< F2D838F B B9689C229>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>"

Transcription

1 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建 築 一 式 工 事 以 外 の 建 設 工 事 の 場 合 に あっては 500万 円 未 満 建 築 一 式 工 事 にあっては 1,500万 円 未 満 又 は 延 べ 面 積 が 150平 方 メー トル 未 満 の 木 造 住 宅 の 工 事 をいいます (2) 許 可 行 政 庁 ( 大 臣 許 可 と 知 事 許 可 ) ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 が 2つ 以 上 の 都 道 府 県 の 区 域 に 営 業 所 を 設 ける 場 合 は 国 土 交 通 大 臣 の 許 可 が 1つの 都 道 府 県 の 区 域 内 にのみ 営 業 所 を 設 ける 場 合 は 都 道 府 県 知 事 の 許 可 が 必 要 となります イ 営 業 所 とは 本 店 又 は 支 店 若 しくは 常 時 建 設 工 事 の 請 負 契 約 の 見 積 入 札 契 約 の 締 結 を 行 う 事 務 所 等 建 設 業 に 係 る 営 業 に 実 質 的 に 関 与 するものをいいます ウ 大 臣 許 可 知 事 許 可 を 問 わず 営 業 の 区 域 又 は 建 設 工 事 を 施 工 する 区 域 についての 制 限 等 はありません (3) 建 設 業 の 許 可 業 種 建 設 業 の 許 可 は 下 記 の28の 業 種 ごとに 行 われ 営 業 する 業 種 ごとに 取 得 する 必 要 があります また 同 時 に2つ 以 上 の 業 種 の 許 可 を 受 けることができ 現 有 の 許 可 業 種 に 業 種 を 追 加 することも できます ある 業 種 の 許 可 を 受 けた 場 合 でも 他 の 業 種 の 工 事 を 請 け 負 うことは その 業 種 の 許 可 も 受 けていない 限 り 禁 じられます 土 木 工 事 業 建 築 工 事 業 大 工 工 事 業 左 官 工 事 業 とび 土 工 工 事 業 石 工 事 業 屋 根 工 事 業 電 気 工 事 業 管 工 事 業 タイル れんが ブロツク 工 事 業 鋼 構 造 物 工 事 業 鉄 筋 工 事 業 舗 装 工 事 業 しゅんせつ 工 事 業 板 金 工 事 業 ガラス 工 事 業 塗 装 工 事 業 防 水 工 事 業 内 装 仕 上 工 事 業 機 械 器 具 設 置 工 事 業 熱 絶 縁 工 事 業 電 気 通 信 工 事 業 造 園 工 事 業 さく 井 工 事 業 建 具 工 事 業 水 道 施 設 工 事 業 消 防 施 設 工 事 業 清 掃 施 設 工 事 業 (4) 有 効 期 間 建 設 業 の 許 可 は5 年 間 有 効 です 5 年 毎 に 更 新 が 必 要 です (5) 許 可 の 区 分 ( 一 般 建 設 業 と 特 定 建 設 業 の 許 可 ) ア 許 可 を 受 けようとする 業 種 ごとに 一 般 建 設 業 又 は 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりませ ん イ 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 けた 場 合 は 発 注 者 から 直 接 請 け 負 う 一 件 の 建 設 工 事 につき 下 請 代 金 の 額 が 3,000万 円 以 上 ( 建 築 工 事 業 については 4,500万 円 以 上 )となる 下 請 契 約 を 締 結 するこ とができます この 場 合 の 3,000万 円 以 上 ( 建 築 工 事 業 においては 4,500万 円 以 上 )とは その 工 事 全 体 で

2 全 ての 下 請 業 者 に 出 す 工 事 金 額 を 合 計 したものです したがって 建 設 工 事 の 発 注 者 から 直 接 請 け 負 う 請 負 金 額 については 一 般 建 設 業 者 であっ ても 特 定 建 設 業 者 であっても 等 しく 制 限 はなく 一 般 建 設 業 者 であっても 工 事 を 全 て 直 営 施 工 するか あるいは1 件 の 建 設 工 事 について 3,000万 円 未 満 ( 建 築 工 事 業 については 4,500万 円 未 満 )の 工 事 を 下 請 施 工 させる 限 り 受 注 金 額 に 制 限 はありません (6) 許 可 申 請 書 類 の 提 出 方 法 ア 提 出 先 国 土 交 通 大 臣 許 可 については 主 たる 営 業 所 ( 通 常 は 本 社 本 店 )の 所 在 地 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 を 経 由 して 各 地 方 整 備 局 長 等 へ 知 事 許 可 については 営 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 都 道 府 県 知 事 に 提 出 して 下 さい ( 許 可 の 更 新 の 場 合 は 有 効 期 間 満 了 の 日 の 30日 前 までに 提 出 しなけ ればなりません ) イ 提 出 部 数 1 大 臣 許 可 : 正 本 1 部 及 び 営 業 所 のある 都 道 府 県 の 数 と 同 一 部 数 2 知 事 許 可 : 当 該 都 道 府 県 知 事 の 定 める 部 数 (7) 許 可 申 請 に 必 要 な 書 類 ( 許 可 申 請 書 及 び 添 付 書 類 ) 許 可 申 請 に 必 要 な 書 類 の 一 覧 は 表 3を 参 照 して 下 さい また 許 可 申 請 をするに 際 して 疑 義 が 生 じた 場 合 には 表 1の 各 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 又 は 表 2の 各 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 等 にご 照 会 下 さい (8) 許 可 手 数 料 等 ア 国 土 交 通 大 臣 の 許 可 1 新 規 の 許 可 : 15万 円 ( 登 録 免 許 税 ) 2 更 新 及 び 同 一 許 可 区 分 内 での 追 加 の 許 可 : 5 万 円 イ 都 道 府 県 知 事 の 許 可 1 新 規 の 許 可 : 9 万 円 2 更 新 及 び 同 一 許 可 区 分 内 での 追 加 の 許 可 : 5 万 円 (9) 許 可 を 受 けた 後 の 届 出 等 許 可 を 受 けた 後 に 商 号 又 は 名 称 営 業 所 の 名 称 及 び 所 在 地 資 本 金 額 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 専 任 技 術 者 等 に 変 更 があったとき 毎 事 業 年 度 が 終 了 したときなどは 建 設 業 法 第 11条 の 規 定 に より その 旨 の 変 更 届 出 書 を 許 可 を 受 けた 許 可 行 政 庁 に 提 出 しなければなりません 届 出 が 必 要 となる 事 項 の 内 容 等 については 表 4を 参 照 して 下 さい 詳 細 については 表 1の 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 又 は 表 2の 各 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 等 にご 照 会 下 さい (10) 記 載 要 領 記 載 例 表 1の 各 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 又 は 表 2の 各 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 等 にご 照 会 下 さい

3 2. 窓 口 (1) 提 出 先 窓 口 大 臣 許 可 知 事 許 可 とも 提 出 先 窓 口 は 表 1の 各 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 になります た だし その 事 務 の 全 部 又 は 一 部 を 土 木 事 務 所 等 の 出 先 機 関 で 行 っている 場 合 があります 詳 しく は 各 都 道 府 県 担 当 窓 口 にお 問 い 合 わせください (2) 受 付 時 間 提 出 先 窓 口 にご 照 会 下 さい (3) 相 談 窓 口 表 1の 各 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 又 は 表 2の 各 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 等 3. 手 続 き (1) 審 査 基 準 : 建 設 業 法 第 7 条 第 8 条 第 15 条 建 設 業 の 許 可 の 基 準 の 概 要 については 以 下 のとおりです なお 国 土 交 通 大 臣 に 係 る 建 設 業 許 可 の 基 準 の 詳 細 については 以 下 のアドレスに 別 途 掲 載 をしておりますので ご 確 認 ください 国 土 交 通 大 臣 に 係 る 建 設 業 許 可 の 基 準 及 び 標 準 処 理 期 間 について( ア 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 としての 経 験 がある 者 を 有 していること 許 可 を 受 けようとする 者 が 法 人 である 場 合 には 常 勤 の 役 員 のうちの1 人 が また 個 人 であ る 場 合 には 本 人 又 は 支 配 人 のうち1 人 が 次 のいずれかに 該 当 することが 必 要 です 1 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 に 関 し 5 年 以 上 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 としての 経 験 を 有 し ていること 2 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 以 外 の 建 設 業 に 関 し 7 年 以 上 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 として の 経 験 を 有 していること 3 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 に 関 し 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 に 準 ずる 地 位 ( 法 人 の 場 合 は 役 員 に 次 ぐ 職 制 上 の 地 位 をいい 個 人 の 場 合 はその 本 人 に 次 ぐ 地 位 をいいます ) にあって 次 のいずれかの 経 験 を 有 していること a 経 営 業 務 の 執 行 に 関 して 取 締 役 会 の 決 議 を 経 て 取 締 役 会 又 は 代 表 取 締 役 から 具 体 的 な 権 限 委 譲 を 受 け かつ その 権 限 に 基 づき 執 行 役 員 等 として5 年 以 上 建 設 業 の 経 営 業 務 を 総 合 的 に 管 理 した 経 験 b 7 年 以 上 経 営 業 務 を 補 佐 した 経 験 イ 専 任 の 技 術 者 を 有 していること

4 許 可 を 受 けて 建 設 業 を 営 もうとするすべての 営 業 所 ごとに 一 定 の 資 格 実 務 経 験 を 有 する 専 任 の 技 術 者 を 置 くことが 必 要 です 一 般 建 設 業 の 許 可 を 受 ける 場 合 1 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 に 係 る 建 設 工 事 に 関 し 国 土 交 通 省 令 で 定 める 学 科 を 修 めて 高 等 学 校 若 しくは 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 後 5 年 以 上 実 務 の 経 験 を 有 する 者 または 同 様 に 大 学 を 卒 業 した 後 3 年 以 上 実 務 の 経 験 を 有 する 者 2 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 に 係 る 建 設 工 事 に 関 し 10年 以 上 実 務 の 経 験 を 有 する 者 3 国 土 交 通 大 臣 が1 又 は2に 掲 げる 者 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 技 術 又 は 技 能 を 有 すると 認 定 し た 者 ( 許 可 業 種 に 応 じ 施 工 管 理 技 士 の 合 格 証 明 書 建 築 士 の 免 許 証 技 術 士 の 登 録 証 該 当 する 技 能 の 技 能 検 定 の 合 格 証 書 を 有 する 者 などが 定 められています ) 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 ける 場 合 1 建 設 業 法 第 27条 第 1 項 の 規 定 による 技 術 検 定 その 他 の 法 令 の 規 定 による 試 験 で 許 可 を 受 け ようとする 建 設 業 の 種 類 に 応 じ 国 土 交 通 大 臣 が 定 めるものに 合 格 した 者 又 は 他 の 法 令 の 規 定 による 免 許 で 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 の 種 類 に 応 じ 国 土 交 通 大 臣 が 定 めるものを 受 けた 者 ( 許 可 業 種 に 応 じ 一 級 施 工 管 理 技 士 一 級 建 築 士 技 術 士 が 定 められています ) 2 上 記 の 一 般 建 設 業 の 要 件 のいずれかに 該 当 する 者 のうち 許 可 を 受 けようとする 建 設 業 に 係 る 建 設 工 事 で 発 注 者 から 直 接 請 け 負 い その 請 負 代 金 の 額 が 4,500万 円 以 上 であるもの に 関 し2 年 以 上 指 導 監 督 的 な 実 務 の 経 験 を 有 する 者 3 国 土 交 通 大 臣 が1 又 は2に 掲 げる 者 と 同 等 以 上 の 知 識 及 び 技 術 又 は 技 能 を 有 すると 認 定 し た 者 なお 土 木 工 事 業 建 築 工 事 業 電 気 工 事 業 管 工 事 業 鋼 構 造 物 工 事 業 舗 装 工 事 業 造 園 工 事 業 の7 業 種 は 指 定 建 設 業 として 指 定 されており この7 業 種 について 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 けようとする 場 合 は 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 国 家 資 格 者 等 を 営 業 所 に 置 かなけれ ばなりません ウ 請 負 契 約 に 関 して 誠 実 性 を 有 していること 許 可 を 受 けようとする 者 が 法 人 である 場 合 には その 法 人 役 員 支 店 又 は 営 業 所 の 代 表 者 が 個 人 である 場 合 は 本 人 又 は 支 配 人 が 請 負 契 約 に 関 して 不 正 又 は 不 誠 実 な 行 為 をするお それが 明 らかな 者 でないことが 必 要 です エ 請 負 契 約 を 履 行 するに 足 る 財 産 的 基 礎 又 は 金 銭 的 信 用 を 有 していること 一 般 建 設 業 の 許 可 を 受 ける 場 合 次 のいずれかに 該 当 することが 必 要 です 1 自 己 資 本 の 額 が 500万 円 以 上 であること 2 500万 円 以 上 の 資 金 を 調 達 する 能 力 を 有 すること 3 許 可 申 請 直 前 の 過 去 5 年 間 許 可 を 受 けて 継 続 して 営 業 した 実 績 を 有 すること

5 特 定 建 設 業 の 許 可 を 受 ける 場 合 次 のすべてに 該 当 することが 必 要 です 1 欠 損 の 額 が 資 本 金 の 額 の20パーセントを 超 えていないこと 2 流 動 比 率 が75パーセント 以 上 であること 3 資 本 金 の 額 が 2,000万 円 以 上 であり かつ 自 己 資 本 の 額 が 4,000万 円 以 上 であること オ 許 可 を 受 けようとする 者 が 次 に 掲 げる 事 項 に 該 当 しないことが 必 要 です 1 成 年 被 後 見 人 若 しくは 被 保 佐 人 又 は 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 2 不 正 の 手 段 により 許 可 を 受 けたこと 又 は 営 業 停 止 処 分 に 違 反 したこと 等 によりその 許 可 を 取 り 消 され その 取 消 しの 日 から5 年 を 経 過 しない 者 3 許 可 の 取 消 し 処 分 を 免 れるために 廃 業 の 届 出 を 行 った 者 で 当 該 届 出 の 日 から5 年 を 経 過 し ない 者 4 上 記 3の 届 出 があった 場 合 に 許 可 の 取 り 消 し 処 分 に 係 る 聴 聞 の 通 知 の 前 60日 以 内 に 当 該 法 人 の 役 員 等 又 は 個 人 の 使 用 人 であった 者 で 当 該 届 出 の 日 から5 年 を 経 過 しない 者 5 営 業 の 停 止 を 命 ぜられ その 停 止 の 期 間 が 経 過 しない 者 6 営 業 を 禁 止 され その 禁 止 の 期 間 が 経 過 しない 者 7 禁 錮 以 上 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 はその 刑 の 執 行 を 受 けることがなく なった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 8 建 設 業 法 又 は 一 定 の 法 令 の 規 定 に 違 反 して 罰 金 の 刑 に 処 せられ その 刑 の 執 行 を 終 わり 又 はその 刑 の 執 行 を 受 けることがなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 9 営 業 に 関 し 成 年 者 と 同 一 の 能 力 を 有 しない 未 成 年 者 でその 法 定 代 理 人 が 上 記 1から8のい ずれかに 該 当 する 者 10 法 人 でその 役 員 支 配 人 又 は 建 設 業 に 係 る 支 店 営 業 所 の 代 表 者 のうちに 上 記 1から4 まで 又 は6から8までのいずれかに 該 当 する 者 のあるもの 11 個 人 でその 支 配 人 又 は 建 設 業 に 係 る 支 店 営 業 所 の 代 表 者 のうちに 上 記 1から4まで 又 は6から8までのいずれかに 該 当 する 者 のあるもの 12 許 可 申 請 書 類 中 に 重 要 な 事 項 について 虚 偽 の 記 載 をした 者 又 は 重 要 な 事 実 の 記 載 を 欠 い た 者 (2) 標 準 処 理 期 間 ア 国 土 交 通 大 臣 許 可 については おおむね 120日 程 度 ( 都 道 府 県 の 事 務 所 に 到 達 してから 地 方 整 備 局 等 の 事 務 所 に 到 達 するまでおおむね 30日 程 度 地 方 整 備 局 等 の 事 務 所 に 到 達 してからお おむね 90日 程 度 ) イ 都 道 府 県 知 事 許 可 については 表 1の 各 都 道 府 県 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 にご 照 会 下 さい (3) 不 服 申 立 方 法 行 政 不 服 審 査 法 の 規 定 による

6 表 1 都 道 府 県 建 設 業 許 可 担 当 課 一 覧 都 道 府 県 名 担 当 課 名 電 話 番 号 北 海 道 建 設 部 建 設 管 理 局 建 設 情 報 課 011( 231) 4111 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 017( 722) 1111 岩 手 県 県 土 整 備 部 建 設 技 術 振 興 課 019( 651) 3111 宮 城 県 土 木 部 事 業 管 理 課 022( 211) 3116 秋 田 県 建 設 交 通 部 建 設 管 理 課 018( 860) 2425 山 形 県 土 木 部 建 設 企 画 課 023( 630) 2572 福 島 県 土 木 部 土 木 総 務 領 域 建 設 行 政 グループ 024( 521) 7452 茨 城 県 土 木 部 監 理 課 029( 301) 1111 栃 木 県 土 木 部 監 理 課 028( 623) 2390 群 馬 県 県 土 整 備 局 監 理 課 027( 223) 1111 埼 玉 県 県 土 整 備 部 建 設 業 課 048( 824) 2111 千 葉 県 県 土 整 備 部 建 設 不 動 産 業 課 建 設 業 契 約 室 043( 223) 3108 東 京 都 都 市 整 備 局 市 街 地 建 築 部 建 設 業 課 03( 5321) 1111 神 奈 川 県 県 土 整 備 部 建 設 業 課 045( 210) 1111 山 梨 県 土 木 部 土 木 総 務 課 055( 237) 1111 長 野 県 土 木 部 監 理 課 026( 232) 0111 新 潟 県 土 木 部 監 理 課 建 設 業 室 025( 285) 5511 富 山 県 土 木 部 建 設 技 術 企 画 課 076( 431) 4111 石 川 県 土 木 部 監 理 課 076( 255) 1111 岐 阜 県 基 盤 整 備 部 建 設 政 策 課 058( 272) 1111 静 岡 県 土 木 部 建 設 業 室 054( 221) 3058 愛 知 県 建 設 部 建 設 業 不 動 産 業 課 052( 961) 2111 三 重 県 県 土 整 備 部 建 設 業 室 059( 224) 2660 福 井 県 土 木 部 土 木 管 理 課 0776( 21) 1111 滋 賀 県 土 木 交 通 部 監 理 課 077( 524) 1121 京 都 府 土 木 建 築 部 指 導 検 査 課 075( 451) 8111 大 阪 府 住 宅 まちづくり 部 建 築 振 興 課 06( 6941) 0351 兵 庫 県 県 土 整 備 部 県 土 企 画 局 契 約 建 設 業 室 078( 341) 7711 奈 良 県 土 木 部 監 理 課 0742( 22) 1101 和 歌 山 県 県 土 整 備 部 県 土 政 策 局 技 術 調 査 課 073( 432) 4111 鳥 取 県 県 土 整 備 部 管 理 課 0857( 26) 7347 島 根 県 土 木 部 土 木 総 務 課 建 設 産 業 対 策 室 0852( 22) 5185 岡 山 県 土 木 部 監 理 課 086( 224) 2111 広 島 県 土 木 建 築 部 管 理 総 室 建 設 産 業 室 082( 228) 2111 山 口 県 土 木 建 築 部 監 理 課 083( 922) 3111 徳 島 県 県 土 整 備 部 建 設 管 理 課 入 札 管 理 室 088( 823) 1111 香 川 県 土 木 部 土 木 監 理 課 087( 831) 1111 愛 媛 県 土 木 部 管 理 局 土 木 管 理 課 089( 941) 2111 高 知 県 土 木 部 建 設 管 理 課 088( 823) 1111 福 岡 県 建 築 都 市 部 建 築 指 導 課 092( 651) 1111 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 設 技 術 課 0952( 24) 1111 長 崎 県 土 木 部 監 理 課 095( 824) 1111 熊 本 県 土 木 部 監 理 課 096( 383) 1111 大 分 県 土 木 建 築 部 土 木 建 築 企 画 課 097( 536) 1111 宮 崎 県 土 木 部 管 理 課 0985( 24) 1111 鹿 児 島 県 土 木 部 監 理 用 地 課 099( 286) 2111 沖 縄 県 土 木 建 築 部 土 木 企 画 課 098( 866) 2384 土 木 事 務 所 等 の 出 先 機 関 で 許 可 申 請 書 類 の 受 付 をしている 場 合 があります 詳 細 については 上 記 担 当 課 へお 問 い 合 わせ 下 さい

7 表 2 地 方 整 備 局 建 設 業 許 可 事 務 担 当 課 一 覧 地 方 整 備 局 名 担 当 課 名 電 話 番 号 所 管 区 域 北 海 道 開 発 局 事 業 振 興 部 建 設 産 業 課 北 海 道 東 北 地 方 整 備 局 建 政 部 計 画 建 設 産 業 課 青 森 岩 手 宮 城 秋 田 山 形 福 島 関 東 地 方 整 備 局 建 設 産 業 第 一 課 茨 城 栃 木 群 馬 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 山 梨 長 野 北 陸 地 方 整 備 局 計 画 建 設 産 業 課 新 潟 富 山 石 川 中 部 地 方 整 備 局 建 設 産 業 課 岐 阜 静 岡 愛 知 三 重 近 畿 地 方 整 備 局 福 井 滋 賀 京 都 大 阪 兵 庫 奈 良 和 歌 山 中 国 地 方 整 備 局 計 画 建 設 産 業 課 鳥 取 島 根 岡 山 広 島 山 口 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 香 川 愛 媛 高 知 九 州 地 方 整 備 局 福 岡 佐 賀 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 建 設 産 業 地 方 整 備 課 沖 縄

8 表 3 許 可 申 請 に 必 要 となる 書 類 の 一 覧 様 式 番 号 書 類 の 名 称 要 否 第 1 号 建 設 業 許 可 申 請 書 別 表 第 2 号 工 事 経 歴 書 第 3 号 直 前 3 年 の 各 事 業 年 度 における 工 事 施 工 金 額 第 4 号 使 用 人 数 第 6 号 誓 約 書 - 成 年 被 後 見 人 及 び 被 保 佐 人 に 該 当 しない 旨 の 登 記 事 項 証 明 書 - 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 とみなされる 者 に 該 当 せず また 破 産 者 で 復 権 を 得 ないものに 該 当 しない 旨 の 市 町 村 の 長 の 証 明 書 第 7 号 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 証 明 書 第 8 号 ( 1) 専 任 技 術 者 証 明 書 ( 新 規 変 更 ) 第 8 号 ( 2) ( 更 新 ) - 技 術 検 定 合 格 証 明 書 等 の 資 格 証 明 書 第 9 号 実 務 経 験 証 明 書 ( 必 要 に 応 じて 卒 業 証 明 書 を 添 付 ) 第 10号 指 導 監 督 的 実 務 経 験 証 明 書 第 11号 令 3 条 に 規 定 する 使 用 人 の 一 覧 表 第 11号 の2 国 家 資 格 者 等 監 理 技 術 者 一 覧 表 ( 新 規 変 更 追 加 削 除 ) 第 12号 許 可 申 請 者 ( 法 人 の 役 員 本 人 法 定 代 理 人 )の 略 歴 書 第 13号 令 第 3 条 に 規 定 する 使 用 人 の 略 歴 書 - 定 款 第 14号 株 主 ( 出 資 者 ) 調 書 第 15号 貸 借 対 照 表 第 16号 損 益 計 算 書 完 成 工 事 原 価 報 告 書 第 17号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 第 17号 の2 注 記 表 第 17号 の3 附 属 明 細 表 第 18号 貸 借 対 照 表 第 19号 損 益 計 算 書 - 登 記 事 項 証 明 書 第 20号 営 業 の 沿 革 第 20号 の2 所 属 建 設 業 者 団 体 - 納 税 証 明 書 ( 納 付 すべき 額 及 び 納 付 済 額 ) 第 20号 の3 主 要 取 引 金 融 機 関 名 附 属 明 細 表 については 特 例 有 限 会 社 を 除 く 株 式 会 社 のうち 以 下 のいずれかに 該 当 する 者 が 提 出 します ただし 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23年 法 律 第 25号 ) 第 24条 に 規 定 する 有 価 証 券 報 告 書 の 提 出 会 社 にあっては 有 価 証 券 報 告 書 の 写 しの 提 出 をもって 附 属 明 細 表 の 提 出 に 代 えることができます 法 人 個 人 1 資 本 金 の 額 が 1億 円 超 であるもの

9 2 最 終 事 業 年 度 に 係 る 貸 借 対 照 表 の 負 債 の 部 に 計 上 した 額 の 合 計 額 が 200億 円 以 上 であるもの 注 許 可 の 更 新 業 種 を 追 加 する 場 合 や 申 請 の 内 容 により 省 略 可 能 又 は 提 出 不 要 の 書 類 や 上 記 の 書 類 以 外 にも 記 載 内 容 の 確 認 のため 提 示 又 は 提 出 を 求 める 場 合 がありますので 詳 細 については 提 出 窓 口 にご 照 会 下 さい

10 表 4 許 可 を 受 けた 後 の 届 出 等 (1) 事 実 の 発 生 から2 週 間 以 内 に 届 出 を 行 う 必 要 があるもの 届 出 事 項 届 出 書 類 等 の 様 式 ア 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 を 変 更 した 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 証 明 書 ( 様 式 第 7 号 ) とき イ 婚 姻 等 により 経 営 業 務 の 管 理 責 任 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 証 明 書 ( 様 式 第 7 号 ) 者 となっている 者 の 氏 名 が 変 更 とな ったとき 添 付 戸 籍 抄 本 又 は 住 民 票 の 抄 本 ウ 営 業 所 の 専 任 技 術 者 を 変 更 したと 専 任 技 術 者 証 明 書 ( 新 規 変 更 )( 様 式 第 8 号 ( 1)) き 添 付 新 たな 技 術 者 の 技 術 資 格 に 関 する 書 面 ( 技 術 検 定 合 格 証 明 書 等 ) エ 婚 姻 等 により 営 業 所 の 専 任 技 術 専 任 技 術 者 証 明 書 ( 新 規 変 更 )( 様 式 第 8 号 ( 1)) 者 となっている 者 の 氏 名 が 変 更 とな ったとき 添 付 戸 籍 抄 本 又 は 住 民 票 の 抄 本 オ 新 たに 営 業 所 の 代 表 者 になった 者 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) があるとき 添 付 誓 約 書 ( 様 式 第 6 号 ) 登 記 されていないことの 証 明 書 市 町 村 の 長 の 証 明 書 略 歴 書 ( 様 式 第 13号 ) カ 経 営 業 務 の 管 理 責 任 者 又 は 営 業 所 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 3) の 専 任 技 術 者 に 係 る 基 準 を 満 たさな くなったとき キ 法 第 8 条 第 1 号 及 び 第 7 号 から 第 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 3) 11 号 までのいずれかに 該 当 するに 至 ったとき (2) 事 実 の 発 生 から30 日 以 内 に 届 出 を 行 う 必 要 があるもの 届 出 事 項 届 出 書 類 等 の 様 式 ア 商 号 又 は 名 称 を 変 更 したとき 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) 添 付 登 記 事 項 証 明 書 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 に 限 ります イ 既 存 の 営 業 所 について 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) (ア)その 名 称 添 付 登 記 事 項 証 明 書 (イ) 所 在 地 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) の 別 表 (ウ) 営 業 所 において 営 業 を 行 う 建 設 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 業 の 種 類 に 限 ります のいずれかを 変 更 したとき

11 ウ 資 本 金 額 ( 又 は 出 資 総 額 )に 変 更 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) があったとき 添 付 登 記 事 項 証 明 書 株 主 ( 出 資 者 ) 調 書 ( 様 式 第 14号 ) 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 に 限 ります エ 法 人 の 役 員 個 人 の 事 業 主 又 は 支 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) 配 人 の 氏 名 に 変 更 があったとき 添 付 登 記 事 項 証 明 書 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) の 別 表 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 に 限 ります オ 営 業 所 の 新 設 をしたとき 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) 添 付 当 該 営 業 所 の 代 表 者 に 関 する 書 類 誓 約 書 ( 様 式 第 6 号 ) 登 記 されていないことの 証 明 書 市 町 村 の 長 の 証 明 書 一 覧 表 ( 様 式 第 11号 ) 略 歴 書 ( 様 式 第 13号 ) 当 該 営 業 所 の 専 任 技 術 者 に 関 する 書 類 専 任 技 術 者 証 明 書 ( 様 式 第 8 号 ( 1)) 新 たな 技 術 者 の 技 術 資 格 に 関 する 書 面 ( 技 術 検 定 合 格 証 明 書 等 ) 登 記 事 項 証 明 書 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) の 別 表 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 に 限 ります カ 新 たに 役 員 支 配 人 となった 者 が 変 更 届 出 書 ( 様 式 第 22号 の 2) あるとき 添 付 誓 約 書 ( 様 式 第 6 号 ) 登 記 されていないことの 証 明 書 市 町 村 の 長 の 証 明 書 略 歴 書 ( 様 式 第 12号 ) 登 記 事 項 証 明 書 許 可 申 請 書 ( 様 式 第 1 号 ) の 別 表 登 記 事 項 証 明 書 の 添 付 は 商 業 登 記 の 変 更 を 必 要 とする 場 合 に 限 ります キ 建 設 業 を 廃 業 等 したとき 廃 業 届 ( 様 式 第 22号 の 4) (ア) 許 可 に 係 る 建 設 業 者 が 死 亡 し たとき 相 続 人 が 届 出 (イ) 法 人 が 合 併 等 により 証 明 した とき 役 員 であった 者 が 届 出 (ウ) 法 人 が 破 産 手 続 開 始 の 決 定 に

12 より 解 散 したとき 破 産 管 財 人 が 届 出 (エ) 法 人 が 合 併 又 は 破 産 手 続 開 始 の 決 定 以 外 の 事 由 により 解 散 し たとき 清 算 人 (オ) 許 可 を 受 けた 建 設 業 を 廃 止 し たとき (3) 事 業 年 度 が 終 了 するごとに 届 出 を 行 う 必 要 があるもの( 事 業 年 度 経 過 後 4 月 以 内 に 届 出 ) 届 出 事 項 及 び 届 出 書 類 の 様 式 等 変 更 届 出 書 ( 国 土 交 通 大 臣 許 可 業 者 にあっては 建 設 業 許 可 事 務 ガイドラインで 定 める 別 紙 8 様 式 ) 都 道 府 県 知 事 許 可 業 者 にあっては 各 都 道 府 県 で 定 める 様 式 となります 建 設 業 許 可 事 務 ガイドラインは 以 下 のアドレスに 掲 載 されています ( 添 付 工 事 経 歴 書 ( 様 式 第 2 号 ) 直 前 3 年 の 各 事 業 年 度 における 工 事 施 工 金 額 ( 様 式 第 3 号 ) 貸 借 対 照 表 ( 様 式 第 15号 又 は 第 18号 ) 法 人 の 場 合 は 様 式 第 15号 個 人 の 場 合 は 様 式 第 18号 となります 損 益 計 算 書 ( 様 式 第 16号 ( 完 成 工 事 原 価 報 告 書 付 ) 又 は 第 19号 ) 法 人 の 場 合 は 様 式 第 16号 個 人 の 場 合 は 様 式 第 19号 となります 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 様 式 第 17号 ) 注 記 表 ( 様 式 第 17号 の2) 法 人 のみ 必 要 となります 事 業 報 告 書 ( 任 意 様 式 ) 特 例 有 限 責 任 会 社 を 除 く 株 式 会 社 は 届 出 を 行 う 必 要 があります 必 要 記 載 事 項 については 会 社 法 施 行 規 則 ( 平 成 18年 法 務 省 令 第 12号 ) において 規 定 されています 附 属 明 細 表 ( 様 式 第 17号 の3) 特 例 有 限 会 社 を 除 く 株 式 会 社 のうち 以 下 のいずれかに 該 当 する 者 が 提 出 することとなります ただし 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23年 法 律 第 25号 ) 第 24条 に 規 定 する 有 価 証 券 報 告 書 の 提 出 会 社 に あっては 有 価 証 券 報 告 書 の 写 しの 提 出 をもって 附 属 明 細 表 の 提 出 に 代 えることができます 1 資 本 金 の 額 が 1億 円 超 であるもの 2 最 終 事 業 年 度 に 係 る 貸 借 対 照 表 の 負 債 の 部 に 計 上 した 額 の 合 計 額 が 200億 円 以 上 であるもの 納 税 証 明 書 ( 税 務 署 等 が 交 付 する 当 該 税 に 係 る 納 付 すべき 額 及 び 納 付 済 額 を 証 する 書 面 ) 国 土 交 通 大 臣 許 可 業 者 については 法 人 税 都 道 府 県 知 事 許 可 業 者 は 事 業 税 に 係 る 書 面 となります 使 用 人 数 を 記 載 した 書 面 ( 様 式 第 4 号 ) 使 用 人 数 に 変 更 があった 場 合 に 限 ります 令 第 3 条 に 規 定 する 使 用 人 の 一 覧 表 ( 様 式 第 11号 ) 令 第 3条 に 規 定 する 使 用 人 の 一 覧 表 に 変 更 があった 場 合 に 限 ります 国 家 資 格 者 等 監 理 技 術 者 一 覧 表 ( 様 式 第 11号 の 2)

13 国 家 資 格 者 監 理 技 術 者 一 覧 表 に 記 載 した 技 術 者 に 変 更 があった 場 合 に 限 ります 定 款 定 款 に 変 更 があった 場 合 に 限 ります 注 申 請 書 と 同 様 に 上 記 変 更 届 の 記 載 内 容 の 確 認 のため 提 示 又 は 提 出 を 求 める 場 合 があり ますので 詳 細 については 提 出 窓 口 にご 照 会 下 さい

14

15

16

17

18

19

20

21 様 式 第 三 号 ( 第 二 条 関 係 ) 直 前 3 年 の 各 事 業 年 度 における 工 事 施 工 金 額 ( 用 紙 A4) ( 単 位 : 千 円 ) 注 文 者 許 可 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 その 他 の 建 事 業 年 度 設 工 事 の 施 合 計 の 区 分 工 事 工 事 工 事 工 事 工 金 額 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 第 期 元 公 共 平 成 年 月 日 から 請 民 間 平 成 年 月 日 まで 下 計 請 記 載 要 領 1 この 表 には 申 請 をする 日 の 直 前 3 年 間 に 完 成 した 建 設 工 事 の 請 負 代 金 の 額 を 記 載 すること 2 許 可 に 係 る 建 設 工 事 の 施 工 金 額 の 欄 は 許 可 に 係 る 建 設 工 事 の 種 類 ごとに 区 分 して 記 載 すること 3 申 請 をする 日 の2 年 前 の 日 の 属 する 事 業 年 度 以 前 の 事 業 年 度 に 係 る 工 事 施 工 金 額 は それぞれ 合 計 の 欄 のみ 記 載 すること 4 記 載 すべき 金 額 は 千 円 単 位 をもつて 表 示 すること ただし 会 社 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 86 号 ) 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 大 会 社 にあつては 百 万 円 単 位 をもつて 表 示 すことが できる この 場 合 ( 単 位 : 千 円 ) とあるのは ( 単 位 : 百 万 円 ) として 記 載 すること

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

60 様 式 第 二 十 号 の 二 ( 第 四 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 所 属 建 設 業 者 団 体 団 体 の 名 称 所 属 年 月 日 記 載 要 領 団 体 の 名 称 の 欄 は 法 第 27 条 の37に 規 定 する 建 設 業 者 の 団 体 の 名 称 を 記 載 すること

61 様 式 第 二 十 号 の 三 ( 第 四 条 関 係 ) ( 用 紙 A4) 主 要 取 引 金 融 機 関 名 政 府 関 係 金 融 機 関 普 通 銀 行 長 期 信 用 銀 行 商 工 組 合 中 央 金 庫 信 用 金 庫 信 用 協 同 組 合 そ の 他 の 金 融 機 関 記 載 要 領 1 政 府 関 係 金 融 機 関 の 欄 は 国 民 生 活 金 融 公 庫 住 宅 金 融 公 庫 中 小 企 業 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 日 本 政 策 投 資 銀 行 等 について 記 載 すること 2 各 金 融 機 関 とも 本 所 本 店 支 所 支 店 営 業 所 出 張 所 等 の 区 別 まで 記 載 すること ( 例 銀 行 支 店 )

62

63

64

65

66

67

68

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン

Microsoft Word - 鑑> 行政不服審査制度の見直しに係るヒアリン 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 手 続 室 御 中 平 成 25 年 3 月 22 日 行 政 不 服 審 査 制 度 の 見 直 しに 係 るヒアリング 行 政 救 済 制 度 の 改 革 について( 資 料 ) 日 本 司 法 書 士 会 連 合 会 第 1 第 2 第 3 第 4 司 法 書 士 の 活 動 領 域 について 現 在 の 司 法 書 士 制 度 の 概 要 行 政 救

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください

アンケート 全 省 庁 統 一 資 格 あり なし 不 明 自 治 体 の 資 格 あり なし 不 明 資 格 名 ( あり の 場 合 ) 入 札 経 験 あり なし 不 明 落 札 経 験 あり なし 不 明 ご 意 見 ご 質 問 等 ござい ましたらご 記 入 ください 入 札 なう ご 利 用 申 込 書 お 申 込 み 日 : 年 月 日 * 必 須 項 目 代 理 店 ID 会 社 名 * 会 社 名 かな* 印 支 店 名 郵 便 番 号 * 住 所 * 電 話 番 号 * 携 帯 電 話 番 号 部 署 名 FAX 番 号 役 職 名 ご 契 約 担 当 者 名 * 姓 名 ご 契 約 担 当 者 名 かな* 姓 名 メールアドレス* 入 札 なうメルマガを

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8DDE8E7889878E968BC68BA693AF91678D8792E88ABC> 全 国 人 材 支 援 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法 の 施 行 3 第 2 申 請 の 手 順 1 登 録 申

目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法 の 施 行 3 第 2 申 請 の 手 順 1 登 録 申 平 成 27 28 年 度 防 衛 省 所 管 における 測 量 建 設 コンサルタント 等 業 務 競 争 参 加 資 格 審 査 申 請 書 提 出 要 領 目 次 第 1 平 成 27 28 年 度 競 争 参 加 資 格 審 査 について 1 資 格 審 査 について 2 (1) 申 請 から 登 録 までの 流 れ 2 (2) 有 資 格 者 名 簿 の 公 表 3 2 情 報 公 開 法

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意! 報 道 発 表 資 料 平 成 21 年 12 月 2 日 独 立 行 政 法 人 国 民 生 活 センター 債 務 整 理 をするとうたった 電 話 勧 誘 に 注 意! 多 重 債 務 に 関 する 相 談 は 年 々 増 え 続 け 2008 年 度 には 9 万 件 を 超 える 相 談 が 全 国 の 消 費 生 活 センターに 寄 せられている そのような 中 ここ 数 年 弁 護 士

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

は じ め に この 法 人 馬 主 登 録 申 請 の 手 引 き は 馬 主 登 録 申 請 の 手 続 及 び 必 要 書 類 の 書 き 方 について 記 載 したものです この 機 会 に 中 央 競 馬 の 馬 主 登 録 制 度 について 一 層 のご 理 解 を 頂 き 登 録 の

は じ め に この 法 人 馬 主 登 録 申 請 の 手 引 き は 馬 主 登 録 申 請 の 手 続 及 び 必 要 書 類 の 書 き 方 について 記 載 したものです この 機 会 に 中 央 競 馬 の 馬 主 登 録 制 度 について 一 層 のご 理 解 を 頂 き 登 録 の 法 人 馬 主 登 録 申 請 の 手 引 き は じ め に この 法 人 馬 主 登 録 申 請 の 手 引 き は 馬 主 登 録 申 請 の 手 続 及 び 必 要 書 類 の 書 き 方 について 記 載 したものです この 機 会 に 中 央 競 馬 の 馬 主 登 録 制 度 について 一 層 のご 理 解 を 頂 き 登 録 の 手 続 が 円 滑 に 行 われますようご 協 力 いただければ

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20936F985E905C90BF8EE888F88169955C8E86814596DA8E9F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20936F985E905C90BF8EE888F88169955C8E86814596DA8E9F816A2E646F63> 貸 金 業 者 登 録 申 請 等 手 引 愛 知 県 産 業 労 働 部 中 小 企 業 金 融 課 目 次 第 1 登 録 制 度 の 概 要 1 第 2 登 録 申 請 等 の 手 続 き 1 提 出 先 3 2 申 請 書 用 紙 の 頒 布 先 3 3 登 録 申 請 及 び 登 録 更 新 申 請 4 4 変 更 の 届 出 7 5 廃 業 等 の 届 出 9 第 3 登 録 申 請 書

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

年金だより14号.indd

年金だより14号.indd 第 14 号 平 成 25 12 月 発 行 も く じ P2 額 の 特 例 水 準 の 解 消 について P7-9 こんなときには 届 出 を P3 複 数 の をお 持 ちの 方 へ P10-11 相 談 窓 口 一 覧 P4-6 公 的 等 の 源 泉 徴 収 票 と 確 定 申 告 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 額 の 特 例 水 準

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ 林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 ご 利 用 のご 案 内 ( 平 成 28 年 5 月 ) 林 業 者 木 材 産 業 者 の 方 々が 東 日 本 大 震 災 での 被 害 の 復 旧 などに 取 り 組 む 場 合 に 4 億 円 まで 無 担 保 で100% 保 証 が 受 けられる 東 日 本 大 震 災 復 旧 等 緊 急 保 証 を 取 り 扱 っています ( 受 付 期 間 :

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号)

兵庫県公報(平成25年5月31日 第2496号) 発 兵 庫 県 公 報 金 曜 日 第 2496 号 目 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 土 地 改 良 区 役 員 の 退 任 の 届 出 ( 農 地 整 備 課 ) 1 土 地 改

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information