HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "HIV感染防止マニュアル(出力用).indd"

Transcription

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13 ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 所 在 地 医 師 印

14 ( 別 紙 2) 抗 HIV 薬 による 予 防 内 服 についての 説 明 書 1 予 防 内 服 は 次 のとおり 行 います 事 故 発 生 から,できるだけ 速 やかに(CDCでは 遅 くとも72 時 間 以 内 としている) 内 服 を 開 始 します 内 服 薬 は,ツルバダ or ( ) とアイセントレス or ( )です 4 週 間 の 内 服 が 推 奨 されています 事 故 発 生 後,6 週 間 後,3 ヵ 月 後 に HIV (ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 感 染 の 有 無 について 確 認 が 必 要 です 2 HIV 感 染 血 液 による 針 刺 しなどの 職 業 曝 露 から,HIV の 感 染 が 成 立 する 危 険 性 は 非 常 に 低 く, 次 のとおり 報 告 されています HIV 汚 染 血 液 の 針 刺 し 事 故 によって 感 染 する 確 率 は,0.3% HIV 汚 染 血 液 の 粘 膜 への 曝 露 によって 感 染 する 確 率 は,0.09% HIV 汚 染 血 液 の 血 中 ウイルス 量 が 1000 コヒ ー/ml 以 下 では, 感 染 する 確 率 は,ほとんど0に 近 い 3 予 防 内 服 の 効 果 は 次 のとおりです 予 防 内 服 により100% 感 染 が 防 止 できるものではありません それでも, 予 防 内 服 を 勧 める 理 由 は,さらに 感 染 のリスクを 減 らすことが 証 明 されているからです HIV 専 門 医 の 多 くは 耐 性 ウイルスの 懸 念 から, 抗 HIV 薬 を 3 剤 ( 成 分 ) 内 服 することを 推 奨 しています 内 服 するか 否 かについて,どうしてよいかわからない 場 合 は,HIV 専 門 医 の 多 くは,とりあえず 第 1 回 目 の 内 服 をすることを 推 奨 しています その 後 12 時 間 の 時 間 的 余 裕 ができますので,その 時 点 で 拠 点 病 院 の 専 門 医 に 相 談 してよりよい 方 法 を 考 慮 することが 可 能 になります 4 その 他 妊 娠 初 期 での 胎 児 への 安 全 性 は 確 認 されていません しかし, 胎 児 へのHIV 感 染 予 防 のために DHHS ガイドライン( 注 )で HIV 抗 体 陽 性 の 妊 婦 に 対 して 抗 HIV 薬 内 服 が 推 奨 されています ( 注 )DHHS(アメリカ 合 衆 国 保 健 社 会 福 祉 省 ) Guidelines for the use of Antiretroviral Agents in HIV-1-Infected Adult and Adolescents, 05/01/2014 (http://aidsinfo.nih.gov) 妊 娠 していても 抗 HIV 薬 の 内 服 は 可 能 ですが,その 場 合 は,ブロック 拠 点 病 院 ( 広 島 大 学 病 院, 県 立 広 島 病 院, 広 島 市 立 広 島 市 民 病 院 )の 専 門 医 に 受 診 または 相 談 してください 抗 HIV 薬 は,B 型 肝 炎 の 治 療 薬 として 使 われているものがあります B 型 肝 炎 の 既 往 がある 場 合 は, 専 門 医 への 相 談 が 必 要 です

15 ( 別 紙 3) 患 者 への HIV 検 査 の 説 明 事 項 ( 患 者 に 対 し HIV 検 査 の 同 意 を 得 る 場 合 に, 必 要 な 説 明 内 容 ) 以 下 の 内 容 を,プライバシーが 守 れる 環 境 で 説 明 する この 度, 医 療 行 為 または 看 護 ケアを 行 う 過 程 で, 当 院 職 員 が 患 者 の 体 液 に 曝 露 したことによる 事 故 を 起 こしたこと 一 般 に, 体 液 からは HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 感 染 症 等 を 起 こすことが 知 られているので, 職 員 への 感 染 予 防 のため, HIV 迅 速 検 査 をさせていただきたいこと 検 査 結 果 は, 分 かり 次 第, 後 日 お 伝 えすること 検 査 結 果 には 偽 陽 性 の 場 合 もあり, 確 定 診 断 がでるまでは 時 間 がかかること 万 一 感 染 されている 場 合 でも, 現 在 は 良 い 治 療 法 や 社 会 支 援 制 度 があること 当 院 職 員 が 予 防 内 服 治 療 を 行 う 場 合 に 必 要 となるため,HBs 抗 原 及 び HCV 抗 体 の 検 査 も 併 せて 行 いたいこと 検 査 のために, 約 2ml と 約 5mlの 採 血 を 行 うこと 検 査 の 費 用 は, 全 て 当 方 で 負 担 すること 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については, 患 者 への 報 告 および 当 院 職 員 の 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 しないこと

16 ( 別 紙 4) HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 患 者 用 ) 様 この 度,あなたの 医 療 行 為 または 看 護 ケアを 行 う 過 程 で, 当 院 職 員 が,あなたの 体 液 ( 血 液 その 他 : )に 曝 露 するという 事 故 を 起 こしました 一 般 に, 体 液 による 事 故 で 肝 炎 ウイルスや HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス)の 感 染 が 起 こることがあります 職 員 への 感 染 の 危 険 性 を 知 り, 予 防 的 治 療 の 必 要 性 を 判 断 するために,あなたの 血 液 を 採 血 して 検 査 をさせてください 検 査 の 項 目 は,B 型 肝 炎 ウイルス 検 査 (HBs 抗 原 検 査 ),C 型 肝 炎 ウイルス 検 査 (HCV 抗 体 検 査 ), HIV 検 査 (HIV 抗 原 抗 体 検 査 )です 検 査 の 費 用 は 病 院 が 負 担 いたします また, 検 査 の 結 果 は, 後 日,ご 報 告 させていただきます なお, 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については, 当 院 職 員 の 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 いたし ません 平 成 年 月 日 説 明 者 上 記 の 説 明 を 受 け, 採 血 検 査 を 受 けることに 同 意 します 平 成 年 月 日 署 名

17 ( 別 紙 5) HIV 検 査 等 に 関 する 同 意 書 ( 被 曝 露 者 用 ) 様 この 度, 発 生 した 体 液 曝 露 事 故 において,あなたが 予 防 内 服 をすることについての 必 要 性 を 検 討 する 上 で,あなたの HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス) 検 査 (HIV 抗 体 迅 速 検 査 )を 実 施 する 必 要 が あります HIV 抗 体 が 作 られるまで 2~3 ヵ 月 かかると 言 われています 真 の 結 果 を 得 るため,HIV 検 査 を 複 数 回 行 うことになります 目 安 として, 事 故 発 生 後,6 週 間 後,3 ヵ 月 後 に 検 査 を 行 います また, 抗 HIV 薬 を 選 択 する 上 で,B 型 肝 炎 (HBs 抗 原 抗 原 検 査 )についても, 必 要 であれば 検 査 します 個 人 情 報 ( 検 査 の 実 施, 結 果 等 )については,あなたの HIV 感 染 予 防 の 目 的 以 外 には 使 用 しま せん 担 当 医 平 成 年 月 日 病 院 上 記 の 説 明 を 受 け, 複 数 回 の 採 血 検 査 を 受 けることに 同 意 します 名 前 平 成 年 月 日

18 ( 別 紙 6) 予 防 内 服 に 関 する 同 意 書 病 院 長 様 この 度, 私 は 体 液 曝 露 事 故 により HIV(ヒト 免 疫 不 全 ウイルス)に 感 染 する 危 険 性 と, 抗 HIV 剤 を 服 用 することによる 感 染 予 防 の 利 益, 抗 HIV 剤 による 副 作 用 の 発 生 リスクについて 説 明 書 を 読 み, 医 師 から 説 明 を 受 けました また, 妊 婦 への 安 全 性 が 確 認 されていないことを 含 め, 説 明 を 十 分 理 解 した 上 で, 自 らの 意 思 で, 抗 HIV 剤 による 予 防 内 服 ( 多 剤 併 用 療 法 )を 行 うことを 決 めましたので, 下 記 の 投 薬 を 希 望 しま す 服 用 希 望 薬 剤 ( 必 ず 本 人 がチェックすること) ツルバダ(テノホビルとエムトリシタビンの 合 剤 ) アイセントレス 平 成 年 月 日 名 前 ( 医 療 機 関 名 : )

19

20

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

Microsoft Word - (案1)表紙・目次

Microsoft Word - (案1)表紙・目次 HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 平 成 27 年 4 月 島 根 県 健 康 福 祉 部 薬 事 衛 生 課 目 次 マニュアル 使 用 上 の 注 意 1 曝 露 事 故 発 生 後 の 予 防 服 用 フローチャート 2 1. 事 故 の 発 生 した 一 般 医 療 機 関 での 対 応 3 2.エイズ 予 防 薬 配 備 医 療 機 関 での 対 応 4 3.

More information

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関

はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された 厚 生 省 ( 当 時 ) 通 知 を 受 け 一 般 医 療 機 関 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 一 般 医 療 機 関 向 け 平 成 26 年 7 月 改 定 版 東 京 都 エイズ 診 療 協 力 病 院 運 営 協 議 会 編 はじめに 東 京 都 では 平 成 9 年 に HIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル を 作 成 し 協 力 病 院 及 び 一 般 医 療 機 関 等 へ 配 布 した これは 同 年 に 出 された

More information

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです

このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為 看 護 や 介 護 に よる HIV 曝 露 事 故 に 遭 遇 した 時 に 速 やかに 感 染 予 防 の 行 動 がとれるよう 基 本 的 な 対 応 につ いて 記 載 したものです < 一 般 医 療 機 関 向 け> 曝 露 事 故 等 によるHIV 感 染 防 止 のための 予 防 服 用 マニュアル 医 療 事 故 緊 急 対 応 用 平 成 28 年 3 月 香 川 県 エ イ ズ 対 策 協 議 会 香 川 県 健 康 福 祉 部 薬 務 感 染 症 対 策 課 このマニュアルは 医 療 機 関 等 に 勤 務 する 医 療 従 事 者 が 万 が 一 医 療 行 為

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

第 1 章 実 は, 鼻 炎 は 様 々 5 ハンノキとその 花 粉 図 6 6 アレルギー 性 鼻 炎 患 者 の 右 鼻 腔 内 の 写 真 11

第 1 章 実 は, 鼻 炎 は 様 々 5 ハンノキとその 花 粉 図 6 6 アレルギー 性 鼻 炎 患 者 の 右 鼻 腔 内 の 写 真 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 0.1 5.0 cm 2 5.1 50.0 cm 2 50.1 cm 2 0.05 1.0 cm 2 1.1 5.0 cm 2 5.1 cm 2 2 春 先 を 中 心 とした 花 粉 カレンダー 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 0.1 5.0 cm 2 5.1 50.0 cm 2 50.1 cm 2 0.05 1.0

More information

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン

成 長 するに 従 い HBV に 対 する 免 疫 応 答 が 完 成 化 し 肝 炎 が 発 症 する HBV 感 染 肝 細 胞 が 排 除 され HBV DNA 量 が 減 少 する 成 人 期 までに 85~90%は HBe 抗 原 から HBe 抗 体 に 変 化 し(セロコンバージョン B 型 肝 炎 の 基 本 (110309) 普 通 に 仕 事 をしていたら 避 けて 通 れない 疾 患 基 本 は 押 さえておく 必 要 がある ガイドラインを 中 心 に 復 習 知 識 の 整 理 をしておく 基 本 わが 国 では B 型 肝 炎 ウイルス 保 有 者 (キャリア)は 約 130~150 万 人 いるが その 多 くは 非 活 動 性 の 無 症 候 性 キャリアで 病

More information

外科外来を受診される方へ(問診票)

外科外来を受診される方へ(問診票) ワクチンで 予 防 可 能 な 病 気 (VPD)について 第 1 版 2013 年 4 月 1 日 作 成 VPD とは Vaccine=ワクチン Preventable= 予 防 可 能 な Diseases= 病 気 の 略 で 文 字 通 り ワ クチンで 予 防 可 能 な 病 気 のことです 主 な VPD には 次 のようなものがあります B 型 肝 炎 破 傷 風 おたふく 風 邪

More information

Taro13-160510HBVワクチンパブコ

Taro13-160510HBVワクチンパブコ B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 等 に 関 する 意 見 書 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 薬 害 オンブズパースン 会 議 代 表 鈴 木 利 廣 160-0022 東 京 都 新 宿 区 新 宿 1-14-4 AM ビル4 階 電 話 03(3350)0607 FAX 03(5363)7080 e-mail yakugai@t3.rim.or.jp URL://www.yakugai.gr.jp

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

付録2192.ec9

付録2192.ec9 広 島 県 医 師 会 速 報 ( 第 号 ) 付 録 年 ( 平 成 年 ) 月 日 ( ) 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 について 広 島 県 医 師 会 常 任 理 事 渡 邊 弘 司 本 県 における 鳥 インフルエンザ(H N )の 指 定 感 染 症 指 定 後 の 医 療 提 供 体 制 につきましては すでにお 知 らせしておりますが

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

狂 犬 病 はワクチンで 予 防 できる 疾 患 です イヌへのワクチン 接 種 は 人 に 対 する 狂 犬 病 予 防 の 最 も 対 費 用 効 果 のある 対 策 です イヌへのワクチン 接 種 は 狂 犬 病 による 死 に 着 目 させるだけで なく イヌ 咬 傷 治 療 の 一 部 と

狂 犬 病 はワクチンで 予 防 できる 疾 患 です イヌへのワクチン 接 種 は 人 に 対 する 狂 犬 病 予 防 の 最 も 対 費 用 効 果 のある 対 策 です イヌへのワクチン 接 種 は 狂 犬 病 による 死 に 着 目 させるだけで なく イヌ 咬 傷 治 療 の 一 部 と 狂 犬 病 について (ファクトシート) 2016 年 3 月 WHO 要 点 狂 犬 病 は 150 以 上 の 国 と 地 域 で 発 生 していますが ワクチンで 予 防 できるウイルス 性 疾 患 で す イヌは 人 の 狂 犬 病 の 感 染 源 の 99%を 占 めており 大 多 数 の 死 亡 者 の 原 因 になっています 狂 犬 病 の 撲 滅 はイヌにワクチン 接 種 することで

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2006 年 には 1700 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません こうした 海 外 でかかりやすい 感 染

はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2006 年 には 1700 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません こうした 海 外 でかかりやすい 感 染 海 外 旅 行 者 の 予 防 接 種 Q &A 平 成 20 年 1 月 発 行 編 集 発 行 : 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 新 興 再 興 感 染 症 研 究 事 業 海 外 渡 航 者 に 対 する 予 防 接 種 のあり 方 に 関 する 研 究 班 ( 班 長 : 川 崎 医 科 大 学 小 児 科 学 第 2 講 座 教 授 尾 内 一 信 ) 連 絡 先 : 701-0192

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ

ロトコールを 作 成 し 皮 膚 線 量 を 予 測 すること 皮 膚 障 害 のしきい 値 である 3Gy を 超 えたと 考 えられる 患 者 には 追 跡 調 査 を 行 うことを 勧 告 している 今 後 各 施 設 で IVR に 使 用 している 装 置 の 線 量 率 の 測 定 それ 放 射 線 科 学 放 射 線 被 ばくについての 最 近 の 話 題 石 口 恒 男 画 像 診 断 とインターベンショナルラジオロジー(IVR) および 放 射 線 防 護 を 専 門 とする 放 射 線 科 医 として 患 者 さんやご 家 族 の 方 々から 医 療 被 ばくについ ての 相 談 を 受 けることが 少 なくない ここでは 被 ばくに 関 する 最 近 の 話 題 を いくつかご

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

serbarikkusu

serbarikkusu サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ やまもとクリニック サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ 発 行 日 :2013.6.30 平 成 25 年 度 は 定 期 予 防 接 種 となり 小 学 6 年 から 高 校 1 年 相 当 の 女 子 は 公 費 助 成 が 受 けられます 注 サーバリックスおよびガーダシル 接 種 の 際 非 常 にまれに 注 射 後

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾 ピロリ 菌 と 胃 がん 荒 木 産 婦 人 科 肛 門 科 荒 木 常 男 2014 年 12 月 31 日 作 成 目 次 1. 日 本 人 の 男 女 別 胃 がん 罹 患 数 死 亡 数 と 年 齢 階 級 別 罹 患 率 死 亡 率 推 移 2. 胃 がんの 主 たる 原 因 はピロリ 菌 感 染 による 慢 性 胃 炎 です 3.ピロリ 菌 感 染 が 小 児 期 からずっとない 成 人

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

Microsoft Word - vaccine_dog.doc

Microsoft Word - vaccine_dog.doc ワクチンについて ワンちゃん 編 ワクチンは いつ 接 種 するかのタイミングが 重 要 です 特 に 子 犬 の 場 合 は 生 まれる 時 に 親 から 貰 った 免 疫 ( 移 行 抗 体 )が 残 っているので これが 切 れる 時 期 を 見 計 らってワクチンを 接 種 することが 大 切 です また 健 康 状 態 や 体 質 によっては 副 作 用 の 危 険 や 十 分 な 免 疫

More information

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常

感 染 対 策 がマニュアルに 従 って 実 施 されるように 指 導 することや 病 棟 での 意 見 を 聞 き 入 れることが 重 要 です そして ICT 検 討 会 で 改 善 策 な どについて 話 し 合 います 巡 回 は 医 療 施 設 の 規 模 によって 異 なりますが 通 常 2006 年 2 月 10 日 放 送 ICT と 薬 剤 師 の 役 割 山 形 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 薬 剤 部 長 助 教 授 白 石 正 ICTには 実 際 の 業 務 を 行 っている 薬 剤 師 が 参 加 すべき 感 染 対 策 は チーム 医 療 の 一 環 として 職 種 の 異 なったスタッフがそ れぞれの 専 門 性 を 生 かし 連 携 を 取 り 合 いながら

More information

表紙HIV

表紙HIV HIV 検 査 相 談 に 関 する 全 国 保 健 所 アンケート 調 査 報 告 書 ( 平 成 25 年 度 ) 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 エイズ 対 策 研 究 事 業 HIV 検 査 相 談 の 充 実 と 利 用 機 会 の 促 進 に 関 する 研 究 研 究 代 表 者 加 藤 真 吾 ( 慶 應 義 塾 大 学 医 学 部 ) 研 究 分 担 者 今 井 光

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月

Q2 熱 1 風 邪 で 咳 と 鼻 水 が 少 しでていますが 熱 もなく 元 気 です 予 防 接 種 をうけても いいでしょうか? 2 突 発 性 発 疹 や 麻 疹 にかかったあと どのくらい 経 てば 予 防 接 種 をうけられますか? 3 熱 性 けいれんを 起 こしてからまだ1ヶ 月 Q A? 平 成 26 年 度 第 3 回 学 術 講 演 会 彩 の 国 予 防 接 種 推 進 協 議 会?! ワクチン/ 副 反 応 / 感 染 症 に 関 する 疑 問 に 答 えます! 平 成 27 年 4 月 11 日 ( 土 ) 浦 和 コミュニティーセンター 第 15 会 議 室 にて Q1 母 子 健 康 手 帳 を 持 参 するのを 忘 れた 母 親 が 子 どもを 連 れて 予

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています

学 校 で 実 施 されている 紫 外 線 対 策 として 帽 子 着 用 指 導 プールに 日 よけを 設 置 紫 外 線 の 障 害 作 用 および 予 防 法 についての 指 導 サンスクリーン 剤 の 使 用 許 可 プール 授 業 時 のサンスクリーン 剤 使 用 が 回 答 されています 2010 年 1 月 7 日 放 送 第 108 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 15 教 育 講 演 25 より 学 校 保 健 を 考 える 学 校 における 紫 外 線 対 策 東 京 慈 恵 会 医 科 大 学 附 属 第 三 病 院 皮 膚 科 教 授 上 出 良 一 はじめに 紫 外 線 の 持 つ 皮 膚 や 眼 に 対 する 傷 害 性 が 明 らかになり 紫 外 線 防 御

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

感染予防_16p.indd

感染予防_16p.indd 海 外 渡 航 者 の 予 防 接 種 Q &A 川 崎 医 科 大 学 小 児 科 学 教 室 平 成 27 年 11 月 改 訂 版 発 行 はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2014 年 には 1,690 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ

制 度 名 制 度 の 主 旨 休 業 等 ( 無 給 短 時 間 勤 務 ( 平 成 21 年 4 月 1 日 施 行 ) 3 歳 未 満 ( 3 歳 に 達 す る 日 ( 誕 生 日 の 前 日 )ま で)の 子 を 養 育 す る 職 員 が 一 定 期 間 休 業 することを 認 め られ ~ 子 どもが 生 まれた( 生 まれる) 教 職 員 の 皆 さんへ ~ 子 育 て に 関 す る 休 暇 制 度 等 の 概 要 教 職 員 の 子 育 てを 支 援 するため 次 のような 休 暇 や 休 業 の 制 度 があります 子 どもが 生 まれる 女 性 職 員 だけでなく 父 親 になった(なる 予 定 の) 男 性 職 員 も こうした 休 暇 制 度 等 を 活 用 しながら

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

第1 地方公務員災害補償制度の概要

第1 地方公務員災害補償制度の概要 第 1 制 度 の 概 要 - 1 - - 2 - 1 制 度 とは 制 度 とは 公 務 遂 行 又 は 通 勤 に 伴 って 生 じた 地 方 公 務 員 の 災 害 に 対 して 補 償 を 行 う 制 度 です 法 ( 地 公 災 法 )を 根 拠 とし 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 労 災 法 )や 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 国 公 災 法 )に 基 づく

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc

Microsoft Word - OB Package 2014 - Japanese.doc 妊 婦 検 診 出 産 パッケージ 2014 年 1 月 1 日 ~2014 年 12 月 31 日 まで 有 効 みんなで 赤 ちゃんを 迎 えましょう 産 婦 人 科 医 助 産 師 麻 酔 医 小 児 科 医 新 生 児 専 門 医 看 護 師 からなる 経 験 豊 富 なチームが お 母 さんと 赤 ちゃんに 必 要 なケアを 提 供 します 上 海 ユナイテッドファミリー 病 院 では3,500

More information

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls

(p2~7)出前講座メニュー一覧.xls 1 厚 木 市 総 合 計 画 将 来 のまちづくりに 向 けた 総 合 計 画 について 2 厚 木 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 につ いて 3 厚 木 市 ってどんなまち 厚 木 市 の 概 要 について 4 これからの 厚 木 市 の 公 共 施 設 の 在 り 方 について 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 や 将 来 にわたって 活 力 あるまちであり 続 ける ための 取

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F9187588FCD8253816990B68A888AC28BAB8AEE94D590AE94F5816A3230303630333031>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F9187588FCD8253816990B68A888AC28BAB8AEE94D590AE94F5816A3230303630333031> 基 本 目 標 4 生 活 環 境 における 保 健 衛 生 上 の 安 全 と 安 心 を 確 保 する < 基 本 的 な 考 え 方 > 健 康 は 都 市 基 盤 や 自 然 環 境 等 にも 大 きく 影 響 を 受 けます 食 品 の 安 全 居 住 環 境 をはじ めとした 生 活 環 境 の 安 全 薬 事 ペットとの 共 生 動 物 由 来 感 染 症 への 対 応 また その 他

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

諸 手 続 きの 方 法 について 手 続 きの 種 類 手 続 きの 内 容 手 続 きに 必 要 なもの 初 めて 手 帳 交 付 を 申 請 する 場 合 診 断 書 ( 指 定 様 式 ) 新 規 交 付 写 真 1 枚 ( 縦 3cm 横 2.5cm) 再 交 付 等 級 変 更 及 び

諸 手 続 きの 方 法 について 手 続 きの 種 類 手 続 きの 内 容 手 続 きに 必 要 なもの 初 めて 手 帳 交 付 を 申 請 する 場 合 診 断 書 ( 指 定 様 式 ) 新 規 交 付 写 真 1 枚 ( 縦 3cm 横 2.5cm) 再 交 付 等 級 変 更 及 び 1 障 がい 者 手 帳 1. 身 体 障 害 者 手 帳 この 手 帳 は 身 体 に 障 がいのある 人 に 交 付 されるもので その 障 がいの 程 度 によって 1 級 ( 重 度 )から6 級 ( 軽 度 )までの 区 分 があります 障 がい 名 は 1 視 覚 障 がい 2 聴 覚 又 は 平 衡 機 能 の 障 がい 3 音 声 機 能 言 語 機 能 又 はそしゃく 機 能 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

乳房再建術

乳房再建術 乳 房 再 建 フローチャート 治 療 の 流 れ 乳 房 再 建 を 検 討 ( 点 線 は 保 険 適 用 外 ) 注 ) 温 存 手 術 後 の 再 建 について 保 険 適 用 となるのは がんの 取 り 残 しやリンパ 節 転 移 再 発 が 発 見 された 場 合 などに 限 ります このフローチャートは 乳 がん 治 療 の 基 本 的 な 流 れを 示 したものです 患 者 さんによっては

More information

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型 2010 年 12 月 16 日 放 送 第 109 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 11 教 育 講 演 22 検 査 の 読 み 方 ( 自 己 抗 体 を 含 む) より 自 己 免 疫 水 疱 症 の 自 己 抗 体 の 読 み 方 と 治 療 への 応 用 久 留 米 大 学 皮 膚 科 講 師 濱 田 尚 宏 はじめに 自 己 免 疫 水 疱 症 は 多 彩 な 表 皮 抗 原

More information

『アタック・プラス』ノロウイルス対策 

『アタック・プラス』ノロウイルス対策  オックスプロ パーソナル クリップ による 花 粉 対 策 について 今 夏 (2010 年 )の 気 象 影 響 によって 2011 年 に 飛 散 する 花 粉 量 は 例 年 より 増 え るとの 予 測 です 日 本 における 花 粉 症 患 者 数 は 約 2,000 万 人 ( 環 境 庁 推 計 ) それは 全 国 民 の 約 16%という 割 合 を 占 めて 関 連 市 場 規 模

More information

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ

この 薬 を 使 う 前 に 確 認 すべきことは? 次 の 人 は この 薬 を 使 用 することはできません 高 カルシウム 血 症 の 人 次 に 掲 げる 骨 肉 腫 の 発 生 リスクが 高 いと 考 えられる 人 骨 ページェット 病 の 人 原 因 不 明 のアルカリフォスファターゼ この 薬 は? フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2015 年 1 月 更 新 販 売 名 一 般 名 含 有 量 [1 キット (2.4mL) 中 ] フォルテオ 皮 下 注 キット 600μg テリパラチド( 遺 伝 子 組 換 え) Teriparatide (Genetical Recombination) 600μg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

平 成 26 年 4 月 から 産 前 産 後 休 業 中 に 申 出 をした 組 合 員 の 共 済 掛 金 が 免 除 されます ( 互 助 会 掛 金 は 免 除 されません) 1 制 度 の 概 要 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 産 前 産 後 休 業 ( )を 取 得 し

平 成 26 年 4 月 から 産 前 産 後 休 業 中 に 申 出 をした 組 合 員 の 共 済 掛 金 が 免 除 されます ( 互 助 会 掛 金 は 免 除 されません) 1 制 度 の 概 要 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 産 前 産 後 休 業 ( )を 取 得 し 別 添 1 産 前 産 後 休 業 期 間 に 係 る 共 済 掛 金 の 免 除 について 平 成 26 年 4 月 公 立 学 校 共 済 組 合 高 知 支 部 平 成 26 年 4 月 から 産 前 産 後 休 業 中 に 申 出 をした 組 合 員 の 共 済 掛 金 が 免 除 されます ( 互 助 会 掛 金 は 免 除 されません) 1 制 度 の 概 要 次 世 代 育 成 支 援

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

Microsoft Word - 6.大谷

Microsoft Word - 6.大谷 論 壇 特 保 と 並 ぶ 新 たな 食 品 の 機 能 性 表 示 制 度 について 大 谷 敏 郎 ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 総 合 研 究 機 構 理 事 食 品 総 研 究 所 所 長 平 成 25 年 6 月 いわゆるアベノミクスの 一 貫 として 加 工 食 品 及 び 農 林 水 産 物 に 関 し 企 業 等 の 責 任 において 科 学 的 根 拠 をもとに 機 能 性

More information

<3320959E96F28EE892A081695031352D3139816A4832378F4390B394C52E786C7378>

<3320959E96F28EE892A081695031352D3139816A4832378F4390B394C52E786C7378> クリティカルパス 服 薬 記 録 クリティカルパスとは 治 療 開 始 から 入 院 退 院 後 服 薬 終 了 後 の 管 理 検 診 までの 治 療 の 経 過 記 録 表 です 患 者 様 が 不 安 なく 治 療 ( 服 薬 )を 継 続 して 中 断 することなく 結 核 治 療 を 終 了 できるよう に 患 者 様 を 中 心 に 医 師 看 護 師 薬 剤 師 栄 養 士 検 査 技

More information

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治

再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療 は 根 本 治 療 や 他 に 治 療 法 のない 疾 患 の 治 1 規 制 制 度 改 革 委 員 会 集 中 討 議 再 生 細 胞 医 療 の 現 状 及 び 課 題 平 成 24 年 11 月 29 日 厚 生 労 働 省 1 再 生 医 療 について ips 細 胞 など 幹 細 胞 は 再 生 医 療 への 応 用 はもちろん 創 薬 への 利 用 も 期 待 され 医 療 分 野 に 大 きな 革 新 をもたらす 可 能 性 特 に 再 生 医 療

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

医 療 情 報 ヘッドライン 1 厚 生 労 働 省 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 は 2 月 12 日 付 で 健 康 サ ポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 に 関

医 療 情 報 ヘッドライン 1 厚 生 労 働 省 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 は 2 月 12 日 付 で 健 康 サ ポート 薬 局 に 係 る 研 修 実 施 要 綱 に 関 2016 417 3/8 健 康 サポート 薬 局 に 研 修 修 了 薬 剤 師 を 常 駐 かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 の 機 能 を 提 言 厚 生 労 働 省 がん 脳 卒 中 などの 疾 病 治 療 と 就 業 を 両 立 させるための 支 援 ガイドラインを 公 表 厚 生 労 働 省 統 計 調 査 資 料 介 護 保 険 事 業 状 況 報 告 ( 暫 定 ) ( 平 成 27

More information

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378>

<93EC89EF92C392AC8FE18A51959F8E C C9288EA8DEC90AC816A2E786C7378> 目 次 各 種 手 帳 について 1 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 医 療 について 2~3 更 生 医 療 育 成 医 療 精 神 通 院 医 療 重 度 心 身 障 がい 者 医 療 費 助 成 人 工 透 析 通 院 交 通 費 助 成 事 業 手 当 について 4 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 制 度 特 別 障 害 者 手 当 障 害 児

More information

公 務 災 害 とは? 公 務 災 害 補 償 制 度 とは? 常 勤 の 地 方 公 務 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 によって 生 じた 身 体 的 損 害 を 補 償 する 制 度 です ( 物 的 損 害 や 精 神

公 務 災 害 とは? 公 務 災 害 補 償 制 度 とは? 常 勤 の 地 方 公 務 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 によって 生 じた 身 体 的 損 害 を 補 償 する 制 度 です ( 物 的 損 害 や 精 神 公 務 災 害 とは? P1 事 故 防 止 に 努 めましょう P2 災 害 が 発 生 したら? P3 アクシデントアラカルト P5 公 務 災 害 認 定 請 求 書 の 書 き 方 は? P7 公 務 災 害 Q&A P9 療 養 補 償 ( 治 療 費 の 支 払 )の 手 続 きは? 補 償 の 種 類 は? P10 P11 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 奈 良 県 支 部

More information

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては ( 地 Ⅲ26) 平 成 28 年 4 月 21 日 都 道 府 県 医 師 会 担 当 理 事 殿 日 本 医 師 会 常 任 理 事 道 永 麻 里 がん 検 診 に 係 る 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 標 記 につきまして 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 文 書 ( 地 Ⅲ211)(

More information

ることを 宣 言 しています また,ジカウイルス 感 染 症 と 小 頭 症 との 関 連 については 更 なる 研 究 が 必 要 であるとしつ つ, 妊 婦 は 感 染 地 域 への 渡 航 を 控 えるべきであることを 含 む 勧 告 を 発 出 しました つきましては, 妊 娠 中 又 は

ることを 宣 言 しています また,ジカウイルス 感 染 症 と 小 頭 症 との 関 連 については 更 なる 研 究 が 必 要 であるとしつ つ, 妊 婦 は 感 染 地 域 への 渡 航 を 控 えるべきであることを 含 む 勧 告 を 発 出 しました つきましては, 妊 娠 中 又 は 感 染 症 危 険 情 報 ( 在 ニカラグア 日 本 大 使 館 ) 件 名 感 染 症 危 険 情 報 ( 中 南 米 等 におけるジカウイルス 感 染 症 の 流 行 : 妊 婦 及 び 妊 娠 予 定 の 方 は 特 にご 注 意 ください ) 本 文 1 ニカラグアの 感 染 状 況 (1) 今 年 1 月 26 日 にニカラグア 国 内 で,2 人 のジカウイルス 感 染 例 が 確 認

More information

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information