e-RT ユーティリティモジュール<旧リリース品>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "e-RT ユーティリティモジュール<旧リリース品>"

Transcription

1 << 目次 >> << 索引 >> e-rt3 2.0 ユーティリティモジュール 目次 F3UM01-0N ユニバーサル グラフィック表示モジュール 3 SFUM01-JWV SFUM01-JWL ユニバーサル グラフィック表示モジュールドライバパッケージ (VxWorks 対応版 ) 5 ユニバーサル グラフィック表示モジュールドライバパッケージ (Linux 対応版 ) 6 F3UM02-0N アナログ画像入力モジュール 7 SFUM02-JWV 画像入力モジュールドライバパッケージ 9

2 Blank Page

3 << 目次 >> << 索引 >> 3 F3UM01-0N ユニバーサル グラフィック表示モジュール 概要ユニバーサル グラフィック表示モジュールは, 組込みシステムにおいて, オペレータと装置とのインタフェースを担う画期的な画像表示モジュールです 表示器を凌駕するほどの性能で, 自由度を持った描画を実現できます また, 描画機能だけでなく, キャプチャ機能も搭載しているため, 現場での実作業をリアルタイムに監視することもできます 各種 HMI 機能を搭載することにより, 様々なソリューションにも対応することができます 特徴 - 高性能グラフィック LSI の搭載により, 最大 SXGA サイズの解像度に対応した描画を実現できます - 複数の描画コマンドをサポートすることにより, CPU に負荷をかけることなく高速に描画できます - 32bit のバス幅に対応した VRAM インタフェースを搭載しているので,GPU と VRAM 間で高速なデータ通信が行えます - グラフィック表示では, アナログとデジタルの双方に対応しているため, 環境に合わせた映像が出力できます - ビデオキャプチャ機能を搭載し, リアルタイムに現場の監視を行うことができます - USB2.0 ホストを搭載し, キーボードやマウスといった各種 USB 機器を接続できます - SD カードを使用することで, カード内のコンテンツの表示, 大容量データのバックアップ等ができます 各部の名称と機能 仕様項目 仕様 AX51902A 125MHz GPU (VRAM 125MHz Host 33MHz) メモリ (VRAM) 64Mbyte VIDEO IN *1 NTSC ビデオ入力 BNC コネクタ DVI-I(Single Link) アナログ RGB 出力 DVI OUT 最大 800x600(SVGA) デジタル出力最大 1280x1024(SXGA) I/F SD メモリカード ( 最大 2Gbyte) SD SDHC 非対応 USB2.0 ホスト HID Class, USB Mass Storage Class 対応最大電流 500mA PCI ユーティリティ モジュール用 0~55 (0~50 *2 ) ただし, SD メモリカードを挿入時には, 周囲温度の上限は SD メモリ使用周囲温度カードの動作仕様の周囲温度最大値から 20 を引いた値となり環境ます (55 を超える時は,55 が上限値となります ) *3 使用周囲湿度 10~90%RH( 結露なきこと ) 腐食性ガスや可燃性ガスがな使用周囲雰囲気く, 塵埃がひどくないこと保存周囲温度 -20~75 コンプライアンス RoHS 準拠消費電流 700mA *4 外形寸法 28.9(W) 100(H) 83.2(D)mm *5 質量 180g *1: 画像入力はアナログのみ対応 *2: UL 認定品として使用する場合には, 使用周囲温度を 0~50 の範囲でお使いください *3: SD メモリカードスロットの内部温度は, モジュールの周囲温度プラス 20 となります *4: SD,USB を除く *5: 突起物を含まない

4 << 目次 >> << 索引 >> 4 LED 表示 LED 色 仕様 RDY 緑 通常点灯重大な故障が発生した場合に消灯 RUM 緑 通常消灯ユーザプログラムにて点灯 消灯可能 ALM 橙 通常消灯ユーザプログラムにて点灯 消灯可能 ERR 赤 通常消灯ユーザプログラムにて点灯 消灯可能 SD 緑 カードアクセス時点灯 SD 赤 過電流発生時点灯 USB 緑 USB デバイスアクセス時点灯 USB 赤 過電流発生時点灯 形名および仕様コード 形名 基本仕様 付加仕様 記事 コード コード F3UM01-0N VRAM: 64Mbyte 実装制限事項本モジュールは, 必ず e-rt3 CPU モジュール (F3RP6 - ) の隣に実装するようにしてください CPU モジュールと本モジュールの間に他のモジュールを実装しないでください 本モジュールは CPU モジュール 1 台あたり,1 モジュールのみ実装できます 外形寸法図 単位 :mm All Rights Reserved. Copyright 2015 Yokogawa Electric Corporation

5 << 目次 >> << 索引 >> 5 SFUM01-JWV ユニバーサル グラフィック表示モジュールドライバパッケージ (VxWorks 対応版 ) 概要 SFUM01-JWV は,e-RT3 VxWorks 対応 CPU モジュール (F3RP62-2 /L1) からユニバーサル グラフィック表示モジュール (F3UM01-0N) を操作するためのドライバパッケージです 本ドライバパッケージにより,Wind River Media Library 5.0( 以下 WindML) の描画 API を使用できます 機能 AG902 グラフィックス ドライバ本ドライバは,WindML のローレベル API として実装されています ユーザは,WindML の API を通して, ライン描画やポリゴン描画, ディスプレイリスストによるシーケンス描画等を行うことができます ビデオデコーダ ドライバ映像取り込みから取り込み時の輝度設定, コントラスト設定等を行うことができます AG902 グラフィックス ドライバと同様に,WindML の API を通して本ドライバは使用されます SD ホストデバイス ドライバ VxWorks で提供されている MS-DOS 互換のファイルシステムが実装されているため, ユーザは VxWorks I/O ルーチンを使って容易にファイルアクセスができます USB ホスト ドライバ WindML では, マウスやキーボードなどの USB 機器と連動して動作するインタフェースをもっています WindML 上で本ドライバを利用することにより, ユーザはより PC ライクな操作環境を手に入れることができます 動作環境 形名項目仕様開発環境 Workbench TM 開発環境 (Workbench2.6/VxWorks6.4) *1 供給メディアサポートページからのダウンロード SFUM01-JWV 対応 CPU モジュール F3RP62-2R/L1/F3RP62-2L/L1 *2 対応 BSP SFRD21-JCW R1.02 以降 *1: ウインドリバー株式会社または同社代理店より購入 Workbench TM 開発環境および VxWorks リアルタイムオペレーティングシステムの詳細は, ウインドリバー株式会社または同社代理店へお問い合わせください *2: 本ドライバパッケージが対応している BSP は SFRD21-JCW の R1.02 以降です 形名および仕様コード 形名 基本仕様コード スタイルコード 付加仕様コード SFUM01 -JWV Wind River Media Library 準拠の API ( 年間パスポート購入者へ Web 無償配布 ) 記 事 注意事項本ドライバパッケージのインストールだけでは, 上記機能を利用することはできません 必ずユニバーサル グラフィック表示モジュール (F3UM01-0N) と合わせてご使用ください

6 << 目次 >> << 索引 >> 6 SFUM01-JWL ユニバーサル グラフィック表示モジュールドライバパッケージ (Linux 対応版 ) 概要 SFUM01-JWL は,e-RT3 Linux 対応 CPU モジュール (F3RP61-2 ) からユニバーサル グラフィック表示モジュール (F3UM01-0N) を操作するためのドライバパッケージです グラフィック描画には,Nokia 社製の Qt が利用できるため, オーサリングツール (Qt Creator) によるリッチな GUI の作成が可能です さらに USB インプットデバイス ( マウス, キーボード, タッチパネル ) と組み合わせることにより, プログラマブル表示器では表現できない PC ライクな操作を実現します 機能 フレームバッファ (DVI 出力 ) 本機能は,Linux 標準のフレームバッファ デバイスとして実装されています ドライバをカーネルにインストールすることでユーザ空間からの VRAM アクセスや解像度の変更といったハードウェアへのアクセスが可能になります Linux 標準のフレームバッファ I/F の他,Qt フレームワークに特化したハードウェア アクセラレーション I/F( アクセラレーション プラグインを使用時 ) も用意しています ビデオ入力映像の取込みや入力ソースの効果設定 ( コントラスト, 輝度, 色合い ) 等のインタフェースを提供します 取込みしたデータは,VRAM からメイン CPU へ転送することもできるため,OpenCV 等を利用した画像処理アプリケーションに活用することができます また Qt フレームワークの機能を利用すれば, 任意の画像フォーマットとしてデータを SD カードや USB メモリ等に保存することもできます SD ホスト Linux 標準の MMC/SD コア層とハードウェア間をつなぐインタフェースを提供します 本機能を利用することで, アプリケーションからの SD カードアクセスが実現できます USB ホスト GUI と連携して動作する USB インプットデバイス ( マウス, キーボード, タッチパネル ) の機能を提供します その他, バルクデバイス (USB メモリ, ハードディスク等 ) へのアクセスも可能です 動作環境 形名項目仕様開発環境 Linux 開発環境 (RedHat 系 ) *1 供給メディアサポートページからのダウンロード SFUM01-JWL 対応 CPU モジュール F3RP61-2R/F3RP61-2L *2 対応 BSP SFRD11-JCW R2.01 以降 *1: 動作確認済みディストリビューションは RedHat 系の Fedora12 です *2: 本ドライバパッケージが対応している BSP は SFRD11-JCW の R2.01 以降です 形名および仕様コード 形名 基本仕様コード スタイルコード 付加仕様コード SFUM01 -JWL 記 Linux 標準の各種インタフェースドライバの提供 (RTOS CPU モジュール Linux BSP の年間パスポート購入者へ Web 無償配布 ) 事 注意事項本ドライバパッケージは,SFRD11-JCW(R2.01 以降 ) にアドオンする形で作成されています 本ドライバパッケージ単体でのインストールでは, 上記機能は利用できません なお, ご利用の際には, 必ずユニバーサル グラフィック表示モジュール (F3UM01-0N) が必要となります 本ドライバパッケージには, いくつかの OSS が同梱されています 個々の OSS のライセンスに従いお客様の責任の元でご使用ください GPL 等の条項に従い弊社では, これらの動作の保証は致しません

7 << 目次 >> << 索引 >> 7 F3UM02-0N アナログ画像入力モジュール 概要アナログ画像入力モジュールは, アナログカメラからの画像入力インタフェースを備えたユーティリティ モジュールです モノクロおよびカラーカメラ (RGB) への接続にも対応しています 特長 - HALCON ライブラリを e-rt3 CPU モジュールに組込むことにより,e-RT3 フレームワークでスムースな画像処理開発を実現できます - 2 チャネル ( カラー RGB カメラの場合 ) のアナログ画像入力に対応し, 各チャネルを独立して制御することができます - 1 チャネルあたり 3 個の高速 A/D 変換 (100MHz) を搭載しているため, 最大 6 台のモノクロカメラを接続できます - カメラ解像度は,16K x 16K まで対応しています *1 - 外部からのハードウェアトリガとソフトウェアによるトリガのどちらにも対応できます - ランダムトリガシャッタ機能を搭載することにより, カメラのフレームレートに制限されない画像取込みができます - ストロボ信号を出力することができるので, 外部ストロボを操作できます - パーシャルスキャンカメラに対応しているため, 高フレームレートを実現できます - プログラマブルな ROI(Region of Interest) 設定ができます - インタレース / プログレッシブスキャンに対応しています *1: システムで扱える画像サイズは e-rt3 CPU モジュールの SDRAM サイズに依存 各部の名称と機能 コネクタ ピン番号 信号名 入 / 出 仕様 1 Reserved 2 C1_FLASH 出 CAM1: ストロボ信号 3 C1_SHOT 入 CAM1: 外部トリガ信号 4 C1_VD 入 / 出 CAM1: 垂直同期信号 5 C0_WEN 入 CAM0:WEN 信号 6 C0_TRIG 出 CAM0: トリガ信号 7 C0_HD 入 / 出 CAM0: 水平同期信号 8 DGND デジタル GND 9 C1_VIDEO3 入 CAM1: ビデオ 3 入力信号 10 C1_VIDEO1 入 CAM1: ビデオ 1 入力信号 11 AGND アナログ GND 12 C0_VIDEO2 入 CAM0: ビデオ 2 入力信号 13 AGND アナログ GND 14 C1_WEN 入 CAM1:WEN 信号 15 C1_TRIG 出 CAM1: トリガ信号 16 C1_HD 入 / 出 CAM1: 水平同期信号 17 DGND デジタル GND 18 C0_FLASH 出 CAM0: ストロボ信号 19 C0_SHOT 入 CAM0: 外部トリガ信号 20 C0_VD 入 / 出 CAM0: 垂直同期信号 21 AGND アナログ GND 22 C1_VIDEO2 入 CAM1: ビデオ 2 入力信号 23 AGND アナログ GND 24 C0_VIDEO3 入 CAM0: ビデオ 3 入力信号 25 C0_VIDEO1 入 CAM0: ビデオ 1 入力信号

8 << 目次 >> << 索引 >> 8 仕様項目 仕様カラー RGB カメラの場合 2ch *1 チャネル数モノクロカメラの場合 2ch(1ch/1 トリガ最大台数 ) 6ch(3ch/1 トリガ最大台数 ) モノクロカメラシングルタップ (8bit/pixel) デュアルタップ (16bit/pixel) 対応カメラカラー RGB カメラ 24bit/pixel パーシャルスキャンカメラ対応ランダムトリガシャッタ機能最大接続台数 6 台 ( モノクロカメラの場合 ) インターレース プログレッシブスキャン方式スキャン 1 チャネルあたりのデジタイザ 8bit A/D コンバータ 100MHz アナログ入力電圧範囲 0.35~1.4Vpp ゲイン調整範囲 ±6dB ゲイン調整分解能 8bit 1 チャネルあたりのゲインマッチング ±1% オフセット調整範囲 ±127LSB 最大フレームサイズ 16K 16K pixel *2 微分非直線性 一般 ±0.5LSB 最大 +1.0/-0.9LSB 積分非直線性 一般 ±1.1LSB 最大 ±2.75LSB PLL ジッター 一般 250 pico sec pp 最大 450 pico sec pp HSYNC 周波数範囲 10~150kHz WEN 信号サポート サポート 外部 IO トリガ, ストロボ制御 カメラ 専用 D-Sub25 ピンコネクタ *3 I/F ユーティリティ モジュール用 PCI 内部バス 0~55 モノクロ 1~2ch 0~50 モノクロ 3ch, 使用周囲温度または, カラー 1ch *4 0~45 モノクロ 4~6ch, 環境 または, カラー 2ch 使用周囲湿度 10~90%RH( 結露なきこと ) 保存周囲温度 -20~75 保存周囲湿度 10~90%RH( 結露なきこと ) 使用雰囲気 腐食性ガスがなく, 塵埃がひどくないこと ステータス表示用 LED RDY,CH0,CH1 コンプライアンス RoHS 準拠 実装位置 ユーティリティ モジュール番号 1~4 最大実装モジュール数 2(1CPU モジュールあたり ) 消費電流 外形寸法 質量 900mA 28.9(W) 100(H) 83.2(D)mm 突起部を除く 190g 仕様表脚注 : *1: モノクロカメラを 3 台以上接続する場合は, 専用ケーブルの用意などの準備が必要です 詳しくは, 弊社営業またはテクニカルサポート窓口までお問合せください *2: システムとして扱える画像サイズは e-rt3 CPU モジュールの SDRAM サイズに依存します *3: 本モジュール用のカメラケーブルは株式会社リンクス ( より, ご購入いただけます *4: モノクロカメラは VGA サイズ 60fps, カラーカメラは VGA サイズ 60fps で使用した場合の使用温度範囲です LED 表示 LED 色 仕様 RDY 緑 点灯時 : 正常消灯時 : 重度の故障, ハードウェアが実行不可能 CH1 緑 点滅時 : 画像取得中 CH0 緑 点滅時 : 画像取得中 形名および仕様コード 形名 基本仕様コード 付加仕様コード F3UM02-0N 外形寸法図 記事 アナログカラー 2ch D-sub25pin コネクタ 単位 :mm 注意事項 使用可能なモジュール数 e-rt3 VxWorks 対応 CPU モジュール (F3RP62-2 /L1)1 台に対して本モジュールを 2 台まで接続することができます カメラ用外部供給電源の準備本モジュールからカメラへの電源供給は行えません カメラ用の外部供給電源を別途ご用意ください All Rights Reserved. Copyright 2015 Yokogawa Electric Corporation

9 << 目次 >> << 索引 >> 9 SFUM02-JWV 画像入力モジュールドライバパッケージ 概要 SFUM02-JWV は,e-RT3 VxWorks 対応 CPU モジュール (F3RP62-2 /L1) で, アナログ画像入力モジュール (F3UM02-0N) を扱うためのドライバパッケージです 機能 画像処理ソフトウェア HALCON とのスムースな接続画像処理ソフトウェア HALCON とのインタフェースを組込んでいるので, 画像処理システムの構築をスムースに行うことができます 容易な設定 VxWorks のカーネルコンフィグレーション機能を使用して, ドライバの設定を GUI で容易に行うことができます ユーザプログラムからモジュールの細かい設定をする必要はありません 動作環境 形名 項目 仕様 開発環境 WorkbenchTM 開発環境 (Workbench2.6/VxWorks6.4) 1 SFUM02-JWV 供給メディアサポートページからのダウンロード対応 CPU モジュール F3RP62-2R/L1/F3RP62-2L/L1 対応 BSP 2 SFRD21-JCW R1.02 以降 *1: ウインドリバー株式会社または同社代理店より購入 Workbench TM 開発環境および VxWorks リアルタイムオペレーティングシステムの詳細は, ウインドリバー株式会社または同社代理店へお問い合わせください *2: 本ドライバパッケージが対応している BSP は SFRD21-JCW の R1.02 以降です 型名および仕様コード 形名 基本仕様コード スタイルコード 付加仕様コード SFUM02 -JWV 記事 銀河 ++M4e の 2ch バージョン相当 ( 年間パスポート購入者へ Web 無償配布 ) 注意事項 VxWorks BSP の制限本ドライバパッケージに対応している BSP は SFRD21-JCW の R1.02 以降です