Microsoft Word - 【履歴なし】27000HPコンテンツ案 doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 【履歴なし】27000HPコンテンツ案20140604.doc"

Transcription

1 ISO/IEC ファミリーについて 2014 年 6 月 4 日 1. ISO/IEC ファミリーとは ISO/IEC ファミリーは 情 報 セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に 関 す る 国 際 規 格 であり ISO( 国 際 標 準 化 機 構 ) 及 び IEC( 国 際 電 気 標 準 会 議 )の 設 置 する 合 同 専 門 委 員 会 ISO/IEC JTC1( 情 報 技 術 )の 分 化 委 員 会 SC 27(セキュリティ 技 術 )において 標 準 化 作 業 が 進 められています 以 下 に 示 すように 要 求 事 項 である ISO/IEC をは じめ ISO/IEC ファミリーとして 様 々な 規 格 が 検 討 され 発 行 されています *NP:New work item Proposal のことであり ISO 規 格 を 作 成 する 場 合 初 めに 作 成 可 否 について NP 投 票 が 行 わ れます 規 格 策 定 の 段 階 については 6 ページをご 参 照 下 さい 1

2 規 格 の 概 要 前 図 の 作 成 中 及 び 発 行 済 ( 改 訂 中 含 む) 規 格 の 概 要 は 以 下 の 通 りです ISO/IEC 27000:2014 Information technology Security techniques Information security management systems Overview and vocabulary 2014 年 1 月 発 行 [ 第 3 版 ] ISMS ファミリー 規 格 の 概 要 ISMS ファミリー 規 格 において 使 用 される 用 語 等 について 規 定 した 規 格 国 内 規 格 としては 2014 年 3 月 に JIS Q 27000:2014 として 制 定 された JIS Q 27000:2014 情 報 技 術 -セキュリティ 技 術 - 情 報 セキュリティマネジメントシステム- 用 語 ISO/IEC 27000:2014 の 箇 条 2 の 用 語 及 び 定 義 の 技 術 的 内 容 を 変 更 することなく 作 成 した 国 内 規 格 (ISMS の 概 要 などを 示 した ISO/IEC 27000:2014 の 箇 条 3 以 降 は 含 まれていない) ISO/IEC 27001:2013 Information technology Security techniques Information security management systems Requirements 2013 年 10 月 発 行 [ 第 2 版 ] 組 織 の 事 業 リスク 全 般 を 考 慮 して 文 書 化 した ISMS を 確 立 実 施 維 持 及 び 継 続 的 に 改 善 するため の 要 求 事 項 を 規 定 した 規 格 国 内 規 格 としては 2014 年 3 月 に JIS Q 27001:2014(JIS Q 27001:2006 の 改 正 版 )として 制 定 された JIS Q 27001:2014 情 報 技 術 -セキュリティ 技 術 - 情 報 セキュリティマネジメントシステム- 要 求 事 項 2008 年 10 月 リマソール 会 議 にて 定 期 レビュー 審 議 を 行 い 改 訂 開 始 が 決 定 された これを 受 けた 改 訂 作 業 を 経 て 2013 年 10 月 に 改 訂 版 が 発 行 された ISO/IEC 27002:2013 Information technology Security techniques Code of practice for information security controls 2013 年 10 月 発 行 [ 第 2 版 ] 組 織 の 情 報 セキュリティリスクの 環 境 を 考 慮 に 入 れた 管 理 策 の 選 定 実 施 及 び 管 理 を 含 む 組 織 の 情 報 セキュリティ 標 準 及 び 情 報 セキュリティマネジメントを 実 施 するためのベストプラクティスをま とめた 規 格 ISO/IEC の 附 属 書 A 管 理 目 的 及 び 管 理 策 と 整 合 がとられている * 当 初 ISO/IEC として 発 行 されたが 2007 年 7 月 に 規 格 番 号 が へ 改 番 された 国 内 規 格 としては 2014 年 3 月 に JIS Q 27002:2014(JIS Q 27002:2006 の 改 正 版 )として 制 定 された JIS Q 27002:2014 情 報 技 術 -セキュリティ 技 術 - 情 報 セキュリティ 管 理 策 の 実 践 のための 規 範 2008 年 10 月 リマソール 会 議 にて 定 期 レビュー 審 議 を 行 い 改 訂 開 始 が 決 定 された これを 受 けた 改 訂 作 業 を 経 て 2013 年 10 月 に 改 訂 版 が 発 行 された ISO/IEC 27003:2010 Information technology Security techniques Information security management system implementation guidance 2010 年 2 月 発 行 ( 現 在 改 訂 審 議 中 ) 2

3 ISMS の 実 装 ( 計 画 から 導 入 まで)に 関 するガイダンス 規 格 2012 年 10 月 ローマ 会 議 後 に 開 始 された NP 投 票 の 結 果 を 受 けて 2013 年 5 月 ソフィアアンティポ リス 会 議 にて 早 期 改 訂 開 始 が 決 定 された 現 在 実 施 中 の 改 訂 審 議 の 中 で 第 2 版 では 適 用 範 囲 の 変 更 とともに 標 題 が 以 下 に 変 更 されることにな った Information technology Security techniques Information security management system Guidance ISO/IEC 27004:2009 Information technology Security techniques Information security management Measurement 2009 年 12 月 発 行 ( 現 在 改 訂 審 議 中 ) 導 入 された ISMS 及 び 管 理 策 ( 群 )の 有 効 性 を 評 価 するための 測 定 に 関 するガイダンス 規 格 2012 年 5 月 ストックホルム 会 議 にて 定 期 レビュー 審 議 を 行 い 改 訂 開 始 が 決 定 された 現 在 実 施 中 の 改 訂 審 議 の 中 で 第 2 版 では 適 用 範 囲 の 変 更 とともに 標 題 が 以 下 に 変 更 されることにな った Information technology Security techniques Information security management -Monitoring, measurement, analysis and evaluation ISO/IEC 27005:2011 Information technology Security techniques Information security risk management 2011 年 6 月 発 行 [ 第 2 版 ]( 現 在 改 訂 審 議 中 ) 情 報 セキュリティのリスクマネジメントに 関 するガイドライン 規 格 2008 年 6 月 に 発 行 後 2010 年 4 月 マラッカ 会 議 にて ISO 31000:2009 及 び ISO Guide 73:2009 と の 整 合 に 限 定 した 改 訂 を (ISO/IEC 27001:2005 対 応 版 として) 通 常 よりも 早 い 改 訂 プロセスを 適 用 して 行 うことが 決 定 された これを 受 けた 改 訂 作 業 を 経 て 2011 年 に 改 訂 版 ( 第 2 版 )が 発 行 され た 2013 年 5 月 ソフィアアンティポリス 会 議 後 に 開 始 された NP 投 票 の 結 果 を 受 けて 2013 年 10 月 イ ンチョン 会 議 にて 早 期 改 訂 開 始 が 決 定 された ISO/IEC 27006:2011 Information technology Security techniques Requirements for bodies providing audit and certification of information security management systems 2011 年 12 月 発 行 [ 第 2 版 ]( 現 在 改 訂 審 議 中 ) ISMS 認 証 を 希 望 する 組 織 の 審 査 認 証 を 行 う 認 証 機 関 に 対 する 要 求 事 項 を 規 定 した 規 格 マネジメントシステム 認 証 機 関 に 対 する 要 求 事 項 としては ISO/IEC 17021が 規 定 されているが ISMS 認 証 機 関 に 対 しては 併 せて ISO/IEC が 要 求 される 国 内 規 格 としては 2012 年 9 月 に JIS Q 27006:2012(JIS Q 27006:2008 の 改 正 版 )として 制 定 された JIS Q 27006:2012 情 報 技 術 -セキュリティ 技 術 - 情 報 セキュリティマネジメントシステムの 審 査 及 び 認 証 を 行 う 機 関 に 対 する 要 求 事 項 ISO/IEC の 改 訂 版 ISO/IEC 17021:2011 が 発 行 されたことを 受 けて 2011 年 4 月 シンガポール 会 議 にて ISO/IEC も ISO/IEC 17021:2011 との 整 合 に 限 定 した 早 期 改 訂 を 行 うことが 決 定 され た これを 受 けた 改 訂 作 業 を 経 て 2011 年 に 改 訂 版 が 発 行 された その 後 2012 年 5 月 ストックホルム 会 議 にて ISO/IEC 17021:2011 整 合 以 外 の 内 容 も 含 む 改 訂 開 始 3

4 が 決 定 された ISO/IEC 27007:2011 Information technology Security techniques Guidelines for information security management systems auditing 2011 年 11 月 発 行 ( 改 訂 決 定 ) ISMS 監 査 の 実 施 に 関 するガイドライン 規 格 ISO 19011:2011(マネジメントシステム 監 査 のための 指 針 年 11 月 発 行 )に 加 えて ISMS 固 有 のガイダンスを 提 供 する 2014 年 4 月 香 港 会 議 にて 定 期 レビュー 審 議 を 行 い 改 訂 開 始 が 決 定 された ISO/IEC TR 27008:2011 Information technology Security techniques Guidelines for auditors on information security controls 2011 年 10 月 発 行 ( 改 訂 決 定 ) 組 織 の 情 報 セキュリティの 管 理 策 のレビューに 関 する 技 術 報 告 書 (TR:Technical Report) 2014 年 4 月 香 港 会 議 にて 定 期 レビュー 審 議 を 行 い 改 訂 開 始 が 決 定 された ISO/IEC 27009( 作 成 中 ) Information technology Security techniques Sector specific application of ISO/IEC requirements セクター 規 格 を 作 成 する 組 織 に 対 する 適 用 について 規 定 する 規 格 ISO/IEC 27010:2012 Information technology Security techniques Information security management for inter-sector and inter-organizational communications 2012 年 4 月 発 行 セクター 間 及 び 組 織 間 コミュニケーションのための 情 報 セキュリティマネジメントに 関 する 規 格 情 報 共 有 コミュニティの 中 で 情 報 セキュリティマネジメントを 実 施 するためのガイダンスや セクター 間 及 び 組 織 間 コミュニケーションにおける 情 報 セキュリティに 関 する 管 理 策 及 び 手 引 を 提 供 する ISO/IEC 27011:2008 Information technology Security techniques Information security management guidelines for telecommunications organizations based on ISO/IEC 年 12 月 発 行 ( 現 在 改 訂 審 議 中 ) 電 気 通 信 業 界 内 の 組 織 における ISO/IEC に 基 づいた 情 報 セキュリティマネジメント 導 入 を 支 援 するガイドライン 規 格 であり SC 27 と ITU-T が 共 同 で 作 成 したものである 2013 年 5 月 ソフィアアンティポリス 会 議 後 に 開 始 された NP 投 票 の 結 果 を 受 けて 2013 年 10 月 イ ンチョン 会 議 にて 改 訂 開 始 が 決 定 された ISO/IEC 27013:2012 Information technology Security techniques Guidance on the integrated implementation of ISO/IEC and ISO/IEC 年 10 月 発 行 ( 現 在 改 訂 審 議 中 ) ISO/IEC 及 び ISO/IEC の 統 合 実 践 に 関 するガイダンス 規 格 ISO/IEC 担 当 の SC7/WG25(IT Service management)と 連 携 して 作 成 された 2013 年 5 月 ソフィアアンティポリス 会 議 後 に 開 始 された NP 投 票 の 結 果 を 受 けて 2013 年 10 月 イ ンチョン 会 議 にて 改 訂 開 始 が 決 定 された ISO/IEC 27014:2013 Information technology Security techniques Governance of Information security 情 報 セキュリティのガバナンスに 関 する 規 格 であり 情 報 セキュリティガバナンスの 原 則 及 びプロセ スの 手 引 を 提 供 する 4

5 2013 年 4 月 発 行 ISO/IEC TR 27015:2012 Information technology Security techniques Information security management guidelines for financial services 2012 年 11 月 発 行 金 融 サービスのための 情 報 セキュリティマネジメントに 関 する 技 術 報 告 書 ISO/IEC TR 27016:2014 Information technology Security techniques Information security management Organizational economics 2014 年 2 月 発 行 組 織 の 情 報 資 産 の 保 護 に 対 して 経 済 学 的 な 視 点 を 適 用 し モデル 及 び 例 示 の 使 用 を 通 して 情 報 セキュ リティに 関 する 組 織 の 経 済 性 を 適 用 する 方 法 の 手 引 を 提 供 する 技 術 報 告 書 ISO/IEC 27017( 作 成 中 ) Information technology Security techniques Code of practice for information security controls for cloud computing services based on ISO/IEC クラウドコンピューティングサービスにおける ISO/IEC に 基 づく 情 報 セキュリティ 管 理 策 の 実 践 のための 規 範 を 提 供 する 規 格 ISO/IEC TR 27019:2013 Information technology -- Security techniques -- Information security management guidelines based on ISO/IEC for process control systems specific to the energy utility industry エネルギー 業 界 向 けプロセス 制 御 システムのための ISO/IEC に 基 づく 情 報 セキュリティマネ ジメメントに 関 する 技 術 報 告 書 2013 年 7 月 発 行 5

6 2. ISO/IEC ファミリー 規 格 の 検 討 状 況 ISO/IEC ファミリーの 検 討 は 年 2 回 ( 春 秋 ) 開 催 される SC 27 の WG 1( 情 報 セキュリティマネジメントシステム)において 進 められています 第 48 回 WG 1 会 儀 は 2014 年 4 月 7 日 ~11 日 に 香 港 ( 中 国 )にて 開 催 されました この 会 合 での 検 討 状 況 は 以 下 のとおりです SC 27 総 会 は 年 1 回 開 催 されており この 総 会 の 報 告 については 一 般 社 団 法 人 情 報 処 理 学 会 情 報 規 格 調 査 会 様 の Web サイトにて 公 開 されています 一 般 社 団 法 人 情 報 処 理 学 会 情 報 規 格 調 査 会 : 2-1 第 48 回 SC 27/ WG 1 会 議 における 検 討 状 況 ( 全 体 ) * 各 会 議 で 審 議 される 規 格 の 段 階 を 示 しています 既 に IS 発 行 済 で 現 在 改 訂 中 のものについては ()で 改 訂 段 階 を 示 しています 例 :IS( 改 訂 中 :DIS)-IS 発 行 済 だが 現 在 改 訂 中 で DIS 審 議 緑 色 の 網 掛 けセルは 発 行 済 規 格 灰 色 の 網 掛 けセルは 中 止 プロジェクトです ISO/IEC 番 号 ISO/IEC 規 格 内 容 概 要 及 び 用 語 第 48 回 会 議 (2014 年 4 月 ) IS[ 第 3 版 ] [SP] 第 49 回 会 議 (2014 年 10 月 ) IS[ 第 3 版 ] [SP] ISO/IEC 要 求 事 項 IS[ 第 2 版 ] IS[ 第 2 版 ] ISO/IEC 情 報 セキュリティ 管 理 策 の 実 践 のための 規 範 IS[ 第 2 版 ] IS[ 第 2 版 ] ISO/IEC ISO/IEC ISO/IEC ISO/IEC 導 入 に 関 する 手 引 測 定 リスクマネジメントに 関 する 指 針 認 証 機 関 に 対 する 要 求 事 項 ( 改 訂 中 :2nd WD) ( 改 訂 中 :2nd WD) IS[ 第 2 版 ] (WD) IS[ 第 2 版 ] ( 改 訂 中 :CD) ISO/IEC 監 査 の 指 針 ISO/IEC TR IS 管 理 策 に 関 する 監 査 員 のための 指 針 TR[ 第 1 版 ] ISO/IEC ISO/IEC ISO/IEC セクター 規 格 への 適 用 に 関 する 要 求 事 項 セクター 間 及 び 組 織 間 コミュニケーションのため の 情 報 セキュリティマネジメント 電 気 通 信 組 織 のための 指 針 2nd WD ( 改 訂 中 :3rd WD) ( 改 訂 中 :3rd WD) IS[ 第 2 版 ] (2nd WD) IS[ 第 2 版 ] ( 改 訂 中 :2nd CD) ( 改 訂 決 定 ) TR[ 第 1 版 ] ( 改 訂 決 定 ) CD ( 改 訂 中 :WD) ( 改 訂 中 :CD) ISO/IEC 電 子 政 府 サービスのための ISMS 指 針 - - ISO/IEC ISO/IEC と ISO/IEC との 統 合 導 入 に ついての 手 引 ( 改 訂 中 :WD) ( 改 訂 中 :CD) ISO/IEC 情 報 セキュリティのガバナンス ISO/IEC TR ISO/IEC TR ISO/IEC ISO/IEC TR *ISO 規 格 策 定 の 段 階 は 次 のとおり NP WD CD DIS FDIS IS( 発 行 済 ) 金 融 サービスに 対 する 情 報 セキュリティマネジメ ントの 指 針 情 報 セキュリティマネジメント- 組 織 の 経 済 的 側 面 (Organizational economics) クラウドコンピューティングサービスにおける ISO/IEC に 基 づく 情 報 セキュリティ 管 理 策 の 実 践 のための 規 範 エネルギー 業 界 向 けプロセス 制 御 システム のための ISO/IEC に 基 づく ISM の 指 針 TR[ 第 1 版 ] TR[ 第 1 版 ] TR CD TR [SP] *なお TR 規 格 策 定 の 段 階 は 次 のとおり NP WD PDTR DTR TR Technical Report: 技 術 報 告 書 NP: New work item Proposal NP: New work item Proposal WD: Working Draft WD: Working Draft CD: Committee Draft PDTR: Proposed Draft Technical Report DIS: Draft International Standard DTR: Draft Technical Report FDIS: Final Draft for International standard TR: Technical Report IS: International Standard SP Study Period TR 2nd CD TR [SP] 6

7 2-2 第 48 回 SC 27/ WG 1 会 議 における 検 討 状 況 ( 詳 細 ) - 主 要 プロジェクト 進 捗 状 況 Information security management systems Overview and vocabulary スウェーデンからの 寄 書 及 び, 日 本 及 び 英 国 からのコメント 処 理 を 行 い,27000 の 今 後 の 改 訂 方 法 等 に 関 する 課 題 の 整 理 を 行 った 結 果 SP(Study Period)を 延 長 し 引 き 続 き の 運 用 管 理 等 について 検 討 していくことになった Defect Report 2013 年 10 月 に 発 行 された の 8.1.1( 管 理 策 ) 及 び の 8.1.1( 管 理 策 ) ( 実 施 の 手 引 ) 7.1.2( 実 施 の 手 引 )について オーストラリアより Defect Report が 提 出 されており 審 議 を 行 った その 結 果 オーストラリアの 提 案 に 基 づき 該 当 箇 所 の"Assets associated with information and information processing facilities"という 表 現 に Information が 含 まれるように 修 正 を 行 うこととし Technical Corrigenda( 技 術 修 正 票 )を 発 行 するこ とになった Information security management system Guidance 今 回 の 会 議 に 先 立 って 2nd WD に 対 して 約 350 件 のコメントが 寄 せられた 編 集 会 議 では 適 用 範 囲 の 変 更 が 採 用 された その 他 全 てのコメント 審 議 を 行 い これ らのコメントに 基 づいて 内 容 的 な 修 正 も 多 く 採 用 された 今 回 の 編 集 会 議 の 結 果 内 容 的 な 変 更 も 多 かったことから 次 回 は 3rd WD を 発 行 することにな った Information security management systems -Monitoring, measurement, analysis and evaluation 今 回 の 会 議 に 先 立 って 2nd WD に 対 して 約 80 件 のコメントが 寄 せられた 編 集 会 議 では 5.3 Meeting Requirements について スウェーデンから 提 案 された の 9.1 と の 実 施 事 項 をマッピングした 概 要 図 と 日 本 提 案 のテキスト 変 更 を 合 わせて 検 討 し これに 基 づき 2nd WD の 5.3 を 変 更 することになった また 内 での measure measurement metrics の 使 用 方 法 について 各 国 からコメントがあり 整 理 されることになった 今 回 の 編 集 会 議 の 結 果 多 くのコメントが 採 用 されたが エディタ 預 かりとなったものも 多 かったこ とから 次 回 は 3rd WD を 発 行 することになった 7

8 27005 Information security risk management 今 回 の 会 議 に 先 立 って 1st WD に 対 して 約 100 件 のコメントが 寄 せられた 編 集 会 議 では 前 回 に 引 き 続 き 適 用 範 囲 について 審 議 され その 結 果 は だ けでなく ファミリー 全 般 を 対 象 としたものにする 方 向 とすることで 合 意 された また ISO との 整 合 をとることについても 基 本 的 に 合 意 された なお 一 部 のコメン トの 審 議 が 終 了 せず 次 回 会 合 で 審 議 されることになった 今 回 の 編 集 会 議 の 結 果 次 回 は 2nd WD を 発 行 することになった Requirements for bodies providing audit and certification of information security management systems 今 回 の 会 議 に 先 立 って 1st CD に 対 して(これまでの 会 議 からの 持 越 し 分 も 含 め) 約 230 件 のコメントが 寄 せられた 編 集 会 議 では 主 に 附 属 書 C について 審 議 された スウェーデンからの 提 案 をもとに 審 議 を 行 った 結 果 審 査 工 数 表 * 審 査 工 数 算 出 時 に 考 慮 すべき 要 因 その 要 因 を 必 ず 考 慮 して 審 査 工 数 を 算 出 すること 及 び 審 査 工 数 表 からの 削 減 の 割 合 を Normative( 必 須 )とするこ ととし 一 方 でその 具 体 的 な 算 出 方 法 については 例 示 (Informative)とすることになった * 審 査 工 数 表 は まずは 2011 年 版 を 出 発 点 とし 内 容 は 今 後 検 討 予 定 また 本 文 については DIS との 整 合 化 はエディタが 対 応 することとなり テキスト の 記 載 箇 所 の 移 動 を 求 めるコメントなど 多 くのコメントもエディタ 預 かりとなった 編 集 会 議 では それ 以 外 のコメントについて 審 議 を 行 った 今 回 の 編 集 会 議 の 結 果 附 属 書 C( 審 査 工 数 )を 1st CD から 大 幅 に 変 更 したため 次 回 は 2nd CD を 発 行 することになった Sector specific application of ISO/IEC requirements 今 回 の 会 議 に 先 立 って 2nd WD に 対 して 約 120 件 のコメントが 寄 せられた 編 集 会 議 では 適 用 範 囲 に 対 してコメントが 複 数 寄 せられており 前 回 会 議 に 引 き 続 き 再 度 審 議 変 更 された また 4 章 と 5 章 についてコメントも 多 く 審 議 された 結 果 箇 条 4 は 要 求 事 項 ( 本 文 )の 拡 張 等 についての 規 格 開 発 者 向 け 要 求 事 項 及 び 指 針 を 箇 条 5 は 附 属 書 A/27002 の 管 理 策 の 拡 張 等 についての 規 格 開 発 者 向 け 要 求 事 項 及 び 指 針 を 示 すことになった また 箇 条 4 箇 条 5 に 対 応 するセクター 別 規 格 作 成 に 際 してのテン プレートを それぞれ 別 の 附 属 書 として 含 めることになった 今 回 の 編 集 会 議 の 結 果 すべてのコメント 審 議 が 終 了 し 次 回 は 1st CD を 発 行 することにな った 以 上 8

橡セキュリティポリシー雛形策定に関する調査報告書

橡セキュリティポリシー雛形策定に関する調査報告書 13 2 KM 12 7 10 ISO/IEC TR 13335 Techniques for the Management of IT Security ISO/IEC 15408 Evaluation Criteria for IT Security BS7799 A Code of Practice for Information Security Management RFC2196 Site

More information

5005-toku3.indd

5005-toku3.indd 3 1 CMMICMM Capability Maturity Model ISO : International Organization for Standardization IEC : International Electrotechnical CommissionJTC1 : Joint Technical Committee 1SC7 : Sub Committee 7 SC7 WG

More information

001†`032 (Page 1)

001†`032 (Page 1) ISO の国際標準化専門委員会 2 International Organization for Standardization (ISO) CASCO COPOLCO DEVCO INFCO General Assembly Member Bodies Correspondent Members Subscriber Members Council Technical Management

More information

2-工業会活動.indd

2-工業会活動.indd 平 成 27 年 12 月 第 744 号 1.はじめに IAQG 2015 10 19 22 IAQG 2 4 38 2. 会 議 概 要 1 9100 2016 9100 CD Coordination Draft 545 APAQG 88 199 9100 IAQG9100 2016 4 2 9104-3 9104-3 2016 3 JAQG 9 3 JAQG 4 IAQG IAQG 3. 各

More information

情 報 を 相 手 に 渡 せない.そこで, 企 業 で 共 通 に 実 施 されて いるベースラインとしてのセキュリティ 管 理 について 1992 年 に 調 査 を 実 施 して,その 結 果 をまとめた. 企 業 間 で の 取 引 に 関 係 することから DTI がまとめ 役 となったも

情 報 を 相 手 に 渡 せない.そこで, 企 業 で 共 通 に 実 施 されて いるベースラインとしてのセキュリティ 管 理 について 1992 年 に 調 査 を 実 施 して,その 結 果 をまとめた. 企 業 間 で の 取 引 に 関 係 することから DTI がまとめ 役 となったも 情 報 セキュリティマネジメント 規 格 の 改 訂 と 問 題 点 について 原 田 要 之 助 1 ISO/IEC27001 /27002 が 2014 年 10 月 に 改 定 された. 改 訂 にあたっては, 旧 バージョンから IT の 急 速 な 技 術 進 歩, 利 活 用 の 変 化, 社 会 の 変 化,サイバー 攻 撃 など 新 しい 現 実 に 向 けて, 様 々な 工 夫 がなされている.

More information

なる マイケル ポーターが 競 争 の 戦 略 で IT の 戦 略 的 な 重 要 性 を 指 摘 して 以 降 企 業 や 組 織 に とって IT の 活 用 は 経 営 者 にとって 欠 かすことのできない 重 要 な 要 素 と 考 えられるようになっている しかし IT への 負 の 側

なる マイケル ポーターが 競 争 の 戦 略 で IT の 戦 略 的 な 重 要 性 を 指 摘 して 以 降 企 業 や 組 織 に とって IT の 活 用 は 経 営 者 にとって 欠 かすことのできない 重 要 な 要 素 と 考 えられるようになっている しかし IT への 負 の 側 研 究 レポート 企 業 に 求 められる IT ガバナンスの 新 しいモデル * 原 田 要 之 助 Yonosuke Harada SUMMARY 現 在 企 業 はコーポレートガバナンスの 確 立 が 求 められている コーポレートガバナンスの 中 で も 重 要 となっているのが IT や 情 報 セキュリティのガバナンスである 本 稿 では 企 業 に 要 請 され る IT ガバナンスを

More information

Taro12-認定-部門-ASG101-06

Taro12-認定-部門-ASG101-06 JIS Q 17025(ISO/IEC 17025(IDT)) JIS Q17025(ISO/IEC 17025(IDT)) --- --- JNLA JCSS ISO/IEC 17025 JIS Q 17025 IAJapan ILAC APLAC JIS Q17011 ISO/IEC 17011 MRA ILACAPLAC MRA IAJapan (3) JNLAJCSS (4) testing

More information

2004 NWI ISO 11210:1995 ISO 11489:1995 ISO 11490:1995 ISO 58 Gas cylindersp 2 Cylinder fittingsp 3 Cylinder design P 4 Operational requirements P ISO 209 1 P 1711 12 166 2 1 2 WD2CD H189 CD

More information

平成20年5月30日

平成20年5月30日 平 成 20 年 7 月 29 日 経 済 産 業 省 マネジメントシステム 規 格 認 証 制 度 の 信 頼 性 確 保 のための ガイドライン の 公 表 について 経 済 産 業 省 では マネジメントシステム 規 格 認 証 制 度 の 信 頼 性 を 確 保 するた め 認 定 機 関 認 証 機 関 をはじめとする 関 係 者 が 取 組 むべき 事 項 について 昨 年 9 月 から

More information

Microsoft PowerPoint - 20150717.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150717.pptx 情 報 セキュリティ 第 14 回 2015 年 7 月 17 日 ( 金 ) 1/25 本 日 学 ぶこと 本 日 の 授 業 を 通 じて 組 織 におけるセキュリティ の 基 本 的 な 考 え 方 を 学 びます. 組 織 の 持 つ 情 報 や 計 算 機 などを, 継 続 的 かつ 安 全 に 管 理 運 用 するのに 有 用 な セキュリティポリシー を 学 習 します. セキュリティ

More information

セキュリティとソフトウェアエンジニアリングの境界 --国際規格から見て--

セキュリティとソフトウェアエンジニアリングの境界 --国際規格から見て-- 伏 見 諭 JTC1/SC7 SC27 Liaison Officer (CISSP, CSSLP, SSE-CMM Lead Appraiser) セキュリティのコミュニティはISMSのような 規 格 やCCのような 規 格 を 生 み 出 していますが それらの 補 強 の 動 きは 他 方 で 行 われているソ フトウェア 及 びシステムエンジニアリングの 信 頼 性 確 保 の 動 きと 多

More information

CIA+

CIA+ ECOM 200511 e ECOM CIA+ Integrity Confidentiality Availability Phishing fishing http://www.nikkeibp.co.jp/ http://www.nikeibp.co.jp/ DoSDenial of Service DoS IT IT ROI 1/2 2/2 DMZ IT TESEC( Common

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8258817A8262826082728262826E81958262826082612E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8258817A8262826082728262826E81958262826082612E646F63> 資 料 9 ISO/ IEC/CABの 動 向 19.04.09 ISO/ 総 会 の 結 果 について 1. 総 会 議 長 政 策 調 整 委 員 会 (CPC) 会 合 について (1) 日 時 場 所 及 び 出 席 者 期 間 会 議 名 など 開 催 場 所 参 加 人 数 1 平 成 18 年 4 月 3 日 ~ 4 月 8 日 2 平 成 18 年 1 0 月 31 日 平 成 18

More information

続 されて, 企 業 の 情 報 システムへの 依 存 が 大 きく 進 んだ[3]. 情 報 セキュリティの 位 置 づけは, 情 報 システムがビジネスで 利 用 されるようになってから, 大 きく 変 わっていった. 情 報 システムの 開 発 では, 情 報 システムが 外 部 から 見 え

続 されて, 企 業 の 情 報 システムへの 依 存 が 大 きく 進 んだ[3]. 情 報 セキュリティの 位 置 づけは, 情 報 システムがビジネスで 利 用 されるようになってから, 大 きく 変 わっていった. 情 報 システムの 開 発 では, 情 報 システムが 外 部 から 見 え 情 報 セキュリティマネジメントの 変 遷 と 課 題 1 原 田 要 之 助 概 要 情 報 セキュリティマネジメントは, 情 報 システムがビジネスに 用 いられて 以 来, 情 報 システムの 運 用 の 概 念 の 一 部 として 持 ち 込 まれた. 情 報 システムを 用 いてビジ ネスを 正 確 に, 必 要 の 原 則 に 基 づいて 管 理 し,かつ, 効 率 よく 処 理 するための

More information

神戸山手大学紀要第17号

神戸山手大学紀要第17号 ISO How should we understand revision ISO14001 in 2015? ISO:MSSISO:DIS ISO14001:2015 is published on November 20th, 2015. As for the this paper, the revised points of this revision standard are explained.

More information

Microsoft Word - 査読SP問題110510RR.doc

Microsoft Word - 査読SP問題110510RR.doc JAVCERM Journal [] 2 # 2011_01_Ronko 2010 1 4 2011 5 12 1 2 2 1999 National Bank of Keystone(Keystone), Pacific Thrift and Loan(PLT) FDIC CAMEAL 20 20 1 11 6 2.2 2000 Greenspan FRB 2000 IT IT Greenspan[2004]

More information

2-工業会活動.indd

2-工業会活動.indd 1. はじめに I S O I n t e r n a t i o n a l O r g a n i z a t i o n f o r Standardization ISO/TC20 SC9 7 10 12 3 1 P 1 CAAC 写真 1 会議風景 21 2. 背景 SC9 IATA International Air Transport Association liaison IATA

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 情 報 法 制 研 究 会 第 4 回 シンポジウム 国 際 規 格 動 向 2016 年 6 月 12 日 佐 藤 慶 浩 yoshihiro.satoh@office4416.com Copyright 2016 Yoshihiro Satoh 1 発 表 者 略 歴 Former Asia Region Privacy Officer / Privacy Office / HP Inc. Former

More information

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7 改 訂 番 号 7 承 認 日 2015.09.10 マネジメントシステム 認 証 規 則 制 定 日 2007 年 10 月 12 日 日 本 海 事 協 会 マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引

More information

資料1

資料1 PSC PSC PSC VFM Good Practice Procurement Policy VFM XY Reference Bid Variant Bid better value VFM ISO 24 1. Estates Services 2. Domestic Services 3. Catering Services 4. Helpdesk Services 5. Grounds

More information

untitled

untitled financial report - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - -

More information

IAF ID x:2010 International Accreditation Forum, Inc. Page 2 of 8 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF)は 適 合 性 評 価 サービスを 提 供 する 機 関 の 認 定 のためのプログラ ムを 運 営 している この 認 定

IAF ID x:2010 International Accreditation Forum, Inc. Page 2 of 8 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF)は 適 合 性 評 価 サービスを 提 供 する 機 関 の 認 定 のためのプログラ ムを 運 営 している この 認 定 IAF ID x:2010 International Accreditation Forum Inc. 国 際 認 定 機 関 フォーラム(IAF) IAF Information Document (draft) ISO/IEC 17021:2006 から ISO/IEC 17021:2010 への マネジメントシステム 認 定 移 行 のための IAF 参 考 文 書 (IAF ID x :

More information

 平成15年度の機械工業は、年度始めの日機連の生産額見通し調査で3年ぶりの前年度比プラスとなり、回復の期待を抱いてスタートすることが出来た

 平成15年度の機械工業は、年度始めの日機連の生産額見通し調査で3年ぶりの前年度比プラスとなり、回復の期待を抱いてスタートすることが出来た 153 15 (1) 15 11 18 3 (2) 15 MEMS (3) (4) (5) (6) 16 15 9 24 (7) 15 (8) (9) (10) ISO12100-1,-2 15 11 J ISJIS 15 12 15 ISO (1) 2 15511 90 (151 ) 15.5.20 1 14 2 14 3 15 4 15 5 6 91 (15 ) 15.11.17 1 16 216

More information

第122号.indd

第122号.indd -1- -2- -3- 0852-36-5150 0852-36-5163-4- -5- -6- -7- 1st 1-1 1-2 1-3 1-4 1-5 -8- 2nd M2 E2 D2 J2 C2-9- 3rd M3 E3 D3 J3 C3-10- 4th M4 E4 D4 J4 C4-11- -12- M5 E5 J5 D5 C5 5th -13- -14- NEWS NEWS -15- NEWS

More information

1-3 用 語 の 定 義 本 ガイドラインで 用 いる 用 語 の 定 義 は 以 下 のとおりとする (1) 審 査 とは 技 術 的 審 査 における 一 次 エネルギー 消 費 量 の 計 算 等 に 用 いる 設 備 機 器 の 性 能 が それぞれの 設 備 機 器 の 準 拠 規 格

1-3 用 語 の 定 義 本 ガイドラインで 用 いる 用 語 の 定 義 は 以 下 のとおりとする (1) 審 査 とは 技 術 的 審 査 における 一 次 エネルギー 消 費 量 の 計 算 等 に 用 いる 設 備 機 器 の 性 能 が それぞれの 設 備 機 器 の 準 拠 規 格 ( 案 ) 建 築 物 省 エネ 法 に 係 る 技 術 的 審 査 における 設 備 機 器 の 性 能 確 認 方 法 等 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 住 宅 性 能 評 価 表 示 協 会 平 成 29 年 12 月 制 定 施 行 1 総 則 1-1 目 的 建 築 物 のエネルギー 消 費 性 能 の 向 上 に 関 する 法 律 ( 以 下 建 築 物 省 エネ 法

More information

5 ISMS 5 4 PC PC USB PDA 2

5 ISMS 5 4 PC PC USB PDA 2 3 3 1 2 1 1 2 4 1 2 1 1 1 5 ISMS 5 4 PC PC USB PDA 2 16 1 16 1 4 3 PC USB 4 5 1 6 6 506 507 507 6 5000 JIS 7 3 3 8 1 4 Web 2 15 16 9 1 OK 2 10 20 3 10 4 19 100 1 0 100 1000 1 11 3 10 50 A B C 3 4 10 50

More information

Cut Energy Bills 11% in Smart Meter Test: IBM is Running a Test in Dubuque, Iowa, to Get Residents Engaged with Their Smart Meter Data Consumers Wary of Smart Meters A Policy Framework for The 21 st Century

More information

ISO/IEC 9798プロトコルの安全性評価

ISO/IEC 9798プロトコルの安全性評価 ISO/IEC 9798 2011 2 4 ISO/IEC 9798-2 (Mechanisms using symmetric encipherment algorithms), ISO/IEC 9798-3 (Mechanisms using digital signature techniques), ISO/IEC 9798-4 (Mechanisms using a cryptographic

More information

派 遣 補 助 事 業 の 主 な 流 れは, 次 頁 のとおりです 詳 細 は, 各 項 目 をご 覧 くださ い なお, 派 遣 補 助 事 業 に 応 募 された 団 体 は, 本 要 領 書 に 記 載 されている 事 項 に 合 意 いただいたものとしてお 取 扱 させていただきます 本

派 遣 補 助 事 業 の 主 な 流 れは, 次 頁 のとおりです 詳 細 は, 各 項 目 をご 覧 くださ い なお, 派 遣 補 助 事 業 に 応 募 された 団 体 は, 本 要 領 書 に 記 載 されている 事 項 に 合 意 いただいたものとしてお 取 扱 させていただきます 本 第 1 版 2014-06-10 第 2 版 2015-04-06 第 3 版 2015-07-24 第 4 版 2016-04-01 平 成 28 年 度 ISO/IEC 国 際 会 議 への 専 門 家 派 遣 に 係 わる 補 助 事 業 応 募 要 領 1. 事 業 の 概 要 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下, 当 協 会 と 称 します)では, 平 成 27 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378> RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014( 静 電 気 現 象 からの 電 子 デバイスの 保 護 - 一 般 要 求 事 項 ) 規 格 発 行 に 寄 せて 1. はじめに 今 回 RCJS-5-1:2010 の 改 訂 版 の RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014 を 発 行 することにしました これは RCJS-5-1:2010 発 行 後 に 改 訂 された 国 際 的 な 静

More information

Microsoft Word - ~4810066.doc

Microsoft Word - ~4810066.doc 各 国 の 栄 養 表 示 規 則 に 関 する 情 報 国 関 連 する 規 則 と 情 報 中 国 本 土 食 品 营 养 标 签 管 理 规 范 : http://www.gov.cn/gzdt/2008-01/11/content_856260.htm http://www.gov.cn/gzdt/2008-04/23/content_952287.htm 欧 州 連 合 加 盟 国 Regulation

More information

untitled

untitled 6000 4 10.5% 13.1% 8.2% [ 2005 ] IT 8 6.5% 2005 6855 6584 1.7 30% ISMS SOX 18 19 SOX 2007 2008 1 2 3 4 ASP SaaS 5 6 6.1 PCI DSS 6.2 6.3 ISO27004 ISMS 6.4 6.5 6.6 NIST SP 19

More information

2 主 要 なフォントプロバイダは 自 社 の 提 供 する 書 体 の 分 類 をもち, 文 字 体 系 を 異 にする 各 地 域 や 国 では,それぞれの 文 字 体 系 に 応 じた 書 体 分 類 があり 得 る 国 内 の 幾 つかのプロバイダは 日 本 事 務 機 械 工 業 会 (J

2 主 要 なフォントプロバイダは 自 社 の 提 供 する 書 体 の 分 類 をもち, 文 字 体 系 を 異 にする 各 地 域 や 国 では,それぞれの 文 字 体 系 に 応 じた 書 体 分 類 があり 得 る 国 内 の 幾 つかのプロバイダは 日 本 事 務 機 械 工 業 会 (J 1 画 像 電 子 学 会 第 7 回 画 像 ミュージアム 研 究 会 2009-03-04 フォントオントロジを 用 いたフォント 選 択 Font Selection based on Font Ontology 谷 田 浩 章 中 井 達 也 小 町 祐 史 Hiroaki TANIDA Tathuya NAKAI Yushi KOMACHI 大 阪 工 業 大 学 情 報 科 学 部 Faculty

More information

<955C8E86874082C68743205B8D5890568DCF82DD5D2E6169>

<955C8E86874082C68743205B8D5890568DCF82DD5D2E6169> Title 9. 情 報 セキュリティ : 情 報 セキュリティ マネジメントシステム (ISMS)に 関 する 一 考 察 Author(s) 辻 本, 篤 Citation URL 聖 学 院 大 学 図 書 館 情 報 学 研 究, 第 6 号 寄 附 講 座 インター ネット 時 代 の 情 報 資 源 活 用 特 集 号, 2011.3 : 87-95 http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/modules/xoonips/de

More information

2. 企 業 戦 略 組 織 戦 略 人 材 戦 略 2.1. 企 業 戦 略 組 織 戦 略 富 士 フイルムでは 昨 今 のデジタル 技 術 の 急 激 な 進 展 やグローバルなビジネス 環 境 の 変 化 の 中 で 今 新 しい Vision のもと 事 業 と 経 営 全 体 にわたる

2. 企 業 戦 略 組 織 戦 略 人 材 戦 略 2.1. 企 業 戦 略 組 織 戦 略 富 士 フイルムでは 昨 今 のデジタル 技 術 の 急 激 な 進 展 やグローバルなビジネス 環 境 の 変 化 の 中 で 今 新 しい Vision のもと 事 業 と 経 営 全 体 にわたる 導 入 事 例 : 富 士 フイルムコンピューターシステム 株 式 会 社 導 入 推 進 者 : 業 務 部 担 当 課 長 福 岡 新 氏 1. 会 社 概 要 社 名 : 富 士 フイルムコンピューターシステム 株 式 会 社 設 立 :1998 年 7 月 1 日 資 本 金 :490 百 万 円 ( 富 士 フイルム 96% 出 資 ) 従 業 員 数 : 約 150 名 (2010 年

More information

数 がほぼ 同 数 であった (もうひとつの 選 択 肢 の リスクマネジメントと 危 機 管 理 は 同 じであ る という 選 択 はほとんど 無 かった)( 図 1 参 照 ) 図 1 リスクマネジメントと 危 機 管 理 の 包 含 関 係 ここで 危 機 管 理 がリスクマネジメントを 包

数 がほぼ 同 数 であった (もうひとつの 選 択 肢 の リスクマネジメントと 危 機 管 理 は 同 じであ る という 選 択 はほとんど 無 かった)( 図 1 参 照 ) 図 1 リスクマネジメントと 危 機 管 理 の 包 含 関 係 ここで 危 機 管 理 がリスクマネジメントを 包 東 京 海 上 日 動 リスクコンサルティング( 株 ) 情 報 グループグループリーダー 指 田 朝 久 128 リスクマネジメントと 事 業 継 続 危 機 管 理 の 相 互 関 係 本 文 要 約 リスクマネジメントシステム JISQ2001 と ISOGuide73 が 制 定 され 考 え 方 が 整 理 されたが その 普 及 活 動 を 実 施 していると 現 状 企 業 等 で 用

More information

AGENDA

AGENDA AGENDA IPA JPCERT ) A B C D F,,,,, H14.2 IPA/JNSA (CSR: Corporate Social Responsibility) ISMS ISO17799 BS7799 JISQ15001 ISO15408 Step1 Step2 ISMS Step3 Step4 Step5 Step6 Act Plan Check Do Management

More information

P20 security senryaku.pdf 31 31

P20  security senryaku.pdf 31 31 17 th /Dec./2013 102013 in TOKYO Late Majority http://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/cyber security senryaku.pdf P20 http://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/cyber security senryaku.pdf 31 31 ATM 1. 2.

More information

Contents FY2011 Highlight Financial Data Business Outline Of ZOZOTOWN To Overseas Customers Business Outline Of Affiliated Companies About Us Appendix : Notice of the 14th Annual General Meeting of

More information

10 9 10 12 13 13 14 21 21 24 26 26 28 31 33 36 38 35 38 40 41 41 41 45 51 53 62 64 68 68 70 71 78 83 84 84 85 96 96 101 101 102 104 104 106 67 95 107 108 109 112 112 113 120 120 120 121 123 123 125 125

More information

<4D F736F F F696E74202D D F694AD955C95AA816988F38DFC A2E707074>

<4D F736F F F696E74202D D F694AD955C95AA816988F38DFC A2E707074> ISO/IEC 27000 関連規格の最新動向 中尾康二 KDDI 株式会社情報セキュリティフェロー NICT インシデント対策 G GL JNSA メンバ Telecom-ISAC メンバ National convener of WG4, ISO/IEC SC27 Vice-chair of ITU-T SG17 2009 年 11 月に米国 ( レッドモンド ) で開催された ISO/IEC

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

untitled

untitled Accounting, Organizations and Society,. Accounting, Organizations and Society,. Accounting, Organizations and Society,. Diagnosing and Changing Organizational CultureBased on the Competing Values Framework,

More information

untitled

untitled ISO 26262 : 2011(E) Functional safety nal 2 Managem ment of functio safety 3 Con ncept phase Annex B Examples for evaluating a safety culture Annex C (informative) Aim of the confirmation measures 8 Functional

More information

IEEE e

IEEE e 2007 IEEE 802.11e LAN VoIP 2008 2 4 3606U075-2 1 5 1.1...................................... 5 1.2...................................... 5 1.3..................................... 6 2 IEEE 802.11e LAN

More information

15 6 9 3 18 9 1 17 244 1 15 7-1 - - 2 - ( 244 2 8 ) 17.9.5No35 17 7-3 - 0% 20% 40% 60% 80% 100% (1,795) 38.7% (2,844) 61.3% 34.1 (329) 83.4 (131) 65.9 (635) 16.6 (26) 38.2 (1265) 61.8 (2048) (N=4639) 34.1

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

株 式 会 社 チェリーネットワーク 概 要 会 社 概 要 社 名 株 式 会 社 チェリーネットワーク 英 文 表 記 Cherrynetwork CO.,LTD. H P http://www.cherrynetwork.jp 事 業 開 始 2006 年 06 月 19 日 設 立 2006

株 式 会 社 チェリーネットワーク 概 要 会 社 概 要 社 名 株 式 会 社 チェリーネットワーク 英 文 表 記 Cherrynetwork CO.,LTD. H P http://www.cherrynetwork.jp 事 業 開 始 2006 年 06 月 19 日 設 立 2006 デジタルビジネス 協 同 組 合 情 報 セキュリティ 事 業 のご 紹 介 デジタルビジネス 協 同 組 合 委 員 長 森 谷 礼 裕 Ver.1.1 1 株 式 会 社 チェリーネットワーク 概 要 会 社 概 要 社 名 株 式 会 社 チェリーネットワーク 英 文 表 記 Cherrynetwork CO.,LTD. H P http://www.cherrynetwork.jp 事 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798CF6955C82C582AB82E994C5313530393234817A474D508E9697E18CA48B8689EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798CF6955C82C582AB82E994C5313530393234817A474D508E9697E18CA48B8689EF2E70707478> PIC/Sの 動 向 とGMP 調 査 の 現 状 独 政 法 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 品 質 管 理 部 2015 年 度 GMP 事 例 研 究 会 2015 年 9 15 東 京 原 賢 太 郎 2015 年 9 18 阪 薮 真 美 本 の 講 演 内 容 PIC/Sの 動 向 とGMPの 活 動 加 盟 後 の 本 の 役 割 GMP 調 査 における 指 導 事 例

More information

電気学会技術報告(A4判)原稿執筆の手引き

電気学会技術報告(A4判)原稿執筆の手引き 電 気 学 会 技 術 報 告 原 稿 執 筆 の 手 引 き 技 術 報 告 は, 委 員 会 で 作 成 した 原 稿 を PDF 化 しオンデマンド 版 (1) および PDF ダウンロード 版 (2) とし 電 子 図 書 館 で 出 版, 販 売 します そのため 原 稿 は 次 の 事 項 にしたがい 作 成 して 下 さい 作 成 された 電 子 原 稿 は 電 子 図 書 館 のサーバに

More information

フセハツ工業株式会社 品質マニュアル

フセハツ工業株式会社    品質マニュアル 表 紙 承 認 品 質 マニュアル (ISO9001:2008) 第 2-4 版 改 訂 日 :2014 年 02 月 13 日 承 認 社 長 確 認 管 理 責 任 者 作 成 担 当 フセハツ 工 業 株 式 会 社 品 質 マニュアル 制 定 日 :2012.04.21 頁 :2/28 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 改 訂 日 :2014.02.13 改 訂 No.2-4 版 数 改 定

More information

- 2 -

- 2 - - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - ( ) - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - What is your hobby? - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27

More information

Research on Academic Degrees and University Evaluation The Chronicle of Higher Education Chronicle Analytical Perspectives Research Centers Directory Research Centers Directory Administrative Policies

More information

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 (V2.0) 制 定 日 :2009 年 8 月 26 日 改 訂 日 :2013 年 4 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 印 刷 産 業 連 合 会 プライバシーマーク 審 査 センター プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇

More information

はじめに 2011 年 6 月 15 日 今 後 のエネルギー 管 理 分 野 における 世 界 標 準 になることが 見 込 まれる 国 際 規 格 ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)が 発 行 されました 更 に 2011 年 10 月 20 日 には JIS 規 格 (JIS

はじめに 2011 年 6 月 15 日 今 後 のエネルギー 管 理 分 野 における 世 界 標 準 になることが 見 込 まれる 国 際 規 格 ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)が 発 行 されました 更 に 2011 年 10 月 20 日 には JIS 規 格 (JIS CEMSAR Center for Energy Management System Auditors Registration エネルギー マネジメントシステム 審 査 員 評 価 登 録 センター はじめに 2011 年 6 月 15 日 今 後 のエネルギー 管 理 分 野 における 世 界 標 準 になることが 見 込 まれる 国 際 規 格 ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)が

More information

技術の系統化調査報告「プロセス制御システムの技術系統化調査」

技術の系統化調査報告「プロセス制御システムの技術系統化調査」 A Technical Survey of Process Control Systems 3 Yutaka Wakasa Abstract Yutaka Wakasa 95 1 2 96 Vol.11 2008.March 2.1 2.2 97 98 Vol.11 2008.March 99 3 3.1 3.2 3.3 100 Vol.11 2008.March 101 3.4 102 Vol.11

More information

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc

Microsoft Word - 01マニュアル・入稿原稿p1-112.doc 4 54 55 56 ( ( 1994 1st stage 2nd stage 2012 57 / 58 365 46.6 120 365 40.4 120 13.0 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 4 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97

More information

03-3817-5670FAX 03-3815-8199 IEC IPA SEC (JIS X (JIS X IEC IEC IEC SIL(Safety Integrity Level)SIL SIL SILSIL IEC AD A B C D IEC ETC ETC V TV HDD GB GB HDD AECL LINAC e X x FTAFault Free Analysis SAFEWAREN

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 情 報 処 理 学 会 ソフトウェアジャパン2008 ソフトウェアプロセス 改 善 と 人 材 育 成 プロセス 改 善 における 人 材 育 成 の 重 要 性 掛 下 哲 郎 佐 賀 大 学 理 工 学 部 kake@is.saga-u.ac.jp 自 己 紹 介 専 門 分 野 ソフトウェア 工 学 データベース 教 育 システムのJABEE 認 定 佐 賀 大 学 知 能 情 報 システム

More information

Recommendation M

Recommendation M - TMN management services and telecommunications managed areas: overview 1.0 2002 5 30 THE TELECOMMUNICATION TECHNOLOGY COMMITTEE 2 3 1997 ITU-T M.3200) ITU-T M.3010 (1996 ) (2000 )( JT-M3010 2.0 ) TTC

More information

ÿþbÎW'Yf[

ÿþbÎW'Yf[ Kasra Ferdows QC ZD QC ZD QC ZD QC ZD TQM (Total Quality Management) GHQ JAS (Japanese Agricultural Standard) JIS (Japanese Industrial Standard) JIS JIS JIS ISO (International Organization for Standardization)

More information

Japan John Wiley & Sons Electrical Engineering in Japan 2 40 2 ICEE2008 H20.7.67.10 IEI IEI H20.12B ETI HP ISPSD 2010H22.6 CMD2010 H22.9 3 IEC TC H19

Japan John Wiley & Sons Electrical Engineering in Japan 2 40 2 ICEE2008 H20.7.67.10 IEI IEI H20.12B ETI HP ISPSD 2010H22.6 CMD2010 H22.9 3 IEC TC H19 20 20 4 1 21 3 31 20 12 20 21 20 12 5 120 1 20 1. 1 WG 2 20 12 1 5 3 2. 1 120 2 120 2008 6 1 H20.10.17 10 16 3 21 1 2 4 2 H20.12.5 CO 2 H21.3.27 5 4 8 6 2 B 2 3. 1 SCI TEEETransactions on Electrical and

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Hakuhodo DY holdings Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 10 日 株 式 会 社 博 報 堂 DYホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 戸 田 裕 一 問 合 せ 先 :IR 部 TEL:03-6441-9033 証

More information

PDF_Šp.ren

PDF_Šp.ren UNITED NATIONS Decade of Education for Sustainable Development 2005-2014 International Implementation Scheme China Human Development Report 2005 United Nations Decade of Education for Sustainable

More information

Web...1 1....2 1.1....2 1.2....3 1.3. STEPS...4 2. Web...5 2.1. Web...5 2.2....5 2.3. Form Cookie...6 2.4....7 2.5. HTTP...7 3. STEPS Web...8 3.1....8

Web...1 1....2 1.1....2 1.2....3 1.3. STEPS...4 2. Web...5 2.1. Web...5 2.2....5 2.3. Form Cookie...6 2.4....7 2.5. HTTP...7 3. STEPS Web...8 3.1....8 2001/1/11 Web Simplified Techniques for Econometric Plannings & Simulations for WWW Fujiwara Takamichi 97-5075 N-23 Web...1 1....2 1.1....2 1.2....3 1.3. STEPS...4 2. Web...5 2.1. Web...5 2.2....5 2.3.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

大和ハウスグループ アニュアルレポート2011

大和ハウスグループ アニュアルレポート2011 Corporate Governance 大 和 ハウス 工 業 役 員 146 監 査 役 152 監 査 役 メッセージ 153 コーポレート ガバナンス 154 内 部 統 制 158 コンプライアンス 161 リスクマネジメント 162 Daiwa House Group Annual Report 2011 145 Board of Directors 大 和 ハウス 工 業 役 員 2011

More information

JIP-ITSMS111-20

JIP-ITSMS111-20 ITSMS ユーザーズガイド JIS Q 20000 (ISO/IEC 20000) 対 応 ITSMS:Information Technology Service Management System IT サービスマネジメントシステム 平 成 24 年 9 月 20 日 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 JIPDECの 許 可 なく 転 載 することを 禁

More information

品質システム審査員評価委員会運営基準

品質システム審査員評価委員会運営基準 文 書 番 号 :JRCA AQI 120- 初 版 品 質 / 情 報 セキュリティマネジメントシステム 審 査 員 の 資 格 基 準 制 定 :2012 年 9 月 19 日 一 部 適 用 猶 予 期 間 を 除 き 2013 年 1 月 1 日 から 適 用 AQ 100 改 定 6 版 AI 110 改 定 4 版 に 相 当 作 成 確 認 承 認 一 般 財 団 法 人 日 本 規

More information

スライド 1

スライド 1 ライフサイクルプロセスに関する国際標準とソフトウェアファクトリ ISO/IEC 15288, ISO/IEC 12207, INCOSE Handbook and IEEE Std 1517 松本吉弘 工学博士 ; IEEE Life Fellow 京都高度技術研究所 All Rights Reserved Yoshihiro Matsumoto; 2007 1 対象とした国際標準 IEEE Std

More information

【発出】(本文_承認添付資料通知)

【発出】(本文_承認添付資料通知) 薬 食 機 参 発 0120 第 9 号 平 成 27 年 1 月 20 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 参 事 官 ( 医 療 機 器 再 生 医 療 等 製 品 審 査 管 理 担 当 ) ( 公 印 省 略 ) 医 療 機 器 の 製 造 販 売 承 認 申 請 書 添 付 資 料 の 作 成 に 際 し 留 意 すべき 事

More information

Microsoft Word - sr002_2013_07_01_ja_final

Microsoft Word - sr002_2013_07_01_ja_final 注 : 本 資 料 は IAQG ウェブサイト (http://www.sae.org/iaqg/organization/csoc.htm)に 掲 載 されている OPMT SR002(2013 年 7 月 1 日 版 )を 和 訳 した ものです 誤 記 等, 英 文 版 との 相 違 がある 場 合 は, 英 文 版 を 優 先 願 います JRMC 議 長 注 :2013 年 1 月 31

More information

2

2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University 2 Copyright 2008 Nara Institute of Science and Technology / Osaka University CHAOS Report in US 1994 http://www.standishgroup.com/sample_research/

More information

untitled

untitled 1 Report 3 4 8 10 14 16 Topics 18 18 19 19 20 20 21 21 22 23 Information 25 25 2013.9 No.80 1 2 2013.9 No.80 Report 2013.9 No.80 3 4 2013.9 No.80 2013.9 No.80 5 6 2013.9 No.80 2013.9 No.80 7 8 2013.9 No.80

More information

帝国議会の運営と会議録をめぐって

帝国議会の運営と会議録をめぐって 23 1890 10 10 11 25 11 26 11 27 11 29 115 56 16 19 23 92 22 3125 32 16 16 14 10 12 23 21 22 11 23 22 22 2211 23 73 9020 73 69 75 33 23 23 10 10 4111 25 10 11 23 220 10 20 6 64 10 11 12 13 15 16 73 49 40

More information

untitled

untitled Report 1 2 2 3 5 7 10 12 14 Topics 16 17 18 19 20 21 Information 25 25 Report 2015.9 No.86 1 2 2015.9 No.86 2015.9 No.86 3 4 2015.9 No.86 2015.9 No.86 5 6 2015.9 No.86 2015.9 No.86 7 8 2015.9 No.86 2015.9

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係 のモデル... 4 4. クラウドサービス 提 供 における 利 用 者 接 点 の 実 務 の5つのポイント.

目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係 のモデル... 4 4. クラウドサービス 提 供 における 利 用 者 接 点 の 実 務 の5つのポイント. クラウドサービス 提 供 における 情 報 セキュリティ 対 策 ガイドライン ~ 利 用 者 との 接 点 と 事 業 者 間 連 携 における 実 務 のポイント~ ( 案 ) 平 成 26 年 月 総 務 省 目 次 第 I 部 序 編... 1 1. 目 的... 1 2. ISO/IEC 27002:2013 及 び 他 のガイドライン 等 との 関 係... 2 3. 供 給 者 関 係

More information

SA B A B ( A B ) AB( A B) AB AB S A B A B A B A B ( A B ) ( A B) (S A) (S B) S ( A B) ( y 1 + y 2 + y 3 + y 5 ) mod2( y 1 + y 2 + y 4 + y 6 ) mod2( y

SA B A B ( A B ) AB( A B) AB AB S A B A B A B A B ( A B ) ( A B) (S A) (S B) S ( A B) ( y 1 + y 2 + y 3 + y 5 ) mod2( y 1 + y 2 + y 4 + y 6 ) mod2( y S A BA B A B A B A B A B A S A A BAB A B ( A B ) ( A B) ( S A ) ( S B ) S ( A B) 4x 1 x 2 x 3 x 4 ( x 1 + x 2 + x 3 + x 5 ) mod2 = 0 ( x 1 + x 2 + x 4 + x 6 ) mod2 = 0 ( x 2 + x 3 + x 4 + x 7 ) mod2 =

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

untitled

untitled WG 2013 P P P P WG WG P WG 12 12 P P20 200 200 200 200 2011 2012 2012 11 1 2 21 2 2 1 2 2 2 2 1 2 1 2 11 720,450(8.0) 37,845(0.4) 4) 37.7 7 5.4 0.1 8,299,154(91.6)

More information

untitled

untitled 19 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - -

More information