103 原著 ラット歯髄細胞の dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響について 横瀬敏志加藤邑佳門倉弘志山崎崇秀上田堯之増田宜子明海大学歯学部機能保存回復学講座保存治療学分野 The effects of oxytocin on dentinogenesis in rat

Size: px
Start display at page:

Download "103 原著 ラット歯髄細胞の dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響について 横瀬敏志加藤邑佳門倉弘志山崎崇秀上田堯之増田宜子明海大学歯学部機能保存回復学講座保存治療学分野 The effects of oxytocin on dentinogenesis in rat"

Transcription

1 103 原著 ラット歯髄細胞の dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響について 横瀬敏志加藤邑佳門倉弘志山崎崇秀上田堯之増田宜子明海大学歯学部機能保存回復学講座保存治療学分野 The effects of oxytocin on dentinogenesis in rat dental pulp cells YOKOSE Satoshi, KATO Yuka, KADOKURA Hiroshi, YAMAZAKI Takahide, UEDA Takayuki and MASUDA Yoshiko Department of Restorative and Biomaterials Sciences Division of Endodontics and Operative Dentistry Meikai University School of Dentistry Abstract:Oxytocin(OT)is a neurohypophysical hormone that plays a role in lactation and parturition. Recently, several papers reported that OT stimulates bone formation in osteoporosis. We hypothesized that OT can also stimulate dentinogenesis via a canonical pathway in dental pulp tissues as well as bone tissues. The aim of the study was to confirm the effects of OT on dentinogenesis using cultured rat dental pulp cells. The cells treated with OT(OT group)presented larger numbers of mineralized nodules than those in control cells(control group)on day 21. The cells of the OT group expressed much higher levels of mrnas of both dentin sialophosphoprotein and bone gla protein than the cells in the control group. Furthermore, a higher level of Wnt10a mrna expression was induced in the cells in the OT group than the cells in the control group. Along with this, the expressions of Axin 2, Lef 1, and ectodin mrnas, which are related with Wnt canonical pathways, were also much higher in the OT group than those in the control group. We confirmed the expression of OT receptor in odontoblasts in rat dental pulp tissue by using immunohistochemistry. These results indicate that OT directly influences dentinogenesis in rat dental pulp cells via Wnt canonical pathways. Key words: Oxytocin, dental pulp cells, dentinogenesis, Wnt canonical pathway, rat ( 日歯内療誌 40(2):103~110,2019) 緒言 Oxytocin(OT) は視床下部で合成され, 脳下垂体後葉から分泌されるホルモンであり 1), 子宮収縮および射乳作用が知られている 2). さらに OT は全身的にも作用して特に情緒, 愛情, 性格などに影響することが明らかにされ, 幸せホルモンともいわれている 3,4). そのため自閉症などの治療薬としても注目を浴びている 5). 近年, この OT が骨粗鬆症に対しても効果があ 受付 : 平成 31 年 2 月 13 日 / 受理 : 平成 31 年 3 月 29 日 ることが報告され 6~8), 骨芽細胞の分化と骨形成を促進することが明らかにされた.Elabd ら 6) は骨粗鬆症のモデル動物である卵巣摘出 (OVX) マウスで血中での OT 濃度が正常なマウスに比較して低下していることや,OT が OVX マウスの骨髄での脂肪化を抑制することを報告している. 骨芽細胞には OT の受容体 (OTR) も確認されており OT の骨芽細胞に対する直接的な作用が注目されている 9). また, われわれはエストロゲン欠乏 OVX ラットの歯髄組織において, 骨組織と同様に石灰化基質である象牙質形成が抑制され, エストロゲンを補充することで象牙質形成が回復することを報告してきた 10). これらの知見は骨粗鬆症

2 104 日歯内療誌 40(2):103~110,2019 に対して骨組織と歯髄組織の硬組織形成に対して女性ホルモンであるエストロゲンが深く関与していることを示しており, 同時に OT が骨代謝以外にも象牙質形成に対しても関与する可能性を示している. しかしながら OT と歯髄細胞での象牙質形成に関する知見は全く報告されていないためそのメカニズムについては不明な点が多い. そこで, 本研究では象牙芽細胞の分化と機能に対する OT の影響を調べることを目的とした. そのためにラットの歯髄組織を使用し,in vivo ならびに in vitro の実験系を用いて dentinogenesis に及ぼす OT の作用と Wnt シグナルとの関係を形態学的, 生化学的な分析を行った. 材料と方法 ₁. 動物本研究は明海大学実験動物倫理委員会の承認 (No. A1613) を受けて行った. 使用した動物は 10 週齢のメスの SD ラット 20 匹を使用した. これらの動物を実験ガイドラインに従い無痛的に屠殺して, 下顎を摘出して免疫組織化学的染色と in vitro の実験に使用した. ₂. 歯髄培養細胞方法摘出した下顎の切歯から歯髄組織を取り出し, Yokoseら 11) の方法に従って0.05% trypsin,0.1% collagenase,4 mm 2Na EDTA を用いて細胞を分離した. これらの細胞を 10% 仔牛血清 (CS),100 IU/mL streptomycin,100μg/ml penicillin を含むα mini- mumα MEM(Gibco, USA) にて 10 cm シャーレーを用いて 37,5% CO 2 の環境下で培養して細胞数を増加させた. これらの細胞を EDTA trypsin を用いて一度細胞を回収して, 細胞培養実験に用いた. 細胞を 10 5 個 /well の割合で 6 well plate(falcon USA) に細胞を播種し, 石灰化培地にて培養した. 石灰化培地は通常培地に 1.5 mm のβグリセロリン酸, 50μg/ml のアスコルビン酸を添加して作成した. 石灰化培地にて歯髄細胞を 21 日間培養し 48 時間ごとに培地交換を行った. 今回行った培養細胞実験は, 対照群として石灰化培地のみで培養したグループ (Control 群 ),10-9 M の oxytocin(invitorogen, USA) を添加したグループ (OT 群 ) に分けて培養した. ₃.Alkaline phosphatase(alp) と von Kossa 染色培養歯髄細胞の ALP 酵素組織化学的染色および von Kossa 鍍銀染色の二重染色は以下の方法で行った.6well plate にて培養した細胞を PBS にて洗浄し, ただちに室温で 10% 中性ホルマリンにて 5 分間固定し, 再び PBS にて洗浄して naphthol AS MX phosphate(sigma, USA) を用いて室温で 20 分間反応させた. その後, 細胞を蒸留水で洗浄し,5% 硝酸銀水溶液 ( 和光純薬 ) にて間接日光の下 20 分間反応させた. その後, 水洗自然乾燥させて試料とした. ₄. 下顎骨のパラフィン切片作成 10 週齢の雌ラットから摘出した下顎を直ちに 10% 緩衝ホルマリンにて 4 で 72 時間固定した. その後, 10% EDTA(0.1 mol Tris HCl buffer, ph 7.4, 和光純薬 ) で 3 週間脱灰を行った. 脱灰液は 48 時間ごとに交換した. 顎骨をエタノール系列で脱水し, キシレンに浸透してパラフィンに包埋した. その後, ミクロトームにて連続切片を作成して免疫組織化学的染色に用いた. ₅. 下顎骨切片および培養細胞の免疫組織化学的染色脱パラフィン後の連続切片に対して PBS で洗浄後, 3%H 2 O 2 にて内因性ペルオキシダーゼの活性を阻害した. 次いで PBS にて洗浄後,3% bovine serum albumin in PBS(BSA PBS) にてブロッキング処理を室温にて30 分間行った後, ラットと交差するウサギ抗ヒトオキシトシン受容体ポリクローナル抗体 ( コスモバイオ ) を BSA PBS で 20 倍に希釈し, モイスチャーチャンバー内で 4 の条件下で一時間反応させた. 反応後,PBS にて洗浄し, ビオチン標識されたヤギ抗ウサギ IgG 抗体 ( ヒストファインキット, ニチレイ ) を室温にて 20 分間反応させた. 反応後,PBS 溶液で洗浄し, 次いでペルオキシダーゼ標識ストレプトアビジン ( ヒストファインキット, ニチレイ ) を室温で 10 分間反応させた.PBS にて洗浄後,DAB 基質キット ( ニチレイ ) を用いて 5 分間発色させた. その後, 通法に従って脱水, 封入した切片を光学顕微鏡によって観察した. なお, 陰性コントロールとして一次抗体を反応させないで一連の染色を行った. 培養細胞は 10% 緩衝ホルマリンにて 15 分間室温で固定した. その後,PBS で洗浄し,BSA PBS で室温, 20 分間ブロッキングを行った. その後, パラフィン切片と同様にウサギ抗ヒトオキシトシン受容体ポリクローナル抗体 ( コスモバイオ ), ビオチン標識ヤギ抗ウサギ IgG 抗体 ( ヒストファインキット, ニチレイ ), ペルオキシダーゼ標識ストレプトアビジン ( ヒストファインキット, ニチレイ ) を作用させた. 発色も同様に DAB 基質キット ( ニチレイ ) を用いて 10 分間発色させた. 陰性コントロールとして一次抗体を反応させないで染色を行った.

3 Table Primer sequences 表プライマーの塩基配列 Dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響 105 Primer Forward sequence(5` 3`) Reverse sequence(5` 3`) βactin TGACAGGATGCAGAAGGAGGA TAGAGCCACCAATCCACACA Dspp CTCAGTTAGTGCCGCTGGAGA GAATCGTCGTTAGTGGCGTTG Bgp AGACTCCGGCGCTACCTCAA CGTCCTGGAAGCCAATGTG Wnt10a GAGAGCCTCACAGAGACATCCAC CACTTTCGCCGCATGTTC Axin 2 GAGCTTGACTCTGGGCCACTTC GCAAATTCGTCACTCGCCTTC Lef 1 CGGACAGCGACCTAATGCAC CTTTAGCGTACACTCGGCTACGAC Ectodin GAATGGAGGCAGGCACTTCAG ACTGGCCATCCGAGATGTATTTG OTR AAATCCGCACGGTGAAGATGA CATGGCAATGATGAAGGCAGA ₆.Real time PCR 培養細胞からのtotal RNA は RNA iso plus (Takara) を用いてマニュアルに従い分離し,DNase1 (Takara) で処理した. その後, フェノール, クロロホルムを用いて total RNA を精製し,PrimeScript TM RT reagent Kit(Perfect Real Time, Takara) を用いてFirst strand cdnaを合成した.sybr Premix EX Tag TM (Tli RNaseH Plus)(Takara) を用いて Thermal Cycler Dice Real Time SystemⅡ(Takara) により象牙質形成に関連する遺伝子 dentin sialophosphoprotein(dspp),bone Gla protein(bgp) と Wnt シグナルに関連する遺伝子 Wnt10a,Axin 2,Lef 1 の mrna 発現量を測定した. 各遺伝子発現の標準化にはハウスキーピング遺伝子のβ actin を用いた. 使用したプライマーはすべて株式会社タカラより購入した. その塩基配列を表 1 に示す. 各遺伝子発現量を定量化するために ΔΔCT 法を用いた. なお,PCR 産物が単一であることはメルティングカーブ分析とディネーチャー温度で確認した. ₇. 統計処理各種遺伝子発現量は Kruskal Wallis 順位検定の後, 多重検定として Bonferroni 補正 Mann Whitney 検定を行った. 結果は平均値 ± 標準偏差 (SD) で示し, p<0.05 にて有意差を検定した. 結果図 1 に培養 21 日目の歯髄細胞を示す. 上段 (a,b) は ALP と von Kossa の二重染色を施した 6 well plate と, 下段 (c,d) はその顕微鏡写真を示す.Control 群 (a,c) に比較して OT 群 (b,d) では石灰化結節の数と大きさが増加していた. 図 2 には培養 21 日目の歯髄細胞における OTR の免疫組織化学的染色の結果を示す. 培養歯髄細胞に茶色 く発色している抗 OTR 抗体の局在が細胞膜にみられ, 細胞表面が染色された細胞が確認できた. 陰性コントロールでは反応はみられなかった ( データは示さず ). 図 3 にはラット下顎の第一大臼歯の歯髄組織における抗 OTR 抗体の局在を示す. 茶色に発色した抗 OTR 抗体が歯髄細胞 (P) と象牙芽細胞 ( 矢印 ) に認められた. 陰性コントロールでは反応はみられなかった ( データは示さず ). 図 4 には培養 21 日目の歯髄細胞での Dspp と Bgp の mrna 発現を調べた real time PCR の結果を示す. Control 群に比較して OT 群では Dspp と Bgp の発現が有意に増加していた. 図 5 には培養 21 日目の歯髄細胞での Wnt シグナルに関連する mrna の発現を示す.Wnt10a( 図 5a) の発現は OT 群で有意に増加しており, これに対して細胞内でのカノニカル経路に関連する Axin2( 図 5b), Lef 1( 図 5c) と Ectodin( 図 5d) の発現は Control 群に比較してすべて OT 群で有意に増加していた. 図 6 には培養 21 日目の歯髄細胞での OTR の mrna 発現を示す.OT 群ではその発現が Control 群に比較して約 1/5 まで減弱していた. 考察口腔機能を維持するための歯の保存は重要であり, 歯髄保護は歯の保存治療の予後にも影響を与える. 歯髄保護治療の発展のためには歯髄組織における象牙芽細胞の分化と象牙質形成を担う dentinogenesis の解析を行うことは有用なことである. われわれはこれまでにラット切歯歯髄組織を酵素処理で分離して象牙質形成を再現させる培養法を確立し 11), 血小板由来増殖因子 (PDGF) 12),Wnt シグナルが象牙芽細胞の分化と象牙質形成に重要な役割を果たしていること 13,14) を明らかにしてきた. 本研究では象牙芽細胞への作用が十分期待できる OT に着目して, 今後歯髄保護法の新たな

4 106 日歯内療誌 d Fig. ₁ Dental pulp cells were cultured for ₂₁ days and were stained with ALP and von Kossa OT group a and c. Control group b and d. Bar ₂₀₀ μm 図 ₁ ALP と von Kossa 染色を施した培養 ₂₁ 日目の歯髄細 胞を示す OT 群 a と c Control 群 b と d Bar ₂₀₀μm Fig. ₂ Immunohistochemical staining of anti OTR antibody in dental pulp cells on ₂₁ days in culture Bar ₅₀μm 図 ₂ 培養 ₂₁ 日目における OTR に対する抗体 を用いた免疫組織科学的染色を示す Bar ₅₀μm Fig. ₃ Immunohistochemical staining of anti OTR antibody in rat dental pulp tissue of lower first molar Odontoblasts arrows were strongly stained with the anti OXR antibody. P Pulp tissue. D Dentin. Bar ₅₀μm 図 ₃ ラットの下顎第一大臼歯の歯髄組織に おける OXR に対する抗体を用いた免疫 組織化学的染色結果を示す 矢印で示す象牙芽細胞が OTR 抗体によって強 く 染 色 さ れ て い る P 歯 髄 D 象 牙 質 Bar ₅₀μm

5 Dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響 107 Fig. ₄ 図 ₄ Effect of OT on Dspp(a)and Bgp(b)mRNA expressions in rat dental pulp cells on ₂₁ days in culture *p<₀.₀₅ vs control. 培養 ₂₁ 日目のラット歯髄細胞での Dspp(a) と Bgp(b)mRNAs 発現に及ぼす OT の影響を示す *p<₀.₀₅ vs 対照群 Fig. ₅ Effect of OT on Wnt10a(a), Axin2(b), Lef 1(c), and Ectodin(d)mRNA expressions in rat dental pulp cells on ₂₁ days in culture *p<₀.₀₅ vs control. 図 ₅ 培養 ₂₁ 日目のラット歯髄細胞での Wnt10a(a),Axin2(b),Lef 1(c),and Ectodin(d)mRNA 発現に及ぼす OT の影響を示す *p<₀.₀₅ vs 対照群

6 108 日歯内療誌 40(2):103~110,2019 Fig. ₆ Effect of OT on OTR mrna expression in rat dental pulp cells on ₂₁ days in culture *p<₀.₀₅ vs control. 図 ₆ 培養 ₂₁ 日目のラット歯髄細胞での OTR mrna 発現に及ぼす OT の影響を示す *p<₀.₀₅ vs Control 群 薬剤応用への可能性を探るために OT の dentinogenesis に対する作用を調べた. 筆者らの知る限りでは, dentinogenesis に対して OT の影響を調べたのは本研 究が初めてである. OT は細胞表面に存在する OTR と結合して, そのシグナルが細胞内へ伝達される.OTR の存在は多くの種類の細胞に存在することが知られているが 15), 今回結果から歯髄組織に存在する歯髄細胞と象牙芽細胞に抗 OTR 抗体の局在が確認された. さらに歯髄培養細胞にも細胞表面に OTR の抗体の局在と real time PCR による OTR mrna の発現が確認された. 骨組織に存在する骨芽細胞は OTR を有しており, リガンドである OT の作用は骨形成促進を示す. 特に骨粗鬆症の骨組織では骨塩量の低下が抑制されることが報告されている 6,7). したがって OTR を有する歯髄細胞や象牙芽細胞においても OT の dentinogenesis に対して anabolic な作用は十分に期待できる. 事実, 本研究において OT が歯髄細胞に対して作用して象牙芽細胞への分化を促進させ, 石灰化結節の形成が亢進されたことを形態学的に観察できた. さらに培養歯髄細胞は Dspp と Bgp の mrna を発現していることから象牙芽細胞様細胞に分化して石灰化した象牙質様基質を形成したことを示している.Dspp は象牙質基質に特有な蛋白質であり,Bgp は象牙質や骨組織の石灰化基質に特有な蛋白質である 11~14). そして, 歯髄組織の象牙芽細胞や培養歯髄細胞に OTR の発現が確認されたことからも, 本研究でみられた OT の象牙質形成促進作用は受容体を介した OT の直接作用と考えられる. 次に OT の dentinogenesis に対する作用機序として, われわれは Wnt シグナルに着目した. 骨組織と同 様に歯髄組織においても Wnt シグナル, 特にカノニカル経路は重要な役割を果たしており, 象牙質形成に関しては Wnt10a がカノニカル経路を介して象牙芽細胞の分化を促進し, 生理的象牙質や修復象牙質の形成を促進させることを報告している 16,17).Neves ら 18) はアルツハイマー治療薬である Tideglusib が修復象牙質を強力に誘導することを報告し, 新たな覆髄剤への可能性を示唆した. この薬剤は GSK3 のアンタゴニストでカノニカル経路を亢進させるもので,Wnt シグナルが dentinogenesis に対して中心的な役割を果たしていることを示している. 本研究でも OT の添加によって Wnt10a の mrna 発現が有意に亢進していることから,Wnt10a が autocrine や paracrine に歯髄細胞に作用していることが考えられる. そしてこれに伴いカノニカル経路のシグナル伝達が亢進していることを示す Axin2 と Lef1 の mrna 発現も亢進した.Axin2 は, 細胞内で Wnt のシグナルがカノニカル経路に伝達されると発現する遺伝子で,Wnt シグナルの調節因子である 19). 一方,Lef 1 はカノニカル経路のシグナルがベータカテニンを介して標的遺伝子の転写を活性化する際に TCF と共に作用する因子で,Lef 1 が歯の発生 20) や象牙芽細胞の分化に重要な役割を果たしていることが報告されている 12,21). われわれは歯髄培養細胞を用いて Lef 1 をノックダウンした結果, 象牙質形成が抑制され, 逆に強制発現させると象牙質形成が亢進することを突き止めている.OT が Axin2 と Lef 1 の遺伝子発現を促進していることから考えると, 石灰化象牙質基質形成の促進作用は Wnt10a を介したカノニカル経路を活性化していることが考えられた. さらに Ectodin に対する OT の作用をみると OT によってカニノニカル経路が活性化していることがわかる.Ectodin は Wnt シグナルのアンタゴニストで,SOSTO ドメインを有することから Wnt が細胞表面に存在する受容体に結合するのを阻害する因子である 22). 門倉ら 23) は塩化リチウムを歯髄培養細胞に添加して, カノニカル経路を亢進させると Ectodin の発現が促進され,Ectodin がカノニカル経路のネガティブフィードバック機構を担っていることを指摘した. 本研究結果においても Ectodin の発現が OT によって亢進したメカニズムとして,Wnt10a によってカノニカル経路が亢進した結果, ネガティブフィードバック機構としてその発現が促進されたものと考えられる. さらに OTR 13) は細胞膜を 7 回貫通する G Protein を有する受容体である. これは副甲状腺ホルモン (PTH) の受容体と同じ構造をもつ受容体に属する.PTH ホルモンの過剰発現により受容体の down regulation( 脱感作, 下方調節 ) が起こることが知られている 24). 今回の OTR の発現が

7 Dentinogenesis に及ぼす oxytocin の影響 109 培養 21 日目で著しく減弱していることも受容体発現の down regulation を示しており, このことからも Wnt シグナルが亢進していることがわかる. しかしながら,OT の Wnt シグナルへの関与は Wnt10a 以外にもあり複雑な経路が存在することが予想され, 更なる今後の研究が必要と考える. 結論以上の結果から OT は培養歯髄細胞に対して細胞表面に存在する受容体を介して作用し,Wnt シグナルのカノニカル経路を活性化し象牙芽細胞への分化を促進させ, 象牙質形成を亢進させることが明らかとなった.OT が今後新たな覆髄剤としての可能性が示された. 本研究において開示すべき利益相反はない. 文献 1)Brownstein MJ, Russel JT, Gainer H:Synthesis, transport, and release of posterior pituitary hormones, Science 207: , ) Robinson DA, Wei F, Wang GD et al.:oxytocin mediates stress induced analgesia in adult mice, J Physiol, 540: , )Kosfeld M, Heinrichs M, Zak PJ et al.:oxytocin increases trust in humans, Nature, 435: , )Rilling JK, Young LJ:The biology of mammalian parenting and its effect on offspring social development, Science, 345: , )Young LJ, Barrett CE:Can oxytocin treat autism?, Science, 347: , )Elabd C, Basillais A, Beaupied H et al.:oxytocin controls differentiation of human mesenchymal stem cells and reverses osteoporosis, Stem Cells, 26: , )Berunger GE, Djedaini M, Battaglia S et al.: Oxytocin reverses osteoporosis in a sex dependent manner, Front Endocrinol, 6:81, 2015, doi: /fendo )Fallahnezhad S, Piryaei A, Darbandi H et al.: Effect of low level laser therapy and oxytocin on osteoporotic bone marrow derived mesenchymal stem cells, J Cell Biochem, 119: , 2018, doi: /jcb )Colaianni G, Sun L, Zaidi M et al.:oxytocin and bone, Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol, 307:R970 R977, ) 井出祐樹 : エストロゲン欠乏ラットにおける象牙芽細胞の機能の解析, 日歯保存誌,59: , )Yokose S, Kadokura H, Tajima N et al.:establishment and characterization of a culture system for enzymatically released rat dental pulp cells, Calcif Tiisue Int, 66: , )Yokose S, Kadokura H, Tajima N et al.:platelet derived growth factor exerts disparate effects on odontoblast differentiation depending on the dimers in rat dental pulp cells, Cell Tissue Res, 315: , )Yokose S, Naka T:Lymphocyte enhancer binding factor 1:An essential factor in odontoblastic differentiation of dental pulp cells enzymatically isolated from rat incisors, J Bone Miner Metab, 28: , ) 横瀬敏志, 門倉弘志 : 歯髄組織と Ectodin, 日歯保存誌,59: , )Arrowsmith S, Wray S:Oxytocin:Its mechanism of action and receptor signaling in the myometrium, J Neuroendocrinol, 26: , )Yamashiro T, Zheng L, Shitaku Y et al.:wnt10a regulates dentin sialophosphoprotein mrna expression and possibily links odontoblast differentiation and tooth morphogenesis, Differentiation, 75: , )Zhang Z, Guo Q, Tian H et al.:effects of WNT10A on proliferation and differentiation of human dental pulp cells, J Endod, 40: , )Neves VC, Babb R, Chandrasekaran D et al.: Promotion of natural tooth repair by small molecule GSK3 antagonists, Sci Rep, 7:39654, 2017, doi: /srep )Babb R, Chandrasekaran D, Carvalho V et al.: Axin2 expressing cells differentiate into reparative odontoblasts via autocrine Wnt/β catenin signaling in response to tooth damage, Sci Rep, 7:3102, doi: /s )Van Genderen C, Okamura RM, Farinas I et al.: Development of several organs that require inductive epithelial mesenchymal interactions is impaired in LEF 1 deficient mice, Genes Dev, 8: , )Nakatomi M, Ida Yonemochi H, Obshima H:

8 110 日歯内療誌 40(2):103~110,2019 Lymphoid enhancement binding factor 1 expression precedes dentin sialophosphoprotein expression during rat odontoblast differentiation and regeneration, J Endod, 39: , )Kassai Y, Munne P, Hotta Y et al.:regulation of mammalian tooth cusp patterning by ectodin, Science, 309: , ) 門倉弘志, 山崎崇秀, 和田康弘ほか : 塩化リチウムによるβ catenin のリン酸化阻害剤がラット象牙芽細胞分化と ectodin 発現に及ぼす影響につい て, 日歯保存誌,56: , ) 田中千賀子, 西塚泰美 : 生体における情報伝達, 68 70, 南江堂, 東京,1993. 著者連絡先 : 横瀬敏志明海大学歯学部機能保存回復学講座保存治療学分野 埼玉県坂戸市けやき台 1 1 TEL/FAX: E

るが AML 細胞における Notch シグナルの正確な役割はまだわかっていない mtor シグナル伝達系も白血病細胞の増殖に関与しており Palomero らのグループが Notch と mtor のクロストークについて報告している その報告によると 活性型 Notch が HES1 の発現を誘導

るが AML 細胞における Notch シグナルの正確な役割はまだわかっていない mtor シグナル伝達系も白血病細胞の増殖に関与しており Palomero らのグループが Notch と mtor のクロストークについて報告している その報告によると 活性型 Notch が HES1 の発現を誘導 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 奥橋佑基 論文審査担当者 主査三浦修副査水谷修紀 清水重臣 論文題目 NOTCH knockdown affects the proliferation and mtor signaling of leukemia cells ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > 目的 : sirna を用いた NOTCH1 と NOTCH2 の遺伝子発現の抑制の 白血病細胞の細胞増殖と下流のシグナル伝達系に対する効果を解析した

More information

プロトコール集 ( 研究用試薬 ) < 目次 > 免疫組織染色手順 ( 前処理なし ) p2 免疫組織染色手順 ( マイクロウェーブ前処理 ) p3 免疫組織染色手順 ( オートクレーブ前処理 ) p4 免疫組織染色手順 ( トリプシン前処理 ) p5 免疫組織染色手順 ( ギ酸処理 ) p6 免疫

プロトコール集 ( 研究用試薬 ) < 目次 > 免疫組織染色手順 ( 前処理なし ) p2 免疫組織染色手順 ( マイクロウェーブ前処理 ) p3 免疫組織染色手順 ( オートクレーブ前処理 ) p4 免疫組織染色手順 ( トリプシン前処理 ) p5 免疫組織染色手順 ( ギ酸処理 ) p6 免疫 < 目次 > 免疫組織染色手順 ( 前処理なし ) p2 免疫組織染色手順 ( マイクロウェーブ前処理 ) p3 免疫組織染色手順 ( オートクレーブ前処理 ) p4 免疫組織染色手順 ( トリプシン前処理 ) p5 免疫組織染色手順 ( ギ酸処理 ) p6 免疫組織染色手順 ( ギ酸処理後 マイクロウェーブまたはオートクレーブ処理 )p7 抗原ペプチドによる抗体吸収試験 p8 ウエスタン ブロッティング

More information

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 大道正英 髙橋優子 副査副査 教授教授 岡 田 仁 克 辻 求 副査 教授 瀧内比呂也 主論文題名 Versican G1 and G3 domains are upregulated and latent trans

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 大道正英 髙橋優子 副査副査 教授教授 岡 田 仁 克 辻 求 副査 教授 瀧内比呂也 主論文題名 Versican G1 and G3 domains are upregulated and latent trans ( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 大道正英 髙橋優子 副査副査 岡 田 仁 克 辻 求 副査 瀧内比呂也 主論文題名 Versican G1 and G3 domains are upregulated and latent transforming growth factor- binding protein-4 is downregulated in breast

More information

-119-

-119- -119- - 日中医学協会助成事業 - 前立腺がんの造骨性骨転移のメカニズム解明 研究者氏名中国所属機関日本研究機関指導責任者共同研究者 王麗楊中国医科大学大阪大学歯学研究科教授米田俊之相野誠 要旨 近年日本の男性において急増している前立腺がんは死亡率の第 2 位にランクされている 80% 以上の前立腺癌は造骨性の骨転移を示し 患者の QOL および生存期間を著しく低下させる 前立腺がん発生のメカニズムには未だ不明な点が多く

More information

Microsoft Word - Dr. Abe.doc

Microsoft Word - Dr. Abe.doc 3 ステップ アビジン - ビオチンシステム (SAB 法 ) とポリマー法 慶應義塾大学医学部病理学教室阿部仁 はじめに 免疫組織化学は Coons らが蛍光色素を抗体に標識した蛍光抗体法の技術を確立してから Singers のフェリチン抗体法を経て 1967 年に Nakane と Pierce により標識物質に西洋ワサビペルオキシダーゼ (horseradish peroxidase:hrp)

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 25 (2011) 86. 線虫 C. elegans およびマウスをモデル動物とした体細胞レベルで生じる性差の解析 井上英樹 Key words: 性差, ストレス応答,DMRT 立命館大学生命科学部生命医科学科 緒言性差は雌雄の性に分かれた動物にみられ, 生殖能力の違いだけでなく形態, 行動などそれぞれの性の間でみられる様々な差異と定義される. 性差は, 形態や行動だけでなく疾患の発症リスクの男女差といった生理的なレベルの差異も含まれる.

More information

学位論文の要約

学位論文の要約 学位論文内容の要約 愛知学院大学 甲第 678 号論文提出者土屋範果 論文題目 骨芽細胞におけるずり応力誘発性 細胞内 Ca 2+ 濃度上昇へのグルタミン酸の関与 No. 1 愛知学院大学 Ⅰ. 緒言 矯正歯科治療時には機械刺激により骨リモデリングが誘発される 機械 刺激が骨リモデリングや骨量の制御因子の一つであることはよく知られて いるが 骨関連細胞が機械刺激を感受する分子機構は十分に明らかにされ

More information

IFN Response Watcher(for RNAi experiment)

IFN Response Watcher(for RNAi experiment) IFN Response Watcher (for RNAi experiment) 説明書 v201111 哺乳動物細胞などでは 長い二本鎖 RNA(dsRNA) がインターフェロン応答を誘導し 図 1 に示す二つの経路が活性化されることで非特異的な転写の抑制が起こることが知られていました RNAi 実験に用いられる sirna(short interfering RNA) は短い dsrna を使用することにより

More information

Wnt3 positively and negatively regu Title differentiation of human periodonta Author(s) 吉澤, 佑世 Journal, (): - URL Rig

Wnt3 positively and negatively regu Title differentiation of human periodonta Author(s) 吉澤, 佑世 Journal, (): - URL   Rig Wnt3 positively and negatively regu Title differentiation of human periodonta Author(s) 吉澤, 佑世 Journal, (): - URL http://hdl.handle.net/10130/3408 Right Posted at the Institutional Resources for Unique

More information

骨形成における LIPUS と HSP の関係性が明らかとなった さらに BMP シグナリングが阻害されたような症例にも効果的な LIPUS を用いた骨治癒法の提案に繋がる可能性が示唆された < 方法 > 10%FBS と 抗生剤を添加した α-mem 培地を作製し 新生児マウス頭蓋骨採取骨芽細胞を

骨形成における LIPUS と HSP の関係性が明らかとなった さらに BMP シグナリングが阻害されたような症例にも効果的な LIPUS を用いた骨治癒法の提案に繋がる可能性が示唆された < 方法 > 10%FBS と 抗生剤を添加した α-mem 培地を作製し 新生児マウス頭蓋骨採取骨芽細胞を 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 宮坂宗充 論文審査担当者 主査和泉雄一副査野田政樹 篠村多摩之 論文題目 Low-intensity pulsed ultrasound stimulation enhances Heat-shock protein 90 and mineralized nodule formation in mouse calvaria-derived osteoblasts

More information

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 小川憲人 論文審査担当者 主査田中真二 副査北川昌伸 渡邉守 論文題目 Clinical significance of platelet derived growth factor -C and -D in gastric cancer ( 論文内容の要旨 )

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 小川憲人 論文審査担当者 主査田中真二 副査北川昌伸 渡邉守 論文題目 Clinical significance of platelet derived growth factor -C and -D in gastric cancer ( 論文内容の要旨 ) 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 小川憲人 論文審査担当者 主査田中真二 副査北川昌伸 渡邉守 論文題目 Clinical significance of platelet derived growth factor -C and -D in gastric cancer ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > platelet derived growth factor (PDGF 血小板由来成長因子)-C,

More information

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 佐藤雄哉 論文審査担当者 主査田中真二 副査三宅智 明石巧 論文題目 Relationship between expression of IGFBP7 and clinicopathological variables in gastric cancer (

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 佐藤雄哉 論文審査担当者 主査田中真二 副査三宅智 明石巧 論文題目 Relationship between expression of IGFBP7 and clinicopathological variables in gastric cancer ( 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 佐藤雄哉 論文審査担当者 主査田中真二 副査三宅智 明石巧 論文題目 Relationship between expression of IGFBP7 and clinicopathological variables in gastric cancer ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > Insulin-like growth factor ( 以下 IGF)

More information

Microsoft Word - 学位論文内容の要旨 .doc

Microsoft Word - 学位論文内容の要旨 .doc 学位論文内容の要旨 愛知学院大学 論文提出者森寛典 論文題目 ラットの歯髄由来の培養上清は破骨細胞前駆細胞の 接着を抑制することで破骨細胞数を減少させる No. 1 愛知学院大学 Ⅰ. 緒言 歯髄は周囲のエナメル質 象牙質 セメント質により口腔内細菌からの 感染を防御している 歯の硬組織がう蝕により破壊されると 細菌が歯髄 に侵入し 炎症を引き起こす 炎症状態が持続した結果 歯髄が失活し 根尖部に骨吸収が起こることがある

More information

■リアルタイムPCR実践編

■リアルタイムPCR実践編 リアルタイム PCR 実践編 - SYBR Green I によるリアルタイム RT-PCR - 1. プライマー設計 (1)Perfect Real Time サポートシステムを利用し 設計済みのものを購入する ヒト マウス ラットの RefSeq 配列の大部分については Perfect Real Time サポートシステムが利用できます 目的の遺伝子を検索して購入してください (2) カスタム設計サービスを利用する

More information

1. Caov-3 細胞株 A2780 細胞株においてシスプラチン単剤 シスプラチンとトポテカン併用添加での殺細胞効果を MTS assay を用い検討した 2. Caov-3 細胞株においてシスプラチンによって誘導される Akt の活性化に対し トポテカンが影響するか否かを調べるために シスプラチ

1. Caov-3 細胞株 A2780 細胞株においてシスプラチン単剤 シスプラチンとトポテカン併用添加での殺細胞効果を MTS assay を用い検討した 2. Caov-3 細胞株においてシスプラチンによって誘導される Akt の活性化に対し トポテカンが影響するか否かを調べるために シスプラチ ( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 朝日通雄 恒遠啓示 副査副査 瀧内比呂也谷川允彦 副査 勝岡洋治 主論文題名 Topotecan as a molecular targeting agent which blocks the Akt and VEGF cascade in platinum-resistant ovarian cancers ( 白金製剤耐性卵巣癌における

More information

脳組織傷害時におけるミクログリア形態変化および機能 Title変化に関する培養脳組織切片を用いた研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 岡村, 敏行 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date URL http

脳組織傷害時におけるミクログリア形態変化および機能 Title変化に関する培養脳組織切片を用いた研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 岡村, 敏行 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date URL http 脳組織傷害時におけるミクログリア形態変化および機能 Title変化に関する培養脳組織切片を用いた研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 岡村, 敏行 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2009-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/124054 Right Type Thesis or

More information

ASC は 8 週齢 ICR メスマウスの皮下脂肪組織をコラゲナーゼ処理後 遠心分離で得たペレットとして単離し BMSC は同じマウスの大腿骨からフラッシュアウトにより獲得した 10%FBS 1% 抗生剤を含む DMEM にて それぞれ培養を行った FACS Passage 2 (P2) の ASC

ASC は 8 週齢 ICR メスマウスの皮下脂肪組織をコラゲナーゼ処理後 遠心分離で得たペレットとして単離し BMSC は同じマウスの大腿骨からフラッシュアウトにより獲得した 10%FBS 1% 抗生剤を含む DMEM にて それぞれ培養を行った FACS Passage 2 (P2) の ASC 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 山本麻衣子 論文審査担当者 主査 : 井関祥子副査 : 柴田俊一 青木和広 Osteogenic Potential of Mouse Adipose-Derived Stem Cells Sorted 論文題目 for CD90 and CD105 in Vitro ( 論文の内容の要旨 ) < 緒言 > 脂肪組織は皮下の浅層に存在するため 採取が低侵襲で容易であり

More information

報道発表資料 2006 年 4 月 13 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス免疫発動機構の解明 - 免疫 アレルギー制御のための新たな標的分子を発見 - ポイント 異物センサー TLR のシグナル伝達機構を解析 インターフェロン産生に必須な分子 IKK アルファ を発見 免疫 アレルギーの有効

報道発表資料 2006 年 4 月 13 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス免疫発動機構の解明 - 免疫 アレルギー制御のための新たな標的分子を発見 - ポイント 異物センサー TLR のシグナル伝達機構を解析 インターフェロン産生に必須な分子 IKK アルファ を発見 免疫 アレルギーの有効 60 秒でわかるプレスリリース 2006 年 4 月 13 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス免疫発動機構の解明 - 免疫 アレルギー制御のための新たな標的分子を発見 - がんやウイルスなど身体を蝕む病原体から身を守る物質として インターフェロン が注目されています このインターフェロンのことは ご存知の方も多いと思いますが 私たちが生まれながらに持っている免疫をつかさどる物質です 免疫細胞の情報の交換やウイルス感染に強い防御を示す役割を担っています

More information

平成14年度研究報告

平成14年度研究報告 平成 14 年度研究報告 研究テーマ 多嚢胞性卵巣発症に関する遺伝性素因の解析 - PCO の解析 - 北海道大学大学院医学研究科 助手菅原照夫 現所属 : 北海道大学大学院医学研究科 医学部連携研究センター サマリー 多嚢胞性卵巣 (PCO) は生殖可能年齢の婦人の 5 10% に発症する内分泌疾患である 臨床症状は 月経不順 多毛 肥満 排卵障害が主な特徴であり 難治性の不妊症の主な原因である

More information

cover

cover 旭川医科大学研究フォーラム (2016.3) 16:42-45. 平成 25 26 年度 独創性のある生命科学研究 個別研究課題 24) 脂肪組織由来幹細胞を用いた低浸襲細胞治療に関する研究 岡久美子 24) 脂肪組織由来幹細胞を用いた低侵襲細胞治療に関する研究研究代表者岡久美子 研究目的 細胞治療は骨再建 再生を低侵襲 効率的に行うために有用である 近年 脂肪組織に含まれる体性幹細胞 (Adiposederivedstem

More information

背景 歯はエナメル質 象牙質 セメント質の3つの硬い組織から構成されます この中でエナメル質は 生体内で最も硬い組織であり 人が食生活を営む上できわめて重要な役割を持ちます これまでエナメル質は 一旦齲蝕 ( むし歯 ) などで破壊されると 再生させることは不可能であり 人工物による修復しかできませ

背景 歯はエナメル質 象牙質 セメント質の3つの硬い組織から構成されます この中でエナメル質は 生体内で最も硬い組織であり 人が食生活を営む上できわめて重要な役割を持ちます これまでエナメル質は 一旦齲蝕 ( むし歯 ) などで破壊されると 再生させることは不可能であり 人工物による修復しかできませ 報道機関各位 ips 細胞からエナメル質をつくる細胞を誘導 歯の再生への応用が期待 平成 24 年 2 月 10 日 東北大学大学院歯学研究科 ポイント 歯のエナメル質をつくる細胞( エナメル芽細胞 ) は 歯の萌出後に失われる ips 細胞からエナメル芽細胞を世界で初めて誘導 エナメル芽細胞の分化機序解明や 歯の再生への細胞ソースとして利用可能 概要 国立大学法人東北大学は 幹細胞が上皮細胞との相互作用により

More information

様式 C-19 科学研究費補助金研究成果報告書 平成 21 年 6 月 2 日現在 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :26 ~ 28 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) 炭酸ガスおよび半導体レーザーによるオーラルアンチエイジング 研究課題名 ( 英文 ) Oral an

様式 C-19 科学研究費補助金研究成果報告書 平成 21 年 6 月 2 日現在 研究種目 : 若手研究 (B) 研究期間 :26 ~ 28 課題番号 : 研究課題名 ( 和文 ) 炭酸ガスおよび半導体レーザーによるオーラルアンチエイジング 研究課題名 ( 英文 ) Oral an 炭酸ガスおよび半導体レーザーによるオーラルアンチエ Title イジング Author(s) 村上, 聡 Journal, (): - URL http://hdl.handle.net/113/154 Right Posted at the Institutional Resources for Unique Colle Available from http://ir.tdc.ac.jp/ 様式

More information

ÿþ

ÿþ 免疫組織染色用試薬 免疫染色用抗体 免疫組織染色は 抗体を用いて組織細胞内の抗原を可視化する手法で 現在幅広く用いられています 当社では免疫組織染色に使用できる抗体を数多く取扱っています Fas 抗マウス Fas, ウサギ マウス肝臓 ( パラフィン切片 ) 概要 免疫組織染色において マウス肝臓の肝細胞細胞質及び卵巣の顆粒層細胞 卵細胞に発現している Fas と反応 交差性 マウス ラット 使用濃度

More information

免疫組織化学の基礎と応用 蓮井和久鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 講師 この講義は 2007 年から大学院専門基礎過程の選択科目として開講しているものである 教科書には 改訂四版渡辺 中根の酵素抗体法 ( 名倉宏 長村義之 堤寛編集 ) 学際企画を用いています それに 最近のポリマー法の開発等と私の研究への応用等を基礎にしています I. 序論 1) 医学 生物学における免疫組織化学の確立と意義免疫組織化学は

More information

前立腺癌は男性特有の癌で 米国においては癌死亡者数の第 2 位 ( 約 20%) を占めてい ます 日本でも前立腺癌の罹患率 死亡者数は急激に上昇しており 現在は重篤な男性悪性腫瘍疾患の1つとなって図 1 います 図 1 初期段階の前立腺癌は男性ホルモン ( アンドロゲン ) に反応し増殖します そ

前立腺癌は男性特有の癌で 米国においては癌死亡者数の第 2 位 ( 約 20%) を占めてい ます 日本でも前立腺癌の罹患率 死亡者数は急激に上昇しており 現在は重篤な男性悪性腫瘍疾患の1つとなって図 1 います 図 1 初期段階の前立腺癌は男性ホルモン ( アンドロゲン ) に反応し増殖します そ 再発した前立腺癌の増殖を制御する新たな分子メカニズムの発見乳癌治療薬が効果的 発表者筑波大学先端領域学際研究センター教授柳澤純 (junny@agbi.tsukuba.ac.jp TEL: 029-853-7320) ポイント 女性ホルモンが制御する新たな前立腺癌の増殖 細胞死メカニズムを発見 女性ホルモン及び女性ホルモン抑制剤は ERβ 及び KLF5 を通じ FOXO1 の発現量を変化することで前立腺癌の増殖

More information

論文題目  腸管分化に関わるmiRNAの探索とその発現制御解析

論文題目  腸管分化に関わるmiRNAの探索とその発現制御解析 論文題目 腸管分化に関わる microrna の探索とその発現制御解析 氏名日野公洋 1. 序論 microrna(mirna) とは細胞内在性の 21 塩基程度の機能性 RNA のことであり 部分的相補的な塩基認識を介して標的 RNA の翻訳抑制や不安定化を引き起こすことが知られている mirna は細胞分化や増殖 ガン化やアポトーシスなどに関与していることが報告されており これら以外にも様々な細胞諸現象に関与していると考えられている

More information

抑制することが知られている 今回はヒト子宮内膜におけるコレステロール硫酸のプロテ アーゼ活性に対する効果を検討することとした コレステロール硫酸の着床期特異的な発現の機序を解明するために 合成酵素であるコ レステロール硫酸基転移酵素 (SULT2B1b) に着目した ヒト子宮内膜は排卵後 脱落膜 化

抑制することが知られている 今回はヒト子宮内膜におけるコレステロール硫酸のプロテ アーゼ活性に対する効果を検討することとした コレステロール硫酸の着床期特異的な発現の機序を解明するために 合成酵素であるコ レステロール硫酸基転移酵素 (SULT2B1b) に着目した ヒト子宮内膜は排卵後 脱落膜 化 論文の内容の要旨 論文題目 着床期ヒト子宮内膜におけるコレステロール硫酸の発現調節機序及び機能の解析 指導教員武谷雄二教授 東京大学大学院医学系研究科 平成 15 年 4 月入学 医学博士課程 生殖 発達 加齢医学専攻 清末美奈子 緒言 着床とは 受精卵が分割し形成された胚盤胞が子宮内膜上皮へ接着 貫通し 子 宮内膜間質を浸潤して絨毛構造を形成するまでの一連の現象をいう 胚盤胞から分化した トロフォブラストが浸潤していく過程で

More information

関係があると報告もされており 卵巣明細胞腺癌において PI3K 経路は非常に重要であると考えられる PI3K 経路が活性化すると mtor ならびに HIF-1αが活性化することが知られている HIF-1αは様々な癌種における薬理学的な標的の一つであるが 卵巣癌においても同様である そこで 本研究で

関係があると報告もされており 卵巣明細胞腺癌において PI3K 経路は非常に重要であると考えられる PI3K 経路が活性化すると mtor ならびに HIF-1αが活性化することが知られている HIF-1αは様々な癌種における薬理学的な標的の一つであるが 卵巣癌においても同様である そこで 本研究で ( 様式甲 5) 氏 名 髙井雅聡 ( ふりがな ) ( たかいまさあき ) 学 位 の 種 類 博士 ( 医学 ) 学位授与番号 甲 第 号 学位審査年月日 平成 27 年 7 月 8 日 学位授与の要件 学位規則第 4 条第 1 項該当 Crosstalk between PI3K and Ras pathways via 学位論文題名 Protein Phosphatase 2A in human

More information

問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2

問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 1 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 2 2 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 3 問 題 1 ₁ ₃ ₅ ₂ ₄ ₆ 問 題 2 ₁ ₂ ₃ ₄ 問 題 3 ₁ ₂ ₃ ₄ ₅ 4 4 問 題

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 23(2009) 71. 間葉系細胞へ分化する能力を有するグリオーマ細胞の characterization と組織内局在 岩下寿秀 Key words: グリオーマ, 間葉系細胞,side population * 愛知医科大学医学部病理学講座 緒言腫瘍組織はヘテロな細胞集団であり,at random に増殖していると考えられてきたが, 最近の研究結果から腫瘍組織にも正常の組織と同様のヒエラルキーが存在する可能性が示唆されている.

More information

図 B 細胞受容体を介した NF-κB 活性化モデル

図 B 細胞受容体を介した NF-κB 活性化モデル 60 秒でわかるプレスリリース 2007 年 12 月 17 日 独立行政法人理化学研究所 免疫の要 NF-κB の活性化シグナルを増幅する機構を発見 - リン酸化酵素 IKK が正のフィーッドバックを担当 - 身体に病原菌などの異物 ( 抗原 ) が侵入すると 誰にでも備わっている免疫システムが働いて 異物を認識し 排除するために さまざまな反応を起こします その一つに 免疫細胞である B 細胞が

More information

研究目的 1. 電波ばく露による免疫細胞への影響に関する研究 我々の体には 恒常性を保つために 生体内に侵入した異物を生体外に排除する 免疫と呼ばれる防御システムが存在する 免疫力の低下は感染を引き起こしやすくなり 健康を損ないやすくなる そこで 2 10W/kgのSARで電波ばく露を行い 免疫細胞

研究目的 1. 電波ばく露による免疫細胞への影響に関する研究 我々の体には 恒常性を保つために 生体内に侵入した異物を生体外に排除する 免疫と呼ばれる防御システムが存在する 免疫力の低下は感染を引き起こしやすくなり 健康を損ないやすくなる そこで 2 10W/kgのSARで電波ばく露を行い 免疫細胞 資料 - 生電 6-3 免疫細胞及び神経膠細胞を対象としたマイクロ波照射影響に関する実験評価 京都大学首都大学東京 宮越順二 成田英二郎 櫻井智徳多氣昌生 鈴木敏久 日 : 平成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 場所 : 総務省第 1 特別会議室 研究目的 1. 電波ばく露による免疫細胞への影響に関する研究 我々の体には 恒常性を保つために 生体内に侵入した異物を生体外に排除する 免疫と呼ばれる防御システムが存在する

More information

能性を示した < 方法 > M-CSF RANKL VEGF-C Ds-Red それぞれの全長 cdnaを レトロウイルスを用いてHeLa 細胞に遺伝子導入した これによりM-CSFとDs-Redを発現するHeLa 細胞 (HeLa-M) RANKLと Ds-Redを発現するHeLa 細胞 (HeL

能性を示した < 方法 > M-CSF RANKL VEGF-C Ds-Red それぞれの全長 cdnaを レトロウイルスを用いてHeLa 細胞に遺伝子導入した これによりM-CSFとDs-Redを発現するHeLa 細胞 (HeLa-M) RANKLと Ds-Redを発現するHeLa 細胞 (HeL 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 秦野雄 論文審査担当者 主査竹田秀副査北川昌伸 山口朗 論文題目 Tumor associated osteoclast-like giant cells promote tumor growth and lymphangiogenesis by secreting vascular endothelial growth factor-c ( 論文内容の要旨 )

More information

パナテスト ラットβ2マイクログロブリン

パナテスト ラットβ2マイクログロブリン 研究用試薬 2014 年 4 月作成 EIA 法ラット β 2 マイクログロブリン測定キット PRH111 パナテスト A シリーズラット β 2- マイクロク ロフ リン 1. はじめに β 2 - マイクログロブリンは, 血液, 尿, および体液中に存在し, ヒトでは腎糸球体障害, 自己免疫疾患, 悪性腫瘍, 肝疾患などによって血中濃度が変化するといわれています. また,β 2 - マイクログロブリンの尿中濃度は,

More information

Title 骨量規定転写因子シュニュリ3の新規標的遺伝子同定と機能解析 Author(s) 石堂, 康弘 Citation Issue Date 2014-06-27 URL http://hdl.handle.net/10232/24125 http://ir.kagoshima-u.ac.jp adult (Schnurri, Shn)3/Hivep3 Runx2 Shn/Hivep Shn3

More information

正常ラット軟骨細胞 Normal Rat Cartilage Cell

正常ラット軟骨細胞 Normal Rat Cartilage Cell 製品コード MK442 研究用 正常ラット軟骨細胞 Normal Rat Cartilage Cell 説明書 v201108 軟骨組織や骨組織は基本的には支持組織であり 軟骨組織の多くは胎生期の骨のモデルとして存在し 石灰化して骨組織に置換されます また 体幹形態の決定 筋肉の支えや配置に関与しています 一方 骨組織は支持組織であるとともに カルシウムやリンなど各種ミネラル貯蔵庫としても また 体液のイオン調節機構の担い手としても重要な組織です

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 22(2008) 113. アテローム動脈硬化に関与する単球 / マクロファージ特異的 microrna 群の同定 深尾太郎 Key words: 動脈硬化,microRNA, マクロファージ, 炎症, マウス * 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 緒言動脈硬化は, 先進国における死因群の主たる原因となる重大な疾患である. 加齢や生活習慣がその発症や程度に大きく関わることから,

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title 炎症性腸疾患に対する HSF1 及び HSP70 の保護的役割 Author(s) 田中, 健一郎 Citation Issue date Type URL Thesis or Di

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title 炎症性腸疾患に対する HSF1 及び HSP70 の保護的役割 Author(s) 田中, 健一郎 Citation Issue date Type URL Thesis or Di 熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title 炎症性腸疾患に対する HSF1 及び HSP70 の保護的役割 Author(s) 田中, 健一郎 Citation Issue date 2008-03-25 Type URL Thesis or Dissertation http://hdl.handle.net/2298/9448 Right 1

More information

センシンレンのエタノール抽出液による白血病細胞株での抗腫瘍効果の検討

センシンレンのエタノール抽出液による白血病細胞株での抗腫瘍効果の検討 Evaluation of anti-tumor activity with the treatment of ethanol extract from Andrographis Paniculata in leukemic cell lines Hidehiko Akiyama 1), Kazuharu Suzuki 2), Toshiyuki Taniguchi 2) and Itsuro Katsuda

More information

子として同定され 前立腺癌をはじめとした癌細胞や不死化細胞で著しい発現低下が認められ 癌抑制遺伝子として発見された Dkk-3 は前立腺癌以外にも膵臓癌 乳癌 子宮内膜癌 大腸癌 脳腫瘍 子宮頸癌など様々な癌で発現が低下し 癌抑制遺伝子としてアポトーシス促進的に働くと考えられている 先行研究では ヒ

子として同定され 前立腺癌をはじめとした癌細胞や不死化細胞で著しい発現低下が認められ 癌抑制遺伝子として発見された Dkk-3 は前立腺癌以外にも膵臓癌 乳癌 子宮内膜癌 大腸癌 脳腫瘍 子宮頸癌など様々な癌で発現が低下し 癌抑制遺伝子としてアポトーシス促進的に働くと考えられている 先行研究では ヒ 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 髙田愛子 論文審査担当者 主査北川昌伸副査山岡昇司 清水重臣 論文題目 Dkk-3 induces apoptosis through mitochondrial and Fas death receptor pathways in human mucinous ovarian cancer cells ( 論文内容の要旨 ) < 要旨 > Wnt シグナルの阻害因子

More information

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関 Title 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 大西, 正俊 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120523 Right Type Thesis or Dissertation

More information

表1-4B.ai

表1-4B.ai 補剤の免疫調節作用における骨髄由来免疫抑制細胞 (MDSC) の役割 申請代表者 堀江一郎 東京理科大学薬学部応用薬理学研究室 助教 所外共同研究者 礒濱洋一郎 東京理科大学薬学部応用薬理学研究室 教授 所内共同研究者 済木育夫 病態生化学分野 教授 報告セミナー要旨 背景および目的 補剤には免疫機能調節作用があり, がんや炎症性疾患などの様々な免疫異常を伴う疾患での有効性が示されている. しかし,

More information

遺伝子検査の基礎知識

遺伝子検査の基礎知識 リアルタイム PCR( インターカレーター法 ) 実験ガイドこの文書では インターカレーター法 (TB Green 検出 ) によるリアルタイム PCR について 蛍光検出の原理や実験操作の流れなどを解説します 実際の実験操作の詳細については 各製品の取扱説明書をご参照ください - 目次 - 1 蛍光検出の原理 2 実験に必要なもの 3 実験操作法 4 結果の解析 1 1 蛍光検出の原理 インターカレーターによる蛍光検出の原理

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 26 (2012) 75. 哺乳類のゴルジ体ストレス応答の分子機構の解明 吉田秀郎 Key words: ゴルジ体, 小胞体, 転写, ストレス応答, 細胞小器官 兵庫県立大学大学院生命理学研究科生体物質化学 Ⅱ 講座 緒言細胞内には様々な細胞小器官が存在して細胞の機能を分担しているが, その存在量は細胞の需要に応じて厳密に制御されており, 必要な時に必要な細胞小器官が必要な量だけ増強される.

More information

日本標準商品分類番号 カリジノゲナーゼの血管新生抑制作用 カリジノゲナーゼは強力な血管拡張物質であるキニンを遊離することにより 高血圧や末梢循環障害の治療に広く用いられてきた 最近では 糖尿病モデルラットにおいて増加する眼内液中 VEGF 濃度を低下させることにより 血管透過性を抑制す

日本標準商品分類番号 カリジノゲナーゼの血管新生抑制作用 カリジノゲナーゼは強力な血管拡張物質であるキニンを遊離することにより 高血圧や末梢循環障害の治療に広く用いられてきた 最近では 糖尿病モデルラットにおいて増加する眼内液中 VEGF 濃度を低下させることにより 血管透過性を抑制す 日本標準商品分類番号 872491 カリジノゲナーゼの血管新生抑制作用 カリジノゲナーゼは強力な血管拡張物質であるキニンを遊離することにより 高血圧や末梢循環障害の治療に広く用いられてきた 最近では 糖尿病モデルラットにおいて増加する眼内液中 VEGF 濃度を低下させることにより 血管透過性を抑制することが示されたが 血管新生に対するカリジノゲナーゼの影響を評価した報告はない そこで今回 網膜血管新生に対するカリジノゲナーゼの役割を同定するため

More information

PanaceaGel ゲル内細胞の観察 解析方法 1. ゲル内細胞の免疫染色 蛍光観察の方法 以下の 1-1, 1-2 に関して ゲルをスパーテルなどで取り出す際は 4% パラホルムアルデヒドで固定してから行うとゲルを比較的簡単に ( 壊さずに ) 取り出すことが可能です セルカルチャーインサートを

PanaceaGel ゲル内細胞の観察 解析方法 1. ゲル内細胞の免疫染色 蛍光観察の方法 以下の 1-1, 1-2 に関して ゲルをスパーテルなどで取り出す際は 4% パラホルムアルデヒドで固定してから行うとゲルを比較的簡単に ( 壊さずに ) 取り出すことが可能です セルカルチャーインサートを 1. ゲル内細胞の免疫染色 蛍光観察の方法 以下の 1-1, 1-2 に関して ゲルをスパーテルなどで取り出す際は 4% パラホルムアルデヒドで固定してから行うとゲルを比較的簡単に ( 壊さずに ) 取り出すことが可能です セルカルチャーインサートを用いた培養ではインサート底面をメス等で切り取ることで またウェルプレートを用いた培養ではピペットの水流でゲル ( 固定後 ) を底面から浮かすことで 回収しやすくなります

More information

糖鎖の新しい機能を発見:補体系をコントロールして健康な脳神経を維持する

糖鎖の新しい機能を発見:補体系をコントロールして健康な脳神経を維持する 糖鎖の新しい機能を発見 : 補体系をコントロールして健康な脳神経を維持する ポイント 神経細胞上の糖脂質の糖鎖構造が正常パターンになっていないと 細胞膜の構造や機能が障害されて 外界からのシグナルに対する反応や攻撃に対する防御反応が異常になることが示された 細胞膜のタンパク質や脂質に結合している糖鎖の役割として 補体の活性のコントロールという新規の重要な機能が明らかになった 糖脂質の糖鎖が欠損すると

More information

untitled

untitled ORYZA POLYAMINE ORYZA POLYAMINE -P -PC -LC 1. Ver.1.0 MM ver. 1.0MM 1) Roseeuw D.I. et al., Epidermal keratinocytes actively maintain their intracellular polyamine levels. Cell Tissue Kinet. 16, 493-504

More information

Microsoft Word - FHA_13FD0159_Y.doc

Microsoft Word - FHA_13FD0159_Y.doc 1 要約 Pin1 inhibitor PiB prevents tumor progression by inactivating NF-κB in a HCC xenograft mouse model (HCC 皮下移植マウスモデルにおいて Pin1 インヒビターである PiB は NF-κB 活性を低下させることにより腫瘍進展を抑制する ) 千葉大学大学院医学薬学府先端医学薬学専攻 ( 主任

More information

られる 糖尿病を合併した高血圧の治療の薬物治療の第一選択薬はアンジオテンシン変換酵素 (ACE) 阻害薬とアンジオテンシン II 受容体拮抗薬 (ARB) である このクラスの薬剤は単なる降圧効果のみならず 様々な臓器保護作用を有しているが ACE 阻害薬や ARB のプラセボ比較試験で糖尿病の新規

られる 糖尿病を合併した高血圧の治療の薬物治療の第一選択薬はアンジオテンシン変換酵素 (ACE) 阻害薬とアンジオテンシン II 受容体拮抗薬 (ARB) である このクラスの薬剤は単なる降圧効果のみならず 様々な臓器保護作用を有しているが ACE 阻害薬や ARB のプラセボ比較試験で糖尿病の新規 論文の内容の要旨 論文題目アンジオテンシン受容体拮抗薬テルミサルタンの メタボリックシンドロームに対する効果の検討 指導教員門脇孝教授 東京大学大学院医学系研究科 平成 19 年 4 月入学 医学博士課程 内科学専攻 氏名廣瀬理沙 要旨 背景 目的 わが国の死因の第二位と第三位を占める心筋梗塞や脳梗塞などの心血管疾患を引き起こす基盤となる病態として 過剰なエネルギー摂取と運動不足などの生活習慣により内臓脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満を中心に

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 23(2009) 149. サルエイズウイルスのヒトへの感染伝播を規定する宿主制御因子の解明 武内寛明 Key words: エイズウイルス, 異種間感染, 感染症, 人畜共通感染症, 新興感染症 東京大学医科学研究所感染症国際研究センター微生物学分野 緒言ヒト後天性免疫不全症候群 ( ヒトエイズ ) は, ヒト免疫不全ウイルス (HIV) によって引き起こされる慢性持続感染症である.

More information

論文の内容の要旨

論文の内容の要旨 1. 2. 3. 4. 5. 6. WASP-interacting protein(wip) CR16 7. 8..pdf Adobe Acrobat WINDOWS2000 論文の内容の要旨 論文題目 WASP-interacting protein(wip) ファミリー遺伝子 CR16 の機能解析 氏名坂西義史 序 WASP(Wiskott-Aldrich syndrome protein)

More information

博第265号

博第265号 氏名 ( 本籍 ) くさま草間 かずや和哉 ( 埼玉県 ) 学位の種類博士 ( 薬学 ) 学位記番号 学位授与の日付 学位授与の要件 博第 265 号 平成 26 年 3 月 20 日 学位規則第 4 条第 1 項該当 学位論文題目妊娠成立に向けた子宮内膜間質細胞の脱落膜化と腺の成熟過程における Exchange protein directly activated by camp(epac) の役割

More information

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 松尾祐介 論文審査担当者 主査淺原弘嗣 副査関矢一郎 金井正美 論文題目 Local fibroblast proliferation but not influx is responsible for synovial hyperplasia in a mur

学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 松尾祐介 論文審査担当者 主査淺原弘嗣 副査関矢一郎 金井正美 論文題目 Local fibroblast proliferation but not influx is responsible for synovial hyperplasia in a mur 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 松尾祐介 論文審査担当者 主査淺原弘嗣 副査関矢一郎 金井正美 論文題目 Local fibroblast proliferation but not influx is responsible for synovial hyperplasia in a murine model of rheumatoid arthritis ( 論文内容の要旨 ) < 要旨

More information

<4D F736F F D20322E CA48B8690AC89CA5B90B688E38CA E525D>

<4D F736F F D20322E CA48B8690AC89CA5B90B688E38CA E525D> PRESS RELEASE(2017/07/18) 九州大学広報室 819-0395 福岡市西区元岡 744 TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139 MAIL:koho@jimu.kyushu-u.ac.jp URL:http://www.kyushu-u.ac.jp 造血幹細胞の過剰鉄が血液産生を阻害する仕組みを解明 骨髄異形成症候群の新たな治療法開発に期待 - 九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授

More information

八村敏志 TCR が発現しない. 抗原の経口投与 DO11.1 TCR トランスジェニックマウスに経口免疫寛容を誘導するために 粗精製 OVA を mg/ml の濃度で溶解した水溶液を作製し 7 日間自由摂取させた また Foxp3 の発現を検討する実験では RAG / OVA3 3 マウスおよび

八村敏志 TCR が発現しない. 抗原の経口投与 DO11.1 TCR トランスジェニックマウスに経口免疫寛容を誘導するために 粗精製 OVA を mg/ml の濃度で溶解した水溶液を作製し 7 日間自由摂取させた また Foxp3 の発現を検討する実験では RAG / OVA3 3 マウスおよび ハチムラサトシ 八村敏志東京大学大学院農学生命科学研究科食の安全研究センター准教授 緒言食物に対して過剰あるいは異常な免疫応答が原因で起こる食物アレルギーは 患者の大部分が乳幼児であり 乳幼児が特定の食物を摂取できないことから 栄養学的 精神的な問題 さらには保育 教育機関の給食において 切実な問題となっている しかしながら その発症機序はまだ不明な点が多く また多くの患者が加齢とともに寛解するものの

More information

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 花房俊昭 宮村昌利 副査副査 教授教授 朝 日 通 雄 勝 間 田 敬 弘 副査 教授 森田大 主論文題名 Effects of Acarbose on the Acceleration of Postprandial

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 花房俊昭 宮村昌利 副査副査 教授教授 朝 日 通 雄 勝 間 田 敬 弘 副査 教授 森田大 主論文題名 Effects of Acarbose on the Acceleration of Postprandial ( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 花房俊昭 宮村昌利 副査副査 朝 日 通 雄 勝 間 田 敬 弘 副査 森田大 主論文題名 Effects of Acarbose on the Acceleration of Postprandial Hyperglycemia-Induced Pathological Changes Induced by Intermittent

More information

Isotope News 2017年10月号 No.753

Isotope News 2017年10月号 No.753 Ishioka Noriko ₁ はじめに RI RI RI RI ₂ 悪性褐色細胞腫と治療の現状 3,000 90 I meta- Iiodo-benzylguanidine I-MIBG 1 ₃ α 線の標的アイソトープ治療 2016 6 223 RaCl2 223 Ra 223 Ra 14 表 1 α 線と β 線の違い -decay (42%) Eα = 5.9 MeV At 7.2 h EC

More information

Microsoft Word - Ⅲ-11. VE-1 修正後 3.14.doc

Microsoft Word - Ⅲ-11. VE-1 修正後 3.14.doc 平成 18 年度厚生労働科学研究費補助金 ( 循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業 ) 日本人の食事摂取基準 ( 栄養所要量 ) の策定に関する研究 主任研究者柴田克己滋賀県立大学教授 Ⅲ. 分担研究者の報告書 11. 高 α- トコフェロールあるいは高 γ- トコフェロール摂取に伴うビタミン E の 血中濃度変化と運動トレーニングの影響 分担研究者森口覚 山口県立大学教授 研究要旨ビタミン E

More information

はじめてのリアルタイムPCR

はじめてのリアルタイムPCR はじめてのリアルタイム PCR 1. はじめにリアルタイム PCR 法は PCR 増幅産物の増加をリアルタイムでモニタリングし 解析する技術です エンドポイントで PCR 増幅産物を確認する従来の PCR 法に比べて 1DNA や RNA の正確な定量ができること 2 電気泳動が不要なので迅速かつ簡便に解析できコンタミネーションの危険性も小さいことなど多くの利点があります 今や 遺伝子発現解析や SNP

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

Microsoft Word ab205921_自動染色プロトコール_YU_IS.docx

Microsoft Word ab205921_自動染色プロトコール_YU_IS.docx 抗 PD-L1 抗体 [clone 28-8] 動免疫組織染 装置別プロトコール PD-L1 RabMAb [clone 28-8] (ab205921) BioGenex 社 i6000( オフライン抗原賦活化 ) Leica 社 BOND RX( オンライン抗原賦活化 ) Ventana 社 Ultra( オフライン抗原賦活化 ) Dako 社 Omnis BioGenex 社 i6000 プロトコール

More information

く 細胞傷害活性の無い CD4 + ヘルパー T 細胞が必須と判明した 吉田らは 1988 年 C57BL/6 マウスが腹腔内に移植した BALB/c マウス由来の Meth A 腫瘍細胞 (CTL 耐性細胞株 ) を拒絶すること 1991 年 同種異系移植によって誘導されるマクロファージ (AIM

く 細胞傷害活性の無い CD4 + ヘルパー T 細胞が必須と判明した 吉田らは 1988 年 C57BL/6 マウスが腹腔内に移植した BALB/c マウス由来の Meth A 腫瘍細胞 (CTL 耐性細胞株 ) を拒絶すること 1991 年 同種異系移植によって誘導されるマクロファージ (AIM ( 様式甲 5) 氏 名 山名秀典 ( ふりがな ) ( やまなひでのり ) 学 位 の 種 類 博士 ( 医学 ) 学位授与番号 甲 第 号 学位審査年月日 平成 26 年 7 月 30 日 学位授与の要件 学位規則第 4 条第 1 項該当 Down-regulated expression of 学位論文題名 monocyte/macrophage major histocompatibility

More information

一次サンプル採取マニュアル PM 共通 0001 Department of Clinical Laboratory, Kyoto University Hospital その他の検体検査 >> 8C. 遺伝子関連検査受託終了項目 23th May EGFR 遺伝子変異検

一次サンプル採取マニュアル PM 共通 0001 Department of Clinical Laboratory, Kyoto University Hospital その他の検体検査 >> 8C. 遺伝子関連検査受託終了項目 23th May EGFR 遺伝子変異検 Department of Clinical Laboratory, Kyoto University Hospital 6459 8. その他の検体検査 >> 8C. 遺伝子関連検査受託終了項目 23th May. 2017 EGFR 遺伝子変異検査 ( 院内測定 ) c-erbb/egfr [tissues] 基本情報 8C051 c-erbb/egfr JLAC10 診療報酬 分析物 識別材料測定法

More information

の感染が阻止されるという いわゆる 二度なし現象 の原理であり 予防接種 ( ワクチン ) を行う根拠でもあります 特定の抗原を認識する記憶 B 細胞は体内を循環していますがその数は非常に少なく その中で抗原に遭遇した僅かな記憶 B 細胞が著しく増殖し 効率良く形質細胞に分化することが 大量の抗体産

の感染が阻止されるという いわゆる 二度なし現象 の原理であり 予防接種 ( ワクチン ) を行う根拠でもあります 特定の抗原を認識する記憶 B 細胞は体内を循環していますがその数は非常に少なく その中で抗原に遭遇した僅かな記憶 B 細胞が著しく増殖し 効率良く形質細胞に分化することが 大量の抗体産 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE 1-3 KAGURAZAKA, SHINJUKU-KU, TOKYO 162-8601, JAPAN Phone: +81-3-5228-8107 報道関係各位 2018 年 8 月 6 日 免疫細胞が記憶した病原体を効果的に排除する機構の解明 ~ 記憶 B 細胞の二次抗体産生応答は IL-9 シグナルによって促進される ~ 東京理科大学 研究の要旨東京理科大学生命医科学研究所

More information

Human Housekeeping Gene Primer Set, Mouse Housekeeping Gene Primer Set, Rat Housekeeping Gene Primer Set

Human Housekeeping Gene Primer Set, Mouse Housekeeping Gene Primer Set, Rat Housekeeping Gene Primer Set 研究用 Human Housekeeping Gene Primer Set ( 製品コード 3790) Mouse Housekeeping Gene Primer Set ( 製品コード 3791) Rat Housekeeping Gene Primer Set ( 製品コード 3792) 説明書 v201710da 通常 リアルタイム RT-PCR による遺伝子発現解析は相対定量により行われ

More information

スライド 1

スライド 1 新技術で分離した ヒト骨質由来微小幹細胞の医療応用 薗田精昭 関西医科大学大学院医学研究科先端医療学専攻修復医療応用系幹細胞生物学 2001 背景 (1): 微小幹細胞とは Journal of Cellular Biochemistry 80;455-460(2001) 微小幹細胞に関する最初の報告生体の組織内に非常に小さな spore-like stem cell が存在することが初めて報告された

More information

日本消化器外科学会雑誌第29巻第9号

日本消化器外科学会雑誌第29巻第9号 Table 1 Oligonucleotide primers used for RT-PCR and internal probes used for Southern blot hybridization Cytokine Primer Sequence (5'-3') 5' 3' Internal probe s' 3' Internal probe 5' 3' Internal probe

More information

妊娠認識および胎盤形成時のウシ子宮におけるI型IFNシグナル調節機構に関する研究 [全文の要約]

妊娠認識および胎盤形成時のウシ子宮におけるI型IFNシグナル調節機構に関する研究 [全文の要約] Title 妊娠認識および胎盤形成時のウシ子宮における I 型 IFN シグナル調節機構に関する研究 [ 全文の要約 ] Author(s) 白水, 貴大 Issue Date 2017-03-23 Doc URL http://hdl.handle.net/2115/65952 Type theses (doctoral - abstract of entire text) Note この博士論文全文の閲覧方法については

More information

ABSTRACT

ABSTRACT タイトル DKK4 の Wnt シグナル伝達経路への影響と腎癌におけるその有効性について The effect of DKK4 in Wnt signaling pathways and role in human renal cancer 所属氏名山口大学医学部医学研究科平田寛 Yamaguchi University Graduate School of Medicine 派遣期間 2005 年

More information

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No.

Ⅱ. 用語の操作的定義 Ⅲ. 対象と方法 1. 対象 WAM NET 2. 調査期間 : 3. 調査方法 4. 調査内容 5. 分析方法 FisherMann-Whitney U Kruskal-Wallis SPSS. for Windows 6. 倫理的配慮 Vol. No. 研究報告 The Relation Between the Manager s Administrative Abilities Including Business Activities in Visiting Nursing Stations and the Station s Financial Profits Chisato Fujii Akiko Akama Mariko Ohtake Ikuko

More information

インプラント周囲炎を惹起してから 1 ヶ月毎に 4 ヶ月間 放射線学的周囲骨レベル probing depth clinical attachment level modified gingival index を測定した 実験 2: インプラント周囲炎の進行状況の評価結紮線によってインプラント周囲

インプラント周囲炎を惹起してから 1 ヶ月毎に 4 ヶ月間 放射線学的周囲骨レベル probing depth clinical attachment level modified gingival index を測定した 実験 2: インプラント周囲炎の進行状況の評価結紮線によってインプラント周囲 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 MADI Marwa Ibrahim Khalil Ibrahim 論文審査担当者 主査和泉雄一 副査山口朗寺島達夫 論文題目 The Influence of different implant surface modifications on peri-implantitis progression and treatment ( 論文内容の要旨 ) ( 緒言

More information

ChIP Reagents マニュアル

ChIP Reagents マニュアル ChIP Reagents ~ クロマチン免疫沈降 (ChIP) 法用ストック溶液セット ~ マニュアル ( 第 1 版 ) Code No. 318-07131 NIPPON GENE CO., LTD. 目次 Ⅰ 製品説明 1 Ⅱ セット内容 1 Ⅲ 保存 2 Ⅳ 使用上の注意 2 Ⅴ 使用例 2 < 本品以外に必要な試薬 機器など> 2 1) 磁気ビーズと一次抗体の反応 3 2)-1 細胞の調製

More information

PRESS RELEASE (2014/2/6) 北海道大学総務企画部広報課 札幌市北区北 8 条西 5 丁目 TEL FAX URL:

PRESS RELEASE (2014/2/6) 北海道大学総務企画部広報課 札幌市北区北 8 条西 5 丁目 TEL FAX URL: PRESS RELEASE (2014/2/6) 北海道大学総務企画部広報課 060-0808 札幌市北区北 8 条西 5 丁目 TEL 011-706-2610 FAX 011-706-2092 E-mail: kouhou@jimu.hokudai.ac.jp URL: http://www.hokudai.ac.jp クワガタムシの雌雄差を生み出す遺伝子の同定に成功 研究成果のポイント クワガタムシで雌雄差を生み出す遺伝子を同定した

More information

dr

dr 成人および小児膜性腎症における M-type ホスホリパーゼ A2 受容体の免疫組織学的検出 東京女子医科大学腎臓病総合医療センター病理検査室 堀田茂 はじめに膜性腎症は 糸球体基底膜上皮下に形成される免疫複合体により糸球体上皮障害が惹起される糸球体腎炎である 本邦においては 成人ネフローゼ症候群の原因では膜性腎症が一番多く約 35% を占め 小児では少なく 1%~7% と報告されている 発症年齢は

More information

NEWS RELEASE 東京都港区芝 年 3 月 24 日 ハイカカオチョコレート共存下におけるビフィズス菌 BB536 の増殖促進作用が示されました ~ 日本農芸化学会 2017 年度大会 (3/17~

NEWS RELEASE 東京都港区芝 年 3 月 24 日 ハイカカオチョコレート共存下におけるビフィズス菌 BB536 の増殖促進作用が示されました ~ 日本農芸化学会 2017 年度大会 (3/17~ NEWS RELEASE 東京都港区芝 5-33- 8-8403 http://www.morinaga.co.jp 207 年 3 月 24 日 ハイカカオチョコレート共存下におけるビフィズス菌 BB536 の増殖促進作用が示されました ~ 日本農芸化学会 207 年度大会 (3/7~20) にて発表 ~ 森永製菓株式会社 ( 東京都港区芝 代表取締役社長 新井徹 ) では 近年高まる健康需要を受けて

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5 10 11 12 1 2 1 2 1 2 13 14 3 17 15 1 2 3 D Usefulness of Tc-99m MIBI SPECT in predicting multidrug resistance gene expression level in non-small cell lung cancer a preliminary

More information

Microsoft PowerPoint

Microsoft PowerPoint ニコチン受容体を介するステロイド産生幹細胞の分化制御 矢澤隆志 ( 旭川医科大学生化学講座細胞制御科学分野 ) コレステロール StAR コレステロール CYP11A1 プレグネノロン CYP17A1 17α-OH pregnenolone CYP17A1 DHEA 生殖腺 3β-HSD CYP19A1 プロゲステロン 17α-OH progesterone Androstenedione Estrone

More information

大学院博士課程共通科目ベーシックプログラム

大学院博士課程共通科目ベーシックプログラム 平成 30 年度医科学専攻共通科目 共通基礎科目実習 ( 旧コア実習 ) 概要 1 ). 大学院生が所属する教育研究分野における実習により単位認定可能な実習項目 ( コア実習項目 ) 1. 組換え DNA 技術実習 2. 生体物質の調製と解析実習 3. 薬理学実習 4. ウイルス学実習 5. 免疫学実習 6. 顕微鏡試料作成法実習 7. ゲノム医学実習 8. 共焦点レーザー顕微鏡実習 2 ). 実習を担当する教育研究分野においてのみ単位認定可能な実習項目

More information

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 森脇真一 井上善博 副査副査 教授教授 東 治 人 上 田 晃 一 副査 教授 朝日通雄 主論文題名 Transgene number-dependent, gene expression rate-independe

( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 教授 森脇真一 井上善博 副査副査 教授教授 東 治 人 上 田 晃 一 副査 教授 朝日通雄 主論文題名 Transgene number-dependent, gene expression rate-independe ( 様式甲 5) 学位論文内容の要旨 論文提出者氏名 論文審査担当者 主査 森脇真一 井上善博 副査副査 東 治 人 上 田 晃 一 副査 朝日通雄 主論文題名 Transgene number-dependent, gene expression rate-independent rejection of D d -, K d -, or D d K d -transgened mouse skin

More information

VENTANA PD-L1 SP142 Rabbit Monoclonal Antibody OptiView PD-L1 SP142

VENTANA PD-L1 SP142 Rabbit Monoclonal Antibody OptiView PD-L1 SP142 VENTANA PD-L1 SP142 Rabbit Monoclonal Antibody OptiView PD-L1 SP142 2 OptiView PD-L1 SP142 OptiView PD-L1 SP142 OptiView PD-L1 SP142 PD-L1 OptiView PD-L1 SP142 PD-L1 OptiView PD-L1 SP142 PD-L1 OptiView

More information

日本消化器外科学会雑誌第25巻第11号

日本消化器外科学会雑誌第25巻第11号 Key words: intestinal nerve plexus, hypoxic perfusion, immunohistochemistry, 5-100 protein Table I (A) Sroo staining reactivity of nerve tissue normal partly mildly declined all mildly declined partly

More information

<4D F736F F D208A7788CA90528DB895F18D908F912097E996D893DE8C8E2E646F63>

<4D F736F F D208A7788CA90528DB895F18D908F912097E996D893DE8C8E2E646F63> 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 鈴木奈月 論文審査担当者 主査小野卓史副査春日井昇平 岸田晶夫 論文題目 A threshold of mechanical strain intensity for the direct activation of osteoblast function exists in a murine maxilla loading model ( 論文の内容の要旨 )

More information

( 図 ) IP3 と IRBIT( アービット ) が IP3 受容体に競合して結合する様子

( 図 ) IP3 と IRBIT( アービット ) が IP3 受容体に競合して結合する様子 60 秒でわかるプレスリリース 2006 年 6 月 23 日 独立行政法人理化学研究所 独立行政法人科学技術振興機構 細胞内のカルシウムチャネルに情報伝達を邪魔する 偽結合体 を発見 - IP3 受容体に IP3 と競合して結合するタンパク質 アービット の機能を解明 - 細胞分裂 細胞死 受精 発生など 私たちの生の営みそのものに関わる情報伝達は 細胞内のカルシウムイオンの放出によって行われています

More information

研究成果報告書

研究成果報告書 様式 C-19 F-19 Z-19( 共通 ) 1. 研究開始当初の背景これまでバソプレッシンやオキシトシンは雌性生殖器 すなわち子宮や卵巣への作用が注目され臨床薬物の開発も行われてきたが 雄性生殖器への作用については依然として不明な点が多い そこで本研究では雄性生殖機能に注目してバソプレッシン受容体の機能解明を目的とする バソプレッシンは 9 つのアミノ酸から構成されるペプチドホルモンで 脳下垂体後葉から血液中に分泌された後

More information

A STUDY ON GENITAL SKIN ANDROGEN RECEPTOR BY DISPERSED CELL METHOD Yasukazu Sen and Masaaki Morioka Department of Urology, Kochi Medical School, Nankoku, Japan (Director: Prof. Yukitoshi Fujita) Yoshiteru

More information

<4D F736F F D20834E E815B82CC8DEC90BB B835A838B838D815B835882F08E E646F6378>

<4D F736F F D20834E E815B82CC8DEC90BB B835A838B838D815B835882F08E E646F6378> 17/09/15 版 Muse 細胞の特性解析 目次 1. poly-hema コート処理 1 2. メチルセルロースを用いた bulk でのクラスターの作製 2 3. Single cell suspension culture におけるクラスターの作製 3 4. 多能性の検証 1 アルカリフォスファターゼ染色 4 5. 多能性の検証 2 Gelatin 上でのクラスターの培養 5 6. RT-PCR

More information

今後の展開現在でも 自己免疫疾患の発症機構については不明な点が多くあります 今回の発見により 今後自己免疫疾患の発症機構の理解が大きく前進すると共に 今まで見過ごされてきたイントロン残存の重要性が 生体反応の様々な局面で明らかにされることが期待されます 図 1 Jmjd6 欠損型の胸腺をヌードマウス

今後の展開現在でも 自己免疫疾患の発症機構については不明な点が多くあります 今回の発見により 今後自己免疫疾患の発症機構の理解が大きく前進すると共に 今まで見過ごされてきたイントロン残存の重要性が 生体反応の様々な局面で明らかにされることが期待されます 図 1 Jmjd6 欠損型の胸腺をヌードマウス PRESS RELEASE(2015/11/05) 九州大学広報室 819-0395 福岡市西区元岡 744 TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139 MAIL:koho@jimu.kyushu-u.ac.jp URL:http://www.kyushu-u.ac.jp 免疫細胞が自分自身を攻撃しないために必要な新たな仕組みを発見 - 自己免疫疾患の発症機構の解明に期待 -

More information

培養歯髄細胞を骨欠損部に自家移植することによる骨治 Title 癒に与える影響 Author(s) 松岡, 海地 Journal, (): - URL http://hdl.handle.net/10130/28 Right Posted at the Institutional Resources for Unique Colle Available from http://ir.tdc.ac.jp/

More information

nsg01-04/ky191063169900010781

nsg01-04/ky191063169900010781 β α β β α α β β β β β Ω Ω β β β β β α β δ β β β β A A β β β β 図 1 膵島内 β 細胞の電気的活動と膵島細胞内 Ca 2+ 濃度の変動. A は膵島内の β 細胞に微小電極 (300MΩ) を刺入して得た細胞内記録である. 実験中の細胞外灌流液は 36 に保たれた Krebs-Ringer-bicarbonate 溶液 (135mM Na

More information

能書単頁9[1].5(2)

能書単頁9[1].5(2) ips CytoTune -ips ver.1.0 1 I CytoTune ips 3 II 3 3 4 5 III CytoTune ips ips 6 6 6 6 7 1) 2) ips 8 ips 8 SeV 9 SeV 10 IV Q&A 11 V 12 12 VI...13 13...13 2 I CytoTune ips CytoTune ips 4 OCT3/4SOX2 KLF4c

More information

胞運命が背側に運命変換することを見いだしました ( 図 1-1) この成果は IP3-Ca 2+ シグナルが腹側のシグナルとして働くことを示すもので 研究チームの粂昭苑研究員によって米国の科学雑誌 サイエンス に発表されました (Kume et al., 1997) この結果によって 初期胚には背腹

胞運命が背側に運命変換することを見いだしました ( 図 1-1) この成果は IP3-Ca 2+ シグナルが腹側のシグナルとして働くことを示すもので 研究チームの粂昭苑研究員によって米国の科学雑誌 サイエンス に発表されました (Kume et al., 1997) この結果によって 初期胚には背腹 報道発表資料 2002 年 5 月 16 日 独立行政法人理化学研究所 科学技術振興事業団 生物の 腹 と 背 を分けるメカニズムの一端を解明 - 体軸形成を担うカルシウムシグナルの標的遺伝子を発見 - 理化学研究所 ( 小林俊一理事長 ) と科学技術振興事業団 ( 沖村憲樹理事長 ) は 東京大学と共同で 生物の初期発生時において 腹 と 背 を決める情報伝達に使われるカルシウムシグナルのメカニズムの一端を明らかにしました

More information

Taro-kv12250.jtd

Taro-kv12250.jtd ニューカッスル病 マレック病 ( ニューカッスル病ウイルス由来 F 蛋白遺伝子導入マレック病ウイルス 1 型 ) 凍結生ワクチン 平成 22 年 8 月 12 日 ( 告示第 2288 号 ) 新規追加 ニューカッスル病ウイルスのF 蛋白をコードする遺伝子を弱毒マレック病ウイルス (1 型 ) に挿入して得られた組換え体ウイルスを培養細胞で増殖させて得た感染細胞浮遊液を凍結したワクチンである 1 小分製品の試験

More information

研究成果報告書

研究成果報告書 21 5 28 2007 2008 CARElk CARPXR CAR CAR EST cdna CAR CAR 10FCS 96 SW480 HepG2 anti-lamin A/C anti-phospho-histone H3 anti-cyclin D1 G1 anti-cyclin A S CAR lamin A/C CAR Fig. 1 Lamin A/C /G1 lamin A/C G1

More information

別紙 < 研究の背景と経緯 > 自閉症は 全人口の約 2% が罹患する非常に頻度の高い神経発達障害です 近年 クロマチンリモデ リング因子 ( 5) である CHD8 が自閉症の原因遺伝子として同定され 大変注目を集めています ( 図 1) 本研究グループは これまでに CHD8 遺伝子変異を持つ

別紙 < 研究の背景と経緯 > 自閉症は 全人口の約 2% が罹患する非常に頻度の高い神経発達障害です 近年 クロマチンリモデ リング因子 ( 5) である CHD8 が自閉症の原因遺伝子として同定され 大変注目を集めています ( 図 1) 本研究グループは これまでに CHD8 遺伝子変異を持つ PRESS RELEASE(2018/05/16) 九州大学広報室 819-0395 福岡市西区元岡 744 TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139 MAIL:koho@jimu.kyushu-u.ac.jp URL:http://www.kyushu-u.ac.jp 九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授と名古屋市立大学薬学研究科の喜多泰之助 教 白根道子教授 金沢大学医薬保健研究域医学系の西山正章教授らの研究グループは

More information

Peroxisome Proliferator-Activated Receptor a (PPARa)アゴニストの薬理作用メカニズムの解明

Peroxisome Proliferator-Activated Receptor a (PPARa)アゴニストの薬理作用メカニズムの解明 インスリンによる脂肪細胞の数とサイズの制御機構の解明 Clarification of Regulatory Mechanisms for Determining Number and Size of Adipocytes by Insulin 平成 25 年度論文博士申請者 指導教員 伊藤実 (Ito, Minoru) 本島清人 肥満は糖尿病 脂質異常症 高血圧 動脈硬化症などの生活習慣病の基盤となるリスクファクターである

More information

Untitled

Untitled 上原記念生命科学財団研究報告集, 23(2009) 176. 遺伝子導入を用いた精子形成の試みと男子不妊症臨床応用に向けた基礎的研究 小島祥敬 Key words: 男子不妊症, 精子形成, 遺伝子導入 名古屋市立大学大学院医学研究科腎 泌尿器科学分野 緒言 Ad4BP/SF-1(Ad4 Binding Protein/Steroidogenic Factor 1) および DAX-1(dosage-sensitive

More information

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル

コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲンを用いる細胞培養マニュアル コラーゲン ゲル マトリックス培養法 (Collagen Gel Matrix Culture) の 実際とその応用例について 目次 Ⅰ. 細胞培養について 1 Ⅰ-1. はじめに Ⅰ-2. 細胞培養の基礎 Ⅰ-3. コラーゲンを用いる細胞培養 Ⅰ-4. 細胞の基質としてのコラーゲンの役割 Ⅱ. コラーゲンについて 5 Ⅱ-1. コラーゲンの分子構造と諸性質

More information