IEEJ:2008 年 1 月掲載 最近の地球温暖化 将来枠組みを巡る動向と今後 2007 年 12 月 6 日 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所第 37 回エネルギー懇談会発表資料 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所工藤拓毅 0

Size: px
Start display at page:

Download "IEEJ:2008 年 1 月掲載 最近の地球温暖化 将来枠組みを巡る動向と今後 2007 年 12 月 6 日 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所第 37 回エネルギー懇談会発表資料 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所工藤拓毅 0"

Transcription

1 最近の地球温暖化 将来枠組みを巡る動向と今後 2007 年 12 月 6 日 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所第 37 回エネルギー懇談会発表資料 ( 財 ) 日本エネルギー経済研究所工藤拓毅 0

2 UNFCCC 地球温暖化問題検討の流れ 問題意識の共有 京都議定書 実施措置の端緒制度の課題認識 時間的要素 気候変動の影響を考慮すれば 年には 世界全体の温室効果ガス排出量 / 大気中の濃度を にする必要がある 科学的コンセンサス IPCC 第 4 次評価報告書 政治的コンセンサス G8 サミット各種関連会議 責任分担 それぞれの国 地域 主体は GHG 濃度目標達成のために 国際的な制度へ合意する 量的要素 適応的要素 気候変動の影響に対して 国際社会はいかに取り組むか 枠組の要素 市場の活用 1

3 目的達成には広範な参加を実現する枠組みの模索が必要 究極目標に向けた適合性 広範な国 ( 主要排出国 ) の参加 枠組みの公平性 2

4 EU の将来枠組に向けた姿勢 エネルギーと気候政策に対する包括的アプローチ 2020 年に先進国は 1990 年比で 30% 削減 2020 年に EU は自主的に少なくても 20% 削減 2020 年以降は主要途上国は削減目標 2050 年には世界全体で 50% 以上削減 実現可能性は今後の議論 2020 年までに EU のエネルギー効率を 20% 改善 2020 年までに再生可能エネルギーのシェアを 20% に拡大 国際交渉を視野に入れた戦略的目標 炭素回収 貯留の産業使用を促進するための戦略を構築 EU-ETSを強化 拡充 自動車 民間航空などの運輸部門からの排出制限 住宅 商業ビルなどからのCO2 排出の削減 気候 エネルギー及び運輸部門の研究に関する予算の拡大 3

5 西部 5 州イニシアティブカリフォルニア州 :2020 年に 1990 年レベルに 2050 年に 80% 削減オレゴン州およびニューメキシコ州でも目標を設定 米国の最近の動向 10 CO % 米国大手企業 10 社と環境 NGO による提言 (USCAP) 議会は早期に Cap &Trade 技術開発 省エネなどの要素を盛り込んだ気候変動対策法案を制定すべき GHG 濃度 ppm を目標とし 5 年間で現状の % の排出レベル 10 年間で % 15 年で 70-90% 2050 年には 60-80% をめざす ICAP 欧州との市場に関する協議の場 10 20%

6 提案された国内 CAP の水準 EU の交渉水準 ( 出所 )PEW センター 5

7 日本提案 Cool Earth 50 世界全体の排出量を現状に比して 2050 年までに半減する その実現に向けての 革新的技術 とそれを中核とする 低炭素社会づくり という長期ビジョンの提唱 2013 年以降の温暖化対策の国際的な枠組の構築に向けた 3 原則の提唱主要排出国が全て参加し 京都議定書を超え 世界全体での排出削減につながること 各国の事情に配慮した柔軟かつ多様性のある枠組とすること省エネなどの技術を活かし 環境保全と経済発展とを両立すること 我が国として 京都議定書の目標達成を確実にするため 国民運動を展開する 6

8 実際の将来枠組みの検討 UNFCCC 温暖化対策の更なる強化を模索 京都議定書の内容 目標の検討 地球温暖化対策の枠組みのあり方に関する 対話 G8 プロセス APP エネルギー / 温暖化問題を一体化して検討する 技術開発 普及 部門別の視点 省エネ目標 協力 途上国参加 7

9 気候変動に関する総論 行動計画に合意 気候変動の危機意識と長期的取り組みの必要性を共有 エネルギーと環境問題を 一体化 して取り組む 省エネ 新エネ導入や技術開発の促進など 個別 具体的な取り組み に主眼 IEA で各国の効率指標 ベストプラクティスの分析を行う 2008 年の G8 洞爺湖サミットで報告 8

10 G8 ハイリゲンダムサミット 宣言文での合意事項 ( 気候変動 ) 2050 年に世界全体で GHGs 排出量を半減することを検討する (will consider seriously the decision made by the EU, Canada and Japan) G8 はフォーラムをつくって 枠組のあり方について議論を行う ( 年後半に米国が開催の意向 ) UNFCCC の場で検討 (2007 年バリで前進 2008 年ポーランドで新たな枠組の概要議論 2009 年に新たな枠組みの合意という道筋をつける ) 新たな枠組は 主要な大排出国を含む ものという要件を示す ( 確認 ) 9

11 最近の動向 国連気候変動に関するハイレベル会合 (9 月 24 日 NY) ポスト京都議定書の交渉の場として国連が最もふさわしいことを確認長期目標の重要性に関する賛同する意見 エネルギー安全保障と気候変動に関する主要国会議 (9 月 日 ワシントン DC) 2008 年までに長期目標について合意し 2009 年の国連における国際的合意に貢献する意向が示された米国により 技術開発の促進についての強い意志表明 途上国支援に向けた基金の創設構想が提起された 10

12 - クリーン開発と気候変動に関するアジア 太平洋パートナーシップ (APP( APP) ) ー 米国が中心となり 豪 韓 中 印 日の 6 ヶ国によるエネルギー安全保障 気候変動解決に向けた協定に合意 (2005 年 7 月 28 日 ) 気候変動枠組条約 と整合的なエネルギー技術開発や普及 移転を促進する環境を整える エネルギー需要増 ( 安全保障 ) 多くの環境問題解決にも貢献する様な取り組み 京都議定書の 代替 ではなく 補完 各国が参加しやすいイシューの選択 ( 具体的な事業化の推進 ) 米国の狙いは 気候変動を巡り先進国と途上国の対立構図となっている 189 ヶ国の国連プロセスではなく エネルギー問題に焦点を当てて少数の主要排出国で官民を交えた真のパートナーシップを築き 大きな成果を上げようというもの 11

13 途上国参加に向けた働きかけ APEC 首脳会合 (9 月 8~9 日 豪州 ) APEC 加盟国全体で 2030 年までに 2005 年比でエネルギー効率を 25% 改善する ( 各国の目標は柔軟に検討 ) ことで合意 2020 年までに域内の森林面積を 少なくとも 2,000 万 ha 増加させる 東アジア首脳会議 (2007 年 11 月 ) 気候変動 エネルギー及び環境に関するシンガポール宣言 全ての国が気候変動への取組において役割を果たし 先進国は引き続き主要な役割を果たすべき 大気中の温暖化ガスの濃度を長期的に安定化させる共通目標にコミット 2009 年までに自主的なエネルギー効率目標を策定 2020 年までに森林面積を 1,500 万 ha 以上増加させるとの願望としての目標達成のために努力 12

14 各プロセスの役割と相互関係 長期的国際的合意をリード エネルギー / 温暖化の観点からの合意形成調整 UNFCCC 先進国 途上国の相互理解促進国連での活動を補完する成果 (= 枠組みデザインに影響 ) 米国主導ハイレベル会合 G8 プロセス 効率指標 客観的データによる交渉 検討機会の提示 相互補完関係枠組みデザイン調整 途上国との省エネ協力 win-win 型取り組みの取り組みとして位置づけ APP エネルギー / 温暖化の観点からのプロジェクト等の実行協力 13

15 今後の国際交渉の展開可能性 UNFCCC 京都議定書 COP ( ダイアログ ) バリ会合 1 継続 2 代替 新枠組 ( 議定書 ) 補完 G8 ハイリゲンダム ハイレベル会合 ( 米国主導 ) 洞爺湖 大統領選 新枠組 統合 独立 補完的取組 APP 省エネ協力 地域 業界 新枠組 お問合わせ 14

参考資料 1 約束草案関連資料 中央環境審議会地球環境部会 2020 年以降の地球温暖化対策検討小委員会 産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会約束草案検討ワーキンググループ合同会合事務局 平成 27 年 4 月 30 日

参考資料 1 約束草案関連資料 中央環境審議会地球環境部会 2020 年以降の地球温暖化対策検討小委員会 産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会約束草案検討ワーキンググループ合同会合事務局 平成 27 年 4 月 30 日 参考資料 1 約束草案関連資料 中央環境審議会地球環境部会 2020 年以降の地球温暖化対策検討小委員会 産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会約束草案検討ワーキンググループ合同会合事務局 平成 27 年 4 月 30 日 約束草案の提出に関する各国の状況 (2015 年 4 月 28 日時点 ) 2015 年 4 月 28 日時点で 7 か国 1 地域 (EU28 カ国 ) が約束草案を提出

More information

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要)

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要) 地球温暖化対策基本法案 ( 環境大臣案の概要 ) 平成 22 年 2 月 環境省において検討途上の案の概要であり 各方面の意見を受け 今後 変更があり得る 1 目的この法律は 気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止すること及び地球温暖化に適応することが人類共通の課題であり すべての主要国が参加する公平なかつ実効性が確保された地球温暖化の防止のための国際的な枠組みの下に地球温暖化の防止に取り組むことが重要であることにかんがみ

More information

平成 21 年度資源エネルギー関連概算要求について 21 年度概算要求の考え方 1. 資源 エネルギー政策の重要性の加速度的高まり 2. 歳出 歳入一体改革の推進 予算の効率化と重点化の徹底 エネルギー安全保障の強化 資源の安定供給確保 低炭素社会の実現 Cool Earth -1-

平成 21 年度資源エネルギー関連概算要求について 21 年度概算要求の考え方 1. 資源 エネルギー政策の重要性の加速度的高まり 2. 歳出 歳入一体改革の推進 予算の効率化と重点化の徹底 エネルギー安全保障の強化 資源の安定供給確保 低炭素社会の実現 Cool Earth -1- 平成 21 年度資源エネルギー関連概算要求について 21 年度概算要求の考え方 1. 資源 エネルギー政策の重要性の加速度的高まり 2. 歳出 歳入一体改革の推進 2006 3. 予算の効率化と重点化の徹底 エネルギー安全保障の強化 資源の安定供給確保 低炭素社会の実現 Cool Earth -1- エネルギー対策特別会計 ( 経済産業省分 ), 一般会計 ( 資源エネルギー庁分 ) -2- エネルギー安全保障の強化

More information

間を検討する 締約国が提出した 貢献 は 公的な登録簿に記録される 締約国は 貢献 ( による排出 吸収量 ) を計算する また 計算においては 環境の保全 透明性 正確性 完全性 比較可能性及び整合性を促進し 並びに二重計上の回避を確保する 締約国は 各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有して

間を検討する 締約国が提出した 貢献 は 公的な登録簿に記録される 締約国は 貢献 ( による排出 吸収量 ) を計算する また 計算においては 環境の保全 透明性 正確性 完全性 比較可能性及び整合性を促進し 並びに二重計上の回避を確保する 締約国は 各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有して パリ協定の概要 ( 仮訳 ) 協定の目的等 ( 第 2 条及び第 3 条 ) 主に以下の内容を規定 この協定は 世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2 より十分低く保つとともに 1.5 に抑える努力を追求すること 適応能力を向上させること 資金の流れを低排出で気候に強靱な発展に向けた道筋に適合させること等によって 気候変動の脅威への世界的な対応を強化することを目的とする この協定は 衡平及び各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有しているが差異のある責任及び各国の能力の原則を反映するよう実施する

More information

れまでの交渉経緯という一連のCOP/CMP 決定が採択された こQ1. 今年のカタール ドーハでの COP18 の焦点は何ですか? 今年のカタール ドーハでの COP18 では, 昨年の COP17 で合意されたダーバン合意を着実に前に進めることが重要であり,1 ダーバンプラットフォーム特別作業部会

れまでの交渉経緯という一連のCOP/CMP 決定が採択された こQ1. 今年のカタール ドーハでの COP18 の焦点は何ですか? 今年のカタール ドーハでの COP18 では, 昨年の COP17 で合意されたダーバン合意を着実に前に進めることが重要であり,1 ダーバンプラットフォーム特別作業部会 COP18 に向けて : よくある質問 Q1. 今年のカタール ドーハでの COP18 の焦点は何ですか? Q2. 交渉を進めるため, 日本はどのような貢献をしていくつもりですか? Q2-1. 二国間オフセット クレジット制度 とはどのようなものですか? Q2-2. 東アジア低炭素成長パートナーシップ構想 とはどのようなものですか? Q2-3. 日本は気候変動分野でどのような途上国支援を進めているのですか?

More information

第1部 地球温暖化は深刻な人権問題である 図1 1 異常気象マップ 大型ハリケーン ミッチ に破壊された民家 ホンジュラス 全国地球温暖化 防止活動推進センターホームページより http : //www jccca org ューニックリーが世界の主要な自然災害による人的被害と経済損失額を発表している が それによると 2 0 0 8年の1年間で自然災害 地震も含む により亡くなった人の 20 第2部

More information

Microsoft Word - (基本計画)民間主導による低炭素技術普及促進事業(set)

Microsoft Word - (基本計画)民間主導による低炭素技術普及促進事業(set) P11013 民間主導による低炭素技術普及促進事業 基本計画 国際部 省エネルギー部 1. 事業の目的 目標 内容 (1) 事業の目的 1 政策的な重要性我が国は 2015 年 12 月に採択されたパリ協定を踏まえ 地球温暖化対策計画 (2016 年 5 月閣議決定 ) において 中期目標として 国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) 事務局に提出した 日本の約束草案 に基づき 2030 年度において

More information

Microsoft PowerPoint - NIES

Microsoft PowerPoint - NIES 増井利彦 ( 国立環境研究所 ) 資料 地球温暖化シンポジウム COP15 に向けた日本の戦略を考える パネル討論中期目標選択肢の評価と日本の戦略 長期目標 ( 参考 )IPCC 第 4 次評価報告書のシナリオ区分 出典 :IPCC 第 4 次評価報告書統合報告書政策決定者向け要約 温室効果ガスの濃度と気温上昇との関係を示す気候感度は,2 ~4.5 の幅をとる可能性が高いとされているが, 本表においては

More information

COP21合意と今後の課題

COP21合意と今後の課題 COP 21 合意と今後の課題 COP 21 でパリ協定採択 環境委員会調査室安部慶三 1. はじめに 2015 年 11 月 30 日からフランス パリで開催されていた国連気候変動枠組条約 (UN FCCC) 第 21 回締約国会議 (COP 21) 1 は 2 週間の厳しい交渉の末 12 月 12 日夜 ( 日本時間 12 月 13 日未明 ) 京都議定書に代わる 2020 年以降の温室効果ガス

More information

資料1 美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~」

資料1 美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~」 CO2 CO2 18 350MWe-IMR 3 高効率で低コスト な革新的太陽光利用技術 3 高効率で低コストな革新的太陽光利用技術 新規の化合物や色素を吸着させた材料等を活用した 高効率かつ低コストな太陽電池技術 薄膜シリコンの活用等により自由に折り曲げることができ 場所を選ばずに設置可能な太 陽電池技術 出力変動が大きい太陽光発電の大規模な導入に不可欠な蓄電池の大容量化 低コスト化の ための新材料等の技術

More information

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加 私たちの社会的責任 宣言 ~ 協働の力 で新しい公共を実現する~ 平成 22 年 5 月 12 日社会的責任に関する円卓会議 社会的責任に関する円卓会議 ( 以下 本円卓会議 という ) は 経済 社会 文化 生活など 様々な分野における多様な担い手が対等 平等に意見交換し 政府だけでは解決できない諸課題を 協働の力 で解決するための道筋を見出していく会議体として 平成 21 年 3 月に設立されました

More information

Microsoft PowerPoint - 4_林野庁_rev._GISPRI_IGES_COP21_林野庁_発表用.pptx

Microsoft PowerPoint - 4_林野庁_rev._GISPRI_IGES_COP21_林野庁_発表用.pptx 機密性 情報 COP21 における 地セクターの議論の概要 2016 年 1 20 IGES/GISPRI 共催 COP21 報告シンポジウム於全社協 灘尾ホール東京 林野庁森林利 課森林保全推進官塚 直 1 本 の概要 地セクターとは COP21 における 地セクターの主な論点 今後の課題 2 地利 と気候変動 -IPCC 第 5 次評価報告書から 19 世紀までは 地利 からの排出がほとんど 現在では化

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション タラノア対話 勉強会 2018 年 6 月 14 日 環境省 1 タラノア対話 : ボン会合の成果と展望 2018 年 6 月 14 日 環境省 タラノア対話とは 1 COP21 決定 1(2015) パラグラフ 20 2018 年に 促進的な対話 (facilitative dialogue) を実施する 1 パリ協定 4 条 1 項の長期目標 ( 可能な限り早期の排出ピークアウト 今世紀後半の排出と吸収のバランスに向けて急激に削減

More information

COP15 日本政府の交渉とこれからの課題

COP15 日本政府の交渉とこれからの課題 COP15 日本政府の交渉とこれからの課題 2010 1 21 浅岡美恵気候ネットワーク代表 弁護士 気候ネットワーク http://www.kikonet.org/ 1 COP15 2 目標を共有し 低炭素経済への移行その途上 第 1 歩を踏み出した京都議定書 (COP3 1997 年 ) 先進国全体で 5.2% 削減 法的拘束力ある国別数値目標 京都メカニズム 報告 遵守制度など京都議定書の基本骨格は今後も必要な柱

More information

Microsoft PowerPoint - 04_COP18_山ノ下麻木乃.pptx

Microsoft PowerPoint - 04_COP18_山ノ下麻木乃.pptx Institute for Global Environmental Strategies Towards sustainable development - policy oriented, practical and strategic research on global environmental issues COP18/CMP18 会議報告 REDD+ について ( 実施者の立場から )

More information

本日の説明内容 1. グリーン購入法の概要 2. プレミアム基準策定ガイドライン

本日の説明内容 1. グリーン購入法の概要 2. プレミアム基準策定ガイドライン 資料 5 2013 年度合同情報交換会 グリーン購入法の今後の展開 ( 進展 ) 環境省総合環境政策局環境経済課 本日の説明内容 1. グリーン購入法の概要 2. プレミアム基準策定ガイドライン 本日の説明内容 1. グリーン購入法の概要 2. プレミアム基準策定ガイドライン 日本におけるグリーン購入の進展 創設定着発展 拡大 1989 年 エコマーク事業スタート 1994 年 滋賀県が包括的グリーン購入の指針策定

More information

の自由 妨げられない通商活動 自制と 1982 年の国連海洋法条約 (UNCLOS) を含む国際法の普遍的な原則に従った紛争の平和的手段による解決を推進することの重要性を強調した 我々は ARF や ASEAN 海洋フォーラム拡大会合等を通じた情報共有や能力構築を含む 海洋安全保障及び海上の安全に関

の自由 妨げられない通商活動 自制と 1982 年の国連海洋法条約 (UNCLOS) を含む国際法の普遍的な原則に従った紛争の平和的手段による解決を推進することの重要性を強調した 我々は ARF や ASEAN 海洋フォーラム拡大会合等を通じた情報共有や能力構築を含む 海洋安全保障及び海上の安全に関 日 ASEAN 特別首脳会議共同声明 ( 仮訳 ) ~ 手を携え 地域と世界の課題に挑む ~ 1. 我々 日本及び東南アジア諸国連合 (ASEAN) 加盟国の首脳は 2013 年 12 月 14 日に東京にて 日 ASEAN 関係 40 周年を記念する日 ASEAN 特別首脳会議を行った この首脳会議には 安倍晋三日本国総理大臣及び ASE AN 加盟国の首脳が出席した 2. 我々は 日本と ASEAN

More information

二国間クレジット制度について

二国間クレジット制度について 二国間クレジット制度 について 気候変動でお金はどう動く? COP16 の結果を受けて ~ 2011 年 2 月 25 日 ( 金 ) WWF ジャパン気候変動プロジェクトリーダー小西雅子 本日のポイント 1. 二国間クレジット制度 ( 二国間オフセットメカニズムとも言う ) とは? 2. 3 省庁異なる思惑で混沌としている二国間の現状 3. 国際的に認められるための注意点 4. 今後の行方 経済産業省地球環境小委員会政策手法ワーキンググループ平成

More information

エチオピア 2017 年 2 月 エチオピアは FATF 及び ESAAMLG( 東南部アフリカ FATF 型地域体 ) と協働し 有効性強化及び技術的な欠陥に対処するため ハイレベルの政治的コミットメントを示し 同国は 国家的なアクションプランや FATF のアクションプラン履行を目的とした委員会

エチオピア 2017 年 2 月 エチオピアは FATF 及び ESAAMLG( 東南部アフリカ FATF 型地域体 ) と協働し 有効性強化及び技術的な欠陥に対処するため ハイレベルの政治的コミットメントを示し 同国は 国家的なアクションプランや FATF のアクションプラン履行を目的とした委員会 国際的な資金洗浄 テロ資金供与対策の遵守の改善 : 継続プロセス 2017 年 11 月 3 日 ( 於 : ブエノスアイレス ) ( 仮訳 ) FATFは 資金洗浄 テロ資金供与対策の基準の遵守に関する継続的な検証の一環として 今日までに 資金洗浄 テロ資金供与対策に戦略上の欠陥を有し かつそれらに対処するためのアクションプランをFATFとともに策定した国 地域として 以下を特定する これらの国

More information

問題意識 民生部門 ( 業務部門と家庭部門 ) の温室効果ガス排出量削減が喫緊の課題 民生部門対策が進まなければ 他部門の対策強化や 海外からの排出クレジット取得に頼らざるを得ない 民生部門対策において IT の重要性が増大 ( 利用拡大に伴う排出量増加と省エネポテンシャル ) IT を有効に活用し

問題意識 民生部門 ( 業務部門と家庭部門 ) の温室効果ガス排出量削減が喫緊の課題 民生部門対策が進まなければ 他部門の対策強化や 海外からの排出クレジット取得に頼らざるを得ない 民生部門対策において IT の重要性が増大 ( 利用拡大に伴う排出量増加と省エネポテンシャル ) IT を有効に活用し 民生部門対策のための グリーン IT 普及支援の枠組み 富士通総研経済研究所主任研究員生田孝史 ikuta.takafumi@jp.fujitsu.com 問題意識 民生部門 ( 業務部門と家庭部門 ) の温室効果ガス排出量削減が喫緊の課題 民生部門対策が進まなければ 他部門の対策強化や 海外からの排出クレジット取得に頼らざるを得ない 民生部門対策において IT の重要性が増大 ( 利用拡大に伴う排出量増加と省エネポテンシャル

More information

< F2D916688C481698A A E6A>

< F2D916688C481698A A E6A> 岡山県省エネルギービジョン ( 素案 ) の概要 1 ビジョン策定の背景と目的 2003 年度 ( 平成 15 年度 ) の県内における温室効果ガスの排出量は1990 年度 ( 平成 2 年度 : 基準年度 ) 比で6.8% 増加し 県地球温暖化防止行動計画の目標の6.5% 削減は厳しい状況にある このため 県地球温暖化防止行動計画の省エネ分野の実施計画として 2015 年度 ( 平成 27 年度

More information

Microsoft PowerPoint 鹿毛先生プレゼンFINAL_0111.pptx

Microsoft PowerPoint 鹿毛先生プレゼンFINAL_0111.pptx パリ協定 日本における温暖化対策と 私たちの暮らし 公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES) 北九州アーバンセンター所長鹿毛浩之 本日の内容 地球環境戦略研究機関 (IGES) の活動 気候変動の科学とパリ協定 日本の温暖化対策と私たちの暮らし 2 ( 公財 ) 地球環境戦略研究機関 (IGES) とは 1998 年設立 本部 : 神奈川県葉山町 活動 国際的な環境戦略研究の実施 アジア太平洋地域の持続可能な開発の実現にフォーカスした研究活動

More information

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1

JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) 独立行政法人国際協力機構 評価部 2014 年 5 月 1 JICA 事業評価ガイドライン ( 第 2 版 ) ( 事業評価の目的 ) 1. JICA は 主に 1PDCA(Plan; 事前 Do; 実施 Check; 事後 Action; フィードバック ) サイクルを通じた事業のさらなる改善 及び 2 日本国民及び相手国を含むその他ステークホルダーへの説明責任

More information

京都メカニズムの仕組み

京都メカニズムの仕組み 資料 3-2 京都メカニズムの仕組み 1. 京都メカニズムの概要 2. 京都議定書の遵守の仕組み 3. 国内 ( 域内 ) 排出量取引制度の例 4. 海外の国内排出量取引制度と京都メカニズムのリンク 1. 京都メカニズムの概要 京都メカニズムとは 京都メカニズムの対象となるクレジット等 標以上の1-1 京都メカニズムとは 共同実施 (JI) ( 京都議定書 6 条 ) 先進国同士が共同で事業を実施し

More information

これま2005 年京都議定書発効(Q1. 今年の南アフリカ ダーバンでの COP17 の焦点は何ですか? (A) 先進国( 米国除く ) が温室効果ガスの排出削減義務を負っている京都議定書第 1 約束期間が来年 (2012 年 ) 末で終了します その後の2013 年以降の新たな法的枠組みをどうする

これま2005 年京都議定書発効(Q1. 今年の南アフリカ ダーバンでの COP17 の焦点は何ですか? (A) 先進国( 米国除く ) が温室効果ガスの排出削減義務を負っている京都議定書第 1 約束期間が来年 (2012 年 ) 末で終了します その後の2013 年以降の新たな法的枠組みをどうする COP17 に向けて : よくある質問 Q1. 今年の南アフリカ ダーバンでの COP17 の焦点は何ですか? Q2. 交渉を進めるため 日本はどのような貢献をしていくつもりですか? Q2-1. 二国間オフセット クレジット制度 とはどのようなものですか? Q2-2. 東アジア低炭素成長パートナーシップ構想 とはどのようなものですか? Q2-3. 気候変動による悪影響に脆弱な途上国に対し どのような支援をしているのですか?

More information

⑴ 政策目的本件は, 我が国において開発資金のための国際連帯税 ( 国際貢献税 ) を導入し, 持続可能な開発のための 2030 アジェンダ 等, 国際的な開発目標の達成に対応 貢献するために, 世界の開発需要に対応し得る幅広い開発資金を調達するもの これは, 外務省政策評価, 基本目標 Ⅵ 経済協

⑴ 政策目的本件は, 我が国において開発資金のための国際連帯税 ( 国際貢献税 ) を導入し, 持続可能な開発のための 2030 アジェンダ 等, 国際的な開発目標の達成に対応 貢献するために, 世界の開発需要に対応し得る幅広い開発資金を調達するもの これは, 外務省政策評価, 基本目標 Ⅵ 経済協 平成 28 年度税制改正 ( 租税特別措置 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 ) ( 外務省国際協力局地球規模課題総括課 ) 制 度 名 国際協力を使途とする資金を調達するための税制度の新設 税 目 国際連帯税 ( 国際貢献税 ) 要望の内容 飢餓や感染症など地球規模課題への対処を始めとするミレニアム開発目標 (MDGs) 及びその後継として本年 9 月の国連サミットで採択される予定の 持続可能な開発のための

More information

平成20年度税制改正(地方税)要望事項

平成20年度税制改正(地方税)要望事項 平成 30 年度地方税制改正 ( 税負担軽減措置等 ) 要望事項 ( 新設 拡充 延長 その他 ) No 5 対象税目 要望項目名 要望内容 ( 概要 ) 府省庁名環境省 個人住民税法人住民税事業税不動産取得税固定資産税事業所税その他 ( 自動車取得税自動車税 軽自動車税 ) 車体課税のグリーン化 自動車取得税のエコカー減税については 平成 29 年度税制改正大綱において 対象範囲を平成 32 年度燃費基準の下で見直し

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C F926E93798FEB8B7A8EFB8CB9>

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C F926E93798FEB8B7A8EFB8CB9> 資料 3-3 農林水産分野における温暖化対策 農地による炭素貯留について 農地管理による炭素貯留について 土壌有機物は 土壌の物理的 化学的 生物的な性質を良好に保ち また 養分を作物に持続的に供給するために極めて重要な役割を果たしており 農業生産性の向上 安定化に不可欠 農地に施用された堆肥や緑肥等の有機物は 多くが微生物により分解され大気中に放出されるものの 一部が分解されにくい土壌有機炭素となり長期間土壌中に貯留される

More information

G7 ICT マルチステークホルダー会議からの成果を歓迎する 6. 我々は 2016 年 6 月 21 日から 23 日にかけてメキシコのカンクンで開催される イノベーション 成長及び社会の繁栄をテーマとした デジタル経済に関する OECD 閣僚級会合の成果に期待する 7. 我々は デジタル連結世界

G7 ICT マルチステークホルダー会議からの成果を歓迎する 6. 我々は 2016 年 6 月 21 日から 23 日にかけてメキシコのカンクンで開催される イノベーション 成長及び社会の繁栄をテーマとした デジタル経済に関する OECD 閣僚級会合の成果に期待する 7. 我々は デジタル連結世界 G7 情報通信大臣共同宣言 ( 憲章の実施に係るアクションプラン ) G7 香川 高松情報通信大臣会合 2016 年 4 月 29 30 日 [ 前文 ] 1. 我々 G7 情報通信大臣は 情報通信技術 (ICT) に関する 現在及び将来の 持続可能かつ包摂的な発展に向けた地球規模での ICT の機会や課題に取り組むために 2016 年 4 月 29 日及び 30 日に香川県高松市に集った 2. 我々は

More information

参考資料3(第1回検討会資料3)

参考資料3(第1回検討会資料3) 参考資料 3 平成 28 年度環境配慮契約法基本方針等の検討方針等 ( 案 ) - 平成 28 年度第 1 回環境配慮契約法基本方針検討会掲出資料 1. 基本方針等の見直しの考え方 (1) 本年度の見直しに当たっての考え方環境配慮契約法に基づく基本方針については 必要に応じた見直しを実施することとされており 以下に掲げたいずれかの項目を満たす製品 サービスが契約の対象となる場合に見直しを検討することを基本的な考え方としている

More information

平成19年6月  日

平成19年6月  日 平成 28 年 9 月 26 日国際統括官 G7 長野県 軽井沢交通大臣会合の結果について 国土交通省は 9 月 23 日から 25 日に G7 長野県 軽井沢交通大臣会合を開催しました これは G7 伊勢志摩サミットにあわせて開催される関係閣僚会合の一番最後となるものです G7 交通大臣会合は G7 交通大臣及び EU の交通担当委員が一堂に会し 今後の交通 ひいては社会全体を左右する重要なテーマを取り上げ

More information

npg2018JP_1011

npg2018JP_1011 環境に関わる責任 日本製紙グループでは バリューチェーンの各段階で発生する 環境負荷を可能な限り小さくすることを目指し 持続可能な循環型社会の構築に貢献していきます 評価指標 重要課題 日本製紙 株 斜里社有林 目標 達成状況 2017 年度 気候変動問題への取り組み 温室効果ガス排出量 2020年度までに2013年度比で10%削減する 3.9 削減 2020年度までに98%以上とする 98.6 自社林の森林認証取得率

More information

NEWS 2020 速報 の一部を改正する法律案 REPORT 総会の様子 2025 GDP 3 02 vol

NEWS 2020 速報 の一部を改正する法律案 REPORT 総会の様子 2025 GDP 3 02 vol vol. 10 2018 2020 年 五輪の年には文化省 に 向けての活動計画を決定 文化芸術 vol. 10 2018 2018年7月10日発行 発行 文化芸術振興議員連盟 事務局 100-0014 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館205号室 伊藤信太郎事務所気付 TEL 03-3508-7091 FAX 03-3508-3871 文化省創設 に関する附帯決議が 衆参両院で採択

More information

①180612_G7シャルルボワサミット結果報告(循環部会用セット)

①180612_G7シャルルボワサミット結果報告(循環部会用セット) G7 シャルルボワサミット結果報告 ( 気候変動及び海洋関係 ) 2018 年 6 月 12 日 ( 火 ) 6 月 8 日 ( 金 ) 9 日 ( 土 ) の 2 日間に渡って カナダ ケベック州シャルルボワにおいて G7 首脳会合が開催された 気候変動及び海洋に関する結果は以下のとおり 1. コミュニケ サミットの結果は 9 日に シャルルボワ G7 首脳コミュニケ の形で採択された 気候変動

More information

Microsoft Word - funding-carbon-capture-storage-developing-countries-japanese

Microsoft Word - funding-carbon-capture-storage-developing-countries-japanese 発展途上国における CO 2 回収貯留への資金供与 2012 年 3 月 The executive summary of FUNDING CARBON CAPTURE AND STORAGE IN DEVELOPING COUNTRIES has been translated from English into Japanese for convenience. The Global CCS Institute

More information

<4D F736F F D C A838A815B B438CF395CF93AE91CE8DF D48505F205F F8DC58F4994C5205F838D835393FC82E88F4390B3816A2E646F63>

<4D F736F F D C A838A815B B438CF395CF93AE91CE8DF D48505F205F F8DC58F4994C5205F838D835393FC82E88F4390B3816A2E646F63> プレスリリース 平成 23 年 8 月 11 日 ( 独 ) 農業環境技術研究所 ( 独 ) 農業 食品産業技術総合研究機構 ( 独 ) 国際農林水産業研究センター ( 独 ) 森林総合研究所 ( 独 ) 水産総合研究センター Web サイト 地球温暖化と農林水産業 の運用開始 http://gpro.dc.affrc.go.jp/ ポイント 地球温暖化と農林水産業の関わりに関する研究成果や関連情報を広く提供するポータルサイトの運用を8

More information

ドーハ ラウンド交渉の一分野である貿易円滑化については 平成 26 年 11 月のWTO 一般理事会において 貿易円滑化協定に関する改正議定書 が採択され 今後 3 分の2 以上の加盟国が受諾した時点で本協定は発効することになりました 各 WTO 加盟国がこの協定を実施することにより 貿易規則の透明

ドーハ ラウンド交渉の一分野である貿易円滑化については 平成 26 年 11 月のWTO 一般理事会において 貿易円滑化協定に関する改正議定書 が採択され 今後 3 分の2 以上の加盟国が受諾した時点で本協定は発効することになりました 各 WTO 加盟国がこの協定を実施することにより 貿易規則の透明 政策目標 5-2: 多角的自由貿易体制の維持 強化及び経済連携の推進並びに税関分野における貿易円滑化の推進 ( 平成 27 年 11 月一部改正 ) 1. 政策目標の内容自由貿易の推進は我が国の対外経済政策の柱であり 力強い経済成長を実現するためには 自由貿易体制を強化し 諸外国の活力を我が国の成長に取り込む必要があるというのが 政府全体としての基本的立場であること 日本再興戦略 ( 平成 25 年

More information

<4D F736F F D F967B95D281698DC58F4988C4816A B815B834F838C815B816989E6919C8F6B8FAC94C5816A2E646F63>

<4D F736F F D F967B95D281698DC58F4988C4816A B815B834F838C815B816989E6919C8F6B8FAC94C5816A2E646F63> 第 1 章計画の意義 1 地球温暖化現象とその影響 (1) 地球温暖化現象とは地球温暖化現象とは 二酸化炭素 (CO 2 ) などの温室効果ガスが大気中に排出されることにより 大気中の温室効果ガス濃度が上昇し 地球の気温が上昇する現象のことです 2007 年にIPCC( 気候変動に関する政府間パネル ) が発表した第 4 次評価報告書では 地球の平均気温は過去 100 年で0.74 上昇しており 20

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 難民に関するグローバル コンパクト (GCR): 人道支援への影響とは? ジャパン プラットフォーム (JPF) モシニャガ アンナ 2018.4.21 JPF とは : 国内外の人道危機に対して迅速かつ効果的な支援を実施するため NGO 経済界 政府が連携し 単独ではすばやく支援を実施する財政基盤などが十分にない NGO を さまざまな形でサポートする中間支援組織 2018 年 4 月現在 : 各得意分野を持つ

More information

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美しい星へのいざない Invitation Cool Earth to ( その14) EU の動向 欧州理事会 ( 首脳会合 ) での合意 気温上昇幅を工業化前から 2 以内に抑制 (05 年 3 月 ) EU として 2020 年までに 1990 年比で排出量を少なくとも 20%( 国際合意次第で 30%) 削減 (07 年 3 月 ) 先進国全体で 2020 年までに 1990 年比で排出量を

More information

1 3: 気候変動については 環境と経済成長との好循環を実現する好機として G7 が世界の脱炭素化を牽引することが重要であり 我が国としても脱炭素化に向けた骨太な長期戦略を創り上げていく 2: 資源循環については 先進事例の共有を国内外で進めることが重要であり 我が国としては世界循環経済フォーラム

1 3: 気候変動については 環境と経済成長との好循環を実現する好機として G7 が世界の脱炭素化を牽引することが重要であり 我が国としても脱炭素化に向けた骨太な長期戦略を創り上げていく 2: 資源循環については 先進事例の共有を国内外で進めることが重要であり 我が国としては世界循環経済フォーラム 資料 5 G7 ハリファックス環境 海洋 エネルギー大臣会合結果の概要 平成 30 年 9 月 25 日環境省地球環境局 1. 今次会合の主な成果 中川雅治環境大臣がカナダに出張し G7 環境大臣会合 (19 日 ) G7 環境 海洋 エネルギー大臣による共同海洋会合 (20 日 ) 及び関連のサイドイベント (18 日及び 20 日 ) に出席 中川環境大臣は G7 各国及び招聘国と 気候変動 循環経済と資源効率性

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年パリ合意実現に向けた交渉 ~ ボン会議 SB42 & ADP2.9 交渉 ~ 2015 年 7 月 2 日 ( 木 ) WWF ジャパン気候変動 エネルギープロジェクトリーダー小西雅子 SB42 ADP2.9(2015 年 6 月 ) ボン会議終了時に CAN ジャパンメンバーと 1 ボンの新会議場 : 自然採光と太陽光発電の環境配慮! 2 気候変動に関する国際条約の歩み 1992 1997

More information

建物から排出される CO2 を大幅に削減するためには 企画や基本設計段階から取り組む必要があります 当社では 10 年前より 基本設計段階で用いる LCCO2 と LCC 算出ツール ( 表計算ソフト ) を開発 使用してきました ダイエット D i e t建築ナビ はこのソフトを元に 省 CO2

建物から排出される CO2 を大幅に削減するためには 企画や基本設計段階から取り組む必要があります 当社では 10 年前より 基本設計段階で用いる LCCO2 と LCC 算出ツール ( 表計算ソフト ) を開発 使用してきました ダイエット D i e t建築ナビ はこのソフトを元に 省 CO2 151-8570 東京都渋谷区千駄ヶ谷 4 丁目 25 番 2 号 Tel.(03)3402-1911( 大代表 ) http://www.fujita.co.jp 2010( 平成 22) 年 2 月 25 日 建物の企画段階で CO 2 排出量などを瞬時に算出ダイエット Diet建築ナビ で環境配慮の迅速な判断が可能に 株式会社フジタ 株式会社フジタ ( 本社 : 東京都渋谷区 社長 : 上田卓司

More information

フォレストカーボンセミナー2019発表資料(中野)

フォレストカーボンセミナー2019発表資料(中野) 2019 年フォレストカーボンセミナー (JIFPRO) REDD+ 最新動向 COP24 と緑の気候基金 (GCF) 林野庁計画課国際森林減少対策調整官中野彰子 2019 年 1 月 18 日 0 目次 COP24 における REDD+ 関連事項 緑の気候基金 (GCF) での議論の動向 1 COP24 における REDD+ 関連事項 2 気候変動条約と REDD+ の系譜 1992 地球サミット

More information

Microsoft Word - 02 大都市 本文.doc

Microsoft Word - 02 大都市 本文.doc 2013 第 8 回マニフェスト大賞 優秀成果賞 及び 審査委員会特別賞 受賞 平成 25 年度 Vol.11 ( 通算 123 号 ) 大都市制度に関する資料 10 ( 全国市議会議長会の動向等 ) 平成 25 年 12 月 横浜市会議会局政策調査課編集 発行 目 次 はじめに P 1 1 全国市議会議長会及び各市長会の動向 (1) 全国市議会議長会 : 指定都市協議会 特別自治市 など多様な大都市制度の創設に関する要望

More information

国際連携の基本的方針 年 1 月に 国際連携に関する省内連絡会議 を設置 関係課室が連携して環境外交に取り組む体制を構築 関係部局へのヒアリングを踏まえ 省内の国際連携事業を評価 分析し 資料 年 3 月に 国際連携事業の概観と平成 27 年度以降の実施指針 を策定 関連

国際連携の基本的方針 年 1 月に 国際連携に関する省内連絡会議 を設置 関係課室が連携して環境外交に取り組む体制を構築 関係部局へのヒアリングを踏まえ 省内の国際連携事業を評価 分析し 資料 年 3 月に 国際連携事業の概観と平成 27 年度以降の実施指針 を策定 関連 資料 4 気候変動問題を中心とした 国際連携の現状 平成 27 年 11 月 環境省 国際連携の基本的方針 1 2014 年 1 月に 国際連携に関する省内連絡会議 を設置 関係課室が連携して環境外交に取り組む体制を構築 関係部局へのヒアリングを踏まえ 省内の国際連携事業を評価 分析し 資料 1 2015 年 3 月に 国際連携事業の概観と平成 27 年度以降の実施指針 を策定 関連資料は職員ポータルサイトにおいて省内全体に共有し

More information

政策目標 5-2: 多角的自由貿易体制の維持 強化及び経済連携の推進並びに税関分野における貿易円滑化の推進 1. 政策目標の内容自由貿易の推進は我が国の対外経済政策の柱であり 力強い経済成長を実現するためには 自由貿易体制を強化し 諸外国の活力を我が国の成長に取り込む必要があるというのが 政府全体と

政策目標 5-2: 多角的自由貿易体制の維持 強化及び経済連携の推進並びに税関分野における貿易円滑化の推進 1. 政策目標の内容自由貿易の推進は我が国の対外経済政策の柱であり 力強い経済成長を実現するためには 自由貿易体制を強化し 諸外国の活力を我が国の成長に取り込む必要があるというのが 政府全体と 政策目標 5-2: 多角的自由貿易体制の維持 強化及び経済連携の推進並びに税関分野における貿易円滑化の推進 1. 政策目標の内容自由貿易の推進は我が国の対外経済政策の柱であり 力強い経済成長を実現するためには 自由貿易体制を強化し 諸外国の活力を我が国の成長に取り込む必要があるというのが 政府全体としての基本的立場であること 日本再興戦略改訂 2014 においては 経済連携の推進 が成長戦略の重要な柱の一つとして位置付けられており

More information

緒論 : 電気事業者による地球温暖化対策への考え方 産業界における地球温暖化対策については 事業実態を把握している事業者自身が 技術動向その他の経営判断の要素を総合的に勘案して 費用対効果の高い対策を自ら立案 実施する自主的取り組みが最も有効であると考えており 電気事業者としても 平成 28 年 2

緒論 : 電気事業者による地球温暖化対策への考え方 産業界における地球温暖化対策については 事業実態を把握している事業者自身が 技術動向その他の経営判断の要素を総合的に勘案して 費用対効果の高い対策を自ら立案 実施する自主的取り組みが最も有効であると考えており 電気事業者としても 平成 28 年 2 カーボンプライシングのあり方に関する検討会 における議論にあたって 平成 29 年 10 月 13 日電気事業連合会 緒論 : 電気事業者による地球温暖化対策への考え方 産業界における地球温暖化対策については 事業実態を把握している事業者自身が 技術動向その他の経営判断の要素を総合的に勘案して 費用対効果の高い対策を自ら立案 実施する自主的取り組みが最も有効であると考えており 電気事業者としても 平成

More information

09 資料2 グローバルCCSインスティテュート シニア クライアントエンゲージメント リード イングビット オンブストレット様 ヒアリング資料

09 資料2 グローバルCCSインスティテュート シニア クライアントエンゲージメント リード イングビット オンブストレット様 ヒアリング資料 ノルウェーの CCS 活動 日本中央環境審議会に向けたプレゼンテーション シニアクライアントエンゲージメントリード Ingvild Ombudstvedt 表紙写真 : CO2 Technology Center Mongstad. 写真提供 :Gassnova. Agenda ノルウェーにおける CCS の概要 CCS 政策 20 年にわたる経験 Full-Scale CCS CLIMIT モングスタッド

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

Microsoft Word SB48andAPA1-5.docx

Microsoft Word SB48andAPA1-5.docx 国連気候変動ボン会議 (2018 年 4 5 ) APA1-5 SB48 での議論について 2018 年 4 20 WWF ジャパン 岸尚之 1. ルールブック ( 実施指針 ) 2015 年のパリ協定採択 2016 年の発効をうけ 現在 国連気候変動会議は パリ協定の本格運 を開始するための準備作業を っている 具体的には パリ協定本体やそれに付随した COP21 決定では決めきれていなかった細則について定めるという作業である

More information

報告書テンプレート

報告書テンプレート 第 2 章 環境に係わる近年の動向 第 1 章環境に係わる近年の動向第 1 節環境に係わる国際動向 1 これまでの国際動向 (1) 国連人間環境会議昭和 47 年 (1972 年 ) に ストックホルム ( スウェーデン ) において 国連人間環境会議 が開催されました それまでは 国連の専門機関がそれぞれの固有の活動範囲内で環境問題を取り扱ってきましたが この会議は 環境問題全般について初めて取り扱う会議となりました

More information

IPCC 第 5 次評価報告書に向けた将来シナリオの検討日本からの貢献とその意義環境研究総合推進費 A 1103 統合評価モデルを用いた世界の温暖化対策を考慮したわが国の温暖化政策の効果と影響 藤森真一郎 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト一般公開

IPCC 第 5 次評価報告書に向けた将来シナリオの検討日本からの貢献とその意義環境研究総合推進費 A 1103 統合評価モデルを用いた世界の温暖化対策を考慮したわが国の温暖化政策の効果と影響 藤森真一郎 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト一般公開 IPCC 第 5 次評価報告書に向けた将来シナリオの検討日本からの貢献とその意義環境研究総合推進費 A 1103 統合評価モデルを用いた世界の温暖化対策を考慮したわが国の温暖化政策の効果と影響 藤森真一郎 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト一般公開シンポジウム 持続可能なアジア低炭素社会に向けた日本の役割 2011 年 11 月 22 日 本課題と

More information

特集 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) 第 3 作業部会 (WG3) 報告書について RITE Today 2015 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) 第 3 作業部会 (WG3) 報告書について システム研究グループリーダー秋元圭吾 1. はじめに 気候変動に関する政府間パネル

特集 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) 第 3 作業部会 (WG3) 報告書について RITE Today 2015 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) 第 3 作業部会 (WG3) 報告書について システム研究グループリーダー秋元圭吾 1. はじめに 気候変動に関する政府間パネル IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) 第 3 作業部会 (WG3) 報告書について システム研究グループリーダー秋元圭吾 1. はじめに 気候変動に関する政府間パネル (IPCC) の第 3 作業部会 (WG3) は 気候変動緩和 ( 排出抑制 ) に関する第 5 次評価報告書 (AR5) 1) を2014 年 4 月に承認し公表した 秋元は WG3 AR5の第 6 章長期排出経路の評価 (

More information

P00041

P00041 P14004 エネルギー 環境新技術先導プログラム 基本計画 イノベーション推進部 1. 制度の目的 目標 内容 (1) 制度の目的 1 政策的な重要性平成 25 年 9 月 総合科学技術会議において 攻めの温暖化外交戦略を組み立てるべく 環境エネルギー技術革新計画 が改定され この中で 新たな革新技術のシーズを発掘していくことの重要性 や ハイリスクだがコストの大幅な引下げや飛躍的なエネルギー効率の向上を達成する創造的な技術を創出する

More information

気候変動と森林 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) から 2014 年 8 月 29 日 東京 第 3 回森林分野における国際的な動向等に関する報告会 林野庁森林利用課 佐藤雄一

気候変動と森林 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) から 2014 年 8 月 29 日 東京 第 3 回森林分野における国際的な動向等に関する報告会 林野庁森林利用課 佐藤雄一 気候変動と森林 IPCC 第 5 次評価報告書 (AR5) から 2014 年 8 月 29 日 東京 第 3 回森林分野における国際的な動向等に関する報告会 林野庁森林利用課 佐藤雄一 IPCC ( 気候変動に関する政府間パネル Intergovernmental Panel on Climate Change) 1 IPCCは 気候変動 ( 地球温暖化の防止 ) の分野で 世界の気象についての国連の専門機関である世界気象機関

More information

Microsoft PowerPoint - S-PLUS発表(改).pptx

Microsoft PowerPoint - S-PLUS発表(改).pptx 集団意思決定ストレスを考慮した AHP による温室効果ガス削減目標の提案 発表構成 1. 研究背景 2. 研究目的 3. AHP 分析 4. 感度分析 5. まとめと今後の課題 参考文献 Appendix 東京理科大学工学部経営工学科山口研究室所属酒井雄介 ポスト京都議定書をめぐる議論 1. 研究背景 ポスト京都議定書とは 京都議定書の効力が切れる 2013 年以降の, 世界の温室効果ガス削減の枠組み.

More information

スライド 1

スライド 1 COP22 マラケシュ会議報告会世界経済を脱炭素化へ導く パリ協定 発効! 日本も締結! 2016 年 12 月 6 日 ( 火 ) WWF ジャパン気候変動 エネルギープロジェクトリーダー小西雅子 COP22 マラケシュ会議にて (2016 年 11 月 ) COP22 マラケシュ会議 (2016 年 11 月 ) 乾燥した大地に張られたテントの会場 パリ協定は 2016 年 11 月 4 日に発効!

More information

Taro-~ jtd

Taro-~ jtd 木材 木材製品の合法性 持続可能性の証明のためのガイドライン平成 18 年 2 月林野庁 1. 趣旨 違法伐採は 地球規模での環境保全 持続可能な森林経営の推進にとって極めて重要な課題であり 我が国としては これまで 違法に伐採された木材は使用しない という基本的な考え方に基づいて取り組んできた 具体的には 違法伐採対策として 二国間 地域間及び多国間での協力推進 違法伐採木材の識別のための技術開発

More information

スライド 1

スライド 1 Choice! 地球温暖化にあなたはどう向き合うのか? COP21 最新成果報告 2016 年 1 月 12 日 ( 火 ) COP21パリ会議にて (2015 年 12 月 ) WWFジャパン気候変動 エネルギープロジェクトリーダー小西雅子 1 21 世紀末の気温変化は? このままでは 2100 年には 4 度程度上昇の予測 過去 130 年に 0.85 度上昇した 気温上昇を 2 度未満に抑える道もある

More information

お知らせ

お知らせ 広報資料 ( 経済同時 ) 平成 27 年 12 月 16 日環境政策局 担当 : 地球温暖化対策室電話 :222-4555 事業者排出量削減計画書制度 及び 新車販売実績報告書制度 平成 26 年度実績の取りまとめについて 京都市では, 京都市地球温暖化対策条例 ( 以下 条例 という ) に基づき, 一定規模の温室効果ガスを排出する事業者 ( 特定事業者 ) の自主的な排出量削減を図ることを目的として,

More information

1. 応募書類の提出 1) 提出期限 2017 年 6 月 30 日 ( 金曜日 )17:00( 日本時間 ) 必着 2) 提出方法 グローバル賞 岡山地域賞 各部門の募集要項を確認のうえ 応募に必要な資料等を 以下 の応募先に電子メールにて提出してください (A) グローバル賞募集要項 3 4 ペ

1. 応募書類の提出 1) 提出期限 2017 年 6 月 30 日 ( 金曜日 )17:00( 日本時間 ) 必着 2) 提出方法 グローバル賞 岡山地域賞 各部門の募集要項を確認のうえ 応募に必要な資料等を 以下 の応募先に電子メールにて提出してください (A) グローバル賞募集要項 3 4 ペ 気候変動の緩和や適応 生物多様性の保全 貧困削減など直面する様々な課題を解決し 現在および将来の世代が安心して暮らせる社会を実現するために 価値観や思考 行動を変革するための学びや実践を促進する 持続可能な開発のための教育 (ESD) が世界各地で推進されています 2015 年 9 月 25 日には 国連総会において 我々の世界を変革する : 持続可能な開発のための2030アジェンダ が採択され その中でも

More information

Monitoring National Greenhouse Gases

Monitoring National Greenhouse Gases Task Force on National Greenhouse Gas Inventories 温室効果ガスインベントリー : パリ協定の下の温暖化対策の 進捗評価への関連性 エドワルド カルボ ブエンディア (IPCC インベントリータスクフォース共同議長 ) 気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 公開シンポジウム 神戸 2016 年 1 月 28 日 内容 温室効果ガスインベントリ その重要性

More information

Microsoft PowerPoint - 河内_PPT.ppt

Microsoft PowerPoint - 河内_PPT.ppt 低炭素社会への挑戦 - 化学産業の取組み - 住友化学株式会社河内哲 1 日本における気候変動の取組み 経団連環境自主行動計画に基づく推進 コミットベース 化学は日々の合理化及び設備投資により達成 90 年比エネルギー原単位を 10% から 20% へと削減目標の引き上げ 鉄鋼は CDM 1000 億円 法での規制省エネ法でのエネルキ ー原単位削減努力義務及び報告義務温対法での実績報告義務 2 2006

More information

91846-TRC92

91846-TRC92 13 14 15 [特集]調査研究 1 TRCにおける調査研究 図5 環境分野における当社調査研究テーマの変遷 依頼が多かった時期を表示 価項目としていたが 地球温暖化問題がクローズアッ バイオテクノロジーは 世界的に極めて速いスピード プされるにつれて CO2排出量を評価項目にしたLCAが で進歩しており 我が国としても迅速な取り組みが必要 多くなり さらには京都議定書を視野に入れたCO2削減 であることから

More information

(別紙1)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書 政策決定者向け要約(SPM)の概要(速報版)

(別紙1)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書統合報告書 政策決定者向け要約(SPM)の概要(速報版) ( 別紙 1) 気候変動に関する政府間パネル (IPCC) 第 5 次評価報告書 統合報告書政策決定者向け要約 (SPM) の概要 ( 速報版 ) 速報版であり 今後公式資料により修正の可能性がある SPM 1. 観測された変化及びその要因 気候システムに対する人間の影響は明瞭であり 近年の人為起源の温室効果ガスの排出量は史上最高と なっている 近年の気候変動は 人間及び自然システムに対し広範囲にわたる影響を及ぼしてきた

More information

<4D F736F F F696E74202D F43444D838D815B D B988C493E089F090E08F91816A5F8CF68EAE94C5>

<4D F736F F F696E74202D F43444D838D815B D B988C493E089F090E08F91816A5F8CF68EAE94C5> 1-1. 1-2. 1-3. 1-4. 1-5. 1-6. 1-7. 1-8. 1-9. 1-10. 1-11. 京都メカニズムとはクリーン開発メカニズム (CDM) とは CDMプロジェクト活動の分類項目 ( スコープ ) 新規植林 / 再植林 CDM(A/R CDM) プロジェクト活動とは A/R CDMプロジェクト活動の適格地クレジット獲得量の算定方法クレジット期間 A/R CDMにおいて発行される期限付きクレジット

More information

スライド 1

スライド 1 地球温暖化と石川県 1. 地球温暖化とはなにか 2. 石川県ではなにが起こるのだろうか 1/25 地球温暖化現象とはなにか? 2/25 人為的に放出された温室効果ガス (Greenhouse Gas: GHG) によって, 大気下層の温度が上昇する現象. 地球のほぼ全域が温度上昇 二酸化炭素の放出量が多く, 広大な陸地面積を持つ北半球の高緯度で温度上昇が大 代表的な温室効果ガスである二酸化炭素の影響は,

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 環境省資料より抜粋 G7 富山環境大臣会合 2016 年 5 月 15 日 ( 日 )-16 日 ( 月 ) 富山県 富山市 G7 富山環境大臣会合 日程 :2016 年 5 月 15 日 ( 日 )-16 日 ( 月 ) 場所 : 富山県富山市参加国 :G7 各国 ( 日 伊 加 仏 米 英 独 ) EU 資料 1 招聘機関 : 地球環境ファシリティ (GEF) 持続可能性を目指す自治体協議会 (ICLEI)

More information

Microsoft Word サミット結果概要(対外用).doc

Microsoft Word サミット結果概要(対外用).doc 北海道洞爺湖サミットの結果概要 平成 20 年 7 月農林水産省 1. 日時 場所平成 20 年 7 月 7 日 ( 月 )~9 日 ( 水 ) 北海道洞爺湖ウインザー ホテル 2. 出席者 G8 各国 ( 日本 カナダ フランス ドイツ イタリア ロシア 英国 米国 ) の首脳 EU 委員長 その他 豪州 ブラジル 中国 インド インドネシア 韓国 メキシコ 南アフリカ 及びアルジェリア等のアフリカ諸国の首脳及びバン国連事務総長

More information

実績 実績 実績 京都議定書 中期目標検討委員会 (2009.6) ( 鳩山元首相 ) での見通し ( 現目標 ) 第四次環境基本計画 (2012) 温室効果ガス排出量 [ 二酸化炭素換算 100 万トン ] 低炭素社会の

実績 実績 実績 京都議定書 中期目標検討委員会 (2009.6) ( 鳩山元首相 ) での見通し ( 現目標 ) 第四次環境基本計画 (2012) 温室効果ガス排出量 [ 二酸化炭素換算 100 万トン ] 低炭素社会の 日本における 2050 年の温室効果ガス排出量を 80% 削減する経路の検討 -DDPP における日本の分析結果から - 増井利彦 国立環境研究所 キャノングローバル戦略研究所地球温暖化国内シンポジウム 日本の地球温暖化抑制の 2050 年ビジョンとその実現 新丸ビルコンファレンススクエア 901 会議室 2015 年 7 月 23 日 本報告で行った分析は 環境省環境研究総合推進費 2-1402

More information

Japan Youth Platform for Sustainability (JYPS) 国連で行われている交渉に向けて 若者の声を集約し 日本政府や国連機関などに政策として訴えていくための若者のための 場 5/22

Japan Youth Platform for Sustainability (JYPS)   国連で行われている交渉に向けて 若者の声を集約し 日本政府や国連機関などに政策として訴えていくための若者のための 場 5/22 SDGs に関する NGO の取組について 資料 5 環境パートナーシップ会議星野智子 環境パートナーシップ会議 (EPC) http://www.epc.or.jp/ Rio+20 以降 SDGs に関するウェブサイトの運営 (http://sus-cso.com/) メルマガ発行 国内外の会議等での情報収集 地域セミナー ( 札幌 / 四日市 ) や地球環境パートナーシッププラザ (GEOC)

More information

( 別紙 ) 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見 1. 総論 (1) 石炭火力発電を巡る環境保全に係る国内外の状況を十分認識し 本事業を検討すること 本事業を実施する場合には 本事業に伴う環境影響を回避 低減するため

( 別紙 ) 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見 1. 総論 (1) 石炭火力発電を巡る環境保全に係る国内外の状況を十分認識し 本事業を検討すること 本事業を実施する場合には 本事業に伴う環境影響を回避 低減するため 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見について 平成 2 9 年 3 月 1 5 日 経済産業省 本日 環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 ) 第 3 条の6の規定に基づき 中国電力株式会社及びJFEスチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力発電所建設計画計画段階環境配慮書 について 中国電力株式会社及びJFEスチール株式会社に対し

More information

部員各位

部員各位 部員各位平成 25 年 10 月 5 日梁セン ( 商 1) 目次 1. はじめに 2. 環境税 ( 炭素税 ) とは 3. 日本の環境税をめぐる動き 4. 地球温暖化対策のための税 5. 環境税のメリット デメリット 6. 賛成派の言い分 反対派の言い分 7. 環境税以外の環境対策方法 8. 世界各国の環境税 9. 論点 10. 参考文献 11. 環境税に対する世論調査 地球温暖化と環境税 - 導入すべきか否か?-

More information

スライド 1

スライド 1 The Economics of Climate Change) の概要 (1) 1. 実施者ニコラス = スターン卿 (Sir Nicholas Stern) とレビュー チーム ( チームリーダー : シボーン ピータース (Siobhan Peters)) ( 大蔵大臣が本レビューを委託し 2006 年に首相及び大蔵大臣に提出された ) 2. 目的気候変化に係る経済に関する徴候の評価 理解の確立に資する

More information

PDF目次

PDF目次 2014 CONTENTS 002 003 007 008 009 010 011 017 020 022 024 027 030 031 033 034 037 038 040 042 044 046 049 050 052 053 054 055 057 059 062 065 068 070 072 075 077 081 082 087 092 096 097 098 100 101 103

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 21 1211 27 11 27 12 16 20 11 27 10 20 28 29 30 12 10 11 12 30 13 30 14 10 30 15 11 16 12 17 13 18 14 19 15 20 16 10 21 11 27 106 21 107 108 109 110 21 111 28 112 28 10 113 29 11 11421 30 12 11521 32 13

More information

CSR報告書2005 (和文)

CSR報告書2005 (和文) A 250 200 150 100 50 0 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1,000 800 600 400 200 0 168 14 14 27 54 60 2000 16,975 1,314 1,207 8,977 5,477 2000 698 112 115 292 178 2000 223 24 28

More information

CONNEX Basic Principles

CONNEX Basic Principles 食料安全保障と栄養に関する G7 行動ビジョン ( 仮訳 ) 今日, 飢餓及び栄養不良は, 紛争及び危機の状態にある人々を含む, 地球上の 20 億人以上の人々の生命に直接的な影響を与える深刻な問題を引き起こしている それと同時に, 農業部門の成長の促進, 並びに食料安全保障及び栄養の強化は, グローバルな持続可能な開発を推進し得るものであり, またアディスアベバ行動目標を含む, 持続可能な開発のための

More information

Slide 1

Slide 1 WWF ジャパン セミナー 気候変動に関する国際交渉の現状と今後について WWF ジャパン気候変動 エネルギーグループリーダー山岸尚之 2014 年 5 月 21 日 ( 水 ) 航空会館 501+502 会議室 Global Warming Images / WWF-Canon 1 1. ボン会議の様子 イメージ 2 3 4 5 6 7 2. 現状のプロセス これまでとこれから 8 コペンハーゲン以降の国際合意

More information

九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会 出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017

九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会   出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017 九州大学学術情報リポジトリ Kyushu University Institutional Repository 九州大学百年史第 7 巻 : 部局史編 Ⅳ 九州大学百年史編集委員会 http://hdl.handle.net/2324/1801803 出版情報 : 九州大学百年史. 7, 2017-03-31. 九州大学バージョン :published 権利関係 : 第 67 編 国際交流推進機構

More information

企業ネットワークによる地球温暖化に関する政策提言についてのアンケート

企業ネットワークによる地球温暖化に関する政策提言についてのアンケート 企業グループによる気候変動に関する長期成長戦略への提言についてのアンケート 調査趣旨 日本気候リーダーズ パートナーシップ (JCLP) による パリ協定に基づく長期成長戦略に対する提言 に対する市民の支持の程度を示し 提言内容と併せて政策立案の参考資料としていただくこと アンケート調査実施概要 調査手法 インターネット調査 抽出した調査対象にメール又はアプリケーションにてオンライン調査を配信 調査対象

More information

2. 各検討課題に関する論点 (1) 費用対効果評価の活用方法 費用対効果評価の活用方法について これまでの保険給付の考え方等の観点も含め どう考 えるか (2) 対象品目の選定基準 1 費用対効果評価の対象とする品目の範囲 選択基準 医療保険財政への影響度等の観点から 対象となる品目の要件をどう設

2. 各検討課題に関する論点 (1) 費用対効果評価の活用方法 費用対効果評価の活用方法について これまでの保険給付の考え方等の観点も含め どう考 えるか (2) 対象品目の選定基準 1 費用対効果評価の対象とする品目の範囲 選択基準 医療保険財政への影響度等の観点から 対象となる品目の要件をどう設 中医協費薬材 - 3 3 0. 1 2. 5 費用対効果評価に関する検討状況について ( 報告 ) 1. 概要 費用対効果評価については これまで以下の課題につき 中医協において協議及び論点の整 理を行ってきたところ 今後 関係業界からのヒアリングを行い とりまとめを行う予定 (1) 費用対効果評価の活用方法 (2) 対象品目の選択基準 1 費用対効果評価の対象とする品目の範囲 選択基準 3 品目選定のタイミング

More information

Japan Beverage Report 2017

Japan Beverage Report 2017 Japan Beverage Report 2017 J a p a n B e v e r a g e R e p o r t 2 0 1 7 C O N T E N T S ジャパンビバレッジグループの概要 ジャパンビバレッジホールディングスの事業概要 社 名 株式会社ジャパンビバレッジホールディングス 本 社 東京都新宿区西新宿一丁目24番1号 エステック情報ビル 創 業 1958 年 7月

More information

スライド 1

スライド 1 2009 年 12 月 11 日環境効率アワード 2009 表彰記念セミナー COP15 と環境効率の市場化 東京大学大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 教授足立芳寛 1 国際交渉のスケジュール (2009 年 ) 気候変動枠組条約 2008 年 12 月 COP14 ( ホ ーラント ホ ス ナン ) 3/28 ~4/8 ト イツ ホ ン 次期枠組み合意に向けた交渉 条約 議定書特別作業部会

More information

フォレストカーボンセミナー_石内資料

フォレストカーボンセミナー_石内資料 気候変動枠組条約第 23 回締約国会合 (COP23) における森林等吸収源 (LULUCF) の議論 2017 年 12 月 15 日 ( 金 ) 文京シビックセンター フォレストカーボンセミナー :COP23 等報告会 林野庁森林利用課石内修 1 本日の概要 1.COP23 のねらい 2.COP23 の概要 ( 全般 ) 3. 森林等吸収源に関連する議論について 2 1.COP23 のねらい 3

More information

気候変動に関する科学的知見の整理について (前回資料2)

気候変動に関する科学的知見の整理について (前回資料2) 参考資料 2 気候変動に関する科学的知見の 整理について 中央環境審議会第 12 回地球環境部会 平成 16 年 1 月 30 日 国立環境研究所西岡秀三 気候政策検討に必要な科学的知見 気候は変化しているのか YES その原因は人為的なものか YES 予防型今後の気候変化は大きい悪影響を YES 抑制策もたらす適応策緊急なものか どのように抑制策を打っていくべきか 対策の目標 手順 手段 無視 No

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 1 5 回地域医療構想に関する W G 平成 3 0 年 7 月 2 0 日 資料 2-1 1. 地域医療構想調整会議の活性化に向けた方策 ( その 3) 1 公立 公的病院等を中心とした機能分化 連携の推進について 2 地元に密着した 地域医療構想アドバイザー について 1 経済財政運営と改革の基本方針 2018 ( 平成 30 年 6 月 15 日閣議決定 )[ 抜粋 ] 4. 主要分野ごとの計画の基本方針と重要課題

More information

地球温暖化対策計画について 地球温暖化対策の総合的かつ計画的な推進を図るため 政府が地球温暖化対策推進法に基づいて策定する 我が国唯一の地球温暖化に関する総合計画 温室効果ガスの排出抑制及び吸収の目標 事業者 国民等が講ずべき措置に関する基本的事項 目標達成のために国 地方公共団体が講ずべき施策等に

地球温暖化対策計画について 地球温暖化対策の総合的かつ計画的な推進を図るため 政府が地球温暖化対策推進法に基づいて策定する 我が国唯一の地球温暖化に関する総合計画 温室効果ガスの排出抑制及び吸収の目標 事業者 国民等が講ずべき措置に関する基本的事項 目標達成のために国 地方公共団体が講ずべき施策等に 地球温暖化対策計画 ( 閣議決定案 ) の概要 平成 28 年 5 月内閣官房環境省経済産業省 地球温暖化対策計画について 地球温暖化対策の総合的かつ計画的な推進を図るため 政府が地球温暖化対策推進法に基づいて策定する 我が国唯一の地球温暖化に関する総合計画 温室効果ガスの排出抑制及び吸収の目標 事業者 国民等が講ずべき措置に関する基本的事項 目標達成のために国 地方公共団体が講ずべき施策等について記載

More information

Microsoft PowerPoint - 環境問題と持続可能な社会(田中).ppt

Microsoft PowerPoint - 環境問題と持続可能な社会(田中).ppt グローバル化する環境問題と国際環境条約 2010 年 6 月 9 日 環境問題と持続可能な社会 @ 早稲田大学 田中勝也滋賀大学環境総合研究センター准教授 tanakak@biwako.shiga-u.ac.jp 自己紹介 略歴 2008 年 ~ 滋賀大学環境総合研究センター准教授 2004~2008 年広島大学国際協力研究科助教 1998~2004 年オレゴン州立大学農業 資源経済学部 専門分野

More information

地球温暖化対策推進小委員会2007年度第1回委員会

地球温暖化対策推進小委員会2007年度第1回委員会 AIJ 地球温暖化対策会議 090213 提言 建築分野の地球温暖化対策ビジョン 2050 ( 案 ) ~ 建築のカーボン ニュートラル化を目指して ~ 2009 年 月 日本建築学会 日本建築士会連合会 日本建築士事務所協会連合会 日本建築家協会建築業協会 空気調和 衛生工学会 建築 設備維持保全推進協会日本建築構造技術者協会 日本都市計画学会 日本木材学会 Ⅰ. 前文 Ⅱ. 提言の背景 Ⅲ. 提言

More information

なぜ日本はODAを行うのか

なぜ日本はODAを行うのか 国連気候変動枠組条約第 21 回締約国会議 (COP21) の成果と今後の展望 2016 年 1 月 21 日外務省国際協力局気候変動課長中野潤也 2020 年以降の国際枠組みに向けた国際交渉 京都議定書採択時と比べ 世界のエネルギー起源 CO2 排出量における途上国のシェアが急速に拡大 2010 年時点において 京都議定書第一約束期間参加国の CO2 排出量のシェアは約 25% 第二約束期間参加国のシェアは約

More information

<4D F736F F D ED97AA916688C C8E DA8E9F816A2E646F63>

<4D F736F F D ED97AA916688C C8E DA8E9F816A2E646F63> あいち地球温暖化防止戦略 2020 ( 仮称 ) ( 案 ) パブリックコメント期間 平成 23 年 3 月 16 日 ( 水 )~4 月 15 日 ( 金 ) 平成 23 年月 はじめに ( 知事挨拶 ) 目 次 Ⅰ 戦略策定の趣旨 1 なぜ新たな地球温暖化防止戦略が必要か 2 基本的事項 Ⅱ 現状と課題 1 温室効果ガスの排出状況 2 部門別の現状と課題 (1) 産業部門 (2) 業務部門 (3)

More information

資料2:地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ(議論のたたき台)(案)

資料2:地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ(議論のたたき台)(案) 個別ロードマップの構成 1) 現状 / 課題 / キーコンセプト / 目標 現状と課題 低炭素社会構築に向けてのキーコンセプト 主要な対策の導入目標 2) 主要な対策と施策 目標達成のために必要な主要な対策と施策及びその削減効果など 排出量対象となる分野の 2005 年の排出量対象となる分野の 2020 年の排出量 主要な対策 2020 年の導入量 2020 年の削減効果 主要な対策の名称 2020

More information

IPCC第48回総会に際しての勉強会資料

IPCC第48回総会に際しての勉強会資料 2018 年 11 月 2 日 大井通博 1.5 特別報告書の受け止め ( 私見 ) パリ協定の目標 (2 より十分下方に抑える 1.5 までに抑える努力も追求 ) は不変 まずは 2 目標を確実に その上で 1.5 も視野に入れることが必要 しかし XX に抑えれば大丈夫 とは言えない 排出削減とともに適応の努力で最大限のリスク回避を 脱炭素 の方向性は必須 急速に社会的 経済的 技術的な移行 (Transition)

More information

Microsoft PowerPoint - 2_Tamura_神奈川県_田村rev2.pptx

Microsoft PowerPoint - 2_Tamura_神奈川県_田村rev2.pptx 各国及びの日本の長期戦略の策定状況 村堅太郎 IGES 関 研究センター副所 気候変動とエネルギー エリアリーダー 国別目標 (nationally determined contributions) 163 の国別 標 (2017 年 1 25 時点 ) が提出済み 主な国 地域の国別 標 国 地域 国別 標の中 中国 CO2 排出量を2030 年前後にピーク ( 頭打ち ) このピークを前倒しできるよう最

More information

<4D F736F F F696E74202D F43444D838D815B D B988C493E089F090E08F91816A5F8CF68EAE94C5>

<4D F736F F F696E74202D F43444D838D815B D B988C493E089F090E08F91816A5F8CF68EAE94C5> 2-1. 2-2. 2-3. 2-4. 2-5. 2-6. 2-7. 2-8. 2-9. 2-10. 気候変動京都議定書京都メカニズム気候変動枠組み条約附属書 Ⅰ 国のGHG 排出数値目標排出権取引共同実施 (JI) クリーン開発メカニズム (CDM) 排出枠 クレジット ( 京都ユニット ) の種類温室効果ガス (GHG) の種類と地球温暖化係数 (GWP) 吸収源 CDM 16 17 17 18

More information

企画書タイトル - 企画書サブタイトル -

企画書タイトル - 企画書サブタイトル - 中期経営計画 ( 平成 27~29 年度 ) 一部改定 基本目標 JBIC ならではの金融仲介機能の発揮により 我が国企業の国際事業展開及び資源獲得への支援を深化し 我が国の持続的な成長に繋がる新たなビジネス機会の探索と創造に貢献します 平成 29 年 1 月 一部改定のコンセプト 株式会社国際協力銀行 (JBIC) は 平成 27 年 6 月に策定した 平成 27~29 年度中期経営計画 ( 中期経営計画

More information

弱な他の国々が 強靱で完全に競争的なエネルギー システムを追及することに対しても 支援する 6. 我々は 国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) の締約国が第 21 回締約国会議 (COP21) において 産業革命以前と比べ 世界の平均気温上昇を 2 よりも十分低く保持すること 及び世界の平均気温上

弱な他の国々が 強靱で完全に競争的なエネルギー システムを追及することに対しても 支援する 6. 我々は 国連気候変動枠組条約 (UNFCCC) の締約国が第 21 回締約国会議 (COP21) において 産業革命以前と比べ 世界の平均気温上昇を 2 よりも十分低く保持すること 及び世界の平均気温上 G7 エネルギー大臣会合共同声明 ( 仮訳 ) グローバル成長を支えるエネルギー安全保障のための北九州イニシアティブ 我々 カナダ フランス ドイツ イタリア 日本 英国及び米国のエネルギー大臣 欧州委員会気候変動対策 エネルギー担当委員は 足元の不安定なエネルギー価格と COP21 におけるパリ協定を背景に 2016 年 5 月 1-2 日 北九州市に集い 2015 年のハンブルク会合以降の進展について議論した

More information