は じ め に 昨 今 の 災 害 は 約 2 万 人 の 死 者 行 方 不 明 者 を 出 した 東 日 本 大 震 災 をはじめ 一 昨 年 の 伊 豆 大 島 における 台 風 被 害 や 昨 年 8 月 の 広 島 県 を 中 心 とする 豪 雨 災 害 60 人 以 上 の 死 者 行

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "は じ め に 昨 今 の 災 害 は 約 2 万 人 の 死 者 行 方 不 明 者 を 出 した 東 日 本 大 震 災 をはじめ 一 昨 年 の 伊 豆 大 島 における 台 風 被 害 や 昨 年 8 月 の 広 島 県 を 中 心 とする 豪 雨 災 害 60 人 以 上 の 死 者 行"

Transcription

1

2 は じ め に 昨 今 の 災 害 は 約 2 万 人 の 死 者 行 方 不 明 者 を 出 した 東 日 本 大 震 災 をはじめ 一 昨 年 の 伊 豆 大 島 における 台 風 被 害 や 昨 年 8 月 の 広 島 県 を 中 心 とする 豪 雨 災 害 60 人 以 上 の 死 者 行 方 不 明 者 が 出 た 長 野 岐 阜 両 県 にまたがる 御 嶽 山 噴 火 による 災 害 など 各 地 で 甚 大 な 災 害 が 発 生 しており 自 然 災 害 の 脅 威 はとどまるところを 知 りません また 一 昨 年 2 月 の 長 崎 市 のグループホーム 火 災 をはじめ 同 年 8 月 の 京 都 府 福 知 山 市 の 花 火 大 会 会 場 でのガス 爆 発 同 年 10 月 の 福 岡 市 の 診 療 所 における 火 災 など 重 大 な 火 災 も 発 生 しております 近 年 の 災 害 は 気 候 変 動 などにより 複 雑 多 様 化 するとともに 被 害 が 大 規 模 化 している ところであり そのような 中 にあって 消 防 防 災 の 重 要 性 は 益 々 高 まっており 消 防 防 災 関 係 機 関 に 対 する 住 民 の 皆 様 の 期 待 と 信 頼 は 大 きくなってきております 一 方 本 県 におきましては 人 口 減 少 や 高 齢 化 が 進 行 し 地 域 の 担 い 手 となる 人 材 が 不 足 するとともに 住 民 同 士 のつながりが 希 薄 になっている 地 域 が 年 々 増 加 してきており 地 域 防 災 力 の 低 下 が 憂 慮 されるなど 消 防 行 政 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 しております 県 といたしましては これらの 状 況 を 踏 まえ 地 域 住 民 の 安 全 確 保 のために 市 町 や 関 係 機 関 団 体 と 連 携 し 消 防 団 を 中 核 とした 地 域 防 災 力 の 充 実 強 化 に 関 する 法 律 や みん なで 取 り 組 む 災 害 に 強 い 長 崎 県 づくり 条 例 に 基 づき 地 域 防 災 の 要 である 消 防 団 や 自 主 防 災 組 織 の 充 実 強 化 に 取 り 組 んでいるところであります 今 後 も 引 き 続 き 県 民 の 皆 様 が 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりに 向 けて 国 や 市 町 消 防 防 災 関 係 機 関 等 をはじめ 県 民 の 民 様 方 と 緊 密 に 連 携 し 総 合 的 な 消 防 防 災 体 制 の 充 実 強 化 に 取 り 組 んでまいります 本 年 報 は 県 内 の 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 消 防 防 災 体 制 並 びに 平 成 25 年 中 の 火 災 救 急 活 動 及 びその 他 の 災 害 発 生 状 況 などを 取 りまとめたものです 消 防 防 災 関 係 者 はもとより 多 くの 県 民 の 皆 様 方 にご 活 用 いただければ 幸 いに 存 じます 平 成 27 年 3 月 長 崎 県 危 機 管 理 監 佐 伯 長 俊

3 序 本 県 消 防 の 沿 革 昭 和 23 年 3 月 消 防 組 織 法 施 行 に 伴 い 明 治 以 来 警 察 の 管 理 下 に 置 かれていた 消 防 は 警 察 か ら 離 れ ここに 新 しい 自 治 体 消 防 が 誕 生 した 本 県 においては 同 年 県 地 方 課 に 消 防 係 を 設 置 し 警 察 から 事 務 を 引 き 継 ぎ また 長 崎 佐 世 保 の 官 設 消 防 はそれぞれの 市 に 移 管 され 市 町 村 消 防 がスタートした 昭 和 24 年 には 住 民 サービスの 見 地 から 長 崎 市 において 本 県 で 最 初 の 救 急 業 務 が 開 始 され た なお 救 急 業 務 が 正 式 に 義 務 づけられたのは 昭 和 39 年 からである 昭 和 24 年 昭 和 29 年 昭 和 32 年 7 月 25 日 昭 和 34 年 昭 和 37 年 6 月 昭 和 37 年 9 月 26 日 昭 和 39 年 昭 和 40 年 昭 和 42 年 初 の 市 町 村 間 の 消 防 相 互 応 援 協 定 が 長 崎 市 長 与 村 ( 現 長 与 町 ) 間 で 締 結 された ポンプ 操 法 技 術 習 得 の 成 果 発 表 と 消 防 団 員 の 士 気 高 揚 を 目 的 として 第 1 回 長 崎 県 消 防 ポンプ 操 法 大 会 が 長 崎 市 で 開 催 された 諫 早 水 害 が 発 生 した 長 崎 県 表 彰 規 程 が 制 定 され 消 防 団 員 に 対 する 知 事 表 彰 制 度 が 確 立 された 消 防 人 の 教 育 訓 練 機 関 として 長 崎 県 消 防 学 校 が 開 設 された 福 江 大 火 が 発 生 した 長 崎 佐 世 保 島 原 諫 早 大 村 福 江 の 各 市 が 政 令 により 消 防 本 部 署 の 義 務 設 置 市 に 指 定 された 市 町 村 消 防 を 財 政 的 に 支 援 するため 県 費 補 助 金 制 度 が 創 設 された 物 質 的 な 面 で 消 防 団 員 の 功 労 に 報 いることを 目 的 として 消 防 賞 じゅつ 金 支 給 要 綱 が 制 定 された 保 安 行 政 を 一 本 化 するため 県 に 消 防 防 災 課 が 設 置 された 昭 和 46 年 4 月 昭 和 40 年 代 の 中 頃 から 常 備 消 防 体 制 の 確 立 をめざして 消 防 の 広 域 化 が 進 められた 一 部 事 務 組 合 については 昭 和 45 年 4 月 島 原 地 域 で 発 足 したのを 皮 切 りに 同 47 年 には 県 央 と 壱 岐 同 48 年 には 下 五 島 と 松 浦 同 49 年 には 上 五 島 と 対 馬 の 各 地 域 でそれぞれ 発 足 した また 事 務 委 託 については 長 崎 地 域 が 昭 和 47 年 ( 一 部 同 49 年 )から 佐 世 保 地 域 福 島 伊 万 里 地 区 が 同 48 年 平 戸 地 区 が 同 50 年 からそれぞれ 実 施 されている 常 備 消 防 体 制 の 確 立 に 伴 い 昭 和 51 年 4 月 消 防 本 部 署 を 置 く 市 及 び 消 防 一 部 事 務 組 合 の 間 で 火 災 救 急 救 助 その 他 の 災 害 に 対 する 相 互 応 援 協 定 ( 長 崎 県 広 域 消 防 相 互 応 援 協 定 )が 締 結 された 昭 和 53 年 10 月 昭 和 54 年 11 月 昭 和 55 年 1 月 昭 和 55 年 9 月 昭 和 57 年 7 月 23 日 昭 和 58 年 3 月 昭 和 59 年 3 月 昭 和 59 年 7 月 昭 和 60 年 11 月 昭 和 60 年 12 月 昭 和 60 年 12 月 平 成 2 年 5 月 平 成 2 年 11 月 17 日 平 成 3 年 5 月 以 降 平 成 3 年 6 月 1 日 奈 留 町 の 林 野 火 災 に 際 し 本 県 では 初 めてのヘリコプターによる 空 中 消 火 を 実 施 した 対 馬 島 全 域 が 林 野 火 災 特 別 地 域 に 指 定 された 県 救 急 医 療 情 報 システムが 運 用 開 始 された 林 野 火 災 に 対 応 するため 長 崎 県 林 野 火 災 用 空 中 消 火 資 機 材 備 蓄 事 業 が 発 足 した 長 崎 地 方 に1 時 間 当 たり 187mm という 観 測 史 上 第 1 位 の 降 水 量 を 記 録 し 県 下 各 地 に 大 きな 被 害 をもたらした ( 長 崎 大 水 害 ) 消 防 学 校 が 完 成 同 年 4 月 開 校 した 建 設 省 所 管 レーダー 雨 量 計 端 末 機 器 を 設 置 し 防 災 対 策 に 活 用 救 助 技 術 習 得 の 成 果 発 表 と 消 防 職 員 の 士 気 高 揚 を 目 的 として 第 1 回 長 崎 県 消 防 救 助 技 術 指 導 大 会 が 県 消 防 学 校 で 開 催 された 第 9 回 婦 人 防 火 全 国 大 会 が 長 崎 市 で 開 催 された 県 防 災 行 政 無 線 システム 再 整 備 が 完 成 した 県 防 災 行 政 無 線 ファクシミリ 通 信 システムを 導 入 した パソコンを 利 用 した 気 象 情 報 収 集 システムを 導 入 し 防 災 対 策 に 活 用 雲 仙 普 賢 岳 が 198 年 ぶりに 噴 火 した 火 山 活 動 は 活 発 となり 島 原 市 深 江 町 を 中 心 に 大 きな 被 害 が 発 生 し 始 めた (5/24 県 災 害 対 策 本 部 設 置 平 成 8 年 6 月 3 日 解 散 ) 普 賢 岳 噴 火 災 害 に 伴 い 消 防 防 災 課 の 体 制 が 強 化 された

4 平 成 5 年 3 月 平 成 5 年 3 月 平 成 6 年 10 月 平 成 7 年 6 月 平 成 7 年 11 月 平 成 8 年 4 月 平 成 8 年 5 月 平 成 8 年 7 月 18 日 平 成 8 年 10 月 平 成 9 年 3 月 平 成 9 年 4 月 平 成 9 年 10 月 平 成 10 年 3 月 平 成 13 年 3 月 平 成 13 年 5 月 平 成 14 年 1 月 平 成 14 年 10 月 平 成 15 年 3 月 平 成 15 年 4 月 平 成 16 年 3 月 1 日 平 成 16 年 8 月 1 日 平 成 17 年 10 月 平 成 18 年 3 月 平 成 18 年 4 月 平 成 19 年 2 月 平 成 19 年 4 月 平 成 20 年 3 月 平 成 20 年 4 月 平 成 20 年 8 月 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 31 日 平 成 23 年 4 月 平 成 24 年 3 月 平 成 25 年 1 月 平 成 25 年 4 月 県 防 災 行 政 無 線 に 衛 星 系 を 導 入 した ( 移 動 は 平 成 5 年 4 月 から) 各 種 災 害 に 対 応 するため 県 防 災 ヘリコプターを 導 入 した ( 運 用 開 始 は 平 成 5 年 4 月 ) 雲 仙 普 賢 岳 噴 火 災 害 を 監 視 する 映 像 ネットワークシステムを 構 築 した 緊 急 消 防 援 助 隊 を 結 成 した ( 県 下 6 消 防 本 部 参 加 ) 九 州 山 口 各 県 災 害 時 相 互 応 援 協 定 を 締 結 した 長 崎 県 防 災 航 空 隊 が 発 足 した ( 長 崎 市 消 防 局 4 名 佐 世 保 市 消 防 局 4 名 島 原 消 防 本 部 4 名 ) 地 域 防 災 計 画 震 災 対 策 編 を 作 成 した 全 国 都 道 府 県 災 害 時 相 互 応 援 協 定 を 締 結 した 震 度 情 報 ネットワークシステムの 運 用 を 開 始 した 職 員 参 集 システムの 運 用 を 開 始 した 防 災 室 の 運 用 を 開 始 した 長 崎 県 住 宅 防 火 対 策 推 進 協 議 会 を 設 置 した 地 震 体 験 車 を 導 入 し 県 消 防 学 校 へ 配 置 した 防 災 行 政 無 線 の 高 度 化 事 業 が 完 成 した ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 ) 地 域 防 災 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 を 作 成 した 放 射 線 監 視 テレメータシステムを 構 築 した ダイヤモンド プリンセス の 船 舶 火 災 が 発 生 した 長 崎 県 メディカルコントロール 協 議 会 を 設 置 した 危 機 管 理 消 防 防 災 課 に 課 名 を 変 更 した 市 町 村 合 併 に 伴 い 対 馬 市 消 防 本 部 壱 岐 市 消 防 本 部 が 発 足 した 市 町 村 合 併 に 伴 い 五 島 市 消 防 本 部 新 上 五 島 町 消 防 本 部 が 発 足 した 市 町 村 合 併 により 大 島 村 が 平 戸 市 消 防 本 部 管 轄 となり 県 下 全 市 町 が 常 備 消 防 体 制 となった 長 崎 県 地 震 等 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 をとりまとめた 組 織 改 正 により 危 機 管 理 消 防 防 災 課 が 危 機 管 理 防 災 課 と 消 防 保 安 室 に 改 編 された 長 崎 県 地 震 等 防 災 対 策 アクションプランをとりまとめた 旧 田 平 町 区 域 が 平 戸 市 消 防 本 部 管 轄 となった (H ~H まで 松 浦 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 に 委 託 ) 防 災 行 政 無 線 の 再 編 整 備 事 業 が 完 成 した( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 19 年 度 ) 災 害 発 生 監 視 施 設 ( 屋 上 カメラ)を 佐 世 保 市 及 び 島 原 市 に 設 置 した 旧 福 島 町 区 域 が 松 浦 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 管 轄 となった (H まで 伊 万 里 市 消 防 本 部 に 委 託 ) 統 合 原 子 力 防 災 ネットワーク 機 器 を 設 置 した 佐 世 保 市 と 江 迎 町 鹿 町 町 との 合 併 に 伴 い 松 浦 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 が 解 散 し 松 浦 市 消 防 本 部 が 発 足 した 長 崎 県 防 災 航 空 隊 員 が 基 地 への 常 駐 を 開 始 した ( 防 災 航 空 隊 常 駐 化 ) ( 長 崎 県 防 災 航 空 センター 開 所 ) 県 及 び 県 下 全 ての 市 町 でJ-ALERTⅢ 導 入 事 業 が 完 了 し 受 信 設 備 が 整 う 危 機 管 理 防 災 課 が 危 機 管 理 課 へ 課 名 を 変 更 した 長 崎 県 地 方 防 災 計 画 見 直 し 検 討 委 員 会 による 提 言 が 提 出 された 原 子 力 防 災 対 策 を 強 化 するため 原 子 力 対 策 担 当 参 事 監 を 新 たに 配 置 し た みんなで 取 り 組 む 災 害 に 強 い 長 崎 県 づくり 条 例 を 施 行 した

5 平 成 26 年 中 の 主 な 行 事 1 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 県 下 全 市 町 で 消 防 出 初 式 開 催 (5 日 ~11 日 ) 防 災 とボランティアの 日 ( 防 災 とボランティア 週 間 15 日 ~21 日 ) 国 民 保 護 共 同 図 上 訓 練 (17 日 ) 春 季 火 災 予 防 運 動 を 県 下 全 域 で 実 施 (1 日 ~7 日 ) 消 防 学 校 第 66 期 初 任 科 生 入 校 式 (3 日 ) 第 54 回 長 崎 県 総 合 防 災 訓 練 を 佐 世 保 市 で 実 施 (27 日 ) 第 31 回 長 崎 県 消 防 救 助 技 術 指 導 大 会 (23 日 ) 長 崎 県 防 災 会 議 開 催 (10 日 ) 第 67 回 長 崎 県 消 防 団 大 会 を 大 村 市 で 開 催 (15 日 ) 全 国 危 険 物 安 全 週 間 (3 日 ~9 日 ) 火 薬 類 危 害 予 防 週 間 (10 日 ~16 日 ) 長 崎 県 防 災 月 間 長 崎 県 防 災 減 災 シンポジウム(26 日 ) 第 32 回 長 崎 県 消 防 ポンプ 操 法 大 会 (3 日 ) 長 崎 県 石 油 コンビナート 等 総 合 防 災 訓 練 を 新 上 五 島 町 で 実 施 (28 日 ) 防 災 の 日 ( 防 災 週 間 8 月 30 日 ~9 月 5 日 消 防 学 校 第 67 期 初 任 科 生 入 校 式 (2 日 ) 救 急 医 療 週 間 (9 日 ~15 日 ) 高 圧 ガス 保 安 活 動 促 進 週 間 (23 日 ~29 日 ) 津 波 防 災 の 日 (5 日 ) 長 崎 県 消 防 殉 職 者 慰 霊 祭 (6 日 ) 第 24 回 全 国 消 防 操 法 大 会 (8 日 ) 秋 季 火 災 予 防 運 動 を 県 下 全 域 で 実 施 (9 日 ~15 日 ) 平 成 26 年 度 長 崎 県 原 子 力 防 災 訓 練 (30 日 )

6 目 次 Ⅰ 消 防 力 の 概 要 1 消 防 組 織 ⑴ 消 防 機 関 と 人 員 ⑵ 消 防 吏 員 消 防 団 員 の 年 齢 階 層 別 構 成 比 2 消 防 施 設 ⑴ 消 防 機 械 ⑵ 消 防 水 利 ⑶ 消 防 救 急 業 務 用 無 線 通 信 施 設 及 び 火 災 通 報 施 設 3 消 防 力 の 充 足 状 況 資 料 編 第 1 表 常 備 消 防 の 概 要 第 2 表 消 防 団 及 び 消 防 水 利 の 概 要 第 3 表 階 級 別 消 防 職 員 数 第 4 表 年 齢 別 消 防 吏 員 数 第 5 表 在 職 年 数 別 消 防 吏 員 数 第 6 表 階 級 別 消 防 団 員 数 第 7 表 年 齢 別 消 防 団 員 数 第 8 表 在 職 年 数 別 消 防 団 員 数 第 9 表 消 防 機 関 の 出 動 状 況 ( 消 防 本 部 署 ) 第 10 表 消 防 機 関 の 出 動 状 況 ( 消 防 団 ) Ⅱ 火 災 1 火 災 の 概 況 2 出 火 件 数 ⑴ 月 別 出 火 件 数 ⑵ 消 防 本 部 ( 市 町 ) 別 火 災 発 生 状 況 ⑶ 火 災 の 覚 知 方 法 ⑷ 出 火 率 3 損 害 額 4 出 火 原 因 5 死 傷 者 の 実 態 ⑴ 死 傷 者 数 ⑵ 年 齢 別 の 死 者 ⑶ 死 因 別 の 死 者 6 主 な 火 災 資 料 編 第 1 表 平 成 25 年 (1 月 ~12 月 )の 火 災 発 生 状 況 第 2 表 最 近 10 年 間 の 火 災 発 生 状 況 第 3 表 平 成 25 年 市 町 別 火 災 発 生 状 況 第 4 表 平 成 25 年 の 主 な 火 災 (2,000 万 円 以 上 ) 長 崎 県 内 における 過 去 の 主 な 火 災

7 Ⅲ 救 急 救 助 1 救 急 業 務 実 施 体 制 2 救 急 業 務 実 施 状 況 資 料 編 第 1 表 救 急 業 務 実 施 体 制 等 の 状 況 ( 消 防 本 部 設 置 市 町 ) 第 2 表 救 急 業 務 実 施 状 況 第 3 表 最 近 10 年 間 の 救 急 活 動 状 況 第 4 表 事 故 種 別 出 場 件 数 搬 送 人 員 状 況 ( 前 年 比 較 ) 第 5 表 覚 知 時 刻 別 事 故 種 別 出 場 件 数 第 6 表 曜 日 別 月 別 出 場 件 数 第 7 表 事 故 種 別 年 齢 区 分 別 傷 病 程 度 別 搬 送 人 員 第 8 表 消 防 本 部 別 医 療 機 関 別 搬 送 人 員 第 9 表 現 場 到 着 所 要 時 間 別 出 場 件 数 第 10 表 収 容 所 要 時 間 別 搬 送 人 員 第 11 表 事 故 種 別 転 送 回 数 別 搬 送 人 員 第 12 表 医 療 機 関 別 転 送 理 由 第 13 表 救 急 隊 員 の 行 った 応 急 処 置 状 況 第 14 表 住 民 に 対 する 応 急 手 当 普 及 啓 発 活 動 の 実 施 状 況 第 15 表 高 速 自 動 車 国 道 における 救 急 体 制 状 況 第 16 表 長 崎 自 動 車 道 における 救 急 活 動 状 況 3 救 助 業 務 実 施 体 制 4 救 助 活 動 状 況 資 料 編 第 17 表 救 助 業 務 実 施 体 制 等 の 状 況 第 18 表 救 助 出 動 件 数 救 助 活 動 件 数 及 び 救 助 人 員 の 推 移 第 19 表 事 故 種 別 救 助 活 動 状 況 第 20 表 救 助 出 動 及 び 救 助 活 動 人 員 状 況 第 21 表 事 故 種 類 別 救 助 活 動 件 数 及 び 救 助 活 動 1 件 あたりの 活 動 人 員 第 22 表 事 故 時 における 救 助 出 動 車 両 等 及 び 救 助 活 動 車 両 等 の 状 況 第 23 表 事 故 発 生 場 所 別 救 助 出 動 等 状 況 第 24 表 救 助 活 動 のための 機 械 器 具 等 の 保 有 状 況 第 25 表 緊 急 消 防 援 助 隊 編 成 表 ( 長 崎 県 隊 ) Ⅳ 予 防 1 危 険 物 規 制 関 係 ⑴ 危 険 物 施 設 の 推 移 ⑵ 危 険 物 施 設 の 現 況 ⑶ 製 造 所 等 に 対 する 立 入 検 査 の 状 況 ⑷ 危 険 物 取 扱 者 試 験 ⑸ 危 険 物 取 扱 者 講 習 資 料 編 第 1 表 平 成 25 年 度 危 険 物 取 扱 者 試 験 実 施 状 況 第 2 表 危 険 物 取 扱 者 免 状 交 付 状 況 第 3 表 危 険 物 取 扱 者 講 習 の 実 施 状 況 第 4 表 消 防 本 部 別 危 険 物 施 設 数 ( 設 置 許 可 施 設 ) 第 5 表 倍 数 別 類 別 危 険 物 施 設 数 第 6 表 製 造 所 等 に 対 する 立 入 検 査 の 状 況 ( 延 べ 回 数 ) 第 7 表 危 険 物 取 扱 者 試 験 実 施 状 況

8 2 防 火 対 象 物 関 係 ⑴ 防 火 管 理 消 防 用 設 備 等 の 設 置 状 況 等 ⑵ 防 炎 物 品 の 使 用 状 況 ⑶ 消 防 設 備 士 試 験 ⑷ 消 防 設 備 士 義 務 講 習 ⑸ 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 資 料 編 第 8 表 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1 第 9 表 防 火 管 理 の 状 況 第 10 表 甲 種 防 火 対 象 物 防 火 管 理 者 選 任 状 況 等 第 11 表 建 築 同 意 事 務 処 理 状 況 第 12 表 防 火 対 象 物 及 び 予 防 査 察 実 施 状 況 第 13 表 消 防 用 設 備 等 の 点 検 報 告 等 の 実 施 状 況 第 14 表 消 防 用 設 備 等 設 置 状 況 第 15 表 防 炎 物 品 使 用 状 況 第 16 表 消 防 設 備 士 試 験 実 施 状 況 第 17 表 消 防 設 備 士 義 務 講 習 状 況 第 18 表 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 に 係 る 防 火 対 象 物 数 3 幼 年 少 年 消 防 クラブ 及 び 婦 人 防 火 クラブ Ⅴ 防 災 1 防 災 行 政 の 概 況 2 災 害 被 害 状 況 3 災 害 警 戒 本 部 設 置 状 況 4 防 災 訓 練 実 施 状 況 5 防 災 行 政 無 線 6 長 崎 県 防 災 航 空 隊 7 離 島 の 救 急 患 者 搬 送 資 料 編 第 1 表 県 内 救 急 患 者 搬 送 用 ヘリポート( 飛 行 場 外 離 着 陸 場 ) 設 置 状 況 第 2 表 平 成 25 年 災 害 被 害 状 況 第 3 表 最 近 5ヵ 年 間 の 災 害 被 害 状 況 第 4 表 平 成 25 年 (2013 年 ) 災 害 警 戒 本 部 設 置 状 況 第 5 表 長 崎 県 防 災 行 政 無 線 局 配 置 図 第 6 表 長 崎 県 防 災 行 政 無 線 通 信 システム 回 線 構 成 図 第 7 表 最 近 10 年 間 の 自 衛 隊 航 空 機 災 害 派 遣 要 請 に 基 づく 急 患 搬 送 の 実 施 状 況 ( 県 防 災 ヘリでの 搬 送 を 含 む) 第 8 表 -1 防 災 会 議 地 域 防 災 計 画 勤 務 時 間 外 の 情 報 連 絡 体 制 等 第 8 表 -2 防 災 訓 練 等 実 施 状 況 第 8 表 -3 防 災 無 線 通 信 施 設 等 の 状 況 第 8 表 -4 防 災 無 線 通 信 施 設 等 の 状 況 自 主 防 災 組 織 の 現 況 第 8 表 -5 自 主 防 災 組 織 の 現 況 (つづき) 災 害 危 険 箇 所 等 の 現 況 第 8 表 -6 避 難 場 所 の 現 況

9 Ⅵ 高 圧 ガス 火 薬 1 高 圧 ガス 行 政 の 現 況 ⑴ 液 化 石 油 ガス 消 費 者 保 安 対 策 ⑵ 一 般 高 圧 ガス 消 費 者 保 安 対 策 ⑶ 高 圧 ガス 製 造 所 等 の 保 安 対 策 ⑷ 高 圧 ガスの 輸 送 保 安 対 策 2 火 薬 行 政 の 現 況 ⑴ 監 視 指 導 の 徹 底 ⑵ 保 安 意 識 の 高 揚 ⑶ 猟 銃 等 の 保 安 管 理 の 徹 底 資 料 編 第 1 表 高 圧 ガス 製 造 所 等 の 市 郡 別 設 置 状 況 第 2 表 高 圧 ガス 許 認 可 検 査 等 件 数 ( 平 成 24 年 度 ) 第 3 表 高 圧 ガス 事 故 第 4 表 原 因 別 LPガス 事 故 件 数 第 5 表 場 所 別 LPガス 事 故 件 数 第 6 表 高 圧 ガス 試 験 実 施 状 況 第 7 表 火 薬 関 係 販 売 所 貯 蔵 所 の 状 況 第 8 表 火 薬 関 係 許 認 可 件 数 第 9 表 立 入 検 査 状 況 第 10 表 火 薬 類 事 故 の 発 生 状 況 第 11 表 火 薬 類 取 扱 保 安 責 任 者 試 験 実 施 状 況 第 12 表 免 状 交 付 状 況 Ⅶ 消 防 学 校 1 沿 革 2 組 織 3 教 育 の 現 況 ⑴ 消 防 職 員 に 対 する 教 育 ⑵ 消 防 団 員 に 対 する 教 育 ⑶ その 他 の 教 育 4 教 育 訓 練 の 教 科 目 別 時 間 ( 平 成 25 年 度 ) 5 消 防 学 校 の 概 要 Ⅷ その 他 の 資 料 1 表 彰 2 長 崎 県 消 防 ポンプ 操 法 大 会 の 成 績 ( 第 15 回 ~32 回 ) 3 全 国 消 防 操 法 大 会 出 場 チーム 成 績 ( 第 4 回 ~24 回 ) 4 全 国 女 性 消 防 操 法 大 会 出 場 チーム 成 績 ( 第 4 回 ~21 回 ) 5 第 31 回 長 崎 県 消 防 救 助 技 術 指 導 大 会 成 績 6 長 崎 県 内 消 防 機 関 の 名 称 及 び 所 在 地

10 ( 注 ) 表 及 び 図 の 配 置 について 文 中 で 引 用 している 番 号 付 の 表 については 該 当 する 項 目 の 末 尾 にまとめて 載 せた その 他 の 表 及 び 図 については 原 則 として 該 当 する 小 項 目 の 後 ろに 続 けて 載 せた

11 Ⅰ 消 防 力 の 概 要

12 1 消 防 組 織 ⑴ 消 防 機 関 と 人 員 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 市 町 の 消 防 機 関 と 人 員 の 状 況 は 第 1 表 のとおりである 第 1 表 区 分 市 町 の 消 防 組 織 の 現 況 平 成 現 在 B 平 成 現 在 B 増 減 B - A 対 前 年 比 B/A 100 常 備 消 防 本 部 消 防 署 出 張 所 消 防 消 防 職 員 消 防 吏 員 1,711 1, そ の 他 の 職 員 計 1,724 1, 非 消 防 団 常 備 分 団 消 防 消 防 団 員 ,428 20, 平 成 17 年 10 月 以 降 県 下 全 市 町 が 常 備 消 防 体 制 となった (P9 長 崎 県 常 備 消 防 体 制 一 覧 表 P10~11 消 防 圏 現 況 図 参 照 ) -1-

13 消 防 団 は 各 市 町 に1 団 ずつ 設 置 されている 次 に 消 防 職 員 数 及 び 消 防 団 員 数 の 過 去 10 年 間 の 推 移 をみると 第 2 表 に 示 すとおりである 消 防 職 員 及 び 消 防 団 員 数 の 推 移 ( 平 成 17 年 ~ 平 成 26 年 ) 第 2 表 消 防 職 員 区 分 消 防 団 員 消 防 吏 員 その 他 の 職 員 計 平 成 17 年 (8) 1, (8) 1,688 22,203 平 成 18 年 (8) 1, (8) 1,687 21,763 平 成 19 年 (8) 1, (8) 1,697 21,455 平 成 20 年 (8) 1, (8) 1,689 21,132 平 成 21 年 1, ,672 20,931 平 成 22 年 1, ,671 20,854 平 成 23 年 1, ,689 20,711 平 成 24 年 1, ,735 20,576 平 成 25 年 1, ,724 20,428 平 成 26 年 1, ,727 20,201 ( ) 内 は 伊 万 里 市 消 防 本 部 福 島 分 署 の 数 -2-

14 ⑵ 消 防 吏 員 消 防 団 員 の 年 齢 階 層 別 構 成 比 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 年 齢 階 層 別 構 成 比 をみると 第 3 表 のとおりであり 消 防 吏 員 は 20 歳 から 29 歳 までの 階 層 が 最 も 多 く 全 体 の 32.8% 消 防 団 員 では 30 歳 から 39 歳 までの 階 層 が 多 く 全 体 の 40.1%を 占 めている 平 均 年 齢 は 消 防 吏 員 で 38.7 歳 ( 前 年 39.2 歳 ) 消 防 団 員 で 38.5 歳 ( 前 年 38.4 歳 )となって いる 消 防 吏 員 及 び 消 防 団 員 の 年 齢 階 層 別 構 成 比 第 3 表 区 分 消 防 吏 員 消 防 団 員 人 員 構 成 比 (%) 人 員 構 成 比 (%) 20 歳 未 満 ~ , ~ , ~ , ~ , 歳 以 上 計 1, , 消 防 施 設 ⑴ 消 防 機 械 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 消 防 機 械 の 保 有 数 並 びにその 推 移 は 第 4 表 から 第 5 表 のとおり である -3-

15 消 防 機 械 保 有 数 第 4 表 区 分 消 防 本 部 署 消 防 団 平 成 現 在 A 平 成 現 在 B B-A 対 前 年 比 (%) B/A 100 平 成 現 在 A 平 成 現 在 B B-A 対 前 年 比 (%) B/A 100 普 通 消 防 ポ ン プ 自 動 車 水 槽 付 消 防 ポ ン プ 自 動 車 はしご 付 消 防 ポンプ 自 動 車 屈 折 はしご 付 消 防 ポンプ 自 動 車 化 学 消 防 自 動 車 救 急 自 動 車 指 揮 車 消 防 艇 救 助 工 作 車 小 型 動 力 ポ ン プ , そ の 他 の 消 防 自 動 車

16 消 防 機 械 の 保 有 数 の 推 移 ( 平 成 17 年 ~ 平 成 26 年 ) 第 5 表 区 分 消 防 本 普 通 消 防 ポンプ 自 動 車 水 槽 付 消 防 ポ ン プ 自 動 車 は し ご 付 消 防 ポ ン プ 自 動 車 化 学 消 防 自 動 車 部 救 急 自 動 車 指 揮 車 消 防 署 消 防 艇 救 助 工 作 車 小 型 動 力 ポ ン プ そ の 他 の 消 防 自 動 車 消 普 通 消 防 ポ ン プ 自 動 車 水 槽 付 消 防 ポ ン プ 自 動 車 防 指 揮 車 小 型 動 力 ポ ン プ 積 載 車 団 小 型 動 力 ポ ン プ 1,088 1,059 1,063 1,049 1,063 1,035 1,098 1,107 1, そ の 他 の 消 防 自 動 車

17 ⑵ 消 防 水 利 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 消 防 水 利 の 保 有 状 況 は 第 6 表 のとおりである また 過 去 10 年 間 の 推 移 は 第 7 表 のとおりとなっている 消 防 水 利 の 保 有 数 第 6 表 区 分 平 現 在 A 平 現 在 B 増 減 B-A 対 前 年 比 (%) B/A 100 合 計 23,372 25,290 1, 消 火 栓 小 計 14,359 16,237 1, 公 設 14,029 15,660 1, 私 設 防 小 計 9,004 9, 防 小 火 100m 3 以 上 火 計 水 槽 40m 3 ~100m 3 未 満 7,461 7, m 3 ~40m 3 未 満 1,347 1, 水 井 戸 防 小 計 小 計 8,430 8, 槽 公 火 100m 3 以 上 水 40m 3 ~100m 3 未 満 7,121 7, 及 設 槽 20m 3 ~40m 3 未 満 1,139 1, び 井 戸 防 小 計 小 計 井 戸 私 設 火 水 槽 井 戸 100m 3 以 上 m 3 ~100m 3 未 満 m 3 ~40m 3 未 満 そ の 他 の 消 防 水 利 小 計 ,693 1,

18 第 7 表 消 防 水 利 の 推 移 ( 平 成 17 年 ~ 平 成 26 年 ) 区 分 防 火 40m 3 以 上 7,168 7,157 7,225 7,284 7,436 7,454 7,573 7,599 7,657 7,699 水 槽 20m 3 ~40m 3 1,482 1,332 1,324 1,205 1,192 1,188 1,250 1,259 1,347 1,345 消 火 栓 ( 公 設 ) 13,497 11,622 12,809 12,815 13,464 13,600 13,927 14,100 14,029 15,660 ⑶ 消 防 救 急 業 務 用 無 線 通 信 施 設 及 び 火 災 通 報 施 設 消 防 無 線 電 話 は 消 防 機 関 が 火 災 や 災 害 現 場 の 消 防 隊 救 急 隊 などに 対 し 指 示 又 は 連 絡 をとる 場 合 など 広 範 囲 に 活 用 されている 火 災 報 知 用 電 話 は 加 入 電 話 又 は 公 衆 電 話 によって 消 防 機 関 に 火 災 その 他 の 災 害 の 発 生 を 通 報 す るものであり 119 番 に 該 当 する 消 防 電 話 は 消 防 本 部 署 等 の 消 防 機 関 相 互 を 結 ぶ 専 用 電 話 である これらの 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 保 有 状 況 は 第 8 表 のとおりである また 過 去 10 年 間 の 推 移 は 第 9 表 のとおりである 第 8 表 区 消 務 防 用 無 救 急 線 業 局 消 防 救 急 業 務 用 無 線 通 信 施 設 及 び 火 災 通 報 施 設 分 平 現 在 A 平 現 在 B 増 減 B-A 対 前 年 比 (%) B/A 100 固 定 局 基 地 局 移 動 局 917 1, 救 急 指 令 装 置 計 電 話 火 災 報 知 専 用 電 話 消 防 電 話 加 入 電 話

19 第 9 表 消 防 救 急 業 務 用 無 線 通 信 施 設 及 び 火 災 通 報 施 設 の 推 移 ( 平 成 17 年 ~ 平 成 26 年 ) 区 分 消 務 固 定 局 防 用 無 基 地 局 救 急 線 移 動 局 ,057 業 局 救 急 指 令 装 置 電 話 計 火 災 報 知 専 用 電 話 消 防 電 話 加 入 電 話 消 防 力 の 充 足 状 況 区 分 市 町 村 消 防 施 設 整 備 計 画 実 態 調 査 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 基 準 数 A 現 有 数 B 充 足 率 (%) B/A 現 況 調 査 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 現 有 数 C 充 足 率 (%) C/A 消 防 本 部 消 防 団 消 防 職 員 2,599 人 1,735 人 ,727 人 66.4 消 防 ポンプ 自 動 車 113 台 99 台 台 90.3 消 防 団 員 27,606 人 20,576 人 ,201 人 73.2 消 防 ポンプ 自 動 車 298 台 298 台 台 97.0 消 防 水 利 23,856 14, , 実 態 調 査 の 消 防 ポンプ 自 動 車 数 は 非 常 用 車 両 ( 予 備 車 両 )は 含 まない 実 態 調 査 の 消 防 水 利 数 は 水 利 の 面 積 算 定 の 有 効 区 域 となる 四 角 形 (メッシュ) 枠 の 合 計 であり 現 況 調 査 の 消 防 水 利 の 箇 所 数 とは 計 上 の 基 準 が 異 なる 上 記 表 における 現 況 調 査 の 消 防 水 利 の 現 有 数 は 消 火 栓 の 公 設 及 び 防 火 水 槽 の 40 m3 以 上 とする -8-

20 長 崎 県 常 備 消 防 体 制 一 覧 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 消 防 本 部 別 広 域 構 成 市 町 数 消 防 職 員 数 構 成 市 町 村 長 崎 市 消 防 局 S 事 務 委 託 S 市 2 町 507 人 受 託 長 崎 市 委 託 長 与 町 時 津 町 佐 世 保 市 消 防 局 S 事 務 委 託 S 市 5 町 370 人 受 託 佐 世 保 市 委 託 東 彼 杵 町 川 棚 町 波 佐 見 町 西 海 市 小 値 賀 町 佐 々 町 平 戸 市 消 防 本 部 S 単 独 H 市 76 人 平 戸 市 松 浦 市 消 防 本 部 H22.4.1( 松 浦 ( 組 ) 消 防 本 部 S47.4.1) 単 独 H 市 68 人 松 浦 市 対 馬 市 消 防 本 部 S 単 独 H 市 95 人 対 馬 市 壱 岐 市 消 防 本 部 S 単 独 H 市 60 人 壱 岐 市 五 島 市 消 防 本 部 S 単 独 H 市 95 人 五 島 市 新 上 五 島 町 消 防 本 部 S 単 独 H 町 69 人 新 上 五 島 町 県 央 ( 組 ) 消 防 本 部 S 一 部 事 務 組 合 S 市 241 人 諫 早 市 大 村 市 雲 仙 市 の 一 部 ( 旧 愛 野 町 吾 妻 町 千 々 石 町 小 浜 町 南 串 山 町 区 域 ) 島 原 ( 組 ) 消 防 本 部 S 一 部 事 務 組 合 S 市 146 人 島 原 市 雲 仙 市 の 一 部 ( 旧 国 見 町 瑞 穂 町 区 域 ) 南 島 原 市 -9-

21 消 防 圏 対 馬 市 消 防 本 部 人 口 31,732 人 1 市 壱 岐 市 消 防 本 部 人 口 27,546 人 1 市 旧 上 対 馬 町 旧 勝 本 町 7 4 旧 芦 辺 町 対 馬 市 H 合 併 1 6 旧 上 県 町 旧 郷 ノ 浦 町 旧 石 田 町 壱 岐 市 H 合 併 旧 大 島 村 旧 生 月 町 4 旧 峰 町 5 旧 宇 久 町 H 編 平 戸 市 消 防 本 部 人 口 32,626 人 1 市 旧 豊 玉 町 4 14 平 戸 市 H 合 併 3 小 値 賀 町 16 旧 美 津 島 町 3 8 旧 厳 原 町 1 新 上 五 島 町 消 防 本 部 人 口 20,250 人 1 町 4 旧 新 魚 目 町 2 新 上 五 島 町 H 合 併 旧 上 五 島 町 2 1 有 川 町 旧 有 川 町 佐 世 保 市 消 防 局 人 口 337,647 人 2 市 5 町 旧 若 松 町 旧 奈 留 町 3 7 旧 奈 良 尾 町 旧 三 井 楽 町 5 6 旧 岐 宿 町 旧 福 江 市 五 島 市 消 防 本 部 人 口 37,975 人 1 市 4 旧 玉 之 浦 町 旧 富 江 町 3 五 島 市 H 合 併 -10-

22 現 況 図 松 浦 市 消 防 本 部 人 口 23,829 人 1 市 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 6 3 旧 鷹 島 町 旧 田 平 町 旧 福 島 町 1 2 H ま で 5 松 浦 市 合 併 2 1 旧 松 浦 市 4 旧 鹿 町 町 旧 小 佐 々 町 H 編 入 旧 江 迎 町 旧 吉 井 町 佐 々 町 旧 世 知 原 町 佐 世 保 市 H 編 入 H 編 入 H 編 入 旧 佐 世 保 市 凡 例 消 防 本 部 消 防 署 出 張 所 等 波 佐 見 西 海 市 H 合 併 旧 大 島 町 10 旧 西 海 町 9 川 棚 町 7 東 彼 杵 町 旧 崎 戸 町 旧 大 瀬 戸 町 H 1 7, 佐 世 保 市 へ 移 管 18 長 崎 市 消 防 局 人 口 506,074 人 1 市 2 町 旧 外 海 町 旧 西 彼 町 長 崎 市 H 編 入 H 編 入 旧 伊 王 島 町 旧 高 島 町 旧 香 焼 町 22 旧 野 母 崎 町 21 旧 琴 海 町 編 入 14 時 津 町 旧 三 和 町 長 与 町 旧 多 良 見 町 旧 長 崎 市 6 大 村 市 8 4 旧 飯 盛 町 旧 諫 早 市 旧 高 来 町 諫 早 市 H 合 併 県 央 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 消 防 本 部 人 口 260,914 人 2 市 及 び1 市 ( 旧 5 町 域 ) 旧 森 山 町 旧 小 長 井 町 5 旧 愛 野 町 11 雲 仙 市 H 合 併 旧 南 串 山 町 旧 加 津 佐 町 旧 吾 妻 町 島 原 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 消 防 本 部 人 口 107,452 人 2 市 及 び1 市 ( 旧 2 町 域 ) 3 旧 瑞 穂 町 旧 千 々 石 町 旧 小 浜 町 7 10 旧 口 之 津 町 旧 北 有 馬 町 6 旧 南 有 馬 町 旧 国 見 町 12 4 旧 深 江 町 5 旧 西 有 家 町 旧 有 明 町 旧 島 原 市 1 2 旧 有 家 町 旧 布 津 町 南 島 原 市 H 合 併 島 原 市 H 編 入 人 口 は 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 推 計 人 口 -11-

23 常 備 消 防 第 1 表 区 分 署 所 職 員 管 内 概 要 消 防 本 部 名 消 防 署 数 出 張 所 数 消 防 吏 員 消 防 職 員 吏 平 そ の 均 他 員 計 の 年 職 の齢 員 条 例 定 数 面 積 (km2) ( ) 現 在 人 口 (26.4.1) 現 在 世 帯 数 (26.4.1) 現 在 県 内 消 防 本 部 計 , ,727 1,753 4, ,386, ,767 長 崎 市 消 防 局 , ,655 県 内 消 佐 世 保 市 消 防 局 , ,708 平 戸 市 消 防 本 部 ,626 12,720 松 浦 市 消 防 本 部 ,829 9,062 対 馬 市 消 防 本 部 ,732 13,363 防 壱 岐 市 消 防 本 部 ,546 10,323 本 五 島 市 消 防 本 部 ,975 17,932 部 新 上 五 島 町 ,250 9,070 消 防 本 部 県 央 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 島 原 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 ,914 98, ,452 40,

24 の 概 要 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 消 防 施 設 の 概 要 市 町 村 数 普 ポ ン 通 プ 自 消 動 防 車 水 ポ 槽 ン プ 付 自 消 動 防 車 は消 防 し 自 ご 動 付 車 屈 消 防 折 ポ はン しプ 自 ご 動 付 車 大 型 高 所 放 水 車 泡 原 液 搬 送 車 化 学 消 防 自 動 車 救 急 自 動 車 指 揮 車 消 防 艇 救 助 工 作 車 小 型 動 力 ポ ン プ そ の 他 車 両 消 防 無 線 局 基 及 移 び 地 固 動 定 局 局 局

25 第 2 表 区 分 消 防 団 及 び 管 内 概 要 消 防 団 団 分 団 平 条 面 積 (km2) ( 現 在 ) 人 口 ( 人 ) ( 現 在 ) 世 帯 数 ( 現 在 ) う 団 員 ち 女 均 年 例 定 市 町 名 数 数 数 性 齢 数 県 計 4, ,386, , , ,395 長 崎 市 , , , ,314 佐 世 保 市 , , , ,920 島 原 市 ,890 17, 諫 早 市 ,262 51, , ,042 大 村 市 ,877 35, 平 戸 市 ,626 12, , ,079 松 浦 市 ,829 9, 対 馬 市 ,732 13, , ,900 壱 岐 市 ,546 10, ,020 五 島 市 ,975 17, , ,540 西 海 市 ,427 11, , ,460 雲 仙 市 ,811 16, , ,652 南 島 原 市 ,526 17, , ,343 長 与 町 ,070 15, 時 津 町 ,068 11, 東 彼 杵 町 ,456 2, 川 棚 町 ,150 5, 波 佐 見 町 ,973 4, 小 値 賀 町 ,606 1, 佐 々 町 ,489 4, 新 上 五 島 町 ,250 9, ,

26 消 防 水 利 の 概 要 消 防 施 設 ( 団 有 ) 普 ポ 水 ポ 小 そ ン 型 槽 ン の 通 プ プ 動 他 付 力 消 自 自 ポ の 動 消 動 ン 車 防 車 防 車 プ 両 合 計 公 設 私 設 100 m3 以 上 60 ~ 100 m3 未 満 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 消 防 水 利 消 火 栓 防 火 水 槽 40 ~ 60 m3 未 満 20 ~ 40 m3 未 満 ,521 15, ,165 1, , ,704 3, ,118 3, ,041 2, ,687 1, , , 井 戸 そ の 他 -15-

27 階 級 別 消 防 職 員 数 第 3 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 消 防 吏 員 そ 総 条 消 消 消 消 消 消 消 消 う の 防 防 防 防 防 防 ち 他 例 防 司 司 副 防 計 の 正 令 司 令 士 士 女 定 職 消 防 本 部 名 監 監 長 令 補 長 長 士 性 員 計 数 県 計 , ,727 1,753 長 崎 市 佐 世 保 市 平 戸 市 松 浦 市 対 馬 市 壱 岐 市 五 島 市 新 上 五 島 町 県 央 ( 組 ) 島 原 ( 組 ) 年 齢 別 消 防 吏 員 数 第 4 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 消 防 本 部 名 区 分 20 歳 未 満 20 歳 ~ 25 ~歳 30 歳 ~ 35 ~歳 40 歳 ~ 45 ~歳 50 歳 ~ 55 ~歳 24 歳 29 歳 34 歳 39 歳 県 計 , 長 崎 市 佐 世 保 市 平 戸 市 松 浦 市 対 馬 市 壱 岐 市 五 島 市 新 上 五 島 町 県 央 ( 組 ) 島 原 ( 組 ) 歳 49 歳 54 歳 59 歳 60 歳 以 上 合 計 平 均 年 齢 -16-

28 在 職 年 数 別 消 防 吏 員 数 第 5 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 消 防 本 部 名 区 分 5 年 未 満 5 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 15 年 未 満 15 年 以 上 20 年 未 満 20 年 以 上 25 年 未 満 25 年 以 上 30 年 未 満 30 年 以 上 合 計 県 計 ,717 長 崎 市 佐 世 保 市 平 戸 市 松 浦 市 対 馬 市 壱 岐 市 五 島 市 新 上 五 島 町 県 央 ( 組 ) 島 原 ( 組 )

29 階 級 別 消 防 団 員 数 第 6 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 団 副 分 副 部 班 団 合 条 う 分 例 団 団 ち 団 女 定 市 町 名 長 長 長 長 長 長 員 計 性 数 県 計 ,645 3,916 12,857 20, ,395 長 崎 市 ,626 2, ,314 佐 世 保 市 ,082 1, ,920 島 原 市 諫 早 市 ,228 1, ,042 大 村 市 平 戸 市 , ,079 松 浦 市 対 馬 市 , ,900 壱 岐 市 ,020 五 島 市 , ,540 西 海 市 , ,460 雲 仙 市 , ,652 南 島 原 市 , ,343 長 与 町 時 津 町 東 彼 杵 町 川 棚 町 波 佐 見 町 小 値 賀 町 佐 々 町 新 上 五 島 町 ,

30 年 齢 別 消 防 団 員 数 第 7 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 市 町 名 区 分 20 歳 未 満 20 歳 ~ 25 ~歳 30 ~歳 35 ~歳 40 歳 ~ 45 ~歳 50 歳 ~ 55 歳 ~ 24 歳 29 歳 34 歳 39 歳 44 歳 県 計 94 1,006 2,566 3,865 4,238 3,378 2,227 1, , 長 崎 市 , 佐 世 保 市 , 島 原 市 諫 早 市 , 大 村 市 平 戸 市 , 松 浦 市 対 馬 市 , 壱 岐 市 五 島 市 , 西 海 市 , 雲 仙 市 , 南 島 原 市 , 長 与 町 時 津 町 東 彼 杵 町 川 棚 町 波 佐 見 町 小 値 賀 町 佐 々 町 新 上 五 島 町 歳 54 歳 59 歳 60 歳 以 上 合 計 平 均 年 齢 -19-

31 在 職 年 数 別 消 防 団 員 数 第 8 表 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 市 町 名 区 分 5 年 未 満 5 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 15 年 未 満 15 年 以 上 20 年 未 満 20 年 以 上 25 年 未 満 25 年 以 上 30 年 未 満 30 年 以 上 合 計 県 計 5,038 4,732 4,099 2,941 1, ,201 長 崎 市 ,793 佐 世 保 市 ,725 島 原 市 諫 早 市 ,773 大 村 市 平 戸 市 ,016 松 浦 市 対 馬 市 ,552 壱 岐 市 五 島 市 ,413 西 海 市 ,303 雲 仙 市 ,509 南 島 原 市 ,298 長 与 町 時 津 町 東 彼 杵 町 川 棚 町 波 佐 見 町 小 値 賀 町 佐 々 町 新 上 五 島 町

32 -21-

33 第 9 表 消 防 機 関 の 区 分 合 計 火 災 風 水 害 等 演 習 訓 練 救 急 救 助 活 動 消 防 本 部 名 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 県 計 108, , , ,134 19,639 61, , ,281 長 崎 市 36, , , ,072 23,434 70, ,797 佐 世 保 市 23,975 75, ,079 45, ,489 平 戸 市 5,383 15, ,098 1,644 4, 松 浦 市 2,216 3, , 対 馬 市 2,394 6, ,544 4, 壱 岐 市 2,147 6, ,601 4, 五 島 市 4,391 11, ,530 1,600 4, 新 上 五 島 町 4,070 13, , , 県 央 ( 組 ) 16,738 53, , ,068 9,782 30, 島 原 ( 組 ) 10,583 37, ,586 8,005 5,368 17,

34 出 動 状 況 ( 消 防 本 部 署 ) ( 平 成 25 年 中 ) 火 災 原 因 広 報 指 導 警 防 調 査 特 別 警 戒 捜 索 予 防 査 察 誤 報 等 その 他 調 査 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 8,319 27,279 6,741 20, ,593 1,341 4, ,169 40, ,751 32,741 2,499 8,951 1,233 3, , ,447 17, ,373 9,522 1,266 4,288 2,046 6, ,780 8, ,074 6, , , ,053 4, , , , , ,736 4,495 1,883 6, , ,298 5, ,474 4, , , ,151 4, ,

35 第 10 表 消 防 機 関 の 区 分 合 計 火 災 風 水 害 等 演 習 訓 練 救 急 救 助 活 動 市 町 名 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 県 計 3, , , , , 長 崎 市 102 6, , 佐 世 保 市 , , , 島 原 市 69 9, , , 諫 早 市 , , , 大 村 市 294 8, , , 平 戸 市 55 3, , , 松 浦 市 37 3, 対 馬 市 38 3, 壱 岐 市 43 2, , 五 島 市 250 8, , 西 海 市 179 6, , 雲 仙 市 , , , 南 島 原 市 , , , 長 与 町 時 津 町 65 2, 東 彼 杵 町 275 3, , 川 棚 町 67 2, , 波 佐 見 町 21 1, 小 値 賀 町 43 1, 佐 々 町 315 2, 新 上 五 島 町 147 3, ,

36 出 動 状 況 ( 消 防 団 ) ( 平 成 25 年 中 ) 広 報 指 導 警 防 調 査 火 災 原 因 調 査 特 別 警 戒 捜 索 予 防 査 察 誤 報 等 その 他 回 数 人 員 第 9 表 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 回 数 人 員 420 9, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

37 -26-

38 Ⅱ 火 災

39 1 火 災 の 概 況 平 成 25 年 中 の 火 災 は 第 1 表 に 示 すように 出 火 件 数 580 件 損 害 額 747,427 千 円 死 者 数 22 名 負 傷 者 数 71 名 建 物 焼 損 棟 数 381 棟 建 物 焼 損 床 面 積 15,328 m2 り 災 世 帯 数 253 世 帯 り 災 人 員 623 名 となった これを 前 年 と 比 較 してみると 出 火 件 数 は 82 件 の 増 加 で 死 者 数 は 同 数 損 害 額 は 7,645 千 円 増 加 している また 平 成 25 年 中 の 火 災 を1 日 当 たりでみると 出 火 件 数 1.59 件 損 害 額 2,048 千 円 死 傷 者 0.06 名 建 物 焼 損 棟 数 1.04 棟 建 物 床 焼 損 面 積 42.0 m2 林 野 焼 損 面 積 0.15a り 災 世 帯 数 0.69 世 帯 り 災 人 員 1.71 名 である なお 過 去 10 年 間 の 火 災 の 発 生 状 況 は 第 2 表 のとおりである 区 分 平 成 25 年 (A) 平 成 24 年 (B) 増 減 増 減 率 (%) A-B=C C/B 100 総 出 火 件 数 建 物 林 野 車 両 船 舶 そ の 他 焼 損 棟 数 り 災 世 帯 数 り 災 人 員 焼 損 面 積 建 物 ( m2 ) 15,328 12,608 2, 林 野 ( a ) 損 害 額 ( 千 円 ) 747, ,782 7, 死 者 負 傷 者 ( 注 )1. 死 者 は 火 災 により 負 傷 した 後 48 時 間 以 内 に 死 亡 した 者 である -27-

40 2 出 火 件 数 総 出 火 件 数 は 580 件 で 前 年 と 比 較 すると 82 件 の 増 加 となっている 過 去 5 年 間 の 火 災 種 別 ごとの 発 生 件 数 と 総 件 数 に 対 する 割 合 は 次 のとおりである 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 区 分 件 数 (%) 件 数 (%) 件 数 (%) 件 数 (%) 件 数 (%) 建 物 林 野 車 両 船 舶 そ の 他 計 (1) 月 別 出 火 件 数 出 火 件 数 を 月 別 にみると 平 成 25 年 中 においては 8 月 が 78 件 (13.4%)と 最 も 高 く 次 いで 9 月 が 77 件 (13.2%)と 12 月 の 69 件 (11.8%) 5 月 の 61(10.5%) 件 の 順 となっている 区 分 月 別 計 平 均 平 成 22 年 平 成 23 年 出 火 件 数 1 日 あたり 出 火 件 数 出 火 件 数 1 日 あたり 出 火 件 数 平 成 24 年 平 成 25 年 出 火 件 数 1 日 あたり 出 火 件 数 出 火 件 数 1 日 あたり 出 火 件 数 (2) 消 防 本 部 ( 市 町 ) 別 火 災 発 生 状 況 消 防 本 部 ( 市 町 ) 別 火 災 発 生 状 況 は 第 3 表 のとおりである 最 も 出 火 件 数 の 多 いのは 長 崎 市 ( 委 託 町 を 含 む)で 147 件 (25.3%) 次 いで 佐 世 保 市 ( 委 託 町 を 含 む)126 件 (21.7%)の 順 となっている -28-

41 (3) 火 災 の 覚 知 方 法 消 防 機 関 における 火 災 の 覚 知 方 法 を 見 ると 専 用 携 帯 による 通 報 が 237 件 と 最 も 多 い 年 区 分 火 災 報 知 器 専 用 電 話 専 用 携 帯 加 入 電 話 携 帯 電 話 警 察 電 話 望 楼 駆 け つ け 事 後 聞 知 その 他 合 計 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 件 数 (%) 件 数 (%) 件 数 (%) 件 数 (%) (4) 出 火 率 出 火 率 ( 件 / 人 口 1 万 人 )をみると 過 去 5カ 年 の 県 及 び 全 国 の 出 火 件 数 は 次 表 のとおりである 年 区 分 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 長 崎 県 全 国 ( 注 )1. 出 火 率 とは 人 口 1 万 人 当 たりの 出 火 件 数 をいう 2. 人 口 は 平 成 22 年 の 国 勢 調 査 による 3 損 害 額 火 災 による 損 害 額 は 747,427 千 円 で 前 年 と 比 較 すると 7,645 千 円 の 増 となった また 県 民 一 人 当 りでみると 524 円 ( 前 年 518 円 ) 1 日 当 たりでは 2,048 千 円 ( 前 年 2,027 千 円 ) 1 件 当 りでは 1,289 千 円 ( 前 年 1,486 千 円 )となっている -29-

42 4 出 火 原 因 過 去 10 年 間 の 火 災 原 因 別 ワースト5は 次 表 のとおりである 過 去 10 年 間 の 火 災 原 因 別 ワースト5 年 度 区 分 第 1 位 第 2 位 第 3 位 第 4 位 第 5 位 平 成 16 年 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 111 たき 火 106 コンロ 100 たばこ 68 火 入 れ 34 平 成 17 年 たき 火 147 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 90 たばこ 83 コンロ 82 火 入 れ 36 平 成 18 年 たき 火 105 コンロ 80 放 火 ( 放 火 の 疑 61 たばこ 55 火 遊 び 26 平 成 19 年 たき 火 118 コンロ 79 たばこ 55 放 火 ( 放 火 の 疑 47 火 入 れ 28 平 成 20 年 たき 火 111 コンロ 75 たばこ 57 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 54 ストーブ 18 平 成 21 年 たき 火 114 コンロ 79 たばこ 58 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 51 火 入 れ 34 平 成 22 年 たき 火 84 放 火 ( 放 火 の 疑 73 コンロ 62 たばこ 43 火 遊 び 20 平 成 23 年 たき 火 121 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 50 たばこ 50 コンロ 45 火 遊 び 26 平 成 24 年 たき 火 91 コンロ 45 たばこ 42 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む) 39 火 入 れ 21 平 成 25 年 たき 火 95 コンロ 48 たばこ 42 火 入 れ 34 放 火 ( 放 火 の 疑 い 含 む)

43 5 死 傷 者 の 実 態 (1) 死 傷 者 数 火 災 による 死 者 は 22 人 負 傷 者 は 71 人 で 前 年 に 比 較 して 死 者 は 同 じ 負 傷 者 は 9 人 増 加 した (2) 年 齢 別 の 死 者 死 者 を 年 齢 別 にみると 次 表 のとおりである 年 度 年 齢 別 0~ 10 歳 11~ 20 歳 21~ 30 歳 31~ 40 歳 41~ 50 歳 51~ 60 歳 61~ 70 歳 71 歳 以 上 不 明 合 計 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 (3) 死 因 別 の 死 者 死 因 別 にみると 火 傷 8 人 (36.3%) 一 酸 化 炭 素 中 毒 7 人 (31.8%) 自 殺 5 人 (22.7%)と なっている 6 主 な 火 災 損 害 額 2,000 万 円 以 上 の 火 災 については 5 件 (5 千 万 円 以 上 0 件 3 千 万 円 以 上 5 千 万 円 未 満 1 件 2 千 万 円 以 上 3 千 万 円 未 満 4 件 ) 発 生 している -31-

44 第 1 表 平 成 25 年 (1 月 ~12 月 )の 項 目 発 生 件 数 損 害 額 ( 千 円 ) 合 建 林 車 船 そ 合 建 林 車 船 の 月 別 計 物 野 両 舶 他 計 物 野 両 舶 1 月 ,540 55, 月 ,506 91, 月 ,654 30, 月 ,264 20, , 月 ,278 30, 月 ,007 80, 月 ,233 7, , 月 ,049 74, 月 ,894 89, ,856 1, 月 ,496 50, 月 ,974 69, 月 , , ,092 6,000 計 , , ,948 8,

45 火 災 発 生 状 況 被 災 状 況 そ の 他 爆 発 合 計 全 焼 焼 損 棟 数 半 焼 部 分 焼 ぼ や 合 計 り 災 世 帯 全 損 半 損 小 損 り 災 人 員 焼 損 面 積 建 物 ( m2) 林 野 ( а) 死 傷 者 ( 人 ) 死 者 負 傷 者 , , , , , , , , , , ,

46 第 2 表 最 近 10 年 間 の 項 目 発 生 件 数 損 害 額 ( 千 円 ) 船 合 計 建 物 林 野 車 両 そ の 他 合 計 建 物 林 野 車 両 船 舶 年 舶 平 成 16 年 ,699,225 1,294,371 4,426 19, ,777 平 成 17 年 ,340,023 1,270, ,120 22,515 平 成 18 年 ,067,854 1,048, ,135 8,389 平 成 19 年 , , ,709 6,313 平 成 20 年 ,050,158 1,014, ,516 11,160 平 成 21 年 ,081,393 1,025, ,977 11,157 平 成 22 年 , , ,419 7,369 平 成 23 年 , , , 平 成 24 年 , , ,871 42,166 平 成 25 年 , , ,948 8,300 計 6,424 3, ,956 10,265,843 9,470,642 7, , ,

47 火 災 発 生 状 況 被 災 状 況 そ の 他 爆 発 合 計 焼 損 棟 数 り 災 世 帯 数 全 焼 半 焼 部 分 焼 ぼ や 合 計 全 損 半 損 小 損 り 災 人 員 焼 損 面 積 建 物 ( m2) 林 野 ( а) 死 傷 者 ( 人 ) 死 者 負 傷 者 24, ,080 22,447 3, , , , ,040 17,999 3, , , ,671 3, , , , ,496 5, , ,753 4, , , , , , ,397 14,584 4,752 1, ,278 1,847 3, ,087 8, ,739 7,

48 最 近 10 年 間 の 火 災 ( 1,100 件 数 ) 1,000 出 火 件 数 900 ( 総 件 数 ) ( 建 物 火 災 ) 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 261 最 近 10 年 間 の 火 災 発 生 状 況 を 見 ると 最 も 少 なかった 年 は 平 成 24 年 の 498 件 次 いで 平 成 22 年 の 568 件 平 成 25 年 の 580 件 となっている 最 も 多 かった 年 は 平 成 17 年 の 794 件 次 いで 平 成 16 年 の 760 件 平 成 19 年 の 664 件 となってい る -36-

49 発 生 状 況 の 推 移 ( 百 万 円 ) 1,700 1,699 損 害 額 1,500 1,300 1,340 1,100 1,067 1,050 1, 平 成 16 年 平 成 17 年 平 成 18 年 平 成 19 年 平 成 20 年 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 最 近 10 年 間 の 損 害 額 状 況 をみると 最 も 少 ない 損 害 額 の 年 は 平 成 22 年 の 722,686 千 円 次 いで 平 成 24 年 の 739,782 千 円 次 いで 平 成 25 年 の 747,429 千 円 となっている 最 も 多 かった 年 は 平 成 16 年 の 1,699,225 千 円 で 次 いで 平 成 17 年 の 1,340,023 千 円 平 成 21 年 の 1,081,393 千 円 となる -37-

50 第 3 表 平 成 25 年 市 町 別 区 分 発 生 件 数 損 害 合 建 林 車 船 航 そ 計 ( 建 林 車 船 航 計 物 野 両 舶 空 機 市 町 名 県 計 , , ,948 8,300 0 の 他 千 円 ) 物 野 両 舶 空 機 長 崎 市 及 び 委 託 町 計 長 崎 市 長 与 町 時 津 町 ,087 85, ,516 6, ,500 59, ,156 6, ,374 5, ,213 21, 佐 世 保 市 及 び 委 託 市 町 計 ,575 90, ,766 1,099 0 佐 世 保 市 ,346 62, , 西 海 市 ,723 17, 東 彼 杵 町 ,753 1, , 川 棚 町 波 佐 見 町 ,775 7, 小 値 賀 町 佐 々 町 平 戸 市 消 防 本 部 計 ,642 35, 平 戸 市 ,642 35, 対 馬 市 消 防 本 部 計 ,086 22, 対 馬 市 ,086 22, 壱 岐 市 消 防 本 部 計 壱 岐 市 ,030 88, ,030 88,

51 火 災 発 生 状 況 被 災 状 況 そ の 他 爆 発 計 焼 損 棟 数 全 焼 半 焼 部 分 焼 ぼ や 計 り 災 世 帯 全 半 焼 焼 小 損 り 災 人 員 床 面 積 ( m2 ) 焼 損 面 積 表 面 積 ( m2 ) 林 野 ( а ) 死 者 死 傷 者 負 傷 者 5, , , , , , , , ,

52 平 成 25 年 市 町 別 第 3 表 区 分 発 生 件 数 損 害 合 建 林 車 船 航 そ 計 ( 建 林 車 船 航 市 町 名 五 島 市 消 防 本 部 計 計 物 野 両 舶 空 機 の 他 ,717 65, 千 円 ) 物 野 両 舶 空 機 五 島 市 ,717 65, 新 上 五 島 町 消 防 本 部 計 新 上 五 島 町 ,121 60, ,948 8, ,121 60, ,948 8,300 0 島 原 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 , , 島 原 市 ,469 39, 南 島 原 市 ,441 67, 雲 仙 市 ( 旧 国 見 町 ) 雲 仙 市 ( 旧 瑞 穂 町 ) ,230 1, ,499 4, 県 央 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 , , , 諫 早 市 ,656 82, 大 村 市 ,466 54, , 雲 仙 市 ,665 10, 松 浦 市 消 防 本 部 ,792 6, 松 浦 市 ,792 6,

53 火 災 発 生 状 況 額 被 災 状 況 そ の 他 爆 発 計 焼 損 棟 数 全 焼 半 焼 部 分 焼 ぼ や 計 り 災 世 帯 全 損 半 損 小 損 り 災 人 員 床 面 積 ( m2 ) 焼 損 面 積 表 面 積 ( m2 ) 林 野 ( а ) 死 者 死 傷 者 負 傷 者 , , , , , , , ,

54 第 4 表 番 出 火 月 日 覚 知 時 刻 号 出 火 時 刻 鎮 火 時 刻 1 2 月 25 日 13 時 21 分 13 時 10 分 14 時 51 分 2 6 月 2 日 13 時 13 分 13 時 00 分 15 時 21 分 3 9 月 17 日 17 時 17 分 17 時 07 分 18 時 50 分 4 11 月 25 日 11 時 31 分 11 時 20 分 頃 13 時 20 分 5 12 月 8 日 4 時 08 分 3 時 50 分 7 時 34 分 覚 知 方 法 火 災 報 知 専 用 電 話 火 災 報 知 専 用 電 話 火 災 報 知 携 帯 電 話 火 災 報 知 専 用 電 話 火 災 報 知 専 用 電 話 出 火 場 所 勝 本 町 五 島 市 芦 辺 町 佐 世 保 市 世 知 原 町 新 上 五 島 町 立 串 郷 用 途 住 宅 住 宅 発 電 所 住 宅 住 宅 平 成 25 年 の 主 な 火 災 (2,000 万 円 以 上 ) 出 火 箇 所 発 火 源 経 過 出 火 原 因 着 火 物 天 候 風 向 焼 焼 り り 死 傷 者 数 風 損 湿 損 損 災 火 発 速 面 災 死 負 害 災 令 m 度 警 有 棟 積 世 傷 額 /s 報 無 者 者 % 数 m2 帯 者 ( 千 円 ) 一 般 倉 庫 不 明 放 火 の 疑 い 不 明 晴 れ 北 東 1 51 無 ,440 空 家 ライター 火 遊 び 紙 屑 曇 北 5 76 無 ,454 発 電 室 その 他 の 油 を 燃 料 とする 固 定 設 備 機 械 が 故 障 を 起 こす 潤 滑 油 晴 れ 北 北 東 無 ,417 台 所 石 油 ストーブ 使 用 誤 る 灯 油 曇 南 南 西 3 60 無 ,515 居 室 たばこ 火 源 が 転 倒 落 下 する 衣 類 曇 り 南 南 東 3 88 無 ,

55 長 崎 県 内 における 過 去 の 主 な 火 災 次 のいずれかに 該 当 する 火 災 を 掲 載 1. 死 者 3 人 以 上 2. 死 者 及 び 負 傷 者 10 人 以 上 3. 建 物 焼 損 面 積 3,000 m2 以 上 4. 林 野 焼 損 面 積 10ha 以 上 年 月 日 出 火 時 刻 長 崎 市 消 防 局 場 所 火 災 種 別 り 災 棟 数 り 災 世 帯 数 り 全 焼 半 焼 部 分 焼 全 損 半 損 小 損 災 人 員 死 傷 者 焼 損 面 積 死 昭 :50 長 崎 市 寄 合 町 1 住 宅 建 物 , ロ ー ソ :30 長 崎 市 新 戸 町 兵 舎 11 3, た き 火 :50 長 崎 市 江 川 町 造 船 工 場 18 5,610 1,756 た き 火 :30 長 崎 市 新 地 町 16 住 宅 ,521 30,000 か ま ど :38 長 崎 市 本 古 川 町 39 劇 場 ,847 12,012 漏 電 :20 長 崎 市 上 戸 町 上 郷 幼 稚 園 ,376 23,150 ス ト ー :40 長 崎 市 万 屋 町 32 店 舗 ,450 45,645 取 灰 :20 長 崎 市 立 山 町 2 事 業 場 4 5,099 70,388 不 明 :05 長 崎 市 飽 ノ 浦 町 1 倉 庫 3 4, , :15 長 崎 市 新 戸 町 850 共 同 住 宅 ,070 28,786 放 火 の 疑 い :45 長 崎 市 飽 ノ 浦 町 船 舶 船 舶 3 1 原 油 引 :05 長 崎 市 要 町 10 住 宅 建 物 ,487 36,944 ロ ー ソ :50 長 崎 市 福 田 上 浦 町 岩 屋 山 西 側 中 腹 林 野 た ば こ :05 長 崎 市 福 田 小 浦 町 209 ゴルフ 場 東 側 火 の 河 原 焚 火 :10 長 崎 市 茂 木 本 郷 太 郎 さん 山 10 マ ッ チ :00 長 崎 市 小 浦 町 209 火 の 河 原 焚 火 :30 長 崎 市 茂 木 本 郷 太 郎 さん 山 た ば こ :40 長 崎 市 上 戸 町 通 称 土 岐 25 8,000 不 明 :15 長 崎 市 浜 ノ 町 公 衆 浴 場 建 物 , ,060 風 呂 ボイラー 18:22 集 会 所 ,174 79,643 た ば こ :55 長 崎 市 富 士 見 町 福 祉 施 設 ,856 51,833 煙 突 :25 長 崎 市 寄 合 町 2-7 キャバレー ,836 31,435 不 明 :39 西 彼 杵 郡 時 津 町 日 並 郷 223 工 場 1 1 4, , :10 長 崎 市 西 泊 町 101 工 場 1 1 5,247 79,472 溶 接 断 平 :30 西 彼 杵 郡 長 与 町 平 木 場 郷 19 番 地 19 住 宅 ,793 ロ ー ソ 平 :43 長 崎 市 東 山 手 6-6 グループホーム ,151 加 湿 器 佐 世 保 市 消 防 局 昭 :00 佐 世 保 市 日 宇 町 市 有 林 林 野 た ば こ :30 佐 世 保 市 烏 帽 子 町 :10 佐 世 保 市 柚 木 町 私 有 林 マ ッ チ :20 佐 世 保 市 瀬 戸 越 町 538 建 物 ,900 23,670 こ た つ :10 佐 世 保 市 干 尽 町 ,720 火 鉢 者 負 傷 者 建 物 (m2) 林 野 (ha) 損 害 額 ( 千 円 ) 原 因 備 考 -43-

56 年 月 日 出 火 時 刻 火 り 災 棟 数 り 災 世 帯 数 り 死 傷 者 焼 損 面 積 災 全 半 部 全 半 小 災 死 負 損 害 額 場 所 建 物 林 野 原 因 備 考 種 分 人 傷 ( 千 円 ) (m2) (ha) 別 焼 焼 焼 損 損 損 員 者 者 昭 :30 佐 世 保 市 黒 髪 町 市 有 林 林 野 た ば こ :00 佐 世 保 市 栄 町 50 デパート 建 物 1 4 1,815 68,000 不 明 :45 佐 世 保 市 下 京 町 29 市 場 ,110 22, :12 佐 世 保 市 大 潟 町 隊 舎 ,121 11,805 た ば こ :50 佐 世 保 市 三 浦 町 2-22 遊 技 場 ,270 煙 突 :30 佐 世 保 市 木 原 町 2264 私 有 林 林 野 1 7 3, 飛 火 :00 佐 世 保 市 本 島 町 3-11 店 舗 建 物 ,458 花 火 :25 佐 世 保 市 長 畑 町 1052 林 野 た ば こ :45 佐 世 保 市 立 神 町 タンカー 船 舶 溶 接 機 :55 佐 世 保 市 里 見 町 国 有 林 林 野 焚 火 :40 西 彼 杵 郡 西 彼 町 喰 場 郷 , ,300 マ ッ チ :50 佐 世 保 市 大 和 町 599 学 校 建 物 ,998 た ば こ :22 佐 世 保 市 立 神 町 タンカー 船 舶 ,655 溶 断 機 :37 佐 世 保 市 高 天 町 4-3 共 同 住 宅 寄 宿 舎 建 物 ,127 不 明 平 :01 佐 世 保 市 須 田 尾 町 , :12 佐 世 保 市 祇 園 尾 町 , :46 東 彼 杵 郡 川 棚 町 下 組 郷 ,286 灯 火 平 戸 市 消 防 本 部 昭 :30 平 戸 市 川 内 峠 林 野 た ば こ :30 平 戸 市 無 代 寺 町 マ ッ チ :30 平 戸 市 水 垂 町 :05 平 戸 市 紺 屋 町 383 住 宅 建 物 ,191 60,988 コ ン ロ :00 平 戸 市 宮 の 町 634 店 舗 , :30 平 戸 市 職 人 町 251 住 宅 火 あ そ :30 平 戸 市 大 石 脇 町 林 野 ,040 焚 火 島 原 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 消 防 本 部 昭 :20 島 原 市 桃 山 1161 造 船 所 建 物 1 3,449 15,000 不 明 :55 南 高 来 郡 布 津 町 丙 3889 住 宅 ,091 掘 ゴ タ 県 央 地 域 広 域 市 町 村 圏 組 合 消 防 本 部 昭 :00 諫 早 市 八 天 町 建 物 ,200 ガソリンの 引 火 :40 大 村 市 原 口 町 ,950 不 明 :40 北 高 来 郡 高 来 町 善 住 寺 名 ,980 平 :40 諫 早 市 大 字 真 崎 本 村 名 , :19 大 村 市 陰 平 町 グループホーム ,852 マッチ ライター :00 雲 仙 市 小 浜 町 平 成 新 山 南 東 側 斜 面 林 野 20 落 雷 松 浦 市 消 防 本 部 昭 :30 北 松 浦 郡 鹿 町 町 北 鹿 町 林 野 15 23,352 飛 火 -44-

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

市 章 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 ) 石 岡 (いしおか)の 頭 文 字 い を 図 案 化 したもので, 外 郭 の 円 に 囲 まれた い の 字 で 円 く 治 まるという 円 満 な 市 政 とその 発 展 を 表 象 したものです 市 の 木 市 の 花 市 の 鳥 市 の 木 し い ( 平 成 17 年 10 月 制 定 ) 市 の 花 ゆ り ( 平 成 17

More information

熊 本 市 勢 ( 推 人 口 ) 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 熊 本 市 人 口 740,289 人 ( 植 木 町 を 含 む ) 世 帯 数 15,5 世 帯 面 積 km2 益 城 町 人 口 4,208 人 世 帯 数 1,192 世 帯 面 積 km

熊 本 市 勢 ( 推 人 口 ) 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 熊 本 市 人 口 740,289 人 ( 植 木 町 を 含 む ) 世 帯 数 15,5 世 帯 面 積 km2 益 城 町 人 口 4,208 人 世 帯 数 1,192 世 帯 面 積 km 熊 本 市 消 防 局 Kumamoto City Fire Services Bureau 熊 本 市 勢 ( 推 人 口 ) 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 熊 本 市 人 口 740,289 人 ( 植 木 町 を 含 む ) 世 帯 数 15,5 世 帯 面 積 89.54 km2 益 城 町 人 口 4,208 人 世 帯 数 1,192 世 帯 面 積 65.67 km2 西

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを

は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを < 平 成 27 年 統 版 > 郡 上 市 消 防 本 部 は じ め に この 年 報 は 平 成 27 年 中 における 郡 上 市 消 防 本 部 の 消 防 現 勢 及 び 火 災 救 急 救 助 等 の 活 動 状 況 を 収 録 したもので 将 来 の 消 防 行 政 に 役 立 て 災 害 の ない 明 るい 街 づくりを 実 現 することを 目 的 として 編 集 しました 平 成

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定

2. 旧 軍 港 市 転 換 法 による 取 得 財 産 産 業 基 盤 名 旧 口 座 名 区 分 158.11 430,470 港 湾 部 船 客 待 合 室 万 津 町 予 定 地 S26.10.31 124.79 86,956 佐 世 保 警 察 署 水 上 警 察 官 万 津 町 予 定 1. 旧 軍 港 市 転 換 法 のあゆみ 旧 軍 港 市 転 換 促 進 委 員 会 の 結 成 S24.12.1 昭 和 23 年 24 年 と2 年 続 けて 国 会 で 採 択 された 旧 軍 港 四 市 長 による 旧 軍 港 市 国 有 財 産 払 下 げに 関 する 請 願 の 法 制 化 のため 法 案 発 議 から 国 会 通 過 成 立 を 図 るため 衆 参 両 院 議 員 有

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

予 防 防 火 救 急 救 命 弁 論 大 会 一 目 統 計 H26.4.1 管 内 防 火 対 象 物 総 数 1,465 棟 男 鹿 市 889 棟 潟 上 市 ( 旧 天 王 町 区 域 )427 棟 大 潟 村 149 棟 4 階 以 上 防 火 対 象 物 数 最 高 階 数 防 火 管 理 者 選 任 義 務 対 象 物 26 棟 8 階 417 施 設 平 成 2 5 年 度 消

More information

第1 防 災 計 画

第1 防 災 計 画 第 5 章 消 防 計 画 消 防 計 画 は 下 記 のとおり 定 める 1. 消 防 組 織 及 び 編 成 (1) 有 明 広 域 行 政 事 務 組 合 の 組 織 理 事 会 議 会 消 防 本 部 事 務 局 会 計 管 理 者 監 査 委 員 玉 名 消 防 署 荒 尾 消 防 署 第 一 衛 生 セ ン タ ー 第 二 衛 生 セ ン タ ー 第 一 清 掃 セ ン タ ー 第 二

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

概 要 目 次 寒 川 町 の 概 要 1 寒 川 町 消 防 のあゆみ 3 歴 代 消 防 長 12 消 防 機 構 図 13 消 防 本 部 署 事 務 分 掌 14 管 内 の 面 積 人 口 16 管 内 の 面 積 世 帯 数 17 消 防 総 務 平 成 26 年 度 消 防 予 算 1

概 要 目 次 寒 川 町 の 概 要 1 寒 川 町 消 防 のあゆみ 3 歴 代 消 防 長 12 消 防 機 構 図 13 消 防 本 部 署 事 務 分 掌 14 管 内 の 面 積 人 口 16 管 内 の 面 積 世 帯 数 17 消 防 総 務 平 成 26 年 度 消 防 予 算 1 は じ め に 近 年 当 町 においても 経 済 の 発 展 や 情 報 化 高 齢 化 等 の 社 会 変 化 また 都 市 化 とともに 地 域 住 民 の 生 活 環 境 も 著 しい 変 化 があり 発 生 する 災 害 救 急 等 も 益 々 複 雑 多 様 化 しています このような 状 況 の 中 町 民 の 皆 様 や 地 域 にとって 安 心 で 安 全 な 住 みよい 寒 川

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

平 成 26 年 版 消 防 年 報 佐 世 保 市 消 防 局 平 成 26 年 度 刊 行 はしがき この 年 報 は 佐 世 保 市 及 び 佐 世 保 地 域 広 域 圏 ( 委 託 市 町 ) の 消 防 業 務 及 び 消 防 諸 般 の 状 況 を 収 録 して 消 防 行 政 の 現 況 を 広 く 一 般 に 紹 介 し 今 後 の 消 防 行 政 の 合 理 的 な 運 営 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消

防 災 関 係 機 関 自 衛 隊 : 陸 上 自 衛 隊 海 上 保 安 庁 : 鳥 羽 海 上 保 安 部 中 部 空 港 海 上 保 安 航 空 基 地 警 察 : 三 重 県 警 察 航 空 隊 中 部 管 区 警 察 局 三 重 県 情 報 通 信 部 消 防 : 鳥 羽 市 消 防 消 鳥 羽 市 防 災 危 機 管 理 室 平 成 6 年 9 月 日 平 成 6 年 度 鳥 羽 市 一 斉 津 波 避 難 訓 練 実 施 要 綱 目 的 南 海 トラフを 震 源 とする 巨 大 地 震 に 伴 う 津 波 等 から 鳥 羽 市 民 特 に 児 童 生 徒 災 害 時 要 援 護 者 及 び 観 光 客 等 の 被 害 を 限 りなくゼロに 近 づけるための 一 斉 避 難 避 難

More information

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調

ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり 地 方 防 災 行 政 の 現 況 として 刊 行 することになりました この 調 地 方 防 災 行 政 の 現 況 ( 付 平 成 25 年 災 害 年 報 ) 平 成 27 年 1 月 消 防 庁 防 災 課 地 域 防 災 室 応 急 対 策 室 防 災 情 報 室 ま え が き このたび 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 における 状 況 について 実 施 し た 消 防 防 災 震 災 対 策 現 況 調 査 の 結 果 がまとまり

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

2377“ƒec8.ec8

2377“ƒec8.ec8 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 発 行 宮 崎 県 印 刷 宮 崎 市 旭 1 丁 目 6 番 25 号 小 柳 印 刷 株 式 会 社 発 行 定 日 毎 週 月 木 曜 日 購 読 料 ( 送 料 共 ) 1 年 36,000 円 目 次 頁 告 示 歳 入 の 徴 収 の 事 務 の

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

Taro-表紙

Taro-表紙 消 防 年 報 平 成 2 7 年 版 写 真 提 供 平 井 仁 氏 対 馬 市 消 防 本 部 編 集 にあたって 平 成 27 年 版 年 報 は 平 成 26 年 中 及 び 平 成 26 年 度 における 対 馬 市 消 防 本 部 の 実 態 を 収 録 し 消 防 本 部 消 防 団 いわゆる 対 馬 市 消 防 の 実 績 を 広 く 紹 介 する 目 的 をもって 編 纂 しました

More information

1 こ 告 示 は から 施 道 鶴 崎 南 線 全 域 道 挾 間 線 全 域 市 字 賀 来 1326 番 地 先 から 由 布 市 挾 間 町 下 市 419 番 地 3 先 までを 除 く 道 在 港 線 全 域 道 中 津 高 田 港 線 全 域 道 別 府 庄 内 線 別

1 こ 告 示 は から 施 道 鶴 崎 南 線 全 域 道 挾 間 線 全 域 市 字 賀 来 1326 番 地 先 から 由 布 市 挾 間 町 下 市 419 番 地 3 先 までを 除 く 道 在 港 線 全 域 道 中 津 高 田 港 線 全 域 道 別 府 庄 内 線 別 六 五 水 曜 目 次 道 路 交 通 法 施 細 自 動 車 運 転 代 業 業 務 適 化 法 律 基 づ く 政 処 表 告 示 備 等 検 定 等 第 条 表 六 項 上 欄 定 よ が 必 要 と 認 め 交 通 誘 導 備 業 務 印 管 理 が 保 有 個 人 情 開 示 等 事 務 取 扱 電 話 等 運 用 学 校 教 養 実 施 技 能 指 導 官 職 全 衛 生 管 理 表 彰

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要... 1 ⑴ 火 災 の 概 要... 1

目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要... 1 ⑴ 火 災 の 概 要... 1 屋 外 イベント 会 場 等 火 災 対 策 報 告 書 平 成 25 年 10 月 屋 外 イベント 会 場 等 火 災 対 策 検 討 部 会 目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 検 討 体 制 開 催 状 況... 1 ⑴ 検 討 部 会 の 目 的... 1 ⑵ 検 討 体 制... 1 ⑶ 検 討 部 会 の 開 催 状 況... 1 2 福 知 山 花 火 大 会 火 災 の 概 要...

More information

亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿

亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿 亀 山 市 の 沿 革 亀 山 市 の 歴 史 は 古 く 鈴 鹿 の 関 は 越 前 の 愛 発 美 濃 の 不 破 とともに 日 本 三 関 と 呼 ばれ 都 と 東 国 を 結 ぶ 交 通 の 要 衝 として 栄 え 江 戸 時 代 には 亀 山 宿 関 宿 坂 下 宿 が 東 海 道 の 宿 場 町 としてにぎわい とりわけ 関 宿 は 西 の 追 分 で 鈴 鹿 峠 越 えの 東 海 道

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧

( 総 務 対 策 部 ) 市 災 害 対 策 本 部 総 務 対 策 部 本 部 連 絡 班 では, 県 や 自 衛 隊, 海 上 保 安 部, 警 察 等 の 関 係 機 関 と 連 携 し 円 滑 な 災 害 復 旧 の 支 援 体 制 を 確 立 した さらに 現 地 での 災 害 復 旧 5. 各 種 被 災 者 支 援 ⑴ 奄 美 市 市 では 奄 美 豪 雨 災 害 発 生 時 に 被 災 地 での 救 助 救 援 活 動 等 を 実 施 した そして 災 害 発 生 時 の 混 乱 した 状 況 が 収 拾 してからは, 被 災 者 に 災 害 前 の 生 活 をいち 早 く 取 り 戻 してもらうよう 早 期 の 復 旧 復 興 を 目 指 し 各 種 支 援 策 を 実 施

More information

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等

上 記 2 名 については 鹿 児 島 県 防 災 ヘリ 熊 毛 地 区 消 防 組 合 消 防 本 部 との 連 携 によ り 屋 久 島 町 内 の 病 院 へ 搬 送 (2) 物 的 被 害 確 認 中 (3)その 他 被 害 確 認 中 3. 住 民 の 避 難 (1) 避 難 指 示 等 口 永 良 部 島 の 噴 火 状 況 等 について これは 速 報 値 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1. 火 山 活 動 等 の 概 要 ( 気 象 庁 情 報 :6 月 8 日 15:00 現 在 ) 平 成 27 年 6 月 8 日 1 5 時 00 分 現 在 内 閣 府 (1) 火 山 活 動 の 状 況 ( 噴

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議

阿蘇山の噴火に係る関係省庁災害警戒会議 阿 蘇 山 の 噴 火 に 係 る 関 係 省 庁 災 害 警 戒 会 議 議 事 次 第 日 時 : 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )13:30~ 場 所 : 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 1. 山 谷 特 命 担 当 大 臣 ( 防 災 ) 挨 拶 2. 阿 蘇 山 の 今 後 の 活 動 の 見 通 し 3. 各 省 庁 の 対 応 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性

5 視 察 報 告 7 月 1 日 ( 火 ) 宮 城 県 仙 台 市 人 口 :106 万 6,609 人 面 積 :785.85 km2 [ 気 象 地 形 ] 仙 台 市 は 北 緯 38 度 付 近 と 比 較 的 高 緯 度 に 位 置 していますが 仙 台 湾 に 面 し た 海 洋 性 平 成 26 年 度 埼 玉 西 部 消 防 組 合 議 会 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 平 成 26 年 7 月 1 日 ( 火 )~ 7 月 2 日 ( 水 ) 2 視 察 地 ⑴ 宮 城 県 仙 台 市 仙 台 市 役 所 (7 月 1 日 ) ⑵ 宮 城 県 東 松 島 市 東 松 島 市 役 所 航 空 自 衛 隊 松 島 基 地 (7 月 2 日 ) 3 視 察 者 ⑴ 埼

More information

01_定号目次

01_定号目次 第 2,440 号 島 根 県 報 島 根 県 報 平 成 24 年 10 月 30 日 ( 火 ) 第 2, 4 4 0 号 ( 毎 週 火 金 曜 日 発 行 ) http://www.pref.shimane.lg.jp/ 目 次 規 則 島 根 県 産 業 技 術 センター 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 産 業 振 興 課 ) 2 告 示 介 護 保 険

More information

目 次 第 1 編 総 論 第 1 章 佐 世 保 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 1 1 市 の 責 務 及 び 佐 世 保 市 国 民 保 護 計 画 の 位 置 づけ 1 2 市 国 民 保 護 計 画 の 構 成 2 3 市 国 民 保 護 計 画 の 見 直 し 変

目 次 第 1 編 総 論 第 1 章 佐 世 保 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 1 1 市 の 責 務 及 び 佐 世 保 市 国 民 保 護 計 画 の 位 置 づけ 1 2 市 国 民 保 護 計 画 の 構 成 2 3 市 国 民 保 護 計 画 の 見 直 し 変 ( 素 案 ) 佐 世 保 市 目 次 第 1 編 総 論 第 1 章 佐 世 保 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 1 1 市 の 責 務 及 び 佐 世 保 市 国 民 保 護 計 画 の 位 置 づけ 1 2 市 国 民 保 護 計 画 の 構 成 2 3 市 国 民 保 護 計 画 の 見 直 し 変 更 手 続 2 第 2 章 国 民 保 護 措 置 に 関 する 基

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料

- 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 水 巻 町 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 水 巻 町 防 災 会 議 - 総 目 次 - - 本 編 - 第 1 章 総 則 第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 第 4 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 5 章 大 規 模 事 故 等 応 急 対 策 計 画 第 6 章 災 害 復 旧 復 興 計 画 - 資 料 編 - 町

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

【南関東防衛局】平成28年度発注見通し(1/四)【最終版】

【南関東防衛局】平成28年度発注見通し(1/四)【最終版】 1 / 6 ページ 注 ) 公 告 のは 公 告 済 を 示 す 1 4 月 座 間 (28) 整 備 工 場 新 設 建 築 その 他 工 事 座 間 駐 屯 地 28ヶ 月 建 築 一 式 工 事 整 備 工 場 (S 造 平 屋 建 約 440 m2) 新 設 の 建 築 及 び 土 木 工 事 ( 詳 細 図 等 作 成 業 務 一 式 ) 2 4 月 座 間 (28) 整 備 工 場 新

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477>

<338E9197BF95D25F31308CF092CA E786477> 第 10 章 交 通 輸 送 10-1 緊 急 輸 送 道 路 路 線 一 覧 道 路 種 別 路 線 名 管 理 者 機 能 区 分 経 過 地 高 速 自 動 車 国 道 中 国 自 動 車 道 西 日 本 高 速 道 路 1 次 広 島 県 境 - 鹿 野 IC(R315)- 徳 地 IC(R489)- 山 口 IC(R262)- 山 口 JCT( 山 陽 自 動 車 道 )- 小 郡 IC(R9)-

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698D4C95F195B6816A313130303930312D312030305F967B92A18140938C93FA967B91E5906B8DD082CC91CE899E82C982C282A282C4816991E682508254825295F1816A2E646F63> 問 い 合 わせ 先 総 務 部 政 務 課 政 策 評 価 広 報 室 海 上 保 安 報 道 官 一 條 正 浩 海 上 保 安 庁 03-3591-9780( 直 通 ) 平 成 23 年 9 月 1 日 東 日 本 大 震 災 への 対 応 等 について ( 第 153 報 ) 平 成 23 年 8 月 31 日 1800 現 在 ( 下 線 部 分 は 第 152 報 からの 変 更 点

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx 1 消 防 用 設 備 等 早 見 表 の 使 用 上 の 注 意 (1) 簡 便 に 消 防 用 設 備 等 を 調 べるものであり 施 行 令 施 行 規 則 技 術 基 準 規 格 又 は 条 例 等 で 必 ず 確 認 すること (2) 面 積 階 数 人 数 高 さ 等 の 数 値 は 一 部 を 除 き 以 上 であること (3) 面 積 については 延 べ 面 積 床 面 積 又 は

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人

平 成 26 年 度 緊 急 運 航 実 績 報 告 区 分 件 数 人 員 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 合 計 救 助 救 急 火 災 災 害 応 急 対 策 救 助 件 数 3 8 5 10 2 16 8 8 5 6 (71) 救 助 人 あかふじ ニュース 第 11 号 発 行 平 成 27 年 3 月 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 山 梨 県 ホームページ http://www.pref.yamanashi.jp やまなし 防 災 ポータル http://bosai.pref.yamanashi.jp 山 梨 県 消 防 防 災 航 空 隊 400-0108 山 梨 県 甲 斐 市 宇 津 谷 445-1 TEL 0551-20-3601

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information