Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 37~50

2

3 ~'

4 g~ 単 作 区 が 29.8

5

6

7

8 向 へ.~.~

9

10 _~ ~ '\~

11

12 葉 の 展 開 過 程 は 1~2 週 間 程 度 早 い 傾 向 が 認 め

13 栽 培 の 場 合 の 4~7 倍 に 当 たる これは 養

14

栽培漁業技術開発研究 第3巻第1号

栽培漁業技術開発研究 第3巻第1号 栽 培 漁 業 技 術 開 発 研 究 第 3 巻 第 1 号 誌 名 栽 培 漁 業 技 術 開 発 研 究 ISSN 09116753 著 者 社 団 法 人 瀬 戸 内 海 栽 培 漁 業 協 会, 巻 / 号 3 巻 1 号 掲 載 ページ p. 1-171 発 行 年 月 1974 年 3 月 農 林 水 産 省 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 筑 波 事 務 所 Tsukuba

More information

KM_654e-20160108143111

KM_654e-20160108143111 ~ I ブナオガ 粉 20%, 特 殊 基 材 20%, 芝 芽 土 35%, 粉 炭 5%~ 米 ヌカ 20% ~ 表 ~ 6 に 示 したように 栄 養 源 としては 米 ヌカを 用 いた 培 地 3 よりも 専 管 フスマ+ 特 殊 栄 養 剤 ~ 10/ 11~11/ 15 ~10/ 15 ~ ~1l/ 16 /21~31 ~10 /11~20 /21~30 ~10 10/11~20 菌

More information

農林水産研究文献解題

農林水産研究文献解題 果 樹 栽 培 の 低 コスト 省 力 化 技 術 第 3 章 樹 種 別 技 術 カン キツ 誌 名 果 樹 栽 培 の 低 コスト 省 力 化 技 術 著 者 農 林 水 産 省 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局, 巻 / 号 22 号 掲 載 ページ p. 94-162 発 行 年 月 1991 年 1 月 農 林 水 産 省 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 筑 波 事

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

器 が 果 たしてきた 役 書 がことのほか 大 きかった 中 国 における 鉄 器 丈 fとは 紀 元 龍 3~5 世 紀 までさ ~ 蚕 器 木 地 など 吉 ~~1.. 十 手 ア 干 ~L 十 手 ij~ 料 本 として 栽 培 住 居 である 板 屋 根 の 板 は 長 さ 40cm~70cm, 軒 下 辻 さらに 長 く 80cm~ mtまどもある 幅 は 30cm,

More information

注 1) 法 人 格 の 必 要 性 については 公 大 協 資 料 公 立 大 学 協 会 法 人 化 問 題 特 別 委 員 会 中 間 報 告 ~2 001 L 士 三 J ぜ~ 己 ~にさ 土 !.; ', 2.~ ~ニニ 二 ---.f.~ 十 一 一 一 一 -.~ --~---\ 立 会 公 開 実 験 ( 於 本

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

1 2

1 2 生 きもの 育 む10の 取 り 組 み 一 人 ひとりに 出 来 ること この 印 刷 物 に 使 用 している 用 紙 は 森 を 元 気 にするための 間 伐 と 間 伐 材 の 有 効 活 用 に 役 立 ちます 1 2 menu.1 木 木 材 薪 炭 落 ち 葉 下 草 肥 料 山 菜 キノコ 里 山 のめぐみ 光 が 下 まで 届 かないよ! じめ じめ 間 伐 材 を 利 用 して

More information

(Microsoft Word - \213L\215\332\227\341\201i\220V\213K\220\\\220\277\201jH28\224_\217\244\215H.rtf)

(Microsoft Word - \213L\215\332\227\341\201i\220V\213K\220\\\220\277\201jH28\224_\217\244\215H.rtf) 記 載 例 新 規 申 請 の 場 合 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) 第 号 平 成 28 年 5 月 20 日 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 産 業 経 済 振 興 センター 理 事 長 様 ( 中 小 企 業 者 又 は 中 小 企 業 以 外 の 者 ) 申 請 者 所 在 地 500 岐 阜 市 番 地 団 体 名 岐 阜 産 業 ( 株 ) 代 表 者 職 氏 名

More information

16 三 島 北 普 通 280 345 1.23 Ⅰ (10% 程 度 ) 28 41 1.46 Ⅱ (3% 程 度 ) 9 20 2.22 18 御 殿 場 情 報 システム 80 89 1.11 Ⅰ (15% 程 度 ) 12 7 0.58 Ⅱ (35% 程 度 ) 28 - - 情 報 ビジ

16 三 島 北 普 通 280 345 1.23 Ⅰ (10% 程 度 ) 28 41 1.46 Ⅱ (3% 程 度 ) 9 20 2.22 18 御 殿 場 情 報 システム 80 89 1.11 Ⅰ (15% 程 度 ) 12 7 0.58 Ⅱ (35% 程 度 ) 28 - - 情 報 ビジ 全 日 制 101 下 田 普 通 200 204 1.02 Ⅰ (20% 程 度 ) 40 - - 理 数 40 35 0.88 Ⅰ (50%まで) 20 - - 101 南 伊 豆 分 校 園 芸 40 41 1.03 Ⅰ (25% 程 度 ) 10 4 0.40 Ⅱ (25% 程 度 ) 10 - - 3 松 崎 普 通 120 94 0.78 連 携 ( 定 めない) - 79-4 稲 取

More information

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン

○○地域農業再生協議会水田フル活用ビジョン 河 北 町 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 本 町 の 農 業 は 風 水 害 の 自 然 災 害 が 比 較 的 少 なく 肥 沃 で 恵 まれた 土 地 条 件 のもと 水 稲 を 基 幹 作 物 とし さくらんぼなどの 果 樹 野 菜 花 き 等 の 園 芸 作 物 を 組 み 合 わせた 複

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

夜 ~は 惇 および 肉 潤 筋 協 を 主 治 する, 4. 小,~ 主 壱 片 X5; 業, 根. 搬 時 採 作 茶 片 ~ 磁 煎 服 能 補 中 益 気 偏 止 小 便 滑 数 い. 例 えば, 柴 胡 と 黄 ~, 釈 実 と 有 薬, 麻 ば, 有 薬 と 甘 草, 有 薬 と 当! 帰, 有 薬 と 黄 ~, 11. ~ 消 石 掌 為 之 使,

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

<8B4C8ED289EF8CA98E9197BF>

<8B4C8ED289EF8CA98E9197BF> ~ ...?.1..?.4.~.&?..~. JJ...1. 9. ~.?1.~.?..~... 1...?1..~.9.?1.4..1...?...1....~.1..?~.?.1.9.~..~... 1... 1.....L~,.?~.41.??..9..I...J.~:.?..I.....L~J?L.?~?.I...J..?.A.I.....Agl.~?.g1 I...~ :.?.9..~.1

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

広報ほくと5月号 2008年 №43

広報ほくと5月号 2008年 №43 2765,8839 2765,8839 コンピュータ 制 御 による 温 室 水 耕 栽 培 で 大 切 に 育 てられる 日 本 農 園 のボストンレタス(サラダ 菜 ) スプラウトブームの 火 付 け 役 となった 村 上 農 園 の 製 品 高 根 清 里 小 学 校 白 州 中 学 校 甲 陵 中 高 等 学 校 1 国 道 1 4 1 号 線 至 南 牧 村 高 根 清 里 小

More information

数 値 も 目 標 事 業 赤 米 PR 事 業 赤 米 PR 事 業 KPI 赤 米 生 産 量 増 赤 米 製 品 売 上 額 年 月 申 請 時 28 俵 4 万 円 H28.3 初 年 度 30 俵 100 万 円 H29.3 2 年 目 32 俵 125 万 円 H30.3 3 年 目 3

数 値 も 目 標 事 業 赤 米 PR 事 業 赤 米 PR 事 業 KPI 赤 米 生 産 量 増 赤 米 製 品 売 上 額 年 月 申 請 時 28 俵 4 万 円 H28.3 初 年 度 30 俵 100 万 円 H29.3 2 年 目 32 俵 125 万 円 H30.3 3 年 目 3 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 日 本 で3か 所 赤 米 を 活 用 した 農 業, 観 光 振 興 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 総 社 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 総 社 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 総 社 市 に 伝 わる 赤 米 は, 日 本 の 中 で3か 所 でしか 栽 培 されていない

More information

"~'::~v~~v'" ~V -,~

~'::~v~~v' ~V -,~ "~'::~v~~v'" ~V -,~ ~ かにもはるばる 来 たる 気 色 に 侍 V~ 文 1 政 ~25 '9"- 天 18 保 ~12 天 18 保 ~23 文 18 久 ~\ 安 18 政 ~\ 文 18 化 2~0 '9"- 安 18 政 ~74 天 18 保 ~~'9"- 天 18 保 ~~'9"- 天 18 保 ~56 弘 18 化 ~\ 嘉 18 永 ~92 嘉 18 永 ~36

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc

Microsoft Word - Urumeiwashi-P101111.doc 平 成 22 度 ニシン 北 海 道 の 資 源 評 価 責 任 担 当 水 研 : 北 海 道 区 水 産 研 究 所 ( 村 上 直 人 ) 参 画 機 関 : 独 立 行 政 法 人 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 水 産 研 究 本 部 要 約 1987 には 北 海 道 サハリン 系 群 を 主 体 に 過 去 最 大 となる97 万 トンが 漁 獲 され 最 重 要 種 であったものの

More information

雑 所 得 ( 公 的 年 金 収 入 )がある 方 源 泉 徴 収 票 の 写 しを 添 付 してください () 収 入 金 額 等 の 公 的 年 金 等 キ の 欄 に 受 け 取 った( 税 等 天 引 き 前 の) 年 金 額 を 記 入 します () 所 得 金 額 の 雑 7 の 欄

雑 所 得 ( 公 的 年 金 収 入 )がある 方 源 泉 徴 収 票 の 写 しを 添 付 してください () 収 入 金 額 等 の 公 的 年 金 等 キ の 欄 に 受 け 取 った( 税 等 天 引 き 前 の) 年 金 額 を 記 入 します () 所 得 金 額 の 雑 7 の 欄 [ 平 成 6 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ] はじめに 申 告 書 ( 表 面 ) 上 部 の 太 枠 内 の 住 所 氏 名 生 年 月 日 電 話 番 号 などを 記 入 し 押 印 してください 所 得 金 額 の 記 載 について 営 業 収 入 がある 方 収 支 内 訳 書 を 添 付 してください 販 売 業 製 造 業 飲 食 業 サービス 業 外

More information

Title 急 性 に 発 熱 をもつて 発 病 したる 興 味 ある 若 年 者 胃 癌 の 一 例 Author(s) 高 橋, 光 Journal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 24(3):108-112, 1954 URL http://hdl.handle.net/10470/12359 Twinkle:Tokyo Women's Medical University - http://ir.twmu.ac.jp/dspace/

More information

~33 年 )などの 記 事 に 示 されたように その 傾 向 は 時 とともにいっ ~ 秋 田 県 深 仙 北 郡 農 事 調 査 報 告 上 巻 ( 秋 田 県 原 仙 北 郡 役 所 明 治 32 年 )

~33 年 )などの 記 事 に 示 されたように その 傾 向 は 時 とともにいっ ~ 秋 田 県 深 仙 北 郡 農 事 調 査 報 告 上 巻 ( 秋 田 県 原 仙 北 郡 役 所 明 治 32 年 ) ~33 年 )などの 記 事 に 示 されたように その 傾 向 は 時 とともにいっ ~ 秋 田 県 深 仙 北 郡 農 事 調 査 報 告 上 巻 ( 秋 田 県 原 仙 北 郡 役 所 明 治 32 年 ) 戸 時 代 防 長 地 方 の 稲 作 徳 山 大 学 総 合 経 済 研 究 所 総 研 レビュー~ W 農 業 成 長 の 諸 条 件 ~ 日 本 の 人 口 構 造 ~ 一 一

More information

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 (

特 定 農 作 業 従 事 者 とは 次 の1~3の 全 てに 該 当 する 人 をいいます 1 年 間 の 農 業 生 産 物 ( 畜 産 及 び 養 蚕 に 係 るものを 含 む)の 総 販 売 額 が300 万 円 以 上 または 経 営 耕 地 面 積 が2ヘクタール 以 上 の 規 模 ( のしおり 農 業 者 の 方 も 労 災 保 険 に 加 入 できます 労 災 保 険 は 本 来 労 働 者 の 業 務 または 通 勤 による 負 傷 疾 病 障 害 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 を 行 う 制 度 で す が 労 働 者 以 外 で も そ の 業 務 の 実 情 災 害 の 発 生 状 況 などからみて 特 に 労 働 者 に 準 じて 保 護 すること が 適 当

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

Microsoft Word - アクションプラン本文

Microsoft Word - アクションプラン本文 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用 促 進 アクションプラン( 第 二 期 ) 平 成 2 6 年 4 月 1 日 島 根 県 地 域 振 興 部 情 報 政 策 課 島 根 県 行 政 情 報 化 推 進 指 針 に 掲 げる ICTを 活 用 した 更 にスピーディーで 質 の 高 い 県 民 サービスの 提 供 を 実 現 するため 島 根 県 行 政 手 続 オンライン 利 用

More information

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島

3 節 農 業 経 営 体 と 農 業 就 業 者 の 動 向 農 業 就 業 人 口 の 平 均 年 齢 は 多 くの 地 域 において 65 歳 を 超 えていますが 都 道 府 県 別 にみると その 様 相 は 異 なります 広 島 県 (70.4 歳 ) 山 口 県 (70.3 歳 ) 島 () 農 業 就 業 者 の 動 向 ( 農 業 就 業 人 口 は 引 き 続 き 減 少 高 齢 化 ) 農 業 就 業 人 口 は 平 成 (010) 年 には 61 万 人 となり 平 成 1(000) 年 と 比 べ 33% 平 成 17(005) 年 と 比 べ % 減 少 しています 1 この 減 少 の 要 因 は 高 齢 化 による 離 農 のほか 小 規 模 農 家 の 農 業

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

さらに 研 修 指 導 者 のスキルアップを 図 るためのセミナーや 指 導 を 行 う (3) 事 業 の 成 果 目 標 ア 成 果 目 標 高 度 環 境 制 御 技 術 を 取 り 入 れた 栽 培 施 設 の 面 積 を 平 成 27 年 度 を 基 準 として5 % 以 上 増 加 する

さらに 研 修 指 導 者 のスキルアップを 図 るためのセミナーや 指 導 を 行 う (3) 事 業 の 成 果 目 標 ア 成 果 目 標 高 度 環 境 制 御 技 術 を 取 り 入 れた 栽 培 施 設 の 面 積 を 平 成 27 年 度 を 基 準 として5 % 以 上 増 加 する 次 世 代 施 設 園 芸 地 域 展 開 促 進 事 業 ( 全 国 推 進 事 業 )に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 次 世 代 施 設 園 芸 地 域 展 開 促 進 事 業 ( 全 国 推 進 事 業 )( 以 下 補 助 事 業 という ) に 係 る 応 募 の 実 施 については この 要 領 に 定 める 2 公 募 対 象 補 助 事 業 等 (1) 事 業 目 的 我 が

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

筆 者 は, 前 稿 1) において 1970 年 代 後 半 ~1980 年 栽 培 期 (1830~1870 年 )のジャワ 農 村 社 会 研 究 1980 年 代 後 半 ~1990 年 代 初 頭 の ものを 中 心 とするが, 一 部 に 1970 年 代 後 半 ~1980 1830~

筆 者 は, 前 稿 1) において 1970 年 代 後 半 ~1980 年 栽 培 期 (1830~1870 年 )のジャワ 農 村 社 会 研 究 1980 年 代 後 半 ~1990 年 代 初 頭 の ものを 中 心 とするが, 一 部 に 1970 年 代 後 半 ~1980 1830~ Title 諸 外 国 におけるインドネシア 経 済 史 研 究 : 植 民 地 社 会 の 成 立 と 構 造 Author(s) 宮 本, 謙 介 Citation 經 濟 學 研 究 = ECONOMIC STUDIES, 42(2): 77 Issue Date 1992-09 DOI Doc URLhttp://hdl.handle.net/2115/31916 Right Type bulletin

More information

本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学

本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学 本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学 の 軍 事!'H ~I : が 強 訓 されるとともに 食 事 の 凶 民 保 他 ~ 主 です *J~ -( 都 文 京 区 小 石 )11 4 丁 口 ば, 三 皇 成 立 の 時 代 は 秦 代 前 22 1~ 前 202 年 )

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 地 域 バイオマス 利 活 用 金 平 成 19 年 4 月 農 林 水 産 省 バイオマスタウン 実 現 に 向 けた 取 組 への 支 援 地 域 バイオマス 利 活 用 金 新 規 ソフト 支 援 バイオマスタウン 構 想 の 策 定 等 バイオマスタ ウンの 実 現 に 向 けた 地 域 の 創 意 工 夫 を 凝 らした 主 体 的 な 取 組 を 支 援 ハード 支 援 バイオマス 変

More information

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378>

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378> 1 の 放 射 性 物 質 検 査 について 実 施 主 体 産 地 結 果 (Bq/kg) 1 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 洋 野 町 CS 乳 乳 製 品 原 乳 岩 手 県 環 境 保 健 研 究 セン Ge H23.12.12 H23.12.13 < 6.5 < 6.6 < 7.3 2 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 岩 泉 町 CS 乳

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

高 齢 者 社 会 参 加 活 動 支 援 事 業 平 成 27 年 度 福 島 県 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 活 動 報 告 書 福 島 県 目 次 高 齢 者 生 きがい 就 労 モデル 事 業 報 告 書 P1 実 績 報 告 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ふくしま 成 年 後 見 センター P2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 しんぐるまざあず ふぉーらむ

More information

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や

産 業 が 1,003 人 ( 人 口 比 54.2%)となっている < 第 一 次 産 業 > 農 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 厳 しさを 増 している 中 で 今 後 も 農 家 戸 数 の 減 少 や 高 齢 化 の 進 行 が 見 込 まれることから 経 営 の 体 質 強 化 や 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 乙 部 町 の 魅 力 ある 地 域 資 源 を 活 用 した 産 業 活 性 化 事 業 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 北 海 道 爾 志 郡 乙 部 町 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 乙 部 町 の

More information

青 年 部 だ よ り 桜 の 会 の 支 援 事 業 6 月 9 日 ( 木 ) 美 都 町 都 茂 にある 忠 魂 碑 の 草 刈 りを 行 いま した この 草 刈 りは 桜 の 会 の 支 援 事 業 として 行 っているもの で 国 道 191 号 線 沿 いの 桜 を 見 やすく よく

青 年 部 だ よ り 桜 の 会 の 支 援 事 業 6 月 9 日 ( 木 ) 美 都 町 都 茂 にある 忠 魂 碑 の 草 刈 りを 行 いま した この 草 刈 りは 桜 の 会 の 支 援 事 業 として 行 っているもの で 国 道 191 号 線 沿 いの 桜 を 見 やすく よく 平 成 28 年 度 美 濃 商 工 会 通 常 総 会 開 催 5 月 24 日 ふれあいホ-ルみとに 於 いて 平 成 28 年 度 通 常 総 会 が 開 催 されました 議 案 は 平 成 27 年 度 事 業 報 告 及 び 収 支 決 算 報 告 平 成 28 年 度 事 業 計 画 案 及 び 収 支 予 算 案 労 働 保 険 事 務 処 理 規 約 の 一 部 変 更 更 正 予

More information

防衛省薬物乱用防止月間について(通達)

防衛省薬物乱用防止月間について(通達) 防 人 1 第 4664 号 18.5.12 防 人 計 第 354 号 1 9. 1. 9 長 官 官 房 長 施 設 等 機 関 の 長 各 幕 僚 長 情 報 本 部 長 殿 技 術 研 究 本 部 長 装 備 本 部 長 防 衛 施 設 庁 長 官 事 務 次 官 防 衛 省 薬 物 乱 用 防 止 月 間 について( 通 達 ) 昨 今 の 自 衛 官 による 薬 物 乱 用 の 続 発

More information

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477>

<8E8E8CB18CA48B868B408AD688EA97972E786477> Ⅰ 試 験 研 究 機 関 の 沿 革 明 治 大 正 昭 和 明 治 33.5 昭 和 11.8 昭 和 31.7 昭 和 37.3 農 事 試 験 場 ( 安 倍 郡 豊 田 村 曲 金 ) ( 静 岡 市 北 安 東 ) 農 業 試 験 場 改 築 昭 和 33.4 三 方 原 田 畑 転 換 試 験 地 ( 浜 松 市 東 三 方 町 ) 昭 和 40.4 西 遠 農 業 昭 和 11.3

More information

1. 技 術 部 (1) 野 菜 花 き 部 門 1) 果 菜 類 C 第 1 表 平 成 20 年 度 における 野 菜 花 卉 の 耕 種 生 産 概 要 a kg.,,,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,,.,,.,,,.,.,.,,.,,.,.,,.,.,.,,.,.,.,.,,.,.,,.,,.,.,,,.,,.,., No.32 2010 第 2 表 圃 場 別 作 付 け 概 要

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 誰 でも 無 料 で 簡 単 登 録 全 国 農 業 会 議 所 の 運 営 で 安 心 http://www.nca.or.jp/garden-network/ 農 業 体 験 農 園 や 市 民 農 園 は 余 暇 を 利 用 したレクリエーションの 場 や 作 物 を 作 る 喜 びなど 多 くの 魅 力 があります また 農 家 や 自 治 体 にとっても 住 民 の 農 業 への 理 解

More information

農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 について 農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 が 平 成 22 年 4 月 1 日 付 21 農 振 第 2495 号 によりありました その1 誘 導 部 分 農 地 水 向

農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 について 農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 が 平 成 22 年 4 月 1 日 付 21 農 振 第 2495 号 によりありました その1 誘 導 部 分 農 地 水 向 農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 について 農 地 水 環 境 保 全 向 上 対 策 実 施 要 領 の 一 部 改 正 が 平 成 22 年 4 月 1 日 付 21 農 振 第 2495 号 によりありました その1 誘 導 部 分 農 地 水 向 上 活 動 の 項 目 について その2 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 制 度 と 重 複

More information

   「シリーズ・手づくり、田づくり、里づくり《VOL7

    「シリーズ・手づくり、田づくり、里づくり《VOL7 シリーズ 手 づくり 田 づくり 里 づくり vol.7 ふれあい 楽 校 (がっこう) 赤 雁 (あかがり)の 里 ( 社 )JA 総 合 研 究 所 基 礎 研 究 部 客 員 研 究 員 黒 川 愼 司 1. 代 表 渡 邊 哲 朗 という 人 は 今 回 は 組 織 の 紹 介 からではなく その 組 織 を 支 える 人 へのアプローチから スタートすることとする 有 限 会 社 赤 雁

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

1 主 要 産 地 品 種 の 販 売 状 況 (1) 産 地 品 種 等 の 販 売 単 価 動 向 ( 単 位 : 円 /kg( 税 込 )) 600 魚 沼 コシヒカリ 550 平 均 価 格 4 500 山 形 つや 姫 450 北 海 道 ゆめぴりか 新 潟 コシヒカリ 400 兵 庫 コ

1 主 要 産 地 品 種 の 販 売 状 況 (1) 産 地 品 種 等 の 販 売 単 価 動 向 ( 単 位 : 円 /kg( 税 込 )) 600 魚 沼 コシヒカリ 550 平 均 価 格 4 500 山 形 つや 姫 450 北 海 道 ゆめぴりか 新 潟 コシヒカリ 400 兵 庫 コ 米 穀 機 構 ( ) 平 成 28 年 7 月 15 日 Retail Price of rice Vol.28-3( 平 成 28 年 6 月 分 ) 米 穀 機 構 では 毎 月 量 販 店 等 の 販 売 (POS)データについて 編 集 加 工 のうえ 月 報 として 公 表 しています 平 成 28 年 6 月 におけるPOSデータに 基 づく うるち 米 の 販 売 価 格 等 の 概

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

円 数 式 計 算 例 ば 5 間 6 カ 総, 円 円 6 カ 対 65 歳 老 齢 基 礎 ょ 支 給 1, 円 円 6 カ 間 受 給 総 同 右 記 65 歳 受 給 場 合 つ 間 元 わ 1 つ 同 じ 言 公 的 損 得 勘 定 考 一 部 ご 批 判 あ あ 言 ば 厳 超 低 利

円 数 式 計 算 例 ば 5 間 6 カ 総, 円 円 6 カ 対 65 歳 老 齢 基 礎 ょ 支 給 1, 円 円 6 カ 間 受 給 総 同 右 記 65 歳 受 給 場 合 つ 間 元 わ 1 つ 同 じ 言 公 的 損 得 勘 定 考 一 部 ご 批 判 あ あ 言 ば 厳 超 低 利 8 11AUG ひわど 園 サツマイモ 苗 植 カラークラブ 山 口 節 子 提 供 円 数 式 計 算 例 ば 5 間 6 カ 総, 円 円 6 カ 対 65 歳 老 齢 基 礎 ょ 支 給 1, 円 円 6 カ 間 受 給 総 同 右 記 65 歳 受 給 場 合 つ 間 元 わ 1 つ 同 じ 言 公 的 損 得 勘 定 考 一 部 ご 批 判 あ あ 言 ば 厳 超 低 利 時 代 あ 朗

More information

1p_7

1p_7 Qu Many many thanks Q u 何 と 皮 肉 なことか 梅 雨 明 けと 共 に 雨 が 降 り 出 すなんて せっかくの 7 月 の 暑 さ が 台 無 しになってしまうほど 8 月 は 最 悪 の 天 気 となってしまった 雨 曇 天 時 に 低 温 この 傾 向 は9 月 上 旬 まで 続 いた 得 てしてこんなものだ 自 然 は 人 の 思 惑 などには 頓 着 しない 気

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

P01-20表4.indd

P01-20表4.indd 2016 6.15 No.1155 INFORMATION INFORMATION INFORMATION INFORMATION 525-0001 下 物 町 1091 568-2332 568-0955 http://www.seibu-la.co.jp/mizunomori/ 開 園 時 間 9:00~17:00( 入 園 は16:30まで) 休 園 月 曜 日 ( 祝 日 の 場

More information

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法

目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化 法 平 成 23 年 度 版 2011( 平 成 23) 年 8 月 ( 社 ) 岩 手 県 農 業 公 社 目 次 第 1 章 農 地 保 有 合 理 化 事 業 制 度 第 1 節 農 地 保 有 合 理 化 事 業 の 創 設 と 変 遷 1 農 地 保 有 合 理 化 事 業 とは 何 か 1 P 2 の 創 設 と 変 遷 1 3 の 事 業 内 容 2 第 2 節 農 地 保 有 合 理 化

More information

自営農業就農若手女性の研修等ニーズ及び研修手法に関するマニュアル

自営農業就農若手女性の研修等ニーズ及び研修手法に関するマニュアル Ⅲ 各 県 の 取 組 み 1. 千 葉 県 1. 取 組 の 背 景 千 葉 県 における 2010 年 の 39 歳 以 下 女 性 の 農 業 就 業 人 口 は 2,557 人 ( 全 体 の 5.3%)と 非 常 に 少 なく 10 年 前 と 比 較 して 1/3 強 という 状 況 である 全 体 に 占 める 割 合 について も 2000 年 が 9.3% 1 割 近 く 占 めていたのに

More information

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希

農 業 新 規 就 農 研 修 制 度 ( 四 万 十 農 園 あぐりっこ) 四 万 十 市 産 材 利 用 促 進 事 業 センター ぽっぽ 市 内 に 住 所 を 有 し 4 月 1 日 現 在 において15 歳 以 上 65 歳 未 満 の 者 自 立 して 就 農 する 新 規 就 農 希 市 町 村 項 目 事 業 名 対 象 者 内 容 黒 潮 町 医 療 乳 幼 児 医 療 費 助 成 制 度 乳 幼 児 の 健 康 を 守 るため 医 療 費 の 助 成 を 行 っています 中 学 校 卒 業 まで: 入 院 通 院 とも 自 己 負 担 なし 健 康 福 祉 課 保 健 衛 生 係 : 0880-43-2836 H25 年 9 月 作 成 多 子 世 帯 保 育 料 助 成

More information

生命保険料控除の改正について(概要)

生命保険料控除の改正について(概要) 生 命 保 険 料 控 除 制 度 の 改 正 について( 概 要 ) 平 成 24 年 1 月 1 日 以 後 に 締 結 されたご 契 約 より 生 命 保 険 料 控 除 制 度 が 次 のとおり 改 正 されます 1.おもな 改 正 点 (1) 介 護 医 療 保 険 料 控 除 の 新 設 これまでの 一 般 生 命 保 険 料 控 除 個 人 年 金 保 険 料 控 除 に 加 えて 介

More information

< F2D8D4C95F182A982C282E782A882A8926D82E782B994C5348C8E8D D B2E6A7464>

< F2D8D4C95F182A982C282E782A882A8926D82E782B994C5348C8E8D D B2E6A7464> 広 報 発 葛 尾 村 役 場 総 務 課 979-1602 福 島 県 双 葉 郡 葛 尾 村 字 落 合 字 落 合 16 TEL 0240-29-2111( 代 表 ) FAX 0240-29-2123 公 式 ホームページ http://www.katsurao.org/ メルマガ 登 録 http://katsurao.inf-gov02.jp/regist.html 広 報 担 当 電

More information

給 与 所 得 金 額 の 速 算 表 B=A 4( 千 未 満 の 端 数 切 捨 て) 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 ~650,999 0,628,000 ~,799,999 B 2.4 65,00

給 与 所 得 金 額 の 速 算 表 B=A 4( 千 未 満 の 端 数 切 捨 て) 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 給 与 等 の 収 入 金 額 A 給 与 所 得 の 金 額 ~650,999 0,628,000 ~,799,999 B 2.4 65,00 市 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 番 号 に 沿 って 説 明 していますので 該 当 するところに 記 入 してください 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 申 告 書 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 申 告 用 行 政 区 番 号 個 人 番 号 受 付 印 加 西 市 長 様 月 日 現 在 の 住 所 フリカ ナ 提

More information

開 設 日 平 成 12 年 12 月 1 日 ト メイン 名 内 容 1EPIC 及 び 県 内 国 際 交 流 団 体 が 行 うイベントをホームペー ジやメールマガジンで 紹 介 2 外 国 人 生 活 相 談 に 関 する 情 報 の 提 供 3

開 設 日 平 成 12 年 12 月 1 日 ト メイン 名  内 容 1EPIC 及 び 県 内 国 際 交 流 団 体 が 行 うイベントをホームペー ジやメールマガジンで 紹 介 2 外 国 人 生 活 相 談 に 関 する 情 報 の 提 供 3 平 成 18 年 度 事 業 計 画 書 Ⅰ 基 本 方 針 愛 媛 県 内 において 在 住 外 国 人 は 顕 著 な 増 加 傾 向 にあり 産 業 分 野 や 教 育 分 野 等 において 県 民 と 外 国 人 が 触 れ 合 う 機 会 が 多 くなっている そのような 国 際 化 が 進 展 する 状 況 の 中 で NPO 等 各 種 団 体 による 国 際 交 流 や 国 際 協

More information

博物館実習ガイドライン

博物館実習ガイドライン 目 次 はじめに 1 ねらい 3 1. 学 内 実 習 4 (1) 見 学 実 習 5 (2) 実 務 実 習 6 (3) 事 前 事 後 指 導 7 2. 館 園 実 習 8 3. 留 意 事 項 10 ( 参 考 ) 館 園 実 習 実 施 計 画 例 13 はじめに 博 物 館 実 習 は 博 物 館 法 施 行 規 則 第 1 条 に 基 づき 大 学 において 修 得 すべき 博 物 館

More information

平 成 26 年 度 第 3 回 農 商 工 等 事 業 計 画 認 定 事 業 一 覧 ( 別 紙 ) 農 商 工 等 事 業 計 画 :3 件 今 回 の 認 定 により 当 局 の 認 定 案 件 は121 件 ( 富 山 県 17 件 石 川 県 17 件 岐 阜 県 23 件 51 件 三

平 成 26 年 度 第 3 回 農 商 工 等 事 業 計 画 認 定 事 業 一 覧 ( 別 紙 ) 農 商 工 等 事 業 計 画 :3 件 今 回 の 認 定 により 当 局 の 認 定 案 件 は121 件 ( 富 山 県 17 件 石 川 県 17 件 岐 阜 県 23 件 51 件 三 中 部 の 農 商 工 等 事 業 計 画 平 成 26 年 度 第 3 回 認 定 について 平 成 27 年 2 月 2 日 中 部 経 済 産 業 局 北 陸 農 政 局 東 海 農 政 局 中 部 経 済 産 業 局 北 陸 農 政 局 及 び 東 海 農 政 局 では 平 成 20 年 7 月 に 施 行 された 中 小 企 業 者 と 農 林 漁 業 者 との による 事 業 活 動 の

More information

観第602号

観第602号 様 式 第 1 号 ( 第 3 条 関 係 ) 受 付 印 公 文 書 開 示 請 求 書 平 成 25 年 11 月 12 日 佐 賀 県 知 事 様 郵 便 番 号 住 所 氏 ( 法 人 等 にあつては 主 たる 事 務 所 等 の 所 在 地 ) 名 ( 法 人 等 にあつては その 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 連 絡 先 担 当 部 課 名 担 当 者 名 電 話 番 号

More information

第3節 重点的な取り組み

第3節 重点的な取り組み 第 4 節 高 齢 者 の 生 きがいづくりと 社 会 参 加 の 促 進 1 生 きがいづくり 活 動 等 への 参 加 団 塊 の 世 代 が 定 年 退 職 し さまざまな 価 値 観 を 持 った 高 齢 者 が 増 えてきました 社 会 の 中 で 高 齢 者 の 占 める 割 合 が 高 くなるにつれて 高 齢 者 が 社 会 的 弱 者 である というイメージは 徐 々に 変 わりつつあり

More information

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題

品目横断的経営安定対策下における集落営農の課題 茨 城 県 作 物 研 究 会 講 演 要 旨 2007 年 3 月 13 日 品 目 横 断 的 経 営 安 定 対 策 下 に おける 集 落 営 農 の 課 題 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 中 央 農 業 総 合 研 究 センター 農 業 経 営 研 究 チーム 高 橋 明 広 報 告 の 構 成 1. 問 題 意 識 2. 集 落 営 農

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽

0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 畑 のあしあと 詳 細 マニュアル 1 0 目 次 1. 畑 のあしあとの 使 い 方 P.3 2.オプション P.6 3.モバイルデバイスより 履 歴 取 得 P.8 4. 基 本 情 報 管 理 P.11 5. 栽 培 計 画 P.22 6.ドキュメント 出 力 P.25 7. 栽 培 履 歴 管 理 P.28 8.モバイルでの 栽 培 履 歴 登 録 P.31 2 1 畑 のあしあとの 使 い

More information

環境教育に活用できる学校づくり実践事例集

環境教育に活用できる学校づくり実践事例集 第 2 章 エコスクールの 原 理 を 学 習 に 活 かす 理 科 生 活 等 の 各 教 科 や 総 合 的 な 学 習 の 時 間 に ビオト ープ 緑 のカーテンなどを 活 用 した 環 境 教 育 プログラム の 実 践 や 校 舎 を 使 って 住 環 境 について 学 ぶ 環 境 教 育 の 取 組 が 先 進 校 で 始 まっています また 外 部 の 専 門 家 による 出 前 授

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

機 関 名 福 島 県 農 業 総 合 センター 部 署 名 企 画 経 営 部 企 画 技 術 科 記 入 者 氏 名 遠 藤 敦 史 電 話 番 号 024-958-1700 品 目 技 術 名 雑 穀 エ

機 関 名 福 島 県 農 業 総 合 センター 部 署 名 企 画 経 営 部 企 画 技 術 科 記 入 者 氏 名 遠 藤 敦 史 電 話 番 号 024-958-1700  品 目 技 術 名 雑 穀 エ 技 術 雑 穀 技 術 名 技 術 の 特 徴 開 発 機 関 名 ページ エゴマ 加 工 品 の 酸 化 抑 制 法 エゴマには 機 能 性 成 分 であるα-リノレン 酸 が 多 く 含 まれているが 酸 化 による 劣 化 が 早 いという 難 点 がある そこで 市 販 の 抗 酸 化 剤 の 効 果 を 調 べたところ エゴマペースト エゴマドレッシングの 酸 化 抑 制 にはビタミンC

More information

培 養 する ~J 片 を 切 取 る 株 の 選 択 に 関 しては 苗 令 を 災 にした;f;j(, 採 取 季 節 を 異 にした 株 および 追 ~m の 殺 菌 l 乙 関 しては 殺 菌 i 時 間 と 殺 磁 波 の 温 度 について, 切 Jtの 霞 床 lζ 関 しては 茎 切

培 養 する ~J 片 を 切 取 る 株 の 選 択 に 関 しては 苗 令 を 災 にした;f;j(, 採 取 季 節 を 異 にした 株 および 追 ~m の 殺 菌 l 乙 関 しては 殺 菌 i 時 間 と 殺 磁 波 の 温 度 について, 切 Jtの 霞 床 lζ 関 しては 茎 切 ~78 培 養 する ~J 片 を 切 取 る 株 の 選 択 に 関 しては 苗 令 を 災 にした;f;j(, 採 取 季 節 を 異 にした 株 および 追 ~m の 殺 菌 l 乙 関 しては 殺 菌 i 時 間 と 殺 磁 波 の 温 度 について, 切 Jtの 霞 床 lζ 関 しては 茎 切 片 供 試 品 怒 :すべての 実 験 に 切 花 用 中 総 ギクの'~ 妥 協 の 桜 'を

More information

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ

新 規 就 農 者 新 たなチャレンジ!~ 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 入 所 式 ~ 4 月 1 日 JAひだが 運 営 する 飛 騨 地 域 トマト 研 修 所 の 第 2 期 生 の 入 所 式 がJAひだ 及 び 飛 騨 市 の 共 催 によりJAひだ 古 川 支 店 で 開 催 さ 今 月 の 重 点 活 動 飛 騨 農 林 事 務 所 の 普 及 活 動 状 況 平 成 28 年 4 月 28 日 現 在 担 い 手 経 営 改 善 と 地 域 発 展 への 尽 力 が 認 められる ~ 大 西 洋 介 さん 中 日 農 業 賞 受 賞 ~ 3 月 26 日 に 名 古 屋 市 の 中 日 パレスで 第 75 回 中 日 農 業 賞 の 贈 呈 式 が 開 催 され 高 山

More information

公 社 が 水 田 機 械 作 業 を 請 け 負 い 農 業 用 機 械 ( 田 植 え 機 コンバイン) を 保 有 す る 農 家 に 委 託 して 機 械 作 業 を 行 う 5. 農 作 業 体 験 研 修 事 業 農 業 に 興 味 を 持 つ 都 市 住 民 に 市 内 農 家 での

公 社 が 水 田 機 械 作 業 を 請 け 負 い 農 業 用 機 械 ( 田 植 え 機 コンバイン) を 保 有 す る 農 家 に 委 託 して 機 械 作 業 を 行 う 5. 農 作 業 体 験 研 修 事 業 農 業 に 興 味 を 持 つ 都 市 住 民 に 市 内 農 家 での 平 成 24 年 度 一 般 財 団 法 人 中 野 市 産 業 公 社 事 業 計 画 現 公 社 の 前 身 である 財 団 法 人 中 野 市 振 興 公 社 は 平 成 3 年 3 月 に 設 立 平 成 20 年 10 月 に 財 団 法 人 中 野 市 産 業 公 社 に 名 称 変 更 され 本 年 度 末 において 3 年 6 ヶ 月 となります が 国 の 公 益 法 人 制 度

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

目 次 平 成 28 年 度 京 都 府 立 大 学 推 薦 入 試 学 生 募 集 要 項 アドミッション ポリシー 1 1 概 要 5 2 出 願 資 格 及 び 選 抜 方 法 6 3 推 薦 条 件 7 4 試 験 場 及 び 日 時 8 5 出 願 手 続 9 6 入 学 手 続 等 10

目 次 平 成 28 年 度 京 都 府 立 大 学 推 薦 入 試 学 生 募 集 要 項 アドミッション ポリシー 1 1 概 要 5 2 出 願 資 格 及 び 選 抜 方 法 6 3 推 薦 条 件 7 4 試 験 場 及 び 日 時 8 5 出 願 手 続 9 6 入 学 手 続 等 10 平 成 28 年 度 推 薦 入 試 学 生 募 集 要 項 文 学 部 公 共 政 策 学 部 生 命 環 境 学 部 京 都 府 立 大 学 目 次 平 成 28 年 度 京 都 府 立 大 学 推 薦 入 試 学 生 募 集 要 項 アドミッション ポリシー 1 1 概 要 5 2 出 願 資 格 及 び 選 抜 方 法 6 3 推 薦 条 件 7 4 試 験 場 及 び 日 時 8 5 出

More information

Microsoft Word - プレスリリース(運用ガイドライン変更)_Final_cln_20160701.doc

Microsoft Word - プレスリリース(運用ガイドライン変更)_Final_cln_20160701.doc 各 位 平 成 28 年 7 月 6 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 東 京 都 中 央 区 八 丁 堀 二 丁 目 26 番 9 号 ヒューリックリート 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 時 田 榮 治 (コード:3295) 資 産 運 用 会 社 名 ヒューリックリートマネジメント 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 時 田 榮 治

More information

.... . ~ 取 るためのキーポイントはなんですか? ~ http: //www.maff.go jp / j /se i san/ryutu/daizu/d~co mbin e/index.html http: //www.maff.go jp / j /se isan /ryutu / daizu / d~kansou /i ndex.html ~ ~ 一 一

More information

なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世 界 的 な

なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世 界 的 な インドネシア 産 有 望 産 品 について (ガーリック ココナッツ) 小 林 桂 株 式 会 社 藤 澤 祥 大 なぜガーリックとココナッツか? 選 択 した 理 由 について 日 本 において ガーリックは 中 国 からの 輸 入 に 依 存 している ココナッツもフィリピンからの 輸 入 が 多 い ともに 依 存 率 が 高 い ガーリックはチャイナフリーのニーズが 上 昇 ココナッツは 世

More information

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正)

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正) 平 成 16 年 4 月 1 通 知 平 成 27 年 4 月 1 最 終 改 正 ( 一 部 改 正 ) 平 成 17 年 4 月 1, 平 成 18 年 1 月 1, 平 成 18 年 4 月 1, 平 成 19 年 4 月 1, 平 成 19 年 10 月 1, 平 成 21 年 4 月 1, 平 成 22 年 4 月 1, 平 成 22 年 7 月 1, 平 成 23 年 4 月 1, 平

More information

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転

物 の 形 態 制 限 等 の 例 規 が 適 用 される 2 開 発 許 可 等 を 受 けようとする 土 地 が 農 地 であるときは 開 発 許 可 等 権 者 と 農 地 転 用 許 可 権 者 があ らかじめ 相 互 に 連 絡 調 整 を 行 い 開 発 許 可 等 及 び 農 地 転 大 和 市 都 市 計 画 法 に 基 づく 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 等 の 基 準 に 関 する 条 例 逐 条 解 説 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 34 条 第 1 2 号 の 規 定 による 開 発 許 可 の 基 準 及 び 都 市 計 画 法 施 行

More information

30~ 13 : 35~13:40 13:40~14 : 14:10~14:40 14:40~15 00 1 5 : 00~15:20 15 20~15:50 15:50~16:10 10~ 1 6:30 ~\ ~ ~ ように 1~3μ m を 達 成 する 技 術 は このメリッ 卜 の 最 たるものになる ただ 微 細 配 線 だ それを 再 び 用 いる 事 ができれば

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

1. 市 民 農 園 の 開 設 手 順 市 民 農 園 を 開 設 する 場 合 には 農 地 が 確 保 できるかどうかなどいく つかのキーポイントがありますが 一 般 的 な 流 れとしては 次 のようにな ります なお 実 際 に 市 民 農 園 の 開 設 を 進 める 場 合 には 必

1. 市 民 農 園 の 開 設 手 順 市 民 農 園 を 開 設 する 場 合 には 農 地 が 確 保 できるかどうかなどいく つかのキーポイントがありますが 一 般 的 な 流 れとしては 次 のようにな ります なお 実 際 に 市 民 農 園 の 開 設 を 進 める 場 合 には 必 市 民 農 園 をはじめよう!! 市 民 農 園 とは? 一 般 に 市 民 農 園 とは サラリーマン 家 庭 や 都 市 の 住 民 の 方 々がレクリエー ションとしての 自 家 用 野 菜 花 の 栽 培 高 齢 の 生 きがいづくり 生 徒 児 童 の 体 験 学 習 などの 多 様 な 目 的 で 小 面 積 の 農 地 を 利 用 して 野 菜 や 花 を 育 てるた めの 農 園 のことをいいます

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション S-8 報 告 書 本 文 修 正 事 項 について(2014 年 11 月 10 日 ) 2014 年 3 月 18 日 版 に 公 表 致 しました 報 告 書 の 内 容 に 一 部 修 正 事 項 があります 修 正 個 所 1. 用 語 文 章 の 修 正 1 作 付 適 地, 生 産 適 地 を 栽 培 適 地 に 修 正 (P.9, P.10, P.31, P.32, P.34, P.35,

More information

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定 日 本 局 方 原 案 作 成 に 新 たに 導 入 する 方 針 の 趣 旨 説 明 について 平 成 27 年 8 月 独 立 行 政 法 人 医 品 医 療 機 器 総 合 機 構 規 格 基 準 部 医 品 基 準 課 日 本 局 方 原 案 審 議 委 員 会 製 法 問 題 検 討 小 委 員 会 では 医 品 各 条 の 原 案 作 成 に 際 し 以 下 の 議 論 を 実 施 した

More information

Q: 日 本 標 準 産 業 分 類 には 内 容 例 示 が 掲 載 されていますが 例 示 に 無 いものは 該 当 しないということでしょうか? A: 掲 載 されている 例 示 は あくまで 該 当 する 事 業 所 や 経 済 活 動 の 一 部 です あ る 事 業 所 がどこの 分 類

Q: 日 本 標 準 産 業 分 類 には 内 容 例 示 が 掲 載 されていますが 例 示 に 無 いものは 該 当 しないということでしょうか? A: 掲 載 されている 例 示 は あくまで 該 当 する 事 業 所 や 経 済 活 動 の 一 部 です あ る 事 業 所 がどこの 分 類 平 成 26 年 10 月 作 成 日 本 標 準 産 業 分 類 に 関 するよくあるお 問 合 せについて 日 本 標 準 産 業 分 類 に 関 し よくいただくお 問 合 せと 回 答 をまとめてみました 実 際 にお 問 合 せいただく 前 に こちらを 御 一 読 いただけましたら 幸 いです 日 本 標 準 産 業 分 類 は 公 的 統 計 の 作 成 に 当 たり 産 業 別 に

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

しかしながら,つくばエクスプレスの 開 通 をはじめ 県 南 部 の 開 発 の 影 響 により 地 域 の 幹 線 道 路 の 交 通 量 は 増 加 傾 向 にあり, 以 前 より 地 域 内 での 移 動 に 時 間 を 要 するよ うになっている また, 農 業 従 事 者 の 減 少 によ

しかしながら,つくばエクスプレスの 開 通 をはじめ 県 南 部 の 開 発 の 影 響 により 地 域 の 幹 線 道 路 の 交 通 量 は 増 加 傾 向 にあり, 以 前 より 地 域 内 での 移 動 に 時 間 を 要 するよ うになっている また, 農 業 従 事 者 の 減 少 によ 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 圏 央 道 IC 整 備 のインパクトを 活 かした 地 域 活 力 向 上 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 茨 城 県, 常 総 市, 坂 東 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 常 総 市, 坂 東 市 及 びつくば 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 常 総 市 は,

More information