ID 01.indd

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ID 01.indd"

Transcription

1 長予定者に山田信博附属病院長 原点へ回帰 訴える 日に今 ブランド 創りたい 長選考会議 議長 末松安晴国立情報研究所顧問 は 年度をもって任期満了となる岩崎洋一長後任に 山田信博附属病院長 本理事 を選んだ 原点へ回帰 を訴えた山田病院長は 会議に先立って行われた 先生 と呼ばれるためには 3 どうする 生生活 経済危機 教育を支える 世界最古火葬場発見 ミニ特集 本調査団約8600年 場とみられ火葬場はテ とであり 世界最古火葬 発見されたは初めてこ 穴 や焼けた人骨同時に を掘りくぼめて造られた墓 火葬に使った土坑 地表面 本テル エル ケル ではないか と推測す 地位ある人を火葬にした い人いるは 何らか な火葬した人としてな に 1トン木材必要に 前 火 葬 場 跡 を 発 見 し 人を完全に白骨化させる 時は息抜きをする場所も た と く 当 れる病いあっ くば病 と呼ば 都 市 に は つ い頃研究園 できて間もな なく閉鎖的で うつ状態 かったことから名付けら になる研究者や生多 ある3つテル 丘 う れたようだ 今はストレ 1997年から本格的に始 ち 北部に位置するアン まり シリア古物博物館総 ス解消に遊べる場所増 ル エル ケルク遺跡内に ク遺跡における発掘調査は 昨年調査では集落跡 つかっ え TX開通で閉鎖的 な環境も改善されつ から離れた所で次々に人 エル ケルク中央部で見 局 と 合 同 で 実 施 さ れ て い 南北 メートル 東西6 くば病はなくなったか ように思われる しかし れた火葬場は こ墓地を 心病 に悩む生は セ 約8500年前墓地 体 発見となっ今回発掘さ メートル敷地内に直径1 人骨出土 世界最古級 メ ー ト ル 深 さ ンチ4つ土坑と 体 程 度 火 葬 さ れ て い さらに掘り下げた結果見つ 保健管理センター精神 今も後を絶たない 本 人骨見つかり そ内 火葬された人骨そば土 かったもであ 今後火葬場はさらに掘り 科を訪れる生は 毎年 壁は焼けて固く 色は赤っ 約400人 診療件数は 年 間 で 1 5 倍 近 く 増 ぽくなっており 800度 進められ 出土した人骨は えた 私もパニック障害 調査団所有倉庫で保管さ れ今回発見に関する 以上高温で焼かれたこと を発症し 9から精神 うつ病は約 人に1 へ無知を痛感させられ 知らなかっ 心病 しかし 私はこ病気を は 発 症 す る と 言 わ れ 害 は 1 0 0 人 に 2 3 人 友人いた パニック障 うと 言葉を詰まらせる 神科に通っている と言 なくなっしかし 精 べると 露骨な差別は少 と呼ばれていたころに比 た うつ病 サボリ病 止まらないこともあっ 授業に行けず 不安で涙 ない 私も発作怖くて 状態になる患者も少なく から行動を制限し うつ れる病気だ 発作恐れ 動悸 めまいなどに襲わ い恐怖を感じ 過呼吸や 科に通い始め突然強 調 査 団 団 長 常 木 晃 教 詳しい内容は来年3 授 歴人 は 火葬には一 会で発表される予定だ 器時代集落遺跡 テル 分か シリア北西部にある石 焼けた人骨 体見つかる 6 7 特集 シリア 調査団 エル ケルク遺跡 で8 意向調査において 4部門全てで最も多く票を得てい今回長選考候補者 生まれ 東京医 写真提供 常木晃教授 は山田病院長を含め4人 長は来年41日 文部科臣から任命され任 は 少 子 化 進 む 現 在 に か け を 行 っ て い く こ と や 策定 推進し また 自然環境豊かで いていることはっきりと分か 期は2013年3まで4年間 入 れ て い く 方 針 を 示 し 語っそして 財政につ おいては 生は宝である 教育 へ投資をさら 4120人投票資格者と に推進していくこと 寄付 権威主義ない びび 赤で囲まれている部分から出土した 火葬された頭い骨 眼孔やあごラインから 右を向 名出席し 2名欠席 卓越性を高めることでき 日には意向調査投票実 金蓄積をしていくことな ち山田病院長は 教員から 部医科卒業 東京 年から本理事 附属病院 科 内分泌代謝 教授 長 専 門 は 内 科 一 般 で なってきていると思う と 高脂血症や糖尿病など 生 葬骨見られ 今回長選考には 山 るリーダーとしてふさわし 全会一致で山田病院長を選 るはブランド これから 田病院長ほか井上勲教 成 真理探究 知創造 事だと思う 伝統あ 1 7 5 1 人 事 務 技 術 調査結果によれば 広く 場だ と述べ 生を中 るだ もっと外に発 いと考えられること 意向 選考会議公表した決定 全的な支持を得ているこ 職員1155人 附属校 心とした教育推進や世界 究活動を適切かつ効果的に 施 さ れ 即 日 開 票 さ れ なっ有効投票総数は教 創りたい と今後展望を 水準研究体制整備 各 信して ブランド を 運営することできる能 分野連携強化などに力を 教 員 5 2 1 人 附 属 病 院 田中二郎教授 CS シス 力を有していること 情熱 術職員1070票 附属 と話し 生と対話重 どを課題としてあげ いても言及し 国へ働き 校教員477票 附属 視など 生立場を尊重 特に生教育に関して さ れ 常 勤 教 員 を明示しなら中期計画を く 職 員 に も 投 票 権 拡 病院医療系職員等386 する姿勢を示し 3 だっこう 700票 事務 技術職員 とした校風を生かす 院医系研究科糖尿病代 は から436票 附属校教 れや発信など国際化にも 謝 内 科 助 教 授 な ど を 経 て とともに 留生受け入 山田病院長は1951年 医療系職員等から302票 年から本臨床医系内 も述べ国立法人化 さらに力を入れていくこと 以降動きについては 自 と 全て部門で最も多く 山田病院長は 選考会議 律的に組織動けるように 時から 本部棟8階で記者 基 本 的 に は 評 価 す る 一 方 活 習 慣 病 研 究 を し て い 80 8面に関連記事 医療系職員等693人計 授 構造生物 長特別補 出し 佐 高 木 英 明 教 授 社 シ 理由は 同氏は 人格高 本7人目プロ選手誕生 票計3430票 投票率 選 考 会 議 に 先 立 ち テム情報工研究科長 と としてい 候補となってい長選 今 回 は 教 員 だ け で な 員1497票 事務 技 千代田区 で 日午後 時から行われ会議には 紙面から 日午後8 07 ス システム情報工研究 茨城県つくば市 天王台1 1 1 会見を行っ山田病院長 結果を受けて 得票を集め 陽 サ イ 子 バ ー 線 ダ イ 医 ン 療 H A L 先 福 端 祉 炎 用 上 医 販 療 売 開 に 始 9 8 5 2 2 坪井ロッテに4位指名 所 行 発 本 教 授 著 書 を 中 国 で 出 版 技 巧 派 左 腕 坪 井 ロ ッ テ へ 34 回 雙 峰 祭 刊 員から170票 附属病院 編集責任 荻野祥三 委員長 撮影 隅田聖彦 国際総合類 1 273号 考会議は如水会館 東京 と実行力を有し ビジョン 科経営 政策科専攻長 潔で 識に優れ 教育研 31 もだと知って欲しい め 心 病 は 身 近 な 悩む友人力になるた 苦しまないため 病気に 人かかる病気だ 自分 T E L : 0(853) は ま ず は 人 材 育 今 に 欠 け て い 赤で囲まれている部分今年発見された火葬場 青で囲まれている部分には昨年発掘された埋 22 2 0 0 8 世 界 柔 道 団 体 選 手 権 会 M 編集委員会 31 質問に答える山田附属病院長 年 平成 年 日 1

2 ボットスーツHAL福祉 方針で 北欧諸国へ進出 発する予定だ 山海教授は事業開始にあ た り H A L は 人 役 に 立つ利用優先 欧州で 教授 社シス 中心とな でなく 教員活動報告 年度から 年度 間 に 高 連 携 活 動 は 平成 り 本 教 員 や 事 務 職 員 場にすることもねらいだ 協力を得て進められ本 また現場県立高校教諭 模擬法廷お披露目 参加者による も多数出席し来賓土 司会もと 他類長 顧問弁護士出席し 県弁護士会長や山口卓男本 い他にも谷萩陽一茨城 代子社会類長 法専攻 では裁判実務を担当して 本武史本名誉教授は 本 見会では 参加者によ 懇談も開催 る懇談開かれ生に 生は優秀だ 覇気に欠 法廷見会 導 し た 本 澤 類 長 は よ 擬法廷リニューアルを主 お披露目にあたって 模 109裁判員候補者控え これから課題 と語っ アイディアを構想する トを切っ活用するため うやく模擬法廷スター 室で懇談あっ本澤巳 廷創設を主導しており 本 土本氏は 以前模擬法 見 会 前 に 1 B 述べ 行われ 発 な 意 見 交 換 な さ れ 教員各都道府県に派遣 2 4 倍 に 増 え 特 に 出 また 現在は活動範囲 両立することで社会貢献 本澤類長は 生は もちろん 一般市民へ向け た公開講座なども開きたい 出量を548トン上回った る計画を策定し CO2排 果ガス排出抑制などに関す 本は今年3 温室効 と考えているようだ CO2削減 こと 環境安全管理課 することなどを目標とし 出量を毎年2 ずつ削減 調べで分かっ比率にし て9 増加とな今夏 電気使用量増加したこ と最も多 く 削減対策として節電を O2排出 本 は 電 気 に よ る C は昨年より暑く クーラー ポスターで 節電呼び掛け 本CO2排出量7 これを受け本は 節電 重視してき今回排出 削減ため電気使用量5 6万9600トンを超える 腰塚武志副長 生生 と懸念膨らんだ ターとビラを作成し 全 削減 という見出しポス 通 達 緊 急 告 知 C O 2 量超過で 今年度目標値 などを各生支援室などに に入り 前年度同排 と原因と見られ 幸せなキャリア見つけ方 講演 自分力を将来に活かす 本OG講師に 年 以 上 経 過 活担当 は 事務室や教室 事にどう生かすかを生に 能 力 傾 向 別 に 分 類 さ れ ピュータなど省エネモー ワークシートによって した冷蔵庫廃棄 コン 動などで施設を使用する場 問題はない ただ 課外活 などは教職員協力あり ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 行 っ に 対 し て アドバイスする講演 幸せ 合は節電に気を配って欲し ぞれ異なることを発見する 持っていても考え方それ 他人と考え方差わ を見て来自分性格や 場で自分持つ力をどう生 かり とてもためになっ メッセージを送っ めワークシートを用いな たら参加したい と語っ トを企画する予定だ いきたい また機会あっ 後も本生に向けてイベン 日に死去 歳 お 本名誉教授 瀬 尾 政 雄 せ お ま さ い と生に注意を促し 研究室 執務室 同じ傾向を持つ生同士で ド設定 であり キャリアコンサル 加者は 同じ能力傾向を 灯 を呼びかけ 話をする場面もあっ参 なキャリア見つけ方 日に開催され講 タ ン ト エ グ ゼ ク テ ィ ブ など 互い価値観につい 生に対して 受け身 ま 来場した高橋みどりさん 就職はゴールではなく 画として行われた今回講 今日んだことを生かして ら 生 と 積 極 的 に コ 生団体ir is は 今 い 次回はもっとたくさん 植 田 氏 は 自 分 モ チ 生に積極的に関わって ベーション源泉を探るた 加する生まだまだ少な て い 馬 場 さ ん は 参 ほしい と語っ 国で開催されることになっ かすかを考えてほしい と 演には約 人来場し s アイリス 7弾企 社工2年 は ポスター スタート 自分で選んだ職 を迎え生団体ir i いる植田寿乃氏 年度卒 て会話に花を咲かせ じ め だ と い う 印 象 を 受 け 講演を終えた植田氏は本 コーチなどとして活躍して 師には 芸術専門群OG を5分以上離れる際消 自分持つ力を将来仕 しい模擬法廷へ期待感を よる質問に来賓答え 活 茨城県内にとどまってい 日に 性を培ってくれれば と や高校生本に直接訪れ るため 全国に活動を広げ リニューアルされた模擬 けこ模擬法廷積極 見する 研究室見 な さ れ 行 わ れ る 出 前 講 義 張講義全体4割を占め ど 過去4年間実績を教 ること求められ を果たして欲しい とホー 生産も計画されてい原 あり得る と語り 軍事転 用については否定し 子力や宇宙分野へ応用も 和ハウス村上社長は 今 行 わ れ 山 海 教 授 や 和 か 来賓として岩崎洋一 ハウス村上健治社長ほ 長出席し 員側から情報を基に掲載 ス化することでさまざまな 澤教授は データベー 閲覧者は都道府県 実施 課題見えてき教員に してい 形態 類など項目別に 開 設 さ れ こ こ で は 確認できるシステムになっ ムページ活用へ期待を述べ 世代へ食安全保存 ま な 研 究 発 表 行 わ れ 水 と 生 命 な ど さ ま ざ 日には 前日発表を総 括した発表なされ 行われる予定だ 次回は中 本フォーラムは今後毎年 模擬法廷 1B108 世界初試みに 海外展開も 本山海嘉之教授 知 も視野に入れ 回 試 み は 世 界 で 初 め て 用機体リース販売を首都 今回リース販売を開始し 機 代表取締役社長を務 失敗あればロボット産業 てい高校生からも気軽 HAL研究開発および生 自体に迷惑をかけしっ 圏 関西周辺介護 福祉 身タイプで 老化により低 施設を対象に開始しサ こ れ に 先 立 ち 7 日 に は た HAL福祉用 は下半 日から 和ハ めるサイバーダイン株式会 社は 本ホームページに にアクセスしてもらえるよ かりやりたい と話し 本教員高校に対し行っ 下した足腰筋肉や神経 療 介護施設を建設するな た活動をデータベースで紹 れ高校側へ広報だけ う 本生意見も取り入 産拠点となる社屋 つく どハード面で福祉産業に参 介してい高連携活 イバーダイン社は これを を支援すること目的 装 入していた ソフト面で 動をデータベース化し 公 は研究活動と教育活動を 着すると表皮に流れる微弱 も参入したいと考え 開するは全国で初めて ウス工業株式会社 本社 日から 高連携部屋 分けられたデータを一目で な電流をとらえ 歩行など あり 福祉分野でロボット 和ハウスはすでに 医 をモーター動力で補助す スーツを利用したい山海教 高連携とは 高校と 機能を自力で回復すること サイズはS M Lに 互いに連携すること ば市 園南 竣工式 分かれており 保守メンテ 授と思惑一致 本事業を で 高校生に多様な情報を 年間500台ほど出荷する ナンス料を含めたリース サイバーダイン社は 山 立ち上げることとなっ 阪 北 区 と 共 同 で ロ 万 料は両足タイプ 掲示し 豊かな人材育成に 万円 リース期間は5年だ 1回 海教授中心となり設立し 貢献していく活動であ 円 単脚タイプ た本発ベンチャー企 充電で連続約 分間稼働 ページ開設は 高連携 授 疾医 は 陽子線治療 先進医療となったこと いくこと課題であ 日中文化的 術的つな 委員会 委員長 澤義明 業 HAL生産 保守メ す今後は福祉用ロボッ 数は現在までに2000例 販売を開始した福祉用 HAL 両脚タイプ トスーツ全身タイプを開 ンテナンスを行う んを治す陽子線治療を 患 に比べ身体へ負担少な を超え 年から現在 センター長櫻井英幸教 者治療費を負担する先進 く すでに普及しているX 本は 例 ほ ど 実 施 し い 医 療 と し て 診 療 を 開 始 し 線治療よりも副作用少な すでに 中合同研究発表は本で 陽子線治療施設は国内で6 を周辺地域人たちに知ら 初めて試みであまた 本フォーラムような日 件 現在4施設たに計 高エネルギー加速器研究機 陽子線治療施設である本セ せたい 病院で唯一 ラム日中生間交流 環 2 年 は こ フ ォ ー 責任者馬場将人さん 生 生 行 っ た こ と で あ きな特徴は企画 運営を 治療臨床研究を行ってき 立てたい と話し 年 か ら 陽 子 線 セ ン ンターを教育 研究面で役 ターで同研究を進め 診療 画 ま た は 整 備 さ れ て い 構施設を利用し 陽子線 同院は5例目だ 治療にかかる費用は 照射回数に関わらず 248万4000円 照射 1回日中院生フォーラム 場になれば嬉しい と語っ 本フォーラムはディス カッションを主な目的とし ているため コミュニケー 他科目授業も増やして り構築も目標としてい き科研究みならず からは北京など61 ション能力向上も期待で 日中生集う 水資源テーマに発表 時 間 は 1 回 1 分 ほ ど だ 照準を患部に合わせるに 分 か か 同 院 得意とする肝臓ん陽子 線治療場合 5年以内に 本附属病院 先進医 同じ場所にん再発しな 19 半数を占めてい今後 本フォーラムテーマ 機関参加し 対応する科目中でも理科 は 生命と環境ため水 1回日中院生 17 日 総合研究棟Aで行われ 科目別実施状況 本フォーラムは生命環 フォーラム 全国初試み 研究センターにおける陽子 ると一定深さで完全に停 陽子線治療は 体内に入 療 として 厚生労働省に い確率は約 に達す 活動をデータベースに 線治療 7 受理され 止し エネルギー減少す 日には 未来に 年文部省初等中等 本名誉教授 助教授 年同教授 年 官 年本心身障害系 教育局特殊教育課教科調査 教諭 年同教育部附属盲校 特 殊 教 育 科 卒 1958年東京教育 高連携部屋 開設 資源 22 境科研究科主催してお 73 向けた水資源管理 次 72 理科 51% 日中研究者集まり記念撮影 総合研究棟A前 体育 そ他 % 3% 数 4% 医 6% 60 り 日本からは本 中国 届け出た 陽子線医利用 社会 % 進路 8% 情報 7% これを受け8から切 る陽子性質を利用した治 開せず 少ない副作用で 療法 手術によるん切除 少ない副作用でん治す H A L 福 祉 用 販 売 開 始 陽子線医療先進医療に サイバーダイン 陽子線医利用研究センター 2 08 年 平成 年 日 内総合

3 アメリカ発金融危機 は 今や私達生活にも きな影響を与えてい日 用品値上げ相次いだ り 株価乱高下したりと も一因であ食堂店長 使うよう心けていること 示し は語高いもは質 技 考えなくては と不安感を もをと思う と担当者 これ上ると再値上げも ことを考えると安全な国産 まりとらない という 忙 ているで自宅で食事をあ も利用す研究室に入っ 一方で2エリア食堂は 術 と も に 良 い も 多 い しい生にはあまり値上げ 廣原房さんは 食べるも まだ値上げには踏み切って 値 段 を 高 く す る だ け 自 信 は 関 係 無 い か も し れ な だから 量を減らすわけに はいかない という 値上 いない しかし2エリア もある と担当者は語 ないようだ 生もひとくくりにはでき にどような影響を及ぼし ン代値上げは生生活 そような環境で ガソリ 台 と 全 国 で も 安 い 茨 城 県 は続けるそうだ ている 今後もバス通 人 に 最 近 物 価 高 騰 に であ今回話をいた7 き不透明なは食料品も 原油価格に限らず 先行 リン代高騰は収まってき 確かに 食堂メニュー 給油では満タンを避ける 値上げは予算限られた 我々生には痛い しかし ただろうか 車を持つ ガソリン代値上り 生に話をい ず 利便性や安全性にもあ 食堂利点だから そ よって食費に影響はあった 生はこ事態をどう受 か尋ねするとカップ麺 い し か し 一 方 で 安 い 食堂良さは安さみなら げ後は安いメニューを選ぶ 1 万 2 3 千 円 か か っ た そ 時 ガ ソ リ ン 代 は 平 均 相 次 ぐ 物 価 高 騰 は 人増えており 毎日同じ りしない現在は 一体どう 食堂担当者は 現状まま それらを総合して 最 出費増えたは痛い 今 だったという 5千円近く フードマイレージという言 費 増 関 係 し て い リン代高騰による輸送 食料品値上りにはガソ た と 答 え 返 っ て き 終的に食堂をどう利用する 美 奈 子 さ ん 比 文 3 年 かを決めるは私たちだ 回話をいた7人全員 や総菜値上りには困っ というは正直厳しい 値 け 止 め て い る だ ろ う か れ無いとあまり来なくな 材 料 費 高 騰 な ど に よ り 車に極力乗らないように うだ 値上り前にはひと る食堂にも押し寄せている な い と い う 廣 原 さ ん は 上げ申請をしようか悩ん 西 川 千 晶 さ ん 資 源 4 年 ると思う と語るは松川 つくばを中心に そ現状 とうとう値上げに踏み切っ 昼食でにぎわう2エリア食堂 を 追 っ 本 紙 雪 丸 千 よ う だ 一 部 食 堂 で は 毎日同じもを食べると でいる と話す 本食 は 便利だから値上げして 子 比較文化類 牛尾仁 彩子 人文類 宮脇千佳 一方で 値段を維持し 値上げ辛さと 上げない厳しさ 実 高橋俊樹 社会類 ている食堂もあ現状を どうとらえているか そ 葉あるように 食料品 堂は営利を目的としない厚 今年 原油高騰や暫定税 燃費悪くなるという理由 様々な要因複雑に絡み 輸送距離長い程そ食品 生会運営している 赤 率復活に伴うガソリン代 で 満タンにすることを避 していた と主張 満タン 丈夫でも 年をとってから れぞれ立場から語っても 健 康 に 良 く な い 今 は 字では回らなくな経営 値上げ日本を襲っガ けた と意見もあっ らっ 1エリア食堂は 今年 しわ寄せ来る と警鐘を 努 力 だ け で は 限 界 あ ソリン代は一時 1リット 原 油 価 格 変 動 に は 私たち生活に今後どう は困難であだ 今 影響するかを予測すること 不安定な状況は ある意味 受けて 車からバスで通 価格も上昇す 鳴らす メニューサンプル 円値上げし企業 できるだけ国産安全な食 ル180円前後にまで跳ね 円値上りしたことを コーナー裏に 栄養につ そ れ に 加 え 値 上 げ に は 4から麺類を 円 ご飯 努 力 追 い 付 か な い ほ ど いて情報を掲示している 材を使いたいという思いも 類を で 見てみるも良いだ 合っているため そこと ろ う 今 は 米 値 段 一 込 め ら れ て い も ち ろ 塚 悠 一 さ ん 電 物 2 年 ある程度は落ち着いてきて で暮らす生 利用せず 申し入れあり 8下旬 りに伴う入浴料値上げ 業者から燃料用重油値上 価格1リットル130円 生も多い 現在ガソリン る生や車で通している 本には車を所有してい かし 結果的には車通時 い 通手段を変えし 安くなるではないかと思 車で通するより 少しは で 運 転 し な く て い い で う と語っ現在 ガソ いない ただ バスは自分 い う 金 銭 面 で は 得 し て 排出量削減には貢献でき より高くついてしまったと ているではないかと思 優しい生を目指してみて を機に お金に賢く地球に では生活を見直してみる は 1 5 0 円 を 下 回 る な ど に 変 更 し た 生 も い 末に だ また 中国産食材をで 食料費高騰続いたため 定 だ か ら 助 か っ て い る ん中国産安い 生 上っただ きるだけ使用せず 国産を バス通に変更 生活見直し考え には生活できない共同浴 日から190円料 に生へ通達を経て 9 は バ ス 通 経 験 あ り 場 そ入浴料値上り い した経緯と 今後展望に 年 間 を頼んでいる 社会情勢 金改定際は速やかな通達 し もっときく今回事 く生もいるだろう しか れてい 進行するではと考えら げ競争による製品価格低 態を見てみると また違っ 経営破綻し金融危機顕在 リーマン ブラザーズ て言えば 需要きく減 もっとも 食料品に関し 下生じ 今後はデフレに 今回入浴料値上 生生活課課長補佐高 舎料安いで我慢できる た視点見えてく日本 同時に切であるという など 前向きな意識改革 はどうだろうか いてはそれ程心配する必要 就職においては 普段か はないでは と話す 懸念されるはむしろ就 教 授 経 済 は 世 界 的 化したことで 風向き変 ら な い と す れ ば す ぐ に 定を取り消されたという報 わっ投機マネー引き 値段下るとは考えにく 際 メディアでは生内 る可能性あるからだ 実 によって企業雇用を控え 時期には 自分能力を 投 資 も 必 要 に な 逆 風 アップため意識改革や か を 考 え 自 己 ス キ ル 職へ影響だ デフレ不況 ら自分 売り 何な えられない以上 宿舎で暮 な潮流を見ていくと 今後 しかし 米手投資銀行 なる可能性も高いという を考えると先行きは不透明 経済を専門とする平沢照雄 らす生へ影響は必至 はデフレになっていく可能 就職見通しに不安 だ 負担を強いられる宿舎 風呂に入らない生活は考 だ と語っ 慣れてしまえば楽 CO2 チャンスともいえこれ ついて職員に話をい 年から約 170円という値段を維持 岡利嗣さんは 生反応 昭和 共同浴場入浴料こ いようない と話す 一 について 値上げ直前に値 りはしょうないとしか言 してき今年6に委託 9から値上げし宿舎 上げ前料金で販売されて 料金改定を機に 施設改善望む声 そもそも今回物価上昇 方 同じく一矢宿舎で生 は バブル一因であった 自分能力を磨け だ と平沢教授は話す 日本と世界どちらをみ しかし 平沢教授は 経 し そ ん な 時 だ か ら こ そ ないは間違いない しか ても 先行きはっきりし 済見通し不透明なは とはできないだろう 影響する以上 軽視するこ 響は文字通り生将来に 道もあ就職活動へ影 高めることに力を注ぐべき 性も高い と話す いた入浴回数券を買い求め 活する谷井ハンナさん 比 日々続きそうだ 生 に は し ば ら く 我 慢 る生 普段より幅に 上げによって原材料価格は い また穀物は バイオエ 投機マネー 石油や鉱物 資源など商品市場に流れ 対しては 頻繁に配管詰 下落し特に原油価格は タノールなど食用以外需 文 3 年 は 共 同 浴 場 に 込み 実需を超える取引 今後は円高による輸入価格 想 必 要 と も 指 摘 す 切だ そために生生 危機をチャンスに変える発 だけでなく エコバッグ 分やるべきことも見えて ことから 平沢教授は 財 生活面では単なる消費節約 くるではないだろうか 活はあるだと思えば 自 活用や食安全を意識する か を考えるプラス思考 れまでは アメリカでサ 下し 一時は100ドルを 引き下げ効果も出てくる 要 も 存 在 す と は い え 事実だ こうした時こそ 今 自 分 に は 何 で き る 1バレル ドル台にまで低 増えるなど変化はあった まるなど不満あ料金 にも目を向けて欲しい と 行われたこと原因だ こ そ後は目立った問題 はない 利用者数変動も 一矢宿舎で暮らす古田 特にないようだ と語っ 改定に伴って 施設管理 超えた北京五輪以前とは隔 機とした景気後退懸念中 世感もあまた 消費 布ひもを締めれば対応で ブプライムローン問題を契 きる次元話 値上げにつ つい最近まで 値上げに で 不況と物価上昇併存 意欲落ち込むなか 自動 今後について高岡さん する スタグフレーション 車など販売不振や 値下 語っ れ 今後生活に不安を抱 は 業者に対し 値段据 関する報道しばしば行わ 円値上り え置きを要望してい料 舞 子 さ ん 日 日 3 年 は るときな出費にな宿 といっても 々で換算す 専 門 眼家 61 共 同 浴 場 入 浴 料 は 金となっ 16 たかだか 平砂 追越 一矢宿舎 25 また 5にガソリン代 に す る と 車 体 重 く な り ガ ソ リ ン 食 費 1万円かからない程度 い う 状 況 だ と い え る か 生憩い場となってい もを注文する人も少なく 経済状況先行きはっき 食 堂内 風宿 呂舎 入浴料値上げ掲示を見る生 生生活 経済危機 どうする 07 年 平成 年 日 ミニ特集 3

4 曲と共にある 恋思い出 く 人を好きになる時気 持 ち そ 人 へ 感 謝 今こ曲を聴くと 夏 い 非 常 に 短 い 歌 な で す ビをふってもらい どうに こ曲は4文程度しかな できる帰国子女人にル 歌詞カードを自作し 英語 ぎるは早いですね レポ 悲にも しょうないで られない原因は曲自体覚え なかったみたいです 忘れ て それ以来こ曲を忘れ ある時唐突に思い出し れでも前へ前へ進もうとす 暑い日ざしや夕方校庭 ているです カタカナ そ当時はこ曲に思い 終わった後も練習してい サ ビ 部 分 歌 詞 気 に 表記で歌を覚えたため英語 ある地区予選会に向け 友達家に帰る中 駅 入っていただと思う 練 歌 詞 英 語 な で す かカタカナ表記英語で覚 で歌詞はっきりせず曲 日々を過ごした時期あり は叶わなかったけど そ 当時小生で 現在同様英 えまし同時に他歌も らこ歌を聴いたこと 時事はこ歌と共に今も 感覚と一緒によみえって 語変苦手だった私は口 完璧に覚え 結局 卒業式 なんて思 最後は どれだけ時間か 伝 部 だ け 暗 く な る 校 庭 習後だけでなく 実際に をピンと伸ばしたくなる くそして 思わず背筋 すればよかった かっても二人で幸せになれ に残りつらい練習をすると 走っていてしんどいときに れてい歌詞 なんだっ 何だって精一杯やって だ あころように 私 うとしたです 先生に まし パクでこ危機を乗り切ろ はそつなく歌いきって終え に3文目 誰かこ歌 意味気になるから 特 ら教えてください 歌詞を知っている人いた て精一杯やっている君 と 忘れたつもりだったです 卒業してからはすっかり そんな練習つらさを吹 ート提出期限と同様に け力自分に無いことを そんな時に それをやるだ たらいい という意味歌 鮮明に覚えています ちょ 思うと気分沈む日もあっ 何度も頭中で繰り返し流 く歌詞です 皆さんもい い た た め 放 課 後 は 有 志 ッション系校に通って バレ 説教と説法を頂き ミ 後はみんなでそれぞれ好き て息苦しくなっても そ る君 でありたいように な曲を熱唱しならダウン いう個所 足重くなっ を聴くと当時感情や場面 き飛ばすかように 練習 鮮明に思い出されだ をしていなぜか私持 反抗期で歌わないでは れまし s hsin b ks ua rkau. cr a c. tcscu. k. abc a. jp h in t suub ka u. a c. jp も どちらも相手こ と く も か な い ee- m - ma ail il を求めているわけではな なく 歌詞読めなくて歌 いることと 何年も前話 練習会に強制参加させら ち歌に ルーキー 入っ 過去形なは 当時音 から 心に残る曲を紹介す ていて 仲間にも 好きや 忘れられない るは私にはアルバムをめ あメロディ い も し 相 手 困 っ て えないにも関わらず無慈 い理由にこえ 自分 なで今はどうなっている 相手に事にされてない か分からないから 時過 に 父 よ く 聴 い て い た 曲 曲というは 今日という 成澤阿紗紀 社工1年 楽先生既に辞められて くるような懐かしさ感じ 俺 は こ 歌 に 励 ま さ れ てみてください 父も聴いた 私応援歌 浅井千歌 社1年 て夏から秋にかけて部活動 入 れ あ っ た 訳 で は な く る力になってい 知り それでもそうなるよ 簡単な響きで中身は難しい も奇麗だし 本当に心に響 詞で終わります 幸せって うど1年前事です 歌声 なありますよね まだまだあります 好き です う こ と は 日 常 茶 飯 事 で す あります そしてこ歌 ましそ時自分恋 う努力するって姿勢 みん そして1サビ部分頭 な人笑顔を見ると力わ 葉ではないですか 好きな人に伝えたくなる言 かった 直球な言葉だけど 気持ちを表現している曲で 君 い て く れ て 本 当 に 良 す 冒頭一節 君に出会え たか分からない 誰かを くというフレーズは誰でも なかったら僕は何をしてい 事で頭一杯になりますよ 好きになった時はそ人 ら れ そ う い う 意 味 で なぁ そ曲 と不思議 2人幸せな時ばかりで 生中でも思い入れある いう曲は私中時代ア で 私もサビ部分しか歌 日に だと思います こ 心に残る曲は 自分人 はありません 好きだから 瞬間とともにあ校 ルバム1ページでもあ 覚えあることでしょう 無ければ今自分は何を考 こそ余計な事をして後悔す 合唱コンクールで歌った歌 す こ歌にはそんな歌詞 た曲 は な い た め 所属してい正式な部で 曲は私通った小校卒 と感じてしまう 不安に という思いやり こ 国行動 つまり習慣 だ 私はこ一件で 両 いるなら 力になりたい とを思いやる上で行動 ティ ファミリーと呼ぶ 小 南部氏ノーベル賞に ル賞受賞につなっ 実証され 今年ノーベ 電 話 を か け て 来 ご 日 日本人友達私に 哲 も な い 一 言 だ あ る 何用事 何変 破れると質量ゼロ粒 応する対称性自発的に 究産まれ そこから多くしい研 物質と反物質は同量生 めてい宇宙初期では と出来るで注目を集 れ て い な か っ た 小 クォークしか発見さ ン ス ト レ ン ジ 3 つ た 当 時 は ア ッ プ ダ ウ こ理論提唱され 益川理論と呼ばれてい 導入した理論は 小林 に拡張しCP破れを 考えていた 南部氏と 賞は時間問題であると 益川両氏ノーベル賞受 清々しさを感じ 小林 評価なされる という 時 に 最 後 に は 正 し い 事は変喜ばしいと同 ノーベル賞を受賞された なかっ今回 ついに に なかなか受賞に至ら 普通だ しかし それは あって と言う め ん ち ょ っ と 用 事 約 束 な ど を 断 る 時 ご 話だと 日本人は誘いや ついて話し合っ彼 数日後 彼とこ件に 違和感を覚えなかっ 電話やり取りには特に う と 少 し 気 に な っ た づらいことあるだろ 込んだ 私は 多分言い 中国人思いやり気持 そ言葉背景にある だ そ習慣違 きく異なるところあ と こ ろ 日 本 人 は 感じ わゆる中国人習慣みた ちに気づかない なぜな ることだから くこと よ プライバシーに関わ 日本人はあまりかない に また 相手を困らせ シーを侵害しないよう らまた 相手プライバ 国人と日本人 行動は違 な い だ ろ う で も 中 人と同じように行動でき しい そうすれば 中日 う け ど 気 持 ち は 同 じ 友好には明るい未来必 ないように いつも心 相手誘いや約束を断っ ずあるもと信じてい は 余計なお世話になる た理由を かない こ けているからだ つまり ということを理解してほ 相手ことを事に と 日本人なり思い 国日1年 中国 国人は 何用事 かと 結 局 何用事 か く だ 本 気 で そ 用事 詳しい説明 やりなだ 思っているからこそ 中 し もたってないで 日本 日本に来てから2カ い に伝えなければならな ある背景を 両国人々 そため 習慣違いに よ り 円 滑 に 進 む は ず だ 知れば お互い交流も り気持ちあることを も どちらも同じ思いや え正反対行動であって ら来るもなだ たと いは 実は同じ気持ちか 確 か に 両 国 習 慣 は え っ 習 慣 で も いなもでさ 用事 といたはい 違いきさをつくづく 何用事 という言葉 間子だけ他粒子に比 電共役 林 益 川 両 氏 は 2 つ ふさわしい業績を幾つも めん 俺ちょっと用事 高い場合 そ磁石 成された CP対称性 同時受賞ということで 中国人にとって誠意な に潜んでい ちを精一杯説明し す されているか自分でも不 業 式 で 必 ず 歌 わ れ た 曲 で べて非常に軽いは何故 入 れ 換 え な ど 離 散 フ ァ ミ リ ー 4 つ 上げていることは日本人 バラバラ方向を向いて 小林氏と益川氏ノー 破れ効果で反物質 林 益川理論予言どお 二 重 喜 び で あ 物 誤解しないでね 何 思った私は 自分気持 私にとって忘れられない え生きていただろう と る 事 っ て た く さ ん あ り ま や 受験勉強中にいてい こ曲は私小さいとき 私心に残る一曲 私 Bメロ歌詞 君を守る もあります 自分とって 中時代 私は駅伝部に えずなぜこ曲チョイス す ドラマ そ男 副署 し ま っ た 行 動 を 反 省 し な 曲はたくさんあり そ曲 ご ろ に 思議ではあっ 長 主題歌だったそうで 人と関係でこうしたらう 対 称 で あ る た め 原 か という素粒子論 的対称性ある 自然 クォーク しかない場合 研究者だけでなく世 私にもやっぱり心に残る す こ歌詞は心に響 まくいくに とか こう 子磁石空間ど方 疑問に対して パイ中間 界ではそ対称性破れ にはCP対称性を破る 速 器 研 究 機 構 K E K 向にそろうかは分から 子は近似的な連続対称性 ている場合あ特に は 不 可 能 で あ り ま た たと考えるであ ない 一度ある方向に 自発的な破れに伴い現 中性K中間子弱い相 実験などで小林 益川 そろうとそ方向特別 れるゼロ質量粒子 南 互作用による崩壊で発見 弱い相互作用では2つ になり空間対称性壊 部 ゴールドストーン粒 空間反転 C 荷 れこれ 自発的対 子 である という解答 理論正しさ数年前に おける自発的対称性破 称性破れ であ クォークを組にして れ機構発見 に対し あって 行けそうにない 粒子と反粒子 2008年ノーベル て与えられ 界中研究者認めてい 南部氏はこ概念を素 氏 シ カ ゴ 名 誉 教 3つ目ファミリーを導 粒子理論に導入し それ されたCP対称性破れ 自発的対称性破れと を提案し こ問題を解 授 小 林 誠 氏 高 エ ネ 決しそ後 こ考 んだ え っ 用 事 っ え 正 し さ 実 証 さ れ て 何用事 ちょっ を発展させ 回転よ る 事 だ 研 究 先 見 うな 連続的な変換に対 性あまりにも高くそ は 理論持つ対称性 素粒子は物質を 分子 子現れる という定理 性 破 れ 起 源 解 明 ベ ル 賞 は C P 対 称 り 次々にしい3つ 理専攻 教授 ク ォ ー ク 発 見 さ れ 青木愼也 そ後高エネルギー加 彼は言いさして 黙り 入すればCPを破ること 自然に壊れてしまう現象 から原子 原子から原子 いるで 全体としては ン定理 を導き 素粒 南 部 ゴ ー ル ド ス ト ー 年かかるため 可能であることを示し ルギー加速器研究機構名 を言う 例えば 核 原子核から陽子や中 磁石にならない ところ 一 部 物 質 に 変 換 さ れ 低温では多く原子 残った反物質は物質と 性子 というようにどん および 自然界にクォー どん細かくしたときに行 ク3つファミリー 宇宙には物質み残っ 衝突で対消滅し 現在 献をし 対して与えられ 存在すること予言 に 子理論発展に多な貢 特 に 強 い 相 互 作 用 磁石方向一つ方 をする粒子中でパイ中 向 に そ ろ う こ と で 磁 ど方向も同等である 石 と な 今 空 間 要素ことであ 南部氏ノーベル賞は き着く物質最小構成 素粒子物理論発展に貢献 日本人3氏に贈られる は 現在宇宙に反物質 誉教授 益川敏英氏 京 ある種原子 ないことを説明するこ 都名誉教授 京都産 一つ一つは小さ と 業教授 3人素 な 磁石 とし 重要性認識される 粒子理論で業績に対し て性質を持っ 弱い相互作用理 て与えられこ小文 ている 温度 に5年 では3人業績について 論を3つファミリー 紹介しよう ノーベル物理賞 素粒子物理分野に 一言物語る日中差 自然界には P パリ 李 劼 リ カツ 強さもっとあれば 人と 考えることはないですか ね そんな時 もしこ恋 で す で す 心に残る一曲は川嶋あい 野村幸信 医2年 で テ マ ー ハ は プ マ ニ ン は グ 0 2 9 8 5 3 6 6 9 9 君 に と い う 曲 で 玉置浩二 ルーキー と られてい 次 次 号 T バ 号 E L イ テ ト!!!! 私 ゴ ミ 問 題 連 絡先 今 テ ー マ 心 に 残 る 一 曲 物理賞 南部陽一郎!! 08 年 平成 年 日 オピニオン 4

5 日本文熱に応える 140万部を売り上げる人 し 日本文全体発展に たも 現在 中国国内 版遅れるトラブル生じ 体何役に立つだろう 生物種多様性は 一 物 GM は どうして 遺伝子操作された作 できれば 入山人口も減 な国立公園を都内で梯子 瀬や八ヶ岳 きれば 尾 すことで 平地で増や にみれば ほとんど経済 理論生態は手法的 できるか生命線とな 済活動と結び付けること ンティブを上乗せし 経 理念にいかにインセ 人間生活絡む以 自然植生 借り物からできてい 上 経済原理理念や思 を東京ど それなに なぜか うか GMで温度耐性を 気 で 村 上 春 樹 熱 と い もつなれば と述べ はないだろ ばいいで ん入れて 種数を増やせ ガソリン値段上 真中 例え 根本原理部分を借り忘 想を凌駕す要は 如 軽減でき 両書は北京五輪により出 人文類文化講演会 ったら 車に乗らなくな ある地域 うか 何故 アンコール遺跡修復語る っアイドリングを無 ばビル屋 れ て い 自 分 を 含 め 変化させる り 保護区観光汚染も 深い黒古教授は 中国 くし CO2排出を減 ある種 上に出現さ 生態徒中でまじめに ことによっ 作物よりも危険なだろ 複数研究機関から依頼さ り口やレリーフを付け 周 生きていく でき 今 で終わるも に移行す から格上問 ics 経済をんでいる者も るには 今一つ経済を 日ランチ ことになっ う という 取り込む必要あ 東 logy で 終 わ る も て 午後から仕事に弾 洋経済報社 1785 o 少ない 生態格下 み つ く か も 知 れ な い は 尾瀬で あえて遠出をしたり渋滞 生共 准教授 円 しっかりとした物を描きた 抽象的な何かではなく スタイルをとっ リー見えてく9枚 を提示せず受け手に委ねる よって また違ったストー はすべて あえてタイトル つ作品として見ることに うと隠れていまた作品 り立っている 9枚を1 トラしま模様に溶け込も 枚 絵 で も 作 品 と し て 成 た つ 中 や 着 ぐ る み 中 力を入れた作品だ 1枚1 ないように 子供たちこ んぼ は 金澤さん最も 絵中ではオニに見つから く 手軽に日本代表的 に巻き込まれることもな 食べましょ せること 化できるかにかかってい 人為交配結果産まれた は 日本文研究ため 名城理工部溝口 越えて 足並みそろわ ベルで あるいは国境を 上で 相互 何に環境問題を内部経済 か 多様であればよい 参考資料とな中国研 れ 現代日本文などにつ 反対意見も多く 正直元に 1 9 9 3 年 2 0 0 4 年 披 露 全 解 体 に 対 し て は な か っ た 温 暖 化 対 策 は 作用する他 て 高山希 ならば 外来種をどんど 本黒古一夫教授 図情 中国社会科院研究員に 究者は そういった書籍を 体文脈を理解してもらう というテーマで行われ 戻せなくなるではないか 値段というたった1つ 皮肉なことに ガソリン 生物種を うか そも そも 保護 保全だけでは 種数は 到 底 増 え る は ず は な い それなに 何故種多 様性重要だと主張でき るだろうか 供モチーフであり 生き 生きとしたタッチで描かれ た子供たちは 子供好き で始めた保育園でアルバ イト経験たまもだ 9枚絵をあわせて1つ 少種植物を で店頭販売されてい われそれに伴い日本文 研究も進んでい村 メ 著 書 村 上 春 樹 論 中国で出版を打診された 必 要 と し て い る だ ろ う いて講演し 論文を執筆し 溝口教授は自身専門で ジナル方法を探すいい機 と 怖かっしかしオリ 全て列挙出 リーで卒業前に展覧会をや 小島 寛之著 参考資料として期待 こときっかけだ 中国で らしましょう スーパー 護保全対 物だけ 保 ある種生 囲を固定 補強したという でレジ袋を使わないよう ある 建築視点から経 価値を操作することに 来るだろ 業は想像以上にかり 社会科研究科現代語 りたい という思いを エコロジストため経済 上春樹や江健三郎に造詣 国で出版され両書とも は日本文研究機運高 と 江健三郎論 中 と語 にしましょう 外食やコ また溝口教授はフランス 日 ア ン コ ー ル 遺 跡 チーム修復した塔ゆ 象にしなけ 人文類文化講演会 ンビニ利用を控えまし 翻訳は 日本文専門 んでいたため 塔を一度解 ればいけな 1つだ 知識を持つ現地中国人2 術 調 査 と 修 復 事 業 ょう ことから始まっそう 蔵 仏 教 聖 典 を 納 め る 建 よって いとも簡単に足 いだろう 体し 日本チームで修復し えで 各所文やことば 会になった と当時を振り 並みを揃えることに成功 は 自 分 本 外 国 で 積み上げ式石塔は安定性 だっフランスチーム アートギャラリーT は卒業時に教授から 現代文化専攻准教授 リー T で実現させた か 細かいニュアンスを確認し 物 や塔構造を説明 ア 返っ 業はまず 翻訳者に原文全 合っ中国にいる翻訳者 ンコールにある建造物独 講演をいた室伏麻衣さ 特形態は耐震性を高める どれ1つとして 国レ J S A 日 本 国 政 府 ア 社会科院もそうち 明則教授を講師に招いて 以前日本で出版された本 ま る 一 方 そ 参 考 と な 近年中国では日本文 樹 ノルウェイ森 古 教 授 は す で に 出 版 さ 流行しており 特に村上春 中国語訳版で 翻訳珍し る資料は不足してい黒 いとされる作家論だ 今 回 件 は 黒 古 教 授 去 年 れた日本作家論や研究書 帰国後 幸いなことに 子供モチーフ絵画展示 してしまっ 欠かせなかったという を出すために高く造られる に し て い た こ と 分 か り やり残しを日本完全な形 応 用 す る た め 聴 解 と に残るように薦めら 教育博士課程修了 テンプル日本校英語 枚 展 示 さ れ 生企画 運営行う 野を手けるようになっ れたも 家業を継ぐ 生態理論化にヒント 展示された作品はすべて子 作品となる作 かくれ 本 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー 絵画 T ティータス 旧芸専 ギ ャ ラ リ ー で てい深く読んでそ ために研究を断念したこ 徳永 幸彦 とはメールでやり取り そうすると横風に弱く た め で あ っ た と 指 摘 し ん 人文2年 は 修復作 参考文献として読まれるこ なそこで四方に偽入 出版にあたり黒古教授 本文研究発展に貢献 読解プロセス関係を解 誇りを感じた と語っ とはうれしい 中国で日 は 自 分 将 来 に 対 す となっ父も薬事法な 明する研究を始めそ 育てと非常勤講 る不安と危機感を募らせ ど翻訳 取引先アメ 師 を し な ら 本 格 的 然 と 英 語 に 興 味 を 持 ち 小校からおよ 夫となった人は理解あ リカ人と交渉や工場視 熟知しているかにかかわ ラジオ英語講座を小5 び職場まで地元校に る教員だっアル ることをんだ こ経 年生からき始め 英語 通い すぐに結婚だなん バイトで翻訳や通訳仕 に退職し 両親に打ち 音楽 小説 映画に親 て 私は密かに脱出を図 と4に出国するため3 しんだ 時代はES っ留するため奨 して 博士課程を終えた に 母語言語処理モデ S部でディベートをや 察際に役に立ったと喜 1999年に こ ルを二言語教授法に り ボランティアで奈良 事を引き受けているうち んでくれそして 父 教授法研究をする土台 製薬会社を営んでいる 金制度 ロータリー財 に 気付けば様々な分 験は 言語習得モデルや 自宅近くに 祖父母だけ 公園などを案内する通訳 団留制度 を探し 日にかけて金澤信展 開 催 さ れ 金 澤 信 さ ん 芸術前期2年 出し応募し合格通知 内容を別言語で伝える翻 展覧会では透明水彩絵 形となっ 具やパステルなどを駆使し て描かれた 優しい色使い 明けたであっ でなく親類それぞれ家 ガイドをしてい ひらい あきよ 得たであ で研究を深める機会を を構えており なんとな ら 私は会社仕事をよ 苦労多い母を見な く重々しい環境中 気 自由と可能性を求めて 家 から脱出図る く手伝っ工場では英 しかし 姉卒業 を片手に 相談に行った 訳面白さを味わうと同 にある 開放的なギャラ 製品生産され 父はベ 翌に結婚すると 私 母校先生から TES 1961年生まれ 人文 トナムから来た人技術 L 英語教授法 とい 生企画 運営するギャラ 自由はさらに狭まっ 講師 助教授を経 あらゆる種類花嫁 て 現在に至専門は 張したりすることもあっ こと 私に研究職を目 とを語ってくれそ 言語評価論および英語教 時に 瞬時にいて理解 育 しなければならない通訳 指させたではないかと る分野であると知らされ 思っていそ後 子 う問は将来必要とされ には 英語力だけではな い話連日ように持ち く どこまでそ分野を 修業をさせられ お見合 留先も薦められる そせいか 早くか ままに決定し そそくさ ら英語世界をつなぐ重 指導をしたり 韓国へ出 語で書かれた輸出用 留生1人に依頼し作 ン コ ー ル 遺 跡 救 済 チ ー ム 直 し た 時 エ ピ ソ ー ド を 人と本に在籍する中国人 上っ公立高校英 い 絵でおもしろさを伝え たい と金澤さん 展覧会 に置かれたノートには絵 に対する感想数多く書か れ 金澤さんモットーは 展覧会を見にきた人心に またT では もしっかり届いたようだ 催され 日かけて もじゃ展 開 17 村上春樹論 左上 と 江健三郎論 右上 を持 つ黒古教授 語教員になった1年目に 本教授著書を中国で出版 要な役割を担っているこ 作品を紹介する金澤さん 作家論を中国語に翻訳 とを肌で感じてい自 平井 明代 08 年 平成 年 日 芸 5

6 えなら興味深くいてい 受け持つかもしれないと考 り 教職課程を履修してい 中校 高校教諭とは異な い参加者は院生を 小校を経験することはプ 開 か れ た 資 格 試 験 で あ 定試験説明会 を開催して とって 教育原点である 校教育に呼び込むためにと 含め100人をこえるとい ラスにな余裕あれば う 望 あ れ ば 開 催 す る と い 修必要とな所属する 年次から計画的な単位履 間割を作成することも可能 in ta ilを使って 時 類必修科目などと並行 だ 教職免許取得には 1 様に検索できるため Tw 単 位 たは幼稚園免許状基礎 る と話し 育 小校教員資格認 男教授 教育 は 生に 話し 資格として必要であこ 小校教諭 に関する科目 れに加え 障害科類開 教育再生 叫ばれる そ他は中校教諭と同じ 設 特別支援教育に関す 来年度も 生から要 今日だ 東京教育を 教職に関する科目 に して必要な単位を取るた 群教職課程委員会 委 できるため 顔見知りも多 齢まで何度も受けること Tw in ta ilは 現 い完成後は 本ホー システム開発に携わった 区分に沿って履修すべき教 lを上手に使って素敵な先 年 は Tw in ta i し 原因で悩む教師は多い ま 類卒業単位についても同 た 最近ではモンスターペ 実際にこようなこと 性も必要であこよう アレントなど問題も多様化 ことから 挫折を感じ な能力は社会人として身に してい教師として何を ケーションを取りなら仕 ついているべきで 教師に 要求されるかわからない 事を進めていくという協調 ていまた 所属する 生を目指して下さい と話 科表示されるようになっ に関する科目 など単位 角田孝昭さん 情報創成2 職に関する科目 や 教科 種 類 を 登 録 す る と 教 だ 自分取得したい教員免許 ブページで公開される予定 Tw in ta i l で は ムページ在生向けウェ ツインテール だ Tw in ta i l 今年中実用化を目指して 情報委員会開発している 在 ほ と ん ど 完 成 し て お り みを解決するため 全代会 るだろう そんな生悩 てい てしまったりする生もい 録されるなど機能も付い 雑で困ったり 取りこぼし と必修単位自動的に登 め 時間割を立てる時に複 を強調表示したり 類ご また 足りていない単位 教職免許取得サポート 単位以上 なくても に2年以上 う 担当教員である吉田武 チャレンジしてみては と 在 籍 し か つ できない しかし 文部 修得していれば受験でき 小校教諭免許状取得 本カリキュラムでは だ 特別支援校とは 視覚 にな 員 長 井 保 幸 教 授 教 教師になりたいという熱い 言 う 相 談 窓 口 に は 自 限ったことではない 社会 し か し ハ ー ド ル を 超 間 に な る た め 時 間 を 厳 で 覚悟必要だ えるまでは変だ やっ と 関 わ っ て 世 界 を 広 げ る てて良かったなと思える瞬 れ 染 谷 氏 と 高 野 氏 は 守するなど マナーを身に 教師になるためには 教 かより 本気になってやる といったことをで徹底 イ ギ リ ス 教 育 哲 者 じるだそうだ ま っ て 話 を す そ 時 壁あってもくじけず 教 師 冥 利 に 尽 き る と 感 すること事だろう あきらめない ということ ことを一に考えればお 同窓生とは毎年年末に集 常 に 印 象 深 か っ た と 言 う した土浦一高クラス非 話す 染谷氏は最後に担任 間は必ず来る と染谷氏は 気あるか切 子供 だ 教育者として使命感 になるために勉強以外で何 や 心 構 え も 必 要 で 教 師 をすれば良いか と悩む 教師になるため心構え 生も多い し か し 子 供 好 き 重要だと 高野氏は強調 る と話す 談員をしている校長経験 実だ 書類作成など事務 仕事務まらない事 という気持ちだけでは教師 いる校に就職し 授業を 教 師 は 子 供 未 来 に 直 接 いたと言う 彼は荒れて 1年で辞めてしまった教師 る と い う 格 言 を 残 し な教師は心に火を付け てみたいという気持ちだと ではなく 子供好き やっ は 職安定しているなど 教師になるに切な 師や職員と円滑なコミュニ ともあまた 同僚教 る以外仕事に追われるこ 作 業 多 く 子 供 に 接 す あまりにもかけ離れていた と 自分過ごした校と やクラスまとまらないこ 上手く進められないこと 語っ なって欲しい と染谷氏は 供心に火をつける教師に 関係する仕事 だから 子 郎氏に話をい 者 染谷信洋氏と高野二 ろうか 教職相談窓口で相 好 き な 教 科 を 教 え た い しやる気はあったに ア ー サ ー ワ ー ド は 偉 とはどようなもなだ ずとやることは見えてく 心に火をつける教師に に合格するだけでは不十分 員免許を取得し 採用試験 教 師 に 向 い て い る か ど う つける たくさん友人 人として最低限通用する人 教員採用試験 7 9 分は教師に向いているだろ うか と悩む生よく訪 教育実習 4年次 免許取得 理 教育実習 など 含まれ 科省実施する小校教 指導実践 に関する最終試験を受ける こと必要だ それぞれに 小校教員資格認定試験 害者教育基礎理論 など 思い 同じ志者と引き い 愛媛県採用試験を受 ればならない 木佑幸さん 体育専攻1年 最 も 切 な こ と は 自 来るだけ情報を集め 対 まとめること必要だ 加 く 教 員 を 輩 出 し て い 本生最も多く取 中校 高等校教諭 員 資 格 認 定 試 験 に 合 格 し 択 一 試 験 型 一 次 試 門科目や選択科目である場 に合格 証明書与えられ 都道府 合格することで 小校教諭二種免許状 県教育委員会に申請すると 授与され 本では 2年前から とは 広く一般社会人を 生希望を受け 5に全 単位以上で5つ領域すべ つけ 面接練習などで お け た 竹 村 京 子 さ ん 教 育 いう揺るぎない気持ちだ 教員採用試験まで 残り と5人は声をそろえ は語鈴木さんは4年生 分は教師になりたいだと えて 視線 表情 声 うやすやすと合格するほど 教科に関する科目 体育 日本国憲法など 心構え カあそれまでに出 同じ問題集でも 何度もや 時 部活に懸命で試験対 そような中 今年度教員 簡単ではない 不合格にな 教師になるにはどうすれ ば良いか 免許取得から 教科に関する科目 は や聴覚 肢体に障害を持つ 採用試験 心構えなど教員 国 語 で あ れ ば 国 文 など生徒を受け入れる 6中に出願をし 9 として採用されるだけでな 合多い 詳しくは履修要 記述試験型二 く 本 当 意 味 で 教 師 校教員免許だ 教員免許 免許を取得するには 教 覧を参考こと 知的障害者 肢体不自由者 とは可能だ 毎年 多く でいる人もい 生には負担もきい 1年 許取得できまた 次試験 都道府県教育委員会に申請 験 数であれば 代数 な 校を示す 本では 所定 に な る ま で を 追 っ 本 を取得するためには ど 単 位 以 上 取 る こ と で することにより小校教諭 職に関する科目 教科に そ他科目 は 日 視覚障害者 聴覚障害者 二種免許状を取得するこ 関する科目 教科又は教 本国憲法 や 体育 哲 異な所属する類専 職に関する科目 そ他 本生や院生受験し 実 綿密な履修計画を 科目 を所定単位数修 宗教 などであ 病弱者5つ担任領域か 際に小校教員道に歩ん か ど 取得する教科によって 類 柏零 鳥本剛司 社会 工類 得すること必要だ 教職科目は 卒業要件に ら2つ以上教育領域免 中校教諭一種を取得す 単 位 教 科 に て免許状を取得でき 互いに遠慮をしない 正直 している科目としては 障 挙げられ障害児指導法 な意見を言い合えるだと 専 攻 2 年 は 今 年 集 団 を取得していくこと重要 を受講している国総3年 だ 女子生徒は 自分教員 は8単位 そ他科目に 特別支援校教諭免許状 高等校教諭一種場合 特別支援校教諭 は 教 職 に 関 す る 科 目 取得を希望する人は 小 いう ま た 教 師 に な り た い 人 中 5 人 去 年 と 同 じ からこそ 1度や2度失 人だった という 中には 回以上受けている人もい ることで問題意図理解 策を十分にできず試験は不 こ と 事 で あ る と い う 敗も乗り越えられる と鈴 ここ2 3年本在校生 いる参考書をひたすら解く 卒業生を含めた教員採用試 となってい受験者数は でき 設問と一緒に覚える 合格であっそ後企業 教師を諦めきれず内定を取 り消し もう1度採用試験 採用試験に合格した5人に り 一時期目標を見失った 策を練っておきたい よ り 試 験 日 異 な る た め ことで 論述問題へ応用 増加傾向にある 地方に 効くそうだ 面接対策で 教員採用試験を受ける本 何度も受験可能であと ある務部就職課だ 毎年 揺るぎない熱意切 多く生ここに相談に 来就職課では各都道府 や 試験問題集無料貸し きさなども重視され を受けることにしだ 出しをはじめ ガイダンス よる体験談をく会就職 自分一人力では試験 それでも教師になりた 相 談 を 行 っ て い 特 に 課により開かれ 試 験 対 策 に 近 道 は な い には合格出来なかっ周 先生方に支えられ 合格す り 多 く 友 人 と 練 習 し かっそして 本院 教員採用試験は一定年 なるため勉強をし 試を受け もう一度教師に たり 面接練習をし一 5人とも地道に問題を解い 般 教 職 教 養 試 験 対 策 で ることできた と伊藤和 会に所属している各都道府 し 各県独自試験に対応 は 各出版社から出されて 規さん 自然4年 は語 出来るようになってい 県先生方に指導を依頼 面接 論述対策では 茗渓 翌年も試験に失敗しそ 等実施 面接指導 受験 県教員採用試験過去問題 社2カ前になり やはり 生相談に乗る ス パーセント 単位取得 1 3年次 に就職しようとした 入 験合格率は約 面接を受けたメンバー7 になった時 こんな生徒も 本障害科類開設 次から履修計画を立て 取 る 場 合 教 職 に 関 す る 科 含まれない場合多く 単 位 教 科 又 は 教 職 校 中校 高等校ま ついては 単位取得しなけ 科 又 は 教 職 に 関 す る 科 目 りこぼしないように単位 関する科目 は 目 は 26 単位 教 38 礒野潤 馬野裕子 社会 紙 光 安 素 子 人 文 類 よ う な プ ロ セ ス を 踏 む 得する 中 高等 62 は 教 職 論 や 教 育 心 る科目 単位取得必要 前身とする本は 毎年多 16 はいえ 試験倍率は高い は 伝えたい内容を簡潔に 31 チューデントプラザ2階に 教職論 教育心理 特別活動 教育基礎 教育内容方法論 障害児指導法 進路指導 教科指導法 総合演習 生徒指導教育相談 道徳教育 中校み 教員採用試験について説明する合格者 採用試験 先生 先生 と呼ばれるためには 6 特集 08 年 平成 年 日

7 応用微生物や応用生 物化を専門とする小林 達彦教授 生物機能科 専攻 ら研究チーム タンパク質スワッピン グ機能および規翻訳後 修飾メカニズムを発見 いて遊びに変化あると言 環境にいたと思う と言う 自身成長につなったと し て は 自 分 は 恵 ま れ た そトラブル一つ一つ 保護者とトラブルに関 でサポートしてくれ 逆に て は 買 い 物 な ど に 行 く そして 力低下につい など何でもよいから それ 時 も 昔 は 暗 算 を し な ら 人たちに 自分信念や夢 最後に 教員を志望する 教員数多い それによる とは違い 生徒に対する 本は東京など私立 視点 われ本教職相談窓 を迷う生多いように思 映してか 教師になること 思う若者を増やすことな 仕事をやってみたい と か し 必 要 な は 教 師 口には 教師になろうか ではないだろうか レジではいくらか分かって す う 野口さん子供頃は トラブルあれば校全体 クソ教育委員会 い と話し メンコや鬼ごっこなど そ ぞ れ 切 に し た い こ と 少人数指導可能である点 阪 府 知 事 橋 下 徹 氏 は ら 教 師 に は な り た く な る父に かつて教え子か こと 時期ごと集団から生ま まず挙げられさらに 現場から 教科指導法講師に附属 批判し分県では教員 そう言って教育者を痛烈に 教育現場は今どうなっ は子供達だっしかし ているだろうか 現役教 現在はゲーム会社売り出 応用的に重要であると 産上リサイクル面でも ら電話あっ在中は と またそつなり た時に多く先輩いるこ になっ いじめや不登校 尽力するは教師だけで良 教師に風当たり強い時代 校教師をしている母 採 用 試 験 で 不 正 発 覚 育 再 生 叫 ば れ て い 電話に驚いていた 1 現場へ批判目立つ し を見ていると 安易な教育 られ父教えた生徒は クラス生徒から手紙を贈 そような教育現場を反 題山積みだ し か し 再 生 た め に 時間近く話したようだ 小 8554人 院生含む に は 昨 年 担 任 し て い た また 本では現役教員 いだろうか 現在風潮 向けサポートも行ってい 力低下 教育現場には問 教員質問題取りざ きな強みだという たされる昨今である 質 科目と選択科目を別々に受 は国立中では屈指で 回に150人募集したとこ 2回 無料で開講し1 あり 1200人ほどを目 教師は人と人をつなぐ る 途 中 中 校 前 を 通 私アルバイト先から帰 を有料で開講するなど支 仕事だと実感し 井教授は本教員養 援も行ってい 成 シ ス テ ム 全 体 に つ い て 時には9時を過ぎるこ ろってい教員として ともってい私にはそ いか と評価し 在 財 講 道 館 道 場 指 で講師を務めた私は 現 いるように思え 馬野 ぶに恵まれた環境ではな 光 教育先を照らして 出来たことは私にとって 導部に在籍し 伝統的な 標としてい時間も必修 ため利点本には存在 そような教員を育成する で 少 し ず つ 何 か 変 年全日本ジュニ す かけえない宝物で 幸い 入間もなく複 柔道本質を守りつつ国 に あ時 経済 意を示すと共 場を借りて感謝 ませんでしこ 無くしてはあり得 監督 ご指導 隆先生 柔道部総 部 部 長 岡 田 弘 俣幸嗣先生 柔道 とはもちろん 小 きたいと願い ここで筆 た生生活を過ごして頂 で過ごすことなく充実し せん 後輩諸君には惰性 びを感じずにはいられま も指導者冥利に尽きる喜 でんでいます これに 講師時代教え子本 思 い ま し ま た 現 在 しくもあり 羨ましくも 輩達活躍を見て 頼も は 共に稽古した本後 優勝 的な事情で自分を 先北京オリンピックで 発 展 に 携 わ っ て い ま す 納得させ 諦めな 年度体育研究科 を置きたいと思います 講道館 コーチ専攻修了 財 平成 くてよかったと心 間 母校である足立園 院修了後 3年 から思います 小室 宏二さん 内外を問わず そ普及 年全日本生 わっていきまし ア優勝 恵を授かり 経済的にも これは周りで支えてく 数団体から奨金恩 経済的にも精神的に 安定した生生活を送る お前をに入れて も私 自立 であった やれる金 ウチにはな れた先輩や同輩いたこ と思います こと出来ましそし い 進 路 を 決 め る べ く して行った家族会議 そ 冒頭 父は申し訳なさ 今思えばそ一言私 そ う に そ う 言 い ま し ターニングポイントだっ たかも知れません 高 校 時 代 果 た せ な かった 柔道日本一 と いう夢 これを諦めて他 道 を 選 択 す る こ と 柔道指導員 進諦めず日本一つかむ 私には出来ませんでし 費ないならアル なりたい ではなく て何より 果たせなかっ バイトをし 自力で進 卒業してみせそして これを2度果たすこと た 日 本 一 と い う 夢 分に厳しく行動すること 果たせなかった日本一 な る そ う 思 い 自 柔道家になる そ決意 になることを勧め妹は 講できるようにな また で教職課程を取ってい 私妹担任になり 教師 ろ 毎回募集人員を超える 教育全般に関する公開講座 来年度から始まる教員 180人近く受講者訪 東京教育を前身とす い て 豊 か な 知 識 を 持 ち 免許更講習などもそ一 る本は そイメージも 的に始動する予定だ こ 募集人数も拡し本格 来年度からは有料となる れ 環だ 今年は試用期間とし 時間計 時 間 本募集予定人数 水 準 高 い ス タ ッ フ そ ともある 窓には灯り 時 間 と 選 講座は他も行っている 取得し 国立では上位 教えることに長け 教育に 択科目 て 必 修 科 目 類 本 紙 礒 野 潤 社 会 れない る日も遠くはないかもし い発見世界へ発信され るこ分野からまたし と し て 輩 出 し た 教 員 数 は 井保幸教授 教育 は語 を 1 パ ッ ク と し た 講 座 を 立から現在までに 観ある者ことだ と 輩出数を誇また 創 関する知識 いわゆる教育 人以上生教員免許を 名高い 事実 毎年500 質高い教員育成を あってか教員輩出校として 高い教員とは 教科につ ぼ 最近 マスコミでは 教 不 良 少 年 だ っ た 彼 か ら い とぼやく生い 教師仕事には魅力も多 い レ ジ ミ ス に 敏 感 っきりさせ そ思いを具 守りたいも何かをは 校ベテラン教員を招くな けたタンパク質置き換 こと い 中校教師をしてい だっ今はそ必要はな 体化する方策を考えて欲し え スワッピング をす 今回発見は 失敗を た と語 教職課程を取っていな い そような生活便利 い とメッセージを送っ ど工夫もしていそし ることで成熟化タンパク 繰り返しつつ粘り強く実 置き換えに使われる修 また 研究者を目指す て欲しい とメッセージ と 悩 む 生 相 談 に 来 さ 計算力切さを低 れる自発的な遊びを始める 下させていることにつな て何より 教員世界に出 子ども遊びに変化 究 科 1 年 に 話 を い 流 行 と な そ よ う 員野口真隆さん 教育研 したゲームやカード遊び ることもあるかもしれな また 現在メディアなど 立中校に籍を置くかたわ 現在 社会的要因強い ら 茨城県教育委員会から いるいじめや保護者とト 派遣者として本 でもきく取り上げられて 院に在籍してい 野口さんは ご両親教 ラブルや力低下などにつ あり教員道を選んだ 教 きな問題であり 必ず対応 員だったということなども い て い い じ め は 員を現在も続けているは しなければならない だ 現職まま亡くなった父 完全になくすことできた 存在きいとこと 志 かについては自信ない 半ばだった父遺志を自分 と話す 野口さん受け持 こと また 修飾 はタ 質を生成する機能だ こ 飾を受けたタンパク質に 生たちに対して 研究 日本古来発酵食品生 を送世界をリードす なりに果たそうという思い ったクラス中でもいじめ ンパク質中物質に化 考えは誰も予想しな 見つかっ小林教授自 験を行う中で思いもせず を 翻訳後修飾 という は役目を果たし不要と 室に入ると多忙を極め あこ方法は 本酵 30 はあった ケースごとに 小林教授も 他問 的構造変換なされるこ かったしい概念であ しかし 今回小林教授 なった成熟化タンパク質 そ前時期に や 素による有用物質工業生 強い と言う にも興味あった 世 パク質に 翻訳 した後 とを指す つまり タン 飾たな仕組み 規 ら研究により翻訳後修 使われておりいわばリ り た い こ と を や る な り は修飾されていないタン 96 野口さんは自分子供 違った対応をしたそうであ 界をリードする分野で自 何らか化的構造変換 従来 機能を持ったタ 翻訳後修飾メカニズム サイクル働き行われ 思 い に ふ け る な り し て パク質とすでに修飾を受 99 頃と現在子供違いにつ 分研究を世界に発信し 修飾 なされる過程 ンパク質 成熟化タンパ スワッピング機能発 て い る こ と 分 か っ そ後は 研究に没頭し ここでいう 翻訳 は タンパク質規翻訳後修飾 い たいと思いこ道を選ん 在に驚くと共 カニズム存 こんなメ ない発見だっ も予想だにし 身 自分たち だ と言う 今回発見 思いもよらない発見 タンパク質生成概念 ク質 は 翻訳 によっ 見されこれは従来 素修復にも適用可能で また 酵素活性化は酵 に 生命は面 産技術を引き継いで 日 て合成されたタンパク質 仕組みと修飾段階 白いもだと改めて感じ 本世界をリードする数 修飾 されることで きく異なこ仕組み はそ思い現実も 少ない分野1つでもあ つくられるといわれてい タンパク質生合成 となっ ま た 日 本 は 資 源 応 用 微 生 物 分 野 は 無い国といわれている 微生物資源に恵まれて 本と 教 職 野口さんは現在 県内公 に 流行遊びを生むは ある公立高校で授業風景 四季折々気候によ 小林教授専門とする し 注目を浴びてい スワッピング機能 教育を支える 再生 叫ばれる中 再生 叫ばれる中 り季節それぞれ多様な 14 タンパク質 08 年 平成 年 日 特集 7

8 技巧派左腕 坪井ロッテへ 本硬式野球部所属 ロッテ指名を受け 明 有 力 視 さ れ て い た ような技巧派左腕だ 両 親 に 報 告 し 夢 叶えられて良かった プロ1年目目標 ね と言われ 背中で周り選手を 在で チームでは常に柱 引っ張っていくような存 は 団に行ってもどこ世界 は実直な男で どこ球 督 体育 講師 は 彼 たことは に来て良かっ て 1勝したい となってい川村卓監 力をつけて とエールを に行っても恥ずかしくな まずは1軍に上っ 贈られ 年選抜高校 坪 井 は 入 る だ け で に出会えたこと 都会で させてくれた友人や仲間 校 出 身 坪井は 兵庫県立社高 感謝を胸に活躍目指す 坪井俊樹 体専4年 るい球団で選手び 野球会でベスト4成 はいけない 長く活躍で はなく 勉強に集中出来 びとプレーしていプ 日ドラフト会議 績を残し翌年 本 たことも良かっ でロッテに4位指名され ロ野球選手になるという に入し 1年生春季 きて実績残せる選手に 野球生活で心に残っ 中球団は阪神 と明言 9 日から平塚球場 行われていた首都秋季 神奈川県平塚市 などで 調本は春季リーグ覇 を追加され昨シーズン 点 春 に は 坪 で行われ 初戦相手は流通経済 い残る試合 戦力的には 勝っていた相手勢いに 試合動いたは3回 やられ自分たちで雰囲気を じて順位は チーム中7 今季は得点数リーグ2 位 年 今期 つ FW木島悠 体専4 得 点 を 挙 げ 遠藤 本田連打で2点を 川村卓監督 体育 講師 裏 山本ヒットで出塁し 壊してしまった と語っ 位 と 抜 群 得 点 力 目 立 1敗を喫し 者 東 海 と 1 回 戦 覇者 東海に手痛い た5回裏 打線爆発 52と3点リードで迎え 島健 体専1年 本田雅輝 は 秋は 先制 4回表 5回表も抑えた 関東サッカーリーグ 得点ランキング1位 他に 井に頼り切りだったチーム も西川優 同4年 2位 遠藤野歩 同3年 タイ ム リ ー な ど で 6 点 を 獲 得 継投策で勝てるように リーグ中7位 点 小 澤 司 同 2 年 坪井だった 6回表 上 杉 博 志 に 四 球 を 与 え た 後 位 6点 と続く また 1点を返され続くバッ 北区 などを会場に行われ 西丘サッカー場 東京 強くなり 特に4年生は 風間八宏監督は 個々力 前半課題だった失点数も ターにもタイムリーヒット ている関東サッカー 全員たくましくなってき 4日現在 なっまた 春は1試合 内野安打 ライト前ヒット 勝 負 を 決 め 投 げ て は 下だった 秋は4点を超 エース坪井俊樹 体専4 あたり平均得点3点以 年 8回と3分1を3 3と東海に圧勝し と語っ表彰選手および を 許 し 同 点 に そ 後 チーム全員全力を出 回までノーヒットに抑えら 雅輝 指名打者 ダメ押し4点を献上 そ 勝3敗1分け 前半から通 チ ー ム 調 子 に つ い て し 切 り 観 て い て 面 白 い 語っ 交代し 継投策を取る 日までに8試合を終えて4 ゲ ー ム を 期 待 し た い と 明治神宮会へ出場権 後もチャンスを生かせ 徐々に減ってきてい 続く 日2回戦は 5 ベストナインは次通り 走者一掃タイムリーツー リーグは 96日法政 す な ど 打 線 も 良 か っ た を打たれ 押し出し四球で 坪井俊樹 最優秀投手 戦で後半戦スタート 点に抑える好投を見せ れるなど 打線奮わず5 山本洋平 首位打者 遊撃 を入れられ 3連打を浴び 3点を先 ベースを浴び こ回5点 リーグ 取されそ裏に本田 をかけて争われる関東地区 日にかけて 横浜 し後半結果は 手 体専3年 青山直史 し本は9勝4敗 2 6回表には 先発坪井 外 野 手 同 4 年 本 田 両者1勝1敗で迎えた 2で敗れ に残っているし スタッ 位と健闘し 明治神宮会 一試合 一試合全て心 たことは 4年間良い時間を過ご 夢叶った と前向きに なりたい と意欲を語っ は8勝を挙げ リーグ優 く 坪井戦力として食 ロッテは左投手少な い と評価し 話し リーグから5試合に登 ま た 川 村 監 督 は 坪井は駆けつけた岩崎 板 年秋季リーグで 指 名 前 会 見 で 意 していた坪井 阪神左 洋一長と握手を交わ し まずはしっかり体 投手を補強ポイントに挙 げていたことから 獲得 勝は 首都リーグ歴代 勝に貢献し通算 フを決めるとき話し合 日3回戦 3回表に坪井 い込んでいける可能性 いも思い出深い 自分 日に終了 4 位 成 績 そ ほ か ある と期待を述べ タイムリーヒットで1点を 野球選手権会 首都リーグ最優秀投手を へ出場権を賭けた関東地 返す そ後は相手投手 3度受賞するなど活躍 選手生命をあきらめてサ 区野球選手権会へと は ま だ 伸 び し ろ あ る ロッテに指名を受けた ポートに回ってくれた部 バレー関東王者を 敗退し 4セットは で 連 取 な相手でも力を発揮できる 男子は中央や順天堂 を語っ セットカウント31で快 ようにしたい と意気込み 中西康己監督 体育 講 勝し 戦はフルセットに持ち込 師 は 主 力 に け 人 に勝利し 日本体育 出てメンバー入れ替え か な り 好 勝 負 を 演 じ 日 最 終 戦 で は あったこともあり やや守 むなど 上位校に対しては と差で 全日本インカレに向けて と 思 う と 話 し 子 ブロック賞 篠村矩行 個人賞は以下通り 男 いきたい と話し は確実にベスト8を取って しい時期ではある まず イ ン カ レ に つ い て は 苦 力向上課題 と述べ られなかった時レシーブ 多かっブロックで止め レシーブで崩されることも 悪い時には逆にサーブ レシーブ安定していた 授 は 良 い 時 は サ ー ブ 都澤凡夫監督 体育 教 グよりも一つ順位を下げ あり 5位だった春季リー で 落 と し た グ戦で選手層は厚くなった と試合で取りこぼしも セ ッ ト は 終 盤 に 逆 転 さ れ かっただ 今回リー しかし 成績下位 嘉悦と対戦し1 りなど好不調き で るか分からないで どん チーム 試合では何起き 員もい感謝したい 春季に続き3 位 決める秋季関東バレー 男子 6位に終わる 吉田健司監督 体育 講 女子は青山院記念館 守りで安定感も光った 嘉悦戦にて 日 に を圧倒し 男子はNECニューライフ 奏し次はインカレ優勝 プ ラ ザ 東 京 府 中 市 96日 禎浩 体専4年 を中心に を目指したい と話し われ昨年リーグ戦を 東 京 渋 谷 区 な ど で 行 制した本女子は9勝3敗 で春季リーグに続いて3位 に終わっ本男子は4 勝5敗で6位だっ 2連覇を狙った本女子 は 予選リーグを7勝2敗 し 決勝リーグで東海に と2位で折り返ししか 主導権を渡すことなく 坪井に現在心境や抱負 を見せ ず トーナメント1回戦で セットを奪っそ後も を い 本 紙 馬 野 坪 井 持 ち 味 は ス タ ジ ア ム 横 浜 市 中 区 で本 で逆転 そま 川 村 監 督 は す ご く 悔 3 セ ッ ト は 8回表にもダメ押し4点 秋季関東バレーボールリーグ 3ポイントシュート決 まり ま逃げ切り また日本体育は初 戦 序盤は日本体育立 5年ぶり1部昇格を決め ディフェンスに苦しみ 力 にまで引き離され最終 盤からオフェンスを昨年 本猛追始ま残り 並 区 な ど で 開 催 さ れ ピリオド キャプテン梁川 やり方に変えたこと功を ボールリーグ1部リーグ戦 2セットは一転して嘉悦 を発揮できないまま 点差 女子 6 分 鹿 野 洵 生 同 3 年 小 松 将 司 を 攻 略 で き ず 186センチ長身から 日 6勝2敗と好 日本体育と 日から入れ替え戦に臨ん 横浜工藤選手や阪神 抱負を 下柳選手目標 なる だ 現在心境は 裕子 社会類 まだ実感はない これ して 長く実績を残した べく1年目から数字を残 師 は 3ピリオド終 導権を握本は激しい 2部降格となっ て続けにシュートを決め主 90 駒を進め 投げ下ろす146キロ からやな という感じ 直球と チェンジアップ 球遅れて出てくるよう 最初に誰に指名報 に見えるフォーム特徴 回 1勝1敗で迎えた3 で ソフトバンク和田 い 回関東バスケッ 告をしたか 取り合いとなっ勝負 男子 を決めたは 本鷹 で5年連続 首都秋季リーグ 毅やロッテ成瀬善久 拓 殖 を 破 り5 連 覇 さおり 同3年 3ポイ トボールリーグ戦 9 日 明治 ントシュートだっそ 6日 勝3 流経に敗れ神宮逃す 30 敗れたため 最終戦を残し 後も連続してシュート決 和泉キャンパス 東京 杉 まり リーグ2部本は て3位確定し 関東バスケットボールリーグ 女子 でリードを保ち前半を い今回リーグ戦で見 ンカレに備えたい と今後 えてきた課題を克服し イ 個人賞は以下通り 最 優秀選手賞 伊藤奈 同 男子 5年ぶり1部昇格 点で成績はどちらも9勝 授 は 特に拓殖と 目優勝を決め 3ピリオド立ち上 折り返し り 本有明葵衣 体専 1戦は気合いを入れて臨ん 3敗 拓殖に2勝すれば 本優勝決まる 1 だ 優勝できてほっとして ときく点差をつけ最 終ピリオドへ 4ピリオ で勝利し 拓殖と2戦 前半 葵衣 アシスト王 鷹さ 4年 優秀選手賞 有明 で折り返し後 ド で も 順 調 に 得 点 を 重 ね 意気込みを語っ は 84 高敏弘監督 体育 教 敗でリーグ2位 1部7位 勝1敗では拓殖と勝敗 4年 バスケットカウン 日 回関東女子バス トや3ポイントシュートを 8 緊張1戦 本は好 調な滑り出しを見せ的 決め 本ペースに 日にかけ レージで勝負にまで持ち ケ ッ ト ボ ー ル リ ー グ 戦 同 じ に な り ゴ ー ル ア ベ 女子 66 おり 監督賞 高敏弘 広報委員会 提供 体育系 て 国立代々木競技場二 越す可能性もあっ 体育館 東京 渋谷区 な どで開催され本は で1 ピリオドを終え2ピ 勝3敗成績で 5年連続 確にシュートを決め 主導 日から行われるイン 回 目 優 勝 を 達 成 し 権 を 握 リオドは ペースを取り戻 い拓殖猛烈な追い上げ でついに同点に 激しい点 相手ディフェンスをかわす梁川 左 打線奮い2位 06 した拓殖追い上げを見 半 なんとしても1勝した 春選手権会で敗れた拓 かし本も粘りを見せ 41 岩崎長 左 と握手を交わす坪井 せ 残り6分で同点に し 日に 本は 殖と対戦しこ時 カレで優勝を狙う 年 平成 年 日 スポーツ

9 粟野 全試合負け無し 福見 一本で優勝に貢献 了徳寺園 出場し する状況だっ序盤から に出場し1回戦ブラ を決められない 開始2分 に抑えられて思うように技 積極性に欠ける試合をして んな相手と練習ひとつ 評価できるし 次につな ためか 高橋はやや守り もチームは勝利できそ られ高橋引き分けで かなく 一本 福見は立ち 終試合について 自分負 相手は後ろに倒れるし 勝 ち に こ だ わ ら ず い ろ 行ってい勝ったことは 全日本生剣道優勝会 けたらチーム負けと 福見は相手をもとも キ ロ級は山岸絵美 三井住友 調に勝ち上り 準決勝で 選 手 ま ず 面 を 取 ら れ 相手は今年個人戦日本一 小手を奪われ二本連取 続いて面に行ったところで されたため 本数差で本 1で迎えた将戦 副主将 高橋健 体専4年 2 早稲田と対戦し2 本取らなければチームは負 海上 と福見を中心に代表 姿 勢 で 臨 ん で し ま っ 講道館杯ではしっかり勝た ないと と話し 岡田弘隆監督 体育 准 日 日 で勝ちに行っ中盤に一 取りたかっどっちに転 高橋は 最後は日本一を 負け決まっ 回全日本生剣 道優勝会 決める 本 終盤にもう一本面を取 秋元とは対照的に 小倉 本武道館 東京 千代田区 けだっ高橋は無我夢中 楽しみだ と語っ 教 授 は 粟 野 は 2 3 試 争いをすることになるで 合目はどんどん前に出て 級川瀬孝司 同2年 は延長戦を経なら 粘り で開催され同会には 決勝でも 互いにポイ 勝成績を収め 本一を取ってもらいたい は自分果たせなかった日 果を受け止め後輩達に り 代 表 戦 に 持 ち 込 ん だ ぶかはわからなかっ結 校出場し 本は準優 と100キロ超級白本周 決勝相手は昨年度優勝 決勝進出を決め 初戦で昨年度準優勝校 高橋はここでも面を奪って ントないまま延長戦に突 入 延長戦では終始攻め続 阪体育を41で圧倒 監督 体育 准教授 は 男 分 け で ス タ ー ト し だ 師 は 個々力ついて 鍋山隆弘監督 体育 講 校国士舘 試合は引き と語っ 小倉は 優勝候補欠場 勝 ち 上 り 決 勝 に 進 出 苦しかった 負ける気 着いてい小倉は 勝負 面で二本勝ちし 21 には五分で どっち勝っ き最後試合も内容的 開始1分前後に外刈り するもはなかっ講道 強さは発揮したも き リ ー ド で 前 半 を 終 え てもおかしくなかっ来 宮崎東平 同3年 と 一本を決め秋元は こ 館杯では何度も優勝してい ちんと一本を決める技を身 ここから国士舘も意地を は物足りない 秋元は落ち 村上雷多 同1年 二人 試合に向けて頑張ってき る先輩に勝つことを目標に かいまだに分からな い でも勢いと運だけは あった と久保は当時を 振り返しかし 実際 は 勢いと運だけ では なかっ久保人知れ 勝負行方は将戦に委ね い と話し 力は 最後まで勝敗分 久保にとって野球魅 久保は本門をくぐ そ し て 2 0 0 8 年 春 われるでもなく 一人で か ら な い と こ ろ り 硬 式 野 球 部 に 入 部 日に横浜市長杯一戦 走っていた高校までとは リードしていた 相手 あっ序盤は本 質より量をこなし ただ 走 り 続 け 体力もつ 異なり 量より質を重ん 後 電車に飛び乗り 授 語自主トレーニング 何より収穫 と久保は 精神的に強くなった 体専4年 からはぶ 部先輩である坪井俊樹 とって鮮だっ同じ じる練習は久保に こと 久保本でも 目標は神宮球場で投げる 動 き 出 そ う と し て い うと思う とすでに次へ トレーニングもしてみよ ない 本紙 牛尾仁実 しい歴史を作るかもしれ 社会類 こ と 多 い と い う 考 識するかなど すごく勉 え方や体ど部分を意 強になる と久保は語 業予習 復習をやっ 今までやったことない 体 を 鍛 え 直 す つ も り わ ら せ な い 久 保 だ しかし それだけで終 苦い経験となっ 代 結 果 も 本 負 け イニングを投げずに交 抑えることはできず 1 訪れしかし 相手を 久保に登板チャンス 反撃してきたところで き 球 威 も 上 っ た 練習後ただひたすら 自主トレーニングを始め 責任と考え 誰から言 語っ に つ け る 必 要 あ る と 見せ 続く二人は引き分け こ 雪 辱 を 果 た し て ほ し 年こそは4年生ためにも たで良かっ次講道 久 保 貴 体 専 1 年 といてぴんとこない人 今回結果を 岡田弘隆 する と話し 目標にする と述べ 館杯は一戦一戦勝つことを 子はよく頑張った 女子 0判定で勝利し こ 日 秋 元 は 好 調 で け 時間いっぱい戦って3 し 勢いづく そ後も順 を収め 太郎 同 3位成績 勝 者 伊 部 尚 子 同 3 年 柔 道 で 決 勝 に 駒 を 進 め 準優勝 キロ級で昨年優 剣道団体日本一を 惜しくも優勝逃す つもりで行っ キロ級小倉武蔵 しなかっこれから 上りざまに小さくガッツ 福 見 は ま ず 試 合 に あ 決勝に駒を進め 持ちで前に出た と話し ポーズを見せチームも りあえず投げる という気 女子団体福見は2回戦 に出場 激しい攻防を見せ 悔しい と述べ 続けて る中で開始1分5秒 福見 まり多く出られなかった 内刈り相手を捕らえ 全日本生柔道体重別選手権会 優勝 専4年 昨年に引き続き し キロ級秋元希星 体 秋元 小倉優勝 生柔道体重別日本一 を決める全日本生柔道体 26 決 勝 で も 積 極 的 な 攻 め で だったきい 全試合 日 日本武道館 東 同 1 年 初 優 勝 を 果 た 2回戦以外を寝技一本で キロ 同点 に し 男子団体粟野は全試合 果敢に攻めるも 相手力 柔道国別団体世界一を決 秒 攻めあぐねた粟野に ジル戦は プレッシャーか 5日に らかなり緊張していたとい める 2008世界柔道団 体選手権会 東京武道館 東京 足立区 う 負 け て は い け な い 指導言い渡され 相手に ら選抜された代表国男女各 しまい引き分け チームは まうかと思われた 残り こままメダルを逃してし で行われ世界5陸か と い う 気 持 ち 出 た か 効 果 ポ イ ン ト 入 っ 8チーム力を競っ日 試合に敗れ 敗者復活戦へ 秒で粟野背負い投げを 本は女子優勝 男子5 重 別 選 手 権 会 しまた 仕掛け強引に持って行 手は韓国だっ緊張解 き一本で逆転勝ち 最終的 京 千代田区 で開催され 部安彦 同4年 と 敗者復活戦1試合相 キロ級で粟 け た か 1 回 戦 と は 違 い にチームは負けてしまった 本からは 人出場 本からは 位成績だっ キ 粟野は全試合に出場した きな実績を残し キロ級で形 ロ級で福見智子 体育1年 攻める柔道で戦っ結果 野靖治 体専2年 と 了 徳 寺 園 出 場 し は 指 導 ひ と つ で 粟 野 勝 キ ロ 利 チームも勝ち上っ ことについては 束正彦 さん 旭化成 けで欠 ま た 卒 業 生 で は 3位決定戦ではロシアと 場 で そ 代 わ り だ っ た 級ではアテネ五輪金メダリ スト谷本歩実 コマツ 対戦し23でバトン を渡された粟野 負ければ と謙虚な姿勢だ また 最 そ場で日本敗退決定 ト を 決 め に そ後は一進一退攻 防続い試合動いた は 分 木村シュート をきっかけに本4連続 得点を決め かしそ後 徐々に東海 に点差を縮められ で引き分け と言えば思い出すだろ で も 佐 賀 北 久 保 君 日体3チーム 6勝 う そう 2007年 こ試合で本 東海 1引き分けで並び 優勝争 夏甲子園を制した佐賀 して経験した久保は一躍 だ あ舞台を投手と 北高校優勝投手 久保 いとなっしかし 日 早稲田戦 日日体戦 ともに僅差で敗れ 3位に キロ級で小野卓志 水上一監督 体育 教授 優 秀 選 手 賞 石 立 真 悠 子 27 キロ超級では杉本美香 同 関東生ハンドボール 半よりもミス目立つ試合 善戦するも3位に終わる 東女体下し 度目V 男子 女子 は小松史果 同4年 と黒 展開となっ後半 分に と対戦 試合動き出した 木聡子 同 立て続けに 女子は最終戦で東女体 関東生ハンドボール秋 は開始 分 高橋恵 体 季リーグ8 有 名 人 と な り 佐 賀 北 終わっ ず努力し 優勝を支え 退場するも 追いつかれる フィーバー 中にい 専4年 速攻決まった 西武三監督 体育 教 し か し 意 外 に も 地 元 3と ミスを連発する中 本 山体育館 東京 世田谷区 後からだっ東女体 授 は 春季リーグで優勝 などで開催され 5連続得点し 試合となっ で声をかけられるくらい 日 全 個人賞は以下通り 最 し 気ゆるみ出気 久保は高2秋地方 を下し 優勝し 序盤 東海に3連続得 持ちをたにインカレに向 験 春甲子園出場を逃 点を決められたも 前 本女子は9 56 努力惜しまぬ九州男児 い と言う は 選手にケガあり メ 体専4年 優秀選手賞 秀選手賞 木村雅俊 優秀 個人賞は以下通り 優 語っ 勝で迎えた東京女子体育 きくリードししかし前 で逆転 し で前半を折り返し 人賞 宮崎翔平 体専2 年 どうして優勝できた 会で一回戦敗退を経 点を決め かしそ後再び逆転され 後半2分 キャプテン 木村雅俊 同4年 シュー し久保はそれを自分 で 特に自分に変化は無 日にかけて日本八幡 48 けて練習に励みたい と 9で前半 き な い 状 態 で 会 だ っ 子 石野実加子 同2年 春季リーグ覇者本男 しかし全戦通してミス 男子 少なく 良い試合をした 日 東海と対 戦しここまで成績は 子は9 半 分から本4連続得 撃に出たため 後半も本は堅い守りで を折り返し で東女体 ベスト4を狙う と語っ 両チームともに全勝 注目 ンバーを固定することで 高橋恵 小松史果 黒木聡 17 久保貴 体専1年 で制 半残り 分で東女体反 と最終戦を し 回目優勝を果たし 春季リーグ覇者本 男子は 善戦したもわ 上位入賞し 全日本総合で 失点を抑え コンスタント と思う 次インカレでは に得点を重ねしかし前 昨夏甲子園優勝投手 17 ことなく 38 顔 日9 女子 秋元希星 速攻で相手と競る石立 左 粟野靖治 小倉武蔵 本から粟野 福見出場 ずかに及ばず3位に終わっ 福見友子 08 世界柔道団体選手権会 08 年 平成 年 日 スポーツ 9

10 今 年 8 年生 弱者を命けで守り抜く 彼 に 接 し た 人 中 に は 法について問題点を指摘 日午後5時ことだけれ 原稿に取り掛かる数時間前 という 後 悔 か 自 信 か そ れ 答 え に な 生時代を振り返ったとき 胸に浮かぶ 室内楽コンサート 全6 曲 で 観 客 魅 了 に現代的な曲を挟んで全 奏者入場と同時に会場 6曲披露され は心地よい緊張感に包まれ 演奏始まるとホール は豊かな音で満たされ 観 外国人留生懇談会 留生ら交流 琴演奏披露も 日 留生や本教職員ほ 2エリア食堂で開かれ多数 長主催 外国人留 後半には緩急ある曲調 による 秋深し 小さな室 休 憩 を 挟 ん で 2 部 構 成 事な 秋 に耳を傾け 客はわずか数人奏でる見 生懇談会 内楽コンサート一回 管弦楽団有志 ルで行われ公演は途中 胸躍る先端科 山脈よう 人出演し ヴィヴァル に連なる歴史 自分自身を表現す 原点 生き方を運命づける一冊 には社会へと一歩を踏み出すため 4年間 人生中でほん短い間でしか ど 卒業論文を提出してき1週間 は1 かについて言及したも ない時間将来へきく影響すなぜ し どうクリアしていく 持ちを抱く人は一人もい 後最終発表だから 発行 ならば には全てあるからだ 腹立つ といった気 進出に苦しんだ清民 である 社会で実用化 される頃にはそれも終わっていること 墨 守 姿 勢 列 強 なかったと言う することまで視野に入れ 涯を終えた 情メ前期2 年 菊 地 尭 さ ん 本 紙 衆を勇気付けたことに触 普通生からは泣 だっ期待と不安ないまぜに ない 人生決断を 秋 に耳を傾ける 元 記 者 で 車椅子か れ 本世界遺産専攻 ら を連載し 業にも だ 果たしてうまくいくだろ と思う できれば笑顔で終わりたいも 遺跡を墨守できる 振り返って眺めれば 4年間 うか て研究を進めていた彼に か 希望へと続く 文であったと言う い た こ と な い なった中で臨んだ入式も 軽い 生活は長いようで短いも に 菊地さん訃報を 日 本紙編集部 いた読者からメール寄 自分に厳しい生 だった と担当教 しかし実際は 入してから今 官保史生准教 日まで千数百日も時間過ぎて 緊張を覚えならはじめて編集室 に多くことをばせて せられ 車椅子から そ 厳 し さ は もらいました とつづら い時流れを感じずにこ4 授 図情メ は話 研究にも表れてい 年間を過ごしてきたは 日々を 扉をたたいたも ほん数日 たという 菊地さ れてい菊地さん書 漫然と費やしたためなか それ 前ことように感じ ん取り組んでい に刊行予定紀要 図 き上げた論文は 来年3 連載で彼存在を知っ たは ICタグ とも時間感覚ねじ曲るほど てから 語りかける言葉 利用法について研究 書館情報メディア研究 近い未来ことでは か 社 会 人 と い っ た そ答えわかるは院と だ っ I C タ グ 利 活 パス図書館で閲覧する 速さで駆けた故なか ことでき惜しまれ に掲載され内では めぐって というタイト 中央図書館や春日キャン ルでA4用紙200枚に つつこ世を去った彼 望ましい普及あり方を もなる修士論文を書き上 迫られる事態に直面 する遠い将来 ふと るサークル ズームアップせずに た ら ぺ っ ち ゃ ら ほ い ほ い ディやブラームスなどク れ 観客を魅了し せるピアノ曲など披露さ 秋移ろいやすさを感じさ われ 琴演奏もあっ 食事や飲み物振る舞 か 岩崎洋一長出席し インドネシアから留 日 会館ホー ラシックを中心とし 途中 ンサートを見に来普段 4年男子生は ピア と感想を述べまた 社 ん シス情3年 は もっ ら留生メヘーデイさ かった と話し イランか と日本人生や先生とも た り 岩 崎 長 は 留 生 今回懇談会開催にあ ていたよりも観客集まっ カ国から1400人以上 エネルギーを感じ 話したかった と語っ て 嬉しい 今回1回と 主催者一人高田幸宏 している 2回 3 さん 数物1年 は 思っ 白い と話し ノ演奏すごかっ面 と 違 う 友 達 一 面 を 見 た ていたで すごく面白 研究留生 は 琴は初め 男 子 生 は 友 達 コ 生 ビ ダ さ ん 日 日 1 年 公演を鑑賞した数物2年 選 ば れ 本紙 関連記事 染谷さんは 本生は他 と述べ は 本 に プ ラ ス に な る 回も行えるようにしたい 留 生 を 受 け 入 れ る こ と と今後意気込みを語っ 参加したい と語っ来 てい外に目を向け 張し機会あればまた 気軽に挑戦して欲しい と 場した明治4年斉藤 交流ないでいい刺激 さんは 普段は美生と 話し い fo r m 成 長 楽 し み 今回イベントは 美 になっ今後Pla t 生映像や絵画を始め 交流を持つことを目的と 一巴さん 人間4年 は 就 主催者1人である高橋 とする作品を一般生解 と期待を寄せ して開かれ満席となっ 職活動中に意気投合した仲 説と共に展示し 来場者と 生団体Pla t for 美生と共演 文系生 プラットフォーム これは松山市 日本一 生に負けない能力を持っ まちづくり に取り組む 中で 全国生から意見 て募集している事業であ やアイデアを政策論文とし 生にまちづくりや行 政 に 関 心 を 持 っ て も ら い そ提案を市政に生かすこ m による1回イベント 持ってもらうことで 地域 たちに松山市へ愛着を 回 生 に よ る 政 策 論 文 染谷さん論文は 子ども 覚ギャラリーカフェ 品 と文系生集う 感 交 換 を す る 生 姿 目 う意味を持ってい今回 に芸術に関して熱心に意見 トフォーム は 場 とい 今回最優秀賞を受賞した S T E R E O 美 生 た会場では 飲み物を片手 間で団体を作っ プラッ とを目的としてい 最優秀賞に本染谷悟 は他生同士スケジュー さん 医科1年 松 生生活課ではポスターを 規事業立ち上げを目指 相次いでい被害拡 会にしい価値を生み出す Pla t form は 社 上映した日本4年青 自作ラブコメディ映画を 上げていきたい と語っ じ か に く こ と に な っ 一般生相互作用で盛り れ 出展者は観客反応を はいろいろな場を美生と 映像作品は実際に上映さ ル調整に苦労した 今後 分 ご ろ にかけてペデストリアン して今年発足し 本生を 日午前3時 を 防 ぐ に は 不 審 な 人 物を見かけたら警察に通報 室に届け出ること重要 美生2人から構成されて 情目前でわかるで緊 に活動を継続する予定だ し 小さな事件でも各支援 含 む 一 般 生 3 人 と 木久美子さんは 観客表 も東京を拠点として定期的 Pla t form は今後 作成し 予防策を生に呼 は夜間に ひっ れ る 事 件 発 生 し て お り たくりや変質者による事件 9 びかけてい 1カ重傷を負っ被 バットで殴られ 骨折など 9にも本生暴行さ で暴走していたところを本 山 使 キ ャ リ ア プ ラ ン に貢献できる人材を育てる に開催され 3 4 日 立っ 川区井町で 愛媛県松山市主催 面 に システム提案であ はいられない事件 漫画ような 日常 あ後輩を見守る卒業生 異 文 化 視 点 を 持 つ 留 生 瞬間に全力を賭ける顔 誰もう らやむ才能を持った同級生 い 車いすから眺めているだけでは手に 入れられない全てあ せ っ か く な ん で も あ る だ か ら どれでも 好きなだけ楽しめばいい 時間どころか後悔すら置き去りにし て ひ た す ら に 駆 け て い け ば い い はただひとつ 揺るせにできない そうすれば決断時 手元に残る 年25日発行 に 自信だけであろうから 本紙259号 掲載された 車椅子から 最終回 御 両親同意を得て掲載しまし 礎3年 は 今まで要望 じさせられ 多かった全を使う企画 遺したもはきいと感 事態となり 優勝者はじゃ グ普及あり方や利用 んけんで決まっ ら帰宅する途中午前3時 害を受けた院生は研究室か なれば と語っ できて良かっ来年につ る人を探し出すという ス 生委員会企画責任者 エリアを使用して隠れてい げてい現在ICタ 用と社会生活変化 す 8 な言葉を一度も とっては 序章となる論 励んでい筋ジストロ ことを祈りたい と 彼からはそよう フ ィ ー と 闘 い な ら も 読者に語りかけ き 言 を く に 生き生きと過ごした5年 また 3年間連載 半生活を追っ ら では 生活 を続けた 車椅子か 本に入し そして ことだけではな 年4 菊地さんは 同年 本紙編集部に入部 く 社会にも広く目 館情報メディア研究 を向け本図書 約3年間 記者として活 科に合格決まった 躍し 1年生時には 本紙 時にはお世話になっ 1 面 コ ラ ム つくば おろし を執筆し 墨 か い つも必ず誰 りには い 地さん周 そんな菊 ちをつづっ 感謝気持 れた友人に た先生や励ましてく 回秋季スポーツ デー ケールきな種目であ 活 動 範 囲 広 い た め である渡辺晃良さん 工基 連絡手段として携帯電話 密告中 は1 2 を使用し かくれんぼ 乗った 歳くらい2人組 ご ろ 黒 ス ク ー タ ー に に 何を見ている と因縁 日深夜 天久保 をつけられ 暴行されたと いう 2丁目でも同様手口で被 関係は不明だ 黒ス 害出てい クーターに乗った若い男2 96 家 唱えた博愛思想と 袴ははためくで走りにく は2 3エリア体芸 からなかった人8人出る 日 に 慶彦さん 人文2年 は 部 3エリア かくれんぼ では結果的に最後まで見つ 回 秋 季 ス ポ ー ツ した鹿島神流武道部渡瀬 要望多かった企画実現 4132人参加 メンバーで毎年こスタ イ ル で 参 加 す る 恒 例 デ ー 会場で開催され今回 1サッカー場など内 スポデー参加者は延べ デー選手権では1日目に 生委員会企画スポ かった と語っ 種目予定され 4132人 サークル企画 を含め全 ていた 2日目は天候に れ ん ぼ 行 わ れ 密 紙記者目撃してい 人組 平砂から体芸食堂 美しい音色に満たされたコンサート会場 17 平塚線会館近くで 本院生男性 2人組男に顔や頭を金属 恵まれずソフトテニス降 密告中 2日目に かく 雨によるコート不良ため 告中 は今年春スポデー パ ワ ー ア ッ プ 版 か く 地域に貢献できる人材を 5年半軌跡 で 行 わ れ た 密 告 せ よ には 生をはじめ教職員 れんぼ は毎年アンケー 秋季スポデー恒例駅伝 全試合中止となっ 参加も見られ 男子部 意見を実現させた形となっ とミニ駅伝部では道着 トで実施要望多かった 本生最優秀賞受賞 菊地 尭 車椅子から 作者菊池尭さん 袴姿ランナー観客目 夜間外出に注意を 07 回生による政策論文 駆けた時間 揺るぬ自信 男子院生重傷 暴力事件相次ぐ を楽しませ袴姿で参加 たすき渡しにもユーモア光った 鹿島神流武道部 年 平成 年 日 生生活

11 今年テーマは 回雙峰祭 炎上 をテーマに 日3日間行われ初 男など企画も 近年最高4万人来場 た出場者たち クイズ 手 紙 発 表 フ ァ ッ シ ョ ン 晴さん 世界ため あ なたにできることた ショーなどを行っ 同時に観客投票によっ くさん国と日本つな て決定したグランプリ発 り を テ ー マ に 講 演 し 医師であり写真家でもある 表され初代男には 選 ば れ 結 果 発 表 後 小 林 英 紀 さ ん 自 然 3 年 に準男小泉和平さん ン実際医療現場をスラ イドで紹介しなら 現地 山本さんは アフガニスタ で体験談を語っ 売り上げは 天川清 掃費用にあてるという 企 画 集 ま れ で披露した息合った漫才 ンピオンに輝く 宮 唯 さ ん 物 理 2 年 は園祭を振り返って 本 をもう一度披露し 会場を プラネタリウムを展示 園祭にあわせて 日 か ら 発 売 し 3 日 間 で 中には面白いと言って 個 まとめて購入した保護者も るトイレットペーパー 当 施設紹介など載ってい 載ってい面白いと思 自分でも知らないことなど 女 子 生 は 生 製作秘話など説明を受けた 商 品 を 実 際 に 手 に 取 り い 初はうすい緑地に緑文字 う と驚いまた 岐阜 ツ ク ル ク ル ッ は 内 310個を売り上げ 見にくいことから 白地に つくったもだし 面白 県から来た保護者は 生 という設定だった印字 青文字となっこれに 製作者である戸谷朱里さ ちょうどよい と話し 変 更 さ れ を そう 珍しいからお土産に 伴い 匂いも森林香りに 創る を受講した 通称 つ ん 知識図書2年 は 1 沸かせ小林さんは 漫 作りました というワッペ 年かりで製作したも くつく 生ら 私 一つ売れる度に胸熱く 年は晴天にも恵まれ 来場 ンをつけ呼び込み 店内は 者方々に気持ちよく園 たくさんお客でにぎわっ し グランドチャンピオン UTショップでオ に輝いた天文研究会代表 リジナルトイレットペー なった と語っ 時間くらい は こ企画を通じて皆と う 協力していただいた皆 飯田一樹さん 工シス3年 祭を楽しんでもらえたと思 噂をきつけた保護者 て 男 座を競い合っ ん 人 た ち か ら 声 援 を も 人所属してい部 現在群生 院生を含め 1 9 8 9 年 に 創 設 さ れ 美しいフォームで泳ぐと う ち 3 日 は 水 泳 に あ て く週5日行われそ 将荒木俊弥さん 医療 たら忘れられない と主 間達成感は一度経験し 照らされて野球場駐車場 早朝4時 明かりに は 100m 泳げなかっ に渡ってい入部当初 泳 サッカーなど 多岐 め 出身競技も陸上 競 員多くはから始 自転車 マラソンに繋 だけ体力を使わずに 次 行われる水泳ではできる ていレース最初に いう基本を中心に練習し 流も盛んだ 毎年夏に開 多く出来 他と交 ない分 顔なじみ人 科2年 は言う を行っ山崎さんは カ 通り最終日 TIME 日 後 は インディーズバンド 夜祭中で発表されこ LOST IN 一般道路などを音声によ 園祭実行委員会委員長 に参加するためだ トトライアスロン選手権 会 日本生スプリン トライアスロンは3つ 積 ん だ 頃 に は 1 5 キ ロ つりそうになりな 最後マラソンでは 足 く励まし合いなら過酷 ということにかわりはな りき レースへと向かっ 朝日を背に受けそれぞれ 宣揚歌 桐葉 響き 雲 一 つ な い 晴 天 中 メートル泳げるように なってい なレースに挑んでいく トライアスロン好きだ さんは語しかし 皆 めるは難しい と荒木 中 クラブを1つにまと 掲げる目標に差ある ン バ ー 類 違 い や とバトン渡され メ 行われ 3年から2年へ インカレ後代替わり から参加あっ は明治や国士舘 志を増やしてい今年 ら参加もあり 年々同 会では競技人口少 招かれフィナーレ ンボジアで経験や山崎さ 雙峰祭グランプリ例年 2008行われ今年 企画は来場者に 印象に 協力とNGO と題し講演 ん自身国際協力に携わる かれる合宿では 他か 合優秀企画グランドチャ る指示に従い走行する設定 競 技 か ら な り 水 泳 日に行われるトライア 全員集まっ げ る こ と ポ イ ン ト だ 企画へ投票してもらい 各 り上り 3日間に渡る雙 知システムデザイン研究 だ 体験を終えた生環1年 自転車 マラソン順で い ろ い ろ だ オ リ ン ピックと同じ 水泳1 5 キロメート ル 自転車 キロメート 確かにトライアスロ ゴール目指して懸命に走 に 開 か れ る イ ン カ レ で ンは過酷なスポーツと言 チーム目標は毎年夏 会に積極的に参加し 1 そために全国各地 工類 ト ゴールテープを切った瞬 ル主流だ 練習は曜と木曜を除 われる 順位によらず 本 紙 鳥 本 剛 司 社 会 ン ク ラ ブ は ライアスロ 年間練習に励んでい キロメート ル マラソン ら 呼 吸 も 荒 々 し い 中 3つ種目を極める た部員も約2カ練習を 女 日後夜祭中 室 では すでに実用化さ 女子生は 教習所で 続けてレースを行う 距 峰祭幕を閉じ れている自動車運転に関 体験を思い出しエンジ スロンシーズン最後 する技術シミュレーター ン音など本当に運転してい 離はレース種類により 断今年も行われ 女性限 また骨粗鬆症MRI診 るようだった という でUNITEDステージに 部門に表彰を行うも 総 て開催され仮面をつけ 画後夜祭スーパーライブ 販売開始され本 や 生 ら 購 入 し て い き パー ツクルクルッ 才で笑わせてやろうと思っ て参加し 女グランプリに輝 日 に 会 館 練習した と語っ 様にお礼を言いたい とコ 努力することで 結束強 会館国際会議室で講演 クイズでは 腕相撲や ら っ た は 人 生 で 初 め て 年 は こ れ ほ ど た く さ まってよかった と話し メントし 会行われ 午後6時から UNIT 日2日間に渡り ズ 自作手紙発表をし 出場者自己PRやクイ いた稲葉絵美さん 比文3 ホ ー ル で 行 わ れ 5 人 男 自 然 4 年 と 自 己 P R れ 昨年度よりも1万人近く多い約4万人来場者足を運んだ 日ごろ活動 いを見せ 本紙 光安素子 雪丸千彩子 人文類 礒野潤 牛尾仁実 社 会類 宇治田輝之 隅田聖彦 国際総合類 柏零 鳥本剛司 社会工類 敷き そ上で営業され リートブロックや板などを 喫茶店 は天川にコンク を そ れ ぞ れ 催 し 水 上 くれて 良かった と語っ 園祭実行委員会や各団 ト 天川水上美術館 結果的にお客よろこんで 体企画連日催され 1日目 水上美術館 も同じ場所 で開かれ さまざまな写真 天川では 日 展示され 天川清掃を行った生団 ゆ もあ 代表町田 にトライアスロンクラブ EDステージでは 目玉企 小豆早運びなども取り入 うれしかった と述べ 日には国総卒業生で 花火と共に会場はいに盛 いて語っ 日にはNPO法人宇宙 Fo r Sa fe ty 認 展示され高速道路や そ中一つDr ive 団体参加 研究成果をアピール 毎年おこなわれている 団体参加し 内研究企画に 今年は 健登さん 国総2年 は 天 あ る 山 崎 勝 さ ん カ ン れられてい 310個を売り上げる 残ったり面白かったりした 3日目 雙峰祭から販売開始 企 画 集 ま れ 水 上 喫 茶 ま で 長 か っ ボジア農村で考える国際 本オリジナルトイレットペーパー ようになった動機などにつ 雙 峰 祭 グ ラ ン プ リ ドライブシュミレータで運転制御技術を体験 船地球号事務局長山本敏 体 ゆ もあ 天川 男 2日目 を披露する研企画や個性溢れる模擬店並び 燃えさかる火炎ようなにぎわ 日は雨に見舞われ 模擬店午前中運営停止となっ残り2日は秋晴れに恵ま 水 上 喫 茶 店 を ウ ォ ー 川清掃から始まり 今回 ターフロントプロジェク 講 演 会 バルーンアートによるパフォーマンス 40 定 で 診 断 を 無 料 で 行 っ MRIによる骨密度計測 は 人体に与える影響な にも数少ないもであ く計測装置としては世界的 参加した比文4年女性 は 研 究 成 果 を 体 験 で 述べ 22 後 夜 祭 きてすばらしい と感想を トライアスロンクラブ 生団体 ゆ もあ によるキャンドルライト 43 女 回 雙峰祭 天 川 研企画 炎上 34 回雙峰祭 08 年 平成 年 日 生生活

12 天皇皇后両陛下行幸啓 妃両陛下をご案内するた スペイン 国王王妃をご案内 天皇皇后両陛下 国賓 として来日中スペイン国 め 日にJAXA宇 前黒板で集合場所を確認 を持参す 装で 赤い体力測定カード や本などを行幸啓す す共通体育を受講して 屋外体力測定 両陛下は JAXA いない群生や院生 共通体育を受講している 8 メ ー ト ル 走 各時間に実施す 日 不明な点は体育センター 準研究員室まで 回つくばマラソン 走 当日は運動しやすい服 ハンドボール投げ 分間 測定項目は も こ期間に測定でき 行い 測定は 雨天場合は通常授業を 宇宙センターを視察後 午 共通体育授業時間内に屋 1 5 日 に か け て 投てき場で行われ 後に本を訪問 ロボット 共 通 体 育 時 間 に 実 施 スーツ HAL を視察し 生 と 懇 談 も 行 う 予 定 これに伴い 内各所で交 見るチャンスを得るとい 最 初 一 歩 を 踏 み 出 す 生は当日 体育センター 然出会った先輩に 社会 外体力測定陸上競技場と きっかけ はしい 回つくばマラソン ト は 4 2 1 9 5 キ ロ 式 会 場 と な ス タ ー キロ 日に開かれ主催 メートル部 こと実は一番難しいん はつくば市 茨 日 午 前 9 時 半 ですけどね と笑ってい 城陸上競技協会 読売 す しい世界に関わる た印象的だっ 社 うこと と染谷さんは話 人はいろいろなこと ことだ 以前からボラン ことで しい経験や出 を経験すでも そこ 福祉研究会を紹介された 会い生まれほぼ一 からどれだけ成長するか きっかけを呼び そ連 ティアに興味あった染 からサークルづくりを は自身心次だ と染 鎖中で多く活動と人 谷さんは 子どもたちに したピアラでは 多く つ な っ て い く 愛 勉強を教えるというボラ 経験や出会いに恵まれ 今自分を形作ってい 誰も不安になしか 界 に 飛 び 込 む と き に は も入場無料 最終日6日 などで開催され3日と 36日 会館 分 問 い 合 わ せ ナーを開設 特 別 講 演 は 要 予 約 先 催事 ら午後3時半にかけてパ ネルディスカッション 総合政策 所は 日に開催 場 究棟A107 日女性 日本総合研 南 嶌 宏 氏 女 子 美 術 行 わ れ パ ネ リ ス ト は 区 と仕事未来館 東京 港 日は参加申し 教 授 な ど 4 名 入 場 無 0 2 9 8 5 3 6 5 3 6 続き 賑やかな紙面になり 記事 とても怖いです 男 一方で 様でし 分にかけて基 さまざまな林で夏から冬 にかけて見られる毒キノコ で 症状は急性アルコール 中毒に類似す かさを火であぶり放置す るとハエ死ぬため ハエ トリタケ異名を持つ 毒主成分はイボテン酸 といい うま味成分でもあ 秋に収穫して一冬乾燥 させるとイボテン酸化 変化し とても美味になる もっとも 完全に無毒化 という で き る わ け で は な い た め 食用にはならない 写真 文 松﨑誠司 生資2年 野生動物研究会 じゅーんずおーんぐわんぐ Marg ina l わんぐわんぽひゃしゅっぽ Ga te 境界人と体芸 ん 本芸術専門群構成 中央棟 業 展 示 造 形 パ フ ォ ー マ 込み必要 問い合わせ 専 攻 総 合 造 形 コ ー ス 授 料 当 日 参 加 可 能 問 い シンポジウム市民と芸術 合 わ せ 参 加 申 し 込 み 日 本会館 くりために から1時 恥 ず か し か っ た ー 調 講 演 午 後 2 時 5 分 か に 1人で園祭を回った ア ー ト シ テ ィ 実 行 委 員 ンポジウム 係 担当仏山 担当 木島正志 会 対 象 は 一 般 高 校 生 ac.jp ふぃろふぃらりたどば 生 当 日 は 午 後 1 時 日 午 後 6 時 2回日独国際会議 少 ん ご ー ん ん ず 090 9830 9948 じょわっすらりほわー 位にランクイン 4位は伊坂幸太郎 モ 位 魔王 年後設定 ダ ン タ イ ム ス 本 書 は 9 ず 最 作 聖 女 救 済 ガリレオ旋風は衰えを知ら 続 き 容 疑 者 X 献 身 今1位は先に引き 雨 天 決 行 問 い 合 わ せ 子高齢社会と家族ため 開 場 午 後 6 時 半 開 演 にて 術系棟2階ラウンジ他 y o u g g e i j u t s u. 本 人 文 社 会 科 研 究 科 ン ス 受 講 生 に よ る 身 法専攻 国際シンポジウ 体 を 用 い た パ フ ォ ー マ ン tsukuba.ac.jp 芸術系 創造まちシ ム 係 ス 公 演 さ れ 本 芸 に 炭 素 ふ れ あ い コ ー ア ー ト を 楽 し み 育 む 街 づ 0 2 9 8 5 3 2 7 2 0 午前9時半午後3時 総合交流会館 回炭素材料会年会 炭素材料は百面相 回炭素材料会年会 競 技 場 ゴ ー ル 表 彰 タ ー ト 地 点 に な る ほ か 0 3 5 1 6 6 0 2 8 7 時 メートル部同日 回生による政策論文募 ンティア活動一歩を 媛県松山市主催 踏み出し 本年も本構内ス 集事業 で 最優秀賞に る と振り返 リ ニ ュ ー ア ル さ れ た 陸 上 つくばマラソン事務局 震起こっここで し 最初一歩を踏み出 こ こ で ん だ こ と 谷さんは言う 未知世 ボランティア活動に積極 ピアラ後輩たち中 す勇気あれば後は自然 半年後 潟県中越地 選ばれた染谷悟さん 医 科1年 はこう語る ボランティアサークル 的に関わったこと二 には 染谷さんように 面に関連記事 リーダーから サークル きっかけとなり 染谷 市 東京で活 先には面白 予定は次通り い世界広 会館 ってい 一歩 ていくも とつなっ 団体まとめ役 つくば 一歩を踏み出すことで 動など 在中 に 以上も団 人と活動連鎖できる 体を駆け抜けて 勉強しか見え き 文化系サークル連合会へ さん 人輪 は次 ル化賞を受賞した白川英 て い な か っ た 高 校 時 代 テングタケ 時 に ノ ー ベ 着 順 問 い 合 わ せ ホ ー ル に て 主 催 は つ く 樹名誉教授による特別講演 究 を 行 っ て い 今 ま 午前 で自分に多くびを与 現在は類でんだ生 ス自分得たきっかけ 物を活かし 医研 こ活動で出会った先 で 今自分道り 進む人もいるという 先 輩から 生ボ 輩方轍 わだち プラ ランティアセンターピア えてくれた社会に今度は に広っていっ を経験したい そ中で 出来今度は後輩たち だからこそ では勉 自分たな能力を見つ ラ 代 表 職 を 頼 ま れ 今号はおめでたい話題 という声も 本当にお疲れ まし長予定者発表会 子生すら怖いと言うつく 14 強以外さまざまな活動 けたい と思ってい 自分何かを返していく いろな活動に関わってい 見後 編集室に泊まり込ん ば夜道 部員何と言お 品書籍化であ グ で連載された 伊坂作 漫画週刊誌 モーニン と問われる所から話は始ま か か り 勇 気 は あ る か に突然拉致され 拷問され だ 主人公渡部拓海 男 50 番だ とこれからもいろ 歩んでほしい と激励す く意気込みだ さまざま で原稿を書き上げてくれた うと朝型編集作業は続け 東野圭吾/文芸春秋 聖女救済 自分轍を道しるべ 伊坂幸太郎/講談社 一つに 彼ら自身道を な可能性を呼んでくれる 部員 坪井選手独占イン ようと決意しましみん 東野圭吾/講談社 流星絆 いうことはしい世界を 後輩に何かを引き継ぐ 人鎖は これからも染 タビューに成功したら ぜ な 早 起 き 頑 張 っ て ね 編 デジカメに00万画素はいらない たくきよしみつ/講談社 人から何か頼まれると し ま う と い う 染 谷 さ ん 谷さんことを取り巻い ときは 思わず涙ぐんで て い く だ ろ う 本 紙 しいと熱心に頼みに来た部 ひともきく取り上げてほ 集長 松本典子 人文2年 竹中式マトリクス勉強法 竹中平蔵/幻冬舎 そんな染谷さんに最初 14 発 表 会 魔王 石田衣良/文芸春秋 灰色ピーターパン きっかけ訪れ偶 後輩に何か残したい と 光安素子 人文類 員 中には 取材ため 伊坂幸太郎/講談社 モダンタイムス 面暴力事件 いう気持ちを強く持って 染谷さんはサッカー関 い 自 分 彼 ら に ひ とつきっかけを提供で 連たなサークル立ち satoru_someya 末 締 切 連 絡 先 4 年 間 は と て 上 げ メ ン バ ー を 募 集 中 きれば と話す も短い やりたいと思っ たことはすぐにやるほう 染 いい と後輩にアドバ イ ス す そ 一 方 で 谷悟!! 14 図 国 際 会 議 東野圭吾/文芸春秋 50 で す 高瀬正仁/岩書店 数詩人 岡潔 発 行日 予 定 東野圭吾/文芸春秋 容疑者X献身 編 集 後 記 次 号 は 図鑑 シ ン ポ ジ ウ ム 二エリア食堂で微笑む染谷さん 会館書籍部ベストセラー 35 撮影地 文化系サークル会館駐車場 ガリレオ苦悩 本紙 染谷 悟 さん 医科1年 王ファン カルロス1世王 宙センター つくば市千現 通規制行われ 回生による政策論文 最優秀賞受賞 ガイド 08 年 平成 年 日

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

001-014.indd

001-014.indd 0 0 6 版 始 バ ブ 日 本 取 巻 済 向 伴 市 変 化 対 応 0 0 8 版 0 0 版 0 版 ご 改 重 ね 回 第 5 弾 版 0 版 バ ブ 異 功 97 コ セ 見 開 ペ タ 97 項 目 説 明 将 来 次 視 野 入 ど ざ 状 況 ビ ネ パ ソ 皆 役 立 月 ダ ボ 議 参 加 竹 平 蔵 慶 應 義 塾 学 教 授 六 本 木 ヒ ズ 月 末 開 催 セ ミ ナ

More information

bunko_shinrai_bp_0108.indd

bunko_shinrai_bp_0108.indd 1 2 3 じ じ 誰 法 突 然 質 問? ド キ ッ 多 豊 築 切 理 解 構 築 音 約 〇 年 様 々 グ ロ バ ル 企 業 秘 外 国 エ グ ゼ 4 5 じ 二 エ グ ゼ ア ス タ ( 秘 ) 対 等 ビ ジ ネ ス パ ナ 三 日 在 住 数 年 契 約 赴 任 決 期 ミ ッ ョ 達 成 緊 迫 ね 環 境 三 理 由 心 同 体 げ 聞 深 パ ナ ッ プ 二 三 脚 エ

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川

天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 開 催 趣 旨 日 本 三 大 祭 の ひ と つ 大 阪 の 天 神 祭 に 奉 納 す る 2007 日 本 国 際 ドラ ゴ ン ボー ト 選 手 権 大 会 を 7 月 15 日 ( 日 )に 大 阪 大 川 天 神 祭 奉 納 2007 日 本 国 際 ドラゴンボート 選 手 権 大 会 ( 第 8 回 アシ ア 選 手 権 ペ ナ ン 大 会 最 終 代 表 選 考 会 ) 開 催 要 項 開 催 期 日 平 成 19 年 7 月 15 日 ( 日 ) 08: 45~ 17: 30 予 定 練 習 会 7 月 7 日 ( 土 ) 8 日 ( 日 ) 1 4 日 ( 土 ) 午 前 10 時 ~ 午 後

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 2 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 渡 仏 90 周 年 記 念 蕗 谷 虹 児 の 描 く ド ラ マ チ ッ ク 絵 本 原 画 展 婚 活 イ ベ ン ト 和 ス イ ー ツ を 囲 ん で 楽 し い ひ と 時 を 新 庁 舎 駅 前

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科

Microsoft Word - 現況_教育_61_06_神戸大学_人間発達環境学研究科 06. 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 Ⅰ 人 間 発 達 環 境 学 研 究 科 の 教 育 目 標 と 特 徴 06-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 06-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 06-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 06-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 06-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 06-10 分 析

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に

最初に あなたの働く目的は何ですか? という質問をしたところ 20~50 代のすべての年代において 生活 家族のため と答えた人が最も多かった その割合は 20 代が 63.6% 30 代が 74.0% 40 代が 83.8% 50 代が 82.5% だった また 全年代共通で 第 2 位が 自由に 王権 働く目的 モチベーション に関する実態調査 働く目的 第 1 位は 生活 家族のため 若年層ほど お金 を重視 働くモチベーション 76.8% が 給料がもらえること と回答 一方 出世 昇給 はわずか 8.8% 12 月から就職活動が解禁となる 就活生の多くが 一度は 何のために働くのか という質問を 他人から受けたり 自問したことがあるのではないだろうか しかし現実問題 働いてみないと分からない

More information

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。

○小林会長:只今会長に仰せ遣いました小林と申します。よろしくお願いいたします。委員の皆様方の御意見を尊重しながら,柏市民の健康増進に努めていきたいと思います。 平 成 2 7 年 度 柏 市 保 健 衛 生 審 議 会 健 康 増 進 専 門 分 科 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 2 7 年 8 月 2 7 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 2 開 催 場 所 ウ ェ ル ネ ス 柏 4 階 大 会 議 室 3 出 席 者 (1 ) 委 員 小 林 正 之 ( 会 長 ), 佐 藤 紀 子 ( 副 会

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護

イ ン チ ー ザ ヴ ィ チ ェ ン ツ ァ ヴ ィ ッ ロ ル バ ( ト レ ビ ゾ 近 郊 ) ヴ ィ ン チ ヴ ェ ル バ ニ ア ヴ ェ ロ ー ナ エ リ チ ェ カ タ ー ニ ャ ( 3 月 ~ 1 0 月 ) ( 1 1 月 ~ 2 月 ) 5 0 ユ ー ロ 以 上 介 護 イタリア 各 都 市 における 滞 在 税 ( 宿 泊 税 )の に 関 して 平 素 は 格 別 の お 引 き 立 て を 賜 り 誠 に 有 難 う ご ざ い ま す こ の 度 2 0 1 1 年 1 月 1 日 よ り ロ ー マ に お い て ご 宿 泊 の お 客 様 を 対 象 に 滞 在 寄 付 金 ( C o n t r i b u t o d i S o g g i o r

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

じ 成 功 必 ず 勘 4 ポ ツ ビ ネ 流 大 切 本 書 手 取 ご ざ 本 運 命 大 変 日 常 活 私 ち 無 意 ち 多 選 択 強 パ 混 み 合 時 列 並 ぶ 初 訪 土 地 食 事 ラ 選 ぶ 夜 番 観 テ ビ 番 組 選 択 論 理 頼 習 慣 身 選 択 正 後 チ ェ ク 5 じ ち 選 択 違 気 違 働 決 断 機 会 増 ば 然 精 度 高 天 才 先 天 鋭 神

More information

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案)

平成13年度 光市文化センター事業計画 (案) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 光 市 文 化 振 興 財 団 光 市 文 化 セ ン タ ー 事 業 計 画 光 市 文 化 セ ン タ ー は 光 市 の 特 色 を 踏 ま え な が ら 歴 史 芸 術 科 学 な ど の 文 化 活 動 の 普 及 発 展 に 尽 く し て きた 27 年 度 も 教 育 や 文 化 の 充 実 発 展 に 寄 与 す

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 11 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 5 日 ( 金 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 まちの 顔 愛 称 決 定 赤 谷 どんつき 祭 り しばたん 観 光 バス 赤 谷 どんつき 祭 り 見 学 ツアー 月 岡 温 泉 どんど 祭 り たけつね 堀 部 安 兵 衛 武 庸 縁 結 びスイーツ

More information

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超

針 決 定 針 案 受 休 暇 制 度 不 足 使 頑 張 超 追 及 要 希 望 時 夜 試 始 土 陽 気 回 エ ポ ワ 賃 幅 賓 共 産 党 激 励 帯 挨 拶 民 主 党 党 メ セ ジ 寄 厳 態 ほ 青 入 循 環 試 意 欲 報 告 6 針 ざ 万 署 幅 夜 改 善 サ ビ 超 6 岡 内 丸 番 号 療 局 電 話 -6-8 F A X -6-8 URL http://www.iwate-ken-irou.org/ 編 集 発 野 毎 回 発 8 号 刊 号 青 ボ 交 流 青 ボ 交 流 比 高 原 目 P 回 事 異 P 東 北 地 協 討 論 集 ニュ P 万 署 結. 議 要 請 P 女 性 ニュ P 青 ニュ 6P ぶ 当 発 表 P 退 ぎ 集 共 地 震 特

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 2 5 年 度 第 6 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 2 5 年 8 月 3 0 日 ( 金 ) 午 前 1 1 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 住 民 票 の 写 し 等 第 三 者 交 付 に 関 す る 本 人 通 知 制 度 子 育 て き ら き ら カ ー ド の 利 用 が 始 ま り ま す 地 域 支 え 合 い 団 体 の

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 27 年 度 第 12 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 2 月 29 日 ( 月 ) 午 前 11 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 はる ラ ン まん づつみ 春 RUN 漫 しばたジョギング 大 会 in 加 治 川 桜 堤 得 する 街 のゼミナール まちゼミ 紫 雲 寺 支 所 移 転 しゅんじょう かくいち 講 演 会 市 島

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd

KF_お母さん、明日、ほくの会社はなくなります_責.indd 母 明 ぼ 仮 扉 横 須 賀 輝 尚 3 面 識 神 田 昌 典 氏 マ ケ 識 勇 気 田 健 氏 物 語 温 気 持 ナ ポ レ オ ヒ 哲 恵 マ ユ モ 溢 五 感 使 数 者 ノ ウ ハ ウ 挙 申 訳 憎 読 増 由 関 係 豊 4 5 信 夢 必 叶 結 局 売 疑 奥 底 周 囲 む ぜ ぜ ジ レ マ 々 普 通 平 凡 キ 識 向 無 平 凡 レ ッ 持 諦 駄 投 葉 丈 夫

More information

ことばだより

ことばだより 高 校 十 六 歳 歌 デ ビ ュ テ ビ 番 女 優 ナ シ ョ 楽 曲 供 衣 装 デ ザ ジ ャ ル ご 縁 篠 原 今 芸 能 十 切 ぁ 日 々 歌 唄 好 ラ ヴ 唄 嬉! 緒 歌 詞 景 色 追 験 切 切 届 番 呼 鮮 選 楽 親 近 女 優 演 役 声 音 色 呼 吸 稽 古 ナ シ ョ 響 テ ポ 聞 渡 覚 衣 装 デ ザ 世 界 衣 装 ル キ ワ ド ス ッ フ 共 有

More information

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N

NGO イ ン タ ー ン シ ッ プ イ ン タ ー ン の 費 用 の 支 援 な ど 年 間 20 名 3 対 話 の 強 化 外 務 省 と NGO の 会 議 一 般 の 方 の 参 加 可 能 提 起 協 議 会 ( 年 1 回 ) 連 携 推 進 委 員 会 ( 年 間 7 回 ) N 2013 年 2 月 1 日 公 益 社 団 法 人 日 本 環 境 教 育 フ ォ ー ラ ム 外 務 省 主 催 セ ミ ナ ー 平 成 24 年 度 NGO 研 究 会 国 際 協 力 NGO の フ ァ ン ド レ イ ジ ン グ ~ 資 金 調 達 の 真 髄 を 探 る!~ 1. 日 時 : 2013 年 2 月 1 日 12 時 00 分 ~ 17 時 00 分 2. 場 所 : TKP

More information

じ 日 厳 状 況 立 ち 対 象 8 歳 口 9 9 第 二 次 ベ ビ ブ マ ピ ク 万 々 減 少 続 万 ピ ク 時 4パ セ 減 少 子 化 行 間 率 5パ セ 5パ セ 急 上 昇 4 8 7 7 へ 48パ セ 増 結 果 間 奪 合 競 争 熾 烈 長 引 不 況 意 識 択 傾 向 強 企 社 集 中 首 都 圏 お よ び 関 西 圏 以 外 地 方 集 ず 経 営 困 難

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

no.54

no.54 正会員 =IVS制アバアゾ石原モト泉放送制CNボトウォルコポウドフ像画 総 N 合 H 発行/団法人全本番組製連盟広報 107-0052 京都港区赤坂7-10-6 赤坂今野ル4F TEL03-3582-8520 FAX03-3582-8063 http://www.atp.jp 20054月発行 K 円 N 谷 V ダ 像 ふ ヴ ォ ぶ 笑 以 干 あ 劇 ベ 1 1 1 人 今 上 印 旅 過

More information

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ

1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 南 九 州 病 院 主 任 理 学 療 法 士 榎 木 大 介 平 成 26 年 7 月 26 日 熊 本 医 療 セ 1 7 号 2014.10 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 会 報 誌 1. 研 修 会 参 加 報 告 国 立 病 院 理 学 療 法 士 協 議 会 九 州 部 会 研 修 会 ~ 職 場 力 を 高 め る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ~ 2. 学 会 参 加 報 告 第 49 回 日 本 理 学 療 法 学 術 大 会 in 横 浜 の 学 会 発 表

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

17 1 世 界 訪 チ ャ ヘ ホ 22 2 太 陽 最 高 哀 川 翔 26 3 今 斎 藤 3 4 夕 食 事 ず 褒 食 伊 達 政 宗 34 5 物 知 愛 ね ば ず 物 愛 知 ね ば 西 田 幾 多 郎 37 6 丈 夫 配 休 宗 純 4 7 僕 金 輪 際 二 度 困 葉 吐 高 杉 晋 作 43 8 ワ ワ 宇 宙 息 子 46 9 ピ ク カ バ 持 走 楽 ほ 道 加 藤

More information

日程第3号・一般質問・一覧表

日程第3号・一般質問・一覧表 3 月 定 例 会 一 般 質 問 予 定 者 一 覧 平 成 28 年 3 月 4 日 ( 金 ) 午 前 10 時 開 議 日 程 第 1. 一 般 質 問 質 問 順 位 1 藤 村 郁 人 議 員 1. 火 葬 場 共 同 整 備 方 針 の 町 民 説 明 会 の 開 催 を (1) 火 葬 炉 の 必 要 数 が 予 備 を 含 め て 4 基 と し た 根 拠 は (2) 平 成 25

More information

A4-縦-台紙(60号)

A4-縦-台紙(60号) 湖 都 通 信 差し入れありがとうございました ラグビー部の優勝 ボート部の総合6連覇達成など今年も好成績が生まれました 西医体 西コメ等 応援キャンペーンへの協力をはじめ学生に声援を送ってくださった みなさんありがとうございました 西医体 西コメ等 応援キャンペーン ご声援に応えて良い結果を残したかったのです が 2回戦敗退という形で終わりら非常に残念です 来年は西医体制覇という目標のもと日々邁進してい

More information

inaokigakuen news letter 特集 声援を の 様 皆 パワーに 出場 園 子 甲 星稜サ エ ラに関する アンケート実施中! 詳しくは P14 をご覧下さい こっていない出 来 事です あの試 合 もスタン て多くの方々に応援していただきました 奇 ドからの声援は本当によく聞こえ 選手たち で試合に臨むことができました でも時間が や経験を後輩に伝えるところまでが僕たちの

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学

島 根 大 学 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 法 文 学 部 は, 尐 子 高 齢 化 過 疎 化 が 深 刻 な 問 題 と な る 一 方, 豊 か な 自 然 や 文 化 を 有 し て い る 山 陰 地 域 唯 一 の 人 文 科 学 社 会 科 学 島 根 大 学 法 文 学 部 1. 法 文 学 部 Ⅰ 法 文 学 部 の 教 育 目 的 と 特 徴 1-2 Ⅱ 分 析 項 目 ごとの 水 準 の 判 断 1-4 分 析 項 目 Ⅰ 教 育 の 実 施 体 制 1-4 分 析 項 目 Ⅱ 教 育 内 容 1-6 分 析 項 目 Ⅲ 教 育 方 法 1-8 分 析 項 目 Ⅳ 学 業 の 成 果 1-10 分 析 項 目 Ⅴ 進 路 就 職 の

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc)

(Microsoft Word - \202P\214\216\227\325\216\236\211\357.doc) 1 月 臨 時 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 年 月 日 平 成 2 6 年 1 月 3 1 日 ( 金 ) 開 催 時 間 午 前 1 0 時 0 0 分 開 催 場 所 本 館 6 階 6 0 4 会 議 室 出 席 委 員 百 瀨 委 員 長 安 藤 委 員 長 職 務 代 理 者 木 下 委 員 御 喜 田 委 員 浦 上 委 員 ( 教 育 長 ) 出 席 職 員 伊 藤 教 育

More information

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ

4 何 百 万 ピ レ シ ョ 今 銭 的 状 況 ど ろ 功 導 シ ャ ロ レ タ 父 貧 乏 父 共 同 著 科 魂 揺 ぶ 名 著 ビ ネ 運 営 や 稼 ぎ 方 留 ず 内 的 育 方 説 薦 韓 文 高 中 国 経 済 日 報 出 版 社 社 長 素 晴 コ サ タ 顧 客 驚 ィ ブ 3 科 及 び 著 誉 々 科 及 び 著 誉 々 私 ア メ リ カ 合 衆 国 統 領 キ ナ 私 上 席 顧 問 違 ャ キ ャ フ ィ ろ チ キ 共 同 著 私 三 年 前 幸 方 わ 結 果 グ 1 0 0 億 円 企 業 毎 日 楽 送 文 科 省 科 認 定 日 G D P 必 ず 三 倍 ろ 相 川 佳 之 S B C メ デ ィ カ グ C E O 4 何 百 万 ピ レ シ ョ

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1

22 610407487 ロ ペ ミ ッ ク 小 児 用 0. 0 5 % 2319001C1072 23 610412059 ゲ シ ン L 錠 5 0 m g 2478001G1046 24 610412105 ソ レ ル モ ン S R カ プ セ ル 3 7. 5 m g 1147002N1 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 5 平 成 2 0 年 8 月 2 9 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お

ス ト の 結 果 で は, 本 県 は, 体 力 運 動 能 力 テ ス ト に お い て 得 点 合 計, 種 目 別 で も 小 学 校 5 年 生 男 子 の ソ フ ト ボ ー ル 投 げ を 除 く, す べ て の 種 目 に お い て 1 0 位 以 内 に 位 置 し て お 保 健 体 育 科 投 動 作 の 習 得 と 投 力 ア ッ プ を 目 指 し た 運 動 の 実 践 と 指 導 の 在 り 方 - 楽 し く 活 動 で き る 場 の 設 定 と 教 材 の 工 夫 を 通 し て - ひ た ち な か 市 立 那 珂 湊 第 二 小 学 校 矢 吹 美 左 子 1 は じ め に ( 1 ) 子 ど も た ち の 日 常 の 遊 び 近 年, 運

More information

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ

は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ ん 毎 日 応 募 し て い ま す か? 成 果 は い か が で す か? イ ン タ ー ネ ッ ト で は 毎 日 非 常 に た く さ ん の ホ ー ム ペ ー ジ で 膨 大 な 数 の 懸 賞 プ レ ゼ ン ト が 実 施 さ 無 料 レポート 懸 賞 プレゼント 超 効 率 的 で 安 全 な 応 募 の 裏 ワザ 懸 賞 プレゼント 当 選 研 究 会 Copyright (C) 2006 Interface All Rights Reserved 許 可 な く 本 書 の 一 部 ま た は 全 部 を 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す - 1 - は じ め に 懸 賞 フ ァ ン の 皆 さ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6353589F194AA93738CA78E738EF1945D89EF8B6389EF8B638B4C985E81698A6D92E894C55F2E646F63> 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 会 議 記 録 平 成 21 年 4 月 23 日 ( 木 ) 第 5 5 回 八 都 県 市 首 脳 会 議 概 要 Ⅰ 日 時 平 成 2 1 年 4 月 2 3 日 ( 木 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 午 後 3 時 3 0 分 Ⅱ 場 所 都 道 府 県 会 館 1 階 1 0 1 大 会 議 室 Ⅲ 会 議 次 第 1 開 会 2 座

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す

知 事 あ い さ つ 司 会 お 待 た せ い た し ま し た た だ い ま よ り 知 事 と の タ ウ ン ミ ー テ ィ ン グ を 開 会 い た し ま す 私 は 本 日 の 司 会 を 務 め ま す 新 潟 県 魚 沼 地 域 振 興 局 の 櫻 井 と 申 し ま す 平 成 21 年 度 第 4 回 知 事 とのタウンミーティング パネルディスカッション 発 言 録 ~さらなる 観 光 振 興 へつなげるために~ 日 時 平 成 2 1 年 1 2 月 2 1 日 ( 月 ) 午 後 1 時 3 0 分 ~ 3 時 3 0 分 会 場 魚 沼 市 地 域 振 興 セ ン タ ー ( 魚 沼 市 吉 田 1 1 4 4 ) 目 次 1 知 事 あ い さ つ 1

More information

表紙案8

表紙案8 新しい 働き方 応援フォーラム 報告書 主催広島市男女共同参画推進センター ( ゆいぽーと ) 会社は目標を持って一緒にやっていくもの 女性が働き続けられずに仕事に穴ができると 会社にとってもその人にとっても損失女性の活躍は必要だが 女性を甘やかすことになってはよくない 女性の視点も男性の視点も必要であり 同じ給料をもらっている以上 女性もできることをしないと男性が育児休暇を取得するのは周囲の理解がなければ難しいと思う

More information

GCAS2014_honbun_140303-nyu.indd

GCAS2014_honbun_140303-nyu.indd 2 [2012? 2] [1] Let s Study Archival Science: From a Graduate [ report] Misuzu Oneyama 1 : 100 ( [2]) [3] ISAD(G) 3 2008 2 : 2-1: GCAS Report Vol.3 2014 088 2008 (?) 14 16 9 :00-18:00 40 > 9:00-15:00 9:00-12:00

More information

第 55 号 平成21年6月発行 神奈川県高等学校体育連盟広報誌 総 県高校総体開会式に参加した高校生達の感想文を掲載 いたします 選手宣誓 漆原 祥 武相 ボクシング部 今回 初めて県高校総体開会式に参加し しかも選手 宣誓という大役を任されることになり貴重な経験をする ことができました 最初 この役を依頼された時 はたして自分で務まる だろうかと思いましたが このような経験はそうできる ものでもないので

More information

gakusen 2

gakusen 2 1 gakusen gakusen 2 頑 張 自 覚 誇 胸 自 家 族 家 庭 築 卒 長 女 幼 稚 園 少 長 男 4 明 楽 プ ラ イ ベ 8 前 結 婚 小 校 1 活 躍 所 勤 務 目 指 頑 張 回込み設定用ボックス 平成 14 度卒 コミュニティ政策 古池 友美 張 族 山 谷 切 磋 琢 磨 頑 共 働 親 少 家 自 笑 ば 供 笑 何 気 3 gakusen 増 供 想

More information

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は

の と す る (1) 防 犯 カ メ ラ を 購 入 し 設 置 ( 新 設 又 は 増 設 に 限 る ) す る こ と (2) 設 置 す る 防 犯 カ メ ラ は 新 設 又 は 既 設 の 録 画 機 と 接 続 す る こ と た だ し 録 画 機 能 付 防 犯 カ メ ラ は 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 2 8 年 3 月 2 2 日 2 7 小 市 安 第 7 5 7 号 ( 通 則 ) 第 1 条 小 牧 市 地 域 防 犯 カ メ ラ 等 設 置 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 と い う )の 交 付 に つ い て は 市 費 補 助 金 等 の 予 算 執 行 に 関 す る 規 則 ( 昭 和

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

表紙

表紙 第 10 回 ( 平成 22 年度 ) 学生生活実態調査報告書 まえがき 新井肇 目次 基本事項 1 入学の経緯 2 全般的な満足度 5 就職 6 学生寄宿舎 9 通学 10 食事 11 アルバイト 12 附属図書館 13 学生生活等 14 課外活動 16 交通安全等 18 健康 19 授業 研究 20 ハラスメント 21 大学への要望等 22 総括 26 参考資料 28 基本事項 調査に協力してくれた人たち

More information

会 議 録

会 議 録 会 議 録 会 議 の 名 称 第 1 回 行 田 市 産 業 交 流 拠 点 整 備 基 本 計 画 検 討 委 員 会 開 催 日 時 平 成 28 年 6 月 23 日 ( 木 ) 開 会 : 18 時 30 分 閉 会 :20 時 30 分 開 催 場 所 産 業 文 化 会 館 2 階 2 A 会 議 室 氏 出 席 委 員 名 小 林 乙 三 ( 行 田 市 環 境 経 済 部 長 )

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際

左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 左 統 括 員 向 井 員 野 吾 梓 村 員 三 谷 員 口 員 ふ 今 主 催 開 催 縁 む び パ ィ 二 0 婚 姻 提 籍 同 じ 職 仕 休 違 ふ 普 通 ば 背 押 ひ ち パ ィ 互 数 連 絡 交 換 連 絡 そ 気 ア タ ッ ク 背 押 吾 担 当 向 井 げ そ 交 際 発 展 員 つ 担 当 村 世 話 ろ 結 婚 員 ち げ ご ざ 梓 語 統 括 員 よ 二 最 初

More information

こだま

こだま 2011 vol.12 FREE 新 春に向けて 地域の皆さんの健康を守り さらに信頼していただく病院を目指し 大幅な改革プランを具体化します 新しい年を迎え 亀岡病院の大槻秧司理事長に 今年の抱負を聞きました 理事長は この激動の時代には常に変化が必要である それぞれの部門で独自色を出すと同時に 短 中期計画として大幅な改革プランを具体化 皆さんに安心 信頼していただけるよ う全員でがんばる と決意を述べています

More information

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ

2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 2 じ 3! 書 手 取 ご ざ お 願 3 ず じ 読 劇 的 変 ヒ 書? 辞 働 誰 何 縛 ず ょ 目 指 流 ビ 3 じ 定 義 ざ 言 次 組 織 所 属 ず 独 立 オ ィ モ バ 環 境 駆 使 ど 場 所 就 業 定 好 見 見 辞 独 立 気 楽 街 中 ェ P C 広 げ 作 業 ど 出 勤 彼 当 言 必 ず 言 切 ょ 4 辞 関 係 組 織 頼 ず 力 得 決 簡 単 ょ

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 井 神 議 長 通 告 1 番 7 番 山 本 重 信 議 員 発 言 席 か ら 一 問 一 答 方 式 で 質 問 を お 願 い し ま す 山 本 重 信 議 員 山 本 議 員 7 番 議 席 の 山 本 で す 議 長 の お 許 し を 得 ま し た の で た だ い ま か ら 一 般 質 問 を 2 点 に わ た っ て さ せ て い た だ き ま す 1 点 目 が 岩

More information

1212_takarazuka1【3】_再.indd

1212_takarazuka1【3】_再.indd 外 局 番 省 略 料 金 表 示 無 料 対 象 申 込 問 合 わせ 先 愛 定 員 抽 選 定 員 先 着 順 ド 勤 万 そ 外 万 歳 腫 ゅ 瘍 カ 検 査 有 料 希 望 当 受 付 程 度 専 乳 わ 4 対 象 歳 乳 幼 4 対 象 歳 未 満 乳 母 帳 持 参 不 ニ ニ 4 幼 母 帳 持 参 離 乳 食 級 今 乳 離 乳 食 栄 養 指 導 阪 神 北 広 域 急 病

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

untitled

untitled Special Feature Part T.U. T.U. Masato Kato Special Feature T.U. Special Feature Column Special Feature 週 刊 ダイヤモド // T.U. 特 集 徹 底 比 較 週 刊 ダイヤモド // Special Feature 留 目 分 身 将 来 実 現 話 口 ご 少 留 目 手 段 分 将 来 げ

More information

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc)

(Microsoft Word - \216\213\222\256\212o\214\264\215e.doc) S D B(SchoolDataBase)に よ る データ( 教 務 事 務 保 健 ) 処 理 の 一 元 化 宇 部 市 立 黒 石 中 学 校 教 諭 小 柴 成 吾 1 は じ め に S D B (SchoolDataBase) 構 想 の 最 初 の 芽 生 え は お よ そ 1 9 8 0 年 代 前 半 で 第 一 世 代 S D B 1 は 生 徒 氏 名 住 所 定 期 テ

More information

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc

Microsoft Word - 【第3班】研究報告書.doc 茨 城 県 域 に お け る 自 治 体 職 員 情 報 共 有 シ ス テ ム の 構 築 ~ つ な が っ ぺ! い ば ら き ~ 平 成 2 4 年 度 行 政 課 題 研 究 講 座 第 3 班 笠 間 市 行 政 経 営 課 主 事 石 塚 貴 則 筑 西 市 生 涯 学 習 課 主 事 齋 川 亮 つ く ば み ら い 市 税 務 課 主 事 井 砂 浩 次 茨 城 県 企 業

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd

-Š³‡Ì”q‚æ06“ƒ_Ł\”ƒfiÁ’Fid6.indd 6 Jul 2010 Contents P.2 P.3 P.4 P.6 P.11 P.12 P.14 P.15 P.16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 奨学生からのメッセージ 平成22年度竜の子奨学生 将来への夢をご紹介します 第4回奨学金贈呈式 第3回卒業式 祝賀会を通じて 他の奨学生とも交流を深めることができたと同時に 先輩方 の熱意に感化されたことでやる気を更に増やすことができました

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

服務規律確保のための取組事例集(H27.9)

服務規律確保のための取組事例集(H27.9) 服 務 規 律 確 保 のための 取 組 事 例 集 平 成 27 年 9 月 群 馬 県 教 育 委 員 会 学 校 人 事 課 1 体 罰 2 個 人 情 報 の 盗 難 3 交 通 違 反 4 交 通 死 亡 事 故 5 飲 酒 運 転 6 校 務 用 パソコンの 目 的 外 使 用 7 Web 上 の 信 用 失 墜 行 為 8 不 適 切 なインターネット スマートフォンの 使 用 9 児

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

N E W S H I G A S H I K A G A W A Nice Shot 同 暴 力 団 資 格 現 在 同 同 親 族 決 カ 婚 姻 届 提 出 含 む 離 婚 前 提 別 せ 収 基 準 世 帯 全 体 得 算 諸 控 除 差 収 営 万 千 下 裁 量 万 千 下 特 万 千 超 え 万 千 下 そ 他 東 わ 営 住 宅 条 例 等 規 条 件 備 え 必 書 類 書 住 票

More information

平 成 え 丘 青 空 取 新 鮮 野 菜 販 売 商 品 次 第 終 了 分 毎 第 開 催 総 セ え 丘 側 議 盆 踊 公 開 練 習 各 地 域 自 治 平 盆 民 催 盆 踊 曲 公 開 練 習 ぜ ひ 越 土 分 分 健 康 ド ム ア リ ナ 持 ち 物 靴 リ ッ パ 容 春 音 頭 師 勝 音 頭 明 ふ 音 頭 郡 上 節 炭 坑 節 馬 盆 唄 河 音 頭 花 火 音 頭 企

More information

23 /. 2

23 /. 2 23 /. 2 広 報 Vol. 622 3 広 報 Vol. 622 3 23 /. 4 5 広 報 Vol. 622 23 /. 6 功 労 者 閣 総 理 臣 害 時 人 命 救 助 被 害 拡 止 等 活 動 実 施 平 時 思 想 普 及 又 体 制 整 備 面 貢 献 特 そ 功 績 顕 著 あ 認 め 体 又 個 人 対 象 2 総 理 臣 官 邸 江 加 藤 副 出 席 閣 総 理

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

会議開催のお知らせ

会議開催のお知らせ 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 録 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 富 津 市 青 少 年 問 題 協 議 会 会 議 2 開 催 日 時 平 成 27 年 7 月 15 日 午 後 3 時 0 0 分 ~ 午 後 4 時 45 分 3 開 催 場 所 第 2 委 員 会 室 4 審 議 等 事 項 5 出 席 者 名 6 公 開 又 は 非 公 開 の 別 ( 1

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information