このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促"

Transcription

1 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満 足 していない 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 を 現 行 基 準 と 同 等 の 耐 震 性 能 とすることを 目 的 として 平 成 7 年 10 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 耐 震 改 修 促 進 法 という )が 制 定 されました しかし 近 年 新 潟 県 中 越 地 震 ( 平 成 16 年 10 月 ) 福 岡 県 西 方 沖 地 震 ( 平 成 17 年 3 月 ) 及 び 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 ( 平 成 20 年 6 月 )など 大 地 震 が 頻 発 しており 特 に 東 日 本 大 震 災 ( 平 成 23 年 3 月 )は これまでの 想 定 をはるかに 超 える 巨 大 な 地 震 津 波 により 一 度 の 災 害 で 戦 後 最 大 の 人 命 が 失 われる など 甚 大 な 被 害 をもたらしました また 東 日 本 大 震 災 にお いては 津 波 による 沿 岸 部 の 建 築 物 の 被 害 が 圧 倒 的 ではありま したが 内 陸 市 町 村 においても 建 築 物 に 大 きな 被 害 が 発 生 しま した このように 大 地 震 はいつどこで 発 生 してもおかしくな い 状 況 にあります また 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 され ひとたび 地 震 が 発 生 すると 被 害 は 甚 大 なもの と 想 定 されており 特 に 南 海 トラフの 海 溝 型 巨 大 地 震 につい ては 東 日 本 大 震 災 を 上 回 る 被 害 が 想 定 されています 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満 足 していない 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 を 現 行 基 準 と 同 等 の 耐 震 性 能 とすることを 目 的 として 平 成 7 年 10 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 耐 震 改 修 促 進 法 という )が 制 定 されました その 後 新 潟 県 中 越 地 震 ( 平 成 16 年 10 月 ) 福 岡 県 西 方 沖 地 震 ( 平 成 17 年 3 月 )など 近 年 各 地 で 大 規 模 な 地 震 が 群 発 する 中 で 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 されています このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 する 必 要 性 から 平 成 17 年 1 1 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 18 年 1 月 施 行 )され 都 道 府 県 は 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 早 急 に 策 定 市 町 村 は 策 定 に 努 めるよう 規 定 されました 山 口 県 は 平 成 19 年 3 月 に 山 口 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 県 計 画 という )を 策 定 し 本 市 においても 平 成 20 年 2 月 に 本 計 画 を 策 定 したところですが 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 において 想 定 地 震 をはじめとする 被 害 想 定 が 大 きく 変 更 されたことから 本 計 画 の 見 直 しを 行 いました

2 このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 本 計 画 という )は 山 口 県 が 平 成 19 年 3 月 に 山 口 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 県 計 画 という )を 策 定 したことを 受 けて 平 成 20 年 2 月 に 策 定 したところですが その 後 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 において 想 定 地 震 をはじめとする 被 害 想 定 が 大 きく 変 更 されたことから 平 成 24 年 7 月 に 見 直 しを 行 っていま す この 度 行 う 本 計 画 の 見 直 しは 平 成 25 年 5 月 の 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 によるものです 2 計 画 の 目 的 本 計 画 は 地 震 による 被 害 及 びこれに 起 因 する 人 命 や 財 産 の 損 失 を 未 然 に 防 止 するため 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 の 耐 震 診 断 や 現 行 基 準 を 満 足 していない 建 築 物 の 耐 震 改 修 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し 本 市 における 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 を 図 ることを 目 的 とします 2 計 画 の 目 的 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 本 計 画 という )は 地 震 による 被 害 及 びこれに 起 因 する 人 命 や 財 産 の 損 失 を 未 然 に 防 止 するため 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 の 耐 震 診 断 や 現 行 基 準 を 満 足 していない 建 築 物 の 耐 震 改 修 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し 本 市 における 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 を 図 ることを 目 的 とします 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 等 1 計 画 の 位 置 付 け 本 計 画 は 国 が 策 定 した 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 1 月 25 日 付 け 国 土 交 通 省 告 示 第 184 号 )に 基 づき 市 内 の 既 存 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 に 関 する 施 策 の 方 向 性 を 示 す 計 画 であり 宇 部 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 ) の 関 連 計 画 とするとともに 県 計 画 との 整 合 を 図 りました 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 等 1 計 画 の 位 置 付 け 本 計 画 は 国 が 策 定 した 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 1 月 25 日 付 け 国 土 交 通 省 告 示 第 184 号 )に 基 づき 市 内 の 既 存 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 に 関 する 施 策 の 方 向 性 を 示 す 計 画 であり 宇 部 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 ) の 関 連 計 画 とするとともに 県 計 画 との 整 合 を 図 りました

3 図 1- 計 画 の 位 置 付 けのイメージ 図 1- 計 画 の 位 置 付 けのイメージ 国 の 基 本 方 針 山 口 県 耐 震 改 修 促 国 の 基 本 方 針 山 口 県 耐 震 改 修 促 ( 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 耐 震 改 修 促 進 計 画 進 法 ) 進 法 ) 宇 部 市 耐 震 改 修 促 宇 部 市 地 域 防 災 宇 部 市 耐 震 改 修 促 宇 部 市 地 域 防 災 進 計 画 計 画 進 計 画 計 画 2 計 画 期 間 計 画 期 間 は 平 成 19 年 度 から 平 成 27 年 度 までの9 箇 年 とします なお 本 計 画 は 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 うものとします 2 計 画 期 間 計 画 期 間 は 平 成 19 年 度 から 平 成 27 年 度 までの9 箇 年 とします なお 本 計 画 は 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 うものとします 第 3 節 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 等 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 20 年 3 月 )では 平 成 19 年 の 能 登 半 島 地 震 新 潟 県 中 越 沖 地 震 など これまで 確 認 されていなかった 活 断 層 を 震 源 とする 地 震 が 相 次 いで 発 生 し 多 くの 被 害 をもたらしている 実 情 を 踏 まえ 県 内 の 活 断 層 調 査 を 進 めて 被 害 を 及 ぼす 想 定 地 震 を 設 定 し 物 的 人 的 被 害 の 状 況 を 推 計 しています 同 調 査 では 県 内 に 被 害 をもたらす 切 迫 性 の 高 い 地 震 をはじ め 県 内 で 確 認 されている 主 な 活 断 層 などにより 計 16の 想 定 地 震 を 設 定 し 推 計 を 行 っています このうち 本 市 におい て 発 生 した 場 合 大 きな 被 害 をもたらす 地 震 は 東 南 海 南 海 地 震 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 大 竹 断 層 地 震 菊 川 断 層 地 震 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 西 部 ~ 第 3 節 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 等 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 20 年 3 月 )では 平 成 19 年 の 能 登 半 島 地 震 新 潟 県 中 越 沖 地 震 など これまで 確 認 されていなかった 活 断 層 を 震 源 とする 地 震 が 相 次 いで 発 生 し 多 くの 被 害 をもたらしている 実 情 を 踏 まえ 県 内 の 活 断 層 調 査 を 進 めて 被 害 を 及 ぼす 想 定 地 震 を 設 定 し 物 的 人 的 被 害 の 状 況 を 推 計 しています 同 調 査 では 県 内 に 被 害 をもたらす 切 迫 性 の 高 い 地 震 をはじ め 県 内 で 確 認 されている 主 な 活 断 層 などにより 計 16の 想 定 地 震 を 設 定 し 推 計 を 行 っています このうち 本 市 におい て 発 生 した 場 合 大 きな 被 害 をもたらす 地 震 は 東 南 海 南 海 地 震 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 大 竹 断 層 地 震 菊 川 断 層 地 震 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 西 部 ~

4 伊 予 灘 ) の7つの 地 震 であり 本 市 の 地 域 防 災 計 画 にも 位 置 付 けています これらの 地 震 については 表 1のような 被 害 想 定 がなされています 表 1 - 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 による 本 市 の 被 害 想 定 最 大 死 者 数 負 傷 全 壊 半 壊 焼 失 想 定 地 震 震 度 者 数 棟 数 棟 数 棟 数 東 南 海 南 海 地 震 5 弱 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 5 弱 大 竹 断 層 地 震 5 弱 菊 川 断 層 地 震 6 弱 ,529 0 伊 予 灘 ) の7つの 地 震 であり 本 市 の 地 域 防 災 計 画 にも 位 置 付 けています これらの 地 震 については 表 1のような 被 害 想 定 がなされています 表 1 - 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 による 本 市 の 被 害 想 定 最 大 死 者 数 負 傷 全 壊 半 壊 焼 失 想 定 地 震 震 度 者 数 棟 数 棟 数 棟 数 東 南 海 南 海 地 震 5 弱 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 5 弱 大 竹 断 層 地 震 5 弱 菊 川 断 層 地 震 6 弱 ,529 0 大 原 湖 断 層 系 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 6 弱 ( 山 口 盆 地 北 6 弱 西 縁 断 層 ) 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 ,013 7,591 20,605 2,679 ( 宇 部 東 部 断 層 ,013 7,591 20,605 2,679 + 下 郷 断 層 ) + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 5 強 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 5 強 西 部 ~ 伊 予 灘 ) 西 部 ~ 伊 予 灘 )

5 参 考 : 宇 部 市 において 近 年 観 測 された 規 模 の 大 きい 地 震 発 生 年 月 震 央 マグニチ ュード 震 源 の 深 さ(km) 市 内 の 震 度 平 成 9 年 県 中 部 (1997 年 6 月 25 日 ) 平 成 10 年 (1998 年 5 月 23 日 ) 伊 予 灘 平 成 12 年 (2000 年 10 月 6 日 ) 平 成 13 年 (2001 年 3 月 24 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 3 月 20 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 4 月 20 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 6 月 12 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 9 月 26 日 ) 鳥 取 県 西 部 安 芸 灘 福 岡 県 北 西 沖 福 岡 県 北 西 沖 大 分 県 西 部 伊 予 灘 参 考 : 宇 部 市 において 近 年 観 測 された 規 模 の 大 きい 地 震 発 生 年 月 震 央 マグニチ ュード 震 源 の 深 さ(km) 市 内 の 震 度 平 成 9 年 県 北 部 (1997 年 6 月 25 日 ) 平 成 10 年 (1998 年 5 月 23 日 ) 伊 予 灘 平 成 12 年 (2000 年 10 月 6 日 ) 平 成 13 年 (2001 年 3 月 24 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 3 月 20 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 4 月 20 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 6 月 12 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 9 月 26 日 ) 鳥 取 県 西 部 安 芸 灘 福 岡 県 西 方 沖 福 岡 県 北 西 沖 大 分 県 西 部 伊 予 灘 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 第 1 節 対 象 区 域 及 び 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 する 建 築 物 について 本 計 画 の 対 象 区 域 は 宇 部 市 全 域 とします また 耐 震 化 の 標 第 1 節 対 象 区 域 及 び 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 する 建 築 物 について 本 計 画 の 対 象 区 域 は 宇 部 市 全 域 とします また 耐 震 化 の

6 目 標 を 設 定 する 建 築 物 は 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 1) とします 目 標 を 設 定 する 建 築 物 は 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 1) とします 宇 部 市 全 域 建 築 物 全 体 宇 部 市 全 域 建 築 物 全 体 住 宅 本 計 画 の 対 象 と な 住 宅 本 計 画 の 対 象 と な 多 数 の 者 が 利 る 建 築 物 多 数 の 者 が 利 る 建 築 物 用 する 用 する 建 築 物 等 建 築 物 等 ( 注 1) 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 第 1 項 1~3 号 に 掲 げる 規 模 用 途 ) 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 で その 用 途 により1~3 階 以 上 かつ 延 床 面 積 500 ~1000 m2 以 上 の 建 築 物 2 一 定 以 上 の 危 険 物 を 貯 蔵 又 は 処 理 を 行 う 建 築 物 3 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 緊 急 輸 送 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそ れがあるとして 指 定 した 建 築 物 ( 注 1) 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 1~3 号 に 掲 げる 規 模 用 途 ) 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 で その 用 途 により1~3 階 以 上 かつ 延 床 面 積 500 ~1000 m2 以 上 の 建 築 物 2 一 定 以 上 の 危 険 物 を 貯 蔵 又 は 処 理 を 行 う 建 築 物 3 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそれがあ るとして 指 定 した 建 築 物 参 考 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 参 考 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 用 途 規 用 途 規 模 模 老 人 ホーム 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 老 人 ホーム 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 身 体 障 害 者 福 祉 センター 児 童 厚 生 施 設 等 階 数 2 以 上 かつ 身 体 障 害 者 福 祉 センター 児 童 厚 生 施 設 等 階 数 2 以 上 かつ 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 聾 1,000 m2 以 上 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 聾 1,000 m2 以 上 学 校 等 ) 学 校 等 ) 上 記 以 外 の 学 校 上 記 以 外 の 学 校

7 ボーリング 場 スケート 場 水 泳 場 等 の 運 動 施 設 ボーリング 場 スケート 場 水 泳 場 等 の 運 動 施 設 病 院 診 療 所 病 院 診 療 所 劇 場 観 覧 場 映 画 館 演 芸 場 劇 場 観 覧 場 映 画 館 演 芸 場 集 会 場 公 会 堂 展 示 場 卸 売 市 場 集 会 場 公 会 堂 展 示 場 卸 売 市 場 百 貨 店 マーケット 等 の 物 品 販 売 業 百 貨 店 マーケット 等 の 物 品 販 売 業 ホテル 旅 館 事 務 所 階 数 3 以 上 かつ ホテル 旅 館 事 務 所 階 数 3 以 上 かつ 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寄 宿 舎 下 宿 1,000 m2 以 上 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寄 宿 舎 下 宿 1,000 m2 以 上 博 物 館 美 術 館 図 書 館 博 物 館 美 術 館 図 書 館 遊 技 場 公 衆 浴 場 飲 食 店 キャバレー ダンスホール 等 遊 技 場 公 衆 浴 場 飲 食 店 キャバレー ダンスホール 等 理 髪 店 質 屋 貸 衣 装 屋 銀 行 等 のサービス 業 理 髪 店 質 屋 貸 衣 装 屋 銀 行 等 のサービス 業 工 場 ( 危 険 物 の 貯 蔵 処 理 を 行 うものは 別 に 規 定 されてい 工 場 ( 危 険 物 の 貯 蔵 処 理 を 行 うものは 別 に 規 定 されてい ます) ます) バス 船 舶 航 空 機 のターミナル 自 動 車 車 庫 等 バス 船 舶 航 空 機 のターミナル 自 動 車 車 庫 等 郵 便 局 保 健 所 税 務 署 等 の 公 益 上 必 要 な 建 築 物 郵 便 局 保 健 所 税 務 署 等 の 公 益 上 必 要 な 建 築 物 幼 稚 園 保 育 所 階 数 2 以 上 かつ 幼 稚 園 保 育 所 階 数 2 以 上 かつ 500 m2 以 上 500 m2 以 上 体 育 館 ( 一 般 公 共 の 用 に 使 用 されるもの) 階 数 1 以 上 かつ 体 育 館 ( 一 般 公 共 の 用 に 使 用 されるもの) 階 数 1 以 上 かつ 1,000 m2 以 上 1,000 m2 以 上 第 2 節 耐 震 化 の 状 況 1 住 宅 ( 注 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 によると 宇 部 市 内 1) の 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 は 71,560 戸 です このうち 耐 震 性 のある 住 宅 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 さ ( 注 れた 住 宅 の 一 部 7,834 戸 2) 昭 和 56 年 6 月 以 降 に 建 築 された 住 宅 45,950 戸 で 合 計 53,784 戸 と 推 計 され ( 注 耐 震 化 率 3) は75%で 県 平 均 (70%)を 上 回 っています 第 2 節 耐 震 化 の 現 状 1 住 宅 ( 注 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 によると 宇 部 市 内 1) の 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 は 71,560 戸 です このうち 耐 震 性 のある 住 宅 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 さ ( 注 れた 住 宅 の 一 部 7,834 戸 2) 昭 和 56 年 6 月 以 降 に 建 築 された 住 宅 45,950 戸 で 合 計 53,784 戸 と 推 計 され ( 注 耐 震 化 率 3) は75%で 県 平 均 (70%)を 上 回 っています

8 表 2 また 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 さ れた 住 宅 は 25,610 戸 全 体 の36%となっています 表 3 表 2 - 居 住 世 帯 がある 住 宅 の 推 計 総 数 71,560 戸 ( 平 成 20 年 10 月 ) 区 分 戸 数 う ち 耐 震 性 有 耐 震 化 率 耐 震 化 率 表 2 また 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 さ れた 住 宅 は 25,610 戸 全 体 の36%となっています 表 3 表 2 - 居 住 世 帯 がある 住 宅 の 推 計 総 数 71,560 戸 ( 平 成 20 年 10 月 ) 区 分 戸 数 う ち 耐 震 性 有 耐 震 化 率 耐 震 化 率 り ( 県 平 り ( 県 平 A+B( 表 3) 均 ) A+B( 表 3) 均 ) 木 造 戸 建 て 40,240 戸 23,948 戸 60% 54% 木 造 戸 建 て 40,240 戸 23,948 戸 60% 54% ( 注 4) 共 同 住 宅 等 31,320 戸 29,836 戸 95% 94% ( 注 4) 共 同 住 宅 等 31,320 戸 29,836 戸 95% 94% 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 合 計 71,560 戸 53,784 戸 75% 70% 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 合 計 71,560 戸 53,784 戸 75% 70% * 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 による ( 注 1) 楠 地 区 は 統 計 調 査 データがないため 県 による 推 計 値 を 加 算 している ( 注 2) 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 された 住 宅 につい て 全 国 の 耐 震 化 状 況 の 率 を 基 に 耐 震 性 のあるものを 推 計 した ( 注 3) 耐 震 化 率 耐 震 性 有 住 宅 数 を 全 ての 住 宅 数 で 除 したもの 耐 震 性 有 S56 年 6 月 以 降 の 住 宅 及 びS56 年 5 月 以 前 の 住 宅 で 耐 震 性 が 確 認 され たもの 及 び 改 修 済 みの 住 宅 ( 棟 単 位 ) 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 においても 同 様 とする ( 注 4) 共 同 住 宅 等 木 造 戸 建 て 住 宅 以 外 の 戸 建 て 住 宅 共 同 住 宅 長 屋 住 宅 表 3 - 建 築 年 等 による 住 宅 の 内 訳 * 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 による ( 注 1) 楠 地 区 は 統 計 調 査 データがないため 県 による 推 計 値 を 加 算 している ( 注 2) 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 された 住 宅 につい て 全 国 の 耐 震 化 状 況 の 率 を 基 に 耐 震 性 のあるものを 推 計 した ( 注 3) 耐 震 化 率 耐 震 性 有 住 宅 数 を 全 ての 住 宅 数 で 除 したもの 耐 震 性 有 S56 年 6 月 以 降 の 住 宅 及 びS56 年 5 月 以 前 の 住 宅 で 耐 震 性 が 確 認 され たもの 及 び 改 修 済 みの 住 宅 ( 棟 単 位 ) 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 においても 同 様 とする ( 注 4) 共 同 住 宅 等 木 造 戸 建 て 住 宅 以 外 の 戸 建 て 住 宅 共 同 住 宅 長 屋 住 宅 表 3 - 建 築 年 等 による 住 宅 の 内 訳

9 分 区 戸 数 昭 和 56 年 6 月 以 降 建 設 A 昭 和 56 年 5 月 以 前 建 設 全 体 うち 耐 震 性 ありB 分 区 戸 数 昭 和 56 年 6 月 以 降 建 設 A 昭 和 56 年 5 月 以 前 建 設 全 体 うち 耐 震 性 ありB 木 造 戸 建 て 40,240 戸 20,931 戸 19,309 戸 3,017 戸 木 造 戸 建 て 40,240 戸 20,931 戸 19,309 戸 3,017 戸 共 同 住 宅 等 31,320 戸 25,019 戸 6,301 戸 4,817 戸 共 同 住 宅 等 31,320 戸 25,019 戸 6,301 戸 4,817 戸 居 住 世 帯 の 居 住 世 帯 の ある 住 宅 数 71,560 戸 45,950 戸 25,610 戸 7,834 戸 ある 住 宅 数 71,560 戸 45,950 戸 25,610 戸 7,834 戸 合 計 合 計 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 市 内 に807 棟 1) あり そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は577 棟 で 耐 震 化 率 は71%と 県 平 均 (68%)を 若 干 上 回 っています 表 4 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 351 棟 (43%) ですが そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は 121 棟 (34%)で これは 平 成 25 年 5 月 改 正 前 の 耐 震 改 修 促 進 法 の 規 定 が 耐 震 診 断 と 耐 震 改 修 のいずれについても 努 力 義 務 規 定 で 強 制 力 がなかったことや 耐 震 改 修 等 には 相 当 の 費 用 を 要 することなどから 耐 震 化 が 進 んでいないものと 想 定 されま す また 耐 震 診 断 を 行 った 建 築 物 は 全 体 で55%です 市 有 建 築 物 の92% 国 県 の100%に 比 べ 民 間 所 有 の 建 築 物 にあっては 27%にとどまっており 耐 震 性 が 確 認 されてい ない 建 築 物 が 多 く 存 在 しています 表 5 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 市 内 に807 棟 1) あり そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は577 棟 で 耐 震 化 率 は71%と 県 平 均 (68%)を 若 干 上 回 っています 表 4 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 351 棟 (43%) ですが そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は 121 棟 (34%)で これは 法 の 規 定 が 努 力 義 務 規 定 で 強 制 力 が ないことや 耐 震 改 修 等 には 相 当 の 費 用 を 要 することなどから 耐 震 化 が 進 んでいないものと 想 定 されます また 耐 震 診 断 を 行 った 建 築 物 は 全 体 で55%です 市 有 建 築 物 の92% 国 県 の 100%に 比 べ 民 間 所 有 の 建 築 物 にあっては 27%にとど まっており 耐 震 性 が 確 認 されていない 建 築 物 が 多 く 存 在 して います 表 5 ( 注 1) 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 道 路 の 通 行 を 妨 げる

10 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 平 成 25 年 5 月 の 改 正 により 耐 震 診 断 が 義 務 付 けられた 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 各 号 に 規 定 される 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 は 市 内 では 平 成 26 年 12 月 末 時 点 で 17 棟 存 在 しています おそれがあるとして 指 定 した 建 築 物 は 除 く ( 注 1) 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 緊 急 輸 送 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそれがあるとして 指 定 した 建 築 物 は 除 く 表 4 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 の 状 況 ( 用 途 別 ) 耐 震 性 有 建 物 用 途 棟 数 昭 和 56 年 5 月 以 前 昭 和 56 年 6 月 以 降 合 計 耐 震 化 率 耐 震 化 率 ( 県 平 均 ) 表 4 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 の 状 況 ( 用 途 別 ) 耐 震 性 有 建 物 用 途 棟 数 昭 和 56 年 5 月 以 前 昭 和 56 年 6 月 以 降 合 計 耐 震 化 率 耐 震 化 率 ( 県 平 均 ) 学 校 ( 高 校 大 学 等 を 含 む) 156 棟 18 棟 74 棟 92 棟 59% 54% 学 校 ( 高 校 大 学 等 を 含 む) 156 棟 18 棟 74 棟 92 棟 59% 54% 病 院 41 棟 1 棟 27 棟 28 棟 68% 73% 病 院 41 棟 1 棟 27 棟 28 棟 68% 73% 劇 場 集 会 所 展 示 場 等 8 棟 1 棟 2 棟 3 棟 38% 51% 劇 場 集 会 所 展 示 場 等 8 棟 1 棟 2 棟 3 棟 38% 51% 百 貨 店 マーケ ット 等 10 棟 0 棟 6 棟 6 棟 60% 63% 百 貨 店 マーケ ット 等 10 棟 0 棟 6 棟 6 棟 60% 63% ホテル 旅 館 20 棟 0 棟 12 棟 12 棟 60% 62% ホテル 旅 館 20 棟 0 棟 12 棟 12 棟 60% 62% 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寮 等 324 棟 85 棟 186 棟 271 棟 84% 79% 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寮 等 324 棟 85 棟 186 棟 271 棟 84% 79% 事 務 所 28 棟 3 棟 15 棟 18 棟 64% 65% 事 務 所 28 棟 3 棟 15 棟 18 棟 64% 65% 老 人 福 祉 センタ 老 人 福 祉 センタ ー 身 体 障 害 者 25 棟 1 棟 18 棟 19 棟 76% 89% ー 身 体 障 害 者 25 棟 1 棟 18 棟 19 棟 76% 89% 福 祉 ホーム 等 福 祉 ホーム 等

11 幼 稚 園 保 育 所 34 棟 5 棟 14 棟 19 棟 56% 54% 工 場 36 棟 4 棟 12 棟 16 棟 44% 55% 幼 稚 園 保 育 所 34 棟 5 棟 14 棟 19 棟 56% 54% 工 場 36 棟 4 棟 12 棟 16 棟 44% 55% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 10 棟 2 棟 6 棟 8 棟 80% 53% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 10 棟 2 棟 6 棟 8 棟 80% 53% 危 険 物 製 造 貯 蔵 所 97 棟 0 棟 71 棟 71 棟 73% 66% 危 険 物 製 造 貯 蔵 所 97 棟 0 棟 71 棟 71 棟 73% 66% その 他 18 棟 1 棟 13 棟 14 棟 78% 70% 合 計 807 棟 121 棟 456 棟 577 棟 71% 68% その 他 18 棟 1 棟 13 棟 14 棟 78% 70% 合 計 807 棟 121 棟 456 棟 577 棟 71% 68% 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 平 成 22 年 度 の 調 査 状 況 を 考 慮 しています 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 計 画 策 定 時 の 状 況 を 考 慮 しています 表 5 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 数 表 5 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 数 棟 数 耐 震 診 断 済 耐 震 診 断 率 診 断 で 耐 震 性 有 耐 震 性 有 耐 震 改 修 済 計 棟 数 耐 震 診 断 済 耐 震 診 断 率 診 断 で 耐 震 性 有 耐 震 性 有 耐 震 改 修 済 計 本 市 98 棟 90 棟 92% 48 棟 5 棟 53 棟 民 間 206 棟 56 棟 27% 22 棟 14 棟 36 棟 国 県 47 棟 47 棟 100% 31 棟 1 棟 32 棟 計 351 棟 193 棟 55% 101 棟 20 棟 121 棟 本 市 98 棟 90 棟 92% 48 棟 5 棟 53 棟 民 間 206 棟 56 棟 27% 22 棟 14 棟 36 棟 国 県 47 棟 47 棟 100% 31 棟 1 棟 32 棟 計 351 棟 193 棟 55% 101 棟 20 棟 121 棟 * 山 口 大 学 医 学 部 工 学 部 等 は 民 間 で 区 分 しています * 山 口 大 学 医 学 部 工 学 部 等 は 民 間 で 区 分 しています 第 3 節 耐 震 改 修 等 の 耐 震 化 目 標 の 設 定 国 の 基 本 方 針 では 平 成 27 年 度 までに 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 率 を 平 成 20 年 の79%か ら 少 なくとも90%とすることを 目 標 としています また 第 3 節 耐 震 改 修 等 の 耐 震 化 目 標 の 設 定 国 の 基 本 方 針 では 平 成 27 年 度 までに 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 率 を 現 状 の75%から 少 な くとも90%とすることを 目 標 としています また 県 計 画

12 県 計 画 では 住 宅 は90% 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 80%とすることを 目 標 としています 本 市 では 耐 震 化 の 現 状 や 今 後 の 施 策 効 果 等 を 考 慮 し 耐 震 化 率 の 目 標 数 値 を 以 下 のとおりとします なお 耐 震 化 の 状 況 については 住 宅 については 住 宅 土 地 統 計 調 査 に 併 せて また 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の ( 注 うち 市 有 ほか 国 県 の 建 築 物 については 国 の 調 査 1) に 併 せて 民 間 建 築 物 については 可 能 な 方 法 ( 定 期 報 告 等 を 活 用 ) で 実 態 の 把 握 を 行 うこととします ( 注 1) 国 の 調 査 建 築 物 の 耐 震 診 断 改 修 の 状 況 調 査 ( 国 土 交 通 省 ) では 住 宅 は90% 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は80% とすることを 目 標 としています 本 市 では 耐 震 化 の 現 状 や 今 後 の 施 策 効 果 等 を 考 慮 し 耐 震 化 率 の 目 標 数 値 を 以 下 のとお りとします なお 耐 震 化 の 状 況 については 住 宅 については 住 宅 土 地 統 計 調 査 に 併 せて また 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の ( 注 うち 市 有 ほか 国 県 の 建 築 物 については 国 の 調 査 1) に 併 せて 民 間 建 築 物 については 可 能 な 方 法 ( 定 期 報 告 等 を 活 用 ) で 実 態 の 把 握 を 行 うこととします ( 注 1) 国 の 調 査 建 築 物 の 耐 震 診 断 改 修 の 状 況 調 査 ( 国 土 交 通 省 ) 1 住 宅 住 宅 の 耐 震 化 率 については 国 県 の 目 標 を 踏 まえ 現 状 の75%を 平 成 27 年 度 までに 90%とすることを 目 標 とし ます この 目 標 を 達 成 するためには 現 状 の 住 宅 数 71,560 戸 のうち 耐 震 性 がない 住 宅 17,776 戸 を 約 7,000 戸 まで 減 少 させる 必 要 があります これを 実 現 するためには 建 替 えや 住 替 えの 促 進 を 図 るとと もに 耐 震 改 修 戸 数 を 増 加 させる 必 要 があります 表 6 表 6 - 住 宅 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 1 住 宅 住 宅 の 耐 震 化 率 については 国 県 の 目 標 を 踏 まえ 現 状 の75%を 平 成 27 年 度 までに 90%とすることを 目 標 とし ます この 目 標 を 達 成 するためには 現 状 の 住 宅 数 71,560 戸 のうち 耐 震 性 がない 住 宅 17,776 戸 を 約 7,000 戸 まで 減 少 させる 必 要 があります これを 実 現 するためには 建 替 えや 住 替 えの 促 進 を 図 るとと もに 耐 震 改 修 戸 数 を 増 加 させる 必 要 があります 表 6 表 6 - 住 宅 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 現 状 平 成 27 年 度 目 標 住 宅 総 数 71,560 戸 約 68,500 戸 住 宅 総 数 71,560 戸 約 68,500 戸 うち 耐 震 性 有 53,784 戸 約 61,500 戸 うち 耐 震 性 有 53,784 戸 約 61,500 戸 (75%) (90%) (75%) (90%) うち 耐 震 性 無 17,776 戸 約 7,000 戸 うち 耐 震 性 無 17,776 戸 約 7,000 戸 (25%) (10%) (25%) (10%)

13 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 全 体 の 耐 震 化 率 は 平 成 27 年 度 までに80%とすることを 目 標 とします 表 7 このうち 公 共 団 体 が 所 有 する 建 築 物 は 国 は 基 本 方 針 で9 0% 県 は 県 計 画 で100%としており 本 市 の 所 有 する 建 築 物 については 80%とします また 民 間 建 築 物 については 平 成 27 年 度 における 耐 震 化 率 は 県 の 推 計 や 施 策 効 果 等 から 現 状 から9ポイント 増 の76%にすることを 目 標 と します 表 8 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 全 体 の 耐 震 化 率 は 平 成 27 年 度 までに80%とすることを 目 標 とします 表 7 このうち 公 共 団 体 が 所 有 する 建 築 物 は 国 は 基 本 方 針 で9 0% 県 は 県 計 画 で100%としており 本 市 の 所 有 する 建 築 物 については 80%とします また 民 間 建 築 物 については 平 成 27 年 度 における 耐 震 化 率 は 県 の 推 計 や 施 策 効 果 等 から 現 状 から9ポイント 増 の76%にすることを 目 標 と します 表 8 表 7 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 多 数 利 用 等 建 築 物 807 棟 約 800 棟 総 数 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 約 640 棟 (80%) うち 耐 震 性 無 230 棟 (29%) 約 160 棟 (20%) 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 表 7 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 多 数 利 用 等 建 築 物 807 棟 約 800 棟 総 数 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 約 640 棟 (80%) うち 耐 震 性 無 230 棟 (29%) 約 160 棟 (20%) 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 表 8 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 * 現 状 の( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 目 標 値 市 有 建 築 物 187 棟 80% 表 8 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 * 現 状 の( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 目 標 値 市 有 建 築 物 187 棟 80%

14 うち 耐 震 性 有 142 棟 (76%) 国 県 の 建 築 物 98 棟 国 90% うち 耐 震 性 有 83 棟 (85%) 民 間 の 建 築 物 522 棟 うち 耐 震 性 有 352 棟 (67%) 合 計 807 棟 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 県 100% 76% 80% 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 平 成 22 年 度 の 調 査 状 況 を 考 慮 しています 3 公 共 的 な 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 学 校 病 院 庁 舎 市 営 住 宅 等 は 地 震 などの 災 害 が 発 生 した 場 合 には 防 災 拠 点 避 難 場 所 仮 住 居 等 として 防 災 上 重 要 な 施 設 となります なお 防 災 上 重 要 な 施 設 には ホテル 旅 館 福 祉 施 設 等 の 民 間 建 築 物 のうち 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 において 公 共 的 にその 利 用 が 可 能 な 建 築 物 も 想 定 されます また 幼 稚 園 保 育 所 老 人 ホームなどは 災 害 時 に 自 らが 避 難 することが 容 易 ではない 利 用 者 が 多 い 建 築 物 です このため これらの 公 共 的 な 建 築 物 は 他 の 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 比 べ 耐 震 化 を 促 進 する 必 要 があることから 一 部 を 除 き 県 計 画 と 同 様 に90% 以 上 とし 各 用 途 別 に 次 のとお りとします 表 9 公 共 的 な 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 * 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 施 設 名 現 状 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 58% 80% 高 等 学 校 53% 95% うち 耐 震 性 有 142 棟 (76%) 国 県 の 建 築 物 98 棟 国 90% うち 耐 震 性 有 83 棟 (85%) 県 100% 民 間 の 建 築 物 522 棟 うち 耐 震 性 有 352 棟 (67%) 76% 合 計 807 棟 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 80% 3 公 共 的 な 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 学 校 病 院 庁 舎 市 営 住 宅 等 は 地 震 などの 災 害 が 発 生 した 場 合 には 防 災 拠 点 避 難 場 所 仮 住 居 等 として 防 災 上 重 要 な 施 設 となります また 幼 稚 園 保 育 所 老 人 ホームなどは 災 害 時 に 自 らが 避 難 す ることが 容 易 ではない 利 用 者 が 多 い 建 築 物 です このため これらの 公 共 的 な 建 築 物 は 他 の 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 比 べ 耐 震 化 を 促 進 する 必 要 があることから 一 部 を 除 き 県 計 画 と 同 様 に90% 以 上 とし 各 用 途 別 に 次 のとお りとします 表 9 公 共 的 な 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 * 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 施 設 名 現 状 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 58% 80% 高 等 学 校 53% 95%

15 病 院 68% 90% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 80% 90% 市 県 営 住 宅 等 97% 98% 幼 稚 園 保 育 所 56% 90% 病 院 68% 90% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 80% 90% 市 県 営 住 宅 等 97% 98% 幼 稚 園 保 育 所 56% 90% 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 等 76% 90% 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 等 76% 90% 4 市 有 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 の 中 で 市 有 建 築 物 は8 0%を 目 標 としており 耐 震 化 の 現 状 等 を 考 慮 し 学 校 は8 0% 市 営 住 宅 は95% 庁 舎 等 は80% また その 他 の 施 設 は60%を 目 標 とします なお 市 有 建 築 物 にはこのほか 本 計 画 の 対 象 とならない 規 模 用 途 の 建 築 物 が 多 数 あります これらの 中 には 市 民 センター ふれあいセンターなど 震 災 時 に 応 急 活 動 の 拠 点 として 使 用 されることが 想 定 される 建 築 物 も 多 く 耐 震 性 が 不 明 なものについては 耐 震 診 断 の 実 施 など 耐 震 化 の 促 進 に 努 めることとします 表 10 表 8 のうち 市 有 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 公 共 的 建 築 物 施 設 区 分 現 状 耐 震 化 率 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 73 棟 58% 80% 市 営 住 宅 99 棟 95% 95% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 計 小 178 棟 6 棟 50% 80% 4 市 有 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 の 中 で 市 有 建 築 物 は8 0%を 目 標 としており 耐 震 化 の 現 状 等 を 考 慮 し 学 校 は8 0% 市 営 住 宅 は95% 庁 舎 等 は80% また その 他 の 施 設 は60%を 目 標 とします なお 市 有 建 築 物 にはこのほか 本 計 画 の 対 象 とならない 規 模 用 途 の 建 築 物 が 多 数 あります これらの 中 には 市 民 センター ふれあいセンターなど 震 災 時 に 応 急 活 動 の 拠 点 として 使 用 されることが 想 定 される 建 築 物 も 多 く 耐 震 性 が 不 明 なものについては 耐 震 診 断 の 実 施 など 耐 震 化 の 促 進 に 努 めることとします 表 10 表 8 のうち 市 有 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 公 共 的 建 築 物 施 設 区 分 現 状 耐 震 化 率 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 73 棟 58% 80% 市 営 住 宅 99 棟 95% 95% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 計 小 178 棟 6 棟 50% 80%

16 そ の 他 の 施 設 9 棟 33% 60% 合 計 187 棟 76% 80% そ の 他 の 施 設 9 棟 33% 60% 合 計 187 棟 76% 80% 第 3 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため 第 3 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため の 施 策 に 関 する 事 項 第 1 節 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 基 本 的 な 取 組 方 針 県 市 建 築 物 所 有 者 等 建 築 関 係 技 術 者 住 宅 建 築 関 係 団 体 自 治 会 等 の 地 域 団 体 と 以 下 に 示 す 役 割 のもと 連 携 を 図 りながら 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 進 めます 1 役 割 分 担 (1) 市 の 役 割 市 は 建 築 物 の 所 有 者 が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 支 援 するため 連 携 して 以 下 のことを 実 施 していきます 1 計 画 の 策 定 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 見 直 し 2 市 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 の 計 画 的 な 実 施 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 187 棟 のうち 39%を 占 める 学 校 については 耐 震 化 率 が58%であることから 国 の 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 などを 活 用 し 計 画 的 に 耐 震 二 次 ( 注 診 断 1) 改 修 を 進 めていきます また その 他 防 災 上 の 拠 点 となる 施 設 についても 耐 震 診 断 改 修 について 引 き 続 き 進 め ていきます ( 注 1) 耐 震 二 次 診 断 より 詳 細 に 判 定 するためコンクリートのひび 割 れや 強 度 などについて 詳 細 な 現 地 調 査 を 行 い 柱 や 壁 の 中 の 鉄 筋 量 も 考 慮 して 構 造 耐 震 指 標 Is 値 を 算 定 する 方 法 です の 施 策 第 1 節 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 基 本 的 な 取 組 方 針 市 建 築 物 所 有 者 等 建 築 関 係 技 術 者 住 宅 建 築 関 係 団 体 自 治 会 等 の 地 域 団 体 と 以 下 に 示 す 役 割 のもと 連 携 を 図 りながら 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 進 めます 1 役 割 分 担 (1) 市 の 役 割 市 は 建 築 物 の 所 有 者 が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 支 援 するため 連 携 して 以 下 のことを 実 施 していきます 4 計 画 の 策 定 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 見 直 し 5 市 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 の 計 画 的 な 実 施 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 187 棟 のうち 39%を 占 める 学 校 については 耐 震 化 率 が58%であることから 国 の 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 などを 活 用 し 計 画 的 に 耐 震 二 次 ( 注 診 断 1) 改 修 を 進 めていきます また その 他 防 災 上 の 拠 点 となる 施 設 についても 耐 震 診 断 改 修 について 引 き 続 き 進 め ていきます ( 注 1) 耐 震 二 次 診 断 より 詳 細 に 判 定 するためコンクリートのひび 割 れや 強 度 などについて 詳 細 な 現 地 調 査 を 行 い 柱 や 壁 の 中 の 鉄 筋 量 も 考 慮 して 構 造 耐 震 指 標 Is 値 を 算 定 する 方 法 です

17 3 耐 震 改 修 等 の 実 施 促 進 民 間 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 促 進 特 に 耐 震 改 修 の 必 要 な 建 築 物 の 設 定 及 び 耐 震 改 修 等 の 誘 導 耐 震 診 断 等 に 対 する 各 種 補 助 事 業 の 実 施 税 制 補 助 のための 証 明 等 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 に 対 する 指 導 助 言 指 示 公 表 耐 震 改 修 促 進 法 第 17 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 計 画 の 認 定 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 耐 震 改 修 促 進 法 第 25 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 4 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 情 報 提 供 等 自 治 会 組 織 と 連 携 した 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 の 指 導 地 震 防 災 関 連 情 報 を 公 開 し 注 意 を 喚 起 5 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 体 制 の 構 築 6 耐 震 改 修 等 の 実 施 促 進 民 間 建 築 物 の 耐 震 診 断 の 促 進 特 に 耐 震 改 修 の 必 要 な 建 築 物 の 設 定 及 び 耐 震 改 修 等 の 誘 導 耐 震 診 断 等 に 対 する 各 種 補 助 事 業 の 実 施 税 制 補 助 のための 証 明 等 4 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 情 報 提 供 等 自 治 会 組 織 と 連 携 した 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 の 指 導 地 震 防 災 関 連 情 報 を 公 開 し 注 意 を 喚 起 5 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 体 制 の 構 築 (2) 建 築 物 所 有 者 等 の 役 割 建 築 物 の 耐 震 化 は 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 であり 所 有 者 等 は 以 下 のことに 努 めることとします (2) 建 築 物 所 有 者 等 の 役 割 建 築 物 の 耐 震 化 は 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 であり 所 有 者 等 は 以 下 のことに 努 めることとします

18 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 等 自 らが 所 有 管 理 する 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 認 するための 耐 震 診 断 の 実 施 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえた 建 替 耐 震 改 修 の 実 施 5 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 等 自 らが 所 有 管 理 する 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 認 するための 耐 震 診 断 の 実 施 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえた 建 替 耐 震 改 修 の 実 施 (3) 建 築 関 係 技 術 者 の 役 割 市 が 実 施 する 耐 震 改 修 等 を 促 進 するための 施 策 への 協 力 や 専 門 的 知 識 を 有 する 建 築 関 係 技 術 者 として 所 有 者 への 適 切 な 助 言 等 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 適 切 な 助 言 2 耐 震 改 修 等 の 実 施 耐 震 改 修 等 の 業 務 の 適 切 な 実 施 3 耐 震 改 修 等 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 耐 震 診 断 改 修 講 習 会 等 の 受 講 受 講 者 名 簿 への 登 録 耐 震 改 修 等 に 関 する 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 (3) 建 築 関 係 技 術 者 の 役 割 市 が 実 施 する 耐 震 改 修 等 を 促 進 するための 施 策 への 協 力 や 専 門 的 知 識 を 有 する 建 築 関 係 技 術 者 として 所 有 者 への 適 切 な 助 言 等 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 適 切 な 助 言 6 耐 震 改 修 等 の 実 施 耐 震 改 修 等 の 業 務 の 適 切 な 実 施 7 耐 震 改 修 等 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 耐 震 診 断 改 修 講 習 会 等 の 受 講 受 講 者 名 簿 への 登 録 耐 震 改 修 等 に 関 する 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 (4) 住 宅 建 築 関 係 団 体 の 役 割 市 が 実 施 する 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するための 施 策 へ の 協 力 や 中 立 的 な 立 場 から 建 築 物 の 所 有 者 等 への 適 切 な 助 言 や 所 有 者 技 術 者 及 び 行 政 等 と 連 携 し 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 診 断 改 修 等 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 耐 震 講 習 会 等 の 実 施 2 技 術 者 の 養 成 耐 震 診 断 改 修 に 関 する 技 術 者 研 修 の 実 施 等 (4) 住 宅 建 築 関 係 団 体 の 役 割 市 が 実 施 する 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するための 施 策 へ の 協 力 や 中 立 的 な 立 場 から 建 築 物 の 所 有 者 等 への 適 切 な 助 言 や 所 有 者 技 術 者 及 び 行 政 等 と 連 携 し 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 診 断 改 修 等 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 耐 震 講 習 会 等 の 実 施 2 技 術 者 の 養 成 耐 震 診 断 改 修 に 関 する 技 術 者 研 修 の 実 施 等

19 3 耐 震 診 断 業 務 の 促 進 耐 震 診 断 を 行 う 者 に 対 する 情 報 提 供 ( 注 1) やまぐち 住 宅 リフォームアドバイザー 派 遣 制 度 4 市 との 連 携 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 のための 市 への 協 力 ( 注 1)( 一 財 ) 山 口 県 建 築 住 宅 センターの 有 償 によるアドバイザー 派 遣 制 度 で 中 立 的 な 立 場 で 住 宅 の 劣 化 状 況 簡 易 な 耐 震 性 の 確 認 や 改 修 に 関 するア ドバイスを 行 います 3 耐 震 診 断 業 務 の 促 進 耐 震 診 断 を 行 う 者 に 対 する 情 報 提 供 ( 注 1) やまぐち 住 宅 リフォームアドバイザー 派 遣 制 度 8 市 との 連 携 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 のための 市 への 協 力 ( 注 1)( 一 財 ) 山 口 県 建 築 住 宅 センターの 有 償 によるアドバイザー 派 遣 制 度 で 中 立 的 な 立 場 で 住 宅 の 劣 化 状 況 簡 易 な 耐 震 性 の 確 認 や 改 修 に 関 するア ドバイスを 行 います (5) 自 治 会 等 の 役 割 自 治 会 等 は 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 について 地 域 の 積 極 的 な 取 組 みにより 以 下 のことに 努 めることとします 1 普 及 啓 発 情 報 提 供 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 のための 自 治 会 活 動 等 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 等 (5) 自 治 会 等 の 役 割 自 治 会 等 は 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 について 地 域 の 積 極 的 な 取 組 みにより 以 下 のことに 努 めることとします 2 普 及 啓 発 情 報 提 供 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 のための 自 治 会 活 動 等 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 等 2 事 業 の 実 施 方 針 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 については まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 です 市 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 みをできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 等 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 のため の 制 度 などにより 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 を 進 めるものとしま す 2 事 業 の 実 施 方 針 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 については まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 です 市 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 みをできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 等 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 のため の 制 度 などにより 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 を 進 めるものとしま す 3 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 方 針 平 成 17 年 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 宮 城 県 沖 地 震 などで 見 ら れるように 地 震 の 発 生 により 建 築 物 本 体 以 外 の 窓 ガラスや 天 井 といった 部 材 の 落 下 等 による 人 身 事 故 や ブロック 塀 の 3 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 方 針 平 成 17 年 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 宮 城 県 沖 地 震 などで 見 ら れるように 地 震 の 発 生 により 建 築 物 本 体 以 外 の 窓 ガラスや 天 井 といった 部 材 の 落 下 等 による 人 身 事 故 や ブロック 塀 の

20 倒 壊 エレベーター 内 の 閉 じ 込 め 事 故 等 が 起 きています 地 震 による 被 害 を 防 止 するためには 建 築 物 本 体 の 耐 震 化 だけ でなくこれらの 部 材 等 の 耐 震 化 を 図 る 必 要 があります ( 注 1) このため 建 築 基 準 法 に 基 づく 定 期 報 告 対 象 建 築 物 に ついては 定 期 報 告 の 提 出 時 や 立 入 調 査 等 の 機 会 をとらえて 現 行 基 準 に 適 合 していないと 考 えられる 建 築 物 に 対 して 耐 震 改 修 等 を 行 うように 指 導 助 言 などを 行 います なお 現 在 定 期 報 告 対 象 建 築 物 となっていない 体 育 館 等 については 地 震 災 害 時 に 避 難 場 所 等 になることが 想 定 され ることから 今 後 定 期 報 告 の 対 象 に 追 加 するなどの 措 置 を 講 じ 定 期 報 告 の 提 出 時 等 の 機 会 を 捉 えて 耐 震 性 向 上 のため の 指 導 助 言 を 行 うこととします ( 注 1) 定 期 報 告 病 院 劇 場 映 画 館 店 舗 等 の 建 築 物 のうち 特 定 行 政 庁 が 規 則 で 指 定 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 の 所 有 者 等 は 一 級 建 築 士 等 の 有 資 格 者 に 損 傷 腐 食 等 の 状 況 の 調 査 をさせ その 結 果 を 特 定 行 政 庁 に 報 告 する 制 度 倒 壊 エレベーター 内 の 閉 じ 込 め 事 故 等 が 起 きています 地 震 による 被 害 を 防 止 するためには 建 築 物 本 体 の 耐 震 化 だけ でなくこれらの 部 材 等 の 耐 震 化 を 図 る 必 要 があります ( 注 1) このため 建 築 基 準 法 に 基 づく 定 期 報 告 対 象 建 築 物 に ついては 定 期 報 告 の 提 出 時 や 立 入 調 査 等 の 機 会 をとらえて 現 行 基 準 に 適 合 していないと 考 えられる 建 築 物 に 対 して 耐 震 改 修 等 を 行 うように 指 導 助 言 などを 行 います なお 現 在 定 期 報 告 対 象 建 築 物 となっていない 体 育 館 等 については 地 震 災 害 時 に 避 難 場 所 等 になることが 想 定 され ることから 今 後 定 期 報 告 の 対 象 に 追 加 するなどの 措 置 を 講 じ 定 期 報 告 の 提 出 時 等 の 機 会 を 捉 えて 耐 震 性 向 上 のため の 指 導 助 言 を 行 うこととします ( 注 1) 定 期 報 告 病 院 劇 場 映 画 館 店 舗 等 の 建 築 物 のうち 特 定 行 政 庁 が 規 則 で 指 定 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 の 所 有 者 等 は 一 級 建 築 士 等 の 有 資 格 者 に 損 傷 腐 食 等 の 状 況 の 調 査 をさせ その 結 果 を 特 定 行 政 庁 に 報 告 する 制 度 第 2 節 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づく 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 の 概 要 1 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 指 導 等 の 実 施 市 は 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 義 務 の 対 象 建 築 物 となっている 旨 の 十 分 な 周 知 を 行 い その 確 実 な 実 施 を 図 り 期 限 までに 耐 震 診 断 の 結 果 を 報 告 しない 所 有 者 に 対 しては 個 別 の 通 知 等 を 行 う ことにより 耐 震 診 断 結 果 の 報 告 をするように 促 します それ でもなお 報 告 しない 場 合 にあっては 耐 震 改 修 促 進 法 第 8 条 第

21 1 項 の 規 定 に 基 づき 当 該 所 有 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 行 うべきことを 命 ずるとともに その 旨 をホームページ 等 により 公 表 することとします 2 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 は ホームページ 等 により 公 表 するこ ととします また 耐 震 性 がないと 公 表 された 建 築 物 について 公 表 後 に 耐 震 改 修 等 により 耐 震 性 が 確 保 された 場 合 には 公 表 内 容 を 速 やかに 更 新 します 3 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 指 導 等 の 実 施 市 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 耐 震 診 断 等 を 行 い 耐 震 化 の 状 況 調 査 をするなどの 指 導 をし 耐 震 診 断 の 結 果 耐 震 性 が 無 い 建 築 物 については その 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 耐 震 改 修 等 の 対 策 を 行 うよう 指 導 します 指 導 に 当 たっては 優 先 的 に 指 示 を 行 うべき 建 築 物 から 順 に 立 入 調 査 等 適 切 な 指 導 を 行 い 耐 震 化 についての 助 言 等 を 行 い ます また その 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 計 画 等 の 報 告 を 受 け 進 捗 状 況 について 管 理 し 県 との 連 携 により 適 切 な 指 導 を 継 続 して 行 います 4 耐 震 改 修 促 進 法 第 15 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存

22 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 指 示 の 実 施 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 1 災 害 時 の 避 難 施 設 や 防 災 上 重 要 な 建 築 物 2 地 震 時 にその 入 居 者 等 が 自 力 で 避 難 す ることが 困 難 な 建 築 物 3 不 特 定 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 4 危 険 物 の 貯 蔵 場 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 の 順 に 指 示 を 行 うこととします また 指 導 及 び 助 言 を 行 っても 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 実 施 さ れない 場 合 においては その 実 施 を 促 し さらに 協 力 が 得 られ ない 場 合 には 具 体 的 に 実 施 すべき 事 項 を 明 示 した 指 示 書 の 交 付 等 を 行 うこととします 5 耐 震 改 修 促 進 法 第 15 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 公 表 市 は 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 指 示 を 行 ったに もかかわらず その 指 示 に 従 わずに 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 実 施 されない 場 合 には その 旨 をホームページ 等 により 公 表 する こととします 第 3 節 建 築 基 準 法 による 勧 告 命 令 等 の 実 施 市 は 耐 震 改 修 促 進 法 第 12 条 第 3 項 ( 附 則 第 3 条 第 3 項 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 15 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 公 表 を 行 ったにもかかわらず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 等 を 行 わない 場 合 次 の 措 置 を 行 うこととします 1 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 については 建 築 基 準 法 第 10 条 第 1 項 の 勧 告 同 条 第 2 項 の 命 令 2 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 し く 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 については 速 やかに 同

23 条 第 3 項 による 命 令 第 4 節 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 を 図 るための 支 援 策 の 概 要 平 成 27 年 度 までに 耐 震 化 率 を 目 標 数 値 に 引 き 上 げるために は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 耐 震 性 が 不 十 分 な 建 築 物 の 耐 震 改 修 や 建 替 えを 促 進 させる 必 要 があります 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 建 築 物 の 中 には 耐 震 性 を 有 するものも あると 想 定 されるものの 耐 震 診 断 を 行 っていないために その 実 態 が 不 明 です このため 耐 震 性 の 判 断 がされずに 耐 震 改 修 や 建 替 えが 促 進 されていないと 推 測 されます 平 成 18 年 に 県 が 実 施 したアンケート 調 査 結 果 では 建 築 物 所 有 者 自 らの 資 金 で 行 うことは 限 界 があり 耐 震 診 断 改 修 を 行 う ための 助 成 制 度 の 創 設 拡 充 が 求 められています 本 市 では 既 に 国 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 した 助 成 制 度 を 創 設 していますが 今 後 の 利 用 状 況 を 勘 案 し 制 度 の 充 実 を 図 っていきます 第 2 節 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 を 図 るための 支 援 策 の 概 要 平 成 27 年 度 までに 耐 震 化 率 を 目 標 数 値 に 引 き 上 げるために は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 耐 震 性 が 不 十 分 な 建 築 物 の 耐 震 改 修 や 建 替 えを 促 進 させる 必 要 があります 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 建 築 物 の 中 には 耐 震 性 を 有 するものも あると 想 定 されるものの 耐 震 診 断 を 行 っていないために その 実 態 が 不 明 です このため 耐 震 性 の 判 断 がされずに 耐 震 改 修 や 建 替 えが 促 進 されていないと 推 測 されます 平 成 18 年 に 県 が 実 施 したアンケート 調 査 結 果 では 建 築 物 所 有 者 自 らの 資 金 で 行 うことは 限 界 があり 耐 震 診 断 改 修 を 行 う ための 助 成 制 度 の 創 設 拡 充 が 求 められています 本 市 では 既 に 国 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 した 助 成 制 度 を 創 設 していますが 今 後 の 利 用 状 況 を 勘 案 し 制 度 の 充 実 を 図 っていきます 1 市 が 実 施 する 支 援 策 ( 注 市 では 国 県 の 補 助 事 業 1) を 活 用 し 平 成 19 年 度 から 木 造 戸 建 て 住 宅 を 中 心 に した 耐 震 診 断 改 修 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施 しています 表 11 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 住 宅 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 1 市 が 実 施 する 支 援 策 ( 注 市 では 国 県 の 補 助 事 業 1) を 活 用 し 平 成 19 年 度 から 木 造 戸 建 て 住 宅 を 中 心 に した 耐 震 診 断 改 修 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施 しています 表 11 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 住 宅 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 無 料 耐 震 診 断 員 を 派 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 無 料 耐 震 診 断 員 を 派 に 要 する された 一 戸 建 て 木 造 住 宅 遣 する に 要 する された 一 戸 建 て 木 造 住 宅 遣 する 費 用 費 用

24 耐 震 改 修 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 改 修 費 用 の 三 分 耐 震 改 修 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 改 修 費 用 の 三 分 に 要 する され 現 行 の 耐 震 基 準 を 満 たさ の 二 かつ に 要 する され 現 行 の 耐 震 基 準 を 満 たさ の 二 かつ 費 用 ない 一 戸 建 て 木 造 住 宅 6 0 万 円 を 上 限 に 補 費 用 ない 一 戸 建 て 木 造 住 宅 6 0 万 円 を 上 限 に 補 助 する 助 する 表 12 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 建 築 物 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 表 12 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 建 築 物 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 診 断 費 用 の 三 分 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 診 断 費 用 の 三 分 に 要 する された 民 間 が 所 有 する 学 校 病 の 二 か つ 万 円 に 要 する された 民 間 が 所 有 する 学 校 病 の 二 か つ 万 円 費 用 院 幼 稚 園 社 会 福 祉 施 設 等 の を 上 限 に 補 助 する 費 用 院 幼 稚 園 社 会 福 祉 施 設 等 の を 上 限 に 補 助 する 公 共 的 建 築 物 公 共 的 建 築 物 表 13 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 に 要 する 費 用 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 に 規 定 する 建 築 物 延 べ 面 積 1,000 m2 以 内 の 部 分 は 2,060 円 /m2 以 内 延 べ 面 積 1,000 m2を 超 えて 2,000 m2 以 内 の 部 分 は 1,540 円 / m2 以 内 延 べ 面 積 2,000 m2を 越 える 部 分 は 1,030 円 /m2 以 内 を 限 度 とし 耐 震 診 断 費 用 の 六 分 の 五 以 内 を 補 助 する ( 注 1) 耐 震 診 断 に 対 する 補 助 及 び 耐 震 改 修 に 対 する 補 助 は 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 による 合 わせて 県 の 協 調 補 助 制 度 を 活 用 しています

25 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 建 築 物 のう ち 病 院 及 び 第 2 号 に 規 定 する 建 築 物 48,700 円 /m2を 限 度 とし 耐 震 改 修 費 用 の 23% 以 内 を 限 度 とす る 避 難 所 等 として 災 害 時 に 重 要 な 機 能 を 果 たす 建 築 物 で 宇 部 市 と 協 定 を 結 んだ 建 築 物 又 は 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 等 に 位 置 付 け られた 建 築 物 ( 注 1) 耐 震 診 断 に 対 する 補 助 及 び 耐 震 改 修 に 対 する 補 助 は 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 による 合 わせて 県 の 協 調 補 助 制 度 を 活 用 しています 2 その 他 の 支 援 策 (1) 私 立 学 校 耐 震 化 促 進 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 幼 稚 園 中 高 )が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 補 強 工 事 又 は 改 築 工 事 に 要 する 経 費 の 一 部 を 山 口 県 が 補 助 します 2 その 他 の 支 援 策 (1) 私 立 学 校 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 私 立 高 等 学 校 等 施 設 高 機 能 化 整 備 費 ) 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 小 中 高 ) 等 が 行 う 耐 震 補 強 工 事 に 要 する 事 業 者 負 担 額 の 一 部 を 山 口 県 が 助 成 します (2) 私 立 学 校 耐 震 化 促 進 利 子 補 給 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 幼 稚 園 中 高 )が 耐 震 化 工 事 を 実 施 する 際 の 借 入 金 に 係 る 利 子 償 還 金 に 対 して 原 則 無 利 子 となるよう 山 口 県 が 補 助 します (2) 私 立 幼 稚 園 施 設 整 備 費 補 助 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 幼 稚 園 が 行 う 耐 震 補 強 工 事 に 要 する 事 業 者 負 担 額 の 一 部 を 山 口 県 が 助 成 します (3) 所 得 税 の 特 別 控 除 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 個 人 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 所 得 税 額 から 一 定 の 額 が 控 除 されます (3) 所 得 税 の 特 別 控 除 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 個 人 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 所 得 税 額 から 一 定 の 額 が 控 除 されます

26 (4) 固 定 資 産 税 の 減 額 平 成 18 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までに 昭 和 57 年 1 月 1 日 以 前 から 所 在 する 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 1 20m2 相 当 部 分 につき 工 事 の 時 期 により 異 なりますが 固 定 資 産 税 が 一 定 期 間 2 分 の1に 減 額 されます (4) 固 定 資 産 税 の 減 額 平 成 18 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までに 昭 和 57 年 1 月 1 日 以 前 から 所 在 する 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 1 20m2 相 当 部 分 につき 工 事 の 時 期 により 異 なりますが 固 定 資 産 税 が 一 定 期 間 2 分 の1に 減 額 されます 第 5 節 安 心 して 耐 震 改 修 を 行 うための 環 境 整 備 1 消 費 者 への 情 報 提 供 (1) 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 ま い 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 効 率 的 な 耐 震 改 修 の 提 案 として リフォームにあわせた 住 宅 耐 震 改 修 法 を 紹 介 する 事 例 集 を 相 談 窓 口 や 各 市 民 センターに 設 置 するととも に ホームページ( 以 下 HP という ) 等 で 紹 介 してい きます 第 3 節 安 心 して 耐 震 改 修 を 行 うための 環 境 整 備 1 消 費 者 への 情 報 提 供 (1) 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 ま い 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 効 率 的 な 耐 震 改 修 の 提 案 として リフォームにあわせた 住 宅 耐 震 改 修 法 を 紹 介 する 事 例 集 を 相 談 窓 口 や 各 市 民 センターに 設 置 するととも に ホームページ( 以 下 HP という ) 等 で 紹 介 してい きます (2) 優 良 技 術 者 の 紹 介 講 習 会 の 受 講 修 了 者 を 登 載 した 山 口 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 耐 震 改 修 技 術 者 名 簿 を 相 談 窓 口 HP 等 において 紹 介 するなど 優 良 な 技 術 者 の 情 報 提 供 を 行 います (3) 優 良 事 業 者 の 紹 介 建 築 関 係 団 体 と 連 携 したやまぐち 住 宅 リフォーム 事 業 者 登 録 制 度 による 事 業 者 情 報 の 提 供 を 相 談 窓 口 などで 行 いま す 2 相 談 窓 口 の 設 置 相 談 窓 口 において 耐 震 改 修 等 の 相 談 を 受 けられる 体 制 を (2) 優 良 技 術 者 の 紹 介 講 習 会 の 受 講 修 了 者 を 登 載 した 山 口 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 耐 震 改 修 技 術 者 名 簿 を 相 談 窓 口 HP 等 において 紹 介 するなど 優 良 な 技 術 者 の 情 報 提 供 を 行 います (3) 優 良 事 業 者 の 紹 介 建 築 関 係 団 体 と 連 携 したやまぐち 住 宅 リフォーム 事 業 者 登 録 制 度 による 事 業 者 情 報 の 提 供 を 相 談 窓 口 などで 行 いま す 2 相 談 窓 口 の 設 置 相 談 窓 口 において 耐 震 改 修 等 の 相 談 を 受 けられる 体 制 を

27 充 実 させます また 相 談 を 受 ける 職 員 の 能 力 向 上 を 図 るた め 研 修 会 の 開 催 講 習 会 への 参 加 に 努 めます 充 実 させます また 相 談 を 受 ける 職 員 の 能 力 向 上 を 図 るた め 研 修 会 の 開 催 講 習 会 への 参 加 に 努 めます 第 6 節 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 1 窓 ガラスの 落 下 防 止 対 策 昭 和 53 年 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 における 窓 ガラスの 落 下 による 人 身 事 故 の 発 生 を 受 け 窓 ガラスの 固 定 方 法 等 の 建 築 ( 注 基 準 法 関 連 告 示 が 改 正 1) されました その 後 平 成 17 年 3 月 に 発 生 した 福 岡 県 西 方 沖 地 震 におい て 繁 華 街 にある 既 存 不 適 格 の 商 業 施 設 の 窓 ガラスが 落 下 し 多 くの 負 傷 者 が 出 たことにより この 問 題 が 再 認 識 されていま す さらに 東 日 本 大 震 災 では 建 物 の 外 装 材 が 剥 離 落 下 する 被 害 が 多 数 確 認 されたことから 現 行 の 基 準 に 適 合 しない 窓 ガ ラスの 落 下 防 止 と 併 せて 外 壁 の 落 下 防 止 について 定 期 報 告 の 提 出 時 や 建 築 物 防 災 週 間 などにおける 立 入 調 査 時 防 災 パト ロール 等 の 実 施 時 に 改 修 改 善 等 指 導 していきます ( 注 1) 建 築 基 準 法 関 連 告 示 改 正 昭 和 53 年 に 屋 外 に 面 したはめころし 窓 のガラス 施 工 の 場 合 硬 化 性 シーリング 材 を 使 用 しないように 基 準 が 改 正 されました 第 4 節 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 1 窓 ガラスの 落 下 防 止 対 策 昭 和 53 年 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 における 窓 ガラスの 落 下 による 人 身 事 故 の 発 生 を 受 け 窓 ガラスの 固 定 方 法 等 の 建 築 ( 注 基 準 法 関 連 告 示 が 改 正 1) されました その 後 平 成 17 年 3 月 に 発 生 した 福 岡 県 西 方 沖 地 震 におい て 繁 華 街 にある 既 存 不 適 格 の 商 業 施 設 の 窓 ガラスが 落 下 し 多 くの 負 傷 者 が 出 たことにより この 問 題 が 再 認 識 されていま す このため 現 行 の 基 準 に 合 致 しない 窓 ガラスを 有 する 建 築 物 については 定 期 報 告 の 提 出 時 や 建 築 物 防 災 週 間 などにおける 立 入 調 査 時 防 災 パトロール 等 の 実 施 時 に 改 修 改 善 等 指 導 し ていきます ( 注 1) 建 築 基 準 法 関 連 告 示 改 正 昭 和 53 年 に 屋 外 に 面 したはめころし 窓 のガラス 施 工 の 場 合 硬 化 性 シーリング 材 を 使 用 しないように 基 準 が 改 正 されました 2 大 規 模 建 築 物 における 天 井 崩 落 対 策 平 成 14 年 に 発 生 した 芸 予 地 震 により 学 校 の 体 育 館 の 天 井 が 崩 落 したことを 受 けて 天 井 の 振 止 めの 設 置 やクリアランス ( 適 切 な 隙 間 )を 取 るなどの 技 術 基 準 大 規 模 建 築 物 の 天 井 崩 落 対 策 について( 技 術 基 準 ) ( 平 成 15 年 10 月 国 住 指 発 第 2402 号 )が 作 成 されました 2 大 規 模 建 築 物 における 天 井 崩 落 対 策 平 成 14 年 に 発 生 した 芸 予 地 震 により 学 校 の 体 育 館 の 天 井 が 崩 落 したことを 受 けて 天 井 の 振 止 めの 設 置 やクリアランス ( 適 切 な 隙 間 )を 取 るなどの 技 術 基 準 大 規 模 建 築 物 の 天 井 崩 落 対 策 について( 技 術 基 準 ) ( 平 成 15 年 10 月 国 住 指 発 第 2402 号 )が 作 成 されました

28 その 後 平 成 17 年 8 月 の 宮 城 県 沖 地 震 において 技 術 基 準 に 適 合 していない 屋 内 プールの 天 井 が 崩 落 し 負 傷 者 が 出 たこ とを 受 け 体 育 館 などの 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 について 国 から 再 度 技 術 基 準 への 適 合 が 求 められました さらに 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 において 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 の 天 井 が 脱 落 した 事 案 が 多 数 生 じ たことから 平 成 25 年 7 月 に 建 築 基 準 法 施 行 令 が 改 正 され 天 井 の 脱 落 防 止 措 置 の 基 準 が 定 められたことに 伴 い 建 築 物 の 定 期 調 査 報 告 に 係 る 調 査 方 法 が 見 直 されました このことから 基 準 に 適 合 していない 建 築 物 については 耐 震 改 修 等 の 大 規 模 な 修 繕 や 定 期 調 査 時 を 捉 え 基 準 に 適 合 する ように 既 存 建 築 物 の 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 必 要 な 指 導 助 言 を 行 います その 後 平 成 17 年 8 月 の 宮 城 県 沖 地 震 において 技 術 基 準 に 適 合 していない 屋 内 プールの 天 井 が 崩 落 し 負 傷 者 が 出 たこ とを 受 け 体 育 館 などの 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 について 国 から 再 度 技 術 基 準 への 適 合 が 求 められました このため 耐 震 改 修 等 の 大 規 模 な 修 繕 時 を 捉 え 技 術 基 準 に 適 合 するように 既 存 建 築 物 の 所 有 者 管 理 者 に 対 して 指 導 助 言 を 行 います 3 地 震 時 におけるエレベーターの 閉 じ 込 め 防 止 対 策 平 成 17 年 7 月 に 発 生 した 千 葉 県 北 西 部 を 震 源 とする 地 震 において エレベーターの 故 障 損 傷 等 や 閉 じ 込 め 事 故 が 発 生 したことを 踏 まえ エレベーターの 地 震 対 策 について 早 急 に 取 り 組 む 必 要 があります この 地 震 では 人 身 危 害 の 可 能 性 のある 故 障 損 傷 もありま したが 平 成 10 年 以 降 の 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 方 針 ( 注 1) ( 以 下 新 指 針 )によるエレベーターでの 故 障 等 は 発 生 して いなかったことが 報 告 されています さらに 東 日 本 大 震 災 における 被 災 状 況 に 鑑 み 平 成 25 年 7 月 には 建 築 基 準 法 施 行 令 が 改 正 され エレベーター エス カレーター 等 の 脱 落 防 止 措 置 の 基 準 が 定 められました このため この 基 準 に 適 合 しない 既 存 エレベーターについ て 基 準 と 同 等 の 耐 震 化 を 図 る 改 修 改 善 等 を 行 うよう 啓 発 す 3 地 震 時 におけるエレベーターの 閉 じ 込 め 防 止 対 策 平 成 17 年 7 月 に 発 生 した 千 葉 県 北 西 部 を 震 源 とする 地 震 において エレベーターの 故 障 損 傷 等 や 閉 じ 込 め 事 故 が 発 生 したことを 踏 まえ エレベーターの 地 震 対 策 について 早 急 に 取 り 組 む 必 要 があります この 地 震 では 人 身 危 害 の 可 能 性 のある 故 障 損 傷 もありま したが 平 成 10 年 以 降 の 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 方 針 ( 注 1) ( 以 下 新 指 針 )によるエレベーターでの 故 障 等 は 発 生 して いなかったことが 報 告 されています このため 新 指 針 に 適 合 しない 既 存 エレベーターについて 新 指 針 と 同 等 の 耐 震 化 を 図 る 改 修 改 善 等 を 行 うよう 啓 発 する ( 注 2) とともに 閉 じ 込 め 事 故 防 止 のため 地 震 時 管 制 運 転 装 置 の 設 置 も 合 わせて 指 導 していきます ( 注 1) 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 建 設 省 ( 現 国 土 交 通 省 )から 委 託 を 受 けた( 財 )

29 ( 注 2) るとともに 閉 じ 込 め 事 故 防 止 のため 地 震 時 管 制 運 転 装 置 の 設 置 も 合 わせて 指 導 していきます また 東 日 本 大 震 災 では 住 宅 に 設 置 されていた 電 気 給 湯 器 の 転 倒 被 害 が 多 数 発 生 したことから 建 築 設 備 の 構 造 耐 力 上 安 全 な 構 造 方 法 を 定 める 件 ( 平 成 12 年 建 設 省 告 示 第 1388 号 )に 基 づき 給 湯 設 備 の 転 倒 防 止 の 指 導 を 行 います ( 注 1) 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 建 設 省 ( 現 国 土 交 通 省 )から 委 託 を 受 けた( 一 財 ) 日 本 建 築 センターに 設 置 された 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 検 討 委 員 会 が 昇 降 機 の 耐 震 設 計 施 工 について 一 般 的 な 指 針 を 定 めたもの ( 注 2) 地 震 時 管 制 運 転 装 置 地 震 感 知 器 との 連 動 で 地 震 発 生 時 に 自 動 的 にエレベーターを 最 寄 階 に 停 止 させ 乗 客 の 安 全 を 図 るもの 日 本 建 築 センターに 設 置 された 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 検 討 委 員 会 が 昇 降 機 の 耐 震 設 計 施 工 について 一 般 的 な 指 針 を 定 めたもの ( 注 2) 地 震 時 管 制 運 転 装 置 地 震 感 知 器 との 連 動 で 地 震 発 生 時 に 自 動 的 にエレベーターを 最 寄 階 に 停 止 させ 乗 客 の 安 全 を 図 るもの 4 ブロック 塀 の 倒 壊 対 策 昭 和 53 年 6 月 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 において ブロック 塀 の 倒 壊 により 死 傷 者 が 出 たことなどによりブロック 塀 に 関 する 基 準 が 改 正 されました ブロック 塀 は 住 宅 密 集 地 等 に 設 置 される 事 例 が 多 く 地 震 時 に 倒 壊 した 場 合 死 傷 者 が 出 る 可 能 性 があることから その 対 策 を 行 う 必 要 があります このため 自 治 会 等 を 通 じ ブロック 塀 の 安 全 対 策 について の 周 知 や 自 治 会 による 危 険 マップ 作 成 に 対 し 市 が 協 力 を 行 うなどして 危 険 防 止 対 策 を 行 います また ブロック 塀 の 代 わりに 生 け 垣 等 を 設 置 するなど 地 震 時 に 危 険 の 少 ない 工 法 への 転 換 をPRします 4 ブロック 塀 の 倒 壊 対 策 昭 和 53 年 6 月 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 において ブロック 塀 の 倒 壊 により 死 傷 者 が 出 たことなどによりブロック 塀 に 関 する 基 準 が 改 正 されました ブロック 塀 は 住 宅 密 集 地 等 に 設 置 される 事 例 が 多 く 地 震 時 に 倒 壊 した 場 合 死 傷 者 が 出 る 可 能 性 があることから その 対 策 を 行 う 必 要 があります このため 自 治 会 等 を 通 じ ブロック 塀 の 安 全 対 策 について の 周 知 や 自 治 会 による 危 険 マップ 作 成 に 対 し 市 が 協 力 を 行 うなどして 危 険 防 止 対 策 を 行 います また ブロック 塀 の 代 わりに 生 け 垣 等 を 設 置 するなど 地 震 時 に 危 険 の 少 ない 工 法 への 転 換 をPRします 第 7 節 地 震 発 生 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 関 する 事 項 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 2 号 及 び 第 3 号 並 びに 第 6 条 第 3 項 第 1 号 及 び 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 道 路 は 地 震 による 建 築 物 の 倒 壊 閉 塞 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 第 5 節 地 震 発 生 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 関 する 事 項 地 震 直 後 から 発 生 する 緊 急 輸 送 を 円 滑 かつ 確 実 に 実 施 する ため 県 計 画 では 平 成 9 年 3 月 に 策 定 された 山 口 県 緊 急 輸 送 ネットワーク 計 画 における 第 一 次 緊 急 輸 送 道 路 を 中 心

30 げにならないように 通 行 を 確 保 すべき 道 路 を 定 めることとな っています 山 口 県 では 平 成 9 年 3 月 に 策 定 した 山 口 県 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 において 緊 急 輸 送 を 確 保 するため 必 要 な 道 路 ( 緊 急 輸 送 道 路 )を 定 めています 緊 急 輸 送 道 路 は 地 震 直 後 から 発 生 する 緊 急 輸 送 を 円 滑 かつ 確 実 に 実 施 するために 必 要 な 道 路 であり 道 路 の 耐 震 性 が 確 保 されているとともに 地 震 時 にネットワークとして 機 能 するものとして 定 められて います 県 計 画 では 山 口 県 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 の 第 一 次 緊 急 輸 送 道 路 を 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 3 号 に 基 づく 道 路 として 指 定 しています 市 では 県 が 指 定 する 道 路 以 外 の 特 に 人 口 集 中 地 域 密 集 市 街 地 における 道 路 について 地 震 時 の 避 難 路 確 保 の 観 点 から 指 定 の 必 要 性 があるかどうか 調 査 していくこととします に 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 1 号 に 定 める 道 路 として 指 定 されることになっています 市 では 県 が 指 定 を 予 定 する 道 路 以 外 の 特 に 人 口 集 中 地 域 密 集 市 街 地 における 道 路 について 地 震 時 の 避 難 路 確 保 の 観 点 から 指 定 の 必 要 性 があるかどうか 調 査 していくこととします 第 8 節 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 に 関 する 事 項 市 は 地 震 に 対 する 安 全 性 について 判 断 できるように 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 を 促 進 します また 公 共 建 築 物 について 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 を 積 極 的 に 活 用 することを 促 進 します 第 9 節 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 に 関 す る 事 項 市 は 円 滑 な 耐 震 改 修 の 実 施 を 促 進 するため 耐 震 改 修 促 進 法 第 25 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 を 促 進 します

31 第 4 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 第 4 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 第 1 節 地 震 防 災 関 連 情 報 の 公 表 建 築 物 の 耐 震 化 にあたり 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 識 向 上 を 図 るためには 発 生 のおそれのある 地 震 の 概 要 や 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 の 資 料 を 公 表 し 活 用 することが 求 められま す 本 市 では 市 街 地 の 状 況 や 地 形 地 盤 の 状 況 を 踏 まえた 宇 部 市 ゆれやすさマップ を 作 成 し 市 民 にわかりやすい 地 震 防 災 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 めていきます 宇 部 市 ゆれやすさマップ は 市 内 全 戸 へ 配 布 を 行 い 同 時 に 市 ホームページにおいても 公 表 しています 宇 部 市 ホームページ 及 び 知 識 の 普 及 第 1 節 地 震 防 災 関 連 情 報 の 公 表 建 築 物 の 耐 震 化 にあたり 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 識 向 上 を 図 るためには 発 生 のおそれのある 地 震 の 概 要 や 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 の 資 料 を 公 表 し 活 用 することが 求 められま す 本 市 では 市 街 地 の 状 況 や 地 形 地 盤 の 状 況 を 踏 まえた 宇 部 市 ゆれやすさマップ を 作 成 し 市 民 にわかりやすい 地 震 防 災 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 めていきます 宇 部 市 ゆれやすさマップ は 市 内 全 戸 へ 配 布 を 行 い 同 時 に 市 ホームページにおいても 公 表 しています 宇 部 市 ホームページ 第 2 節 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 建 築 物 の 耐 震 化 について 市 民 の 相 談 に 適 切 に 対 応 できるよ う 建 築 指 導 課 において 相 談 体 制 の 整 備 を 行 い 耐 震 診 断 改 修 をはじめ 助 成 制 度 税 制 等 について 相 談 や 情 報 提 供 な どを 行 うこととします 第 2 節 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 建 築 物 の 耐 震 化 について 市 民 の 相 談 に 適 切 に 対 応 できるよ う 建 築 指 導 課 において 相 談 体 制 の 整 備 を 行 い 耐 震 診 断 改 修 をはじめ 助 成 制 度 税 制 等 について 相 談 や 情 報 提 供 な どを 行 うこととします 第 3 節 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 まい 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 を 相 談 窓 口 に 設 置 するとともに HP 等 で 紹 介 します また 必 要 に 応 じ 出 前 講 座 などにおいても 活 用 することとします 第 3 節 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 まい 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 を 相 談 窓 口 に 設 置 するとともに HP 等 で 紹 介 します また 必 要 に 応 じ 出 前 講 座 などにおいても 活 用 することとします

32 第 4 節 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 対 する 普 及 啓 発 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 を 図 るために 定 期 報 告 対 象 建 築 物 については 定 期 的 な 調 査 に 併 せて 耐 震 診 断 改 修 等 を 実 施 するよう 促 します 第 4 節 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 対 する 普 及 啓 発 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 を 図 るために 定 期 報 告 対 象 建 築 物 については 定 期 的 な 調 査 に 併 せて 耐 震 診 断 改 修 等 を 実 施 するよう 促 します 第 5 節 リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 耐 震 改 修 を 促 進 するためには 設 備 の 更 新 や バリアフリ ー 化 リニューアル 等 のリフォームの 機 会 を 捉 えることが 効 果 的 です このため リフォームとあわせて 耐 震 改 修 が 行 われるよう HPや 事 例 集 等 を 活 用 して リフォームと 耐 震 改 修 を 一 体 的 に 行 った 場 合 のメリットや その 手 法 に 関 する 情 報 提 供 を 行 いま す 第 5 節 リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 耐 震 改 修 を 促 進 するためには 設 備 の 更 新 や バリアフリ ー 化 リニューアル 等 のリフォームの 機 会 を 捉 えることが 効 果 的 です このため リフォームとあわせて 耐 震 改 修 が 行 われるよう HPや 事 例 集 等 を 活 用 して リフォームと 耐 震 改 修 を 一 体 的 に 行 った 場 合 のメリットや その 手 法 に 関 する 情 報 提 供 を 行 いま す 第 6 節 自 主 防 災 組 織 自 治 会 との 連 携 地 震 対 策 の 基 本 は 自 らの 命 は 自 ら 守 る という 自 助 が 基 本 ですが 自 分 たちの 地 域 は 自 分 たちで 守 る という 共 助 も 大 切 であり 自 治 会 等 の 単 位 で 地 震 についての 対 策 を 行 うこ とが 重 要 と 考 えられます 市 では 自 治 会 等 における 住 民 間 の 連 携 や 日 ごろからの 地 震 に 対 する 意 識 などの 備 えのため 自 治 会 等 と 連 携 した 対 策 を 検 討 することとします 自 治 会 等 との 連 携 活 動 として 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 地 震 防 災 対 策 の 啓 発 普 及 を 行 い また 地 域 全 体 での 耐 震 化 の 促 進 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 みを 行 うこ とや 各 家 庭 での 家 具 の 転 倒 防 止 策 の 推 進 などが 重 要 です 市 と しては これらの 活 動 について 出 前 講 座 による 講 習 会 など 必 要 な 第 6 節 自 主 防 災 組 織 自 治 会 との 連 携 地 震 対 策 の 基 本 は 自 らの 命 は 自 ら 守 る という 自 助 が 基 本 ですが 自 分 たちの 地 域 は 自 分 たちで 守 る という 共 助 も 大 切 であり 自 治 会 等 の 単 位 で 地 震 についての 対 策 を 行 うこ とが 重 要 と 考 えられます 市 では 自 治 会 等 における 住 民 間 の 連 携 や 日 ごろからの 地 震 に 対 する 意 識 などの 備 えのため 自 治 会 等 と 連 携 した 対 策 を 検 討 することとします 自 治 会 等 との 連 携 活 動 として 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 地 震 防 災 対 策 の 啓 発 普 及 を 行 い また 地 域 全 体 での 耐 震 化 の 促 進 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 みを 行 うこ とや 各 家 庭 での 家 具 の 転 倒 防 止 策 の 推 進 などが 重 要 です 市 と しては これらの 活 動 について 出 前 講 座 による 講 習 会 など 必 要 な

33 支 援 を 行 うこととします < 第 3 章 第 2 節 に 転 記 整 理 > 支 援 を 行 うこととします 第 5 章 耐 震 改 修 促 進 法 等 による 指 導 助 言 等 について 1 耐 震 改 修 促 進 法 による 指 導 等 の 実 施 対 応 概 要 指 導 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 各 号 に 規 定 する 建 築 物 助 言 を 対 象 に 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 必 要 性 を 説 明 して 耐 震 診 断 等 の 実 施 を 促 し その 実 施 に 関 し 相 談 に 応 じる 方 法 で 行 います 指 示 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 建 築 物 ( 注 1) を 対 象 に 1 災 害 時 の 避 難 施 設 や 防 災 上 重 要 な 建 築 物 2 地 震 時 に 自 力 避 難 が 困 難 な 入 居 者 等 が 多 い 建 築 物 3 不 特 定 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 4 危 険 物 の 貯 蔵 場 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 の 順 に 建 築 物 の 状 況 等 により 指 示 を 行 う 耐 震 改 修 の 指 示 を 行 う 場 合 は 原 則 として 用 途 と 耐 震 性 能 を 勘 案 して 行 います 指 導 及 び 助 言 を 行 っても 耐 震 診 断 耐 震 改 修 を 実 施 さ れない 場 合 において その 実 施 を 促 し さらに 協 力 が 得 られない 場 合 には 具 体 的 に 実 施 すべき 事 項 を 明 示 した 指 示 書 を 交 付 する 等 の 方 法 で 行 います

34 公 表 所 管 行 政 庁 による 指 示 に 従 わず 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 われない 場 合 には その 利 用 者 や 周 辺 の 住 民 に 対 し てその 危 険 性 を 明 らかにすることが 指 示 の 実 効 性 を 確 保 する 上 で 有 効 であることから 社 会 的 影 響 が 大 きいと 予 想 されるものや 所 有 者 管 理 者 が 正 当 な 理 由 がなく 指 示 に 従 わなかった 場 合 には 社 会 的 責 任 を 果 たさなかっ たものとして 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 3 項 の 規 定 によ り その 旨 を 公 表 することを 検 討 していきます 公 表 の 方 法 については 法 に 基 づく 公 表 であるこ とや 市 民 に 広 く 周 知 できることなどから 今 後 の 対 策 に 結 びつくこと 等 を 考 慮 する 必 要 があり HPへの 掲 載 や 各 市 民 センターにおいて 掲 示 を 行 い 住 民 が 閲 覧 でき るようにすることを 検 討 していきます ( 注 1) 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 各 号 に 規 定 する 建 築 物 の うち 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 ることが 特 に 必 要 な 建 築 物 で 用 途 により 面 積 規 模 は500m2~2,000m2 以 上 とされています 2 建 築 基 準 法 による 勧 告 等 の 実 施 対 応 概 要

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被

目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 岡 山 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 1 月 岡 山 県 目 次 はじめに 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 目 的 等 2 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 4

More information

富 良 野 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ~ 既 存 建 築 物 の 耐 震 化 に 向 けて~ 平 成 21 年 3 月 富 良 野 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1. 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 計 画 期 間 1 第 2 章 富 良 野 市 の 概 況 1. 位 置 2 2. 地 勢 2 3.

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

徳 島 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 26 年 3 月 徳 島 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 3 3 計 画 の 対 象 期 間 3 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1-1 概 要 4 1-2 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促

Taro-【確定版】改訂 耐震改修促 岐 阜 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 平 成 23 年 10 月 策 定 改 訂 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 岐 阜 県 震 災 対 策 検 証 委 員 会 の 提 言 と 計 画 改 定 の 方 針 1 第 1 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 状 況 1 想 定 される 地 震 の 規 模 3 2 人 的 被

More information

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ

近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 1. 促 進 正 概 要 1 近 年 発 生 状 況 我 国 国 であり 近 年 日 本 全 国 お 発 生 ( 気 象 庁 ホームページり) ( 平 成 8 年 ~ 平 成 17 年 ) ( 平 成 18 年 ~ 平 成 25 年 4 月 ) 将 来 予 測 将 来 予 測 お 日 本 全 国 で き 発 生 可 能 性 あ 主 海 溝 型 評 価 結 果 主 要 活 層 評 価 結 果 文 部

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc)

(Microsoft Word - H27.3.27 \222\206\222\303\216s\221\317\220k\211\374\217C\221\243\220i\214v\211\346.doc) 中 津 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 大 分 県 中 津 市 ( 平 成 27 年 3 月 ) 目 次 第 1 章 総 則 1. 目 的 2. 位 置 付 け 3. 計 画 期 間 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の 現 状 3. 耐 震 改 修 等 の 目 標

More information

1表紙(2012.4)

1表紙(2012.4) 横 須 賀 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 横 須 賀 市 目 次 第 1 章 計 画 の 背 景 目 的... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 (1) 阪 神 淡 路 大 震 災 の 被 害 状 況 等... 1 (2) 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正... 2 2. 計 画 策 定 の 目 的 等... 3 (1) 計 画 の 目 的... 3 (2) 計 画 の 位

More information

目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される

目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される いわき 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 ) 平 成 28 年 3 月 いわき 市 目 次 はじめに 1 計 画 策 定 ( 改 訂 )の 背 景 P1 2 計 画 の 位 置 付 け P2 3 計 画 の 期 間 P3 4 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 P3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 1 想 定 される 地

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

岡崎市建築物耐震改修促進計画

岡崎市建築物耐震改修促進計画 平 成 20 年 3 月 ( 平 成 26 年 3 月 一 部 改 訂 ) ( 平 成 28 年 3 月 一 部 改 訂 ) 岡 崎 市 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 計 画 策 定 の 背 景 改 訂 の 概 要... 1 2. 岡 崎 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け... 3 3. 岡 崎 市 における 地 震 被 害 の 想 定...

More information

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 月 京 都 府 目 次 はじめに (1) 京 都 府 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 づけ 3 (2) 耐 震 化 の 必 要 性 - 過 去 の 震 災 の 教 訓 3 (3) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 について 5 1 府 内 の 建 築 物 の

More information

愛知県耐震改修促進計画(案)

愛知県耐震改修促進計画(案) 目 次 第 1 章 はじめに 1-1 計 画 策 定 の 背 景 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ 4 1-3 本 町 における 地 震 に 係 る 被 害 想 定 等 5 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 2-1 対 象 となる 区 域 計 画 期 間 対 象 建 築 物 9 2-2 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 と 目 標 17 第 3 章 耐 震 化 及 び 減

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094C2917192AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E63039303332352E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094C2917192AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E63039303332352E646F63> 板 倉 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 23 年 12 月 改 訂 群 馬 県 板 倉 町 目 次 はじめに 1. 耐 震 化 の 必 要 性 1 2. 計 画 の 位 置 づけ 2 3. 計 画 の 目 的 等 3 第 1 章 群 馬 県 における 地 震 の 危 険 性 1. 群 馬 県 の 地 震 経 験 4 2. 群 馬 県 内 の 活 断 層 5 3. 県 土 の 揺 れやすさ

More information

浅口市耐震改修促進計画

浅口市耐震改修促進計画 浅 口 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 浅 口 市 目 次 第 1 計 画 の 概 要 1 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 背 景 等 1 3 計 画 の 位 置 付 け 2 4 計 画 の 期 間 2 5 耐 震 化 を 図 る 建 築 物 3 第 2 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 5 1 想 定 される 地 震

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災

目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路 大 震 災 )の 被 害 状 況 2 (2) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )の 被 害 状 況 3 (3) 中 央 防 災 大 分 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 平 成 27 年 度 改 正 版 ) [ 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ] 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 26 年 4 月 改 正 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 正 ) 大 分 市 目 次 第 1 章 総 則 1. 計 画 策 定 及 び 改 定 の 背 景 2 (1) 兵 庫 県 南 部 地 震 ( 阪 神 淡 路

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090858AAA92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E68140955C8E86814096DA8E9F> 第 1 版 朝 倉 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 朝 倉 市 平 成 26 年 6 月 - 1 - 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 6 朝 倉 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 抜 粋 ) 7 第 2 章 朝 倉 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E86814596DA8E9F5F91E593638CB48E73816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20955C8E86814596DA8E9F5F91E593638CB48E73816A> 大 田 原 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 21 年 3 月 大 田 原 市 目 次 第 1 基 本 方 針 1. 耐 震 計 画 策 定 の 背 景 及 び 目 的 1 2. 耐 震 計 画 の 位 置 づけ 1 3. 耐 震 計 画 実 施 のための 施 策 および 市 の 取 組 み 姿 勢 3 4. 地 震 発 生 時

More information

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修

目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 川 上 村 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 川 上 村 目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 2 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 村 計 画 との 関 係 2 3 計 画 期 間 等 2 4 耐 震 化 の 必 要 性 2 5 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 3 第 1 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関

More information

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建

2 改 正 の 概 要 しています ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 今 回 の 改 正 により 次 のイからハまでの 建 築 物 のうち 昭 和 56 年 以 前 のいわゆる 旧 耐 震 基 準 により 建 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 について 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 課 長 補 佐 広 瀬 行 久 目 次 1 今 回 の 改 正 に 至 る 背 景 2 改 正 の 概 要 ⑴ 耐 震 化 の 促 進 のための 規 制 強 化 ⅰ 耐 震 診 断 の 義 務 化 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 ⅱ 全 ての 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 ⑵ 耐 震

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

00 次第

00 次第 第 1 回 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 日 時 : 平 成 27 年 6 月 22 日 ( 月 )15:00~17:00 場 所 : 兵 庫 県 庁 第 2 号 館 11 階 A 会 議 室 次 第 1 開 会 2 耐 震 改 修 促 進 計 画 改 定 検 討 会 について 3 議 事 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 現 状 報 告 耐 震 化 率 の 推

More information

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477>

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477> 恵 庭 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 恵 庭 市 目 1 計 画 の 前 提 1-1 計 画 の 背 景 ---------------------------------------------------- 1 1-2 計 画 の 目 的 ---------------------------------------------------- 2 1-3 計 画

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1

草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2 3 用 語 の 定 義 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 1 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) ( 平 成 21 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) 平 成 25 年 3 月 改 訂 草 加 市 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 改 訂 版 ) 目 次 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 草 加 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 位 置 付 け 2

More information

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩

都 市 計 画 区 名 都 市 計 画 区 面 積 都 市 計 画 区 に 含 まれる 土 の 区 指 定 年 月 日 宇 都 宮 都 市 計 画 区 11,196ha 鹿 沼 市 内 に おける 面 積 鹿 沼 区 菊 沢 区 東 大 芦 区 の 部 ( 酒 野 谷 下 日 向 上 日 向 深 岩 4 節 都 市 計 画 区 土 利 の 状 況 及 び 見 通 し 形 等 の 自 然 的 条 件 通 勤 通 学 等 の 日 常 生 活 圏 主 要 な 交 通 施 設 の 設 置 の 状 況 社 会 的 経 済 的 な 区 の 体 性 等 から 総 合 的 に 判 断 し 現 在 及 び 将 来 の 都 市 活 動 に 必 要 な 土 や 施 設 が 相 当 程 度 その で 充 足 できる 範

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 1-1 計 画 策 定 の 背 景 1 1-2 計 画 の 目 的 2 1-3 計 画 の 位 置 づけ 3 1-4 耐 震 改 修 促 進 法 の 概 要 4 1-5 国 愛 知 県 の 基 本 方 針 9 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項

目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 1-1 計 画 策 定 の 背 景 1 1-2 計 画 の 目 的 2 1-3 計 画 の 位 置 づけ 3 1-4 耐 震 改 修 促 進 法 の 概 要 4 1-5 国 愛 知 県 の 基 本 方 針 9 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 平 成 26 年 8 月 一 部 改 定 平 成 20 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 1-1 計 画 策 定 の 背 景 1 1-2 計 画 の 目 的 2 1-3 計 画 の 位 置 づけ 3 1-4 耐 震 改 修 促 進 法 の 概 要 4 1-5 国 愛 知 県 の 基 本 方 針 9 第 2 章 計 画 の 基 本 的 事 項 10 2-1 対

More information

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc)

(Microsoft Word - \221\317\220k\214v\211\346hp.doc) 守 口 市 立 小 中 学 校 耐 震 化 推 進 計 画 平 成 20 年 3 月 守 口 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 耐 震 化 計 画 の 主 旨 1 第 1 節 計 画 策 定 の 背 景 1 文 部 科 学 省 の 対 応 2 国 土 交 通 省 の 対 応 第 2 節 小 中 学 校 耐 震 化 計 画 の 位 置 づけ 第 3 節 計 画 期 間 第 2 章 小 中 学

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

松阪市耐震改修促進計画

松阪市耐震改修促進計画 松 阪 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 松 阪 市 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建 築 物 3 2 想 定 される 地 震 と 被 害 の 状 況 8 (1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模

目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 遠 賀 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 6 月 遠 賀 町 目 次 第 1 章 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 趣 旨 1 1. 計 画 策 定 の 目 的 2 2. 耐 震 化 を 取 り 巻 く 社 会 動 向 3 3. 計 画 の 位 置 づけ 5 第 2 章 遠 賀 町 における 耐 震 化 の 課 題 7 1. 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 想

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91>

<819A91E592C392AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E65F8C7689E68F91> 大 津 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 大 津 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1 計 画 の 背 景 と 目 的 1 2 計 画 の 位 置 付 け 3 3 計 画 の 期 間 4 4 対 象 区 域 4 5 対 象 建 築 物 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 化 の 現 状 と 目 標 7 1 想 定 される 地 震 と

More information

明和町建築物耐震改修促進計画

明和町建築物耐震改修促進計画 明 和 町 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 < 平 成 28 年 3 月 改 定 > 平 成 28 年 3 月 明 和 町 H28.3.31 第 1 章 はじめに 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 位 置 づけ 2 第 2 章 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 の 目 的 等 3 (1) 計 画 の 目 的 3 (2) 対 象 区 域 計 画 期 間 対 象 建

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4)

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 千 葉 大 学 西 千 葉 キャンパス 地 地 計 画 の 手 引 き 千 葉 市 目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 建 築 物 等

More information

目 次 第 1 章 水 戸 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 策 定 の 趣 旨 ---------------------------------------- 1 1 背 景 と 目 的 -----------------------------------------------------

目 次 第 1 章 水 戸 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 策 定 の 趣 旨 ---------------------------------------- 1 1 背 景 と 目 的 ----------------------------------------------------- 水 戸 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 水 戸 市 目 次 第 1 章 水 戸 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 策 定 の 趣 旨 ---------------------------------------- 1 1 背 景 と 目 的 --------------------------------------------------------------- 1 2 計 画 の 位

More information

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震

2. 普 及 啓 発 (1)パンフレット CATV ホームページを 活 用 した 普 及 啓 発 (2) 耐 震 関 連 イベントの 開 催 (3) 地 域 危 険 度 マップの 公 表 (4) 不 動 産 取 引 に 伴 う 耐 震 診 断 に 関 する 説 明 義 務 の 周 知 (5) 耐 震 第 3 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 施 策 1. 基 本 的 な 取 組 方 針 建 築 物 の 耐 震 化 は 自 助 共 助 公 助 の 原 則 を 踏 まえ その 所 有 者 ( 以 下 建 物 所 有 者 という )によって 行 われることを 基 本 とします 区 は 耐 震 化 について 幅 広 い 情 報 提 供 を 行 うとともに 国 や

More information

第3章 建築物の耐震化を促進するための施策

第3章 建築物の耐震化を促進するための施策 改 定 川 越 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 4 月 川 越 市 改 定 川 越 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 1 (1) 背 景 (2) 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け (3) 計 画 期 間 2 計 画 の 対 象 及 び 耐 震 化 の 定

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

1この 敷 地 には 建 物 を 建 てられるのでしょうか? まず 次 のことを 確 かめて 下 さい チェック1 道 路 に 面 していますか? 公 道 私 道 を 問 わず 原 則 建 築 基 準 法 で 認 められた 幅 員 ( 幅 )4m 以 上 の 道 路 に 面 する 必 要 があります

1この 敷 地 には 建 物 を 建 てられるのでしょうか? まず 次 のことを 確 かめて 下 さい チェック1 道 路 に 面 していますか? 公 道 私 道 を 問 わず 原 則 建 築 基 準 法 で 認 められた 幅 員 ( 幅 )4m 以 上 の 道 路 に 面 する 必 要 があります 建 築 のてびき 区 民 のみなさまへ 建 物 を 建 てるには 建 てる 場 所 や 建 物 の 用 途 などによって 様 々な 制 限 を 受 けます また 近 隣 への 説 明 など 事 前 に 解 決 しなければならない 事 柄 もあります この てびき は 自 宅 を 建 て 替 えたい ビルを 建 てたい と 考 えている 方 が 建 築 の 専 門 家 に 依 頼 する 前 にご 自

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Taro-26都市計画パンフレット4

Taro-26都市計画パンフレット4 伊 勢 原 都 市 計 画 の 概 要 平 成 26 年 4 月 伊 勢 原 市 目 次 1 人 口 推 移 と 土 地 利 用 (1) 人 口 推 移 2 (2) 人 口 推 移 図 2 (3) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 3 (4) 利 用 区 分 別 土 地 利 用 の 推 移 3 2 都 市 計 画 の 体 系 4 3 都 市 計 画 決 定 の 手 続 (1) 都 市 計 画 決

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

長野県既存建築物耐震改修促進計画

長野県既存建築物耐震改修促進計画 長 野 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 Ⅱ 期 ) 平 成 28 年 3 月 策 定 長 野 県 目 次 はじめに 1 計 画 の 目 的 1 2 本 計 画 の 位 置 づけと 他 の 県 計 画 との 関 係 1~2 3 市 町 村 との 連 携 3 4 計 画 期 間 3 5 耐 震 化 の 必 要 性 4 6 本 計 画 の 対 象 とする 建 築 物 6 第 1 建 築 物 の

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり

宝木新里ニュータウン地区のまちづくり ふれあいタウン 岩 曽 地 区 のまちづくり 地 区 計 画 届 出 の 手 引 き 宇 都 宮 市 目 次 1.はじめに 地 区 計 画 制 度 とは 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 2 3. 地 区 計 画 の 内 容 の 趣 旨 と 解 説 4 住 宅 地 区 4 沿 道 整 備 地 区 1 11 沿 道 整 備 地 区 2 13 文 教 地 区 15 4. 新 築 や 増 改 築 の

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

住宅の耐震化の現状と課題

住宅の耐震化の現状と課題 10 75 90 平 成 7 年 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 の 約 9 割 が 住 宅 建 築 物 の 倒 壊 等 によるものであった 地 震 による 被 害 を 軽 減 するためには 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 が 重 要 であるが なかなか 進 んでいない 新 潟 県 中 越 地 震 の 発 生 や 東 海 東 南 海

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新

(3) 評 価 替 え 土 地 と 家 屋 については, 原 則 として, 基 準 年 度 (3 年 ごと)に 評 価 替 えを 行 い, 賦 課 期 日 (1 月 1 日 ) 現 在 の 価 格 を 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 します 第 2 年 度 と 第 3 年 度 は, 新 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は, 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 という )に 土 地, 家 屋, 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 という )の 所 有 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 をも とに 算 定 される 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 区 町 村 に 納 める 税 金 です 1. 課 税 の 対 象 となる 資

More information