3 被 災 した 住 民 に 何 が 必 要 か という 被 災 者 の 目 線 に 立 った 計 画 を 定 する 4 広 域 大 規 模 災 害 を 想 定 した 備 えを 強 化 する 災 害 基 本 法 第 42 条 第 1 項 ( 市 町 村 地 域 防 災 計 画 ) 市 町 村 防 災

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3 被 災 した 住 民 に 何 が 必 要 か という 被 災 者 の 目 線 に 立 った 計 画 を 定 する 4 広 域 大 規 模 災 害 を 想 定 した 備 えを 強 化 する 災 害 基 本 法 第 42 条 第 1 項 ( 市 町 村 地 域 防 災 計 画 ) 市 町 村 防 災"

Transcription

1 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 主 旨 この 計 画 は 災 害 基 本 法 第 2 条 に 規 定 される 災 害 種 別 のうち 最 も 予 知 及 び 予 報 が 困 難 である 地 震 災 害 と 津 波 災 害 について 総 合 的 な 防 災 を 定 め るものである 1 計 画 の 目 的 本 市 で 予 測 される 災 害 種 別 のうち 地 震 津 波 に 伴 う 災 害 を 想 定 し 災 害 基 本 法 第 1 条 に 基 づき 平 常 時 からの 災 害 予 防 と 災 害 応 急 とその 後 の 復 旧 復 興 が 円 滑 に 遂 行 できるよう 定 め 市 民 と 本 市 に 訪 れる 観 光 客 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 災 害 から 保 護 することを 目 的 とする 2 計 画 の 目 標 本 市 の 地 域 並 びに 市 民 や 観 光 客 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 災 害 から 護 るた め 目 標 を 次 のとおり 定 める 災 害 に 強 い 安 心 して 暮 らせるまちづくり 3 計 画 の 基 本 方 針 この 計 画 は 災 害 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 次 の 事 項 を 重 点 に 基 本 方 針 として 定 める (1) 地 域 防 災 計 画 のうち 地 震 津 波 災 害 編 とする (2) 市 職 員 の 全 員 が 総 力 を 挙 げて 取 り 組 む 内 容 とする (3) 防 災 関 係 機 関 及 び 生 活 関 連 機 関 等 との 緊 密 な 連 携 により 最 大 の 防 災 効 果 が 図 れる 内 容 とする (4) 本 市 の 防 災 応 に 困 難 が 生 じた 場 合 において 国 及 び 県 からの 援 助 協 力 が 迅 速 円 滑 に 図 れる 内 容 とする (5) 市 民 の 自 主 防 災 意 識 の 高 揚 と 近 隣 住 民 による 協 力 協 調 体 制 が 図 れる 内 容 とする (6) 災 害 発 生 時 において 要 配 慮 者 ( 高 齢 者 傷 病 者 障 がい 者 外 国 人 等 )の 防 災 安 全 が 確 立 される 内 容 とする 今 回 の 東 日 本 大 震 災 を 受 け 県 と 市 町 村 が 一 体 となって 見 直 しを 行 う ことについて 以 下 の 方 針 を 追 加 する 災 害 に 上 限 はない 何 よりも 人 命 との 思 いを 共 通 認 識 とし 過 去 最 大 最 高 の 地 震 津 波 を 想 定 し 人 命 を 最 優 先 に 防 災 計 画 の 見 直 しに 取 り 組 んでいく 基 本 方 針 1 地 震 と 津 波 は 同 時 発 生 するという 観 点 に 立 ち 津 波 からの 避 難 を 強 化 する 2 高 齢 の 方 や 障 がいのある 方 など 災 害 時 に 支 援 が 必 要 な 要 配 慮 者 を 推 進 する - 1 -

2 3 被 災 した 住 民 に 何 が 必 要 か という 被 災 者 の 目 線 に 立 った 計 画 を 定 する 4 広 域 大 規 模 災 害 を 想 定 した 備 えを 強 化 する 災 害 基 本 法 第 42 条 第 1 項 ( 市 町 村 地 域 防 災 計 画 ) 市 町 村 防 災 会 議 は 防 災 基 本 計 画 に 基 づき 当 該 市 町 村 の 地 域 に 係 る 市 町 村 地 域 防 災 計 画 を 作 成 し 及 び 毎 年 市 町 村 地 域 防 災 計 画 に 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときは これを 修 正 しなければならない この 場 合 において 当 該 市 町 村 地 域 防 災 計 画 は 防 災 業 務 計 画 又 は 該 当 市 町 村 を 包 括 する 都 道 府 県 の 都 道 府 県 地 域 防 災 計 画 に 抵 触 するものであっ てはならない 4 計 画 の 構 成 この 計 画 は 冒 頭 に 防 災 の 総 合 的 な 目 的 と 責 務 を 明 らかにし 次 に 災 害 が 発 生 する 事 前 の 予 防 並 びに 応 急 と 津 波 災 害 の を 各 々に 示 し 災 害 終 息 後 の 復 旧 復 興 へとつなげる 構 成 とする (1) 第 1 章 総 則 この 計 画 の 定 主 旨 及 び 別 府 市 の 責 務 を 法 的 根 拠 により 明 らかにする とともに 地 震 津 波 災 害 等 の 計 画 に する 前 提 条 件 と 防 災 の 基 本 事 項 を 示 す (2) 第 2 章 災 害 予 防 市 職 員 市 民 が 防 災 訓 練 及 び 防 災 知 識 の 高 揚 を 図 るとともに 平 常 時 からあらゆる 予 防 を 確 立 することにより 被 害 の 軽 減 を 目 指 し 災 害 発 生 に 備 えての 事 前 準 備 応 事 項 を 示 す 特 に 今 回 の 震 災 を 受 けて 自 主 防 災 組 織 の 充 実 活 性 化 防 災 訓 練 防 災 教 育 非 常 用 備 蓄 物 資 を 重 点 課 題 とする (3) 第 3 章 災 害 応 急 災 害 が 発 生 するおそれがある 場 合 又 は 災 害 が 発 生 した 場 合 における 初 動 期 から 災 害 が 終 息 するまでの 防 災 関 係 機 関 及 び 生 活 関 連 機 関 等 と の 連 携 協 調 による 人 命 保 護 を 優 先 した 災 害 応 急 活 動 の 事 項 を 示 す 特 に 今 回 の 震 災 を 受 けて 避 難 率 の 向 上 に 結 びつく 地 震 津 波 の 情 報 と 避 難 勧 告 指 示 の 情 報 伝 達 発 災 時 の 避 難 要 配 慮 者 の 避 難 救 急 医 療 と 福 祉 保 健 などを 重 点 課 題 とする (4) 第 4 章 津 波 災 害 東 日 本 大 震 災 を 受 けて 本 市 において 想 定 される 津 波 災 害 から 人 命 の 保 護 を 図 るため 防 災 教 育 や 災 害 に 関 する 知 識 を 啓 発 するとともに 迅 速 的 確 な 情 報 の 収 集 伝 達 や 防 災 応 により 危 険 地 域 における 早 期 避 難 を 促 す 等 の 事 項 を 示 す - 2 -

3 (5) 第 5 章 災 害 復 旧 復 興 災 害 の 終 息 直 後 における 市 民 生 活 の 安 全 安 定 を 早 期 に 図 る 活 動 を 明 示 するとともに 被 災 した 市 民 等 の 早 期 回 復 を 図 るため 国 及 び 県 の 支 援 も 含 めた 復 旧 復 興 を 示 す (6) 第 6 章 南 海 トラフ 地 震 防 災 推 進 計 画 本 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 92 号 以 下 南 海 トラフ 特 措 法 という ) 第 5 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 南 海 トラフ 地 震 防 災 推 進 地 域 について 南 海 トラフ 地 震 に 伴 い 発 生 する 津 波 からの 防 護 円 滑 な 避 難 の 確 保 及 び 迅 速 な 救 助 に 関 する 事 項 南 海 トラフ 地 震 に 関 し 地 震 防 災 上 緊 急 に 整 備 すべき 施 設 等 の 整 備 に 関 する 事 項 等 を 定 め 大 分 県 における 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 の 推 進 を 示 す - 3 -

4 第 2 節 別 府 市 の 概 況 別 府 市 の 自 然 的 社 会 的 要 件 等 を 把 握 し 諸 要 件 を 勘 案 することで 的 確 な 防 災 応 を 確 立 する 1 自 然 的 要 件 (1) 別 府 市 の 位 置 別 府 市 は 九 州 東 の 中 央 に 位 置 するとともに 大 分 県 の 中 心 に 当 たり 東 は 海 の 玄 関 口 である 別 府 湾 を 臨 み 西 は 鶴 見 岳 を 主 峰 に 内 山 伽 藍 岳 高 平 山 等 の 鶴 見 連 山 を 擁 しており 由 布 市 及 び 宇 佐 市 に 接 している また 南 は 高 崎 山 から 小 鹿 山 に 連 なる 山 々を 挟 み 大 分 市 及 び 由 布 市 にそれぞれ 接 し 北 は 日 出 町 と 隣 接 している 別 府 管 内 極 地 東 別 府 市 大 字 浜 脇 字 銭 瓶 西 別 府 市 大 字 東 山 字 クラキ 南 別 府 市 大 字 内 成 字 アライ 北 別 府 市 大 字 南 畑 字 谷 尻 (2) 別 府 市 の 地 勢 別 府 市 の 地 質 は 火 山 活 動 により 形 成 され 日 出 豊 岡 塚 原 日 出 生 台 を 連 ねた 以 北 の 北 帯 と 旧 別 府 堀 田 川 西 ( 由 布 市 )を 連 ねた 以 南 の 南 帯 及 び 両 帯 の 間 に 位 置 する 中 央 帯 から 成 る 南 北 の 二 帯 は 主 として 新 生 代 古 第 三 紀 後 期 の 火 山 砕 屑 岩 層 と これ を 覆 う 火 山 岩 とから 成 り 総 体 的 に 高 台 であり 北 帯 は 南 方 向 へ 南 帯 は 北 方 向 へ 急 傾 斜 状 で 両 帯 各 々の 裏 側 は 緩 傾 斜 である 中 央 帯 は 標 高 1,583.5m の 由 布 岳 1,374.5m の 鶴 見 岳 を 主 峰 として 硫 黄 岳 高 平 山 御 越 山 水 口 山 立 石 山 福 万 山 高 崎 山 などの 急 峻 な 独 立 した 山 々が 並 び この 間 に 塚 原 湯 布 院 の 両 盆 地 や 別 府 ( 石 垣 原 ) 扇 状 地 がある 別 府 扇 状 地 の 原 形 は 扇 山 鶴 見 岳 の 泥 流 により 造 られたものであり 別 府 市 西 側 の 山 々から 東 側 へ 緩 傾 斜 し 別 府 湾 の 海 岸 線 に 至 る 地 勢 であ る (3) 別 府 市 の 気 象 1 気 温 1 月 ~3 月 の 平 均 気 温 は 月 ~6 月 の 平 均 気 温 は 月 ~9 月 の 平 均 気 温 は 月 ~12 月 の 平 均 気 温 は 14.3 別 府 市 は 西 の 鶴 見 連 山 を 背 に 東 は 別 府 湾 に 面 している 地 勢 か ら 年 間 を 通 して 温 暖 な 気 候 である - 4 -

5 2 風 速 別 府 市 の 年 間 平 均 風 速 は 2.6(m/s) 程 度 となっており 冬 期 は 北 西 風 夏 季 は 南 東 風 の 多 い 地 理 的 要 件 となっている 3 雨 量 別 府 市 で 降 雨 量 の 多 い 時 期 は 毎 年 6 月 ~9 月 で 月 間 平 均 雨 量 は 220 mmに 達 し 年 間 平 均 雨 量 は 1,550 mmとなる 過 去 の 台 風 を 総 体 的 にみると 九 州 大 分 県 別 府 市 は 通 過 経 路 と なることが 多 いため 風 水 害 の 影 響 を 受 け 易 く 梅 雨 時 期 等 では 集 中 豪 雨 が 発 生 し 易 い 地 理 的 要 件 となっている 4 日 照 時 間 等 別 府 市 の 年 間 における 平 均 日 照 時 間 は 概 ね 1,913 時 間 で 43%の 日 照 率 となり 平 均 海 面 気 圧 は 1,015hpa 平 均 相 湿 度 は 66%となっ ている (4) 別 府 市 の 面 積 等 別 府 市 の 総 面 積 は km2で 大 分 県 の 面 積 の 約 1.97%を 占 めており その 内 訳 は 市 街 化 区 域 面 積 が 28.17km2(22. 5%) 市 街 化 調 整 区 域 面 積 が 57.69km2(46%) 都 市 計 画 区 域 外 面 積 が 39.52km2(31. 5%)の 割 合 である また 地 目 別 面 積 は 宅 地 12.64km2 田 畑 6.34km2 鉱 泉 地 0.01k m2 池 沼 0.03km2 山 林 12.07km2 原 野 13.25km2 雑 種 地 5.06km2 その 他 75.84km2の 各 々の 面 積 となる 別 府 市 の 距 離 では 南 北 約 14km 東 西 約 13km で 別 府 湾 の 海 岸 線 は 約 9kmである 2 社 会 的 要 件 (1) 別 府 市 の 人 口 別 府 市 の 人 口 及 び 世 帯 数 は 平 成 22 年 の 国 勢 調 査 確 定 値 で 人 口 125,385 人 世 帯 数 56,070 世 帯 である (2) 別 府 市 の 観 光 客 等 平 成 25 年 観 光 動 態 要 覧 ( 別 府 市 ONSEN ツーリズム 観 光 課 )では 観 光 客 数 8,244,867 人 宿 泊 客 数 2,356,276 人 であり 1 日 平 均 22,589 人 が 別 府 市 へ 入 り 込 み 平 均 6,456 人 が 宿 泊 していることとなる このため 市 民 のみならず 観 光 客 等 に することも 考 慮 した 防 災 を 講 じなければならない (3) 別 府 市 の 建 物 状 況 別 府 市 の 統 計 書 ( 平 成 25 年 版 )による 平 成 25 年 の 別 府 市 建 物 棟 数 は 53,022 棟 で その 内 37,838 棟 (71%)が 木 造 建 物 である 別 府 市 は 戦 禍 を 免 れたため 現 在 においても 浜 脇 南 北 西 野 口 鉄 輪 亀 川 等 の 旧 市 街 地 に 木 造 住 宅 密 集 地 が 集 中 し また 石 垣 地 域 も 区 画 整 理 事 業 後 は 著 しく 田 畑 がマンション 等 のビルに 変 遷 するなど 災 害 危 険 度 は 大 である - 5 -

6 (4) 別 府 市 の 公 園 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 の 別 府 市 内 の 災 害 発 生 時 の 避 難 場 所 として 使 用 する 公 園 は 総 数 167 箇 所 (うちチビッコ 広 場 27 箇 所 )あり 総 面 積 は 87.99ha(うちチビッコ 広 場 2.7ha)である (5) 別 府 市 の 道 路 状 況 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 別 府 市 内 の 道 路 状 況 は 市 道 の 実 延 長 が 635.0km あり 道 路 幅 員 による 内 訳 は 6.5m 未 満 が 523.4km 6.5m~ 14m 未 満 が 95.7km 14m 以 上 が 15.8km で 舗 装 延 長 は 502.7km( 舗 装 率 79.2%)あり 6.5m 未 満 の 市 道 が 総 延 長 の 82.4%を 占 めており こ の 大 きな 要 因 は 戦 禍 を 免 れた 結 果 で 旧 市 街 地 においては 狭 隘 な 道 路 が 多 い 状 況 となり 災 害 危 険 度 は 大 である (6) 別 府 市 の 橋 梁 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 の 別 府 市 内 に 架 かっている 橋 梁 のうち 市 道 に 架 かっている 総 数 は 170 本 あり その 総 延 長 距 離 は 2,211.1m ある その 他 の 橋 梁 としては 県 道 が 38 本 (1295.1m) 国 道 10 号 が 10 本 (490.3m) 国 道 500 号 が 5 本 (111.6m)である (7) 別 府 市 の 水 道 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 の 別 府 市 の 上 水 道 と 簡 易 水 道 は 給 水 人 口 119,28 人 ( 行 政 区 域 内 人 口 121,026 人 ) 給 水 世 帯 数 60,725 世 帯 ( 行 政 区 域 内 世 帯 数 61,703 世 帯 )である その 他 に 行 政 区 域 内 には 専 用 水 道 が 15 箇 所 給 水 施 設 が 6 箇 所 中 山 間 の 地 区 が 管 理 する 小 規 模 な 水 道 施 設 が 多 数 あります - 6 -

7 第 3 節 地 震 記 録 に 基 づく 防 災 日 本 列 島 には 周 囲 にプレートが 存 在 し また 列 島 内 には 多 くの 活 断 層 が 分 布 していることから 全 国 各 地 の 何 処 においても 大 地 震 が 発 生 する 可 能 性 があ るため 過 去 の 地 震 記 録 を 参 考 とし 防 災 の 検 討 に 資 する 1 海 溝 型 地 震 と 活 断 層 型 地 震 等 の 特 性 (1) 海 溝 型 地 震 大 分 県 東 方 海 域 で 発 生 する 主 な 海 溝 型 地 震 は 南 海 トラフを 震 源 とす る 地 震 と 日 向 灘 を 震 源 とする 地 震 及 び 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 ~ 豊 後 水 道 を 震 源 とする 地 震 である これらの 地 震 について 地 震 調 査 研 究 推 進 本 地 震 調 査 委 員 会 が 行 った 地 震 発 生 確 率 等 に 関 する 長 期 評 価 等 は 次 のとお りである 1 南 海 トラフを 震 源 とする 地 震 ( 南 海 地 震 東 南 海 地 震 )は 陸 のプ レートの 下 にフィリピン 海 プレートが 沈 み 込 むことに 伴 い これら 二 つのプレートの 境 界 面 が 破 壊 することによって 発 生 する 地 震 ( 以 下 プレート 間 地 震 という )である 過 去 の 地 震 の 規 模 は 南 海 地 震 でM8.0~M8.4 東 南 海 地 震 でM7.9 ~8.4 二 つの 地 震 が 同 時 に 発 生 した 場 合 はM7.9~M8.6 あったとされ ており 次 に 発 生 する 地 震 の 規 模 は 南 海 地 震 でM8.4 前 後 東 南 海 地 震 でM8.1 前 後 同 時 に 発 生 した 場 合 はM8.5 前 後 になる 可 能 性 が 高 い とされている また 今 後 30 年 以 内 の 地 震 の 発 生 確 率 は 南 海 地 震 で 60% 程 度 東 南 海 地 震 では 70% 程 度 とされている 佐 伯 市 米 水 津 の 龍 神 池 での 津 波 堆 積 物 の 調 査 により 過 去 3,300 年 間 に8 回 の 大 津 波 が 襲 来 したことが 判 明 しており 684 年 の 白 鳳 地 震 以 来 大 津 波 を 伴 う 地 震 が 約 300 年 ~400 年 と 約 700 年 の 間 隔 で 繰 り 返 し 発 生 したと 推 定 されている 現 在 約 300 年 前 の 宝 永 地 震 (1707 年 )によるものが 最 新 と 考 えら れていることから 次 の 南 海 トラフの 地 震 は 大 津 波 を 発 生 する 可 能 性 が 高 いと 考 えられる 2 日 向 灘 を 震 源 とする 地 震 はプレート 間 地 震 で M7.5~M7.6 の 規 模 の 地 震 が 約 200 年 に 1 回 の 頻 度 で 発 生 しており 同 様 な 地 震 が 今 後 30 年 以 内 に 発 生 する 確 率 は 10% 程 度 とされている また ここでは M7.0~M7.2 の 規 模 の 地 震 が 約 20 年 ~27 年 に 1 回 の 頻 度 で 発 生 しており 同 様 な 地 震 が 今 後 30 年 以 内 に 発 生 する 確 率 は 70~80%とされている 3 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 ~ 豊 後 水 道 を 震 源 とする 地 震 は 主 に 沈 み 込 むフィ リピン 海 プレートの 内 が 破 壊 することによって 発 生 する 地 震 で M 6.7~M7.4 の 規 模 の 地 震 が 過 去 約 400 年 間 で 6 回 (およそ 67 年 に1 回 ) の 頻 度 で 発 生 しており 同 様 な 地 震 が 今 後 30 年 以 内 に 発 生 する 確 率 は 40% 程 度 とされている 4 海 溝 型 地 震 は 津 波 に して 注 意 ( 深 い 海 底 で 起 こる 海 溝 型 地 震 に よる 津 波 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 のように 10 分 から 数 十 分 程 度 の 間 - 7 -

8 海 面 が 上 昇 しつづけ したがって 浸 水 範 囲 が 広 くなると 考 えられてい る )が 必 要 であり 特 に 佐 賀 関 半 島 から 南 のリアス 式 海 岸 の 湾 奥 では 海 底 地 形 の 特 性 により 津 波 の 高 さが 高 くなる 可 能 性 がある また 第 二 波 第 三 波 などの 後 続 波 の 方 が 大 きくなる 可 能 性 がある (2) 活 断 層 型 地 震 県 内 には 震 源 断 層 となる 活 断 層 として 別 府 湾 - 日 出 生 断 層 帯 等 が 分 布 しており 従 来 の 活 動 区 間 や 活 動 規 模 地 震 の 発 生 確 率 活 動 間 隔 等 は 次 のとおりである 1 別 府 湾 - 日 出 生 断 層 帯 は 東 と 西 がそれぞれ 単 独 で 活 動 すると 推 定 される 東 が 単 独 で 活 動 した 場 合 M7.6 程 度 の 地 震 が 発 生 する 可 能 性 がある 西 が 単 独 で 活 動 した 場 合 M7.3 程 度 の 地 震 が 発 生 する 可 能 性 があ る 30 年 以 内 の 地 震 発 生 確 率 は 東 がほぼ 0% 西 がほぼ 0%- 0.05%と 見 込 まれる なお 全 体 が 同 時 に 活 動 する 場 合 の 地 震 発 生 の 確 率 は 東 と 西 がそれぞれ 単 独 で 活 動 する 場 合 の 確 率 を 超 えない ものと 考 えられる 東 の 別 府 湾 断 層 帯 では 最 新 活 動 時 期 は 1596 年 の 慶 長 豊 後 地 震 に ほぼ 一 致 しており この 地 震 の 際 に 活 動 したと 判 断 される 2 大 分 平 野 - 由 布 院 断 層 帯 は 東 と 西 がそれぞれ 単 独 で 活 動 する と 考 えられる 東 が 単 独 で 活 動 した 場 合 M7.2 程 度 の 地 震 が 発 生 する 可 能 性 があ り 西 が 単 独 で 活 動 した 場 合 M6.7 程 度 の 地 震 が 発 生 する 可 能 性 が ある 30 年 以 内 の 地 震 発 生 確 率 は 東 が 0.03%~4% 西 が 2%~ 4%と 見 込 まれ いずれも 我 が 国 の 主 な 活 断 層 の 中 では 高 いグループに 属 する なお 全 体 が 同 時 に 活 動 する 場 合 の 地 震 発 生 の 確 率 は 東 と 西 がそれぞれ 単 独 で 活 動 する 場 合 の 確 率 を 超 えないものと 考 えられる 3 野 稲 岳 - 亀 石 山 断 層 帯 は 全 体 が 一 つの 区 間 として 活 動 すると 推 定 され その 場 合 M7.3 程 度 の 地 震 が 発 生 すると 推 定 される 30 年 以 内 の 地 震 発 生 確 率 は ほぼ 0%~3%と 見 込 まれ 我 が 国 の 主 な 活 断 層 の 中 ではやや 高 いグループに 属 する 4 崩 平 山 - 亀 石 山 断 層 帯 は 全 体 が 一 つの 区 間 として 活 動 すると 推 定 され その 場 合 M7.4 程 度 の 地 震 が 発 生 すると 推 定 される 30 年 以 内 の 地 震 発 生 確 率 は ほぼ 0%と 見 込 まれる 5 周 防 灘 断 層 群 ( 主 )は 全 体 が 一 つの 区 間 として 活 動 すると 推 定 され その 場 合 M7.6 程 度 の 地 震 が 発 生 すると 推 定 される 30 年 以 内 の 地 震 発 生 確 率 は 2%~4%と 見 込 まれ 我 が 国 の 主 な 活 断 層 の 中 では 高 いグループに 属 する 6 大 分 県 中 地 震 クラスの M6 程 度 以 下 の 地 震 については 地 表 に 断 層 のずれが 表 れないため 活 動 履 歴 の 把 握 が 出 来 ず 将 来 の 地 震 発 生 の 予 測 は 困 難 で この 規 模 の 地 震 は 別 府 湾 - 日 出 生 断 層 帯 大 分 平 野 - 湯 布 院 断 層 帯 野 稲 岳 - 万 年 山 断 層 帯 崩 平 山 - 亀 石 山 断 層 帯 の どこでも 常 に 発 生 する 可 能 性 があるものとして 考 えておく 必 要 がある - 8 -

9 7 海 域 の 地 震 では 津 波 に する 注 意 も 必 要 であるが 活 断 層 型 地 震 は 地 震 動 による 建 物 の 倒 壊 火 災 地 盤 の 液 状 化 による 被 害 が 大 き いことから それらに する 注 意 が 特 に 必 要 である なお 活 断 層 型 地 震 による 津 波 は 浅 い 海 底 で 起 き 短 時 間 の 間 に 海 面 が 上 下 するため 浸 水 範 囲 が 限 定 される 津 波 波 源 で 持 ち 上 げられ た 水 の 量 や 津 波 のエネルギーは 海 溝 型 地 震 に 比 べて 小 さく したが って 遡 上 する 範 囲 や 距 離 が 小 さいと 考 えられている また 海 溝 型 地 震 と 同 様 に 第 二 波 第 三 波 などの 後 続 波 の 方 が 大 き くなる 可 能 性 がある (3)その 他 のもの 県 内 では 海 溝 型 地 震 活 断 層 による 地 震 以 外 の 地 震 も 発 生 する 可 能 性 がある このような 地 震 については 地 震 発 生 場 所 の 特 定 はもとより 地 震 発 生 確 率 等 の 長 期 評 価 を 行 うことは 現 時 点 では 困 難 であるとされて いる 県 内 は 地 形 的 には 山 地 や 丘 陵 地 がほとんどを 占 めており しかも 激 しく 浸 食 を 受 けた 大 起 伏 斜 面 が 多 いため 地 震 が 発 生 した 場 合 には 地 震 動 による 斜 面 崩 壊 の 危 険 性 がある このような 地 形 要 因 に 加 えて 斜 面 崩 壊 の 要 因 としては 例 えば 1990 年 に 竹 田 市 で 発 生 した 斜 面 表 層 を 覆 う 火 山 灰 層 の 表 面 滑 落 型 崩 壊 などに 見 られるように 火 山 地 域 では 地 質 要 因 もその 一 因 となりうる 県 内 に 分 布 する 活 火 山 のうち 由 布 岳 鶴 見 岳 ではおよそ 4 万 年 以 上 前 から 活 動 を 開 始 し 2,000 年 前 に 由 布 岳 で 規 模 の 大 きな 噴 火 活 動 があっ たことが 知 られている この 噴 火 の 後 は 主 に 鶴 見 岳 で 噴 火 が 起 こって おり 有 史 の 活 動 記 録 は 867 年 にある 2 本 市 に 関 する 地 震 (1) 本 市 の 地 震 発 生 状 況 本 市 の 近 年 における 地 震 では 平 成 19 年 6 月 に 大 分 県 中 地 方 を 震 源 とする 内 陸 性 直 下 型 の 群 発 地 震 が 発 生 し 重 傷 者 1 名 水 道 管 漏 水 3 戸 住 家 一 損 壊 を 記 録 した 震 度 4 の 3 回 をはじめ 震 度 1 から 3 の 地 震 も 合 わせて 63 回 発 生 した 同 年 10 月 にも 震 度 1 から 3 の 群 発 地 震 が 12 回 発 生 し 地 震 が 多 発 し た 年 であった (2) 本 市 における 地 震 の 特 徴 1 本 市 では 小 規 模 な 有 感 地 震 が 継 続 し 数 日 間 にわたり 局 地 的 に 発 生 する 場 合 が 多 い 2 東 南 海 南 海 地 震 による 被 害 は 特 に 津 波 の 高 さが 5mに 及 ぶと 想 定 され 海 岸 の 浸 水 防 止 及 び 海 岸 での 遊 客 等 に する 避 難 が 重 要 とされる (3) 本 市 の 地 震 計 測 次 の 場 所 に 設 置 されている 計 測 震 度 計 により 本 市 の 震 度 を 計 測 する 1 宮 園 団 地 公 園 内 平 成 8 年 3 月 気 象 庁 設 置 2 市 庁 舎 敷 地 内 平 成 8 年 10 月 大 分 県 設 置 3 天 間 小 学 校 敷 地 内 平 成 22 年 3 月 気 象 庁 設 置 - 9 -

10 3 県 内 市 町 村 及 び 本 市 で 発 生 した 有 感 地 震 平 成 12 年 から 平 成 25 年 までの 13 年 間 における 県 と 本 市 に 関 わる 有 感 地 震 は 次 のとおりであり この 資 料 に 基 づき 本 市 及 び 市 民 の 危 機 管 理 意 識 の 高 揚 に 繋 げるものとする 大 分 県 及 び 大 分 地 方 気 象 台 により 作 成 された 大 分 県 災 異 誌 ( 第 6 編 及 び7 編 ) 参 照 (1) 平 成 12 年 (53 回 ) 1 震 度 別 府 市 ほか(1 回 震 央 大 分 県 中 ) 2 震 度 姫 島 村 ほか(1 回 震 央 鳥 取 県 西 ) 3 震 度 佐 伯 市 ほか(1 回 ) 4 震 度 2 1 大 分 市 別 府 市 ほか(8 回 ) 5 震 度 2 別 府 市 佐 伯 市 (5 回 ) 6 震 度 1 大 分 市 別 府 市 ほか(37 回 ) 別 府 市 において 平 成 12 年 4 月 29 日 ~30 日 の 間 に 震 度 4~1 の 群 発 地 震 が 18 回 発 生 (2) 平 成 13 年 (34 回 ) 1 震 度 5 弱 上 浦 町 ほか(1 回 震 央 安 芸 灘 ) 2 震 度 佐 伯 市 ほか(1 回 震 央 日 向 灘 ) 3 震 度 上 浦 町 荻 町 ほか(2 回 ) 4 震 度 2 1 大 分 市 佐 伯 市 ほか(9 回 ) 5 震 度 2 別 府 市 九 重 町 (3 回 ) 6 震 度 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(18 回 ) 別 府 市 において 震 度 3~1 の 地 震 が 11 回 発 生 (3) 平 成 14 年 (22 回 ) 1 震 度 5 弱 蒲 江 町 ほか(1 回 震 央 日 向 灘 ) 2 震 度 臼 杵 市 国 東 町 ほか(3 回 ) 3 震 度 2 1 姫 島 村 ほか(1 回 ) 4 震 度 2 別 府 市 (2 回 ) 5 震 度 1 別 府 市 大 分 市 ほか(15 回 ) 別 府 市 において 震 度 3~1 の 地 震 が 7 回 発 生 (4) 平 成 15 年 (19 回 ) 1 震 度 別 府 市 九 重 町 ほか(4 回 ) 2 震 度 2 1 佐 伯 市 臼 杵 市 ほか(4 回 ) 3 震 度 2 別 府 市 九 重 町 ほか(2 回 ) 4 震 度 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(9 回 ) 別 府 市 において 震 度 3~1 の 地 震 が 8 回 発 生 (5) 平 成 16 年 (20 回 ) 1 震 度 2 1 佐 伯 市 日 田 市 ほか(6 回 ) 2 震 度 2 豊 後 大 野 市 竹 田 市 ほか(2 回 ) 3 震 度 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(12 回 ) 別 府 市 において 震 度 1 の 地 震 が 2 回 発 生

11 (6) 平 成 17 年 (51 回 ) 1 震 度 5 弱 中 津 市 ほか(1 回 震 央 福 岡 県 北 西 沖 ) 2 震 度 中 津 市 日 田 市 ほか (1 回 震 央 福 岡 県 北 西 沖 ) 3 震 度 佐 伯 市 日 田 市 ほか(5 回 ) 4 震 度 2 1 別 府 市 由 布 市 ほか(17 回 ) 5 震 度 1 別 府 市 由 布 市 ほか(26 回 ) 別 府 市 において 震 度 3~1 の 地 震 が 14 回 発 生 (7) 平 成 18 年 (33 回 ) 1 震 度 5 弱 佐 伯 市 ほか(2 回 震 央 日 向 灘 外 ) 2 震 度 国 東 市 臼 杵 市 ほか(1 回 震 央 伊 予 灘 ) 3 震 度 国 東 市 佐 伯 市 ほか(1 回 ) 4 震 度 2 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(6 回 ) 5 震 度 2 別 府 市 由 布 市 ほか(5 回 ) 6 震 度 1 別 府 市 由 布 市 ほか(18 回 ) 別 府 市 において 震 度 3~1 の 地 震 が 10 回 発 生 (8) 平 成 19 年 (91 回 ) 1 震 度 別 府 市 日 出 町 ほか(3 回 震 央 大 分 県 中 外 ) 2 震 度 別 府 市 杵 築 市 ほか(7 回 ) 3 震 度 3 1 別 府 市 大 分 市 ほか(2 回 ) 4 震 度 2 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(13 回 ) 5 震 度 2 別 府 市 ほか(9 回 ) 6 震 度 1 別 府 市 佐 伯 市 ほか(57 回 ) 別 府 市 において 6 月 6 日 ~10 日 に 震 度 4~1 の 群 発 地 震 が 63 回 6 月 24 日 に 震 度 1 の 地 震 が 1 回 10 月 30 日 に 震 度 3~1 の 群 発 地 震 が 12 回 それぞれ 発 生 (9) 平 成 20 年 (21 回 ) 1 震 度 中 津 市 日 田 市 ほか(1 回 ) 2 震 度 2 1 大 分 市 佐 伯 市 ほか(3 回 ) 3 震 度 1 大 分 市 佐 伯 市 ほか(17 回 ) 別 府 市 において 震 度 1の 地 震 が1 回 発 生 (10) 平 成 21 年 (46 回 ) 1 震 度 中 津 市 佐 伯 市 ほか(2 回 震 央 日 向 灘 外 ) 2 震 度 臼 杵 市 佐 伯 市 ほか(5 回 ) 3 震 度 2 1 別 府 市 大 分 市 ほか(11 回 ) 4 震 度 1 大 分 市 由 布 市 ほか(28 回 ) 別 府 市 において 震 度 2~1 の 地 震 が 11 回 発 生 (11) 平 成 22 年 (23 回 ) 1 震 度 臼 杵 市 佐 伯 市 ほか(3 回 ) 2 震 度 2 1 大 分 市 佐 伯 市 ほか(7 回 ) 3 震 度 1 別 府 市 大 分 市 ほか(13 回 ) 別 府 市 において 震 度 2~1 の 地 震 が 7 回 発 生

12 (12) 平 成 23 年 (42 回 ) 1 震 度 日 田 市 竹 田 市 ほか(1 回 ) 2 震 度 2 1 中 津 市 佐 伯 市 ほか(15 回 ) 3 震 度 1 別 府 市 大 分 市 ほか(26 回 ) 別 府 市 において 震 度 2~1 の 地 震 が 10 回 発 生 (13) 平 成 24 年 (36 回 ) 1 震 度 佐 伯 市 津 久 見 市 ほか(1 回 ) 2 震 度 佐 伯 市 津 久 見 市 ほか(1 回 ) 3 震 度 2 1 豊 後 高 田 市 佐 伯 市 ほか(11 回 ) 4 震 度 1 別 府 市 佐 伯 市 (23 回 ) 別 府 市 において 震 度 2~1 の 地 震 が 9 回 発 生 (14) 平 成 25 年 (26 回 ) 1 震 度 佐 伯 市 臼 杵 市 ほか(1 回 ) 2 震 度 2 1 臼 杵 市 大 分 市 ほか(4 回 ) 3 震 度 1 別 府 市 佐 伯 ほか(21) 別 府 市 において 震 度 2~1 の 地 震 が 7 回 発 生

13 別 府 市 を 含 む 大 分 県 中 地 域 における 過 去 の 主 な 被 害 地 震 の 概 要 発 生 年 月 日 1596 年 9 月 4 日 ( 慶 長 元 ) 1698 年 10 月 24 日 ( 元 禄 11) 1707 年 10 月 28 日 ( 宝 永 4) 1769 年 8 月 29 日 ( 明 和 6) 1854 年 12 月 24 日 ( 嘉 永 7) 1854 年 12 月 26 日 ( 嘉 永 7) 1946 年 12 月 21 日 ( 昭 和 21) 1975 年 4 月 21 日 ( 昭 和 50) 1983 年 8 月 26 日 ( 昭 和 58) 1984 年 8 月 7 日 ( 昭 和 59) 1987 年 3 月 18 日 ( 昭 和 62) 2007 年 6 月 6 日 ( 平 成 19) 2007 年 6 月 7 日 ( 平 成 19) 震 源 地 又 は 地 震 名 別 府 湾 豊 後 大 地 震 マグニ チュード 7.0 被 害 の 概 要 高 崎 山 が 崩 壊 湯 布 院 日 出 佐 賀 関 で 山 崩 れ 府 内 ( 大 分 ) 佐 賀 関 で 家 屋 倒 れ 津 波 4mにより 大 分 付 近 の 村 里 はすべて 流 される 大 分 沖 の 瓜 生 島 が 陥 没 し 溺 死 708 人 との 記 録 がある 大 分 6.0 大 分 城 の 石 垣 壁 が 崩 れる 岡 城 破 損 五 畿 七 道 宝 永 地 震 8.4 日 向 豊 後 7.0 畿 内 東 海 東 山 北 陸 南 海 山 陰 山 陽 道 安 政 南 海 地 震 伊 予 西 南 海 道 沖 南 海 地 震 大 分 県 中 大 分 県 中 地 震 ~ 大 分 県 北 6.8 日 向 灘 北 7.1 日 向 灘 中 6.6 大 分 県 中 4.9 わが 国 最 大 級 の 地 震 の 一 つ 被 害 は 駿 河 甲 斐 信 濃 美 濃 紀 伊 近 江 畿 内 播 磨 富 山 中 国 四 国 九 州 に 及 ぶ 特 に 東 海 道 伊 勢 湾 紀 伊 半 島 の 被 害 がひどかった 県 下 では 大 分 杵 築 鶴 崎 佐 伯 で 震 度 5~6であった 津 波 が 別 府 湾 臼 杵 湾 佐 伯 湾 に 来 襲 した 震 源 は 佐 伯 湾 沖 で 大 分 別 府 臼 杵 佐 伯 で 震 度 6 国 東 で 震 度 5 佐 伯 城 石 垣 崩 れ 城 下 で 家 破 損 臼 杵 で 家 潰 531 軒 半 潰 253 軒 大 分 で 城 内 石 垣 崩 れ8 楼 門 破 損 家 潰 271 軒 前 日 発 生 した 安 政 東 海 地 震 の32 時 間 後 に 発 生 し た 被 害 のひどかったのは 紀 伊 畿 内 四 国 であ った 県 下 では 別 府 で 震 度 5~6であった 大 分 藩 で 家 潰 4546 軒 死 者 18 臼 杵 藩 で 家 潰 500 軒 津 波 は 佐 伯 で2m 別 府 杵 築 佐 伯 で 震 度 5~6 大 分 臼 杵 で 震 度 6 被 害 は 西 日 本 の 太 平 洋 側 瀬 戸 内 に 及 んだ 津 波 も 発 生 し 房 総 半 島 から 九 州 沿 岸 を 襲 った 県 下 で は 震 度 3~4 津 波 は 約 1mであった 被 害 は 死 者 4 負 傷 10 建 物 倒 壊 36 半 壊 91 道 路 の 損 壊 8 湯 布 院 町 扇 山 庄 内 町 内 山 付 近 を 震 源 地 震 前 には 山 鳴 り 地 震 時 には 発 光 現 象 がみられた 震 度 は 湯 布 院 町 で5 大 分 で4 日 田 津 久 見 3であっ た 被 害 の 区 域 は 庄 内 町 九 重 町 湯 布 院 町 直 入 町 と 狭 かったが 家 屋 の 被 害 がひどく 庄 内 町 丸 山 九 重 町 寺 床 ではほとんどの 家 屋 が 全 壊 また は 半 壊 であった 国 東 半 島 を 震 源 とし 大 分 日 田 で 震 度 3 中 津 市 で 民 家 が 傾 き 大 分 市 では 一 時 的 に 停 電 4 万 戸 大 分 で 震 度 4 日 田 で 震 度 3 大 分 市 佐 伯 市 で はブロック 塀 の 倒 壊 屋 根 瓦 の 破 損 がみられた 岡 城 址 では 三 の 丸 跡 に 亀 裂 が 生 じた 大 分 で 震 度 4 日 田 で 震 度 3 竹 田 市 三 重 町 で 崖 崩 れ 発 生 別 府 市 国 東 市 杵 築 市 日 出 町 で 震 度 4 大 分 市 で 重 傷 1 名 別 府 市 で 水 道 管 漏 水 3 棟 大 分 県 中 4.7 別 府 市 で 震 度 4 別 府 市 で 住 宅 1 棟 が 一 損 壊 宇 佐 美 (1995) 新 編 日 本 被 害 地 震 総 覧 大 分 県 大 分 地 方 気 象 台 大 分 県 災 異 誌 による

14 第 4 節 防 災 の 責 務 大 災 害 から 市 民 と 観 光 客 の 防 災 安 全 を 図 るためには 国 及 び 県 の 支 援 協 力 を 必 要 とすることが 予 測 される 各 々の 責 務 は 次 のとおりである 1 国 の 責 務 災 害 基 本 法 第 3 条 により 次 のとおり 国 の 責 務 を 明 らかにする 第 3 条 国 は 前 条 の 基 本 理 念 ( 以 下 基 本 理 念 という)にのっとり 国 土 並 びに 国 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 災 害 から 保 護 する 使 命 を 有 することに 鑑 み 組 織 及 び 機 能 の 全 てを 挙 げて 防 災 に 関 し 万 全 の 措 置 を 講 ずる 責 務 を 有 する 2 国 は 前 項 の 責 務 を 遂 行 するため 災 害 予 防 災 害 応 急 及 び 災 害 復 旧 の 基 本 とするべき 計 画 を 作 成 し 及 び 法 令 に 基 づきこれを 実 施 するとともに 地 方 公 共 団 体 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 等 が 処 理 する 防 災 に 関 する 事 務 又 は 業 務 の 実 施 の 推 進 とその 総 合 調 整 を 行 ない 及 び 災 害 に 係 る 経 費 負 担 の 適 正 化 を 図 らなければ ならない 2 県 の 責 務 災 害 基 本 法 第 4 条 により 次 のとおり 県 の 責 務 を 明 らかにする 第 4 条 都 道 府 県 は 基 本 理 念 にのっとり 当 該 都 道 府 県 の 地 域 並 びに 当 該 都 道 府 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 災 害 から 保 護 するため 関 係 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 協 力 を 得 て 当 該 都 道 府 県 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 する 計 画 を 作 成 し 及 び 法 令 に 基 づきこれを 実 施 す るとともに その 区 域 内 の 市 町 村 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関 が 処 理 する 防 災 に 関 する 事 務 又 は 業 務 の 実 施 を 助 け かつ その 総 合 調 整 を 行 う 責 務 を 有 する 2 都 道 府 県 の 機 関 は その 所 掌 事 務 を 遂 行 するにあたっては 前 項 に 規 定 する 都 道 府 県 の 責 務 は 十 分 に 果 たされることとなる ように 相 互 に 協 力 しなければならない

15 3 別 府 市 の 責 務 観 光 立 市 として 市 民 のみならず 本 市 に 訪 れた 観 光 客 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 全 てにおいて 防 災 を 確 立 しなければならず その 責 務 は 災 害 基 本 法 第 5 条 により 次 のとおり 定 められている 第 5 条 市 町 村 は 基 本 理 念 にのっとり 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として 当 該 市 町 村 の 地 域 並 びに 当 該 市 町 村 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 災 害 から 保 護 するため 関 係 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 の 協 力 を 得 て 当 該 市 町 村 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 する 計 画 を 作 成 し 及 び 法 令 に 基 づきこれを 実 施 する 責 務 を 有 する 2 市 町 村 長 は 前 項 の 責 務 を 遂 行 するため 消 防 機 関 水 防 団 その 他 の 組 織 の 整 備 並 びに 当 該 市 町 村 の 区 域 内 の 公 共 的 団 体 その 他 の 防 災 に 関 する 組 織 及 び 自 主 防 災 組 織 の 充 実 を 図 りほか 住 民 の 自 発 的 な 防 災 活 動 の 促 進 を 図 り 市 町 村 の 有 するすべての 機 能 を 十 分 に 発 揮 するように 努 めなければならない

16 第 5 節 災 害 想 定 他 都 市 における 突 発 的 な 大 規 模 地 震 では 防 災 応 に 多 くの 困 難 が 生 じ 大 き な 被 害 が 発 生 していることを 教 訓 として 防 災 応 を 実 施 する 1 地 震 の 想 定 本 市 で 発 生 する 主 な 地 震 については 以 下 が 想 定 される (1)プレート 境 界 で 発 生 する 海 溝 型 地 震 1 東 南 海 南 海 地 震 (2)プレート 内 及 びプレート 間 で 発 生 する 海 溝 型 地 震 1 日 向 灘 2 安 芸 灘 ~ 伊 予 灘 ~ 豊 後 水 道 (3) 活 断 層 を 震 源 とする 地 震 1 別 府 地 溝 南 縁 断 層 帯 2 崩 平 山 万 年 山 地 溝 北 縁 断 層 帯 3 周 防 灘 断 層 帯 2 災 害 の 想 定 要 領 本 市 における 地 震 災 害 の 想 定 要 領 は 基 本 的 に 次 の 内 容 を 把 握 し 勘 案 す る (1) 本 市 に 関 わる 過 去 の 地 震 災 害 履 歴 (2) 東 南 海 南 海 地 震 に 関 する 状 況 (3) 本 市 及 び 周 辺 の 活 断 層 分 布 状 況 (4) 急 傾 斜 地 等 における 地 形 及 び 地 質 の 状 況 (5) 土 地 の 造 成 及 び 埋 立 て 状 況 (6) 土 地 利 用 の 変 遷 等 による 危 険 性 (7) 地 域 別 の 木 造 住 宅 密 集 度 (8) 建 築 物 の 耐 震 基 準 ( 昭 和 57 年 以 降 )による 状 況 (9) 地 域 別 の 人 口 密 度 (10) 要 配 慮 者 収 容 施 設 ( 病 院 及 び 老 人 ホーム 等 )の 地 域 別 設 置 状 況 (11) 危 険 物 施 設 等 の 地 域 別 設 置 状 況 (12) 宿 泊 収 容 施 設 ( 旅 館 ホテル 及 び 保 養 所 等 )の 地 域 別 設 置 状 況 3 災 害 想 定 の 具 体 化 災 害 想 定 を 具 体 化 することにより これに 応 じた 万 全 な 防 災 体 制 を 整 備 するとともに 今 後 の 本 市 における 防 災 の 正 確 性 を 高 める (1) 物 的 被 害 の 想 定 要 領 道 路 橋 梁 及 び 建 築 物 等 の 物 的 被 害 は 次 の 要 領 で 想 定 する 1 建 築 物 等 の 被 害 本 市 全 域 を 地 域 ( 校 区 ) 別 とし 且 つ 建 築 物 の 構 造 ( 耐 火 造 準 耐 火 造 木 造 等 ) 別 による 概 数 を 算 出 するものとする 地 域 別 に 所 在 する 建 築 物 の 耐 震 度 別 概 数 を 算 出 するものとする

17 2 道 路 橋 梁 及 び 地 下 埋 設 物 等 の 被 害 地 域 別 の 地 盤 地 質 等 を 勘 案 し 被 害 発 生 箇 所 を 想 定 するものと する 地 域 別 による 水 道 管 ガス 配 管 等 の 地 下 埋 設 物 について 耐 久 度 を 勘 案 し 被 害 想 定 箇 所 を 想 定 するものとする 3 地 すべり 土 石 流 及 び 土 砂 崩 壊 による 被 害 地 すべり 危 険 箇 所 及 び 防 止 区 域 における 被 害 を 想 定 するものとす る 土 石 流 危 険 渓 流 及 び 準 ずる 渓 流 の 被 害 を 想 定 するものとする 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険 箇 所 及 び 防 止 区 域 における 被 害 を 想 定 するも のとする (2) 人 的 被 害 の 想 定 要 領 建 築 物 等 の 被 害 状 況 を 勘 案 するとともに 次 の 内 容 により 人 的 被 害 を 想 定 する 1 地 域 別 における 建 築 物 等 の 被 害 状 況 を 勘 案 するとともに 人 口 密 度 を 基 準 とし 人 的 被 害 量 を 想 定 するものとする 2 地 域 別 における 建 築 物 等 の 被 害 状 況 を 勘 案 するとともに 要 配 慮 者 の 概 数 を 基 に 人 的 被 害 量 を 想 定 するものとする 3 地 域 別 における 建 築 物 等 の 被 害 状 況 を 勘 案 するとともに 危 険 物 施 設 数 を 基 に 人 的 被 害 危 険 度 を 想 定 するものとする (3) 災 害 想 定 の 実 施 要 領 効 率 的 効 果 的 な 防 災 応 を 実 施 する 判 断 材 料 とするため 次 のとお り 災 害 想 定 を 算 出 する 1 前 記 の (1) 及 び(2)を 想 定 する 場 合 は 正 確 性 を 高 めるため の 事 前 調 査 を 推 進 するものとする 2 上 記 の 1については 県 等 の 応 援 協 力 を 得 て 実 施 するものとする 3 大 分 県 から 公 表 された 大 分 県 地 震 被 害 想 定 調 査 ( 平 成 20 年 3 月 ) 及 び 大 分 県 地 震 津 波 被 害 想 定 調 査 ( 平 成 25 年 3 月 )の 調 査 結 果 を 参 考 に するものとする

18 第 6 節 防 災 に 関 する 業 務 大 綱 本 市 及 び 防 災 関 係 機 関 等 が 実 施 する 防 災 活 動 内 容 を 明 確 にし 防 災 の 事 前 準 備 及 び 円 滑 な 防 災 活 動 を 図 る 1 業 務 大 綱 の 基 本 方 針 本 計 画 の 基 本 目 標 である 災 害 に 強 い 安 心 して 暮 らせるまちづくり を 達 成 するために 次 のとおり 基 本 方 針 を 定 めるものとする (1) 災 害 に 強 い 人 づくり (2) 災 害 に 強 いまちづくり (3) 災 害 に 強 いシステムづくり (4) 災 害 への 適 切 な 応 2 別 府 市 が 実 施 する 防 災 業 務 大 綱 (1) 市 防 災 会 議 に 関 すること 1 防 災 会 議 の 開 催 2 地 域 防 災 計 画 の 定 3 防 災 関 係 機 関 及 び 公 共 的 団 体 による 防 災 活 動 要 領 の 検 討 (2) 市 災 害 本 に 関 すること 1 災 害 本 の 設 置 運 営 2 災 害 本 の 指 揮 命 令 系 統 の 確 立 3 防 災 関 係 機 関 及 び 公 共 的 団 体 との 連 携 (3) 防 災 の 事 前 に 関 すること 1 市 職 員 の 防 災 体 制 の 確 立 2 総 合 防 災 訓 練 の 実 施 3 自 主 防 災 組 織 の 育 成 指 導 4 防 災 知 識 の 普 及 徹 底 5 防 災 に 関 する 救 援 物 資 の 備 蓄 6 防 災 資 機 材 等 の 整 備 7 防 災 施 設 及 び 設 備 の 整 備 点 検 8 防 災 に 強 い 都 市 づくり 整 備 (4) 防 災 活 動 に 関 すること 1 災 害 情 報 の 収 集 及 び 伝 達 2 消 防 水 防 活 動 3 要 救 助 者 の 救 助 救 出 活 動 4 住 民 への 災 害 情 報 伝 達 及 び 広 報 5 災 害 危 険 区 域 の 警 戒 6 避 難 の 勧 告 指 示 及 び 避 難 誘 導 7 被 災 者 の 救 援 救 護 活 動 8 避 難 者 及 び 救 援 物 資 等 の 緊 急 輸 送 経 路 の 確 保 (5) 災 害 の 事 後 処 理 に 関 すること 1 被 害 状 況 の 調 査 及 び 報 告 2 災 害 後 処 理 の 清 掃 及 び 道 路 確 保 3 防 疫 その 他 の 保 健 衛 生 4 被 災 者 の 応 急 生 活 支 援

19 5 災 害 後 の 応 急 復 旧 復 興 活 動 6 その 他 防 災 に 関 する 所 掌 事 務 3 防 災 関 係 機 関 及 び 公 共 的 機 関 等 市 民 が 安 心 し 安 定 した 生 活 を 保 つためには 防 災 体 制 の 確 立 が 重 要 であり この 目 的 の 達 成 には 防 災 関 係 機 関 及 び 公 共 的 機 関 の 応 援 協 力 が 不 可 欠 な ため 別 府 市 と 防 災 関 係 機 関 ( 資 料 1~ 防 災 関 係 機 関 一 覧 表 参 照 )が 連 携 を 図 り 各 々が 定 めた 防 災 業 務 を 実 施 する (1) 大 分 県 ( 防 災 室 東 振 興 局 別 府 土 木 事 務 所 ) (2) 大 分 県 警 察 本 ( 別 府 警 察 署 ) (3) 陸 上 自 衛 隊 別 府 駐 屯 地 第 41 普 通 科 連 隊 (4) 指 定 地 方 行 政 機 関 1 国 土 交 通 省 九 州 地 方 整 備 局 大 分 河 川 国 道 事 務 所 2 国 土 交 通 省 九 州 地 方 整 備 局 別 府 港 湾 空 港 整 備 事 務 所 3 第 七 管 区 海 上 保 安 ( 大 分 海 上 保 安 ) 4 大 分 地 方 気 象 台 5 大 分 農 政 事 務 所 6 九 州 運 輸 局 大 分 運 輸 支 局 (5) 指 定 公 共 機 関 1 九 州 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 大 分 支 社 2 NTT 西 日 本 大 分 支 店 3 日 本 赤 十 字 社 大 分 県 支 4 日 本 放 送 協 会 大 分 放 送 局 5 九 州 電 力 株 式 会 社 別 府 営 業 所 6 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 九 州 支 社 大 分 高 速 道 路 事 務 所 7 日 本 郵 便 株 式 会 社 別 府 郵 便 局 8 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 ( 別 府 医 療 センター 西 別 府 病 院 ) (6) 指 定 地 方 公 共 機 関 ( 民 間 放 送 事 業 会 社 ) 1 株 式 会 社 大 分 放 送 2 株 式 会 社 テレビ 大 分 3 大 分 朝 日 放 送 株 式 会 社 4 株 式 会 社 エフエム 大 分 (7) 指 定 地 方 公 共 機 関 ( 輸 送 事 業 会 社 ) 1 亀 の 井 バス 株 式 会 社 2 大 分 交 通 株 式 会 社 (8) 指 定 地 方 公 共 機 関 (ガス 事 業 会 社 ) 1 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 (9) 別 府 市 内 の 諸 団 体 等 1 産 業 経 済 団 体 別 府 商 工 会 議 所 べっぷ 日 出 農 業 協 同 組 合 大 分 県 漁 業 協 同 組 合 別 府 支 店 別 府 市 建 設 業 協 会 等 2 医 療 関 係 団 体 別 府 市 医 師 会 別 府 市 薬 剤 師 会 大 分 県 医 薬 品 卸 業 協 会 大 分 県 医 療 機 器 協 会

20 3 奉 仕 団 体 等 日 赤 別 府 地 区 奉 仕 団 4 地 域 の 結 成 団 体 等 自 主 防 災 会 青 年 団 婦 人 会 等 5 その 他 の 公 共 的 活 動 を 営 むもの CTBメディア 株 式 会 社 厚 生 社 会 事 業 団 体 町 内 会 自 治 会 等 大 分 県 水 難 救 済 会 事 務 局

21 第 7 節 別 府 市 災 害 本 組 織 別 府 市 災 害 本 の 組 織 系 統 は 次 図 のとおりとする 1 別 府 市 災 害 本 組 織 系 統 別 府 市 災 害 本 組 織 系 統 図 本 長 ( 市 長 ) 副 本 長 ( 副 市 長 ) 総 務 財 政 長 活 動 指 令 員 総 務 財 政 救 護 衛 生 長 活 動 指 令 員 救 護 衛 生 避 難 所 長 活 動 指 令 員 避 難 所 環 境 長 活 動 指 令 員 環 境 ONSEN ツ ー リ ズ ム 長 活 動 指 令 員 ONSEN ツ ー リ ズ ム 建 設 長 活 動 指 令 員 建 設 文 教 長 活 動 指 令 員 文 教 水 道 長 活 動 指 令 員 水 道 消 防 長 活 動 指 令 員 消 防 本 室 長 活 動 指 令 員 本 室 庶 務 班 情 報 班 渉 外 班 広 報 班

22 2 別 府 市 災 害 本 の 事 務 分 掌 市 災 害 本 の 各 所 管 事 務 は 次 表 とおりとする 各 所 管 事 務 その1 室 班 所 管 事 務 本 室 総 務 財 政 庶 務 班 情 報 班 渉 外 班 広 報 班 財 政 班 動 員 班 車 両 班 1 災 害 本 の 設 置 運 営 に 関 すること 2 本 の 庶 務 に 関 すること 3 本 会 議 に 関 すること 4 各 との 連 絡 調 整 に 関 すること 5 自 主 防 災 会 長 警 察 その 他 関 係 機 関 との 連 絡 及 び 協 力 に 関 すること 6 県 災 害 本 及 び 自 衛 隊 への 応 援 要 請 に 関 するこ と 7 気 象 警 報 等 の 収 受 及 び 伝 達 に 関 すること 8 他 の 班 の 分 掌 に 属 さない 事 項 並 びに 室 長 の 指 定 す る 事 務 に 関 すること 1 災 害 情 報 の 受 理 に 関 すること 2 災 害 情 報 及 び 応 処 理 等 の 記 録 及 び 集 計 に 関 するこ と 3 災 害 情 報 及 び 応 処 理 等 の 掲 示 に 関 すること 4 受 理 した 災 害 情 報 の 伝 達 に 関 すること 5 指 示 事 項 の 伝 達 に 関 すること 1 本 長 及 び 副 本 長 の 秘 書 及 び 特 命 に 関 すること 2 災 害 視 察 者 及 び 見 舞 者 の 応 接 に 関 すること 3 災 害 地 視 察 に 関 すること 1 報 道 機 関 との 連 絡 調 整 に 関 すること 2 災 害 情 報 の 市 民 への 広 報 に 関 すること 3 被 害 写 真 の 撮 影 に 関 すること 1 災 害 本 の 予 算 及 び 経 理 に 関 すること 2 災 害 復 旧 等 の 財 政 措 置 に 関 すること 3 市 有 財 産 の 被 害 状 況 調 査 及 び 報 告 に 関 すること 4 防 災 応 急 用 資 機 材 の 購 入 に 関 すること 1 職 員 の 動 員 及 び 配 置 に 関 すること 2 職 員 の 給 与 給 食 及 び 医 療 等 厚 生 に 関 すること 3 労 働 力 の 応 援 要 請 及 び 供 給 に 関 すること 1 災 害 応 急 時 の 庁 内 集 中 管 理 車 両 の 配 備 及 び 運 行 に 関 すること 2 緊 急 輸 送 用 車 両 の 借 上 に 関 すること

23 室 班 所 管 事 務 その2 救 護 衛 生 避 難 所 救 護 班 衛 生 医 療 班 避 難 所 班 機 動 班 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 するこ と 2 被 災 者 の 救 護 に 関 すること 3 要 配 慮 者 ( 障 がい 者 高 齢 者 等 )の 救 護 に 関 すること 4 ボランティアの 受 付 活 動 推 進 に 関 すること 5 ボランティアに 関 する 団 体 との 連 絡 調 整 に 関 するこ と 6 社 会 福 祉 協 議 会 との 連 絡 調 整 に 関 すること 7 生 活 必 需 物 品 等 の 手 配 依 頼 8 被 災 者 に する 食 料 確 保 及 び 炊 き 出 しに 関 すること 9 学 校 給 食 共 同 調 理 場 での 炊 き 出 しに 関 すること 10 救 援 物 資 義 えん 金 の 受 付 配 分 に 関 すること 11 遺 体 の 収 容 及 び 埋 葬 に 関 すること 12 その 他 被 災 者 に する 援 護 措 置 に 関 すること 1 被 災 者 に する 医 療 及 び 助 産 に 関 すること 2 救 護 所 の 設 置 運 営 に 関 すること 3 救 急 医 薬 品 及 び 医 療 資 器 材 等 の 確 保 に 関 すること 4 被 災 地 域 の 防 疫 に 関 すること 5 被 災 地 域 住 民 に する 衛 生 指 導 に 関 すること 6 臨 時 予 防 接 種 に 関 すること 7 その 他 衛 生 関 係 に 関 すること 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 するこ と 2 避 難 所 の 設 置 運 営 に 関 すること 3 避 難 所 収 容 者 に する 食 料 援 助 物 資 等 の 配 分 並 びに 避 難 所 内 の 管 理 に 関 すること 4 避 難 者 収 容 状 況 等 の 報 告 に 関 すること 5 要 配 慮 者 ( 福 祉 避 難 所 )の 避 難 に 関 すること 6 その 他 避 難 収 容 者 に 関 すること 1 広 報 班 の 広 報 活 動 に する 協 力 に 関 すること 2 消 防 の 避 難 誘 導 等 に する 協 力 に 関 すること 3 災 害 応 急 等 の 応 援 協 力 に 関 すること 4 その 他 避 難 所 長 の 指 定 する 事 務 に 関 すること

24 その3 室 班 所 管 事 務 環 境 O N S E N ツ ー リ ズ ム 環 境 班 観 光 班 経 済 班 農 林 水 産 班 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すること 2 被 災 地 域 の 清 掃 に 関 すること 3 災 害 応 急 時 における 清 掃 車 両 の 応 援 出 動 に 関 する こと 4 施 設 内 の 浸 水 防 止 に 関 すること 5 被 災 地 域 のし 尿 処 理 に 関 すること 6 施 設 内 の 機 械 設 備 等 の 保 安 管 理 に 関 すること 7 埋 立 施 設 及 び 汚 水 処 理 施 設 の 保 安 管 理 に 関 すること 8 施 設 内 の 機 器 設 備 等 の 保 安 管 理 に 関 すること 9 被 災 可 燃 ごみの 焼 却 に 関 すること 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すること 2 観 光 客 及 び 外 国 人 の 避 難 支 援 体 制 及 び 被 災 者 情 報 収 集 に 関 すること 3 温 泉 施 設 の 点 検 管 理 に 関 すること 4 温 泉 施 設 の 応 急 復 旧 に 関 すること 5 その 他 観 光 関 係 に 関 すること 1 商 工 鉱 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すこ と 2 商 工 鉱 関 係 の 災 害 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 するこ と 3 被 災 中 小 企 業 者 等 に する 融 資 の 斡 旋 に 関 すること 4 その 他 経 済 関 係 に 関 すること 1 農 林 水 産 業 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すること 2 耕 地 林 業 水 産 畜 産 関 係 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 すること 3 農 地 山 林 等 の 災 害 状 況 についての 事 後 調 査 に 関 するこ と 4 農 作 物 及 び 農 業 施 設 資 材 関 係 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 すること

25 室 班 所 管 事 務 その4 建 設 文 教 建 設 班 文 教 班 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すること 2 災 害 危 険 予 想 地 域 の 巡 視 警 戒 に 関 すること 3 災 害 用 応 急 資 材 の 保 管 に 関 すること 4 災 害 応 急 処 理 用 の 重 機 等 借 り 上 げに 関 すること 5 河 川 港 湾 及 び 市 街 地 等 の 巡 視 警 戒 及 び 応 急 危 険 度 調 査 6 国 道 県 道 市 道 私 道 等 の 道 路 に 関 する 損 壊 被 害 状 況 の 調 査 に 関 すること 7 市 有 建 築 物 及 び 住 宅 等 の 災 害 による 応 急 危 険 度 調 査 に 関 すること 8 市 有 建 築 物 及 び 住 宅 等 の 浸 水 状 況 調 査 に 関 すること 9 損 壊 住 宅 等 の 応 急 危 険 度 調 査 に 関 すること 10 崖 急 傾 斜 地 宅 地 等 の 応 急 危 険 度 調 査 に 関 すること 11 道 路 土 木 工 作 物 関 係 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 す ること 12 河 川 排 水 路 側 溝 等 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 す ること 13 下 水 道 施 設 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 すること 14 市 営 住 宅 等 の 市 有 建 築 物 の 応 急 並 びに 復 旧 計 画 に 関 すること 15 損 壊 住 宅 応 急 の 指 導 に 関 すること 16 災 害 応 急 仮 設 住 宅 の 建 設 に 関 すること 17 民 間 施 設 の 指 導 助 言 に 関 すること 18 災 害 復 興 住 宅 に 関 すること 19 その 他 建 築 土 木 及 び 下 水 道 に 関 すること 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 すること 2 児 童 生 徒 の 避 難 救 護 に 関 すること 3 避 難 所 ( 小 中 学 校 等 )の 管 理 運 営 に 関 すること 4 その 他 文 教 に 関 すること

26 水 道 消 防 水 道 班 消 防 班 その5 1 関 係 の 災 害 情 報 の 収 集 と 本 への 報 告 に 関 するこ と 2 他 機 関 との 連 絡 調 整 に 関 すること 3 給 水 車 等 への 充 水 作 業 に 関 すること 4 飲 料 水 兼 用 型 耐 震 性 貯 水 槽 の 給 水 口 の 設 置 に 関 する こと 5 給 水 拠 点 への 飲 料 水 の 運 搬 に 関 すること 6 各 種 管 路 に する 応 急 復 旧 実 施 計 画 の 定 に 関 する こと 7 応 急 復 旧 工 事 に 関 すること 8 配 水 調 整 の 立 案 に 関 すること 9 復 旧 の 計 画 及 び 立 案 に 関 すること 10 水 道 施 設 の 復 旧 作 業 に 関 すること 11 水 質 情 報 の 収 集 及 び 水 質 検 査 体 制 の 確 立 に 関 するこ と 1 災 害 の 警 戒 及 び 防 除 活 動 に 関 すること 2 火 災 の 予 防 及 び 防 ぎょ 活 動 に 関 すること 3 救 急 救 助 に 関 すること 4 緊 急 避 難 及 び 避 難 誘 導 に 関 すること 5 広 報 活 動 に 関 すること 6 応 援 要 請 に 関 すること 7 火 災 の 調 査 及 びその 他 災 害 の 調 査 に 関 すること 8 消 防 団 との 連 絡 調 整 に 関 すること 9 消 防 団 の 活 動 記 録 及 びその 報 告 に 関 すること 10 その 他 警 防 消 防 業 務 に 関 すること

27 第 8 節 計 画 の 周 知 この 計 画 は 平 素 から 訓 練 研 修 広 報 その 他 の 方 法 により 市 町 村 及 び 関 係 防 災 機 関 並 びにその 他 防 災 に 関 する 重 要 な 施 設 の 管 理 者 に 周 知 徹 底 する とともに 特 に 必 要 と 認 める 事 項 については 市 民 に 広 く 周 知 し 適 切 な 運 用 を 図 るものとする 災 害 発 生 時 等 の 基 本 的 な 行 動 参 考 予 防 日 常 生 活 防 災 教 育 啓 発 避 難 訓 練 非 常 用 物 資 備 蓄 地 震 発 生 緊 急 地 震 速 報 ( 1) 1: 震 度 5 弱 以 上 が 予 測 されるときに 発 表 応 急 震 度 速 報 ( 2) 2: 震 度 3 以 上 で 発 表 地 震 発 生 から 約 1 分 30 秒 後 大 津 波 警 報 津 波 警 報 注 意 報 発 表 ( 気 象 庁 ) 3 3 分 以 内 津 波 避 難 勧 告 指 示 発 令 津 波 による 災 害 のおそれが あると 予 想 される 場 合 3: 気 象 庁 の 目 標 値 津 波 による 災 害 のおそれは ないと 予 想 される 場 合 火 災 建 物 の 崩 壊 土 砂 災 害 等 の 発 生 またはそのおそれ 避 難 勧 告 指 示 発 令 速 やかに 一 時 避 難 所 等 へ 避 難 ( 避 難 所 へ 移 動 ) 一 時 避 難 所 等 へ 避 難 滞 在 期 間 及 び 食 料 備 蓄 4 3 日 を 想 定 日 以 内 3 日 以 内 ( 多 くが3 日 以 内 に 到 着 ) (3 日 後 ) 滞 在 期 間 及 び 食 料 備 蓄 4 3 日 を 想 定 4 20 日 以 内 (8 日 後 ) 収 容 避 難 所 での 生 活 開 始 仮 設 住 宅 ( 5)の 建 設 開 始 4 速 やかに (29 日 後 ~) 仮 設 住 宅 への 入 居 開 始 4 20 日 以 内 (3 日 後 ) 4 速 やかに (16 日 後 ~) 4: 別 府 市 地 域 防 災 計 画 の 目 標 値 ( )は 阪 神 淡 路 大 震 災 での 実 例 5:1 戸 あたり9 坪 地 域 防 災 計 画 の 象 復 旧 復 興 (6~7ヶ 月 後 ( 予 定 )) ( 概 ね7ヶ 月 後 ) 一 般 災 害 復 旧 公 共 土 木 施 設 農 林 水 産 施 設 その 他 概 ね3 年 を 目 途 に 実 施 仮 設 住 宅 への 入 居 完 了 日 常 生 活 へ 産 業 の 復 興 雇 用 一 般 住 宅 の 確 保 等

28 第 9 節 計 画 の 修 正 この 計 画 は 他 都 市 等 における 災 害 発 生 の 防 災 応 などを 教 訓 として 防 災 に 関 する 状 況 等 に 変 化 が 生 じたときに 応 できるよう 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 い 修 正 するものとする また 修 正 分 が 重 要 と 判 断 された 場 合 は 早 期 に 関 係 者 へ 通 知 する

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 22 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (H22 年 度 末 ) 50,605 人 真 庭 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 31,121,198 千 円 1,321,257 千 円 5,711,211 千 円 ( 注 ) 平 成 22 年 度 の 歳 出 額 に 対

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407

県 出 先 機 関 神 奈 川 県 東 京 事 務 所 048-300-9 調 査 課 2458 FAX( 調 査 課 ) 2459 安 全 防 災 局 -425 温 泉 地 学 研 究 所 観 測 室 研 究 部 長 室 事 務 室 FAX( 観 測 室 ) 9200 安 全 防 災 局 -407 神 奈 川 県 庁 危 機 管 理 対 策 課 維 持 防 災 G 9345 議 会 局 -400 政 策 局 知 事 室 知 事 室 秘 書 G 総 務 G 9210 自 治 振 興 部 市 町 村 課 調 整 G 9211 総 務 局 総 務 G 情 報 通 信 G 9302 9303 消 防 課 企 画 G 9305 工 業 保 安 課 火 薬 電 気 G 9225 危 機 管 理 センター

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

湯沢町耐震改修促進計画

湯沢町耐震改修促進計画 2 耐 震 化 の 現 状 (1) 建 築 基 準 法 における 構 造 基 準 の 改 正 昭 和 53 年 の 宮 城 県 沖 地 震 等 の 被 害 状 況 を 受 け 昭 和 56 年 に 建 築 基 準 法 の 耐 震 関 係 規 定 が 見 直 されました( 昭 和 56 年 6 月 1 日 施 行 新 耐 震 基 準 ) その 後 発 生 した 阪 神 淡 路 大 震 災 において 昭

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在)

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在) 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 支 援 状 況 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 県 ( 被 災 地 への 支 援 ) 区 分 依 頼 元 担 当 課 支 援 内 容 対 応 状 況 1 人 的 厚 生 労 働 省 医 療 政 策 課 県 立 病 院 課 DMAT( 災 害 派 遣 医 療 チーム)の 派 遣 島 根 DMAT1 次 隊 4/16:10 隊 52 名 を 派

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

目 次 1 条 例 協 定 等 条 例 等 条 例 等 名 頁 東 松 山 市 防 災 会 議 条 例 1-2 東 松 山 市 防 災 会 議 運 営 要 綱 3-4 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 条 例 5-6 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 要 綱 7-13 東 松 山 市 災

目 次 1 条 例 協 定 等 条 例 等 条 例 等 名 頁 東 松 山 市 防 災 会 議 条 例 1-2 東 松 山 市 防 災 会 議 運 営 要 綱 3-4 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 条 例 5-6 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 要 綱 7-13 東 松 山 市 災 東 松 山 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 27 年 7 月 東 松 山 市 防 災 会 議 目 次 1 条 例 協 定 等 条 例 等 条 例 等 名 頁 東 松 山 市 防 災 会 議 条 例 1-2 東 松 山 市 防 災 会 議 運 営 要 綱 3-4 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 条 例 5-6 東 松 山 市 災 害 対 策 本 部 要 綱 7-13 東 松 山

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

総 則

総 則 第 1 基 本 方 針 第 3 章 害 応 急 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 14 節 害 救 助 法 の 適 用 計 画 1 市 本 部 長 は, 地 害 による 住 家 の 滅 失 が 一 定 規 模 以 上 となった 場 合, 害 救 助 法 ( 以 下 本 節 中 法 という )の 適 用 を 県 本 部 長 に 要 請 す 2 市 本 部 長 は, 法 に

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16

平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14 日 ( 前 震 ) 及 び16 資 料 4 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 の 被 害 状 況 及 び 消 防 機 関 の 活 動 について 消 防 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 消 防 機 関 の 活 動 ( 熊 本 県 内 )について 被 害 の 状 況 ( 消 防 庁 被 害 報 第 54 報 ( 平 成 28 年 5 月 20 日 9 時 00 分 現 在 )) 平 成 28 年 4 月 14

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information