Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構

2

3 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである 我 が 国 の 肉 用 牛 生 産 は 黒 毛 和 種 に 代 表 されるが 枝 肉 生 産 量 の3 割 強 を 占 める 乳 用 種 も 国 産 牛 肉 の 一 部 として 重 要 な 地 位 を 占 めている 酪 農 経 営 の 副 産 物 である 乳 用 種 初 生 牛 は 貴 重 な 肉 用 牛 資 源 として 活 用 されているが 枝 肉 価 格 の 低 迷 や 飼 料 価 格 の 高 騰 など 畜 産 を 取 り 巻 く 厳 しい 情 勢 の 中 良 質 で 安 定 した 乳 用 種 初 生 牛 の 生 産 が 課 題 の 一 つとな っている このような 状 況 下 において 乳 用 種 初 生 牛 の 生 産 実 態 に 関 するデータが 非 常 に 少 ない ことから 基 礎 データを 把 握 し 関 係 施 策 の 推 進 に 資 することを 目 的 として 調 査 結 果 を 取 りまとめた 本 報 告 書 が 肉 用 牛 経 営 者 及 び 関 係 者 に 広 くご 活 用 いただき 今 後 における 何 らかの 参 考 になれば 幸 いである 最 後 に 本 調 査 の 実 施 にあたって ご 協 力 いただいた 調 査 対 象 農 家 関 係 者 各 位 に 深 甚 の 謝 意 を 表 する 次 第 である 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構

4

5 目 次 調 査 概 要 1 要 約 版 8 詳 細 版 11 1 経 営 概 況 11 (1) 地 域 別 11 (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 17 2 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 18 (1) 地 域 別 18 (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 2 3 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 労 働 時 間 22 (1) 地 域 別 22 (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 22 4 今 後 の 取 組 と 経 営 意 向 23 (1) 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 位 置 付 け 23 (2) 種 付 け 状 況 24 (3) 雌 雄 判 別 精 液 の 利 用 状 況 27 (4) 今 後 の 経 営 意 向 28 (5) 生 産 コストの 低 減 3 (6) 乳 用 種 初 生 牛 の 販 売 意 向 31 (7) 経 営 が 抱 える 課 題 31 (8) 乳 用 種 初 生 牛 の 事 故 率 低 減 のための 取 り 組 み 32

6

7 調 査 概 要 1 調 査 目 的 酪 農 経 営 から 肉 用 牛 生 産 経 営 に 供 給 される 乳 用 種 初 生 牛 の 生 産 実 態 が 十 分 に 把 握 され ていないことから 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 生 後 1 日 齢 までに 要 する 生 産 費 な どについて 肉 用 牛 生 産 の 各 種 検 討 に 必 要 な 資 料 の 整 備 を 図 ることを 目 的 として 調 査 を 実 施 したものである 2 調 査 実 施 者 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 3 調 査 対 象 の 選 定 全 国 の 酪 農 経 営 から162 戸 を 調 査 対 象 として 調 査 票 の 郵 送 または 留 置 により 実 施 した 全 戸 から 回 収 できたことから 回 収 率 は1% 有 効 回 答 率 も1%であった 調 査 道 県 は 農 林 水 産 省 の 畜 産 統 計 における 各 県 ごとの 乳 用 牛 飼 養 頭 数 比 率 を 勘 案 し 下 表 の1 道 県 とした さらに 畜 産 統 計 を 基 に 各 県 ごとの 飼 養 頭 数 規 模 分 布 を 算 出 し 調 査 対 象 選 定 の 目 安 とした 地 域 調 査 戸 数 ( 戸 ) 構 成 比 (%) 参 考 畜 産 統 計 におけ る 乳 用 牛 飼 養 頭 数 比 率 (%) 北 海 道 岩 手 県 千 葉 県 熊 本 県 群 馬 県 宮 城 県 長 野 県 兵 庫 県 栃 木 県 茨 城 県 計

8 4 調 査 対 象 家 畜 販 売 または 育 成 用 に 自 家 保 留 した 生 後 1 日 齢 までの 乳 用 種 初 生 牛 を 対 象 とした 5 調 査 対 象 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 までの1 年 間 である 6 調 査 方 法 調 査 は 中 央 畜 産 会 において 農 家 の 自 計 申 告 用 調 査 票 を 作 成 し 地 方 畜 産 協 会 などを 通 じて 調 査 農 家 に 郵 送 もしくは 留 置 きにより 配 布 した 回 収 した 調 査 票 については 地 方 畜 産 協 会 などのコンサルタント 担 当 者 による 審 査 を 行 い その 上 で 中 央 畜 産 会 が 集 計 分 析 とりまとめを 行 った 7 調 査 の 流 れ 7 月 調 査 環 境 のヒアリング 調 査 農 家 の 選 定 調 査 票 の 設 計 作 成 8~1 月 上 旬 調 査 票 の 配 布 調 査 農 家 からの 回 収 調 査 票 の 審 査 11 月 ~12 月 調 査 票 審 査 入 力 集 計 12 月 ~ 分 析 とりまとめ -2-

9 8 調 査 項 目 調 査 項 目 備 考 1 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 対 象 畜 以 外 の 家 畜 の 飼 養 頭 数 2 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 3 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 死 産 を 除 く 乳 用 種 F1( 交 雑 種 )ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 頭 数 別 市 場 出 荷 相 対 取 引 の 販 売 手 法 別 雌 雄 別 経 営 概 況 家 畜 飼 養 頭 数 等 4 仕 向 先 別 販 売 頭 数 5 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 6 乳 用 種 初 生 牛 販 売 価 格 7 乳 用 種 初 生 牛 自 家 保 留 頭 数 8 乳 用 種 初 生 牛 年 間 へい 死 頭 数 搬 出 先 処 理 費 用 留 意 点 等 市 場 出 荷 相 対 取 引 の 比 率 相 対 取 引 先 の 比 率 (ア. 個 人 法 人 家 畜 商 イ. 県 内 県 外 ) 市 場 出 荷 相 対 取 引 の 販 売 手 法 別 雌 雄 別 死 産 を 除 く 疾 病 事 故 等 により 死 亡 した 乳 用 種 初 生 牛 年 間 へい 死 頭 数 事 故 率 年 間 生 乳 出 荷 量 収 入 労 働 力 酪 農 部 門 収 入 金 額 ヌレ 子 販 売 収 入 金 額 1 家 族 労 働 力 2 常 時 雇 用 人 数 3 年 間 臨 時 雇 用 人 数 経 営 全 体 飼 料 費 飼 料 種 別 に 給 与 量 給 与 日 数 飼 料 価 格 を 調 査 ( 自 家 初 乳 を 除 く) 生 産 費 敷 料 費 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 水 道 光 熱 費 料 及 び 動 力 費 その 他 諸 材 料 費 1 取 得 年 月 2 取 得 価 格 3 平 均 使 用 年 数 敷 料 種 別 使 用 量 単 価 を 調 査 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりに 掛 かった 費 用 を 調 査 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 哺 乳 器 哺 育 器 材 ハッチ 等 の 取 得 に 関 する 費 用 を 調 査 1 家 族 労 働 時 間 及 び 労 賃 単 価 家 族 労 賃 単 価 は 毎 月 勤 労 統 計 速 報 ( 平 成 24 年 実 績 地 方 調 査 )より 算 出 ( 注 2) 労 働 費 2 雇 用 労 働 時 間 及 び 労 賃 単 価 3 作 業 別 労 働 時 間 労 賃 単 価 は 調 査 対 象 経 営 の 実 支 払 額 より 算 出 牛 体 清 掃 初 乳 搾 乳 飼 料 調 製 給 与 等 ( 哺 乳 等 ) 牛 床 清 掃 ( 敷 料 搬 出 入 ふん 尿 搬 出 牛 床 消 毒 等 ) 器 具 清 掃 その 他 -3-

10 今 後 の 経 営 の 意 向 調 査 項 目 備 考 経 営 拡 大 や 多 角 化 の 方 法 乳 用 種 初 生 牛 の 位 置 付 け 今 後 の 乳 用 種 初 生 牛 販 売 の 意 向 1 年 間 の 種 付 け 割 合 1 乳 用 種 2 乳 用 種 以 外 3 和 牛 の 受 精 卵 移 植 1 乳 用 種 そ の 他 今 後 の 種 付 け 割 合 1 年 間 の 乳 用 種 の 種 付 け 割 合 今 後 の 乳 用 種 の 種 付 け 割 合 2 乳 用 種 以 外 3 和 牛 の 受 精 卵 移 植 1 雌 雄 判 別 精 液 2 雌 雄 判 別 精 液 以 外 1 雌 雄 判 別 精 液 2 雌 雄 判 別 精 液 以 外 経 営 の 特 徴 や 飼 料 高 騰 対 策 などの 取 り 組 み 生 産 コスト 低 減 の 可 能 性 生 産 コスト 低 減 の 可 能 な 費 目 経 営 の 課 題 経 営 の 課 題 改 善 の 取 り 組 み 事 故 率 低 減 のための 取 り 組 み 疾 病 の 早 期 発 見 のための 取 り 組 み 注 1: 生 産 費 の 各 費 目 は 乳 用 種 初 生 牛 の 生 後 1 日 齢 までを 調 査 注 2: 家 族 労 賃 単 価 は 厚 生 労 働 省 の 毎 月 勤 労 統 計 調 査 ( 平 成 24 年 実 績 地 方 調 査 ) を 基 に 月 別 に 建 設 業 製 造 業 運 輸 業 郵 便 業 の 平 均 賃 金 と 従 事 時 間 を 整 理 し 年 間 の 合 計 から 道 県 ごとの 時 間 単 価 を 算 出 した -4-

11 9 調 査 項 目 毎 の 取 りまとめ 方 法 (1) 経 営 概 況 経 営 規 模 階 層 による 分 類 集 計 の 目 的 は 規 模 による 生 産 性 の 差 異 を 把 握 することにあ る ここでは 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 により 分 類 し 集 計 を 行 った 生 産 費 の 標 準 誤 差 率 は4.3%である 北 海 道 は 経 営 規 模 が 大 きいことから8 頭 以 上 を2 分 して 8~99 頭 1 頭 以 上 の 区 分 を 設 けた 一 方 県 は8 頭 以 上 で1 区 分 とした 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 は ( 期 首 頭 数 + 期 末 頭 数 )/2 の 簡 易 方 式 により 算 出 した 産 子 頭 数 へい 死 頭 数 には 死 産 頭 数 は 含 まない 区 分 範 囲 文 中 の 標 記 ~29 頭 3 頭 未 満 29 頭 以 下 3~49 頭 3 頭 以 上 5 頭 未 満 3~49 頭 5~79 頭 5 頭 以 上 8 頭 未 満 5~79 頭 8~99 頭 8 頭 以 上 1 頭 未 満 8~99 頭 1 頭 以 上 1 頭 以 上 1 頭 以 上 (2) 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 ⅰ 労 働 費 :1 時 間 当 たり 労 賃 単 価 労 働 時 間 ( 時 間 ) ⅱ 飼 料 費 : 飼 料 1kg 当 たり 単 価 給 与 量 (kg) ⅲ 敷 料 費 : 敷 料 1kg 当 たり 単 価 使 用 量 (kg) ⅵ ハッチ その 他 資 材 費 : 平 成 24 年 使 用 可 能 資 材 の 取 得 価 格 平 均 使 用 可 能 年 数 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 乳 用 種 初 生 牛 販 売 日 齢 1 日 齢 注 )1 日 齢 未 満 で 乳 用 種 初 生 牛 を 出 荷 する 場 合 は 該 当 日 齢 までとした 1 留 意 事 項 (1) 生 産 費 は 販 売 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 の 生 後 1 日 齢 までの 哺 育 費 用 であり 販 売 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 の 販 売 自 家 保 留 までに 要 した 哺 育 費 用 ではない なお 1 日 齢 以 前 に 販 売 された 乳 用 種 初 生 牛 については 販 売 日 齢 までの 費 用 を 生 産 費 算 出 の 数 値 に 算 入 した -5-

12 (2) 生 産 費 の 調 査 対 象 期 間 については 過 去 の 調 査 において 販 売 乳 用 種 初 生 牛 の 主 産 地 である 北 海 道 における 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 が1 日 齢 前 後 であったことから 販 売 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 の 生 後 1 日 齢 までの 哺 育 費 用 とした (3) 生 産 費 の 各 項 目 は 全 て 消 費 税 込 額 とした (4) 文 章 中 結 果 の 要 因 などに 触 れている 箇 所 があるが これらについては 傾 向 など を 調 査 対 象 道 県 の 畜 産 協 会 に 聴 取 した 内 容 と 近 年 の 畜 産 情 勢 を 勘 案 して 記 述 したも のである よって 推 察 される 要 因 の 一 つであることに 留 意 願 いたい 乳 用 種 初 生 牛 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 飼 養 風 景 -6-

13 11 酪 農 経 営 の 動 向 (1) 乳 用 牛 飼 養 戸 数 は 減 少 傾 向 が 続 いており 平 成 25 年 は 前 年 比 3.5%の 減 少 (2) 飼 養 頭 数 は 昭 和 55 年 以 降 ほぼ 横 ばいで 推 移 してきたが 平 成 5 年 以 降 減 少 傾 向 で 推 移 しており 平 成 25 年 は 前 年 比 1.8%の 減 少 一 方 1 戸 当 たり 経 産 牛 頭 数 は 北 海 道 では 横 ばい 都 府 県 では 前 年 を 上 回 った 図 乳 用 牛 飼 養 戸 数 の 推 移 乳 用 12 ( 牛 千 1 飼 戸 ) 養 8 戸 数 ( 4.1)( 4.3)( 3.5) S H 図 乳 用 牛 飼 養 頭 数 の 推 移 飼 養 頭 数 ( 万 戸 ) ( 1.1) ( 1.2) ( 1.8) うち 経 産 牛 1 5 S H 図 1 戸 当 たり 経 産 牛 頭 数 の 推 移 戸 当 6 た り ( 5 経 頭 産 / 4 牛 戸 ) 平 3 均 飼 2 養 頭 1 数 北 海 道 全 国 都 府 県 S6 H 資 料 : 農 林 水 産 省 畜 産 統 計 -7-

14 要 約 版 1 経 営 概 況 調 査 対 象 農 家 (162 経 営 体 )の 経 営 概 況 は 全 国 平 均 では 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 57. 頭 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 48. 頭 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 16.5 頭 であった 地 域 別 にみると 総 じて 北 海 道 (75 経 営 体 )の 方 が 県 (87 経 営 体 )に 比 べて 大 きく 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 では 1.7 倍 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 では 1.4 倍 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 では 1.8 倍 となっている また 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 に 対 する 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 の 割 合 は 北 海 道 の 38.2%に 対 して 県 では 29.5%と 北 海 道 が 県 より 8.7 ポイント 高 くなっている これは 県 において F1( 交 雑 種 )や ET( 黒 毛 和 種 )の 生 産 の 割 合 が 高 いことによる 図 経 営 概 況 ( 頭 ) 全 国 北 海 道 県 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 乳 用 種 初 生 牛 の 市 場 出 荷 の 平 均 販 売 日 齢 は 全 国 平 均 では 21.2 日 齢 であり 北 海 道 の 11.8 日 齢 に 対 して 県 では 31.1 日 齢 と 県 が 北 海 道 より 19 日 長 くなっている 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 全 国 の 平 均 販 売 価 格 は 市 場 販 売 価 格 が 雄 3 万 8,931 円 雌 8 万 8,36 円 となっている 一 方 相 対 取 引 価 格 は 雄 2 万 7,894 円 雌 5 万 5,667 円 となっている -8-

15 表 乳 用 種 初 生 牛 の 平 均 販 売 日 齢 と 平 均 販 売 価 格 ( 円 ) 市 場 出 荷 全 体 雄 雌 頭 数 販 売 日 齢 価 格 頭 数 販 売 日 齢 価 格 頭 数 販 売 日 齢 価 格 全 国 , , ,36 北 海 道 , , ,333 県 , , ,696 全 体 相 対 取 引 雄 雌 頭 数 販 売 日 齢 価 格 頭 数 販 売 日 齢 価 格 頭 数 販 売 日 齢 価 格 全 国 , , ,667 北 海 道 , , , 県 , , ,2 2 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 全 国 の 生 産 費 は1 万 2,33 円 となっており そのうち79.7% が 労 働 費 (59.9%)と 飼 料 費 (19.8%)であった 地 域 別 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 規 模 別 に 概 観 すると 以 下 のとおりである (1) 地 域 別 地 域 別 にみると 北 海 道 の 1 万 2,133 円 に 対 して 県 では 1 万 2,449 円 とほぼ 同 程 度 となっている また 生 産 費 の 太 宗 を 占 める 労 働 費 と 飼 料 費 の 合 計 比 率 は 北 海 道 で 73.9% 県 で 84.7%と 県 が 北 海 道 より 1.8 ポイント 高 い 結 果 となっている 図 生 産 費 ( 地 域 別 ) ( 円 ) 14, 12,33 12,133 12, 1, 2.3% 26.1% 19.8% 8, 19.% 6, 4, 59.9% 54.9% 12, % 2.5% 64.2% その 他 飼 料 費 労 働 費 2, 全 国 北 海 道 県 -9-

16 表 生 産 費 ( 地 域 別 ) ( 円 ) 労 働 費 飼 料 費 敷 料 費 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 水 道 光 熱 料 及 び 動 力 費 生 産 管 理 費 修 繕 費 その 他 資 材 費 ハッチ 費 生 産 費 全 国 北 海 道 県 7,37 2, ,33 (59.9%) (19.8%) (4.%) (5.6%) (2.4%) (2.2%) (1.1%) (5.%) (.3%) (1.%) 6,647 2, ,133 (54.9%) (19.%) (4.1%) (6.%) (3.%) (3.8%) (2.2%) (7.%) (.3%) (1.%) 7,993 2, ,449 (64.2%) (2.5%) (3.9%) (5.2%) (1.9%) (.9%) (.1%) (3.3%) (.2%) (1.%) (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 生 産 費 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 北 海 道 では 29 頭 以 下 規 模 から 3~49 頭 規 模 にかけ てやや 高 くなり 5~79 頭 規 模 で 低 下 し 8~99 頭 の 規 模 で 最 も 高 くなっている 一 方 で 県 は 3~49 頭 規 模 で 低 下 し 5~79 頭 規 模 で 最 も 高 くなり 8 頭 以 上 規 模 で 再 び 低 くなっている 図 生 産 費 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 18, ( 円 ) 全 国 北 海 道 県 15, 12, 9, 6, 3, ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 -1-

17 詳 細 版 1 経 営 概 況 (1) 地 域 別 1 全 国 (162 経 営 体 ) 全 国 の 酪 農 経 営 1 戸 当 たりの 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 は 57. 頭 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 は 48. 頭 乳 用 種 初 生 牛 の 年 間 販 売 頭 数 は 21.6 頭 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 は 2.8 日 齢 となっている( 表 1) 労 働 力 は 家 族 労 働 力 が 2.7 人 常 時 雇 用 が.3 人 年 間 臨 時 雇 用 人 数 が 延 べ 11.2 人 日 となっている 2 北 海 道 (75 経 営 体 ) 北 海 道 の 酪 農 経 営 1 戸 当 たりの 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 は 72.5 頭 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 は 57. 頭 乳 用 種 初 生 牛 の 年 間 販 売 頭 数 は 28.2 頭 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 は 11.8 日 齢 となっている 労 働 力 は 家 族 労 働 力 が 2.9 人 常 時 雇 用 が.3 人 年 間 臨 時 雇 用 人 数 が 延 べ 3.3 人 日 となっている 3 県 (87 経 営 体 ) 県 の 酪 農 経 営 1 戸 当 たりの 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 は 43.7 頭 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 は 4.3 頭 乳 用 種 初 生 牛 の 年 間 販 売 頭 数 は 15.8 頭 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 は 28.8 日 齢 となっている 労 働 力 は 家 族 労 働 力 が 2.5 人 常 時 雇 用 が.3 人 年 間 臨 時 雇 用 人 数 が 延 べ 18. 人 日 となっている -11-

18 表 1 経 営 概 況 ( 地 域 別 ) 地 域 全 国 北 海 道 県 地 域 全 国 北 海 道 県 経 産 牛 飼 養 規 模 ~29 頭 ~49 頭 ~79 頭 ~99 頭 頭 以 上 12 1, 平 均 ~29 頭 ~49 頭 ~79 頭 ~99 頭 頭 以 上 7 1, 平 均 ~29 頭 ~49 頭 ~79 頭 頭 以 上 8 1, 平 均 経 産 牛 飼 養 規 模 経 営 体 数 ( 戸 ) 乳 用 種 初 生 牛 販 売 頭 数 ( 頭 ) 年 間 出 荷 乳 量 (t) うち 雄 ( 頭 ) 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 ( 頭 ) うち 雌 ( 頭 ) 経 産 牛 年 間 産 子 頭 数 ( 頭 ) 乳 用 種 初 生 牛 販 売 収 入 ( 円 ) うち 乳 用 種 ( 頭 ) 乳 用 種 初 生 牛 へ い 死 事 故 率 (%) うちF1 ( 頭 ) 乳 用 種 初 生 牛 平 均 販 売 日 齢 うちET ( 頭 ) 家 族 労 働 力 員 数 ( 人 ) 農 業 労 働 力 常 時 雇 用 人 数 ( 人 ) 臨 時 雇 用 人 数 ( 延 べ 人 日 ) ~29 頭 , ~49 頭 , ~79 頭 , ~99 頭 , 頭 以 上 , 平 均 , ~29 頭 , ~49 頭 , ~79 頭 , ~99 頭 , 頭 以 上 , 平 均 , ~29 頭 , ~49 頭 , ~79 頭 , 頭 以 上 , 平 均 ,

19 4 地 域 別 経 営 概 況 の 特 徴 1 戸 当 たり 経 産 牛 年 間 平 均 飼 養 頭 数 は 北 海 道 が 県 の 1.7 倍 1 戸 当 たり 年 間 産 子 頭 数 は 北 海 道 が 県 の 1.4 倍 となっている 年 間 産 子 頭 数 に 占 める 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 の 割 合 は 北 海 道 が 49.5%である のに 対 して 県 は 39.2%と 北 海 道 が 県 より 1.3 ポイント 高 くなっている 年 間 産 子 頭 数 に 占 める F1( 交 雑 種 )の 比 率 は 北 海 道 が 19.3%であるのに 対 して 県 は 25.8%と 県 が 北 海 道 より 6.5 ポイント 高 くなっている 年 間 産 子 頭 数 に 占 める ET ( 受 精 卵 移 植 による 黒 毛 和 種 )の 比 率 についても 北 海 道 が.5%であるのに 対 して 県 は 6.9%と 県 が 北 海 道 より 6.4 ポイント 高 くなっている( 図 1) これは 県 においては 初 生 牛 の 販 売 収 入 に 対 する 期 待 が 高 いことから 1 頭 当 たり 販 売 額 の 高 い F1( 交 雑 種 )や ET( 受 精 卵 移 植 による 黒 毛 和 種 )を 生 産 する 傾 向 にある ことによる 農 業 労 働 力 については 家 族 労 働 力 員 数 と 常 時 雇 用 人 数 に 大 きな 差 はないものの 臨 時 雇 用 人 数 では 北 海 道 の 3.3 人 日 に 対 して 県 は 18. 人 日 と 県 が 14.7 人 日 多 くな っている 図 1 年 間 産 子 頭 数 に 占 める F1 ET 比 率 ( 地 域 別 ) 全 国 北 海 道 県 (%) 産 子 頭 数 に 占 める F1 比 率 産 子 頭 数 に 占 める ET 比 率 地 域 的 な 特 徴 で 最 も 顕 著 なものは 乳 用 種 初 生 牛 の 平 均 販 売 日 齢 である 市 場 出 荷 向 けについてみると 北 海 道 の 11.8 日 齢 に 対 して 県 では 31.1 日 齢 と 県 が 北 海 道 よ り 19.3 日 長 くなっている 県 においては 乳 用 種 初 生 牛 をある 程 度 育 成 して 高 く 販 売 す るため 飼 養 日 数 が 長 くなる 傾 向 にあることによるものとうかがえる -13-

20 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 平 均 販 売 価 格 は 北 海 道 では 市 場 販 売 価 格 が 雄 3 万 4,331 円 雌 13 万 7,333 円 相 対 取 引 価 格 が 雄 3 万 6, 円 雌 3 万 8, 円 であるのに 対 して 県 では 市 場 販 売 価 格 が 雄 4 万 3,743 円 雌 3 万 1,696 円 相 対 取 引 価 格 が 雄 2 万 5,191 円 雌 5 万 9,2 円 となっている( 表 2) -14-

21 表 2 乳 用 種 初 生 牛 の 平 均 販 売 頭 数 価 格 ( 地 域 雌 雄 別 ) 経 産 牛 飼 養 頭 数 全 国 北 海 道 県 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) ~29 頭 , , ,35 3~49 頭 , , ,283 5~79 頭 , , ,627 8~99 頭 , , ,958 1 頭 以 上 , , , 平 均 , , ,788 ~29 頭 , , ~49 頭 , , ,83 5~79 頭 , , ,111 8~99 頭 , , , 1 頭 以 上 , , 平 均 , , ,296 ~29 頭 , , ,35 3~49 頭 , , ,83 5~79 頭 , , ,4 8 頭 以 上 , , ,938 平 均 , , ,156 経 産 牛 飼 養 頭 数 全 国 北 海 道 県 頭 数 全 体 全 体 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) ~29 頭 , , ,7 3~49 頭 , , ,767 5~79 頭 , , ,627 8~99 頭 , , ,958 1 頭 以 上 , , , 平 均 , , ,36 ~29 頭 , , ~49 頭 , , ,111 5~79 頭 , , ,111 8~99 頭 , , , 1 頭 以 上 , , 平 均 , , ,333 ~29 頭 , , ,7 3~49 頭 , , ,25 5~79 頭 , , ,4 8 頭 以 上 , , ,938 平 均 , , ,696 雄 うち 市 場 出 荷 雄 雌 雌 -15-

22 経 産 牛 飼 養 頭 数 全 国 北 海 道 県 頭 数 全 体 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 うち 相 対 取 引 日 齢 価 格 ( 円 ) 頭 数 日 齢 価 格 ( 円 ) ~29 頭 , , , 3~49 頭 , , ,8 5~79 頭 , , ~99 頭 頭 以 上 , , 平 均 , , ,667 ~29 頭 ~49 頭 , , , 5~79 頭 , , ~99 頭 頭 以 上 平 均 , , , ~29 頭 , , , 3~49 頭 , , , 5~79 頭 , , 頭 以 上 , , 平 均 , , ,2 雄 雌 -16-

23 (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 地 域 別 経 営 概 況 と 同 じように 年 間 産 子 頭 数 に 占 める F1 ET 比 率 および 乳 用 種 初 生 牛 の 年 間 販 売 頭 数 に 占 める 雌 比 率 をグラフにした( 図 2~4) 年 間 産 子 頭 数 に 占 める F1 ET 比 率 は 北 海 道 ではおおむね 79 頭 以 下 規 模 では 高 く 規 模 が 大 きくなるにつれて 低 くなっている 大 規 模 経 営 においては 年 間 産 子 頭 数 に 占 め る F1 ET 比 率 が 低 くなっていることから 後 継 牛 の 確 保 を 重 視 している 傾 向 がうかがえる 一 方 で 県 の 場 合 は 北 海 道 に 比 べて 全 体 的 に 高 い 比 率 で 推 移 している 図 2 年 間 産 子 頭 数 に 占 める F1 比 率 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) (%) 4 全 国 北 海 道 県 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 図 3 年 間 産 子 頭 数 に 占 める ET 比 率 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) (%) 12 全 国 北 海 道 県 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 -17-

24 乳 用 種 初 生 牛 年 間 販 売 頭 数 に 占 める 雌 比 率 は 北 海 道 では 3~49 頭 規 模 で 最 も 高 く (37.4%) 1 頭 以 上 規 模 の 経 営 においては 乳 用 種 雌 初 生 牛 の 販 売 は 見 られなかった ( 図 4) これは 北 海 道 の 大 規 模 経 営 においては 生 産 した 子 牛 を 自 家 保 留 により 後 継 牛 としているほか 育 成 して 種 付 けを 行 い 初 妊 牛 として 販 売 していることによる ものと 推 察 される 一 方 県 では 3~49 頭 規 模 が 最 も 高 く(21.7%) 規 模 が 大 きく なるにつれてその 割 合 は 低 くなる 傾 向 にある 図 4 乳 用 種 初 生 牛 の 年 間 販 売 頭 数 に 占 める 雌 比 率 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) (%) 全 国 北 海 道 県 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 2 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 (1) 地 域 別 1 全 国 全 国 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 は 1 万 2,33 円 となっている( 表 3 図 5) 内 訳 は 労 働 費 7,37 円 飼 料 費 2,439 円 敷 料 費 491 円 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 689 円 水 道 光 熱 料 及 び 動 力 費 296 円 生 産 管 理 費 276 円 修 繕 費 13 円 その 他 資 材 費 (ハッチ 費 含 む)612 円 である 費 目 別 構 成 割 合 をみると 労 働 費 が 最 も 高 く 59.9% 次 いで 飼 料 費 が 19.8%とな っており この2 費 目 を 合 わせると 生 産 費 の 79.7%を 占 める -18-

25 2 北 海 道 北 海 道 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 は 1 万 2,133 円 となっている 内 訳 は 労 働 費 6,647 円 飼 料 費 2,311 円 敷 料 費 497 円 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 733 円 水 道 光 熱 料 及 び 動 力 費 36 円 生 産 管 理 費 466 円 修 繕 費 269 円 その 他 資 材 費 (ハッチ 費 含 む)85 円 である 費 目 別 構 成 割 合 をみると 労 働 費 が 最 も 高 く 54.9% 次 いで 飼 料 費 が 19.%とな っており この2 費 目 を 合 わせると 生 産 費 の 73.9%を 占 める 3 県 県 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 は 1 万 2,449 円 となっている 内 訳 は 労 働 費 7,993 円 飼 料 費 2,549 円 敷 料 費 485 円 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 652 円 水 道 光 熱 料 及 び 動 力 費 241 円 生 産 管 理 費 111 円 修 繕 費 11 円 その 他 資 材 費 (ハッチ 費 含 む) 47 円 である 費 目 別 構 成 割 合 をみると 労 働 費 が 最 も 高 く 64.2% 次 いで 飼 料 費 が 2.5%とな っており この2 費 目 を 合 わせると 生 産 費 の 84.7%を 占 める 以 上 のとおり 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 生 産 費 は 県 と 北 海 道 ではほぼ 同 程 度 であっ た 図 5 生 産 費 主 要 費 目 ( 労 働 費 飼 料 費 )の 地 域 別 比 較 ( 円 ) 14, 12, 1, 8, 6, 4, 2, 12,33 12,133 12,449 1,97 2,494 3,175 (15.3%) (2.3%) (26.1%) 2,549 2,439 (2.5%) (19.8%) 2,311 (19.%) 7,37 7,993 (59.9%) 6,647 (64.2%) (54.9%) その 他 飼 料 費 労 働 費 全 国 北 海 道 県 -19-

26 表 3 生 産 費 ( 地 域 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 全 国 北 海 道 県 経 産 牛 飼 養 規 模 別 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 平 均 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 平 均 ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8 頭 以 上 平 均 労 働 費 飼 料 費 敷 料 費 獣 医 師 料 及 び 医 薬 品 費 水 道 光 熱 料 及 び 生 産 管 理 費 動 力 費 修 繕 費 その 他 資 材 費 (ハッチ 費 含 む) ( 円 ) 生 産 費 9,138 2, ,897 (7.8%) (15.6%) (1.9%) (4.5%) (2.4%) (1.9%) (.2%) (2.7%) (1%) 6,984 2, ,29 (58.1%) (2.1%) (2.9%) (6.4%) (2.2%) (3.8%) (1.3%) (5.2%) (1%) 7,39 2, ,32 (58.5%) (2.7%) (4.8%) (5.6%) (2.8%) (1.4%) (1.6%) (4.6%) (1%) 6,72 3,279 1, ,568 14,416 (46.5%) (22.7%) (9.8%) (4.7%) (2.7%) (1.3%) (1.4%) (1.9%) (1%) 5,636 2, ,449 (54.%) (26.6%) (4.8%) (7.3%) (1.1%) (.7%) (.2%) (5.3%) (1%) 7,37 2, ,33 (59.9%) (19.8%) (4.%) (5.6%) (2.4%) (2.2%) (1.1%) (5.%) (1%) 9,181 1, ,145 (75.6%) (15.2%) (.7%) (3.3%) (1.7%) (1.4%) (.5%) (1.6%) (1%) 6,94 1, , ,32 (52.9%) (15.%) (2.2%) (7.2%) (3.1%) (9.1%) (3.%) (7.5%) (1%) 6,156 2, ,76 (55.5%) (21.3%) (3.2%) (6.2%) (3.3%) (2.2%) (2.5%) (5.8%) (1%) 7,453 3,556 1, ,925 16,74 (46.3%) (22.1%) (9.4%) (4.5%) (2.9%) (1.2%) (1.6%) (12.%) (1%) 5,7 1, ,6 (62.9%) (17.2%) (6.8%) (6.6%) (1.5%) (.8%) (.1%) (4.1%) (1%) 6,647 2, ,133 (54.9%) (19.%) (4.1%) (6.%) (3.%) (3.8%) (2.2%) (7.%) (1%) 9,133 2, ,988 (7.3%) (15.6%) (2.1%) (4.6%) (2.4%) (2.%) (.2%) (2.8%) (1%) 7,34 2, ,42 (61.6%) (23.7%) (3.5%) (5.8%) (1.7%) (.1%) (.%) (3.6%) (1%) 9,183 2,791 1, ,355 (64.%) (19.4%) (7.8%) (4.5%) (1.8%) (.%) (.%) (2.5%) (1%) 5,4 3, ,79 (45.4%) (33.3%) (5.8%) (7.4%) (.9%) (1.1%) (.2%) (5.9%) (1%) 7,993 2, ,449 (64.2%) (2.5%) (3.9%) (5.2%) (1.9%) (.9%) (.1%) (3.3%) (1%) (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 1 全 国 全 国 の 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 生 産 費 は 8~99 頭 規 模 が 最 も 高 く 1 万 4,416 円 次 いで 29 頭 以 下 規 模 が 1 万 2,897 円 となっており 最 も 低 いのは 1 頭 以 上 規 模 の 1 万 449 円 となっている 費 目 別 にみると 労 働 費 は 29 頭 以 下 規 模 が 最 も 高 く 9,138 円 1 頭 以 上 規 模 が 最 も 低 く 5,636 円 となっている 飼 料 費 は 8~99 頭 規 模 が 最 も 高 く 3,279 円 29 頭 以 下 規 模 が 最 も 低 く 2,6 円 となっている( 表 3 図 6) 2 北 海 道 北 海 道 の 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 生 産 費 は 8~99 頭 規 -2-

27 模 が 最 も 高 く 1 万 6,74 円 次 いで 3~49 頭 規 模 が 1 万 3,32 円 1 頭 以 上 規 模 が 最 も 低 く 9,6 円 となっている 費 目 別 にみると 労 働 費 は 29 頭 以 下 規 模 が 最 も 高 く 9,181 円 1 頭 以 上 規 模 が 最 も 低 く 5,7 円 となっている 飼 料 費 は 8~99 頭 規 模 が 最 も 高 く 3,556 円 1 頭 以 上 規 模 が 最 も 低 く 1,559 円 となっている( 表 3 図 6) 3 県 県 の 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 の 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 生 産 費 は 5~79 頭 規 模 が 最 も 高 く 1 万 4,355 円 次 いで 29 頭 以 下 規 模 が 1 万 2,988 円 となっている 最 も 低 い のは 8 頭 以 上 規 模 の 1 万 1,79 円 となっている 費 目 別 にみると 労 働 費 は 5~79 頭 規 模 が 最 も 高 く 9,183 円 8 頭 以 上 規 模 が 最 も 低 く 5,4 円 となっている 飼 料 費 は 8 頭 以 上 規 模 が 最 も 高 く 3,689 円 29 頭 以 下 規 模 が 最 も 低 く 2,25 円 となっている( 表 3 図 6) 以 上 のとおり 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 の 生 産 費 は 北 海 道 では 8~99 頭 規 模 が 最 も 高 く 1 頭 以 上 規 模 で 低 くなっている これに 対 して 県 では 5~79 頭 規 模 で 最 も 高 く 8 頭 以 上 規 模 で 低 くなっている 図 6 生 産 費 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 18, 15, ( 円 ) 全 国 北 海 道 県 12, 9, 6, 3, ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 -21-

28 3 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たり 労 働 時 間 (1) 地 域 別 1 日 齢 までの 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 哺 育 管 理 に 必 要 な 労 働 時 間 について 地 域 別 に みると 北 海 道 では 4.7 時 間 県 では 5.1 時 間 と 北 海 道 と 県 ではほぼ 同 程 度 となって いる( 図 7) 図 7 地 域 別 労 働 時 間 ( 地 域 別 ) ( 時 間 ) 全 国 北 海 道 県 (2) 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 乳 用 種 初 生 牛 1 頭 当 たりの 哺 育 管 理 に 必 要 な 労 働 時 間 について 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 29 頭 以 下 規 模 が 最 も 多 く 6. 時 間 3 頭 以 上 の 各 階 層 規 模 では 4.5~4.7 時 間 と 大 きな 差 はない( 図 8) 図 8 労 働 時 間 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 8. ( 時 間 ) ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 -22-

29 4 現 在 の 取 組 と 今 後 の 経 営 意 向 (1) 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 位 置 付 け 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 位 置 付 けを 聞 いたところ 収 入 源 の 一 つとして 考 え ている 78.1% 収 入 源 としては 期 待 していない 21.9%であった( 図 9) 図 9 酪 農 経 営 における 乳 用 種 初 生 牛 の 位 置 付 け 21.9% 収 入 源 の 一 つとして 考 えている 78.1% 収 入 源 としては 期 待 していない 地 域 別 にみると 北 海 道 では 収 入 源 の 一 つとして 考 えている 85.3% 収 入 源 とし て 期 待 していない 14.7%であった 一 方 県 では 収 入 源 の 一 つとして 考 えている 71.8% 収 入 源 として 期 待 していない 28.2%であった( 図 1) 図 1 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 内 の 位 置 付 け( 地 域 別 ) 1 8 (%) 収 入 源 の 一 つとして 考 えている 収 入 源 としては 期 待 していない 全 国 北 海 道 県 -23-

30 全 国 で 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 収 入 源 の 一 つとして 考 えている と 回 答 した 割 合 が 最 も 低 かったのは 3~49 頭 規 模 の 71.2%であり 規 模 が 大 きくなるにつれてそ の 割 合 が 高 くなり 最 も 高 かったのは 1 頭 以 上 規 模 の 1%であった( 図 11) これは 経 産 牛 飼 養 頭 数 の 多 い 大 規 模 経 営 ほど 経 産 牛 の 年 間 産 子 頭 数 も 増 加 し 乳 用 種 初 生 牛 の 販 売 金 額 が 増 加 するためと 考 えられる 図 11 乳 用 種 初 生 牛 の 酪 農 経 営 における 位 置 付 け( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 収 入 源 の 一 つとして 考 えている 収 入 源 としては 期 待 していない (%) ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 (2) 種 付 け 状 況 1 現 在 の 取 組 状 況 現 在 の 種 付 け 状 況 を 聞 いたところ 北 海 道 は 乳 用 種 を 種 付 け 76.% F1( 交 雑 種 ) 生 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け 2.4% ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 3.6%であ った 一 方 県 は 乳 用 種 を 種 付 け 56.9% F1( 交 雑 種 ) 生 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け 27.6% ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 15.5%であった( 図 12) 北 海 道 と 比 べて 県 においては F1( 交 雑 種 )の 精 液 の 利 用 と ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 )の 利 用 割 合 が 比 較 的 多 い 結 果 となった これは 乳 用 種 よりも 子 牛 販 売 価 格 の 高 い 交 雑 種 や 黒 毛 和 種 の 乳 用 種 初 生 牛 を 生 産 することで 手 取 収 入 の 増 加 が 期 待 されるた めと 考 えられる -24-

31 図 12 現 在 の 種 付 け 状 況 ( 地 域 別 ) (%) 乳 用 種 F1( 交 雑 種 ) ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 全 国 北 海 道 県 全 国 で 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 乳 用 種 を 種 付 け と 回 答 した 割 合 は 29 頭 以 下 規 模 で 最 も 低 く おおむね 規 模 が 大 きくなるにつれてその 割 合 が 高 くなる 一 方 で F1 ( 交 雑 種 ) 生 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け および ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) の 割 合 が 低 くなっている( 図 13) 図 13 現 在 の 種 付 け 状 況 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 乳 用 種 F1( 交 雑 種 ) ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) (%) ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 2 今 後 の 希 望 今 後 の 希 望 を 聞 いたところ 北 海 道 は 乳 用 種 を 種 付 け 75.4% F1( 交 雑 種 ) 生 -25-

32 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け 19.7% ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 4.9%であった 県 は 乳 用 種 を 種 付 け 55.4% F1( 交 雑 種 ) 生 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け 25.7% ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) 18.9%であった( 図 14) 図 14 今 後 の 種 付 け 希 望 ( 地 域 別 ) 乳 用 種 F1( 交 雑 種 ) ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) (%) 全 国 北 海 道 県 全 国 で 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 現 在 の 取 組 状 況 と 同 様 に 乳 用 種 を 種 付 け と 回 答 した 割 合 は 29 頭 以 下 規 模 で 最 も 低 く おおむね 規 模 が 大 きくなるにつれてその 割 合 が 高 くなる 一 方 で F1( 交 雑 種 ) 生 産 のために 黒 毛 和 種 を 種 付 け ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) の 割 合 が 低 くなっている( 図 15) 図 15 今 後 の 種 付 け 希 望 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) (%) 乳 用 種 F1( 交 雑 種 ) ET( 黒 毛 和 種 の 受 精 卵 移 植 ) ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 -26-

33 (3) 雌 雄 判 別 精 液 の 利 用 状 況 1 現 在 の 取 組 状 況 乳 用 種 種 付 け 時 における 雌 雄 判 別 精 液 の 利 用 状 況 を 聞 いたところ 北 海 道 は 雌 雄 判 別 精 液 を 種 付 け 13.6% 雌 雄 判 別 精 液 以 外 を 種 付 け 86.4%であった 一 方 県 は 雌 雄 判 別 精 液 を 種 付 け 28.3% 雌 雄 判 別 精 液 以 外 を 種 付 け 71.7%であった( 図 16) 図 16 現 在 の 雌 雄 判 別 精 液 利 用 状 況 ( 地 域 別 ) (%) 雌 雄 判 別 精 液 雌 雄 判 別 精 液 以 外 全 国 北 海 道 県 今 後 の 希 望 を 聞 いたところ 北 海 道 は 雌 雄 判 別 精 液 を 種 付 け 19.2% 雌 雄 判 別 精 液 以 外 を 種 付 け 8.8%であった 県 は 雌 雄 判 別 精 液 を 種 付 け 36.3% 雌 雄 判 別 精 液 以 外 を 種 付 け 63.7%であった( 図 17) 図 17 今 後 の 雌 雄 判 別 精 液 利 用 希 望 状 況 ( 地 域 別 ) (%) 雌 雄 判 別 精 液 雌 雄 判 別 精 液 以 外 全 国 北 海 道 県 -27-

34 (4) 今 後 の 経 営 意 向 今 後 の 経 営 意 向 について 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 を 考 えている 現 状 維 持 経 営 の 縮 小 分 からない の4つの 選 択 肢 で 聞 いた 結 果 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 を 考 えている 27.2% 現 状 維 持 61.% 経 営 の 縮 小 5.6% 分 からない 6.2%であった( 図 18) 図 18 今 後 の 経 営 意 向 5.6% 6.2% 27.2% 経 営 の 拡 大 現 状 維 持 経 営 の 縮 小 分 からない 61.% 地 域 別 にみると 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 を 考 えている と 回 答 した 割 合 は 北 海 道 28.% に 対 し 県 26.4%と 北 海 道 の 方 が 県 に 比 べて 1.6 ポイント 高 かった 現 状 維 持 と 回 答 した 割 合 は 北 海 道 69.4%に 対 し 県 54.1%と 北 海 道 が 15.3 ポイント 高 かった 経 営 の 縮 小 と 回 答 した 割 合 は 北 海 道 1.3%に 対 し 県 9.2%と 県 が 7.9 ポイント 高 かっ た( 図 19) 図 19 今 後 の 経 営 意 向 ( 地 域 別 ) 経 営 の 拡 大 現 状 維 持 経 営 の 縮 小 分 からない (%) 全 国 北 海 道 県 -28-

35 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 にみると 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 を 考 えている と 回 答 した 割 合 は 1 頭 以 上 規 模 が 58.3%と 最 も 高 かった 一 方 経 営 の 縮 小 と 回 答 した 割 合 が 最 も 高 かったのは 29 頭 以 下 規 模 で 21.6%であった( 図 2) 図 2 今 後 の 経 営 意 向 ( 経 産 牛 飼 養 頭 数 規 模 別 ) 経 営 の 拡 大 現 状 維 持 経 営 の 縮 小 分 からない 1 (%) ~29 頭 3~49 頭 5~79 頭 8~99 頭 1 頭 以 上 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 を 考 えている と 回 答 した 経 営 体 に 具 体 的 内 容 を 聞 いたところ 増 頭 による 規 模 拡 大 9.9% 6 次 産 業 化 に 取 り 組 む 4.5% 乳 肉 一 貫 経 営 への 転 換 2.3% その 他 2.3%であった( 図 21) 図 21 経 営 の 拡 大 や 多 角 化 の 内 容 4.5% 2.3%2.3% 増 頭 による 規 模 拡 大 6 次 産 業 化 に 取 り 組 む 乳 肉 一 貫 経 営 への 転 換 9.9% その 他 -29-

36 (5) 生 産 コストの 低 減 乳 用 種 初 生 牛 の 生 産 コストの 低 減 の 可 能 性 について かなりの 低 減 が 可 能 多 少 の 低 減 が 可 能 低 減 は 不 可 能 分 からない の4つの 選 択 肢 で 聞 き 取 り 集 計 した その 結 果 かなりの 低 減 が 可 能 1.9% 多 少 の 低 減 は 可 能 22.8% 低 減 は 不 可 能 48.8% 分 からない 26.5%であった( 図 22) 図 22 生 産 コスト 低 減 の 可 能 性 1.9% 26.5% 22.8% かなりの 低 減 が 可 能 多 少 の 低 減 は 可 能 低 減 は 不 可 能 わからない 48.8% また 低 減 可 能 な 費 目 は 購 入 飼 料 費 51.4% 購 入 敷 料 費 8.1% 労 働 費 5.4% 診 療 医 薬 品 費 13.5% 資 材 費 1.8% その 他 1.8%であった( 図 23) 図 23 生 産 コスト 低 減 の 可 能 な 費 目 1.8% 1.8% 購 入 飼 料 費 購 入 敷 料 費 13.5% 51.4% 労 働 費 診 療 医 薬 品 費 資 材 費 5.4% その 他 8.1% -3-

37 (6) 乳 用 種 初 生 牛 の 販 売 意 向 今 後 の 乳 用 種 初 生 牛 の 販 売 意 向 について 増 やす 予 定 現 状 維 持 減 らす 予 定 分 からない の4つの 選 択 肢 で 聞 き 取 り 集 計 した その 結 果 増 やす 予 定 15.4% 現 状 維 持 68.5% 減 らす 予 定 6.2% 分 から ない 9.9%であった( 図 24) 図 24 乳 用 種 初 生 牛 の 販 売 意 向 6.2% 9.9% 15.4% 増 やす 予 定 現 状 維 持 減 らす 予 定 分 からない 68.5% (7) 経 営 が 抱 える 課 題 経 営 が 抱 える 課 題 について 乳 用 種 初 生 牛 の 疾 病 発 生 率 が 高 い 乳 用 種 初 生 牛 のへ い 死 頭 数 が 多 い 乳 用 種 初 生 牛 販 売 価 格 が 安 定 しない 乳 用 種 初 生 牛 の 増 体 が 悪 い その 他 特 になし の6つの 選 択 肢 で 聞 き 取 り 集 計 した その 結 果 乳 用 種 初 生 牛 販 売 価 格 が 安 定 しない 3.2% 乳 用 種 初 生 牛 の 増 体 が 悪 い 6.8% 乳 用 種 初 生 牛 のへい 死 頭 数 が 多 い 5.6% 乳 用 種 初 生 牛 の 疾 病 発 生 率 が 高 い 4.9% その 他 6.8% 特 になし 45.7%であった( 図 25) その 他 については 労 働 力 不 足 などの 回 答 があった -31-

38 図 25 経 営 が 抱 える 課 題 販 売 価 格 が 安 定 しな い 3.2% 増 体 が 悪 い 45.7% へい 死 頭 数 が 多 い 疾 病 発 生 率 が 高 い 6.8% その 他 6.8% 4.9% 5.6% 特 になし 表 4 経 営 が 抱 える 課 題 地 域 別 飼 養 頭 数 規 模 別 乳 用 種 初 生 牛 の 疾 病 発 生 率 が 高 い 乳 用 種 初 生 牛 のへい 死 頭 数 が 多 い 乳 用 種 初 生 牛 販 売 価 格 が 安 定 しない 乳 用 種 初 生 牛 の 増 体 が 悪 い その 他 特 になし 合 計 全 国 4.9% 5.6% 3.2% 6.8% 6.8% 45.7% 1.% 北 海 道 4.% 6.7% 46.6% 1.7% 2.7% 29.3% 1.% 県 5.7% 4.6% 16.1% 3.4% 1.3% 59.9% 1.% ~29 頭 2.7% 5.4% 24.3%.% 8.1% 59.5% 1.% 3~49 頭 7.7%.% 36.5% 1.9% 13.5% 4.4% 1.% 5~79 頭 2.1% 6.3% 33.3% 1.4%.% 47.9% 1.% 8~99 頭.% 7.7% 3.8% 23.1%.% 38.4% 1.% 1 頭 以 上 16.7% 25.% 8.3% 16.7% 8.3% 25.% 1.% (8) 乳 用 種 初 生 牛 の 事 故 率 低 減 のための 取 り 組 み 経 営 課 題 の 一 つである 乳 用 種 初 生 牛 の 事 故 率 低 減 のために 取 り 組 んでいることについ て 牛 体 清 掃 を 行 う 初 乳 を 給 与 する 保 温 に 努 める 獣 医 師 の 診 察 を 受 ける 牛 床 の 消 毒 を 行 う その 他 特 になし の7つの 選 択 肢 で 複 数 回 答 を 可 として 聞 き 取 り 集 計 した その 結 果 初 乳 を 給 与 する 71.6% 牛 床 の 消 毒 を 行 う 43.2% 保 温 に 努 める 35.2% 牛 体 清 掃 を 行 う 3.2% 獣 医 師 の 診 察 を 受 ける 13.6% その 他 16.7% であった( 図 26) -32-

39 図 26 乳 用 種 初 生 牛 の 事 故 率 低 減 のための 取 り 組 み ( 複 数 回 答 ) 8.% 7.% 71.6% 6.% 5.% 43.2% 4.% 3.% 35.2% 3.2% 2.% 13.6% 16.7% 1.%.% 初 乳 を 給 与 する 牛 床 の 消 毒 を 行 う 保 温 に 努 める 牛 体 清 掃 を 行 う 獣 医 師 の 診 察 を 受 ける その 他 -33-

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 26 年 3 月 12 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 生 産 性 向 上 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 畜 産 経 営 要 因 分 析 平 成 2 6 年 3 月 19 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 飼 料 高 騰 下 でも を 実 現 する 畜 産 経 営 やコスト 削 減 努 力 経 営 面 でも 工 夫 ~ 畜 産 経 営 の 要 因 分 析 調 査 結 果 ~ < 要 旨 > 我 が 国 の 畜 産 経 営 では 飼 料 費 が 経 営 コストの4 割

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

Taro-H21.05(改正).jtd

Taro-H21.05(改正).jtd 5. 養 豚 農 家 濃 密 指 導 による 経 営 改 善 事 例 豊 後 大 野 家 畜 保 健 衛 生 所 丸 山 信 明 芦 刈 美 穂 里 秀 樹 廣 瀬 英 明 1. 農 家 の 概 要 平 成 7 年 度 に 県 の 指 導 により 農 場 から 食 卓 へ をキャッチフレ-ス に 有 名 な 料 理 研 究 家 を 招 いて 養 豚 生 産 者 3 戸 が 共 同 でハム 加 工 販

More information

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に

12 秋 田 県 畜 産 試 験 場 研 究 報 告 第 27 号 (2013) 給 与 量 (6) 初 産 牛 への 配 合 飼 料 最 大 給 与 量 (7) これまで 経 験 した 初 産 牛 の 事 故, 疾 病 (8) 初 妊 牛 導 入 について 結 果 および 考 察 1. 県 内 に 秋 田 畜 試 研 報 Bull.Akita.Pref.Livest,Exp.stn.27.11~16 2013 11 初 産 乳 牛 の 移 行 期 に 適 した 飼 料 の 段 階 的 増 給 法 及 び 繋 留 条 件 の 検 討 ( 第 1 報 )- 乳 用 牛 の 県 内 フィールド 調 査 から - 加 藤 真 姫 子 渡 邊 潤 佐 藤 寛 子 要 約 初 産 牛 の 移 行 期 は,

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要

平成25年住宅・土地統計調査(速報集計) 結果の概要 平 成 25 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 速 報 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 7 月 29 日 総 務 省 統 計 局 目 次 結 果 の 概 要 第 1 章 住 宅 世 帯 の 概 況 1 総 住 宅 数 と 総 世 帯 数 1 2 居 住 世 帯 の 有 無 2 第 2 章 住 宅 の 状 況 1 住 宅 の 種 類 3 2 建 て 方, 構 造 4 3 建 築 の 時

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

平成23年度 住宅リフォーム実例調査

平成23年度 住宅リフォーム実例調査 平 成 26 年 度 第 12 回 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 ォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 Ⅲ. 調 査 結 果... 8 1. 結 果 の 概 要... 8 2. 調 査 結 果 の 詳 細... 14 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 14 (1)

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【統計部】270901名古屋大学講義資料「農林統計でみる我が国の農業構造」(ファイルサイズ縮小版) [互換モード] 名 古 屋 大 学 特 別 講 義 農 林 統 計 でみる 我 が 国 の 農 業 構 造 東 海 農 政 局 統 計 部 長 秋 山 研 一 平 成 27 年 9 月 1 日 Ⅰ 統 計 調 査 の 種 類 実 施 体 系 Ⅱ 農 林 水 産 統 計 の 役 割 Ⅲ 2015 年 農 林 業 センサスの 役 割 見 直 し 等 Ⅳ 農 業 センサスでみる 農 業 構 造 等 Ⅴ 東 海 3 県 の

More information

(資料‐6)マンション管理の実態

(資料‐6)マンション管理の実態 資 料 -6 マンション 管 理 の 実 態 < 目 次 > 1 管 理 組 合 の 運 営 1 2 計 画 的 な 維 持 管 理 への 取 組 10 3 マンションの 取 引 時 におけるマンション 管 理 情 報 の 提 供 等 17 1 1 管 理 組 合 の 運 営 管 理 組 合 管 理 規 約 の 有 無 管 理 規 約 の 改 正 状 況 2 総 会 役 員 会 理 事 会 の 開

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14

調 査 の 実 施 要 領 調 査 時 点 2015 年 9 月 上 旬 調 査 方 法 郵 送 調 査 調 査 対 象 生 活 衛 生 関 係 営 業 3,220 企 業 有 効 回 答 企 業 数 3,054 企 業 ( 回 答 率 94.8%) < 業 種 内 訳 > 1,448 企 業 14 ニュースリリース 2 0 1 5 年 1 2 月 3 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 仕 入 価 格 が 上 昇 するも 価 格 転 嫁 が 進 まない 生 活 衛 生 関 係 営 業 ~ 仕 入 価 格 が 上 昇 した 企 業 は 約 6 割 価 格 転 嫁 率 50% 未 満 の 企 業 は 約 8 割 ~ 価 格 動 向 及 び 顧 客 の 消 費 動 向 等 に 関 するアンケート

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10

目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10 ( 参 考 ) 公 募 説 明 資 料 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センター 山 羊 の 配 布 平 成 28 年 月 日 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センター 茨 城 牧 場 長 野 支 場 目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10 公 募 説 明 書

More information

表紙

表紙 15. 母 子 健 康 手 帳 交 付 時 期 と 妊 娠 産 及 びその 児 の 健 康 関 連 問 題 の 実 態 飯 田 芳 枝 ( 石 川 県 こころの 健 康 センター) 竹 島 ゆり ( 健 康 福 祉 部 少 子 化 対 策 監 室 母 子 保 健 食 育 グループ) 茗 荷 谷 弘 子 ( 小 松 市 いきいき 健 康 課 すこやかセンター) 目 的 母 子 健 康 手 帳 の 交

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63> NOSAI ご 加 入 のみなさまへ 家 畜 共 済 重 要 事 項 説 明 書 NOSAI 事 業 につきましては 日 頃 より 格 別 のご 理 解 ご 協 力 を 頂 き 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 金 融 商 品 の 販 売 等 に 関 する 法 律 により 共 済 加 入 の 際 にはあらかじめ 重 要 事 項 の 説 明 が 義 務 づけられておりま す この 重 要 事 項

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

Microsoft Word - P01-12.doc

Microsoft Word - P01-12.doc 公 益 社 団 法 人 日 本 馬 事 協 会 種 雄 馬 管 理 規 程 設 定 昭 和 50 年 7 月 1 日 改 正 昭 和 54 年 9 月 26 日 改 正 昭 和 60 年 6 月 7 日 改 正 平 成 5 年 4 月 1 日 改 正 平 成 14 年 3 月 18 日 改 正 平 成 17 年 11 月 1 日 改 正 平 成 19 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

Microsoft Word - H27報告書

Microsoft Word - H27報告書 熱 中 症 患 者 速 報 平 成 27 年 度 報 告 書 平 成 28 年 2 月 国 立 環 境 研 究 所 はじめに 国 立 環 境 研 究 所 では 平 成 27 年 5 月 1 日 より 9 月 日 ( 札 幌 沖 縄 県 については 6 月 1 日 より 9 月 日 )の 間 札 幌 消 防 局 仙 台 消 防 局 さいたま 消 防 局 千 葉 消 防 局 東 京 消 防 庁 横 浜

More information

鳥羽市職員定数適正化計画

鳥羽市職員定数適正化計画 鳥 羽 市 職 員 定 数 管 理 計 画 ( 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度 ) 平 成 年 月 鳥 羽 市 目 次. 職 員 定 数 管 理 計 画 の 考 え 方 () 計 画 の 目 的 () 本 市 の 状 況 (3) 計 画 の 期 間. 職 員 数 の 現 状 3 () 部 門 別 職 員 数 の 推 移 3 () 退 職 者 の 見 込 み 3. 市 税 収 入 及 び 人 件

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83858341838B955C8E865F915391CC96DA8E9F2E646F63> 平 成 17 年 度 事 業 効 果 評 価 分 析 手 法 調 査 委 託 事 業 費 用 対 効 果 分 析 手 法 マニュアル 平 成 18 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 財 団 法 人 農 林 水 産 奨 励 会 農 林 水 産 情 報 センター 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 目 次 理 論 編 序 本 マニュアルの 基 本 的 な 考 え

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部

農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 の 構 成 員 区 分 職 名 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 本 部 長 代 理 農 林 水 産 副 大 臣 農 林 水 産 副 大 臣 副 本 部 長 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 農 林 水 産 大 臣 政 務 官 本 部 平 成 28 年 5 月 18 日 10 時 15 分 ~ 第 一 特 別 会 議 室 平 成 28 年 熊 本 地 震 復 興 推 進 本 部 第 7 回 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 農 林 水 産 省 緊 急 自 然 災 害 対 策 本 部 議 事 次 第 1 開 会 2 本 部 長 御 発 言 ( 大 臣 ) 3 平 成 28 年 熊 本 地 震 による 被 災 農 林 漁

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc

Microsoft Word - 091203_0_表紙.doc 日 医 総 研 ワーキングペーパー 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課 題 把 握 のための 研 究 平 成 21 年 度 医 師 会 共 同 利 用 施 設 検 討 委 員 会 における 調 査 結 果 No.27 29 年 12 月 日 本 医 師 会 総 合 政 策 研 究 機 構 WIC-1 地 域 医 療 を 担 う 医 師 会 病 院 等 の 運 営 課

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模 豊 島 区 分 譲 マンション 実 態 調 査 報 告 書 概 要 版 調 査 の 目 的 豊 島 区 の 住 宅 は 約 8 割 が 分 譲 マンションを 含 む 共 同 住 宅 であり 一 般 的 な 居 住 形 態 として 定 着 しています 共 同 住 宅 の 適 切 な 維 持 管 理 は 居 住 者 が 快 適 に 住 み 続 けることが 出 来 るだけでなく 良 好 な 住 宅 ストックの

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

03所得

03所得 Ⅱ 各 種 世 帯 の 所 得 等 の 状 況 の 所 得 とは 平 成 24 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 の 所 得 であり 貯 蓄 借 入 金 とは 平 成 25 年 6 月 末 日 の 現 在 高 及 び 残 高 である なお 生 活 意 識 については 平 成 25 年 7 月 11 日 現 在 の 意 識 である 1 年 次 別 の 所 得 の 状 況 平

More information

Microsoft Word - 表紙

Microsoft Word - 表紙 平 成 28 年 度 畜 産 行 政 の 概 要 平 成 28 年 8 月 鳥 取 県 農 林 水 産 部 農 業 振 興 戦 略 監 畜 産 課 目 次 Ⅰ 鳥 取 県 の 畜 産 の 現 状 1 Ⅱ 平 成 28 年 度 畜 産 関 係 予 算 の 概 要 9 1 県 及 び 農 林 水 産 部 予 算 の 概 要 9 2 畜 産 関 係 予 算 の 総 括 9 3 平 成 28 年 度 畜 産

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

26小川-実験.indd

26小川-実験.indd 日 本 農 業 研 究 所 研 究 報 告 農 業 研 究 第 26 号 (2013 年 )p.335~384 実 験 農 場 における 和 牛 繁 殖 改 善 の 取 り 組 み - 過 去 10 年 間 の 取 り 組 みを 中 心 にして- 小 川 増 弘 目 次 1.はじめに 2. 試 験 方 法 3. 試 験 結 果 4. 要 旨 5. 参 考 文 献 6. 資 料 調 査 報 告 1.はじめに

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

Taro-H26-10○ 村山(P2点)

Taro-H26-10○ 村山(P2点) 母 豚 のボディコンディションの 適 正 化 による 生 産 性 向 上 への 取 り 組 み 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 村 山 修 吾 権 田 寛 子 堀 江 香 会 丸 山 幹 夫 石 田 秀 史 はじめに これまで 家 畜 保 健 衛 生 所 が 行 う 生 産 性 向 上 対 策 は 疾 病 コントロールが 主 体 であったが そも そも 繁 殖 成 績 が 悪 く 生 産 頭 数

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実

7 送 風 機 と 細 霧 装 置 の 併 用 送 風 と 噴 霧 とを 組 み 合 わせると より 効 果 的 4 畜 舎 環 境 をチェックしましょう! 畜 舎 内 に 温 度 計 や 湿 度 計 などを 設 置 したり 可 能 であれば 風 力 を 測 定 するなどして 畜 舎 環 境 の 実 目 次 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための 暑 熱 対 策 1 気 象 災 害 に 備 える 未 然 防 止 対 策 資 料 の 作 成 について 3 飼 養 衛 生 管 理 基 準 の 遵 守 について 6 平 成 26 年 度 畜 産 経 営 相 談 ( 畜 産 コンサルタント) 受 付 中 7 矢 板 家 畜 市 場 市 況 の 推 移 8 家 畜 の 生 産 性 を 落 とさないための

More information

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls)

(201203_H23\203z\201[\203\200\203y\201[\203W\201\232.xls) (1) 1 総 人 括 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 22 区 年 分 度 住 民 基 本 (22 職 員 給 A 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 22 区 注 年 分 )1 度 職 ( 参 考 ) 都 道 府 県 平 均 272,779 員 数 8,906,5901,863,346,447 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 千 円 A額

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工

大 分 類 小 分 類 建 設 工 事 の 種 類 土 木 建 築 工 事 業 前 記 による 総 合 工 事 業 土 木 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の8 割 以 上 ) 建 築 工 事 業 ( 土 木 工 事 が 完 成 工 事 高 の2 割 未 満 ) 設 備 工 建 設 業 の 経 営 分 析 ( 平 成 26 年 度 ) ( 概 要 版 ) 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 目 的 建 設 企 業 の 経 営 分 析 を 行 い 建 設 業 の 健 全 な 発 展 に 資 する 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とする (2) 調 査 事 項 各 財 務 比 率 の 平 均 値 を 調 査 した (3) 調 査 対 象 一 般 財 団 法

More information

栃木県酪肉近代化計画1

栃木県酪肉近代化計画1 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 37 年 度 栃 木 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 をめぐる 近 年 の 情 勢 の 変 化 1 2 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 競 争 力 の 強

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに

Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林 業 基 本 計 画 に 基 づく 諸 施 策 並 びに Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサス の 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 2010 年 世 界 農 林 業 センサスマスコットキャラクター Ⅰ 2010 年 世 界 農 林 業 センサスの 概 要 ( 調 査 の 仕 様 等 ) 1 調 査 の 目 的 本 統 計 は 農 林 業 に 関 する 基 礎 データを 作 成 し 食 料 農 業 農 村 基 本 計 画 及 び 森 林 林

More information

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪

( 記 入 方 法 ) 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 1 申 請 ( 本 人 が 提 出 する) 年 月 日 住 所 ( 番 地 記 入 ) 氏 名 を 記 入 し 捺 印 する 2 研 修 コース 募 集 7コースの 作 物 野 菜 花 き 酪 様 式 集 等 ページ 記 入 方 法 5 様 式 -1 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 受 講 申 請 書 7 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -2 未 来 農 業 のフロンティア 育 成 研 修 希 望 者 カード 8 ( 受 講 希 望 者 ) 様 式 -3 健 康 診 断 書 10 ( 受 講 希 望 者 が 医 療 機 関 へ 依 頼 して 作 成 ) 様 式 -4 作

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構

完 成 工 事 高 ( 直 近 2 期 平 均 ) 10~30 億 円 未 満, 5~10 億 円 未 満, 1 30 億 円 以 上, 1%, 3 回 答 企 業 の 完 成 工 事 高 別 の 割 合 をみると 左 の 円 グラフの とおりとなっている 1~5 億 円 未 満, 4 年 齢 構 島 根 県 建 設 産 業 実 態 調 査 結 果 平 成 25 年 5 月 アンケート 調 査 は 平 成 25 年 1 月 の 島 根 県 入 札 参 加 資 格 申 請 書 の 提 出 に 併 せて 県 内 の 建 設 業 者 を 対 象 に 調 査 の 協 力 を 依 頼 した 回 収 率 は 下 表 のとおり 松 江 雲 南 出 雲 県 央 浜 田 益 田 隠 岐 不 明 計 アンケート

More information

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県

Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市 営 県 松 阪 市 における 市 営 住 宅 の 現 状 と 課 題 26 年 10 月 18 日 構 想 日 本 Ⅰ 松 阪 市 の 住 宅 の 状 況 20 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ( 総 務 省 )によると 松 阪 市 内 の 住 宅 総 数 は 62,600 戸 で 持 ち 家 が 45,100 戸 (72%) 借 家 が 17,500 戸 (28%)となっています 借 家 のうち 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 大 阪 府 特 別 養 護 老 人 ホーム 経 営 診 断 ( 第 2 回 特 養 実 態 調 査 )の 実 施 にあたって 調 査 票 回 答 時 の 手 引 き 川 原 経 営 グループ ( 株 ) 川 原 経 営 総 合 センター 経 営 コンサルティング 部 門 1. 実 施 にあたって 1 会 員 施 設 個 々の 経 営 管 理 により 一 層 役 立 てていただくことに

More information

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5>

<5461726F2D819A91E63389F1959489EF97708179915391CC94C5817A8DC5> 資 料 9-2 鶏 の 改 良 増 殖 目 標 ( 案 ) 平 成 22 年 7 月 Ⅰ まえがき 食 料 は 人 間 の 生 命 の 維 持 に 欠 くことができないものであり かつ 健 康 で 充 実 した 生 活 の 基 礎 として 重 要 なものである 中 でも 鶏 肉 鶏 卵 はたんぱく 質 に 富 み 国 民 の 健 康 増 進 に 大 きく 貢 献 しており 将 来 にわたって 良 質

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題

1 岩手県における住宅及び住宅政策の現状と課題 第 1 章 の 住 環 境 を 取 り 巻 く 現 状 住 宅 政 策 基 本 計 画 1 の 位 置 づけ は 西 には 奥 羽 山 脈 東 には 北 上 山 系 が 相 対 し 北 上 川 と 和 賀 川 が 合 流 する 地 域 に 肥 よくな 土 地 に 美 しい 田 園 地 帯 が 広 がる 北 上 平 野 の 中 央 に 位 置 しています には 北 へ 約 45km 仙 台 市 には

More information

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1

Ⅴ 導 入 プロセス 1 導 入 手 順 肉 牛 を 開 始 するとしたら( 初 期 投 資 運 転 資 金 かかる) 導 入 頭 数 別 の 経 営 収 支 初 年 目 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 7 年 8 年 10 頭 導 入 繁 殖 牛 頭 10 10 10 10 10 10 1 Ⅳ 和 牛 を 取 り 入 れた 経 営 の 経 済 性 1 経 営 収 支 宗 谷 肉 牛 ( 黒 毛 繁 殖 ) 経 営 指 標 総 括 類 型 1 類 型 2 類 型 3 類 型 4 類 型 5 高 齢 者 雇 用 促 進 肉 牛 専 業 経 営 乳 肉 複 合 ( 経 産 牛 50 頭 ) 乳 肉 移 行 ( 経 産 牛 40 頭 ) 20 頭 80 頭 110 頭 肉 牛 20 頭 借 腹

More information

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案) 別 添 1 酪 農 生 産 基 盤 強 化 事 業 第 1 事 業 実 施 主 体 この 事 業 の 事 業 実 施 主 体 は 平 成 28 年 度 畜 産 業 振 興 事 業 に 係 る 公 募 要 領 ( 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 27 農 畜 機 第 4499 号 )により 応 募 した 者 から 選 定 された 者 ( 以 下 公 募 団 体 という )とする 第 2 事

More information