Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9 ~

10

11

12

13 ~ 養賢堂.

14

15 しかし, その後, 特にこの 4~5 年, 馬に関する研究 に莫大で, わが国の国家予算の 4~5% 弱に匹敵して

16 は, およそ 20~30% 程度であり, 明らかに NRC の狙 この 4~5 年の傾向であるが, 業界最大手の生産者

17 ~ 重は遺伝的な限界値に近い1. 0~ 1. 4 ~12 カ月齢で 400~500 飼料としては良質粗飼に穀類 40~60% を混ぜたもの を自由摂取させる. この場合, 枝肉として 270~310 齢 550~580 20~30% を混ぜた良質粗飼料を自由摂取とし, 22~24 カ月齢で 620~670 で全国の 40~50% を占めている. これらの肥育施設で ~ ~ 増体を目標に 3~6 カ月程度肥育し, 重種馬では 800~

18

19 取量は体重の 2.5~2. の1. 25~ 倍, 寒冷時にはそれ以上であることを報

20

21 130~140

22 肉専用種における 1986~ ~ 体外受精

23 れない牛の割合は全体の 1/8~

24 ) を試みたところ, 妊娠 40~100 日

25 し, 受精卵の一部 (10~20 細胞 ) をサンプルとして雄

26

27

28

29

30

31 ~9. ~20.

32 84~87.

33

34 メタボリックボディサイズ (kg O 75 ) メタボリックボディサイズ (kg O 75 )

35

36

37

38

39 ~g_

40

41 ~ のことから暑熱環境の変動は, その 2~3 日後の乳量タは全国的に猛暑が記録された 1994 年 7 月 ~8 月の 産次は 2~5 産である. 飼料給与は, オーチヤードグ

42 ~ 0.12~ ~ あった. このことは, 温熱環境の変動は 2~3 日後の 仁 ~

43 乳量は 4~5 日前の乾球および湿球との相関が高いと 本成績は, 平成 6~8 年の 3 年間にわたって実施し

44

45 び母羊とその単子 7 組であり, 母羊の産次は 3~6 産 次であった. 母羊とその双子 15 組は 3~4 組から成る

46

47

48 ~42~

49 ~17 歳の各年齢と 18 歳以上の (1993~

50 ~17 歳の各年齢と 18 歳齢以上の 14 区分に分 (i =1~3) ~14) ~

51

52 サラブレッド血統センター編 (1993~

53 えられている. しかし 7 月下旬 ~8 月上旬の夏期暑熱

54

55

56

57

58 ~11 た採食時間で最も頻繁に観察された時間は 10~12 分 と, 採食速度は 160~200 変えること ( 処理 A1~A8), 飼槽にコンパネのつい ~ ~3 日後に行った. 観察回数は延べ 66 回であった. な 日 4m~ コ 4m E] 4m~ コ 4m~ コ 4m E] 4m~ コ 4m~ コ何回

59 の飼槽間隔を 5~7m とることができない場合もあ ~

60

61

62 ~ 去

63

64 ~10%

65

66

67 針に腔盤葉細胞浮遊液を 2~5μ1

68 率の改善のためには培養 3~6 日にかけての生存率を ~ き取り操作の生存率への影響は培養 3~5 日目で大き する時期は培養 3~6 日目と 18~21 日目で, これらの た. 抜き取り操作後細胞注入した腔では培養 3~5 日 ~

69 40~45) は, 細胞注入のみを行った腔で 21 腔, 抜き取

70

71

72 月中旬 ~7 月上旬にかけては, 特に降雨の回数が多く,

73 ~ 0.3%~0.5% の蟻酸の添加が必要で ある.

74

75

76

77 ~71-

78

79

80

81 ~

82

83

84 用いて FISH 法を行い第 13~18 番染色体のセントロ

85

86

87

88 ~07 まで 7 つの課題が発表さ が 59~65%, CP14~18%, NDF50~55% と成分の変動 TDN 含量が 64~65% であった. また開花

89

90 ~ 05~ れること, ならぴに THI の変動の 2~3 日後に乳量 ~

91 行っており, 雨も降ったが, 水分は 60~70% で, 完熟 ~

92

93

94 (4) 編集委員会の開催年 2~3 回

95

96 ~p ~

97 1997 年 4 月 1 日 ~1999 年 3 月 31 日

98

99

100 1 原図は刷り上りの 1~2 倍とし,

101

102

103

104

105

106

107

108

109

110

111

112

113

114

115

116

試験中 試験中 試験中 12 月下旬 試験中 試験中 試験中 12 月下旬 試験中 試験中 試験中 1 月中旬 試験中 試験中 試験終了 12 月中旬 試験中 試験中 試験中 1 月上旬 試験中 試験中 試験中 1

試験中 試験中 試験中 12 月下旬 試験中 試験中 試験中 12 月下旬 試験中 試験中 試験中 1 月中旬 試験中 試験中 試験終了 12 月中旬 試験中 試験中 試験中 1 月上旬 試験中 試験中 試験中 1 003826 試験中 試験中 試験中 12 月下旬 005138 試験中 試験中 試験終了 12 月中旬 011409 試験中 試験中 試験中 1 月下旬 025402 試験中 試験中 試験中 12 月下旬 028179 試験中 試験中 試験中 1 月上旬 035854 試験中 試験中 試験終了 1 月上旬 038417 試験中 試験中 試験中 1 月上旬 040584 試験中 試験中 試験終了 12

More information

32 100 34 51 16,300

32 100 34 51 16,300 32 100 34 51 16,300 - 7 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 1 3 3 5 5 B 6 2 2 4 4 6 10 - - 8 - - - 9 - 20 80 1/3 - - 10 - 0.7 0.9kg 21 147 70-11 - - 50 10cm 50 100 30cm kg 100

More information

1986~ 1972~ 10~20% の乳量増加 )J が上げられている. その他, 海 ている酪農家の搾乳頭数は 80~100 頭が多い. 生乳生産量を基準として 6~8 月の月生産量を割合で ~ ~20oC で, 生産環境限 7 月までは 52~53% であったものが, とに両年 7~9 月の気象条件を比較してみると, ~11 月は 2.0 固となり, 前年に比べて 0.1 ~7

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 高泌乳牛の移行期の栄養管理 と周産期病の予防 2 京都大学大学院農学研究科 久米新一 動物の恒常性と適応 1) 動物の恒常性維持機能 : 動物は常に変動する体外からの情報を受け取り それに適切に対応しながら 体内の生理機能を常に一定の範囲内に維持して 健康を保っている 2) 適応の重要性 : 外部環境あるいは体内の変化に対して 神経系 内分泌系 免疫系などの機能を高めて 体内の変化を最小限にする 図

More information

16 41 17 22 12 10

16 41 17 22 12 10 1914 11 1897 99 16 41 17 22 12 10 11 10 18 11 2618 12 22 28 15 1912 13 191516 2,930 1914 5,100 43 1.25 11 14 25 34364511 7.54 191420 434849 72 191536 1739 17 1918 1915 60 1913 70 10 10 10 99.5 1898 19034.17.6

More information

3.ごみの減量方法.PDF

3.ごみの減量方法.PDF - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - ( 100 ( 100 - 13-123,550,846 111,195,762 92,663,135 ( 12 25 37 49.2 16 33 49 65.6 15 30 44 59.0 2.5kg) ( 5kg) ( 7.5kg) ( k ( 123,550,846 111,195,762 92,663,135 (

More information

製品案内 価格表 2014/4/1

製品案内 価格表 2014/4/1 4 (17) 3 43 5/20370/ 231(504,150) 11 12 10 14-16 10 3 100 17 100kg 5-6 3 13 3 18 18 # # # # #$$ %&$ ' ()* +,-% ' #). +,-%'% / ' # # #$ %&&&'( %)* +'(#$ #$ %&&&'( ++,-). +'(#$ #$ /'( + /0)- +'(#$ %&&&'(

More information

< F31312D E837E C18B8B975E8B8D93F72E6A>

< F31312D E837E C18B8B975E8B8D93F72E6A> 福井県畜産試験場研究報告第 9 号 (26) ビタミン C 添加剤給与が黒毛和種去勢肥育牛の肉質に及ぼす影響 明間基生 吉田靖 Effect of dietary VitaminC on fleshy substance in Japanese Black fattening steers. Motoo AKEMA, Yasushi YOSHIDA 現福井県家畜保健衛生所 要 約 黒毛和種去勢肥育牛に対して肥育中期から出荷時まで

More information

13 2, ,

13 2, , 1 1 () () 13 2,338 50 13 381 96.7 149 94.9 130 94.2 52 88.1 47 123.6 14 33,600 50.9 10 280 120.0 14 57 1. 50 18 32 50100 9 16 101200 13 23 201 17 30 50 201 2. 43 75 3. 65 4. 5. 90 6. 7. 8. 9. 30 2526 27

More information

25 岡山農総セ畜研報 4: 25 ~ 29 (2014) イネ WCS を主体とした乾乳期飼料の給与が分娩前後の乳牛に与える影響 水上智秋 長尾伸一郎 Effects of feeding rice whole crop silage during the dry period which exp

25 岡山農総セ畜研報 4: 25 ~ 29 (2014) イネ WCS を主体とした乾乳期飼料の給与が分娩前後の乳牛に与える影響 水上智秋 長尾伸一郎 Effects of feeding rice whole crop silage during the dry period which exp 25 岡山農総セ畜研報 4: 25 ~ 29 (2014) イネ WCS を主体とした乾乳期飼料の給与が分娩前後の乳牛に与える影響 水上智秋 長尾伸一郎 Effects of feeding rice whole crop silage during the dry period which express on dairy cows before and after calving. Chiaki

More information

あなたの農場に、妊娠牛は何頭いますか?

あなたの農場に、妊娠牛は何頭いますか? 乳牛の新しい栄養設計ソフト AMTS の紹介 ~ 米国 AMTS 社訪問 ~ この夏 乳牛の新しい栄養設計ソフト AMTS についての理解を深めるため アメリカ ニューヨーク州の AMTS 社を訪問してきました AMTS は日本でも馴染みの深い CPM-Dairy の後継に当たる栄養設計ソフトです 開発の背景には CPM-Dairy が今後これ以上更新されず 新しい世代の栄養設計ソフトが必要とされてきていることがあります

More information

報告書

報告書 高泌乳牛の周産期病の発生要因と栄養管理によるその予防久米新一 ( 京都大学大学院農学研究科 ) 1. はじめに乳牛の周産期病は従来から日常的に発生している疾病であるが, 高泌乳牛では分娩前後にケトーシス, 脂肪肝, 乳熱などの周産期病が多発するため, 高泌乳牛の飼養管理では周産期病の予防が重要なテーマとなっている 特に, 高泌乳牛が周産期病にかかると治療に要する経費やその後の乳量低下だけでなく, 最悪の場合には淘汰が必要になり,

More information

部屋に収容した (40 羽 /3.3 平方メートル ) 表 1 試験区分 区 ( 性別 ) 羽数 飼 料 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6w 魚粉 4% 添加 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6

部屋に収容した (40 羽 /3.3 平方メートル ) 表 1 試験区分 区 ( 性別 ) 羽数 飼 料 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 対照区 ( ) 52 通常 ( 市販飼料 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6w 魚粉 4% 添加 ) 試験区 ( ) 52 高 CP(4~6 ブロイラー生産性向上に関する試験 清水正明 富久章子 吉岡正二 松長辰司 笠原 猛 要約 ブロイラーの給餌においては, 現在の日本飼養標準では3 段階の期別給与が設けられている しかしこの期別給与を用いた場合の我々研究では,5 から6 のと体重の増加幅が小さく, 逆に羽と血液の重量が急増することが明らかになった 通常, 羽の発育にはタンパク質が使われることから, この時期には正肉より羽の発育に優先的にタンパク質が消費されたのではないかと推察で

More information

< F31312D93FB8B8D82CC95AA95D8914F8CE382CC8E94977B8AC7979D>

< F31312D93FB8B8D82CC95AA95D8914F8CE382CC8E94977B8AC7979D> 乳牛の分娩前後分娩前後の飼養管理技術飼養管理技術マニュアル ( 乳牛の分娩前後分娩前後の栄養管理技術栄養管理技術の確立試験 ) 畜産試験場飼養管理研究 G 近年 乳牛は泌乳能力が著しく向上し 特に分娩前後に疾病 事故が多く 乳量や繁殖成 績等を低下させ 酪農経営に大きな損失を与えています 分娩前後の代謝障害や繁殖障害は 乾乳期の栄養管理との関連が強く 当場で実施した 乳牛の分娩前後の栄養管理技術の確立

More information

Ⅵ 畜産 実況 1 平成 28 年度第 9 回石川 福井合同肉牛枝肉販売会 ( 平成 28 年 8 月 1 日 ) 単価販売価格枝肉重量 BMS ロース芯上物率頭数 ( 円 ) ( 円 ) (kg) ( No.) 面積 ( cm 2 ) ( % ) 福井 24 2,812 1,438,523 5.6 7.5 63.2 88 去勢全体 51 2,782 1,42,918 59.7 7.5 63.8 94

More information

<4D F736F F D F093458F6F82B582BD8D9596D198618EED8E938B8D82CC94EC88E78CF889CA2E646F63>

<4D F736F F D F093458F6F82B582BD8D9596D198618EED8E938B8D82CC94EC88E78CF889CA2E646F63> 卵巣を摘出した黒毛和種雌牛の肥育効果 吉田靖 川森庸博 1 野村賢治 山崎昭治 1 農畜産課 嶺南牧場 要 約 雌牛肥育は 去勢牛肥育と比べ 発情を原因とした飼料摂取量の低下や 乗駕によるストレス 事故の危険性などが問題となっている 今回その問題を解決する方法として 専用の器具で卵巣を摘出し 群飼条件下での飼養管理及び枝肉成績に及ぼす影響について調査した 試験は 黒毛和種の雌牛を ( 摘出群 )5

More information

分析にあたり 血統情報については 導入市場が 北海道 東北および九州と離れ 繁殖牛の母集団の血統情報に大きな差異が予測されるため 種雄牛のみを取り入れることとした ただし 遺伝的要因として取り上げた種雄牛に関して 後代産子牛が 2 頭以下の種雄牛については 本分析からは除外した すなわち 血液成分お

分析にあたり 血統情報については 導入市場が 北海道 東北および九州と離れ 繁殖牛の母集団の血統情報に大きな差異が予測されるため 種雄牛のみを取り入れることとした ただし 遺伝的要因として取り上げた種雄牛に関して 後代産子牛が 2 頭以下の種雄牛については 本分析からは除外した すなわち 血液成分お 国産の飼料米を使用した肉用牛の生産が 肉質に及ぼす影響等に関する調査報告書 要約 平成 24 年 6 月 全国畜産農業協同組合連合会 平成 21 年度から平成 23 年度事業として ( 社 ) 日本食肉協議会よりご支援をいただき 国産の飼料米を使用した肉用牛の生産が肉質に及ぼす影響等の調査事業 として 全国畜産農業協同組合連合会研修牧場 ( 栃木県那須塩原市 ) にて配合飼料の一部を国産飼料米 (

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 自然哺育におけるにおける黒毛和種子牛黒毛和種子牛の早期離乳試験 上村圭一 谷原礼諭 山下洋治 高橋和裕 Early weaning examination of the black-haired Japanese cow calf in Natural nursing Keiichi UEMURA, Ayatsugu TANIHARA, Youji YAMASHITA, Kazuhiro TAKAHASHI

More information

H25.18

H25.18 18. 稲発酵粗飼料及び麦焼酎粕濃縮液混合飼料の利用技術の確立 ( 肉用子牛への給与技術の確立 ) 農林水産研究指導センター畜産研究部 西部振興局 1) 倉原貴美中島伸子金丸英伸 ( 病鑑 ) 藤田達男 1) 1 目的 畜産における飼料自給率の向上と食用米の需要減少による休耕水田の活用法として 飼 料用米および稲発酵粗飼料 ( WCS) 等の利用拡大が求められている 本県における WCS の作付け面積は

More information

参考1中酪(H23.11)

参考1中酪(H23.11) - 1- 参考 1 - 2- - 3- - 4- - 5- - 6- - 7- - 8- 別添 1 牛乳の比重増加要因の解析 国立大学法人帯広畜産大学畜産フィールド科学センター准教授木田克弥 背景 乳および乳製品の成分規格等に関する省令 ( 乳等省令 ) において 生乳の比重は 1.28-1.34 に規定されている 一方 乳牛の遺伝的改良 ( 乳量および乳成分率の向上 ) に成果として 昨今の生乳の比重は増加傾向にあり

More information

焼酎粕飼料を製造できることを過去の研究で明らかにしている ( 日本醸造協会誌 106 巻 (2011)11 号 p785 ~ 790) 一方 近年の研究で 食品開発センターが県内焼酎もろみから分離した乳酸菌は 肝機能改善効果があるとされる機能性成分オルニチンを生成することが分かった 本研究では 従来

焼酎粕飼料を製造できることを過去の研究で明らかにしている ( 日本醸造協会誌 106 巻 (2011)11 号 p785 ~ 790) 一方 近年の研究で 食品開発センターが県内焼酎もろみから分離した乳酸菌は 肝機能改善効果があるとされる機能性成分オルニチンを生成することが分かった 本研究では 従来 調査 報告 学術調査 未利用資源 ( 焼酎粕 ) に含まれる機能性成分が牛の生産性に及ぼす影響について 要約 宮崎県畜産試験場家畜バイテク部部長須崎哲也副部長黒木幹也宮崎県食品開発センター応用微生物部副部長山本英樹技師藤田依里 焼酎粕に乳酸菌培養液ならびに植物性食品残渣および酵素を加えることで 保存性が高く (91 日後 ph 変動少ない ) オルニチンを高含有(1リットル当たり約 1500ミリグラム

More information

Page () &

Page () & () () Page () & Page 110kg 67kg 138kg Page Page Page Page, Page () (S3)(S1 (S2) (S1) (S2)(S1) (S3) (S1) (A2)(A1) (A3)(S1) (S3)(S1) (A2)(A1) (A3)(A1) (A3) (A1) (S2) (S1) Page () 10 () () () () () () ()

More information

毎回紙と電卓で計算するより パソコンの表計算ソフトを利用して計算されることをすすめます パソコンは計算と記録が同時にできますから 経営だけでなく飼養管理や繁殖の記録にも利用できます 2) 飼料設計項目ア.DMI TDN CP NFC a.dmi( 乾物摂取量 ) 水分を除いた飼料摂取量のことです 飼

毎回紙と電卓で計算するより パソコンの表計算ソフトを利用して計算されることをすすめます パソコンは計算と記録が同時にできますから 経営だけでなく飼養管理や繁殖の記録にも利用できます 2) 飼料設計項目ア.DMI TDN CP NFC a.dmi( 乾物摂取量 ) 水分を除いた飼料摂取量のことです 飼 第 4 章繁殖雌牛の飼料設計方法と飼料給与 飼養管理の問題点を是正するには給与する飼料の飼料設計を適正に行い 決められ た給与量をきちんと給与し 牛がその給与量をきちんと摂取することが必要です A. 飼料設計方法 1) 飼料設計の基準と項目ア自場の記録 a. 日本飼養標準 肉用牛 ( 以下 飼養標準 ) 黒毛和種繁殖雌牛に飼料を給与する場合の基準となるものです 繁殖雌牛だけでなく子牛や肥育牛等に必要な栄養量が体重毎に記載されています

More information

Microsoft Word - 02肉牛研究室

Microsoft Word - 02肉牛研究室 6 黒毛和種繁殖雌牛における分娩前後の適正な栄養水準の解明 担当部署名 : 肉牛研究室担当者名 : 大島藤太 高崎久子 阿久津麗 櫻井由美連絡先 : 電話番号 0287-36-0230 研究期間 : 平成 26 年度 ~30 年度 ( 継続 ) 予算区分 : 県単 ------------------------------------------- 1. 目的黒毛和種繁殖 ( 和牛 ) 農家の経営効率の向上のためには

More information

報告書

報告書 高泌乳牛の移行期の特徴と移行期におけるミネラル代謝の改善久米新一 ( 京都大学大学院農学研究科 ) 1. はじめに近年, 乳牛の生産性向上は非常に著しく, わが国では牛群の個体乳量が急激に増加している それと同時に, メガファームにみられるような酪農家の規模拡大が急速に進んでいることも最近の大きな特徴である このような状況下で, 現在, わが国の乳牛の飼養管理における最大の問題点は分娩前後における疾病

More information

<4D F736F F D2092E18F6F90B691CC8F648E998F6F90B682CC919D89C182CC94778C692E646F63>

<4D F736F F D2092E18F6F90B691CC8F648E998F6F90B682CC919D89C182CC94778C692E646F63> 1975 1980 1979 1992 38 10 19862000 2 12 12 1990 1998 http://www.jti.co.jp/jti/outline/tobacco/kituenj.html http://www.mhlw.go.jp/toukei/toukeihp/index.html 1000 1000 1000 1000 1000 15002500 1000 1000 1979

More information

平成 19 年度 家畜市場肉用牛取引実績報告書 ( 平成 19 年 4 月 ~ 平成 20 年 3 月 ) 財団法人沖縄県畜産振興基金公社 沖縄県浦添市伊奈武瀬 ( 沖縄県中央卸売市場 2 階 ) 電話 098-(869)7027 FAX 098-(869)7030

平成 19 年度 家畜市場肉用牛取引実績報告書 ( 平成 19 年 4 月 ~ 平成 20 年 3 月 ) 財団法人沖縄県畜産振興基金公社 沖縄県浦添市伊奈武瀬 ( 沖縄県中央卸売市場 2 階 ) 電話 098-(869)7027 FAX 098-(869)7030 家畜市場肉用牛取引実績報告書 ( ) 財団法人沖縄県畜産振興基金公社 901-2128 沖縄県浦添市伊奈武瀬 1-11-1 ( 沖縄県中央卸売市場 2 階 ) 電話 098-(869)7027 FAX 098-(869)7030 はじめに この報告書は ( 平成 19 年 4 月 1 日から平成 20 年 3 月 31 日まで ) に本県の家畜市場において取引された肉用牛の結果をまとめたものです 報告書の作成にあたっては

More information

Taro-食品残さ(p72-).jtd

Taro-食品残さ(p72-).jtd 神畜研研報 No.9 5 肉用牛に対する食品残さの飼料化試験食品残さ飼料の交雑種肉用牛給与試験 水宅清二 平原敏史 折原健太郎 秋山清 丹波義彰鈴木貢 1 西村勝志 ( 1 中央カンセー株式会社 日立ハイフ リット ネットワーク株式会社 ) Study of Processing Food Waste as a Feed for Beef Cattle Research of Feeding Food

More information

平成18年度「普及に移す技術」策定に当たって

平成18年度「普及に移す技術」策定に当たって 夏場のグリセリン補給による乳牛の体温上昇抑制 1 はじめに 暑熱による乳牛の生産性の低下は酪農経営における大きな損失であり 地球規模で温暖化が 進む今日 暑熱対策は極めて重要な課題です 乳牛の体温を下げる暑熱対策には 熱放散の促 進と むだな熱発生の抑制の 2 通りの方法が考えられます ( 図 1) 様々な方法がありますが いずれも単独では決定的な効果を示すことはなく 複数の方法を上手に組み合わせることが大

More information

1 2

1 2 ( ) ( ) ( ) 1 2 59 2 21 24 275 43 3 26 486 103 27 28 98 105 104 99 1 48 25 29 72 14 33 11-10 3 11 8 14,663 4 8 1 6.0 8 1 0.7 11-6 27 19 22 71 5 12 22 12 1,356 6 4,397 3 4 11 8 9 5 10 27 17 6 12 22 9

More information

乳牛用の飼料給与診断ソフトウエア「DAIRY ver4.1」は乳牛の飼料給与診断・設計に

乳牛用の飼料給与診断ソフトウエア「DAIRY ver4.1」は乳牛の飼料給与診断・設計に 平成 25 年度普及に移す農業技術 ( 第 2 回 ) [ 分類 ] 普及技術 [ 成果名 ] 乳牛用の飼料給与診断ソフトウエア DAIRY ver4.1 は乳牛の飼料給与診断 設計に活用できる [ 要約 ] 新たな機能を追加した乳牛用の飼料給与診断ソフトウエア DAIRY ver4.1 は適正な飼料給与診断 設計が迅速にでき 酪農における指導手段としての有効である [ 担当 ] 農業技術課 [ 部会

More information

報告書

報告書 高泌乳牛の代謝特性と暑熱ストレスの影響久米新一 ( 京都大学大学院農学研究科 ) 1. はじめにわが国では乳牛の遺伝的能力の改良と飼養管理の改善により, 乳牛の乳量と乳成分が急速に向上し, 現在では多くの酪農家で 1 万 kg 以上の高泌乳牛が飼養されている 高泌乳牛の特徴は, 遺伝子 細胞 組織 器官などを含めて体内代謝にさまざまな改善が図られ, 摂取した栄養素を乳生産に効率的 優先的に利用していることといえる

More information

ふくしまからはじめよう 農業技術情報 ( 第 39 号 ) 平成 25 年 4 月 22 日 カリウム濃度の高い牧草の利用技術 1 牧草のカリウム含量の変化について 2 乳用牛の飼養管理について 3 肉用牛の飼養管理について 福島県農林水産部 牧草の放射性セシウムの吸収抑制対策として 早春および刈取

ふくしまからはじめよう 農業技術情報 ( 第 39 号 ) 平成 25 年 4 月 22 日 カリウム濃度の高い牧草の利用技術 1 牧草のカリウム含量の変化について 2 乳用牛の飼養管理について 3 肉用牛の飼養管理について 福島県農林水産部 牧草の放射性セシウムの吸収抑制対策として 早春および刈取 ふくしまからはじめよう 農業技術情報 ( 第 39 号 ) 平成 25 年 4 月 22 日 カリウム濃度の高い牧草の利用技術 1 牧草のカリウム含量の変化について 2 乳用牛の飼養管理について 3 肉用牛の飼養管理について 福島県農林水産部 牧草の放射性セシウムの吸収抑制対策として 早春および刈取り後のカリ肥料の増肥を行うことの効果について 平成 25 年 2 月 8 日に ふくしまからはじめよう

More information

Microsoft Word - 要約.docx

Microsoft Word - 要約.docx 平成 26 年度黒毛和種肥育牛における国産飼料用米の肥育全期間給与が発育及び枝肉資質等に及ぼす影響に関する報告書要約 平成 27 年 3 月全国畜産農業協同組合連合会 目的 現在 我が国の飼料自給率は 26% 粗飼料自給率は 77% 濃厚飼料自給率は 12%( 平成 23 年度 ) と飼料穀物は海外に大きく依存しており 新興国等の需要増大や気象変動などにより穀物相場が上昇すると 連鎖的に配合飼料価格が上昇し

More information

3 ( 9 ) ( 13 ) ( ) 4 ( ) (3379 ) ( ) 2 ( ) 5 33 ( 3 ) ( ) 6 10 () 7 ( 4 ) ( ) ( ) 8 3() 2 ( ) 9 81

3 ( 9 ) ( 13 ) ( ) 4 ( ) (3379 ) ( ) 2 ( ) 5 33 ( 3 ) ( ) 6 10 () 7 ( 4 ) ( ) ( ) 8 3() 2 ( ) 9 81 1 ( 1 8 ) 2 ( 9 23 ) 3 ( 24 32 ) 4 ( 33 35 ) 1 9 3 28 3 () 1 (25201 ) 421 5 ()45 (25338 )(2540 )(1230 ) (89 ) () 2 () 3 ( ) 2 ( 1 ) 3 ( 2 ) 4 3 ( 9 ) ( 13 ) ( ) 4 ( 43100 ) (3379 ) ( ) 2 ( ) 5 33 ( 3 )

More information

Microsoft PowerPoint - 乳牛暑熱対策マニュアル 教科書編(第2版-1)

Microsoft PowerPoint - 乳牛暑熱対策マニュアル 教科書編(第2版-1) ミルクの国とちぎ乳牛の暑熱対策マニュアル平成 30(2018) 年 7 月改訂 ( 一社 ) 中央酪農会議の試算によると 夏季の乳量の低下や体細胞数の増加による経済的損失は 経産牛 40 頭規模で 100~200 万円にも及ぶとされています 今後も ますます暑い時期が長くなることが懸念されますので 乳牛が快適になる環境づくりや飼養管理の改善が重要です THI で暑熱ストレスを 見える化 しよう 暑熱ストレスは

More information

Taro-④H24成績書『(イ)肉用牛への給与技術の確立 ①繁殖雌牛・子牛への給与技術の確立』【校正済み】

Taro-④H24成績書『(イ)肉用牛への給与技術の確立 ①繁殖雌牛・子牛への給与技術の確立』【校正済み】 稲発酵粗飼料及び焼酎粕濃縮液混合飼料の利用技術の確立肉用牛への給与技術の確立 1 繁殖雌牛 子牛への給与技術の確立 倉原貴美 中島伸子 1 金丸英伸 藤田達男 大分県農林水産研究指導センター畜産研究部 1 大分県西部振興局 要約稲発酵粗飼料 ( 以下, イネWCS) の作付け面積拡大に伴い, 本県では繁殖農家を中心に利用されているが, タンハ ク含量が低いことから適切な給与量が求められている. 一方,

More information

6 12 10661 93100 227213202 222208197 85kg cm 20 64.521 106856142 2 1 4 3 9767 100 35 cm 7747 208198 90kg 23 5828 10661 93100 cm 227213202 10639 61 64.521 85kg 78kg 70kg 61 100 197204.5 cm 15 61

More information

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア 冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア ジラベ :æ 粉の形肢と発育ならびに 7~ 粉四採集方法 さは 9~25mm の範囲で 平均 15mm 一雄花の直径は 2~25mm であった 蔚内の細胞を観察すると 数は 1~8 偶みられ 平均 3 個持った細胞が多かった これらは花粉母細胞になる前の胞原細胞と思わ 3 月上旬に入って採取した雄花は外形的

More information

 

  10 44 1.2 5 4 5 3 6-1 - 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 TEL TEL 1 2 TEL FAX TEL FAX TEL FAX 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 4 5 6 ( ) ( ) 2

More information

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464>

<82D282A982C1746F95F18D908F57967B95B E696E6464> 1 2 (90cm 70cm 2015) 3 (68cm 28cm 30cm 12kg 2015) (77.5 109.5cm 2015) 4 (22cm 50cm 50cm 4.6kg 2015) (45cm 62.5cm 2015) (47.4cm 62.5cm 2014) 5 (28.5cm 23.5cm) (45cm 62cm 2015) (97cm 107cm 2015) 6 7 8 9

More information

徳島県畜試研報 No.14(2015) 乾乳後期における硫酸マグネシウム添加による飼料 DCAD 調整が血液性状と乳生産に及ぼす影響 田渕雅彦 竹縄徹也 西村公寿 北田寛治 森川繁樹 笠井裕明 要 約 乳牛の分娩前後の管理は産後の生産性に影響を及ぼすとされるが, 疾病が多発しやすい時期である この時

徳島県畜試研報 No.14(2015) 乾乳後期における硫酸マグネシウム添加による飼料 DCAD 調整が血液性状と乳生産に及ぼす影響 田渕雅彦 竹縄徹也 西村公寿 北田寛治 森川繁樹 笠井裕明 要 約 乳牛の分娩前後の管理は産後の生産性に影響を及ぼすとされるが, 疾病が多発しやすい時期である この時 乾乳後期における硫酸マグネシウム添加による飼料 DCAD 調整が血液性状と乳生産に及ぼす影響 田渕雅彦 竹縄徹也 西村公寿 北田寛治 森川繁樹 笠井裕明 要 約 乳牛の分娩前後の管理は産後の生産性に影響を及ぼすとされるが, 疾病が多発しやすい時期である この時期に多発する疾病のうち低カルシウム血症は様々な疾病と関わりがあり, より簡素な予防方法が求められている 分娩後の低カルシウム血症を防ぐ方法として提唱されているのが,

More information

180 140 22

180 140 22 21 180 140 22 23 25 50 1 3 350 140 500cm 600 140 24 25 26 27 28 29 30 31 1/12 8.3 1/15 6.7 10 1/8 12.5 1/20 140 90 75 150 60 150 10 30 15 35 2,000 30 32 1 1 1 2 1 3 1 4 1 5 1 6 1 7 1 8 1 9 % 100 50 33.3

More information

Microsoft Word 畜産講座(前田)

Microsoft Word 畜産講座(前田) 畜産講座 暑さを防いで豚の生産性を上げる 近年 改良が進み 日増体量 ( 一日に増える体重の重さ ) が 1kg を超える豚 (50kg 以上の体重で ) も出てきています 発育速度が速いということは たくさん飼料を食べて 自分の体を作っているということです このため 豚自身の発熱量も多くなります そこで 暑熱 ( 暑さ ) をいかに防いで豚の生産性を向上させるかが 年間の生産性を上げるポイントになってきています

More information

,798 14, kg ,560 10, kg ,650 2, kg ,400 19, kg ,

,798 14, kg ,560 10, kg ,650 2, kg ,400 19, kg , / HS / TEL FAX 2007 1 18,000 9,540.00 0.53 kg 2007 1 99,000 38,518.00 0.39 kg 2007 1 30,200 11,778.00 0.39 kg 2007 1 15,000 5,565.00 0.37 kg 2007 1 21,000 7,400.00 0.35 kg 2007 1 40,000 20,579.00 0.51

More information

BLF57E002C_ボシュリフ服薬日記_ indd

BLF57E002C_ボシュリフ服薬日記_ indd 私の服 薬日記 iphone アプリ 私の服薬日記 服薬状況や副作用症状などをご自身で入力 管理できるアプリです App Store にて 私の服薬日記 で検索し ダウンロードいただけます 医療機関名 主治医名 BLF57E002C 2014 年 12 月作成 0000000000 2014 年 月作成 シュリフ錠とは服薬日記検査値の記録私の治療歴ボシュリフ錠とは この日記について この日記は ボシュリフ錠を安全にお使いいただくために

More information

- 1 - 15 2030 4 21 21-2 - 2 1 21 21 4 22 31 10 5 26 ( JA ) - 3 - 4 21 7 9 9 34 1,386 1,003 94 58 1,155 60 25 33 1 3 2-4 - 12 17 60 7 7 12 H1217 4 7 30 34 19-5 - - 6 - (BMI*18.5) 20 15.2%30 8.% 20 86.4%30

More information

23 3 11 14 46 9.0 7 10m 40.1m 15,883 2,681 25 4 10 39 40 800 180 24 2425 22 21 24 5 3 21 24 10,899 20,472 13,723 33,007 667 400 79,167 8,620 11,694 10,089 25,131 690 215 56,439 13,614 20,897 15,200 32,213

More information

乳牛の繁殖技術と生産性向上

乳牛の繁殖技術と生産性向上 東海地域家畜生産性向上技術検討会 (2007.10.31) 乳牛の繁殖技術と生産性向上 山本動物診療所山本広憲 ( 愛知県常滑市 ) 当診療所の業務 ( 大動物部門 ) 定期繁殖検診業務 (12 農家 600 頭 ) 月 2 回の巡回検診 牛群検定指導 フレッシュチェック 妊娠診断 繁殖治療牛受精卵移植業務 ( 年間 800 頭 ) 受精卵の移植 ( 体内 体外 ) 採卵へのアプローチ ( 県 ET

More information

褐毛和種(熊本系)の遺伝的能力の推移について

褐毛和種(熊本系)の遺伝的能力の推移について 2017 年 6 月 26 日 褐毛和種 ( 熊本系 ) の遺伝的能力の推移について 1. はじめに家畜改良センターでは 肥育農家の同意が得られた枝肉情報等からなる和牛各品種のデータベースを管理 運営しており 褐毛和種 ( 熊本系 ) については 褐毛和種 ( 熊本系 ) 枝肉情報全国データベース ( 以下 褐毛 DB ) を管理 運営しています 褐毛 DBを構築するにあたり 肥育者情報 格付情報の調査

More information

たまみつしげ 2 黒毛和種 琴照重 及び褐毛和種 球光重 ETI が優秀な成績を収めて 種雄牛として選抜される 鳥取牧場で作出した黒毛和種の種雄牛 琴照重 が 産子の肥育成績を調べる現場後代検定により選抜され 精液の供給が始まりました 琴照重 は 同時期に検定を実施した種雄牛 23 頭中 脂肪交雑

たまみつしげ 2 黒毛和種 琴照重 及び褐毛和種 球光重 ETI が優秀な成績を収めて 種雄牛として選抜される 鳥取牧場で作出した黒毛和種の種雄牛 琴照重 が 産子の肥育成績を調べる現場後代検定により選抜され 精液の供給が始まりました 琴照重 は 同時期に検定を実施した種雄牛 23 頭中 脂肪交雑 1 肉質改良の切り札 ユメサクラエース 完成 宮崎牧場では デュロック種について 肉質に優れる種豚の作出に取り組んできました このたび 5 年の歳月を経て 本年 7 月にロース芯筋内脂肪含量 (IMF) が6% 以上となる ユメサクラエース を造成し 系統豚として一般社団法人日本養豚協会の認定を受けました その高い能力から 肉質改良の切り札として 今後の利用が期待されます 最終選抜豚のきょうだい豚の体長

More information

ha 613ha 81ha 12ha 2,500 /10a3,000 /10a3,500 /10a ha 87ha 720ha 16ha ha 100hahaha ha ha ha ha 20

ha 613ha 81ha 12ha 2,500 /10a3,000 /10a3,500 /10a ha 87ha 720ha 16ha ha 100hahaha ha ha ha ha 20 - 139 - TMR 478-1 0164-64-9188 13 // 600 600 710ha 613ha 81ha 12ha 2,500 /10a3,000 /10a3,500 /10a ha 87ha 720ha 16ha ha 100hahaha 11 22 12 332.0ha 17 18 64.3ha 19 15 281.0ha 24 548.7ha 20 10 81ha WHL m

More information

<4D F736F F D204E AB38ED2976C90E096BE A8C9F8DB88A B7982D1928D88D38E968D >

<4D F736F F D204E AB38ED2976C90E096BE A8C9F8DB88A B7982D1928D88D38E968D > Cooper Genomics 社 Serenity 検査について 検査概要 検査名称 :Serenity Basic / Serenty24 検査機関 :Cooper Genomics 社 ( イギリス ) 検査実施国 : イギリス検体 : 血液 10ml 検査対象 妊娠 10 週目以降 ( 採血時 ) で単胎または双胎妊娠の妊婦 Serenity Basic 検査項目 21 トリソミー ( ダウン症候群

More information

石川県白山自然保護センター研究報告第27集

石川県白山自然保護センター研究報告第27集 た 石川県白山自然保護センター研究報告 第27集 2000 算出された各年の月平均値を算術平均してもとめ た 各月で欠測日数が20 以下の場合には 欠測の 1日の15.8 15時気温が7月29日と7月31日の 16.2 最低気温が7月29日と7月31日の10.2 日を除いて月平均値を算出した 気象庁, 1990) 最高気温が7月29日の1 である 方 最低値 欠測日がその月の20 を越える場合には

More information

六大戦プロ編集用.PDF

六大戦プロ編集用.PDF +0 +2.0 +0.8 109 155 100 104 106 156 104 109 +0 0.6 109 160 103 106 103 159 102 102 161 105 111 114 105 161 10 13 12 11 157 105 150 158 111 11 112 10 164 107 10 12 13 15 11 14 165 166 16 115 113 SC 157

More information

発酵リキッド飼料へのチョコレート添加が肥育豚の発育および肉質に及ぼす影響

発酵リキッド飼料へのチョコレート添加が肥育豚の発育および肉質に及ぼす影響 発酵リキッド飼料へのチョコレート添加が肥育豚の発育およ び肉質に及ぼす影響 誌名 ISSN 著者巻 / 号 日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 0913882X 芦原, 茜大森, 英之小橋, 有里田島, 清佐々木, 啓介本山, 三知代川島, 知之 48 巻 2 号 掲載ページ p. 47-57 発行年月 2011 年 6 月 農林水産省農林水産技術会議事務局筑波事務所

More information

031010 乳牛疾病の早期発見応急処置予防対策 酪総研

031010 乳牛疾病の早期発見応急処置予防対策 酪総研 Ⅳ 食べる ( 採食 ) 1 牛が 食べる ことの意味根室地区の経産牛 1 頭当たり乳量は8600kg いまでは1 万キロを超える牛群も珍しくはありません この高い乳量は 牛の旺盛な食欲が支えています 泌乳ピークの牛の乾物摂取量は24kgを超えますが これは一般的なTMRなら現物 60~70kgもの量です ( 写真 1) もちろん 我が家では無理して高泌乳を狙わない という方もおられるでしょう しかし

More information

h1

h1 1 2 3 4 POINT! 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 POINT! 32 POINT! 33 34 35 給与 36 37 POINT! 38 POINT! 39 POINT! 40 41 42 43 44 45 46 POINT! 47 48 49 50 51 52 53

More information

Microsoft Word - 九農研プレス23-05(九州交3号)_技クリア-1.doc

Microsoft Word - 九農研プレス23-05(九州交3号)_技クリア-1.doc プレスリリース 独立行政法人 平成 23 年 8 月 3 日農業 食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター ソルガム新品種 を育成 - 牛が消化しやすく 出穂前収穫でも多収な晩生品種 - ポイント 牛が消化しやすく 晩生の飼料用ソルガム新品種を育成しました 出穂前収穫に適するため 穂に発生する糸黒穂病を回避することができることに加え 乾物収量も高い品種です 概要 1. 独立行政法人農業 食品産業技術総合研究機構

More information

<4D F736F F F696E74202D208D758B C381458EFC8E598AFA B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208D758B C381458EFC8E598AFA B8CDD8AB B83685D> 周産期病とその予防 1 京都大学大学院農学研究科 久米新一 周産期病の発生要因は? 動物は分娩時にさまざまなリスクが発生するが 体内代謝などを適応させてリスクを回避するしくみがある 高泌乳牛では遺伝的能力が向上したため 分娩時のリスクが高まっている (NEFA 増加 低 Ca 血症など ) 不適切な栄養管理などが加わると代謝機能が阻害され 周産期病が多発する 周産期病の予防は? 周産期病の発生にはさまざまな要因が複雑に関与している

More information

平成15年度マーケットバスケット方式による安息香酸、ソルビン酸、プロピオン酸、

平成15年度マーケットバスケット方式による安息香酸、ソルビン酸、プロピオン酸、 平成 19 年度マーケットバスケット方式による 保存料及び着色料の摂取量調査の結果について 目的 これまで マーケットバスケット方式によりの一日摂取量調査を実施し 我が国におけるの摂取実態を明らかにする取り組みについて 指定添加物を中心に網羅的に行ってきている 平成 19 年度は 9 種類の保存料及び 14 種類の着色料について調査を行うこととし 具体的に保存料は 安息香酸 ( 安息香酸及び安息香酸ナトリウム

More information

はじめに 現在 国内酪農を取り巻く情勢は 飼料価格の上昇 後継者不足および飼養頭数の減少などの大きな変化によって 生産基盤の弱体化が懸念されており 一方で 消費者の需要の多様化や国際環境の変化等により 今後の酪農経営の発展に向けた好機となっています 近年 人口減少等により国内需要の減少が見込まれる中

はじめに 現在 国内酪農を取り巻く情勢は 飼料価格の上昇 後継者不足および飼養頭数の減少などの大きな変化によって 生産基盤の弱体化が懸念されており 一方で 消費者の需要の多様化や国際環境の変化等により 今後の酪農経営の発展に向けた好機となっています 近年 人口減少等により国内需要の減少が見込まれる中 家畜改良センター技術マニュアル ブラウンスイス種の特性と飼養管理技術 独立行政法人家畜改良センター はじめに 現在 国内酪農を取り巻く情勢は 飼料価格の上昇 後継者不足および飼養頭数の減少などの大きな変化によって 生産基盤の弱体化が懸念されており 一方で 消費者の需要の多様化や国際環境の変化等により 今後の酪農経営の発展に向けた好機となっています 近年 人口減少等により国内需要の減少が見込まれる中

More information

< F31322D8E9197BF82548C9F93A28E968D8091E F196DA3033>

< F31322D8E9197BF82548C9F93A28E968D8091E F196DA3033> 1 有機畜産物の生産原則について今後 検討 個別検討事項 資料 5 2 有機畜産物の生産方法についての基準 (1) 平均採食量について粗飼料比率 非有機飼料給与比率 飼料自給率の計算に使用 放牧 ( 自由な運動 ) が前提となっている有機畜産では 慣行の畜産で用いられる飼養標準を基にしている平均採食量よりもかなり多くの飼料が給与されており 実態と乖離がある ( 別表 3) 1 日当たりの平均採食量

More information

安全な畜産物の生産と生産性の向上適正な飼養管理家畜の健康の維持 家畜のアニマルウェルフェア (Animal Welfare) とは 国際獣疫事務局 (OIE) のアニマルウェルフェアに関する勧告の序論では アニマルウェルフェアとは 動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態をいう

安全な畜産物の生産と生産性の向上適正な飼養管理家畜の健康の維持 家畜のアニマルウェルフェア (Animal Welfare) とは 国際獣疫事務局 (OIE) のアニマルウェルフェアに関する勧告の序論では アニマルウェルフェアとは 動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態をいう アニマルウェルフェアに配慮した 家畜の飼養管理 平成 30 年 6 月 生産局畜産部畜産振興課 安全な畜産物の生産と生産性の向上適正な飼養管理家畜の健康の維持 家畜のアニマルウェルフェア (Animal Welfare) とは 国際獣疫事務局 (OIE) のアニマルウェルフェアに関する勧告の序論では アニマルウェルフェアとは 動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態をいう と定義されている

More information

( 平成 22 年 12 月 17 日ヒト ES 委員会説明資料 ) 幹細胞から臓器を作成する 動物性集合胚作成の必要性について 中内啓光 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター JST 戦略的創造研究推進事業 ERATO 型研究研究プロジェクト名 : 中内幹細胞制御プロジェクト 1

( 平成 22 年 12 月 17 日ヒト ES 委員会説明資料 ) 幹細胞から臓器を作成する 動物性集合胚作成の必要性について 中内啓光 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター JST 戦略的創造研究推進事業 ERATO 型研究研究プロジェクト名 : 中内幹細胞制御プロジェクト 1 ( 平成 22 年 12 月 17 日ヒト ES 委員会説明資料 ) 幹細胞から臓器を作成する 動物性集合胚作成の必要性について 中内啓光 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター JST 戦略的創造研究推進事業 ERATO 型研究研究プロジェクト名 : 中内幹細胞制御プロジェクト 1 幹細胞研究の現状 腎不全 各種心臓疾患など 臓器不全症に対する根本的な治療には臓器移植が必要 しかし移植臓器は圧倒的に不足している

More information

現在 本事業で分析ができるものは 1 妊娠期間 2 未経産初回授精日齢 3 初産分娩時日齢 / 未経産妊娠時日齢 4 分娩後初回授精日 5 空胎日数 6 初回授精受胎率 7 受胎に要した授精回数 8 分娩間隔 9 供用年数 / 生涯産次 10 各分娩時月齢といった肉用牛繁殖農家にとっては 極めて重要

現在 本事業で分析ができるものは 1 妊娠期間 2 未経産初回授精日齢 3 初産分娩時日齢 / 未経産妊娠時日齢 4 分娩後初回授精日 5 空胎日数 6 初回授精受胎率 7 受胎に要した授精回数 8 分娩間隔 9 供用年数 / 生涯産次 10 各分娩時月齢といった肉用牛繁殖農家にとっては 極めて重要 TOPICS 肉用牛の繁殖成績について 電子計算センター次長相原光夫 当団は 平成 24 年度に農林水産省の家畜改良推進事業のうち肉用牛検定システム高度化事業により生産性向上データの収集分析を行ってきました 北海道十勝管内 24 組合 岡山県下 3 組合がモデル参加し 肉用牛の繁殖にかかわる結果がまとまりましたのでお知らせします なお 本分析は家畜改良事業団が行ったものです 農林水産省の見解ではありませんので

More information

~.-.~ 八雲の乳牛飼養 ~ 畳 ~ 畳コ ~ ミ .ð~ ~. 1~6 告 ~ ~ 積 (~ ~~ 経産牛 1 頭当り乳量 (K~ ゆ ~ らであるが水稲や小麦 K ぐらべても高い l~ 式 I~ ニ Z 3~4 人 ~ Z 託 î~ ぞ プしエ iレロ革 戸アる ~ てサ ~ タ ~ I~ を評価するの K 重要左物指しの 1 つがとの粗飼料流通の社会的左姿と考えられる

More information

Microsoft Word - H26技術資料・輸入乾草の品質・全編原稿

Microsoft Word - H26技術資料・輸入乾草の品質・全編原稿 農林水産技術会議 技術指導資料 平成 27 年 3 月 輸入乾草の見た目と 品質判定のしかた 千葉県の酪農家が実際に給与している輸入乾草の 飼料分析による比較調査から 千葉県 千葉県農林水産技術会議 乾草は見た目じゃわからない! 酪農家支援のための平成 26 年度現地課題調査研究の一環として 対象農家が実際に利用している輸入乾草を 県内各地域の農業事務所改良普及課が収集して比較調査を実施しました

More information

untitled

untitled 74 交雑種去勢牛の肥育中期以降における飼料中第一胃分解性タンパク質割合および大麦とトウモロコシの配合割合が産肉性に及ぼす影響 浅岡壮平 * 浅田研一 稲田淳 磯崎良寛 飼料中の第一胃分解性タンパク質割合および大麦とトウモロコシの配合割合が, 発育性および枝肉性状に及ぼす影響を検討するために, 交雑種去勢牛 18 頭を用い, 肥育中期 (14.6 19.2 ヵ月齢 ) および肥育後期 ( 25.1

More information

MRF 16 (1) 15 1 1 2 36 116 3 2 A A-2 15 2 (2) (3) 90 1 18 1 10 2 AA A-1 5% 5% 1% 18 5 25% 5 17 (1) 18 MRF 1 11 62 1 1 1 2 40 3 10 4 44 1 45 1 46 1 48 2 4 2 2 3 1 2 8 5 6 6 2 40 7 1 7 18 15 1 5 6 5 8 9

More information

れた。

れた。 暑熱期におけるアスタキサンチン飼料用製剤の黒毛和種 繁殖雌牛への給与が栄養状態及び採胚成績に与える影響 東山雅人 要 約 暑熱期における牛の繁殖成績の向上においては, 暑熱ストレスの影響を受けにくい新鮮体内胚の移植の需要は高まり, 高品質体内胚の安定供給が求められている 暑熱ストレスの影響は黒毛和種において採食量やホルモン分泌の低下等, 多岐に及ぶことが知られており, 近年の報告からこれら暑熱ストレスの一因を酸化ストレスと捉え,

More information

目 次 Ⅰ 酪農及び肉用牛生産の近代化に関する方針 Ⅱ 生乳の生産数量の目標並びに乳牛及び肉用牛の飼養数の目標 1 生乳の生産数量及び乳牛の飼養数の目標 2 肉用牛の飼養数の目標 Ⅲ 酪農経営又は肉用牛経営の改善の目標 1 酪農経営方式 2 肉用牛経営方式 Ⅳ 乳牛及び肉用牛の飼養規模の拡大のための

目 次 Ⅰ 酪農及び肉用牛生産の近代化に関する方針 Ⅱ 生乳の生産数量の目標並びに乳牛及び肉用牛の飼養数の目標 1 生乳の生産数量及び乳牛の飼養数の目標 2 肉用牛の飼養数の目標 Ⅲ 酪農経営又は肉用牛経営の改善の目標 1 酪農経営方式 2 肉用牛経営方式 Ⅳ 乳牛及び肉用牛の飼養規模の拡大のための 別記様式第 4 号 計画期間 平成 27 年度 ~ 平成 37 年度 宍粟市酪農 肉用牛生産近代化計画書 平成 28 年 3 月 兵庫県宍粟市 1 / 13 ページ 目 次 Ⅰ 酪農及び肉用牛生産の近代化に関する方針 Ⅱ 生乳の生産数量の目標並びに乳牛及び肉用牛の飼養数の目標 1 生乳の生産数量及び乳牛の飼養数の目標 2 肉用牛の飼養数の目標 Ⅲ 酪農経営又は肉用牛経営の改善の目標 1 酪農経営方式

More information

研究の中間報告

研究の中間報告 家畜と繁殖機能 久米新一 京都大学大学院農学研究科 家畜の生産性向上とシグナル伝達 家畜は体内の恒常性維持よりも生産性向上に重点をおいて改良したため 情報伝達などに不備が生じやすくなっている 環境ホルモンと栄養素の不足 ( タンパク質 カルシウム リンなど ) 生理機能の変化( 生産性重視 ) 免疫能の低下によるシグナル伝達の不備が高まる危険性 研究の背景 : 肉用牛の受胎率低下 資料 : 農林水産省畜産部

More information

5. 研究組織 (1) 日本側参加者 たかはし高橋 ( ふりがな ) 氏 よしゆき 芳幸 名 所属 職名研究協力テーマ北海道大学獣医学教授牛胚の体外生産 かさい葛西 まごさぶろう 孫三郎 高知大学農学系教授 牛 水牛胚凍結 かない金井 ゆきお幸雄 筑波大学生命環境科学教授 水牛体細胞の保存 あかぎ赤

5. 研究組織 (1) 日本側参加者 たかはし高橋 ( ふりがな ) 氏 よしゆき 芳幸 名 所属 職名研究協力テーマ北海道大学獣医学教授牛胚の体外生産 かさい葛西 まごさぶろう 孫三郎 高知大学農学系教授 牛 水牛胚凍結 かない金井 ゆきお幸雄 筑波大学生命環境科学教授 水牛体細胞の保存 あかぎ赤 ( 様式 4) 二国間交流事業共同研究報告書 平成 23 年 7 月 19 日 独立行政法人日本学術振興会理事長殿 共同研究代表者所属 部局農業 食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所 ( ふりがな ) ながいたく職 氏名研究領域長 永井卓 1. 事業名相手国 ( タイ ) との共同研究振興会対応機関 ( NRCT ) 2. 研究課題名水牛の生物多様性を維持するための水牛胚の体外生産 操作および保存に関する研

More information

橡46ohim.PDF

橡46ohim.PDF a. 1 c. 139 139 136 2 3 2-1-1 2-1-2 2-1-1 2-1-2 2-1-1 96.3 1.5 0.7 1.5 100.0 131 2 1 2 136 27.7 26.4 23.0 22.9 100.0 942 899 784 780 3405 2006.10 2-1-2 39.0 53 61.0 83 100.0 136 52.0 48.0 100.0 1770 1635

More information

<4D F736F F D AA95D8914F82CC B8AC7979D8E B8B5A8CA4816A817989FC92F994C5817A2E646F63>

<4D F736F F D AA95D8914F82CC B8AC7979D8E B8B5A8CA4816A817989FC92F994C5817A2E646F63> あたらしい 農業技術 No.576 分娩前の栄養管理指標による 乳牛の生産性向上管理技術の確立 平成 24 年度 - 静岡県経済産業部 - 要旨 1 技術 情報の内容及び特徴 (1) 近年 乳牛の受胎率が著しく低下しており 酪農家の経営を圧迫しています 品種改良による生産乳量の増加に伴い 分娩後に生理的に起きるエネルギー不足が大きくなっており これが繁殖成績の低下に結びついているのではないかと考え

More information

化を明らかにすることにより 自閉症発症のリスクに関わるメカニズムを明らかにすることが期待されます 本研究成果は 本年 京都において開催される Neuro2013 において 6 月 22 日に発表されます (P ) お問い合わせ先 東北大学大学院医学系研究科 発生発達神経科学分野教授大隅典

化を明らかにすることにより 自閉症発症のリスクに関わるメカニズムを明らかにすることが期待されます 本研究成果は 本年 京都において開催される Neuro2013 において 6 月 22 日に発表されます (P ) お問い合わせ先 東北大学大学院医学系研究科 発生発達神経科学分野教授大隅典 報道機関各位 2013 年 6 月 19 日 日本神経科学学会 東北大学大学院医学系研究科 マウスの超音波発声に対する遺伝および環境要因の相互作用 : 父親の加齢や体外受精が自閉症のリスクとなるメカニズム解明への手がかり 概要 近年 先進国では自閉症の発症率の増加が社会的問題となっています これまでの疫学研究により 父親の高齢化や体外受精 (IVF) はその子供における自閉症の発症率を増大させることが報告されています

More information

経営戦略研究_1.indb

経営戦略研究_1.indb 56 経営戦略研究 vol.1 図 4 1971 年度入社と 1972 年度入社の複合的競争 徴である Ⅳ 昇格と異動に関する回帰分析 1 回帰分析の変数 ここでは高い資格に到達 昇格 した人がどのような異動傾向を有しているかを回帰分 析で推定する 資格毎に 理事 10 参事 9 主幹 2 級 8.5 副参事 8 主幹 3 級 7.5 主事 技師 7 E 等級主任 6 P 等級主任 5 P 等級 4

More information

Ⅲ データの入力 栄養報告 ( 週報 ) ファイル を構成する入力シートとデータの入力について説明します 1 シートの構成メニュー入力シート (1 日目 ) ~ 入力シート (5 日目 ) 1 日目 ~ 5 日目 報告年月 報告対象学校名等の基本情報を入力するシートです また 入力データの集計や報告

Ⅲ データの入力 栄養報告 ( 週報 ) ファイル を構成する入力シートとデータの入力について説明します 1 シートの構成メニュー入力シート (1 日目 ) ~ 入力シート (5 日目 ) 1 日目 ~ 5 日目 報告年月 報告対象学校名等の基本情報を入力するシートです また 入力データの集計や報告 学校給食栄養報告データ集計システム操作マニュアル Ⅰ 栄養報告 ( 週報 ) ファイルの概要給食栄養報告 ( 週報 ) ファイルは 学校給食の報告データを入力するシートと入力データを集計する機能で構成されています 報告データ作成までの大まかな流れは次のようになります 1 入力ファイルのコピー長野県教育委員会のホームページから 栄養報告 ( 週報 ) 入力ファイル をハードディスクの任意のフォルダにコピーします

More information

(3) 摂取する上での注意事項 ( 該当するものがあれば記載 ) 機能性関与成分と医薬品との相互作用に関する情報を国立健康 栄養研究所 健康食品 有効性 安全性データベース 城西大学食品 医薬品相互作用データベース CiNii Articles で検索しました その結果 検索した範囲内では 相互作用

(3) 摂取する上での注意事項 ( 該当するものがあれば記載 ) 機能性関与成分と医薬品との相互作用に関する情報を国立健康 栄養研究所 健康食品 有効性 安全性データベース 城西大学食品 医薬品相互作用データベース CiNii Articles で検索しました その結果 検索した範囲内では 相互作用 販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報 ( 一般消費者向け ) 商品名蹴脂粒食品の区分 加工食品 ( サプリメント形状 その他 ) 生鮮食品機能性関与成分名キトグルカン ( エノキタケ抽出物 ) 表示しようとする機能性本品はキトグルカン ( エノキタケ抽出物 ) を配合しており 体脂肪 ( 内臓脂肪 ) を減少させる働きがあります 体脂肪が気になる方 肥満気味の方に適しています

More information

10 時 半 ~17 時 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~1/10 程 であった.これは, 定 量 の 手 法 が 異 なるため ~79), 1~5) 母 数 効 果 (l =1~3) (m=1~10) ~3) 競 馬 四 季 報 (1989~ 1991) と 競 馬 年 鑑 (1989~ 中 京 の 地 方 開 催 グループでは 初 出

More information

平成14年度研究報告

平成14年度研究報告 平成 14 年度研究報告 研究テーマ 多嚢胞性卵巣発症に関する遺伝性素因の解析 - PCO の解析 - 北海道大学大学院医学研究科 助手菅原照夫 現所属 : 北海道大学大学院医学研究科 医学部連携研究センター サマリー 多嚢胞性卵巣 (PCO) は生殖可能年齢の婦人の 5 10% に発症する内分泌疾患である 臨床症状は 月経不順 多毛 肥満 排卵障害が主な特徴であり 難治性の不妊症の主な原因である

More information

~ 3.73~3.99% 3.10~3.30%. 24.5~26.4 73~3.99%, 乳タン パク質率は 3.10~3.30% の範囲であった. 代謝体重あ た. 採食量は 21~24 日目に測定し, 給与飼料と残食を 2~2 ~27 日目の 7 日間, 朝 も 0.27~0.28 と同程度となった ( 表 3). また, は 24.5~26.4 73~3.99%, 乳タ ンパク質率は 3.10~3.30%

More information