Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5 1 1

6 2 3 2,000 85,100 50% 41.1% 1, ,479 66, % 30.5% 32.7% 1, % 547, % 545, , , , % 44.8% 40% 137,886 30% 221, ,541 20% 17.1% 589,675 10% 10.5% 4.8% 4.7% 0 0% %44.8% 30.2%27.8% 33.1%17.1% 4.7%10.5%

7 5 5

8 40% 30% ( 35.8% 20% 10% 19.8% 19.2% 16.4% 11.8% 13.2% 17.5% 8.6% 9.0% 0%

9 4 2, ,676,001 1,500 1, , , , , ,

10 9 9

11 37.2% 50.7% 23.0% 21.2% 2.2% 1.7% 3.5% 2.3% 20.8% 14.2% 0.9% 0.7% 4.4% 4.3% 2.2% 2.3% 2.2% 1.3% % 1.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60%

12 67.3% 64.7% 64.5% 50.6% 60.9% 48.8% 58.4% 41.3% 49.8% 46.0% 49.4% 36.2% 45.8% 41.9% 27.9% 25.3% 24.9% 18.9% 24.3% 27.5% 13.7% 13.5% 76.6% 59 0% 20% 40% 60% 80% 100% ( 769) ( 667) (1895) (4162) (1780) % 20% 40% 60% 80% 100% ( 587) ( 216) (1902) (5243) (2634) % 20% 40% 60% 80% 100% 10

13 11 11

14

15

16 10 5.6% 25.3% 38.8% 43.8% 46.7% 32.0% 39.8% 44.4% 45.2% 6.6% 5.2% 48.6% 0% 20% 40% 60% 55.2% 53.1% % 20.3% 23.8% 3.4% 30.6% 34.0% 6.5% 27.2% 33.7% 4.5% 25.6% 30.1% 2.6% 17.9% 20.5% 8.5% 37.2% 45.7% 2.0% 10.5% 12.5% 2.4% 18.9% 21.3% 0.7% 7.5% 8.2% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 132

17 % 18.1% 21.9% 20.4% 28.2% 15.7% % 12.9% 16.8% 19.6% 23.2% 22.6% 18.8% 20.6% 14.6% 15.7% 32.0% 25.5% 7 8 0% 20% 40% 60% 80% 100% % 28.9% 26.3% 17.5% 21.8% 24.9% 23.7% 13.6% 12.8% 50.2% 48.3% 48.8% 32.4% 34.3% 35.7% 34.0% 33.5% 38.4% 12 12

18 13 70% 100% 60% 80% 50% 40% 60% 30% 40% 20% 20% 10% 0% 3(S58) 4(S63) 5(H5) 6(H10) 0% 3(S58) 4(S63) 5(H5) 6(H10) 50% 30% 40% 25% 20% 30% 15% 20% 10% 10% 5% 0% 3(S58) 4(S63) 5(H5) 6(H10) 0% 3(S58) 4(S63) 5(H5) 6(H10)

19 % 21.1% 56.6% 62.7% 1.6% 3.4% 13.4% 8.9% 10.6% % 10.0% 17.3% 54.1% 60.1% 1.1% 1.9% 0% 20% 40% 60% 80%

20 % 28.2% 15.6% 8.0% 5.8% 1.0% 30.0% 26.9% 23.0% 10.7% 8.3% 1.1% 20.9% 30.2% 32.1% 10.4% 5.2% 1.1% 8.7% 35.1% 37.8% 11.8% 5.4% 1.1% 5.8% 21.0% 38.2% 23.4% 10.3% 1.3% 4.4% 15.1% 38.3% 27.8% 13.1% 1.3% 2.9% 11.7% 39.0% 30.0% 15.3% 1.1% 0% 20% 40% 60% 80% 100% VOL.57 11

21 % 32.8% 36.1% 25.1% 22.1% 21.6% 21.4% 19.0% 7.6% 3.9% 4.9% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% % 26.3% 26.2% 24.6% 18.8% 17.7% 13.8% 9.5% 7.4% 5.8% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 132

22 % 40.9% 14.6% 13.6% 30.8% 27.9% 14.8% 15.8% 9.9% % 46.2% 39.0% 24.7% 33.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 41.7% 35.4% 16.3% 16.4% 21.9% 20.0% 11.6% 10.8% 5.4% % 47.4% 48.6% 17.0% 21.0% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 132

23

24

25

26 20 30% 25% 20% 15% % % 15% 10% 5% 6% 3% 0% 0% () 4 87

27

28

29

30 PTA 13 %

31

32 14 14

33

34

35

36 求められる 図22 何に困難さを感じているか 教師は進路指導を困難と感じているか 高校生自身の意識の変化 特に変化自体を感じていない その他 0.8% 0.5% 93.3% 産業 労働 雇用環境の変化 77.6% 無回答 1.1% 難しいとは感じていない 保護者の意識の変化 56.5% 高卒就職の市場の縮小 56.3% 5.5% 非常に難しいと感じている やや難しいと感じている 社会の労働観の変化 49.9% 高校生の思う高校の意味 意義の変化 49.5% 41.8% 入試の易化 50.3% 47.9% 教育課程の変化 40.4% マスコミがアナウンスする内容の変化 7.6% 0% 資料 リクルート キャリアガイダンス 2 20% 40% 60% 80% 100% 2001年2月号 高校の進路指導に関する調査 指導内容 方法等の改善 工夫 (1) 中学校の取組の現状から 中学校においては 本来の進路指導の在り方に立って 進路指導の改善充実に向けた努 力が行われてきている 平成5年の文部省事務次官通知で 業者テスト及び偏差値に過度 に依存した進路指導を抜本的に見直す必要があるとして ①学校選択の指導から生き方の 指導への転換 ②進学可能な学校の選択から進学したい学校の選択への指導の転換 ③10 0%の合格可能性に基づく指導から生徒の意欲や努力を重視する指導への転換 ④教師の選 択決定から生徒の選択決定への指導の転換という4つの視点が示された 以降 この視点 に沿って 中学校の進路指導の在り方は大きく変貌してきている 中学校における進路指導に関する総合的実態調査報告書 平成11年3月)によれば この4つの視点に立って 進路指導の改善充実が図られたとする学級担任教員の割合は 全ての項目について80%を越えている 図23 図23 進路指導改善のための4つの視点 から見た学校の評価 そう思う どちらかといえばそう思う どちらかといえばそう思わない そう思わない 学校選択の指導から生き方の指導への転換 22.9% 58.7% 16.0% 2.3% 進学可能な学校の選択から進学したい学校の選択への指導の転換 23.6% 57.7% 16.3% 2.4% 100%の合格可能性に基づく指導から生徒の意欲や努力を重視する指導への転換 23.0% 60.1% 14.7% 2.2% 教師の選択決定から生徒の選択決定への指導の転換 資料 文部省 中学校における進路指導に関する総合的実態調査報告書 平成11年3月 % 0% 20% 41.5% 40% 60% 80% 4.0% 1.0% 100%

37 24 3.9% 30.0% 39.6% 26.5% 4.1% 36.4% 39.5% 20.0% 10.9% 44.6% 27.9% 16.6% 6.8% 40.5% 34.1% 18.5% 0% 20% 40% 60% 80% 100% % % 132

38 26 90 % % 132

39 % 66.3% 35.0% 38.6% 64.7% 89.1% 88.0% 69.5% 36.7% 0% 20% 40% 60% 80% 100% %

40

41 15 15

42

43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

59

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9 平成 26 年度 学校関係者評価報告書 西ブロック 幌向小学校 栗沢小学校 豊中学校 栗沢中学校 第二小学校すみれ幼稚園上幌向中学校 保護者代表 有澤 学 栗沢中学校 PTA 地域住民代表吉田幸雄 来夢 21こども館 他校種代表 小山内正美 幌向保育園 推進委員 勝俣美穂子 幌向小学校 推進委員 岡部真吾 栗沢小学校 推進委員 安野信人 第二小学校 推進委員 小田亜由美 すみれ幼稚園 推進委員 山本和男

More information

untitled

untitled 資料5 AとBの力を育てる構想図 ② HR 教科での教育 のワークは 授業 休み時間 朝の会 帰りの会等の時 間に展開できるように工夫されている これは 学級の状況や問題の内容に応じて 教師が臨機応変にワークを選択し 時宜を得た効果的な指導が行えるという利点を 生むものでもある しかしそのためには 教師が資料2に示す HR 教科での教 育 のねらいや内容を十分理解していなければ 効果的に活用することは難しい

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

tokusyu.pdf

tokusyu.pdf LD ADHD HFA 1999/7 ADHD ADHD Q 担任の役割は Q 学校全体の役割は 担任が LDやDHD等に対する正し 担任だけの問題とせず 学校全体で支え い理解をすることが大切です る体制づくりが必要です 単なるわがままととらえたり 根性論や 新たに 校内支援委員会 を組織したり 指導力不足で片づけたりしないことが大 就学指導委員会 等を活用して 児童 切です 生徒への具体的な支援について共通理解

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>

< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464> 学 校 経 営 基 礎 学 校 経 営 基 礎 Ⅰ 学 校 経 営 と 組 織 マネジメント 学 校 の 経 営 管 理 ( ) 学 校 経 営 経 営 とは 一 般 的 に 目 標 を 達 成 するために 人 材 予 算 設 備 などの 経 営 環 境 を 最 も 有 効 な 手 段 を 活 用 して 組 織 活 動 を 営 む ことを 意 味 することばとして 用 いられる * *2 学 校 経

More information

平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付い

平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付い 平成28年度教育 進路懇談会のご案内 ならびに成績一覧表のご送付について 第20号館 保護者の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます さて 平成 28 年度春学期が終了いたしましたので 学業成績一覧表を別紙のとおりお届けいたします あわせて 教育 進路懇談会 のご案内を送付いたします 教育 進路懇談会 は 今後の履修についての相談や学生生活を充実 させるための参考としてお役立ていただくために開催いたします

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

untitled

untitled いる あるいは作成予定である高等学校を対象に シラバスの作成と活用に関する聴き取り調査を7 月に行いました その結果 既にシラバスを導入している学校では 活用法を開発したり 改善の手立てを講じたりして 効果的な活用をめざした取組を進めており シラバスを学習指導に活用して顕著な成果を上げている学校もあることがわかりました 本資料はそうした先進校の実践例をまとめたものです 聴き取り調査協力校及び本誌掲載資料提供校

More information

第2巻/1-5

第2巻/1-5 79 32 6 80 1998 1997 4 PTA 80 1 2 5 81 82 3 82 14.9 1 51.9 33.8 58.4 26.3 14.5 59.4 21 PTA 5 83 3 84 3 3 5 85 52.5 PTA 9,864 11 39 105 120 2,099 2,763 3 2 38 26 24 86 4 1 17 5 87 88 3 2,000 110 1991 5

More information

は有効であると思われる 感染症診査協議会結核診査部会では 患者がきち んと服薬しているか という情報が必要であるが 残薬確認したことにより確実な服薬情報を提供でき たと思う 本人 家族 主治医 保健師が服薬手帳を活用し 記入した事例においては 菌検査の結果 服薬状 況 指導内容等の情報を本人 家族 主治医 保健 師で共有しやすかった また服薬手帳の情報をみて 主治医が本人 家族に対し きちんと服薬できてい

More information

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職

46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職 46 福島大学総合教育研究センター紀要第10号 育の支援員の参加もあった スクールカウンセラーの 2011 1 表1 受講者 のべ数 の属性別人数 参加も 例年通り 一定数ある 学校以外の機関では 内は全受講者に占める 医療関係者が多く そのなかでも 臨床心理士はもち 属性 ろんのこと それ以外の職種 歯科医 看護師 言語 性 男性 6(6.5) 女性 86 93.5 幼稚園 2 2.2 きいのは

More information

01表紙福島

01表紙福島 子育てする 新しい日本のお父さん 高度経済成長期の家族モデルのお父さんは 働いて一家を養い 子どもたちに社会のルー ルを教える存在で 日常の育児は専業主婦であるお母さんが担っていました しかし 共働きの進展とともに お父さんにも家事育児が求められるようになり お父 さんが おむつを替えたり 保育園の送迎をしたり 子どもと遊んだり 保護者会に出 席することが 特異なことではなく 自然になこととして社会に受け入れられ

More information

表紙.tp3

表紙.tp3 国立特殊教育総合研究所研究紀要 第30巻 2003 (技術報告) アクセシビリティに配慮したWeb教材コンテンツ開発事例 特殊教育学習ソフトウェアコンクール入選作品のWeb教材化と アクセシビリティ機能の付加について 棟 方 哲 弥 船 城 英 明* 中 村 均 情報教育研究部 学研デジタルコンテンツ事業部* 要旨 平成13年度文部科学省教育用コンテンツ開発事業で公開された 特別支援教育に役立つWeb教材コンテンツ注1

More information

28(宣)中社小中パンフ表1-small

28(宣)中社小中パンフ表1-small 小学校社会科と中学校社会科とをつなぐための視点 唐木清志 2 3 小学校での4 年間の社会科学習と 中学校 3 年間の社会科学習とを系統的に接続 新編 新しい社会 では 小学校 3 年生から 6 年生までの 4 年間の学習と 中学校 3 年間の学習とを系統的に接続し 7 年間 の社会科学習 が展開できるように配慮しました 地理 歴史 公民の各分野の教科書では 単元の冒頭に 小学校で学習した用語や資料を使って

More information

1 2 3 1 4 1 5 6 7 8 9 2 10 11 12 13 2 14 15 16 17 3 18 19 20 3 21 22 23 4 24 25 4 26 27 5 28 29 5 30 31 6 32 33 34 資料 2 35 資料 3 36 37 6 38 39 40 7 41 42 43 7 44 45 46 47 48 8 49 50 51 52 8 53 54 55 9 56

More information

みさき_1

みさき_1 2 3 4 5 6 7 1F 2F 8 9 10 11 17 18 19 20 21 22 23 24 31 25 26 27 28 29 30 8 1 2 3 4 5 6 7 6 8 7 16 7 8 9 10 11 12 14 15 13 17 23 Vol.41 8 6 20 11 7 15 7 23 7 7 7 16 23 23 8 13 18:00 22:00 722

More information

H21_report

H21_report vol.4 1 2 6 10 14 18 20 22 24 25 1 2 2172 73 3 21925 926 21125 126 4 5 6 21629 630 7 21107 108 21127 128 8 9 10 21616 617 11 211026 1027 211213 1214 12 13 14 21713 714 15 2194 95 211031 111 16 17 18 19

More information

untitled

untitled Vol.27 1 Vol.27 2 Vol.27 3 Vol.27 4 Vol.27 5 Vol.27 6 Vol.27 7 Vol.27 8 Vol.27 9 Vol.27 10 11 Vol.27 Vol.27 12 Vol.27 13 Vol.27 14 Vol.27 15 Vol.27 16 Vol.27 17 Vol.27 2007 10 29 18 http://www.nira.or.jp/index.html

More information

09030549_001.図書館31-1

09030549_001.図書館31-1 vol.31 NO.1 2 3 5 6 10 12 8 1947-1954- 1950-1838-1904 1952-1996 1 913-1954 1981-1958- 1 902-1992 1972-1946- 1 940- 1 2 3 3 5 6 6 8 8 12 8 8 1 2 2 http://library.hokkai-s-u.ac.jp/cgi-bin/tosyokan/index.cgi

More information

T-News51.indd

T-News51.indd 2015 vol.51 1 2 2015 vol.51 9:00 17:00 204-00233-1-72 TEL042-493-5551 FAX042-493-5550 2015 vol.51 3 4 2015 vol.51 女 男 2015 vol.51 5 6 2015 vol.51 2015 vol.51 7 8 2015 vol.51 2015 vol.51 9 10 2015 vol.51

More information

VOL a s d f g h

VOL a s d f g h VOL.20013 -- 1937 101939 1940410 1940 1 VOL.20013 2030 193810 19391034 1937 a s d f g h 1995139140161 1998348 1988236 1994577578 1998 1987151 1922 2 VOL.20013 101110 3000500 70 1929 1920 1927 70 4050 30

More information

Vol.14 98 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 62 63 64 65 66 67 68

More information

untitled

untitled 12 3 10 27 1 100 1/10 1/3 2012 24 27 22 23 153 8407 26 28 563 275 26 260 275 120 67 21 15 98 70 8407 7791 616 70.2 19 50 100 300 vol.195 12 10 12 22 11 23 30 0.022 22 11 23 1 9230+0.022 22 11 23 vol.194

More information

Vol..3 2010 2 10 2

Vol..3 2010 2 10 2 1 Vol..3 2010 2 10 2 Vol..3 2010 2 10 3 Vol..3 2010 2 10 4 Vol..3 2010 2 10 5 Vol..3 2010 2 10 6 Vol..3 2010 2 10 7 Vol..3 2010 2 10 8 Vol..3 2010 2 10 9 Vol..3 2010 2 10 10 Vol..3 2010 2 10 11 Vol..3

More information