Microsoft Word - 01_目次.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 01_目次.doc"

Transcription

1 インドネシアインドネシア <2005 年の注目すべきポイント> 2005 年は 新鉱業法の改正と 政府 地域住民らによる Newmont Minahasa Raya Freeport アIndonesia に対する環境訴訟と利益還元要求 鉱山操業停止運動に揺れた 1 年であった 新鉱業法は 5 月 20 日にエネルギー鉱物資源省から議会に上程され審議されているが 成立の見通しは立ってい 世界の鉱業の趨勢 ない 1. 非鉄金属一般概況 による 北スラウェシ州 buyat 湾の汚染をめぐ 2005 年の経済成長率は 5.60% となった アジ り環境担当国務相が同社に対し 1 億 3,300 万 ア経済危機以降で最大の成長率を記録した US$ の損害賠償請求 ( 民事 ) を提訴するととも 2004 年ベースで 鉱業製品が GDP に占める に 環境保護法違反で同社社長を刑事訴追する 割合は約 2.8% を占め 鉱業が地域社会の開発 など政府と鉱山会社の関係が悪化した また環 に投じた金額は 4,660 億 IDR で 雇用人口は 境非政府組織を交えた地域住民らによる訴訟も 2003 年の 3 万 3,620 人から 6% 増加して 2004 年 相次いだ 環境担当国務相による民事訴訟は は 3 万 5,800 人と雇用機会を創出するとともに 2005 年 11 月 15 日 南ジャカルタ地方裁判所 経済 地域社会開発に貢献している が 政府と Newmont 社との係争は 事業契約 一方 2006 年 1 月 Price water house (COW) に基づき国際司法裁判所による調停で coopers(pwc) が 同国鉱山会社 27 社を対象 解決すると定められていることから管轄権が及 に行ったインドネシア鉱業動向レビューによれ ばないとして提訴を棄却した 原告側は 環境 ば 2000~2004 年の鉱山開発投資額は 4 億 汚染はビジネス上の係争の対象外として控訴す 8,300 万 US$ で 1996~1999 年の 5 年間の投資 る意向を示していたが 2006 年 2 月 16 日 額 15 億 1,400 万 US$ に比べ 32% まで落ち込んで Newmont 社が 3,000 万 US$ の和解金を支払うこ いる とで合意が成立した 刑事訴訟については未だ カナダ MEG(Metals Economics Group) の 係争中である 2004 年探鉱投資調査では 世界全体の投資額 第二は 米系 Freeport Indonesia がパプア は前年比 58% 増の 38 億 US$ になっているが イ 州で操業する Grasberg 鉱山において 2005 年 ンドネシアにおける探鉱支出は全体の 1.5% に 末 インドネシア国軍幹部への資金提供疑惑が 過ぎず低迷し続けている 表面化するとともに 2006 年 2 月に入り鉱山 また フレーザー研究所 (Fraser Institue) 地内における不法採掘者と鉱山警備員との衝突 が世界鉱山企業 259 社を対象に行った 地域住民らによる利益還元要求運動が激化し 2004/2005 アンケート調査でも インドネシア 環境問題の深刻さと相まって 事業契約 の鉱物資源プロダクティビティー ( 生産潜在性 ) (COW) の見直しまで問題が深刻化している は 100 ポイント中 97 ポイントで 64 地域中 6 位 2006 年 2 月 21 日 違法採掘業者が警備隊と衝 となり ペルー チリと並ぶ資源国として評価 突した後 鉱山 選鉱場に通じる道路を閉鎖し されている 鉱業投資インデックスでは 2005 たため 鉱山側は予防的措置として 2 月 22 日 年の 23 ポイントから更に悪化し 12 ポイントと から 4 日間操業を停止した 2 月 27 日 なり コンゴ ジンバブエに続き鉱山開発が困 Grasberg 鉱山の操業中止を求める抗議活動は 難な国として評価されている これはインドネ ジャカルタ ティミカ マッカサルなどに飛び シアの政情不安 鉱区のセキュリティー 税制 火し 3 月 16 日 パプア州ジャヤプラでデモ に加え 政府監督当局の重複した規制や国内法 隊と治安部隊が衝突し 4 人の死者を出す事態に の未整備などが大きな要因となっている 発展した これを受けて 3 月初旬 政府高官 2005 年の鉱業を取り巻く環境は 上記鉱業 が Grasberg 鉱山の事業契約 (COW) の見直しを 投資インデックスの悪化を象徴する出来事が重 示唆し問題が顕在化した 3 月 23 日 鉱山山 なった 第一に 米系 Newmont Minaha Raya 社 頂部で大規模な地すべりが発生し 現場作業員 ジア

2 アジアインドネシア46 世界の鉱業の趨勢 人が死亡 4 人が負傷し 更に問題をクローズアップさせることになった 3 月 23 日 環境担当国務相が Grasberg 鉱山における環境調査結果を公表し 現在 政府の監査チームが Freeport Indonesia 社の 5 分野 ( 生産面 地域開発基金面 歳入面 環境面 安全 治安面 ) にわたる事業活動と実態調査を行っている 2. 鉱業政策の主な動き (1) 新鉱業法新鉱業法は 2005 年 5 月 20 日にエネルギー鉱物資源省から議会に上程され 6 月には議会 第 7 委員会 ( エネルギー 鉱物資源 技術調査 環境担当 ) と政府代表 ( エネルギー鉱物資源省 ) との協議が重ねられ 7 月の議会本会議において同法案を特別委員会で審議することを決定した 特別委員会委員は 10 会派を代表する 50 人が任命され 委員長にはゴルカル党のアグスマン エフェンディ (Agusman Effendi) 議員 副委員長には闘争民主党 (PDIP) のサルジャン タヒル (Sarjan Tahir) 議員が選出された 特別委員会は 9 月にインドネシア鉱業専門家協会 (Perhapi) 及び業界団体であるインドネシア鉱業協会 (IMA:Indonesian Mining Association) の代表を招聘し公聴会を開催し 関係者 ( 国会議員 政府 ( 中央 地方 ) 大学 NGO 専門家 産業界) の意見を聴取し 特別委員会は同法案の各条項に関する各会派の意見リスト (DIM) のとりまとめを行ない 400 項目に及ぶ質問が寄せられた また 議会外の活動として 2006 年 2 月 インドネシア大学法学部法律グットガバナンス研究所 (CLGGS FHUI) においてエネルギー鉱物資源相も参加して 徹底討論 鉱業法案 (Kajian Kritis Terhadap RUU Minerba) と題するセミナーが行われたが 鉱業許認可の地方分権化 事業契約 (COW) の廃止 事業許可への移行 税制 地域住民の権利と環境保全分野に関し 種々の意見があり関係者間の溝を埋めることはできず現在に至っている 石炭鉱物資源地熱総局シモン スンビリン (Dr.Simon F. Sembiring) によれば 議会における DIM リストの審議は 2006 年 4 月現在 90/400 項目に留まっている (2) 森林法 ( 保護林内の操業凍結 ) 森林法 (1999 年法律第 41 号 ) は 林業の発展 森林保全のため 旧森林法 (1967 年法律第 5 号 ) を代替すべく制定された 同法により 森林は 1 保全林 2 保護林 3 生産林に分類され 保護林に指定された地域における露天採掘が全面的に禁止された このため 法律施行以前に操業許可を得ている 22 社の操業が凍結に至った この問題に関しては 大統領の指示により経済調整担当相の下に新たな省庁間委員会が 2003 年 3 月末に設置され 検討が進められ 2004 年 3 月 11 日に 2004 年第 1 号緊急政令 が閣議決定され 森林法の施行以来 全国の保護林で操業停止を命じられていた鉱業会社のうち 13 社に事業再開を認める方針が示された 緊急政令においては 森林法施行以前の鉱業認可および契約は 期限が終了するまで有効とみなす 旨が規定されている 5 月 12 日には 緊急政令を受け 13 社を明確にするための 2004 年第 4 号大統領令 が署名され 鉱業会社 13 社の保護林での操業を許可した 緊急政令は 2004 年 7 月 15 日に議会で採決され 賛成 131 票 反対 102 票で承認された しかし 個人 82 名と環境比政府組織 (NGO) 11 団体は 本緊急政令の違憲性を主張し憲法裁判所に提訴したが 2005 年 7 月 7 日 憲法裁判所は 森林法施行以前の許可や契約の効力を保護する法改正には違憲性はないとし 森林法 38 条が禁止した露天掘り採掘を含む同法案施行以前の保護林内の鉱業契約は合憲であるとの判決を下し 一様の決着を見た しかし 実態面では 現在 稼動中の鉱山を除き 地方政府機関における法解釈等の違いから実際のプロジェクト活動の再開に至っていないものもある 3. 主要鉱山物の生産 輸入 消費 輸出動向 - 銅 年の銅生産量は 84 万 t である Freeport Indonesia 社の Grasberg 鉱山からの生産量が 52 万 t Newmont Nusa Tenggara 社の Batu Hijau 鉱山から 32 万 t である - 金 年の金生産量は 93t である 主なものは Grasberg 鉱山の銅精鉱からの金生産量が

3 インドネシア48.6t Batu Hijau 鉱山 ( 銅精鉱 ) からの みで Antam 社がニッケル鉱石及びフェロニッ 22.4t Rio Tinto 社 ( Kelian Equatorial ケルを生産し International Nickel Mining) の Kelian 鉱山からの 10.2t Aneka Tambang 社の Pongkor 鉱山からの 4.0t Indonesia 社がニッケルコバルトマットを生産している 2004 年のニッケル鉱の生産量は 409 アMinahasa Raya 鉱山からの 2.0t である 万 5,478wmt で Antam 社の Pomalaa Gebe Minahasa Raya 鉱山は 2004 年 8 月に閉山 Gee Buli の 4 鉱山から出鉱された フェロニ 世界の鉱業の趨勢 Kelian 鉱山も 2005 年に閉山される ッケルは同 3 万 9,538t ニッケルコバルトマ - 銀 - ットは 7 万 3,283t である 2004 年の銀生産量は 263t である 主なもの -ボーキサイト- は Grasberg 鉱山の銅精鉱からの銀生産量が 2004 年のボーキサイト生産量は 133t である 148t Batu Hijau 鉱山 ( 銅精鉱 ) からの 70.3t Aneka Tambang 社のリアウ州 Bintan 島 Kijang Pongkor 鉱山から 28.6t Kelian 鉱山から 鉱山から産出されるだけである 9.2t である -ニッケル- 主要鉱物生産量 会社別生産量 国内販売量 ニッケルの生産者は Antam 社と 輸出量は以下のとおりとなっている International Nickel Indonesia 社の 2 社の 主要鉱物生産量 (2000~2005) * 銅精鉱 (dmt) 3,266,367 3,289,499 3,786,695 3,238,306 2,810,333 1,857,391 銅 (ton) 1,012,054 1,048,694 1,171,726 1,005, , ,123 金 (kg) 123, , , ,019 92,936 69,901 銀 (kg) 255, , , , , ,770 錫精鉱 (ton) 55,654 61,863 88,142 71,694 73,079 42,687 錫地金 (ton) 47,129 53,796 67,445 66,284 60,697 33,181 ボーキサイト (mt) 1,150,776 1,237,006 1,283,485 1,262,705 1,330, ,459 ニッケルコバルトマット (ton) 55,589 63,471 60,319 71,211 73,283 36,472 ニッケル鉱 (wmt) 3,038,809 3,619,141 4,366,235 4,395,429 4,095,478 1,646,931 フェロニッケル (mt) 47,749 47,769 42,306 43,894 39,538 13,623 ニッケル (ton) 10,111 10,302 8,804 8,933 7,945 2,715 砂鉄 (wmt) 489, , , ,409 89,664 24,275 * 暫定データ ジア

4 アジアインドネシア48 世界の鉱業の趨勢 2006 会社別生産量 (2000~2004) 単位 Aneka Tambang Tbk, PT ニッケル鉱石 wmt 3,038,809 3,619,141 4,366,235 4,395,429 4,095,478 高品位鉱石 wmt 2,107,454 2,498,163 3,640,705 3,306,733 3,152,420 低品位鉱石 wmt 931,355 1,120, ,530 1,088, ,058 フェロニッケル mt 47,749 47,769 42,306 43,894 39,538 ニッケル ( フェロニッケル中 ) t 10,111 10,302 8,804 8,933 7,945 金 kg 4,210 4,263 4,093 4,497 3,953 銀 kg 28,587 29,614 26,868 29,855 28,558 ボーキサイト mt 1,150,776 1,237,006 1,283,485 1,262,705 1,330,827 砂鉄 wmt 489, , , ,409 89,664 Timah Tbk, PT 錫精鉱 t 40,050 40,535 55,038 43,948 37,212 錫地金 t 35,550 38,081 43,528 45,906 34,644 Freeport Indonesia, PT 銅精鉱 dmt 2,522,670 2,418,110 2,851,190 2,306,200 1,803,234 銅 t 776, , , , ,118 金 kg 77, ,178 97,844 99,682 48,560 銀 kg 136, , , , ,973 Koba Tin, PT 錫精鉱 t 15,604 21,328 33,104 27,746 35,868 錫地金 t 11,579 15,715 23,927 20,378 26,054 International Nickel Ind. Tbk, PT ニッケルコバルトマット t 55,589 63,471 60,319 71,211 73,283 Kelian Equatorial Mining, PT 金 kg 10,516 14,100 16,779 14,583 10,191 銀 kg 10,145 10,502 10,839 10,786 9,179 Newmont Minahasa Raya, PT 金 kg 11,395 10,155 4,803 3,092 1,990 Newmont Nusa Tenggara, PT 銅精鉱 t 743, , , ,106 1,007,099 銅 t 236, , , , ,200 金 kg 9,948 16,064 15,319 18,688 22,359 銀 kg 37,797 54,962 56,184 60,320 70,307 Nusa Halmahera Mineral, PT 金 kg 7,803 8,845 3, ,883 銀 kg 4,688 10,944 7,054 1,151 6,118 主要鉱物国内販売量 (2000~2004) 銅 (t) 188, , , , ,612 金 (kg) 17,159 30,093 24,464 17,783 10,340 銀 (kg) 36,708 63,725 76,836 30,318 31,171 錫地金 (t) 2,142 1,940-2,362 1,967 ニッケル (t) 砂鉄 (wmt) 403, , , , ,937

5 インドネシア主要鉱物輸出量 (2000~2004) 銅 (t) 844, , , , ,911 ア49 金 (kg) 91, , , ,154 86,771 世界の鉱業の趨勢 2006 銀 (kg) 230, , , , ,589 錫地金 (t) 43,504 55,652 62,031 54,987 59,555 ボーキサイト (mt) 1,423,859 1,217,643 1,260,007 1,093,965 1,326,559 ニッケルコバルトマット (t) 54,083 61,293 62,780 71,521 6,003 ニッケル鉱 (wmt) 2,037,765 2,860,643 3,428,946 3,239,598 3,907,042 フェロニッケル (mt) 47,311 46,854 37,086 40,976 36,122 ニッケル (t) 10,200 10,274 8,218 8,288 7,157 砂鉄 (wmt) ,328 Source: Ministry of Energy and Mineral Resources 4. 鉱山会社活動状況 2005 年の金 銀生産量は金が前年比 22% 減の インドネシアは国営鉱山会社を有し 2,911kg 銀は同 11% 減の 24,605kg となってい TimahTambang 社が錫生産を Aneka Tambang 社 る 減産要因は Pongkor 鉱山で実施した安全強 が錫以外の金属鉱物の生産を行っている 銅鉱 化と出鉱能力増強工事によって操業が制限され 業では Freeport Indonesia 社 Newmont Nusa たためである Tenggara 社 ニッケル鉱業の International 2005 年のボーキサイト生産量は 前年比 8% Nickel Indonesia 社等の民間企業が 鉱山の 増加して 144 万 1,899wmt となっている 開発を行っている 同社の合弁会社は以下のとおり - PT Cibaliung Sumber Daya ( Antam Aneka Tambang 社 10.25%):Austindo 社との金鉱開発プロジェ 2005 年の売上累計は 3 兆 2,070 億 IDR で クト 2006 年第 4 四半期から建設着工予定 前年の 2 兆 8,580 億 IDR に比べ 12% の増収で - PT Dairi Prima(Antam 20%) : Herald ニッケル部門は売上全体の 76% 金は 18% ボ Resources 社と 2005 年 11 月に共同開発する ーキサイトは 6% を占めた フェロニッケルの ことで合意し 資金調達完了後にインドネシ 売上は 9,260 億 IDR で前年比 5% の減収となっ ア政府 エネルギー鉱物資源省に開発申請を た 減収要因は フェロニッケル第 2 製錬所の 行なう予定 長期補修のため生産累計が 7,338t となり 前 - PT Sorikmas Mining(Antam 25%):Opra 社 年の 7,945t に比べ 7.6% の減産となったためで と 2005 年 10 月 North Sumatra Tambang ある 金の売上は前年比 9% 増の 5,070 億 IDR Hitam で金鉱開発を行なうことで合意し 12 ボーキサイトは 1,870 億 IDR となった 月から掘削を開始している 2005 年のサポロライト鉱石生産量は前年比 8% 増の 340 万 8,252wmt で Pomalaa 鉱山が 107 Freeport Indonesia 社 万 4,579wmt Gee 鉱山が 117 万 7,589wmt FI はパプア州 Timika で Grasberg 鉱山を操 Buli 鉱山が 103 万 5,089wmt Mornopo 鉱山が 業する 同社の権益は Freeport McMoran 12 万 995wmt となっている Copper & Gold が 90.64% ( Indocopper 2005 年のリモナイト鉱石生産量は前年比 29% Investma 分 9.36% を含む ) インドネシア政府 減の 67 万 2,548wmt で Pomalaa 鉱山の LGSO が 9.36% 所有する 2005 年の売上累計は 40 億 (Low Grade Saprolite Ore) が 51 万 529wmt 1,210 万 US$ となり 前年の 19 億 8,030 万 Buli 鉱山が 16 万 2,019wmt となっている US$ に比べ倍増した ジア

6 アジアインドネシア50 世界の鉱業の趨勢 年 同鉱山の選鉱場の粗鉱処理量は前年度比 17% 増の平均 21 万 6,200t/ 日で 2004 年は 18 万 5,100t だった これは 2003 年第 4 四半期に同鉱山で発生した露天掘りスロープの斜面崩壊により 2004 年は上期まで操業を停止したため減産となったもの 2005 年の粗鉱処理量は Grasberg 露天掘りから 17 万 4,200t/ 年 Deep Ore Zone から 4 万 2,000t/ 年を出鉱した 2005 年は鉱石の平均品位が銅 1.13% 金 1.65g/t で 2004 年度の銅 0.87% 金 0.88g/t に比べ大幅に改善した 同社の 2005 年の銅の販売量は前期比 46% 増の 14 億 6,000 万 lb 金は 280 万 oz となった 2005 の銅の販売実現コストは 2005 年度より 35c 上昇して 1.85US$/lb 金は同 11% 上昇して US$/oz となった ロンドンメタルマーケットのスポット市場での販売価格は 銅が 2.08US$/lb 金が 513US$/oz となった Deep Ore Zone は 2007 年までに破砕機 ベンチレーションを増設し粗鉱処理能力を 5 万 t/ 日までに増強する 同社は 2004 年から未開発の坑内掘り鉱区 Grasberg Block Cave Kucing Liar Mill Level Zone Deep Mill Zone BigGossan を開発するために 既設坑道の 400m 下にトンネルを建設中である ( Common Infrastracture Projects と称されている ) 同社は地方コミュニティーの利益のために同社の歳入の一部をフリーポート パートナーシップ基金 (Freeport Pertnership Fund) に拠出することを誓約している 同基金は地元リーダーの役員会が管理し地域開発のために基金が使用されている 2005 年の拠出額は 4,200 万 US$ で 基金創設以来 同社は約 1 億 9,400 万 US$ を拠出してきている International Nickel Indonesia 社スラウェシ島の Soroak 鉱山を運営している 同社の権益は カナダ Inco 社 住友金属鉱山 が保有し 権益比率は 60.80% 20.09% となっている 1968 年 7 月にインドネシア政府と第 2 次世代事業契約 (COW) を締結し 1996 年 1 月に COW を更新し 2025 年までの期間延長を行っている 同社は自鉱区の鉱石を半製品であるニッケルマットに加工し全量を日本向けに輸 出している 2005 年の売上高は 前年比 12% 増の 8 億 8,509 万 US$ 純利益は前年比 5% 減の 2 億 6,892 万 US$ となった 2005 年のニッケルマットの生産は 前年比 6% 増の 1 億 6,840 万 lb とこれまでの最高を記録した 同社は Soroako のニッケル生産の目標を 1 億 6,000 万 lb とし 2009 年までに 2 億 lb まで引き上げる計画であり これに必要となる電力確保のため 新たな水力発電所 (90~100MW 規模 ) の建設準備に取りかかっている また 2005 年 7 月に東南スラウェシ州東 Pomalaa から 100 万 t のサプロライト鉱石を Antam 社のPomalaa の FeNi III 工場へ出荷した Kelian Equatorial Mining 社 PT-KEM は Rio Tinto の子会社で 東カリマンタン島 West Kutai 地域で Kelian 金鉱山を操業する 同社の権益は Rio Tinto 社が 90% Harita Jayaraya 社が 10% となっている Kelian 鉱床は 1976 年に Rio Tinto によって発見され 1985 年にインドネシア政府と第 3 次世代事業契約 (COW) を締結し 本格的探鉱を実施 同社は 1989 年に FS 調査を完了し 1990 年にインドネシア政府より環境許可を得て 1992 年 1 月から商業生産を開始していたが 2003 年 5 月 鉱量枯渇のため終掘 2005 年 2 月まで貯鉱を処理し閉山を決定した 同社は現在 2008 年までに跡地の環境修復工事を行い モニタリング調査を 2013 年まで実施する予定である Newmont Minahasa Raya 社 (PT-NMR) PT-NMR は Newmont Indonesia 社の子会社で 北 Sulaweshi 島 Minahasa Raya 金鉱山を操業した 1986 年に設立され インドネシア政府と第 4 次世代事業契約 (COW) を締結 同金鉱山は 1996 年から金の生産を開始したが 2004 年 8 月に鉱量枯渇のため閉山した 開山から 9 年間かけて生産した金量は 1.9 百万 oz と報告されている 2005 年 同社はインドネシア政府から同金鉱山で行った深海鉱さい堆積 (STP : Submarine Tailing Placement) が Buyat 湾を汚染し地域住民の健康被害と海洋汚染を引き起こ

7 インドネシアしたとして損害賠償請求 刑事訴追請求を受けた 世界鉱業メディアはこれを Buyat 湾論争として広く海外に報道し インドネシアの投資環境が以前不透明であることを象徴する一つの出来事として紹介された 民事訴訟については 2005 年 11 月 同社が 3,000 万 US$ の和解金を政府に支払うことで決着したが 刑事訴追については未だ係争中である Newmont Nusa Tenggara 社 (PT-NNT) PT-NNT は Batu Hijau 銅鉱山の事業主体として 1986 年に設立された合弁会社で Nusa Tenggara Partnership が 80% の権益を保有し 残る 20% を現地法人 PT Pukuafu が保有する Nusa Tenggara Partnership は Newmont Indonesia 社と日本法人 Nusa Tenggara Mining Corporation から構成され 権益比率は 56.25:43.75 となっている PT-NNT は 1986 年 12 月にインドネシア政府と第 4 次世代事業契約 (COW) を締結し 10 年間の探鉱期間を経て 18 億 US$ を投じる鉱山建設が 1997 年から始まり 1999 年に完成し 試験操業の後 2000 年 3 月 1 日に本格的商業生産に移行している 約 7,000 人の従業員を雇用し その約 6 割が West Nusa Tenggara の出身である Nusa Halmahera Mineral 社 Halmahera 島北マルク州にある Toguraci 鉱山を操業する 同社の権益は Newcrest 社と Antam 社が保有し 権益比率は 82.5% 17.5% となっている Toguraci 鉱山の 2006 年第 1 四半期の鉱石生産量は 73,000t で金 4 万 9,730oz を生産した 鉱山は 2004 年 2 月に開山し わずか 2 年 4 か月で終掘する PTNMH は 同鉱山に隣接する Kencana 鉱床の開発に着手し 2006 年第 4 四半期の金生産を目視している 既に斜坑 (512m) の建設を終了し 3 月に着脈 3 月 24 日に最初の鉱石を搬出した 投資額は 5,000 万 US$ が見込まれ 現在の進捗率は 71% となっている Timah 社 2005 年は錫地金価格の低下と生産コストの上昇により 純利益は前年度に比べ 40% 減の 1,075 億ルピア 売上高は同 21% 増の 3 兆 3,962 億ルピアを計上した 錫の通年の精鉱生産量は同 15% 増の 4 万 2,615t 地金は同 20% 増の 4 万 1,799t となり 販売量も同 20% 増の 4 万 2,227t に伸びた アしかし 錫地金の販売実現価格が前年に比べ 12% 低下し 7,502US$ だったことから減益決算となった 2005 年の精鉱生産は海域が 9,373t で全体の 22% を占める Austindo Resources 社 12 月 バンテン州 Chibaliung 金鉱開発に向け ANZ インベストメント バンクから 2,600 万 US$ の融資契約を調印した 同金鉱は坑内掘鉱山で 2006 年後半に生産を開始する予定で 粗鉱処理量 22 万 t で金 7 万 oz/ 年の生産を見込んでいる 投資額は 3,700 万 US$ 採掘はカット & フィル法 金はカーボン イン リーチ法により回収される 生産コストは 200US$/oz 鉱山ライフは 6 年 2005 年 5 月 10 日 Pandeglang 県当局から同金鉱の開発に必要となる環境許可を取得した 2005 年 12 月末現在 同金鉱の権益 89.75% を保有する 残る権益 (10.25%) は Aneka Tambang 社が保有する 同鉱山に設置される選鉱設備は 西オーストラリア州 Mount Olympus 鉱山で使用していた設備を Sipa Exploration NL. より購入したもの このほか Austindo Resources 社は 中部ジャワ州 Pekalongan 東ジャワ州 Trenggalek で浅熱水性金鉱床の探鉱を手掛ける Pekalongan は 2005 年 5 月に鉱区 (5618ha) を取得 Trenggalek は Surabay の南西に位置し PT Sumber Nusantara Mineral( 権益 5%) との共同探鉱で 2006 年に KP ( 17,384 ha ) を Trenggalek 県当局より取得した KP 所有者は PT Sumber Mineral Nusantara Mineral である 同地区は Austindo が 2005 年始めに SKIP (Reconnaissance Permit Letters) を取得し 概査 地質図作成 河床堆積物調査 (290 サンプル ) 転石分析(107 サンプル ) を行い 17 有望地区を抽出したもので Dalang Turu Sentul Paces の 2 地区については地質図作成 サンプリング調査を実施している なお 同社は 2005 年 5 月 20 日 パプア州 西イリアンジャヤ (West Irian Jaya) におけ世界の鉱業の趨勢 ジア

8 アジアインドネシア52 世界の鉱業の趨勢 2006 る斑岩銅鉱床の開発に関し the Anglo American Group の一員である PT Minorco Services Indonesia ( Minorco ) と Strategic Alliance Agreement ( Alliance ) を締結している PT Meares Soputan Mining 社同社は Archipelago Resources and Ausindo の系列会社で 北スラウェシ州 Minahasa 県 Bitung 県で金鉱山の開発を行っている 2005 年 12 月 同社は両地域の金鉱開発に今後 6 年間で 2~3 億 US$ を投資する計画を明らかにしている 金の年間生産量 16 万 2,000oz を見込むが 同社は鉱滓処分に深海鉱滓堆積法 (STP: Submarin Tailing Replacement) の採用を検討している Weda bay Minerals 社北マルク州 Halmahera 島でニッケル コバルト鉱山開発プロジェクトを手掛ける 埋蔵鉱量は 3 億 4,000 万 t 鉱石品位はニッケル 1% コバルト 0.1% と推定され 世界有数のニッケル鉱山と期待されている 潜在埋蔵鉱量は 5 億 t とされている 同社は ニッケルは年産 6 万 t コバルトは同 5,000t 生産する計画である 同鉱山の持分は PTWBN 社 90% PT Antam 社が 10% となっている 2006 年 3 月 29 日 仏 Eramet 社は PTWBN 社を 2 億 7,000 万 US$ で買収する提案を行い PTWBN 社の取締役会はこの提案を受託している Asia Gold 社 Asia Golds 社は 2006 年 1 月 PT Harita Multi Karya Mineral(HMKM)(HaritaGroup) と Maluku 州 Bacan 島における Kaputusan 斑岩銅金鉱床の開発に関し覚書を締結した 同鉱区は 2005 年 1 月 HMKM が取得した KP 探鉱許可の地域 (25,775ha) 内にあり 海岸から 15km 以内であり 道路も整備されている 覚書では Asia Gold が 合弁事業の最初の年に US$300,000 の探鉱費を投じることによって Kaputusan の権益 85% を取得する 残る 15% は HMKM のフリーキャリー権益となる Kaputusan 斑岩銅金鉱床は 年に発見され 1983~1984 年にトレンチ調査 (5,550m) とボ ーリング調査 (10 本延べ 1,575m) が実施され 1993 ~ 1997 年には Newcrest Mining 社 (Newcrest) が詳細地質図の作成を行っていた Asia Golds 社の主要株主は Ivanhoe Mine Ltd で 47.3% BHP Billiton が7% を保有する 5. 鉱山 製練所状況 - 銅 - Grasberg 鉱山ニューギニア島パプア州の中央山脈の南側に位置し 標高 4,000m 以上の急峻な地域にある 鉱床は磁鉄鉱と金に富む斑岩銅鉱床である PT Freeport Indonesia 社が操業する 鉱山別 2005 年生産実績ベースで銅は世界 2 位 金は世界 1 位に位置する Graberg 鉱山の発見は Ertzberg 鉱山を閉山しようと計画していた 1 年前の 1988 年に発見され Freeport Indonesia 社が 1991 年 12 月 インドネシア政府と第 5 次世代事業契約 (COW) を締結し ブロック A(100km 2 ) とブロック B(26,050km 2 ) に分けて本格探鉱を行い Grasberg Kuching Liar DOZ IOZ Big Gossan DOM などを発見し 今日に至っている 埋蔵鉱量 30 億 t 銅品位 1.07% 金品位 0.92g/t となっている 2005 年の生産量は銅が 76 万 6,000t 金が 107t となっている Batu Hijau 鉱山スンバワ島の南西部端の海岸より東約 15km に位置する PT Newmont Nusa Tenggara 社が操業する 斑岩銅鉱床である 2005 年の生産量は 銅が前年比 17% 減の 5 億 9,600 万 lb となった ( 前年は 7 億 1,693 万 lb) 金は同 2% 増の 73 万 1,800oz となった ( 前年は 71 万 8,800oz) 2003 年 12 月末の確定埋蔵鉱量は銅 115 億 lb 金 1,260 万 oz と推定されている 鉱山ライフは 2025 年 事業契約鉱区内の Elang 地区で探鉱を行っている 2006 年の販売予想量は 銅が 5 億 6,500 万 lb 金が 5 万 7,500oz となっている Gresik 製錬所東ジャワ州 Surabaya の北 30km に位置し Pt Smelting 社が 1999 年 5 月 28 日に商業生産を開始した Pt Smelting は三菱マテリアル

9 インドネシア三菱商事 日鉱金属 Freeport Indonesia が権益を保有し その比率は 60.5% 9.5% 5% 25% となっている 同製錬所は Freeport Indonesia とインドネシア政府との Grasberg 鉱山開発の第 5 次世代事業契約交渉において付加価値化を求める政府の指導を受けて Freeport Indonesia 社が建設に合意し 日本企業の参入により実現したもの 原料は パプア州 Grasberg 鉱山から受け入れている 2001 年 6 月 LME の A 級銅カソード製錬所として指定される 銅カソード連続鋳造装置に Hazelett-MannesmannContilanod システムを採用する 2005 年の生産量は 26 万 3,100t であった なお PT Smelting 社は Gresik 製錬所の処理能力を現在の 25 万 5000t から 6% 増の 27 万 t に引き上げる計画を明らかにしている -ニッケル- Soroako 鉱山同鉱山は露天掘ラテライトニッケル鉱床で 製錬所は水力 火力発電所を有し 道路 空港 港などインフラも整備され 世界的にもニッケル生産コストが安い鉱山として知られる 1988 年 住友金属鉱山 は資本参加を決定した 埋蔵鉱量は 1 億 4,700 万 t ニッケル品位 1.8% と推定されている Pomalaa 鉱山 Pamalaa 鉱山は 東 Sulawesi 州 Kolaka の南 30km の海岸沿い及び Namiang 島に位置する Pamalaa 鉱床は 1909 年に発見され探査は 1934 年から開始された 本格生産は 1962 年から始まり現在に至る Pomalaa は Antam ニッケル事業部門の中心地で 3 箇所 (North 地区 Central 地区 South 地区 ) の採掘エリアと 3 製錬所 (FeNi Ⅰ FeNi Ⅱ FeNi Ⅲ) を有する 鉱石輸送は沖合に停泊する船に はしけ船で運搬される Pomalaa 鉱区対象面積 : 8,314.4 ha Antam のフェロニッケル生産能力は 現在 FeNiⅠ(5,500t) FeNi Ⅱ(5,500t) FeNi Ⅲ (15,000t) から生産されている FeNi Ⅱは 2005 年 3 月 炉内の金属レベルと炉内温度の異常を検知しため 約 700 万 US$ を 投資して電気炉の耐火煉瓦の補修を行い 10 月下旬から生産を再開している FeNiⅢは 2006 年 5 月から本格生産を開始した また同社は Halmahera 県知事の要請に基づきア製品付加価値を高めるため ニッケル鉱石は Pomalaa へ出荷せず FeNi Ⅳを建設しフェロニッケルを生産することとしている 韓国製鉄メーカー POSCO と MOU を締結済み 年生産能力 30,000t 稼動目標 2010 年 投資金額 6 億 5,000 万 US$ を見込む また 新たに高圧酸浸出法 (HPAL) の適用の可能性を 現在 豪州 / アジア企業に打診中である 年生産能力 50,000t 稼動目標 2010 年 投資金額 10 億 US$ を見込む 北マルク州の Gebe Gee 及び Tanjung Buli の 4 鉱山のうち Gebe 鉱山は 2004 年 11 月で採掘を終了した 同鉱山は 1979 年に操業を開始 年間 Saporite 鉱 70 万 ~100 万 t Limonite 鉱 50 万 ~100 万 t を生産していた 閉山処理に伴う費用は 590 億ルピアとされており 閉山プログラムの一環としてリハビリテーション及び環境モニタリングを継続するとともに 地元地域社会や漁業振興のための協力を行うこととしている 同鉱山の閉山に伴い 2005 年 5 月 北マルク州 Mornopo 鉱山の操業を開始した 6. 我が国との関係 Antam 社は 2006 年 5 月 2 日 Tayan アルミナプロジェクトに関し 昭和電工 ( 株 ) 丸紅 ( 株 ) シンガポール企業 Staits Trading Amalgamated Resources Private(STAR s) 社の 3 社と 年産 30 万 t のケミカル用途のアルミナ工場を建設する JV 契約を 3 月 31 日に締結したことを明らかにした 2003 年 みずほファイナンシャルグループが実施したバンカブル フィージビリティー スタディー (BFS) の時点に比べ事業費が増大してきていることから 経済性の確認を再度行なった上でプロジェクトの成否を判断し 経済性が確保できる場合は プロジェクト実現に向け 3 社が必要な措置を講ずることとしている Antam 社は 2009 年末の生産開始を目指している 事業費総額は 2 億 2,000 万 US$ 以上が世界の鉱業の趨勢 ジア

10 アジアインドネシア54 世界の鉱業の趨勢 2006 見込まれ 権益比率は Antam 社 49% 残り 3 社が 51% を保有 アサンアルミは 2005 年で事業化から 30 周年記念となる 我が国政府は インドネシア政府と自由貿易協定 (FTA) を含む経済連携協定 (EPA) 交渉を行っている インドネシアは 我が国の鉱物エネルギー資源の重要な供給先であり 同分野における日本企業の投資も多いため はじめて EPA 交渉において鉱物資源 エネルギー分野がスコープとなり 現在 7 の大筋合意にむけ交渉が進められている JOGMEC では 2003 年度よりチコトック地域及びフローレス島地域において共同資源開発基礎調査を実施している 7. 国際会議等の実績インドネシア鉱業協会が主催するインドネシア鉱業大会が 2005 年 9 月 21 日から 24 日にかけてジャカルタ Kemayoran 国際会議場にて行われている 基調講演は 経済省 森林省 環境省産業省の 4 閣僚が 鉱業投資の促進 鉱業と森林政策 鉱業と環境政策 産業政策について講演を行い 国内鉱業関係者が鉱物資源探鉱プロジェクトの事例紹介 鉱山の拡張計画など紹介を行なっている ( / ジャカルタ事務所池田肇 )