83

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "83"

Transcription

1 82

2 83

3 84

4 85

5 86

6 87

7 88

8 89

9 90

10 91

11 92

12 C 6 木造中高層建築に関すること もちろん 建築基準法上は主要構造部を耐火構造にすればよく 大臣認定番号を書類に記載すれば建 築確認上も問題ないわけであるが 実際の火災時に本当に所定の性能が発揮されるか 本当に安全な設 計にするためにはどのように納めるべきかなど 十分に専門家と議論を重ねながら設計を進める必要が ある段階であるといえるだろう 今後 中高層木造を実現していくためには以下の検討も必要だろう!1時間耐火構造部材のバリエーションの追加 CLT 等の新しい工法や新しい耐火素材との複合等!2時間耐火構造部材の実用化!耐火性能を損なわない各部の納まりの検討 試設計 実験的検証等!防耐火以外の諸課題の検討 構造 遮音 耐久性 振動等 C 木 造 の 防 耐 火 設 計 写真1 ロンドンの木造9階建て KLH 資料より 写真2 6階建ての5 6階を木造とした事例 写真3 近未来の木造都市 NPO 法人 team Timberize CG 93

13 94

14 D 1 木造 木材コストに関すること D コ ス ト 95

15 96

16 97

17 98

18 99

19 100

20 101

21 102

22 103

23 104

24 D 3 木材価格に関すること 事例 愛媛県林材業振興会議 単価表 スギ構造用製材 木口短辺1 2 0 単価表 ヒノキ構造用製材 木口短辺1 2 0 また 製材品と集成材の単価比較として 断面寸法で比較すると柱材等の商談面材では製材品が集成 材より安価になるが 断面の長辺が3 30 を超えるような大断面材や 長さが6m を超える長尺材にな ると製材品が集成材より高くなるといった解説も丁寧に記載されている D コ ス ト スギの構造用製材と集成材の標準単価一覧表 円! 2 素材生産における価格の透明化 持続可能な森林に向けた課題 素材生産の現場でも木材価格の透明化は重要なテーマとなっている 久万広域森林組合では 森林所 有者に対して森林施業プラン書による見積価格の提示を行い 合意の上で伐採を行っている しかし 愛媛県産材構造用製材 集成材 標準規格 単価表 森林施業プラン書 いずれにおいても 現状 の木材市場における価格に準じているため 持続的な林業を経営するために必要な再造林等の経費が計 上されていない 愛媛県産材構造用製材 集成材 標準規格 単価表 作成の際に 当初はこれらの 経費をも積上げた価格の掲示を検討していたが 現状の市場価格の約2倍の価格になるため 木の家が 高いというイメージを与えてしまう事などに配慮し採用されなかった 木材価格の透明化の次には 持 続的な森林 林業が成立するコストを どのように明示し どのように吸収していくか という大きな 課題にも取り組んでいく必要がある 105

25 106

26 107

27 108

28 109

29 110

30 111

31 112

32 113

33 114

34 115

35 116

36 117

37 118

38 119

39 120

40 121

41 122

42 123

43 124

44 125

45 126

46 E 1 日本における職業教育に関すること E 木 材 木 造 技 術 者 の 人 材 育 成 127

47 128

48 129

49 130

50 131

51 132

52 133

53 134

54 135

CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 3)~ 防耐火性能の評価 ~ 平成 26 年度建築研究所講演会 CLTによる木造建築物の設計法の開発 ( その 3) ~ 防耐火性能の評価 ~ 建築防火研究グループ上席研究員成瀬友宏 1 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 3)~ 防耐

CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 3)~ 防耐火性能の評価 ~ 平成 26 年度建築研究所講演会 CLTによる木造建築物の設計法の開発 ( その 3) ~ 防耐火性能の評価 ~ 建築防火研究グループ上席研究員成瀬友宏 1 CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 3)~ 防耐 CLTによる木造建築物の設計法の開発 ( その 3) ~ 防耐火性能の評価 ~ 建築防火研究グループ上席研究員成瀬友宏 1 内容 Ⅰ はじめに 1) 木材 製材 集成材 CLT の特徴 テキスト p.45~5050 と燃えしろ の燃えしろを検討するにあたっての課題 1)CLT の燃えしろに関する実験的検討 壁パネルの非損傷性に関する実験的検討 等の防耐火性能に関する建築研究所のその他の取り組み Ⅳ

More information

強化 LVL 接合板および接合ピンを用いた木質構造フレームの開発 奈良県森林技術センター中田欣作 1. はじめに集成材を用いた木質構造で一般的に用いられている金物の代わりに スギ材単板を積層熱圧した強化 LVL を接合部材として用いる接合方法を開発した この接合方法では 集成材と接合板である強化 L

強化 LVL 接合板および接合ピンを用いた木質構造フレームの開発 奈良県森林技術センター中田欣作 1. はじめに集成材を用いた木質構造で一般的に用いられている金物の代わりに スギ材単板を積層熱圧した強化 LVL を接合部材として用いる接合方法を開発した この接合方法では 集成材と接合板である強化 L 強化 LVL 接合板および接合ピンを用いた木質構造フレームの開発 奈良県森林技術センター中田欣作 1. はじめに集成材を用いた木質構造で一般的に用いられている金物の代わりに スギ材単板を積層熱圧した強化 LVL を接合部材として用いる接合方法を開発した この接合方法では 集成材と接合板である強化 LVL の同時穴あけ加工が容易に行えるため 現場での加工性と接合精度が非常に良くなる また 金物を用いたときの課題とされる火災安全性

More information

Microsoft Word - 毛井首団地集会所設計における木造工法の検討

Microsoft Word - 毛井首団地集会所設計における木造工法の検討 毛井首団地集会所設計における木造工法の検討 土木部住宅課 進藤政洋 田添祥大 1. はじめに 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 が平成 22 年 10 月 1 日に施行された 同法は 公共施設を率先して木造化することで国産木材の需要を拡大しようというものである 国の公共建築物においては 低層の公共建築物は原則として全て木造化を図ることとしている 長崎県においても 林業は県の重要な産業の一つであるため

More information

第 1. 基本的事項 1. 都道府県の森林整備及び林業 木材産業の現状と課題 1 森林整備の現状と課題本県の人工林面積の主な樹種別の構成割合は スギ 71% アテ 12% マツ 9% である 齢級構成は 10~11 齢級をピークとした偏った構成となっており 保育や間伐を必要とする 9 齢級以下のもの

第 1. 基本的事項 1. 都道府県の森林整備及び林業 木材産業の現状と課題 1 森林整備の現状と課題本県の人工林面積の主な樹種別の構成割合は スギ 71% アテ 12% マツ 9% である 齢級構成は 10~11 齢級をピークとした偏った構成となっており 保育や間伐を必要とする 9 齢級以下のもの 様式 2 作成年度 平成 28 年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 石川県 第 1. 基本的事項 1. 都道府県の森林整備及び林業 木材産業の現状と課題 1 森林整備の現状と課題本県の人工林面積の主な樹種別の構成割合は スギ 71% アテ 12% マツ 9% である 齢級構成は 10~11 齢級をピークとした偏った構成となっており

More information

様式 2 作成年度 平成 28 年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県

様式 2 作成年度 平成 28 年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県 様式 2 作成年度 森林整備加速化 林業再生基金変更事業計画書 区分 : 強い林業 木材産業構築緊急対策 区分 : 林業成長産業化総合対策 福井県 第 1. 基本的事項 1. 都道府県の森林整備及び林業 木材産業の現状と課題 12 万 ha に及ぶ人工林が 順次 利用可能な段階を迎えてきているが 十分に利用されている状況にはない このような中 木質バイオマス発電の導入により A 材から C 材余すことなく利用できる環境が整ったことから

More information

平成 24 年度輸出拡大リード事業のうち

平成 24 年度輸出拡大リード事業のうち 平成 24 年度輸出拡大リード事業のうち 平成 24 年度輸出拡大リード事業のうち 08 12 15 17 19 21 出展概要 01 1 出展した見本市の概要 KYUNGHYANG HOUSING FAIR 2013 キョンヒャンハウジングフェア 会期 2013 年 2 月 20 日 ( 水 )~2 月 24 日 ( 日 ) 事業主催 esang Networks Co., Ltd 株式会社理想ネットワークス

More information

材工分離発注 実施設計が終わった段階 ( 施工者を決定する前 ) で木材を地方自治体が調達し施工者に支給する メリット 木材調達に十分な期間が持てる 製材所の作業を一時期に集中させないなど加工スケジュールの工夫がしやすい デメリット 地方自治体や設計者の労的負担が大きい 品質管理 調達が材工で別々と

材工分離発注 実施設計が終わった段階 ( 施工者を決定する前 ) で木材を地方自治体が調達し施工者に支給する メリット 木材調達に十分な期間が持てる 製材所の作業を一時期に集中させないなど加工スケジュールの工夫がしやすい デメリット 地方自治体や設計者の労的負担が大きい 品質管理 調達が材工で別々と Ⅲ. 木材の発注方式 工程計画と設計者 施工者の選定方式 木造建築物を計画する場合 用途や規模 内装木質化や現しの柱 梁といった空間の質 性能など要望によって 適用する建築法規 設計手法 工法技術 施工技術を様々に組み合わせる必要がある上 材料品質 木材の種類 ( 集成材や製材等 ) 木材調達スケジュールなど多くの条件が加わるため 何通りもの解法がある また 木材の調達エリアを国から県 流域 市町村などに小さく絞るほど

More information

識者の声 腰原幹雄氏 02 FROM EXPERT 東京大学生産技術研究所木質構造デザイン工学教授 ( 写真 : 石原秀樹 ) 地産都消 に不可欠な都市木造は市場規模の大きい中層をターゲットに 木材の標準化 規格化で S 造のようなモデル化を 21

識者の声 腰原幹雄氏 02 FROM EXPERT 東京大学生産技術研究所木質構造デザイン工学教授 ( 写真 : 石原秀樹 ) 地産都消 に不可欠な都市木造は市場規模の大きい中層をターゲットに 木材の標準化 規格化で S 造のようなモデル化を 21 識者の声 01 FROM EXPERT 稲山正弘氏 東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻木質材料学研究室教授 ( 写真 : 石原秀樹 ) 身近な住宅用の木材でも中大規模木造はつくれる 納まりの標準図面を無料で公開地域材に縛らない柔軟な発想も 20 識者の声 腰原幹雄氏 02 FROM EXPERT 東京大学生産技術研究所木質構造デザイン工学教授 ( 写真 : 石原秀樹 ) 地産都消 に不可欠な都市木造は市場規模の大きい中層をターゲットに

More information

<4D F736F F D D A F0977D82A682E982BD82DF82CC90DD8C768FE382CC8D E646F63>

<4D F736F F D D A F0977D82A682E982BD82DF82CC90DD8C768FE382CC8D E646F63> 規格材を製作するなど 同じ材を繰り返し使用する設計とすることで 木材の早期発注が可能となり 必要な木材の安定した確保が可能となる 木材の製材期間は 人工乾燥でおおむね2ヶ月 ~5ヶ月程度 天然乾燥では乾燥期間だけで半年以上を要する このため 必要な寸法の木材を その都度製材してすぐに使用するというわけにはいかない 同じ寸法の規格材を設定し 同じ材を繰り返し使用する設計とすれば 木材の早期発注ができ

More information

表 3-2 企画書の項目例 項目 特筆事項 1. 事業のコンセプト目的等 2. 設計内容について 3. 木材の調達について 4. 発注方式について 計画条件 ( 面積や階数などの諸元について ) 架構方式設計に関連する木材の品質について 伐採スケジュールと量の把握方法 ( 情報入手先の提示 ) 地域

表 3-2 企画書の項目例 項目 特筆事項 1. 事業のコンセプト目的等 2. 設計内容について 3. 木材の調達について 4. 発注方式について 計画条件 ( 面積や階数などの諸元について ) 架構方式設計に関連する木材の品質について 伐採スケジュールと量の把握方法 ( 情報入手先の提示 ) 地域 Ⅰ -3. 事業方針 企画書の作成 (1) 木造 内装木質化における企画書の作成木造建築物の計画を実際の事業に起こす場合 企画書 を作成するわけであるが 表 3-1 に示すように各フェーズによって企画書の名称が変化する これは 各フェーズによって目的が変化するためである フェーズが変わるごとに 漠然とした内容から詳細な内容に詰めていく作業を行う 企画書の項目例を表 3-2 に示す 木造 内装木質化の場合は

More information

利用することをいう (4) 林業事業者森林において森林施業 ( 伐採, 植栽, 保育その他の森林における施業をいう 第 12 条において同じ ) を行う者をいう (5) 木材産業事業者木材の加工又は流通に関する事業を行う者をいう (6) 建築関係事業者建築物の設計又は施工に関する事業を行う者をいう

利用することをいう (4) 林業事業者森林において森林施業 ( 伐採, 植栽, 保育その他の森林における施業をいう 第 12 条において同じ ) を行う者をいう (5) 木材産業事業者木材の加工又は流通に関する事業を行う者をいう (6) 建築関係事業者建築物の設計又は施工に関する事業を行う者をいう 森林資源の循環利用の促進に関するかごしま県民条例 本県の森林は, 県土の約 6 割を占め, 本県森林面積の5 割を占めるスギ ヒノキ等の人工林は, その多くが本格的な利用期を迎えている これらの森林に群生する樹木などの森林資源は, 土砂災害の防止, 水源の涵養, 生物多様性の保全, 地球温暖化の防止など森林の有する公益的機能を発揮するだけでなく, 森は海の恋人 と称されるように, 森林の生み出す養分が川を流れ海に供給されることで,

More information

第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( )

第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( ) 平成 22 年度 森林及び林業の動向 第 177 回国会 ( 常会 ) 提出 第 1 部森林及び林業の動向 森林 林業の再生に向けた新たな取組 東日本大震災 で森林 林業 木材産業に甚大な被害 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 の成立 生物多様性に関する新たな世界目標 ルールの採択 国際森林年 林業 木材産業関係者が天皇杯等を受賞 木材の需要拡大の背景 ( ) 木材の供給 ( 国産材の供給は増加傾向

More information

NPO 1 2 3 77 4 5 6 7 21 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67

More information

20110124-02-01

20110124-02-01 100 13 13 148 4 60 8 21 18 3 2 19 2 23 3 22 22 9 23 10 1 2 18 3 3 60.0 31.12 33.3 24.5 23.1 22.7 29 201714 22 13.310 32 12.137 11.2 65 22 20.532 27.437 28.7 18 1 46.31 81.6 20.9 23.821.4 19.0 34.9 28.9

More information

勘定科目別経理セミナー

勘定科目別経理セミナー 16 8 21 2 15-1 (1) (2) (3) (4) (5) 3 (6) (7) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 4 (4) (1) (2) (3) 5 8/1 8/30 9/20 20 (1) (2) (3) (4) 6 (1) (2) (3) (4) 7 (1) (2) (3) (4) (5) (6) 8 (1) (2) 50% (1) (2) 9 (3) (1) (2)

More information

untitled

untitled 420 40 41 100 18 6 18 61 17 1 20 29 10 12 2.0 17 4.3 12 17 400-10 65 40,438 17 24.2 19.9 15 35 60 17 60 17 1700 17 65 2 17 23 58,000 28 58,900 1 23 2.77 / 28 2.63 / 7 17 15 15 11,769 3 60 17 45,618 59.36

More information

- 82 -

- 82 - - 82 - 1 2 3 4 5 6-83 - 7 3,000 100 8 9 10 11 4559 59 24 51 61 51-84 - 5373-85 - 3,000 100 3,000 12 100-86 - 1,000 44 5462-87 - 3,000 23 24 10,000 23 8,000 24 2,000 22 2,000 23 22 2,000 8,000 3,000 22

More information

Microsoft Word - 文書4

Microsoft Word - 文書4 5 8 NPO http://plaza.rakuten.co.jp/dassen/ http://www.youtube.com/watch?v=rcdkhqunyte 20 10 10 10 20 10 20 10 20 20 2 1 '93.5 http://youtu.be/gwrfcglitxk 7 1 13 5000 20 1000 60 550 30 20 1 9 14 3 5 50

More information

大崎市耐震改修促進計画(案)

大崎市耐震改修促進計画(案) 1 1 2 2 4 2520 5661 3 1 4 2 12 11 15 11 12 20 1 11 5 3 19781933 6 7 4 8 9 1 10 7 11 50 90 3 12 56 1 13 14 15 2 56,041 30,528 54,572 10,991 27 27 27 16 17 18 19 1 20 21 22 2 3 4 23 5 24 6 25 1-26 2 3 4

More information

1 2 (1) (2) (3) 10 (4) 10 (5) 12 3 (1) 13 (2) 13 (3) 14 4 (1) 14 (2) 15 (3) 15 (4) 16 (5) 16 1 2009 24 1,440 360 2 (1) 1,800 (2) 23 4 1 102 169 73 96 13 5 1 178 69 1 NPO 4 1 2 40 35 4 3 23 4 1 1 443 622-0844

More information

01_表紙_修

01_表紙_修 0% 20% 40% 60% 80% 100% H7 H12 H17 H22 19.1% 17.1% 15.5% 14.4% 65.1% 64.5% 63.9% 62.2% 15.8% 18.4% 20.6% 23.4% H27 H27 H27 13.7% 13.0% 12.6% 59.2% 57.4% 60.7% 27.1% 29.6% 26.6% 15 1564 65 3.50 3.00 2.50

More information

資料 7( 第 4 回原案作成委員会 H 枠組壁工法用構造用たて継ぎ材の日本農林規格平成 3 年 (1991 年 )5 月に制定された枠組壁工法用構造用たて継ぎ材の日本農林規格 ( 平成 3 年 5 月 27 日農林水産省告示第 701 号 ) の第 4 条においてたて継ぎ部のフィ

資料 7( 第 4 回原案作成委員会 H 枠組壁工法用構造用たて継ぎ材の日本農林規格平成 3 年 (1991 年 )5 月に制定された枠組壁工法用構造用たて継ぎ材の日本農林規格 ( 平成 3 年 5 月 27 日農林水産省告示第 701 号 ) の第 4 条においてたて継ぎ部のフィ 資料 7( 第 4 回原案作成委員会 H27.11. 平成 27 年 11 月 9 日 森林総合研究所平松靖 マイクロフィンガージョイントに関する資料 1. 集成材の日本農林規格等でフィンガージョイントの形状に関する基準が定められた経緯 1.1 たて継ぎ木材の製造基準 ( 案 ) フィンガージョイントの形状に関する基準値が定められた規格 基準およびその時期を別紙 1 に整理した 国内におけるフィンガージョイントに関する基準は

More information

Taro-~ jtd

Taro-~ jtd 木材 木材製品の合法性 持続可能性の証明のためのガイドライン平成 18 年 2 月林野庁 1. 趣旨 違法伐採は 地球規模での環境保全 持続可能な森林経営の推進にとって極めて重要な課題であり 我が国としては これまで 違法に伐採された木材は使用しない という基本的な考え方に基づいて取り組んできた 具体的には 違法伐採対策として 二国間 地域間及び多国間での協力推進 違法伐採木材の識別のための技術開発

More information

58

58 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 第Ⅳ章 林業と山村

More information

「(仮称)泉区高森2丁目プロジェクト」着工

「(仮称)泉区高森2丁目プロジェクト」着工 報道関係各位 2018 年 3 月 26 日 三菱地所株式会社 ~ 日本初 CLT を床材として利用した高層建築物 ~ ( 仮称 ) 泉区高森 2 丁目プロジェクト 着工 工期短縮 国内の森林資源循環への貢献を目指す 三菱地所株式会社は 仙台市泉区 泉パークタウン 内で進めている賃貸マンション ( 仮称 ) 泉区高森 2 丁目プロジェクト の新築工事を本日 3 月 26 日に着工しました 竣工は 2019

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 国有林野事業における木材の販売に係る提案募集 ( マーケットサウンディング ) 提案の取りまとめと課題の整理 平成 29 年 12 月 26 日 ( 火 ) 民間提案募集における取組状況について 未来投資戦略 2017 林業の成長産業化に向けた先駆的な取組として 国有林野において 民間が長期 大ロットで伐採から販売までを一括して行うことにより現行より有利な立木資産の売却となる手法の可能性を検証するため

More information

スライド 1

スライド 1 よく分かる! 省令準耐火 ( 木造軸組工法 ) ~ 基準の概要 & よくある質問 ~ Web セミナー用テキスト 1 目次 省令準耐火構造の住宅 の特徴 木造軸組工法による省令準耐火構造 ( 概要 ) よくある質問 省令準耐火構造の住宅 のメリットとは? 2 省令準耐火構造の住宅 の特徴 3 省令準耐火構造の住宅 の特徴 特徴 1 外部からの延焼防止 特徴 2 各室防火 特徴 3 他室への延焼遅延

More information

再造林 育林の低コスト化に関する指針 育林の低コスト化に関する指針平成 27 年 3 月高知県林業振興 環境部 1 指針の目的平成 24 年 9 月に策定した 皆伐と更新の指針 では 伐採時期を迎えた人工林を皆伐した後 再造林の適地と判断される伐採跡地では 森林資源の持続的な利用を図るうえでも再造林

再造林 育林の低コスト化に関する指針 育林の低コスト化に関する指針平成 27 年 3 月高知県林業振興 環境部 1 指針の目的平成 24 年 9 月に策定した 皆伐と更新の指針 では 伐採時期を迎えた人工林を皆伐した後 再造林の適地と判断される伐採跡地では 森林資源の持続的な利用を図るうえでも再造林 再造林 育林の低コスト化に関する指針 育林の低コスト化に関する指針平成 27 年 3 月高知県林業振興 環境部 1 指針の目的平成 24 年 9 月に策定した 皆伐と更新の指針 では 伐採時期を迎えた人工林を皆伐した後 再造林の適地と判断される伐採跡地では 森林資源の持続的な利用を図るうえでも再造林を進めていくことを基本としています しかしながら 植栽から 50 年生までの造林 保育に要する経費は

More information

財団法人新潟県建築住宅センター

財団法人新潟県建築住宅センター 一般財団法人にいがた住宅センター適合証明規則 ( 目的 ) 第 1 条この規則は 一般財団法人にいがた住宅センター ( 以下 センター という ) が別に定める適合証明業務規程 ( 以下 業務規程 という ) に基づく適合証明業務を行うにあたって必要なの額 ( 消費税を含まない ) を定めるものとする ( 設計検査に関する ) 第 2 条業務規程第 7 条に規定する設計検査のの額は 設計検査申請 1

More information

26-高知県自治会館.indd

26-高知県自治会館.indd 採択事例 ( 平成 25 年度 )26 プロジェクト名 高知県自治会館新庁舎建築工事 補助種別 木造化 提案者 ( 事業者 ) 設計者施工者建設地 高知県市町村総合事務組合株式会社細木建築研究所株式会社竹中工務店四国支店高知県高知市本町 4 丁目 1 番 35 号 竣工済 提案の概要 A. プロジェクト全体の概要 1 階 2 階の中間に免震層を設け 1 ~ 3 階 RC 造 4 ~ 6 階耐火木造で構成する

More information

第 3 章認定品の利用推進に関する基本方針 ( 認定品の周知 ) 第 6 認定品の製品情報については, 環境生活部環境政策課ホームページ等を参考とするものとする ( 認定品の使用 ) 第 7 工事等において, 認定品を積極的に使用するものとし, 資材の名称, 規格 寸法等の必要項目を設計図書 ( 条

第 3 章認定品の利用推進に関する基本方針 ( 認定品の周知 ) 第 6 認定品の製品情報については, 環境生活部環境政策課ホームページ等を参考とするものとする ( 認定品の使用 ) 第 7 工事等において, 認定品を積極的に使用するものとし, 資材の名称, 規格 寸法等の必要項目を設計図書 ( 条 農業農村整備事業における宮城県グリーン製品及び木材製品等の利用推進に関する指針 第 1 章 総 則 ( 目的 ) 第 1 この指針は, グリーン購入促進条例 ( 平成 18 年宮城県条例第 22 号 ), グリーン購入の 推進に関する基本方針 ( 平成 18 年 12 月 21 日策定 ) 及びみやぎ材利用拡大行動計画 ( 平 成 19 年 1 月 17 日策定 ) に基づき, 宮城県が発注する農業農村整備事業の建設工事及び建

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9697E18FD089EE81458EAD D891A D88DDE89EF8AD9816A E30322E B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D208E9697E18FD089EE81458EAD D891A D88DDE89EF8AD9816A E30322E B8CDD8AB B83685D> 鹿島の新木造建築技術 2014.2 鹿島建設 鹿島の新木造建築技術 耐火集成材 FR ウッドの採用事例 鹿島の大規模木造建築の実績 現状 耐火集成材 FR ウッド 鹿島は 都心での大規模木造建築を実現すべく 耐火集成材の開発に参画してきました 今年の 5 月に 国産スギ材のみで構成された耐火集成材 FR ウッドを日本で初めて実建物に採用し完成させました 耐火集成材 FR ウッド 農林水産省補助金プロジェクトにおいて木質耐火構造に関する研究開発

More information

5

5 商品特長 基本性能 商品特長 施工例 ハイレベルな断熱性能 快適な生活を頼もしくバックアップします アルミと樹脂の複合構造を採用し 高い断熱クオリティをもつ エピソード エピソード Type S 引違い系 単体 面格子付 断熱性と日射熱取得率 シャッター付 平成25年省エネルギー基準 雨戸付 室外側 ア ルミ 室内側 樹 脂 建具とガラスの組合せによる熱貫流率および日射熱取得率 設計施工指針 別表第7

More information

151026_kcfca_pumph.indd

151026_kcfca_pumph.indd 京都の木でつくるこだわりの住まい 無垢材を扱う際に 京都の木を使い 資源を循環させる社会づくりが豊かな森づくりに繋がります ご注意いただきたいこと 人の手で植えられた人工林は 苗木を植え 下草を刈り 間伐をして という生産過程を繰り返 すことで守り育てられてきました しかし この森林の生産サイクルが 近年 木材が利用され ないことが原因で循環しなくなりつつあります そのことによって 森が本来持っている

More information

<4D F736F F D E63189F190E693B18E968BC65F918D955D81698F4390B3816A F4390B3>

<4D F736F F D E63189F190E693B18E968BC65F918D955D81698F4390B3816A F4390B3> 平成 28 年度サステナブル建築物等先導事業 ( 木造先導型 ) の第 1 回応募概要及び同事業評価委員会の講評について 平成 28 年度サステナブル建築物等先導事業 ( 木造先導型 ) における第 1 回応募の状況及び サステナブル建築物等先導事業 ( 木造先導型 ) 評価委員会 において出された全体講評は下記のとおりです 記 1. 応募状況本事業において 建築物の木造化 ( 以下 木造化 という

More information

<4D F736F F D D A F0977D82A682E982BD82DF82CC90DD8C768FE382CC8D E646F63>

<4D F736F F D D A F0977D82A682E982BD82DF82CC90DD8C768FE382CC8D E646F63> プレカット工法を採用すると 工期が短縮される 加工精度が高まるなど 生産性の向上につながる プレカット工法を採用すると 施工現場で実施している作業をあらかじめ工場で実施することにより 工期を短縮することができる また 加工精度が高まり 安定した品質を確保できるようになる ただし 個々の部材の特徴を見極めて 適材適所に配置することはできなくなる側面もある 手刻みとプレカット 木材を鑿などで加工することを

More information

ご注意安全上の230 商品の選定施工基準かかる前に標準施工法施工方法納まり納まり位の納まり工法施工方法施工方法維持管理参考資料設計基準 施工に施工部材の木造下地の鉄骨下地のその他各部外張断熱装飾部材の軒天材の工事管理 9. 外張断熱工法 1 設計施工上のポイント 外張断熱工法については 住宅会社 設

ご注意安全上の230 商品の選定施工基準かかる前に標準施工法施工方法納まり納まり位の納まり工法施工方法施工方法維持管理参考資料設計基準 施工に施工部材の木造下地の鉄骨下地のその他各部外張断熱装飾部材の軒天材の工事管理 9. 外張断熱工法 1 設計施工上のポイント 外張断熱工法については 住宅会社 設 229 安全上のご注意商品の選定設計基準 施工基準施工にかかる前に標準施工法施工部材の施工方法木造下地の納まり鉄骨下地の納まりその他各部位の納まり外張断熱工法装飾部材の施工方法軒天材の施工方法工事管理 維持管理参考資料9. 外張断熱工法 1 設計施工上のポイント 2 横張りサイディング各部納まり図 3 縦張りサイディング各部納まり図 ご注意安全上の230 商品の選定施工基準かかる前に標準施工法施工方法納まり納まり位の納まり工法施工方法施工方法維持管理参考資料設計基準

More information

申請書の作成 1 1 買受希望数量等 の数量は 公告における物件番号別の出材予定数量と一致さ せてください 2 2 添付書類 の (1) 直近の事業年度に係る貸借対照表及び損益計算書 (2) 納税証明書の写し (3) 社会保険の加入を証する書類及び (4) 保有する資格を証する書類について 共同申請

申請書の作成 1 1 買受希望数量等 の数量は 公告における物件番号別の出材予定数量と一致さ せてください 2 2 添付書類 の (1) 直近の事業年度に係る貸借対照表及び損益計算書 (2) 納税証明書の写し (3) 社会保険の加入を証する書類及び (4) 保有する資格を証する書類について 共同申請 参考 国有林材の安定供給システム申請書及び企画提案書の作成要領 全般的事項 1 国有林材の安定供給システム申請書 ( 以下 申請書 という ) 及び企画提案書の様式 は 前回までの様式と変わっていますので 新しい様式を使用してください 2 今回公募するシステム販売では 前回までの公募で行っていた A タイプ ( 山土場に集 材された原木を工場等へ直送する取組 ) の企画提案は公募いたしません 3 原木市場その他木材流通機能を有する事業者

More information

「木材を活用した学校づくりの可能性と留意点」(3)

「木材を活用した学校づくりの可能性と留意点」(3) 間伐材を使う ヒノキ間伐材のストランドボード 福井市立至民中学校 木の教育に生かす 木の未来を担う子どもを育てる 旧大多喜町立老川小学校 リブ材 中国産リブ材 OSB 坂井市立丸岡南中学校 思い出を伝える木の校舎 旧木造校舎の階段親柱を活用青森 名川中 旧木造校舎の床板を天井に福島 岩江小 旧木造校舎の階段床板を活用福島 社川小 木のパーゴラよしず 緑のカーテンによる教室の日照調整昭和町立押原小学校

More information

立木販売のご案内 ~ 多くの森林が主伐期を迎える中で立木販売を進めています ~ 四国森林管理局

立木販売のご案内 ~ 多くの森林が主伐期を迎える中で立木販売を進めています ~ 四国森林管理局 立木販売のご案内 ~ 多くの森林が主伐期を迎える中で立木販売を進めています ~ 四国森林管理局 立木販売のご案内 はじめに 四国の多くの森林が主伐期を迎えており 四国森林管理局では 国有林の伐採予定箇所の立木販売と伐採後の造林を推進しています 立木販売には 次の 3 つの種類があります 1 立木販売 : 森林管理署 ( 所 ) が立木販売物件を公告し 一般競争入札によって立木の購入者を決定し 売買契約を締結し販売する方法です

More information

スライド 1

スライド 1 1 新たな森林管理の仕組みづくり について 平成 2 9 年 1 月 林業の成長産業化と森林の適切な管理に向けた検討 未来投資戦略 217 や 経済財政運営と改革の基本方針 217 等において 林業の成長産業化の実現と森林の適切な管理のため 森林の管理経営を意欲のある持続的な林業経営者に集積 集約化するとともに それができない森林の管理を市町村が行う新たな仕組みを検討することとされた 未来投資戦略

More information

AQお知らせ181225規程改正

AQお知らせ181225規程改正 優良木質建材等認証規程類の改正について 優良木質建材等認証 (AQ) では 平成 0 年 12 月 2 日付で規程類を改正い たしました 1. 改正した規程類 (1) 優良木質建材等品質性能評価基準 2. 主な改正内容 (1) 指定薬剤の追加既存品目 C- 防腐 防蟻処理構造用集成材 - の指定薬剤としてアゾール 薬剤 (AZAAC) を追加 ( 担当 : 認証部佐野 ) 優良木質建材等品質性能評価基準

More information

森林法等の一部を改正する法律案の概要 国内の森林資源が本格的な利用期を迎えている中 住宅用など従来需要に加えて CLT( 直交集成板 ) や木質バイオマスなど国産材の需要の創出と拡大が進展 木材自給率は H14 年の19% を底に上昇傾向で推移し H26 年は31% まで回復 一方 木材価格の低迷

森林法等の一部を改正する法律案の概要 国内の森林資源が本格的な利用期を迎えている中 住宅用など従来需要に加えて CLT( 直交集成板 ) や木質バイオマスなど国産材の需要の創出と拡大が進展 木材自給率は H14 年の19% を底に上昇傾向で推移し H26 年は31% まで回復 一方 木材価格の低迷 森林法等の一部を改正する法律案の概要 国内の森林資源が本格的な利用期を迎えている中 住宅用など従来需要に加えて CLT( 直交集成板 ) や木質バイオマスなど国産材の需要の創出と拡大が進展 木材自給率は H14 年の19% を底に上昇傾向で推移し H26 年は31% まで回復 一方 木材価格の低迷 森林所有者の世代交代 山村地域の過疎化等により森林経営意欲が低下している中で 国産材の安定的かつ低コストでの供給が十分に行われていない状況

More information

※最新※パイロンバリアー施工要領書( )

※最新※パイロンバリアー施工要領書( ) 施工要領書 鉄骨梁貫通孔小口耐火被覆材 ( パイロンバリアー ) 取付け 工事名 設計監理者 施工管理者 設計責任者 工事監理 管理責任者 担当 改訂日 主な改訂内容 責任者 アクシス株式会社 目次 第 1 章 総 則 Ⅰ-1 適用範囲 Ⅰ-2 目的 Ⅰ-3 適用図書 認定書 Ⅰ-4 変更 疑義 協議 Ⅰ-5 見本品 その他 Ⅰ-6 作業員への徹底 第 2 章 認定条件 Ⅱ-1 鉄骨梁寸法 P-3

More information

<4D F736F F F696E74202D C834A B28DB882C D81698BE095A88D BA68B6389EF816A B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D C834A B28DB882C D81698BE095A88D BA68B6389EF816A B8CDD8AB B83685D> プレカット工場実態調査とこれからのプレカットシステム 調査の概要規模 工場数 加工能力 CAD 入力伏図作成プレカット構造部材の品質発注者 ( 納入先 ) 発注者への支援機械メーカー ソフトメーカー等のヒアリングプレカット工場のこれから 平成 25 年 12 月 4 日 職業能力開発総合大学校教授松留愼一郎 1 調査の概要 プレカット工場実態調査 ( 財 ) 日本住宅 木材技術センター内の プレカット工場等の実態調査委員会

More information

<4D F736F F F696E74202D D B8DD082A982E782CC959C8B8C8FF38BB582C982C282A282C42E >

<4D F736F F F696E74202D D B8DD082A982E782CC959C8B8C8FF38BB582C982C282A282C42E > 木材を耐火外壁に貼付しても 耐火性能に影響はないという結果 防火処理薬剤の注入量を変化させた木製外装材の燃焼性状を定量的に把握 準不燃 難燃相当の防火木材の燃焼性状を把握 木製外装材の防火処理薬剤の注入量の差が その遮熱性能および遮炎性能に及ぼす影響を把握 外装材の実大火災試験を 難燃相当の防火木材と無処理の木材で実施 各種の防火処理木材による耐火試験 ビル外壁に木材を貼る場合の耐火性能への影響を各種の防火耐火試験により検討

More information

<4D F736F F D E88E696D88DDE82CC8E59926E8FD896BE2E646F63>

<4D F736F F D E88E696D88DDE82CC8E59926E8FD896BE2E646F63> リサーチ中国 2005 年 4 月号 Vol.56 No.669 より転載 地域木材の利用促進を図る産地証明への取り組み 渡里司 ( 社団法人中国地方総合研究センター副主任研究員 ) 本稿では 地域木材の利用促進を図るための方策である全国の住宅助成制度 産地証明制度 認証制度の現状を考察するとともに 広島県森林組合連合会からの平成 16 年度受託事業である広島県産材産地証明推進事業で構築された広島県産材産地証明制度の概要をご紹介します

More information

(2) の安定供給体制の構築 我が国の原木供給体制は 施業が小規模 分散的に行われ 原木のとりまとめや川上と川中 川下との間で需給情報の共有が十分でないといった課題 大型工場の設置の進展に伴い 一定の数量の原木を調達するために 製材用材 合板用材 チップ用材の用途を問わず の流通は 都道府県域を超え

(2) の安定供給体制の構築 我が国の原木供給体制は 施業が小規模 分散的に行われ 原木のとりまとめや川上と川中 川下との間で需給情報の共有が十分でないといった課題 大型工場の設置の進展に伴い 一定の数量の原木を調達するために 製材用材 合板用材 チップ用材の用途を問わず の流通は 都道府県域を超え 3 木材産業の現状と課題 (1) 木材需給の動向 木材供給量は 住宅着工戸数の減少等を背景とした木材需要の減少により 長期的に減少傾向 このうち木材輸入量は 1996 年をピークに減少傾向で推移する一方 の供給量は 22 年を底に増加傾向 木材自給率も 22 年の18.8% を底に上昇傾向で推移し 2 年は7 年連続の上昇で36.1% となり3 年前の水準に回復 木材需要量のうち 2 年は製材用が32%

More information

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加 私たちの社会的責任 宣言 ~ 協働の力 で新しい公共を実現する~ 平成 22 年 5 月 12 日社会的責任に関する円卓会議 社会的責任に関する円卓会議 ( 以下 本円卓会議 という ) は 経済 社会 文化 生活など 様々な分野における多様な担い手が対等 平等に意見交換し 政府だけでは解決できない諸課題を 協働の力 で解決するための道筋を見出していく会議体として 平成 21 年 3 月に設立されました

More information

<4D F736F F F696E74202D2089B98BBF835F C8E86205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2089B98BBF835F C8E86205B8CDD8AB B83685D> スギ CLT 床の音響試験 木造の建築設計に求められる地域材による CLT ( クロス ラミネイティド ティンバー ) の品質と仕様及び部材の仕様 構造モデルの検討と実証試験平成 24 年度林野庁 木材利用技術整備等支援事業 平成 25 年度 3 月 日本 CLT 協会 はじめに 欧州開発され 北米などでも利用が広がっている CLT は 日本でも合板 集成材 LVL に次ぐ 新たな木質材料となる可能性を持つ材料である

More information

Microsoft PowerPoint - 5(防火_萩原)140307講演発表PPT萩原rev3

Microsoft PowerPoint - 5(防火_萩原)140307講演発表PPT萩原rev3 防火研究グループ萩原一郎 1 目次 Ⅰ はじめに Ⅱ 研究の背景 Ⅲ 中層大規模木造建築の火災安全 Ⅳ 既存建築物の火災安全 Ⅴ 今後取り組むべき課題 Ⅵ おわりに 2 Ⅰ はじめに 大規模の火災被害 東日本大震災 2011.3.11 火災件数 371 件地震火災 212 件津波火災 159 件 火災による死者 7 人 日常的に発生する火災 ( 平成 24 年中 ) 出火件数 44,189 件内建物火災

More information

会社概要 (2017 年 3 月期 ) 社名 住友林業株式会社 創業 設立創業 1691 年設立 1948 年 資本金 27,672 百万円 従業員数連結 :17,802 名単体 :4,485 名 関係会社子会社 103 社 ( 海外 74 社 ) 関連会社 29 社 ( 海外 25 社 ) 売上高

会社概要 (2017 年 3 月期 ) 社名 住友林業株式会社 創業 設立創業 1691 年設立 1948 年 資本金 27,672 百万円 従業員数連結 :17,802 名単体 :4,485 名 関係会社子会社 103 社 ( 海外 74 社 ) 関連会社 29 社 ( 海外 25 社 ) 売上高 資料 3 住友林業グループの取り組み 歴史 沿革 木に関わる幅広い事業をグローバルに展開 1700 1800 1900 ( 年 ) 1691 創業 1894 大造林計画 樹立 1960 木材輸入業務本格化 拡大 1964 国内に本格的な合板製造会社設立 1975 木造注文住宅事業開始 1977 年緑化事業へ進出 1991 年筑波研究所設立 1948 年 住友林業の設立 1970 インドネシアに合板製造会社を設立

More information

トピックス2. 森林法等の一部を改正する法律 の成立 我が国では 資源的には 戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えている中で 木材の需要面では 住宅用など従来の需要に加え 木質バイオマスの利用増加等により国産材の需要に拡大の兆しがみられています その一方で 木材の供給面では 森林所有者等の世代

トピックス2. 森林法等の一部を改正する法律 の成立 我が国では 資源的には 戦後造成された人工林が本格的な利用期を迎えている中で 木材の需要面では 住宅用など従来の需要に加え 木質バイオマスの利用増加等により国産材の需要に拡大の兆しがみられています その一方で 木材の供給面では 森林所有者等の世代 トピックス 1. 新たな森林 林業基本計画の策定 平成 () 年 5 月に 政府は 森林 林業政策の基本となる 森林 林業基本計画 * を 5 年ぶりに 変更するとともに これに即して 農林水産大臣は 全国森林計画 * を変更しました * 戦後造成されてきた人工林は 現在では その約 5 割が 齢級以上の高齢級に達しており その年間 の成長量は国内の木材需要量を満たすのに十分な水準になっています しかしながら現状においては

More information

untitled

untitled 1 2 3 4 5 6 7 http://attaka-attaka.net/ 018-852-5027 attaka-go@leaf.ocn.ne.jp 42 2 1 11,800 3 500 2 12 BDF BDF BDF TMO BDF TMO TMO 8 BDF BDF BDF 2 20 TMO 21 21 2 TMO 5 TMO TMO TMO CSR 9 URL http://map.yahoo.co.jp/

More information

<4D F736F F D A6D92E8817A89BF8A CC8CF08FC28C8B89CA81698A C5816A>

<4D F736F F D A6D92E8817A89BF8A CC8CF08FC28C8B89CA81698A C5816A> 価格等の交渉の結果 第 1 回価格等の交渉の概要 ( 平成 28 年 8 月 26 日 ) 当初見積書等の受領 新国立競技場整備事業大成建設 梓設計 隈研吾建築都市設計事務所共同企業体 ( 以下 事業者 という ) より 当初見積書等が提出され 内容を確認 第 2 回 ~ 第 5 回価格等の交渉の概要 ( 平成 28 年 8 月 26 日,29 日,30 日,31 日 ) 工程計画 施工方法の妥当性確認

More information

平成 27 年度木材利用優良施設受賞施設の概要 賞区分施設名及び施主 設計者 施工者施設の概要 農林水産大臣賞 静岡県草薙総合運動場体育館 このはなアリーナ このはなアリーナは 県営都市公園である草薙総合運動場内の体育館として広く県民 (1 点 ) ( 静岡県 ) に活用されてきたが 建築後 40

平成 27 年度木材利用優良施設受賞施設の概要 賞区分施設名及び施主 設計者 施工者施設の概要 農林水産大臣賞 静岡県草薙総合運動場体育館 このはなアリーナ このはなアリーナは 県営都市公園である草薙総合運動場内の体育館として広く県民 (1 点 ) ( 静岡県 ) に活用されてきたが 建築後 40 平成 27 年度木材利用優良施設の表彰式 平成 27 年 7 月 31 日 主催 : 木材利用推進中央協議会 後援 : 農林水産省 1 審査講評審査委員長 2 賞状授与 1 農林水産大臣賞 2 林野庁長官賞 3 木材利用推進中央協議会会長賞 3 挨拶林野庁長官受賞者代表 4 受賞施設農林水産大臣賞静岡県草薙総合運動場体育館 このはなアリーナ ( 静岡県 ) 林野庁長官賞 1 住田町役場 ( 岩手県

More information

チヨダせっこうボード 耐火 準耐火 遮音構造間仕切壁システム Chiyoda Gypsum Board FIREPROOFING & SOUNDPROOFING WALL SYSTEM H30 年 6 月版 面耐火間仕切壁準耐火構造間仕切壁スタッド工法 準耐火構造間仕切壁 準耐火ウォールシリーズ TLD 45~40 相当 準耐火ウォール 1212C

More information

( 万戸 ) () 年 (%) 万戸 万戸 () 年 万戸 総数木造木造率 ( 右軸 ) () 年 万戸 ()()()()()()()()()()() 資料 : 国土交通省 住宅着工統計 ( 万 ) () 年 万 輸入製品 輸入丸太 ( その他 ) 輸入丸太 ( 北洋材 ) 輸入丸太 ( 南洋材 )

( 万戸 ) () 年 (%) 万戸 万戸 () 年 万戸 総数木造木造率 ( 右軸 ) () 年 万戸 ()()()()()()()()()()() 資料 : 国土交通省 住宅着工統計 ( 万 ) () 年 万 輸入製品 輸入丸太 ( その他 ) 輸入丸太 ( 北洋材 ) 輸入丸太 ( 南洋材 ) 第 Ⅰ 章木材の需要拡大 新たな 木の文化 を目指して 1 木材の需要拡大の背景 (1) 木材の供給 ( 万 ) (%) () 年 万 万 () 年 万 () 年 ( 万 ) 製品 ( その他 ) (%) () 年 製品 ( 合板等 ) 万 製品 ( パルプ チップ ) 万 製品 ( 製材品 ) 丸太 製品シェア ( 右軸 ) () 年 国産材供給量 ( 用材 ) 木材自給率 ( 右軸 ) (2)

More information

<4D F736F F F696E74202D2091E682518FCD816997D18BC695D2816A5F8DC58F E68CDC816A8D6532>

<4D F736F F F696E74202D2091E682518FCD816997D18BC695D2816A5F8DC58F E68CDC816A8D6532> 2 めざす姿の実現実現に向けたけた今後今後の取組 (1 効率的な木材生産体制木材生産体制の構築 現状と課題 森林の所有と経営の分離を進めるための 低コスト林業団地 の取組は, 搬出間伐量の増加など一定の成果を上げつつありますが, 県内の人工林資源量に比べると木材の生産量はまだ不十分で提案型集約化施業の一層の推進により施業地を拡大し, 生産量を増加させることが必要です また, 木材の生産を担う林業事業体では,

More information

2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会の関連施設等の整備主体における木材の調達基準等について 資料 1 独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) 1 対象施設 : 新国立競技場 2 木材調達の考え方 新国立競技場整備事業業務要求水準書 ( 平成 27 年 9 月 )( 抜粋 )

2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会の関連施設等の整備主体における木材の調達基準等について 資料 1 独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) 1 対象施設 : 新国立競技場 2 木材調達の考え方 新国立競技場整備事業業務要求水準書 ( 平成 27 年 9 月 )( 抜粋 ) 森林材の供給の推進について 平成 29 年 2 月 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会の関連施設等の整備主体における木材の調達基準等について 資料 1 独立行政法人日本スポーツ振興センター (JSC) 1 対象施設 : 新国立競技場 2 木材調達の考え方 新国立競技場整備事業業務要求水準書 ( 平成 27 年 9 月 )( 抜粋 ) 第 1 章総則第 5 節適用基準等 1. 本事業の実施に当たっては

More information

JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521

JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 63 JIS A9521 F JIS A9521 F 計資料 JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521 F JIS A 6930 A JIS A9521

More information

(Taro-00\221S\221\314\226\332\225W\223\231\(\202g20 4\).jtd)

(Taro-00\221S\221\314\226\332\225W\223\231\(\202g20 4\).jtd) 作成年月 変更年月 平成 19 年 4 月 平成 20 年 4 月 岐阜県林業 木材産業構造改革プログラム 平成 19 年 4 月 1 全体目標等 (1) 林業 木材産業の現状と課題ア林業の現状と課題 森林資源 岐阜県の森林面積は 867 千 ha 森林率は 81.6% であり 森林面積は全国第 5 位 森林率は全国第 2 位となっている 森林の内訳は 国有林が 181 千 ha( 県土に占める割合

More information

( 目 次 ) 頁 我が国の森林資源の状況 1 木材需要 木材価格の状況 2 森林資源の成長量と国産材利用量の状況 3 我が国の林業を巡る経営環境 4 木材需要に占める建築用材の位置づけ 5 木材利用の教育環境形成効果 6~7 公共建築物における木材利用の波及効果 8 公共建築物の木造化の現状 9

( 目 次 ) 頁 我が国の森林資源の状況 1 木材需要 木材価格の状況 2 森林資源の成長量と国産材利用量の状況 3 我が国の林業を巡る経営環境 4 木材需要に占める建築用材の位置づけ 5 木材利用の教育環境形成効果 6~7 公共建築物における木材利用の波及効果 8 公共建築物の木造化の現状 9 我が国の森林 林業及び木材利用の 概観について 平成 23 年 4 月林野庁木材利用課 ( 目 次 ) 頁 我が国の森林資源の状況 1 木材需要 木材価格の状況 2 森林資源の成長量と国産材利用量の状況 3 我が国の林業を巡る経営環境 4 木材需要に占める建築用材の位置づけ 5 木材利用の教育環境形成効果 6~7 公共建築物における木材利用の波及効果 8 公共建築物の木造化の現状 9 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律

More information

項目別目次 森林被害編 1 森林において土砂崩れが発生してお困りの方 1 2 所有林の立木が被災されている方へ 2 3 保安林内の木が倒れてお困りの方へ 3 林道 作業道被害編 4 林道が崩壊等により通行ができない方へ 4 5 所有林の作業道が被災されている方へ 5 施設被害編 6 木材加工流通施設

項目別目次 森林被害編 1 森林において土砂崩れが発生してお困りの方 1 2 所有林の立木が被災されている方へ 2 3 保安林内の木が倒れてお困りの方へ 3 林道 作業道被害編 4 林道が崩壊等により通行ができない方へ 4 5 所有林の作業道が被災されている方へ 5 施設被害編 6 木材加工流通施設 平成 30 年 7 月豪雨災害復旧の手引き ( 森林 林業 木材産業関係 ) 岡山県農林水産部 平成 30 年 8 月 項目別目次 森林被害編 1 森林において土砂崩れが発生してお困りの方 1 2 所有林の立木が被災されている方へ 2 3 保安林内の木が倒れてお困りの方へ 3 林道 作業道被害編 4 林道が崩壊等により通行ができない方へ 4 5 所有林の作業道が被災されている方へ 5 施設被害編 6

More information

目 次 平成 27 年度九州森林管理局重点取組事項 1 公益重視の管理経営の一層の推進 1 森林資源の循環利用による多面的機能の維持増進 ページ 1 2 国民生活の安全 安心の確保に向けた取組 (1) 民国連携した治山事業 (2) 海岸防災林の整備に向けた検討 (3) 木材の利用推進及び生物多様性保

目 次 平成 27 年度九州森林管理局重点取組事項 1 公益重視の管理経営の一層の推進 1 森林資源の循環利用による多面的機能の維持増進 ページ 1 2 国民生活の安全 安心の確保に向けた取組 (1) 民国連携した治山事業 (2) 海岸防災林の整備に向けた検討 (3) 木材の利用推進及び生物多様性保 目 次 平成 27 年度九州森林管理局重点取組事項 1 公益重視の管理経営の一層の推進 1 森林資源の循環利用による多面的機能の維持増進 ページ 1 2 国民生活の安全 安心の確保に向けた取組 (1) 民国連携した治山事業 (2) 海岸防災林の整備に向けた検討 (3) 木材の利用推進及び生物多様性保全に資する治山事業の推進 2 3 生物多様性の保全等に向けた取組 (1) 奄美 琉球における生物多様性保全の取組

More information

報告用PPT0530(★なしバージョン)修正.pptx

報告用PPT0530(★なしバージョン)修正.pptx 都市建築物における木材市場性調査報告書 実施目的 : 建築 建設関係者を対象に 都市建築物における国産木材活用の市場性と 流通の課題を探る 調査対象者 : みなとモデル制度説明会 対応製品展示会来場者 ( 平成 24 年度 26 年度 )744 名 有効回答数 : 77 件 ( 回収率 10.3%) うち 建設 建築 建築デザイン関係者 は 53 名 調査方法 : インターネットメールにて送付 メールおよび

More information

別添 2-3 木造建物の安全確認カルテ 木造建物の安全確認 カルテ 建物名称 住所 記入年月日 記入者 (1) 事前確認項目 ( 構造設計者 または建築施工業者担当者等構造に詳しい者とともに調査し記入してください ) 1. 建築物用途 : 1 学校 ( 屋内運動場は除く ) 2 保育園 幼稚園 3 公民館 4 集会所 5 神社 寺院 6 劇場 ホール 7 事務所ビル 8その他 ( ) 屋内運動場

More information

PAGE 2 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求前年度比 17.2% 増の 3436 億円に林業の成長産業化 森林吸収源対策の推進を前面に 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求の概要 1. 総括表 区 分 平成 28 年度平成 29 年度当初予算額概算要求額 対前年度比 百万円 百万円 % 公

PAGE 2 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求前年度比 17.2% 増の 3436 億円に林業の成長産業化 森林吸収源対策の推進を前面に 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求の概要 1. 総括表 区 分 平成 28 年度平成 29 年度当初予算額概算要求額 対前年度比 百万円 百万円 % 公 第 8 巻第 5 号 平成 28 年 9 月 6 日発行 (8 月号として ) 発行 : 一般社団法人日本林業協会 編集 発行人 前田直登 平成 28 年度第 2 次補正予算林野庁関係で 1,022 億円計上 協会からの情報提供を一段と充実ー 一般向け情報誌と して 森林と林業 会員向け情報誌と して 協会報日本 林業 を発行 目次 : 林野庁平成 28 年度 2 次補正予算 ( 単位 : 百万円

More information

プロジェクトの 全体概要 現庁舎の老朽化および狭あい化による 市庁舎の現地建て替え計画 市民の 安全 安心 の拠 点として 利用しやすく親しみのある庁舎を木造で実現することがテーマである 長門市では すでに地域の木材を積極的に公共建築物に活用する取り組みを行っており 本計画に より その最大効果が期

プロジェクトの 全体概要 現庁舎の老朽化および狭あい化による 市庁舎の現地建て替え計画 市民の 安全 安心 の拠 点として 利用しやすく親しみのある庁舎を木造で実現することがテーマである 長門市では すでに地域の木材を積極的に公共建築物に活用する取り組みを行っており 本計画に より その最大効果が期 採択事例 51 ( 平成 28 年度 ) プロジェクト名 長門市本庁舎建設事業 補助種別 木造化 提案者 ( 事業者 ) 設計者施工者建設地 山口県長門市市長東畑建築事務所 藤田建築設計事務所 M.DESIGN ASSOCIATES 一級建築士事務所設計共同企業体未定山口県長門市東深川 1339 番地 2 1348 番地 2 提案の概要 A. プロジェクト全体の概要 現庁舎の老朽化および狭あい化による

More information

表 1 木材 製材 集成材 1) CLT の特徴 木材製材集成材 C L T 利点欠点 美観に優れる 異方性がある 触れた際に暖かみがある 繊維直交方向への力に対し 加工が容易ては著しく弱い 生産時に要するエネルギー 含水率の変化による膨張 が少ない収縮も異方性があり 繊維に 生育時に二酸化炭素を吸

表 1 木材 製材 集成材 1) CLT の特徴 木材製材集成材 C L T 利点欠点 美観に優れる 異方性がある 触れた際に暖かみがある 繊維直交方向への力に対し 加工が容易ては著しく弱い 生産時に要するエネルギー 含水率の変化による膨張 が少ない収縮も異方性があり 繊維に 生育時に二酸化炭素を吸 BRI-H26 講演会テキスト CLT による木造建築物の設計法の開発 ( その 3) ~ 防耐火性能の評価 ~ 建築防火研究グループ上席研究員成瀬友宏 目次 Ⅰ はじめに Ⅱ CLT の燃えしろを検討するにあたっての課題 1) 木材 製材 集成材 CLT の特徴 2)CLT と燃えしろ 3)CLT の燃えしろを検討するにあたっての課題 Ⅲ CLT の防耐火性能の評価 1)CLT の燃えしろに関する実験的検討

More information

ARCHITREND ZERO 造作・下地材積算編

ARCHITREND ZERO 造作・下地材積算編 本書は 基本積算 を習得された方を対象に 造作材 下地材の木拾いを行う場合の基本的な操作の流れを解説したマニュアルです 積算マスタの構築と積算集計までの基本的な操作の流れについては ZERO 操作ガイドの 積算見積 にある 基本積算編 を参照してください また 構造材の木拾いや基礎 設備の積算を行う場合は 詳細積算編 を参照してください 造作 下地材積算の基本的な流れ 作業環境の準備 造作材マスタの登録

More information

[ 平成 29 年度予算の概要 ] 58 再生可能エネルギー導入等の推進 888(163) 百万円 対策のポイント地域主導で再生可能エネルギーを供給する取組等を推進し そのメリットを地域に還元させることを通じて 地域の農林漁業の発展を促進します < 背景 / 課題 > 地域の資源を活用した再生可能エ

[ 平成 29 年度予算の概要 ] 58 再生可能エネルギー導入等の推進 888(163) 百万円 対策のポイント地域主導で再生可能エネルギーを供給する取組等を推進し そのメリットを地域に還元させることを通じて 地域の農林漁業の発展を促進します < 背景 / 課題 > 地域の資源を活用した再生可能エ [ 平成 29 年度予算の概要 ] 58 再生可能エネルギー導入等の推進 888(163) 百万円 対策のポイント地域主導で再生可能エネルギーを供給する取組等を推進し そのメリットを地域に還元させることを通じて 地域の農林漁業の発展を促進します < 背景 / 課題 > 地域の資源を活用した再生可能エネルギーの導入等を図ることは そのメリットが地域に還元されることを通じて地域の活性化に寄与することが期待されます

More information

原木市売市場における製材機能の統合に関する一考察

原木市売市場における製材機能の統合に関する一考察 原木市売市場における製材機能の統合に関する一考察 愛知県の事例から 中川 宏治 2013 年 8 月 1 原木市売市場における製材機能の統合に関する一考察 愛知県の事例から A study on the integration of sawmill functions to a raw wood market - Case study of Aichi Prefecture- 中川宏治 要旨本稿では,

More information

様式 2 作成年度 平成 27 年度 森林 林業再生基盤づくり交付金事業計画書 岡山県

様式 2 作成年度 平成 27 年度 森林 林業再生基盤づくり交付金事業計画書 岡山県 様式 2 作成年度 平成 27 年度 森林 林業再生基盤づくり交付金事業計画書 岡山県 第 1. 基本的事項 1. 森林 林業 木材産業の現状と課題 (1) 森林整備 保全に係る現状と課題岡山県の森林面積は 県土の68% に相当する484 千 haで その92% が民有林である 木材生産を主目的としたスギ ヒノキ等人工林の占める割合 ( 人工林率 ) は約 40% で 年降水量が1,400mmを超える県北部地域に集中している

More information

http://www.nga.gr.jp/app/seisaku/ (CLT() )!!! 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ! 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 (CLT() ) 44 45 46 47 48 49 50

More information

Microsoft Word _OKI_CLT.docx

Microsoft Word _OKI_CLT.docx Hiroshima JAPAN 1 CLT( シー エル ティ ) が創り出す新たな未来 CLT( クロス ラミネーティッド ティンバー 又は海外ではXLAM クロスラム とも言う ) のJAS 規格制定により 今後国内でも本格的に流通が始まろうとしています 近年の欧州や北米 オセアニア地域におけるCLT 需要の盛り上がりを受けて 日本国内でも研究が進み 建築資材 又は構造材としてのCLTには様々なメリットがあることが知られてきました

More information

認定防火措置工法 国土交通大臣認定 国土交通大臣認定 PS060FL- PS060FL- PS060FL- 警告 防火措置部の上に乗る等 施工箇所を破壊する恐れのある行為を行わないで下さい 開口部が破壊して転落及び火災時に延焼の恐れがあります 再施工及び除去する場合はご相談下さい 火災時に延焼の恐れ

認定防火措置工法 国土交通大臣認定 国土交通大臣認定 PS060FL- PS060FL- PS060FL- 警告 防火措置部の上に乗る等 施工箇所を破壊する恐れのある行為を行わないで下さい 開口部が破壊して転落及び火災時に延焼の恐れがあります 再施工及び除去する場合はご相談下さい 火災時に延焼の恐れ 製品紹介 防火鋼区製画カにバ使ー用付でスきラるイ! ドボックス 電気用ボックスを取り付ける が 簡単 便利 建築基準法施行令第 114 条に定められる区画 114 条区画対応 木造共同住宅や木造グループホーム等でご使用いただけます 樹脂ボックス工法 下記の組み合わせで施工します or 鋼製キャップ付 SB アダプター クイック ( 鋼製カバー付ボックス用 ) 国土交通大臣認定 貫通する壁の構造 ケーブル直

More information

Ⅲ 適合証明 一戸建て等 ( 消費税込み ) (1) フラット 35 財形住宅の適合証明料金 中間検査 12, , 4 確認審査および完了検査あり 1 8,200 円 6,800 円 18,000 円 4 8,200 円 ,200 円 8,200 円 3,300

Ⅲ 適合証明 一戸建て等 ( 消費税込み ) (1) フラット 35 財形住宅の適合証明料金 中間検査 12, , 4 確認審査および完了検査あり 1 8,200 円 6,800 円 18,000 円 4 8,200 円 ,200 円 8,200 円 3,300 平成 21 年 12 月 28 日 お客さまへ フラット 35 の申請申請にかかるにかかる手数料改定手数料改定のごのご案内 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます このたびフラット 35 の申請にかかる申請手数料の改定を行わせていただきま すのでご案内申し上げます 今後も弊社を引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます 記 新料金適用対象物件 : 平成 22 年 1 月 12 日以降の申請引受分より適用

More information

Microsoft PowerPoint - 05_伊藤様 DDセミナー.pptx

Microsoft PowerPoint - 05_伊藤様 DDセミナー.pptx 株式会社マルホンにおけるデューディリジェンスの取り組み ESG 時代の責任ある木材調達と製品づくりとは? ~SDGs の達成に向けた木材デューディリジェンスを考える ~ 2018 年 4 月 26 日 株式会社マルホン第五営業部 / 営業企画部マネージャー伊藤丈 株式会社マルホンの概要 無垢木材にこだわった内装建材を全国に販売 フローリングにおいては 床暖房対応を含めて 40~50 樹種 300 商品を展開

More information

Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P 森林経営信託方式と木造化 木質化 030

Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P 森林経営信託方式と木造化 木質化 030 Chapter 3 3 章森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ P031 1. 岐阜県御嵩町における森林経営信託方式の紹介 P031 2. 森林経営信託方式と木造化 木質化 030 [ 第 3 章 ] 森林経営信託制度と木造化 木質化 ~ 岐阜県御嵩町の取り組み ~ 環境モデル都市の取り組みから 森林経営信託へ 町有林の整備が 公共木造施設建設へ向けて効率的に木材調達へつながる事例である

More information

<4D F736F F D D FC897DF8F8091CF89CE8D5C91A294BB95CA8E9197BF81698AC888D594C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D FC897DF8F8091CF89CE8D5C91A294BB95CA8E9197BF81698AC888D594C5816A2E646F63> ミサワホーム火災保険構造級別判定資料 ( 簡易版 ) 木質編 2007 年 1 月 1 1. 火災保険 地震保険における構造級別 火災保険 ( 及び地震保険 ) は建物の所在地 建物の構造により保険料率が異なります 建物の構造については次のように区分されます なお 構造は個々の物件により異なるため 設計図 仕上表等で確認する必要があります 表 1 火災保険 地震保険における構造区分 ( 概要 ) 例

More information

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン

結露の発生を防止する対策に関する試験ガイドライン 計算の結果による温熱環境 ( 結露の発生を防止する対策 ) に関する試験ガイドライン 一般社団法人住宅性能評価 表示協会 ( 平成 21 年 11 月 2 日制定 平成 27 年 2 月 27 日修正 ) このガイドラインは 5-1 断熱等性能等級 の (3) ハの結露の発生を防止する対策に関する 基準において 計算の結果をもとに結露の発生を防止する特別の構造方法に関する試験の方法を 定めるものである

More information

表紙

表紙 きのくに わかやま 木造のすすめ 非住宅建築物木造化の手引手引きー 平成 28 年 3 月 発行 : 和歌山県農林水産部森林 林業局林業振興課 編集 : 一般社団法人和歌山県建築士事務所協会 - 本書の目的 - この手引きは 公共施設や商業施設といった非住宅建築物において和歌山県産の木材である紀州材の利用を促進することを目的に 木造施設の設計 施工に携わる方々を対象として 非住宅建築物の木造化を進める上で必要とされる基本的な知識や情報等を取りまとめたものです

More information

有識者の皆様は それぞれの分野において これまで先進的かつ意欲的にCLTを活用しておられ 今後さらに 一層幅広い施設での活用をお考えの意欲的な方々と承知している 本日は 木材生産からCLT 製造 CLTを活用した建築物の設計 施工に至る一連の過程におけるCLTの課題や可能性について御説明願います 御

有識者の皆様は それぞれの分野において これまで先進的かつ意欲的にCLTを活用しておられ 今後さらに 一層幅広い施設での活用をお考えの意欲的な方々と承知している 本日は 木材生産からCLT 製造 CLTを活用した建築物の設計 施工に至る一連の過程におけるCLTの課題や可能性について御説明願います 御 CLT 活用促進に関する関係省庁連絡会議 ( 第 2 回 ) 議事要旨 日時 : 平成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )14:00~15:00 場所 : 官邸 4 階大会議室 出席者 : 世耕 弘成内閣官房副長官 和泉 洋人内閣総理大臣補佐官 尾﨑 正直高知県知事 太田 昇岡山県真庭市長 堂園 司鹿児島県曽於地区森林組合代表理事組合長 佐々木幸久山佐木材株式会社代表取締役社長 三宅 辰哉株式会社日本システム設計代表取締役

More information

xii 1 2 3 4 5 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 資料Ⅰ 17 路網整備の推進について 専ら森林施業の用に供し 木材輸送機能を強化する林道 主として森林施業を行うために利用さ れる恒久的公共施設 10トン積トラックや林業用車両 大型 ホイールフォワーダ等 の走行を想定 必要最小限の規格 構造を有する丈夫 で簡易な道 導入する作業システムに対応し

More information