NS_IG.book

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "NS_IG.book"

Transcription

1 TM Network Sensor and Gigabit Network Sensor Installation Guide Version 7.0

2 Internet Security Systems, Inc Barfield Road Atlanta, Georgia United States (404) Internet Security Systems, Inc All rights reserved worldwide. Customers may make reasonable numbers of copies of this publication for internal use only. This publication may not otherwise be copied or reproduced, in whole or in part, by any other person or entity without the express prior written consent of Internet Security Systems, Inc. Internet Security Systems, the Internet Security Systems logo, System Scanner, Wireless Scanner, SiteProtector, ADDME, AlertCon, ActiveAlert, FireCell, FlexCheck, Secure Steps, SecurePartner, SecureU, X-Force, and X-Press Update are trademarks and service marks, and SAFEsuite, Internet Scanner, Database Scanner, Online Scanner, and RealSecure registered trademarks, of Internet Security Systems, Inc. Network ICE, the Network ICE logo, and ICEpac are trademarks, BlackICE a licensed trademark, and ICEcap a registered trademark, of Network ICE Corporation, a wholly owned subsidiary of Internet Security Systems, Inc. SilentRunner is a registered trademark of Raytheon Company. Acrobat and Adobe are registered trademarks of Adobe Systems Incorporated. Certicom is a trademark and Security Builder is a registered trademark of Certicom Corp. Check Point, FireWall-1, OPSEC, Provider-1, and VPN-1 are registered trademarks of Check Point Software Technologies Ltd. or its affiliates. Cisco and Cisco IOS are registered trademarks of Cisco Systems, Inc. HP-UX and OpenView are registered trademarks of Hewlett-Packard Company. IBM and AIX are registered trademarks of IBM Corporation. Intel and Pentium are registered trademarks of Intel. Lucent is a trademark of Lucent Technologies, Inc. ActiveX, Microsoft, Windows, and Windows NT are either registered trademarks or trademarks of Microsoft Corporation. Net8, Oracle, Oracle8, SQL*Loader, and SQL*Plus are trademarks or registered trademarks of Oracle Corporation. Seagate Crystal Reports, Seagate Info, Seagate, Seagate Software, and the Seagate logo are trademarks or registered trademarks of Seagate Software Holdings, Inc. and/or Seagate Technology, Inc. Secure Shell and SSH are trademarks or registered trademarks of SSH Communications Security. iplanet, Sun, Sun Microsystems, the Sun Logo, Netra, SHIELD, Solaris, SPARC, and UltraSPARC are trademarks or registered trademarks of Sun Microsystems, Inc. in the United States and other countries. All SPARC trademarks are used under license and are trademarks or registered trademarks of SPARC International, Inc. in the United States and other countries. Adaptive Server, SQL, SQL Server, and Sybase are trademarks of Sybase, Inc., its affiliates and licensers. Tivoli is a registered trademark of Tivoli Systems Inc. UNIX is a registered trademark in the United States and other countries, licensed exclusively through X/Open Company, Ltd. Linux is a registered trademark of Linus Torvalds. Red Hat, the Red Hat "Shadow Man" logo, RPM, Maximum RPM, the RPM logo, Linux Library, PowerTools, Linux Undercover, RHmember, RHmember More, Rough Cuts, Rawhide and all Red Hat-based trademarks and logos are trademarks or registered trademarks of Red Hat, Inc. in the United States and other countries. All other trademarks are the property of their respective owners and are used here in an editorial context without intent of infringement. Specifications are subject to change without notice. Copyright Sax Software (terminal emulation only). Disclaimer: The information contained in this document may change without notice, and may have been altered or changed if you have received it from a source other than ISS or the X-Force. Use of this information constitutes acceptance for use in an AS IS condition, without warranties of any kind, and any use of this information is at the user s own risk. ISS and the X-Force disclaim all warranties, either expressed or implied, including the warranties of merchantability and fitness for a particular purpose. In no event shall ISS or the X-Force be liable for any damages whatsoever, including direct, indirect, incidental, consequential or special damages, arising from the use or dissemination hereof, even if ISS or the X-Force has been advised of the possibility of such damages. Some states do not allow the exclusion or limitation of liability for consequential or incidental damages, so the foregoing limitation may not apply. Reference herein to any specific commercial products, process, or service by trade name, trademark, manufacturer, or otherwise, does not necessarily constitute or imply its endorsement, recommendation, or favoring by Internet Security Systems, Inc. The views and opinions of authors expressed herein do not necessarily state or reflect those of Internet Security Systems, Inc., and shall not be used for advertising or product endorsement purposes. Links and addresses to Internet resources are inspected thoroughly prior to release, but the ever-changing nature of the Internet prevents Internet Security Systems from guaranteeing the content or existence of the resource. When possible, the reference contains alternate sites or keywords that could be used to acquire the information by other methods. If you find a broken or inappropriate link, please send an with the topic name, link, and its behavior to January 2003

3 目次 まえがき vii 概要 vii RealSecure マニュアルについて viii 本書で使用されている表記規則 ix お問合せ窓口 xi 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 の概要 概要 RealSecure システムについて Network Sensor が監視するトラフィック インストールプログラムおよびユーティリティ Network Sensor の推奨配置方法 スイッチ環境への Network Sensor の配置 システム要件のドキュメント 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 概要 BlackICE Sentry からの移行 リモートからのセンサーのアップグレード 手動でのセンサーのアップグレード バージョン 5.x センサーのアップグレード後 ポリシーのアップグレード ハイパフォーマンス全二重ドライバのインストール 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に をインストールする前に 概要 インストールする前に 認証の使用 自動的に認証キーをインポートする 暗号化のカスタマイズ プライベートキーのアーカイブ パブリック認証キーの管理 複数のセンサーのインストール 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 iii

4 目次 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする にインストールする 概要 Windows のインストールオプション Windows に標準 Network Sensor をインストールする Windows にカスタム Network Sensor をインストールする Windows の自動化インストール 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ サイレントインストール機能の利用方法 自動インストールの FAQ Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 第 5 章 : Gigabit Network Sensor のインストール 概要 Gigabit Network Sensor について Gigabit Network Sensor のインストール ISS Custom SysKonnect ドライバを Linux にインストールする 第 6 章 : Network Sensor を Linux にインストールする にインストールする 概要 Network Sensor を Linux にインストールする Linux 上の Network Sensor を設定する 第 7 章 : Network Sensor を Solaris にインストールする にインストールする 概要 Solaris のインストールオプション Network Sensor を Solaris にインストールする Network Sensor を Solaris に自動でインストールする 第 8 章 : Nokia アプライアンスのインストール アプライアンスのインストール 概要 Nokia アプライアンスをインストールする前に ホスト名解決の有効化 ログ記録の有効化 パッケージからの RealSecure のアップグレードまたは再インストール Voyager を使用して第 2 のセンサーをインストールする 新しく設定したインターフェースによる作業 第 9 章 : Network Sensor の設定 の設定 概要 認証の設定 Deploment Wizard で認証を設定する 手動での認証の設定 認証キーの場所 アーカイブされたプライベートキーの復元 iv

5 目次 暗号化設定の変更 リモートアップグレードと Windows コンポーネントのアンインストール Unix コンポーネントのアンインストール Key Administrator の追加 センサーの起動と停止 センサーのテスト アダプタの設定 Network Sensor のステルス設定 第 10 章 : トラブルシューティング トラブルシューティング 概要 エラーメッセージ ISS デーモン Enterprise Database リモートアップグレードのトラブルシューティング 索引 索引 v

6 目次 vi

7 まえがき 概要 目的 本書では RealSecure Network Sensor および RealSecure Gigabit Network Sensor の配置 インストール およびアップグレードの手順と要件について説明します 対象読者 本書は Network Sensor または Gigabit Network Sensor をインストール あるいはアップグレードするシステム管理者を対象に書かれています 新しく追加された情報 RealSecure Network Sensor and Gigabit Network Sensor Installation Guide Version 7.0 には 以下の項目に関する 新たな情報または改訂された情報が記載されています リモートからのセンサーのアップブレード アダプタの設定 認証の設定 Network Sensor を Linux にインストールする vii

8 まえがき RealSecure マニュアルについて 本書の利用方法 Network Sensor をインストールする前に 本書を最後までお読みください 関連マニュアル センサー Workgroup Manager SiteProtector についての詳細は 次のマニュアルを参照してください RealSecure Workgroup Manager Installation Guide RealSecure Server Sensor Installation Guide RealSecure SiteProtector Strategy Guide RealSecure Workgroup Manager User Guide RealSecure Server Sensor Policy Guide RealSecure Network Sensor and Gigabit Network Sensor Policy Guide Sentry to RealSecure Migration Guide RealSecure Help RealSecure SiteProtector Help ISS Response, Policy, and Event Collector Help Advanced Tuning Parameters Reference Document viii

9 本書で使用されている表記規則 本書で使用されている表記規則 はじめに この項目では 手順やコマンドをより分りやすくするために 本書で使われている印刷上の表記規則を説明します 手順 手順で使われている印刷上の表記規則を次の表で説明します 表記規則 内容 例 ボールド体 GUI の要素 [IP Address] ボックスにコンピュータのアドレスを入力します [Print] チェックボックスをオンにします [OK] をクリックします SMALL CAPS( スモールキャップ ) キーボード上のキー [ENTER] を押します [+ ( プラス )] を押します Constant width( モノスペース ) Constant width italic( モノスペースのイタリック ) ファイル名 フォルダ名 パス名 または示されたとおり正確に入力する必要のあるその他の情報 ファイル名 フォルダ名 パス名 またはユーザが自分で確認したうえで入力する必要のあるその他の情報 タスクバーまたはメニューバーからたどっていくコマンドの順序 User.txt ファイルを [Addresses] フォルダに保存します [ Username] ボックスに IUSR_SMA と入力します [Identification information ] ボックスにバージョンナンバーを入力します タスクバーから [Start] [Run] の順に選択します [File] メニューから [Utilities] [Compare Documents] の順に選択します 表 1: 手順の表記規則 ix

10 まえがき コマンドの表記規則 コマンドで使われている印刷上の表記規則を次の表で説明します 表記規則 Constant width bold ( 等幅のボールド ) イタリック体 内容 示されたとおり正確に入力する必要のある情報 ユーザの置かれている状況によって異なる情報 例 md ISS md your_folder_name [ ] オプションとしての情報 dir [ ドライブ :][ パス ] [ ファイル名 ] [/P][/W] [/ D] どちらか一方を選択する必要のある情報 { } 中から 1 つ選択する必要のある情報 verify [ON OFF] % chmod {u g o a}=[r][w][x] file 表 2: コマンドに関する表記規則 x

11 お問合せ窓口 お問合せ窓口 はじめに ISS では Web サイト および電子メールや電話を通じてテクニカルサポートを提供しています ISS Web サイト Internet Security Systems(ISS) Resource Center Web サイト (http://www.iss.net/ support/ および では 多くの重要な情報を直接提供しています この Web サイトでは 良くある質問 (FAQ) ホワイトペーパー オンラインマニュアル 最新バージョンの一覧 詳細な製品資料 Technical Support Knowledgebase (http://www.iss.net/ support/knowledgebase) などを提供しています お問合せ時間 次の表は 米国および米国以外の地域のお問合せ窓口の時間を示します 地域米国それ以外のすべて 時間 1 日 24 時間 月曜日から金曜日まで 午前 9 時から午後 6 時まで ( 現地時間 ) 弊社規定の休日を除く 注 : お近くのサポートが米国以外の場合 営業時間外には米国オフィスへ電話 または電子メールをしてください 表 3: お問合せ窓口の時間 各国の問い合わせ窓口 次の表に お問合せ窓口の電子メールアドレスおよび電話番号を示します 各国オフィス電子メールアドレス 電話番号 北米および南米 (1) (888) ( 無料通話 ) (1) (404) ヨーロッパ 中東 およびアフリカ アジア太平洋およびフィリピン (44) (118) (63) (2) 表 4: テクニカルサポートのお問い合わせ先 xi

12 まえがき 各国オフィス電子メールアドレス 電話番号 日本 国内 : (81) (3) 海外 (APAC): (81) (3) 表 4: テクニカルサポートのお問い合わせ先 ( 続き ) xii

13 第 1 章 Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 概要 はじめに この章では 次の項目について説明します RealSecure のシステムとコンポーネント Network Sensor が監視するトラフィック Network Sensor インストールプログラムとユーティリティの場所 配置時の推奨事項 システム要件の入手先 この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ RealSecure システムについて 2 Network Sensor が監視するトラフィック 4 インストールプログラムおよびユーティリティ 6 Network Sensor の推奨配置方法 8 スイッチ環境への Network Sensor の配置 10 システム要件のドキュメント 11 1

14 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 RealSecure システムについて はじめに RealSecure システムはリアルタイムの侵入検出およびレスポンスの自動システムで コンピュータシステムやネットワークのアクティビティを目立たないように分析します RealSecure システムには 大きく分けて 2 つのコンポーネントがあります センサー 管理 管理コンポーネント 管理コンポーネントは次のような目的で使用します コンソールから 視覚的にイベントを監視する 1 つ以上の Event Collector を使用して センサーからデータを収集する センサーからのデータをデータベースに保存する センサーを管理し監視するためには 次の 2 つの管理ソフトウェアのうち 1 つを選択する必要があります Workgroup Manager SiteProtector この文書では Workgroup Manager を使用して センサーを設定およびアップグレードする方法を説明しています 参照 : SiteProtector を使用してセンサーを設定およびアップグレードする方法については SiteProtector Strategy Guide または SiteProtector のヘルプを参照してください RealSecure センサー センサーは ネットワークやシステムのトラフィックを監視して 攻撃やその他のセキュリティ関連イベントを検出します イベントが発生すると センサーがイベントに反応し ユーザーに通知します RealSecure システムでは 次の 3 つのタイプのセンサーが提供されています Network Sensor Gigabit Network Sensor Server Sensor Network Sensor Network Sensor はネットワークパケットを監視して ネットワークへの攻撃を示すイベントを探します Network Sensor は それが属するネットワークセグメン 2

15 RealSecure システムについて ト上のすべてのトラフィックを監視します ネットワークセグメントは またの名を コリジョンドメイン といいます これは ネットワークは単一のセグメント上にある全デバイスで共有され そのセグメント上のステーションは他のステーションに移動するトラフィックすべてを監視できるからです Network Sensor は 不正アクセスの可能性を検知すると迅速に警告するので たいていの場合 ダメージを受ける前に攻撃を終了させることができます Network Sensor は無差別モードに対応するネットワークアダプタカードが搭載された Solaris コンピュータ Linux コンピュータ Windows コンピュータ あるいは Nokia アプリケーションにインストールされます 無差別モードに対応したカードは Network Sensor にのみ必要です 参照 : Network Sensor 機能の詳細については 次の ISS Web サイトにある RealSecure Network Sensor 7.0 FAQ ( 頻繁に寄せられる質問 ) を参照してください 無差別モード 無差別モードを使用すると センサーは Network Sensor を実行するコンピュータのみに関連するトラフィックではなく セグメント上のすべてのトラフィックを監視することが可能になります Gigabit Network Sensor Network Sensor バージョン 7.0 では ハイパフォーマンスギガビットパケットドライバがオプションで提供されています このドライバを有効にするには Gigabit Network Sensor のライセンスを購入する必要があります このドライバを有効にすると Network Sensor はギガビットアダプタを使用してネットワークトラフィックを監視します Gigabit Network Sensor のライセンスを所有していない場合は センサーでギガビットパフォーマンスのドライバを選択および使用することはできません センサーを操作することはできますが ライセンスに対応したアダプタしか選択できません また Workgroup Manager や SiteProtector のプロパティエディタでセンサーのプロパティを管理することもできません ライセンスの購入 : Gigabit Network Sensor のライセンスを購入する際は 最寄りの販売代理店へご連絡ください Server Sensor Server Sensor についての詳細は RealSecure Server Sensor Installation Guide または RealSecure Server Sensor Policy Guide を参照してください 3

16 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 Network Sensor が監視するトラフィック はじめに この項目では 次の内容について説明します Network Sensor が監視するトラフィック コリジョンドメイン スイッチネットワーク およびハブネットワークでの Network Sensor の使用 Network Sensor での防御対象についての提案 Network Sensor の監視対象 Network Sensor は特定のコリジョンドメインのすべてのトラフィックを監視します ネットワークセグメントは またの名を コリジョンドメイン といいます これは ネットワークは単一のセグメント上にある全デバイスで共有され そのセグメント上のステーションは他のステーションに移動するトラフィックすべてを監視できるからです コリジョンドメインが作成するもの ほとんどのネットワークには複数のコリジョンドメイン ( ネットワークセグメント ) があります ファイアウォール ルータ ブリッジ およびスイッチなどのデバイスは大規模なコリジョンドメインを複数のより小規模なコリジョンドメインに分割します 一般に これらのデバイスをインストールすると ネットワークパフォーマンスやネットワークセキュリティが向上します 重要 : Network Sensor は そのローカルコリジョンドメインの内部でのみ動作します したがって 監視するローカルコリジョンドメインごとに Network Sensor をインストールする必要があります 環境の種類 Network Sensor はハブ環境にもスイッチ環境にもインストールできます ハブネットワーク ハブ環境では Network Sensor は無差別モードに対応したネットワークアダプタカードが必要です 無差別モードでは センサーは Network Sensor を実行するコンピュータに送受信されるトラフィックではなく すべてのホストに送受信されるトラフィックを監視することが可能になります ハブネットワークでは Network Sensor と同じハブに接続されているすべてのデバイスがコリジョンドメインになります スイッチネットワーク スイッチネットワークでは Network Sensor はスイッチでのスパンポート あるいはタップを介してトラフィックを監視する必要があります スイッチネットワークでは スイッチに接続されているすべてのネットワークデバイスがコリジョンドメインになります 参照 : スイッチ環境で動作する Network Sensor の設定についての詳細は スイッチ環境への Network Sensor の配置 (10 ページ ) を参照してください 4

17 Network Sensor が監視するトラフィック コリジョンドメインを指定して防御する RealSecure Network Sensor は 重要なネットワークリソースまたは情報リソースが含まれる各ネットワークセグメントに配置する必要があります 参照 : 詳細については Network Sensor の推奨配置方法 (8 ページ ) を参照してください また SiteProtector Strategy Guide にも IDS (Intrusion Detection System) やセンサーに関する戦略についての役立つ情報があります 5

18 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 インストールプログラムおよびユーティリティ インストールプログラム Network Sensor には 次の各オペレーションシステムに個々に対応したインストールプログラムがあります Windows 2000 Linux Solaris ( 各対応バージョン用の個別パッケージ ) IPSO (Nokia アプライアンス ) 注意 : Gigabit Network Sensor のライセンスを購入済みの場合は Network Sensor のインストール中にハイパフォーマンスギガビットパケットドライバが有効にされます ライセンスを購入する際は 最寄りの販売代理店へご連絡ください ユーティリティ Internet Security Systems の CD には 次のユーティリティのインストールプログラムも含まれています パブリック暗号キーの配布 アーカイブされたプライベート暗号キーの復元 暗号認証キーの選択 インストールファイルの場所 表 5 に CD ( 英語版 ) のインストールファイルの場所を示します コンポーネントインストールするファイル Windows 2000 用の Network Sensor/Gigabit Network Sensor Linux 用の Network Sensor Solaris SPARC 用の Network Sensor Nokia アプライアンス用の Network Sensor CD-ROM ドライブ : \NetworkSensor\ Windows_ NT_x86_5.0\setup.exe CD-ROM マウントポイント : /NetworkSensor/ RedHat_x86_7.3 CD-ROM マウントポイント : /NetworkSensor/ Solaris_SPARC_7-8 CD-ROM マウントポイント : /NetworkSensor/ IPSO_x86_3.5 パブリックキーの配布 CD-ROM ドライブ : \KeyManagement\Windows_NT_ x86_ \setup.exe 表 5: RealSecure インストールファイル 6

19 インストールプログラムおよびユーティリティ コンポーネント 暗号プライベートキーの復元 インストールするファイル CD-ROM ドライブ : \KeyManagement\Windows_NT_ x86_ \setup.exe 暗号キーの作成 CD-ROM ドライブ : \KeyManagement\Windows_NT_ x86_ \setup.exe 表 5: RealSecure インストールファイル ( 続き ) 7

20 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 Network Sensor の推奨配置方法 はじめに RealSecure Network Sensor をインストールする一般的な場所を次に示します 非武装地帯 (DMZ) の内部 イントラネット上の ファイアウォールのすぐ内側 内部ネットワークの重要なセグメント上 DMZ の内部 ネットワークのインターネットアクセスポイントの DMZ 内に Network Sensor をインストールすることにより DMZ 内にインストールされているデバイスを攻撃から保護することができます ファイアウォールは 内部ネットワークに入ってくるデータの制御ポイントとして動作しており 多くの場合 攻撃の最初の目標になるため ファイアウォールの保護は特に重要です Network Sensor を DMZ に追加すると 追加のプロセッサをネットワーク境界の防御専用に使用することになります すべてのインターネットアクセスポイントに ファイアウォールと Network Sensor を配置する必要があります 参照 : Network Sensor の設定に関する詳細については Network Sensor のステルス設定 (142 ページ ) を参照してください イントラネット上の ファイアウォールのすぐ内側 Network Sensor をファイアウォール内部にインストールすると ファイアウォールの動作の変化を検出したり ファイアウォールを通過するトラフィックを監視したりすることができます ファイアウォールの内側にインストールされた Network Sensor は 次の状態が保たれているかどうかを確認します ファイアウォールが正しく機能しており 不正なアクセスを受けておらず また不正な設定も加えられていない ファイアウォールを通る各トンネルが 内部ネットワークに対する攻撃開始のために使用されていない ファイアウォール内の Network Sensor を DMZ 内の Network Sensor と組み合わせて使用することにより ファイアウォールの効果を評価することもできます たとえば 重大なイベントを記録するよう両方の Network Sensor を設定し ファイアウォール内部で確認されたイベント発生件数と外部で確認された件数とを比較してレポートを生成することもできます 内部ネットワークの重要なセグメント上 内部ネットワークの重要なセグメントには 重要なネットワークリソースが置かれます ネットワーク攻撃による損失の大部分は 組織内部からの攻撃によって引き起こされます 現在では 多くの企業が イントラネットに侵入検出システムを配備することによって このような損失を抑えるための手段を講じています 8

21 Network Sensor の推奨配置方法 Network Sensor の追加先として考えられる場所 ここまでに推奨した場所は RealSecure Network Sensor を配置するうえで最も一般的な場所です 具体的な配置計画は ネットワークの内容やセキュリティ戦略に応じて異なります これまで述べた以外の配置位置として考えられる場所には 次の場所があります ネットワークバックボーン上ックボーン上 これにより 部門間のトラフィックを検証できるようになります WAN ルーター WAP サーバー またはモデムプールのすぐ内側 これにより 電話網からの不正なアクセスを防止できます ワイヤリングクローゼット内部ット内部 この場所からは ネットワークアクティビティに応じてさまざまなセグメントに接続できます 複数のセンサーの配置 RealSecure では 同一コンピュータ上に複数のセンサーをインストールできます ユーザーは複数の Network Sensor をインストールして ネットワークのさまざまな場所を保護できます また 同じコンピュータ上に Server Sensor をインストールして 防御を強化すると同時に ネットワークを監視することもできます 同一コンピュータ上に複数のセンサーを配置する場合 いくつかのやり方があります たとえば 次のような場合が考えられます 複数の Network Sensor (NIC/ サブセットごとに 1 つずつ ) をインストールする ネットワーク監視機能なしの Server Sensor を 1 つインストールし Network Sensor を 1 つ以上 (NIC/ サブセットごとに 1 つずつ ) インストールする 9

22 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 スイッチ環境への Network Sensor の配置 はじめに この項目では RealSecure Network Sensor をスイッチ環境に配置する際に発生する 設定上の問題について説明します スイッチネットワーク スイッチネットワークでは トラフィックがスイッチで分割され インタフェースの MAC アドレスに基づいてルート指定されます この設定により 各インタフェースが受信するトラフィックの量が制御されます スイッチネットワーク設定を他の形態のトラフィック管理と一緒に使用すると 各デバイスがより効率的に通信できる 効果的な帯域幅の制御方法となります ただし トラフィックがスイッチで管理されるため NIC を無差別モードに設定しても Network Sensor が監視できるトラフィックを変えることができません そのため センサー パケットスニッファ および無差別モード動作に依存するその他すべてのデバイスからは ネットワーク上のアクティビティが事実上見えなくなります 選択したポートにトラフィックをルーティングする この問題を解消するには タップを使用するか または選択した 1 つ以上のポートにすべてのトラフィックをルーティングできる管理スイッチを使用する必要があります これは一般に スパニングやミラーリングと呼ばれます 参照 : ポートへのトラフィックのルート指定についての詳細は スイッチの製造元にお問い合せください 次に 一般的なスイッチ製造元の Web サイトアドレスの一覧を示します documentation/documentation_main.jsp 参照 スイッチ環境で動作する Network Sensor の設定についての詳細は 次の URL で Implementing a Network-Based Intrusion Detection System ハウツーガイド (switched.zip) を参照してください realsecure_tech_center/tips_tricks/ 10

23 システム要件のドキュメント システム要件のドキュメント はじめに システム要件のドキュメントには Real Secure のコンポーネント別に メモリ プロセッサ速度 ハードドライブ容量 および他の多くのハードウェアおよびソフトウェアの要件に関する最新の情報が収録されています ドキュメントの場所 システム要件の資料は 次の ISS Web サイトにあります または 多言語版システムの要件 多言語版のシステム要件については 次の項目 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 (41 ページ ) で説明します 11

24 第 1 章 : Network Sensor および Gigabit Network Sensor の概要 12

25 第 2 章 Network Sensor のアップグレード 概要 はじめに この章では RealSecure のセンサーとポリシーをバージョン 7.0 にアップグレードするための フルアップグレードプロシージャの使用方法について説明します Workgroup Manager コンポーネントのアップグレード要件 バージョン 5.x および 6.0 の Workgroup Manager コンポーネントは バージョン 7.0 のセンサーと互換性がありません そのため 必要なコンソールと Workgroup Manager コンポーネントをすべてバージョン 6.5 にアップグレードしてから センサーのコンポーネントをアップグレードする必要があります SiteProtector 管理システムを使用していますか? SiteProtector 1.0 は 6.x および 7.0 のセンサーのどちらとも互換性があります そのため 6.x センサーをバージョン 7.0 にアップグレードするのに先立ってコンソールをアップグレードする必要はありません この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ BlackICE Sentry からの移行 14 リモートからのセンサーのアップグレード 17 手動でのセンサーのアップグレード 20 バージョン 5.x センサーのアップグレード後 21 ポリシーのアップグレード 22 ハイパフォーマンス全二重ドライバのインストール 23 13

26 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード BlackICE Sentry からの移行 はじめに この項目では次の内容について説明します Sentry to RealSecure Migration Guide についての説明 ISS BlackICE ハイパフォーマンスドライバをインストールしなければならない理由 ドライバをインストールするための必要条件 ドライバのインストール方法 Sentry to RealSecure Migration Guide Sentry to RealSecure Migration Guide では NetworkICE Sentry センサーから RealSecure バージョン 7.0 Network Sensor への移行方法について説明しています このマニュアルでは 次の項目が説明されています 移行可能なプラットフォーム Sentry の要件と新しい RealSecure バージョン 7.0 の要件 RealSecure データと Sentry データの SiteProtector での取り扱い方法 Sentry には含まれていない RealSecure Network Sensor バージョン 7.0 の新機能 Sentry シグネチャのシグネチャ変換表およびバージョン 7.0 との対応表 参照 : 詳細については ISS Web サイトの Sentry to RealSecure Migration Guide を参照してください BlackICE 用ハイパフォーマンスドライバのインストール BlackICE Sentry から RealSecure Network Sensor バージョン 7.0 へ移行する場合 3COM Etherlink XL 10/100PCI3C905C-TX ドライバをインストールする必要があります 参照 : ドライバや技術上の要件についての詳細は ISS Web サイトにあるシステム要件の資料を参照してください URL は次のとおりです または 前提条件 ドライバをインストールする前に 次の前提条件を満たしていることを確認してください BlackICE Sentry と BlackICE サービスをアンインストールする システム上に BlackDLL.dll ファイルがないことを確認する Network Sensor をインストールする 14

27 BlackICE Sentry からの移行 issdaemon Service を停止する 参照 : 詳細は Windows に標準 Network Sensor をインストールする (47 ページ ) Windows にカスタム Network Sensor をインストールする (49 ページ ) および センサーの起動と停止 (138 ページ ) を参照してください 手順ハイパフォーマンスドライバをインストールするには : 1. デスクトップで [ マイコンピュータ ] を右クリックし [ プロパティ ] を選択します [ システムのプロパティ ] ウィンドウが表示されます 2. [ ハードウェア ] タブの [ デバイスマネージャ ] をクリックします 3. [ ネットワークアダプタ ] を展開します 4. [3Com EtherLink XL 10/100 PCI For Complete PC Management NIC (3C905C-TX)] アダプタを右クリックし [ プロパティ ] を選択します そのアダプタのウィンドウが表示されます 5. [ ドライバ ] タブで [ ドライバの更新 ] をクリックします [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] ウィンドウが表示されます 6. [ 次へ ] をクリックします [ ハードウェアデバイスドライバのインストール ] ウィンドウが表示されます 7. [ デバイスに最適なドライバを検索する ] オプションを選択し [ 次へ ] をクリックします [ ドライバファイルの特定 ] ウィンドウが表示されます 8. [ 検索場所のオプション ] の [ 場所を特定 ] を選択し [ 次へ ] をクリックします 9. etherlink.inf ファイルへのパスを入力するか または [ 参照 ] をクリックしてそのファイルが置かれている Network Sensor インストールフォルダを検索します デフォルト : このファイルのデフォルトの場所を次に示します \Program Files\ISS\issSensors\network_sensor_1\Drivers\ etherlink.inf 10. ファイルを選択してから [ 開く ] を選択します [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] が表示されます 11. [OK] をクリックします [ ドライバファイルの検索 ] ウィンドウが表示されます 12. [ 別のドライバをインストールする ] を選択し [ 次へ ] をクリックします [ 検出されたドライバ ] ウィンドウが表示されます 15

28 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 13. [ISS BlackICE Etherlink 3C905C Driver] を選択し [ 次へ ] をクリックします [ デジタル署名が見つかりませんでした ] ウィンドウが表示される場合があります 14. インストールを続けますか 続ける場合は [ はい ] をクリックします 続けない場合は [ いいえ ] をクリックします 15. [ 完了 ] をクリックします [ISS BlackICE Etherlink 3C905C Driverのプロパティ ] ウィンドウが表示されます 16. [ 閉じる ] をクリックします [ デバイスマネージャ ] ウィンドウが表示されます 17. ドライバがリスト内に表示されていることを確認します 18. [ デバイスマネージャ ] ウィンドウを閉じます アップグレードによる変更の適用 アップグレードによる変更をコンピュータに適用するには issdaemon Service を再起動する必要があります issdaemon Service を再起動すると コンソールでドライバのプロパティを設定できるようになります 参照 : 詳細は センサーの起動と停止 (138 ページ ) および アダプタの設定 (140 ページ ) を参照してください BlackICE 用ハイパフォーマンスドライバのアンインストール ハイパフォーマンスドライバをアンインストールするには : 1. issdaemon Service を停止します 2. デスクトップで [ マイコンピュータ ] を右クリックし [ プロパティ ] を選択します [ システムのプロパティ ] ウィンドウが表示されます 3. [ ハードウェア ] タブの [ デバイスマネージャ ] をクリックします 4. [ ネットワークアダプタ ] を展開します 5. [3Com EtherLink XL 10/100 PCI For Complete PC Management NIC (3C905C-TX)] アダプタを右クリックし [ 削除 ] を選択します [ デバイスの削除の確認 ] ウィンドウが表示されます 6. このドライバを削除しますか 削除する場合は [OK] をクリックします 削除しない場合は [ キャンセル ] をクリックします 16

29 リモートからのセンサーのアップグレード リモートからのセンサーのアップグレード はじめに この項目では 次の内容について説明します 管理コンポーネントによるアップグレード すべてのセンサーのバージョンをアップグレードするための前提条件 5.x センサーをアップグレードするための固有の前提条件 アップグレードパッケージの入手先 複数のセンサーのアップグレード リモートからセンサーをアップグレードする方法 管理コンポーネントによるアップグレード バージョン 6.x 以降のセンサーをインストールしている場合 Workgroup Manager または SiteProtector を使用して リモートからセンサーを 7.0 にアップグレードすることができます 参照 : SiteProtector を使用してリモートからセンサーをアップグレードする方法についての詳細は SiteProtector のヘルプを参照してください すべてのセンサーのバージョンの前提条件 リモートから 5.x または 6.x センサーを 7.0 にアップグレードする前に 次の要件を満たす必要があります すべての Workgroup Manager コンポーネント ( コンソール Event Collector データベース ) を 6.5 にアップグレードする 注意 : センサーをバージョン 6.0 の Workgroup Manager コンソールからアップグレードする場合 Workgroup Manager ( コンソール Event Collector データベース ) をバージョン 6.5 にアップグレードするまでは センサーを監視 あるいは管理することはできません 参照 : 詳細は RealSecure Workgroup Manager Installation Guide を参照してください 次の場所にあるアップグレードパッケージを探す Web サイト Internet Security Systems の CD 内の /updates/realsecure ディレクトリ ( 英語版 ) 5.x センサーの前提条件バージョン 5.x のセンサーからアップグレードする場合は 次のことも実行する必要があります ログファイルとコンソールデータベースを同期化する 17

30 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 参照 : 同期化の手順については RealSecure ヘルプの Synchronizing 5.x log files with the Enterprise database を参照してください 6.5 センサーをインストールする そのセンサーにフルアップグレードを適用する 参照 : 適用の手順については RealSecure ヘルプの Installing X-Press Updates を参照してください 複数のセンサーを同時にアップグレードする リモートアップグレードプロセスを使用して 同時に 1 つ以上のセンサーをアップグレードすることが可能です ただし それには同じオペレーティングシステム (Windows Solaris など ) の同種 (Server Sensor または Network Sensor) のセンサーを選択する必要があります 種類とオペレーティングシステムが同じセンサーは グループとしてアップデートすることができます 1 台のコンピュータ上にインストールされた複数のセンサーは グループとしてアップデートできません 1 台のコンピュータ上に複数の Network Sensor をインストールしている場合は それらを個別にアップデートする必要があります 重要 : 複数のセンサーがインストールされたコンピュータには NIC も複数インストールされている必要があります 手順リモートからセンサーをアップグレードするには : 1. Workgroup Manager を開き アップグレードするセンサー (1 つまたは複数 ) を管理します 参照 : センサーを管理する方法についての詳細は ヘルプの managing sensors を参照してください 2. アップグレードするセンサー (1 つまたは複数 ) を選択し 右クリックします ポップアップメニューにコマンドオプションが表示されます 3. [X-Press Update or product update] を選択します [RealSecure Update Installer] ウィンドウが表示されます 4. アップグレードパッケージの場所を選択します 5. [Upgrade or Service Release] を選択します 6. [ 次へ ] をクリックします [Available updates] ボックスに 該当のセンサーに利用できるアップデートが表示されます 7. インストールするアップデートを選択し [Next] をクリックします [Strong Encryption Export Agreement] ウィンドウが表示されます 8. 同意書を読み [Yes] を選択してから [OK] をクリックします 18

31 リモートからのセンサーのアップグレード アップデートプログラムがアップデートをダウンロードし 次にインストールを続行するように要求されます 9. [Continue] をクリックします アップグレードには数分かかる場合があり このアップグレードはバージョン 6.5 コンソールと Event Collector から実行される必要があることを知らせるメッセージが表示されます 10. [ はい ] をクリックします 数秒後 コンポーネントのステータスが [Unknown] に変わります 制御ステータスがデーモンに関する複数のエラー ( 実行されていない 接続を拒否された あるいは接続を終了した 再起動 ) を表示します 数分後にアップグレードが完了すると コンポーネントステータスは [Active] に戻り インストールが終了します Unix センサー : Solaris Server Sensor あるいは Linux Server Sensor をアップグレードする場合は システムが再起動した後にインストールが完了します x センサーからアップグレードする場合は センサーを Event Collector と連動するように設定する必要があります 参照 : 手順は バージョン 5.x センサーのアップグレード後 (21 ページ ) を参照してください 19

32 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 手動でのセンサーのアップグレード はじめに この項目では Network Sensor の手動でのインストールについて説明します Windows センサーのアップグレード Windows センサーをアップグレードする際にはインストールプログラムを使用しますが まず 前のバージョンのセンサーをアンインストールする必要があります 参照 : インストールの手順については 本書の Network Sensor を Windows にインストールする の章を参照してください Unix センサーのアップグレード Unix センサーを手動で 7.0 にアップグレードするには 以前のバージョンの Unix センサーをアンインストールしてから 新しいバージョンをインストールする必要があります 参照 : Unix プラットフォームのセンサーをアンインストールする方法については Unix コンポーネントのアンインストール (133 ページ ) を参照してください インストールの手順については 本書の次の章を参照してください Network Sensor を Linux にインストールする Network Sensor を Solaris にインストールする Nokia アプライアンスのインストール 20

33 バージョン 5.x センサーのアップグレード後 バージョン 5.x センサーのアップグレード後 はじめに センサーをバージョン 5.x からアップグレードすると その後はイベントは直接コンソールに送信されず 最初に Event Collector を通過します センサーのセットアップ 認証を使用している場合 Event Collector がセンサーをイベントソースとして認識するように設定し さらにセンサーが Event Collector からの認証された接続を受け入れるように設定する必要があります イベントソースと認証の設定 Deployment Wizard を使用して タスクを自動で あるいは手動で実行します Deployment Wizard の使用 Deployment Wizard を使用する場合は Deploment Wizard で認証を設定する (118 ページ ) を参照してください 手動の設定 Deployment Wizard の使用でエラーが発生した場合 またはセンサーを手動で設定する場合は 次の項目を利用してください ヘルプの Adding public keys トピックを使用して アップグレードされたセンサーに Event Collector のキーをコピーする ヘルプの Configuring event sources トピックを使用して アップグレードされたセンサーのイベントソースを設定する 21

34 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード ポリシーのアップグレード はじめに この項目では 次の内容について説明します Network Sensor と互換性のあるポリシーのバージョン ポリシーをアップグレードする上での問題 ポリシーの互換性 表 6 に Network Sensor が使用できるポリシーを示します 重要 : 古いセンサーのバージョンにポリシーを適用している場合 ( たとえば 6.0 センサーに 6.5 のポリシーを適用 ) センサーはポリシーの新規シグネチャを使用できず センサーエラーを生成してこの不一致について通知します センサーのバージョョン適用できるポリシー , , , 3.2, , 3.2, , 3.2, / , 6.0, 表 6: センサーに適用できるポリシー 以前のバージョンからのアップグレード 以前のバージョンで作成したカスタムポリシーをインポートする場合は Policy Editor を使用する必要があります 参照 センサーポリシーのインポートについての詳細は 次のマニュアルを参照してください Workgroup Manager を使用してポリシーをインポートするには RealSecure Workgroup Manager User Guide または RealSecure Workgroup Manager ヘルプの Importing Policies を参照してください SiteProtector を使用してポリシーをインポートするには SiteProtector のヘルプを参照してください 22

35 ハイパフォーマンス全二重ドライバのインストール ハイパフォーマンス全二重ドライバのインストール はじめに この項目では 次の内容について説明します 全二重ドライバ ハードウェア要件 参考資料 前提条件 ドライバのインストール方法 アップグレードによる変更の適用 全二重ドライバ RealSecure Network Sensor バージョン 7.0 は 全二重ドライバを使用するネットワークインタフェースをサポートしています このドライバは ネットワークスイッチ上のスイッチセグメントを監視できます これにより ネットワーク上を流れる両方向のトラフィック ( 送信側と受信側 ) を監視できます 利点 : 全二重ドライバを使用すると Port Analyzer (SPAN) ポートを使用せずにネットワークトラフィックを監視できます ハードウェア要件全二重ドライバを使用するには 次のハードウェアが必要です ネットワークセグメントのタッピングに使用する単一ポート Ethernet タップ ( 全二重 10/100 Ethernet スプリッタ ) 監視に使用する 3Com 3C905-C ネットワークインタフェースカード 2 つ 管理に使用する 3Com 3C905-C ネットワークインタフェースカードか またはその互換カード 1 つ 参照 ハイパフォーマンスドライバを使用した Network Sensor の設定 およびハードウェア環境についての詳細は 次の Internet Security Systems の資料を参照してください システム要件の資料は 次の ISS Web サイトにあります rs_sysreqs.pdf または RSsysreq.html RealSecure Network Sensor 7.0 FAQ ( 頻繁に寄せられる質問 ) は 次の ISS Web サイトにあります 23

36 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 前提条件 ハイパフォーマンス全二重ドライバをインストールする前に 次の前提条件を満たす必要があります 単一ポート Ethernet タップハードウェアを そのハードウェアに添付されている文書に従ってインストールおよび接続する 監視に必要な 2 つの 3Com 3C905-C ネットワークインタフェースカードをインストールする 管理に必要な 3Com 3C905-C ネットワークインタフェースカードか またはその互換カードのいずれか 1 つをインストールする issdaemon サービスを停止する 参照 : 詳細については センサーの起動と停止 (138 ページ ) を参照してください 手順ハイパフォーマンスドライバにアップグレードするには : 1. デスクトップで [ マイコンピュータ ] を右クリックし [ プロパティ ] を選択します [ システムのプロパティ ] ウィンドウが表示されます 2. [ ハードウェア ] タブの [ デバイスマネージャ ] をクリックします 3. [ ネットワークアダプタ ] を展開します 4. [3Com EtherLink XL 10/100 PCI For Complete PC Management NIC (3C905C-TX)] アダプタを右クリックし [ プロパティ ] を選択します そのアダプタのウィンドウが表示されます 5. [ ドライバ ] タブで [ ドライバの更新 ] をクリックします [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] ウィンドウが表示されます 6. [ 次へ ] をクリックします [ ハードウェアデバイスドライバのインストール ] ウィンドウが表示されます 7. [ デバイスに最適なドライバを検索する ] オプションを選択し [ 次へ ] をクリックします [ ドライバファイルの特定 ] ウィンドウが表示されます 8. [ 検索場所のオプション ] の [ 場所を特定 ] を選択し [ 次へ ] をクリックします 9. etherlink.inf ファイルへのパスを入力するか または [ 参照 ] をクリックしてそのファイルが置かれている Network Sensor インストールフォルダを検索します デフォルト : このファイルのデフォルトの場所を次に示します 24

37 ハイパフォーマンス全二重ドライバのインストール \Program Files\ISS\issSensors\network_sensor_1\Drivers\ etherlink.inf 10. ファイルを選択してから [ 開く ] を選択します [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] が表示されます 11. [OK] をクリックします [ ドライバファイルの検索 ] ウィンドウが表示されます 12. [ 別のドライバをインストールする ] を選択し [ 次へ ] をクリックします [ 検出されたドライバ ] ウィンドウが表示されます 13. [ISS BlackICE Etherlink 3C905C Driver] を選択し [ 次へ ] をクリックします [ デジタル署名が見つかりませんでした ] ウィンドウが表示される場合があります 14. インストールを続けますか 続ける場合は [ はい ] をクリックします インストールが完了したら 手順 15 に進んでください 続けない場合は [ いいえ ] をクリックします 15. [ 完了 ] をクリックします [ISS BlackICE Etherlink 3C905C Driver のプロパティ ] ウィンドウが表示されます 16. [ 閉じる ] をクリックします [ デバイスマネージャ ] ウィンドウが表示されます 17. ISS BlackICE Etherlink 3C905C Driver がリスト内に表示されていることを確認します 18. [ デバイスマネージャ ] ウィンドウを閉じます 19. 手順 1 ~ 18 を繰り返して 追加のカードをインストールします アップグレードによる変更の適用 アップグレードによる変更をコンピュータに適用するには センサーを再起動する必要があります センサーを再起動すると コンソールでドライバのプロパティを設定できるようになります 25

38 第 2 章 : Network Sensor のアップグレード 26

39 第 3 章 Network Sensor をインストールする前に 概要 はじめに この章では Network Sensor を Windows プラットフォーム または Unix プラットフォームにインストールする前に必要な知識について説明します この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ インストールする前に 28 認証の使用 30 自動的に認証キーをインポートする 32 暗号化のカスタマイズ 34 プライベートキーのアーカイブ 37 パブリック認証キーの管理 38 複数のセンサーのインストール 39 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 41 27

40 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に インストールする前に 前提条件 センサーの配置方法を決定したら 次の前提条件を満たす必要があります タスクスクライセンスキーを取得するセンサーの命名規則を作成する 詳細情報の記載ページ RealSecure Workgroup Manager User Guide または RealSecure SiteProtector Strategy Guide このページの センサーの命名規則 コンポーネントが通信する方法を決定する 認証の使用 (30 ページ ) 必要であれば新しい暗号化ソフトウェアをインストールする 最新の暗号 Service Pack がインストールされていることを確認する 暗号化のカスタマイズ (34 ページ ) 暗号化のカスタマイズ (34 ページ ) パブリックキーの管理者を決定する パブリック認証キーの管理 (38 ページ ) 非英語文字 または非英語の Windows オペレーティングシステムを使用したい場合 システムを適切に設定する 単一のコンピュータに複数のセンサーをインストールしたい場合は マルチセンサーの前提条件を満たす ステルスモードを使用したい場合 適切なハードウェアを設置し コンピュータを設定してインタフェースを隠すように設定する オペレーティングシステムを強化しない 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 (41 ページ ) 複数のセンサーのインストール (39 ページ ) Network Sensor のステルス設定 (142 ページ ) オペレーティングシステムの非強化 (29 ページ ) 表 7: RealSecure ソフトウェアをインストールするための前提条件 センサーの命名規則 センサーの命名規則はコンソールのセンサーを識別するのに役立ちます たとえば センサーがファイアウォールの内側か外側か または特定の部門内にあるか ということを示す名前をセンサーに命名するとします 28

41 インストールする前に 警告 : センサー名には 英数字文字 アンダースコア ダッシュのみを使用します センサーをインストールする際に インストールプログラムによってセンサーに名前を割り当てるか デフォルトの名前を受け入れるかを選択できます センサーのインストール後は センサー名を変更することはできません センサー名を変更するには センサーをアンインストールしてから 再インストールします そのため センサーを配置する前に 合理的なセンサーの命名規則を定めておくことが重要です 例 : 次の命名規則では センサーを物理的および地理的なインストール場所ごとに分類し ホスト名も識別します nyc_dmz_hostname1 nyc_int_hostname2 atl_dmz_hostname3 atl_int_hostname4 オペレーティングシステムの非強化 ISS では RealSecure ソフトウェアをインストールする前に オペレーティングシステムを強化しないことを推奨します オペレーティングシステムを強化またはロックすると すべてのファイルとレジストリキーもロックされます オペレーティングシステムを強化した場合は 重要なファイルやレジストリキーを書き込むことができないため インストールプログラムが失敗する場合があります 29

42 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に 認証の使用 はじめに 認証とは あるコンポーネントが他のコンポーネント (Event Collector やセンサー ) に対して自分自身を証明するための手段です 認証は通信接続が確立されたときに行われ コンポーネントのセットアップ時に選択した暗号化プロバイダによって作成されるパブリック / プライベートキーのペアに依存します RealSecure の認証 認証を有効にする場合 各センサーは接続を試行するすべてのコンポーネント (RealSecure Console や Event Collector) に認証を行います また 各 Event Collector は接続を試行するすべてのコンソールに認証を行います そのため Event Collector にはコンソールを認証するために コンソールのパブリック認証キーが必要です 同様に コンソールと Event Collector はセンサーに接続するので センサーにはこれらのコンポーネントのパブリック認証キーが必要です 認証方法によって センサー ( または Event Collector) が収集された機密セキュリティデータを送信する前に 各コンソールや Event Collector は自分自身をセンサー ( または Event Collector) に対して証明できます 暗号化プロバイダの変更 設定された暗号化プロバイダの変更方法は インストールした管理ソフトウェアのタイプによって異なります Workgroup Manager の場合は Daemon Encryption Options 機能を使用して暗号化プロバイダを変更します SiteProtector の場合 コンポーネントをアンインストールしてから プロバイダを変更する新しい設定のコンポーネントを再インストールします 複数のセンサー または Event Collector とセンサーの組み合わせがコンピュータ上に存在する場合 両方の ( またはすべての ) コンポーネントをアンインストールしてから再度インストールする必要があります コンソールについてはプロバイダを変更する必要がない限り 必ずしもセンサーや Event Collector と一緒にアンインストールする必要はありません 参照 : 詳細については 暗号化設定の変更 (128 ページ ) か または RealSecure SiteProtector Strategy Guide を参照してください 認証とパブリック / プライベートキー キー名 インストールプログラムでは 各コンポーネントの Keys サブディレクトリにパブリックキーを保存します コンソールキーは rs_con で始まります センサーキーおよび Event Collector キーは rs_eng で始まります 参照 : キーペア 暗号化 および認証の詳細については RealSecure Workgroup Manager User Guide を参照してください コンソールのパブリックキーをセンサーへコピーする作業の方法については 手動での認証の設定 (121 ページ ) を 30

43 認証の使用 参照してください キー管理の詳細については パブリック認証キーの管理 (38 ページ ) を参照してください 認証接続 認証が有効な場合 センサーはトラフィックを受け入れる前に コンソールのパブリックキーと Event Collector のパブリックキーを所有している必要があります また Event Collector はトラフィックを受け入れる前に コンソールのパブリックキーを所有している必要があります パブリックキーは 自動キーインポートオプションでインポートできます 必要に応じて Workgroup Manager キー管理機能を使用して ネットワークを経由してリモートで あるいはディスクからローカルで センサーに手動でキーをコピーすることが可能です 認証を有効にしても パフォーマンスは低下しません 参照 : 詳細については 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) および パブリック認証キーの管理 (38 ページ ) 手動での認証の設定 (121 ページ ) を参照してください 認証を行わない接続 認証を無効にすると センサーはどのコンソールや Event Collector も信頼し 各セッションにパブリックキーを自動的に受け入れます コンソールや Event Collector は インストール時に作成された適切なパブリック / プライベートキーペアを使用します コンソールや Event Collector はそのパブリックキーをコンポーネントに送り コンポーネントはコンソールや Event Collector の身元確認を行いません 認証が無効な場合 RealSecure プロトコルを実装するデバイスであればどれでも コンポーネントを監視できます 参照 : 詳細については パブリック認証キーの管理 (38 ページ ) を参照してください 31

44 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に 自動的に認証キーをインポートする 認証キーの自動インポート RealSecure インストールプログラムには コンソールから認証キーを自動的にインポートするためのオプションが搭載されています 自動インポートオプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します インストールプログラムがインポートするのは コンソールのパブリックキーだけです Event Collector などの他のコンポーネントのパブリックキーは手動でコピーする必要がありますが Deployment Wizard を使用して 自動的に必要な認証キーをすべて配布するようにしている場合はその限りではありません 参照 : 認証の設定 (117 ページ ) を参照してください 注意 : この機能を使用すると センサーがその最初の接続を未知のユーザーから受信した場合 その未知のユーザーが RealSecure センサーにアクセスできる可能性があります その結果 あらかじめ決められているユーザーがセンサーにパブリックキーをコピーしようとすると キーがすでに存在するという警告が表示され そのユーザーのキーはセンサーにコピーされません 自動キーインポートと SiteProtector SiteProtector を使用して管理していて さらに認証を使用する場合 SiteProtector がセンサーを設定して管理できるように インストールの際に自動キーインポートオプションを有効にする必要があります 自動インポートと複数センサー 複数のセンサーが同じコンピュータにインストールされている場合 または Event Collector と Server Sensor が同じコンピュータにインストールされている場合 自動インポート機能はどちらのコンポーネントにも有効です 自動インポート要件 自動インポートを正確に機能させるために 次の要件を満たしているか確認してください 同じシステムに Event Collector をインストールしている場合 Workgroup Manager コンソールまたは SiteProtector コンソールをインストールしていて かつ自動キーインポートオプションが有効である コンピュータにすべてのセンサーあるいは Event Collector をインストールしていて かつインストール中に自動キーインポートオプションを有効にしている 単一のコンピュータに配置するコンポーネントをすべてインストールし終わるまで センサー Event Collector デーモンのいずれにも接続試行をしていない インストール完了後 Deployment Wizard を使用してコンピュータ上のセンサー Event Collector またはデーモンのいずれかに接続する すべての認証 32

45 自動的に認証キーをインポートする キーと Key Administrator 権限はインストールされた全コンポーネントで設定されます 初めての接続の後にコンポーネントをインストールする 自動インポートオプションを有効にしてコンポーネントをインストールした場合 そのコンポーネントに接続します そして 2 つ目のコンポーネントをインストールした後 そのコンポーネントを管理し監視できるようにするために 認証キーを手動で 2 つ目のコンポーネントにコピーする必要があります 参照 : 手動でキーをコピーする方法の詳細は 手動での認証の設定 (121 ページ ) を参照してください 認証キーの推奨事項 ISS は 初期パブリックキーがコンソールからインポートされるまで 不正なネットワークアクセスから保護されている安全なネットワークセグメントに RealSecure センサーを設定することを推奨します 最初にセンサーに接続した後は 適切なユーザーだけがそのセンサーにアクセスできるようにしてください アクセスを確認するには RealSecure Console の [Maintain Keys] メニューオプションで そのセンサーのアクティブなパブリックキーを参照します 参照 : 認証キーの追加と削除の手順については RealSecure ヘルプの Managing public keys を参照してください 33

46 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に 暗号化のカスタマイズ はじめに この項目では次の内容について説明します 暗号化プロバイダの概要 カスタムオプション 暗号キー インストール中に暗号化を設定するためのルール Microsoft RSA プロバイダについての説明 RSA 認証 望ましい暗号化プロバイダについての簡単な説明 暗号化の使用を規制する米国輸出法の簡単な説明 暗号化の概要 RealSecure ソフトウェアは ISS 固有の通信プロトコルを使用して コンポーネント間 ( コンソール Event Collector センサー ) で渡される情報のセキュリティを保ちます このプロトコルは 1 つ以上の内蔵プロバイダ または Microsoft RSA などの外部の暗号化サービスプロバイダ (CSP) によって提供される暗号化に依存します インストールの際には 暗号化プロバイダと 暗号化アルゴリズムの設定に関して いくつか選択を行います これらの設定は インストールの完了後にいつでも変更できます 参照 : 詳細については 暗号化設定の変更 (128 ページ ) を参照してください 暗号化カスタムオプション インストール中に 次の方法で暗号化の設定をカスタマイズすることが可能です 特定のコンポーネントに使用させたいプロバイダを選択する ( 使用しているシステムで利用可能なプロバイダのリストから ) Nokia センサー : Nokia センサーを管理する場合は デフォルトのアルゴリズムを使用する必要があります 好みの順番にプロバイダを並べ リモートコンポーネント ( センサーや Event Collector) が最初に使用を試みるプロバイダを指定する デフォルトの暗号化アルゴリズムやキー強度をカスタマイズする 重要 : コンソール および各センサーまたは Event Collector には 共通の暗号化アルゴリズムとキーを選択してください 同じものを選択しないと 各コンポーネントが相互に通信できなくなります デフォルト設定に変更を加える場合は ほかのコンポーネントにも同じアルゴリズムまたはキーを適用できるよう アルゴリズムとキーを控えておいてください 34

47 暗号化のカスタマイズ 暗号キー インストール時の最後に 選択した各プロバイダに対してパブリック / プライベートのキーのペアが生成されます 認証機能を使用するよう設定した場合 これらのキーは コンポーネント間で受け渡しされる対称暗号キーの暗号化と復号を行う際や 今インストールしたコンポーネントを別のコンポーネントが認証する際に使用されます 参照 : パブリックキーを使用する認証の設定についての詳細は 認証の使用 (30 ページ ) を参照してください インストール中に暗号化を設定するための規則 インストールの際に 次の規則が暗号化プロバイダに適用されます カスタムセンサーのインストールプログラムでは 暗号化プロバイダをカスタマイズするオプションが利用可能です 暗号化プロバイダを設定するオプションは RealSecure Console インストール中ならいつでも選択可能です コンソールと Event Collector を一緒にインストールする場合 暗号化プロバイダの追加および削除に関してプロンプトが表示されます そこでの選択内容は センサーがそのコンピュータにインストールされていない限り コンポーネント両方に適用されます 最初に Network Sensor Server Sensor または Event Collector をインストールする際に 暗号化プロバイダの選択 認証強度の選択 および 自動インポートの起動に関するオプションが使用可能になります 最初のセンサーまたは Event Collector のインストール後 その他のセンサーや Event Collector はすべて 最初にインストールされたセンサーや Event Collector の認証強度や暗号化プロバイダ 自動インポートの設定を使用します Workgroup Manager では 標準の暗号化プロバイダを追加または削除するオプションが利用可能です 暗号化プロバイダを追加または削除するオプションは [Console Encryption Options] ウィンドウでも利用可能です 参照 : 暗号化プロバイダの選択の詳細については Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 (79 ページ ) および 暗号化設定の変更 (128 ページ ) を参照してください Microsoft Windows RSA による暗号化 RealSecure Workgroup Manager では ISS コンポーネント ( コンソール センサー および Event Collector) 間の通信の暗号化に Microsoft RSA Base Strong および Enhanced Cryptographic Provider を使用できます これらのプロバイダは または 2048 ビットの強度で RSA によるパブリック / プライベートキーの暗号化を提供します 35

48 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に これらのプロバイダは DES DESX 2-key Triple DES Triple DES RC2 および RC4 アルゴリズムを使用して 対称暗号方式を提供することもできます RC2 アルゴリズムと RC4 アルゴリズムは通常 または 128 ビットのキー強度をサポートします ハッシュアルゴリズムには通常 MD2 MD4 MD5 および SHA-1 が含まれます 実際に選択できるアルゴリズムは オペレーティングシステムのレベル Service Pack およびブラウザのインストール状況によって決まります RSA 認証の有効化 コンソールで RSA 1536 認証が有効にされていない場合 RealSecure は RSA プロバイダを追加するよう求めるプロンプトを表示します RSA 認証は 7.0 Network Sensor 構成に対して望ましいオプションです コンソールや Event Collector を初めてインストールする場合は コンソールのインストール時に RSA プロバイダを少なくとも 1 つはインストールして コンソールが Network Sensor と通信できるようにすることをお勧めします 望ましい暗号化プロバイダ Certicom 暗号化は以前のバージョンとの互換性を保つために利用可能にされていますが ISS コンポーネントや 7.0 Network Sensor 構成に対して望ましい暗号化プロバイダは RSA です Certicom 暗号化は 今後の RealSecure ソフトウェアリリースでは利用できなくなる予定です 参照 : 使用できるプロバイダとその機能の詳細については Microsoft の Web サイトを参照してください プロバイダのアップグレードやインストールは RealSecure ソフトウェアのインストールを開始する前にすべて完了しておく必要があります Service Pack: 最新の Service Pack をダウンロードしてインストールするには Microsoft の Web サイトを参照してください URL は次のとおりです このページを表示するには Microsoft への登録が必要になる場合があります Internet Explorer で [ ツール ] [Windows Update] の順に選択することにより 使用しているプラットフォームに対応するオプションにアクセスすることもできます 暗号化と米国法 暗号化技術は米国輸出法によって規制されています これらの技術は 特定の国には輸出または再輸出できません 参照 : 米国輸出法の詳細については 輸出管理局の Web ページにある Commercial Encryption のセクションを参照してください URL は次のとおりです 36

49 プライベートキーのアーカイブ プライベートキーのアーカイブ はじめに暗号化プロバイダのプライベートキーが損傷を受けたり 破損したときに アーカイブされたキーがあると [Restore Cryptographic Private Keys] ユーティリティを使ってアーカイブされたコピーを取り出すことができます 暗号化プロバイダのパブリックキーは他のコンポーネントにはすでに存在しているため それ以上の手続きは必要ありません 重要 : インストールプログラムがキーをアーカイブできるのは プライベートキーの作成時のみです したがって 既存のプライベートキーをアーカイブすることはできません プライベートキーをアーカイブするオプションは自動化インストールで有効になりません キーのコピーをアーカイブしない場合 コピーをアーカイブしていないプライベートキーが損傷を受けたり破損したりした場合 損傷を受けたキーのコンポーネントを再インストールして 新しくプライベート / パブリックキーのペアを作成することをお勧めします 認証された通信を起動する前に 新しいパブリックキーをその他のコンポーネントにコピーする必要があります 参照 : 詳細については アーカイブされたプライベートキーの復元 (126 ページ ) を参照してください 37

50 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に パブリック認証キーの管理 はじめに キー管理機能は パブリック認証キーの管理および配布の手段を提供します キー管理機能を使用すると 1 人以上のユーザーを Key Administrator として指定できます Key Administrator とは RealSecure Console からパブリック認証キーをリモート管理する権限を持っている RealSecure ユーザーのことです 重要 : 少なくとも 1 人のユーザーが Workgroup Manager の配置管理ウィザードか またはキー管理機能を使用するための Key Administrator 権限を持っている必要があります Workgroup Manager をインストールする前に 使用する場所 ( ディレクトリ ) の Key Administrator を決定してください Key Administrator とマスターステータスのロール Key Administrator は Daemon Role を管理する権利もあります Daemon Role とは issdaemon によって管理される 特別な権限を持ったユーザーのアクセスリストです ユーザーはこのリストで computername_administrator のように コンピュータ名 _ ユーザー名 の形式で特定されます Daemon Role には Master Status Manager と Key Administrator が含まれています Key Administrator の設定 (Windows) Windows コンポーネントの場合 インストール中に最低 1 つの Key Administrator を設定するか インストール中に自動インポートを有効にしておく必要があります ( 自動インポートを有効にすると 最初にセンサーに接続した人物が Key Administrator 権限を取得します ) 参照 : 自動キーインポートオプションの使用についての詳細は 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください Key Administrator の設定 (Unix) Unix コンポーネントの場合 インストール中に最低 1 つの Key Administrator を設定した場合 コンソールを使用して Key Administrator を追加することが可能です インストール中に Key Administrator を設定しなかった場合 インストール後にコマンドラインからスクリプトを使って管理者を追加することが可能です インストール後の Key Administrator 権限の割り当て インストール後 Key Administrator 権限は Workgroup Manager で変更できます 既に Key Administrator となっているユーザーは Command Line Interface (CLI) またはコンソールを使用して さらに Key Administrator を追加することができます パブリック認証キーの Key Administrator 権限は ユーザーのコンピュータ名とユーザー名を Key Administrator リストに追加することで付与されます 参照 Key Administrator 権限の変更についての詳細は RealSecure Workgroup Manager User Guide を参照してください 38

51 複数のセンサーのインストール 複数のセンサーのインストール はじめに 複数のセンサーを単一のコンピュータにインストールする場合は 追加の前提条件が必要になります 次の組み合わせをインストールすることが可能です Server Sensor と Network Sensor 複数の Network Sensor Server Sensor と Network Sensor Network Sensor を実行するコンピュータを含め 重要なサーバーにはすべて Server Sensor をインストールすることをお勧めします 同じコンピュータにこれらのセンサーをインストールするには Server Sensor のインストール中は Server Sensor のネットワーク監視コンポーネントを無効にする必要があります このコンポーネントを無効にする手順は RealSecure Server Sensor Installation Guide の Server Sensor カスタムインストール手順に説明されています 複数の Network Sensor 複数の Network Sensor を同じコンピュータにインストールして 複数の低い帯域幅のセグメントを監視することができます 3 つ以上の Network Sensor を同一コンピュータにインストールすることも可能ですが ISS では 2 つまでのインストールを推奨します 重要 : 複数のセンサーがインストールされたコンピュータには NICS も複数インストールされている必要があります 2 つの Network Sensor をインストールする前に 2 つの Network Sensor を同一コンピュータにインストールする前に 次の手順に従ってください 1. システム要件を読み 2 つの Network Sensor に十分なメモリがあるか確認し ます 参照 : システム要件の資料は 次の ISS Web サイトにあります sysreq.pdf または RSsysreg.html 2. 使用する構成に応じて ネットワークインタフェースカード (NIC) をコンピュータにインストールします ハイパフォーマンス用途でない場合は 2 つの NIC ( 管理用と監視用にそれぞれ 1 つずつ ) ハイパフォーマンス用途の場合は 4 つの NIC (3C905C-TX) ( 管理用と監視用にそれぞれ 2 つずつ ) Gigabit Network Sensor の場合は 2 つの NIC 39

52 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に 3. センサーを使用して監視する 2 つのネットワークセグメントに 2 つの NIC を接続します 注意 : センサーをインストールしたら 各センサーに監視させる NIC を選択してください NIC の選択 および全二重の使用についての詳細は アダプタの設定 (140 ページ ) を参照してください 40

53 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 非英語 Windows アプリケーションと非英語文字への対応 非英語バージョンの Windows を実行しているコンピュータ RealSecure ソフトウェアは フランス語 日本語 スペイン語など 非英語バージョンの Windows を実行しているコンピュータ上でテストされています しかし RealSecure ソフトウェアは英語バージョンの Windows で最も丁寧にテストされているので ISS では可能な限り英語バージョンの Windows を使用することを推奨します その他のプログラムの外国語文字 RealSecure ソフトウェアを実行しているコンピュータの他のアプリケーションで外国語文字を使用する必要がある場合は 非英語バージョンの Windows をインストールする代わりに ユーザーの地域と言語に対応するように Windows を設定することも可能です 外国語文字 ロケール設定 センサー名 ディレクトリ ユーザー名 その他文字ベースの名前を変更する場合は 英数文字を使用する必要があります 警告 : 外国文字を使用すると センサーや他のコンポーネントに不具合が発生する場合があります 参照 システムロケールについての詳細は 次の Microsoft の Web サイトを参照してください 米国英語バージョンの Windows NT 2000 を現地語化する 米国英語バージョンの Windows 2000 を設定して 各自のシステムロケールをサポートするには : 1. タスクバーから [ スタート ] [ 設定 ] [ コントロールパネル ] の順に選択します [ コントロールパネル ] ウィンドウが表示されます 2. [ 地域のオプション ] アイコンをダブルクリックします [ 地域のオプション ] ウィンドウが表示されます 3. [ 地域のオプション ] タブで 一覧から言語を選択します 4. [ 既定値に設定 ] チェックボックスをオンにします [ システムロケールの選択 ] ウィンドウが表示されます 5. [OK] をクリックしたら [ 適用 ] をクリックします 6. [OK] をクリックします 言語のデフォルトのコードページとそれに対応するフォントがシステムに適用されます 7. 表示の設定を調整する必要がありますか 41

54 第 3 章 : Network Sensor をインストールする前に 必要な場合は 手順 8 に進みます 必要ない場合は 手順 12 に進みます 8. [ コントロールパネル ] ウィンドウで [ 画面 ] アイコンをダブルクリックし [ 画面のプロパティ ] ウィンドウを表示します 9. [ デザイン ] タブをクリックします 一覧からフォントサイズを選択します 10. [ 適用 ] をクリックします 11. [OK] をクリックします 12. [ 地域のプロパティ ] ウィンドウで [ 入力ロケール ] タブを選択します 13. [ 追加 ] をクリックします [ 入力ロケールの追加 ] ウィンドウが表示されます 14. 一覧から希望の言語を選択して [OK] をクリックします [ 入力ロケール ] タブが表示されます 15. [ インストールされている入力ロケール ] フィールドで [ 既定値に設定 ] をクリックして その言語をデフォルトの入力ロケールに確定します 16. [ 入力ロケールのホットキー ] フィールドで 入力ロケールの切り替えに使うショートカットキーの組み合わせを選択します 17. [ タスクバーにインジケータを表示する ] チェックボックスをオンにして [OK] をクリックします 18. [ 適用 ] をクリックして [ 地域のオプション ] ウィンドウを閉じます 注意 : システムを再起動して ロケールの変更を有効にする必要があります 42

55 第 4 章 Network Sensor を Windows にインストールする 概要 はじめに この章では Windows 環境への RealSecure Network Sensor のインストールプログラムとインストール手順について説明します この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ Windows のインストールオプション 44 Windows に標準 Network Sensor をインストールする 47 Windows にカスタム Network Sensor をインストールする 49 Windows の自動化インストール 53 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 56 サイレントインストール機能の利用方法 73 自動インストールの FAQ 76 Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 79 43

56 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする Windows のインストールオプション インストール方法 次のインストール手順のいずれかを使用して Network Sensor for Windows をインストールします 標準 ( 簡単な ) インストール カスタム ( 高度な ) インストール 自動化インストール SiteProtector ユーザーの場合 : SiteProtector の管理と認証を使用している場合は 自動キーインポートオプションを有効にするために カスタムインストールを使用してセンサーをインストールする必要があります 標準インストール Network Sensor をデフォルトオプション ( 高度な設定を省略する ) でインストールするには インストールプロセスの際に標準インストールオプションを選択します 標準インストールプログラムでは デフォルトの設定を使用します オプション Select components ( コンポーネントの選択 ) Choose sensor name ( センサー名の選択 ) Choose folder for ISSDaemon (ISSDaemon のフォルダの選択 ) Choose folder for network sensor (Network Sensor のフォルダの選択 ) Select program folder ( プログラムフォルダの選択 ) デフォルトの設定 利用可能なコンポーネントすべてをインストール Network Sensor が 1 つの場合 : network_sensor_1 同一コンピュータに複数の Network Sensor をインストールする場合 : network_sensor_1 ( 最初のインストール ) network_sensor_2 (2 回目のインストール ) C:\Program Files\ISS\issDaemon C:\Program Files\ISS\issSensors ISS 表 8: インストールプログラムのデフォルト設定 44

57 Windows のインストールオプション オプション Enable Authentication ( 認証の有効化 ) Automatic key import ( 自動キーインポート ) Harden security ( セキュリティの強化 ) デフォルトの設定有効無効有効 表 8: インストールプログラムのデフォルト設定 ( 続き ) 参照 : 詳細については Windows に標準 Network Sensor をインストールする (47 ページ ) を参照してください カスタムインストール 表 8: インストールプログラムのデフォルト設定 (44 ページ ) で説明されている設定をカスタマイズする必要がある場合 インストールプロセスの際にカスタムインストールオプションを選択します 参照 : 詳細については Windows にカスタム Network Sensor をインストールする (49 ページ ) を参照してください インストールウィンドウ 表 9 に インストール中に表示されるウィンドウと そのウィンドウを表示させるシステム設定を表示します ウィンドウ Choose Folder for ISSDaemon (ISSDaemon のフォルダの選択 ) Enable Authentication ( 認証の有効化 ) Automatic Key Import ( 自動キーインポート ) Sensor Cryptographic Setup ( センサー暗号化の設定 ) システム設定 その他のデーモンコンポーネント (Event Collector やセンサー ) が事前にインストールされていない場合のみ その他のデーモンコンポーネント (Event Collector やセンサー ) が事前にインストールされていない場合のみ その他のデーモンコンポーネント (Event Collector やセンサー ) が事前にインストールされていない場合のみ その他のデーモンコンポーネント (Event Collector やセンサー ) が事前にインストールされていない場合のみ 表 9: Network Sensor ウィンドウの表示の有無 45

58 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする ネットワークアダプタカード 以前のバージョンの RealSecure ソフトウェアでは 複数のネットワークカードから選択するためのオプションがインストールプログラム内に用意されていました Network Sensor バージョン 7.0 では センサーをインストールした後に [Sensor Properties] ウィンドウでアダプタ設定を行う必要があります 参照 : 詳細については アダプタの設定 (140 ページ ) を参照してください 自動化インストール 複数の Network Sensor を同じ設定を使用してインストールしたい場合には 自動化インストールプロセスを使用することができます この機能を使用することで 一度 Network Sensor をインストールするとその間に選択した設定が保存されます それを使用して インストールプロセス全体を監視する必要なく 他のコンピュータに同じ設定でインストールを行います 参照 : 詳細については Windows の自動化インストール (53 ページ ) を参照してください ログファイル名 Setup プログラム ( 標準 カスタム および Autoinstall) は エラーおよびその他のメッセージを記録したログファイルを Windows (WINNT) ディレクトリ内に生成します Setup プログラムを Autoinstall モードで実行した後には エラーメッセージがないかどうかを このファイルで必ずチェックしてください 各モジュールのデフォルト名は次のとおりです モジュール Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor ユーティリティ デフォルトのログファイル名 RealSecure_Workgroup_Manager_6.5_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Network_Sensor_7.0_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Server_Sensor_6.5_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Utilities_7.0_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml 表 10: デフォルトのログファイル名 46

59 Windows に標準 Network Sensor をインストールする Windows に標準 Network Sensor をインストールする はじめに [typical installation] ( 標準インストール ) オプションを選択すると RealSecure Network Sensor コンポーネントがすべて デフォルトの設定でインストールされます 参照 : デフォルトの設定の一覧は 表 8: インストールプログラムのデフォルト設定 (44 ページ ) を参照してください 手順標準設定を使用して Network Sensor をインストールするには : 注意 : 選択したコンポーネントとネットワーク設定によっては 必要がない手順や 表示されないウィンドウがあります 詳細は 表 9: Network Sensor ウィンドウの表示の有無 (45 ページ ) を参照してください 1. CD-ROM ドライブに Internet Security Systems の CD ( 英語版 ) を挿入し 次の場所にあるフォルダを探して セットアッププログラムにアクセスします CD-ROM ドライブ : \NetworkSensor\Windows_NT_ x86_5.0\setup.exe 2. setup.exe を実行します [Welcome] ウィンドウが表示されます 3. [ 次へ ] をクリックします [License Agreement] ウィンドウが表示されます 4. 使用許諾契約をよく読んでから [Yes] をクリックして条件に同意します [Readme] ウィンドウが表示されます 5. テキストの内容を読んで [Next] をクリックします [Setup Types] ウィンドウが表示されます 6. [Typical] をクリックします [Automatic Key Import] ウィンドウが表示されます 7. [Allow Auto Import] チェックボックスをオン あるいはオフにして [Next] をクリックします 自動インポートオプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します 注意 : SiteProtector のユーザーは 認証を使用している場合はこのオプションを選択してください 参照 : 詳細については 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください [Select Public Key Administrators] ウィンドウが表示されます 8. パブリックキー管理者の名前を次の形式で入力します 47

60 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする computername_username 重要 : 少なくても 1 つの Key Administrator ( キー管理者 ) を追加してください 管理者を 1 つも追加しない場合 Key Administrator を設定するためにコンポーネントを再度インストールしなければならなくなります 9. インストーラの暗号化プロバイダの設定画面で [Add] をクリックします ヒント : 任意の管理者名を削除するには [Remove] を リストにあるすべての管理者名を削除するには [Clear All] をクリックします 10. [Next] をクリックします [Start Copying Files] ウィンドウが表示されます 11. 設定 ( コンポーネントと指定先の場所 ) を調整する必要がありますか 必要な場合は [Back] をクリックして必要に応じて設定を調整します 必要でない場合は [Next] をクリックし 手順 12 に進みます 12. [Archive Private Keys] ウィンドウが表示されましたか 表示された場合は 手順 13 に進みます 表示されない場合は 手順 17 に進みます 13. プライベートキーをアーカイブしますか アーカイブする場合は 手順 14 に進みます アーカイブしない場合は 手順 16 に進みます 14. [Archive the private keys] チェックボックスをオンにします 参照 : 詳細については プライベートキーのアーカイブ (37 ページ ) を参照してください 15. フォルダとパスフレーズを選択し パスワードを確認します 16. [Next] をクリックします 17. [Finish] をクリックします RealSecure システムがインストールを完了します 48

61 Windows にカスタム Network Sensor をインストールする Windows にカスタム Network Sensor をインストールする はじめに custom ( カスタム ) オプションを使用すると 特定のコンポーネントだけをインストールし デフォルトの設定を変更することができます 手順カスタム Network Sensor をインストールするには : 注意 : 選択したコンポーネントとネットワーク設定によっては 必要がない手順や 表示されないウィンドウがあります 詳細は 表 9: Network Sensor ウィンドウの表示の有無 (45 ページ ) を参照してください 1. CD-ROM ドライブに Internet Security Systems の CD ( 英語版 ) を挿入し 次の場所にあるフォルダを探して セットアッププログラムにアクセスします CD-ROM ドライブ : \NetworkSensor\Windows_NT_ x86_5.0\setup.exe 2. setup.exe を実行します [Welcome] ウィンドウが表示されます 3. [ Next] をクリックします [License Agreement] ウィンドウが表示されます 4. 使用許諾契約をよく読んでから [Yes] をクリックして条件に同意します [Readme] ウィンドウが表示されます 5. テキストの内容を読んで [Next] をクリックします [Setup Types] ウィンドウが表示されます 6. [Custom] をクリックします [Select Components] ウィンドウが表示されます 7. [RealSecure Network Sensor] を選択します 8. [Next] をクリックします [Choose Sensor Name] ウィンドウが表示されます 9. センサー名を入力します 注意 : センサー名には 英数文字 アンダースコア ダッシュのみを使用します 参照 : 詳細については センサーの命名規則 (28 ページ ) を参照してください 10. [Next] をクリックします [Choose Folder for The Network Sensor] ウィンドウが表示されます 11. インストール先フォルダを選択します 49

62 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 重要 : セットアッププログラムが以前にインストールされていた可能性のある重要なファイルを特定できるよう デフォルトのインストール先の場所をそのまま使用することを推奨します デフォルトのインストール場所は次のとおりです C:\Program Files\ISS\issSensors\network_sensor_name 12. [Next] をクリックします [Choose Folder for the ISSDaemon] ウィンドウが表示されます 13. デーモンのインストール先フォルダを選択します 重要 : セットアッププログラムが適切な場所にデーモンをインストールできるよう デフォルトのインストール先の場所をそのまま使用することを推奨します デフォルトのインストール場所は次のとおりです C:\Program Files\ISS\issDaemon 14. [Next] をクリックします [Enable Authentication] ウィンドウが表示されます 15. センサーとコンソールの接続のセキュリティを保持するために 認証を使用しますか 重要 : ISS では 認証されていないユーザーによる制御や攻撃者のアクティビティの隠匿などを防ぐために 認証を使用するようにセンサーを設定することを推奨します 参照 : 認証機能の詳細については 認証の使用 (30 ページ ) を参照してください 使用する場合は [Next] をクリックします 使用しない場合は [Disable All Authentication] を選択し [Next] をクリックします [Automatic Key Import] ウィンドウが表示されます 16. 認証キーを自動的にインポートしますか 自動インポートオプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します SiteProtector のユーザーは 認証を使用している場合はこのオプションを選択してください 参照 : 詳細については 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください インポートする場合は [Allow Auto-Import] を選択し [Next] をクリックします インポートしない場合は [Next] をクリックします [Harden Security for the RealSecure Network Sensor?] ウィンドウが表示されます 17. コンピュータの管理者だけがファイルとレジストリエントリを変更できるようにロックして Network Sensor のインストールのセキュリティを強化しますか 50

63 Windows にカスタム Network Sensor をインストールする 重要 : ISS では 不正な使用からアプリケーションを保護するため セキュリティを強化することをお勧めします 強化する場合は [Next] をクリックします 強化しない場合は [Do Not Lock Down] を選択し [Next] をクリックします [Select Public Key Administrators] ウィンドウが表示されます 18. パブリックキー管理者の名前を次の形式で入力します computer_username 重要 : 自動キーインポートオプションを使用していない場合 少なくとも 1 つの Key Administrator ( キー管理者 ) を追加する必要があります 管理者を 1 つも追加しない場合 Key Administrator を設定するためにコンポーネントを再度インストールしなければならなくなります 参照 : 詳細については Key Administrator の追加 (137 ページ ) を参照してください 19. [Add] をクリックします 注意 : 任意の管理者名を削除するには [Remove] を リストにあるすべての管理者名を削除するには [Clear All] をクリックします 20. [ Next] をクリックします [Network Sensor Cryptographic Setup] ウィンドウが表示されます 21. 暗号化プロバイダを追加 変更 または削除します 注意 : リスト内にプロバイダが表示されていない場合は RSA 1024 プロバイダを追加します 参照 : 詳細については 暗号化のカスタマイズ (34 ページ ) および Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 (79 ページ ) を参照してください 22. 暗号化プロバイダの作業を終えたら [Next] をクリックします [Start Copying Files] ウィンドウが表示されます 23. 設定 ( アダプタ センサー および指定先の場所 ) を調整する必要がありますか 必要な場合は [Back] をクリックして必要に応じて設定を調整します 必要でない場合は [Next] をクリックします 24. [Archive Private Keys] ウィンドウが表示されましたか 表示された場合は 手順 26 に進みます 表示されない場合は [Setup Complete] ウィンドウが表示されます 手順 29 に進みます 25. プライベートキーをアーカイブしますか アーカイブする場合は 手順 26 に進みます 51

64 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする アーカイブしない場合は 手順 28 に進みます 26. [Archive the private keys] チェックボックスをオンにします 参照 : 詳細については プライベートキーのアーカイブ (37 ページ ) を参照してください 27. フォルダとパスフレーズを選択し パスフレーズを確認します 28. [Next] をクリックします [Setup Complete] ウィンドウが表示されます 29. [Finish] をクリックします RealSecure システムがインストールを完了します 52

65 Windows の自動化インストール Windows の自動化インストール はじめに Autorecord ( 自動記録 ) 機能と Autoinstall ( 自動インストール ) 機能を使用して Workgroup Manager コンポーネント センサー または Create Keys ユーティリティを自動的にインストールすることができます 注意 : プライベートキーをアーカイブするオプションは自動化インストールで有効になりません その利点 Autorecord および Autoinstall は RealSecure ソフトウェアを複数のシステムにインストールする際に役立ちます Autorecord Autorecord モードを使用して RealSecure ソフトウェアをシステムにインストールする際にセットアッププロンプトへの応答をレスポンスファイルに保存することが可能です レスポンスファイルは目的に応じて編集し 元のシステムと設定の異なるシステム上で使用することもできます また レスポンスファイルを手動で作成し 希望のレスポンスを指定することもできます 特定のインストールオプション ( レスポンスファイルパラメータ ) の中には 自動記録中に記録されないものがあります 具体的には Upgrade Trace AbortIfNoHotFix の設定は保存されません これらを追加したい場合には レスポンスファイルをカスタマイズすることが可能です 参照 : 詳細については 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ (56 ページ ) を参照してください Autoinstall Autoinstall モードを使うと Autorecord で作成されたレスポンスファイルを使用して RealSecure ソフトウェアをほかのシステムにインストールできます 選択する項目は Setup プログラムがレスポンスファイルから自動的に読み取るので Setup プログラムのプロンプトに手動で応答する必要がありません また Setup プログラムは WINNT ディレクトリにログファイルを生成するので ユーザーはインストールが成功したかどうかを確認することができます ログファイル名は インストールする RealSecure モジュール およびインストールの日付と時刻に応じて決定されます Workgroup Manager Autoinstall の場合は RealSecure_workgroup_manager_6.5_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml が生成されます Network Sensor Autoinstall の場合は RealSecure_ Network_Sensor_7.0_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml が生成されます 53

66 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする Server Sensor Autoinstall の場合は RealSecure_Server_Sensor_6.5_xxx-2002_xx_xx_xx_install.xml が生成されます Utilities Autoinstall の場合は RealSecure_Utilities_7.0_x-xx-2002_xx_xx_xx_install.xml が生成されます インストールの自動記録インストールを自動記録するには : 1. [ スタート ] メニューから [ スタート ] [ ファイル名を指定して実行 ] の順に選択します 2. [ 参照 ] をクリックし インストールする RealSecure モジュールの setup.exe を見つけます 3. [ ファイル名を指定して実行 ] ウィンドウの [ 名前 ] ボックスで コマンドを次のように変更します ファイルのフルパス \setup.exe -p ファイルのフルパス \ レスポンスファイル名 例 : d:\networksensor\windows_nt_x86_5.0\ setup.exe -pc:\temp\autoinst.rsp 4. [OK] をクリックします インストールウイザードが表示されます 5. インストール手順が表示されます 参照 : インストール手順の完了方法については この章の標準インストールとカスタムインストールの項目を参照してください RealSecure の自動化インストール コンポーネントの自動化インストールを実行するには : 1. [ スタート ] メニューから [ スタート ] [ ファイル名を指定して実行 ] の順に選択します 2. インストールする RealSecure モジュールの setup.exe を見つけます 3. [ ファイル名を指定して実行 ] ウィンドウの [ 名前 ] ボックスで コマンドを次のように変更します ファイルのフルパス \setup.exe -g ファイルのフルパス \ レスポンスファイル名 例 : d:\network Sensor\Windows_NT_x \setup.exe -gc:\temp\autoinst.rsp 4. [OK] をクリックします 5. 自動化インストールのログ記録をチェックして インストールが成功していることを確認してください 54

67 Windows の自動化インストール Autoinstall ログファイル 標準 カスタム または Autoinstall モードでの実行中 Setup は エラーなどのメッセージ含まれるログファイルを Windows(WINNT) ディレクトリに生成します Setup プログラムを Autoinstall モードで実行した後には エラーメッセージがないかどうかを このファイルで必ずチェックしてください 参照 : 各モジュールと適用可能なログファイル名の一覧は ログファイル名 (46 ページ ) を参照してください 55

68 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 概要自動記録機能を使用すると ユーザーの介入なしにコンポーネントをインストールするために使用できるレスポンスファイルが自動的に生成されます レスポンスファイルをカスタマイズすると インストールをより便利にすることが可能です レスポンスファイルをカスタマイズする場合 次のことを行う必要がある場合は レスポンスファイルをカスタマイズすると便利です ワイルドカードを使用して暗号化プロバイダを指定する レスポンスファイルのパラメータを変更する 暗号化プロバイダの指定 最初からレスポンスファイルを作成する場合 暗号化プロバイダを指定する際には注意してください 次のことを確認してください レスポンスファイルには [Provider0] で始まる Provider セクションが少なくとも 1 つ含まれている必要があります レスポンスファイル内の最初のプロバイダが ターゲットシステム上にインストールおよび設定されている必要があります レスポンスファイル内のプロバイダの順序によって RealSecure システムがコンソールとセンサーとの間の接続を確立する際に使用するプロバイダの順序が決まります プロバイダパラメータでのワイルドカードの使用 レスポンスファイル内の Provider セクションでワイルドカードを使用すると 処理に柔軟性を持たせることができます ワイルドカードを使用することで Setup プログラムはインストールされているすべてのプロバイダを検索し 指定されているパラメータに適合するものを見つけることが可能です 以下に Provider セクションでワイルドカードを使用した場合の例を示します [Provider0] ProviderType=* ProviderName=* ExchangeName=* ExchangeID=41984 ExchangeLen=1536 SecretName=* SecretID=26115 SecretLen=168 HashName=* HashID=

69 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ HashLen=160 Setup プログラムはまず ProviderName フィールドにワイルドカード文字があるかどうかをチェックします ワイルドカードが確認された場合 Setup プログラムは インストールされているプロバイダを検索し ExchangeID ExchangeLen SecretID SecretLength HashID および HashName が一致するものを探します 6 個のパラメータすべてが一致するプロバイダが見つかった場合 Setup プログラムはそのプロバイダを設定します 一致するものが見つからなかった場合 レスポンスファイルの最初のプロバイダを処理しているかどうかに応じて セットアップは継続 あるいは終了します 最初のプロバイダは必須ですが 以降のプロバイダは必須ではありません 重要 : ワイルドカードは ProviderName 以外で使用される場合もありますが Setup プログラムがチェックするのは ProviderName のワイルドカードのみです また ExchangeID ExchangeLen SecretID SecretLength HashID および HashLen は必須エントリです インストール済みプロバイダの中から条件に一致するものが見つからなかった場合 セットアップは失敗します レスポンスファイルのパラメータ 自動化インストール機能は 部分的には レスポンスファイルのパラメータによって指定されます レスポンスファイルは セクションとキー値がペアになった Windows 初期化ファイル (.INI) 形式で作成されます このファイルは Setup プログラムを自動記録モードで実行するか または手動で作成することによって生成できます レスポンスファイルの各パラメータと設定可能な値を表 11 に示します 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント [RealSecure Response File] (RealSecure レスポンスファイル ) セクション Version 6.5, 7.0 Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor 各ユーティリティ 表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ 6.5, 7.0 for network sensor レスポンスの変更は行わない 現リリースで生成されるかどうか確認するため スクリプトが使用される 57

70 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント [SelectedComponents] ( 選択するコンポーネント ) セクション Component_1 Component_2 Component_3 Component_4 Workgroup Manager Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Event Collector\Event Database Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Event Collector\Event Collector Services Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Console\Asset Database Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Console\ Console Services Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor 各ユーティリティ なし 任意の値の組み合わせ Network Sensor Targets\RealSecure Network Sensor Server Sensor Targets\RealSecure Server Sensor Host Target\RealSecure Server Sensor\Server Sensor without Network Monitoring ユーティリティ Targets\Utilities\Create Cryptographic Keys [Console Destination] ( コンソールのインストール先 ) セクション表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 58

71 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント Destination 有効なパス Workgroup Manager C:\Program Files\ISS\ RealSecure 6.5 Console なし [Event Collector Destination] (Event Collector のインストール先 ) セクション Destination 有効なパス Workgroup Manager C:\Program Files\ISS\ RealSecure 6.5 Event Collector なし [Daemon Destination] ( デーモンのインストール先 ) セクション Destination 有効なパス Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor C:\Program Files\ISS\ issdaemon なし [Server Sensor Destination] (Server Sensor のインストール先 ) セクション Destination 有効なパス Server Sensor C:\Program Files\ISS\ isssensors\ server_sensor_1 なし [Network Sensor Destination] (Network Sensor のインストール先 ) セクション Destination 有効なパス Network Sensor C:\Program Files\ISS\issSensor s\network_sensor_ 1 なし [Create Keys Destination] ( キーの作成先 ) セクション Destination 有効なパス 各ユーティリティ C:\Program Files\ISS\ Realsecure 7.0 Utilties なし [Create Keys Key Types] ( 作成するキーの種類 ) セクション表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 59

72 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント Key_Type Management Interface Keys Managed Component Keys Both Types of Keys 各ユーティリティ Management Interface Keys 1 つのレスポンスファイルにつき 1 つの Key_Type 値ペアのみ [Server Sensor Name] (Server Sensor 名 ) セクション Name 任意の有効な名前 ( スペースは含まれず ) Server Sensor server_sensor_1 名前にスペースを含め ない [Network Sensor Name] (Network Sensor 名 ) セクション Name 任意の有効な名前 ( スペースは含まれず ) Network Sensor network_sensor_1 名前にスペースを含め ない [Adapter Number] ( アダプタ数 ) セクション AdapterNumber 0,1, 2,... Network Sensor 0 監視するネットワーク カードを指定 [Program Folder] ( プログラムフォルダ ) セクション Folder 任意のフォルダ名 Workgroup Manager [Authentication Strength] ( 認証強度 ) セクション Internet Security Systems なし AuthenticationStren gth 1, 0 Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor 1 認証強度とは センサーが通信相手 ( 通常はコンソール ) を識別していること およびデータストリームのプロキシを行っている第三者が中間に存在していないことをセンサーが確認することを意味します [Console Harden Security] ( コンソールのセキュリティ強化 ) セクション表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 60

73 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント LockDownSystem Yes No Workgroup Manager Yes 関連レジストリキーとディレクトリのアクセス権を 管理者権限を持っているユーザーだけに制限します [Event Collector Harden Security] (Event Collector のセキュリティ強化 ) セクション LockDownSystem Yes No Workgroup Manager Yes 関連レジストリキーとディレクトリのアクセス権を 管理者権限を持っているユーザーだけに制限します [Engine Harden Security] ( エンジンのセキュリティ強化 ) セクション LockDownSystem Yes No Network Sensor 関連レジストリキーとディレクトリのアクセス権を 管理者権限を持っているユーザーだけに制限します [Allow Auto Key Import] ( 自動キーインポートを許可 ) セクション 表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 61

74 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント AllowAutoKeyImp ort 1, 0 Network Sensor Server Sensor 0 Automatically import initial key オプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します この機能を使用すると センサーがその最初の接続を未知のユーザーから受信した場合 その未知のユーザーが RealSecure センサーにアクセスできる可能性があります その結果 あらかじめ決められているユーザーがセンサーにパブリックキーをコピーしようとすると キーがすでに存在するという警告が表示され そのユーザーのキーはセンサーにコピーされません [Key Administrators] (Key Administrator) セクション ( オプション ) KeyAdministrator_ 1 KeyAdministrator_ 2 Ö computername_ username Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor なし 少なくとも一人の Key Administrator を追加しておかないと キーがそのコンピュータのセンサーに送信されません これは レスポンスファイルにおける唯一のオプションのセクションです この他のセクションはすべて指定する必要があります 表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 62

75 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント [Asset DB Remote Location] ( リモートのアセットデータベースの場所 ) セクション ServerName 任意のコンピュータ名 Workgroup Manager なし アセットデータベースがインストールされるサーバー名 必ずしもリモートである必要はありません [EventCollector DB Remote Location] ( リモートの EventCollector データベースの場所 ) セクション ServerName 任意のコンピュータ名 Workgroup Manager なし イベント / エンタプライズデータベースがインストールされるサーバー名 必ずしもリモートである必要はありません [SQL Server Maximum Memory Size] (SQL Server の最大メモリ ) セクション SQLMaxMem 全物理メモリの 5% ~ 100% Workgroup Manager 5 ~ 100 の数値 たとえば 5 は 5% を示します SQL Server または MSDE のメモリ使用量は上限を設定できます メモリ使用量の上限として システムにインストールされている物理メモリの約 25% を推奨します SQL Server や MSDE の最大メモリ使用量がそのコンピュータの物理メモリとほぼ同じ位に設定されると RealSecure Console などのその他のアプリケーションやサービスのメモリが不足するため適切に動作できません [Migrate Asset Database] ( アセットデータベースの移行 ) セクション表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 63

76 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント MigrateAssetDB 1, 0 Workgroup Manager 0 アセットデータベースデータの移行を許可 [Migrate Event Database] ( イベントデータベースの移行 ) セクション MigrateEventDB 1, 0 Workgroup Manager 0 イベントデータベースデータの移行を許可 [Enable SQL Server Authentication] (SQL Server 認証の有効化 ) セクション EnableSQLAuth 1, 0 Workgroup Manager 1 RealSecure Event Collector では SQL Server 認証が必要です SQL Server 認証の有効化を許可しないと Setup プログラムはインストールは終了します [Reboot System] ( システムの再起動 ) セクション表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) 64

77 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ 必要なキー 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント RebootSystemIFNe eded Yes No Network Sensor Server Sensor なし システムの状態によっては Setup プログラムがサービスのシャットダウンやファイルの削除を行うためにシステムを再起動する必要が生じる場合があります Yes を指定した場合 再起動ができます 再起動後 ユーザーは Setup プログラムを再度実行してインストールを完了する必要があります No を指定した場合 Setup プログラムはインストールを終了します 表 11: Autoinstall 用レスポンスファイルの各パラメータ ( 続き ) パラメータータ 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント [Providerx] ( プロバイダ x) セクション ProviderType プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし ProviderName がワイルドカードの場合 オプション ProviderName プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 有効なプロバイダ名または * ( ワイルドカード ) にする必要がある 表 12: Autoinstall レスポンスファイルパラメータプロバイダセクション 65

78 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする パラメータータ 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント Exchange Name プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし ProviderName がワイルドカードの場合 オプション ExchangeID プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 ExchangeLen プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 SecretName プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし ProviderName がワイルドカードの場合 オプション SecretID プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 SecretLen プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 HashName プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし ProviderName がワイルドカードの場合 オプション HashID プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 表 12: Autoinstall レスポンスファイルパラメータプロバイダセクション ( 続き ) 66

79 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ パラメータータ 設定可能な値 適用対象 デフォルトの設定 コメント HashLen プロバイダによって異なる Network Sensor コンソール Server Sensor 各ユーティリティ なし 必須 表 12: Autoinstall レスポンスファイルパラメータプロバイダセクション ( 続き ) Workgroup Manager レスポンスファイルの例 次に Workgroup Manager のレスポンスファイルの例を示します [RealSecure Response File] Version=6.5 [SelectedComponents] Component_1=Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Event Collector\Event Database Component_2=Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Event Collector\Event Collector Services Component_3=Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Console\Asset Database Component_4=Targets\RealSecure Workgroup Manager\ RealSecure Console\Console Services [Console Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\RealSecure 6.5 Console [Event Collector Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\RealSecure 6.5 Event Collector [Daemon Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\issDaemon [MSDE Destination] Destination=C:\MSSQL7 [Program Folder] Folder=ISS [Authentication Strength] AuthenticationStrength=1 [Console Harden Security] LockDownSystem=Yes [Event Collector Harden Security] LockDownSystem=Yes [Key Administrators] KeyAdministrator_1=computer_username KeyAdministrator_2=computer_username 67

80 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする KeyAdministrator_3=computer_username [Asset DB Remote Location] ServerName=USERNAME [EventCollector DB Remote Location] ServerName=USERNAME [SQL Server Maximum Memory Size] SQLMaxMem=32 [Migrate Asset Database] MigrateAssetDB=0 [Migrate Event Database] MigrateEventDB=0 [Enable SQL Server Authentication] EnableSQLAuth=1 [Provider0] ProviderType=998 ProviderName=ISS ECNRA Built-In Provider, Strong Encryption Version ExchangeName=EC_KEYX EC239A01 ExchangeID=44032 ExchangeLen=239 SecretName=DESX SecretID=26116 SecretLen=168 HashName=SHA1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider1] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1536 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1536 SecretName=3DES SecretID=26115 SecretLen=168 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider2] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider 68

81 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1024 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1024 SecretName=RC4 (128 bit) SecretID=26625 SecretLen=128 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 Network Sensor レスポンスファイルの例 次に Network Sensor のレスポンスファイルの例を示します [RealSecure Response File] Version=7.0 [SelectedComponents] Component_1=Targets\RealSecure Network Sensor [Adapter Number] AdapterNumber=0 [Network Sensor Name] Name=network_sensor_1 [Network Sensor Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\issSensors\network_sensor_1 [Daemon Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\issDaemon [Authentication Strength] AuthenticationStrength=1 [Allow Auto Key Import] AllowAutoKeyImport=1 [Engine Harden Security] LockDownSystem=Yes [Key Administrators] KeyAdministrator_1=computer_username KeyAdministrator_2=computer_username [Provider0] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1536 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=

82 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする SecretName=3DES SecretID=26115 SecretLen=168 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider1] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1024 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1024 SecretName=RC4 (128 bit) SecretID=26625 SecretLen=128 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 Server Sensor レスポンスファイルの例 次に Server Sensor のレスポンスファイルの例を示します [RealSecure Response File] Version=6.5 [SelectedComponents] Component_1=Targets\RealSecure Server Sensor\Server Sensor Host Component Component_2=Targets\RealSecure Server Sensor\Server Sensor without Network Monitoring [Server Sensor Name] Name=server_sensor_1 [Server Sensor Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\issSensors\server_sensor_1 [Daemon Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\issDaemon [Authentication Strength] AuthenticationStrength=1 [Allow Auto Key Import] AllowAutoKeyImport=1 [Key Administrators] KeyAdministrator_1=computer_username KeyAdministrator_2=computer_username [Provider0] ProviderType=998 70

83 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ ProviderName=ISS ECNRA Built-In Provider, Strong Encryption Version ExchangeName=EC_KEYX EC239A01 ExchangeID=44032 ExchangeLen=239 SecretName=DESX SecretID=26116 SecretLen=168 HashName=SHA1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider1] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1536 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1536 SecretName=3DES SecretID=26115 SecretLen=168 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider2] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1024 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1024 SecretName=RC4 (128 bit) SecretID=26625 SecretLen=128 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 ユーティリティレスポンスファイルの例 次に ユーティリティのレスポンスファイルの例を示します [RealSecure Response File] Version=7.0 [SelectedComponents] Component_1=Targets\Utilities\Create Cryptographic Keys [Create Keys Destination] Destination=C:\Program Files\ISS\RealSecure 6.5 Console [Create Keys Key Types] Key_Type=Management Interface Keys 71

84 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする Key_Type=Managed Component Keys Key_Type=Both Types of Keys [Provider0] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1536 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1536 SecretName=3DES SecretID=26115 SecretLen=168 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 [Provider1] ProviderType=1 ProviderName=Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 ExchangeName=RSA_KEYX (1536 bit) ExchangeID=41984 ExchangeLen=1536 SecretName=RC4 SecretID=26625 SecretLen=128 HashName=SHA-1 HashID=32772 HashLen=160 72

85 サイレントインストール機能の利用方法 サイレントインストール機能の利用方法 サイレントモードでの自動化インストールの実行 自動化インストール機能を InstallShield のサイレントインストール機能と併用して RealSecure のセットアップウィンドウが表示されないようにすることができます 警告 : Event Collector をインストールする場合 インストールは完全にはサイレントになりません 一部のウィンドウでは パスワードの入力が必要になります 構文 InstallShield Silent Install を使用するには /s パラメータとサイレントインストール用レスポンスファイル ( デフォルトでは このファイルの名前は setup.iss です ) を使用する必要があります 次に 自動化インストールとサイレントインストールを同時に使用するための構文を示します setup.exe -g 自動化インストール用レスポンスファイルのフルパス \ レスポンスファイル名 -s -f1 パス \ サイレントインストール用レスポンスファイル -f1 スイッチは レスポンスファイル (.iss ファイル ) の代替の場所と名前を指定するものです 注意 : コマンドラインにおけるスイッチの順序は重要です 自動化インストールをサイレントモードで実行する際は -g スイッチを -s スイッチより前に指定するようにしてください レスポンスファイルの例 次に InstallShield Silent 用レスポンスファイルの例を示します [InstallShield Silent] Version=v File=Response File [File Transfer] OverwrittenReadOnly=NoToAll [Application] Name=RealSecure Version= Company=ISS Lang=0009 RealSecure ソフトウェアには Setup プログラムをサイレントモードで実行できるようにするための setup.iss ファイルが付属しています 73

86 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする サイレントインストールログファイル Setup プログラムをサイレントモードで実行すると setup.ins ( コンパイル済みのセットアップスクリプトファイル ) と同じディレクトリに setup.log というログファイルが自動的に生成されます -f2 スイッチを使用すれば サイレントインストールログファイルの別の場所を指定することもできます InstallShield のサイレントセットアップを正常に実行するための Setup.log ファイルの例を次に示します [InstallShield Silent] Version=v File=Log File [ResponseResult] ResultCode=0 [Application] Name=RealSecure Workgroup Manager 6.5 Version= Company=ISS Lang=0009 注意 : Setup.log ファイルは Name パラメータを除いて Network Sensor でも Server Sensor でも同じです サイレントインストールログファイルの戻りコード Setup プログラムをサイレントモードで実行した後には セットアップが成功したかどうかを確認するために サイレントインストールログファイル setup.log をチェックしてください 表 13 は 考えられる戻りコードとそれらの意味を示したものです 戻りコード 意味 0 成功 -1 一般エラー -2 モードが無効 -3 必要なデータが Setup.iss ファイルにない -4 メモリ不足 -5 ファイルが存在しない -6 レスポンスファイルへの書き込みができない -7 ログファイルへの書き込みができない 表 13: サイレントモードの戻りコード 74

87 サイレントインストール機能の利用方法 戻りコード 意味 -8 InstallShield Silent 用レスポンスファイルへのパスが無効 -9 リストタイプが有効でない ( 文字列または数字でない ) -10 データ型が無効 -11 セットアップ中の不明なエラー -12 ダイアログボックスに問題がある -51 指定されたフォルダを作成できない -52 指定されたファイルまたはフォルダにアクセスできない -53 無効なオプションが選択されている 表 13: サイレントモードの戻りコード ( 続き ) 75

88 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする 自動インストールの FAQ はじめに この項目では 自動的にインストールする Windows コンポーネントについてのよくある質問にお答えします 自動化インストール用レスポンスファイルはどうやって生成するのですか レスポンスファイルを生成するには : 1. 次のように -p スイッチとレスポンスファイル名を指定して Setup プログラムを実行します setup.exe -pc:\temp\autoinst.rsp ( このコマンドは レスポンスファイル autoinst.rsp を呼び出し それを C:\TEMP に置く場合のものです ) 2. ユーザープロンプトに対し 通常のインストールの場合と同じように応えていきます 3. インストールの最後に 指定したフォルダにレスポンスファイルが配置されます 自動化インストールはどのような方法で実行するのですか 自動化インストールを実行するには : 1. レスポンスファイルを手動 または Setup プログラムを Autorecord モードで実行することで作成します Windows の自動化インストール (53 ページ ) 自動化インストールのレスポンスファイルのカスタマイズ (56 ページ ) または Network Sensor を Solaris に自動でインストールする (103 ページ ) のいずれかを参照してください 2. ターゲットシステムの設定に従い 必要に応じて手動でレスポンスファイルを変更します 3. 次のように -g オプションを使用し ターゲットシステム上で Setup プログラムを実行します setup.exe -pc:\temp\autoinst.rsp ( このコマンドは レスポンスファイルの名前が autoinst.rsp で そのファイルが C:\TEMP ディレクトリに置かれている場合のものです ) 76

89 自動インストールの FAQ 自動インストールが正常に完了したかどうかを確認する方法はありますか インストールが正常に完了したか確認するには : 1. WINNT ディレクトリで インストールしたモジュールに対応するログファイルを探します モジュール Workgroup Manager Network Sensor Server Sensor ユーティリティ ログファイル RealSecure_Workgroup_Manager_6.5 _x-xx-2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Network_Sensor_7.0_xxx-2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Server_Sensor_6.5_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml RealSecure_Utilities_7.0_x-xx- 2002_xx_xx_xx_install.xml 2. メモ帳などのテキストエディタを使ってログファイルを開きます 3. ログファイルの最後までスクロールします 4. セットアップが正常に完了している場合は 次のようなメッセージを確認できます Setup completed successfully. Return code=0 セットアップが正常に完了しなかった場合は 次のようなメッセージが表示されます Setup terminating... Return code=-1 自動化インストールに失敗した場合 どのように対応すればよいですか 自動化インストールに失敗したら : 1. エラーメッセージが見つかるまで ログファイル最後尾から上にスクロールしていきます 2. エラーの原因を修正し セットアップを再度実行します 自動化インストールログファイルに別の名前を付けるには どのようにすればよいですか たとえば autoinst.log など別の名前を使用する場合は 次の手順に従います : 1. setup.exe と同じディレクトリ内で SETUP.INI ファイルを探します 2. メモ帳などのテキストエディタを使ってファイルを開きます 3. [Startup] セクションに次の行を追加します AutoLogFileName=autoinst.log 4. 自動化インストールモードでセットアップを実行します 77

90 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする サイレント自動化インストールはどうやって実行するのですか サイレントインストールでは サイレントインストールレスポンスファイルが必要です RealSecure ソフトウェアでは setup.exe と同じディレクトリに setup.iss という名前のサンプルレスポンスファイルが用意されています 次のように 自動インストールとサイレントインストールのスイッチを指定したうえでこのファイルを使用します setup.exe -gc:\temp\autoinst.rsp -s デフォルトでは Setup プログラムは サイレントインストール用レスポンスファイルを現在のディレクトリ内から検索します 別の場所にあるサイレントインストール用レスポンスファイルを指定する必要がある場合は 次のように -f1 スイッチを使用します setup.exe -gc:\temp\autoinst.rsp -s -f1c:\temp\setup.iss 自動サイレントインストールが成功したかどうかを確認するには どうすればよいですか 自動インストールログファイルとサイレントインストールログファイルの両方で エラーがないかどうかを確認します サイレントインストールログファイルは setup.ins ファイルと同じディレクトリに作成されます デフォルトでは このファイルの名前は setup.log です サイレントインストールログファイルに別の場所や名前を指定するには -f2 スイッチを使用し 次のいずれかのように入力します setup.exe -gc:\temp\autoinst.rsp -s - f2c:\temp\silent.log あるいは setup.exe -gc:\temp\autoinst.rsp -s -f1c:\temp\setup.iss - f2c:\temp\silent.log 78

91 Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 Windows インストール中の暗号化プロバイダの処理 はじめに暗号化プロバイダは コンソールとセンサー間 コンソールと Event Collector 間 および Event Collector とセンサー間の通信を暗号化します 通信を暗号化することにより コンポーネント間を行き来する情報のセキュリティが保護されます 参照 暗号化の設定についての詳細は 暗号化のカスタマイズ (34 ページ ) を参照してください インストール後の暗号化プロバイダの変更についての詳細は 暗号化設定の変更 (128 ページ ) を参照してください プロバイダの追加 Windows ベースのインストール中にプロバイダを追加するには : 1. インストーラの暗号化プロバイダの設定画面で [Add] をクリックします 2. システムにインストールされているプロバイダの一覧からプロバイダを選択します 注意 : リスト内にプロバイダが表示されていない場合は RSA 1024 プロバイダを追加します 3. [OK] をクリックします 重要 : そのコンソールの通信対象にバージョン 6.5 以前の Unix センサーが含まれている場合 ISS ECNRA 内蔵プロバイダなどの Certicom プロバイダがこのウィンドウに表示されている必要があります ISS ECNRA プロバイダが表示されていない場合は [Add] をクリックして一覧に追加してください プロバイダのデフォルトのアルゴリズムの変更 Windows ベースのインストール中にデフォルトのアルゴリズムを変更するには : 1. インストーラの暗号化プロバイダの設定画面で [Add] をクリックして カスタマイズするプロバイダを追加します 2. [Use algorithm defaults] チェックボックスをオフにします [Configure Algorithms] ウィンドウが表示されます 3. 3 つのカテゴリのそれぞれについて 対応するアルゴリズムを選択します 4. [OK] をクリックします 重要 : コンソールと各センサーには 同じ暗号化アルゴリズムを使用してください 同じものを選択しないと 各コンポーネントが相互に通信できなくなります 79

92 第 4 章 : Network Sensor を Windows にインストールする プロバイダの削除 Windows ベースのインストール中に暗号化プロバイダを削除するには : 1. インストーラの暗号化プロバイダの設定画面で そのコンソールで使用したくないプロバイダを選択します 2. [Delete] を選択します 注意 : プロバイダを誤って削除してしまった場合は [Add] をクリックして 一覧に追加し直します プロバイダの削除により そのプロバイダの設定に関連付けられたパブリック / プライベートキーのペアが削除されることはありません 後からプロバイダを設定に戻すと 既存のキーペアが使用され 新しくキーペアが作成されることはありません 80

93 第 5 章 Gigabit Network Sensor のインストール 概要 はじめに この章では Gigabit Network Sensor のインストール手順について説明します この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ Gigabit Network Sensor について 82 Gigabit Network Sensor のインストール 83 ISS Custom SysKonnect ドライバを Linux にインストールする 85 81

94 第 5 章 : Gigabit Network Sensor のインストール Gigabit Network Sensor について はじめに このトピックでは Gigabit Network Sensor について説明します ギガビットアダプタ Network Sensor バージョン 7.0 では ハイパフォーマンスギガビットパケットドライバがオプションで提供されています このドライバを有効にすると Network Sensor はギガビットアダプタを使用してネットワークトラフィックを監視します Gigabit Network Sensor の有効化 このドライバを有効にするには Gigabit Network Sensor のライセンスを購入する必要があります Gigabit Network Sensor のライセンスを所有していない場合は Network Sensor でギガビットパフォーマンスのアダプタを選択および使用することはできません センサーを操作することはできますが ライセンスに対応したアダプタしか選択できません また Workgroup Manager や SiteProtector のプロパティエディタでセンサーのプロパティを管理することもできません ライセンスの購入 : Gigabit Network Sensor のライセンスを購入する際は 最寄りの販売代理店へご連絡ください 利点 : Gigabit Network Sensor は ギガビットネットワークセグメント上のすべてのトラフィックを監視します ハードウェア要件とシステム要件 Gigabit Network Sensor を使用するには 次のインタフェースカードをインストールする必要があります 監視用の Intel Pro/1000 F ネットワークインタフェースカード 1 つ 管理用の標準カード 1 つ 参照 : Gigabit Network Sensor のシステムおよびハードウェア要件についての詳細は 次の Internet Security Systems の資料を参照してください システム要件の資料は 次の ISS Web サイトにあります rs_sysreqs.pdf または RSsysreq.html RealSecure Network Sensor 7.0 FAQ ( 頻繁に寄せられる質問 ) は 次の ISS Web サイトにあります 82

95 Gigabit Network Sensor のインストール Gigabit Network Sensor のインストール はじめに この項目では Gigabit Network Sensor のインストール方法について説明します 前提条件 Gigabit Network Sensor をインストールする前に 次の要件を満たす必要があります センサーのライセンスを購入する 必要なハードウェアをすべてインストールする 監視用の Intel Pro/1000 F ネットワークインタフェースカードを 1 つインストールする 管理用の標準カードを 1 つインストールする issdaemon Service を停止する 参照 : 詳細については センサーの起動と停止 (138 ページ ) を参照してください 手順 Gigabit Network Sensor をインストールするには : 1. デスクトップで [ マイコンピュータ ] を右クリックし [ プロパティ ] を選択します [ システムのプロパティ ] ウィンドウが表示されます 2. [ ハードウェア ] タブの [ デバイスマネージャ ] をクリックします 3. [ ネットワークアダプタ ] を展開します 4. Intel Pro/1000 F アダプタを右クリックし [ プロパティ ] を選択します そのアダプタのウィンドウが表示されます 5. [ ドライバ ] タブで [ ドライバの更新 ] をクリックします [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] ウィンドウが表示されます 6. [ 次へ ] をクリックします [ ハードウェアデバイスドライバのインストール ] ウィンドウが表示されます 7. [ デバイスに最適なドライバを検索する ] オプションを選択し [ 次へ ] をクリックします [ ドライバファイルの特定 ] ウィンドウが表示されます 8. [ 検索場所のオプション ] の [ 場所を特定 ] を選択し [ 次へ ] をクリックします 83

96 第 5 章 : Gigabit Network Sensor のインストール 9. pro1000.inf ファイルへのパスを入力するか または [ 参照 ] をクリックしてそのファイルが置かれている Network Sensor インストールフォルダを検索します デフォルト : このファイルのデフォルトの場所を次に示します \Program Files\ISS\issSensors\network_sensor_1\Drivers\ pro1000.inf 10. ファイルを選択してから [ 開く ] を選択します [ デバイスドライバのアップグレードウィザード ] が表示されます 11. [OK] をクリックします [ ドライバファイルの検索 ] ウィンドウが表示されます 12. [ 別のドライバをインストールする ] を選択し [ 次へ ] をクリックします [ 検出されたドライバ ] ウィンドウが表示されます 13. [ISS BlackICE Intel PRO/1000 F Driver] を選択し [ 次へ ] をクリックします [Digital Signature Not Found] ウィンドウが表示される場合があります 14. インストールを続けますか 続ける場合は [ はい ] をクリックします インストールが完了したら 手順 15 に進んでください 続けない場合は [ いいえ ] をクリックします 15. [ 完了 ] をクリックします [ISS BlackICE Intel PRO/1000 F Driver Properties] ウィンドウが表示されます 16. [ 閉じる ] をクリックします [ デバイスマネージャ ] ウィンドウが表示されます 17. ドライバがリスト内に表示されていることを確認します 18. [ デバイスマネージャ ] ウィンドウを閉じます アップグレードによる変更の適用 アップグレードによる変更をコンピュータに適用するには issdaemon Service を再起動する必要があります issdaemon Service を再起動すると コンソールでドライバのプロパティを設定できるようになります 参照 : 詳細は センサーの起動と停止 (138 ページ ) および アダプタの設定 (140 ページ ) を参照してください 84

97 ISS Custom SysKonnect ドライバを Linux にインストールする ISS Custom SysKonnect ドライバを Linux にインストールする はじめに この項目では 次の内容について説明します ハードウェア要件 前提条件 SysKonnec ドライバのインストール方法 SysKonnec ドライバのアンインストール方法 ハードウェア要件 RealSecure Linux Gigabit Network Sensor バージョン 7.0 は カスタムドライバをサポートしています このドライバには SysKonnect SK-9843 SK-NET GE-SZ アダプタが必要です 参照 : ハードウェア要件についての詳細は ISS Web サイトにあるシステム要件の資料を参照してください URL は次のとおりです または 前提条件 ドライバをインストールする前に 次の前提条件を満たす必要があります SysKonnect アダプタをインストールする issdaemon サービスを停止する参照 : 詳細については センサーの起動と停止 (138 ページ ) を参照してください ドライバのインストール ISS カスタムドライバをインストールするには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力します cd /opt/iss/exec/ 3. [ENTER] キーを押します 4. 次のコマンドを入力します./setupsk.sh 5. [ENTER] キーを押します ISS SysKonnect ドライバが正常にロードされたことを示すステータスメッセージが表示されます 85

98 第 5 章 : Gigabit Network Sensor のインストール インストールプログラムにより システムを再起動するように要求されます システムが再起動すると アダプタはネットワークトラフィックを監視できるようになります 参照 : 詳細については アダプタの設定 (140 ページ ) を参照してください 重要 : カスタムドライバを使ってトラフィックを監視できない場合は SysKonnect カードが取り付けられているデバイス上でオートネゴシエーションが有効になっていることを確認します ドライバのアンインストール ドライバをアンインストールするには GRUB 設定プログラムの /boot オプションを変更する必要があります 注意 : このプログラムの実行とローカル設定に及ぼす影響の詳細については Unix 管理者に問い合わせてください /boot オプションを変更するには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力します /boot/grub/grub.conf 3. [ENTER] キーを押します GRUB 設定プログラムでカーネルの一覧が表示されます 4. default= パラメータを 0 または起動するカーネルのいずれかに変更します 5. [ENTER] キーを押します 86

99 第 6 章 Network Sensor を Linux にインストールする 概要 はじめに この章では Linux 環境への RealSecure Network Sensor のインストールプロブラムとインストール手順について説明します この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ Network Sensor を Linux にインストールする 88 Linux 上の Network Sensor を設定する 92 87

100 第 6 章 : Network Sensor を Linux にインストールする Network Sensor を Linux にインストールする はじめに この項目では 次の内容について説明します Linux の要件 センサーをインストールするための前提条件 Linux 上に Network Sensor とデーモンをインストールするために必要なインストールパッケージ Linux へのデーモンのインストール Linux へのセンサーのインストール Linux の要件 Linux オペレーティングシステムをインストールする場合は 次の要件を満たす必要があります デフォルトの [medium firewall] の代わりに [no firewall] オプションを選択する [Workstation] オプションを選択する 前提条件 デーモンとセンサーをインストールする前に 次の前提条件を満たす必要があります SysKonnect カードを使用している場合は smp カーネルがあることを確認する 適切なハードウェアとドライバがインストールされ 設定済みであることを確認する 参照 : 詳細については ISS Web サイトにあるシステム要件の資料を参照してください URL は次のとおりです rs_sysreqs.pdf または RSsysreq.html カーネルを最新の rpm にアップデートする 参照 : 詳細については システム要件の資料および Network Sensor Readme.txt ファイルの手順を参照してください 共通ライブラリパッケージをインストールする 参照 : 詳細については 共通ライブラリパッケージのインストール (89 ページ ) を参照してください 88

101 Network Sensor を Linux にインストールする インストールパッケージ Linux システムには 4 つの Network Sensor をインストールできます 各センサーには そのセンサー専用のインストールパッケージがあります デーモン用にも 1 つのインストールパッケージがあります インストールするファイル ISS-RealSecure-commonlib xxx.i386.rpm ISS-RealSecure-ns- sensor xxx.i386.rpm ISS-RealSecure-ns- sensor xxx.i386.rpm ISS-RealSecure-ns- sensor xxx.i386.rpm ISS-RealSecure-ns- sensor xxx.i386.rpm ISS-RealSecure-ns- daemon xxx.i386.rpm 使用目的共通ライブラリパッケージセンサー 1 センサー 2 センサー 3 センサー 4 デーモン 表 14: Network Sensor の Linux インストールファイル インストールパッケージのダウンロード Internet Security Systems の CD または ISS の FTP サイトのいずれかからインストールパッケージをダウンロードします インストールの順序 次の順序で Linux コンポーネントをインストールします common lib ( 共通ライブラリ ) issdaemon ( デーモン ) isssensor ( センサー ) 共通ライブラリパッケージのインストール 他のパッケージをインストールする前に 共通ライブラリパッケージをインストールする必要があります 89

102 第 6 章 : Network Sensor を Linux にインストールする 共通ライブラリパッケージをインストールするには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力してインストールを開始します rpm Uvh ISS RealSecure common lib xxx.i386.rpm 3. [ENTER] キーを押します インストールプログラムが共通ライブラリパッケージをインストールします デーモンのインストール Network Sensor をインストールする前に デーモンをインストールする必要があります デーモンを Linux にインストールするには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力してインストールを開始します rpm Uvh ISS RealSecure ns daemon xxx.i386.rpm 3. [ENTER] キーを押します インストールプログラムがデーモンをインストールします Network Sensor のインストール Network Sensor を Linux にインストールするには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力してインストールを開始します rpm Uvh ISS RealSecure ns sensorx xxx.i386.rpm (x はセンサー番号 ) 3. [ENTER] キーを押します インストールプログラムがセンサーをインストールします./setup.sh スクリプトを実行し デーモンとセンサーのオプションを設定する必要があることを通知するメッセージが表示されます 重要 : ファイアウォールを実行している場合は センサーがコンソールと通信できない可能性があることを通知するメッセージが表示されます パーソナルファイアウォールを終了するか ルールを追加して適切なポートの受信側の TCP 接続を許可することを検討してください./setup.sh スクリプトを実行すると その例を参照できます 4. 追加のセンサーをインストールしますか インストールする場合は 手順 2 ~ 3 を繰り返して 追加のセンサーをインストールします インストールしない場合は デーモンとセンサーのオプションを設定します 90

103 Network Sensor を Linux にインストールする 参照 : 詳細については Linux 上の Network Sensor を設定する (92 ページ ) を参照してください 91

104 第 6 章 : Network Sensor を Linux にインストールする Linux 上の Network Sensor を設定する はじめに この項目では 次の内容について説明します Linux センサーを設定する場合のメニューオプション デーモンおよびセンサーの設定方法 メニューオプション Linux デーモンとセンサーの設定に使用される 4 つのオプションがあります メニューオプション Setup Key Administrators (Key Administrator の設定 ) Allow Auto-Import of Console and Event Collector Keys ( コンソールキーおよび Event Collector キーの自動インポートを許可 ) Generate Encryption Keys ( 暗号キーの生成 ) Edit RedHat ipchains rules (RedHat ipchain ルールの編集 ) 使用目的 センサーの Key Administrator を設定する 最初に接続するコンソールから認証キーを自動的にインポートする 暗号キーと暗号化プロバイダを設定する /etc/sysconfig/ipchains ディレクトリにファイアウォールルールを追加し ポート 901 およびポート 2998 の受信トラフィックを許可する Linux オペレーティングシステムのインストール時に 高または中レベルのファイアウォール設定を選択した場合に使用される コンポーネントデーモンデーモンセンサーセンサー 表 15: Linux センサーの設定オプション デーモンおよびセンサーの設定 コンポーネントをインストールしたら センサーディレクトリの./setup.sh スクリプトを実行し デーモンとセンサーを設定する必要があります 注意 : 必要に応じて 最初のインストール後にデーモンオプションを実行してください 新しいセンサーをインストールするごとに 該当するセンサーディレクトリからセンサーオプションを実行する必要があります たとえば 2 つ目の Network Sensor をインストールする場合は /opt/iss/ isssensors/network_sensor_2 ディレクトリからセットアップスクリプトを実行する必要があります 92

105 Linux 上の Network Sensor を設定する デーモンおよびセンサーを設定するには : 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2. 次のコマンドを入力します cd /opt/iss/isssensors/network_sensor_1/ 3. [ENTER] キーを押します 4. 次のコマンドを入力します./setup.sh 5. [ENTER] キーを押します インストールプログラムが設定メニューを表示します 6. [Setup Key Administrators] オプションを選択します 7. このセンサーに 1 つ以上の Key Administrator を設定しますか 参照 : 詳細については Key Administrator の追加 (137 ページ ) を参照してください 設定する場合は y と入力して computer_username という形式を使って管理者を設定します ( 推奨 ) SiteProtector を使用している場合は コンピュータのホスト名を入力してください 重要 : 少なくとも 1 つの Key Administrator を追加してください 設定しない場合は n と入力します 8. さらに管理者を追加しますか 追加する場合は 手順 6 を繰り返します 追加しない場合は n と入力します インストールプログラムが設定メニューを表示します 9. [Allow Auto-Import of Console and Event Collector Keys] オプションを選択します [Daemon Connection Key Setup] が表示されます 10. デーモンを使って 最初に接続するコンソールのパブリックキーを自動的にインポートしますか 自動インポートオプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します 重要 :SiteProtector のユーザーは 認証を使用している場合はこのオプションを選択してください 参照 : 詳細については 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください インポートする場合は y と入力します ( 推奨 ) インポートしない場合は OFF と入力します インストールプログラムが設定メニューを表示します 93

106 第 6 章 : Network Sensor を Linux にインストールする 11. [ Generate Encryption Keys] オプションを選択します /opt/iss/isssensors/network_sensor_1 というディレクトリ名が表示されます 12. センサーのディレクトリは正しいですか 正しい場合は y と入力し 暗号化プロバイダキーを設定します 正しくない場合は n と入力し ディレクトリ名を変更します インストールプログラムはデフォルトの暗号化プロバイダ設定を表示し 1024 および 1536 の暗号キーを自動的にインストールします 13. [Edit RedHat ipchains rules] オプションを選択します ファイアウォールセットアップユーティリティが表示されます 14. Linux オペレーティングシステムのインストール時に デフォルトファイアウォールとして [None] を選択しましたか 選択した場合は ファイアウォールセットアップユーティリティを終了します 選択しなかった場合は ファイアウォールにルールを追加し ポート 901 とポート 2998 の受信トラフィックを許可するように要求されます この新しいルールは次のとおりです -A input -s 0/0 -d 0/ p tcp -y -j ACCEPT -A input -s 0/0 -d 0/ p tcp -y -j ACCEPT 15. ルールを追加しますか 追加する場合は y と入力します ( 推奨 ) 追加しない場合は n と入力します 注意 : y ( 追加する ) を選択した場合は /etc/init.d/ipchains restart スクリプトを実行して ipchain ファイアウォールルールを適用する必要があります 16. 設定が完了しましたか 完了した場合は q と入力します 完了していない場合は メニューオプションを選択してセンサーの設定を続行します デーモンおよびセンサーの起動 設定が完了したら デーモンおよびセンサーを起動する必要があります デーモンおよびセンサーを起動するには : 1. 次のコマンドを入力します /etc/init.d/realsecure start 2. [ENTER] キーを押します 94

107 第 7 章 Network Sensor を Solaris にインストールする 概要 はじめに この章では Solaris 環境への RealSecure Network Sensor のインストールプロブラムとインストール手順について説明します この章の内容 この章では次の項目について説明します 項目 ページ Solaris のインストールオプション 96 Network Sensor を Solaris にインストールする 98 Network Sensor を Solaris に自動でインストールする

108 第 7 章 : Network Sensor を Solaris にインストールする Solaris のインストールオプション インストール方法 次のインストール手順のいずれかを使用して Network Sensor for Solaris をインストールします 標準 ( 簡単な ) インストール カスタム ( 高度な ) インストール 自動化インストール 標準インストール Network Sensor をデフォルトオプション ( 高度な設定を省略する ) でインストールするには インストールプロセスの際にデフォルト設定を受け入れるオプションを選択します 表 16 に Network Sensor for Solaris のインストールのデフォルト設定を示します オプション キーの自動インポート ( デーモンのみ ) インストールパス ( デーモンのみ ) Network Sensor ディレクトリ ( センサーのみ ) キーの管理 ( センサーのみ ) 暗号化プロバイダ ( デーモンのみ ) 設定 不可 /opt/iss network_sensor_1 Key Administrator: 不可 Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0 (RSA1536/1024) 表 16: Network Sensor for Solaris のデフォルトパラメータ カスタムインストール表 16 で説明されている設定をカスタマイズする必要がある場合 インストールプロセスの際にセンサー設定のカスタマイズのオプションを選択することが可能です 自動化インストール 複数の Network Sensor を同じ設定を使用してインストールしたい場合には 自動化インストールプロセスを使用することができます この機能を使用することで 一度 Network Sensor をインストールするとその間に選択した設定が保存されます それを使用して インストールプロセス全体を監視する必要なく 他のコンピュータに同じ設定でインストールを行います 96

109 Solaris のインストールオプション 参照 : 詳細については Network Sensor を Solaris に自動でインストールする (103 ページ ) を参照してください 97

110 第 7 章 : Network Sensor を Solaris にインストールする Network Sensor を Solaris にインストールする はじめに この項目では 次の内容について説明します Solaris システムに Network Sensor をインストールするために前提条件 Network Sensor のインストール 追加センサーのインストール 前提条件 インストールに必要なファイルは tar ファイルに格納されています Network Sensor をインストールする前に tar -xvf rsns xxx-sparcsolaris.multi.tar コマンドを使用して このファイルを開きます パッケージとスクリプトをインストールする tar ファイルを開くと インストールに必要な 2 つのパッケージと 1 つのインストールスクリプトが生成されます これらのパッケージを使用して デーモンとセンサーをインストールします インストールするファイル 使用目的 pkgissxdmn デーモンを手動でインストール pkgissxrsns pkgissxnsinstall.sh センサーを手動でインストール スクリプトを実行して デーモンとセンサーをインストール 表 17: Network Sensor の Solaris インストールファイル Network Sensor のインストール Network Sensor を Solaris にインストールするには : 警告 : 既にコンピュータにセンサーをインストールしている場合は Network Sensor の追加インストール (101 ページ ) の手順に従ってください 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2..pkgISSXnsinstall.sh all コマンドを入力して インストールを開始します 3. [ENTER] キーを押して ファイル内のパッケージをすべてインストールします インストールプログラムによってファイルのインストールが開始されます 次に ISS 使用許諾契約の条件およびデフォルトのインストールパラメータを受け入れるかどうをたずねられます 98

111 Network Sensor を Solaris にインストールする 4. ISS RealSecure の使用許諾契約の条件にすべて同意し デフォルトのパラメータで RealSecure をインストールしますか インストールする場合は y と入力し デフォルトのパラメータでインストールし ( 推奨 ) 手順 10 に進みます 参照 : デフォルトの設定の一覧は 表 16: Network Sensor for Solaris のデフォルトパラメータ (96 ページ ) を参照してください インストールしない場合は n と入力します 使用許諾契約の全文を読むかどうかをたずねるメッセージが表示されます 5. 全文を読む場合は y と入力します 内容に同意するか確認されます 6. ISS RealSecure 使用許諾契約の条件に同意する場合は y と入力します デーモンコンポーネントのインストールディレクトリについて確認されます 7. [ENTER] キーを押すと デフォルトのディレクトリ /opt/iss を受け入れます インストールプログラムにより 自動インポートオプションの選択が求められます 8. 認証キーを自動的にインポートしますか 自動インポートオプションを選択すると コンソールから起動された標準ネットワークを経由して 初期認証キーをセンサーが受信します SiteProtector のユーザーは 認証を使用している場合はこのオプションを選択してください 参照 : 詳細については 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください インポートする場合は y と入力します インポートしない場合は n と入力します デフォルトの暗号化プロバイダの設定が表示されます 9. 必要な数の暗号化プロバイダを設定します 参照 : 詳細については 暗号化のカスタマイズ (34 ページ ) を参照してください インストールプログラムにより opt/iss ディレクトリを作成するか確認されます 10. インストールプログラムにディレクトリを作成させるには y と入力します インストールプログラムから スーパーユーザーアカウントでいくつかのスクリプトを実行する必要があることが通知されます 11. y と入力すると インストールを続行します 99

112 第 7 章 : Network Sensor を Solaris にインストールする インストールプログラムは Network Sensor の一部であるデーモンをインストールし 次にセンサーパッケージを選択するよう要求します (ISSXnsl という名前のパッケージが 1 つだけあるはずです ) 12. [ENTER] キーを押して ファイル内のパッケージをすべてインストールします インストールプログラムによってファイルのインストールが開始されます 次に ISS 使用許諾契約の条件およびデフォルトのインストールパラメータを受け入れるかどうをたずねられます 13. ISS RealSecure の使用許諾契約の条件にすべて同意し デフォルトのパラメータで RealSecure をインストールしますか インストールする場合は y と入力して デフォルトのパラメータ ( 推奨 ) を使用してインストールし 最後の手順に進みます 参照 : デフォルトの設定の一覧は 表 16: Network Sensor for Solaris のデフォルトパラメータ (96 ページ ) を参照してください インストールしない場合は n と入力します 使用許諾契約の全文を読むかどうかをたずねるメッセージが表示されます 14. 全文を読む場合は y と入力します 内容に同意するか確認されます 15. ISS RealSecure 使用許諾契約の条件に同意する場合は y と入力します Network Sensor の名前とディレクトリについて確認されます 16. Network Sensor の名前とインストール先ディレクトリとして network_sensor_1 を使用しますか 参照 : 詳細については センサーの命名規則 (28 ページ ) を参照してください 使用する場合は y と入力して network_sensor1 というデフォルト名を受け入れます 使用しない場合は n と入力してから 新しい名前を入力します 注意 : センサー名には 英数文字 アンダースコア ダッシュのみを使用します 17. このセンサーに 1 つ以上の Key Administrator を設定しますか 参照 : 自動キーインポートオプションを選択した場合 このセンサーに最初に接続した人物が Key Administrator 権限を獲得します 詳細は 自動的に認証キーをインポートする (32 ページ ) を参照してください 設定する場合は y と入力して computer_username という形式を使ってそれぞれの管理者を設定します ( 推奨 ) 設定しない場合は n と入力します インストールプログラムから スーパーユーザーアカウントでいくつかのスクリプトを実行する必要があることが通知されます 100

113 Network Sensor を Solaris にインストールする 18. y と入力すると インストールを続行します インストールプログラムによって Network Sensor のインストールが完了し インストール中に作成されたテンポラリファイルがすべて削除されます Network Sensor の追加インストール コンピュータに第 2 第 3 の Network Sensor をインストールする場合 または既に Server Sensor をインストールしている場合は 次の手順に従って追加のセンサーをインストールします 1. スーパーユーザーアカウント (root など ) を使用してログオンします 2..pkgISSXnsinstall.sh netsensor コマンドを入力して インストールを開始します インストールプログラムより センサーパッケージを選択するように要求されます (ISSXns1 というパッケージが 1 つだけあるはずです ) 3. [ENTER] キーを押して ファイル内のパッケージをすべてインストールします インストールプログラムによってファイルのインストールが開始されます 次に ISS 使用許諾契約の条件およびデフォルトのインストールパラメータを受け入れるかどうをたずねられます 4. ISS RealSecure の使用許諾契約の条件にすべて同意し デフォルトのパラメータで RealSecure をインストールしますか インストールする場合は y と入力して デフォルトのパラメータでインストールします ( 推奨 ) インストールが完了します 参照 : デフォルトの設定の一覧は 表 16: Network Sensor for Solaris のデフォルトパラメータ (96 ページ ) を参照してください インストールしない場合は n と入力します 使用許諾契約の全文を読むかどうかをたずねるメッセージが表示されます 5. 全文を読む場合は y と入力します 内容に同意するか確認されます 6. ISS RealSecure 使用許諾契約の条件に同意する場合は y と入力します Network Sensor の名前とディレクトリについて確認されます 7. Network Sensor の名前とインストール先ディレクトリとして network_sensor_1 を使用しますか 参照 : 詳細については センサーの命名規則 (28 ページ ) を参照してください 使用する場合は y と入力して network_sensor1 というデフォルト名を受け入れます 使用しない場合は n と入力してから 新しい名前を入力します 注意 : センサー名には 英数文字 アンダースコア ダッシュのみを使用します 101

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート

ESET NOD32アンチウイルス V4.2 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス V4.2 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順

Microsoft® Windows® Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上でのHP ProLiant用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 Microsoft Windows Server 2008/2008 R2 の Hyper-V 上での HP ProLiant 用ネットワークチーミングソフトウェア使用手順 設定手順書第 4 版 はじめに...2 ソフトウェア要件...2 インストール手順...2 チーミングソフトウェアのアンインストール...3 HP Network Teamの作成...5 HP Network Teamの解除...10

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange

NortonAntiVirus for MicrosoftExchange NortonAntiVirus for MicrosoftExchange インストール手順書 このドキュメントは NortonAntiVirus 2.5 for MicrosoftExchange のインストール手順を示します 2001 年 7 月 1 1.. Norton AntiVirus for Microsoft Exchange のアンインストール まず 以前のバージョンの NortonAntiVirus

More information

目次 初めに必ずお読みください ソフトウェアのインストール ソフトウェアの選択 ソフトウェアのインストール レシーバー用ドライバのインストール WindowsXP のインストール方法 Win

目次 初めに必ずお読みください ソフトウェアのインストール ソフトウェアの選択 ソフトウェアのインストール レシーバー用ドライバのインストール WindowsXP のインストール方法 Win インストール手順書 Office2010 Version 4.5.4.3 インストールの際に必ずお読みください 第 1 版 2012 年 5 月 木村情報技術株式会社 目次 初めに必ずお読みください... 3 1. ソフトウェアのインストール... 7 1-1 ソフトウェアの選択... 8 1-2 ソフトウェアのインストール... 10 2. レシーバー用ドライバのインストール... 12 2-1

More information

VP-100C

VP-100C 第 2 章インストール アプリケーションソフトから印刷するには お使いのコンピュータにあらかじめプリンタドライバを組み込んでおく必要があります 以下の手順でインストールを行ってください WindowsNT4.0 Windows2000またはWindowsXPでプリンタドライバの組み込みを行うためには アドミニストレータの権限が必要です 1. プラグアンドプレイによるインストール お使いの環境によっては

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート ================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

2. 添付の CD-ROM(Windows Vista 用ユーティリティ集 ) を CD-ROM ドライブにセットする 3. [ 自動再生 ] 画面が表示されるので [Menu.exe の実行 ] をクリックする 4. [AtermWL130NC/WL54SC/WL54SU/WL54AG/WL54T

2. 添付の CD-ROM(Windows Vista 用ユーティリティ集 ) を CD-ROM ドライブにセットする 3. [ 自動再生 ] 画面が表示されるので [Menu.exe の実行 ] をクリックする 4. [AtermWL130NC/WL54SC/WL54SU/WL54AG/WL54T AM1-000506-001 このたびは 本商品をお選びいただき誠にありがとうございます 本商品を Windows Vista がインストールされているパソコンでご利用の際には つなぎかたガイド または 取扱説明書 の無線設定の部分を下記のとおりに読み替えてください Windows XP/2000 から Windows Vista へアップグレードするパソコンで本商品をご使用になる場合には Windows

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web KATANA for Windows Ver.1.0 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/11/04 改訂 : 2015/11/12 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件... 3 3. 準備... 4 3.1 インストール環境の確認...

More information

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書

Windows Server 2003 Service Pack 適用手順書 CLUSTERPRO X for Windows Windows Server 2008 Service Pack 適用手順書 第 1 版 2009 年 6 月 23 日 本手順書では CLUSTERPRO X 2.0/2.1 環境における Windows Server 2008 Service Pack 2 の適用方法を説明します 以降 特に記述のない場合 Service Pack は Windows

More information

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ

目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメデ Windows MultiPoint Server 2011 OEM 版インストールガイド 2012.06 目次 本書の取り扱いについて... 3 事前準備... 4 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のディスク領域を使う場合の起動方法 )... 5 MultiPoint Server 2011 OEM 版のインストール (OS リカバリー用のメディアを使う場合の起動方法

More information

目次 Windows 2003 への新規インストール... 3 Windows 2008 への新規インストール... 4 Windows 2012 への新規インストール... 6 Microsoft SQL のサポート... 8 IPv4/IPv6 のサポート... 8 制限事項... 9 Web

目次 Windows 2003 への新規インストール... 3 Windows 2008 への新規インストール... 4 Windows 2012 への新規インストール... 6 Microsoft SQL のサポート... 8 IPv4/IPv6 のサポート... 8 制限事項... 9 Web トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 年 2 月 12 日ネットワールド 新規 I

改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 年 2 月 12 日ネットワールド 新規  I 2016 年 2 月 12 日 第 1.0 版 株式会社ネットワールド 改訂履歴 版番号改訂日改訂者改訂内容 1.0 2016 年 2 月 12 日ネットワールド 新規 www.networld.co.jp/product/cisco/ I 免責事項 本書のご利用は お客様ご自身の責任において行われるものとします 本書に記載する情報については 株式会社ネットワールド ( 以下弊社 ) が慎重に作成および管理いたしますが

More information

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン

目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加 電話番号の入力ルール /AU 端末の制限 ( 留意事項 ) ダウンロードリンクの通知 (SMS 配信 )/ 子デバイスキー生成 モバイルデバイスへのソフトウェアダウンロード ダウン エンドポイントウィルス対策サービス モバイル端末利用者向けマニュアル [ エンドポイントウィルス対策サービス利用者さま向け ] 0 年 8 月 日 Version.0 bit-drive Copyright 0 Sony Business Solutions Corporation 目次 既存アカウントにモバイルライセンスキーコードを追加 ライセンスキーコードを追加 ポータルへモバイルデバイスを追加

More information

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions

アプリケーション補足説明書Microsoft(R) Office 2003 Editions 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 本書の表記.................................................. 2 1 Office 2003 について......................................

More information

1

1 Office2010 マニュアル (Windows 版 ) 2011/04/01 改訂 ビジネス ブレークスルー大学 目次 1. Office2010 の ISO ファイルのダウンロード... 1 2. ISO 解凍ソフト (virtual clone drive) のインストール... 3 3. Office2010 のインストール... 6 3.1 管理者権限がない PC にインストールを行う場合...

More information

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8

目次はじめに 必要システム環境 インストール手順 インストール前の注意点 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール ) ライセンスの登録 初期設定情報の入力... 8 一括請求 Assist 操作マニュアル インストール編 第 1.7 版 目次はじめに...3 1 必要システム環境...4 2 インストール手順...5 2.1 インストール前の注意点... 5 2.2 インストールの準備 (.NET Framework3.5 SP1 のインストール )... 5 2.3 ライセンスの登録... 8 2.4 初期設定情報の入力... 8 2.5 インストール先の選択...

More information

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc

Microsoft Word - JRE_Update_6.doc WebSAM DeploymentManager (HP-UX) における Java 2 Runtime Environment の更新について Rev.6 2008 年 4 月 NEC 本文書では WebSAM DeploymentManager (HP-UX) をご使用のお客様におきまして Java 2 Runtime Environment を更新する際の手順についてお知らせいたします Java

More information

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 2016.10.14 v1.6 ご利用の前に 目次 - 01. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3 1. 推奨環境について... 3 2. Windows8 Windows8.1 について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 02. SAMWEB の初期設定... 7 1. セキュリティ設定... 7 2.

More information

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut

目次 1. はじめに 本資料の目的 前提条件 Kaspersky Update Utility スタンドアロン端末での定義 DB 更新 定義 DB のダウンロード (Kaspersky Update Ut Kaspersky Endpoint Security 10 オフライン環境下での定義 DB アップデート 2016/09/27 株式会社カスペルスキー法人営業本部セールスエンジニアリング部 Ver 1.0 1 目次 1. はじめに... 3 1.1. 本資料の目的... 3 1.2. 前提条件... 3 1.3. Kaspersky Update Utility... 4 2. スタンドアロン端末での定義

More information

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01)

FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバのインストール(Rev.1.01) FTDI USB-Serial Converter デバイスドライバの インストール / アンインストール (Rev.1.10) 年 月 日 合同会社クラッグ電子 (1/19) 目次 1. 初めに... 3 2. デバイスドライバのインストール... 3 2-1. インターネットに接続されている環境... 4 2-2. インターネットに接続されていない環境 ( 自動 )... 6 2-3. インターネットに接続されていない環境

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer の設定マニュアル このマニュアルは 長崎市の入札関連システム ( ) をご利用頂くために必要なInternet Explorerの設定手順を説明します お使いのパソコンの環境 ( ブラウザのバージョンなど ) に応じて必要な設定を行ってください なお お使いのブラウザのバージョンによっては掲載する画面と異なる場合がございます あらかじめご了承ください 入札関連システム

More information

アプリケーション補足説明書(Office2003)

アプリケーション補足説明書(Office2003) 目次 アプリケーション補足説明書 Microsoft Office 2003 Editions はじめに................................................... 2 1 Office 2003 について...................................... 4 お使いになれるアプリケーション...............................

More information

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements

Control Manager 6.0 Service Pack 3 System Requirements トレンドマイクロ株式会社は 本書および本書に記載されている製品を予告なしに変更する権利を有しています ソフトウェアをインストールして使用する前に Readme ファイル リリースノート および最新のユーザドキュメントを確認してください これらは 次のトレンドマイクロ Web サイトから入手できます http://downloadcenter.trendmicro.com/index.php?regs=jp

More information

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ

ログイン時の ID パスワードは マイページ と同一です インストール前の状態の場合 ログイン後に表示されるページの ライセンス一覧 に該当製品シリアルの表示はされません インストール完了後 ライセンス管理ページご利用シリアルの一覧が表示されます 以上でライセンス管理ページの作成は完了です なお セ ソースネクストいきなり PDF シリーズ セットアップ手順書 本手順書は グループポリシーを使用したソフトウェア配布およびサイレントインストールについて記 述しています 以下の項目をご確認いただき インストールを行なってください 目次 1. 事前準備 1 1-1. ライセンス管理ページの作成 1 1-2. 接続許可 2 1-3. プログラムのダウンロード (CD-ROM のバージョン番号が 1.0.0.0

More information

『テクノス』V2プログラムインストール説明書

『テクノス』V2プログラムインストール説明書 土木積算システム テクノス V2 プログラム インストール説明書 ( 第 3 版 ) 目 次 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要...3 2. テクノス V2 のプログラム ドライバ インストール...4 3. テクノス V2 の初期起動...10 4. アンインストール...11 5. 補足 ( 動作環境 )...11 2. 1. テクノス V2 プログラム インストールの概要

More information

Mobile Access簡易設定ガイド

Mobile Access簡易設定ガイド Mobile Access Software Blade 設定ガイド チェック ポイント ソフトウェア テクノロジーズ ( 株 ) アジェンダ 1 SSL VPN ポータルの設定 2 3 4 Web アプリケーションの追加 Check Point Mobile for iphone/android の設定 Check Point Mobile for iphone/android の利用 2 変更履歴

More information

McAfee SaaS Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護

McAfee SaaS  Protection 統合ガイド Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 統合ガイド改訂 G McAfee SaaS Email Protection Microsoft Office 365 と Exchange Online の保護 Microsoft Office 365 の設定 このガイドの説明に従って McAfee SaaS Email Protection を使用するように Microsoft Office 365 と Microsoft Exchange Online

More information

スライド 1

スライド 1 セキュリティ安心ブラウザ Android 版 WEBフィルタリングソフト 簡単マニュアル onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) のインストール onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の初期設定 onlyタフ レットフィルタリンク ( ファイナルスマホセキュリティ ) の使い方 ( ブラウザ ) onlyタフ レットフィルタリンク

More information

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr

目次 1. はじめに ライセンス証書の受領 ライセンス証書に含まれる内容 環境前提条件 準備 インストール環境の確認 ファイル インストール インストール後の Dr Dr.Web Server Security Suite Dr.Web Anti-virus for Windows Servers Ver.10 インストールガイド 株式会社 Doctor Web Pacific 初版 : 2015/02/23 改訂 : 目次 1. はじめに... 3 1.1 ライセンス証書の受領... 3 1.2 ライセンス証書に含まれる内容... 3 2. 環境前提条件...

More information

Windows10 の設定

Windows10 の設定 Windows0 の設定 奈良県公共工事等電子入札システムではこの度 Windows 0 を推奨環境に追加しました Windows0 でスムーズにご利用いただくためには各設定が必要となります また 奈良県公共工事等電子入札システム以外でも利用されている場合は他機関のパソコン推奨環境でも適合していることを必ずご確認の上導入頂きます様お願いいたします Windows 0 Internet Explorer

More information

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN

TeamViewer 9マニュアル – Wake-on-LAN TeamViewer 9 マニュアル Wake-on-LAN バージョン 9.2-12/2013 TeamViewer GmbH Jahnstraße 30 D-73037 Göppingen www.teamviewer.com 目次 1 Wake-on-LAN のバージョン情報... 3 2 要件... 4 3 Windows のセットアップ... 5 3.1 BIOS の設定... 5 3.2

More information

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在

PC 移行は以下の流れで行います 次ページ以降に各手順を記載しますのでご確認ください ( をクリックすると該当の説明にジャンプします ) 移行元の PC での作業 Step1 移行するデータをバックアップする (3 ページ ) [ 随時処理 ]-[ データコピー処理 ] メニュー 複数のデータが存在 奉行 21 シリーズ ( スタンドアロン版 ) PC 移行の手順書 新しい PC を購入したので この PC で奉行製品を利用したい など 現在ご利用の PC から別 PC で奉行製品をご利用になる場合の移行手順を説明します 次ページに各作業の流れを記載しますのでご確認ください 移行元の PC 1 データやユーザー権限情報を移行先の PC で参照可能なメディアにバックアップします 2 奉行製品をセットアップします

More information

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の

目次 第 1 章はじめに 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて Java バージョン確認方法 Java のアンインストール ( ケース2の 電子入札サービス IC カードを利用しない事業者向け Java ポリシー設定マニュアル (Windows10 用 ) 平成 28 年 6 月 目次 第 1 章はじめに 1 1.1 電子入札システムを使用するまでの流れ 1 第 2 章 Java ポリシーを設定する前に 2 2.1 前提条件の確認 2 第 3 章 Java のバージョンについて 4 3.1 Java バージョン確認方法 4 3.2 Java

More information

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ]

参考 インストール中に下図のようにインターネット接続を求められる場合があります この表示 が出た場合は お使いのパソコンをインターネットに接続してから再度セットアップを実行 してください お使いの OS によってはセットアップ途中に下図のような表示が出る場合があります この 場合は [ 詳細情報 ] SHOFU SureFile インストールマニュアル [Windows] V1.2 本マニュアルでは アイスペシャル C-Ⅱ 専用画像振り分けソフト SHOFU SureFile について 下記に示した項目を説明しています インストール 起動 アップデート アンインストール ( 削除 ) 参考 -Microsoft.NET Framework 3.5 の確認方法 参考 -Microsoft.NET

More information

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド>

らくらくメニューVer2.70E9<セットアップガイド> Ver 2.70E9 AutoCAD2000-2009 for. Windows Vista XP AutoCAD LT2000-2009 目次 らくらくメニューをインストールする前に -------------------- 1 AutoCAD LT 版らくらくメニューのインストール ------------ 2 初回起動時の処理 AutoCAD LT 2006~2009の場合 ---------------------

More information

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための

TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するための TimeTracker FX 補足資料 SQL Server 2005 インストール方法 2007 年 1 月 TimeTracker FX セットアップガイド 補足資料 2/14 0. はじめに 本資料は [TimeTracker FX セットアップガイド ] では説明していない Microsoft SQL Server 2005 ( 以下 SQL Server 2005) の設定や操作方法を補足するためのものです

More information

インターネットフィルタリング簡単マニュアル

インターネットフィルタリング簡単マニュアル セキュリティ安心 Windows8 版フィルタリングソフト 簡単マニュアル インターネットフィルタリングのインストール インターネットフィルタリングの初期設定 インターネットフィルタリングの使い方 インターネットフィルタリングのWeb 管理 インターネットフィルタリングのアンインストール インターネットフィルタリングの再インストール よくあるご質問 お問い合わせ先 インターネットフィルタリングのインストール

More information

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS

1 はじめに はじめに メールシステムの切り替えについて お問い合わせ窓口 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007) OUTLOOK のバージョン確認 WINDOWS Office365 Outlook クライアント 教職員向け操作手順書 1 1 はじめに... 3 1.1 はじめに... 3 1.2 メールシステムの切り替えについて... 3 1.3 お問い合わせ窓口... 3 2 メールソフト設定の前に (OUTLOOK2010 および 2007)... 4 2.1 OUTLOOK のバージョン確認... 4 2.2 WINDOWS UPDATE を実施する場合の注意点...

More information

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1 2016/10/6 第 3.2 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2

More information

Microsoft Word - (171118_v4250)ACS_インストールマニュアル.doc

Microsoft Word - (171118_v4250)ACS_インストールマニュアル.doc NTT コミュニケーションズ IC カードリーダライタ ドライバソフト対応 OS 一覧 ドライバソフトインストールマニュアル 2017.11 1. はじめに はじめに ( インストールを開始する前に必ずお読みください ) (1) 本書では NTT コミュニケーションズの IC カードリーダライタをご使用になる場合のドライバソフトのインストール手順を記述しています 製品名 ACR39-NTTCom ACR1251CL-NTTCom

More information

Microsoft Windows XP Professional x64 Editionインストール方法説明書

Microsoft Windows XP Professional x64 Editionインストール方法説明書 Microsoft Windows XP Professional x64 Edition インストール方法説明書 HP Business Desktop dx5150 MT シリーズ この度は Microsoft Windows XP Professional x64 Edition アップグレードキット をご購入いただきありがとうございます このガイドでは 同梱のキットを使用して Microsoft

More information

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2

1.InternetExplorer のバージョン確認手順 1 InternetExplorer を起動します 2 メニューバーより ヘルプ バージョン情報 を選択します メニューバーが表示されていない場合は F10 キーでメニューバーを表示してください 2 作業を始める前に 作業実施の前提条件として お使いのパソコンが以下の環境の場合に作業が必要となります 他の環境の場合は作業を実施する必要はございません 対象の OS( オペレーティングシステム ) Windows7 WindowsXP をおつかいの教室につきましては作業の必要はありません 対象の InternetExplorer バージョン InternetExplorer8 バージョン確認方法につきましては

More information

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378>

<31305F F C815B82C582CC91808DEC8EE88F878F A5F56322E342E786C7378> USB キーでの操作手順書 STR 目次 目次 -------------------------------------------------------------------------------------- 1. パッケージをご利用いただくまでの手順 1 (1) ユーザ専用ページから 該当パッケージをダウンロードする 手順 2 (2) 該当パッケージをインストールする 手順 5 (3)

More information

Print Server バージョンV2

Print Server バージョンV2 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server Windows Server 2008 Service Pack 2 アップデート手順 2011.8.29 Color 1000 Press/Color 800 Press PX1000 Print Server は OS として Windows Server 2008 を使用しておりますが Windows

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 最近よくあるお問い合わせ 本マニュアルでは 最近よくあるお問い合わせの解決手順をまとめました 以下より 該当する現象を選択してください 2014.4.30 改定 ver. 目次 0. 必ずお読み下さい ユーザサポートツールが新しくなりました 2 1. 画面のリンクやボタン タブをクリックしても反応しない 3 2. ライセンス認証に失敗 受講画面が準備完了のまま 受講画面が真っ白 7 3. Windows8

More information

LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation Guide - 日本語

LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation Guide - 日本語 User Guide - 日本語 LSI MegaRAID SAS Device Driver Installation 2014 年 5 月 富士通株式会社 著作権および商標 Copyright 2014 FUJITSU LIMITED 使用されているハードウェア名とソフトウェア名は 各メーカーの商標です このドキュメントには LSI Corporation が所有する情報が含まれています LSI

More information

flashplayer確認手順_ xls

flashplayer確認手順_ xls それでもうまくいかない場合 ShockWave Player について ShockWave Player がインストールされていると Flash Player のインストールが正常に行われない場合があります ShockWave Player がインストールされている場合は Flash Player を削除し Flash Player の再インストールする前に 一時的に ShockWave Player

More information

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい

帳票エラーが発生した場合のチェックリスト 確認番号 1 企業内 LAN にて ActiveDirectory のリダイレクト機能 ( シンクライアント等 ) を利用しているか 利用している場合 帳票を正常に表示できないことがあります 項目確認方法チェック対応方法 2 事前準備セットアップを実行してい 問多国籍企業情報の報告コーナーにおいて エラーコード : ERR_INITIAL_001 エラーメッセージ : 通信中にエラーが発生したため 帳票表示処理を中断しました 再度処理を行って もしくはエラーコード ERR_INITIAL_005 エラーメッセージ : 帳票表示処理中にエラーが発生したため処理を中断しました ご利用の環境確認後 再度処理を行って が表示されました どうすればいいですか 答

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer10 設定手順書 2 / 23 < 本書の目的 > Internet Explorer 10 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE10) に対応しました 本書は Internet Explorer10 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P8 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24

事前にご確認をお願いします InternetExplorerを起動し 右上のツールボタン インターネットオプション を左クリックします を左クリックし Internet Explorer11 設定手順書 2 / 24 < 本書の目的 > Internet Explorer 11 設定手順書 2014/7/26 更新 2014 年 7 月 26 日より 三重県電子調達システム ( 公共事業調達 ) は新環境 (IE11) に対応しました 本書は Internet Explorer11 向けの電子入札を利用するパソコンの設定手順書です < 設定する箇所 > P9 2-2.< セキュリティ > タブの設定 ( 信頼済みサイトの登録

More information

Inet-Builder Client 操作説明書

Inet-Builder Client 操作説明書 Inet Builder Inet-Builder CLIENT (Windows7 10/IE9 10 11) セットアップ説明書 目次 1.I 推奨動作環境 3 2.Inet-Builder Client セットアップ 3 2-1.Internet Explorer の起動 3 2-2.Inet-Builder Client のダウンロードおよびセットアップ 4 2-3.Inet-Builder

More information

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4 販売管理システムサレスプ (64bit 版 ) インストール手順書 第 001 版 2012/04/09 < 有限会社データーランド > 1 はじめに... 2 2 前準備... 2 2.1 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする... 2 3.NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール... 4 3.1.NET FRAMEWORK

More information

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する)

InfoPrint 5577/5579 ネットワーク設定ガイド(第3章 Windows 98/Me環境で使用する) 第 3 章 本章では Windows 98/Me 環境で本製品を接続して TCP/IP NetBEUI および NetBIOS over TCP/IP で 印刷を行う方法について説明します Windows 98/Me 環境から TCP/IP で印刷する 本製品を TCP/IP プロトコルを利用して印刷する際の手順は以下の通りです あらかじめパソコンにプリンター ドライバーをインストールする必要があります

More information

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit

8. 適用 を後 OK をしウインドウを閉じてください 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続し 設定を行います Windows パソコンの推奨環境は以下の通りです (2015 年 6 月現在 ) OS : Windows XP Vista 7 8 CPU : 32bit 64bit 2015.10.8 マスプロ電工株式会社 本手順書は デジタルレベルチェッカー LCV3 の Web ブラウザーによるソフトウェア更新の手順を説明した資料です Web ブラウザーより LCV3 をバージョンアップする手順は以下の 4 段階で実施します 1. パソコン上に新しいソフトウェアをコピーします 2. パソコンと LCV3 を LAN ケーブルで接続します 3. LCV3 を新しいソフトウェアに更新します

More information

システム条件 OS--- Microsoft Windows Vista 32 / 64-bit (Ultimate Business Enterprise のみ ) Microsoft Windows 7 32 / 64-bit (Professional Ultimate Enterprise

システム条件 OS--- Microsoft Windows Vista 32 / 64-bit (Ultimate Business Enterprise のみ ) Microsoft Windows 7 32 / 64-bit (Professional Ultimate Enterprise SolidWorks Student Edition 2013-2014 日本語インストレーションガイド インストールの前に必ずお読み下さい SolidWorks Student Edition のインストールメディアはDVDです インストールするコンピュータにはDVDメディアを再生できるドライブが必要です ご使用いただけるSolidWorksは 1 台のPC 上でのみ有効となります 使用するPCを変更する場合は

More information

IBM Proventia Management/ISS SiteProtector 2.0

IBM Proventia Management/ISS  SiteProtector 2.0 CHAPTER 10 IBM Proventia Management/ISS SiteProtector 2.0 この章は 次の内容で構成されています グローバルイベントポリシーを定義する IBM Proventia Management/ISS SiteProtector (P.10-1) (P.10-5) グローバルイベントポリシーを定義する IBM Proventia Management/ISS

More information

Microsoft Word - PCOMM V6.0_FAQ.doc

Microsoft Word - PCOMM V6.0_FAQ.doc 日本 IBM システムズ エンジニアリング メインフレーム サーバー部 2012 年 3 月 目次 1 サポートされる環境について... 3 1.1 接続先ホスト (System z, IBM i) の OS のバージョンに制約がありますか?... 3 1.2 PCOMM を導入する PC のスペックの推奨はありますか?... 3 1.3 PCOMM は Windows 7 に対応していますか?...

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Synology インストールガイド 株式会社アスク Synology NAS でできること 家庭内に設置することで簡単に写真や動画の共有が行えます ユーザーごとに閲覧可否を制御することが出来ます 専用のアプリを利用することでスマートフォンやタブレットからもアクセスできます 特定のフォルダのみ閲覧可能 外出先など外部のネットワークからアクセス 写真や動画のアップロード Synology NAS アプリを利用して閲覧

More information

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル

福岡大学ネットワーク認証・検疫システム実施マニュアル ネットワーク認証 検疫システム 実施マニュアル (Windows クライアント編 ) 1. ネットワーク認証 検疫システムの流れ 福大 ID( 認証基盤システム ) を入力しネットワーク認証を行います PC の状態をチェックします 学内ネットワークに接続する際は初めに ネットワーク認証 検疫システム画面が表示されます 判定で が出た場合はネットワークに接続できません ネットワークに接続できます 診断結果を元に

More information

ALL_mihariban_1017d

ALL_mihariban_1017d セキュリティ機能見張り番 クイックスタートガイド インストール方法 ライセンス登録方法 操作方法の確認 商標 著作権 サポート情報 お問い合わせ窓口 インストール方法 STEP1 セキュリティ機能見張り番 お申込み内容のご案内 に記 載された専用ツールダウン ロードページよりツールをダ ウンロードします ダウンロードしたファイルをダブル クリックすると自動的にインストー ル画 面が表 示されます インストー

More information

Officeインストールマニュアル

Officeインストールマニュアル Office インストールマニュアル Win/Mac 改訂履歴 改訂日 改定内容 第 1 版 2015 年 9 月 1 日 新規作成 第 2 版 2015 年 9 月 29 日 Office for mac 2016 操作手順の追加 第 3 版 2015 年 10 月 6 日 Office 2016 操作手順の追加(Windows 向け ) 第 4 版 2016 年 5 月 12 日 Office2016

More information

エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド

エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド エンドポイントにおける Web コントロール 概要ガイド Sophos Web Appliance Sophos UTM ( バージョン 9.2 以降 ) Sophos Enterprise Console Sophos Endpoint Security and Control ドキュメント作成日 : 2016 年 4 月 目次 1 エンドポイントにおける Web コントロール...3 2 Enterprise

More information

目次 1. インストールの前に 2. WiFi アダプタのドライバのインストール 3. AirMagnet WiFi Analyzer のインストール 4. サードパーティーデコードエンジンのインストール 5. ライセンスのインストール 6. AirMagnet WiFi Analyzer のアップ

目次 1. インストールの前に 2. WiFi アダプタのドライバのインストール 3. AirMagnet WiFi Analyzer のインストール 4. サードパーティーデコードエンジンのインストール 5. ライセンスのインストール 6. AirMagnet WiFi Analyzer のアップ AirMagnet WiFi Analyzer/WiFi Analyzer Express Ver 9.5 インストール手順書 2013/06/11 株式会社東陽テクニカ 情報通信システム営業部 目次 1. インストールの前に 2. WiFi アダプタのドライバのインストール 3. AirMagnet WiFi Analyzer のインストール 4. サードパーティーデコードエンジンのインストール

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise 11の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマニュアルで は SUSE Linux Enterprise Serverのデフォルトのインストールを 通 して 実 行 方 法 の 概 要

More information

SSL サムプリントの検証 SSL サムプリントの検証はリモートユーザーがホストの信頼性を検証するために使用します この検証はリモートとホスト間の接続の安全性を確立して MITM 攻撃から保護するために実行する必要があります デフォルトで リモートユーザーが TCP/IP を使用してホストに接続しよ

SSL サムプリントの検証 SSL サムプリントの検証はリモートユーザーがホストの信頼性を検証するために使用します この検証はリモートとホスト間の接続の安全性を確立して MITM 攻撃から保護するために実行する必要があります デフォルトで リモートユーザーが TCP/IP を使用してホストに接続しよ Symantec pcanywhere のセキュリティ対策 ( ベストプラクティス ) この文書では pcanywhere 12.5 SP4 および pcanywhere Solution 12.6.7 で強化されたセキュリティ機能と これらの主要な強化機能が動作するしくみ およびセキュリティリスクを低減するためのいくつかの手順について説明します SSL ハンドシェイクと TCP/IP の暗号化現在

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 大東ビジネスインターネットバンキング SPEED ONE 電子証明書ログイン方式手順書 ログイン編 Windows7 Windows8 共通 . 電子証明書利用時のご注意事項 電子証明書利用時のご注意事項について記載します () 同一 PC を複数ユーザで利用する場合の注意事項同一 Windows アカウントで複数の電子証明書をインストールした場合 インストールしている全ての電子証明書に紐付く利用者

More information

MIRACLE System Savior操作手順書

MIRACLE System Savior操作手順書 バックアップ / リストア作業手順書 Copyright 2000-2013 MIRACLE LINUX CORPORATION All rights reserved Ver.1.1 変更履歴日付 作成者 Revision 対象 変更内容 2013/07/02 青山雄一 1.0 全体 初版作成 2013/12/27 青山雄一 1.1 全体 V2R4 対応 Copyright 2000-2013 MIRACLE

More information

本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています 必要に応じてお

本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています 必要に応じてお 電子証明書の更新手順書 平成 26 年 10 月版 社会保険診療報酬支払基金都道府県国民健康保険団体連合会 本文中の記号の意味 本文中で使用している記号の意味について以下に示します システムの操作上または処理の手続き上において 特に注意していただきたい事項を記載しています 記載内容を必ずお読みください システムの操作上または処理の手続き上において 参考にしていただきたい事項を記載しています

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp Windows10 動作保障開始のお知らせ 2016 年 7 月より Windows 10 を新たに動作保証対象といたします ご利用にあたって は以下の点にご注意ください 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表 以下枠線部分の OS 及びブラウザが新たに追加される動作保証環境となります OS Windows10 Home/Pro (32bit 版 /64bit 版 )( 2) Windows8.1

More information

IBM FormWave for WebSphere

IBM FormWave for WebSphere IBM FormWave for WebSphere 公開技術文書 #FWTEC0006 FormWave for WebSphere V6.1 FlowEngineもしくはMessageServiceをインストールするとWebSphere Application Serverが起動しなくなる問題への対応方法 最終更新日 :2006/11/16 Copyright International Business

More information

Windows パソコンに接続する 画面表示は Windows 8 を例としています 1. EM chip を取り付けた本製品の microusb コネクタに microusb ケーブルを接続します 2. microusb ケーブルのもう一方のコネクタをパソコンの USB ポートに接

Windows パソコンに接続する 画面表示は Windows 8 を例としています 1. EM chip <micro> を取り付けた本製品の microusb コネクタに microusb ケーブルを接続します 2. microusb ケーブルのもう一方のコネクタをパソコンの USB ポートに接 Windows パソコンに接続する...56 EMOBILE GL06P ドライバをインストールする...57 Windows パソコンから取り外す...59 EMOBILE GL06P ドライバをアンインストール ( 削除 ) する場合...61 Mac に接続する...62 EMOBILE GL06P ドライバをインストールする...63 Mac から取り外す...65 EMOBILE GL06P

More information

Microsoft Word - Gmail-mailsoft設定2016_ docx

Microsoft Word - Gmail-mailsoft設定2016_ docx 全学 Gmail メールソフト設定方法 総合情報メディアセンター情報基盤部門 2016 年 6 月 1 日 はじめに 1 1 Gmail との連携を有効にする 2 2 Gmail にて POP または IMAP を有効にする 3 3 アカウントでの設定 5 4 メールソフトへの設定 7 5 設定例 :Windows メールのアカウント追加手順 9 6 設定例 :Windows メールのアカウント追加手順

More information

Microsoft Word - Outlook_manual doc

Microsoft Word - Outlook_manual doc アカウント設定マニュアル Outlook 2010 作成日 :2012 年 7 月 12 日最終更新日 :2012 年 8 月 13 日 Ver.1.0 山九 IT 企画部 1 目次 1. 本書について...3 2. メールアカウント追加...4 3. メールボックスのフォルダー同期...7 4.Outlook 側で操作したメールの S-GIPS への同期...9 5.S-GIPS のアドレス帳のインポート...

More information

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド

Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアントPCリストアガイド Windows Small Business Server 2011 Essentials クライアント PC リストアガイド 2011 年 6 月 富士通株式会社 改訂履歴 改版日時 版数 改版内容 2011.6.15 1.0 新規作成 本書では 以下の略称を使用することがあります 正式名称製品名 Microsoft Windows Small Business Server 2011 Essentials

More information

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル

SUSE Linux Enterprise Serverマニュアル クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 クイックスタートのインストール SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 NOVELL クイックスタートカード SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1の 新 バージョンをインストールするには 次 の 手 順 に 従 います このマ ニュアルでは

More information

Windows AIKを使用したPE2

Windows AIKを使用したPE2 Windows AIK を使用した PE2.0 ベースの起動 CD 作成方法 この資料では マイクロソフト社から提供されている Windows AIK( 自動インストールキット ) を使用して Windows PE 2.0 ベースの起動 CD を作成する方法をご紹介します Image Backup や LB コピーコマンダーなどの製品 CD やリカバリーメディアは 主に DOS や Linux 環境で動作するため

More information

システム必要条件 - SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office

システム必要条件 -  SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 94E196 システム必要条件 SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 標準インストール プラットフォーム 必要なインストール容量 推奨する最小限のRAM Microsoft Windows 400 MB 2 GB Microsoft Windows x64 400 MB 2 GB サポートしているオペレーティングシステム SAS Add-In for Microsoft

More information

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2

インストール手順 2 セットアップの種類 [ 標準インストール (S)] [Thunderbird を既定のメールプログラムとして使用する (U)] にチェックを入れ [ 次へ (N)] をクリックします インストール手順 3 セットアップ設定の確認 [ インストール (I)] をクリックします 2 Mozilla Thunderbird メール編 本書では Thunderbird メールの設定方法を説明します 目次 P1 1 Thunderbirdメールのインストール P4 2 メールアカウントの登録 P11 3 メールアカウント設定の確認 P15 4 接続ができない時には ( 再設定 ) P17 5 設定の変更をしていないのに メールが送受信できなくなった P18 6 メール送信形式の設定

More information

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W

コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています :s 該当なし 概要 1. W NAS 208 WebDAV FTP への安全なファイル共有代替手段 WebDAV 経由で NAS に接続する A S U S T O R C O L L E G E コースの目標 このコースを修了すると 下記のことができるようになります : 1. WebDAV の基本的理解を深める 2. WebDAV 経由で ASUSTOR NAS に接続する 前提条件 受講前提条件 : なし 次の項目についての知識を持つ受講生を対象としています

More information

SystemsDirector_63_DB_password - 2 ページ 該当 OS Systems Director サーバー 6.3.x がサポートする全てのOS 該当する Systems Director バージョン Systems Director サーバー 6.3.x 対応策 以下の対

SystemsDirector_63_DB_password - 2 ページ 該当 OS Systems Director サーバー 6.3.x がサポートする全てのOS 該当する Systems Director バージョン Systems Director サーバー 6.3.x 対応策 以下の対 SystemsDirector_63_DB_password - 1 ページ Systems Director サーバー 6.3 のデータベース ユーザーのパスワードの有効期限が切れると 管理対象オブジェクトを管理できなくなる 2015 年 4 月 13 日 13:33 Systems Director サーバー 6.3 のデータベース ユーザーのパスワードの有効期限が切れると 管理対象オブジェクトを管理できなくなるヒント集

More information

1 Ver デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず Inte

1 Ver デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず Inte 1 Ver-201401 資料 : デジタル証明書の更新手順 Windows Vista Windows 7 用 1 Ver-201401 デジタル証明書の更新手順 1 S T E P 1 netnaccs 専用デジタル ( クライアント ) 証明書 の更新作業を開始する前に 次の準備を行って下さい (1) お使いになるパソコンのブラウザのバージョンを確認して下さい ( デジタル証明書の取得等は 必ず

More information

ファイル管理

ファイル管理 4. ファイルやフォルダーの管理 1 Windows8 でのファイルの管理の基本操作について学習します 4-1 新しいフォルダーの作成 ファイルは関連する内容ごとに フォルダーに分類して管理します 目的のファイルが検索しやすいようにフォルダー名はわかり易い名前にしましょう 操作新しいフォルダーを作成します ドキュメント フォルダー内に新規フォルダーを作成します 1[ クイックアクセスツールバー ]

More information

目次 はじめに... 2 システムの復元 による復旧を行うための前提条件... 2 システムの復元 の注意事項... 2 アダルトサイトの請求画面が表示されたパソコンの復旧の流れ 前提条件の確認 システムの保護 が有効になっていることの確認 適

目次 はじめに... 2 システムの復元 による復旧を行うための前提条件... 2 システムの復元 の注意事項... 2 アダルトサイトの請求画面が表示されたパソコンの復旧の流れ 前提条件の確認 システムの保護 が有効になっていることの確認 適 Rev.1.00 ワンクリック請求被害に遭ったパソコンの復旧手順書 ~ Windows 10 の システムの復元 手順 ~ 目次 はじめに... 2 システムの復元 による復旧を行うための前提条件... 2 システムの復元 の注意事項... 2 アダルトサイトの請求画面が表示されたパソコンの復旧の流れ... 3 1. 前提条件の確認... 4 1.1. システムの保護 が有効になっていることの確認...

More information

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2013 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2013 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします アカウント情報から [ アカウントの追加 ]

登録手順 1 の 2 Microsoft Outlook 2013 スタートアップ 参考 スタートアップ画面が表示されない場合 Microsoft Outlook 2013 の起動画面から [ ファイル ] タブを選択し [ 情報 ] をクリックします アカウント情報から [ アカウントの追加 ] Microsoft Outlook 2013 編 本書では Microsoft Outlook 2013 の設定方法を説明します なお 本書では Microsoft Outlook 2013 の評価版を使いマニュアルを作成しております 製品版 とは多少異なる手順があるかもしれませんが ご了承ください 目次 P1 1 Microsoft Outlook 2013 の起動 P1 2 メールアカウントの登録

More information

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ

10 完了 をクリック 13 このサーバーは認証が必要 をチェックして 設定 をクリック Windows メール Windows Vista に標準のメールソフト Windows メール の設定方法を説明します 1 スタート から 電子メール Windows メール をクリック 11 続いて設定ファ Outlook Express Windows に標準のメールソフト Outlook Express の設定方法を説明します 1Outlook Express を起動します 注. ウイザードが起動した場合は5へ進む 4 メール をクリック 7 受信メール (POP3 IMAP または HTTP) サーバー に pop.kvision.ne.jp を 入力し 送信メール (SMTP) サーバー に mail.kvision.ne.jp

More information

エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド

エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド エンドポイントにおける Web アクセス制御 概要ガイド Sophos Web Appliance Sophos Enterprise Console Sophos Endpoint Security and Control ドキュメント作成日 : 2011 年 12 月 目次 1 エンドポイントにおける Web アクセス制御...3 2 Enterprise Console のみ...4 3 Enterprise

More information

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2

Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版-情報2 Vectorworks サイトプロテクションネットワーク版 - 情報 2 セットアップリスト A&A セットアップリストについて 概要 ) 本リストは Vectorworksサイトプロテクションネットワーク版 ( 以下 SPN 版 ) のサーバアプリケーションが正しくセットアップされたかを確認する為のリストです 本リストを全てクリアすれば SPN 版が使用できる環境が整った事を意味します 使い方 )

More information

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供

Microsoft iSCSI Software Targetを使用したクラスタへの共有ディスク・リソースの提供 Microsoft iscsi Software Target を使用したクラスタへの共有ディスク リソースの提供 はじめに... 2 クラスタ ホスト エントリの作成... 3 イニシエータの設定... 7 クラスタ ノード 1 のイニシエータ... 7 クラスタ ノード 2 のイニシエータ... 7 iscsi 仮想ディスクのエクスポート... 8 iscsi デバイスの初期化... 11 Microsoft

More information

Microsoft Word - (171124_v1.30)NTTCom-Jpki_インストールマニュアル.doc

Microsoft Word - (171124_v1.30)NTTCom-Jpki_インストールマニュアル.doc NTT コミュニケーションズ IC カードリーダライタ ドライバソフト対応 OS 一覧 ドライバソフトインストールマニュアル 2017.11 1. はじめに はじめに ( インストールを開始する前に必ずお読みください ) (1) 本書では NTT コミュニケーションズの IC カードリーダライタをご使用になる場合のドライバソフトのインストール手順を記述しています 製品名 目次 : SCR331CL

More information

<4D F736F F D205F88EA94CA8CFC82AF5F EE888F88F912E646F63>

<4D F736F F D205F88EA94CA8CFC82AF5F EE888F88F912E646F63> CADSUPER FXⅡ 設定情報ユーティリティ 利用手引書 1/24 目次 1. はじめに... 3 1-1. 設定情報ユーティリティの機能... 3 1-2. 動作環境... 3 2. バックアップ... 4 2-1. 処理イメージ... 4 2-2.CADSUPER FXⅡ の設定情報をバックアップする手順について... 5 2-3. 動作条件及び注意事項... 8 3. リストア... 9

More information

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて

Keysight Software Manager (KSM)でのライセンス発行手続きについて Keysight Software Manager (KSM) でのライセンス発行手続きについて EDA Technical Support Japan Codeword Center Updated August 1, 2014 ご自身による簡単な操作で Keysight 製品のライセンスを 即時に発行することができます Contents Keysight Software Management

More information

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx

Microsoft Word - Qsync設定の手引き.docx 使用の手引き Qsync はまるごと QNAP で作動するクラウドベースのファイル同期サービスです ローカルの Qsync フォルダにファイルを追加するだけで ファイルはまるごと QNAP およびそれに接続されたすべてのデバイスで利用できるようになります Qsync を使用する前に Qsync を配置する前に 以下の 3 つのステップに従ってください 1. まるごと QNAP でユーザーアカウントを作成する

More information

03 Podium Walkerのインストール方法およびアンインストール .docx

03 Podium Walkerのインストール方法およびアンインストール .docx Podium Walker のインストールおよびアンインストール方法 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- [ インストール方法 ] Windows 版 SketchUp2014 64bit バージョンをご使用の場合

More information

システム必要条件 - SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office

システム必要条件 -  SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 94H196 SAS Add-In 7.1 for Microsoft Office 標準インストール プラットフォーム 必要なインストール容量 推奨する最小限のRAM Microsoft Windows 400 MB 2 GB Microsoft Windows x64 400 MB 2 GB サポートしているオペレーティングシステム SAS Add-In for Microsoft Office

More information

Operation of Network Monitoring Utility:

Operation of Network Monitoring Utility: 日本語 e-dpp 4.5 2017 年 5 月 Microsoft Windows 7, 8.0, 8.1 &10, 株式会社エルテクス設計 www.eltechs.co.jp 電話 (047) 490-1010 FAX (047) 490-1011 電子メール etap@eltechs.co.jp 著作権 2017 株式会社エルテクス設計 全ての著作権は エルテクス設計に帰属します 本文書に使用されている名称およびロゴは

More information

方法 4 の手順 パソコンの条件 を確認するための画面を表示する Windows8より前のパソコンでの確認方法 () スタートボタン をクリックする () ( マイ ) コンピューター と書いてある部分を右クリックする (3) プロパティ をクリックする (4) システムの画面が表示される Wind

方法 4 の手順 パソコンの条件 を確認するための画面を表示する Windows8より前のパソコンでの確認方法 () スタートボタン をクリックする () ( マイ ) コンピューター と書いてある部分を右クリックする (3) プロパティ をクリックする (4) システムの画面が表示される Wind まなびの森作成 04..7 Internet Explorer で画面が正しく表示されない場合 状態 画像が表示される部分に が付いていたり 真っ白だったりする 画像の表示が途中で止まってしまう など 例 本来画像が表示される部分に 画像がない 原因 Internet Explorer ( 以下 IE と表記 ) のバージョンが古い 対処方法 方法 易しいが 一時的 キーボードの F5 キーを 回ポンと押す

More information

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65

[PPD ファイルの生成 ] ダイアログボックスが表示されます 保存先を指定します ( 図では PPD フォルダをHD 直下に事前に作成し指定 ) [PPD の種類 :] の設定は Mac に設定します [OK] ボタンをクリックすると PPD ファイルが 生成されます 指定した保存先に PMP65 1-1. Mac OS X バージョン 10.8 での PPD 生成 Pagemaster RIP 6500 client のアイコンを ダブルクリックします アイコン * デスクトップ上に Pagemaster RIP 6500 client のアイコンが無い場合は P.3 にて選択したインストール先にある Pagemaster RIP 6500 をダブルクリックします ログイン画面が表示されます

More information

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削

間取りプレミアム ライセンス削除 移行手順 利用中のパソコンより作図画面を表示し [ ヘルフ (H)] [ ライセンス削除 ] をクリックして下さい 間取りプレミアムのデータバックアップ 間取りプレミアムのデータバックアップが必要な場合は ライセンス削除前に データ移動 を行って下さい ライセンス削 当社ソフトウェアをご利用の皆様へ重要なお知らせ Windows0 へアップグレード する前に 必ず利用中のソフトウェアでライセンスの削除を行ってください 間取りプレミアム ひな形 Bank のライセンス削除を行わずに ご利用中のパソコンを Windows0 へ ( 無償 ) アップグレードを行うと Windows 0 でソフトウェアを再認証する場合 ご利用中のパスワードを再度入力しても認証されません

More information