<81798DE090AD8FF38BB58E9197BF8F57817A5F F97D E092AC5F E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<81798DE090AD8FF38BB58E9197BF8F57817A5F F97D E092AC5F E786C73>"

Transcription

1 総括表 財政状況資料集 区分 ( ) 平成 21 年度 ( ) 区分 ( ) 平成 21 年度 ( ) 指定団体等の指定状況都道府県名岐阜県市町村類型 Ⅱ1 歳入総額 3,998,481 3,787,33 実質収支比率 市町村名 輪之内町 地方交付税種地 24 財政健全化等財源超過首都近畿 歳出総額歳入歳出差引翌年度に繰越すべき財源実質収支 3,551,26 447,275 6, ,32 3,563, ,385 35, ,647 経常収支比率 ( 1) 標準財政規模財政力指数 66.4 ( 74.9 ) 2,634, ( 76.1 ) 2,576, 年国調 ( 人 ) 1,28 中部 単年度収支 253,385 33,246 公債費負担比率 産業構造人口 17 年国調 ( 人 ) 9,419 過疎 積立金 2, 41,171 健全化判断比率 増減率 6.5 区分 17 年国調 12 年国調 山振 繰上償還金 実質赤字比率 ( 人 ) 9, 低開発 積立金取崩し額 連結実質赤字比率 第 1 次住民基本台帳人口 ( 人 ) 9, 指数表選定 実質単年度収支 255,385 7,925 実質公債費比率 増減率.3 2,14 2,179 基準財政収入額 1,155,221 1,261,553 将来負担比率 第 2 次面積 (km2) 基準財政需要額 2,5,852 2,5,288 資金不足比率 ( 3) 人口密度 ( 人 /km2) 448 2,67 2,245 標準税収入額等 1,477,76 1,617,179 第 3 次世帯数 ( 世帯 ) 3, 経常経費充当一般財源等 1,825,417 1,775,738 職員の状況歳入一般財源等 3,216,31 2,982,519 1 人あたり平均職員数給料月額 1 人あたり平均区分定数区分給料月額 ( 百円 ) ( 人 ) ( 百円 ) 給料月額 ( 百円 ) 地方債現在高 2,64,991 2,374,633 市区町村長 1 6,5 一一般職員 ,728 2,842 うち公的資金 2,72,183 1,849,545 副市区町村長 1 5,3 般うち消防職員 債務負担行為額 ( 支出予定額 ) 887,494 1,122,94 収入役 職うち技能労務職員 4 1,84 2,521 収益事業収入 教育長 1 2,2 員教育公務員 2 8,462 4,231 土地開発基金現在高 82,155 82,155 議会議長 1 2,3 等臨時職員 財政調整基金 69, ,471 積立金議会副議長 1 2, 合計 ,19 2,874 減債基金 127, 126, 現在高議会議員 7 1,9 ラスパイレス指数 93. その他特定目的基金 86, ,143 特別職等 一般会計等の一覧 事業会計の一覧 公営企業 ( 法適 ) の一覧 公営企業 ( 法非適 ) の一覧 関係する一部事務組合等一覧 地方公社 第三セクター等一覧 団体名 項番会計名項番会計名項番会計名項番会計名項番組合等名項番 ( 2) (1) 輪之内町一般会計 (3) 国民健康保険事業 (6) 水道事業 (7) 特定環境保全公共下水道事業 (8) 西濃環境整備組合 (2) 児童デイサービス事業 (4) 後期高齢者医療 (9) 大垣消防組合 (5) 老人保健医療 (1) 大垣衛生施設組合 (11) 西南濃粗大廃棄物処理組合 (12) あすわ苑老人福祉施設事務組合 (13) 西南濃老人福祉施設事務組合 (14) 安八郡広域連合 ( 一般会計 ) (15) 安八郡広域連合 ( 特別会計 ) (16) 岐阜県市町村会館組合 (17) 岐阜県市町村職員退職手当組合 (18) 岐阜県後期高齢者医療広域連合 ( 一般会計 ) (19) 岐阜県後期高齢者医療広域連合 ( 特別会計 ) (2) 大垣輪中水防事務組合 (21) 輪之内町土地開発公社 ( 注釈 ) 1: 経常収支比率の ( ) 内の数値は 減収補塡債 ( 特例分 ) 及び 臨時財政対策債 を除いて算出したものである 2: 地方公共団体が損失補塡等を行っている出資法人で 健全化法の算出対象となっている団体については 地方公社 第三セクター等 の団体名に 印を付与している 3: 資金不足比率欄には 資金が不足している会計のみ記載している

2 (1) 普通会計の状況 歳入の状況 ( 単位 ) 地方税の状況 ( 単位 ) 歳出の状況 ( 単位 ) 区分 決算額 構成比 経常一般財源等 構成比 区分 収入済額 構成比 超過課税分 目的別歳出の状況 ( 単位 ) 地方税 1,369, ,369, 普通税 1,369, 区分 決算額 (A) 構成比 (A) のうち普通建設事業費 (A) のうち充当一般財源等 地方譲与税 73, , 法定普通税 1,369, 議会費 43, ,683 利子割交付金 4, ,594.2 市町村民税 521, 総務費 647, ,952 59,949 配当割交付金 1,976. 1,976.1 個人均等割 14, 民生費 1,47, , ,714 株式等譲渡所得割交付金 所得割 377, 衛生費 342, , ,888 地方消費税交付金 92, , 法人均等割 29, 労働費 ゴルフ場利用税交付金 法人税割 1,2 7.3 農林水産業費 266, , ,279 特別地方消費税交付金 固定資産税 786, 商工費 2,95.6 2,95 自動車取得税交付金 2,94.5 2,94.9 うち純固定資産税 786, 土木費 447, ,78 416,927 軽油引取税交付金 軽自動車税 21, 消防費 151, , ,99 地方特例交付金 21, ,355.9 市町村たばこ税 39, 教育費 427, , ,317 児童手当及び子ども手当特例交付金 8,4.2 8,4.3 鉱産税 災害復旧費 減収補塡特例交付金 12, ,955.5 特別土地保有税 公債費 158, ,184 地方交付税 951, , 法定外普通税 諸支出費 普通交付税 842, , 目的税 前年度繰上充用金 特別交付税 19, 法定目的税 歳出合計 3,551, ,742 2,769,26 ( 一般財源計 ) 2,536, ,427, 入湯税 性質別歳出の状況 ( 単位 ) 交通安全対策特別交付金 1,751. 1,751.1 事業所税 区分 決算額 構成比 充当一般財源等 経常経費充当一般財源等 経常収支比率 分担金 負担金 24,733.6 都市計画税 義務的経費計 1,233, , , 使用料 9, ,26.3 水利地益税等 人件費 63, , , 手数料 16,755.4 法定外目的税 うち職員給 49, ,78 国庫支出金 346, 旧法による税 扶助費 445, , , 国有提供交付金 ( 特別区財調交付金 ) 合計 1,369, 公債費 158, , , 都道府県支出金 26, 区分 平成 21 年度 内 元利償還金 158, , , 財産収入 6,32.2 合計 訳一時借入金利子 徴収率現寄附金 13,216.3 計市町村民税 その他の経費 1,487, ,38,82 1,7, 年繰入金 11, 純固定資産税 物件費 616, ,42 342, 繰越金 223, 維持補修費 1, ,897 1,897.4 諸収入 131, 公営事業等への繰出 国民健康保険事業会計の状況 補助費等 392, , , 地方債 388,9 9.7 合計 448,885 実質収支 31,661 うち一部事務組合負担金 28, , , うち減収補塡債 ( 特例分 ) 下水道 175, 再差引収支 13,754 繰出金 446, ,38 329, うち臨時財政対策債 313,7 7.8 介護サービス 34,673 加入世帯数 ( 世帯 ) 1,266 積立金 16, ,743 歳入合計 3,998, ,436, 上水道 2,3 被保険者数 ( 人 ) 2,537 投資 出資金 貸付金 4, 工業用水道 保険税 ( 料 ) 収入額 89 前年度繰上充用金 被保険者国民健康保険 62,644 国庫支出金 71 投資的経費計 829, ,773 1 人当りその他 174,565 保険給付費 211 うち人件費 2,91.6 2,91 ( 注釈 ) 普通建設事業費 829, ,773 普通建設事業費の補助事業費には受託事業費のうちの補助事業費を含み うち補助 内単独事業費には同級他団体施行事業負担金及び受託事業費のうちの単独事業費を含む うち単独 811, ,187 訳災害復旧事業費 失業対策事業費 歳出合計 3,551, ,769,26

3 (2) 各会計 関係団体関係団体の財政状況及財政状況及び健全化判断比率 一般会計等の財政状況 ( 単位 : 百万円 ) 地方公社 第三セクター等の経営状況及び地方公共団体の財政的支援の状況 ( 単位 : 百万円 ) 会計名 歳入 歳出 形式収支 実質収支 他会計等からの繰入金 地方債現在高 備考 地方公社 第三セクター等名 経常損益 純資産又は正味財産 当該団体からの出資金 当該団体からの補助金 当該団体からの貸付金 当該団体からの債務保証に係る債務残高 当該団体からの損失補償に係る債務残高 一般会計等負担見込額 備考 輪之内町一般会計 3,986 3, , 輪之内町土地開発公社 1 5 児童デイサービス事業 実質赤字額 一般会計等 2,641 3,998 3, 計 公営企業会計等の財政状況 ( 単位 : 百万円 ) 19 会計名 総収益 ( 歳入 ) 総費用 ( 歳出 ) 純損益 ( 形式収支 ) 資金剰余額 / 不足額 ( 実質収支 ) 他会計等からの繰入金 企業債 ( 地方債 ) 現在高 国民健康保険事業 後期高齢者医療 老人保健医療 法適用 水道事業 , 左のうち一般会計等繰入見込額 資金不足比率 特定環境保全公共下水道事業 ,73 法非適用 備考 連結実質赤字額 公営企業会計等 4,78 2, 計 関係する一部事務組合等の財政状況 ( 単位 : 百万円 ) 75 一部事務組合等名 総収益 ( 歳入 ) 総費用 ( 歳出 ) 純損益左のうち資金剰余額 / 不足額他会計等からの企業債 ( 地方債 ) 一般会計等備考 ( 形式収支 ) ( 実質収支 ) 繰入金現在高負担見込額 西濃環境整備組合 1,517 1, , 基金から13 百万 大垣消防組合 2,48 2, 円 3 大垣衛生施設組合 , 西南濃粗大廃棄物処理組合 あすわ苑老人福祉施設事務組合 西南濃老人福祉施設事務組合 安八郡広域連合 ( 一般会計 ) 安八郡広域連合 ( 特別会計 ) 2,472 2, 岐阜県市町村会館組合 基金から3, 岐阜県市町村職員退職手当組合 12,53 11, , 百万円繰入 岐阜県後期高齢者医療広域連合 ( 一般会計 ) 基金から1,285 4,813 岐阜県後期高齢者医療広域連合 ( 特別会計 ) 198,81 193,997 4,813 1, 百万円繰入 13 大垣輪中水防事務組合 計 一部事務組合等 5,637 5, 計地方公社 第三セクター等 5 地方公共団体が損失補塡等を行っている出資法人で 健全化法の算出対象となっている団体については 印を付与している 公債費負担の状況 ( ) 将来負担の状況 ( ) 実質公債費比率 ( ) 将来負担比率 ( ) 区分平成 2 年度平成 21 年度 分母比 区分 平成 2 年度 平成 21 年度 分母比 内訳 平成 2 年度 平成 21 年度 分母比 元利償還金 162, , , 一般会計等に係る地方債の現在高 2,25,617 2,374,633 2,64, PFI 事業に係るもの 満期一括償還地方債に係る年度割相当額 債務負担行為に基づく支出予定額 884,356 1,122, , いわゆる五省協定等に係るもの 準元利償還金 公営企業債の元利償還金に対する繰入金組合等が起こした地方債の元利償還金に対する負担金等債務負担行為に基づく支出額 ( 公債費に準ずるもの ) 一時借入金の利子合計 ( ア ) 93, , , 公営企業債等繰入見込額 1,758,47 2,563,626 2,712, 国営土地改良事業に係るもの 59,886 62,472 56, 組合等負担等見込額 299, , ,11 9. 森林総合研究所等が行う事業に係るもの 債務 97,41 89,639 83, 退職手当負担見込額 572, , , 地方公務員等共済組合に係るもの 負担 設立法人等の負債額等負担見込額 依頼土地の買い戻しに係るもの 行為 413, , ,156 連結実質赤字額 社会福祉法人の施設建設費に係るもの 内訳 平成 2 年度平成 21 年度分母比組合等連結実質赤字額負担見込額 損失補償 債務保証の履行に係るもの PFI 事業に係るもの 合計 ( エ ) 5,765,583 6,943,686 6,939,64 引き受けた債務の履行に係るもの 充当可能財源等いわゆる五省協定等に係るもの 充当可能基金 1,757,234 1,793,933 1,87, その他上記に準ずるもの 884,356 1,122, , 国営土地改良事業 森林総合研究所等が行う事業に係るもの 充当可能特定歳入 輪之内町特定環境保全公共下水道事業特別会計 1,748,8 2,553,43 2,72, 債務負担行為 地方公務員等共済組合に係るもの社会福祉法人の施設建設費に係るもの損失補償 債務保証の履行に係るもの 基準財政需要額算入見込額 3,598,899 3,719,521 3,93, 輪之内町水道事業会計 1,39 1,223 9,378 企業債等 合計 ( オ ) 5,356,133 5,513,454 5,738,586 繰入見込額 将来負担比率 (( エ )( オ ))/(( イ )( ウ )) 引き受けた債務の履行に係るもの その他の会計 標準財政規模 その他上記に準ずるもの 利子補給に係るもの ( イ ) 97,368 89,619 83, 地方道路公社に係る 公社 土地開発公社に係る 三セク等 2,58,974 2,576,283 2,634,17 その他第三セクター等に係る の額 ( ウ ) 234, , ,978 分母 ( イ )( ウ ) 2,274,541 2,318,96 2,376,39 実質公債費比率 (( ア )( ウ ))/(( イ )( ウ )) 1 ( 単年度 ) (3ヵ年平均) 健全化判断比率 ( 再掲 ) 早期健全化基準 財政再生基準 平成 2 年度決算の元利償還金は特定財源の額を控除しており 満期一括償還地方債に係る年度割相当額は積立不足額を考慮して算定した額を含んでいる 実質赤字比率 実質公債費比率の (( ア )( ウ )) は特定財源の額を控除している 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来負担比率

4 (3) 市町村財政比較分析表 ( 普通会計決算 ) 人 口 面 積 歳 入 総 額 歳 出 総 額 実 質 収 支 標準財政規模 地方債現在高 9,757 人 (H 現在 ) k m2 3,998,481 3,551,26 441,32 2,634,17 2,64,991 実 質 赤 字 比 率 連結実質赤字比率 実 質 公 債 費 比 率 将 来 負 担 比 率 市 町 村 類 型 Ⅱ1 Ⅱ Ⅱ1 Ⅱ Ⅱ1 Ⅱ ( 年 度 毎 ) Ⅱ1 Ⅱ Ⅱ1 Ⅱ 市町村類型とは 人口および産業構造等により全国の市町村を 35 のグループに分類したものである 当該団体と同じグループに属する団体を類似団体と言う 平成 23 年度中に市町村合併した団体で 合併前の団体ごとの決算に基づく実質公債費比率及び将来負担比率を算出していない団体については グラフを表記しない 充当可能財源等がを上回っている団体については 将来負担比率のグラフを表記しない 類似団体内平均値は 充当可能財源等がを上回っている団体を含めた加重平均であるため 最小値を下回ることがある 人件費 物件費等の状況 の決算額は 人件費 物件費及び維持補修費の合計である ただし 人件費には事業費支弁人件費を含み 退職金は含まない 当該団体値 類似団体内平均値 類似団体内の最大値及び最小値 将来負担の状況将来負担比率 [5.5] /48 将来負担比率の分析欄 これまで類似団体平均を下回っていたが 年度は逆転した の主なものは 公営企業債等繰入見込額 ( 下水道事業会計繰出金 ) と 地方債の現在高 であるが 地方債については財政指標の将来予測を行いながら後年度に過度の負担とならないよう新規発行を抑制する 公営企業債等繰入見込額は 年々増加しているところである 下水道事業の確実な推進 会計の安定と健全化を図るため引き続き繰出支出を続ける 年度は 数値が減少したが これは普通交付税関連数値の増によるところが大きく いわゆる外部要因により数値が減少した 財政力財政力指数 [.63] /48 財政力指数の分析欄 平成 7 年度以降 15 年連続で類似団体平均を上回っている 長引く現下の厳しい経済情勢により 法人税をはじめとする町税の大幅な増収を見込むことが困難な中.2 ポイント減少した 収納率を維持するため徴収体制を強化すると同時に 企業誘致事業にも力を入れ歳入確保に努めていく 公債費負担の状況実質公債費比率 [8.] /48 実質公債費比率の分析欄 予算規模の設定については 持続可能な財政運営の実現 と 入るを量りて出ずるを制す ( 身の丈予算 ) を基本とし 歳入経常財源に見合った歳出総額としている 無理のない財政計画のもと 諸事業を推進してきたことにより類似団体平均を大きく下回っているが 公営企業に要する経費の財源とする地方債の償還の財源に充てたと認められる繰入金 ( 下水道事業会計繰出金 ) のウエイトが大きい 将来負担比率と同様に 地方債については財政指標の将来予測を行いな 財政構造の弾力性経常収支比率 [66.4] /48 経常収支比率の分析欄 行財政改革大綱 1 次プラン (H17) では 特殊勤務手当の廃止 時間外勤務の抑制等の人件費の削減 旅費日当の廃止 各種委託料の見直しなどの事務事業のスリム化を行い 経常経費を抑制したことにより類似団体平均を下回っている 行財政改革大綱 2 次プラン (H26) では 1 次プランで行ってきた事務事業のスリム化に限界感が否めないことから 1 次プランの取組みを維持しながら企業誘致による増収や広告収入の導入など歳入確保に努めている なお 年度は普通交付税の増額などを要因として 3.2 減少した ( 人 ) 定員管理の状況人口千人当たりたり職員数 [8.81 人 ] /48 人口千人当たりたり職員数職員数の分析欄 人 8.81 人新規採用職員数の抑制に努めていることにより 類似団体平均を下回っている 児童センターとデイサービスセンターの管理運営については 指定管理を導入した また 保育所 ( 待機児童ゼロ ) の入所児童の増加に伴う保育士の増加など 職員数を現状維持するのが厳しい状況ではあるが 一部に臨時職員を活用するなどして抑制に努めている なお 年度の職員数は 3 名減少した ( 円 ) 5, 人件費 物件費等物件費等の状況人口 1 人当たりたり人件費人件費 物件費等決算額 [125,733 円 ] 3/48 114,985 人口 1 人当たりたり人件費人件費 物件費等決算額物件費等決算額の分析欄 115, 給与水準 ( 国とのとの比較 ) ラスパイレス指数 [93.] 13/48 ラスパイレス指数指数の分析欄 全国市平均 98.8 全国町村平均 , 15, 2, 25, 131, ,985 13, , ,756 16, ,41 17,843 12, , , ,41 円 125,733 円行財政改革大綱 1 次プランに続く 2 次プランの断行で類似団体平均を大きく下回ることとなり 行財政改革の効果が顕著に現れている 引き続き 行財政改革大綱 2 次プランを推進していく なお 年度は子ども手当などの新たな事務により 1,323 円増額となった 団塊の世代の退職 採用職員による若返り 職員数の抑制 人件費の抑制等により類似団体平均を下回っている 今後も給与体系と水準の適正化に努める 3, 299, , 15.

5 (4)1 市町村経常経費分析表 ( 普通会計決算 ) 経常収支比率の分析 人 口 面 積 歳 入 総 額 歳 出 総 額 実 質 収 支 標準財政規模 地方債現在高 9,757 人 (H 現在 ) k m2 3,998,481 3,551,26 441,32 2,634,17 2,64,991 実 質 赤 字 比 率 連結実質赤字比率 実 質 公 債 費 比 率 将 来 負 担 比 率 市 町 村 類 型 Ⅱ1Ⅱ Ⅱ1Ⅱ Ⅱ1Ⅱ ( 年 度 毎 ) Ⅱ1Ⅱ Ⅱ1Ⅱ 市町村類型とは 人口および産業構造等により全国の市町村を 35 のグループに分類したものである 当該団体と同じグループに属する団体を類似団体と言う 当該団体値 類似団体内平均値 類似団体内の最大値及び最小値 物件費 /48 物件費の分析欄 類似団体と比較すると大きく上回っている 行財政改革大綱 1 次プラン (H17) と同 2 次プランの断行により事務事業のスリム化を行い経常経費の抑制に努めている しかしながら 一方で人件費抑制のため一部に臨時職員を活用していることから賃金 社会保険料が増加している 合わせて 指定管理の導入も増加要因の一つとなっている 人件費 /48 人件費の分析欄 職員数の抑制や時間外手当の削減などの人件費抑制に努めていることもあり 類似団体平均を下回っている しかしながら 保育所 ( 待機児童ゼロ ) の入所児童数の増加に伴う保育士の増加は避けられないところであるが 一部に臨時職員を活用して抑制を図っている なお 保育事業は町が推進している子育て支援の一つであり 現水準を維持する 補助費等 /48 補助費等の分析欄 類似団体平均に均衡している 一部事務組合等への義務的負担金 協議会等への負担金 町単独補助金などについては 加入の必要性や費用対効果 経費負担のあり方と見直し ( 廃止を含む ) を行ってきた 負担金や補助金の既得権化を避けるため 協議会等への安易な加入や新たな団体補助金の創設を抑制する 扶助費 /48 扶助費の分析欄 類似団体と比較すると大きく上回っている 上回る要因は 福祉医療 ( 重度 母子 父子 乳幼児 小中学生 ) に力を入れているためであり 特に乳幼児 小中学生に対する医療費助成については 対象者を入院 通院ともに中学 3 年生としていることが挙げられる また 町内では集合住宅や分譲住宅の建設ラッシュにより若年層の転入が多く 子ども手当などの子どもを対象とする扶助費が増加傾向にある その他 /48 その他の分析欄 類似団体平均に比較的均衡し かつ全体として増加傾向となっている 増加要因は 介護保険 後期高齢者医療 下水道事業への繰出支出が年々増加傾向にあるためである 特に 下水道については独立採算の原則に立ち返り 下水道接続率の向上に努め使用料の増加を図る しかしながら 一方では下水道事業の確実な推進 会計の安定と健全化を図るため繰出支出を続けなければならない 公債費 1/48 公債費の分析欄 公債費以外 14/48 公債費以外の分析欄 予算規模の設定については 持続可能な財政運営の実現 と 入るを量りて出ずるを制す ( 身の丈予算 ) を基本とし 歳入経常財源に見合った歳出総額としている 無理のない財政計画のもと 諸事業を推進してきたことにより類似団体平均を大きく下回っている 今後も 財政指標の将来予測を行いながら後年度に過度の負担とならないよう新規発行を抑制する 類似団体平均に比較的均衡し かつ全体として減少傾向となっている 公債費に準じる費用として 土地改良事業 ( 農道整備 農道舗装 かんがい排水 ほ場整備 ) にかかる元利補給があるが 事業の完了に伴ない減少している 施工箇所については 事業効果などを吟味すると同時に 後年度負担にも注視しながら事業採択をしていく 4. 8.

6 (4)2 市町村経常経費分析表 ( 普通会計決算 ) 人件費及び人件費に準ずる費用の分析 当該団体値 類似団体内平均値 類似団体内の最大値及び最小値 ( 円 ) 24, 21, 18, 15, 12, 9, 6, 122,779 94,287 人口 1 人当たり決算額の推移 121,415 92,76 119,846 92, ,88 88,579 23, ,17 89,297 87,871 人件費及び人件費に準ずる費用 人件費賃金 ( 物件費 ) 一部事務組合負担金 ( 補助費等 ) 公営企業 ( 法適 ) 等に対する繰出し ( 補助費等 ) 公営企業 ( 法適 ) 等に対する繰出し ( 投資及び出資金 貸付金 ) 公営企業 ( 法非適 ) 等に対する繰出し ( 繰出金 ) 事業費支弁に係る職員の人件費 ( 投資的経費 ) 退職金合計 参考 人口 1, 人当たり職員数 ( 人 ) ラスパイレス指数 当該団体決算額 人口 1 人当たり決算額 ( ) 当該団体 ( 円 ) 類似団体平均 ( 円 ) 対比 63,326 64,62 15, ,35 12,61 1, ,593 9,797 14, ,344 5,467 5, ,91 2,143 2, ,935 5,323 11, ,273 89, , 当該団体 類似団体平均 対比 ( 差引 ) 公債費及び公債費に準ずる費用の分析 当該団体値 類似団体内平均値 類似団体内の最大値及び最小値 ( 円 ) 1, 8, 6, 4, 2, 45,158 11,37 人口 1 人当たり決算額の推移 44,821 43,578 42,86 19,663 2,518 18,327 66,923 4,62 18,262 14,135 公債費及び公債費に準ずる費用 ( 実質公債費比率の構成要素 ) 当該団体決算額 ( ) 人口 1 人当たり決算額 当該団体 ( 円 ) 類似団体平均 ( 円 ) 対比 元利償還金の額 ( 繰上償還額等を除く ) 158,184 16,212 78, 積立不足額を考慮して算定した額 満期一括償還地方債の一年当たりの元金償還金に相当するもの ( 年度割相当額 ) 公営企業債の償還の財源に充てたと認められる繰入金 138,91 14,153 25, 一部事務組合等の起こした地方債に充てたと認められる補助金又は負担金に充当する一般財源等額 56,187 5,759 6, 債務負担行為に基づく支出のうち公債費に準ずるものに充当する一般財源等額 83,694 8,578 3, 一時借入金利子 ( 同一団体における会計間の現金運用に係る利子は除く ) 1 特定財源の額 3,68 地方債に係る元利償還金及び準元利償還金に要する経費として普通交付税の額の算定に用いる基準財政需要額に算入された額 257,978 26,44 68, 合計 178,178 18,262 4, 平成 23 年度中に市町村合併した団体で 合併前の団体ごとの決算に基づく実質公債費比率を算出していない団体については グラフを表記しない ( 参考 ) 普通建設事業費の分析人口 1 人当たり決算額の推移 ( 円 ) 18, 16, 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 普通建設事業費 当該団体決算額 ( ) 当該団体 ( 円 ) 増減率 (A) 人口 1 人当たり決算額類似団体平均 ( 円 ) 増減率 (B) (A)(B) 56,915 58, , うち単独分 373,522 38, , ,148 46, , うち単独分 38,463 31, , ,857 64, , うち単独分 571,427 58, , ,63 78, , うち単独分 661,686 67, , ,742 85, , うち単独分 811,114 83, , 過去 5 年間平均 648,253 66, , うち単独分 545,242 55, , 当該団体値 類似団体内平均値

7 (5) 実質収支比率等に係る経年分析 標準財政規模比 区分 財政調整基金残高 年度 標準財政規模比 分析欄 輪之内町第四次総合計画 (H15H24) の実現と輪之内町行財政改革大綱 (H26) の積極的な推進を目指して 財源確保が困難な状況下において抑制型予算を基本とするも 安易な事業の見送りをすることなく 優先度 緊急度を重視した事業展開をしてきた また 普通建設事業についても 不況下における景気浮揚を期待しインフラ整備 ( 公共工事 ) を積極的に実施した 実質収支額 実質単年度収支 年度の実質収支額は H23 年度予算編成を骨格予算とした際に 年度決算剰余見込額の一部を基金等に積み立てることをせず H23 年度骨格予算を通常予算に戻す肉付予算 (H23.6 月補正予算 ) の財源として繰越金の形で 年度から H23 年度に送るという操作をしたため例年より実質収支額が多い

8 (6) 連結実質赤字比率に係る赤字赤字 黒字黒字の構成分析 標準財政規模比 会計 赤字額 輪之内町一般会計 水道事業 黒字額 年度 赤字額 黒字額 赤字額 黒字額 標準財政規模比 赤字額 分析欄 黒字額 赤字額 いずれの会計も赤字に陥ることなく黒字である 年度は 普通会計以外の実質黒字比率は例年並みの水準であるが 普通会計については実質黒字額が多額であったことから例年より実質黒字比率が高い 理由は次のとおり 黒字額 国民健康保険事業特定環境保全公共下水道事業児童デイサービス事業後期高齢者医療老人保健医療 年度の実質収支額は H23 年度予算編成を骨格予算とした際に 年度決算剰余見込額の一部を基金等に積み立てることをせず H23 年度骨格予算を通常予算に戻す肉付予算 (H23.6 月補正予算 ) の財源として繰越金の形で 年度から H23 年度に送るという操作をしたため例年より実質収支額が多い その他会計 ( 赤字 ) その他会計 ( 黒字 ) 平成 23 年度中に市町村合併した団体で 合併前の団体ごとの決算に基づく連結実質赤字比率を算出していない団体については グラフを表記しない

9 (7) 実質公債費比率 ( 分子 ) の構造 ( 百万円 ) 分子の構造 元利償還金等 (A) (B) (A)(B) 元利償還金等 元利償還金 積立不足額考慮算定額 満期一括償還地方債に係る年度割相当額 公営企業債の元利償還金に対する繰入金 組合等が起こした地方債の元利償還金に対する負担金等 債務負担行為に基づく支出額 一時借入金利子 元利償還金等 実質公債費比率の分子 元利償還金等 年度 元利償還金等 ( 百万円 ) 分析欄 元利償還金等 算定上の分子では 元利償還金 や 債務負担行為に基づく支出額 などが減少しましたが 公営企業債の元利償還金に対する繰入金 が増加している 公営企業債の元利償還金に対する繰入金 の主なものは 下水道事業会計への繰出支出で年々増加している については 年度は国の政策により普通交付税の交付原資の増額 ( では 1 兆円規模の増 ) があったことから 当町においても算入事業費補正と算入公債費の合計額が増加した 平成 19 年度決算と平成 2 年度決算の元利償還金は特定財源の額を控除しており 満期一括償還地方債に係る年度割相当額は積立不足額を考慮して算定した額を含んでいる 平成 23 年度中に市町村合併した団体で 合併前の団体ごとの決算に基づく実質公債費比率を算出していない団体については グラフを表記しない

10 (8) 将来負担比率 ( 分子 ) の構造 ( 百万円 ) 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 分子の構造 (A) 充当可能財源等 (B) (A)(B) 充当可能財源等 一般会計等に係る地方債の現在高 債務負担行為に基づく支出予定額 公営企業債等繰入見込額 組合等負担等見込額 退職手当負担見込額 設立法人等の負債額等負担見込額 連結実質赤字額 組合等連結実質赤字額負担見込額 充当可能基金 充当可能特定歳入 基準財政需要額算入見込額 将来負担比率の分子 年度 充当可能財源等 充当可能財源等 ( 百万円 ) 2,196 2,251 2,375 2, , ,24 1,758 2,564 2, ,79 1,757 1,794 1,88 3,539 3,599 3,72 3, ,43 1,2 充当可能財源等 分析欄 充当可能財源等 算定上の分子では 債務負担行為に基づく支出予定額 が減少し 一般会計等に係る地方債の現在高 公営企業債等繰入見込額 退職手当負担見込額 が増加している 公営企業債等繰入見込額 の主なものは 下水道事業会計への繰出支出で年々増加している 退職手当負担見込額 は 年度 4 人 年度 11 人と多数の退職者が出たため退職手当積立金がマイナスとなり その分を加算しています の軽減要因のうち 充当可能基金 の造成については 年度決算剰余見込額の一部を基金に積立てず 運用益の利息相当額に止めている 基準財政需要額算入見込額 は 国の政策により普通交付税の交付原資の増額 ( では 1 兆 平成 23 年度中に市町村合併した団体で 合併前の団体ごとの決算に基づく将来負担比率を算出していない団体については グラフを表記しない