Try*・[

Size: px
Start display at page:

Download "Try*・["

Transcription

1 特集 2 日本のCMのぜんぶ 歴史を通して未来が見える テレビ コマーシャルからの証言 アーカイブが開く地平 テレビ コマーシャルは 社会変動や時代の感性をどう捉え 自らをどう変容 進化させてきたのか 社会学者として幅広い研究分野をもつ著者に アカデミズムの立場からCM研究の理論パラダイムの動向と CMイメージの歴史的な変転を具体的な作品を通して概説していただくとともに グローバルなアーカイブの構築によって開かれる新しいCM研究の可能性についてご提示いただいた 吉見 俊哉 社会学者 東京大学教授 東京都生まれ 1976年に東京教育大学附属高等学校 現 筑波大学附属高等学 校 を卒業後 東京大学教養学部に進学 相関社会科学分科を卒業後 同大学大 学院社会学研究科で学ぶ 東京大学新聞研究所助手 助教授 東京大学社会情 報研究所教授等を経て 2006年より大学院情報学環長に就任 2012年より東京 大学副学長 CMへの視座とアーカイブの未来 心理学的な分析手法をそのまま日本の広告コミュニケーシ ョンに適用していく人々がいたし 他方で思想の科学研究 私がまだ若手社会学者の一人であった1980年代 広告 会の系譜に連なり 日本の大衆文化史の一領域として広告 CMは 多くの先鋭的な社会学者が好んで取り組むテーマ やCMを語ろうとする人々もいた 南博は明白に後者の代 であった 何人かの先輩 とりわけ内田隆三は構造主義的 表選手で 南らを中心に広告コミュニケーションの文化史 な広告分析を展開していたし 私が大学院で教えるようにな 的研究が成立していた ってすぐの頃に指導した何人かの俊英 たとえば難波功士 広告コミュニケーションの大衆文化史は 戦後日本の広 や北田暁大の初期の仕事は広告についてであった やが 告やCMを取り上げながら そこに日本文化的特質を読み てもう少し若手には 高野光平のような初期CMに焦点を当 込もうとする傾向も帯びていた たとえば南は 研究のパラダ てる学者も登場してくる イム上の変化が生じる直前の1980年に刊行された CM文 1980年代以降の広告研究は 大筋でいうならば 70年代 化論 南博 江藤文夫監修 創拓社 のなかで 日本人 までの地平を転換させることの上に発展したものだった こ はCMを鑑賞する能力が高いというのが ぼくの説です C の転換は 構造主義的転換と言ってもいいタイプの出来事 Mは時間的なものだから 俳句的なんですよね 日本人は であった これにより 70年代までのたとえば南博らによって 瞬間的に自然の一部を切りとってきて それを永遠のイメー 先導されていた社会心理学的な広告研究とは明らかに異 ジに固定しようとする志向があるでしょう お母さーん なる地平が開かれていった なんていうのも 実に俳句的だな だから 日本でCMを作っ 今 一括りに社会心理学的な広告研究と書いたが そこ ている人たちには そういう意味で伝統的な日本人の美意 にも大きなヴァリエーションがある 一方では アメリカ流の 識のようなものが受け継がれているんじゃないか と語って AD STUDIES Vol

2 16 AD STUDIES Vol

3 AD STUDIES Vol

4 18 AD STUDIES Vol

5 AD STUDIES Vol

6 20 AD STUDIES Vol

7 AD STUDIES Vol

8 22 AD STUDIES Vol

9 AD STUDIES Vol

10 24 AD STUDIES Vol

11 AD STUDIES Vol

Try*・[

Try*・[ 特集 日本のCMのぜんぶ 1953-2012 歴史を通して未来が見える テレビCMの文化力 テレビCMは日本人の生活様式や価値観にどんな影響を及ぼしてきたのか 広告 を原論的 構造的に捉える独自の理論を展開されている著者に 人間学 としてのテレビCMというパースペクティブのもと 歴史的な文脈を解き明かすとともに その視線の先に 東日本大震災を契機に生まれつつある日本人の新たな価値観を どのような 像

More information

“÷”Ł…j…–†[…X177PDF

“÷”Ł…j…–†[…X177PDF 平成25年1月15日 第 177 号 卒後教育担当 落合 邦康 日本大学歯学部はどん な学校ですか と聞かれ ることが多い 単に歴史と 伝統だけではウリにはなら ない キャッチコピーやコ ーポレートスローガンは何 が良いのだろう 長い説明 は心に残らない 歴史と 伝統で培った文武両道の精神 が良いと思っていた ら 歯学体でまた優勝 就任6年で2回目になる 準優勝だってある 立派だと思う 史記 に 文事あるものは必ず武備あり

More information

M20-1_22385.pdf

M20-1_22385.pdf モラロジー研究 No.63,2009 ものにあまり気が進まなかったんです これは私の のことも える のですが 中国と戦争をしている時代ですが 愛国的という感じは全 然しない それでうちの なども医学部へ行くのですが よく哲学の 話をしたりしていました うちの 親は実は武蔵高 という所に行っ ておりました 旧制高 的な文化 教養主義的な文化の影響を受けて 日本人の救済観と死生観 ているんじゃないかと思います

More information

DVD DVD

DVD DVD 2 154 2 2011 4 2012 3 2 2 42 38 2 23 3 18 54 DVD DVD 3 1 3 155 1 1 2 3 1 3 1 11 12 3 DVD 156 2 3 2 12 2 1 8 1 7 1 6 3 6 3 2 6 2 1 5 9 12 2 3 10 7 6 23 1 157 1 12 2 6 10 18 6 6 2 1 1 2 3 158 2 6 2 3 70

More information

28(宣)中社小中パンフ表1-small

28(宣)中社小中パンフ表1-small 小学校社会科と中学校社会科とをつなぐための視点 唐木清志 2 3 小学校での4 年間の社会科学習と 中学校 3 年間の社会科学習とを系統的に接続 新編 新しい社会 では 小学校 3 年生から 6 年生までの 4 年間の学習と 中学校 3 年間の学習とを系統的に接続し 7 年間 の社会科学習 が展開できるように配慮しました 地理 歴史 公民の各分野の教科書では 単元の冒頭に 小学校で学習した用語や資料を使って

More information

untitled

untitled Vol.9 No. 1 2008 Contents p.2 対談シリーズ 経営イノベーション対談ï ヨーロッパNo.1ビズスクール IMDから見た日本企業の グローバル経営課題とは 日本企業独特の文化は 果たしてグローバル経営の時代に生き残れるのか グローバル時代の経営課題や人材育成の方向を問う 一條氏 グローバル企業に必要なのは 人材のグローバルな共有です 一條 和生 p.8 一橋大学 IMD 教授

More information

tgu20_表1表4 [更新済み].ai

tgu20_表1表4 [更新済み].ai 特集 工学のいま 先端研究レポート Ⅱ ウーラノス は 天 を意味するギリシャ語です 使徒パウ ロは アグリッパ王に対する弁明の中 で 私は天から示されたことに背か ず 使徒言行録26章19節 と語りま した この個所にも の語 が用いられています 工学のいま 先端研究レポートⅡ 歴史を伝え 今に導く 同窓生を訪ねて 学生たちは 今 協奏 そして共創へ 学長室より 大学院より 学部より 国際交流部より

More information

濱名氏基調講演0204

濱名氏基調講演0204 文部科学省GPシンポジウム 大学教育の質保証に向けた 1 2 年次教育のあり方 基調講演 ユニバーサル高等教育と質保証 初年次教育から学士課程教育への組織的展開 関西国際大学 学長 濱名 篤 はまな あつし 1 大学全入時代における すと 皆さんの思い描いているインプリケーション 高等教育の今日的課題 感覚であって 同じことを論じているとは限りませ ん まず 大学全入時代における高等教育の今日 多様化の内容を箇条書きにしますと

More information

ゼロ年代の思考

ゼロ年代の思考 2014 4 Vol. 特集 ゼロ年代の思考 Special Edition : Reflections on the 2000s 2014 1 7 32 61 87 112 1 2 3 4 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

More information

untitled

untitled Vol.27 1 Vol.27 2 Vol.27 3 Vol.27 4 Vol.27 5 Vol.27 6 Vol.27 7 Vol.27 8 Vol.27 9 Vol.27 10 11 Vol.27 Vol.27 12 Vol.27 13 Vol.27 14 Vol.27 15 Vol.27 16 Vol.27 17 Vol.27 2007 10 29 18 http://www.nira.or.jp/index.html

More information

09030549_001.図書館31-1

09030549_001.図書館31-1 vol.31 NO.1 2 3 5 6 10 12 8 1947-1954- 1950-1838-1904 1952-1996 1 913-1954 1981-1958- 1 902-1992 1972-1946- 1 940- 1 2 3 3 5 6 6 8 8 12 8 8 1 2 2 http://library.hokkai-s-u.ac.jp/cgi-bin/tosyokan/index.cgi

More information

T-News51.indd

T-News51.indd 2015 vol.51 1 2 2015 vol.51 9:00 17:00 204-00233-1-72 TEL042-493-5551 FAX042-493-5550 2015 vol.51 3 4 2015 vol.51 女 男 2015 vol.51 5 6 2015 vol.51 2015 vol.51 7 8 2015 vol.51 2015 vol.51 9 10 2015 vol.51

More information

VOL a s d f g h

VOL a s d f g h VOL.20013 -- 1937 101939 1940410 1940 1 VOL.20013 2030 193810 19391034 1937 a s d f g h 1995139140161 1998348 1988236 1994577578 1998 1987151 1922 2 VOL.20013 101110 3000500 70 1929 1920 1927 70 4050 30

More information

untitled

untitled 12 3 10 27 1 100 1/10 1/3 2012 24 27 22 23 153 8407 26 28 563 275 26 260 275 120 67 21 15 98 70 8407 7791 616 70.2 19 50 100 300 vol.195 12 10 12 22 11 23 30 0.022 22 11 23 1 9230+0.022 22 11 23 vol.194

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

Vol.14 98 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 62 63 64 65 66 67 68

More information

2009-9-2.indd

2009-9-2.indd Q No.1441 Q No.1442 Vol.33 NO.9 (2009) 30 (614) Q No.1443 Vol.33 NO.9 (2009) 31 (615) Q No.1444 Vol.33 NO.9 (2009) 32 (616) Vol.33 NO.9 (2009) 33 (617) Vol.33 NO.9 (2009) 34 (618) Q No.1445 Vol.33 NO.9

More information

弘前大学 学園だより Vol.162

弘前大学 学園だより Vol.162 3 2009 弘前大学 March 題字 遠藤正彦 学長 VOL.162 Ⅰ 巻頭言 Ⅰ 巻頭言 2 弘前大学長 遠藤正彦 Ⅱ 特集 卒業 修了 退職にあたって 人 文 学 部 教 育 学 部 医学部医学研究科 医 学 部 保 健 学 科 理 工 学 部 農 学 生 命 科 学 部 保健管理センター 事務局 附属病院 4 4 7 9 11 13 15 18 19 Ⅲ 海外だより Ⅲ 海外だより 25

More information