このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促"

Transcription

1 ( 趣 旨 ) 改 正 後 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 趣 旨 ) 現 行 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満 足 していない 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 を 現 行 基 準 と 同 等 の 耐 震 性 能 とすることを 目 的 として 平 成 7 年 10 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 耐 震 改 修 促 進 法 という )が 制 定 されました しかし 近 年 新 潟 県 中 越 地 震 ( 平 成 16 年 10 月 ) 福 岡 県 西 方 沖 地 震 ( 平 成 17 年 3 月 ) 及 び 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 ( 平 成 20 年 6 月 )など 大 地 震 が 頻 発 しており 特 に 東 日 本 大 震 災 ( 平 成 23 年 3 月 )は これまでの 想 定 をはるかに 超 える 巨 大 な 地 震 津 波 により 一 度 の 災 害 で 戦 後 最 大 の 人 命 が 失 われる など 甚 大 な 被 害 をもたらしました また 東 日 本 大 震 災 にお いては 津 波 による 沿 岸 部 の 建 築 物 の 被 害 が 圧 倒 的 ではありま したが 内 陸 市 町 村 においても 建 築 物 に 大 きな 被 害 が 発 生 しま した このように 大 地 震 はいつどこで 発 生 してもおかしくな い 状 況 にあります また 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 され ひとたび 地 震 が 発 生 すると 被 害 は 甚 大 なもの と 想 定 されており 特 に 南 海 トラフの 海 溝 型 巨 大 地 震 につい ては 東 日 本 大 震 災 を 上 回 る 被 害 が 想 定 されています 第 1 章 計 画 の 基 本 的 事 項 第 1 節 計 画 の 背 景 と 目 的 1 計 画 の 背 景 平 成 7 年 1 月 17 日 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 を 契 機 に 現 行 の 建 築 基 準 法 の 構 造 基 準 ( 以 下 現 行 基 準 という )を 満 足 していない 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 を 現 行 基 準 と 同 等 の 耐 震 性 能 とすることを 目 的 として 平 成 7 年 10 月 に 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 耐 震 改 修 促 進 法 という )が 制 定 されました その 後 新 潟 県 中 越 地 震 ( 平 成 16 年 10 月 ) 福 岡 県 西 方 沖 地 震 ( 平 成 17 年 3 月 )など 近 年 各 地 で 大 規 模 な 地 震 が 群 発 する 中 で 東 海 地 震 東 南 海 南 海 地 震 等 の 大 規 模 地 震 発 生 の 切 迫 性 が 指 摘 されています このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 する 必 要 性 から 平 成 17 年 1 1 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 18 年 1 月 施 行 )され 都 道 府 県 は 耐 震 改 修 促 進 計 画 を 早 急 に 策 定 市 町 村 は 策 定 に 努 めるよう 規 定 されました 山 口 県 は 平 成 19 年 3 月 に 山 口 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 県 計 画 という )を 策 定 し 本 市 においても 平 成 20 年 2 月 に 本 計 画 を 策 定 したところですが 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 において 想 定 地 震 をはじめとする 被 害 想 定 が 大 きく 変 更 されたことから 本 計 画 の 見 直 しを 行 いました

2 このため 地 震 による 死 者 数 を 半 減 させること 等 を 目 的 に 建 築 物 の 耐 震 化 をより 一 層 促 進 するため 平 成 25 年 5 月 に 耐 震 改 修 促 進 法 が 改 正 ( 平 成 25 年 11 月 施 行 )されました 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 本 計 画 という )は 山 口 県 が 平 成 19 年 3 月 に 山 口 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 県 計 画 という )を 策 定 したことを 受 けて 平 成 20 年 2 月 に 策 定 したところですが その 後 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 において 想 定 地 震 をはじめとする 被 害 想 定 が 大 きく 変 更 されたことから 平 成 24 年 7 月 に 見 直 しを 行 っていま す この 度 行 う 本 計 画 の 見 直 しは 平 成 25 年 5 月 の 耐 震 改 修 促 進 法 の 改 正 によるものです 2 計 画 の 目 的 本 計 画 は 地 震 による 被 害 及 びこれに 起 因 する 人 命 や 財 産 の 損 失 を 未 然 に 防 止 するため 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 の 耐 震 診 断 や 現 行 基 準 を 満 足 していない 建 築 物 の 耐 震 改 修 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し 本 市 における 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 を 図 ることを 目 的 とします 2 計 画 の 目 的 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 以 下 本 計 画 という )は 地 震 による 被 害 及 びこれに 起 因 する 人 命 や 財 産 の 損 失 を 未 然 に 防 止 するため 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 建 築 物 の 耐 震 診 断 や 現 行 基 準 を 満 足 していない 建 築 物 の 耐 震 改 修 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 し 本 市 における 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 を 図 ることを 目 的 とします 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 等 1 計 画 の 位 置 付 け 本 計 画 は 国 が 策 定 した 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 1 月 25 日 付 け 国 土 交 通 省 告 示 第 184 号 )に 基 づき 市 内 の 既 存 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 に 関 する 施 策 の 方 向 性 を 示 す 計 画 であり 宇 部 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 ) の 関 連 計 画 とするとともに 県 計 画 との 整 合 を 図 りました 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 等 1 計 画 の 位 置 付 け 本 計 画 は 国 が 策 定 した 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 1 月 25 日 付 け 国 土 交 通 省 告 示 第 184 号 )に 基 づき 市 内 の 既 存 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 に 関 する 施 策 の 方 向 性 を 示 す 計 画 であり 宇 部 市 地 域 防 災 計 画 ( 震 災 対 策 編 ) の 関 連 計 画 とするとともに 県 計 画 との 整 合 を 図 りました

3 図 1- 計 画 の 位 置 付 けのイメージ 図 1- 計 画 の 位 置 付 けのイメージ 国 の 基 本 方 針 山 口 県 耐 震 改 修 促 国 の 基 本 方 針 山 口 県 耐 震 改 修 促 ( 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 耐 震 改 修 促 進 計 画 進 法 ) 進 法 ) 宇 部 市 耐 震 改 修 促 宇 部 市 地 域 防 災 宇 部 市 耐 震 改 修 促 宇 部 市 地 域 防 災 進 計 画 計 画 進 計 画 計 画 2 計 画 期 間 計 画 期 間 は 平 成 19 年 度 から 平 成 27 年 度 までの9 箇 年 とします なお 本 計 画 は 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 うものとします 2 計 画 期 間 計 画 期 間 は 平 成 19 年 度 から 平 成 27 年 度 までの9 箇 年 とします なお 本 計 画 は 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 うものとします 第 3 節 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 等 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 20 年 3 月 )では 平 成 19 年 の 能 登 半 島 地 震 新 潟 県 中 越 沖 地 震 など これまで 確 認 されていなかった 活 断 層 を 震 源 とする 地 震 が 相 次 いで 発 生 し 多 くの 被 害 をもたらしている 実 情 を 踏 まえ 県 内 の 活 断 層 調 査 を 進 めて 被 害 を 及 ぼす 想 定 地 震 を 設 定 し 物 的 人 的 被 害 の 状 況 を 推 計 しています 同 調 査 では 県 内 に 被 害 をもたらす 切 迫 性 の 高 い 地 震 をはじ め 県 内 で 確 認 されている 主 な 活 断 層 などにより 計 16の 想 定 地 震 を 設 定 し 推 計 を 行 っています このうち 本 市 におい て 発 生 した 場 合 大 きな 被 害 をもたらす 地 震 は 東 南 海 南 海 地 震 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 大 竹 断 層 地 震 菊 川 断 層 地 震 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 西 部 ~ 第 3 節 想 定 される 地 震 の 規 模 想 定 される 被 害 の 状 況 等 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 ( 平 成 20 年 3 月 )では 平 成 19 年 の 能 登 半 島 地 震 新 潟 県 中 越 沖 地 震 など これまで 確 認 されていなかった 活 断 層 を 震 源 とする 地 震 が 相 次 いで 発 生 し 多 くの 被 害 をもたらしている 実 情 を 踏 まえ 県 内 の 活 断 層 調 査 を 進 めて 被 害 を 及 ぼす 想 定 地 震 を 設 定 し 物 的 人 的 被 害 の 状 況 を 推 計 しています 同 調 査 では 県 内 に 被 害 をもたらす 切 迫 性 の 高 い 地 震 をはじ め 県 内 で 確 認 されている 主 な 活 断 層 などにより 計 16の 想 定 地 震 を 設 定 し 推 計 を 行 っています このうち 本 市 におい て 発 生 した 場 合 大 きな 被 害 をもたらす 地 震 は 東 南 海 南 海 地 震 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 大 竹 断 層 地 震 菊 川 断 層 地 震 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 西 部 ~

4 伊 予 灘 ) の7つの 地 震 であり 本 市 の 地 域 防 災 計 画 にも 位 置 付 けています これらの 地 震 については 表 1のような 被 害 想 定 がなされています 表 1 - 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 による 本 市 の 被 害 想 定 最 大 死 者 数 負 傷 全 壊 半 壊 焼 失 想 定 地 震 震 度 者 数 棟 数 棟 数 棟 数 東 南 海 南 海 地 震 5 弱 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 5 弱 大 竹 断 層 地 震 5 弱 菊 川 断 層 地 震 6 弱 ,529 0 伊 予 灘 ) の7つの 地 震 であり 本 市 の 地 域 防 災 計 画 にも 位 置 付 けています これらの 地 震 については 表 1のような 被 害 想 定 がなされています 表 1 - 山 口 県 地 震 被 害 想 定 調 査 報 告 書 による 本 市 の 被 害 想 定 最 大 死 者 数 負 傷 全 壊 半 壊 焼 失 想 定 地 震 震 度 者 数 棟 数 棟 数 棟 数 東 南 海 南 海 地 震 5 弱 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 の 地 震 5 弱 大 竹 断 層 地 震 5 弱 菊 川 断 層 地 震 6 弱 ,529 0 大 原 湖 断 層 系 大 原 湖 断 層 系 ( 山 口 盆 地 北 6 弱 ( 山 口 盆 地 北 6 弱 西 縁 断 層 ) 西 縁 断 層 ) 大 原 湖 断 層 系 大 原 湖 断 層 系 ( 宇 部 東 部 断 層 ,013 7,591 20,605 2,679 ( 宇 部 東 部 断 層 ,013 7,591 20,605 2,679 + 下 郷 断 層 ) + 下 郷 断 層 ) 中 央 構 造 線 断 中 央 構 造 線 断 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 5 強 層 帯 ( 石 鎚 山 脈 北 緑 5 強 西 部 ~ 伊 予 灘 ) 西 部 ~ 伊 予 灘 )

5 参 考 : 宇 部 市 において 近 年 観 測 された 規 模 の 大 きい 地 震 発 生 年 月 震 央 マグニチ ュード 震 源 の 深 さ(km) 市 内 の 震 度 平 成 9 年 県 中 部 (1997 年 6 月 25 日 ) 平 成 10 年 (1998 年 5 月 23 日 ) 伊 予 灘 平 成 12 年 (2000 年 10 月 6 日 ) 平 成 13 年 (2001 年 3 月 24 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 3 月 20 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 4 月 20 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 6 月 12 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 9 月 26 日 ) 鳥 取 県 西 部 安 芸 灘 福 岡 県 北 西 沖 福 岡 県 北 西 沖 大 分 県 西 部 伊 予 灘 参 考 : 宇 部 市 において 近 年 観 測 された 規 模 の 大 きい 地 震 発 生 年 月 震 央 マグニチ ュード 震 源 の 深 さ(km) 市 内 の 震 度 平 成 9 年 県 北 部 (1997 年 6 月 25 日 ) 平 成 10 年 (1998 年 5 月 23 日 ) 伊 予 灘 平 成 12 年 (2000 年 10 月 6 日 ) 平 成 13 年 (2001 年 3 月 24 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 3 月 20 日 ) 平 成 17 年 (2005 年 4 月 20 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 6 月 12 日 ) 平 成 18 年 (2006 年 9 月 26 日 ) 鳥 取 県 西 部 安 芸 灘 福 岡 県 西 方 沖 福 岡 県 北 西 沖 大 分 県 西 部 伊 予 灘 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 第 1 節 対 象 区 域 及 び 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 する 建 築 物 について 本 計 画 の 対 象 区 域 は 宇 部 市 全 域 とします また 耐 震 化 の 標 第 1 節 対 象 区 域 及 び 耐 震 化 の 目 標 を 設 定 する 建 築 物 について 本 計 画 の 対 象 区 域 は 宇 部 市 全 域 とします また 耐 震 化 の

6 目 標 を 設 定 する 建 築 物 は 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 1) とします 目 標 を 設 定 する 建 築 物 は 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 1) とします 宇 部 市 全 域 建 築 物 全 体 宇 部 市 全 域 建 築 物 全 体 住 宅 本 計 画 の 対 象 と な 住 宅 本 計 画 の 対 象 と な 多 数 の 者 が 利 る 建 築 物 多 数 の 者 が 利 る 建 築 物 用 する 用 する 建 築 物 等 建 築 物 等 ( 注 1) 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 第 1 項 1~3 号 に 掲 げる 規 模 用 途 ) 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 で その 用 途 により1~3 階 以 上 かつ 延 床 面 積 500 ~1000 m2 以 上 の 建 築 物 2 一 定 以 上 の 危 険 物 を 貯 蔵 又 は 処 理 を 行 う 建 築 物 3 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 緊 急 輸 送 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそ れがあるとして 指 定 した 建 築 物 ( 注 1) 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 1~3 号 に 掲 げる 規 模 用 途 ) 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 で その 用 途 により1~3 階 以 上 かつ 延 床 面 積 500 ~1000 m2 以 上 の 建 築 物 2 一 定 以 上 の 危 険 物 を 貯 蔵 又 は 処 理 を 行 う 建 築 物 3 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそれがあ るとして 指 定 した 建 築 物 参 考 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 参 考 1 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 用 途 規 用 途 規 模 模 老 人 ホーム 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 老 人 ホーム 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 身 体 障 害 者 福 祉 センター 児 童 厚 生 施 設 等 階 数 2 以 上 かつ 身 体 障 害 者 福 祉 センター 児 童 厚 生 施 設 等 階 数 2 以 上 かつ 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 聾 1,000 m2 以 上 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 盲 聾 1,000 m2 以 上 学 校 等 ) 学 校 等 ) 上 記 以 外 の 学 校 上 記 以 外 の 学 校

7 ボーリング 場 スケート 場 水 泳 場 等 の 運 動 施 設 ボーリング 場 スケート 場 水 泳 場 等 の 運 動 施 設 病 院 診 療 所 病 院 診 療 所 劇 場 観 覧 場 映 画 館 演 芸 場 劇 場 観 覧 場 映 画 館 演 芸 場 集 会 場 公 会 堂 展 示 場 卸 売 市 場 集 会 場 公 会 堂 展 示 場 卸 売 市 場 百 貨 店 マーケット 等 の 物 品 販 売 業 百 貨 店 マーケット 等 の 物 品 販 売 業 ホテル 旅 館 事 務 所 階 数 3 以 上 かつ ホテル 旅 館 事 務 所 階 数 3 以 上 かつ 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寄 宿 舎 下 宿 1,000 m2 以 上 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寄 宿 舎 下 宿 1,000 m2 以 上 博 物 館 美 術 館 図 書 館 博 物 館 美 術 館 図 書 館 遊 技 場 公 衆 浴 場 飲 食 店 キャバレー ダンスホール 等 遊 技 場 公 衆 浴 場 飲 食 店 キャバレー ダンスホール 等 理 髪 店 質 屋 貸 衣 装 屋 銀 行 等 のサービス 業 理 髪 店 質 屋 貸 衣 装 屋 銀 行 等 のサービス 業 工 場 ( 危 険 物 の 貯 蔵 処 理 を 行 うものは 別 に 規 定 されてい 工 場 ( 危 険 物 の 貯 蔵 処 理 を 行 うものは 別 に 規 定 されてい ます) ます) バス 船 舶 航 空 機 のターミナル 自 動 車 車 庫 等 バス 船 舶 航 空 機 のターミナル 自 動 車 車 庫 等 郵 便 局 保 健 所 税 務 署 等 の 公 益 上 必 要 な 建 築 物 郵 便 局 保 健 所 税 務 署 等 の 公 益 上 必 要 な 建 築 物 幼 稚 園 保 育 所 階 数 2 以 上 かつ 幼 稚 園 保 育 所 階 数 2 以 上 かつ 500 m2 以 上 500 m2 以 上 体 育 館 ( 一 般 公 共 の 用 に 使 用 されるもの) 階 数 1 以 上 かつ 体 育 館 ( 一 般 公 共 の 用 に 使 用 されるもの) 階 数 1 以 上 かつ 1,000 m2 以 上 1,000 m2 以 上 第 2 節 耐 震 化 の 状 況 1 住 宅 ( 注 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 によると 宇 部 市 内 1) の 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 は 71,560 戸 です このうち 耐 震 性 のある 住 宅 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 さ ( 注 れた 住 宅 の 一 部 7,834 戸 2) 昭 和 56 年 6 月 以 降 に 建 築 された 住 宅 45,950 戸 で 合 計 53,784 戸 と 推 計 され ( 注 耐 震 化 率 3) は75%で 県 平 均 (70%)を 上 回 っています 第 2 節 耐 震 化 の 現 状 1 住 宅 ( 注 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 によると 宇 部 市 内 1) の 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 は 71,560 戸 です このうち 耐 震 性 のある 住 宅 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 さ ( 注 れた 住 宅 の 一 部 7,834 戸 2) 昭 和 56 年 6 月 以 降 に 建 築 された 住 宅 45,950 戸 で 合 計 53,784 戸 と 推 計 され ( 注 耐 震 化 率 3) は75%で 県 平 均 (70%)を 上 回 っています

8 表 2 また 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 さ れた 住 宅 は 25,610 戸 全 体 の36%となっています 表 3 表 2 - 居 住 世 帯 がある 住 宅 の 推 計 総 数 71,560 戸 ( 平 成 20 年 10 月 ) 区 分 戸 数 う ち 耐 震 性 有 耐 震 化 率 耐 震 化 率 表 2 また 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 さ れた 住 宅 は 25,610 戸 全 体 の36%となっています 表 3 表 2 - 居 住 世 帯 がある 住 宅 の 推 計 総 数 71,560 戸 ( 平 成 20 年 10 月 ) 区 分 戸 数 う ち 耐 震 性 有 耐 震 化 率 耐 震 化 率 り ( 県 平 り ( 県 平 A+B( 表 3) 均 ) A+B( 表 3) 均 ) 木 造 戸 建 て 40,240 戸 23,948 戸 60% 54% 木 造 戸 建 て 40,240 戸 23,948 戸 60% 54% ( 注 4) 共 同 住 宅 等 31,320 戸 29,836 戸 95% 94% ( 注 4) 共 同 住 宅 等 31,320 戸 29,836 戸 95% 94% 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 合 計 71,560 戸 53,784 戸 75% 70% 居 住 世 帯 のある 住 宅 数 合 計 71,560 戸 53,784 戸 75% 70% * 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 による ( 注 1) 楠 地 区 は 統 計 調 査 データがないため 県 による 推 計 値 を 加 算 している ( 注 2) 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 された 住 宅 につい て 全 国 の 耐 震 化 状 況 の 率 を 基 に 耐 震 性 のあるものを 推 計 した ( 注 3) 耐 震 化 率 耐 震 性 有 住 宅 数 を 全 ての 住 宅 数 で 除 したもの 耐 震 性 有 S56 年 6 月 以 降 の 住 宅 及 びS56 年 5 月 以 前 の 住 宅 で 耐 震 性 が 確 認 され たもの 及 び 改 修 済 みの 住 宅 ( 棟 単 位 ) 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 においても 同 様 とする ( 注 4) 共 同 住 宅 等 木 造 戸 建 て 住 宅 以 外 の 戸 建 て 住 宅 共 同 住 宅 長 屋 住 宅 表 3 - 建 築 年 等 による 住 宅 の 内 訳 * 平 成 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 による ( 注 1) 楠 地 区 は 統 計 調 査 データがないため 県 による 推 計 値 を 加 算 している ( 注 2) 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 耐 震 基 準 ( 旧 耐 震 基 準 )で 建 築 された 住 宅 につい て 全 国 の 耐 震 化 状 況 の 率 を 基 に 耐 震 性 のあるものを 推 計 した ( 注 3) 耐 震 化 率 耐 震 性 有 住 宅 数 を 全 ての 住 宅 数 で 除 したもの 耐 震 性 有 S56 年 6 月 以 降 の 住 宅 及 びS56 年 5 月 以 前 の 住 宅 で 耐 震 性 が 確 認 され たもの 及 び 改 修 済 みの 住 宅 ( 棟 単 位 ) 以 下 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 においても 同 様 とする ( 注 4) 共 同 住 宅 等 木 造 戸 建 て 住 宅 以 外 の 戸 建 て 住 宅 共 同 住 宅 長 屋 住 宅 表 3 - 建 築 年 等 による 住 宅 の 内 訳

9 分 区 戸 数 昭 和 56 年 6 月 以 降 建 設 A 昭 和 56 年 5 月 以 前 建 設 全 体 うち 耐 震 性 ありB 分 区 戸 数 昭 和 56 年 6 月 以 降 建 設 A 昭 和 56 年 5 月 以 前 建 設 全 体 うち 耐 震 性 ありB 木 造 戸 建 て 40,240 戸 20,931 戸 19,309 戸 3,017 戸 木 造 戸 建 て 40,240 戸 20,931 戸 19,309 戸 3,017 戸 共 同 住 宅 等 31,320 戸 25,019 戸 6,301 戸 4,817 戸 共 同 住 宅 等 31,320 戸 25,019 戸 6,301 戸 4,817 戸 居 住 世 帯 の 居 住 世 帯 の ある 住 宅 数 71,560 戸 45,950 戸 25,610 戸 7,834 戸 ある 住 宅 数 71,560 戸 45,950 戸 25,610 戸 7,834 戸 合 計 合 計 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 市 内 に807 棟 1) あり そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は577 棟 で 耐 震 化 率 は71%と 県 平 均 (68%)を 若 干 上 回 っています 表 4 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 351 棟 (43%) ですが そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は 121 棟 (34%)で これは 平 成 25 年 5 月 改 正 前 の 耐 震 改 修 促 進 法 の 規 定 が 耐 震 診 断 と 耐 震 改 修 のいずれについても 努 力 義 務 規 定 で 強 制 力 がなかったことや 耐 震 改 修 等 には 相 当 の 費 用 を 要 することなどから 耐 震 化 が 進 んでいないものと 想 定 されま す また 耐 震 診 断 を 行 った 建 築 物 は 全 体 で55%です 市 有 建 築 物 の92% 国 県 の100%に 比 べ 民 間 所 有 の 建 築 物 にあっては 27%にとどまっており 耐 震 性 が 確 認 されてい ない 建 築 物 が 多 く 存 在 しています 表 5 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 ( 注 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 市 内 に807 棟 1) あり そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は577 棟 で 耐 震 化 率 は71%と 県 平 均 (68%)を 若 干 上 回 っています 表 4 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 351 棟 (43%) ですが そのうち 耐 震 性 があるとされる 建 築 物 は 121 棟 (34%)で これは 法 の 規 定 が 努 力 義 務 規 定 で 強 制 力 が ないことや 耐 震 改 修 等 には 相 当 の 費 用 を 要 することなどから 耐 震 化 が 進 んでいないものと 想 定 されます また 耐 震 診 断 を 行 った 建 築 物 は 全 体 で55%です 市 有 建 築 物 の92% 国 県 の 100%に 比 べ 民 間 所 有 の 建 築 物 にあっては 27%にとど まっており 耐 震 性 が 確 認 されていない 建 築 物 が 多 く 存 在 して います 表 5 ( 注 1) 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 道 路 の 通 行 を 妨 げる

10 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 平 成 25 年 5 月 の 改 正 により 耐 震 診 断 が 義 務 付 けられた 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 各 号 に 規 定 される 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 は 市 内 では 平 成 26 年 12 月 末 時 点 で 17 棟 存 在 しています おそれがあるとして 指 定 した 建 築 物 は 除 く ( 注 1) 地 震 により 倒 壊 した 場 合 に 県 計 画 に 定 めた 緊 急 輸 送 道 路 の 通 行 を 妨 げるおそれがあるとして 指 定 した 建 築 物 は 除 く 表 4 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 の 状 況 ( 用 途 別 ) 耐 震 性 有 建 物 用 途 棟 数 昭 和 56 年 5 月 以 前 昭 和 56 年 6 月 以 降 合 計 耐 震 化 率 耐 震 化 率 ( 県 平 均 ) 表 4 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 の 状 況 ( 用 途 別 ) 耐 震 性 有 建 物 用 途 棟 数 昭 和 56 年 5 月 以 前 昭 和 56 年 6 月 以 降 合 計 耐 震 化 率 耐 震 化 率 ( 県 平 均 ) 学 校 ( 高 校 大 学 等 を 含 む) 156 棟 18 棟 74 棟 92 棟 59% 54% 学 校 ( 高 校 大 学 等 を 含 む) 156 棟 18 棟 74 棟 92 棟 59% 54% 病 院 41 棟 1 棟 27 棟 28 棟 68% 73% 病 院 41 棟 1 棟 27 棟 28 棟 68% 73% 劇 場 集 会 所 展 示 場 等 8 棟 1 棟 2 棟 3 棟 38% 51% 劇 場 集 会 所 展 示 場 等 8 棟 1 棟 2 棟 3 棟 38% 51% 百 貨 店 マーケ ット 等 10 棟 0 棟 6 棟 6 棟 60% 63% 百 貨 店 マーケ ット 等 10 棟 0 棟 6 棟 6 棟 60% 63% ホテル 旅 館 20 棟 0 棟 12 棟 12 棟 60% 62% ホテル 旅 館 20 棟 0 棟 12 棟 12 棟 60% 62% 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寮 等 324 棟 85 棟 186 棟 271 棟 84% 79% 賃 貸 住 宅 ( 共 同 住 宅 ) 寮 等 324 棟 85 棟 186 棟 271 棟 84% 79% 事 務 所 28 棟 3 棟 15 棟 18 棟 64% 65% 事 務 所 28 棟 3 棟 15 棟 18 棟 64% 65% 老 人 福 祉 センタ 老 人 福 祉 センタ ー 身 体 障 害 者 25 棟 1 棟 18 棟 19 棟 76% 89% ー 身 体 障 害 者 25 棟 1 棟 18 棟 19 棟 76% 89% 福 祉 ホーム 等 福 祉 ホーム 等

11 幼 稚 園 保 育 所 34 棟 5 棟 14 棟 19 棟 56% 54% 工 場 36 棟 4 棟 12 棟 16 棟 44% 55% 幼 稚 園 保 育 所 34 棟 5 棟 14 棟 19 棟 56% 54% 工 場 36 棟 4 棟 12 棟 16 棟 44% 55% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 10 棟 2 棟 6 棟 8 棟 80% 53% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 10 棟 2 棟 6 棟 8 棟 80% 53% 危 険 物 製 造 貯 蔵 所 97 棟 0 棟 71 棟 71 棟 73% 66% 危 険 物 製 造 貯 蔵 所 97 棟 0 棟 71 棟 71 棟 73% 66% その 他 18 棟 1 棟 13 棟 14 棟 78% 70% 合 計 807 棟 121 棟 456 棟 577 棟 71% 68% その 他 18 棟 1 棟 13 棟 14 棟 78% 70% 合 計 807 棟 121 棟 456 棟 577 棟 71% 68% 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 平 成 22 年 度 の 調 査 状 況 を 考 慮 しています 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 計 画 策 定 時 の 状 況 を 考 慮 しています 表 5 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 数 表 5 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 数 棟 数 耐 震 診 断 済 耐 震 診 断 率 診 断 で 耐 震 性 有 耐 震 性 有 耐 震 改 修 済 計 棟 数 耐 震 診 断 済 耐 震 診 断 率 診 断 で 耐 震 性 有 耐 震 性 有 耐 震 改 修 済 計 本 市 98 棟 90 棟 92% 48 棟 5 棟 53 棟 民 間 206 棟 56 棟 27% 22 棟 14 棟 36 棟 国 県 47 棟 47 棟 100% 31 棟 1 棟 32 棟 計 351 棟 193 棟 55% 101 棟 20 棟 121 棟 本 市 98 棟 90 棟 92% 48 棟 5 棟 53 棟 民 間 206 棟 56 棟 27% 22 棟 14 棟 36 棟 国 県 47 棟 47 棟 100% 31 棟 1 棟 32 棟 計 351 棟 193 棟 55% 101 棟 20 棟 121 棟 * 山 口 大 学 医 学 部 工 学 部 等 は 民 間 で 区 分 しています * 山 口 大 学 医 学 部 工 学 部 等 は 民 間 で 区 分 しています 第 3 節 耐 震 改 修 等 の 耐 震 化 目 標 の 設 定 国 の 基 本 方 針 では 平 成 27 年 度 までに 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 率 を 平 成 20 年 の79%か ら 少 なくとも90%とすることを 目 標 としています また 第 3 節 耐 震 改 修 等 の 耐 震 化 目 標 の 設 定 国 の 基 本 方 針 では 平 成 27 年 度 までに 住 宅 及 び 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 率 を 現 状 の75%から 少 な くとも90%とすることを 目 標 としています また 県 計 画

12 県 計 画 では 住 宅 は90% 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は 80%とすることを 目 標 としています 本 市 では 耐 震 化 の 現 状 や 今 後 の 施 策 効 果 等 を 考 慮 し 耐 震 化 率 の 目 標 数 値 を 以 下 のとおりとします なお 耐 震 化 の 状 況 については 住 宅 については 住 宅 土 地 統 計 調 査 に 併 せて また 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の ( 注 うち 市 有 ほか 国 県 の 建 築 物 については 国 の 調 査 1) に 併 せて 民 間 建 築 物 については 可 能 な 方 法 ( 定 期 報 告 等 を 活 用 ) で 実 態 の 把 握 を 行 うこととします ( 注 1) 国 の 調 査 建 築 物 の 耐 震 診 断 改 修 の 状 況 調 査 ( 国 土 交 通 省 ) では 住 宅 は90% 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 は80% とすることを 目 標 としています 本 市 では 耐 震 化 の 現 状 や 今 後 の 施 策 効 果 等 を 考 慮 し 耐 震 化 率 の 目 標 数 値 を 以 下 のとお りとします なお 耐 震 化 の 状 況 については 住 宅 については 住 宅 土 地 統 計 調 査 に 併 せて また 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の ( 注 うち 市 有 ほか 国 県 の 建 築 物 については 国 の 調 査 1) に 併 せて 民 間 建 築 物 については 可 能 な 方 法 ( 定 期 報 告 等 を 活 用 ) で 実 態 の 把 握 を 行 うこととします ( 注 1) 国 の 調 査 建 築 物 の 耐 震 診 断 改 修 の 状 況 調 査 ( 国 土 交 通 省 ) 1 住 宅 住 宅 の 耐 震 化 率 については 国 県 の 目 標 を 踏 まえ 現 状 の75%を 平 成 27 年 度 までに 90%とすることを 目 標 とし ます この 目 標 を 達 成 するためには 現 状 の 住 宅 数 71,560 戸 のうち 耐 震 性 がない 住 宅 17,776 戸 を 約 7,000 戸 まで 減 少 させる 必 要 があります これを 実 現 するためには 建 替 えや 住 替 えの 促 進 を 図 るとと もに 耐 震 改 修 戸 数 を 増 加 させる 必 要 があります 表 6 表 6 - 住 宅 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 1 住 宅 住 宅 の 耐 震 化 率 については 国 県 の 目 標 を 踏 まえ 現 状 の75%を 平 成 27 年 度 までに 90%とすることを 目 標 とし ます この 目 標 を 達 成 するためには 現 状 の 住 宅 数 71,560 戸 のうち 耐 震 性 がない 住 宅 17,776 戸 を 約 7,000 戸 まで 減 少 させる 必 要 があります これを 実 現 するためには 建 替 えや 住 替 えの 促 進 を 図 るとと もに 耐 震 改 修 戸 数 を 増 加 させる 必 要 があります 表 6 表 6 - 住 宅 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 現 状 平 成 27 年 度 目 標 住 宅 総 数 71,560 戸 約 68,500 戸 住 宅 総 数 71,560 戸 約 68,500 戸 うち 耐 震 性 有 53,784 戸 約 61,500 戸 うち 耐 震 性 有 53,784 戸 約 61,500 戸 (75%) (90%) (75%) (90%) うち 耐 震 性 無 17,776 戸 約 7,000 戸 うち 耐 震 性 無 17,776 戸 約 7,000 戸 (25%) (10%) (25%) (10%)

13 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 全 体 の 耐 震 化 率 は 平 成 27 年 度 までに80%とすることを 目 標 とします 表 7 このうち 公 共 団 体 が 所 有 する 建 築 物 は 国 は 基 本 方 針 で9 0% 県 は 県 計 画 で100%としており 本 市 の 所 有 する 建 築 物 については 80%とします また 民 間 建 築 物 については 平 成 27 年 度 における 耐 震 化 率 は 県 の 推 計 や 施 策 効 果 等 から 現 状 から9ポイント 増 の76%にすることを 目 標 と します 表 8 2 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 全 体 の 耐 震 化 率 は 平 成 27 年 度 までに80%とすることを 目 標 とします 表 7 このうち 公 共 団 体 が 所 有 する 建 築 物 は 国 は 基 本 方 針 で9 0% 県 は 県 計 画 で100%としており 本 市 の 所 有 する 建 築 物 については 80%とします また 民 間 建 築 物 については 平 成 27 年 度 における 耐 震 化 率 は 県 の 推 計 や 施 策 効 果 等 から 現 状 から9ポイント 増 の76%にすることを 目 標 と します 表 8 表 7 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 多 数 利 用 等 建 築 物 807 棟 約 800 棟 総 数 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 約 640 棟 (80%) うち 耐 震 性 無 230 棟 (29%) 約 160 棟 (20%) 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 表 7 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 ( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 平 成 27 年 度 目 標 多 数 利 用 等 建 築 物 807 棟 約 800 棟 総 数 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 約 640 棟 (80%) うち 耐 震 性 無 230 棟 (29%) 約 160 棟 (20%) 平 成 27 年 度 の 推 計 は 過 去 のトレンド 等 ( 滅 失 建 替 )から 推 計 したものに 今 後 の 施 策 効 果 等 を 加 えたもの 表 8 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 * 現 状 の( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 目 標 値 市 有 建 築 物 187 棟 80% 表 8 - 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 * 現 状 の( ) 内 は 耐 震 化 率 現 状 目 標 値 市 有 建 築 物 187 棟 80%

14 うち 耐 震 性 有 142 棟 (76%) 国 県 の 建 築 物 98 棟 国 90% うち 耐 震 性 有 83 棟 (85%) 民 間 の 建 築 物 522 棟 うち 耐 震 性 有 352 棟 (67%) 合 計 807 棟 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 県 100% 76% 80% 平 成 21 年 度 山 口 県 調 査 の 結 果 をもとにした 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 市 有 建 築 物 については 平 成 22 年 度 の 調 査 状 況 を 考 慮 しています 3 公 共 的 な 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 学 校 病 院 庁 舎 市 営 住 宅 等 は 地 震 などの 災 害 が 発 生 した 場 合 には 防 災 拠 点 避 難 場 所 仮 住 居 等 として 防 災 上 重 要 な 施 設 となります なお 防 災 上 重 要 な 施 設 には ホテル 旅 館 福 祉 施 設 等 の 民 間 建 築 物 のうち 大 規 模 な 地 震 が 発 生 した 場 合 において 公 共 的 にその 利 用 が 可 能 な 建 築 物 も 想 定 されます また 幼 稚 園 保 育 所 老 人 ホームなどは 災 害 時 に 自 らが 避 難 することが 容 易 ではない 利 用 者 が 多 い 建 築 物 です このため これらの 公 共 的 な 建 築 物 は 他 の 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 比 べ 耐 震 化 を 促 進 する 必 要 があることから 一 部 を 除 き 県 計 画 と 同 様 に90% 以 上 とし 各 用 途 別 に 次 のとお りとします 表 9 公 共 的 な 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 * 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 施 設 名 現 状 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 58% 80% 高 等 学 校 53% 95% うち 耐 震 性 有 142 棟 (76%) 国 県 の 建 築 物 98 棟 国 90% うち 耐 震 性 有 83 棟 (85%) 県 100% 民 間 の 建 築 物 522 棟 うち 耐 震 性 有 352 棟 (67%) 76% 合 計 807 棟 うち 耐 震 性 有 577 棟 (71%) 80% 3 公 共 的 な 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 のうち 学 校 病 院 庁 舎 市 営 住 宅 等 は 地 震 などの 災 害 が 発 生 した 場 合 には 防 災 拠 点 避 難 場 所 仮 住 居 等 として 防 災 上 重 要 な 施 設 となります また 幼 稚 園 保 育 所 老 人 ホームなどは 災 害 時 に 自 らが 避 難 す ることが 容 易 ではない 利 用 者 が 多 い 建 築 物 です このため これらの 公 共 的 な 建 築 物 は 他 の 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 比 べ 耐 震 化 を 促 進 する 必 要 があることから 一 部 を 除 き 県 計 画 と 同 様 に90% 以 上 とし 各 用 途 別 に 次 のとお りとします 表 9 公 共 的 な 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 * 国 県 市 民 間 建 築 物 の 用 途 別 合 計 施 設 名 現 状 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 58% 80% 高 等 学 校 53% 95%

15 病 院 68% 90% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 80% 90% 市 県 営 住 宅 等 97% 98% 幼 稚 園 保 育 所 56% 90% 病 院 68% 90% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 80% 90% 市 県 営 住 宅 等 97% 98% 幼 稚 園 保 育 所 56% 90% 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 等 76% 90% 老 人 福 祉 センター 身 体 障 害 者 福 祉 ホーム 等 76% 90% 4 市 有 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 の 中 で 市 有 建 築 物 は8 0%を 目 標 としており 耐 震 化 の 現 状 等 を 考 慮 し 学 校 は8 0% 市 営 住 宅 は95% 庁 舎 等 は80% また その 他 の 施 設 は60%を 目 標 とします なお 市 有 建 築 物 にはこのほか 本 計 画 の 対 象 とならない 規 模 用 途 の 建 築 物 が 多 数 あります これらの 中 には 市 民 センター ふれあいセンターなど 震 災 時 に 応 急 活 動 の 拠 点 として 使 用 されることが 想 定 される 建 築 物 も 多 く 耐 震 性 が 不 明 なものについては 耐 震 診 断 の 実 施 など 耐 震 化 の 促 進 に 努 めることとします 表 10 表 8 のうち 市 有 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 公 共 的 建 築 物 施 設 区 分 現 状 耐 震 化 率 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 73 棟 58% 80% 市 営 住 宅 99 棟 95% 95% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 計 小 178 棟 6 棟 50% 80% 4 市 有 建 築 物 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 目 標 の 中 で 市 有 建 築 物 は8 0%を 目 標 としており 耐 震 化 の 現 状 等 を 考 慮 し 学 校 は8 0% 市 営 住 宅 は95% 庁 舎 等 は80% また その 他 の 施 設 は60%を 目 標 とします なお 市 有 建 築 物 にはこのほか 本 計 画 の 対 象 とならない 規 模 用 途 の 建 築 物 が 多 数 あります これらの 中 には 市 民 センター ふれあいセンターなど 震 災 時 に 応 急 活 動 の 拠 点 として 使 用 されることが 想 定 される 建 築 物 も 多 く 耐 震 性 が 不 明 なものについては 耐 震 診 断 の 実 施 など 耐 震 化 の 促 進 に 努 めることとします 表 10 表 8 のうち 市 有 建 築 物 の 各 用 途 別 目 標 公 共 的 建 築 物 施 設 区 分 現 状 耐 震 化 率 目 標 値 学 校 ( 小 学 校 中 学 校 等 ) 73 棟 58% 80% 市 営 住 宅 99 棟 95% 95% 庁 舎 等 公 益 上 必 要 な 建 築 物 計 小 178 棟 6 棟 50% 80%

16 そ の 他 の 施 設 9 棟 33% 60% 合 計 187 棟 76% 80% そ の 他 の 施 設 9 棟 33% 60% 合 計 187 棟 76% 80% 第 3 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため 第 3 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るため の 施 策 に 関 する 事 項 第 1 節 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 基 本 的 な 取 組 方 針 県 市 建 築 物 所 有 者 等 建 築 関 係 技 術 者 住 宅 建 築 関 係 団 体 自 治 会 等 の 地 域 団 体 と 以 下 に 示 す 役 割 のもと 連 携 を 図 りながら 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 進 めます 1 役 割 分 担 (1) 市 の 役 割 市 は 建 築 物 の 所 有 者 が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 支 援 するため 連 携 して 以 下 のことを 実 施 していきます 1 計 画 の 策 定 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 見 直 し 2 市 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 の 計 画 的 な 実 施 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 187 棟 のうち 39%を 占 める 学 校 については 耐 震 化 率 が58%であることから 国 の 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 などを 活 用 し 計 画 的 に 耐 震 二 次 ( 注 診 断 1) 改 修 を 進 めていきます また その 他 防 災 上 の 拠 点 となる 施 設 についても 耐 震 診 断 改 修 について 引 き 続 き 進 め ていきます ( 注 1) 耐 震 二 次 診 断 より 詳 細 に 判 定 するためコンクリートのひび 割 れや 強 度 などについて 詳 細 な 現 地 調 査 を 行 い 柱 や 壁 の 中 の 鉄 筋 量 も 考 慮 して 構 造 耐 震 指 標 Is 値 を 算 定 する 方 法 です の 施 策 第 1 節 耐 震 診 断 改 修 に 係 る 基 本 的 な 取 組 方 針 市 建 築 物 所 有 者 等 建 築 関 係 技 術 者 住 宅 建 築 関 係 団 体 自 治 会 等 の 地 域 団 体 と 以 下 に 示 す 役 割 のもと 連 携 を 図 りながら 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 進 めます 1 役 割 分 担 (1) 市 の 役 割 市 は 建 築 物 の 所 有 者 が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 を 支 援 するため 連 携 して 以 下 のことを 実 施 していきます 4 計 画 の 策 定 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 の 策 定 見 直 し 5 市 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 等 の 計 画 的 な 実 施 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 187 棟 のうち 39%を 占 める 学 校 については 耐 震 化 率 が58%であることから 国 の 住 宅 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 などを 活 用 し 計 画 的 に 耐 震 二 次 ( 注 診 断 1) 改 修 を 進 めていきます また その 他 防 災 上 の 拠 点 となる 施 設 についても 耐 震 診 断 改 修 について 引 き 続 き 進 め ていきます ( 注 1) 耐 震 二 次 診 断 より 詳 細 に 判 定 するためコンクリートのひび 割 れや 強 度 などについて 詳 細 な 現 地 調 査 を 行 い 柱 や 壁 の 中 の 鉄 筋 量 も 考 慮 して 構 造 耐 震 指 標 Is 値 を 算 定 する 方 法 です

17 3 耐 震 改 修 等 の 実 施 促 進 民 間 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 促 進 特 に 耐 震 改 修 の 必 要 な 建 築 物 の 設 定 及 び 耐 震 改 修 等 の 誘 導 耐 震 診 断 等 に 対 する 各 種 補 助 事 業 の 実 施 税 制 補 助 のための 証 明 等 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 に 対 する 指 導 助 言 指 示 公 表 耐 震 改 修 促 進 法 第 17 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 計 画 の 認 定 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 耐 震 改 修 促 進 法 第 25 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 4 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 情 報 提 供 等 自 治 会 組 織 と 連 携 した 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 の 指 導 地 震 防 災 関 連 情 報 を 公 開 し 注 意 を 喚 起 5 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 体 制 の 構 築 6 耐 震 改 修 等 の 実 施 促 進 民 間 建 築 物 の 耐 震 診 断 の 促 進 特 に 耐 震 改 修 の 必 要 な 建 築 物 の 設 定 及 び 耐 震 改 修 等 の 誘 導 耐 震 診 断 等 に 対 する 各 種 補 助 事 業 の 実 施 税 制 補 助 のための 証 明 等 4 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 情 報 提 供 等 自 治 会 組 織 と 連 携 した 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 の 指 導 地 震 防 災 関 連 情 報 を 公 開 し 注 意 を 喚 起 5 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 県 建 築 関 係 団 体 との 連 携 体 制 の 構 築 (2) 建 築 物 所 有 者 等 の 役 割 建 築 物 の 耐 震 化 は 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 であり 所 有 者 等 は 以 下 のことに 努 めることとします (2) 建 築 物 所 有 者 等 の 役 割 建 築 物 の 耐 震 化 は 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 であり 所 有 者 等 は 以 下 のことに 努 めることとします

18 1 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 等 自 らが 所 有 管 理 する 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 認 するための 耐 震 診 断 の 実 施 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえた 建 替 耐 震 改 修 の 実 施 5 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 等 自 らが 所 有 管 理 する 建 築 物 の 耐 震 性 を 確 認 するための 耐 震 診 断 の 実 施 耐 震 診 断 の 結 果 を 踏 まえた 建 替 耐 震 改 修 の 実 施 (3) 建 築 関 係 技 術 者 の 役 割 市 が 実 施 する 耐 震 改 修 等 を 促 進 するための 施 策 への 協 力 や 専 門 的 知 識 を 有 する 建 築 関 係 技 術 者 として 所 有 者 への 適 切 な 助 言 等 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 適 切 な 助 言 2 耐 震 改 修 等 の 実 施 耐 震 改 修 等 の 業 務 の 適 切 な 実 施 3 耐 震 改 修 等 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 耐 震 診 断 改 修 講 習 会 等 の 受 講 受 講 者 名 簿 への 登 録 耐 震 改 修 等 に 関 する 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 (3) 建 築 関 係 技 術 者 の 役 割 市 が 実 施 する 耐 震 改 修 等 を 促 進 するための 施 策 への 協 力 や 専 門 的 知 識 を 有 する 建 築 関 係 技 術 者 として 所 有 者 への 適 切 な 助 言 等 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 所 有 者 等 に 対 する 耐 震 性 向 上 に 関 する 適 切 な 助 言 6 耐 震 改 修 等 の 実 施 耐 震 改 修 等 の 業 務 の 適 切 な 実 施 7 耐 震 改 修 等 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 耐 震 診 断 改 修 講 習 会 等 の 受 講 受 講 者 名 簿 への 登 録 耐 震 改 修 等 に 関 する 技 術 の 向 上 知 識 の 習 得 (4) 住 宅 建 築 関 係 団 体 の 役 割 市 が 実 施 する 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するための 施 策 へ の 協 力 や 中 立 的 な 立 場 から 建 築 物 の 所 有 者 等 への 適 切 な 助 言 や 所 有 者 技 術 者 及 び 行 政 等 と 連 携 し 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 診 断 改 修 等 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 耐 震 講 習 会 等 の 実 施 2 技 術 者 の 養 成 耐 震 診 断 改 修 に 関 する 技 術 者 研 修 の 実 施 等 (4) 住 宅 建 築 関 係 団 体 の 役 割 市 が 実 施 する 建 築 物 の 耐 震 化 を 促 進 するための 施 策 へ の 協 力 や 中 立 的 な 立 場 から 建 築 物 の 所 有 者 等 への 適 切 な 助 言 や 所 有 者 技 術 者 及 び 行 政 等 と 連 携 し 以 下 のことに 努 めることとします 1 所 有 者 等 に 対 する 普 及 啓 発 情 報 提 供 耐 震 診 断 改 修 等 相 談 窓 口 の 設 置 運 営 耐 震 講 習 会 等 の 実 施 2 技 術 者 の 養 成 耐 震 診 断 改 修 に 関 する 技 術 者 研 修 の 実 施 等

19 3 耐 震 診 断 業 務 の 促 進 耐 震 診 断 を 行 う 者 に 対 する 情 報 提 供 ( 注 1) やまぐち 住 宅 リフォームアドバイザー 派 遣 制 度 4 市 との 連 携 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 のための 市 への 協 力 ( 注 1)( 一 財 ) 山 口 県 建 築 住 宅 センターの 有 償 によるアドバイザー 派 遣 制 度 で 中 立 的 な 立 場 で 住 宅 の 劣 化 状 況 簡 易 な 耐 震 性 の 確 認 や 改 修 に 関 するア ドバイスを 行 います 3 耐 震 診 断 業 務 の 促 進 耐 震 診 断 を 行 う 者 に 対 する 情 報 提 供 ( 注 1) やまぐち 住 宅 リフォームアドバイザー 派 遣 制 度 8 市 との 連 携 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 のための 市 への 協 力 ( 注 1)( 一 財 ) 山 口 県 建 築 住 宅 センターの 有 償 によるアドバイザー 派 遣 制 度 で 中 立 的 な 立 場 で 住 宅 の 劣 化 状 況 簡 易 な 耐 震 性 の 確 認 や 改 修 に 関 するア ドバイスを 行 います (5) 自 治 会 等 の 役 割 自 治 会 等 は 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 について 地 域 の 積 極 的 な 取 組 みにより 以 下 のことに 努 めることとします 1 普 及 啓 発 情 報 提 供 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 のための 自 治 会 活 動 等 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 等 (5) 自 治 会 等 の 役 割 自 治 会 等 は 建 築 物 の 耐 震 化 の 促 進 について 地 域 の 積 極 的 な 取 組 みにより 以 下 のことに 努 めることとします 2 普 及 啓 発 情 報 提 供 建 築 物 の 耐 震 性 向 上 のための 自 治 会 活 動 等 家 具 の 転 倒 対 策 ブロック 塀 の 転 倒 対 策 等 2 事 業 の 実 施 方 針 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 については まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 です 市 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 みをできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 等 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 のため の 制 度 などにより 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 を 進 めるものとしま す 2 事 業 の 実 施 方 針 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 については まず 住 宅 建 築 物 の 所 有 者 等 の 積 極 的 な 取 組 みが 不 可 欠 です 市 は こうした 所 有 者 等 の 取 組 みをできる 限 り 支 援 するという 観 点 から 所 有 者 等 が 耐 震 改 修 等 を 行 いやすい 環 境 の 整 備 や 負 担 軽 減 のため の 制 度 などにより 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 を 進 めるものとしま す 3 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 方 針 平 成 17 年 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 宮 城 県 沖 地 震 などで 見 ら れるように 地 震 の 発 生 により 建 築 物 本 体 以 外 の 窓 ガラスや 天 井 といった 部 材 の 落 下 等 による 人 身 事 故 や ブロック 塀 の 3 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 の 方 針 平 成 17 年 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 宮 城 県 沖 地 震 などで 見 ら れるように 地 震 の 発 生 により 建 築 物 本 体 以 外 の 窓 ガラスや 天 井 といった 部 材 の 落 下 等 による 人 身 事 故 や ブロック 塀 の

20 倒 壊 エレベーター 内 の 閉 じ 込 め 事 故 等 が 起 きています 地 震 による 被 害 を 防 止 するためには 建 築 物 本 体 の 耐 震 化 だけ でなくこれらの 部 材 等 の 耐 震 化 を 図 る 必 要 があります ( 注 1) このため 建 築 基 準 法 に 基 づく 定 期 報 告 対 象 建 築 物 に ついては 定 期 報 告 の 提 出 時 や 立 入 調 査 等 の 機 会 をとらえて 現 行 基 準 に 適 合 していないと 考 えられる 建 築 物 に 対 して 耐 震 改 修 等 を 行 うように 指 導 助 言 などを 行 います なお 現 在 定 期 報 告 対 象 建 築 物 となっていない 体 育 館 等 については 地 震 災 害 時 に 避 難 場 所 等 になることが 想 定 され ることから 今 後 定 期 報 告 の 対 象 に 追 加 するなどの 措 置 を 講 じ 定 期 報 告 の 提 出 時 等 の 機 会 を 捉 えて 耐 震 性 向 上 のため の 指 導 助 言 を 行 うこととします ( 注 1) 定 期 報 告 病 院 劇 場 映 画 館 店 舗 等 の 建 築 物 のうち 特 定 行 政 庁 が 規 則 で 指 定 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 の 所 有 者 等 は 一 級 建 築 士 等 の 有 資 格 者 に 損 傷 腐 食 等 の 状 況 の 調 査 をさせ その 結 果 を 特 定 行 政 庁 に 報 告 する 制 度 倒 壊 エレベーター 内 の 閉 じ 込 め 事 故 等 が 起 きています 地 震 による 被 害 を 防 止 するためには 建 築 物 本 体 の 耐 震 化 だけ でなくこれらの 部 材 等 の 耐 震 化 を 図 る 必 要 があります ( 注 1) このため 建 築 基 準 法 に 基 づく 定 期 報 告 対 象 建 築 物 に ついては 定 期 報 告 の 提 出 時 や 立 入 調 査 等 の 機 会 をとらえて 現 行 基 準 に 適 合 していないと 考 えられる 建 築 物 に 対 して 耐 震 改 修 等 を 行 うように 指 導 助 言 などを 行 います なお 現 在 定 期 報 告 対 象 建 築 物 となっていない 体 育 館 等 については 地 震 災 害 時 に 避 難 場 所 等 になることが 想 定 され ることから 今 後 定 期 報 告 の 対 象 に 追 加 するなどの 措 置 を 講 じ 定 期 報 告 の 提 出 時 等 の 機 会 を 捉 えて 耐 震 性 向 上 のため の 指 導 助 言 を 行 うこととします ( 注 1) 定 期 報 告 病 院 劇 場 映 画 館 店 舗 等 の 建 築 物 のうち 特 定 行 政 庁 が 規 則 で 指 定 する 一 定 規 模 以 上 の 建 築 物 の 所 有 者 等 は 一 級 建 築 士 等 の 有 資 格 者 に 損 傷 腐 食 等 の 状 況 の 調 査 をさせ その 結 果 を 特 定 行 政 庁 に 報 告 する 制 度 第 2 節 耐 震 改 修 促 進 法 に 基 づく 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 の 概 要 1 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 指 導 等 の 実 施 市 は 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 に 対 して 所 有 する 建 築 物 が 耐 震 診 断 の 実 施 及 び 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 義 務 の 対 象 建 築 物 となっている 旨 の 十 分 な 周 知 を 行 い その 確 実 な 実 施 を 図 り 期 限 までに 耐 震 診 断 の 結 果 を 報 告 しない 所 有 者 に 対 しては 個 別 の 通 知 等 を 行 う ことにより 耐 震 診 断 結 果 の 報 告 をするように 促 します それ でもなお 報 告 しない 場 合 にあっては 耐 震 改 修 促 進 法 第 8 条 第

21 1 項 の 規 定 に 基 づき 当 該 所 有 者 に 対 し 相 当 の 期 限 を 定 めて 耐 震 診 断 の 結 果 の 報 告 を 行 うべきことを 命 ずるとともに その 旨 をホームページ 等 により 公 表 することとします 2 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 及 び 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 耐 震 診 断 結 果 の 公 表 は ホームページ 等 により 公 表 するこ ととします また 耐 震 性 がないと 公 表 された 建 築 物 について 公 表 後 に 耐 震 改 修 等 により 耐 震 性 が 確 保 された 場 合 には 公 表 内 容 を 速 やかに 更 新 します 3 耐 震 改 修 促 進 法 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 指 導 等 の 実 施 市 は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 耐 震 診 断 等 を 行 い 耐 震 化 の 状 況 調 査 をするなどの 指 導 をし 耐 震 診 断 の 結 果 耐 震 性 が 無 い 建 築 物 については その 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 耐 震 改 修 等 の 対 策 を 行 うよう 指 導 します 指 導 に 当 たっては 優 先 的 に 指 示 を 行 うべき 建 築 物 から 順 に 立 入 調 査 等 適 切 な 指 導 を 行 い 耐 震 化 についての 助 言 等 を 行 い ます また その 建 築 物 の 耐 震 化 に 係 る 計 画 等 の 報 告 を 受 け 進 捗 状 況 について 管 理 し 県 との 連 携 により 適 切 な 指 導 を 継 続 して 行 います 4 耐 震 改 修 促 進 法 第 15 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存

22 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 指 示 の 実 施 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 1 災 害 時 の 避 難 施 設 や 防 災 上 重 要 な 建 築 物 2 地 震 時 にその 入 居 者 等 が 自 力 で 避 難 す ることが 困 難 な 建 築 物 3 不 特 定 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 4 危 険 物 の 貯 蔵 場 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 の 順 に 指 示 を 行 うこととします また 指 導 及 び 助 言 を 行 っても 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 実 施 さ れない 場 合 においては その 実 施 を 促 し さらに 協 力 が 得 られ ない 場 合 には 具 体 的 に 実 施 すべき 事 項 を 明 示 した 指 示 書 の 交 付 等 を 行 うこととします 5 耐 震 改 修 促 進 法 第 15 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 の 公 表 市 は 特 定 既 存 耐 震 不 適 格 建 築 物 について 指 示 を 行 ったに もかかわらず その 指 示 に 従 わずに 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 実 施 されない 場 合 には その 旨 をホームページ 等 により 公 表 する こととします 第 3 節 建 築 基 準 法 による 勧 告 命 令 等 の 実 施 市 は 耐 震 改 修 促 進 法 第 12 条 第 3 項 ( 附 則 第 3 条 第 3 項 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 む ) 又 は 第 15 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 公 表 を 行 ったにもかかわらず 建 築 物 の 所 有 者 が 耐 震 改 修 等 を 行 わない 場 合 次 の 措 置 を 行 うこととします 1 傷 腐 食 その 他 の 劣 化 が 進 み そのまま 放 置 すれば 著 しく 保 安 上 危 険 となるおそれがあると 認 められる 建 築 物 については 建 築 基 準 法 第 10 条 第 1 項 の 勧 告 同 条 第 2 項 の 命 令 2 構 造 耐 力 上 主 要 な 部 分 の 地 震 に 対 する 安 全 性 について 著 し く 保 安 上 危 険 であると 認 められる 建 築 物 については 速 やかに 同

23 条 第 3 項 による 命 令 第 4 節 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 を 図 るための 支 援 策 の 概 要 平 成 27 年 度 までに 耐 震 化 率 を 目 標 数 値 に 引 き 上 げるために は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 耐 震 性 が 不 十 分 な 建 築 物 の 耐 震 改 修 や 建 替 えを 促 進 させる 必 要 があります 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 建 築 物 の 中 には 耐 震 性 を 有 するものも あると 想 定 されるものの 耐 震 診 断 を 行 っていないために その 実 態 が 不 明 です このため 耐 震 性 の 判 断 がされずに 耐 震 改 修 や 建 替 えが 促 進 されていないと 推 測 されます 平 成 18 年 に 県 が 実 施 したアンケート 調 査 結 果 では 建 築 物 所 有 者 自 らの 資 金 で 行 うことは 限 界 があり 耐 震 診 断 改 修 を 行 う ための 助 成 制 度 の 創 設 拡 充 が 求 められています 本 市 では 既 に 国 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 した 助 成 制 度 を 創 設 していますが 今 後 の 利 用 状 況 を 勘 案 し 制 度 の 充 実 を 図 っていきます 第 2 節 耐 震 診 断 改 修 の 促 進 を 図 るための 支 援 策 の 概 要 平 成 27 年 度 までに 耐 震 化 率 を 目 標 数 値 に 引 き 上 げるために は 昭 和 56 年 5 月 以 前 に 建 築 された 耐 震 性 が 不 十 分 な 建 築 物 の 耐 震 改 修 や 建 替 えを 促 進 させる 必 要 があります 昭 和 56 年 5 月 以 前 の 建 築 物 の 中 には 耐 震 性 を 有 するものも あると 想 定 されるものの 耐 震 診 断 を 行 っていないために その 実 態 が 不 明 です このため 耐 震 性 の 判 断 がされずに 耐 震 改 修 や 建 替 えが 促 進 されていないと 推 測 されます 平 成 18 年 に 県 が 実 施 したアンケート 調 査 結 果 では 建 築 物 所 有 者 自 らの 資 金 で 行 うことは 限 界 があり 耐 震 診 断 改 修 を 行 う ための 助 成 制 度 の 創 設 拡 充 が 求 められています 本 市 では 既 に 国 県 の 補 助 事 業 等 を 活 用 した 助 成 制 度 を 創 設 していますが 今 後 の 利 用 状 況 を 勘 案 し 制 度 の 充 実 を 図 っていきます 1 市 が 実 施 する 支 援 策 ( 注 市 では 国 県 の 補 助 事 業 1) を 活 用 し 平 成 19 年 度 から 木 造 戸 建 て 住 宅 を 中 心 に した 耐 震 診 断 改 修 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施 しています 表 11 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 住 宅 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 1 市 が 実 施 する 支 援 策 ( 注 市 では 国 県 の 補 助 事 業 1) を 活 用 し 平 成 19 年 度 から 木 造 戸 建 て 住 宅 を 中 心 に した 耐 震 診 断 改 修 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施 しています 表 11 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 住 宅 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 無 料 耐 震 診 断 員 を 派 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 無 料 耐 震 診 断 員 を 派 に 要 する された 一 戸 建 て 木 造 住 宅 遣 する に 要 する された 一 戸 建 て 木 造 住 宅 遣 する 費 用 費 用

24 耐 震 改 修 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 改 修 費 用 の 三 分 耐 震 改 修 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 改 修 費 用 の 三 分 に 要 する され 現 行 の 耐 震 基 準 を 満 たさ の 二 かつ に 要 する され 現 行 の 耐 震 基 準 を 満 たさ の 二 かつ 費 用 ない 一 戸 建 て 木 造 住 宅 6 0 万 円 を 上 限 に 補 費 用 ない 一 戸 建 て 木 造 住 宅 6 0 万 円 を 上 限 に 補 助 する 助 する 表 12 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 建 築 物 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 表 12 住 宅 建 築 物 耐 震 化 促 進 事 業 ( 建 築 物 ) 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 診 断 費 用 の 三 分 耐 震 診 断 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 着 工 耐 震 診 断 費 用 の 三 分 に 要 する された 民 間 が 所 有 する 学 校 病 の 二 か つ 万 円 に 要 する された 民 間 が 所 有 する 学 校 病 の 二 か つ 万 円 費 用 院 幼 稚 園 社 会 福 祉 施 設 等 の を 上 限 に 補 助 する 費 用 院 幼 稚 園 社 会 福 祉 施 設 等 の を 上 限 に 補 助 する 公 共 的 建 築 物 公 共 的 建 築 物 表 13 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 区 分 対 象 建 築 物 補 助 額 等 耐 震 診 断 に 要 する 費 用 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 に 規 定 する 建 築 物 延 べ 面 積 1,000 m2 以 内 の 部 分 は 2,060 円 /m2 以 内 延 べ 面 積 1,000 m2を 超 えて 2,000 m2 以 内 の 部 分 は 1,540 円 / m2 以 内 延 べ 面 積 2,000 m2を 越 える 部 分 は 1,030 円 /m2 以 内 を 限 度 とし 耐 震 診 断 費 用 の 六 分 の 五 以 内 を 補 助 する ( 注 1) 耐 震 診 断 に 対 する 補 助 及 び 耐 震 改 修 に 対 する 補 助 は 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 による 合 わせて 県 の 協 調 補 助 制 度 を 活 用 しています

25 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 耐 震 改 修 促 進 法 附 則 第 3 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 建 築 物 のう ち 病 院 及 び 第 2 号 に 規 定 する 建 築 物 48,700 円 /m2を 限 度 とし 耐 震 改 修 費 用 の 23% 以 内 を 限 度 とす る 避 難 所 等 として 災 害 時 に 重 要 な 機 能 を 果 たす 建 築 物 で 宇 部 市 と 協 定 を 結 んだ 建 築 物 又 は 宇 部 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 等 に 位 置 付 け られた 建 築 物 ( 注 1) 耐 震 診 断 に 対 する 補 助 及 び 耐 震 改 修 に 対 する 補 助 は 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 による 合 わせて 県 の 協 調 補 助 制 度 を 活 用 しています 2 その 他 の 支 援 策 (1) 私 立 学 校 耐 震 化 促 進 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 幼 稚 園 中 高 )が 行 う 耐 震 診 断 及 び 耐 震 補 強 工 事 又 は 改 築 工 事 に 要 する 経 費 の 一 部 を 山 口 県 が 補 助 します 2 その 他 の 支 援 策 (1) 私 立 学 校 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 私 立 高 等 学 校 等 施 設 高 機 能 化 整 備 費 ) 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 小 中 高 ) 等 が 行 う 耐 震 補 強 工 事 に 要 する 事 業 者 負 担 額 の 一 部 を 山 口 県 が 助 成 します (2) 私 立 学 校 耐 震 化 促 進 利 子 補 給 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 学 校 ( 幼 稚 園 中 高 )が 耐 震 化 工 事 を 実 施 する 際 の 借 入 金 に 係 る 利 子 償 還 金 に 対 して 原 則 無 利 子 となるよう 山 口 県 が 補 助 します (2) 私 立 幼 稚 園 施 設 整 備 費 補 助 事 業 国 ( 文 部 科 学 省 )の 補 助 事 業 を 利 用 して 私 立 幼 稚 園 が 行 う 耐 震 補 強 工 事 に 要 する 事 業 者 負 担 額 の 一 部 を 山 口 県 が 助 成 します (3) 所 得 税 の 特 別 控 除 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 個 人 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 所 得 税 額 から 一 定 の 額 が 控 除 されます (3) 所 得 税 の 特 別 控 除 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 に 建 築 された 個 人 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 所 得 税 額 から 一 定 の 額 が 控 除 されます

26 (4) 固 定 資 産 税 の 減 額 平 成 18 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までに 昭 和 57 年 1 月 1 日 以 前 から 所 在 する 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 1 20m2 相 当 部 分 につき 工 事 の 時 期 により 異 なりますが 固 定 資 産 税 が 一 定 期 間 2 分 の1に 減 額 されます (4) 固 定 資 産 税 の 減 額 平 成 18 年 1 月 1 日 から 平 成 27 年 12 月 31 日 までに 昭 和 57 年 1 月 1 日 以 前 から 所 在 する 住 宅 を 耐 震 改 修 した 場 合 1 20m2 相 当 部 分 につき 工 事 の 時 期 により 異 なりますが 固 定 資 産 税 が 一 定 期 間 2 分 の1に 減 額 されます 第 5 節 安 心 して 耐 震 改 修 を 行 うための 環 境 整 備 1 消 費 者 への 情 報 提 供 (1) 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 ま い 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 効 率 的 な 耐 震 改 修 の 提 案 として リフォームにあわせた 住 宅 耐 震 改 修 法 を 紹 介 する 事 例 集 を 相 談 窓 口 や 各 市 民 センターに 設 置 するととも に ホームページ( 以 下 HP という ) 等 で 紹 介 してい きます 第 3 節 安 心 して 耐 震 改 修 を 行 うための 環 境 整 備 1 消 費 者 への 情 報 提 供 (1) 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 ま い 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 効 率 的 な 耐 震 改 修 の 提 案 として リフォームにあわせた 住 宅 耐 震 改 修 法 を 紹 介 する 事 例 集 を 相 談 窓 口 や 各 市 民 センターに 設 置 するととも に ホームページ( 以 下 HP という ) 等 で 紹 介 してい きます (2) 優 良 技 術 者 の 紹 介 講 習 会 の 受 講 修 了 者 を 登 載 した 山 口 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 耐 震 改 修 技 術 者 名 簿 を 相 談 窓 口 HP 等 において 紹 介 するなど 優 良 な 技 術 者 の 情 報 提 供 を 行 います (3) 優 良 事 業 者 の 紹 介 建 築 関 係 団 体 と 連 携 したやまぐち 住 宅 リフォーム 事 業 者 登 録 制 度 による 事 業 者 情 報 の 提 供 を 相 談 窓 口 などで 行 いま す 2 相 談 窓 口 の 設 置 相 談 窓 口 において 耐 震 改 修 等 の 相 談 を 受 けられる 体 制 を (2) 優 良 技 術 者 の 紹 介 講 習 会 の 受 講 修 了 者 を 登 載 した 山 口 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 耐 震 改 修 技 術 者 名 簿 を 相 談 窓 口 HP 等 において 紹 介 するなど 優 良 な 技 術 者 の 情 報 提 供 を 行 います (3) 優 良 事 業 者 の 紹 介 建 築 関 係 団 体 と 連 携 したやまぐち 住 宅 リフォーム 事 業 者 登 録 制 度 による 事 業 者 情 報 の 提 供 を 相 談 窓 口 などで 行 いま す 2 相 談 窓 口 の 設 置 相 談 窓 口 において 耐 震 改 修 等 の 相 談 を 受 けられる 体 制 を

27 充 実 させます また 相 談 を 受 ける 職 員 の 能 力 向 上 を 図 るた め 研 修 会 の 開 催 講 習 会 への 参 加 に 努 めます 充 実 させます また 相 談 を 受 ける 職 員 の 能 力 向 上 を 図 るた め 研 修 会 の 開 催 講 習 会 への 参 加 に 努 めます 第 6 節 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 1 窓 ガラスの 落 下 防 止 対 策 昭 和 53 年 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 における 窓 ガラスの 落 下 による 人 身 事 故 の 発 生 を 受 け 窓 ガラスの 固 定 方 法 等 の 建 築 ( 注 基 準 法 関 連 告 示 が 改 正 1) されました その 後 平 成 17 年 3 月 に 発 生 した 福 岡 県 西 方 沖 地 震 におい て 繁 華 街 にある 既 存 不 適 格 の 商 業 施 設 の 窓 ガラスが 落 下 し 多 くの 負 傷 者 が 出 たことにより この 問 題 が 再 認 識 されていま す さらに 東 日 本 大 震 災 では 建 物 の 外 装 材 が 剥 離 落 下 する 被 害 が 多 数 確 認 されたことから 現 行 の 基 準 に 適 合 しない 窓 ガ ラスの 落 下 防 止 と 併 せて 外 壁 の 落 下 防 止 について 定 期 報 告 の 提 出 時 や 建 築 物 防 災 週 間 などにおける 立 入 調 査 時 防 災 パト ロール 等 の 実 施 時 に 改 修 改 善 等 指 導 していきます ( 注 1) 建 築 基 準 法 関 連 告 示 改 正 昭 和 53 年 に 屋 外 に 面 したはめころし 窓 のガラス 施 工 の 場 合 硬 化 性 シーリング 材 を 使 用 しないように 基 準 が 改 正 されました 第 4 節 地 震 時 の 建 築 物 の 総 合 的 な 安 全 対 策 に 関 する 事 業 の 概 要 1 窓 ガラスの 落 下 防 止 対 策 昭 和 53 年 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 における 窓 ガラスの 落 下 による 人 身 事 故 の 発 生 を 受 け 窓 ガラスの 固 定 方 法 等 の 建 築 ( 注 基 準 法 関 連 告 示 が 改 正 1) されました その 後 平 成 17 年 3 月 に 発 生 した 福 岡 県 西 方 沖 地 震 におい て 繁 華 街 にある 既 存 不 適 格 の 商 業 施 設 の 窓 ガラスが 落 下 し 多 くの 負 傷 者 が 出 たことにより この 問 題 が 再 認 識 されていま す このため 現 行 の 基 準 に 合 致 しない 窓 ガラスを 有 する 建 築 物 については 定 期 報 告 の 提 出 時 や 建 築 物 防 災 週 間 などにおける 立 入 調 査 時 防 災 パトロール 等 の 実 施 時 に 改 修 改 善 等 指 導 し ていきます ( 注 1) 建 築 基 準 法 関 連 告 示 改 正 昭 和 53 年 に 屋 外 に 面 したはめころし 窓 のガラス 施 工 の 場 合 硬 化 性 シーリング 材 を 使 用 しないように 基 準 が 改 正 されました 2 大 規 模 建 築 物 における 天 井 崩 落 対 策 平 成 14 年 に 発 生 した 芸 予 地 震 により 学 校 の 体 育 館 の 天 井 が 崩 落 したことを 受 けて 天 井 の 振 止 めの 設 置 やクリアランス ( 適 切 な 隙 間 )を 取 るなどの 技 術 基 準 大 規 模 建 築 物 の 天 井 崩 落 対 策 について( 技 術 基 準 ) ( 平 成 15 年 10 月 国 住 指 発 第 2402 号 )が 作 成 されました 2 大 規 模 建 築 物 における 天 井 崩 落 対 策 平 成 14 年 に 発 生 した 芸 予 地 震 により 学 校 の 体 育 館 の 天 井 が 崩 落 したことを 受 けて 天 井 の 振 止 めの 設 置 やクリアランス ( 適 切 な 隙 間 )を 取 るなどの 技 術 基 準 大 規 模 建 築 物 の 天 井 崩 落 対 策 について( 技 術 基 準 ) ( 平 成 15 年 10 月 国 住 指 発 第 2402 号 )が 作 成 されました

28 その 後 平 成 17 年 8 月 の 宮 城 県 沖 地 震 において 技 術 基 準 に 適 合 していない 屋 内 プールの 天 井 が 崩 落 し 負 傷 者 が 出 たこ とを 受 け 体 育 館 などの 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 について 国 から 再 度 技 術 基 準 への 適 合 が 求 められました さらに 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 において 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 の 天 井 が 脱 落 した 事 案 が 多 数 生 じ たことから 平 成 25 年 7 月 に 建 築 基 準 法 施 行 令 が 改 正 され 天 井 の 脱 落 防 止 措 置 の 基 準 が 定 められたことに 伴 い 建 築 物 の 定 期 調 査 報 告 に 係 る 調 査 方 法 が 見 直 されました このことから 基 準 に 適 合 していない 建 築 物 については 耐 震 改 修 等 の 大 規 模 な 修 繕 や 定 期 調 査 時 を 捉 え 基 準 に 適 合 する ように 既 存 建 築 物 の 所 有 者 や 管 理 者 に 対 して 必 要 な 指 導 助 言 を 行 います その 後 平 成 17 年 8 月 の 宮 城 県 沖 地 震 において 技 術 基 準 に 適 合 していない 屋 内 プールの 天 井 が 崩 落 し 負 傷 者 が 出 たこ とを 受 け 体 育 館 などの 大 規 模 空 間 を 有 する 建 築 物 について 国 から 再 度 技 術 基 準 への 適 合 が 求 められました このため 耐 震 改 修 等 の 大 規 模 な 修 繕 時 を 捉 え 技 術 基 準 に 適 合 するように 既 存 建 築 物 の 所 有 者 管 理 者 に 対 して 指 導 助 言 を 行 います 3 地 震 時 におけるエレベーターの 閉 じ 込 め 防 止 対 策 平 成 17 年 7 月 に 発 生 した 千 葉 県 北 西 部 を 震 源 とする 地 震 において エレベーターの 故 障 損 傷 等 や 閉 じ 込 め 事 故 が 発 生 したことを 踏 まえ エレベーターの 地 震 対 策 について 早 急 に 取 り 組 む 必 要 があります この 地 震 では 人 身 危 害 の 可 能 性 のある 故 障 損 傷 もありま したが 平 成 10 年 以 降 の 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 方 針 ( 注 1) ( 以 下 新 指 針 )によるエレベーターでの 故 障 等 は 発 生 して いなかったことが 報 告 されています さらに 東 日 本 大 震 災 における 被 災 状 況 に 鑑 み 平 成 25 年 7 月 には 建 築 基 準 法 施 行 令 が 改 正 され エレベーター エス カレーター 等 の 脱 落 防 止 措 置 の 基 準 が 定 められました このため この 基 準 に 適 合 しない 既 存 エレベーターについ て 基 準 と 同 等 の 耐 震 化 を 図 る 改 修 改 善 等 を 行 うよう 啓 発 す 3 地 震 時 におけるエレベーターの 閉 じ 込 め 防 止 対 策 平 成 17 年 7 月 に 発 生 した 千 葉 県 北 西 部 を 震 源 とする 地 震 において エレベーターの 故 障 損 傷 等 や 閉 じ 込 め 事 故 が 発 生 したことを 踏 まえ エレベーターの 地 震 対 策 について 早 急 に 取 り 組 む 必 要 があります この 地 震 では 人 身 危 害 の 可 能 性 のある 故 障 損 傷 もありま したが 平 成 10 年 以 降 の 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 方 針 ( 注 1) ( 以 下 新 指 針 )によるエレベーターでの 故 障 等 は 発 生 して いなかったことが 報 告 されています このため 新 指 針 に 適 合 しない 既 存 エレベーターについて 新 指 針 と 同 等 の 耐 震 化 を 図 る 改 修 改 善 等 を 行 うよう 啓 発 する ( 注 2) とともに 閉 じ 込 め 事 故 防 止 のため 地 震 時 管 制 運 転 装 置 の 設 置 も 合 わせて 指 導 していきます ( 注 1) 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 建 設 省 ( 現 国 土 交 通 省 )から 委 託 を 受 けた( 財 )

29 ( 注 2) るとともに 閉 じ 込 め 事 故 防 止 のため 地 震 時 管 制 運 転 装 置 の 設 置 も 合 わせて 指 導 していきます また 東 日 本 大 震 災 では 住 宅 に 設 置 されていた 電 気 給 湯 器 の 転 倒 被 害 が 多 数 発 生 したことから 建 築 設 備 の 構 造 耐 力 上 安 全 な 構 造 方 法 を 定 める 件 ( 平 成 12 年 建 設 省 告 示 第 1388 号 )に 基 づき 給 湯 設 備 の 転 倒 防 止 の 指 導 を 行 います ( 注 1) 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 建 設 省 ( 現 国 土 交 通 省 )から 委 託 を 受 けた( 一 財 ) 日 本 建 築 センターに 設 置 された 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 検 討 委 員 会 が 昇 降 機 の 耐 震 設 計 施 工 について 一 般 的 な 指 針 を 定 めたもの ( 注 2) 地 震 時 管 制 運 転 装 置 地 震 感 知 器 との 連 動 で 地 震 発 生 時 に 自 動 的 にエレベーターを 最 寄 階 に 停 止 させ 乗 客 の 安 全 を 図 るもの 日 本 建 築 センターに 設 置 された 昇 降 機 耐 震 設 計 施 工 指 針 検 討 委 員 会 が 昇 降 機 の 耐 震 設 計 施 工 について 一 般 的 な 指 針 を 定 めたもの ( 注 2) 地 震 時 管 制 運 転 装 置 地 震 感 知 器 との 連 動 で 地 震 発 生 時 に 自 動 的 にエレベーターを 最 寄 階 に 停 止 させ 乗 客 の 安 全 を 図 るもの 4 ブロック 塀 の 倒 壊 対 策 昭 和 53 年 6 月 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 において ブロック 塀 の 倒 壊 により 死 傷 者 が 出 たことなどによりブロック 塀 に 関 する 基 準 が 改 正 されました ブロック 塀 は 住 宅 密 集 地 等 に 設 置 される 事 例 が 多 く 地 震 時 に 倒 壊 した 場 合 死 傷 者 が 出 る 可 能 性 があることから その 対 策 を 行 う 必 要 があります このため 自 治 会 等 を 通 じ ブロック 塀 の 安 全 対 策 について の 周 知 や 自 治 会 による 危 険 マップ 作 成 に 対 し 市 が 協 力 を 行 うなどして 危 険 防 止 対 策 を 行 います また ブロック 塀 の 代 わりに 生 け 垣 等 を 設 置 するなど 地 震 時 に 危 険 の 少 ない 工 法 への 転 換 をPRします 4 ブロック 塀 の 倒 壊 対 策 昭 和 53 年 6 月 に 発 生 した 宮 城 県 沖 地 震 において ブロック 塀 の 倒 壊 により 死 傷 者 が 出 たことなどによりブロック 塀 に 関 する 基 準 が 改 正 されました ブロック 塀 は 住 宅 密 集 地 等 に 設 置 される 事 例 が 多 く 地 震 時 に 倒 壊 した 場 合 死 傷 者 が 出 る 可 能 性 があることから その 対 策 を 行 う 必 要 があります このため 自 治 会 等 を 通 じ ブロック 塀 の 安 全 対 策 について の 周 知 や 自 治 会 による 危 険 マップ 作 成 に 対 し 市 が 協 力 を 行 うなどして 危 険 防 止 対 策 を 行 います また ブロック 塀 の 代 わりに 生 け 垣 等 を 設 置 するなど 地 震 時 に 危 険 の 少 ない 工 法 への 転 換 をPRします 第 7 節 地 震 発 生 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 関 する 事 項 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 2 号 及 び 第 3 号 並 びに 第 6 条 第 3 項 第 1 号 及 び 第 2 号 の 規 定 に 基 づく 道 路 は 地 震 による 建 築 物 の 倒 壊 閉 塞 によって 緊 急 車 両 の 通 行 や 住 民 の 避 難 の 妨 第 5 節 地 震 発 生 時 に 通 行 を 確 保 すべき 道 路 に 関 する 事 項 地 震 直 後 から 発 生 する 緊 急 輸 送 を 円 滑 かつ 確 実 に 実 施 する ため 県 計 画 では 平 成 9 年 3 月 に 策 定 された 山 口 県 緊 急 輸 送 ネットワーク 計 画 における 第 一 次 緊 急 輸 送 道 路 を 中 心

30 げにならないように 通 行 を 確 保 すべき 道 路 を 定 めることとな っています 山 口 県 では 平 成 9 年 3 月 に 策 定 した 山 口 県 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 において 緊 急 輸 送 を 確 保 するため 必 要 な 道 路 ( 緊 急 輸 送 道 路 )を 定 めています 緊 急 輸 送 道 路 は 地 震 直 後 から 発 生 する 緊 急 輸 送 を 円 滑 かつ 確 実 に 実 施 するために 必 要 な 道 路 であり 道 路 の 耐 震 性 が 確 保 されているとともに 地 震 時 にネットワークとして 機 能 するものとして 定 められて います 県 計 画 では 山 口 県 緊 急 輸 送 道 路 ネットワーク 計 画 の 第 一 次 緊 急 輸 送 道 路 を 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 3 号 に 基 づく 道 路 として 指 定 しています 市 では 県 が 指 定 する 道 路 以 外 の 特 に 人 口 集 中 地 域 密 集 市 街 地 における 道 路 について 地 震 時 の 避 難 路 確 保 の 観 点 から 指 定 の 必 要 性 があるかどうか 調 査 していくこととします に 耐 震 改 修 促 進 法 第 5 条 第 3 項 第 1 号 に 定 める 道 路 として 指 定 されることになっています 市 では 県 が 指 定 を 予 定 する 道 路 以 外 の 特 に 人 口 集 中 地 域 密 集 市 街 地 における 道 路 について 地 震 時 の 避 難 路 確 保 の 観 点 から 指 定 の 必 要 性 があるかどうか 調 査 していくこととします 第 8 節 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 に 関 する 事 項 市 は 地 震 に 対 する 安 全 性 について 判 断 できるように 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 認 定 を 促 進 します また 公 共 建 築 物 について 耐 震 改 修 促 進 法 第 22 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 を 積 極 的 に 活 用 することを 促 進 します 第 9 節 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 に 関 す る 事 項 市 は 円 滑 な 耐 震 改 修 の 実 施 を 促 進 するため 耐 震 改 修 促 進 法 第 25 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 区 分 所 有 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 必 要 性 に 係 る 認 定 を 促 進 します

31 第 4 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 第 4 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 第 1 節 地 震 防 災 関 連 情 報 の 公 表 建 築 物 の 耐 震 化 にあたり 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 識 向 上 を 図 るためには 発 生 のおそれのある 地 震 の 概 要 や 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 の 資 料 を 公 表 し 活 用 することが 求 められま す 本 市 では 市 街 地 の 状 況 や 地 形 地 盤 の 状 況 を 踏 まえた 宇 部 市 ゆれやすさマップ を 作 成 し 市 民 にわかりやすい 地 震 防 災 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 めていきます 宇 部 市 ゆれやすさマップ は 市 内 全 戸 へ 配 布 を 行 い 同 時 に 市 ホームページにおいても 公 表 しています 宇 部 市 ホームページ 及 び 知 識 の 普 及 第 1 節 地 震 防 災 関 連 情 報 の 公 表 建 築 物 の 耐 震 化 にあたり 建 築 物 の 所 有 者 等 の 意 識 向 上 を 図 るためには 発 生 のおそれのある 地 震 の 概 要 や 地 震 による 危 険 性 の 程 度 等 の 資 料 を 公 表 し 活 用 することが 求 められま す 本 市 では 市 街 地 の 状 況 や 地 形 地 盤 の 状 況 を 踏 まえた 宇 部 市 ゆれやすさマップ を 作 成 し 市 民 にわかりやすい 地 震 防 災 に 関 する 情 報 の 提 供 に 努 めていきます 宇 部 市 ゆれやすさマップ は 市 内 全 戸 へ 配 布 を 行 い 同 時 に 市 ホームページにおいても 公 表 しています 宇 部 市 ホームページ 第 2 節 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 建 築 物 の 耐 震 化 について 市 民 の 相 談 に 適 切 に 対 応 できるよ う 建 築 指 導 課 において 相 談 体 制 の 整 備 を 行 い 耐 震 診 断 改 修 をはじめ 助 成 制 度 税 制 等 について 相 談 や 情 報 提 供 な どを 行 うこととします 第 2 節 相 談 体 制 の 整 備 及 び 情 報 提 供 の 充 実 建 築 物 の 耐 震 化 について 市 民 の 相 談 に 適 切 に 対 応 できるよ う 建 築 指 導 課 において 相 談 体 制 の 整 備 を 行 い 耐 震 診 断 改 修 をはじめ 助 成 制 度 税 制 等 について 相 談 や 情 報 提 供 な どを 行 うこととします 第 3 節 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 まい 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 を 相 談 窓 口 に 設 置 するとともに HP 等 で 紹 介 します また 必 要 に 応 じ 出 前 講 座 などにおいても 活 用 することとします 第 3 節 啓 発 用 リーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 の 活 用 地 震 被 害 の 状 況 や 耐 震 診 断 問 診 票 また 安 心 できる 住 まい 方 の 提 案 等 を 掲 載 したリーフレットや 耐 震 改 修 事 例 集 を 相 談 窓 口 に 設 置 するとともに HP 等 で 紹 介 します また 必 要 に 応 じ 出 前 講 座 などにおいても 活 用 することとします

32 第 4 節 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 対 する 普 及 啓 発 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 を 図 るために 定 期 報 告 対 象 建 築 物 については 定 期 的 な 調 査 に 併 せて 耐 震 診 断 改 修 等 を 実 施 するよう 促 します 第 4 節 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 に 対 する 普 及 啓 発 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 等 の 耐 震 化 を 図 るために 定 期 報 告 対 象 建 築 物 については 定 期 的 な 調 査 に 併 せて 耐 震 診 断 改 修 等 を 実 施 するよう 促 します 第 5 節 リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 耐 震 改 修 を 促 進 するためには 設 備 の 更 新 や バリアフリ ー 化 リニューアル 等 のリフォームの 機 会 を 捉 えることが 効 果 的 です このため リフォームとあわせて 耐 震 改 修 が 行 われるよう HPや 事 例 集 等 を 活 用 して リフォームと 耐 震 改 修 を 一 体 的 に 行 った 場 合 のメリットや その 手 法 に 関 する 情 報 提 供 を 行 いま す 第 5 節 リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 耐 震 改 修 を 促 進 するためには 設 備 の 更 新 や バリアフリ ー 化 リニューアル 等 のリフォームの 機 会 を 捉 えることが 効 果 的 です このため リフォームとあわせて 耐 震 改 修 が 行 われるよう HPや 事 例 集 等 を 活 用 して リフォームと 耐 震 改 修 を 一 体 的 に 行 った 場 合 のメリットや その 手 法 に 関 する 情 報 提 供 を 行 いま す 第 6 節 自 主 防 災 組 織 自 治 会 との 連 携 地 震 対 策 の 基 本 は 自 らの 命 は 自 ら 守 る という 自 助 が 基 本 ですが 自 分 たちの 地 域 は 自 分 たちで 守 る という 共 助 も 大 切 であり 自 治 会 等 の 単 位 で 地 震 についての 対 策 を 行 うこ とが 重 要 と 考 えられます 市 では 自 治 会 等 における 住 民 間 の 連 携 や 日 ごろからの 地 震 に 対 する 意 識 などの 備 えのため 自 治 会 等 と 連 携 した 対 策 を 検 討 することとします 自 治 会 等 との 連 携 活 動 として 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 地 震 防 災 対 策 の 啓 発 普 及 を 行 い また 地 域 全 体 での 耐 震 化 の 促 進 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 みを 行 うこ とや 各 家 庭 での 家 具 の 転 倒 防 止 策 の 推 進 などが 重 要 です 市 と しては これらの 活 動 について 出 前 講 座 による 講 習 会 など 必 要 な 第 6 節 自 主 防 災 組 織 自 治 会 との 連 携 地 震 対 策 の 基 本 は 自 らの 命 は 自 ら 守 る という 自 助 が 基 本 ですが 自 分 たちの 地 域 は 自 分 たちで 守 る という 共 助 も 大 切 であり 自 治 会 等 の 単 位 で 地 震 についての 対 策 を 行 うこ とが 重 要 と 考 えられます 市 では 自 治 会 等 における 住 民 間 の 連 携 や 日 ごろからの 地 震 に 対 する 意 識 などの 備 えのため 自 治 会 等 と 連 携 した 対 策 を 検 討 することとします 自 治 会 等 との 連 携 活 動 として 地 震 時 の 危 険 箇 所 の 点 検 等 を 通 じて 地 震 防 災 対 策 の 啓 発 普 及 を 行 い また 地 域 全 体 での 耐 震 化 の 促 進 や 危 険 なブロック 塀 の 改 修 撤 去 等 の 取 組 みを 行 うこ とや 各 家 庭 での 家 具 の 転 倒 防 止 策 の 推 進 などが 重 要 です 市 と しては これらの 活 動 について 出 前 講 座 による 講 習 会 など 必 要 な

33 支 援 を 行 うこととします < 第 3 章 第 2 節 に 転 記 整 理 > 支 援 を 行 うこととします 第 5 章 耐 震 改 修 促 進 法 等 による 指 導 助 言 等 について 1 耐 震 改 修 促 進 法 による 指 導 等 の 実 施 対 応 概 要 指 導 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 各 号 に 規 定 する 建 築 物 助 言 を 対 象 に 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 の 必 要 性 を 説 明 して 耐 震 診 断 等 の 実 施 を 促 し その 実 施 に 関 し 相 談 に 応 じる 方 法 で 行 います 指 示 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 建 築 物 ( 注 1) を 対 象 に 1 災 害 時 の 避 難 施 設 や 防 災 上 重 要 な 建 築 物 2 地 震 時 に 自 力 避 難 が 困 難 な 入 居 者 等 が 多 い 建 築 物 3 不 特 定 多 数 の 者 が 利 用 する 建 築 物 4 危 険 物 の 貯 蔵 場 又 は 処 理 場 の 用 途 に 供 する 建 築 物 の 順 に 建 築 物 の 状 況 等 により 指 示 を 行 う 耐 震 改 修 の 指 示 を 行 う 場 合 は 原 則 として 用 途 と 耐 震 性 能 を 勘 案 して 行 います 指 導 及 び 助 言 を 行 っても 耐 震 診 断 耐 震 改 修 を 実 施 さ れない 場 合 において その 実 施 を 促 し さらに 協 力 が 得 られない 場 合 には 具 体 的 に 実 施 すべき 事 項 を 明 示 した 指 示 書 を 交 付 する 等 の 方 法 で 行 います

34 公 表 所 管 行 政 庁 による 指 示 に 従 わず 耐 震 診 断 耐 震 改 修 が 行 われない 場 合 には その 利 用 者 や 周 辺 の 住 民 に 対 し てその 危 険 性 を 明 らかにすることが 指 示 の 実 効 性 を 確 保 する 上 で 有 効 であることから 社 会 的 影 響 が 大 きいと 予 想 されるものや 所 有 者 管 理 者 が 正 当 な 理 由 がなく 指 示 に 従 わなかった 場 合 には 社 会 的 責 任 を 果 たさなかっ たものとして 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 3 項 の 規 定 によ り その 旨 を 公 表 することを 検 討 していきます 公 表 の 方 法 については 法 に 基 づく 公 表 であるこ とや 市 民 に 広 く 周 知 できることなどから 今 後 の 対 策 に 結 びつくこと 等 を 考 慮 する 必 要 があり HPへの 掲 載 や 各 市 民 センターにおいて 掲 示 を 行 い 住 民 が 閲 覧 でき るようにすることを 検 討 していきます ( 注 1) 耐 震 改 修 促 進 法 第 7 条 第 2 項 に 規 定 する 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 法 第 6 条 第 1 項 各 号 に 規 定 する 建 築 物 の うち 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 を 図 ることが 特 に 必 要 な 建 築 物 で 用 途 により 面 積 規 模 は500m2~2,000m2 以 上 とされています 2 建 築 基 準 法 による 勧 告 等 の 実 施 対 応 概 要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

男鹿市耐震改修促進計画

男鹿市耐震改修促進計画 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 第 2 期 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 男 鹿 市 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 男 鹿 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 1 計 画 策 定 の 背 景 1 2 計 画 の 目 的 2 3 計 画 の 位 置 づけ 2 第 1 章 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 3 1 男 鹿 市

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A188EA8B7B8E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E63038303931322E646F63> 第 4 章 住 宅 の 耐 震 化 促 進 4-1 普 及 啓 発 1. ホームページ 広 報 誌 回 覧 板 での 広 報 活 動 本 市 は 常 時 市 ホームペ ージおいて さらに 定 期 的 に 広 報 いちのみや や 町 内 回 覧 チラシ 等 おいて 耐 震 診 断 耐 震 改 修 につい ての 広 報 活 動 を 行 っていま す 今 後 は これらの 内 容 の 充 実 等 を 図

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層

地 震 はいつ 発 生 するの? 栃 木 県 の 過 去 の 地 震 被 害 を 見 ると 内 陸 部 の 活 断 層 を 震 源 とする 直 下 型 地 震 による 被 害 が 大 きく なっています しかし 平 成 20 年 6 月 の 岩 手 宮 城 内 陸 地 震 は これまで 活 断 層 下 野 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 概 要 版 耐 震 改 修 促 進 計 画 ってなに?? 計 画 の 背 景 と 目 的 平 成 7 年 1 月 に 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 では 6,400 人 余 の 命 が 失 われました このうち 約 5,000 人 が 倒 壊 した 建 物 に 巻 き 込 まれて 亡 くなっています 倒 壊 した 建 築 物 の 多

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Microsoft PowerPoint - 06 資料6 技術基準.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 06  資料6 技術基準.ppt [互換モード] 資 料 6 通 信 放 送 の 法 体 系 における 技 術 基 準 について 平 成 21 年 2 月 27 日 現 行 の 技 術 基 準 の 概 要 放 送 中 止 事 故 への 対 処 1 現 在 の 技 術 基 準 の 概 要 1.コンテンツに 係 る 技 術 基 準 (1) 目 的 放 送 の 品 質 の 確 保 受 信 端 末 の 安 定 的 な 供 給 の 確 保 等 (2) 概 要

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464>

<5461726F31332D91CF906B89BB8C7689E68F912E6A7464> 阿 武 町 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 19 年 6 月 阿 武 町 教 育 委 員 会 1 阿 武 町 基 本 構 想 基 本 計 画 における 学 校 施 設 整 備 計 画 について 阿 武 町 では 昭 和 58 年 に 阿 武 町 基 本 構 想 を 策 定 更 に 平 成 元 年 には これ に 基 づく 阿 武 町 基 本 計 画 さんサントピア 阿 武 7 箇 年 計

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information