりして楽しい授業です Poco の会が 15 周年を迎え 長く会員でありながら一向にスペイン語での会話が出来ないでおります 努力不足とはジュウジュウ分かっておりますものの外国語会話の難しさを痛感しております でもコスタリカ人の先生はこの努力不足を叱咤することなく根気強く笑顔で教えてくださいます 先日の授業は 靴の絵をたくさん並べて 靴屋の店員さんとお客さんとの会話でした 巧みにお客さんに靴を売り込もうとする店員さん ( コスタリカ人の先生 ) 自分の要求を通そうとするのだけれど しどろもどろのお客さん( 生徒 ) の会話になり 大笑いの楽しい時間でした Nativo の方々の会話の速度は とても速く感じられ 聞き取るのがたいへんです 何となく全体から意味を推測して苦し紛れに答えることがしばしばあります というより頻繁です 聞く力も話す力も日頃の努力が必要なんですね 聞いたらすぐ理解し すぐスペイン語で答えられるというのが私の夢です 少しずつ頑張りますので これからもよろしくお願いいたします 19

21 10 月 :GISSELLE 会のこと Cosas de octubre GISSELLE 会のこと Y.T. 先生役のコスタリカ人と西語日本語間でテーマをみつけては楽しくやってい るのがジセル会です 楽しいばかりでなくとーっても大変なこともありますが 仲間と一緒だと何でも実現可能です ポコの会 10 周年号を出した頃ジセル会でやっていた画家の原田泰治の 原田泰治心のふる里を描くぼくの夢 道 詩 風 ( 講談社カルチゃーブックス18) の一冊全頁の西訳は Pueblo natal del corazón : Mi Ensueño Camino Poesía Viento : Taizi Harada として完了 文章はもとより絵の題も 絵の題材となった唱歌の西訳まで ありとあらゆることをやりました これをやろうと言い出した渡邊昭夫さんは 絶対にできないと思っていた とおっしゃいましたが 結局 余すところなくやり遂げ 昭夫さん自ら編集してくださって一冊に纏め 昭夫さんのご友人を介して原田泰治氏ご本人に連絡中です このことで だいぶ長い間日本語の西訳が続いたので 次はジセルさんからのご提案で Qué es racismo? というスペイン語の本の和訳に取り組みました この本はジセルさんが当時ペルーに転勤なさっていたご主人を訪問なさった際にリマの書店で選んで人数分買ってきてくださったのもで フランス人の著者が Racismo( 人種差別主義 ) をわかりやすく説いて もとのフランス語版からスペイン語版が出来 スペインとメキシコで出版されたものでした ページ毎にジセルさんの体験談など織り交ぜて下さったので 西語和訳だけでなく多くを学びました これも随分時間がかかりましたが なんとか最終ページにたどりつき ジセルさんが横浜や相模原などで携わっている国際理解教育や講演会などのネタにこの日本語訳を使いたいとおっしゃるので ジセルさんのために縦書きの訳本として製本し また 部分的に取り出せるように CD にもして差し上げました だいぶ和訳が続いたので こんどは 海外経験の長い日本人高官の書いた小論文 文化は変えられるか の西訳に取り組むことになりました これは現在進行中です 論文の作者は長く世界銀行で活躍された後 日本の慶応大学などで講師をつとめ 現在はアメリカ合衆国ワシントン DC 在住 原田泰治の時と同様 この論文の西語訳も もとの日本文の解釈をめぐって ケンケンガクガクになることもしばしば ジセルさんの日本語は非常に優れていらっしゃいますが それでもきっと ポコの会でこのようにご一緒することは彼女にとってもたいそう良い勉強になることと思いますし 私達もジセルさんのような明るく聡明な hispanohablante とこういう機会を持てることはスペイン語愛好者として最高の幸せと思っています 20

22 11 月 : 原田泰治スペイン語訳完成 後日談 Cosas de noviembre 原田泰治スペイン語訳完成 後日談原田泰治の本のスペイン語訳に関しまして この企画の提案者の渡邊昭夫さん から昭夫さんのご友人を介して原田泰治氏に連絡中だった旨 先にご紹介した活動報告に書きましたが その後 原田泰治氏ご本人から に直筆のお便りが昭夫さんのもとに届き 全員驚いたり喜んだりいたしました 21

23 12 月 :Excursión 遠足 Cosas de diciembre Excursión 遠足 Y.S ポコの会では仲間やその友人達との親睦のために心に残る遠足を催します どれも思い出いっぱいの味わいのある楽しい旅でした そのいくつかご紹介いたしましょう 東京デズニーシー真冬の寒い日でしたが 私達の熱気でムンムン ミッキーと写真を撮ったりインディージョーンズの冒険ではよその人にしがみついたり どうしてデズニーシーにゆくことになったのかもう忘れてしまいましたが とにかく子供心を十分に楽しみ その翌年もまた行ったのでした 葛西臨海公園水族館 マグロを見に目の前に東京湾の水平線が広がり 空と海の織りなす風景の心なごむ公園でした 講読会でへミングウエイの 老人と海 の西語版を読んでいたので 終了後マグロがみたくなって出かけました ハバナの美しい海のもと ヘミングウエイはマカジキ釣りに執心して 老人と海 がうまれました 鋸山 お花畑訪問久里浜港からフェリーで対岸の金谷港へ渡り ロープウエイで鋸山山頂へ 海抜 329m の低い山ですが眺望が良く 昔 安房と上総の国境をなしていました 岩肌が鋸の歯のように鋭いことからその名前がつけられ古くから房州石の産地として知られています 山頂近くには多くの石切り場の後が見られます ロープウエイを降りると 日本寺があり百尺観音 石舞台 絶壁の地獄覗きなど 歩いて見ながら山頂まで そこでお弁当を広げ昼食をしていると 近づいてくるトンビに気付かず おにぎりをさらわれるパフニング 帰り道に 保田のファミリーファームで花摘みをして みんなお花をいっぱい抱えて帰りました 神奈川県立三つ池公園 桜見物公園全体が桜でうめ尽くされ八重桜の種類の多いことでも有名です 池に映る桜模様をながめたり桜のトンネルを散策したり美しさを堪能しました 桜の種類の多さに感動 コリア公園が併設されていて そこでは韓国李王朝の地方貴族の山荘庭園をイメージした建物や庭があり韓国文化も覗き見できました 鎌倉西語愛好ボランティアサークル ポコの会は創立 15 周年迎え記念誌を発行 そこへのご投稿により 15 年の歩みを紹介しています 最後になりましたが お楽しみ会の紹介です 六本木アートトライアングル 国立新美術館 サントリー美術館ポコの会でいつもご一緒のジセルさんが 美術館に行きたいとおっしゃるので 皆でご案内することにしました 国立新美術館は周辺の緑と調和した波打つような巨大なガラス壁が目を引く日本で五番目の国立美術館です 見学をすませてから 東京ミッドダウン三階にあるサントリー美術館の BIONBO / 屏風 日本の美 を鑑賞 江戸幕府がオランダに贈った屏風 10 件が初め 22

24 て里帰り その他現在海外の美術館に所蔵されている作品などの屏風の名品の展示でした 同じ三階にある加賀料理木室屋でお麩料理の昼食 おいしい一日でした 横須賀菖蒲園 (E.Y 記 ) 藤の花横須賀菖蒲園は花菖蒲だけでなく 藤の花も見ることができます 私達は衣笠駅でバスを待って園に向かいました 藤は普通他の木に沿って上がっていったり棚の形になっています もちろんフジ棚もありましたが 他の木に寄りかからずにいるのもあります あまり香りがないものもありました 香りが少ないと蜂もあまり寄ってこないのかしら? 西洋では美人はバラに例えられますが 日本では藤が桜と同じように美人に例えられるように思います 源氏物語には二人の美人が登場します 藤壺 ( 藤の花 ) と 紫の上 ( 藤の花の紫 ) です 藤棚の下で一句 藤揺れて 談笑はずむ 昼下がり 白藤や 咲き満つ光 目にとめむ 八重の藤 はずむ歓喜に 添うスペイン語 雨の花私達は時折雨の降る中 菖蒲園に行きました 今回の主役は花菖蒲です 菖蒲と紫陽花は雨の中で活気づきます 花ひとつでも美しいのに たくさん並んでいると見事なこと! 菖蒲は三弁の花弁が垂れています 武士の奥方の姿に思えました その鋭い葉は武士の刀に例えられます いづれがあやめ かきつばた とは美人を形容していることばです あやめとかきつばたは似ています 伊勢物語の中にかきつばたが登場します 在原業平が木陰で昼食をとりながらかきつばたを見て妻を思いました 彼は旅を思い起してそれを歌に詠みました か : から衣き : きつつなれにしつ ; つましあればは : はるばる来ぬるた : たびをしぞ思ふ 23

25 私の一句を紹介します 紫陽花に ; うつりゆく色それぞれに手まり花花菖蒲に ; 銀の雨なおあでやかに花しょうぶ 園を出てから私達は喫茶店で甘いものをいただきました 御岳山 レンゲショウマを見に暑い 8 月のお盆の中 涼を求めて御岳山に行きました ケーブルカーを下りると 山の空気がひんやりと心地よい風をはこんでくれました 見るとあたり一面にレンゲショウマの花が見頃を迎えていました 山肌に群生してうつむきかげんに咲く薄い紫色の可憐な花を求めて大勢の人が来ていました レンゲショウマはきんぽうげ科の多年草で高さ 40~80 cm 8 月中頃うす紫色の径 3~5 cmの花が下向きに咲きます 昼食後 ふうふう言いながら登り 30 分 武蔵御嶽神社 (929m) に到着 関東一の霊山として天平年間に創建され 参拝客で一年中にぎわっています 参拝をすませ 御岳ビジターセンターで休憩 雷のゴロゴロという音を聞きながら急いで下山しました ポコの会ではこの他にも多くの所を訪れ 楽しい時を過ごしました 2010 年 1 月末頃に再度久里浜からフェリーで南房総の日本三大水仙の里 鋸南町の水仙ロードを予定しています 水仙の香りと共に 一足早い春を楽しみたいと思っています 皆様のご参加をお待ちしています 24