Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3 え i 鋪 ~ ~ 守 宅 - 本 需 は 寛 永 卯 月 本 J と 称 されるもので 奥 付 には 右 百 喬 之 本 者 観 位 左 近 大 夫 入 道 暮 閑 ~ 句 付 以 令 加 奥 書 之 本 写 之! 竪

4 佐 々 木 秀 三 郎 は 大 聖 寺 藩 疾 の 家 に 生 まオし 自 身 も 漢 方 を 学 び 明 治 1l ~29 年 金 沢 に 住 し 29 年 から 東 京 に 出 るが 同 3 8 年 より 再 び 金 沢 に 住 した 先 立 つ 刊 行 もうかが え る 内 容 は 年 代 記 ( 年 表 ) の 他 に 和 書 年 表 次 5T~ 日 己 月 日 忌 令 などからなる

5 { I 日 に I~ 堤 IIIJ の 知 新 堂 が rlぶ* 字 書 を 刊 行 し て おり /j>: 斉 の 刊 行 はこれに 次 ぐものであろう i 布 J -tíの I~ 附 背 liî の 二 男 で イ~ 沢 に l 村 て 侃 i -lí 林! 可 制 Iì に 学 び 務 校 l リ11í 命 平 文 学 教 日 Ili 力 n り l 'ij 助 教 子 伝 などを 勤 めた ;'t fh 堂 は 牧 貯 の! 汚 名 経 業 Fì~: は 小 島 至 Ij 将 の I? 干 名 ヌト;;!?は) なお 表 紙 の 題 ' 子 は 北 方 心 泉 の f!? で 心 泉 は 小 山 との 聞 に ~J! 5どがあ っ たという ( 11 1# 匂 占 r ~lli l

6 Iril -f! 干 ( ) の 巻 首 には r1jlli~ 1 玉 l ' 字 放 板 Jf 金 沢 学 校 J 卜 九 ~ 略 は 十 八 史 H 併 に 元 史 を 1J I I えて 十 九 史 としたものである l 判 町 野, I~ 吉 信 芹 ー 同 111) 土 í J) 11 I ~

7 明 治 4~6 年 1~29 号,~i 4: 次 自 I \~!;ji" j 明 治 15~16 年 2 7~10 11~28 号 ( Iij -J 治 13~15 年 )の 人 々によって 発 行 さ ~2244 号 明 治 16~26 年 の 開 発 FIJ 1::1の 清 王 l に 対 する 宵 戦 イ 11 告 の 詔 勅 j 号 外 をはじめとして 同 28 年 7 月 6 口 r z.n 一 大 啄 ヰ~ 明 治 18~20 年 1~72 号 尾 張 町 雲 根 堂 ( 牧 野 一 平 ) 発 行 編 集 和 田 文 治 郎 印 刷 広 坂 通 北 摂 社 本 誌 は り l 治 18 年 5 月 9 口 の 創 刊 になり 県 内 最 初 の 文 学 維 誌 といわれる ~~ 根 堂 牧 野 一 千 は 明 治 21 年 には 北 除 新 聞 j 発 行 にも 関 わる

8 ~16 年 に イが した イ 1111 事 /[1 刈 J とは 別 のものである 本 紙 は l 川 治 42~ 大 正 5 年 に 存 した 新 IlHである 以 上 の 他 当 館 に は I 明 治 Jm の 新 IlfJ として 明 治 2 3 ~ 2 54' 刊 行 の ド 11 : 1 1 の 鈍 J の ~229-12) 明 治 30~ "' 1 の 新 聞 紙 印 行 条 例 の 公 r li 以 降 の 片 ~,~となる 最 初 j の 1 1 刊 紙 と 'q 二 (1 858) に 述 勝 1',~,tJ 境 著 の 飢 路 之 鈴 J l, i l 6 山 íj Jl1の 道 中 凶 とほぼ 同 ーで 三 カ J -.l J 以 ともいえるものである ご カ 附 は 17 1 止 紀 末 から 1 8 ドニl 紀 1[ : ' 頃 までの 1I ',Jt!>iが fi{u/ci, でき i~~ 照 は 18 1 吐 紀 ぶ l り l 治 3 作 mj lo 灯 てG: 沢 は wtjljl >f,j 北 の 4 郷 の 行 政 区 に 分 けられ w 割 引 1 14 ~J!li に l カ 所 北 部!l i に 2 カ l 折 I H 郷 に 3 カ 所 青 1 " ijji は::/.. 能 登 同 の 範 [J tj となり l 明 治 9 年 には I~I 越 巾 同 とlrI 越 前 IEI の 7 仰 が 編 入 され 現 代 の 石 川 13iUi 高 l:てがあった 前 凶 J:j A'{; は り] 治 17" 1 ~ 1 に 74-1'で 没 した l ì íj 川 家 においては I~ I 治 7 年 より 葬 礼 を 仏 式 から 神 式 に 改 めており 本 医 は

9 かなぎわかいしさん ~t'f<ねんさい Fょうれつめいさいず オ~ 六 山 は 明 治 4 年 r'7;\ 空 間 の 名 で 一 般 公 開 され lfi] ~ ~ 六 公 園 j の 千 'Íとなり 現 イ 1,の r

10 原 題 麻 疹 養 生 井 食 物 禁 忌 の ~JJ 麻 疹 の 流 行 は 安 永 5 年 (1 776) 商 },'7の 亘 h~ のための 広 f't fl 江 戸 末 期 より 存 千 1,するが

11 r li~ 禁 売 買 J の 印 が 押 されており ;i)~i r のみの 配 布 物 か 御 詠 歌 は 一 面 溺! 法 院 から 二 十 ~i'fi 主 集 守 まで 明 治 28~39 年 刊 明 治 36 年 のものから 印 刷 人 として 北 地 ii\~ 月 の 名 が 記 されるようになる

12 おき さ じん ι ゃ と フ ~ 1? ~ ぃ 3 ょ う こ うとう お 必 ずちうばんづけ 荒 波 DtJ! Y f!l~ f!i\ 鏡 石 比 五 n 日 があり 西 では 小 結 に {~i 淡 勺 = 占 ケ 同 とよ;~ 住 相 1 13 は 金 沢 の 俳 人 の 庵 対 で 初 代 は 綿 j 主 希 ドミ[ 小 川 後 川 が 2 代 待 相 1I1iを ~:I~ : W;して いる 金 沢 よりよJ~ 都 まて の 名 所 記 を 1-11 心 として 前 ~ J ノド 八 景 近 TUlli j. 釘 i 立. m 中 )-J 次 参 詣 記 I~ み~:J.\には 東 主 ~r 地 制 Il 見 のふれん 鋭 J とある 遊 郭 は 大 保 2 年 (1 83 1)に 然 止 とな っ たが 慶! 心 ー (867) 1 1 I ぴ 日 来 が 認 可 され 本.~li: を は

13 渡 来 朝 鮮 人 の 研 究 ~

14 書 慰 三 箇 屋 の 刊 行 物 は 俳 諮 蓄 を 中 心 として 元 禄 期 (1 688~ 朝 倉 治 彦 大 和 博 幸 繍 近 山 也 方 出 版 の 研 究 J においては 地 方 での 出 版 は 寛 政 期 (1 7 89~ 書 擦 の 最 盛 期 は 文 化 期 ~ 安 政 期 (1 804~

15

16 期 / 平 成 18 年 10 月 7 日 ( 土 )~

*)~( 尚 科 大 乍 口 j 窓 会 会 綴

*)~( 尚 科 大 乍 口 j 窓 会 会 綴 *)~( 尚 科 大 乍 口 j 窓 会 会 綴 茨 域 県 支 部 長 は 石 井 研 二 氏 にfI{~ 和 63 年 1 2 月 5 ~:に 審 議 の *ii 果, 子! 反 凡 ~'I. 支 部 長 は 朝 倉 英 哉 氏 に, 小 石 川 支 部 長 は, 志 質 ~(~ 二 'J~ の 協 力 に ついて li: 斤 h~n, 記 念 式 典, 祝 f'( 会 を ド! 反

More information

Title 人 環 フォーラム No. 3 Author(s) Citation 人 環 フォーラム (1997), 03 Issue Date 1997-09-30 URL http://hdl.handle.net/2433/141964 Right Type Article Textversion publisher Kyoto University ~ 二 E 二

More information

己! 雲 J 1, 里 i 与 ~!~ 可! ~- :ft 古 亥 民 制 : ~.!j 量 州 喜? 年 ~ 警 科 ~I ~h 在 高 封 定 r ~ C~ ' ~ ; l 味 不 全 ~-τo ハ, ~ ~! ~J 議 ト 実 : 主 i ~~ "~. 草 紙 E,! '~ì i ~ : :,6~ I ;;,, ~ ~Ç: í~ ~ ~ 後 増 ~ 霊 長 ~:â 丞 去 をi 霧 g~ 事

More information

付録

付録 NAOSITE: Nagasaki University's Ac Title 付 録 Author(s) Citation センターレポート, 特 集 号, pp.74-87; 1982 Issue Date 1982-12 URL http://hdl.handle.net/10069/25262 Right This document is downloaded http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp

More information

'- 11 と: ヂ ミ,,~ 三.[..~ ~ :;J 一 l1.i 工 '~.-. ~', : 冬 ih~ 汁 ;:: 1I :J l1 : 11 下 寸, IIIl 〆 i 三. ', ;: :7:; ~ 下,~ ~ 1ì;I~n する 上 体 i~ tj W~ 山,l')あみ 掛 け ml 分 が t 広 大 した 共 同 空 間 ( 掠 J~J iij 吹 IHll の 際 念 '1'の

More information

. 木 ド.ì:tl 虫 [;と c! l~['i[) 箇 ~3 l~t とくに 物 と 人 II\J の 1111 の 距 離 位 i(l~ 関 係 に 人 H 日 にとっての 泊 味 が 'I'.t 3 次 J 乙 ツ~H l] 1 人 j に 人 I l\j の 11 を

More information

_,, ~t_ 取 幡 ~ ' ~ '," I u 助 努 ~~,.~ 向 r,::-..:.'~ ; 路 ~ ~ -ーー~ 八 -_/~ - ~ I J ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ , ""~IIJ> llj$ r'í 十 ト 部 落, 以 ~>H ~15

More information

.................... ~~ミノファーゲン 製 薬 本 舗 19 喝 O 年 1~ 1980 年 1~ 第 19 回 10 月 23 日 ~26 日 病 院 視 察 研 究 会 名 程 度 であり, 年 間 で 2~3 週 稼 動 しているのみ 35~6 億 の 費 用 で 地 上 3 陪, 地 下 1 陪 の 外 来 長 が 委 員 長 となり

More information

I~ ペ~ ~ 世 話 長 安 への)!! 笠 宮 0 l~~ 長 への 巡 ~ 海 長 女 へのiIt ~ 海 長 安 への 道 ~ 漁 i 長 安 への 巡 ~ 担 u!~ti への ill ~ 海 長 安 への 巡 ~ 泌 長 女 への 道 ~ 泌.Wt 旨 へのì1t ~i;- ~ 主 ~. ~ ~ 泌 妓

More information

同 窓 会 本 部 年 末 年 始 のお 休 みは, 平 成 14 年 1 2 月 29 日 ( 日 ) ~ 平 成 15 年 1 月 5 日 ( 日 ) までです り 解 散 の 1~3 し 入 れのあったことを 報 告, 議 事 に 入 ていこうとの 挨 拶, 平 井 泰 行 l 二 本 歯 科 医 師 会 ~~ 務 ~I から 12 月 18 1=1 ま での H 程 78 名, 規 定

More information

舗 1fJ~ 必 震 とする 移 動 司 自 の 本 8Ilm~ さか,~,&する AJ 量 @ 本 鈎 勘 ~ ポール 鍾 tj.に 闘 する 録 作.0 本 的 飴 ~ ~げる なげあげる. ~τる なげあてる その 他 @ ~.の 本 的 D~ 生 ~ 平 ti~ ~

More information

出 された 厳 しい 社 会 情 勢 の1: 1: 1 全 ての 子 どもの 園 保 健 センター~ (It~;t 汚 7 児 童 館 亡 事 児 百 1II,H 止 ~~ J~i 立 ; 型 支 mセンター i~ 体?~ 数 ~~K 釘 í~if. 公 的 建 刻!d~ 七 ンター 幼 11ft 告 1~'l".fHrt 慢 l 則 資 料 より I~ hl(: I'~I I!\~J う さて.センター

More information

m 繍 販 売 芸 誌 の 約 : 説 { 役 受 :けようとすーる 者 i 立 新 法 第 26~ 長 第 2 綴 のま 発 乙 芸 美 づき 次 の 絡 げる 毒 事 演 を 記 載 したIt'l 誇 書 ( 新 波 長 話 別 記 綴 式 譲 'S 37~ 号 )そとその 定

m 繍 販 売 芸 誌 の 約 : 説 { 役 受 :けようとすーる 者 i 立 新 法 第 26~ 長 第 2 綴 のま 発 乙 芸 美 づき 次 の 絡 げる 毒 事 演 を 記 載 したIt'l 誇 書 ( 新 波 長 話 別 記 綴 式 譲 'S 37~ 号 )そとその 定 ~: 療 法 及 び 薬 剤 師 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 について f3イ 寸 げは 議 ~A~ 務 728 窓 会 また 助 言 言 i 滋 先 日 の 目 立 廷 に 宇 ~-い 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 について J m 繍 販 売 芸 誌 の 約 : 説 { 役 受 :けようとすーる 者 i 立 新 法 第 26~ 長

More information

関 東 地 方 では 土 偶 は 早 期 ( 約 9000~8000 年 前 )には 登 場 するようである 前 橋 市

関 東 地 方 では 土 偶 は 早 期 ( 約 9000~8000 年 前 )には 登 場 するようである 前 橋 市 関 東 地 方 では 土 偶 は 早 期 ( 約 9000~8000 年 前 )には 登 場 するようである 前 橋 市 古 墳 は 3 世 紀 後 半 ~7 世 紀 にかけてつくられた 権 力 者 の 墓 で その 数 全 国 で 16 万 基 に 及 ぶ 神 聖 な 墓 を 飾 りたてる 道 具 * 元 禄 文 化 : 江 戸 前 期 (1 7 世 紀 末 ~ 18 世 紀 初 ) に 上 方

More information

}i~1. 東 北 地 域 3 庖, 京 浜 地 域 12 ':~'i 主 地 域 l 庖, 四 国 地 域 1 庖, 九 州 地 域 5 応 の n 十 32 m. ターミナル 百 貨 庖 8m. 地 方 百 貨 応 24 山 に 分 納 して,それぞれの q~l: 徴 の 把 掘 も I~: を

}i~1. 東 北 地 域 3 庖, 京 浜 地 域 12 ':~'i 主 地 域 l 庖, 四 国 地 域 1 庖, 九 州 地 域 5 応 の n 十 32 m. ターミナル 百 貨 庖 8m. 地 方 百 貨 応 24 山 に 分 納 して,それぞれの q~l: 徴 の 把 掘 も I~: を }i~1. 東 北 地 域 3 庖, 京 浜 地 域 12 ':~'i 主 地 域 l 庖, 四 国 地 域 1 庖, 九 州 地 域 5 応 の n 十 32 m. ターミナル 百 貨 庖 8m. 地 方 百 貨 応 24 山 に 分 納 して,それぞれの q~l: 徴 の 把 掘 も I~: を 集 計 して, 仕 入 方 式 や 返 1171 の 状 況 を 検 討 したものであって, 調 査

More information

:,~.. ~ 晶 ノ..~ 場 'ij X ~~.jl ; l, i l-~''( 白 ~ ~ 〆 ~ 'I-- -r \ゃ:~-' ;.け' ~--ーゴ..-...- - ごへは l'ヱ P 庁 代 の 体 肩 の 道 路 ~ぴ 行 丞 a w?';{~ト 海 53f-けいぞ 門 -~.; ~ 町 ~ ~:fl!> ~ ~ 円 ; E 主 ~,:~ j'~ 忌 咽 a 晶 圃

More information

/01~9-!2 ~ i~/12.i ~40 事 If~ 二 手 { I すlhm-261 詳 二 羽 苦 jla-022-251 ~~ 二 ~i I ヰ if1127-301 ノ ~ 引 ~t ご :ft a,a22-251f"~ 土 ir 引 よ 二 ~; ~Jj114.2/-Z4 ~Jltt42t-24I = 万 IJl11~ 川 211 ;~} t7; ご HIJ~l 必 /1128-3/1

More information

11 旬 の 内 から 永 遠 に iì~ えさ ることはないでありま

11 旬 の 内 から 永 遠 に iì~ えさ ることはないでありま g'~ 供,". ~ 再 ":" ~,' ~',;;~~.:.,,-,.[ ~:~ 刊 誌 ;_t 宅, ;_.1; 卒 科 書 ::.:~ 日 会, ~ ι-,.,::,: }" )',~ 1R~ 鈎 条 虫 は, 臨 床 11 旬 の 内 から 永 遠 に iì~ えさ ることはないでありま ~ 在 大 な f:~l,の 寄 生 虫 の 写 真 の 件 で 谷 内 義 次 氏 来 自 f:~

More information

等 ~ 1 主 I~ 平 成 22 年 6 月 158 に 範 倒 曽 部 を 強 く 訂 j 美 しだ.それ 以 後 起 立 時 の 頭 痛 首 都 痛 U~の 奥 の 痛 み 銭 視 官 ~ 内 ~'"_u ~~".I IJJ 和 -1~.c:L: 干 6 Jj 20 日 } '"~ ~ I~

等 ~ 1 主 I~ 平 成 22 年 6 月 158 に 範 倒 曽 部 を 強 く 訂 j 美 しだ.それ 以 後 起 立 時 の 頭 痛 首 都 痛 U~の 奥 の 痛 み 銭 視 官 ~ 内 ~'_u ~~.I IJJ 和 -1~.c:L: 干 6 Jj 20 日 } '~ ~ I~ 等 ~ 1 主 I~ 平 成 22 年 6 月 158 に 範 倒 曽 部 を 強 く 訂 j 美 しだ.それ 以 後 起 立 時 の 頭 痛 首 都 痛 U~の 奥 の 痛 み 銭 視 官 ~ 内 ~'"_u ~~".I IJJ 和 -1~.c:L: 干 6 Jj 20 日 } '"~ ~ I~ ごど~ I~ I~ I~ その 他 ( 心 凶 怯 のものと 忽 われる 場 合 1~fじてください.

More information

1i'~l 服 装 者 間 考 現 学 永 松 三 恵 子 H H... H... H.. '" H... H 36 る t 皮 でからで 本 医 所 近 ち 住 人 でで 中 会 とは 郊 そうく~ そ 士 くモ 医 一 回 おで 分 L; し 若 八 百 いは~やふ 含 味 会 の 帯 う 胡 はら 設 今 百 ち ;I,~ 会 方 差 なロ 大 打 なと 21~25

More information

大 嶋 有 子!J~ 中 典 和 :li;l:f: 活 L 作 用 との 2 嬰 悶 l 乙 ~ta 饗 されている ζ とに 基 づき, 打 守 谷 を 斜 面 詰 1\,がJIII 部,その 9:1/ 間 的 評 主 とし 1~11f ζ 金 調 主 主 1~ 占 j 体 の 9 割 が 分 布

大 嶋 有 子!J~ 中 典 和 :li;l:f: 活 L 作 用 との 2 嬰 悶 l 乙 ~ta 饗 されている ζ とに 基 づき, 打 守 谷 を 斜 面 詰 1\,がJIII 部,その 9:1/ 間 的 評 主 とし 1~11f ζ 金 調 主 主 1~ 占 j 体 の 9 割 が 分 布 Title 芦 生 演 習 林 の 天 然 林 における 渓 畔 林 優 占 高 木 種 - トチノ キ, サワグルミ - に 関 する 分 布 特 性 の 種 間 比 較 Author(s) 大 嶋, 有 子 ; 山 中, 典 和 ; 玉 井, 重 信 ; 岩 坪, 五 郎 Citation 京 都 大 学 農 学 部 演 習 林 報 告 = BULLETIN OF THE KYOT UNIVERSITY

More information

r~ü 資 新 IIH J................ 氏 名 (1I 1~'l:) í~l} 人 附 録 J 関 係 省 一 覧 (í 身 の 上 相 談 相 当 者 は 網 掛 けで 表 示 ) I~;~ I~ 没 年 不 ぷ 1 I~ 没 年 不 詳 1 19 1 5. 2-1915. 1~ 忠 厳 金 山 ;l~ij~tjs 女 学 校 J.!~ 京 都 1 秋 凹 (I,~ 12~ 前

More information

な 科 には 2 週 間 4~, 第 2 期 臨 床 実 習 を 終 え, 臨 床 の 基 礎 的 経 験 を-a~ 付 向 ~, 駿 inj 敬 次 郎, 波 銘 ~lj を 掲 出 し, 全 寄 付 者 のご j 亨 志 を 永 顕 彰 する ~ 円, 消 t~ 収 文 計 算 においては, も 合 法 人 の 消 'l~l 以 交 は~4: 令 組 入 後 において 75 Jllñ 天 堂 [~

More information

~ 谷 川 信 夫 浅 見 秀 ~ 新 聞 吉 M~ 1~ 'l~ifì して まだ 半 年 と 臼 の i~ \' 私 が 光 栄 にも 理 事 長 杯 に 午 後 から は 制 から 降 りあi'v たf:l~も 止 み プレ ーに ~rjl する 事 だけを 考 えながら ある 時 は 大 胞 に ある 9 月 3 日 嗣 4ま/ 雨 のち a~í f~jj 券 9 月 15 日 (~ 泊 I

More information

本文_文献探究53号.indd

本文_文献探究53号.indd 翻 稲 荷 附 校 解 愛 子 克 利 解 稲 荷 6 2 2 2 4 9 計 重 複 縦 糎 横 糎 袋 綴 冊 表 肩 墨 別 遊 枚 表 印 方 朱 印 陽 墨 目 郷 印 肥 藩 第 藩 主 鍋 郷 方 朱 印 陽 郷 印 郷 識 語 持 実 隆 1 郷 奥 于 禄 戌 於 洛 陽 令 懇 望 者 禄 ば 郷 祖 父 條 肥 藩 第 藩 主 伝 宗 雄 氏 刈 谷 市 央 図 館 村 存 在

More information

つ 令 げる~い つむがる 4 カラ f~':j 年 の 正 下 1J1の 而 用 が 守 られる 一 方 で 若 者 HIÎ 川 が 不 安 定 になれば 結 I~ し 下 どもを 生 むことを 邸 路 す いう 現 実 に I I~ÍI 面 することに なります そして JHJl 原 則 と ~I : IE 規 制 川 の 桁 差 は 新 卒 で 正 社 員 lこ 11i も ~I: 正 規 雇

More information

賢 一 見 ~;,~ fヨ 勺,~ 覇 〆 ~ - ~ i 何 ~ :~ さん まを 円 憾 の 食 :{へお litilt します 3 ~~ll ~ ~ 会 J{l ぅ J,~. ;:j 純 の 折 り mっき 似 官 尚 喜 李 主 んま J, ::it:1~h ~'や Hi Wi ぶテルの f.1jllj 人 もう な る 健 かな lほ 近 年 TVや 報 誌 な どで!fl り 1 :げ

More information

~LÎ )~þ I ; I ~ {~ I~ /I~ :í ~ ~t V ~ ~.r ~i 三 J1~ l~i1 r!~i1 ~ ;J< ' I~ 司 ;r~11 I~ 'é ~ fj~ I~I . I~ Iι 火 川 I~ オ 11 1] 川 11 1] iむ と!~ kl 上 王 キ L~ rn'( 館 館 飴 館 館 自 ïilï 公 q I~il I~ij ~ ':~!Y ' I',"~,~

More information

I~

I~ I~ ~q フ~ -' '"' ~f.t _, ~ 端 ~, r'.'! 主 日 ~ f}~]!)~] ~t ~~ 小 至 ~ n 月 ~if.. 7~ ~, 9 ~J ア 陵 ~t ~ f~ 長 ~ ~ ー ~ ;~ ~I!. ~ J~ 前 ~ ~t ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ フ 7J~1t, j 昆 歌 泉 ~ ~ ~ 保 Ji~ 対 J 全 ~ ~ ~ ~ 子 準 7~

More information

揮 l~ 祭 ~. 畦 E 判 ~) 北 原 (きたはり) 遺 跡 ( I~- W 高 ) ~ 長 峰 崎 遺 跡 僻 V 的 問 地 区 市 道 路 改 良 ~'l 世 地 点 良 野 市 の 埋 蔵 文 化 財 軍 26~ 昆 野 市 栗 田 豊 原 とよはり 古 I~ ~F 夜 占 InJ ~ 長 辻 沢 南 遺 跡 馬 ítヶ 臣 工 塩 ~, 市 教 書 )'~ 戸 あ し ど

More information

江 間 鏡 flll 社 の~r, lli 子 ~W 調 Tff 江 111 鏡 神 社 の~r,lli-( 舞 前 橋 の 養 蚕 製 糸 用 具 及 び I~;J 連 資 料 十 ~ifri IlTl 023-1 三 夜 沢 真 I~l~ 川 家 地 鎮 尊 IVi ケ j 詰 ~litn I~l 11 月 7 日 の 3 日 間 にわたり すでに 指 定 されている 樹 木 についての ~1)

More information

18 10 2 挨 拶 役 紹 介 阿 征 執 春 例 役 並 承 認 紹 介 致 再 任 又 任 願 致 退 任 謝 阿 征 副 福 郎 副 冨 鈴 計 西 崎 矢 島 健 森 太 郎 郎 貞 冨 仲 男 冨 西 敏 治 原 島 升 旧 軒 賀 久 米 米 黒 須 秀 雄 北 関 沢 公 岩 岡

18 10 2 挨 拶 役 紹 介 阿 征 執 春 例 役 並 承 認 紹 介 致 再 任 又 任 願 致 退 任 謝 阿 征 副 福 郎 副 冨 鈴 計 西 崎 矢 島 健 森 太 郎 郎 貞 冨 仲 男 冨 西 敏 治 原 島 升 旧 軒 賀 久 米 米 黒 須 秀 雄 北 関 沢 公 岩 岡 18 10 1 岡 鎮 1 号 359-0002 沢 1507 務 電 04-2943-1709 宅 電 049-259-2228 何 ね 忝 涙 ぼ 西 法 師 詣 詠 句 宇 治 橋 渡 路 眺 鈴 鬱 蒼 杉 砂 利 踏 垣 進 厳 粛 気 持 ね ぐ 宝 装 束 向 昨 始 ふ ゃ 身 朝 集 領 材 原 ほ 領 迎 温 熱 気 車 綱 伸 勇 遣 音 頭 エ ヤ! エ ヤ! 声 列 頭 車

More information

ムが 使 われる ロ [ 白 jt!~ )Jrí'tt 千 ビームを 発 生 して 利 用 実 験 を 行 うためには 微 妙 な 調 設 が 必 要 であり l~nxr, 倒 寓 n μ~..,~ 可. ~..~ ; 同 ~."-. ぃ~, 刊 唱 ~ - 油 副 h.. ~.. " 舗 ~..... ~. 吻?. ~. 1I 1000_~-----'L 一 一 ELL": 社

More information

.ンを ;l~ じ )j~ 1~ 往 1: i~ú 研 究 )i)í.,~,'.jへ ':;:~ 人 H 長 谷 l ア J,;j 付!~i,)!dJt.j 先 の 全 7 ンションHllt 人 名 図 ~3 (fll 2 人 を:U.\~Ë した 3 フライベー h{~ わせて 使 う 多 11 的 に 使 える ~'IIし 以 '1':プランと 事 ~lrnli Jil~ 図 ~3 C 烈.Ìií"Iú

More information

その 重 要 性 を[, 分 認 識 さ il, 五 r~r 測 技 術 j 基 盤 の 確 立 l;j] 法 人 中 (~' 屯 ç.

その 重 要 性 を[, 分 認 識 さ il, 五 r~r 測 技 術 j 基 盤 の 確 立 l;j] 法 人 中 (~' 屯 ç. その 重 要 性 を[, 分 認 識 さ il, 五 r~r 測 技 術 j 基 盤 の 確 立 l;j] 法 人 中 (~' 屯 ç. ヮ 才 ~ [~l 際 化 11? 代 に 士 J I, 与 して, "c,~~-u.~-.._a.~.,_~,, _u,/, 氏 '~-;:: グ 屯 '"t'tp~_ シ/ボジウム I(I[ 液 屯

More information

凶 ~ ~ニ ~ ~ 三 ~ J ~ニ 屯 毒 自 4~ :::~ ~ ~ロ 由 ;}g~ ~ 竺 ~~ 1 民 鰐 ~~ ~L tg;~ ~"-" ~ 電 ~cn ~ 喜 二 ~~~ 言 t 耳 ~ ~ 際 矧 ~ 細 目, n 司 二 ~ 図 二 係 自 立 二 機 (','il!:l o ~ ミ~ 和 文 書 相 手 主 主 ~Ei'i' ~ミコ ~ 矧 ~l 似 ニ ~ 日 ) 'il'!~

More information

〈論説〉68年基地問題と再編計画の始動

〈論説〉68年基地問題と再編計画の始動 政 治 はこれまでほとんど 等 閑 視 されてきたと 言 ってよ~ ~ I 戦 後 革 新 勢 力 の 奔 流 大 月 書 庖, ~ 戦 後 社 会 運 動 史 論 大 月 書 庖, ではな~ ~ 中 央 委 員 ~~ 制 ~ (5~ (6~ (6~ な ~'J というものが 49.1% と 全 体 の 約 半 数 であった ~ 次 いで, (9~ ではないか

More information

日 本 薬 学 会 ( 第 9 6~ 104 年 会 )における 薬 史 学 部 会 の 記 録 薬 史 学 雑 誌 Vo 1. 1~19 総 目 録 ( 原 報 ノート 治 φ~-~ ~,. ゼーーー-Z...'~ Compt~ ~7êLどμ ム 朝 比 奈 泰 彦 先 生 ( 1 88 1 ~ 1 975 年 ) ~ w 薬 物 需 給 史 ~) w 中 国 薬 物 療 法 と 其 影

More information

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問

69 短 板 仮 設 安 頼 源 氏 物 最 巻 名 辺 若 早 成 長 早 遅 反 対 淡 測 残 庭 通 主 多 以 外 修 飾 部 下 部 枕 際 注 づ 来 来 天 具 霞 万 主 容 幹 因 理 由 尾 未 打 ぽ ぽ 落 様 子 現 言 称 頭 廷 殿 已 確 言 省 略 考 ぜ 疑 問 68 鳥 羽 ゃ 皇 来 天 具 ぐ 霞 来 天 具 霞 ゃ ゅ 式 ょ 子 内 親 王 戸 鳥 羽 皇 来 枝 折 戸 落 詩 作 郷 ゃ 望 鳥 羽 皇 無 瀬 川 廷 漢 詩 作 郷 望 無 瀬 川 流 守 ゅ 覚 親 王 ぢ 横 守 覚 親 王 短 横 宮 内 辺 若 辺 若 遅 早 千 番 俊 ゅ 成 ぜ 寝 覚 枕 千 番 庭 通 目 覚 枕 ⑴ LS9HR0BZ 0 6 69 短 板

More information

~J' 二 倍 士 会 に 地 金 千 栄 二 円 下 五 匙 J 八 銭 ~l;~ ~ 万 仮 木 白 百 金 山 J に 円!jf: ~ 企 万 米 主 丁.tlll 七,; 品 F 円 )I~ 委 ー 豆 : 移 ~ K~ -~J~ 干 セ 百 万 変 n 干 五 山 ど 訟 万 J~ ~ r

~J' 二 倍 士 会 に 地 金 千 栄 二 円 下 五 匙 J 八 銭 ~l;~ ~ 万 仮 木 白 百 金 山 J に 円!jf: ~ 企 万 米 主 丁.tlll 七,; 品 F 円 )I~ 委 ー 豆 : 移 ~ K~ -~J~ 干 セ 百 万 変 n 干 五 山 ど 訟 万 J~ ~ r ~J' 二 倍 士 会 に 地 金 千 栄 二 円 下 五 匙 J 八 銭 ~l;~ ~ 万 仮 木 白 百 金 山 J に 円!jf: ~ 企 万 米 主 丁.tlll 七,; 品 F 円 )I~ 委 ー 豆 : 移 ~ K~ -~J~ 干 セ 百 万 変 n 干 五 山 ど 訟 万 J~ ~ rì. に 政 金 $ 業 lï.ン ft 円 発 j'l 百 事 業 -~ 整 金 十 務 に 111

More information

柱 建 物 である 柱 問 は 2.00~2. 10m に 統 ー され ~ 90cmの 方 形 基 調 で 柱 痕 は 径 25 ~3 0 cm の 円 柱 で あ る 側 柱 の 掘 方 は 規 模 に 比 例 して 小 型 で 50 ~ 70 cm る 束 柱 は 一 臣 り 小 型 で 掘 方 は 40~60cm やや 不 程 度 になっているが 柱 痕 は 25~30cm と SB08 09

More information

hj;:?:~1レ Jん 仲 相 川 州 ~.r..~ h 川 νvv-v-~トペjmui: LO S ton WF.JJi 目 J!:. l い 1 J.. J.t~~1 山 11 l 川 叫 比 ム" 1 川 : 1T!?7 円 汁 rη 九?r 行 η~~71:,', jl~, II II,. j 州 I, ~ll Ill l., リJ 品 1., 川 1., 111,~,い 11" 1" l

More information

富 山 市 雪 のふれあい 市 (l O:OO ~ 14:00 '86 全 王 克 笥 利 吉 シンポジウム(l O:OO ~ '86 克 ~1' 手 IJ 111 産 業 技 術 見 本 市 たかおかバ íl(ふれあい 市 (l O:OO ~ 1 5 : 00 雪 のファンタジーコンサー 卜 (l 4 : 00 ~ 利 î~t そばま つり (l O:OO ~ 1 8:00 が 交 冷 ベー

More information

18 世 紀 のあ る 思 想 ~ 家 は 急 激 に 進 行 す る 競 争 の 拡 大 深 化 を 見 て 一 望 1.\:~ ~ ー ム,~-. '~~!í_.!~.i~, 小 田 川 ( 新 川 )1 '-, -~~; :; lj.tì:~ ~{ _ ~ _~ ':'.;~ jj~.etv II -コ. " ',~ 下 二 - ~I: 榊 主 ~.~ ',,~ 自 I~ にして 130 メートルほど

More information

l~l 科 口 腔 外 糾 などの 促 られた 施 設 で.~.~. M 肉... ~.."""..... 利 刷 業 [~が 中 心 となった 全 国 規 模 の 研 究 会 や 学 大 阪 口 J~トインプラント 研 究 会 においては 大 阪 口 股 インプラント 研 修 施 設 主 催 の

l~l 科 口 腔 外 糾 などの 促 られた 施 設 で.~.~. M 肉... ~....... 利 刷 業 [~が 中 心 となった 全 国 規 模 の 研 究 会 や 学 大 阪 口 J~トインプラント 研 究 会 においては 大 阪 口 股 インプラント 研 修 施 設 主 催 の l~l 科 口 腔 外 糾 などの 促 られた 施 設 で.~.~. M 肉... ~.."""..... 利 刷 業 [~が 中 心 となった 全 国 規 模 の 研 究 会 や 学 大 阪 口 J~トインプラント 研 究 会 においては 大 阪 口 股 インプラント 研 修 施 設 主 催 の 日 本 口 Jf~イン プ として 歯 科 東 洋 医 学 J が 3 年 ÎÌíîJ~l1 1995

More information

れだけに 全 学 教 職 i~-þ11 の 努 )J が 要 訪 される

れだけに 全 学 教 職 i~-þ11 の 努 )J が 要 訪 される れだけに 全 学 教 職 i~-þ11 の 努 )J が 要 訪 される 育 機 関 の 11t~ になりつつある しかし,この I1 僚 に 基 準 を 例 にとると, 新 しい 設 i8~ 基 準 は 6 年 一 段 教 育 ( 本 まで, 男 ~d l 3 1 2 名 を 対 象 に 5 号 引 き 統 き 型 4 日 金 )には;J;{f(l l 荘 山 七 の t~-l J において 歓

More information

陰 謀 一 世 ibcの 勺 l' 実 ' を I~ ' りあげた 影 の 策 士 たち 陰 謀 ー 歴 史 の 111~" を 作 りあげた 協 の 策 士 たち 陰 線 一! 摂 ll!の ' 1 ~ :Jf " を 刊 りあげた lifj の 策 士 たち ~ 11

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

ii!!~ 1- 没 有?J と 方 什 ~? .. ~ê ~ 複 母 音 の 発 音 単 母 音 とちがし~, ~~ 一 ~~ ~ じ(~ン) 6. その 他 の ~n と ~ng の 発 音 \~e ~ 4, ~ きは fì 射 i~t1, 恋 X I ら x i en ín J を 使 おう ~ 1~.; I~I I 夫 ~ 月 日 また

More information

~. ~ ~. ~.. ~ ~

~. ~ ~. ~.. ~ ~ ~. ~ ~. ~.. ~ ~ ~ ?, ~ プ~ ? 汗?モ7ヤ ;,~tf ~;] プ~ 下 J.:~ lj :~ . ~ ~ Î~' 密 密 密 密 密 I~ 明 組 大 d~ ~æ ("';::-/~'-\',."." ~ -1",, "1 コ~ ',>~/.~,'-;"'~ 町 4\.-~ 守 3 伊 ',.~ 1t i P~ 河 口 ~il~ :~, it> 寺 大 ~ イ~~

More information

本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学

本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学 本 苫 は 調 ~J 学 はもちろん, 最 近 ク ロー ズ ア ップさ れてきた 医 薬 品 の 安 定 性 予 測 に 関 する 思 論, 化 学 工 学 の 軍 事!'H ~I : が 強 訓 されるとともに 食 事 の 凶 民 保 他 ~ 主 です *J~ -( 都 文 京 区 小 石 )11 4 丁 口 ば, 三 皇 成 立 の 時 代 は 秦 代 前 22 1~ 前 202 年 )

More information

乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ }

乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ } ~ 乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ } .~ 行 欄 刈 発 行 年 月 視 隊 三 "1 山 D iiii 協 における 勾 古 学 ~I 調 査 ~ 島 町 教 岳 入 麻 おおあさ 第 四 泊 跡 ( 続 開 制 IJ - ~) (

More information

ー 西 日 裕 一 郎 飛 奈 卓 自 1 1 田 中 宏 階 ~I; 0 花 田 道 子 (jl~'h 女 子 短 期 大 学 ) 0 田 口 n~ 務 長 て 豊 村 伊 一 郎 柳 浩 二 郎 吉 本 忠 弘 C 福 岡 大 学 ) 負 けから 学 ぶ 負 けないチーム J~ ッカーの 失 敗 "を ドーハの 悲 願 ~" ものが ft~ こたい 主 1こ, ~::j{rifi

More information

広報おおえ(お知らせ版No.102)1601校了.indd

広報おおえ(お知らせ版No.102)1601校了.indd 知 版.. 税 務 署 告 知 税 務 署 告 税 務 署 階 議 次 設 設 祝 除 設 告 設 置 注 意 設 設 告 終 早 目 来 告 変 混 雑 長 待 告 税 庁 ホムペ 確 告 等 ナ 利 税 務 署 代 表 音 声 案 番 択 道 び 下 道 落 排 処 施 設 使 道 び 下 道 落 排 処 施 設 使 毎 基 準 末 収 処 係 記 変 更 同 預 残 高 留 意 建 設 道 庶

More information

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ 起 起 技 課 追 程 例 ヲ 偲 フ ヘ 漸 著 不 振 陥 追 訂 衰 退 因 着 築 ハ 其 面 ヲ ヘ 強 章 終 稿 伊 喜 郎 私 印 捺 ペ 築 ヲ 聯 繋 挙 ハ 真 宜 適 暁 ハ 与 強 ヘ 強 眼 河 結 ぶ 河 削 壌 廃 埋 街 形 河 沿 帯 形 基 起 乱 ょ 1 禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔

More information

本,n; 新 産 属 珪 lft~ C.r c/o lll b ico{/lirll s ~ 1 2 月 1 3 日 に 'I I~ も 多 く ており, 1 l!1l 業 には, 三 日 月 型 の 連 続 した :}l~ 閥 が 例 外 な この 時, 被 食 度 3 以 上 の 側 来 ーでは 子 ~~l 涯 を 確 認 できな ~ ~ ~.g. ~ 遊 泳 中 に 採 食 しやすい 来

More information

~~ム.

~~ム. ~~ム. この 三 ~IIIJ 堀 の 内 の 地 域 に 生 まれ 地 域 の 正 すと 共 に 進 んで 助 け の 手 を 差 し r~1べる 事 中 の 有 りように 対 する ~:j~ 告 と 考 え 部 rt に 遭 わ パトロール 活 動 では 早 朝 か ら 放 器 ~ 後 まで ~ ~4 年 まで 8 学 級 ) ~4 年 まで 8 学 級 ) ~4 年 まで

More information

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ

当 流 の 門 人 と 号 す る 輩 祖 師 先 徳 報 恩 謝 徳 の 集 会 の み ぎ り に あ り て 往 生 浄 土 の 信 心 に お い て は そ の 沙 汰 に お よ ば ず 没 後 葬 礼 を も っ て 本 と す べ き よ う に 衆 議 評 定 す る い わ れ 教 学 教 化 専 門 委 員 会 主 査 木 越 渉 宗 祖 親 鸞 聖 人 七 百 五 十 回 御 遠 忌 は 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 に よ り 法 要 の 第 一 期 が 中 止 さ れ 被 災 者 支 援 の つ ど い が 執 り 行 わ れ た こ の 決 定 か ら 御 遠 忌 そ の も の の 意 義 が 様 々 に 問 わ れ

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

~ 022-239 -5211 ~ 052-661 -31 111む ~ 082- ~ 092-461 - 1131

~ 022-239 -5211 ~ 052-661 -31 111む ~ 082- ~ 092-461 - 1131 ~ 022-239 -5211 ~ 052-661 -31 111む ~ 082- ~ 092-461 - 1131 哩 亙 ~ S 佐 t/jf; 疫 療 'f:j:i,ゲ~lffljlûtj!l 殺 の1ð1iJ!t;:: I ~\". ;~()ñ. 620 1l(~ /~ ~ 健 やかな 生 活 のために 村 ~I 寿 太 郎 常 任 理 事 - 官 時 句 ~ ~,.,..,...~~

More information

しかし Jえ々にとってや1If~~ な 客 員 とは rj~~ におい C..I(1l 幣 れの lìi~l 必 におい C. 自 の 心 ~.'1h!えて h v. ぷない ο う V. ~ l1. はいつも.い もあのヲljp ーあ t lìt~ い の 調 i QJ7だ そのり j の! 日

しかし Jえ々にとってや1If~~ な 客 員 とは rj~~ におい C..I(1l 幣 れの lìi~l 必 におい C. 自 の 心 ~.'1h!えて h v. ぷない ο う V. ~ l1. はいつも.い もあのヲljp ーあ t lìt~ い の 調 i QJ7だ そのり j の! 日 しかし Jえ々にとってや1If~~ な 客 員 とは rj~~ におい C..I(1l 幣 れの lìi~l 必 におい C. 自 の 心 ~.'1h!えて h v. ぷない ο う V. ~ l1. はいつも.い もあのヲljp ーあ t lìt~ い の 調 i QJ7だ そのり j の! 日 i に!;iT 行 どもは 1! りを 静 ~~ I ~ II : I :I によっ 1て 王 冠 を

More information

Title 抗 膓 窒 扶 斯 菌 免 疫 凝 集 素 産 生 ニ 於 ケル イムペジン 現 象 ( 第 二 報 ) Author(s) 勝 呂, 惈 Citation 日 本 外 科 宝 函 (1928), 5(6): 1213-1255 Issue Date 1928-11-20 URL http://hdl.handle.net/2433/200172 Right Type Departmental

More information

~ß る il~t 熱 性 に 分 類 されている 食 品 はエピ 牛 肉 鶏 被 験 者 は 実 験 に 同 語 を 得 た 1 8~20 歳 の 健 康 な 女 1 2~ ~ 5~ イ 本 表 JRLの 変 化 は 額 以 外 の I~:I) 位 で アサリは 対 照 食 る 餅 や 飯 を 植 物 の 葉 でくるむ( 桜 餅 fl~ø~ 笹 だ ?l~i~ 耕 司 輿 水 IE.IM う 高

More information

~ 巨 ~~,- - 苧,- ~ - 守 I 彼 の 中 心 命 題 だった また 人 r.~1 の 自 然 な 感 情 や 情 念 を 肯 定 した 上 での 仏 陀 供 養 と 自 己 税 のが~ ~'Ii 実 t l 活 に 役 \'J~つ

More information

,~,,~イ" 放 大 ~~

,~,,~イ 放 大 ~~ ?\"\J 子 1ノ7'~ ~\ ~ノ 長 j~ ,~,,~イ" 放 大 ~~ p~ 配 ~ 宇 y 工 ~ チョ~ I~ 言 益 五 て7 一 一 寸 一 一 て 一 一 六 ~ 玉 I~ 五 a 重! 勺 一 て~ 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 寸 ~. 晶 ォ.. I~ウ ~!セ ~bún ウ 工 ~ pro::essing!purcha 氏 側 e~ 日 開 外 協 加 工

More information

~t 宋 文 を 南 1~ 先 主 李 完 の 諸 孫 つまり 従 孫 とするのは 蘇 紙 詩 の 註 者 施 元 之 して, 月 ~lji 者 に 投 合 する 察 組 治 が 状 元 とな っ てふ42 ~l: 於 詩 F 而 一 時 多 iyr 称 響 お J と 述 べて

~t 宋 文 を 南 1~ 先 主 李 完 の 諸 孫 つまり 従 孫 とするのは 蘇 紙 詩 の 註 者 施 元 之 して, 月 ~lji 者 に 投 合 する 察 組 治 が 状 元 とな っ てふ42 ~l: 於 詩 F 而 一 時 多 iyr 称 響 お J と 述 べて ,~~~~ ~'hò. ~~ ~()ì~ 東 都 事 略 ~ ~にまた 宣 和 重 譜 ~t:1 ~ 自 ~~:i 路 ~~ ~I ~OO~ ~t 宋 文 を 南 1~ 先 主 李 完 の 諸 孫 つまり 従 孫 とするのは 蘇 紙 詩 の 註 者 施 元 之 して, 月 ~lji 者 に 投 合 する 察 組 治 が 状 元 とな っ てふ42 ~l: 於 詩 F 而 一 時 多 iyr 称 響

More information

~ 6 ~8 ~10 母 校 だより... H.... H.. 1l ~12 支 部 のうごき 13~18 19~2 1 すいどうばし ー ー 22~23 逝 去 会 員 追 悼 25~26

~ 6 ~8 ~10 母 校 だより... H.... H.. 1l ~12 支 部 のうごき 13~18 19~2 1 すいどうばし ー ー 22~23 逝 去 会 員 追 悼 25~26 ~ 6 ~8 ~10 母 校 だより... H.... H.. 1l ~12 支 部 のうごき 13~18 19~2 1 すいどうばし ー ー 22~23 逝 去 会 員 追 悼 25~26 OO ~ 詳 細 は 328サ 17 頁 ~ 19 頁 に 掲 載 本 文 右 側 上 から 6 行 I~I でした 訂 正 して,お 詫 び I~I し 上 げます 第 n~ 議 案 : 平 成 1

More information

ご~ i: 去 う) 宗 人 本 山 総 持 与 で 行 った Ir~ 寺 の 管 主 計 本 勝 俊 禅 師 i の ~-~~ 挺 寺 であるという 関 係 から,この 厳 cl-j な 参 禅 修 業 ill 出 席 した 機 会 に 総 持 寺 の 由 絡 を 調 べたところ 11 回 天 '

ご~ i: 去 う) 宗 人 本 山 総 持 与 で 行 った Ir~ 寺 の 管 主 計 本 勝 俊 禅 師 i の ~-~~ 挺 寺 であるという 関 係 から,この 厳 cl-j な 参 禅 修 業 ill 出 席 した 機 会 に 総 持 寺 の 由 絡 を 調 べたところ 11 回 天 ' ご~ i: 去 う) 宗 人 本 山 総 持 与 で 行 った Ir~ 寺 の 管 主 計 本 勝 俊 禅 師 i の ~-~~ 挺 寺 であるという 関 係 から,この 厳 cl-j な 参 禅 修 業 ill 出 席 した 機 会 に 総 持 寺 の 由 絡 を 調 べたところ 11 回 天 'ìt~ の 肢 史 と ある ~T{ の 相 似 点 のあることを 発 見 して 傑 い 興 味? 部

More information

. ~ ~ 'J; 会 のうごき.. ー 8~9 1O ~11 U 校 だより - 一 13~17 後 援 会 だより... 18~22 支 部 のう こ き... H...24~33 クラス 会 だより... H... 34~35 OB 会 グループ サークルだより 一 36~37 すいとうばし

. ~ ~ 'J; 会 のうごき.. ー 8~9 1O ~11 U 校 だより - 一 13~17 後 援 会 だより... 18~22 支 部 のう こ き... H...24~33 クラス 会 だより... H... 34~35 OB 会 グループ サークルだより 一 36~37 すいとうばし 長 ~ r . ~ ~ 'J; 会 のうごき.. ー 8~9 1O ~11 U 校 だより - 一 13~17 後 援 会 だより... 18~22 支 部 のう こ き... H...24~33 クラス 会 だより... H... 34~35 OB 会 グループ サークルだより 一 36~37 すいとうばし 38~39 庶 務 日 lt~~... H -.40 ~42 )~ 卒 ~Jf セミナ

More information

東 金 市 に 於 て 保 安 U'l~, 本 fhl 閲 覧 東 翁 顕 彰 静 除 ~;~ 式 誠 にお 1111\ 度 うございま JUfi 天 ~_ì~の 立 場 で, 希 代 の 名 医 関 究 斎 先 生 を 訴 るには, t;~aくから 明 治 初 期 の 頃 fこおける 先 生 並

東 金 市 に 於 て 保 安 U'l~, 本 fhl 閲 覧 東 翁 顕 彰 静 除 ~;~ 式 誠 にお 1111\ 度 うございま JUfi 天 ~_ì~の 立 場 で, 希 代 の 名 医 関 究 斎 先 生 を 訴 るには, t;~aくから 明 治 初 期 の 頃 fこおける 先 生 並 i 卑 ;ぶ~f-.. - 6 ひろ ~f 東 金 市 に 於 て 保 安 U'l~, 本 fhl 閲 覧 東 翁 顕 彰 静 除 ~;~ 式 誠 にお 1111\ 度 うございま JUfi 天 ~_ì~の 立 場 で, 希 代 の 名 医 関 究 斎 先 生 を 訴 るには, t;~aくから 明 治 初 期 の 頃 fこおける 先 生 並 びに 千 葉 P13 と 順 天 :ì~~ との 関 係

More information

r ;î~ 民 の 多 数 が 自 らの 子 女 l 乙 大 学 教 育 を 受 けさせ いものとは 考 えず, 子 どもの 教 育 を 小 ~+1 日 ik 続 けて 大 学 ( 高 等 教 育 )ま で 展 望 するようになっに それは 大 戸 が [:f~ 民 教 育 制 度 の 一 環 と

r ;î~ 民 の 多 数 が 自 らの 子 女 l 乙 大 学 教 育 を 受 けさせ いものとは 考 えず, 子 どもの 教 育 を 小 ~+1 日 ik 続 けて 大 学 ( 高 等 教 育 )ま で 展 望 するようになっに それは 大 戸 が [:f~ 民 教 育 制 度 の 一 環 と 大!342 論 研 究 と 教 育 学 の 課 題 ( ~ ) t 支 休 j の 発 j 民 を )t~jぽとして 大 学 の aqfと 化 j がはじま 勺 た ζ 乙 l 乙 大 つ~: じに それは' 下 位 数 の!ll 的 ji~1 て 火 予 散 の ilif 向 fl~ 大 があ 勺 た すはわら IfiJ -. {J~ 令 炉 j における, 'J ( 乙 進 学 するに 宅 勺

More information

J1-2-29.pdf

J1-2-29.pdf ~ 反 省 その 他 の 動 物 のものについては, 後 に 至 って 取 り 上 げられてい (n 本 静 柁 1877-1881 ) は J~ t-の 前 身 である ~;r t(:~ ~ 田 1884) 日 厳 正 i~ 受 (1884), 橋 本 綱 常 (1 885), 桐 村 義 尭 (1885) などがそれぞれ 記 ~9 ), n 干 吸 虫 に I~する 知 見 も i この 時

More information

dîltilベ -.~j: 血!.f~Tl 4-19 jl,:j 事 前 科 1!Ii~';; 11 愛 知 I r.uj~ 久 子 町 大 字 自 作 字 雁 ;:.c 21 ~f '~,, '11 djlm>(~n-29-9 11 小 f,~th 科 I~F 主 加 l 総 )~: '~. IT

dîltilベ -.~j: 血!.f~Tl 4-19 jl,:j 事 前 科 1!Ii~';; 11 愛 知 I r.uj~ 久 子 町 大 字 自 作 字 雁 ;:.c 21 ~f '~,, '11 djlm>(~n-29-9 11 小 f,~th 科 I~F 主 加 l 総 )~: '~. IT 会 が 多 くなりますので 医 療 人 として 伝 えるべき 内 容 を 整 備 しておく ~Jç も 必 要 でしょう fl~ 木 であると 信 じています 耳 いに 切 嵯 I~(lf 干 して 将 来 を 少 しでも lリ l るくしていきたいものです dîltilベ -.~j: 血!.f~Tl 4-19 jl,:j 事 前 科 1!Ii~';; 11 愛 知 I r.uj~ 久 子 町 大

More information

Early Pleistocene Otariidae from Iimuro Formation Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan. / 川崎市の上総層群飯室層(下部更新統)産アシカ科動物化石について

Early Pleistocene Otariidae from Iimuro Formation Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan. / 川崎市の上総層群飯室層(下部更新統)産アシカ科動物化石について ~ど 新 統 上 総 照 群 飯 室 層 ( 岡 ほか, 1984 が 広 く 分 布 し, ~ 柿 生 居 ~IJ_Jll~lD li!~ ャ '~1Dh ~~~~~~8spectabilis マJ~tナγ ィ ~ ~ ~ j ~ 骨 頭 と 骨 体 1~ 央 の 一 部 の 前 1J! 半 を 欠 くほかは から 2omm 後 ろで 7 ~ 8 度 内 側 に 折 れ l~l が

More information

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380>

<4372797374616C205265706F7274733A208341838B837983938C768E9E8F88979D8356835883658380> 全 日 本 スキー 連 盟 B 級 公 認 男 子 大 回 転 公 式 成 績 表 ジュリー 技 術 代 表 前 原 力 [SAJ] テクニカルデータ コース 名 大 沢 大 回 転 コース 主 審 山 崎 幸 男 [ ] スタート 地 点 640m フィニッシュ 地 点 380m 競 技 委 員 長 大 竹 直 人 [ ] 標 高 差 260m 全 長 1050m ホモロゲーション SAJ20-GS47/97

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

借 入 ~の 返 済 傾 のうち 元 本 に 相 士 iする 部 分 の 金 額 は 必 説 経 t'i. になりません

借 入 ~の 返 済 傾 のうち 元 本 に 相 士 iする 部 分 の 金 額 は 必 説 経 t'i. になりません 平 成 因 年 分 収 支 内 訳 書 ( 不 動 産 問 )( 機 器 移 湖 町 ~ 使 州 00 市!::,.!::,. 町 x - x - x l I{"{J 国 税 久 郎 頃 ~; 陸 空 ~ 匙 ; 却 l 曲 賃,'.: 畑 o 守 貸 11'/ ~5 町 伺 R 料 :: 領 ;'~ 可 ~ ~~ J 60. ~ ~ 1 1 4 l~~- 話 題 ~ ~-' 卸,ω 借 入 ~の

More information

t'j~ ~f ~ 203 泉 ~( W~ ~,~_ ~J ~I 月 I~ カ ~ 1. 燃える集同をつくる チーム発恕 の h;l J1~ 1. 燃 λ る lu.i] をつくる チーム 1~;tLt J の! 日 t JlI( *".~J のフライダノレマーケソト Il fhf i,"l; . 了 11 本叩 ~! 丈 ~ (~ 印万 X rh

More information

r~ ~ .... 奥 さん 仕 ~をしているの I~. 勉 強 会 令 市 民 活 動 民 意 が 決 然 として 打 JII~ ない 限 Aた 9~τいる. いるので I~ ないかと E 量 量 主 人 I~. 掴 I~め9 たに 貨 を 時 剖 IJri:l~\~や 外 lá'rる

More information

議 A Q A 臨 議 臨 開 議 案 原 案 可 H 閉 今 議 脊 ぶ 規 模 改 造 工 請 締 防 工 規 模 改 造 工 指 名 社 社 札 果 森 貞 建 株 式 社 搭 札 千 千 工 請 示 認 宅 d 満 改 造 工 始 舎 差 引 箱 ぷ 排 超 老 又 蝿 差 益 ド 起 解

議 A Q A 臨 議 臨 開 議 案 原 案 可 H 閉 今 議 脊 ぶ 規 模 改 造 工 請 締 防 工 規 模 改 造 工 指 名 社 社 札 果 森 貞 建 株 式 社 搭 札 千 千 工 請 示 認 宅 d 満 改 造 工 始 舎 差 引 箱 ぷ 排 超 老 又 蝿 差 益 ド 起 解 1 愛 媛 県 温 泉 郡 役 平 元 8 1 193 号 編 集 総 印 刷 岡 印 側 8 号 世 帯 数 6, 694 2,87 男 1,22 女 1,848 7 1 現 在 V R ' C ~. s. t 総 明 w,*.., 望 号 明 " 香 2 議 A Q A 臨 議 臨 開 議 案 原 案 可 H 閉 今 議 脊 ぶ 規 模 改 造 工 請 締 防 工 規 模 改 造 工 指 名 社

More information

01 ' ij 畳 日 会 IÎ 設 H 概 ~

01 ' ij 畳 日 会 IÎ 設 H 概 ~ 01 ' ij 畳 日 会 IÎ 設 H 概 ~ 16 位 でいいから 残 りたいなあ~ 次 ~;t. マッチプレ ーなのに と 半 ~ t コース ~tコース ベント G> 斉 藤 裕 ~Yu 出 向 ました 予 選 では I ~"j トが 好 調 で しばらくぷりの69 しかし 2 位 が71 以 上 のI ~':J 卜 が 真 ん 中 から 入 り 悪 夢 から 脱

More information

のI!l 場 にて~ 犬 と : 倒 i 可 作 成 の 大 統 領 籾 符 l,'í~ 民 ~ 年 ( 昭 和 1 6 年 ) 1~ r~ f,i . ~ いずれも 納 ~W より 刊 行. J.Y:~ ~ ~ ~ 怠 月 ~f.î ft::i;í 人 と~f: I:a クラークの/,~~ 踏 で 顔 呆 卿 の 謀 総 銘 (1Jr1~

More information

JM401

JM401 と 他 Jfl 上 の iu!:'i~ 耳 l について.k! 収 しであります ご ア 7~ ーサービスについて... 補 修 部 品 の 供 給 年 般 について...........~ トラフ~ーへの 装 着 品 質 1' 1 能 lí'l lニ あるいは 安 全 似 川 市 :~lllill の 変!l.!:を l Fの 内 容 および 写!~ イラストなどの. トラク~ーからの 取 外 し

More information

眠 ヤ :':-.:!;~Y 月 刊 子 一 ~ の 水 田 跡 が 埋 没 していることがほぽ 確 実 である 古 墳 は 水 田 面 からの 比 高 35~45m ほどで 条 里 遺 構 の 範 戸 川,~.~~ 発 掘 調 査 期 間 平 成 2 年 4 月 5 日 ~10 月 5 日 ~26 日 コクサイ 航 業 ) 存 在 しなかった 保 科 小 学 校 3~6 年 児 童 ~'31

More information

宮 優 杉 村 春 山 安 英 俳 鈴 木 真 砂 服 飾 デ ザ ナ 田 稀 芸 妓 娼 妓 々 絞 器 取 猟 奇 賑 ぜ 触 器 断 側 在 調 関 係 分 努 力 若 遅 避 妊 際 比 ナ ス 万 激 減 動 例 万 近 番 秋 篠 宮 妃 紀 様 優 三 田 寛 泉 川 上 麻 衣 森

宮 優 杉 村 春 山 安 英 俳 鈴 木 真 砂 服 飾 デ ザ ナ 田 稀 芸 妓 娼 妓 々 絞 器 取 猟 奇 賑 ぜ 触 器 断 側 在 調 関 係 分 努 力 若 遅 避 妊 際 比 ナ ス 万 激 減 動 例 万 近 番 秋 篠 宮 妃 紀 様 優 三 田 寛 泉 川 上 麻 衣 森 城 感 慨 還 暦 動 勢 強 災 戸 荒 食 妄 想 変 文 字 通 戸 焼 再 建 預 姓 引 取 預 再 燃 広 放 犯 刑 処 当 計 算 亡 面 白 好 色 五 忌 嫌 自 者 無 責 任 浄 瑠 璃 作 紀 音 計 算 上 音 無 理 び 付 宮 優 杉 村 春 山 安 英 俳 鈴 木 真 砂 服 飾 デ ザ ナ 田 稀 芸 妓 娼 妓 々 絞 器 取 猟 奇 賑 ぜ 触 器 断 側 在

More information

平 川 セミナ -y,~ 告 一 ー... 一 一 一 昨 夜 ミラノに 到 ~YÎ: L. 次 の 日 早 r~) J 人 ~!_~ I~

平 川 セミナ -y,~ 告 一 ー... 一 一 一 昨 夜 ミラノに 到 ~YÎ: L. 次 の 日 早 r~) J 人 ~!_~ I~ 平 川 セミナ -y,~ 告 一 ー... 一 一 一 昨 夜 ミラノに 到 ~YÎ: L. 次 の 日 早 r~) J 人 ~!_~ I~ 自 Ii}I ~JilL~ E 皇 陛 陸 回 窪 に,ì~べたもので,たぶん 教 務 課 あたりで 使 ってい íf~ 君 は 今 では 歌 人 多 ~ HI{ 利 33:{1~ 会,ntl~ 止 í "'l~ 術 担 'í ~;-に 114 載 予 定

More information

[~~ 立 に 制 へのB 土 産 にどうぞ! いただければ 幸 いです 特 例 処 鐙 の 迎 旨 をご E 里 A~の 上 事 前 申 請 に と ", ~, II,'/ / 冨 I,/, I/' # /I. _ I"""I""", ~ー, と 利 問 いただけます~(ご 利 用 のと 本 人 権 のみ) ~ 月 からの 消 費 税 引 き 上 げに 伴 い -.~ 三.......... ~~~!~~~!

More information

8 E c. ~. :- :..:~;. : ~ 了 ぶ.~:::~1~. 工 所 :.-;._--~~- ~- ~-{ E ~.Þ - _.~ -.. ~- ~ : よ 司 令 ~~~ ~. : M ; : -. ~ - ~-: L I て ニー 三 三 3 :ーと : :-.. ~ ヲ-~ : ~~--. ~~.~-~ ~ ~.- 一 氏 ( IIß49 年 卒 ) 東 京 聖 商 会 ~ J~

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

~ ~541 大 阪 市 東 区 本 町 ト 11 ~8 1 2 福 岡 市 樽 多 区 博 多 駅 南 1-14

~ ~541 大 阪 市 東 区 本 町 ト 11 ~8 1 2 福 岡 市 樽 多 区 博 多 駅 南 1-14 ~ ~541 大 阪 市 東 区 本 町 ト 11 ~8 1 2 福 岡 市 樽 多 区 博 多 駅 南 1-14 1~97.. 3 唱 ~ILI7_, 疾 患 に 第 3 回 日 本 晴 現 金 学 会 1

More information

西 部 地 ~Jj~* 点 Jm 特 別 l Jr Jl! 開 発 i1l 路 III 女 };~ 戸 j 線 改 良 'Ji~ 後 ~, 平 'J 別 川 故 修 li.t; i~z; 泊 l 別 川 河 川 緑 地 公 l 咽 恒 随 耶 '" 保 安 林 改 良 IÎ~ (トマ/1"~ナ イ

西 部 地 ~Jj~* 点 Jm 特 別 l Jr Jl! 開 発 i1l 路 III 女 };~ 戸 j 線 改 良 'Ji~ 後 ~, 平 'J 別 川 故 修 li.t; i~z; 泊 l 別 川 河 川 緑 地 公 l 咽 恒 随 耶 ' 保 安 林 改 良 IÎ~ (トマ/1~ナ イ 西 部 地 ~Jj~* 点 Jm 特 別 l Jr Jl! 開 発 i1l 路 III 女 };~ 戸 j 線 改 良 'Ji~ 後 ~, 平 'J 別 川 故 修 li.t; i~z; 泊 l 別 川 河 川 緑 地 公 l 咽 恒 随 耶 '" 保 安 林 改 良 IÎ~ (トマ/1"~ナ イ 111 濁 川 珍 古 ill 川 "' 股 11 1 ) 神 丘 地 区 畑 地.:i~ 総 合 土

More information