Informatica HotFix 1 Service Pack 1 - Big Dataリリースノート( HotFix 1 Service Pack 1) - (Japanese)

Size: px
Start display at page:

Download "Informatica HotFix 1 Service Pack 1 - Big Dataリリースノート( HotFix 1 Service Pack 1) - (Japanese)"

Transcription

1 Informatica HotFix 1 Service Pack 1 Big Data リリースノート ( HotFix 1 Service Pack 1) 2019 年 9 月 著作権 Informatica LLC 1998, HotFix 1 Service Pack 1 のインストールおよびアップグレード... 3 サポートの変更... 3 システム要件の確認... 4 アップグレードの方法... 4 インストール... 4 インストール後の手順 に統合された緊急修正 HotFix 1 Service Pack HotFix 1 Service Pack 1 で解消された制限事項... 7 アプリケーションサービスの既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) Big Data Management で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) Big Data Streaming で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) ドメインで解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) プロファイルおよびスコアカードの解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) サードパーティ製品で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) HotFix 1 Service Pack 1 の既知の制限事項 Big Data Management の既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) HotFix1 で解消された制限事項 Big Data Management で解消された制限事項 ( HotFix 1) Big Data Streaming で解消された制限事項 ( HotFix 1) Developer tool の解消された制限事項 ( HotFix 1) Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( HotFix 1) Enterprise Data Preparation で解消された制限事項 ( HotFix 1) サードパーティ製品で解消された制限事項 ( HotFix 1) HotFix1 の既知の制限事項 Big Data Management の既知の制限事項 ( HotFix 1) Big Data Streaming の既知の制限事項 ( HotFix 1) Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( HotFix 1)

2 Web サービスの既知の制限事項 ( HotFix 1) サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( HotFix 1) Service Pack 1 で解消された制限事項 Big Data Management で解消された制限事項 ( Service Pack 1) Big Data Quality で解消された制限事項 ( Service Pack 1) Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( Service Pack 1) サードパーティ製品で解消された制限事項 ( Service Pack 1) Service Pack 1 の既知の制限事項 アプリケーションサービスの既知の制限事項 ( Service Pack 1) Big Data Management の既知の制限事項 ( Service Pack 1) Big Data Streaming の既知の制限事項 ( Service Pack 1) Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( Service Pack 1) Enterprise Data Preparation の既知の制限事項 ( Service Pack 1) サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( Service Pack 1) の解消された制限事項と実装された拡張要求 アプリケーションサービスの解消された制限事項 (10.2.2) Big Data Management 解消された制限事項 (10.2.2) Developer tool の解消された制限事項 (10.2.2) Enterprise Data Catalog の解消された制限事項と実装された拡張要求 (10.2.2) Enterprise Data Lake の解消された制限事項 (10.2.2) マッピングおよびワークフローの解消された制限事項と実装された拡張 (10.2.2) パラメータの解消された制限事項 (10.2.2) プロファイルおよびスコアカードの解消された制限事項 (10.2.2) セキュリティの解消された制限事項 (10.2.2) サードパーティ製品で解消された制限事項 (10.2.2) の既知の制限事項 アプリケーションサービスの既知の制限事項 (10.2.2) Big Data Management 既知の制限事項 (10.2.2) Big Data Streaming の既知の制限事項 (10.2.2) Developer tool の既知の制限事項 (10.2.2) Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 (10.2.2) Enterprise Data Lake の既知の制限事項 (10.2.2) プロファイルおよびスコアカードの既知の制限事項 (10.2.2) サードパーティ製品に関する既知の制限事項 (10.2.2)

3 ワークフローの既知の制限事項 (10.2.2) このドキュメントには と HotFix 1 Service Pack 1 までのすべてのホットフィックスとサービスパックの制限付きの機能 既知の制限事項 解消されたについての重要な情報が記載されています HotFix 1 Service Pack 1 のインストールおよびアップグレード Informatica HotFix 1 Service Pack 1 には複数の緊急修正が含まれています このサービスパックは Big Data Management Big Data Streaming Enterprise Data Catalog Enterprise Data Preparation および Big Data Quality をサポートしています サービスパックを入手するには Informatica グローバルカスタマサポートにお問い合わせください サポートの変更 ここでは バージョン HotFix 1 Service Pack 1 のサポートの変更点についてします ディストリビューションのサポート Informatica Big Data 製品は次のディストリビューションをサポートしています Amazon EMR Azure HDInsight Azure Databricks Cloudera CDH Google Cloud Dataproc Hortonworks HDP MapR 各リリースで 非ネイティブディストリビューションおよびディストリビューションバージョンのサポートが追加 保留 削除される可能性があります 将来のリリースで保留していたバージョンのサポートを再開する可能性があります サポートされるバージョンの最新リストを確認するには 次の Informatica カスタマポータルの製品可用性マトリックスを参照してください テクニカルプレビューサポート テクニカルプレビューが開始 バージョン HotFix 1 Service Pack 1 では Informatica にテクニカルプレビュー用の次の機能が含まれています Hive Warehouse Connector Spark コードで Hive テーブルの操作を行えるようにするには Hortonworks HDP 3.1 を使用する Hive Warehouse Connector を Informatica Big Data 製品で使用してください

4 評価目的でのテクニカルプレビュー機能はサポートされていますが 保証対象外で本番環境には対応していません 非本番環境でのみ使用することをお勧めします Informatica では 本番環境用に次のリリースでプレビュー機能を導入するつもりですが 市場や技術的な状況の変化に応じて導入しない場合もあります 詳細については Informatica グローバルカスタマサポートにお問い合わせ下さい テクニカルプレビューが昇格 バージョン HotFix 1 Service Pack 1 では Hortonworks HDP 3.1 がテクニカルプレビューから昇格しています HDP 3.1 にアップグレードすると 管理対象の Hive テーブルに影響が及ぶ可能性があります アップグレードする前に KB 記事 What Should Big Data Customers Know About Upgrading to Hortonworks HDP 3.1? で HDP 3.1 のアップグレード情報と Cloudera の既知の制限事項を確認してください HDP 3.1 へのアップグレード計画の検証を希望される場合は Informatica グローバルカスタマーサービスまたは Cloudera プロフェッショナルサービスにお問い合わせください システム要件の確認 環境がオペレーティングシステムや Hadoop ディストリビューションなど最小システム要件を満たしていることを確認します サポートされるバージョンを最新のリストで確認するには Informatica Network ( の製品マトリックスを参照して下さい 注 : ドメインで実行されているすべての Informatica サービスとリポジトリを Informatica HotFix 1 にアップグレードしてから Informatica HotFix 1 Service Pack 1 を適用します アップグレードの方法 HotFix 1 より前のバージョンを使用している場合 まず HotFix 1 にアップグレードしてから HotFix 1 Service Pack 1 を適用する必要があります 注 : サポート EOL ステートメントの詳細については Informatica グローバルカスタマーサポートに問い合わせるか を参照してください インストール サービスパックを適用するには インストーラファイルをダウンロードし Input.properties ファイルを更新して インストーラを実行します インストーラを実行して すべての製品コンポーネントや単体の製品コンポーネントを適用したりロールバックしたりすることができます サービスパックの適用またはロールバックを行ったら インストール後の手順は完了です サービスパックをロールバックするには Input.properties ファイルのロールバックプロパティを設定し インストーラを実行します

5 サービスパックファイル Informatica はサービスパックを.tar ファイル形式と.zip ファイル形式で提供しています サービスパックをダウンロードしたら ファイルコンテンツを展開します Linux および Windows インストール用のサービスパックが用意されています サービスパックには次のファイルが含まれています Input.properties サービスパックのインストール先となる Informatica インストールのルートディレクトリを特定します このファイルをディレクトリパスで更新してください このファイルには サービスパックをアンインストールする場合に設定できるロールバックプロパティも含まれています install.bat Windows マシン上の指定したディレクトリにサービスパックをインストールします このファイルは Windows インストーラ内にあります install.sh Linux マシン上の指定したディレクトリにサービスパックをインストールします このファイルは Linux インストーラ内にあります サービスパックファイルのダウンロード 1 つ以上のインストーラファイルをダウンロードし サービスパックをインストールしたり インストール後にサービスパックをロールバックしたりすることができます サービスパックを適用するには サーバーインストーラ Informatica Developer インストーラ およびコマンドラインユーティリティパッケージをダウンロードする必要があります 次のいずれかのパッケージをダウンロードします informatica_10221sp1_server_linux-x64.tar Redhat Enterprise Linux インストールのアップデートが含まれます informatica_10221sp1_server_suse11-x64.tar SUSE Linux Enterprise Server インストールのアップデートが含まれます Informatica Developer の次のパッケージをダウンロードします informatica_10221sp1_client_winem-64t.zip Developer tool インストールのアップデートが含まれます コマンドラインユーティリティの次のいずれかのパッケージをダウンロードします informatica_10221sp1_cmd_utilities_linux-x64.zip Redhat Enterprise Linux インストールのアップデートが含まれます informatica_10221sp1_cmd_utilities_suse11-x64.zip SUSE Linux Enterprise Server インストールのアップデートが含まれます Input.properties ファイルの更新 Input.properties ファイルには Informatica インストールを特定するプロパティと サービスパックイントーラファイルの実行時に行うアクションを定義するプロパティが含まれています サービスパックの

6 インストールまたはロールバックの前に これらのプロパティを更新します ダウンロードした各サービスパックのファイルを更新します 1. サービスパックファイルを展開します 2. サービスパック内の Input.properties ファイルを見つけます 3. ファイルの DEST_DIR プロパティを Informatica ルートディレクトリのパスで更新します Linux マシンでは パスを次の形式で設定します DEST_DIR=/home/infauser/<version number> Windows マシンでは パスを次の形式で設定します DEST_DIR=C:\\Informatica\\<version number> 4. ROLLBACK プロパティの値を設定します すべての製品コンポーネントや単体の製品コンポーネントにサービスパックを適用またはロールバックできます サービスパックをインストールするには デフォルト値の 0 のままにします サービスパックをロールバックするには この値を 1 に設定します サービスパックをインストールまたはロールバックするときに インストーラはデフォルトではすべてのコンポーネントを適用します 特定のコンポーネントを適用またはロールバックするには 適用するコンポーネントに関連するコメントタグ (#) を削除します Big Data Management コンポーネントの場合 BDM_ONLY を 1 に設定します Enterprise Data Catalog の場合 EDC_ONLY を 1 に設定します Enterprise Data Preparation の場合 EDP_ONLY を 1 に設定します カスタマイズされた製品アプリケーションでは個々のコンポーネントを次の順番で適用する必要があります 1. Big Data Management 2. Enterprise Data Catalog 3. Enterprise Data Preparation カスタマイズされた製品アプリケーションでは個々のコンポーネントを次の順番でロールバックする必要があります 1. Enterprise Data Preparation 2. Enterprise Data Catalog 3. Big Data Management 5. ファイルを保存し 閉じます インストーラの実行 インストール後に インストーラファイルを実行し サービスパックのインストールやロールバックを行います 1. すべての Informatica アプリケーションを閉じ すべての Informatica サービスを停止します 2. サービスパックファイル内でインストーラファイルを見つけて そのファイルを展開します Linux システムの場合 インストーラファイルは install.sh です Windows システムの場合 インストーラファイルは install.bat です

7 インストール後の手順 サービスパックを適用したら 製品に適用するインストール後のタスクを実行します アナリストサービスのインストール後の手順 サービスパックをダウンロードして適用したら 次の手順を実行します 1. アナリストサービスが実行中でないことを確認します 2. Informatica のインストール場所から次のディレクトリを削除します <Informatica ルートディレクトリ >/services/analystservice/analyst <Informatica ルートディレクトリ >/services/analystservice/analysttool <Informatica ルートディレクトリ >/services/analystservice/mappingspec <Informatica ルートディレクトリ >/tomcat/temp/< アナリストサービス名 > temp ディレクトリに複数のアナリストサービスディレクトリが含まれている場合 各アナリストサービスのディレクトリを削除します 3. アナリストサービスを再起動します 4. すべてのクライアントマシン上のブラウザキャッシュをクリアします に統合された緊急修正 HotFix 1 Service Pack 1 Informatica では 緊急修正 (EBF) をバージョン HotFix 1 Service Pack 1 に統合しました これらの EBF では 以前のリリースで見つかった問題に対する修正が提供されています バージョン HotFix 1 Service Pack 1 に統合された EBF の一覧については 次の Informatica ナレッジベースの記事を参照して下さい HotFix 1 Service Pack 1 で解消された制限事項 アプリケーションサービスの既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) OCON モデルリポジトリサービスのバージョン 10.2 から へのアップグレードが NullPointerException で失敗する Big Data Management で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください

8 以下の表に解消された制限事項を示します BDM BDM BDM Hadoop 接続を設定するときに 変更が Administrator ツールに反映されない 特定の条件下でモデルリポジトリサービスがデータ統合サービスと通信できなくなるため マッピングが失敗する Hive ターゲットテーブルが Date データ型によりパーティション化されている場合 Hortonworks HDP 3.1 クラスタで Hive ターゲットテーテーブル内のパーティションを切り詰めることができない Big Data Streaming で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された制限事項に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認下さい 以下の表に 解消された制限事項を示します IIS-3491 HDFS ターゲットファイルのファイル名で ターゲットファイルがロールオーバーされているかアクティブかどうかが示されていない ドメインで解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します PLAT Informatica サーバーの場所に INFA_CLIENT_RESILIENCE_TIMEOUT 環境変数を設定している場合 ドメインの開始に失敗する Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します EIC EIC Google BigQuery リソースが SELECT クエリで ELSE 式のない CASE 式をサポートしていない プロファイリングスキャナが Oracle リソースをスキャンしたときに NULL ポインタ例外が表示される

9 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC Amazon S3 リソース SFTP オプションを使用したファイルシステムリソース または Microsoft Azure Blob Storage リソースを実行すると.tsv ファイルまたはタブ区切り値ファイルのプロファリイングが失敗する 次の条件に当てはまる場合 正しくない結果が表示される 1. ローカルファイルシステムリソースを作成している 2. リソースに区切りテキストファイルをインポートしている 3. リソースを実行している 接続がパラメータ化されており 複数のパラメータファイルが渡された場合 Informatica Platform リソースの接続詳細が Enterprise Data Catalog で完全には抽出されない Microsoft Internet Explorer ブラウザを使用しているときに Enterprise Data Catalog でカスタム属性値が... と誤って表示される場合がある SELECT クエリで CAST 式が使用されている場合 Google BigQuery リソースが NULL ポインタ例外で失敗する フィールド名に - が含まれる JSON ファイルがあるファイルシステムリソースを実行する場合 そのファイルの値の頻度が表示されない カスタム属性を CSV ファイルにエクスポートする前に [ カスタム属性のエクスポート ] ダイアログボックスでカスタム属性をソートできない プロファイルおよびスコアカードの解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します IDE-4264 IDE-4253 IDE-4221 IDE-4214 Analyst ツールのプロファイルに Hadoop ランタイム環境を選択すると [Hadoop 接続の選択 ] ダイアログボックスにすべての接続が表示されるが この中には 必要な権限を持っていない接続も含まれる 次の条件が当てはまる場合に スコアカードに重複したメトリックが表示される 1. Developer tool で スコアカードを作成して保存した 2. スコアカードを開き メトリックを追加し スコアカードを保存した 3. スコアカードを再び開いた 次の条件が当てはまる場合に 電子メール通知にメトリック名が 2 回表示され 現在のスコアと以前のスコアが表示される 1. スコアカードを作成し メトリックにスコアを割り当て スコアカードを保存した 2. 同じメトリックに別のスコアを割り当て スコアカードを実行した 論理データオブジェクトのステージング済みプロファイル結果でドリルダウンを実行すると 誤ったドリルダウン結果が表示される

10 サードパーティ製品で解消された制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します BDM Spark エンジンが Hortonworks HDP 3.1 クラスタで外部のパーティション化された Hive テーブルを切り詰める処理が失敗する HotFix 1 Service Pack 1 の既知の制限事項 Big Data Management の既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 次の表に 既知の制限事項を示します BDM Spark エンジンで同時マッピングを実行している場合 一部のマッピングが次のエラーで失敗する java.util.concurrentmodificationexception Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 次の表に 既知の制限事項を示します EIC リソースに対するデフォルトの権限を Catalog Administrator のユーザーとグループに付与できない

11 サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( HotFix 1 Service Pack 1) 以下の表にサードパーティの既知の制限事項を示します OCON BDM ADLS Gen2 をストレージとして使用する Azure HDInsight クラスタで Sqoop マッピングを実行すると Spark エンジンでマッピングが失敗する Microsoft チケットの参照番号 : Azure HDInsight ADLS Gen2 クラスタで マッピングが次のエラーで失敗する java.io.ioexception: Resource abfs:// SPARK_hdssh/.sparkStaging/application_ _0001/log4j_infa_spark.properties changed on src filesystem (expected , was Microsoft チケットの参照番号 : 回避策 : クライアントマシンとクラスタマシンのタイムゾーンが一致している必要があります クライアントマシンとクラスタマシンのタイムゾーンが一致していることを確認するには 次のタスクを実行します 1. クライアントマシンで 以下のコマンドを実行します setenv TZ <cluster time zone> 2. ドメインを再起動します HotFix1 で解消された制限事項 Big Data Management で解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します OCON OCON OCON OCON Hortonworks Connector for Teradata を使用し Spark エンジンで動的マッピングを実行して Date データ型のデータを Teradata ターゲットに書き込む場合 データが破損する developercore.ini ファイルで -DINFA_HADOOP_DIST_DIR プロパティの値をデフォルト値以外の値に設定した場合 Developer tool マシンで複合ファイルのインポートが失敗する Spark エンジンで Sqoop に最適化されたマッピングを実行して Sqoop ソースからデータを読み取って Hive ターゲットに書き込む場合 マッピングに SQL クエリが含まれていると データ統合サービスが SQL クエリを無視し データを Hive ターゲットに書き込む データを読み取る Sqoop マッピングを実行し オーバーライドに使用されているカスタム SQL にカラム名のエイリアスが含まれている場合 Spark エンジンでマッピングが失敗する

12 OCON OCON BDM BDM BDM Hortonworks HDP 3.1 ディストリビューションで Sqoop パススルーマッピングを実行して Hive ターゲットに書き込むと 次のシナリオでマッピングが最適化されない - [ 実行時にテーブルを作成または置換 ] ターゲットスキーマストラテジを有効にしており Hive ターゲットでテーブルを作成または置換するための DDL クエリを指定していない - Hive ターゲットの [ 既存のターゲットスキーマを維持 ] オプションを有効にしている Spark エンジンで Sqoop マッピングを実行して Date データ型のデータを Teradata に書き込むと マッピングが失敗する Optimized Row Columnar(ORC) ファイル形式のデータを HDP 3.1 の外部 Hive ターゲットに書き込むと Blaze エンジンでマッピングが失敗することがある Hive ソースおよびターゲットにアクセスしてステージングディレクトリで一時結果をステージングするマッピングが 次のようなエラーで失敗する SEVERE: [GRIDDTM_1016] The Integration Service failed to execute grid mapping with following error [An internal exception occurred with message: java.lang.runtimeexception: Failure to execute Query CREATE EXTERNAL TABLE 一時結果をステージングするマッピングの例は Hive ソースへの SQL オーバーライドクエリを使用するマッピング アップデートストラテジトランスフォーメーションを含むマッピング またはトランザクションテーブルを作成するマッピングです マッピングを Blaze エンジンを使用して実行した場合や HDP 3.1 で Spark エンジンを使用して実行した場合に マッピングが失敗します HDP 2.6 で Spark エンジンを使用して実行する場合は成功します この問題が発生するのは プロパティ hive.server2.enable.doas が FALSE に設定されており クラスタがユーザー偽装を使用するように設定されていないためです HDP 3.1 で圧縮コーデックを使用して作成された Hive テーブルを読み取る場合 Blaze エンジンでマッピングの実行が失敗する 次の表に 実装された拡張要求を示します BDM Hive タスク用に クラスタで Hive on Spark を有効にしている場合 クラスタが Spark ジョブを起動し データ統合サービスが MapReduce または Tez を通して HiveServer2 タスクを処理する Big Data Streaming で解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください

13 以下の表に解消された制限事項を示します IIS-3275 IIS-3274 IIS-2781 複数のパーティションを持つ Kafka ターゲットトピック上のランクトランスフォーメーションがソートされていないデータを生成する 複数のパーティションを持つ Kafka ターゲットトピック上のランクトランスフォーメーションがソートされていないデータを生成する セキュアクラスタで Hive ターゲットを使用したマッピングが 24 時間後に失敗する Developer tool の解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します OCON 動的マッピングで ODBC 接続を使用して Sybase ASE ソース / ターゲットに接続すると Sybase ASE データベースで接続リークが発生し 次のエラーが表示される Maximum Connection Limit reached Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します LDM-7496 EIC EIC EIC EIC EIC EIC Amazon S3 リソースにチルダ (~) 文字を含むタブ区切りファイルがある場合 リソースのデータ検出が失敗する Enterprise Data Catalog がテーブルの最初の 300 カラムのみを表示する場合がある ビジネス用語にカンマ (,) または二重引用符 (") 文字が含まれている場合 ビジネス用語インポートが失敗する 属性名に漢字を含むカスタム属性を作成するとエラーが表示される SFTP ファイルプロトコルオプションでファイルシステムリソースを実行する場合 22 以外のポート番号を選択すると テスト接続とリソース実行が失敗する ファイルシステムリソース OneDrive リソース または SharePoint リソースを実行する場合 リソースにファイルサイズが 200 MB を超える Microsoft Excel ファイルがあると メモリ不足エラーが表示される [ 最初の N 行 ] サンプリングオプションで Netezza ソースを実行する場合 プッシュダウン最適化が失敗する

14 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC Catalog Administrator で 任意のリソースを実行している場合 リソーススキャナがリソース内で破損したファイルを検出するとスキャンが停止する SAP Business Objects リソースがユーザー名として Administrator のみを受け付ける Cognos リソースを作成する場合 レポート名に < 文字または > 文字が含まれるレポートを作成できない Catalog Administrator で リソースを開いて [ スケジュール ] タブをクリックすると スケジュール '[UNDEFINED]' が見つかりません というエラーメッセージが表示される SQL Server Integration Services リソースに対してスタンドアロンスキャナユーティリティを実行すると [SSIS スキャナタイプ ] オプションが ファイル の場合にテスト接続が失敗する バージョン にアップグレードすると 不正 / サポートされていないエスケーブシーケンス 例外が表示される [ システム属性 ] セクションに ビジネス用語カスタム属性が誤って表示される Kerberos クラスタで 検出および類似性プロファイルを持つリソースを実行する場合 一時ファイルが作成される 一時ファイルはマスクされていない状態で作成され Enterprise Data Catalog ユーザー全員がファイルコンテンツを閲覧できる カスタム属性をエクスポートし エクスポートされたファイルを変更して そのファイルをカタログにインポートし直すと インポートされたファイルに変更した属性が含まれていない /user/<scn_user> および /Informatica/LDM/<scn> フォルダに適切な権限が割り当てられていない場合 Enterprise Data Catalog のインストールが失敗する Enterprise Data Catalog 用に複数レルムの Kerberos 認証を設定できない -ad( アプリケーション開始日 ) オプションとともに使用すると infacmd collectapplogs コマンドが java.lang.nullpointerexception エラーで失敗する このエラーは Kerberos と WANdisco Fusion が有効になっている既存のクラスタでコマンドを実行すると発生する 複数のデータドメインを選択してキュレーションすると 1 つのデータドメインのみがキュレーションされ 他のデータドメインは無視される データドメイン名に特殊文字が含まれていると データドメインを推測できない Enterprise Data Catalog が 参照データ型のすべての複数値のカスタム属性値をインポートしない この問題は Axon の用語集をカタログにインポートした場合に発生する [ アプリケーション設定 ] ページからカスタム属性を削除した後も [ 概要 ] タブにカスタム属性が表示される 推測されたデータドメインと自動承認されたデータドメインをエクスポートまたはインポートできない 複数のデータドメインを選択してキュレーションすると 1 つのデータドメインのみがキュレーションされ 他のデータドメインは無視される データドメイン名に特殊文字が含まれていると データドメインを推測できない

15 EIC EIC Enterprise Data Catalog 検索が アンダースコア (_) 文字をワイルドカード文字として誤って使用する ワイルドカード検索を実行すると Enterprise Data Catalog で正しくない検索結果が表示されることがある Enterprise Data Preparation で解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します IDL IDL IDL ワークシートの行を選択すると 日本語を使用するように設定された Web ブラウザで Enterprise Data Preparation が誤ったエラーメッセージを表示する Enterprise Data Preparation で使用する Hive 接続で厳密に定義された認証を有効にしている場合 アセットをコピーしてデータレイクにパブリッシュしたときに作成された Hive テーブルのカラムに 誤ったデータ型が適用される ファイル名が 128 文字を超える場合に区切りファイルのデータプレビューが失敗する サードパーティ製品で解消された制限事項 ( HotFix 1) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します OCON Cloudera CDH 6.1 環境で Parquet ファイルを Developer tool にインポートできない これは Cloudera CDH 6.1 の Parquet ファイルでは配列が bag データ型として表されるためである

16 HotFix1 の既知の制限事項 Big Data Management の既知の制限事項 ( HotFix 1) 以下の表に既知の制限事項を示します BDM BDM BDM カスタムクエリで圧縮コーデックを指定した場合 Hortonworks HDP 3.1 以外のすべての Hadoop ディストリビューションで Blaze エンジンがこのコーデックを使用した HDFS ファイルの圧縮に失敗する Spark エンジンを使用するフラットファイルソースおよびターゲットのマッピングを WANdisco 対応の Hortonworks HDP クラスタで実行しようとすると失敗する 回避策 : 1. クラスタから usr/hdp/< バージョン >/hadoop/client ディレクトリにある次の.jar ファイルをコピーし Informatica データ統合サービスがイントールされている各ノードの <Informatica ホーム >/services/shared/spark/lib_spark_< バージョン > ディレクトリにコピーします - hadoop-common-x.x.x.jar - hadoop-auth-x.x.x.jar x.x.x は WANdisco が使用する.jar のバージョンです 例えば クラスタの /usr/hdp/ /hadoop/client ディレクトリにはファイル hadoop-common jar があります 2. 各ノードのデータ統合サービスを再起動します 3. HDFS ソース / ターゲットが置かれているクラスタノードで HDFS に 733 権限を付与します クラスタステージングディレクトリ内のイレージャーコーディング (EC) 用のコンテンツを削除してマッピングを実行すると 自動インストーラのコピーが Raw EC 用の XOR コーデックの作成に失敗する場合があり そのときにマッピングが失敗する可能性がある Big Data Streaming の既知の制限事項 ( HotFix 1) 次の表に 既知の制限事項を示します IIS-3484 ストリーミングマッピングを実行して APPLYNEWCOLUMNS ターゲットスキーマストラテジを使用して外部 Hive テーブルにデータを書き込むと マッピングが失敗する

17 Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( HotFix 1) 次の表に 既知の制限事項を示します EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC 次の条件が当てはまる場合に MicroStrategy リソースのレポート数が誤って表示される 1. バージョン またはバージョン Service Pack 1 で MicroStrategy リソースを実行した 2. バージョン HotFix 1 にアップグレードした 3. リソースを再実行した Enterprise Data Catalog で 場所など一部のシステム属性に対して [ ソートを許可 ] および [ フィルタリングを許可 ] オプションが有効になっていない 次の条件が当てはまる場合に 検索タブにすべてのデフォルトフィルタと [ フィルタ ] パネルの組み合わせフィルタが誤って表示される 1. 認定評価とリソースタイプ 認定評価とアセットタイプなど フィルタの組み合わせを使用して検索タブを作成し 保存した 2. ホームページに移動した 3. ランダムアセットを検索し 検索結果ページが表示されている 4.[ 新規検索 ] タブをクリックした [ フィルタリングを許可 ] オプションを使用してフィルタが適用されているカスタム属性を削除すると 検索結果にそのカスタム属性が誤って表示される シノニムを検索した場合 カタログに誤った結果が表示される Catalog Administrator で Oracle および Microsoft SQL Server リソースを含めてすべてのリソースの [ データプロビジョニング ] タブを閲覧できる [ 新規検索 ] タブページの [ 最終更新日 ] フィルタセクションで [ カスタム ] オプションを使用して検索タブを作成すると エラーが表示される 以前に実行していたリソースに対して EBF を適用し バージョン HotFix 1 にアップグレードすると アップグレード後は同じリソースの実行が失敗する マルチノードの埋め込みクラスタのノードを削除すると クラスタが起動に失敗し クラスタサービスが何もログメッセージを表示しない [ ソースメタデータフィルタ ] オプションを使用して IBM DB2 with z/os リソースを作成して実行すると カタログのスキャナ結果が正しくない カタログサービスのバックアップ / リストア操作中に リストア操作が 40 回試行した後 エラーが発生しました 例外 : というエラーで失敗することがある HDFS クラスタでイレージャーコーディングを有効にしている場合 カタログサービスが開始しない Informatica Administrator で pmdtm プロセスの [ 最大ヒープサイズ ] オプションがデフォルト値に設定されている場合 ファイルサイズが 1 GB を超えるテキストファイル またはファイルサイズが 200 MB を超える Microsoft Excel ファイルのデータ検出が失敗する ファイル管理リソースグループでリソースを実行する場合 リソースにファイルサイズが 200 MB を超える Microsoft Excel ファイルがあると リソースの実行が失敗する

18 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC Enterprise Data Catalog プラグインで タイトルまたはフィールド修飾子のないアセットを検索すると 検索結果にはアセット名に検索文字列があるアセットしか表示されない クラス 属性 マッピングの検索結果が SAP HANA PowerCenter IBM InfoSphere DataStage Informatica Platform リソース用の正しくない不明なラベルの下に表示される SQL 条件を持つ計算ビューを使用して SAP HANA リソースを実行すると カタログにそのリソースの追加の空のアセットが表示される LdmCustomOptions.ingest.hbase.namespace.name 名前空間を ldmns 以外の値で設定すると 次の問題が発生する - 接続ユーティリティの userconfigurationstore および userwatchstore パラメータが 設定された名前空間値ではなくデフォルトの名前空間 ldmns を使用する - カタログサービスのバックアップおよびリストア操作中に サービスが 設定された名前空間のバックアップを取得しない カタログのアセットを検索すると 正しくない評価結果が表示されることがある スター結合または複合型の計算ビューを使用して SAP HANA リソースを実行すると 次の問題が発生する - 計算ビューの [ 属性 ] や [ メジャー ] などの関連アセットが [ 概要 ] タブに表示されない - [ リネージュと影響 ] タブに正しくない結果が表示される クラスタに適切な特権がない場合 カタログサービスのバックアップとリストアが [java.lang.indexoutofboundsexception: Index: 0, Size: 0] エラーで失敗する REST API を使用してカスタム属性を取得すると カスタム属性の pagesize パラメータが 10,000 を超える場合に [ 検証エラー ] エラーが表示される Informatica クラスタサービスが Kerberos および SSL 認証を使用している場合 10 時間後にサービスが応答を停止し Error 401 認証が必要です エラーが表示される Developer tool または Analyst ツールで テーブルを 2 回インポートし インポートされたテーブルでプロファイルを実行すると プロファイリングウェアハウススキャナが 元のテーブル名のテーブルのプロファイル結果のみを移行する 次の条件に当てはまる場合 リソース結果がカタログに表示されない 1. リソースを作成し [ メタデータのロード設定 ] > [ スキーマ ] フィールドで [ すべて ] オプションを選択している 2. リソースを実行している 3. プロファイリングウェアハウスリソースを実行している Informatica Administrator で Solr でカタログサービスを開始すると java.net.bindexception: アドレスがすでに使用されています エラーメッセージが表示される EIC カスタムスキャナを一時停止して再開すると Catalog Administrator の [ モニタリング ] > [ 統計 ] セクションに重複したジョブが表示される

19 Web サービスの既知の制限事項 ( HotFix 1) 次の表に 既知の制限事項を示します OCON 前ゼロの後に数字が続く値を含む JSON ファイルから 入力文字列を Web サービスコンシューマトランスフォーメーションに渡す場合 データ統合サービスが前ゼロを削除し 数字をターゲットに書き込む また データ統合サービスが値のデータ型を文字列データ型から数値データ型に変更する サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( HotFix 1) 以下の表にサードパーティの既知の制限事項を示します BDM BDM BDM BDM IIS-3381 次の条件が当てはまる場合に Hortonworks HDP 3.1 クラスタで実行されるマッピングが失敗することがある - マッピングが LLAP が有効化されたカスタムデータオブジェクトから読み取る - マッピングが Blaze エンジンで実行されている 次のようなエラーが表示される場合があります "Data partitioning is not supported for the mapping due to [Index: 0, Size: 0] エラーの詳細については データ統合サービスのログを参照してください Cloudera チケットの参照番号 : Spark エンジンで実行される Hive ACID ソース / ターゲットテーブルを使用するマッピングがある場合 サマリ統計ビューに mapping job のスループット統計がまったく反映されない Cloudera チケットの参照番号 : Hortonworks HDP 3.1 クラスタで実行されるマッピングがアップデートストラテジトランスフォーメーションを使用しており Hive Warehouse Connector が有効化されている場合 マッピングが DD_INSERT でマークされた行に誤ったデータを書き込む Cloudera チケットの参照番号 : Hortonworks HDP 3.1 クラスタで Spark エンジンが文字列データ型をバイナリデータ型に誤って変換する Hortonworks チケットの参照番号 :

20 Service Pack 1 で解消された制限事項 Big Data Management で解消された制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表に既知の制限事項を示します PLAT OCON OCON BDM BDM BDM LDAP を介してユーザーとグループを同期している場合 グループ内のユーザーがオペレーティングシステムプロファイル権限を失う SAP テーブルソースから DATS データを読み取るマッピングを実行すると マッピングが次のエラーで失敗する An error occurred while converting the value of the field [DATE_FROM] of type [DATS] to type [date/time] Spark エンジンで データを Google Cloud Storage フラットファイルターゲットに書き込むマッピングを実行し データサイズが 750 MB を超えていると マッピングが次のエラーで無期限でハングする ERROR AbstractGoogleAsyncWriteChannel: Exception not convertible into handled response java.io.ioexception: Write end dead サービスの使用可能時に REST 要求を送信することなく REST Operations Hub Service をリサイクルする処理に失敗する 選択したワークフローのワークフローグラフがモニタリングツールに表示されない Blaze エンジンが Hive の Parquet ファイルからのタイムスタンプ値を処理するときに エンジンがタイムスタンプ値を切り捨て ナノ秒をターゲットに書き込まない Big Data Quality で解消された制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表に既知の制限事項を示します IDQ-7917 IDQ-7863 IDQ-7801 大きなルール仕様をテストすると Analyst ツールが応答しなくなる場合がある この問題はルール仕様に 12 を超えるルールセットが含まれている場合に発生する可能性がある Analyst ツールがルール仕様を初めてコンパイルするときに数分かかる可能性がある 次の条件に当てはまる場合 標準化トランスフォーメーションを含むマッピングの実行に失敗する - トランスフォーメーションのストラテジ名に 1 つ以上の特殊文字が含まれている - マッピングが Informatica 10.2 にアップグレードした Informatica モデルリポジトリで始まる

21 Enterprise Data Catalog で解消された制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表に既知の制限事項を示します LDM-7416 EIC EIC EIC クラスタノードで JAVA_TOOL_OPTIONS 環境変数が設定されている場合 Informatica Platform リソースが次のエラーで失敗する 無効なコマンドオプション : [xmx1g] JSON ファイルに対してデータ検出を実行する場合 ファイルのカラムに NULL データ型が含まれていると プロファイル実行が失敗し 例外が表示される Enterprise Data Catalog が 100 万件のアセットがある Hive リソースをエクスポートするのに 20 時間以上かかる LDAP 認証を使用した SSL および Kerberos が有効になっている Cloudera クラスタに Enterprise Data Catalog をデプロイする場合 次のエラーで失敗する The difference in the Cluster s Core site and CCO core site regarding the property hadoop.security.group.mapping.ldap.ssl.keystore.password.cluster has localjceks:// file/cmf_conf_dir/creds.localjceks (Parameterized), whereas CCO has complete path. サードパーティ製品で解消された制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表にサードパーティの既知の制限事項を示します BDM 偽装ユーザーが HDFS ソースを含むマッピングを実行しようとして ファイルを読み取るための DECRYPT_EEK 権限を持っていないと ログファイルに誤ったエラーメッセージが表示される HADOOP Service Pack 1 の既知の制限事項 アプリケーションサービスの既知の制限事項 ( Service Pack 1) 次の表に 既知の制限事項を示します OCON メタデータアクセスサービスが長時間にわたって非アクティブな状態で Hive HBase MapR-DB または複合ファイルのデータオブジェクトをインポートしようとした場合 インポートが次のエラーで失敗する java.util.concurrent.rejectedexecutionexception 回避策 : メタデータアクセスサービスを再起動して オブジェクトを再びインポートする

22 Big Data Management の既知の制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表に既知の制限事項を示します BDM BDM OCON OCON OCON OCON OCON OCON OCON Blaze エンジン上のマッピングで Hive テーブルを読み取り データアクセス接続文字列とランタイムプロパティの両方でデータベース名を指定した場合 SQL オーバーライドがデータオブジェクトのデータベースではなく Hive 接続のデータベースを使用する Spark 上のマッピングで Hive テーブルを読み取り データオブジェクトでデータベース名を指定した場合 SQL オーバーライドがデータオブジェクトのデータベースではなく Hive 接続のデータベースを使用する Hive 接続を使用して 接続文字列で指定されているスキーマ名とは異なるスキーマ名で物理データオブジェクトを作成すると マッピング結果の一貫性がない可能性があるため Hive ソースからデータを読み取るカスタムクエリを使用できない 次の条件が当てはまる場合に Amazon EMR バージョン を使用する Spark でマッピングが失敗することがある - マッピングに 1 つ以上の参照テーブルを読み取るトランスフォーメーションが含まれている - 参照テーブルのカラム名に大文字と小文字が混在している 次の条件が当てはまる場合に MapR バージョン を使用する Spark エンジンでマッピングが失敗することがある - マッピングに 1 つ以上の参照テーブルを読み取るトランスフォーメーションが含まれている - 参照テーブルのカラム名に大文字と小文字が混在している [ リソースの選択 ] ダイアログボックスから Hive テーブルを選択した場合 他のデータベースのテーブルも選択される 回避策 : 接続エクスプローラで 他のデータベースを最小化して 選択するデータベースのみを展開する 接続エクスプローラで [ デフォルトのスキーマだけを表示する ] オプションを使用して デフォルトのスキーマを使用するテーブルを表示したり デフォルト以外のスキーマからテーブルを追加したりすることができない カスタムデータオブジェクトからデータを読み取る Hive マッピングを実行するときに ソースに同じ名前だが別のデータベースのものである Hive テーブルが 2 つある場合 マッピングが失敗する ネイティブ環境でマッピングを実行して Hive ターゲットにデータを書き込むと マッピングは正常に実行される ただし セッションログには次のエラーが表示される java.lang.arrayindexoutofboundsexception

23 Big Data Streaming の既知の制限事項 ( Service Pack 1) 次の表に 既知の制限事項を示します IIS-3242 IIS-3187 IIS-3185 次の JMS メッセージヘッダーフィールドに割り当てられている値が JMS サーバーで管理されていないために JMS ソースおよびターゲットで無視される - JMSMessageID - JMSRedelivered - JMSTimestamp JMS メッセージの JMSCorrelationID ヘッダーフィールドがバイト配列に設定されている場合 ストリーミングマッピングが応答を停止する データ統合サービスが Kafka パーティション ID ヘッダーポートで指定された Kafka パーティションではなく任意のパーティションにデータを書き込む Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 ( Service Pack 1) 次の表に 既知の制限事項を示します OCON EIC EIC 文字データに UTF-8 エンコーディングを使用していないフラットファイルに対して検出を実行すると プロファイリングが失敗し 例外が表示される Amazon S3 リソースまたはフラットファイルリソース内の XML ファイルに対して検出を実行すると カラム名にアンダースコア (_) やスペースなどの特殊文字が含まれるカラムがあるファイルがプロファイル結果に表示されない リソースのカラム名の末尾がスペースの場合 プロファイリングスキャナがそのカラムでプロファイルを実行しない Enterprise Data Preparation の既知の制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表に既知の制限事項を示します IDL IDL JSON ファイルの MongoDB データ型のフィールドを選択すると フィールドが空で表示される データレイクが Apache Sentry で保護された Hadoop クラスタである場合 Avro ファイルをプレビューまたはパブリッシュできない

24 サードパーティ製品に関する既知の制限事項 ( Service Pack 1) 以下の表にサードパーティの既知の制限事項を示します BDM BDM BDM BDM BDM OCON OCON パーティション化された Hive ターゲットを使用して Spark エンジンでマッピングを実行すると マッピングが日付 / タイムスタンプデータを UTC 形式で書き込み 誤ったデータとなる この問題は マッピングターゲットオブジェクトの詳細プロパティで [ ターゲットテーブルの切り詰め ] および [ ターゲットパーティションの切り詰め ] が有効になってい場合に発生します 詳細については 以下の Hive の問題を参照してください - HIVE HIVE Blaze エンジン上 および Ranger KMS 認証を使用する Hortonworks HDP 3.1 クラスタ上で Sqoop マッピング Amazon S3 マッピング または Amazon Redshift マッピングを実行する場合 マッピングが次のエラーで失敗する org.apache.hadoop.security.authentication.client.authenticationexception: GSSException: 有効な資格情報が提供されていません ( メカニズムレベル : 新しい INITIATE 資格情報の取得に失敗しました (null)) Hortonworks HDP チケットの参照番号 : HiveServer 2 タスクを起動するマッピングが Hortonworks 3.1 で実行される場合に 実行時に char データ型のカラムを持つパーティション化された Hive ターゲットテーブルを作成するよう設定されている場合 失敗する Hortonworks HDP チケットの参照番号 : マッピングが Azure HDInsight クラスタで実行されている場合 Hive ソースの Date/ Time カラムで SQL オーバーライドを使用すると マッピングが失敗する Apache Hive チケットの参照番号 : HIVE Spark エンジンが Hortonworks HDP 3.1 クラスタで CSV タイプの組み込みの Hive SerDe の実行に失敗する Hortonworks HDP チケットの参照番号 : Spark エンジンで データを Google Cloud Storage フラットファイルターゲットに書き込むマッピングを実行し データサイズが 750 MB を超えていると Google Cloud Storage での一時的なエラーにより 複数の Spark ジョブが失敗する ただし マッピングは正常に実行され 次のエラーが表示される java.io.ioexception: java.io.ioexception: Write end dead Sqoop Hortonworks Connector for Teradata を使用して Hortonworks HDP 3.1 クラスタの Blaze または Spark エンジンで Teradata マッピングを実行すると マッピングが失敗する の解消された制限事項と実装された拡張要求 アプリケーションサービスの解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください

25 以下の表に解消された制限事項を示します OCON MRS-1795 MRS-1571 BDM BDM BDM BDM 高可用性を得られるようにメタデータアクセスサービスを設定していても Developer tool はアクティブなメタデータアクセスサービスプロセスに接続できない モデルリポジトリサービスでメモリが不足すると Java ヒープダンプが生成されない デバッグレベルのログでモデルリポジトリサービスを有効にすると サービスによって複数のエラーレベルのログメッセージが生成される データ統合サービスがグリッド上で実行されると サービスが開始されるまでアプリケーションの読み込みを待機する サービスの起動時 展開されたアプリケーションの読み込みに 15 分以上かかると データ統合サービスが再起動する データ統合サービスでアプリケーションを展開している間 データ統合サービスからアプリケーションの詳細を取得できない サービスの起動時 マッピングを含むアプリケーションがデータ統合サービスで読み込まれると マッピングの送信要求がハングする Big Data Management 解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します OCON OCON IN-3362 IDL-8652 IDL TLS 対応ドメインを使用し SparkSqoopDisSideInvocation プロパティを true に設定して Sqoop マッピングを実行した場合 データ統合サービスのトラストストアシステムプロパティの場所が -Djavax.net.ssl.trustStore= $INFA_HOME/services/shared/security/ infa_truststore.jks から -Djavax.net.ssl.trustStore=$INFA_HOME/externaljdbcjars/../ java/jre/lib/security/cacerts に変更されているため マッピングが失敗する Spark エンジンで Sqoop マッピングを実行した場合 データ統合サービスが coresite.xml ファイル内の hadoop.security.token.service.use_ip 設定プロパティを無視するため MapReduce ジョブが失敗する インテリジェント構造モデルのデータオブジェクトは ファイルをパーティション化できない場合でも 属性間に改行を指定してフォーマットされた JSON 入力ファイルをパーティション化に適したものとして受け入れる場合がある このため モデルに対応するデータが Spark ログ内で失われたデータとして識別される可能性がある 2,000 以上のテーブルを含む一括取り込み仕様を実行すると ほとんどの取り込みマッピングジョブが失敗し 次のエラーが表示される SEVERE: UserDefinedJob execution failed 一括取り込み仕様の実行インスタンスが完了した場合に 一括取り込みツールの [ サマリ ] ページでステータスが [RUNNING] と表示され続ける 実行インスタンスの [ 実行統計 ] ページに移動した後にのみ [ サマリ ] ページのステータスが更新される

26 BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM カスタムタグがない Databricks クラスタがドメインに含まれていると infacmd ccps listclusters コマンドが失敗する 回避策 : 手動でクラスタにカスタムタグを追加するか クラスタワークフローを通じてクラスタを作成します Hortonworks HDP 以降のバージョンのクラスタで SSE-KMS 認証を使用する Amazon S3 上の Hive ソースおよびターゲットへの接続が The encryption method specified is not supported というエラーで失敗する ソート済みジョイナトランスフォーメーションが単一のソースからのデータを結合するときに キーカラムの行サイズがデータキャッシュサイズを超えている場合 データが失われる可能性がある Spark エンジンが一時 Hive テーブルを作成するマッピングを実行し データに改行文字 (\n) を含む文字列値が含まれている場合 改行文字が 1 レコードの終わりとして扱われる 例えば 一時 Hive テーブルに abc \n def という文字列が格納される場合は 最初のレコードが abc になり 2 番目のレコードが def になる この問題が発生する状況の 1 つに アップデートストラテジトランスフォーメーションを含むマッピングがある このマッピングが Spark エンジンで実行されると アップデートストラテジトランスフォーメーションは一時 Hive テーブルにデータをステージングする DTM のメモリが不足してシャットダウンすると マッピングの初期化中に後続のマッピングが NullPointerException で失敗することがある Spark エンジンで多数のジョイナトランスフォーメーションを使用するマッピングを実行すると データ統合サービスのメモリが不足する Blaze マッピングが Parquet 形式の Hive テーブルから NULL データを読み取る カラム名が数字で始まる場合に Hive のアップデートストラテジ用に正しくないクエリが生成される tez.tez-ui.history-url.base が NULL に設定されているか クラスタ設定にない場合に Tez ジョブが NULL ポインタ例外で失敗する クラスタ設定で yarn.timeline-service を無効にした場合に Tez ビューに Hadoop ジョブが表示されない 管理者以外のユーザーの Administrator ツールでサマリ統計と実行統計をロードするためにかかる時間が 管理者と比べて長い OS プロファイルが有効になっている場合に ドメインのパフォーマンスが低下する infacmd コマンドラインプログラムを使用して 複雑なデータ型の XML ペイロードが含まれるマッピングをエクスポートすると エクスポートが失敗して 次のエラーが表示される com.sun.xml.xsom.parser.xsomparser cannot be found by com.infa.products.sdk.adapter.parser.xml.utils_1.1.0 com/sun/xml/xsom/parser/xsomparser [ICMD_10033] Command [ExportObjects] failed with error [[OIECMD_10006] Error occurred during export function. See previous error.]. BDM データ統合サービスのデバッグ用の JVM オプションが無効になっている

27 BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM BDM パーティション化され バケット化された Hive ターゲットの 10 進数のポートを切断すると Blaze エンジンで実行するパススルーマッピングが失敗する Cloudera Connector Powered by Teradata を使用して Sqoop TDCH マッピングを実行した場合に 次のエラーでマッピングが失敗する : Missing argument for option: stagingdatabase 次のすべての条件に当てはまるのに データ統合サービスがオペレーティングシステムプロファイルのターゲットディレクトリから空の一時ファイルを削除しない - データ統合サービスでオペレーティングシステムのプロファイルを使用できる - マッピングは HDFS ターゲットに書き込まれます - マッピングは Hive エンジンで実行されます [ ウィンドウ ]>[ 設定 ]>[ 実行設定 ]>[ マッピング ] を選択してマッピングを実行すると Developer tool が設定したすべてのドメインとの接続を再構築しようとする 接続の品質によっては パフォーマンスが大幅に低下する場合があります ワークフローをモデルリポジトリにインポートすると 空のデフォルト値を使用して SQL パラメータのパラメータセットを作成できない SQL パラメータをモデルリポジトリにインポートすると パラメータ値は編集できるが 後でデフォルトの空または NULL 値にリセットできない 物理データオブジェクトで接続を割り当てない場合 ワークフローアプリケーションの展開に失敗する Hortonworks HDP または Amazon EMR 環境では 次のすべての条件に当てはまる場合 Spark エンジンでマッピングを実行できない - マッピングは Avro ターゲットに書き込まれます - スキーマには ネストの 2 つのレベルを超える配列またはマップが含まれています - 構造体要素は ネストの 3 番目またはそれ以上のレベルに存在します 例えば array(array(struct)) や array(map(string, struct)) などのスキーマを使用して Avro ターゲットに書き込むと マッピングは失敗します Spark 監視を有効にしてマッピングを実行すると パフォーマンスにボトルネックが発生する可能性がある パフォーマンスはマッピングの複雑さによって異なります Developer tool の解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します OCON OCON SQL トランスフォーメーションを使用してストアドプロシージャから複数のレコードを読み取ると データプレビューに失敗する Microsoft SQL Server で ODBC 接続を ODBC プロバイダとして使用し Microsoft SQL Server の名前付きインスタンスでデータプレビューを実行すると データプレビューに失敗する

28 IDQ-7121 BDM BDM BDM モデルリポジトリにマップレットをインポートし 次の条件に該当する場合 Developer tool でエラーが発生する - インポートするマップレットが リポジトリ内のマップレットと置き換わる - リポジトリ内のマプレットが 置換マプレットが読み取らないトークンセットを読み取る - 2 つのマップレットが トークンセットを読み取るラベラトランスフォーメーションを含めて 同じ設定を持つ ローカルオブジェクトとキャッシュオブジェクトの ID が一致しない場合に Developer がオブジェクトを開けない 次のエラーが返される : Duplicate object of ID Developer tool で フラットファイルの [ ヘッダーコマンド ] 書き込みプロパティがエスケープ文字をサポートしていない [ ウィンドウ ] > [ 設定 ] > [ 実行設定 ] > [ マッピング ] を選択してマッピングを実行すると Developer tool が設定したすべてのドメインとの接続を再構築しようとする 接続の品質によっては パフォーマンスが大幅に低下する場合があります この問題を回避するには Developer tool から未使用のドメイン設定を削除します Enterprise Data Catalog の解消された制限事項と実装された拡張要求 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します LDM-7044 LDM-5987 EIC-8243 EIC-8032 EIC-7969 EIC-6422 リソースを作成するときに [ 安全な通信を有効にする ] オプションを選択しないと Axon リソースのテスト接続が失敗することがある サーバーロケールを日本語に変更すると Enterprise Data Catalog および Catalog Administrator で検索結果とリソースのプロパティセクションが文字化けして表示される 既存のシステム属性と同じ名前のカスタム属性を作成できない Kerberos 対応の Hortonworks Data Platform(HDP) クラスタで実行されている Apache Atlas インスタンスでは Apache Atlas リソースは Hive のソースとターゲットの情報のみを抽出する サイレントモードでインストールまたはアップグレードを実行し プロパティ INSTALL_LDM に 1 以外の値を指定するか 値を空白のままにすると モデルリポジトリサービスのアップグレードが失敗する カタログサービスを以前のバージョンからバージョン Update 1 に更新すると 次のエラーが発生する - [ModelValidationException_00016] Datatype for Attribute [FireonUpdated] has been altered. Expected: [core.boolean]. Found: [core.integer]

29 EIC-6384 EIC-6080 EIC-6073 EIC-5999 EIC-5916 EIC-5906 EIC-5860 EIC-5768 EIC-5734 関連付けられたビジネスタイトルを持つアセットを含む CSV ファイルをインポートした後 そのアセットに関連付けられたビジネスタイトルが Enterprise Data Catalog で表示されない Catalog Administrator でカスタム属性の [ フィルタリングを許可 ] オプションを有効にしても Enterprise Data Catalog で [ 部門 ] という名前のデフォルトカスタム属性の [ フィルタリングを許可 ] オプションが有効にならない Catalog Administrator で PowerCenter リソースを再実行した後も Enterprise Data Catalog で削除されたマッピングが表示される 特殊文字を含むアセット名を使用してカタログを検索すると Enterprise Data Catalog に正しくない検索結果が表示される Amazon S3 リソースが次のデータ検証エラーで失敗する Error occured in scanner execution java.util.concurrent.executionexception: com.infa.products.ldm.filescanner.file.processor.api. FileProcessorException: java.util.concurrent.executionexception: com.infa.products.ldm.filescanner.file.processor.api. FileProcessorException: com.infa.products.ldm.ingestion.exceptions. DataValidationException: [DataValidationException_00009] Enterprise Data Catalog 10.2 Update 2 のカタログサービスを開始しても カタログサービスが開始されない ロードタイプを中 スキャナメモリを高に設定して約 600 のマッピングを持つ PowerCenter リソースを実行すると String index out of range: -1 というエラーでリソース実行が失敗する テーブルやビューなどの外部オブジェクト上にマウスポインタを移動したときに表示されるポップアップに リネージュ図とスキーマ名が表示されない 1000 を超える要素を含む XML ファイルで HDFS リソースを実行すると そのリソースのプロファイリング実行が失敗する EIC-5407 Informatica Platform リソースが次のエラーで失敗する : "ArrayIndexOutOfBoundsException" EIC-5374 EIC-5306 EIC-4640 EIC-4626 EIC-4545 シードアセットの両側にあるテーブルを含むデータソースのカスタムリネージュで テーブルがグループとして表示される リソースの実行中に Kerberos チケットを更新すると リソースが失敗する リソース名にロケール文字が含まれていると Enterprise Data Catalog がリソースにビジネスタイトルを追加しない マッピングに PDF などの非構造化ファイルが含まれていると Informatica Platform リソースが失敗する Enterprise Data Catalog で 参照データ型の複数値のカスタム属性値を削除できない

30 EIC-4053 EIC-2975 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC Enterprise Data Catalog を埋め込みクラスタにインストールし /etc/yum.conf で Web プロキシサーバーを設定している場合に 問題が発生する可能性がある この問題を解決するには 次のリポジトリファイルに proxy=none という行を追加する必要がある - ambari.repo - HDP.repo - HDP-utils.repo ルックアップトランスフォーメーションを含むマッピングに関連付けられたテーブルのリネージュと影響のビューに 重複するマッピングオブジェクトが表示される スキーマのサブセットを選択する正規表現が Hive メタデータリソースに対して機能しない インポートファイルで参照データ型のカスタム属性値を更新すると NULL ポインタ例外によりインポートジョブが失敗する この問題はビジネス用語集アセットで発生する リソースを実行すると Solr プロセスが HDFS 内の.lock ファイルの削除を待機する Enterprise Data Catalog でリソースのビジネスタイトルを表示できないことがある 事前検証ユーティリティが /usr ディレクトリと /var ディレクトリで 2GB の必要空きディスク容量を検証する Informatica Platform リソースについて マッピングパラメータがない場合に Enterprise Data Catalog でマッピングインスタンスの追加のマッピングが抽出される Salesforce リソースに対してプロファイリングを実行すると いくつかのテーブルでプロファイリングが失敗し ERROR: nsort_define() returns -26 というエラーが表示されることがある XMI ファイルから XDoc ファイルへの変換中に PowerCenter リソースが次のエラーで失敗する : java.lang.arrayindexoutofboundsexception Enterprise Data Catalog で Oracle リソースのデータベース名の代わりにインスタンス名が表示される Informatica クラスタサービスを作成するための前提条件を検証するときに 事前検証ユーティリティが失敗する この失敗は 別のディレクトリ内にネストされているカスタム Hadoop ディレクトリを指定した場合に発生する WANdisco Fusion 対応クラスタに Enterprise Data Catalog をデプロイするときに使用できるカスタムプロパティが追加されました このプロパティを使用して WANdisco Fusion が有効になっていないクラスタに関する問題を解決できます Informatica クラスタサービスを開始するたびに Ambari_server_launch.sh スクリプトと Ambari_agent_install.sh スクリプトにより /usr/sbin/ambari-server ファイルと /usr/sbin/ ambari-agent ファイルに export PYTHONHTTPSVERIFY=0 という行が追加される この行は 存在しない場合にのみ追加する必要がある 実行中または開始中のプロセスがない場合でも カタログサービスが継続的に CPU コアを使用する Server Message Block(SMB) プロトコルを使用すると ファイルシステムスキャナが失敗する

31 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC ファイルシステムからメタデータを抽出するために Server Message Block(SMB) プロトコルを使用すると ファイルシステムリソースが失敗する 関連付けられたカスタム属性値を持つアセットを含む CSV ファイルをインポートした後 そのアセットに関連付けられたカスタム属性値が Enterprise Data Catalog で表示されない リソース名 アプリケーション名 およびパラメータファイルが同じ名前を共有していると Informatica Platform リソースが次のエラーで失敗する ERROR com.infa.products.ldm.lineageservice. client.impl.lineageserviceclientimpl- Sep 14, :21:46 PM com.infa.products.ldm.scanners.mrsscanner.cmd961bundle. LineageServiceCaller$LineageServiceTask disconnect SAP Business Objects リソースを作成して実行した後 Enterprise Data Catalog で Crystal Reports のリネージュ情報が表示されない Windows File System リソースに存在するフラットファイルがリネージュサマリに表示されない この問題は FTP 接続タイプを使用して Windows File System リソースを設定した場合に発生する Azure Microsoft SQL Server リソースを作成し データ検出を有効にしてリソースを実行すると リソースの実行中に作成された一時テーブルがデフォルトで削除されない Enterprise Data Catalog の [ 概要 ] タブで アセットの関連するビジネス用語のソースが表示されない この問題は Enterprise Data Catalog をバージョン から にアップグレードした後に発生する Informatica Platform リソースに正しくないドメイン名を設定すると そのリソースが失敗し スキャナログファイルは誤ってリネージュサービスログファイルを指す 参照データ型のカスタム属性の名前にアンパサンド (&) 記号が含まれている場合に Enterprise Data Catalog がカスタム属性名に amp を追加する 自動接続割り当てを使用して PowerCenter リソースを実行した後に HDFS リソースを実行すると HDFS リソースの実行が完了するまでに長い時間がかかる 空のソースファイルを含むリソースを実行すると プロファイル実行が失敗し ログファイルに NULL ポインタ例外が表示される リソースが複数値属性をサポートしていないため Erwin リソースのデータ検証が失敗する HDFS 接続がパラメータ化されていると PowerCenter リソースのパスを追加したパラメータ値が接続割り当てパスに表示される UCF.MongoDBNoSQLDatabase リソースのテスト接続が失敗し 次のエラーが表示される Error com.mongodb.mongocommandexception: Command failed with error 13: 'not authorized on admin to execute command { listdatabases: 1 }' on server inkrh65qa01: The full response is { "ok" : 0.0, "errmsg" : "not authorized on admin to execute command

32 EIC EIC EIC EIC-1486 [ 概要 ] タブの [ 類似カラム ] セクションで 推測されたデータドメインがオレンジ色ではなく緑色で表示されることがある Amazon S3 URL でリージョン名を指定すると 正しくない URL が生成される リソースのデータ統合サービスプロパティで ドメインユーザーの代わりに LDAP ユーザーを追加すると リソースのプロファイリングが失敗する [ トランスフォーメーションロジック ] ビューには Informatica Cloud サービストランスフォーメーションの不正確なマッピング名が表示される 次の表に 実装された拡張要求を示します EIC-5268 EIC Informatica Platform リソースについて マッピングでカスタム SQL クエリがパラメータ化されていると Enterprise Data Catalog でリネージュを表示できない Enterprise Data Catalog で アセットにビジネスタイトルまたはカスタム属性値を割り当てた後に そのアセットのリネージュ情報を表示できない Enterprise Data Lake の解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します IDL-9988 IDL-8888 Enterprise Data Lake でインポート パブリッシュ 検索 またはデータプレビューなどの操作を実行したときに アプリケーションにデータレイク内のすべての Hive スキーマが表示される ( 権限がないスキーマも含む ) ユーザーアカウントが属する Informatica セキュリティドメインの名前にスペースが含まれている場合に Enterprise Data Lake でアップロード パブリッシュ またはダウンロードのアクティビティを実行すると アプリケーションのホームページ アクティビティページ およびプロジェクトページでそのアクティビティが表示されない 次の表に 実装された拡張要求を示します IDL アプリケーションが ログインプロセス中に外部 Web サイトへの要求を行わないようになりました マッピングおよびワークフローの解消された制限事項と実装された拡張 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください

33 以下の表に解消された制限事項を示します MWF-1680 MWF-1668 MWF-1639 MWF-1636 MWF-1631 MWF-1621 MWF-1597 IDQ-7594 IDQ-7162 BDM BDM BDM BDM 多数のワークフローアプリケーションを実行し ワークフローにオペレーティングシステムプロファイルから実行されるマッピングが含まれていると データ統合サービスでメモリリークが発生する可能性がある ワークフロー変数をマッピング出力にバインドした場合 マッピング出力が NULL のときに データ統合サービスが変数値を更新しない taskstatus 出力を integer 変数にバインドすると タスクの成功または失敗にかかわらず ワークフロータスクが taskstatus 値 0 を返す 通知タスクなどで電子メールを送信するワークフローを実行すると データ統合サービスが過剰な数のスレッドやその他のリソースを生成する可能性がある infacmd コマンドからワークフローが実行され infacmd がデータ統合サービスとの接続を失った場合に ワークフローが正常に開始されているにもかかわらず ワークフローの開始に失敗したと infacmd がレポートする ワークフローデータベースにロックされたプロセスがあると ワークフローエンジンが開始されない 実行するタスクがタスクインスタンスで指定されていないワークフローを保存できるが 実行時にワークフローが失敗する原因となる可能性がある 一致トランスフォーメーションを使用する複数のマッピングを同時に実行すると マッピングにより同じ名前の複数のキャッシュデータファイルが生成される可能性がある データ統合サービスがすべてのキャッシュデータファイルの削除に失敗する可能性があるため マッピングが失敗する可能性がある トランスフォーメーション入力データに非常に大きなレコードグループが含まれていると 一致トランスフォーメーションですべての一致するレコードが正しいクラスタに追加されない可能性がある その年の最後の週にマッピングを実行し その週が翌年に終わる場合に システムパラメータ MappingRunStartTime の年が 1 年進む 週は日曜日に始まり 土曜日に終わる 例えば 2018 年の最後の週には 日曜日 (12 月 30 日 ) と月曜日 (12 月 31 日 ) が含まれていた 12 月 30 日または 12 月 31 日にマッピングを実行した場合 パラメータの値はそれぞれ 12/30/2019 または 12/31/2019 になる infacmd wfs upgradeworkflowparameterfile コマンドで一連のワークフローパラメータファイルのアップグレードを完了するために長い時間がかかることがある 次の条件が当てはまる場合に LTRIM 関数と RTRIM 関数がスペースをトリムしない - LTRIM(LTRIM(<expression>)) や RTRIM(LTRIM(<expression>)) のように 複数レベルの LTRIM 関数または RTRIM 関数に式がネストされている - ネストされた式は SQL オーバーライド由来の Hive テーブルのカラムを参照する 次の条件が当てはまる場合に 共有体トランスフォーメーションを使用するマッピングで予期しない結果となる可能性がある - 共有体トランスフォーメーションに少なくとも 3 つの入力グループがある - 同じ 2 つのポートがすべてのグループで接続されていない - データをフィルタするダウンストリームトランスフォーメーションがマッピングに含まれている トランスフォーメーションにより 保持する必要があるデータが誤ってフィルタされることや フィルタする必要があるデータが保持されることがある

34 次の表に 実装された拡張要求を示します MWF-1638 データ統合サービスが ワークフローエンジンの開始時にワークフローエンジンのアクティビティをするログメッセージを書き込みます データ統合サービスが ワークフローエンジンが処理するワークフローインスタンスの数をログに書き込みます また データ統合サービスは ワークフロー名 アプリケーション名 およびインスタンス ID もログに書き込みます パラメータの解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します BDM AppSDK データオブジェクトを含むマッピングでマッピングパラメータを解決すると 次のアクションを実行した場合に例外が発生する - マッピングを実行する - データプレビューを実行する - 実行プランを表示する プロファイルおよびスコアカードの解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します IDE-3703 IDE-3640 IDE-3463 IDE-3448 IDE-3396 IDE-3180 IDE-3161 プロファイリングウェアハウスが UseDSN オプションを使用して ODBC 接続を使用する場合に プライマリキーと外部キーの推測オプションを使用するエンタープライズ検出プロファイルが機能しない Informatica Analyst で [ スコアカード ] ワークスペースがアクティブなときに Analyst ツールで何らかのタスクを実行すると CPU 使用量が多くなり メモリ使用率が高くなる HotFix 1 から にアップグレードした後に いくつかの既存のスコアカードが実行できなくなる スコアカードの [ メトリック ] タブでルールを削除した後に スコアカードが実行できなくなる バージョン 10.2 にアップグレードした後に 論理データオブジェクトに対するスコアカードの実行が NULL ポインタ例外により失敗する 精度値が 255 より大きいカラムがあるソースに対してカラムプロファイルを実行すると そのカラムでデータ型を推測できない Informatica Analyst で Internet Explorer を使用してプロファイル名に日本語の文字が含まれているカラムプロファイルを作成すると ページが応答しなくなる

35 IDE-3115 IDE-3065 BDM BDM Hive でパーティション化されたソースのカラムプロファイルに失敗する データドメイン検出を使用するエンタープライズ検出プロファイルを実行すると 一部の Hive ソースのプロファイリングが失敗する infacmd ps execute infacmd コマンドを実行すると プロファイリングの実行が失敗する パーティション化された Hive テーブルでカラムプロファイルまたはデータドメイン検出プロファイルを作成し Blaze エンジンでプロファイルを実行すると プロファイルの実行が断続的に失敗する セキュリティの解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します ANT-520 セキュアなドメインが SAML に対応する場合に Administrator ツールに SAML ユーザーとしてログインすると Administrator ツールにユーザーアクティビティログが表示されない Analyst ツールにはユーザーアクティビティログが表示されるが アクティビティログの [ ユーザー ] フィールドにはユーザーの名前が表示されない サードパーティ製品で解消された制限事項 (10.2.2) 以前の解消された問題に関しては 以前のリリースのリリースノートをご確認ください 以下の表に解消された制限事項を示します BDM Hortonworks クラスタでは テーブルがトランザクションに対して有効になっている場合 Amazon S3 上の Hive ターゲットテーブルに挿入できない

36 の既知の制限事項 アプリケーションサービスの既知の制限事項 (10.2.2) OCON MRS-1861 Hadoop クラスタから複合ファイルオブジェクト HBase オブジェクト または Hive オブジェクトをインポートする場合 ドメインおよびメタデータアクセスサービスで Kerberos 認証を使用すると メタデータのインポートが失敗する モデルリポジトリサービスでメモリ不足エラーが表示されることがある 回避策 : [ 詳細プロパティ ] の [ 最大ヒープサイズ ] 値を 1536m または 2048m に増やします Big Data Management 既知の制限事項 (10.2.2) 以下の表に既知の制限事項を示します OCON OCON OCON BDM-4597 BDM BDM ADLS をストレージとして使用する Kerberos 対応 HDInsight クラスタで Sqoop マッピングを実行すると Blaze エンジンでマッピングが失敗する Spark エンジンと Databricks Spark エンジンでのルックアップトランスフォーメーション用のソースオプションとして Microsoft Azure Blob ストレージが誤って表示されるが このオプションはサポートされていない Spark エンジンまたは Databricks Spark エンジンでのルックアップソースとして Microsoft Azure Blob ストレージを選択すると 次のエラーでマッピングの検証が失敗する [Spark Validation] The Integration Service cannot use the Spark engine to push the transformation [test_input_txt_read1] of type [LookupTx] to the Hadoop cluster. [ID: TRANSFORMATION_NOT_SUPPORTED] test_input_txt_read1 複雑なデータ型としてカラムを投影する データオブジェクトの読み取りおよび書き込み操作で多数の同時マッピングを実行すると メモリ不足エラーでデータ統合サービスが失敗する 回避策 : 次のいずれかの手順を実行します - データ統合サービスが実行されているマシンでヒープメモリ設定を増やします - 複合データ型を処理する同時マッピングの数を減らします - データ統合サービスのカスタムプロパティ ExecutionOptions.CBOStatCacheSize をある程度小さな値に設定します 1 つのパーティションで 4,294,967,294 行を超える処理を行うジョイナトランスフォーメーションを使用したマッピングは失敗する 回避策 : 可能な場合は ソースのパーティションを増やします Blaze エンジンと Spark エンジンで実行される クラスタ内でラベル付けされたノードで実行されるマッピングのセッションログで ノード数が誤って表示される アップデートストラテジトランスフォーメーションに 挿入操作 更新操作 または削除操作と JDBC ターゲットが含まれていると Spark イベントの挿入された行 更新された行 または削除された行の数が誤って表示される

37 BDM BDM BDM BDM BDM BDM-2222 BDM BDM BDM BDM Spark で実行されるマッピングがアップデートストラテジトランスフォーメーションを使用していると テーブル制約により BatchUpdateException が発生し マッピングが失敗する可能性がある 回避策 : マッピングのランタイムプロパティの Spark.JdbcNumPartition 設定を編集して パーティションの数を 1 に減らします これにより すべての行が単一パーティションとして処理されます ファイルベースのキューを使用して設定されたデータ統合サービスの統計を監視すると ジョブがキューに追加された状態でも ジョブが実行されているように誤って表示される Spark で実行される動的マッピングがアップデートストラテジトランスフォーメーションを使用している場合 Hive ターゲットテーブルスキーマにカラムを追加するとマッピングが失敗する 同等の精度と位取りで設定されている 10 進型ポートで Spark エンジンがゼロの入力値を処理するときに エンジンがその値をデータオーバーフローとして扱い 戻り値が NULL になる Google BigQuery Google Cloud Storage Google Cloud Spanner または Google Analytics の接続を使用するマッピング実行の Spark 監視統計を取得できない Spark エンジンがフラットファイルターゲット用に設定されたフッタ行コマンドを実行しない (459942) クラスタワークフローをインポートするときに クラスタの作成タスクに関連付けられていた非ネイティブ接続を選択するためのオプションがインポートウィザードに含まれていない 回避策 : ワークフローをインポートした後に クラスタの作成タスクに Databricks 接続または Hadoop 接続を手動で割り当てます Spark エンジンで実行されるマッピングで numberoferrorrows システム定義マッピング出力を使用すると エンジンがマッピング出力に正しくない値を返す Spark エンジンで多数の参照テーブルを読み取るマッピングを実行すると 予想以上に時間がかかる場合がある この問題は マッピングに合計 140 個の参照テーブルを読み取るトランスフォーメーションが含まれている場合に発生します 回避策 : Blaze エンジンでマッピングを実行します メモリ使用量が最大コンテナサイズに達すると YARN がコンテナを終了する 次の条件に当てはまる場合 OOP コンテナマネージャのメモリ使用量は最大コンテナサイズに達します - 同時ジョブの実行には 2 日以上かかります - Blaze エンジンがアイドル状態タイムアウト制限または日没時間に達していません

38 Big Data Streaming の既知の制限事項 (10.2.2) 次の表に 既知の制限事項を示します IIS-2761 IIS-2573 IIS-2329 同じフラットファイルデータオブジェクトに対する複数のルックアップがマッピングに含まれていると Developer tool または Administrator ツールで Spark の実行プランを表示できない 回避策 : パイプライン内の各ルックアップトランスフォーメーションについて 同じ物理ソース上に物理データオブジェクトを作成します 動的マッピングを実行するときに ウィンドウトランスフォーメーションからアグリゲータトランスフォーメーションにウィンドウポートを接続すると マッピングの検証が失敗する AWS 資格情報ファイルを削除するか 無効な資格情報を使用して更新すると Amazon Kinesis 接続を使用するストリーミングマッピングがハングする Developer tool の既知の制限事項 (10.2.2) 以下の表に既知の制限事項を示します BDM 差分デプロイメントウィザードが ランタイムオブジェクトへの影響を一度に 1 つずつ分析し 一括での分析を実行できない 多数のオブジェクトを含むアプリケーションで 分析が遅くなる Enterprise Data Catalog の既知の制限事項 (10.2.2) 次の表に 既知の制限事項を示します EIC-8187 EIC-8171 EIC-8127 EIC-7622 EIC-7583 EIC-7406 Catalog Administrator の 1 つのリソースに対して読み取りおよび書き込み権限を持つユーザーを設定すると Enterprise Data Catalog のユーザー検索ページには 1 つのカウントではなく 合計リソース数が表示される Informatica Axon リソースを削除すると Enterprise Data Catalog では アセットに割り当てられているカスタム属性がカタログから削除されない アンダースコア (_) を含むアセット名を検索すると 検索結果ページは結果を返さない カスタムメタデータリソースは ビジネスインテリジェンスメタデータソースの接続パラメータを抽出しない relationships REST API は 同じクエリで異なる levelcount の詳細を返す リソースに使用される再利用可能な構成で誤った詳細を修正しても その変更はリソースに反映されない

39 EIC-7405 EIC-6927 EIC-6084 EIC-4015 EIC-3848 EIC-3288 EIC-1837 EIC-1835 EIC EIC EIC EIC EIC EIC EIC 整数のカスタム属性では スライダフィルタを使用して負の値を選択できない 回避策 : 範囲に基づくフィルタを許可するようカスタム属性を設定します 次の条件に当てはまる場合 データドメインまたは複合データドメインの実行時エラーが表示される 1. Internet Explorer バージョン 11.2 で Catalog Administrator を開いている 2. データドメインまたは複合データドメインを作成して保存している この問題は 名前に英語以外の文字が含まれるデータドメインと複合データドメインでのみ発生します YARN アプリケーションのログファイルを収集するために infacmd collectapplogs コマンドを実行すると ERROR: java.lang.indexoutofboundsexception エラーメッセージが表示される このエラーは WANdisco Fusion が有効になっている既存の Hortonworks クラスタでカタログサービスを作成して有効にすると発生する 固定データ型の Avro ファイルを実行すると コアスキャナに精度が未定義と表示され NULL ポインタ例外によりプロファイルの実行が失敗する ファイルが OneDrive SFTP またはリモートの Windows の場所に配置されている場合は Avro ファイルと Parquet ファイルでプロファイリングスキャナが実行されない データソース内のカラムにデータが含まれていない場合 類似性検出システムリソースがカラム名に基づいてカラムを検出しない リレーション図にシノニムが表示されない シノニムの [ アセットの詳細 ] ビューでは [ 次を含む ] パネルに カラムだけでなく カラムとともにソース修飾子とマッピングアセットが表示される infacmd collectapplogs コマンドが collectapplogs] failed with error [Java heap space] エラーメッセージで失敗する Enterprise Data Catalog で REST API を使用してユニバーサル接続フレームワーク (UCF) リソースを作成できる しかし このリソースを編集できない 回避策 : UCF ライセンスについてグローバルカスタマサポートにお問い合わせ下さい カタログサービスが正常にアップグレードされた後 SAP HANA リソースの UCF リソースモデル登録が失敗する Catalog Administrator で リソース内のすべてのアセットにカスタム属性値を適用すると [ 通知 ] ページで次の問題が発生する - [ 通知 ] ページに重複した通知メッセージが表示される - アセットの変更がカタログに反映される前に [ 通知 ] ページに通知メッセージが表示される - 通知メッセージで アセット名の代わりにアセットのオブジェクト ID が表示される Enterprise Data Catalog でシノニムアセットの [ 変更概要 ] に正しくない通知メッセージが表示されることがある ユーザーがストアドプロシージャのビジネスタイトルの関連付けまたは削除を行ったときに Enterprise Data Catalog が通知メッセージを送信しない この問題は ストアドプロシージャアセットのエンリッチメント変更をフォローしている場合に発生する Catalog Administrator で リソースの作成中にリソース内のすべてのアセットに関係者の値をプロパゲートすると [ リレーション ] タブにアセットの正しくない情報が表示される

Informatica Cloud Connectors - Spring リリースノート - (Japanese)

Informatica Cloud Connectors - Spring リリースノート - (Japanese) Informatica Cloud Connectors Spring 2017 リリースノート 2017 年 4 月 著作権 Informatica LLC 1993, 2017 2017 年春 - 4 月... 1 Amazon S3 コネクタ... 1 JDBC コネクタ... 2 Salesforce Analytics コネクタ... 2 Salesforce コネクタ... 3 SAP

More information

Informatica リリースノート - (Japanese)

Informatica リリースノート - (Japanese) Informatica Informatica 10.2 リリースノート Informatica Informatica リリースノート 10.2 2017 年 9 月 著作権 Informatica LLC 1998, 2018 発行日 : 2018-06-08 目次 Abstract.... v 第 1 章 : インストールおよびアップグレード... 6 サポートの変更... 6 Big Data

More information

Informatica リリースノート - (Japanese)

Informatica リリースノート - (Japanese) Informatica 10.2 リリースノート 2017 年 9 月 著作権 Informatica LLC 1998, 2017 インストールおよびアップグレード... 2 サポートの変更... 2 ドメイン環境設定リポジトリ... 5 別のデータベースへの移行... 5 インストール前システムチェックツール (i10pi) の実行... 5 新しい構成へのアップグレード... 5 バージョン

More information

使用する前に

使用する前に この章では Cisco Secure ACS リリース 5.5 以降から Cisco ISE リリース 2.4 システムへのデー タ移行に使用される Cisco Secure ACS to Cisco ISE Migration Tool について説明します 移行の概要 1 ページ Cisco Secure ACS から データ移行 1 ページ Cisco Secure ACS to Cisco ISE

More information

Oracle Un お問合せ : Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよ

Oracle Un お問合せ : Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよ Oracle Un お問合せ : 0120- Oracle Data Integrator 11g: データ統合設定と管理 期間 ( 標準日数 ):5 コースの概要 Oracle Data Integratorは すべてのデータ統合要件 ( 大量の高パフォーマンス バッチ ローブンの統合プロセスおよびSOA 対応データ サービスへ ) を網羅する総合的なデータ統合プラットフォームです Oracle

More information

intra-mart Accel Platform

intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere 編 ) 第 4 版 2014-01-01 1 目次 intra-mart Accel Platform 改訂情報 はじめに 本書の目的 前提条件 対象読者 各種インストール 設定変更 intra-mart Accel Platform 構成ファイルの作成 WebSphereの設定 Java VM 引数の設定 トランザクション タイムアウトの設定 データベース接続の設定

More information

Oracle SQL Developer Data Modeler

Oracle SQL Developer Data Modeler Oracle SQL Developer Data Modeler テクニカル レビュー - 2009 年 6 月 アジェンダ テクニカル レビューおよび機能レビュー 開発者の生産性に重点 Oracle SQL Developer Data Modeler の概要 対象 テクノロジー 機能のレビュー パッケージの更新 Oracle SQL Developer

More information

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ

Oracleセキュア・エンタープライズ・サーチ Oracle Secure Enterprise Search Secure Connector Software Development Kit Oracle Secure Enterprise Search バージョン 10.1.6 2006 年 6 月 概要 Oracle Secure Enterprise Search 10.1.6 は Web サーバー データベース表 IMAP サーバー

More information

ESET Smart Security 7 リリースノート

ESET Smart Security 7 リリースノート ================================================================== ESET Smart Security 7 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

( 目次 ) 1. はじめに 開発環境の準備 仮想ディレクトリーの作成 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備 データベースの作成 データベースの追加 テーブルの作成

( 目次 ) 1. はじめに 開発環境の準備 仮想ディレクトリーの作成 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備 データベースの作成 データベースの追加 テーブルの作成 KDDI ホスティングサービス (G120, G200) ブック ASP.NET 利用ガイド ( ご参考資料 ) rev.1.0 KDDI 株式会社 1 ( 目次 ) 1. はじめに... 3 2. 開発環境の準備... 3 2.1 仮想ディレクトリーの作成... 3 2.2 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備... 7 3. データベースの作成...10 3.1 データベースの追加...10

More information

Oracle Universal Content Management ドキュメント管理 クイック・スタート・チュ-トリアル

Oracle Universal Content Management ドキュメント管理 クイック・スタート・チュ-トリアル 日付 :2007/04/16-10.1.3 Oracle Universal Content Management 10.1.3 ドキュメント管理クイック スタート チュ - トリアル Oracle Universal Content Management 10.1.3 - ドキュメント管理クイック スタート チュ - トリアル 1 内容 はじめに... 3 Oracle UCM - ドキュメント管理モジュール...

More information

— intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere編)   第7版  

— intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere編)   第7版   Copyright 2013 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebSphere 編 ) 第 7 版 2016-12-01 改訂情報はじめに本書の目的前提条件対象読者各種インストール 設定変更 intra-mart Accel Platform 構成ファイルの作成 WebSphereの設定

More information

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 8-2.1. 接続確認... - 8-2.2. 編集... - 11-2.3. インポート... - 14-2.4. 削除... - 15-2.5 フォルダショートカットの作成... - 16-3. 動作環境... - 18-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について

More information

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 第 1 版 改版履歴 版数 改版日付 改版内容 1 2013/03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 目次 1. 使用しているデータベース (DPMDBI インスタンス ) を SQL Server

More information

内容 Visual Studio サーバーエクスプローラで学ぶ SQL とデータベース操作... 1 サーバーエクスプローラ... 4 データ接続... 4 データベース操作のサブメニューコンテキスト... 5 データベースのプロパティ... 6 SQL Server... 6 Microsoft

内容 Visual Studio サーバーエクスプローラで学ぶ SQL とデータベース操作... 1 サーバーエクスプローラ... 4 データ接続... 4 データベース操作のサブメニューコンテキスト... 5 データベースのプロパティ... 6 SQL Server... 6 Microsoft Visual Studio サーバーエクスプローラで学ぶ SQL とデータベース操作 Access 2007 と SQL Server Express を使用 SQL 文は SQL Server 主体で解説 Access 版ノースウィンドウデータベースを使用 DBMS プログラム サーバーエクスプローラ SQL 文 実行結果 データベース エンジン データベース SQL 文とは 1 度のコマンドで必要なデータを効率よく取得するための技術といえます

More information

BOM for Windows Ver

BOM for Windows Ver BOM for Windows Ver.5.0 SR2 リリースノート Copyright 2007-2009 SAY Technologies, Inc. All rights reserved. このドキュメントには BOM Ver5.0 SR2 に関する最新情報が記載されています 対応 OS の追加 対応 SP と OS が増えました 機能追加 改良 1.Windows Server 2008

More information

Exfront4.1.0リリースノート

Exfront4.1.0リリースノート Exfront4.6.1 リリースノート 4.6.1 / 2018 年 6 月 1 日 Exfront4.6.1 リリースノート June 1, 2018 目次 1. 概要...2 2. 最新ミドルウェアへの対応...3 2.1. 全文検索エンジン Apache Solr 7.3.1 への対応...3 2.2. データベース PostgreSQL 10 への対応...3 2.3. アプリケーションサーバー

More information

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法

Oracle SALTを使用してTuxedoサービスをSOAP Webサービスとして公開する方法 Oracle SALT を使用して Tuxedo サービスを SOAP Web サービスとして公開する方法 概要 このドキュメントは Oracle Service Architecture Leveraging Tuxedo(Oracle SALT) のユースケースをほんの数分で実装できるように作成されています Oracle SALT を使用すると プロジェクトをゼロからブートストラップし 既存のプロジェクトに

More information

音声認識サーバのインストールと設定

音声認識サーバのインストールと設定 APPENDIX C 次のタスクリストを使用して 音声認識ソフトウェアを別の音声認識サーバにインストールし 設定します このタスクは Cisco Unity インストレーションガイド に記載されている詳細な手順を参照します ドキュメントに従って 正しくインストールを完了してください この付録の内容は Cisco Unity ライセンスに音声認識が含まれていること および新しい Cisco Unity

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 製品ソフトウェアのセットアップ手順 UNIX/Linux 編 1. セットアップファイルの選択開発環境 / 実行環境 / バージョン /Hotfix/ インストール先 OS 2. 対象セットアップファイルのダウンロード開発環境の場合は 2 つのファイルが対象 3. ソフトウェア要件の確認 4. ソフトウェアのインストール 5. ライセンスの認証 1 1. セットアップファイルの選択 選択項目選択肢該当チェック

More information

Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 補足資料

Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 補足資料 Team Foundation Server 2018 を使用したバージョン管理 Magic xpa 3.0/Magic xpa 2.5/uniPaaS V1Plus 補足資料 マジックソフトウェア ジャパン株式会社 2018 年 8 月 24 日 本ドキュメントは Magic xpa 3.0/Magic xpa 2.5/uniPaaS V1Plus で Team Foundation Server(

More information

eYACHO 管理者ガイド

eYACHO 管理者ガイド eyacho 管理者ガイド 第 1 版 - ios は Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり ライセンスに基づき使用されています - Apple ipad は Apple Inc. の商標です - Microsoft, Excel および Internet Explorer は 米国 Microsoft Corporation の 米国およびその他の国における登録商標または商標です

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation Amazon WorkSpaces Active Directory 証明書サービス (ADCS) を用いたデバイス認証構成 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 2017 / 11 / 10 Agenda 1. Amazon WorkSpaces のデバイス認証の仕組み 2. 環境構成概要 Amazon WorkSpaces デバイス認証の仕組み 3 WorkSpaces のエンドポイントへアクセス

More information

モバイル統合アプリケーション 障害切り分け手順書

モバイル統合アプリケーション 障害切り分け手順書 モバイル統合アプリケーション障害切り分け手順書 第 5 版 2014 年 2 月 7 日 目次 1. サーバー接続 1.1. DocuShare に接続できない 1.2. WebDAV Server に接続できない 1.3. Working Folder に接続できない 1.4. WebDAV サーバースペースの DocuWorks ファイルが閲覧できない 2. 複合機接続 2.1. プリントができない

More information

アーカイブ機能インストールマニュアル

アーカイブ機能インストールマニュアル Microsoft SQL Server 2008 SQL Server Management Studio データベースバックアップ設定マニュアル 1. 注意事項... 1 2. データベースのバックアッププラン作成方法... 2 3. データベースのバックアップ... 8 4. データベースの復元方法について... 11 5. データベースのログの圧縮... 13 Copyright(c)

More information

共有フォルダ接続手順 1 共有フォルダ接続ツールのダウンロード 展開 CSVEX のトップページから共有フォルダ接続ツールの zip ファイルをダウンロードします ダウンロードした zip ファイルを右クリックして すべて展開 を選択します (Windows 環境では zip ファイルを解凍しなくて

共有フォルダ接続手順 1 共有フォルダ接続ツールのダウンロード 展開 CSVEX のトップページから共有フォルダ接続ツールの zip ファイルをダウンロードします ダウンロードした zip ファイルを右クリックして すべて展開 を選択します (Windows 環境では zip ファイルを解凍しなくて 共有フォルダ接続手順 (Windows 環境 ) 本手順書では 共有フォルダ接続ツールの設定 実行方法を説明します PC から CSVEX の共有フォルダ (WebDAV) に接続すれば いつでもお手元に最新のファイル一式が揃っている状態となり 日々のファイルダウンロード作業が不要となります 共有フォルダ接続ツールは CSVEX の共有フォルダに簡単に接続するためのツールです 必要環境 Windows

More information

Symantec AntiVirus の設定

Symantec AntiVirus の設定 CHAPTER 29 Symantec AntiVirus エージェントを MARS でレポートデバイスとしてイネーブルにするためには Symantec System Center コンソールをレポートデバイスとして指定する必要があります Symantec System Center コンソールはモニタ対象の AV エージェントからアラートを受信し このアラートを SNMP 通知として MARS に転送します

More information

DataKeeper for Windows リリースノート

DataKeeper for Windows リリースノート DataKeeper for Windows リリースノート Version 7.4.2 (Version 7 Update 4 Maintenance 2) 重要 本製品をインストールまたは使用する前に 必ずこのドキュメントをお読みください! このドキュメントには インストール時とその前後に留意すべき重要な項目に関する情報が記載されています はじめに SteelEye DataKeeper Cluster

More information

はじめに 本ドキュメントでは Salesforce 標準機能である 変更セット を使用して Visualforce ページ Apex クラスを Sandbox から本番環境に移行する手順を説明します 但し前提条件として Sandbox 本番環境共に SkyVisualEditor がインストールされ

はじめに 本ドキュメントでは Salesforce 標準機能である 変更セット を使用して Visualforce ページ Apex クラスを Sandbox から本番環境に移行する手順を説明します 但し前提条件として Sandbox 本番環境共に SkyVisualEditor がインストールされ Sandbox から本番環境への移行手順 - Visualforce page Apex Class のデプロイ - Ver 2.1.0 2017 年 6 月 21 日 株式会社テラスカイ 1 / 15 はじめに 本ドキュメントでは Salesforce 標準機能である 変更セット を使用して Visualforce ページ Apex クラスを Sandbox から本番環境に移行する手順を説明します

More information

レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名 バージョン < 追加機能一覧 > 管理番号 内容 説明書参照章 カナ文字拡張対応 < 改善一覧 > 管理番号 内容 対象バージョン 説明書参照章 文字列のコピー ペースト改善 ~ 子画面の表示方式 ~ 履歴の詳細情報 ~ タブの ボタン ~ 接続時の管

レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名 バージョン < 追加機能一覧 > 管理番号 内容 説明書参照章 カナ文字拡張対応 < 改善一覧 > 管理番号 内容 対象バージョン 説明書参照章 文字列のコピー ペースト改善 ~ 子画面の表示方式 ~ 履歴の詳細情報 ~ タブの ボタン ~ 接続時の管 レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名 バージョン < 追加機能一覧 > 管理番号 内容 説明書参照章 カナ文字拡張対応 < 改善一覧 > 管理番号 内容 対象バージョン 説明書参照章 文字列のコピー ペースト改善 ~ 子画面の表示方式 ~ 履歴の詳細情報 ~ タブの ボタン ~ 接続時の管理情報の英小文字対応 ~ 管理ホスト情報の表示 グループ情報と詳細情報の表示 ~ 検索条件設定時の一覧画面の操作

More information

V-CUBE One

V-CUBE One V-CUBE One Office 365 連携マニュアル ブイキューブ 2017/06/02 この文書は V-CUBE One の Office 365 連携用ご利用マニュアルです 更新履歴 更新日 内容 2016/02/09 新規作成 2016/03/11 Office 365 ID を既存の One 利用者と紐付ける機能に関する記述の追加 2016/04/01 V-CUBE ミーティング Outlook

More information

1. アンケート集計サンプルについて ここでは Windows Azure と SQL Azure を使ってアンケートを実施し アンケート結果を Excel で集計するサンプルについて説明します アンケートは Windows Azure で運用し アンケート結果は SQL Azure に格納されます

1. アンケート集計サンプルについて ここでは Windows Azure と SQL Azure を使ってアンケートを実施し アンケート結果を Excel で集計するサンプルについて説明します アンケートは Windows Azure で運用し アンケート結果は SQL Azure に格納されます Azure 活用シナリオ SQL Azure を利用したアンケート 1 1. アンケート集計サンプルについて ここでは Windows Azure と SQL Azure を使ってアンケートを実施し アンケート結果を Excel で集計するサンプルについて説明します アンケートは Windows Azure で運用し アンケート結果は SQL Azure に格納されます SQL Azure に格納されたアンケート結果は

More information

Oracle Enterprise Managerシステム監視プラグイン・インストレーション・ガイドfor Juniper Networks NetScreen Firewall, 10gリリース2(10.2)

Oracle Enterprise Managerシステム監視プラグイン・インストレーション・ガイドfor Juniper Networks NetScreen Firewall, 10gリリース2(10.2) Oracle Enterprise Manager システム監視プラグイン インストレーション ガイド for Juniper Networks NetScreen Firewall 10g リリース 2(10.2) 部品番号 : B28468-01 原典情報 : B28041-01 Oracle Enterprise Manager System Monitoring Plug-in Installation

More information

VPN 接続の設定

VPN 接続の設定 VPN 接続の設定 AnyConnect 設定の概要, 1 ページ AnyConnect 接続エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる接続エントリの追加, 2 ページ 手動での接続エントリの追加, 3 ページ ユーザ証明書について, 4 ページ ハイパーリンクによる証明書のインポート, 5 ページ 手動での証明書のインポート, 5 ページ セキュアゲートウェイから提供される証明書のインポート,

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート ================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

IBM API Connect 開発者ポータル構成ガイド 1章

IBM API Connect 開発者ポータル構成ガイド 1章 IBM API Connect 開発者ポータル構成ガイド 1. 開発者ポータルの一般的な構成 2016/10/01 日本アイ ビー エム株式会社 はじめに 当資料の位置づけ 当資料は API Connect の開発者ポータルの主要なカスタマイズ方法についてまとめたものです V5.0.1 を前提としています 注意事項 当資料に含まれる情報は可能な限り正確を期しておりますが 当資料に記載された内容に関して何ら保証するものではありません

More information

ソフトウェアの説明

ソフトウェアの説明 CHAPTER 2 この章では Cisco Edge Craft とその機能の概要について説明します 2.1 概要 Cisco Edge Craft は ネットワーク要素を 1 つずつ運用状態にする場合に使用します Cisco Edge Craft でできるのは ネットワーク要素に保存されている情報の表示と その情報に関する操作だけです Cisco Edge Craft のグラフィカルユーザインターフェイス

More information

Mindjet MindManager Version 9 for Windows サービスパック 2 リリースノート : 2011 年 4 月 20 日

Mindjet MindManager Version 9 for Windows サービスパック 2 リリースノート : 2011 年 4 月 20 日 Mindjet MindManager Version 9 for Windows サービスパック 2 : 2011 年 4 月 20 日 MindManager Version 9 for Windows で修正された問題 MindManager 9 ビルド 9.2.545 合計期間が 1 日未満の仕事間の依存関係が 強制的に別の日に開始された 依存する仕事の合計期間が一作業日未満である場合は それらの仕事を同じ日に開始できるようになりました

More information

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 5-2.1. 接続確認... - 5-2.2. 編集... - 9-2.3. インポート... - 12-2.4. 削除... - 14-3. 動作環境... - 15-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 16-4.1. サービスの再起動...

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 事前チェック

intra-mart EX申請システム version.7.2 事前チェック IM EX 申請システム ver7.2 事前チェックシート 2015/12/22 株式会社 NTT データイントラマート 改訂履歴版 日付 内容 初版 2011/2/28 第二版 2012/11/16 環境シートのIEの設定について説明を追記しました 第三版 2014/4/18 環境シートおよび制限事項シートにExcel2013について説明を追記しました 第三版 2014/4/18 環境シートおよび制限事項シートよりExcel2003の説明を除外しました

More information

クライアント証明書導入マニュアル

クライアント証明書導入マニュアル クライアント証明書導入マニュアル Windows10 用 第 1.1 版 2018 年 12 月 13 日 改訂履歴 版改訂日区分改訂箇所改訂内容 1.0 2016/01/08 新規 新規作成 1.1 2018/12/13 修正 画面デザイン変更に伴う修正 2 目次 1. はじめに... 4 2. Internet Explorer のセキュリティ設定について... 5 3. Internet Explorer

More information

Microsoft PowerPoint ï½žéł»å�’å–¥æœ�ㇷㇹㅃㅀ㇤ㅳㇹㅋㅼㅫ曉逃.ppt [äº™æ‘łã…¢ã…¼ã…›]

Microsoft PowerPoint ï½žéł»å�’å–¥æœ�ㇷㇹㅃㅀ㇤ㅳㇹㅋㅼㅫ曉逃.ppt [äº™æ‘łã…¢ã…¼ã…›] 電子入札システムクライアント V4 インストール手順 平成 30 年 3 月 富山市財務部契約課 注意事項 平成 30 年 3 月以降は現在インストールしていただいている 電子入札システムクライアント V3 は使用できなくなります 本手順に従い必ず 電子入札システムクライアント V4 をインストールしてください Windows10 の標準ブラウザ Microsoft Edge は富山市電子入札システムを使用できません

More information

OSSTechプレゼンテーション

OSSTechプレゼンテーション Ver.3 ~ クラウド時代の ID 連携を支援する ~ オープンソース ソリューション テクノロジ株式会社 http://www.osstech.co.jp/ Copyright 2016 Open Source Solution Technology, Corp. 1 クラウド時代の ID 管理 1. 管理対象の分散化 オンプレミスとクラウドサービスの混在 システムごとの ID 管理 2. 3.

More information

アーカイブ機能インストールマニュアル

アーカイブ機能インストールマニュアル Microsoft SQL Server 2005 SQL Server Management Studio データベースバックアップ設定マニュアル 1. 注意事項... 1 2.SQL Server 2005 Integration Services (SSIS) インストール... 2 3. データベースのバックアッププラン作成方法... 3 4. データベースのバックアップ...

More information

RICOH Device Manager Pro バックアップ/バージョンアップ作業手順書

RICOH Device Manager Pro バックアップ/バージョンアップ作業手順書 RICOH Device Manager Pro バックアップ / バージョンアップ作業手順書 1. 概要 本手順書は DeviceManagerPro 機器アドレス帳データ確認用ツール操作手順書.pdf での作業を実施する前に実施する RICOH Device Manager Pro( 以降 DMPro と表現 ) のバージョンアップとそれに伴うバックアップの作業手順を記載した手順書です page

More information

Attain3 インストール説明書

Attain3 インストール説明書 オープンソース LMS Attain3 インストール説明書 第 3 版平成 20 年 6 月 2 日 エスエイティーティー株式会社 1 目次 について 3 データのダウンロード 解凍 4 ドメイン名の設 5 初期設定値の変更 6 データベース設定 7 ColdFusion MX の設定 8 Attain3 環境設定 23 Attain3 アンインストール 25 2 について この説明書は Attain3

More information

新製品 Arcserve Backup r17.5 のご紹介 (SP1 対応版 ) Arcserve Japan Rev. 1.4

新製品 Arcserve Backup r17.5 のご紹介 (SP1 対応版 ) Arcserve Japan Rev. 1.4 新製品 Arcserve Backup r17.5 のご紹介 ( 対応版 ) Arcserve Japan Rev. 1.4 クラウドストレージへの直接バックアップ バックアップ クラウドストレージ * クラウドサーバ 一時領域 バックアップ 一時領域 一時領域 HDD 不要 災害対策コストの削減 オンプレミスサーバ * 利用可能なクラウドストレージは動作要件をご確認ください https://support.arcserve.com/s/article/218380243?language=ja

More information

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール 第 1 版 作成日 :2007 年 7 月 31 日 更新日 :2007 年 7 月 31 日 目次 はじめに... 3 Ⅰ. インストール作業... 4 Ⅱ. 起動状況の確認... 8 Ⅱ-1. Oracle BI Administration Tool の起動... 8 Ⅱ-2.

More information

PrintBarrierV3L50(V ) アップデート手順書 第 1.01 版 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング 平成 25 年 3 月 7 日 1

PrintBarrierV3L50(V ) アップデート手順書 第 1.01 版 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング 平成 25 年 3 月 7 日 1 PrintBarrierV3L50(V3.4.0.6) アップデート手順書 第 1.01 版 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング 平成 25 年 3 月 7 日 1 目次 1. 目的... 3 2. 前提条件... 3 3. 注意事項... 3 4.PrintBarrier 版数判別方法... 4 5. プデートモジュール構成... 5 6.PrintBarrier のアップデート順番...

More information

proventia_site_protector_sp8_sysreq

proventia_site_protector_sp8_sysreq SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件 2010 年 7 月 26 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件... 1 Service Pack 8.1 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 8.1 仮想環境... 1 Service Pack 8.1 - Express

More information

概要 ABAP 開発者が SAP システム内の SAP ソースまたは SAP ディクショナリーオブジェクトを変更しようとすると 2 つのアクセスキーを入力するよう求められます 1 特定のユーザーを開発者として登録する開発者キー このキーは一度だけ入力します 2 SAP ソースまたは SAP ディクシ

概要 ABAP 開発者が SAP システム内の SAP ソースまたは SAP ディクショナリーオブジェクトを変更しようとすると 2 つのアクセスキーを入力するよう求められます 1 特定のユーザーを開発者として登録する開発者キー このキーは一度だけ入力します 2 SAP ソースまたは SAP ディクシ オンラインヘルプ :SAP ソフトウェア変更登録 (SSCR) キーの登録 目次 概要... 2 参考リンク... 3 アプリケーションの起動... 4 アプリケーションとメインコントロールの概要... 5 キーリストのカスタマイズ... 7 リストのフィルタリング... 7 表のレイアウトのカスタマイズ... 8 新しい開発者の登録... 10 新しいオブジェクトの登録... 12 特定のインストレーションから別のインストレーションに個々の

More information

提案書

提案書 アクセスログ解析ソフト Angelfish インストールについて Windows 版 2018 年 05 月 07 日 ( 月 ) 有限会社インターログ TEL: 042-354-9620 / FAX: 042-354-9621 URL: http://www.interlog.co.jp/ はじめに Angelfish のインストールに手順について説明致します 詳細は US のヘルプサイトを参照してください

More information

Active Directory フェデレーションサービスとの認証連携

Active Directory フェデレーションサービスとの認証連携 Active Directory フェデレーションサービス との認証連携 サイボウズ株式会社 第 1 版 目次 1 はじめに...2 2 システム構成...2 3 事前準備...3 4 AD のセットアップ...4 5 AD FS のセットアップ...4 5.1 AD FS のインストール...4 5.2 AD FS で必要となる証明書の作成...5 5.3 フェデレーションサーバーの構成...7

More information

UNIVERGE SG3000 から SG3600 Ver.6.2(2012 年モデル ) への 移行手順 All Rights Reserved, Copyright(C) NEC Corporation 2017 年 11 月 4 版

UNIVERGE SG3000 から SG3600 Ver.6.2(2012 年モデル ) への 移行手順 All Rights Reserved, Copyright(C) NEC Corporation 2017 年 11 月 4 版 UNIVERGE SG3000 から SG3600 Ver.6.2(2012 年モデル ) への 移行手順 2017 年 11 月 4 版 目次 1. はじめに... 1 2. 事前準備... 2 2.1 バックアップデータの移行に必要なもの... 2 2.2 事前準備... 3 3. 移行手順... 5 3.1 初期設定の実行... 5 3.2 バックアップデータのリストア... 5 4. 注意制限事項...

More information

Microsoft Word - nvsi_090200jp_r1_nvbsvr_mscs.doc

Microsoft Word - nvsi_090200jp_r1_nvbsvr_mscs.doc Article ID: NVSI-090200JP_R1 Created: 2010/2/4 Revised: 2010/9/17 NetVault Backup サーバと Windows Server 2008 / フェールオーバークラスタとの統合 1. 検証目的 Windows Server 2008 では アプリケーションの可用性を高めるフェールオーバークラスタ機能を提供しています 本検証では

More information

WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1

WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1 WebARENA SuiteX V2 EC-CUBE 2.13 インストールマニュアル ( 標準 MySQL+ 非 SSL ) 作成 :2014 年 2 月 Ver.1.1 注意事項 EC-CUBE は株式会社ロックオンの提供するソフトウェアです ここでは株式会社ロックオンから提供されている EC-CUBE バージョン 2.13 のパッケージをご利用される前提で 基本的な設置手順を掲載しております

More information

DBMSリポジトリへの移行マニュアル

DBMSリポジトリへの移行マニュアル DBMS Repository Guide by SparxSystems Japan Enterprise Architect 日本語版 (2018/05/16 最終更新 ) 1 1. はじめに Enterprise Architect コーポレート版では 外部のデータベース管理ソフトウェア ( 以下 DBMS) 上にプロジェクトを配置することができます これにより DBMS が持つ堅牢性 安定性

More information

Filr 2.0 Desktopアプリケーションリリースノート

Filr 2.0 Desktopアプリケーションリリースノート Filr 2.0 Desktop アプリケーションリリースノート 2016 年 2 月 Filr 2.0 Desktop アプリケーションは ファイルのオンデマンド機能が導入されており Filr サーバとワークステーション上のすべてのファイルの統合ビューや仮想ビューを提供します ファイルのオンデマンド機能により サーバからワークステーションにすべてのファイルをダウンロードする必要がなくなります ファイルにアクセスして

More information

HDC-EDI Manager Ver レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名バージョン HDC-EDI Manager < 対応 JavaVM> Java 2 Software Development Kit, Standard Edition 1.4 Java 2

HDC-EDI Manager Ver レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名バージョン HDC-EDI Manager < 対応 JavaVM> Java 2 Software Development Kit, Standard Edition 1.4 Java 2 レベルアップ詳細情報 < 製品一覧 > 製品名バージョン HDC-EDI Manager 2.2.0 < 対応 JavaVM> Java 2 Software Development Kit, Standard Edition 1.4 Java 2 Platform Standard Edition Development Kit 5.0 Java SE Development Kit 6 < 追加機能一覧

More information

Microsoft認定資格問題集DEMO(70-459_Part2)

Microsoft認定資格問題集DEMO(70-459_Part2) Microsoft 認定資格問題集 受験番号 : 70-459 受験名 : MCITP: Database Administrator 2008 または MCITP: Database Developer 2008 から MCSE: Data Platform への移行 言語 : 日本語 PartⅡ シナリオ問題問題数 :7 シナリオ合計 39 問 テストバリュー (TESTVALUE) はこの日本語版問題集の著作権を所有しています

More information

(2) [ バックアップツール ] が表示されます [1] [2] [3] [4] [5] [6] Windows Storage Server 2012 バックアップ手順 (V_01) < 画面の説明 > [1] バックアップ項目リスト登録されているバックアップセットの一覧です [2] 新規 ボタ

(2) [ バックアップツール ] が表示されます [1] [2] [3] [4] [5] [6] Windows Storage Server 2012 バックアップ手順 (V_01) < 画面の説明 > [1] バックアップ項目リスト登録されているバックアップセットの一覧です [2] 新規 ボタ バックアップ手順 (Windows Storage Server 2012) V_01 1 バックアップツール を用いた定期バックアップ バックアップツール は Windows Storage Server 2012 標準の Windows Server バックアップ の制限事項を解消するためのオリジナルのツールです バックアップツール はバックアップ設定を複数作成出来るものになります < バックアップツール

More information

Microsoft Word - L08_Backup_Lab.docx

Microsoft Word - L08_Backup_Lab.docx バックアップおよび復元機能の確認 この実習では 手動バックアップ 自動バックアップのスケジュール作成 ファイルとフォルダの回復 および WinRE を使用したシステム障害への備えとシステム障害からの復元を行います この実習の推定所要時間 : 1 時間 開始する前に この実習を開始するための前提条件を次に示します エンタープライズ環境における Windows Server 2003 のサポート経験があること

More information

QualysGuard(R) Release Notes

QualysGuard(R) Release Notes QualysGuard リリースノート Web Application Scanning 3.0 2013 年 4 月 17 日 QualysGuard WAS 3.0 では 使いやすさの向上とレポート機能の拡張が行われました Web アプリケーションのマルウェア監視機能の紹介 Burp Suite との統合の紹介新しい脆弱性検出ブラウザ削除する Web アプリケーションに関するレポートの作成パージする

More information

CubePDF ユーザーズマニュアル

CubePDF ユーザーズマニュアル CubePDF ユーザーズマニュアル 2018.11.22 第 13 版 1 1. PDF への変換手順 CubePDF は仮想プリンターとしてインストールされます そのため Web ブラウザや Microsoft Word, Excel, PowerPoint など印刷ボタンのあるアプリケーションであればどれでも 次の 3 ステップで PDF へ変換することができます 1. PDF 化したいものを適当なアプリケーションで表示し

More information

intra-mart Accel Platform — TableMaintenance ユーザ操作ガイド   第8版  

intra-mart Accel Platform — TableMaintenance ユーザ操作ガイド   第8版   Copyright 2012 NTT DATA INTRAMART CORPORATION 1 Top 目次 改訂情報概要レコードの追加 / 更新 / 削除レコードの編集レコードを削除するレコードの一括インポートとエクスポート日本語のキャプション表示 2 改訂情報 変更年月日 変更内容 2012-10-01 初版 2013-10-01 第 2 版下記が追加 変更されました 対応するフィールドの型 が追加されました

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

インテル(R) Visual Fortran コンパイラ 10.0

インテル(R) Visual Fortran コンパイラ 10.0 インテル (R) Visual Fortran コンパイラー 10.0 日本語版スペシャル エディション 入門ガイド 目次 概要インテル (R) Visual Fortran コンパイラーの設定はじめに検証用ソースファイル適切なインストールの確認コンパイラーの起動 ( コマンドライン ) コンパイル ( 最適化オプションなし ) 実行 / プログラムの検証コンパイル ( 最適化オプションあり ) 実行

More information

Silk Central Connect 15.5 リリースノート

Silk Central Connect 15.5 リリースノート Silk Central Connect 15.5 リリースノート Micro Focus 575 Anton Blvd., Suite 510 Costa Mesa, CA 92626 Copyright Micro Focus 2014. All rights reserved. Silk Central Connect は Borland Software Corporation に由来する成果物を含んでいます,

More information

Veritas System Recovery 16 Management Solution Readme

Veritas System Recovery 16 Management Solution Readme Veritas System Recovery 16 Management Solution Readme この README について Veritas System Recovery 16 のソフトウェア配信ポリシーのシステム要件 Veritas System Recovery 16 Management Solution のシステム要件 Veritas System Recovery 16 Management

More information

APEX Spreadsheet ATP HOL JA - Read-Only

APEX Spreadsheet ATP HOL JA  -  Read-Only Oracle APEX ハンズオン ラボ スプレッドシートからアプリケーションを作成 Oracle Autonomous Cloud Service 用 2019 年 7 月 (v19.1.3) Copyright 2018, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 概要 このラボでは スプレッドシートを Oracle データベース表にアップロードし

More information

GlobalFlow5 Ver.1.00R04 リリースノート

GlobalFlow5 Ver.1.00R04 リリースノート GlobalFlow5 1.00R04 リリースノートパナソニックソリューションテクノロジー株式会社 2006 年 11 月 30 日 製品情報 バージョン : Ver1.00R04 変更内容 新機能 文書の末尾に 印がある機能をご利用の場合は GlobalDoc5 が必要です 書類情報を CSV ファイル形式で一括して出力する機能を追加しました 書類の印刷用画面を表示する機能を追加しました ユーザーごとに機能管理者の設定

More information

AppsWF ワークフロー設定ガイド Ver.1.1 株式会社オプロ

AppsWF ワークフロー設定ガイド Ver.1.1 株式会社オプロ AppsWF ワークフロー設定ガイド Ver.1.1 株式会社オプロ 改訂履歴 Ver. 改訂日改訂内容 1.0 2019/08/22 新規発行 1.1 2019/10/04 1.3 ワークフロー設定画面を開くには に 1.3.2 Salesforce 版の操作手順 を 追加しました 本書に記載されている会社名 製品名 サービス名などは 提供各社の商標 登録商標 商品名です なお 本文中に TM マーク

More information

ESMPRO/JMSS Ver6.0

ESMPRO/JMSS Ver6.0 NEC Express5800 シリーズ ESMPRO /JMSS EventManager セットアップカード ごあいさつ このたびは ESMPRO/JMSS EventManager をお買い上げ頂き まことにありがとうございま す 本書は セットアップ方法について説明しています 製品をお使いになる前に必ずお読みくだ さい また ESMPRO/JMSS EventManager の説明書として次のものがあります

More information

WebView のハング:- java.lang.OutOfMemoryError

WebView のハング:- java.lang.OutOfMemoryError WebView のハング :- java.lang.outofmemoryerror 目次 はじめに前提条件要件使用するコンポーネント表記法問題の特定解決策 1 解決策 2 解決策 3 関連情報 はじめに このドキュメントでは WebView セッションのハングの原因が ServletExec(MaxHeapSize) に割り当てられたメモリの不足であるかどうかを判断する方法について説明します また

More information

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Remote 利用... - 9-2.1. 接続確認... - 9-2.2. 自動接続... - 11-2.3. 編集... - 13-2.4. インポート... - 16-2.5. 削除... - 18-2.6. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 19-2.6.1. サービスの再起動...

More information

Section1_入力用テンプレートの作成

Section1_入力用テンプレートの作成 入力用テンプレートの作成 1 Excel には 効率よく かつ正確にデータを入力するための機能が用意されています このセクションでは ユーザー設定リストや入力規則 関数を利用した入力用テンプレートの作成やワークシート操作について学習します STEP 1 ユーザー設定リスト 支店名や商品名など 頻繁に利用するユーザー独自の連続データがある場合には ユーザー設定リスト に登録しておけば オートフィル機能で入力することができ便利です

More information

Microsoft Word - ssVPN MacOS クライアントマニュアル_120版.doc

Microsoft Word - ssVPN  MacOS クライアントマニュアル_120版.doc Mac OS クライアントソフトマニュアル 第 1.10/1.20 版 2014 年 1 月 7 日 - 目次 - はじめに... 3 1 動作環境... 3 2 インストール... 3 3 ssvpn の起動... 3 4 システム環境設定 ( Mac OS X 10.8, 10.9 )... 5 4.1 システム環境設定手順... 5 5 接続先設定 編集 削除... 8 5.1 新規接続先を設定する...

More information

Microsoft Word - NW2013_Installation_Guide_English_no_screenshots_JPN.doc

Microsoft Word - NW2013_Installation_Guide_English_no_screenshots_JPN.doc Nintex Workflow 2013 インストールガイド support@nintex.com www.nintex.com 2013 目次に戻る Nintex. All rights reserved. 書き損じ 脱漏を除きます 1 目次 システム必要条件... 2 1. Nintex Workflow 2013 のインストール... 4 1.1 インストーラーの実行... 4 1.2 ソリューションパッケージの展開...

More information

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

新OS使用時の留意事項

新OS使用時の留意事項 2014 年 3 月富士通株式会社 新 OS 使用時の留意事項 Fujitsu Software Interstage Print Manager( 以降 Interstage Print Manager) の動作オペレーティングシステムに以下をサポートします Windows 8 Windows 8.1 2012 2012 R2 この動作環境においても従来と同等の機能をご利用になれますが ご利用に関しての留意事項について説明します

More information

ADempiere (3.5)

ADempiere (3.5) ADempiere (3.5) インストールマニュアル ADempiere Community Contents 改定履歴... 3 1 はじめに... 4 2 動作環境... 4 3 事前準備... 5 3.1 Java JDK のセットアップ... 5 3.1.1 Java JDK のダウンロード... 5 3.1.2 Java JDK のインストール... 5 3.1.1 Java JDK のパス設定...

More information

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange NortonAntiVirus for MicrosoftExchange インストール手順書 このドキュメントは NortonAntiVirus 2.5 for MicrosoftExchange のインストール手順を示します 2001 年 7 月 1 1.. Norton AntiVirus for Microsoft Exchange のアンインストール まず 以前のバージョンの NortonAntiVirus

More information

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書

HP Device Manager4.7インストール・アップデート手順書 Technical white paper HP Device Manager4.7 インストール アップデート手順書 目次 はじめに 2 HPDM の構成の概要 3 1. インストール先のサーバーの準備 4 2.HPDM Softpaq の入手と展開 6 3.HPDM の新規インストール 9 4. マスターリポジトリの設定 17 5.HPDM のアップデート 20 1 はじめに 本資料では HP

More information

システム要件 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントのシステム要件 OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] (32bit) Wind

システム要件 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントのシステム要件 OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] (32bit) Wind Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 Trend Micro Safe Lock 2.0 SP1 エージェントの OS Client OS Server OS Windows 2000 (SP4) [Professional] Windows XP (SP1/SP2/SP3) [Professional] Windows Vista (SP なし /SP1/SP2) [Business

More information

Oracle Data Pumpのパラレル機能

Oracle Data Pumpのパラレル機能 Oracle Data Pump のパラレル機能 Carol Palmer オラクル社 Principal Product Manager はじめに Oracle Database 10g 上の Oracle Data Pump により 異なるデータベース間のデータとメタデータを高速で移動できます Data Pump の最も便利な機能の 1 つは エクスポート ジョブとインポート ジョブをパラレルに実行しパフォーマンスを高める機能です

More information

Informatica Enterprise Data Catalog

Informatica Enterprise Data Catalog データシート Informatica Enterprise Data Catalog 利点 AI 搭載のカタログ機能で社内のあらゆるタイプのデータを自動的にカタログ化および分類 インテリジェントなキュレーションでドメインやエンティティを特定 管理されたクラウドソースの注釈を使用してデータ資産をエンリッチ化 Googleのようなパワフルなセマンティック検索でデータ資産を発見 リネージ 関係ビュー データプロファイリング

More information

目次 1. Azure Storage をインストールする Azure Storage のインストール Azure Storage のアンインストール Azure Storage を使う ストレージアカウントの登録... 7

目次 1. Azure Storage をインストールする Azure Storage のインストール Azure Storage のアンインストール Azure Storage を使う ストレージアカウントの登録... 7 QNAP Azure Storage ユーザーガイド 発行 : 株式会社フォースメディア 2014/6/2 Rev. 1.00 2014 Force Media, Inc. 目次 1. Azure Storage をインストールする... 3 1.1. Azure Storage のインストール... 3 1.2. Azure Storage のアンインストール... 5 2. Azure Storage

More information

鳥取県物品電子入札システムセキュリティ ポリシー設定マニュアル IC カードを利用しない応札者向け 第 1.7 版 平成 31 年 2 月鳥取県物品契約課 鳥取県物品電子入札システムセキュリティ ポリシー設定マニュアル Ver.01-07

鳥取県物品電子入札システムセキュリティ ポリシー設定マニュアル IC カードを利用しない応札者向け 第 1.7 版 平成 31 年 2 月鳥取県物品契約課 鳥取県物品電子入札システムセキュリティ ポリシー設定マニュアル Ver.01-07 鳥取県物品電子入札システムセキュリティ ポリシー設定マニュアル IC カードを利用しない応札者向け 第 1.7 版 平成 31 年 2 月鳥取県物品契約課 目次 第 1 章はじめに 1 1.1 セキュリティ ポリシーを設定するまでの流れ 1 第 2 章セキュリティ ポリシーを設定する前に 2 2.1 前提条件確認 2 2.2 Java ランタイム (JRE) の確認方法 3 第 3 章 Java 実行環境の設定

More information

PALNETSC0184_操作編(1-基本)

PALNETSC0184_操作編(1-基本) 1 章ご使用前に この章について この章では 特許情報提供サービス Shareresearch をご利用になる前の動作環境と各種 設定について説明します この章の内容を以下に示します 1.1 使用する際の環境について 1.2 WWW ブラウザのセキュリティ設定 1.3 Excel のセキュリティ設定 1.4 フォルダオプションの設定 1 1.1 使用する際の環境について Shareresearch

More information

ER/Studio Data Architect 2016 の新機能

ER/Studio Data Architect 2016 の新機能 ER/Studio Data Architect 2016 の新機能 ビジネスデータオブジェクトエンティティ / テーブルをビジネスデータオブジェクトにまとめることができるようになりました これらのオブジェクトにより 共通のリレーションシップを共有するエンティティやテーブルを目に見えるコンテナにまとめることができるので ビジネス概念をより適切に記述できます モデル / サブモデルの NST モデルやサブモデルに名前付け標準テンプレート

More information

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件 2012 年 2 月 13 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件... 1 Service Pack 9.0 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 9.0 仮想環境... 1 Deployment Manager のインストール要件...

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X 1.0 for Windows Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2007 年 5 月 21 日 本手順書では CLUSTERPRO X 環境における Windows Server 2003 Service Pack 1/2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

クライアント証明書インストールマニュアル

クライアント証明書インストールマニュアル 事前設定付クライアント証明書インストールマニュアル このマニュアルは クライアント証明書インストールマニュアル の手順で証明書がインストールできなかった方のための インストールマニュアルです エクストラネットは Internet Explorer をご利用ください Microsoft Edge 他 Internet Explorer 以外のブラウザではご利用になれません 当マニュアル利用にあたっては

More information

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx 使用の手引き Qsync はまるごと QNAP で作動するクラウドベースのファイル同期サービスです ローカルの Qsync フォルダにファイルを追加するだけで ファイルはまるごと QNAP およびそれに接続されたすべてのデバイスで利用できるようになります Qsync を使用する前に Qsync を配置する前に 以下の 3 つのステップに従ってください 1. まるごと QNAP でユーザーアカウントを作成する

More information

電話機のリセットと再起動

電話機のリセットと再起動 この章では 属性を更新せずにデバイスをリセットまたは再起動する方法について説明します 問題が発生したために 複数の電話機をバルク トランザクションによってリセットまたは再起 動する必要が生じた場合に この手順を使用します リセットする電話機は クエリーまたは カスタム ファイルを使用して検索できます クエリーを使用した電話機のリセットまたは再起動, 1 ページ カスタム ファイルを使用した電話機のリセットまたは再起動,

More information

SQL Server または MSDE のバージョン、およびサービス パック レベルの確認

SQL Server または MSDE のバージョン、およびサービス パック レベルの確認 SQL Server または MSDE のバージョン およびサービスパックレベルの確認 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法 Microsoft SQL Server 2000 のクエリアナライザの使用 Microsoft SQL Server 7.0 のクエリアナライザの使用 MSDE の OSQL の使用正常に終了した OSQL のバージョンクエリの解釈 OSQL クエリのトラブルシューティング一般的な問題現在の

More information

目次 専用アプリケーションをインストールする 1 アカウントを設定する 5 Windows クライアントから利用できる機能の紹介 7 1ファイル フォルダのアップロードとダウンロード 8 2ファイル更新履歴の管理 10 3 操作履歴の確認 12 4アクセスチケットの生成 ( フォルダ / ファイルの

目次 専用アプリケーションをインストールする 1 アカウントを設定する 5 Windows クライアントから利用できる機能の紹介 7 1ファイル フォルダのアップロードとダウンロード 8 2ファイル更新履歴の管理 10 3 操作履歴の確認 12 4アクセスチケットの生成 ( フォルダ / ファイルの ServersMan@Disk Windows 版専用アプリケーション操作マニュアル 目次 専用アプリケーションをインストールする 1 アカウントを設定する 5 Windows クライアントから利用できる機能の紹介 7 1ファイル フォルダのアップロードとダウンロード 8 2ファイル更新履歴の管理 10 3 操作履歴の確認 12 4アクセスチケットの生成 ( フォルダ / ファイルの公開 ) 13

More information

Acronis® Backup & Recovery ™ 10 Advanced Editions

Acronis® Backup & Recovery ™ 10 Advanced Editions Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Editions クイックスタートガイド このドキュメントでは Acronis Backup & Recovery 10 の以下のエディションをインストールして使用を開始する方法について説明します Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Acronis Backup & Recovery

More information

intra-mart ワークフローデザイナ

intra-mart ワークフローデザイナ intra-mart ワークフローデザイナ Version 5.0 インストールガイド 初版 2005 年 6 月 17 日 変更年月日 2005/06/17 初版 > 変更内容 目次 > 1 はじめに...1 1.1 インストールの概要...1 1.2 用語について...1 1.3 前提条件...1 2 インストール手順...2 2.1 サーバへのファイルのインストール...2

More information

ITdumpsFree Get free valid exam dumps and pass your exam test with confidence

ITdumpsFree   Get free valid exam dumps and pass your exam test with confidence ITdumpsFree http://www.itdumpsfree.com Get free valid exam dumps and pass your exam test with confidence Exam : C9530-001J Title : IBM Integration Bus v10.0, Solution Development Vendor : IBM Version :

More information