図表 24-2 フィリピンの 3 地方 17 地域と 80 の州 地方 地域 (Region) 州 (Province) 地方 地域 (Region) 州 (Province) NCR NCR アクラン アパヤオ アンティーケ カリンガ西ネグロス VI- 西ビサヤアブラカピス CAR-コルディリエラ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "図表 24-2 フィリピンの 3 地方 17 地域と 80 の州 地方 地域 (Region) 州 (Province) 地方 地域 (Region) 州 (Province) NCR NCR アクラン アパヤオ アンティーケ カリンガ西ネグロス VI- 西ビサヤアブラカピス CAR-コルディリエラ"

Transcription

1 第 24 章主要な地域の概要 1. フィリピンの地域分類と地域別の経済状況 フィリピンの国土面積は約 30 万平方キロメートルで 日本の約 80% である 7,100 余の島々からなるフィリピン国土は マニラ首都圏を含むルソン地方 ビサヤ地方 ( 中心都市セブ ) ミンダナオ地方( 中心都市ダバオ ) という 3 つの地域に大きく分けられている ( 図表 24-1) 更に細かく見ると Region と呼ばれる 14 の行政区 National Capital Region (NCR) 又は Metro Manila と呼ばれるマニラ首都圏 1 つの自治区 ( ムスリム ミンダナオ自治区 ) 1 つの行政地域 ( コルディリエラ行政地域 ) という 17 の行政管区に分けられ これらの行政管区の下には 80 の Province( 州 ) がある ( 図表 24-2) 図表 24-1 フィリピンの 3 地方 194

2 図表 24-2 フィリピンの 3 地方 17 地域と 80 の州 地方 地域 (Region) 州 (Province) 地方 地域 (Region) 州 (Province) NCR NCR アクラン アパヤオ アンティーケ カリンガ西ネグロス VI- 西ビサヤアブラカピス CAR-コルディリエラマウンテンプロビンスギマラス イフガオ イロイロ ベンゲット ボホール 北イロコスセブビサヤ VII- 中部ビサヤ南イロコス東ネグロス I - イロコスラウニオンシキホル パンガシナン ビリラン バタネス 東サマル カガヤンレイテ VIII- 東ビサヤ II カガヤンバレーイザベラ北サマル ヌエヴァ ヴィスカヤ サマル キリノ 南レイテ アウロラ 北サンボアンガ バタアン IX-サンボアンガ半島 南サンボアンガ ブラカン サンボアンガ シブガイ ルソン III 中部ルソン ヌエヴァ エシハ 東ミサミス パンパンガ 西ミサミス タルラック X- 北部ミンダナオ カミギン サンバレス 北ラナオ リサール ブキドノン カビテ コンポステラ バレー IV-A カラバルソンバタンガスダバオ XI-ダバオラグナ南ダバオ ケソン 東ダバオ 西ミンドロ南コタバトミンダナオ東ミンドロコタバト XII -ソクサージェン IV-B ミマロバマリンドゥケスルタン クダラット ロンブロン サランガニ パラワン 北アグサン 北カマリネス 南アグサン 南カマリネス XIII-カラガ 北スリガオ V-ビコール アルバイ南スリガオカタンドゥアネスディナガット アイランズ マスバテ バシラン ソルソゴン南ラナオムスリム ミンダナオマギンダナオ自治区 (ARMM) スールー タウイタウイ ( 出所 )NSCB 資料より作成 ルソン地方最大の都市はマニラ首都圏 (National Capital Region) で 人口は約 1,200 万人 全人口の約 13% がマニラ首都圏に集中している マニラ首都圏はフィリピン最大の経済圏でもあり 2011 年の国家全体の GDP に占める割合は 35.7% であった マニラ首都圏に次ぐ経済圏の GDP 寄与率を見ると 数多くの工業団地が集中するカビテ州 ラグナ州 バタンガス州 リサール州 ケソン州から成るカラバルソン (CALABARZON) 地域が 16.9% クラーク ( パンパンガ州 ) やスービック ( サンバレス州 ) などの主要な経済特区を含む中部ルソン地域が 9.1% フィリピン第 2 の都市であり やはり多くの輸出型製造業や大規模な小売店の進出も多いセブ都市圏を含む中部ビサヤ地方が 6.2% となっている ミンダナオ最大の都市ダバオを含む地域の GDP 寄与率は 4.2% だが その他のミンダナオ各地域は経 195

3 済開発の遅れが目立つ イスラム教徒が多く住むミンダナオ南西部の州を中心とするムス リム自治区(ARMM)の GDP 寄与率は 0.9% 同じくミンダナオの北東部にあるカラガ (CARAGA)地域は同 1.1% ルソン島北東部のカガヤンバレー地域の同 1.7%であり フィ リピンの 24.4%の人口の住むミンダナオの GDP 寄与率は 14.8%にとどまる 図表 24-3 図表 24-3 フィリピン GDP の地域構成 100% 80% ARMM-ムスリム ミンダナオ自治区 XIII-カラガ ミンダナオ地方 XII -ソクサージェン GDP寄与率:14.8% (2011年 XI-ダバオ 人口構成比: 24.4% (2007年) X-北部ミンダナオ IX-サンボアンガ半島 60% VIII-東ビサヤ ビサヤ地方 GDP寄与率:12.8% (2011年) VII-中部ビサヤ 人口構成比: 19.4% (2007年) VI-西ビサヤ V-ビコール 40% 20% IV-B ミマロパ IV-A カラバルソン ルソン地方 III GDP寄与率 72.4% (2011年) 中部ルソン II カガヤンバレー 人口構成比 56.2% (2007年) I - イロコス 35.7 CAR-コルディリエラ 0% 出所 NSCB データより作成 図表 24-4 地域毎の実質 GDP 成長率 出所 NSCB データより作成 196 マニラ首都圏

4 2. 地域別の人口と所得水準 フィリピンの地域別の人口データとして NSCB から公開されている直近のものは 2007 年の調査結果である 地域別で最も人口が多いのは工業団地集積地でもあるカラバルソン (CALABARZON) 地域で フィリピン全体の 13.3% の人口が同地域に居住している 次いで多いのがマニラ首都圏で人口の約 13% が集中しているおり 3 番目に中部ルソン地域の 11% 4 番目に西ビサヤ地域の 7.7% 5 番目に中部ビサヤの 7.2% と続く ( 図表 24-5) 図表 24-5 地域別の人口と構成比 地方 地域 人口 2007 年 ( 千人 ) フィリピン全国フィリピン全国 88, % 100.0% ルソン地方 ビサヤ地方 ミンダナオ地方 ( 出所 )NSCB より作成 マニラ首都圏 11, % CAR-コルディリエラ 1, % I - イロコス 4, % II カガヤンバレー 3, % III 中部ルソン 9, % IV-A カラバルソン 11, % IV-B ミマロパ 2, % V-ビコール 5, % VI- 西ビサヤ 6, % VII- 中部ビサヤ 6, % VIII- 東ビサヤ 3, % IX-サンボアンガ半島 3, % X- 北部ミンダナオ 3, % XI-ダバオ 4, % XII -ソクサージェン 3, % ARMM-ムスリム ミンダナオ自治区 4, % XIII-カラガ 2, % 人口構成比 2007 年 56.2% 19.4% 24.4% 1 人あたりの名目 GDP をみると 地域格差が非常に大きく 最大のマニラ首都圏 (28 万 8,062 ペソ 約 6,651 ドル ) と最小の ARMM(2 万 6,004 ペソ 約 600 ドル ) では 約 11 倍もの開きがある ( 図表 24-6) 世帯あたりの年間収入( 名目 ) では 2009 年のデータでマニラ首都圏が平均約 35 万 6,000 ペソ ( 約 7,473 ドル ) であるのに対し 2 番目のカラバルソン (CALABARZON) が約 24 万 9,000 ペソ ( 約 5,227 ドル ) 3 番目の中部ルソンが約 22 万 1,000 ペソ ( 約 4,639 ドル ) だった ミンダナオ地方南部のイスラム教自治区 ARMM の世帯あたりの年間収入は平均約 11 万 3,000 ペソ ( 約 2,372 ドル ) と マニラ首都圏の 32% 程度にすぎず フィリピン全国平均の半分程度に留まっている ( 図表 24-7) 地域別の世帯あたり平均年間所得と世帯数から求めた各地域地域別の年間所得総額は GDP と同様にマニラ首都圏が最大 続いてカラバルソン (CALABARZON) 中部ルソン 中部ビサヤの順序となっている ( 図表 24-8) 197

5 図表 24-6 地域別 1 人あたり名目 GDP ( 単位 : ドル ) ( 注 )2011 年の値を表示 1 ドル =41.3 ペソ (2011 年平均レート ) でドル換算した ( 出所 )NSCB データより作成 図表 24-7 地域別の年間平均世帯収入と支出 (2009 年 ) 地方 地域名 平均世帯収入平均世帯支出世帯数 ( ドル ) ( ドル ) ( 千世帯 ) フィリピン全国 フィリピン全国 4,324 3,695 18,452 マニラ首都圏 7,473 6,487 2,461 CAR-コルディリエラ 4,597 3, I - イロコス 3,905 3,191 1,005 ルソン地方 II カガヤンバレー 3,800 2, III 中部ルソン 4,639 3,967 2,028 IV-A カラバルソン 5,227 4,471 2,406 IV-B ミマロパ 2,960 2, V-ビコール 3,191 2,876 1,070 VI- 西ビサヤ 3,338 3,002 1,452 VII- 中部ビサヤ 3,863 3,191 1,374 ビサヤ地方 VIII- 東ビサヤ 3,359 2, IX-サンボアンガ半島 3,023 2, X- 北部ミンダナオ 3,464 2, ミンダナオ地方 XI-ダバオ 3,485 2, XII -ソクサージェン 3,233 2, XIII-カラガ 3,128 2, ARMM-ムスリム ミンダナオ自治区 2,372 2, ( 注 )1 ドル =47.6 ペソ (2009 年平均レート ) でドル換算した ( 出所 )NSCB データより作成 198

6 図表 24-8 地域別の年間平均世帯収入 ( ドル ) と分布 (2009 年 ) 9,000 8,000 マニラ首都圏 7,000 バブルの大きさは その地域の総収入規模を示す総収入規模 = その地域の平均世帯収入 x 世帯数 青 : ルソン地方緑 : ビサヤ地方赤 : ミンダナオ地方点線はフィリピン全国の年間平均世帯所得 US$ 4,324 平均年間世帯収入 ( ドル ) 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 CAR-コルディリエラ III 中部ルソン IV-A カラバルソン I - イロコス II カガヤンバレー IV-B ミマロパ VII- 中部ビサヤ XI-ダバオ VIII- 東ビサヤ VI- 西ビサヤ X- 北部ミンダナオ XIII-カラガ XII -ソクサージェン V-ビコール IX-サンボアンガ半島 ARMM- ムスリム ミンダナオ自治区 0 ( 注 )1 ドル =47.6 ペソ (2009 年平均レート ) でドル換算した ( 出所 )NSCB データより作成 3. 各地方の産業別 GDP 構成 フィリピン全体の産業別 GDP 構成は サービス業が 56% 工業が 31% 農林水産業が 13% であり サービス業が最大の産業となっている 地域別に見ても 17 地域中 12 地域においてサービス産業が最大で 工業が最大のセクターとなっているのはカラバルソン (CALABARZON) コルディリエラ(CAR) 東ビサヤ 中部ルソンの 4 地方 農業が最大となっているのはムスリム ミンダナオ自治区 (ARMM) のみである ( 図表 24-9) マニラ首都圏におけるサービス業は 同地域 GDP の 82% を占めており 首都圏の経済はサービス業に極度に依存していることが伺える 全地域の中で工業の割合が最も高いのは大規模な工業団地が集積しているカラバルソン (CALABARZON) で 地域 GDP の 62% が工業生産となっている フィリピンで最も貧しい地域であるムスリム ミンダナオ自治区 (ARMM) は GDP に占める農業の割合が 63% とフィリピン最大であるが 農業生産高は国内総額の 4.9% 程度と小規模である ( 図表 24-10) 199

7 図表 24-9 各地方の産業別 GDP 構成比比較 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% フィリピン全国マニラ首都圏 CAR-コルディリエラ I - イロコス II カガヤンバレー III 中部ルソン 農林水産業工業サービス業 IV-A カラバルソン IV-B ミマロパ V-ビコール VI- 西ビサヤ VII- 中部ビサヤ VIII- 東ビサヤ IX-サンボアンガ半島 ルソン地ビサヤ地方ミンダナオ地方 X- 北部ミンダナオ XI-ダバオ XII -ソクサージェン XIII-カラガ ARMM-ムスリム ミンダナオ自治区 ( 出所 )NSCB のデータより作成 工業生産高はカラバルソン (CALABARZON) 地域が国内最大で 1 兆ペソを超えており 次いでマニラ首都圏の約 6,100 億ペソ 中部ルソンの約 3,770 億ペソ 中部ビサヤの約 2,200 億ペソが続いている ( 図表 24-10) 農林水産業の生産高は 中部ルソン地域が最大で約 1,510 億ペソ 続いて西ビサヤ 北部ミンダナオ カラバルソン (CALABARZON) の 3 地方が約 1,000 億ペソ強でほぼ同規模である サービス業の生産高は全国の 52% を占める 2 兆 8,390 億ペソがマニラ首都圏に集中しており 2 番目のカラバルソン地域は全国の 10% 程度となる 5,260 億ペソである 一方 サービス業の生産高が最も小さいムスリム ミンダナオ自治区 (ARMM) はマニラ首都圏の 100 分の 1 相当の 280 億ペソとなっている 200

8 図表 地方別 産業別 GDP 構成 地方 地域 GDP ( 名目 ) 2011 年各地域の GDP と産業別内訳 (10 億ペソ ) 農林水産業 工業 サービス業 GDP 全国シェア (%) 2011 年各地域の GDP の全国シェアと産業別構成 (%) 農林水産業 工業 サービス業 フィリピン全国 9,736 1,245 3,056 5, マニラ首都圏 3, , CAR-コルディリエラ I - イロコス ルソン地方 II カガヤンバレー III 中部ルソン IV-A カラバルソン 1, , IV-B ミマロパ V-ビコール VI- 西ビサヤ ビサヤ地方 VII- 中部ビサヤ VIII- 東ビサヤ IX-サンボアンガ半島 X- 北部ミンダナオ XI-ダバオ ミンダナオ地方 XII -ソクサージェン XIII-カラガ ARMM-ムスリム ミンダナオ自治区 ( 注 ) 各地方で最大の産業セクターに緑色の網掛けをしてある 1 ドル =41.3 ペソ (2011 年平均 レート ) でドル換算した ( 出所 )NSCB のデータより作成 4. 主要な工業団地の所在する地方の賃金水準 フィリピンに進出している日本企業の多くが マニラ首都圏の商業地区 首都圏近郊のカラバルソン地域や中部ルソン地域の工業団地 マニラ首都圏に次ぐ大都市圏であるセブ州の工業団地などに立地している これらの地域の賃金水準の目安として 2013 年 3 月時点での 非農業部門の日額最低賃金を図表 に示す 但し 地域毎にカテゴリーの分類体系や最低賃金体系が大きく異なるので 図表 はあくまでも目安である 実際には 下記の国家賃金生産性委員会 (NWPC) のホームページから対象地域の対象業種 業態毎に具体的な最低賃金を調べる必要がある 201

9 図表 日系企業が多い主要地域の非農業部門最低賃金 主要地域 NCR マニラ首都圏 III 中部ルソン IV-A カラバルソン VII 中部ビサヤ XI ダバオ 最低賃金 ( ペソ / 日 ) 419~ ~ ~ ~327 ( 注 )2013 年 3 月時点 301 ( 出所 )NWPC その他各種資料より作成 地域概要 フィリピン経済の中心地で 600 社近い日系企業が進出 金融機関 商社 通信サービス ソフトウェア開発その他 IT サービス BPO サービス 設計 (CAD/CAM) 業務 飲食店その他小売業 不動産 ホテル等 工業団地は少ないが PEZA 認定 IT ビルや IT パークが多い マニラ首都圏の北側に位置し スービックやクラークなどの工業団地は中部ルソン地域に含まれる 北ルソン高速道路 (NLEX) の整備により マニラ首都圏からの移動時間はクラークが 2 時間程度 スービックが 3 時間程度とアクセスが便利になった ( 但し 首都圏内の込み具合によってかなり左右される ) マニラ首都圏の南側に位置し Cavite Economic Zone (CEZ), First Cavite Industrial Estate, Gateway Business Park, First Philippines Industrial Park (FPIP), Lima Technology Center, Laguna Technopark, Carmelray Industrial Park (CIP)12 Light Industry & Science Park (LISP) 12, Laguna International Industrial Park など 日系企業の入居が多い工業団地が最も集中している地域 マニラ首都圏に次いでフィリピン第 2 の経済圏であるセブ都市圏には Mactan Economic Zone (MEZ) の他 Asiatown IT Park, Cebu Business Park 等に多くの日本企業が進出している セブにも日本人商工会議所があり 100 社程度の会員がいる ミンダナオ南部 ダバオ地域の中心都市ダバオ市はミンダナオ地方最大の都市で 20 世紀初頭日本人がマニラ麻栽培農園経営のために移住したことから 現在でも多くの日系人が住んでいる ダバオ港は木材の積出港で 又近郊では大規模なバナナプランテーションが行われており バナナの加工品の輸出でも知られる 近年は コールセンター等の BPO 企業の進出も始まっている ダバオは台風被害が少なく 雨期 / 乾期の区別もなく 1 年を通して変化の少ない予測し易い天候であることは 農業にとって利点である 202

10 図表 地域別 州別の日系企業が多く入居している主要な工業団地 地域 (Region) 州 (Province) 工業団地別 日系企業数 所 在 地 CAVITE ECONOMIC ZONE (CEZ) 72 ROSARIO, CAVITE カビテ州 FIRST CAVITE INDUSTRIAL ESTATE 39 BRGY. LANGKAAN, DASMARINAS, CAVITE PEOPLE'S TECHNOLOGY COMPLEX (PTC) 11 CARMONA, CAVITE GATEWAY BUSINESS PARK (GBP) 7 BRGY. JAVALERA, GENERAL TRIAS, CAVITE FIRST PHILIPPINES INDUSTRIAL PARK (FPIP) 30 BRGY. STA. ANASTACIA, STO.TOMAS, BATANGAS (22 社 ) バタンガス州 TANAUAN CITY, BATANGAS (8 社 ) LIMA TECHNOLOGY CENTER 15 LIPA CITY, BATANGAS (11 社 ) MALVAR, BATANGAS (4 社 ) IV-A カラバルソン BINAN, LAGUNA (87 社 ) LAGUNA TECHNOPARK (LT) 91 BO. DON JOSE, STA. ROSA CITY, LAGUNA (4 社 ) CARMELRAY INDUSTRIAL PARK (CIP) 1 17 CANLUBANG, CALAMBA CITY, LAGUNA LIGHT INDUSTRY & SCIENCE PARK (LISP) 1 16 BRGY. DIEZMO, CABUYAO, LAGUNA ラグナ州 LIGHT INDUSTRY & SCIENCE PARK (LISP) 2 15 BRGY. LA MESA, CALAMBA CITY, LAGUNA (13 社 ) BRGY. REAL, CALAMBA CITY, LAGUNA (2 社 ) CARMELRAY INDUSTRIAL PARK (CIP) 2 9 BRGY. PUNTA, CALAMBA CITY, LAGUNA (6 社 ) BRGY. TULO, CALAMBA CITY, LAGUNA (3 社 ) LAGUNA INTERNATIONAL INDUSTRIAL PARK (LIIP) 6 MAMPLASAN, BINAN, LAGUNA III 中部ルソン サンバレス州 SUBIC TECHNOPARK 10 ARGONAUT HIGHWAY, BOTON AREA, SUBIC BAY FREEPORT ZONE BOTON LIGHT & SCIENCE PARK 6 ARGONAUT HIGHWAY, BOTON AREA, SUBIC BAY FREEPORT ZONE Mactan Economic Zone (MEZ) 1 50 Brgy. Ibo, Lapu-Lapu City, Cebu Mactan Economic Zone (MEZ) 2 18 Brgy. Basak, Lapu-Lapu City, Cebu VII- 中部ビサヤ セブ州 West Cebu Industrial Park 8 Buanoy, Balamban, Cebu Asiatown I.T. Park 6 Brgy. Apas, Cebu City (5 社 ) Lahug, Cebu City (1 社 ) ( 出所 ) 在フィリピン日本国大使館 2011 年進出日系企業実態調査データより作成 203