トランシットの誤差と消去法

Size: px
Start display at page:

Download "トランシットの誤差と消去法"

Transcription

1 トランシット(セオドライト)の 水 平 角 観 測 に 関 する 誤 差 < 試 験 合 格 へのポイント> トランシット( 又 は セオドライト: 以 下 トランシット)の 水 平 角 観 測 における 誤 差 に 関 する 問 題 である 定 番 問 題 の 一 つであり 基 本 的 には 誤 差 の 名 称 と 消 去 法 (できれば 原 因 )を 覚 えておけ ば 解 答 できるものが 殆 どである 原 理 を 覚 えるのではなく トランシットの 器 械 誤 差 について(ま とめ) の 表 について 覚 えれば 良 い ( : 最 重 要 事 項 : 重 要 事 項 : 知 っておくと 良 い) トランシットの 器 械 誤 差 について(まとめ) ト ラ ン シ ッ ト の 三 軸 誤 差 名 称 原 因 消 去 法 トランシットの 視 準 軸 と 望 遠 鏡 の 視 準 線 が 一 致 視 準 軸 誤 差 していないため 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 誤 差 の 大 きさは 高 度 角 に 比 例 する トランシットの と が 直 交 していな 誤 差 いため 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 誤 差 の 大 きさは 高 度 角 に 比 例 する トランシットの と 鉛 直 線 の 方 向 が 一 致 し 誤 差 ていないため 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 誤 差 の 大 きさは 高 度 角 に 比 例 する 偏 心 誤 差 目 盛 盤 の 中 心 と がずれているために 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 外 心 誤 差 視 準 軸 ( 望 遠 鏡 )が 回 転 軸 の 中 心 からずれてい るため 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 目 盛 誤 差 目 盛 板 の 目 盛 間 隔 が 均 等 でない 場 合 に 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 望 遠 鏡 正 反 観 測 の 平 均 値 を 取 ることにより 消 去 望 遠 鏡 正 反 観 測 の 平 均 値 を 取 ることにより 消 去 なし( 補 正 値 を 算 出 すること により 低 減 することが 可 能 ) 望 遠 鏡 正 反 観 測 の 平 均 値 を 取 ることにより 消 去 望 遠 鏡 正 反 観 測 の 平 均 値 を 取 ることにより 消 去 目 盛 板 を 均 等 な 間 隔 ごとに 使 用 することにより 誤 差 を 小 さくはできるが 完 全 に 消 去 はできない トランシットを 用 いた 観 測 の 誤 差 全 般 について トランシットによる 水 平 角 観 測 時 に 生 じる 誤 差 は 大 きく 次 の3つに 分 けられる < 自 然 誤 差 > 外 界 条 件 に 原 因 のある 誤 差 気 象 条 件 三 脚 付 近 による 地 盤 の 安 定 などの 誤 差 < 過 失 過 誤 > 観 測 者 自 身 に 原 因 がある 誤 差 測 角 方 法 技 術 などの 未 熟 観 測 ミス < 器 械 誤 差 >トランシット 自 体 に 原 因 がある 誤 差 トランシットの 調 整 不 完 全 など この 誤 差 の 中 で トランシット 自 体 に 原 因 がある 誤 差 (いわゆる 器 械 誤 差 )とは 器 械 の 調 整 不 十 分 やその 構 造 上 の 不 具 合 によって 生 じる 誤 差 のことであり 誤 差 の 分 類 では 定 誤 差 ( 観 測 方 法 や 計 算 によって 消 去 される 誤 差 )になる ~ 1 ~

2 トランシットの3 軸 誤 差 について トランシットの3 軸 とは 次 図 に 示 す 視 準 軸 を 言 い その 構 造 的 にも 重 要 なものである トランシットの3 軸 視 準 軸 以 下 に トランシットの3 軸 誤 差 について 詳 述 する 誤 差 下 図 のように が と 直 交 していないために 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 望 遠 鏡 α の 傾 き(α) まず 次 図 のように の 傾 きが 無 い( 正 常 な)トランシットを 用 いて A 点 の 観 測 を 行 う 場 合 を 考 えると 望 遠 鏡 ( 視 準 線 )は を 中 心 に 回 転 するため その 軌 跡 は 図 の 実 線 の 通 の 傾 いた 視 準 線 の 軌 跡 天 頂 方 向 正 常 な 視 準 線 の 軌 跡 りとなり 高 度 角 が 変 化 しても その 水 平 角 の 観 測 値 には 何 ら 影 響 が 無 いことがわかる B A h しかし が に 対 して 傾 いているトランシッ トを 用 いて 同 様 の 観 測 を 行 うと 望 遠 鏡 の 回 転 の 軌 跡 は 図 の 破 線 の 通 りとなり A 点 を 観 測 しても 高 度 角 がhの 場 合 では A~Bの 間 で 水 平 角 の 観 測 値 が 変 化 し 水 平 角 の 誤 差 は 望 遠 鏡 が 天 頂 時 に 最 大 となることがわかる ~ 2 ~

3 また 誤 差 は 前 図 の 観 測 方 向 を 望 遠 鏡 ( 正 )と 考 えれば 望 遠 鏡 ( 反 )で 観 測 を 行 った 場 合 その 位 置 関 係 が 正 反 転 するため 誤 差 が 消 去 されることがわかる 以 上 の 事 柄 に 関 してまとめると 次 のようなことが 言 える <トランシットの 誤 差 > 内 容 :トランシットの が に 対 して 傾 いているために 生 じる 誤 差 影 響 : 目 標 の 高 度 角 により 水 平 角 観 測 値 に 誤 差 を 生 じる 消 去 法 : 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 を 行 い その 観 測 値 を 平 均 する 視 準 軸 ( 線 ) 誤 差 次 図 のように 視 準 軸 が 視 準 線 と 一 致 していないために 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 十 字 線 望 遠 鏡 c 視 準 線 視 準 軸 対 物 レンズの 中 心 視 準 線 : 望 遠 鏡 の 対 物 レンズの 中 心 と 十 字 線 の 中 心 を 結 んでできる 線 視 準 軸 : 望 遠 鏡 の 対 物 レンズの 中 心 を 通 り と 垂 直 に 交 わる 線 次 図 のような 器 械 の 中 心 が O 望 遠 鏡 に 視 準 線 のズレcを 持 つトランシットで 水 平 方 向 から 天 頂 方 向 を 視 準 した 場 合 視 準 軸 は 図 の 実 線 (APZ)の 軌 跡 を 描 き 視 準 線 は 視 準 軸 に 対 してcの ズレを 持 つため 破 線 (A P Z )の 軌 跡 を 描 くこととなる (ここで AA <PP<ZZ ) このようなトランシットで 高 度 角 hの 高 さにある 目 標 Pを 視 準 した 場 合 水 平 角 は B の 値 を 指 すが 実 際 には 視 準 軸 誤 差 cを 持 つため 本 来 の 水 平 角 は A であり 水 平 角 には AOB の 大 きさの 誤 差 ( 視 準 軸 誤 差 ) を 生 じることになる 図 からもわかるように 視 準 軸 誤 差 はh=0であれば その 大 きさはcであるが hが 大 き くなれば その 大 きさも 増 加 し ていく 事 になる 視 準 線 の 軌 跡 B P A c Z P h A 天 頂 方 向 Z O 視 準 軸 の 軌 跡 ~ 3 ~

4 また 視 準 軸 誤 差 は 図 の 観 測 方 向 を 望 遠 鏡 ( 正 )と 考 えれば 望 遠 鏡 ( 反 )で 観 測 を 行 った 場 合 その 位 置 関 係 が 正 反 転 するため 誤 差 が 消 去 されることがわかる 以 上 をまとめると 次 のようなことが 言 える <トランシットの 視 準 軸 誤 差 > 内 容 :トランシットの 視 準 軸 が 視 準 線 と 一 致 していないために 水 平 角 の 値 に 生 じる 誤 差 影 響 : 目 標 の 高 度 角 により 水 平 角 観 測 値 に 誤 差 を 生 じる 消 去 法 : 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 を 行 い その 観 測 値 を 平 均 する 誤 差 次 図 のように が 鉛 直 線 から 傾 いているために 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 誤 差 とは 異 なり 誤 差 では も 傾 く 事 に 注 意 をする 必 要 がある の 傾 き 視 準 軸 望 遠 鏡 鉛 直 線 次 図 のように が 鉛 直 線 から 傾 いているトランシットを 用 いて 観 測 する 場 合 を 考 える まず に 傾 きの 無 いトランシットでの 観 測 を 考 えると 同 様 に 目 標 物 (P)を 視 準 した 場 合 の 水 平 角 読 定 値 はaとなる 次 に が 傾 いたトランシットで 同 じ 目 標 物 (P)を 視 準 した 場 合 は も 天 頂 方 向 同 様 に 傾 いているため その 水 平 角 読 定 値 は の 傾 き a となる これを 傾 いた 水 平 目 盛 板 に 対 応 させたa と a の 値 が 誤 差 (v)となる P h この 誤 差 は 図 からも 分 かるように 目 標 の 高 度 角 (h)が 大 きいほど 増 加 する a a a v 鉛 直 線 ~ 4 ~

5 また 自 体 が 傾 いているため 正 反 の 観 測 を 行 い 水 平 角 読 定 値 を 平 均 してもこの 誤 差 は 消 去 する 事 が 出 来 ない このため 観 測 作 業 前 にあたっては 特 に 注 意 して 点 検 調 整 する 必 要 が ある 以 上 をまとめると 次 のようなことが 言 える <トランシットの 誤 差 > 内 容 :トランシットの が 鉛 直 線 と 一 致 していないために 水 平 角 読 定 値 に 生 じる 誤 差 影 響 : 目 標 の 高 度 角 に 比 例 して 水 平 角 観 測 値 の 誤 差 が 増 大 する 消 去 法 :ない (トランシットの 調 整 を 行 う) トランシットのその 他 誤 差 について 偏 心 誤 差 ( 目 盛 板 の 偏 心 誤 差 ) A 1 右 図 のように 目 盛 板 の 中 心 から 鉛 直 軸 の 中 心 (トランシットの 回 転 軸 )が ズレていると その 水 平 角 観 測 値 には α α のように 誤 差 を 生 じる この 誤 差 を 偏 心 誤 差 ( 目 盛 板 の 偏 心 誤 差 ) と 言 う 目 盛 板 望 遠 鏡 α α の 中 心 今 右 図 のように 目 盛 板 の 中 心 O と の 中 心 (トランシットの 回 転 軸 )P がズレているトランシットで 目 標 A 1 とA 2 を 正 (r) 反 (l)で 観 測 し た 場 合 を 考 えてみる ここで 実 際 に 観 測 される 角 度 は αr ( 正 )とαl( 反 )であるが トランシット が 回 転 している 角 度 ( 求 めるべき 正 しい 角 Al 2 度 )はαである α よって αr とαlからαを 求 める 事 がで きれば 偏 心 誤 差 は 正 反 の 観 測 値 を 平 均 す Al 1 る 事 で 消 去 できることが 証 明 される αl 目 盛 板 の 中 心 P α O αr Ar 1 A 2 Ar 2 まず 同 一 円 弧 に 対 する 円 周 角 は その 中 心 角 の 1/2 である 事 を 利 用 して 考 える と 次 のようになる 目 盛 板 1 1 Ar1 Al2P = αr 同 様 に Al2Ar1 P= αl 2 2 ~ 5 ~

6 次 に α( Ar 1 P Ar 2 )について 考 えると 三 角 形 の 外 角 より 次 のようになる α( Ar 1 P Ar 2 )= Ar 1 Al 2 P + Al 2 Ar 1 P = 1/2(αr + αl) よって 偏 心 誤 差 は 正 反 観 測 値 の 平 均 をとることで 消 去 できる 鉛 直 角 観 測 については 望 遠 鏡 正 反 の 回 転 角 度 が 180 ではないため 消 去 されない 過 去 問 題 にチャレンジ! (H18-1-D: 士 補 出 題 ) 次 の 文 は セオドライト(トランシット)を 用 いた 水 平 角 観 測 において 生 じる 誤 差 について それ ぞれ 述 べたものである 望 遠 鏡 の 正 ( 右 ) 反 ( 左 )の 観 測 値 を 平 均 することで 消 去 できる 誤 差 の 組 合 せとして 最 も 適 当 なものはどれか 次 の 中 から 選 べ a. 望 遠 鏡 の 視 準 線 が セオドライトの の 中 心 から 外 れているために 生 じる 誤 差 b. セオドライトの 水 平 目 盛 盤 の 目 盛 間 隔 が 均 一 でないために 生 じる 誤 差 c. 空 気 密 度 の 不 均 一 さによる 目 標 像 のゆらぎのために 生 じる 誤 差 d. セオドライトの 水 平 目 盛 盤 の 中 心 が の 中 心 と 一 致 していないために 生 じる 誤 差 e. セオドライトの の 方 向 が 鉛 直 線 の 方 向 に 一 致 していないために 生 じる 誤 差 f. セオドライトの と が 直 交 していないために 生 じる 誤 差 1. a,c,e 2. a,d,f 3. b,c,e 4. b,e,f 5. c,d,f ~ 6 ~

7 < 解 答 > 問 題 文 にある 各 誤 差 について 考 えると 次 のようになる a. 視 準 線 誤 差 : 正 反 の 平 均 によって 消 去 可 能 b. 目 盛 盤 誤 差 : 目 盛 の 全 周 を 満 遍 なく 使 う 観 測 方 法 で 低 減 することが 可 能 c. 陽 炎 などの 現 象 は 観 測 時 刻 を 吟 味 して 観 測 するしかない この 問 題 文 は 角 観 測 に 関 する 不 定 誤 差 ( 自 然 現 象 や 偶 発 的 な 事 態 により 発 生 する 誤 差 で 消 去 する 方 法 はない)であり 空 気 密 度 が 不 均 一 となるために 光 の 屈 折 が 不 均 一 となり 生 じる 誤 差 であ る いわゆる 陽 炎 (かげろう) と 考 えても 差 し 支 えないが 視 準 線 が 建 物 や 樹 木 に 接 して 通 る 場 合 にも 生 じることがある 消 去 方 法 はないが 観 測 時 間 を 陽 炎 の 少 ない 朝 や 夕 方 にする ことにより 影 響 を 小 さくすることはできる 正 反 の 観 測 作 業 では 消 去 できない d. 目 盛 盤 の 偏 心 誤 差 : 正 反 の 平 均 によって 消 去 可 能 e. 誤 差 : 観 測 方 向 ごとの 気 泡 管 のずれを 記 録 しておいた 後 補 正 値 を 算 出 することに より 低 減 することが 可 能 完 全 に 消 去 することはできない f. の 誤 差 : 正 反 の 平 均 によって 消 去 可 能 よって 正 反 の 平 均 によって 消 去 が 可 能 なものは a.d.f の 組 合 せとなる 解 答 :2 過 去 問 題 にチャレンジ! (H20-1-A: 士 補 出 題 ) 次 の 文 は セオドライト(トランシット)を 用 いた 水 平 角 観 測 において 生 じる 誤 差 について 述 べた ものである 望 遠 鏡 の 正 ( 右 ) 反 ( 左 )の 観 測 値 を 平 均 しても 消 去 できない 誤 差 はどれか 次 の 中 か ら 選 べ 1. 望 遠 鏡 の 視 準 線 がセオドライトの の 中 心 から 外 れているために 生 じる 外 心 誤 差 2. セオドライトの が と 直 交 していないために 生 じる 誤 差 3. 望 遠 鏡 の 視 準 線 がセオドライトの と 直 行 していないために 生 じる 視 準 線 誤 差 4. セオドライトの が 鉛 直 線 から 傾 いているために 生 じる 誤 差 5. セオドライトの 水 平 目 盛 盤 の 中 心 が の 中 心 と 一 致 していないために 生 じる 偏 心 誤 差 ~ 7 ~

8 < 解 答 > 水 平 角 観 測 における トランシット(セオドライト)の 誤 差 と 消 去 法 に 関 する 問 題 である 以 下 に 問 題 文 中 の 各 選 択 肢 について 解 説 する 1. 消 去 できる 外 心 誤 差 は 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 値 を 平 均 することにより 消 去 できる 2. 消 去 できる 誤 差 は 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 値 を 平 均 することにより 消 去 できる 3. 消 去 できる 視 準 軸 誤 差 は 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 値 を 平 均 することにより 消 去 できる 4. 消 去 できない 誤 差 は トランシットの と 鉛 直 線 の 方 向 が 一 致 していないため 水 平 角 の 測 定 に 生 じる 誤 差 である 誤 差 の 消 去 法 はない ( 補 正 値 を 算 出 することにより 軽 減 することは 可 能 ) 5. 消 去 できる 偏 心 誤 差 は 望 遠 鏡 正 反 の 観 測 値 を 平 均 することにより 消 去 できる よって 消 去 できない 誤 差 は 4 の 誤 差 である なお 各 誤 差 に 関 する 説 明 は 問 題 文 の 通 りである 解 答 :4 ~ 8 ~

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5

抵 抗 値 [Ω] 04.0 累 積 数 頻 度 数 頻 度 分 布 表 市 販 の 00Ωの 抵 抗 の 抵 抗 値 の 分 布 00 00 300 03.5 03.0 0.5 0.0 正 正 正 0.5 0.0 正 正 正 正 正 正 00.5 正 正 正 正 正 正 正 正 00.0 99.5 機 械 システム 応 用 実 験 ~データの 統 計 的 処 理 とデータの 考 察 について~ I. データの 統 計 的 処 理 まず データの 統 計 的 処 理 について 学 ぶ ある 物 理 量 を 測 定 する 場 合 測 定 値 の 誤 差 を 考 慮 する 必 要 がある 測 定 値 の 誤 差 には 間 違 い(mistake)や 系 統 的 誤 差 (systematic error)などがあるが

More information

本 文 で 述 べたように アレン 誘 導 体 の 軸 性 キラリテイーは 直 交 したπ 分 子 平 面 が 回 転 で きず その 面 内 にそれぞれ 二 つの 置 換 基 が 固 定 されているために 起 こる よって 立 体 障 害 などによって 単 結 合 が 回 転 できなくなっても 同

本 文 で 述 べたように アレン 誘 導 体 の 軸 性 キラリテイーは 直 交 したπ 分 子 平 面 が 回 転 で きず その 面 内 にそれぞれ 二 つの 置 換 基 が 固 定 されているために 起 こる よって 立 体 障 害 などによって 単 結 合 が 回 転 できなくなっても 同 6 章 工 学 ナビ Web に link アレンやビフェニル 誘 導 体 のキラリテイーは 軸 性 キラリテイーという ここで アレン 誘 導 体 の 四 つの 置 換 基 が 頂 点 を 占 める 四 面 体 を 考 える 例 として 本 文 にある 1,3-ジメチルアレ ンを 考 えよう まず 1) 分 子 の 中 心 を 通 る 軸 つまり メチル 基 と 水 素 を 結 ぶ 二 本 の 線

More information

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 1 14 28 16 00 17 30 P-1 P-2 P-3 P-4 P-5 2 24 29 17 00 18 30 P-6 P-7 P-8 P-9 P-10 P-11 P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 5 24 28 16 00 17 30 P-23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE88F918145907D96CA82CC8B4C8DDA82CC8EE888F882AB81698C8B8D8794C5816A88F38DFC977082508D658DCF82DD30382E332E31372E646F63> 2. 図 面 の 記 載 の 基 本 意 匠 法 の 保 護 対 象 となる 物 品 の 形 態 は 大 半 が 立 体 状 の 形 態 をしています しかし そ の 立 体 状 の 形 態 を 意 匠 登 録 出 願 する 際 には 平 面 上 に 記 載 した 図 面 等 によって 表 す 規 定 と なっています つまり 意 匠 権 の 客 体 は 現 実 の 立 体 物 ではなく その 図

More information

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回)

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回) 図 11:< 最 適 なリスクファイナンスの 水 準 > よって 費 用 対 効 果 の 観 点 からして 費 用 の 掛 け 方 には 100%でない どこか 別 の 適 正 な 水 準 がある 例 えば 免 責 金 額 を 設 けることでコストをセーブする あるいは 全 体 に 保 険 をかけるのではなく 一 部 分 をピックアップして 保 険 をかける さらには 保 険 をかけるタ イミングを

More information

ab c d 6 12 1:25,000 28 3 2-1-3 18 2-1-10 25000 3120 10 14 15 16 7 2-1-4 1000ha 10100ha 110ha ha ha km 200ha 100m 0.3 ha 100m 1m 2-1-11 2-1-5 20cm 2-1-12 20cm 2003 1 05 12 2-1-13 1968 10 7 1968 7 1897

More information

Box-Jenkinsの方法

Box-Jenkinsの方法 Box-Jeks の 方 法 自 己 回 帰 AR 任 意 の 時 系 列 を 過 程 ARと 呼 ぶ で 表 す これが AR または AR m m m 個 の 過 去 の 値 に 依 存 する 時 これを 次 数 の 自 己 回 帰 ここで は 時 間 の 経 過 に 対 して 不 変 な 分 布 を 持 つ 系 列 相 関 のない 撹 乱 誤 差 項 である 期 待 値 一 定 の 分 散 σ

More information

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究 平 成 25 年 度 卒 業 論 文 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 作 成 法 の 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 B0P21056 山 田 僚 介 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール

More information

目 次 1 当 座 口 振 込 通 知 書 P1 ( 機 械 様 式 第 87 号 A) ( 平 成 25 年 1 月 診 療 (3 月 支 払 分 ) 以 降 ) 2 増 減 点 連 絡 書 P4 ( 機 械 様 式 第 20 号 の1) 3 返 戻 内 訳 書 P6 ( 機 械 様 式 第 20

目 次 1 当 座 口 振 込 通 知 書 P1 ( 機 械 様 式 第 87 号 A) ( 平 成 25 年 1 月 診 療 (3 月 支 払 分 ) 以 降 ) 2 増 減 点 連 絡 書 P4 ( 機 械 様 式 第 20 号 の1) 3 返 戻 内 訳 書 P6 ( 機 械 様 式 第 20 増 減 点 連 絡 書 各 種 通 知 書 の 見 方 医 療 機 関 薬 局 平 成 25 年 4 月 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 目 次 1 当 座 口 振 込 通 知 書 P1 ( 機 械 様 式 第 87 号 A) ( 平 成 25 年 1 月 診 療 (3 月 支 払 分 ) 以 降 ) 2 増 減 点 連 絡 書 P4 ( 機 械 様 式 第 20 号 の1) 3 返

More information

- 111 -

- 111 - - 110 - - 111 - - 112 - - 113 - - 114 - - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - - 121 - - 122 - - 123 - - 124 - - 125 - - 126 - - 127 - - 128 - - 129 - - 130 - - 131 - - 132 - - 133 - - 134 - -

More information

300 10

300 10 300 10 16 1695 4 2 44 7 3 1 2 2 1869 11 192210 506.75ha 3 (1594) (1596) 16 17 7 1630 2 14 1637 16 17 4 1664 5 6 1678 6 1678 6 3 8 16954 8 (1758) 7 (1770) 17 2 (1745) 2 (1765) 4 11 11 10 12 1 12 12 12 2

More information

第1 予算編成の基本的な考え方

第1 予算編成の基本的な考え方 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - ) () (

More information

0

0 ... 1... 2... 3... 5... 10... 13... 15... 19... 22... 24... 26... 27 0 0 1 2 H13 12 3 4 H21 15.7 5 29.8 10 1 6 4 1 10 1 50,284 48,834 46,185 41,056 33,892 26,726 7 8 9 1012 10 11 12 136ha 80.7ha 13 14

More information

0.表紙

0.表紙 60 10 11 11 11,600 36,500 10,500 7,900 +1,500+1,500+9,000+18,0003,70041,600 12 3.84ha 3,100 3,100 4,400 2,785 5,000 50 70 3,500 3,500 2,600 30 2,600 45 3,375 40 4,500 20 2,000 12 1,500 12 2,300 7,500

More information

1 4 8 19 65 87 108 132 142 156 - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - 30-19 - - 20 - ( ) - 21 - - 22 - - 23 - - 24 -

More information

-2-

-2- -1- -2- -3-24 32ha 13-4- 30-5- -6- -7- 100-8- 20 20 100-9- 100-10- 100 100-11- -12-30 -13- 10-14- 52 71 59-15- 30-16- -17- -18- 31 31-19- -20- 47 52 71 29 41 59 306 88 348-21- -22- -23- -24- 12-25- 1,300

More information

総務委員会会議録

総務委員会会議録 29 28 29 29 () 121 1 111 11928 3 () () () () 11928 3 1,320 32,7897,000 () 1 23725,000 9 1,320 313 2,7897,000 2 2 2 5.5 16 15200 31 29 2931 3110 21 21 5 6 8,2195,000 2134,1097,000 1,320 32,7897,000 31 ()

More information

100 26331 26331 7,082ha(6.9% 9,027ha(8.8) 903ha(0.9%) 1,2292.5% 5,45711.2% 2,916(6.0%) 80,622ha79.0 4,507ha4.4% 18,277(37.4) 2949 (42.9% ( ) !! 1008940 (03)3581-4111 http://www.mof.go.jp/ 0608579

More information

2 3 2

2 3 2 1 2 3 2 ha ha ha 3 4 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 5 5 ( ) ( ) 3 ( ) ( ),,, 5 6 7 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 6 36.3% ( ) 8 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 3 5 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( )

More information

untitled

untitled 2 23 3 28 10 12 1 2 3 18 6 1 1 2 9 9 5 22 1 22 10 2 100 9 9 9 1 11 2,300 22 10 8 90 5 80 90 100 5,000 100 90 5 90 8 90 13 1 22 20 / 14 / 10 / 1 13 80 8 80 80 7 8 13 80 7 90 2 200 300 3 4 10 1 1 90 5 90

More information

- 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)

- 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) - 7 - (1) (2).. ha 43 ( (1) ( ) (2).. 18 11 30 43 (1).. (2).. 0.5. () () A) B) C) - 8 -. 1 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) 43-9 - - 10 - (1).. 43.. 43... 43 - 11 - (2) (1).. A B A A B A - 12 -.

More information

14 12 ( 17 4 2 ) 2004

14 12 ( 17 4 2 ) 2004 14 12 ( 17 4 2 ) 2004 1 4,700 1980 1,757 1,150 25,000ha 6,000ha 10 10 10 2 1981 56 90 4,700 1980 1,757 1,150 2003 187,614 96,940 51.7 17 102,128 54.7 2004 545 76 14 2004 4 13 49.1 1981 84,638 38,272 17,570

More information

untitled

untitled 1,985ha 41.5 2,799ha 58.5 4,784ha 100.0 3 14,210 0 0.0 27 57,590 37,140 64.5 3 1,800 930 51.7 6 1,150 1,150 31.0 39 77,310 39,220 50.7 34 8-3 34 8-4 52 1-6 52 2-3 53 1-6 56 1-2 56 1 18 12 17 30 50

More information

9 5 1 9 30 17 10 1 21 30 18 10 1 22 30 18 10 1 20 30 16 10 1 20 30 31 16 60 9 63 9 65 9 3 14 1 2 3 4 19 10 1 5,600 20,000 21,500 10 10 1,540 1,540 950 950 178 15 5,329 19 1,900 200 19 12 1 200 3,429

More information

,

, 34 29 5 29 6 29 7 30 28 26 1 1-71 - , - 72 - 27 3 1, - 73 - 5811 5821 5822 5831 58 2 5841 5851 5861 5862 5863 5864 5892 5896 5897 5898 5891 5895 7711 622 6311 6312 6314 6324 6032 6033 7611 7621 7623 7624

More information

untitled

untitled 18 12 10 40 H5N1 2005 11 WHO 2005 12 2006 6 (H5N1) 10 25 1,700 ( 1,300 2,500 ) 200 53 64 17 30% 3,785,000 291,200 3 14,100 4 30% 57,600 4,430 3 1,150 320 210 4 2% 0.56% () ) 1 10 2 3A (2B) 3B 4A5A 6A 4B

More information

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編 K L N K N N N N N N N N N N N N L A B C N N N A AB B C L D N N N N N L N N N A L B N N A B C N L N N N N L N A B C D N N A L N A L B C D N L N A L N B C N N D E F N K G H N A B C A L N N N N D D

More information

ありがとうございました

ありがとうございました - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - 1 2 AB C A B C - 6 - - 7 - - 8 - 10 1 3 1 10 400 8 9-9 - 2600 1 119 26.44 63 50 15 325.37 131.99 457.36-10 - 5 977 1688 1805 200 7 80-11 - - 12 - - 13 - - 14 - 2-1 - 15 -

More information

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編

EPSON エプソンプリンタ共通 取扱説明書 ネットワーク編 K L N K N N N N N N N N N N N N L A B C N N N A AB B C L D N N N N N L N N N A L B N N A B C N L N N N N L N A B C D N N A L N A L B C D N L N A L N B C N N D E F N K G H N A B C A L N N N N D D

More information

公務員人件費のシミュレーション分析

公務員人件費のシミュレーション分析 47 50 (a) (b) (c) (7) 11 10 2018 20 2028 16 17 18 19 20 21 22 20 90.1 9.9 20 87.2 12.8 2018 10 17 6.916.0 7.87.4 40.511.6 23 0.0% 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2.0% 4.0% 6.0% 8.0%

More information

Q1 Q2 Q3 Q4 Q1 Q2 Q3 Q4 A B (A/B) 1 1,185 17,801 6.66% 2 943 26,598 3.55% 3 3,779 112,231 3.37% 4 8,174 246,350 3.32% 5 671 22,775 2.95% 6 2,606 89,705 2.91% 7 738 25,700 2.87% 8 1,134

More information

橡hashik-f.PDF

橡hashik-f.PDF 1 1 1 11 12 13 2 2 21 22 3 3 3 4 4 8 22 10 23 10 11 11 24 12 12 13 25 14 15 16 18 19 20 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 144 142 140 140 29.7 70.0 0.7 22.1 16.4 13.6 9.3 5.0 2.9 0.0

More information

198

198 197 198 199 200 201 202 A B C D E F G H I J K L 203 204 205 A B 206 A B C D E F 207 208 209 210 211 212 213 214 215 A B 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 A B C D 230 231 232 233 A

More information

ネットショップ・オーナー2 ユーザーマニュアル

ネットショップ・オーナー2  ユーザーマニュアル 1 1-1 1-2 1-3 1-4 1 1-5 2 2-1 A C 2-2 A 2 C D E F G H I 2-3 2-4 2 C D E E A 3 3-1 A 3 A A 3 3 3 3-2 3-3 3-4 3 C 4 4-1 A A 4 B B C D C D E F G 4 H I J K L 4-2 4 C D E B D C A C B D 4 E F B E C 4-3 4

More information

1

1 1 2 3 4 5 (2,433 ) 4,026 2710 243.3 2728 402.6 6 402.6 402.6 243.3 7 8 20.5 11.5 1.51 0.50.5 1.5 9 10 11 12 13 100 99 4 97 14 A AB A 12 14.615/100 1.096/1000 B B 1.096/1000 300 A1.5 B1.25 24 4,182,500

More information

2003 10 2003.10.21 70.400 YES NO NO YES YES NO YES NO YES NO YES NO NO 20 20 50m 12m 12m 0.1 ha 4.0m 6.0m 0.3 ha 4.0m 6.0m 6.0m 0.3 0.6ha 4.5m 6.0m 6.0m 0.6 1.0ha 5.5m 6.5m 6.0m 50m 18 OK a a a a b a

More information

pos_meas_iKAGRA_BS

pos_meas_iKAGRA_BS ikagra BS 鏡 及 び 真 空 槽 位 置 測 定 2016 年 6 月 文 責 : 大 石 奈 緒 子 測 定 : 荒 木 栄 (KEK) 寺 田 聡 一 ikagra で 使 用 した BS 鏡 の 位 置 を 測 定 するため 6 月 7 8 日 に FARO 社 製 3 次 元 測 定 器 を 用 いて 測 定 を 行 った 結 果 真 空 槽 の 横 フランジを 参 照 基 準 とした

More information

untitled

untitled 176 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 2 巻 第 4 号 ( 通 巻 58 号 ),176~180 (2011) 報 告 鉄 棒 における バーを 越 えながら 後 方 かかえ 込 み 2 回 宙 返 り 懸 垂 (コバチ) の 技 術 に 関 する 研 究 新 島 卓 矢 加 納 実 A Study of the Technique of ``Double Salto backward

More information

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上

5. 4. 4 ノ イ ズ の 限 度 ノ イ ズ レ ベ ル の 測 定 は 競 技 に 先 立 っ て な る べ く 公 式 練 習 日 の 間 に 行 う こ と を 推 奨 す る ノ イ ズ レ ベ ル は ヘ リ コ プ タ ー が 直 径 2 m の サ ー ク ル の 中 心 上 ( 訳 小 森 一 郎 ) 2010 F A I F 3 C 競 技 ル ー ル 2 0 1 0 年 版 ( 適 用 開 始 2010.1) 5. 4 ク ラ ス F 3 C ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー 5. 4. 1 ラ ジ オ コ ン ト ロ ー ル ヘ リ コ プ タ ー の 定 義 ヘ リ コ プ タ ー と は 名 目 的 垂 直 軸 ( 1 本 ま た は

More information

中1数学中間期末過去問集

中1数学中間期末過去問集 中 学 中 間 期 末 試 験 問 題 集 ( 過 去 問 ): 数 学 1 年 http://www.fdtext.com/dat/ 度 数 分 布 表 [ 問 題 ](1 学 期 中 間 ) 下 の 資 料 は,ある 中 学 校 の 男 子 生 徒 12 人 のハンドボール 投 げの 記 録 である この 資 料 から 右 の 度 数 分 布 表 を 完 成 せよ 14 20 25 28 18

More information

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010

宮城教育大学情報処理センター研究紀要2010 実 践 研 究 論 文 4 軸 X 線 回 折 測 定 による 超 伝 導 薄 膜 配 向 性 の 3D 表 示 プログラムの 作 成 1 大 竹 佑 樹 1, 内 山 哲 治 宮 城 教 育 大 学 大 学 院 教 科 教 育 専 攻 理 科 教 育 専 修 2 宮 城 教 育 大 学 教 育 学 部 理 科 教 育 講 座 2 本 研 究 室 では 超 伝 導 薄 膜 の 作 製 を 行 っている

More information

大 阪 福 岡 鹿 児 島 前 頁 からの 続 き 35

大 阪 福 岡 鹿 児 島 前 頁 からの 続 き 35 資 料 1 各 都 市 における 年 平 均 気 温 の 長 期 変 化 傾 向 グラフ 札 幌 仙 台 新 潟 名 古 屋 東 京 横 浜 京 都 広 島 各 都 市 における 年 平 均 した 平 均 気 温 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 長 期 変 化 傾 向 細 い 折 れ 線 は 毎 年 の 値 太 い 折 れ 線 は 5 年 移 動 平 均 を 示 す 信 頼 水 準 90%

More information

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう 第 7 話 力 のモーメントと 曲 げモーメントを 混 同 していませんか 2008 年 4 月 0 日 作 成 萩 原 芳 彦 はりの 曲 げや 軸 のねじりにおいて 登 場 する 曲 げモーメントやねじりモーメントについて なかなか 正 しく 理 解 できない 学 生 がおり 教 える 側 としても 苦 労 するところである これ もニュートンの 第 法 則 や 第 3 法 則 の 本 質 をおろそかにして

More information

Microsoft Word - Stattext05.doc

Microsoft Word - Stattext05.doc 5 章 基 本 統 計 量 3.5 節 で 量 的 データの 集 計 方 法 について 簡 単 に 触 れ 前 章 でデータの 分 布 について 学 びましたが データの 特 徴 をつの 数 値 で 示 すこともよく 行 なわれます これは 統 計 量 と 呼 ばれ 主 に 分 布 の 中 心 や 拡 がりなどを 表 わします この 章 ではよく 利 用 される 分 布 の 統 計 量 を 特 徴

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

測量士補 重要事項「写真地図作成」

測量士補 重要事項「写真地図作成」 写 真 地 図 < 試 験 合 格 へポイント> 写 真 地 図 は 旧 業 規 程 において 写 真 図 として 掲 載 されていたもである H20 年 3 月 業 規 程 準 則 改 正 により 写 真 地 図 として 新 たな 項 目 となった 士 補 へ 出 題 は オルソフォトに 関 する 枝 問 として 出 題 されていた 写 真 地 図 として 出 題 は H24 年 度 が 初 めてで

More information

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2

講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方 法 6 標 本 調 査 に 関 する 例 題 2 3 地 域 統 計 の 加 工 分 析 の 方 法 兵 庫 県 企 画 県 民 部 ( 統 計 課 ビジョン 課 ) 芦 谷 恒 憲 2015/4/20 講 義 のあらまし 1 兵 庫 県 統 計 課 の 情 報 提 供 の 現 状 2 統 計 データのとらえ 方 3 統 計 データの 加 工 分 析 の 方 法 4 標 本 調 査 と 標 本 誤 差 5 統 計 分 析 レポートの 作 成 の 方

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション レポートの 書 き 方 電 気 電 子 工 学 科 年 次 クラス 担 任 辻 寧 英 理 科 系 文 書 特 徴 読 者 に 伝 えるべき 内 容 が 事 実 と 意 見 に 限 られる 心 情 的 要 素 を 含 まない 心 得 事 実 : 証 拠 をあげて 裏 づけすることができるもの 意 見 : 何 事 かについてある 人 が 下 す 判 断 必 要 なことはもれなく 記 述 し, 不 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20985F95B6937996D88C7689E68F4889A19363378C8E32825393FA8CBB8DDD> 道 路 の 大 型 車 交 通 のランプ 間 ODの 空 間 時 間 的 性 質 に 関 する 研 究 * The spatio-temporal characteristics of large vehicle OD traffic volumes on Hanshin Expressway* 横 田 孝 義 ** 玉 川 大 *** 谷 口 栄 一 **** 河 本 一 郎 ***** By Takayoshi

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

(2) 騒 音 に 係 る 規 制 基 準 1 騒 音 規 制 法, 熊 本 県 条 例 に 基 づく 特 定 工 場 等 ( 工 場 事 業 場 ) 及 び 特 定 に 係 る 騒 音 の 基 準 時 間 昼 午 前 8 時 から 間 午 後 7 時 まで 朝 午 前 6 時 から 午 前 8 時

(2) 騒 音 に 係 る 規 制 基 準 1 騒 音 規 制 法, 熊 本 県 条 例 に 基 づく 特 定 工 場 等 ( 工 場 事 業 場 ) 及 び 特 定 に 係 る 騒 音 の 基 準 時 間 昼 午 前 8 時 から 間 午 後 7 時 まで 朝 午 前 6 時 から 午 前 8 時 第 5 章 騒 音 振 動 1. 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 規 制 基 準 (1) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 地 域 の 類 型 昼 間 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 基 まで 準 夜 間 値 午 後 10 時 ~ 翌 日 の 午 前 6 時 まで 備 考 道 路 に 面 する 地 域 以 外 の 地 域 AA A 及 びB C 50デシベ 40デシベ 55デシベ 45デシベ

More information

1. 鉱 山 業 や 製 造 業 さら には 農 林 漁 業 に 至 る 幅 広 い 産 業 を 支 えた 動 力 機 関 発 達 の 歩 み を 物 語 る 近 代 化 産 業 遺 産 群 20 1853 1855 1872 1881 1897 1896 1903 1920 1926 1921 1

1. 鉱 山 業 や 製 造 業 さら には 農 林 漁 業 に 至 る 幅 広 い 産 業 を 支 えた 動 力 機 関 発 達 の 歩 み を 物 語 る 近 代 化 産 業 遺 産 群 20 1853 1855 1872 1881 1897 1896 1903 1920 1926 1921 1 資 料 2 ストーリー 案 1. 鉱 山 業 や 製 造 業 さら には 農 林 漁 業 に 至 る 幅 広 い 産 業 を 支 えた 動 力 機 関 発 達 の 歩 み を 物 語 る 近 代 化 産 業 遺 産 群 20 1853 1855 1872 1881 1897 1896 1903 1920 1926 1921 1931 1907 * - 1 - - 2 - 2. 出 発 点 で 立 ち

More information

Taro10-名張1審無罪判決.PDF

Taro10-名張1審無罪判決.PDF -------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- -1- 39 12 23 36 4 11 36 47 15 5 13 14318-2-

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

. 先 行 研 究 について この 論 文 を 作 成 するにあたって 山 鹿 八 田 (000)の 通 勤 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 を 先 行 研 究 として 参 考 にした そのため 本 論 で 扱 われるモデルは 山 鹿 八 田 (000)で 紹 介 されている

. 先 行 研 究 について この 論 文 を 作 成 するにあたって 山 鹿 八 田 (000)の 通 勤 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 を 先 行 研 究 として 参 考 にした そのため 本 論 で 扱 われるモデルは 山 鹿 八 田 (000)で 紹 介 されている JR 埼 京 線 の 通 勤 ラッシュについての 実 証 分 析 上 地 さきえ 樋 口 高 明 山 崎 敦 嗣 < 要 約 > 本 稿 では 通 勤 の 疲 労 コストと 最 適 混 雑 料 金 の 測 定 山 鹿 八 田 (000 年 )で 紹 介 されているモデ ルを 用 い JR 埼 京 線 の 通 勤 混 雑 についての 実 証 分 析 を 行 う 山 鹿 八 田 (000 年 )と 同

More information

2 確率論

2  確率論 . 確 率 の 応 用.. 独 立 試 行 事 象 A と B が 独 立 のとき P(A) = P(A B) と P(B) = P(B A) が 同 時 に 成 立 し このことは A と B の 間 に 関 連 性 (associatio)がないことを 意 味 する 事 象 の 独 立 性 は 一 般 に 次 のように 拡 張 される 定 義. 事 象 列 {B }に 対 して その 任 意 の

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

Taro-学校だより学力調査号.jtd

Taro-学校だより学力調査号.jtd 第 5 号 ( H2 7. 1 1. 1 7 ) 舞 鶴 小 学 校 ま い づ る 発 行 人 大 澤 正 史 本 校 の 学 習 状 況 に つ い て ( 今 年 度 6 年 生 が 実 施 し た 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 ) 今 年 度 の 全 国 学 A1 2007 年 よ り 日 本 全 国 の 小 中 学 校 の 最 高 学 年 ( 小 学 6 年 力 学

More information

微 分 方 程 式 ~1 階 線 形 微 分 方 程 式 の 研 究 ~ 茨 城 県 立 緑 岡 高 等 学 校 小 峰 航 (2), 柴 田 卓 (2), 後 藤 司 はじめに 動 機 と 目 的 は 以 下 の 通 りである 動 機 授 業 で 微 分 積 分 を 学 び, 解 析 学 に 興

微 分 方 程 式 ~1 階 線 形 微 分 方 程 式 の 研 究 ~ 茨 城 県 立 緑 岡 高 等 学 校 小 峰 航 (2), 柴 田 卓 (2), 後 藤 司 はじめに 動 機 と 目 的 は 以 下 の 通 りである 動 機 授 業 で 微 分 積 分 を 学 び, 解 析 学 に 興 データとスポーツの 関 係 性 茨 城 県 立 水 戸 第 二 高 等 学 校 岡 野 優 風 (2 年 ), 平 野 真 愛 (2 年 ) 野 村 和 子 1.はじめに 今 日 では 様 々な 物 事 がデータ 化 されそのデータは 世 界 中 であらゆることに 利 用 されている バ レーボールの 日 本 代 表 の 試 合 も データによって 組 み 立 てられている 私 たちはスポーツの 世

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

untitled

untitled 添 付 資 料 1 パレート 図 の 作 成 ( 基 本 操 作 ) パレート 図 は 表 の 様 な 項 目 別 の 件 数 データから 作 成 します 不 適 合 項 目 不 良 件 数 誤 字 77 イラスト 誤 配 置 3 引 き 出 し 線 誤 り 20 配 置 ミス 57 ヘ ーシ 番 号 誤 り 17 フ リントミス 6 その 他 6 STEP1 不 良 件 数 の 多 い 順 に 並

More information

Microsoft PowerPoint - せん断強さ

Microsoft PowerPoint - せん断強さ 土 の 強 さ 土 が 外 力 を 受 けると 土 の 中 にせん 断 応 力 ([kn/m 2 ]) が 生 じて,その 中 でせん 断 抵 抗 を 越 える 箇 所 があると, 図 に 示 したようなせん 断 破 壊 が 起 こる 破 壊 する 面 をす べり 面 といい,せん 断 応 力 に 抵 抗 する 最 大 のせん 断 抵 抗 をせん 断 強 さ(s[kN/m 2 ])という せん 断

More information

Microsoft PowerPoint - am9.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - am9.ppt [互換モード] 重 回 帰 分 析 multle regresso aalss 回 帰 分 析 Regresso Aalss) 単 回 帰 分 析 重 回 帰 分 析.3~. 重 回 帰 分 析 説 明 変 数 がつの 場 合 ) 線 形 的 な 関 係 式 を 求 め 以 下 の 事 柄 を 明 らかにする 予 測 潜 在 能 力 評 価 Data Data 説 明 変 数 の 目 的 変 数 に 及 ぼす 影

More information