ニュースフラッシュ 2 [アジア] 韓 国 : 韓 国 政 府 レアアース 戦 略 備 蓄 大 幅 増 加 か 中 国 : 五 鉱 集 団 広 東 省 レアアース 産 業 へ 進 出 中 国 : 第 12 次 5 カ 年 計 画 電 解 アルミ 及 びレアアー ス 産 業 の 統 合 再 編 促 進

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ニュースフラッシュ 2 [アジア] 韓 国 : 韓 国 政 府 レアアース 戦 略 備 蓄 大 幅 増 加 か 中 国 : 五 鉱 集 団 広 東 省 レアアース 産 業 へ 進 出 中 国 : 第 12 次 5 カ 年 計 画 電 解 アルミ 及 びレアアー ス 産 業 の 統 合 再 編 促 進"

Transcription

1 ニュースフラッシュ 1 金 属 鉱 業 情 報 平 成 23 年 3 月 16 日 Vol.18 No.11 ニュース フラッシュ 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 金 属 資 源 情 報 センター 電 話 : FAX: ニュース フラッシュは インターネットでも 御 覧 になれます 記 事 検 索 も 行 えます [ 中 南 米 ] チリ:CODELCO 2011 年 の 探 鉱 費 増 額 チリ: COPEC 社 Diego Almagro 銅 プロジェクトを 買 収 チリ:CODELCO ウラン 生 産 の 可 能 性 を 検 討 チリ:CODELCO 同 社 保 有 の 中 小 探 鉱 プロジェクトを 推 進 ペルー:Moquegua 県 が 国 内 最 大 の 鉱 業 投 資 対 象 県 ペルー:Dia Bras 社 Minera Corona 社 を 2.85 億 US$で 買 収 ペルー: 零 細 鉱 業 者 連 盟 無 期 限 ストの 実 施 を 発 表 ペルー:Candente Copper 社 Canariaco Norte 銅 金 プロジェクトを 再 評 価 ペルー:Las Bambas 銅 プロジェクト EIA 承 認 ペルー:La Arena 金 銅 プロジェクト 2011 年 4 月 末 に 生 産 開 始 ペルー:Anglo American Quellaveco 銅 プロジェク ト 建 設 開 始 の 報 道 を 否 定 ペルー:Bongara 亜 鉛 プロジェクト 2011 年 10 月 に 探 鉱 完 了 の 見 通 し ペルー: 鉱 業 政 策 指 数 などのランキング 低 下 ペルー:2010 年 鉱 業 投 資 額 が 過 去 最 高 に ペルー:Apurimac 県 Las Bambas 銅 プロジェクトの 納 税 により 年 10 億 ソーレスを 享 受 ペルー:Junin 県 民 間 投 資 に 対 する 地 元 住 民 等 と の 一 連 の 実 施 条 件 を 条 例 化 ペルー:Renco グループ La Oroya 製 錬 所 問 題 で 政 治 的 圧 力 利 用 を 画 策 ペルー:エネルギー 鉱 山 大 臣 鉱 業 ロイヤルティ 引 上 げの 可 能 性 に 言 及 エクアドル: 鉱 山 副 大 臣 PDAC で 鉱 山 開 発 状 況 講 演 パナマ: 新 鉱 業 法 廃 止 の 決 定 は Petaquilla 銅 プロ ジェクトに 影 響 を 与 えず パナマ:Petaquilla 社 Molejon 金 鉱 山 の 第 1 フェ ーズ 資 源 量 金 20 t と 発 表 アルゼンチン:Agua Rica プロジェクト 開 発 に 向 け Minera Alumbrera 社 に 譲 渡 メキシコ:Great Panther 社 Topia 多 金 属 鉱 山 の 新 規 資 源 量 評 価 結 果 を 公 表 メキシコ:Scorpio 社 Nuestra Señora 多 金 属 鉱 山 の 新 規 資 源 量 評 価 結 果 を 公 表 [ 北 米 ] 加 :Labrador Iron Mines 社 鉄 鉱 石 輸 送 に 関 して 鉄 道 会 社 と 契 約 締 結 加 :Capstone Mining 社 YK 準 州 Minto 銅 金 鉱 山 の 拡 張 計 画 のプレ FS 完 成 [ 欧 州 CIS] ロシア: 天 然 資 源 環 境 省 地 下 資 源 利 用 権 の 認 可 シ ステム 迅 速 化 に 係 る 修 正 法 案 を 政 府 に 提 出 ロシア:ロシア 天 然 資 源 環 境 省 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 変 更 に 関 する 修 正 法 案 を 政 府 に 提 出 ロシア:Norilsk Nickel 連 邦 自 然 利 用 監 督 局 との 間 で 共 同 行 動 計 画 を 作 成 ロシア:ロシアの 供 給 減 少 によりパラジウム 価 格 が 上 昇 の 可 能 性 欧 州 : 大 多 数 の EU 加 盟 国 EU 水 質 枠 組 指 令 の 追 加 規 制 優 先 物 質 リスト 案 に 亜 鉛 を 含 めない に 投 票 カザフスタン:ENRC 銅 生 産 で Kazakhmys を 追 い 抜 く 投 資 計 画 を 明 言 [アフリカ] DRC コンゴ:2011 年 3 月 10 日 同 国 東 部 からの 鉱 物 輸 送 を 解 禁 [オセアニア] 豪 :Venture Minerals 社 は Mt Lindsay 錫 タング ステン プロジェクトのプレ FS を 完 了 豪 :Hazelwood Resources 社 WA 州 タングステン プロジェクトの 資 源 量 を 発 表 豪 :Toro Energy 社 は WA 州 Wiluna ウラン プロジ ェクトの 環 境 影 響 報 告 書 を 提 出 豪 :OZ Minerals 社 は SA 州 Carrapateena 銅 金 プ ロジェクトを 買 収 PNG:Newcrest Mining 社 Wafi-Golpu のボーリング でこれまで 最 高 品 位 の 銅 金 を 捕 捉

2 ニュースフラッシュ 2 [アジア] 韓 国 : 韓 国 政 府 レアアース 戦 略 備 蓄 大 幅 増 加 か 中 国 : 五 鉱 集 団 広 東 省 レアアース 産 業 へ 進 出 中 国 : 第 12 次 5 カ 年 計 画 電 解 アルミ 及 びレアアー ス 産 業 の 統 合 再 編 促 進 中 国 : 広 西 壮 族 自 治 区 323 件 の 鉱 業 権 削 減 中 国 : 広 西 壮 族 自 治 区 でアンチモン 産 業 再 編 中 国 : 中 広 ウラン 業 Kalahari 社 ( 英 国 )を 12.3 億 US$で 買 収 中 国 : 赤 峰 市 巴 林 左 旗 の 年 産 10 万 t の 鉛 製 錬 プラン ト 建 設 再 開 チリ:CODELCO 2011 年 の 探 鉱 費 増 額 メディア 報 道 によると CODELCO の Hernandez 総 裁 は トロントで 開 催 された PDAC で 2011 年 の 探 鉱 費 が 対 前 年 比 40% 増 の 62 百 万 $になるとの 見 通 しを 語 った このうち 80%は 既 存 チリ 鉱 山 周 辺 での ブラウンフィールドの 探 鉱 向 けとなる また 残 りの 20%は ブラジル エクアドル コロンビア 各 国 で の 初 期 探 鉱 向 けとなる ( サンティアゴ 神 谷 夏 実 ) チリ: COPEC 社 Diego Almagro 銅 プロジェクトを 買 収 メディア 報 道 によると COPEC 社 は 子 会 社 の Minera Can Can 社 を 通 じて チリ 北 部 の Diego Almagro 銅 プロジェクトの 100%を 40.1 百 万 $で 買 収 した Minera Can Can 社 は 2011 年 から 2013 年 にかけて 107 百 万 $を 投 じて 開 発 計 画 環 境 対 策 を 検 討 後 銅 地 金 生 産 工 場 の 建 設 を 行 い 第 2 段 階 として 120 百 万 $を 投 じて 選 鉱 場 の 建 設 を 行 う 2014 年 に 操 業 開 始 予 定 で 銅 地 金 110 千 t/ 年 銅 精 鉱 300 千 t/ 年 の 生 産 で マインライフは 20 年 である Minera Can Can 社 は Choquelimpie 金 プロジェクト( 自 然 保 護 区 内 にあり 2004 年 に 地 元 の 反 対 で 休 山 )を 保 有 する 他 2011 年 1 月 に El Bronce 金 鉱 山 を 34.9 百 万 $で 買 収 した ( サンティアゴ 神 谷 夏 実 ) チリ:CODELCO ウラン 生 産 の 可 能 性 を 検 討 メディア 報 道 によると CODELCO Hernandez 総 裁 は CODELCO は 銅 鉱 石 廃 さいからウラン 生 産 の 可 能 性 について 検 討 しているが 同 社 のコアビジネスである 銅 生 産 に 比 べて 売 り 上 げへの 貢 献 は 小 さく 採 算 性 を 見 極 めた 上 で 決 めたい と 語 った CODELCO とチリ 原 子 力 委 員 会 (CCHEN) 及 びフランス 原 子 力 庁 (CEA)は 2011 年 2 月 末 チリ 第 Ⅱ 州 Radomiro Tomic 銅 鉱 山 におけるウラン 回 収 試 験 について MOU を 取 り 交 わしている CODELCO と CCHEN は 2010 年 10 月 から 同 鉱 山 でウラン 回 収 のパイロット 試 験 を 実 施 している パイ ロット 試 験 は CODELCO が 資 金 1.3 百 万 $を 提 供 し CCHEN が 技 術 的 なサポートを 行 っている この 試 験 は 同 鉱 山 の 湿 式 銅 製 錬 プロセスで 発 生 した 廃 さいからウランを 回 収 することを 目 的 としており 10 か 月 後 に 結 論 が 出 される 予 定 である チリでは 電 力 コストが 高 いことが 今 後 の 鉱 業 の 発 展 に 影 響 を 及 ぼすとの 観 点 から 原 子 力 開 発 への 関 心 とりわけ 銅 鉱 石 中 に 含 まれるウランに 関 心 が 高 まっている チリ 政 府 は 2025 年 までの 原 子 力 開 発 政 策 プランを 準 備 中 とも 言 われている ( サンティアゴ 神 谷 夏 実 ) チリ:CODELCO 同 社 保 有 の 中 小 探 鉱 プロジェクトを 推 進 メディア 報 道 によると CODELCO の Hernandez 総 裁 は トロントで 開 催 された PDAC にて 同 社 が 保 有 する 中 小 規 模 の 探 鉱 プロジェクトを 推 進 するために Special Purpose Vehicle (SPV)をスタートさせる と 述 べた 同 社 には 現 在 30 社 以 上 との 探 鉱 プロジェクトがあるが そのほとんどがこの SPV の 対 象 とな

3 ニュースフラッシュ 3 る Hernandez 総 裁 は 現 在 の 高 い 資 源 価 格 が 続 く 間 に これらの 中 小 プロジェクトの 探 鉱 を 推 進 した い と 語 ったが チリ 政 府 が 最 近 発 表 した Fenix 投 資 ファンドとの 連 携 も 考 えているとみられる ( サンティアゴ 神 谷 夏 実 ) ペルー:Moquegua 県 が 国 内 最 大 の 鉱 業 投 資 対 象 県 2011 年 3 月 7 日 付 け 地 元 各 紙 によると ペルー 国 内 の 県 別 鉱 業 投 資 額 は Moquegua 県 が 65 億 US$で 首 位 となっている 同 県 におけるプロジェクトに 関 して エネルギー 鉱 山 省 の Luna 鉱 業 促 進 部 長 は Quellaveco 銅 プロ ジェクト(Anglo American)は 既 に 建 設 段 階 に 入 っており 2014 年 以 降 年 間 225 千 t の 銅 を 生 産 する 計 画 であること Los Calatos 銅 モリブデン プロジェクト(Metminco 社 )の 資 源 量 は 9.26 億 t に 増 加 し 22 億 US$が 投 じられ 30~40 年 のマインライフとなる 見 込 みであること 更 に Chupaca プロジェク ト(Goldfields/Buenaventura)では 現 段 階 で 83.7 百 万 t の 資 源 量 が 確 認 され 金 品 位 1.9 g/t 銅 品 位 0.09% 銀 品 位 8.2 g/t であることなどに 言 及 した ペルー:Dia Bras 社 Minera Corona 社 を 2.85 億 US$で 買 収 2011 年 3 月 7 日 付 け 地 元 紙 等 によると Dia Bras 社 (カナダ)は Minera Corona 社 との 間 で 同 社 の 株 式 92%を 2 億 8,546 万 US$で 取 得 することに 合 意 した 対 象 となるのは 議 決 権 を 有 する 株 式 で Minera Corona 社 の 資 本 全 体 の 82%に 相 当 する Dia Bras 社 は 貴 金 属 及 びベースメタルの 探 鉱 企 業 で これまでメキシコ 北 部 を 中 心 に 活 動 を 行 ってき た 一 方 Minera Corona 社 は Yauricocha 鉱 山 (Lima 県 )において 銀 銅 鉛 亜 鉛 等 を 生 産 するほか Huanchor 水 力 発 電 所 の 操 業 と 売 電 を 行 っている ペルー: 零 細 鉱 業 者 連 盟 無 期 限 ストの 実 施 を 発 表 2011 年 3 月 7 日 付 け 地 元 紙 等 によると 2 月 後 半 から 3 月 にかけて 政 府 によって Madre de Dios 県 内 の 違 法 金 採 掘 船 の 破 壊 解 体 が 行 われたことに 関 して 全 国 の 零 細 鉱 業 従 事 者 の 代 表 者 らが Nasca で 会 合 を 持 ち 零 細 鉱 業 に 対 する 軍 事 介 入 と 死 者 発 生 への 抗 議 表 明 を 目 的 に 2011 年 3 月 26 日 から 無 期 限 ストライキを 実 施 することに 全 会 一 致 で 合 意 した この 会 合 に 出 席 したのは Cajamarca 県 Loreto 県 La Libertad 県 Piura 県 Madre de Dios 県 Ayacucho 県 Puno 県 Cusco 県 等 における 零 細 鉱 業 従 事 者 の 代 表 者 である ペルー:Candente Copper 社 Canariaco Norte 銅 金 プロジェクトを 再 評 価 2011 年 3 月 8 日 付 け 地 元 紙 等 によると Candente Copper 社 は Canariaco Norte プロジェクト (Lambayeque 県 )の 税 引 き 後 の 割 引 現 在 価 値 (NPV)が 9.6 億 US$から 億 US$に 増 加 したと 発 表 した これは 銅 価 格 を 2.25 US$/lb 金 価 格 を 1,015 US$/oz 銀 価 格 を US$/oz とした 計 算 に 基 づいた 結 果 である なお 同 プロジェクトのプレ FS の 経 過 報 告 は 2011 年 3 月 半 ばに 発 表 される 見 通 しである

4 ニュースフラッシュ 4 ペルー:Las Bambas 銅 プロジェクト EIA 承 認 2011 年 3 月 8 日 付 け 地 元 紙 等 によると ペルー エネルギー 鉱 山 省 は Xstrata Tintaya 社 に 対 し 2011 年 3 月 7 日 付 けで Las Bambas 銅 プロジェクト(Apurimac 県 )の EIA( 環 境 影 響 評 価 )を 承 認 した 本 プロジェクトへの 投 資 額 は 42 億 US$が 計 画 されている エネルギー 鉱 山 省 の Ramirez 鉱 業 環 境 局 長 によると 本 プロジェクトで 利 用 される 水 は 全 て 循 環 して 操 業 に 再 利 用 されることから 外 部 への 廃 水 の 排 出 は 一 切 行 わない また 操 業 によって 影 響 を 受 ける Fuerabamba 村 の 70 世 帯 は 電 気 や 上 下 水 道 等 の 設 備 の 整 った 新 たな 住 宅 地 に 移 転 する 計 画 である Xstrata Tintaya 社 によれば 鉱 山 建 設 は 2011 年 H2 にも 開 始 されるほか 諸 手 続 は 予 想 よりも 速 い ペースで 進 んでおり 2014 年 H1 には 生 産 開 始 が 見 込 める 模 様 である 一 方 同 社 の Antapaccay 銅 プロ ジェクトに 関 しては 2012 年 H2 に 生 産 を 開 始 する 計 画 である ペルー:La Arena 金 銅 プロジェクト 2011 年 4 月 末 に 生 産 開 始 2011 年 3 月 8 日 付 け 地 元 紙 等 によると Rio Alto Mining 社 は 2011 年 4 月 末 にも La Arena プロジ ェクト(La Libertad 県 )での 生 産 を 開 始 する 予 定 である 本 鉱 床 は 酸 化 鉱 と 硫 化 鉱 より 構 成 され 金 の 金 属 量 は 4 百 万 oz( 約 124 t) 以 上 と 見 込 まれている また 酸 化 鉱 における 初 年 度 の 金 生 産 量 は 75,000 oz( 約 2.3 t)で 次 年 度 以 降 は 100,000 oz( 約 3.1 t)を 生 産 する 見 通 しである なお 硫 化 鉱 については 2011 年 5 月 に FS を 開 始 する 予 定 であり 本 FS により 更 に 資 源 量 が 増 加 す る 見 通 しである ペルー:Anglo American Quellaveco 銅 プロジェクト 建 設 開 始 の 報 道 を 否 定 2011 年 3 月 8 日 付 け 地 元 紙 等 によると Anglo American は Quellaveco 銅 プロジェクト(Moquegua 県 )は EIA( 環 境 影 響 評 価 ) 承 認 の 段 階 にあり 現 時 点 における 鉱 山 施 設 やプラントの 建 設 は 行 っていない と 明 言 した これは 先 にエネルギー 鉱 山 省 の Luna 鉱 業 促 進 部 長 が Quellaveco 銅 プロジェクトは 既 に 建 設 段 階 に 入 っていると 発 言 したことを 訂 正 するものである なお Moquegua 県 では 2011 年 3 月 14 日 の 週 ~21 日 の 週 にかけて 同 プロジェクトの 建 設 に 関 して 自 治 体 や 住 民 を 含 めた 協 議 会 が 開 催 される 計 画 となっている ペルー:Bongara 亜 鉛 プロジェクト 2011 年 10 月 に 探 鉱 完 了 の 見 通 し 2011 年 3 月 9 日 付 け 地 元 紙 等 によると Rio Cristal Resources 社 (カナダ)の Findley 社 長 は Bongara 亜 鉛 プロジェクト(Amazonas 県 )の 探 鉱 プログラムが 2011 年 10 月 に 完 了 する 見 通 しであると 発 表 した Rio Cristal Resources 社 は この 他 にもペルー 国 内 に La Cumbre プロジェクト 及 び Condor プロジェ クト 等 を 所 有 している ペルー: 鉱 業 政 策 指 数 などのランキング 低 下 2011 年 3 月 9 日 付 け 地 元 紙 等 によると カナダの Fraiser 研 究 所 は 鉱 山 会 社 494 社 を 対 象 としたア ンケートを 行 った 結 果 2010/2011 年 度 のペルーの 鉱 業 政 策 指 数 は 48 位 ( 前 年 度 39 位 ) 地 質 ポテンシ ャル 指 数 は 22 位 ( 前 年 度 12 位 )と 発 表 した

5 ニュースフラッシュ 5 鉱 業 政 策 指 数 の 低 下 について ペルー 鉱 業 石 油 エネルギー 協 会 (SNMPE)の Martinez 会 長 は ここ 数 か 月 間 に 複 数 の 大 統 領 候 補 が 提 示 している 鉱 業 課 税 やロイヤルティの 引 上 げ 案 が 投 資 家 に 対 してペルー は 不 安 定 であるという 印 象 を 与 えており ペルーに 対 する 鉱 業 投 資 の 意 欲 が 低 下 しているとの 考 えを 示 した 一 方 地 質 ポテンシャル 指 数 の 低 下 は この 2 年 間 に 国 内 で 大 規 模 な 鉱 床 が 発 見 されなかったか らであるとし その 原 因 は 社 会 問 題 によって 探 鉱 活 動 が 妨 害 されているからだと 説 明 した SNMPE によれば 2011 年 から 2012 年 にかけて ペルーでは 130 億 US$の 鉱 業 投 資 が 計 画 されているも のの その 実 施 は 必 ずしも 保 証 されていない ペルー:2010 年 鉱 業 投 資 額 が 過 去 最 高 に 2011 年 3 月 9 日 付 け 地 元 紙 等 によると Sanchez エネルギー 鉱 山 大 臣 は カナダで 開 催 された PDAC で 行 った 講 演 の 中 で 2010 年 のペルーにおける 鉱 業 投 資 は 40 億 US$を 超 え 過 去 最 高 となったと 発 表 した Sanchez 大 臣 は ペルーは 世 界 第 3 位 の 探 鉱 投 資 対 象 国 であり 特 に 近 年 はペルーの 鉱 業 ポテンシ ャルに 対 する 信 頼 によって 鉱 業 投 資 額 は 増 加 している と 述 べたほか ペルーの 鉱 産 物 輸 出 額 がこの 10 年 間 で 7 倍 に 増 加 したこと また ペルーの 全 輸 出 額 の 62% 納 付 される 全 所 得 税 額 の 33%が 鉱 業 に 由 来 すること 等 を 説 明 し 世 界 の 鉱 業 関 係 者 を 前 にペルーへの 鉱 業 投 資 をアピールした ペルー:Apurimac 県 Las Bambas 銅 プロジェクトの 納 税 により 年 10 億 ソーレスを 享 受 2011 年 3 月 10 日 付 け 地 元 紙 等 によると エネルギー 鉱 山 省 は Las Bambas 銅 プロジェクトによって Apurimac 県 が 享 受 するカノン 税 及 びロイヤルティは 10 億 ソーレスにのぼると 発 表 した Gala 鉱 山 次 官 は プロジェクトに 対 する 投 資 総 額 は 42 億 US$で 鉱 山 建 設 段 階 で 6,500 名 操 業 段 階 で 1,400 名 分 の 雇 用 を 創 出 する 等 直 接 間 接 的 に 多 大 の 利 益 がもたらされるとコメントした また 同 社 の 適 切 な 住 民 対 策 が 地 域 社 会 からの 支 持 や EIA( 環 境 影 響 評 価 )の 承 認 につながったと 評 価 した 更 に 本 プロジェクトは 2014 年 に 操 業 を 開 始 し 1 日 あたり 14 万 t の 銅 鉱 石 が 採 掘 されるとしたほか Antamina 鉱 山 拡 張 や Antapaccay 銅 プロジェクト Toromocho 銅 プロジェクトの 操 業 が 開 始 されれば ペルーの 銅 生 産 量 は 年 間 100 万 t 増 加 するとの 見 通 しを 示 した ペルー:Junin 県 民 間 投 資 に 対 する 地 元 住 民 等 との 一 連 の 実 施 条 件 を 条 例 化 2011 年 3 月 10 日 付 け 地 元 紙 等 によると Junin 県 政 府 は 同 県 内 における 民 間 投 資 の 実 施 条 件 を 定 めた 条 例 を 発 布 した 本 条 例 では 前 提 として Junin 県 にとって 民 間 投 資 は 重 要 であるとしつつ 県 内 の 先 住 民 コミュニティーや 農 民 コミュニティーにおいて 企 業 活 動 を 行 う 場 合 これらコミュニティーが 天 然 資 源 の 管 理 保 存 や 企 業 活 動 がもたらす 利 益 に 参 加 することが 定 められている Roy 県 知 事 によると 具 体 的 には 先 住 民 / 農 民 コミュニティーが 少 数 株 主 となることを 意 味 しており 既 に Cementos Andinos 社 のようにコミュニティーが 1% 以 下 の 株 式 を 保 有 している 例 もあるという 同 知 事 は 株 主 としてのコミュニティーの 事 業 参 加 はペルーが 批 准 している ILO 条 約 第 169 号 ( 原 住 民 及 び 種 民 族 に 関 する 条 約 - 国 際 労 働 機 関 )によって 保 証 された 権 利 だと 主 張 している また 同 条 例 は その 他 の 条 件 として 県 内 の 先 住 民 / 農 民 コミュニティー 内 で 天 然 資 源 の 探 鉱 開 発 を 行 う 場 合 これ らコミュニティーを 対 象 とした 住 民 投 票 の 実 施 を 規 定 しているほか 企 業 に 対 する 環 境 法 規 に 基 づく 活 動 ( 環 境 適 正 化 計 画 (PAMA)や 閉 山 計 画 )の 遵 守 を 定 めている

6 ニュースフラッシュ 6 本 条 例 発 布 に 対 して ペルー 鉱 業 石 油 エネルギー 協 会 (SNMPE)の 金 委 員 会 の Morales 代 表 は 行 き 過 ぎた 条 例 は 投 資 の 回 避 につながるとし 一 部 の 条 件 に 関 しては 先 ず 企 業 との 間 で 協 議 を 行 うべきである とした その 上 で Junin 県 知 事 に 対 しては 企 業 側 との 対 話 のテーブルにつき 有 効 かつ 同 県 の 発 展 に 与 する 条 例 の 策 定 を 行 うよう 呼 びかけた ペルー:Renco グループ La Oroya 製 錬 所 問 題 で 政 治 的 圧 力 利 用 を 画 策 2011 年 3 月 11 日 付 け 地 元 各 紙 によると 資 金 繰 り 悪 化 により 2009 年 半 ばから La Oroya 製 錬 所 の 操 業 を 停 止 その 後 2010 年 7 月 末 の 操 業 再 開 及 び 環 境 適 正 化 計 画 (PAMA)の 実 行 資 金 確 保 を 履 行 できなか った Doe Run Peru 社 に 関 して 同 社 の 親 会 社 に 当 たる Renco グループは ペルー 政 府 が Doe Run Peru 社 を 不 当 に 処 遇 しているとして 米 国 議 員 に 対 して 働 きかけている 米 ABC ニュースの 報 道 によれば 複 数 の 議 員 が 米 国 政 府 に 対 し Doe Run Peru 社 問 題 に 関 し 政 府 の 介 入 を 求 める 書 簡 を 送 付 した 模 様 である このうち 外 交 問 題 委 員 会 のペイン 議 員 は 2011 年 2 月 8 日 付 けでガイトナー 財 務 長 官 及 びクリントン 国 務 長 官 宛 に 書 簡 を 送 付 し Doe Run Peru 社 は 2009 年 まで に 規 定 に 基 づく 3.15 億 US$を 投 資 したにも 拘 わらず ペルー 政 府 はその 義 務 を 全 く 果 たさなかった と し Doe Run Peru 社 はペルー 政 府 による 不 当 な 処 遇 を 受 けている などと 訴 えている ペルー:エネルギー 鉱 山 大 臣 鉱 業 ロイヤルティ 引 上 げの 可 能 性 に 言 及 2011 年 3 月 11 日 付 け 地 元 紙 等 によると トロントを 訪 問 中 の Sanchez エネルギー 鉱 山 大 臣 は 投 資 家 に 対 する 講 演 会 において 2011 年 7 月 28 日 の 新 政 権 発 足 後 国 会 が 鉱 業 ロイヤルティの 5% 引 上 げ を 審 議 する 見 通 しを 示 した 一 方 現 在 ペルー 北 部 で 銅 製 錬 所 の 建 設 プロジェクトが 計 画 されており Anglo Ameican や Rio Tinto その 他 鉱 山 会 社 等 からの 投 資 を 必 要 としていると 表 明 した 同 大 臣 によれば ペルー 北 部 では 今 後 鉱 業 生 産 の 集 中 に 伴 う 競 争 力 の 向 上 が 期 待 され 製 錬 所 が 操 業 を 開 始 した 場 合 2020 年 以 降 の 銅 地 金 生 産 量 は 現 在 の 4 倍 となる 見 通 しである エクアドル: 鉱 山 副 大 臣 PDAC で 鉱 山 開 発 状 況 講 演 2011 年 3 月 8 日 付 け 地 元 紙 等 によると トロントで 開 催 された PDAC において 非 再 生 天 然 資 源 省 の Auquillo 鉱 山 副 大 臣 は エクアドル 政 府 と 企 業 との 採 掘 契 約 に 関 連 して 現 在 交 渉 中 の EcuaCorriente 社 と IMC とは 2011 年 4 月 第 2 週 に また Kinross-Aurelian 社 と IamGold 社 とは 5 月 に 採 掘 契 約 を 締 結 する 見 込 みであると 発 表 した また 新 規 の 鉱 業 権 益 認 可 手 続 きを 6 月 から 開 始 する 予 定 であり 外 国 企 業 の 進 出 に 対 する 大 きな 期 待 感 を 表 明 した エクアドルにおける 主 な 鉱 業 プロジェクト 及 び 投 資 額 は 以 下 のとおりである 企 業 名 プロジェクト 名 投 資 額 ( 億 US$) Kinross-Aurelian Fruta del Norte 5 ( 金 銀 ) EcuaCorriente Mirador( 銅 ) 5.33 IMC Rio Blanco( 金 銀 ) 1.2 IamGold Quimsacocha ( 金 銀 銅 ) 3.37

7 ニュースフラッシュ 7 パナマ: 新 鉱 業 法 廃 止 の 決 定 は Petaquilla 銅 プロジェクトに 影 響 を 与 えず Inmet Mining Corp. ( 本 社 : 加 Toronto)は パナマ 共 和 国 に 保 有 する Petaquilla 銅 プロジェクト は パナマ 政 府 が 新 鉱 業 法 を 廃 止 する 決 定 をしたことにより 影 響 を 受 けないと 2011 年 3 月 7 日 付 け 同 社 HP に 発 表 した 2011 年 2 月 11 日 に Martinelli 大 統 領 は 商 工 省 の 創 案 した 鉱 業 法 改 正 案 を 大 統 領 令 によって 法 律 化 ( 第 8 号 法 )した しかし 先 住 民 グループの 鉱 業 活 動 への 強 い 抗 議 活 動 があり 2011 年 3 月 3 日 第 9 号 法 により 第 8 号 法 の 廃 止 を 決 定 した 同 大 統 領 はこの 抗 議 活 動 を 受 け 任 期 中 の Cerro Colorado 銅 プロジェクトの 全 面 的 な 凍 結 を 表 明 している Petaquilla 銅 プロジェクトは 概 測 精 測 資 源 量 Cu 9.07 百 万 t Au t と 評 価 され 2016 年 の 操 業 開 始 を 予 定 している また 韓 国 の LS-Nikko が 権 益 の 20%を 取 得 できるオプション 契 約 を 締 結 している ( メキシコ 高 木 博 康 ) パナマ:Petaquilla 社 Molejon 金 鉱 山 の 第 1 フェーズ 資 源 量 金 20 t と 発 表 Petaquilla Minerals Ltd.( 本 社 : 加 Vancouver)は パナマ 共 和 国 に 保 有 する Molejon 金 鉱 山 の 第 1 フェーズの 概 測 精 測 資 源 量 は 2010 年 10 月 の 評 価 に 比 べて 61% 増 の 20 t となったと 2011 年 3 月 8 日 付 け 同 社 HP において 発 表 した 同 鉱 山 は 2010 年 1 月 に 商 業 生 産 に 入 り 2010 年 6 月 ~8 月 に 332 kg 2010 年 9 月 ~11 月 に 428 kg の 金 を 生 産 している また 同 社 は 同 鉱 山 の 近 隣 で 概 測 精 測 資 源 量 18.1 百 万 t 金 の 含 有 量 8.0 t の Oro de Norte 金 プロジェクトの 探 鉱 を 行 っている ( メキシコ 高 木 博 康 ) アルゼンチン:Agua Rica プロジェクト 開 発 に 向 け Minera Alumbrera 社 に 譲 渡 メディア 報 道 によると Xstrata Copper は 同 社 と Goldcorp は Yamana Gold 社 が 保 有 する Agua Rica 銅 金 プロジェクト(アルゼンチン 北 部 Catamarca 州 )の 権 益 を Minera Alumbrera 社 に 譲 渡 することで 合 意 し LOI を 交 わした Minera Alumbrera 社 は Xstrata Copper(50%),Goldcorp(37.5%) Yamana 社 (12.5%)が 出 資 する 銅 鉱 山 開 発 プロジェクトで Alumbrera 銅 金 鉱 山 を 操 業 している Agua Rica 銅 金 プロジェクトは Alumbrera 銅 金 鉱 山 の 南 東 35 km に 位 置 する 今 回 の LOI は Minera Alumbrera 社 が Agua Rica プロジェクトの 取 得 に 関 し 4 年 間 で 1.1 億 $を 支 払 うオプション 権 を 有 するとの 内 容 を 含 んでいる ( サンティアゴ 神 谷 夏 実 ) メキシコ:Great Panther 社 Topia 多 金 属 鉱 山 の 新 規 資 源 量 評 価 結 果 を 公 表 Great Panther Silver Ltd.( 本 社 : 加 Vancouver)は メキシコ Durango 州 に 保 有 する Topia 多 金 属 鉱 山 の 今 後 採 掘 可 能 な 新 規 資 源 量 評 価 を 下 表 のとおり 2011 年 3 月 7 日 付 け 同 社 HP に 発 表 した 同 鉱 山 の 2010 年 Q4 の 生 産 量 は 銀 4.0 t 金 3.4 kg 鉛 234 t 及 び 亜 鉛 304 t であった 同 社 は 他 に Guanajuato 州 の Guanajuato 金 銀 鉱 山 を 操 業 している 鉱 量 ( 千 t) 平 均 品 位 銀 (g/t) 金 (g/t) 鉛 (%) 亜 鉛 (%) 概 測 精 測 資 源 量 予 測 鉱 物 資 源 量 ( メキシコ 高 木 博 康 )

8 ニュースフラッシュ 8 メキシコ:Scorpio 社 Nuestra Señora 多 金 属 鉱 山 の 新 規 資 源 量 評 価 結 果 を 公 表 Scorpio Mining Corp.( 本 社 : 加 Toronto)は メキシコ Sinaloa 州 に 保 有 する Nuestra Señora 多 金 属 鉱 山 の 今 後 採 掘 可 能 な 新 規 資 源 量 評 価 結 果 の 概 要 を 下 表 のとおり 2011 年 3 月 9 日 付 け 同 社 HP に 発 表 した 同 鉱 山 の 2010 年 の 生 産 量 は 銀 28.3 t 亜 鉛 6,397 t 鉛 2,794 t 及 び 銅 755 t であった 同 社 は 同 鉱 山 近 隣 に 位 置 する 2012 年 操 業 開 始 予 定 の La Verde 多 金 属 プロジェクトの 開 発 を 実 施 し ている Nuestra Señora 多 金 属 鉱 山 の 新 規 概 測 精 測 資 源 量 カットオフ 価 値 (US$) 50~85 の 場 合 85 以 上 の 場 合 鉱 量 ( 百 万 t) 平 均 品 位 Ag (g/t) Zn (%) Pb (%) Cu (%) Au (%) ( メキシコ 高 木 博 康 ) 加 :Labrador Iron Mines 社 鉄 鉱 石 輸 送 に 関 して 鉄 道 会 社 と 契 約 締 結 Labrador Iron Mines Holdings Ltd.( 本 社 :トロント)( 以 下 LIM)は 2011 年 3 月 10 日 同 社 がカ ナダ QC 州 と NL 州 の 州 境 に 保 有 する 複 数 の 鉄 プロジェクトからの 鉄 鉱 石 輸 送 に 関 して Iron Ore Company of Canada( 以 下 IOC)の 完 全 子 会 社 の 鉄 道 会 社 である Quebec North Shore and Labrador Railway Company Inc.( 以 下 QNS & L)と 輸 送 契 約 を 締 結 したことを 明 らかにした 契 約 によると QNS & L は QC 州 Schefferville 周 辺 に 位 置 する LIM の 鉄 プロジェクトから 生 産 され る 鉄 鉱 石 を 最 寄 りの NL 州 Emeril 分 岐 駅 から QC 州 Sept-Îles 分 岐 駅 まで 鉄 道 で 輸 送 することとなっ ている 貨 車 は LIM により 供 給 され 機 関 車 は QNS & L が 提 供 するとともに QNS & L が 運 行 する なお LIM の 鉄 鉱 石 は Schefferville 附 近 の LIM 保 有 Silver Yards プラントから Emeril 分 岐 駅 まで Tshiuetin Rail Transportation Inc.により 輸 送 されることが 決 まっている LIM が 必 要 とする 輸 送 能 力 を 保 証 するため LIM は QNS & L に 対 して 総 額 25 百 万 C$の 前 払 いを 行 う ことに 同 意 している この 前 払 い 金 は QNS & L が 荷 物 1 t あたり 3.50 C$の 特 別 控 除 を 行 うことで 弁 済 に 充 てることとしている NL 州 境 近 くに 位 置 する QC 州 の Schefferville は IOC が 1954~1982 年 まで 鉄 鉱 石 を 採 掘 していた 鉱 山 町 であり LIM は Schefferville 近 郊 の James 鉄 プロジェクトと Redmond 鉄 プロジェクトにおいて 現 在 2011 年 春 の 操 業 開 始 に 向 け 建 設 工 事 を 実 施 している ( バンクーバー 片 山 弘 行 ) 加 :Capstone Mining 社 YK 準 州 Minto 銅 金 鉱 山 の 拡 張 計 画 のプレ FS 完 成 Capstone Mining Corp.( 本 社 :バンクーバー)( 以 下 Capstone 社 )は 2011 年 3 月 14 日 同 社 が YK 準 州 で 操 業 している Minto 銅 金 鉱 山 の 拡 張 計 画 についてプレ FS が 完 成 したことを 発 表 した プレ FS は 2009~2010 年 にかけて 新 たに 発 見 された 鉱 体 を 採 掘 することも 考 慮 して 現 在 の 選 鉱 施 設 の 1 日 当 たりの 処 理 量 を 3,750 t(1 年 あたりの 処 理 量 137 百 万 t)に 増 強 させることを 提 言 している プレ FS で 算 出 された 新 たな 確 定 及 び 推 定 可 採 鉱 量 は 合 計 で 12.9 百 万 t( 平 均 品 位 Cu 1.53%,Au 0.60g/t,Ag 5.2g/t)となり マインライフは 2020 年 まで 延 長 されるとしている また 銅 価 格 2.75 US$/lb とした 場 合 の 税 引 き 前 NPV は 284 百 万 C$( 割 引 率 7.5%)と 算 出 している 拡 張 に 伴 う 資 本 費 は 76 百 万 C$と 見 込 み そのうち 34.1 百 万 C$は 拡 張 計 画 に 含 まれている 坑 内 採 掘

9 ニュースフラッシュ 9 の 開 始 に 伴 う 費 用 である 金 及 び 銀 のクレジット(Au 300 US$/oz,Ag 3.90 US$/oz)を 考 慮 した 銅 生 産 に 係 る 操 業 費 は 1.34 US$/lb と 試 算 された ( バンクーバー 片 山 弘 行 ) ロシア: 天 然 資 源 環 境 省 地 下 資 源 利 用 権 の 認 可 システム 迅 速 化 に 係 る 修 正 法 案 を 政 府 に 提 出 ロシア 情 報 誌 によると ロシア 連 邦 天 然 資 源 環 境 省 は 大 陸 棚 を 含 む 連 邦 政 府 が 管 理 する 地 下 資 源 利 用 権 の 付 与 に 関 する 意 思 決 定 期 間 を 短 縮 することを 目 的 として 現 行 法 規 の 修 正 案 を 作 成 した 地 下 資 源 利 用 権 は 連 邦 政 府 の 決 定 により 認 可 がなされている 同 省 が 作 成 した 草 案 は 連 邦 政 府 が 管 理 する 地 下 資 源 鉱 区 における 地 下 資 源 利 用 権 取 得 申 請 の 審 査 に 関 する 規 定 に 多 数 の 修 正 を 加 えるものであり この 政 府 決 定 草 案 が 採 択 されれば 地 下 資 源 鉱 区 にお ける 鉱 物 探 査 採 掘 に 係 る 地 下 資 源 利 用 権 の 認 可 期 間 が 大 幅 に 短 縮 される としている 天 然 資 源 環 境 省 は 地 下 資 源 利 用 権 の 認 可 プロセスから 経 済 発 展 省 を 排 除 することでこれを 簡 略 化 す るよう 求 めており その 理 由 を 地 下 資 源 の 利 用 条 件 に 投 資 義 務 はなく 経 済 発 展 省 との 間 で 地 下 資 源 利 用 権 付 与 に 関 する 連 邦 政 府 決 定 の 草 案 および 地 下 資 源 鉱 区 の 利 用 条 件 案 を 認 可 することが 連 邦 政 府 決 定 の 草 案 作 成 プロセスを 著 しく 長 引 かせているため としている さらに 連 邦 漁 業 庁 とエネルギー 省 による 決 定 草 案 の 合 意 期 限 を 10 日 間 と 定 める 等 を 提 案 している ロシア 政 府 は 2010 年 6 月 大 陸 棚 地 下 資 源 利 用 権 の 付 与 作 業 の 強 化 策 を 策 定 するよう 関 係 省 庁 に 指 示 しており これは 認 可 に 係 る 期 間 短 縮 も 含 む 現 行 法 により 連 邦 政 府 が 管 理 する 地 下 資 源 に 分 類 されるのは ウラン ダイヤモンド 高 純 度 石 英 原 料 ニッケル ベリリウム タンタル リチウム ニオブ イットリウム 族 レアアース 白 金 族 金 属 の 資 源 量 と 埋 蔵 量 を 有 する 鉱 床 である その 他 石 油 可 採 埋 蔵 量 7,000 万 t 以 上 天 然 ガス 500 億 m 3 以 上 金 50 t 以 上 銅 50 万 t 以 上 を 有 する 鉱 床 もこれに 分 類 される また 大 陸 棚 の 地 下 資 源 利 用 権 が 付 与 さ れるのは 国 家 による 支 配 が 50%を 超 えるロシア 企 業 だけである ( モスクワ 大 木 雅 文 ) ロシア:ロシア 天 然 資 源 環 境 省 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 変 更 に 関 する 修 正 法 案 を 政 府 に 提 出 当 地 報 道 では ロシア 連 邦 天 然 資 源 環 境 省 が ロシア 連 邦 地 下 資 源 法 について 利 用 に 供 された 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 変 更 に 関 する 修 正 法 案 をロシア 連 邦 政 府 幹 部 会 会 議 に 提 出 する 旨 を 伝 えている ロシア 連 邦 地 下 資 源 法 第 7 条 に 基 づき 地 下 資 源 鉱 区 は 地 下 資 源 利 用 権 に 応 じて 鉱 区 すなわち 地 下 資 源 の 幾 何 学 的 ユニットとして 利 用 者 に 提 供 される 鉱 区 の 境 界 を 決 定 する 際 に 考 慮 されるのは 鉱 床 の 空 間 的 外 形 地 下 施 設 の 建 設 運 営 区 域 の 位 置 採 掘 爆 破 作 業 の 安 全 な 実 施 範 囲 採 鉱 の 有 害 作 用 からの 保 護 区 域 露 天 掘 り 採 鉱 場 地 下 資 源 と 地 表 の 状 態 に 影 響 を 与 えるその 他 の 要 因 などである 地 下 資 源 法 ではは 利 用 に 供 された 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 を 修 正 する 可 能 性 を 規 定 していない 一 方 で 追 加 探 査 によって 提 供 された 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 を 鉱 床 が 越 えているケースがいくつも 判 明 している 修 正 法 案 では 利 用 に 供 された 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 を 変 更 可 能 とすること これら 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 変 更 規 則 をロシア 連 邦 政 府 が 制 定 することとし 地 下 資 源 鉱 区 の 境 界 が 変 更 された 場 合 かかる 規 則 が 定 める 金 額 を 地 下 資 源 利 用 者 が 一 括 で 支 払 う 義 務 を 定 めている 修 正 法 案 の 目 的 は 利 用 に 供 された 地 下 資 源 鉱 区 の 範 囲 外 に 賦 存 する 鉱 物 資 源 についても 最 大 限 採 掘 を 可 能 とすることである ( モスクワ 大 木 雅 文 )

10 ニュースフラッシュ 10 ロシア:Norilsk Nickel 連 邦 自 然 利 用 監 督 局 との 間 で 共 同 行 動 計 画 を 作 成 当 地 報 道 は Norilsk Nickel が 同 社 のウラジミル ストルジャルコフスキー 社 長 と 連 邦 自 然 利 用 監 督 局 のウラジミル キリロフ 長 官 との 間 で 2011 年 の 共 同 行 動 計 画 に 署 名 した と 発 表 した 旨 を 伝 えた この 計 画 は 連 邦 自 然 利 用 監 督 局 と 同 社 との 間 で 締 結 されている Norilsk 市 の 環 境 における 汚 染 物 質 の 排 出 による 影 響 を 抑 制 するための 協 力 協 定 の 一 環 として 作 成 された この 計 画 によると 同 社 は 同 協 定 により 定 められた 施 策 の 実 行 状 況 に 関 し 四 半 期 ごとに 報 告 書 を 提 出 同 協 定 施 行 のために 連 邦 監 督 局 が 実 施 する 極 北 地 域 における 同 社 事 業 所 訪 問 による 監 査 の 受 け 入 れ 連 邦 監 督 局 が 参 加 する 同 社 による 企 業 活 動 の 環 境 面 に 関 する 円 卓 会 議 及 びセミナーの 実 施 が 要 求 さ れる 同 社 は 自 社 の 環 境 保 護 施 策 の 枠 内 で 汚 染 物 質 排 出 の 段 階 的 な 削 減 と 汚 染 廃 水 の 河 川 湖 沼 への 流 出 量 削 減 を 毎 年 実 行 している 2010 年 に 環 境 対 策 に 支 出 された 経 常 経 費 額 は 前 年 比 19.6% 増 の 14,181 百 万 RUB(495 百 万 US$)にのぼった このうち 環 境 保 全 に 関 わる 諸 施 策 の 実 施 には 1,997.6 百 万 RUB(70 百 万 US$)が 費 やされた これらの 結 果 極 北 事 業 所 の 二 酸 化 硫 黄 排 出 量 は 2009 年 比 で 千 t 減 少 した 他 廃 水 の 汚 染 物 質 大 量 排 出 が 2 千 t 少 なくなった 汚 染 物 質 の 環 境 への 排 出 を 抑 制 する 計 画 を 実 行 する 中 で Norilsk Nickel は 国 際 入 札 を 行 うことにし ている 入 札 により 二 酸 化 硫 黄 のリサイクルを 進 めるため 世 界 的 な 最 新 技 術 を 導 入 可 能 な 企 業 が 選 定 される ( モスクワ 大 木 雅 文 ) ロシア:ロシアの 供 給 減 少 によりパラジウム 価 格 が 上 昇 の 可 能 性 ビジネス 誌 は ロシアの 供 給 減 少 を 背 景 に 2011 年 末 までにパラジウム 価 格 は 15% 上 昇 する 可 能 性 があると 伝 えている ロシアは 世 界 最 大 のパラジウム 生 産 国 だが 現 在 貴 金 属 取 引 主 要 国 のスイスに 対 するロシアからの パラジウム 供 給 は 過 去 15 年 で 最 低 レベルまで 減 少 している かつて 130 万 oz( 約 40 t)に 達 した 輸 出 量 は 2010 年 の 供 給 量 は 50 万 oz( 約 16 t)にすぎない 供 給 減 少 から パラジウムは 世 界 市 場 で 不 足 し 価 格 が 高 騰 する 可 能 性 がある 複 数 のアナリストは 2011 年 パラジウムの 1 oz 当 たりの 価 格 は 940 US$に 達 すると 予 測 している ( モスクワ 大 木 雅 文 ) 欧 州 : 大 多 数 の EU 加 盟 国 EU 水 質 枠 組 指 令 の 追 加 規 制 優 先 物 質 リスト 案 に 亜 鉛 を 含 めない に 投 票 国 際 亜 鉛 協 会 (IZA)の 2011 年 3 月 3 日 公 式 声 明 によれば 大 多 数 の EU 加 盟 国 は EU 水 質 枠 組 指 令 (Water Frame Directive:Directive 2000/60/EC)における 追 加 規 制 優 先 物 質 リスト 案 に 亜 鉛 を 含 め ない に 投 票 した 産 業 界 が 欧 州 委 員 会 及 び EU 加 盟 国 に 訴 えていたとおり 2000 年 以 降 に 実 施 して きた 環 境 リスク 評 価 は 現 在 のデータ 計 測 と 比 べると 改 善 の 余 地 があり また BLM(Biotic Ligand Model)などの 新 計 測 方 法 を 利 用 していないデータでは 亜 鉛 の 環 境 リスク 評 価 には 確 実 な 論 拠 付 与 がで きないとの 判 断 がなされたものと 考 えられる EU 水 質 枠 組 指 令 で 規 制 優 先 物 質 の 対 象 となると その 物 質 の 欧 州 圏 内 における 水 質 限 界 濃 度 が 設 定 さ れた 上 排 出 が 制 限 される 可 能 性 がある 欧 州 議 会 は 少 なくとも 4 年 ごとに 追 加 規 制 優 先 物 質 の 見 直 しを 求 められているが 今 回 のリスト 案 は 完 成 間 近 であり 2011 年 6 月 までに 欧 州 議 会 に 提 出 される 予 定 である 同 議 会 の 投 票 でも 亜 鉛 は 本 リストに 含 まれないことが 予 想 されるが 最 終 の 承 認 がなされる

11 ニュースフラッシュ 11 までに 欧 州 連 合 理 事 会 や 欧 州 議 会 カウンシルなどの 審 議 を 経 る 必 要 があり IZA 欧 州 溶 融 亜 鉛 鍍 金 協 会 (EGGA)その 他 の 亜 鉛 の 関 連 機 関 は 本 決 定 プロセスに 引 き 続 き 注 視 する 姿 勢 であると 表 明 していた ( ロンドン フレンチ 香 織 ) カザフスタン:ENRC 銅 生 産 で Kazakhmys を 追 い 抜 く 投 資 計 画 を 明 言 現 地 報 道 等 によると カザフスタンの 鉱 山 会 社 Eurasian Natural Resources(ENRC)( 注 1)が 2011~ 13 年 に 同 国 内 に 55 億 US$ 国 外 に 40 億 US$の 投 資 を 行 う 計 画 を 報 じている 同 社 出 資 者 の 1 人 であるアレクサンドル マシケヴィチ 氏 が 同 社 傘 下 のカザフスタン アルミニウム 社 との 会 合 で 明 らかにしたところによれば 同 投 資 によって ENRC は 3 年 後 には 33 万 t/ 年 以 上 の 銅 生 産 を 行 うようになり これは Kazakhmys( 注 2)を 凌 駕 するものとなる この 増 産 はアフリカにおける 鉱 床 の 開 発 により 達 成 される 見 込 みで 同 氏 によると 銅 とコバルトの 生 産 について 我 々は 真 剣 に 案 件 開 発 に 努 めた 結 果 コンゴとザンビアで 非 常 に 良 好 な 資 産 を 取 得 するこ とができた 3~3.5 年 後 には 当 社 は 年 間 33~35 万 t の 銅 を 生 産 していると 期 待 する とのことであ る また 同 氏 によると ENRC はモザンビークに 大 規 模 な 石 炭 鉱 山 を 有 している 他 プラチナ 生 産 への 参 加 の 可 能 性 を 検 討 している ( 注 1) ENRC は 鉱 物 の 採 取 選 鉱 分 野 の 総 合 企 業 グループで その 傘 下 にはカズクロム カザフスタン ア ルミニウム カザフスタン 電 解 工 場 ジャイレム 採 鉱 選 鉱 コンビナート Eurasian Energy Corp.(EEC) セロフ フェロアロイ 工 場 がある またブラジルと 中 国 のプロジェクトにも 出 資 している 同 社 は 世 界 第 2 位 の 銅 合 金 生 産 企 業 で アルミナとマンガンの 大 生 産 企 業 鉄 鉱 石 の 採 掘 と 加 工 で は CIS のリーダーでもある また 世 界 におけるガリウム 生 産 の 5 分 の 2 を 占 め 同 社 はさらに 世 界 の 4 分 の 1 のクロムを 保 有 カザフスタン 最 大 の 発 電 企 業 でもある 同 社 は 上 場 企 業 で その 株 式 はロンドンとカザフスタン(KASA)で 取 引 されている 主 要 株 主 はアレ クサンドル マシケヴィチ 氏 ファッタフ ショジエフ 氏 アリジャン イブラギモフ 氏 (それぞれ 14.59% を 保 有 ) Kazakhmys(26%) カザフスタン 財 務 省 傘 下 のカザフスタン 国 有 資 産 私 有 化 委 員 会 (11.65%) である ( 注 2) Kazakhmys は カザフスタンにおける 最 大 の 銅 生 産 企 業 であり 2010 年 には 308,700 t( 前 年 比 5.3% 減 )の 銅 を 生 産 した ( モスクワ 大 木 雅 文 ) DRC コンゴ:2011 年 3 月 10 日 同 国 東 部 からの 鉱 物 輸 送 を 解 禁 2010 年 7 月 21 日 Obama 大 統 領 の 署 名 により 米 国 金 融 規 制 改 革 法 が 成 立 したことが 後 押 しして 反 政 府 武 装 組 織 や 民 兵 による 生 産 元 が 不 明 な 紛 争 鉱 物 (Conflict Minerals) の 密 輸 を 阻 止 するために Kabila 大 統 領 は 2010 年 9 月 9 日 以 降 同 国 北 東 部 (Kivu 州 北 部 及 び 南 部 Maniema 州 )からの 金 錫 コルタン 等 の 鉱 物 の 輸 送 を 一 時 停 止 するよう 命 じていたが 各 社 報 道 によれば 2011 年 3 月 10 日 にこ れを 解 禁 した 模 様 である Kabwelulu 鉱 業 大 臣 は 禁 輸 令 によって 鉱 物 の 生 産 経 路 を 明 確 にするためにも 公 務 員 が 当 地 に 駐 屯 し ( 密 輸 を 行 う) 民 兵 に 対 する 警 備 に 成 功 した と 述 べる 一 方 産 業 の 専 門 家 からは 反 政 府 武 装 組 織 は 別 ルートで 密 輸 を 行 い 効 力 が 無 かった との 声 も 出 ている 3 月 10 日 同 地 区 での 鉱 物 の 採 掘 や 輸 送 を 再 開 するが 米 国 DRC コンゴ 地 方 政 府 そして 援 助 国 の 監 視 が 今 後 どのように 透 明 性 を 向

12 ニュースフラッシュ 12 上 していくのかが 重 要 とされている 米 国 金 融 規 制 改 革 法 では 今 後 DRC コンゴ 及 びその 隣 国 産 の 鉱 物 資 源 を 使 用 した 製 品 を 製 造 する 企 業 に 対 して 鉱 物 の 出 所 に 関 する 情 報 の 開 示 を 義 務 付 ける 予 定 であるが 先 ずは 2011 年 4 月 1 日 より 同 地 区 からの 生 産 管 理 履 歴 の 証 明 が 無 い 鉱 物 の 禁 輸 を 命 じる 計 画 である また これに 対 応 するために も 電 子 業 界 CSR コンプライアンス(EICC 及 び GeSI)や 錫 産 業 団 体 (ITRI)は 本 地 域 からの 全 ての 原 材 料 に 関 する 入 荷 経 由 の 証 明 及 び 適 正 調 査 をさらに 推 進 している 他 方 本 地 域 での 生 産 経 路 を 明 確 に 把 握 することは 非 常 に 困 難 とされている アジア 市 場 でも 大 規 模 なシ ェアを 有 し 世 界 錫 生 産 の 第 三 位 である Malaysia Smelting Corp(MSC)も 生 産 経 路 を 期 日 までに 確 認 する ことは 困 難 と 判 断 し DRC コンゴとの 鉱 物 取 引 からの 撤 退 を 検 討 せざるを 得 ない 状 況 となっている 模 様 Bisie 錫 鉱 山 (Kivu 州 北 部 )の 鉱 山 労 働 者 2 万 人 を 代 表 する 3 団 体 は 2011 年 3 月 1 日 米 国 規 制 管 理 局 に 請 願 書 を 提 出 し 生 産 管 理 履 歴 の 証 明 が 無 い 鉱 物 の 禁 輸 の 時 期 は 早 すぎる 協 議 を 求 めたい と 訴 えているが 今 後 も 本 地 域 での 失 業 増 加 や 紛 争 悪 化 が 懸 念 されている ( ロンドン フレンチ 香 織 ) 豪 :Venture Minerals 社 は Mt Lindsay 錫 タングステン プロジェクトのプレ FS を 完 了 2011 年 3 月 1 日 Venture Minerals Ltd.( 本 社 : 豪 Perth)は TAS 州 Mt Lindsay 錫 タングステン プロジェクトのプレ FS 結 果 を 発 表 した 採 掘 に 関 しては 概 則 資 源 量 のみを 対 象 として 計 算 されており 収 益 計 算 では LME の 2011 年 2 月 14 日 付 のスポット 価 格 を 基 準 とし 10% 減 及 び 20% 減 の 価 格 でも 試 算 を 行 っている 項 目 プレ F/S 結 果 資 源 量 (カットオフ スズ 等 価 品 位 0.2%) 合 計 43 百 万 t Sn 品 位 0.2% WO 3 品 位 0.1% 概 測 23 百 万 t Sn 品 位 0.2% WO 3 品 位 0.1% 予 測 20 百 万 t Tin 品 位 0.2% WO 3 品 位 0.1% 資 源 量 (カットオフ スズ 等 価 品 位 0.35%) 合 計 18 百 万 t Sn 品 位 0.3% WO 3 品 位 0.2% 概 測 11 百 万 t Sn 品 位 0.3% WO 3 品 位 0.2% 予 測 6.8 百 万 t Sn 品 位 0.3% WO 3 品 位 0.1% 資 源 量 (カットオフ スズ 等 価 品 位 0.45%) 合 計 10 百 万 t Sn 品 位 0.4% WO 3 品 位 0.2% 概 測 6.2 百 万 t Sn 品 位 0.4% WO 3 品 位 0.3% 予 測 4.2 百 万 t Sn 品 位 0.4% WO 3 品 位 0.2% 採 掘 方 法 露 天 採 掘 + 坑 内 採 掘 採 掘 コスト 露 天 採 掘 :28.65 A$/t 坑 内 採 掘 :74.28 A$/t マインライフ 8 年 鉱 石 処 理 量 1.3 百 万 t/ 年 回 収 率 Sn:73% WO 3 :84% 資 本 コスト 162 百 万 A$ 全 コスト 697 百 万 A$ 総 売 上 スポット 価 格 基 準 :1,406 百 万 A$ スポット 価 格 -10%:1,265 百 万 A$ スポット 価 格 -20%:1,125 百 万 A$ 総 利 益 (ネット 税 引 前 ) スポット 価 格 基 準 :709 百 万 A$ スポット 価 格 -10%:568 百 万 A$ スポット 価 格 -20%:428 百 万 A$ Venture Minerals 社 はバンカブル F/S を 開 始 するとともに 開 発 資 金 調 達 及 びオフテイク 契 約 につい ても 検 討 を 始 める 他 6 機 のボーリング リグを 用 いて 周 辺 探 鉱 も 引 き 続 き 行 う 計 画 である ( シドニー 増 田 一 夫 ) 豪 :Hazelwood Resources 社 WA 州 タングステン プロジェクトの 資 源 量 を 発 表 2011 年 3 月 1 日 Hazelwood Resources Ltd.( 本 社 : 豪 Perth)は 同 社 が 70%の 権 益 を 保 有 する WA 州 の Mt Mulgine Hill タングステン プロジェクトの 資 源 量 を 発 表 した 過 去 に 実 施 された 213 孔 ( 掘

13 ニュースフラッシュ 13 進 長 計 12,987 m)のダイヤモンド ボーリングのデータに 基 づく 資 源 量 評 価 では 概 測 資 源 量 は 5.87 百 万 t WO 3 品 位 0.22% 予 測 資 源 量 は 2.32 百 万 t WO 3 品 位 0.17%で 資 源 量 合 計 で 8.18 百 万 t WO 3 品 位 0.21%( 何 れもカットオフ WO 3 品 位 0.1%)となり 資 源 量 の 95%が 地 表 下 100 m 以 浅 に 位 置 して いる Mt Mulgine Hill タングステン プロジェクトの 権 益 30%は Gindalbie Metals Ltd.( 本 社 : 豪 Perth) が 保 有 している ( シドニー 増 田 一 夫 ) 豪 :Toro Energy 社 は WA 州 Wiluna ウラン プロジェクトの 環 境 影 響 報 告 書 を 提 出 2011 年 3 月 3 日 Toro Energy Ltd.( 本 社 : 豪 Adelaide)は WA 州 Wiluna ウラン プロジェクトの 環 境 影 響 報 告 書 を WA 州 政 府 の 環 境 保 護 局 (EPA:Environmental Protection Authority)へ 提 出 したことを 発 表 した 提 出 した 環 境 影 響 報 告 書 は ERMP/Draft EIS (The Environmental Management Review Programme/Draft Environmental Impact Statement)の 第 1 案 で 周 辺 環 境 へ 与 えるインパクトとそれに 対 する 対 応 方 法 が 記 載 されている 今 後 は WA 州 政 府 及 び 連 邦 政 府 により 記 載 内 容 がガイドラインに 適 合 するか 一 般 公 開 に 適 しているか 等 の 審 査 が 行 われる ( シドニー 増 田 一 夫 ) 豪 :OZ Minerals 社 は SA 州 Carrapateena 銅 金 プロジェクトを 買 収 2011 年 3 月 9 日 OZ Minerals LTD( 本 社 : 豪 Melbourne)は SA 州 Carrapateena 銅 金 プロジェクト を 買 収 したと 発 表 した Carrapateena プロジェクトの 権 益 は 2005 年 に Carrapateena 鉱 床 を 発 見 した Ruby Gomez 氏 が 58% Teck Australia Pty Ltd.(カナダ Teck Resources Ltd.の 豪 州 子 会 社 )が 34% その 他 が 8%となっており 買 収 条 件 は 総 額 250 百 万 A$の 買 収 金 額 に 加 え 商 業 生 産 に 至 った 場 合 銅 ウラン 金 又 は 銀 の 初 生 産 時 に 50 百 万 A$ レアアース 鉄 鉱 石 又 はその 他 の 鉱 種 の 初 生 産 時 に 25 百 万 A$が 追 加 で 支 払 われる OZ Minerals 社 は 同 プロジェクトの 買 収 理 由 として 新 規 銅 開 発 案 件 の 獲 得 という 自 社 の 戦 略 に 合 致 していること 同 社 が SA 州 に 保 有 する Prominent Hill 銅 金 鉱 山 に 近 く 規 模 等 も 類 似 している こと Carrapateena プロジェクトの 開 発 に 向 けた 調 査 や 資 本 コストに Prominent Hill 鉱 山 の 収 益 を 充 てることができること 今 後 の 世 界 の 銅 生 産 は 深 部 の 坑 内 採 掘 への 移 行 が 見 込 まれること 等 を 挙 げ ている Carrapateena 銅 金 鉱 床 は 2005 年 に RMG Services 社 の Ruby Gomez 氏 によって 発 見 され 同 年 に Teck 社 が 参 入 しプロジェクトのオペレータとなった 確 定 した 資 源 量 は 公 表 されていないが OZ Minerals 社 は 資 源 量 225~250 百 万 t 品 位 Cu 1.2~1.3% Au 約 0.5% U 3 O 8 約 250 ppm 銅 量 2.7 ~3.3 百 万 t 金 量 3.6~4.0 百 万 oz(112~124 t) U3O8 量 124~138 lb(5.6~6.3 千 t)と 見 積 もっ ている ( シドニー 増 田 一 夫 ) PNG:Newcrest Mining 社 Wafi-Golpu のボーリングでこれまで 最 高 品 位 の 銅 金 を 捕 捉 2011 年 3 月 4 日 Newcrest Mining Ltd.( 本 社 : 豪 Melbourne)は Harmony Gold Mining Company Ltd.( 本 社 : 南 アフリカ)の JV である Morobe JV プロジェクトのうちの PNG の Wafi-Golpu 銅 金 プロジェクト のボーリング 調 査 で これまでの 最 高 品 位 の 結 果 を 得 たことを 発 表 した 着 鉱 幅 883 m 品 位 Cu 2.15%

14 ニュースフラッシュ 14 Au 2.23 g/t( 含 む 着 鉱 幅 628 m 品 位 Cu 2.82% Au 3.06 g/t)であり 現 在 実 施 中 のプレ F/S は 2011 年 末 に 完 了 予 定 である ( シドニー 増 田 一 夫 ) 韓 国 : 韓 国 政 府 レアアース 戦 略 備 蓄 大 幅 増 加 か 中 国 のメディアが 韓 国 政 府 関 係 者 の 情 報 として 報 道 したところによると 2011 年 3 月 7 日 韓 国 政 府 はますます 激 しくなっている 資 源 競 争 に 対 応 するために レアアースの 戦 略 備 蓄 を 大 幅 に 増 加 させる 計 画 とのことである 韓 国 知 識 経 済 省 の 関 係 者 によると 韓 国 政 府 は 既 にレアアース 応 急 備 蓄 案 の 検 討 を 終 え 備 蓄 目 標 を 2014 年 で 国 内 企 業 向 け 供 給 100 日 分 を 確 保 するとのこと これまで 設 定 されていた 水 準 は 2016 年 時 点 での 60 日 分 供 給 の 確 保 であり 現 段 階 では 韓 国 政 府 と 国 営 鉱 物 資 源 公 社 の 備 蓄 量 はわずかに 国 内 企 業 が 消 費 する 4 日 分 しかない 知 識 経 済 省 のある 関 係 者 は 戦 略 備 蓄 を 増 強 させるために 韓 国 はモンゴル 豪 州 カナダなどの 国 へ の 鉱 業 投 資 を 強 化 し 併 せて 国 内 の 現 代 自 動 車 や 浦 項 製 鉄 などの 企 業 と 緊 密 な 協 力 関 係 を 推 進 すると している ( 金 属 企 画 調 査 部 渡 邉 美 和 ) 中 国 : 五 鉱 集 団 広 東 省 レアアース 産 業 へ 進 出 現 地 報 道 によれば 中 国 五 鉱 集 団 公 司 は 広 東 省 河 源 市 政 府 と 戦 略 的 提 携 協 定 を 締 結 し レアアース を 中 心 とする 鉱 物 資 源 の 合 理 的 かつ 秩 序 ある 探 査 開 発 及 び 集 約 的 な 利 用 を 図 る 協 定 では 五 鉱 集 団 は 河 源 市 のレアアース 鉱 区 の 整 理 統 合 を 行 い レアアースの 探 査 開 発 を 進 め 地 方 政 府 や 企 業 と 協 力 し レアアースの 選 鉱 製 錬 加 工 販 売 を 一 体 化 した 総 合 レアアース 企 業 を 設 立 し 環 境 保 全 とレア アース 資 源 を 最 大 限 度 に 保 護 する 河 源 市 は 鉄 タングステン 錫 レアアースなどの 鉱 物 資 源 が 豊 富 で 特 にレアアースの 埋 蔵 量 は 広 東 省 随 一 で 品 位 も 高 く 開 発 価 値 が 非 常 に 高 い タイプとしてはイオ ン 吸 着 型 で 埋 蔵 量 は 中 国 南 部 レアアース 資 源 の 2 割 超 を 占 めている 現 在 広 東 省 では 5 件 のレアアース 採 掘 許 可 証 が 発 行 されている 河 源 地 区 では 1 件 発 行 されており 東 源 古 雲 鉱 産 物 採 掘 有 限 公 司 が 所 有 している 同 有 限 公 司 の 親 会 社 である 華 達 集 団 は 省 所 有 の 広 晟 有 色 金 属 集 団 有 限 公 司 と 提 携 協 定 を 結 び レアアースの 資 源 及 び 加 工 を 共 同 開 発 することになっているが 今 回 の 戦 略 的 提 携 協 定 により 広 晟 有 色 金 属 の 河 源 地 区 レアアース 産 業 での 位 置 づけの 方 向 は 未 だ 不 明 である ( 北 京 土 居 正 典 ) 中 国 : 第 12 次 5 カ 年 計 画 電 解 アルミ 及 びレアアース 産 業 の 統 合 再 編 促 進 第 11 期 全 国 人 民 代 表 大 会 第 4 回 会 議 で 採 択 された 第 12 次 5 カ 年 計 画 (2011~15 年 )では 電 解 アルミ レアアース 鉄 鋼 等 を 重 要 分 野 とし 優 位 企 業 による 地 域 を 跨 ぐ 統 合 再 編 を 促 進 し 産 業 集 積 度 を 高 め るほか 国 際 的 ブランド 及 び 競 争 力 を 有 する 大 企 業 育 成 を 目 指 すとしている 鉄 鋼 非 鉄 金 属 を 含 む 製 錬 産 業 ( 原 文 では 冶 金 業 )は 国 内 需 要 に 基 づく 総 量 抑 制 及 び 省 エネ 排 出 削 減 鉱 業 の 大 型 プロジェ クトを 中 西 部 に 配 置 し 輸 入 資 源 利 用 の 大 型 プロジェクトを 沿 海 部 に 配 置 し 産 業 配 置 の 最 適 化 を 図 る ことも 計 画 に 記 載 されている ( 北 京 土 居 正 典 )

15 ニュースフラッシュ 15 中 国 : 広 西 壮 族 自 治 区 323 件 の 鉱 業 権 削 減 現 地 報 道 によれば 中 国 広 西 壮 族 自 治 区 国 土 資 源 庁 は 許 認 可 権 限 を 有 する 130 鉱 区 の 範 囲 確 定 を 終 了 し 整 理 統 合 の 結 果 探 鉱 権 15 件 及 び 採 掘 権 308 件 の 計 323 件 のライセンスを 整 理 した 2010 年 末 現 在 同 自 治 区 には 130 鉱 区 のほか 国 土 資 源 部 が 許 認 可 権 を 有 する 南 丹 県 芒 場 大 山 錫 多 金 属 鉱 区 がある 整 理 統 合 により 各 鉱 区 での 統 一 的 かつ 計 画 的 な 採 掘 が 可 能 となったほか 安 全 操 業 若 し くは 環 境 面 で 問 題 を 有 する 企 業 の 淘 汰 さらには 違 法 行 為 取 締 りなど 管 理 監 督 が 改 善 されることと なる ( 北 京 土 居 正 典 ) 中 国 : 広 西 壮 族 自 治 区 でアンチモン 産 業 再 編 現 地 報 道 によると 2011 年 3 月 8 日 中 国 国 内 のアンチモン 生 産 トップ 10 に 入 る 広 西 壮 族 自 治 区 の 河 池 五 吉 有 限 責 任 公 司 は 最 近 正 式 に 広 西 有 色 金 属 集 団 の 一 員 となった 中 国 は 世 界 最 大 のアンチモン 生 産 国 で 2008~2009 年 中 国 生 産 の 世 界 全 体 に 占 める 割 合 いは 90% 以 上 に 達 している その 中 で 広 西 壮 族 自 治 区 は アンチモン 資 源 の 豊 富 な 地 区 であり 中 国 全 土 に 占 め る 資 源 量 の 比 率 は 40% 以 上 である 広 西 有 色 金 属 集 団 のアンチモン 製 錬 能 力 は 年 産 1 万 t で アンチモ ン 合 金 などの 加 工 品 分 野 でも 有 力 企 業 である 2010 年 の 輸 出 枠 は 中 国 全 体 の 49%を 占 め 河 池 五 吉 有 限 責 任 公 司 との 再 編 後 の 生 産 能 力 はアンチモン 精 鉱 で 20% 前 後 となる 河 池 五 吉 有 限 責 任 公 司 は 採 鉱 選 鉱 製 錬 と 資 源 総 合 利 用 を 行 っている 総 合 非 鉄 金 属 企 業 であり 鉱 産 資 源 も 豊 富 に 保 有 していて 鉛 アンチモン 亜 鉛 銀 金 銅 ビスマス 錫 インジウムなど 多 種 の 金 属 を 有 している ( 金 属 企 画 調 査 部 渡 邉 美 和 ) 中 国 : 中 広 ウラン 業 Kalahari 社 ( 英 国 )を 12.3 億 US$で 買 収 中 国 中 広 核 集 団 の 2011 年 3 月 8 日 発 表 によると 同 集 団 傘 下 の 中 広 核 ウラン 業 発 展 有 限 公 司 ( 以 下 中 広 ウラン 業 )は 新 ウラン 資 源 を 求 め 7.56 英 ポンド( 約 12.3 億 US$)で Kalahari Metals Plc( 以 下 Kalahari)の 買 収 を 進 める 意 向 を 発 表 現 在 細 部 の 詰 めが 行 われている 資 料 によれば Kalahari はロンドン 上 場 企 業 で Extract Resources グループの 株 式 42.79% North River Resources Plc の 株 式 44.9%を 保 有 している Kalahari もロンドン 時 間 で 3 月 7 日 に 同 社 と 中 広 ウラン 業 との 買 収 交 渉 が 進 展 中 との 発 表 を 行 って いる ( 金 属 企 画 調 査 部 渡 邉 美 和 ) 中 国 : 赤 峰 市 巴 林 左 旗 の 年 産 10 万 t の 鉛 製 錬 プラント 建 設 再 開 建 設 の 一 旦 停 止 から 3 年 を 経 て 10 万 t/ 年 の 生 産 能 力 で 内 蒙 古 自 治 区 赤 峰 市 の 巴 林 左 旗 鉛 製 錬 プラ ントが 中 色 股 份 控 股 公 司 の 子 会 社 である 中 色 亜 鉛 業 などにより 建 設 再 開 される この 建 設 再 開 計 画 は 2011 年 3 月 10 日 に 中 色 股 份 から 発 表 されたが 同 社 によると 既 に 2010 年 11 月 12 日 に 中 色 亜 鉛 業 と 山 東 黄 金 有 色 鉱 業 集 団 はこの 鉛 製 錬 所 プロジェクトに 関 する 協 議 書 を 締 結 中 色 股 份 が 1.3 億 元 (20% 約 20 百 万 US$) 山 東 黄 金 有 色 鉱 業 集 団 が 5.2 億 元 (80% 約 79 百 万 US$) を 出 資 して 巴 林 左 旗 鉛 製 錬 プロジェクト 公 司 を 成 立 させ 共 同 建 設 にあたることになっていたもので ある このプラント 建 設 は 2007 年 3 月 28 日 に 赤 峰 白 音 諾 爾 鉛 亜 鉛 鉱 山 の 所 有 の 下 で 着 工 していたが

16 ニュースフラッシュ 16 建 設 は 中 断 されていた 当 時 の 計 画 では 生 産 能 力 10 万 t/ 年 であった 今 回 の 建 設 計 画 再 開 により 完 成 後 原 料 は 主 に 赤 峰 中 色 白 音 諾 爾 鉱 業 有 限 公 司 をはじめとする 赤 峰 市 周 辺 の 地 区 から 供 給 される 予 定 で 現 時 点 で 土 木 建 設 の 一 部 はすでに 完 成 している 今 回 成 立 した 公 司 により その 他 設 備 の 建 設 が 行 われ 2012 年 H2 に 完 成 生 産 開 始 となる 予 定 である ( 金 属 企 画 調 査 部 渡 邉 美 和 ) おことわり: 本 レポートの 内 容 は 必 ずしも 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 としての 見 解 を 示 すものではありませ ん 正 確 な 情 報 をお 届 けするよう 最 大 限 の 努 力 を 行 ってはおりますが 本 レポートの 内 容 に 誤 りのある 可 能 性 もあります 本 レポ ートに 基 づきとられた 行 動 の 帰 結 につき 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 及 びレポート 執 筆 者 は 何 らの 責 めを 負 い かねます なお 各 記 事 に 対 するご 意 見 ご 感 想 は まで 電 子 メールでご 遠 慮 なくお 寄 せください

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Taro-条文.jtd

Taro-条文.jtd - 1 - 部 正 昭 和 部 正 目 ん 養 涵 養 ロ ん ロ 護 在 面 積 並 削 共 化 委 託 共 化 病 害 虫 駆 除 予 防 他 護 削 3 域 各 掲 げ ほ 全 努 - 2 - む ね 道 開 設 良 安 設 削 他 護 削 委 託 促 進 削 病 害 虫 駆 除 予 防 火 災 予 防 他 護 削 - 3 - 応 じ 6 案 作 学 識 験 意 聴 3 各 掲 げ ほ 掲 げ

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DE3905F8D8291AC8B5A8CA48A948EAE89EF8ED0208BC696B18BA492CA8E64976C8F91816995BD90AC3237944E378C8E89FC92F994C5816A> 第 1 編 共 通 業 務 共 通 仕 様 書 平 成 27 年 7 月 第 1 章 一 般 1.1 目 的 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 技 研 仕 様 書 という )は 阪 神 高 速 技 研 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )が 発 注 する 調 査 検 討 資 料 作 成 設 計 補 助 測 量 作 業 その 他 こ れらに 類 する 業 務 に 係 る 業 務 請 負

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A7789EF8B4B96F189FC90B394C532816932303133944E37944E313393FA8141918D89EF8FB39446816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A7789EF8B4B96F189FC90B394C532816932303133944E37944E313393FA8141918D89EF8FB39446816A> 多 国 籍 企 業 学 会 規 約 2013 年 7 月 13 日 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 多 国 籍 企 業 学 会 と 称 する 英 文 名 は Academy of Multinational Enterprises とする ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 多 国 籍 企 業 全 般 に 関 する 調 査 研 究 を 行 い わが 国 における 多

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の 中 国 進 出 撤 退 組 織 変 更 完 全 マニュアル (2013 年 改 訂 版 ) ~ 組 織 再 編 から 見 えてくる もうひとつの 中 国 市 場 攻 略 法 ~ Mizuno Consultancy Holdings Ltd. 代 表 取 締 役 社 長 水 野 真 澄 1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 24 25 年 度 補 正 予 算 創 業 補 助 金 事 業 完 了 後 の 各 種 報 告 書 作 成 に 関 する 手 順 書 事 業 化 等 状 況 報 告 書 事 業 化 状 況 報 告 書 補 助 ツール の 記 入 ポイント 取 得 財 産 等 処 分 承 認 申 請 書 登 録 変 更 届 など 当 資 料 は 福 岡 事 務 局 採 択 者 の 方 向 けに 作 成 しております

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

下水道工事標準仕様書

下水道工事標準仕様書 () 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 63 64 65 66 67 68 69 70 71

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料)

資料6 国の行政機関等における法曹有資格者の採用状況についての調査結果報告(平成27年10月実施分)(法務省提出資料) 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 状 況 についての 調 査 結 果 報 告 ( 平 成 27 年 10 月 実 施 分 ) 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 第 1 調 査 の 概 要 目 的 : 国 の 行 政 機 関 等 における 法 曹 有 資 格 者 の 採 用 の 現 状 等 について 調 査 実 施 時 期 : 平 成 27 年 10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受

平 成 27 年 11 月 ~ 平 成 28 年 4 月 に 公 開 の 対 象 となった 専 門 協 議 等 における 各 専 門 委 員 等 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 審 査 ( 別 紙 ) 専 門 協 議 等 の 件 数 専 門 委 員 数 500 万 円 超 の 受 資 料 5-1 平 成 28 年 6 月 16 日 専 門 協 議 等 の 実 施 に 関 する 各 専 門 委 員 における 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 承 認 審 査 及 び 安 全 対 策 に 係 る 専 門 協 議 等 を 依 頼 した 専 門 委 員 の 寄 附 金 契 約 金 等 の 受 取 状 況 については 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 における 専

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information