平成14年4月22日

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平成14年4月22日"

Transcription

1 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 40 地 盤 品 質 判 定 士, 地 盤 品 質 判 定 士 補,ならびに 判 定 士 協 議 会 関 係 者 の 皆 様 へ 地 盤 品 質 判 定 士 による 熊 本 地 震 地 盤 災 害 現 地 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 )と 16 日 ( 本 震 )の 地 震 によって, 熊 本 から 大 分 にかけての 広 い 範 囲 で 甚 大 な 被 害 を 被 りました 直 接 の 被 災 および 関 連 で 亡 くなられた 方 々に 深 く 哀 悼 の 意 を 表 しますとともに, 被 災 者 の 皆 様 に 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 当 該 地 震 では 多 くの 戸 建 て 住 宅 が 被 災 しており 胸 が 痛 みます 今 回, 地 盤 品 質 判 定 士 の 大 久 保 拓 郎 氏 が 現 地 調 査 速 報 を 寄 稿 してくれましたので, 判 定 士 通 信 40 としてお 届 けします 寄 稿 文 は 次 ページをご 参 照 ください なお,( 公 社 ) 地 盤 工 学 会 では, 本 地 震 災 害 の 社 会 的 重 要 性 に 鑑 み, 九 州 地 方 を 中 心 とした 産 学 のメンバーからなる 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 ( 団 長 : 北 園 芳 人 熊 本 大 学 名 誉 教 授 )を 編 成 して, 現 地 調 査 を 実 施 して,4 月 27 日 ( 水 )14:30~16:30 に 福 岡 市 立 中 央 市 民 センター 3 階 ホールにおいて, 速 報 会 熊 本 地 震 地 盤 災 害 説 明 会 被 害 の 状 況 とこれから 私 たちが 気 をつける こと を 実 施 しています 下 記 URL 参 照 mamoto-jisinsaigaihokokukai&catid=52: &itemid=29 上 記 サイトでは 当 日 の 説 明 資 料 (ppt)の pdf 版 が 公 開 されています 併 せて 参 考 にして 下 さい 追 伸 地 盤 品 質 判 定 士 通 信 は, 関 係 者 の 情 報 交 換 の 場 です 地 盤 品 質 判 定 士 の 方 々からの 寄 稿 を 歓 迎 致 します 2016 年 5 月 2 日 ( 月 ) 地 盤 品 質 判 定 士 協 議 会 事 務 局 -1-

2 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 速 報 平 成 28 年 4 月 30 日 地 盤 品 質 判 定 士 大 久 保 拓 郎 平 成 28 年 4 月 14 日 から 16 日 にかけて 熊 本 県 を 中 心 に 九 州 地 方 を 襲 った 地 震 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 と 命 名 され, 熊 本 県 を 中 心 に 大 規 模 な 被 害 が 発 生 した 活 断 層 の 活 動 状 況 や 土 砂 災 害 建 物 の 被 害 などについては, 各 種 団 体 が 精 力 的 に 調 査 を 行 っているが, 宅 地 地 盤 の 観 点 からも 被 災 状 況 を 確 認 する 必 要 があると 考 えて,4 月 23 日 に 半 日 程 度 ではあるが 現 地 調 査 を 行 った 調 査 範 囲 も 精 度 も 不 十 分 なものではあるが, 今 後 現 地 で 調 査 を 行 う 際 の 一 助 になればと 考 えて, 速 報 を 公 開 する 調 査 ルート 今 回 の 調 査 ルートを Figure 1~Figure 3 に 示 す 熊 本 空 港 から 初 めに 益 城 町 に 向 かい, 次 いで 白 川 沿 いに 阿 蘇 へ 向 かったのち 熊 本 市 街 地 へ 向 かう, 延 長 約 80km の 調 査 行 となった なお, 被 災 地 では 空 き 巣 が 頻 発 しており, 県 外 ナンバーの 車 で 移 動 しながら 写 真 撮 影 をし ていると 警 官 に 声 をかけられる 今 後 調 査 される 方 には, 名 刺 のほかに, 学 会 の 会 員 証 な どを 携 行 することをお 勧 めする 今 回 は 市 街 地 では 車 内 からの 撮 影 を 行 った Figure 1 調 査 ルート( 広 域 図 ) 1

3 Figure 2 調 査 ルート( 拡 大 図 ) Figure 3 調 査 ルート( 詳 細 図 ) 基 図 には 地 理 院 地 図 色 別 標 高 図 (いずれも 国 土 地 理 院 )を 使 用 2

4 被 災 状 況 益 城 町 周 辺 熊 本 空 港 のターミナルビルが 被 害 を 受 けているため, 熊 本 空 港 発 着 便 は 減 便 となってい た 熊 本 空 港 に 着 く1 時 間 くらい 前 から, 空 港 では 使 えるトイレが 少 ないため, 出 来 るだ け 機 内 で 済 ませるようにとのアナウンスが 繰 り 返 される 熊 本 空 港 のターミナルは, 益 城 町 に 所 在 している 益 城 町 は 木 山 川 沿 いの 低 地 と,その 両 岸 に 広 がる 丘 陵 地 に 広 がっている 右 岸 側 の 丘 陵 地 に 位 置 する 空 港 から 益 城 町 の 中 心 部 へ 向 けて 南 下 すると,すぐに 見 慣 れない 光 景 が 視 界 に 入 る のり 面 の 崩 壊 や 倒 れた 墓 石 などは, 地 震 災 害 の 現 場 ではよく 目 にするが, 写 真 1 2 のように, 間 知 ブロックの 擁 壁 が 裏 込 めコンクリートごと 叩 き 壊 されたように 崩 れている のは 初 めて 見 る 現 象 である 見 たところ, 盛 土 の 崩 落 による 土 圧 で 破 壊 されているのでは なく, 加 速 度 によって 擁 壁 が 直 接 壊 されたように 見 受 けられる 丘 陵 地 から 低 地 へ 下 る 道 は, 緊 急 工 事 で 復 旧 した 跡 が 見 える( 写 真 3) この 道 は 益 城 町 の 最 大 の 避 難 所 である 総 合 体 育 館 へのアクセス 道 路 であるため, 優 先 度 が 高 かったと 推 測 される 低 地 に 降 りると 一 面 に 田 んぼが 広 がり,もともと 家 屋 は 存 在 していない 堤 防 や 畔 には 写 真 4 のような 液 状 化 の 痕 跡 が 点 在 している 益 城 町 の 役 場 がある 市 街 地 へは 車 で 入 るルートが 見 つからないため, 丘 陵 地 の 縁 に 沿 っ て 右 岸 側 を 上 流 へと 向 かう ある 程 度 の 高 さのある 擁 壁 は,ほとんどが 損 傷 しているよう に 見 受 けられた 家 屋 は, 屋 根 のブルーシートを 除 くとほとんど 損 傷 のないように 見 える 建 物 もあるが, 写 真 8 のように 比 較 的 新 しいのに 全 壊 している 建 物 も 多 い この 辺 りはほ とんどの 家 が 在 来 工 法 のようである また, 土 壁 の 納 屋 や 倉 は 大 半 が 損 傷 を 受 けているよ うに 見 えた 木 山 川 を 越 える 橋 は, 橋 台 で 段 差 が 生 じて 通 行 できない 箇 所 が 多 く,なんとか 通 れる 橋 を 探 して, 断 層 露 頭 を 確 認 しながら 左 岸 側 にわたる やはり 丘 陵 沿 いに 広 がる 集 落 を 通 り ながら 下 流 へ 向 かう こちらは 外 観 からは, 右 岸 側 に 比 べて 被 害 が 少 ないように 見 える 断 層 の 露 頭 には 左 岸 側 の 方 が 近 いが, 損 傷 のない 練 石 積 みや 建 物 も 存 在 する ただし, 無 事 な 擁 壁 の 隣 の 擁 壁 が 崩 れていることもあり, 施 工 の 違 いで 差 が 出 ているのかもしれない また, 土 壁 の 建 物 の 被 害 は 左 岸 側 でもやはり 目 立 つ 3

5 K_01: 間 知 ブロック 積 擁 壁 が 壊 れて, 建 物 が 傾 いている K_02: 間 知 ブロック 積 擁 壁 が 中 ほどで 折 れ た 例 K_03: 大 規 模 避 難 所 へのアクセス 道 路 は, 最 優 先 で 仮 復 旧 が 行 われている K_04: 堤 防 や 田 んぼの 中 の 道 路 では, 液 状 化 の 痕 跡 が 多 数 みられる K_05: 水 路 護 岸 の 石 積 みが 崩 れ, 敷 地 が 押 し 出 している K_06: 道 路 盛 土 のブロック 積 み 擁 壁 が 根 元 から 倒 れている 4

6 K_07: 階 段 の 僅 かな 盛 土 が 崩 れて, 地 山 の 吹 き 付 け 工 にまで 被 害 が 及 んだと みられる K_08: 比 較 的 新 しい 建 物 でも 全 壊 した 例 も ある 右 隣 の 家 は 外 見 上 は 問 題 がな い K_09: 角 部 が 破 壊 した 擁 壁 K_10: 異 工 種 の 継 ぎ 目 で 破 断 した 擁 壁 家 屋 は 完 全 に 傾 いている K_11: 復 旧 に 当 たりガレキは 積 み 上 げられ ている ここは 裏 込 めがきれいに 崩 落 している K_12: 台 地 の 上 の 擁 壁 は,どのような 力 が 加 わったか 俄 かには 理 解 できない 5

7 K_13: 鉄 筋 の 入 ったブロック 塀 はこのよう にきれいに 倒 れている 鉄 筋 が 入 っ ていない 塀 はバラバラに 崩 れてい る K_14: 低 地 のやや 右 岸 側 ( 北 側 ) 不 明 瞭 な 亀 裂 とともに, 道 や 畔 が 10mく らいの 幅 を 持 って 横 ずれしている K_15: 低 地 左 岸 側 の 断 層 露 頭 直 近 の 様 子 K_16: 矢 印 間 に 断 層 の 亀 裂 が 確 認 できる K_17: 土 壁 の 建 物 は, 文 字 通 りペチャンコ になっているものも 多 い K_18: 左 岸 側 でも 崩 れている 擁 壁 は 多 い 6

8 K_19: 左 側 の 間 知 ブロックは 損 傷 がないが, きちんとした 擁 壁 構 造 ではないブ ロックは 崩 壊 している K_20:やや 高 めに 盛 っている 宅 地 は, 崩 落 しているところが 多 い 印 象 である K_21: 益 城 町 の 廃 棄 物 仮 置 き 場 現 在 は 整 然 と 分 別 して 保 管 されているが, 解 体 が 本 格 化 すると 廃 棄 物 処 理 も 問 題 となる K_22: 左 側 の 道 路 中 央 の 亀 裂 は,やや 盛 り 上 がっている 白 川 上 流 益 城 町 から 北 上 して, 白 川 に 沿 って 阿 蘇 方 面 へと 向 かった 丘 陵 の 上 では 空 港 を 過 ぎる と 被 害 は 急 に 目 立 たなくなる もっとも 益 城 町 に 比 べて 被 害 が 目 立 たないだけで, 地 震 災 害 の 跡 はいたるところに 存 在 する しかし, 擁 壁 の 損 傷 で 目 立 ったのは 写 真 23 のやせ 尾 根 の 周 辺 だけである 国 道 57 号 線 は 比 較 的 きれいな 状 態 だったが, 阿 蘇 大 津 ゴルフ 場 を 過 ぎたあたりから 山 沿 いの 斜 面 崩 壊 が 目 に 付 くようになる( 写 真 25) また, 切 盛 境 界 の 亀 裂 や 空 石 積 の 損 傷 な ども 見 られるようになる 斜 面 崩 壊 は 外 輪 山 に 近 づくにつれて 数 を 増 したが,カルデラに 入 る 手 前 の 立 野 で 通 行 止 めとなっていた ここを 抜 けると 阿 蘇 大 橋 の 大 崩 壊 まで 直 ぐであ るので,U ターンして 熊 本 市 内 へと 向 かう 7

9 K_23: 周 辺 では 擁 壁 の 損 傷 は 少 ないが,や せ 尾 根 の 保 護 擁 壁 は 崩 落 したよう である K_24: 国 道 57 号 線 阿 蘇 に 近 づくと, 切 盛 り 境 界 の 亀 裂 が 目 に 付 くようにな る K_25: 同 じく, 斜 面 が 高 くなるにつれて, 崩 壊 も 徐 々に 確 認 できるようにな る K_26: 高 さのない 盛 り 土 だが, 空 石 積 みの 石 が 飛 び 出 している K_27: 治 山 工 事 の 末 端 の 崩 壊 K_28: 立 野 付 近 では, 多 数 の 崩 壊 が 見 られ る 8

10 熊 本 市 街 熊 本 市 の 中 心 部 の 被 害 は,もっぱら 建 物 と 管 構 造 物 のように 見 受 けられた 練 石 積 みが 崩 れたところもあるようだが, 無 事 な 擁 壁 が 大 半 である 建 物 も 写 真 29 のように 派 手 に 壊 れたケースはまれで, 周 辺 の 建 物 は 一 見 したところ 無 傷 である もっとも, 写 真 30 のよう に 遠 目 には 何 事 もないが,よく 見 ると 開 口 部 の 周 辺 が 大 きく 破 損 しているところも 多 い また, 屋 根 に 被 害 を 受 けた 家 屋 も 多 く,その 分 布 には 偏 りがあるように 感 じた K_29: 報 道 でも 有 名 になったビルだが, 周 囲 に 同 じような 壊 れ 方 をした 建 物 は 見 られない K_30: 遠 目 には 無 事 な 建 物 も,よく 見 ると 構 造 的 な 損 傷 があるケースも 多 い おわりに 今 回 は 時 間 が 限 られた 中, 予 備 調 査 として 震 源 付 近 を 中 心 に 広 く 回 ってみた 阿 蘇 の 外 輪 山 の 内 側 や, 八 代 方 面 などは 回 れなかった 上, 益 城 町 中 心 部 や 西 原 村 など 最 も 被 害 の 大 きかった 地 域 は, 車 のルートが 見 つからずに 調 査 を 断 念 している 精 度 も 包 括 性 も 無 い 調 査 ではあるが, 感 覚 的 には 被 害 の 傾 向 はつかめたように 思 う 宅 地 地 盤 の 被 害 という 点 では, 益 城 町 が 突 出 していた 震 源 に 近 く, 緩 斜 面 に 集 落 が 広 がるため,ひな 壇 造 成 の 弱 点 が 露 わになったのではないだろうか もっとも, 震 度 7クラ スの 揺 れを 複 数 回 経 験 したことを 考 えると, 現 在 の 設 計 思 想 からすれば 想 定 通 りとも 考 え られる また, 液 状 化 の 痕 跡 はいたる 所 で 確 認 できた 都 市 近 傍 の 地 震 では,やはり 液 状 化 によるダメージは 大 きい 今 後 は 地 域 や 地 形 による 被 害 の 傾 向 を 詳 しく 分 析 するとともに, 従 来 の 宅 地 の 地 震 対 策 の 妥 当 性 やハード 対 策 の 限 界 についても 考 える 必 要 を 感 じた 以 上 9

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所

東北地方太平洋沖地震  国土交通省国土技術政策総合研究所 及び 建築研究所 平 成 23 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 独 立 行 政 法 人 建 築 研 究 所 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 による 建 築 物 被 害 第 一 次 調 査 栗 原 市 仙 台 市 における 木 造 を 中 心 とした 建 築 物 被 害 ( 速 報 ) 1. 調 査 目 的 震 度 7を 記 録 した 栗

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B94ED8A5192B28DB895F18D908F91816993BD96BC94C5816A303531332E646F6378> 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 ( 速 報 ) 早 稲 田 大 学 創 造 理 工 学 部 建 築 学 科 広 島 大 学 大 学 院 工 学 研 究 院 1.はじめに 4 月 14 日 夜 に 発 生 した 強 い 地 震 により 熊 本 県 を 中 心 に 多 くの 被 害 をもたらした 本 報 告 の 作 成 者 の 一 人 である 宮 津 は 4 月 21

More information

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地

背 景 図 は 国 土 地 理 院 の 電 子 国 土 を 使 用 本 図 には 中 田 高 今 泉 俊 文 編,2002 活 断 層 詳 細 デジタルマップ, 東 京 大 学 出 版 会 の 活 断 層 シェープファイル を 使 用 し た( 製 品 シリアル 番 号 :DAFM2041) 現 地 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 現 地 調 査 平 成 28 年 4 月 20 日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 (4 月 14 日 21 時 26 分 発 生 )の 翌 15 日 から 18 日 に 地 表 地 震 断 層 の 有 無 について 緊 急 調 査 を 実 施 した 阿 蘇 郡 西 原 村 から 上 益 城 郡 益 城 町 嘉 島 町 御

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

Microsoft Word - 05-01.doc

Microsoft Word - 05-01.doc 第 8 節 港 湾 施 設 の 復 旧 1 港 湾 施 設 の 復 旧 事 例 柏 崎 港 港 湾 災 害 復 旧 事 業 - 港 湾 施 設 の 被 災 状 況 と 復 旧 工 事 - 新 潟 港 湾 事 務 所 庭 山 真 一 山 﨑 慎 矢 栗 原 健 太 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 から 平 成 20 年 11 月 30 日 まで 交 代 で 応 援 派 遣 ) 庭 山 山 﨑

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 盤 工 学 会 平 成 28 年 熊 本 地 震 地 盤 災 害 調 査 団 液 状 化 班 報 告 ( 平 成 28 年 6 月 21 日 ) 平 成 28 年 熊 本 地 震 液 状 化 被 害 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 熊 本 平 野 で 生 じた 液 状 化 とその 被 害 について(その2)( 速 報 ) 村 上 哲 ( 福 岡 大 学 ) 石 蔵 良 平 ( 九 州

More information

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 (

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 ( 熊 本 県 南 阿 蘇 村 に 伝 わる 江 戸 時 代 中 期 の 土 砂 災 害 の 伝 承 と 自 治 会 による 防 災 活 動 への 利 用 徳 島 大 学 環 境 防 災 研 究 センター 西 山 賢 一 徳 島 県 立 博 物 館 中 尾 賢 一 防 災 科 学 技 術 研 究 所 若 月 強 はじめに 熊 本 県 阿 蘇 地 方 は,2012 年 7 月 11~12 日 にかけて,

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874431313036323490E591E489968A988D60816990E591E48D608BE6819589968A988D608BE6816A> 1 5. 仙 台 塩 釜 港 ( 仙 台 港 区 ) 6. 仙 台 塩 釜 港 ( 塩 釜 港 区 ) 調 査 団 メンバー 小 黒 章 二 八 谷 好 高 菅 野 真 弘 亀 井 重 信 建 設 マネジメント 研 究 所 主 任 研 究 員 理 事 兼 建 設 マネジメント 研 究 所 副 所 長 調 査 部 調 査 役 仙 台 支 部 調 査 役 仙 台 塩 釜 港 調 査 行 程 塩 釜 港

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477>

<927C93638E7391CF906B89FC8F4391A390698C7689E62E786477> 竹 田 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 9 月 目 次 第 1 章 総 則...1 1. 計 画 策 定 の 背 景... 1 2. 目 的... 1 3. 位 置 付 け... 1 4. 計 画 期 間... 1 5. 対 象 区 域 対 象 建 築 物... 1 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標...3 1. 大 分 県

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

ÿþ‘yö\¿−ûg

ÿþ‘yö\¿−ûg 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 福 島 県 南 部 地 域 の 木 造 建 築 物 の 被 害 調 査 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 被 害 調 査 福 島 県 南 中 部 域 在 来 木 軸 構 法 大 谷 石 土 蔵 1. はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 は 福 島 県 南 中 部 域 にも 甚 大

More information

浦河沖を震源とする地震(第2報)

浦河沖を震源とする地震(第2報) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 ( 第 58 報 ) 1 地 震 の 概 要 1 公 表 資 料 平 成 28 年 6 月 3 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 平 成 28 年 熊 本 地 震 は4 月 14 日 21 時 26 分 以 降 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 一 連

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

熊本地震電気通信施設被害調査報告

熊本地震電気通信施設被害調査報告 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団 電 気 通 信 施 設 被 害 調 査 報 告 ( 速 報 ) 調 査 期 間 : 平 成 28 年 4 月 26 日 ~28 日 一 般 社 団 法 人 建 設 電 気 技 術 協 会 建 設 電 気 技 術 協 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 被 害 調 査 団

More information

文化財の復旧支援等について

文化財の復旧支援等について 平 成 23 年 4 月 19 日 文 化 庁 文 化 財 の 復 旧 支 援 等 について 1. 国 指 定 等 文 化 財 の 被 害 状 況 被 害 件 数 :506 件 (1 都 1 道 18 県 )( 平 成 23 年 4 月 19 日 12:00 現 在 ) 内 訳 国 宝 重 要 特 別 史 跡 特 別 名 勝 天 然 重 要 伝 統 的 重 要 有 そ の 他 小 計 文 化 財 史

More information

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点

Microsoft Word - 03_県地域防災計画(印刷用)0611 時点 震 災 対 策 編 第 1 部 災 害 予 防 計 画 第 2 章 被 害 想 定 (2) 被 害 等 の 概 況 区 分 人 的 被 害 建 物 被 害 交 通 施 設 被 害 ライフ ライン 施 設 362 内 容 ( 死 傷 者 ) 鹿 野 吉 岡 断 層 による 地 震 の 場 合 の 冬 18 時 の 設 定 が 最 も 死 者 及 び 負 傷 者 が 多 くなる この 地 震 の 場 合

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮

売 却 区 分 番 号 : 箱 9 執 行 機 関 / 箱 根 町 長 ( 土 地 の 表 示 ) 物 件 1 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 城 野 字 臼 井 下 地 番 819 番 1 地 目 山 林 地 積 363 平 方 メートル 物 件 2 所 在 足 柄 下 郡 箱 根 町 宮 執 行 機 関 / 小 田 原 市 長 売 却 区 分 番 号 : 小 3 不 動 産 の 表 示 ( 登 記 簿 の 表 示 による) ( 物 件 1) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 地 番 105 番 1 地 目 宅 地 地 積 456.19m2 ( 物 件 2) 所 在 小 田 原 市 千 代 字 吉 添 105 番 地 1 家 屋 番 号 105 番 1 種 類 居 宅 構 造

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

津市地域防災計画(案)

津市地域防災計画(案) 1 被 害 想 定 ( 危 機 管 理 部 ) 本 市 に 被 害 を 及 ぼす 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とし 広 域 的 な 被 害 を 特 徴 とするプレート 境 界 型 地 震 及 び 地 殻 上 部 の 活 断 層 を 震 源 とし 局 所 的 な 被 害 を 特 徴 とする 内 陸 直 下 型 地 震 である 現 在 国 の 中 央 防 災 会 議 及 び 三 重 県 等 が

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

下 北 八 戸 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 26 年 3 月 青 森 県 青 い 海 はみんなの 宝 下 北 八 戸 沿 岸 の 基 本 理 念 本 州 最 北 の 幾 多 の 自 然 美 と 風 土 を 守 り 水 産 都 市 の 発 展 を 支 えてきた 山 海 の 豊 かな 恵 みを 後 世 へ 受 け 継 ぎ 海 と 共 に 活 きる 下 北 八 戸 沿 岸 の 海 岸

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被

那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活 発 な 地 震 活 動 が 認 められ 県 内 においても 過 去 に 多 くの 地 震 被 那 覇 市 耐 震 診 断 耐 震 改 修 のすすめ あなたの 家 は 地 震 に 耐 えられますか? ホップ ステップ ジャンプで 地 震 に 強 い 建 築 物 を!! ナハタイシンジャー 那 覇 市 で 想 定 される 地 震 と 被 害 沖 縄 県 の 位 置 する 南 西 諸 島 周 辺 では 鹿 児 島 県 の 喜 界 島 付 近 や 台 湾 の 東 海 岸 付 近 で 比 較 的 活

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

2. 地 震 と 地 震 被 害 の 概 要 2.1 2016 年 熊 本 地 震 の 概 要 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 11km でマグニチュード M6.5 の 地 震 が 発 生 し, 益 城 町 で 最 大 震 度 7を 観 測 した そ

2. 地 震 と 地 震 被 害 の 概 要 2.1 2016 年 熊 本 地 震 の 概 要 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 11km でマグニチュード M6.5 の 地 震 が 発 生 し, 益 城 町 で 最 大 震 度 7を 観 測 した そ 平 成 28 年 5 月 6 日 2016 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 速 報 長 谷 川 修 一 山 中 稔 野 々 村 敦 子 ( 香 川 大 学 工 学 部 ) 1. 調 査 の 概 要 1.1 調 査 目 的 2016 年 熊 本 地 震 から 今 後 の 地 震 防 災 減 災 対 策 に 対 する 新 たな 知 見 を 得 るため 1.2 調 査 期 間 : 平 成 28 年 4

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

2007 3 (2) 震 源 要 素 ア. 本 震 2007 年 7 月 16 日 10 時 13 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 33.4'N 138 36.5'E 17km M6.8 イ. 最 大 余 震 2007 年 7 月 16 日 15 時 37 分 新 潟 県 上 中 越 沖 37 30.2'N 138 38.6'E 23km M5.8 (3) 緊 急 地 震 速 報 の 内 容

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震における千葉県内の液状化*流動化被害(第2報)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震における千葉県内の液状化*流動化被害(第2報) 平 成 23 年 (2011 年 ) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 における 千 葉 県 内 の 液 状 化 - 流 動 化 被 害 ( 第 2 報 ) 2011 年 4 月 4 日 作 成 環 境 研 究 センター 千 葉 県 環 境 研 究 センターでは 地 質 環 境 研 究 室 において 平 成 23 年 (2011 年 ) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 が 発 生 し

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 書 (たたき 台 ) 平 成 28 年 7 月 熊 本 連 携 中 枢 都 市 圏 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 要 望 この 度 の 熊 本 地 震 の 発 生 以 降 被 災 者 の 救 助 活 動 避 難 者 への 生 活 支 援 激 甚 災 害 の 指 定 補 正 予 算 編 成 など 国 の 機 動 的 かつ 迅

More information

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の

目 次. 6 熊 本 地 震 の 概 要... 3. 地 形 地 質 概 要... 6 () 九 州 地 域 の 地 形 地 質 概 要... 6 () 熊 本 地 方 の 地 形 地 質 概 要... 7 3. 観 測 データ 概 要... () 観 測 点 一 覧... () 各 観 測 点 の 6 年 熊 本 地 震 における 各 観 測 データについて 6.4.6 エス エー アイ 構 造 設 計 株 式 会 社. はじめに 6 年 4 月 に 熊 本 地 方 で 発 生 した 一 連 の 地 震 活 動 により 数 多 くの 方 々が 被 災 され 多 くの 尊 い 命 が 奪 われている また 建 物 の 倒 壊 崩 壊 により 避 難 生 活 を 強 いられる 方 々は 何 十 万

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係)

様式第5 法第48条第1項第6号関係(地域森林計画区域の変更関係) 様 式 第 17 法 第 49 条 第 4 項 第 8 号 関 係 ( 特 別 地 域 内 工 作 物 の 新 ( 改 増 ) 築 の 許 可 等 ) 目 場 行 為 地 及 びその 付 近 の 状 況 自 然 公 園 法 第 20 条 第 3 項 の 許 可 等 に 関 する 事 項 的 工 作 物 の 種 類 施 行 方 法 敷 地 面 積 規 構 行 為 者 住 所 宮 城 県 牡 鹿 郡 女

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という

騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 ( 以 下 法 という )の 指 定 地 域 内 で 著 しい 騒 音 又 は 振 動 を 発 生 する 施 設 として 法 に 規 定 された 施 設 ( 以 下 特 定 施 設 という 騒 音 規 制 法 及 び 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 目 次 騒 音 振 動 規 制 法 に 基 づく 規 制 の 概 要 P 指 定 地 域 P 3 規 制 基 準 P 4 特 定 施 設 一 覧 P3 5 特 定 建 設 作 業 一 覧 P4 6 届 出 様 式 一 覧 P5 7 その 他 P6,P7 山 陽 小 野 田 市 役 所 環 境 課 環 境 保 全 係 756 860

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx 地 震 解 説 資 料 第 2 0 号 平 成 28 年 10 日 11 時 00 分 福 岡 管 区 気 象 台 大 分 地 方 気 象 台 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について 大 分 県 中 部 では 強 い 揺 れを 伴 う 余 震 が 発 生 する 可 能 性 は 低 下 地 震 調 査 委 員 会 の 評 価 結 果 を 踏 まえた 留 意 事 項 現 在 も

More information

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 20 年 2 月 萩 市 教 育 委 員 会 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

More information

Ⅰ 一 般 議 案 件 名 概 要 1 地 方 自 治 法 第 180 条 に 基 づく 専 決 処 分 報 告 (4 件 ) 市 報 第 1 号 市 営 住 宅 等 使 用 料 支 払 請 求 即 決 和 解 事 件 に 係 る 和 解 についての 専 決 処 分 報 告 市 報 第 2 号 自

Ⅰ 一 般 議 案 件 名 概 要 1 地 方 自 治 法 第 180 条 に 基 づく 専 決 処 分 報 告 (4 件 ) 市 報 第 1 号 市 営 住 宅 等 使 用 料 支 払 請 求 即 決 和 解 事 件 に 係 る 和 解 についての 専 決 処 分 報 告 市 報 第 2 号 自 横 浜 市 記 者 発 表 資 料 平 成 27 年 5 月 15 日 総 務 局 総 務 課 平 成 27 年 第 2 回 市 会 定 例 会 議 案 等 提 出 一 覧 Ⅰ 一 般 議 案 46 件 1 地 方 自 治 法 第 180 条 に 基 づく 専 決 処 分 報 告 2 地 方 自 治 法 第 179 条 に 基 づく 専 決 処 分 報 告 4 件 市 営 住 宅 等 使 用 料 支

More information

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 )

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) 今 後 さらに 取 り 組 むべき 適 応 策 ( 高 潮 海 面 水 位 の 上 昇 )について 資 料 4 ( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 高 潮 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

し 当 該 道 がその 中 心 線 からの 水 平 距 離 2m 未 満 でがけ 地 川 線 路 敷 地 その 他 これらに 類 するもの( 以 下 がけ 地 等 という )に 沿 う 場 合 に おいては 当 該 がけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の

し 当 該 道 がその 中 心 線 からの 水 平 距 離 2m 未 満 でがけ 地 川 線 路 敷 地 その 他 これらに 類 するもの( 以 下 がけ 地 等 という )に 沿 う 場 合 に おいては 当 該 がけ 地 等 の 道 の 側 の 境 界 線 及 びその 境 界 線 から 道 の 朝 倉 市 建 築 行 為 等 に 係 る 後 退 道 路 用 地 に 関 する 整 備 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 朝 倉 市 における 計 画 的 なみちづくりを 推 進 するため 建 築 主 等 の 協 力 による 道 路 整 備 を 促 進 し 安 全 で 良 好 な 市 街 地 の 形 成 と 居 住 環 境 の 整 備 を 図 り もって 住 みよいまちづくりに

More information

3分の1ビル破壊031203

3分の1ビル破壊031203 大 規 模 空 間 に 設 置 された 耐 震 吊 り 天 井 の 耐 震 余 裕 度 検 証 実 験 結 果 速 報 1.はじめに 2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 で 発 生 した 吊 り 天 井 の 脱 落 被 害 を 受 け 関 係 各 機 関 では 各 種 法 規 の 整 備 や 既 存 施 設 の 早 急 な 点 検 対 策 の 推 進 などの 対 応 が 進 められています

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用

Microsoft Word - 平成28年熊本地震の調査報告_セミナー用 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 ( 木 造 住 宅 ) ホームズ 君 すまいの 安 心 フォーラム 株 式 会 社 インテグラル 2016 年 6 月 23 日 益 城 町 木 山 宮 園 地 区 惣 領 地 区 判 断 基 準 全 壊 半 壊 外 観 上 被 害 無 未 調 査 調 査 概 要 本 調 査 は 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 被 災 地 における 木 造 住

More information

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害

震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 震 災 対 策 編 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 作 成 機 関 2 第 3 節 計 画 の 概 要 3 第 2 章 本 市 の 地 勢 第 1 節 地 勢 5 第 2 節 災 害 の 素 因 と 誘 因 及 び 災 害 に 対 する 基 本 的 な 考 え 方 9 第 3 章 地 震 津 波 の 特 性 第 1 節 本

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

Microsoft Word - column.doc

Microsoft Word - column.doc 現 在 お 台 場 の 基 幹 路 線 として また 通 勤 通 学 路 線 としても 活 躍 している[ 海 01]( 門 前 仲 町 ~ 東 京 テレポート 駅 東 京 ビッグサイト) 元 々はレジャー 路 線 として 誕 生 した 系 統 ( 高 速 道 経 由 の 項 を 参 照 )で 本 数 も 少 なかったが [ 門 19]グループを 吸 収 して 平 日 昼 間 でも 10 分 間 隔

More information

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用

小 惑 星 探 査 機 はやぶさ を 帰 還 させた 隠 し 回 路 Jaxaホームページより 引 用 2015.05.14 災 害 復 旧 実 務 講 習 会 災 害 採 択 の 基 本 原 則 について 〇 災 害 復 旧 事 業 の 概 要 適 用 除 外 他 〇 災 害 申 請 の 基 本 知 識 1 箇 所 工 事 応 急 工 事 とは 原 型 復 旧 の 定 義 他 〇 査 定 時 に 議 論 となる 点 応 急 工 事 の 範 囲 二 重 対 策 被 災 程 度 工 法 の 妥 当 性

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089748FF389BB94AD90B694CD88CD8B7982D182BB82CC89658BBF48509770> 調 査 地 概 要 図 液 状 化 発 生 範 囲 及 びその 影 響 Kaiapoi 土 木 学 会 調 査 団 地 盤 工 学 会 調 査 団 清 田 隆 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 Kaiapoi 南 部 撮 影 : 安 田 教 授 東 京 電 気 大 学 Kaiapoi 北 部 2010 年 の 地 震 後 2010 年 の 地 震 後 川 の 南 側 にある 公 園 2010

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物 熊 本 市 建 築 基 準 条 例 と 同 解 説 平 成 25 年 4 月 熊 本 市 建 築 指 導 課 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建

More information

★01 表紙

★01 表紙 第 1 回 定 例 会 平 成 24 年 度 予 算 案 関 係 資 料 ( 補 正 ) 茨 城 県 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 第 1 回 県 議 会 定 例 会 提 出 議 案 等 一 覧 ( 1) Ⅱ 平 成 24 年 度 補 正 予 算 案 の 概 要 1 今 回 補 正 額 ( 2) 2 今 回 補 正 の 主 なもの ( 2) 3 繰 越 明 許 費 ( 3) 4 一 般 会 計 補

More information