MPLAB X IDE とソフトウェア ツール 概 要 Microchip 社 は 約 900 種 類 の 開 発 ツールを 提 供 しており 本 書 でご 紹 介 するのはそのごく 一 部 に 過 ぎません Microchip 社 の 開 発 ツール 一 覧 は オンラインの 開 発 ツールセレク

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "MPLAB X IDE とソフトウェア ツール 概 要 Microchip 社 は 約 900 種 類 の 開 発 ツールを 提 供 しており 本 書 でご 紹 介 するのはそのごく 一 部 に 過 ぎません Microchip 社 の 開 発 ツール 一 覧 は オンラインの 開 発 ツールセレク"

Transcription

1 開 発 ツール Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

2 MPLAB X IDE とソフトウェア ツール 概 要 Microchip 社 は 約 900 種 類 の 開 発 ツールを 提 供 しており 本 書 でご 紹 介 するのはそのごく 一 部 に 過 ぎません Microchip 社 の 開 発 ツール 一 覧 は オンラインの 開 発 ツールセレクタ ( をご 覧 になるか で 各 アプリケーションのページ をご 覧 ください MPLAB X IDE MPLAB X IDE は Microchip 社 が 無 償 で 提 供 する 最 新 世 代 の 統 合 開 発 環 境 (IDE) です 強 力 で 高 度 な 機 能 を 数 多 く 採 用 しており Microchip 社 の PIC マイクロコントローラ (MCU) と dspic デジタルシグナル コントローラ (DSC) を 使 ったアプリケーションを 簡 単 に 開 発 できます MPLAB X IDE は Oracle 社 の NetBeans IDE をベースにしており Windows Linux Mac OS X で 動 作 します Microchip 社 とサー ドパーティのソフトウェア / ハードウェア 開 発 ツールを 共 通 のグラフィカル ユーザ インターフェイス (GUI) 環 境 に 統 合 し 優 れたアプリケーション 開 発 と 豊 富 なデバッグ 機 能 を 提 供 します 柔 軟 でカスタマイズ 可 能 なインターフェイスの 採 用 により 複 数 のデバッグツールを 同 時 にコンピュータに 接 続 できます プロジェクトごとあるい はプロジェクト 内 の 構 成 ごとにツールを 選 ぶ 事 ができます プロジェクト 管 理 グラフィカルなコールグラフ カスタマイズ 可 能 なウォッチ ウィン ドウ 多 機 能 エディタ (コード 補 完 ハイパーリンク ナビゲーション 等 ) を 備 えた MPLAB X IDE は ベテランユーザのニーズに 応 えると 共 に 初 めてのユーザでも 簡 単 に 使 えます MPLAB X IDE の 特 長 多 機 能 エディタ 構 文 の 色 分 け 表 示 入 力 中 に 候 補 とヒントを 表 示 するスマートコード 補 完 ユーザ 定 義 のルールに 基 づくコードの 自 動 フォーマット 処 理 コードをインテリジェントに 再 構 築 するリファクタリング ツール リアルタイムの 構 文 解 析 カスタマイズ 可 能 で 使 いやすいインターフェイス ツールバー ツールバーのボタン ウィンドウ ウィンドウ 配 置 等 のインターフェイスを 完 全 にカスタマイズ 可 能 コールグラフ ウィンドウ プラグイン 形 式 での 機 能 拡 張 ナビゲーション 機 能 強 力 なナビゲーション ツール : ファイルへ 移 動 タイプへ 移 動 シンボルへ 移 動 ヘッダへ 移 動 宣 言 へ 移 動 Ctrl + マウスオーバー によるハイパーリンク ユーザ 定 義 のブックマークによるタスクナビゲータ 例 : //TODO, //FIXME プロジェクト ベースのワークスペース : 複 数 のプロジェクト ツール 設 定 同 時 デバッグ セッション ファイル 履 歴 とバグトラッキング ローカルファイル 履 歴 機 能 リビジョン 管 理 システム 用 の NetBeans プラグインも 利 用 可 能 Bugzilla(バグ 追 跡 システム) をサポート 移 動 しやすいようにエディタに 統 合 済 み MPLAB X IDE プラグイン MPLAB Code Configurator MPLAB Code Configurator を 使 うと デバイスの 内 蔵 モジュー ルを 設 定 するための 簡 潔 な C 言 語 コードを 生 成 してプロジェクトに シームレスに 追 加 できます これにより 各 種 デバイスが 内 蔵 する 豊 富 なモジュールセットを 有 効 にし 設 定 し 活 用 できます Code Configurator は MPLAB X IDE のプラグインであり 非 常 に 強 力 で 使 いやすい 開 発 プラットフォームを 提 供 します 開 発 期 間 の 短 縮 ドライバとグラフィカル ユーザ インターフェイスを 使 い 短 期 間 で 開 発 できます 明 確 なコメント 付 きの 簡 潔 なドライバ API コードは 変 更 とデバッ グが 容 易 です 信 頼 性 と 効 率 に 優 れたコンパクトなコード 生 成 CPU とメモリ リソースを 効 率 的 に 活 用 する 信 頼 性 の 高 いコー ドを 生 成 します 開 発 ツールセレクタ Microchip 社 の 開 発 ツールセレクタ (DTS) は フィルタおよび 検 索 機 能 を 使 って Microchip 社 製 品 に 関 する 開 発 ツールを 簡 単 に 見 つけ て 頂 く 事 のできる GUI ベースのオンライン / オフライン アプリケー ションです 検 索 ボックスにツール 名 またはデバイス 名 を 入 力 すると 関 連 項 目 が 一 覧 表 示 されます 登 録 データは MPLAB X IDE の 最 新 版 リリース 時 に 更 新 され オンライン オフラインどちらでもお 使 い 頂 けます 2 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

3 MPLAB X IDE とソフトウェア ツール インサーキット エミュレータとデバッガ インサーキット エミュレータとデバッガ 機 能 PICkit 3 MPLAB ICD 3 MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ USB スピード フルスピードのみ ハイスピード / フルスピード ハイスピード / フルスピード USBドライバ HID Microchip 社 Microchip 社 USB バスパワー 動 作 対 応 対 応 対 応 プログラマブル Vpp 対 応 対 応 対 応 ターゲットへの 給 電 対 応 対 応 非 対 応 プログラマブル Vdd 対 応 対 応 対 応 ターゲット Vdd からのドレイン 電 流 20 ma < 1 ma < 1 ma 過 電 圧 / 過 電 流 保 護 対 応 (SW) 対 応 (HW) 対 応 (HW) エミュレーション サポート フルスピード フルスピード フルスピード ブレークポイント 単 純 複 合 複 合 ソフトウェア ブレークポイント 対 応 対 応 対 応 プログラムメモリのイメージサイズ 512 KB 非 対 応 非 対 応 シリアライズド USB 対 応 対 応 対 応 ネイティブ トレース 非 対 応 非 対 応 対 応 その 他 のトレース (SPI PORT 命 令 ) 非 対 応 非 対 応 対 応 データキャプチャ 非 対 応 非 対 応 対 応 ロジック / プローブトリガ 非 対 応 非 対 応 対 応 高 速 パフォーマンス パック (LVDS) 非 対 応 非 対 応 対 応 量 産 プログラマ 非 対 応 対 応 対 応 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 3

4 インサーキット エミュレータとデバッガ Microchip 社 は 3 種 類 の 汎 用 デバッガを 提 供 しています いずれ も 設 計 プラットフォームは 共 通 で 全 てのマイクロコントローラとデ ジタルシグナル コントローラをサポートしています また USB バ スパワーで 動 作 し MPLAB X IDE に 完 全 に 統 合 されています MPLAB ICD 3 は ほとんどのユーザのニーズに 十 分 なデバッグ / ハードウェア 機 能 を 備 えています PICkit 3 デバッガ / プログラマ は 基 本 的 なデバッグ 機 能 を 低 コストで 提 供 します MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータは データキャプチャ トレース ロジックトリガ 最 大 10 フィートのケーブル 長 での 高 速 デバッグ 等 高 価 なハイエンド エミュレータでしか 利 用 できないような 先 進 の 機 能 を 備 えています MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ と MPLAB ICD 3 はどちらも 量 産 環 境 でプログラマとして 使 う 事 が できます MPLAB ICD 3 デバッガ / プログラマ (DV164035) MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガシステ ムは 非 常 に 対 費 用 効 果 の 高 い Microchip 社 製 高 速 ハードウェア デバッガ / プログラマです こ のデバッガを 使 うと MPLAB IDE の 使 いやす くパワフルなグラフィカル ユーザ インターフェ イスで PIC MCU と dspic DSC のデバッグとプログラミングを 実 行 できます MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガのプローブは ハイスピード USB 2.0 インターフェイスで PC と 接 続 し MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ システムと 互 換 のコネクタ (RJ-11) でターゲット デバイスと 接 続 します MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガは 高 速 プロセッサの 最 高 速 度 の 動 作 をサポートします これにより リアルタイムで 実 際 のハードウェア 上 のアプリケーションをデバッグできます プローブドライバに 追 加 された 保 護 回 路 が ターゲット デバイス からの 電 源 サージに 対 してプローブキットを 保 護 します 電 圧 監 視 により Vdd とVpp を 過 電 圧 条 件 から 保 護 し 全 てのラインが 過 電 流 保 護 を 備 えています このデバッガはターゲット デバイス に 電 源 を 供 給 できます ( 最 大 100 ma) 小 型 ( ") でスマートな 筐 体 に 収 められた MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガは USB バスパワーで 動 作 し 外 付 け の 電 源 アダプタは 不 要 です MPLAB ICD 3 インサーキット デ バッガは CE および RoHS に 準 拠 しています プログラミング 速 度 が 向 上 したため ファームウェアの 再 書 き 込 みにかかる 時 間 が 短 縮 されました プログラミング 速 度 は MPLAB ICD 2 に 比 べて 最 大 で 15 倍 まで 向 上 しています MPLAB ICD 3 は 電 源 電 圧 2.0 ~ 5.5 V のデバイスに 電 源 を 供 給 できます MPLAB ICD 3 は I/O ラインとデバイスをテストするためのテス ト モジュールを 同 梱 しています 無 償 でダウンロード 可 能 な MPLAB X IDE の 新 バージョンをイ ンストールするだけで MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガ に 新 しいデバイスのサポートと 先 進 の 機 能 を 追 加 する 事 ができま す 最 新 の MPLAB X IDE からファームウェアをダウンロードす る 事 で MPLAB ICD 3 インサーキット デバッガをアップグレード 可 能 です 複 数 ブレークポイント ストップウォッチ MPLAB X IDE エ ディタによるソースコード ファイルのデバッグをサポートする MPLAB X IDE のデバッグ 機 能 を 利 用 すると プログラムの 修 正 とデバッグを 短 時 間 で 行 う 事 ができます PICkit 3 インサーキット デバッガ (PG164130) PICkit 3 Debug Express を 使 うと MPLAB X IDE の 強 力 なグラフィカル ユーザ インターフェイスを 利 用 し て PIC MCU と dspic DSC のデバッグとプログラミン グが 行 えます USB(フルスピード 12 Mbit/s) によるホスト PC と の 接 続 リアルタイム 実 行 ファームウェアは PC/ ウェブからのダウンロードによって 更 新 可 能 スマートな 筐 体 低 電 圧 対 応 (2.0 ~ 6.0 V) LED インジケータ ( 電 源 ビジー エラー) マイクロコントローラのプログラムメモリとデータメモリの 読 み 書 き プログラムメモリ 消 去 (ベリファイ 付 き) ブレークポイントで 周 辺 モジュールをフリーズ MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ (DV244005) MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレー タ システムは Microchip 社 の DSC と MCU 用 に Microchip 社 が 提 供 する 次 世 代 高 速 エミュ レータです MPLAB X IDE の 使 いやすい 強 力 なグラフィカル ユーザ インターフェイスを 使 って PIC MCU と dspic DSC のデバッグとプログラムの 書 き 込 みを 簡 単 に 行 う 事 がで きます MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータのプロー ブは ハイスピード USB 2.0 インターフェイスで PC と 接 続 し MPLAB ICD 3 システムと 互 換 のコネクタ (RJ-11) またはノイズ 耐 性 に 優 れた 高 速 LVDS 接 続 (CAT5) でターゲット デバイスと 接 続 し ます MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータは MPLAB X IDE から 最 新 のファームウェアをダウンロードしてフィールド アップグ レードが 可 能 です MPLAB X IDE が 更 新 されるにつれ サポート されるデバイスと 新 機 能 が 常 に 追 加 されます リアルタイム 実 行 とリアルタイム トレース 収 集 ストップウォッチ リアルタイム ウォッチ ブレークポイント シングルステップ 実 行 変 数 の 監 視 / 変 更 に よる 完 全 なハードウェア デバッグ 論 理 プローブ 入 出 力 (8) I/O ポートトレースと SPIトレース (トレースデータの 高 速 アップ ロード 用 ) 高 速 /LVDS 通 信 (MPLAB REAL ICEインサーキット エミュレー タ パフォーマンス パック (AC244002) 使 用 時 ) 少 ピンデバイスとデバッグ 機 能 を 持 たないデバイスのデバッグ ( 各 種 MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ プロセッサ 拡 張 パック 使 用 ) 高 電 圧 AC アプリケーションのエミュレーション (MPLAB REAL ICE インサーキット エミュレータ アイソレータ (AC244005) 使 用 ) PIC32 との 4 線 JTAG 接 続 (MPLAB REAL ICE インサーキッ ト エミュレータ JTAG アダプタ (AC244007) 使 用 ) 電 力 計 測 とパワー プロファイリング (MPLAB REAL ICE イン サーキット エミュレータ 電 力 モニタ (AC244008) 使 用 ) 4 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

5 Microchip MPLAB XC コンパイラ MPLAB XC コンパイラ MPLAB XC8 PIC10/12/16/18 MPLAB XC16 PIC24 dspic DSC MPLAB XC32/XC32++ PIC32 コードの 最 適 化 MPLAB XC コンパイラは 高 度 に 最 適 化 されたコードを 生 成 します PRO エディションは 最 も 高 機 能 で 最 も 最 適 化 されたコードを 生 成 します コストを 抑 えた Standard エディションも 提 供 しています MPLAB XC には Free エディションのライセンスもあり 60 日 間 は 評 価 用 として PRO エディションと 同 じ 機 能 を 体 験 して 頂 けます Microchip 社 は MPLAB XC32++ コンパイラ Free および PRO エディションの 提 供 を 開 始 しました これにより C++ プロジェクト およびコンポーネントの 開 発 と 再 利 用 が 可 能 となりました Free エディションは PRO エディションと 同 じデバイスとコマンドを サポートします 使 用 時 間 とメモリ 使 用 量 に 制 限 はありません ほと んどの 用 途 で 十 分 なコード 最 適 化 機 能 を 備 えた 機 能 に 制 限 のない ライセンスでお 使 い 頂 けます Free エディションには 評 価 用 キーをご 用 意 しており 適 用 すると PRO エディションの 機 能 と 最 適 化 レベルを 試 用 できます 評 価 期 間 の 60 日 経 過 後 は Free エディションと 同 じ 機 能 に 戻 ります Free エディションはこちらからダウンロードできます MPLAB X IDE の 受 賞 実 績 MPLAB XC コンパイラの 受 賞 実 績 特 長 ANSI 準 拠 Microchip 社 周 辺 モジュール ライブラリを 含 む 充 実 したライブ ラリ Windows Linux Mac OS X で 動 作 可 能 MPLAB X IDE に 統 合 する 事 でグラフィックなフロントエンドを 提 供 入 力 エラーとブレークポイントはソースコード 内 の 対 応 する 行 に 整 合 C および C++ ソースコードのシングルステップ 実 行 による 重 要 箇 所 での 変 数 とストラクチャの 検 証 定 義 済 みデータタイプ ( 浮 動 小 数 を 含 む) を 持 つデータ ストラ クチャをウォッチ ウィンドウに 表 示 ライセンス タイプ シングルユーザ ライセンス : ワークステーション ライセンス ネットワーク サーバライセンス : サーバ 上 で 実 行 し 複 数 台 のマ シンで 使 えるライセンスです 同 時 に 実 行 できるコンパイルは 1 インスタンスのみです あ るユーザがコンパイルを 実 行 すると 他 のユーザは 1 時 間 後 までコンパイルできません 優 先 アクセス (HPA): 12ヶ 月 の 保 守 サポート 契 約 で 以 下 を 含 みます 優 先 技 術 サポート 新 しいデバイスのサポート 新 しいアーキテクチャのサポート コンパイラの 更 新 権 利 (パッチレベル) ACE Products of the Year (EE Times China) 100% Optimization Levels 50% Free 60-day Evaluation Standard PRO Free 0% Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 5

6 MPLAB Harmony 統 合 ソフトウェア フレームワーク 概 要 MPLAB Harmony は PIC32 MCU 向 けの 柔 軟 で 包 括 的 なファー ムウェア 統 合 開 発 環 境 です 相 互 動 作 可 能 な RTOS 対 応 ライブラリ の 堅 牢 なフレームワークを 使 って 開 発 できます また Microchip 社 による 迅 速 かつ 広 範 なサポートによりサードパーティ 製 ソフトウェア を 統 合 できます MPLAB Harmony はモジュール ライブラリ ドライバ システムサー ビスを 多 数 用 意 しており これらを 使 うと 簡 単 にアプリケーション 開 発 が 行 えます このコード 開 発 フレームワークによりリユース 性 が 最 大 限 に 向 上 し 開 発 期 間 が 短 縮 します 利 点 開 発 期 間 の 短 縮 量 産 環 境 に 対 応 したライブラリにより シームレスなシステム 統 合 が 可 能 プラットフォームを 1 つに 統 合 する 事 で 開 発 期 間 を 短 縮 テストおよびデバッグ 済 みライブラリを 使 う 事 により より 多 く の 時 間 をアプリケーション 開 発 に 費 やす 事 が 可 能 コードの 相 互 動 作 性 が 向 上 最 小 限 の 工 数 でドライバとライブラリの 連 携 が 可 能 なモジュー ル 式 アーキテクチャ 個 々の 最 終 システムに 合 わせてアプリケーション ソフトウェア の 変 更 が 容 易 サポートの 一 元 化 標 準 インターフェイスを 用 いた 共 通 のソフトウェア プラット フォームにより 効 率 的 なサポートを 実 現 32 ビットのスケーラビリティが 向 上 PIC32 デバイス 間 の 容 易 な 移 行 を 実 現 サードパーティ 製 ソフトウェアの 統 合 を 強 化 サードパーティ 製 ソリューション (RTOS ミドルウェア ドライ バ) をソフトウェア ネットワークにスムーズに 統 合 サードパーティ 製 ソリューションのリセールとサポートを Microchip 社 が 担 当 MPLAB Harmony v1.0 の 特 長 MPLAB Harmony Configurator (ベータ 版 ) PIC32MX と PIC32MZ を 完 全 サポート 機 能 とデモを 追 加 USB グラフィック マニュアルをさらに 充 実 ( 常 時 改 善 ) マルチスタック デモを 含 め いくつかの 新 しい RTOS デモを 追 加 RTOS OSAL およびシステム サービスとの 完 全 なドライバ 互 換 性 を 実 現 MPLAB Harmony で 利 用 可 能 な PIC32 ソフトウェア 開 発 ツール アプリケーション OSAL (Operating System Abstract Layer) ミドルウェア / ソフトウェア ライブラリ デバイスドライバ 開 発 ソフトウェア サードパーティ 製 ソフトウェア グラフィック アプリケー ション TCP/IP アプリケーショ ンとユーティリティ USB アプリケーション サードパーティを 含 む 全 ての MPLAB Harmonyコンポーネン トに 関 する 数 百 種 類 の デモ アプリケーション 以 下 をサポート : ベアメタル FreeRTOS OPENRTOS µc/os-iii embos* ThreadX* * 近 日 対 応 グラフィック TCP/IP USB 暗 号 化 ライブラリ ファイルシステム システムサービス Bluetooth DSP ライブラリ ADC Ethernet MAC Ethernet PHY インターフェイス コントローラレス グラフィック Epson LCD コントローラ 不 揮 発 性 メモリ SPI USART ハイスピード USB タイマ PMP PIC32 の 全 ての 周 辺 モジュー ルに 最 適 化 されたドライバ MPLAB X IDE MPLAB XC32++ FreeRTOS* OPENRTOS* TCP/IP* SSL/TLS ライブ ラリ 上 記 以 外 のソフトウェア コンポーネントも 計 画 中 *Microchip 社 がリセールとサポートを 担 当 6 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

7 MPLAB Harmony 統 合 ソフトウェア フレームワーク MPLAB Harmony のブロック 図 Application(s) MPLAB Harmony Configurator (MHC) RTOS (Third Party) RTOS Configuration O S A L Common System Services System Configuration Middleware Driver Driver PLIB PLIB Plug-in Plug-in Middleware Driver Driver PLIB PLIB Driver Driver Driver PLIB Software Framework Hardware アプリケーション 層 要 求 される 全 ての 挙 動 を 実 装 抽 象 化 されたハードウェア アクセス PIC32 デバイス 間 で 容 易 に 流 用 が 可 能 共 通 のシステムサービス 共 通 機 能 を 提 供 する 事 で 重 複 と 競 合 を 回 避 モジュール 間 の 複 雑 な 相 互 動 作 と 相 互 依 存 を 解 消 OSAL により OS の 互 換 性 とインターフェイスを 提 供 共 有 リソースを 管 理 ローレベルのコンフィグレーションとボードサポート パッケージを サポート ミドルウェア 層 複 雑 なライブラリとプロトコルの 実 装 (USB TCP/IP ファイル システム グラフィック) 高 度 に 抽 象 化 された API を 提 供 ライブラリはスレッドセーフで RTOS に 対 応 ドライバ PLIB システムサービスの 上 位 に 構 築 サードパーティ 製 ライブラリの 統 合 をサポート MPLAB Harmony Configurator MPLAB Harmony Configurator は MPLAB Code Configurator の 全 ての 機 能 をサポートする 予 定 です MPLAB Harmony Configurator の 特 長 作 成 : MPLAB Harmony プロジェクト グラフィカルに 選 択 して 設 定 :MPLAB Harmony コンポーネント 初 期 化 : ミドルウェア ステートマシン 作 成 したプロジェクトのコンパイルと 実 行 が 可 能 MPLAB Harmony Configurator の 更 新 なしにサードパーティ のソリューションを 追 加 および 設 定 可 能 MPLAB Harmony Configurator を 使 った 設 計 Java および Linux 拡 張 が 容 易 MCU の 追 加 機 能 の 追 加 サポートと 保 守 が 容 易 サードパーティのソリューションを 活 用 Linux ライクな 操 作 性 デバイスドライバ 層 周 辺 モジュールへの 高 度 に 抽 象 化 されたインターフェイスを 提 供 周 辺 モジュールへのアクセスを 制 御 一 部 のドライバでは 複 数 のハードウェア インスタンスとソフトウェア クライアントを 管 理 周 辺 モジュールのステートと 複 数 の 周 辺 モジュールのインスタンス を 管 理 PLIB 経 由 でハードウェアにアクセス ブロッキングまたはノンブロッキング コードをサポート 周 辺 モジュール ライブラリ (PLIB) 層 PIC32 デバイス 間 のスケーラビリティを 実 現 する 機 能 インター フェイスを 提 供 デバイス 固 有 の 機 能 を 実 装 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 7

8 スタータキット スタータキット スタータキットは 特 定 のアプリケーションまたはデバイスファミリが 提 供 する 機 能 を 調 べるために 必 要 なハードウェアとソフトウェアが 全 て 揃 った 低 コストのソリューションです ほとんどのキットは 内 蔵 また は 単 体 デバッガとチュートリアルを 含 みます MPLAB X IDE をイン ストールして 起 動 し ハードウェアを 接 続 して 簡 単 なチュートリアルに 従 うだけで 開 発 を 始 められます F1 評 価 キット (DV164132) こ の キットは エ ン ハ ン スト ミッドレンジ PIC MCU (PIC12F1XXX/PIC16F1XXX) 向 け デモ / 開 発 ツールです PICkit 3 が 付 属 してお り プログラミングと 開 発 を 迅 速 に 行 えます XLP テクノロジ 採 用 PIC16LF1937を 実 装 したこのプラットフォームは 44ピン 開 発 ボー ド プロトタイピング 領 域 3 V LCD グラスで 構 成 され モータ 制 御 アドオン PICkit 3 PICkit シリアル アナライザをサポートします 汎 用 の 開 発 プラットフォームであり 低 消 費 電 力 LCD モータ 制 御 のデモを 含 みます PIC18 MCU 向 け MPLAB スタータキット (DM180021) このキットはオンボード デバッグ / プログラミング 機 能 USB 通 信 静 電 容 量 式 タッチパッド ポテン ショメータ 加 速 度 センサ microsd メモリカー ド 有 機 EL ディスプレイを 含 みます このボードは USB マウス ジョイスティック マスストレージ デバイス (サムドライブ) として 機 能 させる 事 ができます ( 全 てオンボードの 静 電 容 量 式 タッチ パッドを 使 用 ) PIC18 開 発 キット (DV164136) このキットは PIC18 Explorer ボード PICkit 3 デ バッガ / プ ロ グ ラ マ USB ケ ー ブ ル 9 V 汎 用 電 源 を 含 みます PIC18 Explorer ボ ー ド に は PIC18F8722( 実 装 済 み) と PIC18F87J11 MCU が 付 属 する 他 各 種 プ ロセッサ プラグイン モジュール (PIM) により 多 数 の 汎 用 PIC18 ファ ミリをサポートします PICtail ドータボードを 使 うと 各 種 アクセ サリボードを PIC18 Explorer に 接 続 できます PICkit 3 スタータキット (DV164130) このキットはプロトタイピング 領 域 を 備 えた 実 装 済 みボードを 1 枚 含 みます このボードは PIC16F1829-I/P を 実 装 済 み で す ま た PIC18F14K22-I/P(20 ピン)MCU のサンプルが 1 個 付 属 します PICkit 3 Debug Express (DV164131) PICkit 3 Debug Express は 44 ピンデモボー ド PIC18F45K20 MCU PICkit 3 デバッガ / プログラマを 含 みます PIC24F MCU 向 け MPLAB スタータキット (DM240011) この キットは 内 蔵 イン サ ー キット デ バッガ / プ ログ ラ マ USB デバイス / ホストコネクタ 3 色 LED 静 電 容 量 式 タッチパッド 有 機 EL ディスプレイを 含 みます メニュー 形 式 のデモ ソフトウェアからデー タのロギング サムドライブ グラフィック アプリケーションを 実 行 し て PIC24F MCU を 評 価 して 頂 けます Explorer 16 スタータキット (DV164037) こ の キ ット は 16 ビ ット の PIC24 MCU と dspic33 DSC 32 ビット の PIC32 MCU を サポートするアプリケーション 開 発 ツー ルです MPLAB ICD 3インサーキット デバッガ Explorer 16 開 発 ボード Explorer 16 開 発 ボードまたは MPLAB ICD で 使 える 9 V 汎 用 電 源 シリアルケーブル PIC24FJ128GA010 と dspic33f256gp710 (プラグイン モジュールに 実 装 済 みで 簡 単 に 交 換 可 能 ) を 含 みます インテリジェント アナログ 内 蔵 PIC24F 向 け MPLAB スタータキット (DM240015) インテリジェント ア ナログ 内 蔵 PIC24F 向 け MPLAB スタータキットは 部 品 コストの 削 減 ス ループットの 向 上 低 ノイズアナログ 機 能 といった 長 所 を 評 価 して 頂 くためのキットです プログラマ / デバッガを 内 蔵 しています PIC24E USB スタータキット (DM240012)/ dspic33e USB スタータキット (DM330012) これらのスタータキットを 利 用 すると PIC24E MCU および dspic33e DSC ファミリを 使 っ た USB デバイス / 組 み 込 みホスト /OTG ア プリケ ー ション の 開 発 とテ ストを 低 コ スト で 行 えます どちらのボードにも 3 つのユーザ プログラマブルな LED 3 つのプッシュボタン スイッチ マルチメディア 拡 張 ボード (DM320005) および I/O 拡 張 ボード (DM320002) と 互 換 の 拡 張 ヘッダが 付 属 します これらのスタータキットには 基 本 的 な CDC (Communication Device Class) デモ 用 ソフトウェアが 書 き 込 み 済 みです 3 V および 5 V PIC24F K シリーズ 向 け Microstick (DM /DM ) 3 V および 5 V PIC24F K シリーズ 向 け Microstick (DM DM ) は USB バスパワ ー で 動 作 する 柔 軟 な 開 発 プ ラットフォームです これらの 低 コスト ソリューションには 必 要 な ものが 全 て 揃 っており これから Microchip 社 の 低 コスト 16 ビッ ト マイクロコントローラ ファミリを 使 った 開 発 を 始 める 方 に 最 適 で す DM は 3 V PIC24F KL/KM/KA デ バ イ ス DM は 5 V PIC24FV KM/KA デバイスをサポート しており きわめて 低 コストの 民 生 医 療 産 業 用 アプリケーション 開 発 に 対 応 します どちらの Microstick もプログラマ / デバッガを 内 蔵 しており 単 体 の 開 発 ボードとしてもプロトタイピング ボードのプ ラグインボードとしても 使 えます デジタル 電 源 向 け MPLAB スタータキット (DM330017) このスタータキットを 使 うと dspic33f GS デジタル 電 力 変 換 ファ ミリの 機 能 を 簡 単 に 試 す 事 ができます このデジタル 制 御 電 源 ボー ドは DC/DC 同 期 降 圧 型 コンバータと DC/DC 昇 圧 型 コンバータを 1 つずつ 実 装 しています 各 電 源 段 は MOSFET 制 御 による 5 W の 抵 抗 負 荷 を 備 えます このキットは 内 蔵 プログラマ/デバッガ LCDディ スプレイ 内 蔵 温 度 センサを 実 装 済 みです 8 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

9 スタータキット モータ 制 御 スタータキット (DM330015) このキットは BLDC モータ 3 相 インバー タ オンボード デバッガ/プログラマ ユーザ 設 定 可 能 なスイッチ 2 チャンネル mtouch センシング スライダ モータ 速 度 表 示 用 LED インジケー タ 9 V 電 源 を 含 みます このコンパクトなスタータキットを 使 うと dspic33 ファミリのモータ 制 御 アプリケーション 向 け 機 能 を 簡 単 に 低 コストで 評 価 して 頂 けます Microstick II (DM ) Microstick II は Microchip 社 の 16/32 ビ ット MCU お よ び DSCに 対 応 した 開 発 ハードウェア プラットフォームです SPDIP パッ ケージの 3.3 V PIC24FJ PIC24H dspic33 PIC32 を 全 てサポートしており 低 コストで 使 いやすい 開 発 プラットフォームをお 求 めの 方 に 最 適 なソリューションです PICDEM PIC18 Explorer ボード (DM183032) 従 来 の PIC18 汎 用 5 V ファミリの 上 位 セットである PIC18F8722 MCU を 実 装 した 低 コストのデモボードです さらに PIC 18 J シリー ズ (コスト 重 視 アプリケーション 向 けの 3 V MCU) の 上 位 セットである PIC18F87J11 プロセッサ プラグイン モジュール (PIM) も 付 属 しま す この 開 発 ボードと 各 種 プロセッサ 向 けの PIM を 使 うと 多 くの 汎 用 PIC18 ファミリに 対 応 できます dspic DSC 向 け MPLAB スタータキット (DM330011) このキットを 使 うと dspic DSC の 音 声 / オー ディオ 処 理 機 能 を 簡 単 に 試 す 事 ができます USB バスパワーで 動 作 し デバッグ 回 路 と 高 品 質 なオーディオ アプリケーションに 対 応 する 24 ビット コーデックを 内 蔵 しています このボードは 設 定 可 能 なスイッ チ ポテンショメータ 温 度 センサ 4 Mb シリアル EEPROM (オー ディオ サンプル 等 の 保 存 用 ) も 実 装 しています PIC32 スタータキット (DM320001) 35 以 上 のサンプル ソースコードと 入 門 プロジェ クトが 付 属 した 本 キットには 高 性 能 PIC32 MCU のコード 作 成 書 き 込 み デバッグ 実 行 に 必 要 なものが 全 て 揃 っています PIC32MX1/MX2 スタータキット (DM320013) PIC32MX1/MX2 スタータキットは 低 コス ト 高 性 能 の PIC32MX1/MX2 MCU の 可 能 性 を 試 して 頂 くための 完 全 なソリューションで す このキットは mtouch センシング ソリュー ションのボタンを 使 った 基 本 的 なユーザ インターフェイスと 高 品 質 オーディオの 入 門 用 として 最 適 です PIC32 Bluetooth スタータキット (DM320018) この 低 コスト Bluetooth 開 発 プラットフォームは PIC32MX270F256D MCU を 実 装 していま す このキットは HCI ベースの Bluetooth 無 線 プッシュボタン CREE 社 の 高 輝 度 多 色 LED 単 色 LED 加 速 度 計 温 度 センサ GPIO を 実 装 しており Bluetooth Serial Port Profile (SPP) USB 汎 用 アプリケーションの 迅 速 な 開 発 を 支 援 します 暗 号 化 エンジン 内 蔵 PIC32MZ 組 み 込 みコネクティビティ (EC) スタータキット (DM C) PIC32MZ 組 み 込 みコネクティビティ MCU が 内 蔵 する 先 進 の 高 性 能 周 辺 モジュールを 最 も 手 軽 に 低 コストでお 試 し 頂 けるキットです 暗 号 化 エンジンを 内 蔵 した PIC32MZ2048ECM144 を 実 装 してお り 暗 号 化 復 号 認 証 等 のアクションを 少 ないソフトウェア オーバー ヘッドで 実 行 します このスタータキットのソケットに 各 種 10/100 Ethernetトランシーバ (RJ-45) プラグイン コネクタを 接 続 してプロ トタイピングと 開 発 が 行 えます PIC32 Ethernet スタータキット (DM320004) PIC32 MCU を 使 った 10/100 Ethernet 開 発 を 最 も 手 軽 に 低 コストで 試 す 事 ができるキットです Microchip 社 の 無 償 TCP/IP ソフトウェアと 一 緒 に 使 うと 迅 速 な 開 発 が 可 能 です PIC32 MCU は CAN 2.0B および USB ホスト / デバイス /OTG モジュールを 備 え ています PIC32 Ethernet スタータキット II (DM ) PIC32 MCU を 使 った 10/100 Ethernet 開 発 を 最 も 手 軽 に 低 コストで 試 す 事 ができるキットです Microchip 社 の 無 償 TCP/IP ソフトウェアと 一 緒 に 使 うと 迅 速 な 開 発 が 可 能 です PIC32 MCU は CAN 2.0B および USB ホスト / デバイス /OTG モジュールを 備 え ています このスタータキットは 各 種 10/100 Ethernet PHYドー タボードを 接 続 できるソケットを 備 えており プロトタイピングと 開 発 が 行 えます PIC32 USB スタータキット III (DM ) この キットを 使 うと PIC32MX3/MX4 マイクロ コントローラの USB および SPI/I 2 S 機 能 を 簡 単 に 低 コストで 試 す 事 ができます このボードに は Microchip 社 の 無 償 USB ソフトウェアを 含 め USB 組 み 込 みホスト/ デバイス /OTGアプリケーショ ンの 開 発 に 必 要 なものが 全 て 揃 っています PIC32 I/O 拡 張 ボード (DM320002) PIC32 スタータボード (DM DM320003) と 一 緒 にこの I/O 拡 張 ボードを 使 うと MCU の 全 ての 信 号 にアクセスでき JTAG デバッグ ICSP 開 発 PICtail Plusドータカードとの 接 続 が 可 能 です シリアルメモリ 製 品 向 け MPLAB スタータキット (DV243003) このキットは 堅 牢 性 と 信 頼 性 に 優 れたシリアル EEPROM を 使 った 設 計 の 開 発 を 短 期 間 で 行 う ために 必 要 なものを 全 て 含 み システム 統 合 とハードウェア /ソフトウェアの 微 調 整 に 必 要 な 期 間 を 大 幅 に 短 縮 します Microchip 社 の UNI/O バス I²C SPI Microwire シリアル EEPROM をサポー トしています Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 9

10 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール Bluetooth RN42 Bluetooth 評 価 キット (RN-42-EK) RN-42-EK は RN42-I/RM モ ジュー ルを 実 装 した 認 証 済 み Class 2 Bluetooth 評 価 キ ット で す 標 準 の USB インターフェイスで PC に 直 接 接 続 するか TTL UART インターフェイスを 利 用 して 組 み 込 みプロセッサに 接 続 するかを 柔 軟 に 選 べます インジ ケータ LED スイッチ 信 号 ヘッダを 実 装 しており プロトタイプ 製 作 と 既 存 システムへの 組 み 込 みを 短 期 間 で 行 えます RN52 オーディオ Bluetooth 評 価 キット (RN-52-EK) RN-52-EK は Bluetooth バ ー ジ ョ ン 2.1+EDR 互 換 の 認 証 済 み Bluetooth バージョン 3.0 モジュー ルである RN52 を 使 ったオーディオ アプリケーション 評 価 用 キットです このキットを 使 うと RN52 の 機 能 を 試 し プロトタイプを 素 早 く 簡 単 に 評 価 および 開 発 できます RN-52-EK はスマートフォンとのペアリング 音 楽 のストリーミング ハンズフリー 通 話 が 可 能 です また 複 数 の Bluetooth プロファイ ルとコーデックもサポートしています RN-52-EK には RN52 評 価 用 ボード USB ケーブル ステレオスピーカ マイクも 付 属 してい ます PIC32 Bluetooth オーディオ 開 発 キット (DV320032) PIC32MX470F512L を 実 装 し た PIC32 Bluetooth オーディオ 開 発 キットは 低 コスト の Bluetooth オーディオ システムの 設 計 と 開 発 に 最 適 です 低 コストの HCI 無 線 モジュール による Bluetooth オーディオ ストリーミング Bluetooth 対 応 スマートフォンおよび 携 帯 音 楽 プレーヤとの 互 換 性 USB メモリのサポート 2" カラー LCD ディ スプレイ ラインまたはヘッドフォンへの 24 ビット /192 khz のオー ディオ 変 換 等 の 特 長 を 備 えています マルチメディア 拡 張 ボード II (DM ) このボード (MEB-II) は 豊 富 な 機 能 をコンパク トに 統 合 した 柔 軟 な 開 発 プラットフォームで PIC32MZ スタータキットと 組 み 合 わせて 使 いま す MEB-II キットには 4.3" WQVGA PCAP タッチ ディスプレイ ドータボードが 付 属 します Bluetooth Low Energy PICtail/PICtail Pus (RN-4020-PICTAIL) RN4020 PICtail/PICtail Plus は 認 証 済 み* の RN4020 Bluetooth Low Energy モジュールを 使 った 設 計 の 試 作 用 開 発 ツールです RN4020 PICtail は 内 蔵 の PIC18 MCU で USB シリア ル 通 信 が 行 えるため PC に 直 接 接 続 して RN4020 のスクリプト 機 能 を 手 軽 に 試 す 事 ができます RN4020 PICtail を Explorer 16 開 発 ボード (DM240001) に 取 り 付 けると PIC16 PIC18 PIC32 MCU ファミリを 使 った 高 機 能 アプリケーションも 開 発 できます Ethernet Ethernet PICtail Plusドータボード (AC164123) こ の ボ ー ド は 28 ピ ン ENC28J60 Ethernet コントロ ー ラを 実 装 し RJ-45 コネクタに 接 続 しています このボードを Explorer 16 開 発 ボード (DM240001) に 取 り 付 けて Microchip 社 の 無 償 TCP/IP ス タックを 使 うと Microchip 社 の 16/32 ビット 製 品 と 接 続 できます Fast 100 Mbps Ethernet PICtail Plus ドータボード (AC164132) このボードは 64 ピン ENC624J600 Ethernet コントローラを 実 装 し RJ-45 コネクタに 接 続 しています このボードは Explorer 16 開 発 ボード (DM240001) と PIC18 Explorer ボード (DM183032) に 取 り 付 けて Microchip 社 の 8/16/32 ビット 製 品 と 接 続 できます PICDEM.net 2 開 発 ボード (DM163024) このボードは ENC28J60 Ethernet コントローラとシングルチッ プ Ethernet PIC18F97J60 MCU の 両 方 をサポートするインター ネット /Ethernet 開 発 ボードです このボードと Microchip 社 の 無 償 TCP/IP スタックを 組 み 合 わせると リモートからインターネット 経 由 で 組 み 込 みアプリケーションを 監 視 / 制 御 できるウェブサーバを 開 発 できます LAN9500A ハイスピード USB /100 Ethernet ブリッジ コントローラ (EVB-LAN9500A- MII/EVB-LAN9500A-LC) EVB-LAN9500A-MII は ハイスピード USB 2.0-Fast Ethernet ブリッジ コントロ ー ラ LAN9500A の 評 価 に 使 います 既 存 の USB ポートと LAN9500A を 使 うと システムに Ethernet 接 続 を 追 加 できます * 日 本 国 内 電 波 法 に 関 しては 弊 社 代 理 店 にお 問 い 合 わせください 10 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

11 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール 超 低 消 費 電 力 nanowatt XLP 16 ビット 開 発 ボード (DM240311) この 開 発 ボードは スリープ 電 流 20 na を 実 現 し た Microchip 社 の 超 低 消 費 電 力 16 ビット PIC24F MCU に 対 応 した 低 コスト 開 発 システムです このボー ド は PIC24F16KA102 PIC24FJ64GA102 PIC24F64GB002 MCU ファミリを 使 ったアプリ ケーション 開 発 をサポートします バッテリと 環 境 発 電 モジュールを 含 む 5 種 類 以 上 の 電 源 に 対 応 し 選 択 的 に 動 作 させる 事 ができる 各 種 の 周 辺 コンポーネントをサポートしています XLP 8 ビット 開 発 ボード (DM240313) この 開 発 ボードは 低 消 費 電 力 の 開 発 に 理 想 的 なプラットフォームで スリープ 電 流 を 20 na までに 抑 えた 設 計 を 可 能 にします このボー ドはインサーキット プログラマ / デバッガ 接 続 用 のインターフェイス と USB インターフェイス ( 給 電 と PC との 通 信 用 ) を 備 えています PIC18F87K22 が 実 装 済 みであり PIC16LF1947 PIM も 付 属 します 6 種 類 の 電 源 に 対 応 しています 汎 用 PIC10(L)F32X 開 発 ボード (AC103011) PIC10(L)F32X 開 発 ボードを 使 うと PIC MCU を 使 った 設 計 構 成 可 能 なロジックセル (CLC) 相 補 波 形 ジェネレータ (CWG) 数 値 制 御 オシレータ (NCO) 等 の 周 辺 モジュールを 使 ったアプリケーション 開 発 が 学 べます グラフィックと LCD リモコン デモボード (DM ) このボードはグラフィック mtouch USB RF4CE の 機 能 を 1 つのデモ プラットフォームに 統 合 したもので す PIC24FJ256DA " グ ラ フィック TFT LCD( 抵 抗 膜 式 タッチパネル 付 き) 静 電 容 量 式 タッチキー (プラスチック カバー 付 き) MRF24J40 2.4GHzトラ ンシーバ ZENA 無 線 アダプタを 実 装 したリモコンの デモです PIC24FJ256DA210 開 発 ボード (DM240312) グラフィック mtouch USB 内 蔵 の PIC24FJ256DA210 の 機 能 と 性 能 を 評 価 できる 低 コストで 使 いやすい 開 発 ボードです グラ フィカル ヒューマン インターフェイス アプリケーションの 開 発 に 理 想 的 なプ ラットフォー ム で す VGA カメラセンサ (VCS) PICtail Plus ボード (AC164150) このボードは PIC32 MCU ベースのシステム に 基 本 的 な 視 覚 および 監 視 機 能 を 追 加 します VGA カラー CMOS センサ を 実 装 済 みです このボードは I/O 拡 張 ボードに 装 着 して PIC32 スタータキット Epson グラフィック 開 発 ボード VGA ディスプレイと 接 続 できます PICDEM Lab 開 発 キット (DM163045) PICDEM Lab 開 発 キ ッ ト は Microchip 社 のほとんど 全 ての 6/8/ 14/18/20 ピン 8 ビットフラッシュ PIC マイクロコントローラに 対 応 した 包 括 的 な 開 発 / 学 習 用 プラットフォー ムを 提 供 します PICDEM Lab 開 発 キットは PIC マイクロコントローラを 初 めてお 使 いになるお 客 様 と 大 学 生 を 主 な 対 象 としており 同 梱 されている Microchip 社 の 最 も 標 準 的 な 5つの 8ビットPICマイクロコントローラと 各 種 ディスクリー ト 部 品 を 使 って 一 般 的 な 回 路 を 多 数 作 成 して 頂 けます 拡 張 ヘッダか らは 実 装 した PIC マイクロコントローラの 全 ピンとボード 上 の 全 部 品 へのアクセスが 可 能 です このキットには PICkit 3 インサーキット デバッガが 付 属 します Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 11

12 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール 低 コスト コントローラレス (LCC) グラフィック PICtail Plusドータボード (AC164144) このボードを 使 うと 外 付 けのグラフィック コントローラ 不 要 でグラ フィック ソリューションを 開 発 でき 多 くのアプリケーションで BOM コストを 抑 える 事 ができます PIC32 スタータキット(DM DM DM320004) または Explorer 16 開 発 ボード (DM240001) に 接 続 するよう 設 計 されています さらに 高 度 なグラフィックまたは 大 画 面 への 対 応 が 必 要 な 場 合 外 付 けグラフィック コントローラを 使 った 以 下 のボードを Explorer 16 ま たは PIC32 スタータキットに 接 続 して 使 えます Solomon Systech 社 SSD1926 グラフィック ボード (AC ) Epson 社 S1D13517 グラフィック ボード (AC ) 上 記 のグラフィック 開 発 ボードは 以 下 に 示 す 3.2 ~ 7" のサイズの グラフィック ディスプレイ ボードと 自 由 に 組 み 合 わせて 使 えます QVGA 3.2" グラフィック ディスプレイ Truly ボード (AC ) WQVGA 4.3" グラフィック ディスプレイ Powertip ボード (AC ) VGA 5.7" グラフィック ディスプレイ Truly ボード (AC ) WVGA 7" グラフィック ディスプレイ Truly ボード (AC ) LCD Explorer 開 発 ボード (DM240314) LCD Explorer 開 発 ボードは x8 コモンセグメント LCDドライバを 内 蔵 した Microchip 社 の 100 ピン MCU をサポートしています 38 セグメント x8 コモン LCD ディスプレイのコモン LCDドライバ を 内 蔵 した MCU の 評 価 プラットフォームとして 最 適 です PICtail Plusドータボードも 接 続 でき 選 択 した MCU を 複 雑 なシステムで 評 価 する 事 もできます 照 明 照 明 用 通 信 開 発 プラットフォーム (DM160214) 照 明 用 通 信 開 発 プラットフォームは 通 信 機 能 を 持 つ 照 明 アプリケーションを 作 成 するための 汎 用 照 明 開 発 プラットフォームを 提 供 します このプラットフォームは メインボードと 各 種 通 信 インターフェイス アダプタで 構 成 され DALI や DMX512A の 他 将 来 のプロトコルでの 開 発 もこれらのアダプタでサポートします M2M (Machine-to-Machine) M2M (Machine-to-Machine) PICtailドータボード (AC320011) M2M PICtailドータボードは u-blox 社 の GPS および GSM/GPRS モジュールを 使 っており 位 置 情 報 に 対 応 した 低 コストの M2M アプリケー ションを 容 易 に 開 発 できます このドータボー ドを PIC32 マルチメディア 拡 張 ボードおよび PIC32 スタータキットと 接 続 するだけで テキスト メッセージングと GPS 機 能 を 利 用 したリモート 監 視 アプリケーションを 開 発 できます モータ 制 御 と 電 力 変 換 F1 PSMC 28 ピン 評 価 プラットフォーム (DM ) この 開 発 ボードは 既 に PIC マイクロコントロー ラ 開 発 ツールをお 持 ちの 方 が PIC16F178X の 機 能 を 評 価 するためのものです F1 LV 評 価 プラットフォーム (DM ) F1 低 電 圧 評 価 プラットフォームは エンハンスト ミッ ドレンジ PIC マイクロコントローラ (PIC12F1XXX/ PIC16F1XXX) 向 けの 開 発 ツールです XLP テクノ ロジ 対 応 の PIC16LF1947 と 低 電 圧 単 セルバッテリ 動 作 をサポートする MCP1624 を 実 装 したこのボー ドは 汎 用 および 低 電 圧 開 発 用 のプラットフォームで す PIC12F1XXX/PIC16F1XXX マイクロコントローラ 用 のコー ドを 開 発 できます プロトタイピング 領 域 LCD 制 御 システム 電 流 監 視 温 度 センシング リアルタイム クロック LED 駆 動 ボタ ン 制 御 USB インターフェイス 各 種 電 源 対 応 BLDC/BDC/ 単 極 / 双 極 ステッピング モータ 制 御 等 の 機 能 を 備 えています 12 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

13 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール dspicdem MCLV-2 開 発 ボード (DM ) dspicdem MCLV-2 開 発 ボードは センサ 付 きまたはセンサレスのブラシレス DC モー タ (BLDC) および 永 久 磁 石 式 同 期 モータの 制 御 アプリケーションに 対 費 用 効 果 の 高 い 評 価 / 開 発 手 段 を 提 供 します 28 ピン SOIC パッケージの dspic33f/e デジタルシグナル コントローラと 各 種 プ ラグイン モジュール (PIM) をサポートします デバイス 内 蔵 のオペ アンプまたは MCLV-2 ボードに 実 装 された 外 部 オペアンプのどちら も 使 え それぞれに 対 応 した PIM を 提 供 しています MCLV-2 は 従 来 の MCLV と 全 ての PIM に 対 して 完 全 に 下 位 互 換 です 最 大 定 格 48 V/15 A のモータまで 制 御 可 能 です 24 V BLDC モータ (AC300020) および 24 V モータ 電 源 (AC002013) と 組 み 合 わせると 24 V BLDC 開 発 キットを 構 成 できます また USB CAN LIN RS-232 等 複 数 の 通 信 チャンネルもサポートします dspicdem MCHV-2 開 発 システム (DM ) dspicdem MCHV-2 開 発 システムを 使 う と dspic DSC を 使 ってセンサ 付 きまた はセンサレス ブラシレス DC (BLDC) モー タ 永 久 磁 石 式 同 期 モータ (PMSM) AC 誘 導 モータ (ACIM) 等 各 種 高 電 圧 モータ 制 御 アプリケーションを 短 期 間 で 開 発 でき ま す MCHV-2 は AC85 ~ 285 V の 入 力 から 最 大 1000 W V) を 出 力 し 力 率 改 善 回 路 を 内 蔵 しています MCHV-2 は dspic33f/e モータ 制 御 デバイスファミリをサポートし 28 ピ ン SOIC デバイス 以 外 に 汎 用 100ピン プラグイン モジュール (PIM) も 装 着 できます この 開 発 ボードでは 一 部 の dspic DSC に 内 蔵 のオペアンプまたは MCHV-2 ボードに 実 装 された 外 部 オペアンプの どちらも 使 えます 内 蔵 オペアンプと 外 部 オペアンプのどちらを 使 う 場 合 でも Microchip 社 が 対 応 する PIM を 提 供 しています 昇 降 圧 型 コンバータ PICtail Plus カード (AC164133) 2 つの 降 圧 段 出 力 と 1 つの 昇 圧 段 出 力 を 持 つ 昇 降 圧 型 コンバータ PICtail Plus カードです dspic33f GS SMPS デバイスの 低 コ ストな 開 発 プラットフォームとして 使 えます このボードは Explorer 16 ボードまたは 16 ビット 28 ピン スタータボード dspic33f SMPS デバイス デジタル 電 力 変 換 デバイスと 組 み 合 わせて 使 え ます セキュリティ 無 線 セキュリティ リモコン 開 発 キット (DM /2/3/4) 無 線 セ キ ュリティ リモ コ ン ア プリ ケーションの 開 発 用 プラットフォーム で す DM /2/3 を 使 う と KeeLoq Classic プ ロト コ ル と KeeLoq Advanced (AES-128) プ ロトコルの 2 種 類 のセキュリティ プロ トコルを 試 す 事 ができます DM を 使 うと Ultimate KeeLoq および KeeLoq Classic プロトコルを 試 す 事 ができます ど のキットにも PIC12LF1840T39A を 内 蔵 した 4 ボタンのキーフォ ブ トランスミッタが 付 属 し キットごとに 周 波 数 が 下 記 の 通 りに 設 定 されています これらのキットは レシーバ PICtailドータボードと 組 み 込 みセキュリティ 開 発 ボードも 含 みます DM MHz DM MHz DM MHz DM MHz 低 電 圧 モータ 制 御 開 発 セット (DV330100) この 低 電 圧 モータ 制 御 開 発 セットを 使 うと 2 つの ブラシレス DC (BLDC) モータまたは 永 久 磁 石 同 期 モータ (PMSM) を 同 時 に 駆 動 するためのデュア ル / シングル モータ 制 御 電 源 段 を 低 コストで 評 価 および 開 発 できます このセットは dspic DSC シ グナルボード モータ 制 御 10~ 24 Vドライバボー ド dspic33ep512gm710 デュアルモータ 制 御 PIM で 構 成 されます このセットは dspic33ep ファミリを 使 っ た 組 み 込 みモータ 制 御 アプリケーション ソフトウェアの 開 発 および 評 価 用 プ ラットフォー ム で す Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 13

14 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール タッチセンシング 技 術 拡 張 mtouch 静 電 容 量 式 タッチ 評 価 キット (DM ) 拡 張 mtouch 静 電 容 量 式 タッチ 評 価 キット は PIC16F/PIC24F/PIC32 マ イ ク ロ コントローラを 使 って 各 種 静 電 容 量 式 タッ チ アプリケーションを 開 発 するためのプラッ トフォームです Metal Over Cap アクセサリキット (AC183026) このキットは 金 属 板 越 しでも 静 電 容 量 式 タッチセンシングが 使 える Metal Over Cap テクノロジを 使 ったドータボード 2 枚 で 構 成 されます 1 つはステンレス 製 カ バー もう 1 つはプラスチック 製 カバーを 使 っています mtouch 静 電 容 量 式 タッチ 評 価 キット (DM ) と 組 み 合 わせる 事 で Microchip 社 独 自 の 技 術 を 簡 単 に 評 価 できます mtouch AR1000 開 発 キット (DV102011) このキットには AR1000 抵 抗 膜 式 コン トローラを 使 った 低 コスト ソリューション の 開 発 を 始 めるために 必 要 なものが 全 て 揃 っています このキットは AR1000 開 発 ボード 7" 4 線 抵 抗 膜 式 タッチスクリー ン PICkit シリアル アナライザ インターフェイス ケーブル 一 式 CD-ROM( 技 術 文 書 とソフトウェアを 収 録 ) で 構 成 されます mtouch AR1100 開 発 キット (DV102012) このキットには AR1100 抵 抗 膜 式 コントローラを 使 った 低 コスト USB ソ リューションの 開 発 に 必 要 なものが 全 て 揃 っています 投 影 型 静 電 容 量 式 タッチ 対 応 PIC32 GUI 開 発 ボード (DM320015) このボードを 使 うと 低 コストのマルチタッ チ GUIを 開 発 できます このボードには PIC32MX795F512H と 投 影 型 静 電 容 量 式 タッチ コントローラ MTCH6301 を 実 装 済 みです このボードは USB ホストとデバイスの 両 方 の 接 続 機 能 を 備 える 他 I/O 接 続 としてスルーホール パッドにカスタムボードを 接 続 できます MGC3130 シングルゾーン Hillstar 評 価 キット (DM160218) このキットは MGC3130 モジュール I 2 C-USB ブリッジ モジュール 4 層 リファ レンス 電 極 ( 検 出 エリア mm) で 構 成 される MGC3130 リファレンス シ ステムです Hillstar パッケージは セ ンサのパラメータ 設 定 および 性 能 評 価 用 に 人 間 の 手 を 模 した ハンドブリック を 含 んでいます Aurea GUI と GestIC テクノロジ ライブラリを 含 む MGC3130 ソフトウェア パッケージ MGC3130 ソフトウェア 開 発 キット (SDK) 電 極 リファ レンス デザインを 備 えた Hillstar 開 発 キットを 使 うと MGC3130 を 使 った 設 計 が 簡 単 に 行 えます USB PIC32 I/O 拡 張 ボード (DM320002) PIC32 ス タ ー タ ボ ー ド (DM DM320003) にこの I/O 拡 張 ボードを 追 加 す ると MCU の 全 ての 信 号 にアクセスでき JTAG デバッグ ICSP 開 発 PICtail Plusドータカー ドを 利 用 できます PICDEM FS USB デモボード (DM ) PICDEM FS USB デ モ ボ ー ド は PIC18F2X/4XK50 USB MCU ファミリ 向 けの 使 いやすい 評 価 プラットフォームで す これらのデバイスは 外 付 け 水 晶 振 動 子 不 要 でフルスピード USB 通 信 が 可 能 なため コストと 設 計 労 力 を 大 幅 に 削 減 できます このデモボードには USB 通 信 ソリューショ ンの 評 価 と 開 発 に 必 要 なハードウェアが 全 て 揃 っています さらに Microchip 社 のオンライン ソフトウェア ライブラリで 無 償 のソフト ウェアも 提 供 しています 14 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

15 特 定 用 途 向 け 開 発 ツール USB PICtail Plusドータボード (AC164131) このドータボードを Explorer 16 ボードに 接 続 し PIC24 または PIC32 USB PIM を 使 う 事 で USB 接 続 が 可 能 です バッテリ 充 電 対 応 USB2514B ハイスピード USB 2.0 マルチ TT 4 ポートハブ (EVB-USB2514BC) このボードでは 4 つのダウンストリーム ポー トを 備 えた 低 消 費 電 力 でフル 機 能 の OEM による 設 定 が 可 能 な Hi-Speed USB ハブで ある USB2514B MultiTRAK ハブ コン トローラを 評 価 できます これらダウンスト リーム ポートはいずれも USB Battery Charging 仕 様 に 準 拠 した バッテリ 充 電 が 可 能 です USB2640 超 高 速 フラッシュ メディア コントローラ 内 蔵 USB 2.0 ポートハブ 評 価 用 ボード (EVB-USB2640) USB2640 は USB 2.0 ハ ブ 超 高 速 フ ラッシュ メディア コントローラ プロトコ ル ブリッジを 統 合 したデバイスです EVB- USB2640 評 価 用 ボードは フラッシュ メ ディア カード リーダ / ライタ プリンタ デ スクトップ / ノートブック PC コンシューマ 向 けオーディオ / ビジュア ル (A/V) 機 器 フラットパネル ディスプレイ 等 のアプリケーションの 評 価 用 プラットフォームです Wi-Fi RN171 Wi-Fi 評 価 キット (RN-171-EK) RN-171-EK は RN171 モ ジュー ル を 実 装 し た b/g Wi-Fi 評 価 キットです このキットを 使 うと 組 み 込 みアプリケーションに Wi-Fi 接 続 を 簡 単 に 追 加 できます 標 準 の USB イン ターフェイスで PC に 直 接 接 続 するか TTL UART インターフェイスで 組 み 込 みプロセッサに 接 続 するかを 選 べます このボードに 実 装 された 2 つのプッシュボタンを 使 うと SoftAP および WPS モードをソフトウェア 設 定 なしで 制 御 できます インジケータ LED とジャンパを 実 装 しており プロトタイプ 製 作 と 既 存 システムへの 組 み 込 みを 短 期 間 で 行 えます Wi-Fi G デモボード (DV102412) こ の デ モ ボ ード は 認 証 済 み MRF24WG0MA b/g Wi-Fi モジュールを 簡 単 に 評 価 できるコ ンパクトなデモ プラットフォームです 2 本 の 単 4 形 乾 電 池 でスタンドアロンのウェブサーバとして 機 能 しま す 基 板 上 では MRF24WG0MA Wi-Fi モジュールが PIC32 MCU に 接 続 されています TCP/IP スタック は Web サーバとしての 動 作 および SoftAP Wi-Fi Direct クライアント WPS 機 能 を 実 行 できるように 構 成 済 みです MiWi プロトコル -Wi-Fi 無 線 デモキット (DM182018) このデモキットを 使 うと MiWi 無 線 ネットワー ク プロトコルから Wi-Fi へのゲートウェイ ソ リューションを 評 価 できます このキットには MiWi および Wi-Fi の 両 方 のトランシーバを 実 装 した 無 線 評 価 用 ボード 1 枚 と MiWi 無 線 ネットワーク プロトコル デモボード 2 枚 が 含 まれ 3 ノードの MiWi ネットワークを 構 築 できます このデモキットには MiWi 無 線 ネット ワーク プロトコルを 利 用 した P2P ネットワークをウェブブラウザから 接 続 登 録 制 御 するデモプログラムが 書 き 込 み 済 みです Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 15

16 アナログ 開 発 ツール A/D コンバータ (ADC) MCP3421 重 さはかりデモボード (MCP3421DM-WS) このボードは 電 子 式 重 さはかりアプリケー ションで 低 消 費 電 力 18ビットADCである MCP3421 の 性 能 を 評 価 するためのものです MCP3421 の 隣 には 低 ノイズ 自 動 ゼロ 調 整 オペ アンプ MCP6V07 を 実 装 しています このオペ アンプを 使 うと A/D 変 換 前 にゲインを 追 加 し た 場 合 に 得 られる 性 能 向 上 を 評 価 できます PC との USB 通 信 と LCD の 制 御 は PIC18F4550 で 行 います 回 路 の 性 能 パラメータ の 表 示 と 重 さはかりの 校 正 は PC 上 の GUI ソフトウェアで 行 います MCP3421 バッテリ 残 量 ゲージデモボード (MCP3421DM-BFG) MCP3421 によるバッテリ 電 圧 と 放 電 電 流 の 計 測 方 法 を 評 価 するためのボードです MCU のアルゴリズムがバッテリ 使 用 量 を 計 算 します このデモボードは 以 下 のパラメータ を 表 示 します (a) バッテリ 電 圧 計 測 値 (b) バッテリ 放 電 電 流 計 測 値 (c) バッテリ 使 用 量 ( 計 算 値 ) このボードは 単 セルの 4.2 V リチウムイオン バッテリ 1 本 を 充 電 で きますが デモキットには 一 次 電 池 の 1.5 V 単 4 形 乾 電 池 が 付 属 し ているため 充 電 機 能 はファームウェアで 無 効 にされています 16 ビット MCU 向 け MCP3910 ADC 評 価 用 ボード (ADM00425) 16 ビット MCU 向 け MCP3910 ADC 評 価 用 ボードを 使 うと 複 数 デバイス 絶 縁 システ ムにおける 複 数 個 の MCP チャンネル ADC の 性 能 を 評 価 できます このボードは 4 個 の MCP3910 を 実 装 済 みで その 内 3 個 は 絶 縁 されており 2 線 式 シリアル インターフェイス モードで 動 作 し ます また Explorer 16 等 の 多 ピン PIC MCU デモボードと 互 換 の 100ピンPIMシステムを 使 って 16ビットPICマイクロコントロー ラ ベース アプリケーションの 開 発 プラットフォームとしても 使 えます ボードから 送 信 されたデータサンプルを PC で 表 示 できるプログラム を 書 き 込 み 済 みの PIC24FJ256GA110 PIM モジュールが 付 属 し ます CAN/LIN インターフェイス 製 品 MCP2515 PICtail Plusドータボード (MCP2515DM PTPLS) このドータボードは PICtail Plus コネクタを 備 えたボードに 接 続 して 使 うシンプルなコントローラ エリア ネットワーク (CAN) ボードです このボー ドは PICkit シリアルコネクタも 備 えており PICkit シリアル アナラ イザを 接 続 できます CAN ノードは MCP2515 スタンドアロン CAN コントローラと MCP2551 CANトランシーバによって 構 成 さ れます PICkit Plus および PICkit シリアルコネクタを 使 うと ボー ドを 各 種 の PIC MCU に 接 続 して CAN ノードの 開 発 ができます MCP2515 CAN バスモニタ デモボード (MCP2515DM-BM) このキットは 同 じボードを 2 つ 含 みます これらを 接 続 してシンプル な 2 ノードの CAN バスを 形 成 し 同 梱 の PC インターフェイスを 使 っ て 制 御 / 監 視 できます これらのボードは 既 存 の CAN バスに 接 続 する 事 もできます デジタル ポテンショメータ MCP401X 評 価 用 ボード (MCP401XEV) MCP401X 評 価 用 ボードを 使 うと デジタル ポテ ンショメータ デバイス MCP40D18 の 動 作 を 簡 単 に 評 価 できます このデバイスは MCP40D17 MCP40D19 MCP4017 MCP4018 MCP4019 と 類 似 のデバイスです このボードは SC70EV 汎 用 PCB を 使 っており MCP40D18 を 実 装 済 みです 6 ピンヘッダ (PICkit シリアル) は MCP40D18 のピンにジャンパで 接 続 済 みで す このヘッダを 使 って PICkit シリアル アナライザとデバイスの 通 信 が 可 能 です このボードのユーザガイドには PICkit シリアル ア ナライザで MCP40D18 を 制 御 するデモを 掲 載 しています ブラン ク PCB も 提 供 しています ( 製 品 番 号 : SC70EV) SC70EV キット は 5 枚 の PCB を 含 みます MCP43XX 評 価 用 ボード (MCP43XXEV) MCP43XX 評 価 用 ボードを 使 うと デジタ ル ポテンショメータ デバイス MCP4361 の 動 作 を 簡 単 に 評 価 できます このボード は TSSOP20EV 汎 用 PCB を 使 って おり MCP4361 を 実 装 済 みです 6 ピンヘッダ (PICkit シリアル) は MCP4361 のピンにジャンパで 接 続 済 みです このヘッダを 使 って PICkit シリアル アナライザとデバイスの 通 信 が 可 能 です 16 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

17 アナログ 開 発 ツール D/A コンバータ (DAC) MCP4725 SOT-23-6 評 価 用 ボード (MCP4725EV) 12 ビット DAC の MCP4725 を 簡 単 に 評 価 する ためのボードです Microchip 社 の PICkit シリア ル アナライザと 接 続 して 使 うか お 客 様 の 応 用 基 板 に 接 続 して 使 う 事 ができます PICkit シリアル アナライザは 別 売 りです MCP4728 評 価 用 ボード (MCP4728EV) 4 チャンネル 12 ビット DAC である MCP4728 を 簡 単 に 評 価 する ためのボードです このボードは MCP4728 を 実 装 し PICkit シリ アル アナライザを 接 続 するためのピンを 備 えています MCP4728 評 価 用 ボードと PICkit シリアル アナライザを 接 続 し DAC 入 力 デー タを PC 上 の GUI プログラムに 入 力 すると シリアル アナライザが データを DAC デバイスへ 送 信 します 電 力 監 視 MCP39F501 電 力 監 視 PICtail 評 価 用 ボード (ADM00509) MCP39F501 電 力 監 視 PICtail 評 価 用 ボード は 単 相 電 力 監 視 および 開 発 プラットフォームで す この 低 コスト 設 計 はトランスを 使 わず 外 付 け 部 品 もほとんど 必 要 としません このデバイス は 有 効 電 力 無 効 電 力 RMS 電 流 RMS 電 圧 力 率 電 源 周 波 数 の 他 MCP39F501 のデータシートに 定 義 され た 代 表 的 な 電 力 量 を 計 算 します システムの 校 正 と 監 視 カスタム 校 正 には MCP39F501 電 力 監 視 ユーティリティ ソフトウェアを 使 い ます 精 度 要 件 によっては 1 点 校 正 点 でも 十 分 です I/O エクスパンダ MCP23X17 16 ビット GPIO エクスパンダ 評 価 用 ボード (MCP23X17EV) MCP23017 (I 2 C イ ン タ ー フ ェ イ ス) と MCP23S17 (SPI インターフェイス) の I/O 機 能 を 評 価 するためのボードです 入 力 として 設 定 された 4 本 のピンを 監 視 し 出 力 として 設 定 され た 残 りの 12 本 のピンに 接 続 された LED にあらかじめ 定 義 されたパ ターンを 出 力 します HV9961DB1 LEDドライバは 入 力 AC ラインおよび 出 力 LED ストリング 電 圧 の 全 レンジで 数 ma 以 内 の 安 定 したレギュレーション が 可 能 です LED 電 流 精 度 は 出 力 フィルタ インダクタンスやタイミ ング 抵 抗 といった 受 動 部 品 の 公 差 にほとんど 影 響 されません LED 電 流 精 度 は 主 に HV9961 制 御 IC 内 部 の 275 mv ±3% 参 照 電 圧 と 外 部 電 流 検 出 抵 抗 の 公 差 で 決 まります 出 力 電 流 は 基 板 に 実 装 されたポテンショメータを 使 って 最 小 60 ma まで 調 整 できます し かし 正 確 な 電 流 制 御 はフィルタ インダクタが 電 流 連 続 モードの 時 すなわち LED 電 流 がインダクタ リップル 電 流 の 振 幅 より 大 きい 場 合 にのみ 達 成 できます ユニバーサル オフライン 高 輝 度 350 ma LEDドライバ デモボード (HV9910BDB2) HV9910BDB2 デ モ ボ ード は HV9910B IC を 使 ってユニバーサル AC 入 力 から LED ストリング に 電 源 を 供 給 する 高 輝 度 LED パワードライバです HV9910BDB2 は AC90 ~ 265 V(50/60 Hz) の 幅 広 い 入 力 電 圧 から 最 大 出 力 電 流 350 ma を 供 給 し 10 ~ 40 V LED ストリングを 駆 動 します HV9910BDB2 の 電 力 変 換 段 は ダイオード ブリッジ 整 流 器 の 後 に 50 khz のスイッチング 周 波 数 で 動 作 する 電 流 制 御 降 圧 型 コンバータを 接 続 した 構 成 です この デモボードの 公 称 出 力 電 流 は ボードに 実 装 されたトリミング ポテン ショメータを 使 って 30 ~ 350 ma の 間 の 任 意 の 値 に 調 整 できます PWMD ピンと GND ピンの 間 に PWM 矩 形 波 を 印 加 すると PWM 調 光 が 可 能 です ゼロ 出 力 電 流 は PWM 調 光 でのみ 得 られます オペアンプ MCP6N11 および MCP6V2X ホイートストン ブリッジ リファレンス デザイン (ARD00354) この ボ ードを 使 うと MCP6N11 計 装 用 アンプ (INA) の 性 能 と MCP6V26 および MCP6V27 自 動 ゼロ 調 整 オペアンプを 使 った 3 オペアンプ 構 成 の INA の 性 能 を 試 す 事 ができます 入 力 信 号 はホ イートストン ブリッジの RTD 温 度 センサから 取 得 し ます ブリッジの 出 力 には 現 実 に 即 した 干 渉 を 追 加 でき 実 際 の 性 能 の 比 較 が 可 能 です 収 集 したデータは PC で 表 示 できます USB マ イクロコントローラとグラフィカル ユーザ インターフェイス (GUI) を 使 うと ボードの 設 定 とサンプルデータの 取 得 が 行 えます LEDドライバ 高 精 度 平 均 電 流 モード 制 御 採 用 21 W ユニバーサル AC LEDドライバ デモボード (HV9961DB1) HV9961 デモボードは 平 均 電 流 モード 制 御 方 式 を 採 用 した 高 輝 度 LEDドライバです HV9961DB1 の 電 力 変 換 段 は ダイオード ブリッジ 整 流 器 の 後 に 20 μs の 固 定 OFF 時 間 で 動 作 する 降 圧 型 コンバータを 接 続 した 構 成 です Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 17

18 アナログ 開 発 ツール MCP6V01 熱 電 対 自 動 ゼロ 調 整 リファレンス デザインボード (MCP6V01RD-TCPL) MCP6V01 リファレンス デザインボードを 使 う と 差 動 アンプシステムを 用 いて 冷 接 点 の 起 電 力 (EMF) を 計 測 し 熱 電 対 ビードの 温 度 を 正 確 に 計 測 する 事 ができます きわめて 低 いオフセッ ト 電 圧 (Vos) と 高 いコモンモード 除 去 比 (CMRR) を 誇 る MCP6V01 自 動 ゼロ 調 整 オペアンプを 計 測 に 使 います MCP661 ラインドライバ デモボード (MCP661DM-LD) このデモボードは 高 速 オペアンプのごく 基 本 的 な 応 用 として 50 Ωライン ( 同 軸 )ド ライバで MCP661 を 使 っています 30 MHz ソリューション 高 速 PCB のレイアウト 手 法 そして AC 応 答 ステップ 応 答 歪 みのテスト 方 法 を 紹 介 します 入 出 力 を 両 方 50 Ω の BNC ケーブルで 実 験 装 置 に 接 続 します 基 板 上 には 50 Ω の 終 端 抵 抗 と 伝 送 線 路 があります オペアンプのゲインは 出 力 に 接 続 した 50 Ω 抵 抗 によって 生 じる 損 失 を 補 償 するため 2 V/V に 設 定 し ています 3 つの 表 面 実 装 テストポイントを 使 って 実 験 用 電 源 を 簡 単 に 基 板 に 接 続 できます モータドライバ MTS2916A デュアル フルブリッジ ステッピング モータドライバ 評 価 用 ボード (ADM00308) MTS2916A デ ュ ア ル フ ル ブ リッジ ス テッ ピング モータドライバ 評 価 用 ボードを 使 うと MTS2916A によるバイポーラ ステッピング モー タの 両 巻 線 に 対 する 制 御 機 能 を 試 す 事 ができます また 機 能 が 同 じでピン 割 り 当 てが 異 なる MTS62C19A もこのボー ドで 評 価 する 事 ができます モータ 制 御 処 理 には PIC16F883 を 使 います プッシュボタン スイッチと 可 変 速 入 力 ポテンショメータを 使 ってステッピング モータをフルステップ ハーフステップ 修 正 ハー フステップ マイクロステッピング モードで 駆 動 できます LED は 動 作 モードを 2 進 数 で 表 示 します この 評 価 用 ボードとステッピング モータは JP2 にジャンパを 取 り 付 けて J1 からの 単 電 源 入 力 (7 ~ 12 VDC) で 動 作 します より 高 電 圧 が 必 要 な 場 合 JP2 を 取 り 外 し VLOAD を J4 に 接 続 します 各 種 信 号 に 容 易 にアクセスできるよう に このボードには 多 数 のテストポイントを 設 けてあります MCP8025 TQFP BLDC モータドライバ 評 価 用 ボード (ADM00600) MCP8025 TQFP BLDC モ ー タ ド ラ イ バ 評 価 用 ボードを 使 うと 電 源 モジュール 内 蔵 MCP 相 ブラシレス DC (BLDC) モー タ ゲートドライバを 使 った BLDC モータ 駆 動 ア プリケーションを 試 す 事 ができます マイクロコ ントローラと 組 み 合 わせて 使 い MCP8025 は 3 相 BLDC モータ の 駆 動 に 必 要 な 信 号 を 供 給 します MCP8025 は 外 部 N チャンネ ル MOSFET 用 のハイサイドおよびローサイド ドライバを 内 蔵 してい ます MCP8025 への PWM 入 力 供 給 と 50 khz PWM 動 作 に 必 要 な 高 速 ADC の 処 理 には dspic33ep256mc504 を 使 いま す MCP8025 の 設 定 と dspic DSC へのフォルト 情 報 の 送 信 に は MCP8025 の UART インターフェイスを 使 います この 評 価 用 ボードのファームウェアは MCP8025 の 機 能 を 試 せるように 6 ス テップ 台 形 駆 動 制 御 アルゴリズムを 採 用 しています 電 源 管 理 MCP19111 評 価 用 ボード (ADM00397) MCP19111 評 価 用 ボードを 使 うと 同 期 降 圧 回 路 において 幅 広 い 入 力 電 圧 および 負 荷 レンジでの MCP19111 の 挙 動 を 評 価 できます ほとんど 全 ての 動 作 および 制 御 システム パラメータを 内 蔵 の PIC マイクロコントローラ コアでプログラム できます MPLAB X IDE に 専 用 GUI プラグインを 適 用 すると MCP19111 を 簡 単 に 設 定 できます あるいは ユーザ 独 自 のファー ムウェアを MCP19111 に 書 き 込 み 特 定 のアプリケーション 向 け にカスタマイズできます この 評 価 用 ボードは ICSP (インサーキッ ト シリアル プログラミング ) および I 2 C 通 信 用 のヘッダ 各 GPIO ピンに 対 するプルアップおよびプルダウン 抵 抗 パッドとテストポイント パッド システム 開 発 用 の 2 つのプッシュボタンを 実 装 しています MCP khz 同 期 整 流 降 圧 型 コントローラ 評 価 用 ボード (ADM00434) MCP khz 同 期 降 圧 型 コントローラ 評 価 用 ボードは 低 ~ 中 出 力 電 流 に 対 応 した 小 型 低 コスト 高 効 率 な 降 圧 コンバータです 18 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

19 アナログ 開 発 ツール MCP16251/MCP1640B 同 期 整 流 昇 圧 型 コンバータ 評 価 用 ボード (ADM00458) MCP16251/MCP1640B 同 期 整 流 昇 圧 型 コ ン バータ 評 価 用 ボードを 使 うと 複 数 の 出 力 電 圧 を 切 り 換 え 可 能 な 2 種 類 の 昇 圧 型 コンバータ アプリケーショ ンで MCP16251/MCP1640B を 評 価 する 事 がで きます どちらのパッケージ (SOT-23-6/2 3 mm 8 ピン (T)DFN) の 評 価 にも 使 えます 出 力 電 圧 は 2.0 V 3.3 V 5.0 V の 3 つから 選 択 できます これは ミニ DIP スイッチで 外 付 け 抵 抗 分 圧 器 を 変 更 する 事 で 行 います EN ピンに 接 続 されたス イッチで コンバータの 有 効 / 無 効 を 切 り 換 えます 有 効 にすると MCP16251/MCP1640B が 出 力 電 圧 をレギュレートします 無 効 にすると MCP16251/MCP1640B は 入 力 から 出 力 への 経 路 を 切 断 します ( 完 全 出 力 切 断 ) MCP16331 降 圧 型 コンバータ 評 価 用 ボード (ADM00519) MCP16331 降 圧 型 コンバータ 評 価 用 ボードを 使 う と SOT-23 パッケージの MCP16331 を 評 価 す る 事 ができます このボードを 使 うと 2 種 類 の 出 力 電 圧 を 選 択 可 能 な 降 圧 型 コンバータ アプリケー ションで MCP16331 を 試 す 事 ができます 入 出 力 にテストポイントを 設 けており ボードをシステムに 直 接 接 続 できま す EN ピンにアクセスしてコンバータの 状 態 を 変 更 するためのテス トポイントと スイッチノード ピンにアクセスしてスイッチング 波 形 を 表 示 するためのテストポイントも 備 えています MCP19114 フライバック スタンドアロン 評 価 用 ボード (ADM00578) MCP19114 フライバック スタンドアロン 評 価 用 ボードと GUI を 使 うと 同 期 整 流 フライバック 回 路 方 式 で MCP19114 の 性 能 を 試 す 事 ができます 負 荷 電 流 をレギュレートするように 設 定 されており LED 負 荷 の 駆 動 に 適 しています ほとんど 全 ての 動 作 および 制 御 システム パラメータを 内 蔵 の PIC MCU コアでプロ グラムできます MCP19114 評 価 用 ボードには GUI インターフェ イスと 組 み 合 わせて 動 作 するように 設 計 されたファームウェアが 書 き 込 み 済 みです MPLAB X IDE を 使 うと 特 定 のアプリケーション 向 けにカスタマイズしたユーザ 定 義 ファームウェアを 作 成 して 書 き 込 む 事 ができます この 評 価 用 ボードは ICSP および I 2 C 通 信 用 のヘッ ダを 実 装 済 みです アクセスと 開 発 を 容 易 にするために 基 板 上 にテ ストポイントを 設 けています MCP19114 フライバック スタンドア ロン 評 価 用 ボードでは 寄 生 インダクタンスを 最 小 限 に 抑 えながら 効 率 と 電 力 密 度 を 高 める 最 適 な PCBレイアウトもご 覧 頂 けます パワー トレインの 効 率 を 高 め ノイズを 最 小 化 して MCP19114 の 動 作 を 最 適 化 するには PCB を 適 切 にレイアウトする 事 が 非 常 に 重 要 です 温 度 管 理 MCP9700 サーミスタ デモボード (MCP9700DM-TH1) このデモボードは 温 度 計 測 用 のアナログ 回 路 を 実 装 しています BC Components 社 の NTC サーミスタを 使 って 温 度 を 抵 抗 値 に 変 換 しています このサーミスタは 抵 抗 値 を 電 圧 値 に 変 換 する 分 圧 回 路 内 に 配 置 しています 変 換 した 電 圧 値 はフィルタ 処 理 後 MCP6S22 プログラマブル ゲインアンプ (PGA) の CH0 に 入 力 します この PGA により サーミスタの 増 幅 / バッファリン グを 行 います MCP9800 温 度 センサデモボード (MCP9800DM-TS1) MCP9800 温 度 セン サ デ モ ボ ードを 使 うと USB インターフェイスで PC に 接 続 してセン サ 性 能 の 評 価 に 使 う 事 ができます 7 セグメン ト LED で 摂 氏 または 華 氏 の 温 度 を 表 示 します ボードに 実 装 されたポテンショメータを 使 うと 温 度 アラート 機 能 を 設 定 できます 過 熱 条 件 はアラート LED で 表 示 します Thermal Management Software の GUI を 使 って 温 度 データを 記 録 する 事 もできます この GUI を 使 ってセンサレジスタのプログラムも 行 え ます USB ペリフェラル MCP22XX USB ブリッジファミリ ブレークアウト モジュール (MCP2200 = ADM00393 MCP2210 = ADM00419 MCP2221 = ADM00559) これらのブレークアウト モジュールとサポート ソフ トウェアを 使 うと USB ブリッジ 機 能 の 評 価 とカス タム ソフトウェアの 開 発 が 可 能 です UCS1002 USB 充 電 コントローラ SMBus (ADM00497) USB ポートパワー コントローラ UCS1001 は 最 大 2.5 A の 連 続 電 流 出 力 に 対 応 した USB ポートパワー スイッチ 1 つと USB 2.0 準 拠 データスイッチ 1 つを 内 蔵 しています 携 帯 機 器 を 接 続 すると 最 大 7 つの 充 電 器 エミュレーション プロファイルを 自 動 で 順 番 に 照 合 してから 充 電 を 開 始 します 内 蔵 のプロファイルは BC1.2 CDP DCP YD/T-1591 の 他 ほとんどの Apple および RIM 社 製 携 帯 機 器 と 互 換 です アプリケーションまたはホストがスタンバイま たはスリープ 状 態 でも 携 帯 機 器 を 充 電 できます UCS81003 評 価 用 ボード (ADM00561) UCS81003 評 価 用 ボードを 使 うと 充 電 器 エミュレーションに 対 応 した UCS81003 車 載 USB ポート パワー コントローラの 機 能 を 評 価 できます ヘッダに 取 り 付 けるジャンパの 位 置 を 変 えて それぞれ 異 なる 構 成 で UCS81003 をテストできます Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 19

20 サードパーティのツール chipkit 開 発 プラットフォーム ツール Microchip 社 の 32 ビット マイクロコントローラを 搭 載 した chipkit 開 発 プラットフォームは 組 み 込 みシステムの 初 心 者 から 上 級 ユーザ までを 対 象 にしたオープンソースの Arduino 互 換 ソリューションで す このプラットフォームはロボット ヒューマン インターフェイス その 他 のインテリジェントな 電 子 アプリケーション 等 の 開 発 に 対 する ユーザの 創 造 性 を 刺 激 します ユーザの 要 求 に 合 わせて 柔 軟 な 拡 張 が 可 能 です 組 み 込 みシステムに 関 する 予 備 知 識 は 一 切 必 要 ありま せん さらに 業 界 標 準 ツールへのステップアップも 可 能 で 上 級 ユーザ のニーズにも 応 えます 特 長 は 以 下 の 通 りです 複 雑 な 処 理 を 実 現 できる 高 性 能 プロセッサ (40 ~ 200 MHz) 複 雑 なプロトコル スタック / ライブラリを 使 った 大 規 模 なスケッチ にも 対 応 する 大 容 量 メモリ USB グラフィック オーディオ 等 先 進 のアプリケーション 開 発 を 容 易 にする 多 数 の 周 辺 モジュールを 内 蔵 Arduino の 基 本 機 能 お よ び ライブ ラリと 互 換 の 無 償 Multi- Platform IDE (MPIDE) による 容 易 なコード 開 発 既 存 のチュートリアル サンプル アプリケーション 教 材 が 豊 富 chipkit ボードは 全 て MPLAB X IDE および MPLAB XC32 と も 互 換 chipkit Uno32 開 発 ボード (TDGL002) この 開 発 ボードは PIC32MX320F128H プロ セッサ (128K フラッシュ 16K RAM 最 大 動 作 周 波 数 80 MHz) を 実 装 しています 42 個 の I/O ピンを 利 用 できます このボードは USB バス パワーまたは 外 部 電 源 で 動 作 します プログラミングには USB ケー ブルが 必 要 です chipkit Max32 開 発 ボード (TDGL003) この 開 発 ボードは PIC32MX795F512L プロ セッサ (512K フラッシュ 128K RAM 最 大 動 作 周 波 数 80 MHz) を 実 装 しています USB 2.0 On-The-Go (OTG) コントローラ 10/100 Ethernet MAC 2 つの CAN コントローラも 実 装 済 みで す 83 個 の I/O ピンを 利 用 できます このボードは USB バスパワー または 外 部 電 源 で 動 作 します プログラミングには USB ケーブルが 必 要 です chipkit Basic I/O Shield (TDGL005) chipkit Basic I/O Shield を 使 う と chipkit Uno32 または chipkit Max32 に 便 利 な 各 種 I/O デバイスを 追 加 できます ボタン スイッチ LED 等 のシンプルな I/O から I 2 C EEPROM I 2 C 温 度 センサ ピクセルの 有 機 EL グラフィック ディスプレイ 等 のより 複 雑 なデバイスを 提 供 します chipkit Network Shield (TDGL006) chipkit Network Shield は chipkit Max32 の 機 能 を 拡 張 し PIC32MX795 MCU の 先 進 の 機 能 を 完 全 に 利 用 できるようにします 10/100 Ethernet USB CAN 通 信 の 他 いくつかの 機 能 を 追 加 します chipkit Wi-Fi Shield (TDGL016) Digilent 社 の chipkit Wi-Fi Shield は chipkit Uno32 Max32 uc32 に Wi-Fi 機 能 を 追 加 しま す Microchip 社 の MRF24WG0MA Wi-Fi 無 線 トランシーバ モジュールをベースとして microsd カードコネクタと 4 つの LED も 実 装 しています chipkit Motor Shield (TDGL020) chipkit Motor Shield は chipkit Uno32 および chipkit uc32 用 の 拡 張 ボ ードで す DC モータ サーボモータ ステッピング モー タの 駆 動 に 必 要 な 回 路 とコネクタを 追 加 します I 2 C I/O エクステンダによって I/O も 追 加 します chipkit WF32 Wi-Fi 開 発 ボード (TDGL021) Wi-Fi 無 線 モジュール USB OTG(ホストまたは デバイス) インターフェイス microsd カードス ロット ボタン LED ポテンショメータ 多 数 の 追 加 I/O 等 の 周 辺 機 能 を 実 装 しています HTML サーバ アプリケーションをダウンロードで 入 手 できます このボードは USB バスパワーまたは 外 部 電 源 で 動 作 します chipkit Wi-FIRE 開 発 ボード (TDGL021-2) こ の ボ ード を 使 う と Microchip 社 の 最 新 PIC32MZ ア ー キ テ ク チ ャ と Imagination Technologies 社 の FlowCloud インターネッ ト 接 続 開 発 ソフトウェアを 使 ったプロトタイピング が 短 期 間 で 行 えます chipkit Pi 開 発 ボード (TCHIP020) Raspberry Pi 用 に 設 計 された chipkit Pi は Microchip 社 と element14 社 による Arduino 互 換 chipkit プラットフォームです プロトタイ ピングが 容 易 な 少 ピン SPDIP パッケージの 32 ビット PIC32 マイクロコントローラを 実 装 しています このボード は Raspberry Pi 上 でホスティング 可 能 な 無 償 の chipkit Multi- Platform IDE (MPIDE) でサポートされます chipkit Fubarino SD 開 発 ボード (TCHIP010) chipkit Fubarino SD 開 発 ボードを 使 うと Arduino 互 換 chipkit/mpideプラットフォー ムにブレッドボード 互 換 の 高 速 コンピューティ ング 性 能 を 低 コストで 追 加 できます ほと んど 全 ての Arduino スケッチをそのまま 実 行 できる 他 代 表 的 な Arduino またはクローンに 比 べメモリ 容 量 速 度 I/O ピン 数 が 増 強 されています microsd カードスロットを 備 えており スケッチから 大 容 量 のファイル ストレージに 容 易 にアクセスできます chipkit Fubarino Mini 開 発 ボード (TCHIP011) chipkit Fubarino Mini は Arduino 互 換 32 ビット アプリケーションのプロトタイピングに 適 した 開 発 プラットフォームです cm とコンパクトで 低 コストなため どのような 場 所 でも 利 用 できます このボードは chipkit/mpide プラットフォーム で 動 作 する USB ブートローダを 実 装 済 みです はんだパッドを 使 って 接 続 するか オス 拡 張 ヘッダを 追 加 してブレッドボードに 挿 入 します 20 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

21 サードパーティのツール コネクティビティ EZ Web Lynx EZ Web Lynx 製 品 を 使 うと アプリケーションに Ethernet または 無 線 による 監 視 および 制 御 機 能 を 簡 単 に 追 加 できます コンパクトなモジュール にデジタル I/O およびアナログ 入 力 I 2 C および シリアル インターフェイス PWM タイマチャンネルを 実 装 しており センシングと 制 御 が 可 能 です EZ Web Lynx は 動 的 ウェブページを サーバとして 提 供 できる 他 イベント 駆 動 アラームや 日 々のステータ スをメールで 通 知 する 機 能 も 備 えています このモジュールのプログ ラミングは HTML 対 応 エディタとシミュレータを 備 えた IDE を 使 って HTML 形 式 で 行 う 事 ができるため 開 発 およびテスト 期 間 を 短 縮 でき ます 3.3 V と 5 V システム 用 のモジュールとスタータキットを 提 供 しています 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください openpicus openpicus 社 は 特 にモノのインターネット (IoT) お よ び M2M(Machine-to-Machine) ア プリケーションの 分 野 を 中 心 に インターネット 接 続 型 機 器 の 開 発 に 向 けたオープンソース 開 発 ボードおよびキットを 多 数 提 供 しています 同 社 の IDEpro ソフトウェアを 使 うとプロジェクトを 短 期 間 で 開 発 でき 通 信 スタックとアプリケーションは 無 償 の RTOS ベース フレームワー クで 管 理 します 基 板 上 にブートローダを 実 装 しているためプログラ マは 不 要 ですが Microchip 社 のツールと MPLAB X IDE を 使 っ たプログラミングもサポートしています これらの 製 品 は 内 蔵 ウェ ブサーバ TCP/UDP クライアント FTP クライアント FOTA ア プリケーションを 始 め 多 くのアプリケーション 開 発 に 無 限 の 可 能 性 をもたらします 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください プログラマとアクセサリ CCS Load-n-Go ハンドヘルド インサーキット プログラマ (TPG1LG01) このプログラマは PIC10 PIC12 PIC14 PIC16 PIC18 PIC24 MCU ファミリと dspic DSC ファミ リをサポートした 低 コストなハンドヘルド インサーキット プログラマです 単 3 電 池 4 本 で 動 作 するため PC を 利 用 できない 環 境 でも 使 用 可 能 です シンプルなユー ザ インターフェイスを 使 って 最 大 4 つのファームウェ ア イメージを 現 場 で 素 早 くプログラミングできます Load-n-Go プ ログラマは USB バスパワーまたは 9 V AC アダプタで 動 作 し CCS IDE コンパイラと 組 み 合 わせて 常 用 の ICD/ICSP としても 使 えます SEGGER J-Link デバッグプローブ (TSEG-JLINK) J-Link BASE デバッグプローブは PIC32 デバイス をサポートしたインサーキット デバッガで USB バ スパワーで 動 作 します 32 ビット RISC CPU を 内 蔵 しており ターゲット デバイスと 高 速 に 通 信 でき ます J-Link は 開 発 および 量 産 環 境 でのフラッ シュ プログラマおよびデバッガとして 適 しています Note: J-Link は MPLAB X IDE v2.15 以 降 でサポートしています Tag-Connect スタータキット (TC2030-STK) Tag-Connect を 使 うと デバッガ / プログラ マまたは 検 査 装 置 を PCB に 簡 単 に 接 続 できま す これによってボードのコストを 抑 え 量 産 プログラミングの 効 率 を 高 める 事 ができます パッドとホールで 構 成 される 少 面 積 の 専 用 フット プリントにばねピンを 使 った 特 別 なコネクタを 確 実 に 接 続 できるため ヘッダもオス / メスコネクタも 不 要 です このキットには 2 本 の Tag- Connect ケーブル デモ 用 フットプリントを 備 えたサンプル PCB 足 なしケーブルを 使 ったデバッグ 用 のクリップボードが 付 属 します EETools EETools 社 は 対 費 用 効 果 の 高 い PIC MCU プ ログラミング ソリューションを 提 供 しています PC に 接 続 して または 単 体 で 動 作 するソケット ベースのユニバーサル プログラマを 提 供 してい ます また ギャング プログラマも 提 供 していま す 同 社 は 在 庫 のある 全 ての 非 標 準 デバイスに 対 応 したプログラミ ング アダプタを 提 供 しています 同 社 の 製 品 は 全 て 米 国 で 製 造 およ びサポートしています 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください Softlog Softlog Systems 社 は Microchip 社 のマ イクロコントローラ 向 けインサーキット シリア ル プログラミング (ICSP) 専 業 メーカーです 同 社 は 量 産 対 応 高 速 インサーキット プログラ マ ギャング プログラマの 他 IP を 保 護 する セキュリティ ソフトウェアも 提 供 しています 同 社 のプログラマは 単 体 でもホスト PC に 接 続 しても 動 作 し 自 動 検 査 装 置 (ATE) に 組 み 込 ん で 使 う 事 もできます 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください 開 発 ボードとマルチメディア ボード ChipCAD Microstick Plus 開 発 ボード (TCAD001) ChipCAD 社 の Microstick Plus は Microstick (DM330013) および Microstick II (DM ) 開 発 ボード 向 けの 拡 張 ボードです 11 種 類 のデバイ スを 実 装 しており 初 心 者 にも 上 級 ユーザにも 最 適 で す 教 育 用 および 開 発 向 けの 低 コスト 汎 用 プラットフォームです Digilent ユニバーサル 開 発 ボード (TDGL022) このユニバーサル 開 発 ボード (UDB) は 柔 軟 性 を 重 視 して 設 計 されており 幅 広 い 種 類 の PIC マ イクロコントローラに 対 応 します 実 装 済 みの PIC32MX360F512L マイクロコントローラを 使 うと すぐに 開 発 を 始 める 事 ができます また Microchip 社 製 PIM または DIP ソケットにより 幅 広 い 種 類 の 3.3 V ビットデバイスをサポートします PICtail Plus コネク タを 使 って Explorer 16 開 発 ボードと 一 緒 に 使 う 事 もできます Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 21

22 サードパーティのツール MikroElektronika MikroElektronika 社 は 汎 用 開 発 ボード コン パクトな 拡 張 モジュール タッチパネル インター フェイスを 備 えたマルチメディア ボードを 幅 広 く 提 供 しています EasyPIC v7 は 数 百 種 類 に 及 ぶ 8 ~ 40 ピン DIP パッケージの 8 ビット MCU を サポートしており PIC18F45K22 を 実 装 済 み です 各 ポートに 4 種 類 のコネクタを 装 備 して 抜 群 の 接 続 性 を 実 現 している 他 全 ての I/O ラインにプルアップ / プル ダウン 抵 抗 ボタン LED を 備 えています EasyPIC Fusion v7 は 16 ビットおよび 32 ビット MCU をサポートし タッチパネル 対 応 TFT ディスプレイ 4 つの USB ポート Ethernet ス テレオ コーデック シリアル フラッシュ (SPI) シリアル EEPROM (I 2 C) microsd カードスロット 等 先 進 のモジュールを 備 えています PIC Clicker と Click 拡 張 ボードを 使 うと 豊 富 な 種 類 の 接 続 および センサ 機 能 を 追 加 できます 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してく ださい プロトコル アナライザ Total Phase Total Phase 社 は 非 常 に 強 力 な がら 使 いやすいシリアル プロトコル アナライ ザとホストアダプタを 数 多 く 提 供 していま す これらのツールは USB SPI I 2 C CAN 通 信 のバス アクティビティを 監 視 しま す さらに スクリプトで 記 述 したトランザ クションをホストシステムで 生 成 できます Data Center ソフトウェ アは Windows または Linux で 動 作 し バス トランザクションを 記 録 解 析 編 集 再 生 できます USB Power アプリケーションを 使 うと Vbus 電 流 および 電 圧 を 正 確 に 計 測 してプロトコルレベルのアクティ ビティに 対 応 させる 事 ができます コンパイラと IDE Arriba IDE Viosoft 社 の Arriba IDE 製 品 ファミリは 多 く のユーザに 支 持 されるオープンソースの Eclipse IDE をベースにした 完 全 な 開 発 環 境 を 提 供 しま す Arriba は Microchip 社 のコンパイラおよび デバッガと 完 全 に 統 合 し フロントエンドのみを Eclipse GUI として 提 供 しているため ユーザは MPLAB X IDE と 同 じ 機 能 を 利 用 できます Windows Linux Mac OS X と 互 換 性 のある Arriba は 商 用 / 業 務 用 として 理 想 的 な Enterprise Edition( 全 てのデバイスをサポート ツールの 制 限 なし) 学 生 ま たはホビーユーザに 最 適 な Community Edition( 全 てのデバイス をサポート ツールは PICkit 3 とシミュレータをサポート) 既 に Eclipse (Enterprise モードまたは Community モード) をインス トール 済 みの 方 にご 利 用 頂 ける Plug-in Edition を 提 供 しています Arriba IDE は 現 在 Microchip 社 の 32ビットデバイスのみをサポー トしています Microchip 社 の 8 ビットおよび 16 ビットデバイスは 近 日 中 にサポートを 開 始 する 予 定 です 詳 細 は 下 記 URL を 参 照 してください CCS CCS 社 は 8 ビットおよび 16 ビット MCU に 対 応 し た C コンパイラを 提 供 しています コンパイラにはビ ルトイン 関 数 プリプロセッサ コマンド サンプル プ ログラムの 充 実 したライブラリが 含 まれ プロジェクト を 即 座 に 開 始 できます 使 用 する MCU ファミリと UI に 応 じていくつかのバージョンを 提 供 しています CCS IDE は 実 行 中 のプログラムからリアルタイムにデータを 受 信 し 関 数 とコードブ ロックの 使 用 時 間 等 の 情 報 を 追 跡 する 独 自 の Profiler ツール 等 先 進 の 機 能 をいくつも 備 えています CCS 社 のコンパイラは MPLAB X IDE および MPLAB プログラマ / デバッガと 互 換 です 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください MikroElektronika MikroElektronika 社 は 8/16/32 ビ ット MCU に 対 応 した C Basic Pascal 最 適 化 コンパイ ラを 提 供 しています どのコンパイラも 直 感 的 な IDE 先 進 の 最 適 化 機 能 多 数 のハードウェアおよ びソフトウェア ライブラリ その 他 の 便 利 なツール を 備 えています 充 実 したヘルプファイルとそのま ま 使 えるサンプルが 用 意 されており すぐにプロジェクトを 開 始 でき ます コンパイラのライセンスには 無 償 アップグレードと 技 術 サポー トが 含 まれ 複 数 のコンピュータで 使 えます (USBドングル 付 属 ) MikroElektronika 社 のコンパイラで 生 成 したオブジェクト ファイル は MPLAB X IDE にインポートする 事 もできます 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください ネットワーキング サービス Interniche Interniche 社 は 組 み 込 みインターネット 機 器 向 けの 組 み 込 みオペレーティング システムとネット ワーキング ソフトウェアを 提 供 しています 同 社 の 組 み 込 みプロトコ ルは 車 載 通 信 システム 携 帯 電 話 医 療 機 器 民 生 用 電 気 機 器 無 線 機 器 産 業 用 プロセス 制 御 DSL モデム ルータ 衛 星 アプリ ケーション 等 多 くの 用 途 に 最 適 です 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください 開 発 ソフトウェア Matrix Technology Solutions Matrix Technology Solutions 社 は 数 学 科 学 電 子 工 学 PIC MCU プロ グラミング 等 多 岐 に 渡 る 分 野 で 教 育 およ び 学 習 サービスを 提 供 しています 同 社 の Flowcode ソフトウェアはマイクロコ ントローラ 用 の 先 進 のグラフィカル プログラミング 言 語 で プログラ ミング 経 験 がない 方 でも 短 時 間 で 複 雑 な 電 子 システムを 作 成 できま す Flowcode は 複 数 の 言 語 で 提 供 しており PIC MCU と dspic DSC をサポートしています 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 して ください 22 Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド

23 サードパーティのツール Equalis Equalis 社 は エンジニアと 科 学 者 向 けに 数 理 モデル 数 値 解 析 視 覚 化 シミュレーション 用 のオープンソー ス ベースのソフトウェアを 提 供 してい ます 同 社 の 製 品 は 最 適 化 信 号 処 理 制 御 システム 組 み 込 みシステム テスト 計 測 等 多 くのアプリケーションにおいて 他 のソリューショ ンの 数 分 の 1 のコストでより 多 くの 機 能 と 高 い 柔 軟 性 を 備 えていま す これらの 機 能 とサービスは 航 空 宇 宙 自 動 車 電 子 電 力 製 造 半 導 体 等 多 くの 業 界 のニーズに 応 えます 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください MikroElektronika Visual TFT (SW500189) Visual TFT は TFT ディス プ レ イ に 表 示 す るグラフィカル ユーザ インターフェイスを 短 時 間 で 開 発 できる Windows アプリケーション で す PIC MCU と dspic30/33 DSC を 含 む MCU および DSC アーキテクチャについ て MikroElektronika 社 の 全 て のコンパイラ (mikroc mikrobasic mikropascal) に 対 応 したソースコードを 生 成 します ドラッグ &ドロップで 使 える 部 品 を 豊 富 に 備 えた 直 感 的 な 環 境 を 利 用 すると アプリケーションを 簡 単 かつ 迅 速 に 作 成 できます Visual TFT は Windows で 動 作 し MikroElektronika 社 の 全 てのマルチメディア ボードおよび 10 種 類 の TFT コントローラと 5 種 類 のディスプレイ サイズをサポートし ています Virtual Graphics Display Designer (SW500190) Visual Graphics Display Designer (VGDD) を 使 うと Microchip 社 の Graphics Object Library を 使 った 組 み 込 みプロジェクトで 複 雑 なユーザ イン ターフェイスを 簡 単 に 作 成 できます PIC24 および PIC32 MCU ファミリと dspic DSC ファミリをサ ポートしています リアルタイム オペレーティング システム (RTOS) Express Logic Express Logic 社 は メモリ 容 量 の 小 さい 量 産 デ バイスに 向 けたロイヤリティ フリーの RTOS ミ ドルウェア 開 発 ツールを 提 供 する 大 手 プロバイ ダです 民 生 用 電 気 機 器 産 業 用 オートメーショ ン 医 療 機 器 等 競 争 の 厳 しい 市 場 向 けに 量 産 型 の SoC および 電 子 機 器 を 製 造 しているメーカーに とって ロイヤリティ フリー ソースコード プロフェッショナル サ ポートの 組 み 合 わせを 提 供 する Express Logic は 貴 重 な 存 在 です ThreadX は PIC32MX および PIC32MZ MCU ファミリ 向 けに シング ル プロダクト ライセンスとプロダクト ファミリ ライセンスの 両 方 の 形 態 で 提 供 しています 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 して ください WITTENSTEIN High Integrity Systems WITTENSTEIN High Integrity Systems 社 は 医 療 航 空 宇 宙 輸 送 防 衛 産 業 分 野 向 け に アプリケーションの 開 発 効 率 を 向 上 させると 共 に 第 三 者 機 関 の 認 証 によりリスクを 軽 減 するリ アルタイム オペレーティング システムとプラット フォーム ソリューションを 製 造 / 供 給 するセーフティ システム 業 者 で す 同 社 製 品 の OPENRTOS は FreeRTOS 組 み 込 みリアルタイ ム OS の 商 用 ライセンスです PIC32MX および PIC32MZ MCU ファミリ 向 けに シングル プロダクト ライセンスとプラットフォーム ライセンスの 両 方 の 形 態 で 提 供 しています 製 品 の 一 覧 は 下 記 URL を 参 照 してください 書 籍 Using the FreeRTOS Real-Time Kernel, PIC32 Edition (BK0007) 一 般 的 な マ ル チ タ スクの 概 念 と FreeRTOS 固 有 の 情 報 について 簡 潔 に 説 明 したガイドブックです FreeRTOS API を 使 って 作 成 した 例 を 多 数 取 り 上 げて 説 明 して います PIC32 Edition は 無 償 の MPLAB XC コンパイラを 使 って PIC32 MCU 用 に 作 成 した 16 個 の 例 を 収 録 しています Beginner's Guide to Programming the PIC24/ dspic33 (BK0012) Thomas Kibalo による 16 ビット MCU のプログラミ ングを 説 明 したガイドブックです 本 書 では PIC24H MCU と dspic33 DSC のプログラミングを 手 順 を 追 って 分 かりやすく 説 明 しています Microstick II 開 発 ボードと 無 償 の MPLAB XC コンパイラを 使 ったサ ンプルコードを 紹 介 しています ハードウェアの 例 はシンプルなブレッ ドボードを 使 って 示 してあるため ほとんど 部 品 を 追 加 せずに 初 心 者 でも 製 作 できます Beginner's Guide to Programming the PIC32 (BK0015) Thomas Kibalo による PIC32 MCU のプログラム 方 法 を 紹 介 した 初 心 者 向 けのガイドです 低 コストの Microstick II 開 発 ボードと 無 償 の MPLAB XC32 コ ンパイラを 使 い PIC32 MCU アーキテクチャを 簡 単 に 学 べます 多 くのアプリケーションで 必 要 となる 一 般 的 な 動 作 をサンプルコードで 示 しています ハードウェアの 例 はシン プルなブレッドボードを 使 って 示 してあるため ほとんど 部 品 を 追 加 せずに 初 心 者 でも 製 作 できます Graphics, Touch, Sound and USB (BK0017) Lucio Di Jasio による 本 書 では 実 際 のプロジェ クト を 通 じ て MikroElektronika 社 の PIC24 向 け mikromedia ボードのマルチメディア 機 能 16/32 ビット マイクロコントローラの 使 い 方 Microchip Libraries of Applications (MLA) を 最 大 限 に 活 用 す る 方 法 を 体 験 しながら 学 べます Microchip 社 開 発 ツール クイックガイド 23

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第

目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 入 出 荷 棚 卸 収 集 Biz スタートパック 操 作 説 明 書 目 次 第 1 章 は じ め に... 3 第 2 章 基 本 的 な キ ー 操 作... 4 第 3 章 メ ニ ュ ー 画 面... 6 第 4 章 入 荷 業 務... 7 第 5 章 出 荷 業 務... 9 第 6 章 商 品 照 会...11 第 7 章 棚 卸 業 務...12 第 8 章 パ ソ コ ン の

More information

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用)

ATOK Syncの設定方法と使い方(Mac用) ATOK Sync ア ド バ ン ス 設 定 方 法 と 使 い 方 ~ Mac 版 を お 使 い の 方 へ ~ ATOK Sync ア ド バ ン ス と は 単 語 登 録 や 学 習 し た 内 容 を 保 存 す る ユ ー ザ ー 辞 書 や お 気 に 入 り 文 書 省 入 力 デ ー タ 確 定 履 歴 の デ ー タ な ど を イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の サ ー バ

More information

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で

2 シ ス テ ム が 2 4 時 間 3 6 5 日 安 定 的 に 稼 働 す る 機 材 と 設 置 環 境 を 整 え る こ と ( 2 ) ソ フ ト ウ ェ ア 1 既 に 導 入 実 績 の あ る CMS で あ る こ と 2 Windows7(Windows IE1 1 ) で 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 結 の 故 郷 匠 の 技 体 験 観 光 事 業 ウ ェ ブ サ イ ト 構 築 保 守 管 理 業 務 2. 目 的 こ の 業 務 は 越 前 お お の 雇 用 創 造 推 進 協 議 会 ( 以 下 協 議 会 と い う )が 実 施 す る 実 践

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx

Microsݯft Word - 91 forܠ2009November.docx 特 集 : Query & Analysis の 仕 訳 転 送 機 能 SunSystems と 連 携 し て 使 用 す る こ と が で き る Infor Performance Management Query&Analysis( 以 下 Q&A) ( 旧 : SunSystems Vision ) と い う 製 品 が あ り ま す Q&A は Microsoft Excel の

More information

東京都立産業技術高等専門学校

東京都立産業技術高等専門学校 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 卒 業 生 を 対 象 とした 調 査 (OB OG アンケート)の 結 果 について 1 は じ め に 東 京 都 立 産 業 技 術 高 等 専 門 学 校 で は 本 校 の 教 育 水 準 の 向 上 や 教 育 内 容 の 充 実 と 改 善 を 目 的 と し て 本 校 の 前 身 校 で あ る 東 京 都 立 工 業 高 等

More information

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2

KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 目 次 動 作 環 境 特 長 方 法 方 法 起 動 終 了 方 法 方 法 操 作 方 法 使 方 使 方 使 方 詳 細 設 定 使 方 KINGSOFT Office 2016 動 作 環 境 対 応 日 本 語 版 版 共 通 利 用 上 記 動 作 以 上 以 上 空 容 量 以 上 他 接 続 環 境 推 奨 必 要 2 KINGSOFT Office 2016 特 長 主 特 長 以

More information

新 生産管理システム ご提案書 2002年10月15日 ムラテック情報システム株式会社

新 生産管理システム  ご提案書  2002年10月15日 ムラテック情報システム株式会社 GrowingMIS V6 生 産 管 理 システム ご 紹 介 ( 機 能 説 明 - 量 産 系 ) ムラテック 情 報 システム 株 式 会 社 2015 年 6 月 GrowingMIS V6 生 産 管 理 システム 受 注 / 出 荷 インターフェイス 工 程 負 荷 スケジュール トレーサヒ リティー 共 通 マスタ 変 更 履 歴 管 理 引 合 / 見 積 ドキュメント 内 示 /

More information

資料提供招請(登録版)

資料提供招請(登録版) 資料提供招請に関する公表 次 の と お り 物 品 の 導 入 を 予 定 し て い ま す の で 当 該 導 入 に 関 し て 資 料 等 の 提 供 を 招 請 し ま す 平 成 3 0 年 1 1 月 2 0 日 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 本 部 総 務 部 長 大 門 龍 生 調 達 機 関 番 号 5 9 7 所 在 地 番 号 1 3 Ⅰ 調 達 内 容

More information

よりメンバーに 配 布 した 第 2 期 は 第 1 期 に 開 発 した 大 気 時 間 値 集 計 解 析 ツールをベースに 機 能 改 良 を 行 った 国 立 環 境 研 究 所 では メンバーから 寄 せられる 要 望 使 い 勝 手 に 関 する 意 見 感 想 不 具 合 発 生 など

よりメンバーに 配 布 した 第 2 期 は 第 1 期 に 開 発 した 大 気 時 間 値 集 計 解 析 ツールをベースに 機 能 改 良 を 行 った 国 立 環 境 研 究 所 では メンバーから 寄 せられる 要 望 使 い 勝 手 に 関 する 意 見 感 想 不 具 合 発 生 など 大 気 時 間 値 集 計 解 析 プログラム の 概 要 本 共 同 研 究 では 大 気 時 間 値 データベースの 整 備 を 行 うとともに 共 通 の 解 析 手 法 により Ox や SPM 濃 度 の 長 期 変 動 や 地 域 特 性 を 比 較 検 討 するため 大 気 時 間 値 集 計 解 析 プログラム の 開 発 を 進 めてきた 本 稿 では 大 気 時 間 値 集 計

More information

目 次 1. Easy HandyⅡ とは 3 2. 機 能 概 要 4 3. Easy HandyⅡ の 構 成 5 4. 入 荷 出 荷 棚 卸 処 理 の 流 れ 6 5. Easy HandyⅡ と 他 システムとの 連 携 7 6. 画 面 サンプル(PC 版 ) 8 7. 画 面 サンプ

目 次 1. Easy HandyⅡ とは 3 2. 機 能 概 要 4 3. Easy HandyⅡ の 構 成 5 4. 入 荷 出 荷 棚 卸 処 理 の 流 れ 6 5. Easy HandyⅡ と 他 システムとの 連 携 7 6. 画 面 サンプル(PC 版 ) 8 7. 画 面 サンプ 株 式 会 社 ケイアイティー Easy Handy Ⅱ for ARK400 ご 説 明 資 料 2010 年 11 月 竹 山 システム 株 式 会 社 ケイアイティー 目 次 1. Easy HandyⅡ とは 3 2. 機 能 概 要 4 3. Easy HandyⅡ の 構 成 5 4. 入 荷 出 荷 棚 卸 処 理 の 流 れ 6 5. Easy HandyⅡ と 他 システムとの 連

More information

スライド 1

スライド 1 Android 版 目 視 録 運 用 操 作 マニュアル 作 成 2012/03/22 更 新 2014/09/26 目 視 録 とは 携 帯 またはパソコンで 施 工 写 真 を 登 録 確 認 できるシステムです ご 利 用 の 為 にはIDとパスワードが 必 要 です TEG ログインID ( ) パスワード ( ) https://teg.mokusiroku.com/

More information

第1回

第1回 やすだ 社 会 学 研 究 法 a( 2015 年 度 春 学 期 担 当 : 保 田 ) 基 礎 分 析 ( 1): 一 変 量 / 二 変 量 の 分 析 SPSSの 基 礎 テ キ ス ト pp.1-29 pp.255-257 デ ー タ の 入 力 [ デ ー タ ビ ュ ー ] で Excelの よ う に 直 接 入 力 で き る [ 変 数 ビ ュ ー ] で 変 数 の 情 報 を

More information

資料3 家電エコポイント制度の政策効果等について

資料3      家電エコポイント制度の政策効果等について 家 電 エコポイント 制 度 の 政 策 効 果 等 について 資 料 3 政 策 効 果 環 境 省 経 済 産 業 省 総 務 省 地 上 デジタル 放 送 対 応 テレビを 中 心 に 対 象 家 電 3 品 目 の 販 売 を 押 し 上 げるとともに 省 エネ 性 能 の 高 い 製 品 への 買 い 換 えに 大 きく 貢 献 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 の 観 点 統 一

More information

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図

1 書 誌 作 成 機 能 (NACSIS-CAT)の 軽 量 化 合 理 化 電 子 情 報 資 源 への 適 切 な 対 応 のための 資 源 ( 人 的 資 源,システム 資 源, 経 費 を 含 む) の 確 保 のために, 書 誌 作 成 と 書 誌 管 理 作 業 の 軽 量 化 を 図 平 成 2 8 年 3 月 25 日 NACSIS-CAT 検 討 作 業 部 会 NACSIS-CAT/ILL の 軽 量 化 合 理 化 について( 基 本 方 針 )( 案 ) これからの 学 術 情 報 システム 構 築 検 討 委 員 会 ( 以 下, これから 委 員 会 ) は これか らの 学 術 情 報 システムの 在 り 方 について ( 平 成 27 年 5 月 29 日 )

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

050 LGWAN-05月.indd

050 LGWAN-05月.indd (1) 調 査 の 概 要 行 政 情 報 化 調 査 は 以 下 のとおり 実 施 されたもの です 実 施 主 体 総 務 省 自 治 行 政 局 地 域 政 策 課 地 域 情 報 政 策 室 調 査 対 象 都 道 府 県 47 団 体 市 区 町 村 1,742 団 体 基 準 日 平 成 24 年 4 月 1 日 公 表 日 平 成 25 年 2 月 27 日 また この 調 査 結 果

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837483408343838B8351815B83678E9197BF2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837483408343838B8351815B83678E9197BF2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> ファイルゲート で ファイル 管 理 ソリューションのご 提 案 ~ 電 子 データの 安 全 な 取 扱 について~ 株 式 会 社 アドソフト ファイルゲート とは 1 コンセプト 企 業 における 経 営 資 源 は 人 物 金 情 報 といわれていますが とりわけ 情 報 についてはその 質 およ び 量 について 大 変 重 要 度 を 増 してきております 個 人 情 報 の 保 護 情

More information

39904k_jp indd

39904k_jp indd 8/6PIC PIC32 32 RTOS MHz.56 DMIPS/MHz MIPS M4K 52 KB( ) 28 KB RAM ( ) C $49.99 $ MPLAB 6PIC MCU MCU 600 PIC MCU USB/ /OTGCAN 0/00 Ethernet 6 DMA 6 www.microchip.com/pic32libraries USB HMI CAN USB On-The-Go

More information

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改)

Microsoft Word - 養生学研究投稿規定(改) よ う せ い 養 生 学 研 究 投 稿 規 定 2000 年 3 月 11 日 施 行 2006 年 5 月 01 日 改 正 1. 養 生 学 研 究 ( 以 下 本 誌 と い う ) の 編 集 及 び 発 行 に 関 し て は こ の 規 定 の 定 め る と こ ろ に よ る. 2. 投 稿 資 格 本 誌 に 原 稿 を 投 稿 で き る 筆 頭 著 者 は, 原 則 と し

More information

<4D F736F F D2090AD957B94468FD88AEE94D B292428C7689E68F912E646F63>

<4D F736F F D2090AD957B94468FD88AEE94D B292428C7689E68F912E646F63> 政 府 認 証 基 盤 システム 調 達 計 画 書 ( 区 分 : 最 適 化 対 象 業 務 システム) 特 定 情 報 システムの 該 当 ( 無 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 行 政 情 報 システム 企 画 課 情 報 システム 管 理 室 1. システムの 全 体 像 政 府 認 証 基 盤 は 国 民 等 と 行 政 との 間 でインターネット 等 を 利 用 してやり 取 りされる

More information

Microsoft PowerPoint - MobileViewer説明資料_20140616.pptx

Microsoft PowerPoint - MobileViewer説明資料_20140616.pptx スマートデバイスからの 情 報 漏 洩 を 防 ぐ ご 説 明 資 料 株 式 会 社 ネスコ ITシステム 事 業 部 20140616 DataClasys の 特 長 DataClasys(データクレシス)について DataClasysはファイルを 暗 号 化 制 御 管 理 する DRM(Digital Rights Management) 製 品 です Windows に 独 自 のドライバを

More information

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx 補 足 説 明 資 料 1 期 末 連 結 決 算 概 要 平 成 27 年 4 月 28 日 東 海 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 当 社 の 運 輸 収 入 は ビジネス 観 光 ともにご 利 用 が 順 調 に 推 移 したことから 好 調 だった 前 年 度 を 上 回 り 増 収 グループ 会 社 については 減 収 となったものの 連 結 営 業 収 益 全 体 では 増 収 営 業

More information

-2-

-2- -1- -2- -3- < 別 表 > FLP 演 習 教 育 活 動 補 助 費 の 補 助 項 目 および 補 助 支 出 基 準 ( 取 扱 要 綱 第 3 条 関 係 ) ( 注 記 ) 補 助 額 は 特 段 の 注 記 がない 場 合 は 税 込 額 を 表 示 している 1. 見 学 調 査 補 助 項 目 支 払 対 象 補 助 額 備 考 交 通 費 学 生 参 加 学 生 1 人

More information

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま 通 信 () 消 通 信 7 () 災 害 情 報 メール 7 () 消 司 令 管 制 システム 7 (4) 消 司 令 管 制 システム 概 念 図 7 (5) 主 要 機 器 一 覧 7 (6) 無 線 設 備 概 要 74 (7) 9 番 等 の 着 信 状 況 75 (8) 過 去 5 年 間 の 着 信 通 話 状 況 75 (9) 指 令 状 況 75 () 民 の 声 処 理 75

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編

雇用保険被保険者資格取得届(様式)編 平 成 2 8 年 3 月 1 日 第 4 版 発 行 e-gov 電 子 申 請 実 務 マ ニ ュ ア ル 香 川 県 社 会 保 険 労 務 士 会 目 次 1. 手 続 検 索 1 2. 申 請 書 の 作 成 3 3. 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 作 成 7 4. 提 出 代 行 証 明 書 の 添 付 8 5. 署 名 の 実 施 1 0 6. 申 請 書 の 送 信 1 1

More information

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会

任意整理について | 多重債務Q&A | 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会 第 5 章 任 意 整 理 について Q25 任 意 整 理 のポイント 任 意 整 理 とはどういうことですか そのポイントを 教 えてください 1. 任 意 整 理 とは 任 意 整 理 とは 支 払 能 力 を 超 える 債 務 を 負 っている 債 務 者 について 支 払 能 力 に 応 じた 返 済 計 画 を 立 て その 返 済 計 画 にしたがって 個 々の 債 権 者 との 間

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034308350815B83588358835E8366834228926E88E68C9A90DD8BC65F928695944832362E332983418343835683938DC58F4994C52E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034308350815B83588358835E8366834228926E88E68C9A90DD8BC65F928695944832362E332983418343835683938DC58F4994C52E70707478> CI-NET 導 入 事 例 ( 地 域 総 合 建 設 企 業 中 部 ) 一 般 財 団 法 人 建 設 業 振 興 基 金 情 報 化 評 議 会 平 成 26 年 3 月 Copyright 1997.6-,CI-NET All rights reserved. 0 本 事 例 の 特 徴 コンプライアンスの 向 上 を 目 的 とした 電 子 化 への 取 り 組 み CI-NETの 導

More information

jouhoukyouikubukai

jouhoukyouikubukai 情 報 教 育 部 会 の 取 組 に つ い て 1 は じ め に 旧 各 市 町 で 推 進 し て き た 情 報 教 育 に つ い て の 調 査 研 究 を 行 い 新 生 栃 木 市 の 情 報 教 育 の 方 向 性 を 検 討 す る と と も に 新 規 導 入 情 報 機 器 の 使 用 法 に つ い て の 周 知 を 図 り 各 学 校 で の 効 果 的 な 活 用

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま

() 消 通 信 本 の 消 通 信 は 司 令 管 制 室 と 消 署 出 張 所 更 には 災 関 係 機 関 とをネットワークで 結 ぶとともに 消 車 両 等 についても 無 線 回 線 FOMA 回 線 を 使 用 し 9 番 通 報 の 受 付 か ら 消 隊 隊 の 現 場 到 着 ま 通 信 () 消 通 信 7 () 災 害 情 報 メール 7 () 消 司 令 管 制 システム 7 (4) 消 司 令 管 制 システム 概 念 図 7 (5) 主 要 機 器 一 覧 7 (6) 無 線 設 備 概 要 74 (7) 9 番 等 着 信 状 況 75 (8) 過 去 5 年 間 の 着 信 通 話 状 況 75 (9) 指 令 状 況 75 () 民 の 声 処 理 75 ()

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130303492B796EC8CA7835C83748367834583468341836F815B8357838783938341836283762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130303492B796EC8CA7835C83748367834583468341836F815B8357838783938341836283762E646F63> 長 野 県 建 設 部 御 中 CALS/EC ソフトウェア バージョンアップについて 平 成 22 年 4 月 川 田 テクノシステム 株 式 会 社 1. 弊 社 の CALS 対 応 ソフトウェアシステムについて 現 状 のシステム 構 成 現 在 導 入 されているソフトウェアは 下 記 の 構 成 となっております 1 電 子 納 品 検 査 閲 覧 ソフトウェア 電 納 ヘルパー 発

More information

参加表明書・企画提案書様式

参加表明書・企画提案書様式 秋 田 市 道 路 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 参 加 表 明 書 企 画 提 案 書 様 式 平 成 25 年 7 月 秋 田 市 建 設 部 道 路 維 持 課 ( 様 式 1) 参 加 表 明 書 業 務 の 名 称 秋 田 市 除 排 雪 車 両 運 行 管 理 システム( 仮 称 ) 導 入 業 務 委 託

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

ソ フ ト ウ ェ ア ト ー ク ン の ダ ウ ン ロ ー ド 方 法 以 下 の サ イ ト か ら ダ ウ ン ロ ー ド 方 法 の 確 認 を 行 っ て く だ さ い な お ソ フ ト ウ ェ ア ト ー ク ン に つ い て の 詳 細 や ご 利 用 方 法 よ く あ る

ソ フ ト ウ ェ ア ト ー ク ン の ダ ウ ン ロ ー ド 方 法 以 下 の サ イ ト か ら ダ ウ ン ロ ー ド 方 法 の 確 認 を 行 っ て く だ さ い な お ソ フ ト ウ ェ ア ト ー ク ン に つ い て の 詳 細 や ご 利 用 方 法 よ く あ る ワンタイムパスワード(ソフトウェアトークン)のご 案 内 当 金 庫 で は 個 人 イ ン タ ー ネ ッ ト バ ン キ ン グ の ロ グ イ ン 時 の 本 人 認 証 方 法 と し て 固 定 パ ス ワ ー ド ( 契 約 者 I D ロ グ イ ン パ ス ワ ー ド ) に よ る 認 証 に 加 え パ ス ワ ー ド 生 成 ソ フ ト ウ ェ ア ト ー ク ン( 以 下 ト

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション スモールスタートによる テストツール 導 入 の 提 案 - 広 く 浅 く を 前 提 とした キャプチャ/リプレイツールの 簡 易 的 な 導 入 - 第 5 分 科 会 Aグループ(テストツールグループ) 主 査 奥 村 有 紀 子 ( 有 限 会 社 デバッグ 工 学 研 究 所 ) 副 主 査 秋 山 浩 一 ( 富 士 ゼロックス 株 式 会 社 ) 堀 田 文 明 ( 有 限 会 社

More information

39904L_JP_ indd

39904L_JP_ indd 32 Winter 2011 PIC32 USB CAN Ethernet www.microchip.com/pic32 PIC32 8/16 PIC PIC32 32 PIC32 USB RTOS MHz 1.56 DMIPS/MHz MIPS M4K 16 512 KB 4 128 KB RAM( ) +105 AEC-Q100 I/O PPS (Peripheral Pin Select)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030322090AC90D1955D92E8977697CC82CC895E9770816990DD8C76939995D2816A2E646F63> 土 木 部 建 築 設 計 及 び 工 事 監 理 等 委 託 業 務 成 績 評 定 要 領 の 運 用 ( 建 築 設 計 等 委 託 業 務 編 ) ( 評 定 の 方 法 ) 第 1 評 定 者 は 評 定 を 行 おうとする 業 務 ( 以 下 対 象 業 務 という )について 別 添 の 採 点 表 により 評 定 を 行 うものとし 評 価 項 目 評 価 の 視 点 及 び 評 価

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト

1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作 っ て み ま し ょ う 以 下 の ス ラ イ ド ( 2 枚 目 ~ 4 枚 目 を 作 り ま す あ ら か じ め 作 業 用 の フ ァ イ ル を デ ス ク ト 知 識 の 定 着 を 図 るプレゼンテーションソフト 活 用 福 岡 県 教 育 センターホームページ http://www.educ.pref.fukuoka.jp 授 業 なんでも 相 談 室 092-947-0008 support@educ.pref.fukuoka.jp 1 フ ラ ッ シ ュ カ ー ド ( サ ン プ ル ) の ス ラ イ ド を パ ワ ー ポ イ ン ト で 作

More information

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx

Microsoft Word - TechSmith Deployment Tool Documentation.docx TechSmith Deployment Tool マニュアル TechSmith Deployment Tool は Snagit や Camtasia Studio の 組 織 全 体 への 展 開 を 担 当 する Windows IT 管 理 者 のために 設 計 されたツールです このツールのイン ターフェイスを 使 用 することで 効 率 的 かつエラーのない 方 法 で MST ( 変

More information

業界トップのCOP4

業界トップのCOP4 空 冷 ヒ ー ト ポ ン プ 式 熱 源 機 ユ ニ バ ー サ ル ス マ ー ト エックス X の 開 発 販 売 に つ い て ~ C O P 6. 3 0 と い う 高 効 率 を 達 成 す る と と も に お 客 さ ま の 様 々 な ニ ー ズ に ス マ ー ト に フ ィ ッ ト ~ 平 成 22 年 7 月 14 日 東 芝 キヤリア 株 式 会 社 東 京 電 力

More information

1.システム 構 成 1.1 ハードウェア 及 ぶ 基 本 ソフトウェア (1) システム 構 成 の 基 本 方 針 システム 構 成 のコンセンプトについて 2 頁 以 内 で 記 述 してください 1ハードウェア 構 成 のコンセプト

1.システム 構 成 1.1 ハードウェア 及 ぶ 基 本 ソフトウェア (1) システム 構 成 の 基 本 方 針 システム 構 成 のコンセンプトについて 2 頁 以 内 で 記 述 してください 1ハードウェア 構 成 のコンセプト 様 式 6 小 松 島 市 基 幹 業 務 システム 再 構 築 業 務 要 件 提 案 書 例 例 ( 記 入 例 )を 朱 書 きしている 記 入 方 法 を 水 色 で 表 示 する 平 成 22 年 11 月 徳 島 県 小 松 島 市 1.システム 構 成 1.1 ハードウェア 及 ぶ 基 本 ソフトウェア (1) システム 構 成 の 基 本 方 針 システム 構 成 のコンセンプトについて

More information

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の(

の た め 委 託 事 業 者 の 選 定 に あ た っ て は こ れ ら C M 業 務 の 遂 行 能 力 及 び 業 務 実 績 に つ い て も 本 業 務 の 審 査 項 目 と し て 重 視 す る も の と す る 3 参 加 資 格 提 案 書 を 提 出 す る も の( 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プ ロポーザル 実 施 要 領 1 趣 旨 こ の 実 施 要 領 は 三 田 市 民 病 院 増 築 及 び 改 修 工 事 基 本 構 想 等 策 定 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 と い う ) の 委 託 事 業 者 を 公 募 型 プ ロ ポ ー ザ

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

電子申告直前研修会(所得税編)

電子申告直前研修会(所得税編) 電 子 申 告 直 前 研 修 会 ( 所 得 税 編 ) 2011 年 1 月 17 日 : 名 古 屋 2011 年 1 月 18 日 : 東 京 2011 年 1 月 19 日 : 大 阪 2011 年 1 月 20 日 : 福 岡 本 日 の 研 修 内 容 項 目 細 目 1. 所 得 税 電 子 申 告 の 事 前 準 備 1) 顧 問 先 管 理 でのデータ 整 備 2)e-Tax 暗

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】

Sea-NACCS 利用者研修 【通関編】 第 1 回 更 改 専 門 部 会 資 料 2 更 改 専 門 部 会 における 主 な 検 討 事 項 2012 年 5 月 28 日 輸 出 入 港 湾 関 連 情 報 処 理 センター 1. 次 期 システムのあり 方 における 開 発 コンセプト 官 民 共 同 利 用 の 基 幹 システムとして 安 定 性 信 頼 性 の 高 いシステムの 実 現 システムの 安 定 性 信 頼 性 を

More information

R4財務対応障害一覧

R4財務対応障害一覧 1 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 時 摘 要 欄 で. + Enter を 押 すと アプリケーションでエラーが 発 生 しまインデックスが 配 列 の 境 界 外 です が 出 る 場 合 がある 問 題 に 対 応 しま 2 仕 訳 入 力 仕 訳 入 力 主 科 目 と 補 助 科 目 を 固 定 にすると2 行 目 以 降 の 補 助 科 目 コピーが 動 作 しない 問 題 に 対 応

More information

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4)

第三十六号の二様式(第五条関係)(A4) 第 三 十 六 号 の 三 様 式 ( 第 六 条 関 係 )(A4 ) 定 期 検 査 報 告 書 ( 昇 降 機 ) ( 第 一 面 ) 建 築 基 準 法 第 12 条 第 3 項 の 規 定 によ り 定 期 検 査 の 結 果 を 報 告 し ま す こ の 報 告 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありま せん 特 定 行 政 庁 上 田 市 長 様 平 成 年 月 日

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A>

<5461726F2D8179835A8362836794C5817A313230333039817988C495B6817A> - 1 - 省 百 七 旅 客 部 改 省 令 平 成 省 令 伴 並 平 成 省 令 並 ま づ 並 令 づ く 領 平 成 月 大 臣 前 田 武 志 づ く 領 語 お 使 語 監 督 針 平 成 省 千 百 お 使 語 - 2 - 務 名 簿 款 寄 附 為 登 記 証 明 組 織 図 保 制 証 機 器 機 器 設 設 備 記 載 決 算 報 足 経 的 礎 証 績 分 証 程 七 イ 概

More information

人見知りを克服する方法

人見知りを克服する方法 - 1 著 作 権 に つ い て 本 教 材 の 著 作 権 は 発 行 者 に あ り ま す 発 行 者 の 書 面 に よ る 事 前 許 可 無 く 本 教 材 の 一 部 ま た は 全 部 を あ ら ゆ る デ ー タ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 フ ァ イ ル な ど ) に よ り 複 製 流 用 お よ び 転 売 ( オ ー ク シ ョ ン 含 む ) す る こ

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

概 要 と 特 徴 推 奨 ハードウェア デジタルカメラで 撮 影 した 画 像 やスキャナで 読 み 込 んだ 図 面 を 利 用 し 画 像 処 理 技 術 で 建 物 の 改 修 工 事 を 支 援 するソフトウェアです 初 期 診 断 劣 化 数 量 表 作 成 双 眼 鏡 での 初 期 診 断 の 代 用 として 利 用 補 修 工 事 の 営 業 に 写 真 とともに 診 断 内 容 をビジュアル

More information

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ

メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受 信 したメールが 一 覧 表 示 されます メール 受 信 タブをクリックすると 受 信 箱 フ .3 1...3 メール 受 信 タブのサブメニューから 直 接 受 信 箱 以 外 のフォルダを 表 示 することもできます 共 有 メー ルボックスのフォルダは 指 定 できません 3. 35 メール 受 信 画 面 のレイアウトを 変 更 することができます ここでは 初 期 設 定 のレイアウトで 表 示 されているボタ ンやマークについて 解 説 します メール 一 覧 画 面 には 受

More information

ESET Smart Security 8 リリースノート

ESET Smart Security 8 リリースノート ================================================================== ESET Smart Security 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ 株 式 会 社 ================================================================== はじめに キヤノンITソリューションズ

More information

Stellaris ドライバ・インストール手順

Stellaris ドライバ・インストール手順 参 考 資 料 ドライバ インストール 手 順 Stellaris インサーキット デバッグ インターフェイス (ICDI) および 仮 想 COM ポート Stellaris 評 価 キットおよびリファレンス デザイン キットには Stellaris インサーキット デバッグ インター フェイス (ICDI) が 収 録 されており これを 使 用 することで 基 板 上 の LM4F マイクロコントローラのプログ

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

公募

公募 木 製 品 試 作 販 売 システム 等 構 築 可 能 性 調 査 委 託 業 務 の 公 募 型 プロポーザル 方 式 実 施 要 領 1. 目 的 厚 真 町 における 林 産 業 は 造 林 保 育 及 び 造 材 等 の 森 林 整 備 を 行 う 事 業 体 や 木 炭 製 造 業 等 が 成 立 している 一 方 で 加 工 する 施 設 は 小 規 模 な 製 材 工 場 が1 軒

More information

SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 文 言 変 更 p.12(1. 基 本 事 項 ) (5)SXF 入 出 力 バージョン Ver.2 形 式 と Ver.3.0 形 式 および Ver.3.1 形 式 の 入 出 力 機 能 を

SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 文 言 変 更 p.12(1. 基 本 事 項 ) (5)SXF 入 出 力 バージョン Ver.2 形 式 と Ver.3.0 形 式 および Ver.3.1 形 式 の 入 出 力 機 能 を SXF 仕 様 実 装 規 約 版 ( 幾 何 検 定 編 ) 新 旧 対 照 表 2013/3/26 改 訂 の 要 因 旧 新 (2013 年 4 月 版 ) 文 言 削 除 p.11(1. 基 本 事 項 ) (2) 保 証 すべき 実 数 の 精 度 p.5(1. 基 本 事 項 ) (2) 保 証 すべき 実 数 の 精 度 1. 用 紙 系 ( 線 種 ピッチ 等 用 紙 上 の 大 きさで

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203193FA8AD45F95CA8E86325F89898F4B315F94F093EF8AA98D90939994AD97DF914F82CC8FEE95F182CC8EFB8F57814589C28E8B89BB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203193FA8AD45F95CA8E86325F89898F4B315F94F093EF8AA98D90939994AD97DF914F82CC8FEE95F182CC8EFB8F57814589C28E8B89BB2E646F63> 1.ログイン 方 法 1-1: 県 域 統 合 型 GIS 総 合 ポータルから 研 修 用 のユーザID 及 びパスワードを 入 力 後 ログインする 1-2:ログイン 後 マップ 編 集 を 選 択 します 1-3:マップ 一 覧 から 編 集 したいマップを 選 ぶ 今 回 の 場 合 1. 避 難 勧 告 等 発 令 までの 情 報 収 集 可 視 化 ( 班 ) を 選 択 する 1 2.

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter8

DIGNO® C 404KC ユーザーガイド Chapter8 Wi-Fi/ 接 続 パソコンとUSBで 接 続 する...146 Wi-Fiで 接 続 する...146 テザリングを 利 用 する... 150 Bluetooth 機 能 を 利 用 する...151 146 パソコンとUSBで 接 続 する Wi-Fiで 接 続 する USBを 利 用 してパソコンと 接 続 し 本 機 の 内 部 ストレージやSDカー ド 内 のデータをパソコンで 利 用

More information

03_主要処理画面.xlsx

03_主要処理画面.xlsx 見 積 受 注 入 力 見 積 と 受 注 は 同 じ 画 面 で 入 力 します 基 本 情 報 の 状 況 欄 で 見 積 か 受 注 かを 選 択 して 登 録 します 見 積 から 受 注 にかわったときは 見 積 伝 票 を 修 正 で 開 き 状 況 を 受 注 に 変 更 して 登 録 します 出 荷 する 倉 庫 や 納 期 は 明 細 行 ごとに 指 定 できます 受 注 の 場

More information

ネットde記帳 平成24年度の申告について

ネットde記帳 平成24年度の申告について ネットde 記 帳 平 成 24 年 度 の 申 告 について 従 来 版 のネットde 記 帳 から 申 告 を 行 う 場 合 1 青 色 申 告 決 算 書 までは 従 来 と 変 わらない 手 順 で 出 力 します 従 来 版 のネットde 記 帳 からの 決 算 申 告 フロー 所 得 税 / 消 費 税 申 告 書 作 成 機 能 を 実 行 すると ネットde 記 帳 申 告 モ ジュール

More information

目 次 注 意... 3 インストール... 4 通 信 仕 様 の 切 り 替 え(シリアルポートへの 変 更 )... 6 USB-シリアルドライバのインストール... 7 Windows7 の 場 合... 7 WindowsXP の 場 合... 7 COM ポート 番 号 の 確 認...

目 次 注 意... 3 インストール... 4 通 信 仕 様 の 切 り 替 え(シリアルポートへの 変 更 )... 6 USB-シリアルドライバのインストール... 7 Windows7 の 場 合... 7 WindowsXP の 場 合... 7 COM ポート 番 号 の 確 認... シリアル 通 信 切 替 用 ソフトウェア VS-WRC003LV シリアルコンバータ 取 扱 説 明 書 ヴイストン 株 式 会 社 1 目 次 注 意... 3 インストール... 4 通 信 仕 様 の 切 り 替 え(シリアルポートへの 変 更 )... 6 USB-シリアルドライバのインストール... 7 Windows7 の 場 合... 7 WindowsXP の 場 合... 7 COM

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 が 無 い た め 記 載 し て お り ま せ ん 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 A - B 勧 告 ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 国 の 改 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 芽 室 町 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 歳 出 額 A 21 年 度 1 9, 3 7 6 1 1, 3 4, 9 4 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A 1 6, 3 9 3 9 9 6, 541 8. 8 1 ( 参

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

9 要 件 定 義 書 第 3 章 (1)-4 今 回 ご 提 案 するサーバ 機 器 を 接 続 するL2スイッチについては 構 成 に 含 める 必 要 がありますでしょうか 提 案 いただく 機 器 の 構 成 上 L2スイッチが 必 要 な 場 合 は 提 案 の 内 容 に 含 めてくださ

9 要 件 定 義 書 第 3 章 (1)-4 今 回 ご 提 案 するサーバ 機 器 を 接 続 するL2スイッチについては 構 成 に 含 める 必 要 がありますでしょうか 提 案 いただく 機 器 の 構 成 上 L2スイッチが 必 要 な 場 合 は 提 案 の 内 容 に 含 めてくださ 1 募 集 要 項 2 南 相 馬 市 インターネット 閲 覧 環 境 構 築 プロポーザルに 係 る 質 問 及 び 回 答 南 相 馬 市 インターネット 閲 覧 環 境 構 築 要 件 定 義 書 を 満 たすシステ ムを 提 案 してください とありますが 提 案 書 の 内 容 が 要 件 定 義 書 を 満 たしていない 場 合 は 失 格 となるのでしょうか 2 募 集 要 項 6 評

More information

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務

中根・金田台地区 平成23年度補償説明業務 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 に 準 じた 手 続 による 手 続 開 始 掲 示 次 とおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 選 定 手 続 を 開 始 します 平 成 23 年 6 月 1 日 中 根 金 田 台 開 発 事 務 所 長 関 根 宣 由 1 務 概 要 (1) 務 名 中 根 金 田 台 地 区 平 成 23 年 度 補 償 説 明 務 (2) 務 内 容 研

More information

4-ALLx-xx002-03_ALL 製品ダウンロード・プロダクトキー発行について

4-ALLx-xx002-03_ALL 製品ダウンロード・プロダクトキー発行について HULFTカスタマーサポート 製 品 ダウンロード プロダクトキー 発 行 について 4-ALLx-xx002-03_ALL Copyright(c) 2009 by SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. < 目 次 > はじめに 2 1 シリアル SPコード 通 知 書 3 2 製 品 ダウンロード 方 法 4 2.1 HULFT.com 画 面 4 2.2 STEP1

More information

file:///L|/kajo/_RESOURCE/index.html

file:///L|/kajo/_RESOURCE/index.html はじめに 設 備 基 準 金 額 と 設 備 台 帳 作 成 要 領 設 備 基 準 金 額 設 備 台 帳 作 成 要 領 使 い 方 基 本 設 定 をする 学 校 情 報 を 登 録 する 現 有 状 況 を 登 録 する 整 備 状 況 を 入 力 する FAQ(よくある 質 問 ) インストールができない バックアップファイルが 読 み 込 めない 新 しいパソコンにデータが 移 行 できない

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140>

< F2D E518D6C817A938A82B08D9E82DD8E9197BF8140> 平 成 26 年 10 月 15 日 関 東 地 方 整 備 局 国 営 昭 和 記 念 公 園 事 務 所 H26 昭 和 四 阿 新 築 その 他 工 事 で 見 積 活 用 方 式 の 試 行 を 行 います 昨 今 工 事 発 注 において 予 定 価 格 超 過 や 入 札 参 加 がいないことなどを 理 由 として 入 札 のとりやめや 不 調 となる 工 事 が 相 次 いでいることから

More information

す 携 帯 電 話 事 業 者 との 契 約 約 款 本 サービスを 利 用 するにあたり ワイヤレスデータ 通 信 の 提 供 を 受 けるため 携 帯 電 話 事 業 者 の 定 める 約 款 に 基 づき お 客 さまと 携 帯 電 話 事 業 者 との 間 で 接 続 契 約 が 締 結 さ

す 携 帯 電 話 事 業 者 との 契 約 約 款 本 サービスを 利 用 するにあたり ワイヤレスデータ 通 信 の 提 供 を 受 けるため 携 帯 電 話 事 業 者 の 定 める 約 款 に 基 づき お 客 さまと 携 帯 電 話 事 業 者 との 間 で 接 続 契 約 が 締 結 さ Prepaid LTE SIM for Amazon.co.jp 重 要 事 項 説 明 電 気 通 信 事 業 法 第 26 条 ( 提 供 条 件 の 説 明 ) に 基 づき 本 サービスについてご 説 明 いたします 下 記 は 重 要 事 項 ですので 十 分 ご 理 解 いただいた 上 でお 申 し 込 みください サービス 名 称 : Prepaid LTE SIM for Amazon.co.jp

More information

別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書 等 の 提 出 本 調 達 に 係 る 提 案 書 等 は PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 調 達 仕 様

別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書 等 の 提 出 本 調 達 に 係 る 提 案 書 等 は PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 調 達 仕 様 別 紙 6 国 民 生 活 センター 組 織 図 審 議 役 総 務 部 広 報 部 理 事 長 理 事 情 報 管 理 部 監 事 相 談 情 報 部 商 品 テスト 部 教 育 研 修 部 紛 争 解 決 委 員 会 事 務 局 55 / 98 別 添 1 提 案 書 等 作 成 要 領 1 調 達 件 名 PIO-NET2015 に 係 る 運 用 等 支 援 業 務 一 式 2 提 案 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C486F70658F6F93588ED297708AC7979D89E696CA837D836A83858341838B8169342E33566572816A2E646F63> 商 品 管 理 商 品 管 理 を 行 うためのメニューです 4.1 商 品 管 理 のサイドメニュー 商 品 管 理 には 以 下 のサイドメニューがあります 商 品 一 覧 登 録 済 みの 商 品 の 一 覧 を 表 示 します 既 に 登 録 済 みの 商 品 の 検 索 検 索 した 商 品 を 編 集 する 際 に 使 用 します 新 規 作 成 商 品 を 新 規 登 録 する 画 面

More information

(参考資料)国際会計基準(IFRS)の2012年3月期からの任意適用について

(参考資料)国際会計基準(IFRS)の2012年3月期からの任意適用について ( 参 考 資 料 ) 国 際 会 計 基 準 (IFRS)の 2012 年 3 月 期 からの 任 意 適 用 について 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 当 資 料 取 扱 上 の 注 意 点 将 来 に 関 する 記 述 等 についてのご 注 意 本 資 料 に 記 載 されている 当 社 又 は 当 社 グループに 関 連 する 業 績 見 通 し 計 画 方 針 経 営 戦 略 目

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information