PowerPoint Presentation

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "PowerPoint Presentation"

Transcription

1 失 業 保 険 移 転 価 格 税 務 および 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 確 認 書 へ の 署 名 前 の 措 置 規 定 に 関 する 最 新 ガイダンス 情 報 2015 年 10 月 2 日

2 インデックス 内 容 ページ 失 業 保 険 3 移 転 価 格 ( TP ) および 法 人 所 得 税 ( CIT ) 関 連 者 との 取 引 を 行 う 際 の 税 務 リスク 未 払 費 用 項 目 に 関 する 法 人 所 得 税 確 定 申 告 時 の 申 告 調 整 個 人 所 得 税 ( PIT ) ベトナムでの 家 賃 を 会 社 負 担 で 支 払 ってもらっている 場 合 の 個 人 の 課 税 所 得 計 算 方 法 外 国 コントラクターからベトナムでの 契 約 履 行 を 任 される 外 国 人 の 個 人 所 得 税 申 告 義 務 付 加 価 値 税 ( VAT ) 保 税 倉 庫 内 で 所 有 権 の 移 転 を 行 う 場 合 の 付 加 価 値 税 率 駐 在 員 事 務 所 の 銀 行 口 座 を 使 用 して 親 会 社 のために 立 替 払 いをする 際 のリスク 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 不 服 申 立 の 可 能 性 がある 案 件 に 関 わる 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 確 認 書 への 署 名 前 の 措 置 規 定 7 Grant Thornton への 連 絡 先 9

3 失 業 保 険 2015 年 7 月 31 日 労 働 傷 病 兵 社 会 省 は 職 業 法 における 失 業 保 険 に 関 す る 条 項 に 関 す る ガ イ ダ ン ス と な る Circular No. 28/2015/TT-BLDTBXHを 発 行 しました Circular No. 28/2015/TT-NLĐTBXH は 2015 年 9 月 15 日 から 発 効 し この Circular が 規 定 する 制 度 は 2015 年 1 月 1 日 から 適 用 さ れます この Circular では 以 下 のような 留 意 すべき 新 しい 事 項 が 見 られ ます 失 業 保 険 加 入 に 関 する 規 定 労 働 契 約 の 効 力 発 生 日 から30 日 以 内 に 労 働 者 の 失 業 保 険 加 入 書 類 を 社 会 保 険 当 局 へ 提 出 します 2015 年 1 月 1 日 より 前 に 季 節 労 働 または 3か 月 以 上 12か 月 未 満 の 期 間 での 一 定 の 仕 事 に 基 づく 労 働 契 約 を 労 働 者 と 締 結 しており その 労 働 契 約 が 履 行 中 で 2015 年 1 月 1 日 現 在 での 労 働 契 約 の 期 間 が3か 月 以 上 残 っている 場 合 雇 用 者 は 2015 年 1 月 1 日 以 降 について 当 該 労 働 者 に 関 わる 失 業 保 険 に 加 入 する 必 要 があります 失 業 保 険 の 納 付 額 雇 用 者 が 決 定 する 給 与 制 度 によって 失 業 保 険 料 を 納 付 する 労 働 者 で 月 給 額 が 地 域 別 最 低 賃 金 額 の20か 月 分 より 高 い 場 合 2015 年 1 月 1 日 以 降 雇 用 者 および 労 働 者 は 地 域 別 最 低 賃 金 額 の20か 月 分 を 給 与 額 として 保 険 料 を 納 付 します 失 業 保 険 の 給 付 額 失 業 保 険 の 月 次 給 付 額 = 失 業 保 険 料 を 納 付 していた 失 業 前 直 近 6か 月 の 平 均 給 与 額 x 60%. Circular 28/2015/TT-NLDTBXHでは 給 付 受 給 対 象 となる 加 入 期 間 の 留 保 に 関 して 以 下 のような 場 合 についてのガイダンスを しています 労 働 者 が 失 業 保 険 給 付 の 支 給 決 定 を 受 取 りに 来 ない 場 合 労 働 者 が 失 業 保 険 給 付 を 受 取 りに 来 ない 場 合 失 業 保 険 給 付 を 受 給 していない 端 数 の 加 入 月 数 がある 場 合 失 業 保 険 給 付 を 受 給 中 の 労 働 者 が 社 会 保 険 当 局 の 決 定 によ り 失 業 保 険 給 付 の 受 給 を 停 止 させられた 場 合 規 定 によって 給 付 受 給 対 象 となる 加 入 期 間 の 留 保 を 受 ける 労 働 者 は 加 入 期 間 の 留 保 手 続 きを 行 う 義 務 があることにご 留 意 下 さ い 定 期 報 告 の 様 式 および 手 続 き この Circular では 労 働 者 および 使 用 者 が 失 業 保 険 の 手 続 きを 行 う 際 に 使 用 すべき 各 種 様 式 の 詳 細 を 規 定 しています 使 用 者 は 2015 年 10 月 1 日 現 在 雇 用 している 労 働 者 の 状 況 に 関 して 自 社 事 務 所 が 所 在 する 場 所 の 職 業 サービスセンターへ 当 Circular の 付 表 にある 様 式 28を 使 用 して 上 述 の 日 付 から 30 日 以 内 に 通 知 する 必 要 があります 自 社 で 働 く 労 働 者 に 異 動 があった 場 合 使 用 者 は 毎 月 3 日 前 に 労 働 者 の 異 動 状 況 に 関 して 自 社 事 務 所 が 所 在 する 場 所 の 職 業 サービスセンターへ 当 Circular の 付 表 にある 様 式 29 を 使 用 して 通 知 する 必 要 があります( 通 知 時 点 での 新 暦 での 直 近 月 に 関 する 状 況 ) 労 働 者 が50 名 以 上 減 少 する 場 合 には 使 用 者 は 遅 滞 なく 自 社 事 務 所 が 所 在 する 場 所 の 職 業 サービスセンターへ 通 知 して 適 切 な 助 言 および 支 援 を 得 る 必 要 があります

4 移 転 価 格 ( TP ) および 法 人 所 得 税 ( CIT ) 関 連 者 との 取 引 を 行 う 際 の 税 務 リスク 税 務 総 局 は 2015 年 8 月 10 日 付 けOfficial Letter No. 3185/TCT- CSで ベトナムにある 会 社 が 関 連 者 の 関 係 にある 外 国 の 顧 客 へ 販 売 した 製 品 を 不 良 品 のために 値 引 する 場 合 の 付 加 価 値 税 につ いてガイダンスをしています 企 業 が 製 品 を 外 国 へ 輸 出 する 場 合 輸 出 製 品 の 輸 出 契 約 税 関 申 告 書 インボイス 銀 行 決 済 商 標 があれば VATは 税 率 0%が 適 用 されます 製 品 を 輸 出 した 企 業 と 外 国 の 顧 客 が 関 連 者 の 関 係 であり 輸 出 される 製 品 が 顧 客 の 指 示 により 第 三 者 へ 納 品 された 場 合 で 輸 出 製 品 の 不 良 品 リストおよび 販 売 製 品 の 値 引 確 認 書 が 外 国 の 当 該 第 三 者 側 により 作 成 された 場 合 実 際 の 受 取 金 額 / 契 約 上 の 決 済 金 額 ( 値 引 前 の 金 額 ) の 比 率 の 相 当 する 仮 払 い VAT 額 のみが 控 除 対 象 となります 更 に この 事 例 では 製 品 を 輸 出 した 企 業 は 法 人 所 得 税 の 納 税 義 務 そして 移 転 価 格 税 制 ガイダンスである Circular 66/2010/TT-BTC による 価 格 を 確 認 するために 全 面 的 な 特 別 税 務 調 査 の 対 象 とされました 関 連 者 に 該 当 する 相 手 方 との 取 引 が 生 じる 際 には 毎 年 提 出 す る 関 連 者 間 取 引 開 示 様 式 で 不 備 の 無 い 申 告 を 行 い そして 法 人 所 得 税 およびCircular 66/2010/TT-BTCによる 価 格 を 確 認 すべき 税 務 調 査 があった 場 合 に 関 連 者 間 取 引 における 市 場 価 格 を 証 明 できるよう 当 該 取 引 の 市 場 価 格 を 証 明 する 書 類 を 十 分 に 用 意 し ておくようお 勧 め 致 します 各 社 様 で 提 出 されている 年 次 の 関 連 者 間 取 引 開 示 様 式 に 記 載 さ れた 申 告 内 容 そして 市 場 価 格 確 認 のために 用 意 されている 関 連 書 類 が Circular 66/2010/TT-BTCの 規 定 に 遵 守 しているか 否 か の 精 査 を 希 望 される 場 合 は ご 遠 慮 な く 弊 社 Grant Thornton Vietnamへお 問 い 合 わせ 下 さい 未 払 費 用 項 目 に 関 する 法 人 所 得 税 確 定 申 告 時 の 申 告 調 整 2015 年 7 月 31 日 付 け Hung Yen 省 税 務 局 Official Letter No. 2184/CT-TTHTでは 未 払 費 用 ( 勘 定 科 目 コード355) 計 上 した 費 用 項 目 についての 税 務 上 の 申 告 調 整 をガイダンスしています 現 行 の 会 計 制 度 により 未 払 費 用 ( 勘 定 科 目 コード355) 計 上 した 費 用 項 目 については 法 人 所 得 税 の 申 告 に 際 して 申 告 調 整 を して 課 税 所 得 計 算 を 行 う この Official Letter No. 2184/CT-TTHT は Hung Yen 省 税 務 局 のガイダンスですが ハノイ 市 ハイフォン 市 ホーチミン 市 そ の 他 各 省 の 税 務 局 からも 同 様 のガイダンスが 出 る 可 能 性 がありま す また このガイダンスに 言 及 して 未 払 費 用 項 目 に 関 する 個 別 案 件 へのガイダンスとする 可 能 性 も 考 えられます 提 出 済 みの 法 人 所 得 税 確 定 申 告 書 の 内 容 を 精 査 して 法 人 所 得 税 法 および 関 連 ガイダンスの 規 定 を 遵 守 した 適 切 で 不 備 の 無 い 申 告 になってい るか 否 かの 確 認 をされることをお 勧 め 致 します 各 種 税 務 リスクのレビューをご 希 望 される 場 合 には 是 非 とも 弊 社 Grant Thornton Vietnamへお 問 い 合 わせ 下 さい

5 個 人 所 得 税 ( PIT ) ベトナムでの 家 賃 を 会 社 負 担 で 支 払 ってもらっている 場 合 の 個 人 の 課 税 所 得 計 算 方 法 2015 年 8 月 7 日 付 け 税 務 総 局 Official Letter No. 3171/TCT-TNCNでは 外 国 人 に 対 する 家 賃 の 課 税 所 得 への 計 算 方 法 についてガイダンスして いますが 2015 年 4 月 13 日 付 けOfficial Letter No. 1348/TCT-TNCNの ガイダンス 内 容 を 再 確 認 しています 具 体 的 な 税 務 総 局 のガイダンスは 以 下 の 通 りです 日 本 ベトナム 居 住 者 となる 日 本 人 が 親 会 社 からベトナム 赴 任 の 辞 令 を 受 けた 個 人 であり(ベトナムでのみ 仕 事 をしており 親 会 社 およ びベトナム 子 会 社 の 双 方 から 所 得 を 得 ている) 在 ベトナム 子 会 社 が 当 該 日 本 人 の 家 賃 を 会 社 負 担 で 支 払 う 場 合 在 ベトナム 子 会 社 が 負 担 し 支 払 う 家 賃 は 実 際 に 支 払 った 金 額 を 個 人 所 得 税 の 計 算 に 際 して 課 税 所 得 へ 含 めますが 日 本 の 親 会 社 およびベトナムの 子 会 社 での 課 税 所 得 合 計 ( 家 賃 を 含 めない 金 額 ) の15%を 上 限 とします 外 国 人 労 働 者 の 個 人 所 得 税 計 算 方 法 を 再 確 認 されることをお 勧 め 致 し ます 外 国 コントラクターからベトナムでの 契 約 履 行 を 任 される 外 国 人 の 個 人 所 得 税 申 告 義 務 2015 年 8 月 5 日 付 けハイフォン 市 税 務 局 Official Letter No. 1105/CT- TT&HT によれば 以 下 の 通 りです 外 国 コントラクターと 契 約 した 在 ベトナムの 会 社 ( 契 約 相 手 ) 側 の 通 知 義 務 外 国 コントラクターへ 外 国 人 労 働 者 に 関 する 情 報 提 供 を 要 請 して 外 国 人 労 働 者 がベトナムで 仕 事 を 開 始 する 日 から 遅 くとも7 日 前 まで に 管 轄 税 務 当 局 へ 通 知 する 義 務 があります 外 国 コントラクター 側 の 情 報 提 供 義 務 外 国 コントラクターは 外 国 人 労 働 者 に 関 する 情 報 ( 氏 名 国 籍 パ スポート 番 号 仕 事 をする 期 間 職 務 および 所 得 )を 契 約 相 手 へ 提 供 する 義 務 があります 外 国 コントラクターの 従 業 員 側 の 義 務 ベトナムでの 契 約 履 行 のために 外 国 コントラクターからベトナムでの 仕 事 を 任 されて ベトナム 源 泉 所 得 ( 所 得 の 受 取 り 場 所 がベトナムか 外 国 かに 関 わらず)を 持 つ 外 国 人 は 在 ベトナム 契 約 相 手 との 労 働 契 約 を 締 結 して 所 得 を 得 ている 訳 ではないため 個 人 所 得 税 の 税 務 登 録 申 告 および 納 税 は 自 らが 行 い 契 約 相 手 への 手 続 き 委 任 は できません 上 記 の Official Letter No. 1105/CT-TT&HT はハイフォン 市 税 務 局 の ガイダンスですが 他 の 地 方 税 務 局 も 外 国 コントラクターの 従 業 員 に 関 わる 個 人 所 得 税 の 申 告 義 務 そして 外 国 コントラクターと 契 約 をした 在 ベトナムの 会 社 ( 契 約 相 手 )の 通 知 義 務 に 関 して 同 様 のガイダンスを 発 行 しています その 他 地 方 税 務 局 のガイダンスの 中 には 外 国 コントラクターの 従 業 員 が 申 告 を 怠 った 場 合 外 国 コントラクターと 契 約 した 在 ベトナムの 会 社 ( 契 約 相 手 )が 通 知 義 務 を 十 分 に 履 行 しなかったとして 契 約 相 手 に 対 し て 個 人 所 得 税 の 責 任 を 負 うよう 要 請 する 内 容 のものもあります

6 付 加 価 値 税 ( VAT ) 保 税 倉 庫 内 で 所 有 権 の 移 転 を 行 う 場 合 の 付 加 価 値 税 率 2015 年 7 月 10 日 付 けハノイ 市 税 務 局 Official Letter No /CT-HTr では 以 下 のような 事 例 に 対 するガイダンスをして います 外 国 ( 日 本 )から 商 品 原 料 を 輸 入 して 保 税 倉 庫 (Bac Ninh 省 Tien Son ICD)への 搬 入 手 続 きを 行 い その 後 保 税 倉 庫 の 中 で 在 ベ トナムの 買 手 への 所 有 権 の 移 転 を 行 った 場 合 買 手 がベトナム 企 業 ( 非 関 税 区 内 の 企 業 では 無 いベトナム 企 業 )であっても 非 関 税 区 内 の 企 業 であっても 保 税 倉 庫 内 での 商 品 の 所 有 権 移 転 は VAT 非 課 税 対 象 となります 販 売 側 の 会 社 は VATインボイスを 発 行 する 際 決 済 金 額 と なる 販 売 金 額 の 箇 所 のみに 記 入 して VAT 税 率 およびVAT 額 の 箇 所 へは 記 入 せずにバツ 印 の 線 引 きをします 保 税 倉 庫 内 で 物 品 の 売 買 を 行 う 際 の 付 加 価 値 税 率 にご 留 意 下 さ い その 他 保 税 倉 庫 内 での 購 入 に 対 する 決 済 時 に 外 国 契 約 者 税 の 納 税 義 務 が 発 生 する 可 能 性 があることにもご 留 意 下 さい 駐 在 員 事 務 所 の 銀 行 口 座 を 使 用 して 親 会 社 のために 立 替 払 いを する 際 のリスク 駐 在 員 事 務 所 の 活 動 および 銀 行 口 座 開 設 に 関 する2015 年 8 月 7 日 付 け 税 務 総 局 Official Letter No. 3184/TCT-CS 駐 在 員 事 務 所 は ベトナムで 認 可 された 銀 行 で 支 出 専 用 の 外 貨 口 座 および 支 出 専 用 のベトナムドン 口 座 を 開 設 すること ができますが これらの 口 座 は 駐 在 員 事 務 所 の 活 動 のため にのみ 使 用 することができます 税 務 総 局 の 考 え 方 によれば 駐 在 員 事 務 所 が 外 国 にある 親 会 社 に 代 わって 立 替 払 いができるという 規 定 はありません 税 務 リスク 管 理 のために 銀 行 決 済 非 現 金 決 済 の 方 法 について 留 意 されることをお 勧 め 致 します

7 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 不 服 申 立 の 可 能 性 がある 案 件 に 関 わる 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 確 認 書 への 署 名 前 の 措 置 規 定 不 服 申 立 の 可 能 性 がある 案 件 に 関 わる 税 務 調 査 税 務 特 別 調 査 確 認 書 への 署 名 前 の 措 置 規 定 を 定 める 税 務 総 局 Decision No. 1276/QĐ-TCT が 発 行 されま した この 規 定 は2015 年 7 月 16 日 から 発 効 します この 規 定 で 留 意 すべき 事 項 について 概 要 をご 案 内 致 します 税 務 当 局 による 税 務 調 査 や 税 務 特 別 調 査 がますます 強 化 されている 中 で この 規 定 の 内 容 がご 参 考 になれば 幸 いです この 規 定 を 発 行 するにあたっての 税 務 総 局 の 考 え 方 は 以 下 の 通 りです 税 務 調 査 チーム 特 別 税 務 調 査 チームが 税 法 の 規 定 通 りの 処 置 を 行 わず 納 税 者 に 対 して 迷 惑 や 面 倒 をかけることを 抑 止 することを 目 的 としています この 規 定 は 各 種 税 務 行 政 決 定 に 対 する 納 税 者 の 不 服 申 立 実 施 の 際 の 納 税 者 の 合 法 的 な 権 利 に 影 響 を 与 えるものではありません 納 税 者 と 税 務 当 局 との 間 で 解 釈 の 相 違 がある 問 題 について 納 税 者 が 不 服 申 立 を 実 施 する 前 に 各 レベルの 税 務 当 局 間 で 意 見 交 換 をして 意 見 の 一 致 を 見 た 場 合 には 税 務 調 査 税 務 特 別 調 査 の 結 果 確 認 書 や 結 論 そして 税 務 処 理 決 定 の 署 名 後 における 納 税 者 の 不 服 申 立 を 抑 制 することができます 不 服 申 立 の 可 能 性 が 考 えられるいくつかの 場 合 : 1. 法 令 文 書 には 規 定 が 無 いにも 関 わらず 税 務 調 査 チーム 特 別 税 務 調 査 チームが 処 置 をした 場 合 2. 納 税 者 による 法 令 文 書 の 解 釈 が 法 令 文 書 の 規 定 に 適 していない 場 合 3. 同 等 の 法 的 効 力 を 持 つ 法 令 文 書 が 同 じ 問 題 に 対 して 異 なる 規 定 を している 場 合 4. 税 務 当 局 が 専 門 分 野 の 見 解 を 問 い 合 わせる 依 頼 書 を 送 付 している が 管 轄 当 局 からの 回 答 がまだ 無 い 場 合 5. 管 轄 当 局 ( 国 家 監 察 当 局 国 家 監 査 当 局 など)の 要 請 により 処 置 す るために 実 施 される 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 だが 納 税 者 が 管 轄 当 局 から 要 請 されている 処 置 の 法 的 根 拠 に 異 議 をもっている 場 合 6.. 納 税 者 が 意 見 を 留 保 する 場 合 7. 納 税 者 が 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 確 認 書 に 署 名 しない 場 合 納 税 者 が 税 務 当 局 の 税 務 措 置 決 定 行 政 違 反 処 罰 決 定 を 実 施 しな い 場 合 8. 税 務 当 局 と 納 税 者 の 間 で 意 見 の 相 違 が 残 ったまま 推 計 課 税 となる 場 合 9. 納 税 者 が 関 連 当 局 への 問 い 合 わせ 文 書 を 提 出 しており( 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 決 定 発 行 前 に) 実 施 根 拠 となる 回 答 文 書 をま だ 受 け 取 っていない 場 合 10. 同 じ 内 容 の 問 題 について 異 なる 年 度 を 対 象 とした 税 務 調 査 が 異 な るチームにより 実 施 されて 処 置 方 法 が 異 なるなど 税 務 調 査 チー ム 長 特 別 税 務 調 査 チーム 長 の 判 断 により 不 服 申 立 の 可 能 性 があ ると 考 えられるその 他 の 場 合

8 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 ( 続 き) 不 服 申 立 の 可 能 性 がある 案 件 に 関 わる 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 確 認 書 への 署 名 前 の 措 置 規 定 処 置 の 原 則 処 理 の 手 順 および 手 続 きに 関 するいくつかの 留 意 事 項 : 1. 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 実 施 により 不 服 申 立 の 可 能 性 があると 判 断 される 場 合 には 以 下 の 原 則 によって 処 理 します 法 令 文 書 の 規 定 および 本 規 定 の 内 容 通 りの 手 順 に 従 うこと 下 部 レベルから 上 部 レベルへと 案 件 を 上 げること 下 部 レベルを 経 ないで 上 部 レベルへ 提 出 された 文 書 は 処 理 しな いこと 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 は 監 察 法 租 税 管 理 法 調 査 特 別 調 査 の 手 順 規 定 および 関 連 施 行 細 則 に 従 い 実 施 すること 2. 数 字 確 認 のための 確 認 書 へ 署 名 する 際 に 納 税 者 が 税 務 処 理 に 関 する 税 務 調 査 チーム 側 の 意 見 に 同 意 しない 場 合 意 見 の 相 違 があ る 部 分 について 確 認 書 へ 記 載 し( 意 見 が 一 致 した 内 容 意 見 が 相 違 している 内 容 処 理 の 根 拠 および 納 税 者 の 意 見 を 明 記 する) 意 見 が 相 違 する 内 容 に 関 連 する 書 類 や 資 料 を 十 分 に 収 集 すること 規 定 に 基 づいた 処 理 を 進 める 責 任 を 負 います 4. 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 確 認 書 が 正 式 に 発 行 されてから5 営 業 日 経 ても 納 税 者 が 署 名 しない 場 合 行 政 違 反 の 罰 則 処 分 を 受 けます 税 務 当 局 による 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 決 定 が 正 式 に 発 行 される 前 に 契 約 書 インボイス 証 票 税 務 申 告 書 そして 自 社 の 納 税 義 務 を 説 明 証 明 するその 他 資 料 のレビューを 希 望 される 場 合 には ご 遠 慮 なく 弊 社 Grant Thornton (Vietnam)の 税 務 専 門 家 へお 問 い 合 わせ 下 さい また 弊 社 Grant Thornton (Vietnam)では 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 過 程 においても 税 務 当 局 に 対 して 御 社 の 納 税 義 務 を 説 明 するご 支 援 をさせて 頂 けます 3. 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 過 程 で 意 見 が 相 違 する 内 容 に 対 する 税 務 局 幹 部 からの 意 見 を 待 つ 間 ; 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 延 長 決 定 を 発 行 する 必 要 が 無 い 場 合 に ついては 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 実 施 期 間 が 終 了 したら 税 務 調 査 チーム 長 は 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 手 順 規 定 が 規 定 する 時 間 内 に 確 認 書 への 署 名 をする 必 要 がありますが 確 認 書 の 中 に 特 別 の 箇 所 を 設 けて 意 見 が 相 違 する 内 容 を 記 載 し 税 務 調 査 特 別 税 務 調 査 の 結 果 とは 切 り 離 します 税 務 局 幹 部 からの 返 答 文 書 を 受 け 取 ったら 遅 くとも5 営 業 日 以 内 に 税 務 調 査 チーム 特 別 税 務 調 査 チームは 納 税 者 との 間 で 確 認 書 への 付 属 書 を 作 成 して 法 令 の

9 コンタクト この Newsletter は 情 報 提 供 のみを 目 的 と して 作 成 しております 不 正 確 または 不 完 全 な 情 報 または これら 情 報 に 基 づく 作 為 または 不 作 為 から 発 生 した 損 額 について Grant Thornton (Vietnam) は 責 任 を 負 いま せん 今 回 の Newsletter に 関 するご 質 問 や 詳 細 情 報 のお 問 い 合 わせは 弊 社 の 専 門 家 へ ご 連 絡 下 さい Newsletter のダウンロードは 下 記 サイトへアクセス 下 さい Ha Noi Office 18 th Floor, Hoa Binh International Office Building 106 Hoang Quoc Viet Cau Giay District, Ha Noi Vietnam T F Hoang Khoi Tax Partner D E Nguyen Dinh Du Tax Partner D E 大 形 薫 (Kaoru Okata) Director Japanese Desk D E Pham Ngoc Long Tax Director D E Nguyen Nhat Le Tax Senior Manager D E Ho Chi Minh Office 28 th Floor, Saigon Trade Centre 37 Ton Duc Thang Street District 1, Ho Chi Minh City Vietnam T F Nguyen Hung Du Tax Partner D E Valerie Teo Liang Tuan Tax Director D E Tran Hong My Tax Director D E 則 岡 智 裕 (Tomohiro Norioka) Director Japanese Desk D E Tran Nguyen Mong Van Tax Director D E Nguyen Bao Thai Tax Senior Manager D E 2015 Grant Thornton (Vietnam) Limited. All rights reserved. Grant Thornton (Vietnam) Limited is a member firm of Grant Thornton International Ltd (GTIL). GTIL and the member firms are are not a worldwide partnership. Services are delivered by the member firms. GTIL and its member firms are not agents of, and do not obligate, one another and are not liable for one another s acts or omissions.

10 Questions & feedback 2015 Grant Thornton (Vietnam) Limited. All rights reserved.

税 務 総 局 は2012 年 度 の 個 人 所 得 税 確 定 申 告 をガイドラインする2013 年 01 月 15 日 付 けOfficial Letter 187/TCT-TNCNを 公 表 しました 要 約 2012 年 度 の 確 定 申 告 手 続 きは2011 年 度 と 多 く

税 務 総 局 は2012 年 度 の 個 人 所 得 税 確 定 申 告 をガイドラインする2013 年 01 月 15 日 付 けOfficial Letter 187/TCT-TNCNを 公 表 しました 要 約 2012 年 度 の 確 定 申 告 手 続 きは2011 年 度 と 多 く 個 人 所 得 税 に 関 する 最 新 情 報 2013 年 2 月 税 務 総 局 は2012 年 度 の 個 人 所 得 税 確 定 申 告 をガイドラインする2013 年 01 月 15 日 付 けOfficial Letter 187/TCT-TNCNを 公 表 しました 要 約 2012 年 度 の 確 定 申 告 手 続 きは2011 年 度 と 多 く 変 更 がありません 賃 2012

More information

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還

Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 概 要 タイ 現 地 法 人 が 陥 った 付 加 価 値 税 (VAT) 未 還 付 問 題 の 具 体 的 な 事 例 として 前 回 は 申 請 後 の 税 務 調 査 が 終 わらないケースを 前 々 回 は VAT 還 March 11, 2016 Ⅰ.タイ 現 地 法 人 における VAT 未 還 付 事 例 (3) 永 峰 バンチキ 会 計 事 務 所 公 認 会 計 士 山 崎 宏 史 2 Ⅱ. 海 外 研 修 中 のベトナム 人 従 業 員 の 個 人 所 得 税 申 告 について I GLOCAL CO.,LTD 5 本 資 料 は 情 報 提 供 を 唯 一 の 目 的 としたものであり 金 融 商 品

More information

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20

Microsoft Word - AsiaBR_Vol.20 発 行 番 号 : 20 号 発 行 日 : 2007 年 2 月 内 容 : ベトナムにおける 個 人 所 得 税 の 申 告 納 税 の 実 務 筆 者 : IGL (VIETNAM) CO., LTD. グェン ディン フク 1. はじめに ベトナムに 居 住 して 働 く あるいは 居 住 はしないがベトナムで 働 いた 対 価 として 個 人 が 所 得 を 得 る 場 合 この 所 得

More information

所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 は 以 下 の 通 りです 退 職 所 得 の 場 合 も この 税 率 表 を 使 います 1. 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 ( 所 法 891) 課 税 所 得 所 得 税 率 控 除 額 ~195

所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 は 以 下 の 通 りです 退 職 所 得 の 場 合 も この 税 率 表 を 使 います 1. 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 ( 所 法 891) 課 税 所 得 所 得 税 率 控 除 額 ~195 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 退 職 所 得 の 計 算 退 職 金 の 選 択 課 税 特 例 外 国 税 額 控 除 と 役 員 従 業 員 の 差 異 http://www.up-firm.com 1 所 得 税 と 住 民 税 の 税 率 表 所 得 税

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

調査の方法と経緯

調査の方法と経緯 2 2005 2 1980 2 3 1980 1950 51 75 2 75 5 1980 DRV 1950 54 100% DRV DRV DRV 1990 75 1990 3 90 2004 9 IVIDES IVIDES IVIDES 2 DRV IVIDES 4 11 2005 1 1 3 11 IVIDES 05 1 1. 2 2 1940 41 1945 3 3 3 8 5 15 16

More information

日台租税協定(通称)の締結

日台租税協定(通称)の締結 KPMG Insight KPMG Newsletter Vol.16 January 2016 海 外 トピック1 日 台 租 税 協 定 ( 通 称 )の 締 結 kpmg.com/ jp 日 台 租 税 協 定 ( 通 称 )の 締 結 KPMG 台 湾 台 北 事 務 所 パートナー 友 野 浩 司 中 華 民 国 ( 以 下 台 湾 とする)と 日 本 は 1972 年 の 国 交 断 絶

More information

2016年3月 会計基準アップデートセミナー

2016年3月 会計基準アップデートセミナー www.pwc.com/ 新 しい 個 人 所 得 税 申 告 システムの 導 入 PwC 中 国 日 系 企 業 部 新 しい 個 人 所 得 税 申 告 システムの 導 入 上 海 では 新 しい 個 人 所 得 税 申 告 システムが 導 入 されました 2016 年 2 月 1 日 より 個 人 所 得 税 月 次 申 告 は 全 てこの 新 しいシステムを 用 いて 申 告 しなければなりません

More information

Da Nang 3 Lohr Industrie 10 5 ( ) Bach Dang (1 ) Mien Tay 11km 6 10 (Thanh Nien 10 7,P.2) Thang Long Thang Long 3 Pham Van Loc 89ha 7,600 9,000 Thang

Da Nang 3 Lohr Industrie 10 5 ( ) Bach Dang (1 ) Mien Tay 11km 6 10 (Thanh Nien 10 7,P.2) Thang Long Thang Long 3 Pham Van Loc 89ha 7,600 9,000 Thang Thang Long Metro Cash Carry Hai Phong 10 Da Lat 63 6 Acecook Vietnam 4 Lake Side Sumidenso Vietnam Hai Duong 9 8,500 ADSL 200 17 2 Da Nang 3 Lohr Industrie 10 5 ( ) Bach Dang (1 ) Mien Tay 11km 6 10 (Thanh

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

要 約 税 法 s の 変 更 に 関 する Law No.71/2014/QH13 (Law No.71) が 公 表 されまし た 11 月 のタックスアラートに 記 載 しました 法 人 税 (CIT) 付 加 価 値 税 (VAT)に 関 する 政 府 の 議 案 が 通 過 し 新 しい

要 約 税 法 s の 変 更 に 関 する Law No.71/2014/QH13 (Law No.71) が 公 表 されまし た 11 月 のタックスアラートに 記 載 しました 法 人 税 (CIT) 付 加 価 値 税 (VAT)に 関 する 政 府 の 議 案 が 通 過 し 新 しい タックスアップデート 2015 年 1 月 January 2015 Tax Update Page 1 要 約 税 法 s の 変 更 に 関 する Law No.71/2014/QH13 (Law No.71) が 公 表 されまし た 11 月 のタックスアラートに 記 載 しました 法 人 税 (CIT) 付 加 価 値 税 (VAT)に 関 する 政 府 の 議 案 が 通 過 し 新 しい

More information

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F>

<5461726F2D834A83558374916490C5986195B681698DE096B18FC88267826F> 訳 文 重 回 避 脱 防 止 和 案 和 重 回 避 脱 防 止 結 希 望 次 協 双 次 a i 個 ii 下 b i ii 民 iii 下 掲 げ 加 え 代 署 名 後 掲 げ 同 実 質 似 両 局 各 重 要 改 正 改 正 後 妥 期 相 互 知 三 文 脈 別 解 釈 べ ほ 和 理 味 和 a 領 域 並 際 協 づ 主 管 轄 区 域 含 む 理 味 べ b 領 域 領 海 含

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

職 金 であれ 徴 収 と 納 付 における 争 議 を 避 けるため その 限 度 額 の 計 算 方 法 は 上 記 の 規 定 に 従 うべきであると 喚 起 している 公 表 日 2014/7/17 財 政 部 中 区 国 税 局 輸 出 した 製 品 を 海 外 現 地 で 廃 却 する

職 金 であれ 徴 収 と 納 付 における 争 議 を 避 けるため その 限 度 額 の 計 算 方 法 は 上 記 の 規 定 に 従 うべきであると 喚 起 している 公 表 日 2014/7/17 財 政 部 中 区 国 税 局 輸 出 した 製 品 を 海 外 現 地 で 廃 却 する 安 永 聯 合 會 計 師 事 務 所 11012 台 北 市 基 隆 路 一 段 333 號 9 樓 9F, No. 333, Sec. 1, Keelung Road Taipei City, Taiwan, R.O.C. Tel: 886 2 2757 8888 Fax: 886 2 2757 6050 www.ey.com/tw 1. 会 社 が 退 職 金 を 当 該 事 業 の 労 工

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

国際課税原則帰属主義

国際課税原則帰属主義 Japan tax newsletter KPMG Tax Corporation 11 November 2013 KPMG Japan tax newsletter 国 際 課 税 原 則 帰 属 主 義 (AOA 適 用 )への 見 直 し I. 改 正 のポイントと 影 響 1. 改 正 のポイント. 2 2. 改 正 の 影 響.. 3 II. AOA 報 告 書 の 概 要 A. 外 国

More information

中 小 企 業 の 健 全 性 支 援 マガジン( 毎 月 1 日 発 行 ) BUSINESS ONE POINT ニュースレター 2015.9No.289 今 月 のコンテンツ 健 全 性 支 援 実 績 No1を 目 指 す! & roup 税 理 士 法 人 株 式 会 社 東 亜 経 営 総 研 検 索 550-001 大 阪 市 西 区 阿 波 座 1-4-4-8F TEL(06)6538-0872(

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の

đ) 人 民 軍 事 専 従 の 士 官 軍 人 人 民 公 安 専 従 の 士 官 下 士 官 及 び 技 術 専 門 の 仕 官 下 士 官 軍 人 と 同 じく 給 与 を 受 ける 情 報 管 理 に 関 わる 業 務 に 従 事 する 者 e) 人 民 軍 事 および 人 民 公 安 の 国 会 --------- 法 律 番 号 :58/2014/QH13 号 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ---------------- ハノイ 2014 年 11 月 20 日 社 会 保 険 法 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 の 憲 法 に 基 づき 国 会 は 社 会 保 険 法 を 公 布 する 第 1 章 総 則 第 1 条 適 用 範 囲 本 法

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ

きな 利 益 を 得 られる 可 能 性 がある 反 面 多 大 な 損 失 を 生 じるリスクがある こと 5 本 取 引 には 損 失 を 抑 制 する 目 的 でロスカット ルールを 設 定 しています が( 第 13 条 参 照 ) 市 況 環 境 によっては このルールに 基 づくロスカッ 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 本 約 款 は お 客 様 と SBI FX トレード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます)との 間 で 行 なう 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 ( 以 下 本 取 引 といいます)に 関 する 権 利 義 務 関 係 等 を 明 確 にするための 取 り 決 めで ( 定 義 ) 第 2 条 本

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応)

Microsoft Word リスク説明書(HP掲載用:消費税対応) 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35に 関 する 覚 書 に 関 する 制 度 リスク 説 明 Ⅰ 制 度 内 容 について< 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 内 容 の 説 明 > 1~17は 住 宅 金 融 支 援 機 構 が 実 施 する 家 賃 返 済 特 約 付 きフラット35 の 制 度 内 容 留 意 点 等 についての 説 明 です なお 本 内 容 については

More information

報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)ドバイ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づき 現 地 法 律 コンサルティング 事 務 所 Clyde & Co LLP から 提 供 を 受 けた 情 報 に 基 づ

報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)ドバイ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づき 現 地 法 律 コンサルティング 事 務 所 Clyde & Co LLP から 提 供 を 受 けた 情 報 に 基 づ 雇 用 関 係 の 透 明 性 と 労 働 力 の 流 動 性 を 高 める 新 省 令 の 発 布 アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 2015 年 10 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) ドバイ 事 務 所 ビジネス 展 開 支 援 部 ビジネス 展 開 支 援 課 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

います います (9) 会 員 等 会 員 及 び 入 会 を 希 望 する 方 をいいます (9) 会 員 等 会 員 及 び 入 会 を 希 望 する 方 をいいます (10) 入 会 手 続 き 第 6 条 ( 入 会 )に 規 定 する 手 続 きをいいます (10) 入 会 手 続 き 第

います います (9) 会 員 等 会 員 及 び 入 会 を 希 望 する 方 をいいます (9) 会 員 等 会 員 及 び 入 会 を 希 望 する 方 をいいます (10) 入 会 手 続 き 第 6 条 ( 入 会 )に 規 定 する 手 続 きをいいます (10) 入 会 手 続 き 第 なるちゃんeクラブキャッシュレスカード 会 員 規 約 新 旧 対 照 表 現 行 改 正 案 備 考 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 なるちゃんeクラブキャッシュレスカードの 会 員 及 び 運 営 に ついては 他 の 規 約 に 特 別 に 定 めがある 場 合 を 除 くほか この 規 約 の 定 めるところによります 第 1 条 なるちゃんeクラブキャッシュレスカードの

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

1 平 成 28 年 度 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 3 月 高 崎 市 福 祉 部 長 寿 社 会 課 1. 募 集 の 趣 旨 本 市 では 施 設 入 所 を 必 要 とする 人 に 対 して 幅 広 い 選 択 肢 の 中 から 必 要 なサービスを 提 供 できる 体 制 を 整 備 するため 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

QUỐC HỘI

QUỐC HỘI 国 会 -------- 法 No.: 10/2012/QH13 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 自 由 幸 福 ----------o0o---------- ハノイ 2012 年 6 月 18 日 労 働 法 国 会 決 議 No.51/2001/QH10 によって 修 正 補 則 された 1992 年 ベトナム 社 会 主 義 共 和 国 憲 法 に 基 づき 国 会 が 本 法

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

Microsoft Word - 様式34号 更新申請のご説明

Microsoft Word - 様式34号 更新申請のご説明 様 式 34 号 申 請 者 各 位 (20120723) 一 般 財 団 法 人 建 設 業 振 興 基 金 建 設 産 業 情 報 化 推 進 センター CI-NET 更 新 手 続 きのご 説 明 CI-NETを 利 用 したEDIを 実 施 するための 企 業 識 別 コードおよび 電 子 証 明 書 の 更 新 手 続 きについてご 説 明 いたします 1. 企 業 識 別 コードおよび

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63> 第 12 章 税 制 カンボジアの 税 に 関 する 基 本 法 は 1997 年 1 月 に 国 民 議 会 により 採 択 された 1997 年 税 法 (Low on Taxation)である その 後 2000 年 には 経 済 財 務 省 が 法 人 税 に 関 する 大 臣 令 を 発 行 2003 年 には 税 法 改 正 に 関 する 法 律 (Law on Amendment on

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業 平 成 28 年 度 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 利 用 の 手 引 き ( 市 民 向 け) 熊 本 市 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 強 計 画 設 計 耐 震 改 修 工 事 目 次 耐 震 診 断 から 耐 震 改 修 までの 流 れ p 1 補 強 計 画 設 計 補 助 制 度 利 用 について p 2 耐 震 改 修 工 事 補 助 制 度 利

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条

議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数 に 関 する 条 例 を 廃 止 する 条 平 成 25 年 6 月 定 例 市 議 会 提 出 議 案 概 要 書 総 務 部 法 務 課 総 務 部 総 務 課 財 務 部 財 政 課 議 案 目 録 議 案 第 7 3 号 明 石 市 住 民 投 票 条 例 検 討 委 員 会 条 例 制 定 のこと 第 7 4 号 明 石 市 農 業 委 員 会 委 員 の 選 挙 区 及 び 各 選 挙 区 において 選 挙 すべき 委 員 の 数

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版 平 成 26 年 11 月 外 務 省 外 国 人 課 日 本 入 国 ビザ 手 続 の 概 要 ( 中 国,ロシア CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 ) 中 国,ロシア,CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 が, 短 期 商 用 等, 親 族 知 人 訪 問 又 は 観 光 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用

4 登 録 内 容 の 修 正 等 (1) 事 業 者 は 登 録 した 事 項 又 はシステム 利 用 者 を 変 更 する 場 合 には 様 式 3によ り 変 更 内 容 を 届 け 出 るものとする (2) 事 業 者 は 輸 出 業 務 を 止 める 等 により 今 後 システムを 利 用 ( 別 紙 3) 輸 出 証 明 書 発 行 システムの 使 用 について 農 林 水 産 省 が 運 用 する 輸 出 証 明 書 発 行 システム( 以 下 システム という )を 利 用 して 食 品 等 を 輸 出 する 際 に 必 要 な 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 別 添 の 輸 出 証 明 書 発 行 システム 利 用 規 約 ( 以 下 利 用 規 約 という

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

費 用 と 認 定 されず 甲 社 の 敗 訴 に 至 った 国 税 局 は 営 利 事 業 者 に 対 し もし 一 方 で 借 入 金 に 対 する 利 息 を 支 払 い 他 方 で 貸 付 金 に 対 する 利 息 を 受 取 っていない または 受 取 利 息 が 支 払 利 息 より 少

費 用 と 認 定 されず 甲 社 の 敗 訴 に 至 った 国 税 局 は 営 利 事 業 者 に 対 し もし 一 方 で 借 入 金 に 対 する 利 息 を 支 払 い 他 方 で 貸 付 金 に 対 する 利 息 を 受 取 っていない または 受 取 利 息 が 支 払 利 息 より 少 安 永 聯 合 會 計 師 事 務 所 11012 台 北 市 基 隆 路 一 段 333 號 9 樓 9F, No. 333, Sec. 1, Keelung Road Taipei City, Taiwan, R.O.C. Tel: 886 2 2757 8888 Fax: 886 2 2757 6050 www.ey.com/tw 国 税 局 の 公 表 物 より 1. 会 社 が 一 方 で

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 選 考 は 一 定 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 範 囲 内 で 家 庭 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 高 い 人 から 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE88EACADFDDCCDAAFC4323031332E313194C5816B8DC58F4988C4816C> はじめに この 度 あなた 様 は 日 本 年 金 機 構 より 老 齢 ( 障 害 遺 族 ) 厚 生 年 金 の 決 定 を 受 けられたことと 存 じます この 決 定 を 受 けられた 年 金 にはあな た 様 又 は 元 組 合 員 の 方 が( 旧 ) 国 鉄 共 済 組 合 に 加 入 されていた 期 間 が 通 算 されております あなた 様 又 は 元 組 合 員 の 方 は( 旧

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に

ただし 平 成 26 年 1 月 から3 月 までの 間 に 失 職 し 平 成 26 年 4 月 以 降 も 引 き 続 き 失 職 している 場 合 ( 平 成 26 年 度 に 新 入 学 ( 編 転 入 学 を 含 む )をした 者 であって 平 成 25 年 度 に 私 立 高 校 等 に 平 成 26 年 度 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 事 務 処 理 要 領 1 趣 旨 この 要 領 は 大 阪 府 私 立 高 等 学 校 等 授 業 料 減 免 事 業 補 助 金 の 事 務 処 理 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 補 助 事 業 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 は 大 阪 府 京

More information