Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 ( 地 震 津 波 災 害 対 策 編 ) 平 成 26 年 度 修 正 熊 本 県 防 災 会 議

2

3 沿 革 平 成 9 年 6 月 3 日 作 成 平 成 14 年 5 月 16 日 修 正 平 成 19 年 5 月 23 日 修 正 平 成 10 年 5 月 19 日 修 正 平 成 15 年 5 月 19 日 修 正 平 成 20 年 5 月 27 日 修 正 平 成 11 年 5 月 17 日 修 正 平 成 16 年 5 月 17 日 修 正 平 成 21 年 5 月 20 日 修 正 平 成 12 年 5 月 17 日 修 正 平 成 17 年 5 月 19 日 修 正 平 成 22 年 5 月 18 日 修 正 平 成 13 年 5 月 16 日 修 正 平 成 18 年 5 月 18 日 修 正 平 成 23 年 5 月 19 日 修 正 平 成 24 年 5 月 23 日 修 正 平 成 25 年 5 月 23 日 修 正 平 成 26 年 5 月 19 日 修 正 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 及 び 基 本 方 針 1 第 3 節 関 係 機 関 の 責 務 と 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 2 第 4 節 熊 本 県 の 特 質 と 過 去 の 主 な 地 震 災 害 7 第 5 節 被 害 想 定 18 第 6 節 地 震 防 災 緊 急 事 業 五 箇 年 計 画 21 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 防 災 知 識 普 及 計 画 22 第 2 節 自 主 防 災 組 織 育 成 計 画 27 第 3 節 防 災 訓 練 計 画 31 第 4 節 地 震 観 測 施 設 等 整 備 計 画 34 第 5 節 防 災 業 務 施 設 整 備 計 画 37 第 6 節 災 害 備 蓄 物 資 資 機 材 整 備 計 画 40 第 7 節 水 害 土 砂 災 害 予 防 計 画 43 第 8 節 海 岸 対 策 計 画 45 第 9 節 火 災 予 防 計 画 47 第 10 節 危 険 物 等 災 害 予 防 計 画 49 第 11 節 建 築 物 等 災 害 予 防 計 画 50 第 12 節 公 共 施 設 等 災 害 予 防 計 画 51 第 13 節 給 水 確 保 計 画 56 第 14 節 通 信 施 設 災 害 予 防 計 画 57 第 15 節 電 力 施 設 災 害 予 防 計 画 58 第 16 節 都 市 ガス 施 設 災 害 予 防 計 画 59 第 17 節 鉄 道 施 設 災 害 予 防 計 画 61 第 18 節 海 上 災 害 予 防 計 画 62 第 19 節 避 難 収 容 計 画 64 第 20 節 避 難 行 動 要 支 援 者 等 避 難 支 援 計 画 70 第 21 節 医 療 保 健 計 画 74 第 22 節 災 害 ボランティア 計 画 79 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 組 織 計 画 82 第 2 節 職 員 配 置 計 画 84

4 第 3 節 災 害 警 備 計 画 88 第 4 節 応 援 要 請 計 画 90 第 5 節 自 衛 隊 災 害 派 遣 要 請 計 画 94 第 6 節 地 震 津 波 情 報 伝 達 計 画 96 第 7 節 災 害 情 報 収 集 伝 達 計 画 116 第 8 節 広 報 計 画 122 第 9 節 避 難 収 容 対 策 計 画 127 第 10 節 交 通 規 制 計 画 136 第 11 節 緊 急 通 行 車 両 確 認 計 画 139 第 12 節 輸 送 計 画 141 第 13 節 水 防 計 画 143 第 14 節 救 出 計 画 144 第 15 節 医 療 救 護 計 画 146 第 16 節 食 糧 供 給 計 画 149 第 17 節 給 水 確 保 計 画 152 第 18 節 生 活 必 需 品 供 給 計 画 153 第 19 節 建 築 物 宅 地 等 応 急 対 策 計 画 155 第 20 節 公 共 施 設 応 急 復 旧 計 画 156 第 21 節 畜 産 酪 農 業 応 急 対 策 計 画 160 第 22 節 通 信 施 設 災 害 応 急 対 策 計 画 163 第 23 節 電 力 施 設 応 急 対 策 計 画 165 第 24 節 都 市 ガス 施 設 応 急 対 策 計 画 167 第 25 節 鉄 道 施 設 応 急 対 策 計 画 170 第 26 節 ダム 等 管 理 計 画 172 第 27 節 保 健 衛 生 計 画 173 第 28 節 災 害 ボランティア 活 用 計 画 176 第 29 節 廃 棄 物 処 理 計 画 180 第 30 節 住 宅 応 急 対 策 計 画 182 第 31 節 行 方 不 明 者 等 捜 索 及 び 遺 体 収 容 埋 葬 計 画 183 第 32 節 救 援 物 資 要 請 受 入 配 分 計 画 185 第 33 節 海 上 災 害 対 策 計 画 187 第 34 節 金 融 応 急 対 策 計 画 190 第 35 節 物 価 安 定 対 策 計 画 193 第 4 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 1 節 災 害 復 旧 復 興 の 基 本 方 向 194 第 2 節 公 共 土 木 施 設 災 害 復 旧 計 画 195 第 3 節 農 林 水 産 施 設 災 害 復 旧 計 画 196 第 4 節 海 上 災 害 復 旧 復 興 支 援 対 策 計 画 198 第 5 節 その 他 の 災 害 復 旧 計 画 199 第 6 節 被 災 者 自 立 支 援 対 策 計 画 201 第 7 節 被 災 農 林 漁 業 の 経 営 安 定 計 画 203 第 8 節 雇 用 機 会 確 保 計 画 204 第 9 節 復 興 計 画 205

5 第 1 章 総 則

6 第 1 節 目 的 この 計 画 は 本 県 の 県 民 生 活 の 各 分 野 にわたり 重 大 な 影 響 を 及 ぼすおそれのある 地 震 津 波 災 害 に 対 処 するため 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 40 条 の 規 定 に 基 づき 県 市 町 村 及 び 各 防 災 関 係 機 関 に 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 県 域 における 地 震 津 波 災 害 対 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 することにより 県 の 地 域 並 びに 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 津 波 災 害 から 保 護 することを 目 的 とする 第 2 節 計 画 の 性 格 及 び 基 本 方 針 1. 計 画 の 性 格 (1) この 計 画 は 熊 本 県 防 災 会 議 が 作 成 する 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 の 地 震 津 波 災 害 対 策 編 として 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 及 び 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 な どの 大 規 模 災 害 を 踏 まえ 本 県 における 地 震 及 び 津 波 災 害 の 防 災 上 必 要 となる 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 に 係 る 諸 施 策 について 定 めるものとする この 計 画 に 定 めのない 事 項 及 び 風 水 害 等 の 災 害 対 策 については 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 の 一 般 災 害 対 策 編 に 定 めるところによる (2) 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 地 震 津 波 災 害 対 策 編 の 策 定 及 び 運 営 にあたっては 国 の 防 災 基 本 計 画 に 基 づき 実 施 することから 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 公 共 機 関 が 作 成 する 防 災 業 務 計 画 と 密 接 な 連 携 を 図 っていくものとする さらに 水 防 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 193 号 )に 基 づく 熊 本 県 水 防 計 画 及 び 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 )に 基 づく 熊 本 県 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 とも 十 分 な 調 整 を 図 るものとする (3) この 計 画 は 地 震 津 波 災 害 に 関 して 防 災 関 係 機 関 相 互 の 密 接 な 連 絡 調 整 を 図 るうえで 基 本 的 な 大 綱 を 示 すもので その 実 施 細 則 については さらに 関 係 機 関 において 別 途 マニュアルを 作 成 する 等 具 体 的 に 定 めるものとする 2. 計 画 の 基 本 方 針 この 計 画 は 防 災 関 係 機 関 が 必 要 な 体 制 を 確 立 し その 実 施 責 任 を 明 確 にするとともに 総 合 的 計 画 的 な 地 震 津 波 災 害 対 策 の 整 備 及 び 推 進 を 図 るものである この 計 画 の 樹 立 及 び 推 進 に 当 たっては 次 の 事 項 を 基 本 とするものとする (1) 自 主 防 災 体 制 の 確 立 (2) 防 災 関 係 機 関 相 互 の 連 携 協 力 体 制 の 強 化 (3) 男 女 共 同 参 画 の 視 点 からの 防 災 体 制 の 確 立 (4) 地 震 津 波 災 害 対 策 の 推 進 (5) 関 係 法 令 の 遵 守 1

7 第 3 節 関 係 機 関 の 責 務 と 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1. 防 災 関 係 機 関 の 責 務 (1) 県 県 は 県 の 地 域 並 びに 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 津 波 災 害 から 保 護 するため 他 の 防 災 関 係 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 協 力 を 得 て 広 域 的 総 合 的 な 防 災 活 動 を 実 施 するとともに 市 町 村 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関 の 防 災 活 動 の 実 施 を 助 け かつ その 総 合 調 整 を 行 う 責 務 を 有 する (2) 市 町 村 市 町 村 は 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として 当 該 市 町 村 の 地 域 並 びに 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 津 波 災 害 から 保 護 するため 他 の 防 災 関 係 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 協 力 を 得 て 防 災 活 動 を 実 施 する 責 務 を 有 する また 上 記 の 責 務 を 十 分 に 果 たすため 必 要 があるときは 他 の 地 方 公 共 団 体 と 相 互 に 協 力 する よう 努 めるともに 消 防 機 関 等 の 組 織 の 整 備 並 びに 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 公 共 的 団 体 等 の 防 災 に 関 する 組 織 及 び 住 民 の 隣 保 協 同 の 精 神 に 基 づく 自 主 防 災 組 織 の 充 実 を 図 り 市 町 村 の 有 するすべ ての 機 能 を 十 分 に 発 揮 するよう 努 めるものとする (3) 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 地 方 行 政 機 関 は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 津 波 災 害 から 保 護 するため 他 の 指 定 地 方 行 政 機 関 と 相 互 に 協 力 して 防 災 活 動 を 行 うとともに 県 及 び 市 町 村 の 防 災 活 動 が 円 滑 に 行 われるよう 必 要 な 勧 告 指 導 助 言 その 他 適 切 な 措 置 をとる (4) 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関 は その 業 務 の 公 共 性 又 は 公 益 性 に 鑑 み 自 ら 防 災 活 動 を 実 施 するとともに 県 及 び 市 町 村 の 防 災 活 動 に 協 力 する 責 務 を 有 する (5) 公 共 的 団 体 及 び 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 公 共 的 団 体 及 び 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 は 平 素 から 災 害 予 防 体 制 の 整 備 を 図 るとともに 県 及 び 市 町 村 その 他 防 災 関 係 機 関 の 防 災 活 動 に 協 力 するものとする 2

8 2. 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 県 市 町 村 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 並 びに 県 内 の 公 共 機 関 その 他 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 は 概 ね 次 の 事 務 又 は 業 務 を 処 理 するものとする 指 定 地 方 行 政 機 関 機 関 名 熊 本 県 九 州 財 務 局 九 州 農 政 局 九 州 厚 生 局 九 州 森 林 管 理 局 九 州 経 済 産 業 局 九 州 産 業 保 安 監 督 部 九 州 総 合 通 信 局 福 岡 管 区 気 象 台 熊 本 地 方 気 象 台 1 熊 本 県 防 災 会 議 に 関 する 事 務 2 防 災 に 関 する 施 設 の 新 設 改 良 及 び 復 旧 対 策 3 災 害 に 関 する 情 報 の 伝 達 収 集 及 び 被 害 調 査 4 水 防 その 他 の 応 急 処 置 5 被 災 者 に 対 する 救 助 及 び 救 護 措 置 6 災 害 時 における 保 健 衛 生 文 教 治 安 及 び 交 通 等 の 対 策 7 その 他 県 の 所 掌 事 務 についての 防 災 対 策 8 市 町 村 の 災 害 事 務 または 業 務 の 実 施 についての 援 助 及 び 調 整 1 被 災 地 ( 地 方 公 共 団 体 )に 対 する 財 政 融 資 資 金 地 方 資 金 の 融 資 に 関 すること 2 災 害 時 における 金 融 機 関 等 に 対 する 金 融 上 の 措 置 の 要 請 3 公 共 土 木 施 設 及 び 農 林 水 産 業 施 設 等 の 災 害 復 旧 事 業 費 の 査 定 立 会 4 九 州 財 務 局 が 所 掌 する 国 有 財 産 の 無 償 貸 付 等 1 農 業 に 関 する 防 災 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 に 関 する 指 導 調 整 並 びに 助 成 2 農 地 農 業 用 施 設 に 関 する 防 災 及 び 災 害 復 旧 対 策 3 農 地 の 保 全 に 係 る 海 岸 保 全 施 設 等 の 災 害 復 旧 対 策 4 応 急 用 食 料 の 調 達 供 給 対 策 5 主 要 食 料 の 安 定 供 給 対 策 1 災 害 状 況 の 情 報 収 集 通 報 2 関 係 職 員 の 現 地 派 遣 3 関 係 機 関 との 連 携 調 整 1 国 有 林 野 等 の 森 林 治 水 事 業 等 及 び 防 災 管 理 2 災 害 応 急 用 材 の 需 給 対 策 1 災 害 時 における 物 資 の 供 給 及 び 価 格 の 安 定 対 策 2 被 災 商 工 業 者 に 対 する 金 融 税 制 及 び 労 務 に 関 すること 1 鉱 山 における 災 害 防 止 及 び 災 害 時 の 応 急 対 策 に 関 すること 2 火 薬 類 高 圧 ガス 都 市 ガス 液 化 石 油 ガス 及 び 電 気 施 設 等 の 保 安 の 確 保 対 策 1 非 常 通 信 体 制 の 整 備 に 関 すること 2 非 常 通 信 協 議 会 の 育 成 指 導 及 び 実 施 訓 練 等 に 関 すること 3 災 害 時 における 通 信 機 器 及 び 移 動 電 源 車 の 貸 出 しに 関 すること 4 災 害 時 における 電 気 通 信 の 確 保 に 関 すること 5 非 常 通 信 の 統 制 監 理 に 関 すること 6 災 害 地 域 における 電 気 通 信 施 設 の 被 害 状 況 の 把 握 に 関 すること 1 気 象 地 象 水 象 の 観 測 及 びその 成 果 を 収 集 発 表 すること 2 気 象 業 務 に 必 要 な 観 測 予 報 通 信 等 の 施 設 及 び 設 備 の 整 備 に 関 すること 3 事 務 又 は 業 務 気 象 地 象 ( 地 震 にあっては 発 生 した 断 層 運 動 による 地 震 動 に 限 る) 水 象 の 予 報 及 び 特 別 警 報 警 報 注 意 報 並 びに 台 風 大 雨 竜 巻 等 突 風 に 関 する 情 報 等 を 適 時 的 確 に 防 災 機 関 に 伝 達 するとともに これらの 機 関 や 報 道 機 関 を 通 じ て 住 民 に 周 知 すること 3

9 指 定 地 方 行 政 機 関 機 関 名 事 務 又 は 業 務 福 岡 管 区 気 象 台 熊 本 地 方 気 象 台 気 象 庁 が 発 表 する 緊 急 地 震 速 報 ( 警 報 )について 緊 急 地 震 速 報 の 利 用 の 心 得 な どの 周 知 広 報 すること 市 町 村 が 行 う 避 難 勧 告 等 の 判 断 伝 達 マニュアルやハザードマップ 等 の 作 成 に 関 して 技 術 的 な 支 援 協 力 すること 災 害 の 発 生 が 予 想 されるときや 災 害 発 生 時 において 都 道 府 県 や 市 町 村 に 対 し て 気 象 状 況 の 推 移 やその 予 想 の 解 説 等 を 行 うこと 都 道 府 県 や 市 町 村 その 他 の 防 災 関 係 機 関 と 連 携 し 防 災 気 象 情 報 の 理 解 促 進 防 災 知 識 の 普 及 啓 発 活 動 に 関 すること 熊 本 労 働 局 1 工 場 及 び 事 業 所 等 における 労 働 災 害 防 止 対 策 九 州 管 区 警 察 局 九 州 運 輸 局 熊 本 運 輸 支 局 熊 本 海 上 保 安 部 1 大 阪 航 空 局 熊 本 空 港 事 務 所 九 州 地 方 整 備 局 九 州 地 方 環 境 事 務 所 九 州 防 衛 局 自 衛 隊 市 町 村 1 警 察 災 害 派 遣 隊 の 運 用 及 び 広 域 的 な 応 援 の 指 導 調 整 に 関 すること 2 広 域 的 な 交 通 規 制 の 指 導 調 整 に 関 すること 3 災 害 時 における 他 管 区 警 察 局 との 連 携 に 関 すること 4 管 区 内 指 定 地 方 行 政 機 関 との 協 力 及 び 連 絡 調 整 に 関 すること 5 災 害 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 連 絡 調 整 に 関 すること 6 災 害 時 における 警 察 通 信 の 運 用 に 関 すること 7 津 波 予 報 の 伝 達 に 関 すること 1 災 害 時 における 陸 上 水 上 輸 送 の 調 整 及 び 指 導 2 災 害 時 における 自 動 車 運 送 事 業 者 に 対 する 運 送 命 令 3 災 害 時 における 関 係 機 関 と 輸 送 荷 受 機 関 との 連 絡 調 整 災 害 時 の 海 上 における 人 命 財 産 の 救 助 その 他 救 済 を 必 要 とする 場 合 の 援 助 並 び に 海 上 の 治 安 及 び 警 備 1 飛 行 場 及 びその 周 辺 における 航 空 機 事 故 に 関 する 消 火 及 び 救 助 2 遭 難 航 空 機 の 捜 索 及 び 救 助 1 直 轄 河 川 の 整 備 維 持 管 理 及 び 水 防 に 関 すること 2 直 轄 国 道 の 整 備 維 持 管 理 及 び 防 災 に 関 すること 3 直 轄 港 湾 航 路 海 岸 砂 防 の 整 備 及 び 防 災 に 関 すること 4 高 潮 津 波 災 害 等 の 予 防 に 関 する 港 湾 海 岸 計 画 5 緊 急 を 要 すると 認 められる 場 合 大 規 模 災 害 時 の 応 援 に 関 する 協 定 書 に 基 づく 適 切 な 緊 急 対 応 の 実 施 6 その 他 防 災 に 関 し 九 州 地 方 整 備 局 の 所 掌 すべきこと 1 災 害 廃 棄 物 等 の 処 理 対 策 に 関 すること 2 環 境 監 視 体 制 の 支 援 に 関 すること 3 飼 育 動 物 の 保 護 等 に 係 る 支 援 に 関 すること 1 所 管 財 産 ( 周 辺 財 産 )の 使 用 に 関 する 連 絡 調 整 2 米 軍 施 設 内 通 行 等 に 関 する 連 絡 調 整 1 天 災 地 変 その 他 の 災 害 に 際 して 航 空 機 あるいは 地 上 からの 情 報 の 収 集 伝 達 及 び 人 命 又 は 財 産 の 保 護 ( 人 員 の 救 助 消 防 水 防 救 援 物 資 の 輸 送 通 路 の 応 急 啓 開 応 急 の 医 療 防 疫 給 水 炊 飯 入 浴 支 援 等 ) 1 市 町 村 防 災 会 議 に 関 する 事 務 2 防 災 に 関 する 施 設 の 新 設 改 良 及 び 復 旧 対 策 3 災 害 に 関 する 情 報 の 伝 達 収 集 及 び 被 害 調 査 4 消 防 水 防 その 他 の 応 急 措 置 5 被 災 者 に 対 する 救 助 及 び 救 護 措 置 6 災 害 時 における 保 健 衛 生 文 教 及 び 交 通 等 の 対 策 7 その 他 市 町 村 の 所 掌 事 務 についての 防 災 対 策 8 市 町 村 内 における 公 共 的 団 体 及 び 住 民 防 災 組 織 の 育 成 指 導 4

10 機 関 名 事 務 又 は 業 務 1 災 害 時 における 郵 便 業 務 運 営 の 確 保 日 本 郵 便 株 式 会 社 ( 九 州 支 社 ) 2 災 害 救 助 法 適 用 時 における 郵 便 業 務 に 係 る 災 害 特 別 事 務 取 扱 い 及 び 援 護 対 策 (1) 災 害 地 の 被 災 者 に 対 する 郵 便 葉 書 等 の 無 償 交 付 (2) 被 災 者 が 差 し 出 す 郵 便 物 の 料 金 免 除 (3) 被 災 地 あて 救 助 用 郵 便 物 等 の 料 金 免 除 (4) 被 災 地 あて 寄 付 金 を 内 容 とする 郵 便 物 の 料 金 免 除 指 定 公 共 機 鉄 道 関 係 機 関 ( 九 州 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 熊 本 電 気 鉄 道 株 式 会 社 南 阿 蘇 鉄 道 株 式 会 社 く ま 川 鉄 道 株 式 会 社 及 び 肥 薩 おれんじ 鉄 道 株 式 会 社 ) 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 ( 熊 本 支 店 ) 3 災 害 時 における 郵 便 局 窓 口 業 務 の 確 保 1 鉄 道 施 設 の 防 災 対 策 2 災 害 時 における 救 助 物 資 及 び 人 員 の 緊 急 輸 送 1 電 気 通 信 施 設 の 防 災 対 策 2 災 害 時 における 非 常 緊 急 通 話 の 調 整 及 び 気 象 予 警 報 の 伝 達 関 日 本 銀 行 ( 熊 本 支 店 ) 1 災 害 時 における 金 融 対 策 すなわち 預 貯 金 り 災 関 係 手 形 および 災 害 関 係 融 資 等 に 関 する 臨 時 の 措 置 につき 現 地 金 融 機 関 の 指 導 を 行 うほか 金 融 機 関 の 所 要 現 金 の 確 保 損 傷 銀 行 券 の 引 き 替 えその 他 必 要 と 認 められる 適 宜 の 措 置 を 講 ずる 指 定 地 方 公 共 機 関 日 本 赤 十 字 社 ( 熊 本 県 支 部 ) 日 本 放 送 協 会 及 び 放 送 報 道 関 係 (N HK 熊 本 放 送 局 株 式 会 社 熊 本 放 送 株 式 会 社 熊 本 日 日 新 聞 社 株 式 会 社 テレビ 熊 本 株 式 会 社 熊 本 県 民 テレビ 熊 本 朝 日 放 送 株 式 会 社 ) 自 動 車 運 送 機 関 ( 公 益 社 団 法 人 熊 本 県 トラック 協 会 一 般 社 団 法 人 熊 本 県 バス 協 会 一 般 社 団 法 人 熊 本 県 タクシー 協 会 ) 海 上 輸 送 機 関 ( 三 和 商 船 株 式 会 社 熊 本 フェリー 株 式 会 社 熊 本 県 海 運 組 合 ) 1 災 害 時 における 医 療 助 産 及 び 死 体 処 理 の 実 2 災 害 援 助 等 の 奉 仕 者 の 連 絡 調 整 3 義 えん 金 品 の 募 集 配 分 1 気 象 予 警 報 災 害 情 報 等 の 災 害 広 報 対 策 1 災 害 時 における 自 動 車 による 人 員 及 び 救 助 物 資 等 の 輸 送 確 保 1 災 害 時 における 船 舶 による 人 員 及 び 救 助 物 資 等 の 輸 送 確 保 5

11 機 関 名 事 務 又 は 業 務 電 力 供 給 機 関 ( 九 州 電 力 株 式 会 社 熊 本 支 社 ) 1 電 力 施 設 の 保 全 保 安 対 策 2 災 害 時 における 電 力 供 給 確 保 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 そ の 他 公 共 的 団 体 お よ び 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 ガス 供 給 機 関 ( 西 部 ガス 株 式 会 社 天 草 ガス 株 式 会 社 九 州 ガス 株 式 会 社 山 鹿 都 市 ガス 株 式 会 社 一 般 社 団 法 人 熊 本 県 LPガス 協 会 ) 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 九 州 支 社 公 益 社 団 法 人 熊 本 県 医 師 会 一 般 社 団 法 人 熊 本 県 歯 科 医 師 会 公 益 社 団 法 人 熊 本 県 薬 剤 師 会 公 益 社 団 法 人 熊 本 県 看 護 協 会 社 会 福 祉 法 人 熊 本 県 社 会 福 祉 協 議 会 一 般 社 団 法 人 熊 本 県 建 設 業 協 会 熊 本 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 病 院 等 経 営 者 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 農 業 協 同 組 合 森 林 組 合 漁 業 協 同 組 合 等 商 工 会 商 工 会 議 所 1 ガス 施 設 の 保 全 保 安 対 策 2 災 害 時 におけるガス 供 給 の 確 保 1 有 料 道 路 及 び 施 設 の 防 災 対 策 1 災 害 時 における 医 療 助 産 等 の 救 護 1 災 害 時 における 歯 科 医 療 等 の 救 護 1 災 害 時 における 薬 剤 師 活 動 や 医 薬 品 供 給 1 災 害 時 における 医 療 助 産 等 の 救 護 1 災 害 時 における 住 民 支 援 ボランティア 支 援 1 災 害 時 における 応 急 対 策 1 溜 池 及 び 水 こう 門 等 の 整 備 と 防 災 管 理 2 農 地 及 び 農 業 用 施 設 の 被 害 調 査 および 復 旧 1 避 難 施 設 の 整 備 と 避 難 訓 練 並 びに 被 災 時 における 収 容 者 保 護 2 災 害 時 における 負 傷 者 等 の 医 療 助 産 救 助 1 避 難 施 設 の 整 備 と 避 難 等 の 訓 練 2 被 災 時 における 収 容 者 保 護 1 農 林 水 産 関 係 の 被 害 調 査 または 協 力 2 農 作 物 林 水 産 物 等 の 災 害 応 急 対 策 についての 指 導 3 被 災 農 林 水 産 家 に 対 する 融 資 またはその 斡 旋 並 びに 飼 料 肥 料 等 の 確 保 また は 斡 旋 1 商 工 業 関 係 の 被 害 調 査 融 資 希 望 者 のとりまとめ 及 び 斡 旋 等 についての 協 力 2 災 害 時 における 物 価 安 定 についての 協 力 徹 底 3 救 助 用 物 資 復 旧 資 材 の 確 保 についての 協 力 斡 旋 金 融 機 関 1 被 災 事 業 者 に 対 する 資 金 融 資 及 びその 他 の 緊 急 措 置 学 校 法 人 危 険 物 施 設 及 び 高 圧 ガス 火 薬 類 等 の 管 理 者 1 避 難 施 設 の 整 備 及 び 避 難 訓 練 2 被 災 時 における 教 育 対 策 1 安 全 管 理 の 徹 底 2 防 災 施 設 の 整 備 6

12 第 4 節 熊 本 県 の 特 質 と 過 去 の 主 な 地 震 災 害 1. 地 勢 熊 本 県 は 地 理 的 には 九 州 の 中 央 に 位 置 し 北 東 および 南 の 三 方 は 山 岳 に 囲 まれており 特 に 宮 崎 県 との 県 境 には 九 州 の 背 梁 をなす 九 州 山 脈 が 走 り 最 高 峰 の 国 見 岳 (1,739m) 市 房 山 (1,722m) を 主 峰 に 十 数 座 の 山 岳 が 連 なっている 中 央 部 は 菊 池 川 白 川 緑 川 流 域 に 熊 本 平 野 が 開 け 球 磨 川 氷 川 その 他 の 中 小 河 川 の 流 域 にひ らける 八 代 平 野 とともに 平 坦 地 を 形 成 している 複 式 火 山 として 世 界 的 に 有 名 な 阿 蘇 山 は 県 の 東 北 部 に 位 置 し 陥 没 によってできた 南 北 約 25km 東 西 約 17kmの 巨 大 なカルデラの 内 部 に いわゆる 阿 蘇 五 岳 がある その 噴 出 物 は 広 域 に 広 がり 北 は 福 岡 県 の 安 徳 台 付 近 に 南 東 は 宮 崎 県 日 向 灘 の 海 岸 に いたり 南 は 人 吉 付 近 に 南 西 は 天 草 の 下 島 にまで 及 び 噴 出 物 の 分 布 面 積 は6,817km2で 九 州 の 面 積 の5 分 の1に 達 するといわれる 県 の 北 部 には 八 方 ケ 岳 (1,052m)があり また 福 岡 大 分 及 び 本 県 との 三 県 境 には 国 見 山 (1,0 18m)がそびえ 県 南 部 は 一 帯 に 急 峻 かつ 広 大 な 山 地 からなり 九 州 山 脈 に 連 なる 山 岳 が 相 重 な っている 熊 本 平 野 の 西 方 には 宇 土 半 島 が 突 き 出 て 有 明 海 と 不 知 火 海 とに 分 け 宇 土 半 島 の 南 西 に は 大 小 120 余 の 島 からなる 天 草 諸 島 が 散 在 している 2. 社 会 的 条 件 とその 変 化 地 震 津 波 災 害 は 地 形 地 質 地 盤 等 の 自 然 的 条 件 に 起 因 するものと 人 口 の 集 中 度 や 建 築 物 の 状 況 等 の 社 会 的 条 件 に 起 因 するものとが 同 時 複 合 的 に 発 生 することが 特 徴 である 被 害 を 拡 大 する 社 会 的 災 害 要 因 として 主 に 次 のような 点 が 考 えられる (1) 人 口 の 集 中 度 本 県 の 人 口 は 平 成 22 年 10 月 現 在 1,817,426 人 でこのうち734,474 人 ( 約 40%)が 熊 本 市 に 集 中 しており 熊 本 市 を 含 む14 市 には1,461,794 人 ( 約 80%)が 集 中 している (H22 国 勢 調 査 より) また 都 市 部 の 人 口 は 年 々 増 加 し 国 際 化 が 進 み 逆 に 山 間 部 の 人 口 は 減 少 しており 過 疎 化 高 齢 化 が 進 んでおり 高 齢 者 や 外 国 人 等 の 災 害 弱 者 が 増 加 している さらに 消 防 団 については 都 市 部 及 びその 近 郊 町 村 ではサラリーマン 団 員 の 増 加 過 疎 部 で は 団 員 の 確 保 高 齢 化 の 問 題 のある 市 町 村 も 見 られる (2) 土 地 利 用 の 変 化 市 街 地 中 心 部 でのビルの 高 層 化 が 進 み また 大 規 模 開 発 等 による 住 宅 団 地 の 形 成 や 大 型 小 売 店 や 娯 楽 施 設 等 の 不 特 定 多 数 の 人 が 集 まる 施 設 の 建 築 が 増 加 している 逆 に 以 前 からの 住 宅 密 集 地 は 再 開 発 があまり 進 んでいない これらは 地 震 災 害 時 における 被 災 人 口 の 増 大 火 災 の 多 発 延 焼 地 域 の 拡 大 の 危 険 性 を 高 め ている (3) 生 活 様 式 の 変 化 近 年 の 生 活 様 式 の 変 化 によって 電 気 ガス 水 道 下 水 道 電 話 等 のライフライン 施 設 は 県 民 生 活 に 欠 かせないものとなっており 今 後 益 々その 依 存 度 重 要 性 が 高 くなると 考 えられる これらの 施 設 の 被 害 は その 復 旧 に 時 間 を 要 し 県 民 生 活 に 大 きな 支 障 をもたらし 都 市 機 能 を マヒさせるばかりでなく 2 次 災 害 の 危 険 性 もある 7

13 (4) 工 業 化 の 進 展 高 度 経 済 成 長 により 急 速 に 工 業 化 が 進 展 したが 工 業 化 とともに 多 量 の 危 険 物 を 貯 蔵 する 施 設 が 増 加 し 地 域 における 被 害 拡 大 の 危 険 性 を 高 めている (5) 交 通 機 関 の 発 達 自 動 車 は 急 速 に 増 加 してきているが 自 動 車 はそれ 自 体 ガソリン 等 の 危 険 物 を 内 蔵 しており 出 火 延 焼 の 原 因 となるとともに 大 量 の 自 動 車 によって 引 き 起 こされる 交 通 混 乱 が 消 火 救 助 活 動 等 の 災 害 応 急 活 動 の 妨 げとなり 被 害 を 拡 大 させることが 予 想 される また 道 路 鉄 道 港 湾 施 設 等 の 被 害 による 交 通 機 能 のマヒは 物 流 に 重 大 な 影 響 を 及 ぼし 県 民 生 活 に 大 きな 支 障 をもたらすことも 予 想 される (6) コミュニティ 意 識 の 低 下 近 年 の 都 市 化 及 び 核 家 族 化 の 進 展 で 特 に 都 市 部 において 地 域 のコミュニティ 活 動 が 停 滞 ぎみ で 県 民 の 防 災 意 識 の 高 まりも 鈍 く 地 震 災 害 発 生 直 後 の 被 害 拡 大 を 防 ぐ 有 効 な 手 段 であるコミ ュニティレベルでの 防 災 活 動 もあまり 活 発 でなく 自 主 防 災 組 織 率 も 全 国 に 比 べて 非 常 に 低 い 状 態 にある このような 社 会 的 災 害 要 因 によって 地 震 による 被 害 が 拡 大 されるだけでなく 被 害 も 多 様 化 し 同 時 複 合 的 に 発 生 するものと 考 えられるが 現 状 ではこれらの 災 害 要 因 への 対 応 対 策 は 決 し て 十 分 なものではない したがって このような 社 会 的 災 害 要 因 の 変 化 に 最 大 限 の 努 力 を 払 うと 同 時 に 基 礎 的 科 学 的 な 調 査 や 公 共 施 設 等 の 整 備 企 業 も 含 めた 防 災 意 識 の 普 及 啓 発 を 不 断 に 続 けていくことが 必 要 である 8

14 3. 熊 本 県 の 過 去 の 主 な 地 震 津 波 とその 被 害 県 下 に 大 きな 被 害 をもたらした 地 震 津 波 としては 明 治 22 年 (1889 年 )7 月 熊 本 付 近 を 震 源 とし た 地 震 ( 死 者 20 人 負 傷 者 52 人 家 屋 の 全 壊 228 戸 ) 等 が 記 録 されている 県 内 に 被 害 をもたらした 主 な 地 震 津 波 ( 県 内 の 最 大 震 度 4 以 上 )は 次 のとおりである (1) 主 な 地 震 とその 被 害 744 年 6 月 6 日 ( 太 平 ) 天 草 郡 八 代 郡 葦 北 郡 M:7.0 田 地 290 町 民 家 流 出 470 軒 死 者 1,520 名 1619 年 5 月 1 日 ( 元 和 ) 肥 後 八 代 N32.5 E130.6 M:6.0 麦 島 城 をはじめ 公 私 の 家 屋 が 破 壊 した 1625 年 7 月 21 日 ( 寛 永 ) 熊 本 N32.8 E130.6 M:5~6 地 震 のため 熊 本 城 の 火 薬 庫 爆 発 天 守 付 近 の 石 壁 の 一 部 が 崩 れた 城 中 の 石 垣 にも 被 害 死 者 約 年 12 月 19 日 ( 享 保 ) 肥 後 豊 後 筑 後 N32.9 E130.6 M:6.5 肥 後 で 倒 家 980 死 者 2 飽 田 山 本 山 鹿 玉 名 菊 池 合 志 各 郡 で 強 く 柳 川 辺 でも 強 く 感 じた 1769 年 8 月 29 日 ( 明 和 ) 日 向 豊 後 肥 後 N33.0 E132.1 M:7 3/4 延 岡 城 大 分 城 で 被 害 多 く 寺 社 町 屋 の 破 損 が 多 かった 熊 本 領 内 でも 被 害 が 多 く 宇 和 島 で 強 く 感 じた 津 波 があった 1792 年 5 月 21 日 ( 寛 政 4.4.1) 雲 仙 岳 N32.8 E130.3 M:6.4 前 年 10 月 8 日 から 始 まった 地 震 が11 月 10 日 頃 から 強 くなり 4 月 1 日 に 大 地 震 2 回 前 山 ( 眉 山 : 天 狗 山 )の 東 部 がくずれ 崩 土 約 0.34km 3 が 島 原 海 に 入 り 津 波 を 生 じた 対 岸 の 肥 後 でも 被 害 が 多 く 津 波 による 死 者 は 全 体 で 約 15,000 潰 家 12,000 島 原 大 変 肥 後 迷 惑 と 呼 ばれた 1828 年 5 月 26 日 ( 文 政 ) 長 崎 N32.6 E129.9 (M:6) 出 島 の 周 壁 が 数 か 所 潰 裂 天 草 で 激 しかったという 天 草 の 海 中 で 噴 火 に 似 た 現 象 が あったという 1889 年 7 月 28 日 23 時 45 分 ( 明 治 22) 熊 本 付 近 N32.8 E130.7 H: 極 浅 M:6.3 飽 田 郡 を 中 心 に 熊 本 県 下 で 被 害 大 死 者 20 負 傷 52 家 屋 全 壊 228 半 潰 138 地 裂 8 80 堤 防 崩 壊 45 橋 梁 壊 落 22 破 損 37 道 路 損 壊 133 柳 川 地 方 でも 潰 家 60 余 肥 後 筑 後 地 方 で 強 震 1894 年 8 月 8 日 23 時 19 分 ( 明 治 27) 熊 本 県 北 部 N32.8 E131.0 H: 極 浅 M:6.3 阿 蘇 郡 永 水 村 で 家 屋 土 蔵 破 損 15 石 垣 の 崩 壊 が 多 かった 長 陽 村 で 家 屋 破 損 1 石 垣 崩 壊 年 8 月 27 日 22 時 42 分 ( 明 治 28) 熊 本 県 北 東 部 N32.8 E131.0 H: 極 浅 M:6.3 阿 蘇 郡 山 西 村 で 土 蔵 破 損 400 堤 防 亀 裂 8 石 垣 崩 壊 22 石 碑 石 灯 籠 の 転 倒 多 し 永 水 村 で 家 屋 破 損 5 その 他 の 諸 村 で 小 被 害 肥 後 筑 後 地 方 で 強 震 1906 年 3 月 17 日 21 時 20 分 ( 明 治 39) 熊 本 付 近 N32.8 E130.8 熊 本 市 内 で 陶 器 店 ガラス 店 にて 多 少 の 被 害 最 大 震 度 Ⅳ: 熊 本 出 典 : 熊 本 県 の 気 象 百 年 ( 熊 本 地 方 気 象 台 ) 9

15 1907 年 3 月 10 日 22 時 03 分 ( 明 治 40) 熊 本 付 近 N32.9 E130.7 : 極 浅 M:5.4 煉 瓦 煙 突 破 壊 1 家 倉 庫 壁 の 亀 裂 3などの 軽 被 害 最 大 震 度 Ⅳ: 熊 本 1909 年 11 月 10 日 15 時 13 分 ( 明 治 42) 宮 崎 熊 本 県 境 N32.3 E131.1 H: 約 150km M:7.6 震 域 広 く 日 向 土 佐 で 潰 家 死 者 あり 宮 崎 市 で 被 害 大 県 内 で 負 傷 3 最 大 震 度 Ⅴ: 宮 崎 大 分 鹿 児 島 佐 賀 岡 山 徳 島 広 島 など 震 度 Ⅳ 熊 本 1931 年 12 月 21 日 14 時 47 分 ( 昭 和 6) 八 代 海 N32.5 E130.5 H:10km M:5.5 大 矢 野 島 群 発 地 震 22 日 と26 日 にM: の 地 震 ( 下 記 ) 21 日 22 日 の 地 震 により 八 代 町 沿 岸 に 多 少 の 被 害 26 日 の 地 震 により 八 代 郡 田 浦 付 近 で 壁 の 剥 落 50 ~60 堤 防 亀 裂 石 垣 崩 壊 等 の 被 害 大 矢 野 島 の 護 岸 堤 防 決 壊 す 最 大 震 度 Ⅴ: 牛 深 1931 年 12 月 22 日 22 時 08 分 ( 昭 和 6) 八 代 海 N32.6 E130.6 H:0km M:5.6 被 害 は 上 記 の 地 震 と 重 複 最 大 震 度 Ⅴ: 牛 深 1931 年 12 月 26 日 10 時 42 分 ( 昭 和 6) 八 代 海 N32.6 E130.6 H:10km M:5.9 被 害 は 上 記 の 地 震 と 重 複 最 大 震 度 Ⅴ: 牛 深 1937 年 1 月 27 日 16 時 04 分 ( 昭 和 12) 熊 本 県 中 部 N32.7 E130.8 H:30km M:5.1 上 益 城 郡 秋 津 村 で 長 さ10 間 (18m) 幅 3 尺 (0.9m)の 石 橋 崩 れ 落 つ 最 大 震 度 Ⅴ: 牛 深 1941 年 11 月 19 日 01 時 46 分 ( 昭 和 16) 日 向 灘 N32.0 E132.1 H:0km M:7.2 日 向 灘 地 震 大 分 宮 崎 熊 本 の 三 県 で 死 者 2 負 傷 18 家 屋 全 壊 27 半 壊 32 その 他 石 垣 崩 壊 煙 突 破 損 道 路 破 壊 等 あり 宇 和 島 宿 毛 でも 軽 微 な 被 害 九 州 の 東 岸 四 国 の 西 岸 に 津 波 襲 来 し 細 島 青 島 宿 毛 で 波 高 約 1m 船 舶 の 転 覆 流 失 あり 干 潮 時 のため 津 波 による 陸 上 の 被 害 なし 余 震 多 く 30 日 までに 有 感 23 回 無 感 71 回 最 大 震 度 Ⅴ: 宮 崎 人 吉 宿 毛 延 岡 1960 年 5 月 24 日 南 米 チリ 沖 M:8 1/4~8 1/2 23 日 04 時 11 分 20 秒 日 本 時 南 米 チリ 沖 で 大 地 震 大 津 波 が 発 生 し 地 震 発 生 後 ほぼ 一 昼 夜 を 経 過 して 日 本 の 東 海 岸 各 地 に 来 襲 して 被 害 を 生 じた 大 分 宮 崎 鹿 児 島 の 各 県 でかなりの 被 害 を 受 け 24 日 08 時 頃 熊 本 県 の 天 草 方 面 も 潮 位 のため 若 干 の 被 害 があった 本 渡 市 床 上 浸 水 3 戸 床 下 浸 水 3 戸 下 長 尾 扉 門 決 壊 1 バス 路 線 浸 水 一 時 交 通 遮 断 1968 年 2 月 21 日 08 時 51 分 ( 昭 和 43) 宮 崎 県 南 西 部 N32.0 E130.7 H:0km M:5.7 えびの 地 震 2 月 10 日 頃 から 前 震 あり この 地 震 に 引 き 続 き21 日 10 時 45 分 (M:6.1)22 日 19 時 19 分 (M:5.6)にも 地 震 があり これらの 地 震 で 被 害 が 発 生 した 多 数 の 余 震 あり 死 者 3 負 傷 42 家 屋 全 壊 368 半 壊 3,176 非 住 家 被 害 1,494 道 路 被 害 73 橋 梁 損 壊 9 堤 防 亀 裂 4 山 ( 崖 ) 崩 れ44 鉄 道 被 害 6 通 信 施 設 被 害 100 最 大 震 度 Ⅴ: 人 吉 1968 年 2 月 21 日 10 時 45 分 ( 昭 和 43) 宮 崎 県 南 西 部 N32.0 E130.7 :0km M:6.1 えびの 地 震 の 最 大 規 模 の 地 震 被 害 は 上 記 の 地 震 と 重 複 最 大 震 度 Ⅴ: 人 吉 1968 年 2 月 22 日 19 時 19 分 ( 昭 和 43) 宮 崎 県 南 西 部 N32.0 E130.8 H:0km M:5.6 被 害 は 上 記 の 地 震 と 重 複 最 大 震 度 Ⅳ: 人 吉 10

16 1968 年 3 月 25 日 01 時 21 分 ( 昭 和 43) 宮 崎 県 南 西 部 N32.0 E130.7 H:10km M:5.4 えびの 地 震 の 余 震 死 者 3 住 家 全 壊 18 半 壊 147 非 住 家 被 害 309 道 路 損 壊 6 橋 梁 破 損 5 山 ( 崖 ) 崩 れ11 通 信 施 設 被 害 97 最 大 震 度 Ⅳ: 人 吉 1975 年 1 月 23 日 23 時 19 分 ( 昭 和 50) 熊 本 県 北 東 N33.0 E131.1 H:0km M:6.1 阿 蘇 郡 一 の 宮 町 手 野 地 区 に 被 害 集 中 負 傷 10 道 路 損 壊 12 山 ( 崖 ) 崩 れ15 最 大 震 度 Ⅴ: 阿 蘇 山 1984 年 8 月 7 日 04 時 06 分 ( 昭 和 59) 日 向 灘 N32.4 E132.2 H:33km M:7.1 宮 崎 大 分 熊 本 の 各 県 で 被 害 負 傷 9 建 物 一 部 破 損 319など 弱 い 津 波 があり 延 岡 で18cmを 記 録 最 大 震 度 Ⅳ: 宮 崎 延 岡 油 津 大 分 熊 本 宇 和 島 1987 年 3 月 18 日 12 時 36 分 ( 昭 和 62) 日 向 灘 N32.0 E132.1 H:48km M:6.6 宮 崎 県 で 被 害 大 死 者 1 負 傷 若 干 のほか 建 物 道 路 などに 被 害 があった 大 分 熊 本 県 でも 被 害 あり 最 大 震 度 Ⅳ: 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 ここまでの 出 典 : 日 本 被 害 地 震 総 覧 他 1997 年 3 月 26 日 17 時 31 分 ( 平 成 9) 薩 摩 地 方 N ' E ' H:12km M:6.6 水 俣 市 を 中 心 にシラス 崩 れ 壁 の 亀 裂 窓 ガラス 割 れ 落 石 等 の 被 害 発 生 最 大 震 度 :4( 熊 本 市 京 町 八 代 市 松 橋 町 人 吉 市 牛 深 市 芦 北 町 大 矢 野 町 ) 1997 年 5 月 13 日 14 時 38 分 ( 平 成 9) 薩 摩 地 方 N ' E ' H:9km M:6.4 水 俣 市 を 中 心 にシラス 崩 れ がけ 崩 れ 屋 根 瓦 の 落 下 家 屋 のひび 割 れ 等 の 被 害 発 生 最 大 震 度 :4( 八 代 市 松 橋 町 人 吉 市 芦 北 町 大 矢 野 町 ) 1999 年 3 月 9 日 12 時 53 分 ( 平 成 11) 阿 蘇 地 方 N ' E ' H:10km M:4.8 西 原 村 長 陽 村 等 においてブロック 塀 の 倒 壊 屋 根 瓦 の 落 下 落 石 等 の 被 害 発 生 最 大 震 度 :4( 旭 志 村 ) 2000 年 6 月 8 日 9 時 32 分 ( 平 成 12) 熊 本 地 方 N ' E ' H:10km M:5.0 益 城 町 嘉 島 町 御 船 町 で 屋 根 瓦 多 数 落 下 砥 用 町 で 落 石 被 害 発 生 最 大 震 度 :5 弱 ( 富 合 町 嘉 島 町 ) 2001 年 1 月 10 日 19 時 09 分 ( 平 成 13) 阿 蘇 地 方 N ' E ' H:5km M:4.1 高 森 町 で 落 石 水 道 管 破 裂 屋 根 瓦 の 落 下 窓 ガラス 破 損 等 の 被 害 発 生 最 大 震 度 :3( 産 山 村 波 野 村 蘇 陽 町 白 水 村 久 木 野 村 長 陽 村 清 和 村 )[ 高 森 町 の 文 部 科 学 省 設 置 の 地 震 計 で 震 度 5 強 を 表 示 ] 2005 年 6 月 3 日 4 時 16 分 ( 平 成 17) 天 草 芦 北 地 方 N ' E ' H:11km M:4.8 負 傷 者 2 名 ( 重 傷 者 1 名 ) 最 大 震 度 :5 弱 ( 上 天 草 市 大 矢 野 町 ) 2011 年 10 月 5 日 23 時 33 分 ( 平 成 23) 熊 本 地 方 N ' E ' H:10km M:4.5 住 家 の 一 部 破 壊 最 大 震 度 5 強 ( 菊 池 市 旭 志 ) ( 注 ) は 自 治 体 の 震 度 計 1997 年 以 降 の 震 源 データの 出 典 : 気 象 庁 HP 11

17 (2) 主 な 津 波 とその 被 害 744 年 6 月 6 日 ( 太 平 ) 天 草 郡 八 代 郡 葦 北 郡 M:7.0 田 地 290 町 民 家 流 出 470 軒 死 者 1,520 名 再 掲 1792 年 5 月 21 日 ( 寛 政 4.4.1) 雲 仙 岳 N32.8 E130.3 M:6.4 前 年 10 月 8 日 から 始 まった 地 震 が11 月 10 日 頃 から 強 くなり 4 月 1 日 に 大 地 震 2 回 前 山 ( 眉 山 : 天 狗 山 )の 東 部 がくずれ 崩 土 約 0.34km 3 が 島 原 海 に 入 り 津 波 を 生 じた 対 岸 の 肥 後 でも 被 害 が 多 く 津 波 による 死 者 は 全 体 で 約 15,000 潰 家 12,000 島 原 大 変 肥 後 迷 惑 と 呼 ばれた 再 掲 1960 年 5 月 24 日 南 米 チリ 沖 M:8 1/4~8 1/2 23 日 04 時 11 分 20 秒 日 本 時 南 米 チリ 沖 で 大 地 震 大 津 波 が 発 生 し 地 震 発 生 後 ほぼ 一 昼 夜 を 経 過 して 日 本 の 東 海 岸 各 地 に 来 襲 して 被 害 を 生 じた 大 分 宮 崎 鹿 児 島 の 各 県 でかなりの 被 害 を 受 け 24 日 08 時 頃 熊 本 県 の 天 草 方 面 も 潮 位 のため 若 干 の 被 害 があった 本 渡 市 床 上 浸 水 3 戸 床 下 浸 水 3 戸 下 長 尾 扉 門 決 壊 1 バス 路 線 浸 水 一 時 交 通 遮 断 再 掲 12

18 4. 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 における 震 度 別 地 震 回 数 ( 震 度 1 以 上 ) 本 県 における 震 度 別 地 震 発 生 数 は 次 のとおりである 震 度 震 度 年 観 測 点 合 計 年 観 測 点 合 計 1904 年 明 治 37 熊 本 年 明 治 38 熊 本 年 明 治 39 熊 本 年 明 治 40 熊 本 年 明 治 41 熊 本 年 明 治 42 熊 本 年 明 治 43 熊 本 年 明 治 44 熊 本 年 明 治 45 熊 本 年 大 正 2 熊 本 年 大 正 3 熊 本 年 大 正 4 熊 本 年 大 正 5 熊 本 年 大 正 6 熊 本 年 大 正 7 熊 本 年 大 正 8 熊 本 年 大 正 9 熊 本 年 大 正 10 熊 本 年 大 正 11 熊 本 年 大 正 12 熊 本 年 大 正 13 熊 本 年 大 正 14 熊 本 年 大 正 15 熊 本 年 昭 和 2 熊 本 年 昭 和 3 熊 本 年 昭 和 4 熊 本 年 昭 和 5 熊 本 年 昭 和 6 熊 本 年 昭 和 7 熊 本 年 熊 本 昭 和 8 阿 蘇 山 年 熊 本 昭 和 9 阿 蘇 山 年 熊 本 昭 和 10 阿 蘇 山 年 熊 本 昭 和 11 阿 蘇 山 年 熊 本 昭 和 12 阿 蘇 山

19 年 1938 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 25 震 度 観 測 点 合 計 年 震 度 観 測 点 合 計 熊 本 年 熊 本 阿 蘇 山 昭 和 26 阿 蘇 山 熊 本 人 吉 阿 蘇 山 牛 深 熊 本 年 熊 本 阿 蘇 山 昭 和 27 阿 蘇 山 熊 本 人 吉 阿 蘇 山 牛 深 熊 本 年 熊 本 阿 蘇 山 昭 和 28 阿 蘇 山 熊 本 人 吉 阿 蘇 山 牛 深 人 吉 年 熊 本 熊 本 昭 和 29 阿 蘇 山 阿 蘇 山 人 吉 人 吉 牛 深 熊 本 年 熊 本 阿 蘇 山 昭 和 30 阿 蘇 山 人 吉 人 吉 熊 本 牛 深 阿 蘇 山 年 熊 本 人 吉 昭 和 31 阿 蘇 山 熊 本 人 吉 阿 蘇 山 牛 深 人 吉 年 熊 本 熊 本 昭 和 32 阿 蘇 山 阿 蘇 山 人 吉 人 吉 牛 深 熊 本 年 熊 本 阿 蘇 山 昭 和 33 阿 蘇 山 人 吉 人 吉 熊 本 牛 深 阿 蘇 山 年 熊 本 人 吉 昭 和 34 阿 蘇 山 牛 深 人 吉 牛 深

20 年 1960 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 43 震 度 観 測 点 合 計 年 震 度 観 測 点 合 計 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 44 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 45 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 46 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 47 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 48 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 49 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 50 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 51 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 52 人 吉 牛 深 牛 深

21 年 1978 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 年 昭 和 61 震 度 観 測 点 合 計 年 震 度 観 測 点 合 計 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 62 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 昭 和 63 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 元 人 吉 牛 深 年 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 年 平 成 2 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 年 平 成 3 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 年 平 成 4 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 年 平 成 5 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 人 吉 年 平 成 6 阿 蘇 山 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 7 人 吉 牛 深 牛 深

22 震 度 5 5 震 度 5 5 年 観 測 点 弱 強 合 計 年 観 測 点 弱 強 合 計 1996 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 年 平 成 16 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 17 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 18 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 19 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 20 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 21 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 22 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 23 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 24 人 吉 牛 深 牛 深 熊 本 熊 本 阿 蘇 山 年 阿 蘇 山 人 吉 平 成 25 人 吉 牛 深 牛 深

23 第 5 節 被 害 想 定 1. 地 震 及 び 津 波 の 被 害 想 定 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 は 観 測 史 上 最 大 のマグニチュード9.0という 巨 大 な 地 震 と 津 波 により 広 域 かつ 大 規 模 な 被 害 が 発 生 するという 未 曾 有 の 災 害 をもたらした これを 踏 まえて 県 では 近 年 の 新 しい 科 学 的 知 見 等 を 用 い 県 内 で 起 こりうる 最 大 クラスの 地 震 及 び 津 波 の 規 模 を 推 計 し 各 種 被 害 の 全 体 像 の 把 握 を 行 い 県 や 各 関 係 機 関 が 迅 速 かつ 的 確 に 対 応 できる 防 災 体 制 づくり の 基 礎 資 料 とする 目 的 で 被 害 の 推 計 を 行 ったところであり ここでは2に 掲 げる 条 件 の 下 で 被 害 の 概 略 値 を 求 めたものである なお 本 県 に 影 響 を 与 えると 推 測 される 新 しいデータや 知 見 が 集 まった 段 階 で 今 後 もそれらを 踏 まえた 地 震 津 波 に 関 する 被 害 の 検 討 に 努 めるものとする 2. 地 震 津 波 被 害 想 定 調 査 の 前 提 条 件 本 調 査 で 実 施 する 地 震 動 解 析 津 波 解 析 被 害 想 定 の 内 容 や 特 徴 は 以 下 のとおりである (1) 地 震 動 解 析 国 が 設 定 している 各 地 震 の 断 層 諸 元 と 既 存 のボーリングデータや 広 域 の 地 質 図 等 から 作 成 した 地 盤 構 造 モデルを 用 いて 地 震 動 解 析 を 行 った (2) 津 波 解 析 国 が 設 定 している 各 地 震 の 断 層 諸 元 と 海 域 及 び 陸 域 の 地 形 モデルを 用 いて 津 波 解 析 を 行 った (3) 被 害 想 定 下 表 に 示 す 項 目 について 対 象 地 震 ごとに 被 害 想 定 を 実 施 した 項 目 調 査 対 象 区 分 地 震 津 波 1. 建 物 被 害 1.1. 液 状 化 1.2. 揺 れ 1.3. 急 傾 斜 地 崩 壊 1.4. 津 波 1.5. 地 震 火 災 2. 人 的 被 害 2.1. 揺 れ 2.2. 急 傾 斜 地 崩 壊 2.3. 津 波 2.4. 地 震 火 災 3.ライフライン 被 害 3.1. 上 水 道 3.2. 下 水 道 3.3. 電 力 施 設 3.4. 電 話 通 信 施 設 3.5. ガス( 都 市 ガス) 3.6. ガス(LPガス) 3.7. 家 庭 ごみ 粗 大 ごみ 発 生 量 4. 交 通 輸 送 施 設 被 害 4.1. 道 路 ( 高 速 道 路 一 般 道 路 ) 4.2. 鉄 道 4.3. 空 港 ( 定 性 的 評 価 ) 4.4. 漁 港 港 湾 5. 生 活 支 障 等 5.1. 避 難 生 活 者 5.2. 帰 宅 困 難 者 6. 災 害 廃 棄 物 6.1. 災 害 廃 棄 物 ( 瓦 礫 )の 発 生 7.その 他 の 被 害 7.1. 災 害 時 要 援 護 者 の 被 災 7.2. 危 険 物 コンビナート 施 設 被 害 7.3. 避 難 施 設 被 害 18

24 (4) 想 定 シーン 建 物 及 び 人 的 被 害 のうち 地 震 火 災 は 時 間 帯 等 の 影 響 を 受 けることから 以 下 のシーンを 設 定 した 1 発 生 の 季 節 : 冬 季 2 発 生 時 刻 : 夜 ( 午 前 5 時 ): 多 くの 人 が 自 宅 で 就 寝 中 に 被 災 家 屋 倒 壊 による 人 的 被 害 の 危 険 性 が 高 い 夕 方 ( 午 後 6 時 ): 火 気 使 用 が 最 も 高 い 時 間 帯 3 風 速 設 定 : 火 災 は 通 常 時 として 冬 の 日 平 均 の 風 速 値 である3m/ 秒 を 強 風 時 として 冬 の (5) 対 象 地 震 月 最 大 風 速 の 平 均 値 である11m/ 秒 の2パターンを 設 定 ( ) ( ) 風 速 データ: 熊 本 地 方 気 象 台 の 観 測 記 録 ( 平 成 21~23 年 )を 採 用 本 県 への 被 害 が 大 きいと 想 定 される 以 下 の 地 震 を 対 象 に 調 査 を 行 った 検 討 対 象 断 層 帯 等 地 震 規 模 30 年 以 内 [ 想 定 地 震 の 震 源 域 ] 発 生 確 率 1 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 中 部 南 西 部 連 動 M7.9 不 明 < 参 考 > 上 記 震 源 域 単 独 時 :( 中 部 ) (M7.6) (ほぼ0~6%) :( 南 西 部 ) (M7.2) ( 不 明 ) 2 別 府 万 年 山 断 層 帯 M7.3 ほぼ0~3% ( 最 大 2.6%) 3 人 吉 盆 地 南 縁 断 層 M7.1 1% 以 下 4 出 水 断 層 帯 M7.0 ほぼ0~1% 5 雲 仙 断 層 群 南 東 部 M7.1 不 明 津 波 検 討 追 加 : 南 西 部 北 部 南 西 部 南 部 連 動 M7.5 不 明 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 発 表 6 南 海 トラフ ( 最 大 値 ) M9.0 極 めて 低 い 内 閣 府 中 央 防 災 会 議 発 表 熊 本 県 周 辺 の 主 要 活 断 層 ( 図 面 上 の 丸 数 字 は 上 表 の 検 討 対 象 地 震 )

25 3. 被 害 想 定 結 果 想 定 地 震 物 的 被 害 人 的 被 害 この 調 査 により 想 定 された 被 害 は 次 のとおりである 地 震 の 規 模 及 びタイプ 等 津 波 建 物 被 害 ( 一 般 建 物 ) 建 物 被 害 ( 避 難 施 設 ) 交 通 輸 送 施 設 ラ イ フ ラ イ ン 死 傷 者 数 全 壊 棟 数 道 路 鉄 道 半 壊 数 漁 港 港 湾 上 水 道 下 水 道 電 力 電 話 通 信 都 市 ガス 項 目 ( 注 1) 規 模 タイプ 県 内 の 最 大 想 定 震 度 津 波 高 (TP.m) 3.4 TP.m 対 象 外 ( 注 2) 対 象 外 ( 注 2) 対 象 外 ( 注 2) 3.5 TP.m 3.8 TP.m 津 波 波 高 (m) 1.2 m 対 象 外 ( 注 2) 対 象 外 ( 注 2) 対 象 外 ( 注 2) 1.4 m 2.0 m 計 28,000 棟 410 棟 5,400 棟 560 棟 11,500 棟 18,900 棟 液 状 化 3,600 棟 230 棟 780 棟 480 棟 1,100 棟 3,300 棟 揺 れ 11,700 棟 160 棟 4,300 棟 50 棟 10 棟 20 棟 急 傾 斜 地 崩 壊 250 棟 10 棟 20 棟 10 棟 - 棟 30 棟 津 波 12,400 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 10,300 棟 15,500 棟 地 震 火 災 120 棟 10 棟 270 棟 10 棟 - 棟 50 棟 計 82,300 棟 1,400 棟 11,400 棟 1,200 棟 40,900 棟 55,900 棟 液 状 化 5,300 棟 350 棟 1,200 棟 720 棟 1,700 棟 5,000 棟 揺 れ 37,500 棟 1,000 棟 10,200 棟 430 棟 470 棟 3,200 棟 急 傾 斜 地 崩 壊 540 棟 30 棟 30 棟 10 棟 - 棟 70 棟 津 波 39,000 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 対 象 外 ( 注 2) 棟 38,700 棟 47,600 棟 全 壊 棟 数 20 棟 - 棟 - 棟 - 棟 10 棟 20 棟 半 壊 棟 数 100 棟 - 棟 10 棟 - 棟 70 棟 100 棟 大 被 害 ( 落 橋 倒 壊 ) 50 橋 10 橋 40 橋 - 橋 - 橋 - 橋 中 小 被 害 ( 亀 裂 損 傷 ) 110 橋 10 橋 70 橋 - 橋 - 橋 - 橋 浸 水 道 路 延 長 1,000 km 0 km 0 km 0 km 930 km 1,100 km 大 被 害 ( 落 橋 倒 壊 ) 10 橋 - 橋 - 橋 - 橋 - 橋 - 橋 中 小 被 害 ( 亀 裂 損 傷 ) 40 橋 - 橋 - 橋 - 橋 - 橋 - 橋 浸 水 鉄 道 延 長 20 km 0 km 0 km 0 km 20 km 30 km ( 漁 港 ) 被 害 岸 壁 数 540 岸 壁 - 岸 壁 - 岸 壁 40 岸 壁 40 岸 壁 未 算 出 ( 注 3) 岸 壁 ( 港 湾 ) 被 害 岸 壁 数 280 岸 壁 - 岸 壁 - 岸 壁 30 岸 壁 20 岸 壁 未 算 出 ( 注 3) 岸 壁 断 水 人 口 ( 発 災 直 後 ) 789,800 人 16,000 人 50,400 人 9,700 人 16,400 人 未 算 出 ( 注 3) 人 浸 水 施 設 数 30 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 20 施 設 30 施 設 支 障 人 口 28,200 人 550 人 3,100 人 250 人 2,100 人 15,200 人 浸 水 施 設 数 20 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 20 施 設 20 施 設 停 電 軒 数 61,500 軒 810 軒 7,700 軒 790 軒 23,700 軒 37,600 軒 浸 水 施 設 数 - 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 - 施 設 - 施 設 不 通 回 線 数 1,100 本 20 本 300 本 20 本 430 本 700 本 浸 水 施 設 数 20 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 10 施 設 20 施 設 供 給 停 止 戸 数 25,100 戸 - 戸 - 戸 - 戸 - 戸 - 戸 浸 水 施 設 数 - 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 - 施 設 - 施 設 LPガス 供 給 停 止 戸 数 1,800 戸 40 戸 200 戸 - 戸 10 戸 40 戸 災 害 廃 棄 物 の 発 生 量 危 険 物 コンビナート 施 設 死 者 数 重 傷 者 数 負 傷 者 数 避 難 者 数 帰 宅 困 難 者 数 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 中 部 南 西 部 連 動 型 ( 注 5) ( 注 5) マグニチュード7.9 活 断 層 震 度 7 別 府 万 年 山 断 層 帯 人 吉 盆 地 南 縁 断 層 出 水 断 層 帯 マグニチュード7.3 5,502,100 t 82,200 t 620,300 t 74,900 t 2,562,200 t 3,755,300 t 被 災 施 設 数 - 施 設 - 施 設 - 施 設 - 施 設 - 施 設 - 施 設 浸 水 施 設 数 0 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 0 施 設 計 960 人 10 人 300 人 - 人 110 人 120 人 揺 れ 730 人 10 人 280 人 - 人 - 人 - 人 急 傾 斜 地 崩 壊 20 人 - 人 - 人 - 人 - 人 - 人 津 波 140 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 110 人 120 人 地 震 火 災 70 人 - 人 20 人 - 人 - 人 - 人 計 4,700 人 60 人 750 人 10 人 1,300 人 1,800 人 揺 れ 3,200 人 60 人 740 人 10 人 - 人 - 人 急 傾 斜 地 崩 壊 20 人 - 人 - 人 - 人 - 人 - 人 津 波 1,500 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 1,300 人 1,800 人 地 震 火 災 10 人 - 人 - 人 - 人 - 人 - 人 計 22,700 人 380 人 2,900 人 70 人 3,500 人 5,700 人 揺 れ 19,200 人 380 人 2,900 人 70 人 240 人 1,300 人 急 傾 斜 地 崩 壊 30 人 - 人 - 人 - 人 - 人 - 人 津 波 3,500 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 対 象 外 ( 注 2) 人 3,200 人 4,400 人 地 震 火 災 20 人 - 人 10 人 - 人 - 人 - 人 災 害 時 要 援 護 者 の 死 者 数 ( 注 4) 420 人 10 人 140 人 - 人 50 人 50 人 避 難 生 活 者 数 156,000 人 3,400 人 15,100 人 2,300 人 11,000 人 17,300 人 疎 開 者 数 84,000 人 1,800 人 8,100 人 1,200 人 5,900 人 9,300 人 ( 注 1) ここでは 冬 の 夜 ( 午 前 5 時 ) 風 速 11m/ 秒 の 際 の 被 害 を 記 載 ( 注 3) 被 害 想 定 に 必 要 な 条 件 が 中 央 防 災 会 議 より 公 表 されなかったので 算 定 していない ( 注 4) 災 害 時 要 援 護 者 の 死 者 数 は 全 体 の 内 数 である 90,700 人 24,400 人 9,800 人 1,200 人 5,900 人 90,300 人 20 マグニチュード7.1 ( 注 2) 別 府 万 年 山 断 層 帯 人 吉 盆 地 南 縁 断 層 出 水 断 層 帯 では 津 波 による 被 害 は 想 定 対 象 としていない マグニチュード7.0 雲 仙 断 層 群 南 東 部 単 独 震 度 6 弱 南 海 トラフ 最 大 値 活 断 層 活 断 層 活 断 層 活 断 層 プレート 型 震 度 6 強 震 度 7 震 度 6 強 ( 注 5) 布 田 川 日 奈 久 断 層 帯 中 部 南 西 部 連 動 型 と 別 府 万 年 山 断 層 帯 では 項 目 ごとに 被 害 が 最 大 となるケースの 被 害 数 を 記 載 している ( 注 6) 地 震 津 波 被 害 想 定 は 想 定 した 地 震 や 津 波 が 発 生 すると どのような 被 害 が 発 生 するか 確 率 統 計 や 過 去 のデータから 推 定 したものである マグニチュード7.1 マグニチュード9.0 震 度 6 弱

26 第 6 節 地 震 防 災 緊 急 事 業 五 箇 年 計 画 地 震 防 災 緊 急 事 業 五 箇 年 計 画 ( 以 下 五 箇 年 計 画 という )とは 地 震 防 災 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づ き 地 震 により 著 しい 被 害 が 生 ずるおそれがあると 認 められる 地 域 について 地 震 防 災 上 緊 急 に 整 備 す べき 施 設 等 に 関 して 県 が 作 成 する 計 画 である 本 県 では 平 成 8 年 度 から12 年 度 に 第 1 次 計 画 平 成 13 年 度 から17 年 度 に 第 2 次 計 画 平 成 18 年 度 か ら22 年 度 に 第 3 次 計 画 を 作 成 し 地 震 対 策 のための 施 設 設 備 の 整 備 を 実 施 してきたところである しかし 新 たな 施 設 等 の 整 備 の 必 要 性 が 出 てきており また 前 計 画 の 未 実 施 事 業 もあるため 地 震 防 災 対 策 特 別 措 置 法 が 平 成 23 年 3 月 に 改 正 され 平 成 27 年 度 末 まで 延 長 されたことから 本 県 において も 平 成 23 年 度 を 初 年 度 とする 第 4 次 計 画 を 作 成 し 地 震 防 災 に 係 る 施 設 等 の 整 備 を 推 進 するものとする 1. 対 象 地 区 既 往 地 震 等 を 勘 案 して 県 下 全 域 を 対 象 とする 2. 計 画 年 度 第 4 次 計 画 の 期 間 は 平 成 23 年 度 から 平 成 27 年 度 までの 五 箇 年 とする 3. 対 象 施 設 等 地 震 防 災 のために 緊 急 に 整 備 する 施 設 等 は 次 に 掲 げる 施 設 等 のうち 主 務 大 臣 の 定 める 基 準 に 適 合 するものとする 避 難 地 避 難 路 消 防 用 施 設 緊 急 輸 送 路 を 確 保 するための 必 要 な 道 路 交 通 管 制 施 設 ヘリポート 港 湾 施 設 又 は 漁 港 施 設 共 同 溝 電 線 共 同 溝 等 の 電 線 水 管 等 の 公 益 物 件 を 収 容 するための 施 設 公 的 医 療 機 関 その 他 政 令 で 定 める 医 療 機 関 のうち 地 震 防 災 上 改 築 又 は 補 強 を 要 するもの 公 立 の 幼 稚 園 のうち 地 震 防 災 上 改 築 又 は 補 強 を 要 するもの 公 立 の 小 若 しくは 中 学 校 のうち 地 震 防 災 上 改 築 又 は 補 強 を 要 するもの 公 立 の 特 別 支 援 学 校 のうち 地 震 防 災 上 改 築 又 は 補 強 を 要 するもの 砂 防 設 備 保 安 施 設 地 すべり 防 止 施 設 急 傾 斜 地 崩 壊 防 止 施 設 又 はため 池 で 必 要 なもの 防 災 行 政 無 線 設 備 その 他 の 施 設 及 び 設 備 地 震 発 生 時 における 飲 料 水 電 源 等 の 確 保 等 により 被 災 者 の 安 全 を 確 保 するために 必 要 な 井 戸 貯 水 槽 水 泳 プール 自 家 発 電 施 設 その 他 の 施 設 又 は 設 備 地 震 発 生 時 において 必 要 となる 非 常 用 食 糧 救 助 資 機 材 等 の 物 資 の 備 蓄 倉 庫 21

27 第 2 章 災 害 予 防 計 画

28 第 1 節 防 災 知 識 普 及 計 画 ( 県 知 事 公 室 県 教 育 庁 市 町 村 関 係 機 関 ) 1. 計 画 の 方 針 地 震 津 波 による 災 害 を 最 小 限 に 食 い 止 めるためには 県 市 町 村 等 防 災 関 係 機 関 による 災 害 対 策 の 推 進 はもとより 県 民 一 人 ひとりが 日 頃 から 地 震 津 波 災 害 についての 認 識 を 深 め 災 害 から 自 らを 守 るとともにお 互 いに 助 け 合 うという 意 識 と 行 動 が 必 要 である このため 県 市 町 村 等 防 災 関 係 機 関 は 国 の 災 害 被 害 を 軽 減 する 国 民 運 動 の 推 進 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 4 月 21 日 中 央 防 災 会 議 決 定 ) を 踏 まえ 自 らの 職 員 及 び 県 民 に 対 し 地 震 津 波 災 害 に 関 する 正 しい 知 識 や 災 害 予 防 災 害 応 急 措 置 等 の 防 災 知 識 の 普 及 徹 底 を 図 り 防 災 意 識 の 高 揚 を 図 るものとする なお 防 災 知 識 の 普 及 は 災 害 予 防 災 害 応 急 措 置 の 実 施 の 任 にある 各 機 関 が それぞれ 普 及 を 要 する 事 項 について 単 独 または 共 同 して 行 うものとする その 際 には 要 配 慮 者 への 対 応 や 男 女 双 方 の 視 点 等 に 配 慮 するものとする また 県 市 町 村 は 学 校 教 育 はもとより 様 々な 場 での 総 合 的 な 教 育 プログラムを 教 育 の 専 門 家 や 現 場 の 実 務 者 等 の 参 画 の 下 で 開 発 するなどして 地 震 津 波 災 害 と 防 災 に 関 する 県 民 の 理 解 向 上 に 努 めるものとする さらに 県 市 町 村 は 教 育 機 関 民 間 団 体 等 との 密 接 な 連 携 の 下 防 災 に 関 するテキストやマ ニュアルの 配 布 有 識 者 による 研 修 や 講 演 会 実 地 研 修 の 開 催 等 により 防 災 教 育 を 実 施 するもの とする 2. 県 及 び 市 町 村 職 員 に 対 する 防 災 教 育 ( 県 知 事 公 室 市 町 村 ) 地 震 津 波 災 害 発 生 時 に 地 域 防 災 計 画 の 実 行 上 の 主 体 となる 県 及 び 市 町 村 職 員 には 地 震 津 波 災 害 に 関 する 豊 富 な 知 識 が 必 要 とされるほか これらの 知 識 に 基 づく 適 切 な 判 断 力 が 求 められる このため 県 及 び 市 町 村 は 防 災 業 務 に 従 事 する 職 員 に 対 して 次 の 防 災 教 育 を 実 施 し 職 員 の 震 災 に 関 する 知 識 の 習 得 及 び 判 断 力 の 養 成 を 図 り 防 災 体 制 の 確 立 等 防 災 活 動 の 円 滑 な 推 進 を 図 るも のとする また 日 頃 防 災 業 務 に 従 事 しない 職 員 に 対 する 研 修 会 の 実 施 などを 通 じて 組 織 全 体 の 防 災 対 応 能 力 向 上 に 努 めるものとする (1) 教 育 の 内 容 1 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 及 びこれに 伴 う 各 機 関 の 防 災 体 制 と 各 自 の 任 務 分 担 2 非 常 参 集 の 方 法 3 地 震 の 原 因 対 策 等 の 科 学 的 専 門 的 知 識 4 過 去 の 主 な 被 害 事 例 5 防 災 関 係 法 令 の 運 用 6 その 他 必 要 な 事 項 (2) 教 育 の 方 法 1 講 演 会 研 修 会 等 の 実 施 2 防 災 活 動 の 手 引 き 等 印 刷 物 の 配 布 3 見 学 現 地 調 査 等 の 実 施 22

29 3. 一 般 住 民 に 対 する 防 災 知 識 の 普 及 ( 県 知 事 公 室 県 警 察 本 部 市 町 村 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 は 自 らの 身 の 安 全 は 自 らが 守 る という 防 災 の 基 本 について 一 般 住 民 が 自 覚 を 持 ち 防 災 意 識 の 高 揚 が 図 られるよう 次 により 地 震 津 波 に 関 する 防 災 知 識 の 普 及 徹 底 を 図 るも のとする 特 に 津 波 による 人 的 被 害 を 軽 減 する 方 策 は 住 民 等 の 避 難 行 動 が 基 本 となることを 踏 まえ 津 波 警 報 や 避 難 指 示 等 の 意 味 内 容 の 啓 発 活 動 等 を 住 民 等 に 対 して 行 うものとする また 住 民 等 の 防 災 意 識 の 向 上 及 び 防 災 対 策 に 係 る 地 域 の 合 意 形 成 の 促 進 のため 防 災 に 関 する 様 々な 動 向 や 各 種 データを 分 かりやすく 発 信 するものとする さらに 津 波 に 関 する 想 定 や 予 測 が 不 確 実 であることを 踏 まえ 住 民 等 が 津 波 発 生 時 に 刻 々と 変 わる 状 況 に 臨 機 応 変 の 避 難 行 動 をとることができるよう 防 災 教 育 などを 通 じて 関 係 主 体 による 危 機 意 識 の 共 有 リスクコミュニケーションに 努 め 津 波 想 定 の 数 値 等 の 正 確 な 理 解 の 促 進 を 図 る ものとする (1) 普 及 の 内 容 1 地 震 及 び 津 波 に 関 する 一 般 的 知 識 2 過 去 の 主 な 被 害 事 例 3 地 震 津 波 災 害 対 策 の 現 状 4 地 震 津 波 被 害 想 定 調 査 結 果 5 平 常 時 の 心 得 ( 日 頃 の 準 備 ) ア 住 宅 の 点 検 ( 住 宅 の 耐 震 化 不 燃 化 ブロック 塀 補 強 等 ) イ 屋 内 の 整 理 点 検 ( 家 具 転 倒 防 止 等 ) ウ 火 災 の 防 止 エ 応 急 救 護 オ 3 日 分 の 食 料 飲 料 水 携 帯 トイレ トイレットペーパー 等 の 備 蓄 カ 寝 所 位 置 等 の 確 認 ( 斜 面 崩 壊 対 策 等 ) キ 防 災 行 政 無 線 戸 別 受 信 機 等 のスイッチ 立 ち 上 げ ク 指 定 緊 急 避 難 場 所 指 定 避 難 所 避 難 路 の 確 認 ケ 緊 急 連 絡 先 の 確 認 コ 家 族 間 等 による 安 否 の 確 認 方 法 サ 非 常 持 出 品 ( 救 急 箱 懐 中 電 灯 ラジオ 乾 電 池 健 康 保 険 証 おくすり 手 帳 (コピー でも 可 ) 等 )の 準 備 シ 家 庭 動 物 との 同 行 避 難 及 び 避 難 所 での 飼 養 の 準 備 6 地 震 発 生 時 の 心 得 ア 緊 急 地 震 速 報 を 覚 知 した 時 の 対 応 行 動 イ 場 所 別 状 況 別 の 心 得 ウ 出 火 防 止 及 び 初 期 消 火 エ 避 難 の 心 得 オ 自 動 車 運 転 者 のとるべき 措 置 (2) 普 及 の 方 法 防 災 知 識 の 普 及 に 当 たっては 報 道 機 関 等 の 協 力 を 得 るとともに ビデオ 疑 似 体 験 装 置 等 23

30 の 活 用 に 努 めるものとする また 高 齢 者 障 がい 者 外 国 人 乳 幼 児 妊 産 婦 等 災 害 時 要 配 慮 者 への 対 応 や 男 女 双 方 の 視 点 にも 十 分 配 慮 するものとする 1 社 会 教 育 を 通 じての 普 及 幼 年 消 防 クラブ 少 年 消 防 クラブ 婦 人 防 火 クラブ 等 の 活 動 PTA 成 人 学 級 社 会 学 級 青 年 団 体 婦 人 団 体 等 の 会 合 各 種 研 修 会 講 習 会 幼 年 消 防 大 会 等 の 機 会 を 活 用 する 2 広 報 媒 体 等 による 普 及 ア 県 広 報 媒 体 の 利 用 イ パブリシティ 活 動 の 展 開 ウ 映 画 ビデオ スライドの 利 用 エ 広 報 車 の 巡 回 オ 講 演 会 研 修 会 等 の 開 催 3 防 災 訓 練 における 普 及 講 習 会 への 開 催 等 を 通 じて 地 震 津 波 災 害 についての 認 識 を 強 化 し 一 般 住 民 の 各 種 訓 練 ( 消 火 訓 練 避 難 訓 練 総 合 防 災 訓 練 等 )の 積 極 的 な 参 加 を 呼 びかけ 体 験 による 知 識 の 普 及 及 び 技 術 の 向 上 への 取 組 みを 継 続 的 に 実 施 する 4. 学 校 教 育 における 防 災 知 識 の 普 及 ( 県 教 育 庁 県 知 事 公 室 県 総 務 部 ) 県 市 町 村 は 学 校 における 体 系 的 な 防 災 教 育 に 関 する 指 導 内 容 の 整 理 防 災 教 育 のための 指 導 時 間 の 確 保 など 防 災 に 関 する 教 育 の 充 実 に 努 めるものとする また 学 校 において 外 部 の 専 門 家 や 保 護 者 等 の 協 力 の 下 防 災 に 関 する 計 画 やマニュアルの 策 定 が 行 われるよう 促 すものとする (1) 児 童 生 徒 等 に 対 する 防 災 知 識 の 普 及 学 校 における 防 災 知 識 の 普 及 は 安 全 教 育 の 一 環 として 児 童 生 徒 等 及 び 教 職 員 の 生 命 身 体 の 安 全 を 守 るため 行 うものである 防 災 知 識 の 普 及 は 各 教 科 特 別 活 動 における 指 導 も 含 め 学 校 教 育 活 動 全 体 を 通 して 行 う ものであり その 内 容 や 指 導 の 方 法 については 次 の 内 容 を 中 心 に 学 校 の 種 別 や 児 童 生 徒 等 の 発 達 段 階 に 応 じて 工 夫 を 行 い 実 態 に 即 した 防 災 知 識 の 普 及 を 行 うものとする 1 災 害 時 の 身 体 の 安 全 確 保 の 方 法 ( 緊 急 地 震 速 報 の 対 応 行 動 等 ) 2 災 害 時 の 自 助 共 助 公 助 の 考 え 方 とそれぞれの 役 割 3 地 震 等 災 害 発 生 のしくみ 4 防 災 対 策 の 現 状 なお 大 規 模 地 震 津 波 が 発 生 した 場 合 において 自 らの 命 を 守 るため 主 体 的 な 行 動 がとれ るよう 住 んでいる 地 域 の 特 徴 や 過 去 の 津 波 の 教 訓 等 について 防 災 教 育 の 中 に 取 り 入 れるとと もに 地 震 津 波 災 害 を 想 定 した 避 難 訓 練 等 を 実 施 するものとする また 災 害 時 の 保 護 者 への 児 童 の 引 き 渡 し 方 法 について あらかじめ 検 討 し 周 知 するもの とする (2) 指 導 者 に 対 する 防 災 知 識 の 普 及 研 修 会 等 を 通 じて 指 導 者 の 資 質 向 上 を 図 るものとする (3) 私 立 学 校 等 に 対 する 助 言 指 導 24

31 県 は 私 立 学 校 等 に 対 して 必 要 に 応 じて 指 導 助 言 を 行 うものとし 私 立 学 校 等 は 防 災 知 識 の 普 及 に 努 めるものとする 5. 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 等 の 指 導 ( 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 及 び 防 災 関 係 機 関 は 防 災 上 重 要 な 施 設 の 管 理 者 に 対 し 次 の 内 容 を 中 心 に 地 震 津 波 災 害 に 関 する 防 災 対 策 研 修 等 を 実 施 し その 資 質 の 向 上 を 図 るものとし 特 に 出 火 防 止 初 期 消 火 避 難 誘 導 等 発 災 時 に 対 処 しうる 体 制 の 整 備 を 推 進 するものとする (1) 避 難 誘 導 等 防 災 体 制 の 整 備 (2) 地 震 津 波 災 害 の 特 性 及 び 過 去 の 主 な 被 害 事 例 (3) 危 険 物 施 設 等 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 保 安 管 理 (4) 出 火 防 止 初 期 消 火 等 の 任 務 分 担 (5) 防 災 業 務 従 事 者 の 安 全 確 保 6. 企 業 防 災 の 促 進 ( 県 知 事 公 室 県 商 工 観 光 労 働 部 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 は 優 良 企 業 表 彰 企 業 の 防 災 に 係 る 積 極 的 評 価 等 により 企 業 従 業 員 の 防 災 意 識 の 高 揚 企 業 の 防 災 力 向 上 の 促 進 を 図 るものとする また 企 業 を 地 域 コミュニティーの 一 員 としてとらえ 地 域 の 防 災 訓 練 への 積 極 的 参 加 の 呼 びか け 防 災 に 関 するアドバイスを 行 うとともに 研 修 会 等 による 企 業 防 災 担 当 者 の 人 材 育 成 を 図 るも のとする 7. 外 国 人 に 対 する 防 災 知 識 の 普 及 ( 県 知 事 公 室 県 商 工 観 光 労 働 部 市 町 村 ) 県 及 び 市 町 村 は 日 本 語 を 母 国 語 としない 外 国 人 のために 外 国 語 による 表 記 やふりがなを 付 記 する 等 分 かりやすく 説 明 した 防 災 に 関 するパンフレットの 作 成 配 布 を 行 うなど 防 災 知 識 の 普 及 に 努 めるものとする また 外 国 人 に 対 しては 県 が 熊 本 県 国 際 協 会 を 通 じて 行 っている 国 際 相 談 コーナーにおいて 防 災 についての 相 談 及 び 情 報 提 供 に 応 じるものとする 8. 防 災 知 識 の 普 及 の 時 期 ( 県 知 事 公 室 市 町 村 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 及 び 防 災 機 関 は 防 災 週 間 防 災 とボランティア 週 間 等 普 及 の 内 容 により 最 も 効 果 のある 時 期 を 選 んで 住 民 に 対 し 地 震 津 波 災 害 時 のシミュレーション 結 果 などを 示 しなが らその 危 険 性 を 周 知 させるとともに 適 宜 防 災 避 難 訓 練 を 実 施 するなど 防 災 知 識 の 普 及 啓 発 を 行 うものとする 防 災 の 日 :9 月 1 日 津 波 防 災 の 日 :11 月 5 日 防 災 とボランティアの 日 :1 月 17 日 9. 防 災 相 談 ( 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 及 び 防 災 機 関 は 一 般 住 民 に 対 する 防 災 知 識 の 普 及 活 動 の 一 環 として 防 災 相 談 体 制 を 整 え 住 民 からの 相 談 に 随 時 適 切 に 対 応 するものとする 25

32 10. 災 害 教 訓 の 伝 承 ( 県 知 事 公 室 市 町 村 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 等 は 過 去 に 起 こった 地 震 津 波 の 大 災 害 の 教 訓 や 石 碑 モニュメント 等 の 持 つ 意 味 を 後 世 に 伝 えていくよう 努 めるものとする また 災 害 教 訓 の 伝 承 の 重 要 性 について 啓 発 を 行 うとともに 大 規 模 災 害 に 関 する 調 査 分 析 結 果 や 映 像 を 含 めた 各 種 資 料 の 収 集 保 存 公 開 等 により 住 民 による 災 害 教 訓 を 伝 承 する 取 組 みを 支 援 するものとする 26

33 第 2 節 自 主 防 災 組 織 育 成 計 画 ( 県 知 事 公 室 市 町 村 関 係 機 関 ) 本 計 画 は 住 民 の 隣 保 協 同 の 精 神 と 連 帯 感 に 基 づく 防 災 組 織 の 充 実 強 化 を 図 り 防 災 意 識 の 高 揚 並 びに 人 命 の 安 全 確 保 に 資 する 自 主 防 災 組 織 の 結 成 活 動 を 促 進 することで 地 震 津 波 災 害 に 備 える ものである 自 主 防 災 組 織 の 育 成 に 当 たっては いつでもどこでも 起 こりうる 災 害 による 被 害 を 軽 減 し 安 全 安 心 を 確 保 するためには 行 政 による 公 助 はもとより 個 々 人 の 自 覚 に 根 ざした 自 助 身 近 な 地 域 コ ミュニティ 等 による 共 助 が 重 要 であり 個 人 や 家 庭 地 域 企 業 団 体 等 社 会 の 様 々な 主 体 が 県 民 運 動 として 防 災 減 災 のための 行 動 をとることを 目 指 して 取 り 組 むものとする 1. 必 要 性 大 規 模 な 地 震 津 波 災 害 が 発 生 した 場 合 通 信 交 通 の 途 絶 等 により 防 災 関 係 機 関 の 活 動 が 著 し く 制 限 され 十 分 な 活 動 ができないことが 予 想 される このような 場 合 には 地 域 住 民 が 協 力 し 合 い 組 織 的 に 防 災 活 動 を 行 うことが 住 民 の 生 命 身 体 財 産 を 守 る 主 要 な 力 となり この 活 動 が 最 大 限 の 力 を 発 揮 できる 体 制 を 確 立 しておくことが 被 害 の 軽 減 を 図 るうえで 極 めて 重 要 である このため 地 域 住 民 による 防 災 活 動 を 担 う 組 織 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 促 進 する 必 要 がある 災 害 時 に 自 主 防 災 活 動 をより 効 果 的 に 行 うためには 日 頃 から 地 域 住 民 への 啓 発 活 動 や 訓 練 など を 積 み 重 ねておく 必 要 がある また 多 数 の 者 が 利 用 従 事 する 施 設 または 危 険 物 取 り 扱 い 事 業 所 等 で 一 定 規 模 以 上 のものにお いては 大 規 模 地 震 津 波 災 害 時 のパニックなどにより 被 害 を 増 大 させる 危 険 性 があることから 施 設 従 業 員 からなる 自 衛 消 防 組 織 等 の 設 置 が 法 令 で 義 務 付 けられているが 法 令 により 義 務 付 けら れていない 事 業 所 であっても 自 主 的 な 防 災 組 織 の 設 置 は 被 害 軽 減 のため 有 効 である 2. 地 域 住 民 等 の 自 主 防 災 組 織 (1) 組 織 の 育 成 指 導 及 び 活 動 促 進 市 町 村 は 市 町 村 地 域 防 災 計 画 に 自 主 防 災 組 織 の 整 備 計 画 を 定 め 県 や 消 防 などの 関 係 機 関 と 連 携 しながら その 結 成 を 主 体 的 に 促 進 するとともに 自 主 防 災 組 織 の 育 成 強 化 に 関 して 必 要 な 支 援 助 言 及 び 指 導 等 を 行 うものとする 県 は 低 迷 している 自 主 防 災 組 織 率 を 全 国 平 均 を 上 回 る80% 超 まで 上 昇 させるため 市 町 村 と 密 接 に 連 携 しつつ 必 要 な 施 策 を 講 じるものとする 具 体 的 には 新 たに 設 立 される 自 主 防 災 組 織 に 対 する 資 機 材 及 び 訓 練 経 費 の 助 成 新 設 された 組 織 の 活 動 が 軌 道 に 乗 るまでの 間 の 経 費 の 支 援 自 主 防 災 組 織 支 援 員 による 町 内 会 単 位 の 設 立 促 進 活 動 支 援 県 内 各 所 での 自 主 防 災 組 織 リーダー 研 修 会 の 開 催 優 良 自 主 防 災 組 織 に 対 する 表 彰 自 主 防 災 組 織 に 関 する 啓 発 活 動 設 立 活 動 の 手 引 きとなる 設 立 実 践 マニュアルの 配 布 を 実 施 す る 特 に 自 主 防 災 組 織 リーダー 研 修 会 で 育 成 した 防 災 リーダーは 自 らが 居 住 する 地 域 の 自 主 防 災 組 織 の 結 成 活 動 の 核 となるよう また 居 住 地 以 外 における 防 災 教 育 訓 練 等 の 地 域 防 災 活 動 の 活 性 化 に 資 するよう 市 町 村 と 連 携 しながら 活 用 を 図 っていくものとする (2) 組 織 の 編 成 単 位 27

34 1 住 民 が 連 帯 感 に 基 づいて 防 災 活 動 を 行 うことが 期 待 できる 規 模 であること 2 住 民 の 基 礎 的 な 日 常 生 活 圏 域 としての 一 体 性 をもっている 地 域 であること (3) 組 織 づくり 既 存 の 町 内 会 自 治 会 等 の 自 治 組 織 を 自 主 防 災 組 織 として 育 成 することを 基 本 とし 次 のよう な 方 法 により 組 織 づくりをするものとする その 際 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 努 めるものとする 1 町 内 会 自 治 会 等 の 自 治 組 織 の 活 動 の 一 環 として 防 災 活 動 を 組 み 入 れることにより 自 主 防 災 組 織 として 育 成 する 2 何 らかの 防 災 活 動 を 行 っている 組 織 の 活 動 の 充 実 強 化 を 図 り 自 主 防 災 組 織 として 育 成 する 3 女 性 団 体 青 年 団 体 PTA 等 その 地 域 で 活 動 している 組 織 を 活 用 して 自 主 防 災 組 織 とし て 育 成 する 4 リーダー 研 修 会 の 実 施 モデル 地 域 の 紹 介 等 を 通 じ 防 災 知 識 の 啓 発 を 行 い 自 主 防 災 組 織 の 中 心 となるリーダーを 育 成 することにより 自 主 防 災 組 織 の 活 動 活 性 化 を 図 る (4) 活 動 計 画 の 制 定 組 織 の 効 率 的 な 活 動 を 推 進 するため 地 域 の 規 模 特 性 を 十 分 活 かした 具 体 的 な 活 動 計 画 を 制 定 するものとする (5) 主 な 活 動 内 容 1 平 常 時 の 活 動 ア 防 災 に 関 する 知 識 の 普 及 イ 防 災 訓 練 の 実 施 ウ 火 気 使 用 設 備 器 具 等 の 点 検 エ 防 災 用 資 機 材 等 の 備 蓄 及 び 管 理 オ 緊 急 連 絡 網 の 作 成 2 災 害 時 の 活 動 ア 情 報 の 収 集 及 び 伝 達 イ 出 火 防 止 初 期 消 火 の 実 施 ウ 避 難 誘 導 エ 救 出 救 護 オ 給 食 給 水 3. 事 業 所 の 自 衛 消 防 組 織 等 大 規 模 地 震 津 波 発 生 時 には 多 数 の 者 が 利 用 従 事 し または 危 険 物 を 製 造 貯 蔵 する 施 設 事 業 所 等 では 火 災 の 発 生 危 険 物 類 の 流 出 爆 発 等 により 大 規 模 な 被 害 の 発 生 が 予 想 されること から これらの 被 害 の 未 然 防 止 軽 減 を 図 るため 施 設 等 の 代 表 者 や 責 任 者 は 自 衛 消 防 組 織 等 を 結 成 し あらかじめ 消 防 防 災 計 画 を 定 め 訓 練 を 積 み 重 ねておくものとする また 災 害 時 に 事 業 者 の 果 たすべき 役 割 ( 従 業 員 来 客 者 等 の 安 全 確 保 二 次 災 害 の 防 止 地 域 貢 献 等 )を 十 分 に 認 識 し 事 業 所 は 大 規 模 災 害 時 に 被 害 を 最 小 限 に 食 い 止 め 重 要 業 務 を 継 続 す るための 事 業 継 続 計 画 (BCP)を 策 定 し BCPの 継 続 的 な 運 用 見 直 しを 行 う 事 業 継 続 マネジ 28

35 メント(BCM)を 構 築 するよう 努 めるものとする 特 に 食 料 飲 料 水 生 活 必 需 品 を 提 供 する 事 業 者 など 災 害 応 急 対 策 等 に 係 る 業 務 に 従 事 する 事 業 所 は 県 市 町 村 が 実 施 する 事 業 所 との 協 定 の 締 結 や 防 災 訓 練 の 実 施 等 の 防 災 施 策 の 実 施 に 協 力 するよう 努 めるものとする (1) 事 業 所 に 対 する 指 導 事 業 所 の 自 衛 消 防 組 織 等 の 設 置 について 法 令 に 基 づき 指 導 する 責 任 を 有 する 関 係 機 関 は 所 管 事 業 所 の 指 導 を 徹 底 するものとする また 県 市 町 村 消 防 機 関 及 び 関 係 機 関 は 法 令 によ り 自 衛 消 防 組 織 等 の 設 置 が 義 務 付 けられていない 事 業 所 に 対 しても 自 主 的 な 防 災 組 織 の 必 要 性 を 説 き 代 表 者 や 責 任 者 の 理 解 協 力 を 得 て 防 災 組 織 の 育 成 強 化 を 図 るものとする なお 県 及 び 市 町 村 は 事 業 所 に 対 して 地 域 コミュニティの 一 員 として 地 域 の 防 災 訓 練 等 に 積 極 的 に 参 加 するよう 呼 びかけるものとする (2) 対 象 施 設 1 中 高 層 建 築 物 劇 場 百 貨 店 旅 館 ホテル 学 校 病 院 等 多 数 の 者 が 利 用 し 又 は 出 入 り する 施 設 2 石 油 類 の 危 険 物 高 圧 ガス 火 薬 類 毒 劇 物 等 を 貯 蔵 し 又 は 取 扱 う 製 造 所 貯 蔵 所 及 び 取 扱 所 3 多 数 の 従 業 員 がいる 事 業 所 等 で 自 衛 消 防 組 織 等 を 設 置 し 災 害 防 止 にあたることが 効 果 的 で ある 施 設 4 雑 居 ビルのような 同 一 施 設 内 に 複 数 の 事 業 所 があり 協 同 して 自 衛 消 防 組 織 を 設 置 すること が 必 要 な 施 設 (3) 組 織 づくり 及 び 活 動 計 画 の 制 定 組 織 の 効 率 的 な 活 動 を 推 進 するため それぞれの 施 設 において 適 切 な 規 約 等 を 作 成 し 事 業 所 の 規 模 形 態 により 実 態 に 応 じた 組 織 づくり 及 び 具 体 的 な 活 動 計 画 の 制 定 を 行 うものとする (4) 主 な 活 動 内 容 1 平 常 時 の 活 動 ア 防 災 訓 練 の 実 施 イ 施 設 及 び 設 備 等 の 点 検 整 備 ウ 従 業 員 等 の 防 災 に 関 する 教 育 の 実 施 2 災 害 時 の 活 動 ア 情 報 の 収 集 伝 達 イ 出 火 防 止 初 期 消 火 の 実 施 ウ 避 難 誘 導 エ 救 出 救 護 4. 地 域 住 民 及 び 事 業 者 による 地 区 内 の 防 災 活 動 の 推 進 市 町 村 内 の 一 定 の 地 区 内 の 住 民 及 び 当 該 地 区 に 事 業 所 を 有 する 事 業 者 は 当 該 地 区 における 防 災 力 の 29

36 向 上 を 図 るため 共 同 して 防 災 訓 練 の 実 施 物 資 等 の 備 蓄 高 齢 者 等 避 難 行 動 要 支 援 者 の 避 難 支 援 体 制 の 構 築 等 自 発 的 な 防 災 活 動 の 推 進 に 努 めるものとする この 場 合 必 要 に 応 じて 当 該 地 区 における 自 発 的 な 防 災 活 動 に 関 する 計 画 を 作 成 し これを 地 区 防 災 計 画 の 素 案 として 市 町 村 防 災 会 議 に 提 案 する など 当 該 地 区 の 市 町 村 と 連 携 して 防 災 活 動 を 行 うこととする また 市 町 村 は 市 町 村 地 域 防 災 計 画 に 地 区 防 災 計 画 を 位 置 付 けるよう 市 町 村 内 の 一 定 の 地 区 内 の 住 民 及 び 当 該 地 区 に 事 業 所 を 有 する 事 業 者 から 提 案 を 受 け 必 要 があると 認 めるときは 市 町 村 地 域 防 災 計 画 に 地 区 防 災 計 画 を 定 めるものとする 30

37 第 3 節 防 災 訓 練 計 画 ( 県 知 事 公 室 県 教 育 庁 市 町 村 関 係 機 関 ) 県 市 町 村 等 防 災 関 係 機 関 は 地 域 防 災 計 画 防 災 業 務 計 画 等 の 習 熟 関 係 機 関 の 連 携 体 制 の 強 化 住 民 の 防 災 意 識 の 高 揚 を 図 ることを 目 的 に 関 係 機 関 の 参 加 と 住 民 その 他 関 係 団 体 の 協 力 を 得 て 大 規 模 災 害 を 想 定 した 訓 練 を 実 施 するものとする 特 に 沿 岸 部 については 津 波 に 対 して 迅 速 な 退 避 行 動 がとれるように 津 波 災 害 を 想 定 した 住 民 自 主 防 災 組 織 等 が 参 加 する 防 災 避 難 訓 練 に 取 り 組 みものとする また 訓 練 の 際 には 高 齢 者 障 がい 者 外 国 人 乳 幼 児 妊 産 婦 等 要 配 慮 者 に 十 分 配 慮 するとと もに 男 女 双 方 の 視 点 にも 配 慮 するよう 努 めるものとする 1. 総 合 防 災 訓 練 (1) 目 的 大 規 模 地 震 津 波 発 生 時 には 家 屋 倒 壊 やガケ 崩 れ 等 からの 救 出 救 護 二 次 的 に 発 生 する 火 災 や 津 波 からの 避 難 消 火 通 信 や 交 通 網 の 寸 断 等 による 混 乱 に 対 し 各 種 の 対 策 が 同 時 に 要 求 される このような 地 震 津 波 災 害 の 特 性 から 県 総 合 防 災 訓 練 では 風 水 害 とともに 大 規 模 地 震 津 波 を 想 定 した 訓 練 を 実 施 し 防 災 関 係 機 関 の 職 員 の 能 力 向 上 防 災 関 係 機 関 相 互 及 び 防 災 関 係 機 関 と 住 民 等 との 連 携 強 化 さらには 住 民 の 防 災 意 識 の 高 揚 を 図 るものとする 訓 練 に 当 たっては 訓 練 効 果 が 得 られるよう 訓 練 の 目 的 を 明 確 にし それに 応 じて 地 震 津 波 の 規 模 や 被 害 想 定 訓 練 参 加 者 使 用 する 機 材 実 施 時 間 等 の 訓 練 環 境 等 について 具 体 的 な 設 定 を 行 い 参 加 者 自 身 の 判 断 を 求 められる 内 容 を 盛 り 込 むことや 国 広 域 から 応 援 を 想 定 する など できるだけ 実 践 的 な 訓 練 となるよう 努 める また 複 数 のヘリコプターによる 救 援 救 助 活 動 等 を 想 定 し 熊 本 県 ヘリコプター 運 用 調 整 会 議 構 成 機 関 等 による 連 携 訓 練 に 定 期 的 に 取 り 組 み 災 害 時 における 円 滑 かつ 安 全 なヘリコプター 運 用 調 整 体 制 の 検 証 確 立 に 努 めるものとする (2) 訓 練 計 画 県 市 町 村 等 防 災 関 係 機 関 は 自 主 防 災 組 織 非 常 通 信 協 議 会 警 備 業 協 会 民 間 企 業 ボラ ンティア 団 体 及 び 地 域 住 民 等 の 協 力 のもと 開 催 地 の 地 域 特 性 等 に 応 じた 各 種 の 個 別 訓 練 を 有 機 的 に 連 携 した 総 合 的 な 訓 練 を 実 施 するものとする 訓 練 の 内 容 は 概 ね 次 のとおりとする 1 情 報 収 集 伝 達 4 救 出 救 助 7 水 防 2 避 難 誘 導 5 医 療 救 護 8 道 路 啓 開 3 災 害 警 備 6 消 防 9 防 疫 (3) 市 町 村 の 総 合 防 災 訓 練 市 町 村 が 実 施 する 総 合 防 災 訓 練 は 可 能 な 限 り 他 の 防 災 関 係 機 関 や 自 主 防 災 組 織 地 域 住 民 等 の 協 力 を 得 て 県 の 総 合 防 災 訓 練 に 準 じて 計 画 的 に 実 施 するものとする また 市 町 村 単 独 実 施 が 困 難 な 場 合 は 近 隣 市 町 村 と 合 同 での 訓 練 実 施 を 図 る なお 県 は 防 災 訓 練 アドバイザーの 派 遣 等 市 町 村 防 災 訓 練 実 施 の 支 援 を 行 うものとする 31

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

地震対策編

地震対策編 ( 案 ) 松 崎 町 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 の 巻 平 成 28 年 3 月 修 正 松 崎 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 主 旨... 1 第 2 節 過 去 の 顕 著 な 災 害... 2 第 3 節 予 想 される 災 害... 3 第 4 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会 目 次 災 害 時

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

- 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の

- 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の 地 震 対 策 編 - 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の 試 算... 2 12-2 東 海 地 震 の 危 険 度 の 試 算... 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F816996DA8E9F82C68E6490D8816A926E88E696688DD08C768C7689E6814092C394678DD08A5191CE8DF495D2819A3235303331312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F816996DA8E9F82C68E6490D8816A926E88E696688DD08C768C7689E6814092C394678DD08A5191CE8DF495D2819A3235303331312E646F63> 山 形 県 地 域 防 災 計 画 津 波 災 害 対 策 編 平 成 25 年 3 月 山 形 県 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 則 1 第 2 章 本 県 の 特 質 と 災 害 要 因 3 第 1 節 自 然 条 件 3 第 2 節 社 会 的 条 件 4 第 3 節 既 往 津 波 とその 被 害 6 第 3 章 予 想 される 被 害 等 の 状 況 8 第

More information

10年度修正

10年度修正 袋 井 市 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 編 目 次 第 1 編 総 論 第 1 章 計 画 の 主 旨 1 11-1 計 画 の 目 的 1 11-2 計 画 の 性 格 1 11-3 計 画 の 構 成 1 11-4 用 語 の 解 説 2 第 2 章 予 想 される 災 害 2 12-1 静 岡 県 第 4 次 地 震 被 害 想 定 3 12-2 駿 河 トラフ 南 海 トラフ 沿

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 水 巻 町 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 水 巻 町 防 災 会 議 - 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 編 - 町

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

防災計画(基本編)

防災計画(基本編) 安 芸 高 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 基 本 編 ) 平 成 28 年 7 月 安 芸 高 田 市 防 災 会 議 基 本 編 目 次 ~ 目 次 ~ 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------- 1 第 1 節 防 災 計 画 作 成 の 目 的 --------------------------------------------------

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

Microsoft Word - 02_地震対策編.doc

Microsoft Word - 02_地震対策編.doc 下 田 市 地 域 防 災 計 画 地 震 対 策 編 平 成 26 年 2 月 下 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 主 旨... 1 第 2 節 過 去 の 顕 著 な 災 害... 2 第 3 節 予 想 される 災 害... 2 第 4 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱... 4 第 2

More information

( 案 ) 松 崎 町 地 域 防 災 計 画 共 通 対 策 の 巻 平 成 28 年 3 月 修 正 松 崎 町 防 災 会 議 松 崎 町 地 域 防 災 計 画 全 体 目 次 Ⅰ 共 通 対 策 の 巻 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 災 害 復 旧 計 画 Ⅱ 地 震 対 策 の 巻 第 1 章 総 則 第

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

碧南市地域防災計画

碧南市地域防災計画 碧 南 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 平 成 25 年 度 碧 南 市 防 災 会 議 風 水 害 等 とは 台 風 高 潮 集 中 豪 雨 等 異 常 降 雨 大 規 模 火 災 危 険 物 の 爆 発 可 燃 性 ガスの 拡 散 有 毒 性 ガスの 拡 散 航 空 機 事 故 放 射 性 物 質 及 び 原 子 力 災 害 その 他 の 特 殊 災 害 目

More information

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形

新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 背 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 第 2 節 防 災 の 基 本 理 念 及 び 施 策 の 概 要 本 県 は 多 くの 活 断 層 急 峻 な 地 形 新 旧 風 水 害 対 策 編 第 1 章 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 県 民 生 活 に 甚 大 な 被 害 を 及 ぼすおそれのある 大 規 模 な 風 水 害 に 備 え 対 処 するため 平 成 7 年 の 梅 雨 前 線 豪 雨 災 害 や 平 成 18 年

More information

碧 南 市 地 域 防 災 計 画 ( 案 ) 地 震 津 波 災 害 対 策 計 画 平 成 27 年 度 碧 南 市 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針... 1 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 計 画 の 性 格... 1 第 3 節 計 画 の 構 成... 2 第 4 節 碧 南 市 地 域 防 災 計 画

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

共 通 編 第 1 編 総 則 共 通 編 第 1 編 総 第 1 章 第 1 節 目 則 的 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 災 対 法 という ) 第 42 条 及 び 防 府 市 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 防 府 市 条 例 第 12 号 ) 第 2

More information

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 予 防 対 策 予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 屋 の 耐 震 化 や 家 具 固 定 発 災 時 の 家 族 間 の 連 絡 方

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

須賀川市地域防災計画(表紙・目次)

須賀川市地域防災計画(表紙・目次) 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 修 正 須 賀 川 市 防 災 会 議 . 須 賀 川 市 地 域 防 災 計 画 目 次 第 1 部 総 則... 1 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 方 針... 3 第 1 計 画 の 目 的... 3 第 2 計 画 の 構 成... 3 第 3 計 画 の 修 正... 4 第 4 計 画 の 周 知 徹 底...

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Taro-00 3編表紙.jtd

Taro-00  3編表紙.jtd 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 県 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に

More information

沼津市地域防災計画

沼津市地域防災計画 沼 津 市 地 域 防 災 計 画 共 通 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 沼 津 市 防 災 会 議 沼 津 市 地 域 防 災 計 画 全 体 目 次 共 通 対 策 編 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 災 害 復 旧 計 画 地 震 対 策 編 第 1 章 総 則 第 2 章 平 常 時 対 策 第 3

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

熊本県地域防災計画

熊本県地域防災計画 熊 本 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 災 害 対 策 編 ) 平 成 27 年 度 修 正 熊 本 県 防 災 会 議 沿 革 平 成 9 年 6 月 3 日 作 成 平 成 14 年 5 月 16 日 修 正 平 成 19 年 5 月 23 日 修 正 平 成 10 年 5 月 19 日 修 正 平 成 15 年 5 月 19 日 修 正 平 成 20 年 5 月 27 日 修 正 平

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc

Microsoft Word - ③24年度震災対策編第3章(P401~P432).doc 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 3 章 地 震 防 災 応 急 対 策 第 1 節 総 則 第 1 項 地 震 防 災 応 急 対 策 の 目 的 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 以 下 大 震 法 という)は 大 規 模 地 震 発 生 前 の 事 前 措 置 を 行 って 地 震 災 害 を 防 止 軽 減 することを

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 計 画 の 性 格... 1 第 3 章 防 災 の 基 本 方 針... 2 1 災 害 予 防 対 策... 2 2 災 害 応 急 対 策... 3 3 災 害 復 旧 復 興 対 策... 3 4 国 県 他 市

目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 計 画 の 性 格... 1 第 3 章 防 災 の 基 本 方 針... 2 1 災 害 予 防 対 策... 2 2 災 害 応 急 対 策... 3 3 災 害 復 旧 復 興 対 策... 3 4 国 県 他 市 小 菅 村 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 度 小 菅 村 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則... 1 第 1 章 目 的... 1 第 2 章 計 画 の 性 格... 1 第 3 章 防 災 の 基 本 方 針... 2 1 災 害 予 防 対 策... 2 2 災 害 応 急 対 策... 3 3 災 害 復 旧 復 興 対 策... 3 4 国 県 他 市 町 村 との

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

sora

sora 小 豆 島 町 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 平 成 2 8 年 1 月 小 豆 島 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------ 1 第 1 節 総 則 ----------------------------------------------------------

More information

第17節 防疫・保健衛生計画

第17節 防疫・保健衛生計画 第 17 節 防 疫 保 健 衛 生 計 画 衛 生 機 関 は 衛 生 指 導 や 防 疫 対 策 支 援 について 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 積 極 的 に 行 う 1 実 施 内 容 (1) 防 疫 活 動 ( 被 災 地 域 の 衛 生 状 態 の 把 握 消 毒 活 動 実 施 計 画 作 成 ) ア 疫 学 調 査 及 び 健 康 診 断 県 の 実 施 する 疫 学 調

More information

防 府 市 地 域 防 災 計 画 ( 改 訂 案 ) 共 通 編 平 成 2 7 年 3 月 防 府 市 防 災 会 議 共 通 編 目 次 目 次 共 通 編 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針... 共 通 編 1 第 1 章 - 1 第 1 節 目 的... 共 通 編 1 第 1 章 - 1 第 2 節 計 画 の 基 本 理 念... 共 通 編 1 第 1 章 - 1

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

海士町地域防災計画改正の概要

海士町地域防災計画改正の概要 海 士 町 地 域 防 災 計 画 改 正 の 概 要 海 士 町 目 次 Ⅰ 海 士 町 地 域 防 災 計 画 に 係 る 改 正 概 要 について----------------1 Ⅱ 修 正 ポイントの 概 要 --------------------------------------2 Ⅲ 修 正 ポイントに 基 づいた 主 な 修 正 追 加 項 目 について--------5 修 正

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

Microsoft Word - 第2編地震・津波編附編

Microsoft Word - 第2編地震・津波編附編 第 1 章 総 論 本 附 編 は 第 1 編 総 則 で 示 された 目 的 や 基 本 的 な 考 え 方 並 びに 地 震 津 波 編 の 附 編 としての 位 置 付 けとして 以 下 に 示 すとおり 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 )に 基 づいて 指 定 された 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 の 周 辺 地 域 に

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I

大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I 高 石 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 3 月 改 定 高 石 市 防 災 会 議 大 目 次 総 則 1 災 害 予 防 対 策 29 災 害 応 急 対 策 地 震 編 119 風 水 害 編 211 事 故 等 編 305 災 害 復 旧 復 興 対 策 337 附 属 353 I 目 次 総 則 第 1 節 目 的 等 1 第 1 目 的 第 2 計 画 の 性 格 第 3 計

More information

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】

熊本県熊本地方を震源とする地震に係る被害状況等について【第2報】 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 に 係 る 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 28 年 4 月 15 日 18 時 0 0 分 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1 地 震 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 ) (1) 発 生 日 時 平

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63> 日 南 市 地 域 防 災 計 画 平 成 2 6 年 6 月 日 南 市 防 災 会 議 日 南 市 地 域 防 災 計 画 第 1 編 総 論 第 1 章 総 則... 総 -1 第 1 節 計 画 の 目 的... 総 -1 第 2 節 計 画 の 基 本 方 針... 総 -1 第 3 節 計 画 の 構 成... 総 -2 第 4 節 用 語 の 定 義... 総 -2 第 2 章 防

More information

  

   熊 本 市 地 域 防 災 計 画 書 ( 平 成 27 年 度 改 訂 版 ) 地 震 津 波 災 害 対 策 編 その 他 災 害 編 熊 本 市 防 災 会 議 地 震 津 波 災 害 対 策 編 /その 他 災 害 編 地 震 津 波 災 害 対 策 編 第 1 章 総 則 8 第 1 節 計 画 の 目 的 8 第 2 節 計 画 の 概 要 8 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information