’00

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "’00"

Transcription

1 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書

2 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする 10 年 ごとの 大 規 模 調 査 と,その 中 間 年 の 簡 易 調 査 とに 大 別 され, 今 回 の 平 成 17 年 国 勢 調 査 は 簡 易 調 査 である なお, 大 規 模 調 査 と 簡 易 調 査 の 差 異 は, 主 として 調 査 事 項 の 数 にある その 内 容 をみると, 戦 前 は, 大 規 模 調 査 ( 大 正 9 年, 昭 和 5 年,15 年 )の 調 査 事 項 としては 男 女, 年 齢, 配 偶 関 係 等 の 人 口 の 基 本 的 属 性 及 び 産 業, 職 業 等 の 経 済 的 属 性 であり, 簡 易 調 査 ( 大 正 14 年, 昭 和 10 年 )の 調 査 事 項 としては 人 口 の 基 本 的 属 性 のみに 限 られていた 戦 後 は, 国 勢 調 査 結 果 に 対 する 需 要 が 高 まったことから 調 査 事 項 の 充 実 が 図 られ, 大 規 模 調 査 ( 昭 和 25 年,35 年,45 年,55 年, 平 成 2 年,12 年 )の 調 査 事 項 には 人 口 の 基 本 的 属 性 及 び 経 済 的 属 性 のほか 住 宅, 人 口 移 動, 教 育 に 関 する 事 項 が 加 えられ, 簡 易 調 査 ( 昭 和 30 年,40 年, 50 年,60 年, 平 成 7 年,17 年 )の 調 査 事 項 には 人 口 の 基 本 的 属 性 のほか 経 済 的 属 性 及 び 住 宅 に 関 する 事 項 が 加 えられている なお, 沖 縄 県 は, 昭 和 47 年 5 月 15 日 に 我 が 国 に 復 帰 し, 昭 和 50 年 の 国 勢 調 査 から 調 査 地 域 となったが, 復 帰 前 の 沖 縄 県 においても, 琉 球 列 島 軍 政 本 部 又 は 琉 球 政 府 によって 5 回 の 国 勢 調 査 が 実 施 されている 調 査 の 時 期 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 平 成 17 年 10 月 1 日 午 前 零 時 ( 以 下 調 査 時 という ) 現 在 によって 行 われた 調 査 の 根 拠 法 令 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 統 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 18 号 ) 第 4 条 第 2 項 の 規 定 並 びに 次 の 政 令 及 び 総 理 府 令 に 基 づいて 行 われた 国 勢 調 査 令 ( 昭 和 55 年 政 令 第 98 号 ) 国 勢 調 査 施 行 規 則 ( 昭 和 55 年 総 理 府 令 第 21 号 ) 国 勢 調 査 の 調 査 区 の 設 定 の 基 準 等 に 関 する 総 理 府 令 ( 昭 和 59 年 総 理 府 令 第 24 号 ) 調 査 の 地 域 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 地 域 のうち, 国 勢 調 査 施 行 規 則 第 1 条 に 規 定 する 次 の 島 を 除 く 地 域 にお いて 行 われた (1) 歯 舞 群 島, 色 丹 島, 国 後 島 及 び 択 捉 島 (2) 島 根 県 隠 岐 郡 隠 岐 の 島 町 にある 竹 島 -1 -

3 調 査 の 対 象 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 調 査 時 において, 本 邦 内 に 常 住 している 者 について 行 った ここで 常 住 している 者 とは, 当 該 住 居 に 3 か 月 以 上 にわたって 住 んでいるか, 又 は 住 むことになっている 者 を いい,3 か 月 以 上 にわたって 住 んでいる 住 居 又 は 住 むことになっている 住 居 のない 者 は, 調 査 時 現 在 居 た 場 所 に 常 住 している 者 とみなした ただし, 次 の 者 については,それぞれ 次 に 述 べる 場 所 に 常 住 している 者 とみなしてその 場 所 で 調 査 した 1. 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 学 校, 第 82 条 の 2 に 規 定 する 専 修 学 校 又 は 第 83 条 第 1 項 に 規 定 する 各 種 学 校 に 在 学 している 者 で, 通 学 のために 寄 宿 舎, 下 宿 その 他 これらに 類 する 宿 泊 施 設 に 宿 泊 している 者 は,その 宿 泊 している 施 設 2. 病 院 又 は 療 養 所 に 引 き 続 き 3 か 月 以 上 入 院 し, 又 は 入 所 している 者 はその 入 院 先,それ 以 外 の 者 は 3 か 月 以 上 入 院 の 見 込 みの 有 無 にかかわらず 自 宅 3. 船 舶 ( 自 衛 隊 の 使 用 する 船 舶 を 除 く )に 乗 り 組 んでいる 者 で 陸 上 に 生 活 の 本 拠 を 有 する 者 はその 住 所, 陸 上 に 生 活 の 本 拠 の 無 い 者 はその 船 舶 なお, 後 者 の 場 合 は, 日 本 の 船 舶 のみを 調 査 の 対 象 とし, 調 査 時 に 本 邦 の 港 に 停 泊 している 船 舶 のほか, 調 査 時 前 に 本 邦 の 港 を 出 港 し, 途 中 外 国 の 港 に 寄 港 せず 調 査 時 後 5 日 以 内 に 本 邦 の 港 に 入 港 した 船 舶 について 調 査 した 4. 自 衛 隊 の 営 舎 内 又 は 自 衛 隊 の 使 用 する 船 舶 内 の 居 住 者 は,その 営 舎 又 は 当 該 船 舶 が 籍 を 置 く 地 方 総 監 部 ( 基 地 隊 に 配 属 されている 船 舶 については,その 基 地 隊 本 部 )の 所 在 する 場 所 5. 刑 務 所, 少 年 刑 務 所 又 は 拘 置 所 に 収 容 されている 者 のうち, 死 刑 の 確 定 した 者 及 び 受 刑 者 並 びに 少 年 院 又 は 婦 人 補 導 院 の 在 院 者 は,その 刑 務 所, 少 年 刑 務 所, 拘 置 所, 少 年 院 又 は 婦 人 補 導 院 本 邦 内 に 常 住 している 者 は, 外 国 人 を 含 めてすべて 調 査 の 対 象 としたが, 次 の 者 は 調 査 から 除 外 した (1) 外 国 政 府 の 外 交 使 節 団 領 事 機 関 の 構 成 員 ( 随 員 を 含 む ) 及 びその 家 族 (2) 外 国 軍 隊 の 軍 人 軍 属 及 びその 家 族 調 査 事 項 平 成 17 年 国 勢 調 査 では, 次 に 掲 げる 事 項 について 調 査 した 世 帯 員 に 関 する 事 項 (1) 氏 名 (2) 男 女 の 別 (3) 出 生 の 年 月 (4) 世 帯 主 との 続 き 柄 (5) 配 偶 の 関 係 (6) 国 籍 -2 -

4 (7) 就 業 状 態 (8) 就 業 時 間 (9) 所 属 の 事 業 所 の 名 称 及 び 事 業 の 種 類 (10) 仕 事 の 種 類 (11) 従 業 上 の 地 位 (12) 従 業 地 又 は 通 学 地 世 帯 に 関 する 事 項 (1) 世 帯 の 種 類 (2) 世 帯 員 の 数 (3) 住 居 の 種 類 (4) 住 宅 の 床 面 積 (5) 住 宅 の 建 て 方 調 査 の 方 法 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 総 務 省 統 計 局 - 都 道 府 県 - 市 町 村 - 国 勢 調 査 指 導 員 - 国 勢 調 査 員 の 流 れによ り 行 った 調 査 の 実 施 に 先 立 ち, 平 成 17 年 国 勢 調 査 調 査 区 を 設 定 し, 調 査 区 の 境 界 を 示 す 地 図 を 作 成 した 調 査 区 は, 原 則 として 1 調 査 区 におおむね 50 世 帯 が 含 まれるように 設 定 されている なお, 調 査 区 は, 平 成 2 年 国 勢 調 査 より 恒 久 的 な 単 位 区 域 として 設 定 されている 基 本 単 位 区 を 基 に 構 成 されている 平 成 17 年 国 勢 調 査 は, 総 務 大 臣 により 任 命 された 約 83 万 人 の 国 勢 調 査 員 が 調 査 票 を 世 帯 ごとに 配 布 し, 取 集 する 方 法 により 行 った また, 調 査 票 は, 調 査 の 事 項 について 世 帯 が 記 入 した なお, 調 査 に 用 いられた 調 査 票 は, 直 接, 光 学 式 文 字 読 取 装 置 で 読 み 取 りができるもので,1 枚 に 4 名 分 記 入 できる 連 記 票 である ただし, 世 帯 員 の 不 在 等 の 事 由 により, 前 述 の 方 法 による 調 査 ができなかった 世 帯 については, 国 勢 調 査 員 が, 当 該 世 帯 について 氏 名, 男 女 の 別 及 び 世 帯 員 の 数 の 3 項 目 に 限 って,その 近 隣 の 者 に 質 問 することにより 調 査 した -3 -

5 用 語 の 解 説 人 口 本 書 に 掲 載 した 人 口 は 各 年 10 月 1 日 午 前 零 時 現 在 ( 以 下 調 査 時 という )で 行 われた 国 勢 調 査 に よる 人 口 であり 各 年 の 人 口 の 範 囲 の 概 要 は 次 のとおりである 大 正 9 年 ~ 昭 和 15 年 調 査 した 人 口 は 現 在 人 口 である 現 在 人 口 とは 各 人 を 調 査 時 にいた 場 所 で 調 査 する 方 法 による 人 口 であり 一 般 の 外 国 人 はもとより 昭 和 22 年 以 降 の 調 査 では 調 査 の 対 象 から 除 外 している 外 交 使 節 団 等 の 構 成 員 も 含 めたすべてを 調 査 した また 調 査 時 前 に 本 邦 を 出 港 し 途 中 寄 港 しないで 調 査 時 後 4 日 以 内 に 本 邦 に 入 港 した 船 舶 の 乗 組 員 も 調 査 時 に 入 港 地 に 現 在 したとみなして 調 査 した 昭 和 22 年 調 査 した 人 口 は 現 在 人 口 である 調 査 時 前 に 本 邦 を 出 港 し 途 中 寄 港 しないで 調 査 時 後 2 日 以 内 に 本 邦 に 入 港 した 船 舶 の 乗 組 員 も 調 査 時 に 入 港 地 に 現 在 したとみなして 調 査 した また 昭 和 22 年 以 降 は 外 国 政 府 の 外 交 使 節 団 領 事 機 関 の 構 成 員 及 び 外 国 軍 隊 の 軍 人 軍 属 等 は 調 査 の 対 象 から 除 外 している 昭 和 25 年 調 査 した 人 口 は 常 住 人 口 である 常 住 人 口 とは 調 査 時 に 調 査 の 地 域 に 常 住 している 者 をいう こ こで 常 住 している 者 とは 当 該 住 居 に 6 か 月 以 上 にわたって 住 んでいるか 又 は 住 むことになってい る 者 をいい それぞれの 住 んでいる 場 所 で 調 査 した なお 昭 和 30 年 以 降 の 調 査 からは 居 住 期 間 を 3 か 月 以 上 としている ただし 精 神 病 院 結 核 療 養 所 らい 療 養 所 の 入 院 患 者 又 は 療 養 者 は 入 院 等 の 期 間 にかかわらずその 病 院 又 は 療 養 所 を 常 住 地 とみなして 調 査 した また 調 査 時 前 に 本 邦 を 出 港 した 船 舶 の 乗 組 員 で 陸 上 に 住 所 の 無 い 者 も 調 査 時 後 3 日 以 内 に 入 港 した 場 合 調 査 時 において 本 邦 内 に 常 住 地 を 有 する 者 とみなして その 船 舶 で 調 このほかの 取 り 扱 いについては 調 査 の 対 象 から 除 外 した 者 の 範 囲 を 含 めて 平 成 12 年 調 査 と 同 様 であ る なお 昭 和 25 年 の 調 査 では 現 在 人 口 も 調 査 し 集 計 した 昭 和 30 年 ~ 平 成 17 年 調 査 した 人 口 は 常 住 人 口 である なお 人 口 の 範 囲 は 平 成 12 年 調 査 と 同 様 である ( 調 査 の 概 要 参 照 ) 面 積 本 報 告 書 等 に 掲 載 し,また 人 口 密 度 の 算 出 に 用 いた 全 国 都 道 府 県 郡 支 庁 市 区 町 村 別 面 積 は, 国 土 -4 -

6 交 通 省 国 土 地 理 院 ( 以 下 国 土 地 理 院 という )が 公 表 した 平 成 17 年 10 月 1 日 現 在 の 平 成 17 年 全 国 都 道 府 県 市 区 町 村 別 面 積 調 によっている ただし, 国 土 地 理 院 が 公 表 した 市 区 町 村 別 面 積 には,その 一 部 に,(1) 市 区 町 村 の 境 界 に 変 更 等 があっ ても 国 土 地 理 院 の 調 査 が 未 了 のため 変 更 以 前 の 面 積 が 表 示 されているもの,(2) 境 界 未 定 のため 関 係 市 区 町 村 の 合 計 面 積 のみが 表 示 されているものがある これらについては, 国 勢 調 査 結 果 の 利 用 者 の 便 宜 を 図 るため, 総 務 省 統 計 局 において 面 積 を 推 定 し,その 旨 を 注 記 した したがって,これらの 市 区 町 村 別 面 積 は, 国 土 地 理 院 が 公 表 する 面 積 とは 一 致 しないことがあるので, 利 用 の 際 には 注 意 されたい なお, 人 口 集 中 地 区 の 面 積 は, 総 務 省 統 計 局 において 測 定 したものである ただし, 全 域 が 人 口 集 中 地 区 となる 市 区 町 村 の 面 積 は, 上 記 の 全 国 都 道 府 県 市 区 町 村 別 面 積 調 によっている 年 齢 年 齢 は 年 齢 は, 平 成 17 年 9 月 30 日 現 在 による 満 年 齢 である なお, 平 成 17 年 10 月 1 日 午 前 零 時 に 生 まれた 人 は,0 歳 とした なお 昭 和 40 年 ~ 平 成 12 年 の 調 査 には 10 月 1 日 午 前 零 時 に 生 まれた 人 もそれぞれの 調 査 で 0 歳 に 含 ま れる 大 正 9 年 ~ 昭 和 35 年 については 調 査 日 現 在 による 満 年 齢 である 配 偶 関 係 配 偶 関 係 は 届 出 の 有 無 にかかわらず 実 際 の 状 態 により 次 のとおり 区 分 した 未 婚 まだ 結 婚 をしたことのない 人 有 配 偶 届 出 の 有 無 に 関 係 なく 妻 又 は 夫 のある 人 死 別 妻 又 は 夫 と 死 別 して 独 身 の 人 離 別 妻 又 は 夫 と 離 別 して 独 身 の 人 国 籍 国 籍 を, 日 本, 韓 国, 朝 鮮, 中 国, フィリピン, タイ, ベトナム, イギリス, アメリカ, ブラジル, ペルー, その 他 に 区 分 した なお 二 つ 以 上 の 国 籍 を 持 つ 人 については 次 のように 取 り 扱 った 1 日 本 と 日 本 以 外 の 両 方 の 国 籍 を 持 つ 人 - 日 本 2 日 本 以 外 の 二 つ 以 上 の 国 籍 を 持 つ 人 - 調 査 票 の 国 名 欄 に 記 入 された 国 ただし フィリピン タイ 以 外 の 東 南 アジア 南 アジア の 範 囲 は インド インドネシア ヴィエト ナム カンボディア シンガポール スリ ランカ ネパール パキスタン バングラデシュ ブータン ブルネイ マレイシア ミャンマー モルディヴ ラオスの 15 か 国 とした 昭 和 60 年 以 前 については 日 本 のほか 韓 国 朝 鮮 中 国 アメリカ その 他 の 4 区 分 と している -5 -

7 常 住 地 常 住 地 とは 各 人 が 常 住 する 場 所 をいう ここで 常 住 する とは 同 一 の 場 所 に 3 か 月 以 上 にわたっ て 住 んでいるか あるいは 3 か 月 以 上 にわたって 住 むことになっている 場 合 をいう 従 業 地 通 学 地 従 業 地 通 学 地 とは 就 業 者 又 は 通 学 者 が 従 業 通 学 している 場 所 をいい 次 のとおり 区 分 した 自 市 区 町 村 で 従 業 通 学 従 業 通 学 先 が 常 住 している 市 区 町 村 と 同 一 の 市 区 町 村 にある 場 合 自 宅 従 業 している 場 所 が 自 分 の 居 住 する 家 又 は 家 に 附 属 した 店 作 業 場 などである 場 合 なお 併 用 住 宅 の 商 店 町 工 場 の 事 業 主 やその 家 族 従 業 者 住 み 込 みの 従 業 員 などの 従 業 先 が ここに 含 まれる また 農 林 漁 家 の 人 で 自 家 の 田 畑 山 林 や 漁 船 で 仕 事 をしている 場 合 自 営 の 大 工 左 官 などが 自 宅 を 離 れて 仕 事 をしている 場 合 もここに 含 まれる 自 宅 外 自 市 区 町 村 に 従 業 通 学 先 がある 者 で 上 記 の 自 宅 以 外 の 場 合 他 市 区 町 村 で 従 業 通 学 従 業 通 学 先 が 常 住 している 市 区 町 村 以 外 にある 場 合 これは いわゆる 常 住 地 からの 流 出 人 口 を 示 すものである 県 内 他 市 区 町 村 従 業 通 学 先 が 常 住 地 と 同 じ 都 道 府 県 内 の 他 市 区 町 村 にある 場 合 他 県 従 業 通 学 先 が 常 住 地 と 異 なる 都 道 府 県 にある 場 合 なお 他 市 区 町 村 に 従 業 通 学 するということは その 従 業 地 通 学 地 のある 市 区 町 村 からみれば 他 市 区 町 村 に 常 住 している 者 が 当 該 市 区 町 村 に 従 業 通 学 しに 来 るということで これは いわゆる 従 業 地 通 学 地 への 流 入 人 口 を 示 すものである ここでいう 従 業 地 とは 就 業 者 が 仕 事 をしている 場 所 のことであるが 例 えば 外 務 員 運 転 者 などの ように 雇 われて 戸 外 で 仕 事 をしている 人 については 所 属 している 事 業 所 のある 市 区 町 村 を 船 の 乗 組 員 ( 雇 用 者 )については その 船 が 主 な 根 拠 地 としている 港 のある 市 区 町 村 をそれぞれ 従 業 地 とした また 従 業 地 が 外 国 の 場 合 便 宜 同 一 の 市 区 町 村 とした ( 昼 間 人 口 と 夜 間 人 口 ) 従 業 地 通 学 地 による 人 口 ( 昼 間 人 口 )とは 従 業 地 通 学 地 集 計 の 結 果 を 用 いて 次 により 算 出 され た 人 口 である ただし この 昼 間 人 口 には 買 物 客 などの 非 定 常 的 な 移 動 については 考 慮 していない また 常 住 地 による 人 口 ( 夜 間 人 口 )とは 調 査 の 時 期 に 調 査 の 地 域 に 常 住 している 人 口 である 例 A 市 の 昼 間 人 口 の 算 出 方 法 A 市 の 昼 間 人 口 =A 市 の 常 住 人 口 -A 市 からの 流 出 人 口 +A 市 への 流 入 人 口 -6 -

8 労 働 力 状 態 15 歳 以 上 の 者 について, 平 成 17 年 9 月 24 日 から 30 日 までの 1 週 間 ( 以 下 調 査 週 間 という )に 仕 事 をしたかどうかの 別 により, 次 のとおり 区 分 した < 就 業 の 状 態 > 15 歳 以 上 人 口 労 働 力 人 口 就 業 者 完 全 失 業 者 主 に 仕 事 家 事 のほか 仕 事 通 学 のかたわら 仕 事 休 業 者 家 事 通 学 その 他 非 労 働 力 人 口 労 働 力 人 口 就 業 者 と 完 全 失 業 者 を 合 わせたもの 就 業 者 調 査 週 間 中 賃 金 給 料 諸 手 当 営 業 収 益 手 数 料 内 職 収 入 など 収 入 ( 現 物 収 入 を 含 む ) になる 仕 事 を 少 しでもした 人 なお 収 入 になる 仕 事 を 持 っているが 調 査 週 間 中 少 しも 仕 事 をしなかった 人 のうち 次 のい ずれかに 該 当 する 場 合 は 就 業 者 とした (1) 勤 めている 人 で 休 み 始 めてから 30 日 未 満 の 場 合 又 は 30 日 以 上 休 んでいても 賃 金 や 給 料 を もらったか もらうことになっている 場 合 (2) 個 人 経 営 の 事 業 を 営 んでいる 人 で 休 業 してから 30 日 未 満 の 場 合 また 家 族 の 人 が 自 家 営 業 ( 個 人 経 営 の 農 業 や 工 場 店 の 仕 事 など)の 手 伝 いをした 場 合 は 無 給 であっても 収 入 になる 仕 事 をしたこととして 就 業 者 に 含 めた 主 に 仕 事 主 に 勤 め 先 や 自 家 営 業 などの 仕 事 をしていた 場 合 家 事 のほか 仕 事 主 に 家 事 などをしていて,そのかたわら 仕 事 をした 場 合 通 学 のかたわら 仕 事 主 に 通 学 していて,そのかたわら 仕 事 をした 場 合 休 業 者 勤 め 人 や 事 業 を 営 んでいる 人 が 病 気 や 休 暇 などで 仕 事 を 休 み 始 めてから 30 日 未 満 の 場 合, 又 は, 勤 め 人 が 30 日 以 上 休 んでいても 賃 金 や 給 料 をもらったか,もらうことになって いる 場 合 完 全 失 業 者 調 査 週 間 中 収 入 になる 仕 事 を 少 しもしなかった 人 のうち 仕 事 に 就 くことが 可 能 であっ て かつ 公 共 職 業 安 定 所 に 申 し 込 むなどして 積 極 的 に 仕 事 を 探 していた 人 非 労 働 力 人 口 調 査 週 間 中 収 入 になる 仕 事 を 少 しもしなかった 人 のうち 休 業 者 及 び 完 全 失 業 者 以 外 の 人 家 事 自 分 の 家 で 主 に 炊 事 や 育 児 などの 家 事 をしていた 場 合 通 学 主 に 通 学 していた 場 合 その 他 上 のどの 区 分 にも 当 てはまらない 場 合 ( 高 齢 者 など) ここでいう 通 学 には, 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 高 等 専 門 学 校 短 期 大 学 大 学 大 学 院 のほ -7 -

9 か, 予 備 校 洋 裁 学 校 などの 各 種 学 校 専 修 学 校 に 通 っている 場 合 も 含 まれる 昭 和 25 年 の 調 査 では 14 歳 以 上 人 口 について 表 章 してある ただし 労 働 力 状 態 の 区 分 及 び 定 義 は 休 業 者 の 定 義 に 若 干 の 差 異 があるほかは 同 様 である 大 正 9 年 昭 和 5 年 及 び 15 年 の 国 勢 調 査 では 平 常 の 職 業 の 有 無 によって 有 業 者 と 無 業 者 に 区 別 する 有 業 者 方 式 によっている 本 書 では 15 歳 以 上 人 口 について この 有 業 者 は 労 働 力 に 無 業 者 は 非 労 働 力 に 相 当 するものとして 結 果 数 字 をそのまま 比 較 している 従 業 上 の 地 位 就 業 者 を 調 査 週 間 中 その 人 が 仕 事 をしていた 事 業 所 における 状 況 によって 次 のとおり 区 分 した 雇 用 者 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 個 人 商 店 の 従 業 員 住 み 込 みの 家 事 手 伝 い 日 々 雇 用 されてい る 人 臨 時 雇 いなど, 会 社 団 体 個 人 や 官 公 庁 に 雇 用 されている 人 で, 次 にいう 役 員 で ない 人 常 雇 期 間 を 定 めずに 又 は 1 年 を 超 える 期 間 を 定 めて 雇 われている 人 臨 時 雇 日 々 又 は 1 年 以 内 の 期 間 を 定 めて 雇 用 されている 人 役 員 会 社 の 社 長 取 締 役 監 査 役, 団 体 の 理 事 監 事, 公 団 や 事 業 団 の 総 裁 理 事 監 事 などの 役 員 雇 人 のある 業 主 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 などで, 雇 人 がいる 人 雇 人 のない 業 主 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 家 政 婦 な どで, 個 人 又 は 家 族 とだけで 事 業 を 営 んでいる 人 家 族 従 業 者 農 家 や 個 人 商 店 などで, 農 仕 事 や 店 の 仕 事 などを 手 伝 っている 家 族 家 庭 内 職 者 家 庭 内 で 賃 仕 事 ( 家 庭 内 職 )をしている 人 本 書 では 雇 用 者 と 役 員 をまとめて 雇 用 者 また 雇 人 のある 業 主 雇 人 のない 業 主 及 び 家 庭 内 職 者 をまとめて 自 営 業 主 とし 家 族 従 業 者 とともに 3 区 分 で 表 章 した 産 業 産 業 は 就 業 者 について 調 査 週 間 中 その 人 が 実 際 に 仕 事 をしていた 事 業 所 の 主 な 事 業 の 種 類 ( 調 査 週 間 中 仕 事 を 休 んでいた 人 については その 人 がふだん 仕 事 をしている 事 業 所 の 事 業 の 種 類 )によっ て 分 類 した なお 仕 事 をしていた 事 業 所 が 二 つ 以 上 ある 場 合 は その 人 が 主 に 仕 事 をしていた 事 業 所 の 事 業 の 種 類 によった 平 成 17 年 国 勢 調 査 に 用 いた 職 業 分 類 は, 日 本 標 準 職 業 分 類 ( 平 成 14 年 3 月 改 訂 )を 基 に, 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 集 計 用 に 再 編 成 したもので,19 項 目 の 大 分 類,80 項 目 の 中 分 類,228 項 目 の 小 分 類 から 成 ってい る なお 本 書 の 産 業 (3 部 門 )の 区 分 は 大 分 類 を 次 のように 集 約 したものである 標 準 産 業 分 類 ( 平 成 5 年 10 月 改 訂 )を 基 に これを 平 成 12 年 国 勢 調 査 の 集 計 用 に 再 編 成 したもので

10 項 目 の 大 分 類 77 項 目 の 中 分 類 223 項 目 の 小 分 類 から 成 っている なお 本 書 の 産 業 (3 部 門 )の 区 分 は 大 分 類 を 次 のように 集 約 したものである A 農 業 第 1 次 産 業 B 林 業 C 漁 業 D 鉱 業 第 2 次 産 業 E 建 設 業 F 製 造 業 G 電 気 カ ス 熱 供 給 水 道 業 H 情 報 通 信 業 I 運 輸 業 J 卸 売 小 売 業 K 金 融 保 険 業 L 不 動 産 業 第 3 次 産 業 M 飲 食 店, 宿 泊 業 N 医 療, 福 祉 O 教 育, 学 習 支 援 業 P 複 合 サービス 事 業 Q サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) R 公 務 ( 他 に 分 類 されないもの) S 分 類 不 能 の 産 業 昭 和 25 年 ~ 平 成 7 年 の 調 査 でも 平 成 12 年 と 同 様 に 産 業 の 定 義 をしているが 産 業 分 類 の 内 容 は 調 査 ごとに 多 少 異 なっている また 大 正 9 年 昭 和 5 年 及 び 15 年 国 勢 調 査 の 産 業 分 類 には 現 在 の 産 業 と 職 業 とを 混 用 した 分 類 を 用 いた 職 業 職 業 は 就 業 者 について 調 査 週 間 中 その 人 が 実 際 に 従 事 していた 仕 事 の 種 類 ( 調 査 週 間 中 仕 事 を 休 んでいた 人 については その 人 がふだん 実 際 に 従 事 していた 仕 事 の 種 類 )によって 分 類 した なお 従 事 した 仕 事 が 二 つ 以 上 ある 場 合 は その 人 が 主 に 従 事 した 仕 事 の 種 類 によった 平 成 17 年 国 勢 調 査 に 用 いた 職 業 分 類 は, 日 本 標 準 職 業 分 類 ( 平 成 9 年 12 月 改 訂 )を 基 に, 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 集 計 用 に 再 編 成 したもので,10 項 目 の 大 分 類,61 項 目 の 中 分 類,274 項 目 の 小 分 類 から 成 ってい る 昭 和 25 年 ~ 平 成 7 年 の 調 査 における 職 業 も 平 成 12 年 と 同 様 に 定 義 しているが その 分 類 の 内 容 は 調 査 ごとに 多 少 異 なっている -9 -

11 就 業 時 間 就 業 時 間 とは 就 業 者 が 調 査 週 間 中 実 際 に 働 いた 就 業 時 間 の 合 計 をいう 二 つ 以 上 の 仕 事 に 従 事 した 人 の 就 業 時 間 は それらの 就 業 時 間 の 合 計 とした 居 住 期 間 居 住 期 間 とは 現 在 の 場 所 に 住 んでいる 期 間 によって 出 生 時 から 1 年 未 満 1 年 以 上 5 年 未 満 5 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 20 年 未 満 20 年 以 上 の 6 区 分 に 区 分 したものをいう 世 帯 の 種 類 世 帯 を 次 のとおり 一 般 世 帯 と 施 設 等 の 世 帯 に 区 分 した 一 般 世 帯 とは 次 のものをいう (1) 住 居 と 生 計 を 共 にしている 人 々の 集 まり 又 は 一 戸 を 構 えて 住 んでいる 単 身 者 ただし これらの 世 帯 と 住 居 を 共 にする 単 身 の 住 み 込 みの 雇 人 については 人 数 に 関 係 なく 雇 主 の 世 帯 に 含 めた (2) 上 記 の 世 帯 と 住 居 を 共 にし 別 に 生 計 を 維 持 している 間 借 りの 単 身 者 又 は 下 宿 屋 などに 下 宿 してい る 単 身 者 (3) 会 社 団 体 商 店 官 公 庁 などの 寄 宿 舎 独 身 寮 などに 居 住 している 単 身 者 施 設 等 の 世 帯 とは 次 のものをいう なお 世 帯 の 単 位 は 原 則 として 下 記 の(1) (2) 及 び(3)は 棟 ご と (4)は 中 隊 又 は 艦 船 ごと (5)は 建 物 ごと (6)は 一 人 一 人 である (1) 寮 寄 宿 舎 の 学 生 生 徒 学 校 の 寮 寄 宿 舎 で 起 居 を 共 にし 通 学 している 学 生 生 徒 の 集 まり (2) 病 院 療 養 所 の 入 院 者 病 院 療 養 所 などに 既 に 3 か 月 以 上 入 院 している 入 院 患 者 の 集 まり (3) 社 会 施 設 の 入 所 者 老 人 ホーム 児 童 保 護 施 設 などの 入 所 者 の 集 まり (4) 自 衛 隊 営 舎 内 居 住 者 自 衛 隊 の 営 舎 内 又 は 艦 船 内 の 居 住 者 の 集 まり (5) 矯 正 施 設 の 入 所 者 刑 務 所 及 び 拘 置 所 の 被 収 容 者 並 びに 少 年 院 及 び 婦 人 補 導 院 の 在 院 者 の 集 まり (6) その 他 定 まった 住 居 を 持 たない 単 身 者 や 陸 上 に 生 活 の 本 拠 ( 住 所 )を 有 しない 船 舶 乗 組 員 など 世 帯 人 員 及 び 親 族 人 員 世 帯 人 員 とは 世 帯 を 構 成 する 各 人 ( 世 帯 員 )を 合 わせた 数 をいう 親 族 人 員 とは 世 帯 主 及 び 世 帯 主 と 親 族 関 係 にある 世 帯 員 を 合 わせた 数 をいう なお 養 子 養 父 母 な ども 子 父 母 と 同 様 にみなして 親 族 とした 世 帯 の 家 族 類 型

12 一 般 世 帯 を その 世 帯 員 の 世 帯 主 との 続 き 柄 により 次 のとおり 区 分 した A 親 族 世 帯 二 人 以 上 の 世 帯 員 から 成 る 世 帯 のうち 世 帯 主 と 親 族 関 係 にある 世 帯 員 のいる 世 帯 なお その 世 帯 に 同 居 する 非 親 族 ( 住 み 込 みの 従 業 員 家 事 手 伝 いなど)がいる 場 合 もこれに 含 まれる 例 えば 夫 婦 のみの 世 帯 という 場 合 には 夫 婦 二 人 のみの 世 帯 のほか 夫 婦 と 住 み 込 みの 家 事 手 伝 いから 成 る 世 帯 も 含 まれている B 非 親 族 世 帯 二 人 以 上 の 世 帯 員 から 成 る 世 帯 のうち 世 帯 主 と 親 族 関 係 にある 者 がいない 世 帯 C 単 独 世 帯 世 帯 人 員 が 一 人 の 世 帯 また 親 族 世 帯 をその 親 族 の 中 で 原 則 として 最 も 若 い 世 代 の 夫 婦 とその 他 の 親 族 世 帯 員 との 関 係 によっ て 次 のとおり 区 分 した Ⅰ 核 家 族 世 帯 (1) 夫 婦 のみの 世 帯 (2) 夫 婦 と 子 供 から 成 る 世 帯 (3) 男 親 と 子 供 から 成 る 世 帯 (4) 女 親 と 子 供 から 成 る 世 帯 Ⅱ その 他 の 親 族 世 帯 (5) 夫 婦 と 両 親 から 成 る 世 帯 (6) 夫 婦 とひとり 親 から 成 る 世 帯 (7) 夫 婦 子 供 と 両 親 から 成 る 世 帯 (8) 夫 婦 子 供 とひとり 親 から 成 る 世 帯 (9) 夫 婦 と 他 の 親 族 ( 親 子 供 を 含 まない )から 成 る 世 帯 (10) 夫 婦 子 供 と 他 の 親 族 ( 親 を 含 まない )から 成 る 世 帯 (11) 夫 婦 親 と 他 の 親 族 ( 子 供 を 含 まない )から 成 る 世 帯 (12) 夫 婦 子 供 親 と 他 の 親 族 から 成 る 世 帯 (13) 兄 弟 姉 妹 のみから 成 る 世 帯 (14) 他 に 分 類 されない 親 族 世 帯 母 子 世 帯 父 子 世 帯 母 子 世 帯 とは 未 婚 死 別 又 は 離 別 の 女 親 と その 未 婚 の 20 歳 未 満 の 子 供 のみから 成 る 一 般 世 帯 ( 他 の 世 帯 員 がいないもの)をいう 父 子 世 帯 とは 未 婚 死 別 又 は 離 別 の 男 親 と その 未 婚 の 20 歳 未 満 の 子 供 のみから 成 る 一 般 世 帯 ( 他 の 世 帯 員 がいないもの)をいう 高 齢 単 身 世 帯 高 齢 夫 婦 世 帯 高 齢 単 身 世 帯 とは 65 歳 以 上 の 者 一 人 のみの 一 般 世 帯 ( 他 の 世 帯 員 がいないもの)をいう 高 齢 夫 婦 世 帯 とは 夫 65 歳 以 上 妻 60 歳 以 上 の 夫 婦 1 組 の 一 般 世 帯 ( 他 の 世 帯 員 がいないもの)をいう -11 -

13 3 世 代 世 帯 3 世 代 世 帯 とは, 世 帯 主 との 続 き 柄 が, 祖 父 母, 世 帯 主 の 父 母 ( 又 は 世 帯 主 の 配 偶 者 の 父 母 ), 世 帯 主 ( 又 は 世 帯 主 の 配 偶 者 ), 子 ( 又 は 子 の 配 偶 者 ) 及 び 孫 の 直 系 世 代 のうち,3 つ 以 上 の 世 代 が 同 居 していること が 判 定 可 能 な 世 帯 をいい,それ 以 外 の 世 帯 員 がいるか 否 かは 問 わない したがって,4 世 代 以 上 が 住 んで いる 場 合 も 含 まれる また, 世 帯 主 の 父 母, 世 帯 主, 孫 のように, 子 ( 中 間 の 世 代 )がいない 場 合 も 含 ま れる 一 方, 叔 父, 世 帯 主, 子 のように, 傍 系 の 3 世 代 世 帯 は 含 まれない 世 帯 の 経 済 構 成 一 般 世 帯 を 世 帯 の 主 な 就 業 者 とその 親 族 の 労 働 力 状 態 産 業 及 び 従 業 上 の 地 位 により 次 のとおり 区 分 した また (1)~(10)の 区 分 については 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 従 事 する 産 業 により さらに 細 分 化 (37 区 分 ) している なお 区 分 に 当 たっては その 世 帯 に 同 居 する 非 親 族 の 経 済 活 動 は 考 慮 していない Ⅰ 農 林 漁 業 就 業 者 世 帯 親 族 の 就 業 者 が 農 林 漁 業 就 業 者 のみの 世 帯 (1) 農 林 漁 業 業 主 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 農 林 漁 業 の 業 主 (2) 農 林 漁 業 雇 用 者 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 農 林 漁 業 の 雇 用 者 Ⅱ 農 林 漁 業 非 農 林 漁 業 就 業 者 混 合 世 帯 親 族 の 就 業 者 に 農 林 漁 業 就 業 者 と 非 農 林 漁 業 就 業 者 の 両 方 が いる 世 帯 (3) 農 林 漁 業 業 主 混 合 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 農 林 漁 業 の 業 主 (4) 農 林 漁 業 雇 用 者 混 合 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 農 林 漁 業 の 雇 用 者 (5) 非 農 林 漁 業 業 主 混 合 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 業 主 (6) 非 農 林 漁 業 雇 用 者 混 合 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 雇 用 者 Ⅲ 非 農 林 漁 業 就 業 者 世 帯 親 族 の 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 就 業 者 のみの 世 帯 (7) 非 農 林 漁 業 業 主 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 業 主 で 親 族 に 雇 用 者 のいない 世 帯 (8) 非 農 林 漁 業 雇 用 者 世 帯 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 雇 用 者 で 親 族 に 業 主 家 族 従 業 者 の いない 世 帯 (9) 非 農 林 漁 業 業 主 雇 用 者 世 帯 ( 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 業 主 ) 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 業 主 で 親 族 に 雇 用 者 のいる 世 帯 (10) 非 農 林 漁 業 業 主 雇 用 者 世 帯 ( 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 雇 用 者 ) 世 帯 の 主 な 就 業 者 が 非 農 林 漁 業 の 雇 用 者 で 親 族 に 業 主 家 族 従 業 者 のいる 世 帯 Ⅳ 非 就 業 者 世 帯 親 族 に 就 業 者 のいない 世 帯 Ⅴ 分 類 不 能 の 世 帯 ここでいう 世 帯 の 主 な 就 業 者 は 世 帯 主 が 就 業 者 の 場 合 は 世 帯 主 とし 世 帯 主 が 就 業 者 でない 場 合 は 調 査 票 で 世 帯 主 の 最 も 近 くに 記 入 されている 就 業 者 とした また 世 帯 の 主 な 就 業 者 の 従 業 上 の 地 位 については 業 主 には 家 族 従 業 者 及 び 家 庭 内 職 者 が 含 まれ 雇 用 者 には 役 員 が 含 まれている

14 住 居 の 種 類 一 般 世 帯 について 住 居 を 次 のとおり 区 分 した 住 宅 一 つの 世 帯 が 独 立 して 家 庭 生 活 を 営 むことができる 永 続 性 のある 建 物 ( 完 全 に 区 画 された 建 物 の 一 部 を 含 む ) 一 戸 建 ての 住 宅 はもちろん アパート 長 屋 などのように 家 庭 生 活 を 営 むことができるような 構 造 になっている 場 合 は 各 区 画 ごとに 一 戸 の 住 宅 となる なお 店 舗 や 作 業 所 付 きの 住 宅 もこれに 含 まれる 住 宅 以 外 寄 宿 舎 寮 など 生 計 を 共 にしない 単 身 者 の 集 まりを 居 住 させるための 建 物 や 病 院 学 校 旅 館 会 社 工 場 事 務 所 などの 居 住 用 でない 建 物 なお 仮 小 屋 天 幕 小 屋 など 臨 時 応 急 的 に 造 られた 住 居 などもこれに 含 まれる 住 宅 の 所 有 の 関 係 住 宅 に 居 住 する 一 般 世 帯 について 住 宅 の 所 有 の 関 係 を 次 のとおり 区 分 した 主 世 帯 間 借 り 以 外 の 以 下 の 5 区 分 に 居 住 する 世 帯 持 ち 家 居 住 する 住 宅 がその 世 帯 の 所 有 である 場 合 なお 所 有 する 住 宅 は 登 記 の 有 無 を 問 わない また 分 割 払 いの 分 譲 住 宅 などで 支 払 いが 完 了 していない 場 合 も 含 まれる 公 営 の 借 家 その 世 帯 の 借 りている 住 宅 が 都 道 府 県 営 又 は 市 ( 区 ) 町 村 営 の 賃 貸 住 宅 やアパートであ って かつ 給 与 住 宅 でない 場 合 都 市 機 構 公 社 の 借 家 その 世 帯 の 借 りている 住 宅 が 都 市 再 生 機 構 又 は 都 道 府 県 市 区 町 村 の 住 宅 供 給 公 社 住 宅 協 会 開 発 公 社 などの 賃 貸 住 宅 やアパートであって,かつ 給 与 住 宅 でない 場 合 なお これには 雇 用 能 力 開 発 機 構 の 雇 用 促 進 住 宅 ( 移 転 就 職 者 用 宿 舎 )も 含 まれる 民 営 の 借 家 その 世 帯 の 借 りている 住 宅 が 公 営 の 借 家 都 市 機 構 公 社 の 借 家 及 び 給 与 住 宅 でない 場 合 給 与 住 宅 勤 務 先 の 会 社 官 公 庁 団 体 などの 所 有 又 は 管 理 する 住 宅 に 職 務 の 都 合 上 又 は 給 与 の 一 部 として 居 住 している 場 合 なお この 場 合 家 賃 の 支 払 いの 有 無 を 問 わない また 勤 務 先 の 会 社 又 は 雇 主 が 借 りている 一 般 の 住 宅 に 住 んでいる 場 合 も 含 まれる 間 借 り 他 の 世 帯 が 住 んでいる 住 宅 ( 持 ち 家, 公 営 の 借 家, 都 市 機 構 公 社 の 借 家, 民 営 の 借 家, 給 与 住 宅 )の 一 部 を 借 りて 住 んでいる 場 合 なお 昭 和 45 年 及 び 50 年 は 公 営 の 借 家 と 公 団 公 社 の 借 家 をまとめて 公 営 借 家 とし 昭 和 25 年 ~40 年 は 公 営 借 家 に 民 営 借 家 をまとめて 借 家 として 表 章 している 延 べ 面 積 延 べ 面 積 とは 各 居 住 室 ( 居 間 茶 の 間 寝 室 客 間 書 斎 応 接 間 仏 間 食 事 室 など 居 住 用 の 室 )

15 の 床 面 積 のほか その 住 宅 に 含 まれる 玄 関 台 所 廊 下 便 所 浴 室 押 し 入 れなども 含 めた 床 面 積 の 合 計 をいう ただし 農 家 の 土 間 や 店 舗 併 用 住 宅 の 店 事 務 室 など 営 業 用 の 部 分 は 延 べ 面 積 には 含 まれない また アパートやマンションなどの 共 同 住 宅 の 場 合 は 共 同 で 使 用 している 廊 下 階 段 など 共 用 部 分 は 延 べ 面 積 には 含 まれない なお 坪 単 位 で 記 入 されたものについては 1 坪 を 3.3 m2に 換 算 した 住 宅 の 建 て 方 各 世 帯 が 居 住 する 住 宅 を,その 建 て 方 について, 次 のとおり 区 分 した このうち 共 同 住 宅 については, その 建 物 の 階 数 を 1 2 階 建, 3~5 階 建, 6~10 階 建, 11~14 階 建, 15 階 建 以 上 の 五 つに 区 分 し,また, 世 帯 が 住 んでいる 階 により 1 2 階, 3~5 階, 6~10 階, 11~14 階, 15 階 以 上 の 五 つに 区 分 している 一 戸 建 1 建 物 が 1 住 宅 であるもの なお 店 舗 併 用 住 宅 の 場 合 でも 1 建 物 が 1 住 宅 であればここに 含 まれる 長 屋 建 二 つ 以 上 の 住 宅 を 一 棟 に 建 て 連 ねたもので 各 住 宅 が 壁 を 共 通 にし それぞれ 別 々に 外 部 への 出 入 口 をもっているもの なお いわゆる テラス ハウス も 含 まれる 共 同 住 宅 一 棟 の 中 に 二 つ 以 上 の 住 宅 があるもので 廊 下 階 段 などを 共 用 しているものや 二 つ 以 上 の 住 宅 を 重 ねて 建 てたもの なお 階 下 が 商 店 で 2 階 以 上 に 二 つ 以 上 の 住 宅 がある いわゆる げたばき 住 宅 も 含 まれる その 他 上 記 以 外 で 例 えば 工 場 や 事 務 所 などの 一 部 に 住 宅 がある 場 合 や 寄 宿 舎 独 身 寮 ホテル 病 院 などの 住 宅 以 外 の 建 物 の 場 合 人 口 集 中 地 区 昭 和 28 年 の 町 村 合 併 促 進 法 及 び 昭 和 31 年 の 新 市 町 村 建 設 促 進 法 による 町 村 合 併 や 新 市 の 創 設 などによ り 市 部 地 域 が 拡 大 され, 市 部 郡 部 別 の 地 域 表 章 が 必 ずしも 都 市 的 地 域 と 農 村 的 地 域 の 特 質 を 明 瞭 に 示 さ なくなったため,この 都 市 的 地 域 の 特 質 を 明 らかにする 統 計 上 の 地 域 単 位 として, 昭 和 35 年 国 勢 調 査 から 新 たに 人 口 集 中 地 区 を 設 定 した 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 人 口 集 中 地 区 は, 以 下 の 3 点 を 条 件 として 設 定 した (1) 平 成 17 年 国 勢 調 査 基 本 単 位 区 を 基 礎 単 位 地 域 とする (2) 市 区 町 村 の 境 域 内 で 人 口 密 度 の 高 い 基 本 単 位 区 ( 原 則 として 人 口 密 度 が 1k m2 当 たり 4,000 人 以 上 ) が 隣 接 していること (3) それらの 地 域 の 人 口 が 平 成 17 年 国 勢 調 査 時 に 5,000 人 以 上 を 有 すること なお, 個 別 の 人 口 集 中 地 区 の 中 には, 人 口 密 度 が 1k m2 当 たり 4,000 人 に 満 たないものがあるが,これは 人 口 集 中 地 区 が 都 市 地 域 を 表 すという 観 点 から, 人 口 集 中 地 区 に 常 住 人 口 の 少 ない 公 共 施 設, 産 業 施 設, 社 会 施 設 等 のある 地 域 を 含 めているためである

16 - 15 -

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま 平 成 27 年 国 勢 調 査 高 知 県 の 口 速 報 集 計 結 果 平 成 28 年 1 月 18 日 高 知 県 総 務 部 統 計 課 1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

く) 取 得 した 特 例 対 象 宅 地 が 2 区 分 にまたがるときは 下 記 の 算 式 を 限 度 とする A 200/400 + B 200/330 + C 200 m2 A 選 択 特 例 対 象 宅 地 等 である 特 定 事 業 用 等 宅 地 等 の 面 積 の 合 計 B 選

く) 取 得 した 特 例 対 象 宅 地 が 2 区 分 にまたがるときは 下 記 の 算 式 を 限 度 とする A 200/400 + B 200/330 + C 200 m2 A 選 択 特 例 対 象 宅 地 等 である 特 定 事 業 用 等 宅 地 等 の 面 積 の 合 計 B 選 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 の 利 用 による 相 続 税 対 策 1. 改 正 のポイント 項 目 内 容 適 用 年 月 日 平 成 27 年 1 月 1 日 特 定 居 住 用 宅 地 等 の 適 用 対 象 240m2330m2 以 後 の 相 続 又 は 遺 面 積 の 引 上 げ 贈 居 住 用 330m2 平 成 27 年 1 月 1 日 居 住 用 宅 地 と 事 業 用 宅

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

Microsoft Word - 4 家計基準

Microsoft Word - 4 家計基準 授 業 料 免 除 に 係 る 家 計 基 準 1 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 の 総 所 得 金 額 授 業 料 免 除 の 対 象 となる 者 は その 者 の 属 する ( 住 所 が 異 なる 場 合 でも 生 計 を 一 に する 者 を 含 む )の1 年 間 の 総 所 得 金 額 が 別 表 第 1 2に 定 める 収 入 基 準 表 の 収 入 基 準 額 以 下

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

ÿþ

ÿþ 申 込 資 格 現 に 同 居 し 又 は 同 居 しようとする 親 族 ( 内 縁 関 係 にある 方 及 び 婚 約 者 を 含 む) があること 内 縁 関 係 にある 方 は 住 民 票 に 未 届 ( 内 縁 )の 妻 ( 夫 ) と 記 載 されており 戸 籍 謄 本 でもほかに 婚 姻 関 係 がないことが 確 認 できる 場 合 は 申 込 みできます 離 婚 調 停 中 ( 裁 判

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 19 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 担 当 部 局 御 中 内 閣 府 子 ども 子 育 て 本 部 参 事 官 ( 子 ども 子 育 て 支 援 担 当 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 幼 児 教 育 課 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 161,7 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 158,172 44,66,25 1,13,136 7,281,69 16.3 16.7 (2) 職 員 給 与

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 について 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 提 出 書 類 について 提 出 書 類 を 必 ず 事 前 に 確 認 のうえ 不 備 のないように 申 請 してください < 必 ず 提 出 が 必 要 なもの> 1) 願 書 2) 応 募 者 の 顔 写 真 ( 最 近 6 カ 月 以 内 に 撮 影 したもの 4.0cm

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

世界測地系対応 全国メッシュ地図

世界測地系対応 全国メッシュ地図 Census Japan 2010 < 2010 年 国 勢 調 査 統 計 地 図 データ( 町 丁 字 等 ) > Version 2012.12 USER GUIDE データの 内 容 Census Japan 2010 は 政 府 統 計 の 総 合 窓 口 (e-stat)にて 公 開 されている 平 成 22 年 国 勢 調 査 ( 小 地 域 統 計 )の 基 本 的 な 統 計 指

More information

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

平成22年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引 第 1 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 支 払 報 告 書 ) 1 提 出 する 必 要 がある 者 平 成 22 年 中 に 俸 給 給 料 賃 金 歳 費 賞 与 その 他 これらの 性 質 を 有 する 給 与 ( 以 下 給 与 等 といいます ) を 支 払 った 者 です 給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 提 出 範 囲 年 末 調 整 を し た も の 年 末

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2083528373815B208160208375838D8362834E90E096BE89EF8E9197BF2E70707478> 住 民 基 本 台 帳 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 概 要 < 改 正 概 要 > ( 平 成 21 年 7 月 15 日 公 布 ) 1 外 国 人 住 民 の 利 便 の 増 進 及 び 市 町 村 等 の 行 政 の 合 理 化 を 目 的 として 外 国 人 住 民 を 住 民 基 本 台 帳 法 の 適 用 対 象 に 加 える ( 施 行 期 日 : 入 管 法 等 改

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における

技 能 労 務 職 平 均 年 齢. 7. 9.9 歳,7 平 均 給 料 月 額 歳 7,,8, 歳,9,57, 7,7 7,9 9,5 - (8,85) (5,) 類 似 団 体 5. 歳 9,8 9, 85, ( 注 ) 平 均 給 料 月 額 とは 平 成 5 年 月 日 現 在 における の 給 与 定 員 管 理 等 について 職 員 の 給 与 などは 村 議 会 の 審 議 を 経 て 給 与 条 例 で 定 められています その 内 容 についてお 知 らせします 新 島 村 の 職 員 は 平 成 5 年 月 日 で ( 特 別 職 の 村 長 副 村 長 教 育 長 を 含 む) 福 祉 医 療 教 育 土 木 観 光 産 業 など みなさんの 暮 らしに 関 わるさまざまな

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information