Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 報 告 書 平 成 25 年 7 月 予 防 行 政 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 ( 事 務 局 消 防 庁 予 防 課 )

2

3 目 次 1 検 討 部 会 の 目 的 委 員 構 成 開 催 スケジュール P1 (1) 検 討 部 会 の 目 的 (2) 検 討 体 制 (3) 検 討 部 会 の 開 催 状 況 2 広 島 県 福 山 市 のホテル 火 災 について P3 (1) 火 災 の 概 要 (2) 火 災 に 対 する 国 地 方 公 共 団 体 の 対 応 状 況 について (3) 福 山 市 ホテル 火 災 に 係 る 課 題 について 3 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 等 について P7 (1) 調 査 対 象 (2) 調 査 期 間 (3) 調 査 結 果 概 要 4 ホテル 旅 館 等 における 火 災 予 防 上 の 課 題 及 びその 対 応 の 考 え 方 P8 (1) 過 去 のホテル 旅 館 等 において 大 規 模 な 被 害 が 発 生 した 火 災 と 対 応 (2) 各 種 規 制 について (3) 計 画 的 な 立 入 検 査 の 推 進 方 策 について (4) 違 反 処 理 の 推 進 方 策 について (5) 火 災 予 防 上 の 危 険 に 係 る 公 表 制 度 のあり 方 について 5 さらなる 検 討 事 項 等 について P23 6 今 後 の 検 討 体 制 P24

4 添 付 資 料 1 資 料 関 係 資 料 1 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 結 果 P25 資 料 2 フォローアップ 調 査 結 果 P27 資 料 3 立 入 検 査 標 準 マニュアル 及 び 違 反 処 理 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 について( 消 防 庁 ) P29 資 料 4 ホテル 旅 館 等 の 利 用 者 への 公 表 について P60 資 料 5 たな 表 示 制 度 について( 案 ) P61 2 参 考 資 料 関 係 参 考 資 料 1 ホテル 旅 館 等 に 係 る 防 火 対 策 の 更 なる 徹 底 について ( 消 防 庁 ) P64 参 考 資 料 2 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 の 実 施 について ( 消 防 庁 ) P68 参 考 資 料 3 ホテル 火 災 を 踏 まえた 福 山 地 区 消 防 組 合 消 防 局 の 対 応 概 要 P77 参 考 資 料 4 火 災 の 原 因 調 査 結 果 ( 広 島 県 福 山 市 ホテル 火 災 )の 公 表 P80 参 考 資 料 5 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 点 検 結 果 について ( 国 土 交 通 省 ) P86 参 考 資 料 6 ホテル 旅 館 等 に 係 るフォローアップ 調 査 の 状 況 について ( 国 土 交 通 省 ) P89 参 考 資 料 7 違 反 是 正 支 援 アドバイザー 制 度 資 料 P92 参 考 資 料 8 違 反 是 正 推 進 に 係 る 弁 護 士 相 談 事 業 の 実 施 について ( 消 防 庁 ) P93 参 考 資 料 9 平 成 25 年 度 消 防 大 学 校 教 育 訓 練 計 画 について P96 参 考 資 料 10 法 令 適 合 対 象 物 や 違 反 対 象 物 の 公 表 等 に 係 る 制 度 について P98 参 考 資 料 11 適 マーク 制 度 及 び 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 の 経 過 について P99 参 考 資 料 12 東 京 消 防 庁 における 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 について P100

5 1 検 討 部 会 の 目 的 委 員 構 成 開 催 スケジュール (1) 検 討 部 会 の 目 的 平 成 24 年 5 月 13 日 ( 日 ) 広 島 県 福 山 市 において 死 者 7 名 負 傷 者 3 名 が 発 生 し たホテル 火 災 の 教 訓 を 踏 まえ ホテル 旅 館 等 の 火 災 被 害 拡 大 防 止 対 策 及 び 火 災 予 防 行 政 の 実 効 性 向 上 等 に 関 する 検 討 を 行 うことを 目 的 とする (2) 検 討 体 制 予 防 行 政 のあり 方 に 関 する 検 討 会 の 部 会 として 有 識 者 から 構 成 される ホテ ル 火 災 対 策 検 討 部 会 を 開 催 し 調 査 検 討 を 行 った 検 討 部 会 員 は 以 下 のとおり である( 敬 称 略 委 員 は50 音 順 ) ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 役 職 氏 名 所 属 部 会 長 関 澤 愛 東 京 理 科 大 学 大 学 院 国 際 火 災 科 学 研 究 科 教 授 副 部 会 長 小 林 恭 一 東 京 理 科 大 学 大 学 院 国 際 火 災 科 学 研 究 科 教 授 委 員 荒 井 伸 幸 東 京 消 防 庁 予 防 部 長 委 員 安 藤 勝 榎 一 郎 千 葉 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 千 葉 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から) 委 員 岩 佐 英 美 子 社 団 法 人 日 本 ホテル 協 会 事 務 局 長 委 員 小 川 健 司 金 山 健 三 広 島 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 広 島 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から) 委 員 木 下 健 治 弁 護 士 委 員 清 沢 正 人 全 国 旅 館 ホテル 生 活 衛 生 同 業 組 合 連 合 会 理 事 委 員 志 田 弘 二 名 古 屋 市 立 大 学 建 築 都 市 デザイン 学 科 教 授 委 員 中 川 丈 久 神 戸 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 教 授 委 員 古 舘 謙 護 熊 谷 優 盛 岡 地 区 広 域 消 防 組 合 消 防 本 部 消 防 次 長 兼 予 防 課 長 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 盛 岡 地 区 広 域 消 防 組 合 消 防 本 部 消 防 次 長 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から) 委 員 増 田 優 人 岡 田 照 雄 京 都 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 京 都 市 消 防 局 予 防 部 長 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から) 委 員 山 﨑 登 日 本 放 送 協 会 解 説 主 幹 1

6 <オブザーバー> 秋 葉 健 次 全 国 消 防 長 会 事 業 管 理 課 長 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 まで) 佐 久 間 進 全 国 消 防 長 会 事 業 管 理 課 長 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から) 堀 江 裕 厚 生 労 働 省 健 康 局 生 活 衛 生 課 長 ( 平 成 24 年 9 月 30 日 まで) 依 田 泰 厚 生 労 働 省 健 康 局 生 活 衛 生 課 長 ( 平 成 24 年 10 月 1 日 から) 竹 村 好 史 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 建 築 物 防 災 対 策 室 課 長 補 佐 ( 平 成 25 年 5 月 15 日 まで) 野 原 邦 治 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 建 築 物 防 災 対 策 室 課 長 補 佐 ( 平 成 25 年 5 月 16 日 から) 小 野 田 吉 純 国 土 交 通 省 住 宅 局 建 築 指 導 課 建 築 安 全 調 査 室 企 画 専 門 官 < 事 務 局 > 消 防 庁 予 防 課 (3) 検 討 部 会 の 開 催 状 況 第 1 回 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 )10 時 00 分 から12 時 00 分 第 2 回 平 成 24 年 8 月 9 日 ( 木 )10 時 00 分 から12 時 00 分 第 3 回 平 成 24 年 10 月 2 日 ( 火 )14 時 00 分 から16 時 00 分 第 4 回 平 成 25 年 5 月 28 日 ( 火 )14 時 00 分 から16 時 00 分 第 5 回 平 成 25 年 7 月 4 日 ( 木 )14 時 00 分 から16 時 00 分 2

7 2 広 島 県 福 山 市 のホテル 火 災 について (1) 火 災 の 概 要 平 成 24 年 5 月 13 日 早 朝 広 島 県 福 山 市 のホテル ホテルプリンス において 死 者 7 名 負 傷 者 3 名 の 被 害 を 伴 う 火 災 が 発 生 した この 火 災 の 概 要 は 以 下 のとおり ア 発 生 日 時 出 火 日 平 成 24 年 5 月 13 日 ( 日 ) 消 防 機 関 の 覚 知 時 刻 6 時 58 分 鎮 圧 時 刻 8 時 57 分 鎮 火 時 刻 10 時 10 分 イ 建 物 概 要 焼 損 状 況 所 在 地 広 島 県 福 山 市 西 桜 町 一 丁 目 12 番 24 号 施 設 名 ( 有 )ニュー 箱 根 ホテルプリンス 構 造 階 数 鉄 筋 コンクリート 造 4 階 建 及 び 木 造 2 階 建 用 途 ホテル( 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(5) 項 イ) 建 築 面 積 513m2 延 べ 面 積 1,361m2 各 階 の 用 途 1 階 : 駐 車 場 受 付 事 務 所 2 階 3 階 : 客 室 4 階 : 機 械 室 焼 損 状 況 全 焼 ウ 死 傷 者 死 者 7 人 ( 男 性 3 人 女 性 4 人 ) 重 症 2 人 ( 女 性 2 人 ) 軽 症 1 人 ( 女 性 1 人 ) 合 計 10 人 ( 男 性 3 人 女 性 7 人 ) エ 出 火 場 所 1 階 の 事 務 所 オ 出 火 原 因 たばこ 電 気 機 器 電 気 配 線 などの 要 因 が 可 能 性 として 残 ったものの 原 因 の 特 定 には 至 らなかった (2) 火 災 に 対 する 国 地 方 公 共 団 体 の 対 応 状 況 について 消 防 庁 では 5 月 13 日 8 時 45 分 に 広 島 県 から 火 災 発 生 の 報 告 を 受 け 予 防 課 長 を 長 とする 災 害 対 策 室 を 設 置 し 情 報 収 集 に 当 たった このなかで 当 該 ホテルにおい て 死 者 が 多 数 発 生 した 状 況 が 明 確 になったことから 同 日 15 時 30 分 消 防 法 第 3 3

8 5 条 の3の2の 規 定 に 基 づく 消 防 庁 長 官 の 火 災 原 因 の 調 査 ( 特 に 必 要 があると 認 め た 場 合 ) を 実 施 することとし 職 員 7 名 を 現 地 に 派 遣 し 火 災 原 因 調 査 を 実 施 した また 5 月 14 日 には ホテル 旅 館 等 に 係 る 類 似 の 火 災 の 発 生 を 防 止 するため ホテル 旅 館 等 に 係 る 防 火 対 策 の 更 なる 徹 底 について ( 消 防 予 第 181 号 消 防 庁 予 防 課 長 通 知 参 考 資 料 1)を 発 出 し 全 国 の 消 防 本 部 に 対 して ホテル 旅 館 等 の 宿 泊 施 設 について 防 火 安 全 対 策 の 徹 底 を 図 るよう 要 請 した 更 に 5 月 16 日 には 当 該 ホテルについて 建 築 構 造 に 問 題 を 有 することが 事 故 拡 大 の 要 因 となった 可 能 性 のあることを 踏 まえ ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 の 実 施 について ( 消 防 予 第 188 号 消 防 庁 予 防 課 長 通 知 参 考 資 料 2)を 発 出 し 現 行 の 建 築 基 準 法 の 規 定 に 不 適 格 なホテル 旅 館 等 を 対 象 に 建 築 部 局 と 連 携 して 緊 急 調 査 を 行 い 消 防 法 令 違 反 等 の 防 火 安 全 上 の 不 備 事 項 がある 施 設 等 に 対 しては 重 点 的 に 改 善 指 導 を 図 り 違 反 処 理 基 準 に 基 づき 早 急 に 所 要 の 措 置 を 講 ずるよう 要 請 した 同 日 国 土 交 通 省 住 宅 局 からも 各 都 道 府 県 の 建 築 部 局 に 対 して 消 防 部 局 と 連 携 を 図 りながら 緊 急 調 査 を 実 施 するよう 要 請 がされている( 国 住 指 第 453 号 ) 福 山 市 では 当 該 ホテルについて 建 築 部 局 において 建 築 基 準 法 違 反 を 認 定 してこ なかったことや 平 成 15 年 以 降 9 年 間 消 防 局 の 立 入 検 査 が 行 われておらず また それ 以 前 においても 同 一 の 消 防 法 違 反 が 繰 り 返 し 指 摘 されながら 改 善 がなされてい ない 実 態 が 判 明 したことから 福 山 市 建 築 物 査 察 等 適 正 化 対 策 委 員 会 を 設 置 し 特 殊 建 築 物 の 防 災 査 察 及 び 火 災 予 防 査 察 等 の 事 務 処 理 を 検 証 するとともに その 適 正 化 のための 方 向 性 や 指 針 を 作 成 するなど 必 要 な 措 置 を 検 討 し 平 成 25 年 2 月 に 最 終 取 りまとめ がなされている なお 福 山 地 区 消 防 組 合 消 防 局 における 今 回 のホテル 火 災 を 踏 まえた 対 応 概 要 につ いては 参 考 資 料 3のとおりである (3) 福 山 市 ホテル 火 災 に 係 る 課 題 について ア 建 築 物 の 状 況 について 福 山 市 建 築 物 査 察 等 適 正 化 対 策 委 員 会 最 終 取 りまとめによると 建 築 等 の 経 過 の 概 要 は 次 のとおり 当 初 昭 和 35 年 に 木 造 2 階 建 て357m2が 建 築 され 昭 和 43 年 に 別 棟 として 鉄 筋 コンクリート 造 4 階 建 て912m2が 建 築 された その 後 昭 和 49 年 に 福 山 市 ( 特 定 行 政 庁 )への 定 期 報 告 書 において 木 造 部 分 と 鉄 筋 コンクリート 造 部 分 が 一 体 利 用 されている 旨 の 報 告 がなされている 木 造 部 分 と 鉄 筋 コンクリート 造 部 分 を 防 火 区 画 することで 別 の 建 物 とみなし 既 存 不 適 格 の 建 築 物 として 取 り 扱 うこととされている 4

9 昭 和 62 年 に 実 施 した 福 山 市 の 防 火 査 察 時 の 点 検 表 には 木 造 の1 階 部 分 を 駐 車 場 に 変 更 され2 階 への 階 段 が 撤 去 されている 旨 が 記 載 されている この 状 況 におい て 木 造 部 分 と 鉄 筋 コンクリート 造 部 分 を 別 の 建 物 とみなすことはできないことか ら 既 存 不 適 格 ではなく 違 法 建 築 物 となっていた なお 福 山 市 では これらの 経 過 が 適 切 に 認 識 されず 火 災 時 まで 既 存 不 適 格 建 築 物 として 取 り 扱 っていたものである 図 1 建 物 配 置 図 ( 福 山 市 建 築 物 査 察 等 適 正 化 対 策 委 員 会 最 終 取 りまとめより) また 福 山 市 建 築 物 査 察 等 適 正 化 対 策 委 員 会 最 終 取 りまとめに 示 された 当 該 建 築 物 の 現 行 の 建 築 基 準 法 に 適 合 していない 項 目 は 下 表 のとおり 表 1 建 築 基 準 法 に 適 合 していない 項 目 適 合 していない 項 目 1 階 段 のたて 穴 区 画 2 階 段 の 幅 員 3 非 常 用 の 照 明 装 置 4 排 煙 設 備 5 内 装 制 限 6 たて 穴 区 画 7 異 種 用 途 区 画 8 構 造 制 限 適 合 していない 箇 所 区 画 なし( 防 火 戸 が 設 置 されていない) 幅 98cm の 部 分 があり 不 足 している 居 室 廊 下 に 設 置 されていない 居 室 廊 下 に 有 効 な 開 口 部 が 不 足 している 各 部 屋 の 天 井 が 燃 えにくい 材 料 になっていない 配 管 用 のスペースが 区 画 されていない 1 階 駐 車 場 とホテルを 仕 切 る 戸 が 防 火 戸 になっていない 木 造 部 分 が 耐 火 建 築 物 になっていない イ 福 山 地 区 消 防 組 合 消 防 局 における 立 入 検 査 等 の 状 況 について 福 山 市 建 築 物 査 察 等 適 正 化 対 策 委 員 会 最 終 取 りまとめによると 消 防 局 の 出 火 建 物 であるホテルに 対 する 立 入 検 査 等 の 状 況 は 次 のとおり 昭 和 46 年 から 平 成 15 年 9 月 まで 立 入 検 査 を 継 続 して 実 施 していたが それ 5

10 以 降 火 災 に 至 るまで9 年 間 立 入 検 査 がされていなかった 最 終 の 立 入 検 査 日 に 指 導 した 不 備 事 項 は 以 下 の3 項 目 である 消 防 用 設 備 等 点 検 報 告 の 未 報 告 自 衛 消 防 訓 練 の 未 実 施 屋 内 消 火 栓 設 備 の 一 部 不 備 なお これら3 項 目 を 同 時 に 指 導 した 回 数 は 昭 和 56 年 から25 回 に 上 る ウ 多 数 の 死 者 負 傷 者 が 発 生 した 要 因 について 消 防 庁 長 官 の 火 災 原 因 調 査 結 果 の 概 要 については 参 考 資 料 4のとおりであり 多 数 の 死 者 負 傷 者 を 発 生 した 要 因 として 以 下 の 事 項 が 考 えられる 建 築 物 の 構 造 が 耐 火 構 造 でないことから 出 火 室 及 びその 近 傍 において 火 災 が 上 階 に 燃 え 抜 けて 拡 大 したこと 階 段 部 分 の 防 火 区 画 (たて 穴 区 画 )が 設 けられておらず 火 災 や 煙 が 階 段 を 経 由 して 上 階 に 拡 大 し 煙 が 各 客 室 に 流 入 したこと 消 火 器 及 び 屋 内 消 火 栓 設 備 を 用 いた 消 火 活 動 が 行 われていないこと 第 一 発 見 者 による 通 報 及 び 有 効 な 避 難 誘 導 が 行 われていないこと 自 動 火 災 報 知 設 備 の 受 信 機 が2つの 系 統 に 分 かれており 連 動 していないことか ら 一 斉 鳴 動 したとは 考 えにくく 避 難 を 遅 らせたものと 考 えられること 6

11 3 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 等 について 平 成 24 年 5 月 16 日 には 建 築 部 局 と 連 携 したホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 を 行 い 消 防 法 令 違 反 等 の 防 火 安 全 上 の 不 備 事 項 がある 施 設 等 に 対 しては 重 点 的 に 改 善 指 導 を 図 り 違 反 処 理 基 準 に 基 づき 早 急 に 所 要 の 措 置 を 講 ずるよう 要 請 した ( ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 の 実 施 について ( 消 防 予 第 188 号 消 防 庁 予 防 課 長 通 知 参 考 資 料 2) また 緊 急 調 査 から 半 年 を 経 過 した 時 点 において フォローアップ 調 査 によ る 違 反 是 正 及 び 改 善 指 導 を 要 請 している なお 緊 急 調 査 及 びフォローアップ 調 査 の 概 要 については 以 下 のとおりである また 国 土 交 通 省 において 実 施 した 緊 急 調 査 及 びフォローアップ 調 査 の 結 果 について は 参 考 資 料 5 6のとおりである (1) 調 査 対 象 3 階 以 上 ( 地 階 を 除 く ) 収 容 人 員 30 人 以 上 の 防 火 対 象 物 で 次 の 要 件 を 満 たす もの ア ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法 施 行 令 別 表 第 一 (5) 項 イに 掲 げる 防 火 対 象 物 ) イ 昭 和 46 年 以 前 に 築 された 防 火 対 象 物 現 行 の 建 築 基 準 法 の 建 築 構 造 防 火 区 画 及 び 階 段 の 規 定 に 適 合 しているもの ( 過 去 適 マーク を 交 付 したことのある 防 火 対 象 物 )を 除 く (2) 調 査 期 間 ア 緊 急 調 査 平 成 24 年 5 月 16 日 ~ 平 成 24 年 8 月 15 日 イ フォローアップ 調 査 平 成 24 年 12 月 10 日 ~ 平 成 25 年 2 月 15 日 (3) 調 査 結 果 概 要 ( 詳 細 については 資 料 1 2のとおり) 緊 急 調 査 においては797 施 設 のうち 549 施 設 (68.9%)において 何 らか の 消 防 法 令 違 反 が 発 見 され 自 動 火 災 報 知 設 備 が 過 半 にわたり 未 設 置 など 重 大 な 違 反 があるものは そのうちの47 施 設 (5.9%)となっていたが その 後 のフォロー アップ 調 査 においては 何 らかの 消 防 法 違 反 があるものは 703 施 設 のうち 36 1 施 設 (51.4%)となり そのうち 重 大 な 違 反 があるものは35 施 設 (5.0%) と 減 少 している ( 表 2 参 照 ) なお 重 大 な 違 反 以 外 の 主 な 内 容 については 表 3のとおりである 消 防 法 令 違 反 のあるものについては 調 査 時 において 各 消 防 本 部 から 建 物 関 係 者 に 対 して 是 正 指 導 を 行 っているところであり 今 後 もフォローアップ 調 査 等 を 通 じて 違 反 是 正 の 徹 底 を 図 る 必 要 がある 7

12 表 2 消 防 法 令 違 反 の 状 況 緊 急 調 査 結 果 ( 平 成 24 年 8 月 15 日 報 告 分 ) フォローアップ 調 査 結 果 ( 平 成 25 年 2 月 15 日 報 告 分 ) 調 査 対 象 施 設 数 何 らかの 消 防 法 違 反 があるもの 549(68.9%) 361(51.4%) 重 大 な 違 反 があるもの 47(5.9%) 35(5.0%) 調 査 対 象 については 棟 単 位 で 実 施 したもの 重 大 な 違 反 とは 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 のいずれかの 設 備 が そ の 設 備 の 設 置 義 務 部 分 の 床 面 積 の 過 半 にわたり 設 置 されていないものをいう 防 火 管 理 の 義 務 対 象 となる 防 火 対 象 物 数 は41,815( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) 表 3 消 防 法 令 違 反 の 主 な 内 容 (フォローアップ 調 査 結 果 による) 設 備 の 種 類 義 務 施 設 数 重 大 な 違 反 違 反 施 設 数 重 大 な 違 反 以 外 重 大 な 違 反 以 外 の 主 な 内 容 屋 内 消 火 栓 設 備 ホース 耐 圧 試 験 未 実 施 スプリンクラー 設 備 一 部 散 水 障 害 一 部 未 警 戒 自 動 火 災 報 知 設 備 感 知 器 の 一 部 未 警 戒 8

13 4 ホテル 旅 館 等 における 火 災 予 防 上 の 課 題 及 びその 対 応 の 考 え 方 (1) 過 去 のホテル 旅 館 等 において 大 規 模 な 被 害 が 発 生 した 火 災 と 対 応 昭 和 40 年 以 降 のホテル 旅 館 等 において 死 者 3 名 以 上 の 被 害 が 発 生 した 火 災 につ いて 表 4に 示 す 死 者 3 名 以 上 の 被 害 が 発 生 した 火 災 は 平 成 6 年 12 月 21 日 に 発 生 した 福 島 県 福 島 市 の 若 喜 旅 館 本 店 ( 死 者 5 名 負 傷 者 3 名 )の 火 災 以 降 発 生 しておらず 死 者 7 名 が 発 生 した 今 回 の 火 災 は 昭 和 61 年 2 月 11 日 に 発 生 した 静 岡 県 東 伊 豆 町 の 大 東 館 火 災 以 来 の 大 規 模 な 被 害 が 発 生 した 火 災 である 表 4 3 名 以 上 の 死 者 が 発 生 したホテル 旅 館 等 の 火 災 ( 昭 和 40 年 以 降 ) 出 火 年 月 日 出 火 場 所 事 業 所 名 延 べ 面 積 死 者 数 負 傷 者 数 S 兵 庫 県 神 戸 市 池 之 坊 満 月 城 11,258 m S 福 島 県 郡 山 市 磐 光 ホテル 21,117 m S 群 馬 県 水 上 町 菊 富 士 ホテル 7,465 m S 和 歌 山 県 和 歌 山 市 寿 司 由 楼 2,749 m S 和 歌 山 県 白 浜 町 椿 グランドホテル 11,120 m2 3 6 S 兵 庫 県 神 戸 市 坂 口 荘 198 m2 6 5 S 大 阪 府 大 阪 市 千 成 ホテル 1,501 m S 栃 木 県 藤 原 市 川 治 プリンスホテル 3,582 m S 東 京 都 千 代 田 区 ホテルニュージャパン 46,697 m S 山 形 県 山 形 市 蔵 王 観 光 ホテル 2,264 m S 静 岡 県 東 伊 豆 町 大 東 館 788 m S 静 岡 県 河 津 町 菊 水 館 2,533 m S 大 分 県 別 府 市 ホテル 望 海 荘 6,499 m2 3 1 H 福 島 県 福 島 市 若 喜 旅 館 本 店 5,723 m2 5 3 川 治 プリンスホテル 火 災 を 踏 まえ 要 綱 ( 昭 和 56 年 消 防 庁 次 長 通 知 )に 基 づき 防 火 基 準 に 適 合 した 防 火 対 象 物 に 適 マークを 表 示 する 表 示 公 表 制 度 を 実 施 (その 後 平 成 13 年 9 月 1 日 に 発 生 した 宿 区 歌 舞 伎 町 雑 居 ビル 火 災 後 の 平 成 15 年 消 防 法 改 正 により 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 が 制 度 化 されたことを 契 機 に 要 綱 に 基 づく 表 示 公 表 制 度 は 廃 止 された) 大 東 館 火 災 を 踏 まえ 旅 館 ホテル 等 における 夜 間 の 防 火 管 理 体 制 指 導 マニュア ル を 通 知 ( 昭 和 62 年 消 防 庁 予 防 課 長 通 知 ) 9

14 (2) 各 種 規 制 について ア ホテル 旅 館 等 に 係 る 現 行 の 防 火 安 全 対 策 の 概 要 消 防 法 では 各 種 の 建 築 物 等 に 対 し 主 としてその 用 途 規 模 等 に 応 じて 消 防 用 設 備 等 の 設 置 防 火 管 理 の 実 施 防 炎 物 品 等 の 使 用 といった 各 種 の 対 策 を 義 務 付 けており 火 災 予 防 を 図 っている 各 種 の 対 策 の 具 体 的 な 内 容 については 次 のと おり (ア) 消 防 用 設 備 等 の 設 置 消 防 用 設 備 等 については 建 物 の 用 途 規 模 構 造 に 応 じた 消 火 設 備 警 報 設 備 避 難 設 備 等 の 設 置 が 義 務 付 けられている ホテル 旅 館 等 に 係 る 主 な 消 防 用 設 備 等 の 設 置 義 務 を 表 5に 示 す 福 山 市 ホテ ル 火 災 の 出 火 建 物 については 設 置 義 務 のある 消 防 用 設 備 等 は 一 部 の 設 備 に 違 反 があるものの 設 置 はされていたことが 福 山 地 区 消 防 組 合 消 防 局 において 確 認 されている 表 5 ホテル 旅 館 等 に 係 る 主 な 消 防 用 設 備 等 の 設 置 義 務 について 消 防 用 設 備 等 設 置 対 象 出 火 建 物 ( 延 べ 面 積 1,361 m2)の 場 合 消 火 器 延 べ 面 積 150 m2 以 上 義 務 設 置 消 火 設 備 屋 内 消 火 栓 延 べ 面 積 700 m2 以 上 義 務 設 置 スプリンクラー 設 備 延 べ 面 積 6,000 m2 以 上 ( 平 屋 建 てを 除 く ) 義 務 なし 屋 外 消 火 栓 設 備 延 べ 面 積 3,000 m2 以 上 (1~2 階 のみ ) 義 務 なし 自 動 火 災 報 知 設 備 延 べ 面 積 300 m2 以 上 義 務 設 置 ( 一 部 不 備 あり) 漏 電 火 災 警 報 器 延 べ 面 積 150 m2 以 上 かつラスモルタルの もの 義 務 設 置 警 報 設 備 消 防 機 関 へ 通 報 する 火 災 報 知 設 備 延 べ 面 積 500 m2 以 上 義 務 設 置 非 常 警 報 器 具 設 備 収 容 人 員 が 20 名 以 上 (300 名 以 上 で 放 送 設 備 を 付 加 ) 義 務 なし( 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 によ り 免 除 ) 避 難 設 備 避 難 器 具 収 容 人 員 が2 階 以 上 の 階 で 30 名 以 上 等 義 務 なし 誘 導 灯 誘 導 標 識 全 部 義 務 設 置 建 築 物 の 構 造 等 に 応 じて 設 置 対 象 に 係 る 延 べ 面 積 を2 倍 又 は3 倍 とすることができる 10

15 また 消 防 用 設 備 等 については 半 年 ごとに 点 検 を 実 施 し ホテル 旅 館 等 に あっては1 年 ごとに 消 防 本 部 への 報 告 が 義 務 付 けられている なお 延 べ 面 積 が 1,000 m2 以 上 又 は 特 定 一 階 段 のものにあっては 消 防 設 備 士 又 は 消 防 設 備 点 検 資 格 者 に 点 検 をさせなければならないこととされている 福 山 市 ホテル 火 災 の 出 火 建 物 において 屋 内 消 火 栓 設 備 の 一 部 不 備 が 指 摘 され ている また 消 防 用 設 備 点 検 の 未 報 告 の 違 反 があり 前 述 の 自 動 火 災 報 知 設 備 の 不 備 ( 基 準 不 適 合 )について 顕 在 化 されていなかった (イ) 防 火 管 理 防 火 管 理 は 防 火 対 象 物 の 収 容 人 員 に 応 じて 防 火 管 理 者 の 選 任 消 防 計 画 の 作 成 消 防 訓 練 の 実 施 等 が 義 務 付 けられている ホテル 旅 館 等 の 場 合 従 業 員 と 宿 泊 定 員 を 合 わせて30 人 以 上 となる 施 設 が 対 象 となる なお 収 容 人 員 が300 名 以 上 など 一 定 規 模 以 上 のホテル 旅 館 等 に 対 して 有 資 格 者 による 点 検 を 義 務 付 ける 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 がある 福 山 市 ホテル 火 災 の 出 火 建 物 においては 防 火 管 理 者 の 選 任 届 出 や 消 防 計 画 の 作 成 届 出 がなされているが 消 防 訓 練 の 未 実 施 の 違 反 が 指 摘 されている (ウ) 防 炎 物 品 の 使 用 火 災 時 にカーテンやじゅうたん 等 が 火 災 拡 大 原 因 になりやすいことから ホテ ル 旅 館 等 の 防 火 対 象 物 については 防 炎 性 能 を 有 するカーテンやじゅうたん 等 の 防 炎 物 品 の 使 用 が 義 務 付 けられている 福 山 市 ホテル 火 災 の 出 火 建 物 について は 防 炎 物 品 の 使 用 に 関 する 不 備 の 指 摘 はなされていない イ 今 回 の 火 災 を 踏 まえた 対 応 の 考 え 方 福 山 市 ホテル 火 災 で 被 害 が 拡 大 した 要 因 としては 早 期 に 火 災 が 拡 大 し 全 館 に 煙 の 拡 散 が 生 じたことが 指 摘 されている 煙 の 拡 散 が 生 じた 原 因 としては 建 築 構 造 や 防 火 区 画 が 現 行 の 建 築 基 準 法 の 規 定 に 適 合 していなかったことが 考 えられ こ れらが 現 行 の 建 築 基 準 法 の 規 定 に 適 合 していれば 延 焼 の 拡 大 及 び 煙 の 拡 散 は 抑 制 されていたのではないかと 考 えられる スプリンクラー 設 備 は 初 期 消 火 に 有 効 な 消 火 設 備 であり できる 限 り 多 くの 防 火 対 象 物 において 設 置 されることが 望 ましいものではあるが 福 山 市 ホテル 火 災 の 出 火 建 物 においては 建 築 構 造 や 防 火 区 画 が 現 行 の 建 築 基 準 法 の 規 定 に 適 合 していな かったことが 延 焼 の 拡 大 煙 の 拡 散 に 大 きく 影 響 したと 考 えられることから 当 該 規 模 のホテル 旅 館 に 関 して たにスプリンクラー 設 備 の 設 置 を 義 務 化 する 必 要 はないと 考 えられる 防 火 管 理 については 立 入 検 査 において 避 難 訓 練 が 実 施 されていないことが 繰 11

16 り 返 し 指 摘 されており 火 災 時 においても 有 効 な 避 難 誘 導 は 行 われていなかった 状 況 から 実 効 性 の 高 い 避 難 訓 練 等 を 適 切 に 実 施 させることが 必 要 である 消 防 用 設 備 等 の 点 検 報 告 については 立 入 検 査 において 未 実 施 が 繰 り 返 し 指 摘 さ れていた 消 防 用 設 備 等 の 維 持 管 理 が 適 切 に 行 われるよう ホテル 旅 館 等 におい ても 確 実 に 点 検 を 実 施 させることが 必 要 である ウ 小 規 模 のホテル 旅 館 等 に 係 る 規 制 のあり 方 について (ア)ホテル 旅 館 等 全 般 の 課 題 ホテル 旅 館 等 全 般 に 関 する 課 題 として 消 防 法 令 上 の 規 制 体 系 の 整 合 性 確 保 の 観 点 から 平 成 16 年 の 消 防 法 改 正 により 一 般 住 宅 について 規 模 を 問 わずに 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 が 義 務 付 けられることとなったことに 対 して ホテル 旅 館 等 の 事 業 所 のうち300m2 未 満 の 小 規 模 なものについては 一 般 的 に 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 義 務 は 課 せられないままとなっており 両 者 の 取 扱 いが 均 衡 を 欠 くのではないかとの 指 摘 がある このことについて ホテル 旅 館 等 に 係 る 各 種 規 制 の 検 証 という 観 点 から 検 討 を 行 った (イ) 対 応 の 考 え 方 現 行 の 消 防 法 令 上 の 技 術 基 準 においては 延 べ 面 積 300m2 未 満 のホテル 旅 館 等 について 自 動 火 災 報 知 設 備 及 び 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 設 置 は 義 務 付 けられて いない 各 施 設 に 設 置 が 義 務 付 けられている 火 災 警 報 設 備 の 比 較 を 図 2に 示 す 図 2 一 般 住 宅 やホテル 旅 館 等 に 設 置 が 義 務 付 けられる 火 災 警 報 設 備 の 比 較 平 成 23 年 3 月 31 日 時 点 において ホテル 旅 館 63,864 施 設 のうち 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 義 務 がない 施 設 は 14,740 施 設 となっている 火 災 統 計 から 過 去 10 年 間 の 火 災 について 住 宅 火 災 (100 件 当 たりの 死 者 数 は6.6 人 )と 比 較 すると ホテル 旅 館 等 における 火 災 は100 件 当 たりの 死 者 1.7 人 となっているが 延 べ 面 積 300m2 未 満 のホテル 旅 館 等 の 過 去 12

17 10 年 間 における 火 災 100 件 当 たりの 死 者 数 は5.2 人 と 住 宅 火 災 に 近 似 した 被 害 となっている( 表 6 参 照 ) 表 6 過 去 10 年 間 (H13~22 年 中 )のホテル 旅 館 等 と 住 宅 との 火 災 被 害 の 比 較 ホテル 旅 館 延 べ 面 積 300 m 2 未 満 のもの 住 宅 全 建 物 火 災 火 災 発 生 総 件 数 1, , ,401 死 者 総 数 ,717 12,088 火 災 100 件 あたり の 死 者 数 ( 人 / 件 ) 火 災 報 告 により 作 成 火 災 発 生 件 数 については 放 火 によるものを 除 く 数 値 を 死 者 数 については 放 火 自 殺 者 等 を 除 く 数 値 を 集 計 住 宅 は 雑 多 な 可 燃 物 等 が 置 かれる 場 合 も 多 いが ホテル 旅 館 等 は 最 小 限 の 寝 具 家 具 等 が 存 在 するのみで 消 防 法 令 上 カーテン 等 を 防 炎 物 品 とするこ とや 防 火 管 理 を 実 施 する 等 により 火 災 発 生 及 び 拡 大 危 険 性 が 抑 制 されている 一 方 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 義 務 のない 延 べ 面 積 300m2 未 満 のホテル 旅 館 等 についてみると 火 災 100 件 あたりの 死 者 数 はホテル 旅 館 等 全 体 よりも 高 くなっている 状 況 にある また 図 3に 示 す 住 宅 火 災 を 除 いた 火 災 100 件 当 たりの 時 間 帯 別 死 者 発 生 状 況 を 見 ると 就 寝 時 間 帯 (22 時 から 翌 朝 6 時 までの 時 間 帯 )の 死 者 数 は 日 中 に 比 べて 多 いことから 就 寝 時 間 帯 における 火 災 の 被 害 拡 大 危 険 性 は 高 く 自 動 火 災 報 知 設 備 が 火 災 被 害 の 軽 減 に 有 効 であること( 図 4 参 照 )を 考 慮 すれば 小 規 模 な 宿 泊 施 設 であっても 早 期 に 火 災 発 生 を 感 知 し 建 物 内 の 人 に 報 知 する 警 報 設 備 を 設 置 することは 火 災 被 害 を 軽 減 する 点 で 有 効 であると 考 えられる 13

18 図 3 過 去 10 年 間 ((H13~22 年 中 )における 住 宅 火 災 を 除 いた 建 物 火 災 100 件 当 たりの 時 間 帯 別 死 者 発 生 状 況 火 災 報 告 により 作 成 火 災 発 生 時 刻 が 不 明 なものを 除 いた 数 値 とした 上 で 火 災 発 生 件 数 にあっては 放 火 によるものを 死 者 数 にあっては 放 火 自 殺 者 等 を 除 いた 数 値 を 集 計 したものである 火 災 100 件 当 たりの 死 者 発 生 状 況 を 時 間 帯 別 にみると 就 寝 時 間 帯 の 死 者 数 の 平 均 は2.1 人 で 全 時 間 帯 の 平 均 1.2 人 の 約 1.8 倍 自 動 火 災 報 知 設 備 設 置 の 有 無 設 置 無 設 置 有 件 数 82,941 35,663 死 者 数 1, 火 災 100 件 当 たり の 死 者 数 ( 人 / 火 災 100 件 ) 設 置 無 設 置 有 自 動 火 災 報 知 設 備 設 置 の 有 無 図 4 過 去 10 年 間 (H13~22 年 中 )における 住 宅 火 災 を 除 いた 建 物 火 災 100 件 当 たりの 死 者 数 と 自 動 火 災 報 知 設 備 設 置 の 有 無 火 災 報 告 により 作 成 火 災 発 生 件 数 については 放 火 によるものを 除 く 数 値 を 死 者 数 については 放 火 自 殺 者 等 を 除 く 数 値 を 集 計 14

19 以 上 のことから ホテル 旅 館 等 について 延 べ 面 積 300m2 未 満 のものに 対 し 施 設 が 小 規 模 であることに 配 慮 して 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 義 務 化 の 検 討 を 進 めるべきと 考 える この 場 合 において 他 の 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 が 義 務 付 けられていない 小 規 模 な 社 会 福 祉 施 設 ( 自 力 避 難 困 難 な 者 が 入 所 する 施 設 以 外 の もの)や 診 療 所 等 で 就 寝 用 途 を 有 する 施 設 についても 火 災 危 険 性 を 踏 まえた 検 討 を 行 った 上 で 必 要 な 措 置 を 講 ずべきと 考 える その 際 には これらの 施 設 に 既 に 住 宅 用 火 災 警 報 器 が 自 主 的 に 設 置 されている 場 合 も 考 えられることから 検 討 にあたっては 当 該 住 宅 用 火 災 警 報 器 の 有 効 期 限 等 を 勘 案 し 自 動 火 災 報 知 設 備 の 義 務 化 の 施 行 時 期 及 び 猶 予 期 限 等 に 配 慮 すべき である なお 消 防 庁 では 平 成 22 年 度 において ホテル 旅 館 及 び 福 祉 施 設 等 の 用 途 に 供 される 部 分 が 存 する 防 火 対 象 物 で 自 動 火 災 報 知 設 備 の 設 置 が 義 務 付 けら れていないものを 対 象 に 各 消 防 本 部 を 通 じて 住 宅 用 火 災 警 報 器 ( 電 波 により 施 設 内 の 警 報 器 が 連 動 して 鳴 動 するもの)を 配 布 したところである(41,379 施 設 に 対 し 331,480 個 を 配 布 ) 15

20 (3) 計 画 的 な 立 入 検 査 の 推 進 方 策 について ア 立 入 検 査 に 係 る 制 度 の 概 要 消 防 機 関 は 消 防 対 象 物 の 実 態 を 把 握 することにより 関 係 者 に 火 災 予 防 上 適 切 な 指 導 を 行 うため 消 防 法 第 4 条 等 の 規 定 による 立 入 検 査 権 等 により 防 火 対 象 物 に 立 ち 入 って 検 査 を 行 っている この 立 入 検 査 を 的 確 かつ 効 率 的 に 実 施 するため また 各 消 防 本 部 の 立 入 検 査 に 係 る 規 程 の 整 備 に 資 するため 消 防 庁 では 立 入 検 査 標 準 マニュアル を 作 成 し 検 査 要 領 等 を 示 している この 立 入 検 査 標 準 マニュアルにおいては 重 点 的 効 率 効 果 的 な 立 入 検 査 を 実 施 するための 計 画 を 策 定 し 立 入 検 査 の 必 要 性 の 検 討 にあたっては 一 般 的 火 災 危 険 性 のほか 予 防 行 政 需 要 の 地 域 特 性 その 他 の 火 災 予 防 上 の 必 要 性 等 を 考 慮 するこ とが 重 要 としている イ 立 入 検 査 の 実 施 状 況 平 成 13 年 の 宿 歌 舞 伎 町 ビル 火 災 を 契 機 とした 消 防 法 の 一 部 改 正 を 受 け 消 防 機 関 においては 火 災 予 防 上 の 対 応 の 必 要 性 が 高 い 防 火 対 象 物 に 対 して 重 点 的 に 立 入 検 査 を 実 施 するよう 効 率 的 効 果 的 な 立 入 検 査 の 実 施 に 取 り 組 んでいる ( 全 国 の 消 防 機 関 が 行 った 立 入 検 査 回 数 は 図 5 参 照 ) 図 5 防 火 対 象 物 数 立 入 検 査 実 施 数 ( 平 成 13 年 度 ~ 平 成 23 年 度 ) しかしながら 今 回 の 火 災 が 発 生 した 建 物 においては 9 年 間 立 入 検 査 が 行 われ ていなかったものであり このことに 対 して 以 下 の 検 証 結 果 を 踏 まえ 立 入 検 査 を 確 実 に 実 施 できる 対 策 を 講 じる 必 要 がある また 今 回 火 災 が 発 生 した 建 物 においては 階 段 部 分 のたて 穴 区 画 がないこと や 耐 火 建 築 物 が 義 務 となる 建 築 物 に 木 造 部 分 が 接 続 されていた 違 法 建 築 物 であ ったことなどが 被 害 を 拡 大 させた 大 きな 要 因 である 消 防 本 部 においては 従 前 から 建 築 基 準 法 等 の 火 災 危 険 の 観 点 も 含 めて 立 入 検 査 を 実 施 しているところであ 16

21 るが 立 入 検 査 標 準 マニュアルにおいては 防 火 安 全 上 特 に 重 要 となる 建 築 基 準 法 への 適 合 状 況 の 検 査 基 準 について 明 記 されていないことから 既 存 不 適 格 の 建 築 物 など 防 火 対 象 物 の 危 険 実 態 に 応 じた 立 入 検 査 を 実 施 できるよう 対 策 を 講 じる 必 要 がある 福 山 地 区 消 防 組 合 における 検 証 結 果 査 察 規 程 に 基 づき 計 画 するという 意 識 が 希 薄 であった 査 察 実 施 計 画 の 作 成 手 順 がルール 化 されていなかった 査 察 実 施 計 画 の 作 成 段 階 において 最 終 査 察 実 施 日 を 考 慮 していなかった ( 第 3 回 福 山 地 区 消 防 組 合 火 災 予 防 査 察 調 査 委 員 会 資 料 より 抜 粋 ) ウ 今 回 の 火 災 を 踏 まえた 対 応 の 考 え 方 (ア) 立 入 検 査 の 確 実 な 実 施 立 入 検 査 の 実 施 状 況 検 証 結 果 を 踏 まえ 立 入 検 査 の 確 実 な 実 施 を 図 るために は 立 入 検 査 実 施 計 画 策 定 時 において 複 数 の 眼 で 確 認 できる 体 制 を 構 築 させる ことが 重 要 である 具 体 的 には 防 火 対 象 物 データベース 等 から その 用 途 規 模 収 容 人 員 等 による 一 般 的 火 災 危 険 性 のほか 過 去 の 立 入 検 査 指 摘 事 項 の 改 修 状 況 や 最 終 査 察 実 施 日 等 を 勘 案 して 判 断 することや 立 入 検 査 実 施 計 画 を 策 定 す る 消 防 署 内 部 等 において ダブルチェック 体 制 が 確 立 されるよう 消 防 本 部 全 体 で 検 討 することにより 火 災 危 険 性 が 高 い 防 火 対 象 物 について 立 入 検 査 実 施 漏 れ がない 体 制 を 構 築 していくことが 必 要 である (イ) 危 険 性 を 踏 まえた 立 入 検 査 の 実 施 立 入 検 査 は すべての 防 火 対 象 物 について 定 期 的 に 実 施 することが 望 ましいも のであるが 火 災 危 険 性 が 異 なる 防 火 対 象 物 を 同 列 にして 機 械 的 画 一 的 に 立 入 検 査 を 実 施 していたのでは 人 命 危 険 の 高 い 危 険 な 対 象 物 を 改 善 させるための 体 制 として 不 十 分 である このため 建 築 構 造 等 3 項 目 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )への 適 合 性 も 考 慮 して 防 火 対 象 物 の 危 険 実 態 を 把 握 していた 適 マーク 制 度 の 観 点 も 加 えて 人 命 危 険 の 高 い 防 火 対 象 物 のふるい 分 けを 行 っていくことが 重 要 である この 際 前 回 の 立 入 検 査 の 状 況 のほか 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 や 消 防 用 設 備 等 点 検 報 告 制 度 などを 活 用 し 人 命 危 険 の 高 い 対 象 物 の 検 査 頻 度 を 上 げてい くことや 建 築 部 局 等 の 関 係 行 政 機 関 と 消 防 部 局 との 間 において 人 命 危 険 の 高 い 建 築 物 の 情 報 に 加 えて たに 把 握 した 危 険 性 の 高 い 業 態 などの 情 報 も 共 有 し 防 火 対 象 物 の 査 察 の 優 先 度 を 整 理 していくことが 必 要 である( 改 正 通 知 について は 資 料 3 参 照 ) 17

22 (4) 違 反 処 理 の 推 進 方 策 について ア 違 反 処 理 に 係 る 制 度 の 概 要 消 防 機 関 は 立 入 検 査 等 により 判 明 した 防 火 対 象 物 の 防 火 管 理 上 の 不 備 や 消 防 用 設 備 等 の 未 設 置 等 について 消 防 長 又 は 消 防 署 長 は 消 防 法 第 8 条 第 8 条 の2 又 は 第 17 条 の4の 規 定 に 基 づき 防 火 管 理 者 の 選 任 消 防 用 設 備 等 又 は 特 殊 消 防 用 設 備 等 の 設 置 等 必 要 な 措 置 を 講 じるべきことを 命 ずることができる また 火 災 予 防 上 危 険 であると 認 める 場 合 には 消 防 法 第 5 条 第 5 条 の2 又 は 第 5 条 の3の 規 定 に 基 づき 当 該 防 火 対 象 物 の 改 修 移 転 危 険 排 除 等 の 必 要 な 措 置 や 使 用 禁 止 制 限 等 を 命 ずることができるとされている これらの 一 連 の 処 理 を 円 滑 に 進 めるため 消 防 庁 では 違 反 の 是 正 を 迅 速 かつ 的 確 に 行 うための 処 理 手 順 処 理 事 項 及 びその 解 説 等 で 構 成 した 違 反 処 理 標 準 マニ ュアル を 作 成 し 消 防 機 関 の 違 反 是 正 に 係 る 規 程 の 整 備 等 に 資 するため 示 してい る この 中 で 違 反 処 理 の 手 順 として 違 反 を 覚 知 した 場 合 違 反 調 査 を 行 い そ の 結 果 に 基 づき 警 告 命 令 等 の 手 続 きに 進 むことを 示 している また 各 消 防 本 部 における 違 反 是 正 を 支 援 するため 平 成 22 年 2 月 から 各 消 防 本 部 等 からの 依 頼 に 基 づき 必 要 な 知 識 又 は 経 験 を 有 する 消 防 職 員 ( 違 反 是 正 支 援 アドバイザー)の 派 遣 を 行 うとともに 違 反 処 理 の 事 例 等 を 掲 載 した 違 反 処 理 データベース を 消 防 機 関 向 けのホームページで 公 開 している( 参 考 資 料 7) イ 違 反 処 理 の 実 施 状 況 平 成 13 年 の 宿 区 歌 舞 伎 町 ビル 火 災 を 契 機 とした 消 防 法 の 一 部 改 正 を 受 け 消 防 機 関 においては 火 災 発 生 時 における 人 命 の 危 険 性 やその 違 反 の 重 大 性 を 踏 まえ 小 規 模 雑 居 ビル 等 の 防 火 対 象 物 に 対 する 違 反 是 正 に 取 り 組 んできたところである ( 命 令 の 件 数 の 推 移 については 表 7 参 照 ) 表 7 命 令 の 件 数 の 推 移 命 令 の 種 類 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 防 火 対 象 物 の 火 災 予 防 措 置 命 令 ( 消 防 法 第 5 条 ) 14 (10) 11 (8) 11 (10) 6 (6) 0 (0) 0 (0) 7 (6) 2 (1) 14 (14) 3 (3) 防 火 対 象 物 の 使 用 禁 止 停 止 制 限 命 令 ( 消 防 法 第 5 条 の2) 18 (16) 3 (1) 7 (7) 5 (5) 7 (5) 8 (8) 5 (5) 11 (11) 6 (6) 8 (7) 0 (0) 吏 員 による 火 災 予 防 消 防 活 動 障 害 除 去 命 令 ( 消 防 法 第 5 条 の3) 56 (56) 365 (365) 299 (299) 320 (320) 265 (265) 304 (304) 224 (224) 239 (239) 211 (210) 92 (90) 防 火 管 理 に 関 する 命 令 ( 消 防 法 第 8 条 及 び 第 8 条 の2) 5 (3) 14 (8) 27 (23) 12 (12) 14 (9) 0 (0) 1 (1) 13 (10) 6 (5) 9 (9) 0 (0) 消 防 用 設 備 等 に 関 する 措 置 命 令 ( 消 防 法 第 17 条 の4) 9 (4) 48 (33) 69 (47) 68 (67) 25 (16) 14 (7) 36 (28) 40 (21) 53 (29) 32 (24) 21 (13) 合 計 32 (23) 135 (108) 479 (450) 395 (393) 372 (356) 287 (280) 346 (338) 295 (272) 306 (280) 274 (264) 116 (106) 表 中 ( ) 内 は 是 正 された 件 数 を 表 す 18

23 しかしながら 福 山 地 区 消 防 組 合 における 以 下 の 検 証 結 果 では 今 回 火 災 が 発 生 した 建 物 に 対 しては 立 入 検 査 結 果 通 知 書 を 繰 り 返 し 交 付 するにとどまり 違 反 処 理 に 移 行 する 取 り 組 みが 行 われておらず これまで 行 政 指 導 が 慣 例 化 されてきたこ とや 改 善 計 画 書 の 提 出 を 求 めるなど 継 続 した 是 正 への 取 組 が 行 われていなかった ことなど 違 反 処 理 の 推 進 に 向 けた 体 制 が 整 っていなかったことが 課 題 となってい る 福 山 地 区 消 防 組 合 における 検 証 結 果 違 反 対 象 物 に 対 しては 立 入 検 査 結 果 通 知 書 を 交 付 することにとどまっていた 違 反 事 項 については 相 手 の 改 善 の 取 組 に 期 待 し 改 善 計 画 書 の 提 出 を 求 めるな ど 継 続 した 是 正 への 取 組 が 行 われていなかった 是 正 指 導 に 従 わない 防 火 対 象 物 の 所 有 者 等 に 対 して 違 反 処 理 が 行 われていなか った ( 第 4 回 福 山 地 区 消 防 組 合 火 災 予 防 査 察 調 査 委 員 会 資 料 より 抜 粋 ) ウ 今 回 の 火 災 を 踏 まえた 対 応 の 考 え 方 (ア) 危 険 性 悪 質 性 に 応 じた 違 反 処 理 今 回 の 火 災 における 違 反 是 正 への 対 応 を 踏 まえ 立 入 検 査 で 見 つかった 違 反 対 象 物 については 特 に 人 命 危 険 の 高 い 対 象 物 を 選 別 する 基 準 を 作 成 し この 基 準 により 対 象 物 をふるい 分 けして 危 険 性 や 悪 質 性 の 高 いものを 徹 底 的 に 改 善 させ ていく 対 応 が 必 要 であり その 中 でも 特 に 人 命 危 険 の 高 い 対 象 物 には 使 用 停 止 命 令 を 含 めた 厳 格 な 措 置 を 実 施 し 命 令 公 示 を 行 っていく 必 要 がある 消 防 機 関 における 違 反 の 是 正 における 危 険 性 悪 質 性 の 基 準 としては 以 下 の とおりの 基 準 とし 違 反 処 理 標 準 マニュアルを 改 正 していくべきである( 改 正 通 知 については 資 料 3 参 照 ) 危 険 性 悪 質 性 に 係 る 基 準 1 火 災 が 発 生 した 場 合 に 初 期 消 火 避 難 等 において 特 に 重 要 である 消 防 用 設 備 等 (スプリンクラー 設 備 屋 内 消 火 栓 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 ) が 設 置 維 持 されていないもの 2 建 築 構 造 等 3 項 目 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )への 適 合 性 のない 対 象 物 における 消 防 法 令 の 継 続 した 同 一 事 項 の 違 反 19

24 (イ) 効 率 的 な 違 反 処 理 事 務 の 実 施 予 防 行 政 においては 違 反 是 正 に 係 る 業 務 の 他 住 民 への 防 火 指 導 等 による 出 火 防 止 のための 対 策 や 火 災 発 生 時 の 人 的 物 的 被 害 の 軽 減 を 図 ることも 重 要 な 要 素 であることから 全 体 の 業 務 バランスを 考 慮 しながら 効 率 的 に 違 反 是 正 を 推 進 していく 必 要 がある このため 違 反 処 理 をさらに 効 果 的 効 率 的 に 推 進 するため 命 令 の 前 段 階 で ある 警 告 を 実 施 する 際 現 在 作 成 に 時 間 を 要 している 実 況 見 分 調 書 の 記 載 方 法 について 写 真 に 補 足 説 明 を 加 えるようにするなど 記 載 内 容 の 簡 略 化 を 図 って いくことが 適 当 であると 考 えられることから これらを 踏 まえ 今 後 違 反 処 理 標 準 マニュアルを 改 正 していくべきである( 改 正 通 知 については 資 料 3 参 照 ) (ウ) 建 築 部 局 と 連 携 した 違 反 処 理 の 推 進 危 険 性 や 悪 質 性 の 高 いものを 徹 底 的 に 改 善 させていくため 立 入 検 査 等 におい て 建 築 基 準 法 の 違 反 を 覚 知 した 場 合 には 建 築 部 局 と 情 報 を 共 有 し 一 層 の 連 携 を 図 っていくことが 必 要 である (エ) 違 反 是 正 体 制 の 整 備 及 び 支 援 今 後 の 違 反 是 正 の 推 進 に 向 けた 課 題 としては 消 防 本 部 における 業 務 執 行 体 制 として 違 反 処 理 を 推 進 する 専 任 職 員 の 配 置 や 毎 日 勤 務 や 交 替 勤 務 など 勤 務 形 態 に 応 じた 違 反 処 理 事 務 の 役 割 分 担 署 の 違 反 処 理 業 務 を 消 防 本 部 が 支 援 する 体 制 の 整 備 が 挙 げられる また 国 の 支 援 体 制 として 消 防 大 学 校 において 現 在 の 予 防 行 政 に 係 る 研 修 に 加 えて 消 防 本 部 の 幹 部 職 員 に 対 する 違 反 是 正 に 関 する 講 義 の 実 施 や 違 反 是 正 に 特 化 した 短 期 間 での 集 中 的 な 研 修 を たに 実 施 していくべきである さらに 現 行 の 違 反 是 正 支 援 アドバイザー 制 度 を 拡 充 し 弁 護 士 による 法 的 相 談 やアドバイスを 得 られる 体 制 の 充 実 についても 検 討 するとともに 違 反 是 正 研 修 会 を 引 き 続 き 全 国 的 に 推 進 し 違 反 是 正 データベースシステムに 違 反 是 正 支 援 アドバイザーの 派 遣 事 例 を 追 加 するなど その 内 容 を 充 実 させていくことも 検 討 していく 必 要 がある( 国 の 支 援 体 制 に 係 る 通 知 等 については 参 考 資 料 8 9 参 照 ) 20

25 (5) 火 災 予 防 上 の 危 険 に 係 る 公 表 制 度 のあり 方 について ア 公 表 制 度 に 関 する 制 度 の 概 要 及 び 現 状 ( 参 考 資 料 10) (ア) 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 及 び 自 主 点 検 報 告 表 示 制 度 現 在 消 防 法 令 に 適 合 していることを 示 す 表 示 として 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 及 び 自 主 点 検 報 告 表 示 制 度 に 基 づく 表 示 ( 参 考 資 料 11)が 導 入 されている 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 については 平 成 13 年 の 宿 区 歌 舞 伎 町 ビル 火 災 を 受 け 一 定 規 模 以 上 の 特 定 防 火 対 象 物 に 対 して 有 資 格 者 による 点 検 を 義 務 付 け 点 検 基 準 に 適 合 している 場 合 また3 年 間 継 続 して 点 検 を 受 け その 間 の 法 令 の 遵 守 の 状 況 等 が 優 良 な 場 合 関 係 者 が 自 ら 防 火 対 象 物 に 表 示 することがで きる 制 度 である また 自 主 点 検 報 告 表 示 制 度 については 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 に 該 当 しない 比 較 的 小 規 模 な 建 築 物 を 対 象 としており 点 検 基 準 に 定 められた 項 目 に 適 している 場 合 消 防 機 関 に 報 告 し 関 係 者 が 自 ら 防 火 対 象 物 に 表 示 することがで きるものである 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 は その 点 検 項 目 が 消 防 法 令 に 係 るもののみであ り 建 築 物 の 安 全 の 前 提 となる 建 築 構 造 等 の 適 合 性 を 踏 まえた 火 災 予 防 上 の 危 険 性 について 利 用 者 に 周 知 する 制 度 とはなっておらず また 当 該 制 度 の 対 象 も 収 容 人 員 300 人 以 上 の 建 築 物 と 屋 内 の 階 段 が1つで 地 階 又 は3 階 に 特 定 用 途 がある 建 築 物 に 限 定 されている また 自 主 点 検 報 告 表 示 制 度 においても 建 築 構 造 等 の 適 合 性 を 踏 まえた 火 災 予 防 上 の 危 険 性 について 利 用 者 に 周 知 する 制 度 となっていない 状 況 にある (イ) 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 一 方 違 反 対 象 物 に 係 る 公 表 については 平 成 13 年 の 宿 区 歌 舞 伎 町 ビル 火 災 を 踏 まえた 消 防 法 改 正 により 防 火 対 象 物 について 火 災 予 防 上 の 危 険 があるこ とや 消 防 法 令 違 反 を 踏 まえて 消 防 機 関 が 命 令 を 行 った 際 の 公 示 が 義 務 付 けされている 公 示 については 建 物 への 標 識 の 設 置 及 び 市 町 村 公 報 への 掲 載 のほか 市 町 村 が 定 める 方 法 により 行 うこととなっている なお 東 京 消 防 庁 においては 火 災 予 防 条 例 に 基 づき 特 定 の 違 反 を 関 係 者 に 通 知 してから 一 定 期 間 経 過 後 においても 同 一 の 違 反 が 認 められる 場 合 は 違 反 の 内 容 をホームページや 管 轄 消 防 署 の 窓 口 において 防 火 対 象 物 の 利 用 者 自 らが 安 全 情 報 を 閲 覧 できる 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 を 制 定 している( 参 考 資 料 12) 21

26 イ 今 回 の 火 災 を 踏 まえた 対 応 の 考 え 方 (ア) 適 マーク 制 度 の 再 評 価 ホテル 旅 館 等 は 不 特 定 多 数 の 者 が 利 用 する 就 寝 施 設 であり またその 利 用 者 は その 地 域 の 住 民 に 限 らず 全 国 から 集 まるため 建 築 物 の 防 火 安 全 に 関 する 情 報 を 有 していないことがほとんどである こうしたホテル 旅 館 等 の 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 建 築 物 の 火 災 による 惨 事 を 防 止 するためには 建 築 物 の 関 係 者 自 らが 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 対 応 すると ともに 必 要 な 場 合 には 消 防 機 関 が 消 防 法 令 違 反 に 対 して 厳 格 に 違 反 是 正 を 図 る ことが 前 提 であるが 住 民 に 対 して 建 築 物 の 防 火 管 理 消 防 用 設 備 等 の 設 置 状 況 とともに 重 要 な 建 築 基 準 への 適 合 性 の 情 報 を 提 供 し 利 用 者 の 選 択 を 通 じて 防 火 安 全 体 制 の 確 立 を 促 すことも 必 要 である こうした 必 要 性 から 平 成 15 年 まで 実 施 していた 適 マーク 制 度 の 仕 組 みを 再 評 価 し たな 制 度 として 構 築 することも 一 つの 方 策 となり 得 るものと 考 えられる 適 マーク 制 度 については 火 災 危 険 性 の 評 価 や 公 表 等 の 仕 組 みが 的 確 に 整 理 されており 広 く 国 民 関 係 業 界 にも 浸 透 していた 制 度 であったが 歌 舞 伎 町 ビル 火 災 を 踏 まえた 消 防 法 改 正 により 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 が 導 入 さ れたことを 契 機 に 廃 止 されたものである また 適 マーク 制 度 は 申 請 主 義 ではなく 該 当 する 対 象 を 全 て 検 査 対 象 としていたことから 立 入 検 査 等 の 業 務 に 多 大 な 消 防 職 員 の 体 制 を 必 要 としていたとの 指 摘 がある なお 東 京 消 防 庁 では 適 マーク 制 度 の 廃 止 後 総 合 的 な 防 火 安 全 性 の 認 定 に 関 するホテル 業 界 等 からの 要 望 もあり 申 請 に 基 づき 消 防 法 令 に 加 えて 建 築 基 準 への 適 合 性 も 確 認 する 優 良 防 火 対 象 物 認 定 表 示 制 度 ( 優 マーク 制 度 ) を 発 足 している( 参 考 資 料 11) 今 後 たな 表 示 制 度 を 整 備 する 場 合 は 消 防 の 検 査 等 の 負 担 を 軽 減 すること が 必 要 である (イ) たな 表 示 制 度 の 検 討 総 合 的 に 考 慮 すると 消 防 法 令 に 加 えて 重 要 な 建 築 基 準 への 適 合 性 も 確 認 して いた 適 マーク 制 度 の 点 検 項 目 を 基 本 として 事 業 者 の 申 請 に 基 づき 消 防 機 関 が 認 定 する 制 度 を 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 等 の 活 用 や 建 築 部 局 との 情 報 共 有 により 消 防 の 検 査 等 の 負 担 の 軽 減 を 図 り 整 備 することが 必 要 である( 資 料 5) また ホテル 旅 館 等 の 利 用 者 は その 地 域 の 住 民 に 限 らず 全 国 から 集 ま ることから 統 一 的 な 運 用 が 望 ましいものであり 国 民 の 理 解 の 促 進 のためにも 現 在 の 各 種 制 度 ( 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 の 22

27 特 例 認 定 自 主 点 検 報 告 表 示 制 度 )や 表 示 (マーク)について 混 乱 を 生 じない よう 整 理 するとともに 運 用 にあたっては たな 表 示 制 度 の 対 象 とならない 小 規 模 施 設 にも 配 慮 していくことが 望 まれる さらに インターネット 等 による 宿 泊 予 約 が 多 く 利 用 されてきているため インターネット 時 代 に 対 応 した 公 表 の 方 法 についても 検 討 する 必 要 がある なお 検 討 にあたっては 実 効 性 のある 制 度 を 構 築 するため パブリックコメ ントの 実 施 により 広 く 国 民 からの 意 見 を 聞 き 制 度 に 反 映 させることが 重 要 で ある (ウ) 違 反 対 象 物 の 公 表 方 法 の 検 討 ( 資 料 4) 現 行 の 規 定 により 消 防 本 部 が 命 令 を 行 った 場 合 の 公 示 は 違 反 対 象 物 への 命 令 内 容 の 掲 示 及 び 市 町 村 公 報 への 掲 載 のみが 義 務 づけられ その 他 の 方 法 について は 市 町 村 長 が 定 めることとなっているが 広 く 全 国 の 利 用 者 等 へ 情 報 提 供 すると いう 観 点 からインターネットを 用 いた 情 報 提 供 を 行 うことについても 検 討 すべ きである その 際 には より 多 くの 情 報 を 提 供 し 国 民 の 安 全 安 心 を 確 保 するためにも ホテル 旅 館 に 限 らず 他 の 用 途 についても 公 表 することが 適 当 である また 現 在 消 防 機 関 が 命 令 を 行 う 場 合 の 事 務 量 が 膨 大 かつ 煩 雑 になっ ていること 等 から 違 反 対 象 物 の 数 に 対 し 命 令 の 発 動 件 数 があまり 多 くなって いないため 現 行 の 是 正 命 令 に 係 る 各 種 の 事 務 手 続 きを 軽 減 するなどの 方 策 を 講 ずることが 必 要 である 更 に (イ)に 示 すように 法 令 に 適 合 している 対 象 物 を 認 定 する たな 表 示 制 度 と 併 せて 違 反 対 象 物 の 公 表 も 行 うことが 利 用 者 の 立 場 から 非 常 に 効 果 的 で あると 考 えられる 違 反 対 象 物 の 公 表 については 平 成 22 年 度 に 予 防 行 政 のあり 方 に 関 する 検 討 会 において 審 議 され 実 務 面 で 消 防 機 関 に 相 当 の 負 担 が 生 じること 等 の 問 題 が あることから 法 令 で 全 国 一 律 制 度 を 創 設 し 地 方 公 共 団 体 に 義 務 付 けるのではな く まずは 各 市 町 村 による 自 主 的 な 取 組 を 促 していくべき とされたところで あるが 現 時 点 で 取 組 を 行 っているのは 平 成 23 年 4 月 から 是 正 命 令 前 の 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 の 運 用 を 行 っている 東 京 消 防 庁 のみである このような 状 況 から 東 京 消 防 庁 での 実 施 例 を 参 考 にしながら 他 の 消 防 機 関 で 同 様 の 制 度 を 実 施 する 場 合 の 問 題 点 等 を 整 理 すること 等 により それらを 各 消 防 本 部 へ 情 報 提 供 を 行 い 自 主 的 な 取 り 組 みについて 一 層 推 進 を 図 っていくこと が 適 当 である 23

28 5 さらなる 検 討 事 項 等 について 火 災 危 険 性 の 高 い 違 反 対 象 物 を 徹 底 的 に 改 善 させていくため 各 消 防 本 部 における 業 務 執 行 体 制 の 充 実 を 図 る 必 要 があり 違 反 処 理 を 推 進 する 専 任 職 員 の 配 置 や 毎 日 勤 務 や 交 替 勤 務 など 勤 務 形 態 に 応 じた 違 反 処 理 事 務 の 役 割 分 担 署 の 違 反 処 理 業 務 を 消 防 本 部 が 支 援 する 体 制 の 整 備 を 挙 げたところである これに 際 して 小 規 模 な 消 防 本 部 では 予 防 査 察 業 務 の 専 任 の 担 当 職 員 の 確 保 が 困 難 であることや 担 当 職 員 の 専 門 知 識 の 習 得 に 苦 慮 している 等 予 防 業 務 担 当 者 の 育 成 が 課 題 となっている 状 況 も 見 受 けられる このため 小 規 模 な 消 防 本 部 における 予 防 業 務 担 当 者 の 育 成 や 教 育 資 質 向 上 に 係 る 支 援 等 についての 検 討 が 必 要 である 6 今 後 の 検 討 体 制 これまでの 検 討 については 予 防 行 政 のあり 方 に 関 する 検 討 会 の 下 に 検 討 部 会 を 設 けて ホテル 旅 館 等 における 防 火 管 理 を 中 心 に 検 討 を 行 ってきたところであり 本 報 告 により 今 後 の 基 本 的 な 方 向 を 明 らかにしたことから 検 討 部 会 は 初 期 の 目 的 を 達 したものと 考 える 今 後 は たなに 実 施 する 制 度 の 効 果 や 問 題 点 等 について 実 績 等 を 踏 まえて 分 析 を 行 い 国 民 に 安 全 安 心 の 確 保 に 向 けて より 実 効 性 のある 制 度 構 築 を 図 っていくべき である さらには 中 長 期 的 な 課 題 として ホテル 旅 館 等 に 対 して 導 入 される たな 表 示 制 度 他 の 用 途 への 拡 大 も 含 めた 防 火 対 象 物 全 体 の 公 表 制 度 のあり 方 や 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 における 課 題 等 についても 検 討 することが 必 要 である 24

29 調 査 結 果 概 要 調 査 全 数 797 対 象 何 らかの 消 防 法 令 違 反 があるもの 549 対 象 68.9% 重 大 な 違 反 があるもの 47 対 象 5.9% 規 模 別 施 設 数 延 べ 面 積 300m2 未 満 300m2 以 上 500m2 未 満 500m2 以 上 700m2 未 満 700m2 以 上 1,400m2 未 満 1,400m2 以 上 2,100m2 未 満 2,100m2 以 上 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 結 果 項 目 別 割 合 1.3% 8.7% 17.4% 33.8% 14.3% 24.6% 平 成 24 年 8 月 15 日 報 告 調 査 については 棟 単 位 で 実 施 したもの 重 大 な 違 反 とは スプリンクラー 設 備 屋 内 消 火 栓 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 のいずれかの 設 備 が その 設 備 の 設 置 義 務 部 分 の 床 面 積 の 過 半 にわたり 設 置 されていないものをいう 施 設 数 消 防 法 令 違 反 の 状 況 調 査 項 目 消 火 器 具 屋 内 消 火 栓 設 備 消 スプリンクラー 設 備 防 自 動 火 災 報 知 設 備 用 設 備 非 常 警 報 設 備 ( 器 具 ) 等 避 難 器 具 誘 導 灯 その 他 の 消 防 用 設 備 等 防 防 火 管 理 者 火 消 防 計 画 管 理 消 防 訓 練 防 炎 規 制 消 防 用 設 備 等 点 検 結 果 報 告 防 火 対 象 物 点 検 結 果 報 告 避 難 上 必 要 な 施 設 等 の 管 理 その 他 の 消 防 法 令 違 反 消 防 機 関 へ 通 報 する 火 災 報 知 設 備 消 防 法 令 違 反 の 主 な 内 容 設 備 の 種 類 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 自 動 火 災 報 知 設 備 違 反 処 理 等 の 状 況 義 務 違 反 違 反 率 施 設 数 施 設 数 警 告 書 の 命 令 書 の 行 政 指 導 交 付 交 付 % % % % % % % % % % % % % % % % % 義 務 違 反 施 設 数 施 設 数 重 大 な 重 大 な 違 反 違 反 以 外 重 大 な 違 反 以 外 の 主 な 内 容 ホースの 耐 圧 試 験 未 実 施 一 部 散 水 障 害 一 部 未 警 戒 感 知 器 の 一 部 未 警 戒 25

30 都 道 府 県 施 設 数 義 務 施 設 数 ホテル 旅 館 等 に 係 る 緊 急 調 査 結 果 都 道 府 県 別 屋 内 消 火 栓 設 備 違 反 施 設 数 違 反 率 スプリンクラー 設 備 自 動 火 災 報 知 設 備 消 防 訓 練 の 実 施 消 防 用 設 備 等 点 検 結 果 報 告 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 北 海 道 % % % % % 青 森 県 % % % % % 岩 手 県 % % % % % 宮 城 県 % % % % % 秋 田 県 % % % % % 山 形 県 % % % % % 福 島 県 % % % % % 茨 城 県 % % % % % 栃 木 県 % % % % % 群 馬 県 % % % % % 埼 玉 県 % % % % % 千 葉 県 % % % % % 東 京 都 % % % % % 神 奈 川 県 % % % % % 潟 県 % % % % % 富 山 県 % % % % % 石 川 県 % % % % % 福 井 県 % % % % % 山 梨 県 % % % % % 長 野 県 % % % % % 岐 阜 県 % % % % % 静 岡 県 % % % % % 愛 知 県 % % % % % 三 重 県 % % % % % 滋 賀 県 % % % % % 京 都 府 % % % % % 大 阪 府 % % % % % 兵 庫 県 % % % % % 奈 良 県 % % % % % 和 歌 山 県 % % % % % 鳥 取 県 % % % % % 島 根 県 % % % % % 岡 山 県 % % % % % 広 島 県 % % % % % 山 口 県 % % % % % 徳 島 県 % % % % % 香 川 県 % % % % % 愛 媛 県 % % % % % 高 知 県 % % % % % 福 岡 県 % % % % % 佐 賀 県 % % % % % 長 崎 県 % % % % % 熊 本 県 % % % % % 大 分 県 % % % % % 宮 崎 県 % % % % % 鹿 児 島 県 % % % % % 沖 縄 県 % % % % % 合 計 % % % % % 違 反 率 26

31 調 査 結 果 概 要 調 査 全 数 ホテル 旅 館 等 に 係 るフォローアップ 調 査 結 果 項 目 別 703 対 象 何 らかの 消 防 法 令 違 反 があるもの 361 対 象 51.4% 重 大 な 違 反 があるもの 35 対 象 5.0% 規 模 別 施 設 数 延 べ 面 積 300m2 未 満 300m2 以 上 500m2 未 満 500m2 以 上 700m2 未 満 700m2 以 上 1,400m2 未 満 1,400m2 以 上 2,100m2 未 満 2,100m2 以 上 施 設 数 割 合 1.4% 9.0% 17.6% 34.0% 13.7% 24.3% 資 料 2 平 成 25 年 2 月 15 日 報 告 調 査 対 象 施 設 数 は 棟 単 位 とし 平 成 24 年 8 月 15 日 以 降 に 廃 止 された 施 設 等 は 除 く 重 大 な 違 反 とは スプリンクラー 設 備 屋 内 消 火 栓 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 のいずれかの 設 備 が その 設 備 の 設 置 義 務 部 分 の 床 面 積 の 過 半 にわたり 設 置 されていないものをいう 消 防 法 令 違 反 の 状 況 調 査 項 目 消 火 器 具 屋 内 消 火 栓 設 備 消 スプリンクラー 設 備 防 自 動 火 災 報 知 設 備 用 設 備 非 常 警 報 設 備 ( 器 具 ) 等 避 難 器 具 誘 導 灯 その 他 の 消 防 用 設 備 等 防 防 火 管 理 者 火 消 防 計 画 管 理 消 防 訓 練 防 炎 規 制 消 防 用 設 備 等 点 検 結 果 報 告 防 火 対 象 物 点 検 結 果 報 告 避 難 上 必 要 な 施 設 等 の 管 理 その 他 の 消 防 法 令 違 反 消 防 機 関 へ 通 報 する 火 災 報 知 設 備 違 反 処 理 等 の 状 況 義 務 違 反 違 反 率 施 設 数 施 設 数 警 告 書 の 命 令 書 の 行 政 指 導 交 付 交 付 % % % % % % % % % % % % % % % % % 消 防 法 令 違 反 の 主 な 内 容 設 備 の 種 類 屋 内 消 火 栓 設 備 スプリンクラー 設 備 自 動 火 災 報 知 設 備 違 反 施 設 数 重 大 な 違 反 義 務 施 設 数 重 大 な 違 反 以 外 重 大 な 違 反 以 外 の 主 な 内 容 ホースの 耐 圧 試 験 未 実 施 一 部 散 水 障 害 一 部 未 警 戒 感 知 器 の 一 部 未 警 戒 27

32 都 道 府 県 施 設 数 ホテル 旅 館 等 に 係 るフォローアップ 調 査 結 果 都 道 府 県 別 義 務 施 設 数 屋 内 消 火 栓 設 備 違 反 施 設 数 違 反 率 スプリンクラー 設 備 自 動 火 災 報 知 設 備 消 防 訓 練 の 実 施 消 防 用 設 備 等 点 検 結 果 報 告 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 違 反 率 義 務 施 設 数 違 反 施 設 数 北 海 道 % % % % % 青 森 県 % % % % % 岩 手 県 % % % % % 宮 城 県 % % % % % 秋 田 県 % % % % % 山 形 県 % % % % % 福 島 県 % % % % % 茨 城 県 % % % % % 栃 木 県 % % % % % 群 馬 県 % % % % % 埼 玉 県 % % % % % 千 葉 県 % % % % % 東 京 都 % % % % % 神 奈 川 県 % % % % % 潟 県 % % % % % 富 山 県 % % % % % 石 川 県 % % % % % 福 井 県 % % % % % 山 梨 県 % % % % % 長 野 県 % % % % % 岐 阜 県 % % % % % 静 岡 県 % % % % % 愛 知 県 % % % % % 三 重 県 % % % % % 滋 賀 県 % % % % % 京 都 府 % % % % % 大 阪 府 % % % % % 兵 庫 県 % % % % % 奈 良 県 % % % % % 和 歌 山 県 % % % % % 鳥 取 県 % % % % % 島 根 県 % % % % % 岡 山 県 % % % % % 広 島 県 % % % % % 山 口 県 % % % % % 徳 島 県 % % % % % 香 川 県 % % % % % 愛 媛 県 % % % % % 高 知 県 % % % % % 福 岡 県 % % % % % 佐 賀 県 % % % % % 長 崎 県 % % % % % 熊 本 県 % % % % % 大 分 県 % % % % % 宮 崎 県 % % % % % 鹿 児 島 県 % % % % % 沖 縄 県 % % % % % 合 計 % % % % % 違 反 率 28

33 消 防 予 第 119 号 平 成 25 年 3 月 26 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 ( 公 印 省 略 ) 立 入 検 査 標 準 マニュアル 及 び 違 反 処 理 標 準 マニュアル の 一 部 改 正 について 平 成 24 年 5 月 13 日 に 発 生 した 福 山 市 のホテル 火 災 を 受 けて ホテル 火 災 対 策 検 討 部 会 において 行 われた 検 討 結 果 を 踏 まえ 立 入 検 査 マニュアル 及 び 違 反 処 理 マニュアル の 送 付 について ( 平 成 14 年 8 月 30 日 付 け 消 防 安 第 39 号 )に ついて その 一 部 を 下 記 のとおり 改 正 することとしましたので 通 知 します つきましては 改 正 内 容 に 留 意 の 上 危 険 性 悪 質 性 の 高 い 防 火 対 象 物 等 に 対 する 立 入 検 査 及 び 違 反 是 正 について より 一 層 の 推 進 を 図 られますようお 願 いします また 危 険 性 悪 質 性 に 応 じた 立 入 検 査 及 び 違 反 是 正 を 実 施 するためには 現 行 の 消 防 機 関 が 有 している 情 報 を 活 用 することに 加 え 防 火 安 全 上 特 に 重 要 な 建 築 基 準 法 令 への 適 合 状 況 について 考 慮 することが 必 要 であることから 建 築 関 係 機 関 とのさら なる 連 携 強 化 を 図 られますようお 願 いします 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 におかれましては 貴 管 内 市 町 村 ( 消 防 の 事 務 を 処 理 する 一 部 事 務 組 合 及 び 広 域 連 合 を 含 む )に 対 してもこの 旨 周 知 されるようお 願 いし ます なお 本 通 知 は 消 防 組 織 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 226 号 ) 第 37 条 の 規 定 に 基 づ く 助 言 として 発 出 するものであることを 申 し 添 えます 記 1 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 改 正 概 要 ⑴ 立 入 検 査 の 確 実 な 実 施 火 災 危 険 性 が 高 い 防 火 対 象 物 に 対 して 次 の 事 項 等 を 勘 案 し 立 入 検 査 実 施 漏 れがない 体 制 を 構 築 する 旨 を 追 加 用 途 規 模 収 容 人 員 等 による 一 般 的 火 災 危 険 性 過 去 の 立 入 検 査 指 摘 事 項 の 改 修 状 況 や 最 終 査 察 実 施 日 立 入 検 査 計 画 策 定 段 階 における 消 防 署 内 部 等 でのダブルチェック 体 制 など ⑵ 危 険 性 を 踏 まえた 立 入 検 査 の 実 施 次 の 情 報 を 活 用 し 人 命 危 険 の 高 い 対 象 物 の 検 査 頻 度 を 上 げていくことや 立 入 検 査 実 施 計 画 策 定 時 立 入 検 査 の 優 先 度 を 整 理 することが 必 要 である 旨 を 追 加 29

34 前 回 の 立 入 検 査 の 状 況 防 火 対 象 物 定 期 点 検 報 告 制 度 や 消 防 用 設 備 等 点 検 報 告 制 度 建 築 基 準 法 令 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )の 適 合 状 況 など 2 違 反 処 理 標 準 マニュアルの 改 正 概 要 ⑴ 危 険 性 悪 質 性 に 応 じた 違 反 処 理 の 実 施 危 険 性 や 悪 質 性 の 高 い 対 象 物 の 中 で 特 に 人 命 危 険 の 高 い 対 象 物 には 違 反 を 徹 底 的 に 改 善 させていく 対 応 が 必 要 であることから 使 用 停 止 命 令 を 含 めた 厳 格 な 措 置 を 実 施 し 命 令 公 示 を 行 っていく 必 要 がある 旨 を 追 加 危 険 性 や 悪 質 性 の 判 断 基 準 については 以 下 の 事 項 を 勘 案 することを 追 加 初 期 消 火 避 難 等 において 特 に 重 要 である 消 防 用 設 備 等 ( 屋 内 消 火 栓 設 備 ス プリンクラー 設 備 又 は 自 動 火 災 報 知 設 備 )が 設 置 維 持 されていないもの 建 築 構 造 等 3 項 目 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )への 適 合 性 のない 対 象 物 にお ける 消 防 法 令 の 継 続 した 同 一 事 項 の 違 反 ⑵ 効 率 的 な 違 反 処 理 事 務 の 実 施 違 反 処 理 の 推 進 のため 現 在 作 成 に 時 間 を 要 している 実 況 見 分 調 書 の 記 載 方 法 について 行 政 指 導 である 警 告 を 行 う 場 合 命 令 処 分 を 早 急 に 行 う 場 合 など 違 反 処 理 区 分 及 び 違 反 事 実 の 実 態 に 応 じて 作 成 する 旨 を 追 加 ⑶ その 他 違 反 処 理 手 続 の 書 類 の 作 成 に 係 る 記 述 部 分 を 第 1 違 反 処 理 要 領 の 解 説 等 から 第 4 違 反 処 理 関 係 書 式 の 記 入 要 領 等 へ 集 約 し 各 種 書 式 作 成 例 を 記 入 要 領 に 合 わせて 組 み 替 えたこと 3 対 照 表 ⑴ 立 入 検 査 標 準 マニュアル 別 添 1のとおり ⑵ 違 反 処 理 標 準 マニュアル 別 添 2のとおり 4 その 他 ⑴ 平 成 24 年 6 月 に 公 布 された 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 38 号 )に 係 る 改 正 については 別 途 実 施 する 予 定 であること ⑵ 本 改 正 を 反 映 させたマニュアル 全 文 については 違 反 処 理 データベース 及 び 違 反 是 正 支 援 センターのホームページにおいて 後 日 掲 載 する 予 定 であること 連 絡 先 消 防 庁 予 防 課 齋 藤 緒 方 電 話 : FAX:

35 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) 立 入 検 査 手 順 一 覧 立 入 検 査 手 順 一 覧 事 前 の 準 備 事 前 の 準 備 事 前 の 通 知 事 前 の 通 告 防 火 対 象 物 への 立 入 防 火 対 象 物 への 立 入 検 査 の 実 施 検 査 の 実 施 検 査 終 了 検 査 終 了 あり 不 備 事 項 の 有 無 なし あり 不 備 事 項 の 有 無 なし 火 災 発 生 危 険 等 緊 急 性 の 有 無 指 導 記 録 簿 の 作 成 火 災 発 生 危 険 等 緊 急 性 の 有 無 指 導 記 録 簿 の 作 成 あり なし あり なし 資 料 提 出 命 令 報 告 徴 収 資 料 提 出 命 令 報 告 徴 収 違 反 処 理 検 査 結 果 の 通 知 立 入 検 査 完 了 違 反 処 理 検 査 結 果 の 通 知 立 入 検 査 完 了 改 修 ( 計 画 ) 報 告 の 指 導 改 修 ( 計 画 ) 報 告 の 指 導 指 導 記 録 簿 の 作 成 指 導 記 録 簿 の 作 成 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) 第 1 立 入 検 査 要 領 1 事 前 の 準 備 解 説 等 重 点 的 効 率 効 果 的 な 立 入 検 査 管 内 の 防 火 対 象 物 の 火 災 危 険 性 や 防 火 の 取 組 状 況 に 鑑 み 法 令 遵 守 の 状 況 が 優 良 でない 防 火 対 象 物 や 万 が 一 火 災 が 発 生 した 場 合 の 火 災 危 険 性 が 高 いと 考 えられる 防 火 対 象 物 等 火 災 予 防 上 の 対 応 の 必 要 性 が 高 い 防 火 対 象 物 を 重 点 的 に 立 入 検 査 することが 実 施 体 制 実 施 対 象 及 び 頻 度 検 査 方 法 検 査 項 目 等 の 立 入 検 査 の 実 施 方 針 を 規 程 等 により 明 確 化 し 実 施 計 画 を 策 定 して 効 率 効 果 的 な 立 入 検 査 を 実 施 する また 関 係 行 政 機 関 からの 提 供 情 報 過 去 の 指 導 状 況 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 連 携 体 制 を 整 備 した 関 係 行 政 機 関 と の 合 同 立 入 検 査 を 実 施 する( 風 俗 営 業 の 用 途 に 供 される 営 業 所 を 含 む 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 における 風 俗 営 業 行 政 との 連 携 について ( 平 成 13 年 11 月 12 日 消 防 予 第 393 号 ) を 参 考 とする ) 第 1 立 入 検 査 要 領 1 事 前 の 準 備 解 説 等 重 点 的 効 率 効 果 的 な 立 入 検 査 管 内 の 防 火 対 象 物 の 実 情 に 応 じて 法 令 遵 守 の 状 況 が 優 良 でない 防 火 対 象 物 や 万 が 一 火 災 が 発 生 した 場 合 の 火 災 危 険 性 が 高 いと 考 えられる 防 火 対 象 物 等 火 災 予 防 上 の 対 応 の 必 要 性 が 高 い 防 火 対 象 物 を 重 点 的 に 立 入 検 査 することが 実 施 体 制 実 施 対 象 及 び 頻 度 検 査 方 法 検 査 項 目 等 の 立 入 検 査 の 実 施 方 針 を 規 程 等 により 明 確 化 し 実 施 計 画 を 策 定 して 効 率 効 果 的 な 立 入 検 査 を 実 施 する また 関 係 行 政 機 関 からの 提 供 情 報 過 去 の 指 導 状 況 等 を 踏 まえ 必 要 に 応 じて 連 携 体 制 を 整 備 した 関 係 行 政 機 関 と の 合 同 立 入 検 査 を 実 施 する( 風 俗 営 業 の 用 途 に 供 される 営 業 所 を 含 む 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 における 風 俗 営 業 行 政 との 連 携 について ( 平 成 13 年 11 月 12 日 消 防 予 第 393 号 ) を 参 考 とする ) ( 立 入 検 査 実 施 計 画 の 策 定 ) 立 入 検 査 は 火 災 予 防 のため すべての 防 火 対 象 物 につ いて 長 期 間 立 入 検 査 が 未 実 施 とならないように 定 期 的 に 実 施 することが 必 要 である しかし 消 防 本 部 における 組 織 人 員 予 算 等 と 増 大 する 消 防 行 政 需 要 を 勘 案 すると そのように 立 入 検 査 を 定 期 的 に 実 施 することが 困 難 な 場 合 がある また 特 定 用 途 とそれ 以 外 の 用 途 法 令 の 遵 守 が 適 正 で ある 対 象 物 とそうでない 対 象 物 など それぞれ 危 険 性 が 異 なる 防 火 対 象 物 について 画 一 的 に 立 入 検 査 を 実 施 するこ とは 非 効 率 的 である ( 立 入 検 査 実 施 計 画 の 策 定 ) 立 入 検 査 は 火 災 予 防 のため すべての 防 火 対 象 物 につ いて 長 期 間 立 入 検 査 が 未 実 施 とならないように 定 期 的 に 実 施 することが 必 要 である しかし 消 防 本 部 における 組 織 人 員 予 算 等 と 増 大 する 消 防 行 政 需 要 を 勘 案 すると そのように 立 入 検 査 を 定 期 的 に 実 施 することが 困 難 な 場 合 がある また 特 定 用 途 とそれ 以 外 の 用 途 法 令 の 遵 守 が 適 正 で ある 対 象 物 とそうでない 対 象 物 など それぞれ 危 険 性 が 異 なる 防 火 対 象 物 について 画 一 的 に 立 入 検 査 を 実 施 するこ とは 非 効 率 的 である 31

36 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) このため 各 消 防 本 部 消 防 署 においては 管 内 の 防 火 対 象 物 についてその 危 険 実 態 に 応 じて 立 入 検 査 の 必 要 性 を 検 討 し 効 率 的 に 立 入 検 査 を 実 施 していくことが 必 要 であ る 立 入 検 査 の 必 要 性 の 検 討 にあたっては その 用 途 規 模 収 容 人 員 等 による 一 般 的 火 災 危 険 性 のほか 以 下 に 掲 げる 事 項 を 考 慮 することが 重 要 である 過 去 の 立 入 検 査 指 摘 事 項 の 改 修 状 況 や 点 検 結 果 報 告 等 の 自 主 管 理 の 実 施 状 況 火 災 が 発 生 した 場 合 の 人 命 危 険 や 社 会 的 影 響 の 度 合 い 気 候 風 土 等 による 予 防 行 政 需 要 の 地 域 特 性 建 築 基 準 法 令 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )の 適 合 状 況 その 他 火 災 予 防 上 の 必 要 性 等 これらにより 立 入 検 査 の 優 先 順 位 を 決 定 し その 検 査 方 法 や 実 施 者 等 を 定 めるなど 消 防 組 織 法 第 6 条 ( 市 町 村 の 消 防 責 任 )を 踏 まえて 消 防 本 部 の 管 内 特 性 に 応 じた 立 入 検 査 実 施 計 画 を 年 度 等 の 単 位 で 策 定 することが 必 要 である このためには 査 察 台 帳 防 火 対 象 物 データベース 等 に おいて 管 内 の 防 火 対 象 物 について 網 羅 的 にその 概 要 や 自 主 管 理 の 状 況 違 反 の 有 無 等 の 過 去 の 立 入 検 査 の 実 施 状 況 及 びその 結 果 等 を 把 握 し 危 険 性 の 高 い 防 火 対 象 物 が 長 期 間 立 入 検 査 未 実 施 とならないよう 複 数 の 視 点 から 確 認 する チェック 体 制 を 構 築 することが 必 要 である また 各 消 防 本 部 においては 策 定 された 立 入 検 査 実 施 計 画 について 月 間 四 半 期 等 の 期 間 でその 進 捗 状 況 を 常 に 把 握 等 して 着 実 に 業 務 管 理 を 行 っていくことが 必 要 であ る さらに 消 防 法 令 に 定 めるもののほか 防 火 安 全 上 特 に このため 各 消 防 本 部 消 防 署 においては 管 内 の 防 火 対 象 物 についてその 危 険 実 態 に 応 じて 立 入 検 査 の 必 要 性 を 検 討 し 効 率 的 に 立 入 検 査 を 実 施 していくことが 必 要 であ る 立 入 検 査 の 必 要 性 の 検 討 にあたっては その 用 途 規 模 収 容 人 員 等 による 一 般 的 火 災 危 険 性 のほか 過 去 の 立 入 検 査 指 摘 事 項 の 改 修 状 況 や 点 検 結 果 報 告 等 の 自 主 管 理 の 実 施 状 況 火 災 が 発 生 した 場 合 の 人 命 危 険 や 社 会 的 影 響 の 度 合 い 気 候 風 土 等 による 予 防 行 政 需 要 の 地 域 特 性 その 他 の 火 災 予 防 上 の 必 要 性 等 を 考 慮 することが 重 要 であり こ れを 立 入 検 査 の 優 先 順 位 に 従 って 区 分 すると ともに その 検 査 方 法 や 実 施 者 等 を 定 める 等 により 消 防 組 織 法 第 6 条 ( 市 町 村 の 消 防 責 任 )を 踏 まえて 消 防 本 部 の 管 内 特 性 に 応 じた 立 入 検 査 実 施 計 画 を 年 度 等 の 単 位 で 策 定 することが 必 要 である このためには 査 察 台 帳 等 に おいて 管 内 の 防 火 対 象 物 について 網 羅 的 にその 概 要 や 自 主 管 理 の 状 況 違 反 の 有 無 等 の 過 去 の 立 入 検 査 の 実 施 状 況 及 びその 結 果 等 を 把 握 し 危 険 性 の 高 い 防 火 対 象 物 が 長 期 間 立 入 検 査 未 実 施 となることを 防 止 できる 体 制 作 り が 必 要 である また 各 消 防 本 部 においては 策 定 された 立 入 検 査 実 施 計 画 について 月 間 四 半 期 等 の 期 間 でその 進 捗 状 況 を 常 に 把 握 等 して 着 実 に 業 務 管 理 を 行 っていくことが 必 要 であ る 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) 重 要 である 建 築 基 準 法 令 ( 建 築 構 造 防 火 区 画 階 段 )の 適 合 状 況 については 建 築 部 局 において 保 有 している 定 期 報 告 や 立 入 調 査 等 の 情 報 を 共 有 するなど 関 係 行 政 機 関 と 連 携 していくことが 重 要 である ⑷ 関 係 者 に 関 する 情 報 の 確 認 解 説 等 住 所 氏 名 等 の 確 認 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 住 所 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 氏 名 ) 等 について 届 出 書 等 により 確 認 する 事 前 に 通 知 することを 予 定 している 場 合 は その 連 絡 先 についても 確 認 する 立 入 検 査 の 相 手 方 の 対 応 過 去 の 立 入 検 査 の 結 果 等 から 立 入 検 査 の 拒 否 など 相 手 方 のとった 対 応 について 記 録 されているときは 事 前 に 通 知 し 相 手 方 の 承 諾 を 得 てから 出 向 くようにするなど 立 入 検 査 を 円 滑 に 実 施 できるような 方 策 について 検 討 する ⑷ 関 係 者 に 関 する 情 報 の 確 認 解 説 等 住 所 氏 名 等 の 確 認 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 住 所 氏 名 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 氏 名 ) 等 について 届 出 書 等 により 確 認 する 事 前 に 通 告 することを 予 定 している 場 合 は その 連 絡 先 についても 確 認 する 立 入 検 査 の 相 手 方 の 対 応 過 去 の 立 入 検 査 の 結 果 等 から 立 入 検 査 の 拒 否 など 相 手 方 のとった 対 応 について 記 録 されているときは 事 前 に 通 告 し 相 手 方 の 承 諾 を 得 てから 出 向 くようにするなど 立 入 検 査 を 円 滑 に 実 施 できるような 方 策 について 検 討 する 2 事 前 の 通 知 検 査 手 順 2 事 前 の 通 告 検 査 手 順 事 前 の 通 知 事 前 の 通 告 32

37 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) 実 施 事 項 2 事 前 の 通 知 立 入 検 査 の 相 手 方 に 対 する 事 前 の 通 知 の 必 要 性 を 検 討 す る 検 討 した 結 果 必 要 と 認 められる 場 合 は 通 知 する 実 施 事 項 2 事 前 の 通 告 立 入 検 査 の 相 手 方 に 対 する 事 前 の 通 告 の 必 要 性 を 検 討 す る 検 討 した 結 果 必 要 と 認 められる 場 合 は 通 告 する 解 説 等 事 前 の 通 知 の 必 要 性 法 令 上 は 事 前 の 通 知 を 必 要 としないが 相 手 方 の 個 人 の 生 活 経 済 活 動 の 自 由 等 への 関 与 の 程 度 と 火 災 予 防 上 の 必 要 性 を 比 較 し 事 前 に 通 知 するかどうかを 検 討 する ( 必 要 と 考 えられる 場 合 ) 立 入 検 査 を 実 施 するにあたり 次 の 場 合 など できる 限 り 事 前 の 通 知 を 実 施 し 相 手 方 と 日 程 調 整 を 行 う 既 に 把 握 している 違 反 事 実 の 改 修 指 導 で 立 入 検 査 の 相 手 方 と 面 談 する 必 要 があるとき 消 防 対 象 物 の 位 置 構 造 等 について 正 確 な 情 報 の 入 手 検 査 実 施 時 の 安 全 確 保 等 の 観 点 から 立 入 検 査 の 相 手 方 の 立 会 を 求 める 必 要 があるとき ( 不 要 と 考 えられる 場 合 ) 過 去 の 違 反 状 況 等 を 勘 案 し 事 前 に 通 知 しては 効 果 的 な 立 入 検 査 が 実 施 できないおそれがある 次 の 例 の 場 合 は 事 前 の 通 知 を 実 施 しない ただし 事 前 の 通 知 を 行 わない 抜 き 打 ち 検 査 を 繰 り 返 して 関 係 者 の 営 業 活 動 等 を 阻 害 するこ とのないよう 配 慮 する 階 段 部 分 への 物 件 存 置 や 自 動 火 災 報 知 設 備 のベル 停 止 な ど 事 前 に 通 知 すると 一 時 的 に 是 正 され 防 火 対 象 物 解 説 等 事 前 の 通 告 の 必 要 性 法 令 上 は 事 前 の 通 告 を 必 要 としないが 相 手 方 の 個 人 の 生 活 経 済 活 動 の 自 由 等 への 関 与 の 程 度 と 火 災 予 防 上 の 必 要 性 を 比 較 し 事 前 に 通 告 するかどうかを 検 討 する ( 必 要 と 考 えられる 場 合 ) 立 入 検 査 を 実 施 するにあたり 次 の 場 合 など できる 限 り 事 前 の 通 告 を 実 施 し 相 手 方 と 日 程 調 整 を 行 う 既 に 把 握 している 違 反 事 実 の 改 修 指 導 で 立 入 検 査 の 相 手 方 と 面 談 する 必 要 があるとき 消 防 対 象 物 の 位 置 構 造 等 について 正 確 な 情 報 の 入 手 検 査 実 施 時 の 安 全 確 保 等 の 観 点 から 立 入 検 査 の 相 手 方 の 立 会 を 求 める 必 要 があるとき ( 不 要 と 考 えられる 場 合 ) 過 去 の 違 反 状 況 等 を 勘 案 し 事 前 に 通 告 しては 効 果 的 な 立 入 検 査 が 実 施 できないおそれがある 次 の 例 の 場 合 は 事 前 の 通 告 を 実 施 しない ただし 事 前 の 通 告 を 行 わない 抜 き 打 ち 検 査 を 繰 り 返 して 関 係 者 の 営 業 活 動 等 を 阻 害 するこ とのないよう 配 慮 する 階 段 部 分 への 物 件 存 置 や 自 動 火 災 報 知 設 備 のベル 停 止 な ど 事 前 に 通 告 すると 一 時 的 に 是 正 され 防 火 対 象 物 立 入 検 査 標 準 マニュアルの 一 部 改 正 に 係 る 対 照 表 ( 変 更 箇 所 ) の 法 令 違 反 の 実 態 が 正 確 に 把 握 できないおそれのあると き 法 令 違 反 があることの 通 報 を 受 けて 立 入 検 査 を 行 うと き 事 前 の 通 知 を 行 う 相 手 方 の 特 定 が 困 難 なとき の 法 令 違 反 の 実 態 が 正 確 に 把 握 できないおそれのあると き 法 令 違 反 があることの 通 報 を 受 けて 立 入 検 査 を 行 うと き 事 前 の 通 告 を 行 う 相 手 方 の 特 定 が 困 難 なとき 4 検 査 の 実 施 実 施 事 項 ⑴ 検 査 実 施 前 に 行 う 打 ち 合 わせの 内 容 スケジュール 等 の 説 明 立 会 の 依 頼 事 前 準 備 において 不 明 確 であった 事 項 等 の 確 認 営 業 許 可 証 等 から 関 係 者 に 関 する 情 報 の 確 認 防 火 対 象 物 の 実 態 の 変 化 についての 確 認 その 他 必 要 な 事 項 の 確 認 立 入 検 査 の 効 率 化 への 配 慮 事 前 通 知 なしの 立 入 検 査 を 行 う 場 合 は 打 ち 合 わせを 省 略 できる 4 検 査 の 実 施 実 施 事 項 ⑴ 検 査 実 施 前 に 行 う 打 ち 合 わせの 内 容 スケジュール 等 の 説 明 立 会 の 依 頼 事 前 準 備 において 不 明 確 であった 事 項 等 の 確 認 営 業 許 可 証 等 から 関 係 者 に 関 する 情 報 の 確 認 防 火 対 象 物 の 実 態 の 変 化 についての 確 認 その 他 必 要 な 事 項 の 確 認 立 入 検 査 の 効 率 化 への 配 慮 事 前 通 告 なしの 立 入 検 査 を 行 う 場 合 は 打 ち 合 わせを 省 略 できる 33

2014 vol.256 論 考 し さらに 煙 は 廊 下 を 経 由 して 各 客 室 に 流 入 したも のと 考 えられる 消 火 器 及 び 屋 内 消 火 栓 設 備 につい ては 使 用 された 形 跡 がなく 初 期 消 火 は 行 なわれな かったと 考 えられる 避 難 の 状

2014 vol.256 論 考 し さらに 煙 は 廊 下 を 経 由 して 各 客 室 に 流 入 したも のと 考 えられる 消 火 器 及 び 屋 内 消 火 栓 設 備 につい ては 使 用 された 形 跡 がなく 初 期 消 火 は 行 なわれな かったと 考 えられる 避 難 の 状 福 山 市 ホテル 火 災 が 提 起 した 火 災 予 防 上 の 課 題 せ き ざ わ あ い 関 澤 愛 東 京 理 科 大 学 大 学 院 教 授 1.はじめに 2012 年 5 月 13 日 早 朝 広 島 県 福 山 市 の 小 規 模 ホ テル ホテルプリンス において 死 者 7 名 負 傷 者 3 名 の 被 害 を 伴 う 火 災 が 発 生 した ホテル 旅 館 火 災 としては24

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

報道資料

報道資料 平 成 24 7 月 5 日 消 防 庁 平 成 23 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 総 火 災 件 数 は 50,006 件 で おおよそ 1 日 あたり 137 件 11 分 に 1 件 の 火 災 が 発 生 したことになります また 東 日 本 大 震 災 による 火 災 は 330 件 でした 1 総 出 火 件 数 は 50,006 件 でした

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分

平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 1 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした 総 出 火 件 数 は 39,111 件 でした これは おおよそ 1 日 あたり 107 件 13 分 平 成 28 年 8 月 19 日 消 防 庁 平 成 27 年 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 平 成 27 年 中 の 火 災 の 状 況 について 1 月 から 12 月 までの 確 定 値 を 取 りまとめ ましたので その 概 要 を 公 表 します 前 年 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 火 災 による 死 者 数 ともに 減 少 しています 1 総 出 火

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅

平 成 24 (1 月 ~12 月 )と 平 成 25 (1 月 ~12 月 )の 火 災 件 数 等 の 比 較 総 出 火 件 数 平 成 24 平 成 25 前 比 44,189 件 48,095 件 8.8 % 建 物 火 災 25,583 件 25,053 件 -2.1 % (うち 住 宅 平 成 26 7 月 23 日 消 防 庁 平 成 25 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 が 増 加 する 一 方 で 火 災 による 死 者 数 は 減 少 しています 1 総 出 火 件 数 は 48,095 件 前 より 3,906 件 の 増 加 総 出 火 件 数 は 48,095 件 で 前 より 3,906

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

機 11. 心 神 喪 失 者 等 医 療 観 察 法 指 定 医 療 機 関 の 整 備 等 について 医 療 観 察 法 ( 以 下 法 という ) は 平 成 15 年 7 月 に 公 布 平 成 17 年 7 月 に 施 行 され 心 神 喪 失 者 等 の 状 態 で 重 大 な 他 害 行 為 を 行 った 法 対 象 者 に 対 して 適 切 な 医 療 を 提 供 し 社 会 復 帰 の

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

報道資料

報道資料 平 成 27 7 月 16 日 消 防 庁 平 成 26 (1 月 ~12 月 )における 火 災 の 状 況 ( 確 定 値 ) 前 と 比 較 すると 総 出 火 件 数 は 減 少 していますが 火 災 による 死 者 数 は 増 加 しています 1 総 出 火 件 数 は 43,741 件 前 より 4,354 件 の 減 少 総 出 火 件 数 は 43,741 件 で 前 より 4,354

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請

1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について 1 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 明 細 書 は 厚 生 労 働 省 から 示 された 様 式 を 使 用 してください 記 載 方 法 については 3ページをご 覧 ください 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 請 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 請 求 の 手 引 き ( 国 民 健 康 保 険 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 ) 0 目 次 1. 請 求 書 類 の 各 種 様 式 および 作 成 について.1. 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 の 記 載 方 法 について.3 3. 東 日 本 大 震 災 に 係 る 一 部 負 担 金 免 除 明 細 書 の 記 載 方 法 について.6

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷

目 次 1 全 国 の 概 況 (1) 火 災 件 数 (2) 死 傷 平 成 24 年 (1 月 ~12 月 ) における 火 災 の 概 要 ( 概 数 ) 消 防 庁 防 災 情 報 室 目 次 1 全 国 の 概 況 ------------------------------------------------------ 1 (1) 火 災 件 数 ------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc

Microsoft Word - 00第20回別冊 表紙.doc 第 20 回 本 宮 町 白 沢 村 合 併 協 議 会 別 冊 目 次 1. 経 過 報 告 別 紙 資 料 1 2. 合 併 協 定 項 目 具 体 的 調 整 内 容 一 覧 表 ( 要 協 議 会 報 告 ) 4 3. 報 告 第 73 号 関 係 本 宮 市 市 章 デザイン 応 募 結 果 7 4. 報 告 第 80 号 別 紙 指 定 金 融 機 関 等 一 覧 14 本 宮 町 白

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法

目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 街 頭 防 犯 カメラ 整 備 運 用 の 手 引 き( 案 ) 目 次 はじめに 本 手 引 き( 案 )について 1 本 手 引 き( 案 )の 目 的 2 2 本 手 引 き( 案 )の 構 成 2 第 1 段 階 現 状 把 握 1 自 治 体 や 民 間 設 置 の 防 犯 カメラの 設 置 状 況 の 把 握 4 2 設 置 状 況 の 把 握 方 法 4 3 マッピング 等 4 第 2

More information

スライド 1

スライド 1 第 1 回 生 活 保 護 制 度 に 関 する 国 と 地 方 協 議 平 成 23 年 5 月 30 日 資 料 3 生 活 保 護 制 度 現 状 等 について 厚 生 労 働 省 - 目 次 - 頁 1 生 活 保 護 制 度 概 要 1 被 保 護 世 帯 数 等 動 向 2 被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 年 次 推 移 3 3 世 帯 類 型 別 保 護 世 帯

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

資 料 編

資   料   編 第 1.1 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 ( 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ) 深 谷 市 防 災 会 議 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 23 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 16 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 深 谷 市 防 災 会

More information

1 2 3 4 5

1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 1 人 口 及 び 世 帯 数 の 推 移 (3 月 末 現 在 ) 年 別 世 帯 数 人 口 男 女 人 口 伸 指 数 人 口 密 度 平 成 13 年 20,991 43,184 19,620 23,564 100.0 701.6 14 20,931 42,740 19,441 23,299 99.0 694.4 15 21,087 42,582 19,318 23,264

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ

愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実 施 体 制 について( 想 定 Ⅰ Ⅱ Ⅲ) 3 実 施 のフロー( 概 要 ) ( 省 略 ) Ⅳ 判 定 コーディ 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 判 定 士 用 ) 愛 媛 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 連 絡 協 議 会 平 成 17 年 11 月 愛 媛 県 地 震 被 災 建 築 物 応 急 危 険 度 判 定 業 務 マニュアル( 抜 粋 ) ( 目 次 ) (ページ) 目 的 2 判 定 業 務 の 位 置 付 け 実

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information