< AF82A282D182E582A4955C8E F6C31392E6169>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<30312082AF82A282D182E582A4955C8E8620766F6C31392E6169>"

Transcription

1 vol

2

3

4

5

6 いざという 時 に 役 立 つ 救 命 処 置

7 今 年 流 行 している 食 中 毒 について 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 カンピロバクター (O157, O26, O111 など) 症 状 激 しい 腹 痛 下 痢 ( 血 便 を 含 む) 下 痢 腹 痛 発 熱 頭 痛 場 合 によってはこんな 症 状 溶 血 性 尿 毒 症 症 候 群 (HUS) 腎 機 能 障 害 意 識 障 害 など 重 症 例 で 死 亡 することがある ギランバレー 症 候 群 ( 手 足 の 麻 痺 呼 吸 抑 制 など 頻 度 :1000 人 に 1 人 発 症 ) 発 症 するまでの 期 間 2~14 日 2~7 日 おもな 原 因 食 品 牛 レバー 刺 し ユッケ 加 熱 不 足 の 焼 肉 ハンバーグなど 菌 の 付 いた 手 指 器 具 による 2 次 汚 染 鶏 肉 たたき 鶏 刺 し 牛 レバー 刺 しなどの 生 肉 料 理 加 熱 不 良 の 焼 き 鳥 など 菌 の 付 いた 手 指 器 具 による 2 次 汚 染 その 原 因 菌 の 名 前 は? 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 (O157, O26, O111 など) カンピロバクター 患 者 数 食 中 毒 件 数 約 3000~4000 人 / 年 約 25~30 件 / 年 約 2000~3000 人 / 年 以 上 約 400~500 件 / 年 以 上 少 数 の 菌 で 感 染 します その 他 3 歳 以 下 の 小 児 や 65 歳 以 上 の 高 齢 者 には 特 に 注 意 下 痢 や 腹 痛 とともに 便 に 血 が 混 じった 時 はすぐ 受 診

8 サマーコンサートを 開 催 しました

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代

(2) 有 害 化 学 物 質 一 次 産 品 に 含 まれる 有 害 化 学 物 質 ( 環 境 中 に 存 在 する 重 金 属 とその 類 似 物 質 ) カドミウム 鉛 ヒ 素 メチル 水 銀 鉱 物 や 土 壌 などの 中 に 天 然 に 存 在 する 重 金 属 腎 障 害 や 骨 代 平 成 25 年 6 月 28 日 農 林 水 産 省 食 品 安 全 セミナー( 微 生 物 編 ) 参 考 資 料 (1) 有 害 微 生 物 農 林 水 産 省 が 優 先 的 にリスク 管 理 を 行 う 対 象 に 位 置 付 けているハザードについての 情 報 (ハザードは 五 十 音 順 に 掲 載 ) 食 中 毒 の 症 状 原 因 となる 食 品 等 カンピロバクター サルモネラ

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員

調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 食 中 毒 を 防 ぐ 加 熱 調 理 洗 う 切 る 混 ぜる 漬 ける 冷 やす ゆでる 煮 る 蒸 す 揚 げる 炒 める 焼 く 電 子 レン ジ 加 熱 食 品 を 安 全 にする 食 べやすくする おいしくする 写 真 提 供 : 畑 江 敬 子 食 品 安 全 委 員 会 委 員 火 の 利 用 1920 年 代 に 中 国 の 北 京 郊 外 の 周 口 で 発 見 された 北 京

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

糖尿病の歯科病変

糖尿病の歯科病変 第 21 回 健 康 セミナー 糖 尿 病 の 歯 科 病 変 水 俣 芦 北 郡 市 歯 科 医 師 会 井 上 真 樹 歯 周 病 って どんな 病 気? 年 齢 別 に 見 た 歯 周 病 罹 患 率 100% 80% 60% 40% 20% 0% 15-24 歳 1.3% 4.2% 25.7% 46.3% 0.0% 0.0% 49.8% 21.2% 42.3% 48.9% 0.0% 7.3%

More information

1 2 3 4 5 子 宮 頸 がんと 発 がん 性 ヒトパピローマウイルス 1 子 宮 頸 がんは 子 宮 頸 部 ( 子 宮 の 入 り 口 )にできるがんで 20~30 代 で 急 増 し 日 本 では 年 間 約 15,000 人 の 女 性 が 発 症 していると 報 告 されています 子 宮 頸 がんは 初 期 の 段 階 では 自 覚 症 状 がほとんどないため しばしば 発 見 が

More information

産業医の職務資料

産業医の職務資料 産 業 医 の 職 務 資 料 健 康 管 理 健 康 診 断 の 種 類 について 健 康 診 断 は 労 働 安 全 衛 生 法 などで 事 業 者 に 実 施 が 義 務 付 けられている 一 般 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 1 項 )と 特 殊 健 康 診 断 ( 労 働 安 全 衛 生 法 第 66 条 第 2 3 項 )の 2 種 類 に 加 え 行

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄

想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 想 像 思 行 ず 消 毒 擦 む 薄 血 混 じ 滲 み ぶ 痂 ぶ 取 下 薄 来 経 験 沢 山 お 思 健 常 人 間 元 々 備 能 力 中 具 的 何 起 ょ 簡 単 説 明 ず 人 間 負 部 リ ン パ 球 血 小 板 マ ク ロ フ ァ ジ 悪 食 べ 集 死 溶 食 べ 清 浄 一 肉 作 線 維 芽 作 表 活 発 肉 芽 コ ラ ゲ ン 線 維 呼 増 殖 埋 縮 併 進 先

More information

2. 蚊 から 感 染 する 病 気 疾 患 流 行 地 潜 伏 期 間 主 な 症 状 ワクチン 又 は 予 防 薬 マラリア 熱 帯 1 週 間 以 上 熱 発 作 と 呼 ばれる 発 熱 が 主 症 状 悪 寒 や 震 え マラロン(MARALONE) 亜 熱 帯 を 伴 った 発 熱 が 1

2. 蚊 から 感 染 する 病 気 疾 患 流 行 地 潜 伏 期 間 主 な 症 状 ワクチン 又 は 予 防 薬 マラリア 熱 帯 1 週 間 以 上 熱 発 作 と 呼 ばれる 発 熱 が 主 症 状 悪 寒 や 震 え マラロン(MARALONE) 亜 熱 帯 を 伴 った 発 熱 が 1 1. 水 食 事 から 感 染 する 病 気 疾 患 主 な 症 状 予 防 方 法 ワクチン 食 中 毒 下 痢 食 品 の 加 熱 赤 痢 腹 痛 発 熱 血 便 食 品 の 加 熱 コレラ 水 様 性 下 痢 黄 疸 食 品 の 加 熱 コレラワクチン A 型 肝 炎 全 身 倦 怠 感 黄 疸 食 欲 不 振 発 熱 不 快 感 拒 食 症 強 い 腹 痛 や 下 痢 食 品 の 加 熱 A

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

T 10 3 31 4-1 - WHO EPA 表 1: 水 質 基 準 項 目 と 身 体 への 影 響 検 査 項 目 基 準 値 身 体 に 対 する 影 響 主 な 原 因 一 般 細 菌 100 個 /mリットル 以 下 経 口 伝 染 病 等 消 化 器 系 病 原 菌 によ る 疾 病 など 汚 染 の 指 標 し 尿, 下 水, 排 水 等 大 腸 菌 群 検 出 されないこと

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

(クイズ案 09

(クイズ案 09 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 > 出 題 内 容 食 パト 検 定 < 働 く 仲 間 編 >は 次 の 設 問 から 出 題 しています 心 がまえ 設 問 1 食 品 を 扱 う 作 業 をする 人 の 中 で 衛 生 的 な 取 扱 いに 注 意 しなければならないは 次 のうち 誰 でしょうか? 経 営 者 正 社 員 パート アルバイト a. すべての 立 場 の 人 b. 経

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

化学テロ発生時の現場対処標準について(案)

化学テロ発生時の現場対処標準について(案) 化 学 テロ 発 生 時 における 救 助 救 急 搬 送 救 急 医 療 体 制 病 院 収 容 の 可 否 問 合 被 害 者 の 観 察 結 果 被 害 者 の 数 等 医 療 機 関 現 場 状 況 被 害 者 の 数 症 状 臭 気 着 色 等 連 絡 情 報 提 供 助 言 情 報 提 供 通 化 学 災 害 の 予 測 判 断 報 消 防 本 部 指 令 通 信 担 当 部 署 情 報

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例

目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 目 次 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 A 維 持 透 析 症 例 B 慢 性 腎 不 全 透 析 導 入 症 例 B 慢 性

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

栄養管理手順について

栄養管理手順について 栄 養 管 理 手 順 について 平 成 27 年 6 月 29 日 管 理 栄 養 士 栄 養 管 理 の 意 義 患 者 様 の 病 気 の 治 癒 回 復 を 支 援 し 手 術 などの 合 併 症 の 予 防 に 貢 献 すること 栄 養 ケア マネジメント 平 成 17 年 に 介 護 保 険 制 度 に 導 入 給 食 の 提 供 者 栄 養 療 法 を 担 う 医 療 チームの 一 員

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E>

<5461726F2D874491E682528FCD2091E6825490DF8169939C94419561816A2E> 第 5 節 糖 尿 病 の 医 療 体 制 1 現 状 (1) 罹 患 死 亡 の 状 況 北 海 道 では 糖 尿 病 が 強 く 疑 われる 者 は40~74 歳 の 男 性 で183,372 人 ( 14.8% ) 女 性 で98,903 人 (7.1%)で 合 計 282,275 人 と 推 計 され 糖 尿 病 の 可 能 性 が 否 定 で きない 者 は 男 性 で144,963 人

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性

糖尿病診療における早期からの厳格な血糖コントロールの重要性 2016 年 6 月 23 日 放 送 新 しい 糖 尿 病 治 療 薬 の 使 い 方 虎 の 門 病 院 内 分 泌 代 謝 科 部 長 森 保 道 糖 尿 病 の 90% 以 上 を 占 める 2 型 糖 尿 病 は インスリン 作 用 の 障 害 とインスリン 分 泌 不 全 の 2 つの 病 態 によって 血 糖 調 節 機 構 が 破 たんし 慢 性 の 高 血 糖 を 呈 する 疾 患

More information

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基

大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 1コース~3コース 大 腸 がん 術 後 内 服 化 学 療 法 連 携 4コース 以 降 拠 点 病 院 への 紹 介 基 準 : 食 事 が 入 らないとき 腫 瘍 マーカー 上 昇 時 発 熱 時 処 方 拠 点 病 院 への 紹 介 基 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 ( 開 始 時 ~30ヶ ) 大 腸 がん 共 同 診 療 計 画 表 大 腸 がん( 結 腸 がん 直 腸 がん) 術 後 サーベイ 連 携 (33ヶ ~60ヶ ) 最 終 目 標 5 間 再 発 を 早 期 に 発 見 し QOLが 維 持 できる 手 術 : 最 終 目 標 5 間

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

し 1990 年 代 に 100~200 例 になった.そして, ~60 代 まで 幅 広 い 年 齢 で 発 症 者 が 認 められている 30 代 ~50 代 が 多 く, 女 性 では 20 代 ~30 代 が 多

し 1990 年 代 に 100~200 例 になった.そして, ~60 代 まで 幅 広 い 年 齢 で 発 症 者 が 認 められている 30 代 ~50 代 が 多 く, 女 性 では 20 代 ~30 代 が 多 し 1990 年 代 に 100~200 例 になった.そして, ~60 代 まで 幅 広 い 年 齢 で 発 症 者 が 認 められている 30 代 ~50 代 が 多 く, 女 性 では 20 代 ~30 代 が 多 赤 痢 アメーパ 症 (1999 年 4 月 ~2002 年 12 月 ) 1997~2000 年 は 309 例 中 16 例 (5.2 の 8~27% で, 無 症 候 者 が

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

愛 さんの 憂 鬱

愛 さんの 憂 鬱 ISSN 1346-4191 2010 12 No. 52 富 山 大 学 保 健 管 理 センター 日 常 よく 見 られる 病 気 症 候 について - 下 痢 便 秘 腹 痛 - はじめに も く じ 愛 さんの 憂 鬱 消 化 器 の 機 能 性 症 状 をどう 考 えるか? 過 敏 性 腸 症 候 群 の 診 断 基 準 と 分 類 過 敏 性 腸 症 候 群 の 疫 学 過 敏 性 腸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874030363033313492868AD495F18D908F91816989EF8B638CE3816A2E646F63> 資 料 1-1 大 腸 がん 罹 患 率 の 推 移 ( 男 性 ) 140 120 大 腸 胃 肺 100 80 60 40 胃 がん 87.1 大 腸 がん 69.5 肺 がん 55.7 年 齢 調 整 罹 患 率 ( 人 口 10 万 対 ) 20 0 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73>

<81798F649776817A944E8E9F95CA9048928693C594AD90B68FF38BB581698CF68A4A9770816A2E786C73> 1 富 山 県 内 の 発 生 件 数 8 件 患 者 110 名 ( 死 者 0 名 ) 平 成 22 年 No 発 生 月 日 摂 取 者 数 患 者 数 死 者 数 原 因 食 品 病 因 物 質 血 清 型 等 1 2 月 7 日 富 山 市 23 7 0 鶏 肉 刺 身 カンピロバクター ジェジュニ 飲 食 店 ( 軽 飲 食 ) 2 4 月 9 日 黒 部 市 34 23 0 不 明 (

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に

(2) 少 年 による 薬 物 乱 用 の 推 移 7-2 図 は 特 別 法 犯 少 年 の 送 致 人 員 に 占 める 薬 物 事 犯 を 示 している 薬 物 事 犯 は 昭 和 55 年 ~ 6 年 に 最 も 多 かったが 現 在 は 減 少 傾 向 にある しかし 平 成 2 年 に 第 7 章 薬 物 乱 用 犯 罪 被 害 等 1. 薬 物 乱 用 の 実 態 (1) 薬 物 乱 用 とその 影 響 薬 物 乱 用 とは 医 薬 品 を 医 療 以 外 の 目 的 で 使 用 すること 医 療 目 的 ではない 化 学 物 質 を 不 正 に 使 用 することである 乱 用 される 薬 物 には 前 者 の 例 として 睡 眠 薬 や 鎮 痛 剤 のような 向 精 神 薬 があり

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2)

Microsoft PowerPoint - (中止バージョン)HPVリーフレット (2) 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 受 ける 皆 さまへ 資 料 4 けい 現 在 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 を 積 極 的 にはお 勧 めしていません 接 種 に 当 たっては 有 効 性 と リスク を 理 解 した 上 で 受 けてください 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 有 効 性 とリスクについて お 知 らせします ワクチンの 接 種 は その 有

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病の関係 糖 尿 病 と 歯 周 病 の 関 係 ー お 口 の 中 の 変 化 から 初 期 症 状 を 発 見?! ー 入 野 田 歯 科 医 院 入 野 田 昌 史 日 本 糖 尿 病 対 策 推 進 会 議 で 作 成 されたポスターです 血 糖 値 が 下 がらないのは 歯 周 病 かもしれません 糖 尿 病 の 第 6 合 併 症 が 歯 周 病 と 言 われています 歯 の 喪 出 で 過 栄

More information

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 の 給 与 定 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 平 成 24 年 度 144,543 42,978,315 実 質 収 支 2,354,861 件 費 B 6,317,67 件 費 率 B/A 14.7 ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 件 費 率 13.8

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

untitled

untitled CMV 12 24-1 造 血 幹 細 胞 移 植 後 の 合 併 症 時 期 合 併 症 抗 癌 剤 副 作 用 細 菌 性 真 菌 性 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 VODそ 敗 血 症 中 耳 炎 肺 炎 敗 血 症 ウイルス 性 白 血 球 数 とその 由 来 G V H D 造 血 幹 細 胞 移 植 日 数 前 処 置 期 早 期 中 期 後 期 患 者 本 人 の 口 内 (HSV

More information

アプローチ 第45号

アプローチ 第45号 地 域 の 皆 様 と 共 に 歩 む ドクターのリレー 講 座 深 部 静 脈 血 栓 症 について 循 環 器 内 科 専 門 科 長 文 藏 優 子 我 が 国 のがん 対 策 について 茨 城 県 地 域 がんセンター 長 菊 池 孝 治 病 院 ツアーズ No7 中 学 高 校 が 職 場 体 験 に 訪 れました 療 養 環 境 整 備 をすすめています ラウンジに 手 洗 い 場 を

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 か

目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 か 目 次 1. 新 型 インフルエンザについて 2. 旅 行 前 の 注 意 a. 持 病 のチェック b. 予 防 接 種 ワクチン 接 種 を 要 求 される 場 合 自 分 を 病 気 からまもるため 3. 旅 行 中 の 注 意 a. 食 べ 物 からうつる 病 気 について b. 昆 虫 からうつる 病 気 について c. 動 物 からうつる 病 気 について d.ヒトからうつる 病 気 について

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

陸上自衛隊における感染症対策に関する達 陸 上 自 衛 隊 における 感 染 症 対 策 に 関 する 達 平 成 11 年 9 月 13 日 陸 上 自 衛 隊 達 第 92 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 23 日 達 第 92 7 1 号 平 成 18 年 7 月 26 日 達 第 122 211 号 平 成 19 年 3 月 30 日 達 第 92 7 2 号 平 成 20 年 5 月 29 日 達 第 92 7 3 号

More information

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先

本 資 料 は 米 国 ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 が 2015 年 5 月 29 日 ( 米 国 現 地 時 間 )に 発 表 しましたプレスリリース の 日 本 語 訳 ( 抜 粋 )をご 参 考 までにお 届 けするものです 内 容 につきましては 原 本 である 英 文 が 優 先 各 位 2015 年 6 月 2 日 オプジーボ( 一 般 名 :ニボルマブ)の 第 Ⅰ/Ⅱ 相 臨 床 試 験 で 肝 細 胞 がん 患 者 における 抗 腫 瘍 活 性 を PD-1 免 疫 チェックポイント 阻 害 薬 として 初 めて 示 す (ニュージャージー 州 プリンストン 2015 年 5 月 29 日 )-ブリストル マイヤーズ スクイブ 社 (NYSE:BMY)は 治 療 歴 を

More information

Taro-1H271109 平成27年度 業務概要・伊東

Taro-1H271109 平成27年度 業務概要・伊東 Ⅲ 研 修 調 査 研 究 1 職 員 研 修 等 の 状 況 学 会 大 会 研 修 会 等 場 所 出 席 人 員 4 月 大 分 県 獣 医 師 職 新 任 者 研 修 豊 後 大 野 市 1 人 5 月 全 国 食 肉 衛 生 検 査 所 協 議 会 病 理 部 会 研 修 会 ( 春 期 ) 神 奈 川 県 1 人 対 米 輸 出 認 定 施 設 への 業 務 視 察 鹿 児 島 県 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方 針 1. 夜 間 休 日 の 初 期 小 児 救

基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方 針 1. 夜 間 休 日 の 初 期 小 児 救 阪 神 北 広 域 こども 急 病 センター 平 成 26 年 度 統 計 年 報 公 益 財 団 法 人 阪 神 北 広 域 救 急 医 療 財 団 基 本 理 念 当 センターは 夜 間 休 日 における 子 どもの 急 病 に 対 する 初 期 小 児 救 急 医 療 を 通 じて 安 心 の 子 育 て 子 どもの 健 やかな 成 育 のために 地 域 社 会 に 奉 仕 します 基 本 方

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

伊 江 島 広 報 (2)

伊 江 島 広 報 (2) 伊 江 島 広 報 (2) (3) 伊 江 島 広 報 伊 江 島 広 報 (4) (5) 伊 江 島 広 報 伊 江 島 広 報 (6) (7) 伊 江 島 広 報 伊 江 島 広 報 (8) 0980-56-2500 0980-52-2973 0980-49-2314 (9) 伊 江 島 広 報 伊 江 島 広 報 (10) (11) 伊 江 島 広 報 平 成 28 年 度 伊 江 村 子 牛

More information