<4D F736F F D20502D3393EC8D CC8EB393B D89BF2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20502D3393EC8D75959082CC8EB393B992669177955D89BF2E646F63>"

Transcription

1 P-3 鹿 島 町 南 講 武 におけるトレンチ 調 査 等 による 宍 道 断 層 の 活 動 性 評 価 Activity of the Shinji fault evaluated by trenching study at Minamikoubu in Kashima-Town. 広 兼 修 治 ( 中 国 電 力 株 式 会 社 ) 黒 岡 浩 平 ( 中 国 電 力 株 式 会 社 ) 平 松 晋 一 ( 応 用 地 質 株 式 会 社 ) 1.はじめに 島 根 半 島 の 新 第 三 系 は, 東 西 ないし 東 北 東 - 西 南 西 方 向 の 軸 を 有 する 褶 曲 構 造 をなし, 褶 曲 軸 とほぼ 平 行 する 東 西 性 の 逆 断 層 が 多 く 存 在 する 多 井 (1952) 1) は, 松 江 市 鹿 島 町 古 浦 から 南 講 武, 上 本 庄 町 を 通 り, 美 保 関 町 に 至 る 断 層 を 宍 道 断 層 と 命 名 し,この 地 域 の 断 層 の 中 で 最 も 大 きいものとしている また, 多 井 (1973) 2) は, 島 根 半 島 の 新 第 三 系 の 褶 曲 断 層 系 の 主 な 形 成 が 中 新 世 末 期 頃 までにほぼ 完 了 したとしている 一 方, 橋 本 ほか(1980) 3) は, 多 井 (1952)の 宍 道 断 第 1 段 階 空 中 写 真 判 読 層 のうち, 南 講 武 から 枕 木 町 付 近 までの 長 さ 8.5km リニアメントの 抽 出 の 区 間 について, 別 途, 宍 道 断 層 と 称 し, 右 横 ずれ 文 献 断 層 との 関 係 を 把 握 地 表 地 質 踏 査 変 位 地 形 の 存 在 から 確 実 度 の 高 い 活 断 層 としてい 地 質 分 布, 地 質 構 造 等 の 把 握 る その 後 に 出 版 された 活 断 層 研 究 会 編 (1980 4) 変 位 地 形, 段 丘 面 等 の 観 察, 火 山 灰 の 観 察, 記 載 ) ), 鹿 野 吉 田 (1985) 6) 等 においても, 断 層 線 第 2 段 階 のつなぎ 方 や 確 実 度 の 記 載 内 容 の 違 いはあるもの 物 理 探 査 ( 反 射 法 地 震 探 査, 電 気 探 査 等 ) 地 下 の 基 盤 地 質 構 造, 被 覆 層 の 分 布 層 厚, 断 層 の,いずれも 活 断 層 であることが 確 実 もしくは 推 定 位 置 の 概 略 把 握 ボーリング 調 査 されるとしている 第 四 系 の 分 布 把 握 地 下 の 基 盤 岩 の 地 質 分 布, 地 質 構 造 の 把 握 筆 者 らは, 島 根 原 子 力 発 電 所 3 号 機 ( 出 力 第 四 系 の 層 相 確 認 地 下 における 断 層 本 体 の 確 認 万 kw, 平 成 23 年 12 月 運 転 開 始 予 定 ) 増 設 に 係 る 地 質 年 代 測 定 ( 14 C 年 代 測 定, 火 山 灰 分 析 等 ) 活 断 層 調 査 の 一 環 として, 図 -1 に 示 す 調 査 フローに 第 四 系 層 序 の 確 立 活 断 層 の 活 動 性 についての 概 略 検 討 基 づき 調 査 を 実 施 し, 宍 道 断 層 の 活 動 性 について 考 察 した 第 3 段 階 以 下 では, 各 段 階 の 調 査 概 要 を 示 す トレンチ 調 査 活 断 層 の 性 状, 活 動 履 歴, 単 位 変 位 量 等 の 検 討 2. 地 質 調 査 の 結 果 図 -1 調 査 フロー 2.1 断 層 の 疑 いがある 箇 所 を 把 握 するための 調 査 ( 第 1 段 階 ) (1) 空 中 写 真 判 読 空 中 写 真 判 読 を 行 った 結 果, 図 -2 に 示 すように 南 講 武 周 辺 の 西 側 では 沖 積 平 野 が 広 がっ ておりリニアメントは 判 読 されないが, 東 側 の 山 地 では 南 北 方 向 に 延 びる 谷 筋 や 尾 根 筋 に 系 統 的 な 右 屈 曲 が 認 められ, 典 型 的 な 右 横 ずれ 断 層 の 断 層 変 位 地 形 を 示 している

2 図-2(1) 空中写真判読結果の記載範囲 トレンチ箇所 詳細調査範囲 図-2(2) 点線は右屈曲した谷の流路を示す 南講武周辺の空中写真判読結果 (2)地表地質踏査 空中写真判読により典型的な右横ずれ断層の断層変位地形が認められた範囲を対象に地 表地質踏査を行った結果を図-3 に示す リニアメント通過位 置と断層通過位置はほ ぼ一致している 図-3 南講武周辺の詳細地質図

3 南講武周辺には新第三紀中新統の堆積岩類及び火山岩類が分布しており リニアメント を境に新第三系の分布 構造が不連続となっている 地表では断層露頭を直接確認することができなかったため 屈曲地形が最も明瞭なリニ アメント直下の河床 図-2(2)参照 で岩盤を露出させ リニアメントに対応する東西走向 の断層を確認した ここでは新第三系が断層によって著しく破砕され ガウジを伴う明瞭 なせん断面が複数観察されたが 第四系との関係は把握できなかった 2.2 断層位置を特定するための調査 第2段階 (1)物理探査 トレンチ位置を選定するため リニアメント延長線上の沖積低地において物理探査を実 施した 図-4 に反射法地震探査結果を示す 距離程 40m付近を境に 反射面が北側と南側で不連続となり 南上がりの断層の存在が 推定される N S 図-4 南講武地区反射法地震探査 S波 結果 (2)ボーリング調査 断層推定位置を挟むように沖積低地において 計 15 本の群列ボーリングを実施した 図-5 にボーリング調査結果に基づく地質断面図を示す リニアメントの延長部を境にして基盤岩である新第三系の岩種 構造が異なるとともに 基盤岩上面に約 6mの比高差があることを確認した さらに ボーリングにより新第三系 中の断層を確認した また その上位の第四系中の大山松江軽石 DMP 約 12 万年前 及び三瓶木次軽石 SK 約 10 万年前 を含む地層は連続して分布しているが リニアメ ントの延長部を境にこれらの分布標高にも相対的な変位が認められる

4 図-5 南講武地区詳細地質断面図 (3)地質年代測定 第四系の地質層序を確立するために 主にボーリングコアを用いて 火山灰分析 14C年 代測定及び花粉化石分析を実施した 火山灰分析では 噴出年代が明らかになっているDMP及びSKの純層と広域テフラで ある姶良Tn火山灰 AT 約 2.5 万年前 を含む地層を確認した また 14C年代測定で は SKの層準より上位の地層において約 2 万年前よりも新しい年代値が多く得られたが SKとATの層準の年代間を埋めるデータが得られなかったため 花粉化石分析による花 粉化石群集の特徴から過去の環境変遷をとらえ 第四系層序の構築を試みた その手順としては 宍道断層周辺で採取した試料を用いて 花粉化石分析を実施し 調 査地点毎の花粉化石群集帯を設定した後に それらを比較検討して 島根半島全体の花粉 化石群集帯を設定する その後 これと酸素同位体比 18O 16O によるステージ区分と を対比するとともに 火山灰分析及び 14C年代測定の結果と既往文献データを比較して 当地域の第四紀層序を構築する その結果 本地点では 酸素同位体比層序のステージ1 ステージ2 ステージ5c 5e及びステージ6の地層が分布しており ステージ3 ステージ4及びステージ5a 5bに相当する地層が欠如していることが明らかになった

5 3 トレンチ調査及び断層の活動性 第3段階 横ずれ断層の特徴を有する宍道断層の第四系中の分岐形態が調査範囲内で観察できるよう に トレンチの大きさ 幅約 5m 長さ約 20m を決定した また 基盤岩中の断層を確認 できるように 深さは 14mとした 図-6 にトレンチ観察結果に基づく地層区分図を示す ステージ1 ステージ2 ステージ5 c e で示した範囲は姶良Tn 火山灰起源の火山ガラス を含む地層 ステージ6 新第三系 凡 例 14 C年代測定値 y BP 1 2,580± 60 6 3,080± ,810± ,520± ,950±110 1 2,250± 60 6 12,360±110 2 1,740± 80 7 3,240± ,300± ,240± ,390±170 2 2,300± 50 7 19,540±120 図-6 3 2,990± 50 8 4,290± ,420± ,540±100 4 3,000± 50 9 12,110± ,540± ,680±100 5 3,160± ,210± ,180± ,390±150 3 11,230± 70 4 11,550± 70 5 10,680±150 8 19,290±120 9 20,420± ,200± 70 南講武地区トレンチ地層区分図

6 トレンチ 壁 面 に 現 れた 活 断 層 は, 横 ずれ 断 層 に 特 徴 的 な 明 瞭 なフラワーストラクチャーを 示 している 断 層 による 地 層 の 変 形 形 態 をみると,SKの 層 準 以 深 のステージ5~6の 地 層 は, 断 層 を 境 に 堆 積 物 の 層 相 層 厚 が 大 きく 異 なり, 断 層 による 延 性 的 な 流 動 変 形 が 見 られ るなど, 変 位 や 変 形 の 程 度 が 大 きい 一 方,それ 以 浅 のステージ2の 地 層 は 断 層 に 切 られて いるが, 明 瞭 な 変 形 構 造 や 破 砕 組 織 は 認 められない したがって, 断 層 変 位 の 累 積 性 がある ことも 明 らかである また, 上 方 で 分 岐 した 断 層 のうちの 2 条 は, 約 11,000 年 前 の 腐 植 土 層 を 変 位 させ, 約 3,000 年 前 の 砂 礫 層 に 覆 われていることから, 断 層 の 最 新 活 動 時 期 は 約 3,000 年 前 ~ 約 11,000 年 前 と 判 断 される なお, 最 新 の 活 動 を 示 す 断 層 から 派 生 する 断 層 がステージ2の 堆 積 物 中 で 軽 微 な 不 整 合 面 で 覆 われているように 見 えることから,ステージ2の 地 層 に 2 回 の 断 層 変 位 を 与 えていると 考 えることができるが,ステージ3 及 び4の 地 層 が 欠 如 しているため, 活 動 周 期 を 明 確 に 結 論 付 けることはできなかった 4.まとめ 本 調 査 では, 宍 道 断 層 の 活 動 性 を 評 価 するために, 地 表 における 地 形 地 質 状 況 だけでな く, 物 理 探 査,ボーリング 調 査, 地 質 年 代 測 定 およびトレンチ 調 査 を 行 った 結 果, 南 講 武 で 確 認 された 断 層 の 最 新 活 動 時 期 は 約 3,000 年 前 ~ 約 11,000 年 前 であるという 結 論 を 得 た 引 用 文 献 1) 多 井 義 郎 (1952): 島 根 半 島 中 央 地 区 の 層 序 と 構 造 島 根 半 島 第 三 系 の 地 質 学 的 研 究 (そ の 1), 地 質 学 雑 誌,Vol.58,(p ). 2) 多 井 義 郎 (1973):いわゆる 宍 道 褶 曲 帯 について, 地 質 学 論 集, 第 9 号,(p ). 3) 橋 本 知 昌 星 野 一 男 加 藤 碩 一 (1980): 島 根 県 東 部 - 鳥 取 県 西 部 地 域 の 活 断 層 につい て, 地 質 調 査 所 月 報, 第 31 巻, 第 2 号,(p.93-97). 4) 活 断 層 研 究 会 編 (1980): 日 本 の 活 断 層 - 分 布 図 と 資 料, 東 京 大 学 出 版 会. 5) 活 断 層 研 究 会 編 (1991):[ 新 編 ] 日 本 の 活 断 層 - 分 布 図 と 資 料, 東 京 大 学 出 版 会. 6) 鹿 野 和 彦 吉 田 史 郎 (1985): 境 港 地 域 の 地 質, 地 域 地 質 研 究 報 告 (5 万 分 の 1 地 質 図 幅 ), 地 質 調 査 所.

- 14 -

- 14 - - 13 - - 14 - - 15 - 14 15 2-3-1 14 (KP1.81.4) 4,000(m 3 /) 14 2-3-2 c b c a a b c - 16 - 2-3-1 15 1960 (Cs-137Pb-210) (KP1.42.5) 1960(KP-2.51.4) 132,000m 3 3,300m 3 / 116,000m 3 15,900m 3 Cs-137Pb-210

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

東北電力株式会社 東通原子力発電所 敷地の地質・地質構造 (コメント回答)

東北電力株式会社 東通原子力発電所 敷地の地質・地質構造 (コメント回答) プレスレク 資 料 原 子 力 規 制 委 員 会 東 通 原 子 力 発 電 所 敷 地 内 破 砕 帯 に 関 する 有 識 者 会 合 東 通 原 子 力 発 電 所 敷 地 内 破 砕 帯 の 評 価 ( 案 ) に 対 する 当 社 意 見 について 平 成 25 年 4 月 18 日 東 北 電 力 株 式 会 社 東 北 電 力 株 式 会 社 0 All rights Reserved.

More information

調査手法編

調査手法編 2. 想 定 起 震 断 層 震 源 モデル 2.1 想 定 起 震 断 層 海 溝 から 遠 い 内 陸 の 群 馬 県 において 地 震 被 害 想 定 を 実 施 するにあたり 震 源 となる 起 震 断 層 の 候 補 は 後 述 (2.2)の 理 由 により 以 下 の2 点 を 条 件 とした a) 群 馬 県 内 に 十 分 な 長 さを 有 する 活 断 層 b) より 長 い( 県

More information

目 次 1. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 敷 地 周 辺 の 活 断 層 の 分 布 状 況 中 央 構 造 線 断 層 帯 上 町 断 層 帯 生 駒 断 層 帯 大 阪 湾 断 層 帯 2. 敷 地 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 敷 地 近 傍 に 分 布 する 断 層 等

目 次 1. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 敷 地 周 辺 の 活 断 層 の 分 布 状 況 中 央 構 造 線 断 層 帯 上 町 断 層 帯 生 駒 断 層 帯 大 阪 湾 断 層 帯 2. 敷 地 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 敷 地 近 傍 に 分 布 する 断 層 等 資 料 13 研 究 用 原 子 炉 (KUR) 敷 地 周 辺 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 平 成 28 年 3 月 18 日 京 都 大 学 原 子 炉 実 験 所 目 次 1. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 敷 地 周 辺 の 活 断 層 の 分 布 状 況 中 央 構 造 線 断 層 帯 上 町 断 層 帯 生 駒 断 層 帯 大 阪 湾 断 層 帯 2. 敷 地 近

More information

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 (

きないことから,おそらく 斜 面 表 層 の 薄 い 土 層 の 崩 壊 と 推 定 され, 東 隣 で 発 生 した 2012 年 崩 壊 と 類 似 した 土 砂 移 動 であった 可 能 性 がある. 2012.7.12 崩 壊 江 戸 中 期 の 崩 壊 地 ( 崩 山 ) 供 養 塔 ( 熊 本 県 南 阿 蘇 村 に 伝 わる 江 戸 時 代 中 期 の 土 砂 災 害 の 伝 承 と 自 治 会 による 防 災 活 動 への 利 用 徳 島 大 学 環 境 防 災 研 究 センター 西 山 賢 一 徳 島 県 立 博 物 館 中 尾 賢 一 防 災 科 学 技 術 研 究 所 若 月 強 はじめに 熊 本 県 阿 蘇 地 方 は,2012 年 7 月 11~12 日 にかけて,

More information

3.2 測 線 No.18Wにみられる 伏 在 的 な 背 斜 構 造 について 音 波 探 査 測 線 図 No.16W 原 子 力 科 学 研 究 所 No.18W 154

3.2 測 線 No.18Wにみられる 伏 在 的 な 背 斜 構 造 について 音 波 探 査 測 線 図 No.16W 原 子 力 科 学 研 究 所 No.18W 154 3.2 測 線 No.18Wにみられる 伏 在 的 な 背 斜 構 造 について 審 査 会 合 (H27.3.4)におけるコメント No. 日 付 回 次 コメント 内 容 5 平 成 27 年 3 月 4 日 第 48 回 審 査 会 合 海 上 音 波 探 査 記 録 のうち, 測 線 No.18Wにみられる 伏 在 的 な 背 斜 構 造 の 活 動 性 について, 近 傍 の 測 線 No.16Wで

More information

警固断層帯(南東部)における重点的な調査観測 平成23-25年度 成果報告書 3.1活断層の活動区間を正確に把握するための詳細位置・形状等の調査

警固断層帯(南東部)における重点的な調査観測 平成23-25年度 成果報告書 3.1活断層の活動区間を正確に把握するための詳細位置・形状等の調査 3.1 活 断 層 の 活 動 区 間 を 正 確 に 把 握 するための 詳 細 位 置 形 状 等 の 調 査 3.1-1 陸 上 における 活 断 層 の 詳 細 位 置 断 層 形 状 および 変 位 量 分 布 の 把 握 (1) 業 務 の 内 容 (a) 業 務 題 目 陸 上 における 活 断 層 の 詳 細 位 置 断 層 形 状 および 変 位 量 分 布 の 把 握 (b) 担

More information

‡P†|ŠéŒØ.ec4

‡P†|ŠéŒØ.ec4 号 年 月 防災科学技術研究所研究報告 第 孔井一覧 孔井番号は の番号と対応する 4 号 年 月 防災科学技術研究所研究報告 第 反射断面と地質構造との関連を求めることにより 反射 断面から正確な地質構造を得ることが可能になる は下総観測井で行った 探査結果と 観測井近傍での 図 反射断面を合成したものである 山水ほか からわかるように 基盤層や地質境界の反射面が特定で きるため 地質構造との対比が可能となり

More information

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2

2 月 20 日 に 実 施 した 現 地 調 査 では 2014 年 11 月 25 日 以 降 の 噴 火 活 動 により 中 岳 第 一 火 口 南 側 付 近 に 火 山 灰 やスコリア 6) が6~26cm 堆 積 しているのを 確 認 しました 2 月 23 日 に 熊 本 県 及 び2 平 成 27 年 (2015 年 )の の 火 山 活 動 福 岡 管 区 気 象 台 火 山 監 視 情 報 センター 2014 年 11 月 25 日 から 始 まった 噴 火 は5 月 21 日 まで 続 きました 8 月 8 日 から 時 々ごく 小 規 模 な 噴 火 が 発 生 した 後 9 月 14 日 09 時 43 分 に 小 規 模 な 火 砕 流 1) を 伴 う 噴 火 が

More information

敷 地 周 辺 及 び 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 について 目 次 1. 地 質 地 質 構 造 調 査 の 概 要 1-1 2. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 ( 陸 域 ) 2.1 敷 地 周 辺 陸 域 の 概 要 2-1 2.2 敷 地 周 辺 陸 域 の 断 層 2

敷 地 周 辺 及 び 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 について 目 次 1. 地 質 地 質 構 造 調 査 の 概 要 1-1 2. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 ( 陸 域 ) 2.1 敷 地 周 辺 陸 域 の 概 要 2-1 2.2 敷 地 周 辺 陸 域 の 断 層 2 資 料 3-1 東 海 第 二 発 電 所 敷 地 周 辺 及 び 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 について 平 成 27 年 2 月 13 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 敷 地 周 辺 及 び 近 傍 の 地 質 地 質 構 造 について 目 次 1. 地 質 地 質 構 造 調 査 の 概 要 1-1 2. 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 ( 陸 域 ) 2.1

More information

平成28年(2016年)熊本地震の評価

平成28年(2016年)熊本地震の評価 平 成 28 年 5 月 13 日 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 * の 評 価 [ 地 震 活 動 の 概 要 ] 4 月 14 日 21 時 26 分 に 熊 本 県 熊 本 地 方 の 深 さ 約 10km でマグニチュード(M) 6.5 の 地 震 が 発 生 した また 4 月 16 日 01 時

More information

文化フォーラムレジュメ2014(本文)最終.indd

文化フォーラムレジュメ2014(本文)最終.indd 柳之御所遺跡第 75 次調査の成果 平泉町 岩手県平泉遺跡群調査事務所 櫻井友梓 伊藤みどり 岩渕 計 佐藤郁哉 1 今年度の調査位置と目的 今年度の調査は柳之御所遺跡の南西部にあたり 無量光院跡と近接し 猫間が淵跡と呼ばれ る低地帯にかけての範囲を対象にしました 堀内部と外部とを区切る2条の堀跡が位置すると 考えられてきた範囲を対象としています 図1 この地点は 水田として利用されてきました が

More information

付録5-8 佐賀平野北縁断層帯の長期評価について

付録5-8 佐賀平野北縁断層帯の長期評価について 付 録 5-8 佐 賀 平 野 北 縁 断 層 帯 の 長 期 評 価 平 成 2 5 年 2 月 1 日 地 震 調 査 研 究 推 進 本 部 地 震 調 査 委 員 会 1. 活 断 層 の 位 置 形 態 佐 賀 平 野 北 縁 断 層 帯 は 佐 賀 県 小 城 市 小 城 町 松 尾 (おぎしおぎまちまつお) 付 近 から 佐 賀 市 神 埼 市 (かんざきし)を 経 て 佐 賀 県 神

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

する湖南省新晃地域は古くから水銀の鉱物である 辰砂を産することで知られ この地域を源流とす る辰水では砂状のこの鉱物を辰砂と呼び 薬品や 顔料として利用していた歴史がある 辰砂を含む 鉱床は この地域に広く分布する古生代カンブリ ア紀の苦灰石 石灰岩中に胚胎する 万山地域で は 中部カンブリア紀の層理の明瞭な苦灰石 泥 質苦灰石中に数ミリから数センチの脈状苦灰石 石英に伴なって紅色の単一結晶粒やその集合とし

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

untitled

untitled 2.赤川の概要 流域および河川の概要 2.1.3 流域の地質 上流部の基岩は朝日山系の花崗岩類と月山山系の新第三系および第四紀の安山岩類と に大別され この上位は月山の火山砕屑岩 火山泥流物となっています なお 地質学 的にはグリーンタフ地域に属します 新第三系は 下部 中部中新統からなり おおむね安山岩溶岩 砂岩 泥岩互層 泥 岩の順で堆積しており 酸性の火砕岩 流紋岩も分布しています 岩質は非常に堅硬で

More information

PDF変換用(報告書)帯広市新エネルギービジョ

PDF変換用(報告書)帯広市新エネルギービジョ 12 1 (260 3)(800 3 40 (800 3 1,300 3 ) 40 60 40 22 18 3738 1 10 1 2 11 5 24 12 8 1 2 15 () 3 26 3 13 6 8 12 3 70 4 16 1 6 4 12 9 30 6,000 70 3,500 5 1,000kw 20 45 27 100 12 11 11 20 1 45 17 11 60 6 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8742817C3181468EA991528FF08C8F2E646F63> 1. 天 竜 区 の 自 然 条 件 資 料 3 気 象 気 温 天 竜 春 野 / 佐 久 間 / 龍 山 / 水 窪 降 雨 量 風 向 風 力 地 形 地 質 特 徴 年 平 均 気 温 は 15.2 であり 山 間 地 に 位 置 する 割 に 気 温 が 高 い 地 域 です 山 間 部 特 有 の 内 陸 性 気 候 に 属 し 気 温 の 日 較 差 や 年 較 差 が 大 きいです

More information

B8 A6 A7 B6 B7 24 次 C6 D6 E6 F8 F7 8次 F6 F5 F3 F4 E1 E2 F1 F2 G6 H6 I6 J8 J7 J6 K6 L6 SD1 SD4 11 次 SX3 27 次 4 次 1 中世13 古代1 c c SD6 礎石 P1 P9 28 次 SD4 S

B8 A6 A7 B6 B7 24 次 C6 D6 E6 F8 F7 8次 F6 F5 F3 F4 E1 E2 F1 F2 G6 H6 I6 J8 J7 J6 K6 L6 SD1 SD4 11 次 SX3 27 次 4 次 1 中世13 古代1 c c SD6 礎石 P1 P9 28 次 SD4 S Ⅲ 讃 岐 国 府 跡 探 索 事 業 に 伴 う 調 査 報 告 1. 讃 岐 国 府 跡 発 掘 調 査 ( 第 31 次 ) 調 査 期 間 平 成 25 年 1 月 21 日 ~ 平 成 26 年 3 月 14 日 調 査 面 積 22m2 調 査 概 要 主 たる 検 出 遺 構 と 年 代 建 物 跡 8 棟 以 上 ( 礎 石 建 物 1 棟 を 含 む ) 奈 良 時 代 ~ 鎌 倉

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

<332D322D3120938C93F190DD927595CF8D588B9689C2905C90BF8F912093599574985A8140926E94D58169967B95B682CC82DD816A2E786477>

<332D322D3120938C93F190DD927595CF8D588B9689C2905C90BF8F912093599574985A8140926E94D58169967B95B682CC82DD816A2E786477> 6.3 地 盤 6.3.1 調 査 の 経 緯 6.3.1.1 敷 地 周 辺 の 調 査 敷 地 周 辺 の 地 質 地 質 構 造 を 把 握 するため, 陸 域 については 文 献 調 査, 変 動 地 形 調 査, 地 表 地 質 調 査, 地 球 物 理 学 的 調 査 等 を 実 施 した また, 海 域 については 文 献 調 査 のほか, 海 上 音 波 探 査 及 び 他 機 関

More information

Microsoft Word - 3-1-3−Öfi„”R™n3.doc

Microsoft Word - 3-1-3−Öfi„”R™n3.doc 8) 関 東 山 地 東 縁 測 線 地 震 探 査 断 面 の 地 学 的 解 釈 a) 桐 生 測 線 桐 生 測 線 は 関 東 平 野 北 西 部 を 南 北 に 縦 断 する 測 線 で 稠 密 なバイブロサイスによる 発 震 によって 詳 細 な 堆 積 盆 地 の 地 下 構 造 が 明 らかになっている 図 77 に 深 度 断 面 と 地 表 地 質 との 対 応 関 係 を 示

More information

熊本地震現地調査結果報告書

熊本地震現地調査結果報告書 熊 本 地 震 現 地 調 査 結 果 ( 速 報 ) 報 告 書 平 成 28 年 4 月 27 日 中 央 開 発 株 式 会 社 目 次 Ⅰ. 熊 本 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-1 地 震 の 概 要... 1 Ⅰ-2 熊 本 県 周 辺 の 地 質 構 造... 6 Ⅰ-3 別 府 - 島 原 地 溝... 7 Ⅰ-4 布 田 川 - 日 奈 久 断 層 帯... 8 Ⅱ. 液 状

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

地震保険研究 16

地震保険研究 16 第 Ⅱ 章 国 自 治 体 による 津 波 被 害 想 定 の 調 査 1. 調 査 の 概 要 国 自 治 体 により 実 施 されている 地 震 被 害 想 定 調 査 等 を 対 象 に, 津 波 の 浸 水 予 測 シミ ュレーション 手 法 や 建 物 被 害 予 測 手 法 について 調 査 を 行 った. 1-1. 調 査 対 象 資 料 調 査 対 象 とした 中 央 防 災 会 議

More information

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見

1. 河 川 河 川 については 平 成 23 年 4 月 に 計 画 的 避 難 区 域 に 指 定 され 全 避 難 を 余 儀 なく されたため 地 震 による 詳 細 な 被 害 の 把 握 ができていない 今 後 周 辺 の 除 染 作 業 の 工 程 にあわせ 線 量 の 減 衰 を 見 福 島 県 飯 舘 ( 基 本 方 針 ) インフラ( 道 路 水 道 集 落 排 水 等 )については の 復 興 に 必 要 な 社 会 基 盤 であ り 早 急 に 復 旧 をしなければならない では 避 難 をするまでの 間 に 道 路 水 道 集 落 排 水 等 は 応 急 的 に 復 旧 をし 一 時 帰 宅 等 で 必 要 な 最 低 限 の 生 活 基 盤 は 整 っている 状 況

More information

番号

番号 平 成 23 年 度 日 本 地 震 工 学 会 委 員 会 委 員 名 簿 ( 平 成 23 年 12 月 22 日 現 在 ) 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 佐 藤 俊 明 ( 清 水 建 設 ) 委 員 渡 辺 和 明 ( 大 成 建 設 ) 岡 野 創 ( 鹿 島 建 設 ) 渡 壁 守 正 ( 戸 田 建 設 ) 役 員 候 補 者 推 薦 委 員 会 委 員 長 澤 本 佳 和

More information

新潟県立歴史博物館研究紀要第4号

新潟県立歴史博物館研究紀要第4号 新潟県立歴史博物館研究紀要 写真1 第4号 2003年3月 塙東遺跡の土器1 6 層 は 3層 に隣接して ローム の直上に堆積する 石組の南側で 5ピットの開口部の平面位 置から出土した土器4及び その 下部より出土 した土器5は ローム の直上 3層 相当の垂 直位置にある 第1図D これらの土器3 5は 土器1に共伴して 同じ住居跡の床面付近から出 土したものと想定されることになる この想定は

More information

Microsoft Word - 表紙(正)

Microsoft Word - 表紙(正) ( 社 内 技 術 資 料 ) 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 報 告 書 ( 速 報 版 1) 平 成 28 年 5 月 1. 地 震 の 概 要 1.1 地 震 の 概 要 平 成 28 年 熊 本 地 震 の 気 象 庁 発 表 による 前 震 本 震 並 びに 余 震 の 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 の 概 要 を 以 下 に 示 す( 暫 定 値 を 含 む)

More information

資料5-1

資料5-1 資 料 - 平 成 年 熊 本 地 震 による 自 然 環 境 等 へ 影 響 把 握 調 査 実 施 状 況 自 然 景 観 維 持 土 砂 崩 壊 調 査 これまでに 実 施 された 影 響 把 握 調 査 断 層 による 亀 裂 調 査 国 土 地 理 院 中 央 火 口 丘 エ リアなし) 国 土 地 理 院 火 口 周 辺 と 草 原 土 砂 崩 壊 調 査 環 境 省 が 実 施 する

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

九 重 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 20 年 3 月 九 重 町 目 次 第 1 章 総 則 - 1-1 目 的 - 1-2 位 置 付 け - 3-3 計 画 期 間 - 3 - 第 2 章 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標 - 4-1 地 震 被 害 の 想 定 - 4 - (1) 九 重 町 に 被 害 をもたらした 過 去 の 地 震

More information

東日本大震災 鳴らされていた警鐘

東日本大震災 鳴らされていた警鐘 .5m 9. 311 11 11869 15 3 1131116 13kmkm 9. 7 6 5 311 M7.7 M7.5M7. 7 M7.1 J A X A 3 km M8. 5 1 1 1319 17 7 6689 15853 855 1936 8 87km 8 16 5 11 6 5 311 13kmkm M9. 5km 1m 1896 1933 31m 1 km8m 63mm M7.3 M9.

More information

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc

Microsoft Word - NJJ-105の平均波処理について_改_OK.doc ハンディサーチ NJJ-105 の平均波処理について 2010 年 4 月 株式会社計測技術サービス 1. はじめに平均波処理の処理アルゴリズムの内容と有効性の度合いを現場測定例から示す まず ほぼ同じ鉄筋かぶりの密接鉄筋 壁厚測定時の平均波処理画像について また ダブル筋 千鳥筋の現場測定例へ平均波処理とその他画像処理を施し 処理画像の差について比較検証し 考察を加えた ( 平均波処理画像はその他の各処理画像同様

More information

2 1 2

2 1 2 発生のしくみと地震調査研究推進本部の役割 文部科学省 2 1 2 3 1 4 5 6 7 zxczxc z x z c 断層 大地は傷だらけ 地層や地形には はるか大昔からの地震の跡が記録さ れています 本来ひと続きであったはずの地層や地形に 日本の大地は傷だらけなのです 日本列島の太平洋側では海洋プレートが沈み込んでお 上下や左右への食い違いがあれば 過去に地震活動のあ り その圧力で陸地は圧縮され歪みます

More information

Title 傾 斜 農 地 における 土 壌 の 空 間 変 動 に 関 する 研 究 Author(s) 柏 木, 淳 一 北 海 道 大 学 大 学 院 農 学 研 究 院 邦 文 紀 要 (Memories of the Citation Research Faculty of Agriculture, Ho 215-308 Issue Date 2008-02-29 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/32914

More information

MultiWriter 5600C 活用マニュアル

MultiWriter 5600C 活用マニュアル 1 *1 2 3 4 5 6 7 8 1 2 3 4 5 6 7 8 9 9 1 2 3 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 1 2 3 a b c 26 27 28 C *1 *2 *2 29 2 2 2 2 2 2 2 2 2 30 *1 *2 ± *1 C C 31 32 33 34 35 36 M C Y K 1 2 3 4 5 6

More information

x : = : x x

x : = : x x x : = : x x x :1 = 1: x 1 x : = : x x : = : x x : = : x x ( x ) = x = x x = + x x = + + x x = + + + + x = + + + + +L x x :1 = 1: x 1 x ( x 1) = 1 x 2 x =1 x 2 x 1= 0 1± 1+ 4 x = 2 = 1 ± 5 2 x > 1

More information

Microsoft Word - P1 光本恵美.doc

Microsoft Word - P1 光本恵美.doc P1. 2005 年 9 月 6 日広島県宮島白糸川で発生した土石流の堆積域での 洪水位の推定 Estimation of the flood peak from the trace of debris flow on September 6, 2005 in the river Shiraito of Miyajima, Hiroshima Prefecture 光本恵美(広島大院 教育) 鈴木盛久(広島大院

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

WTENK5-6_26265.pdf

WTENK5-6_26265.pdf 466 2014年秋季 極域 寒冷域研究連絡会 の報告 海 カラ海 北大西洋 北米大陸の北部 東アジアで が多重に見られることが多い 南極昭和基地 69.0 S, 寒気質量の減少傾向が 中央シベリアの内陸部とベー 39.6 E における PANSY レーダー Sato et al.2014 リング海で寒気質量の増加傾向が5つの再解析データ のデータは このような小さな に共通して見られた 中央シベリアの内陸部の寒気質

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

LECTURES とを強く示唆する 唆する B Cry 遺伝子欠損マウス Cry1 / Cry2 / マウ VI α-アドレナリン性血管収縮の日内リズムと圧 反射ゲイン A Calponin ス Cry はサーカディアンリズムに不可欠な遺伝子 / マウス で あ る こ と が 広 く 知 ら れ て お り 16, 17 これまでの話で calponin / マウスのように Cry1 /

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093638CFB2095BD90AC3230944E93788B5A8F708CA48F4389EF8E9197BF2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2093638CFB2095BD90AC3230944E93788B5A8F708CA48F4389EF8E9197BF2E707074> 実 施 工 プロセスを 考 慮 した 有 明 海 北 岸 河 川 域 の 浚 渫 泥 改 良 盛 土 の 検 討 佐 賀 大 学 低 平 地 研 究 センター 日 野 剛 徳 佐 賀 大 学 低 平 地 研 究 センター 田 口 岳 志 1 有 明 沿 岸 道 路 プロジェクト 4 福 富 鹿 島 道 路 区 間 ( 約 9 km) 芦 刈 3 佐 賀 福 富 道 路 区 間 ( 約 10 km)

More information

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口

現 地 調 査 では 火 口 周 辺 の 地 形 や 噴 気 等 の 状 況 に 変 化 は 見 られませんでした また 赤 外 熱 映 像 装 置 5) による 観 測 では 2015 年 3 月 頃 から5 月 29 日 の 噴 火 前 に 温 度 上 昇 が 認 められていた 新 岳 火 口 の 火 山 活 動 解 説 資 料 福 岡 管 区 気 象 台 地 域 火 山 監 視 警 報 センター 鹿 児 島 地 方 気 象 台 < 噴 火 警 戒 レベル5( 避 難 )を3( 入 山 規 制 )に 引 下 げました> では 2015 年 6 月 19 日 のごく 小 規 模 な 噴 火 後 噴 火 は 発 生 していません 火 映 1) は 観 測 されておらず 新 岳 火 口 の 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB926E92B28DB88C8B89CA82C68ACF91AA8BAD906B93AE82CC95AA90CD82C98AEE82C382AD89768FE992AC96F08FEA8EFC95D382CC94ED8A518F57928682CC8CB488F682C98AD682B782E98D6C8E4076322E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB926E92B28DB88C8B89CA82C68ACF91AA8BAD906B93AE82CC95AA90CD82C98AEE82C382AD89768FE992AC96F08FEA8EFC95D382CC94ED8A518F57928682CC8CB488F682C98AD682B782E98D6C8E4076322E646F6378> 現 地 調 査 結 果 と 観 測 強 震 動 の 分 析 に 基 づく 益 城 町 役 場 周 辺 の 被 害 集 中 の 原 因 に 関 する 考 察 京 都 大 学 防 災 研 究 所 川 瀬 博 松 島 信 一 宝 音 図 京 都 大 学 工 学 研 究 科 長 嶋 史 明 仲 野 健 一 1. 調 査 分 析 の 概 要 今 回 の 熊 本 地 震 における 被 害 の 発 生 要 因 を

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

Microsoft Word - 六甲淡路島解説書_目次他1027

Microsoft Word - 六甲淡路島解説書_目次他1027 国 土 地 理 院 技 術 資 料 D1-No.722 1:25,000 都 市 圏 活 断 層 図 六 甲 淡 路 島 断 層 帯 とその 周 辺 洲 本 由 良 鳴 門 海 峡 解 説 書 岡 田 篤 正 熊 原 康 博 平 成 26 年 11 月 編 集 国 土 地 理 院 目 次 1.はじめに 2 2. 口 絵 3 3. 六 甲 淡 路 島 断 層 帯 の 概 要 11 4. 淡 路 島 中

More information

DE0087−Ö“ª…v…›

DE0087−Ö“ª…v…› 酸性雨研究センター 2 アジアで増え続けるNOxとVOCs 増え続けるNO2濃度 衛星観測結果 アジアでは 急速な経済発展に伴って オゾ ンの原因物質であるNOx排出量が著しく増え ていると考えられる これを示す証拠として 最 近 対流圏観測衛星GOMEによるNO 2の対 流圏カラム濃度分布の結果が発表された (Richterら, 2005) 図2-1は 東アジアにおけ る1996年と2002年の1月のNO2対流圏濃度

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5>

<30325F9574985E2D315F91B98F9D955D89BF8AEE8F80816988C4816A5F48323289FC92F994C5> 付 録 1 損 傷 評 価 基 準 目 次 1 1 腐 食...1 2 2 亀 裂...3 3 3ゆるみ 脱 落...8 4 4 破 断... 10 5 5ひび 割 れ 漏 水 遊 離 石 灰... 11 6 6 剥 離 鉄 筋 露 出... 15 7 7 床 版 ひび 割 れ 遊 離 石 灰... 16 8 8 床 版 抜 け 落 ち... 18 9 9コンクリート 補 強 材 の 損 傷...

More information

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc

Microsoft Word - 地盤震動原稿2004-ver1.doc 日 本 建 築 学 会 第 32 回 地 盤 震 動 シンポジウム 2005 年 1 月 2004 年 新 潟 県 中 越 地 震 地 盤 と 地 震 被 害 2004 Niigata-ken Chuetsu Earthquake Sub-Surface Soil Condition and Earthquake Damage 久 田 嘉 章 Yoshiaki HISADA The damage of

More information

Microsoft Word - 高山解説書_131218追記.doc

Microsoft Word - 高山解説書_131218追記.doc 国 土 地 理 院 技 術 資 料 D 1-No.519 七 尾 市 1:25,000 都 市 圏 活 断 層 図 高 山 周 辺 の 活 断 層 黒 部 市 高 山 東 部 高 山 西 部 高 山 西 南 部 解 説 書 金 沢 市 富 山 市 岡 田 篤 正 東 郷 正 美 八 木 浩 司 堤 浩 之 平 成 20 年 11 月 松 本 市 高 山 西 部 高 山 市 高 山 東 部 高 山 西

More information

昼飯大塚現説資料050822.indd

昼飯大塚現説資料050822.indd 史跡 昼飯大塚古墳 第 9 次調査 現地説明会資料 2005.08.27 岐阜県大垣市教育委員会 1 古墳の概要と今回の調査目的 1 葺石と埴輪が確認された調査区 昼飯大塚古墳は大垣市昼飯町字大塚に所 在する4世紀末に築造された墳丘長約 150 第 19 トレンチ mに及ぶ岐阜県最大の前方後円墳です 古 後円部の2段目および3段目斜面の範囲 墳の大きさは後円部径 96 m 高さ 13 m と遺存状況の確認を目的として

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス

している. 本 研 究 は 対 象 とする 事 例 の 規 模 の 点 では 池 谷 ら と 視 点 を 同 じくするものであるが, 地 価 と 土 地 利 用 に 着 目 し, 定 量 的 な 指 標 として 影 響 を 示 すこと に 特 徴 がある. (2) 分 析 方 法 本 研 究 ではス 東 京 スカイツリーの 立 地 に 伴 う 近 隣 地 域 の 地 価 及 び 土 地 利 用 の 変 化 に 関 する 分 析 馬 場 隼 哉 ¹ 小 根 山 裕 之 ² 石 倉 智 樹 ³ ¹ 学 生 非 会 員 東 京 工 業 大 学 大 学 院 社 会 理 工 学 研 究 科 社 会 工 学 専 攻 ( 152-8550 東 京 都 目 黒 区 大 岡 山 2-12-1,Email:baba.j.ac@m.titech.ac.jp)

More information

Microsoft Word - 05藤本.doc

Microsoft Word - 05藤本.doc 安 藤 建 設 技 術 研 究 所 報 造 建 物 の 振 動 特 性 地 震 時 挙 動 と 振 動 特 性 のモニタリング 藤 本 利 昭 * 野 中 康 友 ** 清 水 秀 哲 *** Vibration Characteristic of CFT Buildings Earthquake response and monitoring on the vibration characteristics

More information

Microsoft PowerPoint - (セット)150120【資料6】点検結果の記録・データベースの整備_修正02

Microsoft PowerPoint - (セット)150120【資料6】点検結果の記録・データベースの整備_修正02 資 料 6 点 検 結 果 の 記 録 データベースの 整 備 0 電 子 化 (データベース) 状 況 海 岸 保 全 施 設 の 維 持 管 理 に 関 するアンケート( 平 成 25 年 10 月 )によると 海 岸 保 全 区 域 台 帳 等 は 有 効 回 答 数 (565 回 答 )の2 割 が 電 子 化 (データベース)され 点 検 履 歴 は 有 効 回 答 数 (347 回 答

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

本文(横組)2/YAX334AU

本文(横組)2/YAX334AU 群馬県赤城山大沼における湖沼学的研究 日あたりの集水量 B A A B 基底流量 mm d A 湖面を含む集水域の面積 km A 湖水面積 km このとき 上記の値は 地下水流入と考えられる また 漏水は 下記の式で求めた G out B G out 地下水流出量 mm d B 基底流量 mm d 表 9年月日 研究結果 m 湖水面標高 m 最 大 深 度 6 m 最 大 深 度 m 平 均 深 度

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊

Microsoft PowerPoint - 資料2-別冊 8. 地 形 等 に 関 する 防 災 地 理 情 報 の 整 備 提 供 土 地 の 成 り 立 ちや 性 質 等 と 地 震 による 液 状 化 豪 雨 による 浸 水 等 の 自 然 災 害 のリスクは 密 接 に 関 連 国 土 地 理 院 が 保 有 する 人 工 改 変 前 の 古 い 空 中 写 真 か ら 地 形 を 判 読 し 明 治 大 正 時 代 の 地 形 図 等 の 記 載

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

I. Yokoyama : A Review of Discussion on Caldera Formation / 横山:カルデラ論の移り変わり

I. Yokoyama : A Review of Discussion on Caldera Formation / 横山:カルデラ論の移り変わり Abstract. Key words: I. Yokoyama A Review of Discussion on Caldera Formation I. Yokoyama A Review of Discussion on Caldera Formation I. Yokoyama A Review of Discussion on Caldera Formation I. Yokoyama

More information

Taro-04_sabo_04.jtd

Taro-04_sabo_04.jtd 第 4 編 砂 防 及 び 地 すべり 対 策 編 第 4 章 地 すべり 対 策 調 査 計 画 設 計 第 1 節 総 則 第 4401 条 総 則 1. 趣 旨 この 仕 様 書 は 岡 山 県 土 木 部 の 発 注 する 地 すべり 対 策 事 業 機 構 調 査 ( 以 下 調 査 とい う )の 適 正 な 施 行 を 図 るために 受 託 者 が 履 行 しなければならない 調 査

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次

0900167 立命館大学様‐災害10号/★トップ‐目次 22 西山 第2表 被害程度 昭仁 小松原 琢 被害状況と被害程度 被害状況 気象庁震度階級 大 建造物の倒壊が明らかに認められるもの もしくは倒壊数が多いもの 中 小規模な建造物に倒壊はあるが 大規模な建造物に倒壊が認められないもの 小 建造物に破損が認められるもの 史料記述の信憑性 震度 5 強 6 弱程度 震度 4 5 弱程度 震度階級については以下の文献を参照した 宇佐美龍夫 歴史地震事始

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 6.ビルピット 排 水 の 硫 化 水 素 と 臭 気 に 関 する 実 態 調 査 6.1 調 査 の 目 的 下 水 道 施 設 からの 悪 臭 を 防 止 するためには 発 生 原 因 となっているビルピット 排 水 が 悪 臭 防 止 法 の 規 制 に 違 反 しているかを 調 査 した 上 で, 適 正 に 対 処 する 必 要 がある しかしな がら 下 水 道 管 理 者 は 悪 臭

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

熊本市耐震改修促進計画 骨子(案)

熊本市耐震改修促進計画 骨子(案) 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 第 1 章 想 定 される 地 震 規 模 と 被 害 の 予 測 1. 近 年 の 地 震 活 動 (1) 日 本 各 地 で 発 生 している 主 な 地 震 阪 神 淡 路 大 震 災 ( 兵 庫 県 南 部 地 震 ) 平 成 7 年 1 月 17 日 に

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

地質図幅説明書

地質図幅説明書 ~l) の火山灰の一部が含まれる可能性がある この図 I 隔地域西部を含む低地帯に広く極めて平坦かっ広大な海抜 1O~25 達するととは前 ~C 述べたとおりである との台地はすべて火山灰 K よって構成されてい 判官 ~ $~ 2ï)3~) く厚くなっている また, 追分地域においては上部 l!î!! 質頁岩のみが馬追山居 ~ ~ζ 連続し, 軽 むと表面が赤褐色となり, 不規則な片状となってゆ

More information

Ⅲ 岩国市の地質 地形 ヾi,liiイ て 小 郷 川 ( ど 図 3 こイィ ll 美 和 低 地 の 地 形 (国 土 地 理 院 発 行 5万 分 の 1地 形 図 大竹 の 一 部 を使 用 ) 弥 栄 大橋 (A)か ら西 の 方 に行 く と 台 地 状 の 地 形 河 岸 段 丘 の 上 に黒 沢 の 住 宅 地 (B) が 見 え て くる 美 和 低 地 に は 3段 く らい の

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

第1回吉里吉里地域 復興まちづくり懇談会

第1回吉里吉里地域  復興まちづくり懇談会 吉 里 吉 里 地 域 復 興 協 議 会 第 7 回 吉 里 吉 里 地 域 復 興 まちづくり 懇 談 会 平 成 26 年 月 4 日 吉 里 吉 里 地 域 復 興 協 議 会 大 槌 町 復 興 局 都 市 整 備 課 目 次. 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 2. 震 災 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 3. 盛 土 造 成 工 事 について 1 防災集団移転促進事業 1ー1

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information