Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 研究報告書(崇城大-岡).doc"

Transcription

1 崇城 大学 生物生命学部 崇城大学 1999 年 九州大学農芸化学科卒業 生物生命学部 2004 年 同大学院生物資源環境科学府 応用微生物工学科 博士課程修了 准教授 2004 年 産業技術総合研究所 糖鎖工学研究センター研究員 岡 拓二 2008 年 崇城大学生物生命学部助教 2010 年 崇城大学生物生命学部准教授 糸状菌のガラクトフラノース含有糖鎖生合成に関わる 新規糖転移酵素遺伝子の機能解析 はじめに アスペルギルス属糸状菌の物質生産能や病原毒性には 菌糸の先端成長 すなわ ち 細胞壁の形成が関わっており 細胞壁構成糖鎖の生合成について世界中で活発な 研究が行われている アスペルギルス属の細胞壁成分には β1,3(6)-グルカン αグルカン マンナン キチン ガラクトマンナンが知られている このうち ガラク トマンナン以外の細胞壁糖鎖構成成分の生合成に関わる遺伝子は 既に 同定され 遺伝子の機能解析により細胞壁形成における役割が明らかにされつつある ガラクト マンナンは α1,2-マンノースの重合体にβ1,5-ガラクトフラノース(gal f ) の 重合 体 (ガラクトフラナン) がβ1,6-結合する構造であることが知られている このガラ クトフラナンは 真核生物においては動物や植物および酵母には存在せず Aspergillus 属や Trichoderma 属などの糸状菌にのみ存在する 糸状菌が特異的に持 つ糖鎖である 細胞壁に含まれるガラクトフラナンは ヒトに対する抗原性を持ち 肺アスペルギルス症の病原菌である A. fumigatus の病原毒性に関与することが示唆 されている よって ガラクトフラナンの生合成に関わる糖転移酵素遺伝子が同定さ れることで この感染メカニズムの解明につながると考えられる 近年 A. nidulans において UDP-ガラクトピラノース (Gal p ) から UDP-Gal f を 合成する UDP-Gal p ム ターゼをコードする ugma 遺 伝子が見つかり ugma 遺 伝子がガ ラクトフラナンの生合成や正常な細胞壁形成に必要不可欠であることが明らかになっ ている このことは 同時にガラクトフラナン合成酵素の糖供与体が UDP-Gal f であ

2

3

4

5

6

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63>

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63> 平成 23 年 2 月 12 日筑波大学 不要な mrna を選択的に分解するしくみを解明 医療応用への新規基盤をめざす < 概要 > 真核生物の遺伝子の発現は DNA のもつ遺伝情報をメッセンジャー RNA(mRNA) に写し取る転写の段階だけでなく 転写の結果つくられた mrna 自体に対しても様々な制御がなされています 例えば mrna を細胞内の特定の場所に引き留めておくことや 正確につくられなかった

More information

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科

From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University History 農学部 農学研究科の沿革 1949年 4月 兵庫県立農科大学開学 現 兵庫県篠山市 農学は 自然科学に加えて社会科 Graduate School of Agricultural Science Kobe University 2016 Graduate School of Agricultural Science Kobe University From Farm to Table 農学を志す君たちへ Graduate School of Agricultural Science Kobe University

More information

P1-1 P1-2 P1-3 P1-4 P1-5 P1-6 P3-1 P3-2 P3-3 P3-4 P3-5 P3-6 P5-1 P5-2 P5-3 P5-4 P5-5 P5-6 P7-1 P7-2 P7-3 P7-4 P7-5 P7-6 P9-1 P9-2 P9-3 P9-4 P9-5 P9-6 P11-1 P11-2 P11-3 P11-4 P13-1 P13-2 P13-3 P13-4 P13-5

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030 1 913 9001030 A B C D E F G H J K L M 9:00 1A0900 9:15 1A0915 9:30 1A0930 9:45 1A0945 10 : 00 1A1000 10 : 15 1B0900 1B0915 1B0930 1B0945 1B1000 1C0900 1C0915 1D0915 1C0930 1C0945 1C1000 1D0930 1D0945 1D1000

More information

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 1 14 28 16 00 17 30 P-1 P-2 P-3 P-4 P-5 2 24 29 17 00 18 30 P-6 P-7 P-8 P-9 P-10 P-11 P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 5 24 28 16 00 17 30 P-23

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

物学的現象をはっきりと掌握することに成功した論文である との高い評価を得ています 2. 研究成果ブフネラゲノムの全塩基配列の決定に当たっては 全ゲノムショットガンシークエンス法 4 を用いました 今回ゲノム解析に成功したのは エンドウヒゲナガアブラムシ (Acyrthosiphon pisum) の

物学的現象をはっきりと掌握することに成功した論文である との高い評価を得ています 2. 研究成果ブフネラゲノムの全塩基配列の決定に当たっては 全ゲノムショットガンシークエンス法 4 を用いました 今回ゲノム解析に成功したのは エンドウヒゲナガアブラムシ (Acyrthosiphon pisum) の 報道発表資料 2000 年 9 月 7 日 独立行政法人理化学研究所 東京大学 世界で初めて共生微生物 ブフネラ の全ゲノムを解析 東京大学大学院理学系研究科 細胞生理化学研究室 石川統教授の研究グループと 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター (GSC) ゲノム構造情報研究グループ ( 榊佳之プロジェクトディレクター ) は共同で 世界で初めて共生微生物であるブフネラの全塩基配列を解読しました

More information

AITnews_h1h4_B_mt

AITnews_h1h4_B_mt vol.45 A I C H I I N S T I T U T E O F T E C H N O L O G Y ものづくり AIT SPIRITS 01 03 02 04 01 AIT news AIT news 02 AIT TOPICS Catch-up ものづくり 研究室 1 河川 環境研究室 ( 土木工学科 赤堀良介准教授 ) ものづくり 研究室 2 人的資源管理研究室 ( 経営学科

More information

平成24年7月x日

平成24年7月x日 < 概要 > 栄養素の過剰摂取が引き金となり発症する生活習慣病 ( 痛風 動脈硬化や2 型糖尿病など ) は 現代社会における重要な健康問題となっています 近年の研究により 生活習慣病の発症には自然免疫機構を介した炎症の誘導が深く関わることが明らかになってきました 自然免疫機構は 病原性微生物を排除するための感染防御機構としてよく知られていますが 過栄養摂取により生じる代謝物にも反応するために 強い炎症を引き起こして生活習慣病の発症要因になってしまいます

More information

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉)

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

<31382E8A7791A B696BD89C88A DD927589C896DA816A2E786C7378>

<31382E8A7791A B696BD89C88A DD927589C896DA816A2E786C7378> 理工学部 生命科学部設置科目 教養科目 英語科目 コミュニケーション ストラテジー 2 コンプリヘンシヴ イングリッシュⅠ 1 コンプリヘンシヴ イングリッシュⅡ 1 アカデミック ライティング 2 アカデミック リーディングⅠ 1 アカデミック リーディングⅡ 1 教養科目 人文 社会 自然科学系 哲学入門 2 言語学概論 2 日本文化論 2 アジア文化論 2 ヨーロッパ アメリカ文化論 2 アフリカ文化論

More information

60 秒でわかるプレスリリース 2008 年 2 月 19 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス反応を増強する重要分子 PDC-TREM を発見 - 形質細胞様樹状細胞が Ⅰ 型インターフェロンの産生を増幅する仕組みが明らかに - インフルエンザの猛威が続いています このインフルエンザの元凶であるインフルエンザウイルスは 獲得した免疫力やウイルスに対するワクチンを見透かすよう変異し続けるため 人類はいまだ発病の恐怖から免れることができません

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

別紙 自閉症の発症メカニズムを解明 - 治療への応用を期待 < 研究の背景と経緯 > 近年 自閉症や注意欠陥 多動性障害 学習障害等の精神疾患である 発達障害 が大きな社会問題となっています 自閉症は他人の気持ちが理解できない等といった社会的相互作用 ( コミュニケーション ) の障害や 決まった手

別紙 自閉症の発症メカニズムを解明 - 治療への応用を期待 < 研究の背景と経緯 > 近年 自閉症や注意欠陥 多動性障害 学習障害等の精神疾患である 発達障害 が大きな社会問題となっています 自閉症は他人の気持ちが理解できない等といった社会的相互作用 ( コミュニケーション ) の障害や 決まった手 PRESS RELEASE(2016/09/08) 九州大学広報室 819-0395 福岡市西区元岡 744 TEL:092-802-2130 FAX:092-802-2139 MAIL:koho@jimu.kyushu-u.ac.jp URL:http://www.kyushu-u.ac.jp 自閉症の発症メカニズムを解明 - 治療への応用を期待 九州大学生体防御医学研究所の中山敬一主幹教授 西山正章助教

More information

untitled

untitled 21 19 12 16 16 13 107 19 21 108 80ha 40 24 109 13 18 10 20 110 111 16 24 112 113 58 63 11 14 14 16 19 16 17 17 21 21 114 3.1 126 3.1 / 126 / 2.8 / 109 / 40 4445 550 360 305 18 18 19 115 200 45 10 116 117

More information

-2-

-2- -2- -3- 会場へのアクセス -4- -5- 11 月 21 日 ( 水 ) 9:25 9:30 細胞を創る 研究会 5.0 開会挨拶木賀大介 ( 東京工業大学 ) 9:30 10:30 基調講演 Chair: 木賀大介 ( 東工大 ) 大島泰郎先生 ( 共和化工 環境微生物学研究所 東京工業大学名誉教授 ) 生命の起源と Magic20 10:30 11:30 ポスター発表 ( 奇数番号 )

More information

" " " " "!!

    !! ""!!!!! "! "! " " " " " " " "!! !!!!!!!!! ! !!!!! "β!"β"! " " "!! "! "!!! "!! !!! "! "!!!! "! !!!!! !!! " "!! "!!! " " "!!! ! "!! !!!!!!! " " " " "!! α!!!!! ! "! " " !!!!!!! "! ! ""!!!! !!!!!! " "! "!

More information

報道発表資料 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - ポイント マイクロ RNA が翻訳の開始段階を阻害 標的 mrna の尻尾 ポリ A テール を短縮

報道発表資料 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - ポイント マイクロ RNA が翻訳の開始段階を阻害 標的 mrna の尻尾 ポリ A テール を短縮 60 秒でわかるプレスリリース 2007 年 8 月 1 日 独立行政法人理化学研究所 マイクロ RNA によるタンパク質合成阻害の仕組みを解明 - mrna の翻訳が抑制される過程を試験管内で再現することに成功 - 生命は 遺伝子の設計図をもとにつくられるタンパク質によって 営まれています タンパク質合成は まず DNA 情報がいったん mrna に転写され 次に mrna がタンパク質の合成工場である

More information

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd JSMI Report 62 63 JSMI Report γ JSMI Report 64 β α 65 JSMI Report JSMI Report 66 67 JSMI Report JSMI Report 68 69 JSMI Report JSMI Report 70 71 JSMI Report JSMI Report 72 73 JSMI Report JSMI Report 74

More information

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I)

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I) ! ! ! β !!!!!!!!!!! !!! !!! μ! μ! !!! β! β !! β! β β μ! μ! μ! μ! β β β β β β μ! μ! μ!! β ! β ! ! β β ! !! ! !!! ! ! ! β! !!!!! !! !!!!!!!!! μ! β !!!! β β! !!!!!!!!! !! β β β β β β β β !!

More information

さらにのどや気管の粘膜に広く分布しているマスト細胞の表面に付着します IgE 抗体にスギ花粉が結合すると マスト細胞がヒスタミン ロイコトリエンという化学伝達物質を放出します このヒスタミン ロイコトリエンが鼻やのどの粘膜細胞や血管を刺激し 鼻水やくしゃみ 鼻づまりなどの花粉症の症状を引き起こします

さらにのどや気管の粘膜に広く分布しているマスト細胞の表面に付着します IgE 抗体にスギ花粉が結合すると マスト細胞がヒスタミン ロイコトリエンという化学伝達物質を放出します このヒスタミン ロイコトリエンが鼻やのどの粘膜細胞や血管を刺激し 鼻水やくしゃみ 鼻づまりなどの花粉症の症状を引き起こします 2008 年 7 月 29 日 独立行政法人理化学研究所 スギ花粉症の予防 治療用ワクチン 橋渡し研究がスタート - アナフィラキシーショックの危険を防ぎ 根本予防治療を実現 - ポイント 2 種類のスギ花粉主要抗原を遺伝子工学的手法で合成し開発 動物実験で効果と安全性を確認 ヒトへの投与基準を満たす GMP レベルのワクチンの製造 毒性試験を開始 独立行政法人理化学研究所 ( 野依良治理事長 )

More information

1 1 2 3 1 1 2 4 5 6 6 7 8 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 18 19

1 1 2 3 1 1 2 4 5 6 6 7 8 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 18 19 1 1 2 3 1 1 2 4 5 6 6 7 8 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 18 19 2 3 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ランマークのQ & 骨転移の治療法 骨転移のお薬 骨吸収抑制剤 は 破骨細胞による過剰な骨の破壊を抑え て がん細胞の骨での働きを抑制します ここからは 骨吸収抑制剤のランマークについて解説します ランマークは注射剤です

More information

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝

図 1 マイクロ RNA の標的遺伝 への結合の仕 antimir はマイクロ RNA に対するデコイ! antimirとは マイクロRNAと相補的なオリゴヌクレオチドである マイクロRNAに対するデコイとして働くことにより 標的遺伝 とマイクロRNAの結合を競合的に阻害する このためには 標的遺伝 新たな遺伝 治療 マイクロ RNA 標的核酸医療 の可能性 2013/12/4 マイクロRNAは 約 22 塩基からなるタンパク質をコードしない さなRNAである 1993 年植物シロイヌナズナで発 されて以来 その数は右肩上がりに増えて今では1600を超えている 様々な疾患の発症と関わることが明らかとなったことから マイクロRNAを標的とする新しいタイプの核酸医療に期待が寄せられている 実際 C

More information

1 平 成 24 年 度 戦 略 的 基 盤 技 術 高 度 化 支 援 事 業 菌 類 バイオマス 残 渣 からの 高 付 加 価 値 脂 質 とグルカンの 回 収 研 究 開 発 成 果 等 報 告 書 平 成 25 年 3 月 委 託 元 東 北 経 済 産 業 局 委 託 先 国 立 大 学 法 人 東 北 大 学 未 来 科 学 技 術 共 同 研 究 センター 1 目 次 第 1 章 研 究

More information

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA >

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA > 講師略歴 教育講演 平成27年度 第3回卒後教育講座 医療事故調査制度におけるAiの役割 国際医療福祉大学 保健医療学部 放射線 情報科学科 准教授 樋口 清孝 先生 略歴 平成8年 鈴鹿医療科学技術大学 保健衛生学部 卒業 平成8年 国立津病院 現 三重中央医療センター 他 勤務 非常勤 平成10年 鈴鹿医療科学技術大学大学院 医療画像情報学研究科 修了 保健衛生学修士 平成10年 国際医療福祉大学

More information

91846-TRC92

91846-TRC92 13 14 15 [特集]調査研究 1 TRCにおける調査研究 図5 環境分野における当社調査研究テーマの変遷 依頼が多かった時期を表示 価項目としていたが 地球温暖化問題がクローズアッ バイオテクノロジーは 世界的に極めて速いスピード プされるにつれて CO2排出量を評価項目にしたLCAが で進歩しており 我が国としても迅速な取り組みが必要 多くなり さらには京都議定書を視野に入れたCO2削減 であることから

More information

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション1

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション1 A A RNA からタンパク質へ mrna の塩基配列は 遺伝暗号を介してタンパク質のアミノ酸の配列へと翻訳される trna とアミノ酸の結合 RNA 分子は 3 通りの読み枠で翻訳できる trnaは アミノ酸とコドンを結びつけるアダプター分子である (Ψ; プソイドウリジン D; ジヒドロウリジンどちらもウラシルが化学修飾したもの ) アミノアシル trna 合成酵素によって アミノ酸と trna

More information

ron04-02/ky768450316800035946

ron04-02/ky768450316800035946 β α β α β β β α α α Bugula neritina α β β β γ γ γ γ β β γ β β β β γ β β β β β β β β! ! β β β β μ β μ β β β! β β β β β μ! μ! μ! β β α!! β γ β β β β!! β β β β β β! β! β β β!! β β β β β β β β β β β β!

More information

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III)

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III) β β α α α µ µ µ µ α α α α γ αβ α γ α α γ α γ µ µ β β β β β β β β β µ β α µ µ µ β β µ µ µ µ µ µ γ γ γ γ γ γ µ α β γ β β µ µ µ µ µ β β µ β β µ α β β µ µµ β µ µ µ µ µ µ λ µ µ β µ µ µ µ µ µ µ µ

More information

100人委員会 私も応援しています 21 特定非営利活動法人 オール アバウト サイエンス ジャパン代表理事 京都大学名誉教授 1973年京都大学医学部卒業 京都大学結核胸部疾患研究所で7年医師として31歳まで勤務 その後 基礎医学に 転身 1980年ドイツ ケルン大学遺伝学研究所に留学 1987年より熊本大学医学部教授 1993年より京都大学大 学院医学研究科 分子遺伝学教授を歴任 2002年京都大学を退職し

More information

ルス薬の開発の基盤となる重要な発見です 本研究は 京都府立医科大学 大阪大学 エジプト国 Damanhour 大学 国際医療福祉 大学病院 中部大学と共同研究で行ったものです 2 研究内容 < 研究の背景と経緯 > H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスは 1996 年頃中国で出現し 現在までに

ルス薬の開発の基盤となる重要な発見です 本研究は 京都府立医科大学 大阪大学 エジプト国 Damanhour 大学 国際医療福祉 大学病院 中部大学と共同研究で行ったものです 2 研究内容 < 研究の背景と経緯 > H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスは 1996 年頃中国で出現し 現在までに [PRESS RELEASE] 平成 28 年 4 月 27 日 鳥インフルエンザウイルスはヒトで増殖しやすく変化する ~ 鳥インフルエンザウイルスのメカニズム解明に関する論文掲載 ~ 京都府立医科大学医学研究科感染病態学講師渡邊洋平らの研究グループは H5N1 高病原性鳥インフルエンザウイルスが感染患者体内で獲得するウイルス遺伝子変異を網羅的に解析することで ウイルスポリメラーゼ遺伝子の新たな適応変異を同定することに成功し

More information

( 図 ) 自閉症患者に見られた異常な CADPS2 の局所的 BDNF 分泌への影響

( 図 ) 自閉症患者に見られた異常な CADPS2 の局所的 BDNF 分泌への影響 60 秒でわかるプレスリリース 2007 年 3 月 23 日 独立行政法人理化学研究所 自閉症に関連する遺伝子異常を発見 - 自閉症の病因解明や早期診断に向けた新知見 - 三歳までに発病する精神疾患のひとつである 自閉症 は 対人関係 や 言語等によるコミュニケーション 活動や興味の範囲が狭くなり 常に同じ行動を繰り返す といった障害を持ちます 人口千人当たり一人以上の割合で発症する珍しくない病気ですが

More information

表紙

表紙 第32回日本バイオレオロジー学会年会 会期 平成21年6月4日 木 5 金 年会長 土橋 敏明 群馬大学大学院 工学研究科 会場 桐生市市民文化会館 年会事務局 群馬大学大学院 工学研究科 応用化学 生物化学専攻 第32回日本バイオレオロジー学会年会事務局 TEL: 0277-30-1428 FAX: 0277-30-1428 e-mail: nenkai32@chem-bio.gunma-u.ac.jp

More information

150MHz 28 5 31 260MHz 24 25 28 5 31 24 28 5 31 1.... 1 1.1... 1 1.2... 1 1.3... 1 2.... 2 2.1... 2 2.2... 3 2.3... 7 2.4... 9 2.5... 11 3.... 12 3.1... 12 3.2... 13 3.3... 16 3.4... 24 4.... 32 4.1...

More information

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc

Microsoft Word - 報告書(シ-10櫛泰典).doc 研 究 成 果 報 告 書 事 業 名 ( 補 助 金 名 ) : 基 盤 的 研 究 開 発 育 成 事 業 ( 研 究 開 発 シーズ 育 成 補 助 金 ) 研 究 開 発 テーマ 名 : エノキ 水 溶 性 画 分 からのβ グルカンを 中 心 とした 医 薬 品 素 材 の 生 産 開 発 研 究 代 表 者 名 : 櫛 泰 典 帯 広 畜 産 大 学 / 教 授 共 同 研 究 者 名

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第1号

日本糖尿病学会誌第58巻第1号 α β β β β β β α α β α β α l l α l μ l β l α β β Wfs1 β β l l l l μ l l μ μ l μ l Δ l μ μ l μ l l ll l l l l l l l l μ l l l l μ μ l l l l μ l l l l l l l l l l μ l l l μ l μ l l l l l l l l l μ l l l l

More information

1910 1930 1940 1950 1960 1970 1980 1990 2000 2010 化成事業 斬新な発想で ケミカルの新分野を開拓 化成事業は 1957年の有機過酸化物事業創業 以来 着実に事業領域を拡大し 現在では 有機 過酸化物製品 機能性ポリマー製品 石油化学製 品を柱として 多彩な事業を展開しています 有機過酸化物製品事業では 積極的な製品開発と 新規用途開拓に努め 世界有数の総合有機過酸化

More information

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教

(国語科教育分野)(社会科教育分野)(数学科教育分野)(科教育分野)(音楽科教育分(美術科教育分(技術科教育(家庭科教(英語科教(保健体育科教員養成課程入試区分 特別支援教育教中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養成課程中学校教員養中学校教員養中学校教員中学校教員中学校教 (音楽科選修)(図画工作科選修)入試区分 小学校教員養小学校教員養成課程前期前期後期前期後期前期後期前期前期前期センター 特色型入試 2次試験2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試験センター2次試センタ2次試センタ2次試センタ2次試セン2次セン2次試験3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 7 3 7 国通常型入試 政治 経済数学千葉大学 学部国際教養学部文学部教育学部科庭(/国学科

More information

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 9 π 046 Vol.69-1 January 2016 204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 β γ α / α / 048 Vol.69-1 January 2016 π π π / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 049 β 050 Vol.69-1

More information

abc indd

abc indd 新任教員紹介 河野 守 工学部第二部建築学科 教授 ( 工学博士 ) 本年 4 月に寺本先生の後任として着 任いたしました 専門は建築構造で 特に構造信頼性 構造耐火をベースと して 建築物の安全性能を研究課題と して取り組んできました 大学で教育 を担当するのは約 8 年ぶりです この 8 年間は国土交通省の研究所 ( 建研及び 国総研 ) で防火基準に関係する課題を中 心に研究しておりましが 縁あって本学の教員となり

More information

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935

co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 25 co.1950 co.1943 co.1927 co.1929 co.1935 co.2023 co.2022 co.4335 co.4331 313 co.307001 co.2053 co.2054 co.2055 co.2096 co.4342 co.4345 co.1952 co.5125 co.317001 315 316 co.307005 319 320 co.307004 co.2302

More information

Title ハイドロボレーションを利用するオレフィンへの官能基導入および関連反応の合成化学的研究 Author(s) 増田, 弦, マスダ, ユズル Citation Issue Date 1979-06 URL http://hdl.handle.net/10213/1517 Rights Type Thesis or Dissertation Text Version author Additional

More information

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ) β β β β β β β β β β シンポジウム 1 創薬物語 科学者としての喜びの瞬間 4 レボフロキサシンに至る創薬研究 よりよい薬を求めて 第一三共株式会社 研究開発本部 研究開発企画部 早川勇夫 レボフロキサシン クラビット 1 は 1993 年上市された世界初の光学活性のニューキノロン系抗菌薬 以 下 ニューキノロンと略 である 1 は 1985 年に上市されたラセミ体のオフロキサシン

More information

サカナに逃げろ!と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 -個性的な神経細胞のでき方の理解につながり,難聴治療の創薬標的への応用に期待-

サカナに逃げろ!と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 -個性的な神経細胞のでき方の理解につながり,難聴治療の創薬標的への応用に期待- サカナに逃げろ! と指令する神経細胞の分子メカニズムを解明 - 個性的な神経細胞のでき方の理解につながり 難聴治療の創薬標的への応用に期待 - 概要 名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻の研究グループ ( 小田洋一教授 渡邉貴樹等 ) は 大きな音から逃げろ! とサカナに指令を送る神経細胞 マウスナー細胞がその 音の開始を伝える機能 を獲得する分子メカニズムを解明しました これまで マウスナー細胞は大きな音の開始にたった1

More information

受賞講演要旨2012cs3

受賞講演要旨2012cs3 アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート α β α α α α α

More information