Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市

2

3 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正 され 用 途 地 域 等 に 係 る 都 市 計 画 決 定 権 限 が 平 成 24 年 4 月 1 日 を もって 都 道 府 県 から 市 町 村 に 移 譲 された 従 前 東 京 都 では 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 東 京 における 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 を 踏 まえ 平 成 14 年 7 月 に 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 ( 以 下 方 針 等 という )を 策 定 し 政 策 誘 導 型 の 都 市 づく りを 進 めてきた 東 京 都 の 方 針 等 は 東 京 都 全 体 を 視 野 に 入 れ 広 域 的 な 観 点 から 定 められたも のであることから この 方 針 等 を 基 本 的 には 準 用 しつつ より 地 域 の 実 情 に 即 し 本 市 のまちづくりの 計 画 等 に 沿 ったものとすることを 目 的 に ここに 昭 島 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 ( 以 下 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 という ) を 策 定 する 今 後 は 昭 島 市 都 市 計 画 マスタープラン 等 に 掲 げた 本 市 のまちづくりの 基 本 方 針 をもとに 現 況 の 土 地 利 用 を 踏 まえ 水 と 緑 を 活 かし 環 境 と 共 生 した 魅 力 と 活 力 ある 都 市 づくりを 進 めていくため この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 に 基 づき 適 切 に 用 途 地 域 等 の 指 定 を 行 うものとする

4 目 次 ページ Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 1 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 1 (1) にぎわいと 交 流 をはぐくむゾーン 1 (2) 緑 を 守 り 育 てるゾーン 1 (3) 住 と 調 和 した 生 産 流 通 ゾーン 1 (4) 緑 豊 かに 住 まうゾーン 1 (5) 快 適 な 都 市 生 活 を 創 るゾーン 1 (6) その 他 沿 道 地 域 等 における 用 途 地 域 の 指 定 方 針 1 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 (1) 特 別 用 途 地 区 2 (2) 高 度 地 区 2 (3) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 2 (4) その 他 の 地 域 地 区 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 2 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 2 (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 3 (3) 区 域 の 設 定 3 1 区 域 の 境 界 線 等 3 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 3 (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 4

5 Ⅱ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 5 1 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 5 2 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 7 3 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 9 4 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 11 5 第 一 種 住 居 地 域 13 6 第 二 種 住 居 地 域 15 7 準 住 居 地 域 17 8 近 隣 商 業 地 域 19 9 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 地 域 25 Ⅲ その 他 の 地 域 地 区 に 関 する 指 定 基 準 26 1 特 別 用 途 地 区 26 2 高 度 地 区 26 3 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 26 4 その 他 の 地 区 26 Ⅳ 運 用 について 26

6 Ⅰ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 東 京 都 の 方 針 等 を 基 本 とし 昭 島 市 都 市 計 画 マスタープランにおいて 地 域 の 特 性 を 踏 まえて 設 定 した 各 ゾーン 等 における 用 途 地 域 の 指 定 方 針 は 以 下 のとおりとする (1) にぎわいと 交 流 をはぐくむゾーン 都 市 拠 点 及 び 拠 点 に 準 ずる 地 区 に 位 置 付 けられた 各 駅 周 辺 については 地 域 の 特 性 に 応 じて 商 業 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する また 市 役 所 周 辺 については 今 後 も 住 宅 地 を 主 体 として 商 業 業 務 行 政 サー ビス 機 能 などの 多 様 な 機 能 の 集 積 を 図 るため 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 住 居 地 域 または 第 二 種 住 居 地 域 を 指 定 する (2) 緑 を 守 り 育 てるゾーン 緑 の 拠 点 及 び 水 と 緑 の 主 軸 に 位 置 付 けられた 各 エリアについては 周 辺 地 域 との 連 続 性 等 を 考 慮 した 用 途 地 域 を 指 定 する (3) 住 と 調 和 した 生 産 流 通 ゾーン 東 中 神 駅 中 神 駅 及 び 昭 島 駅 の 北 部 郷 地 福 島 地 区 などの 工 業 地 や 拝 島 橋 周 辺 の 大 規 模 な 流 通 施 設 が 立 地 する 地 区 については 地 域 の 特 性 に 応 じて 工 業 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する (4) 緑 豊 かに 住 まうゾーン 江 戸 街 道 以 南 及 び 玉 川 上 水 以 北 の 主 に 低 層 住 宅 を 中 心 とした 土 地 利 用 がなさ れている 地 域 については 良 好 な 住 環 境 の 形 成 を 図 るため 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する また 日 用 品 販 売 店 舗 の 立 地 を 許 容 する 区 域 は 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 指 定 する (5) 快 適 な 都 市 生 活 を 創 るゾーン 江 戸 街 道 以 北 を 中 心 とした 低 層 中 高 層 の 住 宅 が 高 い 密 度 で 立 地 している 地 域 については 利 便 性 安 全 性 快 適 性 の 高 い 住 環 境 の 形 成 及 び 保 全 を 図 るため 地 域 の 特 性 に 応 じて 住 居 系 の 用 途 地 域 を 指 定 する (6) その 他 沿 道 地 域 等 における 用 途 地 域 の 指 定 方 針 都 市 軸 など 主 要 な 道 路 の 沿 道 については 周 辺 の 住 環 境 に 配 慮 しつつ 商 業 サービス 業 などの 立 地 を 図 るため 個 々の 道 路 の 持 つ 機 能 や 地 区 の 特 性 に 応 じて 適 切 に 指 定 する 1

7 する また 立 川 基 地 跡 地 昭 島 地 区 については 土 地 利 用 計 画 に 基 づき 適 切 に 指 定 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 特 別 用 途 地 区 高 度 地 区 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 並 びにその 他 の 地 域 地 区 を 有 効 に 活 用 し 良 好 な 街 並 み 景 観 の 形 成 防 災 性 の 向 上 など 地 域 の 特 性 を 生 かし て 目 標 とする 市 街 地 像 への 誘 導 を 図 る (1) 特 別 用 途 地 区 特 別 用 途 地 区 については 土 地 利 用 の 増 進 や 環 境 の 保 護 などの 特 別 の 目 的 を 実 現 するため 用 途 地 域 を 補 完 し 特 定 の 建 築 物 の 用 途 等 を 制 限 または 緩 和 す ることが 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 活 用 を 図 る (2) 高 度 地 区 住 環 境 の 保 護 や 良 好 な 都 市 環 境 の 形 成 を 図 るため 基 本 となる 用 途 地 域 との 整 合 に 留 意 し 地 域 の 特 性 に 応 じて 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 及 び 絶 対 高 さを 定 める 高 度 地 区 を 適 切 に 組 み 合 わせて 指 定 する なお 土 地 の 高 度 利 用 を 図 る 観 点 から 400の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 に ついては 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 を 指 定 しないことができる (3) 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 防 災 上 の 観 点 から 400の 容 積 率 が 指 定 された 区 域 に 防 火 地 域 を 指 定 する また 50 以 上 の 建 ぺい 率 が 指 定 された 区 域 は 原 則 として 準 防 火 地 域 を 指 定 する (4) その 他 の 地 域 地 区 それぞれの 地 域 特 性 を 十 分 検 討 し 適 時 適 切 に 定 める 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 (1) 用 途 地 域 等 の 適 時 適 切 な 見 直 し 既 成 市 街 地 の 機 能 更 新 等 を 効 果 的 かつ 円 滑 に 進 めるため 都 市 計 画 事 業 等 の 進 捗 状 況 に 応 じ 適 時 適 切 に 用 途 地 域 等 を 見 直 す 市 街 地 再 開 発 事 業 等 面 的 な 都 市 計 画 事 業 を 行 う 場 合 は 事 業 の 都 市 計 画 決 定 とあわせ 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 う 土 地 区 画 整 理 事 業 の 施 行 区 域 にあっては 原 則 として 仮 換 地 指 定 以 降 に 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うこととし 区 域 の 一 部 に 仮 換 地 指 定 がなされた 場 合 は 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 とあわせて 用 途 地 域 等 の 変 更 を 行 うものとする 2

8 都 市 計 画 道 路 等 の 整 備 に 伴 う 用 途 地 域 等 の 変 更 は 供 用 開 始 の 時 期 等 を 捉 え 適 切 に 見 直 しを 行 うとともに 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 を 有 効 に 活 用 していく (2) 地 区 計 画 の 原 則 化 用 途 地 域 等 の 変 更 にあたっては 都 市 機 能 の 更 新 住 環 境 の 保 全 など 地 区 の 課 題 にきめ 細 かく 対 応 し 地 域 の 特 性 に 応 じためざすべき 市 街 地 像 を 実 現 する ため 必 要 な 事 項 を 原 則 として 地 区 計 画 に 定 める なお 容 積 率 や 建 ぺい 率 の 低 減 や 地 形 地 物 による 用 途 地 域 の 変 更 など 市 街 地 環 境 に 及 ぼす 影 響 が 想 定 されない 場 合 は 地 区 計 画 を 定 めないことができる (3) 区 域 の 設 定 1 区 域 の 境 界 線 等 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 又 は 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 商 業 地 域 工 業 地 域 とは 原 則 として 相 互 に 接 して 指 定 しないものとする また 住 居 系 用 途 地 域 と 路 線 式 商 業 系 用 途 地 域 が 隣 接 する 場 合 など 隣 接 する 用 途 地 域 相 互 の 容 積 率 の 差 が 過 大 にならないよう 配 慮 して 設 定 する ものとする 用 途 地 域 等 の 区 域 の 境 界 線 は 道 路 鉄 道 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するために 適 当 なものを 境 界 線 とする ただし 幹 線 道 路 沿 道 など 地 域 の 特 性 によりこれにより 難 い 場 合 は 路 線 式 指 定 とするこ とができるものとする なお 地 形 地 物 等 により 難 い 場 合 は 市 街 地 再 開 発 事 業 境 界 行 政 界 などを 境 界 線 とすることができる 2 標 準 面 積 及 び 路 線 式 指 定 の 区 域 用 途 地 域 等 の 最 小 標 準 面 積 は 指 定 基 準 に 示 された 数 値 を 原 則 とする が 都 市 計 画 事 業 や 特 別 用 途 地 区 地 区 計 画 等 により 計 画 的 な 市 街 地 の 整 備 を 図 る 区 域 比 較 的 規 模 の 大 きい 供 給 処 理 施 設 等 の 公 共 施 設 の 区 域 に ついては 指 定 基 準 の 数 値 によらないことができる また 用 途 地 域 等 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 原 則 としてその 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より 20mとする ただし おおむね 15m 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 沿 いの 区 域 を 路 線 式 指 定 とする 場 合 は 延 焼 遮 断 帯 形 成 など 土 地 利 用 の 目 標 地 域 の 特 性 及 び 周 辺 の 土 地 利 用 等 を 勘 案 し その 区 域 の 幅 は 道 路 境 界 線 より 30mとすることが できる 3

9 (4) 柔 軟 な 土 地 利 用 施 策 の 展 開 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 が 決 定 されている 大 規 模 な 住 宅 団 地 において は 地 域 に 必 要 な 道 路 公 園 の 整 備 や 緑 の 保 全 など 骨 格 的 な 事 項 を 定 めた 上 で 原 則 として 一 団 地 の 住 宅 施 設 の 都 市 計 画 を 廃 止 し 周 辺 地 区 の 状 況 も 勘 案 した 地 区 計 画 への 移 行 を 促 進 する 4

10 Ⅱ 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 基 準 1 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するた め 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 す る 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 低 層 住 宅 地 として 面 的 な 市 街 地 整 備 を 図 る 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5 m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 なる 数 値 を 定 めることができる 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は10mに 指 定 する ただし 学 校 ( 教 育 施 設 )は12mとすることが できる 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 地 区 計 画 等 による 区 域 は この 限 りでな い また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 めることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 める 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 さ れた 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については この 限 りでない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 につい ては 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 する ことができる 5

11 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 m 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 2) 1. 環 境 良 好 な 一 般 的 な 低 層 住 宅 地 として 将 来 ともその 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 2. 農 地 等 が 多 く 道 路 等 の 都 市 基 盤 が 未 整 備 な 区 域 及 び 良 好 な 樹 林 地 等 の 保 全 を 図 る 区 域 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 未 満 の 区 域 地 区 計 画 耕 地 整 理 事 業 等 により 道 路 等 が ある 程 度 整 備 されている 区 域 で 区 画 道 路 率 がおおむね16 以 上 の 区 域 敷 5. 上 記 3.の 区 域 にあって 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 において 敷 地 規 模 及 び 壁 面 の 位 置 敷 地 内 の 道 路 沿 いの 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 に 関 する 事 項 など 住 宅 地 の 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 事 項 が 定 められた 区 域 敷 壁 6. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む ) が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 敷 ( 注 1) 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 限 度 については 東 京 都 日 影 による 中 高 層 建 築 物 の 高 さの 制 限 に 関 する 条 例 に 基 づくものとする( 商 業 地 域 及 び 工 業 地 域 を 除 く 以 降 同 様 ) ( 注 2) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 6

12 2 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 低 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 しつつ 日 用 品 販 売 店 舗 等 の 利 便 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 (2) 主 要 な 生 活 道 路 沿 いの 区 域 で 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 住 環 境 を 維 持 するため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 を 定 め ることとする また 区 域 の 道 路 等 公 共 施 設 の 整 備 水 準 に 応 じ て 壁 面 の 位 置 容 積 率 の 最 高 限 度 などに 関 する 事 項 を 定 める 3. 外 壁 の 後 退 距 離 外 壁 の 後 退 距 離 は 必 要 な 区 域 について1.5 m 又 は1mに 指 定 する ただし 地 区 計 画 により 異 なる 数 値 を 定 めることができる 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 原 則 として 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 する 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 公 共 施 設 の 整 備 され た 区 域 で 延 焼 のおそれの 低 い 区 域 については こ の 限 りでない また 延 焼 の 防 止 を 図 る 必 要 のある 区 域 につい ては 建 ぺい 率 40の 区 域 についても 指 定 する ことができる 7. 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 は 10mに 指 定 する ただし 学 校 ( 教 育 施 設 )は12mとすること ができる 7

13 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 m 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 で 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 2. 環 境 良 好 な 低 層 住 宅 地 の 主 要 な 生 活 道 路 沿 いで 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 3. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 完 了 した 区 域 若 しくは 仮 換 地 指 定 ( 仮 換 地 未 指 定 の 区 域 を 含 めて 誘 導 容 積 型 地 区 計 画 をかける 場 合 は 当 該 区 域 を 含 む )が 行 われた 区 域 又 は 道 路 等 の 公 共 施 設 が 整 備 された 区 域 であって 小 規 模 な 店 舗 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 で その 環 境 を 保 護 する 区 域 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 8

14 3 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 する ため 定 める 地 域 (1) 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることと する 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 または 容 積 率 150の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができ る (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 9

15 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 として その 環 境 を 保 護 す る 区 域 又 は 開 発 整 備 する 区 域 敷 都 市 拠 点 及 び 拠 点 に 準 ずる 地 区 の 周 辺 の 区 域 で 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 化 を 図 るべき 区 域 敷 壁 学 校 図 書 館 その 他 の 教 育 施 設 病 院 等 の 立 地 を 図 る 区 域 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 または 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 環 境 を 保 護 する 区 域 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 10

16 4 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 中 高 層 住 宅 に 係 る 良 好 な 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 許 容 しつつ 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 の 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 土 地 区 画 整 理 事 業 その 他 の 市 街 地 開 発 事 業 等 により 道 路 下 水 道 公 園 等 が 整 備 された 区 域 で 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 住 宅 を 中 高 層 化 す る 区 域 (3) 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 するべき 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とする 7. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 8. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 良 好 な 中 高 層 住 宅 地 としてその 環 境 の 整 備 を 図 るため 原 則 として 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 を 定 めるとともに 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることと する 3. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 4. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 5. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただ し 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 または 容 積 率 150の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 6. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 11

17 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 等 を 貫 通 する 主 要 な 道 路 沿 いで 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 すべき 区 域 敷 中 高 層 住 宅 地 として 開 発 整 備 する 区 域 又 はすでに 中 高 層 住 宅 地 として 整 備 されている 区 域 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 都 市 拠 点 及 び 拠 点 に 準 ずる 地 区 の 周 辺 で 住 民 の 日 常 生 活 の 利 便 から 中 規 模 な 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 敷 壁 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 12

18 5 第 一 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 商 業 地 又 は 工 業 地 に 接 する 区 域 で 用 途 が 混 在 しているが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 住 居 専 用 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 2. 容 積 率 200 以 下 とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は30 0とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 す る ただし 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 または 容 積 率 15 0の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 すること ができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 13

19 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 用 途 が 混 在 しているが 住 環 境 を 保 護 する 区 域 用 敷 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 都 市 拠 点 周 辺 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 14

20 6 第 二 種 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 (2) 第 一 種 住 居 地 域 を 貫 通 する 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 2. 容 積 率 200 以 下 とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は30 0とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 8. 規 模 おおむね3ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする た だし 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない また 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せの 適 用 区 域 の 選 定 はおおむね1ha 以 上 とする 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 す る ただし 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 または 容 積 率 15 0の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 すること ができる (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 15

21 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 大 規 模 な 店 舗 事 務 所 等 が 混 在 している 住 宅 地 で 用 敷 住 環 境 を 保 護 する 区 域 おおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 又 は 都 用 敷 市 拠 点 周 辺 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 16

22 7 準 住 居 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 道 路 の 沿 道 としての 地 域 の 特 性 にふさわしい 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 りつつ これと 調 和 した 住 居 の 環 境 を 保 護 するため 定 める 地 域 (1) 住 宅 地 を 貫 通 する 幹 線 道 路 等 の 沿 道 のうち 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 で 住 環 境 を 保 護 する 区 域 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとする 2. 容 積 率 200とし 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は300 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 み 合 わせは 指 定 標 準 の とおりとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね1ha 以 上 とする 17

23 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 道 路 沿 いに 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 している 区 域 用 敷 住 宅 地 を 貫 通 するおおむね12m 以 上 の 幅 員 の 道 路 沿 いの 区 域 において 自 動 車 関 連 施 設 等 が 立 地 して いる 区 域 又 は 計 画 的 な 立 地 を 図 る 区 域 であって 住 居 の 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 18

24 8 近 隣 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 近 隣 の 住 宅 地 の 住 民 に 対 する 日 用 品 の 供 給 を 行 うことを 主 たる 内 容 とする 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 都 市 拠 点 ( 行 政 拠 点 を 除 く) 及 び 拠 点 に 準 ず る 地 域 の 周 辺 区 域 (2) 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 を 主 体 とした 区 域 (3) 住 宅 地 に 新 駅 が 設 置 されるなど 日 常 購 買 品 を 扱 う 店 舗 等 の 立 地 を 図 る 区 域 (4) 幹 線 道 路 沿 いで 沿 道 にふさわしい 業 務 施 設 等 が 立 地 している 区 域 又 は 計 画 的 に 立 地 を 図 る 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として300とする (2) 都 市 拠 点 ( 行 政 拠 点 を 除 く) 又 は 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は400 を 指 定 することができる (3) 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 または 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 に 囲 まれた 区 域 は 原 則 として20 0とする 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する その 他 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 8. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 商 業 地 域 に 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 と する 区 域 は この 限 りではない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 な どに 関 する 事 項 を 定 めることとする 3. 建 ぺい 率 原 則 として80とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて60とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 指 定 し 容 積 率 300 以 上 の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 19

25 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 集 団 路 線 式 の 別 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 または 第 二 種 路 線 式 用 敷 低 層 住 居 専 用 地 域 に 接 する 区 域 上 記 1.の 区 域 以 外 の 用 途 地 域 に 接 す る 区 域 路 線 式 用 敷 都 市 拠 点 ( 行 政 拠 点 を 除 く) 及 び 拠 点 に 準 ずる 地 域 の 周 辺 区 域 集 団 用 敷 用 敷 壁 4.おおむね16m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 路 線 式 用 敷 壁 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 80 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 20

26 9 商 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 を 増 進 するた め 定 める 地 域 (1) 中 心 拠 点 (2) 幹 線 道 路 沿 いで 商 業 業 務 施 設 等 が 立 地 し ている 区 域 又 は 立 地 を 図 る 区 域 (3) 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 6. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 目 標 とする 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 建 築 物 の 高 さ 壁 面 の 位 置 などに 関 する 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることと する 2. 容 積 率 (1) 原 則 として 400 以 下 とする (2) 幹 線 道 路 沿 いで 住 宅 地 に 接 する 場 合 は 後 背 地 との 容 積 率 の 差 が 過 大 とならないよう 配 慮 す る( 容 積 率 の 差 がおおむね300 以 内 とす る ) 3. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する 容 積 率 400の 区 域 については 路 線 式 指 定 の 区 域 を 除 き 原 則 として 斜 線 制 限 型 高 度 地 区 に 指 定 しないものとする (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 4. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 容 積 率 400の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する その 他 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 300 以 下 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができ る 5. 規 模 おおむね0.5ha 以 上 とする ただし 近 隣 商 業 地 域 と 接 する 区 域 及 び 路 線 式 指 定 とする 区 域 は この 限 りではない 21

27 指 定 標 準 適 用 区 域 容 積 率 都 市 施 設 の 整 備 集 団 路 線 式 の 別 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 を 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 ることが 不 適 当 な 区 域 又 は 道 路 幅 員 が 狭 く 高 度 利 用 を 図 ることができな い 区 域 若 しくは 高 度 利 用 を 図 る 必 要 が ない 区 域 200 未 完 集 団 又 は 用 敷 300 完 成 路 線 式 2. 近 隣 商 業 地 域 では 許 容 されない 商 業 200 集 団 又 は 用 敷 施 設 が 多 く 立 地 している 区 域 で 高 度 路 線 式 利 用 を 図 る 区 域 幅 員 20m 以 上 の 幹 線 道 路 沿 いの 区 域 400 路 線 式 用 敷 4. 商 業 業 務 施 設 の 立 地 を 図 る 都 市 拠 点 の 区 域 200 集 団 用 敷 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 22

28 10 準 工 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 を 増 進 するために 定 める 地 域 (1) 工 場 と 住 宅 が 混 在 しており 住 工 の 調 和 を 図 りながら 都 市 型 工 業 や 地 場 産 業 などの 育 成 を 図 るべき 区 域 又 は 住 環 境 の 保 護 を 図 りつつ 工 業 の 立 地 を 図 る 区 域 (2) 流 通 関 連 施 設 などの 立 地 を 誘 導 する 区 域 (3) 水 道 下 水 道 ごみ 焼 却 場 等 の 供 給 処 理 施 設 の 立 地 する 区 域 (4) 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 等 の 業 務 系 施 設 又 は 自 動 車 修 理 工 場 等 沿 道 サービス 施 設 等 の 立 地 する 区 域 2. 容 積 率 (1) 原 則 として200とする ただし 都 市 施 設 の 整 備 状 況 又 は 土 地 利 用 状 況 に 応 じ 高 度 利 用 を 図 る 区 域 は 300とすることができる (2) 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 は 15 0とする 7. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 準 防 火 地 域 に 指 定 する ただし 容 積 率 20 0 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 することができる 8. 規 模 おおむね5ha 以 上 とし 形 状 は 整 形 とする ただし 供 給 処 理 施 設 等 が 立 地 している 区 域 工 業 地 域 と 隣 接 する 区 域 又 は 道 路 沿 いに 路 線 式 指 定 する 区 域 は この 限 りでない 9. 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 定 める 事 項 用 途 地 域 の 変 更 を 行 う 場 合 は 工 場 と 住 宅 との 調 和 する 市 街 地 像 を 実 現 するため 原 則 として 用 途 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 面 の 位 置 などに 関 す る 事 項 や 地 区 の 環 境 の 向 上 に 配 慮 して 壁 面 後 退 部 分 の 緑 化 などに 関 する 事 項 を 定 めることとす る 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じて50とすることができる 4. 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せ 建 ぺい 率 と 容 積 率 の 組 合 せは 指 定 標 準 のとお りとする 5. 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 必 要 な 区 域 について 積 極 的 に 指 定 する 6. 高 度 地 区 (1) 原 則 として 容 積 率 200 以 下 の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 に 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 に 指 定 する ただし 容 積 率 150 の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができ る (2) 良 好 な 街 並 み 景 観 の 誘 導 を 図 るべき 区 域 等 は 住 環 境 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 め る 高 度 地 区 に 指 定 することができる 23

29 指 定 標 準 適 用 区 域 建 ぺい 率 容 積 率 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 導 入 検 討 すべき 事 項 ( 注 ) 1. 住 宅 と 調 和 した 複 合 市 街 地 を 目 指 す 区 域 又 は 供 給 処 用 敷 理 施 設 等 の 立 地 する 区 域 工 業 系 の 施 設 があり 店 舗 事 務 所 流 通 関 連 施 設 用 敷 等 又 は 沿 道 サービス 施 設 等 が 立 地 している 区 域 で 高 度 利 用 を 図 る 区 域 鉄 道 沿 線 幹 線 道 路 沿 道 飛 行 場 周 辺 等 で 騒 音 等 用 敷 が 著 しい 区 域 又 は 著 しくなると 予 想 される 区 域 で 特 に 後 背 地 の 良 好 な 住 環 境 を 保 護 することが 必 要 な 60 区 域 ( 注 ) 用 途 地 域 の 変 更 にあたり 指 定 標 準 の 内 容 に 応 じて 原 則 として 用 途 地 域 又 は 地 区 計 画 等 で 導 入 を 検 討 すべき 事 項 及 びその 凡 例 敷 : 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 壁 : 壁 面 の 位 置 又 は 外 壁 の 後 退 距 離 容 : 容 積 率 の 最 高 限 度 用 : 建 築 物 等 の 用 途 制 限 高 : 高 さの 最 高 限 度 24

30 11 工 業 地 域 指 定 配 置 及 び 規 模 等 の 基 準 ( 指 定 標 準 及 び 適 用 区 域 ) 1. 指 定 すべき 区 域 主 として 工 業 の 利 便 を 増 進 するため 定 める 地 域 (1) 準 工 業 地 域 では 許 容 されない 工 場 又 は 危 険 物 の 貯 蔵 所 処 理 場 の 立 地 を 図 るべき 区 域 (2) 工 業 団 地 など 産 業 機 能 を 集 積 させ その 機 能 の 育 成 を 図 るべき 区 域 (3) 住 宅 等 との 混 在 を 排 除 することが 困 難 又 は 不 適 当 な 工 業 地 で 産 業 機 能 の 維 持 を 図 るべき 区 域 2. 容 積 率 原 則 として200とする ただし 特 に 高 度 利 用 を 必 要 としない 区 域 については150 以 下 とする 3. 建 ぺい 率 原 則 として60とする ただし 地 域 の 特 性 に 応 じては50とすることができる 4. 高 度 地 区 原 則 として 指 定 しないものとする ただし 地 区 内 又 はその 周 辺 の 環 境 に 配 慮 が 必 要 な 場 合 指 定 するこ とができる 5. 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 原 則 として 準 防 火 地 域 に 指 定 する 6. 規 模 おおむね5ha 以 上 とする 25

31 Ⅲ その 他 の 地 域 地 区 に 関 する 指 定 基 準 1 特 別 用 途 地 区 用 途 地 域 との 関 係 を 十 分 に 考 慮 したうえで 当 該 地 区 の 特 性 にふさわしい 土 地 利 用 の 増 進 環 境 の 保 護 等 実 現 を 図 るべき 特 別 の 目 的 を 明 確 に 設 定 して 適 切 な 位 置 及 び 規 模 で 定 めることとする 2 高 度 地 区 (1) 原 則 として 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 は 第 一 種 高 度 地 区 とする (2) 原 則 として 容 積 率 200の 区 域 は 第 二 種 高 度 地 区 とする (3) 原 則 として 容 積 率 300の 区 域 は 第 三 種 高 度 地 区 とする (4) 路 線 式 指 定 の 区 域 で 特 に 住 環 境 の 保 護 を 図 る 必 要 がある 区 域 または 容 積 率 150の 区 域 は 第 一 種 高 度 地 区 に 指 定 することができる (5) 良 好 な 街 並 み 景 観 を 誘 導 する 区 域 については 周 辺 の 住 環 境 の 保 護 や 都 市 景 観 の 形 成 など 地 区 特 性 に 配 慮 しつつ 絶 対 高 さ 制 限 を 定 めた 高 度 地 区 を 指 定 することができる 3 防 火 地 域 及 び 準 防 火 地 域 (1) 原 則 として 建 ぺい 率 50 以 上 の 区 域 は 準 防 火 地 域 に 指 定 する (2) 原 則 として 容 積 率 400の 区 域 は 防 火 地 域 に 指 定 する また 容 積 率 200 以 上 の 区 域 で 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る 区 域 については 防 火 地 域 に 指 定 することができる 4 その 他 の 地 区 その 他 の 地 区 の 指 定 又 は 変 更 については それぞれの 法 令 等 に 基 づくものとす る Ⅳ 運 用 に つ い て 1 法 律 等 の 改 正 が 行 われた 場 合 など 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 を 踏 まえ 政 策 誘 導 の 視 点 からこの 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 の 内 容 を 再 検 討 し 必 要 に 応 じて 変 更 するものとする 2 土 地 利 用 に 関 するその 他 の 都 市 計 画 の 決 定 等 にあたっても この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 を 踏 まえて 行 うものとする 3 この 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する 26

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

Microsoft Word - 資料3(用途)

Microsoft Word - 資料3(用途) 姶 良 用 途 地 域 見 直 し 方 針 について 資 料 4 1 用 途 地 域 現 状 都 計 画 区 域 内 に 地 域 地 区 として 用 途 地 域 を 定 めることができます 用 途 地 域 は 地 域 地 区 制 うち 最 も 基 本 的 なもで 建 築 物 用 途 形 態 高 さなどに 制 限 を 加 えることにより 都 機 能 維 持 増 進 居 住 環 境 保 護 商 工 業

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 運 用 方 針 平 成 23 年 8 月 日 野 市 1. 背 景 及 び 目 的 平 成 18 年 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 については 大 規 模 な 開 発 計 画 などを 開 発 許 可 制 度 により 認 める 制 度 が 廃 止 され 改 正 後 地 区 計

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率

準 工 業 工 業 環 境 の 悪 化 をもたらすおそれのない 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 工 業 の 利 便 の 増 進 を 図 る 計 画 書 ( 平 成 19 年 11 月 13 日 第 583 号 ) 種 類 面 積 建 築 物 の 容 積 率 建 築 物 の 建 ぺい 率 (1) 区 区 分 市 街 化 区 及 び 市 街 化 調 整 区 都 市 計 画 区 のうち すでに 市 街 化 を 形 成 している 区 及 びおおむね10 年 以 内 に 優 先 的 かつ 計 画 的 に 市 街 化 を 図 るべき 区 として 市 街 化 区 を また 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 として 市 街 化 調 整 区 をそれぞれ 決 定 しています 計 画 書 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

越谷の都市計画2012.indd

越谷の都市計画2012.indd LAND USE それぞれの 地 域 に 見 合 った 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 な どのルールを 定 めていくことが 都 市 で 生 活 する 私 たちに は 必 要 なのです 都 市 計 画 区 域 City Planning Areas 区 域 区 分 ( 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ) Urbanization Promotion

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

★計画書(石江地区計画).doc

★計画書(石江地区計画).doc 名 称 新 城 地 区 計 画 位 置 青 森 市 大 字 新 城 字 山 田 一 部 区 域 計 画 図 表 示 とおり 面 積 約 2.6ha 区 域 整 備 開 発 及 び 保 全 方 針 地 区 計 画 目 標 土 地 利 用 方 針 建 築 物 等 整 備 方 針 本 地 区 は 本 市 中 心 部 から 約 6.5km 西 部 市 街 地 縁 辺 部 に 位 置 し 工 業 及 び 流

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保

和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 整 備 計 画 の 内 容 地 区 計 画 の 方 針 名 称 和 光 市 駅 南 口 地 区 地 区 計 画 位 置 和 光 市 本 町 の 一 部 和 光 市 丸 山 台 一 丁 目 面 積 約 8.6ha 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 地 区 計 画 の 目 標 土 地 利 用 の 方 針 地 区 施 設 の 整 備 方

More information

京成成田駅東口地区地区計画運用基準

京成成田駅東口地区地区計画運用基準 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 目 的 この 運 用 基 準 は 成 田 市 京 成 成 田 駅 東 口 地 区 地 区 計 画 ( 以 下 地 区 計 画 という ) の 都 市 計 画 決 定 に 伴 い 地 区 整 備 計 画 に 規 定 する 事 項 に 関 する 運 用 の 基 準 を 定 める ことにより 適 正 な 都 市 機 能 と 健 全

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評

公 共 公 益 的 施 設 用 地 の 負 担 がほとんど 生 じないと 認 められる 土 地 ( 例 ) 道 路 に 面 しており 間 口 が 広 く 奥 行 がそれほどではない 土 地 ( 道 路 が 二 方 三 方 四 方 にある 場 合 も 同 様 ) ⑶ マンション 適 地 の 判 定 評 別 紙 広 大 地 の 判 定 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 広 大 地 については 平 成 16 年 6 月 4 日 付 課 評 2-7 ほか2 課 共 同 財 産 評 価 基 本 通 達 の 一 部 改 正 に ついて( 法 令 解 釈 通 達 ) により その 評 価 方 法 を 改 正 し その 改 正 の 趣 旨 等 については 平 成 16 年 6 月 29 日 付 資 産 評

More information

Microsoft Word - 概要版.doc

Microsoft Word - 概要版.doc 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープラン 概 要 版 平 成 20 年 3 月 杉 戸 町 1 杉 戸 町 都 市 計 画 マスタープランについて 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 及 び 地 域 の 将 来 像 を 明 ら かにし その 実 現 化 を 計 画 的 に 進 めていくための 基 本 方 針 です 本 町 では 平 成 7 年 度 に 都 市 計 画 マスタープラン を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

土師地区地区計画

土師地区地区計画 資 料 1-2 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 に 関 する 運 用 基 準 ( 案 ) 平 成 27 年 月 堺 市 目 次 第 1 章 背 景 目 的... 2 第 2 章 対 象 外 区 域... 3 第 3 章 運 用 の 考 え 方... 4 第 4 章 運 用 の 基 準... 5 第 5 章 提 案 の 審 査... 7 1 第 1 章 背 景 目 的 市 街 化

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR

2 地 地 区 整 備 方 針 名 称 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 川 口 市 芝 樋 ノ 爪 1 2 丁 目 芝 4 5 丁 目 及 び 大 字 芝 の 一 部 面 積 約 51.0ha 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 しJR 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 決 定 平 成 27 年 4 月 1 日 1 芝 樋 ノ 爪 及 び 芝 4 5 丁 目 地 区 のまちづくりについて 本 地 区 は 川 口 市 の 西 端 部 に 位 置 し JR 京 浜 東 北 線 蕨 駅 東 口 から 徒 歩 圏 内 に 位 置 し 約 3/4が 延 焼 危 険 性 又 は 避 難 困 難

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来

目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人 口 フレーム 3 2. 将 来 都 市 構 造 4 1. 将 来 とうおん まちづくりプラ プラン 東 温 市 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 都 市 づくりの 全 体 構 想 編 愛 媛 県 東 温 市 目 次 都 市 づくりの 全 体 構 想 偏 1. 都 市 づくりの 理 念 と 目 標 1 1. 都 市 づくりの 理 念 と 将 来 像 1 2. 都 市 づくりの 目 標 とテーマ 2 3. 計 画 期 間 3 4. 将 来 人

More information

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx

Microsoft Word - 14_1パンフレット最終版v02_111024【決定版】.docx 石 神 井 公 園 駅 南 地 まちづくり 計 画 1 まちづくり 計 画 目 標 ------------------------------------------------ 2 2 まちづくり 計 画 ------------------------------------------------ 3 3 土 地 利 用 考 え 方 ----------------------------------------------------

More information

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行

(2) 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 1 都 市 計 画 区 域 の 変 遷 2 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 の 変 遷 旧 石 巻 市 ( 単 位 :ha) ( 単 位 :ha) 変 更 都 市 計 画 区 域 行 1. 都 市 計 画 区 域 等 について (1) 全 体 総 括 表 (H27.3.31 現 在 ) 行 政 区 域 都 市 計 画 区 域 石 巻 市 (A) (B) 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 B/A (C) C/A C/B (D) D/A D/B ha ha % ha % % ha % % 旧 石 巻 市 11,765.0 21.2 3,001.2 5.4 25.5 8,763.8

More information

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す

は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 す 区 計 画 ガイド 新 蛇 田 区 平 成 27 年 2 月 石 巻 市 改 訂 版 は じ め に 新 蛇 田 区 は 災 害 危 険 区 域 等 にお 住 まい 皆 様 方 に 対 し 移 転 していた だくため 宅 供 給 を 目 的 とした 土 区 画 整 理 事 業 により 周 辺 環 と 調 和 し たまちづくりを 進 めています こような 中 区 計 画 を 導 入 することにより 低

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

Microsoft Word - H27概要版

Microsoft Word - H27概要版 本 市 は 大 正 14 年 4 月 の 都 市 計 画 法 の 適 用 を 受 け 大 正 15 年 4 月 30 日 に 都 市 計 画 区 域 の 決 定 をしました 昭 和 6 年 には 都 市 計 画 道 路 翌 昭 和 7 年 には 用 途 地 域 昭 和 10 年 には 風 致 地 区 が それぞれ 計 画 決 定 され 本 市 における 都 市 計 画 の 礎 が 定 められました

More information

佐渡市都市計画区域の見直し

佐渡市都市計画区域の見直し 都 市 計 画 区 域 の 拡 大 について 佐 渡 市 建 設 課 都 市 計 画 とは 土 地 の 使 い 方 や 建 物 の 建 て 方 についての ルールをはじめ まちづくりに 必 要 なことがら について 総 合 的 一 体 的 に 定 め まちづく り 全 体 を 秩 序 だてて 進 めていくことを 目 的 と した 都 市 計 画 法 という 法 律 で 定 められた 計 画 です 住

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093738E738C698ACF837D8358835E815B83768389839381698C8892E8816A2E646F63> 住 宅 地 板 橋 区 の 景 観 要 素 戸 建 て 住 宅 地 板 橋 の 景 8 板 橋 区 の 歴 史 を 伝 える 良 好 な 住 宅 地 の 姿 常 盤 台 一 二 丁 目 は 昭 和 11 年 には 田 園 都 市 構 想 の 一 環 として 東 武 鉄 道 による 常 盤 台 住 宅 地 の 分 譲 が 始 まり 公 園 駅 前 広 場 街 路 樹 を 配 置 する など 健 康 住

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

主要生活道路について

主要生活道路について 議 題 2 資 料 1. 本 日 の 検 討 テーマ 主 要 生 活 道 路 について 基 本 構 想 ( 平 成 23 年 3 月 の 中 間 報 告 資 料 )では 主 要 生 活 道 路 A~C 主 要 生 活 道 路 D~G の2 種 類 の 主 要 生 活 道 路 整 備 を 提 言 しています 各 路 線 の 具 体 的 な 整 備 手 法 については 地 区 計 画 制 度 の 適 用

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha 計 画 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 19 年 度 交 付 期 間 平 成 16 年 度 ~ 平 成 1 だ い 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 し も ひ ら ち く 下 平 地 区 か い 1 回 へ ん こ う 変 更 ) と ち ぎ けん 栃 木 県 うつのみや し 宇 都 宮 市 平 成 2 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 栃 木 県 市 町 村 名 宇 都 宮 市 地 区 名 下 平 地 区 面 積 93.9 ha

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt

Microsoft PowerPoint 資料4-1(真間川【印刷用】).ppt 真 間 総 合 治 水 対 策 特 定 河 事 業 ( 千 葉 県 ) 大 柏 都 市 基 盤 整 備 事 業 ( 市 市 ) 事 業 再 評 価 社 会 情 勢 と 公 共 事 業 のこれまで 我 が 国 の 経 済 状 況 S30~48 高 度 成 長 期 S48~H1 安 定 成 長 期 円 高 不 況 S58~60 バブル 景 気 S61~H3 真 間 の 治 水 事 業 31 年 経 過

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地

目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7 条 路 線 価 指 数 の 算 定 2 第 8 条 画 地 第 14 回 審 議 会 資 料 1 和 光 都 市 計 画 事 業 和 光 市 駅 北 口 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 和 光 市 目 次 第 1 条 目 的 1 第 2 条 用 語 の 定 義 1 第 3 条 評 価 方 法 1 第 4 条 土 地 利 用 区 分 2 第 5 条 路 線 価 を 付 す 道 路 2 第 6 条 路 線 価 の 付 け 方 2 第 7

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information