<87562D82542D DD08AEB8B408AC7979D82CC8BAD89BB2E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<87562D82542D DD08AEB8B408AC7979D82CC8BAD89BB2E786C73>"

Transcription

1 主担当部局 ( 長 ) 名 関係部局 ( 長 ) 名 危機管理監林洋健康福祉部長江南政治 医療政策部長高城亮 くらし創造部長影山清 農林部長冨岡義文 土木部長大庭孝之 まちづくり推進局長林功 水道局長杉田憲英 教育長冨岡將人 警察本部長原山進 重点課題 Ⅲ くらしの向上 5 安全 安心の確保 1 防災危機管理の強化 目指す姿 局地的豪雨等の水害や東南海 南海地震等の震災に備えたハード ソフト両面の対策により 被害を最小限に抑え拡大を防止します また 感染症の発生予防とまん延防止対策により 被害を最小限に抑え 感染症拡大を防止します 1. 政策目標の進捗状況 H 自主防災組織率 H H H H H H 奈良県全国 奈良県 : 奈良県安全 安心まちづくり推進課調べ全国 : 消防白書 政策目標の進捗状況目標 : 自主防災組織の結成結成を支援支援し 自主防災組織自主防災組織を平成 27 年に 93% へ ( 平成 22 年 73.6%) 県政出前トーク や 講演会 の開催による意識啓発や 組織結成時に資機材購入等経費を市町村に補助したことにより組織化が進み 自主防災組織率は平成 23 年 4 月 1 日には77.5% となり 平成 22 年 4 月 1 日より3.9ポイント増加 全国平均を上回り目標に向けて順調に推移 住宅 建築物建築物の耐震化率 現状 ( 注 ) 目標 H27 住宅 民間特定建築物 県有建築物 ( 注 ) 住宅 :H2 年 1 月民間特定建築物 :H19 年 1 月現在 ( 以上 奈良県建築課調べ ) 県有建築物 :H24 年 4 月現在 ( 奈良県営繕課調べ ) 政策目標の進捗状況目標 : 大規模地震発生時の想定人的被害 ( 奈良盆地東縁断層帯の地震地震の場合 5,153 人 ) を平成 27 年度までにまでに半減住宅 建築物の耐震化率は 平成 27 年度に9% 達成を目標としているが 住宅 特定建築物 県有建築物の耐震化について遅れ気味 特に住宅についての補助制度の活用が不十分 浸水常襲地域対策完了箇所数 箇所数 概ね半分の地域で対策を実施 43 H21 H22 H23 目標年度 H25 奈良県河川課調べ 政策目標の進捗状況目標 : 浸水常襲地域においてにおいて被害軽減被害軽減のためののための緊急対策を推進推進し 平成 25 年度までにまでに半分半分の地域地域で対策対策を完了浸水常襲地域における減災対策緊急プログラムに基づき 平成 2 年度から浸水常襲地域の減災対策河川に重点投資しており 平成 23 年度末時点で浸水常襲地域 96 地域のうち 32 箇所で減災対策を実施済み 2. 現状分析 市町村数 2 自主防災組織率 ( 市町村別組織率の内訳 ) H 現在 2 公立学校と県有建築物の耐震化率 ( 平成 24 年 4 月 1 日現在 ) 小中学校 78.7% (34 位 ) 78.9% 警察施設高校 62.% ( ) 内は全国順位 (46 位 ) ~2% 未満 2~4% 未満 4~6% 未満 6~8% 未満 8~1% 奈良県安全 安心まちづくり推進課調べ 9 7.% 52.9% 事務庁舎 病院施設 社会福祉施設 特別支援学校 98.8% 文化施設 62.5% 88.4% (2 位 ) 出典 : 公立学校施設の耐震改修状況調査 ( 文部科学省調べ ) 県有建築物の施設分類による耐震状況調査 ( 奈良県営繕課調べ ) 警察施設の耐震改修状況調査 ( 奈良県警察本部調べ ) 自主防災組織率 4% 未満の市町村数は減少し 県内各地域で上昇傾向 組織率の低い市町村は山間部より平野部に多い傾向 公共施設の耐震化は遅れ気味

2 災害に強い県土づくり 奈良県内の 1 時間雨量 5mm 以上の降水の発生回数 S57~H3 平均 3.2 回 H4~H13 平均 2.4 回 1 時間降水量の年間延べ件数奈良県内のアメダス 15 地点より H14~23 平均 4.4 回 S H 近年 局地的豪雨の発生回数が増加 ( 箇所 ) 大和平野内のため池数奈良県農村振興課調べ 12, 1, 8, 6, 4, 2, 1,467 9,571 9,535 4,535 4,138 S28 S49 S54 H7 H21 大和平野ではため池が減少し 保水力が低下 全国との消防力の比較 高規格救急自動車 (32 位 ) 救急自動車 (3 位 ) 救急救命士資格者数 (22 位 ) 消防職員数 (21 位 ) 11.5 消防団員数 (35 位 ) 9.89 消防ポンプ自動車 25.5 (27 位 ) 救急隊員数 (21 位 ) 消防学校敷地面積 (46 位 ) 全国平均を 1 とした場合の奈良県の数値 ( ) 内は全国順位 H23 年 4 月 1 日現在 ニーズ得点 県民アンケート調査 ( 災害対策に対するニーズ ) 北部西部中部東部南東部南西部 H22 H23 H24 出典 : 消防年報 救急 救助の現況 全国消防学校要覧 職員録 本県の消防力は 各指標ともほぼ全国平均に近い数値であるが 消防学校の敷地の指標は 全国水準より著しく低水準 平成 22~24 年度の県民アンケートでは 災害対策に対する県民のニーズは全体として高く 紀伊半島大水害で被害を受けた県南部では 24 年度に更に高まるニーズ 目的達成のプラス要因 内部 ( 内的要因 ) 奈良県の持っている強み 救急救命士資格者数及び救急隊員数は全国平均以上 浸水常襲地域における減災対策緊急プログラムに基づき 平成 2 年度から浸水常襲地域の減災対策河川に重点投資を実施 食中毒予防や衛生管理の周知により食中毒発生件数及び患者数とも減少傾向 流通食品の抜きとり検査や農産物の残留農薬検査の実施により 食の安全 安心を確保 奈良県の抱えている弱み 災害対応経験が少ない市町村が大半で 実際的な防災計画への見直しが必要 自主防災組織率は市町村間でばらつき 消防学校施設は全国比較で低水準 災害時要援護者対策の取り組みの遅れ 住宅の耐震化促進助成制度の活用が不十分 公共建築物の耐震化は施設再編等の検討に伴い 耐震改修プログラムの年次計画より遅延 近年 1 時間降水量 5mm以上の局地的豪雨の発生割合が増加 大和平野では市街地の増加やため池の減少等により保水力低下 土砂災害への地域の防災体制づくりが不十分で 土砂災害の想定区域内に避難所 高齢者入所施設等の災害時要援護者関連施設が立地 中山間地域では 崩壊等で道路が通行止になると迂回路も少なく 集落が孤立化する懸念 外部 ( 外的要因 ) 奈良県への追い風 災害対策に対する県民のニーズは全体として高く 県南部でさらに増加 研究機関等による自然災害に対する防災及び減災の調査 研究が進展 東日本大震災 紀伊半島大水害等による防災意識の高まり 新型インフルエンザ対策のための新型インフルエンザ等対策特別措置法の成立 食品衛生法に基づく生食用食肉の規格基準策定による 肉の生食を原因とする食中毒の予防 奈良県への向かい風 高まりつつある東南海 南海地震等の巨大災害の発生確率と新たな想定の公表 台風 豪雨 豪雪等の自然災害が発生しやすい我が国の地理的 地形的条件 食品の偽装表示や有害物質の混入など食の安全性低下 目的達成のマイナス要因

3 3. 平成 23 年度の取組成果の評価 1. 災害に強い地域づくり 主担当課 ( 長 ) 名 防災統括室長中澤修 戦略目標 これまでの成果 平成 23 年度に大和川流域総合治水対策の見直し 平成 26 年度までに先行的保全施設約 6 箇所を土砂災害から保全 住宅 建築物の耐震化率を平成 27 年度までに 9% 平成 25 年 4 月までに消防の広域化 ( 県内 1 消防体制 ) 紀伊半島大水害の救命救助活動 救援物資の搬送 職員の派遣 被災者への支援策を迅速 着実に実施 東日本大震災の被災地支援も継続 奈良県消防広域化協議会 において 奈良市 生駒市を除く 県内 11 消防本部の広域化に向けた協議を実施 平成 23 年度末で 県内 9 割の市町村が木造住宅の耐震診断補助制度を 県内 7 割の市町村が耐震改修補助制度を策定 ( 平成 23 年度 3 市町村で新たに耐震改修補助制度を創設 ) 平成 19 年度策定の 基幹施設の耐震化計画 に基づき 県営水道施設の耐震化工事を計画的に実施 配水池耐震率は 81.9%( 平成 22 年度 ) から 87.9%( 平成 23 年度 ) に上昇 浸水常襲地域をモデル流域として 新たに 4 つの流域で協議会を設立 ( 合計 9 流域 ) 市町村 県が連携した流域対策について検討を実施し 市町村へ情報提供することで 流域対策の必要性等について共通認識を図る 平成 21 年 12 月に [ なら安心みちネットプラン ]~ 暮らしをつなぐ道路防災 ~ を策定 崩落の発生箇所や兆候のある箇所及び迂回路の無い箇所等で防災対策を 選択と集中 で実施 平成 22 年 2 月に [ 奈良県橋梁長寿命化修繕計画 ] を策定 予防保全によるライフサイクルコストの縮小化を図り 早急に補修が必要な橋梁 76 橋のうち 14 橋の補修 緊急輸送道路上で未耐震補強の 35 橋のうち 9 橋の補強を完了 箇所数 減災対策実施箇所数 H21 H22 H23 年度 奈良県河川課調べ 施策成果の進捗状況浸水常襲地域における減災対策緊急プログラムに基づき 平成 2 年度から浸水常襲地域の減災対策河川に重点投資しており 平成 23 年度末時点で浸水常襲地域 96 地域のうち 32 箇所で減災対策を実施済み 目標達成に向け 関係市町村と調整を図りながら引き続き対策を実施 県有建築物の耐震化率 H21 H22 H23 奈良県営繕課調べ 施策成果の進捗状況県有建築物の耐震化率は82% となったが 施設の再編等が検討されている県有建築物の耐震化に着手できない等の理由により プログラムより進捗が遅延 H 自主防災組織率 H H H H H H 奈良県全国 奈良県 : 奈良県安全 安心まちづくり推進課調べ全国 : 消防白書 施策成果の進捗状況自主防災組織率は平成 23 年 4 月には77.5% となり 平成 22 年 4 月より3.9ポイント増加 全国平均を上回り目標に向けて順調に推移 引き続き 講演会や研修を通じて意識啓発に努めるとともに リーダーの育成や活用 地域住民による訓練の実施等 組織の活性化を支援 取組指標等平成 21 年度平成 22 年度平成 23 年度担当課名民間との協定締結社数 ( 社 累計 ) 防災統括室物資の供給 輸送 復旧等 災害時の対応に関する民間との協定の締結奈良県消防広域化協議会等会議開催数 ( 回 ) 消防救急課 平成 25 年 9 月の消防広域化の実現に向け 奈良県広域化協議会総会等各種会議を開催 研修修了者人数 ( 人 ) 自主防犯 防災リーダーを養成するための研修の開催 安全 安心まちづくりアドバイザー派遣人数 ( 人 ) 市町村や自治会等が開催する自主防犯 防災研修等へのアドバイザー派遣 安全 安心まちづくり推進課 安全 安心まちづくり推進課

4 災害時要援護者支援のための個別計画策定市町村数 2 災害時に個々の要援護者についての支援方策を定める計画を策定している市町村数 2 地域福祉課 [ 奈良県橋梁長寿命化修繕計画 ] に基づく橋梁補修 耐震補強の実施率 道路管理課防災拠点を結ぶ緊急輸送道路ネットワークの強化 - 流域下水管渠のうち耐震対策が必要と確認されている管渠の耐震化実施率 下水道課下水管渠の耐震化を実施 - - 耐震改修補助制度を設けている市町村の割合 建築課既存木造住宅の耐震改修補助制度を設けている市町村の割合 耐震診断 改修に係る補助制度の活用実績 ( 戸 棟 ) 建築課既存木造住宅耐震診断 改修支援事業等の実施 先行的保全施設 ( 避難所や要援護者関連施設 ) への土砂災害対策着手率 砂防課平成 26 年度までに先行的保全施設約 6 箇所について土砂災害対策工事を実施 土砂災害警戒区域の指定実績 ( 箇所 : 累計 ) 4,33 4,451 4,451 土砂災害基礎調査による土砂災害警戒区域の指定 土砂災害防止法に基づくハザードマップを作成 公表し 防災訓練を実施した市町村の割合 土砂災害警戒区域等の円滑な警戒避難の確保 2 砂防課深層崩壊対策室 深層崩壊対策室 2. 食と生活の安全 安心確保 感染症対策 主担当課 ( 長 ) 名 保健予防課長吉本龍生消費 生活安全課長森藤勝彦 戦略目標 これまでの成果 新たな強毒性のインフルエンザの発生に対し 新型インフルエンザ対策行動計画 に基づき 関係機関と連携して総合的な対策を推進し 感染拡大を可能な限り抑制 感染症流行状況等の情報収集としての各種サーベイランス ( 調査 監視 ) の実施 新たなサーベイランスとして 学校関係者からの感染症発生情報収集としての 学校欠席者サーベイランス を実施 新型インフルエンザ対策訓練の実施 新型インフルエンザの発生に備えた抗インフルエンザウイルス薬の備蓄 平成 23 年度に県内 39 全ての市町村で有資格者による消費生活相談窓口を開設 残留農薬検査機器を整備し 検査検体数は平成 22 年度で対前年度比約 16% 増加 さらに 平成 23 年度は 対前年度比約 3.5% 増加 市町村の消費生活相談窓口設置件数 奈良県消費 生活安全課調べ H19 H2 H21 H22 H23 施策成果の進捗状況平成 2 年度末 1 町村で消費生活相談窓口が未設置であったが 広域連携による取組や消費者行政活性化基金を活用し窓口開設にかかる経費等を助成した結果 平成 23 年度に県内 39 全ての市町村で有資格者による相談窓口を開設 食中毒発生件数及び患者数の推移 15 3, 1 5 ( 件 ) 1, 2, H18 H19 H2 H21 H22 H23 ( 人 ) 件数 患者数 奈良市除く 奈良県消費 生活安全課調べ 施策成果の進捗状況平成 18 年度は ノロウイルスによる食中毒が多発し 患者数は 2,8 人を超えていたが 食中毒予防や衛生管理の周知により 食中毒発生件数及び患者数とも減少傾向 取組指標等 平成 21 年度平成 22 年度平成 23 年度 担当課名 抗インフルエンザウイルス薬の備蓄数 ( 人数 ) 246, , ,745 保健予防課抗インフルエンザウイルス薬の備蓄 消費相談窓口における相談件数 ( 件 ) 11,17 1,682 1,755 消費 生活安 県及び市町村の消費相談窓口における消費者相談の実施 全課 相談件数に占める市町村の割合 消費 生活安 県及び市町村の消費相談窓口における消費者相談の実施 全課 残留農薬検査件数 ( 件 ) 消費 生活安 残留農薬検査機器の整備 全課 - 1 -

5 4. 平成 25 年度に向けた課題の明確化 < 奈良県へのへの追い風 > 災害対策に対する県民のニーズは全体として高く 県南部でさらに増加 研究機関等による自然災害に対する防災及び減災の調査 研究が進展 東日本大震災 紀伊半島大水害等による防災意識の高まり 新型インフルエンザ対策のための新型インフルエンザ等対策特別措置法の成立 食品衛生法に基づく生食用食肉の規格基準策定による 肉の生食を原因とする食中毒の予防 取組を維持維持するする課題 積極的に取り組む課題 なら安心みちネットプラン に基づ 防災計画の見直しく 道路防災対策の推進 救急搬送時間の短縮 抗インフルエンザウイルス薬の備 消防力の充実強化蓄更新 自主防災組織の結成促進と組織 消費生活相談窓口の充実強化の活性化を支援 食と生活の安全 安心対策の推進 災害時要援護者支援対策の推進 住宅 建築物の耐震化率の向上 予防保全型維持管理による橋梁補修 補強の推進 県営水道施設の耐震化 県 市町村の連携による 雨水をより多面的に貯めることを重視した流域対策の更なる推進 ため池の保全 活用の検討 推進 治水安全度向上のための河道改修及び流域貯留対策による浸水被害対策の実施 土砂災害に対する地域防災体制の強化について 市町村 自主防災組織等を支援 土砂災害の危険性が想定される防災上重要施設の重点的保全 新型インフルエンザ対策 < 奈良県へのへの向かいかい風 > 高まりつつある東南海 南海地震等の巨大災害の発生確率と新たな想定の公表 台風 豪雨 豪雪等の自然災害が発生しやすい我が国の地理的 地形的条件 食品の偽装表示や有害物質の混入など食の安全性低下 取組を縮小縮小するする課題 取組を見直見直す課題 < 政策目標の進捗状況 > 住宅 建築物の耐震化率は 平成 27 年度 9% を目標としているが 遅れ気味で 住宅耐震化の補助制度の活用も不十分 自主防災組織率は 目標( 平成 27 年に 93%) にむけ 平成 23 年 4 月で全国平均を上回り順調に推移 減災対策緊急プログラムに基づき 減災対策河川に重点投資し 平成 23 年度末時点で浸水常襲地域 96 地域のうち 32 箇所で減災対策を実施済み < 取組成果の評価 > 自主防災組織率は 平成 23 年 4 月で全国平均を上回り順調に推移 県有建築物の耐震化率は施設再編等の検討により プログラムより遅延 減災対策緊急プログラムに基づき 減災対策河川に重点投資し 平成 23 年度末時点で浸水常襲地域 96 地域のうち 32 箇所で減災対策を実施済み 県内 39 全ての市町村で有資格者による消費生活相談窓口を開設 食中毒予防や衛生管理の周知により 食中毒発生件数及び患者数とも減少傾向 < 奈良県の持っているっている強み > < 奈良県の抱えているえている弱み > 救急救命士資格者数及び救急隊 災害対応経験が少ない市町村が員数は全国平均以上大半で 実際的な防災計画への見 浸水常襲地域における減災対策直しが必要緊急プログラムに基づき 平成 2 年 自主防災組織率は市町村間でば度から浸水常襲地域の減災対策河らつき川に重点投資を実施 消防学校施設は全国比較で低水 食中毒予防や衛生管理の周知に準より食中毒発生件数及び患者数と 災害時要援護者対策の取り組みも減少傾向の遅れ 流通食品の抜きとり検査や農産物 住宅の耐震化促進助成制度の活の残留農薬検査の実施により 食用が不十分の安全 安心を確保 公共建築物の耐震化は施設再編等の検討に伴い 耐震改修プログラムの年次計画より遅延 近年 1 時間降水量 5mm以上の局地的豪雨の発生割合が増加 大和平野では市街地の増加やため池の減少等により保水力低下 土砂災害への地域の防災体制づくりが不十分で 土砂災害の想定区域内に避難所 高齢者入所施設等の災害時要援護者関連施設が立地 中山間地域では 崩壊等で道路が通行止になると迂回路も少なく 集落が孤立化する懸念

6 5. それぞれの課題についての今後の取組方針 防災計画の見直し 救急搬送時間の短縮 消防力の充実強化 積極的に取り組む課題 自主防災組織の結成促進と組織の活性化を支援 災害時要援護者支援対策の推進 住宅 建築物の耐震化率の向上 予防保全型維持管理による橋梁補修 補強の推進 県営水道施設の耐震化 県 市町村の連携による 雨水をより多面的に貯めることを重視した流域対策の更なる推進 ため池の保全 活用の検討 推進 治水安全度向上のための河道改修及び流域貯留対策による浸水被害対策の実施土砂災害に対する地域防災体制強化について 市町村 自主防災組織等を支援土砂災害の危険性が想定される防災上重要施設の重点的保全 新型インフルエンザ対策 取組を維持する課題 なら安心みちネットプラン に基づく 道路防災対策の推進 抗インフルエンザウイルス薬の備蓄更新 消費生活相談窓口の充実強化 食と生活の安全 安心対策の推進 今後の取組方針住民避難等の重点項目の見直しを先行させ 平成 25 年度末までに法定計画全体を改定 モデル市町村を中心に 市町村防災計画の見直しを支援 e-matchシステムを活用し 救急搬送及び受入の適切な運用を行うとともに 搬送状況のデータ収集 分析を行い 救急搬送時の照会回数 現場滞在時間及び救急搬送時間の短縮を目指す平成 25 年 9 月の消防広域化に向け 協議会等で検討 自主防災組織率が低い市町村に対して組織結成のためのさらなる意識啓発 組織の活性化 人材育成支援のため リーダー研修開催やアドバイザーを派遣 地域住民による訓練等の支援 地域における 共助 の取り組みを進めていくことにより 高齢者 障害者等の災害時要援護者が安心して暮らせる地域づくりを目指す 既存木造住宅の耐震改修補助制度設置市町村数の増加 既存木造住宅耐震診断 改修補助事業の活用 県有施設の内特に災害時拠点施設の耐震化の早期実施 学校施設の耐震化の推進 奈良県橋梁長寿命化修繕計画 に基づく損傷橋梁の補修及び耐震補強の実施基幹施設 ( 浄水池等の土木構造物 ) については 基幹施設の耐震化計画 に基づき計画的に耐震化工事を実施 ( 平成 25 年度完了予定 ) 平成 24 年度から非耐震 老朽管の耐震化工事に着手 モデル流域での取り組みを情報提供 流域対策推進地域での具体的検討 協議会の開催など流域対策の推進 浸水常襲地域における流域対策の必要性 効果等を提示 国 市町村と連携し 大和川流域総合治水対策協議会において 総合治水対策の見直しに取り組み より貯めることを重視 ため池を公共的な空間として治水や親水 環境 防火用水などに有効活用する仕組み構築の検討 ため池の安全性確保に向け 市町村に対する指導を行うための耐震性点検 調査をモデル的に実施し推進浸水常襲地域における減災対策緊急プログラムに基づき 浸水常襲地域の減災対策河川に引き続き重点投資ハザードマップ等の防災情報の伝達 周知への市町村支援を強化 代替性のない避難所 高齢者入所施設等 24 時間入所者のいる災害時要援護者関連施設 を重点的に保全 新たな新型インフルエンザの流行に備え 監視体制を継続し 関係機関等との対応訓練を実施 政府行動計画に基づき 新型インフルエンザ等対策の実施に関する県行動計画を作成 今後の取組方針崩落発生箇所や兆候のある箇所を第一優先に緊急対策を行い 崩落で道路ネットワークが遮断されない計画的な対策を実施有効期限が到来する抗インフルエンザウイルス薬の備蓄更新県内 39 全ての市町村で有資格者による消費生活相談窓口を開設 今後は市町村間の水平連携や県を含めた共同実施などを引き続き検討し 窓口の充実強化を推進 食品衛生監視指導計画に基づく食品の安全確保対策や消費者行政活性化計画に基づく消費者啓発 教育を引き続き実施