kuikiso1-sample.xdw

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "kuikiso1-sample.xdw"

Transcription

1 計 算 法 -A 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 極 限 地 盤 反 力 法 による 最 小 根 入 れ 長 を 確 保 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 項 目 記 号 単 位 数 値 摘 要 水 平 力 H kn 作 用 荷 重 曲 げモーメント M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 地 盤 条 件 支 柱 基 礎 の 計 算 法 単 位 体 積 重 量 内 部 摩 擦 角 壁 面 摩 擦 角 粘 着 力 γ kn/m φ 度 δ 度 C kn/m 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 極 限 地 盤 反 力 法 (エンゲル 法 )により 最 大 地 盤 反 力 度 (Pmax) が 受 働 土 圧 強 度 (Pp) 以 下 となるように 根 入 れ 長 を 求 める 基 礎 を 剛 体 水 平 地 盤 反 力 係 数 Khを 深 さとともに1 次 増 加 するものとし 基 礎 底 面 の 抵 抗 を 考 慮 しないものとすると 支 柱 基 礎 の 回 転 角 (θ)および 回 転 中 心 深 さ(h)は 次 式 で 求 められる 計 算 式 の 出 典 は 設 計 要 領 第 五 集 交 通 安 全 施 設 編 (NEXCO) 等 に 拠 る H 支 柱 基 礎 M δ 地 盤 反 力 度 θ L h/2 Pmax h 受 働 土 圧 強 度 D Kh 支 柱 基 礎 の 回 転 角 12 (3M + 2H L) θ = kh D L 3 式 (1) 支 柱 基 礎 の 回 転 中 心 深 さ L (4M + 3H L) h = 式 (2) 2 (3M + 2H L) ここに D : 支 柱 の 幅 (m) L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) kh : 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) H : 作 用 水 平 力 (kn) M : 作 用 曲 げモーメント(kN m)

2 最 大 地 盤 反 力 度 は h/2 の 深 度 で 生 じるので Pmaxおよび Ppは 次 式 で 示 される h/2における 地 盤 反 力 度 Pmax = δkh' = 1/2(h θ) kh (h/2l) 式 (3) h/2における 受 働 土 圧 強 度 Pp = 1/2 h Kp γ + 2 C (Kp) 式 (4) ここに Kp : 受 働 土 圧 係 数 Kp= cos 1 cos 2 sin( cos ) sin( cos β β) 2 = γ : 土 の 単 位 体 積 重 量 (kn/m 3 ) φ : 内 部 摩 擦 角 ( 度 ) C : 粘 着 力 (kn/m2) δ : 壁 面 摩 擦 角 ( 度 ) β : 地 表 面 傾 斜 角 ( 度 ) = 0 ( 度 ) Pmax = Pp とすると 次 の 式 が 得 られる 1/2(h θ) kh (h/2l) - 1/2 h Kp γ + 2 C (Kp) = 0 式 (5) 式 (5)に 式 (1)と 式 (2)を 代 入 すると L に 関 する4 次 方 程 式 が 得 られる 3 Kp γ D H L D (Kp γ M + 4 C (Kp) H) L 3-3 (9 H 2-8 C (Kp) D M) L 2-72 M H L - 48 M 2 = 0 式 (6) 杭 の 抵 抗 幅 は Bromsの 実 験 および 杭 の 解 析 手 法 を 参 考 として 杭 径 Dの3 倍 を 抵 抗 幅 として 考 えるものとする 式 (6)において D = 3D とすると 式 (6)は 式 (7)となる 3 Kp γ D H L D (Kp γ M + 4 C (Kp) H) L 3 - (9 H 2-24 C (Kp) D M) L 2-24 M H L - 16 M 2 = 0 式 (7) 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4 C5に 置 き 換 えると 式 (8)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 L 4 + C2 L 3 + C3 L 2 + C4 L + C5 = 0 式 (8) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 L 4 3 Kp γ D H C2 L 3 4 D {Kp γ M + 4 C (Kp) H} C3 L 2 - { 9 H 2-24 C (Kp) D M } C4 L 1-24 M H C5 L 0-16 M 式 (8)の4 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m)

3 計 算 法 -B 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 土 圧 のつり 合 いより 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 項 目 記 号 単 位 数 値 摘 要 水 平 力 H kn 作 用 荷 重 曲 げモーメント M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 地 盤 条 件 内 部 摩 擦 角 φ 度 安 全 率 f (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 式 (1)により 算 定 する 計 算 式 は 設 計 の 要 点 と 安 全 作 業 新 版 仮 設 構 造 物 の 設 計 ( 山 海 堂 ) p.69 に 拠 る (2 - f) L - 2(7-3f) D(3 - f) 4 H 4 H L 2 - M L - Pp - Pa Pp - Pa (Pp - Pa) 2 2 = 式 (1) (2) 主 働 土 圧 強 度 の 計 算 ここに D : 支 柱 の 幅 (m) L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) H : 作 用 水 平 力 (kn) M : 作 用 曲 げモーメント(kN m) Pa : 主 働 土 圧 強 度 (kn/m2) Pp : 受 働 土 圧 強 度 (kn/m2) f : 安 全 率 主 働 土 圧 強 度 は 次 式 により 算 定 する 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 の3 倍 とする (3) 受 働 土 圧 強 度 の 計 算 Pa = γ tan 2 (45 - φ/2) 3D = tan 2 ( /2) = (kn/m2) 受 働 土 圧 強 度 は 次 式 により 算 定 する 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 の3 倍 とする Pp = γ tan 2 (45 + φ/2) 3D = tan 2 ( /2) = (kn/m2)

4 (4) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 (1)において 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4 C5に 置 き 換 えると 式 (2)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 L 4 + C2 L 3 + C3 L 2 + C4 L + C5 = 0 式 (2) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 L f C2 L C3 L 2-2 (7-3f) H / (Pp - Pa) C4 L 1 - D (3-f) M / (Pp - Pa) C5 L 0-4 H 2 / (Pp - Pa) 式 (2)の4 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m)

5 計 算 法 -C 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 弾 性 床 上 の 半 無 限 長 梁 として 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 支 柱 条 件 地 盤 条 件 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) ヤング 係 数 断 面 2 次 モーメント 地 盤 の 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m D m E kn/m E+08 I m E-06 E 0 kn/m 3 42,000 α - 1 (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 次 式 により 算 定 する 計 算 式 は 道 路 土 工 仮 設 構 造 物 工 指 針 H11.3 p.153 に 拠 る L = 2.5 β ---- 式 (1) ここに L : 支 柱 の 根 入 れ 長 (m) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 )で 式 (2)による β = 4 kh D ---- 式 (2) 4 E I D : 支 柱 の 径 ( 幅 ) (m) E : 支 柱 のヤング 係 数 (kn/m2) I : 支 柱 の 断 面 2 次 モーメント (m 4 ) kh : 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 )で 式 (3)による -3/4 Bh kh = kh ---- 式 (3) Bh : 支 柱 の 換 算 載 荷 幅 (m)で 式 (4)による D Bh = ---- 式 (4) β kh 0 : 直 径 30cmの 剛 体 円 板 による 平 板 載 荷 試 験 に 相 当 する 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 で 式 (5)による 1 kh 0 = α E 式 (5) α : 地 盤 反 力 係 数 の 推 定 に 用 いる 係 数 で 表 -1による 表 -1 変 形 係 数 E 0 と α 変 形 係 数 E 0 の 推 定 方 法 孔 内 水 平 載 荷 試 験 で 求 めた 変 形 係 数 供 試 体 の 一 軸 三 軸 試 験 から 求 めた 変 形 係 数 N 値 からE 0 =2800Nで 推 定 した 変 形 係 数 係 数 α 常 時 地 震 時 等

6 (2) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 (1)~ 式 (5)に 与 値 を 代 入 して 根 入 れ 長 を 計 算 する 表 -2 根 入 れ 長 計 算 表 項 目 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 換 算 地 盤 反 力 係 数 換 算 載 荷 幅 水 平 地 盤 反 力 係 数 基 礎 の 特 性 値 基 礎 の 特 性 長 杭 の 根 入 れ 長 単 位 数 値 E 0 kn/m2 42,000 α - 1 kh 0 kn/m 3 140,000 Bh m kh kn/m 3 125,480 β m /β m L m 備 考 ( 算 式 ) kh 0 =αe 0 /0.3 Bh=(D/β) 1/2 kh=kh 0 (Bh/0.3) -3/4 β= (kh D/4EI) -1/4 L = 2.5/β M M Lm Mm H L

7 計 算 法 -D 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 (モーメントのつり 合 いより 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 地 盤 条 件 内 部 摩 擦 角 φ 度 粘 着 力 C kn/m 土 圧 の 計 算 幅 は 支 柱 幅 のN 倍 とする N 倍 3.0 (1) 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 式 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 以 下 の 方 法 による 計 算 法 は 道 路 土 工 擁 壁 カルバート 仮 設 構 造 物 工 指 針 (S62.5) p.231 に 拠 る 1 根 入 れ 長 は つり 合 い 深 さの1.2 倍 とする 2 つり 合 い 深 さは 作 用 モーメントと 受 働 土 圧 による 抵 抗 モーメントが 等 しくなる 深 さ(h)に 付 加 根 入 れ 長 ( L)を 加 えた 長 さとする 3 付 加 根 入 れ 長 は h 区 間 の 水 平 力 の 差 R1が L 区 間 の 受 働 土 圧 と 主 働 土 圧 の 差 R2と 等 しくなる 区 間 長 として 求 める L = 1.2 L' 設 計 根 入 れ 長 の 算 定 式 Ma = Mp モーメントのつり 合 い 式 R1 = Pp - Ph h 区 間 の 水 平 力 の 差 R2 = Pp - Pa L 区 間 の 受 働 土 圧 と 主 働 土 圧 の 差 M H h 受 働 土 圧 Pp Mp Pa 主 働 土 圧 Ma L' h 主 働 土 圧 Pah 受 働 土 圧 Pph Pph Pah L Pa Pp D PaL PpL

8 (2) 土 圧 の 計 算 1) 主 働 土 圧 係 数 Ka = tan 2 (45 - φ/2) = tan 2 ( /2) = ) 受 働 土 圧 係 数 3) 主 働 土 圧 強 度 の 算 定 式 4) 受 働 土 圧 強 度 の 算 定 式 Kp = tan 2 (45 + φ/2) = tan 2 ( /2) = Pah = γ h Ka - 2C Ka (kn/m2) ---- 式 (1) Pph = γ h Kp + 2C Kp (kn/m2) ---- 式 (2) (3) モーメントによるつり 合 い 深 さの 計 算 1) 土 圧 の 計 算 幅 土 圧 の 計 算 幅 (D')は 支 柱 幅 (D)の 3.0 倍 とする D' = = (m) 2) 作 用 モーメント( 作 用 する 荷 重 と 主 働 土 圧 によるモーメント) Ma = M + H h + 1/2 Pah h 1/3 h D' (kn M) = 1/6 D' γ Ka h 3-1/3 D' C Ka h 2 + H h + M ---- 式 (3) 3) 抵 抗 モーメント( 受 働 土 圧 によるモーメント) Mp = 1/2 Pph h 1/3 h D' (kn M) = 1/6 D' γ Kp h 3 + 1/3 D' C Kp h 式 (4)

9 4) モーメントによるつり 合 い 深 さ Mp = Ma より Mp - Ma = 1/6 D' γ (Kp - Ka) h 3 + 1/3 D' C (Kp + Ka) h 2 - H h - M = 式 (5) 式 (5)の 各 項 の 係 数 を C1 C2 C3 C4に 置 き 換 えると 式 (6)で 示 される 各 係 数 の 値 を 表 -1に 示 す C1 h 3 + C2 h 2 + C3 h + C4 = 式 (6) 表 -1 4 次 方 程 式 の 係 数 係 数 係 数 項 係 数 の 算 式 数 値 C1 h 3 1/6 D' γ (Kp - Ka) C2 h 2 1/3 D' C (Kp + Ka) C3 h 1 - H C4 h 0 - M 式 (6)の3 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる h = (m) (4) 付 加 根 入 れ 長 の 計 算 1) 作 用 水 平 力 と 主 働 土 圧 Pa = H + 1/2 Pah h D' = H + 1/2 D' γ Ka h 2 - D' C Ka h = / = (kn) 2) 受 働 土 圧 Pp = 1/2 Pph h D' = 1/2 D' γ Kp h 2 + D' C Kp h = 1/ = (kn) 3) モーメントのつり 合 い 深 さ h における 水 平 力 R1 = Pp - Pa = = (kn) h 受 働 土 圧 Pp M H Pa 主 働 土 圧 Pph Mp D Ma Pah

10 4) 付 加 根 入 れ 区 間 の 水 平 力 モーメントによるつり 合 い 深 さ 底 面 (h) における 主 働 土 圧 強 度 Pah = γ h Ka - 2C Ka 付 加 根 入 れ 底 面 (h + L) における 主 働 土 圧 強 度 PaL = γ (h + L) Ka - 2C Ka 付 加 根 入 れ 区 間 の 主 働 土 圧 Pa = 1/2 (Pah + PaL) L = γ h Ka L + 1/2 γ Ka L 2-2C Ka L モーメントによるつり 合 い 深 さ 底 面 (h) における 受 働 土 圧 強 度 Pph = γ h Kp + 2C Kp 付 加 根 入 れ 底 面 (h + L) における 受 働 土 圧 強 度 PpL = γ (h + L) Kp + 2C Kp 付 加 根 入 れ 区 間 の 受 働 土 圧 Pp = 1/2 (Pph + PpL) L = γ h Kp L + 1/2 γ Kp L 2 + 2C Kp L 付 加 根 入 れ 区 間 の 水 平 力 R2 = ( Pp - Pa) D' = 1/2 D' γ (Kp - Ka) L 2 + D' {γ h (Kp - Ka) + 2C (Kp + Ka) } L = L L 付 加 根 入 れ 長 の 計 算 R1 = R2 より L L = 0 上 の2 次 方 程 式 を 解 いて 次 の 値 が 得 られる L = (m) L' h 主 働 土 圧 受 働 土 圧 Pah Pph L Pa Pp PaL PpL

11 (5) 根 入 れ 長 の 計 算 1) 必 要 根 入 れ 長 モーメントのつり 合 い 深 さに 付 加 根 入 れ 長 を 加 算 した 長 さ L' = h + L = = (m) 2) 設 計 根 入 れ 長 設 計 根 入 れ 長 は 必 要 根 入 れ 長 の 1.2 倍 とする L = L' 1.2 = = (m)

12 計 算 法 -E 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 計 算 ( 転 倒 の 安 全 率 を 満 たすように 根 入 れ 長 を 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m 支 柱 寸 法 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) D m 単 位 体 積 重 量 γ kn/m 内 部 摩 擦 角 φ 度 地 盤 条 件 粘 着 力 C kn/m 地 表 面 の 傾 斜 角 β 度 0.00 低 坑 土 圧 の 割 り 増 し 係 数 α 転 倒 に 対 する 安 全 率 Fs 支 柱 基 礎 の 計 算 法 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 基 礎 の 設 計 方 法 は 落 石 対 策 技 術 マニュアル( 平 成 11 年 3 月 ) ( 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 )に 示 されている 円 柱 基 礎 の 設 計 法 (L/D 4の 場 合 )に 拠 る 支 柱 基 礎 の 根 入 れ 長 は 転 倒 に 対 する 安 全 率 を 満 たすように 決 定 する 転 倒 に 対 す る 検 討 は 作 用 荷 重 による 転 倒 モーメントと 受 働 土 圧 による 抵 抗 モーメントを 用 いて 行 う M H β Lo Pp1 根 入 れ 長 L Pp2 回 転 中 心 D

13 (1) 基 礎 前 面 背 面 の 受 働 土 圧 係 数 (Kp1,Kp2)の 計 算 受 働 土 圧 は 次 のクーロン 式 により 求 める( 壁 面 摩 擦 角 は0 とする) D Kp= 2 cos φ/ 1- sinφ sin( φ β) /cosβ 2 基 礎 前 面 (φ=30.0,β=0.0 ) Kp1= 3.00 基 礎 背 面 (φ=30.0,β=0.0 ) Kp2= 3.00 (2) 受 働 土 圧 における 粘 性 土 の 自 立 高 さ(Z)の 計 算 Z= (2 C/γ) tan(45 -φ/2) = (2 0.0/18.00) tan( /2) = (m) (3) 必 要 根 入 れ 長 (L)の 計 算 水 平 力 の 釣 り 合 いから 次 式 が 成 立 する H - Pp1 + Pp2 = 式 (A) 基 礎 前 面 背 面 の 受 働 土 圧 合 力 (Pp1,Pp2)は 次 式 より 求 める 基 礎 前 面 の 天 端 における 受 働 土 圧 強 度 p1= γ Z Kp1 基 礎 前 面 の 根 入 れLoにおける 受 働 土 圧 強 度 p2= γ (Z+Lo) Kp1 基 礎 前 面 の 受 働 土 圧 合 力 Pp1= 1/2 γ (p1+p2) Lo α D = 1/2 γ (2 Z+Lo) Lo Kp1 α D 式 (B) 基 礎 背 面 の 根 入 れLoにおける 受 働 土 圧 強 度 p3= γ (Z+Lo) Kp2 基 礎 背 面 の 根 入 れLにおける 受 働 土 圧 強 度 p4= γ (Z+L) Kp2 基 礎 背 面 の 受 働 土 圧 合 力 Pp2= 1/2 γ (p3+p4) (L-Lo) α D = 1/2 γ (2 Z+Lo+L) (L-Lo) Kp2 α D 式 (C) 式 (A)に 式 (B)および 式 (C)を 代 入 して 整 理 し Loに 関 する 方 程 式 を 解 いて Lo = -Z + Z 2 +Kp2/(Kp1+Kp2) (L+2Z) L + 2H/{γαD(Kp1+Kp2)} 式 (D) ここに Kp1,Kp2: 基 礎 前 面 背 面 における 受 働 土 圧 係 数 Z: 粘 性 土 の 自 立 高 さ(m) H: 基 礎 天 端 に 作 用 する 水 平 力 D: 基 礎 の 直 径 (m) L: 基 礎 の 根 入 れ 長 (m) Lo: 基 礎 天 端 から 回 転 中 心 (O 点 )までの 深 さ(m) α: 抵 抗 土 圧 の 割 り 増 し 係 数 (=2.50) γ: 支 持 地 盤 の 単 位 体 積 重 量 (kn/m 3 )

14 (4) 転 倒 に 対 するモーメントの 安 全 率 計 算 O 点 における 転 倒 モーメント(Mo)と 抵 抗 モーメント(Mr)から 安 全 率 (Fs)を 求 める 転 倒 モーメント Mo = M + H Lo 式 (E) 抵 抗 モーメント Mr = 1/6 γ α D {Kp1(Lo + 3Z)Lo 2 +Kp2(Lo + 2L + 3Z)(L - Lo) 2 } 式 (f) 安 全 率 Fs = Mr/Mo 式 (G) (5) 計 算 結 果 式 (D)において L を 仮 定 して Lo を 求 める 次 に 式 (G)により 安 全 率 Fs を 計 算 する このとき 安 全 率 Fs 1.2 となる L を 試 行 計 算 により 求 める 計 算 結 果 を 下 表 に 示 す 基 礎 必 要 根 入 れ 長 の 計 算 結 果 表 必 要 回 転 中 心 転 倒 抵 抗 安 全 率 根 入 れ 深 さ モーメント モーメント 備 考 L Lo Mo Mr Fs (m) (m) (kn m) (kn m) =Mr/Mo L は10cmラウンドとした 基 礎 の 根 入 れ L が 2.3m 以 上 あれば 安 定 である

15 支 柱 基 礎 本 体 の 応 力 度 照 査 支 柱 基 礎 の 応 力 度 照 査 ( 弾 性 床 上 の 半 無 限 長 梁 として 計 算 する) 柵 の 支 柱 基 礎 設 置 箇 所 : NO.12+15(L) 計 算 条 件 作 用 荷 重 支 柱 条 件 地 盤 条 件 項 目 水 平 力 曲 げモーメント 支 柱 の 幅 ( 直 径 ) ヤング 係 数 断 面 2 次 モーメント 断 面 係 数 許 容 曲 げ 応 力 度 地 盤 の 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 記 号 単 位 数 値 摘 要 H kn M kn m D m E kn/m E+08 I m E-06 Z m E-05 σa N/mm E 0 kn/m2 42,000 α - 1 (1) 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さの 計 算 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さは 次 式 により 算 定 する 以 下 の 計 算 式 は 道 路 橋 道 路 橋 示 方 書 同 解 説 Ⅳ 下 部 構 造 編 (p.393) 他 に 拠 る Lm = β 1 tan β ho ---- 式 (1) ここに Lm : 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さ (m) ho : 水 平 力 の 作 用 高 さで 式 (2)による ho = M/H (m) ---- 式 (2) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 )で 式 (3)による β = 4 kh D ---- 式 (3) 4 E I D : 支 柱 の 径 ( 幅 ) (m) E : 支 柱 のヤング 係 数 (kn/m2) I : 支 柱 の 断 面 2 次 モーメント (m 4 ) kh : 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 )で 式 (4)による kh = kh 0 Bh 0.3-3/ 式 (4) h Bh : 支 柱 の 換 算 載 荷 幅 (m)で 式 (5)による Lm M M Mm H Bh = D β ---- 式 (5)

16 kh 0 : 直 径 30cmの 剛 体 円 板 による 平 板 載 荷 試 験 に 相 当 する 水 平 方 向 地 盤 反 力 係 数 で 式 (6)による 1 kh 0 = α E 式 (6) α : 地 盤 反 力 係 数 の 推 定 に 用 いる 係 数 で 表 -1による 表 -1 変 形 係 数 E 0 と α 変 形 係 数 E 0 の 推 定 方 法 孔 内 水 平 載 荷 試 験 で 求 めた 変 形 係 数 供 試 体 の 一 軸 三 軸 試 験 から 求 めた 変 形 係 数 N 値 からE 0 =2800Nで 推 定 した 変 形 係 数 係 数 α 常 時 地 震 時 等 式 (1)~ 式 (6)に 与 値 を 代 入 して 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さを 計 算 する 表 -2 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さの 計 算 表 項 目 単 位 変 形 係 数 試 験 方 法 による 係 数 換 算 地 盤 反 力 係 数 換 算 載 荷 幅 水 平 地 盤 反 力 係 数 基 礎 の 特 性 値 水 平 力 の 作 用 高 さ 最 大 曲 げモーメント 深 さ 数 値 E 0 kn/m2 42,000 α - 1 kh 0 kn/m 3 140,000 Bh m kh kn/m 3 125,480 β m ho m Lm m 備 考 ( 算 式 ) kh 0 =αe 0 /0.3 Bh=(D/β) 1/2 kh=kh 0 (Bh/0.3) -3/4 β= (kh D/4EI) -1/4 (2) 最 大 曲 げモーメントの 計 算 最 大 曲 げモーメントは 式 (7)により 算 定 する Mm = - 2β H 2 ( β ho) + 1 exp (-β Lm) ---- 式 (7) = (kn m) ここに H : 作 用 する 水 平 力 = (kn) Lm : 最 大 曲 げモーメントが 生 じる 深 さ = ho : 水 平 力 の 作 用 高 さ = (m) β : 杭 の 特 性 値 (m -1 ) = (m -1 ) (m) (3) 応 力 度 の 照 査 支 柱 基 礎 の 曲 げ 応 力 度 は 式 (8)により 算 定 する σ = Mm 10 6 Z 10 9 = 5,748, = 64.7 σa = (N/mm 2 ) O.K. ここに Mm : 最 大 曲 げモーメント = (kn m) Z : 断 面 係 数 = 8.885E-05 (m 3 )

Microsoft Word - No.10 西村.doc

Microsoft Word - No.10 西村.doc [ 論 文 No.10] 名 古 屋 港 西 五 区 耐 震 強 化 岸 壁 (-14m) 築 造 工 事 における 桟 橋 杭 の 根 入 れ 長 の 変 更 ( 独 ) 港 湾 空 港 技 術 研 究 所 菊 池 喜 昭 ( 株 ) 地 盤 試 験 所 西 村 真 二 1. 事 例 の 概 要 名 古 屋 港 の 西 五 区 に-14mコンテナ 船 用 の 桟 橋 式 の 耐 震 強 化 岸 壁

More information

認証対象接合金物

認証対象接合金物 6U-103(Rev2.0) 2002.2.18 制 定 2012.4.1 改 定 木 造 建 築 物 接 合 部 等 の 評 価 方 法 木 造 建 築 接 合 部 の 評 価 方 法 下 記 の 参 考 図 書 に 示 されている 標 準 的 なルールに 基 づく 評 価 方 法 を 準 用 する [ 参 考 図 書 ] 木 造 軸 組 工 法 住 宅 の 許 容 応 力 度 設 計 法 (2008

More information

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477>

<82748C5E91A48D612892EA94C58C9F93A2974C298C768E5A8F91313230372E786477> U 型 側 溝 ( 底 版 検 討 有 り)の 構 造 計 算 ここでのU 型 側 溝 の 構 造 計 算 は 側 壁 と 底 版 の 検 討 を 行 う 一 般 的 に 底 版 中 央 部 上 面 に 引 張 り 応 力 が 作 用 することは 考 えにくいことから 底 版 の 検 討 は 両 端 部 しか 行 わない 底 版 両 端 部 の 応 力 は 側 壁 下 端 部 の 応 力 と 同 じと

More information

OKIKAE-KAIRYOU-V3.xdw

OKIKAE-KAIRYOU-V3.xdw 置 換 えによる 地 盤 改 良 の 計 算 道 路 土 工 盛 土 工 指 針 擁 壁 工 指 針 平 成 24 年 度 版 対 応 概 要 書 地 下 水 位 置 換 え 改 良 ( 有 )シビルテック 2013.05.18 置 換 えによる 地 盤 改 良 計 算 について 1. 本 計 算 ソフトの 計 算 手 法 本 計 算 ソフトは 擁 壁 などの 構 造 物 基 礎 底 面 の 地 盤

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303631388D758F4B89EF92498BB4947A957A8E9197BF816989F0939A94C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303631388D758F4B89EF92498BB4947A957A8E9197BF816989F0939A94C5816A2E646F63> 第 回 中 部 支 部 イブニングセミナー( 初 級 編 ) 解 けばなるほど 支 持 力 平 成 22 年 6 月 8 日 ( 金 ) 名 城 大 学 大 同 大 学 工 学 部 都 市 環 境 デザイン 学 科 准 教 授 棚 橋 秀 行 内 容. 浅 い 基 礎 の 支 持 力. 一 般 的 な 問 題 ( 例 題 問 題 ).2 砂 地 盤 の 問 題 ( 例 題 2 問 題 2) 2. 深

More information

Microsoft Word - 001.土木工事設計要領.doc

Microsoft Word - 001.土木工事設計要領.doc 第 2 章 仮 設 構 造 物 117 121 上 載 荷 重 10kN/m2 土 留 め 壁 車 道 部 分 T 荷 重 中 間 杭 覆 工 受 桁 掘 削 底 面 歩 道 部 分 群 上 集 載 荷 荷 重 重 中 間 杭 土 留 め 壁 走 行 方 向 200kN 荷 重 面 走 行 直 角 方 向 T 荷 重 1 組 の 占 有 幅 275 100kN 100kN 50 20 50

More information

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc

Microsoft Word - PBプログラムQ&A.doc プレビーム 橋 設 計 計 算 プログラム Q&A 集 項 目 2008.06 1. 仕 様 入 力 方 法 について 2. 入 力 時 の 制 限 エラーについて 3. 床 版 の 設 計 について 4. 計 算 結 果 照 査 NGへの 対 応 方 法 について 5. 断 面 決 定 要 領 について 6.プログラムの 不 具 合 情 報 プログラムに 関 する 質 問 や 指 摘 があれば プレビーム

More information

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13

耐震改修評定委員会での検討事項                 2000,4,13 平 成 24 年 6 月 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 での 留 意 事 項 耐 震 改 修 計 画 評 定 審 査 委 員 会 の 説 明 用 資 料 の 作 成 にあたり これまでの 審 査 委 員 会 での 指 摘 の 多 い 事 項 について 以 下 の 通 りとりまとめましたので 留 意 願 います 1. 対 象 1-1. 耐 震 診 断 耐 震 改 修 計 画 評

More information

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx

Microsoft PowerPoint - 09:耐久性2014web.pptx 耐 久 設 計 施 工 指 針 (AIJ) 耐 久 性 ( 中 性 化 を 例 に) 鉄 筋 コンクリート 造 建 築 物 の 耐 久 設 計 施 工 指 針 ( 案 ) 同 解 説 要 求 性 能 耐 用 年 数 の 確 保 型 設 計 法 構 造 詳 細 配 筋 設 計 かぶり 厚 さ コンクリートの 品 質 コンクリートの 材 料 鉄 筋 コンクリートの 調 合 仕 上 げ 材 などの 仕 様

More information

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477>

<874390DD8C7695738BEF8D8751264181698FEA8F8A91C582BF82B082BD81798A4F8350815B8375838B817A816A5F52657630322E786477> 設 計 不 具 合 場 所 打 PCちげた 外 ケーブル 1/8 外 ケーブル 構 造 に 関 する 設 計 不 具 合 防 止 にはどのようなものがあるか 目 次 ( 原 則 共 通 不 具 合 事 例 原 則 PC 橋 において 外 ケーブル 工 法 は 内 ケーブル 工 法 に 比 べ 部 材 厚 を 薄 くできること コンクリート の 打 設 性 能 の 向 上 橋 りょう 完 成 後 の

More information

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾

No3. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 燥 材. 燻 煙 乾 燥 材 ) 120mm 120mm 4000mm No4. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No5. 天 然 乾 燥 材 120mm 120mm 4000mm No6. 人 工 乾 燥 材 ( 低 温 乾 平 成 27 年 11 月 2 日 ( 月 ) 9 時 00 分 ~11 時 40 分 木 材 強 度 試 験 の 実 施 について (1) 目 的 地 栗 原 市 築 館 字 萩 沢 土 橋 26 栗 原 地 域 事 務 所 林 業 振 興 部 (2) 団 体 等 の 名 称 宮 城 北 部 流 域 森 林 林 業 活 性 化 センター 栗 原 支 部 東 北 職 業 能 力 開 発 大 学 校

More information

盤 反 力 係 数 k は 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 E から(1) 式 より 算 定 される 3 / 4 1 D / β k = α E (1) 0.3 0.3 ここに k: 杭 の 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) E: 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 (kn/m

盤 反 力 係 数 k は 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 E から(1) 式 より 算 定 される 3 / 4 1 D / β k = α E (1) 0.3 0.3 ここに k: 杭 の 水 平 地 盤 反 力 係 数 (kn/m 3 ) E: 複 合 地 盤 の 変 形 係 数 (kn/m 戦 -68 北 海 道 の 特 殊 土 地 盤 における 基 礎 構 造 物 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 寒 地 地 盤 チーム 研 究 担 当 者 : 冨 澤 幸 一 福 島 宏 文 江 川 拓 也 要 旨 北 海 道 に 広 く 分 布 する 泥 炭 および 火 山 灰 土 は 一 般 的 土 質 分 類 の 砂 質 土

More information

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅

ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木 造 住 宅 ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W ホームズ 君 耐 震 診 断 Pro Ver.3. ( 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 P 評 価 改 W プログラム 評 価 とは 木 造 住 宅 耐 震 診 断 プログラム 評 価 とは 財 団 法 人 日 本 建 築 防 災 協 会 が 実 施 している 制 度 です 木

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097CD8A7793FC96E582BD82ED82DD8A70964091E6348FCD2E646F63> 4- 第 4 章 柱 に 部 材 荷 重 を 有 する 骨 組 の 解 析 ポイント: 変 数 変 換 を 行 い たわみ 角 法 を 使 い 易 くする 境 界 条 件 と 有 効 剛 比 たわみ 角 法 の 基 本 式 に 使 用 されている 変 位 は 実 際 の 回 転 角 や 部 材 角 であり その 値 は 非 常 に 小 さい そのため 手 計 算 では 桁 を 間 違 い 易 く 扱

More information

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx

Microsoft Word - 131018-設計例3-山中修正2.docx 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 設 計 例 3 N 体 育 館 設 計 手 法 : 計 算 ルート( 水 平 震 度 法 ) 3-1 3-1 目 次 1. 吊 り 天 井 の 耐 震 設 計 概 要...3-4 1-1 建 物 概 要...3-4 1-2 設 計 方 針...3-6 1-3 チェックシート...3-8 1-4 使 用 材 料 と 許 容 応 力 度 許 容 耐 力...3-10

More information

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー

背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

第 章 斜 面 の 安 定 d 土 のせん 断 強 度 も φがゼロでない 限 り 不 静 定 力 であるσ n の 関 数 となり 不 静 定 力 である; τ f c + (σ n - u tanφ (-2 つまり 不 静 定 力 であるσ n が 求 まっていないと τ f は 求 まらない

第 章 斜 面 の 安 定 d 土 のせん 断 強 度 も φがゼロでない 限 り 不 静 定 力 であるσ n の 関 数 となり 不 静 定 力 である; τ f c + (σ n - u tanφ (-2 つまり 不 静 定 力 であるσ n が 求 まっていないと τ f は 求 まらない 第 章 斜 面 の 安 定 第 章 斜 面 の 安 定. 序 論 スライス 法 を 中 心 に 説 明 する スライス 法 は c, φ, γ, u 荷 重 が 斜 面 内 で 場 所 により 異 なっていても 解 析 できる 以 下 間 隙 水 圧 ( 地 下 水 の 浸 透 圧 外 荷 重 地 震 力 が 無 い 簡 単 化 した 状 況 で 説 明 する O 円 弧 の 半 径 斜 面 番 目

More information

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前

耐 震 診 断 受 付 期 間 4 月 16 日 ( 月 )~1 月 31 日 ( 木 ) 予 定 戸 数 100 戸 1 補 助 の 条 件 次 のすべての 要 件 に 該 当 すること (1) 市 民 自 らが 所 有 し 居 住 していること (2) 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 平 成 24 年 度 地 震 に 備 えて 補 強 し 住 み 慣 れた 家 に 住 み 続 けよう 旧 耐 震 基 準 ( 昭 和 56 年 5 月 31 日 以 前 )によって 建 設 された 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 費 耐 震 改 修 費 の 一 部 を 補 助 します 必 ず 事 前 に 申 請 してください 事 前 に 着 手 した 場 合 には 補 助 対 象 になりませんのでご

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.30

コンクリート工学年次論文集 Vol.30 論 文 孔 内 局 部 載 荷 試 験 によるコンクリート 強 度 推 定 に 関 する 一 考 察 皿 井 剛 典 *1 田 中 徹 *2 北 山 穂 高 *3 *4 金 子 勝 比 古 要 旨 : 本 稿 は, 構 造 物 の 任 意 の 深 度 におけるコンクリート 強 度 を 推 定 するために 開 発 した 孔 内 局 部 載 荷 試 験 装 置 を 用 いた,コンクリートへの 局 部 載

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう 第 7 話 力 のモーメントと 曲 げモーメントを 混 同 していませんか 2008 年 4 月 0 日 作 成 萩 原 芳 彦 はりの 曲 げや 軸 のねじりにおいて 登 場 する 曲 げモーメントやねじりモーメントについて なかなか 正 しく 理 解 できない 学 生 がおり 教 える 側 としても 苦 労 するところである これ もニュートンの 第 法 則 や 第 3 法 則 の 本 質 をおろそかにして

More information

木材の圧縮試験

木材の圧縮試験 1. 目 的 木 材 は 種 類 や 発 育 生 息 地 などによりそれぞれ 性 質 が 違 う 同 じ 木 材 でも 含 水 率 な どの 違 いでもその 性 質 は 変 化 する その 性 質 の 違 いを 利 用 し 構 造 体 や 建 具 家 具 など 使 用 目 的 にあった 利 用 をされ 今 や 建 築 にはなくてはならない 材 料 の 一 つとなっている そこで それだけ 身 近 な

More information

目 次 1.はじめに 2. 事 業 内 容 2.1 事 業 目 的 2.2 実 施 項 目 2.3 実 施 体 制 2.4 事 業 成 果 3. 厚 板 LVL 接 合 部 性 能 3.1 GIR 接 合 部 試 験 3.2 LSB 接 合 部 試 験 3.3 木 造 と 意 匠 について 4. 厚

目 次 1.はじめに 2. 事 業 内 容 2.1 事 業 目 的 2.2 実 施 項 目 2.3 実 施 体 制 2.4 事 業 成 果 3. 厚 板 LVL 接 合 部 性 能 3.1 GIR 接 合 部 試 験 3.2 LSB 接 合 部 試 験 3.3 木 造 と 意 匠 について 4. 厚 平 成 26 年 度 千 葉 県 森 林 整 備 加 速 化 林 業 再 生 事 業 県 産 スギを 用 いた 単 板 積 層 材 (LVL)による 厚 板 構 造 部 材 の 開 発 実 績 報 告 書 216 年 3 月 株 式 会 社 キーテック 目 次 1.はじめに 2. 事 業 内 容 2.1 事 業 目 的 2.2 実 施 項 目 2.3 実 施 体 制 2.4 事 業 成 果 3. 厚

More information

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象

別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 に 基 づく 中 間 検 査 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め るものとする ( 中 間 検 査 の 指 定 ) 第 2 中 間 検 査 の 対 象 静 岡 県 建 設 工 事 検 査 要 領 の 運 用 について 1 中 間 検 査 について( 第 3 条 ) 中 間 検 査 の 実 施 は 別 添 1 中 間 検 査 実 施 基 準 によるものとする 2 検 査 の 対 象 について( 第 4 条 ) (1) 本 庁 検 査 の 対 象 となる 検 査 は 知 事 部 局 に 係 る 建 設 工 事 の 検 査 であるが 教 育 委 員 会

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303695CA8E868254817C825091CF906B95E28BAD8EC08E7B90DD8C768BC696B188CF91F58E64976C8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303695CA8E868254817C825091CF906B95E28BAD8EC08E7B90DD8C768BC696B188CF91F58E64976C8F912E646F63> 耐 震 補 強 実 施 設 計 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 砂 市 が 委 託 する 耐 震 補 強 実 施 設 計 業 務 を 行 うにあたって 必 要 な 事 項 等 を 示 したものであり 耐 震 補 強 実 施 設 計 業 務 の 執 行 は 本 仕 様 書 公 共 建 築 設 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 ( 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 官 庁 営

More information

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww)

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww) 上 田 市 位 置 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 により の 位 置 指 定 を 行 うについて 上 田 市 位 置 指 定 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という )により 定 められた 具 体 的 な 基 準 を 定 め

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物

御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物 LE SA Version 2.0 MP Excelでつくる 配光曲線,直射水平面照度 HI-LAND 御 利 用 規 約 Excel でつくる 配 光 曲 線, 直 射 水 平 面 照 度 Version 2.0 小 冊 子 を 御 利 用 頂 くにあたり 以 下 の 内 容 をよく 御 読 み 頂 き 御 同 意 の 上 御 利 用 頂 く 様 宜 しく 御 願 い 致 します 1. 著 作 物

More information

コンクリート工学年次論文集 Vol.32

コンクリート工学年次論文集 Vol.32 論 文 損 傷 を 受 けた 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 RC 柱 の 補 修 効 果 に 関 する 研 究 松 枝 修 平 *1 田 所 敏 弥 *2 岡 本 大 *3 *4 谷 村 幸 裕 要 旨 : 兵 庫 県 南 部 地 震 以 降, 鋼 板 巻 き 立 て 補 強 が 実 施 されてきた 今 後,これらの 構 造 物 が 被 災 することも 想 定 されるが, 耐 震 補 強 した 柱

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連

2. 上 部 工 形 式 の 検 討 (1) 現 橋 における 課 題 昭 和 63 年 に 完 成 した 現 橋 は 当 時 の 最 先 端 技 術 に より 以 下 の 上 部 工 形 式 となっている 3 径 間 連 続 鋼 床 版 2 主 鈑 桁 側 橋 梁 3 径 間 連 別 紙 2 平 成 22 年 度 長 大 橋 における 異 種 構 造 の 連 続 化 と 経 済 的 な 支 間 割 による 合 理 化 橋 梁 一 般 国 道 337 号 当 別 町 札 幌 大 橋 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 道 路 事 務 所 秋 山 隆 住 岡 栄 悦 濱 下 和 久 札 幌 大 橋 ( 下 流 橋 )は 一 般 国 道 337 号 の4 車 線 化 の 一 環 として

More information

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析

工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政 策 評 価 実 施 要 領 ( 経 済 産 業 省 ) 及 び 費 用 対 効 果 分 析 資 料 6-2 大 阪 広 域 水 道 企 業 団 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 費 用 対 効 果 の 算 定 ( 事 前 評 価 ) 平 成 25 年 8 月 29 日 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 の 費 用 対 効 果 の 算 定 工 業 用 水 道 更 新 耐 震 化 事 業 における 費 用 対 効 果 を 工 業 用 水 道 事 業 に 係 る 政

More information

<92A0955B>

<92A0955B> 設 内 訳 書 舗 装 工 事 名 下 関 北 バイパス 富 任 地 区 安 全 施 設 設 置 工 事 ( 当 初 ) 事 業 区 分 道 路 新 設 改 築 工 事 区 分 舗 装 工 事 区 分 工 種 種 別 細 別 増 減 増 減 防 護 柵 工 作 業 土 工 床 掘 り 無 し 埋 戻 し 基 面 整 正 路 側 防 護 柵 工 式 1 86,815,805 式 1 84,275,048

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

<93798D488E7B8D488AC7979D977697CC5F323730375F96DA8E9F2E786264>

<93798D488E7B8D488AC7979D977697CC5F323730375F96DA8E9F2E786264> 土 工 施 工 管 理 要 領 平 成 27 年 7 月 東 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 西 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 総 則... 1-1 1. 適 用... 1-1 2. 構 成... 1-1 3. 施 工 管 理 の 意 義... 1-1 4. 施 工 管 理 試 験 の 基 本 事 項... 1-2 4-1

More information

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の

1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割 は 資 源 配 分 ( 公 共 財 の 安 定 供 給 )とされる ( 所 得 再 分 配 や 経 済 安 定 化 は 国 の 企 業 活 力 研 究 所 地 方 税 研 究 会 報 告 レジュメ < 資 料 1> 個 人 住 民 税 の 課 税 ベース 拡 大 による 地 方 税 制 改 革 京 都 産 業 大 学 経 済 学 部 八 塩 裕 之 1 1 はじめに 財 政 の 役 割 資 源 配 分 ( 公 共 財 供 給 ) 所 得 再 分 配 経 済 安 定 化 ( 景 気 調 整 ) 地 方 自 治 体 の 役 割

More information

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断

十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震 のため 一 時 中 断 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 10 月 新 潟 県 十 日 町 市 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 の 概 要 平 成 18 年 10 月 十 日 町 市 上 水 道 耐 震 化 計 画 は 平 成 16 年 6 月 から 調 査 を 開 始 しましたが 同 年 10 月 23 日 に 発 生 した 新 潟 県 中 越 地 震

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数

2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 2 県 公 立 高 校 の 合 格 者 は このように 決 まる (1) 選 抜 の 仕 組 み 選 抜 の 資 料 選 抜 の 資 料 は 主 に 下 記 の3つがあり 全 高 校 で 使 用 する 共 通 の ものと 高 校 ごとに 決 めるものとがあります 1 学 力 検 査 ( 国 語 数 学 社 会 理 科 英 語 の5 教 科 ) すべての 高 校 で 資 料 とする 2 調 査 書 (

More information

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な 第 2 章 長 期 優 良 住 宅 に 使 用 する 木 材 等 の 品 質 基 準 の 検 討 9 2.1 検 討 の 背 景 と 目 的 木 造 軸 組 構 法 住 宅 の 耐 震 性 を 確 保 するためには 建 築 基 準 法 で 定 められた 量 以 上 の 耐 力 壁 を 釣 り 合 いよく 配 置 する 必 要 があるが その 耐 力 壁 の 性 能 を 担 保 するために 必 要 な

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

Microsoft Word [公表用資料]_様式1-1.doc

Microsoft Word [公表用資料]_様式1-1.doc 様 式 1-1 平 成 25 年 3 月 室 蘭 市 都 市 建 設 部 土 木 課 目 次 1 長 寿 命 化 修 繕 計 画 の 目 的 2 長 寿 命 化 修 繕 計 画 の 対 象 橋 梁 3 健 全 度 の 把 握 及 び 日 常 的 な 維 持 管 理 に 関 する 基 本 的 な 方 針 4 対 象 橋 梁 の 長 寿 命 化 及 び 修 繕 架 替 えに 係 る 費 用 の 縮 減

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

西松建設技報

西松建設技報 西 松 建 設 技 報 VOL.31 偏 圧 地 形 下 における 坑 口 施 工 時 の 計 測 管 理 Monitoring of Tunnel Portal Stability under Nonuniform Earth Pressure Keiichi Mae Makoto Kakugo Takahiko Okamura Susumu Kiyota 要 約 2,700 m 2 5055 m

More information

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2)

Microsoft Word - セット版●報告書要約2月28日「タイにおける省エネルギー技術として有効な屋根用省エネ塗料の技術協力事業」実証事業20130228 (2) 平 成 24 年 度 経 済 産 業 省 委 託 事 業 平 成 24 年 度 貿 易 投 資 円 滑 化 支 援 事 業 ( 実 証 事 業 一 般 案 件 ) タイにおける 省 エネルギー 技 術 として 有 効 な 屋 根 用 省 エネ 塗 料 の 技 術 協 力 事 業 実 証 事 業 報 告 書 ( 要 約 版 ) 平 成 25 年 2 月 社 団 法 人 日 本 塗 料 工 業 会 禁

More information

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc

Microsoft Word 印刷ver 本編最終no1(黒字化) .doc 3 目 標 使 用 年 数 の 設 定 3-1. 耐 用 年 数 と 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 1. 目 標 使 用 年 数 の 考 え 方 (1) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) における 使 用 年 数 ( 更 新 周 期 ) 台 東 区 施 設 白 書 ( 平 成 26 年 7 月 ) においては 国 が 示 す 試 算 基 準 ( 地 方 公 共

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

ダクタイル 鉄 管 第 33 号 昭 和 57 年 10 月 ~46 年 )で 建 設 した 口 径 1500mm の 白 川 第 1 送 水 管 と 第 6 期 拡 張 事 業 ( 昭 和 55 年 ~58 年 )で ~,\ ~ノ/ Nll 直 40~50 ~O. ~ ~No. (450+~) 計 算 結 果 より 推 力 は 2, 237 トン ~3, 565 トン N 値 も 40~50

More information

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答

3.1. ❷ 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 国 土 交 通 大 臣 認 定 の 耐 力 壁 の 基 準 耐 力 については ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 の HP で 公 開 されている 木 造 住 宅 の 耐 震 診 断 と 補 強 方 法 の 質 問 回 答 3 耐 震 補 強 編 [3.1] 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 の 壁 基 準 耐 力 と 壁 基 準 剛 性 耐 震 補 強 に 使 用 できる 構 造 用 合 板 張 り 壁 には 次 の 3 種 類 がある 3.1. ❶ 日 本 建 築 防 災 協 会 による 耐 震 補 強 壁 ( 一 財 ) 日 本 建 築 防 災 協 会 2012 年 改 訂 版

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

DYMOスタートアップガイド

DYMOスタートアップガイド 動 的 解 析 体 験 版 ソフトウェアDYMO - 鉄 筋 コンクリート 橋 脚 の 非 線 形 動 的 解 析 プログラム- スタートアップガイド 財 団 法 人 土 木 研 究 センター 本 文 中 で 表 記 されているソフトウェア 名 称 について Microsoft R,Windows R は 米 国 Microsoft Corporationの 米 国 およびその 他 の 国 における

More information

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地 第 14 回 審 議 会 資 料 1 和 光 都 市 計 画 事 業 和 光 市 駅 北 口 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 和 光 市 目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 株 式 会 社 化 に 伴 う から 特 定 の 員 への 株 式 譲 渡 に 係 る 課 税 関 係 と 手 続 きについて 平 成 20 年 2 月 商 工 中 金 当 資 料 は 貴 において 本 件 取 引 に 関 する 検 討 をされるに 際 して ご 参 考 のための 情 報 提 供 のみを 目 的 として 国 税 庁 の 確 認 を 受 けた 内 容 に 基 づき 商 工 中 金 が

More information

耐震構造委員会資料                         2006/3/24

耐震構造委員会資料                         2006/3/24 耐 震 診 断 改 修 の 手 引 き この 手 引 きは 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 同 施 行 令 に 定 められている 指 針 基 準 ( 以 下 耐 震 診 断 基 準 * という) 等 に 基 づき その 具 体 的 な 取 り 扱 いを 示 していま す これらは 耐 震 診 断 基 準 等 の 中 で 診 断 者 の 判 断 に 委 ねられているもののうち

More information

ブレースの配置と耐力

ブレースの配置と耐力 システム 天 井 新 耐 震 基 準 (2015 年 版 ) 2015 年 3 月 制 定 平 成 26 年 4 月 に 改 定 された 建 築 基 準 法 施 行 令 による 技 術 基 準 等 の 動 向 を 踏 まえ 制 定 しました 1 はじめに 平 成 13 年 芸 予 地 震 平 成 15 年 十 勝 沖 地 震 および 平 成 17 年 宮 城 沖 地 震 において 天 井 の 脱 落

More information

目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 内 外 装 材 使 用 の 場 合 ) ~ P 5 4 申 請 書 類 記 載

目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 内 外 装 材 使 用 の 場 合 ) ~ P 5 4 申 請 書 類 記 載 ウッドファーストあきた 木 材 利 用 ポイント 事 業 申 請 書 記 入 の 手 引 き 手 続 き 開 始 からポイントの 交 付 まで - 秋 田 県 林 業 木 材 産 業 課 - 目 次 1 手 続 きの 流 れ P 1 2 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築 ( 県 産 構 造 材 等 使 用 の 場 合 ) ~ P 2 3 申 請 書 類 記 載 例 ~ 住 宅 新 築

More information

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区

( の 復 旧 ) 3. 南 相 馬 市 エリアの 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 及 び 居 住 制 限 区 域 内 の 路 線 数 ( ) 10 路 線 うち 被 災 した 路 線 ( 工 区 ) 数 10 路 線 52 箇 所 うち 応 急 対 策 を 実 施 した 路 線 ( 工 区 道 路 ( 高 速 道 路 の 復 旧 整 備 ) 1. 常 磐 自 動 車 道 1 箇 所 名 : 常 磐 自 動 車 道 の 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 及 び 整 備 区 間 2 供 用 中 区 間 の 被 災 箇 所 については 応 急 復 旧 により 平 成 23 年 4 月 28 日 までに 旧 警 戒 区 域 にかかる 区 間 ( 常 磐 道 広 野 IC~ 常 磐 富 岡

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208740313430318251395F8E968BC690E096BE8E9197BF88C481698379815B835794D48D8693FC82E8816A205B8EA993AE95DB91B68DCF82DD5D2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208740313430318251395F8E968BC690E096BE8E9197BF88C481698379815B835794D48D8693FC82E8816A205B8EA993AE95DB91B68DCF82DD5D2E70707478> 長 期 優 良 住 宅 化 リフォーム 推 進 業 について 本 資 料 は 平 成 25 年 度 補 正 予 算 案 (H25.12.5 閣 議 決 定 ) 及 び 平 成 26 年 度 予 算 案 (H25.12.24 閣 議 決 定 )に 盛 り 込 まれた 長 期 優 良 住 宅 化 リフォーム 推 進 業 について 制 度 の 概 要 をとりまとめたものです 前 に 公 表 した 募 集

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5

目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 朝 霞 市 庁 舎 等 の 耐 震 化 方 針 平 成 26 年 1 月 朝 霞 市 目 次 1. 方 針 1 2. 市 庁 舎 の 耐 震 化 事 業 計 画 2 [ 参 考 ] 建 物 の 現 状 5 1. 方 針 市 庁 舎 および 市 民 会 館 の 耐 震 化 対 応 について 朝 霞 市 庁 舎 等 整 備 方 針 検 討 委 員 会 により 提 言 がなさ れた 市 としては この 提

More information

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx

Microsoft Word - 「平成28年(2016年)熊本地震」_20号.docx 地 震 解 説 資 料 第 2 0 号 平 成 28 年 10 日 11 時 00 分 福 岡 管 区 気 象 台 大 分 地 方 気 象 台 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 について 大 分 県 中 部 では 強 い 揺 れを 伴 う 余 震 が 発 生 する 可 能 性 は 低 下 地 震 調 査 委 員 会 の 評 価 結 果 を 踏 まえた 留 意 事 項 現 在 も

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft PowerPoint - 20120114_R勉強会ichikura.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20120114_R勉強会ichikura.ppt [互換モード] 公 益 社 団 法 人 日 本 心 理 学 会 第 4 回 心 理 医 学 系 研 究 者 のためのRによる 統 計 学 の 研 究 会 初 心 者 による 初 心 者 のための 探 索 的 因 子 分 析 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 歯 学 総 合 研 究 科 博 士 課 程 1 年 市 倉 加 奈 子 (ichikura.lppm@tmd.ac.jp) ac 本 日 のMENU 1. 探

More information

Microsoft Word - 構造振動特論-08回-2012.doc

Microsoft Word - 構造振動特論-08回-2012.doc 最 終 印 刷 日 時 :/6/ 8:6: 8 第 8 回 数 値 積 分 法 8. 数 値 積 分 法 の 概 要 図 8- に 示 す 質 点 自 由 度 系 モデルにおいて, 地 面 から 加 速 度 y&& が 作 用 しているときの 運 動 方 程 式 は 式 (8.)で 表 される. y && + cy& + ky = y && (8.) 以 下 では,この 運 動 方 程 式 を 数

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

東北電力株式会社 東通原子力発電所 敷地の地質・地質構造 (コメント回答)

東北電力株式会社 東通原子力発電所 敷地の地質・地質構造 (コメント回答) プレスレク 資 料 原 子 力 規 制 委 員 会 東 通 原 子 力 発 電 所 敷 地 内 破 砕 帯 に 関 する 有 識 者 会 合 東 通 原 子 力 発 電 所 敷 地 内 破 砕 帯 の 評 価 ( 案 ) に 対 する 当 社 意 見 について 平 成 25 年 4 月 18 日 東 北 電 力 株 式 会 社 東 北 電 力 株 式 会 社 0 All rights Reserved.

More information

洪 水 吐 の 設 計 計 算 Ver.2 Operation Guidance 操 作 ガイダンス 本 書 のご 使 用 にあたって 本 操 作 ガイダンスは おもに 初 めて 本 製 品 を 利 用 する 方 を 対 象 に 操 作 の 流 れに 沿 って 操 作 入 力 処 理 方 法 を 説 明 したものです ご 利 用 にあたって 最 新 情 報 は 製 品 添 付 のHELPのバージョン

More information

Microsoft Word - 新旧対照表_H21.11月_.doc

Microsoft Word - 新旧対照表_H21.11月_.doc 漁 港 施 設 設 要 領 ( 平 成 18 年 版 ) 改 定 内 容 ( 新 旧 対 照 表 ) 平 成 21 年 11 月 改 定 新 第 2 編 第 4 章 輸 送 施 設 P378 上 から 20 行 目 ( 追 加 ) 4-2 臨 港 道 路 4-4-2 道 路 の 規 格 および P378 下 から 10 行 目 ~P379 上 画 交 通 から 9 行 目 (2) 漁 港 における

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

<5461726F2D32318E9197BF31814091E6323089F188B397CD97658AED8B4B>

<5461726F2D32318E9197BF31814091E6323089F188B397CD97658AED8B4B> 第 20 回 圧 力 容 器 規 格 委 員 会 議 事 録 Ⅰ. 日 時 : 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 月 ) 14:00~17:00 Ⅱ. 場 所 : 高 圧 ガス 保 安 協 会 第 2,3 会 議 室 Ⅲ. 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ): 委 員 長 : 小 林 副 委 員 長 :- 委 員 : 鴻 巣 寺 田 山 本 青 山 後 藤 田 原 酒 井 能 登 井

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798E9197BF825381A68DC48DB782B591D682A694C5817A938C93FA967B91E5906B8DD082F08F8482E991CE899E82C982C282A282C48169826F82528DB782B591D682A6816A> 資 料 4 東 日 本 大 震 災 を 巡 る 対 応 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 公 営 住 宅 等 (

More information

第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 6.1.2 コンクリート (1) 許 容 応 力 度 1)コンクリートの 許 容 応 力 度 は 表 -3.6.1 の 値 とする 表 -3.6.1 コンクリートの 許 容 応 力 度 設 計 基 準 強 度 鉄 筋 コンクリート 無 筋 コ ンクリ

第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 6.1.2 コンクリート (1) 許 容 応 力 度 1)コンクリートの 許 容 応 力 度 は 表 -3.6.1 の 値 とする 表 -3.6.1 コンクリートの 許 容 応 力 度 設 計 基 準 強 度 鉄 筋 コンクリート 無 筋 コ ンクリ 第 3 編 設 計 第 6 章 下 部 構 造 第 6 章 下 部 構 造 6.1 使 用 材 料 および 許 容 応 力 度 6.1.1 一 般 (1)コンクリートの 使 用 材 料 は 以 下 とする 1) 重 力 式 橋 台 以 外 の 橋 台 および 橋 脚 は 設 計 基 準 強 度 σck=24 N/mm 2 を 標 準 とする 2) 重 力 式 橋 台 は 設 計 基 準 強 度 σck=18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE091AE8DDE97BF82CC88F892A38E8E8CB182CC8AEE91622E646F63> 金 属 材 料 の 引 張 試 験 の 基 礎 1.はじめに 金 属 材 料 の 強 度 試 験 引 張 試 験 金 属 材 料 の 強 度 評 価 によく 利 用 される. ( 引 張 強 度, 降 伏 点, 伸 び, 絞 り など) その 他 圧 縮 試 験, 曲 げ 試 験,せん 断 試 験, 硬 さ 試 験, 衝 撃 試 験, 疲 労 試 験 など. 引 張 試 験 圧 縮 試 験 曲 げ

More information