第2章 2輪車業界の現状

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第2章 2輪車業界の現状"

Transcription

1 二 輪 車 販 売 台 数 増 加 への 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 A5P21108 永 沼 拓 未

2 二 輪 車 販 売 台 数 増 加 への 提 案 永 沼 拓 未 概 要 この 論 文 では 二 輪 車 業 界 に 焦 点 をあて 2006 年 度 より 新 古 含 め 約 3 万 台 (2006 年 度 販 売 台 数 の 約 1 割 )の 販 売 台 数 を 増 加 させるために 必 要 な 策 について 提 案 する 私 は 普 段 から 二 輪 車 に 乗 っているのだが 街 中 で 見 かける 数 が 少 ない そこで 今 の 二 輪 車 は 自 動 車 と 比 べどの 程 度 売 れているのか もっと 二 輪 車 に 乗 る 人 を 増 やすこと はできないのかと 思 ったことが 本 研 究 のきっかけである 現 在 の 二 輪 車 の 売 れ 行 きなどを 調 べ 販 売 台 数 増 加 のための 250cc 以 下 の 二 輪 車 の 販 売 徹 底 や 新 たな 女 性 客 の 確 保 新 車 モデルの 増 加 といった 提 案 をしていく 250cc 以 下 の 販 売 徹 底 を 行 えば 通 勤 通 学 などで 利 用 する 人 も 増 えるだろうし 二 輪 車 に 触 れることで 楽 しさに 目 覚 め 新 たに 上 位 免 許 を 取 得 しとうとする 人 が 増 える 男 女 の 免 許 の 取 得 者 数 を 見 てみると 圧 倒 的 に 男 性 の 方 が 多 い 女 性 を 中 心 とした 市 場 が 作 れ れば 自 然 と 販 売 台 数 増 加 につながる 新 たな 車 種 や 様 々なモデルチェンジした 車 種 が 増 えれば 購 入 者 も 自 分 好 みのものが 選 びやすい 既 存 のバイク 乗 りも 新 たに 乗 り 換 えると 思 われる これらの 提 案 で 約 3 万 台 の 販 売 台 数 増 加 を 目 指 す

3 概 要 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 二 輪 車 業 界 の 現 状 2-1 二 輪 車 の 販 売 数 2-2 二 輪 車 の 運 転 免 許 保 有 数 2-3 年 代 別 のモデル 数 第 3 章 現 状 分 析 第 4 章 二 輪 車 販 売 台 数 増 加 への 提 案 第 5 章 まとめと 今 後 の 課 題 謝 辞 付 録

4 二 輪 車 販 売 台 数 増 加 への 提 案 永 沼 拓 未 第 1 章 はじめに 私 は 普 段 から 二 輪 車 に 乗 っている 数 年 前 から 大 学 へ 通 う 為 の 移 動 手 段 として 原 動 機 付 自 転 車 に 乗 っていたのだが 大 型 のスクーターなど 排 気 量 の 大 きい 二 輪 車 を 見 かけるようになり 自 分 も 乗 ってみたいと 思 うようになったのがきっかけだ しかし よく 見 かけるとは 言 っても 自 動 車 などと 比 べると 圧 倒 的 にその 数 は 少 ないと 感 じる 二 輪 車 に 乗 ってみて 改 めて 実 感 したのだが こんなにも 便 利 で 面 白 い 乗 り 物 なのだからもっと 乗 っている 人 がいてもいいのではないかと 考 え 二 輪 車 販 売 台 数 増 加 への 提 案 という 論 題 を 選 ん だ 2006 年 度 の 販 売 台 数 の 約 1 割 である 約 3 万 台 の 販 売 台 数 増 加 へ 向 けて 250cc 以 下 の 二 輪 車 の 販 売 徹 底 や 新 たな 女 性 客 の 確 保 新 車 モデルの 増 加 といった 提 案 を 本 論 文 ではしていく この 論 文 では 250cc クラスなどと 記 述 しているが これは 二 輪 車 の 排 気 量 のことで 一 般 的 な 排 気 量 区 分 としては 50cc 以 下 を 原 動 機 付 自 転 車 51cc 以 上 125cc 以 下 を 普 通 自 動 二 輪 車 ( 小 型 車 ) 126cc 以 上 400cc 以 下 を 普 通 自 動 二 輪 車 401cc 以 上 を 大 型 自 動 二 輪 車 と 定 義 する 本 論 文 の 構 成 は まず 第 2 章 では 自 動 二 輪 車 業 界 の 現 状 として 新 車 や 中 古 車 の 販 売 数 保 有 率 などの 説 明 をし 第 3 章 では 問 題 解 決 に 向 けての 現 状 分 析 そして 第 4 章 で 自 動 二 輪 車 の 販 売 台 数 増 加 の 提 案 し 5 章 でまとめと 今 後 の 課 題 を 述 べていく 第 2 章 二 輪 車 業 界 の 現 状 本 章 では 現 在 の 二 輪 車 業 界 の 現 状 を 知 ってもらう 為 に 二 輪 車 の 新 車 中 古 車 の 販 売 数 や 運 転 免 許 保 有 者 数 などについてあげていく 2-1 二 輪 車 の 販 売 数 まずはじめに 自 動 二 輪 車 の 販 売 の 年 次 推 移 からみていこう 図 1は 1967 年 から 2006 年 まで の 新 車 と 中 古 車 の 販 売 統 計 を 表 している - 1 -

5 400, , , ,000 台 200, , ,000 50,000 0 中 古 軽 二 輪 ( cc) 新 車 小 型 二 輪 (251cc 以 上 ) 新 車 軽 二 輪 ( cc) 年 図 1 新 車 中 古 車 販 売 統 計 1 図 1 を 見 てわかることは 軽 二 輪 車 と 小 型 二 輪 車 の 販 売 台 数 の 変 化 の 仕 方 だ 小 型 二 輪 車 は 年 によって 多 少 の 増 減 はあるものの 変 化 は 小 さく 軽 二 輪 車 は 販 売 台 数 の 変 化 が 大 きい 排 気 量 が 大 きくなれば 当 然 車 体 価 格 も 高 くなる 同 じ 値 段 ならば 快 適 で 楽 な 車 を 購 入 すると 思 う これ は 二 輪 車 は 車 とは 違 い 趣 向 性 の 高 い 乗 り 物 だからだと 思 われる また 軽 二 輪 については 値 段 も 安 めで 燃 費 などもよいことから 通 勤 や 通 学 など 実 務 部 分 で 使 用 されることが 多 いと 考 える 1969 年 から 1972 年 にかけて 小 さなピークがあるのは CB750FOUR や Z2 など はじめての 大 型 バイクが 市 場 で 人 気 を 集 めた 時 期 である それが 1972 年 の 免 許 制 度 の 改 訂 のために 一 時 下 火 になったが 1977 年 くらいから 経 済 成 長 の 波 に 乗 り 1988 年 まで 新 車 の 販 売 数 が 増 加 してい たことがわかる この 間 に 次 から 次 へとニューモデルが 投 入 されている やがて バブル 経 済 の 破 綻 とともに 販 売 数 が 減 少 していくのが 1989 年 からで 250cc が 1999 年 くらいからいくらか 復 調 するのは 大 型 スクーター(いわゆるビッグスクーター)の 人 気 が 出 たころだ ここで 注 目 すべきは 日 本 国 内 の 中 古 の 販 売 が 活 況 であることである ( 図 1の 中 古 軽 二 輪 1997 年 以 降 を 見 てもらうとわかる ) 全 国 軽 自 動 車 協 会 連 合 会 のデータでは 251cc 以 上 と 1997 年 以 前 の 中 古 軽 二 輪 車 のデータはないが トータルだと 新 車 の 販 売 台 数 をはるかに 越 えることになる さらに 中 古 の 販 売 台 数 が 同 じ 年 の あるいは 5 年 前 の 新 車 販 売 台 数 より 多 いことは それだけ 中 古 販 売 の 回 転 が 早 いことを 表 している しかし 新 車 が 売 れないということはそれだけ 質 の 高 い 中 古 車 が 減 ってくるということなので これから 先 このままだと 中 古 の 売 上 も 減 ってくるのではないかと 予 想 できる 次 に 126cc-250cc のクラスの 国 内 販 売 を 見 ていく なぜこのクラスに 限 定 しているかという と このクラスの 販 売 数 は 他 のクラスと 比 べて 大 型 スクーターなどのおかげで 多 少 販 売 台 数 が 増 加 しているからだ 251cc 以 上 のクラスと 比 べ 輸 出 と 国 内 販 売 にそれほど 差 がない 図 2 は 251cc 以 上 のクラスの 国 内 販 売 と 輸 出 台 数 を 図 3 は 126cc-250cc のクラスの 国 内 販 売 と 輸 出 台 数 を 表 している 1 出 典 社 団 法 人 全 国 軽 自 動 車 協 会 連 合 会

6 台 1,000, , , , , , , , , , 年 国 内 販 売 輸 出 図 2 251cc 以 上 国 内 販 売 輸 出 台 数 2 図 2 を 見 てわかることは 4 メーカー(ホンダ スズキ ヤマハ カワサキ)にとって バイ クの 市 場 は 圧 倒 的 に 世 界 のほうのあり 日 本 のバイク 市 場 はごくわずかしかないことだ 海 外 で は 排 気 量 の 大 きいバイクが 主 流 であることが 想 像 できる 日 本 は 海 外 と 比 べ 狭 く 都 市 部 になれ ばなるほど 渋 滞 なども 多 いので 大 きい 排 気 量 のバイクの 乗 りづらいのではないかと 想 像 する 250, , ,000 台 100,000 国 内 販 売 輸 出 50, 年 図 cc 国 内 販 売 輸 出 台 数 2 図 3 を 見 てわかることは 251cc クラス 以 上 のバイクと 比 べ 輸 出 比 率 が 少 ない このことから メーカーも 国 内 での 販 売 に 力 をいれているということがわかる cc クラスの 国 内 販 売 が 2000 年 頃 から 上 向 きなのは 大 型 スクーターによるもので 現 在 250cc スクーターはかつての 80 年 代 の 新 車 ラッシュを 思 いださせるほど 各 メーカーが 力 をいれ ている AT バイクの 免 許 制 度 高 速 道 路 の 二 人 乗 り これらは 大 型 スクーターの 販 売 をもうしば らく 押 し 上 げる 効 果 がある 2 JAMA データベース

7 2-2 二 輪 車 運 転 免 許 保 有 数 ここでは 男 女 別 年 齢 別 の 運 転 免 許 の 保 有 者 数 についてみていく 図 4 は 男 女 別 種 類 別 の 免 許 保 有 数 図 5 は 年 齢 別 種 類 別 の 免 許 保 有 数 を 表 している 原 付 については 数 が 多 く 図 が 見 づらくなってしまうので 省 略 した 250, ,000 人 150, ,000 男 女 50,000 0 大 型 二 輪 普 通 二 輪 小 型 特 殊 図 4 平 成 19 年 度 男 女 別 種 類 別 運 転 免 許 保 有 者 数 3 図 4を 見 ると 251cc 以 上 の 運 転 免 許 取 得 車 は 女 性 の 方 が 圧 倒 的 に 少 なく 小 型 特 殊 以 上 の 免 許 取 得 車 数 を 比 べると 約 7 割 が 男 性 の 取 得 者 だとわかる 55,000 50,000 45,000 40,000 35,000 30,000 人 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 大 型 二 輪 普 通 二 輪 小 型 特 殊 16~ 20~ 25~ 30~ 35~ 40~ 45~ 50~ 55~ 60~ 65~ 70~ 75~ 80~ 85~ 図 5 平 成 19 年 度 年 代 別 種 類 別 運 転 免 許 保 有 者 数 4 図 5 で 注 目 すべき 点 は 低 い 年 齢 層 に 普 通 二 輪 免 許 取 得 者 が 多 い 点 である 250cc クラスのバ イクは 400cc クラスのバイクとは 違 い 車 検 もなく 維 持 費 が 安 い そして 車 の 免 許 とは 違 い 16 歳 から 取 得 可 能 なことが 主 な 要 因 だと 思 う また 高 い 年 齢 層 に 大 型 二 輪 免 許 取 得 者 数 が 多 いのは 免 許 制 度 改 定 によるものだと 思 う 3 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 統 計

8 2-3 年 代 別 のモデル 数 ここでは 年 代 ごとにメーカーが 発 売 してきた 新 車 の 発 売 数 についてみていく 図 6 は 1950 年 代 からの 各 メーカーから 発 売 した 新 モデルの 数 を 表 している 図 7は 特 に 発 売 台 数 の 多 い 1980 年 から 2006 年 までの 1 年 毎 のデータである 新 モデルの 詳 細 については 付 録 を 参 照 して 欲 しい 台 カワサキ ヤマハ スズキ ホンダ 年 図 6 年 別 新 車 発 売 数 図 6 を 見 ると 図 1 の 推 移 と 似 ている 新 車 の 売 れている 80 年 代 90 年 代 に 発 売 したモデル 数 が 多 い 2000 年 代 になると 1980 年 代 1990 年 代 に 比 べ 発 売 数 は 減 少 しているが ホンダ ス ズキ ヤマハに 関 してはそれほど 現 象 していない それに 比 べカワサキはスクーターをまったく といっていいほど 発 売 していないので 2000 年 代 から 特 に 新 車 発 売 数 が 減 少 している 12 9 カワサキ ヤマハ スズキ ホンダ 台 年 図 年 から 1 年 毎 の 新 車 発 売 数 図 7 を 見 ると やはりスクーターが 人 気 となっている 2000 年 代 からのカワサキの 新 車 発 売 数 は 減 少 している - 5 -

9 第 3 章 現 状 分 析 この 章 では 第 2 章 で 挙 げた 二 輪 車 業 界 の 現 状 から 私 が 特 に 注 目 した 3 つの 部 分 に 限 定 した さらなる 分 析 をしていく 私 が 特 に 注 目 した 部 分 の1つは 近 年 ビッグスクーターなどの 出 現 により 売 上 台 数 が 増 加 し た cc クラスのバイクについてである このクラスのバイクが 売 れた 要 因 としては その 実 用 性 にあると 思 う このクラスの 二 輪 車 のほとんどがスクーターなのだが アメリカンやネイ キッドといった 車 種 とは 違 う 積 載 量 の 多 さ AT による 運 転 の 簡 単 さ 250cc 以 下 のクラスの 車 種 は 車 検 もなく 維 持 費 が 安 いなどが 挙 げられる ほかにも AT 限 定 免 許 の 存 在 や 普 通 二 輪 免 許 の 高 速 道 路 二 人 乗 り 解 禁 なども 挙 げられると 思 う 次 に 注 目 した 点 は 女 性 の 普 通 二 輪 以 上 の 免 許 の 取 得 者 数 の 低 さだ 男 性 と 同 程 度 までとはい かなくても 免 許 の 取 得 者 二 輪 車 の 購 入 者 を 獲 得 することができれば 販 売 台 数 増 加 へとつなが ると 考 える 最 後 に 注 目 した 点 は 新 車 のモデル 数 の 少 なさだ 二 輪 車 は 車 に 比 べ 趣 向 性 の 高 い 乗 り 物 であ るので 購 入 者 は 自 分 好 みにあった 二 輪 車 を 欲 しいと 考 えると 思 う しかし 選 択 肢 が 少 なけれ ば 新 たに 購 入 意 欲 がわかないと 思 う 第 4 章 二 輪 車 売 上 台 数 増 加 の 提 案 本 章 では 今 までの 現 状 を 分 析 した 上 で 自 動 二 輪 車 の 販 売 台 数 増 加 へ 向 けて 提 案 する それは 次 の 3 つである それぞれの 提 案 で 1 万 台 ずつ 合 計 で 3 万 台 の 販 売 台 数 増 加 を 目 指 す ( 提 案 1)250cc 以 下 のクラスの 二 輪 販 売 の 徹 底 ( 提 案 2) 女 性 向 けの 市 場 作 り ( 提 案 3) 新 車 モデルの 増 加 ( 提 案 1) まず 250cc 以 下 のクラスの 二 輪 販 売 の 徹 底 ということについては 繰 り 返 しになってしまうの だが 現 在 大 型 スクーターの 登 場 でこのクラスの 二 輪 車 はいくらか 売 上 台 数 が 増 加 している また 2 年 ごとにある 車 検 などもないことから 個 人 にかかる 維 持 費 も 格 安 である また 400cc という 区 分 自 体 が 日 本 のみであり 海 外 向 けの 車 両 としての 販 売 が 非 常 に 難 しいこ とから 各 メーカーへの 負 担 が 大 きくなっている ホンダの 現 在 のラインナップを 例 に 挙 げてみる と 251cc 以 上 のクラスのラインナップは 17 台 さらにそのうちの 約 6 台 は 生 産 が 終 了 している それに 比 べて 250cc 以 下 のクラスは 39 台 2 倍 以 上 のラインナップを 揃 えている このことか らも 250cc 以 下 のクラスの 販 売 の 徹 底 をすべきだと 考 える 250cc 以 下 の 売 上 が 増 加 している 今 だからこそ 新 規 の 需 要 を 増 やす 為 にこのクラスで 新 たな 二 輪 車 のジャンル 拡 大 を 行 っていけば 売 上 台 数 増 加 につながると 思 う 例 えばマニュアルモード 付 の AT バイクなどだ 新 たなジャンル や 車 種 が 増 えれば 既 存 のバイク 乗 り 達 も 乗 り 換 えたり 様 々なバイクを 選 ぶ 楽 しみというもの - 6 -

10 が 増 えると 思 う また 図 3 を 見 てもらうと 251cc 以 上 のバイクというのはそのほとんどが 海 外 での 売 上 である 国 内 で 発 売 している 大 型 バイクは 海 外 向 けに 発 売 されたモデルを 日 本 国 内 の 様 々な 規 制 に 合 わ せたもので 見 た 目 は 同 じでもかなりの 性 能 ダウンされている こうした 理 由 から 大 型 二 輪 免 許 取 得 者 は 多 少 割 高 でも 逆 輸 入 車 へ 魅 力 を 感 じてしまう 国 内 では 251cc 以 上 400cc 以 下 の 排 気 量 の 二 輪 車 を 無 理 に 売 らず 250cc 以 下 の 車 両 の 販 売 を 充 実 させていけばいいと 考 える ( 提 案 2) 次 に 新 規 女 性 客 を 狙 った 新 たな 市 場 作 りについてだが 私 は 今 の 二 輪 車 販 売 店 は 新 規 の 客 ま たは 今 まで 二 輪 車 に 乗 ったことのない 人 から 見 ればマニアックで 簡 単 には 入 り 込 めない 印 象 を 受 けると 思 う 現 在 二 輪 車 を 販 売 する 店 のほとんどが 店 内 にバイクが 並 べられているだけだと 思 う 実 際 私 も 二 輪 車 に 興 味 を 示 す 前 などにはそんな 印 象 を 受 けていた そんなイメージを 払 拭 するた めに 雰 囲 気 のいい 店 作 りをするにはどうしたらいいかと 考 えていたところ 実 はすでに 実 践 して いる 店 舗 を 発 見 した 店 の 名 前 は vespino 4 というお 店 で このお 店 では 主 にスクーターを 中 心 に 販 売 しているの だが その 他 にも 服 飾 関 係 や 雑 貨 二 輪 車 のパーツなども 販 売 している 店 内 の 雰 囲 気 もおしゃ れなカフェのような 感 じだ バイクをファッションの 一 部 として 考 えている そして 売 上 が 前 年 比 の 120% 以 上 の 車 両 売 上 につながった またファッション 雑 誌 等 への 掲 載 が 発 生 し これま でバイクへと 関 心 を 示 さなかった 女 性 客 が 急 増 し 来 店 客 の 男 女 比 が 8:2 から 5:5 になった 新 たな 客 層 女 性 客 の 獲 得 につながった 来 店 客 が 増 えたことにより 車 両 の 販 売 数 も 増 え こ れまで 扱 っていなかった 雑 貨 商 品 なども 売 上 が 増 加 した 他 にも i-knew 5 という 店 を 見 つけた ATのバイク 専 門 店 でコンセプトは セレクトショッ プとオートバイ 販 売 店 の 融 合 ファッション 性 の 高 い 内 装 店 舗 内 のカフェブースなど ビギナ ーや 女 性 ライダーでも 気 軽 に 入 店 できる 店 舗 作 りだ こういうお 店 が 増 えれば 今 まで 興 味 を 示 さ なかった 女 性 たちもバイクに 興 味 を 持 ち 始 めるのではないかと 考 えた ( 提 案 3) 最 後 に 新 車 モデルの 増 加 についてだが 新 しく 発 売 するモデルが 少 なければ 新 たに 買 い 換 える 人 やこれから 乗 ろうと 考 える 人 たちは 少 なくなる 新 モデルが 増 え 二 輪 車 を 新 しく 買 い 換 える 人 などが 増 えるということはそれだけ 質 の 高 い 中 古 車 が 増 えるということだ 学 生 などの 若 い 世 代 の 人 たちは 金 銭 的 に 新 車 を 買 う 余 裕 は 少 なく とりあえず 中 古 車 を 購 入 する 人 は 多 いと 思 わ れる そして 余 裕 ができた 頃 に 新 車 を 買 うといったサイクルができる また 生 産 が 終 了 してし まった 人 気 の 車 種 の 復 刻 版 なども 発 売 してみても 面 白 いと 思 う 例 えば 1970 年 代 に 大 型 二 輪 の 販 売 数 を 押 し 上 げた CB750FOUR や Z2 を 現 在 の 規 制 にあわせ 大 型 二 輪 免 許 取 得 者 の 多 い 高 い 年 齢 層 をターゲットとして 発 売 するなどが 考 えられる さらに 現 在 人 気 となっている AT の 二 輪 車 にマニュアルモードを 搭 載 した 車 種 を 増 やしてもよいと 思 う ( 提 案 1)で 250cc 以 下 のクラスの 車 種 が 充 実 していれば バイクを 選 ぶ 楽 しみや バイクの 買 い 替 えなどで 上 位 免 許 取 得 を 目 指 す 人 も 増 える 維 持 費 や 車 体 価 格 が 大 型 などと 比 べ 安 いので 触 れる 機 会 も 多 い ( 提 案 2)により 新 規 の 女 性 客 も 参 入 すればバイク 人 口 も 自 然 と 増 加 する 小 4 vespino 5 i-knew -

11 型 特 殊 以 上 の 免 許 取 得 者 数 を 見 ても 約 40 万 人 近 くいるなかで 女 性 の 取 得 者 は 約 3 割 しかいな い 女 性 客 をターゲットとした 市 場 作 りもかなり 意 味 が 在 ると 考 える ( 提 案 3)でこれからの 新 車 のモデル 数 が 増 加 すれば 1980 年 代 90 年 代 並 の 販 売 台 数 を 見 込 めるかもしれない 以 上 の 理 由 により 各 提 案 1 万 台 ずつ 合 計 で 3 万 台 の 販 売 台 数 増 加 へとつながると 考 える 第 5 章 まとめと 今 後 の 課 題 本 研 究 では 日 本 の 二 輪 車 の 販 売 台 数 を 2006 年 度 より 3 万 台 増 加 させるために 現 在 の 二 輪 車 業 界 の 現 状 を 述 べ 3 つの 提 案 をしてきた これによって 今 の 二 輪 車 業 界 は 販 売 台 数 を 伸 ばせ ると 考 える 3 万 台 の 販 売 台 数 増 加 の 提 案 だが 数 値 データによる 裏 付 けが 3 つの 提 案 にないこ とは 問 題 であるのでこれからの 課 題 であると 言 える ただ 自 分 の 考 えた( 提 案 2)については 店 舗 に 限 定 されてしまうので また 違 った 工 夫 が 必 要 だと 考 える 現 在 の 二 輪 車 販 売 店 すべてで 実 施 したら 魅 力 が 半 減 してしまう また 400cc クラスのバイクを 乗 っているユーザーに 対 しての 新 しいサービスの 提 供 なども 考 えても 面 白 いと 思 う 謝 辞 この 研 究 をするにあたり 指 導 してくださった 根 本 先 生 には 大 変 感 謝 しております また 題 材 選 びから 今 まで 協 力 してくれた 同 期 生 の 皆 様 方 にも 感 謝 致 します - 8 -

12 付 録 各 メーカーの 年 代 別 の 新 車 名 1958 スーパーカブ 1967 モンキー ホンダ スズキ ヤマハ カワサキ 1969 CB750FOUR 500SS SUPER Z CB400FOUR 1976 Z ホークⅡCB400T Z CBX SR400/ CB750FOUR Z400FX Z750FX 1980 RZ モトコンポ CBX400F GSX1100S KATANA 1982 VT250F GSX400FS Z400GP Z750GP 1983 MVX250F GB250 クラブマン RG250 RZ250R XJ400Z-S GPZ400 GPZ NS250R ビラーゴ FJ ターボ GPZ900R 1985 GSX-R750 TZR250 セロー225 SRX400/600 FZ750 V-MAX GPZ400R エリミネーター 1986 NSR250R FTR250 GAG GSX400X FZR400 FJ1200 GPZ1000RX 1987 NSR50 CBR400RR CBR600F TL1000S SDR200 FZR750 TW200 FZR1000 バルカン 1988 スティード 400/600 RGV250 TL1000R TDR250 ZX バンディット 250 バンディット 400 FZR750R ZXR250/R KR-1 ゼファ-400 ZRX400/R - 9 -

13 1990 DR250/ジュベル TZR50 R1-Z ZZ-R250 ZZ-R400 ゼファー750 ZZ-R ジェイド GSX250SS( 刀 ) ジール バリオス 1992 CB400SF CB750 NR750 CBR900RR CB1000SF グース 350/250 GSX400S( 刀 ) GSX-R600 エストレヤ ゼファー RF400R XJR400 KLX250SR ザンザス 1994 GSX400 インパルス XJR1200 ZRX ZX-9R 1995 XR250 VRX ロードスター GSF1200 マジェスティー TRX850 ZX-6R 1996 ホーネット VTR1000F ワルキューレ ドラッグスター YZF1000R 1997 CB400FOUR CBR1100XX X4 ストリートマジック FZ400 スーパーシェルパ ZRX VTR VFR CB1300SF スカイウェイブ 250 イナズマ 1200 YZF-R1 XJR1300 Dトラッカー 1999 X11 GSX1300R ハヤブサ TDM850 ドラッグスター1100 W フォルツァ VTR1000SP-1 グラストラッカー DR-Z400 GSX-R750 BANDIT1200 ZX-12R 2001 エイプ 51 ズーマー CB400SS シルバーウイング 600/400 GSX-R1000 GSX1400 T-MAX FZS1000 FJR1300 ZRX1200R 2002 エイプ 100/XR100 CBR954RR バンバン 200 スカイウェイブ 650 BT TR 2003 CBR600RR チョイノリ ST250 Z750 Z CBR1000RR インパルス 400 トリッカー ZX-10R 2005 GS50 セロー

14 マグザム MT VOX XT250X FZ1 ZZR

バンディット250 95- バンディット250V グース350 95- NK42A 倒 立 50 SUZUKI GS400E 91 37 SUZUKI GSX400E GSX400 刀 GSX400T GSX400F GSX400FW 36 SUZUKI GSX400X 36 SUZUKI GSX4

バンディット250 95- バンディット250V グース350 95- NK42A 倒 立 50 SUZUKI GS400E 91 37 SUZUKI GSX400E GSX400 刀 GSX400T GSX400F GSX400FW 36 SUZUKI GSX400X 36 SUZUKI GSX4 GAG 26 SUZUKI RG50E 26 SUZUKI RG50γ ウルフ50 27 SUZUKI 27 SUZUKI RG125E 30 SUZUKI RG125γ ウルフ125 ウルフ200-91 NF11F 30 SUZUKI 35 SUZUKI 35 SUZUKI NZ250 NZ250S GSX250E GSX250 刀 GSX250T GSX250F GS250FW 35 SUZUKI

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26 消 費 ~ 簡 易 課 制 度 のみなし 仕 入 率 の 見 直 し 簡 易 課 制 度 におけるみなし 仕 入 率 が 以 下 のとおり 見 直 されます 該 当 する 区 分 改 正 前 みなし 仕 入 率 みなし 仕 入 率 改 正 後 区 分 卸 売 業 小 売 業 製 造 業 等 金 融 業 その 他 の サービス 及 び 業 等 保 険 業 不 動 産 業 第 1 種 第 2 種 第 3

More information

第一部【証券情報】

第一部【証券情報】 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 本 書 の 日 付 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 い( 本 投 資 法 人 が 上 場 することを 前 提 とします )は 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです な お 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都

養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者 とし 死 亡 保 険 金 及 び 満 期 保 険 金 のいずれも 会 社 を 受 取 人 とする 養 老 保 険 に 加 入 してい る 場 合 を 解 説 します 資 金 繰 りの 都 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 Up Newsletter 養 老 保 険 の 減 額 逓 増 定 期 保 険 の 取 扱 い 変 更 介 護 費 用 保 険 の 導 入 企 業 の 保 険 のポイント http://www.up-firm.com 1 養 老 保 険 の 減 額 払 済 保 険 への 変 更 1. 設 例 会 社 が 役 員 を 被 保 険 者

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大

企 業 の 採 用 予 定 数 採 用 予 定 数 は 増 やす と 回 答 した 企 業 が 減 らす と 回 答 した 企 業 を3 年 連 続 上 回 り 採 用 は 増 加 傾 向 にある 特 に 非 上 場 非 製 造 において 採 用 数 を 増 やす と 回 答 する 割 合 が 大 企 業 の 採 用 動 向 1. 企 業 の 採 用 予 定 数 P62 20 マイナビ 企 業 新 卒 採 用 予 定 調 査 より 採 用 予 定 数 増 減 を 学 生 属 性 別 大 学 院 ( 文 理 ) 大 学 ( 文 理 ) 短 期 大 学 専 門 学 校 高 等 学 校 毎 に 集 計 大 学 院 大 学 については 上 場 非 上 場 製 造 非 製 造 区 分 でも 集 計 また

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用

事 業 概 要 利 用 時 間 休 館 日 使 用 方 法 使 用 料 施 設 を 取 り 巻 く 状 況 や 課 題 < 松 山 駅 前 駐 輪 場 > JR 松 山 駅 を 利 用 する 人 の 自 転 車 原 付 を 収 容 する 施 設 として 設 置 され 有 料 駐 輪 場 の 利 用 駐 輪 場 ( 都 市 整 備 部 総 合 交 通 課 所 管 ) 市 が 設 置 している 有 料 駐 輪 場 は 市 内 に 2か 所 あります 松 山 駅 前 駐 輪 場 基 本 情 報 施 設 名 所 在 地 敷 地 面 積 構 造 階 層 延 べ 面 積 建 築 年 管 理 形 態 敷 地 の 状 態 松 山 駅 前 駐 輪 場 三 番 町 八 丁 目 364-6 681.25 m2 軽

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft PowerPoint - 経営事項審査.ppt

Microsoft PowerPoint - 経営事項審査.ppt 経 営 事 項 審 査 建 設 業 を 取 り 巻 く 環 境 工 事 不 足 は 深 刻 化 しており 建 設 業 者 の 統 廃 合 も 活 発 化 している 中 選 ばれる 企 業 となる 事 が 生 き 残 りをかけた 最 重 要 課 題 といえる 選 ばれる 企 業 の 指 標 となるものが 経 営 事 項 審 査 であり この 評 点 はインターネット 等 にて 公 開 されている 事

More information

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智

平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.02) 担 当 者 名 堤 智 平 成 25 年 度 修 繕 費 事 業 計 画 書 様 式 E 自 動 車 事 業 費 ( 款 ) 営 業 費 用 ( 項 ) 車 両 保 存 費 ( 目 ) 車 両 修 繕 費 ( 節 ) 自 動 車 本 部 運 輸 課 車 両 係 (02.01.30.38.38.01) 担 当 者 名 堤 智 彦 24 年 度 予 算 A 25 年 度 計 画 B 差 引 (BA) 予 算 額 394,136

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

メザニン支援

メザニン支援 都 心 高 度 商 業 地 域 における 市 街 地 再 開 発 事 業 の 投 資 採 算 性 について - 不 動 産 鑑 定 士 の 立 場 から - 有 限 会 社 リアルカンテイ 代 表 取 締 役 不 動 産 鑑 定 士 二 村 昌 利 1.はじめに 都 市 基 盤 を 整 備 し 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る 市 街 地 再 開 発 事 業 は 防 災 性 の 高 い 安 全

More information

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770>

<4D F736F F F696E74202D2082C882E982D982C DD8ED88EE688F882CC82B582AD82DD C668DDA9770> な る ほ ど! 貸 借 取 引 のしくみ Japan Securities Finance Co.,Ltd 1 目 次 1. 貸 借 取 引 について 2. 貸 借 取 引 における 株 式 調 達 について 3. 品 貸 料 の 決 定 方 法 について 4. 制 限 措 置 を 含 む 貸 借 取 引 情 報 について 5.よくある 質 問 Japan Securities Finance Co.,Ltd

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合

1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 決 済 WG 7-1 論 点 の 整 理 1. 前 払 式 支 払 手 段 サーバ 型 の 前 払 式 支 払 手 段 に 関 する 利 用 者 保 護 等 発 行 者 があらかじめ 利 用 者 から 資 金 を 受 け 取 り 財 サービスを 受 ける 際 の 支 払 手 段 として 前 払 式 支 払 手 段 が 発 行 される 場 合 紙 ICチップ 等 の 有 体 物 にその 価 値 が 記

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

FXレバレッジ規制「最大25倍」の意味

FXレバレッジ規制「最大25倍」の意味 Legal and Tax Report FXレバレッジ 規 制 最 大 25 倍 の 意 味 2009 年 8 月 19 日 全 5 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 取 引 開 始 時 レバレッジ 10~20 倍 程 度 で 取 引 する 投 資 家 にも 影 響 [ 要 約 ] 8 月 3 日 に 金 融 商 品 取 引 業 等 に 関 する 内 閣 府 令 の 一 部 を 改 正 する

More information

YAMAHA- 車種別ドレンボルトサイズ一覧表 50cc 以下 DT50 TDR50 YSR50 TZR50 TZ50 YB-1FOUR TT-R50E DT80 TDR80 YSR80 TTR250/Raid FZR1000 FZR1000 ~90 91~ ドレンボルトサイズ :M14 ネジピッチ

YAMAHA- 車種別ドレンボルトサイズ一覧表 50cc 以下 DT50 TDR50 YSR50 TZR50 TZ50 YB-1FOUR TT-R50E DT80 TDR80 YSR80 TTR250/Raid FZR1000 FZR1000 ~90 91~ ドレンボルトサイズ :M14 ネジピッチ Kawasaki- 車種別ドレンボルトサイズ一覧表 KSR110 KLX110 Z125 プロ BR125H エストレヤ250/-RS/-カスタム /-カスタムRS BJ250A 250TR BJ250F GPZ250 EX250C GPZ250R EX250E ニンジャ250R EK250K ZXR250/R ZX250A ZXR250/R ZX250C ZZ-R250('90~'98) EX250H

More information

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的

< 圧 縮 記 帳 の 効 果 > 圧 縮 記 帳 を 適 用 した 場 合 に 得 られる 税 務 上 の 効 果 はどのようなものでしょうか 前 述 のように 圧 縮 記 帳 の 制 度 目 的 は 補 助 金 等 の 受 贈 益 に 対 して 直 ちに 課 税 しないことにより 補 助 目 的 税 務 東 日 本 大 震 災 における 税 務 上 の 取 扱 い YAC 税 理 士 法 人 代 表 社 員 清 水 川 浩 司 ( 税 理 士 ) Ⅰ.はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いについては 昨 年 より 既 に 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 係 る 国 税 関 係 法 律 の 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 以 下 震

More information

H25要綱本文

H25要綱本文 新 潟 県 私 立 高 等 学 校 等 学 費 軽 減 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 6 年 5 月 30 日 制 定 平 成 7 年 4 月 25 日 一 部 改 正 平 成 8 年 4 月 22 日 一 部 改 正 平 成 10 年 3 月 20 日 一 部 改 正 平 成 11 年 4 月 21 日 一 部 改 正 平 成 12 年 6 月 9 日 一 部 改 正 平 成 14

More information

表紙

表紙 現 況 の 指 定 容 積 率 をすべて 使 い 切 った 場 合 に 現 況 容 積 率 の 2.25 倍 以 上 になるかどうかを 確 認 する 現 況 の 街 区 面 積 は 3,569,759m2 延 べ 床 面 積 は 3,569,759m2であるから 目 標 とする 延 べ 床 面 積 はその 2.25 倍 の 8,031,958m2である 一 方 指 定 容 積 率 をすべて 使 い

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

資料3 家電エコポイント制度の政策効果等について

資料3      家電エコポイント制度の政策効果等について 家 電 エコポイント 制 度 の 政 策 効 果 等 について 資 料 3 政 策 効 果 環 境 省 経 済 産 業 省 総 務 省 地 上 デジタル 放 送 対 応 テレビを 中 心 に 対 象 家 電 3 品 目 の 販 売 を 押 し 上 げるとともに 省 エネ 性 能 の 高 い 製 品 への 買 い 換 えに 大 きく 貢 献 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 の 観 点 統 一

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

業 種 による 制 限 はあるの? 対 象 になるもの 小 売 業 飲 食 業 (ランチ 営 業 有 ) サービス 業 医 療 社 会 福 祉 業 教 育 学 習 支 援 業 その 他 市 長 が 適 当 と 認 める 業 対 象 業 種 については 総 務 省 産 業 分 類 を 基 準 としてい

業 種 による 制 限 はあるの? 対 象 になるもの 小 売 業 飲 食 業 (ランチ 営 業 有 ) サービス 業 医 療 社 会 福 祉 業 教 育 学 習 支 援 業 その 他 市 長 が 適 当 と 認 める 業 対 象 業 種 については 総 務 省 産 業 分 類 を 基 準 としてい 平 成 1 5 年 4 月 1 日 か ら 平 成 1 9 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 2 3 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 2 5 年 4 月 1 日 一 部 改 正 どんな 補 助 が 受 けられるの? 経 営 財 務 診 断 費 対 象 経 費 補 助 率 限 度 額 専 門 家 の 経 営 財 務 診 断 に

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

目 次 1. 検 討 会 ( 第 3 回 )までの 取 消 料 に 関 する 論 点...P3 2-1. 海 外 募 集 型 企 画 旅 行 の 取 消 料 について...P4~6 2-2. 海 外 募 集 型 企 画 旅 行 の 最 少 催 行 人 員 未 達 の 場 合 の 解 除 権 行 使

目 次 1. 検 討 会 ( 第 3 回 )までの 取 消 料 に 関 する 論 点...P3 2-1. 海 外 募 集 型 企 画 旅 行 の 取 消 料 について...P4~6 2-2. 海 外 募 集 型 企 画 旅 行 の 最 少 催 行 人 員 未 達 の 場 合 の 解 除 権 行 使 資 料 4 参 考 資 料 2 標 準 旅 行 業 約 款 の 見 直 しに 関 する 検 討 会 ( 第 5 回 ) 資 料 ( 平 成 24 年 2 月 2 日 ) COPYRIGHT JAPAN ASSOCIATION OF TRAVEL AGENTS 2011 目 次 1. 検 討 会 ( 第 3 回 )までの 取 消 料 に 関 する 論 点...P3 2-1. 海 外 募 集 型 企 画

More information

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与 2014 年 4 月 株 式 会 社 ハウスジーメン 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 の 取 扱 いについて 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 は 中 古 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける ための 耐 震 基 準 を 満 たすことの 証 明 書 類 としてご

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

⑵ 四 輪 以 上 および 三 輪 の 額 ( 年 額 ) 平 成 28 年 度 から 初 めて 両 番 号 の 指 定 を 受 けた 時 期 や 排 出 ガス 性 能 等 により 適 用 される 額 が 異 なります 初 めて 両 番 号 の 指 定 を 受 けたとは 初 めて 両 番 号 の 指

⑵ 四 輪 以 上 および 三 輪 の 額 ( 年 額 ) 平 成 28 年 度 から 初 めて 両 番 号 の 指 定 を 受 けた 時 期 や 排 出 ガス 性 能 等 により 適 用 される 額 が 異 なります 初 めて 両 番 号 の 指 定 を 受 けたとは 初 めて 両 番 号 の 指 6 1 対 象 両 および 納 義 務 者 の 対 象 となる 両 は 原 機 付 転 (125cc 以 下 ) 二 輪 の 小 型 小 型 特 殊 等 です は 4 月 1 日 現 在 等 の 所 有 者 として 登 録 されている 個 人 およ び 法 人 に 課 されます には 月 割 課 制 度 がありませんので4 月 2 日 以 降 に 等 を 所 有 した 方 には その 年 度 は 課

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031303034333089BB8FCF956982CC8D7793FC88D38CFC92B28DB85F838A838A815B83585F834A8389815B5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031303034333089BB8FCF956982CC8D7793FC88D38CFC92B28DB85F838A838A815B83585F834A8389815B5F2E646F63> 株 式 会 社 MS&Consulting NEWS RELEASE 103-0013 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 人 形 町 3-11-10 TEL:03-5649-1185/FAX:03-5649-1186 http://www.msandc.co.jp/ 2010 年 5 月 7 日 化 粧 品 の 購 入 意 向 調 査 結 果 報 告 化 粧 品 購 入 は ブランドより 実 益

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf

Microsoft Word - 奨学金相談Q&A.rtf 奨 学 金 相 談 Q&A 1 奨 学 金 制 度 の 何 が 問 題 か 1 金 融 事 業 に 変 質 した 奨 学 金 制 度 日 本 育 英 会 が2004 年 に 廃 止 されて 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 に 移 行 してから 金 融 事 業 として 位 置 づけられ 返 還 金 の 回 収 強 化 が 進 められてきました 2010 年 4 月 から 返 済

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

【報告書】H24スマコミ実証実験.doc

【報告書】H24スマコミ実証実験.doc 図 :PR 動 画 で 施 設 ( 電 力 需 要 管 理 画 面 の 説 明 ) 図 :PR 動 画 (PV 発 電 管 理 画 面 の 説 明 ) 51 (3)アンケート 結 果 1アンケート 調 査 実 験 後 ワークショップの 目 的 アンケート 調 査 実 験 後 ワークショップのテーマについて 1 環 境 2 高 齢 化 社 会 への 対 応 ( 移 動 手 段 の 確 保 ) 3 防

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

調 査 結 果 トピック1: 性 年 代 別 利 用 率 の 利 用 率 は 男 女 ともに 各 年 代 で 大 きく 伸 長 している 2011 年 9 月 の 調 査 では の 年 代 別 利 用 率 は 男 女 とも が 最 も 高 く が 23.9% が 20.5%だったが 今 年 の 調

調 査 結 果 トピック1: 性 年 代 別 利 用 率 の 利 用 率 は 男 女 ともに 各 年 代 で 大 きく 伸 長 している 2011 年 9 月 の 調 査 では の 年 代 別 利 用 率 は 男 女 とも が 最 も 高 く が 23.9% が 20.5%だったが 今 年 の 調 年 11 月 5 日 デジタル アドバタイジング コンソーシアム 株 式 会 社 利 用 実 態 調 査 購 買 プロセスにおけるの 利 用 率 が 伸 長 ~16-19 歳 におけるへの 依 存 度 が 増 加 ~ デジタル アドバタイジング コンソーシアム 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 渋 谷 区 代 表 取 締 役 社 長 : 矢 嶋 弘 毅 以 下 DAC)は 子 会 社 である

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531>

<5461726F2D8E518D6C8251834183938350815B83678C8B89CA8169503531> ( 参 考 Ⅱ) 千 葉 県 教 育 委 員 会 と 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 事 業 アンケートの 結 果 A 千 葉 大 学 教 育 学 部 との 連 携 による 基 礎 教 養 講 座 受 講 者 アンケート (アンケート 回 収 数 :76 名 ).あなたは 将 来 教 員 になることを 志 望 していますか?. 教 員 になることを 目 指 している(6 名 ). 教

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

電力自由化に関する認知度6割超えるも意向低く 既存電力会社のWeb施策、節電意識高める

電力自由化に関する認知度6割超えるも意向低く 既存電力会社のWeb施策、節電意識高める 2015 年 3 月 18 日 電 力 自 由 化 に 関 する 認 知 度 6 割 超 えるも 意 向 低 く 既 存 電 力 会 社 の Web 施 策 節 電 意 識 高 める 情 報 管 理 ソリューションのトッパン フォームズ 株 式 会 社 ( 以 下 トッパンフォームズ)は 家 庭 向 け 電 力 の 自 由 化 が 2016 年 4 月 より 開 始 されるにあたり 電 力 に 関

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

する 場 合 だけが 下 請 法 の 対 象 となる 5000 万 円 基 準 の 場 合 3 億 円 を5000 万 円 と 置 き 換 えればよい つ まり 自 社 の 資 本 金 の 額 が5000 万 円 超 であれば 5000 万 円 以 下 の 事 業 者 ( 法 人 だけでなく 個 人

する 場 合 だけが 下 請 法 の 対 象 となる 5000 万 円 基 準 の 場 合 3 億 円 を5000 万 円 と 置 き 換 えればよい つ まり 自 社 の 資 本 金 の 額 が5000 万 円 超 であれば 5000 万 円 以 下 の 事 業 者 ( 法 人 だけでなく 個 人 201200719 下 請 法 の 基 礎 知 識 太 樹 法 律 事 務 所 弁 護 士 高 橋 善 樹 1 下 請 法 の 趣 旨 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 という)は 読 んで 字 のごと く 下 請 代 金 の 支 払 遅 延 等 を 防 止 することを 目 的 とする 法 律 である 何 故 このような 法 律 ができたか 取 引 が 上 流

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 の 省 エネ 行 動 の 促 進 を 目 的 として 実 施 する 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 の 運 営 について 必 要 な 事 項 を 定 め 家 庭 部 門 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 を 推 進 し もって 地 球 温 暖 化 対 策 の 促 進 を 図 ることを

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38> 富 士 市 自 転 車 等 の 放 置 の 防 止 に 関 する 条 例 の 解 説 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 公 共 の 場 所 における 自 転 車 等 の 放 置 を 防 止 することにより 歩 行 者 等 の 安 全 な 通 行 を 確 保 するとともに 良 好 な 都 市 景 観 を 保 全 し もって 安 全 で 快 適 な 市 民 生 活 の 実 現 を 図 ることを

More information

Microsoft Word - 第74号 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税

Microsoft Word - 第74号 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税 川 崎 市 中 原 区 小 杉 御 殿 町 1-868 電 話 044-271-6690 Fax044-271-6686 E-mail:hara@haratax.jp URL:http://www.haratax.jp 2015 年 5 月 15 日 第 74 号 haratax 通 信 結 婚 子 育 て 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 今 年 の 4 月 から

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information