東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所"

Transcription

1 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗 原 周 辺 を 中 心 に 木 造 住 宅 その 他 建 築 物 の 振 動 的 被 害 を 中 心 に 被 害 概 要 を 把 握 する 2. 調 査 者 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 槌 本 敬 大 河 合 直 人 中 川 貴 文 荒 木 康 弘 3. 調 査 日 程 3 月 14 日 ( 月 ) 8:50 建 築 研 究 所 出 発 14:05 東 北 地 方 整 備 局 にて 情 報 収 集 および 調 査 先 への 連 絡 15:25 青 葉 区 役 所 にて 情 報 収 集 16:35 青 葉 区 折 立 にて 木 造 住 宅 被 害 状 況 調 査 17:30 青 葉 区 西 花 苑 にて 木 造 住 宅 被 害 状 況 調 査 17:45 調 査 終 了 20:00 水 沢 到 着 3 月 15 日 ( 火 ) 8:00 水 沢 出 発 8:35 中 尊 寺 本 堂 被 害 状 況 調 査 10:05 栗 原 市 役 所 にて 情 報 収 集 10:50 栗 原 市 役 所 出 発 10:55 K-NET 築 館 ( 栗 原 文 化 会 館 駐 車 場 )の 設 置 状 況 確 認 16:10 栗 原 町 若 柳 にて 被 害 概 要 調 査 17:20 調 査 終 了 18:10 水 沢 到 着 3 月 16 日 ( 水 ) 8:10 水 沢 出 発 8:55 北 上 市 の 新 幹 線 橋 脚 被 害 の 近 傍 での 住 宅 等 被 害 調 査 10:35 栗 原 市 栗 駒 桜 田 にて 住 宅 等 被 害 概 要 調 査 11:15 小 学 校 体 育 館 の 非 構 造 部 材 被 害 調 査 11:55 栗 駒 の 地 震 計 設 置 状 況 確 認 (みちのく 伝 創 館 : 震 度 6 弱 ) 12:55 栗 原 市 瀬 峰 にて 住 宅 等 被 害 概 要 調 査 13:25 瀬 峰 の 地 震 計 設 置 状 況 確 認 ( 瀬 峰 支 所 : 震 度 6 弱 ) 13:45 栗 原 市 での 調 査 終 了 仙 台 に 向 かう 15:00 仙 台 市 太 白 区 向 山 の 旅 館 倒 壊 状 況 調 査 1

2 15:40 仙 台 市 青 葉 区 貝 ヶ 森 にて 住 宅 等 被 害 概 要 調 査 16:10 仙 台 市 青 葉 区 小 松 島 にて 住 宅 等 被 害 概 要 調 査 16:30 仙 台 市 青 葉 区 旭 ヶ 丘 にて 住 宅 等 被 害 概 要 調 査 16:50 仙 台 市 内 の 調 査 終 了 帰 路 につく 21:30 建 築 研 究 所 到 着 4. 調 査 結 果 概 要 4-1. 仙 台 市 他 での 調 査 結 果 概 要 (3 月 14 日 調 査 分 ) (1) 東 北 自 動 車 道 からの 目 視 阿 武 隈 高 原 SA 付 近 から 戸 建 て 木 造 住 宅 の 屋 根 瓦 ( 特 に 棟 瓦 )の 被 害 応 急 措 置 のブ ルーシートを 散 見 する 倒 壊 崩 壊 等 の 甚 大 な 被 害 は 見 た 範 囲 では 認 められなかった (2) 仙 台 市 街 地 ( 東 北 地 方 整 備 局 周 辺 ) 調 査 者 の 見 るところ 被 害 は 比 較 的 軽 微 せんだいメディアテークガラス 破 損 鉄 骨 造 の 外 壁 仕 上 げ 材 一 部 剥 落 ( 写 真 1) 木 造 住 宅 の 棟 瓦 の 落 下 等 東 北 地 方 整 備 局 によると 駅 周 辺 でさくら 野 百 貨 店 等 に 被 害 あり( 詳 細 は 不 明 ) 青 葉 区 によると 市 中 心 部 の 応 急 危 険 度 判 定 は 徒 歩 により 目 視 で 概 要 確 認 してから 必 要 に 応 じて 実 施 しているとのこと (3) 仙 台 市 郊 外 東 北 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 調 整 官 及 び 青 葉 区 街 並 み 形 成 課 によると 被 害 が 報 告 され 応 急 危 険 度 判 定 の 対 象 となっている 地 区 は 次 の 通 り( 括 弧 は 判 定 対 象 棟 数 ) 青 葉 区 旭 ヶ 丘 1~4 丁 目 (2250 棟 ) 折 立 4~6 丁 目 (470 棟 ) 貝 ヶ 森 1 丁 目 (400 棟 ) 西 花 苑 1~2 丁 目 (540 棟 ) 泉 区 東 黒 松 黒 松 1 丁 目 3 丁 目 これらの 地 区 の 被 害 は 擁 壁 の 破 壊 土 砂 崩 れ 及 びそれに 伴 う 住 宅 の 損 壊 とのこと 仙 台 市 郊 外 では 昭 和 30 年 代 から 60 年 代 にかけて 宅 地 開 発 が 行 われたとのこと また 北 根 3 丁 目 で 9 階 建 てマンションが 傾 いているとの 情 報 があったとのこと 調 査 者 は 上 の 地 区 のうち 被 害 が 最 も 激 しいと 伝 えられた 折 立 (おりたて)4~6 丁 目 及 び 隣 接 する 西 花 苑 1~2 丁 目 において 被 害 概 要 調 査 を 行 った 折 立 6 丁 目 では 擁 壁 破 壊 に 伴 う 住 宅 被 害 が 散 見 され 被 害 の 甚 大 なもの 1 件 ( 写 真 2) が 認 められた 折 立 5 丁 目 では 折 立 小 学 校 の 南 西 側 一 帯 で 連 続 した 地 盤 変 状 と 擁 壁 破 壊 があり 10 棟 を 超 える 住 宅 の 大 破 が 認 められた( 写 真 3~ 写 真 7) なお 少 なくとも 写 真 3 および 写 真 7 については 既 に 応 急 危 険 度 判 定 が 実 施 され 危 険 の 判 定 がなされていた 2

3 写 真 1 鉄 骨 造 建 築 物 の 外 壁 仕 上 げ 剥 落 ( 仙 台 市 街 ) 写 真 2 擁 壁 破 壊 と 住 宅 被 害 写 真 3 擁 壁 破 壊 と 住 宅 被 害 ( 青 葉 区 折 立 6 丁 目 ) ( 青 葉 区 折 立 5 丁 目 ) 写 真 4 写 真 3 の 住 宅 基 礎 が 90cm 写 真 5 道 路 の 路 面 破 壊 程 度 沈 下 ( 青 葉 区 折 立 5 丁 目 ) ( 青 葉 区 折 立 5 丁 目 ) 写 真 6 地 盤 変 状 に 伴 う 住 宅 被 害 写 真 7 地 盤 変 状 に 伴 う 住 宅 被 害 ( 青 葉 区 折 立 5 丁 目 ) ( 青 葉 区 折 立 5 丁 目 ) 3

4 4-2. 栗 原 市 他 での 調 査 結 果 概 要 (3 月 15 日 調 査 分 ) (1) 中 尊 寺 本 堂 中 尊 寺 本 堂 の 外 壁 ( 土 塗 壁 )の 剥 落 があった 建 物 の 傾 斜 等 は 認 められない( 写 真 8 9) また 西 側 の 門 が 数 cm 北 に 滑 った 痕 跡 が 確 認 された 上 部 構 造 の 被 害 は 認 められない (2) 栗 原 市 役 所 での 情 報 栗 原 市 役 所 建 設 部 建 築 住 宅 課 によると 3 月 15 日 時 点 での 応 急 危 険 度 判 定 対 象 住 宅 は 次 の 通 り 若 柳 川 北 139 棟 ( 実 施 済 ) 若 柳 川 南 246 棟 ( 実 施 済 ) 若 柳 福 岡 80 棟 ( 実 施 済 ) 瀬 峰 瀬 峰 187 棟 ( 実 施 中 ) 栗 駒 桜 田 70 棟 ( 実 施 中 ) 以 上 のうち 実 施 済 の 600 棟 中 木 造 は 590 棟 住 宅 のみで 倉 庫 等 は 含 まず 倒 壊 は 若 柳 川 北 に 1 棟 のみ 危 険 18% 要 注 意 29% 調 査 済 み 54% 全 壊 またはそれ に 近 いものが 42 棟 栗 原 市 内 の 死 者 行 方 不 明 者 はないとのことである 若 柳 および 桜 田 は 迫 川 (はさまがわ)の 堆 積 層 で 支 持 層 までの 深 さが 30m 程 度 ある 軟 弱 地 盤 である 住 宅 の 築 年 数 は 若 柳 の 川 北 川 南 は 築 30~40 年 が 多 く 福 岡 はやや 新 しい 桜 田 瀬 峰 も 築 30 年 くらいが 多 いと 思 われる 市 役 所 付 近 は 支 持 層 まで 10m 程 度 で 地 盤 としては 良 好 で 市 庁 舎 に 構 造 的 被 害 はほとんど 無 い (3)K-NET 築 館 (MYG004: 計 測 震 度 6.6)の 設 置 状 況 栗 原 文 化 会 館 の 南 側 駐 車 場 の 南 高 さ 約 3m の 段 差 の 上 段 差 から 約 5m 南 に 設 置 して ある( 高 さ 距 離 は 目 視 による) 地 形 による 加 速 度 の 増 幅 も 考 えられる ( 写 真 10 11) (4) 栗 原 市 若 柳 の 被 害 概 要 若 柳 の 川 北 川 南 福 岡 の 地 区 において 木 造 住 宅 を 中 心 とした 被 害 概 要 調 査 を 実 施 した この 地 区 は 地 盤 が 悪 いという 情 報 があり 砂 質 地 盤 の 液 状 化 によると 見 られる 噴 砂 跡 が 認 められた( 写 真 12) 地 盤 変 状 に 伴 うと 見 られる 住 宅 の 大 破 の 例 もあった( 写 真 13) また 町 屋 形 式 の 住 宅 で 大 きな 残 留 変 形 を 示 しているものが 多 く 見 られた( 写 真 14 写 真 15 写 真 16) 木 造 住 宅 の 一 部 が 倒 壊 した 例 もある( 写 真 17) こうした 木 造 住 宅 の 被 害 例 の 中 には 明 らかに 老 朽 化 している 木 造 住 宅 の 被 害 例 もある( 写 真 18) 一 方 大 規 模 な 木 造 建 築 物 もあり 古 い 映 画 館 を 改 装 して 工 場 として 使 用 しているもの で 大 破 した 例 があった( 写 真 19 20) そのほか 木 造 の 商 店 建 築 物 の 被 災 例 ( 写 真 21 22) 鉄 骨 造 と 思 われる 商 店 建 築 物 の 被 災 例 ( 写 真 23)があった 若 柳 の 3 カ 所 で 墓 石 の 転 倒 状 況 を 調 べたところ 少 ないところで 1~2 割 多 くて 4 割 程 度 の 転 倒 率 と 思 われる( 写 真 24) 墓 石 の 転 倒 の 方 向 はまちまちであるが 南 北 方 向 の 転 倒 がやや 多 いように 思 われた 4

5 写 真 8 中 尊 寺 本 堂 全 景 写 真 9 中 尊 寺 本 堂 土 壁 の 剥 落 写 真 10 K-NET 築 館 設 置 場 所 写 真 11 K-NET 築 館 設 置 状 況 ( 写 真 中 央 段 差 上 の 林 の 中 ) ( 左 側 に 約 3m の 段 差 あり) 以 下 写 真 12 から 24 は 栗 原 市 若 柳 地 区 における 被 害 調 査 写 真 写 真 12 液 状 化 による 噴 砂 の 痕 跡 写 真 13 地 盤 変 状 によると 見 られる 被 害 写 真 14 町 屋 形 式 の 住 宅 の 被 害 写 真 15 町 屋 形 式 の 住 宅 の 被 害 5

6 写 真 16 町 屋 形 式 の 住 宅 の 被 害 写 真 17 倒 壊 家 屋 写 真 18 老 朽 化 した 家 屋 の 倒 壊 写 真 19 古 い 映 画 館 を 改 装 した 工 場 写 真 20 写 真 19 の 内 部 写 真 21 老 朽 化 した 商 店 建 築 物 の 被 害 写 真 22 商 店 建 築 物 の 被 害 写 真 23 鉄 骨 造 と 見 られる 建 築 物 の 被 害 6

7 写 真 24 墓 石 の 転 倒 4-3. 栗 原 市 仙 台 市 他 での 調 査 結 果 概 要 (3 月 16 日 調 査 分 ) (1) 新 幹 線 橋 脚 被 害 近 傍 での 住 宅 等 被 害 北 上 市 更 木 において 新 幹 線 橋 脚 の 被 害 ( 写 真 25)があったが その 近 傍 の 住 宅 等 被 害 の 有 無 の 確 認 を 行 った 近 傍 の 住 宅 等 には 大 きな 被 害 は 見 受 けられなかったが 土 蔵 の 妻 壁 にせん 断 亀 裂 が 認 められた( 写 真 26) (2) 栗 原 市 栗 駒 桜 田 における 住 宅 等 被 害 栗 駒 桜 田 において 住 宅 等 の 被 害 概 要 調 査 を 行 った 作 業 小 屋 等 の 倒 壊 ( 写 真 27 28) 長 屋 門 の 土 塗 り 壁 の 剥 落 ( 写 真 29) 土 蔵 の 大 破 ( 写 真 30)などの 被 害 が 認 められた 住 宅 の 著 しい 被 害 は 確 認 されなかった (3) 小 学 校 体 育 館 の 非 構 造 部 材 被 害 2008 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 において 非 構 造 部 材 の 被 害 があった 小 学 校 体 育 館 に 同 様 の 被 害 が 発 生 したとの 情 報 に 基 づき 被 害 概 要 調 査 を 行 った 体 育 館 の 両 側 面 において 窓 ガラスの 破 損 サッシの 脱 落 軒 天 井 仕 上 げ 材 の 脱 落 が 認 められた( 写 真 ) また 鉄 骨 造 山 形 架 構 の 柱 脚 の 接 合 部 が 動 いたためと 思 われるモルタルの 損 傷 が 認 められ た( 写 真 34) (4) 栗 駒 の 地 震 計 (JMA) 設 置 状 況 (みちのく 伝 創 館 : 震 度 6 弱 ) 栗 駒 の 地 震 計 は みちのく 伝 創 館 の 西 側 駐 車 場 に 設 置 してあるのを 確 認 した 敷 地 周 辺 の 水 田 よりやや 上 がったところに 計 測 小 屋 があった( 写 真 35) みちのく 伝 創 館 は 外 観 上 の 被 害 は 認 められず 北 側 にある 栗 駒 支 所 ( 木 造 集 成 材 建 築 物 )には 内 部 も 含 め て 構 造 的 被 害 は 認 められなかった( 写 真 36) (5) 栗 原 市 瀬 峰 における 住 宅 等 被 害 栗 駒 市 瀬 峰 において 住 宅 等 の 被 害 概 要 調 査 を 行 った 開 口 の 大 きな 店 舗 併 用 住 宅 ( 写 真 37 38)が 大 破 する 被 害 例 があった 戸 建 て 住 宅 の 被 害 は 比 較 的 軽 微 と 思 われる また 古 い 鉄 骨 造 の 建 築 物 で 外 壁 破 壊 の 被 害 があった( 写 真 39 40) (6) 瀬 峰 の 震 度 計 設 置 状 況 ( 瀬 峰 支 所 : 震 度 6 弱 ) 瀬 峰 の 震 度 計 は 瀬 峰 支 所 に 設 置 してあるのを 確 認 した( 写 真 41) 瀬 峰 支 所 の 建 物 には 外 壁 仕 上 げの 損 傷 等 が 認 められ パラペットの 脚 部 が 損 傷 してパラペットが 傾 斜 している 7

8 と 見 える 部 分 があった( 写 真 42) (7) 仙 台 市 太 白 区 向 山 の 旅 館 倒 壊 状 況 仙 台 市 太 白 区 向 山 の 旅 館 が 倒 壊 したとの 情 報 に 基 づき 被 害 状 況 の 調 査 を 行 った 傾 斜 地 に 建 つ 木 造 旅 館 で 土 塗 り 壁 を 用 いた 比 較 的 年 代 が 古 いと 思 われる 建 築 物 である 背 後 か ら 土 石 が 崩 落 して 建 築 物 の 一 部 が 押 し 倒 され 下 の 道 路 に 落 下 したものと 思 われる( 写 真 43) 周 辺 の 建 物 には 振 動 的 被 害 は 特 に 認 められなかった (8) 仙 台 市 青 葉 区 貝 ヶ 森 における 住 宅 等 被 害 概 要 仙 台 市 青 葉 区 貝 ヶ 森 において 住 宅 等 の 被 害 概 要 調 査 を 行 った 傾 斜 地 であるが 擁 壁 その ものの 被 害 は 少 なく 木 造 住 宅 の 外 壁 の 損 傷 などが 確 認 された( 写 真 44) (9) 仙 台 市 青 葉 区 小 松 島 における 住 宅 等 被 害 概 要 仙 台 市 青 葉 区 旭 が 丘 に 向 かう 途 中 小 松 島 において 店 舗 併 用 住 宅 の 外 壁 剥 落 を 生 じた 被 害 があった( 写 真 45) 外 壁 モルタルの 内 側 の 木 材 ( 被 害 により 露 出 した 部 分 )には 腐 朽 および 蟻 害 が 認 められた( 写 真 46) また 1 階 に 大 きな 残 留 変 形 を 有 する 木 造 建 築 物 の 被 害 があった( 写 真 47) (10) 仙 台 市 青 葉 区 旭 ヶ 丘 における 住 宅 等 被 害 概 要 仙 台 市 青 葉 区 旭 ヶ 丘 において 住 宅 等 の 被 害 概 要 調 査 を 行 った 傾 斜 地 であるが 擁 壁 その ものの 被 害 は 少 なく 棟 瓦 の 落 下 コンクリートブロックと 思 われる 塀 の 倒 壊 等 が 認 めら れた( 写 真 48) 写 真 25 新 幹 線 橋 脚 の 破 壊 写 真 26 写 真 25 近 傍 での 土 蔵 の 被 害 ( 北 上 市 更 木 ) ( 北 上 市 更 木 ) 8

9 写 真 27 作 業 小 屋 の 倒 壊 写 真 28 木 材 小 屋 の 倒 壊 ( 栗 原 市 栗 駒 桜 田 ) ( 栗 原 市 栗 駒 桜 田 ) 写 真 29 長 屋 門 の 土 塗 り 壁 剥 落 写 真 30 土 蔵 の 大 破 ( 栗 原 市 栗 駒 桜 田 ) ( 栗 原 市 栗 駒 桜 田 ) 写 真 31 小 学 校 体 育 館 内 部 写 真 32 写 真 31 の 軒 天 井 の 脱 落 ( 栗 原 市 栗 駒 ) ( 栗 原 市 栗 駒 ) 9

10 写 真 33 写 真 31 の 窓 軒 天 の 被 害 写 真 34 写 真 31 の 鉄 骨 柱 脚 部 の 損 傷 ( 栗 原 市 栗 駒 ) ( 栗 原 市 栗 駒 ) 写 真 35 栗 駒 の JMA 地 震 計 設 置 状 況 写 真 36 木 造 で 無 被 害 の 栗 駒 支 所 ( 栗 原 市 栗 駒 ) ( 栗 原 市 栗 駒 ) 写 真 37 店 舗 併 用 住 宅 の 被 害 写 真 38 店 舗 併 用 住 宅 の 被 害 ( 栗 原 市 瀬 峰 ) ( 栗 原 市 瀬 峰 ) 10

11 写 真 39 鉄 骨 造 建 築 物 の 被 害 写 真 40 写 真 39 の 外 壁 の 破 壊 状 況 ( 栗 原 市 瀬 峰 ) ( 栗 原 市 瀬 峰 ) 写 真 41 瀬 峰 の 震 度 計 設 置 状 況 写 真 42 瀬 峰 支 所 パラペットの 傾 斜 ( 栗 原 市 瀬 峰 ) ( 栗 原 市 瀬 峰 ) 写 真 43 旅 館 の 倒 壊 現 場 写 真 44 モルタル 外 壁 の 損 傷 ( 仙 台 市 太 白 区 向 山 ) ( 仙 台 市 青 葉 区 貝 ヶ 森 ) 11

12 写 真 45 モルタル 外 壁 の 剥 落 写 真 46 写 真 45 の 詳 細 ( 仙 台 市 青 葉 区 小 松 島 ) ( 仙 台 市 青 葉 区 小 松 島 ) 写 真 47 残 留 変 形 の 大 きな 木 造 写 真 48 棟 瓦 落 下 および 塀 の 倒 壊 ( 仙 台 市 青 葉 区 小 松 島 ) ( 仙 台 市 青 葉 区 旭 ヶ 丘 ) 12

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

<93B9984890AE94F5>

<93B9984890AE94F5> 7. 道 路 整 備 7.1. 広 域 的 な 道 路 網 状 況 三 好 町 は 愛 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 し 東 名 高 速 道 路 ( 東 名 三 好 IC) 等 を 介 し 名 古 屋 市 中 心 部 や 空 港 港 湾 他 県 等 広 域 的 に 繋 がれている 近 隣 の 名 古 屋 市 や 豊 田 市 へは 東 西 に 走 る 国 道 153 号 により 結 ばれ 東

More information

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 現 地 調 査 平 成 28 年 4 月 20 日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 (4 月 14 日 21 時 26 分 発 生 )の 翌 15 日 から 18 日 に 地 表 地 震 断 層 の 有 無 について 緊 急 調 査 を 実 施 した 阿 蘇 郡 西 原 村 から 上 益 城 郡 益 城 町 嘉 島 町 御

More information

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\))

(Microsoft PowerPoint - \213{\217\351\226k\225\224\(B1\213g\223c\)) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 災 害 調 査 報 告 B1( ) 班 : 吉 田 信 之, 山 下 典 彦, 深 田 隆 弘 東 北 支 部 関 西 支 部 合 同 第 一 次 調 査 団 調 査 期 間 :2011 : 年 4 月 5 日 8 日 調 査 員 :(B1 : 班 : ) 吉 田 信 之 ( 神 戸 大 学 ), 山 下 典 彦 ( 神 戸 市 立 工 業 高 等 専 門 学

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 20 年 2 月 萩 市 教 育 委 員 会 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E8BE68C7689E682CC8EE888F882AB816989AB8EFC95D3816A2E646F63> 地 区 計 画 手 引 きー 沖 周 辺 地 区 地 区 計 画 地 区 計 画 とは 地 区 計 画 とは 建 築 物 の 用 途 や 形 態 ( 建 ぺい 率 容 積 率 壁 面 位 置 意 匠 の 制 限 ) 垣 柵 の 制 限 道 路 公 園 などをきめ 細 かに 定 め 良 好 なまちづくりを 推 進 していくためのルールです 沖 周 辺 地 区 では 商 業 街 区 及 び 住 宅 街

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

ÿþ‘yö\¿−ûg

ÿþ‘yö\¿−ûg 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 福 島 県 南 部 地 域 の 木 造 建 築 物 の 被 害 調 査 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 被 害 調 査 福 島 県 南 中 部 域 在 来 木 軸 構 法 大 谷 石 土 蔵 1. はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 は 福 島 県 南 中 部 域 にも 甚 大

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

様式1

様式1 第 10 節 産 業 関 連 施 設 (1) 配 置 状 況 産 業 関 連 施 設 は 観 光 施 設 観 光 施 設 (その 他 ) 商 工 施 設 水 産 関 連 施 設 港 湾 関 連 施 設 に 分 けて 整 理 します 配 置 状 況 は 図 4-7のとおりです 観 光 施 設 は2 施 設 建 物 数 4 棟 延 床 面 積 1,581.0 m2となっています 観 光 施 設 (その

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

42 騒 音 の 環 境 基 準 について 3 騒 音 の 環 境 基 準 は があります 1 幹 線 道 路 沿 ( 道 路 端 から15 15m 未 満 ): 国 道 県 道 等 2 道 路 沿 道 路 端 から 約 50m( 交 通 騒 音 が 主 な 地 域 ) 3 その 他 立 野 地 区

42 騒 音 の 環 境 基 準 について 3 騒 音 の 環 境 基 準 は があります 1 幹 線 道 路 沿 ( 道 路 端 から15 15m 未 満 ): 国 道 県 道 等 2 道 路 沿 道 路 端 から 約 50m( 交 通 騒 音 が 主 な 地 域 ) 3 その 他 立 野 地 区 騒 音 の 環 境 基 準 地 域 の 区 分 時 間 の 区 分 昼 間 (6~22 時 ) 夜 間 (22 22~6 時 ) 幹 線 交 通 を 担 う 道 路 に 近 接 する 空 間 70デシベル 65デシベル B 地 域 のうち2 車 線 以 上 の 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 及 びC 地 域 のうち 車 線 を 有 する 道 路 に 面 する 地 域 65デシベル

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

第 1 号 様 式 ( 第 2 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 千 歳 市 発 注 予 定 一 覧 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 名 1 市 民 環 境 部 廃 棄 物 理 課 焼 却 処 理 場 クレーン 整 備 機 械 器 具 設 置 場 所 工 期 美 々 概 要 240 ク

第 1 号 様 式 ( 第 2 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 千 歳 市 発 注 予 定 一 覧 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 名 1 市 民 環 境 部 廃 棄 物 理 課 焼 却 処 理 場 クレーン 整 備 機 械 器 具 設 置 場 所 工 期 美 々 概 要 240 ク 平 成 28 年 度 千 歳 市 発 注 予 定 情 報 < 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 > 掲 載 内 容 平 成 28 年 度 に 発 注 予 定 の ( 予 定 価 格 が250 万 円 を 超 えると 見 込 まれるもの) < 注 意 > 掲 載 内 容 は 公 表 後 に 中 止 追 加 又 は 変 更 する 場 合 があります 千 歳 市 総 務 部 契 約 財 課 第 1

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

各課集約①【7月以降分】

各課集約①【7月以降分】 1 生 見 林 口 線 道 路 改 良 工 事 宮 若 市 宮 田 字 林 口 90 日 間 工 事 長 L=60.0メートル 幅 員 W=2.5メートル 2 市 内 一 円 交 通 安 全 施 設 設 置 工 事 (1 工 区 ) 宮 若 市 内 一 円 100 日 間 交 通 安 全 施 設 一 式 安 全 施 設 7 月 指 名 競 争 入 札 3 釜 底 堤 防 線 道 路 改 良 工 事

More information

表紙(第1巻)

表紙(第1巻) 神 奈 川 県 県 土 整 備 部 住 宅 課 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 結 果 報 告 書 < 第 1 巻 > 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 巻 第 1 調 査 方 法 について 1 調 査 結 果 報 告 利 用 上 の 注 意 2 2 平 成 20 年 度 住 宅 団 地 立 地 調 査 実 施 要 領 3 3 調 書 の 記 載 方 法 5 第 2 調

More information

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご

1 平 成 27 年 度 土 地 評 価 の 概 要 について 1 固 定 資 産 税 の 評 価 替 えとは 地 価 等 の 変 動 に 伴 う 固 定 資 産 の 資 産 価 値 の 変 動 に 応 じ その 価 格 を 適 正 で 均 衡 のとれたものに 見 直 す 制 度 である 3 年 ご 平 成 27 年 度 固 定 資 産 ( 土 地 ) 評 価 替 えについて - 県 内 市 町 の 基 準 宅 地 の 評 価 額 - 市 町 名 区 分 所 在 地 ( 参 考 ) 27 年 度 27 年 度 24 年 度 修 正 率 評 価 額 評 価 額 評 価 額 変 動 率 H26.1.1~ H26.1.1 基 準 H26.7.1 修 正 H23.7.1 修 正 B/C-1 H26.7.1

More information

Microsoft Word - 表紙(正)

Microsoft Word - 表紙(正) ( 社 内 技 術 資 料 ) 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 報 告 書 ( 速 報 版 1) 平 成 28 年 5 月 1. 地 震 の 概 要 1.1 地 震 の 概 要 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 気 象 庁 発 表 による 前 震 本 震 並 びに 余 震 の 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 概 要 を 以 下 に 示 す( 暫 定 値 を 含 む)

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マンションの 安 全 と 維 持 管 理 ~ 定 期 報 告 を 活 用 しよう~ 株 式 会 社 柴 田 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 柴 田 成 文 マンションの 安 全 と 維 持 管 理 1. 定 期 報 告 の 目 的 概 要 2. 主 な 点 検 項 目 ( 指 摘 事 項 )と 改 善 方 法 の 紹 介 3. 長 期 修 繕 計 画 等 への 反 映 1. 定 期

More information

調 査 区 域 概 略 図 - 2 -

調 査 区 域 概 略 図 - 2 - . 調 査 の 内 容 大 阪 府 空 き 家 実 態 調 査 ( 平 成 2 22 年 度 )の 調 査 結 果 概 要 資 料 3-3 対 象 地 区 民 間 賃 貸 住 宅 空 き 家 実 態 調 査 府 内 の 43 の 鉄 道 駅 から 半 径 km 圏 内 の 地 区 ( 平 成 2 年 度 地 区 平 成 22 年 度 28 地 区 ) 戸 建 て 住 宅 空 き 家 実 態 調 査

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 平 成 27 年 11 月 2 日 ( 月 ) 9 時 00 分 ~11 時 40 分 木 材 強 度 試 験 の 実 施 について (1) 目 的 地 栗 原 市 築 館 字 萩 沢 土 橋 26 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 (2) 団 体 等 の 名 称 宮 城 北 部 流 域 森 林 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校

More information

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 平 成 24 年 度 地 震 に 備 えて 補 強 し 住 み 慣 れた 家 に 住 み 続 けよう 旧 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 )によって 建 設 された 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 費 耐 震 改 修 費 の 一 部 を 補 助 します 必 ず 事 前 に 申 請 してください 事 前 に 着 手 した 場 合 には 補 助 対 象 になりませんのでご

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

Microsoft Word - 特記仕様書

Microsoft Word - 特記仕様書 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 業 務 名 大 和 複 合 型 施 設 等 基 本 計 画 基 本 設 計 業 務 委 託 2. 業 務 期 間 契 約 の 翌 日 から 平 成 28 年 3 月 25 日 まで 3. 計 画 施 設 概 要 (1) 複 合 型 施 設 a 施 設 名 称 ( 仮 称 )

More information

ÿþ

ÿþ 第 3 章 公 害 の 現 況 と 対 策 Ⅳ 騒 音 振 動 (1) 騒 音 に 係 る 基 準 ア 道 路 に 面 する 以 外 ( 一 般 )の ( 単 位 :デシベル) の 類 型 昼 間 時 間 の 区 分 夜 間 50 以 下 40 以 下 及 びB 55 以 下 45 以 下 60 以 下 50 以 下 ( 備 考 ) 基 本 法 では 騒 音 に 係 る 基 準 の 類 型 をあてはめる

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神

平 成 27 年 1 月 8 日 ( 株 ) 大 林 組 大 阪 本 店 大 阪 市 北 区 中 之 島 3632 新 名 神 高 速 道 路 高 槻 ジャンクション 工 事 大 阪 府 高 槻 市 大 字 成 合 ~ 大 阪 府 高 槻 市 大 字 下 他 土 木 工 事 本 工 事 は 名 神 平 成 27 年 1 月 5 日 ( 株 ) 昭 建 滋 賀 県 大 津 市 浜 大 津 259 名 神 高 速 道 路 滋 賀 高 速 道 路 事 務 所 管 内 舗 装 補 修 工 事 滋 賀 県 東 近 江 市 尻 無 町 ~ 滋 賀 県 大 津 市 追 分 町 他 舗 装 工 事 本 工 事 は 車 線 規 制 内 で 行 う 切 削 オーバーレイ 工 による 舗 装 補 修 工 事 を 行

More information

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464>

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464> 阿 武 町 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 19 年 6 月 阿 武 町 教 育 委 員 会 1 阿 武 町 基 本 構 想 基 本 計 画 における 学 校 施 設 整 備 計 画 について 阿 武 町 では 昭 和 58 年 に 阿 武 町 基 本 構 想 を 策 定 更 に 平 成 元 年 には これ に 基 づく 阿 武 町 基 本 計 画 さんサントピア 阿 武 7 箇 年 計

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41 カ 地 震 防 災 対 策 事 業 の 状 況 学 校 施 設 については 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 はもとより 地 域 の 防 災 拠 点 としての 役 割 も 求 められて おり 建 物 の 耐 震 性 の 確 保 等 地 震 防 災 対 策 の 促 進 が 図 られている 地 震 防 災 対 策 事 業 としては 地 震 改 築 事 業 及 び 地 震 補 強 事 業 のいずれも 指

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成

(2) 騒 音 振 動 の 防 止 対 策 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 工 場 事 業 場 の 騒 音 及 び 振 動 は 騒 音 規 制 法 振 動 規 制 法 及 び 静 岡 県 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する 条 例 によって 規 制 されており 市 長 ( 平 成 5 騒 音 振 動 () 騒 音 振 動 の 概 要 と 環 境 基 準 騒 音 及 び 振 動 は 個 人 差 や 慣 れが 大 きく 作 用 し 同 じ 音 や 振 動 であってもその 種 類 や 性 質 によって 感 じ 方 が 異 なるという 特 徴 があります 騒 音 及 び 振 動 の 防 止 対 策 としては 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づき 市 長 ( 平

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

untitled

untitled 通 勤 手 当 認 定 マニュアル 青 森 県 教 育 委 員 会 平 成 24 年 5 月 初 版 ( 平 成 24 年 9 月 19 日 付 け 加 除 ) 2 返 納 となる 事 由 及 び 返 納 額 算 出 方 法 25~26 3 通 勤 手 当 認 定 簿 への 記 載 27 4 返 納 方 法 27 様 式 記 入 例 1 通 勤 届 様 式 28 2 通 勤 届 記 入 例 1 新

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯

松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの 整 理 2 1 耐 震 診 断 3 2 躯 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 平 成 26 年 12 月 株 式 会 社 ファインコラボレート 研 究 所 松 江 市 庁 舎 総 合 評 価 業 務 報 告 書 概 要 版 目 次 1. 庁 舎 の 物 理 的 状 況 の 評 価 1 (1) 建 物 概 要 1 (2)これまでの 検 討 経 緯 1 (3) 評 価 対 象 1 (4) 各 種 調 査 データの

More information

については 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 又 は 随 意 契 約 とする については 各 四 半 期 欄 に 印 を 表 示 する. 15 道 路 課 市 道 第 80 号 線 交 差 点 改 良 工 事 ふじみ 野 市 中 ノ 島 他 地 内 電 気 土 木 道 路 拡 幅 によ

については 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 又 は 随 意 契 約 とする については 各 四 半 期 欄 に 印 を 表 示 する. 15 道 路 課 市 道 第 80 号 線 交 差 点 改 良 工 事 ふじみ 野 市 中 ノ 島 他 地 内 電 気 土 木 道 路 拡 幅 によ については 一 般 競 争 入 札 指 名 競 争 入 札 又 は 随 意 契 約 とする については 各 四 半 期 欄 に 印 を 表 示 する. 1 協 働 推 進 課 旧 駒 林 会 館 解 体 工 事 ふじみ 野 市 駒 林 863 番 地 電 気 土 木 旧 駒 林 会 館 を 解 体 する 2 環 境 課 平 成 27 年 度 焼 却 施 設 点 検 整 備 等 工 事 ふじみ 野 市

More information

実 施 概 要 実 施 日 : 平 成 20 年 9 月 1 日 ( 木 )~9 月 16 日 ( 火 ) 対 象 者 : 内 高 校 6 校 それぞれ 120 人 を 対 象 に 配 布 新 発 田 高 校 新 発 田 南 高 校 新 発 田 西 高 校 新 発 田 商 業 高 校 新 発 田 農

実 施 概 要 実 施 日 : 平 成 20 年 9 月 1 日 ( 木 )~9 月 16 日 ( 火 ) 対 象 者 : 内 高 校 6 校 それぞれ 120 人 を 対 象 に 配 布 新 発 田 高 校 新 発 田 南 高 校 新 発 田 西 高 校 新 発 田 商 業 高 校 新 発 田 農 資 料 1-2 新 発 田 高 校 生 アンケート 調 査 結 果 目 次 実 施 概 要.1 (1) 居 住 について.1 (2) 登 下 校 の 交 通 実 態 について.1 1 登 下 校 の 自 宅 および 学 校 出 発 到 着 刻 および 所 要 間.1 2 1ヶ 月 当 たりの 等 の 利 用 費 用 ( 定 期 券 代 など).3 3 登 下 校 の 交 通 手 段.4 (3) 利

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課

平成25年教育施策の概要091 教育環境整備課 県 立 学 校 関 係 1 県 立 学 校 施 設 設 備 の 整 備 充 実 校 舎 体 育 施 設 産 業 教 育 施 設 等 の 新 増 改 築 等 を 進 めるとともに 既 存 施 設 の 延 命 化 を 図 る ための 大 規 模 改 修 及 び 情 報 教 育 機 器 等 設 備 の 充 実 を 計 画 的 に 進 める 校 地 等 整 備 事 業 (411,771 千 円 ) 教 :1-14

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

01 都市再生整備計画

01 都市再生整備計画 都 市 再 生 整 備 計 画 ち ゅ う お う おうら 中 央 地 区 ぐ ん ま け ん お う ら ま ち 群 馬 県 邑 楽 町 平 成 26 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 群 馬 県 市 町 村 名 おうらまち 邑 楽 町 地 区 名 ちゅうおうちく おうら 中 央 地 区 面 積 931 ha 計 画 期 間 平 成

More information

(Microsoft Word - \202P\201`3\217\315_H16\224N3\214\216.doc)

(Microsoft Word - \202P\201`3\217\315_H16\224N3\214\216.doc) 1 章 現 況 調 査 1-1 筑 紫 野 市 の 現 況 (1) 都 市 計 画 の 概 要 筑 紫 野 市 においては 昭 和 23 年 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 が 行 われた その 後 幾 度 かの 変 更 が 行 われ 平 成 12 年 に 現 在 の 4,393ha に 達 している 一 方 線 引 き 指 定 については 昭 和 45 年 に 当 初 決 定 され その

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理

公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27 繰 十 町 区 画 整 理 平 成 28 年 度 公 共 発 注 見 通 し 一 覧 当 初 分 ( 平 成 28 年 5 月 2 日 公 表 ) 指 宿 市 公 共 発 注 見 通 し( 平 成 28 年 度 当 初 分 ) 番 号 名 称 場 所 期 間 概 要 入 札 及 び 契 約 の 方 法 契 約 締 結 時 期 1 市 道 等 維 持 修 繕 市 一 円 50 日 間 ( 土 ) 排 水 路 補 修 2 3 H27

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information