kuikiso1-sample.xdw

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "kuikiso1-sample.xdw"

Transcription

1 計 算 法 -A 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 極 限 地 盤 反 力 法 による 最 小 根 入 れ 長 を 確 保 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 項 目 記 号 単 位 数 値 摘 要 水 平 力 H kn 作 用 荷 重 曲 げモーメント M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 地 盤 条 件 支 柱 基 礎 の 計 算 法 単 位 体 積 重 量 内 部 摩 擦 角 壁 面 摩 擦 角 粘 着 力 γ kn/m φ 度 δ 度 C kn/m 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 極 限 地 盤 反 力 法 (エンゲル 法 )により 最 大 地 盤 反 力 度 (Pmax) が 受 働 土 圧 強 度 (Pp) 以 下 となるように 根 入 れ 長 を 求 める 基 礎 を 剛 体 水 平 地 盤 反 力 係 数 Khを 深 さとともに1 次 増 加 するものとし 基 礎 底 面 の 抵 抗 を 考 慮 しないものとすると 支 柱 基 礎 の 回 転 角 (θ)および 回 転 中 心 深 さ(h)は 次 式 で 求 められる 計 算 式 の 出 典 は 設 計 要 領 第 五 集 交 通 安 全 施 設 編 (NEXCO) 等 に 拠 る H 支 柱 基 礎 M δ 地 盤 反 力 度 θ L h/2 Pmax h 受 働 土 圧 強 度 D Kh 支 柱 基 礎 の 回 転 角 12 (3M + 2H L) θ = kh D L 3 式 (1) 支 柱 基 礎 の 回 転 中 心 深 さ L (4M + 3H L) h = 式 (2) 2 (3M + 2H L) ここに D : 支 柱 の 幅 (m) L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) kh : 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) H : 作 用 水 平 力 (kn) M : 作 用 曲 げモーメント(kN m)

2 最 大 地 盤 反 力 度 は h/2 の 深 度 で 生 じるので Pmaxおよび Ppは 次 式 で 示 される h/2における 地 盤 反 力 度 Pmax = δkh' = 1/2(h θ) kh (h/2l) 式 (3) h/2における 受 働 土 圧 強 度 Pp = 1/2 h Kp γ + 2 C (Kp) 式 (4) ここに Kp : 受 働 土 圧 係 数 Kp= cos 1 cos 2 sin( cos ) sin( cos β β) 2 = γ : 土 の 単 位 体 積 重 量 (kn/m 3 ) φ : 内 部 摩 擦 角 ( 度 ) C : 粘 着 力 (kn/m2) δ : 壁 面 摩 擦 角 ( 度 ) β : 地 表 面 傾 斜 角 ( 度 ) = 0 ( 度 ) Pmax = Pp とすると 次 の 式 が 得 られる 1/2(h θ) kh (h/2l) - 1/2 h Kp γ + 2 C (Kp) = 0 式 (5) 式 (5)に 式 (1)と 式 (2)を 代 入 すると L に 関 する4 次 方 程 式 が 得 られる 3 Kp γ D H L D (Kp γ M + 4 C (Kp) H) L 3-3 (9 H 2-8 C (Kp) D M) L 2-72 M H L - 48 M 2 = 0 式 (6) 杭 の 抵 抗 幅 は Bromsの 実 験 および 杭 の 解 析 手 法 を 参 考 として 杭 径 Dの3 倍 を 抵 抗 幅 として 考 えるものとする 式 (6)において D = 3D とすると 式 (6)は 式 (7)となる 3 Kp γ D H L D (Kp γ M + 4 C (Kp) H) L 3 - (9 H 2-24 C (Kp) D M) L 2-24 M H L - 16 M 2 = 0 式 (7) 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4 C5に 置 き 換 えると 式 (8)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 L 4 + C2 L 3 + C3 L 2 + C4 L + C5 = 0 式 (8) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 L 4 3 Kp γ D H C2 L 3 4 D {Kp γ M + 4 C (Kp) H} C3 L 2 - { 9 H 2-24 C (Kp) D M } C4 L 1-24 M H C5 L 0-16 M 式 (8)の4 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m)

3 計 算 法 -B 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 土 圧 のつり 合 いより 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 項 目 記 号 単 位 数 値 摘 要 水 平 力 H kn 作 用 荷 重 曲 げモーメント M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 地 盤 条 件 内 部 摩 擦 角 φ 度 安 全 率 f (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 式 (1)により 算 定 する 計 算 式 は 設 計 の 要 点 と 安 全 作 業 新 版 仮 設 構 造 物 の 設 計 ( 山 海 堂 ) p.69 に 拠 る (2 - f) L - 2(7-3f) D(3 - f) 4 H 4 H L 2 - M L - Pp - Pa Pp - Pa (Pp - Pa) 2 2 = 式 (1) (2) 主 働 土 圧 強 度 の 計 算 ここに D : 支 柱 の 幅 (m) L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) H : 作 用 水 平 力 (kn) M : 作 用 曲 げモーメント(kN m) Pa : 主 働 土 圧 強 度 (kn/m2) Pp : 受 働 土 圧 強 度 (kn/m2) f : 安 全 率 主 働 土 圧 強 度 は 次 式 により 算 定 する 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 の3 倍 とする (3) 受 働 土 圧 強 度 の 計 算 Pa = γ tan 2 (45 - φ/2) 3D = tan 2 ( /2) = (kn/m2) 受 働 土 圧 強 度 は 次 式 により 算 定 する 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 の3 倍 とする Pp = γ tan 2 (45 + φ/2) 3D = tan 2 ( /2) = (kn/m2)

4 (4) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 (1)において 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4 C5に 置 き 換 えると 式 (2)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 L 4 + C2 L 3 + C3 L 2 + C4 L + C5 = 0 式 (2) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 L f C2 L C3 L 2-2 (7-3f) H / (Pp - Pa) C4 L 1 - D (3-f) M / (Pp - Pa) C5 L 0-4 H 2 / (Pp - Pa) 式 (2)の4 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m)

5 計 算 法 -C 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 弾 性 床 上 の 半 無 限 長 梁 として 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 支 柱 条 件 地 盤 条 件 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) ヤング 係 数 断 面 2 次 モーメント 地 盤 の 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m D m E kn/m E+08 I m E-06 E 0 kn/m 3 42,000 α - 1 (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 次 式 により 算 定 する 計 算 式 は 道 路 土 工 仮 設 構 造 物 工 指 針 H11.3 p.153 に 拠 る L = 2.5 β ---- 式 (1) ここに L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 )で 式 (2)による β = 4 kh D ---- 式 (2) 4 E I D : 支 柱 の 径 ( 幅 ) (m) E : 支 柱 のヤング 係 数 (kn/m2) I : 支 柱 の 断 面 2 次 モーメント (m 4 ) kh : 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 )で 式 (3)による -3/4 Bh kh = kh ---- 式 (3) Bh : 支 柱 の 換 算 載 荷 幅 (m)で 式 (4)による D Bh = ---- 式 (4) β kh 0 : 直 径 30cmの 剛 体 円 板 による 平 板 載 荷 試 験 に 相 当 する 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 で 式 (5)による 1 kh 0 = α E 式 (5) α : 地 盤 反 力 係 数 の 推 定 に 用 いる 係 数 で 表 -1による 表 -1 変 形 係 数 E 0 と α 変 形 係 数 E 0 の 推 定 方 法 孔 内 水 平 載 荷 試 験 で 求 めた 変 形 係 数 供 試 体 の 一 軸 三 軸 試 験 から 求 めた 変 形 係 数 N 値 からE 0 =2800Nで 推 定 した 変 形 係 数 係 数 α 常 時 地 震 時 等

6 (2) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 (1)~ 式 (5)に 与 値 を 代 入 して 根 入 れ 長 を 計 算 する 表 -2 根 入 れ 長 計 算 表 項 目 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 換 算 地 盤 反 力 係 数 換 算 載 荷 幅 水 平 地 盤 反 力 係 数 基 礎 の 特 性 値 基 礎 の 特 性 長 杭 の 根 入 れ 長 単 位 数 値 E 0 kn/m2 42,000 α - 1 kh 0 kn/m 3 140,000 Bh m kh kn/m 3 125,480 β m /β m L m 備 考 ( 算 式 ) kh 0 =αe 0 /0.3 Bh=(D/β) 1/2 kh=kh 0 (Bh/0.3) -3/4 β= (kh D/4EI) -1/4 L = 2.5/β M M Lm Mm H L

7 計 算 法 -D 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 (モーメントのつり 合 いより 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 地 盤 条 件 内 部 摩 擦 角 φ 度 粘 着 力 C kn/m 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 のN 倍 とする N 倍 3.0 (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 以 下 の 方 法 による 計 算 法 は 道 路 土 工 擁 壁 カルバート 仮 設 構 造 物 工 指 針 (S62.5) p.231 に 拠 る 1 根 入 れ 長 は つり 合 い 深 さの1.2 倍 とする 2 つり 合 い 深 さは 作 用 モーメントと 受 働 土 圧 による 抵 抗 モーメントが 等 しくなる 深 さ(h)に 付 加 根 入 れ 長 ( L)を 加 えた 長 さとする 3 付 加 根 入 れ 長 は h 区 間 の 水 平 力 の 差 R1が L 区 間 の 受 働 土 圧 と 主 働 土 圧 の 差 R2と 等 しくなる 区 間 長 として 求 める L = 1.2 L' 設 計 根 入 れ 長 の 算 定 式 Ma = Mp モーメントのつり 合 い 式 R1 = Pp - Ph h 区 間 の 水 平 力 の 差 R2 = Pp - Pa L 区 間 の 受 働 土 圧 と 主 働 土 圧 の 差 M H h 受 働 土 圧 Pp Mp Pa 主 働 土 圧 Ma L' h 主 働 土 圧 Pah 受 働 土 圧 Pph Pph Pah L Pa Pp D PaL PpL

8 (2) 土 圧 の 計 算 1) 主 働 土 圧 係 数 Ka = tan 2 (45 - φ/2) = tan 2 ( /2) = ) 受 働 土 圧 係 数 3) 主 働 土 圧 強 度 の 算 定 式 4) 受 働 土 圧 強 度 の 算 定 式 Kp = tan 2 (45 + φ/2) = tan 2 ( /2) = Pah = γ h Ka - 2C Ka (kn/m2) ---- 式 (1) Pph = γ h Kp + 2C Kp (kn/m2) ---- 式 (2) (3) モーメントによるつり 合 い 深 さの 計 算 1) 土 圧 の 計 算 幅 土 圧 の 計 算 幅 (D')は 支 柱 幅 (D)の 3.0 倍 とする D' = = (m) 2) 作 用 モーメント( 作 用 する 荷 重 と 主 働 土 圧 によるモーメント) Ma = M + H h + 1/2 Pah h 1/3 h D' (kn M) = 1/6 D' γ Ka h 3-1/3 D' C Ka h 2 + H h + M ---- 式 (3) 3) 抵 抗 モーメント( 受 働 土 圧 によるモーメント) Mp = 1/2 Pph h 1/3 h D' (kn M) = 1/6 D' γ Kp h 3 + 1/3 D' C Kp h 式 (4)

9 4) モーメントによるつり 合 い 深 さ Mp = Ma より Mp - Ma = 1/6 D' γ (Kp - Ka) h 3 + 1/3 D' C (Kp + Ka) h 2 - H h - M = 式 (5) 式 (5)の 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4に 置 き 換 えると 式 (6)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 h 3 + C2 h 2 + C3 h + C4 = 式 (6) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 h 3 1/6 D' γ (Kp - Ka) C2 h 2 1/3 D' C (Kp + Ka) C3 h 1 - H C4 h 0 - M 式 (6)の3 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる h = (m) (4) 付 加 根 入 れ 長 の 計 算 1) 作 用 水 平 力 と 主 働 土 圧 Pa = H + 1/2 Pah h D' = H + 1/2 D' γ Ka h 2 - D' C Ka h = / = (kn) 2) 受 働 土 圧 Pp = 1/2 Pph h D' = 1/2 D' γ Kp h 2 + D' C Kp h = 1/ = (kn) 3) モーメントのつり 合 い 深 さ h における 水 平 力 R1 = Pp - Pa = = (kn) h 受 働 土 圧 Pp M H Pa 主 働 土 圧 Pph Mp D Ma Pah

10 4) 付 加 根 入 れ 区 間 の 水 平 力 モーメントによるつり 合 い 深 さ 底 面 (h) における 主 働 土 圧 強 度 Pah = γ h Ka - 2C Ka 付 加 根 入 れ 底 面 (h + L) における 主 働 土 圧 強 度 PaL = γ (h + L) Ka - 2C Ka 付 加 根 入 れ 区 間 の 主 働 土 圧 Pa = 1/2 (Pah + PaL) L = γ h Ka L + 1/2 γ Ka L 2-2C Ka L モーメントによるつり 合 い 深 さ 底 面 (h) における 受 働 土 圧 強 度 Pph = γ h Kp + 2C Kp 付 加 根 入 れ 底 面 (h + L) における 受 働 土 圧 強 度 PpL = γ (h + L) Kp + 2C Kp 付 加 根 入 れ 区 間 の 受 働 土 圧 Pp = 1/2 (Pph + PpL) L = γ h Kp L + 1/2 γ Kp L 2 + 2C Kp L 付 加 根 入 れ 区 間 の 水 平 力 R2 = ( Pp - Pa) D' = 1/2 D' γ (Kp - Ka) L 2 + D' {γ h (Kp - Ka) + 2C (Kp + Ka) } L = L L 付 加 根 入 れ 長 の 計 算 R1 = R2 より L L = 0 上 の2 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m) L' h 主 働 土 圧 受 働 土 圧 Pah Pph L Pa Pp PaL PpL

11 (5) 根 入 れ 長 の 計 算 1) 必 要 根 入 れ 長 モーメントのつり 合 い 深 さに 付 加 根 入 れ 長 を 加 算 した 長 さ L' = h + L = = (m) 2) 設 計 根 入 れ 長 設 計 根 入 れ 長 は 必 要 根 入 れ 長 の 1.2 倍 とする L = L' 1.2 = = (m)

12 計 算 法 -E 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 転 倒 の 安 全 率 を 満 たすように 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 内 部 摩 擦 角 φ 度 地 盤 条 件 粘 着 力 C kn/m 地 表 面 の 傾 斜 角 β 度 0.00 低 坑 土 圧 の 割 り 増 し 係 数 α 転 倒 に 対 する 安 全 率 Fs 支 柱 基 礎 の 計 算 法 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 基 礎 の 設 計 方 法 は 落 石 対 策 技 術 マニュアル( 平 成 11 年 3 月 ) ( 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 )に 示 されている 円 柱 基 礎 の 設 計 法 (L/D 4の 場 合 )に 拠 る 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 転 倒 に 対 する 安 全 率 を 満 たすように 決 定 する 転 倒 に 対 す る 検 討 は 作 用 荷 重 による 転 倒 モーメントと 受 働 土 圧 による 抵 抗 モーメントを 用 いて 行 う M H β Lo Pp1 根 入 れ 長 L Pp2 回 転 中 心 D

13 (1) 基 礎 前 面 背 面 の 受 働 土 圧 係 数 (Kp1,Kp2)の 計 算 受 働 土 圧 は 次 のクーロン 式 により 求 める( 壁 面 摩 擦 角 は0 とする) D Kp= 2 cos φ/ 1- sinφ sin( φ β) /cosβ 2 基 礎 前 面 (φ=30.0,β=0.0 ) Kp1= 3.00 基 礎 背 面 (φ=30.0,β=0.0 ) Kp2= 3.00 (2) 受 働 土 圧 における 粘 性 土 の 自 立 高 さ(Z)の 計 算 Z= (2 C/γ) tan(45 -φ/2) = (2 0.0/18.00) tan( /2) = (m) (3) 必 要 根 入 れ 長 (L)の 計 算 水 平 力 の 釣 り 合 いから 次 式 が 成 立 する H - Pp1 + Pp2 = 式 (A) 基 礎 前 面 背 面 の 受 働 土 圧 合 力 (Pp1,Pp2)は 次 式 より 求 める 基 礎 前 面 の 天 端 における 受 働 土 圧 強 度 p1= γ Z Kp1 基 礎 前 面 の 根 入 れLoにおける 受 働 土 圧 強 度 p2= γ (Z+Lo) Kp1 基 礎 前 面 の 受 働 土 圧 合 力 Pp1= 1/2 γ (p1+p2) Lo α D = 1/2 γ (2 Z+Lo) Lo Kp1 α D 式 (B) 基 礎 背 面 の 根 入 れLoにおける 受 働 土 圧 強 度 p3= γ (Z+Lo) Kp2 基 礎 背 面 の 根 入 れLにおける 受 働 土 圧 強 度 p4= γ (Z+L) Kp2 基 礎 背 面 の 受 働 土 圧 合 力 Pp2= 1/2 γ (p3+p4) (L-Lo) α D = 1/2 γ (2 Z+Lo+L) (L-Lo) Kp2 α D 式 (C) 式 (A)に 式 (B)および 式 (C)を 代 入 して 整 理 し Loに 関 する 方 程 式 を 解 いて Lo = -Z + Z 2 +Kp2/(Kp1+Kp2) (L+2Z) L + 2H/{γαD(Kp1+Kp2)} 式 (D) ここに Kp1,Kp2: 基 礎 前 面 背 面 における 受 働 土 圧 係 数 Z: 粘 性 土 の 自 立 高 さ(m) H: 基 礎 天 端 に 作 用 する 水 平 力 D: 基 礎 の 直 径 (m) L: 基 礎 の 根 入 れ 長 (m) Lo: 基 礎 天 端 から 回 転 中 心 (O 点 )までの 深 さ(m) α: 抵 抗 土 圧 の 割 り 増 し 係 数 (=2.50) γ: 支 持 地 盤 の 単 位 体 積 重 量 (kn/m 3 )

14 (4) 転 倒 に 対 するモーメントの 安 全 率 計 算 O 点 における 転 倒 モーメント(Mo)と 抵 抗 モーメント(Mr)から 安 全 率 (Fs)を 求 める 転 倒 モーメント Mo = M + H Lo 式 (E) 抵 抗 モーメント Mr = 1/6 γ α D {Kp1(Lo + 3Z)Lo 2 +Kp2(Lo + 2L + 3Z)(L - Lo) 2 } 式 (f) 安 全 率 Fs = Mr/Mo 式 (G) (5) 計 算 結 果 式 (D)において L を 仮 定 して Lo を 求 める 次 に 式 (G)により 安 全 率 Fs を 計 算 する このとき 安 全 率 Fs 1.2 となる L を 試 行 計 算 により 求 める 計 算 結 果 を 下 表 に 示 す 基 礎 必 要 根 入 れ 長 の 計 算 結 果 表 必 要 回 転 中 心 転 倒 抵 抗 安 全 率 根 入 れ 深 さ モーメント モーメント 備 考 L Lo Mo Mr Fs (m) (m) (kn m) (kn m) =Mr/Mo L は10cmラウンドとした 基 礎 の 根 入 れ L が 2.3m 以 上 あれば 安 定 である

15 支 柱 基 礎 本 体 の 応 力 度 照 査 支 柱 基 礎 の 応 力 度 照 査 ( 弾 性 床 上 の 半 無 限 長 梁 として 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 支 柱 条 件 地 盤 条 件 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) ヤング 係 数 断 面 2 次 モーメント 断 面 係 数 許 容 曲 げ 応 力 度 地 盤 の 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m D m E kn/m E+08 I m E-06 Z m E-05 σa N/mm E 0 kn/m2 42,000 α - 1 (1) 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さの 計 算 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さは 次 式 により 算 定 する 以 下 の 計 算 式 は 道 路 橋 道 路 橋 示 方 書 同 解 説 Ⅳ 下 部 構 造 編 (p.393) 他 に 拠 る Lm = β 1 tan β ho ---- 式 (1) ここに Lm : 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さ (m) ho : 水 平 力 の 作 用 高 さで 式 (2)による ho = M/H (m) ---- 式 (2) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 )で 式 (3)による β = 4 kh D ---- 式 (3) 4 E I D : 支 柱 の 径 ( 幅 ) (m) E : 支 柱 のヤング 係 数 (kn/m2) I : 支 柱 の 断 面 2 次 モーメント (m 4 ) kh : 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 )で 式 (4)による kh = kh 0 Bh 0.3-3/ 式 (4) h Bh : 支 柱 の 換 算 載 荷 幅 (m)で 式 (5)による Lm M M Mm H Bh = D β ---- 式 (5)

16 kh 0 : 直 径 30cmの 剛 体 円 板 による 平 板 載 荷 試 験 に 相 当 する 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 で 式 (6)による 1 kh 0 = α E 式 (6) α : 地 盤 反 力 係 数 の 推 定 に 用 いる 係 数 で 表 -1による 表 -1 変 形 係 数 E 0 と α 変 形 係 数 E 0 の 推 定 方 法 孔 内 水 平 載 荷 試 験 で 求 めた 変 形 係 数 供 試 体 の 一 軸 三 軸 試 験 から 求 めた 変 形 係 数 N 値 からE 0 =2800Nで 推 定 した 変 形 係 数 係 数 α 常 時 地 震 時 等 式 (1)~ 式 (6)に 与 値 を 代 入 して 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さを 計 算 する 表 -2 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さの 計 算 表 項 目 単 位 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 換 算 地 盤 反 力 係 数 換 算 載 荷 幅 水 平 地 盤 反 力 係 数 基 礎 の 特 性 値 水 平 力 の 作 用 高 さ 最 大 曲 げモーメント 深 さ 数 値 E 0 kn/m2 42,000 α - 1 kh 0 kn/m 3 140,000 Bh m kh kn/m 3 125,480 β m ho m Lm m 備 考 ( 算 式 ) kh 0 =αe 0 /0.3 Bh=(D/β) 1/2 kh=kh 0 (Bh/0.3) -3/4 β= (kh D/4EI) -1/4 (2) 最 大 曲 げモーメントの 計 算 最 大 曲 げモーメントは 式 (7)により 算 定 する Mm = - 2β H 2 ( β ho) + 1 exp (-β Lm) ---- 式 (7) = (kn m) ここに H : 作 用 する 水 平 力 = (kn) Lm : 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さ = ho : 水 平 力 の 作 用 高 さ = (m) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 ) = (m -1 ) (m) (3) 応 力 度 の 照 査 支 柱 基 礎 の 曲 げ 応 力 度 は 式 (8)により 算 定 する σ = Mm 10 6 Z 10 9 = 5,748, = 64.7 σa = (N/mm 2 ) O.K. ここに Mm : 最 大 曲 げモーメント = (kn m) Z : 断 面 係 数 = 8.885E-05 (m 3 )

認証対象接合金物

認証対象接合金物 6U-103(Rev2.0) 2002.2.18 制 定 2012.4.1 改 定 木 造 建 築 物 接 合 部 等 の 評 価 方 法 木 造 建 築 接 合 部 の 評 価 方 法 下 記 の 参 考 図 書 に 示 されている 標 準 的 なルールに 基 づく 評 価 方 法 を 準 用 する [ 参 考 図 書 ] 木 造 軸 組 工 法 住 宅 の 許 容 応 力 度 設 計 法 (2008

More information

Microsoft Word - 001.土木工事設計要領.doc

Microsoft Word - 001.土木工事設計要領.doc 第 2 章 仮 設 構 造 物 117 121 上 載 荷 重 10kN/m2 土 留 め 壁 車 道 部 分 T 荷 重 中 間 杭 覆 工 受 桁 掘 削 底 面 歩 道 部 分 群 上 集 載 荷 荷 重 重 中 間 杭 土 留 め 壁 走 行 方 向 200kN 荷 重 面 走 行 直 角 方 向 T 荷 重 1 組 の 占 有 幅 275 100kN 100kN 50 20 50

More information

盤 反 力 係 数 k は 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 E から(1) 式 より 算 定 される 3 / 4 1 D / β k = α E (1) 0.3 0.3 ここに k: 杭 の 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) E: 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 (kn/m

盤 反 力 係 数 k は 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 E から(1) 式 より 算 定 される 3 / 4 1 D / β k = α E (1) 0.3 0.3 ここに k: 杭 の 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) E: 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 (kn/m 戦 -68 北 海 道 の 特 殊 土 地 盤 における 基 礎 構 造 物 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 寒 地 地 盤 チーム 研 究 担 当 者 : 冨 澤 幸 一 福 島 宏 文 江 川 拓 也 要 旨 北 海 道 に 広 く 分 布 する 泥 炭 および 火 山 灰 土 は 一 般 的 土 質 分 類 の 砂 質 土

More information

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 設 計 例 3 N 体 育 館 設 計 手 法 : 計 算 ルート( 水 平 震 度 法 ) 3-1 3-1 目 次 1. 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 概 要...3-4 1-1 建 物 概 要...3-4 1-2 設 計 方 針...3-6 1-3 チェックシート...3-8 1-4 使 用 材 料 と 許 容 応 力 度 許 容 耐 力...3-10

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 6.1.2 コンクリート (1) 許 容 応 力 度 1)コンクリートの 許 容 応 力 度 は 表 -3.6.1 の 値 とする 表 -3.6.1 コンクリートの 許 容 応 力 度 設 計 基 準 強 度 鉄 筋 コンクリート 無 筋 コ ンクリ

第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 6.1.2 コンクリート (1) 許 容 応 力 度 1)コンクリートの 許 容 応 力 度 は 表 -3.6.1 の 値 とする 表 -3.6.1 コンクリートの 許 容 応 力 度 設 計 基 準 強 度 鉄 筋 コンクリート 無 筋 コ ンクリ 第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 第 6 章 下 部 構 造 6.1 使 用 材 料 および 許 容 応 力 度 6.1.1 一 般 (1)コンクリートの 使 用 材 料 は 以 下 とする 1) 重 力 式 橋 台 以 外 の 橋 台 および 橋 脚 は 設 計 基 準 強 度 σck=24 N/mm 2 を 標 準 とする 2) 重 力 式 橋 台 は 設 計 基 準 強 度 σck=18

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

受賞講演要旨2012cs3

受賞講演要旨2012cs3 アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート α β α α α α α

More information

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅 ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

Microsoft Word - No.10 西村.doc

Microsoft Word - No.10 西村.doc [ 論 文 No.10] 名 古 屋 港 西 五 区 耐 震 強 化 岸 壁 (-14m) 築 造 工 事 における 桟 橋 杭 の 根 入 れ 長 の 変 更 ( 独 ) 港 湾 空 港 技 術 研 究 所 菊 池 喜 昭 ( 株 ) 地 盤 試 験 所 西 村 真 二 1. 事 例 の 概 要 名 古 屋 港 の 西 五 区 に-14mコンテナ 船 用 の 桟 橋 式 の 耐 震 強 化 岸 壁

More information

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477>

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477> U 型 側 溝 ( 底 版 検 討 有 り)の 構 造 計 算 ここでのU 型 側 溝 の 構 造 計 算 は 側 壁 と 底 版 の 検 討 を 行 う 一 般 的 に 底 版 中 央 部 上 面 に 引 張 り 応 力 が 作 用 することは 考 えにくいことから 底 版 の 検 討 は 両 端 部 しか 行 わない 底 版 両 端 部 の 応 力 は 側 壁 下 端 部 の 応 力 と 同 じと

More information

表1-表4_No78_念校.indd

表1-表4_No78_念校.indd mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm Fs = tan + tan. sin(1.5) tan sin. cos Fs ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

More information

16 6 12 1 16 6 23 23 11 16 START 1 Out Ok 1,2 Ok END Out 3 1 1/ H24.2 2 1 L2-1 L2-2 H14.3 3 H9.10 PHC SC 19 1 24 3 18N/mm 2 24N/mm 2 30N/mm 2 25 10 13 12 13 12 11 11 11 11 19 7 25 10 24N 8cm 25(20)mm 45

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303631388D758F4B89EF92498BB4947A957A8E9197BF816989F0939A94C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303631388D758F4B89EF92498BB4947A957A8E9197BF816989F0939A94C5816A2E646F63> 第 回 中 部 支 部 イブニングセミナー( 初 級 編 ) 解 けばなるほど 支 持 力 平 成 22 年 6 月 8 日 ( 金 ) 名 城 大 学 大 同 大 学 工 学 部 都 市 環 境 デザイン 学 科 准 教 授 棚 橋 秀 行 内 容. 浅 い 基 礎 の 支 持 力. 一 般 的 な 問 題 ( 例 題 問 題 ).2 砂 地 盤 の 問 題 ( 例 題 2 問 題 2) 2. 深

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II) χ μ μ μ μ β β μ μ μ μ β μ μ μ β β β α β β β λ Ι β μ μ β Δ Δ Δ Δ Δ μ μ α φ φ φ α γ φ φ γ φ φ γ γδ φ γδ γ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ α γ γ γ α α α α α γ γ γ γ γ γ γ α γ α γ γ μ μ κ κ α α α β α

More information

は じ め に 静 岡 県 では 昭 和 54 年 に 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づく 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 に 指 定 されて 以 来 静 岡 県 建 築 構 造 設 計 指 針 同 解 説 等 により 建 築 物 等 の 地 震 に 対 する 安

は じ め に 静 岡 県 では 昭 和 54 年 に 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づく 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 に 指 定 されて 以 来 静 岡 県 建 築 構 造 設 計 指 針 同 解 説 等 により 建 築 物 等 の 地 震 に 対 する 安 静 岡 県 建 築 構 造 設 計 指 針 同 解 説 2009 年 版 監 修 静 岡 県 県 民 部 建 築 確 認 検 査 室 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 発 行 社 団 法 人 静 岡 県 建 築 士 事 務 所 協 会 は じ め に 静 岡 県 では 昭 和 54 年 に 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づく 地 震 防 災 対 策 強 化 地

More information

untitled

untitled .m 5m :.45.4m.m 3.m.6m (N/mm ).8.6 σ.4 h.m. h.68m h(m) b.35m θ4..5.5.5 -. σ ta.n/mm c 3kN/m 3 w 9.8kN/m 3 -.4 ck 6N/mm -.6 σ -.8 3 () :. 4 5 3.75m :. 7.m :. 874mm 4 865mm mm/ :. 7.m 4.m 4.m 6 7 4. 3.5

More information

第 章 斜 面 の 安 定 d 土 のせん 断 強 度 も φがゼロでない 限 り 不 静 定 力 であるσ n の 関 数 となり 不 静 定 力 である; τ f c + (σ n - u tanφ (-2 つまり 不 静 定 力 であるσ n が 求 まっていないと τ f は 求 まらない

第 章 斜 面 の 安 定 d 土 のせん 断 強 度 も φがゼロでない 限 り 不 静 定 力 であるσ n の 関 数 となり 不 静 定 力 である; τ f c + (σ n - u tanφ (-2 つまり 不 静 定 力 であるσ n が 求 まっていないと τ f は 求 まらない 第 章 斜 面 の 安 定 第 章 斜 面 の 安 定. 序 論 スライス 法 を 中 心 に 説 明 する スライス 法 は c, φ, γ, u 荷 重 が 斜 面 内 で 場 所 により 異 なっていても 解 析 できる 以 下 間 隙 水 圧 ( 地 下 水 の 浸 透 圧 外 荷 重 地 震 力 が 無 い 簡 単 化 した 状 況 で 説 明 する O 円 弧 の 半 径 斜 面 番 目

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc プレビーム 橋 設 計 計 算 プログラム Q&A 集 項 目 2008.06 1. 仕 様 入 力 方 法 について 2. 入 力 時 の 制 限 エラーについて 3. 床 版 の 設 計 について 4. 計 算 結 果 照 査 NGへの 対 応 方 法 について 5. 断 面 決 定 要 領 について 6.プログラムの 不 具 合 情 報 プログラムに 関 する 質 問 や 指 摘 があれば プレビーム

More information

Microsoft Word - 0-1 表紙.doc

Microsoft Word - 0-1 表紙.doc IN 0386-5878 土 木 研 究 所 資 料 第 4141 号 土 木 研 究 所 資 料 鋼 道 路 橋 の 部 分 係 数 設 計 法 に 関 する 検 討 - 鋼 桁 橋 の 照 査 項 目 を 対 象 とした 信 頼 性 指 標 β の 評 価 と 抵 抗 係 数 の 設 定 に 関 する 検 討 - 平 成 1 年 3 月 独 立 行 政 法 人 土 木 研 究 所 構 造 物 メンテナンス

More information

...............y.\....07..

...............y.\....07.. 150 11.512.0 11.812.0 12.013.0 12.514.0 1 a c d e 1 3 a 1m b 6 20 30cm day a b a b 6 6 151 6 S 5m 11.511.8 G 515m 11.812.0 SG 10m 11.812.0 10m 11.511.8 1020m 11.812.0 SF 5m 11.511.8 510m 11.812.0 V 5m

More information

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答 3 耐 震 補 強 編 [3.1] 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 の 壁 基 準 耐 力 と 壁 基 準 剛 性 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 には 次 の 3 種 類 がある 3.1. ❶ 日 本 建 築 防 災 協 会 による 耐 震 補 強 壁 ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 2012 年 改 訂 版

More information

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc)

(Microsoft Word - ASJ008 \221\317\220k\224\273\222\350\220R\215\270\227v\227\314\(\210\304\)20150705.doc) 耐 震 判 定 審 査 要 領 2015 年 8 月 ビューローベリタスジャパン 株 式 会 社 耐 震 判 定 委 員 会 目 次 1. 判 定 方 針 概 要 2 2. 適 用 範 囲 2 3. 耐 震 診 断 方 針 2 4. 現 地 調 査 3 5. 診 断 計 算 4 6. 耐 震 改 修 7 7. 躯 体 以 外 の 検 討 部 位 9 8. その 他 10-1- 1. 判 定 方 針

More information

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc

Microsoft Word - 耐震診断ガイドライン.doc 既 存 建 築 物 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 ガイドライン 制 定 平 成 25 年 4 月 1 日 愛 媛 建 築 住 宅 センター 耐 震 評 定 委 員 会 1 - 目 次 - Ⅰ 総 論 A ガイドラインの 目 的 など B 適 用 範 囲 C 診 断 方 法 および 判 定 基 準 D 準 拠 する 基 規 準 E 参 考 とする 技 術 マニュアル 手 引 書 Ⅱ 現 地 調

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 第 1 章 構 造 力 学 基 礎 の 復 習 1.1 はりに 作 用 する 外 力 のつり 合 い ( 方 針 ) 右 図 の 単 純 ばりの 力 の 釣 り 合 いを 考 えてみよ う 我 々が 使 う 道 具 は 次 の 次 元 問 題 における 力 の 釣 り 合 い 式 である V i i M i = = = (1.1) 力 が 釣 り 合 い 状 態 にあるときは 水 平 分 力 鉛 直

More information

No.3 東 京 材 料 メーカー 講 習 会 資 料 第 Ⅰ 編 総 論 P10 1 章 総 則 性 能 照 査 型 設 計 ( 基 礎 構 造 物 )の 特 徴 と 利 点 として 新 しい 基 礎 技 術 が 導 入 し やすい と 説 明 された 点 について, 鉄 道 事 業 者 が 構

No.3 東 京 材 料 メーカー 講 習 会 資 料 第 Ⅰ 編 総 論 P10 1 章 総 則 性 能 照 査 型 設 計 ( 基 礎 構 造 物 )の 特 徴 と 利 点 として 新 しい 基 礎 技 術 が 導 入 し やすい と 説 明 された 点 について, 鉄 道 事 業 者 が 構 鉄 道 総 研 講 習 会 鉄 道 構 造 物 等 設 計 標 準 同 解 説 基 礎 構 造 物 代 表 的 な とそれに 対 する 2012/5 公 益 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 構 造 物 技 術 研 究 部 No.1 東 京 大 阪 鉄 道 事 業 者 全 体 に 関 する 現 在, 耐 震 標 準 も 改 訂 作 業 が 行 われていると 聞 いている 耐 震 標

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx 耐 久 設 計 施 工 指 針 (AIJ) 耐 久 性 ( 中 性 化 を 例 に) 鉄 筋 コンクリート 造 建 築 物 の 耐 久 設 計 施 工 指 針 ( 案 ) 同 解 説 要 求 性 能 耐 用 年 数 の 確 保 型 設 計 法 構 造 詳 細 配 筋 設 計 かぶり 厚 さ コンクリートの 品 質 コンクリートの 材 料 鉄 筋 コンクリートの 調 合 仕 上 げ 材 などの 仕 様

More information

4 Ⅶ 防 災 安 全 措 置 ( 法 第 33 条 第 1 項 第 7 号 ) 開 発 区 域 内 の 土 地 が 地 盤 の 軟 弱 な 土 地 がけ 崩 れ 又 は 出 水 のおそれが 多 い 土 地 その 他 これらに 類 する 土 地 であるときは 地 盤 の 改 良 擁 壁 の 設 置 等 安 全 上 必 要 な 措 置 が 講 ぜられるように 設 計 が 定 められていること ( 法 第

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第1号

日本糖尿病学会誌第58巻第1号 α β β β β β β α α β α β α l l α l μ l β l α β β Wfs1 β β l l l l μ l l μ μ l μ l Δ l μ μ l μ l l ll l l l l l l l l μ l l l l μ μ l l l l μ l l l l l l l l l l μ l l l μ l μ l l l l l l l l l μ l l l l

More information

サイバニュース-vol134-CS3.indd

サイバニュース-vol134-CS3.indd NEWS 2012 WINTER 134 No. F=maF ma m af Contents N, X θ 1,θ 2 θ N 0θ i π/2 X i X 0 Θ i Θ 1 = 2θ 1 Θ 2 = 2(θ 1 θ 2) NX N X 0 Θ N N Θ N = 2{θ 1 θ 2θ 3 θ N } Θ N = 2π A 1A 2B 2B 1 mm 3 α α = π /m A 1A

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第3号

日本糖尿病学会誌第58巻第3号 l l μ l l l l l μ l l l l μ l l l l μ l l l l l l l l l l l l l μ l l l l μ Δ l l l μ Δ μ l l l l μ l l μ l l l l l l l l μ l l l l l μ l l l l l l l l μ l μ l l l l l l l l l l l l μ l l l l β l l l μ

More information

まえがき わが 国 で 建 設 されている 補 強 組 積 造 ( 以 下,メーソンリー 構 造 ) 建 築 物 は 多 くはコンクリートブロ ック 造 によるものである.わが 国 で 広 く 普 及 したのは 第 二 次 大 戦 後 で, 比 較 的 容 易 に 設 計 施 工 ができ 同 時 に

まえがき わが 国 で 建 設 されている 補 強 組 積 造 ( 以 下,メーソンリー 構 造 ) 建 築 物 は 多 くはコンクリートブロ ック 造 によるものである.わが 国 で 広 く 普 及 したのは 第 二 次 大 戦 後 で, 比 較 的 容 易 に 設 計 施 工 ができ 同 時 に 各 種 メーソンリー 構 造 設 計 ノート 2009 Structural Design Notes for Various Reinforced Masonry Buildings 2009 年 3 月 日 本 建 築 学 会 構 造 委 員 会 壁 式 構 造 運 営 委 員 会 まえがき わが 国 で 建 設 されている 補 強 組 積 造 ( 以 下,メーソンリー 構 造 ) 建 築 物

More information

○6編 目次(1304)

○6編 目次(1304) 第 6 編 耐 震 設 計 編 目 次 1 章 設 計 一 般 6-1 1.1 耐 震 設 計 の 基 本 方 針 6-1 1.2 耐 震 設 計 の 原 則 6-1 1.3 橋 梁 の 重 要 度 区 分 6-2 2 章 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 および 設 計 条 件 6-3 2.1 耐 震 設 計 上 考 慮 すべき 荷 重 の 組 み 合 わせ 6-3 2.2 地 震 の

More information

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な 第 2 章 長 期 優 良 住 宅 に 使 用 する 木 材 等 の 品 質 基 準 の 検 討 9 2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

More information

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III)

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III) !!!! β! !!μ μ!!μ μ!!μ! !!!! α!!! γδ Φ Φ Φ Φ! Φ Φ Φ Φ Φ! α!! ! α β α α β α α α α α α α α β α α β! β β μ!!!! !!μ !μ!μ!!μ!!!!! !!!!!!!!!! !!!!!!μ! !!μ!!!μ!!!!!! γ γ γ γ γ γ! !!!!!! β!!!! β !!!!!! β! !!!!μ!!!!!!

More information

Microsoft Word - 荒壁パネル設計・施工マニュアル改訂3

Microsoft Word - 荒壁パネル設計・施工マニュアル改訂3 荒 壁 パネル 設 計 施 工 マ ニ ュ ア ル 木 造 軸 組 建 物 の 荒 壁 パネルによる 新 築 改 築 株 式 会 社 丸 浩 工 業 TEL 075-641-4405 FAX 075-641-8810 ht tp://www.maruhiro.j p contents はじめに > 荒 壁 パネル 施 工 チェックポイント A 材 料 の 構 成 と 取 り 扱 い a-1 材 料

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63> 4- 第 4 章 柱 に 部 材 荷 重 を 有 する 骨 組 の 解 析 ポイント: 変 数 変 換 を 行 い たわみ 角 法 を 使 い 易 くする 境 界 条 件 と 有 効 剛 比 たわみ 角 法 の 基 本 式 に 使 用 されている 変 位 は 実 際 の 回 転 角 や 部 材 角 であり その 値 は 非 常 に 小 さい そのため 手 計 算 では 桁 を 間 違 い 易 く 扱

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第2号

日本糖尿病学会誌第58巻第2号 β γ Δ Δ β β β l l l l μ l l μ l l l l α l l l ω l Δ l l Δ Δ l l l l l l l l l l l l l l α α α α l l l l l l l l l l l μ l l μ l μ l l μ l l μ l l l μ l l l l l l l μ l β l l μ l l l l α l l μ l l

More information

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物

1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 第 2 章 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 9 1. 方 法 平 成 26 に 実 施 した 国 立 市 市 有 施 設 構 造 体 劣 化 結 果 を 踏 まえ 構 造 躯 体 健 全 性 評 価 を 行 いました 構 造 体 劣 化 で 対 象 とした 施 設 は 本 計 画 対 象 施 設 うち 鉄 筋 コンクリート 造 *1 建 築 物 です 対 象 施 設 :52 施 設 68 棟 延

More information

IEA 水力実施協定 ANNEX 11 既設水力発電設備の更新と増強

IEA 水力実施協定 ANNEX 11 既設水力発電設備の更新と増強 IEA 水 力 実 施 協 定 ANNEX 水 力 発 電 設 備 の 更 新 と 増 強 第 二 次 事 例 収 集 ( 詳 細 情 報 ) Jp.3_ 神 一 神 二 仏 原 事 例 のカテゴリーとキーポイント Main: -c) 土 木 建 築 分 野 の 技 術 革 新, 適 用 拡 大, 新 材 料 プロジェクト 名 国 地 域 プロジェクトの 実 施 機 関 プロジェクトの 実 施 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323190ED97AA398CA48B8695F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323190ED97AA398CA48B8695F18D908F912E646F63> 戦 -46 北 海 道 の 特 殊 土 地 盤 における 基 礎 構 造 物 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 ( 一 般 勘 定 ) 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 寒 地 地 盤 チーム 研 究 担 当 者 : 西 本 聡 冨 澤 幸 一 要 旨 北 海 道 に 広 く 分 布 する 泥 炭 および 火 山 灰 土 は 一 般 的 土 質 分 類 の 砂 質

More information

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd JSMI Report 62 63 JSMI Report γ JSMI Report 64 β α 65 JSMI Report JSMI Report 66 67 JSMI Report JSMI Report 68 69 JSMI Report JSMI Report 70 71 JSMI Report JSMI Report 72 73 JSMI Report JSMI Report 74

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.32

コンクリート工学年次論文集 Vol.32 論 文 損 傷 を 受 けた 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 RC 柱 の 補 修 効 果 に 関 する 研 究 松 枝 修 平 *1 田 所 敏 弥 *2 岡 本 大 *3 *4 谷 村 幸 裕 要 旨 : 兵 庫 県 南 部 地 震 以 降, 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 が 実 施 されてきた 今 後,これらの 構 造 物 が 被 災 することも 想 定 されるが, 耐 震 補 強 した 柱

More information

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

財建技第  号

財建技第  号 構 造 設 計 指 針 平 成 28 年 4 月 東 京 都 財 務 局 目 次 第 1 章 総 則 P. 1 1.1 目 的 P. 1 1.2 適 用 範 囲 P. 1 第 2 章 構 造 計 画 P. 1 2.1 一 般 事 項 P. 1 2.2 構 造 形 式 及 び 種 別 P. 1 2.3 上 部 構 造 P. 1 2.4 基 礎 構 造 P. 2 第 3 章 構 造 材 料 P. 2

More information

西松建設技報

西松建設技報 西 松 建 設 技 報 VOL.31 偏 圧 地 形 下 における 坑 口 施 工 時 の 計 測 管 理 Monitoring of Tunnel Portal Stability under Nonuniform Earth Pressure Keiichi Mae Makoto Kakugo Takahiko Okamura Susumu Kiyota 要 約 2,700 m 2 5055 m

More information

判定チェックリストマニュアル(S造許容応力度等計算用)

判定チェックリストマニュアル(S造許容応力度等計算用) チェックリストの 内 容 は 政 令 関 連 技 術 的 助 言 の 改 正 等 に 応 じて 適 時 修 正 される 審 査 マニュアル( 許 容 応 力 度 等 計 算 用 ) 構 造 種 別 :S 造 確 認 申 請 受 付 番 号 建 築 物 の 名 称 構 造 計 算 適 合 性 判 定 受 付 番 号 建 築 物 の 番 号 審 査 の 経 過 判 定 受 付 日 ( 判 定 用 提 出

More information

ÿþ

ÿþ ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W 日 付 :3 年 4 月 7 日 8:3:3 耐 震 診 断 ( 一 般 診 断 法 ) 建 物 名 様 邸. 総 合 評 価. 上 部 構 造 評 点 3. 壁 の 耐 力 明 細 表 4. 柱 保 有 耐 力 明 細 表 ( 伝 統 的 構 法 のみ) 5. 耐 力 要 素 の 配

More information

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477>

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477> 設 計 不 具 合 場 所 打 PCちげた 外 ケーブル 1/8 外 ケーブル 構 造 に 関 する 設 計 不 具 合 防 止 にはどのようなものがあるか 目 次 ( 原 則 共 通 不 具 合 事 例 原 則 PC 橋 において 外 ケーブル 工 法 は 内 ケーブル 工 法 に 比 べ 部 材 厚 を 薄 くできること コンクリート の 打 設 性 能 の 向 上 橋 りょう 完 成 後 の

More information

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63>

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63> 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 目 次 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画...Ⅱ-1-1 第 1 章 土 石 流 流 木 対 策 計 画 の 基 本 事 項... Ⅱ-1-1 第 1 節 計 画 策 定 の 基 本 方 針...Ⅱ-1-1 第 2 節 保 全 対 象...Ⅱ-1-2 第 3 節 計 画 規 模...Ⅱ-1-2

More information

4 2

4 2 1 ( 2 ( 1 3 4 2 3 ( 5 km 6 4 7 ( 564 ( khkv ( 5 8 36m 60m 130m 105m 226m S47 S55.2 S56.2 S55.3 (S55 (a (b ( V M H ( 6 6.6m 2.0m 2m 56 6.5m 9 3.1m 5.75m 2.5m 1.0m 5.0m 2.65m 10 7 48 5.0m 5.0m 8mm 16mm 25.50

More information

平 成 6 年 改 定 版 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 ガイドライン 目 次 第 章 まえがき - 耐 震 診 断 について p. - 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 委 員 会 について p. 第 章 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 委 員

平 成 6 年 改 定 版 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 ガイドライン 目 次 第 章 まえがき - 耐 震 診 断 について p. - 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 委 員 会 について p. 第 章 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 委 員 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 のための 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 ガイドライン ( 平 成 6 年 改 訂 版 ) 一 般 社 団 法 人 岡 山 県 建 築 士 事 務 所 協 会 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 評 価 委 員 会 平 成 6 年 改 定 版 岡 山 県 建 築 物 耐 震 診 断 等 ガイドライン 目 次 第 章 まえがき - 耐 震 診

More information

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I)

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I) ! ! ! β !!!!!!!!!!! !!! !!! μ! μ! !!! β! β !! β! β β μ! μ! μ! μ! β β β β β β μ! μ! μ!! β ! β ! ! β β ! !! ! !!! ! ! ! β! !!!!! !! !!!!!!!!! μ! β !!!! β β! !!!!!!!!! !! β β β β β β β β !!

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information

dvipsj.4131.dvi

dvipsj.4131.dvi 7 1 7 : 7.1 3.5 (b) 7 2 7.1 7.2 7.3 7 3 7.2 7.4 7 4 x M = Pw (7.3) ρ M (EI : ) M = EI ρ = w EId2 (7.4) dx 2 ( (7.3) (7.4) ) EI d2 w + Pw =0 (7.5) dx2 P/EI = α 2 (7.5) w = A sin αx + B cos αx 7.5 7.6 :

More information

(w) F (3) (4) (5)??? p8 p1w Aさんの 背 中 が 壁 を 押 す 力 垂 直 抗 力 重 力 静 止 摩 擦 力 p8 p

(w) F (3) (4) (5)??? p8 p1w Aさんの 背 中 が 壁 を 押 す 力 垂 直 抗 力 重 力 静 止 摩 擦 力 p8 p F 1-1................................... p38 p1w A A A 1-................................... p38 p1w 1-3................................... p38 p1w () (1) ()?? (w) F (3) (4) (5)??? -1...................................

More information

DYMOスタートアップガイド

DYMOスタートアップガイド 動 的 解 析 体 験 版 ソフトウェアDYMO - 鉄 筋 コンクリート 橋 脚 の 非 線 形 動 的 解 析 プログラム- スタートアップガイド 財 団 法 人 土 木 研 究 センター 本 文 中 で 表 記 されているソフトウェア 名 称 について Microsoft R,Windows R は 米 国 Microsoft Corporationの 米 国 およびその 他 の 国 における

More information

有機性産業廃棄物の連続炭化装置の開発

有機性産業廃棄物の連続炭化装置の開発 ( ) Development of the apparatus conveyer type which carbonizes continuously organic industrial waste (About the form of blade in conveyer) 1055047 1 1-1 1 1-2 1-3 2 2 2-1 2-2 2-3 2-4 7 3 3-1 20 3-2 3-3

More information

OKIKAE-KAIRYOU-V3.xdw

OKIKAE-KAIRYOU-V3.xdw 置 換 えによる 地 盤 改 良 の 計 算 道 路 土 工 盛 土 工 指 針 擁 壁 工 指 針 平 成 24 年 度 版 対 応 概 要 書 地 下 水 位 置 換 え 改 良 ( 有 )シビルテック 2013.05.18 置 換 えによる 地 盤 改 良 計 算 について 1. 本 計 算 ソフトの 計 算 手 法 本 計 算 ソフトは 擁 壁 などの 構 造 物 基 礎 底 面 の 地 盤

More information

ブレースの配置と耐力

ブレースの配置と耐力 システム 天 井 新 耐 震 基 準 (2015 年 版 ) 2015 年 3 月 制 定 平 成 26 年 4 月 に 改 定 された 建 築 基 準 法 施 行 令 による 技 術 基 準 等 の 動 向 を 踏 まえ 制 定 しました 1 はじめに 平 成 13 年 芸 予 地 震 平 成 15 年 十 勝 沖 地 震 および 平 成 17 年 宮 城 沖 地 震 において 天 井 の 脱 落

More information

BOXカルバートの 設 計 Ver.15 Operation Guidance 操 作 ガイダンス 本 書 のご 使 用 にあたって 本 操 作 ガイダンスは おもに 初 めて 本 製 品 を 利 用 する 方 を 対 象 に 操 作 の 流 れに 沿 って 操 作 入 力 処 理 方 法 を 説 明 したものです ご 利 用 にあたって 最 新 情 報 は 製 品 添 付 のHELPのバージョン

More information

km2 km2 km2 km2 km2 22 4 H20 H20 H21 H20 (H22) (H22) (H22) L=600m L=430m 1 H14.04.12 () 1.6km 2 H.14.05.31 () 3km 3 4 5 H.15.03.18 () 3km H.15.06.20 () 1.1km H.15.06.30 () 800m 6 H.15.07.18

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

Microsoft Word - CTCWEB講座(4章照査)0419.doc

Microsoft Word - CTCWEB講座(4章照査)0419.doc 1912 1914 3 58 16 1 58 2 16 3 4 62 61 4 16 1 16 1914 ( 3) 1955 (30) 1961 (36) 1965 (40) 1970 (45) 1983 (58) 1992 ( 4) 1999 (11) 2004 (16) 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 10 2 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

More information

表 1 検 討 項 目 一 覧 Table 1 Study point view 拡 充 項 目 確 認 性 能 試 験 項 目 定 着 具 (プレート 接 合 部 )の 強 度 Headbarの 引 張 試 験 Headbarの 引 張 試 験 1. 使 用 できる 鉄 筋 種 類 定 着 部 の

表 1 検 討 項 目 一 覧 Table 1 Study point view 拡 充 項 目 確 認 性 能 試 験 項 目 定 着 具 (プレート 接 合 部 )の 強 度 Headbarの 引 張 試 験 Headbarの 引 張 試 験 1. 使 用 できる 鉄 筋 種 類 定 着 部 の プレート 定 着 型 せん 断 補 強 鉄 筋 Headbar の 適 用 性 の 拡 充 建 設 技 術 審 査 証 明 報 告 書 ( 財 団 法 人 土 木 研 究 センター)212 年 8 月 改 訂 の 概 要 河 村 圭 亮 *1 三 桶 達 夫 *2 福 浦 尚 之 *1 *3 新 藤 竹 文 Keywords : plate anchored shear reinforcement

More information