Amazon WorkSpaces - 管理者ガイド

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Amazon WorkSpaces - 管理者ガイド"

Transcription

1 Amazon WorkSpaces 管理者ガイド

2

3 Amazon WorkSpaces: 管理者ガイド Copyright 2016 Amazon Web Services, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved. Amazon's trademarks and trade dress may not be used in connection with any product or service that is not Amazon's, in any manner that is likely to cause confusion among customers, or in any manner that disparages or discredits Amazon. All other trademarks not owned by Amazon are the property of their respective owners, who may or may not be affiliated with, connected to, or sponsored by Amazon.

4 Table of Contents Amazon WorkSpaces とは... 1 セットアップ... 2 AWS 無料アカウント作成方法... 2 IAM ユーザーの作成... 2 管理者アクセス権を持つユーザーを作成する... 3 IAM ユーザー認証情報でサインインする... 3 追加ユーザーを作成する... 4 アクセスの制御... 4 IAM ポリシーで Amazon WorkSpaces リソースを指定する... 6 ネットワークの準備... 7 クライアントポート... 7 ホワイトリストに登録するドメインとポート... 8 Simple AD ディレクトリ... 9 AD Connector ディレクトリ Microsoft AD ディレクトリ はじめに クイックスタート 前提条件 ご利用開始にあたって セットアップタイプを選択します 高速セットアップ 高度な設定 ディレクトリの作成 ディレクトリへの接続 管理 詳細 ネットワークインターフェイス PCoIP ゲートウェイの IP 範囲 ネットワークヘルスチェックサーバー WorkSpaces セキュリティグループ 制限 実行モード マネジメントコンソール ディレクトリ WorkSpaces WorkSpaces バンドル WorkSpace イメージ Windows のイメージ ディレクトリの管理 ディレクトリの管理 WorkSpace のセットアップ Amazon EC2 インスタンスのディレクトリへの結合 Active Directory 管理ツールのインストール ユーザーおよびグループの作成 ユーザーパスワード ユーザーの削除 グループポリシー グループポリシー管理用テンプレートのインストール ローカルプリンターのサポート クリップボードのリダイレクト セッション再起動タイムアウト設定 ファイル共有 PCoIP ゼロクライアント Amazon WorkSpaces のモニタリング Amazon WorkSpaces メトリックス Amazon WorkSpaces メトリックスのディメンション iv

5 モニタリングの例 トラブルシューティング 接続したディレクトリの WorkSpaces の起動にたびたび失敗する インタラクティブなログオンバナーで WorkSpace に接続できない ディレクトリのいずれの WorkSpaces もインターネットに接続できない オンプレミスディレクトリに接続しようとすると DNS unavailable というエラーが表 示される オンプレミスディレクトリに接続しようとすると Connectivity issues detected という エラーが表示される オンプレミスディレクトリに接続しようとすると SRV record というエラーが表示さ れる WorkSpace の一部のステータスに "Unhealthy" と表示されます WorkSpace が停止したときにアプリの状態が保存されない チュートリアル Simple AD ディレクトリの作成 前提条件 コメント ステップ 1: VPC の作成と設定 ステップ 2: Simple AD ディレクトリの作成 ステップ 3: WorkSpace の作成 ステップ 4: WorkSpace のテスト アプリケーションの配布 ファイルサーバーの起動 部門の作成 アプリケーションをインストールするグループポリシーの作成 結果 カスタムバンドルの作成 前提条件 ステップ 1: イメージの作成 ステップ 2: バンドルの作成 ステップ 3: バンドルからの WorkSpace の起動 ステップ 4: イメージの変更 ステップ 5: バンドルの更新 ステップ 6: カスタムバンドルの WorkSpace の再構築 クライアントヘルプ サポートされるプラットフォームとデバイス ユーザープロファイルの完了 前提条件 レイテンシーしきい値 MTU しきい値 HTTPS アクセス Windows クライアント セットアップとインストール WorkSpace への接続 クライアントビュー クライアントの言語 プロキシサーバー コマンドショートカット トラブルシューティング OS X クライアント セットアップとインストール WorkSpace への接続 クライアントビュー クライアントの言語 プロキシサーバー コマンドショートカット ipad クライアント セットアップとインストール v

6 WorkSpace への接続 ジェスチャ 放射状メニュー キーボード マウスモード 切断 Android クライアント セットアップとインストール WorkSpace への接続 ジェスチャ 放射状メニュー キーボード マウスモード 切断 Chromebook クライアント セットアップとインストール WorkSpace への接続 ジェスチャ PCoIP ゼロクライアント 要件 ゼロクライアント接続のセットアップ WorkSpace への接続 ゼロクライアントからの切断 印刷 ローカルプリンター その他の印刷方法 Amazon WorkDocs 同期クライアント トラブルシューティング WorkSpaces クライアントがネットワークエラーを返しますが デバイス上の他のネット ワーク対応アプリケーションは使用できます 自分の WorkSpace へのログインに数分かかることがあります セッションを閉じただけでログオフしなくても WorkSpace からログオフされることがあ ります 自分の WorkSpace からインターネットに接続できません サードパーティのセキュリティソフトウェアパッケージをインストールした 後 WorkSpace に接続できません WorkSpace に接続すると network connection is slow という警告が表示されます クライアントアプリケーションで無効な証明書エラーが表示されました これはどういう意 味ですか ご使用のデバイスは WorkSpaces 登録サービスに接続できません というエラーメッ セージが表示されます 制限 ドキュメント履歴 vi

7 Amazon WorkSpaces とは Amazon WorkSpaces を利用すると クラウドベースのデスクトップエクスペリエンスをユーザー に容易に提供できます さまざまな CPU メモリ ストレージ アプリケーションのオプションが 用意された WorkSpace バンドルの中からいずれかを選択します 次に ユーザー情報を入力し 必要な数の WorkSpaces を起動します WorkSpace の利用準備が整うったら ユーザーは Amazon WorkSpaces クライアントをダウンロードして WorkSpace に接続できます ユーザーは PC/Mac の デスクトップコンピュータ または ipad Kindle Android タブレットから接続できます ユーザー用にスタンドアロンのマネージド型ディレクトリを作成することも AD Connector を使用 してオンプレミスのディレクトリに接続することもできます これにより ユーザーは既存の認証情 報を使用して 自社リソースにシームレスにアクセスできるようになります この統合は Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用しているオンプレミスのネットワークへのセキュアなハー ドウェア VPN 接続経由で または AWS Direct Connect を使用して機能します Amazon WorkSpaces を使用すると ハードウェアの調達やデプロイ または複雑なソフトウェアの インストールといった作業にわずらわされることなく ユーザーにデスクトップエクスペリエンスを 提供できます ハードウェアやソフトウェアの管理といった労力のかかる作業や パッチやメンテナ ンスといった雑用は Amazon WorkSpaces にすべて任せて ユーザーに高品質なデスクトップエクス ペリエンスを簡単に提供することができます Amazon WorkSpaces をオンプレミスディレクトリに 接続すると オンプレミスデスクトップ用に既に使用しているツールで WorkSpace を管理でき 管 理上のコントロール力を全面的に維持することができます 詳細については Amazon WorkSpaces を参照してください 1

8 AWS 無料アカウント作成方法 Amazon WorkSpaces のセットアッ プ Amazon WorkSpaces を使用する前に 次のタスクを完了します タスク AWS 無料アカウント作成方法 (p. 2) IAM ユーザーの作成 (p. 2) Amazon WorkSpaces リソースへのアクセスの制御 (p. 4) ネットワークの準備 (p. 7) AWS 無料アカウント作成方法 AWS アカウントを使用すると &WSP を含めて AWS のすべてのサービスにアクセスできます 実 際に使用したリソースに対してのみ 料金が発生します 既に AWS アカウントをお持ちの場合は次のタスクに進んでください AWS アカウントをお持ちでな い場合は 次に説明する手順にしたがってアカウントを作成してください AWS アカウントを作成するには を開き [AWS アカウントの作成] を選択します オンラインの手順に従います サインアップ手順の一環として 通話呼び出しを受け取り 電話のキーパッドを用いて PIN を入 力することが求められます IAM ユーザーの作成 AWS アカウント認証情報により AWS のサービスに対してユーザーが識別され WorkSpaces など の AWS リソースを無制限に使用する許可が与えられます セキュリティ認証情報を共有することな く他のユーザーに Amazon WorkSpaces リソースの管理を許可するには AWS Identity and Access Management IAM を使用します アカウント所有者も含めた全員が IAM ユーザーとして作業する ことをお勧めします 自分用に IAM ユーザーを作成し その IAM ユーザーに管理者特権を与えて それをすべての作業に使用します 2

9 管理者アクセス権を持つユーザーを作成する 管理者アクセス権を持つユーザーを作成する AWS にサインアップしても ご自分の IAM ユーザーをまだ作成していない場合は IAM コンソール を使用して作成できます 管理者グループを作成するには で Identity and Access Management (IAM) コンソールにサ インインします ナビゲーションペインで [Groups] [Create New Group] の順に選択します [Group Name] ボックスにグループの名前 Administrators など を入力し [Next Step] を選 択します ポリシーのリストで AdministratorAccess ポリシーの横にあるチェックボックスを選択します [Filter] メニューと [Search] ボックスを使用して ポリシーのリストをフィルタリングできます 5. [Next Step] [Create Group] の順に選択します 新しいグループは [Group Name] の下に表示されます 自分用の IAM ユーザーを作成するには 管理者グループにユーザーを追加し ユーザーのパ スワードを作成します ナビゲーションペインで [Users] を選択し 続いて [Create New Users] を選択します [1] ボックスにユーザー名を入力します [Generate an access key for each user] の横にあるチェックボックスをオフにします [Create] を選択します 5. ユーザーのリストで 先ほど作成したユーザーの名前 チェックボックスではない を選択しま す [Search] ボックスを使用してユーザー名を検索できます 6. [Groups] タブを選択し [Add User to Groups] を選択します 7. 管理者グループの横にあるチェックボックスを選択します 続いて [Add to Groups] を選択しま す 8. [Security Credentials] タブを選択します [Sign-In Credentials] で [Manage Password] を選択し ます 9. [Assign a custom password] を選択します 続いて [Password] と [Confirm Password] ボックス にパスワードを入力します 完了したら [Apply] を選択します IAM ユーザー認証情報でサインインする 新規の IAM ユーザーとしてサインインするには AWS マネジメントコンソールからサインアウト し 次の URL を使用します このとき your_aws_account_id はハイフンを除いた AWS アカウン ト番号です たとえば AWS アカウント番号が であれば AWS アカウント ID は です 作成した IAM ユーザー名とパスワードを入力します サインインすると ナビゲーションバーに your_aws_account_id が表示されます サインページの URL に AWS アカウント ID を含めない場合は アカウントのエイリアスを作成しま す IAM ダッシュボードから [Customize] を選択し エイリアス 会社名など を入力します アカ ウントエイリアスを作成した後 サインインするには 次の URL を使用します 3

10 追加ユーザーを作成する アカウントの IAM ユーザーのサインインリンクを確認するには IAM コンソールを開き ダッシュ ボードの [AWS Account Alias] の下を確認します 追加ユーザーを作成する 追加ユーザーを作成し IAM ポリシーを使用して より制限の厳しいアクセス権を AWS に付与する こともできます 詳細については Amazon WorkSpaces リソースへのアクセスの制御 (p. 4) を参照してください Amazon WorkSpaces リソースへのアクセスの制 御 デフォルトでは IAM ユーザーには Amazon WorkSpaces リソースへのアクセス許可がありま せん IAM ユーザーが Amazon WorkSpaces リソースを管理できるようにするには Amazon WorkSpaces および Amazon EC2リソースを作成および管理する許可を IAM ユーザーに明示的に 付与する IAM ポリシーを作成し このポリシーを許可を必要とする IAM ユーザーまたはグループ にアタッチする必要があります IAM ポリシーの詳細については IAM ユーザーガイド ガイドの Permissions and Policies を参照してください Amazon WorkSpaces はまた Amazon WorkSpaces サービスが必要なリソースにアクセスするのを 許可する IAM ロールを作成します Important Amazon WorkSpaces では API とコマンドラインツールでアクションおよびリソースレベル のアクセス権限が完全にサポートされていますが Amazon WorkSpaces コンソールを正常に 使用するためには アクションとリソースの両方が "*" に設定されている必要があります Note アクションのプレフィックスとして "zocalo" を付けて以前に作成した IAM ポリシーは引き続 き機能します ただし 既存のポリシーでプレフィックスを "zocalo" から "workdocs" にすべ て変更することをお勧めします そのためには 以下の手順を実行します で Identity and Access Management (IAM) コンソー ルを開きます [Navigation] ペインで [Groups] [Users] または [Roles] を選択します ポリシーを修正する対象のグループ ユーザー ロールの名前を選択し [Permissions] セ クションまで下にスクロールします [Edit Policy] を選択し すべてのインスタンスで zocalo を workdocs に置き換えます 次のポリシーステートメントは 高速セットアップ手順の実行だけではなく ディレクトリの作成や 管理などすべての Amazon WorkSpaces タスクを実行するためのアクセス権限を IAM ユーザーに付与 します { "Version": " ", "Statement": [ { 4

11 アクセスの制御 "Action": [ "workspaces:*", "ds:*", "iam:passrole", "iam:getrole", "iam:createrole", "iam:putrolepolicy", "kms:listaliases", "kms:listkeys", "ec2:createvpc", "ec2:createsubnet", "ec2:createnetworkinterface", "ec2:createinternetgateway", "ec2:createroutetable", "ec2:createroute", "ec2:createtags", "ec2:createsecuritygroup", "ec2:describeinternetgateways", "ec2:describeroutetables", "ec2:describevpcs", "ec2:describesubnets", "ec2:describenetworkinterfaces", "ec2:describeavailabilityzones", "ec2:attachinternetgateway", "ec2:associateroutetable", "ec2:authorizesecuritygroupegress", "ec2:authorizesecuritygroupingress", "ec2:deletesecuritygroup", "ec2:deletenetworkinterface", "ec2:revokesecuritygroupegress", "ec2:revokesecuritygroupingress", "workdocs:registerdirectory", "workdocs:deregisterdirectory", "workdocs:addusertogroup", "workdocs:removeuserfromgroup" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] } 次のポリシーのステートメントは WorkSpaces の起動や削除など WorkSpace 固有のタスクのみを 実行するためのアクセス権限を IAM ユーザーに付与します workdocs オペレーションは IAM ユー ザーが Amazon WorkSpaces 内のユーザーに対して Amazon WorkDocs を有効にできる必要がある場 合にのみ必要です これらのアクセス権限は IAM ユーザーがディレクトリを管理したり 高速セッ トアップ手順を実行したりすることを許可しません { "Version": " ", "Statement": [ { "Action": [ "workspaces:*", "ds:*", "workdocs:addusertogroup", "workdocs:removeuserfromgroup" ], 5

12 IAM ポリシーで Amazon WorkSpaces リソースを指定する "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] } IAM の詳細については 以下を参照してください Identity and Access Management (IAM) IAM ユーザーガイド IAM ポリシーで Amazon WorkSpaces リソースを指 定する ポリシーステートメントの Resource 要素で Amazon WorkSpaces リソースを指定するためには リ ソースの Amazon リソースネーム ARN を使用する必要があります IAM ポリシーステートメント の Action 要素に指定された API アクションを使用する権限を許可または拒否することで Amazon WorkSpaces リソースへのアクセスを制御できます Amazon WorkSpaces は WorkSpace とバンドル の ARN を定義します トピック WorkSpace ARN (p. 6) バンドル ARN (p. 6) WorkSpace ARN WorkSpace ARN には次の構文があります arn:aws:workspaces:<region>:<account_id>:workspace/<workspace_identifier> ##### WorkSpace があるリージョン account_id ハイフンなしの AWS アカウント ID など workspace_identifier WorkSpace の識別子 ws など 次に示すのは 特定の WorkSpace を識別するポリシーステートメントの Resource 要素の形式です "Resource":"arn:aws:workspaces:<region>:<account_id>:workspace/ <workspace_identifier>" * ワイルドカードを使用して 特定リージョンの特定のアカウントに属するすべての WorkSpace を指定できます バンドル ARN バンドル ARN には次の構文があります arn:aws:workspaces:<region>:<account_id>:workspacebundle/<bundle_identifier> 6

13 ネットワークの準備 ##### WorkSpace があるリージョン account_id ハイフンなしの AWS アカウント ID など bundle_identifier WorkSpace バンドルの識別子 wsb など 次に示すのは 特定のバンドルを識別するポリシーステートメントの Resource 要素の形式です "Resource":"arn:aws:workspaces:<region>:<account_id>:workspacebundle/ <bundle_identifier>" * ワイルドカードを使用して 特定リージョンの特定のアカウントに属するすべてのバンドルを指 定できます ネットワークの準備 以下のトピックでは Amazon WorkSpaces を使用するためにネットワークを準備する方法を説明し ます トピック クライアントポート (p. 7) ホワイトリストに登録するドメインとポート (p. 8) ネットワークでの Simple AD ディレクトリの準備 (p. 9) ネットワークでの AD Connector ディレクトリの準備 (p. 13) ネットワークでの Microsoft AD ディレクトリの準備 (p. 21) クライアントポート WorkSpace に接続するためには Amazon WorkSpaces クライアントが接続されるネットワークに 複数の AWS サービス サブセットとして配置 の IP アドレス範囲に開放された特定のポートが存在 する必要があります これらのアドレス範囲は AWS リージョンごとに異なります これらと同じ ポートが クライアントで実行されているファイアウォールでも開かれている必要があります 異な るリージョンの IP アドレス範囲の一覧については アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス で AWSの IP アドレス範囲を参照してください ポート 4172 アウトバウンド UDP と TCP このポートは WorkSpace デスクトップとユーザー入力のストリーミングに使用されます WorkSpace が所在するリージョンの EC2 サブセットに対応するすべての IP アドレス範囲を開 放する必要があります ポート 443 アウトバウンド TCP このポートは クライアントアプリケーションの更新 登録 認証に使用されます デスクトッ プクライアントアプリケーションはポート 443 (HTTPS) トラフィックのプロキシサーバーの使用 をサポートします 詳細については プロキシサーバー - Windows (p. 99) および プロキ シサーバー - OS X (p. 102) を参照してください GLOBAL リージョンの AMAZON サブセットに対応するすべての IP アドレス範囲を開放する必要 があります WorkSpace が所在するリージョンの AMAZON サブセットに対応するすべての IP アドレス範囲 を開放する必要があります 7

14 ホワイトリストに登録するドメインとポート Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションは ポート 4172 でネットワークのヘルス チェックを行います このチェックで TCP または UDP トラフィックがクライアントアプリケー ションから Amazon WorkSpaces 本稼働サーバーにストリーミングされるかどうかを検証します こ れを正常に行うには ファイアウォールポリシーで以下のリージョンのネットワークヘルスチェック サーバーを考慮に入れておく必要があります ネットワークヘルスチェックサーバー リージョン ネットワークヘルスチェックサーバー 米国東部 バージニア北部 drp-iad.amazonworkspaces.com 米国西部 オレゴン drp-pdx.amazonworkspaces.com 欧州 アイルランド drp-dub.amazonworkspaces.com アジアパシフィック シンガポール drp-sin.amazonworkspaces.com アジアパシフィック シドニー drp-syd.amazonworkspaces.com アジアパシフィック (東京) drp-nrt.amazonworkspaces.com ホワイトリストに登録するドメインとポート Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションが Amazon WorkSpaces サービスにアクセスで きるようにするには クライアントがサービスへのアクセスを試みるネットワーク上のホワイトリス トに 以下のドメインとポートを登録している必要があります ホワイトリストに登録するドメインとポート カテゴリ ホワイトリストに登録するドメイン/ポート セッションブローカー PCM PCoIP Session Gateway (PSG) 詳細については Amazon WorkSpaces の詳 細 (p. 36) の PCoIP ゲートウェイの IP 範 囲 を参照してください PCoIP Healthcheck DRP drppdx.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 drpiad.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 drpdub.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 drpnrt.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 drpsin.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 8

15 Simple AD ディレクトリ カテゴリ ホワイトリストに登録するドメイン/ポート drpsyd.amazonworkspaces.com tcp/4172 udp/4172 デバイスメトリックス Forrester Log Service ディレクトリ設定 お客様のディレクトリ設定: d21ui22avrxoh6.cloudfront.net/prod/<region>/ <directory name> お客様のディレクトリレベルの共同ブランド 化に使用されるログインページのグラフィッ ク: d1cbg795sa4g1u.cloudfront.net/ prod/<region>/<directory name> ログインページのスタイル設定に使用され る CSS ファイル: クライアントの自動更新 登録の依存関係 接続の確認 ユーザーログインページ id>.awsapps.com/ Note <directory id> はお客様のドメインで す ネットワークでの Simple AD ディレクトリの準備 Amazon WorkSpaces は AWS Directory Service Simple AD ディレクトリを使用してユーザーと WorkSpace の情報をクラウドに保存します 以下のトピックでは クラウドで Simple AD ディレク トリをセットアップするためにネットワークを準備する方法を説明します トピック アーキテクチャ (p. 9) 要件 (p. 10) Simple AD ディレクトリのインターネットアクセス (p. 10) アーキテクチャ 次の図は Simple AD ディレクトリにおける Amazon WorkSpaces の基本アーキテクチャを示しま す 9

16 Simple AD ディレクトリ 要件 Simple AD ディレクトリを作成するには AWS Directory Service Administration Guideの 前提条 件 に記載されている前提条件を満たす必要があります Amazon WorkSpaces で使用するために VPC をセットアップする方法について説明するチュートリア ルについては ステップ 1: VPC の作成と設定 (p. 81) を参照してください Simple AD ディレクトリのインターネットアクセス Simple AD ディレクトリで起動する WorkSpaces は デフォルトではインターネットと通信すること はできません WorkSpaces にインターネットアクセスを許可するには 次のいずれかの方法を使用 する必要があります トピック Simple AD ディレクトリのパブリック IP アドレス (p. 10) Simple AD ディレクトリの NAT ゲートウェイ (p. 12) Simple AD ディレクトリのパブリック IP アドレス インターネットゲートウェイをディレクトリで使用する VPC にアタッチし 各 WorkSpace にパブ リック IP アドレスを割り当てます WorkSpaces にパブリック IP アドレスを割り当てるには 各 WorkSpace のネットワークインターフェイスに Elastic IP アドレスを手動で割り当てるか プロビ ジョニングまたは再構築された各 WorkSpace に Amazon WorkSpaces で自動的にパブリック IP アド レスを割り当てることができます Simple AD ディレクトリでのパブリック IP アドレスの自動割り当 ての詳細については インターネットアクセス (p. 43) を参照してください トピック インターネットゲートウェイとルーティング (p. 11) WorkSpace への Elastic IP アドレスの割り当て (p. 11) 10

17 Simple AD ディレクトリ インターネットゲートウェイとルーティング インターネットゲートウェイとサブネットルーティングをセットアップするには 以下の手順を実行 します VPC にまだインターネットゲートウェイがない場合は インターネットゲートウェイを作成し ディレクトリで使用する VPC にアタッチします 詳細については Amazon VPC ユーザーガ イド の VPC へのインターネットゲートウェイの追加 を参照してください WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 両方の WorkSpaces サブネットのルートテーブルを変更し インターネットゲートウェイにすべ ての VPC 以外のトラフィックをルーティングします WorkSpaces サブネットのルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 インターネットゲートウェイ WorkSpace への Elastic IP アドレスの割り当て 以下の手順では WorkSpace のネットワークインターフェイスに Elastic IP アドレスを手動で割り当 てる方法を説明します プロビジョニングまたは再構築された各 WorkSpace に Amazon WorkSpaces で自動的にパブリッ ク IP アドレスを割り当てることができます 詳細については インターネットアクセス Simple AD (p. 43) または インターネットアクセス AD Connector (p. 46) を参照してくださ い WorkSpace に Elastic IP アドレスを割り当てるには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択し Elastic IP アドレスを適用する WorkSpace を 選択したら 右矢印ボタンを選択して WorkSpace の詳細を表示します [WorkSpace IP] の値を 書き留めておきます にある Amazon EC2 コンソールを開きます 目的のリージョンを選択します ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択し 使用していない VPC アドレスを選択するか ま たは VPC の新しいアドレスを割り当てます 5. アドレスを選択し [Associate Address] を選択して ステップ 2 で見つかった WorkSpace の IP の値を [Network Interface] フィールドに入力します その IP アドレスが割り当てられた Elastic Network Interface (ENI) の識別子が 検索リストに表示されます これは WorkSpace の ENI で す ENI 識別子を選択します WorkSpace の IP が [Private IP Address] フィールドに表示されま す 6. [Reassociation] を選択し 必要に応じて後で Elastic IP アドレスを再割り当てできるようにし て [Associate] を選択します 7. WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 11

18 Simple AD ディレクトリ 8. これで WorkSpace からのインターネット接続が許可されました 既存の各 WorkSpace につい て このプロセスを繰り返します Simple AD ディレクトリの NAT ゲートウェイ ディレクトリで使用されている VPC のパブリックサブネット (インターネットゲートウェイがア タッチされたサブネット) で ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを実装します NAT ゲートウェイは WorkSpaces とは別のサブネットにある必要があります これにより すべての WorkSpaces がインターネットにアクセスできるようになります この手順の詳細については Amazon VPC ユーザーガイド の NAT ゲートウェイ を参照してください NAT ゲートウェイをセットアップし WorkSpaces でインターネットアクセスを許可するには 以下 のステップを実行します この例の手順では WorkSpaces 用に 2 つのプライベートサブネットを持 つ既存の VPC があることを前提としています 完了すると VPC は以下のようになります NAT ゲートウェイをセットアップするには インターネットゲートウェイを作成して VPC にアタッチします NAT ゲートウェイ用に別のサブネットを作成し このサブネットで NAT ゲートウェイを作成し ます NAT ゲートウェイには Elastic IP アドレスが必要です NAT ゲートウェイを含むサブネットに割り当てられたルートテーブルを変更し すべての VPC 以外のトラフィックをインターネットゲートウェイにルーティングするようにします 12

19 AD Connector ディレクトリ NAT サブネットルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 インターネットゲートウェイ すべての VPC 以外のトラフィックをNAT ゲートウェイにルーティングするルートテーブルを作 成し このルートテーブルを両方の WorkSpaces サブネットに割り当てます このルートテーブ ルは次のようになります WorkSpaces サブネットのルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 NAT ゲートウェイ 5. WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 6. これで WorkSpaces からのインターネット接続が許可されました WorkSpace に接続し ウェ ブブラウザを使ってインターネットに接続できることを確認します Note または パブリックサブネットで NAT インスタンスを作成することもできます ただ し NAT インスタンスが 1 つの場合 単一障害点が発生します NAT ゲートウェイを使 用することをお勧めします ネットワークでの AD Connector ディレクトリの準 備 Amazon WorkSpaces は AWS Directory Service AD Connector ディレクトリを使用してオンプレ ミスディレクトリに接続します 以下のトピックでは オンプレミスのディレクトリに Amazon WorkSpaces を接続するように準備する方法を説明します トピック アーキテクチャ (p. 13) 要件 (p. 14) AD Connector ディレクトリのインターネットアクセス (p. 15) 多要素認証の前提条件 (p. 18) 接続権限の委任 (p. 18) 接続の確認 (p. 20) アーキテクチャ AD Connector ディレクトリおよび VPN を使用した Amazon WorkSpaces の基本システムアーキテク チャを次に示します 13

20 AD Connector ディレクトリ AD Connector ディレクトリおよび AWS Direct Connect を使用した Amazon WorkSpaces の基本シス テムアーキテクチャを次に示します 要件 AD Connector を使用してオンプレミスディレクトリに接続するには AWS Directory Service Administration Guide の の前提条件 に示されている前提条件を満たす必要があります また 以下が必要になります 14

21 AD Connector ディレクトリ Amazon WorkSpaces の場合 オンプレミスのディレクトリと通信するには オンプレミスのネッ トワークのファイアウォールで VPC の両方のサブネットの CIDR に対して以下のポートが開かれて いる必要があります TCP/UDP 53 - DNS TCP/UDP 88 - Kerberos 認証 UDP NTP TCP RPC UDP Netlogon TCP Netlogon TCP/UDP LDAP TCP/UDP SMB TCP RPC 用ダイナミックポート これらの条件が満たされるかどうかテストするには オンプレミスのディレクトリに接続する前に 接続の確認 (p. 20) を参照してください AD Connector ディレクトリのインターネットアクセス AD Connector ディレクトリで起動する WorkSpaces は デフォルトではインターネットと通信する ことはできません WorkSpaces にインターネットアクセスを許可するには 次のいずれかの方法を 使用する必要があります トピック オンプレミスのファイアウォール (p. 15) AD Connector ディレクトリのパブリック IP アドレス (p. 16) AD Connector ディレクトリの NAT ゲートウェイ (p. 16) オンプレミスのファイアウォール WorkSpaces にオンプレミスのネットワークのインターネットファイアウォールへのアクセスを許可 します サブネットにファイアウォールへのアクセスを許可するようにルートテーブルを調整する必 要があります 15

22 AD Connector ディレクトリ AD Connector ディレクトリのパブリック IP アドレス WorkSpaces にパブリック IP アドレスを割り当てるには 各 WorkSpace のネットワークインター フェイスに Elastic IP アドレスを手動で割り当てるか プロビジョニングまたは再構築されたすべて の WorkSpace に Amazon WorkSpaces で自動的にパブリック IP アドレスを割り当てることができま す AD Connector ディレクトリでのパブリック IP アドレスの自動割り当ての詳細については イ ンターネットアクセス (p. 46) を参照してください インターネットゲートウェイをセットアップし WorkSpaces に Elastic IP アドレスを割り当てる方 法の詳細については Simple AD ディレクトリのパブリック IP アドレス (p. 10) を参照してく ださい AD Connector ディレクトリの NAT ゲートウェイ ディレクトリで使用されている VPC のパブリックサブネット (インターネットゲートウェイがアタッ チされたサブネット) で ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを実装します これによ り すべての WorkSpaces がインターネットにアクセスできるようになります この手順の詳細につ いては Amazon VPC ユーザーガイド の NAT ゲートウェイ を参照してください WorkSpaces でインターネットアクセスを許可にするように NAT ゲートウェイをセットアップする方 法については Simple AD ディレクトリの NAT ゲートウェイ (p. 12) を参照してください 完 了すると VPC は以下のようになります 16

23 AD Connector ディレクトリ NAT ゲートウェイをセットアップするには インターネットゲートウェイを作成して VPC にアタッチします NAT ゲートウェイ用に別のサブネットを作成し このサブネットで NAT ゲートウェイを作成し ます NAT ゲートウェイには Elastic IP アドレスが必要です NAT ゲートウェイを含むサブネットに割り当てられたルートテーブルを変更し すべての VPC 以外のトラフィックをインターネットゲートウェイにルーティングするようにします NAT サブネットルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 インターネットゲートウェイ すべての VPC 以外のトラフィックをNAT ゲートウェイにルーティングするルートテーブルを作 成し このルートテーブルを両方の WorkSpaces サブネットに割り当てます このルートテーブ ルは次のようになります WorkSpaces サブネットのルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル 17

24 AD Connector ディレクトリ 送信先 ターゲット /0 NAT ゲートウェイ 5. WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 6. これで WorkSpaces からのインターネット接続が許可されました WorkSpace に接続し ウェ ブブラウザを使ってインターネットに接続できることを確認します Note または パブリックサブネットで NAT インスタンスを作成することもできます ただ し NAT インスタンスが 1 つの場合 単一障害点が発生します NAT ゲートウェイを使 用することをお勧めします 多要素認証の前提条件 AD Connector ディレクトリで多要素認証をサポートするには 以下が必要です 2 個のクライアントのエンドポイントを持つ オンプレミスネットワーク内の Remote Authentication Dial In User Service (RADIUS) サーバー RADIUS クライアントエンドポイントには 次の要件があります エンドポイントを作成するには AD Connector サーバーの IP アドレスが必要です これらの IP アドレスは Amazon WorkSpaces ディレクトリの詳細の [Directory IP Address] フィールドから 取得できます 2 つの RADIUS エンドポイントが同じ共有シークレットコードを使用する必要があります オンプレミスネットワークでは AD Connector サーバーからのデフォルトの RADIUS サーバー ポート 1812 を介した受信トラフィックが許可されている必要があります RADIUS サーバーとオンプレミスディレクトリの間でユーザー名が同じである必要があります AD Connector ディレクトリで多要素認証を有効にする方法の詳細については 多要素認 証 (p. 47) を参照してください 接続権限の委任 AD Connector がオンプレミスディレクトリに接続するには 特定の権限を持つ オンプレミス ディレクトリでのアカウントの認証情報が必要です ドメインの管理者グループのメンバーには ディレクトリに接続するための十分な権限がありますが ベストプラクティスとして そのディ レクトリへの接続に必要な最小限の権限のみを持つアカウントを使用してください 以下の手順 は WorkSpaces_Connectors という新しいグループを作成し Amazon WorkSpaces をディレクト リに接続するために必要な権限をこのグループに委任する方法を示しています この手順はディレクトリに結合され [Active Directory User and Computers] MMC スナップインがイ ンストールされたマシンで実行される必要があります ドメイン管理者としてログインする必要があ ります [Active Directory User and Computers] を開き ナビゲーションツリーのドメインルートを選択し ます 18

25 AD Connector ディレクトリ 左側のペインのリストで [Users] のコンテキスト 右クリック メニューを開き [New] [Group] を選択します [New Object - Group] ダイアログボックスで 以下の値を入力し [OK] を選択します フィールド 値/選択 グループ名 WorkSpaces_Connectors Group scope グローバル Group type セキュリティ [Active Directory User and Computers] ナビゲーションツリーで ドメインルートを選択します メニューで [Action] [Delegate Control] の順に選択します 19

26 AD Connector ディレクトリ 5. [Delegation of Control Wizard] ページで [Next] [Add] の順に選択します 6. [Select Users, Computers, or Groups] ダイアログボックスで WorkSpaces_Connectors と入力し [OK] を選択します 複数のオブジェクトがある場合は 上記で作成した WorkSpaces_Connectors グループを選択します [Next] を選択します 7. [Tasks to Delegate] ページで [Read all user information] と [Join a computer to the domain] のみ を選択したら [Next] を選択します 8. [Completing the Delegation of Control Wizard] ページの情報を確認し [Finish] を選択します 9. 強力なパスワードでユーザーを作成し そのユーザーを WorkSpaces_Connectors グループに 追加します ユーザーには ディレクトリに Amazon WorkSpaces を接続するための十分な権限 が与えられます 接続の確認 AD Connector でオンプレミスディレクトリに接続するには オンプレミスネットワークのファイア ウォールで VPC の両方のサブネットの CIDR に対して特定のポートが開かれている必要があります 20

27 Microsoft AD ディレクトリ これらの要件が満たされているかどうかをテストするには 以下の手順を実行します 詳細について は AWS Directory Service Administration Guide の 接続の確認 を参照してください 接続を確認するには VPC で Windows インスタンスを起動し RDP 経由でインスタンスに接続します 残りの手順 は VPC インスタンスで実行します DirectoryServicePortTest テストアプリケーションをダウンロードして解凍します ソースコード と Visual Studio プロジェクトファイルが含まれており 必要に応じてテストアプリケーションを 変更できます Windows のコマンドプロンプトで 次のオプションを指定して DirectoryServicePortTest テスト アプリケーションを実行します DirectoryServicePortTest.exe -d <domain_name> -ip <server_ip_address> -tcp "53,88,135,389,445,3268,5722,9389" -udp "53,88,123,138,389,445" <domain_name> 完全修飾ドメイン名 これは フォレストとドメインの機能レベルをテストするために使用 されます ドメイン名を除外した場合 機能レベルはテストされません <server_ip_address> オンプレミスドメインのドメインコントローラーの IP アドレス ポートはこの IP アドレス に対してテストされます IP アドレスを除外した場合 ポートはテストされません これによって 必要なポートが VPC からドメインに開かれているかどうかを特定します テスト アプリケーションは 最小限のフォレストとドメインの機能レベルも確認します 出力は以下のようになります Testing forest functional level. Forest Functional Level = Windows2008R2Forest : PASSED Testing domain functional level. Domain Functional Level = Windows2008R2Domain : PASSED Testing required TCP ports to <server_ip_address>: Checking TCP port 53: PASSED... Testing required UDP ports to <server_ip_address>: Checking UDP port 53: PASSED... ネットワークでの Microsoft AD ディレクトリの準備 Amazon WorkSpaces は Microsoft AD ディレクトリを使用してユーザーと WorkSpace の情報をクラ ウドに保存します 以下のトピックでは クラウドで Microsoft AD ディレクトリをセットアップする ためにネットワークを準備する方法を説明します トピック アーキテクチャ (p. 22) 要件 (p. 22) Microsoft AD ディレクトリのインターネットアクセス (p. 22) 21

28 Microsoft AD ディレクトリ アーキテクチャ 次の図は Microsoft AD ディレクトリにおける Amazon WorkSpaces の基本アーキテクチャを示して います 要件 Microsoft AD ディレクトリを作成するには AWS Directory Service Administration Guideの 前提条 件 に記載されている前提条件を満たす必要があります Amazon WorkSpaces で使用するために VPC をセットアップする方法について説明するチュートリア ルについては ステップ 1: VPC の作成と設定 (p. 81) を参照してください Microsoft AD ディレクトリのインターネットアクセス Microsoft AD ディレクトリで起動する WorkSpaces は デフォルトではインターネットと通信するこ とはできません WorkSpaces にインターネットアクセスを許可するには 次のいずれかの方法を使 用する必要があります トピック Microsoft AD ディレクトリのパブリック IP アドレス (p. 22) Microsoft AD ディレクトリの NAT ゲートウェイ (p. 24) Microsoft AD ディレクトリのパブリック IP アドレス インターネットゲートウェイをディレクトリで使用する VPC にアタッチし 各 WorkSpace にパブ リック IP アドレスを割り当てます WorkSpaces にパブリック IP アドレスを割り当てるには 各 WorkSpace のネットワークインターフェイスに Elastic IP アドレスを手動で割り当てるか プロビ ジョニングまたは再構築された各 WorkSpace に Amazon WorkSpaces で自動的にパブリック IP アド レスを割り当てることができます Microsoft AD ディレクトリでのパブリック IP アドレスの自動割り 当ての詳細については インターネットアクセス (p. 43) を参照してください トピック 22

29 Microsoft AD ディレクトリ インターネットゲートウェイとルーティング (p. 23) WorkSpace への Elastic IP アドレスの割り当て (p. 23) インターネットゲートウェイとルーティング インターネットゲートウェイとサブネットルーティングをセットアップするには 以下の手順を実行 します インターネットゲートウェイとサブネットのルーティングを設定するには VPC にまだインターネットゲートウェイがない場合は インターネットゲートウェイを作成し ディレクトリで使用する VPC にアタッチします 詳細については Amazon VPC ユーザーガイ ドの VPC へのインターネットゲートウェイの追加 を参照してください WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 両方の WorkSpaces サブネットのルートテーブルを変更し インターネットゲートウェイにすべ ての VPC 以外のトラフィックをルーティングします WorkSpaces サブネットのルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 インターネットゲートウェイ WorkSpace への Elastic IP アドレスの割り当て 以下の手順では WorkSpace のネットワークインターフェイスに Elastic IP アドレスを手動で割り当 てる方法を説明します プロビジョニングまたは再構築された各 WorkSpace に Amazon WorkSpaces で自動的にパブリッ ク IP アドレスを割り当てることができます 詳細については インターネットアクセス Simple AD (p. 43) または インターネットアクセス AD Connector (p. 46) を参照してくださ い WorkSpace に Elastic IP アドレスを割り当てるには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [WorkSpaces] を選択し Elastic IP アドレスを適用する WorkSpace を 選択し 右矢印ボタンを選択して WorkSpace の詳細を表示します [WorkSpace IP] の値を書き 留めておきます にある Amazon EC2 コンソールを開きます 目的のリージョンを選択します ナビゲーションペインで [Elastic IPs] を選択し 使用していない VPC アドレスを選択するか ま たは VPC の新しいアドレスを割り当てます アドレスを選択し [Associate Address] を選択して ステップ 2 で見つかった WorkSpace の IP の値を [Network Interface] フィールドに入力します その IP アドレスが割り当てられた Elastic Network Interface (ENI) の識別子が 検索リストに表示されます これは WorkSpace の ENI で す ENI 識別子を選択します WorkSpace の IP が [Private IP Address] フィールドに表示されま す [Reassociation] を選択し 必要に応じて後で Elastic IP アドレスを再割り当てできるようにし て [Associate] を選択します 23

30 Microsoft AD ディレクトリ 7. WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください 8. これで WorkSpace からのインターネット接続が許可されました 既存の各 WorkSpace につい て このプロセスを繰り返します Microsoft AD ディレクトリの NAT ゲートウェイ ディレクトリで使用されている VPC のパブリックサブネット (インターネットゲートウェイがア タッチされたサブネット) で ネットワークアドレス変換 (NAT) ゲートウェイを実装します NAT ゲートウェイは WorkSpaces とは別のサブネットにある必要があります これにより すべての WorkSpaces がインターネットにアクセスできるようになります この手順の詳細については Amazon VPC ユーザーガイド の NAT ゲートウェイ を参照してください NAT ゲートウェイをセットアップし WorkSpaces でインターネットアクセスを許可するには 以下 のステップを実行します この例の手順では WorkSpaces 用に 2 つのプライベートサブネットを持 つ既存の VPC があることを前提としています 完了すると VPC は次の図のようになります NAT ゲートウェイをセットアップするには インターネットゲートウェイを作成して VPC にアタッチします NAT ゲートウェイ用に別のサブネットを作成し このサブネットで NAT ゲートウェイを起動し ます NAT ゲートウェイには Elastic IP アドレスが必要です 24

31 Microsoft AD ディレクトリ NAT ゲートウェイを含むサブネットに割り当てられたルートテーブルを変更し すべての VPC 以外のトラフィックをインターネットゲートウェイにルーティングするようにします NAT サブネットルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 インターネットゲートウェイ すべての VPC 以外のトラフィックをNAT ゲートウェイにルーティングするルートテーブルを作 成し このルートテーブルを両方の WorkSpaces サブネットに割り当てます このルートテーブ ルは次のようになります WorkSpaces サブネットのルートテーブル 送信先 ターゲット VPC CIDR ローカル /0 NAT ゲートウェイ WorkSpaces のセキュリティグループで すべての宛先 /0 へのポート 80 HTTP と 443 HTTPS のアウトバウンドトラフィック HTTPS を許可します WorkSpaces セキュリ ティグループを見つける方法については WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) を参 照してください これで WorkSpaces からのインターネット接続が許可されました WorkSpace に接続し ウェ ブブラウザを使ってインターネットに接続できることを確認します 1 つの NAT インスタンスにより 単一の障害点が発生します 高可用性を実現するために 異なるア ベイラビリティーゾーンで複数の NAT インスタンスを作成する必要があります 詳細については Amazon VPC NAT インスタンスの高可用性: 例 を参照してください Note または パブリックサブネットで NAT インスタンスを作成することもできます ただ し NAT インスタンスが 1 つの場合 単一障害点が発生します NAT ゲートウェイを使用す ることをお勧めします 25

32 クイックスタート Amazon WorkSpaces の使用開始 Amazon WorkSpaces を開始するには 2 とおりの方法があります Simple AD ディレクトリを使用 して Amazon WorkSpaces をすばやく起動し実行するクイックスタート手順 (p. 26)があります クイックスタート手順はサービスの評価に使用するものです 特定のリージョンでクイックスター ト手順を完了した後は 再実行はできません 詳細については Amazon WorkSpaces Quick Start Guide (p. 26) を参照してください 2 番目の方法は より高度な方法で ディレクトリの作成をさらに細かく制御できます 詳細につい ては 高度な設定 (p. 32) を参照してください トピック Amazon WorkSpaces Quick Start Guide (p. 26) 高度な設定 (p. 32) Amazon WorkSpaces Quick Start Guide Amazon WorkSpaces Quick Start Guide を使用すると Amazon WorkSpaces をすばやく簡単に起動 して実行することができます トピック 前提条件 (p. 26) ご利用開始にあたって (p. 27) セットアップタイプを選択します (p. 27) 高速セットアップ (p. 28) 前提条件 Amazon WorkSpaces のクイックスタート手順を使用するには 次の前提条件を満たす必要がありま す AWS アカウント Amazon WorkSpaces を使用するには AWS アカウントが必要です 詳細については AWS 無料アカウント作成方法 (p. 2) を参照してください 26

33 ご利用開始にあたって Amazon WorkSpaces クライアントの前提条件 いずれかの Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションを使用して WorkSpace にアク セスするには Amazon WorkSpaces クライアントの前提条件 (p. 96) に説明されている要 件を満たす必要があります ご利用開始にあたって 希望するリージョンの Amazon WorkSpaces コンソールを開き AWS の認証情報でサインインし て [Get Started Now] を選択します Note 選択するリージョンがわからない場合は 接続状態の確認ウェブサイトで最適なリージョ ンを選択することをお勧めします 推奨内容は ポートの接続性 接続速度 Amazon WorkSpaces サービスに接続するデバイスの機能などの いくつかの要因に基づいています セットアップタイプを選択します Amazon WorkSpaces はネットワークディレクトリを使用して ユーザーと WorkSpace 情報を格納し ます 使用する Amazon WorkSpaces ディレクトリのセットアップタイプを選択します [Quick Setup] 手順を使用すると Amazon WorkSpaces をすばやく簡単に起動して実行できま す Amazon WorkSpaces は 最小限の管理のみを必要とするディレクトリをクラウドに作成し セットアップします [Advanced Setup] 手順を使用すると Amazon WorkSpaces ディレクトリの設定をより詳細に制御で きます ディレクトリは クラウドに配置するか オンプレミスのディレクトリに接続できます 次のいずれかのオプションを選択します 高速セットアップを使用するには [Launch Quick Setup] を選択し 高速セットアッ プ (p. 28) を参照してください 高度なセットアップを使用するには [Launch Advanced Setup] を選択し 高度な設 定 (p. 32) を参照してください 27

34 高速セットアップ 高速セットアップ 高速セットアップ手順を使用すると Amazon WorkSpaces をすばやく簡単に起動して実行できま す Amazon WorkSpaces は 最小限の管理のみを必要とするディレクトリをクラウドに作成し セットアップします 高速セットアップの前提条件 この手順では ユーザーに代わって仮想プライベートゲートウェイクラウド VPC を作成します このため AWS アカウントでは WorkSpaces を作成するリージョンで少なくとも 1 つの利用可能 な VPC を作成する必要があります この VPC 内で Amazon WorkSpaces はインターネットゲート ウェイも作成する必要があるので AWS アカウントでは WorkSpaces を作成するリージョンで少な くとも 1 つの利用可能なインターネットゲートウェイを作成する必要があります VPC の詳細については Amazon VPC とは を参照してください Amazon VPC ユーザーガイ ド インターネットゲートウェイの詳細については Amazon VPC ユーザーガイド の VPC へのイン ターネットゲートウェイの追加 を参照してください WorkSpace バンドルの選択とユーザーの作成 [Available WorkSpace Bundles] セクションで 希望する WorkSpace バンドルを選択します リージョンで複数のオペレーティングシステムの言語を使用できる場合は 目的のオペレーティ ングシステムの言語を選択することもできます 利用可能なさまざまなバンドルの詳細について は Amazon WorkSpaces 製品の詳細 を参照してください [Enter User Details] セクションで WorkSpace ユーザーについてリクエストされた情報を入力し ます 入力される最初のユーザーが Amazon WorkSpaces 管理者になり 管理者権限が与えられ ます 複数のユーザーを追加するには [Create Additional Users] を選択し 次のユーザーのフィールド に入力します すべてのユーザーに対してこれを繰り返します すべてのユーザー情報を入力し たら [Launch WorkSpaces] を選択します 28

35 高速セットアップ Note 上の画像は参考のために示しているものです 実際のバンドル バンドルの内容 料金は異 なる場合があります クイックスタート手順で Amazon WorkSpaces によって行われる操作の詳細については 高速セッ トアップの詳細 (p. 31) を参照してください WorkSpaces の起動 Amazon WorkSpaces インフラストラクチャが作成され WorkSpaces が起動されるまでには数分か かります [View the WorkSpaces Console] を選択すると WorkSpaces のステータスをモニタリング できます 29

36 高速セットアップ WorkSpace のステータスの監視 WorkSpaces が起動されている間 Amazon WorkSpaces コンソールの [WorkSpaces] セクションでス テータスを監視できます WorkSpaces は "Pending" 状態で開始され 起動が完了すると "Running" 状態に変わります WorkSpaces の準備完了 WorkSpaces が使用できるようになると ようこそ E メールが個々のユーザーに送信されます よう こそ E メールにはユーザーがアカウントを作成し Amazon WorkSpaces クライアントをダウンロー ドおよびインストールする手順と WorkSpace にログインする手順が含まれています E メールのテ キストは以下のようなものになります Greetings, A new Amazon WorkSpace has been provided for you. Follow the steps below to quickly get up and running with your WorkSpace: Complete your user profile and download a WorkSpace client using the following link: link_to_registration. Launch the client and enter the following registration code: registration_code. Log in with your newly created password. Your username is username. If you have any issues connecting to your WorkSpace, please contact your administrator. You may download clients for additional devices at clients.amazonworkspaces.com/ Sincerely, Amazon WorkSpaces 30

37 高速セットアップ ユーザー登録 ユーザーは 最初に E メールに記載されている登録リンクに移動してプロファイルを完了する必要が あります ユーザーは E メールの送信後 7 日以内に登録を完了する必要があります そうしないと招 待は期限切れになり 別の招待を送信しなければならなくなります ユーザー名と E メールアドレスは変更できませんが ユーザーは姓と名を変更することができます また ユーザーはアカウントのパスワードを設定する必要もあります パスワードは大文字と小文字 が区別され 8 64 文字の長さにする必要があります また 以下の 3 つのカテゴリから少なくとも 1 文字を含める必要があります 英小文字 a z 英大文字 A Z 番号 0 9 アルファベット以外の文字 \(){}[]:;"'<>,.?/ クライアントのダウンロード ユーザーは Amazon WorkSpaces Client Downloads ページからいつでもクライアントアプリケーショ ンをダウンロードできます 利用できるクライアントアプリケーションの詳細については サポー トされるプラットフォームとデバイス (p. 95) を参照してください クライアントアプリケーションの登録 招待 E メールに記載された登録コードは 初回ログイン時にのみ使用します このコードにより クライアントアプリケーションは適切な Amazon WorkSpaces ディレクトリに接続できます 何ら かの理由でクライアントアプリケーションを再登録する必要がある場合 メニューから [Manage Registrations] を選択します クライアントアプリケーションは 入力された直近 10 の登録コードを自動的に保存します 以前の 登録コードをすばやく取得するには [Saved registrations] を選択して アクセスする WorkSpace に属する保存済み登録コードを選択し その WorkSpace のログイン情報を入力します 同じコード を使用して 別のリージョンやディレクトリ内の WorkSpace にアクセスできます 保存された登録 コードを削除するには 登録コードの横にある [X] ボタンを選択します 必要に応じてこのページに 戻るには クライアントアプリケーションのメニューから [Manage Registrations] を選択します Note この情報はローカルに保存され デバイスには残りません クライアントのサインイン クライアントアプリケーションが登録された後で ユーザーはサインインページに移動します ここ では ユーザーはユーザープロファイルを入力 (p. 31)したときに入力した Amazon WorkSpaces ユーザー名とパスワードを入力します ユーザーがサインインすると クライアントアプリケーショ ンは WorkSpace に接続し WorkSpace デスクトップが表示されます 高速セットアップの詳細 Amazon WorkSpaces 高速セットアップ手順を実行すると Amazon WorkSpaces はユーザーに代 わって次のタスクを実行します IAM ロールを作成して Amazon WorkSpaces サービスが Elastic Network Interface を作成 し Amazon WorkSpaces ディレクトリの一覧を表示できるようにします そのロールに は workspaces_defaultrole という名前が付きます 31

38 高度な設定 アカウントで仮想プライベートゲートウェイクラウド VPC を作成します Caution 特に指示がない限り この VPC のセキュリティグループ ゲートウェイ その他の設定を いずれも変更しないでください 変更すると Amazon WorkSpaces 環境が機能しなくなる 可能性があります ユーザーおよび WorkSpace 情報を格納するために使用される VPC 内の Simple AD ディレクトリを セットアップします ディレクトリの管理者アカウントを作成します 指定したユーザーアカウントを作成し ディレクトリに追加します WorkSpace インスタンスを作成します 高速セットアップ中に作成された各 WorkSpace には インターネットアクセスを提供する ためのパブリック IP アドレスが割り当てられます 後でさらに WorkSpaces を作成する場合 は WorkSpaces にインターネットアクセスを提供する必要があります 詳細については Simple AD ディレクトリのインターネットアクセス (p. 10) を参照してください 指定されたユーザーに招待 E メールを送信します 高度な設定 Amazon WorkSpaces では AWS Directory Service ディレクトリを使用して ユーザーおよび WorkSpace アカウントの情報を格納します 格納先は Microsoft AD ディレクトリ Simple AD ディ レクトリ AD Connector ディレクトリのいずれかです Amazon WorkSpaces で既存のディレクトリ を操作できるようにするか Amazon WorkSpaces で自動的にディレクトリを作成することができま す 次のいずれかのオプションを選択します Amazon WorkSpaces で既存の AWS Directory Service ディレクトリを操作できるようにする場合 は ディレクトリへの登録 (p. 41) を参照してください Amazon WorkSpaces で Microsoft AD の AWS Directory Service を操作できるようにする場合は ネットワークでの Microsoft AD ディレクトリの準備 (p. 21) を参照してください クラウドにディレクトリを作成する場合は クラウドでの Amazon WorkSpaces ディレクトリの 作成 (p. 32) で クラウドに Simple AD ディレクトリを作成する方法を参照してください オンプレミスディレクトリに接続する場合は ディレクトリへの Amazon WorkSpaces の接 続 (p. 34) で AD Connector を使用してディレクトリに接続する方法を参照してください 手動で新しい VPC Simple AD ディレクトリ WorkSpace を作成して設定するために必要なすべ ての手順を説明するチュートリアルについては チュートリアル: Simple AD ディレクトリの作 成 (p. 80) を参照してください トピック クラウドでの Amazon WorkSpaces ディレクトリの作成 (p. 32) ディレクトリへの Amazon WorkSpaces の接続 (p. 34) クラウドでの Amazon WorkSpaces ディレクトリの 作成 Amazon WorkSpaces は WorkSpace とユーザー情報の保存と管理にディレクトリを使用しま す Amazon WorkSpaces が Simple AD または Microsoft AD を使用してこのディレクトリをクラウド に作成するように指定できます 32

39 ディレクトリの作成 Simple AD または Microsoft AD ディレクトリの作成 Simple AD ディレクトリまたは Microsoft AD ディレクトリを作成するには 2 つの異なるサービスコ ンソールを使用できます AWS Directory Service Amazon WorkSpaces トピック AWS Directory Service コンソールを使ってディレクトリを作成する (p. 33) Amazon WorkSpaces コンソールを使ってディレクトリを作成する (p. 33) AWS Directory Service コンソールを使ってディレクトリを作成する AWS Directory Service コンソールを使って Simple AD ディレクトリまたは Microsoft AD ディレクト リをを作成するには 以下の手順を実行します Simple AD ディレクトリまたは Microsoft AD ディレクトリを作成するには AWS Directory Service コンソールを開きます AWS Directory Service Administration Guideの [ディレクトリの作成] の手順に従います Amazon WorkSpaces コンソールを使ってディレクトリを作成する Amazon WorkSpaces コンソールを使って Simple AD ディレクトリまたは Microsoft AD ディレクトリ を作成するには 以下のステップを実行します Simple AD ディレクトリまたは Microsoft AD ディレクトリを作成するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Directories] [Set up Directory] の順に選択します AWS Directory Service Administration Guideの [ディレクトリの作成] の手順に従います Simple AD および Microsoft AD ディレクトリのセットアップ の詳細 Simple AD または Microsoft AD ディレクトリを作成すると Amazon WorkSpaces が自動的に以下の タスクを実行します IAM ロールを作成して Amazon WorkSpaces サービスが Elastic Network Interface を作成 し Amazon WorkSpaces ディレクトリの一覧を表示できるようにします そのロールに は workspaces_defaultrole という名前が付きます ユーザーおよび WorkSpace 情報を格納するために使用される VPC 内のディレクトリをセットアッ プします ユーザー名 Administrator と指定されたパスワードを使用してディレクトリ管理者アカウントを 作成します このアカウントを使用してディレクトリを管理します 2 つのセキュリティグループを作成します 1 つはディレクトリコントローラ用で もう 1 つは ディレクトリ内の WorkSpaces 用です 33

40 ディレクトリへの接続 ディレクトリへの Amazon WorkSpaces の接続 Amazon WorkSpaces は WorkSpace とユーザー情報の保存と管理にネットワークディレクトリを使 用します AD Connector を使用して Amazon WorkSpaces をオンプレミスディレクトリに接続でき るため ユーザーはオンプレミスの認証情報を使用して自分の WorkSpace にサインインすることが できます また ローカルにアクセスできる同じオンプレミスのリソースに WorkSpace からもアク セスできるようになります ディレクトリに接続するには 2 つの異なるサービスコンソールを使用できます AWS Directory Service Amazon WorkSpaces AWS Directory Service コンソールの使用によるディレクトリ への接続 AD Connector を使って AWS Directory Service コンソールでオンプレミスディレクトリに接続するに は 以下の手順を実行します ディレクトリに接続するには AWS Directory Service コンソールを開きます AWS Directory Service Administration Guideの [ディレクトリの作成] の手順に従います Amazon WorkSpaces コンソールの使用によるディレクトリへ の接続 AD Connector を使って Amazon WorkSpaces コンソールでオンプレミスディレクトリに接続するに は 以下の手順を実行します ディレクトリに接続するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Directories] [Set up Directory] の順に選択します AWS Directory Service Administration Guideの [ディレクトリの作成] の手順に従います 34

41 Amazon WorkSpaces 管理 Amazon WorkSpaces はクラウドで動作する 完全マネージド型のデスクトップコンピューティング サービスです Amazon WorkSpaces を使うと クラウドベースのデスクトップを起動して エンド ユーザーに必要なドキュメント アプリケーション およびリソースが ノート PC ipad Kindle Fire Android タブレットなど任意のデバイスからアクセスできるようになります 詳細については Amazon WorkSpaces を参照してください Amazon WorkSpaces はネットワークディレクトリを使用して ユーザーと WorkSpace 情報を格納し ます このディレクトリは クラウドのディレクトリか オンプレミスディレクトリに接続されてい ます クラウドディレクトリでは ユーザーおよび WorkSpace 情報は VPC の 1 つに存在するスタンドアロ ンディレクトリに格納されます WorkSpace ユーザーはこのディレクトリ内にのみ存在し 外部ディ レクトリにはリンクされていません クラウドディレクトリを作成すると Amazon WorkSpaces が このディレクトリを自動的にセットアップします オンプレミスディレクトリがない場合 またはオ ンプレミスリソースにアクセスする必要がない場合は クラウドディレクトリを使用してください 詳細については クラウドでの Amazon WorkSpaces ディレクトリの作成 (p. 32) を参照してくだ さい 接続したディレクトリの場合は ユーザーおよび WorkSpace 情報はオンプレミスディレクトリに格 納されます WorkSpace ユーザーは オンプレミスディレクトリ内にすでに存在しているユーザーか ら選択されます 作成した WorkSpaces は ディレクトリ内にコンピュータアカウントとして表され ます オンプレミスリソースにアクセスする必要がある場合は 接続したディレクトリを使用する必 要があります 詳細については ディレクトリへの Amazon WorkSpaces の接続 (p. 34) を参照し てください どちらのタイプのディレクトリを使用する場合も WorkSpaces へのインターネットアクセスを提供 する必要があります これを実現するための具体的な方法については それぞれに関連したトピック で説明しています Amazon WorkSpaces は ユーザーおよび WorkSpace 情報を格納するために Active Directory と互 換性があるディレクトリを使用するため 使い慣れた Active Directory ツールを使用してこれらのオ ブジェクトを管理することができます これらの操作を実行するために Amazon WorkSpaces 内に ディレクトリ管理 WorkSpace を簡単にセットアップできます 詳細については ディレクトリの 管理 WorkSpace のセットアップ (p. 67) を参照してください もう 1 つの方法として Windows EC2 インスタンスをこのディレクトリに結合し そのインスタンスに Active Directory 管理ツールを インストールできます Windows インスタンスとディレクトリの結合に関する詳細は Amazon EC2 インスタンスのディレクトリへの結合 (p. 67) を参照してください WorkSpace またはイン スタンスに Active Directory 管理ツールをインストールする方法の詳細については Active Directory 管理ツールのインストール (p. 67) を参照してください 35

42 詳細 トピック Amazon WorkSpaces の詳細 (p. 36) Amazon WorkSpaces コンソール (p. 41) Amazon WorkSpaces ディレクトリの管理 (p. 66) グループポリシーを使用した WorkSpaces とユーザーの管理 (p. 70) ファイル共有 (p. 73) PCoIP ゼロクライアントの有効化 (p. 73) Amazon WorkSpaces メトリックスのモニタリング (p. 73) Amazon WorkSpaces の管理の問題のトラブルシューティング (p. 76) Amazon WorkSpaces の詳細 以下のセクションでは Amazon WorkSpaces サービスの機能に関する重要な情報を提供します トピック ネットワークインターフェイス (p. 36) PCoIP ゲートウェイの IP 範囲 (p. 38) ネットワークヘルスチェックサーバー (p. 38) WorkSpaces セキュリティグループ (p. 39) 制限 (p. 40) 実行モード (p. 40) ネットワークインターフェイス 各 WorkSpace に 2 つのネットワークインターフェイスがあります 1 つはプライマリネットワーク インターフェイスと呼ばれるインターフェイスで VPC 内だけでなくインターネットでのリソースへ の接続を可能にし WorkSpaces ディレクトリとの結合に使用されます もう 1 つは管理ネットワークインターフェイスと呼ばれるインターフェイスで セキュアな Amazon WorkSpaces 管理ネットワークに接続します 管理ネットワークインターフェイスを使用する と WorkSpace デスクトップと Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションとのインタラク ティブなストリーミングを行ったり Amazon WorkSpaces サービスで WorkSpace を管理することも できます Amazon WorkSpaces サービスは WorkSpaces が作成されたリージョンに応じて さま ざまなアドレス範囲から管理ネットワークインターフェイス用の IP アドレスを選択します ディレク トリが登録されるときに Amazon WorkSpaces は VPC CIDR と VPC 内のルートテーブルをテスト し これらのアドレス範囲が競合するかどうかを確認します リージョンで使用可能なすべてのアド レス範囲で競合が見つかった場合 エラーメッセージが表示され ディレクトリは登録されません ディレクトリが登録された後で VPC のルートテーブルを変更すると 競合が生じる可能性がありま す 使用する IP アドレス範囲を手動で指定することはできません 次の表は 各リージョンで使用さ れる IP アドレス範囲の一覧です 管理インターフェイスの IP アドレス範囲 リージョン 管理インターフェイスの IP アドレス範囲 米国東部 バージニア北部 / / /16 米国西部 オレゴン /16 と /16 欧州 アイルランド /16 と /16 アジアパシフィック シドニー /16 と /16 36

43 ネットワークインターフェイス リージョン 管理インターフェイスの IP アドレス範囲 アジアパシフィック (東京) /16 アジアパシフィック シンガポール /16 WorkSpace にアタッチされるネットワークインターフェイスを変更または削除しないでください 変 更/削除すると WorkSpace にアクセスできなくなる可能性があります 管理インターフェイスポート 次のポートはすべての WorkSpaces の管理ネットワークインターフェイスで開いている必要がありま す ポート 4172 のインバウンド TCP これはストリーミング接続の確立に使用されます ポート 4172 のインバウンド UDP これはユーザー入力をストリーミングするために使用されま す ポート 8200 のインバウンド TCP これは WorkSpace の管理と設定に使用されます ポート のアウトバウンド UDP これは PCoIP のストリーミングに使用されます ファイア ウォールがステートフルフィルタリングを使用している場合 リターン通信用に一時ポート が自動的に開放されます ファイアウォールがステートレスフィルタリングを使用する場合には リターン通信用に一時ポート を開放する必要があります 通常の状況では Amazon WorkSpaces サービスは WorkSpaces に対してこれらのポートを正しく 設定します これらのいずれかのポートをブロックするセキュリティソフトウェアまたはファイア ウォールソフトウェアが WorkSpace にインストールされている場合 WorkSpace は適切に機能する こともあれば アクセスできないこともあります プライマリインターフェイスポート ディレクトリの種類にかかわらず すべての WorkSpaces のプライマリネットワークインターフェイ スで 次のポートが開いている必要があります インターネット接続の場合 次のポートがすべての宛先への送信と WorkSpaces VPC からの受信 に対して開いている必要があります これらのポートは インターネットアクセスを許可する場 合 WorkSpaces のセキュリティグループに手動で追加する必要があります TCP 80 HTTP TCP 443 HTTPS ディレクトリコントローラと通信するには WorkSpaces VPC とディレクトリコントローラの間 で次のポートが開かれている必要があります Simple AD ディレクトリの場合 AWS Directory Service によって作成されたセキュリティグループでは これらのポートが正しく設定されま す AD Connector ディレクトリでは VPC がそれらのポートを開くために デフォルトのセキュ リティグループの調整が必要になる場合があります TCP/UDP 53 - DNS TCP/UDP 88 - Kerberos 認証 UDP NTP TCP RPC UDP Netlogon TCP Netlogon TCP/UDP LDAP TCP/UDP SMB TCP RPC 用ダイナミックポート 37

44 PCoIP ゲートウェイの IP 範囲 これらのいずれかのポートをブロックするセキュリティソフトウェアまたはファイアウォールソフ トウェアが WorkSpace にインストールされている場合 WorkSpace は適切に機能することもあれ ば アクセスできないこともあります すべての WorkSpace では EC2 メタデータサービスへのアクセスができるようにポート 80 HTTP が IP アドレス に開放されている必要があります WorkSpace に 割り当てられているすべての HTTP プロキシで が除外されている必要があり ます PCoIP ゲートウェイの IP 範囲 Amazon WorkSpaces では PCoIP ゲートウェイサーバー用に小さな Amazon EC2 パブリック IP アドレス範囲を使用します そのため Amazon WorkSpaces にアクセスするデバイスのファイア ウォールポリシーを非常に細かく設定することができます Amazon WorkSpaces サービスは PCoIP ゲートウェイを使用して デスクトップセッションをポート 4172 経由でクライアントアプリケー ションにストリーミングします PCoIP ゲートウェイサーバーのパブリック IP アドレス範囲 リージョン PCoIP ゲートウェイサーバーのパブリック IP ア ドレス範囲 米国東部 バージニア北部 米国西部 オレゴン 欧州 アイルランド アジアパシフィック シンガポール アジアパシフィック シドニー アジアパシフィック (東京) ネットワークヘルスチェックサーバー Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションは ポート 4172 でネットワークのヘルス チェックを行います このチェックで TCP または UDP トラフィックがクライアントアプリケー ションから Amazon WorkSpaces 本稼働サーバーにストリーミングされるかどうかを検証します こ れを正常に行うには ファイアウォールポリシーで以下のリージョンのネットワークヘルスチェック サーバーを考慮に入れておく必要があります ネットワークヘルスチェックサーバー リージョン ネットワークヘルスチェックサーバー 米国東部 バージニア北部 drp-iad.amazonworkspaces.com 米国西部 オレゴン drp-pdx.amazonworkspaces.com 欧州 アイルランド drp-dub.amazonworkspaces.com アジアパシフィック シンガポール drp-sin.amazonworkspaces.com アジアパシフィック シドニー drp-syd.amazonworkspaces.com アジアパシフィック (東京) drp-nrt.amazonworkspaces.com 38

45 WorkSpaces セキュリティグループ WorkSpaces セキュリティグループ Amazon WorkSpaces はセキュリティグループを作成し ディレクトリ内のすべての WorkSpaces に 割り当てます このセキュリティグループの識別子は 次の図に示すように ディレクトリの詳細の [Security Groups] フィールドで確認できます 新しいセキュリティグループを追加することにより WorkSpaces の作成または再構築時に追加のセ キュリティグループを適用するオプションがあります 詳細については 次のトピックを参照してく ださい クラウドのディレクトリ セキュリティグループを追加する (p. 43) AD Connector ディレクトリ セキュリティグループを追加する (p. 46) Microsoft AD ディレクトリ セキュリティグループを追加する (p. 49) WorkSpaces セキュリティグループを元の設定にリセットする必要がある場合 WorkSpaces セキュ リティグループの最小ポート要件は次のとおりです 設定によっては追加ポートが開かれていること が必要になる可能性があります ディレクトリコントローラのセキュリティグループには ディレク トリ識別子とそれに続く _controllers で構成される名前 d e8_controllers など があります アウトバウンドルール: TCP 53 - directory controllers セキュリティグループ TCP /0 TCP 88 - directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ TCP /0 TCP directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ TCP directory controllers セキュリティグループ UDP 53 - directory controllers セキュリティグループ UDP /0 UDP 88 - directory controllers セキュリティグループ UDP directory controllers セキュリティグループ 39

46 制限 UDP directory controllers セキュリティグループ UDP directory controllers セキュリティグループ UDP /0 UDP directory controllers セキュリティグループ UDP directory controllers セキュリティグループ ICMP すべて - directory controllers セキュリティグループ 制限 Amazon WorkSpaces には次の制限があります トピック ユーザーアクセス制御 (p. 40) ファイアウォール (p. 40) ユーザーアカウント (p. 40) ユーザーアクセス制御 ユーザーアクセス制御は WorkSpaces でサポートされています UAC 設定はカスタムイメージまた はグループポリシーで定義できます WorkSpaces に対する管理者特権のあるユーザーは Windows Control Panel により UAC 設定を変更することもできます ファイアウォール WorkSpace には あらゆるタイプのセキュリティまたはファイアウォールソフトウェアをインストー ルできますが Amazon WorkSpaces には WorkSpace で開かれている特定のインバウンドおよびア ウトバウンドポートが必要です インストールしたセキュリティまたはファイアウォールソフトウェ アがこれらのポートをブロックしている場合は WorkSpace が適切に機能しないか アクセスできな い可能性があります これを解決するには WorkSpace を再構築する必要があります WorkSpace にオープンする必要があるポートの詳細については 管理インターフェイスポート (p. 37) およ び プライマリインターフェイスポート (p. 37) を参照してください ユーザーアカウント Amazon WorkSpaces では ユーザーアカウントについて以下の制限があります Active Directory ユーザーとコンピュータツールを使用して新しいユーザーを作成するか 既存の ユーザーのパスワードをリセットするときに [User must change password at next logon] を設定 しないでください ユーザーは WorkSpace に接続できなくなります 代わりに 安全な一時パス ワードをユーザーに割り当てて ユーザーが次回ログオンしたときに WorkSpace 内から手動でパ スワードを変更するように指示します 実行モード WorkSpaces は 実行モードによって すぐに使用できるかどうかとお支払い方法が異なります 次 のうち いずれかの実行モードを選択できます AlwaysOn 固定月額料金で WorkSpaces を無制限にご利用いただけます このモード は WorkSpace をプライマリデスクトップとしてフルタイム使用するユーザー用に最適です AutoStop WorkSpaces のご利用に対し 時間単位で料金が発生します このモードでは アプリ およびデータを保存した状態と指定の長さのアイドル状態が発生した後 WorkSpaces が停止しま す 自動停止時間を設定するには [AutoStop Time (hours)] を使用します 40

47 マネジメントコンソール 可能な場合は WorkSpace のルートボリュームにデスクトップの状態が保存されます ユーザーが ログインすると WorkSpace が再開し 開いていたドキュメントや実行中のプログラムの状態が保 存されていれば その状態に戻ります WorkSpace の実行モードは コンソールまたは Amazon WorkSpaces API を使用して いつでも切り 替えることができます Amazon WorkSpaces コンソール ディレクトリが作成されたら Amazon WorkSpaces コンソールを使用して WorkSpaces の起動 ディレクトリの削除など 特定の機能を実行します トピック ディレクトリ管理 (p. 41) WorkSpace 管理 (p. 51) WorkSpace バンドルの管理 (p. 61) WorkSpace イメージの管理 (p. 63) Windows デスクトップイメージの使用 (p. 65) ディレクトリ管理 Amazon WorkSpaces マネジメントコンソールを使用して 新しいディレクトリの作成や既存ディレ クトリとの削除など 特定のディレクトリ関連アクションを実行できます ディレクトリを作成する と ほとんどの管理機能は Active Directory 管理ツールなどのディレクトリ管理ツールで実行されま す 詳細については Amazon WorkSpaces ディレクトリの管理 (p. 66) を参照してください トピック 登録 (p. 41) Simple AD ディレクトリの管理 (p. 42) AD Connector ディレクトリの管理 (p. 45) Microsoft AD ディレクトリの管理 (p. 48) 登録 Amazon WorkSpaces では 既存の AWS Directory Service ディレクトリを使用して Amazon WorkSpaces ユーザーおよびリソースを格納できます [Directories] リストには現在のリージョンにあ るすべての AWS Directory Service ディレクトリが表示され Amazon WorkSpaces がそれぞれのディ レクトリに登録されているかどうかが表示されます トピック ディレクトリへの登録 (p. 41) ディレクトリからの登録解除 (p. 42) ディレクトリへの登録 既存の AWS Directory Service ディレクトリの使用を Amazon WorkSpaces に許可するには Amazon WorkSpaces をそのディレクトリに登録する必要があります 41

48 ディレクトリ ディレクトリに登録するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Getting Started] [Advanced Setup] [Create Simple AD] [Directories] の順に選択します 登録するディレクトリを選択し [Actions] [Register] の順に選択します [Register directory] ダイアログボックスで Amazon WorkDocs をこのディレクトリに登録するか どうかを選び [Register] を選択します Note このオプションは 選択したリージョン Amazon WorkDocs が使用できる場合にのみ表 示されます このサービスがディレクトリに登録されると ディレクトリ内のユーザーの WorkSpace を起動 できます ディレクトリからの登録解除 このサービスでの使用を停止するために ディレクトリから Amazon WorkSpaces の登録解除がで きます ディレクトリを削除する前に ディレクトリからこのサービスの登録解除をする必要があ ります ユーザーに割り当てられた Amazon WAM アプリケーションがある場合 ディレクトリを 削除する前にこれらの割り当てもすべて削除する必要があります 詳細については Amazon WAM Administration Guide の Removing All Application Assignments を参照してください ディレクトリから Amazon WorkSpaces を登録解除するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Directories] を選択します ディレクトリを選択し [Actions] [Deregister] の順に選択します [Deregister directory] ダイアログボックスで ディレクトリからサービスの登録を解除することを 確認し [Deregister] を選択します Simple AD ディレクトリの管理 次のトピックでは Simple AD ディレクトリで実行できるさまざまな管理アクションを説明します トピック Simple AD ディレクトリ情報の更新 (p. 42) Simple AD ディレクトリの削除 (p. 44) Simple AD ディレクトリ情報の更新 Amazon WorkSpaces コンソールを使用して Simple AD ディレクトリの次の設定を変更できます 目次 デフォルトの組織単位 (p. 43) セキュリティグループを追加する (p. 43) インターネットアクセス (p. 43) ローカル管理者の設定 (p. 44) メンテナンスモード (p. 44) 42

49 ディレクトリ デフォルトの組織単位 デフォルトの組織単位は WorkSpace のコンピュータアカウントが配置される組織単位です これが 設定されていない場合 WorkSpaces のコンピュータアカウントはコンピュータの組織単位に配置さ れます 現在の WorkSpaces ディレクトリから組織単位を自分で選択するか 個別のターゲットドメ インで組織単位を指定します 組織単位を選択するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Directories] を選択します ディレクトリを選択し [Actions] [Update Details] の順に選択します [Target Domain and Organizational Unit] セクションを展開します 5. 希望する組織単位名の全体または一部を入力し [Search OU] を選択します または [List all OU] を選択して すべての組織単位を検索することもできます 6. 希望する組織単位を選択し [Update] を選択します この設定が変更された後で作成または再構 築されたすべての WorkSpaces のコンピュータアカウントは 選択された組織単位に配置されま す セキュリティグループを追加する Amazon WorkSpaces はセキュリティグループを作成し ディレクトリ内のすべての WorkSpaces に 割り当てます WorkSpaces の作成時または再構築時に 以下の手順に従って WorkSpaces にセキュ リティグループを追加できます セキュリティグループを追加するには Amazon WorkSpaces コンソール を開きます ナビゲーションペインで [Directories] を選択します ディレクトリを選択し [Actions] [Update Details] の順に選択します [Security Group] セクションを展開します 5. 新しいセキュリティグループを作成するには [Create New] を選択します 6. 希望するセキュリティグループを選択し [Update] を選択します この設定が変更された後で作 成または再構築されたすべての WorkSpaces には 指定したセキュリティグループが含まれま す インターネットアクセス You can have Amazon WorkSpaces assign a public IP address to all WorkSpaces that are provisioned or rebuilt. To enable public IP addresses Amazon WorkSpaces コンソール を開きます In the navigation pane, choose Directories. Select your directory, then choose Actions and Update Details. Expand the Internet Access section. 5. To have Amazon WorkSpaces assign a public IP address to every WorkSpace that is created or rebuilt, choose Enable. Otherwise, choose Disable. When you have completed your selection, choose Update. This setting only applies to WorkSpaces that are provisioned or rebuilt after the setting is enabled. If you need to have a public IP address applied to an existing WorkSpace, you must either rebuild the 43

AWS Artifact - ユーザーガイド

AWS Artifact - ユーザーガイド AWS Artifact ユーザーガイド AWS Artifact: ユーザーガイド Copyright 2019 Amazon Web Services, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved. Amazon's trademarks and trade dress may not be used in connection with any

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation Amazon WorkSpaces Active Directory 証明書サービス (ADCS) を用いたデバイス認証構成 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 2017 / 11 / 10 Agenda 1. Amazon WorkSpaces のデバイス認証の仕組み 2. 環境構成概要 Amazon WorkSpaces デバイス認証の仕組み 3 WorkSpaces のエンドポイントへアクセス

More information

VPN 接続の設定

VPN 接続の設定 VPN 接続の設定 AnyConnect 設定の概要, 1 ページ AnyConnect 接続エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる接続エントリの追加, 2 ページ 手動での接続エントリの追加, 3 ページ ユーザ証明書について, 4 ページ ハイパーリンクによる証明書のインポート, 5 ページ 手動での証明書のインポート, 5 ページ セキュアゲートウェイから提供される証明書のインポート,

More information

R80.10_FireWall_Config_Guide_Rev1

R80.10_FireWall_Config_Guide_Rev1 R80.10 ファイアウォール設定ガイド 1 はじめに 本ガイドでは基本的な FireWall ポリシーを作成することを目的とします 基本的な Security Management Security Gateway はすでにセットアップ済みであることを想定しています 分散構成セットアップ ガイド スタンドアロン構成セットアップ ガイド等を参照してください [Protected] Distribution

More information

Amazon WorkSpaces

Amazon WorkSpaces 2016 クラウドでのデスクトップのプロビジョ ニング Amazon WorkSpaces のプロビジョニング 管理 アクセス方法 2016 年 8 月 Jeff Ferris WorkSpaces スペシャリストソリューションアーキテクト http://aws.amazon.com/workspaces はじめに このプロジェクトでは Amazon WorkSpaces と AWS Directory

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation IDENTITY AWARENESS 設定ガイド (AD クエリ編 ) 1 はじめに 本ガイドは AD サーバと連携してユーザ ( グループ ) ベースでアクセス制御を実現する手順を解説します (AD クエリ ) 本ガイドでは基本的な設定 ポリシーはすでにセットアップ済みであることを想定しています 構成については 分散構成セットアップ ガイド スタンドアロン構成セットアップ ガイド等を参照してください

More information

Amazon WorkSpaces - 管理ガイド

Amazon WorkSpaces - 管理ガイド Amazon WorkSpaces 管理ガイド Amazon WorkSpaces 管理ガイド Amazon WorkSpaces: 管理ガイド Copyright 2018 Amazon Web Services, Inc. and/or its affiliates. All rights reserved. Amazon's trademarks and trade dress may not

More information

R76/Gaia ブリッジ構成設定ガイド

R76/Gaia ブリッジ構成設定ガイド R76/GAiA ブリッジ構成設定ガイド ( スタンドアロン構成 ) Last updated Aug 16, 2013 Ver 1.0 はじめに 本章の手順は 以下の項目が満たされている事を前提条件としています 事前に GAiA R76 のインストールが完了していること 管理コンソールに SmartConsole がインストールされていること 対象となるアプライアンス機器は Model 2200

More information

Microsoft Word - Win-Outlook.docx

Microsoft Word - Win-Outlook.docx Microsoft Office Outlook での設定方法 (IMAP および POP 編 ) How to set up with Microsoft Office Outlook (IMAP and POP) 0. 事前に https://office365.iii.kyushu-u.ac.jp/login からサインインし 以下の手順で自分の基本アドレスをメモしておいてください Sign

More information

Hik-Connect アカウントにデバイスを追加する方法ユーザーは Hik-Connect APP ウェブポータル ivms4500 アプリまたは ivms クライアント経由で Hik-Connect 機能を有効にすることができます 注 : iv

Hik-Connect アカウントにデバイスを追加する方法ユーザーは Hik-Connect APP   ウェブポータル ivms4500 アプリまたは ivms クライアント経由で Hik-Connect 機能を有効にすることができます 注 : iv 概要 Hik-Connect は 動的ドメイン名サービスとアラームプッシュ通知サービスを統合した Hikvision によって導入された新しいサービスです これは デバイスがインターネットに接続するための簡単な方法を提供します このマニュアルは Hik-Connect サービスを追加する方法をユーザーに示すためのガイドです 注 :: ユーザーエクスペリエンスを向上させるために ルーターとデバイスの両方で

More information

McAfee SaaS Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護

McAfee SaaS  Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 統合ガイド改訂 G McAfee SaaS Email Protection Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 Microsoft Office 365 の設定 このガイドの説明に従って McAfee SaaS Email Protection を使用するように Microsoft Office 365 と Microsoft Exchange Online

More information

シナリオ:DMZ の設定

シナリオ:DMZ の設定 CHAPTER 6 この章では 適応型セキュリティアプライアンスを使用して非武装地帯 (DMZ; demilitarized zone) に置かれたネットワークリソースを保護するための設定シナリオについて説明します DMZ とは プライベート ( 内部 ) ネットワークとパブリック ( 外部 ) ネットワークの間の中立ゾーンにある区別されたネットワークです この章には 次の項があります DMZ ネットワークトポロジの例

More information

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供 Microsoft iscsi Software Target を使用したクラスタへの共有ディスク リソースの提供 はじめに... 2 クラスタ ホスト エントリの作成... 3 イニシエータの設定... 7 クラスタ ノード 1 のイニシエータ... 7 クラスタ ノード 2 のイニシエータ... 7 iscsi 仮想ディスクのエクスポート... 8 iscsi デバイスの初期化... 11 Microsoft

More information

TeamViewer マニュアル – Wake-on-LAN

TeamViewer マニュアル – Wake-on-LAN TeamViewer マニュアル Wake-on-LAN Rev 11.1-201601 TeamViewer GmbH Jahnstraße 30 D-73037 Göppingen www.teamviewer.com 目次 1 Wake-on-LANのバージョン情報 3 2 要件 5 3 Windowsのセットアップ 6 3 1 BIOSの設定 6 3 2 ネットワークカードの設定 7 3 3

More information

音声認識サーバのインストールと設定

音声認識サーバのインストールと設定 APPENDIX C 次のタスクリストを使用して 音声認識ソフトウェアを別の音声認識サーバにインストールし 設定します このタスクは Cisco Unity インストレーションガイド に記載されている詳細な手順を参照します ドキュメントに従って 正しくインストールを完了してください この付録の内容は Cisco Unity ライセンスに音声認識が含まれていること および新しい Cisco Unity

More information

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Remote 利用... - 9-2.1. 接続確認... - 9-2.2. 自動接続... - 11-2.3. 編集... - 13-2.4. インポート... - 16-2.5. 削除... - 18-2.6. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 19-2.6.1. サービスの再起動...

More information

Webセキュリティサービス

Webセキュリティサービス イントラ SSL Type-L(ATI 接続 ) 端末利用者接続マニュアル Windows 版 Ver1.6 株式会社トヨタデジタルクルーズ 改定履歴 Ver. 改定内容 改定日 1.0 初版 2015/10/12 1.1 パスワード変更手順追加 2016/2/8 1.2 FAQ サイトのアドレス変更 2016/10/26 1.3 パスワード設定の画像更新 2017/5/9 1.4 EdgeClinet

More information

次 はじめに ブラウザーサポート デフォルトのIPアドレスについて

次 はじめに ブラウザーサポート デフォルトのIPアドレスについて ユーザーマニュアル 次 はじめに............................................... 3 ブラウザーサポート........................................ 3 デフォルトのIPアドレスについて............................. 4 AXIS IP Utility..............................................

More information

Microsoft Word - SSL-VPN接続サービスの使い方

Microsoft Word - SSL-VPN接続サービスの使い方 作成 : 平成 29 年 06 月 29 日 更新 : 平成 30 年 07 月 28 日 SSL-VPN 接続サービスの使い方 内容 SSL-VPN 接続サービスの使い方... 1 1. SSL-VPN 接続サービスについて... 1 2. SSL-VPN 接続サービスの留意点... 1 3. SSL-VPN 接続サービスの利用に必要となるもの... 2 4. SSL-VPN 接続サービスを利用する手順...

More information

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 8-2.1. 接続確認... - 8-2.2. 編集... - 11-2.3. インポート... - 14-2.4. 削除... - 15-2.5 フォルダショートカットの作成... - 16-3. 動作環境... - 18-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 3CX v15 基本セットアップガイド Revision 1.0 目次 1 3CX IP PBX ソフトウェア概要 2 2 3CX のマネジメントコンソールの起動およびグイン 3 3 内線を設定する 5 4 ウェルカムメールを送る 8 5 呼出グループ (Ring Groups) の作成 10 6 SIP トランク (SIP Trunks) の作成 13 7 Google PUSH 通知の設定 17

More information

SAMBA Remote(Mac) 編 PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP

SAMBA Remote(Mac) 編 PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Remote 利用... - 5-2.1. 接続確認... - 5-2.2. 自動接続... - 10-2.3. 編集... - 12-2.4. インポート... - 15-2.5. 削除... - 17-2.6. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 18-2.6.1. サービスの再起動...

More information

管理者向けのドライブ設定 このガイドの内容 1. ドライブの設定を調整する 2. パソコンにドライブをインストールする 必要なもの G Suite 管理者アカウント 30 分

管理者向けのドライブ設定 このガイドの内容 1. ドライブの設定を調整する 2. パソコンにドライブをインストールする 必要なもの G Suite 管理者アカウント 30 分 ドライブの紹介 Google ドライブを使用すると ファイルを クラウドに保存してチームのメンバーや外 部のパートナーと共有できると共に どこ からでもファイルにアクセスできます また ファイルを容易に検索でき あらゆる ドキュメントを安全に保管できます ドライブの利用に必要なのは ウェブブラ ウザまたはドライブがインストールされた 端末のみです 管理者向けのドライブ設定 このガイドの内容 1. ドライブの設定を調整する

More information

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定

NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 NAC(CCA): ACS 5.x 以降を使用した Clean Access Manager での認証の設定 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法設定ネットワーク図 ACS 5.x を使用した CCA での認証の設定 ACS5.x の設定トラブルシューティング関連情報 概要 このドキュメントでは Cisco Secure Access Control System(ACS)5.x 以降を使用して

More information

Managed Firewall NATユースケース

Managed Firewall NATユースケース Managed Firewall NAT ユースケース 2.0 版 2017/7/25 NTT Communications 更新履歴 版数更新日更新内容 1.0 2017/07/18 初版 2.0 2017/07/25 送信元 NAT NAPT に変更 ユースケースを追加 Use Case 1 Managed Firewall 送信先 NAT/DESTINATION NAT ~ 送信先のポート変換なし

More information

Microsoft Azure 基礎 : Azure ID - 実践演習 概要 このコースにはオプションの実習が含まれ コースで実演されたテクニックをご自分でお試しいただくことができ ます このガイドには 個々の実習の手順が示されています 開始の詳細については コースの実習 > 概要ページをご参照く

Microsoft Azure 基礎 : Azure ID - 実践演習 概要 このコースにはオプションの実習が含まれ コースで実演されたテクニックをご自分でお試しいただくことができ ます このガイドには 個々の実習の手順が示されています 開始の詳細については コースの実習 > 概要ページをご参照く Microsoft Azure 基礎 : Azure ID - 実践演習 概要 このコースにはオプションの実習が含まれ コースで実演されたテクニックをご自分でお試しいただくことができ ます このガイドには 個々の実習の手順が示されています 開始の詳細については コースの実習 > 概要ページをご参照ください これらの演習を行うにはAzureサブスクリプションが必要です Iテスト環境や練習環境でAzureサブスクリプションを既にご利用の場合は

More information

Mobile Access簡易設定ガイド

Mobile Access簡易設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズ ( 株 ) アジェンダ 1 SSL VPN ポータルの設定 2 3 4 Web アプリケーションの追加 Check Point Mobile for iphone/android の設定 Check Point Mobile for iphone/android の利用 2 変更履歴

More information

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc AI 人物検索サービス クラウド監視カメラパッケージ リモート接続設定手順書 Windows 8 版 Ver1.0 NTT コミュニケーションズ株式会社 Copyright 2017 NTT Communications Corporation, All Rights Reserved. 目次 1. はじめに...2 2. 実施前ご確認事項...2 3. VPN 接続設定手順について (IPsec

More information

目次 1. ユーザー登録 ( 初期セットアップ ) を行う Office365 の基本的な動作を確認する... 6 Office365 にログインする ( サインイン )... 6 Office365 からサインアウトする ( ログアウト )... 6 パスワードを変更する... 7

目次 1. ユーザー登録 ( 初期セットアップ ) を行う Office365 の基本的な動作を確認する... 6 Office365 にログインする ( サインイン )... 6 Office365 からサインアウトする ( ログアウト )... 6 パスワードを変更する... 7 実践女子学園 目次 1. ユーザー登録 ( 初期セットアップ ) を行う... 2 2. Office365 の基本的な動作を確認する... 6 Office365 にログインする ( サインイン )... 6 Office365 からサインアウトする ( ログアウト )... 6 パスワードを変更する... 7 3. Office インストール... 8 Office インストール手順... 8

More information

マイクロソフト IT アカデミー E ラーニングセントラル簡単マニュアル ( 管理者用 ) 2014 年 11 月

マイクロソフト IT アカデミー E ラーニングセントラル簡単マニュアル ( 管理者用 ) 2014 年 11 月 マイクロソフト IT アカデミー E ラーニングセントラル簡単マニュアル ( 管理者用 ) 2014 年 11 月 サインインについて Microsoft Online Learning にアクセスする方法は 組織の既存の管理者にアカウントを作成してもらい 受信した電子メールのリンクをクリックして登録するか もしくはメンバーシップのアクティブ化リンク から登録する必要があります 初めてのサインイン

More information

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN TeamViewer 9 マニュアル Wake-on-LAN バージョン 9.2-12/2013 TeamViewer GmbH Jahnstraße 30 D-73037 Göppingen www.teamviewer.com 目次 1 Wake-on-LAN のバージョン情報... 3 2 要件... 4 3 Windows のセットアップ... 5 3.1 BIOS の設定... 5 3.2

More information

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx 使用の手引き Qsync はまるごと QNAP で作動するクラウドベースのファイル同期サービスです ローカルの Qsync フォルダにファイルを追加するだけで ファイルはまるごと QNAP およびそれに接続されたすべてのデバイスで利用できるようになります Qsync を使用する前に Qsync を配置する前に 以下の 3 つのステップに従ってください 1. まるごと QNAP でユーザーアカウントを作成する

More information

ログインおよび設定

ログインおよび設定 この章は 次の項で構成されています の概要, 1 ページ admin パスワードのリセット, 3 ページ パスワードと共有秘密のガイドライン, 3 ページ 共有秘密のリセット, 4 ページ の概要 Cisco UCS Central GUI および Cisco UCS Central CLI の両方を使用して Cisco UCS Central にログ インできます 両方のインターフェイスを使用すると

More information

構築例 お客様構築 IoT デバイス DynamoDB IoT デバイスで計測した値を出力させ データを API で DynamoDB に送信させるために IAM Access Key を IAM で取得します IoT.kyoto は DynamoDB から IoT デバイスで計測したデータを取得し

構築例 お客様構築 IoT デバイス DynamoDB IoT デバイスで計測した値を出力させ データを API で DynamoDB に送信させるために IAM Access Key を IAM で取得します IoT.kyoto は DynamoDB から IoT デバイスで計測したデータを取得し IoT.kyoto 操作マニュアル 事前に用意するもの IoT デバイス ( 計測する値を出力します ) AWS アカウント 目次 0 事前説明 P2 0-1 IoT.kyoto 構築例 P2 0-2 IoT.kyoto を使用するために必要なデータ P2 1 DynamoDB の構築手順 P3~P5 2 IAM Access Key の取得 P5~P6 3 IoT.kyoto のユーザー設定 P7~P8

More information

既存のどの SIEM にでも再考察し 2 要素認証を含めることができます Rohos Logon Key は 良く知られていて安全なワンタイムパスワード (OTP) 認証技術を使用して Windo ws Remote Desktop へのアクセスを許可します 脆弱なパスワードによるログインに変わるも

既存のどの SIEM にでも再考察し 2 要素認証を含めることができます Rohos Logon Key は 良く知られていて安全なワンタイムパスワード (OTP) 認証技術を使用して Windo ws Remote Desktop へのアクセスを許可します 脆弱なパスワードによるログインに変わるも OTP コードを使用した Remote Desktop のセキュア 2 要素ログイン認証 Rohos Logon Key は 携帯端末やワンタイムパスワードトークン (OTP) を使用することで Windows Re mote Desktop での安全なに要素認証を提供します 2 要素認証の種類 : 携帯端末と Google Authenticator アプリを使用する場合携帯端末に SMS またはメールで一度きりのパスワードトークン

More information

2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービス

2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービス 2014 年 11 月 ボリュームライセンスサービスセンターで Online Service をアクティブ化する Open プログラムのお客様は VLSC の新しい [Online Service のアクティブ化 ] セクションのシンプルなプロセスに従って マイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター (VLSC) で 新しい Microsoft のオンラインサービスをアクティブ化できます このガイドは

More information

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme)

(Veritas\231 System Recovery 16 Monitor Readme) Veritas System Recovery 16 Monitor Readme この README について Veritas System Recovery 16 Monitor でサポートされなくなった機能 Veritas System Recovery 16 Monitor について システムの必要条件 ホストコンピュータの前提条件 クライアントコンピュータの前提条件 Veritas System

More information

Symantec AntiVirus の設定

Symantec AntiVirus の設定 CHAPTER 29 Symantec AntiVirus エージェントを MARS でレポートデバイスとしてイネーブルにするためには Symantec System Center コンソールをレポートデバイスとして指定する必要があります Symantec System Center コンソールはモニタ対象の AV エージェントからアラートを受信し このアラートを SNMP 通知として MARS に転送します

More information

iStorage NS500Bx系 管理者ガイド (詳細編)

iStorage NS500Bx系 管理者ガイド (詳細編) 5 istorage NS のその他の使い方 ネットワーク上のプリンタを使う iscsi を使う 削除済みのファイルを完全に消去する istorage NS 上のファイルを高速検索する 238 5.1 ネットワーク上のプリンタを使う 5.1.1 ネットワークプリンタの追加 istorage NS にプリンタを追加するには 以下の手順に従ってください なお プリンタに添付された プリンタドライバがある場合は

More information

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc

Master'sONEセキュアモバイル定額通信サービス(MF120)設定手順書(Ver1_2).doc AI 人物検索サービス クラウド監視カメラパッケージ リモート接続設定手順書 Windows 7 版 Ver1.0 NTT コミュニケーションズ株式会社 Copyright 2017 NTT Communications Corporation, All Rights Reserved. 目次 1. はじめに...2 2. 実施前ご確認事項...2 3. VPN 接続設定手順について (IPsec

More information

2. インストールの方法 インストールの手順は まずインストーラーをサイトからダウンロードし イールドブック カリキュレーターと Java Web Start をインストールします 次にイールドブック カリキュレーターを起動してサーバー接続し Java のファイルをダウンロードします 以下の手順に従

2. インストールの方法 インストールの手順は まずインストーラーをサイトからダウンロードし イールドブック カリキュレーターと Java Web Start をインストールします 次にイールドブック カリキュレーターを起動してサーバー接続し Java のファイルをダウンロードします 以下の手順に従 The Yield Book Calculator インストールガイド 本ガイドの内容 1. 必要システム. 1 2. インストールの方法. 2 3. Java Web Start / Java Runtime Environment (JRE). 8 4. プロキシの設定. 9 5. 言語の設定. 10 6. アンインストールの方法. 11 1.. 必要システム イールドブック カリキュレーターのインストールと動作に必要なシステムは以下のとおりです

More information

1. Microsoft Loopback Adapter のインストール 1) ノートパソコンにおいて そのパソコンの管理者アカウントによりログオンします 2) [ スタート ] > コントロールパネルを開きます 3) 表示方法 : カテゴリの場合には ハードウェアとサウンド > デバイスマネージ

1. Microsoft Loopback Adapter のインストール 1) ノートパソコンにおいて そのパソコンの管理者アカウントによりログオンします 2) [ スタート ] > コントロールパネルを開きます 3) 表示方法 : カテゴリの場合には ハードウェアとサウンド > デバイスマネージ Windows 7 ノートパソコン上での SPLM 2012 の設定 10/24/2014 SmartPlant License Manager (SPLM) では ライセンスマシンに固定 IP アドレスを使用する必要があります Microsoft Loopback Adapter を使用して仮想ネットワークアダプタをノートパソコンにインストールすることで この要求を実現することができます このドキュメントでは

More information

連絡先

連絡先 社内ディレクトリ 1 ページ 個人用アドレス帳 5 ページ 着信コールおよび発信コールの名前の逆引きルックアップ 7 ページ 社内ディレクトリ 自分の電話機で同僚の番号を調べることにより 簡単に同僚に電話をかけることができます 管理者がこのディレクトリを設定し 保守します 電話機では Lightweight Directory Access Protocol LDAP ディレクトリ Broadsoft

More information

939061j

939061j ブルームバーグ ソフトウエア インストールガイド日本語 2012 年 10 月 26 日バージョン : 9.0 目次ブルームバーグ ソフトウエアのダウンロード... 2 ブルームバーグ シリアル番号 < 新規 > のインストール. 9 正しくインストールされたかを確認... 13 アクセス権付与に関する注意... 15 1 ブルームバーグ ソフトウエアのダウンロード Internet Explorer

More information

Active Directory フェデレーションサービスとの認証連携

Active Directory フェデレーションサービスとの認証連携 Active Directory フェデレーションサービス との認証連携 サイボウズ株式会社 第 1 版 目次 1 はじめに...2 2 システム構成...2 3 事前準備...3 4 AD のセットアップ...4 5 AD FS のセットアップ...4 5.1 AD FS のインストール...4 5.2 AD FS で必要となる証明書の作成...5 5.3 フェデレーションサーバーの構成...7

More information

McAfee Web Gateway Cloud Service インストール ガイド

McAfee Web Gateway Cloud Service インストール ガイド McAfee Web Gateway Cloud Service インストールガイド 著作権 Copyright 2018 McAfee LLC 商標帰属 McAfee および McAfee ロゴ McAfee Active Protection epolicy Orchestrator McAfee epo Foundstone McAfee LiveSafe McAfee QuickClean

More information

Untitled

Untitled VPN 接 続 の 設 定 AnyConnect 設 定 の 概 要, 1 ページ AnyConnect 接 続 エントリについて, 2 ページ ハイパーリンクによる 接 続 エントリの 追 加, 2 ページ 手 動 での 接 続 エントリの 追 加, 3 ページ ユーザ 証 明 書 について, 4 ページ ハイパーリンクによる 証 明 書 のインポート, 5 ページ 手 動 での 証 明 書 のインポート,

More information

DELL Digital Locker 使用手順書 August 2016

DELL Digital Locker 使用手順書 August 2016 DELL Digital Locker 使用手順書 August 2016 Contents 1. アカウントの作成... 4 2. 購入製品の登録 ダウンロード... 5 3. ユーザーグループの作成手順 ( 任意 )... 8 4. 製品グループの作成手順 ( 任意 )... 11 Appendix (A) ユーザーの役割 権限について... 13 はじめに本文書は DELL Digital Locker

More information

NETCRUNCH の WINDOWS 監視 P A G E 2 ス権限が必要となります ユーザーはローカル Administrators グループへ使用するユー ザーを追加することでこの権現を割り当てることが可能です 2. ファイアウォール設定 ファイアウォールルールとして RCP パフォーマンス

NETCRUNCH の WINDOWS 監視 P A G E 2 ス権限が必要となります ユーザーはローカル Administrators グループへ使用するユー ザーを追加することでこの権現を割り当てることが可能です 2. ファイアウォール設定 ファイアウォールルールとして RCP パフォーマンス NETCRUNCH の WINDOWS 監視 P A G E 1 NetCrunch は追加エージェントをインストールすることなく Microsoft Windows を監視することができます しかし セキュリティルールが厳格なため 初期設 定のみでリモート監視ができるかは ユーザーの Windows 環境に依存します 監視サーバー NetCrunch サーバーは Windows Server 2003

More information

VNX ファイル ストレージの管理

VNX ファイル ストレージの管理 VNX ファイル ストレージの管理 この章は 次の項で構成されています VNX ファイル ストレージ管理について, 1 ページ 手順の概要, 2 ページ CIFS の使用, 3 ページ NFS エクスポートの使用, 8 ページ VNX ファイル ストレージ管理について VNX ファイル および VNX Unified アカウントでは Common Internet File System CIFS

More information

Packet Tracer: 拡張 ACL の設定 : シナリオ 1 トポロジ アドレステーブル R1 デバイスインターフェイス IP アドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイ G0/ N/A G0/

Packet Tracer: 拡張 ACL の設定 : シナリオ 1 トポロジ アドレステーブル R1 デバイスインターフェイス IP アドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイ G0/ N/A G0/ トポロジ アドレステーブル R1 デバイスインターフェイス IP アドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイ G0/0 172.22.34.65 255.255.255.224 N/A G0/1 172.22.34.97 255.255.255.240 N/A G0/2 172.22.34.1 255.255.255.192 N/A Server NIC 172.22.34.62 255.255.255.192

More information

貸出デバイス用設定手順書

貸出デバイス用設定手順書 設定マニュアル 貸出デバイス用 ( 有線 無線 ) Windows 10 版 目次 1. 設定の注意事項... 1 2. Windows のエディションを確認する... 2 3. インターネットに接続する... 3 4. コンピュータ名を変更し KWANSEI ドメインに参加する... 3 5. グループポリシーを変更する... 7 6. KWANSEI ドメインのユーザーを PC のローカル管理者グループに追加する...

More information

Microsoft Word - GXS?C?“?^?[?l?b?gVPN?T?[?r?X?N?‰?C?A?“?g?A?N?Z?X?Z?b?g?A?b?v?K?C?h GXS-V docx

Microsoft Word - GXS?C?“?^?[?l?b?gVPN?T?[?r?X?N?‰?C?A?“?g?A?N?Z?X?Z?b?g?A?b?v?K?C?h GXS-V docx GXS-V001-03 GXS インターネット VPN クライアントアクセス IE/EX 版 セットアップガイド Check point VPN-1 SecuRemote 2014 年 6 月 GXS 株式会社 (C)2012 GXS Inc. All right reserved 1 稼働環境 GXSインターネットVPN( クライアントアクセス ) を利用してIE/EXサービスに接続するには 以下の環境が必要です

More information

BROAD-GATE 01

BROAD-GATE 01 セキュリティ 360 powered by Symantec インストールマニュアル 第 2 版 2010 年 9 月 7 日 1 目次 1. ご利用の前に 3 2. お申し込みから利用開始までの流れ 4 3. お申し込み ダウンロード 5 4. インストール 11 5. アクティブ化 13 6. ライセンス移行 16 7. アンインストール 18 2 1. ご利用の前に 動作環境について 本バージョンはお使いのパソコンのOSがWindows

More information

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール

Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール Oracle Business Intelligence Standard Edition One のインストール 第 1 版 作成日 :2007 年 7 月 31 日 更新日 :2007 年 7 月 31 日 目次 はじめに... 3 Ⅰ. インストール作業... 4 Ⅱ. 起動状況の確認... 8 Ⅱ-1. Oracle BI Administration Tool の起動... 8 Ⅱ-2.

More information

目次 第 1 章 リモート接続手順 ログイン SSL-VPNシステムにアクセスする ACTIVEXモジュールのインストール ( 初回接続時 ) ActiveXモジュールのインストール

目次 第 1 章 リモート接続手順 ログイン SSL-VPNシステムにアクセスする ACTIVEXモジュールのインストール ( 初回接続時 ) ActiveXモジュールのインストール SSL-VPN システム 接続手順書 2010 年 6 月 1 日 第 2.0 版 総合情報メディアセンター 目次 第 1 章 リモート接続手順... 1-1 1.1 ログイン... 1-1 1.1.1 SSL-VPNシステムにアクセスする... 1-1 1.2 ACTIVEXモジュールのインストール ( 初回接続時 )... 1-2 1.2.1 ActiveXモジュールのインストール... 1-2

More information

IBM Proventia Management/ISS SiteProtector 2.0

IBM Proventia Management/ISS  SiteProtector 2.0 CHAPTER 10 IBM Proventia Management/ISS SiteProtector 2.0 この章は 次の内容で構成されています グローバルイベントポリシーを定義する IBM Proventia Management/ISS SiteProtector (P.10-1) (P.10-5) グローバルイベントポリシーを定義する IBM Proventia Management/ISS

More information

セットアップマニュアル

セットアップマニュアル SHIFT Manager セットアップ手順 初めて SHIFT Manager をセットアップする場合の手順について説明します セットアップの概要 2 1.1 セットアップ前の確認事項... 2 動作環境... 2 使用するドライブなどの確認... 2 1.2 セットアップの流れ... 3 セットアップ 4 2.1 セットアップの準備... 4 Microsoft.NET Framework 2.0(

More information

Windows GPO のスクリプトと Cisco NAC 相互運用性

Windows GPO のスクリプトと Cisco NAC 相互運用性 Windows GPO のスクリプトと Cisco NAC 相互運用性 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法背景説明 GPO スクリプトに関する一般的な推奨事項 NAC セットアップに関する一般的な推奨事項設定シナリオ 1 シナリオ 2 トラブルシューティング関連情報 概要 このドキュメントでは PC の起動時 およびドメインへのユーザのログイン時の Windows GPO の設定例について説明します

More information

VPN の IP アドレス

VPN の IP アドレス IP アドレス割り当てポリシーの設定, 1 ページ ローカル IP アドレス プールの設定, 3 ページ AAA アドレス指定の設定, 5 ページ DHCP アドレス指定の設定, 6 ページ IP アドレス割り当てポリシーの設定 ASA では リモート アクセス クライアントに IP アドレスを割り当てる際に 次の 1 つ以上の方 式を使用できます 複数のアドレス割り当て方式を設定すると ASA は

More information

VNX ファイル ストレージの管理

VNX ファイル ストレージの管理 VNX ファイル ストレージの管理 この章は 次の内容で構成されています VNX ファイル ストレージの管理, 1 ページ 手順の概要, 2 ページ CIFS の使用, 3 ページ NFS エクスポートの使用, 8 ページ VNX ファイル ストレージの管理 VNX ファイル および VNX Unified アカウントでは Common Internet File System CIFS また は

More information

これらの情報は 外部に登録 / 保存されることはございません 5 インターネット接続の画面が表示されます 次へ > ボタンをクリックしてください 管理者様へ御使用時に設定された内容を本説明文に加筆ください 特に指定不要で利用可能であった場合は チェックボックスを オフ していただきますようご案内くだ

これらの情報は 外部に登録 / 保存されることはございません 5 インターネット接続の画面が表示されます 次へ > ボタンをクリックしてください 管理者様へ御使用時に設定された内容を本説明文に加筆ください 特に指定不要で利用可能であった場合は チェックボックスを オフ していただきますようご案内くだ DoMobile ASP サービスセットアップ手順 この説明書は アクセスされる側の DoMobile PC( 以下 自席 PC) に外部からアクセスするために必要なプログラムを組み込む手順を示しています ( 全ての操作は 自席 PC で実施していただきます ) 自席 PC にはプログラムをインストールできる権限が付与されている必要があります 詳細は管理者に御確認ください 利用 試用期間終了後 DoMobile

More information

Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または 別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの 移動

Cisco Unity  8.x サーバの名前の変更または 別のドメインへの  Cisco Unity  8.x サーバの 移動 CHAPTER 7 Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの移動 この章は 次の項で構成されています Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの Cisco Unity 8.x サーバの移動 ( フェールオーバーなしの場合 ) (P.7-1) 両方の Cisco Unity 8.x サーバの名前の変更または別のドメインへの

More information

2

2 クラウドサービス設定マニュアル (CentOS6 版 ) 第 1.1 版 2017 年 3 月 13 日 作成日 最終更新日 2016 年 7 月 29 日 2017 年 3 月 13 日 青い森クラウドベース株式会社 1 2 目次 1. はじめに... 5 2. 組織 VDC ネットワークの新規作成... 6 2-1. ネットワークタイプの選択... 7 2-2. ネットワークの構成... 8 2-3.

More information

8021.X 認証を使用した Web リダイレクトの設定

8021.X 認証を使用した Web リダイレクトの設定 8021.X 認証を使用した Web リダイレクトの 設定 802.1X 認証を使用した Web リダイレクトについて, 1 ページ RADIUS サーバの設定 GUI, 3 ページ Web リダイレクトの設定, 4 ページ WLAN ごとのアカウンティング サーバの無効化 GUI, 5 ページ WLAN ごとのカバレッジ ホールの検出の無効化, 5 ページ 802.1X 認証を使用した Web リダイレクトについて

More information

Windows Phone 用 Cisco AnyConnect セキュアモビリティクライ アントユーザガイド(リリース 4.1.x)

Windows Phone 用 Cisco AnyConnect セキュアモビリティクライ アントユーザガイド(リリース 4.1.x) Windows Phone 用 Cisco AnyConnect セキュアモビリティクライアントユーザガイド ( リリース 4.1.x) AnyConnect ユーザガイド 2 AnyConnect の概要 2 Windows Phone サポート対象デバイス 2 Windows Phone 上の AnyConnect のインストールまたはアップグレード 3 Windows Phone デバイス上の

More information

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 5-2.1. 接続確認... - 5-2.2. 編集... - 9-2.3. インポート... - 12-2.4. 削除... - 14-3. 動作環境... - 15-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 16-4.1. サービスの再起動...

More information

使用する前に

使用する前に この章では Cisco Secure ACS リリース 5.5 以降から Cisco ISE リリース 2.4 システムへのデー タ移行に使用される Cisco Secure ACS to Cisco ISE Migration Tool について説明します 移行の概要 1 ページ Cisco Secure ACS から データ移行 1 ページ Cisco Secure ACS to Cisco ISE

More information

Managing users (customers)

Managing users (customers) カスタマーガイド 2016 年 11 月本カスタマーガイドでは Microsoft Business Center を使用してユーザーの検索 新しいユーザーの追加 およびロールの割り当てや削除によるユーザーのアクセス権限の管理する方法を説明します このほか 複数の Microsoft パートナーを保有している場合 そのパートナーの可視性も管理することができ これによって 一部のパートナーは 他の Microsoft

More information

Corporate Document

Corporate Document ブルームバーグ ソフトウエア インストールガイド新ブルームバーグプロフェッショナルインストーラー (InstallAware) 日本語 2018 年 6 月 18 日バージョン : 1.0 1 目次ブルームバーグ ソフトウエアのダウンロード... 2 ブルームバーグ シリアル番号のインストール. 8 正しくインストールされたかを確認... 12 アクセス権付与に関する注意... 14 2 ブルームバーグ

More information

Microsoft Word - SSI_Smart-Trading_QA_ja_ doc

Microsoft Word - SSI_Smart-Trading_QA_ja_ doc サイゴン証券会社 (SSI) SSI Smarttrading の設定に関する Q&A 06-2009 Q&A リスト 1. Q1 http://smarttrading.ssi.com.vn へアクセスしましたが 黒い画面になり X のマークが左上に出ている A1 原因はまだ設定していない アドミニストレータで設定しない あるいは自動設定プログラムがお客様の PC に適合しないと考えられます 解決方法アドミニストレータの権限のユーザーでログインし

More information

マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 2018/10/15 Version 3.0 マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシン

マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 2018/10/15 Version 3.0 マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシン マネージドクラウド with bit-drive 仮想マシンサービス 管理者マニュアル [ 管理者さま向け ] 2018 年 10 月 15 日 Version 3.0 bit- drive 1/36 著作権情報 本ドキュメントは 著作権法で保護された著作物で その全部または一部を許可なく複製したり複製物を配布 したり あるいは他のコンピュータ用に変換したり 他の言語に翻訳すると 著作権の侵害となります

More information

目次 第 1 章概要....1 第 2 章インストールの前に... 2 第 3 章 Windows OS でのインストール...2 第 4 章 Windows OS でのアプリケーション設定 TP-LINK USB プリンターコントローラーを起動 / 終了するには

目次 第 1 章概要....1 第 2 章インストールの前に... 2 第 3 章 Windows OS でのインストール...2 第 4 章 Windows OS でのアプリケーション設定 TP-LINK USB プリンターコントローラーを起動 / 終了するには プリントサーバー 設定 ガイド このガイドは以下のモデルに該当します TL-WR842ND TL-WR1042ND TL-WR1043ND TL-WR2543ND TL-WDR4300 目次 第 1 章概要....1 第 2 章インストールの前に... 2 第 3 章 Windows OS でのインストール...2 第 4 章 Windows OS でのアプリケーション設定...7 4.1 TP-LINK

More information

Cisco Unity と Unity Connection Server の設定

Cisco Unity と Unity Connection Server  の設定 CHAPTER 6 Cisco Unity と Unity Connection Server の設定 Cisco Unity Server Cisco Unity は コールを受け グリーティングを再生し ボイスメールを記録および符号化します Cisco Unity はボイスメールを受信すると 電子メールに.wav ファイルを追加し それを設定された電子メールアカウントに送信します Cisco Unity

More information

Groups for Business とは Google グループを使用すると 組織の内外のユーザーと 効率的なコミュニケーションを図ることができます グループ の作成と管理をチームに任せることができ コラボレーショ ンが容易に実現します Groups for Business を使用すると もっ

Groups for Business とは Google グループを使用すると 組織の内外のユーザーと 効率的なコミュニケーションを図ることができます グループ の作成と管理をチームに任せることができ コラボレーショ ンが容易に実現します Groups for Business を使用すると もっ 管理者向けの Groups for Business 設定 このガイドの内容 1. Google Groups for Business がチームのコミュニケーションに どのように役立つかを確認する 2. Groups for Business のおすすめの設定を選択する 3. 自動返信を使用するメーリングリスト 外部 ユーザーを含むメーリングリスト 共有メールボックスを作成する 4. ユーザーをトレーニングする

More information

管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法

管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法 管理アカウントの TACACS+ 認証をサポートするための Cisco VPN 3000 コンセントレータの設定方法 目次 概要前提条件要件使用するコンポーネント表記法 TACACS+ サーバを設定して下さい TACACS+ サーバの VPN 3000 コンセントレータのためのエントリを追加して下さい TACACS+ サーバのユーザアカウントを追加して下さい TACACS+ サーバのグループを編集して下さい

More information

目次 1. PDF 変換サービスの設定について )Internet Explorer をご利用の場合 )Microsoft Edge をご利用の場合 )Google Chrome をご利用の場合 )Mozilla Firefox をご利

目次 1. PDF 変換サービスの設定について )Internet Explorer をご利用の場合 )Microsoft Edge をご利用の場合 )Google Chrome をご利用の場合 )Mozilla Firefox をご利 PDF 変換サービス セキュリティ設定マニュアル 第 21 版 2018 年 2 月 目次 1. PDF 変換サービスの設定について...2 1-1)Internet Explorer をご利用の場合...2 1-2)Microsoft Edge をご利用の場合... 14 1-3)Google Chrome をご利用の場合... 18 1-4)Mozilla Firefox をご利用の場合...

More information

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx

Microsoft Word - バーチャルクラス(Blackboard)ログイン方法ガイド.docx 最終更新日 :2017 年 8 月 23 日 バーチャルクラス (ILO) ログイン方法 (Blackboard) 株式会社アイ ラーニング 1 1. 受講環境の確認手順バーチャルクラスにログインする前に 以下の URL にアクセスして お使いの環境がバーチャルクラスを受講できる OS であるかどうか JavaVM がインストールされているかどうか確認してください 動作環境 OS:Windows7

More information

1. 事前準備 ひかりワンチーム SP は インターネットにアクセスして利用するサービスです ご利用いただくには インターネット接続環境及びインターネットに接続可能な端末 (PC 等 ) WEB ブラウザが必要となります 以下のサービス推奨動作環境に合わせ 事前にご用意ください ひかりワンチーム S

1. 事前準備 ひかりワンチーム SP は インターネットにアクセスして利用するサービスです ご利用いただくには インターネット接続環境及びインターネットに接続可能な端末 (PC 等 ) WEB ブラウザが必要となります 以下のサービス推奨動作環境に合わせ 事前にご用意ください ひかりワンチーム S 導入マニュアル 2017 年 8 月 29 日 NTT テクノクロス株式会社 1. 事前準備 ひかりワンチーム SP は インターネットにアクセスして利用するサービスです ご利用いただくには インターネット接続環境及びインターネットに接続可能な端末 (PC 等 ) WEB ブラウザが必要となります 以下のサービス推奨動作環境に合わせ 事前にご用意ください ひかりワンチーム SP 推奨動作環境 < インターネット接続環境

More information

在学生向けメールサービス

在学生向けメールサービス メールシステム ( 新潟大学 Gmail) 基本操作マニュアル - 1 - 目次 1. ログイン...- 3-2. 画面の説明...- 4-3. メールの作成...- 7-4. ファイルの添付方法...- 9-5. メールの削除...- 10-6. メールの返信...- 10-7. メールの転送...- 11-8. メールの下書き保存...- 12-9. ラベルについて...- 13-9.1. ラベルの作成...-

More information

Xamarin ライセンス登録手順

Xamarin ライセンス登録手順 Xamarin ライセンスレジストレーション手順 1. ライセンスレジストレーションの前に Xamarin 社の下記 Web サイトから管理アカウントを作成してください 既にアカウントをお持ちのお客様は この手順をスキップしてください 管理アカウントは後述するライセンス割り当てに使用しますので 複数人でご利用になる場合は責任者の方の Email アドレスやグループアドレスを使用することをお勧めいたします

More information

[給与]給与奉行LANPACK for WindowsNTのサーバーセットアップのエラー

[給与]給与奉行LANPACK for WindowsNTのサーバーセットアップのエラー 奉行シリーズサポート技術情報 OBC 定型文書最終更新日付 :2014 年 1 月 7 日 Citrix XenApp クライアント側向け Internet Explorer 11 に対応するための作業手順書 この資料は以下の製品について記述したものです Citrix Receiver 4.X 本手順書をご確認頂くにあたっての注意事項 本手順書の作業手順は システム管理者の方か システム管理の権限を持った方に向けたものです

More information

IIS8でのクライアント証明書の設定方法

IIS8でのクライアント証明書の設定方法 IIS8 (Windows Server 2012) での クライアント証明書の設定方法 この手順書では すでにサーバー証明書は設定されていることを前提として Windows Server 2012 R2 上の Internet Information Services (IIS) 8.5 でのクライアント証明書の設 定方法について記載します サーバー証明書の設定については 以下のサイトを参考に設定を行ってください

More information

コミュニケーション サービスの設定

コミュニケーション サービスの設定 コミュニケーション サービスの設定 この章は 次の項で構成されています HTTP の設定, 1 ページ SSH の設定, 2 ページ XML API の設定, 3 ページ IPMI の設定, 4 ページ SNMP の設定, 6 ページ HTTP の設定 このタスクを実行するには admin 権限を持つユーザとしてログインする必要があります [Communications Services] ペインの

More information

QualysGuard(R) Release Notes

QualysGuard(R) Release Notes QualysGuard 7.12 リリースノート 2013 年 11 月 1 日 QualysGuard 7.12 が利用可能になりました QualysGuard クラウドスイートのセキュリティおよびコンプライアンスアプリケーションの今回の新リリースでは 脆弱性管理とポリシーコンプライアンスに対して改善が実施されました QualysGuard Vulnerability Management(VM)

More information

Cisco Unified Communications Manager サーバ アドレスとユーザ名の自動的な入力

Cisco Unified Communications Manager   サーバ アドレスとユーザ名の自動的な入力 CHAPTER 3 Cisco Unified Communications Manager サーバアドレスとユーザ名の自動的な入力 配布オプション (P.3-1) レジストリの値の名前の場所 (P.3-2) Click to Call のレジストリの値の名前 (P.3-2) レジストリキープッシュを使用したサーバアドレスの配布 (P.3-5) Microsoft Active Directory

More information

VPNマニュアル

VPNマニュアル VPN 接続サービス 利用マニュアル (SSL-VPN Windows 版 ) 第 2 版 2018 年 03 月 26 日 作成日 2017 年 4 月 7 日 最終更新日 2018 年 3 月 23 日 版数日付更新内容 1 2017/04/07 新規作成 2 2018/03/26 フォーム改定 1 / 16 VPN 接続サービス利用マニュアル (SSL-VPN Windows 版 ) 目次 1.VPN

More information

[ 証明書の申請から取得まで ] で受領したサーバ証明書を server.cer という名前で任意の場所に保存してください ( 本マニュアルではローカルディスクの work ディレクトリ [C:\work] に保存しています ) 中間 CA 証明書を準備します 次の URL にアク

[ 証明書の申請から取得まで ] で受領したサーバ証明書を server.cer という名前で任意の場所に保存してください ( 本マニュアルではローカルディスクの work ディレクトリ [C:\work] に保存しています ) 中間 CA 証明書を準備します 次の URL にアク IIS10.0 編 改版履歴 版数 日付 内容 担当 V.1.0 2018/2/26 初版 NII V.1.1 2018/3/26 CT 対応版の中間 CA 証明書について説明を追加 NII V.1.2 2018/7/9 ECDSA 対応版のルート証明書 中間 CA 証明書について説明を追加 NII 目次 1. IIS10.0 によるサーバ証明書の利用 1-1. 前提条件 1-2. 証明書のインストール

More information

1. メールソフトの設定 Windows 10 Microsoft Windows 10 の メール アプリで POP メールの設定を行う方法をご案内いたします 設定を始める前に あらかじめ メールアドレスの登録を行ってください 重要事項 Windows10 のメールアプリで CCNet のメールを

1. メールソフトの設定 Windows 10 Microsoft Windows 10 の メール アプリで POP メールの設定を行う方法をご案内いたします 設定を始める前に あらかじめ メールアドレスの登録を行ってください 重要事項 Windows10 のメールアプリで CCNet のメールを メールソフトの設定 (Windows) 20170531-1 1.Windows 10 P 1 2.Windows 8 P 6 3.Windows 7 P 10 1. メールソフトの設定 Windows 10 Microsoft Windows 10 の メール アプリで POP メールの設定を行う方法をご案内いたします 設定を始める前に あらかじめ メールアドレスの登録を行ってください 重要事項

More information

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win7__リモート設定手順書_

Microsoft Word - 参考資料:SCC_IPsec_win7__リモート設定手順書_ セキュアカメラクラウドサービス リモート接続設定 順書 Windows 7 版 Ver1.0 株式会社 NTTPC コミュニケーションズ Copyright 2014 NTT PC Communications Incorporated, All Rights Reserved. 次 1. はじめに... 2 2. 実施前ご確認事項... 2 3. VPN 接続設定 順について (IPsec 接続設定

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 3CX v15 インストールガイド Revision 1.0 目次 1 システム要件 2 2 インストール手順 3 3CX 設定ツール 3 6 4 初期設定 10 ー 1 ー 1 システム要件 3CX IP-PBX ソフトウェアをインストールする前に 下記のシステム要件を確認してください 1) サポート OS Linux Debian 8 (kernel 3.16) Windows 7 SP1(Professional,

More information

Outlook Thick Client Quick Start Guide

Outlook Thick Client Quick Start Guide Avaya Modular Messaging Microsoft Outlook Client リリース 5.0 重要 : 本書の説明は お使いのメッセージストアが Avaya Message Storage Server(MSS) または Microsoft Exchange の場合にのみ適用されます インストレーション 1 インストレーションを開始する前に 以下の項目を確認してください イ 既存のバージョンの

More information

ArcGIS Runtime SDK for WPF インストールガイド (v10.2.5)

ArcGIS Runtime SDK for WPF インストールガイド (v10.2.5) ArcGIS Runtime SDK for WPF インストールガイド (v10.2.5) 目次 はじめに... 1 インストールガイドについて... 1 ArcGIS Runtime SDK for WPF とは... 1 対象の製品バージョン... 1 ArcGIS Runtime SDK for WPF のライセンス形態... 2 インストールのための前提条件... 3 サポートされる開発環境の準備...

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation iphone または ipad で Office 365 を使う クイックスタートガイド メールを確認する Office 365 アカウントでメールを送受信するように iphone または ipad をセットアップします 外出先から予定表を確認する予定表アイテムを iphone または ipad に同期して いつでも目的地を確認できます 連絡先を同期する連絡先を iphone または ipad に保存して

More information

MotionBoard Ver. 5.6 パッチ適用手順書

MotionBoard Ver. 5.6 パッチ適用手順書 MotionBoard Ver. 5.6 パッチ適用手順書 目次 目次 目次... 2 本パッチ適用手順書について... 3 1. パッチ適用手順... 4 1-1. MotionBoard サーバー インメモリ OLAP エンジン MotionBoard RC Service の適用手順... 5 1-2. MotionBoard Agent の適用手順... 7 1-3. +Mobile アプリケーション

More information

FQDN を使用した ACL の設定

FQDN を使用した ACL の設定 機能情報の確認, 1 ページ FQDN ACL の設定に関する制約事項, 1 ページ FQDN ACL の設定に関する情報, 2 ページ FQDN ACL の設定方法, 2 ページ FQDN ACL のモニタリング, 6 ページ 例 FQDN ACL の設定, 6 ページ FQDN ACL の設定に関する追加情報, 7 ページ FQDN ACL の設定に関する機能履歴と情報, 8 ページ 機能情報の確認

More information