SP-HDC1-MP-17-10

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "SP-HDC1-MP-17-10"

Transcription

1 2015 年 4 月 3 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項について記載します 内容をご確認の上 ご利用いただきますようお願い申し上げます 敬具 - 記 - HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項対象製品 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE Ver.3 および 4 対象となるお客様 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE Ver.3 および 4 をご使用のお客様 本文書は HDC-EDI Base 製品を使用する際の制限事項を記載しております 本文書には ACMS( 株式会社データ アプリケーションの製品 )Ver.2.9 以前の製品に関する記載がありますが HDC-EDI Base Ver 以降との互換性があるため 記載しております その他 記載されている会社名および製品名は 各社の商標または登録商標です HDC-EDI Base バージョン HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の製品およびマニュアルにおける手順名表記の変遷 (2014 年 8 月現在 ) 変更のあった手順名 Ver 以降変更なし変更なし変更なし ebxml MS3.0(JEITA) サーバ ebxml MS3.0(JEITA) クライ アント 変更なし Ver 変更なし 変更なし 変更なし 変更なし Chem estandards Ver ebxml MS(ECALGA) メール EDI ebxml MS( 流通 BMS) ebxml MS3.0(JEITA) 変更なし Ver 変更なし 変更なし 変更なし ebxml/ms 3.0(1WS) CEDI Ver ebxml/ms(ecalga) 簡易メール EDI ebxml/ms( 流通 BMS) 注意 手順名に変更があったバージョンのみを記載しています その他の手順名については ACMS Ver.2.9 以前から変更はありません SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

2 動作環境編制限事項ディスク容量 導入事前説明書 を参照してください Windows Server 2012 R2 以下の製品バージョンであることが条件となります HDC-EDI Base Ver 以降 AnyTran Ver 以降 Java については Oracle Java SE 7 Update51 (1.7.0_51) 以降をお使い頂く必要があります Windows Server 2012 以下の製品バージョンであることが条件となります HDC-EDI Base B2B/E 2 X Ver 以降 AnyTran Ver 以降 Java については Java6 の場合は Oracle Java SE 6 Update43 (1.6.0_43) 以降を Java については Oracle Java SE 7 Update10 (1.7.0_10) 以降をお使い頂く必要があります 注意 )HDC-EDI BASE B2B LE に関しては Ver 以降の対応となります Windows Server 2008 R2 以下の製品バージョンであることが条件となります HDC-EDI Base B2B/E 2 X Ver 以降 AnyTran Ver 以降 Java については HDC-EDI Base Ver Ver に関しては Oracle Java SE 6 Update23 (1.6.0_23) 以降を HDC-EDI Base Ver 以降に関しては Oracle( 旧 SUN)Java SE 6 Update26 (1.6.0_26) 以降をお使いいただく必要があります Windows Server 2008 HDC-EDI Base のバージョンは Ver 以降であることが条件となります Java については Java については Oracle Java SE 6 Update12(1.6.0_12) 以降をお使いいただく必要があります Windows 64bit 環境 OS 以下の制約事項がありますので 注意してください Windows の IA-64 環境では Native コマンドは使用できません IA-64 環境では Windows イベントログへの出力はできません WAS に Tomcat を使用する場合 Java の 64bit 版は Windows サービスとして起動できませんので Tomcat 用の Java は 32bit 版を使用してください Tomcat 6 を Windows64 ビット環境で使用する場合 64 ビット版の JDK 6 / JRE 6 以上を使用してください日本語 Language pack 適用での動作保証 HDC-EDI Base は日本語 OS での動作を保証しておりますが 英語 OS+ 日本語パック上での動作は保証しておりません 言語セットの制約 UNIX/Linux 環境で稼働させる場合 言語セット ( 環境変数 LANG) を EUC または Shift-JIS に設定する必要があります IBM i( 旧称 i5, OS/400) HDC-EDI Base Ver 以降の場合 制約事項はありません HDC-EDI Base Ver 未満の場合 以下の制限事項があります IBM i( 旧称 i5, OS/400) を使用する場合は HDC-EDI Base が IBM i 上で稼働し その同一マシン上に HDC-EDI Base 管理 DB が存在することが前提となります 従って HDC-EDI Base を Windows もしくは UNIX 上に構築し IBM i 上の DB2 を DB サーバとして利用することはできません IBM i が HDC-EDI Base 管理サーバとして稼働する場合には Windows もしくは UNIX 上に HDC-EDI Base 通信サーバやアプリケーションサーバを配置して分散稼働させることは可能です NonStop Server NonStop Server を使用する場合は 1 台のマシン上に稼働環境である DBMS や WAS が存在することが前提となります 従って HDC-EDI Base を Windows もしくは UNIX 上に構築し NonStop Server 上の SQL/MX SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

3 制限事項を DB サーバとして利用することはできません また NonStop Server が HDC-EDI Base 管理サーバとして稼働する場合において Windows もしくは UNIX 上に HDC-EDI Base 通信サーバやアプリケーションサーバを配置して分散稼働させることは可能です SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

4 Java 制限事項 JDK 8 / JRE 8 HDC-EDI Base Ver 以降をご使用の場合は JDK 8/JRE 8 がサポート対象となります OS Windows Server 2008 R2 SP1 以上 または Windows Server 2012 以上 または Windows Server 2012 R2 以上をお使い頂く必要があります JDK8/ JRE8 対応 JDBC ドライバ 2014/12 時点では Oracle と PostgreSQL の JDBC ドライバが対応しています JDK 7 / JRE 7 HDC-EDI Base Ver 以降では JDK 7/JRE 7 がサポートされます ( 推奨は JDK 7/JRE 7) Windows Server 2012 を使用する場合で 且つ HDC-EDI Base の Version が Ver 以降の場合は Oracle Java SE 7 Update10 (1.7.0_10) 以降をお使い頂く必要があります Windows Server 2012 R2 を使用する場合で 且つ HDC-EDI Base の Version が Ver 以降の場合は Oracle Java SE 7 Update51 (1.7.0_51) 以降をお使い頂く必要があります JDK 6 / JRE6 Windows Server 2008 R2 を使用する場合で かつ HDC-EDI Base が Ver Ver の場合は Oracle Java SE 6 Update23(1.6.0_23) 以降を WindowsServer 2008 R2 を使用する場合で かつ HDC-EDI Base が Ver 以降の場合は Oracle Java SE6 Update26 (1.6.0_26) 以降をお使い頂く必要があります Windows Server 2008 を利用する場合には Oracle( 旧 SUN) Java SE 6 Update 12(1.6.0_12) 以降を使用してください HDC-EDI Base Ver 以前をお使いの場合 JDK 6 環境 (Ver 以前では JRE 6 使用不可 ) では ebxml MS ( 流通 BMS) におけるメッセージ署名機能は使用できません JDK 5.0 (1.5) HDC-EDI Base Ver 以降をお使いの場合 JDK5.0 以上を使用してください HDC-EDI Base に実装された以下の機能を使用する場合は JDK 5.0 以上を使用してください ebxml MS ( 流通 BMS) のメッセージ署名 ebxml MS (NACCS) のメッセージ署名 Chem estandards ebxml MS 3.0(JEITA) SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

5 制限事項キャラクタセットの制約 HDC-EDI Base で使用するデータベースは 以下のいずれかのキャラクタセットで使用してください Shift_JIS EUC-JP (EUC-S90 (Symfoware Server の場合 )) JDBC ドライバ HDC-EDI Base は データベースにアクセスの際 JDBC ドライバが必要です お使いになるデータベースにあった JDBC ドライバモジュールを準備してください また JDBC ドライバの詳細は 各データベースの製品ベンダに確認してください なお ORACLE および DB2 は DB インストール完了と同時に自動的に実装されます ORACLE Oracle JDBC Driver Type4(ORACLE に同梱 ) SQL Server JDBC-ODBC Bridge(JDK に同梱 ) または SQL Server 2005 JDBC Driver Type4( ダウンロードしてください ) SQL Server JDBC Driver Type4( ダウンロードしてください ) JDBC Driver 4.0 for SQL Server [Type4]( ダウンロードしてください ) DB2 DB2 JDBC Driver Type4(DB2 同梱 ) DB2 JDBC Driver Type3(DB2 同梱 ) MySQL MySQL JDBC Driver Connector/J( ダウンロードしてください ) Symfoware Server Symfoware Server JDBC Driver Type2(Symfoware Server に同梱 ) SQL Server SQL Server の標準インストールでは 大文字 / 小文字 カタカナ / ひらがな 半角文字 / 全角文字の区別を行わない設定になります HDC-EDI Base は 大文字 / 小文字 カタカナ / ひらがな 半角文字 DBMS / 全角文字の混在が可能なため レコードを区別できなくなりますので SQL Server のインストール時は 必ずカスタムセットアップを行い [ 大文字小文字を区別する ] [ アクセントを区別する ] [ カタカナを区別する ] および[ 文字幅を区別する ] に設定してください また 必ず SQL Server 認証を行う設定でインストールしてください SQL Server への接続は SQL Server JDBC Driver あるいは ODBC(JDBC-ODBC Bridge) ドライバを使用します それぞれの接続には 以下のドライバを使用してください SQL Server JDBC Driver で接続する場合 ( 推奨 ) HDC-EDI BASE のバージョンが 以降 JDBC Driver 4.0 for SQL Serve の使用で SQL Server R のすべてに接続可能ですが 本ドライバのサポート OS は Windows 2008 R2 のみとなっています 詳細は マイクロソフトの案内に従ってください HDC-EDI Base のバージョンが 3.8 以降 SQL Server JDBC Driver 3.0 の使用で SQL Server 2008 R のすべてに接続可能です HDC-EDI Base のバージョンが 3.4 以降 SQL Server JDBC Driver 2.0 の使用で SQL Serve のすべてに接続できます また SQL Server 2005 に接続する場合 SQL Server JDBC Driver 1.2 でも接続できます HDC-EDI Base のバージョンが 3.3 以下 SQL Server JDBC Driver の使用で SQL Server に接続できます ODBC 経由で接続する場合 HDC-EDI Base Ver.3.7 以降の場合 ODBC 経由での接続はできません HDC-EDI Base Ver.3.6 以下 JDBC ドライバのダウンロードは必要ありませんが 別途 ODBC の設定が必要になります ODBC の設定については ODBC のマニュアルを参照してください SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

6 DBMS 制限事項 Oracle ACMS Ver より Oracle RAC (Oracle Real Application Clusters) に対応しております 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Installation Guide を参照してください DB2 DB2 7.2 および 8.1 を使用する場合 JDBC ドライバは Type3 ドライバを使用してください DB2 8.2 以降を使用する場合 JDBC ドライバは Type4 ドライバを使用してください Type4 ドライバを使用するにあたり IBM 製の JDK1.4 以上が必要となります MySQL MySQL を使用する旧バージョンの HDC-EDI Base から HDC-EDI Base Ver 以降へバージョンアップを行うことはできません バージョンアップを行うには MySQL / にて再度テーブルを作成する必要があります MySQL を使う場合は MySQL サーバとデータベースのキャラクタセットを一致させる必要があります Windows 環境の場合は Shift_JIS(MySQL の Charset では sjis ) UNIX および Linux 環境の場合は EUC-JP(MySQL の Charset では ujis ) で使用してください また 既存の MySQL を利用して HDC-EDI Base を導入する際 MySQL サーバのキャラクタセットが上記条件と異なる場合は キャラクタセットの変更が必要です 既存環境への影響範囲を考慮し 検討した上でキャラクタセットの変更をしてください Windows 環境においては my.ini UNIX および Linux 環境においては my.cnf を編集することでキャラクタセットの変更が可能です Windows 環境にて MySQL を使う場合 インポートしたメッセージ定義情報のレコードで文字化けの現象が確認されています 本現象は MySQL のキャラクタセットを Shift_JIS とした場合に mysqlimport コマンドでインポートデータ中の 2byte 文字の 2byte 目 0x5C が削除される不具合が原因です この問題を回避するには HDC-EDI Base の tajmsi_loader コマンドを利用し メッセージ定義情報の再インポートを行います tajmsi_loader コマンドを利用するには 先に JDBC 設定を行う必要があります 手順については HDC-EDI Base マニュアル Installation Guide を参照してください HP NonStop Server SQL/MX 以下 3 点のすべての条件に合致する場合 データベースの制約により一度作成したカラムを拡張することができないため ACMS Ver 以降への通常バージョンアップを行うことはできません バージョンアップを行うには 再度テーブルを作成する必要があります 詳細については 別途 弊社までお問合せください データベースに HP NonStop Server SQL/MX を使用している場合 下の通信機能を使用している あるいは使用する予定がある場合 - ebxml MS (ECALGA) - ebxml MS ( 流通 BMS) - JX 手順 - EDIINT AS2 ACMS Ver ~ ACMS Ver を使用している場合 Symfoware Server HDC-EDI Base Ver 以降から Linux 環境が利用可能となりました HDC-EDI Base Ver より前では Linux 環境では Symfoware Server はご利用になれません また Symfoware Server 8.X, 9.X を使う場合 以下の機能には対応していません データベース抽出 データベース格納 Windows 環境でデータベースに Symfoware Server を使用する場合には Administrator 権限を持つユーザで作業する必要があります UNIX および Linux 環境では HDC-EDI Base を導入するためのユーザが必要です なお ログインシェルには csh または bash を指定してください Symfoware Server を使用する場合は HDC-EDI Base が Symfoware Server を使用するためのユーザ SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

7 制限事項を OS 上に作成する必要があります ( 推奨ユーザ名 =acms) データベース環境の作成はマルチ RDB システムで作成し HDC-EDI Base が使用するデータベースは他のプロダクトが使用するデータベースとは別環境としてください ( 推奨 RDB システム名 =ACMS) ( ここで作成した RDB システム名は HDC-EDI Base 環境構築時に必要となります 詳細は HDC-EDI Base マニュアル Installation Guide を参照してください ) なお 1つの Symfoware Server 環境を複数の HDC-EDI Base が使用する場合には RDB システム及びユーザは HDC-EDI Base ごとに作成してください データベースのキャラクタセットについては Symfoware Server インストール時に選択したものしか使用できないため 必ず Symfoware Server インストール時に Shift_JIS または EUC_S90 を選択してください Symfoware Server のインストールについては Windows のリモートデスクトップからの操作ではインストールできませんので 注意してください JDBC ドライバ Type2 は Symfoware Server のインストール時に選択インストールする必要があります 詳細については Symfoware Server マニュアルのセットアップ編を参照してください NonStop Server(SQL/MX) NonStop Server(SQL/MX) を使用して HDC-EDI Base を運用される場合は 各種データファイル名の文字列の最大長が 128byte になります 該当するファイル名は 以下となります トランザクションデータ格納パス FTP サブファイル名 FTP 転送ディレクトリ名 HTTP 仮想ディレクトリ名また Unique index の作成が行えないため 以下定義情報の同一識別情報による重複登録が可能となりますので 登録を行わないように注意してください なお 以下の定義情報の検索時間による影響度は運用上ありません ebxml MS (ECALGA) ユーザ情報 ebxml MS ( 流通 BMS) ユーザ情報 ebxml MS (NACCS) ユーザ情報 JX 手順クライアントユーザ情報 JX 手順サーバユーザ情報 EDIINT AS2 ユーザ情報 ebxml MS 3.0(JEITA) ユーザ情報 ebxml MS (ECALGA) ファイル情報 ebxml MS ( 流通 BMS) ファイル情報 ebxml MS (NACCS) ファイル情報 JX 手順クライアントファイル情報 JX 手順サーバファイル情報 EDIINT AS2 ファイル情報 ebxml MS 3.0(JEITA) ファイル情報 index サイズの制約により Non-Unique index(icti007) の作成が行えないため Ver3.5.0 にて対応された ebxml MS 3.0(JEITA) における送受信トランザクション情報検索処理の性能改善が有効となりません SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

8 WAS 制限事項 Tomcat Tomcat のインストールフォルダ ( ディレクトリ ) は スペースを含まない名称で環境構築する ( されている ) 必要があります Windows 環境にて JDK6/JRE6 以上をご利用の場合には Tomcat 側の問題で Tomcat のサービス起動が行えない場合があります その場合は [JDK6_HOME]/bin のパスをシステム環境変数の PATH に設定後 マシンの再起動が必要となります Tomcat5.5 を使用する場合 Java の 64bit 版は Windows サービスとして起動できませんので Tomcat 用の Java は 32bit 版を使用してください Tomcat 6 を Windows 64bit 環境で使用する場合 64bit 版の JDK6 / JRE6 以上を使用してください Tomcat 7 を Windows64bit 環境で使用する場合 JDK 6 以上もしくは JRE 6 以上を使用してください IBM I( 旧称 i5, OS/400) 版 WebSphere WebSphere のバージョンは Ver.5.1 以上を使用してください ダウンロード機能 Web サーバのエンコーディングがシフト JIS 以外の環境で ステータス状況情報のダウンロード機能を使用すると ダウンロードファイル名が文字化けを起こします その場合は クライアント端末ブラウザのエンコードをシフト JIS になるように HDC-EDI Base クライアントの web.xml での設定が必要となります 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Installation Guide を参照してください Internet Explorer HDC-EDI Base のインストールが完了後 運用画面操作の確認を行うために必要となります 以下のブラウザの指定バージョン以上である必要があります Internet Explorer バージョン 6 sp3 Internet Explorer バージョン 7 (ACMS Ver 以降 ) Internet Explorer バージョン 8 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) Internet Explorer バージョン 9 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) Internet Explorer バージョン 10 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) detradeii を Internet Explorer バージョン 8 以降で使用する場合の注意点 セキュリティ強化が原因で ファイル参照ボタンをクリック後 入力または出力するファイルを選択した場合 ファイル名表示フィールドに fakepath と表示される場合があります これは セキュリティゾーンを ローカルインターネット から ローカルイントラネット に変更すれば回避できます 同じくセキュリティ強化が原因で ファイル参照ボタンをクリックした入力で ブラウザ ファイル名を直接手入力できなくなります これは 参照機能を使って必ずファイル名を選択していただく必要があります detradeii を Internet Explorer バージョン 10 以降で使用する場合の注意点 以下 OS を利用する場合 JRE v1.7.0_10 以上が必要になります 端末側への事前 JRE インストールを実施ください IE 10 の仕様として 64bit 版 IE を使用する場合 32bit 版 JRE をインストールする必要があります Windows 8 Windows Server 2012 Windows 8 および Windows Server 2012 は デスクトップ版 IE 10 のみサポートします これ以外の IE( モダン UI 版 ) では プラグインモジュールのサポートをおこなっていないため Java アプレットが利用できません IE 10 互換表示機能 (IE7 以前互換 ) を有効にする必要があります SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

9 互換表示としない場合 IE の仕様変更 (HTML5 対応による HTML 解祈仕様変更 ) により 運用画面のデザインが崩れる現象や 画面遷移できない現象などが発生し 運用に支障をきたすおそれがあります HDC-EDI Base Ver 以降をご使用の場合は互換表示機能を有効にする必要はありません [ 設定変更手順 ] 1) IE 10 のアドレスバーの互換表示ボタンをクリックもしくは 2) 互換表示設定 画面で互換表示したい Web サイトを追加 互換表示設定 画面の すべての Web サイトを互換表示で表示する をチェックしている場合には 本対応は不要です SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

10 通信手順全銀手順 JCA 手順全銀 TCP/IP FTP 手順 ( クライアント ) SFTP クライアント 制限事項全銀手順 JCA 手順をお使いになる場合は 別途 LAN に接続するプロトコルコンバータ ( セイコープレシジョン社製の UST または 日立システムアンドサービス社製の PCNV20T) を準備してください HDC-EDI Base の全銀 TCP/IP は 拡張 Z 手順にも対応しています 拡張 Z 手順では レコード長の上限が 32KB まで拡張されています 全銀 TCP/IP でのレコード長の上限は 2048B(2KB) です セイコーソリューションズ社製 UST(82X8 シリーズ ) の HCU 基板 HMU 基板 HTU 基板は お使い頂けません FTP クライアント手順での接続先は Windows Linux UNIX 系の OS と該当する OS 標準の FTP サーバ もしくは HDC-EDI Base 上で稼働する FTP サーバのみとなっております IBM i は以下のバージョンのみサポート対象となっております IBM i 5.4(HDC-EDI Base Ver 以降 ) IBM i 6.1(HDC-EDI Base Ver 以降 ) IBM i 7.1(HDC-EDI Base Ver 以降 ) SFTP クライアントで SSH を利用した暗号化通信を行うためには JCE(Java Cryptography Extension) のインストールと設定 並びに HDC-EDI Base インストール時に展開されている BouncyCastle プロバイダモジュール /JSch モジュール /JZlib モジュールの設定が必要となります 詳細については HDC-EDI BASE マニュアル SFTP OperationGuide を参照してください また OpenSSH 形式の秘密鍵 / 公開鍵の作成やサーバ公開鍵の管理を行います エクスポートは SECSH 形式も可能となります ebxml MS ( 流通 BMS) 及び ebxml MS (NACCS) では 署名機能 ( メッセージ署名及び MSH Acknowledgment 署名 ) の利用有無により JDK のバージョンおよびライブラリが異なります 署名機能を利用しない場合は JDK JDK 5.0 JDK 6 / JRE 6 JDK 7 / JRE 7 署名機能を利用する JDK 5.0(1.5) and JWSDP 2.0 and BouncyCastle プロバイダモジュールの組み合わせ JDK 6 / JRE 6 and BouncyCastle プロバイダモジュールの組み合わせ もしくは JDK 7 / JRE 7 and BouncyCastle プロバイダモジュールの組み合わせ なお ebxml MS ( 流通 BMS) 手順では 署名機能の利用は推奨されておりません ebxml JDK 6 環境で署名機能を利用する場合には HDC-EDI Base Ver 以降をお使いいただく必要があります (JRE 6 を使用する場合は HDC-EDI Base Ver 以降 ) 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Additional Guide を参照してください JDK 7/JRE 7 環境で署名機能を利用する場合には HDC-EDI Base Ver 以降をお使いいただく必要があります HDC-EDI Base Ver より IBM Java 6 以降を使用した署名通信が可能となりました (IBM Java 6 SR10 以上および IBM Java 7 SR1 以上の利用が必要 ) ebxml MS 3.0(JEITA) では JDK のバージョンにより使用するライブラリが異なります JDK 5.0 and JWSDP 2.0 の組み合わせ もしくは JDK 6 / JRE 6 以上のみ RosettaNet 1.1 でサポートしている PIP は以下のとおりです PIP0A1 : 1.0 PIP2A1 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP2A10 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ) RosettaNet1.1 PIP3A4 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ), V02.02, V02.03 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) (Chem PIP3A7 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ), V02.03 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) estandards を PIP3A8 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.02, V01.03 除く ) PIP3A9 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.01 PIP3B2 : V01.00, V01.01, V01.02 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP3C3 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.01 PIP3C4 : V01.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

11 RosettaNet2.0 Chem estandards メール EDI BACREX 手順 制限事項 PIP3C6 : V01.00, V01.01 PIP3C7 : V01.00 PIP4A1 : R01.00A (ACMS Ver 以降 ), V02.00 PIP4A3 : R01.00A (ACMS Ver 以降 ), V02.00, V02.02 (ACMS Ver 以降 ) PIP4A4 : R02.00A (ACMS Ver 以降 ), R03.00A PIP4A5 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ) PIP4B2 : 1.0, V01.00 PIP4B3 : V01.00, V01.01 (ACMS Ver 以降 ) PIP4C1 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ), V02.01, V02.03 PIP7B1 : V01.00 (HDC-EDI Ver 以降 ) PIP7B5 : V01.01 (HDC-EDI Ver 以降 ) RosettaNet 2.0 でサポートしている PIP は以下のとおりです PIP0A1 : V02.00 PIP2A1 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP2A10 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ) PIP3A4 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ), V02.02, V02.03 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP3A7 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ), V02.03 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP3A8 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.02, V01.03 PIP3A9 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.01 PIP3B2 : V01.00, V01.01, V01.02 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP3C3 : V01.00 (ACMS Ver 以降 ), V01.01 PIP3C4 : V01.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP3C6 : V01.00, V01.01 PIP3C7 : V01.00 PIP4A1 : R01.00A (ACMS Ver 以降 ), V02.00 PIP4A3 : R01.00A (ACMS Ver 以降 ), V02.00, V02.02 (ACMS Ver 以降 ) PIP4A4 : R02.00A (ACMS Ver 以降 ), R03.00A PIP4A5 : V02.00 (ACMS Ver 以降 ) PIP4B2 : 1.0, V01.00 PIP4B3 : V01.00, V01.01 (ACMS Ver 以降 ) PIP4C1 : V02.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ), V02.01, V02.03 PIP4E1 : V (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP7B1 : V01.00 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) PIP7B5 : V01.01 (HDC-EDI Base Ver 以降 ) Chem estandards v2.0.2 v3.0 v4.0 をサポートしています 詳しくは HDC-EDI Base マニュアル Chem estandards OperationGuide を参照してください SMTP/POP3 手順を実現させるためには Linux や UNIX などの sendmail 相当の SMTP サーバや qpopper 当の POP3 サーバ等のフロントエンドが必要になります 技術仕様については 以下に準拠しています 通信プロトコル SMTP サーバ / クライアント POP3 クライアント セキュリティ - 認証 (HDC-EDI Base Ver 以前 )SMTP:POP Before SMTP 認証 (HDC-EDI Base Ver 以降 )SMTP:LOGIN/PLAIN/CRAM-MD5/DIGEST-MD5 認証 POP3:APOP 認証 - 転送 セキュア転送 SSLV3.0 サーバ / クライアント認証 BACREX 手順は BACREX サーバを構築している接続先に対して 通信を行う手順です 本手順は BACREX サーバの機能を実装しているものではありません 以下の機能を提供しております HDC-EDI Base Ver 以降は ニュートラル社の BACREX 自動送受信パック V4.0 for クライアント と同等機能 SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

12 SSL プロトコルデジタル署名と暗号化 (S/MIME) 制限事項 HDC-EDI Base Ver 以下は ニュートラル社の BACREX 自動送受信パック V3.0 for クライアント と同等機能 BACREX サーバとの接続については 以下のように対応しております HDC-EDI Base Ver 以降は BACREX サーバ Ver3.1 以下 および BACREX-R サーバ Ver4.1 以下 HDC-EDI Base Ver 以降は BACREX サーバ Ver3.1 以下 および BACREX-R サーバ Ver4.0 HDC-EDI Base Ver 以降は BACREX サーバ Ver2.1 以下 Ver2.2 および Ver3.0 HDC-EDI Base Ver 以下は BACREX サーバ Ver2.2 および Ver3.0 BACREX サーバ Ver2.X では 取引先様とファイルの送受信時間帯に十分な余裕を持たなせないと二重受信が発生する可能性があります 詳細は HDC-EDI Base マニュアル BACREX クライアント手順運用マニュアル を参照してください 必要なプロダクト JDK 1.4 以上を利用する場合は特に必要なプロダクトはありませんが JDK1.3 を利用する場合には JSSE のインストールとセキュリティ情報の設定が必要となります オラクル社 ( 旧サン マイクロシステムズ社 ) のサイトより Java Secure Socket Extension Global をダウンロードしてください 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Additional Guide を参照してください 利用可能な通信手順 S/MIME 用の当方証明書を使用して 送信メッセージに対するデジタル署名や実データの暗号化が可能な通信手順は以下のとおりです デジタル署名 RosettaNet 1.1(Chem estandards を含む ) RosettaNet 2.0 ebxml MS ( 流通 BMS) ebxml MS (NACCS) EDIINT AS2 暗号化 EDIINT AS2 メッセージ署名の計算アルゴリズム RosettaNet 1.1(Chem estandards を含む ) RosettaNet 2.0 ebxml MS ( 流通 BMS) ebxml MS (NACCS) EDIINT AS2 の各手順では S/MIME のメッセージ署名の計算アルゴリズムは sha1 または md5 が利用可能です 暗号化アルゴリズム AS2 手順で利用可能な暗号化アルゴリズムは RSA のみです 事前に取得した相手証明書の暗号化アルゴリズムに誤って DSA が指定されていた場合 送受信データの暗号化 / 復号化は行えません AS2 手順 AS2 手順で S/MIME のメッセージ署名や暗号化を使用するためには JCE(Java Cryptography Extension) のインストールと設定 並びに HDC-EDI Base インストール時に展開されている BouncyCastle プロバイダモジュールの設定が必要となります JCE はオラクル社 ( 旧サン マイクロシステムズ社 ) のサイトよりダウンロードしてください 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Additional Guide を参照してください ebxml MS ( 流通 BMS) ebxml MS (NACCS) ebxml MS( 流通 BMS) と ebxml MS (NACCS) におけるの S/MIME のメッセージ署名及び MSH Acknowledgment 署名を使用するためには JDK 5.0(1.5) をお使いの場合には Java Web Services Developer Pack 2.0(JWSDP2.0) のインストールと設定 並びに HDC-EDI Base インストール時に展開されている BouncyCastle プロバイダモジュールの設定が必要となります JDK 6 / JRE 6 以上をお使いの場合には HDC-EDI Base インストール時に展開されている BouncyCastle プロバイダモジュールの設定が必要となります SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

13 制限事項 JWSDP 2.0 はオラクル社 ( 旧サン マイクロシステムズ社 ) のサイトよりダウンロードしてください 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Additional Guide を参照してください ebxml MS ( 流通 BMS) 手順では 署名機能の利用は推奨されておりません JDK 6 環境で署名機能を利用する場合には HDC-EDI Base Ver 以降をお使いいただく必要があります (JRE 6 を使用する場合は HDC-EDI Base Ver 以降 ) JDK 7/JRE 7 環境で署名機能を利用する場合には HDC-EDI Base Ver 以降をお使い頂く必要があります HDC-EDI Base Ver より IBM Java 6 以降を使用した署名通信が可能となりました (IBM Java 6 SR10 以上および IBM Java 7 SR1 以上の利用が必要 ) 詳細については Additional Guide を参照してください RosettaNet 1.1(Chem estandards を含む ) RosettaNet 2.0 RosettaNet 1.1(Chem estandards を含む ) RosettaNet 2.0 で S/MIME のメッセージ署名を使用するためには HDC-EDI Base インストール時に展開される BouncyCastle プロバイダモジュールの設定が必要となります 詳細については HDC-EDI Base マニュアル Additional Guide を参照してください Ipv6 について HDC-EDI Base Ver より Ipv6 環境下で HDC-EDI BASE を動作させることが可能になりました Ipv6 を使用する際は IP アドレスを 角括弧 ( [ ] ) で囲わなければなりません Xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx の場合は [xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx] となります また 省略した表記も使用できますが 同一のアドレスについては同じ省略表記に統一する必要があります 同一のアドレスを異なる省略表記とした場合 異なるアドレスとして認識されます [2001:db8:3:4::8] と [2001:db8:3:4::8] は同じアドレスと認識しますが [2001:db8:3:4::8] と [2001:db8:3:4::0008] は異なるアドレスと認識します 分散システムについて Ipv6 OFTP2 SFTP サーバ HDC-EDI Base を分散稼働させる場合 複数サーバに分散する機能ブロック間で Ipv6 を使用することができます その際は 回線情報の稼働ホストや AP ポート情報の稼働ホストが ノード定義情報の稼働ホストと一致するようにしてください 一致しない場合 ライセンスエラーが発生します 通信について Ipv6 で通信を行う際は 通信相手先も Ipv6 で通信を行う必要があります 通信時にエラーとなる場合は 通信相手先にも設定内容を確認してください Ipv4 と Ipv6 が有効な環境について HDC-EDI Base は 100%Pure Java 製品となりますので Ipv4 と Ipv6 が有効な環境で稼働ホストにホスト名を指定した場合は Ipv4 が優先されます FTP クライアント使用時の回線情報の設定 FTP クライアントで Ipv6 のアドレスに発信する場合 以下のように設定してください 回線情報の拡張通信用 IP アドレスに稼動ホストの Ipv6 アドレスを設定する 回線グループは 拡張通信用 IP アドレスに Ipv6 アドレスが設定されている回線だけで構成する OFTP2 で通信を行う為には JDK 7 または JRE 7 以上の利用が必須となります SFTP サーバで SSH を利用した暗号化通信を行うためには JCE(Java CryptographyExtension) のインストールと設定 並びに HDC-EDI Base インストール時に展開されている BouncyCastle プロバイダモジュール /JSch モジュール /JZlib モジュール /SSHD モジュール /MINA モジュール /SLF4J モジュールの設定が必要となります 詳細については SFTP OperationGuide を参照して下さい また OpenSSH 形式の秘密鍵 / 公開鍵の作成やクライアント公開鍵の管理を行います エクスポートは SECSH 形式も可能となります SFTP サーバで通信を行う為には JDK7 または JRE7 以上の利用が必須となります SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

14 オプション機能 制限事項 ACMS Web/deTradeII を使用する場合は JDK 5.0 JRE6 JDK7 / JRE 7 JDK8 / JRE 8 を使用してください HDC-EDI Base Ver 以降を使用する場合は JDK1.4 の動作環境は未サポートとなります また HDC-EDI Base Ver 以降の場合は コンパイル環境が JDK5.0 のため JDK1.4 では起動できません そのため JDK 5.0 JDK 6/JRE 6 JDK 7/JRE 7 JDK8/ JRE 8 を使用してください ( 推奨 JDK 7/JRE 7) 注意 WAS が使用する JDK および JRE のバージョンも同様です ACMS Web/deTradeII を購入した場合 別途取引先側クライアント環境が必要となります ACMS Web/deTradeII を使う取引先のクライアント環境の要件は以下のとおりです Cookie JavaScript JavaApplet の動作設定が必要です JavaApplet の動作環境として JRE を使用する場合 アップロードできる容量は約 30MB までです 画面操作のための Web ブラウザは IE6.0 SP1 IE6.0 SP2 IE7 (ACMS Ver 以降 ) IE8(HDC-EDI BASE Ver 以降 ) IE9(HDC-EDI BASE Ver 以降 ) IE10(HDC-EDI BASE Ver 以降 ) IE11(HDC-EDI BASE Ver 以降 ) が必要です detradeii 自動受信コマンド Ver1.4.0 以降は JRE 1.4 専用コマンド (dtrcmd14) が未サポートと ACMS Web/deTradeII なります JRE 5.0 Update12 以上を利用して送受信 Applet によるファイル転送を実行した際に 稀にブラウザがフリーズする場合があります 現象が発生した場合には タスクマネージャからブラウザを強制終了する必要があります 現象を回避するためには JRE 6 以上をご利用ください Windows Vista をご利用時には信頼済みサイト登録を行ってください IE8 以降をご利用の場合 セキュリティ強化が原因で ファイル参照ボタンをクリック後 入力または出力するファイルを選択した場合 ファイル名表示フィールドに fakepath と表示される場合があります これは セキュリティゾーンを ローカルインターネット から ローカルイントラネット に変更すれば回避できます 同じくセキュリティ強化が原因で ファイル参照ボタンをクリックした入力でファイル名を直接手入力できなくなるという問題があります これは 参照機能を使ってファイル名を選択する操作を必ず行うことで回避できます detradeⅡの場合上記 2 点はファイルパス設定画面での問題となります IE10 以降をご利用の場合 JRE 1.7.0_10 以上が必要となります 事前に JRE をご準備してください ACMS WebAgent 利用時には動作環境は Windows サーバ OS に限定されます ACMS WebAgent が稼働するサーバ環境の条件は以下になります ログオン状態であること 操作対象の IE が 画面の最前面にあること ACMS WebAgent コンピュータをロックしないこと スクリーンセーバー ( ロック付 ) を起動しないこと ACMS WebAgent を稼働させるために必要な設定は以下のとおりです 起動ユーザをローカルシステムアカウントとする [ デスクトップとの対話をサービスに許可 ] を有効にする IE の ポップアップブロックの設定 を無効にする SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

15 インターネットオプション の セキュリティ タブ内にある レベルのカスタマイズ でダウンロードを有効にし ダウンロードダイアログのポップアップ を有効にする 同一マシン内で ACMS WebAgent とウィルス対策ソフトウェアを併用して巡回させると ダウンロード処理が停止することがあります この場合 ACMS WebAgent が出力するログファイル ( 拡張子 "log") またはログファイルが出力されるアダプタフォルダ全体をウィルスチェック機能の検索対象外にしてください IE8 は未対応です MQ アダプタがサポートする WebSphere MQ のバージョンは以下のとおりです MQSeries V5.0 MQSeries V5.1 MQSeries V5.2 MQ アダプタ WebSphere MQ V5.3 WebSphere MQ V6.0 WebSphere MQ V7.0(HDC-EDI Base Ver 以降 ) WebSphere MQ V7.1(HDC-EDI Base Ver 以降 ) WebSphere MQ V7.5(HDC-EDI Base Ver 以降 ) SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

16 その他 制限事項 HDC-EDI BASE B2B LE は Ver 以前において インストール環境 (OS) に応じて 2 つのインストーラーが存在します 1 つは MSDE 版 1 つは SQLServer2008 Express Edition 版となります Ver 以降においては インストーラーは1つとなります MSDE(Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine) のサポートが EOL(End Of Life) を迎えたため Ver4.0.0 以降は MSDE 版の HDC-EDI BASE B2B LE についてはインストーラーの提供を終了しました MSDE 版 (HDC-EDI BASE B2B LE Ver 以前 ) Windows Server 2000 Windows Server 2003(SP1 以前 ) SQL Server 2008 Express Edition 版 (HDC-EDI BASE B2B LE Ver 以前 ) Windows Server 2003(SP2 以降 ) Windows Server 2003 R2 Windows Server 2008 Windows Server 2008 x64 Windows Server 2008 R2 HDC-EDI BASE B2B LE Ver 以降 Windows Server 2008 (SP2 以降 ) Windows Server 2008 x64 (SP2 以降 ) Windows Server 2008 R2 (SP1 以降 ) Windows Server 2012 HDC-EDI BASE B2B LE Ver 以降 Windows Server 2012 R2 MSDE 版でのインストール時には 以下のコンポーネントもインストールされます MSDE 2000 Release A SQL Server ODBC Driver JDK 1.5.0_13 Apache Tomcat HDC-EDI Base B2B Limited Edition (LE) SQL Server2008 Express Edition 版でのインストール時には 以下のコンポーネントもインストールされます.NET Framework 3.5 SP1 Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Express SQL Server JDBC Driver Ver.3.0 JDK 1.6.0_33 Apache Tomcat HDC-EDI BASE B2B LE Ver でのインストール時には 以下のコンポーネントもインストールされます.NET Framework 4.0 Full SQL Server 2012 SP1 Express Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server JDK 1.7.0_55 Apache Tomcat ACMS B2B LE Ver でのインストール時には 以下のコンポーネントもインストールされます.NET Framework 4.0 Full SQL Server 2014 Express Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server JDK 1.7.0_71 Apache Tomcat SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

17 HDC-EDI Base は稼働時に RMI を使用します HDC-EDI Base インストールサーバで RMI に使用する TCP ポート番号 ( 通常 1099) が使用可能な状態でなければなりません RMI ポート プロトコルコン バータ HDC-EDI Base を分散稼働させる場合 複数サーバに分散する機能ブロック間のインターフェースに RMI を使用します 各サーバで RMI に使用する TCP ポート番号が使用可能な状態でなければなりません セイコープレシジョン社製 UST 及び日立システムアンドサービス社製 PCNV20T がご使用頂けますが 両社製のものを混在させることはできません SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

18 バージョンアップ時の注意事項制限事項 Java HDC-EDI BASE Ver 以降の場合はコンパイル環境が JDK 5.0 のため JDK では起動ができません そのため JDK 5.0 JDK 6/JRE 6 JDK 7/JRE 7 JDK 8/JRE 8 を使用してください ( 推奨 JDK 7/JRE 7) 注意 )WAS が使用する JDK および JRE のバージョンも同様です また ACMS Ver 以降では JDK 5.0 のサポートを廃止しました そのため JDK 6/JRE 6 JDK 7/JRE 7 JDK 8/JRE 8 を使用してください ( 推奨 JDK 7/JRE 7) JX 手順 ACMS Ver にて JX 手順サーバユーザで複数の当方識別子を定義できるように機能変更を実施し ユーザを決定する一意キーの変更を行いました 以前の一意キー 相手 URI 相手識別子 当方 URI 当方識別子 ACMS Ver 以降の一意キー 相手 URI 相手識別子 当方 URI 一意キーから当方識別子が除外されたことにより ACMS Ver 未満のバージョンからバージョンアップを実施するとキー重複が発生する可能性があります 本件の詳細 および 回避策については HDC-EDI Base マニュアル Upgrade Guide を参照してください ebxml MS HDC-EDI Base Ver より ebxml MS ( 流通 BMS) 手順の受信属性ファイル情報で ebxml AckRequested と ebxml 重複削除 の設定が可能になりました そのため HDC-EDI Base Ver 未満のバージョンからバージョンアップを実施すると 受信属性ファイル情報の ebxml AckRequested には MSH Acknowledgment あり が ebxml 重複削除 には 重複を削除する が自動的に設定されます 本件の詳細については HDC-EDI Base マニュアル Upgrade Guide を参照してください HDC-EDI BASE Ver より Oracle の新しい JDBC ドライバ (oracle.jdbc.oracledriver) を識別するため acms.properties の設定として DB 種別 (dbs.db_type) を新たに追加しました プロパティファそのため HDC-EDI BASE Ver 未満のバージョンからバージョンアップを実施する場合には 必イルず dbs.db_type にお使いの DB と一致する値を設定して頂く必要があります 本件の詳細については HDC-EDI BASE マニュアル OperationGuide [1.2. プロパティ情報 ] を参照してください HDC-EDI Base Ver で HDC-EDI Base が使用している暗号ライブラリ BouncyCastle のリビジョンアップを行いました ebxml MS( 流通 BMS) EDIINT-AS2 RosettaNet1.1(Chem estandards を含む ) RosettaNet2.0 の各手順で S/MIME キーストアを利用している場合には ライブラリの CLASSPATH の変更作業が必要になります 本件の詳細については HDC-EDI Base マニュアル Upgrade Guide を参照して S/MIME キーストください アを使用する手 以前のライブラリ 順 bcprov-jdk jar bcmail-jdk jar 新しいライブラリ bcprov-jdk jar bcmail-jdk jar MySQL を使用する旧バージョンの HDC-EDI Base から HDC-EDI Base Ver 以降へバージョ MySQL ンアップを行うことはできません バージョンアップを行うには MySQL / にて再度テーブルを作成する必要があります SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

19 以下 3 点のすべての条件に合致する場合 データベースの制約により一度作成したカラムを拡張することができないため ACMS Ver 以降への通常バージョンアップを行なうことはできません バージョンアップを行うには 再度テーブルを作成する必要があります 詳細については 別途 弊社までお問合せください データベースに HP NonStop Server SQL/MX を使用している場合 下の通信機能を使用している あるいは使用する予定がある場合 - ebxml MS (ECALGA) - ebxml MS ( 流通 BMS) - JX 手順 - EDIINT AS2 ACMS Ver ~ ACMS Ver を使用している場合 HP NonStop Server SQL/MX HDC-EDI BASE Ver にて RosettaNet1.1/2.0 の通信相手先より受信可能なサービスコンテンツのドキュメント ID の最大長を 64 バイトから 256 バイトに拡張し 64 バイトを越えるドキュメント ID の受信も可能となりましたが データベースの制約により一度作成したカラムを拡張することができないため本改善は有効になりません バージョンアップ時に有効にするためには 再度テーブルを作成する必要があります 詳細については 別途 弊社までお問合せください Ver にて POP3 サーバからのメール受信時に受け付け可能な UIDL の最大長を 64 バイトから 140 バイトに拡張し 64 バイトを越える UIDL の受信も可能となりましたが NonstopServer(SQL/MX) ではカラムを拡張することができないため バージョンアップ時には本改善は有効になりません バージョンアップ時に有効にするためには 再度テーブルを作成する必要があります 詳細については 別途 弊社までお問合せください SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

20 Symfoware Server AnyTran AnyTran 及びコード変換ユーティリティ 制限事項 HDC-EDI BASE Ver にて パートナー定義情報の設定に SID を追加することで IDOC 変換処理において SID が異なる別システムの SAP R/3 からの同一のクライアント番号とパートナー番号の IDOC データにおいても SID を識別することで取引先を特定することが可能となりましたが データベースの制約により UNIQUE インデックスへのカラムの追加が行えないため本改善は有効になりません バージョンアップ時に有効にするためには 再度テーブルを作成する必要があります 詳細については 別途 弊社までお問合せください AnyTran Ver では CII 逆変換 ( 入力フォーマットが CII) において 1 レコード内に複数の識別子を定義すると変換実行時に異常終了する問題に対応しました この修正により レコードの先頭以外のを識別子に設定した変換定義はシンタックスエラーとなります したがって AnyTran Ver 以下のバージョンで作成した複数の識別子を持つ CII 逆変換定義を HDC-EDI Base Ver 以降および AnyTran Ver 以降で メンテナンスもしくは実行する場合 プロパティファイルに下記のプロパティ値を指定してください AnyTran_CII_Inverse_Multi_ID=TRUE AnyTran Ver では入力または出力フォーマットの文字コードが Unicode の場合 UCS Table( 文字コードテーブル ) のデフォルト値を x-sjis-cp932 に変更しました 変更理由は 流通 BMS を始めとして Unicode 利用の場合 x-sjis-cp932 の利用比率が高いためです AnyTran Ver 以前で変換定義を作成した場合 UCS Table のデフォルト値は x-sjis-unicode-0.9 となっていますので AnyTran Ver 以降で新規作成する変換定義を同様に動作させるためには UCS Table として x-sjis-unicode-0.9 を指定する必要があります コード変換ユーティリティも同様に UCS Table のデフォルト値は x-sjis-cp932 となりますので AnyTran Ver 以下と同様の動作をさせる場合にはコンフィグレーションファイルを使用して x-sjis-unicode-0.9 を指定してください 以上 SP-HDC1-MP Saison Information Systems CO.,LTD.

動作環境編 項目ディスク容量 OS 導入事前説明書 を参照してください Windows Server 2008 HDC-EDI Base のバージョンは Ver 以降であることが条件となります Java については SUN Java SE6 Update 12 以降をお使いいただく必要が

動作環境編 項目ディスク容量 OS 導入事前説明書 を参照してください Windows Server 2008 HDC-EDI Base のバージョンは Ver 以降であることが条件となります Java については SUN Java SE6 Update 12 以降をお使いいただく必要が 2010 年 7 月 28 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE のについて記載します 内容をご確認の上

More information

動作環境編 項目ディスク容量 OS 導入事前説明書 を参照してください Windows Server 2008 R2 以下の製品バージョンであることが条件となります HDC-EDI Base B2B/E 2 X Ver 以降 AnyTran Ver 以降 Java について

動作環境編 項目ディスク容量 OS 導入事前説明書 を参照してください Windows Server 2008 R2 以下の製品バージョンであることが条件となります HDC-EDI Base B2B/E 2 X Ver 以降 AnyTran Ver 以降 Java について 2011 年 9 月 28 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE のについて記載します 内容をご確認の上

More information

2012 年 3 月 28 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-

2012 年 3 月 28 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC- 2012 年 3 月 28 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE のについて記載します 内容をご確認の上

More information

SP-HDC1-MP-17-09

SP-HDC1-MP-17-09 2014 年 3 月 5 日 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HDC-EDI Base B2B/E 2 X, HDC-EDI Base B2B LE の制限事項について記載します

More information

( 注意 ) SMTP クライアント機能 ( 注意 ) SMTP サーバ機能 10 WebAgent アダプタ ( 注意 ) 稼働環境について ( 注意 ) サービス設定について 11 その他注意事項 ( 設定 ) UST 使用時の場合 ( 設定 ) ライセンスキーについて ( 注意 ) NonSt

( 注意 ) SMTP クライアント機能 ( 注意 ) SMTP サーバ機能 10 WebAgent アダプタ ( 注意 ) 稼働環境について ( 注意 ) サービス設定について 11 その他注意事項 ( 設定 ) UST 使用時の場合 ( 設定 ) ライセンスキーについて ( 注意 ) NonSt HDC-EDI Base E 2 X, B2B Version 3.5 導入事前説明書 HDC-EDI Base E 2 X, B2B をインストールする前に 以下の通り OS DB Java(JDK JDBC) Web Application Server(WAS) のインストールが完了していることが前提となります ここでは 各ソフトウェアを準備 設定するにあたっての注意事項を記載します Seq

More information

( 注意 ) NonStopServer(SQL/MX) について ( 注意 ) ポート番号の衝突について 1. ディスク容量について ACMS E 2 X, B2B 単体インストールでは 150Mを必要とします これとあわせ データベース領域に必要とされる容量を事前に見積もっておく必要があります

( 注意 ) NonStopServer(SQL/MX) について ( 注意 ) ポート番号の衝突について 1. ディスク容量について ACMS E 2 X, B2B 単体インストールでは 150Mを必要とします これとあわせ データベース領域に必要とされる容量を事前に見積もっておく必要があります ACMS E 2 X, B2B 導入事前説明書 ACMS E 2 X, B2B をインストールする前に 以下の通り OS DB Java(JDK JDBC) Web Application Server(WAS) のインストールが完了していることが前提となります ここでは 各ソ フトウェアを準備 設定するにあたっての注意事項を記載します Seq 項目 内容 1 ディスク容量 ( 注意 ) インストール容量の見積もり

More information

HDC-EDI Base B2B LE Version 導入事前説明書

HDC-EDI Base B2B LE Version 導入事前説明書 HDC-EDI Base B2B LE Version 4.0.0 導入事前説明書 ここでは HDC-EDI Base B2B LE をインストールするにあたっての準備 注意事項を記載しま す Seq 項目 内容 1 動作環境 ( 注意 ) 動作環境について 2 ディスク容量 ( 注意 ) インストール容量の見積もり 3 OS ( 設定 ) ホスト名について 4 DB ( 設定 ) SQL Server

More information

HDC-EDI Base B2B リリースノート

HDC-EDI Base B2B リリースノート HDC-EDI Base B2B リリースノート 最終更新日 :2015/11/5 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です ------------------------------------------------------------------------------- HDC-EDI Base B2B V4.3.0 (Build id: sis_201509071410)

More information

ACMS 総合カタログ Data Applications Company, Limited Enterprise Data Exchange Solutions

ACMS 総合カタログ Data Applications Company, Limited Enterprise Data Exchange Solutions ACMS 総合カタログ Data Applications Company, Limited Enterprise Data Exchange Solutions Product Lineup EDI No.1 B2B...4 EAI EDI Translator ACMS 24365 EDI EDI EDI EDI No.1 B2B...5 EDI Translator ACMS...6 Web...7

More information

HDC-EDI Base B2B LE Version 導入事前説明書

HDC-EDI Base B2B LE Version 導入事前説明書 HDC-EDI Base B2B LE Version 4.5.0 導入事前説明書 ここでは HDC-EDI Base B2B LE をインストールするにあたっての準備 注意事項を記載しま す Seq 項目 内容 1 動作環境 ( 注意 ) 動作環境について 2 ディスク容量 ( 注意 ) インストール容量の見積もり 3 OS ( 設定 ) ホスト名について 4 DB ( 設定 ) SQL Server

More information

管理番号 内容仮想テーブル設定画面およびマッチング条件設定画面においてコメントを設定した場合 変換エラーが発生する マッピング情報設定画面の出力情報に固定値を選択し区分に 動的バイナリ値 を指定した場合 関数を設定す

管理番号 内容仮想テーブル設定画面およびマッチング条件設定画面においてコメントを設定した場合 変換エラーが発生する マッピング情報設定画面の出力情報に固定値を選択し区分に 動的バイナリ値 を指定した場合 関数を設定す お客様各位 2011 年 9 月 28 日 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HULFT-DataMagic Ver.2 既知の障害に関するご報告 拝啓貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます HULFT-DataMagic Ver.2.0.0 における既知の障害に関してご報告いたします 障害内容をご確認いただくとともに 10 月にリリースいたします

More information

はじめに このマニュアルは BACREX-R を実際に使用する前に知っておいて頂きたい内容として 使用する前の設定や 動作に関する注意事項を記述したものです 最初に必ずお読み頂き 各設定を行ってください 実際に表示される画面と マニュアルの画面とが異なる場合があります BACREX-R は お客様の

はじめに このマニュアルは BACREX-R を実際に使用する前に知っておいて頂きたい内容として 使用する前の設定や 動作に関する注意事項を記述したものです 最初に必ずお読み頂き 各設定を行ってください 実際に表示される画面と マニュアルの画面とが異なる場合があります BACREX-R は お客様の Ver4 IE9.0 設定の注意事項 第 1 版 はじめに このマニュアルは BACREX-R を実際に使用する前に知っておいて頂きたい内容として 使用する前の設定や 動作に関する注意事項を記述したものです 最初に必ずお読み頂き 各設定を行ってください 実際に表示される画面と マニュアルの画面とが異なる場合があります BACREX-R は お客様の使用環境に合わせてカスタマイズのできるシステムです

More information

HDC-EDI Base B2B リリースノート

HDC-EDI Base B2B リリースノート HDC-EDI Base B2B リリースノート 最終更新日 :2015/04/03 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です ------------------------------------------------------------------------------- HDC-EDI Base B2B V4.2.0 (Build id: 201501091648)

More information

HDC-EDI Base B2B LE リリースノート

HDC-EDI Base B2B LE リリースノート HDC-EDI Base B2B LE リリースノート 最終更新日 :2015/05/08 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です ------------------------------------------------------------------------------- HDC-EDI Base B2B LE V4.2.0 (Build

More information

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ

SAMBA Stunnel(Windows) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Windows 版ダウンロード ボ 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 8-2.1. 接続確認... - 8-2.2. 編集... - 11-2.3. インポート... - 14-2.4. 削除... - 15-2.5 フォルダショートカットの作成... - 16-3. 動作環境... - 18-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp 2017 年 1 月現在対応クライアント環境について 各バージョンごとの設定手順 2017 年 1 月現在の電子入札に参加するために必要なパソコンのソフトウェア推奨環境です ご利用にあたっては以下を参照ください 2017 年 1 月より Java バージョン6(JRE 6) を動作保証外としました 上記バージョンでは電子入札にログインできません 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表

More information

システム利用前の準備作業2.1 準備作業の流れ 準備作業の流れは 以下のとおりです 2必要なものを用意する 2.2 パソコンインターネット接続回線 E メールアドレス 2.2-(1) 2.2-(2) 2.2-(3) 当金庫からの送付物 2.2-(4) パソコンの設定をする 2.3 Cookie の設

システム利用前の準備作業2.1 準備作業の流れ 準備作業の流れは 以下のとおりです 2必要なものを用意する 2.2 パソコンインターネット接続回線 E メールアドレス 2.2-(1) 2.2-(2) 2.2-(3) 当金庫からの送付物 2.2-(4) パソコンの設定をする 2.3 Cookie の設 第 2 章 システム利用前の準備作業 この章では システム利用前の準備作業について説明します 2.1 準備作業の流れ 2-2 2.2 必要なものを用意する 2-3 (1) パソコン 2-3 (2) インターネット接続回線 2-4 (3) Eメールアドレス 2-4 (4) 当金庫からの送付物 2-4 2.3 パソコンの設定をする 2-5 (1) Cookieの設定を行う 2-5 (2) Javaの設定を有効にする

More information

BACREX-R クライアント利用者用ドキュメント

BACREX-R クライアント利用者用ドキュメント Ver4.0.0 IE 設定の注意事項 第 1.1 版 はじめに このマニュアルは BACREX-R を実際に使用する前に知っておいて頂きたい内容として 使用する前の設定や 動作に関する注意事項を記述したものです 最初に必ずお読み頂き 各設定を行ってください 実際に表示される画面と マニュアルの画面とが異なる場合があります BACREX-R は お客様の使用環境に合わせてカスタマイズのできるシステムです

More information

.1 準備作業の流れ 準備作業の流れは 以下のとおりです 必要なものを用意する. パソコンインターネット接続回線 E メールアドレス.-(1).-().-(3) 当金庫からの送付物.-(4) パソコンの設定をする.3 Cookie の設定を行う.3-(1) Java の設定を有効にする ( ファイル

.1 準備作業の流れ 準備作業の流れは 以下のとおりです 必要なものを用意する. パソコンインターネット接続回線 E メールアドレス.-(1).-().-(3) 当金庫からの送付物.-(4) パソコンの設定をする.3 Cookie の設定を行う.3-(1) Java の設定を有効にする ( ファイル 第 章 この章では について説明します.1 準備作業の流れ -. 必要なものを用意する -3 (1) パソコン -3 () インターネット接続回線 -4 (3) E メールアドレス -4 (4) 当金庫からの送付物 -4.3 パソコンの設定をする -5 (1) Cookie の設定を行う -5 () Java の設定を有効にする ( ファイル伝送をご契約の場合 ) -6 (3) 電子証明書方式の場合の設定を行う

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp Windows10 動作保障開始のお知らせ 各 OS やブラウザ毎の設定方法について 2016 年 7 月より 北九州市電子入札は Windows 10 を新たに動作保証対象といたします ご利用にあたっては以下の点や注意事項をご確認いただき 設定を行ってください 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表 以下枠線部分の OS 及びブラウザが新たに追加される動作保証環境となります OS Windows10

More information

<90568A838E E7193FC8E AE8DEC8AC28BAB82CC92C789C182C68F9C8A4F82C982C282A282C A8926D82E782B9816A5F8A6D92E894C52E786477>

<90568A838E E7193FC8E AE8DEC8AC28BAB82CC92C789C182C68F9C8A4F82C982C282A282C A8926D82E782B9816A5F8A6D92E894C52E786477> 平成 25 年 12 月 25 日 各位 新潟市財務部契約課 新潟市電子入札システム動作環境の追加と除外について ( お知らせ ) 新潟市では, 年末年始に新潟市電子入札システムを新たな動作環境に対応させるためのバージョンアップを行い, 平成 26 年 1 月 6 日 ( 月 ) より新システムに移行します バージョンアップに伴い, 下記のとおり Windows7(64bit) や IE( インターネットエクスプローラ

More information

HDC-EDI Base B2B LE Version 4.2.0 導入事前説明書

HDC-EDI Base B2B LE Version 4.2.0 導入事前説明書 HDC-EDI Base B2B LE Version 4.2.0 導 入 事 前 説 明 書 ここでは HDC-EDI Base B2B LE をインストールするにあたっての 準 備 注 意 事 項 を 記 載 しま す Seq 項 目 内 容 1 動 作 環 境 ( 注 意 ) 動 作 環 境 について 2 ディスク 容 量 ( 注 意 ) インストール 容 量 の 見 積 もり 3 OS (

More information

HDC-EDI Base deTradeII送受信機能起動時におけるJava8のセキュリティ警告とその回避策について

HDC-EDI Base deTradeII送受信機能起動時におけるJava8のセキュリティ警告とその回避策について 2014 年 2 月 6 日 ( 改訂日 :2018 年 1 月 9 日 ) お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base detradeii 送受信機能起動時における Java8 のセキュリティ警告とその回避策について HDC-EDI Base detradeⅡ で送受信を行う環境に Java8 を採用することにより 正常に動作しなくなる事 象が発生しておりますので

More information

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp

注意事項 (1)Windows 10 を使用する場合 注意事項 1 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (2)Windows 8.1 を使用する場合 注意事項 2 注意事項 3 注意事項 4 についてご対応をお願いします (3)Windows 7 上で Internet Exp Windows10 動作保障開始のお知らせ 2016 年 7 月より Windows 10 を新たに動作保証対象といたします ご利用にあたって は以下の点にご注意ください 動作保証環境 (1)OS ブラウザのバージョン対応表 以下枠線部分の OS 及びブラウザが新たに追加される動作保証環境となります OS Windows10 Home/Pro (32bit 版 /64bit 版 )( 2) Windows8.1

More information

<4D F736F F F696E74202D AD955C A91E F B F91CE8FA48ED C81458B5A8F F A8893AE95F18D90>

<4D F736F F F696E74202D AD955C A91E F B F91CE8FA48ED C81458B5A8F F A8893AE95F18D90> 第 24 回 CEDI フォーラム資料 電話網廃 に向けた取り組み 2015 年 5 26 ( ) CEDI 委員会促進 WG 対商社 TM 技術 標準 WG 1 アジェンダ 1. 電話網廃 に向けた本年度の取り組み 2. 電話網 (PSTN) から IP 網への円滑な移 について NTT 東 本 NTT 本 3. 想定される対応策について 2 1. 電話網廃 に向けた本年度の取り組み 3 本年度の活動内容

More information

ADempiere (3.5)

ADempiere (3.5) ADempiere (3.5) インストールマニュアル ADempiere Community Contents 改定履歴... 3 1 はじめに... 4 2 動作環境... 4 3 事前準備... 5 3.1 Java JDK のセットアップ... 5 3.1.1 Java JDK のダウンロード... 5 3.1.2 Java JDK のインストール... 5 3.1.1 Java JDK のパス設定...

More information

HDC-EDI Base B2B リリースノート 最終更新日 :2012/10/03 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です

HDC-EDI Base B2B リリースノート 最終更新日 :2012/10/03 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です HDC-EDI Base B2B リリースノート 最終更新日 :2012/10/03 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です ------------------------------------------------------------------------------- HDC-EDI Base B2B V3.9.1 (Build id: sis_201208061429)

More information

ご利用のブラウザのバージョンによっては 若干項目名が異なる場合があります 予めご了承ください Windows をお使いの場合 [ 表示 ] [ エンコード ] [ 日本語 ( 自動選択 )] を選択 [ 表示 ] [ エンコード ] [Unicode(UTF-8)] を選択 Firefox をご利用

ご利用のブラウザのバージョンによっては 若干項目名が異なる場合があります 予めご了承ください Windows をお使いの場合 [ 表示 ] [ エンコード ] [ 日本語 ( 自動選択 )] を選択 [ 表示 ] [ エンコード ] [Unicode(UTF-8)] を選択 Firefox をご利用 FAQ よくあるご質問 宿泊予約申込 Web サイトについて Q. 1 設定は正しいのですが ログインできません LAN に導入されているファイアーウォール ( ネットワークのセキュリティのための仕組み ) が SSL によるデータ通信を許可していない場合があります その場合はログイン画面を開くことができません 詳しくは 所属機関のネットワーク管理担当部署までお尋ねください また プロキシサーバ経由でアクセスする場合は以下の設定に誤りが無いか

More information

ESET Smart Security 7 リリースノート

ESET Smart Security 7 リリースノート ================================================================== ESET Smart Security 7 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな

PC にソフトをインストールすることによって OpenVPN でセキュア SAMBA へ接続することができます 注意 OpenVPN 接続は仮想 IP を使用します ローカル環境にて IP 設定が被らない事をご確認下さい 万が一仮想 IP とローカル環境 IP が被るとローカル環境内接続が行えなくな 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Remote 利用... - 9-2.1. 接続確認... - 9-2.2. 自動接続... - 11-2.3. 編集... - 13-2.4. インポート... - 16-2.5. 削除... - 18-2.6. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 19-2.6.1. サービスの再起動...

More information

HDC-EDI Base Web/deTradeII クライアントへのJava 7 Update 51 の適用について

HDC-EDI Base Web/deTradeII クライアントへのJava 7 Update 51 の適用について 2014 年 2 月 6 日 ( 改訂日 :2014 年 2 月 28 日 ) 改訂履歴は最終ページに記載 お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HDC-EDI Base Web/deTradeII クライアントへの Java 7 Update 51 の適用について HULFT 事業部 HDC-EDI Base Web/deTradeII クライアントに Java7 Update51 を適用することにより

More information

OS の bit 数の確認方法 - Windows0 及び Windows8. Windows のコントロールパネルを開きます Windows0 の場合 スタート から Windows システムツール の コントロールパネル をクリックします Windows8. の場合 スタート から PC 設定

OS の bit 数の確認方法 - Windows0 及び Windows8. Windows のコントロールパネルを開きます Windows0 の場合 スタート から Windows システムツール の コントロールパネル をクリックします Windows8. の場合 スタート から PC 設定 Q. A. EDINETで書類提出を行う場合は 事前にOracle Corporationの JRE(Java Runtime Environment) のインストールが必要です インストール済みであるにも関わらず操作ができない場合は 次の操作を実施してください () 操作環境 (OS Web ブラウザ等 ) の確認 ()Oracle Corporation のホームページの Java の有無のチェック

More information

HULFT7 for Windows/UNIX/Linux/zLinuxにて発生する問題について

HULFT7 for Windows/UNIX/Linux/zLinuxにて発生する問題について お客様各位 2011 年 9 月 22 日 ( 改訂日 :2011 年 11 月 4 日 ) 改訂履歴は最終ページに記載 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HULFT7 for Windows/UNIX/Linux/zLinux にて発生する問題について 拝啓貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます さて HULFT7 for Windows/UNIX/Linux/zLinux

More information

2015 年 4 月 15 日に発表された HTTP.sys の脆弱性 ( ) へ の対応について 製品名 : バージョン : 対象プラットフォーム : カテゴリ : iautolaymagic すべてすべて Web アプリ この度 マイクロソフト社製品において緊急度の高い脆弱性 (CV

2015 年 4 月 15 日に発表された HTTP.sys の脆弱性 ( ) へ の対応について 製品名 : バージョン : 対象プラットフォーム : カテゴリ : iautolaymagic すべてすべて Web アプリ この度 マイクロソフト社製品において緊急度の高い脆弱性 (CV iautolaymagic 技術情報 iautolaymagic に関する注意事項やトラブル発生時の対処方法などをご紹介します ご利用には製品ユーザー登録が必要です 技術情報コード バージョン 対象プラットフォーム タイトル カテゴリ iautolaymagic-005 すべて すべて 2015 年 4 月 15 日に発表された Web アプリ HTTP.sys の脆弱性 (3042553) への対応について

More information

PALNETSC0184_操作編(1-基本)

PALNETSC0184_操作編(1-基本) 1 章ご使用前に この章について この章では 特許情報提供サービス Shareresearch をご利用になる前の動作環境と各種 設定について説明します この章の内容を以下に示します 1.1 使用する際の環境について 1.2 WWW ブラウザのセキュリティ設定 1.3 Excel のセキュリティ設定 1.4 フォルダオプションの設定 1 1.1 使用する際の環境について Shareresearch

More information

セットアップマニュアル

セットアップマニュアル SHIFT Manager セットアップ手順 初めて SHIFT Manager をセットアップする場合の手順について説明します セットアップの概要 2 1.1 セットアップ前の確認事項... 2 動作環境... 2 使用するドライブなどの確認... 2 1.2 セットアップの流れ... 3 セットアップ 4 2.1 セットアップの準備... 4 Microsoft.NET Framework 2.0(

More information

iStorage ソフトウェア VMware vCenter Plug-in インストールガイド

iStorage ソフトウェア VMware vCenter Plug-in インストールガイド istorage ソフトウェア VMware vcenter Plug-in インストールガイド はじめに このインストールガイドでは WebSAM Storage VMware vcenter Plug-in のインストールに関して説明しています 本製品は VMware vcenter Server と連携する製品のため VMware vcenter Server が稼働するサーバへインストー ルします

More information

Outlook Express 6 の場合 (Windows XP) Outlook Express 6 の場合 (Windows XP) Windows XP に付属する Outlook Express 6 に αweb のメールアカウントを追加する方法についてご案内します 1 スタート をクリッ

Outlook Express 6 の場合 (Windows XP) Outlook Express 6 の場合 (Windows XP) Windows XP に付属する Outlook Express 6 に αweb のメールアカウントを追加する方法についてご案内します 1 スタート をクリッ この章では メールを送受信するためにメールソフトを設定する方法についてご案内しています 設定の操作は パソコンの OS と お使いになるメールソフトによって異なります ご利用のパソコンの OS とお使いになるメールソフトをご確認の上 該当するページをご覧ください その他のメールソフトをご利用の方は下記の Web ページをご覧ください http://www.alpha-web.ne.jp/service/basic/

More information

Web会議システム IC3(アイシーキューブ)│FAQ│IC3:キヤノンITソリューションズ株式会社

Web会議システム IC3(アイシーキューブ)│FAQ│IC3:キヤノンITソリューションズ株式会社 IC3 FAQ Ver.8.03 導入時 1. サーバの起動について 1. ビデオ会議サーバが起動しません 2. ログイン画面が表示されません 会議に入室できません 3. ビデオ会議サーバの現在の設定値を確認するには どうすればよいですか? 2. サーバの導入手順について 1. サーバ証明書のインポートは必須ですか? 2. ライセンスキーをインポート時 エラーが表示されます 3.PostgreSQLをインストールする際の注意点はありますか

More information

proventia_site_protector_sp8_sysreq

proventia_site_protector_sp8_sysreq SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件 2010 年 7 月 26 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 8.x システム要件... 1 Service Pack 8.1 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 8.1 仮想環境... 1 Service Pack 8.1 - Express

More information

IM-SecureSignOn

IM-SecureSignOn IM-SecureSignOn Version 7.2 リリース ノート 2012/02/29 初版 1 はじめに 1. IM-SecureSignOn が動作するには intra-mart WebPlatform/AppFramework Version 7.2 が必要です 最新パッチの適応を推奨します 2. 本ドキュメントは本製品固有の要件を記載しています 以下に記載のないものは intra-mart

More information

改訂履歴 項番版数変更理由変更箇所作成日備考 初版 分冊化 事前準備編 Internet Explorer 版 事前準備編 Netscape 版 操作手順編 ベンダサポート終了 2.2 WinNT サポート終了 新規サポート

改訂履歴 項番版数変更理由変更箇所作成日備考 初版 分冊化 事前準備編 Internet Explorer 版 事前準備編 Netscape 版 操作手順編 ベンダサポート終了 2.2 WinNT サポート終了 新規サポート 公的個人認証サービスオンライン窓口利用者マニュアル 事前準備編 Internet Explorer 版 1.8 版 公的個人認証サービス指定認証機関 地方公共団体情報システム機構 改訂履歴 項番版数変更理由変更箇所作成日備考 1 1.0 - - 2004.1.27 初版 2 1.1 分冊化 - 2004.3.11 事前準備編 Internet Explorer 版 事前準備編 Netscape 版

More information

目次 1. PDF 変換サービスの設定について )Internet Explorer をご利用の場合 )Microsoft Edge をご利用の場合 )Google Chrome をご利用の場合 )Mozilla Firefox をご利

目次 1. PDF 変換サービスの設定について )Internet Explorer をご利用の場合 )Microsoft Edge をご利用の場合 )Google Chrome をご利用の場合 )Mozilla Firefox をご利 PDF 変換サービス セキュリティ設定マニュアル 第 21 版 2018 年 2 月 目次 1. PDF 変換サービスの設定について...2 1-1)Internet Explorer をご利用の場合...2 1-2)Microsoft Edge をご利用の場合... 14 1-3)Google Chrome をご利用の場合... 18 1-4)Mozilla Firefox をご利用の場合...

More information

Microsoft Word - ご利用までの流れ

Microsoft Word - ご利用までの流れ 電子入札システムご利用までの流れ 電子入札をご利用いただくためには 事前準備をしていただく必要があります 事前準備の流れは 以下の通りです ( それぞれの準備内容は 各章を参照してください ) 1 利用者登録番号の取得 2 パソコン インターネット回線等の準備 3 電子証明書 (IC カード ) の準備 4 IC カードリーダのセットアップ 5 Java ポリシーの設定 6 パソコンの設定 7 利用者登録

More information

easyhousing 環境設定 操作マニュアル Ver 年 7 月 2 日

easyhousing 環境設定 操作マニュアル Ver 年 7 月 2 日 easyhousing 環境設定 操作マニュアル Ver 2.4 2018 年 7 月 2 日 目次 1 はじめに... 5 2 インターネットエクスプローラの設定... 8 3 Microsoft Edge の設定... 15 4 必要ソフトウェアのセットアップ... 16 4.1 Adobe Acrobat Reader DC のインストール... 16 4.2 Adobe Acrobat Reader

More information

HDC-EDI Base B2B LE リリースノート

HDC-EDI Base B2B LE リリースノート HDC-EDI Base B2B LE リリースノート 最終更新日 :2010/03/26 各バージョンのトピックス / 新機能 / 機能改善 / 解決された問題点情報です ------------------------------------------------------------------------------- HDC-EDI Base B2B LE V3.4.0 (Build

More information

FTP 共有を有効にする あらかじめ作成済みの共有フォルダーを FTP 共有可能にする設定を説明します 共有フォルダーの作成方法は 画面で見るマニュアル をご覧ください ファイル数の多い共有フォルダーを変更すると 変更が完了するまでに時間がかかる場合があります また 変更が完了するまで共有フォルダー

FTP 共有を有効にする あらかじめ作成済みの共有フォルダーを FTP 共有可能にする設定を説明します 共有フォルダーの作成方法は 画面で見るマニュアル をご覧ください ファイル数の多い共有フォルダーを変更すると 変更が完了するまでに時間がかかる場合があります また 変更が完了するまで共有フォルダー ネットワーク接続ハードディスク HDL-H シリーズ FTP 事前に本パッケージの追加をおこなってください パッケージの追加方法は 画面で見るマニュアル をご覧ください INDEX 本製品での FTP 共有機能... 1 FTP 共有を有効にする... FTP 共有設定をする... FTP クライアントから接続する... 3 一括登録をする... 5 ログ お知らせ一覧... 5 本製品での FTP

More information

intra-mart ワークフローデザイナ

intra-mart ワークフローデザイナ intra-mart ワークフローデザイナ Version 5.0 インストールガイド 初版 2005 年 6 月 17 日 変更年月日 2005/06/17 初版 > 変更内容 目次 > 1 はじめに...1 1.1 インストールの概要...1 1.2 用語について...1 1.3 前提条件...1 2 インストール手順...2 2.1 サーバへのファイルのインストール...2

More information

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ

ご利用の前に 目次 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8.1 について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セ 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 2016.10.14 v1.6 ご利用の前に 目次 - 01. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3 1. 推奨環境について... 3 2. Windows8 Windows8.1 について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 02. SAMWEB の初期設定... 7 1. セキュリティ設定... 7 2.

More information

セットアップマニュアル

セットアップマニュアル SHIFT Manager セットアップ手順 SHIFT Manager をセットアップする場合の手順について説明します セットアップの概要 2 1.1 セットアップ前の確認事項... 2 動作環境... 2 使用するドライブなどの確認... 2 1.2 セットアップの流れ... 3 アンインストール ( 既にお使いの端末をWindows 10 にアップグレードする場合 ) 4 2.1 アンインストールの準備...

More information

(8) [ 全般 ] タブをクリックします (9) [ インターネット一時ファイル ] の [ 設定 ] ボタンをクリックします (10) [ 保存しているページの新しいバージョンの確認 ] から [ ページを表示するごとに確認する ] をクリックします (11) [OK] ボタンをクリックしていき

(8) [ 全般 ] タブをクリックします (9) [ インターネット一時ファイル ] の [ 設定 ] ボタンをクリックします (10) [ 保存しているページの新しいバージョンの確認 ] から [ ページを表示するごとに確認する ] をクリックします (11) [OK] ボタンをクリックしていき Internet Explorer 5.5 SP2 をご利用の場合の設定方法 1. BACREX を利用するための標準的な設定 [1] WWW ブラウザの設定 (1) Internet Explorerを起動し [ ツール ] メニューの [ インターネットオプション ] を選択します (2) [ セキュリティ ] タブをクリックします (3) [Web コンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する

More information

intra-mart EX申請システム version.7.2 PDFオプション リリースノート

intra-mart EX申請システム version.7.2 PDFオプション リリースノート intra-mart EX 申請システム ver.7.2 PDF オプション リリース ノート 第一版 2011/2/28 1. システム要件 システム要件 intra-mart EX 申請システム Version.7.2 PDF オプションは以下の製品上で動作します 動作環境については 以下の製品のリリース ノートを参照してください intra-mart WebPlatform Version.7.2

More information

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー

SAMBA Stunnel(Mac) 編 1. インストール 1 セキュア SAMBA の URL にアクセスし ログインを行います   xxxxx 部分は会社様によって異なります xxxxx 2 Mac OS 版ダウンロー 操作ガイド Ver.2.3 目次 1. インストール... - 2-2. SAMBA Stunnel 利用... - 5-2.1. 接続確認... - 5-2.2. 編集... - 9-2.3. インポート... - 12-2.4. 削除... - 14-3. 動作環境... - 15-4. 参考資料 ( 接続状況が不安定な場合の対処方法について )... - 16-4.1. サービスの再起動...

More information

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1

改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2 初期設定追加 2016/10/6 CP 事業部 1 2016/10/6 第 3.2 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 改訂履歴 版数 改訂理由 / 内容 制定 / 改定日 変更者 3.0 新サイト用に新規作成 2016/9/26 クオリカ株式会社 3.1 ユーザー向けに追記 2016/9/30 CP 事業部 3.2

More information

LDAP Manager SupportList

LDAP Manager SupportList LDAP Manager 2017/8/1 現在 動作環境 OS メタ LDAP PostgreSQL ELM Interface for Java for Windows for Linux システム プロダクト LDAP Manager 本体のバージョン Windows Server 2003 Standard Edition (32bit/64bit) Windows Server 2003

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート ====================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 6 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ====================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

対応OS一覧表

対応OS一覧表 HULFT Manager for Windows (Ver.6.3.7) 2008 年 8 月 27 日現在 OS CPU 備考 Windows XP Home Edition Windows Server 2003, Standard Edition Windows Server 2003, Enterprise Edition Windows Server 2003 R2, Standard

More information

<4D F736F F D CC82BD82DF82CC50438AC28BAB90DD92E82E646F63>

<4D F736F F D CC82BD82DF82CC50438AC28BAB90DD92E82E646F63> 利用のための PC 環境設定 電子入札に参加するためには 下記のハードウェア ソフトウェアが必要です ご準備をお願いします () ハードウェア Windows Vista/Windows7/Windows8. の場合項目要件 CPU Core Duo.6GHz 同等以上推奨メモリ OS の種類により要件が異なります Windows Vista/Windows7/Windows8.(3bit 版 )

More information

諫早市様向け電子入札システム事前準備

諫早市様向け電子入札システム事前準備 電子入札システム事前準備 ( 受注者向け環境設定 ) 平成 24 年 1 月第 2 版 諫早市 1 はじめに 電子入札をご利用いただくためには 事前準備をしていただく必要があります 事前準備の流れは 以下の通りです ( それぞれの準備内容は 各章を参照してください ) 1 利用者登録番号の確認 2 パソコン インターネット回線等の準備 3 電子証明書 (IC カード ) の準備 4 IC カードリーダのセットアップ

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer9 11 の設定 ( 定例見積 ) Internet Explorer9 11 ご利用の際の推奨環境について 福岡市電子入札システムを Internet Explorer 9 11 でご利用頂く際は必ず 下記推奨環境をご確認頂き次ページからの各設定を行ってください 設定を行わない場合 電子入札操作時エラーが発生する可能性があります 電子入札をスムーズに行う為に必ず設定をお願い致します

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 製品ソフトウェアのセットアップ手順 UNIX/Linux 編 1. セットアップファイルの選択開発環境 / 実行環境 / バージョン /Hotfix/ インストール先 OS 2. 対象セットアップファイルのダウンロード開発環境の場合は 2 つのファイルが対象 3. ソフトウェア要件の確認 4. ソフトウェアのインストール 5. ライセンスの認証 1 1. セットアップファイルの選択 選択項目選択肢該当チェック

More information

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート

ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート ================================================================== ESET NOD32 アンチウイルス 8 リリースノート キヤノンITソリューションズ株式会社 ================================================================== はじめにキヤノンITソリューションズ製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます

More information

メール設定 Outlook Express 6 の場合 (Windows 98 ~ XP) Outlook Express 6 の場合 (Windows 98 ~ XP) Windows XP に付属する Outlook Express 6 に αweb のメールアカウントを追加する方法についてご案

メール設定 Outlook Express 6 の場合 (Windows 98 ~ XP) Outlook Express 6 の場合 (Windows 98 ~ XP) Windows XP に付属する Outlook Express 6 に αweb のメールアカウントを追加する方法についてご案 メール設定 この章では メールを送受信するためにメールソフトを設定する方法についてご案内しています 設定の操作は パソコンの OS と お使いになるメールソフトによって異なります ご利用のパソコンの OS とお使いになるメールソフトをご確認の上 該当するページをご覧ください その他のメールソフトをご利用の方は下記の Web ページをご覧ください http://www.alpha-web.ne.jp/service/basic/

More information

Microsoft Word - (修正)Internet Explorer 8 9設定手順 受注者.DOC

Microsoft Word - (修正)Internet Explorer 8 9設定手順 受注者.DOC Internet Explorer 8 Internet Explorer 9 設定変更手順 版 第 2.1 版 平成 26 年 2 月 運営部会 ~Internet Explorer 8 Internet Explorer 9 をご利用の方へ ~ を Internet Explorer 8 又は Internet Explorer 9 でご利用される方は Internet Explorer の設定変更

More information

目次 1. はじめに 2. CSS-Net の動作環境 3. インストール手順 4. CSS-Net の起動および初期設定 5. アンインストール方法 1. はじめに 本書は CSS-Net(GSPc_Local) のインストール手順を纏めたものです 1

目次 1. はじめに 2. CSS-Net の動作環境 3. インストール手順 4. CSS-Net の起動および初期設定 5. アンインストール方法 1. はじめに 本書は CSS-Net(GSPc_Local) のインストール手順を纏めたものです 1 2016/09/26 第 3 版 CSS-Net インストール要領書 この冊子は CSS-Net のインストール方法を分かり易く説明してあります インストール方法が分からないときはご覧になって下さい 目次 1. はじめに 2. CSS-Net の動作環境 3. インストール手順 4. CSS-Net の起動および初期設定 5. アンインストール方法 1. はじめに 本書は CSS-Net(GSPc_Local)

More information

EOS 名人.NET Ver1.3.0 以降をご利用の場合 a. 流通業界共通認証局証明書ポリシー (CP) の改訂署名アルゴリズム SHA-1 から SHA-2 への変更 この

EOS 名人.NET Ver1.3.0 以降をご利用の場合 a. 流通業界共通認証局証明書ポリシー (CP) の改訂署名アルゴリズム SHA-1 から SHA-2 への変更   この お客様各位 2018 年 7 月吉日 ユーザックシステム株式会社 流通 BMS ガイドライン改定による EOS 名人.NET の対応 拝啓時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます さて 流通システム標準普及推進協議会技術仕様検討部会から 以下が告知されております http://www.dsri.jp/ryutsu-bms/standard/standard04.html

More information

C) 信頼済みサイトダイアログにて以下の操作を実施する 次の Web サイトをゾーンに追加する (D); 欄に電子入札 URL を入力する 追加 ボタンをクリックし Web サイト (W) に URL が追加されたことを確認する 3 上記 ~ を必要なサイト分行う 登録するWebサイト受注者 : h

C) 信頼済みサイトダイアログにて以下の操作を実施する 次の Web サイトをゾーンに追加する (D); 欄に電子入札 URL を入力する 追加 ボタンをクリックし Web サイト (W) に URL が追加されたことを確認する 3 上記 ~ を必要なサイト分行う 登録するWebサイト受注者 : h 信頼済みサイトの設定 ホ ッフ アッフ フ ロック対応 ) 信頼済みサイトの設定を行う A) Internet Explorer のメニューバー ツール - インターネットオプション (O) を選択する B) インターネットオプションダイアログの セキュリティ タグの 信頼済みサイト を選択し サイト ボタンをクリックする 3 C) 信頼済みサイトダイアログにて以下の操作を実施する 次の Web サイトをゾーンに追加する

More information

入札情報サービスシステム(職員)

入札情報サービスシステム(職員) 那須塩原市電子入札システム 受注者向け クライアント設定マニュアル 目次 1. はじめに...1 1.1. 設定手順...1 1.2. 準備...1 2. 環境設定...2 2.1. 機器等の準備...2 2.2. 電子証明書 (IC カード ) の準備...2 2.3. IC カード等のセットアップ...2 2.4. Java ポリシーの設定...2 2.5. その他設定...2 2.6. 利用者登録...3

More information

対応OSと必須ソフトウェア

対応OSと必須ソフトウェア HULFT HULFT Manager は 日本語版の Windows に対応しています Windows Vista 以降については Ver.7.3.0 より MUI( 多言語機能 ) にも対応しています ( コントロールパネルの 地域と言語 内の 形式 と システムロケール をそれぞれ 日本語 に指定 ) HULFT7 for Windows-EX(Ver.7.3.0A)( 1)( 2) HULFT7

More information

(1)IE6 の設定手順 (1)IE6 の設定手順 1) 信頼済みサイトの追加手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ツール / インターネットオプション / セキュリティ メニューを選択します 手順 3: セキュリティ タブの 信頼済みサイト を選択

(1)IE6 の設定手順 (1)IE6 の設定手順 1) 信頼済みサイトの追加手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ツール / インターネットオプション / セキュリティ メニューを選択します 手順 3: セキュリティ タブの 信頼済みサイト を選択 InternetExplorer の設定手順 ブラウザバージョンの確認まず お使いのブラウザ (Internet Explorer) のバージョンを確認します 手順 1: ブラウザ (Internet Explorer) を起動します 手順 2: ヘルプ / バージョン情報 メニューを選択します ブラウザのバージョン情報表示画面が開きます 確認の上 ブラウザバージョンに従った設定手順に進んで下さい

More information

目次 はじめに インストール JDBC ドライバの配置 初期登録ユーザー バージョンアップ 評価版の制限....8 参考.JDBC ドライバの入手と設定....9 ) I2C Co.,Ltd.. All

目次 はじめに インストール JDBC ドライバの配置 初期登録ユーザー バージョンアップ 評価版の制限....8 参考.JDBC ドライバの入手と設定....9 ) I2C Co.,Ltd.. All WEB マスタメンテ 2.0 I2CWEBMasterMainte2.0 インストールマニュアル 2005 年 12 月 20 日 株式会社 I2C( アイ トゥー シー ) プロダクトチーム http://www.i2c.jp/product/ 目次 はじめに....3 1. インストール....4 2. JDBC ドライバの配置....5 3. 初期登録ユーザー....6 4. バージョンアップ....7

More information

JDL Webストレージサービス はじめにお読みください

JDL Webストレージサービス はじめにお読みください JDL Web ストレージサービスはじめにお読みください ご利 環境について... 2 利用できるコンピュータの条件...2 Internet Explorerの設定について...2 ログイン... 4 JDL Webストレージにログインする...4 初期設定ウィザード... 5 手順 1 使用形態の選択...5 手順 2 アカウント作成...6 手順 3 グループフォルダの作成...7 手順 4

More information

. はじめに はじめに みなと外国為替 WEBをご利用いただくにあたり ブラウザ ( インターネットに接続するソフト ) の設定作業は原則不要ですが お客さまのご利用環境によっては ブラウザの設定が必要となる場合があります お客さまの状況にあわせて手順をご確認ください ブラウザの設定を行う前にお客さ

. はじめに はじめに みなと外国為替 WEBをご利用いただくにあたり ブラウザ ( インターネットに接続するソフト ) の設定作業は原則不要ですが お客さまのご利用環境によっては ブラウザの設定が必要となる場合があります お客さまの状況にあわせて手順をご確認ください ブラウザの設定を行う前にお客さ 別冊 4. 端末設定 別冊 4. - . はじめに はじめに みなと外国為替 WEBをご利用いただくにあたり ブラウザ ( インターネットに接続するソフト ) の設定作業は原則不要ですが お客さまのご利用環境によっては ブラウザの設定が必要となる場合があります お客さまの状況にあわせて手順をご確認ください ブラウザの設定を行う前にお客さまのご利用環境 ( ネットワーク ソフトウェア ) をご確認ください

More information

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4

1 はじめに 前準備 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール NET FRAMEWORK 4.0 のインストール... 4 販売管理システムサレスプ (64bit 版 ) インストール手順書 第 001 版 2012/04/09 < 有限会社データーランド > 1 はじめに... 2 2 前準備... 2 2.1 MICROSOFT 製品のプログラムを最新の状態にする... 2 3.NET FRAMEWORK 4.0 ( と日本語 LANGUAGE PACK) のインストール... 4 3.1.NET FRAMEWORK

More information

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2

改版履歴 版数 改版日付 改版内容 /03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 第 1 版 改版履歴 版数 改版日付 改版内容 1 2013/03/14 新規作成 2013/03まで製品サイトで公開していた WebSAM DeploymentManager Ver6.1 SQL Server 2012 製品版のデータベース構築手順書 ( 第 1 版 ) を本 書に統合しました 2 目次 1. 使用しているデータベース (DPMDBI インスタンス ) を SQL Server

More information

はじめに 電子入札をご利用いただくためには 事前準備をしていただく必要があります 事前準備の流れは 以下の通りです ( それぞれの準備内容は 各章を参照してください ) 1 利用者登録番号の取得 2 パソコン インターネット回線等の準備 3 電子証明書 (IC カード ) の準備 4 IC カードリ

はじめに 電子入札をご利用いただくためには 事前準備をしていただく必要があります 事前準備の流れは 以下の通りです ( それぞれの準備内容は 各章を参照してください ) 1 利用者登録番号の取得 2 パソコン インターネット回線等の準備 3 電子証明書 (IC カード ) の準備 4 IC カードリ 電子入札システム事前準備 ( 受注者向け環境設定 ) 平成 26 年 2 月第 1 版 能美市 1 はじめに 電子入札をご利用いただくためには 事前準備をしていただく必要があります 事前準備の流れは 以下の通りです ( それぞれの準備内容は 各章を参照してください ) 1 利用者登録番号の取得 2 パソコン インターネット回線等の準備 3 電子証明書 (IC カード ) の準備 4 IC カードリーダのセットアップ

More information

メール設定

メール設定 メール設定 この章では メールを送受信するためにメールソフトを設定する方法についてご案内しています 設定の操作は パソコンの OS と お使いになるメールソフトによって異なります ご利用のパソコンの OS とお使いになるメールソフトをご確認の上 該当するページをご覧ください その他のメールソフトをご利用の方は下記の Web ページをご覧ください http://www.alpha-web.ne.jp/service/basic/

More information

<4D F736F F D CC82BD82DF82CC826F82628AC28BAB90DD92E82E646F63>

<4D F736F F D CC82BD82DF82CC826F82628AC28BAB90DD92E82E646F63> 利用のための PC 環境設定 電子入札に参加するためには 下記のハードウェア ソフトウェア及び環境設定が必要です ご準備をお願いします 1. 電子入札サービスサービスの環境設定 本マニュアルは 電子入札サービスを利用するまでに必要な準備作業及び設定方法を記載しております 本マニュアルに従い 環境設定を行ってください 1.1 クライアント環境環境の確認電子入札サービスを動作させるパソコンが 以下のを満たしているかどうかを確認ください

More information

改版履歴 版数 日付 内容 担当 V /03/27 初版発行 STS V /01/27 動作条件のオペレーティングシステムに Windows 7 STS を追加 また 動作条件のブラウザに Internet Explorer 8 を追加 V /0

改版履歴 版数 日付 内容 担当 V /03/27 初版発行 STS V /01/27 動作条件のオペレーティングシステムに Windows 7 STS を追加 また 動作条件のブラウザに Internet Explorer 8 を追加 V /0 証明書インポートツール 操作マニュアル 2011 年 3 月 4 日 セコムトラストシステムズ株式会社 P-1 改版履歴 版数 日付 内容 担当 V.1.00 2009/03/27 初版発行 STS V.1.10 2011/01/27 動作条件のオペレーティングシステムに Windows 7 STS を追加 また 動作条件のブラウザに Internet Explorer 8 を追加 V.1.20 2011/03/04

More information

改版履歴 版数 改訂日 該当頁 / 該当項目 改訂の要点 /03/31 6 対応 OSの変更に伴う修正 動作環境 の OS に以下を追加 Windows 8.1 Update (64Bit) Windows 8.1 Update Pro (64Bit) 動作環境 の OS から以

改版履歴 版数 改訂日 該当頁 / 該当項目 改訂の要点 /03/31 6 対応 OSの変更に伴う修正 動作環境 の OS に以下を追加 Windows 8.1 Update (64Bit) Windows 8.1 Update Pro (64Bit) 動作環境 の OS から以 平成 28 年 4 月 国民健康保険中央会 改版履歴 版数 改訂日 該当頁 / 該当項目 改訂の要点 4.0.0 2015/03/31 6 対応 OSの変更に伴う修正 動作環境 の OS に以下を追加 Windows 8.1 Update (64Bit) Windows 8.1 Update Pro (64Bit) 動作環境 の OS から以下を削除 Windows 8.1 (64Bit) Windows

More information

Windows 10の注意点

Windows 10の注意点 Windows 10 の注意点 Trinität の使用に関して 2018 年 1 月中央コンピュータシステムトリニテートサポートセンター 電子帳票システム Trinität は Ver.8.50 以降において Windows10 対応を実施しております ただし Windows 10 の機能については使用できないものもあるため Trinität を Windows 10 が稼動するコンピュータで使用する際の注意事項を

More information

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件

IBM Internet Security Systems NTFS ファイルシステム必須 一覧の 以後にリリースされた Service Pack (Release 2 等は除く ) は特に記載の無い限りサポートいたします メモリ 最小要件 512MB 推奨要件 1GB 最小要件 9GB 推奨要件 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件 2012 年 2 月 13 日 SiteProtector 2.0 Service Pack 9.0 システム要件... 1 Service Pack 9.0 - SiteProtector システム要件... 1 Service Pack 9.0 仮想環境... 1 Deployment Manager のインストール要件...

More information

Microsoft Word _00_導入編.doc

Microsoft Word _00_導入編.doc Windows XP の場合 項目 要件 CPU PentiumⅢ800MHz 同等以上 (1.2GHz 以上推奨 ) メモリ 256MB 以上 (512MB 以上推奨 ) HDD 1 ドライブの空きが 500MB 以上の空き容量 ポート IC カードリーダライタが接続できること ディスプレイ解像度 1,024 768 ピクセル (XGA) 以上 Windows Vista/Windows7 の場合項目要件

More information

スライド 1

スライド 1 Internet Explorer の設定マニュアル このマニュアルは 長崎市の入札関連システム ( ) をご利用頂くために必要なInternet Explorerの設定手順を説明します お使いのパソコンの環境 ( ブラウザのバージョンなど ) に応じて必要な設定を行ってください なお お使いのブラウザのバージョンによっては掲載する画面と異なる場合がございます あらかじめご了承ください 入札関連システム

More information

クライアント証明書インストールマニュアル

クライアント証明書インストールマニュアル 事前設定付クライアント証明書インストールマニュアル このマニュアルは クライアント証明書インストールマニュアル の手順で証明書がインストールできなかった方のための インストールマニュアルです エクストラネットは Internet Explorer をご利用ください Microsoft Edge 他 Internet Explorer 以外のブラウザではご利用になれません 当マニュアル利用にあたっては

More information

HDC-EDI Base Web/deTradeIIクライアントへのJava 7 Update 51以降の適用について

HDC-EDI Base Web/deTradeIIクライアントへのJava 7 Update 51以降の適用について 2014 年 2 月 6 日 ( 改訂日 :2015 年 8 月 19 日 ) お客様各位 株式会社セゾン情報システムズ HULFT 事業部 HDC-EDI Base Web/deTradeII クライアントへの Java 7 Update 51 以降の適用について HDC-EDI Base Web/deTradeⅡクライアントに Java7 Update51 以降を適用することにより 正常に動作しなくなる事象が発生しておりますので

More information

( 目次 ) 1. はじめに 開発環境の準備 仮想ディレクトリーの作成 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備 データベースの作成 データベースの追加 テーブルの作成

( 目次 ) 1. はじめに 開発環境の準備 仮想ディレクトリーの作成 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備 データベースの作成 データベースの追加 テーブルの作成 KDDI ホスティングサービス (G120, G200) ブック ASP.NET 利用ガイド ( ご参考資料 ) rev.1.0 KDDI 株式会社 1 ( 目次 ) 1. はじめに... 3 2. 開発環境の準備... 3 2.1 仮想ディレクトリーの作成... 3 2.2 ASP.NET のWeb アプリケーション開発環境準備... 7 3. データベースの作成...10 3.1 データベースの追加...10

More information

ご利用の前に 目次 - 0. 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8. について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セキュリティ設定..

ご利用の前に 目次 - 0. 推奨環境とソフトウェアのバージョン 推奨環境について Windows8 Windows8. について Internet Explorer のバージョン確認 SAMWEB の初期設定 セキュリティ設定.. 操作マニュアル ( ご利用の前に ) 06.0.4 v.6 ご利用の前に 目次 - 0. 推奨環境とソフトウェアのバージョン... 3. 推奨環境について... 3. Windows8 Windows8. について... 4 3. Internet Explorer のバージョン確認... 5 0. SAMWEB の初期設定... 7. セキュリティ設定... 7. ActiveX のインストール...

More information

SFTPサーバー作成ガイド

SFTPサーバー作成ガイド Version 2018 - 第 1 版 Titan FTP Server SFTP サーバー作成ガイド 作成 : 株式会社エーディーディー 目次 インストール...1 アクティベーション...2 ローカルドメイン設定作業...3 SFTP サーバー作成手順...5 ユーザー作成...8 クライアント用のホストキーの出力...9 インストール Titan FTP を Windows にインストールします

More information

インストールマニュアル

インストールマニュアル Fresh Voice V7 インストールマニュアル Edition-5 14, Mar, 2018 1 Copyright 2018 Edition-005 UMIN(V7.4.2.4) 1. FRESH VOICE V7 動作環境... 3 2. FRESH VOICE V7 導入準備... 4 2.1. USB カメラドライバのインストール... 4 2.1.1. USB カメラドライバのインストール...

More information

改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2013 年 4 月 1 新規作成 2014 年 6 月 2 IE10 IE11 対応に伴い 2 ソフトウエアの仕様 ( 推奨 ) を変更 2014 年 9 月 3 信頼済みサイト ダイアログ画像の この 11 ゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (h

改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2013 年 4 月 1 新規作成 2014 年 6 月 2 IE10 IE11 対応に伴い 2 ソフトウエアの仕様 ( 推奨 ) を変更 2014 年 9 月 3 信頼済みサイト ダイアログ画像の この 11 ゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (h 第 4 版 動作環境... 1 バージョンの確認方法... 3 各種設定方法... 7 Java ポリシーの追加... 17 電子入札をご利用になる前に 画面から遷移時に表示されるダイアログ... 18 Windows Vista 向け JIS90 互換 MS ゴシック 明朝フォントパッケージのインストール... 19 ヘルプデスクのご案内... 23 改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2013

More information

OpenRulesモジュール

OpenRulesモジュール リリースノート初版 2014-09-01 1 改訂情報 変更年月日 変更内容 2014-09-01 初版 目次 2 はじめに 本書の目的 本書では OpenRules を intra-mart で利用するためのモジュールのリリース内容について記載されています なお OpenRules 製品本体のリリースについては OpenRules のリリースノートをご確認ください 製品の利用対象 次の利用者を対象としています

More information

目次 目次 準備いただくもの 準備 SQLServer2008 R2 ExpressEdition のインストール インストールの前に インストール 設定一覧 機

目次 目次 準備いただくもの 準備 SQLServer2008 R2 ExpressEdition のインストール インストールの前に インストール 設定一覧 機 やってみよう! パソコンデータ入力 Ver3.1 - サーバー構築設定手順書 - 2010 年 11 月 15 日 1 / 25 目次 目次... 2 1. 準備いただくもの... 3 1.1. 準備... 3 2. SQLServer2008 R2 ExpressEdition のインストール... 4 2.1. インストールの前に... 4 2.2. インストール... 6 2.3. 設定一覧...

More information

改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2011 年 6 月 1 新規作成 2014 年 4 月 2 Windows XP の製品サポート終了に伴い本市 5 電子調達システムにおいても 当該日付をもって Windows XP を推奨環境から除外しました 2014 年 9 月 3 信頼済みサイト

改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2011 年 6 月 1 新規作成 2014 年 4 月 2 Windows XP の製品サポート終了に伴い本市 5 電子調達システムにおいても 当該日付をもって Windows XP を推奨環境から除外しました 2014 年 9 月 3 信頼済みサイト 第 2 版 動作環境... 1 バージョンの確認方法... 3 各種設定方法... 6 Java ポリシーの追加... 14 電子入札をご利用になる前に 画面から遷移時に表示されるダイアログ... 15 Windows Vista 向け JIS90 互換 MS ゴシック 明朝フォントパッケージのインストール... 16 ヘルプデスクのご案内... 19 改版履歴改版日 版数 改版内容 該当ページ 2011

More information

Microsoft Word - Setup_Guide

Microsoft Word - Setup_Guide JTOS Version 3.4 セットアップガイド 2017 年 2 月 17 日公益社団法人日本コントラクトブリッジ連盟 1 ご注意...2 2 システム要件...3 3 インストール手順...4 3.1 Microsoft.NET Framework 4.6 について...4 3.2 JTOS 一式のインストール...4 3.3 Excel マスターシートのコピー...5 3.4 ローカルメンバーを扱う場合...5

More information