< F2D D312D AC28BAB95DB9153>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D D312D AC28BAB95DB9153>"

Transcription

1 Ⅵ 環 境 保 全 型 農 業 と 土 壌 管 理 1 有 機 質 肥 料 の 利 用 技 術 (1) 水 田 での 利 用 技 術 ア 有 機 質 肥 料 の 種 類 と 特 性 (ア) 有 機 質 肥 料 の 施 用 効 果 有 機 質 肥 料 は 肥 料 取 締 法 では 植 物 油 かす 類 魚 肥 類 骨 粉 類 肉 かす 粉 末 等 の 動 植 物 質 の 普 通 肥 料 をいう 土 壌 中 での 分 解 が 穏 やかに 長 時 間 持 続 するために 作 物 に よる 吸 収 利 用 率 が 高 く 環 境 に 対 する 負 荷 が 少 ないとされている その 反 面 必 要 以 上 の 施 用 は 地 下 水 の 硝 酸 態 窒 素 汚 染 等 の 環 境 負 荷 に 直 結 する 可 能 性 もあるので 作 物 の 吸 収 特 性 にあった 合 理 的 な 施 肥 を 行 う 必 要 がある 有 機 質 肥 料 の 効 果 は 三 要 素 だ けでなく 微 量 要 素 も 含 み 濃 度 障 害 を 生 じにくく 土 壌 の 理 化 学 性 生 物 性 の 改 善 に 効 果 があるなど 優 れた 性 質 がある (イ) 有 機 質 肥 料 の 成 分 と 留 意 点 有 機 質 肥 料 は 種 類 が 多 く 成 分 含 有 量 は 種 類 によって 異 なる 有 機 質 肥 料 のうち 植 物 質 肥 料 は 主 に 各 種 の 油 かす 類 で 窒 素 が 多 く 含 まれ 少 量 のリン 酸 とカリも 含 ま れるが 窒 素 の 肥 効 は 速 効 性 から 緩 効 性 まで 幅 が 広 い 動 物 質 肥 料 は 主 に 魚 家 畜 に 由 来 する 原 料 で 作 られる 魚 かす 類 は 窒 素 とリン 酸 を 含 み 窒 素 の 肥 効 は 速 効 性 であ る 骨 粉 類 はリン 酸 含 量 が 高 く その 肥 効 は 緩 効 性 である また 一 般 的 に 有 機 質 肥 料 はカリ 含 有 率 が 低 いため カリ 要 求 性 の 高 い 作 物 を 栽 培 する 場 合 には 家 畜 ふん 堆 肥 や 椰 子 殻 灰 などカリ 含 有 率 の 高 い 有 機 質 肥 料 の 併 用 が 必 要 となる 注 意 骨 粉 類 については BSEの 関 係 から 牛 の 脊 柱 等 が 混 入 していない 物 として 農 林 水 産 省 の 確 認 を 受 けて 製 造 されたものであること (ウ) 主 な 有 機 質 肥 料 の 特 性 a 植 物 質 肥 料 [なたね 油 かす] なたね 種 子 を 炒 って 蒸 熱 圧 搾 するか またはさらに 溶 剤 で 油 脂 を 浸 出 した 残 りか すで 入 手 しやすい 公 定 規 格 によれば 含 有 すべき 主 成 分 は 窒 素 4.5% 以 上 リ ン 酸 2% 以 上 カリ1% 以 上 である 肥 効 は 有 機 質 肥 料 としては 早 く 効 く [ 大 豆 油 かす] 大 豆 から 油 を 搾 った 残 りかす あるいは さらに 溶 剤 で 油 脂 を 浸 出 した 残 りカス で 肥 料 成 分 に 富 んでいる なたね 油 かすに 比 べて 窒 素 とカリが 多 く 公 定 規 格 に よれば 窒 素 6% 以 上 リン 酸 1% 以 上 カリ1% 以 上 である 肥 効 はやや 遅 効 性 で ある [ 米 ぬか 油 かす] 米 ぬかから 油 を 搾 った 残 りかすであり 含 有 すべき 主 成 分 は 窒 素 2% 以 上 リ ン 酸 4% 以 上 カリ1% 以 上 である 肥 効 はやや 遅 効 性 である b 動 物 質 肥 料 [ 魚 かす] 生 魚 を 煮 沸 して 油 を 搾 った 残 りかすで 含 有 すべき 主 成 分 は 窒 素 4% 以 上 リ ン 酸 3% 以 上 窒 素 とリン 酸 の 合 計 値 が12% 以 上 とされている 肥 効 は 速 効 性 であ る

2 イ 水 田 に 施 用 された 有 機 質 資 材 及 び 肥 料 の 窒 素 無 機 化 特 性 一 般 的 に 有 機 質 肥 料 は 肥 効 が 長 く 続 くために 窒 素 の 後 効 きによって 米 の 品 質 食 味 を 低 下 させる 要 因 となるので 施 用 する 肥 料 の 成 分 と 施 肥 量 には 充 分 留 意 する 必 要 があ る また 米 ぬかや 油 かす 類 の 植 物 性 有 機 物 を 湛 水 直 前 に 施 用 すると 異 常 還 元 やガスの 発 生 を 招 きやすく 移 植 後 の 活 着 や 初 期 生 育 が 劣 る そのため 栽 培 前 年 秋 にわらと 共 に すき 込 むか 春 に 施 用 する 場 合 は 耕 耘 から 湛 水 代 かきまでの 時 間 を 出 来 るだけ 長 くす る 栽 培 前 年 秋 に 施 用 した 各 資 材 肥 料 の 肥 効 の 目 安 ( 窒 素 無 機 化 率 )は 以 下 の3つのタ イプに 区 分 できる ( 図 Ⅵ-1-(1)-1 参 照 ) 1 初 期 型 培 養 前 の 窒 素 無 機 化 率 が 高 く 湛 水 後 の 増 加 が 小 さいため 初 期 生 育 が 良 好 で 肥 培 管 理 がしやすいタイプ 大 豆 油 かす なたね 油 かす 魚 かす 脱 脂 米 ぬかなど 2 中 間 型 培 養 前 の 窒 素 無 機 化 率 は 低 いが 湛 水 後 の 増 加 が 大 きいため 生 育 中 盤 での 無 機 化 量 が 多 く 多 用 すると 千 粒 重 の 低 下 未 熟 粒 の 増 加 を 招 きやすいタイプ 蒸 製 皮 粉 乾 燥 菌 体 生 米 ぬか 発 酵 鶏 ふん 豚 ぷん 堆 肥 など 3 持 続 型 培 養 期 間 に 関 わらず 窒 素 無 機 化 率 が 低 く 地 力 窒 素 発 現 量 の 底 上 げにつながる 土 づく り 肥 料 タイプ 牛 ふん 堆 肥 窒 素 無 機 化 率 % 初 期 型 中 間 型 持 続 型 有 効 積 算 温 度 (15 以 上 の 積 算 温 度 ) 図 各 タイプ( 平 均 値 )の 無 機 化 パターン 図 Ⅵ-1-(1)-1 蒸 製 骨 粉 大 豆 油 かす なたね 油 かす 魚 かす 蒸 製 皮 粉 では 水 稲 一 作 期 間 中 に 窒 素 無 機 化 率 が 概 ね50%に 達 するが 他 の 肥 料 及 び 資 材 では3~30%と 低 い そのため 二 作 目 以 降 土 壌 中 に 残 存 する 肥 料 の 残 効 を 考 慮 しなければならない また 市 販 のボカシ 肥 料 はいずれも 無 機 態 窒 素 量 が 多 いため 基 肥 を 春 施 用 する 場 合 や 穂 肥 としての 利 用 に 向 いて いると 考 えられる ( 表 Ⅵ-1-(1)-1) 各 肥 料 の 無 機 態 窒 素 含 有 率 及 び 無 機 化 特 性 から 推 定 されるコシヒカリの 基 肥 施 肥 基 準 は 以 下 のとおりとなるが 圃 場 の 地 力 差 肥 料 のロット メーカーにより 肥 効 が 異 なること が 予 想 されるため 実 際 の 施 用 に 当 たっては80% 程 度 の 安 全 率 を 見 込 んだ 方 が 良 い

3 表 Ⅵ-1-(1)-1 有 機 質 肥 料 の 無 機 化 特 性 窒 素 含 有 率 無 機 化 率 現 物 施 用 量 有 機 質 の 種 類 ( 現 物 N%) % kg/10a 大 豆 油 かす ~50 なたね 油 かす ~70 米 ぬか ~280 米 ぬか 油 かす ~240 魚 かす ~70 蒸 製 骨 粉 ~100 発 酵 鶏 糞 ~200 ボカシ 肥 料 約 ~100 平 坦 地 ( 粘 質 土 壌 ) 化 学 肥 料 で 窒 素 成 分 2~3kg/10a 相 当 表 Ⅵ-1-(1)-2 水 田 での 利 用 を 前 提 とした 場 合 の 有 機 質 肥 料 の 無 機 化 特 性 ( 無 機 化 %) 無 機 化 期 間 培 養 前 2 週 3 週 4 週 6 週 10 週 タイプ 資 材 名 称 積 算 温 度 大 豆 かす 蒸 製 肉 骨 粉 速 効 オルガリッチ タイフ なたね 油 かす 魚 かす 米 ぬか 油 かす ネカシ 有 機 ( 三 井 東 圧 ) みのりエキス( 片 倉 チッカリン) 中 間 蒸 製 皮 粉 タイフ 乾 燥 菌 体 天 然 ボカシ 肥 料 ( 富 士 見 ) 米 ぬか 発 酵 鶏 糞 持 続 牛 ふん 堆 肥 タイフ 豚 ぷん 堆 肥 豚 ぷん 堆 肥 で- 表 示 があるのは 無 機 態 窒 素 の 吸 収 ( 窒 素 飢 餓 )があるためで 堆 肥 製 造 時 の 副 資 材 が 分 解 しにくい 未 熟 なものが 混 入 されていたものと 考 えられる 一 般 には 牛 糞 堆 肥 より 分 解 は 早 いものが 多 い ( 牛 ふんも 乳 用 牛 と 肉 牛 では 大 きく 違 う) 1 初 期 タイフ : 培 養 前 の 窒 素 無 機 化 率 が 高 く( 既 に 分 解 され 無 機 化 している ) 湛 水 後 の 増 加 が 小 さいため 初 期 生 育 が 良 好 で 後 半 の 窒 素 発 現 が 少 ないことから 一 般 肥 料 と 同 様 に 使 いやすい 2 中 間 タイフ : 培 養 前 の 窒 素 無 機 化 率 は 低 いが 湛 水 後 の 増 加 が 大 きいタイプで 生 育 中 盤 で 無 機 化 量 が 多 く 多 用 するすると 生 育 のコントロールが 難 しい 3 持 続 タイフ : 培 養 期 間 にかかわらず 無 機 化 率 が 低 く 土 壌 へ 蓄 積 され 地 力 窒 素 発 現 量 の 底 上 げとなる 基 本 的 に 土 づくり 肥 料 的 なタイプである ウ 有 機 物 の 基 肥 施 用 量 の 考 え 方 水 田 に 施 用 された 有 機 物 の 一 部 は 水 稲 一 作 期 間 中 に 分 解 されず 連 用 によって 土 壌 に 肥 料 成 分 が 残 存 し 過 剰 生 育 等 の 不 安 定 な 生 育 を 招 く 危 険 性 があるので 二 作 目 以 降 の 窒 素 無 機 化 量 を 考 慮 して 基 肥 施 用 量 を 加 減 する 必 要 がある

4 表 計 算 を 用 いて2 年 目 以 降 の 残 存 有 機 物 からの 窒 素 発 現 量 を 推 定 すると 有 機 物 を 継 続 して 施 用 している 圃 場 での 窒 素 発 現 量 の 予 測 が 可 能 である 推 定 に 使 用 した 有 機 物 の 窒 素 無 機 化 率 は 未 発 酵 有 機 物 である 米 ぬか 米 ぬか 油 かすは 初 年 目 と2 年 目 以 降 を 変 えず 堆 肥 化 されて 分 解 されにくい 窒 素 を 多 く 含 む 畜 ふん 堆 肥 発 酵 鶏 ふんでは2 年 目 以 降 を 低 く 設 定 する その 結 果 有 機 物 施 用 区 の 窒 素 発 現 量 と 対 照 区 の 発 現 量 から 算 出 した 有 機 物 由 来 の 窒 素 発 現 量 と 推 定 値 には 高 い 相 関 が 得 られる( 表 Ⅵ-1-(1)-2 図 Ⅵ -1-(1)-3) 表 Ⅵ-1-(1)-3 推 定 値 計 算 に 用 いた 窒 素 無 機 化 率 Ra Rb 米 ぬか 計 算 方 法 米 ぬか 油 かす 年 目 量 =N Ra 豚 ぷん 堆 肥 年 目 量 = (N-(N Ra:1 年 目 )) Rb 牛 ふん 堆 肥 年 目 量 =(N-(1 年 目 +2 年 目 )) Rb 発 酵 鶏 ふん Ra= 初 年 目 の 無 機 化 率 Rb=2 年 目 以 降 の 無 機 化 率 表 Ⅵ-1-(1)-2 例 -1 残 存 有 機 物 による 窒 素 発 現 量 の 推 定 ( 計 算 例 ) N Ra Rb 初 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 米 ぬか 油 かす 初 年 目 年 目 年 目 年 目 0.00 推 定 値 N mg/100g 乾 土 N: 投 入 窒 素 量 (kg/10a) 注 )4 年 目 は 有 機 物 投 入 前 の 推 定 値 Ra: 初 年 度 の 窒 素 無 機 化 率 Rb:2 年 目 以 降 の 窒 素 無 機 化 率 表 Ⅵ-1-(1)-3 例 -2: 施 用 堆 肥 の 窒 素 量 =Nの 牛 ふん 堆 肥 (Ra:0.05 Rb:0.025)を 施 用 した 場 合 施 用 N 量 1 年 目 2 年 目 3 年 目 4 年 目 5 年 目 1 年 目 2.1Kg 年 目 年 目 年 目 年 目 合 計 無 機 化 量 初 年 目 2 年 目 3 年 目 初 年 目 有 機 物 2 年 目 有 機 物 3 年 目 有 機 物 推 定 値 mg/100g 乾 土 y = x R 2 = 年 目 施 用 前 Nmg/100g 乾 土 施 用 有 機 物 の 無 機 化 量 ( 計 算 例 ) 実 測 値 mg/100g 乾 土 図 残 存 有 機 物 由 来 の 窒 素 発 現 量 と 無 機 化 特 性 から 推 定 した 推 定 値 ( 農 総 研, 中 之 島 平 成 10 年 秋 ) 図 Ⅵ-1-(1)-2 有 機 物 の 無 機 化 量 ( 計 算 値 ) 図 Ⅵ-1-(1)-3 残 存 有 機 由 来 窒 素 量

5 エ 本 田 への 有 機 質 肥 料 の 施 用 法 水 稲 有 機 栽 培 を 行 う 場 合 には 初 期 生 育 の 確 保 特 に 良 好 な 活 着 と 初 期 分 げつの 確 保 が 重 要 となる 米 ぬか 油 かす 類 などの 未 発 酵 の 植 物 性 有 機 物 未 熟 堆 肥 等 の 春 施 用 は 湛 水 代 かき 後 に 土 壌 を 異 常 還 元 させ ワキの 発 生 による 根 腐 れなど 苗 の 活 着 初 期 生 育 を 抑 制 する また 窒 素 の 後 ぎきが 心 配 されるため これらの 有 機 質 肥 料 の 基 肥 施 用 は 秋 施 用 が 基 本 である 動 物 性 有 機 物 ボカシ 肥 料 は 春 施 用 に 向 いていると 考 えられ るが 耕 うんから 湛 水 代 かきまでの 時 間 をできるだけ 確 保 する 水 稲 の 有 機 栽 培 における 施 肥 例 を 以 下 に 示 す 施 肥 例 試 験 圃 場 A 圃 場 細 粒 灰 色 低 地 土 ( 東 和 統 ) 5 月 11 日 移 植 B 圃 場 細 粒 強 グライ 土 ( 田 川 統 ) 5 月 2 日 移 植 供 試 品 種 栽 培 様 式 コシヒカリ 稚 苗 機 械 移 植 A 圃 場 ( 有 機 物 連 用 米 ぬか 米 ぬか 油 かす3 年 目, 豚 ぷん 堆 肥 牛 糞 堆 肥 2 年 目 ) 秋 施 用 ( 各 有 機 物 ) 春 施 用 ( 発 酵 鶏 糞 ) 穂 肥 ( 発 酵 鶏 糞 ) 項 目 施 用 量 N 施 用 量 N 施 用 量 N 区 名 ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) 化 学 肥 料 米 ぬか 米 ぬか 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 B 圃 場 ( 有 機 物 連 用 2 年 目 ) 秋 施 用 ( 各 有 機 物 ) 春 施 用 ( 発 酵 鶏 糞 ) 穂 肥 ( 発 酵 鶏 糞 ) 項 目 施 用 量 N 施 用 量 N 施 用 量 N 区 名 ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) ( 現 物 kg/a) ( 成 分 kg/a) 化 学 肥 料 米 ぬか 米 ぬか 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 このように 有 機 栽 培 では 一 作 期 間 に 投 入 する 投 入 窒 素 量 が9~17kg/10aと 非 常 に 多 くなる それは 前 述 のとおり 有 機 物 が 一 作 期 間 に 全 て 分 解 されないためであり 連 用 する 上 で 土 壌 中 に 残 存 する 有 機 物 からの 窒 素 放 出 を 考 慮 して 施 用 量 を 減 ずる 必 要 がある

6 表 Ⅵ-1-(1)-4 収 量 及 び 収 量 構 成 要 素 と 玄 米 窒 素 含 有 量 (%) A 圃 場 収 穫 期 精 玄 米 重 総 籾 数 登 熟 歩 合 精 玄 米 玄 米 窒 素 稈 長 穂 長 穂 数 千 粒 重 含 有 率 (cm) (cm) ( 本 /m2) (kg/a) ( 千 粒 /m2) (%) (g) ( 乾 物 %) 化 学 肥 料 米 糠 米 糠 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 B 圃 場 収 穫 期 精 玄 米 重 総 籾 数 登 熟 歩 合 精 玄 米 玄 米 窒 素 稈 長 穂 長 穂 数 千 粒 重 含 有 率 (cm) (cm) ( 本 /m2) (kg/a) ( 千 粒 /m2) (%) (g) ( 乾 物 %) 化 学 肥 料 米 糠 米 糠 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 A 圃 場 B 圃 場 収 穫 期 穂 揃 い 期 幼 穂 形 成 期 最 高 分 げつ 期 化 学 肥 料 米 糠 米 糠 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 化 学 肥 料 米 糠 米 糠 油 かす 豚 ぷん 堆 肥 牛 ふん 堆 肥 N mg/100g 乾 土 図 稲 体 窒 素 吸 収 量 の 推 移 ( 平 成 10 年 ) 図 Ⅵ-1-(1)-4 収 量 はいずれも 化 学 肥 料 区 並 に 得 られ 登 熟 歩 合 の 向 上 が 見 られた 有 機 物 施 用 区 での 精 玄 米 千 粒 重 は 化 学 肥 料 区 よりも 小 さめであったが 玄 米 窒 素 含 有 率 は 化 学 肥 料 区 と 同 等 であっ た( 表 Ⅵ-1-(1)-4 ) 有 機 物 施 用 区 の 稲 体 窒 素 吸 収 量 は 最 高 分 げつ 期 までは 化 学 肥 料 区 並 で あったが 最 高 分 げつ 期 から 幼 穂 形 成 期 までの 吸 収 量 が 化 学 肥 料 区 を 上 回 る 傾 向 が 見 られた ( 図 Ⅵ-1-(1)-4 ) これは 中 間 型 の 無 機 化 特 性 を 示 す 発 酵 鶏 ふんを 基 肥 に 用 いたためであ り 籾 数 は 増 加 したものの 精 玄 米 千 粒 重 が 小 さめになったものと 推 測 された このことから 水 稲 の 有 機 栽 培 における 本 田 への 有 機 質 肥 料 の 施 用 は 植 物 性 有 機 物 の 場 合 は 栽 培 前 年 の 秋 施 用 を 基 本 とし 春 に 施 用 する 場 合 には 動 物 性 有 機 物 ボカシ 肥 料 などが 望 ましいが 耕 うんから 湛 水 代 かきまでの 時 間 を 出 来 るだけ 長 くする 中 間 型 の 無 機 化 特 性 を 示 す 有 機 質 肥 料 は 多 量 に 施 用 しない 土 壌 の 窒 素 供 給 量 ( 地 力 窒 素 )が 増 加 した 段 階 で 生 育 が 過 剰 にならないよう 減 肥 する

7 (2) 園 芸 畑 での 利 用 技 術 畜 産 堆 肥 や 有 機 質 肥 料 は 有 用 資 源 の 有 効 利 用 ということで 今 後 活 用 される 場 面 が 多 くなると 考 えられる しかし 有 効 養 分 組 成 が 一 定 でないことがあることや 組 成 バランス が 化 学 肥 料 ほど 明 確 でないことなどの 問 題 も 少 なくはない これらのことなどは 今 後 の 研 究 調 査 等 に 負 う 部 分 が 大 きいが 当 面 は その 養 分 組 成 養 分 溶 出 肥 効 特 性 を 事 前 に 把 握 しながら 使 用 する 必 要 がある ア 有 機 質 肥 料 の 利 用 化 学 肥 料 のみに 頼 った 施 肥 は 地 力 の 減 耗 をきたす 原 因 にもなるので 有 機 質 肥 料 の 活 用 は 重 要 である 化 学 肥 料 への 依 存 が 小 さい 施 肥 体 系 に 移 行 し 地 力 の 維 持 向 上 等 を 図 る 必 要 がある 有 機 質 肥 料 の 利 用 は 土 壌 の 理 化 学 性 や 土 壌 微 生 物 の 活 動 条 件 を 改 善 するうえでも 重 要 である また 近 年 100% 有 機 物 由 来 の 有 機 質 肥 料 や 化 学 肥 料 と 有 機 質 肥 料 を 配 合 した 肥 料 が 多 く 市 販 されている 成 分 が 保 証 されており 作 物 の 生 育 に 適 合 した 肥 効 を 備 えてい るので 特 性 を 把 握 の 上 積 極 的 に 活 用 する 具 体 的 な 利 用 方 法 有 機 質 肥 料 や 堆 肥 などを 化 学 肥 料 代 替 として 使 う 場 合 5~10 年 連 用 すると 投 入 有 機 物 の 窒 素 含 量 と 同 様 な 窒 素 が 毎 年 土 壌 から 供 給 されることとなることから 必 要 量 の 半 量 を 施 用 する 場 合 各 種 有 機 質 資 材 をどれくらい 施 用 すれば 対 応 可 能 かを 計 算 した 表 が 下 表 である 表 Ⅴ-1-(2)-1 窒 素 施 用 基 準 の 半 量 を 有 機 質 で 補 給 する 場 合 の 資 材 施 用 量 資 材 ( 現 物 t/ 年 ) 作 物 名 わら 堆 ふん 尿 堆 肥 木 質 混 合 堆 肥 ハ ーク 堆 汚 泥 コン 必 要 N 量 kg 肥 牛 ふん 豚 ふん 鶏 ふん 牛 ふん 豚 ふん 鶏 ふん 肥 ホ スト /10a N 量 大 豆 ハ レイショ トマト ネギ ホウレンソウ インケ ン 梨 出 典 : 有 機 廃 棄 物 資 源 化 大 辞 典 :p8より5 抜 粋 注 意 :この 表 は 栽 培 期 間 中 に 必 要 な 養 分 供 給 量 の 半 量 を 有 機 質 の 連 用 で 対 応 する 場 合 の 数 値 であり 連 用 後 土 壌 供 給 量 が 安 定 した 状 態 での 施 用 量 である 例 えば トマトは 施 肥 量 が30kg./10a 必 要 とする 場 合 の 半 量 =15kgを 豚 糞 で 施 用 する 場 合 は 豚 糞 堆 肥 はton 当 たり9kg 窒 素 を 含 むことから15/9=1.66で1.7 記 載 されている イ 減 化 学 肥 料 栽 培 の 考 え 方 減 化 学 肥 料 栽 培 を 進 めるため 堆 肥 や 有 機 質 肥 料 を 利 用 することとなるが 堆 肥 で 化 学 肥 料 の 代 替 を 行 う 場 合 初 期 の 窒 素 不 足 による 生 育 不 良 となることが 多 いため 初 期 生 育 確 保 に 化 学 肥 料 や 有 機 質 入 り 肥 料 を 使 用 して 初 期 生 育 を 確 保 し その 後 有 機 質 肥 料

8 や 鶏 ふんなど 肥 効 が 早 い 資 材 を 使 うなど 施 用 する 有 機 質 肥 料 等 の 無 機 化 特 性 を 十 分 考 慮 して 進 めることが 重 要 である そして 基 本 となる 土 壌 からの 窒 素 成 分 の 供 給 は 長 年 の 堆 肥 施 用 で 補 うこととなるが 代 表 的 な 堆 肥 の 中 でも 牛 ふん 堆 肥 では 無 機 化 率 は 低 く( 全 窒 素 の 内 当 年 度 は5~10% 程 度 ) 豚 ぷん 堆 肥 で20% 前 後 など 各 堆 肥 など の 内 有 効 化 する 量 は 少 ないことを 理 解 し 使 用 する 肥 料 的 効 果 を 狙 った 堆 肥 の 利 用 で は 豚 ぷんなど 中 間 タイプの 肥 効 特 性 を 示 す 堆 肥 の 利 用 が 有 利 となる コラム 水 稲 の 水 管 理 を 湛 水 管 理 とすると 施 肥 法 は 変 わってくるの? 水 稲 の 湛 水 管 理 は 最 近 では カドミウムの 吸 収 抑 制 対 策 技 術 の 一 つとして 実 施 されて いますが 従 来 から 泥 炭 質 土 壌 などの 排 水 不 良 田 や 鉄 含 量 の 低 い 老 朽 化 水 田 では 湛 水 管 理 により 硫 化 水 素 が 発 生 して 根 腐 れ 等 が 生 じるなど 秋 落 ち 現 象 がおこることが 問 題 視 されてきました この 結 果 秋 落 ち 水 田 では 根 腐 れ 対 策 として 無 硫 酸 根 肥 料 が 多 く 用 いられてきました 一 方 湛 水 管 理 での 土 壌 還 元 によるカドミウムの 不 可 給 化 には 土 壌 中 のイオウが 有 効 であり 塩 安 系 の 無 硫 酸 根 肥 料 のみの 連 年 施 用 は 問 題 を 生 じる 可 能 性 が 懸 念 されますが 現 状 では カドミウムの 吸 収 抑 制 効 果 が 低 下 するという 報 告 はあ りません

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」

資料2 「生ごみの堆肥・飼料利用に関するヒアリングについて」 資 料 2 生 ごみの 堆 肥 飼 料 利 用 に 関 するヒアリングについて 1. 概 要 飼 料 化 堆 肥 化 等 の 生 ごみ 利 用 について 食 品 製 造 工 場 から 排 出 されるものから 家 庭 から 排 出 されるものに 至 るまでの 生 ごみを 想 定 し 主 に 飼 料 堆 肥 のユーザー 側 の 関 係 団 体 にインタビュー 形 式 でヒアリングを 行 った インタビューでは

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から

木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 利 用 部 会 資 料 資 料 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 ) 14:00~16:00 工 業 技 術 センター 2F 第 1 研 修 室 Ⅰ, 燃 焼 灰 の 処 理 利 用 についての 概 要 Ⅱ, 事 業 活 動 から 高 知 県 木 質 バイオマスエネルギー 利 用 促 進 協 議 会 第 2 回 利 用 部 会 日 時 : 平 成 22 年 8 月 31 日 ( 火 )14:00~16:00 場 所 : 工 業 技 術 センター 2 階 第 1 研 修 室 会 次 第 1 開 会 2 出 席 者 紹 介 3 協 議 (1) 事 業 活 動 から 排 出 される 燃 焼 灰 の 法 的 な 規 制 について (

More information

は 濁 っ た 濃 い 緑 色 で は な く 鮮 や か な 浅 緑 色 を し て い る ま た 生 長 に 肥 料 を 多 く 必 要 とする 品 種 ではなく 少 ない 肥 料 分 で 育 つ 品 種 を 選 ぶことも 大 切 である し た が っ て こうした 野 菜 を つ く る

は 濁 っ た 濃 い 緑 色 で は な く 鮮 や か な 浅 緑 色 を し て い る ま た 生 長 に 肥 料 を 多 く 必 要 とする 品 種 ではなく 少 ない 肥 料 分 で 育 つ 品 種 を 選 ぶことも 大 切 である し た が っ て こうした 野 菜 を つ く る 有 機 農 業 と 土 づくり 藤 田 正 雄 ( NPO 法 人 有 機 農 業 参 入 促 進 協 議 会 ) 1. 有 機 農 業 の 見 方 考 え 方 (1) 有 機 農 業 の 本 質 2006 年 に 施 行 さ れ た 有 機 農 業 の 推 進 に 関 す る 法 律 に お い て 有 機 農 業 と は 化 学 的 に 合 成 された 肥 料 および 農 薬 を 使 用 しないこと

More information

6 有機質資材の施用

6 有機質資材の施用 6 有 機 質 資 材 の 施 用 6-1 有 機 質 肥 料 の 利 用 法 (1) 有 機 質 肥 料 の 肥 効 特 性 有 機 質 資 材 では 窒 素 リン 酸 等 の 肥 料 成 分 は 有 機 物 の 分 解 に 伴 い 有 効 化 する 有 機 質 肥 料 が 畑 に 施 用 された 後 に 有 効 化 してくる 養 分 量 は 有 機 物 の 種 類 により 大 きく 異 なる が

More information

2 1 土 づくり 関 係 1) 家 畜 ふん 堆 肥 (1) 家 畜 ふん 堆 肥 作 りの 基 本 家 畜 ふん 堆 肥 作 りとは 堆 肥 原 料 中 の 好 気 性 微 生 物 が 活 発 に 活 動 し 原 料 中 の 有 機 物 を 分 解 できる 環 境 を 作 ることである その 環 境 作 りには 以 下 の 6 つの 条 件 が 必 要 である 1 十 分 な 好 気 性 微 生 物

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 28 年 7 月 5 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 遅 くても 出 穂 1か 月 前 までに 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 く ことのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 維 持 しましょう 2

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

一太郎 12/11/10/9/8 文書

一太郎 12/11/10/9/8 文書 7 月 の 技 術 対 策 平 成 27 年 6 月 26 日 新 潟 県 農 林 水 産 部 7 月 の 技 術 対 策 のポイント 水 稲 1 中 干 しは 田 面 に 小 ひびが 入 る 程 度 で 終 了 し 終 了 後 は 田 面 が 強 く 乾 くこ とのないよう 浅 水 の 間 断 かん 水 を 行 い 徐 々に 飽 水 管 理 へ 移 行 して 土 壌 水 分 を 適 切 に 保 ちましょう

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc

Microsoft Word - 160224べんモリマニュアル.doc 水 稲 べんモリ 直 播 マニュアル 2016 年 版 水 稲 湛 水 直 播 の 苗 立 ちの 安 定 化 を 目 的 とした 安 価 で 簡 易 な 種 子 被 覆 法 国 立 研 究 開 発 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 水 稲 直 播 の 問 題 苗 作 りを 行 わず 水 田 に 直 接 播 種 する 直 播 は

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し

表 1 養 鶏 施 設 施 用 の 主 な 消 毒 薬 の 特 性 と 対 象 物 消 毒 薬 有 機 物 による 影 響 金 属 腐 食 性 対 象 物 塩 素 剤 効 力 減 少 あ り 鶏 舎 機 材 オ ル ソ 剤 少 ない あ り 鶏 舎 機 材 逆 性 石 け ん 効 力 減 少 な し 第 4 鶏 2 章 信 州 黄 金 シャモ 衛 生 管 理 マニュアル 信 州 黄 金 シャモ 飼 育 の 統 一 基 準 で 定 められている 衛 生 管 理 は 下 記 の2 項 目 です 最 寄 りの 家 畜 保 健 衛 生 所 と 協 同 して 防 疫 対 策 に 取 り 組 んでください (1)サルモネラ 検 査 家 畜 保 健 衛 生 所 による 導 入 一 か 月 以 降 のロット 毎

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2

JAいわき市の地域農業への支援対応 その2 JAいわき 市 の 地 域 農 業 への 支 援 対 応 その 2 福 島 県 JA 系 統 機 関 の 原 発 被 害 への 取 組 みレポート 2012.10.05 農 林 中 金 総 合 研 究 所 理 事 研 究 員 渡 部 喜 智 福 島 県 いわき 市 ( 以 下 同 市 )を 管 内 とするJAいわき 市 ( 以 下 同 JA )が 東 日 本 震 災 と 福 島 第 一 原 子 力

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_ 30 第 2 章 桑 の 栽 培 ている 品 種 は, 一 ノ 瀬 が 約 半 数 をしめ, 次 いで はやてさかり が 多 くそのほかに し んいちのせ みなみさかり 改 良 鼠 返 し などがあげられる 2 5 表 主 要 な 品 種 項 目 主 要 な 品 種 名 やまぐわ 型 剣 持, 赤 木, 島 ノ 内, 五 郎 治 早 生, 市 平, 根 小 屋 高 助, 新 桑 1 号 ~2 号,

More information

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業

別 記 第 1-2 号 様 式 番 号 年 月 日 〇 〇 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 事 業 実 施 主 体 (コンソーシアム 名 ) 代 表 者 氏 名 印 平 成 〇 年 度 次 世 代 施 設 園 芸 導 入 加 速 化 支 援 事 業 のうち 拠 点 整 備 事 業 別 記 第 1 号 様 式 番 号 年 月 日 総 合 振 興 局 長 ( 振 興 局 長 ) 様 市 町 村 長 氏 名 印 強 い 農 業 づくり 事 業 ( ) 画 承 認 申 請 書 強 い 農 業 づくり 事 業 補 助 金 交 付 事 務 取 扱 要 領 ( 平 成 17 年 7 月 15 日 付 け 支 援 第 432 号 北 海 道 農 政 部 長 通 知 ) 第 2に 基 づき 関

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E504F8BDF8B458341834F838A836E83438365834E947A957A97708E9197BF5F89C193A15F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E504F8BDF8B458341834F838A836E83438365834E947A957A97708E9197BF5F89C193A15F2E646F63> 家 畜 ふん 堆 肥 の 適 正 利 用 に 向 けた 堆 肥 と 畑 土 壌 地 力 窒 素 の 簡 易 測 定 ( 独 ) 農 研 機 構 中 央 農 業 総 合 研 究 センター 資 源 循 環 溶 脱 低 減 研 究 チーム 加 藤 直 人 1. はじめに 2008 年 に 高 騰 した 肥 料 価 格 は 180 尿 素 2009 年 になってやや 落 ち 着 きを 160 リン 鉱 石

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

TK25_P02-P19_final.indd

TK25_P02-P19_final.indd 02 栄 養 豊 富 で 食 卓 に 彩 りを 添 える ホウレンソウ ホウレンソウの 原 産 地 はイランと 言 われています 7 世 紀 には 中 国 へ 11 世 紀 にはヨーロッパへ 伝 わったとの 記 録 が 残 っています これらヨーロッパの 品 種 は 約 100 年 前 に 日 本 へ 伝 わり 洋 種 ( 西 洋 種 )と 呼 ばれました これより 古 く 約 400 年 前 に

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ 堆 肥 の 特 性 堆 肥 の 特 性 について 堆 肥 化? 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 繊 維 などの 有 機 物 は 分 解 されやすい 有 機 物 ( 易 分 解 性 有 機 物 ) と 分 解 され 難 い 有 機 物 ( 難 分 解 性 有 機 物 ) に 分 けられます 堆 肥 化 とは 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 易 分 解 性 有 機 物 が 空 気 の 十 分 存 在

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

10.10.6堆肥化講習会

10.10.6堆肥化講習会 食 物 資 源 た い 肥 化 講 習 会 資 料 小 平 市 ご み 減 量 推 進 実 行 委 員 会 小 平 市 環 境 部 資 源 循 環 課 推 進 担 当 042 3 4 6 9 5 3 5 食 物 資 源 堆 肥 化 とごみ 減 量 小 平 市 で は 生 ご み を 資 源 化 す る こ と の で き る 食 物 資 源 と し て 位 置 づけ 資 源 化 事 業 に 取 り

More information

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96>

<5461726F2D82518254944E9378927B8E5990558BBB82CC82BD82DF82CC8E96> 肉 用 牛 関 係 事 業 等 一 覧 表 ( 平 成 25 年 度 当 初 版 ) 目 的 は 具 体 的 には 対 応 する 事 業 実 施 主 体 事 業 の 特 徴 又 は 窓 口 1 規 模 拡 大 を 共 同 利 用 牛 舎 一 般 予 算 図 る を 整 備 したい 強 い 農 業 づくり 交 付 金 公 社 農 協 都 道 府 県 協 業 法 人 経 営 の 開 始 に 伴 う 共

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

スライド 1

スライド 1 農 業 の 新 技 術 No. No. 98 2011 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 5 回 バイオマス 事 業 化 戦 略 検 討 チーム 資 料 1 JX 日 鉱 日 石 エネルギーにおける バイオマス 燃 料 に 対 する 取 組 み 2012. 4. 11 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 株 式 会 社 執 行 役 員 研 究 開 発 企 画 部 長 吉 田 正 寛 1 ご 説 明 内 容 1.はじめに 2.バイオガソリンの 導 入 状 況 3.バイオマス 燃 料 の

More information

4 床 土 の 代 替 資 材 市 販 されている 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 原 材 料 により それぞれ 保 水 性 保 肥 力 などが 異 なるのでそれに 対 応 した 育 苗 管 理 が 必 要 である 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 消 毒 され 無 菌 状 態

4 床 土 の 代 替 資 材 市 販 されている 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 原 材 料 により それぞれ 保 水 性 保 肥 力 などが 異 なるのでそれに 対 応 した 育 苗 管 理 が 必 要 である 人 工 床 土 人 工 成 型 培 地 は 消 毒 され 無 菌 状 態 4 栽 培 基 本 技 術 1) 育 苗 ( 床 土 の 準 備 ~ 育 苗 管 理 ) (1) 床 土 及 び 代 替 資 材 育 苗 に 好 適 な 床 土 の 条 件 は 床 土 の ph は 5 程 度 であり 腐 植 を 適 度 に 含 み 排 水 性 保 水 性 に 優 れていることである しかも 病 原 菌 やカビ 類 に 汚 染 されて いないことも 大 切 な 条 件 の 一 つである

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464> (1) ア 凍 害 厳 寒 ( 時 期 成 期 葉 に 発 と 生 冬 芽 することが )= 赤 枯 れ多 いが 初 冬 や 春 先 に 発 生 する 場 合 もある 5. 気 象 災 害 の 種 類 と 対 策 イ する 発 茶 生 樹 要 組 因 の 度 限 は 織 界 組 や であるが 織 細 器 胞 官 が 耐 えられない 品 冬 種 芽 の 時 場 期 合 低 によって はもう 温 に 遭

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 150629 生 態 系 の 科 学 流 域 生 態 系 における 物 質 循 環 九 州 大 学 演 習 林 大 槻 恭 一 智 和 正 明 自 己 紹 介 最 近 の 生 態 系 研 究 の 動 向 森 林 の 水 はきれい? 森 林 における 窒 素 循 環 多 々 良 川 流 域 の 水 はなぜ 汚 れているのか? 森 林 は 窒 素 飽 和 しているのか? 自 己 紹 介 最 近 の 生

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

06調査研究.indd

06調査研究.indd 調 査 研 究 豆 類 の 収 穫 乾 燥 調 製 に 関 する 機 械 化 鈴 木 剛 はじめに 従 来 の 豆 類 収 穫 は ビーンハーベスタや ビーンカッタで 刈 り 取 りした 後 にお 積 み を 行 い 圃 場 で 子 実 の 乾 燥 が 進 んでか ら 脱 穀 を 行 うのが 一 般 的 な 体 系 であった しかし この 体 系 では 作 業 工 程 数 が 多 く 労 働 力 が

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

Microsoft PowerPoint - 2007解説編表紙(案)210608_改

Microsoft PowerPoint - 2007解説編表紙(案)210608_改 農 業 新 技 術 27 - 新 技 術 の 普 及 に 向 けて- 1 農 業 新 技 術 27 の 決 定 について 農 業 の 競 争 力 強 化 農 産 物 の 安 定 供 給 自 給 率 向 上 国 民 の 健 全 な 食 生 活 の 実 現 等 現 下 の 農 政 課 題 の 解 決 を 図 っていくためには こ れらの 課 題 の 解 決 に 資 する 技 術 の 開 発 を 促 進

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理 シマミミズ 基 礎 知 識 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 1 目 次 1. 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 の 販 売 するシマミミズのふん 粒 成 分 について P3. 2. ミミズ 糞 は 壊 れにくい 団 粒 構 造 P3. 3. ミミズの 液 肥 は 活 着 にすぐれています P3. 4. 台 所 の 生 ごみ 処 理 はミミズにお 任 せ(キャノワーム 設 置 事

More information

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

Microsoft Word - 平成26年度岡山発国際貢献活動推進事業補助金事業実績報告書.docx

Microsoft Word - 平成26年度岡山発国際貢献活動推進事業補助金事業実績報告書.docx 平 成 26 年 度 岡 山 発 国 際 貢 献 活 動 推 進 事 業 報 告 書 事 業 名 インドネシアマリノ 村 における 有 機 農 業 技 術 指 導 事 業 事 業 実 施 期 日 平 成 26 年 11 月 11 日 ~ 平 成 26 年 11 月 20 日 実 施 場 所 インドネシア 共 和 国 南 スラウェシ 州 ゴワ 県 ティンギモンチョン 郡 マリノ バトゥラピシ 地 区

More information

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 (

目 次 1 位 置 気 象 1 2 沿 革 1 ~ 2 3 組 織 体 制 ( 1 ) 組 織 の 概 要 3 ( 2 ) 職 員 数 3 ( 3 ) 業 務 分 担 4 ~ 5 4 事 業 概 要 ( 1 ) 当 初 予 算 6 ( 2 ) 用 地 面 積 6 ( 3 ) 主 要 施 設 7 ( 平 成 2 7 年 度 秋 田 県 畜 産 試 験 場 業 務 概 要 ( 平 成 2 7 年 4 月 ) 0 1 0-1 7 0 1 秋 田 県 大 仙 市 神 宮 寺 字 海 草 沼 谷 地 1 3-3 TEL 総 務 企 画 室 (0187) 72-2511 FAX 総 務 企 画 室 (0187) 72-4371 飼 料 家 畜 研 究 部 (0187) 72-3814 研 究 部 (0187)

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料

飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料 飼 料 用 イネ 専 用 の 上 手 な 栽 培 方 法 と 利 用 1 と 播 種 量 など [ 栽 培 の 基 本 は 食 用 イネに 準 ずるが 以 下 の 点 に 留 意 ] の 千 粒 重 に 応 じて 播 種 量 を 増 やしましょう 食 用 イネ より 多 めに 必 要 です 飼 料 用 イネ 専 用 は 食 用 よりも 種 子 の 大 きな が 多 く 食 用 と 同 じ 播 種 量

More information

高消化性スーダン型ソルガム「涼風」とイタリアンライグラス「優春」の二毛作体系による高品質粗飼料生産マニュアル

高消化性スーダン型ソルガム「涼風」とイタリアンライグラス「優春」の二毛作体系による高品質粗飼料生産マニュアル ( 平 成 27 年 度 長 野 県 普 及 に 移 す 農 業 技 術 資 料 ) 高 消 化 性 スーダン 型 ソルガム 涼 風 と イタリアンライグラス 優 春 の 二 毛 作 体 系 による 高 品 質 粗 飼 料 生 産 マニュアル 長 野 県 畜 産 試 験 場 平 成 28 年 (216 年 )3 月 新 しい 作 付 体 系 のねらい この 作 付 体 系 は 高 品 質 な 粗 飼

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験)

乙種第1、2、3、4、5、6類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 1 2 3 5 6 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に

More information

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅

左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農 業 を 体 験 する 修 学 旅 第 1 章 TPP 協 定 と 関 連 対 策 ~ 努 力 が 報 われる 農 林 水 産 業 の 実 現 に 向 けて~ - 41 - 左 上 : 子 牛 ( 左 上 ) 沖 縄 風 煮 付 け( 左 下 ) 沖 縄 の 農 産 物 ( 右 ) 右 上 : 中 型 ハ ベスタと 搬 出 機 によるさ と う き び の 収 穫 作 業 ( 南 大 東 村 ) 左 下 : 農 家 に 宿 泊 し 農

More information

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc

Microsoft Word - H26合体版【H260106】1.doc ノロウイルスによる 食 中 毒 感 染 症 は 感 染 後 1 日 から 2 日 の 潜 伏 期 間 の 後 に 下 痢 腹 痛 吐 気 嘔 吐 などを 引 き 起 こす 疾 患 です ノロウイルスは 乾 燥 に 強 く また 消 毒 用 アルコールの 効 果 がないことから 次 亜 塩 素 酸 や 85 度 ~90 度 90 秒 間 以 上 の 加 熱 等 の 消 毒 が 必 要 ですが 不 適

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

農業所得収支計算ノート

農業所得収支計算ノート 平 成 年 分 農 業 所 得 収 支 算 ノート 住 所 米 原 市 氏 名 この 収 支 算 ノート 領 収 書 などは 7 年 間 保 存 してください 滋 賀 県 米 原 市 役 所 市 民 部 税 務 課 この 資 料 は 収 支 算 書 ( 農 業 所 得 用 )を 作 成 するためのものであり 資 料 中 の 1 や イ 等 の 記 号 番 号 は 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所

More information

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析 平 成 25 年 8 月 普 及 活 動 月 報 西 臼 杵 支 庁 各 農 林 振 興 局 ( 農 業 改 良 普 及 センター)の 主 な 普 及 活 動 を 紹 介 します I 主 な 普 及 指 導 活 動 等 の 取 組 1( 中 部 ) みんなで 取 り 組 む 鳥 獣 被 害 対 策 プロジェクト 23 日 宮 崎 市 加 江 田 萩 原 集 落 において 事 業 により 電 気 柵

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc)

(Microsoft Word - \203u\203h\203E\222\205\220F\214\374\217\343\213Z\217p.doc) 瀬 戸 内 沿 岸 部 におけるブドウ 安 芸 クイーン の 着 色 向 上 技 術 の 開 発 広 島 県 立 総 合 技 術 研 究 所 農 業 技 術 センター 果 樹 研 究 部 山 根 崇 嘉 はじめに ブドウ 安 芸 クイーン の 特 徴 近 年 は 種 なしに 対 する 需 要 が 高 まっており ジベレリン 処 理 によって 容 易 に 種 なし 果 実 を 生 産 できる ピオーネ

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

Microsoft PowerPoint - yokoyama.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - yokoyama.ppt [互換モード] 生 物 多 様 性 研 究 = 博 物 学 土 壌 の 生 物 多 様 性 活 性 を 一 括 計 量 する ~IT 技 術 の 活 用 による 複 雑 系 へのアプローチ~ ( 独 ) 農 研 機 構 中 央 農 業 総 合 研 究 センター 生 産 支 援 システム 研 究 チーム 横 山 和 成 出 展 :ワークショップ 21 世 紀 の 生 物 多 様 性 研 究 http://www.event.nig.ac.jp/gbif/bd2006/

More information

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - H19_090629.ppt [互換モード] 栄 養 摂 取 状 況 調 査 で 得 られた 内 容 から できるだけ 真 の 値 に 近 づけるために 適 切 な 食 品 番 号 の 選 択 調 理 による 変 化 栄 養 素 が 強 化 されている 食 品 のコード 付 けなど 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 栄 養 疫 学 プログラム 国 民 健 康 栄 養 調 査 プロジェクト 野 末 みほ 平 成 19 年

More information

1

1 秋 田 県 家 畜 改 良 増 殖 計 画 平 成 28 年 3 月 1 Ⅰ 乳 用 牛 1 改 良 目 標 酪 農 経 営 の 安 定 化 と 生 乳 の 安 定 供 給 を 図 るため 優 良 な 種 雄 牛 を 選 抜 するための 後 代 検 定 と 雌 牛 の 能 力 測 定 を 行 う 牛 群 検 定 を 柱 とし 遺 伝 的 多 様 性 を 確 保 するとともに 能 力 体 型 の 両

More information

栽培用使用説明書改訂_表紙.indd

栽培用使用説明書改訂_表紙.indd 有 用 微 生 物 群 微 生 物 土 壌 改 良 資 材 R 有 機 JAS 適 合 資 材 E M 1 TM 使 用 説 明 書 栽 培 用 改 訂 版 ( 株 )EM 研 究 所 INDEX 1. 3 2. 7 3. 9 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 4. 16 4-1. 4-2. 4-3. 5. 29 5-1. 5-2. 6. 33 7. 8. 9. 1037 1. 1-1. 1110

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20949E814591E593A48DCD947C837D836A83858341838B2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20949E814591E593A48DCD947C837D836A83858341838B2E646F63> 麦 大 豆 栽 培 マニュアル 平 成 26 年 10 月 麦 大 豆 等 生 産 推 進 協 議 会 はじめに 米 の 需 要 が 減 少 していく 中 で 水 田 を 有 効 に 活 用 する 手 段 として 麦 や 大 豆 等 の 生 産 振 興 が 重 要 となっております しかし 麦 や 大 豆 は 水 田 転 作 の 主 力 作 物 として 栽 培 されてきましたが ここ 10 年 ほどを

More information

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 告 示 第 3 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたので 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

■ 準備するもの

■ 準備するもの 緑 のカーテンの 作 り 方 第 5 版 姫 路 市 環 境 政 策 室 監 修 姫 路 市 農 業 振 興 センター 緑 のカーテンとは 緑 のカーテンとは つるが 伸 びる 植 物 を 育 てて 壁 や 窓 をカーテンのように 覆 うこ とで 夏 の 暑 さをやわらげようとするものです 葉 っぱでできた 自 然 のカーテンは 植 物 の 力 をうまく 利 用 することで すだれや 布 のカーテン

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208358815B8370815B834F838A815B83939056837D836A83858341838B82502E646F63> 環 境 に 優 しく 土 壌 植 物 を 活 性 化 キトサン 溶 液 スーパーグリーン キトサン 土 壌 改 良 溶 液 スーパーグリーン 活 用 基 本 マニュアル 当 社 は25 年 の 経 験 とお 客 様 から 寄 せられるご 意 見 使 用 結 果 を 参 考 にし 他 社 には 見 られない 独 自 の 商 品 を 開 発 し 皆 様 に 永 年 にわたり 愛 好 されております これまでも

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算

は じ め に 農 業 所 得 の 計 算 は 収 支 計 算 で 所 得 金 額 の 計 算 は 収 入 金 額 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いて 計 算 する 収 支 計 算 が 原 則 です 収 支 計 算 では 必 要 経 費 を 項 目 ( 科 目 )ごとに 分 類 して 計 算 平 成 23 年 分 以 降 申 告 用 収 支 計 算 の 手 引 ( 農 業 所 得 のある 方 用 ) この 収 支 計 算 の 手 引 は 農 業 を 営 む 方 ( 青 色 申 告 をされる 方 を 除 く ) が 収 支 計 算 に 基 づき 農 業 所 得 を 計 算 できるようポイントを 絞 って 作 成 したもの です 収 支 計 算 の 手 引 の 内 容 や 農 業 所 得 について

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

NET8710.indd

NET8710.indd .... 酔 ""' -. i 併 eゅ _.ト e 咽 ト + 噌. - 咽.......... - 酬 ' -- 4" - 砂 --."',_.... '....... -- 柳 - '."',- 吋 酔 + 俳 -, 酢 + 柑 骨 晴 + 咽 併 司 ~ 骨 骨 骨 ーゅ...,-,j.~クニ 卜 ソ 苗 畑 土 壌 の 理 学 的 性 質 を 採 土 円 筒 で 調 査 したところ, 孔

More information

1. 長 岡 京 市 環 境 の 都 づくり 会 議 竹 林 再 生 プロジェクト への 竹 チップ 粉 砕 技 術 の 指 導 と 協 働 竹 を 粉 砕 しチップ 化 することで 竹 チップが 得 られる 竹 チップと 竹 粉 の 違 いは 粒 径 であり 竹 チップは 竹 粉 より 粒 径 の

1. 長 岡 京 市 環 境 の 都 づくり 会 議 竹 林 再 生 プロジェクト への 竹 チップ 粉 砕 技 術 の 指 導 と 協 働 竹 を 粉 砕 しチップ 化 することで 竹 チップが 得 られる 竹 チップと 竹 粉 の 違 いは 粒 径 であり 竹 チップは 竹 粉 より 粒 径 の 平 成 23 年 度 ( 第 26 回 )タカラ ハーモニストファンド 活 動 助 成 報 告 放 置 竹 林 問 題 についての 実 践 的 啓 蒙 活 動 一 般 社 団 法 人 里 山 資 源 の 利 活 用 推 進 ネットワーク 京 都 府 概 要 放 置 竹 林 問 題 対 策 として 竹 林 に 再 び 収 益 性 をもたらす 産 業 などを 提 言 することによ って 竹 林 の 活

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一

大 気 環 境 局 長 通 知 )を 御 参 照 いただきたい 昆 虫 綱 及 びクモ 綱 に 属 する 動 物 ( 人 畜 に 有 害 な 毒 素 を 産 生 するものを 除 く )であっ て 使 用 場 所 と 同 一 の 都 道 府 県 内 ( 離 島 (その 地 域 の 全 部 又 は 一 25 消 安 第 5776 号 環 水 大 土 発 第 1403281 号 平 成 26 年 3 月 28 日 ( 改 正 : 平 成 26 年 11 月 25 日 ) 各 都 道 府 県 知 事 宛 農 林 水 産 省 消 費 安 全 局 長 環 境 省 水 大 気 環 境 局 長 特 定 農 薬 ( 特 定 防 除 資 材 )として 指 定 された 資 材 ( 天 敵 を 除 く )の 留 意

More information

スライド 1

スライド 1 部 外 秘 太 陽 熱 を 利 用 した 淡 水 化 調 理 温 水 装 置 と 沙 漠 地 帯 でのバイオ 燃 料 生 産 大 阪 大 学 レーザーエネルギー 学 研 究 センター 實 野 孝 久 2012.4.10. 1 世 界 の 人 口 石 油 生 産 石 油 価 格 食 料 価 格 の 関 係 人 類 は 安 価 な 石 油 で 農 作 物 を 作 り 70 億 人 を 突 破 してしまった

More information

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A>

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A> かぼちゃ 栽 培 マニュアル 1 作 物 特 性 (1) 気 象 条 件 ア ウリ 科 の 植 物 で 原 産 はアメリカ 熱 帯 アジアとされている イ 生 育 適 温 は 17 ~ 20 かぼちゃの 中 でも 道 内 で 一 般 的 に 栽 培 されている 西 洋 かぼちゃは 比 較 的 低 温 を 好 むため 冷 涼 な 地 域 での 栽 培 が 多 い (2) 土 壌 条 件 ア 他 のウリ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081795765628CF68A4A977082C992B290AE817A48323193A496DD8CA48B8695F18D9081698DB2815896D88D81816A> 十 勝 産 豆 類 を 用 いた 商 品 の 開 発 ( 平 成 21 年 度 ) 研 究 開 発 課 佐 々 木 香 子 共 同 研 究 紫 竹 ガーデン 1. 背 景 と 目 的 十 勝 は 日 本 有 数 の 豆 類 生 産 地 であり 近 年 では 雑 豆 を 原 料 とした 穀 物 酢 や 製 餡 煮 汁 を 用 いた 色 付 け 剤 常 温 流 通 可 能 な 豆 腐 の 薫 製 品 などの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

算定報告マニュアル

算定報告マニュアル 第 Ⅳ 編 付 録 1. 業 種 別 の 算 定 事 例 ここでは 主 な 業 種 別 に 対 象 の 判 定 や 報 告 する 排 出 量 の 算 定 を 行 う 事 例 をサンプルとして 示 し ます 1.1 セメント 製 造 事 業 所 1.2 電 気 事 業 者 ( 火 力 発 電 所 ) 1.3 オフィス 等 電 気 及 び 熱 利 用 中 心 の 事 業 者 ( 小 売 業 ) 1.4

More information

Taro-有機農業公開ほ場H25事例集

Taro-有機農業公開ほ場H25事例集 栃 木 県 有 機 農 業 推 進 公 開 ほ 場 事 例 集 No.4 平 成 27 年 4 月 栃 木 県 農 政 部 はじめに 有 機 農 業 は 農 業 の 自 然 循 環 機 能 を 増 進 し 農 業 生 産 活 動 による 環 境 への 負 荷 を 大 幅 に 低 減 するほか 安 全 かつ 良 質 な 農 産 物 に 対 する 消 費 者 のニーズに 対 応 できる 農 業 生 産

More information

幕 の 内 弁 当 肉 生 姜 焼 き 鶏 唐 揚 げ イカフライ スパゲティ ロール 玉 子 ブロッコリー 房 州 産 ひじき 煮 香 の 物 約 750カロリー 肉 生 姜 焼 き 豚 肉 [たれ] 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 砂 糖 生 姜 発 酵 調 味 料 異 性 化 液 糖 りんご

幕 の 内 弁 当 肉 生 姜 焼 き 鶏 唐 揚 げ イカフライ スパゲティ ロール 玉 子 ブロッコリー 房 州 産 ひじき 煮 香 の 物 約 750カロリー 肉 生 姜 焼 き 豚 肉 [たれ] 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 砂 糖 生 姜 発 酵 調 味 料 異 性 化 液 糖 りんご 鴨 青 限 定 弁 当 金 目 煮 帆 立 照 焼 き 房 州 産 ひじき 煮 ポテトサラダ 海 老 フライ 鶏 照 焼 き 伊 達 巻 玉 子 香 の 物 鮪 カツ 筑 前 煮 錦 糸 真 薯 約 750カロリー 金 目 煮 金 目 鯛 醤 油 ( 大 豆 小 麦 ) 清 酒 砂 糖 ミリン 海 老 フライ 衣 (パン 粉 小 麦 粉 卵 白 粉 植 物 性 油 粉 末 植 物 性 蛋 白 食 塩

More information

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx 人 や 動 物 にとってカルシウムは 骨 や 細 胞 をつくる 上 で 欠 かすことのできない 成 分 ですが 植 物 にとってカルシウムはどのような 役 目 をするのでしょうか? 植 物 には 骨 はありませんが 細 胞 と 細 胞 を 強 固 に 結 びつけることでしっかりと 体 を 支 えています ここで 重 要 なはたらきをするのが カルシウムなのです カルシウムは 三 大 栄 養 素 に

More information

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464>

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464> シンテッポユリ Lilium formolongi hort.ユリ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 テッポユリのような 球 根 による 栄 養 繁 殖 でなく 実 生 による 繁 殖 で 播 種 後 810ヶ 月 で 開 花 する 性 質 を 持 っているので 冬 季 に 播 種 して 春 に 定 植 すれば 1 年 以 内 に 切 り 花 ができる 球 根 養 成 期 間 が 必

More information

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用

目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土 地 利 用 の 方 向 1 ア 土 地 利 用 の 構 想 1 イ 農 用 地 区 域 の 設 定 方 針 2 (2) 農 業 上 の 土 地 利 用 の 方 向 4 ア 農 用 地 等 利 用 地 域 指 定 年 度 計 画 策 定 年 度 計 画 見 直 し 年 度 昭 和 44 年 度 昭 和 46 年 度 昭 和 52 年 度 昭 和 61 年 度 平 成 9 年 度 川 俣 農 業 振 興 地 域 整 備 計 画 書 平 成 18 年 5 月 福 島 県 伊 達 郡 川 俣 町 目 次 第 1 農 用 地 利 用 計 画 1 1 土 地 利 用 区 分 の 方 向 1 (1) 土

More information

イラスト(p1-2)

イラスト(p1-2) 1 自 給 飼 料 の 増 産 自 給 飼 料 生 産 で 飼 料 費 カット! 飼 料 生 産 面 積 を 拡 大! 購 入 乾 草 給 与 自 給 飼 料 給 与 飼 料 作 物 の 生 産 費 67 23 13 7 0 50 24 円 減! 資 材 費 労 賃 減 価 償 却 費 購 入 乾 草 費 乾 物 1kg 当 たりの 生 産 コストは 自 給 飼 料 輸 入 乾 草 43 円 < 67

More information