Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 2003 JNSA WG

2

3 1

4 2

5 3

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

untitled

untitled WG 2013 P P P P WG WG P WG 12 12 P P20 200 200 200 200 2011 2012 2012 11 1 2 21 2 2 1 2 2 2 2 1 2 1 2 11 720,450(8.0) 37,845(0.4) 4) 37.7 7 5.4 0.1 8,299,154(91.6)

More information

untitled

untitled 19 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - -

More information

untitled

untitled 6000 4 10.5% 13.1% 8.2% [ 2005 ] IT 8 6.5% 2005 6855 6584 1.7 30% ISMS SOX 18 19 SOX 2007 2008 1 2 3 4 ASP SaaS 5 6 6.1 PCI DSS 6.2 6.3 ISO27004 ISMS 6.4 6.5 6.6 NIST SP 19

More information

参考1 第2回自動車ワーキンググループ議事録(未定稿)

参考1		第2回自動車ワーキンググループ議事録(未定稿) 19 9 25 15 30 17 30 10 1012 2 WG 9 10 1 WG 1 CO2 CO2 CO2 WG 1 CO2 CO2 CO2 1/2 1/2 CO2 2 2 CO2 2 WG CO2 1 2 3 7 3 3 3 WG CO CO 10 1.5 50 50 2 1 1 CO 2 CO 4 CO CO 2 2 p.4 7 7 1 7 1 1 5 p.7 2 1 1 1.5 2 1

More information

2 3 A B 2 NPO

2 3 A B 2 NPO 13 30 13 1 (1) (9) 9 1 2 3 A B 2 NPO 3 3 22 22 4 2 22 22 5 6 3 3 3 22 3 22 4 4-1 6 WG 6 3 7 8 7 7 11 4-5 3 3 2 1 4 2 Yes No 100 1 22 9 22 3 22 22 3 3 2 4-6 1 5 22 72 1 2 72 72 3 72 72 10 72 72 NPO 72 4-6

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70

More information

WG WG WG WG WG WG 1

WG WG WG WG WG WG 1 WG WG WG WG WG WG 1 13:30 16:00 WG WG 2 3 JATA TIJ TIJ 4 WG 20 30 30 50 WG JATA WG 5 6 Web JATA WG 13:30 16:00 402 NPO ( ) 7 8 WG WG WG NPO WG 9 WG WG 3 WG ( ) WG PR WG 50 3 10 13:30 16:00 402 WG 11 12

More information

untitled

untitled 16 3 31 3 H15.03.04 WG-2 1 H15.04.14 H15.05.14 WG-2 1 H15.05.14 WG-2 1 H15.07.01 BC H15.07.15 H15.12.26 3 H15.11.26 H15.06.06 14 9 12 H15.08.13 20 8 H15.10.24 22 H15.11.14 1 H15.01.06 H15.04.01 9 BMD H15.04.15

More information

untitled

untitled NPO 2011 3 31 1.... 5 1.1.... 5 1.2.... 6 1.3.!?... 7 2.... 8 2.1.... 8 2.2.... 8 2.3.... 9 2.4.... 9 3.... 10 3.1.... 10... 11... 11... 11 3.2.... 13... 13... 14... 14 3.3.... 16... 16... 16... 17...

More information

V0.10.{..

V0.10.{.. CONTENTS ご挨拶 セキュリティ技術の向上のために 本当に必要なのは 特 1 集 公的個人認証サービスの技術 セキュリティAPIに関する技術調査 2 8 JNSAワーキンググループ紹介 コンテントセキュリティWG 10 不正プログラム調査WG 12 会員企業ご紹介 14 JNSA会員企業情報 17 イベント開催の報告 インターネットウイーク2003 特定非営利活動法人 日本ネッ トワークセキュリティ協会

More information

80% PC LAN PDCA focus 2003 JNSA 4,000 OECD (JISQ15001) OECD 15 5 30 2 17 4 5000 JISQ15001) 6 30 18 4 4 DM 156 156 OECD OECD8 CIO Chief Privacy Officer(CPO) CIO CPO CIO

More information

NPO 1 NPO 2 2002 (WG) 20043 20041 20044 20049WG3(WG4 NPO 3 NPO 4 SOHO etc ) 18 NPO 5 11 (IDC) NPO 6 HP NPO 7 (= (= (= (= NPO 8 (= (= (= (= ( = 5 NPO 9 NPO 10 1000 de 11 NPO 11 1 2 3 4 NPO 12 2005170 20053

More information

公募型ESCO事業に関する提案と要望

公募型ESCO事業に関する提案と要望 ...1...2 1.1...2 1.2...2 1.3...3 1.4...5 1.5...6 1.6...6 1.7...6 1.8...7 1.9...7 1.10...8 1.11...8 1.12 ESCO...8 1.13 ESCO...9 1.14...9 1.15...9 1.16...10... 11 2.1 ESCO... 11 2.2... 11 2.3... 11 2.4...12...16

More information

自叙伝-2.pmd

自叙伝-2.pmd Mea Culpa B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B A

More information

- 2006 4 25 2005 2006 5 9 5 11 2005 2006 2005 6 30 2005 303 25 2006 2006 11 9 2006 2007 - 2007 19 16 1500 FM NHKHBC ML WG HP ML PR WG WG WG WG 2007 TEL56-4646FAX56-2267 084-0922 2-2101 e-mail fukyu@kushiro-wetland.jp

More information

... 1... 2... 2... 3... 3... 4... 4... 5... 6 (a) 20... 6 (b) 10... 7 (c) 10... 8 (d) 24... 8 (e) 7... 9 (f) 7... 10... 10 (a) 12... 10 (b) 34... 11..

... 1... 2... 2... 3... 3... 4... 4... 5... 6 (a) 20... 6 (b) 10... 7 (c) 10... 8 (d) 24... 8 (e) 7... 9 (f) 7... 10... 10 (a) 12... 10 (b) 34... 11.. ... 1... 2... 2... 3... 3... 4... 4... 5... 6 (a) 20... 6 (b) 10... 7 (c) 10... 8 (d) 24... 8 (e) 7... 9 (f) 7... 10... 10 (a) 12... 10 (b) 34... 11... 13 (a) 7... 13 (b) 8... 14 (c) 19... 14... 16...

More information

1.1 WG WG ( ) Copyright (c) 2002 NPO Page SQLSlammer WG 13 CordRed Copyright (c) 2002 NPO Page 4

1.1 WG WG ( ) Copyright (c) 2002 NPO Page SQLSlammer WG 13 CordRed Copyright (c) 2002 NPO Page 4 2002 6 3 1. 1.1 WG 1.2 14 Copyright (c) 2002 NPO Page 2 1.1 WG WG ( ) Copyright (c) 2002 NPO Page 3 1.2 14 14 SQLSlammer WG 13 CordRed Copyright (c) 2002 NPO Page 4 2. SQLSlammer 2.1 2.2 2.3 147 MS02-039

More information

untitled

untitled () 1.... 4 2.... 5 3.... 6 3.1... 6 3.2... 7 4.... 8 4.1.1... 8 4.1.2... 10 4.1.3 ()... 11 4.1.4... 12 4.1.5... 14 4.2 2003... 15 4.2.1 2003... 17 5.... 19 5.1... 19 5.1.1 2002... 20 5.1.2... 21 5.1.3...

More information

SIP「革新的構造材料」研究開発計画

SIP「革新的構造材料」研究開発計画 1 2 3 4 PD FRP ミ 先 ク 端 ロ 計 測 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 本 研 究 開 発 では 耐 熱 耐 環 境 コーティング 26 27 28 29 算 機 科 学 的 手 法 データベース マテリアルズ インフォマティックスなどの 情 報 学 などを 融 合 するとともに 30 31 32

More information

1. 2. 3. 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 2

1. 2. 3. 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 2 1. 2. 3. 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 2 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 3 7 SE 5 5 3 2 SE, ATM ATM IPA 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 4 2014 3 1000 NAND 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 5 2014 7 A 2014 9 25 独 立 行 政

More information

ヒューマナイジングWG 中間報告案(検討用2)

ヒューマナイジングWG 中間報告案(検討用2) W.F.E.Preiser W.F.E.Preiser 1 1 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 2 B C 1990 91 1991 92 1992 1993 93 1995 96 02 1993 1995 POE Facility Management, Barcelona, May 1996 1994 12 1996 1998 2003 1999 D 10 E 11 2 3 2002

More information

untitled

untitled // 1 2 3 4 / 5 6 7 8 WGMBA/MOT WG 9 WGMBA/MOT 10 WGMBA/MOT 11 WGMBA/MOT 12 WGMBA/MOT 13 WGMBA/MOT WG MOT WG 14 WG WG 15 16 WG 17 18 19 20 21 2008 / 3 NPO 22 2008 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 1. 2. 3. 4.

More information

Copyright (c) 2002 NPO Page 2

Copyright (c) 2002 NPO Page 2 2002 11 13 Copyright (c) 2002 NPO Page 2 Copyright (c) 2002 NPO Page 3 121 50 41.32% 20 11 55.00% 5 4 80.00% 14 5 35.71% 126 54 42.86% 34 16 47.06% Copyright (c) 2002 NPO Page 4 Copyright (c) 2002 NPO

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 CO2 5 CO2 20 32 SNS 1 CO2 1 2 3 4CO2 5 CO2 CO2 2 CO2 20501990 CO280 20 5 59 SNS 20 3 1400 97 1 2 600 94 0 1 5 1000 99.6 0.4 20 10 19 160 4 20 119 10 20 20 WG 119 10 20 WG 1 20 WG 34 10 WG WG2 30

More information

IoT JNSA IoT Security WG IoT Security Working Group (

IoT JNSA IoT Security WG IoT Security Working Group ( IoT JNSA IoT Security WG IoT Security Working Group ( 2017123 JNSA IoT Security Working Group JNSA IoT Security Working Group IoT Copyright (c) 2017 NPO 2 JNSA IoT Security Working Group Copyright (c)

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation SDP SDP 196.7 M$ 236 1,889 M$ 2 270 FY2003 182.1 M$ 220 1,830 M$ 2 200 FY2002 SDP NITRD Request R&D SDP Planning Workshop 4 5 AITEC High-End Computing and Communication Working Group (HECC-WG) WG WG AITEC

More information

untitled

untitled W1A W1B W1C W1D W1E W1F W1G W1H W1I W1J W1K W1L W1N W1O W1P W1Q W1R W2A W2B W2C W2D W2F W2G W2H W2I W2J W2K W2L W2N W2O W2P W2Q W2R W3A W3B W3C W3D W3E W3F W3G W3H W3I W3J W3K W3N W3O W3P W3Q W3R W4A W4B

More information

金融機関のセキュリティ対策の動向について

金融機関のセキュリティ対策の動向について 19214 FISC 2 FISC FISC 3 FISC FISC 4 FISC FISC 5 FISC FISC 1985.12 2006.0372007.03) 1994.01 2006.03 1987.07 22000.07 32007.03 1999.01 FISC 6 FISC FISC 7 FISC FISC 8 FISC WG FISC 9 FISC FISC 10 FISC 181127

More information

矢作川研究No.8

矢作川研究No.8 The report of the collections in the Yahagi River data base Miyako OGAWA 1 2 3 1 1960 1970 2 1 1.2.1. 1 2 2 1.2.2. 3 18 3 18 1.4.1. 1 1 1 1.4.2. * 121520004200334 12 13 100 2003 44 100 1 100 100 100 13

More information

F.2 WGK F.3 F F.1

F.2 WGK F.3 F F.1 .2 WGK.3.1 WGK UL94-0 WGK 4,10,16,25,50,95 2.2 - WGK W GK 4 4 ² WGK 4 4 ² TEX // 8.1 x 35.5 x.5 8.1 x 40 x 24 / /² 41 / 6 41 / 6 ² 0.22...6 0.22...6 / IEC 60947-1 / UL94 H05/H07 / / / ² k/- ² ² /- IEC

More information

愛媛県クルーズ調査

愛媛県クルーズ調査 3 01753 8330 00500 017,869 0178.800 4,000500 1.5 3,000,765 600,500,000 1,500 1,000 500 0 99 808 338 177,017 1,454 1,04 1,105 1,001 1,443 965 476 373 653 591 631 69 68 551 489 574,014 751 500 400 300 00

More information

1 1 2 2 2.1 4 2.2 4 2.3 5 3 MFP 3.1 MFP 7 3.2 MFP 9 3.3 MFP 10 3.4 11 3.5 13 4 4.1 16 4.2 17 5 5.1 20 5.2 20 5.3 22 6 6.1 35 6.2 35 6.3 35

1 1 2 2 2.1 4 2.2 4 2.3 5 3 MFP 3.1 MFP 7 3.2 MFP 9 3.3 MFP 10 3.4 11 3.5 13 4 4.1 16 4.2 17 5 5.1 20 5.2 20 5.3 22 6 6.1 35 6.2 35 6.3 35 1 1 2 2 2.1 4 2.2 4 2.3 5 3 MFP 3.1 MFP 7 3.2 MFP 9 3.3 MFP 10 3.4 11 3.5 13 4 4.1 16 4.2 17 5 5.1 20 5.2 20 5.3 22 6 6.1 35 6.2 35 6.3 35 () () () () () () () () () () () () () () () () () () () () ()

More information

POSPOS 12 3EDI FIPP

POSPOS 12 3EDI FIPP 7 JAPAN MAGAZINE PUBLISHERS ASSOCIATION2007 19 995 730 7 1992 42 981 2 JMPA 4 19 2 5000 316 III POSPOS 12 3EDI FIPP 30 1956 31 1 30 12 27 1971 46 317 7 3 10 1971 4690 93 2005 17 99POS POS 07 1200 1892

More information

UFJ WG WG American Bankers Insurance Association (ABIA) 2003 Study of Leading Banks in Insurance UFJ UFJ Regan, L. & Tennyson, S.2000 Insurance Distribution Systems," Handbook of Insurance (edited

More information

untitled

untitled 24 18 GP 3 25 3 389 24 5 21 5 22 8,300 24 6 1.1.... 1 1.1.1.... 1 1.1.2. WG... 3 1.2.... 4 1.3.... 8 1.3.1. 24... 8 1.3.2.... 10 2.1. 7 2012 78... 12 2.2. 2012 9... 14 2.3. 2012 11... 16 2.4.... 17 2.4.1

More information

21 e- 223 1 1 1 2 2 3 4 5 6 7 8 2 2 1 10 11 12 13 7 8 9 10 11 12 1 2 3 Ucode SMS WEB 14 15 16 17 18 19 20 21 SNS SNS 7 8 9 10 11 12 1 2 3 PF / // / / 22 23 24 25 26 27 28 29 WEB SNS QR 30 e 2099 e

More information

(1) 14 1 14.10.30 14 12 17 (2) (3) 14 15 (1 Global ILL Framework GIF No.4-1 4-2 1 14.11.12 12 15 4 14 11 5 GIF 10 30 GIF 15 1 13 ARL CANCEL 3 2

(1) 14 1 14.10.30 14 12 17 (2) (3) 14 15 (1 Global ILL Framework GIF No.4-1 4-2 1 14.11.12 12 15 4 14 11 5 GIF 10 30 GIF 15 1 13 ARL CANCEL 3 2 ( 14 4 15 5 30 11 00 14 40 14.10.31 15 5 29 14 3 No.1 2 (1) 14 10 31 2 (2) 2 CD-ROM 2 No.3-1 3-2 1 (1) 14 1 14.10.30 14 12 17 (2) (3) 14 15 (1 Global ILL Framework GIF No.4-1 4-2 1 14.11.12 12 15 4 14

More information

27 ... 1... 1... 2... 4... 4... 5... 11... 11... 11... 11... 15... 15... 17... 19 X A... 21... 23... 25 B... 27... 29... 31... 33... 35... 37... 39... 41... 43... 45... 47... 48 UA NCCU... 48... 50...

More information

Microsoft PowerPoint - B4_理解度WG.pptx

Microsoft PowerPoint - B4_理解度WG.pptx JNSA 2013 年度活動報告会 情報セキュリティ教育に欠かすことのできない理解度チェック 情報セキュリティ理解度チェックWG リーダー萩原健太 ( トレンドマイクロ株式会社 ) 2014 年 6 月 10 日 ( 火 ) ベルサール神田 agenda 情報セキュリティ理解度チェックとは 現状 WGの活動について 正答率から見た課題 1 情報セキュリティ理解度チェックとは 組織の職員や社員のセキュリティモラル

More information

社会イノベーション研究/社会起業家WG 報告書-社会的企業・社会起業家に関する調査研究-

社会イノベーション研究/社会起業家WG 報告書-社会的企業・社会起業家に関する調査研究- 2 1 1993 1990 1947 NPO 1000 3 Social Enterprise 2 1 2 2008 2009 19 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) NPO (14) (15) (16) (17) (18) (19) 51 19 1 12 2 12 24 NPO 2 Ashoka: Innovators

More information

A Web Web , , ,160 5,142

A Web Web , , ,160 5,142 2017 2017 9 30 16 : 20 17 : 20 120 1 2016 1 2 2016 2 3 2016 3 1 2017 4 2 2017 5 3 6 1 1 2016 A 1 2017 3 31 Web Web 2016 10 127 39 10 2 612 61 1 2 7 197 4 12 2 1 46 2 2016 8 28 2 46 3 2016 12 28 3 2016

More information

8 2008 AUGUST No.702 200 http://www.jcmanet.or.jp/ 2008 8 No. 702 3 7 8 15 20 26 31 36 42 48 54 59 64 71 77 82 83 84 JCMA 89 JCMA 92 JCMA 95 JCMA 97 110 CMI 113 120 123 124 128 2008 20 8

More information

1. 2

1. 2 2004 1. 2. 1. 2 Web 3 4 5 6 PDA 7 USB CD DVD 8 9 10 11 LAN 12 13 14 P2P Web USB CD,DVD PDA 15 CD,DVD USB 16 17 18 19 VPN 20 PC 21 LAN 22 23 24 ISO/IEC17799 25 26 27 28 29 DDoS DoS DoS DDoS DoS ( ) ( )

More information

学校の個人情報漏えい事故の発生状況について 本資料は 平成 25 年度 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) に学校 教育機関 関連組織で発生した 児童 生徒 保護者らの個人情報を含む情報の漏えい事故についての公開情報を調査し 集計したものです 学校や自治体が

学校の個人情報漏えい事故の発生状況について 本資料は 平成 25 年度 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) に学校 教育機関 関連組織で発生した 児童 生徒 保護者らの個人情報を含む情報の漏えい事故についての公開情報を調査し 集計したものです 学校や自治体が 平成 25 年度学校 教育機関における個人情報漏えい事故の発生状況 - 調査報告書 - 学校の個人情報漏えい事故の発生状況について 本資料は 平成 25 年度 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) に学校 教育機関 関連組織で発生した 児童 生徒 保護者らの個人情報を含む情報の漏えい事故についての公開情報を調査し 集計したものです 学校や自治体が発表 公開した情報を集計しています

More information

3100 2650 3000 1 1 1 2004 2

3100 2650 3000 1 1 1 2004 2 2004... 2... 3... 4... 5... 6 11 12... 7... 8... 9... 10... 11... 12 17 18... 13... 14... 15 18... 16... 17 3100 2650 3000 1 1 1 2004 2 W.G. T. 2004 3 20 2004 4 490 431 2004 5 8 726 717-741 717 70 eikōn

More information

Microsoft Word - 保守運用ガイドライン_080122CSAJ修正.doc

Microsoft Word - 保守運用ガイドライン_080122CSAJ修正.doc i ii 1...1 2...2...3 4...4 5...4...5 7...12 1...1 2...4 3...5...6...6 6...7 7... 11 8 FOSS...13 9...15 10...16 11...17...18...18 14...18 15...19 16 JIS Q 20000...20 iii 1 1 1 1 1 1 2 3 2 4 5 WG 2 4 5 CSAJ/JCSSA

More information

10 2008 OCTOBER No.704 200 http://www.jcmanet.or.jp/ 2008 10 No. 704 3 5 6 11 17 22 28 33 38 44 51 57 62 68 73 78 83 87 88 90 97 CMI 101 104 110 9 112 113 116 2008 20 10 PR sstt 6 6 6 6

More information

橡IPCC概要rev1.PDF

橡IPCC概要rev1.PDF World Meteorological Organization, (United Nations Environment Programme, ) 1988 (International panel on Climate Change, ) 1 United Nations Framework Convention on Climate Change, ( ) 2 IPCC IPCC WMO/UNEP

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 2015 年度情報セキュリティ市場調査報告書より ( 市場調査 WG 活動成果発表 ) JNSA 調査研究部会セキュリティ市場調査 WG 蜂巣悌史 2016 年 6 月 17 日 JNSA 成果発表会 JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010 年度から独自調査 今回調査で 12

More information

Microsoft PowerPoint - 【A9】市場調査(川越).pptx

Microsoft PowerPoint - 【A9】市場調査(川越).pptx 市場調査 WG 活動成果発表 2014 年度セキュリティ市場調査報告書より JNSA 調査研究部会セキュリティ市場調査 WG 川越弘大 ( 株式会社イーセクター ) 2015 年 6 月 9 日 JNSA 成果発表会 JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010 年度から独自調査

More information

自己紹介 名前 : 星野亮 所属 :NTT データセキュリティ技術部 コンサルティング担当 ここ数年 ID 管理関係のコンサルに従事すること数件 それ以前は認証基盤製品を長いこと扱っていた関係で横目で見ていた感じ JNSA ID 管理 WG には参加 2 年目 Copyright (c) 2000-

自己紹介 名前 : 星野亮 所属 :NTT データセキュリティ技術部 コンサルティング担当 ここ数年 ID 管理関係のコンサルに従事すること数件 それ以前は認証基盤製品を長いこと扱っていた関係で横目で見ていた感じ JNSA ID 管理 WG には参加 2 年目 Copyright (c) 2000- JNSA アイデンティティ管理 WG 主催 クロスボーダー時代のアイデンティティ管理セミナー ソーシャル名寄せの恐怖 NTT データ 星野亮 Copyright (c) 2000-2018 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page 1 自己紹介 名前 : 星野亮 所属 :NTT データセキュリティ技術部 コンサルティング担当 ここ数年 ID 管理関係のコンサルに従事すること数件 それ以前は認証基盤製品を長いこと扱っていた関係で横目で見ていた感じ

More information

untitled

untitled UPKI JNSA PKI Day 2008 PKI 200873 Sapporo Sendai Osaka Kyoto Nagoya Tokyo Fukuoka (NII) 2008/7/3 PKI Day 2008 2 3 UPKI (Cyber Science Infrastructure) PKI 2008/7/3 PKI Day 2008 4 UPKI 16 7 NII 17 7KEKNII

More information

untitled

untitled BPR business process re-engineering BPR BPR () 129 43 48 50 4 100 129 43 48 50 4 100 A A A A A A e DB DB DB UHF UII EDI EPCglobal 240bit 24 160 56 EPC -4569951116179 0 4 4 4569951 11617 44

More information

本ネットワークセキュリティ協会 (JNSA) について

本ネットワークセキュリティ協会 (JNSA) について 資料 3 ソーシャルメディアの セキュリティの現状 JNSA SNSセキュリティWG メンバー 川 2013 年 1 22 ( ) 本ネットワークセキュリティ協会 (JNSA) について 本ネットワークセキュリティ協会 http://www.jnsa.org/ ネットワーク セキュリティに関する活動を っている特定 営利活動法 (NPO) 2001 年 5 に設 会員企業 : 147 社 (2012

More information

最初に 情報セキュリティは中小企業にこそ必要!! 機密性は 情報資産へのアクセスを最小限度に留めることで 購入する情報資産の金額を最小にします 完全性は 情報資産が正確 正しく動くことを保証し 業務を効率化します 可用性は 欲しい情報を欲しい時に入手できることで 業務時間を短縮します Copyrig

最初に 情報セキュリティは中小企業にこそ必要!! 機密性は 情報資産へのアクセスを最小限度に留めることで 購入する情報資産の金額を最小にします 完全性は 情報資産が正確 正しく動くことを保証し 業務を効率化します 可用性は 欲しい情報を欲しい時に入手できることで 業務時間を短縮します Copyrig 出社してから退社するまで中小企業の情報セキュリティ対策実践手引き 活用方法 元持哲郎アイネット システムズ株式会社 JNSA 西日本支部 2014 年 2 月 21 日 最初に 情報セキュリティは中小企業にこそ必要!! 機密性は 情報資産へのアクセスを最小限度に留めることで 購入する情報資産の金額を最小にします 完全性は 情報資産が正確 正しく動くことを保証し 業務を効率化します 可用性は 欲しい情報を欲しい時に入手できることで

More information

Microsoft PowerPoint - A1.ppt

Microsoft PowerPoint - A1.ppt 業務に基づく中小企業の 情報セキュリティ対策ガイドライン 作成についてのご報告 元持哲郎アイネット システムズ株式会社 JNSA 西日本支部 2011 年 1 月 25 日 概要 西日本支部では 2004 年に開始した中小企業向け個人情報保護 WG 活動をステップとして 中小企業向けにセキュリティ対策のガイドラインとして 情報セキュリティチェックシート を作成しました さらに 2009 年 3 月より

More information

<4D F736F F F696E74202D204A4E E718F9096BC574795D78BAD89EF8E9197BF5F8CF68A4A97702E >

<4D F736F F F696E74202D204A4E E718F9096BC574795D78BAD89EF8E9197BF5F8CF68A4A97702E > JNSA 電 署名 WG 春祭り 2018 クラウド署名と CSC 対応について 2018 年 5 23 セイコーソリューションズ株式会社デジタルトランスフォーメション営業統括部クロノトラスト営業部クロノトラストソリューション課村尾進 紹介 職歴 : 2003 年セイコーインスツルメンツ ( 株 ) 社クロノトラスト事業に配属 2008 年 期署名システム NiXAdES の開発を担当 省庁 医療

More information

「繊維産地シーズ調査研究分析事業報告書」

「繊維産地シーズ調査研究分析事業報告書」 (Seeds) 14 4 4 WG WG () () () () 15 3 . 1 1. 2.. 1. 2.. 5 1. 2. 3.. 1. 2. 3. 4. 5. 6.. 1. 2. 3.. 1. 15 2. 24 3. 32 4. 5. 58 6. 73 85 . 1. 13 2. 6 WG 64 794-0033 5-14-3 711-8555 1-46 595-0025 22-45 432-8036

More information

主体的・対話的で深い学びの実現に向けたICT活用の在り方と質的評価-平成29年度 ICT活用推進校(ICT-School)の取組より-

主体的・対話的で深い学びの実現に向けたICT活用の在り方と質的評価-平成29年度 ICT活用推進校(ICT-School)の取組より- 29 1 2 3 13 ICT ICT ICT IE-School IE-School ICT-School ICTICT ICTICT-School ICT ICT 1 P.1 P.3 P.4 P.6 P.7 P.8 P.13 P.21 P.22 P.22 P.26 P.30 P.34 P.38 P.42 P.42 P.46 P.50 P.54 P.58 P.62 P.66 P.70 P.75 P.76

More information

市場区分の定義 セキュリティツール セキュリティサービス 統合型アプライアンスネットワーク脅威対策製品コンテンツセキュリティ対策製品アイデンティティ アクセス管理製品システムセキュリティ管理製品暗号製品情報セキュリティコンサルテーションセキュアシステム構築サービスセキュリティ運用 管理サービス情報セ

市場区分の定義 セキュリティツール セキュリティサービス 統合型アプライアンスネットワーク脅威対策製品コンテンツセキュリティ対策製品アイデンティティ アクセス管理製品システムセキュリティ管理製品暗号製品情報セキュリティコンサルテーションセキュアシステム構築サービスセキュリティ運用 管理サービス情報セ 2016 年度国内情報セキュリティ市場調査 速報 (2017 年 1 月 23 日時点 ) JNSA 調査研究部会セキュリティ市場調査 WG 市場区分の定義 セキュリティツール セキュリティサービス 統合型アプライアンスネットワーク脅威対策製品コンテンツセキュリティ対策製品アイデンティティ アクセス管理製品システムセキュリティ管理製品暗号製品情報セキュリティコンサルテーションセキュアシステム構築サービスセキュリティ運用

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

DID C2040 DID C2042 DID C2050 DID C2052 DID C2060H DID C2062H DID C2080H DID C2082H DID C2100H DID C2102H DID C2120H DID C2122H DID C2160H DID C2162H

DID C2040 DID C2042 DID C2050 DID C2052 DID C2060H DID C2062H DID C2080H DID C2082H DID C2100H DID C2102H DID C2120H DID C2122H DID C2160H DID C2162H DID C2040 DID C2042 DID C2050 DID C2052 DID C2060H DID C2062H DID C2080H DID C2082H DID C2100H DID C2102H DID C2120H DID C2122H DID C2160H DID C2162H 10 80 10 120 LX LX LX LX LX LX C**UR(B) C**UR(B) C**UR(B)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082748253824F94AD955C5F3230313176362E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082748253824F94AD955C5F3230313176362E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> U40 部 会 勉 強 会 企 画 検 討 WG/ラボネットWG 活 動 報 告 一 宮 隆 祐 日 本 電 気 株 式 会 社 2011 年 6 月 8 日 U40 部 会 とは 若 年 層 を 対 象 メンバーとして JNSAの 若 返 り 若 年 層 の 活 動 活 発 化 幅 広 い 人 脈 形 成 を 目 的 として 活 動 を 行 う 2010 年 度 の 体 制 U40 部 会 部 会

More information

untitled

untitled PKI 1 / SSL/TLS PKI 28 Oct 2005 PKI /JNSA PKI Day 3 PKI? 2 RFC 2459/RFC 3280/RFC 3280bis CRL(RFC 2459/RFC 3280/RFC 3280bis) OCSP(RFC 2560/Light-weight OCSP) SCVP(SCVP) CMP(RFC 2510/RFC 4210) CRMF(RFC 2511/RFC

More information

eidas とは? eidas: Electronic identification and trust services EUで定めた電子認証や電子署名を含めたトラストサービスに関する規則 電子認証やトラストサービスを普及させることで 国境を越えた電子取引を安全かつシームレスに実現させることが目的

eidas とは? eidas: Electronic identification and trust services EUで定めた電子認証や電子署名を含めたトラストサービスに関する規則 電子認証やトラストサービスを普及させることで 国境を越えた電子取引を安全かつシームレスに実現させることが目的 Network Security Forum 2015 電子署名に関わる標準化の最新動向 佐藤雅史 JNSA 電子署名 WG サブリーダーセコム株式会社 IS 研究所 2015 年 1 月 20 日 eidas とは? eidas: Electronic identification and trust services EUで定めた電子認証や電子署名を含めたトラストサービスに関する規則 電子認証やトラストサービスを普及させることで

More information

楕円曲線暗号の整備動向 +楕円暗号の実装状況

楕円曲線暗号の整備動向  +楕円暗号の実装状況 楕円曲線暗号の整備動向 + 楕円暗号の実装状況 2011 年 2 23 筑波 学 岡晃 2011/2/23 JNSA PKI 相互運用 WG 1 IPA 情報セキュリティ技術動向調査 TG ( タスク グループ ) 広範な情報セキュリティ分野において 継続的に かつ 質の い技術情報を収集し続けるため 半期毎に発表会形式の会合を開催し 討議をふまえて調査報告書を作成します http://www.ipa.go.jp/security/outline/comm

More information

証券訴訟を巡る近時の諸問題—流通市場において不実開示を行った提出会社の責任を中心に—

証券訴訟を巡る近時の諸問題—流通市場において不実開示を行った提出会社の責任を中心に— 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9 1 17 4 1 16 2 3 4 WG 1 16 16 18 21 22 24 4 2 16 97 15 12 24 http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/siryou/kinyu/dai1/f- 20031224_sir/02.pdf

More information

脆弱性診断士(プラットフォーム)スキルマップ&シラバスについて

脆弱性診断士(プラットフォーム)スキルマップ&シラバスについて 脆弱性診断士 ( プラットフォーム ) スキルマップ & シラバスについて はじめに 近年 IT システムのさらなる普及に伴い 様々なシステムに対する攻撃に起因する情報漏えいや経済的損失などの被害が発生していることを受け システムのリリース前に脆弱性の有無を調査する脆弱性診断を行い 問題点を修正するという脆弱性診断の一連の営みに関する重要性が高まっている 脆弱性診断を行うためにはソフトウェアやネットワークなどの基本的な素養にはじまり

More information

JNSA 市 場 調 査 の 概 要 JNSA 独 自 の 調 査 活 動 変 遷 : 2004 年 から 継 続 2009 年 まではMETIの 委 託 事 業 グロバル 調 査 が 入 り 継 続 を 断 念 2010 年 度 から 独 自 調 査 今 回 調 査 で12 年 13 回 目 の

JNSA 市 場 調 査 の 概 要 JNSA 独 自 の 調 査 活 動 変 遷 : 2004 年 から 継 続 2009 年 まではMETIの 委 託 事 業 グロバル 調 査 が 入 り 継 続 を 断 念 2010 年 度 から 独 自 調 査 今 回 調 査 で12 年 13 回 目 の 2015 年 度 国 内 情 報 セキュリティ 市 場 調 査 速 報 ( 公 開 用 資 料 ) JNSA 調 査 研 究 部 会 セキュリティ 市 場 調 査 WG 2016 年 3 月 2 日 1 JNSA 市 場 調 査 の 概 要 JNSA 独 自 の 調 査 活 動 変 遷 : 2004 年 から 継 続 2009 年 まではMETIの 委 託 事 業 グロバル 調 査 が 入 り 継

More information

<4D F736F F F696E74202D F8FEE95F1835A834C A E B F E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D F8FEE95F1835A834C A E B F E B8CDD8AB B83685D> 情報セキュリティチェックシート WG の 現状と課題について 嶋倉文裕富士通関西中部ネットテック株式会社 2012 年 6 月 8 日 JNSA 西日本支部の中小企業セキュリティ活動 経済産業省 中小企業情報セキュリティ対策促進事業 IPA 推進 WG 参加 / セミナー講師対応 リスク対策 WG の成果の取り込み 協力関係の輪 中小企業の情報セキュリティ対策に関する研究会 委員参加 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン

More information

CLT LVL () 3 CLT 6,000mm 2,700mm 4 2

CLT LVL () 3 CLT 6,000mm 2,700mm 4 2 CLT CLT 2015/ 11/25 CLTCross Laminated Timber 201312CLTJAS JAS 201462 6 333455 577799 11250mm CLT 36mm450mm 300mm 900mm 2 1 CLT LVL () 3 CLT 6,000mm 2,700mm 4 2 FORTE Lend Lease 10 2012.10 1FRC 5 Google

More information

自己紹介 Copyright (c) NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page 2

自己紹介 Copyright (c) NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page 2 JNSA アイデンティティ管理 WG 主催 クロスボーダー時代のアイデンティティ管理セミナー コンシューマIDのエンタープライズ領域での活用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社富士榮尚寛 Copyright (c) 2000-2018 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page 1 自己紹介 Copyright (c) 2000-2018 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page

More information

2 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004)

2 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004) Series No. 60Jan. 2004 CONTENTS 2 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004) 3 4 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004) 5 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004) 6 7 RAD-AR News Vol.14, No.5 (Jan. 2004) 8 9 1100

More information

CALS/EC 2004 CALS/EC CALS/EC 2001 13 CAD CAD 14 3 () 13 8 () 13 () 14 3 13 8-1 - 14 1 CAD 1) 8) 2) 9) 3) 10) 4) 11) 5) 12) 6) 13) 7) 14) 14 14 (2) CAD () 14 (1) 1-9 () D 1 PL 001 1. 09 AY Z - 2 - 14 14

More information

<4D F736F F F696E74202D B F8089BB82CC88EA91A496CA C982A882AF82E9504B4982CC8FF38BB52E707074>

<4D F736F F F696E74202D B F8089BB82CC88EA91A496CA C982A882AF82E9504B4982CC8FF38BB52E707074> 標準化の一側面 -- IETF における PKI の状況 -- 富士ゼロックス株式会社システム要素技術研究所稲田龍 概要 RFC 5280 (RFC 3280 の後継 ) が 2008 年 5 月に公開 PKI のインターネットでの利用のプロファイルが更新 PKI のインフラストラクチャとしての利用には決着がついたのか? 新たな暗号 ハッシュアルゴリズムの利用は?

More information

JNSA 2017 年度活動報告会 2017 年度アイデンティティ管理 WG 成果報告 日本電気株式会社 (NEC) 金融システム開発本部金融デジタルイノベーション技術開発室 (FDIT) 宮川晃一 2018 年 6 月 12 日

JNSA 2017 年度活動報告会 2017 年度アイデンティティ管理 WG 成果報告 日本電気株式会社 (NEC) 金融システム開発本部金融デジタルイノベーション技術開発室 (FDIT) 宮川晃一 2018 年 6 月 12 日 JNSA 2017 年度活動報告会 2017 年度アイデンティティ管理 WG 成果報告 日本電気株式会社 (NEC) 金融システム開発本部金融デジタルイノベーション技術開発室 (FDIT) 宮川晃一 2018 年 6 月 12 日 WG 活動報告内容 1.WGの紹介 2.2017 年度の活動内容サマリ 3.IoTにおけるチャットボットの認証と認可等 4. 認証要素 認可要素 その関係の整理 5.2018

More information

JNSA 1 1 2 1-1 2 1-2 4 1-3 5 1-4 6 1-5 7 2 9 2-1 3 9 2-2 10 2-3 11 2-4 12 2-5 4 13 14 3 15 3-1 15 3-2 16 3-3 17 4 18 5 20 5-1 20 5-2 21 5-3 22 6 23 6-1 23 6-2 24 7 25 7-1 25 7-2 26 27 8 28 8-1 28 8-2 30

More information

[1600]シリーズのカタログ

[1600]シリーズのカタログ pr..0 opyright 0 HIROSE ELETRI O., LTD. ll Rights Reserved. - + 00V Dm D00V 000M 000V G S NTTS.P.0/.0 PW- 4 - ( ) P S W 00 44 DE G ST J H WG# 0 mm 0.4 0. 0. mm 0.9 0. 0. 9 STJHD STJ ST NTT HRS No. N-0GLWPMS

More information

1 1 1.1.................................... 1 1.1.1......................... 1 1.1.2.................... 2 1.2.................................. 2 1.2

1 1 1.1.................................... 1 1.1.1......................... 1 1.1.2.................... 2 1.2.................................. 2 1.2 2004 3603U077-8 1 1 1.1.................................... 1 1.1.1......................... 1 1.1.2.................... 2 1.2.................................. 2 1.2.1............... 2 1.2.2.......................

More information

RFID Radio Frequency IDentification RF IC 1JARL 3 1JARL 4 DSL RFIDUWB 2

RFID Radio Frequency IDentification RF IC 1JARL 3 1JARL 4 DSL RFIDUWB 2 DSL RFIDUWB 1JARL 1 LAN PLC DSL RFID UWB 1JARL 2 DSL RFIDUWB 1 RFID Radio Frequency IDentification RF IC 1JARL 3 1JARL 4 DSL RFIDUWB 2 1JARL 5 RFID 135kHz 13.56MHz SHF UHF 1JARL 6 DSL RFIDUWB 3 0.5 0.50.5mm

More information

データシート:FCN-230Rコネクタ

データシート:FCN-230Rコネクタ FCN-230C, FCN-234D, FCN-235D, FCN-237R 最終ご注文受付日 :2019 年 9 月 30 日対象形格 : 下記終息済品を除く全形格 2019 年 3 月 28 日掲載 最終ご注文受付日 :2018 年 3 月 30 日対象形格 : FCN-234D026-G/C, FCN-234D026-G/E, FCN-235D026-G/C, FCN-235D026-G/E,

More information

Microsoft PowerPoint - A3_市場調査WG.pptx

Microsoft PowerPoint - A3_市場調査WG.pptx 2013 年度セキュリティ市場調査報告書より ( 市場調査 WG 活動成果発表 ) JNSA 調査研究部会セキュリティ市場調査 WG 発表者 : 浜義晃 ( 株式会社イーセクター ) 2014 年 6 月 10 日 JNSA 活動報告会 JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし 2013 年度 セキュリティ市場調査速報 調査研究部会セキュリティ市場調査 WG 発表者 : 土屋日路親 ' イーロックジャパン株式会社 ( 2014 年 1 月 29 日 JNSA NetworkSecurityForum2014 発表 JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010

More information

JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010 年度から独自調査 今回調査で 13 年 14 回目の調査 委託調査よりも独自調査の期間が長くなった 目的 : JNSA 会員の 会員

JNSA 市場調査の概要 JNSA 独自の調査活動 変遷 : 2004 年から継続 2009 年までは METI の委託事業 グローバル調査が入り継続を断念 2010 年度から独自調査 今回調査で 13 年 14 回目の調査 委託調査よりも独自調査の期間が長くなった 目的 : JNSA 会員の 会員 国内情報セキュリティ市場 2017 年度調査報告 ( 速報値 ) 市場環境の変化 参入企業の増加や業態 商材の多様化が顕著なため 例年の調査報告書は 1 年間休み 2018 年度 1 年かけて本市場調査の手法を抜本的に見直すこととしました 従いまして JNSA 国内情報セキュリティ市場調査 WG の 2017 年度成果物は本調査報告 ( 速報値 ) のみとなります 2016 年度売上高推定実績値 2017

More information

Microsoft PowerPoint FreeXAdES-miyachi.pptx

Microsoft PowerPoint FreeXAdES-miyachi.pptx LangEdge,Inc. 1 JNSA 電 署名 WG 五 祭 もう紙の時代じゃない! オープンソース 期署名 FreeXAdES 第 1 回 XAdES-BES 編 宮地 (miyachi@langedge.jp) 2016 年 5 23 2 本題の前に 紹介 miyachi naoto( 宮地直 ) 有限会社ラング エッジプログラマ 社製品 :XAdES/PAdES ライブラリ開発 受託開発

More information

マイナンバーカードによる認証と署名

マイナンバーカードによる認証と署名 Open Source Solution Technology Corporation HAMANO Tsukasa JNSA 電子署名 WG 秋祭り 君の署名は 目次 マイナンバーカードによる認証と署名 個人番号カードの中身 IC カードによる認証とデジタル署名 ユーザー認証 SSH 認証 /macos ログイン / ブラウザ デジタル署名 CMS 署名

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション マイナンバー情報セキュリティ対策ポータルの活用について マイナンバー対応情報セキュリティ検討 WG WG サブリーダー松森健一 ( デジタルアーツ株式会社 ) Copyright (c) 2000-2016 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 1 Agenda 1. マイナンバーの動向 2. 本 WG の目的と取り組み 3. 成果物の概要 マイナンバー対応のための公的情報 マイナンバー業務プロセス

More information

6 2008 JUNE No.700 http://www.jcmanet.or.jp/ 2008 6 No. 700 3 700 11 12 14 16 18 20 25 28 33 39 47 53 60 65 72 78 84 89 94 6 97 99 100 107 CMI 110 112 116 117 120 2008 20 6 PR sstt 6 6 6 mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

More information

untitled

untitled NPO JNSA 3,500() 2003122 ISBN4-8443-1858-6 Copyright (c) 2003-2004 NPO Page 2 個人情報の社会状況 DMがよく届く 不正アクセス ウイルス 内部からの漏洩 電話勧誘が多い 外部 (インターネット) からの漏洩 サービス利用 名簿業者など 個人情報の提供 事業者 個人情報の売買 漏洩 情報主体 (本人) 何から行なえば良いか

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし ゲーム演習による 実践的セキュリティ教育 2017 年 6 月 12 日 ( 月 ) JNSA 教育部会ゲーム教育 WG ラック長谷川長一 JPCERT/CC 輿石隆 ゲームによる教育 Copyright (c) 2017 NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 Page 2 ゲーム教育 : 経験学習 振り返る 経 験 省 察 実体験し 身に着ける 実践 ( 試行 ) 概念化 考える 行動にむすびつける

More information

Challenge PKI 2002 IETF PKI

Challenge PKI 2002 IETF PKI Challenge PKI 2002 IETF PKI 2003 64 Agenda IETF? IETF PKI JNSAIETF Copyright (c) 2003 NPO Page 2 IETF? RFC www.ietf.org 8 WG Applications, General, Internet, Operations and

More information

IDS について IDS とは IDS の利用目的 FW を設置しても IDS は必要か IDS の分類

IDS について IDS とは IDS の利用目的 FW を設置しても IDS は必要か IDS の分類 IDS の仕組みと効果的な利用について インターネットセキュリティシステムズ ( 株 ) 財団法人インターネット協会第 7 回セキュリティ フォーラム Sep-20-2001 IDS について IDS とは IDS の利用目的 FW を設置しても IDS は必要か IDS の分類 IDS について :IDS とは Intrusion Detection System の略で 日本では 不正侵入検知装置

More information