swagger #swagger

Size: px
Start display at page:

Download "swagger #swagger"

Transcription

1 swagger #swagger

2 1 1: 2 2 Examples Node.js 2 2: 4 Examples spring-bootswagger-uispringfox 4 1 Mavenspringfox API 5 3: 7 7 Examples 7 REST WSswagger-ui 7 15

3 You can share this PDF with anyone you feel could benefit from it, downloaded the latest version from: swagger It is an unofficial and free swagger ebook created for educational purposes. All the content is extracted from Stack Overflow Documentation, which is written by many hardworking individuals at Stack Overflow. It is neither affiliated with Stack Overflow nor official swagger. The content is released under Creative Commons BY-SA, and the list of contributors to each chapter are provided in the credits section at the end of this book. Images may be copyright of their respective owners unless otherwise specified. All trademarks and registered trademarks are the property of their respective company owners. Use the content presented in this book at your own risk; it is not guaranteed to be correct nor accurate, please send your feedback and corrections to 1

4 1: スワッガーをいめる このセクションでは なもののと がそれをするについてをします また なテーマをスワッガーでし するトピックにリンクするがあります swaggerのドキュメントはしくなっているので それらのトピックのバージョンをするがあります Examples はじめに - インストール - セットアップ Node.js での き Swaggerは REST APIをするのの / です コードジェネレータやエディタなどのなをに かつにされたツールのエコシステムをします Swaggerのもなは メソッド パラメータ モデルのドキュメントがサーバーコードににされているため APIがにしていることです ここでは がスウィガーなのかのなをすリンクがあります は JSONまたはYAMLでできます そして たちはそれにじてスワッガーをっています.jsonまたはswagger.yamlファイル オンラインエディタをしてファイルをできます のをするリンクがあります http : //swagger.io/specification/ スワッガーをする 1. APIファーストアプローチトップダウンアプローチスワッガーエディタを スワッガーをく swagger-codegenとswagger-uiをしてapiを 2. サービスの1のアプローチボトムアップアプローチスワッガーアノテーションをしてJAX- RSリソースクラスをする swaggerコアをしてスワッガーをにする swagger-codegenと swagger-uiをしてクライアントapiとドキュメントをする は swagger mavenプラグインのmavenビルドにうことができます インストールとセットアップこのセクションでは swaggerをインストールし swagger UIをセットアップし それをしてサーバーとクライアントSDKをします Node Package Managerをしてswaggerをインストールするには のコマンドをします npm install -g swagger '-g' フラグをすると モジュールがグローバルにインストールされます に のコマンドをしてプ ロジェクトをします swagger project create <project-name> これにより ユーザーに REST API をするためのフレームワークをするようめられます Express 2

5 をじものにしてすることができます これにより のとそれぞれに README.md ファイルをむプ ロジェクトディレクトリがされます API / コントローラ / ヘルパー / モック / スワッガー / config / テスト / API / コントローラ / ヘルパー app.js package.json サーバーはにができており このコマンドをしてプロジェクトルートですることができます swagger project start ホストサーバーが localhost としてされていて app.js ファイルでポートがされていない サーバーは からされます ここで スワッガー UI をして REST API をさらにできま す これは をしてしいですることができます swagger project edit これにより にされたポートのブラウザタブでスワッガーエディタがきます サンプルの hello GET は すでに swagger.yaml ファイルにしています このファイルをさらにすると サーバーは それでします paths セクションで x-swagger-router-controller されるは controllers フォルダの javascript ファ イルにするがあります サンプルとして hello_world.js が controllers ディレクトリにするがあり ます また operationid パラメータのは の javascript ファイルのをします これは ビジネスロ ジックをするです このように たちののんだはし API をさらにするためにすることができま す オンラインでスワッガーをいめるをむ スワッガーを いめる 3

6 2: スプリングフォックス Examples デフォルトのメッセージをきする Springfox はデフォルトですべての API コントローラにされるデフォルトのメッセージをします これには えば Created と No Content さらにいくつかの 40x がまれます デフォルトのメッセージが API にされないがあります デフォルトのメッセージをにしてのメッセージをすることができます のメッセージをグローバルにすることができます デフォルトのメッセージのターン docket.usedefaultresponsemessages(false); 々のメッセージは コントローラごとにできます = message = "This is a bad request, please stick to the API description", response = message = "Your request cannot be authorized.", response = RestApiExceptionModel.class) ) のデフォルトメッセージをする ModelRef errormodel = new ModelRef("RestApiExceptionModel"); List<ResponseMessage> responsemessages = Arrays.asList( new ResponseMessageBuilder().code(401).message("Unauthorized").responseModel(errorModel).build(), new ResponseMessageBuilder().code(403).message("Forbidden").responseModel(errorModel).build(), new ResponseMessageBuilder().code(404).message("NotFound").responseModel(errorModel).build()); docket.globalresponsemessage(requestmethod.post, responsemessages).globalresponsemessage(requestmethod.put, responsemessages).globalresponsemessage(requestmethod.get, responsemessages).globalresponsemessage(requestmethod.delete, responsemessages); spring-boot で swagger-ui をして springfox をする 1. Maven または Gradle をしてアプリケーションに springfox をする 4

7 2. アプリケーションでしい Docket Bean をし それをする 3. にじて API をする 4. アプリケーションをし されたをする 1 Maven で springfox をする pom.xml に swagger2 と swagger-ui のをする <dependency> <groupid>io.springfox</groupid> <artifactid>springfox-swagger2</artifactid> <version>2.6.0</version> </dependency> <dependency> <groupid>io.springfox</groupid> <artifactid>springfox-swagger-ui</artifactid> <version>2.6.0</version> </dependency> 2 スワッガーをするようにアプリケーションをする アノテーションきメインクラスにし このまたはのコンフィグレーションクラスにスワッガー Docket Bean public Docket api() { return new Docket(DocumentationType.SWAGGER_2).select().apis(RequestHandlerSelectors.any()).paths(PathSelectors.any()).build(); このでは アプリケーションのすべてのSpring ControllerでAPIドキュメントがされます APIドキュメントのをのコントローラにするがあるは さまざまなRequestHandlerSelectorのからできます たとえば RequestHandlerSelectors.basePackage("your.package.structure") をする RequestHandlerSelectors.withClassAnnotation(Api.class) をしてをけたのクラスにづいて パッケー ジにづいて API ドキュメントをできます 3 あなたの API をする マニュアルにされているをして コントローラのクラスとメソッドをでしてください なタイトル バージョンなど api のなをするには Docket bean の ApiInfoBuilder をしてください ApiInfoBuilder をしたメタデータの // Within your configuration class public static ApiInfo metadata(){ 5

8 return new ApiInfoBuilder().title("Your Title").description("Your Description").version("1.x").build(); // Within your method that definies the Docket bean... docket.apiinfo(metadata()); オンラインでスプリングフォックスをむ スプリング フォックス 6

9 3: スワッガーユー あなたがのコンポーネントについてかなりののアイディアをっていればいいですね REST WS の JAX-RS アノテーションの Web アプリケーション REST APIMaven とその Examples ジャージー REST WS をつ swagger-ui Swaggerのウェブサイトによれば Swaggerは とコンピュータのがソースコード ドキュメンテーション またはネットワークトラフィックインスペクションにアクセスすることなく サービスのをしすることをにする REST APIにするのにしないインタフェースをすることです Swaggerをしてにすると はのロジックでリモートサービスをし できます Swaggerは レベルのプログラミングのためのインターフェースとに サービスをびすのをします Mavenとジャージをするとすると のをするがあります Maven Swagger DependencyとJAX-RS の は "maven webapp" をし webappのにこのurlにあるをりけるがあります webappのフォルダは プロジェクトにこれらのコンテンツをりけた のようになります その のにいます 1. のようなのこのは " ApiOriginFilter.java " をつ java ファイルをします import javax.servlet.filterchain; import javax.servlet.filterconfig; import javax.servlet.servletexception; import javax.servlet.servletrequest; import javax.servlet.servletresponse; import javax.servlet.http.httpservletresponse; import java.io.ioexception; 7

10 public class ApiOriginFilter implements javax.servlet.filter { /** * dofilter public void dofilter(servletrequest request, ServletResponse response, FilterChain chain) throws IOException, ServletException { HttpServletResponse res = (HttpServletResponse) response; res.addheader("access-control-allow-origin", "*"); res.addheader("access-control-allow-methods", "GET, POST, DELETE, PUT"); res.addheader("access-control-allow-headers", "Content-Type, api_key, Authorization"); chain.dofilter(request, response); /** * destroy public void destroy() { /** * init public void init(filterconfig filterconfig) throws ServletException { このファイルは クラスでされているをにフィルタリングします 2. この が " SwaggerJaxrsConfig.java " であるとして ののJavaファイルをのように SwaggerJaxrsConfig.java します import org.eclipse.persistence.jaxb.marshallerproperties; import org.eclipse.persistence.jaxb.beanvalidationmode; import org.glassfish.jersey.moxy.json.moxyjsonconfig; import org.glassfish.jersey.moxy.json.moxyjsonfeature; import org.glassfish.jersey.moxy.xml.moxyxmlfeature; import org.glassfish.jersey.server.resourceconfig; import org.glassfish.jersey.server.serverproperties; import org.glassfish.jersey.server.filter.rolesalloweddynamicfeature; import io.swagger.jaxrs.config.beanconfig; public class SwaggerJaxrsConfig extends ResourceConfig { public SwaggerJaxrsConfig() { BeanConfig beanconfig = new BeanConfig(); beanconfig.settitle("swagger API Title"); beanconfig.setversion("1.0.0"); beanconfig.setschemes(new String[] { "http" ); beanconfig.sethost("localhost:8080/swagger-ui"); beanconfig.setbasepath("/rest"); beanconfig.setresourcepackage( "your.restws.package"); beanconfig.setscan(true); property(serverproperties.bv_send_error_in_response, Boolean.TRUE); packages("your.restws.package"); 8

11 packages("io.swagger.jaxrs.listing"); register(moxyjsonfeature.class); // register(badrequestexceptionmapper.class); register(new MoxyJsonConfig().setFormattedOutput(true) // Turn off BV otherwise the entities on server would be validated by MOXy as well..property(marshallerproperties.bean_validation_mode, BeanValidationMode.NONE).resolver()); register(moxyxmlfeature.class); register(rolesalloweddynamicfeature.class); あなたがることができるように のクラスでは 々はこのプロジェクトは おみのベースパスをするとにホストされるどのホストのようにの UI をするためになすべてのと のようにサポートさ れているすべての HTTP プロトコルをしてい http か " https " そしてあなたのにじてよりなをし ます また Swagger にパッケージとに setresourcepackage をしてできる REST WS のをすべてら せるためのがあります web.xml に 2 つのファイルをして のようにアプリケーションをサーバーにデプロイしたにするよ うにしてください <servlet> <servlet-name>jersey-servlet</servlet-name> <servlet-class>org.glassfish.jersey.servlet.servletcontainer</servlet-class> <init-param> <param-name>javax.ws.rs.application</param-name> <param-value>your.package.swaggerjaxrsconfig</param-value> </init-param> <load-on-startup>1</load-on-startup> </servlet> <servlet-mapping> <servlet-name>jersey-servlet</servlet-name> <url-pattern>/rest/*</url-pattern> </servlet-mapping> <filter> <filter-name>apioriginfilter</filter-name> <filter-class>your.package.apioriginfilter</filter-class> </filter> <filter-mapping> <filter-name>apioriginfilter</filter-name> <url-pattern>/rest/*</url-pattern> </filter-mapping> ここで Swagger でされるアノテーションをするのコードにします のようにして Bean Employee.java をします import io.swagger.annotations.apimodel; import bean") public class Employee { private String name; 9

12 private String id; private String = "Name of employee", example = "Test Employee") public String getname() { return name; public void setname(string name) { this.name = = "Id of employee", example = "123456") public String getid() { return id; public void setid(string id) { this.id = = "Department of employee", example = "IT Division", allowablevalues = "IT, Sales, Admin") public String getdept() { return dept; public void setdept(string dept) { this.dept = dept; ここでしたSwaggerのコンポーネントはのとおりです bean") - Swagger UIにするがあるBeanクラスのをします ="ABC", example="deptname") - これは Beanでされるフィールドのをします はフィールドのをし はそのフィールドのサンプルをします ここでは のようにGET WebサービスをするためのRESTコントローラをします import javax.ws.rs.get; import javax.ws.rs.path; import javax.ws.rs.produces; import javax.ws.rs.core.genericentity; import javax.ws.rs.core.mediatype; import javax.ws.rs.core.response; import org.slf4j.logger; import org.slf4j.loggerfactory; import org.swagger.ws.bean.employee; import org.swagger.ws.service.employeeservice; import io.swagger.annotations.api; import io.swagger.annotations.apioperation; import io.swagger.annotations.apiresponse; import 10

13 @Api(tags = {"Employee") public class EmployeeController { private static final Logger LOGGER + value = "Fetch employee details", httpmethod="get", notes = "<br>this service fetches Employee details", response = = = 200,response = Employee.class, message = "Successful = 400, message = "Bad Request", response = = 422, message = "Invalid data", response = = 500, message = "Internal Server Error", response = Error.class) ) public Response getemployee() { EmployeeService employeeservice = new EmployeeService(); Employee empdetails = employeeservice.getemployee(); Response response; LOGGER.debug("Fetching employee"); GenericEntity<Employee> entity = new GenericEntity<Employee>(empDetails){; response = Response.status(200).entity(entity).build(); return response; ここでした Swagger のコンポーネントはのとおりです = {"Employee") - このアノテーションは Webサービスのタイトルとなるべきも のを Swagger にします この タイトルは Employee です タイトルのような Swagger ド キュメンテーションをいているは " GetEmployee " や " DeleteEmployee " のようにすべきでは ありません value = "Fetch employee details", httpmethod="get", notes = "<br>this service fetches Employee details", response = Employee.class) - このは あなたのwebserviceについて producesはのをし valueはウェブサービスにするなアイデアをする notesは このWebサービスにするがされています = = 200,response = Employee.class, message = "Successful = 400, message = "Bad Request", response = = 422, message = "Invalid data", response = = 500, message = "Internal Server Error", response = Error.class) ) - こ のは この Web サービスをしているにとしてけることができるさまざまなタイプの HTTP ステ ータスコードをします これにより エラーコードとそれにするカスタムメッセージをすることができます また にじてのエラークラスでエラーをキャッチすることもできます に Web サービスがクライアントによってされたときにのをするの Service クラスをするがありま す にじてすることができます デモのサンプルサービスはのとおりです public class EmployeeService { public Employee getemployee() { Employee employee = new Employee(); employee.setid("1"); employee.setname("test"); employee.setdept("it"); return employee; 11

14 これでSwagger UIにするドキュメントをるがいました Swaggerプロジェクトをし サーバーをします すぐブラウザにき あなたのプロジェクトのURLをしてください この http// localhost8080 / swagger-ui / スワッガーがしくされている のがされるはずです さて あなたの Web サービスのドキュメントをるには のでることができるテキストボックス のプロジェクトの "base_url / rest / swagger.json" をしてください その URL をテキストボックスにすると REST Web サービスのドキュメントをするのがされます 12

15 のに api key とかれたテキストボックスでは ユーザ ID などにづいたのようなプロジェクト がなは のヘッダーやキーをできます そのためには <input placeholder="api_key"... まるタグので index.html をするもあります Swagger-UI のもう 1 つのは Try it out! というボタンがある Try it out! このボタンをする と この Web サービスのがであるかをできます この そのボタンをクリックすると でのよう ながされます 13

16 これは Swagger UI のサンプルデモです よりくのとそれらのをすることで ドキュメントレベル でおいする REST コントローラをするに まだできるくのオプションがあります オンラインでスワッガーユーをむ スワッガーユー 14

17 クレジット S. No Contributors 1 スワッガーをいめる Community, Daniel Käfer, gonephishing 2 スプリングフォックス mika 3 スワッガーユー Suyash 15

cocos2d-x #cocos2d-x

cocos2d-x #cocos2d-x cocos2d-x #cocos2d-x 1 1: cocos2d-x 2 2 Examples 2 Mac OS X 2 2 2 2 Windows 3 3 3 4 8 You can share this PDF with anyone you feel could benefit from it, downloaded the latest version from: cocos2d-x It

More information

wix #wix

wix #wix wix #wix 1 1: wix 2 2 WiX 2 WiX 2 WiX 2 3 Examples 3 3 3 3 4 8 You can share this PDF with anyone you feel could benefit from it, downloaded the latest version from: wix It is an unofficial and free wix

More information

xslt #xslt

xslt #xslt xslt #xslt 1 1: xslt 2 2 2 Examples 2 2 XSLT 3 2: xslt 7 Examples 7 XSLT 7 8 You can share this PDF with anyone you feel could benefit from it, downloaded the latest version from: xslt It is an unofficial

More information

Microsoft PowerPoint - Lecture_3

Microsoft PowerPoint - Lecture_3 プログラミング III 第 3 回 : サーブレットリクエスト & サーブレットレスポンス処理入門 Ivan Tanev 講義の構造 1. サーブレットの構造 2. サーブレットリクエスト サーブレットレスポンスとは 3. 演習 2 Lecture2_Form.htm 第 2 回のまとめ Web サーバ Web 1 フォーム static 2 Internet サーブレ4 HTML 5 ットテキスト

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション開発ガイド WebOTX アプリケーション開発ガイドバージョン : 7.1 版数 : 第 2 版リリース : 2010 年 1 月 Copyright (C) 1998-2010 NEC Corporation. All rights reserved. 4-1-1 目次 4. J2EE WebOTX...3 4.1. Webアプリケーション...3 4.1.1. Webアプリケーションを作成する...3

More information

Server Backup Manager 5.0 Debian および Ubuntu システムへの Server Backup Free のインストール 1. APT-GET をしてServer Backup Free をインストールする 2. Server Backup Free のインストール

Server Backup Manager 5.0 Debian および Ubuntu システムへの Server Backup Free のインストール 1. APT-GET をしてServer Backup Free をインストールする 2. Server Backup Free のインストール Debian および Ubuntu システムへの Server Backup Free のインストール 1. APT-GET をしてServer Backup Free をインストールする 2. Server Backup Free のインストール (DPKG でのインストール ) 3. Server Backup のWeb ベースユーザーインターフェイスをしてする 4. Linux Server

More information

Microsoft PowerPoint - Lecture_2

Microsoft PowerPoint - Lecture_2 プログラミング Java III 第 2 回 :WebForm および サーブレット入門 Ivan Tanev 講義の構造 1. ダイナミックWebコンテンツとサーブレット 2.Webフォーム 3. 演習 2 1. ダイナミック Web コンテンツとサーブレット 3 1. ダイナミック Web コンテンツとサーブレット Internet Response: HTML テキスト ユーザー 4 1. ダイナミック

More information

ibm-bluemix #ibmbluemix

ibm-bluemix #ibmbluemix ibm-bluemix #ibmbluemix 1 1: ibm-bluemix 2 2 Examples 2 3 IBM Bluemix 3 1bluemix 3 2BluemixCloud Foundry 3 2aBluemix 3 2bBluemix 3 IBM Bluemix ToolchainGitHubRESTful APINode.js 3 1GitHub 3 2IBM Bluemix

More information

intra-mart im-J2EE Framework

intra-mart im-J2EE Framework intra-mart im-j2ee Framework Version 6.0 Struts 連携ガイド 初版 2006 年 8 月 11 日 変更年月日 2006/8/11 初版 > 変更内容 目次 > 1 はじめに...3 1.1 目的...3 2 アプリケーションの作成...3 2.1 前提...3 2.2 Strutsからim-J2EE Frameworkのイベントフレームワークへの連携...3

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation プログラミング Java III 第 4 回 : サーブレットの HTTP Request の処理 Ivan Tanev 講義の構造 1. サーブレットの HTTP Request の処理 2. 演習 2 第 3 回のまとめ Internet Explorer のアドレス バー : http://isd-si.doshisha.ac.jp/teaching/programming_3/xxxxxxxx/lecture3_form1.html

More information

intra-mart im-JavaEE Framework

intra-mart im-JavaEE Framework intra-mart im-javaee Framework Version 6.1 Struts 連携ガイド 第 2 版 2010 年 7 月 30 日 > 変更年月日変更内容 2007/7/31 初版 2010/7/30 第 2 版 プレゼンテーションフレームワークに関する記述を削除 目次 > 1 はじめに...3 1.1 目的...3 2 アプリケーションの作成...3

More information

メディプロ1 Javaサーブレット補足資料.ppt

メディプロ1 Javaサーブレット補足資料.ppt メディアプロジェクト演習 1 Java サーブレット補足資料 CGI の基本 CGI と Java サーブレットの違い Java サーブレットの基本 インタラクティブな Web サイトとは Interactive q 対話 または 双方向 q クライアントとシステムが画面を通して対話を行う形式で操作を行っていく仕組み 利用用途 Web サイト, シミュレーションシステム, ゲームなど WWW = インタラクティブなメディア

More information

ご利用のコンピュータを設定する方法 このラボの作業を行うには 事前設定された dcloud ラボを使用するか 自身のコンピュータをセットアップします 詳細については イベントの事前準備 [ 英語 ] とラボの設定 [ 英語 ] の両方のモジュールを参照してください Python を使用した Spar

ご利用のコンピュータを設定する方法 このラボの作業を行うには 事前設定された dcloud ラボを使用するか 自身のコンピュータをセットアップします 詳細については イベントの事前準備 [ 英語 ] とラボの設定 [ 英語 ] の両方のモジュールを参照してください Python を使用した Spar ご利用のコンピュータを設定する方法 このラボの作業を行うには 事前設定された dcloud ラボを使用するか 自身のコンピュータをセットアップします 詳細については イベントの事前準備 [ 英語 ] とラボの設定 [ 英語 ] の両方のモジュールを参照してください Python を使用した Spark API との通信 このラーニングモジュールでは Python を使用した Spark API とのインターフェイスを扱います

More information

Gartner Day

Gartner Day J2EE 1 J2EE C AP 2 J2EE AP DD java *.class java *.class java *.class *.class DD EAR, WAR, JAR orionapplicationclient.xmweb.xmapplication.jar.xml orion- orion-ejb- ml Oracle Application Server 10g *.jsp

More information

ステップ 1:Cisco Spark にサインアップして試してみよう 1. Spark のホームページ ( で電子メールアドレスを入力し 指示に従って Spark アカウントを作成します 注 : 自身の電子メールアカウントにアクセスして Spar

ステップ 1:Cisco Spark にサインアップして試してみよう 1. Spark のホームページ (  で電子メールアドレスを入力し 指示に従って Spark アカウントを作成します 注 : 自身の電子メールアカウントにアクセスして Spar ご利用のコンピュータを設定する方法 事前設定された dcloud ラボを使用してこのラボに取り組む場合は イベントの事前準備 [ 英語 ] とラボの設定 [ 英語 ] の両モジュールを確認してください 自身のコンピュータでこのラボの作業を行うには Postman という Chrome http クライアントをインストールする必要があります また Spark アカウントも必要です Spark:Spark

More information

SpringSecurity

SpringSecurity Spring Security 1/40 OUTLINE Spring Security Spring Securityを使った認証の仕組み Spring Securityを使った独自認証 認証エラーメッセージの変更 2/40 Spring Security 3/40 Spring Security とは アプリケーションのセキュリティを高めるためのフレームワーク 認証 認可機能 その他 多数のセキュリティ関連の機能を持つ

More information

"CAS を利用した Single Sign On 環境の構築"

CAS を利用した Single Sign On 環境の構築 CAS Single Sign On (Hisashi NAITO) naito@math.nagoya-u.ac.jp Graduate School of Mathematics, Nagoya University naito@math.nagoya-u.ac.jp, Oct. 19, 2005 Tohoku Univ. p. 1/40 Plan of Talk CAS CAS 2 CAS Single

More information

HTML Java Tips dp8t-asm/java/tips/ Apache Tomcat Java if else f

HTML Java Tips   dp8t-asm/java/tips/ Apache Tomcat Java if else f 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway InterfaceWeb HTML Web Web CGI CGI CGI Perl C Java Applet JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java Servlet Servlet CGI Web CGI 1 Java / Java Java CGI Servlet

More information

Exam : 1z1-809-JPN Title : Java SE 8 Programmer II Vendor : Oracle Version : DEMO Get Latest & Valid 1z1-809-JPN Exam's Question and Answers 1 from Ac

Exam : 1z1-809-JPN Title : Java SE 8 Programmer II Vendor : Oracle Version : DEMO Get Latest & Valid 1z1-809-JPN Exam's Question and Answers 1 from Ac Actual4Test http://www.actual4test.com Actual4test - actual test exam dumps-pass for IT exams Exam : 1z1-809-JPN Title : Java SE 8 Programmer II Vendor : Oracle Version : DEMO Get Latest & Valid 1z1-809-JPN

More information

HTML Java Tips dp8t-asm/java/tips/ Apache Tomcat Java if else f

HTML Java Tips   dp8t-asm/java/tips/ Apache Tomcat Java if else f 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway InterfaceWeb HTML Web Web CGI CGI CGI Perl C Java Applet JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java Servlet Servlet CGI Web CGI 1 Java / Java Java CGI Servlet

More information

pthreads #pthreads

pthreads #pthreads pthreads #pthreads 1 1: pthreads 2 2 Examples 2 2 pthreads "Hello World" 2 2 3 2: pthreads 5 5 Examples 5 2T1T2 5 3: 8 8 8 Examples 9 / 9 11 You can share this PDF with anyone you feel could benefit from

More information

Oracle SOA Suite 11gコンポジットに対するSOASchedulerの構成

Oracle SOA Suite 11gコンポジットに対するSOASchedulerの構成 Oracle SOA Suite 11g コンポジットに対する SOAScheduler の構成 オラクル Senior Solution Architect Robert Baumgartner 2010 年 11 月 Oracle SOA Suite 11g コンポジットに対する SOAScheduler の構成 1 前提条件 https://soasamples.samplecode.oracle.com/

More information

intra-mart Accel Platform — IM-Repository拡張プログラミングガイド   初版  

intra-mart Accel Platform — IM-Repository拡張プログラミングガイド   初版   Copyright 2018 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 1. 改訂情報 2. はじめに 2.1. 本書の目的 2.2. 対象読者 2.3. サンプルコードについて 2.4. 本書の構成 3. 辞書項目 API 3.1. 最新バージョン 3.1.1. 最新バージョンの辞書を取得する 3.2. 辞書項目 3.2.1. 辞書項目を取得する 3.2.2.

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 上級プログラミング 2( 第 7 回 ) 工学部情報工学科 木村昌臣 今日のテーマ Web アプリケーションとは Web アプリケーションとはなにか Web アプリケーションの仕組み 三層アプリケーション サーブレット JSP JavaBeans MVC モデル Web アプリケーションの環境構築 Web サーバー (Apache) Web アプリケーションサーバー (Tomcat) Web アプリケーションとは

More information

Blue Asterisk template

Blue Asterisk template IBM Content Analyzer V8.4.2 TEXT MINER の新機能 大和ソフトウェア開発 2008 IBM Corporation 目次 UI カスタマイズ機能 検索条件の共有 柔軟な検索条件の設定 2 UI カスタマイズ機能 アプリケーションをカスタマイズするために Java Script ファイルおよびカスケーディングスタイルシート (CSS) ファイルの読み込み機能が提供されています

More information

Spring Framework Web Web Web DB AOP DI Java EE 3 Web WebMVC Web Java 4 DB H2 Database Java H2 Database http://www.h2database.com/ Version 1.0 Zip 5 H2 > cd $H2_HOME/bin > java cp h2.jar org.h2.tools.server

More information

S2BaseとZend Framework

S2BaseとZend Framework 2007 Autumn S2Base とZend Framework klove 1 自己紹介 ハンドルネーム :klove S2Container.PHP5 コミッタ S2Base.PHP5コミッタ 2005 年 5 月から Seasar プロジェクトで活動中 普段は SI 業務 システム管理業務 2 もくじ はじめに S2Base について S2Base とは S2Base-2.0 デモ Zend

More information

べリンガーB-CONTROL

べリンガーB-CONTROL B-CONTROL B-CONTROL B-CONTROL NATIVE INSTRUMENTS as well as the name of companies, institutions or publications pictured or mentioned and their respective logos are registered trademarks of their respective

More information

AWS Client VPN - ユーザーガイド

AWS Client VPN - ユーザーガイド AWS Client VPN ユーザーガイド AWS Client VPN: ユーザーガイド Copyright 2019 Amazon Web Services, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved. Amazon's trademarks and trade dress may not be used in connection with

More information

intra-mart Accel Platform — イベントナビゲータ 開発ガイド   初版  

intra-mart Accel Platform — イベントナビゲータ 開発ガイド   初版   Copyright 2013 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 intra-mart Accel Platform イベントナビゲータ開発ガイド初版 2013-07-01 改訂情報概要イベントフローの作成 更新 削除をハンドリングするイベントフローを非表示にする回答を非表示にするリンクを非表示にするタイトル コメントを動的に変更するリンク情報を動的に変更するナビゲート結果のリンクにステータスを表示する

More information

Another HTML-lint 導入マニュアル(JSP)版

Another HTML-lint 導入マニュアル(JSP)版 HeartCore Another HTML-lint 導入マニュアル (JSP 版 ) October 2013 Ver1.1-1 - 改訂履歴 改訂日 改訂内容 Ver1.0 2013 年 07 月 マニュアル改訂 Ver1.1 2013 年 10 月 フォーマット改訂 - 2 - 目次 1. 本文書の目的と対象ライセンス... - 4-1.1. 概要説明... - 4-1.1. 対象ライセンス...

More information

Consuming a simple Web Service

Consuming a simple Web Service Consume a Simple Web Service シンプルな Web サービスを利用する 目次 1 Introduction はじめに... 2 2 Importing a WSDL WSDL をインポートする... 3 3 Creating Logic to Call the Web Service Web サービスを呼び出すロジックを作成する... 5 4 Related Content

More information

intra-mart Accel Platform — OData for SAP HANA セットアップガイド   初版  

intra-mart Accel Platform — OData for SAP HANA セットアップガイド   初版   Copyright 2016 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 1. 改訂情報 2. はじめに 2.1. 本書の目的 2.2. 前提条件 2.3. 対象読者 2.4. 注意事項 3. 概要 3.1. OData 連携について 3.2. OData について 3.3. SAP HANA 連携について 3.4. アクター 3.5. セットアップの手順について

More information

WebOTXマニュアル

WebOTXマニュアル WebOTX アプリケーション開発ガイド WebOTX アプリケーション開発ガイドバージョン : 7.1 版数 : 初版リリース : 2007 年 7 月 Copyright (C) 1998-2007 NEC Corporation. All rights reserved. 付録 4-2-1 目次 4. プログラミング 開発 (WebOTX)...3 4.2. EJBアプリケーション...3 4.2.1.

More information

$ sudo apt-get install libavahi-compat-libdnssd-dev $ sudo apt-get autoremove nodejs $ wget http://nodejs.org/dist/latest/node-v7.6.0-linux-armv7l.tar.gz $ tar xzf node-v7.6.0-linux-armv7l.tar.gz $ sudo

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation UML 2004 7 9 10 ... OOP UML 10 Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 2 1. 2. 3. 4. UML 5. Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights reserved. 3 1..... Copyright 2004 Akira HIRASAWA all rights

More information

{:from => Java, :to => Ruby } Java Ruby KAKUTANI Shintaro; Eiwa System Management, Inc.; a strong Ruby proponent http://kakutani.com http://www.amazon.co.jp/o/asin/4873113202/kakutani-22 http://www.amazon.co.jp/o/asin/477413256x/kakutani-22

More information

Microsoft PowerPoint - グリッド協議会GT4演習資料_2007_配布用

Microsoft PowerPoint - グリッド協議会GT4演習資料_2007_配布用 演習 1~6 Globus Toolkit Version 4 (Java WS Core) 演習 : WS-Resource の生成と機能拡張 目標 :GT4 Java Core WSRF 基本仕様のサポート確認 サーバー側の実装方法 サービス 各種設定ファイル ( の実装方法 ) 最低限 WSRF の標準的な機能は GT4 に含まれる標準で利用可能 GT4 標準の利用方法 wsrf-get-property

More information

... 1... 2... 2... 2... 4... 4... 5 HTML/JSP/Servlet... 7 JSP... 7 Servlet... 11 Struts... 15 Struts... 15 Struts... 16... 17... 25 FormBean LoginForm

... 1... 2... 2... 2... 4... 4... 5 HTML/JSP/Servlet... 7 JSP... 7 Servlet... 11 Struts... 15 Struts... 15 Struts... 16... 17... 25 FormBean LoginForm Oracle JDeveloper 10g Struts Creation Date: May 28, 2004 Last Update: Aug 19, 2004 Version 1.0.1 ... 1... 2... 2... 2... 4... 4... 5 HTML/JSP/Servlet... 7 JSP... 7 Servlet... 11 Struts... 15 Struts...

More information

intra-mart WebPlatform/AppFramework

intra-mart WebPlatform/AppFramework intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver.7.2 Struts 連携プログラミングガイド 2010/04/01 初版 変更年月日 2010/04/01 初版 > 変更内容 目次 > 1 はじめに...1 1.1 目的...1 2 アプリケーションの作成...2 2.1 Strutsからim-JavaEE Frameworkのイベントフレームワークへの連携...2

More information

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法設定ネットワーク図 ACS 5.x を使用した CCA での認証の設定 ACS5.x の設定トラブルシューティング関連情報 概要 このドキュメントでは Cisco Secure Access Control System(ACS)5.x 以降を使用して

More information

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第3版  

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第3版   Copyright 2012 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 改訂情報はじめに本書の目的対象読者本書の構成概要外部ソフトウェア接続モジュールとは仕様外部ソフトウェア接続モジュールの構成サンプルプログラムサンプル内容動作に必要な環境構築プログラムソースログイン セキュリティ環境の構築外部ソフトウェア連携時の認可設定 2 改訂情報 変更年月日 変更内容 2012-12-21

More information

機能紹介 : Java ゲートウェイとインターシステムズ製品

機能紹介 : Java ゲートウェイとインターシステムズ製品 機能紹介 : Java ゲートウェイ とインターシステムズ製品 Version 2019.1 2019-05-31 InterSystems Corporation 1 Memorial Drive Cambridge MA 02142 www.intersystems.com 機能紹介 : Java ゲートウェイとインターシステムズ製品 InterSystems IRIS Data Platform

More information

9iAS_DEV.PDF

9iAS_DEV.PDF Oracle9i Application Server for Windows NT 1.0.2.0.0 2001.2.1 1 1 PL/SQL...3 1.1...3 1.2 PL/SQL Web Toolkit...5 1.3 Database Access Descriptor...6 1.4 PL/SQL...8 1.5 PL/SQL...10 1.6 PL/SQL...12 2 SERVLET...13

More information

intra-mart Accel Platform — イベントナビゲータ 開発ガイド   初版   None

intra-mart Accel Platform — イベントナビゲータ 開発ガイド   初版   None クイック検索検索 目次 Copyright 2013 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 intra-mart Accel Platform イベントナビゲータ開発ガイド初版 2013-07-01 None 改訂情報概要イベントフローの作成 更新 削除をハンドリングするイベントフローを非表示にする回答を非表示にするリンクを非表示にするタイトル コメントを動的に変更するリンク情報を動的に変更するナビゲート結果のリンクにステータスを表示する

More information

Brekeke PBX - Version 2.1 ARSプラグイン開発ガイド

Brekeke PBX - Version 2.1 ARSプラグイン開発ガイド Brekeke PBX Version 2.1 ARS プラグイン開発ガイド Brekeke Software, Inc. バージョン Brekeke PBX v2.1 ARS プラグイン開発ガイド, 2008 年 2 月 著作権本書の著作権は Brekeke Software, Inc. にあります Copyright 2003-2008 Brekeke Software, Inc. 本書の一部または全部を

More information

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法 Oracle SALT を使用して Tuxedo サービスを SOAP Web サービスとして公開する方法 概要 このドキュメントは Oracle Service Architecture Leveraging Tuxedo(Oracle SALT) のユースケースをほんの数分で実装できるように作成されています Oracle SALT を使用すると プロジェクトをゼロからブートストラップし 既存のプロジェクトに

More information

HARTING Node.js Environment for HAIIC MICA 日本語 HARTING Node.js Environment for HAIIC MICA HARTING IT Software Development Marienwerder Str. 3, E

HARTING Node.js Environment for HAIIC MICA 日本語 HARTING Node.js Environment for HAIIC MICA HARTING IT Software Development Marienwerder Str. 3, E 日本語 HARTING IT Software Development Marienwerder Str. 3, 32339 Espelkamp, Germany Phone: +49 5572 47-97300, Fax: +49 5772 47-482 mica@harting.com 2016-10 v1.3 Page 1 of 9 Node.js Environment v1.3. for

More information

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01  

intra-mart Accel Platform — 外部ソフトウェア接続モジュール 仕様書   第2版 2014-04-01   Copyright 2012 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目 次 intra-mart Accel Platform 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュール 仕 様 書 第 2 版 2014-04-01 改 訂 情 報 はじめに 本 書 の 目 的 対 象 読 者 本 書 の 構 成 概 要 外 部 ソフトウェア 接 続 モジュールとは 仕 様 外 部

More information

V8.1新規機能紹介記事

V8.1新規機能紹介記事 WebOTX V8.1 新規機能 EJB 3.0 WebOTX V8.1より Java EE 5(Java Platform, Enterprise Edition 5) に対応しました これによりいろいろな機能追加が行われていますが 特に大きな変更であるEJB 3.0 対応についてご紹介いたします なお WebOTX V7で対応したEJB 2.1についてもWebOTX V8.1で引き続き利用することが可能です

More information

Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) インストールガイド

Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) インストールガイド インストールガイド 目次 はじめに... 1 Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) インストールガイドについて... 1 Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) とは... 1 動作環境... 2 ライセンス... 2 インストール手順... 3 Web AppBuilder for ArcGIS

More information

Microsoft Word - HowToSetupVault_mod.doc

Microsoft Word - HowToSetupVault_mod.doc Autodesk Vault 環境設定ガイド Autodesk Vault をインストール後 必要最小限の環境設定方法を説明します ここで 紹介しているのは一般的な環境での設定です すべての環境に当てはまるものではありません 1 条件 Autodesk Data Management Server がインストール済み Autodesk Vault Explorer がクライアント PC にインストール済み

More information

Eclipse 操作方法 (Servlet/JSP 入門補助テキスト)

Eclipse 操作方法 (Servlet/JSP 入門補助テキスト) Eclipse 操作方法 (Servlet/JSP 入門補助テキスト) 1. プロジェクトの作成 Eclipse はプロジェクトという単位でプログラムを管理します. 今回のサンプルを実行する為のプロジェクトとして intro プロジェクトを作成します. 1-1. Eclipse 左のツリー画面から空白部分を右クリックし New - Project... を選択します. 1-2. Web - Dynamic

More information

2016年度OSS協議会 第3回勉強会

2016年度OSS協議会 第3回勉強会 2016 年度 OSS 協議会第 3 回勉強会 2016 年 12 月 9 日 株式会社オムニサイエンス田中昌宏 IBMi の Node.js で API をつくるにあたって やるなら Restful な設計で作成してみる Toolkit を使って RPG と連携してみる その前に Rest とは ( 概要 ) Representation State Transfer(REST) HTTP 仕様に準拠した

More information

Oracle Coherence REST を WebLogic Server への デプロイ手順 日本オラクル株式会社 作成日 : 2011/10/17 更新日 : 2011/11/2 VERSION: 1.1 Copyright Oracle Corporation Japan, A

Oracle Coherence REST を WebLogic Server への デプロイ手順 日本オラクル株式会社 作成日 : 2011/10/17 更新日 : 2011/11/2 VERSION: 1.1 Copyright Oracle Corporation Japan, A Oracle Coherence REST を WebLogic Server への デプロイ手順 日本オラクル株式会社 作成日 : 2011/10/17 更新日 : 2011/11/2 VERSION: 1.1 Copyright Oracle Corporation Japan, 2011. All rights reserved. i 利用時の注意点 本ドキュメントのご利用に際しましては 以下の注意点にご留意くださいますようよろしくお願いいたします

More information

II 1 p.1 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway Interface Web HTML Web Web CGI CGI CGI Perl, PHP C JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java

II 1 p.1 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway Interface Web HTML Web Web CGI CGI CGI Perl, PHP C JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java II 1 p.1 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway Interface Web HTML Web Web CGI CGI CGI Perl, PHP C JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java Servlet Servlet CGI Web CGI Java Java JVM Java CGI

More information

目次 第 1 章はじめに... 3 第 2 章ネットワーク設定 DNS の設定 アウトバウンド HTTPS 接続の許可 アウトバウンド SMTP/POP 接続の許可... 4 第 3 章 JDK への追加ライブラリインストール

目次 第 1 章はじめに... 3 第 2 章ネットワーク設定 DNS の設定 アウトバウンド HTTPS 接続の許可 アウトバウンド SMTP/POP 接続の許可... 4 第 3 章 JDK への追加ライブラリインストール Durian 4 Filter インストールマニュアル SYMMETRIC 2011 年 11 月 11 日版 目次 第 1 章はじめに... 3 第 2 章ネットワーク設定... 4 2-1 DNS の設定... 4 2-2 アウトバウンド HTTPS 接続の許可... 4 2-3 アウトバウンド SMTP/POP 接続の許可... 4 第 3 章 JDK への追加ライブラリインストール... 5

More information

インターネット接続ガイド v110

インターネット接続ガイド v110 1 2 1 2 3 3 4 5 6 4 7 8 5 1 2 3 6 4 5 6 7 7 8 8 9 9 10 11 12 10 13 14 11 1 2 12 3 4 13 5 6 7 8 14 1 2 3 4 < > 15 5 6 16 7 8 9 10 17 18 1 2 3 19 1 2 3 4 20 U.R.G., Pro Audio & Digital Musical Instrument

More information

Sharing the Development Database

Sharing the Development Database 開発データベースを共有する 目次 1 Prerequisites 準備... 2 2 Type of database データベースのタイプ... 2 3 Select the preferred database 希望のデータベースを選択する... 2 4 Start the database viewer データベース ビューワーを起動する... 3 5 Execute queries クエリを実行する...

More information

Web JavaScript Java Applet Flash ActionScript CGI (C, perl, ruby ) PHP Servlet, JSP (JavaServer Pages) ASP 7-2

Web JavaScript Java Applet Flash ActionScript CGI (C, perl, ruby ) PHP Servlet, JSP (JavaServer Pages) ASP 7-2 Servlet 7-1 Web JavaScript Java Applet Flash ActionScript CGI (C, perl, ruby ) PHP Servlet, JSP (JavaServer Pages) ASP 7-2 Servlet Java CGI Tomcat Apache+Tomcat JSP Web HTML Java Java Servlet ( ) 7-3 Servlet

More information

untitled

untitled Copyright - Zac Poonen (1999) This book has been copyrighted to prevent misuse. It should not be reprinted or translated without written permission from the author. Permission is however given for any

More information

fx-9860G Manager PLUS_J

fx-9860G Manager PLUS_J fx-9860g J fx-9860g Manager PLUS http://edu.casio.jp k 1 k III 2 3 1. 2. 4 3. 4. 5 1. 2. 3. 4. 5. 1. 6 7 k 8 k 9 k 10 k 11 k k k 12 k k k 1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6 13 k 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 14 k a j.+-(),m1

More information

エレクトーンのお客様向けiPhone/iPad接続マニュアル

エレクトーンのお客様向けiPhone/iPad接続マニュアル / JA 1 2 3 4 USB TO DEVICE USB TO DEVICE USB TO DEVICE 5 USB TO HOST USB TO HOST USB TO HOST i-ux1 6 7 i-ux1 USB TO HOST i-mx1 OUT IN IN OUT OUT IN OUT IN i-mx1 OUT IN IN OUT OUT IN OUT IN USB TO DEVICE

More information

B2-Servlet-0112.PDF

B2-Servlet-0112.PDF B-2 Servlet/JSP Agenda J2EE Oracle8i J2EE Java Servlet JavaServer Pages PDA ( J2EE Java2 Enterprise Edition API API J2SE JSP Servlets RMI/IIOP EJB JNDI JTA JDBC JMS JavaMail JAF Java2 Standard Edition

More information

http://localhost:8080 /idoapp/helloworld server-ido request HTML ttp://localhost:8080 /idoapp/helloworld ):8080 /idoapp/helloworld http://(ip import java.io.*; import javax.servlet.*; import javax.servlet.http.*;

More information

Web 1 p.2 1 Servlet Servlet Web Web Web Apache Web Servlet JSP Web Apache Tomcat Jetty Apache Tomcat, Jetty Java JDK, Eclipse

Web 1 p.2 1 Servlet Servlet Web Web Web Apache Web Servlet JSP Web Apache Tomcat Jetty Apache Tomcat, Jetty Java JDK, Eclipse Web 1 p.1 1 Servlet 1.1 Web Web WWW HTML CGI Common Gateway Interface Web HTML Web Web CGI CGI CGI Perl, PHP C Java Applet JavaScript Web CGI HTML 1.2 Servlet Java Servlet Servlet CGI Web CGI 1 Java Java

More information

ヒント $basearch はYum であり いえればベースアーキテクチャです(32ビット 64ビットなど) 3. ファイルにがきまれたかをするには のコマンドをします cat /etc/yum.repos.d/r1soft.repo 1.2 パッケージをインストールする 1. インストールされてい

ヒント $basearch はYum であり いえればベースアーキテクチャです(32ビット 64ビットなど) 3. ファイルにがきまれたかをするには のコマンドをします cat /etc/yum.repos.d/r1soft.repo 1.2 パッケージをインストールする 1. インストールされてい CentOS RHE および Fedora システムへのEnterprise Backup Manager のインストール 1. YUMをしてサーバーをインストールする 2. サーバーをでインストールする(RPM でのインストール) 3. バックアップマネージャのWeb ベースユーザーインターフェイスをしてする のステップ 1. YUMをしてサーバーをインストールする 1.1 YUM リポジトリをする

More information

MIDI_IO.book

MIDI_IO.book MIDI I/O t Copyright This guide is copyrighted 2002 by Digidesign, a division of Avid Technology, Inc. (hereafter Digidesign ), with all rights reserved. Under copyright laws, this guide may not be duplicated

More information

T2でつなごう! -つなぐつながるWebフレームワーク「T2」の紹介

T2でつなごう! -つなぐつながるWebフレームワーク「T2」の紹介 T2 でつなごう! - つなぐつながる Web フレームワーク T2 の紹介 T2 プロジェクト 米林正明 片山暁雄 自己紹介 名前 米林正明 ID id:yone098 所属 株式会社 Abby 代表取締役社長 自己紹介 名前 片山 暁雄 ID id:c9katayama 所属 株式会社キャピタルアセットプランニング Agenda T2の概要 T2の基本姿勢 T2の目指す所 機能紹介 DIコンテナ非依存

More information

モバイルバックエンド基盤 REST API リファレンス (API Gateway/Cloud Functions 編 ) Ver 年 9 月 22 日 日本電気株式会社

モバイルバックエンド基盤 REST API リファレンス (API Gateway/Cloud Functions 編 ) Ver 年 9 月 22 日 日本電気株式会社 モバイルバックエンド基盤 REST API リファレンス (API Gateway/Cloud Functions 編 ) Ver 6.5.0 2017 年 9 月 22 日 日本電気株式会社 改版履歴 版数 日付 改版内容 5.0.0 2016/5/13 新規作成 draft1 5.0.0 draft2 2016/5/23 一括登録に対応. バインディングを廃止. ファンクションを新設. コードを新設.

More information

untitled

untitled -1- JAX-RS JAX-RS Java API for RESTful Web Service JAX-RS REST Web API JAX-RS JCP JSR-311 JAX-RS https://jersey.dev.java.net/ Jersey JAX-RS RESTEasy 1RESTJAX-RSJerseyRESTEasy JersyRESTEasy JAX RS REST

More information

Microsoft Word - PCM TL-Ed.4.4(特定電気用品適合性検査申込のご案内)

Microsoft Word - PCM TL-Ed.4.4(特定電気用品適合性検査申込のご案内) (2017.04 29 36 234 9 1 1. (1) 3 (2) 9 1 2 2. (1) 9 1 1 2 1 2 (2) 1 2 ( PSE-RE-101/205/306/405 2 PSE-RE-201 PSE-RE-301 PSE-RE-401 PSE-RE-302 PSE-RE-202 PSE-RE-303 PSE-RE-402 PSE-RE-203 PSE-RE-304 PSE-RE-403

More information

第13回講義

第13回講義 オブジェクト指向概論 第 13 講 実装とサーバサイド Java 立命館大学 情報理工学部 黄宏軒 1 13.1 Java による実装 n フォワードエンジニアリング UML による表現をプログラミング言語による記述に変換 n リバースエンジニアリング UML User -name:string +getname():string プログラミング言語の情報を UML モデルに変換 UML User

More information

Visual Studio と.NET Framework 概要 Runtime Libraries Languag es Tool.NET Visual Studio 概要 http://download.microsoft.com/download/c/7/1/c710b336-1979-4522-921b-590edf63426b/vs2010_guidebook_pdf.zip 1.

More information

intra-mart im-J2EE Framework

intra-mart im-J2EE Framework intra-mart im-j2ee Framework Version 5.1 Struts 連携ガイド 初版 2005 年 12 月 27 日 変更年月日 2005/12/28 初版 > 変更内容 目次 > 1 はじめに...3 1.1 目的...3 2 Strutsのインストール...3 2.1 Struts...3 2.1.1 Struts の組込み...3

More information

WEBシステムのセキュリティ技術

WEBシステムのセキュリティ技術 EJB (Enterprise Java Beans) 棚橋沙弥香 テーマ選定の背景 現在携わっている Java 開発案件で EJB が使われておりますが 私自身が EJB を扱うのが初めてで知らない技術でしたので 勉強してみたいと思い 今回はこのテーマを選定しました 目次 EJBとは 1 EJBの利点 2 EJBの歴史 3 EJBの開発環境の作成 4 5 Enterprise Bean 6 非同期処理の実装

More information

WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1

WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1 WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1 注意事項 EC-CUBE は株式会社ロックオンの提供するソフトウェアです ここでは株式会社ロックオンから提供されている EC-CUBE バージョン 2.13 のパッケージをご利用される前提で 基本的な設置手順を掲載しております

More information

Please enter the following 'extra' attributes to be sent with your certificate request A challenge password []: An optional company name []: Using con

Please enter the following 'extra' attributes to be sent with your certificate request A challenge password []: An optional company name []: Using con IIS で SSL(https) を設定する方法 Copyright (C) 2008 NonSoft. All Rights Reserved. IIS でセキュアサーバを構築する方法として OpenSSL を使用した方法を実際の手順に沿って記述します 1. はじめに IIS で SSL(https) を設定する方法を以下の手順で記述します (1) 必要ソフトのダウンロード / インストールする

More information

Part1 159 a a

Part1 159 a a Tomcat 158 Part1 159 a a Tomcat hello World!

More information

WCF と IIS を使用して OData プロデューサーを作成する

WCF と IIS を使用して OData プロデューサーを作成する WCF と IIS を使用して OData プロデューサーを作成する IIS(Internet Information Services) 向けの OData プロデューサーを作成することは非常に簡単です 私は ADO.NET や IIS についてほとんど知識がなくても Visual Studio で WCF(Windows Communication Foundation) サービスアプリケーションを作成できました

More information

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ Oracle Secure Enterprise Search Secure Connector Software Development Kit Oracle Secure Enterprise Search バージョン 10.1.6 2006 年 6 月 概要 Oracle Secure Enterprise Search 10.1.6 は Web サーバー データベース表 IMAP サーバー

More information

... 2 1 Servlet... 3 1.1... 3 1.2... 4 2 JSP... 6 2.1... 6 JSP... 6... 8 2.2... 9 - Servlet/JSP における 日 本 語 の 処 理 - 1

... 2 1 Servlet... 3 1.1... 3 1.2... 4 2 JSP... 6 2.1... 6 JSP... 6... 8 2.2... 9 - Servlet/JSP における 日 本 語 の 処 理 - 1 Servlet/JSP Creation Date: Oct 18, 2000 Last Update: Mar 29, 2001 Version: 1.1 ... 2 1 Servlet... 3 1.1... 3 1.2... 4 2 JSP... 6 2.1... 6 JSP... 6... 8 2.2... 9 - Servlet/JSP における 日 本 語 の 処 理 - 1 Servlet

More information

Oracle BPEL Process Managerを使用したJD Edwards EnterpriseOne顧客信用情報の問合せ

Oracle BPEL Process Managerを使用したJD Edwards EnterpriseOne顧客信用情報の問合せ Oracle BPEL Process Manager を使用した JD Edwards EnterpriseOne 顧客信用情報の 問合せ 第 1 章概要 このチュートリアルでは JD Edwards EnterpriseOne(JDE E1) に対して顧客信用情報の問合せをおこないます これは (a)jd Edwareds EnterpriseOne の公開されている Customer Business

More information

WebRTC P2P,. Web,. WebRTC. WebRTC, P2P, i

WebRTC P2P,. Web,. WebRTC. WebRTC, P2P, i 28 WebRTC Design of multi-platform file sharing system using WebRTC 1170336 2017 2 28 WebRTC P2P,. Web,. WebRTC. WebRTC, P2P, i Abstract Design of multi-platform file sharing system using WebRTC Harumi

More information

CONTEC DIOプロバイダ ユーザーズガイド

CONTEC DIOプロバイダ ユーザーズガイド DIO プロバイダユーザーズガイド - 1 - DIO プロバイダ CONTEC DIO ボード Version 1.1.2 ユーザーズガイド July 17, 2012 備考 ORiN2SDK2.0.14 以降, このプロバイダは CONTEC 社の API-DIO(WDM) を使用しています. 以前 までの API-DIO(98PC) を使用する場合は,DIO98 プロバイダを使用してください.

More information

ADempiere (3.5)

ADempiere (3.5) ADempiere (3.5) インストールマニュアル ADempiere Community Contents 改定履歴... 3 1 はじめに... 4 2 動作環境... 4 3 事前準備... 5 3.1 Java JDK のセットアップ... 5 3.1.1 Java JDK のダウンロード... 5 3.1.2 Java JDK のインストール... 5 3.1.1 Java JDK のパス設定...

More information

Oracle Universal Content Management ドキュメント管理 クイック・スタート・チュ-トリアル

Oracle Universal Content Management ドキュメント管理 クイック・スタート・チュ-トリアル 日付 :2007/04/16-10.1.3 Oracle Universal Content Management 10.1.3 ドキュメント管理クイック スタート チュ - トリアル Oracle Universal Content Management 10.1.3 - ドキュメント管理クイック スタート チュ - トリアル 1 内容 はじめに... 3 Oracle UCM - ドキュメント管理モジュール...

More information

¥Í¥Ã¥È¥ï¡¼¥¯¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°ÆÃÏÀ

¥Í¥Ã¥È¥ï¡¼¥¯¥×¥í¥°¥é¥ß¥ó¥°ÆÃÏÀ 2 : TCP/IP : HTTP HTTP/2 1 / 22 httpget.txt: http.rb: ruby http get Java http ( ) HttpURLConnection 2 / 22 wireshark httpget.txt httpget cookie.txt ( ) telnet telnet localhost 80 GET /index.html HTTP/1.1

More information

WTM2019SingleSignOn

WTM2019SingleSignOn [Java 開発者向け ] シングルサインオンへの対応 - Java カスタマイズコードの書き方 1/45 OUTLINE Spring Security Spring Security を使った認証の仕組み Spring Security を使ったシングル サインオン 2/45 Spring Security 3/45 Spring Security とは アプリケーションのセキュリティを高めるためのフレームワーク

More information

WebRTC P2P Web Proxy P2P Web Proxy WebRTC WebRTC Web, HTTP, WebRTC, P2P i

WebRTC P2P Web Proxy P2P Web Proxy WebRTC WebRTC Web, HTTP, WebRTC, P2P i 26 WebRTC The data distribution system using browser cache sharing and WebRTC 1150361 2015/02/27 WebRTC P2P Web Proxy P2P Web Proxy WebRTC WebRTC Web, HTTP, WebRTC, P2P i Abstract The data distribution

More information

勉強会の流れ Google API の概要 デモ curl で実際に体験 Copyright 2010 SRA OSS, Inc. Japan All rights reserved. 2

勉強会の流れ Google API の概要 デモ curl で実際に体験 Copyright 2010 SRA OSS, Inc. Japan All rights reserved. 2 Google API 勉強会 SRA OSS, Inc. 日本支社山本博之 2010 年 12 月 13 日 勉強会の流れ Google API の概要 デモ curl で実際に体験 Copyright 2010 SRA OSS, Inc. Japan All rights reserved. 2 Sylpheed Pro 2.0 Sylpheed + Sylpheed Pro アドオンメール全文検索スケジューラ

More information

iPhone/iPad接続マニュアル

iPhone/iPad接続マニュアル / JA 2 3 USB 4 USB USB i-ux1 USB i-ux1 5 6 i-mx1 THRU i-mx1 THRU 7 USB THRU 1 2 3 4 1 2 3 4 5 8 1 1 9 2 1 2 10 1 2 2 6 7 11 1 2 3 4 5 6 7 8 12 1 2 3 4 5 6 13 14 15 WPA Supplicant Copyright 2003-2009, Jouni

More information

Apache Tomcatにおけるクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)保護メカニズム回避の脆弱性

Apache Tomcatにおけるクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)保護メカニズム回避の脆弱性 Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center 電子署名者 Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center DN c=jp, st=tokyo, l=chiyoda-ku, email=office@jpcert.or.jp, o=japan Computer

More information

intra-mart im-JavaEE Framework

intra-mart im-JavaEE Framework intra-mart im-javaee Framework Version 6.1 Seasar2 連携ガイド 第四版 2008 年 5 月 30 日 > 変更年月日変更内容 2007/7/31 初版 2007/8/31 第二版 2.1.1 jta.diconの設定誤字 脱字の修正 2007/10/19 第三版 2.1.1.3 UserTransactionの設定を追加 2008/5/30

More information

SmartBrowser_document_build30_update.pptx

SmartBrowser_document_build30_update.pptx SmartBrowser Update for ios / Version 1.3.1 build30 2017 年 8 月 株式会社ブルーテック 更新内容 - 概要 ios Version 1.3.1 build28 の更新内容について 1. 設定をQRから読み込み更新する機能 2.URLをQRから読み込み画面遷移する機能 3.WEBページのローカルファイル保存と外部インテントからの起動 4.JQuery-LoadImageライブラリの組み込み

More information

TestDesign for Web

TestDesign for Web 発行日 2012/6/21 発行元 株式会社アープ 本書は Web でのテスト自動化における Test Design の一連の操作方法まとめたものです Test Design のメニューの説明やより詳細な使い方については ユーザーズガイド を参照してください 目次 1. はじめに... 1 2. 環境構築... 2 2.1. Selenium のサイトについて... 2 2.2. Selenium

More information

問題1 以下に示すプログラムは、次の処理をするプログラムである

問題1 以下に示すプログラムは、次の処理をするプログラムである 問題 1 次のプログラムの出力結果を a~d の中から選べ public class Problem1 { int i=2; int j=3; System.out.println("i"+j); a) 23,b) 5,c) i3,d) ij 問題 2 次のプログラムの出力結果を a~d の中から選べ public class Problem2 { int a=6; if((a>=2)&&(a

More information

はじめに このドキュメントではftServerに関する障害調査を行う際に 必要となるログ データの取得方法を説明しています ログ データの取得には 初期解析用のデータの取得方法と 詳細な調査を行うときのデータ取得方法があります 特別な理由でOS 側のログが必要となった場合には RHELログの取得につ

はじめに このドキュメントではftServerに関する障害調査を行う際に 必要となるログ データの取得方法を説明しています ログ データの取得には 初期解析用のデータの取得方法と 詳細な調査を行うときのデータ取得方法があります 特別な理由でOS 側のログが必要となった場合には RHELログの取得につ ftserver におけるログ取得手順 (Linux 編 ) Rev 0.5: 2017/06/08 1 はじめに このドキュメントではftServerに関する障害調査を行う際に 必要となるログ データの取得方法を説明しています ログ データの取得には 初期解析用のデータの取得方法と 詳細な調査を行うときのデータ取得方法があります 特別な理由でOS 側のログが必要となった場合には RHELログの取得について

More information

MapleNET によるウェブ計算環境

MapleNET によるウェブ計算環境 ~ すぐにできる共有計算環境の構築 ~ サイバネットシステム株式会社 このドキュメントでは Maple 計算エンジンをウェブ上で利用可能にする MapleNET の特徴的な利用方法であるワークシートによるアプリケーションの開発方法とその設置方法について述べています MapleNET を利用すると 自作のワークシートを Maple をインストールしていないパソコンのウェブブラウザ上で閲覧 計算が利用できるようになります

More information

Title Slide with Name

Title Slide with Name 自習 & ハンズオントレーニング資料 System Recovery 2013 R2 SR13R2-06 System Recovery Monitor ベリタステクノロジーズ合同会社 テクノロジーセールス & サービス統括本部セールスエンジニアリング本部パートナー SE 部 免責事項 ベリタステクノロジーズ合同会社は この文書の著作権を留保します また 記載された内容の無謬性を保証しません VERITAS

More information