< F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>"

Transcription

1 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療 料 第 1 部 医 学 管 理 等 第 2 部 在 宅 医 療 通 則 第 1 節 在 宅 患 者 診 療 指 導 料 第 2 節 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 第 3 節 薬 剤 料 第 4 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 3 部 検 査 通 則 第 1 節 検 体 検 査 料 第 2 節 削 除 第 3 節 生 体 検 査 料 第 4 節 診 断 穿 刺 検 体 採 取 料 第 5 節 薬 剤 料 第 6 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 4 部 画 像 診 断 通 則 第 1 節 エックス 線 診 断 料 第 2 節 核 医 学 診 断 料 第 3 節 コンピューター 断 層 撮 影 診 断 料 第 4 節 薬 剤 料 第 5 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 5 部 投 薬 通 則 第 1 節 調 剤 料 第 2 節 処 方 料 第 3 節 薬 剤 料 第 4 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 5 節 処 方 せん 料 第 6 節 調 剤 技 術 基 本 料 第 6 部 注 射 通 則 第 1 節 注 射 料 第 2 節 薬 剤 料

2 第 3 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 7 部 リハビリテーション 通 則 第 1 節 リハビリテーション 料 第 2 節 薬 剤 料 第 8 部 精 神 科 専 門 療 法 通 則 第 1 節 精 神 科 専 門 療 法 料 第 2 節 薬 剤 料 第 9 部 処 置 通 則 第 1 節 処 置 料 第 2 節 処 置 医 療 機 器 等 加 算 第 3 節 薬 剤 料 第 4 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 10 部 手 術 通 則 第 1 節 手 術 料 第 2 節 輸 血 料 第 3 節 手 術 医 療 機 器 等 加 算 第 4 節 薬 剤 料 第 5 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 11 部 麻 酔 通 則 第 1 節 麻 酔 料 第 2 節 神 経 ブロック 料 第 3 節 薬 剤 料 第 4 節 特 定 保 険 医 療 材 料 料 第 12 部 放 射 線 治 療 通 則 放 射 線 治 療 料 第 13 部 病 理 診 断 通 則 第 1 節 病 理 標 本 作 製 料 第 2 節 病 理 診 断 判 断 料 第 3 章 介 護 老 人 保 健 施 設 入 所 者 に 係 る 診 療 料 第 4 章 経 過 措 置 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 1 健 康 保 険 法 第 63 条 第 1 項 第 1 号 及 び 高 齢 者 医 療 確 保 法 第 64 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 による 初 診 及 び 再 診 の 費 用 は 第 1 節 又 は 第 2 節 の 各 区 分 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 同 時 に2 以 上 の 傷 病 について 初 診 を 行 った 場 合 又 は 再 診 を 行 った 場 合 には 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 2 のただし 書 に 規 定 する 場 合 を 除 き 初 診 料 又 は 再 診 料 ( 外 来 診 療 料 を 含 む )は 1 回 として 算 定 する 2 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 にあっては 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 につき それぞれ 別 に 初 診 料 又 は 再 診 料 ( 外 来 診 療 料 を 含 む )を 算 定 する 3 入 院 中 の 患 者 ( 第 2 部 第 4 節 に 規 定 する 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 を 算 定 する 患 者 を 含 む )に 対 する 再 診 の 費 用 は 第 2 部 第 1 節 第 3 節 又 は 第 4 節 の 各 区 分 の 所 定 点 数 に 含 まれるものとする

3 第 1 節 初 診 料 区 分 A000 初 診 料 270 点 注 1 保 険 医 療 機 関 において 初 診 を 行 った 場 合 に 算 定 する 2 1 傷 病 の 診 療 継 続 中 に 他 の 傷 病 が 発 生 して 初 診 を 行 った 場 合 は それらの 傷 病 に 係 る 初 診 料 は 併 せて1 回 とし 第 1 回 の 初 診 のときに 算 定 する ただし 同 一 保 険 医 療 機 関 において 同 一 日 に 他 の 傷 病 について 新 たに 別 の 診 療 科 を 初 診 として 受 診 し た 場 合 は 2つ 目 の 診 療 科 に 限 り135 点 を 算 定 できる ただし 書 の 場 合 においては 注 3から 注 7までに 規 定 する 加 算 は 算 定 しない 3 6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 初 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に72 点 を 加 算 する ただ し 注 4 又 は 注 5に 規 定 する 加 算 を 算 定 する 場 合 は 算 定 しない 4 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 以 外 の 時 間 ( 深 夜 ( 午 後 10 時 から 午 前 6 時 までの 間 をいう 以 下 この 表 において 同 じ ) 及 び 休 日 を 除 く 以 下 この 表 において 同 じ ) 休 日 ( 深 夜 を 除 く 以 下 この 表 において 同 じ ) 又 は 深 夜 において 初 診 を 行 った 場 合 は それぞれ 所 定 点 数 に85 点 250 点 又 は480 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 に おいては それぞれ 所 定 点 数 に200 点 365 点 又 は695 点 )を 加 算 する ただし 専 ら 夜 間 における 救 急 医 療 の 確 保 のために 設 けられている 保 険 医 療 機 関 にあっては 夜 間 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 時 間 において 初 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に2 30 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 においては 所 定 点 数 に345 点 )を 加 算 する 5 小 児 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 ( 注 4のただし 書 に 規 定 するものを 除 く )にあっ ては 夜 間 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 時 間 休 日 又 は 深 夜 ( 当 該 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 に 限 る )において6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 初 診 を 行 った 場 合 は 注 4の 規 定 にかかわらず それぞれ 所 定 点 数 に200 点 365 点 又 は695 点 を 加 算 する 6 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 ( 診 療 所 に 限 る )が 午 後 6 時 ( 土 曜 日 にあっては 正 午 )から 午 前 8 時 までの 間 ( 深 夜 及 び 休 日 を 除 く ) 休 日 又 は 深 夜 であって 当 該 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 内 の 時 間 において 初 診 を 行 った 場 合 は 夜 間 早 朝 等 加 算 として 所 定 点 数 に50 点 を 加 算 する ただし 注 4のただし 書 又 は 注 5に 規 定 する 加 算 を 算 定 する 場 合 にあっては この 限 りでない 7 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 療 養 の 給 付 等 に 係 る 事 務 を 電 子 的 に 行 うための 体 制 整 備 に 係 る 取 組 を 行 った 場 合 には 電 子 化 加 算 として 所 定 点 数 に3 点 を 加 算 す る 第 2 節 再 診 料 区 分 A001 再 診 料 1 病 院 の 場 合 60 点 2 診 療 所 の 場 合 71 点 注 1 保 険 医 療 機 関 ( 医 療 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 205 号 )の 規 定 に 基 づき 許 可 を 受 け 若 し くは 届 出 をし 又 は 承 認 を 受 けた 病 床 ( 以 下 この 表 において 許 可 病 床 という ) のうち 同 法 第 7 条 第 2 項 第 5 号 に 規 定 する 一 般 病 床 に 係 るものの 数 が200 以 上 のもの を 除 く )において 再 診 を 行 った 場 合 に 算 定 する 2 6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 再 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に35 点 を 加 算 する ただ し 注 3 又 は 注 4に 規 定 する 加 算 を 算 定 する 場 合 は 算 定 しない 3 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 以 外 の 時 間 休 日 又 は 深 夜 において 再 診 を 行 った 場 合 は それぞれ 所 定 点 数 に65 点 190 点 又 は420 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 におい ては それぞれ 所 定 点 数 に135 点 260 点 又 は590 点 )を 加 算 する ただし 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 4のただし 書 に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 にあっては 同 注

4 4のただし 書 に 規 定 する 時 間 において 再 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に180 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 においては 所 定 点 数 に250 点 )を 加 算 する 4 小 児 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 ( 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 4のただし 書 に 規 定 するものを 除 く )にあっては 夜 間 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 時 間 休 日 又 は 深 夜 ( 当 該 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 に 限 る )において6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 再 診 を 行 った 場 合 は 注 3の 規 定 にかかわらず それぞれ 所 定 点 数 に135 点 260 点 又 は590 点 を 加 算 する 5 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 6に 規 定 する 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 ( 診 療 所 に 限 る )が 午 後 6 時 ( 土 曜 日 にあっては 正 午 )から 午 前 8 時 までの 間 ( 深 夜 及 び 休 日 を 除 く ) 休 日 又 は 深 夜 であって 当 該 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 内 の 時 間 において 再 診 を 行 った 場 合 は 夜 間 早 朝 等 加 算 として 所 定 点 数 に50 点 を 加 算 する ただし 注 3のただし 書 又 は 注 4に 規 定 する 場 合 にあってはこの 限 りでない 6 入 院 中 の 患 者 以 外 の 患 者 に 対 して 慢 性 疼 痛 疾 患 管 理 並 びに 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 検 査 並 びに 第 7 部 リハビリテーション 第 8 部 精 神 科 専 門 療 法 第 9 部 処 置 第 10 部 手 術 第 11 部 麻 酔 及 び 第 12 部 放 射 線 治 療 を 行 わないものとして 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 計 画 的 な 医 学 管 理 を 行 った 場 合 は 外 来 管 理 加 算 として 所 定 点 数 に52 点 を 加 算 する 7 患 者 又 はその 看 護 に 当 たっている 者 から 電 話 等 によって 治 療 上 の 意 見 を 求 められて 指 示 をした 場 合 においても 再 診 料 を 算 定 することができる ただし この 場 合 にお いて 注 6の 外 来 管 理 加 算 は 算 定 しない A002 外 来 診 療 料 70 点 注 1 許 可 病 床 のうち 医 療 法 第 7 条 第 2 項 第 5 号 に 規 定 する 一 般 病 床 に 係 るものの 数 が2 00 以 上 である 保 険 医 療 機 関 において 再 診 を 行 った 場 合 に 算 定 する 2 第 2 章 第 3 部 検 査 及 び 第 9 部 処 置 のうち 次 に 掲 げるものは 外 来 診 療 料 に 含 まれる ものとする ただし 第 2 章 第 3 部 第 1 節 第 1 款 検 体 検 査 実 施 料 の 通 則 第 3 号 に 規 定 する 加 算 は 外 来 診 療 料 に 係 る 加 算 として 別 に 算 定 することができる イ 尿 検 査 区 分 番 号 D000からD002までに 掲 げるもの ロ 糞 便 検 査 区 分 番 号 D003に 掲 げるもの ハ 血 液 形 態 機 能 検 査 区 分 番 号 D005(9のうちヘモグロビンA 1c(HbA 1c) 12デオキシ チミジンキナーゼ(TK) 活 性 精 密 測 定 13ターミナルデオキシヌクレオチジルト ランスフェラーゼ(TdT) 精 密 測 定 14 骨 髄 像 及 び15モノクローナル 抗 体 法 によ る 造 血 器 悪 性 腫 瘍 細 胞 検 査 ( 一 連 につき)を 除 く )に 掲 げるもの ニ 創 傷 処 置 100 平 方 センチメートル 未 満 のもの 及 び100 平 方 センチメートル 以 上 500 平 方 セ ンチメートル 未 満 のもの ホ 削 除 ヘ 皮 膚 科 軟 膏 処 置 100 平 方 センチメートル 以 上 500 平 方 センチメートル 未 満 のもの ト 膀 胱 洗 浄 チ 腟 洗 浄 リ 眼 処 置 ヌ 睫 毛 抜 去 ル 耳 処 置 ヲ 耳 管 処 置 ワ 鼻 処 置

5 カ 口 腔 咽 頭 処 置 ヨ 間 接 喉 頭 鏡 下 喉 頭 処 置 タ ネブライザー レ 超 音 波 ネブライザー ソ 介 達 牽 引 ツ 消 炎 鎮 痛 等 処 置 3 6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 再 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に35 点 を 加 算 する ただ し 注 4 又 は 注 5に 規 定 する 加 算 を 算 定 する 場 合 は 算 定 しない 4 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 以 外 の 時 間 休 日 又 は 深 夜 において 再 診 を 行 った 場 合 は それぞれ 所 定 点 数 に65 点 190 点 又 は420 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 におい ては それぞれ 所 定 点 数 に135 点 260 点 又 は590 点 )を 加 算 する ただし 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 4のただし 書 に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 にあっては 同 注 4のただし 書 に 規 定 する 時 間 において 再 診 を 行 った 場 合 は 所 定 点 数 に180 点 (6 歳 未 満 の 乳 幼 児 の 場 合 においては 所 定 点 数 に250 点 )を 加 算 する 5 小 児 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 ( 区 分 番 号 A000に 掲 げる 初 診 料 の 注 4のただし 書 に 規 定 するものを 除 く )にあっては 夜 間 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 時 間 休 日 又 は 深 夜 ( 当 該 保 険 医 療 機 関 が 表 示 する 診 療 時 間 に 限 る )において6 歳 未 満 の 乳 幼 児 に 対 して 再 診 を 行 った 場 合 は 注 4の 規 定 にかかわらず それぞれ 所 定 点 数 に135 点 260 点 又 は590 点 を 加 算 する 第 2 部 入 院 料 等 通 則 1 健 康 保 険 法 第 63 条 第 1 項 第 5 号 及 び 高 齢 者 医 療 確 保 法 第 64 条 第 1 項 第 5 号 による 入 院 及 び 看 護 の 費 用 は 第 1 節 から 第 4 節 までの 各 区 分 の 所 定 点 数 により 算 定 する この 場 合 において 特 に 規 定 する 場 合 を 除 き 通 常 必 要 とされる 療 養 環 境 の 提 供 看 護 及 び 医 学 的 管 理 に 要 する 費 用 は 第 1 節 第 3 節 又 は 第 4 節 の 各 区 分 の 所 定 点 数 に 含 まれるものとする 2 同 一 の 保 険 医 療 機 関 において 同 一 の 患 者 につき 第 1 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 第 3 節 の 各 区 分 に 掲 げる 特 定 入 院 料 及 び 第 4 節 の 各 区 分 に 掲 げる 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 を 同 一 の 日 に 算 定 することはできない 3 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 患 者 の 場 合 には 特 別 入 院 基 本 料 又 は 区 分 番 号 A307に 掲 げる 小 児 入 院 医 療 管 理 料 を 算 定 する 場 合 を 除 き 入 院 日 から 起 算 して5 日 までの 間 は 区 分 番 号 A400の 3に 掲 げる 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 3を 算 定 し 6 日 目 以 降 は 第 1 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 各 区 分 に 掲 げる 特 定 入 院 料 のいずれかを 算 定 する 4 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 にあっては 当 該 患 者 の 主 傷 病 に 係 る 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 特 定 入 院 料 又 は 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 を 算 定 する 5 第 1 節 から 第 4 節 までに 規 定 する 期 間 の 計 算 は 特 に 規 定 する 場 合 を 除 き 保 険 医 療 機 関 に 入 院 した 日 から 起 算 して 計 算 する ただし 保 険 医 療 機 関 を 退 院 した 後 同 一 の 疾 病 又 は 負 傷 により 当 該 保 険 医 療 機 関 又 は 当 該 保 険 医 療 機 関 と 特 別 の 関 係 にある 保 険 医 療 機 関 に 入 院 した 場 合 には 急 性 増 悪 その 他 やむを 得 ない 場 合 を 除 き 最 初 の 保 険 医 療 機 関 に 入 院 した 日 から 起 算 して 計 算 する 6 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 入 院 患 者 数 の 基 準 又 は 医 師 等 の 員 数 の 基 準 に 該 当 する 保 険 医 療 機 関 の 入 院 基 本 料 については 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるところにより 算 定 する 7 入 院 診 療 計 画 院 内 感 染 防 止 対 策 医 療 安 全 管 理 体 制 及 び 褥 瘡 対 策 について 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 を 満 たす 場 合 に 限 り 第 1 節 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 及 び 第 3 節 の 各 区 分 に 掲 げ る 入 院 料 の 所 定 点 数 を 算 定 する 第 1 節 入 院 基 本 料 区 分 A100 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 7 対 1 入 院 基 本 料 1,555 点 2 10 対 1 入 院 基 本 料 1,300 点 3 13 対 1 入 院 基 本 料 1,092 点

6 4 15 対 1 入 院 基 本 料 954 点 注 1 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 結 核 病 棟 入 院 基 本 料 又 は 精 神 病 棟 入 院 基 本 料 を 算 定 する 病 棟 以 外 の 病 院 の 病 棟 ( 以 下 この 表 において 一 般 病 棟 という )であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 平 均 在 院 日 数 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する ただし 本 文 に 規 定 する7 対 1 入 院 基 本 料 に 係 る 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 するものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 を 満 たすことがで きない 病 棟 については 本 文 の 規 定 にかかわらず 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 準 7 対 1 入 院 基 本 料 として 1,495 点 ( 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 地 域 に 所 在 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 である 場 合 には 1,525 点 )を 算 定 する なお 通 則 第 6 号 に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 につ いては この 限 りでない 2 注 1 本 文 及 びただし 書 に 規 定 する 病 棟 以 外 の 一 般 病 棟 については 当 分 の 間 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 場 合 に 限 り 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 特 別 入 院 基 本 料 として 575 点 を 算 定 できる 3 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 14 日 以 内 の 期 間 428 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 300 点 ) ロ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 192 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 155 点 ) 4 注 1から 注 3までの 規 定 にかかわらず 特 定 患 者 ( 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 受 ける 者 ( 以 下 後 期 高 齢 者 という )である 患 者 であって 当 該 病 棟 に90 日 を 超 えて 入 院 する 患 者 ( 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 状 態 等 にあるものを 除 く )をいう 以 下 この 表 において 同 じ )に 該 当 するもの( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )については 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 として928 点 を 算 定 する ただし 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 患 者 については790 点 を 算 定 する 5 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 する 患 者 に 対 して 行 った 第 3 部 検 査 第 5 部 投 薬 第 6 部 注 射 及 び 第 13 部 病 理 診 断 並 びに 第 4 部 画 像 診 断 及 び 第 9 部 処 置 のうち 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 画 像 診 断 及 び 処 置 の 費 用 (フィルムの 費 用 を 含 み 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 薬 剤 及 び 注 射 薬 ( 以 下 この 表 において 除 外 薬 剤 注 射 薬 という )の 費 用 を 除 く )は 所 定 点 数 に 含 まれるものとする 6 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 入 院 時 医 学 管 理 加 算 ロ 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 ハ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ニ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ホ 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 ヘ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ト 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 チ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 リ 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 ヌ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 ル 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ヲ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (いずれも 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 提 供 する 場 合 を 除 く ) ワ 新 生 児 入 院 医 療 管 理 加 算

7 A101 カ 看 護 配 置 加 算 ( 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) ヨ 看 護 補 助 加 算 ( 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) タ 地 域 加 算 レ 離 島 加 算 ソ 療 養 環 境 加 算 ツ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ネ 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ナ 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 ラ 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 ム 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 ウ 放 射 線 治 療 病 室 管 理 加 算 ヰ 緩 和 ケア 診 療 加 算 ノ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 加 算 オ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ク 医 療 安 全 対 策 加 算 ヤ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 マ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ケ ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 フ ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 コ 退 院 調 整 加 算 ( 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものに 限 る ) エ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 テ 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 ア 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 ( 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 する ものを 除 く ) 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 入 院 基 本 料 A 1,709 点 ( 健 康 保 険 法 第 63 条 第 2 項 第 2 号 及 び 高 齢 者 医 療 確 保 法 第 64 条 第 2 項 第 2 号 の 療 養 ( 以 下 この 表 において 生 活 療 養 という )を 受 ける 場 合 にあっては 1,695 点 ) 2 入 院 基 本 料 B 1,320 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 1,306 点 ) 3 入 院 基 本 料 C 1,198 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 1,184 点 ) 4 入 院 基 本 料 D 885 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 871 点 ) 5 入 院 基 本 料 E 750 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 736 点 ) 注 1 病 院 の 療 養 病 棟 ( 医 療 法 第 7 条 第 2 項 第 4 号 に 規 定 する 療 養 病 床 ( 以 下 この 表 にお いて 療 養 病 床 という )に 係 る 病 棟 として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 たもの をいう 以 下 この 表 において 同 じ )であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 看 護 補 助 配 置 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 患 者 の 疾 患 状 態 ADL 等 に ついて 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 区 分 に 従 い 当 該 患 者 ごとにそれぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する ただし 注 3のただし 書 に 該 当 する 場 合 には 入 院 基 本 料 Eを 算 定 する 2 注 1に 規 定 する 病 棟 以 外 の 療 養 病 棟 については 当 分 の 間 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 場 合 に 限 り 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 す

8 A102 る 患 者 を 除 く )について 特 別 入 院 基 本 料 として 563 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 549 点 )を 算 定 できる 3 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 を 算 定 する 患 者 に 対 して 行 った 第 3 部 検 査 第 5 部 投 薬 第 6 部 注 射 及 び 第 13 部 病 理 診 断 並 びに 第 4 部 画 像 診 断 及 び 第 9 部 処 置 のうち 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 画 像 診 断 及 び 処 置 の 費 用 (フィルムの 費 用 を 含 み 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 薬 剤 及 び 注 射 薬 の 費 用 を 除 く )は 当 該 入 院 基 本 料 に 含 まれるものとする ただし 患 者 の 急 性 増 悪 により 同 一 の 保 険 医 療 機 関 の 一 般 病 棟 へ 転 棟 又 は 別 の 保 険 医 療 機 関 の 一 般 病 棟 へ 転 院 する 場 合 には その 日 より 起 算 して3 日 前 までの 当 該 費 用 については この 限 りでない 4 入 院 患 者 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 状 態 の 場 合 は 当 該 基 準 に 従 い 当 該 患 者 に つき 褥 瘡 評 価 実 施 加 算 として 1 日 につき15 点 を 所 定 点 数 に 加 算 する 5 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ハ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ニ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ホ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 ヘ 地 域 加 算 ト 離 島 加 算 チ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 リ 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 ヌ 重 症 皮 膚 潰 瘍 管 理 加 算 ル 栄 養 管 理 実 施 加 算 ヲ 医 療 安 全 対 策 加 算 ワ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 カ 退 院 調 整 加 算 ヨ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 結 核 病 棟 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 7 対 1 入 院 基 本 料 1,447 点 2 10 対 1 入 院 基 本 料 1,192 点 3 13 対 1 入 院 基 本 料 949 点 4 15 対 1 入 院 基 本 料 886 点 5 18 対 1 入 院 基 本 料 757 点 6 20 対 1 入 院 基 本 料 713 点 注 1 病 院 ( 特 定 機 能 病 院 ( 医 療 法 第 4 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 特 定 機 能 病 院 をいう 以 下 この 表 において 同 じ )を 除 く )の 結 核 病 棟 ( 同 法 第 7 条 第 2 項 第 3 号 に 規 定 す る 結 核 病 床 に 係 る 病 棟 として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 出 のあったものをいう 以 下 この 表 において 同 じ )であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 平 均 在 院 日 数 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する ただし 本 文 に 規 定 する7 対 1 入 院 基 本 料 に 係 る 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 を 満 たすことができない 病 棟 については 本 文 の 規 定 にかかわらず 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 準 7 対 1 入 院 基 本 料 として 1,387 点 ( 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 め る 地 域 に 所 在 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 である 場 合 には 1,417 点 )を 算 定 する なお 通 則 第 6 号 に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 については この 限 りでない

9 A103 2 注 1 本 文 及 びただし 書 に 規 定 する 病 棟 以 外 の 結 核 病 棟 については 当 分 の 間 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 場 合 に 限 り 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 特 別 入 院 基 本 料 として 550 点 を 算 定 できる 3 注 1 及 び 注 2の 規 定 にかかわらず 13 対 1 入 院 基 本 料 を 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 してい る 患 者 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 患 者 については 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 4 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 14 日 以 内 の 期 間 400 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 320 点 ) ロ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 300 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 240 点 ) ハ 31 日 以 上 90 日 以 内 の 期 間 100 点 5 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ハ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ニ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ホ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ヘ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ト 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 チ 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 に 限 る ) リ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (いずれも 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 提 供 する 場 合 を 除 く ) ヌ 看 護 配 置 加 算 ル 看 護 補 助 加 算 ヲ 地 域 加 算 ワ 離 島 加 算 カ 療 養 環 境 加 算 ヨ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 タ 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 レ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ソ 医 療 安 全 対 策 加 算 ツ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 ネ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ナ ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 ラ 退 院 調 整 加 算 ム 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ウ 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 精 神 病 棟 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 10 対 1 入 院 基 本 料 1,240 点 2 15 対 1 入 院 基 本 料 800 点 3 18 対 1 入 院 基 本 料 712 点 4 20 対 1 入 院 基 本 料 658 点 注 1 病 院 ( 特 定 機 能 病 院 を 除 く )の 精 神 病 棟 ( 医 療 法 第 7 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 精 神 病 床 に 係 る 病 棟 として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 出 のあったものをいう 以 下 こ の 表 において 同 じ )であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 平 均 在 院 日 数 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算

10 A104 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する 2 注 1に 規 定 する 病 棟 以 外 の 精 神 病 棟 については 当 分 の 間 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 場 合 に 限 り 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )につい て 特 別 入 院 基 本 料 として 550 点 を 算 定 できる 3 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 14 日 以 内 の 期 間 459 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 300 点 ) ロ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 242 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 155 点 ) ハ 31 日 以 上 90 日 以 内 の 期 間 125 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 100 点 ) ニ 91 日 以 上 180 日 以 内 の 期 間 20 点 ( 特 別 入 院 基 本 料 については 15 点 ) ホ 181 日 以 上 1 年 以 内 の 期 間 5 点 4 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるも のである 場 合 には 入 院 した 日 から 起 算 して3 月 以 内 の 期 間 に 限 り 重 度 認 知 症 加 算 として 1 日 につき100 点 を 所 定 点 数 に 加 算 する 5 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ハ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ニ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ホ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ヘ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ト 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 チ 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 に 限 る ) リ 特 殊 疾 患 入 院 施 設 管 理 加 算 ヌ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (いずれも 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 提 供 する 場 合 を 除 く ) ル 看 護 配 置 加 算 ヲ 看 護 補 助 加 算 ワ 地 域 加 算 カ 離 島 加 算 ヨ 療 養 環 境 加 算 タ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 レ 精 神 科 措 置 入 院 診 療 加 算 ソ 精 神 科 応 急 入 院 施 設 管 理 加 算 ツ 精 神 科 隔 離 室 管 理 加 算 ネ 精 神 病 棟 入 院 時 医 学 管 理 加 算 ナ 精 神 科 地 域 移 行 実 施 加 算 ラ 精 神 科 身 体 合 併 症 管 理 加 算 ム 児 童 思 春 期 精 神 科 入 院 医 療 管 理 加 算 ウ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ヰ 医 療 安 全 対 策 加 算 ノ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 オ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ク ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 特 定 機 能 病 院 入 院 基 本 料 (1 日 につき)

11 1 一 般 病 棟 の 場 合 イ 7 対 1 入 院 基 本 料 1,555 点 ロ 10 対 1 入 院 基 本 料 1,300 点 2 結 核 病 棟 の 場 合 イ 7 対 1 入 院 基 本 料 1,447 点 ロ 10 対 1 入 院 基 本 料 1,192 点 ハ 13 対 1 入 院 基 本 料 949 点 ニ 15 対 1 入 院 基 本 料 886 点 3 精 神 病 棟 の 場 合 イ 7 対 1 入 院 基 本 料 1,311 点 ロ 10 対 1 入 院 基 本 料 1,240 点 ハ 15 対 1 入 院 基 本 料 839 点 注 1 特 定 機 能 病 院 の 一 般 病 棟 結 核 病 棟 又 は 精 神 病 棟 であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 平 均 在 院 日 数 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 している ものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する 2 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 一 般 病 棟 の 場 合 (1) 14 日 以 内 の 期 間 712 点 (2) 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 207 点 ロ 結 核 病 棟 の 場 合 (1) 30 日 以 内 の 期 間 330 点 (2) 31 日 以 上 90 日 以 内 の 期 間 200 点 ハ 精 神 病 棟 の 場 合 (1) 14 日 以 内 の 期 間 499 点 (2) 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 242 点 (3) 31 日 以 上 90 日 以 内 の 期 間 125 点 (4) 91 日 以 上 180 日 以 内 の 期 間 40 点 (5) 181 日 以 上 1 年 以 内 の 期 間 20 点 3 当 該 病 棟 ( 精 神 病 棟 に 限 る )に 入 院 している 患 者 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるも のである 場 合 には 入 院 した 日 から 起 算 して3 月 以 内 の 期 間 に 限 り 重 度 認 知 症 加 算 として 1 日 につき100 点 を 所 定 点 数 に 加 算 する 4 当 該 病 棟 ( 一 般 病 棟 に 限 る )に 入 院 している 特 定 患 者 については 注 1 及 び 注 2 の 規 定 にかかわらず 区 分 番 号 A100に 掲 げる 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 の 注 4に 規 定 す る 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 の 例 により 算 定 する 5 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ハ 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ニ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ホ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ヘ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ト 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 チ 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 二 類 感 染 症 患 者 入 院 診 療 加 算 は 一 般 病 棟 に 限 る ) リ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (いずれも 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 提 供 する 場 合 を 除 く )

12 A105 ヌ 新 生 児 入 院 医 療 管 理 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ル 看 護 補 助 加 算 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) ヲ 地 域 加 算 ワ 離 島 加 算 カ 療 養 環 境 加 算 ヨ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 タ 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ( 一 般 病 棟 又 は 結 核 病 棟 に 限 る ) レ 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ソ 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ツ 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ネ 放 射 線 治 療 病 室 管 理 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ナ 緩 和 ケア 診 療 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ラ 精 神 科 措 置 入 院 診 療 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ム 精 神 科 応 急 入 院 施 設 管 理 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ウ 精 神 科 隔 離 室 管 理 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ヰ 精 神 病 棟 入 院 時 医 学 管 理 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ノ 精 神 科 地 域 移 行 実 施 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) オ 精 神 科 身 体 合 併 症 管 理 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ク 児 童 思 春 期 精 神 科 入 院 医 療 管 理 加 算 ( 精 神 病 棟 に 限 る ) ヤ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) マ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ケ 医 療 安 全 対 策 加 算 フ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 コ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 エ ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 テ ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 ( 一 般 病 棟 に 限 る ) ア 退 院 調 整 加 算 ( 結 核 病 棟 及 び 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものに 限 る ) サ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ( 精 神 病 棟 を 除 く ) キ 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 ( 精 神 病 棟 を 除 く ) ユ 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 ( 一 般 病 棟 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するもの を 除 く )に 限 る ) 専 門 病 院 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 7 対 1 入 院 基 本 料 点 2 10 対 1 入 院 基 本 料 1,300 点 3 13 対 1 入 院 基 本 料 1,092 点 注 1 専 門 病 院 ( 主 として 悪 性 腫 瘍 循 環 器 疾 患 等 の 患 者 を 入 院 させる 保 険 医 療 機 関 であ って 高 度 かつ 専 門 的 な 医 療 を 行 っているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た ものをいう 以 下 この 表 において 同 じ )の 一 般 病 棟 であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 平 均 在 院 日 数 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 して いるものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する ただし 本 文 に 規 定 する7 対 1 入 院 基 本 料 に 係 る 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 するものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 を 満 たすことができない 病 棟 については 本 文 の 規 定 にかかわらず 当 該 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 準 7 対 1 入 院 基 本 料 として 1,495 点 ( 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 地 域 に 所 在 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 である 場 合 には 1, 525 点 )を 算 定 する なお 通 則 第 6 号 に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 の 病 棟 については

13 A106 この 限 りでない 2 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 14 日 以 内 の 期 間 512 点 ロ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 207 点 3 当 該 病 棟 に 入 院 している 特 定 患 者 については 注 1 及 び 注 2の 規 定 にかかわらず 区 分 番 号 A100に 掲 げる 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 の 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 の 例 により 算 定 する 4 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ハ 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 ニ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ホ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ヘ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ト 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 チ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 リ 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 に 限 る ) ヌ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (いずれも 高 齢 者 医 療 確 保 法 の 規 定 による 療 養 の 給 付 を 提 供 する 場 合 を 除 く ) ル 看 護 補 助 加 算 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) ヲ 地 域 加 算 ワ 離 島 加 算 カ 療 養 環 境 加 算 ヨ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 タ 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 レ 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 ソ 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 ツ 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 ネ 放 射 線 治 療 病 室 管 理 加 算 ナ 緩 和 ケア 診 療 加 算 ラ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 加 算 ム 栄 養 管 理 実 施 加 算 ウ 医 療 安 全 対 策 加 算 ヰ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 ノ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 オ ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 ク 退 院 調 整 加 算 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものに 限 る ) ヤ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 マ 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 ケ 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 7 対 1 入 院 基 本 料 1,555 点 2 10 対 1 入 院 基 本 料 1,300 点 3 13 対 1 入 院 基 本 料 1,092 点 4 15 対 1 入 院 基 本 料 954 点 注 1 障 害 者 施 設 等 一 般 病 棟 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )に 規 定 する 肢 体 不 自 由 児 施 設 重 症 心 身 障 害 児 施 設 及 びこれらに 準 ずる 施 設 に 係 る 一 般 病 棟 並 びに 別 に 厚

14 A107 A108 生 労 働 大 臣 が 定 める 重 度 の 障 害 者 ( 重 度 の 意 識 障 害 者 を 含 む ) 筋 ジストロフィー 患 者 又 は 難 病 患 者 等 を 主 として 入 院 させる 病 棟 に 関 する 施 設 基 準 に 適 合 しているもの として 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 一 般 病 棟 をいう 以 下 この 表 において 同 じ )であって 看 護 配 置 看 護 師 比 率 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 一 般 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 3 節 の 特 定 入 院 料 を 算 定 する 患 者 を 除 く )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する 2 当 該 病 棟 の 入 院 患 者 の 入 院 期 間 に 応 じ 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 14 日 以 内 の 期 間 312 点 ロ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 167 点 3 当 該 病 棟 に 入 院 している 特 定 患 者 については 注 1 及 び 注 2の 規 定 にかかわらず 区 分 番 号 A100に 掲 げる 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 の 注 4に 規 定 する 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 の 例 により 算 定 する 4 当 該 病 棟 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げ る 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ロ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ハ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ニ 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 ホ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 ヘ 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 に 限 る ) ト 特 殊 疾 患 入 院 施 設 管 理 加 算 チ 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 リ 看 護 配 置 加 算 ヌ 看 護 補 助 加 算 ( 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 するものを 除 く ) ル 地 域 加 算 ヲ 離 島 加 算 ワ 療 養 環 境 加 算 カ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ヨ 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 タ 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 レ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ソ 医 療 安 全 対 策 加 算 ツ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 ネ 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ナ 退 院 調 整 加 算 ラ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 削 除 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 1 イ 7 日 以 内 の 期 間 810 点 ロ 8 日 以 上 14 日 以 内 の 期 間 660 点 ハ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 490 点 ニ 31 日 以 上 の 期 間 450 点 2 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 2 イ 7 日 以 内 の 期 間 640 点 ロ 8 日 以 上 14 日 以 内 の 期 間 480 点 ハ 15 日 以 上 30 日 以 内 の 期 間 320 点

15 A109 ニ 31 日 以 上 の 期 間 280 点 注 1 有 床 診 療 所 ( 療 養 病 床 に 係 るものを 除 く )であって 看 護 配 置 その 他 の 事 項 につ き 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 診 療 所 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する 2 夜 間 の 緊 急 体 制 確 保 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているもの として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 診 療 所 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 については 夜 間 緊 急 体 制 確 保 加 算 として 1 日 につき 所 定 点 数 に15 点 を 加 算 する 3 医 師 配 置 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 診 療 所 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 1を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )については 1 日 につき 所 定 点 数 に60 点 を 加 算 する 4 看 護 配 置 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 診 療 所 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 1を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )については 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 次 に 掲 げる 点 数 をそれぞれ1 日 につき 所 定 点 数 に 加 算 する イ 看 護 配 置 加 算 1 10 点 ロ 看 護 配 置 加 算 2 15 点 ハ 夜 間 看 護 配 置 加 算 1 30 点 ニ 夜 間 看 護 配 置 加 算 2 50 点 5 当 該 診 療 所 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げる 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 ロ 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 ハ 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ニ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ホ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ヘ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 ト 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 ( 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 に 限 る ) チ 地 域 加 算 リ 離 島 加 算 ヌ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ル 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ヲ 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 ワ 栄 養 管 理 実 施 加 算 カ 医 療 安 全 対 策 加 算 ヨ 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 タ ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 レ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ソ 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 ツ 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 (1 日 につき) 1 入 院 基 本 料 A 975 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 961 点 ) 2 入 院 基 本 料 B 871 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 857 点 ) 3 入 院 基 本 料 C 764 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 750 点 ) 4 入 院 基 本 料 D 602 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 588 点 ) 5 入 院 基 本 料 E 520 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 506 点 ) 注 1 有 床 診 療 所 ( 療 養 病 床 に 係 るものに 限 る )であって 看 護 配 置 その 他 の 事 項 につ き 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局

16 長 に 届 け 出 た 診 療 所 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 について 当 該 患 者 の 疾 患 状 態 ADL 等 について 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 区 分 に 従 い 当 該 患 者 ごとに それぞれ 所 定 点 数 を 算 定 する ただし 注 3のただし 書 に 該 当 する 場 合 には 入 院 基 本 料 Eを 算 定 する 2 注 1に 規 定 する 有 床 診 療 所 以 外 の 療 養 病 床 を 有 する 有 床 診 療 所 については 当 分 の 間 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 場 合 に 限 り 当 該 有 床 診 療 所 に 入 院 している 患 者 について 特 別 入 院 基 本 料 として 450 点 ( 生 活 療 養 を 受 ける 場 合 にあっては 43 6 点 )を 算 定 できる 3 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 を 算 定 している 患 者 に 対 して 行 った 第 3 部 検 査 第 5 部 投 薬 第 6 部 注 射 及 び 第 13 部 病 理 診 断 並 びに 第 4 部 画 像 診 断 及 び 第 9 部 処 置 のう ち 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 画 像 診 断 及 び 処 置 の 費 用 (フィルムの 費 用 を 含 み 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 薬 剤 及 び 注 射 薬 の 費 用 を 除 く )は 当 該 入 院 基 本 料 に 含 まれ るものとする ただし 患 者 の 急 性 増 悪 により 同 一 の 保 険 医 療 機 関 の 療 養 病 床 以 外 へ 転 室 又 は 別 の 保 険 医 療 機 関 の 一 般 病 棟 若 しくは 有 床 診 療 所 の 療 養 病 床 以 外 の 病 室 へ 転 院 する 場 合 には その 日 より 起 算 して3 日 前 までの 当 該 費 用 については この 限 り でない 4 入 院 患 者 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 状 態 の 場 合 は 当 該 基 準 に 従 い 当 該 患 者 に つき 褥 瘡 評 価 実 施 加 算 として 1 日 につき15 点 を 所 定 点 数 に 加 算 する 5 当 該 診 療 所 においては 第 2 節 の 各 区 分 に 掲 げる 入 院 基 本 料 等 加 算 のうち 次 に 掲 げる 加 算 について 同 節 に 規 定 する 算 定 要 件 を 満 たす 場 合 に 算 定 できる イ 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ロ 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ハ 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 ニ 地 域 加 算 ホ 離 島 加 算 ヘ HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 ト 診 療 所 療 養 病 床 療 養 環 境 加 算 チ 重 症 皮 膚 潰 瘍 管 理 加 算 リ 栄 養 管 理 実 施 加 算 ヌ 医 療 安 全 対 策 加 算 ル 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 ヲ 退 院 調 整 加 算 ワ 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 区 分 A200 入 院 時 医 学 管 理 加 算 (1 日 につき) 120 点 注 急 性 期 医 療 を 提 供 する 体 制 病 院 勤 務 医 の 負 担 の 軽 減 に 対 する 体 制 その 他 の 事 項 につ き 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 入 院 時 医 学 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 した 日 から 起 算 して14 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する A201 削 除 A202 削 除 A203 削 除 A204 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 ( 入 院 初 日 ) 1,000 点 注 地 域 医 療 支 援 病 院 ( 医 療 法 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 地 域 医 療 支 援 病 院 をいう 以 下 こ の 表 において 同 じ )である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 地 域 医 療 支 援 病 院 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるもの を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する

17 A204 2 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 ( 入 院 初 日 ) 1 単 独 型 臨 床 研 修 病 院 及 び 管 理 型 臨 床 研 修 病 院 40 点 2 協 力 型 臨 床 研 修 病 院 20 点 注 臨 床 研 修 病 院 ( 医 師 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 201 号 ) 第 16 条 の2 第 1 項 に 規 定 する 医 学 を 履 修 する 課 程 を 置 く 大 学 に 附 属 する 病 院 又 は 厚 生 労 働 大 臣 の 指 定 する 病 院 をいう 以 下 この 表 において 同 じ )であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 している ものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 第 3 節 の 特 定 入 院 料 又 は 第 4 節 の 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち 臨 床 研 修 病 院 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 現 に 臨 床 研 修 を 実 施 している 期 間 について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A205 救 急 医 療 管 理 加 算 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 (1 日 につき) 1 救 急 医 療 管 理 加 算 600 点 2 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 150 点 注 1 救 急 医 療 管 理 加 算 は 地 域 における 救 急 医 療 体 制 の 計 画 的 な 整 備 のため 入 院 可 能 な 診 療 応 需 の 態 勢 を 確 保 する 保 険 医 療 機 関 において 当 該 態 勢 を 確 保 している 日 に 救 急 医 療 を 受 け 緊 急 に 入 院 を 必 要 とする 重 症 患 者 として 入 院 した 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 救 急 医 療 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 した 日 から 起 算 して7 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する 2 乳 幼 児 救 急 医 療 管 理 加 算 は 救 急 医 療 管 理 加 算 を 算 定 する 患 者 が6 歳 未 満 である 場 合 に 入 院 した 日 から 起 算 して7 日 を 限 度 としてさらに 所 定 点 数 に 加 算 する A205 2 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 ( 入 院 初 日 ) 12,000 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 めるものに 対 して 組 織 プ ラスミノーゲン 活 性 化 因 子 を 投 与 した 場 合 に 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A205 3 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 ( 入 院 初 日 ) 5,000 点 注 産 科 又 は 産 婦 人 科 を 標 榜 する 保 険 医 療 機 関 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 たものにおいて 妊 娠 状 態 の 異 常 が 疑 われ 緊 急 用 の 自 動 車 等 で 緊 急 に 搬 送 された 妊 産 婦 を 入 院 させた 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のう ち 妊 産 婦 緊 急 搬 送 入 院 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )につ いて 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A206 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ( 入 院 初 日 ) 1 連 携 医 療 機 関 である 場 合 1,300 点 2 1 以 外 の 場 合 650 点 注 別 の 保 険 医 療 機 関 ( 診 療 所 に 限 る )において 区 分 番 号 C002に 掲 げる 在 宅 時 医 学 総 合 管 理 料 区 分 番 号 C002 2に 掲 げる 特 定 施 設 入 居 時 等 医 学 総 合 管 理 料 区 分 番 号 C003に 掲 げる 在 宅 末 期 医 療 総 合 診 療 料 又 は 第 2 章 第 2 部 第 2 節 第 1 款 の 各 区 分 に 掲 げる 在 宅 療 養 指 導 管 理 料 ( 区 分 番 号 C101に 掲 げる 在 宅 自 己 注 射 指 導 管 理 料 を 除 く )を 入 院 した 日 の 属 する 月 又 はその 前 月 に 算 定 している 患 者 の 病 状 の 急 変 等 に 伴 い 当 該 保 険 医 療 機 関 の 医 師 の 求 めに 応 じて 入 院 させた 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるもの を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A207 診 療 録 管 理 体 制 加 算 ( 入 院 初 日 ) 30 点 注 診 療 録 管 理 体 制 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 してい るものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1

18 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 診 療 録 管 理 体 制 加 算 を 算 定 できる ものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A207 2 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 ( 入 院 初 日 ) 1 25 対 1 補 助 体 制 加 算 355 点 2 50 対 1 補 助 体 制 加 算 185 点 3 75 対 1 補 助 体 制 加 算 130 点 対 1 補 助 体 制 加 算 105 点 注 病 院 勤 務 医 の 負 担 の 軽 減 を 図 るための 医 師 事 務 作 業 の 補 助 の 体 制 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 医 師 事 務 作 業 補 助 体 制 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A208 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 (1 日 につき) 1 乳 幼 児 加 算 イ 病 院 の 場 合 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 場 合 を 除 く ) 333 点 ロ 病 院 の 場 合 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 場 合 に 限 る ) 289 点 ハ 診 療 所 の 場 合 289 点 2 幼 児 加 算 イ 病 院 の 場 合 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 場 合 を 除 く ) 283 点 ロ 病 院 の 場 合 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 算 定 する 場 合 に 限 る ) 239 点 ハ 診 療 所 の 場 合 239 点 注 1 乳 幼 児 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している3 歳 未 満 の 乳 幼 児 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する 2 幼 児 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している3 歳 以 上 6 歳 未 満 の 幼 児 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 乳 幼 児 加 算 幼 児 加 算 を 算 定 できるもの を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A209 削 除 A210 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 (1 日 につき) 1 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 250 点 2 二 類 感 染 症 患 者 入 院 診 療 加 算 250 点 注 1 難 病 患 者 等 入 院 診 療 加 算 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 患 を 主 病 として 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 状 態 にあるもの( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する 2 二 類 感 染 症 患 者 入 院 診 療 加 算 は 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 以 下 感 染 症 法 という ) 第 6 条 第 14 項 に 規 定 する 第 二 種 感 染 症 指 定 医 療 機 関 である 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 感 染 症 法 第 6 条 第 3 項 に 規 定 する 二 類 感 染 症 の 患 者 及 びその 疑 似 症 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 し ている 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A211 特 殊 疾 患 入 院 施 設 管 理 加 算 (1 日 につき) 350 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 重 度 の 障 害 者 ( 重 度 の 意 識 障 害 者 を 含 む ) 筋 ジストロ フィー 患 者 又 は 難 病 患 者 等 を 主 として 入 院 させる 病 棟 に 関 する 施 設 基 準 に 適 合 している ものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 床 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 特 殊 疾 患 入 院 施 設 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する ただし この 場 合 において 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 は 算 定 しない A212 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 (1 日 につき)

19 1 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 イ 6 歳 未 満 の 場 合 600 点 ロ 6 歳 以 上 の 場 合 300 点 2 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 イ 6 歳 未 満 の 場 合 200 点 ロ 6 歳 以 上 の 場 合 100 点 注 1 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 超 重 症 の 状 態 にあるもの( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )につい て 所 定 点 数 に 加 算 する 2 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 準 超 重 症 の 状 態 にあるもの( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )に ついて 所 定 点 数 に 加 算 する A212 2 新 生 児 入 院 医 療 管 理 加 算 (1 日 につき) 800 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 室 に 入 院 している 新 生 児 であって 新 生 児 入 院 医 療 管 理 が 必 要 な 状 態 にあるもの( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 新 生 児 入 院 医 療 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 区 分 番 号 A302に 掲 げる 新 生 児 特 定 集 中 治 療 室 管 理 料 及 び 区 分 番 号 A303の2に 掲 げる 新 生 児 集 中 治 療 室 管 理 料 を 算 定 した 期 間 と 通 算 して30 日 ( 出 生 時 体 重 が1,000グラ ム 未 満 又 は1,000グラム 以 上 1,500グラム 未 満 の 新 生 児 の 場 合 は それぞれ120 日 又 は90 日 )を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する A213 看 護 配 置 加 算 (1 日 につき) 12 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 て 当 該 基 準 による 看 護 を 行 う 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 看 護 配 置 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A214 看 護 補 助 加 算 (1 日 につき) 1 看 護 補 助 加 算 点 2 看 護 補 助 加 算 2 84 点 3 看 護 補 助 加 算 3 56 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 て 当 該 基 準 による 看 護 を 行 う 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 看 護 補 助 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 所 定 点 数 に 加 算 する A215 削 除 A216 削 除 A217 削 除 A218 地 域 加 算 (1 日 につき) 1 1 級 地 18 点 2 2 級 地 15 点 3 3 級 地 12 点 4 4 級 地 10 点 5 5 級 地 6 点 6 6 級 地 3 点 注 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 95 号 ) 第 11 条 の3 第 1 項 に 規 定 す

20 る 人 事 院 規 則 で 定 める 地 域 その 他 の 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 地 域 に 所 在 する 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 第 3 節 の 特 定 入 院 料 又 は 第 4 節 の 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち 地 域 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 同 令 で 定 める 級 地 区 分 に 準 じて 所 定 点 数 に 加 算 す る A218 2 離 島 加 算 (1 日 につき) 18 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 地 域 に 所 在 する 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 第 3 節 の 特 定 入 院 料 又 は 第 4 節 の 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち 離 島 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )につ いて 所 定 点 数 に 加 算 する A219 療 養 環 境 加 算 (1 日 につき) 25 点 注 1 床 当 たりの 平 均 床 面 積 が8 平 方 メートル 以 上 である 病 室 ( 健 康 保 険 法 第 63 条 第 2 項 第 4 号 及 び 高 齢 者 医 療 確 保 法 第 64 条 第 2 項 第 4 号 に 規 定 する 選 定 療 養 としての 特 別 の 療 養 環 境 の 提 供 に 係 るものを 除 く )として 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 室 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 療 養 環 境 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A220 HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 (1 日 につき) 1 個 室 の 場 合 350 点 2 2 人 部 屋 の 場 合 150 点 注 HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 の 病 原 体 に 感 染 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のう ち HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 り 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 又 は 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 を 算 定 するものを 除 く )について 所 定 点 数 に 加 算 する A220 2 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 (1 日 につき) 300 点 注 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 は 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 感 染 症 法 第 6 条 第 3 項 に 規 定 する 二 類 感 染 症 に 感 染 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 二 類 感 染 症 患 者 療 養 環 境 特 別 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 して いる 患 者 に 限 る )について 必 要 を 認 め 個 室 の 病 室 に 入 院 した 場 合 に 所 定 点 数 に 加 算 する A221 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 (1 日 につき) 1 個 室 の 場 合 300 点 2 2 人 部 屋 の 場 合 150 点 注 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているも のとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 室 に 入 院 している 重 症 者 等 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 り 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 又 は 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 を 算 定 するものを 除 く )について 所 定 点 数 に 加 算 する A221 2 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 (1 日 につき) 300 点 注 治 療 上 の 必 要 があって 保 険 医 療 機 関 において 個 室 に 入 院 した15 歳 未 満 の 小 児 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 り HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 又 は 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 を 算 定 するものを 除 く )について 所 定 点 数 に 加 算 する A222 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 (1 日 につき) 1 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 点 2 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 点 3 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 3 90 点

21 4 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 4 30 点 注 療 養 病 棟 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 療 養 病 棟 療 養 環 境 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 所 定 点 数 に 加 算 する A223 診 療 所 療 養 病 床 療 養 環 境 加 算 (1 日 につき) 1 診 療 所 療 養 病 床 療 養 環 境 加 算 点 2 診 療 所 療 養 病 床 療 養 環 境 加 算 2 40 点 注 診 療 所 の 療 養 病 床 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているもの として 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 たものに 入 院 している 患 者 につい て 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 所 定 点 数 に 加 算 する A224 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 (1 日 につき) 3,000 点 注 治 療 上 の 必 要 があって 保 険 医 療 機 関 において 無 菌 治 療 室 管 理 が 行 われた 入 院 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 無 菌 治 療 室 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 り HIV 感 染 者 療 養 環 境 特 別 加 算 重 症 者 等 療 養 環 境 特 別 加 算 又 は 小 児 療 養 環 境 特 別 加 算 を 算 定 するものを 除 く )について 90 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する A225 放 射 線 治 療 病 室 管 理 加 算 (1 日 につき) 500 点 注 治 療 上 の 必 要 があって 保 険 医 療 機 関 において 放 射 線 治 療 病 室 管 理 が 行 われた 入 院 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 放 射 線 治 療 病 室 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A226 重 症 皮 膚 潰 瘍 管 理 加 算 (1 日 につき) 18 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 重 症 皮 膚 潰 瘍 を 有 している 患 者 に 対 して 当 該 保 険 医 療 機 関 が 計 画 的 な 医 学 管 理 を 継 続 して 行 い かつ 療 養 上 必 要 な 指 導 を 行 った 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 重 症 皮 膚 潰 瘍 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 す る A226 2 緩 和 ケア 診 療 加 算 (1 日 につき) 300 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 緩 和 ケアを 要 する 患 者 に 対 して 必 要 な 診 療 を 行 っ た 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち 緩 和 ケ ア 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A227 精 神 科 措 置 入 院 診 療 加 算 ( 入 院 初 日 ) 2,500 点 注 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 123 号 ) 第 29 条 又 は 第 29 条 の2に 規 定 する 入 院 措 置 に 係 る 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 精 神 科 措 置 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 当 該 措 置 に 係 る 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A228 精 神 科 応 急 入 院 施 設 管 理 加 算 ( 入 院 初 日 ) 2,500 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 第 33 条 の 4 第 1 項 に 規 定 する 入 院 等 に 係 る 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 精 神 科 応 急 入 院 施 設 管 理 加 算 を 算 定 できるもの を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 当 該 措 置 に 係 る 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A229 精 神 科 隔 離 室 管 理 加 算 (1 日 につき) 220 点

22 注 精 神 科 を 標 榜 する 病 院 である 保 険 医 療 機 関 において 入 院 中 の 精 神 障 害 者 である 患 者 に 対 して 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 第 36 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づいて 隔 離 を 行 った 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 精 神 科 隔 離 室 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 月 7 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する ただし 同 法 第 33 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 入 院 に 係 る 患 者 について 精 神 科 応 急 入 院 施 設 管 理 加 算 を 算 定 した 場 合 には 当 該 入 院 中 は 精 神 科 隔 離 室 管 理 加 算 を 算 定 しない A230 精 神 病 棟 入 院 時 医 学 管 理 加 算 (1 日 につき) 5 点 注 医 師 の 配 置 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているも のとして 保 険 医 療 機 関 が 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 精 神 病 棟 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む )のうち 精 神 病 棟 入 院 時 医 学 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A230 2 精 神 科 地 域 移 行 実 施 加 算 (1 日 につき) 5 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 精 神 病 棟 における 入 院 期 間 が5 年 を 超 える 患 者 に 対 して 退 院 調 整 を 実 施 し 計 画 的 に 地 域 への 移 行 を 進 めた 場 合 に 当 該 保 険 医 療 機 関 の 精 神 病 棟 に 入 院 した 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 精 神 科 地 域 移 行 実 施 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A230 3 精 神 科 身 体 合 併 症 管 理 加 算 (1 日 につき) 1 区 分 番 号 A311に 掲 げる 精 神 科 救 急 入 院 料 区 分 番 号 A311 2に 掲 げる 精 神 科 急 性 期 治 療 病 棟 入 院 料 又 は 区 分 番 号 A314に 掲 げる 認 知 症 病 棟 入 院 料 を 算 定 している 患 者 の 場 合 300 点 2 区 分 番 号 A103に 掲 げる 精 神 病 棟 入 院 基 本 料 (10 対 1 入 院 基 本 料 及 び15 対 1 入 院 基 本 料 に 限 る ) 及 び 区 分 番 号 A104に 掲 げる 特 定 機 能 病 院 入 院 基 本 料 ( 精 神 病 棟 に 限 る )を 算 定 している 患 者 の 場 合 200 点 注 精 神 科 を 標 榜 する 病 院 であって 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているも のとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 障 害 者 である 患 者 に 対 して 必 要 な 治 療 を 行 った 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 の うち 精 神 科 身 体 合 併 症 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る ) について 当 該 疾 患 の 治 療 開 始 日 から 起 算 して7 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する A231 児 童 思 春 期 精 神 科 入 院 医 療 管 理 加 算 (1 日 につき) 650 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 病 棟 又 は 治 療 室 に 入 院 している20 歳 未 満 の 精 神 疾 患 を 有 する 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 児 童 思 春 期 精 神 科 入 院 医 療 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A232 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 加 算 ( 入 院 初 日 ) 400 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 別 の 保 険 医 療 機 関 等 からの 紹 介 により 入 院 した 悪 性 腫 瘍 と 診 断 された 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 第 3 節 の 特 定 入 院 料 又 は 第 4 節 の 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 加 算 を 算 定 できるも のを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A233 栄 養 管 理 実 施 加 算 (1 日 につき) 12 点 注 栄 養 管 理 体 制 その 他 の 事 項 につき 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 している ものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 第 3 節 の 特 定 入 院 料 又 は 第 4 節 の 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 のうち 栄 養 管 理 実 施 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限

23 る )について 所 定 点 数 に 加 算 する A234 医 療 安 全 対 策 加 算 ( 入 院 初 日 ) 50 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 組 織 的 な 医 療 安 全 対 策 に 係 る 施 設 基 準 に 適 合 しているもの として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 医 療 安 全 対 策 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A235 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 ( 入 院 中 1 回 ) 20 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 含 む ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 必 要 があって 褥 瘡 管 理 が 行 われた 場 合 に 入 院 中 1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A236 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 ( 入 院 中 1 回 ) 500 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 に 入 院 している 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 褥 瘡 ハイリスク 患 者 ケア 加 算 を 算 定 できるも のを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 重 点 的 な 褥 瘡 ケアを 行 う 必 要 を 認 め 計 画 的 な 褥 瘡 対 策 が 行 われた 場 合 に 入 院 中 1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する ただし 区 分 番 号 A235に 掲 げる 褥 瘡 患 者 管 理 加 算 は 別 に 算 定 できない A236 2 ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 (1 日 につき) 1,000 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち ハイリスク 妊 娠 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 中 にハイリスク 妊 娠 管 理 を 行 った 場 合 に 1 入 院 に 限 り20 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する A237 ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 (1 日 につき) 2,000 点 注 1 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 が 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く )のうち ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 分 娩 を 伴 う 入 院 中 にハイリスク 分 娩 管 理 を 行 った 場 合 に 1 入 院 に 限 り8 日 を 限 度 として 所 定 点 数 に 加 算 する 2 ハイリスク 分 娩 管 理 と 同 一 日 に 行 うハイリスク 妊 娠 管 理 に 係 る 費 用 は ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 に 含 まれるものとする A238 退 院 調 整 加 算 1 退 院 支 援 計 画 作 成 加 算 ( 入 院 中 1 回 ) 100 点 2 退 院 加 算 ( 退 院 時 1 回 ) イ 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 結 核 病 棟 入 院 基 本 料 特 定 機 能 病 院 入 院 基 本 料 ( 結 核 病 棟 ) 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 又 は 後 期 高 齢 者 特 定 入 院 基 本 料 を 算 定 している 患 者 が 退 院 した 場 合 100 点 ロ 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 入 院 医 療 管 理 料 又 は 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 を 算 定 している 患 者 が 退 院 した 場 合 300 点 注 1 退 院 支 援 計 画 作 成 加 算 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているもの として 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 が 長 期 にわたり 入 院 している 患 者 であって 在 宅 での 療 養 を 希 望 する 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 退 院 調 整 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )に 対 して 退 院 調 整 を 行 った 場 合 に 入 院 中 1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する 2 退 院 加 算 は 注 1に 掲 げる 退 院 支 援 計 画 加 算 を 算 定 した 患 者 が 当 該 退 院 支 援 計 画 に

24 基 づく 退 院 調 整 により 退 院 した 場 合 に 退 院 時 に1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する 3 2のロについて 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 場 合 は さらに500 点 を 加 算 する A239 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 ( 入 院 初 日 ) 500 点 注 別 の 保 険 医 療 機 関 ( 診 療 所 に 限 る )において 区 分 番 号 B016に 掲 げる 後 期 高 齢 者 診 療 料 を 算 定 している 患 者 の 病 状 の 急 変 等 に 伴 い 当 該 保 険 医 療 機 関 の 医 師 の 求 めに 応 じて 入 院 させた 場 合 に 当 該 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 後 期 高 齢 者 外 来 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 を 算 定 できるもの を 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )について 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A240 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 ( 入 院 中 1 回 ) 50 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 が 入 院 中 の 後 期 高 齢 者 である 患 者 ( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 後 期 高 齢 者 総 合 評 価 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )に 対 して 当 該 患 者 の 基 本 的 な 日 常 生 活 能 力 認 知 機 能 意 欲 等 について 総 合 的 な 評 価 を 行 った 場 合 に 入 院 中 1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する A241 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 ( 退 院 時 1 回 ) 100 点 注 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 が 退 院 困 難 な 要 因 を 有 する 入 院 中 の 後 期 高 齢 者 である 患 者 で あって 在 宅 での 療 養 を 希 望 するもの( 第 1 節 の 入 院 基 本 料 ( 特 別 入 院 基 本 料 を 除 く ) 又 は 第 3 節 の 特 定 入 院 料 のうち 後 期 高 齢 者 退 院 調 整 加 算 を 算 定 できるものを 現 に 算 定 している 患 者 に 限 る )に 対 して 退 院 調 整 を 行 った 場 合 に 退 院 時 に1 回 に 限 り 所 定 点 数 に 加 算 する 第 3 節 特 定 入 院 料 区 分 A300 救 命 救 急 入 院 料 (1 日 につき) 1 3 日 以 内 の 期 間 イ 救 命 救 急 入 院 料 1 9,700 点 ロ 救 命 救 急 入 院 料 2 11,200 点 2 4 日 以 上 7 日 以 内 の 期 間 イ 救 命 救 急 入 院 料 1 8,775 点 ロ 救 命 救 急 入 院 料 2 10,140 点 3 8 日 以 上 14 日 以 内 の 期 間 イ 救 命 救 急 入 院 料 1 7,490 点 ロ 救 命 救 急 入 院 料 2 8,890 点 注 1 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 に 適 合 しているものとして 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 に 届 け 出 た 保 険 医 療 機 関 において 重 篤 な 患 者 に 対 して 救 命 救 急 医 療 が 行 われた 場 合 に 当 該 基 準 に 係 る 区 分 に 従 い 14 日 を 限 度 として 算 定 する 2 注 1に 規 定 する 保 険 医 療 機 関 において 自 殺 企 図 等 による 重 篤 な 患 者 であって 精 神 疾 患 を 有 する 患 者 又 はその 家 族 等 からの 情 報 等 に 基 づいて 当 該 保 険 医 療 機 関 の 精 神 保 健 及 び 精 神 障 害 者 福 祉 に 関 する 法 律 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 精 神 保 健 指 定 医 ( 以 下 この 表 において 精 神 保 健 指 定 医 という )が 当 該 患 者 の 精 神 疾 患 にかかわる 診 断 治 療 等 を 行 った 場 合 は 当 該 精 神 保 健 指 定 医 による 最 初 の 診 療 時 に 限 り 所 定 点 数 に3,000 点 を 加 算 する 3 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 を 満 たす 場 合 は 1 日 につき 所 定 点 数 に500 点 を 加 算 する 4 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 施 設 基 準 を 満 たす 場 合 は 1 日 につき 更 に 所 定 点 数 に1 00 点 を 加 算 する 5 注 4に 規 定 する 加 算 を 算 定 する 保 険 医 療 機 関 において 急 性 薬 毒 物 中 毒 の 患 者 に 対 して 救 命 救 急 医 療 が 行 われた 場 合 は 入 院 初 日 に 限 り 所 定 点 数 に5,000 点 を 加 算 する

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

Taro-27近代化要領本文

Taro-27近代化要領本文 新 潟 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 領 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 29 日 1 目 的 こ の 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 し つつ 病 院 に おける 患 者 の 療 養 環 境 医 療 従 事 者 の 職 場 環 境 衛 生 環 境 等 の 改 善 及 び へき 地

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 < 通 則 > 1 同 一 の 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 歯 科 併 設 の 保 険 医 療 機 関 ( 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 をいう 以 下 同

第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 < 通 則 > 1 同 一 の 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 歯 科 併 設 の 保 険 医 療 機 関 ( 歯 科 診 療 及 び 歯 科 診 療 以 外 の 診 療 を 併 せて 行 う 保 険 医 療 機 関 をいう 以 下 同 別 添 1 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 に 関 する 事 項 < 通 則 > 1 1 人 の 患 者 について 療 養 の 給 付 に 要 する 費 用 は 第 1 章 基 本 診 療 料 及 び 第 2 章 特 掲 診 療 料 又 は 第 3 章 介 護 老 人 保 健 施 設 入 所 者 に 係 る 診 療 料 の 規 定 に 基 づき 算 定 された 点 数 の 総 計 に10 円 を

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6>

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6> 保 医 発 第 0305001 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 老 人 医 療 主 管 部 ( 局 ) 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労 働 省 保 険 局 歯

More information

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ

1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル ギ ー 事 故 の 再 発 防 止 に 向 け て 調 布 市 食 物 レルギ 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 検 討 結 果 報 告 書 福 祉 健 康 部 食 物 レルギー 対 策 ワーキングチーム 平 成 26 年 3 月 1 検 討 経 過 及 び 目 的 について 平 成 2 4 年 12 月 に 調 布 市 立 小 学 校 で 発 生 し た 食 物 レ ル ギ ー 死 亡 事 故 を 踏 まえ, 調 布 市 で は, 食 物 レ ル

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145>

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145> 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 22 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

.10.中高美術

.10.中高美術 中 学 校 美 術 / 特 別 支 援 学 校 中 学 部 高 等 部 美 術 第 1 問 第 2 問 第 3 問 第 4 問 第 5 問 第 6 問 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 b c 配 点 3 3 備 考 ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ サ シ ス セ ソ タ チ ツ テ ト ナ ニ ヌ ネ ノ 正 答 c

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

留意事項通知_H28改定・最終版

留意事項通知_H28改定・最終版 保 医 発 0 3 1 8 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 1 8 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究

がん専門病院における薬剤師養成のあり方に関する調査研究 平 成 27 年 度 HIV 感 染 症 薬 物 療 法 認 定 薬 剤 師 養 成 研 修 実 施 要 綱 1. 基 本 的 事 項 (1) 研 修 の 目 的 本 研 修 は HIV 感 染 症 の 薬 物 療 法 に 必 要 な 高 度 な 知 識 技 能 情 報 の 収 集 評 価 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ス キ ル 臨 床 経 験 を 修 得 さ せ 各 地 域 に お い て

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378>

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378> 精 神 科 医 療 関 連 制 度 基 礎 テキスト 第 3 章 基 本 診 療 料 ( 特 定 入 院 料 と 他 科 受 診 ) Ⅰ. 特 定 入 院 料 1. 特 定 入 院 料 とは 基 本 診 療 料 特 掲 診 療 料 特 定 入 院 料 入 院 基 本 料 入 院 基 本 料 等 の 一 部 + + 入 院 基 本 料 等 の 一 部 特 掲 診 療 料 の 一 部 又 は 殆 どが

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

別紙1

別紙1 平 塚 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 (A ) 実 質 収 支 人 件 費 (B ) 人 件 費 率 (B / A ) ( 参 考 ) 平 成 22 年 度 の 人 件 費 率 平 成 平 成 24 年 3 月 31 日 %

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

水戸市公告

水戸市公告 笠 間 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 公 表 内 容 は, 総 務 省 の 公 表 様 式 に 基 づくものです (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 79,227 歳 出 額 A 29,869,854 実 質 収 支 666,702 件 費 B 5,808,980 件 費 率

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73>

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 H22 年 度 人 千 千 千 79,734 32,73,959,224,854,25,85

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73>

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73> 気 仙 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 73,37 8,88,688 1,479,998 6,94,564 1.7

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63> 京 丹 後 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (20 年 度 末 ) 61,661 歳 出 額 A 34,956,333 実 質 収 支 737,422 件 費 B 5,484,627 件 費 率 B/A 15.7 ( 注 )1 平 成 21 年 度 決 算 ( 一 般 会

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国

(5) 給 与 改 定 の 状 況 山 陽 小 野 田 市 では 事 委 員 会 を 設 置 していません 1 月 例 給 区 分 事 委 員 会 の 勧 告 給 与 改 定 率 民 間 給 与 A 公 務 員 給 与 B 較 差 AB 勧 告 ( 改 定 率 ) 22 年 度 ( 参 考 ) 国 山 陽 小 野 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 24 年 4 月 公 表 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 65,453 27,304,972

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 人 口 (24 年 度 末 ) A 人 24 年 度 18,191 10,065,529 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 23 年 度 人 件 費 率 % ( 注 ) 人 件 費 には 町 長 や 副 町

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣 Vol. 特 集 ムペ 念 私 倫 見 据 質 高 提 供 守 信 頼 築 権 責 務. 良 質 権. 選 択 権. 為 選 択 決 権. 情 報 説 明 権. バ 保 権. 人 的 尊 厳 求 権. 加 責 務 ヘポ ドヘ 離 着 陸 訓 練 8 9 0 Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病

別 添 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 に 関 する 指 針 Ⅰ がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 指 定 について 1 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 ( 都 道 府 県 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 及 び 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 健 発 0 1 1 0 第 7 号 平 成 26 年 1 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 健 康 局 長 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 等 の 整 備 について 我 が 国 のがん 対 策 については がん 対 策 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 98 号 ) 及 び 同 法 の 規 定 に 基 づく がん 対 策 推 進 基 本 計 画 (

More information

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2>

<5461726F2D95CA8E868250817C82528140939A905C8F91976C8EAE816992B2> 3 調 剤 報 酬 点 数 表 項 目 現 行 改 正 案 第 1 部 調 剤 報 酬 第 1 節 調 剤 技 術 料 00 調 剤 基 本 料 ( 処 方 せんの 受 付 1 回 につき) 注 の 見 直 し 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 注 3 保 険 薬 局 及 び 保 険 薬 剤 師 療 養 担 当 規 則 ( 昭 和 32 年 厚 生 省 令

More information

<87508CF6955C8CB48D652E786C73>

<87508CF6955C8CB48D652E786C73> 1 総 括 吹 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 16 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 平 成 15 年 度 の 人 件 費 率 平 成 16 年 度 345,51 人 1,2,449 千 268,4 千

More information